2018年03月23日 02:05

死んだ後って、記憶や魂はどうなるんや?

死んだ後って、記憶や魂はどうなるんや?

2212903i

引用元:死んだ後って、記憶や魂はどうなるんや?
http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1521529591/

1: 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 16:06:31.40 ID:dSd0aDZm0
目の前が真っ暗になって終了なんか?

3: 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 16:07:14.26 ID:zaDKAV1Ya
死後の世界がある

5: 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 16:07:45.38 ID:FqywwA5k0
>>3
ないよ

4: 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 16:07:36.65 ID:J/9dYS2P0
脳みそが存在する限り記憶の存在自体はあるけど燃やされれば消滅
魂は存在しない

7: 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 16:07:57.31 ID:Hb0gGIEm0
真っ暗になることも認識できんやろね

9: 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 16:08:46.47 ID:yr80wCEOd
リザルト画面が出てくる

10: 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 16:09:10.90 ID:dSd0aDZm0
たまに考えるとぐう怖くなる

11: 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 16:09:43.95 ID:FqywwA5k0
まあ聞けよ
例えばボケた老人はどうなんだ?
自我すら薄れうんこ垂れ流しのあいつの、元の性格というか積み重ねてきた記憶、そういうものはどこへ行っちまったんだ?って話になる

13: 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 16:10:09.90 ID:J/9dYS2P0
>>11
忘れただけだろ

17: 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 16:11:59.25 ID:zaDKAV1Ya
また記憶なしで新しくニューゲームが始まる
なお人に生まれるとは限らない

22: 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 16:13:49.84 ID:FqywwA5k0
>>17
記憶がない自分
それはもう俺ではないだろう…

23: 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 16:13:58.58 ID:hJFVWSrd0
まあ何もないだろうな
コードを抜いたパソコンと同じ

42: 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 16:19:09.68 ID:0h1aB0rt0
>>23
パソコンからコード抜いてもメモリーは残るやろ

47: 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 16:19:58.64 ID:FqywwA5k0
>>42
記憶媒体である脳みそが焼かれ灰になるのだからすべてが消えてなくなるさ

50: 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 16:20:25.56 ID:J/9dYS2P0
>>42
その後火葬されるけどな

54: 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 16:21:53.76 ID:jbJPcnH4a
>>42
脳は有機体なんやから
栄養供給が途絶えれば滅びる一方よ
メモリーだって時間が経てば劣化して取り出せなくなるやろ

25: 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 16:14:58.55 ID:KS16Q2tNa
あったら面白いけど
まぁないやろうな

26: 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 16:15:13.50 ID:PHK+FQdaM
またお前になるだけやで

30: 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 16:16:11.09 ID:FqywwA5k0
>>26
俺は今ここにしかいない

33: 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 16:17:28.02 ID:FqywwA5k0
このしちめんどくさい肉体ってやつと離れられたらそれはそれでいい…
痛みや披露ともオサラバできるってわけだ

35: 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 16:17:59.97 ID:0h1aB0rt0
いうても今まであったものが突然無くなるのも不自然やろ

44: 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 16:19:40.08 ID:J/9dYS2P0
>>35
消滅するんやなくて
壊れて機能が無くなるんやで
それならわかりやすいやろ

59: 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 16:23:16.17 ID:0h1aB0rt0
>>44
そら体の方はそうやけどさ

36: 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 16:18:04.82 ID:BoNMPaQr0
説明するのは難いけどわいの論では存在するで

37: 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 16:18:19.82 ID:ilvJvdmC0
生命はみんなループしとるんやで
死んだらまた元の自分として産まれるところからやり直しや
やり直しというか誕生→生→死→誕生を繰り返すのが生命の本質や

39: 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 16:18:36.88 ID:6nuK6wEs0
ワイ丹波哲郎「霊界があるぞ」

40: 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 16:18:47.74 ID:lVOSJ/5Jp
どうせ無いのは分かってるけど死後の世界があると信じてたほうが幸せに生きれると思う

46: 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 16:19:52.97 ID:8p5mq7sV0
魂みたいなのは脳みそ破壊すれば消えるとか個人ごとに別々に存在するとかそんなはっきりしたものやないんやないか
うまく言えんが
感じることはできないけど他人の意識を経験しとるみたいなことも考えられる

48: 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 16:20:03.08 ID:jbJPcnH4a
そもそも魂が存在するかどうかやろ

51: 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 16:21:16.23 ID:ZKTFJhjSM
死んだら無に居続けるだけだぞ
無にいるという感覚もなく永久に何も起きない暗闇

56: 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 16:22:30.14 ID:AAj/d8A3H
今の宇宙が死んでまた次のまったく同じ宇宙が誕生してまたワイが産まれる
という考えに落ち着いてる

58: 風吹けば名無し 2018/03/20(火) 16:22:56.64 ID:y0YuW/OyM
死んだ瞬間、6gだかそんくらいわずかに身体軽くなるらしいな
それが魂やろね

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2018年03月23日 02:17 ID:4II4BH0w0▼このコメントに返信
エルダー帝国ガガーン少将!
2.名無しさん:2018年03月23日 02:22 ID:FpryvMgf0▼このコメントに返信
そもそも今ワイが生きているという確証がもてないので死を定義できないわ
3.名無しさん:2018年03月23日 02:26 ID:q637j9L60▼このコメントに返信
なに言っとるんや?この世は地獄やで
4.名無しさん:2018年03月23日 02:30 ID:YCQrqAEc0▼このコメントに返信
死んだら魂は山に帰ってってそこで子孫を見守っとるってばっちゃが言ってた。
5.名無しさん:2018年03月23日 02:33 ID:CKbSFQ0F0▼このコメントに返信
3次元以外の次元に移動するだけだよ。
6.名無しさん:2018年03月23日 02:36 ID:VScjPzx30▼このコメントに返信
死んだら脳から読み取りも出来ないんかなあ
いや今は無理なのはともかく未来の話
7.名無しさん:2018年03月23日 02:38 ID:0Zn8tFTe0▼このコメントに返信
いくら考えても分からんこと考えてもしょうがないし趣味のこととかもっと楽しいこと考えれば?
8.名無しさん:2018年03月23日 02:39 ID:.Vl.4tXr0▼このコメントに返信
死んで脳の活動が止まれば全て終わりだ。
もう何も思い悩むことは無い。
9.名無しさん:2018年03月23日 02:41 ID:7Zf9dPzS0▼このコメントに返信
※1
スカリー「エルダーあなた疲れてるのよ」
10.名無しさん:2018年03月23日 02:42 ID:Xg2C3ZRv0▼このコメントに返信
死んだら魂は宇宙の果てへ飛ぶ
その向こうに天界があって、白い雲ばかりの世界だ
でも、暖かくて落ち着いて安心感がある
その雲の下方に人間の天国の区域が帯状のらせん状(円すい形)で存在している
帯は7つの区域に分かれ、上へ行くほど悟った人の魂がいる
人間の魂は新学期前の春休みのようにゆっくりして、前世を反省し次の輪廻転生に備える
転生の時期が来たら、学校のように人生の課題を与えられ、自分の魂に合った両親と環境の元に生まれる
前世で課題を消化できなかった人は、今世でも同じ試練が与えられる
逃げずにクリアしたら、一段階上のレベルの課題が与えられる
そうして、輪廻転生するごとに、魂はレベルアップしていく
これが標準だ
完全に悟ると、もう転生はしないでずっと天国にいるが、地球の役に立ちたいと志願して、転生する人達が多い
我々がこの世に生まれるのは、自分の魂、人格を磨いてレベルを上げるためと、
生きている間に少しでも地球をよくする手伝いをするためである


