スポンサーリンク

2018年01月23日 09:05

第一次世界大戦とかいうあまり語られないジャンルwww

第一次世界大戦とかいうあまり語られないジャンルwww

01

引用元:第一次世界大戦とかいうあまり語られないジャンル
http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1515337239/

1: 風吹けば名無し 2018/01/08(月) 00:00:39.44 ID:EG7XoC6N0
日本が関係してないからなんやろか?

2: 風吹けば名無し 2018/01/08(月) 00:01:45.28 ID:XVJ60M4m0
多分そうやろ

3: 風吹けば名無し 2018/01/08(月) 00:01:45.45 ID:C1k8SXLma
あんまりピンとこんよな

4: 風吹けば名無し 2018/01/08(月) 00:01:46.57 ID:M0sN4QqM0
ワイが活躍してたのに悲しい

44: 風吹けば名無し 2018/01/08(月) 00:11:45.28 ID:Lqm+q2D20
>>4
従軍した最後の生き残りの爺さんも死んでるんだよなぁ

7: 風吹けば名無し 2018/01/08(月) 00:02:32.44 ID:mEc0Vayc0
一次大戦は戊辰戦争辺りから経緯語らないと話できんちゃう

8: 風吹けば名無し 2018/01/08(月) 00:03:03.99 ID:EG7XoC6N0
日本人のための第一次世界大戦史っていう本おすすめやで

9: 風吹けば名無し 2018/01/08(月) 00:03:12.20 ID:bCSvuymt0
毒ガスとか出てる間だけ息止めてれば済むやろ

17: 風吹けば名無し 2018/01/08(月) 00:05:21.38 ID:CIuAmDat0
>>9
皮膚ボロッボロなるで

40: 風吹けば名無し 2018/01/08(月) 00:10:45.95 ID:ZEtP7MY40
>>9
ヒゲが邪魔で防毒マスクつけられなくて死にかけたわ

12: 風吹けば名無し 2018/01/08(月) 00:03:57.63 ID:qCm3tmpN0
地中海に艦隊送ったやろ
忘れんなや

14: 風吹けば名無し 2018/01/08(月) 00:04:35.18 ID:EG7XoC6N0
>>12
あと青島攻略したで

15: 風吹けば名無し 2018/01/08(月) 00:04:51.87 ID:bbbA0h/q0
ブリカスが悪いってことしか知らない

16: 風吹けば名無し 2018/01/08(月) 00:05:04.20 ID:c5moGi4i0
いうほどドイツは悪いのか?
ww2の方は残当

21: 風吹けば名無し 2018/01/08(月) 00:06:30.50 ID:EG7XoC6N0
>>16
ww1はどの国も悪くないやろ

48: 風吹けば名無し 2018/01/08(月) 00:12:38.90 ID:oKdnrNl40
>>16
WW1は各国が戦時(の直前)のすばやい対応をマニュアル化した結果
列強の何処かが、戦争準備するとドミノで戦争開始ってね・・・

18: 風吹けば名無し 2018/01/08(月) 00:05:34.89 ID:7S8nIw7d0
終わったあとのシベリア出兵とか希土戦争はおもろい

24: 風吹けば名無し 2018/01/08(月) 00:07:02.62 ID:VmP6qjnd0
水虫と凍傷で足ぐずぐずになるとか嫌過ぎる

25: 風吹けば名無し 2018/01/08(月) 00:07:21.44 ID:Jre+0i1M0
ビスマルク「普仏戦争で勝ったあとドイツ有利が揺るがないよう国際体制まで作っておいたぞ」
ビスマルク「これで100年は安泰やろ」

ビスマルク(霊)「」

27: 風吹けば名無し 2018/01/08(月) 00:07:35.55 ID:7S8nIw7d0
大砲の音聞きまくって神経がおかしくなった兵の映像こわかった

29: 風吹けば名無し 2018/01/08(月) 00:08:05.97 ID:9gNeL6d/0
日露戦争
欧州「日本軍は突撃しかないアホ揃いンゴw」

WW1
欧州「塹壕掘って突撃を繰り返すンゴ…」

30: 風吹けば名無し 2018/01/08(月) 00:08:32.23 ID:cUwBo2kJ0
一応戦勝国なんやろ?

32: 風吹けば名無し 2018/01/08(月) 00:08:56.62 ID:EG7XoC6N0
>>30
せやで

31: 風吹けば名無し 2018/01/08(月) 00:08:52.97 ID:8Ff+YXGq0
西部戦線異常なし

34: 風吹けば名無し 2018/01/08(月) 00:09:17.88 ID:c5moGi4i0
>>31
最後にタイトル回収してく明確

35: 風吹けば名無し 2018/01/08(月) 00:09:48.60 ID:EG7XoC6N0
>>31
読んで見たいンゴねぇ…

39: 風吹けば名無し 2018/01/08(月) 00:10:45.92 ID:hIa3tyZxp
>>35
面白いし読みなよ
そんなに長くないしかなり読みやすいし面白い

