スポンサーリンク

2017年12月12日 21:05

ワイ「中国史すげー紀元前から始皇帝かよ、世界も目じゃないな...ん?」

ワイ「中国史すげー紀元前から始皇帝かよ、世界も目じゃないな...ん?」

gahag-0077585361-1

引用元:ワイ「中国史すげー紀元前から始皇帝かよ、世界も目じゃないな...ん?」
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1512636043/

1: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)17:40:43 ID:wib
ピラミッド 4600年前!
楔形文字5000年前!

世界広スギィ!
日本書紀1300年前がダサすぎ

2: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)17:41:55 ID:Hfm
クレオパトラ「ピラミッドとか古すぎて、何なのか分かんねーですわ」

エジプトってこういうレベルだからなぁ

4: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)17:42:31 ID:wib
>>2
すげーわほんま
中国がまだ文明多分ない時レベルでだもんなぁ

10: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)17:44:11 ID:8Lz
>>2
すごいのかすごくないのかわからんな

14: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)17:46:02 ID:Hfm
>>10
クレオパトラが2000年くらい前の人物
ピラミッドはクレオパトラより2600年くらい前

31: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)17:50:11 ID:8Lz
>>14
それはわかっとるで
ただ忘れられるなんてなぁ・・って思っただけや

5: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)17:42:38 ID:a7V
弥生土器作るゥーんだ

8: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)17:43:54 ID:wib
>>5
こねこねw

中国「三国志、どーん!始皇帝、どーん!
歌どーん!鉄どーん!」

ひえー

9: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)17:43:57 ID:sze
>>5
パルテノン神殿「アハハ!」

11: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)17:44:13 ID:ZHW
なお王朝が切り替わる度に施設や文化を片っ端から破壊するので歴史がぶつ切りになってるもよう
やっぱり神国日本がナンバーワン

13: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)17:45:42 ID:0G0
とっくの昔に滅びた文明の遺物を古いだけで有難がってもなあ・・・

18: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)17:47:14 ID:wib
>>13
同じ人間が日本ではまだ狩してる、
その3000年前からピラミッド作ってたってすごない?
だってその狩してる日本から3000年まだたってないんやで?

28: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)17:49:37 ID:0G0
>>18
その文明が今も続いてるならともかく、単にスタートラインが違っただけだからなぁ

15: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)17:46:45 ID:To7
エジプトとかギリシャとか落ちぶれすぎやろ
やっぱ時代は中国やな
なんやかんやで日本が勝ってたの近代だけやし

20: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)17:48:09 ID:wib
>>15
ゆーてローマの遺産でかすぎ
今の白人支配をつくったもん学問や文化的に

16: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)17:46:54 ID:sDh
古代とか地域別に文明の差がありすぎる
ローマと中国なんか紀元前から生活習慣病あったみたいやしな

23: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)17:49:01 ID:wib
>>16
川あるだけでああなるんやったら、信濃川らへんにもそんくらいあって不思議やないよな?
武田時代だって日本一裕福だったし

21: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)17:48:22 ID:ZnU
現代人「これがスフィンクスとピラミッドか はえ~」
西暦元年人「これがスフィンクスとピラミッドか はえ~」

33: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)17:50:40 ID:wib
>>21
こんなもんやろなぁ
西暦0年時点で、もうピラミッド2600歳だもんな
そっからまだ2000年しかたってないわけで

24: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)17:49:05 ID:ZHW
年表を見れば見るほどギリシャとローマがヤバすぎる

26: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)17:49:27 ID:GAk
日本では庶民は裸同然の生活してたときにローマではライオンの口からお湯が出る風呂に市民も入ってたというね
よく挽回したわ

30: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)17:50:11 ID:pif
昔はインドが先進国チャイナが後進国やったり
中東が先進国ヨーロッパが後進国やったりしたな

45: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)17:53:21 ID:VPe
アメカスとかいう300年も経ってない雑魚www

なお資源国力軍事力

51: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)17:55:11 ID:ZHW
そもそも日本以外の歴史は原住民を殺した移民が別の移民に殺されてその移民もさらに別の移民に殺されるっていうループで怖い
その点身内でプロレスやってただけの大和民族の呑気さときたら
よく植民地にならなかったよ本当

55: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)17:55:50 ID:Cpm
>>51
エルサレムの辺りカオスすぎてヤバい
多神教とキリストの争いとかね

61: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)17:56:06 ID:KkM
>>51
鎌倉辺りの日本人は戦闘民族なんやで 侵略に対してもちゃんと対応できる

島国ってのがでかすぎるけど

67: 【49】 2017/12/07(木)17:57:17 ID:CpO
>>61
鎌倉武士とかやべーやつらの集まりやからなあ
御成敗式目とか小学生に言って聞かせるような内容やし

64: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)17:57:08 ID:wib
>>51
本当不思議よな
戦国時代とか一回しかないわけだし
室町から安土桃山までの
ほんま平和やわ

70: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)17:57:51 ID:bCh
>>51
はい元寇の畜生打線

1(中) 壱岐対馬は最初から見殺して相手の戦法を見極めてた
2(二) 既に出兵5か月前に出兵の時期を想定し鎌倉武士団を大宰府に展開してた
3(一) 相手が人質を楯にして攻めてきても関係なく矢を射かけまくってた
4(三) 2度目は30キロの防塁を沿岸に、20キロの空堀を博多の南に、10キロの水堀を大宰府に築いていた
5(遊) 博多が略奪されてるのは目に見えてるので、敵が来る三日前に博多を略奪しつくしてた(鎌倉武士団が)
6(右) 2度目の時はモンゴルに倣って人質を楯にして攻撃してた
7(左) てつはうにあんまり動じずそのまんま徒歩で戦ってた
8(捕) 2度目の時は夜襲しまくって眠らせなかっただけじゃなく相手の船に牛馬の腐乱死体を積極的に投げ入れてた
9(投) 元軍が壊滅した後、取り残された元軍の内、宋人は助命したが高麗人、モンゴル人は負傷者も女性も含めて皆殺しにしてた

73: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)17:58:22 ID:wib
>>70
これやこれ
これ見たくてスレ建てたわ

74: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)17:58:53 ID:KkM
>>70
鎌倉武士といい帝国軍人といい日本人の精神は異常

84: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)18:00:33 ID:wib
>>74
異常っていうか義とか関係なしに正しい選択してたよな
江戸時代に授業広まってからへんに頭でっかちになった

90: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)18:01:54 ID:ZHW
>>84
でもww1までの日本の歴史は素晴らしいサクセスストーリーよな
なんでああなってしまったのか

102: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)18:03:05 ID:wib
>>90
安土桃山まで野蛮人
江戸時代でついに文明人
明治で世界出し抜いて近代人
そっから覇者になろうとして....ねぇ

52: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)17:55:29 ID:ayi
ブリカスとかいう諸悪の根源

63: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)17:56:56 ID:ayi
農耕民族のまま永遠と暮らせていたらなあ

68: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)17:57:21 ID:KkM
>>63
植民地にされて終わり

101: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)18:03:00 ID:iz9
コロッセオの完成度って半端ないよな甲子園と対して変わらんし

106: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)18:03:53 ID:Cpm
>>101
行われてたことは畜生なのがなー
ちょっと恐すぎんよー

111: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)18:04:19 ID:bCh
>>106
水貯めるのくっそ大変だったらしいやん

104: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)18:03:20 ID:KkM
よく戦闘民族から恥ずかしがり屋さんに国民性シフトできましたね………

112: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)18:04:19 ID:wib
>>104
昔は十字軍もびっくりの略奪やろう僧兵部隊ばっかりいた模様

113: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)18:04:22 ID:Iq5
>>104
変態になったからセーフ

117: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)18:05:39 ID:ZHW
>>104
追い詰められると変なスイッチが入って戦闘狂になる恥ずかしがり屋やぞ(適当)
たぶん現代でも中国や北朝鮮が本当に脅威になってきたらスイッチ入ると思うんですけど

131: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)18:10:25 ID:n9W
国際情勢もあるけどアメリカにコテンパンにされた焼野原から40年足らずで世界二位の経済大国にまでのし上がった模様

132: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)18:10:52 ID:U6U
>>131
なお現代

133: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)18:11:00 ID:ZHW
>>131
明治維新といい戦後の復興といいドン底からの追い上げが早すぎる

184: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)18:26:01 ID:8Sm
紀元前1万年ってどんなんだったんだろうな

190: 名無しさん@おーぷん 2017/12/07(木)18:26:52 ID:H6K
>>184
スフィンクスは1万年ちょっと前に作られた説あるしな

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2017年12月12日 21:11 ID:viiquXcg0▼このコメントに返信
銃・病原菌・鉄


読んだ?
話はそれから
2.名無しさん:2017年12月12日 21:14 ID:2vCrvDud0▼このコメントに返信
中東はかなりポテンシャルがあるはず

1000年規模で売買する株だったら絶対に買いだと思う
3.名無しさん:2017年12月12日 21:14 ID:fgeR2UXg0▼このコメントに返信
※1がそれ解説して
4.名無しさん:2017年12月12日 21:15 ID:NWVXnPNu0▼このコメントに返信
始皇帝が中国を統一してた頃
日本人は文字も持たず農耕も知らず獣を追い回していた
その頃から考えると進化速度は世界一なんじゃねえの?
5.名無しさん:2017年12月12日 21:16 ID:EPeCNvRE0▼このコメントに返信
鎌倉武士を畜生呼ばわりするのに
壱岐住人を虐殺したり捕虜を盾にする蒙古高麗兵に対しては何も言わない不思議
こんな糞コピペを赤字表示にするとか管理人ってもしかして
6.名無しさん:2017年12月12日 21:16 ID:vT0IKg3i0▼このコメントに返信
縄文文化は対抗できるくらい古いと思うんだが、
酸性土壌で有機物が残りにくいし火成岩は加工するには固いし
文字は残ってないしだからなぁ
7.名無しさん:2017年12月12日 21:18 ID:hs6B5obi0▼このコメントに返信
文明も文化も継続性(持続的発展)が無ければ
断絶もしくは他民族に侵略(略奪)された事実しか残らない
8.名無しさん:2017年12月12日 21:19 ID:AmtleCxT0▼このコメントに返信
※6
まぁ縄文みたいな原始的な文化になっちゃうと
同時代でも日本が特別ってわけじゃなく各地にあるからねぇ
9.名無しさん:2017年12月12日 21:19 ID:oSplWSdU0▼このコメントに返信
※4
その辺からずーーーっと同じ国なのは日本だけだしね。
ほかのとことか民族ごとまるまる入れ替わったり、元民族が完全にマイノリティにされたりとか茶飯事じゃね?
10.名無しさん:2017年12月12日 21:20 ID:Q2gsT85T0▼このコメントに返信
遺跡の上に住んでるだけで偉いんやったら1万6000年前の土器があるやろ。
建造物なんか木造やから全部腐っとるわ。
11.名無しさん:2017年12月12日 21:21 ID:L7dQjDV70▼このコメントに返信
古代文明とか、ことごとく滅亡してるしね
現代に当てはめて考えると、 歴史から学んで滅亡回避か それとも歴史は繰り返すのか
12.名無しさん:2017年12月12日 21:21 ID:Rq1tQ1.o0▼このコメントに返信
本スレ※184
>紀元前1万年ってどんなんだったんだろうな
 
そんなタイトルの映画があったような気が…
まああの映画は史実とは全然違うフィクションだと思うけど
しかしキリストの誕生から2600年も前にピラミッド作ってるってヤバいなエジプト
13.名無しさん:2017年12月12日 21:22 ID:shBKEqpP0▼このコメントに返信
※9
その頃はまだ皇室もないし継続は厳しいんちゃうか
政体抜きにした民族だけってならモンゴル人とかも相当古い
14.名無しさん:2017年12月12日 21:23 ID:udl8D8l70▼このコメントに返信
日本は大噴火で度々リセットされてたからしゃーない
直撃のみならず火山灰とか無理ゲー
15.名無しさん:2017年12月12日 21:25 ID:lFs1xj0Y0▼このコメントに返信
中国が凄かったのは漢字を発明したことだな。文字を持ってるところだけが歴史を作れた。
考古的には、日本だって稲作を縄文時代から始めているくらいだから、相当栄えていたはずだ。
けど、文字がなかった。
16.名無しさん:2017年12月12日 21:25 ID:s0uHQbXH0▼このコメントに返信
アメカス「なんか文句ある?」
17.名無しさん:2017年12月12日 21:27 ID:6qa5wlov0▼このコメントに返信
他の国より団結力が強いんでしょずっと島の中で一緒に暮らしてきたから。
18.名無しさん:2017年12月12日 21:30 ID:oSplWSdU0▼このコメントに返信
※13
>>神武天皇の即位年月日は、『日本書紀』の記述に基づいて、明治期に法的・慣習的に紀元前660年の旧暦元旦、新暦の2月11日とされている。
>>始皇帝(しこうてい、紀元前259年 - 紀元前210年[4][5])
wikipediaによると↑らしいよ。

まー国号が日本になったのはずっとあとみたい
>>日本の国号は、「日本」である。この用例の最初の確実なものとしては、一般的には大宝元年(701年)施行の大宝律令の「明神御宇日本天皇(あきつみかみとあめのしたしらすやまとのすめらみこと)」がそれとされている。
19.名無しさん:2017年12月12日 21:31 ID:8tNbOR3l0▼このコメントに返信
古代に中国なんて国はなかった 無知無恥で頭が悪いんじゃないか?
文句があるなら万里の長城まで国境を下げろ ボケ蛮族!!!
20.名無しさん:2017年12月12日 21:32 ID:ONbkLoPJ0▼このコメントに返信
一応、ヤマト王権なんかは三国志時代以前から存在するしね
中年くらいの人は卑弥呼より昔の日本人である帥升とかも知らないんじゃなかろうか
21.名無しさん:2017年12月12日 21:32 ID:2HQ0SZXK0▼このコメントに返信
※4
速度で言えば南北アメリカとアフリカやろ
22.名無しさん:2017年12月12日 21:33 ID:BNOw545e0▼このコメントに返信
縄文時代は16000年前から土器で煮炊きしていた世界最古の先史文明だぞ
23.名無しさん:2017年12月12日 21:34 ID:rJ6y9r7k0▼このコメントに返信
黄帝紀元
24.名無しさん:2017年12月12日 21:35 ID:coMJQgPB0▼このコメントに返信
※5
モンゴル・朝鮮兵がクソ畜生なのは言わずもがなだからやで
そんな侵略してきた畜生どもから「なんなの・・・あいつらなんなの・・・」と言われたのが鎌倉武士
25.名無しさん:2017年12月12日 21:37 ID:kJv4PSeM0▼このコメントに返信
※18
神武天皇は創作説が濃厚だぞ
実在の天皇としての初代は崇神天皇が最有力で、現在の皇室に連なる血筋として確実な祖と認められるのは継体天皇
26.名無しさん:2017年12月12日 21:37 ID:4Bb4nDNe0▼このコメントに返信
紀元前から現在も使われてる数学とか天文の定理を発見してたギリシャが最強
日本は歴史の長さじゃ敵わないから伝統の継承で勝負するんだな
27.名無しさん:2017年12月12日 21:37 ID:Jf2amSzy0▼このコメントに返信
群馬県みどり市笠懸町にある岩宿遺跡(いわじゅくいせき)で出土した約3万年前の旧石器時代の「槍先形尖頭器」は
「人の手による加工技術の産物」として「世界最古の道具」だ。
オーストリアのヴォレンドルフ遺跡出土の石器(約2万5000年前)よりも5千年も古い。
日本は世界最古の石を加工した技術国家であり、かつ先の尖った道具一本で様々な木造加工技術を開発した技術国家でもあった。
また、青森県の三内丸山遺跡は今から5500年前~4000年前の縄文時代の集落で巨大な建造物(跡)がある。
日本はもっと自慢していい。
28.名無しさん:2017年12月12日 21:38 ID:shBKEqpP0▼このコメントに返信
※18
間違えちゃいかんのは、日本は「証拠がある世界最古の国家(約2600年)」であって、大和民族が世界最古の民族ではないってことだな
国体変わってても同じ民族とするってなると文字の残ってない日本は若干不利になって、エチオピアなんかが最古になりそう
29.名無しさん:2017年12月12日 21:39 ID:OwGK2kln0▼このコメントに返信
縄文時代でも交易してた可能性が浮上してきてる
30.名無しさん:2017年12月12日 21:39 ID:f83fmFjE0▼このコメントに返信
ほぼ単一異民族の文明国ってのが珍しい。
たいてい文明とセットで異民族に侵攻される。
31.名無しさん:2017年12月12日 21:39 ID:QwMSSgxz0▼このコメントに返信
※15
文字は漢字があったんじゃないの
32.名無しさん:2017年12月12日 21:40 ID:bXCtyLHU0▼このコメントに返信
日本だって1万年前にはクリ育てて土器作ってポシェット作ってオシャレして
争いも無く平和に暮らし続けてたとか説があるぐらいだし
幸せを基準にしたら退化してるかもな。
33.名無しさん:2017年12月12日 21:40 ID:D5BDYeic0▼このコメントに返信
また頭の悪い1だな
3000年前なら日本は陸稲を育てている。
その他にも稲、粟、大麦、小豆なんかも栽培してる。
日本の岡山(だっけ?)の遺跡からは約6000年前、縄文時代前期の米が大量に発見されてる。
確か10年以上前の話だったような?
昔の歴史の教科書は弥生時代からになってるらしいね。
34.名無しさん:2017年12月12日 21:41 ID:HgdHqFzN0▼このコメントに返信
日本人はレムリア大陸の子孫
そこは科学が今より進んでいたが天変地異により滅亡
中国は目じゃない
35.名無しさん:2017年12月12日 21:42 ID:WeRvovhZ0▼このコメントに返信
長江文明は1万年くらい前からあったんだっけか
36.名無しさん:2017年12月12日 21:43 ID:F.cRDEQa0▼このコメントに返信
4000年前は中国じゃないから。
37. そのころ日本では・・・:2017年12月12日 21:45 ID:wZ7jNrAe0▼このコメントに返信