11.名無しさん:2018年03月23日 02:45 ID:EXTMCSe50▼このコメントに返信
靖國に還るに決まってんだろ
12.名無しさん:2018年03月23日 02:51 ID:DmxZi9hp0▼このコメントに返信
パソコンのハードディスクを物理的にぶっ壊せばデータは永遠に取り出せなくなる
それと一緒だろ
13.名無しさん:2018年03月23日 02:52 ID:UUpMru8X0▼このコメントに返信
え?知りたいの?じゃあ少しだけね。「もうすぐコピー可能になるよ」新しい肉体へも有るね。死んだものは復旧は難しくなるけど・・・断片で生活できるならスキルアップで元どうりか、別もモノへ
14.名無しさん:2018年03月23日 02:57 ID:Xg2C3ZRv0▼このコメントに返信
輪廻転生をする場合、前世の記憶は新しい人生の邪魔になるので魂の底に封じられる
ただし、たまに思い出す人もいる
主要な出来事が脳裏に浮かんでくる
中には、前世で特にご縁のあった人達と、今世でも違う形で人間関係を結ぶ場合がある
お互い、普通は勿論思い出さないが会った瞬間、惹かれるものを感じたりする
天国へ帰ると、肉体の拘束がないので、記憶を取り戻しやすい

なお、自殺をしたら暗黒の地獄へ行く
愛のない闇の世界を自分から選ぶからだ
犯罪を犯して反省しない者は、重たい魂を引きずって、天国に上がれず同じ犯罪を犯した者同士共鳴し合い、天界の別のコロニーに集まる
そこで訓練を受ける 教育的指導というやつだ
合格すると、普通の天国へ行ける
15.名無しさん:2018年03月23日 02:58 ID:.Kh7YV1k0▼このコメントに返信
エネルギーの保存法則の観点により・・・

通電できなければ、記憶も御霊もへったくれもないぞ!

つまり、エントロピーの増大=傷み具合が一気に加速する。
16.名無しさん:2018年03月23日 03:04 ID:FWcUbUM60▼このコメントに返信
あの世で罪を犯した者が送られてくるのがこの世(刑務所)

という説もある。確かに生きていくのは苦行かも
17.名無しさん:2018年03月23日 03:05 ID:uQoTyWF30▼このコメントに返信
死の恐怖は誰しも慢性的にあって、それを解消するのが宗教なんだろうな。
18.名無しさん:2018年03月23日 03:12 ID:x3eQ7UeB0▼このコメントに返信
死後の世界なんてある方が怖いわ。どんだけ過密になっているんだよ。動物も虫も植物も。

死んだら生物として機能・活動できなくなるだけ。脳の活動が止まるから記憶も魂も消滅する。
19.名無しさん:2018年03月23日 03:24 ID:mmWAlQt40▼このコメントに返信
幽体離脱してたましいが死んだ事さえ気が付かず普通に他の霊体と今の世とあまり変わらない次元で生活するとか。記憶は何か飲料とかスープみたいのをボランティア団体が配っていて
そこへ並んで貰って飲むと記憶が消えていくって。それから太陽はあの世には無いとか。水に入っても濡れない。とか、出産シーンに出くわして覗くと、その人の子に生まれ変わるらしいです。間違って牛の出産シーンを見てしまうと牛に生まれ変わるらしいですよ。生まれ変わりの証言とかいう本で読んだけど。ほんとなのかな。
20.名無しさん:2018年03月23日 03:31 ID:mmWAlQt40▼このコメントに返信
米19

生まれ変わりの村
森田けん 著者ね。
飲料、スープを飲まないで前世の記憶を持って生まれ変わった人達の話しですね。
21.名無しさん:2018年03月23日 03:37 ID:fwWboMtJ0▼このコメントに返信
6g軽くなるって言うのは体内に貯め込んだ空気が抜けてるだけやで

完全な脳死でなければ、脳と脊髄に電気信号と毛細血管へ血液流してれば一応死んでない

魂が~いうても人格を形成するまでに蓄積された経験値から作り上げられた、PCで言う所のCPUというか基盤みたいなものだし
ただのデータの塊とも言えるソフトウェアが魂として目に見えて実体化するとかありえんだろう
22.名無しさん:2018年03月23日 03:41 ID:FzdAOoUm0▼このコメントに返信
転生が証明されたら債務とかも消滅しないでちゃんとついて回るんだろうなw
23.名無しさん:2018年03月23日 04:06 ID:47DGQndF0▼このコメントに返信
無色。無受想行識。無眼耳鼻舌身意。無色聲香味觸法。無眼界。乃至無意識界。
無無明。亦無無明盡。

般若の一節がオレの死後感と重なる。
24.名無しさん:2018年03月23日 04:10 ID:WlhOAdQu0▼このコメントに返信
記憶も意識もただのエネルギーとしてそこらへんに拡散していく
25.名無しさん:2018年03月23日 04:18 ID:WGL0X7cs0▼このコメントに返信

何も残らないよ。

26.名無しさん:2018年03月23日 04:18 ID:bRvOuXtg0▼このコメントに返信
電気の流れなくなったPCは情報を記憶し続けていられるが、人間の脳は維持活動がされなければ腐り落ちる
記憶媒体が使い物にならなければ記憶は失われる。ただそれだけ
27.名無しさん:2018年03月23日 04:31 ID:mmWAlQt40▼このコメントに返信
この世はバーチャルって話もあるよね。
28.名無しさん:2018年03月23日 04:33 ID:D3.jgCDb0▼このコメントに返信
死んでみると分かるよ
29.名無しさん:2018年03月23日 04:42 ID:YAgyp76U0▼このコメントに返信
生き物は4ねばただの肉になる
それを受け入れたくない人が信じるのが死後の世界とか魂とか。
葬式はそれを周辺の人が受け入れるための儀式だよね。
死んだらほんと何も残らない
30.名無しさん:2018年03月23日 04:43 ID:78.Z9.Tj0▼このコメントに返信
記憶も意識も消滅するだろ。
HDD壊れたらデータが消える様に。
31.名無しさん:2018年03月23日 05:11 ID:jwFNYPxg0▼このコメントに返信
死後はないってのは、簡単に信じるのに、
あると言われると、全力で否定するのは何なん?
あると、困ることでもしてるんやろか?
そのかたくなな、唯物論信仰の見事な事よ。
32.名無しさん:2018年03月23日 05:15 ID:N6NkbBU.0▼このコメントに返信
魂は清められなくてはならない。努力すべし
33.名無しさん:2018年03月23日 05:15 ID:H6BjIcc50▼このコメントに返信
まあ、なろう小説の異世界転生には期待するな程度で良いんじゃない。
34.名無しさん:2018年03月23日 05:18 ID:N6NkbBU.0▼このコメントに返信
他を貶め、簡単に奪うものは穢れている。かの民族のように
35.名無しさん:2018年03月23日 05:32 ID:4V5IZV610▼このコメントに返信
むしろ、生きてる間は自分が保たれてるなんて、どうしてそう思った
ボケてなくても、自分なんて刻々と変わっていってる
死んだときもそれなりに変わるだけ

それが諸行無常ってこと
36.名無しさん:2018年03月23日 05:37 ID:ByVIVihC0▼このコメントに返信
前までは無になる思ってたんだが最近はこの世で捕まろうが捕まらなくても殺めてしまった人は地獄行きで感情ある。1000人に1人位だろ。人間では地獄行くのか決められない領域がありそう。そんなに甘くないだろうし。アメリカの大統領とか死んだら悲惨なのかもしれん。毛沢東とかスターリンとかは今は悲惨だろうね
37.名無しさん:2018年03月23日 05:41 ID:aGOG8cjN0▼このコメントに返信
寝て目が覚めないようなもの。死んだことすら自覚できない。
38.名無しさん:2018年03月23日 05:52 ID:yUfQJlWn0▼このコメントに返信
生まれ変わりなんて無いよね
もしあるならこの世に存在する生物の数が常に一定のはすだし
39.名無しさん:2018年03月23日 05:54 ID:YeBe03ED0▼このコメントに返信
※31
死後の世界にまで空蝉の嫌な想いを引っ張りたくないんだよ
死んだ後くらい未練も恨みも綺麗さっぱり忘れさせてくれよ