42: 風吹けば名無し 2018/01/08(月) 00:11:08.10 ID:EG7XoC6N0
>>39
今度買うわ

37: 風吹けば名無し 2018/01/08(月) 00:10:07.66 ID:zDRZT/Zvd
なお調子乗って対華二十一ヵ条突きつけて戦後干された模様

43: 風吹けば名無し 2018/01/08(月) 00:11:34.70 ID:7S8nIw7d0
>>37
これとシベリア出兵が最高にアホ

47: 風吹けば名無し 2018/01/08(月) 00:12:32.25 ID:qCm3tmpN0
>>37
そもそも参戦するところから同盟国のイギリスとうまく話が付けられない辺りから草生える
戦後干されてもしゃーない

49: 風吹けば名無し 2018/01/08(月) 00:12:51.54 ID:Lqm+q2D20
浸透戦術とかいう有能すき

50: 風吹けば名無し 2018/01/08(月) 00:12:53.09 ID:C1k8SXLma
戦車、航空機、毒ガスの登場

51: 風吹けば名無し 2018/01/08(月) 00:13:24.02 ID:eNJyFU25a
その時代の戦争はどの兵器が活躍したんや?

54: 風吹けば名無し 2018/01/08(月) 00:14:17.77 ID:zDRZT/Zvd
>>51
毒ガス

52: 風吹けば名無し 2018/01/08(月) 00:13:49.44 ID:7sgnvJMu0
日英同盟めっちゃ万能に見えたんやけどなんで破棄したんや

57: 風吹けば名無し 2018/01/08(月) 00:14:32.87 ID:c5moGi4i0
>>52
アメリカ「やめてね」
イギリス「はい...」

53: 風吹けば名無し 2018/01/08(月) 00:14:15.22 ID:vh3eAgYy0
日本は旅順の教訓活かして砲撃ガ○ジになったし機関銃でコッサク騎兵撃退したし要所要所では結構先見の明あるんよな

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.BF名無しさん:2018年01月23日 09:17 ID:3MakZn2j0▼このコメントに返信
オートマチコバンザーイ!
2.名無しさん:2018年01月23日 09:17 ID:pj42b2OQ0▼このコメントに返信
白人の嘘に都合が悪いから
ものを知らない米国人とか米国が日本を近代化したとか韓国人並みの妄想喚いてる
第一次で先勝国なのが広まると都合が悪いんだよ
3.名無しさん:2018年01月23日 09:21 ID:enBfDekP0▼このコメントに返信
クリスマスまでには終わるでしょwww
4.名無しさん:2018年01月23日 09:22 ID:FetJxW0F0▼このコメントに返信
※2
ちゃんと義務教育受けようね
5.名無しさん:2018年01月23日 09:31 ID:YQAh2QJ80▼このコメントに返信
塹壕ではスコップが役に立つんだ。
西部戦線異常なし で読んだ
6.名無しさん:2018年01月23日 09:31 ID:4oM71CoQ0▼このコメントに返信
元スレ アホ満載だな。最低限、これ読んでからスレ立てしろよ

岩波書店 現代の起点 第一次世界大戦 全四巻

ttp://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp/~ww1/publications/iwanami.html
7.名無しさん:2018年01月23日 09:34 ID:CtkoUVOd0▼このコメントに返信
WW1前後で大きく国際社会の価値観が変わってるんだけどな
WW2と同じくらいにはね
ただ直接戦火に混じらなかったんで、今の日本人にも当時の日本人にもこの変化がよく分からなかった
不幸なことにこの無理解は割と致命的になってしまったわけだが
8.名無しさん:2018年01月23日 09:39 ID:CRIAdvNg0▼このコメントに返信
これあくまで「日本では」だよな
欧州で単に「世界大戦」と言えば大体こっち
まあ日本はおまけの参戦で泥沼の塹壕戦やってないからね
いまいち影が薄く感じるのも仕方ない

欧州だとこの戦争での人口構成へのダメージはいまだに尾を引いてるくらいだし(特に仏)
9.名無しさん:2018年01月23日 09:39 ID:PeraVuLu0▼このコメントに返信
 
第一次世界大戦では日本の紳士的な戦いぶりが
散見されるから、話題に上がりにくい
第二次世界大戦からいきなり日本は鬼のような豹変

どう考えても、戦勝国アメリカが捻じ曲げて発表してんのバレバレ
原爆落とした後ろめたさで、日本を悪者にしないと気持ちが収まらないんだよ
10.名無しさん:2018年01月23日 09:39 ID:ahzhODme0▼このコメントに返信
この大戦でのドイツ人捕虜が日本でバームクーヘンやら第九の演奏を日本で広めるきっかけになったんだっけか?
四国でドイツ人収容所跡とかで見た記憶がある。
地中海でも英国艦救助に活躍したんだっけ?
この頃までの日本軍の活躍は戦勝国だけに悪い話はあまり聞かないね。
11.名無しさん:2018年01月23日 09:43 ID:956j5nw50▼このコメントに返信
戦争の花形、騎馬で突撃するぞ

