スポンサーリンク

2018年02月26日 09:05

徳川慶喜「アカン、鳥羽伏見の戦い負けた、せや!!江戸帰ろ!!」家康「アホやろこいつ」

徳川慶喜「アカン、鳥羽伏見の戦い負けた、せや!!江戸帰ろ!!」家康「アホやろこいつ」

ieyasu

引用元:徳川慶喜「アカン、鳥羽伏見の戦い負けた、せや!!江戸帰ろ!!」家康「アホやろこいつ」
http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1519171762/

1: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:09:22.37 ID:mWj9m/w5a
家康「江戸帰ったら諸藩の信頼無くして一気に倒幕に傾くやんけ」

家康が蘇りしたら大阪で玉砕するまで戦うやろうに、江戸からの援軍も来てたのにアホやで

2: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:10:18.21 ID:FSUp9OkFM
家康何歳ですか

4: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:10:39.21 ID:mWj9m/w5a
>>2
そら全盛期の身体に頭脳よ

3: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:10:23.37 ID:IyxsbEGRd
自軍の方が兵力で勝ってたんだから撤退はせんやろな家康なら

6: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:11:46.74 ID:mWj9m/w5a
大阪で篭って援軍来るの待って一戦するやろうな
慶喜帰って幕府の為に戦ってた諸藩やら様子見してた奴らが一気に薩長についた

7: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:11:55.14 ID:a+OiBmEt0
近代式の装備揃えて三河武士の面子立てながら戦してたら速攻で負けそう

8: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:12:47.14 ID:g+4hi7XOd
>>1
うんこ漏らしながら江戸に逃亡やろ

9: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:12:52.13 ID:w4MdLEsR0
海軍は勝ってたしな

10: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:13:21.45 ID:RhdWX6Yya
家康『徳川家ボロボロやん』

14: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:14:25.18 ID:IyxsbEGRd
まず昔から裏切る裏切る言われてた尾張徳川家が寝返っちゃうやろうけど

16: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:15:01.85 ID:Eae8HVpYa
そこまで泥沼化したら清の二の舞になるんやないか?

17: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:15:18.70 ID:dlwzjVxJa
慶喜が家康やったら小牧長久手で秀吉にフルボッコにされてるやろな

18: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:15:22.18 ID:N2D4jHNwd
でも豊臣と違って自分も生き残って、帝国議会に徳川を送り込んでるから結果的にはまずまずやったんやないか

21: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:17:12.57 ID:6gePJbXr0
尾張と紀伊が積極的に裏切ってますが?

25: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:19:05.77 ID:op49KGt90
そら晩年家康なら余裕で勝つやろけど慶喜31歳だから多少はね?

27: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:19:14.63 ID:ucsU1D5L0
イギリスとフランスの代理戦争やしアホらしくなったんちゃう

28: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:19:49.81 ID:tyYVa/Y8p
家茂が生きてたらどうなったんやろなあ

29: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:20:39.48 ID:E6z5Oywg0
岩倉具視「よし、倒幕の勅命を作ったで、これを全国に出せば…」

慶喜「はい大政奉還。倒す幕府はなくなりましたー」

有能

41: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:24:29.12 ID:6gePJbXr0
>>29
岩倉具視「天皇の臣ならば辞官納地せーや」
山内容堂「天皇の臣は官職も領地もお返しせねばならぬなら島津公も毛利公も範をとって返さねばならんわな」
岩倉具視「」

そら慶喜公が出席したら慶喜に勝てませんわな

42: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:24:29.98 ID:Z6yMEUkVM
>>29
いうて渡りに船やろ
倒幕派に資産やら残ってる訳もなく

30: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:20:59.92 ID:hZhlhg+Q0
むしろこいつが生き延びたおかげでなんか穏便に済んだイメージやけどほんまは日本中で戦争してめちゃくちゃ悲惨やからな

31: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:21:06.62 ID:6gePJbXr0
大久保利通「慶喜公お一人で幕府を支えている状態。束にならなければ慶喜公には勝てなかった」
木戸孝允「慶喜公が14代様ならば新政府自体ない話だった」
岩倉具視「慶喜公が朝議に参加したら誰も勝てないし、実際勝てなかった」

慶喜公とかいう化け物

32: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:21:29.55 ID:ZJsVN1dF0
大政奉還までは慶喜ペースなんだよなぁ
なお

35: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:22:49.82 ID:eTa6Wgyp0
慶喜はババ引かされた立場やないんか

38: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:23:40.96 ID:hZhlhg+Q0
>>35
薩長の後にイギリスがついてしまった時点で無理ゲーやからな

36: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:22:54.53 ID:E6z5Oywg0
最初から最後まで戦争はやる気なかったからね

孫子の兵法は、いかに戦争を回避するかが長くかかれてるし
正しい

37: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:23:35.62 ID:hB5Z6Wena
内戦を激化させんかったと見たら英断なんやろかな

40: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:24:21.84 ID:hZhlhg+Q0
>>37
ほんまは穏やかに収まったわけではないけどなかなり戦争してる

53: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:26:33.79 ID:hB5Z6Wena
>>40
そら戦争はあったけど慶喜がやる気やったら規模はもっとでかくなってたんやないか?

59: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:27:38.10 ID:hZhlhg+Q0
>>53
やから今伝わっているイメージより実際はもっと戦争してるってことよ
どっちに着いたかでその後の処遇もわかれるし

39: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:23:49.57 ID:W0z7j29Nd
野蛮すぎる薩摩にドン引きしたんやろ

44: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:24:39.69 ID:E6z5Oywg0
大政奉還する

いきなり返されても、政権運営のノウハウがない朝廷は困る

徳川家がしばらくやる

議会っぼいもの(集まるのは4年に1度)をつくって徳川が総理ポジ

いけるやん

45: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:24:48.47 ID:nZgvwWnUp
毛利と徳川のイモ引いた結果どっちも最終的に得したな
毛利は徳川に最後は勝ったし慶喜も悪い結果にならんかったし

46: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:25:09.72 ID:YDQz4MgR0
仮に現役の家康が幕末に居たとして
薩長軍に勝てるか?