40.名無しさん:2018年03月23日 06:07 ID:YeBe03ED0▼このコメントに返信
「南溟に たとえこの身が 果つるとも いくとせ後の 春を想へば」

現代日本の「金こそ我が人生」の奴らに彼の爪の垢を煎じて飲ませたいね
41.名無しさん:2018年03月23日 06:08 ID:4V5IZV610▼このコメントに返信
無になる、っておかしいやろ
無から有は生まれないし、有が無にもならん
変化するだけ。生きてる間もだが変化するだけ

今のような意識はなくなるだろうけど、それは生きてる間もある程度おんなじ
今日だって意識は復活して変化して途切れる予定
42.名無しさん:2018年03月23日 06:19 ID:jwFNYPxg0▼このコメントに返信
※39
ごく普通に生きて、人生完走した人には、常夏の世界がまっとるらしいで。
43.名無しさん:2018年03月23日 06:31 ID:odh060bS0▼このコメントに返信
魂は別の次元にあり
脳は受信装置
肉体は遠隔操作
夢は混線
って説も。
44.名無しさん:2018年03月23日 06:45 ID:.783Cz230▼このコメントに返信
結局魂や記憶の保存を信じてる連中って、
宗教と同じ。
45.名無しさん:2018年03月23日 06:49 ID:YeBe03ED0▼このコメントに返信
※42
俺は天国すら要らんね
46.名無しさん:2018年03月23日 06:52 ID:cXof0reJ0▼このコメントに返信
人工知能搭載のパソコンと同じ。君というソフトが壊れたら、そこで終わり。記憶が多少体に残ったとしても、そんなものは君自身にとっては君じゃない。今よく生きる事だけ考えよう。
47.名無しさん:2018年03月23日 06:53 ID:sIYvSDMT0▼このコメントに返信
それ前世の記憶がある奴に聞いてみたらええやろ?
48.名無しさん:2018年03月23日 06:56 ID:dbMzHS7c0▼このコメントに返信
じゃあもし、未来世界で、冷凍睡眠から生き返ったらどうなのよ
「あの世で400年間ヒドイ目にあって助かった」とか言うの?
それとも「アレ、俺は1985年にガンで死んだはず…」と死の直前の記憶なの?
あの世があったら死んだら行くハズだろ?
49.名無しさん:2018年03月23日 07:00 ID:4V5IZV610▼このコメントに返信
※46
君じゃないとか言うなら、そもそも十年前の自分だって自分とは言い難い

3年前の自分の仕上げた仕事とか見てみろよ
少し前の自分なんて他人と変わらないよ

過去の自分も、未来の自分も、今の自分と繋がってるから特別扱いしてるだけの、実質他人だよ
50.名無しさん:2018年03月23日 07:02 ID:foHecNhc0▼このコメントに返信

 今やってるリメンバー・ミーって映画観ると良い。

51.名無しさん:2018年03月23日 07:06 ID:YeBe03ED0▼このコメントに返信
※49
ニーチェ「過去が現在に影響を与えるように、未来も現在に影響を与える」
52.名無しさん:2018年03月23日 07:08 ID:58lF8Duz0▼このコメントに返信
仏教でこの話が一番理解出来ないんだよね。
輪廻転生って言うけど現世に戻る人と戻らない人に分かれるんだろ?
解脱出来た人は二度と戻らないと読んだ気がするけど。
じゃー地獄や天国との整合性は?
ごちゃごちゃになって自分の頭では理解不能。
53.名無しさん:2018年03月23日 07:10 ID:4V5IZV610▼このコメントに返信
※51
そういうことだよ
結局、過去現在未来と繋がってることが自分の自分たる所以なんだよ

死んだら意識が今と同じではいられない、とか関係ないし、自分が保てないから終わったのと同じなんてのは暴論なんだよ
54.名無しさん:2018年03月23日 07:13 ID:4V5IZV610▼このコメントに返信
※52
仏教は輪廻転生じゃないぞ
当時のインドで輪廻転生が常識だったから、輪廻転生に囚われない考え方をするための理屈が仏教と言ったほうがまだ合ってる

おかげで、仏教の中にも輪廻転生という概念が出てきてしまうわけだが
55.名無しさん:2018年03月23日 07:17 ID:csrge7dR0▼このコメントに返信
死後、人間の魂=霊魂は脳から離れ別次元で待機する。
その後その人に必要な時間が経過後、再び3ヶ月の新生胎児の中に霊魂は移動し
過去の記憶を保持して、人として蘇る。輪廻再生の法則に従う。
しかし混乱を避ける為、過去の記憶は5歳位で消える。
56.名無しさん:2018年03月23日 07:21 ID:5fYQtDyW0▼このコメントに返信
死んだ瞬間の痛みや苦しみが永遠に続くとかなんとか
57.名無しさん:2018年03月23日 07:22 ID:9u413ZN60▼このコメントに返信
※17
人間は、死ぬことより死ぬ時の苦痛を思って恐怖する
もう一つは、死んだら無になるのではと思い、恐怖する
二番目の恐怖は間違い
「死んだら自分が無になる」と思うだけで恐怖や暗黒を感じるのは、なぜだろう
そして、「人間の魂は永遠」と思う方が安心や明るさを感じられそうなのはなぜだろう
それは、自分が無になる=アンチ真理
自分は永遠=真理だから
人は、真理でないことを見聞きすると嫌悪やぞっとする恐怖を感じる
精神的に歪み不合理な作品を見たり、つじつまの合わないひねくれた意見を読むと、気持ち悪くなるのと同じだ
58.名無しさん:2018年03月23日 07:30 ID:oLqCyf.w0▼このコメントに返信
死は観念である。記憶も魂も無い。
59.名無しさん:2018年03月23日 07:33 ID:Dn9Jdn1M0▼このコメントに返信
>>58
最後に嘘まぜんなや
あれは計測が間違ってたで決着。ちゃんと計測したらそんなことはなかった。
60.千尋の金隠し:2018年03月23日 07:34 ID:JplUemv20▼このコメントに返信
三途の川を渡ると、「天国」「中国」「地獄」があるらしい?
61.名無しさん:2018年03月23日 07:35 ID:csrge7dR0▼このコメントに返信
※58
無知?
62.名無しさん:2018年03月23日 07:40 ID:9u413ZN60▼このコメントに返信
※18
別に死後の世界は過密にはならない
この世は質量が一定で増減がない
従って魂の総量も増えも減りもしない
ただ輪廻転生するのみ
転生する時期やサイクルは人によって様々で全体の分布としてはバランスがとれるようになっているから、
あの世ばかりが過密でこの世はスカスカと言うこともない
ただし動物や昆虫の幽体は天国へ行ってから転生するが、植物の幽体は地上に留まり、地上でのみ輪廻転生をする
動物はどうしても食事の時に殺生をするから、天国で「罪」を払拭する必要がある
が、植物は殺生をしないから天国まで行く必要がない

それから、稀な例であるが、人の魂(幽体)は心の修練を積んでエネルギーが濃厚になると、複数に分かれて同時期に別々の人間として転生することもある
その場合、死んでから複数の魂が又1つに融合する
このような人は、現世で重要な仕事をする

63.名無しさん:2018年03月23日 07:40 ID:javeyy8Y0▼このコメントに返信
100年前自分は存在しなかった
その感覚じゃね
64.名無しさん:2018年03月23日 07:52 ID:usGOebKy0▼このコメントに返信
人は死んで土に還る
いずれ地球は消滅し、土は塵となって宇宙に還る
そして塵は集まり恒星となる