機関銃1つで部隊全滅や・・・

塹壕掘って防備固めよう

長期戦で塹壕足、精神異常をきたす兵士続出

チャーチル「戦車開発したでえ、これで塹壕も突破や」

12.名無しさん:2018年01月23日 09:44 ID:fbNTMrhv0▼このコメントに返信
ww1開戦時をナポレオンに見せたら、自分の死後100年経ってもヨーロッパが何も変わっていないことを嘆くだろう。終戦時を見せたら、世界情勢のあまりの変貌ぶりに驚愕するだろう。・・・的なことを書いたのはリデルハートだったっけか
13.名無しさん:2018年01月23日 09:44 ID:3.9r8vtm0▼このコメントに返信
開戦当初は中世的な情緒が残ってるけど
中盤には消し飛んでる模様
14.名無しさん:2018年01月23日 09:44 ID:07p3htXB0▼このコメントに返信
定期スレやないか
15.名無しさん:2018年01月23日 09:49 ID:12c7yMMT0▼このコメントに返信
ww1に日本が関係して無いとか、とんだゆとりだな。
16.名無しさん:2018年01月23日 09:49 ID:956j5nw50▼このコメントに返信
※13
騎士道精神なんてなくなって、
殺戮兵器を駆使したただの殺し合いになったもんな
17.名無しさん:2018年01月23日 09:50 ID:3MakZn2j0▼このコメントに返信
アリサカバンザーイ!
18.名無しさん:2018年01月23日 09:52 ID:YQAh2QJ80▼このコメントに返信
シェリーフェン・プランとか見ていると、北朝鮮のソウル侵攻計画にも影響を与えてるんじゃないかと
思うこともある。
19.名無しさん:2018年01月23日 09:52 ID:Otc4TWq70▼このコメントに返信
映像の世紀は第一次大戦の回が一番好き
ほのぼのとした遠征から殺戮の狂気に邁進していく人類が映されている
20.名無しさん:2018年01月23日 09:56 ID:Otc4TWq70▼このコメントに返信
戦争から、きらめきと魔術的な美がついに奪い盗られてしまった。
アレクサンダーやシーザーやナポレオンが、兵士たちと危険を分かち合いながら、馬で戦場を駆け巡り、帝国の運命を決する。
そんなことはもうなくなった。
これからの英雄は、安全で静かで、物憂い事務室にいて書記官たちに取り囲まれて座る。
一方、何千という兵士たちが、電話一本で機械の力によって殺され息の根を止められる。
これから先に起こる戦争は、女性や子供や一般市民全体を殺す事になるだろう。
やがて、それぞれの国々は大規模で、限界のない、一度発動されたら制御不可能となるような破壊の為のシステムを産み出すことになる。
人類は、初めて自分たちを絶滅させることが出来る道具を手に入れた。
これこそが、人類の栄光と苦労の全てが最後に到達した運命である。
チャーチル
21.名無しさん:2018年01月23日 10:00 ID:956j5nw50▼このコメントに返信
※20
チャーチルのこの名言ホントすこ

もの見方、先見の明、表現の豊かさ
やっぱチャーチルはすごいわ
22.名無しさん:2018年01月23日 10:17 ID:qmFTQ6du0▼このコメントに返信
第一次大戦で戦争の形が国家総力戦になって
日本国はアメリカソ連により勝ちにくくなってしまったよ。
そのために満州事変を起こしたり華北分離工作を進めようとしたりして
中国と全面戦争になり
それが太平洋戦争にも繋がって帝国の破滅に繋がったよ。
23.名無しさん:2018年01月23日 10:19 ID:InLdxEG80▼このコメントに返信
知りたいのだったらBBC制作のドキュメンタリー、ザ・グレート・ウォーを見ればよいよ。
1964年とかなり昔の作品なんだが、WW1から50年だから生き残った人々の生の声が聞けるの貴重。
24.名無しさん:2018年01月23日 10:19 ID:qmFTQ6du0▼このコメントに返信
第一次大戦で膨大な被害が出たせいで
国際社会に平和主義の気運が生まれ始めたよ。
それ以前の露骨な帝国主義的政策は
もう簡単にはできなくなったね。
それを理解していなかった日本は
満州事変のあたりから国際社会から孤立してしまったね。
25.名無しさん:2018年01月23日 10:23 ID:wKuCrdtz0▼このコメントに返信
要塞の下までトンネル掘って
しこたま爆弾設置して地面ごと吹っ飛ばしたとか
いろんな意味で力技が目立つイメージ
26.名無しさん:2018年01月23日 10:31 ID:VEIFmu2b0▼このコメントに返信
※9
欧米に文明国として認められたい新興国家だった時期と五大国となって舞い上がってる時期の差でしょ
なんでもアメリカが悪いで思考停止は賛同できない
27.名無しさん:2018年01月23日 10:32 ID:HMiUWEoK0▼このコメントに返信
あと鉄道だな。
28.名無しさん:2018年01月23日 10:39 ID:baV5.7E10▼このコメントに返信
日本にとっての第一次大戦は金儲けだから。
総力戦の恐ろしさを理解できないで終わった。
日本が総力戦状態に入るのは日中戦争以後。
29.名無しさん:2018年01月23日 10:41 ID:InLdxEG80▼このコメントに返信
※24
「平和主義」はあくまでも西欧諸国内で通用したことだよ。
WW1以後も、アジア・アフリカにおいては帝国主義が依然としてあったんだけど。

独立が加速するのもWW2以後だし、
そもそも「平和主義」なんて物で、西欧列強が植民地の独立を認めたんではないぞ。
独立運動に対して宗主国が軍事的に支えきれんから放棄しただけの話だ。

