スポンサーリンク

2017年11月14日 09:05

WW2のドイツってどうすれば勝てたの?

WW2のドイツってどうすれば勝てたの?

800px-Messerschmitt_Bf_109G-10_USAF

引用元:WW2のドイツってどうすれば勝てたの?
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1510575555/

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/13(月) 21:19:15.337 ID:Dovn/TDX0
とりあえずソ連と開戦した時点で敗戦確定だよね

2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/13(月) 21:19:46.466 ID:PueZ6i2Da
ユダヤ人を敵に回した時点で無理

5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/13(月) 21:21:29.991 ID:1i/aDd/md
勝利条件は?

7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/13(月) 21:24:48.762 ID:Dovn/TDX0
>>5
とりあえず有利な条件での講和

6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/13(月) 21:23:35.599 ID:GfqDXMdmp
ルーデルの量産化

8: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/13(月) 21:25:46.158 ID:Af4k0v2pa
ww2とかいう呼び方いつの間にか定着したな

9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/13(月) 21:26:38.897 ID:7eMk4Zo40
バトルオブブリテンで軍事施設への攻撃をもっと徹底的にやる
アメリカへの宣戦布告をしない
ポーランド割譲せずにソレント国境を接しない

12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/13(月) 21:29:33.304 ID:Dovn/TDX0
>>9
戦闘機の脚が短すぎるよね

14: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/13(月) 21:38:18.351 ID:7eMk4Zo40
>>12
Fw-190に増槽つけたら行けるいける

10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/13(月) 21:27:02.344 ID:DL9r0QVS0
ダンケルクでぶち込んでソビエトと仲良くしつつアシカとBoBに耐えれるだけの兵站を作った後にイギリス侵攻で終わり

15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/13(月) 21:40:42.197 ID:Dovn/TDX0
>>10
無理アンド無理アンド無理やないか

11: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/13(月) 21:27:10.268 ID:V2xOnL8w0
防共協定やめてソ連との同盟ルート

16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/13(月) 21:45:32.337 ID:5QzNG7ivM
1941年アメリカで武器貸与法が成立
これでドイツの快進撃が終わって破滅への道へ変わった

19: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/13(月) 21:46:53.850 ID:Dovn/TDX0
>>16
レンドリースがまともに機能する前の1942年時点で既にねえ

17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/13(月) 21:45:55.888 ID:aCNwTB7Q0
どうすれば勝てたかより
敗因は何かという点でなら
ドイツはよくソビエト侵攻が挙げられてるのかな

18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/13(月) 21:46:10.342 ID:FsP39eRZd
原爆開発すれば勝てた

23: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/13(月) 21:50:44.083 ID:DL9r0QVS0
>>18
その人材予算物資研究者はありますか…?

39: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/13(月) 22:34:01.215 ID:llas2BNSd
>>18で終わってるスレ

20: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/13(月) 21:47:21.314 ID:jx2hHVFY0
ソビエト進行するならせめて日本にソビエト攻めさせればよかったのに、
日本がアメリカと開戦したせいでアメリカの本格参戦を招いてしまった

24: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/13(月) 21:51:18.816 ID:Dovn/TDX0
>>20
日本とソ連ってすり潰されてでも勝ちを狙うところが似てるよね
実際にガチ○コでやりあったら凄惨だったと思う

21: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/13(月) 21:47:53.837 ID:5QzNG7ivM
ソビエト侵攻せざるを得なかったのはイギリスを落とせなかったから
イギリスを落とせなかったのはアメリカが武器援助したから
アメリカが武器援助出来たのは武器貸与法が可決されたから

25: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/13(月) 21:52:45.276 ID:jGjW+IkK0
そもそも当時ソ連に侵攻して勝てる国なんかあったのかな
アメリカでもきつそうな気がする

26: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/13(月) 21:55:28.414 ID:jx2hHVFY0
>>25
当時は核を規制するものが無かったから、原爆使いまくればいけるんじゃね

27: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/13(月) 21:57:20.802 ID:5QzNG7ivM
白人国家には核は使わないぞ

28: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/13(月) 22:03:32.323 ID:ScI+m8iD0
イギリスを手早く攻略できないとどっちみち無理だな
もしかしたら脳筋サリンと核のゴリ押しできればなんとか対等な講話が出来たかもしれないが被害的にやる意味がないし

30: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/13(月) 22:12:38.283 ID:Dovn/TDX0
>>28
本当にどうやってイギリスを倒すつもりだったのか謎だよね

31: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/13(月) 22:13:51.154 ID:DL9r0QVS0
爆撃で折れるって思ってたんかね
上陸するとしてもその能力があると判断できないと思うんだがね

32: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/13(月) 22:22:56.803 ID:po1CUfvja
開戦が20年…10年遅かったらジェット機だったんだろうか

33: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/13(月) 22:24:33.324 ID:7eMk4Zo40
どうあがいてもロイヤルネイビーを撃破できる戦力がないからなぁ

36: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/13(月) 22:32:34.199 ID:jCPT2/e40
朝鮮を併合した日本と同盟しない

37: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/13(月) 22:33:19.288 ID:Dovn/TDX0
大陸でBEFを拘束
本土には爆撃で厭戦気分を煽って講和
これを狙ってたのかな?まずはダンケルクで台無しだけど

38: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/13(月) 22:33:33.844 ID:breTNFqjd
よく理解してない人多いけど、イギリスにとってアメリカって敵でしか無いのね
アメリカもアメリカでウォール街を牛耳るイギリスが憎くて仕方無いのね
そして、アメリカはイギリスの第一次大戦についての借金を棒引きし、ドイツ債権を放棄させてる

この歴史があったから、ヒトラーはアメリカの介入は時期尚早と考えて居た
つまり、イギリスを借金漬けにさえ出来ればアメリカとしてそれは外交勝利
ヒトラーはアメリカと殴り合いを演じて、アメリカに早期和平を呼び掛けるつもりだった
当時のアメリカの外交ポリシーが今と全く違ってたからね

何よりソ連侵攻はイギリスとアメリカに対する手土産だから
ドイツが楽観的にそう判断するのも無理無いって
スイスでドイツの為替を担当してたのは、アメリカの銀行だからね

40: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/13(月) 22:39:51.181 ID:breTNFqjd
さっきもレスしたように、イギリスとアメリカ、そしてソ連がくっつくなんて誰も想定して無かった

ヒトラーのソ連侵攻はあの時代の世界情勢から見て本当に理に適ってた

なぜアメリカがソ連を選んだのかってのが、まさにあの戦争最大の疑問
奇妙な戦争って第二次大戦が呼ばれる理由でもある

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2017年11月14日 09:12 ID:c9ECZp130▼このコメントに返信
バルバロッサ作戦の前にT34の情報を知っておれば。
2.名無しさん:2017年11月14日 09:12 ID:NvTQ05KD0▼このコメントに返信
ユダヤのシナリオのまんま
結果は変わらない

芝居なんだからさ
3.名無しさん:2017年11月14日 09:21 ID:3sNmeEzB0▼このコメントに返信
少なくともまっすぐモスクワ目指してればいいモノを、スターリングラードなんて都市名に惑わされて回り道させた段階で、ヒトラーは自ら自滅の道にまっしぐらだったね。
4.名無しさん:2017年11月14日 09:22 ID:PZfQP5zt0▼このコメントに返信
あの軍服にこだわりすぎて
ロシアと戦う時に寒さにやられた感

防寒具準備してれば勝てた
5.名無しさん:2017年11月14日 09:23 ID:NvTQ05KD0▼このコメントに返信
第二次世界大戦のスポンサ-は大日本帝国だよ
銭がめの日本人のことだから元は十二分に取っているw
6.名無しさん:2017年11月14日 09:25 ID:pwZCDAQX0▼このコメントに返信
ルーズベルトとその側近が共産主義者だったんだろ。
7.名無しさん:2017年11月14日 09:25 ID:t8ilOkVr0▼このコメントに返信
連合側に加わる。