65.名無しさん:2018年03月23日 07:55 ID:bBek2mp20▼このコメントに返信
>>62
嘘をつくな
冬虫夏草とかハエトリグサとかいるだろ
66.名無しさん:2018年03月23日 08:03 ID:9u413ZN60▼このコメントに返信
※41
無から有は生まれない 確かにその通りだ ではこの宇宙はいかにして生まれたのか 人間はどこから来たのか 永遠の謎だが

最初から目に見えない気の粒子が膨大な量で存在していた
それの一部がある時少し圧力が加わり収縮すると、結晶のように宇宙(物質)ができた
これが始まりだと自分は思う
そして全ての物質に同時に気が重なり宿るようになった
生物に宿る気を幽体と呼ぶ 幽体は人間の場合は4重である
内側の二重は精神、魂とも呼ばれ離脱でき、死ぬと二重のままで天国へ行き転生する時に地上へやって来て、又胎児に宿る
外側の二重は元から地上の物質、元素に宿るもので胎児の肉体を構成する原子分子に宿る
そして成長すると肉体と脳を管理する
生きている間はこれらが合体し4重となる
体内では1つの幽体の塊だが、中を占める気の粒子群は、刺激を受けると波のように揺れる性質がある これを心と言う 揺れ方、波動の違いによって喜怒哀楽と区別される
また精神を集中し、落ち着いているときは中の気の粒子達は揺れずに静まっている これを平常心という


67.名無しさん:2018年03月23日 08:07 ID:9u413ZN60▼このコメントに返信
※65
そうだね食虫植物がいた
彼らは、おそらく天国行きだろうな
寿命が短いから他の動物達に比べれば殺生した数の罪も少ない
行って罪を払しょくし、すぐ又地上へ戻る感じだろうな

68.名無しさん:2018年03月23日 08:09 ID:9pckKFHx0▼このコメントに返信
魂なんかあると思ってんの?
69.名無しさん:2018年03月23日 08:17 ID:A7oNOQXi0▼このコメントに返信
死んだら闇に還るだけ
それ以外の事実はないから心配するだけ無駄
70.名無しさん:2018年03月23日 08:22 ID:BMW4ksH60▼このコメントに返信
あの世なんて無いです。
71.名無しさん:2018年03月23日 08:28 ID:toLnocTU0▼このコメントに返信
直後は死亡の仕方によるとしか言えませんね
基本的にはだんだん感覚がなくなっていきます
視覚がゆっくり暗くなっていき音はだんだん遠くなる意識を失う感じ
肉体が滅べば記憶も無いし人が魂なんて呼んでるものは最初からありませんよ
記憶や思考、感情と呼ばれるものは脳細胞と神経伝達物質の状態でしかありません。
72.名無しさん:2018年03月23日 08:40 ID:bBek2mp20▼このコメントに返信
※67
そんなこと誰に聞いたの?
73.名無しさん:2018年03月23日 08:41 ID:WUAb0Nnw0▼このコメントに返信
※72
ただの妄想です
74.名無しさん:2018年03月23日 08:42 ID:4V5IZV610▼このコメントに返信
今の自分と同じ思考をする存在こそが自分だ
というなら、昨日の世界にも明日の世界にも自分なんて存在してない
75.名無しさん:2018年03月23日 08:50 ID:xF40cwsF0▼このコメントに返信
本当に死にぞこなう経験があると、あの世の片鱗が理解できるんだが。
死とは全く捌次元に移行するという事に気が付く。
76.名無しさん:2018年03月23日 08:51 ID:J3b5pv0G0▼このコメントに返信
まあ、ぼけ老人が存在するんだから死後の世界はないんじゃないかな~
記憶も物理的に故障すれば不具合が起きることを証明してしまってる
記憶や感情を維持しているのは残念ながら物質的なものらしい
77.名無しさん:2018年03月23日 08:52 ID:x8cLavPN0▼このコメントに返信
あるよ~。 江原さんに聞けや!
78.名無しさん:2018年03月23日 08:54 ID:4V5IZV610▼このコメントに返信
1歳児の頃の自分を自分と思えるなら、死後の自分だって、
そういうモノが自分だ、って思えば良いだけ

死後は人間としての思考ができない、なんて大した問題じゃない
79.名無しさん:2018年03月23日 09:02 ID:WUAb0Nnw0▼このコメントに返信
魂があるとか言ってるイカれ野郎はパソコンやスマホにも魂があると思ってんだろうか
80.名無しさん:2018年03月23日 09:08 ID:9u413ZN60▼このコメントに返信
※72
わたしは直感が発達しているのでそう感じるだけです
人に聞いたわけではありません
81.名無しさん:2018年03月23日 09:12 ID:LcgzRfk80▼このコメントに返信
子供は話しはじめた頃までならば、前世の記憶が残っているらしいよね。
昔、子供に「生まれる前は何していたの?」って聞いてみた事がある。
考え込む様子もなく、はっきり答えた。
2歳の子供に「生まれる『前』」って概念があるのが意外だった。
死んだら無だと早々に結論出す前に、自分で確かめた方が良いよ。
82.名無しさん:2018年03月23日 09:16 ID:xMm0wwHO0▼このコメントに返信
死んだら目が醒める
記憶はあやふやだが夢を見ていた事に気付くかもしれない
83.名無しさん:2018年03月23日 09:17 ID:9u413ZN60▼このコメントに返信
※75
わたしの親類が入院中に血圧の急激降下で死にかけたことがあります
その時の臨死体験をお話ししましょう
ものすごい速さでどこかに引っ張られ、飛んでいる感じがした
その内に前方にとても明るい大きな光が見え、暖かくて心安らぐ感じがしたそうです
それから、天国での同類の仲間というか、
18世紀の外人達のグループが出迎えてくれた
しかし、帰らなければいけない感じがして気がつくと、ベッドで意識を取り戻したそうです
84.名無しさん:2018年03月23日 09:21 ID:WUAb0Nnw0▼このコメントに返信
※83
単に夢を見ただけじゃん
85.名無しさん:2018年03月23日 09:22 ID:rEglvi.C0▼このコメントに返信
脳というハードウェアが壊れたらそこで終わりだろ。
その莫大な記録を移して置ける器なんてものは存在しない。
消滅するだけ。魂というものがあったとしても前世の記憶なんてものは無い。
あるとすればすべての人間の記憶を格納する何かがあり、そこにバックアップを取っていることになるが
そんなものが存在しえないのはバカにでもわかるだろ。
魂という本質が受け継がれたとしても、まっさらの状態から記憶を積み重ねていったら同じ人格と言えるのかと言えば
言えないだろ。
86.名無しさん:2018年03月23日 09:28 ID:9u413ZN60▼このコメントに返信
※85
転生することで潜在的に記憶は積み重なっていくが根本的な性格は変わらないので同じ人格と言える
単に経験が増えるだけ
87.名無しさん:2018年03月23日 09:31 ID:9u413ZN60▼このコメントに返信
※84
血圧降下で死にかけている人はあまり論理的な夢を見ないと思います
脳の血流が減りますから思考することができない
こういうはっきりしたストーリー性のある夢は、見られないでしょう
カオス的な夢なら、見るかもしれませんが