浅墓な知識で物事を語るなよな。
30.名無しさん:2018年01月23日 10:43 ID:wjNhazGI0▼このコメントに返信
※24
そして、100年遅れの帝国主義こと中共帝国が日帝のあとを継いでる最中なわけだ
31.名無しさん:2018年01月23日 10:47 ID:LVDX4VAN0▼このコメントに返信
ゲームのバリアントハート、面白かったわ。第1次世界大戦のTipsが写真付きで充実していた。
主人公がフランス人のおじさん、その娘婿のドイツ人、戦友のアフリカ系アメリカ人、女性記者と多彩だった。つまり、義父と婿が敵同士になってしまう。
ビターエンドで泣けたわ。最後のあのシーンをプレイヤーの手に委ねるのは重い。
32.名無しさん:2018年01月23日 10:55 ID:ud5IISlr0▼このコメントに返信
中国人は激戦だった中国内戦を忘れ、朝鮮人も激烈だった朝鮮戦争を忘れてしまった。

それで、1949年に起きた20万人の南京大虐殺も、1950年に起きた韓国軍の20万人の慰安婦拉致も、年代を1937年や1940年台だと誤魔化して平然としていられる。
33.名無しさん:2018年01月23日 11:42 ID:goMPJjHe0▼このコメントに返信
人々はいそいで運命から逃げようとした。そして運命にすぐ追いつかれたのだ。
世界平和の維持を夢見て、世界戦争に達したのだ。
34.名無しさん:2018年01月23日 11:43 ID:g0WEeFha0▼このコメントに返信
うちのひー爺さん青島で死んで東郷さんや大隈さんや秋山さんらがいる慰霊祭の写真やら巻物あるんだが
隣の国じゃないが歴史は声の大きなのがなんとやらで全く知られてないな
35.名無しさん:2018年01月23日 11:44 ID:Y3AxhJ910▼このコメントに返信
第1次世界(欧州)大戦は大日本帝国が戦勝国だったから、第2次世界大戦後の日本人愚民化計画に都合が悪いんだよ。
第1次世界(欧州)大戦が欧州限定で済んだのは、当時の帝国海軍が太平洋からインド洋、果ては大西洋の一部まで出張って治安維持活動していたという功績がある。そのお陰もあって1次大戦後設立された国際連盟では常任理事国になっている。

それと、当時の米国大統領ウィルソン君が基地外過ぎたので米国としては隠蔽したいんじゃね?
民族自決じゃ~!! 但し、ドイツ帝国,オスマン帝国,ハプスブルク帝國だけの話な。英国,仏国・・・ 勿論米国の植民地は関係Nothing!
人種的差別撤廃提案は大日本帝国が言い出しっぺだから気に入らない、否決じゃ~
・・・とまぁ、今の人類の不幸の最低九割がウィルソン君の責任と言っても過言じゃないくらいにやらかした基地外の中の基地外だったからな。
36.名無しさん:2018年01月23日 11:45 ID:osc1ayL00▼このコメントに返信
WW1は日英同盟で小火器の製造とオーストラリアとニュージーランド兵(ANZACの面々)を
欧州に送り込んだり地中海のオーストリア海軍潜水艦狩りとちまちまとした貢献はしてたはず

海の戦況次第では金剛がやっぱウチで使うから売らんわ、という事態にもなってた可能性も
37.名無しさん:2018年01月23日 11:47 ID:t1XnLXxO0▼このコメントに返信
ww1日本「ほーん、潜水艦で通商破壊すると大国でも干上がるのか」

ww2日本「シーレーン防衛?そんなの知らね、そんなことより相手の軍艦狙うぞ」
ww2日本「アメリカの通商破壊?そんなことより軍艦狙うぞ」
どうしてこうなった
38.名無しさん:2018年01月23日 12:10 ID:v8jlBwwc0▼このコメントに返信
ウッキウキで出征してからのー...
39.名無しさん:2018年01月23日 12:19 ID:McyYAtnW0▼このコメントに返信
アメリカがヨーロッパに干渉し、ロシアがソビエトになった戦争。
航空機と電話、潜水艦、戦車が投入され、部隊が少数に分けられ、鉄道、自動車が活躍し、戦艦同士の大規模な海戦が行われた。
WW1すご
40.名無しさん:2018年01月23日 12:31 ID:Yr1h0Olx0▼このコメントに返信
※10
渡辺謙が出てたバルトの楽園って映画もあったしね。