 縄文人 「 弥生人とか、 半島に帰れよ! 」

 弥生人 「 縄文人とか、 野蛮人は氏ねばいいのに! 」

38.名無しさん:2017年12月12日 21:46 ID:MrDbo.yG0▼このコメントに返信
※2
今のイラン・イラクの辺りはバビロニアとかペルシャとか先進的地域だったし
アラブは後発だけど大航海時代までは香辛料の中継貿易で儲けてたし
航路出来て儲けれなくて没落しそうになったら今度はオイルのおかげで潤って
今は太陽光や太陽熱発電のクリーンエネルギーの発電に砂漠が使えそうってなってるからな

まさしくラッキーアラブやな
宗教問題さえなければだいぶ上位食い込めるのにな
39.名無しさん:2017年12月12日 21:47 ID:shBKEqpP0▼このコメントに返信
※33
そんだけ古いのになぜ文字が生まれなかったんだろうな
他所は稲作始まってすぐに文字生まれてるのばっかなのに
村社会だったとも言えるが、それなら稲作も広がらんだろうし、古くからそれなりの社会形成はしてたはずなんだがなぁ
というか、岡山だけずば抜けて稲作の遺跡跡古いし、当時の岡山人だけが独占してた技術で他に拡めなかった可能性もあるか
40.名無しさん:2017年12月12日 21:48 ID:Ga.jzbAR0▼このコメントに返信
土器の技術はすごかったんやろ?
なお何千年続ける模様
41.名無しさん:2017年12月12日 21:51 ID:EvUqpDyk0▼このコメントに返信
漢字の原型の甲骨文字が3500年前の殷の時代。
3000年前の殷が周に変わったくらいからは正確な歴史が残っている。
法律や道徳は周後期の紀元前7世紀~前2世紀頃の春秋戦国時代に完成した。
二宮金次郎が読んでいる四書五経の原型はその頃に作られた。
日本では江戸時代まで学問の中心として学ばれて、今の日本人の文化的思想の基本になっている。
漢の時代頃、日本では5,6世紀の古墳、飛鳥時代頃に文字と共に殷周時代からの学問と医学、建築科学などが日本に伝わった。
飛鳥時代、日本と中国の文化差は、孔子が論語から1000年くらいした頃に日本はようやく文字を書き始めたくらい。
つまり、当時は1000年程の文化的な差があった。
42.名無しさん:2017年12月12日 21:53 ID:9A882ujm0▼このコメントに返信
※22
それに加え、断絶することなく文化を継続させたという点もあるしね。
三内丸山遺跡のように大規模な集落もあったし、大型の丸木舟で海を渡って交易もしていた。
稲作の前から栗の栽培もあるし、巨石建造物がなくても、縄文は世界に誇れる「文明」だよ。
43.名無しさん:2017年12月12日 21:54 ID:shMdHnNa0▼このコメントに返信
※1
それ・・・訳語が下手すぎて最後まで読めなかった
44.名無しさん:2017年12月12日 21:54 ID:.Mc83WR10▼このコメントに返信
チャイナ「赤壁ドン!天下三分ドン!」

御先祖「ネズミ返しすげぇエエエ!!」
45.名無しさん:2017年12月12日 21:55 ID:ABHfk0qs0▼このコメントに返信
※30.
日本人が「ほぼ単一」というのは「?」やで
半島から追い出された百済人を大量に受け入れておるやんか
以後の歴史とか色々考えると「混血の成れの果て」やで
逆にほかの民族より「遺伝子プール」が大きくなった事が良かったのかもしらんでw
46.名無しさん:2017年12月12日 21:58 ID:shBKEqpP0▼このコメントに返信
※42
文化を継続ってのは謎だぞ
文化に視点を置くなら中華は王朝や民族は変えつつも文化はずっと継続してるわけだし
そもそも、漢字仕入れた時点でそこからはまったく別の歴史になってしまうが
文化の取り入れと文化の継続はまったく違うよ
今も日本人が縄文式土器でメシ食ってるなら継続してるんだろうけど
47.名無しさん:2017年12月12日 22:01 ID:EvUqpDyk0▼このコメントに返信
まあ、分かりやすく中国と日本の歴史差を言えば、
日本が文字もなく村でシャーマンが踊り祈祷していた1000年前。
中国では公務員試験の勉強を実施していた。
その2000年前に皇帝が都を作って法治していた。
中国と日本の文化的な逆転が起きたのが江戸時代頃。
それまで中国がお手本だった日本が中国に銭貸や工芸品を輸出していた。
つまり、日本の方が精錬された物を作れるようになっていた。
明治、大正、昭和と文化的な差が開き。
昭和後半頃は日本が中国の100年先に進んだ。
中国は今はバカだが、元の民族的素質はあなどれない。
48.名無しさん:2017年12月12日 22:02 ID:67slbmjr0▼このコメントに返信
縄文人の痕跡のある所掘ってみればいいのに…大部分がまだ森林だと思うわ
49.名無しさん:2017年12月12日 22:04 ID:acbs7twN0▼このコメントに返信
※18
神武と卑弥呼どっちが古いと思う?
50.名無しさん:2017年12月12日 22:04 ID:.Mc83WR10▼このコメントに返信
どんな戦闘民族も50年中原おると雑魚化するよな。
51.名無しさん:2017年12月12日 22:05 ID:kJv4PSeM0▼このコメントに返信
※39
アメリカ大陸だって1500年代にヨーロッパ人が来るまで文字が無かったわけだし、どれだけだけ歴史があってもある程度の文明が無ければ、文字ってのは生まれないものなんじゃないか
52.名無しさん:2017年12月12日 22:05 ID:6Lq1P.6j0▼このコメントに返信
※44
なお、100年後・・・

異民族「くっそ無能なチャイナ人共は南へポイーで」
チャイナ「ああああああああ!」

日本「チャイナ人ボロボロやし朝鮮半島にも今のうちに進出したろ」
53.名無しさん:2017年12月12日 22:06 ID:MMewLIv30▼このコメントに返信
トルコ当たりでは1万年前の遺跡の発掘が進んでるな
ホント凄い
54.名無しさん:2017年12月12日 22:06 ID:6v1l6Y.W0▼このコメントに返信
※50
遊牧民族は劣悪な環境でも耐えるから強いのであって一度文明の味を覚えてしまうと…
55.名無しさん:2017年12月12日 22:07 ID:shBKEqpP0▼このコメントに返信
※50
これは言える
関東軍もあのまま居座ってりゃ腑抜けて同化されてたろうな
56.名無しさん:2017年12月12日 22:07 ID:rb1DCk.H0▼このコメントに返信
古代ギリシアの「世界七不思議」の時点で、エジプトのピラミッドは「謎」だから。
57.名無しさん:2017年12月12日 22:07 ID:2vCrvDud0▼このコメントに返信
※28
エチオピアについて今まで知らなかったけど、最高の歴史を誇る国の一つなんだな。

Wikipediaで第一次エチオピア戦争の項目とか読んだけど、非白人国の一員として胸が暑くなった。

最終的には第二次エチオピア戦争に敗戦するものの、イタリアを孤立に追いやって第二次世界大戦での敗戦に向かわせるわけだし、裏主人公感あるな。
エチオピアの歴史に感動した。
58.名無しさん:2017年12月12日 22:08 ID:acbs7twN0▼このコメントに返信
※25
ヨコだが、
>神武天皇は創作説が濃厚だぞ
古代史学会なんぞ、9条信者レベルの能無しだ。
他人の意見じゃなく、オマエはどう考えるんだ?

59.名無しさん:2017年12月12日 22:08 ID:jOZ8Srx90▼このコメントに返信
※30
60.名無しさん:2017年12月12日 22:08 ID:fgeR2UXg0▼このコメントに返信
※45
それ全然大量じゃないからw
北関東に屯田兵させていた程度
61.名無しさん:2017年12月12日 22:09 ID:BNBDs2ab0▼このコメントに返信
いうても黄河文明もエジプト文明と大差ないやろ
62.名無しさん:2017年12月12日 22:10 ID:TNInUnZK0▼このコメントに返信
飛鳥までユーラシアの騒乱を逃れて続々と日本列島に亡命。皆さんの言い分「いい加減、戦乱は嫌じゃ~~」
「そうそう。まあ、仲良く為ろうよ」by 聖徳太子
と言いながらの同族殺し合いになる。人間のサガ。
63.名無しさん:2017年12月12日 22:10 ID:.Mc83WR10▼このコメントに返信
塩婆のローマ史よんだとこなんやが、アレキサンダーとかハンニバルとかって、鶴翼の陣に気づいただけやろ?それじゃあ孫子門下生に勝てんやろ。
64.名無しさん:2017年12月12日 22:14 ID:acbs7twN0▼このコメントに返信
※29
当たり前だろ?
てか、交易のない文明なんか聞いたことないゾ。
ウラジオストクに日本の黒曜石が出土してる。
「鏃」な。
65.名無しさん:2017年12月12日 22:15 ID:U9663sMg0▼このコメントに返信
※15
漢字を発明したんじゃないの。それ以前からあったたくさんの文字を一つの書き方に統一したの。偏や旁なんかにそれぞれ意味と音があって、それを組み合わせるやり方がたくさんあったからね。同じ内容を示す文字がたくさんあってわかりにくかった。

当の中国も、そういう内容を映画とかでも出してたけどね?


その統一された文字を勝手に変えたのが中共。廃止したのが韓国。おかげで彼らは古い文献が読めない。どれだけ愚かなことをしたか理解ってない。日本もやってたけど、明らかな愚民化政策なんだよね。


日本には文字がなかったんじゃなくて、そういうことにしたい変な連中が湧いてるだけだよ。その文字がある国から帰化してきてる連中が紀元前からたくさんいたのに、文字がなかったって主張には意味が無い。
66.名無しさん:2017年12月12日 22:15 ID:shBKEqpP0▼このコメントに返信
※57
まぁ大陸国家は民族の入れ替わりが基本だから、土地に根付いてる民族の歴史で語るからね

世界の認識での歴史の長さ
エチオピア>中国>日本

日本の認識(統治機構)での歴史の長さ
日本>イギリス>>>>>>>>他の雑魚

こうなってしまう
まぁここらは外国とは永遠に分かり合えんししょうがないが
67.名無しさん:2017年12月12日 22:15 ID:LMbJo1xU0▼このコメントに返信
ヤマト民族・ユダヤ民族・ゲルマン民族が世界の3大民族だぞ。いずれも10万年前の記録を持っている。中国のなんて毛の生えたばかりの赤ん坊レベルの歴史しかない。世界3大民族が人類の文明発祥の地である地中海文明に属していることだけでも憶えておきなさい。
68.名無しさん:2017年12月12日 22:15 ID:I.dBWlM.0▼このコメントに返信
日本は「俺ってキレると怖いんだぜ」がマジで怖い国
ただし、戦後は堪忍袋の尾が鋼鉄製になっただけ
69.名無しさん:2017年12月12日 22:16 ID:6Lq1P.6j0▼このコメントに返信
※54
文明の味を初めからある程度知ってた女真族は
腐らないで金や清を保てたわけやね
70.名無しさん:2017年12月12日 22:19 ID:jOZ8Srx90▼このコメントに返信
※30
日本人はぜんぜん単一じゃない、むしろ古い時代から混血で多様性が高いほう
東南アジア系、中国南方、シベリア系など
それでいて縄文人系の遺伝子を広く共有しているのが特殊だけど。それをもって日本人の基盤とするのはそうかもしれないな
その縄文系のD2遺伝子は、チベット民族と共通でかつ世界的にレアという、面白い話だがw
日本列島はー色々な人間が集まってくる場所でありながら、「日本人」ってものを形成し、全員が同化していったことこそ日本人の特性じゃないか?
単純に、単一民族だからずっとピュアでしたって事より遥かに凄い事だと思うが。
71.名無しさん:2017年12月12日 22:19 ID:w35Z.hqK0▼このコメントに返信
始皇帝のころから全然進歩してませんけどね
始皇帝がやった焚書坑儒と共産党がやってる言論・思想統制と何が違うのかね?
歴史が長くてもまったく無意味
72.名無しさん:2017年12月12日 22:28 ID:kJv4PSeM0▼このコメントに返信
※58
神武天皇の非実在性に関しては、
・純粋に時代が古すぎる
・神武天皇の即位期限が辛酉革命に基づいている
・「ハツクニシラススメラミコト」=「初めて日本を統治した天皇」という称号が崇神帝と被る
・寿命が長すぎる
・東征以後の事績記録が殆どない
・続く欠史八代も実在性に乏しい
などの理由が挙げられており、個人的には概ね納得できるものだと思う
恐らく皇室の歴史を長く見せるための存在として後世に創られたんだろう

73.名無しさん:2017年12月12日 22:29 ID:6Hh4G3q.0▼このコメントに返信
※57
そのエチオピアも、歴史コンプで「中国の歴史は70年!」とか言ってる連中からすると、政体変わってからの20年の歴史しかない国になってしまうという悲しいお話
74.名無しさん:2017年12月12日 22:37 ID:y.B3580R0▼このコメントに返信
古代エジプトとメソポタミア文明はマジでパない。
聖書を書き上げたのはイスラエル人だし、ヨーロッパ文明の源流をさかのぼっていくと中東一体にたどり着く。
75.名無しさん:2017年12月12日 22:39 ID:wtga5KBp0▼このコメントに返信
※71
焚書坑儒は後の模造の可能性アリ。

そもそも儒学者を排斥したのも儒教はカルトな宗教だったからで、
条文法を備えて度量均衡を整える近代国家を目指した秦王政を
権力維持の為に文明を破壊するという愚行に走った毛沢東と比較するなんて不見識もいいとこ。
76.名無しさん:2017年12月12日 22:44 ID:TNInUnZK0▼このコメントに返信
※75
儒教はカルトな宗教? 凄い切り捨て方だな。まあ、俺には関係ないけど。
77.名無しさん:2017年12月12日 22:44 ID:GIVrJAjE0▼このコメントに返信
※47
選民思想はほどほどにな
78.名無しさん:2017年12月12日 22:46 ID:acbs7twN0▼このコメントに返信
※72
>寿命が長すぎる
二倍年歴(安岡美典・古田武彦)

>東征以後の事績記録が殆どない
>続く欠史八代も実在性に乏しい
「東征」ではなく「東侵」
領域確保がいっぱいいっぱい(兄貴殺されてるし)。
周り敵ばかりだから。

>「ハツクニシラススメラミコト」=「初めて日本を統治した天皇」という称号が崇神帝と被る
古事記にはその称号はない。
書記の奈良古写本には訓(ハツクニシラススメラミコト)はない。
79.名無しさん:2017年12月12日 22:48 ID:dW3BNKeb0▼このコメントに返信
年取るたびに一年過ぎるの早く感じるから数千年って意外とすぐたつんじゃね?
80.Ergo Sum:2017年12月12日 22:50 ID:y3EWx6Vr0▼このコメントに返信
俺中国人だけど、ちょうどいいから君たちに聞きたいが、中国の歴史が70年と言っている人は本当にそれを信じているの?文革で過去の歴史をすべて壊したとか、それは日本が過去の中国から世話になったことを否定できないから、立場が弱くなることを避けるために(必死に)現在の中国との関係を否定したい気持ちはわかるが、実際心の中では認めるよな?漢字使う少ない国なだけに中国の歴史の凄さは外国人の中で一番わかるのは日本人と思うがどうかな。
81.名無しさん:2017年12月12日 22:50 ID:s.KV.jCa0▼このコメントに返信
でもエジプトはその後もう世界どころかその周辺一帯のボスまでなることすら叶わなくなるんだよな……
全盛期が2000年以上前に終わるってのはいいことなのか悪いことなのか……
中東もいまだ落ちぶれたままだし
先進国の上位層が当時は軒並み未開な地域なうえ、アメリカなどは人が住んでたのかも怪しかったとは面白い結果だ
82.名無しさん:2017年12月12日 22:51 ID:TNInUnZK0▼このコメントに返信
大化の改新時点の蘇我氏保管の史書?が残っていれば。。。誰が燃やしたんだか。。。
83.名無しさん:2017年12月12日 22:52 ID:..PuWOIK0▼このコメントに返信
つか、始皇帝は別に儒家の持っていた書を焚書したりしていない。
知識を広く開放するために王宮内に図書館のような施設を作り
文官が誰でも勉強できるようにしただけ。
書を取り上げられた儒家が暴れたこともあったが、
書が消失したのは項羽が王宮に火をかけたから。
84.名無しさん:2017年12月12日 22:53 ID:VuPo44hp0▼このコメントに返信
いろんな王朝、支配民族がころころ入れ替わってきた歴史だから
ずっと継続してきたものが無い一方、現在の「中共」王朝も内ゲバ粛清や圧政以外に特色無し
大昔のChinaの文化文明の(いいところの)継承者は皮肉にも日本だと中国人が嘆いている
半島は大陸文明の事大主義等悪いところばかり真似ているのもまた皮肉
85.名無しさん:2017年12月12日 22:54 ID:X.FS6oDf0▼このコメントに返信
※73
歴史コンプは特亜猿でしょ。