88.名無しさん:2018年03月23日 09:34 ID:4V5IZV610▼このコメントに返信
夢の話じたいバカバカしいが、死にかけになる前や持ち直した後に夢見ただけろ
89.名無しさん:2018年03月23日 09:38 ID:csrge7dR0▼このコメントに返信
※85
人間は肉体と霊の合体生命体。
肉体は短期間で滅びるが、零は宇宙の存在する限り生き続ける。
すなわち霊は宇宙の一部を構成する。
記憶は霊が保持する為、霊は何度も新たな肉体に移動を繰り返す。
これが、輪廻転生=再生の法則、創造の法則と云う。
90.名無しさん:2018年03月23日 09:43 ID:8baY8nHq0▼このコメントに返信
えっ?星になるんちゃうの?
91.名無しさん:2018年03月23日 09:43 ID:WUAb0Nnw0▼このコメントに返信
まさしく狂人の妄想ですな
92.名無しさん:2018年03月23日 09:56 ID:9u413ZN60▼このコメントに返信
皆さんは脳をパソコンにたとえ、死んだら記憶消滅、破壊されるというようですね
わたしは、気の力を信じますから、少し違う考えです
まず、この世には粒子がありそれが集まってゆれることで波動を起こす
脳波も光波も、音波も電波も、空気の波の伝達である風も、又海の波も何らかの粒子(電子、空気や水の分子等)の集積の波動です
たとえば音楽や言葉を聴くと、音波が何かの想いを表現している
機械で記録しなくても、耳で聞かなくても受け手の有無にかかわらず、発した音波が空中に漂っていることに変わりはない
このように、粒子には波動を起こすことで感情や想いを表現することができる
それを応用すると、我々の幽体の中を占める気の粒子群は、外から来た音や言葉の波動に共鳴することで、その波動を自分に保存し、粒子間に記憶しておける
また、自分の想い、感情を波動として自分の中の気の粒子に共鳴記憶させられる
これにより、脳を使わずとも感情や想いをある程度幽体内に保存できる
だから、死んでからも記憶は無にならずあの世に持って行ける
93.名無しさん:2018年03月23日 09:56 ID:LcgzRfk80▼このコメントに返信
何でそんなに必死に魂の存在を否定するのかねぇ。
日本は昔から幽霊や妖怪、神様の存在を身近に感じていた文化があるのに。
魂の存在が犯罪の抑止力になるし。
一方、中国では魂も死語の世界も全否定している。
さすが天安門で大勢の若者を踏み潰したり、
チベット侵略して残虐行為する国は違うわ。
人は電気製品と同じで、死んだら無になってもらわないと困るだろうね。
94.名無しさん:2018年03月23日 10:00 ID:uOG0oeIE0▼このコメントに返信
「そんな事を言うけど、おいらは魂はあると信じていますよ。おいらは最近立派な指導者を見つけたんです。天国への道筋もご存知でした。その方の師匠はまた一段と立派な方で会いたかったのですけど、若くして亡くなったんだそうです。ありがたい話を聞きたくて通ったら奥義と言うか、お前にはと大事なことを教えてくれました。なんでも、死んだら魂が楽園に行くのではなく、そもそもはこの世に生きて楽園が訪れるはずだったそうです。あら~それは残念な。でもなぜ今は私どもから楽園に出向くんですか。神は万能に有らせられるのに。そうしたら激しい口調で怒られ、追い出されたのです。神を試すサタンめとか言わてまして。もう悲しくて悲しくて。私の魂は救われるのでしょうか。」という話だな。死ぬと体重が35グラム減るとかいう話は1907年だった。そんな昔の測定で科学を語る必要は、なさそうだ。
95.名無しさん:2018年03月23日 10:14 ID:PFzFtef60▼このコメントに返信
daturyokuss.seesaa.net/article/458045036.html
死にたい辛いって言ってるやつはこれやるといい。
ものすごい身体が楽になる
96.通りすがり:2018年03月23日 10:37 ID:NsP9W4tH0▼このコメントに返信
わからないものは
わからないで良いんだよ。
変に結論付けるからおかしくなる。

退行催眠で前世に遡れる人がまれにいるらしいよ。

…死後の存続があったと仮定してだけど、過去の記憶があると、トラウマになったり過去に囚われて先に進めなくなるから、過去の記憶は消されると聞いた。
97.名無しさん:2018年03月23日 10:43 ID:9u413ZN60▼このコメントに返信
※93
その通り
日本人は元々寺社に参るのが好きで、古事記にも見る通り大自然の中にも霊性を見、何となく神仏を信じている人が多い
強い信仰でなくてもね
ここへ来る人の中には唯物主義者の人もいるようですが、自分には魂が理解できないから、せめて機械にたとえようとするのでしょうか
日本人を唯物主義者に洗脳するのは難しいですよ
みんな知識も教養もあり、考え深いですから
そして何よりも、ご先祖様の墓参りをし、家には仏壇や神棚を置いて拝んでいる人が多い
寺社でお守りをもらって大切にしている人も多い
決して強要はしないが魂への想いはそれぞれの感覚を大事にしましょう
98.名無しさん:2018年03月23日 10:55 ID:GDziVbIF0▼このコメントに返信
死んだら宇宙(そら)の塵に還るだけやで。
その塵は長い間宇宙(そら)を漂って、あるとき他の塵と混ざって何かを形成し新たな存在になるんや。
99.名無しさん:2018年03月23日 11:01 ID:HuteZ.Zf0▼このコメントに返信
消えるだけ

脳が無いんだから意識も感覚もないだろ
何も感じない

互換や記憶を感じられるのは脳があるから
100.名無しさん:2018年03月23日 11:05 ID:HuteZ.Zf0▼このコメントに返信
※6
無理だろ

どうやって記憶や意識を数値化するの?
コンピュータ上で扱えるもの手数値化されないと無理。

例えば音楽とかは波形をサンプリングして数値化してるから
コンピュータ上に記録できるけど。

記憶って映像や、音楽や、文字情報ではないからな。
まして魂や意識とか全く別次元の物。
101.名無しさん:2018年03月23日 11:07 ID:HuteZ.Zf0▼このコメントに返信
※27
そういうの信じてる奴、かなり馬鹿そう


アニメとかラノベとかが好きなやつに多そう
現実とフィクションの区別のつかない幼稚な人


102.名無しさん:2018年03月23日 11:09 ID:uOG0oeIE0▼このコメントに返信
※97
一般の人は精霊好きとか、別にあなたに言われなくても、と言う話。
人間の思考や精神が科学で収まるか超自然を含むかという話。
でもって結構証拠を匂わせる人も居る。決めつけるなと言いつつ。ならばというだけ。
あなたの指摘は、21日に墓参りで子供に「婆ちゃんは死んでカルシウムになったんだよ」という人でなしでしょ、あんたたち。と言う匂いを感じる。その場面でそんなことは言わない。
なお、人形(ひとがた)にさえ霊がありうるのだから精魂込めた機械、特にマスプロでないものはある可能性が高い。
103.名無しさん:2018年03月23日 11:41 ID:Yw.f5cGo0▼このコメントに返信
死んだ後に記憶が完全消去されるのはわかるけど
魂がよくわからんよな
そもそも魂って存在するのか以前に
魂そのものがまずわからん
104.名無しさん:2018年03月23日 12:03 ID:LcgzRfk80▼このコメントに返信
※97
そうそう。強要は良くないよね。
有るとも無いとも、思うのは自由。
でも、魂やあの世の存在をあると言う人に対し、ガイジだ糖質だと罵るのって異常。
普通の人ならば、亡くなった親しい人が何処かで見守ってくれたら嬉しいし、
大好きな人と生まれ変わっていつかまたまた会いたいって思うよね。

霊魂の存在があって困るのは、命を粗末に扱った覚えのあるヤバい奴だけだろう。

105.名無しさん:2018年03月23日 12:07 ID:StQT8xrJ0▼このコメントに返信
何年か前、自宅前でバイクの押しがけをやってたらいきなり心臓がバクバクして気を失ったんだよ。
たまたま近くにいた嫁(看護師)がすぐに蘇生&119通報してくれて助かったんだが、後で聞いたら『アンタあの時心臓止まってたのよ!瞳孔は開いたまま顔は真っ白だったし、アタシが心マしてなかったらそのまま死んでたんだからね』と言われた。