日露戦争の時から敵兵にまで捕虜収容所の厚遇が知られてたらしく、捕虜収容所の地名を叫んで敵兵が降伏ってのが結構有るよ。

41.名無しさん:2018年01月23日 12:47 ID:kdBVJLZK0▼このコメントに返信
元の29とこっちの8みたいな○○○頭が何で存在してんのかね?世界初の機銃戦と世界初の塹壕使った攻防戦は日露戦争だろうが?腹筋崩壊ニュースでもマシンガンの項目で触れてたけど、世界初の泥沼戦をやったのがあのときの日本とロシア。
42.名無しさん:2018年01月23日 12:50 ID:kdBVJLZK0▼このコメントに返信
上レスのウマ鹿、大日本帝国って正式国名じゃないぞ?
43.名無しさん:2018年01月23日 12:54 ID:kdBVJLZK0▼このコメントに返信
※32 20万匹のツナ兵と便意兵が戦死したり犯罪者として正当に処刑されたの?
それでツナ兵がツナ民間人を殺したのは何十万匹?日本兵が何万匹も助けてたの
44.名無しさん:2018年01月23日 13:00 ID:75NoUpgT0▼このコメントに返信
※37
英国がああなったのは、早期にドイツ海軍との艦隊決戦を行えなかったことに起因する。
故に想定される対米戦では可及的速やかに艦隊決戦を行い、これに勝利することで戦争の長期化を防ぎ、同時に通商破壊戦によるダメージも最小とする。
 
こんな感じ。
で、フィリピンを釣りエサにして、米太平洋艦隊をおびき出して艦隊決戦をする予定だった。
そして米太平洋艦隊を全滅させ、意気消沈したアメリカと有利な講和をする。
なお、アメリカが戦争を諦めないとか、残る大西洋艦隊のことは無視してる模様。
45.名無しさん:2018年01月23日 13:03 ID:qfxX8u5z0▼このコメントに返信
100年経ったけど、まだ汚染地域が残ったままという
46.名無しさん:2018年01月23日 13:07 ID:2CC6BVZt0▼このコメントに返信
※37
日本やイギリスは干上がるがアメリカは干上がらないからだぞ
47.名無しさん:2018年01月23日 13:15 ID:nzjG3cNv0▼このコメントに返信
日本海軍にシーレーン防衛させたかったら当時の10倍くらい軍備が必要なんだぞ・・・
そんなのまず無理だから、短期決戦・戦力集中により敵主力の早期撃滅しかとりうる戦略が無かった。
48.名無しさん:2018年01月23日 13:22 ID:N162.DAP0▼このコメントに返信
この三十数年前には仏国王が敵軍の捕虜になる中世的な戦争してたのに、
日本の旅順攻略がマシに思える塹壕戦に突入するとはな。
開戦当時はクリスマスには帰る予定の兵士も多かったようだし。
49.名無しさん:2018年01月23日 13:27 ID:nzjG3cNv0▼このコメントに返信
長期総力戦ってのはもうないだろうな、現代は短期限定戦だし
下手すりゃ一夜で終わる可能性さえあるのが今大戦だな。
50.名無しさん:2018年01月23日 13:33 ID:x791Yhao0▼このコメントに返信
日本が直接関わって無いからだろう。
軍艦派遣とかは行ったけど
濡れ手に粟で南洋諸島とか貰えた美味しいれす。
51.名無しさん:2018年01月23日 13:36 ID:fbNTMrhv0▼このコメントに返信
※41
塹壕なんて古代から使われてたわ何が世界初だよw
機関銃にしても日露の頃は配備数が決して多くないから深刻に受け止められなかった。小銃と火砲のほうが威力出してるんだわ。そんで日露戦争を経験した日本とロシアはそれから十年間の間に機関銃+塹壕の威力をちゃんと認識してたのか? 日露の当事者ですらww1の塹壕戦を見てショック受けてるんだから。でなけりゃ東部戦線でロシアはドイツ軍を叩きのめしてたわ

日露戦争はあれで泥沼でもなんでもない。実態は日本軍がロシア軍を終始圧倒してた戦いだったからな。多数の損害を出した側がこらえきれなくなって防衛拠点を放棄した、という展開を何度も繰り返して日本軍がなかなか順調に進撃していった戦い。個々の戦闘では大苦戦や死闘といっていい場面もたくさんあったし、日清戦争に比べちゃえば桁外れで想定外の損害になったとはいえ、世界の戦争事情を根本から変革させるほどのインパクトは持ち得なかった、そういう次元の戦いだよ
52.名無しさん:2018年01月23日 13:38 ID:ektKN0ZZ0▼このコメントに返信
第一次世界大戦の膨大な砲弾の消費量に愕然とした日本陸軍が、
それでも諦めずに近接戦闘に傾斜した戦術で無理矢理列強に対抗しようとした事が、後の悲劇に繋がる。
後知恵に過ぎないが、もっとバランスのとれた小規模陸軍を目指せばよかった。
そうすれば、自ずと中国大陸侵攻の度合いも抑制できたし。
53.名無しさん:2018年01月23日 13:38 ID:o1er.Ywb0▼このコメントに返信
※37
そもそもドイツは通商破壊を綺麗に成功させたけど勝てましたか?って話だ
兵糧攻めは相手に十分な逆襲能力があると成立しなくなる
54.名無しさん:2018年01月23日 13:45 ID:eORhNht.0▼このコメントに返信
日本が活躍した史実は、歴史教育でスルーされるからな。
55.名無しさん:2018年01月23日 14:07 ID:x791Yhao0▼このコメントに返信
※51
>実態は日本軍がロシア軍を終始圧倒してた戦いだったからな。多数の損害を出した側がこらえきれなくなって防衛拠点を放棄した