現代支那猿が作った文化なんて、せいぜい纏足と下水油ぐらいしかないじゃん。
それ以前はぜんぜん無関係の異民族を横目に見ながら、
乞食やってた奴隷の末裔。

韓国猿に至っては、歴史から遺伝子、顔まで劣等という言葉以外に
良い様が無い失敗民族だし。

86.名無しさん:2017年12月12日 22:54 ID:s.KV.jCa0▼このコメントに返信
※80
国家としての歴史と土地としての歴史は違うってことだよ
国家としての歴史ならば70年、土地としての歴史ならばもっと古くから言えるというだけ
87.名無しさん:2017年12月12日 22:55 ID:X.FS6oDf0▼このコメントに返信
※80
現代に繋がる支那猿が作った文化なんて、せいぜい纏足と下水油ぐらいしかないじゃん。
それ以前はぜんぜん無関係の異民族を横目に見ながら、
乞食やってた劣等な奴隷の末裔。
88.名無しさん:2017年12月12日 22:57 ID:..PuWOIK0▼このコメントに返信
つか、三国志演義を読んでそのまま信じるなよw
演義ってのは小説のことだからな。
1600年頃に成立したと言われる歴史小説。
使われてる武器も城も15世紀ぐらいの常識で書かれてる。
89.名無しさん:2017年12月12日 23:01 ID:0eiUUJ2J0▼このコメントに返信
縄文土器ではないが、日本人のルーツと見られる所(ロシア内陸部)でほぼ似た土器が12000年前な。
日本の稲作は5000~7000年前で世界でも異常に早いけど、中国南部は6000~8000年ほど前。
漢字の中でも古いもの(漢字成立以前)は貝が入るものがあるけど、この通貨として流通する貝は中国産ではなく日本産な。

中国の周囲には、現在の本家より古い中華の風を残す国があるけど、日本の方が古代中国の正統後継者っぽいんだよね。
90.名無しさん:2017年12月12日 23:02 ID:qcCz4YcG0▼このコメントに返信
どんぐりうめーで超平和に一万年とかも見方によったら驚異ですわ
火焔土器とか超やべーし
91.名無しさん:2017年12月12日 23:02 ID:s.KV.jCa0▼このコメントに返信
本当の漢民族の歴史ってのは南宋時代で終わったって言われてるからなあ
それ以後の文化停滞が凄いんだよ、それまでの勢いはどうしたってぐらい
支那文化が停滞期に入る
馬蝗絆の故事でもわかるとおり、お椀の修理依頼したら、明時代にはその技術もうないし直せないってわざとらしく鎹でとめて
送り返されてるし、支那の文化停滞って恐ろしいものがあったと思う
逆にそこから日本が文化上昇期に入るから面白いなとは思う
92.名無しさん:2017年12月12日 23:03 ID:kJv4PSeM0▼このコメントに返信
※78
>二倍年歴(安岡美典・古田武彦)
現在の半年を一年と数えていたとしても、神武天皇は60歳代だぞ

>「東征」ではなく「東侵」
>領域確保がいっぱいいっぱい(兄貴殺されてるし)。
>周り敵ばかりだから。
それが神武天皇の事績が「東侵」以降ぱったり途切れてることとどういう関係があるのか分からんから、もうちょっと詳しく説明してくれ


ハツクニシラススメラミコトに関して異論があることは確かに認めるが、それを加味しても神武天皇の実在はかなり怪しい
逆にあなたが神武天皇が実在すると考えている理由を教えてくれないか?
93.Ergo Sum:2017年12月12日 23:04 ID:y3EWx6Vr0▼このコメントに返信
※86
国家=政府ならそうなるけどあまり意味ない。だってそうすると日本はいわゆる戦後体制から計算になるし、フランスはもっと短くなる。

文明の歴史、言い換えれば、その土地に住んでる人々の記憶として、どこまで遡ることができるかがポイントと思うが、その点に関して、中国の「記憶」は他国が比べられないほど長くて豊富だな。これだけは自慢できる。
94.名無しさん:2017年12月12日 23:05 ID:ZpzpJoNq0▼このコメントに返信
四面楚歌が有効やったんも楚=ミャオ族で言葉が違って、その場のアドリブで大勢が一斉に唄えるもんじゃないから、確実に楚人が敵に回ったと思わせられるからだよな。
95.名無しさん:2017年12月12日 23:06 ID:TNInUnZK0▼このコメントに返信
漢字とひらがなで書いてる時点で、日本人が何者か分かるだろ。
いい加減あほくさい話はやめて面白い話を聞かせてくれ。
96.名無しさん:2017年12月12日 23:06 ID:X.FS6oDf0▼このコメントに返信
※88
なあんだ、ネタを昔にとってるだけで、日本の「平家物語」とか「太平記」よりずっと新しいんだなw

シェイクスピアあたりと大差ない時代の物だったのか。
97.名無しさん:2017年12月12日 23:06 ID:JGaC0OUh0▼このコメントに返信
ベトナムで中国資本による企業買収が密かに広がる、現地では「TPP利用が目的」と警戒感―中国メディア
ttp://news.livedoor.com/article/detail/8594591/

TPP閣僚会合 米国の復帰も視野に
ttps://news.nissyoku.co.jp/news/detail/?id=ITO20170525063035457

【激ヤバ拡散】報道されないTPPのまとめ  医療・労働関係他 
参加国総貧困化・労働環境悪化・支出増加・ビザ大幅緩和等全分野に影響多数
ttp://itest.2ch.net/egg/test/read.cgi/bio/1496320258
98.名無しさん:2017年12月12日 23:07 ID:s.KV.jCa0▼このコメントに返信
※93
いや、日本の場合、すべての政権は一応天皇陛下の後ろ盾の元で行われているから
支那の例とは違うんだ。
一つの皇朝内で政権運営者が変わってるだけですべて天皇陛下の元で行われているということになる
易姓革命がないし、行われたためしがないんだよ、日本は
99.名無しさん:2017年12月12日 23:08 ID:X.FS6oDf0▼このコメントに返信
※93
>中国の「記憶」は他国が比べられないほど長くて豊富だな


ぷっwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


文革前の本や雑誌すら自国では手に入らないのに?w
100.名無しさん:2017年12月12日 23:11 ID:s.KV.jCa0▼このコメントに返信
※93
だから日本の場合は国家の歴史として言えるのであって土地の歴史を語るとはまた異なるんだ
土地の歴史というのならばその文明の発達程度は別として大概の土地は持つんでその濃さ、濃密さは別として
そこまで誇りに持つものではないとは思う
ただ、支那の歴史は尊重はするよ。系統づけてまとめたのは一定数評価していいと思う
ただ継続とした国家ではないというだけで
101.名無しさん:2017年12月12日 23:11 ID:X.FS6oDf0▼このコメントに返信
中国人の「記憶」レベル。

毛沢東時代の人肉食や誘拐女性の性奴隷化すら知らないレベル。

そもそも、本当に「記憶」を大事にする民族なら、
恥ずかしくて日本人様に生意気な態度など取れないはず。

102.Ergo Sum:2017年12月12日 23:12 ID:y3EWx6Vr0▼このコメントに返信
※92
この前日本の天皇について図書館でちょっと読んだことがあるが、最初の天皇はみな長生きでびっくりした。まあ、これはあれだから別にいいだけど、無駄に歴史を伸ばしても中身がないから意味がないじゃないかなとも思った。
103.名無しさん:2017年12月12日 23:12 ID:shBKEqpP0▼このコメントに返信
※98
逆に言えば、悠仁親王殿下に男児が生まれなければ最終天皇で日本の歴史は終わりってことか
悲しいなぁ
104.名無しさん:2017年12月12日 23:12 ID:TNInUnZK0▼このコメントに返信
人間の歴史でも寛容が大事なんですよ。
いいモノは評価して残して活用しないと、粛正は何も残らない。
105.名無しさん:2017年12月12日 23:13 ID:X.FS6oDf0▼このコメントに返信
※102
1970年代の中共は「中国二千年の歴史」とか言ってたくせにねw
106.名無しさん:2017年12月12日 23:16 ID:dW3BNKeb0▼このコメントに返信
中華は変質して拡大してきたし
彼らにとっては異民族の政権であっても中華って感覚なのかもね
107.名無しさん:2017年12月12日 23:16 ID:1.wkh81F0▼このコメントに返信
人類の起源はどこかと考えると普通にわかりそうなものなのだが
108.名無しさん:2017年12月12日 23:16 ID:q.q7Whdr0▼このコメントに返信
いや、どれもこれも、大昔に栄えて大昔に滅んだ文明だから。
今はそこに、大昔に栄えて滅んだ文明があったところに別の国があるってだけの話しだろ?
わかりやすくたとえるなら昔、大金持ちの家があった土地が宅地になって別の人が住んでますって
だけの話なんだが。
109.Ergo Sum:2017年12月12日 23:16 ID:y3EWx6Vr0▼このコメントに返信
※98
いやあ、それは思い込みだよ。確かに戦後は天皇制は保留されたけど、保留されなかった可能性だってあったでしょう(確かにオストラリアが一番積極的に昭和天皇を戦犯にしたかった)。そうすると日本は亡国したとでもいうの?俺は違うと思う。大変ショックになるだろうが、別に国家としての記憶が中断しないから日本自体は終わらない。

易姓革命は日本人が経験したことないから過大評価したじゃないかな、その影響を。人格が変わったようなもので、別に記憶が失われたわけではない。
110.名無しさん:2017年12月12日 23:17 ID:acbs7twN0▼このコメントに返信
※92
>現在の半年を一年と数えていたとしても、神武天皇は60歳代だぞ
それに何か問題でも?

>「東侵」以降ぱったり途切れてることとどういう関係があるのか
九州から勝手知らぬ奈良に来て、
やっとの思いで自己の存立基盤を確保。
しかもその地の旧支配者を「だまし討ち」にして支配したわけだ。
更に外へ向かうほどの力がどこにある?
まずは内政を整えるしかありえんだろう?
111.名無しさん:2017年12月12日 23:18 ID:s.KV.jCa0▼このコメントに返信
あと土地の歴史とかいうならシリアやレバノン、イラク辺りがやべーよな
シュメール人やばすぎるし、時代下ればアッバース朝の立地でもあるしな
トルコなんかもヒッタイトの頃から鉄を作り出してたし、時代くだればオスマン帝国で大帝国を築き上げる
中東系もすげーってなる
112.名無しさん:2017年12月12日 23:18 ID:X.FS6oDf0▼このコメントに返信
※106
支那猿の感覚では利用できるものは嘘でもなんでも活用してやれって感覚なんだろうね。

113.名無しさん:2017年12月12日 23:21 ID:s.KV.jCa0▼このコメントに返信
※109
おきてないことをおきたように言われても困るな
君達の国の歴史は度々断裂し、その時の皇朝は滅んだが日本はまだ体験していない
可能性はあったかもしれないが、可能性で終わった
実際に滅んだ君達と同じように言われても滅んでないんで比較されても違うとしかいえない
114.名無しさん:2017年12月12日 23:21 ID:shBKEqpP0▼このコメントに返信
※108
そうでもないだろ
別に民族は文明とともに消滅したり突如発生したりするもんじゃないし
その土地に根付いた民族の系譜ってもんがある
エジプト民族だと、アラブ系と混血しながら現代のギリシャ人やトルコ人にも血統は拡がって継続されてる
昔は金持ちで家業があったけど、その家業が滅んで一族が別の仕事やり始めた感じ
インディアンを駆逐したアメリカなら大金持ちの家があった土地が宅地になって別の人が住んでますって例であってるとは思うが
仮に、先の敗戦でアメリカが皇室を廃止してたとしても、日本人は日本人だよ
115.名無しさん:2017年12月12日 23:22 ID:5bvFkXLS0▼このコメントに返信
ったく日本のことなんも分かってないなぁ。
漆塗りは1万5千年前からあるんだぜ?
当時の日本は自然に還るものばかり使ってたから文明の痕跡が殆ど残ってないが、古代から相当な文明があったことが伺える。
116.名無しさん:2017年12月12日 23:22 ID:0eiUUJ2J0▼このコメントに返信
※103
別に終わりとはならないけど、仮称するなら神武朝日本の終わりで、新朝の始まりになるんでないの。
イギリスとか現王朝はドイツ人だしな。
大騒ぎですまされない大混乱かもしれないけど…。

※105
一応考古学的的な発見てやつがあってだな、夏王朝とかおとぎ話じゃないかって奴が、実在の確証ができそうになって来たとか言うのが、最近の流れ。
117.名無しさん:2017年12月12日 23:23 ID:ZgxhqE9S0▼このコメントに返信
※103
そうだよ
だから問答無用で女系天皇認めないって言ってる連中はじつは売国奴

現行憲法では天皇を国民の象徴と定義し、我が国の歴史、伝統、宗教観と国家観、その他ありとあらゆる、日本人を日本人たらしめているものを、すべて天皇陛下おひとりに重ね合わせ、体現していただき、その後ろ盾があるから民主主義的に選択された首相と政府に実権を任せることができる。もし象徴たる天皇がいなくなれば、誰が政府の正統性を担保するか?

そこで国民投票によって大統領を選び、彼に国民の声を代弁させて政府の後ろ盾としたのがワイマール・ドイツの例。そしてだいたい国民投票なんてものが常にまともな結論を導けるかと言うと全然そんなことないのは近年のいくつかの事例(英国のEU脱退、米国のトランプ政権爆誕、クリミア半島のロシア編入、我が国の民主党政権等)を見ても明らかなワケで。民主制というあやふやで頼りない制度を、ヒトラーのような野心的独裁者に奪い取られることなく、まっとうに運営していくうえで、やはり天皇陛下による権威の後ろ盾というものは日本において極めて重要かつ有効に機能してきたし、今後も民主主義を貫くならそうであらねばならない

伝統的な皇位継承が物理的に不可能になったとき、その伝統をむざむざと断絶させてしまえばいいというのは、我が国の政体において革命を認めると言うこと。これは皇室のみならず日本の歴史、そして日本の民主主義に対する侮蔑と反逆でしかない
118.Ergo Sum:2017年12月12日 23:24 ID:y3EWx6Vr0▼このコメントに返信
※105
>1970年代の中共は「中国二千年の歴史」とか言ってたくせにねw
それは知らないけど、別に俺は中国の歴史は二千八百年と思うから一応この主張に賛成するよ。

というのは、ちゃんとした歴史の記録は紀元前841年から始まったから、それを起点としていいんだよ。別に長ければいいというわけじゃないんだ。量より質だ。

その点に関して、その後三千年か四千年とか段々インフレしてた政府の主張は馬鹿だとも思う。その手法は、歴史がしょぼい国が仕方なくてとった手口なのに、中国は何も誇張しなくても充分に凄い歴史を持っているからありのままをアピールすればいいんだ。
119.名無しさん:2017年12月12日 23:24 ID:f4JPkJBS0▼このコメントに返信
※103
それも計算済み
天皇家ゆかりの一般人として暮らしている一族は男子を延々と温存中也

その前に女天皇が認められるんだと思うけどね
竹田さんとか本人は否定してたけど、私たちも無理だもん

120.名無しさん:2017年12月12日 23:25 ID:shBKEqpP0▼このコメントに返信
※116
でも、もしそうなった場合、日本人は皇室があった頃の歴史は語れないのか?
新朝の教科書には「昔、日本という私達とまったく関係ない国がこの土地にありました」と書かれるわけ?
121.名無しさん:2017年12月12日 23:26 ID:s.KV.jCa0▼このコメントに返信
※114
あそこらへんはイスラム文化の拡大によって民族として、すでにどうしようもないぐらい判別つかなくなってると思うな
イスラム社会は東欧から積極的に奴隷集めて混血化も進んでたし、イスラム商人らの移動によって黒人などもソマリ人などはアラブ系の血を色濃く残して他の黒人らとは違い彫が深い顔立ちだったりするけれど、イスラム教の価値観によってその辺どうでもよくなってるんだよな
あるのは部族というか氏族の統治、氏族の誇りなどであって民族とはまた違うものが支配してると思う
122.名無しさん:2017年12月12日 23:27 ID:X.FS6oDf0▼このコメントに返信
※116
それも眉唾でな・・・