50: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:26:16.68 ID:hZhlhg+Q0
>>46
欧米の技術力が圧倒的に上やったから無理やと思うそういう時代やった

63: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:28:01.17 ID:Z6yMEUkVM
>>46
勝とうが負けようが欧州の息がかかってるから意味無い
方法としては近代化しかないから似たような結果になると思う

80: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:30:22.38 ID:owIWmidy0
>>46
前線指揮官が経験不足だから無理やろ

153: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:46:12.48 ID:rsV8tUxq0
>>46
公武合体実現させてそう

231: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:58:37.43 ID:WLRHqJdUa
>>46
家康なら戦争始まる前に終わらしてるやろ

49: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:25:56.49 ID:VYpAI4hc0
冷静に考えて鹿児島県と大英帝国が戦ったってやばない?

76: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:29:41.27 ID:6gePJbXr0
>>49
錦江湾の潮の流れで
いつの間にか砲台の射程内に入って
初弾が旗艦の戦闘指揮所に直撃して
旗艦の艦長と福参謀長即死で艦隊司令負傷
とかいうミラクルが起きたからな

55: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:26:44.37 ID:E6z5Oywg0
薩摩対イギリスは戦ったけど
停戦交渉始まる前から
薩摩側がイギリスに武器を売るように交渉してた

57: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:26:50.89 ID:IyxsbEGRd
イギリス真似て議会作っていったのは評価ポイント高い

65: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:28:10.66 ID:E6z5Oywg0
鳥羽伏見がすぐに終わったのは
慶喜の士気の低さもあるけど
同じ日本人で戦ってる場合やないって意識やな

72: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:29:23.24 ID:VYpAI4hc0
>>65
錦の御旗ちゃうの

81: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:30:41.43 ID:YDQz4MgR0
>>65
かしこい
正しい選択したと思うでホンマ

66: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:28:26.87 ID:pDEcTDlT0
まぁ江戸城攻防戦がなかったから明治維新が出来たと言う面も

70: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:28:48.03 ID:owIWmidy0
逃げる前どころか、幕府側はいろいろやらかしすぎ
・12月に御所を占拠した薩軍を潰さない
・鳥羽伏見1日目で上洛のために初弾を籠めておらず、薩軍に押し切られ、相手に勢いを与える
・会津別働隊、土佐の粋なはからいで無防備な京に驀進するも謎のUターン
・新型銃を所有し火力では有利なはずなのに、戦術がしょぼくて押し切られる

74: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:29:32.16 ID:gE5Ul4wm0
ガチでやったらそりゃ最後には勝てるだろうけど、その頃には日本ボロボロだろ

78: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:29:54.43 ID:m+mXxS8h0
慶喜これだけでクソ酷評されていまいち人気ないよな

83: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:30:45.84 ID:gE5Ul4wm0
>>78
大河ドラマのおかげで日本中手のひらくるくるしたけどな

85: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:30:57.14 ID:YLwVR4yda
>>78
無血開城した名君!!的なアゲ表現の方が多くない?

92: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:31:43.74 ID:6gePJbXr0
>>85
文久の3年間の鬼のような活躍は忘れ去られてるからな

86: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:31:10.37 ID:hZhlhg+Q0
>>78
薩長が維新側のヒーローやからしゃーない

91: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:31:41.23 ID:eCh46qCS0
割とマジで江戸末期にタイムスリップした全盛期徳川家康の話見たい

251: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 10:01:24.95 ID:1AKIkwJa0
>>91
結局自分の頃最後まで敵だった毛利島津に負ける訳だし因果応報とか言って達観しそう

95: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:32:20.64 ID:E6z5Oywg0
大政奉還の時点では徳川はまだ他を圧倒してたんやな

110: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:35:31.35 ID:XlVyG6Ce0
慶喜が徳川の呪縛から解放されて処刑もされずにそれなりの影響力と財力も誇示しつつ楽しそうに過ごしてるの見てると相当の切れ者やと思うけど
無能だったらあの流れで処刑されないなんてまず考えられんよ

112: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:35:47.15 ID:m2YFt6rnd
小学校の時はヘタレカメラおじさん
高校では結構有能だと説明された

121: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:37:36.59 ID:m2YFt6rnd
坂本龍馬は実際のところ大物だったのか?

125: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:38:59.42 ID:6gePJbXr0
>>121
薩摩と、イギリスのパシりや

132: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:40:56.47 ID:dg/loEK9a
>>121
最近は龍馬叩けばええって流れやけどあのコネクションの多さは十分大物やで

122: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:37:54.50 ID:t0MUlDu20
慶喜が楽しそうに自転車乗り回して落ちぶれた部下がキレた話すき

123: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:38:29.76 ID:6gePJbXr0
鍋島さん、アームストロングさん25門持ってるのに
やる気がない

131: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:40:22.33 ID:6gePJbXr0
西郷隆盛→斉彬のパシり
大久保利通→久光のパシり
坂本龍馬→薩摩と、イギリスのパシり

パシりも極めると政府転覆できるんやで

134: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:41:49.56 ID:0snhXiwQM
なんで社会科の先生あんなに慶喜のことボロカスいうてたんやろ
粘着アンチレベルやった

139: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:43:11.81 ID:B/3sqAAs0
>>134
世代の差
今60代以上のやつで慶喜持ち上げてるやつはレアやで

146: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:43:58.48 ID:m2YFt6rnd
>>134
小→ヘタレ
中→ヘタレ
高→聡明で柔軟性のある男

教師によって評価が違いすぎる

137: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:42:29.29 ID:h9/5IuihM
戊辰戦争で日本を崩壊させてもう一度新しい日本を作り出すってどこかで見たけどホンマか?