勘弁してくれ。
死傷者は勝った日本軍の方が多い事はしばしばあったし

ロシア側の元々の戦略はハルビンまで日本軍を引き込んでの逆撃だったのよ。
それまでは遅滞戦闘で日本軍に損害を与えつつ撤退なので計画通りだったのはロシア側

日本軍は野戦で包囲撃滅を目指したが
むしろ損害が大で日本軍は進めなくなり鉄嶺辺りでストップ
結果からすれば罠に嵌る前に力尽きたので、罠に嵌らずに済んだというオチね。

奉天会戦の辺りで日本の将校は予備役まで払底して未招集は1000人程
残りは恐らく老齢か罹病で軍務に耐えられない者だけだろうね。
一般兵だって後備軍を常時最前線に投入する時点で動員限界に来てるんだけどさ。

知識がマンガか小説・俗説のものだね、国立図書館でも行って当時の資料でも読むといいよ。
56.名無しさん:2018年01月23日 14:11 ID:ektKN0ZZ0▼このコメントに返信
※55
横からだが、日露戦争でロシアが勝てなかった3大要因は、
海軍の大敗と、当時のシベリア鉄道の輸送力の低さ(ほとんど単線だった)、そして米英が日本に味方したことだよね。
ロシア陸軍が、精鋭の欧州駐留部隊の投入を決断して、戦線後方にやっと到着したところで、戦争は終わってしまった。
57.へそ吉:2018年01月23日 14:17 ID:gyc1Qy6.0▼このコメントに返信
>>31
※5
X西部戦線異常なし
〇西部戦線異状なし

※18
Xシェリーフェン・プラン
〇シュリーフェン・プラン

※29
X浅墓
〇浅はか

※43
X便意兵(これはわざと間違えた?)
〇便衣兵

 重箱の隅、失礼しました。

58.名無しさん:2018年01月23日 14:23 ID:goMPJjHe0▼このコメントに返信
クリスマスまでには終わるそうなので、
早よ入隊せにゃ!
59.へそ吉:2018年01月23日 14:32 ID:gyc1Qy6.0▼このコメントに返信
 連投スマソです。
※56
>当時のシベリア鉄道の輸送力の低さ(ほとんど単線だった)

 今その書籍が手元にないので詳細は上げられませんが、日露戦争当時シベリア鉄道は複線並みの輸送力を示したと読んだ事があります。日本側は実際にシベリア鉄道を単線として輸送力を計算しましたが、いざ戦争となると、ロシアは西部からやって来た貨車を、貨物を降ろした後全部焼却して西へ送り返さず、ほとんど一方通行にした由。そんな事ができるくらい、ロシアは超大国で(少なくとも軍需は)豊かであったそうです。
 シベリア鉄道による輸送でも追いつかないほど武器・弾薬・食料・その他の消耗が激しかったのでしょうか?
60.名無しさん:2018年01月23日 14:40 ID:DK1EeBy60▼このコメントに返信
1次大戦の資料は外交文書なども公開されてるものが多く研究も盛んだから
外交面に注目しても面白いよね
61.名無しさん:2018年01月23日 14:45 ID:ektKN0ZZ0▼このコメントに返信
※59
こちらもぱっと上げられるソースが手元にないのですが、
多分、当時の帝政ロシアの意思決定が遅く、結果論として本腰を入れるのが遅すぎた、に尽きると思います。
逆に言えば、日本の見事な逃げ切り勝ちと評価すべきかと。
62.名無しさん:2018年01月23日 14:50 ID:W3hRm4al0▼このコメントに返信
バーバラ・タックマン女史の八月の砲声(The Guns of Autust)も面白いよ!
ピューリッツァー賞も獲った話題作で名作だよ!
63.名無しさん:2018年01月23日 15:22 ID:Axl9x5GR0▼このコメントに返信
※7
欧州情勢、複雑怪奇なり
64.名無しさん:2018年01月23日 15:23 ID:5zQkBGiV0▼このコメントに返信
日本は同盟国である英国の要請により参戦
三国干渉で奪われた遼東半島の奪取、独植民地である南洋諸島の占領
地中海に海軍の一部を派遣
大した損害も無く得た物は多い
65.名無しさん:2018年01月23日 15:38 ID:o1er.Ywb0▼このコメントに返信
※61
意思決定が遅いというか鉄道輸送に頼ると方針の変更は容易にはいかなくなる事情がある
この時代の鉄道は国家の大動脈で軍事動員するとダイヤグラムが総書き換えになって官民両方への影響が大きい
どれほどの規模で利用するか先に決めて、後からの修正はしないのが大前提
日露の場合は部分動員から入って緊急措置として一方通行で総動員に以降しようとしたが戦況の悪化や革命でそれどころではなくなった

ちなみにこの部分動員か総動員か?のジレンマがあったから第一次がアホみたいな規模の戦いになった
本来オーストリア=ハンガリー帝国なんかのために本気で戦う必要なんかドイツに無い
けれど確実に干渉してくるロシアがもしも総動員を選択した場合は、ドイツが本気で戦わないつまり部分動員を選択したら戦力差ですり潰されることになる
だから総動員で始めるしかないし、同じ思考をロシアもやった
66.名無しさん:2018年01月23日 15:54 ID:wxb7p.AP0▼このコメントに返信
WW1の話題になると絶対日本は何もしなかったとかいうやつ出てくるんだよね。
日本の艦隊は788隻の連合国側の輸送船や病院船を護送し兵員75万人を輸送した。
Uボートと35回交戦し、駆逐艦「榊」が魚雷攻撃を受けて大破し、艦長ら59人が死亡するなどの犠牲も出た。