枢軸側では無理ゲーだからさ。
8.名無しさん:2017年11月14日 09:26 ID:dMSzFJCn0▼このコメントに返信
0) 米英を離間し、米が英を支援しないようにする

1) ダンケルクで英仏軍を殲滅

2) バトル・オブ・ブリテンでイギリスの都市部に手を出さず、航空殲滅戦に撤する。

3) ソ連には宣戦せず、ソ連からの宣戦を待つ。その後、米を含む世界の反共陣営と連携。

後だしジャンケン的にこれだけ考えてみた。
米の支援付きの英、そしてソ連を同時に相手にしたのが間違い。

9.名無しさん:2017年11月14日 09:26 ID:qut5i.Dc0▼このコメントに返信
WW1で負けなければ、位しか無い気がする
開戦時で既に詰んでるし
ソ連との戦争は不可避だろうしな
10.名無しさん:2017年11月14日 09:27 ID:CJJsUJvQ0▼このコメントに返信
経済的に見たら、破綻寸前でフランスへ攻め込んで(フランスってドイツ国債かなり持ってた)借金踏み倒した上に
固定レートでフランス経済からチューチューしたんだからなぁ、、、

英国だって占領しなければ意味ないし、ロシア攻めなくてもどっか攻めないと破綻するのは間違いないし、まぁ、、、
11.名無しさん:2017年11月14日 09:31 ID:SSnr9aFF0▼このコメントに返信
英国日干し作戦を継続で良かったと思うが。
ダンケルク壊滅と合わせればチャーチル退陣、講話はありえたろ
12.名無しさん:2017年11月14日 09:33 ID:U4F4N5Y.0▼このコメントに返信
イギリスも攻め落とせない。ソ連も攻め落とせない。
13.名無しさん:2017年11月14日 09:33 ID:EmolZ5p30▼このコメントに返信
ナチスはまともな国家経営ができないから、どだい無理な話では。
14.名無しさん:2017年11月14日 09:34 ID:0WuHp2z90▼このコメントに返信
はっきり言っておくが3国同盟結んだ時点で
どんな超兵器を作ったところで勝ち目なんか
ありませんありません。
15.名無しさん:2017年11月14日 09:36 ID:8.i2LNE80▼このコメントに返信
スターリングラードに固執せず、バクー油田を速やかに確保していればまた戦史も変わってたろうなぁ
16.名無しさん:2017年11月14日 09:36 ID:LmxC1rw30▼このコメントに返信
威勢だけ人一倍なのに実は足を引っ張るだけの半島のクズ連中を棄てる。
17.名無しさん:2017年11月14日 09:38 ID:P0wVsdEr0▼このコメントに返信
戦争になる時点で政治的に破綻してる
開戦前の英仏からのタカりの回数を減らすこれしかない
帝政ロシアは約束破りの常習犯出会ったが他国と約束した直後くらいは守っていた
だから他国もロシアと交わした約束は満期迄守られることは決して無いが1,2年くらいは大丈夫と割りきって付き合ってた
ヒトラーはズーデンランドくれたらおとなしくするという約束を舌の根も乾かんうちに破ったから
英仏の融和派が壊滅してナチス絶対潰すマンしか残らず政治的選択肢を無くしてしまった
ヒトラーも帝政ロシアのように無法者だけどギリギリ話が通じるポジションを維持すべきだった
借金の返済日が迫ってた?英仏政府がドイツの友人であったら戦争で踏み出しせずともなんとかなった
いずれ英仏を裏切るにしてもドイツ軍は再建途中であのタイミングでやる必要はない
18.名無しさん:2017年11月14日 09:41 ID:6s2gwMNE0▼このコメントに返信
ダンケルクで、もっと英仏軍兵士を捕虜にして(史実で3万人)、その交換を条件に和平、対ソ戦に専念する。
チャーチルが乗ってくるかは、わからないけどね。
でも史実でも英仏軍はあの時点で大量の兵器を失って、一度継戦能力を喪失しているのだから、兵士まで捕虜になっていたら可能性はあったと思う。
19.名無しさん:2017年11月14日 09:42 ID:xjYNk8K10▼このコメントに返信
二次大戦前の米英は今と違って仲は悪かったが
どうにもならないほど険悪というわけでもなかった
そこを決定的に裂けばアメリカ参戦はイギリス陥落後とかもありえた
そうなればワンチャンあった…かな?
20.名無しさん:2017年11月14日 09:43 ID:kcYaYmLK0▼このコメントに返信
ラインラント、オーストリア、フランスを穫った後
英本土はV1、V2ロケットの空爆による拠点攻撃に留め
Uボートによる通商破壊でイギリスを物心両面で締め上げる
その上で連合国と有利な条件で講和
米ソという物量大正義軍団が参戦してくる前に講和出来なきゃ負けなんだけどね
21.名無しさん:2017年11月14日 09:43 ID:hGdF4pDr0▼このコメントに返信
カレーのイギリス人捕虜を皆殺しにすればイギリスにかてたんじゃね
22.名無しさん:2017年11月14日 09:43 ID:Rf8G3YJ90▼このコメントに返信
ネタでイタリアと同盟組まない、ってのがあるかと思ったが真面目なスレだった
23.名無しさん:2017年11月14日 09:43 ID:gkwpn7HZ0▼このコメントに返信
・ダンケルクでもっと軍人をやる
・BOBで空港と工場攻撃を続けロンドンは無視する
・He-177を普通の4発重爆として開発する
・ハインケル社の迫害をしない
・アメリカに宣戦布告しない
・補給車両、支援重砲/ロケット砲も用意する
・Me-262は最初から迎撃機にする
・フランス艦隊を早期に入手する
 本土から脱出させない
・V-1、V-2は作らない
・イタリアをあてにしない
24.名無しさん:2017年11月14日 09:46 ID:kcYaYmLK0▼このコメントに返信
※16
イタリア「せやなww」

大韓帝国「お前の事やぞwww」

日独「」
25.名無しさん:2017年11月14日 09:49 ID:M4WN40sw0▼このコメントに返信
ドイツに大々的に敵前上陸出来る部隊が無かった時点でどうやってイギリスを攻め落とすことが出来たと言うのか
まさかゲーリングの空からの攻撃だけでイギリスを屈服させて見せると言うセリフを皆真に受けてたのか?
26.名無しさん:2017年11月14日 09:58 ID:P0wVsdEr0▼このコメントに返信
※21
勝てないなあ
米軍とソ連軍に比べて英軍がないと困る場面が少ない
米国を欧州に介入させないのはチャーチルに権力を持たさないのが一番良い
民主党政権下の中国と同じで隣国がマヌケに支配されてるなら小さい利益を与え自分の手先を育てれば良いのに覇権主義を振りかざしチェンバレン政権を潰す真似をして英国を反ナチスで染め上げたのが運のつき
27.名無しさん:2017年11月14日 09:58 ID:sC7dEBcM0▼このコメントに返信
ドイツが勝利する平行世界にいけばドイツが勝てるな。
まあ多世界解釈が成立しているとすればだが。
28.名無しさん:2017年11月14日 10:03 ID:OqNJv.O20▼このコメントに返信
ドイツが勝つにはドイツだけではどうしようもないと思う
ポーランドがもう少しドイツに寛容だったらとか、イギリスがもっと腰抜けだったらみたいに外部的要因が変わらないと勝てない気がする
29.名無しさん:2017年11月14日 10:06 ID:9UT.J9aR0▼このコメントに返信
ウラン調達の難しいアメリカがウラン型のリトルボーイを持っていた不思議