145: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:43:52.40 ID:YDQz4MgR0
>>137
無理だぞ
戦争なんてしたらイギリスかアメリカかフランスの植民地

161: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 09:47:46.96 ID:6gePJbXr0
>>145
アメリカ→南北戦争
フランス→普仏戦争
イギリス→インド大反乱の後始末に忙殺
ロシア→クリミア戦争

意外と列強大ピンチ

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2018年02月26日 09:06 ID:28d5hZ7g0▼このコメントに返信
エルダー帝国ガガーン少将!
2.コロンブス:2018年02月26日 09:12 ID:f0vCng.w0▼このコメントに返信
問題文の表現。笑うなw

関西弁。ネットで使うと不思議に下品で、自分は御免被る。
関西の中でも生野なんていう所から書き込んでいるのかいなw
3.名無しさん:2018年02月26日 09:14 ID:dDx1DTfU0▼このコメントに返信
ちょうどその辺で銃とか砲とか船とかが進んだから当時の人でも読みにくいよね。
4.名無しさん:2018年02月26日 09:16 ID:zOkvkVtD0▼このコメントに返信
慶喜は水戸藩出身なので朝廷、皇室を重んじていたため、錦の御旗がだされるのを怖がっていた。
5.名無しさん:2018年02月26日 09:16 ID:dDx1DTfU0▼このコメントに返信
強いて言うなら石田治部を忠臣と教育しておけばいいのに藤堂家なんかを・・・
6.名無しさん:2018年02月26日 09:22 ID:Tn3FYBxC0▼このコメントに返信
お前らバカ丸出しだな
教科書に載ってる江戸後期から明治維新のくだりなんかほとんどデタラメだぞw
7.名無しさん:2018年02月26日 09:22 ID:ghq2quf30▼このコメントに返信
慶喜はにらみ合いのまま京の薩長軍を干上がらせる戦略で事実、京は物資がストップしてかなり追い詰められてたみたいだね。そこへまさかの江戸の薩摩藩邸の焼き討ちの急報。大坂の幕府軍が一気に開戦に傾き、慶喜も抑えきれずに進軍。慶喜もまさか江戸で火の手があがるとは思ってなかっただろうな
8.名無しさん:2018年02月26日 09:25 ID:dDx1DTfU0▼このコメントに返信
新式銃や軍艦、アメリカ内戦の絡みで進む幕末なんて教科書に書いてあるのか。勉強になるなあ。ありがと。
9.名無しさん:2018年02月26日 09:27 ID:rwn09.o90▼このコメントに返信
御所を占領された時点で、これを奪還するために京都を焼くことにになるかもしれない覚悟が必要だし、
アジア周辺に欧米が出張って来てる状況で、戦火を拡大するのは、かなり難しい判断ではあるけどな。

将軍に拘ってたんなら、愚策だったろうけど、そうじゃない人みたいだからなぁ・・・。
一概に、あほなんて言えないな。
10.名無しさん:2018年02月26日 09:27 ID:bDAlQ8Rh0▼このコメントに返信
水戸学の洗脳受けた慶喜には賊認定は辛かったやろな。
11.名無しさん:2018年02月26日 09:29 ID:JoJuhXZE0▼このコメントに返信
いつもの慶喜過大評価だな
12.名無しさん:2018年02月26日 09:29 ID:bDAlQ8Rh0▼このコメントに返信
勝っても尊氏やからな。
13.コロンブス:2018年02月26日 09:31 ID:f0vCng.w0▼このコメントに返信
※6
デタラメでない歴史を書いてくれ。大先生w
すぐ書け。
14.名無しさん:2018年02月26日 09:32 ID:45.Q.n2A0▼このコメントに返信
凡人の頭でいくら考えても家康にはなれないよ 乙
15.名無しさん:2018年02月26日 09:34 ID:bEbFhZfL0▼このコメントに返信
将軍が守るのは”家”だから正解。
伏見で負けて持久戦をやっても徳川秀忠軍は来ないし背後から裏切られるだけ。
16.名無しさん:2018年02月26日 09:38 ID:4DJJmlbr0▼このコメントに返信
メンドクサイから気を見て将軍職(責任者)から撤退したから正解だろ。

徳川家は今もあるぞ。
17.名無しさん:2018年02月26日 09:40 ID:4DJJmlbr0▼このコメントに返信
勝てる勝てないなら勝てるだろ。てか勝ってどうするねん。
戦略的にメンドクサイ局面だろ。

お前らあの時代の指導者(責任者)に成りたいか?

成りたくない奴ばかりだからお飾りの『天皇』に押し付けただけだぞ・・
18.名無しさん:2018年02月26日 09:43 ID:4DJJmlbr0▼このコメントに返信
内乱なんてさっさと終わらせると日本人全員得します。
戦わずして降伏したら「劉禅」扱いされるから適当に戦ってグダグダのまま大政奉還で逃げただけっす。
19.名無しさん:2018年02月26日 09:44 ID:pGqSseYG0▼このコメントに返信
慶喜は日本の元祖無防備マンだから
謎の勢力に上げられているのではないか
20.名無しさん:2018年02月26日 09:45 ID:HCmE8ajv0▼このコメントに返信
今のところ慶喜下げはいなかったけども
綱吉の生類哀れみの令だけはガッツリ馬鹿にされて下げられてたな

まあ世界初の動物愛護法で江戸の治安を安定させた
ある程度の実績があるというのを卒業してから知ったわ
21.名無しさん:2018年02月26日 09:45 ID:4DJJmlbr0▼このコメントに返信
なので家康が来ても同じことするぞ。
いや・・自分がちゃっかり初代内閣総理大臣になるかもしれんが・・それはそれ。
22.名無しさん:2018年02月26日 09:50 ID:4DJJmlbr0▼このコメントに返信
まぁどっちでも良かったんだろ。
ただの喧嘩だし。

喧嘩相手が屑なら徹底抗戦とか再度革命とかするだろうけど、別に有能だったので動くこともなく、ダラダラ徳川慶喜は余生を満喫。
23.名無しさん:2018年02月26日 09:51 ID:dDx1DTfU0▼このコメントに返信
年齢的には家康公は野戦で敗けて糞しながら城へ逃げたころだな。同じような感じだ。後詰が強い家康は助かった。
24.名無しさん:2018年02月26日 09:51 ID:9oQeHRgv0▼このコメントに返信
フランス式の精鋭部隊はどこにおったの?
この後にできたの?