死の瞬間に近いものを味わったワケなんだが、よく聞く『離れた所から自分を見る』とか『俺を呼ぶ声が聞こえた』なんてのはなかった。寝落ちと同じような感覚だったよ。

それ以来、死後の世界ってのは残された人が納得するための概念だと思うようになったでござる。
106.名無しさん:2018年03月23日 12:08 ID:Aya48qck0▼このコメントに返信
脳とかは個人的には揮発性の方だと思うから
通電して無いと消えてしまう感じは
HDDよりRAMの方がイメージに近いけどね
107.ララー・スン曰く、意識が永遠なら拷問よ:2018年03月23日 12:08 ID:ax23FsWv0▼このコメントに返信
重力波のWikiを見ると「2016年2月に直接検出に成功した」そうです。

位相が僅かにズレた並行世界の経験が重力波の影響で記憶を共有した為に既視感が起きる、と説明されれば何となくそれもアリと思えます。
その延長で異なる時代や文明や社会など長期記憶の共有が生まれ変わりを意識させる、そう言われれば火星で生まれ育った記憶を持つ少年の主張が限りなくゼロに近い僅かな可能性でも無きにしも非ずに思えます(所詮確率ですから「確からしい」の範疇です^^;)。

昔から既視感や生れ変りや幽体離脱を語る人、夢を見る現象に重力波が影響してても不思議(物凄く眉唾ですが)ではない気がします。
誰も居ないのに人の気配が感じるのは僅かにズレた自分に接触して「アレ?何で?」と無意識に感じるから、とか・・・
鏡や他人に見えないのは僅かなズレで非接触だから、とか^^;
108.名無しさん:2018年03月23日 12:15 ID:Aya48qck0▼このコメントに返信
※101
信じるかどうかはともかくシミュレーション仮説とか考える人が馬鹿っぽいとは思えんけどね
ホログラフィック宇宙論とかもイメージとしては近しい気がするし
109.名無しさん:2018年03月23日 12:28 ID:ZYnT3PPW0▼このコメントに返信
死んだ後がどうなのかは知らんが、死ぬ時は眠るように死にたい。
110.名無しさん:2018年03月23日 12:28 ID:WUAb0Nnw0▼このコメントに返信
有るか無いかって話をしてんのに
なぜ信じる信じないの話にすり替えるんだよw
有るっていうなら証明しろ
証明できないのなら存在しないってことだよ
111.名無しさん:2018年03月23日 12:33 ID:h43PyZdS0▼このコメントに返信
忘れたい黒歴史まで、肉体の脳みそなどくらべものにならない能力をもつ、自分自身の幽体の記憶媒体に
その時の感情つきで、ば~っち~り~記憶されてるんだろうな。スピリチュアリズム本どおりならな(汗)
さらに、守護霊だか担当の産土神な存在が親切(ありがた迷惑ともいう)に全人生の記録をバッチリ保存して
くれてそうだな(汗)これはこれで嫌すぎる(汗)
112.名無しさん:2018年03月23日 12:34 ID:csrge7dR0▼このコメントに返信
転生は既に米国で科学者によて、その存在が何例も証明されているよ。
113.名無しさん:2018年03月23日 12:45 ID:WUAb0Nnw0▼このコメントに返信
※112
どこのどいつだよそのエセ科学者はw
本当に証明されてたらノーベル賞どころじゃねえわw
114.名無しさん:2018年03月23日 12:48 ID:UiAPOVHq0▼このコメントに返信
※102
不快感を与えたならごめんなさい ここへ来る人は、ゴリゴリの唯物主義者じゃないですよね
そもそも、そんな人はこのスレの題に興味がないし
みんな何かしら興味を持った人がやって来ていろいろな意見を出している
115.名無しさん:2018年03月23日 12:49 ID:WEQt3Tl20▼このコメントに返信
魂も死後もない
完全な無だよ 死後時間が経ち関係者の記憶からも消えたら
存在していたかどうかも怪しくなる
虚しいもんだ
116.名無しさん:2018年03月23日 12:52 ID:uOG0oeIE0▼このコメントに返信
※112
イアン・スティーヴンソン
ジム・タッカー
かな。昔の売れた本で邦題は知っている人も多いと思う。
wikiでは関係者の面接調査で前世の記憶があるとしている。ワシの科学知識では面接で科学的真相が決まることはない。まあ深入りはさける。
117.名無しさん:2018年03月23日 12:53 ID:UiAPOVHq0▼このコメントに返信
数十年前にアメリカのリーダーズダイジェストという有名な知識雑誌に臨死体験の幾例かが載っていた
やはり、国籍に関係なく死ぬとトンネルの中を飛んで光に出会ったとか、花畑を見たとか言う人が多い。
ただ、日本では川を渡ろうとして止められた、という人もいるね
118.名無しさん:2018年03月23日 13:27 ID:UiAPOVHq0▼このコメントに返信
わたしは個人的には魂は気の塊だと思う
勇気、元気、気が重い 気を配る、気の迷い、気心が知れる、気がつく、気に入らない、気休め、気が合わない、気が合う、
古来日本では「気」という観念を使った言葉が実に多い 中国もだろうが
もし気が存在しなければ、こんなに日常で自然な会話の中で使われなかったろう
学術的な概念ではなく、庶民の中に大昔から当たり前に浸透している
特に「雰囲気」という言葉は気の存在を表している
雰囲気の良い人、悪い人、建物、場所等そこに目に見えない何かが宿っていることを示している
コンサート会場でも観客が1つになって盛り上がった時、全員の魂、つまり気が一時的に融合して共振し、一体感を感じることができる
これが

119.名無しさん:2018年03月23日 13:41 ID:UiAPOVHq0▼このコメントに返信
わたしは個人的には魂は気の塊だと思う
勇気、元気、気が重い 気を配る、気の迷い、気心が知れる、気がつく、気に入らない、気休め、気が合わない、気が合う、気が晴れる
古来日本では「気」という観念を使った言葉が実に多い 中国もだろうが
もし気が存在しなければ、こんなに日常で自然な会話の中で使われなかったろう
学術的な概念ではなく、庶民の中に大昔から当たり前に浸透している
特に「雰囲気」という言葉は気の存在を表している
雰囲気の良い人、悪い人、建物、場所等そこに目に見えない何かが宿っていることを示している
コンサート会場でも観客が1つになって盛り上がった時、全員の魂、つまり気が一時的に融合して巨大な塊になり共振し、一体感を感じることができる
これが魂である
素晴らしい作品を見ると魂(=心)を奪われるという
その人の幽体から伸びた気が、名作に吸いついていると、そう感じる
我に返ると、伸びていた気は体の中の幽体に引っ込んで元通りになる
これは、テレビやスマホの画面に夢中になっている時も同じである

「場の空気が変わる」と言う
みんなが和気あいあいとしている時、そこに楽しい共鳴が生まれ、魂が1つになっているが
異質なものが加わったり、違う刺激が加わると、みんなの共振波動全体が違う波動に変化する
それを、「場の空気が変わる」と、表現する