あれはウラン鉱脈を多数持っていたドイツ製という噂があったな

核を使ったアメリカとあえて使わなかったドイツ
30.名無しさん:2017年11月14日 10:08 ID:udnNh03a0▼このコメントに返信
ww1で負けてww2でも負ける
真打のドイスリさんの出番です
31.名無しさん:2017年11月14日 10:11 ID:5vJjgZo.0▼このコメントに返信
■■ 拡 散 希 望 ! ■■
座間の猟奇犯白石隆浩は、在特会神奈川支部員だった。
32.名無しさん:2017年11月14日 10:11 ID:PN3p18Hz0▼このコメントに返信
※28
内側から崩さないと戦争は勝てない、直接外圧をかけてもかえって強く抵抗されるようになるだけ。
まぁ太平洋戦争みたいに外圧と攻撃だけでも圧倒的な戦力差があれば多大な犠牲のもと勝利することはできるけど
ドイツについてはイギリスはともかくソ連、アメリカに対しては論外。
ソ連攻撃にアメリカが参加するようにけしかける努力をしなければいけなかった。
まぁすでにレスついているけどユダヤ人を敵に回した時点で全部終わった。
33.名無しさん:2017年11月14日 10:14 ID:LfXqHWAy0▼このコメントに返信
ポーランドに攻め込まず、攻めさせてから迎撃の形にしてソ連と折半にしてじっと我慢の子ができていれば少しは違ったかも
34.名無しさん:2017年11月14日 10:23 ID:oNIkhfMT0▼このコメントに返信
ヒトラーが作戦に口出ししないだけで勝てたんじゃね?

イギリスの時も、ベルリン空襲の報復に拘らなけりゃ迎撃機の生産工場や基地を壊滅出来たのに、そっち放り出してロンドン爆撃やったから迎撃体制を立て直されたし
35.名無しさん:2017年11月14日 10:23 ID:CQbzNyht0▼このコメントに返信
イギリスがチャーチルでなければフランス降伏後
早期講和できた可能性は高い
そうすれば米英の戦略爆撃もない
対ソ戦で独ソが膠着する可能性はある
その方がイギリスも国力を消耗しないですんだ
だろうね
チャーチルが戦後追い落とされるのも当然ではある
36.通りすがり:2017年11月14日 10:24 ID:Zh.H8Ac.0▼このコメントに返信
18:
原爆開発すれば勝てた

23:
>>18
その人材予算物資研究者はありますか…?

 人材についてはノーベル物理学賞とったハイゼンベルクが居た。
アメリカ側の研究開発チームのオッペンハイマーとアンシュタインも
『ハイゼンベルグが居る限りドイツは必ず原爆を開発する』
と断言。
 悪天候の中ノルマンディ上陸作戦を強行した理由の一つになったと思う。

結果的には、
・手持ちウラン鉱石が少ない&連合軍に鉱山とられた。
・核兵器に使用できるまでの濃縮装置が足りなくてウン十年かかる。日本の理化学研究所も同じ結論。
 (アメリカは分離機を1000本で月産2発)
・ハイゼンベルク氏とナチスドイツが不仲でまともに研究できなかった。

アメリカの前線・後方とも物量作戦は半端ない
37.名無しさん:2017年11月14日 10:28 ID:2EfxVVUU0▼このコメントに返信
日本が北進したら挟撃できた
日本がソ連に勝てるかどうかはさておき、ドイツの対ソ攻勢の助けにはなっただろう
あとはスペインだな
スペインが参戦してさっさとジブラルタル抑えてたらとにかく脆いイタリアがやられることは防げた
38.名無しさん:2017年11月14日 10:31 ID:dMSzFJCn0▼このコメントに返信
※25
大々的に敵前上陸できる陸上部隊はあった。
イギリス海軍と正面から殴り合って勝てる海上戦力はなかった。

よってアシカ作戦はイギリス南部の航空優勢を確保した上で、スカパなど
英仏海峡から遠くに拠点を置く英海軍主力の英仏海峡への介入をどう防ぐか、と
いうことに主眼が置かれている。

1944までドイツ空軍が制空権を保っていたフィンランド湾上空で、ソ連のバルト艦隊を
閉じ込めていた機雷堰の掃海が同年8月まで果たされなかったことを考えると制空権さえ
握れば英仏海峡の機雷による封鎖と掃海部隊の排除は成功する可能性が高い。

けれども実際には都市部に目標を切り替えた戦略ミスと、イギリスではほとんど必要分を
生産できなかった高オクタン燃料や航空機の材料を支援したアメリカの存在が原因で
イギリス空軍は持ちこたえ、アシカ作戦の前提となる制空権の奪取は達成できずに終わった。
39.名無しさん:2017年11月14日 10:31 ID:Zh.H8Ac.0▼このコメントに返信
※4
侵攻速度が早すぎて補給が間に合わなかった感があります。
道路事情も悪すぎて、冬用の軍服、不凍液、が前線に届かなかった。

ヒットラーがスターリングラード攻略を(感情的に)優先してしまい、体制整う前に強行させた。

前線では兵士たちが投降したソ連兵から冬の知恵を吸収し、現場レベルで対応してたようです。
(その場しのぎに過ぎなかったケド)
40.名無しさん:2017年11月14日 10:33 ID:XYWqPapD0▼このコメントに返信
欧州戦線もソ連方面も突破は無理だと思うわ
メッサーシュミレットは英国まで飛ぶためには航続距離が足りず爆撃機の護衛が出来ずに爆撃するたびに爆撃機が失われた
ソ連も例えさらに攻め込んでも戦力は温存されてかえって補給が伸びきって自滅する
アフリカなどの植民地でもとり尽くして経済や物資を蓄えつつ防衛に徹した方がよかっただろう
もしも攻撃側が有利だったとしても戦力を戦線から後方に引き、敵軍が行軍してきたところを叩けばいい
41.通りすがり:2017年11月14日 10:39 ID:Zh.H8Ac.0▼このコメントに返信
※38
ドイツ空軍の病巣、政治屋ゲーリングがダンケルクの敗残兵狩りを
「空軍だけで十分」とか言ったせいで陸海軍が控えに回されましたね。

東方戦線の第6軍が包囲された時も、
「空軍の輸送力で賄える」
と言ったが、結果ソ連戦闘機の迎撃と冬季の厳しい寒さで稼働できる航空機が減り予定の半分どころか10分の1。
42.名無しさん:2017年11月14日 10:39 ID:MqBXSPkE0▼このコメントに返信
うーんやはりソビエトに進攻したのは間違いかなぁ
ドイツには2正面戦闘するだけの余力はないしね
特に戦車に関しても当時ドイツは自国の戦車が最強と思っていたのより進んだT-34にぶち当たってショック受けてるからなぁ
初戦でT-34に勝てたのは集中運用をせずに分散配置をしていたから確固撃破出来たのであってT-34の性能というより用兵上のミスだからね
それがソビエト側も経験を積んで手強くなると勝てなくなってきたからね
ソビエトの広大な領土による空間要塞にドイツ軍は飲み込まれていって敗北したと言えるかな
43.名無しさん:2017年11月14日 10:42 ID:Bl2DzGPt0▼このコメントに返信
破局は約束されていたからな。ソ連とはいずれ戦うハメになるから。ヒトラーもそれを支援していたバチカンなども反共産主義だったからな
ユダヤ人の方は逃げた連中は外から文句は言うがドイツとガチでやりあう気はなかったからな
しかしソ連はやる気満々だったしムダに広大過ぎる国土と極寒の環境を読みきれなかったドイツ軍が負けることは決まっていたわけだ
そこは自制して西部戦線に集中して英国を降伏させていたらなんてことはヒトラーには出来ないから
44.名無しさん:2017年11月14日 10:45 ID:t4QI.9an0▼このコメントに返信
ダンケルクでBEFを捕虜にしてれば、当面英本土を守備する人員は枯渇状態。史実でさえ火器が不足し、槍を準備してたのは有名。
ドーバー海峡は対岸に沿岸砲が届く狭さしかない。S-ボートでさえ英主力艦の脅威になるだろう。
Bof B でも海峡上空ではキルレシオでドイツ側が優勢だった。
英海軍が侵攻を阻止し、封鎖し続けるのは無理だと思う。
ヴェアマハトが一たび上陸に成功し徐々にでも占領地を広げると、それに応じてRAFの優聖域は減退し、また海峡の補給路の警備も強化されてゆくと考える。
守備隊が枯渇した英陸軍が僅か1~2個師団でもドイツ軍の揚陸を許してしまうと、地上戦力でこれを撃退するのは至難。
後は海峡をめぐる補給路の戦いとなるが、前述したとおり英海軍の墓場となりかねない。
45.通りすがり:2017年11月14日 10:47 ID:Zh.H8Ac.0▼このコメントに返信
※40 ※42 ※43
ヒトラーに停戦や守りとか言っても無理だからそうなりますね(笑)
46.名無しさん:2017年11月14日 10:47 ID:Vu.kkKm90▼このコメントに返信
馬車馬の国民性だから
 