とくに17年5月4日、撃沈された英兵輸送船「トランシルヴァニア」号の救助にあたっては、駆逐艦「榊」と「松」が犠牲を惜しまない勇敢な救助活動を行い、乗員の大部分を敵潜水艦の目前で救助、英国王より勲章が授与された
当時、英海軍ではUボートによって被害を受けても救助活動をしてはならないという規定があった。というのも、撃沈された英艦船を助けにいった他の2隻が追撃を受け、3隻もろとも沈没し、6000名の死者を出すという悲劇がそれ以前に起きていたからである。それだけに、追撃を覚悟したうえでの松、榊の決死の救出はこの上なく勇敢なこととして英海軍司令部を驚かせた。しかも、救助した人々を最寄港のサヴォナまで送り届ける間、松、榊の乗組員たちは戦闘による疲弊をものともせず自分の衣類、寝場所、食料や水などを提供し、サヴォナに停泊している間、多くの英兵たちから握手を求められたり、賛辞を受けたりしたという。
67.名無しさん:2018年01月23日 15:54 ID:wxb7p.AP0▼このコメントに返信
英国はもちろん、各国から大きな信頼を得た日本艦隊の稼働率は連合国軍の中でも抜きんでており、1年半に及ぶ派遣中における交戦回数35回のうち、潜水艦を撃沈するなど、少なくとも13回は確実な打撃を加えたとされ、護衛作戦において大きな成果を残した。

松、榊がマルタに帰港すると、のちの英国首相であり、当時英海軍大臣であったチャーチルより「英国海軍および英国海軍省の名をもって、両艦の勇敢なる行為と作業とに、深き謝意を表する」との電報が届き、英下院議員では、議員一同が起立して日本語で「バンザイ三唱」が行われた。そして両駆逐艦の艦長以下20数名には、英国王ジョージ5世より勲章が授与されたのである。一時にこれだけ多くの人に勲章が贈られるというのは日本海軍史上、異例の出来事であった。
68.名無しさん:2018年01月23日 15:58 ID:irpNE7ku0▼このコメントに返信
ルーマニア・・・。
69.名無しさん:2018年01月23日 16:06 ID:ektKN0ZZ0▼このコメントに返信
第一次世界大戦で通商破壊戦の苦労を見ていたはずなのに、次の世界大戦で対応に失敗した日本。
他人事だと思っていたのか、正面装備で手一杯で通商護衛を置いてけぼりにしたのか。
前者だとしたら、太平洋戦争の戦略が付け焼き刃だったと暴露しているようなものなので、
願わくば後者であってほしいものだ。
70.名無しさん:2018年01月23日 16:06 ID:5mSmLtGc0▼このコメントに返信
※11
チャーチルの先見性は凄いよね。
海軍大臣なのにも関わらず陸軍が相手にもしない戦車を何かの役に立つだろうと開発指示。
まぁBEF司令官のヘイグが責任者が止めるのも無視してソンムで使ってくれて
故障率9割という超欠陥品でも将来性を買って絶賛してくれなかったら
パンジャンドラムみたいなネタ兵器で終わったかも。

※37
どうしてアメリカに通商破壊なんか出来ると思ったの?
やるにしても潜水艦隊の根拠地が東西にそれぞれ必要だから
ハワイとアフリカか南米を占領しないと。
71.名無しさん:2018年01月23日 16:53 ID:t1XnLXxO0▼このコメントに返信
米37だが
そりゃ完封できるほど軍備がなかったのも
アメリカがでかいのも知ってるさ
でもやらないのとやるのじゃ違いはあるでしょ

アメリカだって防衛に余力割かなきゃいけないし
そもそも日本の戦略は短期にしろ長期にしろアメリカのやる気を削いで講和に持ち込むだったんだから
東側だけでも叩いて国民に影響あるなら
やるべきだったと思うのは素人考えかなあ
72.名無しさん:2018年01月23日 16:58 ID:EIWR.0f.0▼このコメントに返信
イギリスにはキッチナーという人がいて、この人も開戦前から戦争の長期化や夥しい数の犠牲者が出ることを予測していたね

個人的には第一次大戦というと、やっぱりサイクス・ピコ条約かなあ
ドイツはエジプトでのムスリムの蜂起を画策していたけど、あれが実現していたらいまの中東地域はどうなっていたのだろう?
73.名無しさん:2018年01月23日 17:16 ID:8R.Wc4Rp0▼このコメントに返信
※70
太平洋戦争中、日本がシアトルなどアメリカ西岸で
通商破壊戦を実行した際、最前線基地となったのは
クェゼリンだった。
74.名無しさん:2018年01月23日 17:31 ID:8R.Wc4Rp0▼このコメントに返信
※67
日本海軍は1917年6月12日、地中海でUボート、UC74を撃沈した「ことにした」。
実際には同艦は沈んでおらず、終戦直前の1918年11月5日まで戦果を挙げ続けている
(合計37隻、9万2千722トン撃沈。ちなみに当時の艦長は第二次大戦中、補助巡洋艦
ラワルピンディや空母グローリアスを撃沈し、上級大将まで出世したヴィルヘルム・マルシャル大尉)。
75.名無しさん:2018年01月23日 17:51 ID:dus9vZb10▼このコメントに返信
わいはベレ出版の第一次世界大戦の衝撃おすすめ。超初心者向けだから知ってる人にはつまらないだろうが。