海外の学者に調査させない遺物・遺跡が多すぎる。

兵馬俑でさえ捏造の可能性が高いのに。
123.名無しさん:2017年12月12日 23:27 ID:kJv4PSeM0▼このコメントに返信
※110
BC600年代で、それも文明圏でない日本での60歳代はかなりの長生き
そのうえ、それが何代にもわたって続いてるとなると記録もかなり怪しくなってくる

>まずは内政を整えるしかありえんだろう?
その内政についての記録がないんですが…
124.名無しさん:2017年12月12日 23:29 ID:Z8ARc5WK0▼このコメントに返信
青銅器時代を経る事なく、金属器時代の初っ端から製鉄と青銅を同時に輸入。
国家の体制を整えようとして、制度丸ごと大陸から輸入し改造。
抽象的思考を可能にする思想を大陸から輸入し改造。
近代国家の制度・思想・科学技術をフルセットで輸入し改造。

日本って古代から同じ事やってるんだな。
125.名無しさん:2017年12月12日 23:29 ID:shBKEqpP0▼このコメントに返信
※117
女系天皇推進派なのか
それはそれで万世一系が失われるのは惜しい気がするが
126.名無しさん:2017年12月12日 23:29 ID:s.KV.jCa0▼このコメントに返信
※116
確かに血統的にはドイツ人の血統なんだけれど、家柄的にはフランス人の家系なんだよ
イギリス王朝は
意味不明かもしれないがこれが事実なんだ
127.名無しさん:2017年12月12日 23:30 ID:ZgxhqE9S0▼このコメントに返信
※109
「易姓革命」の論理を貫いている限りにおいては、歴代中国王朝はその国体を守り抜いてきたと評価できると思うよ。なので実際には異民族による征服王朝にすぎなかったものを、ときの官僚たちは(とくに漢民族向けの正統性アピールのために)易姓革命の論理をなんとか主張し続けてきた

問題は中国共産党がその論理を受け継ぐことができるかどうかって点で、日本人から見た中国史において、どうしても現在の中国政府を易姓革命によって受け継がれてきた漢民族の正統政府と同列には語り得ないというのが大まかな意見つか感想だと思う。逆に共産党はそれを振りかざして、清朝に従属していたチベットやトルキスタンや内モンゴル等をそのまま支配できるということにどうしてもしたいわけだ

ここは歴史学より政治の問題になるので、客観的にこうと定義しづらい部分はある。日本の戦後史も同様だと個人的には思ってるよ
128.名無しさん:2017年12月12日 23:30 ID:shBKEqpP0▼このコメントに返信
※121
それでもエジプト人に対して「ピラミッドとかお前らと関係ないから」なんて言えばさすがに呆れられると思うけどね
129.名無しさん:2017年12月12日 23:30 ID:s.KV.jCa0▼このコメントに返信
※123
いや、昔も長生きのやつは長生きだよ。
平均寿命が下がるのは子供の死亡率が高いだけ
130.名無しさん:2017年12月12日 23:31 ID:X.FS6oDf0▼このコメントに返信
※124
日本より進んでる物が他所にあったら、習って取り入れるのは合理的じゃね?

世界の大半の民族は、それすらできずに攻め込まれて征服されるまで
習うことすらできない劣等民族だったんだから。

131.名無しさん:2017年12月12日 23:31 ID:ZgxhqE9S0▼このコメントに返信
※125
俺は女系天皇反対派だw
ただ、状況によっては仕方なく容認すべきときが来るんではないかとガクブルしてる

そのほうが日本のためになるならそうすべきだよ。俺は民主主義が好きだから、いまさら封建時代や明治憲法の支配体制に戻せとは思わない
132.名無しさん:2017年12月12日 23:32 ID:0eiUUJ2J0▼このコメントに返信
※120
新朝も日本で変わらんよ。
王権の交代、その証たる三種の神器を新朝が譲り受けることになるだろうしね。
だから、国の正史的には正統な後継者となる。
途中にあった三国志の話を借りると、漢から魏そして晋へはちゃんと禅譲されているから、国の名前は違うけど同じ歴史を引き継ぐ国でOK
133.名無しさん:2017年12月12日 23:33 ID:q.q7Whdr0▼このコメントに返信
そもそも歴史なんてものは、その長さを競うものではないだろ?
歴史ってのは自分達のルーツを知り、アイデンティティーを確立し、未来志向の糧にする為のものだ。
国威高揚のプロパガンダに利用し、あまつさえ捏造までして優位性を語るなど言語道断だろうが。
134.名無しさん:2017年12月12日 23:34 ID:s.KV.jCa0▼このコメントに返信
※128
どの観点でみるかによって歴史学的にいえば言えてしまうってだけだよ
国家の歴史、民族の歴史、土地の歴史、それぞれの見方によって言える状況は生まれてくるというだけ
難しく考えることはない。それぞれの観点が違うだけなんだから
135.Ergo Sum:2017年12月12日 23:35 ID:y3EWx6Vr0▼このコメントに返信
※113
他の反応も読んでて少しわかったような気がする。天皇陛下という象徴のお陰さまで、ずっと一つの国家として存在した証明になる。確かに日本人は家系や商号を重視しがちだな、ちっちゃい店でも何百年続いたやつがよくあるし。

逆に中国人は、文化の面を強調する。例えば、二千年前の言葉や物語も普通に今の日常生活でも使っている。だから二千年前の人々に親近感を持てるし、同じ国というか文化に所属するとも思える。ちなみにこの「得意技」は他の主要国にはできないようだ、俺の知る限り。日本だって、二千年前の言葉はもう使わないでしょう?
136.名無しさん:2017年12月12日 23:35 ID:X.FS6oDf0▼このコメントに返信
※128
エジプトに行ったことあるけど、現地人は
「地元にこういうのがあるのは誇り。でも、作ったのは大昔に滅びた異民族」
とちゃんと認めてるよ。

今のエジプト人が作れないし、中身の説明すらできないものを
自分の文化と言うわけないだろうw 馬鹿な支那猿じゃあるまいし。
137.名無しさん:2017年12月12日 23:35 ID:shBKEqpP0▼このコメントに返信
※131
じゃあ自分で自分を売国奴認定してるってことじゃん
俺は側室復活が現実的だと思うけどねぇ
ただ、昭和天皇、今上陛下も割と万世一系とかそこらへの拘りに反感抱いてる節があるのがなぁ
ぶっちゃけ、皇室離脱者は後を絶たないけど、この辺、いつか立ちふさがる問題だよな
無理矢理戻すような感じになるんだろうなと
竹田恒泰みたいなのでも皇室には絶対戻りたくないみたいだし
138.名無しさん:2017年12月12日 23:37 ID:8q1mxCCH0▼このコメントに返信
日本も文化に関しては、廃仏毀釈とか、敗戦で禁止された文化とか色々あったけど、心ある文化人や庶民によって綿々と受け継がれている。

特に戦後すぐ、旧厚生省の「米喰うから日本人はバカなんだ。給食はパン喰え!」とか、旧文部省「漢字はもう古い!ローマ字とひらがなで十分だ!だから無くしていくぞ」とか、曲学阿世のお役所が迷走しても、学者や庶民は騙されずに頑張って来たんだよ。

一方、大躍進や文化大革命で中国は、数々の文化財を解体してその煉瓦で製鉄炉を作ったり、明王朝万暦帝の墳墓破壊したりしたとさ。
139.名無しさん:2017年12月12日 23:38 ID:X.FS6oDf0▼このコメントに返信
※135
>ちなみにこの「得意技」は他の主要国にはできないようだ


たしかに無関係の異民族の功績を劣等な奴隷の末裔が誇るという滑稽な精神構造は
文明人には無いね。
140.名無しさん:2017年12月12日 23:38 ID:shBKEqpP0▼このコメントに返信
※136
そんな個人の接する範囲の体験談に何の意味があるの
俺が聞いたのは真逆だったけどね
ちなみに、現代エジプト人は古代エジプト民族の土着文化や風習、祭典、言語を受け継いでるよ
こういった事実はどう考えるのさ?
141.名無しさん:2017年12月12日 23:39 ID:s.KV.jCa0▼このコメントに返信
※133
支那の観点からいえば割と重要だったりするんだよ
大昔あそこは支那の領土だったというだけで領土復帰という名の強引な侵略行為が成り立つんで歴史的優位ってのは重要だったりする
冊封を結んだ過去、大昔支那人が居住した過去があれば言えるんだから今の支那の政治的に重要だとはいえるね
142.名無しさん:2017年12月12日 23:40 ID:X.FS6oDf0▼このコメントに返信
※140
そんな明白を書かれても「馬鹿か、チォン猿なみの嘘つきだな」と呆れるだけ。

>古代エジプト民族の土着文化

ほう、たとえばどんな文化?w
具体的に書いてみろよ。
143.名無しさん:2017年12月12日 23:40 ID:kJv4PSeM0▼このコメントに返信
※116
夏王朝の実在についてはいまだ不明だが、二里頭文化という勢力が殷の成立以前にあったことは確実視されてる
これが国家と言えるほどのものだったかどうかは分からんが、現在はこれが後世の資料で「夏」と呼称される存在だったんじゃないかと考えられてる
144.名無しさん:2017年12月12日 23:41 ID:s.KV.jCa0▼このコメントに返信
※135
2000年前の言葉は使わないんじゃない、何が話されていたのかわからないから確かめようがないだ
145.名無しさん:2017年12月12日 23:41 ID:dIJg17fT0▼このコメントに返信
※17
よく「日本は島国だから」って簡単に済まそうとしてるヤツいるけど
だったら同じ島国のフィリピンやインドネシアも団結力が高くて民度がないとおかしな
7年前に島国のハイチで地震が起きたときも、団結力のカケラも無かったし
146.名無しさん:2017年12月12日 23:43 ID:fgeR2UXg0▼このコメントに返信
※117

外国の例なんか関係ないです。
女系天皇だと、王朝が代わってしまう。
前例にならって旧皇族の方を皇族にお迎えすればいいです。


※131
>明治憲法の支配体制

不思議な表現だな、オイw
明治時代は民主主義だったぞ?

147.名無しさん:2017年12月12日 23:43 ID:X.FS6oDf0▼このコメントに返信
劣等な嘘つき特亜猿ID:shBKEqpP0が知らない現実


エジプト民族の本来の母語はエジプト語である。エジプト語は古代エジプトのヒエ口グリフに遡る歴史の長い言語であり、現在でもコプト語として存続している。しかし現在エジプト人の中でエジプト語を使える人間は少なく、母語話者はナイル川デルタ南部の隔絶した村落に数えるほどしか残っていない[1]。これは7世紀のイスラムのエジプト征服に由来する。11世紀までには北エジプトで、14世紀までには南エジプトで一般人の日常言語がアラビア語へと切り替わり、17世紀までにはキリスト教徒も含めて殆どのエジプト人がアラビア語を使用するようになった。現在のエジプトの公用語はアラビア語のフスハーであり、日常語はエジプト・アラビア語である。このため本来はエジプト民族はアラブ民族ではないが、ムスリムの間では自らを“アラブ人”とする意識が支配的である。
148.名無しさん:2017年12月12日 23:44 ID:s.KV.jCa0▼このコメントに返信
※145
同じ島国のブリテン諸島の面々の仲の悪さみれば島国だから団結なんて簡単にできねえってわかりそうだけれど
なかなか理解されないよな
149.名無しさん:2017年12月12日 23:45 ID:.Mc83WR10▼このコメントに返信
愛子さまと悠仁さまが従兄弟結婚して愛子が即位すればええやん。女系派も一系派も文句ないやん。
150.名無しさん:2017年12月12日 23:45 ID:X.FS6oDf0▼このコメントに返信
※145
日本・日本人の優秀性を環境素因で済ませたがるのは特亜猿だよ。

151.名無しさん:2017年12月12日 23:46 ID:ZgxhqE9S0▼このコメントに返信
※137
だから「問答無用で」という接頭語をつけたワケやがなw
つまりそういう幅広い選択肢を議論しましょうよって意見に対して、すぐさま売国奴だの中韓の手先だのパヨクだのレッテル貼りする奴らがいるわけだけど、その人たちは伝統は見えていても現在の国の在り方、あるべき姿が見えてない場合が多いように見受けられるからね。

女系と側室とどっちが受け入れやすいのかと言えば、明治時代なら側室制度だったんだろうが現代じゃ女系のがまだいいんじゃないかね。もちろん将来的には分からんよ。女系つったって、欧州は厳格な身分制度によって王族と上級貴族のみで血統を守り抜いてきたから、その限りにおいては国際結婚も女系継承もアリだったんだよ。けど日本はそれがない。だから危うさが残る

たとえば、身分と言ったら違うけど家柄人柄が日本国民の大部分から受け入れられるしかるべき相手が皇位継承権をもつ女性の夫となって、皇室断絶になるよりはまぁこれでいいんじゃないかってことで王朝交代ということになったほうが、現代の国家観家族観には見合った展開なように思える。あくまで個人的な考えではね

※146のような意見も全然いいとおもうよ
あと変な表現だったのは謝るが、明治憲法は天皇主権だから民主主義じゃなくね。民主主義「っぽい」体制を目指して頑張っていたが
152.Ergo Sum:2017年12月12日 23:47 ID:y3EWx6Vr0▼このコメントに返信
※127
ええ、その通り。共産党の正統性を認めないのは政治の原因が大きいと思う。認めたら色々主張できなくなるからな。ところで異民族の征服も、文字通りの亡国だったと思うよ。つまり元と清で、中国が二回滅ぼされたことになる。実際、当時の人々もそう認識しているし、後世の人(つまり現在)もメンツのために口で認めないだけと思う。

だから中国はこういった国家や王朝と関係なく、文化として存在するメリットが大きい。その文化の優位性が揺るがない限り、亡国してもそのうち復活する、不滅な存在。異民族は武力が衰退するか、同化されるかのどちらだ。

そういう意味で、中国が一番危なかった時期はやはり日中戦争だ。武力だけでなく文化も負けたから、完全に消滅することさえ初めて可能だった。うん、だから今でもヒヤヒヤする、過剰反応するところも悪く思わないでね。
153.名無しさん:2017年12月12日 23:48 ID:shBKEqpP0▼このコメントに返信
※142
例えば、エジプトの葬儀はjanàzahという古代エジプト民族と同じ形式を引き継いでいる
女性だけが喪家で泣き叫んで遺族の肩を叩くのが特徴
途中から改宗が進んだイスラム形式ではアッラー抜きの葬儀は厳禁
154.名無しさん:2017年12月12日 23:49 ID:zmuI8yBJ0▼このコメントに返信
そして伝説へ、、、
155.名無しさん:2017年12月12日 23:50 ID:q.q7Whdr0▼このコメントに返信
米135
そもそもの勘違いなのだと思うが、古いものをそのまま盲目的に使うことがそんなに大切か。
層じゃなくて、温故知新の精神で骨子をしっかり保ちつつ新しいものを取り入れたり創作して
いきながら育てていく。それが文化ってモノなのではないか?
156.名無しさん:2017年12月12日 23:50 ID:shBKEqpP0▼このコメントに返信
※147
発狂する前に「アラビア語エジプト方言」で検索してみなよ
157.名無しさん:2017年12月12日 23:51 ID:Z8ARc5WK0▼このコメントに返信
※130
うん、合理的だし、それを学ぶ好奇心の強さや取り入れる柔軟性や改造する創意工夫の能力が実に面白い。
自分の国の事なんだけど、こういう先祖を持っている事が、何か不思議で貴重な事に思える。
158.名無しさん:2017年12月12日 23:52 ID:s.KV.jCa0▼このコメントに返信
※152
文化は負けてたかなあ……?
そこまでの域にはいけなかったような……?
一応は当時の中華民国はまがいなりにも西洋文明受け入れてたし、独自の文化発達はあったわけだし
そりゃ日本側だって映画製作などで当時の支那に文化的に宣伝してたし、李香蘭など向こうでスターになった人もいたけれど、
文化洗脳までには至らなかった
むしろその点については今現在のほうが影響度高いと思う。日中戦争時はなんだかんだで支那なりの文化でいたと思う
159.名無しさん:2017年12月12日 23:53 ID:ZgxhqE9S0▼このコメントに返信
※152
>だから中国はこういった国家や王朝と関係なく、文化として存在するメリットが大きい。その文化の優位性が揺るがない限り、亡国してもそのうち復活する、不滅な存在。異民族は武力が衰退するか、同化されるかのどちらだ。
>そういう意味で、中国が一番危なかった時期はやはり日中戦争だ。武力だけでなく文化も負けたから、完全に消滅することさえ初めて可能だった

イジワルな言い方だけど、その通りだからこそ共産党政権と、とくに文化大革命によって中国の文化の断絶が引き起こされてるんじゃないかってのが、ここで書き込んでる反論意見の大意だと思うよw
160.ネトヲヨ:2017年12月12日 23:55 ID:acbs7twN0▼このコメントに返信
※92
>ハツクニシラススメラミコトに関して異論があることは確かに認めるが、それを加味しても神武天皇の実在はかなり怪しい
逆にあなたが神武天皇が実在すると考えている理由を教えてくれないか?