結局どうやっても勝てない
47.名無しさん:2017年11月14日 10:48 ID:TMczHZlq0▼このコメントに返信
ドイツ「おい日本。絶対にアメリカとだけはやるなよ。あいつが参戦してくると俺ら勝ち目がなくなるから。絶対にやるなよ。」
日本「トラトラトラ」
ドイツ「ちょ!おま!何ちゅうことさらすねん!アメがヨーロッパ戦線にやってきたやないか!ソ連のイモ野郎だけなら何とかなるっちゅうのに!」
48.名無しさん:2017年11月14日 10:57 ID:uifCLivM0▼このコメントに返信
正直、開戦と同時に、同時多発テロによるルーズベルトとチャーチル暗殺くらいしか思いつかん。

それくらい開戦段階で、もう詰んでる。
49.名無しさん:2017年11月14日 10:57 ID:LBP9uApu0▼このコメントに返信
アメリカを参戦させなければ、日本もドイツも余裕で勝ってただろう。

ソ連がやったようにアメリカの上層部にスパイを送り込んでソ連に敵意を向けさせればよかった。
50.名無しさん:2017年11月14日 10:57 ID:zouprdKZ0▼このコメントに返信
超多面戦争をやって勝ち残った国はない。
現在のアメリカでさえ、戦争をやるときは一正面戦争に限定している。
ビスマルクがやったように、外交によって各国を分断し
一カ国ずつの各個撃破を地味に積み重ねていく以外に、ドイツの勝機はない。

そうしてヨーロッパ諸国が全てドイツの属国・同盟国となれば
全ヨーロッパ・米・ソの3すくみの安定状態になる。
51.かいば1/2:2017年11月14日 11:02 ID:lncKJCFZ0▼このコメントに返信
ヒトラーを暗殺
52.名無しさん:2017年11月14日 11:02 ID:t4QI.9an0▼このコメントに返信
二つ目の転換点はバルバロッサだが、これが当初計画通り史実より一か月早く開始されていたらモスクワは陥落したと思う。
ドイツ軍は補給を鉄道に頼っており線路規格の違いがネックとなり前線は壊死に近い状態となったが、一か月早く開始していたらその分線路規格の転換工事もより奥地へと進んでいた。
史実でさえモスクワの8キロ手前まで迫ったタイフーン作戦だが、これが一か月早まり尚且つ、史実と同日時で補給状況が改善されているなら陥落した可能性は相当に高い。
モスクワ陥落後の影響は、史実ではモスクワに対して弧状に対峙したドイツ軍だが、逆にドイツ軍が占領したモスクワに対してソ連軍は弧状に対峙せねばならず、ソ連軍は全戦線にわたって兵力集中度が下がってしまう。1941~42年の赤軍冬季攻勢は史実よりドイツ軍の損耗の減少・ソ連軍の損害増大となるだろう。また、地理的位置からレニングラードの陥落も逃れられなくなる。
史実でさえスターリングラード市街の9割を占領したが、上記の影響により失陥は逃れられず、赤軍は二重包囲戦略もとれなくなる。
ブラう作戦を成功させた枢軸陣営はバクーを占領し独ソ戦の大勢は決着を見る。
53.名無しさん:2017年11月14日 11:03 ID:j.nUIU.70▼このコメントに返信
よく「白人に原爆は落とさない」とかドヤ顔でいっちゃう奴がいるけど、少しは欧州の歴史を見てみればいいのに。
確かに中世あたりはのんびりやってたけど、近代に入ってからは白人同士でも情け容赦なく潰し合ってるぞ。その意味において連中は肌の色で区別なんぞしない。
ドイツに原爆落とさなかったのは、その前にドイツ降伏しちゃっただけの話や。
54.名無しさん:2017年11月14日 11:08 ID:t4QI.9an0▼このコメントに返信
※53
同意
あと浦上天主堂の被爆でキリスト教徒がショックを受ける筈、みたいのは日本人のロマンチズムだと思ってる。
プロテスタントvsカトリックだってエグいのに。
55.名無しさん:2017年11月14日 11:08 ID:64jfaniH0▼このコメントに返信
日本のアンテナ会社 YAGIを潰しておくべきだった。
56.名無しさん:2017年11月14日 11:21 ID:4P9mn30n0▼このコメントに返信
よく知らんけど、なんでソ連に攻め込んだんや?
ポーランドとフランス・オランダ取った時点で止めればよかったのに。
57.名無しさん:2017年11月14日 11:25 ID:UeLAKsri0▼このコメントに返信
フランスにだけ喧嘩を売って賠償金踏み倒しを図る。
…だめだな、同盟があるか。同盟を解消させなくちゃいけないとなると何からやればいいんだw
58.名無しさん:2017年11月14日 11:30 ID:uRhdVqUu0▼このコメントに返信
日本とソ連を挟撃してればワンチャン。
 
ルーズベルトが全力でソ連を支援して阻止するのかもしれんが。
59.名無しさん:2017年11月14日 11:31 ID:dMSzFJCn0▼このコメントに返信
※56
イギリスが降伏しないのはソ連の存在があるから、とヒトラーが考えていた他、
イデオロギー面でもドイツは東方に生存圏を求めていたから。
また、フィンランドに負けたソ連を甘く見たというのもある。
60.名無しさん:2017年11月14日 11:31 ID:i1FM7M7b0▼このコメントに返信
ソ連の脅威というイギリスの工作が上手。欧州の盟主はイギリス。
ドイツが勝つにはイギリス占領しか勝ち目は無かった。
61.名無しさん:2017年11月14日 11:36 ID:t4QI.9an0▼このコメントに返信
※56
ヒトラーは元々英仏と戦争する気はなかった。
本来の目的は東方生存権とボルシェビズムの殲滅。
62.名無しさん:2017年11月14日 11:38 ID:L.yjLrvn0▼このコメントに返信
まぁ敗戦が決定したのはバトルオブブリテンの敗北だからね。というか最初から渡洋攻撃出来る対スピットファイヤ用単発戦闘機作ってれば良かった。
零戦と109の間の子みたいなの作れればね。

あとは同時作戦やめて各個撃破方式にすりゃ幾分マシな資源配分が可能だったと思うよ
63.名無しさん:2017年11月14日 11:53 ID:dMSzFJCn0▼このコメントに返信
※62
早過ぎ。1943年6月頃、アメリカで建造されたリバティー船の大量就役が
イギリスを敗北から救ったが、それまでは物資の枯渇によって同国の戦争継続が
危ぶまれていた。もしイギリスの脱落が実現していたら、対独戦略爆撃なんて
夢に終わってたね。
64.名無しさん:2017年11月14日 12:04 ID:QsmpzyIg0▼このコメントに返信
スターリンと密約を交わして軍備を整えるだけ整えて、
西欧ではなく東にだけ攻めたらどうなる?