毒ガス攻撃は禁止なんだな→爆弾で投下する攻撃が禁止や!流すだけならセーフ!→あっ風向きでこっちに戻ってきた。グエー死んだンゴ→不便だから砲弾に毒ガス詰めよ。条約?知らん知らん。
この流れ好き。どっちもやってるからお互いに条約破り貶せないあたりも。
76.名無しさん:2018年01月23日 18:01 ID:o1er.Ywb0▼このコメントに返信
※71
やる気を削ぐってのが正確な理解ではないぞ
日本の目的はアメリカの太平洋上の活動を不能にして大東亜共栄圏を確立すること
そのために水上艦を撃滅して反撃能力を沈黙させて、その後に海軍基地を制覇して完全締め出しを狙ってた
だから通商破壊=持久戦なんかやってたらその時点で戦略が破綻してる
77.名無しさん:2018年01月23日 18:45 ID:75NoUpgT0▼このコメントに返信
※66
これは当時から海軍の一部では問題になっててね。
戦争中盤の頃に、海軍大臣だったかGF長官だったかが新聞記者を集めて世界地図をバックに
「我が海軍は、中部太平洋から地中海まで地球規模で展開している」
と説明したら、新聞記者の殆どが
「なんだってー!(AA略」
と初耳の様子。
説明した偉いさん達は
「ウチの海軍の広報体制はどうなってるんだ!」
と怒るやら嘆くやらだった。
事実、海軍の広報体制はお寒いもので、こっちでは陸軍の方がかなり上手だった。
その後遺症で、日本軍は主に陸軍が青島でドンパチやったことぐらいしか今でも知られていない。
しかも、青島攻城戦は日露の旅順攻防戦の戦訓を反映した模範的なものだったにも関わらず国内の評価は今でもかなり低い。
78.名無しさん:2018年01月23日 18:51 ID:75NoUpgT0▼このコメントに返信
※76
大東亜共栄圏てのは後出しの理由付けだよ。
明治の頃から帝国海軍はアメリカ相手に艦隊決戦で勝つという戦術的勝利をテコに講和を結ぶことしか考えてない。
ハワイ攻略とか西海岸上陸なんて日本の国力から絵空事だと諦めてた。
そもそも、アメリカ相手に絶対戦争(必ずぶっ倒す戦争)を想定してない。想定するだけ無駄と考えてた。
満州事変以後、日米関係がこじれにこじれた事が、海軍の想定外だった。
簡単に言えば、夕日をバックに殴り合って「お前強いな!」で仲直りできるぐらいの悪化しか考えてなかった。
でなければ、燃料の殆どをアメリカに頼る体制をノンビリ続けてない。
79.名無しさん:2018年01月23日 21:19 ID:ZeVIFAjD0▼このコメントに返信
youtubeで見たけど、ヨーロッパでは多くの兵士が無残な死に方をしている。
一方で、アメリカ政府は、国民を戦争に向かわせるために宣伝している。
子供たちは無邪気に戦争ごっこし、若者は正義のためと兵隊の登録をするため列をなしている。
海を挟んで対照的だ。
戦争に反対の人達は捕まり牢屋に入れられる。
ドイツ人を憎んだり馬鹿にする宣伝が多く、ドイツ系の人たちは名前を変えてドイツ系と解らないようにした。
第二次大戦で日系人が差別されドイツ系は白人なので差別されなかったというが、それは嘘で第1次大戦時に差別され、ドイツ系であることを隠したので第2次の時はドイツ系を名乗る人は少なかったのだろう。
ドイツは、日本とメキシコがアメリカに参戦すると脅していたみたいだ。
アメリカも実際参戦すると被害が多く、一般市民はもう戦争は嫌だと思ったみたいだ。
80.名無しさん:2018年01月23日 23:08 ID:HnMlliMv0▼このコメントに返信
※52
だから基本的には長期戦は日本には無理という認識が陸海ともにあったのだろう
それゆえの奇襲からの欧米勢との早期講和という方向では一致していた
ただ、その早期講和の方法を誰も考えていなかった
81.名無しさん:2018年01月23日 23:52 ID:ektKN0ZZ0▼このコメントに返信
兵卒に限れは、実は第二次世界大戦より死傷率が高いという・・。
第二次と違って、英仏も相当死んでるしね。
1910年代前半の欧州の20代男性には、絶対に転生してはいけない。
82.名無しさん:2018年01月25日 12:53 ID:T.F1k2tK0▼このコメントに返信
※20
良く人類は戦争をずっと続けているなんて通り一遍の非難がされるけど、
「きらめきと魔術的な美」があった時代の戦争とは分けて考えるべきだと思うね。
自ら絞めて食していた家畜を、機械に送り込んで大量に屠殺するかんじ。

お名前