あ、見落としてた、スマン。

いや、単純に「記紀に書いてあるから」
書いてあることを信じないんなら、「なぜ信じられない」か説明しろ。
それが俺の理論。
161.Ergo Sum:2017年12月12日 23:56 ID:y3EWx6Vr0▼このコメントに返信
※144
そうだ、そういうことだ。確かめようもないから二千年前の日本人(や韓国人やトルコ人、まあどこでもいい)といっても、どんな人か、存在感が薄いじゃないか。五千六千年の歴史を誇っても、実際は虚しいだけ。

中国の場合は、二千年以来毎年大量な公式記録もあるし、民間の記載も数十分の一ぐらいは残っている。あの時の人々は実際何話したか何やったか、中学生レベルの古文さえ修得すれば「確かめる」ことができる。実際、その文字や成語や逸話も今でも普通に使う。これこそ中国(という文化)の歴史が凄いと言える故だ。
162.名無しさん:2017年12月12日 23:57 ID:X.FS6oDf0▼このコメントに返信
※153
الجناز自体が正則アラビア語だろうが、何言ってんだこの馬鹿は。
163.名無しさん:2017年12月12日 23:58 ID:s.KV.jCa0▼このコメントに返信
個人的には今の支那の文明発達の中において当時の紅衛兵だった人らに今あの時を振り返ってどんな気持ちか聞いてみたい
あなた達が知識人らを葬って支那の文化的停滞引き起こしたけれどそれについてどう思ってるかどうか
当時の文革を否定する流れは今の支那でもあるけれど、当時の紅衛兵で知識人を実際に裁いた当時の若者らの意見は表にでてこないのが
なんか闇を感じる
164.名無しさん:2017年12月12日 23:59 ID:i9YB3duS0▼このコメントに返信
歴史の凄さというのをやたら主張する人間に無学と違和感しか感じないが。
物語やフィクションじゃ常に過度に秩序と物質文化持って書かれるから仕方ないのだろうけど。
秩序なんて無いからこその一部地域の武力を伴ったルールや規範の発生、物的経済交流含めた文明化であり、
やってる事はどこぞの部族や村が数百年繋いできた歴史とそうは変らん。規模の違いぐらいで。

>安土桃山まで野蛮人
こういうくだらない表現よく出来るなと。大学行ったのかと。あれだけ文化物も残ってるのにさ。
言ってみりゃやってる事も今も世界中そんな変わらないでしょ。勝手に平和に思ってるだけで野蛮さなんて傍に幾らでも転がってる。
165.名無しさん:2017年12月13日 00:00 ID:gziB3rmy0▼このコメントに返信
※161
でも、お前はたかが数十年前の文物も読めず、纏足、下水油ぐらいしか生み出したこともない劣等な奴隷民族だよ。

何がそんなに誇らしいのかさっぱり分からんw

166.Ergo Sum:2017年12月13日 00:00 ID:juGtfU.00▼このコメントに返信
※155
>そもそもの勘違いなのだと思うが、古いものをそのまま盲目的に使うことがそんなに大切か。
>層じゃなくて、温故知新の精神で骨子をしっかり保ちつつ新しいものを取り入れたり創作して
>いきながら育てていく。それが文化ってモノなのではないか?

一理はあると思う。でも別に何もそのまま使うじゃないし、そうさせるのも無理だ。人間は都合のいいものを使うから。

例えば、その温故知新という成語も古いものでしょう?でも洗練で意思が濃縮されているから、文化の精華としてずっと使い続けてもいいじゃないの?
167.名無しさん:2017年12月13日 00:00 ID:c9OXlOag0▼このコメントに返信
今の支那人と今のは別ものだろ。
誰かが天子になるたびに、大虐殺だから
まともに文化がつたわらねえよ。
サル山のボスの交代と一緒
168.名無しさん:2017年12月13日 00:04 ID:3MCqkkFX0▼このコメントに返信
※167
ちなみに、「支那」という言葉自体が中原にあった王朝・歴史を総称するものでは?
「今の中国人と過去の支那人は別ものだろ」なら意味が通るが、「支那人」としちゃってる時点で過去の王朝下で存在してた人々を一貫性のあるものと認めちゃってることに・・・
やたらと支那使いたがる奴いるけど、それって過去との連続性を認めちゃってるという矛盾だよね
今のは中国人、それ以前の色んなごった煮の王朝を指すなら支那人だよ
169.名無しさん:2017年12月13日 00:06 ID:3MCqkkFX0▼このコメントに返信
正確に呼ぶなら「中共人」か
170.名無しさん:2017年12月13日 00:06 ID:gziB3rmy0▼このコメントに返信
※167
ゴリラの群れにチンパンジーが入ってきて、やがて乗っ取ってゴリラは滅亡、
でも大昔にゴリラが倒した猛獣の骨塚を自慢するレベルだからなw

いや、君たちチンパンジーはあんなに強くも賢くもないでしょ、っていう・・・w
171.名無しさん:2017年12月13日 00:06 ID:m0O5zvKt0▼このコメントに返信
※161
ここら辺は程度の差にはなると思うが最低でも1500年の継続した皇朝と1300年前の史書と当時の生活がうかがい知れる歌集は日本にもある
2000年だから偉い、というののは君が否定する歴史の比較など無意味を覆すものではないだろうか?
それを言ってしまえば元朝で断たれた漢民族の皇朝において正統な継承はできてるのか?とまた異論を呈することもできる
2000年はないかもしれないが日本にも1300年前ぐらいは何の言葉を使っていたのかのことはわかるんだよ
172.名無しさん:2017年12月13日 00:07 ID:E2F3yAo.0▼このコメントに返信
大陸は文明が発展したのは早いけど、文明化して豊かになった場所は
異民族に滅ぼされ、その異民族も文明化したあと別の民族に駆逐され
って歴史をずっと繰り返しているよね。仮に民族として遺伝的には残っても
異民族の文化や言語に飲み込まれて消えていった。
司馬遼太郎だったか、その点、日本は文明の中心地から近すぎず遠すぎずの
適度な位置の島国であったことが幸いしたとか言っていたかな。
近すぎれば侵略され歴史が途絶えていた。遠すぎればいつまでも未開のままだった。
173.名無しさん:2017年12月13日 00:14 ID:0e7yJSfU0▼このコメントに返信
※122
兵馬俑とか素人目に見ても何だそれ?と思うわw
174.Ergo Sum:2017年12月13日 00:15 ID:juGtfU.00▼このコメントに返信
※158
負けたよ、西洋文明に。下記にもあるが文化は映画とか小説とかそういうレベルのものより、自ら道を開いて哲学や社会制度などすべて自分なりの考えを持って構築する自信というもの。それまで中華文明は武力で一時負けても思想がずっと一番優れていると信じていて、実際もそうだったけど、産業革命後の西洋を見て、自分が文明、蛮夷は野蛮とは言えなくなった。だからその西洋文明を積極的に取れ入れた日本に完全統治されたら、同化する側より同化される側になる可能性がある。まあ、日本がうまく西洋文明を吸収できた場合だな、当時は今ひとつだったけど。

※159
文化大革命は過大評価されたよ。まあ、日本人は多少無意識的か故意か、その破壊を誇張したと思う。

実際、お爺さんは印鑑と彫刻の職人だったんで、文革で家に保存された多くの古物、例えば扇子とか判子とか巻物とか、焼失したことがある。親父が自分で燃やしたものもかなりあったらしい(今は相当後悔しているらしい)。

でも文化はそういった「もの」に限ったじゃないし、まさか中国の歴史上に文革のような動乱がなかったと思わないでしょう?それ以上な災難も幾度あった。その論理じゃ最初から中国が存在しなかったになる。

言語と歴史という記憶がある限り、文化が続く(ちなみに気づいたことがある、俺は文化を英語のcultureの意味合いで使っているが、日本語の文化より文明の方に近い、誤解がないように)。
175.名無しさん:2017年12月13日 00:15 ID:m0O5zvKt0▼このコメントに返信
※172
ただ結構早い時期でこいつらに学んでも無意味って見限ってんだよな
遣唐使の廃止ぐらいで国内の文化発展に勤しんでる
その後も禅や朱子学など宋時代までの文化は取り入れたりいしたけれど
時代下ればそれがわずかなものへと消えていく
本質的にかなり早い段階で相いれないものと理解してたと思わざるを得ない
176.名無しさん:2017年12月13日 00:16 ID:rsXG5nUo0▼このコメントに返信
※160
記紀に書いてあるから信じるって、あんた神様が出てくる話も信じるのか
確かに記紀は上古の時代を知る貴重な資料だが、神話が多分に含まれる話を全部鵜呑みにするのはまずいぞ
そもそも神武天皇がいたとされる時代はまだ文字もない時代で、記紀が書かれるのは1000年も後になってから
学問の発展した現代でも空白の4世紀やらまだまだ解明が進んでないのに、奈良時代にそれを正確に記録するなんて度台無茶な話だ
177.名無しさん:2017年12月13日 00:17 ID:2xM9hnpK0▼このコメントに返信
※145
そういやそうだね?

なんで彼らには非常時に協力するという極自然とも思える仲間意識がないのか?


※144
根本的に勘違いしてるんだよ。彼は自分の学んだことが日本の保存してた、日本から見た大陸史だってことがまったく理解できてない。だから外から見た、俯瞰したような一貫性がでてるだけなんだけどね。そんなものは日本のコピーでしかない。

清の頃は清だった。明の頃は明。その頃ですら話し言葉も文字も生き方すらも違っているというのに・・・。通底するのは「力の論理」「謀略」「我田引水」。こんなんだから「契約」を守る連中が神様に見える。

それぞれの王朝は、それぞれ優秀だったと思うよ、最後は例外なく腐って自滅してるけど。



日本のこころは「和」。みんなで一緒に幸せになろう。 これが他所にはないようだ。

日本では蜜蜂も仲間のために一致団結して命を捨ててまで戦うというのに・・・。これが地域性か?
178.名無しさん:2017年12月13日 00:19 ID:4B9yHzQ70▼このコメントに返信
※173
1980年代に日本で始めての「兵馬俑展」があったんだわ。

それを頭のイカれたおっさんが押し倒して割るという大事件があって、
日中共同で修復することにした。

日本は兵馬俑を調査できると喜び、中国の学者は日本の進んだ修復技術を学べると喜んだ。
しかし、その後はいっさいの情報が途絶。

いくらググっても論文一つ出てこない。
そもそも、新聞雑誌テレビで大騒ぎになってたその事件すらなかなか、ネットで見つからない。

不気味だろ?
179.名無しさん:2017年12月13日 00:22 ID:0e7yJSfU0▼このコメントに返信
※178
テレビで取材してたが、リポーターですら突っ込み入れたそうな雰囲気だったw
砂で固めたような馬車と、金属部分の違和感が半端なかったw
180.名無しさん:2017年12月13日 00:23 ID:3MCqkkFX0▼このコメントに返信
※178
調査中に天安門事件があったからじゃね
改革開放で遺跡調べる為に外国の学者に来てもらって、学者も割と興味津々で色々調べてたらマジで凄いのゴロゴロ出てきて「中国○千年」ってのがどんどん増えてって中共もご満悦だったのに、天安門事件で海外メディアと一緒に学者も締め出して調査が中断して闇に葬られたってことが
181.名無しさん:2017年12月13日 00:24 ID:zEyiM3Cp0▼このコメントに返信
中国の歴史はすごいしそれは認めるけど
今の中国はクソゴミ国家なのも事実だろ
182.ネトヲヨ:2017年12月13日 00:24 ID:L8dMmjZr0▼このコメントに返信
※176
>記紀に書いてあるから信じるって、あんた神様が出てくる話も信じるのか

当然だ。
ただし、批判(自分の批判も含む)が「まっとう」なら、それを支持する。
史料批判の基本だろ?
ナニ当たり前のこと聞いてんの?


183.名無しさん:2017年12月13日 00:27 ID:m0O5zvKt0▼このコメントに返信
仮に天安門事件が成功して民主化してたらどうなってたかなあ
なんかアラブの春みたいに結局仲間割れして崩壊しそうな気はする
内陸と海沿いの格差は結局対立を生むことになると思うし
184.Ergo Sum:2017年12月13日 00:28 ID:juGtfU.00▼このコメントに返信
※171
これは俺の説明不足だ。確かに二千年だから偉いというと自己矛盾になるが、そういう点のことじゃなくて、線(しかも太線)のことは偉いというのだ。

具体的に説明すると、二千年前の生活をある程度うかがい知るなど、考古学的な理解にとどまらず、まさに一緒に生活していたように、今も同じような文字、表現、熟語を共有する所が大きい。しかも、二千年前からじゃなくて、そうだな、毎年とは言わないが、それ以降もずっと、十年ぐらいごとに必ず今でも男女老若問わず中国人なら誰でも知っている出来事や言葉の由来になる事件か人物がある、と断言しよう。それは五胡乱華の時代やモンゴル侵攻の時代にも言える。つまり、その記憶の鮮明さと連続性だ。

君が挙げた和歌集は多分、今の日本人にそれほど親しみのあるものじゃないと思うね。俺の日本語知識はもちろん足りないけど、固定表現に中国の歴史から来た成語もあるようだ。それが更に十倍ぐらいなってもっと頻繁に使われるのを想像してみると少しわかるかもしれない。
185.名無しさん:2017年12月13日 00:30 ID:4B9yHzQ70▼このコメントに返信
※179
兵馬俑って、顔つきとか兵装とか、妙にセンスが新しいよねwww

186.名無しさん:2017年12月13日 00:31 ID:3MCqkkFX0▼このコメントに返信
※183
中国が民主化したら毛沢東やヒトラー顔負けのとんでもないのが出てきて外征もっと加速してるっしょ
今の中国共産党体制は、なんだかんだで超実力主義だから権力闘争の内ゲバで力が抑えられてるとこある
習近平とか、ああ見えても親は文革で失脚して冷や飯食ってた最底辺からのコネ無しの叩き上げだからなぁ
民主主義で政治家選ぶようになれば政治手腕皆無だけど民衆の声だけ聞く政治家が台頭して超軍事国家になってるんじゃないかね
187.名無しさん:2017年12月13日 00:33 ID:zEyiM3Cp0▼このコメントに返信
関係ないけど中国っていつまで一党独裁やってるんやろ、倒されるときは来るんかな
188.名無しさん:2017年12月13日 00:34 ID:4B9yHzQ70▼このコメントに返信
※180
いや、80年代初頭の話だし、壊れた兵馬俑(武人俑だが)の日中共同修復が、なんの続報も調査報告の論文も無いっておかしいから。

壊れたことで明らかに20世紀の捏造品なのがありありと分かって、ドン引きしたってのが真相だと思う。

さすがの中共も、まさか海外に貸し出して、基地外に押し倒されて内部のアラがバレるとは夢にも思わなかったんだろうw
189.名無しさん:2017年12月13日 00:34 ID:rsXG5nUo0▼このコメントに返信
※182
それならば、私は神武天皇の実在に対する批判は「まっとう」だと思うんだが、あなたの考える「まっとう」の基準はどこらへんにあるんだ?
まさかとは思うが、天地開闢から国生みまで「まっとう」だなんて言うんじゃないだろうな
190.名無しさん:2017年12月13日 00:36 ID:zEyiM3Cp0▼このコメントに返信
※188
国際的に認められてるものに対して捏造とか言って批判するのはよくないやろ、その証拠もあやふやでとってつけたようなものだし
191.名無しさん:2017年12月13日 00:36 ID:m0O5zvKt0▼このコメントに返信
※184
短歌を知らないのかい?日本を学びながら
万葉集は学校でも習うし、歴史を学びだす学年ならば万葉集は必ず触れる
いくつかの短歌はそらんじて言える人らもいる
片歌・旋頭歌・長歌など当時の歌の形式なども残っているし、その歌のやり取りも
軽妙なやり取りや人々の思いを残したものもある
知らない人が多いとは君が日本を知らない証拠だ
192.名無しさん:2017年12月13日 00:37 ID:zEyiM3Cp0▼このコメントに返信
※191
学校でやるだけで覚えてる人はほとんどいないけどな、それは中国もそうかもしれんが
193.ネトヲヨ:2017年12月13日 00:38 ID:L8dMmjZr0▼このコメントに返信
※189
>神武天皇の実在に対する批判は「まっとう」だと思うんだが

その「まっとう性」を疑う私のレスに答えてから言ってくれ。
194.名無しさん:2017年12月13日 00:40 ID:OBwWdkyk0▼このコメントに返信
※192
日本人の方が中国の古代の詩に詳しかったりするんだな。
李白とか杜甫とか。
195.名無しさん:2017年12月13日 00:41 ID:4B9yHzQ70▼このコメントに返信
※190
その考えは学問に対する冒涜だよ。
状況を精密に分析すれば結論はおのずと集約される。