西郷は負けたら天皇担いで逃げるつもりやったとか
25.名無しさん:2018年02月26日 09:52 ID:xj129y740▼このコメントに返信
そら命可愛さに部下には明日は戦と言い立てて臨戦態勢のまま、徳川家伝統の旗印を忘れて逃げた腐れへたれの豚一さんと、尻味噌大権現とは根性が全く違うわな。
長州・薩摩が錦の御旗(偽)を立てて押しかけようが、「田舎もんが帝の権威を騙ってきよったわ!」「ありゃにせもんずら!」と、戦うやろw
偽物とは知らないまでも、偽物だと主張してなw
26.名無しさん:2018年02月26日 09:53 ID:xj129y740▼このコメントに返信
※5
藤堂なんぞより、彦根藩よw
徳川四天王とかワロスwww
27.名無しさん:2018年02月26日 09:57 ID:dDx1DTfU0▼このコメントに返信
>25
そうだったね、kikei公の方は失念。ただし、ieyasu公の奮戦も江戸期から臭いぞ。
28.名無しさん:2018年02月26日 09:58 ID:F9LTmeOK0▼このコメントに返信
どんな理由であれ、部下を残して自分だけこっそり逃げるなんざ
武士の風上にも置けんよ。
29.名無しさん:2018年02月26日 10:00 ID:W7t05nAV0▼このコメントに返信
戦上手ではばいな
30.コロンブス:2018年02月26日 10:00 ID:f0vCng.w0▼このコメントに返信
世界大戦に負けてしまったから、その起点となる明治維新を批判的に見る考え方は理解できる。
しかし、当時の状況から考えれば社会制度を「これ新た」にする動き自体は国の意思として消しがたくあったのではないだろうか。
「ええじゃないか」とかただの扇動では起こらないと思う。

慶喜はギリギリまで幕府中心の体制で新体制に切り替えようという意思はあったと思う。
ただ国体を破壊してはならないという最後の境界線を越えるに至ったのが鳥羽伏見の戦いだったのではないだろうか。
あの決断が正しかったかどうかは分からないけれども、慶喜の気持ち自体は理解できるようには思う。

結果、外国の直接的な介入は避けられ、幕府の役人も完全排除ではなく、人材は活用され
徳川家も存続した。
数万人の人材は失ったが、日本的な手打ちをいいレベルで成し遂げられたのは事実と思いたい。
31.名無しさん:2018年02月26日 10:02 ID:bDAlQ8Rh0▼このコメントに返信
米26
一番の悪党は淀犯よ。
薩摩藩邸焼き討ち命令したのに速攻土下座
32.名無しさん:2018年02月26日 10:02 ID:xj129y740▼このコメントに返信
※28
しかも「明日は押し寄せる賊軍との戦だから、準備に怠り無いようにしとけ」と、方々に伝達して士気は上げつつ、だからね。
逡巡してたが夜中に決めて、とかではなく何かもっと後ろ暗いというか、陰険というか、そう言う一顧の武士としては最低最悪な感じを受けるんだな。
次の日「大樹が御座らん!」「夜中に江戸に船で向かった」と言う報告受けた幕臣の心情を思うだに気の毒で気の毒で。
33.名無しさん:2018年02月26日 10:03 ID:HEgEpwcV0▼このコメントに返信
※28
アメリカ産サムライ(The last samuraiのカツモト軍)のかっこ良さに涙が
でっ出ますヨ・・・・・
34.名無しさん:2018年02月26日 10:03 ID:jjY6ixS60▼このコメントに返信
※20
というか一般に知られる業績が「生類憐れみの法」で末期の行き過ぎた動物保護ばかりだからねえ、
もう少し詳しくても、幕府の財政傾けてまで、各地の天皇陵の修築をやっていた事くらいしか知られていないし、
そりゃ先代の家綱&保科正之や次代の家宣&間部詮房と比べられて戦後日本の教育の場では良くは言われないだろ。
35.名無しさん:2018年02月26日 10:05 ID:ghq2quf30▼このコメントに返信
慶喜は確かに抜群に頭が良くて政局を読むのも巧み、外交手腕もあるんだが残念ながら戦機を嗅ぎとる能力が欠落してたと思う
36.名無しさん:2018年02月26日 10:05 ID:mZcAF2d80▼このコメントに返信
元はと言えば久光公が慶喜公に政略でボッコボコにされたのが悪い
37.名無しさん:2018年02月26日 10:06 ID:cuLgE05C0▼このコメントに返信
たら、ればの話は、どうでもいい。退屈。
38.名無しさん:2018年02月26日 10:06 ID:dDx1DTfU0▼このコメントに返信
※32
わかりました。「戦略上首脳部のみ旧都へ撤退する。それを秘匿の上持久抗戦せよ。」と本当のことを言えばいいのですね。江戸は旧都の扱いでよろしいですね。
39.名無しさん:2018年02月26日 10:07 ID:ghq2quf30▼このコメントに返信
家康さんが関ヶ原後に毛利と島津を取り潰しておかなかったせいなんですが…
40.名無しさん:2018年02月26日 10:07 ID:xj129y740▼このコメントに返信
※30
>「ええじゃないか」とかただの扇動では起こらないと思う。
そりゃ「ええじゃないか」は長州が黒幕で、食い詰め志士が各地で札まいてたんだもんw
41.名無しさん:2018年02月26日 10:10 ID:A.tw4C180▼このコメントに返信
世界「時流を読んだ素晴らしい判断だ」
って事で世界的な評価はかなり高いんやぞ
42.名無しさん:2018年02月26日 10:11 ID:jjY6ixS60▼このコメントに返信
※30
とはいえ、明治時代〜昭和初期にかけて薩長閥が力持ち過ぎて政界も軍も結構苦労しているのを見ると、徳川主導で諸藩横並びで始まった場合の明治新政府という選択肢も魅力的に見えちゃうんだよな。
薩長閥が主導していたけど結局 長州閥の陸軍 薩摩閥の海軍 で対立関係になっちゃったというのも、後々痛かったし。
43.コロンブス:2018年02月26日 10:13 ID:f0vCng.w0▼このコメントに返信
※40
まあそうでしょう。
あの人混みをいろいろ利用したそうだから。
ただ、今でさえ流行で人を乗せるのは簡単にはできない。
まあハロインとかあるけどねw
44.名無しさん:2018年02月26日 10:13 ID:qGWINJyV0▼このコメントに返信
なろうのネタに困ってたんでいただきです
すごく参考になります
45.名無しさん:2018年02月26日 10:16 ID:BN5mV8wH0▼このコメントに返信
家康みたいなラキ珍を大人物扱いするんだから
そりゃ結果さえ良ければ何でもよいって風潮になる罠
46.名無しさん:2018年02月26日 10:18 ID:0SAjwAfg0▼このコメントに返信
※28
全てが終わってから(廃藩置県くらいかな)、楽隠居じゃなく、切腹して果ててたらどうなっただろう。