120.名無しさん:2018年03月23日 13:43 ID:UiAPOVHq0▼このコメントに返信
失礼 118は誤送信しました
121.名無しさん:2018年03月23日 13:55 ID:UiAPOVHq0▼このコメントに返信
完全な無はあり得ない
今までここに存在していたものが全てなくなることはあり得ない
死んだら肉体は灰と骨になり、土などに変化していく
ただ形が変わるだけで原子単位では存在し続ける
そして、いずれ違う物の構成物質になる
つまり、全てはリサイクルしているわけだ
たとえ原爆が落ちても、そこにあったものは地上又は空気中に塵となって存在し続けるのだ
魂がもし気の粒子群で存在していれば、同じように無にならずに輪廻転生でリサイクルすると考えるのが、自然
122.名無しさん:2018年03月23日 14:54 ID:4AdwCkhd0▼このコメントに返信
輪廻転生とか言ってる奴は、地球の歴史をもう1度よく考えてみるといいよ。
最初は、生物などいない灼熱の星だけど、生物がいないんだから、死後の世界も輪廻転生もありえない。
やがて地球が冷えてきて、単細胞生物の登場となるけど、連中は分裂するだけで死なないよな。
事故的な死はありうるけど、システムとしての死は無いし、基本的には誕生も無いから、輪廻転生はあり得ない。
じゃあ、いったい進化のどの段階で、死後の世界やら輪廻転生が生じたんだろうか?
ある日とつぜん死後の世界が発生したり、輪廻転生システムが突如として成立したりするのか?
死後の世界とか輪廻転生ってのは、始まりも終わりも無い定常的な世界観とは相性か良いけど、現実の変化する歴史とはきわめて相性が悪い。
123.名無しさん:2018年03月23日 14:55 ID:EAPjwBrb0▼このコメントに返信
死んだ人の記憶や魂は、我々生きてる人達が受け継ぐんだよ。
124.名無しさん:2018年03月23日 15:04 ID:BMW4ksH60▼このコメントに返信
こう言う事って結局 死んで無になることが嫌で心の何処かでまた再生したという願いから輪廻転生という
思想が生み出されたと思うけど自我は何も人間だけで無くAIの進歩と共にシンギュラリティを超えて機械自体が自我(心)を
持ったらどうなるのよ?人工物である人工知能が魂を持つ事と同じなんだけど!有機体である人間だけが魂を持つとか有り得ない。
豚などの家畜もね遺伝子改良して人間レベルの知性を持たすことは今の技術でも、もう可能なんだよ!輪廻転生思想者は悪い行いをした
者は悪事のレベルによって動物に生まれ変わる者、昆虫、虫に生まれ変わる者とか色々言うけど人間と高等動物以外の昆虫、虫の個体の
総数比を比べれば明らかに論理破綻してると気付くね!
悪事を働いた者→人間よりランクが低い生物(知性が低い)に生まれ変わる→遺伝子操作によって動物でも人間並の知性の家畜、野生動物の
個体が可能!→よって輪廻転生説は破綻!  したがって結果 輪廻転生はありません。

超能力は別!多分ある。 ただこれは心霊思想的な物では無くて野生のまだ何か解明されて無い脳の機能で鳩が地球の電磁波を感じて
どこで放たれても帰って来る帰巣本能と似た現象だと考えてる。多分 地震起こる前に感じる野生動物と同じ能力が人間にはある。
そう言うレベル。
125.名無しさん:2018年03月23日 16:03 ID:LlK0wjm30▼このコメントに返信
魂や死後の世界がまったくないのもさびしい話なのかもしれませんが
あればあったで今のいろいろな定義が崩れるんだよね、
例えば脳みそ、今の脳科学では脳が記憶をつかさどるものとなっているが
魂が存在しちゃうと記憶って何?脳みそって???となる
126.名無しさん:2018年03月23日 17:08 ID:UiAPOVHq0▼このコメントに返信
※122
わたしの考えでは先述した通り、最初はこの世は全て気の粒子の大規模な群団、だけでできていた
ある日その一部が圧力で収縮し、結晶固体となった
これが宇宙、物質界である
気の粒子は非常に微細で物質内に浸透するから、全ての物質に気が宿るようになった
石も水も、空気にもだ
従って原初の星、宇宙ガスにも気は宿る
それから単細胞生物が生まれると、それを構成する原子分子にも気は宿っていた
その内有限な生物が生まれ、植物に宿る気は、植物が枯れるとそのまま原子内に留まった

殺生をして食べて生きていく生物が発生すると、その罪を払しょくするために生物に宿る気を、宇宙のバランス上、浄め直す必要が出て来た
でないとその生物の気がだんだんこわばって重くなっていくから
そこで、昆虫や草食動物以上は死ぬと四重幽体の内、離脱できる内側二重分(心、魂等と呼ばれる)が、いったん宇宙の果ての物質界より気が薄くて軽い天国に呼ばれ、浄化されるようになった
時期が来ると、又魂として地上に転生する

なお、元から物質を構成する原子に宿る気(生物の四重幽体の内、外側の二重分)は、常に地上で物質内に留まり、死後変成する物質と共に有り続ける
127.名無しさん:2018年03月23日 17:28 ID:UiAPOVHq0▼このコメントに返信
※125
脳と記憶の関係について
脳は、あくまで肉体における経験、得た知識、又先祖伝来の遺伝子にある経験を、神経細胞が信号として記憶、再生している
だから神経回路を刺激すると、思い出す

これに対し肉体に宿る幽体は普通は肉体と等身大であり、その内部は大量の気の粒子群で占められる
粒子群は、ちょっとした刺激で揺れて波を起こす
これが心、感情と言われる物で出す波動の種類により、喜怒哀楽などに表現が分かれる
又気の各粒子は自転しており、自ら波動を出す
よく、笑ったり泣いたり怒ったりすると、体がブルブル震えるが、それも感情の種類によって、震え方が異なる
いわゆる周波数が異なるのだ
肉体の震え方は、その人の心、すなわち幽体の揺れる周波数と連動する
128.名無しさん:2018年03月23日 17:36 ID:UiAPOVHq0▼このコメントに返信
先述したが幽体の中の気の粒子は言葉や感情や景色を波動に変換し、自分の波動として記憶することができる
だから、前世の記憶も幽体内に保存できるし、少なくとも人生の主要な出来事は記憶している
ただし、転生する時に前世の記憶は邪魔になるから、普通は封じられる
死ぬと肉体から魂は解き放たれ、過去世の記憶もよみがえる
129.名無しさん:2018年03月23日 17:40 ID:UiAPOVHq0▼このコメントに返信
※124
輪廻転生する場合、人間は人間にしか生まれ変わりません
ブタはブタのまま、虫はいつも虫のままです
ですから、機械がいくら人工知能を持とうと、金属の塊ですから、金属に宿る気でしかない
金属は食べものの殺生をしないので、天国に行って罪を償う必要もない
従って機械に天国を経由する輪廻転生はありません

130.名無しさん:2018年03月23日 17:43 ID:toLnocTU0▼このコメントに返信
魂だの霊だのがあるとすればそれはあなたの脳の中だけです。
あなたがそう作ったものですからね、あなたが死ぬ時あなたの考えたものはなくなるのです。
131.名無しさん:2018年03月23日 17:45 ID:IvWQbFKy0▼このコメントに返信
無に還るがいい
132.名無しさん:2018年03月23日 17:58 ID:UiAPOVHq0▼このコメントに返信
※130
古今東西少なくともエジプト時代から多くの人が魂や霊について、言及してきた
それはなぜでしょう
なぜ、みんな地理的に遠く離れていても民族が違っていても、時代が違っていても、魂や霊について同じような発想をするのでしょうか
なぜ人は祈るのでしょう
あなたは、これまでに生涯で一度も何にも祈ったことはありませんか
たとえば子供が生まれる時、無事に生まれるように祈りませんでしたか
あるいは受験の時、合格するように祈りませんでしたか(不正な入学でない限り)
人は、必ず無意識にピンチになると、自分より何か強いものに向かって祈るものです
それは、あなたの父や母、兄、先生に向かってでしょうか
それとも、もっと大きな、何か目に見えない力に対してでしょうか
天が助けてくれたと、感じたことはありませんか
亡くなった祖先が守ってくれたと感じたことはありませんか
多くの人が、似たような体験をしています
それは、わたしだけでなく多くの人が脳内で体験したことかもしれませんが、少なくともわたし一人の体験じゃない
昔からの何十億人という人々の、個々の体験によるものです
つまり、わたしの主観で魂を作っているわけではないのです
133.名無しさん:2018年03月23日 18:12 ID:UiAPOVHq0▼このコメントに返信
それから思考とは脳波ですから、空気中に振動として発散されています
いったん出した物はしばらく漂いますからわたしが居ようと居まいと、思考の空気の波は近辺に残るわけです
わたしが死ぬと、即消えるわけじゃない
それから強い念(=気の粒子群)は何百年と残ると言われます
よく、お隣の国の人が千年呪うとか、言っていますね
あながち嘘じゃない
134.名無しさん:2018年03月23日 18:31 ID:toLnocTU0▼このコメントに返信
あると言う者が証明して見せればいいだけ
俺は原人や猿人の幽霊なんか聞いたこともないけどね
135.名無しさん:2018年03月23日 19:28 ID:v5KyU1W70▼このコメントに返信
御都合主義の自己解釈論なんやで。
136.名無しさん:2018年03月23日 19:33 ID:GnnSFZE70▼このコメントに返信
俺は共産主義者ではないが宗教はモルヒネだと思っているよ
137.名無しさん:2018年03月23日 19:35 ID:GnnSFZE70▼このコメントに返信
宗教はモルヒネで痛み止めだが
打ち過ぎると身を滅ぼす