英仏に蔓延っていた厭戦気運を思えば、ドイツとソ連の密約をドイツが暴露してから対ソにだけ宣戦することで
英仏を傍観者にできたんじゃないかな?
65.エンアカーシャ:2017年11月14日 12:06 ID:tV12XXHU0▼このコメントに返信
<ナチスドイツを1950年まで延命させたら賞金>のスレを参照してね、

<勝てたの?>、と来たか · · · 、
フランスを滅亡させた後に、イギリスを放置して置けば、勝てたよ?、

貴重な航空戦力を5000機も、パイロットと共に消耗したのが、敗因なのだから、
それさえ無ければ、ドイツは勝てた、

基本的に、連続での<他国の参戦>は食い止められないので、考えても無駄だ、
無駄、ムダ、むだ、

イギリスはフランス軍を抱えて、自滅させれば良い、
フランス国民を、100万人程度、イギリスへ送還しても良い、
イギリスの経済を、<人道的処置>によって壊滅させるのだ、

背後から奇襲の準備をしているソ連に、全力を投入していれば、
スターリンの首を跳ねる事も可能だった、以下次回。


66.名無しさん:2017年11月14日 12:15 ID:MiYiEjym0▼このコメントに返信
※52
つまり、イタリアが悪い!
67.名無しさん:2017年11月14日 12:27 ID:yizS1yUv0▼このコメントに返信
バトル・オブ・ブリテンに失敗した時点で頭を切り替え、
講和をするかそれ以上の戦域拡大をせず防衛に徹し、原爆開発に注力。

もし他国に先駆けて原爆開発に成功すれば、デモンストレーション使用で力を示しつつ、
交渉だけでヨーロッパを席巻できたかも。
68.名無しさん:2017年11月14日 12:28 ID:pWcCdxnd0▼このコメントに返信
ソ連攻めるくらいならジブラルタル目指してスペインと戦うほうがマシだったと思う
スペインも厄介な国土ではあるが、成功すれば地中海の安全、そしてスエズも取れただろうし

まぁブリテン占領できない時点でいつかは負けるだろうが
69.名無しさん:2017年11月14日 12:29 ID:FmiDLG1P0▼このコメントに返信
第一次大戦の失敗から学ばなかったこと。
2回の世界大戦に負けるってどんだけバカなのかって話よ。
ドイツ1国なら上位ランカーなのに友達少なすぎてクソザコ国と同盟組んで
ぼろカスにやられる。(第一次大戦)
ドイツ1国なら上位ランカーなのに周りに友達いなくてクソザコ国(イタリア)と
親交もない遠方の親戚(日本)と同盟組んで頭から真っ二つにされる(第二次大戦)
ドイツはボッチ気質直さないと次も負けるよ。
70.名無しさん:2017年11月14日 12:31 ID:Vf6YqWh70▼このコメントに返信
アメリカを敵として呼び込んだ日本と同盟しない
71.名無しさん:2017年11月14日 12:34 ID:o7WR4LBq0▼このコメントに返信
気象兵器作って冬無くせば楽勝!
72.名無しさん:2017年11月14日 12:40 ID:Mr9pIfz70▼このコメントに返信
イタリア支援で、アフリカ軍団を作って投入したけど
これが無かったらモスクワは簡単に落ちていたよ。
73.名無しさん:2017年11月14日 12:40 ID:TGohmWYx0▼このコメントに返信
ドイツ人がドイツ人である限り無理なんじゃないかな、優秀で真面目ではあるけど、そこが利点でもあり、弱点のような、皆が皆では無いけど孤立しそう
74.名無しさん:2017年11月14日 12:45 ID:9E6GjqJh0▼このコメントに返信
米62
渡洋した上で短距離高機動のスピットファイアと戦える戦闘機なんかあるわけないだろ。
それこそ空母の艦載機とかじゃないと無理だ。
だいたいバトルオブブリテンで航空機黙らせられたところで、ロイヤルネイビーがまだ健在だったわけでどうやったってアシカ作戦は頓挫していた。
何をもって勝ちとするのかがよくわからんが、連合との早期講和が絶望的だった時点でどうしようもないよ。
75.名無しさん:2017年11月14日 12:50 ID:E65cqdYO0▼このコメントに返信
※53
むしろトルーマンは原爆投下でソ連の日本侵攻を防いだんだよなぁ…
有色人種だから落としたとか言ってるけど朝鮮戦争で原爆投下をトルーマンに進言したマッカーサーは解任されてるしな、いやマッカーサーが嫌われてたのもあるけど…
76.名無しさん:2017年11月14日 12:56 ID:rZiwrSHj0▼このコメントに返信
ドイツはずっと日本に対してソ連に対して開戦してくれって言ってる
それを言われても何かあった時にソ連に頼って和平結ぼうとしてたから日ソ中立条約もあったから攻めなかっただけ
せめてアメリカ-ソ連間の物資輸送でも阻害してくれとアッツ島だかまでとったけど結局何もやってない
77.名無しさん:2017年11月14日 13:06 ID:21F4iQbC0▼このコメントに返信
※74
アシカなんて日本みたいに双発爆撃機に魚雷積むか、アメリカみたいに反跳爆撃やらせるだけで
当時の防空戦闘のなってない英国艦艇はボコボコにできただろうな。
やはり戦闘機の足が短すぎたのと対艦攻撃の研究をしてなかったのが原因。
ルフトバッフェに「対英戦の研究しろ」とせめて5年前に言っておけばよかった。
78.名無しさん:2017年11月14日 13:11 ID:LVB5BR670▼このコメントに返信
そもそもナチスの戦争目的が「世界一優秀なアーリア人種による世界支配」だからな

勝ちたければ目標を下げないと無理
79.名無しさん:2017年11月14日 13:13 ID:JJ0f0kQ20▼このコメントに返信
当時のアメリカはアカ思想の大統領だったからな
まずは日本の満州軍と挟撃でソビエトを全力で叩けてたら勝率は上がったかもな
80.名無しさん:2017年11月14日 13:17 ID:dMSzFJCn0▼このコメントに返信
※74
※38でも書いたが、アシカ作戦は英海軍主力の介入を阻止することに主眼を置いてる。
それが可能な理由は、イギリス本国艦隊の拠点が英仏海峡から離れていることや、英仏海峡の
両端が機雷で封鎖できる程度に狭いことにある。さすがに制空権が奪われたら、
「どうやったってアシカ作戦は頓挫していた」なんて断言はできん。
制空権を奪還しないと掃海も上手くいかないのは1944年のフィンランド湾の実例が示しているし、
ノルウェー戦や地中海の戦いなどエアカバーが不足していた戦場では、イギリス海軍でもドイツ空軍を
相手に少なからぬ損害を被ってる。
81.名無しさん:2017年11月14日 13:22 ID:dMSzFJCn0▼このコメントに返信
※77
制空権があればJu 88の急降下爆撃でも充分。
実際、英海軍は地球上のどこにも増して地中海でドイツ空軍機を相手に喪失艦を出してる。
次点が北海。
(ちなみにWikipediaでは同機が緩降下爆撃しかできなかったなんて
書いてあるが間違い。制限をかけた上でなお60°で以上で降下していて、
これは日本海軍の基準に合わせても急降下爆撃に相当する)
82.名無しさん:2017年11月14日 13:22 ID:ZpCTN7O70▼このコメントに返信
エンゲル博士「・・・」
83.名無しさん:2017年11月14日 13:23 ID:pWkCI2XS0▼このコメントに返信
ビスマルク級を量産して大英艦隊戦で勝利し、余裕でアメリカからの補給を遮断。
Dディを完璧に潰して二度と上陸作戦ができないようにする。
ドイツ海軍に開港するためアメリカ艦隊を大西洋に回航。
日本軍が太平洋からインド洋までを制圧。
イギリス国滅亡。
あとはドイツと日本でアメリカを挟撃。