武士の反乱から西郷の西南戦争までの過程がなかったかも。どうなんだろう。

 
47.名無しさん:2018年02月26日 10:19 ID:xj129y740▼このコメントに返信
※38
あー。
そっちに行くならいっそそう言っちまった方が良かったかもしれないね。居るはずなのに「居ない」となって、総員ガタガタの史実よりかw
「おい、やっぱ大藩の坊ちゃんじゃアカンかったな!」「おうよ、やっぱあの強○狒々爺の息子じゃアカン」と悪態着いて呆れられるよりもっと、「上様の無事のためにも盛大に今日は受けてたとうず」と言う奴が増えてたかもしれない。
そうすりゃ鳥羽伏見の戦は幕軍の勝ちもあったんじゃねえかなあ・・・。
薩長は本当に色々とギリギリだったらしいしw
48.名無しさん:2018年02月26日 10:21 ID:CHiGvD.j0▼このコメントに返信
※24
鳥羽伏見に参加してて幕軍が兵力・練度・装備全てにおいて薩長を圧倒してた
ところが現場指揮官が敵のスパイかってレベルの無能で負けた
もともと黙ってれば政治で勝てたはずの慶喜がやる気なくすのも無理ないわ
49.コロンブス:2018年02月26日 10:23 ID:f0vCng.w0▼このコメントに返信
※42
厳密に言えば長州閥で、現在も首相就任最多は長州。薩摩ではないよ。
薩摩は西南戦争で、肥前(佐賀)とともに排除されたようなものだと考えている。
飛ぶが如くを見ると、江藤新平が薩長閥を追い落とそうと企図していたのが悪意を持って描かれているね。
征韓論は多分成功しただろう。でも留守政府が成功させれば、長州や大久保の居場所はなくなったはず。
そう考えると、征韓論は政策論争では無かったというのが透けてくる。

その後軍人クーデターはコミンテルンの手引きというのはあるが、東北出身者による長州排斥とも言え、結果旧幕府出身軍人により日本は敗戦したとも言える。

長州は今でも残っているから執念はすごいんだろう。
50.名無しさん:2018年02月26日 10:25 ID:TyfEL6810▼このコメントに返信
ここで折れずにグダグダやった挙句
大量の外患を
自ら招いて滅亡したのが朝鮮だから
無能とか腰抜けって評価は俺はしないかなぁ

歴史を勉強すればするほど幕末は深いよね
51.名無しさん:2018年02月26日 10:28 ID:bDAlQ8Rh0▼このコメントに返信
大坂で寝起きしてたら豊臣の末路を考えたやろな。

寝返り組以外で徳川宗家と徳川慶喜家2つも残したし、秀頼よりは有能やろ。
52.名無しさん:2018年02月26日 10:32 ID:xj129y740▼このコメントに返信
※43
まあ、それでも迷信深い日本人で、今ほど情報があふれてない時代だし、誘導は楽なんじゃないかなあ?
朝日新聞が羨むくらいにはw

※51
宗家残せたのは完璧に部下のお陰やろ。
豚一さんは、お寺でおしっこちびりながら閉じこもってただけやし。
あと時々くる勝安房に八つ当たりw
53.名無しさん:2018年02月26日 10:37 ID:h.fMxAlH0▼このコメントに返信
慶喜はしょせん水戸藩の人間だから
54.名無しさん:2018年02月26日 10:39 ID:dDx1DTfU0▼このコメントに返信
※47
その場合、かなりの高率で反対の上幽閉され抗戦、とか暗殺とか、いろいろな変化がでるでしょう。あとで「せめて一言」と言うのは人情ですよ。部下も含めて高級政治家にはあまり関係はないと思う。
55.名無しさん:2018年02月26日 10:52 ID:4DJJmlbr0▼このコメントに返信
※41
戦略的撤退だもんな・・内乱なんで勝っても負けてももう戦争始まってる時点で負けてるから早く終わらせるのがセオリーだし・・

いやさっさと勝てるのなら勝て早々に終わるのが良いけど。
消耗戦になるのなら愚策だよな・・。
56.名無しさん:2018年02月26日 10:54 ID:9.BDpKG00▼このコメントに返信
※42
陸海が仲悪いのなんか日本だけじゃなくてどこだってそうだよ。薩長閥が悪いんじゃなくて、海軍がちゃんと力を持って陸海二代勢力として確立できてたって証拠だからむしろ良い事。喧嘩にならないくらいどっちかに偏重してたら明治以降の日本は自主独立を保てなかった。西南戦争から日露戦争に至るまで、薩長は一緒の司令部に組み込まれて戦ってるから、良い意味でのライバル心であって相手を蹴落とそうみたいな姑息な関係ではなかった。その後の陸軍大学校等における露骨な長州排斥はまぁどーなんとは思うけど

んで問題は、陸海が仲悪そうに見えて変なところで忖度して妥協点を見出そうとする姿勢のほう。日露戦争においては旅順口艦隊の撃滅を何度も訴える海軍に対し、陸軍はそんな事情知らんがなと言い放って自分たちの戦略・戦術を貫き通したからこそいい結果に結びついた。一方でウラジオストク方面に攻めたらどうかという陸軍の提案を海軍は一顧だにせず拒否してる。これが太平洋戦争になると、喧嘩しつつも結局折れて相手の要請に従った結果、お互いの戦略戦術が大きくブレて迷走したり大損害を蒙ったりするケースが非常に目立つようになる。つまるところ喧嘩はいくらだってしていいんだが、自分たちの戦略をきちんと主張して貫き通す覚悟が必要だったんだよ
57.名無しさん:2018年02月26日 10:58 ID:NKBDLFBN0▼このコメントに返信
明治維新の成功は徳川慶喜の非凡な才能によるところが大きい。清国や朝鮮が政治的混乱で時間を無駄にした事を考えれば慶喜の非凡さは抜群、国民の意思も大切だが時代の権力者が判断を誤ると国内の混乱はより一層激しくならざるを得ず、明治維新の内戦が彰義隊と奥州列藩同盟の混乱くらいで内戦を回避できたのは慶喜の決断があったからです。
58.名無しさん:2018年02月26日 10:58 ID:4DJJmlbr0▼このコメントに返信
太平洋方面と大陸方面同時に相手する国力は無いかと。
陸軍は低予算で大陸戦線を1945年まで持たせたのが凄いし、海軍もあの予算で1945年まで持たせたのが凄いっす。
喧嘩してるし、無能って判断多いけど、戦績は陸も海も良いで。