他にも鄭和の艦隊とやらの船を作った8000トンのドック(笑)とか、
4年前にアフリカから見つかった永楽通宝(笑)とか、
現代の素材でできたタイムスリップ剣とか、
中共はいろいろ捏造やらかしまくってるからね。
196.名無しさん:2017年12月13日 00:41 ID:zEyiM3Cp0▼このコメントに返信
※194
あれ中国人しらんの?
197.名無しさん:2017年12月13日 00:42 ID:zEyiM3Cp0▼このコメントに返信
※195
ソースは?
198.名無しさん:2017年12月13日 00:43 ID:m0O5zvKt0▼このコメントに返信
※192
秋の田の かりほのいほの とまをあらみ  我が衣では 露に濡れつつ

これぐらいは俺でも言えるよ。暗記させられたからな
あと彼が言いたいのは文化的継続がなされているかということでこの場合どの歌を知ってるかは重要ではなくその歌の形式が残って読める人がいるかが大事なのだろう。ならば腐るほどいると言える
199.名無しさん:2017年12月13日 00:43 ID:0YHO9Zq60▼このコメントに返信
米191
まあ、普通に短歌や俳句の会があるからね。
若い人もたしなんでる。
ところで中国のひとたちって、一般的に杜甫や李白って読まれてるのかね。
孫子や老子あたりはどうなんだろう?
案外、日本人のほうが購読率が高かったりして。
200.名無しさん:2017年12月13日 00:44 ID:zEyiM3Cp0▼このコメントに返信
※198
まあ読み方ならまともな人は知ってるやろな
201.名無しさん:2017年12月13日 00:45 ID:4B9yHzQ70▼このコメントに返信
※197
そんなに悔しかった?特亜猿君。

そもそも造船工学をすこしやれば分かるが、
当時の2000トン級の船でも沿海航路が精一杯、
8000トン級なんか作ってもまともに進めないよw
202.名無しさん:2017年12月13日 00:45 ID:m0O5zvKt0▼このコメントに返信
春過ぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山

古典の授業が急に蘇ってきたわ
教師のイントネーションが独特でやけに印象にのこったんだ
203.名無しさん:2017年12月13日 00:47 ID:0e7yJSfU0▼このコメントに返信
※190
国際的ねぇ、チベットウイグル侵略も国際的に認められてるんやろなぁ
204.名無しさん:2017年12月13日 00:47 ID:WiFJkWA90▼このコメントに返信
※33
世界最古の土器は湖南省から出土した1万8000年前のものなんだが、10年前ってどっからでてきた?
10万年前とか稲作やってた国すらねえよ。そもそも日本の米は南方から来たもので、日本列島に自生してた植物じゃない。
ちなみに日本最古の土器が1万6000年前で、10万年前の米が大量に出たと言うなら土器も当然出土してるよな?
205.名無しさん:2017年12月13日 00:47 ID:zEyiM3Cp0▼このコメントに返信
※201
日本人なんたけどなぁ
君が少しかじった程度の造船工学の方が世界的に認められてる事実より上に位置するのか?
ソースもないのに捏造呼ばわりってどこかの国と一緒だな
206.名無しさん:2017年12月13日 00:48 ID:4B9yHzQ70▼このコメントに返信
※192
万葉集の「秋の野に 咲きたる花を指折り かき数ふれば七種の花」

は小学校の時から覚えてるわ。

七草粥も好きだし。
207.名無しさん:2017年12月13日 00:48 ID:Uhhyl6AT0▼このコメントに返信
※192
また映画化される「ちはやふる」は競技カルタを取り扱ってるでしょ
一応中高でも校内百人一首の大会とかあったし。
208.名無しさん:2017年12月13日 00:49 ID:zEyiM3Cp0▼このコメントに返信
※203
今の中国がクソなのは事実だけどだからと言ってソースもなしに歴史否定するのはちょっとね
209.名無しさん:2017年12月13日 00:49 ID:OBwWdkyk0▼このコメントに返信
※184
文化的には唐朝の日本、宋朝のベトナム、明朝のシンガポール、また清朝の台湾にその名残を残すけど、失ってしまった本家に一言。
あと、現代中国語はかなりの部分を日本語に頼っている件、そもそも”人民”とか”社会”とかが日本語である件について一言どうぞ。
210.名無しさん:2017年12月13日 00:50 ID:4B9yHzQ70▼このコメントに返信
※205
結局、

「ヒィィィィーッ、中共のプロパガンダを信じないのは許せない二ダ/アル~」

ってことねw

そもそも、その「ソース」を出してないのは特亜猿のほうなんだが。

いくら先進国(文明国)が調査してあげましょうと言っても
必死で逃げ回ってるしw
211.名無しさん:2017年12月13日 00:50 ID:zEyiM3Cp0▼このコメントに返信
※207
マイナー部活やん、
さっきの人の読み方を教わるってのは納得、確かにほとんどの人は読めるな
212.Ergo Sum:2017年12月13日 00:50 ID:juGtfU.00▼このコメントに返信
※191
いや、短歌ぐらいは知っているよ、ちょっと違うものだけど俳句は作ったこともある。

でもこの短歌と言っていることは無関係だよ、別に俺が漢詩を証拠に挙げていないし、中国人は今でも漢詩が作る人がごく一部だから。しかし、今でも現代中国語の一部として古代の出来事が生きている。それは日本語にも似たような現象があるし圧倒的に少ない。まあ、別に日本だけじゃない、英語やフランス語とかはもっと酷い、漢字と違って綴り自体がめっちゃ変わったからな。
213.名無しさん:2017年12月13日 00:53 ID:m0O5zvKt0▼このコメントに返信
支那の文人でいえば魯迅はすごいと個人的に思う
阿Q正伝はすごすぎ。支那人気質だけでなく朝鮮人の気質などにも通じ、完全に看破した彼は偉大と言わざるをえない
214.名無しさん:2017年12月13日 00:53 ID:OBwWdkyk0▼このコメントに返信
※196
一般的な中国人は中国の古代の詩を知らない。
エリートな高校、もしくは大学生以降みたいだね。
中学生で知っている日本人に驚くみたいだね。
215.名無しさん:2017年12月13日 00:55 ID:zEyiM3Cp0▼このコメントに返信
※210
ネト◯ヨをこじらせるとこうなるんか、ソースもなしに一般的に認められてるものに対して捏造連呼で謎の特亜認定
216.名無しさん:2017年12月13日 00:55 ID:4B9yHzQ70▼このコメントに返信
※204
たしかに土器だけ出て他の物が皆無なのは異常だよなwwww

「その測定に当たっては、少なくても数種類の測定方法・熱ルミネッセンス法やフィッショントラック法などを同時に使い、かつ同一機材で日中の土器の測定を行わなければ、単純に比較は出来ないと思っています。

しかも、この調査は他の研究者による検証が一切なく、中国側の発表だけであり、その信憑性には疑いが大いに残ります
三つ目が、縄文文化が、中国最古の文化である長江文化などより数千年も古く、かつ質量とも、他文化の追随を許さないという事実。

岡村道雄・元文化庁主任文化財調査官は、日本列島の土器は中国のみならず「質量ともに世界の他の時代や地域のものとくらべても際立っている」と述べている。

現在、世界最古と考えられている土器の一つが、青森県大平山元(おおだいやまもと)遺跡から出土したもので、約1万6500年前。これは模様のない無文土器だが、約1万4500年前ごろには、粘土ひもをはりつけた「隆線文土器」が生まれ、全国に広がっている。

 世界の他の地域では、南アジア、西アジア、アフリカでの最古は約9千年前、ヨーロッパが約8500年前で、これらに比べると、飛び抜けて古い。中国が主張する世界最古の土器が出土した洞窟というのは、湖南省・玉蟾岩遺跡(ぎょくせんがんいせき)などのことでしょうが、これら長江文化の遺跡は、すべてその始まりが縄文文化より、ずっと後のことなのです。」
217.感想:2017年12月13日 00:55 ID:L8dMmjZr0▼このコメントに返信
なんか、いいじゃん!
そこはかとなく、レス増えてて。。。

・・・by ネトヲヨ
218.名無しさん:2017年12月13日 00:55 ID:rsXG5nUo0▼このコメントに返信
※193
だからさっきから言ってるように、
・神武帝には即位後の内政の事績がない
・欠史八代の非実在性
・文字が普及する遥か以前の時代の話で信憑性に欠ける
などがある
これ以上はどうしようもないというか、あくまで非実在「説」なので確たる証拠なんて上げようがない
それでも納得できないというんなら、もはや感情論になってしまうから議論を打ち切るしかないぞ
あるいは、あなたが神武天皇実在を示す記紀以外での論理的な根拠を持ってきて私を論破するという手もあるが
219.名無しさん:2017年12月13日 00:56 ID:4B9yHzQ70▼このコメントに返信
※215
あーあ、とうとう連呼リアン特亜猿だと自白したかw

「ヒィィィィーッ、中共のプロパガンダを信じないのは許せない二ダ/アル~」

ってことねw

そもそも、その「ソース」を出してないのは特亜猿のほうなんだが。

いくら先進国(文明国)が調査してあげましょうと言っても
必死で逃げ回ってるしw
220.名無しさん:2017年12月13日 00:57 ID:g0qxf83i0▼このコメントに返信
※39
文字が発明されなかった、というかそういう概念自体が出て来なかったんじゃないか?
日本語って意思の伝達にものっそい特化してるからそういう可能性もあると思う
文明レベルそのものは高かったから漢字輸入して加工して日本語に馴染ませて使えた、とか
天変地異で発展してた西側が文明後退するような被害を受けてリセットされたとかも考えられるけど
221.名無しさん:2017年12月13日 00:58 ID:zEyiM3Cp0▼このコメントに返信
※219
鄭和の艦隊は明史記述なんですけども
中共の捏造とは一体
兵馬俑ならまだわかるが
222.Ergo Sum:2017年12月13日 01:00 ID:juGtfU.00▼このコメントに返信
※209
唐朝の日本というなら、唐朝のことを日本人の君に聞いてもいいの?

日本語からたくさん言葉借りたのはもっといい反論だ、褒めてやる。まさに、それは当時の日本はどれだけ漢学の水準が高かったかを語っている。その造語あるいは古い言葉の選択はまさに絶妙。だからもし当時日本が中国を完全征服したら、完全吸収できたかもと前に書いた。

でもよ、それがもう過ぎたことで、今の日本語を見ろよ。漢字で新しい言葉を作るのができなくなって、外来語の発音をそのまま表記するのは適当すぎじゃない?なんなのそのカタカナ語は?日本人の英語力を壊した上に、思考力も大いに損ねた。だって読みづらくて内在的関係も完全になくて暗記しかないような代物じゃないか。その点においてハングルと同じだ。結局、ふりかな、漢字の上にカタカナ語も加えて、それぞれ関係もない寄せ集めじゃないか、嘆かわしい。
223.名無しさん:2017年12月13日 01:00 ID:0YHO9Zq60▼このコメントに返信
米209
それにしても簡体字はひどいね。
漢字っていうのは筆と隅を使って書くことが前提で、それを使って美しい書体を
確立してきた。バランスや配置で、その「文字」が存在する意義を超えた美意識にまで
昇華されていた。
そういったことをまるで無視した簡体字はただの記号でしかない。
嘆かわしいことだ。以前国家主席か書いた字が日本の首相のそれと比較されて嘆いている記事を
読んだが、朝鮮人が非効率と言ってバカにする、そのされる部分にこそ漢字の美意識としての価値があると思う。
ちょっとすれ違いだが、漢字の元祖の国に対して、漢字を継承した国の人間として、これだけは言いたかった。
224.名無しさん:2017年12月13日 01:00 ID:4B9yHzQ70▼このコメントに返信
※221
で、当時の構造の8000トン船を作って外洋を航行してアフリカまで行ったとw

馬鹿すぎて大笑いwwwwwwwwwwwwwwww

225.名無しさん:2017年12月13日 01:00 ID:m0O5zvKt0▼このコメントに返信
※212
古代の出来事が起きているというのがよくわからないな
伝統を受け継ぐということなら短歌は古来よりの日本の伝統的歌でこれを読むことで
今の日本人は古代を再現したといえることができる
また数の数え方でも和語による数え方は残っていて
ひ、ふ、み、よ、いつ、む、や、こ、と、とこれらに則って数えれば
日本人は古代を再現できたといえるだろう
古代のことを再現したとはなんのことをさすのだい?
たとえば式年遷宮的な儀式的なことでいえばすべての人らではないが、宮大工らは再現したといえることにもなるが
226.名無しさん:2017年12月13日 01:03 ID:zEyiM3Cp0▼このコメントに返信
※224
そら誇張はしてるだろうね、俺も実際は半分くらいの大きさだとは思う、でも捏造ではないやろ
227.名無しさん:2017年12月13日 01:03 ID:3MCqkkFX0▼このコメントに返信
※223
繁体字使ってる台湾人と香港人からすれば日本の漢字も似たようなもんだよ
たぶん、昔の日本人が見ても嘆くと思うわ
228.ネトヲヨ:2017年12月13日 01:03 ID:L8dMmjZr0▼このコメントに返信
※218
>・神武帝には即位後の内政の事績がない
・欠史八代の非実在性

それへのオレのレス※110に答えろ能無し。
229.名無しさん:2017年12月13日 01:04 ID:4B9yHzQ70▼このコメントに返信
※222
今の支那猿新聞を見ると、漢字で書けない部分はしかたなくカタカナやアルファベットを借りて書いてあるんですけど・・・w

そもそも固有名詞とか漢字表記がばらばらだったり、馬鹿すぎる。

230.名無しさん:2017年12月13日 01:04 ID:rsXG5nUo0▼このコメントに返信
※228
※123を見て
231.Ergo Sum:2017年12月13日 01:04 ID:juGtfU.00▼このコメントに返信
※214
逆だな、漢詩の勉強は中学校で、大学に入ってから勉強しなくなる。

そして俺も最初、日本人学生の漢詩レベルの噂を聞いて、感心するつもりでいろいろ聞き回ったけど、言うほどでもないな。まあ、外国人の中ではダントツ一位やけど。
232.名無しさん:2017年12月13日 01:05 ID:m0O5zvKt0▼このコメントに返信
そもそも現代ある漢服などは満州族のものであろうし、支那のというより漢民族の伝統的服装は廃れて久しいともいえる
古代の出来事を再現とは何をさすのかがわからない
平安時代程度に下ってしまうが十二単などは宮中における婚礼の儀などにおいて今も受け継がれたりはしてるが、これは古代の再現ではないのだろうか?
233.名無しさん:2017年12月13日 01:06 ID:4B9yHzQ70▼このコメントに返信
※226
4000トンでも当時の工法で作った船で外洋航行なんか挑戦したら半日たたずに海の藻屑だぞw

234.名無しさん:2017年12月13日 01:06 ID:zEyiM3Cp0▼このコメントに返信
中国はいちいち文化壊すのやめろよ…
235.名無しさん:2017年12月13日 01:06 ID:XhZDcA5j0▼このコメントに返信
漢字は中国独自とは言えないんじゃなかろうか。
偏とつくりからなる文字はメソポタミア辺りが発祥と思うがどうだろう。
236.名無しさん:2017年12月13日 01:08 ID:3MCqkkFX0▼このコメントに返信
※232
それを言うならチャイナドレスじゃね?
チャイナドレスは満族の民族衣装だが、漢服は五帝くらいの時代から肖像画とかに描かれてるし
237.Ergo Sum:2017年12月13日 01:09 ID:juGtfU.00▼このコメントに返信
※229
カタカナがあるのは日本語しかないんだから、その支那猿とやらは日本人のことを指すということになるな。
238.名無しさん:2017年12月13日 01:09 ID:m0O5zvKt0▼このコメントに返信
※231
専門的に読む人なんてもう絶滅危惧種やで?
すでに鬼籍に入ってる人らは詠んでたが今は詠む人などいないと言っていい
短歌や俳句がいまだ隆盛極めているのが奇跡の状況の中漢詩をあえて読もうという人間は日本にはいないよ
基礎レベルで春暁や春望などを触れ合うぐらい
239.名無しさん:2017年12月13日 01:11 ID:4B9yHzQ70▼このコメントに返信
※234
「心外アル!壊さないでパクリするアル」

2010等ニー来

発表時、作曲者は中国の作曲家である繆森とされ、MVにもそのようにクレジット表示された。繆森は「部屋を歩き回り、足でリズムを取りながらインスピレーションを得た」と作曲の経緯を語り、自ら作ったと主張した。しかし4月10日ごろから、中国圏のネットで日本の歌手・岡本真夜が1997年に発表した楽曲「そのままの君でいて」をオリジナルとした盗作であるとする疑惑が浮上した。

シンガポールのミュージシャン顔毓添は、「2010等你来」は、全てのフレーズの最初と最後の音が実質上完全に同一であり、音楽的な観点で見た場合、類似が8小節を超過することから、盗作に当たるとの考えを示した[3][4]。