適度に打ちたまえ
138.名無しさん:2018年03月23日 19:42 ID:UiAPOVHq0▼このコメントに返信
※134
原人や猿人の幽霊とは、独創的ですね
わたしが思うに、まず幽霊とはこの世に想いを残したもの、昇天できなかった者です 恨みつらみ、悲しさをこらえ、あまりのこだわりに死んでも地上を離れられなくなった
普通は死ぬと、素直ならほとんどの人の魂が昇天できるが重罪を犯したり、宇宙の真理に背き徹底反抗するものは、宇宙に満ちる物理法則、真理が作る波動に乗れず、共鳴できずに飛び立てない
特に欲の皮が突っ張ったり、人をだまして傷つけ、苦しめたりした人は飛び立つのに困難を伴う 勿論、被害を受けて相手を許せず、強く恨む人々もです
それでは、原始時代にそのような葛藤があったのでしょうか
今日ではお金と物欲と名誉と性欲等のために、人はよく罪を犯します
原人や猿人のいた原始時代に、金はあったか なかったですね
大量にため込みたいほどの物があったか なかったですね
その日の食べ物にありつければ、十分だった 従ってあまり物欲はなかった
そして動物程度の知能だったから人をだますほどの悪知恵もないし、せいぜい腕力を振るう程度で、サルと同じく強いものに必ず従うルールができていたはずです 勿論、名誉などない
では性欲はどうかと言うと、きちんとした家族制度はあったか なかったですね
適当に性□をして子供を生み、育てるのに精いっぱい、病気やけがですぐ死にますから子沢山かもしれませんが、狩りと養育に手間がかかり、遊びで浮気などする暇もないのではないでしょうか
また、規律や規制がないので性犯罪といえるものもない 動物並みの性欲で特に罪の意識などなかったでしょう

従って重罪という程のものはなく、死んでもこの世に怒りや未練を残す事もしない
原生本能で生きる動物程度の、この世に執着の少ない生き方だったと思われます。
ですから、原人や猿人は幽霊にならず、普通に代々輪廻転生をしていったと、思われます
139.名無しさん:2018年03月23日 19:43 ID:UKYThe9H0▼このコメントに返信
生きてるうちが華なのよ死んだらおしまいよ
140.名無しさん:2018年03月23日 19:49 ID:65Ui.Yxq0▼このコメントに返信
アニミズムや宗教というのは、それに則った方が生存に有利というそれだけのことの淘汰と発展だろう。

アニミズムも宗教も単独では存在し得ない。

だから淘汰が進めばイスラム教一色とかキリスト教一色とかに地域が塗りつぶされる。
141.名無しさん:2018年03月23日 20:02 ID:jnzH8cZx0▼このコメントに返信
魂はともかく、記憶は残しておいて誰かのためになったら嬉しいよね
俺の人生は失敗だらけだからある意味では参考になるだろう
142.名無しさん:2018年03月23日 20:06 ID:toLnocTU0▼このコメントに返信
※138
あんたに言える事は死んだ後のことより今を考えろってことだけだ
多分みんなもそう思ってるさ。
143.名無しさん:2018年03月23日 20:43 ID:boEZhVI.0▼このコメントに返信
隔生即忘
144.名無しさん:2018年03月23日 20:48 ID:c.HV6N7A0▼このコメントに返信
※142に同意
145.名無しさん:2018年03月23日 21:07 ID:vaTpN8al0▼このコメントに返信
将来コンピュータの中に自然環境が再現できて
そこに自然に生命が生まれたり、擬似的に作られたりしたとき
魂が宿って一匹あたり6グラム増えたら、PCの体積は増えないのに重さばかり爆発的に増えていってえらいことになるな。
146.名無しさん:2018年03月23日 21:51 ID:UiAPOVHq0▼このコメントに返信
※142
ご心配ありがとう
わたしは今のことも死後のことも考えておくのは好きだよ
ちょっと時間があった時に考えただけ
皆さんは、忙しくてなかなかゆっくりこういう事を考える時間はないでしょう
たまには、こういう話をお互いにいろいろ考えてみるのもいいものです
新たな発想もあるし勉強になりました
147.名無しさん:2018年03月24日 00:27 ID:LKQlObsC0▼このコメントに返信
※105
自分もおなじ体験したよ
心臓停止してぶっ倒れ、目の前が真っ暗になった
問題は、目の前が暗いことと、妙に快適だったことを覚えていることだな

その点が引っかかってる
まちがいなく、「暗さ」を自覚していたんだよね
148.名無しさん:2018年03月24日 00:29 ID:qLnIuGdz0▼このコメントに返信
お亡くなりに成っていない人の言葉に、信憑性なんて皆無でしょ。
149.名無しさん:2018年03月24日 01:07 ID:GydVRBdR0▼このコメントに返信
質量保存の法則で宇宙から一人の人間が生きたエネルギーが時間ごと消滅することは無いんで、また最初に戻るだけ。
150.名無しさん:2018年03月24日 01:27 ID:lVpxZApR0▼このコメントに返信
いろいろ説やら考え方はあるが、SCP-2718のアレだけは絶対に勘弁だな
(実は死後も感覚が残っていて、遺体が腐ったり焼かれたりするのも全部知覚してしまう……というホラーの話)
151.名無しさん:2018年03月24日 03:38 ID:.KBE5CeE0▼このコメントに返信
※116
で、結局だれもこの話題はする~して、私は思うという長い文章かい。
152.名無しさん:2018年03月24日 03:42 ID:.KBE5CeE0▼このコメントに返信
最近は世界の人口が多いから込める魂が足りなくて神様も大変だ。人口を5億まで減らそうか、いや10個に割って入れようとか。いろいろ不都合があるらしい。
153.名無しさん:2018年03月24日 04:23 ID:Tl4..ZXZ0▼このコメントに返信
※147
心停止によって脳に運ばれるべき酸素と糖が足りなくなるから倒れる時に打った痛みはほとんど感じない
脳の活動が低下すれば人体のあらゆる器官で感じるモノからすべて解放される、目から入る光も温度も呼吸が停止している息苦しさからも
154.名無しさん:2018年03月24日 08:08 ID:WqmIcDas0▼このコメントに返信
閻魔大王「地獄に80年行くか、49日後に朝鮮人に生まれ変わるか、どっちが良い?」
155.名無しさん:2018年03月24日 12:45 ID:dOXnK.Ot0▼このコメントに返信
メモリーなんてもんは一時的に記憶させるものや
電源切れば消えるんやで
156.名無しさん:2018年03月24日 13:55 ID:gyogT..H0▼このコメントに返信
>ララー・スン曰く、意識が永遠なら拷問よ
なんかすごい名言な気がする
157.名無しさん:2018年03月24日 16:40 ID:1uFOglsR0▼このコメントに返信
ララー・スン曰く
「大佐 邪魔です!」
158.名無しさん:2018年03月25日 20:56 ID:owm2cSlY0▼このコメントに返信
ララー・スン曰く
アムロとはいつでも遊べるから…

お名前