という夢を見た。尚ソ連。。。
84.名無しさん:2017年11月14日 13:28 ID:21F4iQbC0▼このコメントに返信
※81
おおむね賛成だけど、急降下爆撃機では装甲の厚い戦艦は沈めれない。
戦艦なら舷側に攻撃しなければならず、魚雷はもちろん反跳なら爆弾さえ大きければ何発か当てれば沈めることができる。
85.名無しさん:2017年11月14日 13:31 ID:1HlsBLUX0▼このコメントに返信
※69
パリを落とすまではWW1の反省が活きてたんだがな
あそこでイギリスが脱落しなかったから結局2正面
になってしまった
でも護衛機無しの戦略爆撃を被害無視でやってる
アメリカがちょっと異常
(イギリスは夜間爆撃しかしてないのに)
86.名無しさん:2017年11月14日 13:32 ID:1HlsBLUX0▼このコメントに返信
※84
ルーデル 「そうかな?」
87.名無しさん:2017年11月14日 13:38 ID:xP1JFA5S0▼このコメントに返信
米英を味方に付ける。
やり方は知らん。
88.名無しさん:2017年11月14日 13:40 ID:dMSzFJCn0▼このコメントに返信
※84
1940年4月9日、ノルウェーでロドネーが装甲甲板をJu 87の500 kg徹甲爆弾に割られてるんだ
( ttps://goo.gl/6888qS )。
幸い不発だったが、炸裂してたら弾薬準備室が吹き飛ぶ惨事になってた。
その戦例から鑑みるに、ドイツ空軍には急降下爆撃で当時の英海軍でも最も重装甲だった艦を
撃沈する手段があると言わざるを得ない。
89.名無しさん:2017年11月14日 13:45 ID:Ah.ZVqER0▼このコメントに返信
ダンケルクでイギリス将兵捕虜にして、踏み台にして講和。
米英、新生仏と同盟してソ連攻略。
90.名無しさん:2017年11月14日 13:58 ID:NG76rcOe0▼このコメントに返信
バトルオブブリテンはとりあえず零戦使えば勝てた

※77
マレー沖海戦の一式陸攻みたいにHE111に魚雷一本積んで
執拗に雷撃すればたぶんプリンスオブウェールズとかも撃沈できてたよな
91.名無しさん:2017年11月14日 14:01 ID:JRg2B3cQ0▼このコメントに返信
※56
フランスを倒しても、イギリスが残っている限り戦争は続く。
ソ連へ攻め込む理由?我が闘争を読めばよく分かる。
英国はドイツと同じアーリア人国家であるから、本来は英国とドイツは同盟を結ぶべきであり、一方、ソ連は倒すべき共産主義国家であり、ドイツの生存圏は東方にこそある、と説いているあの本を盲信したドイツ人により、バトルオブブリテン当時はヒトラー自体が突き上げを食らっていた。
同盟すべき英国と戦い、滅ぼすべき相手であるソ連となぜ同盟を結んでいるのかとね。一部の若手将校がヒトラーに直談判さえしている。
英国をあっさりと倒せるならよかったがバトルオブブリテンが長期化の兆しを見せ始め、かつドイツの資源不足が目立ち初め、このままではあと数年も現在の戦力を維持できないと分かってたから、陸軍の戦力が残っている内に、ナチスの本来の目的であるソ連を倒すことになった。
ソ連を倒すことにナチスの存在意義があったし、ヒトラーの存在意義もあった。
92.名無しさん:2017年11月14日 14:07 ID:rnJJI8jR0▼このコメントに返信
ドイツは1t爆弾まで急降下爆撃に使うからな
(それでHe-177を駄目にしたんだけど)
93.名無しさん:2017年11月14日 14:09 ID:Ixs27SRl0▼このコメントに返信
欧州の中心に位置し、経済面では発展しやすくとも、
軍事面では終わってる土地柄だよなぁドイツ
94.名無しさん:2017年11月14日 14:11 ID:t4QI.9an0▼このコメントに返信
※72
たった数個師団のアフリカ軍団を支えるのに必要な兵站力は一個軍集団用に匹敵したそうな
95.名無しさん:2017年11月14日 14:12 ID:s.LxxrnW0▼このコメントに返信
挑発に乗ってロンドン爆撃なんかしなけりゃ勝てたんじゃないですかね?
空軍基地を叩いてればバトルオブブリテンなんか発動しようがないよ
戦略爆撃なんかクソだってはっきりわかんだね。某島国も開始されてから2年半元気に戦ったぞ
96.名無しさん:2017年11月14日 14:19 ID:dMSzFJCn0▼このコメントに返信
※92
しかもロドネー爆撃に使用されたのはSD 500という半徹甲爆弾。
その気になればPD 500なり、PC 1000なりもっと徹底的な手段を用いることができるわけで……。
97.名無しさん:2017年11月14日 14:51 ID:LVB5BR670▼このコメントに返信
※95

観測基地網、レーダー網が充実していた(そもそも開戦前の国防リソースを防空にぶっこんでいた)英国上空で進攻する側が制空権とるのは国は世界中見渡しても存在しない

バトルオブブリテン開幕当初のイギリスは、航空基地を重点的に守ってロンドン爆撃を積極的に阻止しなかったが、独空軍が案外ショボかったので反撃に転じて結局勝った

98.名無しさん:2017年11月14日 14:58 ID:27bSyQbm0▼このコメントに返信
ドイツ国防軍にターニャ・デグレチャフ少佐が居れば・・・やっぱ、ダメか・・・
99.名無しさん:2017年11月14日 14:58 ID:.kDrwuoo0▼このコメントに返信
>そもそも当時ソ連に侵攻して勝てる国なんかあったのかな
相対的にアメリカがかなり強いんでやる気があれば勝てたと思う
100.名無しさん:2017年11月14日 15:02 ID:VTooiCzY0▼このコメントに返信
※54
原爆開発責任者の将軍が、「長崎を候補から外してほしい」と意見具申していたのは
事実で、かつ候補になったといっても第二候補であり、ほんとは小倉が目標だった
ところが当日、小倉の上空は視野が悪かったので、長崎に急きょ変更されたという

なお、原爆は元々ドイツの工業地帯を破壊するのが目的で開発されていたとも聞く
101.名無しさん:2017年11月14日 15:17 ID:FY5pAj5o0▼このコメントに返信
アメリカがチート過ぎる。
イギリスとソ連を支援しながら日本とも戦える経済力と工業力と資源があるアメリカ。
102.名無しさん:2017年11月14日 15:38 ID:Uj2VYbMb0▼このコメントに返信
ソ連とだけ戦っていれば米国も味方になった。フォードの社長はナチの援助をしていたくらいだ。日本もソ連だけ攻めていたら戦勝国。本筋を攻めず
周りからやったのがまちがい。ドイツは東進、日本は北進でソ連解体。50年早くソ連を崩壊できた。
103.名無しさん:2017年11月14日 15:42 ID:3W2TcOBJ0▼このコメントに返信
とりあえずフランス人の亡命阻止だな
104.名無しさん:2017年11月14日 16:00 ID:LVB5BR670▼このコメントに返信
※103

そもそもドイツ人すら大量に亡命してるんですがそれは
105.名無しさん:2017年11月14日 16:00 ID:WMQYPMFl0▼このコメントに返信
一回降伏してからのイタリア・日本に宣戦布告
106.名無しさん:2017年11月14日 16:04 ID:LVB5BR670▼このコメントに返信
※102