一番の無能は政府だからね・・
59.名無しさん:2018年02月26日 11:00 ID:XU1rsfOS0▼このコメントに返信
まあ、勝った方が歴史を作るからな
しっかり公正な、学術的評価をしたいなら、恐らく処分されたであろう書物を見ないといけない
最近でも処分するはずだった資料がたまたま残っていて再発見されているようだし
のちに政府側で活躍する渋沢栄一が幕府側にいた時、慶喜公を批判する書物が最近出てきたらしいね
60.名無しさん:2018年02月26日 11:00 ID:771D75LU0▼このコメントに返信
徳川幕府が続いたら近代化しないんだから清未満の雑魚国家なわけであっという間に侵略されて終わるぞ
61.名無しさん:2018年02月26日 11:00 ID:4DJJmlbr0▼このコメントに返信
第一最初に砲撃した馬鹿は何処のどいつやねんって話だよな・・防人()が多いっす。
62.名無しさん:2018年02月26日 11:04 ID:Gy7qFMZu0▼このコメントに返信
もう長州征伐が失敗した段階で幕府の威勢は地に落ちてるから何やっても無駄なんだよなあ
63.名無しさん:2018年02月26日 11:05 ID:1Tl7tbs50▼このコメントに返信
イギリスがバックというのもあれだな、武器は南北戦争の残り物だし、グラバーはその後地位を失ってるわ三菱に肩入れしてるわで、sirの称号くらいは貰ってるのか、それとも売国奴扱いなのかという疑問はある
64.名無しさん:2018年02月26日 11:06 ID:rJuB4GyO0▼このコメントに返信
1859年に全店舗を突如閉鎖し、その全財産を換金して従業員には存分な金を与え、
残った膨大な金を朝廷に献上して人知れず姿を消した淀屋8代目当主淀屋清兵衛はもっと評価されるべき。
150年前に4代当主が当時の総資産20億両(現在の100兆)を召し上げられた恨みを晴らしただけではあるけど、
倒幕の機会を見出したセンスは一介の地方商人としては凄いの一言。
65.名無しさん:2018年02月26日 11:12 ID:4DJJmlbr0▼このコメントに返信
※64
4代目以下って儲け過ぎでセンスの欠片もないな・・三方よしとか言う考えないのがビックリだわ・・
今こんな事したら人知れず突然死するで・・

金が有るのなら溜めずに投資しろってかんじ。

米が通貨なんだから金が有る=コメが腐るっていうの同じ意味。
今と違って害しかないっす。
66.コロンブス:2018年02月26日 11:13 ID:f0vCng.w0▼このコメントに返信

※49
追記
薩摩は排除されざるを得なかった。

維新後、明治政府は薩摩に兵力を温存し西郷は薩摩に居座った。
新政府は、その威圧をもって政治改革を成し遂げていった(この間も書いたけど)
しかし、中央集権移行に際して、各藩の存在が改革の限界であり、障害であると認識されるようになり大久保は政権を手放し、西郷に政権を委託した。
目的は「廃藩置県」
このとき西郷に協力(利用?)したのが佐賀藩の江藤新平等。
西郷は以前から面識があった。フルベッキ写真にも写っている。
佐賀藩は倒幕戦争以来の新型兵器の供給源であり、その功績は実は非常に大きかった。
外国勢力に付け入れられなかったのもこれが大きかったのではないかと思うぐらいである。

江藤は薩長閥を嫌っており、まあよく言えば公平な政治を目指したともいえる。
法によって薩長閥を駆逐するのが目的だっただろう。
結果的には廃藩置県を成し遂げた。
これは維新最高の成果と言っていい。
67.コロンブス:2018年02月26日 11:14 ID:f0vCng.w0▼このコメントに返信

で、征韓論。
帰国した欧州視察組は政治に入り込む隙を失っていた。
征韓論が成功し、朝鮮が日本と国交樹立すれば、その功績で盤石の体制になる。
ここで起こったのが「征韓論争」
負けた方は下野。各地で反乱。(江藤:佐賀の乱)

薩摩はこれまでの後詰め軍として相当な兵力が残っていた。
次第に力を蓄えた中央軍にとっては、これは邪魔。
従って西南戦争にならざるを得なかった。

自分の印象としては、江藤は大久保に匹敵する政治家としての資質があったのだろうと思う、大久保との違いは私心と公心の違いだったのではということかな。
68.名無しさん:2018年02月26日 11:14 ID:4DJJmlbr0▼このコメントに返信
個人で100兆円食料買い込みただただ腐るの待つとか・・タックスヘイブンと言うか、内部留保どころの騒ぎじゃないわな・・
69.名無しさん:2018年02月26日 11:20 ID:4DJJmlbr0▼このコメントに返信
まぁ、実際そんなコメが有る訳もなく、普通に闇に葬って無かったことにしただけだろね。
その方が淀屋の為でもある。

金本位制と同じで金「米」が無いと皆が知ればパニックに成ります。
70.名無しさん:2018年02月26日 11:21 ID:UicRtaci0▼このコメントに返信
たぶん天皇から農民にいたるまで、織豊家康時代と幕末明治だとだいぶ価値観が違うと思うよ
前期は武士の力がピークで朝廷は関白の座やら征夷大将軍やら神様の座やら大判振る舞いせざる得なかったとしか思えない
武力で朝廷打倒すら可能だったろうし外国で日本を侵略できそうな国は皆無
幕末になると尊王精神が強くなってて、外国勢力は日本を侵略できる力をもった恐怖の対象になってたろう
そんな状態で武士の棟梁勢力がいくら勢力維持をがんばったところで新しい国造りの流れはとめられない
やはり外圧ってのがでかい
71.名無しさん:2018年02月26日 11:38 ID:Vvt..x700▼このコメントに返信
家康「義直(尾張徳川初代),お前は幕府と朝廷が対立したときは朝廷側に立つんやで」
義直「かしこまり父上!家訓にして後世まで残します!」

家光「ぼくちょうぐん,えらいだじょー」
義直「家光むかつく」
頼宣(紀伊徳川初代)「兄貴,家光○すときは力を貸すぜ.具体的には…(ノリノリ♪)」
義直「頼宣,お前ぇ…(ドン引き)」