4月19日、岡本の所属事務所に上海万博の実行委員会から「そのままの君でいて」の楽曲使用申請があり、事務所はこれを受諾。

通信社は「万博事務局側が事実上盗作を認め、正式に岡本さんの曲の使用手続きを踏んだ格好」と報じた[6]。
240.名無しさん:2017年12月13日 01:12 ID:m0O5zvKt0▼このコメントに返信
※236
いずれにせよ、それを着ている支那人などほぼ皆無だろう。特別の祭事でも
では古代の出来事の再現とは何かと疑問が浮かぶ
伝統の継承をさすのなら日本でもあるし、それでは彼の言う日本にはないという仮説は破綻することになる
違う何かの古代の出来事の再現が彼の中にあるからそういうのだろうと思うのだが
241.名無しさん:2017年12月13日 01:14 ID:4B9yHzQ70▼このコメントに返信
※237
そもそもアジアでまともな文化がある文明国は日本だけだから、
君たち支那猿のなかのちょっと賢い連中はカタカナやアルファベットを借りるしかないよなw

漢字文化圏の文化なんて、この200年ぐらいは猿みたいなもんだし。
242.名無しさん:2017年12月13日 01:16 ID:zEyiM3Cp0▼このコメントに返信
※233
鄭和の船団は西洋取宝船と呼ばれ、第1次航海は永楽3年(1405)に行われました。船62隻、人員27800人の規模だったといわれます。
「明史」によると全長44丈(150メートル)、全幅18丈(62メートル)の巨船で、専門家の計算では八千総トンの船に相当すると言われるそうです。
当時の水準としては考えられないような巨船なので、中国でさえ長い間誇張された数字であると考えられていましたが、1957年に南京郊外の宝船廠跡から巨大な舵が出土し、「明史」の記述に誇張のないことが証明されたそうです。

一応あるぞ

自分で思ったけどめちゃくちゃ捏造くさいな、まあ威容示すことはてきたんだろうから
60メートルくらいじゃねえかな
243.名無しさん:2017年12月13日 01:16 ID:L8dMmjZr0▼このコメントに返信
※230
あ、スマン。
「能無し」はオレな。

で、本題。
戦国時代、「人間僅か50年~~」と舞った信長、
北条早雲は80歳以上生きたからね。
そんなもん。

>その内政についての記録がないんですが
「いや~~ァ、旧支配層の親族だの、なんだのが暴れて大変だったんですから・・・」
なんて記録に残したい?
244.名無しさん:2017年12月13日 01:17 ID:3MCqkkFX0▼このコメントに返信
※240
間違いを指摘しただけさ
漢民族の漢服と、満州人のチャイナドレスは別ものよ?
それに、伝統ってなら日本だって捨てたものはいっぱいあるさ
丁髷なんか完全消滅ってレベルでやってる人いないしなぁ
和服も今の形が確立したのは江戸時代くらい、それまでは形を変えつつ平安くらいになると今とは似て非なるものってレベルだし
良いとこだけ見れば良いとこしか見えんよ
245.名無しさん:2017年12月13日 01:20 ID:m0O5zvKt0▼このコメントに返信
※242
普通に誇張はあるとは思うよ
あまり戦場でも大人数を仕掛けたといっても当時の人口・食料補給事情・トイレなどのことを考えれば
実際に運用できる人数は相当限られたもの、それでも三万人以上は余裕だったみたいだがそれぐらいで落ち着くんだと
トイレなどは実は侮りがたい問題でこれ疎かにすると疫病が蔓延するんで多すぎるとやはり問題にはなるんだと
246.名無しさん:2017年12月13日 01:23 ID:zEyiM3Cp0▼このコメントに返信
※245
まあそういうのは日本の戦国時代でもあるからね、補給部隊とかも含めてるから
247.名無しさん:2017年12月13日 01:24 ID:4B9yHzQ70▼このコメントに返信
※242
鄭和の航海それ自体はモンゴル時代の継続・遺産にすぎず、その後衰退している。
また、西洋取宝船と呼ばれる数十隻の艦隊については、木造帆船として400トンがせいぜいなのに、
8000トンもの巨船だったとか、これは単純な史料の誤読のレベル話。
しかも、鄭和の航海そのものについての文献やデータは、その後の明政権によって滅却されている。

そもそも大きくすれば外洋に出られるわけではない。
当時の工法で8000トンの船を作ったところで、外洋の荒波に耐えられない。

248.名無しさん:2017年12月13日 01:25 ID:m0O5zvKt0▼このコメントに返信
※244
だからこそ彼が言う古代の出来事の再現とは何かなんだよ
捨てた伝統は支那にもあるし、日本にもある
続いた伝統は支那にもあるし日本にもある
では日本にはなくて支那にはあるのは何か?
具体的な例をだされないと古代の出来事が今も再現しているとはいえないだろうし、納得もできないであろうし、何より理解ができない
その理屈でいうのならば彼こそが都合のいいところしか見ていないとなるだろう?
249.名無しさん:2017年12月13日 01:25 ID:OBwWdkyk0▼このコメントに返信
※222
いやー一部の日本人ご自慢の京都は長安”唐の時代”をまねした見たいだからね。
別に他国の歴史を否定はしないけど、影響を受けあって洗練されていくもんじゃないのか?

日本じゃ漢字の音、訓で訛ったとはいえ中国語読みもするじゃないか、その辺りは昔っからだと思うけどね。
あと、とりあえず日本語の中にカタカナ英語を使っている奴は、相手に意味を通じなくするために使っているので(某都知事とか)、それが本来の役割なので大丈夫だ。
ただ個人的には日本語と言うか漢字表記できない奴の方が、頭が悪そうになって見えるけどな。
250.名無しさん:2017年12月13日 01:32 ID:3MCqkkFX0▼このコメントに返信
※248
そういうのはイデア論みたいなもんに落ち着くんじゃないかね
伝統と言っても定義が割と難しいぞ?
素材か?形か?着こなしか?こういうレベルになってくると、既に日本の和服だって伝統とは別ものになるし、視点によっては同じものになる
西洋式の織工技術が入ってきてからは、昔ながらの製法に拘ってるようなとこはどんどん駆逐されてるしなぁ
まぁ中国の伝統の実例で言うなら、政治を賄賂で解決するとかその辺は古代から変わらぬ伝統文化なんじゃね
史記とか見てても、賄賂文化は完全に古代と変わってない
まるで成長していない状態
251.Ergo Sum:2017年12月13日 01:33 ID:juGtfU.00▼このコメントに返信
※248
中国文化にしか存在しない現象だから日本人にはわかりにくいよな。でも説明をすると中国語の例をだすことになるから君らにはやはり分からない。なんなら何か中国語の記事でもピックアップして、URLを貼ればいい。説明する。おれが選ぶと文句いうでしょう。
252.名無しさん:2017年12月13日 01:35 ID:rsXG5nUo0▼このコメントに返信
※243
戦国時代になりゃそりゃね
紀元前の時代の日本なんて豪族も農民も関係なしに薬も治療法もなんもないまさに神頼みするしかない
その時代で60代まで生きるとなるとかなり長寿で、古代の歴代天皇には100歳以上(=50歳以上)と記される者が何人もいる
これは流石に単なる偶然とは考えにくい

内政の事績については崇神天皇以降の天皇はちゃんと残ってる
それに比して神武、欠史八代の記録がないのは不自然
身内争いのごたごたを残したくないというのなら、そもそも記紀に天皇の事績が全く残らんことになってしまう
そもそも記紀には相続争いだの禁忌を犯した皇子だのと言った黒い歴史もちゃんと載ってるから、初代~9代までだけ全くないというのは、実在性を考えたとき、どう考えても辻褄が合わなくなる
253.名無しさん:2017年12月13日 01:38 ID:4B9yHzQ70▼このコメントに返信
※248
誘拐花嫁とか性奴隷じゃね?あとは捏造、嘘、虐殺、不潔さ。
大陸でいまなお継承してる伝統らしきものって、そういうものしかないと思う。

万里の長城の修復技術も断絶して、満漢全席もレシピや料理技術は失われている。
254.Ergo Sum:2017年12月13日 01:40 ID:juGtfU.00▼このコメントに返信
※249
最初に日本語の歌を触れた時、全部といっていいほど、必ず英語表現(しかも変)が入ってくるのにびっくりした。中国もそうだけど、日本の西洋文化への崇拝は半端ないなと思った。だからカタカナ語を使ってかっこいいと思う人もいるでしょう。

でも漢字難しいとか使えないやつは頭悪そうじゃなくて実際頭悪いでしょう。漢字の修得に苦労するが、できた以上非常に便利。まあ、これは日本人は平仮名とか比較ができて一番わかると思う。中国人は逆に知らないまま難しい漢字を勉強させられた(だから簡体字に文句言う人、簡体字ができると文盲、どっちがマシ?)。
255.名無しさん:2017年12月13日 01:41 ID:zEyiM3Cp0▼このコメントに返信
※254
なんだてめぇレールガンバカにしてんのかこのやろう許さんぞ
256.名無しさん:2017年12月13日 01:42 ID:A4Vttom60▼このコメントに返信
>同じ人間が日本ではまだ狩してる、
>その3000年前からピラミッド作ってたってすごない?
>だってその狩してる日本から3000年まだたってないんやで?

ピラミッド作ってた人達も狩りはしてたと思うよ。
257.名無しさん:2017年12月13日 01:43 ID:YpHqzRlK0▼このコメントに返信
※253
やっぱ今の支那人と昔の支那人が別モノって言うのは無理があるよなぁ
古代からやってること全然変わってないという
むしろ、別民族がこういう伝統を受け継いでる方が謎だ
258.名無しさん:2017年12月13日 01:46 ID:8hZ0QXg.0▼このコメントに返信
※254
お前が「自国文化」だと妄想しているものは、ほとんどが日本人によって構築された文化のパクリだよw

日本人様が日本の旋律と西洋の音階・音楽理論を苦労してすり合わせて体系化して、
近代に耐えうる音楽を作り上げた。
だから、日本人は音楽でも西洋を凌駕するものを作れる。
特亜猿はそのパクリしかできない。

259.名無しさん:2017年12月13日 01:47 ID:8hZ0QXg.0▼このコメントに返信
※257
環境素因ってやつがあって、たとえばモンゴルやシベリアみたいな土地だとどんな民族が入っても
結局はああいう生き方しかできないぞw

支那も同様。
260.名無しさん:2017年12月13日 01:50 ID:YpHqzRlK0▼このコメントに返信
※259
多少のそういう歴史はヨーロッパとかでも充分にありえるが、じゃあ支那人とヨーロッパ全般人が同じかと言うと支那人ほどではないっしょ

やっぱあの残虐性は特殊だよ
特に身内に対しての
261.名無しさん:2017年12月13日 01:51 ID:HA.bKUCN0▼このコメントに返信
※39
一応、縄文時代にも文字(神代文字)は幾つかあったよ
ただ昔は、天孫降臨以前の文明を否定していから
偽書や偽造とされ学会から葬り去られていたんだよ
262.Ergo Sum:2017年12月13日 01:51 ID:juGtfU.00▼このコメントに返信
※258
特亜猿支那猿、日本人「様」とか自慢しながら下品な言葉しか発せない自分自身に違和感を感じないのかしら?君がその「凄い」日本人じゃないか、それとも日本人であるがくずの部類なのか、どちらかになるが、まさかその下品さは日本人が共有する特質と言わないよな。
263.名無しさん:2017年12月13日 01:52 ID:m0O5zvKt0▼このコメントに返信
※251
文句ではなくその何かとは何かと訪ねてるだけだ
中国語の言葉でもいいがその具体的な言葉を出してくれなければ調べようがない
例えば朝鮮人が日本人には理解できないという概念も恨の概念も言葉としてあるし、ある程度の情念として
理解はできるが、何もいわないのでは理解しようがないというだけだ
264.名無しさん:2017年12月13日 01:52 ID:DsVu9v.s0▼このコメントに返信
※259
つまり、日本を中国に乗っ取られれば中国人も日本人みたいになるのかね?
265.名無しさん:2017年12月13日 01:52 ID:n7gsM.K00▼このコメントに返信
>日本書紀1300年前がダサすぎ


1300年前に歴史の総集編作ったってことなんだけどなぁ…
266.名無しさん:2017年12月13日 01:55 ID:8hZ0QXg.0▼このコメントに返信
※260
いやいや、だって「ヨーロッパ」と「支那」は環境もぜんぜん違うぞ。

ヨーロッパはいわば巨大な半島で、東には中東文明、
南は穏やかな地中海という恵まれた環境にある。
洪水と言ってもヨーロッパじゃ、ひたひたと水かさが増してくるだけで、
堤防も端も都市も破壊するようなものではない。

支那は、結局は中原の取り合いだからな。
最高に残虐な基地外が支配する。
支配しても、一回水害起これば馬鹿みたいに都市も農地も潰されて
ガラガラポンだw

全土に怨嗟の声が上がり、荒野から口が上手い詐欺師やチンピラが台頭してくる。
267.名無しさん:2017年12月13日 01:56 ID:m0O5zvKt0▼このコメントに返信
結局歴史問題は長く続いたとマウンティングしてるだけで落ち着いてしまってるな
それはすごいことかもしれないが、結局現代でははるか新しい時代にできたアメリカが無双してる現在
特別誇ることではないということだろう
268.名無しさん:2017年12月13日 01:58 ID:8hZ0QXg.0▼このコメントに返信
※264
台風や地震、不安定な農作との戦いに勝利できればね。

できなかったら、そのまま全滅よ。



269.ネトヲヨ:2017年12月13日 01:59 ID:L8dMmjZr0▼このコメントに返信
※252
>これは流石に単なる偶然とは考えにくい
人間数千年程度で寿命が変化するとでも?

>黒い歴史もちゃんと載ってるから
それな。
次の天皇が正当化するため前を黒く塗りつぶすわけ。
それと(発展途上の)外政を一緒にするのは無理ゲー。


270.名無しさん:2017年12月13日 02:01 ID:8hZ0QXg.0▼このコメントに返信
※267
そういうこと。

捏造にしろ、勘違いにしろ、長い歴史が自慢のチャイナ、インド、エジプト、イランが、
京都一都市、カリフォルニア一州の頭脳、科学、技術、医学、文化、食、ノーベル賞数にも勝てないのは乾いた笑いしかでんわw
271.Ergo Sum:2017年12月13日 02:12 ID:juGtfU.00▼このコメントに返信
※263
ちょっと遅いから簡単な例をあげよう。今午前1:58分だから、紀元158年を使おう、と思ったら、三国時代に近いから、チートみたいであえて紀元1580年にしよう。

そしてちょっと調べると、1580年出身のは戚继光と海瑞が特に有名。前者は倭寇と戦ってその 封侯非吾意但愿海波平 が有名な漢詩で、後者は歴史上で清廉な役人の象徴となった。この二人の出来事は後世で普通に語られている、例えば、文革のきっかけは海瑞罷官という作品への批判から始まった。

つまり、中国の歴史が言葉を通じて普通に人々の共有記憶になるわけだ。日本人は島で共同生活を通じて共同体になったが、大陸にはそういう物理的限界がないから、中国人は歴史の記憶を以て文化の存続を維持した。
272.名無しさん:2017年12月13日 02:16 ID:8hZ0QXg.0▼このコメントに返信
※262
ぐうの音もでない現実をつきつけられて反論もできずに火病?w

そのへんはさすがに韓国猿の元ネタ民族だわw
273.名無しさん:2017年12月13日 02:21 ID:8hZ0QXg.0▼このコメントに返信
※262
そもそも日本・日本人様への劣等感の裏返しで「日本の歌が~」と妙なマウンティングかましてきたのは特亜猿の君でしょ。

13億人いても、日本様のたった一人のシンガーソングライターにも勝てないほどレベルが低いのが支那猿じゃないかw

身の程をわきまえさせてやってるんだよ。



274.名無しさん:2017年12月13日 02:26 ID:rsXG5nUo0▼このコメントに返信
※269
>次の天皇が正当化するため前を黒く塗りつぶすわけ
血の繋がった先祖を悪く書いたりしたら自らの正当性も危うくなる
中国の史書で悪く書かれるのも、易姓革命で王朝交代が起こった場合の先代王朝に対してが多い
新たな天皇の正当性の為に先代を悪く書いたとしたら、それは皇統が別の王朝に変わったという証拠になり得る

275.名無しさん:2017年12月13日 02:43 ID:8cWYDbhT0▼このコメントに返信
確かに中国の発明は素晴らしかった
しかしそれは過去のこと
現代中国は思考能力も民族意識も退化している
そんな国が経済的に恵まれたらどうなる⁉︎
他国や人類を席巻し始めたら
待っているのは世界の破滅だよ
276.名無しさん:2017年12月13日 03:22 ID:1gFh3PHb0▼このコメントに返信
※12
紀元前1万年は縄文時代が始まったころですな。
縄文人は狩猟採集生活でありながら定住生活始めて、おそらく人類で最初に定住生活始めた人ららしいです。
縄文時代はなにげにすごいです。
277.名無しさん:2017年12月13日 03:30 ID:1gFh3PHb0▼このコメントに返信
※25
最近の遺伝子検査で天皇家をはじめとする、古墳時代の有力豪族は縄文系だとわかったとのこと。
弥生時代は渡来人が多く来た上に戦国時代もビックリの騒乱の時代だったらしい。
この二点から大和朝廷は弥生時代に入る前に支配構造が出来上がっていたと考えられる。
紀元2600年説は大きく間違っていない可能性が出てきた。
278.名無しさん:2017年12月13日 03:40 ID:4rn2Y8md0▼このコメントに返信
中国大陸史は、安定期と動乱期がほぼ半々でしょ。特に秦以降。
今の中国見てると、唐や明の再来かって思っちゃうけど、
むしろそうなるかどうかの分かれ目が習近平時代にかかってるといってもいいかも。
100年くらいで倒れた王朝もたくさんあるしね。
279.名無しさん:2017年12月13日 04:02 ID:.P3ROwgD0▼このコメントに返信
※278
唐や明は近所の最優秀民族に乞食して金と技術と頭脳を恵んでもらってたのか?w
日本が手を引けば、すぐに元の最貧国だよ。
つか、反日のやりすぎで日本に嫌われてすでにそうなりつつある。
280.名無しさん:2017年12月13日 04:23 ID:hloEEtRV0▼このコメントに返信
まあある意味中国文明がすごいのは