チャーチルとかいう戦争狂が対独強硬路線を維持する限りどうにもならんよ

奴はアメリカを大陸に引き込むためなら虎の子のアジア植民地を日本に荒らされることすら甘受した男だぞ
107.名無しさん:2017年11月14日 16:05 ID:T62PLyud0▼このコメントに返信
イタリア日本と同盟したこと
108.名無しさん:2017年11月14日 16:09 ID:BkU6vWrs0▼このコメントに返信
ソ連とやらない。それだけでOK。
109.名無しさん:2017年11月14日 16:11 ID:TMczHZlq0▼このコメントに返信
1946年からネバダで300回くらい核実験をやって兵士を行軍させる訓練したらしいね。
当時のアメリカの大統領や軍部上層部は原爆について「なんか規模のでかい爆弾?」くらいの認識しかなかったんだろうなあ。
あとで高確率で原爆症になって一人一億円くらい賠償したんだっけ。
110.名無しさん:2017年11月14日 16:14 ID:Lh.w.hSD0▼このコメントに返信
ソ連はレンドリースさえ止めれば勝てるんだけどな
日本が輸送船素通しの時点で負け確
つまりじゃっぷがわるい
111.名無しさん:2017年11月14日 16:18 ID:LVB5BR670▼このコメントに返信
※108

ソ連とやらんならヴェルサイユ体制下の優等生続けてりゃよかったじゃん

英仏を経済で圧倒するだけならば当事のドイツに戦争など必要なかったし、戦後実際にそうなった
112.名無しさん:2017年11月14日 16:19 ID:Sxs4MoJ10▼このコメントに返信
※97
実際にはレーダーは早々に破壊目標になってますがね
空襲が始まったらさほど活躍できてない
113.名無しさん:2017年11月14日 16:27 ID:LVB5BR670▼このコメントに返信
※112

レーダーが信頼できなきゃ肉眼を使うまで
レーダーや肉眼での観測網と、観測網で集めた情報による航空管制で、イギリスはドイツを上回っていた
114.名無しさん:2017年11月14日 16:28 ID:dMSzFJCn0▼このコメントに返信
※111
大恐慌が悪いんや

あれで各国が対独投資を引き揚げ、ドイツにも及んでいた狂乱の20年代の
好景気は見る影もなくなり、不況が訪れた。

そこへ来て排外的拡張主義を取るナチスが政権をもぎ取り、今の北朝鮮みたいな
恫喝を繰り返した結果が第二次世界大戦の幕開けという……。
115.名無しさん:2017年11月14日 16:49 ID:BkU6vWrs0▼このコメントに返信
※111
※114

ヒトラーはナポレオンの東征から何も学ばなかったんかなぁ
つーか、古代からずっと欧米は東の蛮族を舐めてやられっぱなしやんけ。
116.名無しさん:2017年11月14日 16:53 ID:A.TFIU350▼このコメントに返信
米80
そのノルウェー海戦で、海上封鎖の要となる駆逐艦10隻、軽巡2隻を喪失してるんだぞ、ドイツ海軍は。
117.名無しさん:2017年11月14日 16:54 ID:dMSzFJCn0▼このコメントに返信
※113
チェイン・ホームレーダーの作動様式は当時としても古くて「枯れた」
作動様式であり、同時代だとドイツのフレイヤレーダーの方が現代に通じる
技術を採用した優れたものだった。

1942年頃からドイツより優れた性能を示すようになったのは、GCI type 7など
チェイン・ホームとは別のレーダーだね。

またドイツ側の防空体制もイギリスと同等に侮りがたいもので、1939年12月18日、
ドイツ湾上空で英空軍の爆撃機部隊が戦闘機の迎撃により22機中15機を失い、任務に
失敗する損害を受けてそれ以降の昼間爆撃がしばらく見送られたりしてる。
これもイギリス同様、レーダーと防空監視所を活用したシステムの賜物だった。
118.名無しさん:2017年11月14日 17:01 ID:dMSzFJCn0▼このコメントに返信
※116
アシカ作戦について調べてみると分かるが、ドイツ海軍が海峡封鎖の手段として活用しようと
したのは機雷だよ。軽巡2隻と駆逐艦10隻は要と目されてはいない。
119.名無しさん:2017年11月14日 17:05 ID:TOk9M1tc0▼このコメントに返信
>>ルーデルの量産化

彼が凄過ぎただけなのに上層部はJu87シュトゥーカによる急降下爆撃は非常に効果があると勘違いしてしまった
600両以上の戦闘車両破壊しただけじゃなく、固定脚で遅い機体なのに一度も敵機から撃墜されなかった(30回の撃墜は全て地上から撃たれたもの)のも彼が凄かったから(実際、上官が彼の機体で飛んだら撃墜されたし)
120.名無しさん:2017年11月14日 17:08 ID:BkU6vWrs0▼このコメントに返信
まーでもエゲレスが作ったレーダーとソナーは偉大じゃの(・ω・)
121.名無しさん:2017年11月14日 17:11 ID:Uj2VYbMb0▼このコメントに返信
日本とドイツは同じような間違いを犯していた。ソ連自体日本が南進するか、北進するか非常に心配してゾルゲの連絡で 西部戦線に集中した。
この時点で日本もドイツも一貫性のない戦いをしていたわけだ。日独防共協定を結んだ以上、ともにソ連だけ攻めていたら ソ連の敵は英米でもあったわけだから 西欧はむしろドイツを援護したはずだ。大義が無い戦いを始めたからユダヤ人迫害などをもちだしたのだ。日本も外交音痴でどこを攻めればよかったのかもわからなかった。当時米国から石油禁輸されていたからだが、原因は対支那である。これをやめソ連一本に絞って攻撃していれば米国はむしろ日本に石油を輸出していたであろう。石油をもらっていた相手を攻撃する馬鹿なことをし始めた結果が敗戦であった。外交がいかに重要かは日本地図を見れば分かることだ。外交は戦争も含むが。
122.名無しさん:2017年11月14日 17:28 ID:.JvP5SVm0▼このコメントに返信
イギリスのレーダー実際のとこたいしたことない。事実1942年にフランスカレーでブリティッシュコマンドスがドイツレーダー施設を襲撃してレーダーの基礎となる装置を奪取してることからも見てわかる。
123.名無しさん:2017年11月14日 17:41 ID:CChAVZLB0▼このコメントに返信
※3
モスクワよりスターリングラードのほうが重要だぞ。
スターリングラード落してバクー油田めざせば、ドイツの勝利確定。
124.名無しさん:2017年11月14日 17:48 ID:CChAVZLB0▼このコメントに返信
※62
Fw190Aの内翼銃はずして、翼内燃料タンク置けば、隼程度の航続距離になる。
125.名無しさん:2017年11月14日 17:51 ID:s.LxxrnW0▼このコメントに返信
※97
いや初戦においてイギリス軍は航空戦力の9割を喪失してる
だからロンドン防空を見捨てて囮にした
その代わりに残った高射砲や航空機を全て基地防衛に回して残存戦力をガン守りつつ戦力の回復に努めた