宗春(尾張徳川7代目)「倹約しても経済良くならんよ」
吉宗「将軍の顔を立てて倹約例に従ってよ」
宗治「だめです」
松平乗邑「将軍に逆らった!謹慎!謹慎!wwwww宗春ザマァwwww」
吉宗「宗春お前謹慎な.あと乗邑,お前クビ」

慶喜「アカン!逃げよ!」
慶勝(尾張徳川17代目)「弟の容保と定敬は佐幕についたか…しかし,慶喜のあの体たらく,それに初代が残した家訓に従って倒幕にい加わるべきだな.まずは尾張藩内の佐幕派を粛清し,東海道,中山道の諸大名に新政府軍の進軍を妨害するなと書状を出そう.」
新政府軍「箱根以外は割とすんなり江戸まで行けた.」
72.名無しさん:2018年02月26日 11:42 ID:cxWQC7DJ0▼このコメントに返信
京都は、昔から干ゴロしが、定石。
大阪勢は、山崎付近に布陣して、淀川封鎖。
近江口は、彦根藩は、協力しないけど、金沢藩が、約一万で、湖西南下中だから、封鎖可能。
飢えには、誰も勝てない。
73.名無しさん:2018年02月26日 11:44 ID:4DJJmlbr0▼このコメントに返信
真田さんとこと同じ感じで分けたって所か・・
あとはどっちが勝っても良い消化試合なんで適当に流して、先に諦めた方が幕府側ってところか。
まぁ、一回体制壊した方が既得権益バッサリ切れるので法整備しやすいし良いと思うっす。
74.名無しさん:2018年02月26日 12:02 ID:xywo58wB0▼このコメントに返信
賢い人が、この戦争は「無駄!」と見切ったら、
その瞬間からの行動は、周囲から「あんまり考えてないんじゃないか」と疑われるほど早いのでは?
無駄がなさ過ぎて、あっさりのほほんと過ごしてたから、いろいろ言われたのかな
戦争を続けても、がっかりさせた兵士以上の犠牲を出しただろうし
行きつくところを想定して決断したのなら、そんなに罪悪感はなかったのかもね
75.名無しさん:2018年02月26日 12:05 ID:bM53001q0▼このコメントに返信
※42
長州藩が海軍、仙台藩が陸軍、薩摩藩は警察
76.名無しさん:2018年02月26日 12:05 ID:1y13oyEu0▼このコメントに返信
シリアの現状見て、アサドが正しいと思うなら徹底抗戦が答え
あれだけ民意が離れたなら諦めろよ、と思うなら慶喜が正しい
77.名無しさん:2018年02月26日 12:06 ID:1Tl7tbs50▼このコメントに返信
無能が血筋やコネで分不相応の地位に就く不幸をH×Hで北朝鮮を思わせる描写があったけど、めっちゃ日本にも刺さる
78.名無しさん:2018年02月26日 12:44 ID:X9ppR7.r0▼このコメントに返信
慶喜は自分の保身で動いたと言われてしょうがないよなぁ
個人的には江戸幕府は倒れるべきだったと思うけど、さすがにこの大将を持った部下達には同情する
79.名無しさん:2018年02月26日 12:50 ID:Ej06BQy70▼このコメントに返信
兵力で勝っても、装備・士気・統率の三拍子で劣った軍じゃ勝てんわな。
80.名無しさん:2018年02月26日 12:53 ID:X9ppR7.r0▼このコメントに返信
徳川が絡むと妄信的に擁護するバカが沸くのが本当に気持ち悪い
無血開城するなら最初からそっちで舵取りすれば良いのに途中までは戦う姿勢を見せておいていざ戦いになったら自分だけ逃げてんだぞ
おかげでどれだけ多くの人が犠牲になったと思ってんだよ
客観的にはとても擁護できるような人物じゃない
81.名無しさん:2018年02月26日 12:54 ID:VesLwvka0▼このコメントに返信
※4
はいダウト
錦の御旗なんぞは岩倉具視が勝手に作るまでは存在しなかったもの。
慶喜が恐れるも何もそもそも存在を知りもしない
82.名無しさん:2018年02月26日 13:18 ID:daLQOQE20▼このコメントに返信
※81
菊の旗のデザインは岩倉具視が最初だけど、、、

「錦の御旗」は天皇の治罰綸旨(討伐令)が下された人が勝手にデザインして作るものだから
源頼朝以来武家御旗の存在はあったし、慶喜がそれを知ってて当たり前だと思うけど、、、
83.古古米:2018年02月26日 13:28 ID:I6xuy7XY0▼このコメントに返信
静岡が茶所になったのは、徳川の下級武士の仕事として茶畑を始めたから。
出来た茶葉は、東京で消費された。
これをやったのは勝海舟だそうな。
84.名無しさん:2018年02月26日 13:39 ID:h6ScjklU0▼このコメントに返信
勝つつもりなら幾らでも勝てた
ある意味本人も承知してたと思われる
ただ先が見えすぎて徳川幕府(大政奉還済だが)
の先は無いと考えたんだろうな
家臣にしてみりゃとんでもない親分だ
85.名無しさん:2018年02月26日 13:47 ID:h6ScjklU0▼このコメントに返信
※60
技術的な近代化は進んでたよ
問題は武士階級の廃止
徳川の元では難しかっただろう
島津の殿様も騙された
正直 鳥羽伏見の段階で武士階級をなくす
ような大革新はほとんどの人間が予想も
してなかっただろう 慶喜を含めて
86.名無しさん:2018年02月26日 14:13 ID:zHMa.NdB0▼このコメントに返信
源頼朝「アカン、石橋山の戦い負けた、せや!! 下総逃げたろ!!」
足利尊氏「アカン、豊島河原の戦いの戦い負けた、せや!! 九州逃げたろ!!」
徳川家康「アカン、三方ヶ原の戦いの戦い負けた、せや!! 浜松城逃げたろ!!」
87.名無しさん:2018年02月26日 14:17 ID:771D75LU0▼このコメントに返信
※80
明治政府っていうのは今の日本政府なんだぞ
もし君が日本人なら薩長州が正しいと言わなければならない
薩長州に降伏した慶喜は正しい
もしも慶喜に降伏せず戦うべきだというなればそれは日本国に対する反逆罪だ
処刑されても文句は言えない
88.名無しさん:2018年02月26日 15:03 ID:dDx1DTfU0▼このコメントに返信
※87
それは異国の考え方です。
89.名無しさん:2018年02月26日 15:04 ID:cMPS4Rn40▼このコメントに返信
家康の転生ならば、家光が政治してる時代に転生させただけで
本人びっくりだろうな
「神格化とかやめてくれー」
「誰が豪華絢爛な東照宮にしろと言ったか!」
「キリシタン統制とはいえ、誰が鎖国までしろと言ったか!」
「島原の乱鎮圧にオランダ使うとかバカか!」
90.名無しさん:2018年02月26日 15:11 ID:y8ag.1tp0▼このコメントに返信
静岡の子に聞いたんだけど、その子の祖父母の時代
慶喜はけいきさん、って地元では呼ばれてたんだって