戦国時代の七雄の争いも
項羽と劉邦に集約される秦末の戦乱も
光武帝劉秀が勝利する前漢末から後漢までの戦乱も
三国志の時代も
五胡十六国も南北朝も
隋末から唐にいたる群雄割拠も
唐末から五代にかけての分裂時代も
南宋と金が争う岳飛の時代も
元末の江南から始まる三勢力の争いも

モンゴルと銃器登場以降をのぞいて、3000年近く、ほとんど変わらないってことだな

白起が大勝した「長平の戦い」と、三国志の「官渡の戦い」と、955年の「高平の戦い」と1363年の「鄱陽湖の戦い」と、どれもほとんど違いがないという……

281.名無しさん:2017年12月13日 04:59 ID:f50zox.s0▼このコメントに返信
そもそもエジプトも中国も古代文明を築いた民族ってもうとっくの昔に滅んでるじゃん…
282.名無しさん:2017年12月13日 05:08 ID:f50zox.s0▼このコメントに返信
※70
混血度合いの話では無く、異民族に侵略されてまるまる国を乗っ取られてるかどうかって話でしょ?
283.名無しさん:2017年12月13日 06:12 ID:OUWGlBQ00▼このコメントに返信
イッチの言ってることってさー
例えばアメリカが日本占領してすべてを破壊した跡に、日本は1000年以上の歴史がある
だからアメリカの歴史も1000年以上だって言ってるようなもんなんだよね
歴史の窃盗というか歴史ロンダリングというかナンセンスもいいとこ
だってお前らその歴史と文明継承してないじゃんって、もしそうなったら突っ込むだろうね
実際中国に関してはこれ完全に当てはまるし
284.名無しさん:2017年12月13日 06:13 ID:Zr9ybBYY0▼このコメントに返信
現インドネシアのジャカルタに昔、オランダ東インド会社の
植民地前線基地のバタヴィア要塞があった。そこには植民地化の
尖兵である各地のキリスト教宣教師の報告書簡が集まる仕組みに
なってたんだけど、そこの膨大な書簡の中に、信長がブイブイ
言わせてた頃の宣教師の報告が残ってる。そこには

日本人の支配階級は屋敷のうちに死体を持ち込み、試し切りと
称して人体を刀で断ち切る訓練をしてる。
マジヤベェ!狂ってる。あいつらマジ戦闘民族!
みたいな記述があって草生える。
285.名無しさん:2017年12月13日 06:25 ID:7fLmymyk0▼このコメントに返信
シヴィライゼーションで文明最速でプレイしてて
軍備が足らず蛮族に囲まれてにっちもさっちもいかなくなると
「ああ古代文明ってこうやって滅ぶんだ」と思ってしまう
286.名無しさん:2017年12月13日 06:38 ID:GiRy1I0B0▼このコメントに返信
日本の歴史
縄文 狩猟
弥生 農耕
古墳飛鳥 大和朝廷
奈良 中央集権
平安 貴族
鎌倉室町安土桃山江戸 武士
明治大正昭和平成 立憲君主制

中国大陸の歴史
殷、周、新、漢、三国、晋、南北朝、隋、唐、五代、宋、元、明、清 皇帝による専制政治w
中華人民共和国 共産党による専制政治www
287.名無しさん:2017年12月13日 06:58 ID:AjFHG4g50▼このコメントに返信
四大文明、現在どこも砂漠化している。
288.名無しさん:2017年12月13日 07:02 ID:AjFHG4g50▼このコメントに返信
2200年前にはじめて支那統一を果たしたが、21世紀になってもいまだに野蛮人のまま。
民族、文化、言語、文字(漢字)何一つ継承されていない地域の歴史。
中国人というのは、中華人民共和国の国籍を持った人あるいは、中華民国の国籍を持った人であり、1912年以降に発生した概念。
289.名無しさん:2017年12月13日 07:21 ID:vlsrxrlk0▼このコメントに返信
ちょいちょいこの手のネタ見るけど、その頃日本wとか自虐する連中が必ず湧いて出るよな
あいつら何やの?
日本落としに血眼になってる4chによく居る朝鮮人かパヨクか?
290.名無しさん:2017年12月13日 07:59 ID:pZ4EN.NX0▼このコメントに返信
その前に周とか殷とかまだまだある
世界を見渡せば、黒人エジプトピラミッドとかシュメールとかまだまだある
シュメールの前にもまだまだある
291.名無しさん:2017年12月13日 08:12 ID:cYKpIyOX0▼このコメントに返信
まさにスタートラインが違っただけで人類発祥の地に近くてかつ豊かなエジプトやペルシャが古文明栄えるのは当然
インドやチャイナもそこから東に伝播しただけ
ギリシャローマは中東に比較しても言うほどすごくない
そして上記の文明は悉く滅びて乗っ取られてる
日本は文明発祥の時期こそ新しいけど連綿と続いてるから歴史深いといわれるのであって
ただ「あった」だけの古文明と一緒に語るのはナンセンス
292.名無しさん:2017年12月13日 08:18 ID:8az1UIAJ0▼このコメントに返信
秦の始皇帝とか白人だろ
293.名無しさん:2017年12月13日 08:50 ID:RXU8vRTk0▼このコメントに返信
橿原のヤマト政権は九州ヤマト政権(魏志倭人伝に出てくる奴国、邪馬台国など)が東征、分派したものなのか、自然発生的に作られたものなのかは分かっていない。
日本書紀や古事記には宇佐から東征した話が出ているので、本体は九州にあったと考えるほうが正しいような気がするが、
古事記の国作りの話は、まず最初に、淡路島を生み、次いで四国(伊予)となっているので、橿原ヤマト政権のルーツは淡路島の可能性もある。
橿原からは距離的に隔絶されてるはずの壱岐、佐渡といった島も生んでいることから、そっち側から渡ってきた人がルーツになってる可能性も高い。
日本はそういう謎に満ちた古代だった時期、お隣の国は史記編纂し記録を残していた訳で、当時は文明人と土人以上の差があったはず。


まあ、ここで日本スゲーしてるクソウヨお前らは、ヤマトタケルに征伐されて屈服したまつろわぬ蛮族の子孫だろうな。
294.名無しさん:2017年12月13日 09:38 ID:Wiqd9IzL0▼このコメントに返信
またジャパンディスカウントか
飽きたわ
中国なんて70年程度しか歴史ないやん
その地域に文明があった歴史換算して比べて劣等感とかないわー
295.名無しさん:2017年12月13日 09:47 ID:lIhLzRCu0▼このコメントに返信
200年、300年続いた老舗もないような土人国の誇る「歴史」なんて絵に描いた餅だろ
中国では図書館や大学言っても、40年前の文献すら閲覧できないのにねw
296.名無しさん:2017年12月13日 10:07 ID:1v9S3xh90▼このコメントに返信
歴史の話になると何故か、スレの趣旨や文脈一切無視して記紀無謬論を喚く狂人が湧くな。
297.名無しさん:2017年12月13日 10:22 ID:FitYLdZi0▼このコメントに返信
日本列島はタイムカプセルだからw

日本は中華文明の後継者w
日本はユダヤの後継者w
日本はシュメールの後継者w
日本はネアンデルタールを受け継ぐものw
争いの痕跡のない縄文人を受け継ぐものw
そしてすべてを統一し得る可能性を持つ民族w

鮮人?君ら戦後発生した国でしょ?ww
百済は日本の属国だし、新羅は影響下だった
白村江で日本が負けた後にツングース系の南下があったんだろうしw
後モンゴルによる征服と虐殺ねw
298.名無しさん:2017年12月13日 10:52 ID:4iUrlQsj0▼このコメントに返信
※287
ほんとだな。
東京、北京、ニューヨーク、パリも1000年後は荒れ果てた地になってるかな。
299.名無しさん:2017年12月13日 11:09 ID:daq.jqeJ0▼このコメントに返信
※293
他所の国のことに口出すなよ。
余計なお世話。
300.名無しさん:2017年12月13日 11:20 ID:KQSoY2to0▼このコメントに返信
つーか、世界最古クラスの土器や漆製品が出てる時点で相当な文明があったことは判明してるから別になぁ
奇跡的に形跡が残った文明と残らなかった文明の違いじゃね?
301.名無しさん:2017年12月13日 11:48 ID:vIassRAK0▼このコメントに返信
※300
さすがにピラミッドが残っていたり、城塞都市が残っていたりするのと、
日本の縄文文明じゃスケールが違うわ
302.名無しさん:2017年12月13日 12:08 ID:VMw1wRFT0▼このコメントに返信
六国史から歴史的事実を読み取ってくれる天才がそのうち現れるでしょ
二十四史ってネットで全文読めるんだな
303.名無しさん:2017年12月13日 12:49 ID:O1e58nBg0▼このコメントに返信
※300
人が大勢住む場所に何らかの流行や文化が生じたのは間違いないと思うよ。
最近グレートジンバブエ遺跡が話題になってるけど、アフリカには他にも古代人の宮殿やら宗教施設的なもんが色々残ってる。
まだ集落や城壁が発見されてないから軽視されてるんだけど、タッシリの壁画なんか見ても非常に栄えた部族が居た様だ。
これからの発見が楽しみだね。
304.名無しさん:2017年12月13日 12:54 ID:1v9S3xh90▼このコメントに返信
※297
悪い、荒唐無稽過ぎて自虐ジョークに見える。
305.名無しさん:2017年12月13日 12:54 ID:NKRrHpm60▼このコメントに返信
※293
謎に満ちた古代と土人とどういう関係?

クソウヨとやらがヤマトタケルに征服されたという根拠は?
306.名無しさん:2017年12月13日 13:27 ID:fXaEp5nA0▼このコメントに返信
というか西暦ってまだ2000年ちょっとしかたってないんだよなと思う
307.名無しさん:2017年12月13日 14:22 ID:w36TXQMh0▼このコメントに返信
文明の発達ってのは「富(=食糧)を奪い、奪われるのを防ぐ」テクニックの発達。
食糧を生産しあるいは略奪し集積し管理し分配し防衛する。それをしないと死ぬ。経済的困窮(=食い物が少ない)がそもそもの原因だからな。
日本列島は恵まれた国。
殺し合い奪い合わなくても、まあ、なんだかんだで食い物はテキトーに確保できた。
暮らすにあたり文明なんて必要なかった。
308.名無しさん:2017年12月13日 15:06 ID:yVohwAaf0▼このコメントに返信
今んとこわかってるなかで一番古くから人が集まって街を作って暮らしてる場所はシリアあたりなんやで。
309.名無しさん:2017年12月13日 15:27 ID:2SKv0jUC0▼このコメントに返信
なぜ日本だけ日本書紀なんだよ
それは国史じゃないの
310.名無しさん:2017年12月13日 15:44 ID:AIJMbKsh0▼このコメントに返信
※301
何のスケールなんだか。知的な部分であるのなら理解は出来るが。
そしてそういう観点なら日本のもロマンあるし。
所詮民族・国家的な誇りとアイデンティティに結び付けて「我が民族のが上だウキキー」って猿の応酬するだけでしょ。
311.名無しさん:2017年12月13日 15:59 ID:K.1Ji4Qp0▼このコメントに返信
※1
専門家の評価は低いぞ
312.名無しさん:2017年12月13日 16:01 ID:K.1Ji4Qp0▼このコメントに返信
※70
日本人って概念自体が
明治以降だからな
313.名無しさん:2017年12月13日 16:02 ID:K.1Ji4Qp0▼このコメントに返信
※280
文革で全部終了
314.名無しさん:2017年12月13日 16:04 ID:K.1Ji4Qp0▼このコメントに返信
※274
がゆえに
日本書記より、古事記の方が、真実を言っている

BY本居宣長 
315.名無しさん:2017年12月13日 16:11 ID:O7qBbP590▼このコメントに返信
スフィンクスはピラミッドより更に古いから
ピラミッド作ってた人達が「これがスフィンクスか はえ~」 状態だぞ
316.名無しさん:2017年12月13日 16:11 ID:8ottJQZB0▼このコメントに返信
日本は紀元前から中国と付き合いがあるのに、文字資料が8世紀までないっておかしいやろ
わしゃぁそれ以前の資料は焚書されたと思っとるわ
317.名無しさん:2017年12月13日 16:32 ID:HtEHIgaW0▼このコメントに返信
※304
つまらん常識人めw
318.名無しさん:2017年12月13日 17:03 ID:K.1Ji4Qp0▼このコメントに返信
※316
当時は皆、暗記よ
by稗田 阿礼
319.ネトヲヨ:2017年12月13日 19:13 ID:L8dMmjZr0▼このコメントに返信
※274 ※314
>がゆえに 日本書記より、古事記の方が、真実を言っている

宣長に責任なすりつけて逃げないよなァ。
古事記にも黒歴史はたっぷりのっているし、
仁賢以降は事績ないから、仁賢以後も架空か?



320.名無しさん:2017年12月13日 20:13 ID:HA.bKUCN0▼このコメントに返信
※204
湖南省の土器は、学術的調査を盗まれたと言って拒否しているから偽造と認定されているよ
321.名無しさん:2017年12月13日 21:08 ID:kF6tHhv40▼このコメントに返信
コロコロ民族が変わってたとこは現在ある国と関係なくね?
322.ネトヲヨ:2017年12月13日 21:30 ID:L8dMmjZr0▼このコメントに返信
※318
いや、当然ある。
「倭の五王」の上表文。

通訳に書かせたとしても、その通訳から文字を学ばないなどということは考えられない。
ま、多分卑弥呼も親書くらい持たせてるだろうがな(文字がなきゃ、『金印』など無用の長物)。

323.ネトヲヨ:2017年12月13日 21:41 ID:L8dMmjZr0▼このコメントに返信
※316
『日本旧記』
これの面白いのは『旧日本記』じゃないというところ。
つまり史料集という意味合いの表題なとこ。

焚書てか、燃えちゃったんじゃね?

324.名無しさん:2017年12月13日 21:53 ID:4iUrlQsj0▼このコメントに返信
中国4000年の歴史で日本と戦争して勝ったのは663年の白村江の戦いくらいだよな。
そのあとは日本と戦っては負けて滅んでいる。
325.ネトヲヨ:2017年12月13日 22:31 ID:L8dMmjZr0▼このコメントに返信
※324
白村江が大和王権誕生のきっかけ。
したがって、現王朝では中国には不敗。

と書くと、オレも右翼っぽく見えるかな?

326.名無しさん:2017年12月13日 23:06 ID:STpI5w0.0▼このコメントに返信
俺はエジプトや中国よりローマの方が恐ろしいよ。
なんなん。あの現代に通じる知は。
産み出された文明も国家も、化け物だよ。
それに比べたらエジプトも中国も世界に与えた影響は少なすぎる。
明確な証拠(碑文)の残るシュメールの方が古い文明度では勝てると思うわ。
327.名無しさん:2017年12月14日 17:18 ID:WsGmFONk0▼このコメントに返信
※326
ローマの技術はアッチコッチの技術の丸パクリとツギハギの結果やで?
建築・芸術・哲学などはギリシアから、金属器はフェニキュア、航海術は同じくフェニキュアやガリア、
農業はエジプトやガリアなど、それぞれが起源。

モンゴル帝国が建設された結果東西の技術が融合されたのと同じ理屈やな。
ちなみにローマ滅亡後に台頭するトルコ並びに西欧諸国の文化の多くがローマ文化の影響下に有る。

あと、中国の影響が小さいと言うのは各王朝に連続性が無く、寿命も短かった事を鑑みれば
思想や宗教、文学等に与えた影響は決して小さくないよ。
日本にも中国の王朝起源の単語や諺が多い事だしな。
328.ネトヲヨ:2017年12月16日 21:09 ID:r7QXcbOW0▼このコメントに返信
※316
書記に出てくる『一書』群からして、その『焚書』は考えられない。
しかし、継体以降の『焚書』は考えられる。
つまり、『(近畿)天皇家』の伝承に関する『焚書』としてはな。

ゆえに古事記の仁賢以降が系譜のみになっている。
ゆえに古事記が『正史』に一切載っていない・・・。

面白い着想39~!

お名前