他方その間ドイツはイギリスの思惑に嵌まって(そもそもロンドン爆撃はたった一回のベルリン爆撃の報復措置)民間爆撃という全く無駄な行為に時間と資源を浪費した
そうこうしてる内にぼろ負けしたハリケーンでなくスピットファイアで増強した英軍の反撃が始まりロンドンの制空権はドイツから英国に戻った
簡易な目標の民間ではなく軍事力を徹底的に叩く選択を取ってれば逆転の目は潰えてる
126.名無しさん:2017年11月14日 18:02 ID:CChAVZLB0▼このコメントに返信
ドイツ単独なのか、枢軸でなのかで変わるが。
とりあえず、カナダ沖にのこのこ出向いたチャーチルをPOWごと暗殺しよう。
うまくいけばFDRも亡き者にできるぞ。
1941年の対ソ戦開始にあわして日本にも対ソ開戦(北進論)させるか、
対英開戦(南進論)させて日本海軍にインド洋の制海権を獲らす。
中東の石油、インド・オーストラリアの石炭・鉄鉱石、マレーの生ゴム・スズ
これらが入手できなければイギリス本土が干上がるし、レンドリースの支払いにもこまる。
127.名無しさん:2017年11月14日 18:16 ID:L3yMXOnz0▼このコメントに返信
ドイツ移民使って反独感情をもっと和らげるべきだった。
米国とソ連の参戦を避けられるのなら、何とかなったと思う。
128.名無しさん:2017年11月14日 18:38 ID:iLdD1PRb0▼このコメントに返信
※126
日本海軍が馬鹿過ぎてインド洋には見向きもせず
面子だけでガ島に固執した結果自滅
アホすぎて草しか生えん
129.名無しさん:2017年11月14日 18:39 ID:wo.bxOvM0▼このコメントに返信
米118
掃海と水雷艇の護衛はどの艦がするのかね。
130.名無しさん:2017年11月14日 18:45 ID:wo.bxOvM0▼このコメントに返信
米127
イギリス世論は二分していたようだぞ。
何より国王がドイツに寛容だった事もある。
つまりチャリ公の暗殺を果たし得なかったのがもう一番の敗因といっても良いかもしれん。
131.名無しさん:2017年11月14日 19:19 ID:hJyhCaKB0▼このコメントに返信
ソ連のt-34の生産数は3万5千両なのでルーデル閣下が70人いたら多分勝てる
132.名無しさん:2017年11月14日 19:25 ID:Jp527Hyz0▼このコメントに返信
 ソ連が道路&鉄道インフラを本腰入れて取り組み
欧州並みにしてたら・・・・。
 てなIF戦記あったな。
133.名無しさん:2017年11月14日 19:27 ID:kYDfddRR0▼このコメントに返信
※115
そうでもない。ポーランド、スウェーデンに侵略されて西部が占領されてた時期もあるし50万人の農民連れてかれて高い身代金払って返してもらったりしてる。
あとクリミア・カン国とかにもモスクワ包囲されたり放火略奪されまくりやはり農民連れ去られてる。
134.名無しさん:2017年11月14日 20:26 ID:uAOAmm3E0▼このコメントに返信
倍くらい赤軍の屍を築いたら流石に講話出来たんじゃね?(テキトウ)

先ずはアメリカの中立維持が絶対条件だけども
135.名無しさん:2017年11月14日 20:52 ID:HwgAREwy0▼このコメントに返信
日本と組んだ時点で負け確定。
日本海軍は英米派。英米と繋がっていて、ドイツと日本陸軍、ひいては帝国を滅ぼす計画だった。じゃなきゃ、あんなやる気のない戦い方などしない。戦犯には海軍の将官はいない。海、空自衛隊の要職は海軍出身者で占めてたし、陸はなぜか復職禁止令。
国民はまんまと騙され頃された。海軍にとって、国民=陸軍であり敵なのだから当たり前。
136.名無しさん:2017年11月14日 21:02 ID:HwgAREwy0▼このコメントに返信
ロシア一本に絞るべきだったと思うわ。
若い頃から乱読家のヒーさんが何故、ロシアの気候を読み誤ったかが不思議だわ…
ロシアの気候、道路事情を調査してからでも遅くなかったと思うわ…
137.名無しさん:2017年11月14日 21:15 ID:dVHUDSAn0▼このコメントに返信
※123
モスクワを落としていれば日本が対ソ戦に参戦していた
日本が外交的に詰みになった原因である仏印進駐をみてもわかるように当時の日本は機会主義の権化のようなとこがあり長期的展望がない
1941年8月9日までにモスクワが落ちていれば米じゃなくソ連とやる気だった
ソ連の戦車とやりあえる武器ないじゃんとかは二の次、そんなのは現場が考えることで東京が気にするわけ無い
それいったら太平洋戦争の原因である仏印進駐なんてもっと意味ない
米国が火事場泥棒に文句いってきたら仏印から撤収すれば良いと考えてたら中国から撤収するまで許さんと言われて戦争になったんだから
フランス降伏時点で日本には太平洋戦争する気は全くない、空き地を奪ったろくらいの考え
138.123:2017年11月14日 21:42 ID:CChAVZLB0▼このコメントに返信
※137
モスクワ陥落は、政治的に価値あるかもしれないが、軍事的・経済的に
ソ連には、ダメージ少ないぞ。
兵器工場は、ウラル・西シベリアに疎開してるし。
関東特演にしてもたんなるハッタリだし。
火事場泥棒なら蘭印占領すれば、アメリカの圧力は、無視できて、
それこそ北進論進められたはず。
139.名無しさん:2017年11月14日 22:13 ID:FX9YcL.o0▼このコメントに返信
※129
そんなん制空権がこっちのものなら航空機や魚雷艇でも十分。
そもそも海峡部にはイギリスの水上艦艇もほとんどいない。
140.名無しさん:2017年11月14日 23:00 ID:pYFJnOqB0▼このコメントに返信
※139
機雷なんて潜水艦でも敷設できるし、海峡を封鎖してしまえば掃海は独じゃなくて
英側の課題になるしな。
141.名無しさん:2017年11月14日 23:25 ID:pYFJnOqB0▼このコメントに返信
※125
スピットファイアはバトル・オブ・ブリテンの全期間を通して単発単座戦闘機の4割未満しか
ない ( ttps://goo.gl/EtsHCx )。また1940年8月13日、8月18日や9月15日などの戦例を見れば
分かるように、英側はロンドンの防空を疎かにしていたわけでもない。

142.名無しさん:2017年11月15日 00:20 ID:PgQpJSdW0▼このコメントに返信
日本が北進しても前線を押し上げるだけで補給がきつくなるだけ
国境警備的にはマイナス
当時天然ガスが得られるとかはわかってないし、あっても使えない
シベリアなんて必要ない まだ満州すら手に余ってる
挟み撃ちにしても日本には得るものが無い
ドイツは穀倉庫と石油地帯と得るものが大きいけどな
143.名無しさん:2017年11月15日 01:04 ID:x6AEicJQ0▼このコメントに返信
※38
だよね
王室のアメリカへの非難も考えてたようだし、艦隊は温存でドーバーへは出てこなかったろうね。

出てきても、制空権を独が持ってるから、マレー沖海戦が数年早く発生しただけと思われ。
144.名無しさん:2017年11月15日 01:04 ID:x6AEicJQ0▼このコメントに返信
避難だった
145.エンアカーシャ:2017年11月15日 10:13 ID:7uHWuSYh0▼このコメントに返信
65の2、
バトルオブブリテンを実施せずに、
イギリス軍がら、同作戦を実施させて、イギリス軍を壊滅させる、
戦闘機の航続距離が短いのは、イギリスも同じ、
アメリカ参戦前なので、とても有効だ、

ソ連はスターリンによる軍人粛清で、完全に無力化されている、
ドイツはこの隙に、余力でオデッサ地域を占領して資源確保するのが正解、
ソ連に攻めるのを、延期するだけで、
アメリカのソ連への援助も、遅らせられる、
一石二鳥、

以下次回。
146.名無しさん:2017年11月15日 10:23 ID:sULIbhCd0▼このコメントに返信
※65
バトル・オブ・ブリテンの航空機の損害は
ドイツ側が1977機、イギリス側が1744機だぞ。

パイロットの損害はドイツ側が戦死2585名、捕虜925名、イギリス側が戦死1542名と
爆撃機をより大々的に運用していたドイツ側の方が順当に多くなってるが。
147.名無しさん:2017年11月15日 12:38 ID:e.pO8xlM0▼このコメントに返信
戦線の膨張は軍事を公共投資化した必然の結果だ。
いってみればアウトバーンの延長上にとどめない戦線拡大があったわけで、
「ソ連と開戦しなかったら」といった類いの想定自体が、
もっと時間的・政策的に前段階のプロセスの「○○が無かったら」をさらに想定しないと無理かも。
でないと最終的には「国家社会主義を採用しなかったら」にまで辿り着くw

お名前