けいきさんは自転車が大好きだった

田んぼしてると、けいきさんが自転車でチリンチリンやってくる
偉い人の顔を直視したらめがつぶれる、と昔の人は教えられてたので、
慌てて田んぼに土下座するんだって そしたら、チリンチリン去っていく
という日常だったらしいよ

あと、晩年、朝廷から功労者と認められた、とかで感謝感激したんじゃなかったっけ
彼も内心はいろいろ忸怩たる思い、というか自分の立ち位置に不安や頼りなさを感じ続けてたんじゃないかな
徳川幕府を潰した男だからね
91.名無しさん:2018年02月26日 15:24 ID:771D75LU0▼このコメントに返信
※88
もし日本に住んでるなら日本の法律くらい調べたらどうだ?
国家反逆罪は死刑だぞ
92.名無しさん:2018年02月26日 15:27 ID:dDx1DTfU0▼このコメントに返信
※91面倒なんで引用頼むわ。出るよね。
93.名無しさん:2018年02月26日 16:05 ID:bDAlQ8Rh0▼このコメントに返信
家康からしたら分家の分家を継いだ分家の七男坊に愛情わくんやろか。
94.名無しさん:2018年02月26日 16:56 ID:.RnmZvbE0▼このコメントに返信
なんか教科書に書いとる歴史がデタラメって言いよる奴がおるけど、そんなん当たり前やん
歴史なんかほぼほぼ嘘ばっかりやぞ
95.名無しさん:2018年02月26日 17:00 ID:.LutzXN40▼このコメントに返信
慶喜がアホだったら日本のいまはない!!いまだにイギリス、フランス、ロシアの植民地でありつづけとるわ!!
96.名無しさん:2018年02月26日 17:06 ID:FwYy4FZE0▼このコメントに返信
>泥沼化したら清の二の舞になるんやないか?
中畑かな?
97.名無しさん:2018年02月26日 17:29 ID:oZTlTU1K0▼このコメントに返信
やっぱり賊軍が嫌だったんだろ。それまでの振る舞い見ても別に戦が嫌だったわけではなく、むしろノリノリだった位だしw
水戸学の影響は勿論、水戸家は元々家康公の遺言として、徳川と朝廷が争ったら水戸家だけでも朝廷につけと言われてたとしてるし
それに慶喜さんの母親は有栖川宮の姫様で、斉昭公が無理矢理将軍にしようとしたが、むしろ皇室に近いという自負も有ったろうし
・・あとはお公家さんに有りがちな「皆が望むなら役割やってやるけど、無理にやりたくもねぇわ」という浮世離れした感覚かなw
でも戊辰戦争も1万人位の犠牲者と言われて勿論多いが、当時の米国の南北戦争は犠牲者70万~90万とか言われるのと比べると、
慶喜さんのお陰で比較的スムーズに体制転換して近代国家としてやれたんだと思うけどね
明治大帝も後に謁見許した時、和室の居間に招いて皇后陛下自らお茶を入れてあげたりして、慶喜さんの労をねぎらったと聞くし
98.名無しさん:2018年02月26日 17:29 ID:XXqgFYEu0▼このコメントに返信
御輿が勝手に行動したら担ぎ手にすら逃げられるぞ。
99.名無しさん:2018年02月26日 17:38 ID:CMjHUGtY0▼このコメントに返信
徳川慶喜は徳川の政治家として優秀だったって話では?
慶喜の行動はある程度一貫してる
あくまで徳川の立場で政局を見てた
それは徳川の頭目としてなら間違ってない日本のトップとしては問題だけどね
それを「慶喜は日本のために~」なんて話をするからおかしくなる
100.名無しさん:2018年02月26日 19:38 ID:atgVgy250▼このコメントに返信
かなり上の世代はけいきさんって言って慕ってるやろ
101.名無しさん:2018年02月26日 20:35 ID:NgP1RR.k0▼このコメントに返信
家康なら鳥羽伏見の前に降伏してるよ。
102.名無しさん:2018年02月27日 08:16 ID:K6qdtRtn0▼このコメントに返信
※87
明治政府なら1945年に滅んだわ
103.名無しさん:2018年02月27日 08:26 ID:K6qdtRtn0▼このコメントに返信
※99
将軍ではない徳川家の生き残りの観点からは正しいかも知れないが、幕臣や列藩を裏切って自分だけ生き延びる方法だから賞賛に値するものではない。
本当に「日本の為」なんて思ってたなら大阪城から逃げずに新政府に投降すれば良かったのに、そうしなかったから戊辰戦争はあそこで終わらなかった。
104.名無しさん:2018年02月27日 09:17 ID:bGilGED.0▼このコメントに返信
家臣には戦えって直前まで鼓舞していおいての軍艦で逃亡だからな
しかも自己保身の為のあアリバイ作りまでしてる
他にも俺が説得してやるとか言ってしゃしゃり出るも逆に薩長成敗の号令出したり色々酷い
徳川だからかドラマの影響だか知らんが、こんな人間を擁護する奴がいること自体全く理解できない
105.名無しさん:2018年02月27日 13:47 ID:.FMtAN6Y0▼このコメントに返信
元々水戸家は手仕舞想定した家だろ。戦国大名が家を割って片方の存続を狙ったように家康も幕府滅亡の時に水戸家を敵方にやり徳川家の存続を図ったんだよ
106.名無しさん:2018年02月28日 15:54 ID:ni0NGNI00▼このコメントに返信
※4
その錦の御旗はパチモンでっち上げたのを掲げてた
バレたら大久保利通は処刑されるのを覚悟していた
幕府はまんまと引っかかった
アホすぎる

お名前