スポンサーリンク

2017年11月11日 19:05

ドイツ「電撃戦」 ソ連「縦深攻撃」 アメリカ「物量戦!」 日本「...」

ドイツ「電撃戦」 ソ連「縦深攻撃」 アメリカ「物量戦!」 日本「...」

M4-Sherman_tank-European_theatre

引用元:ドイツ「電撃戦」ソ連「縦深攻撃」アメリカ「物量戦!」日本「...」
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1510383829/

1: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:03:49 ID:hmW
これは辛い

2: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:04:59 ID:q4W
日本軍はあれや 火力重視や

15: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:08:10 ID:R1B
>>2
ソ連「ほーん」

19: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:09:14 ID:q4W
>>15
実践できたとはいっとらんで・・・

3: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:05:20 ID:EX6
浸透戦術

4: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:05:24 ID:1fH
気合いだぁ!

6: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:05:52 ID:8j6
アジアにしては頑張った方や

8: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:05:59 ID:GKn
70年前に有人ミサイルをつくった国やぞ

12: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:06:39 ID:S67
>>8
普通は有人ミサイルなんて発想をしないんだよなぁ

9: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:06:06 ID:4ME
歩兵突撃やろなぁ

10: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:06:24 ID:OQA
は?大和魂があれば勝てたし

13: 【29】 2017/11/11(土)16:07:19 ID:ryj
夜襲やろなあ

16: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:08:13 ID:4ME
イギリス「諸兵科連合」
フランス「弾性防御」
イタリアは何やろ?空中艦隊?

18: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:09:05 ID:TUZ
洋上の長距離雷撃機・空母機動部隊・酸素魚雷の一斉発射
いくらでもあるだろ

20: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:09:23 ID:4iJ
>>18
どう見ても陸軍の話やんけ

21: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:09:36 ID:4ME
>>18
ドクトリンやないやん

26: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:11:23 ID:TUZ
>>21
じゃあアメの物量戦の何処がドクトリンなんじゃ?

31: 【46】 2017/11/11(土)16:11:59 ID:ryj
>>26
確蟹

22: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:09:57 ID:oJo
元々日本軍は防御に特化した軍隊だから仕方ない

なのにアホな海軍が攻撃を煽ったから二次大戦はおかしくなった

24: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:10:26 ID:4iJ
>>22
支那事変の時点で防御もへったくれもないぞ

27: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:11:25 ID:oJo
>>24
それはソ連への防御の為の資源獲得が目的だから

29: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:11:36 ID:q4W
日露の後から疑似大陸軍化しとるやんけ

30: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:11:42 ID:4iJ
そもそもこの頃は大戦略すらガバガバだったのに戦術が進んでるわけないやんか

35: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:14:07 ID:4iJ
一応西部戦線の連合軍は火力戦でドイツお得意の電撃戦を無効化しようとしてるんやけど

37: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:14:16 ID:NUe
>>35
これ

36: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:14:10 ID:NUe
いうてアメリカって物量戦か?

39: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:15:11 ID:4ME
まあアメリカは航空優勢な気がしなくもない あと結構機動戦が好き

40: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:15:18 ID:oJo
陸軍
戦略 ソ連への防御のための総力戦体制の確立
戦術 ソ連防御の為の防御戦術

海軍
戦略 特になし 目的もなくただ軍艦作りたいだけ
戦術 特になし かっけーことできればいい笑

42: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:16:34 ID:4iJ
>>40
満州事変終わった時点で対中・対ソ・対米で分裂してたんだよなぁ

44: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:17:11 ID:oJo
>>42
永田鉄山ってのがいてな

47: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:17:36 ID:4iJ
>>44
永田鉄山が対支一撃論言い出したんやろ

53: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:18:26 ID:oJo
>>47
目的はソ連への対抗のためであって中国はその手段でしかないからな

56: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:18:48 ID:4iJ
>>53
手段が目的化してる時点でもう…

43: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:17:05 ID:qmV
米英は戦略空軍と地上部隊との連携がうまくいったんやなぁって

50: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:17:53 ID:kCP
>>43
それを実用化したのはドイツの電撃戦なんだよなぁ…

51: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:18:20 ID:4iJ
>>50
ドイツのは戦術空軍で戦略空軍ちゃうやろ

54: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:18:29 ID:qmV
>>50
あれはまぁ戦術空軍やし

46: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:17:17 ID:HMm
特攻とか精神論は追い詰められて武器弾薬兵力すべてが不足して絶対勝てない時に
せめて死ぬならただ死ぬより道連れに精神だろ?

基本的な戦闘教義は、日本は白兵主義だったはず 
塹壕ほって、後方から砲兵とか重機関銃部隊がこれを叩く、んで頃合を見て合図を出して
歩兵が敵陣地になだれ込み、決着をつける

機械化されてない中国軍には有効だったはずだが 

そもそも国力がない日本がそんな戦術取れるわけないと思う

48: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:17:42 ID:jtc
イギリスからの支援無し&日本が東側から参戦でも独ソ戦はドイツに勝ち目なかった?

55: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:18:33 ID:4ME
>>48
ウラル落とせないから無理

57: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:19:02 ID:kCP
>>48
ロシアが内乱で瓦解する可能性はあったからワンチャンはある
なおスターリン

52: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:18:23 ID:NUe
日本って夜襲浸透戦術やろ?

58: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:19:56 ID:idE
前どっかのスレで砲兵の火力支援重視で戦車と歩兵を交互に進出させて占領するだとかって見た気がするわ
どっちにしろどんな国でも最低限のドクトリン位あるやろ?

61: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:21:03 ID:4iJ
まあこの頃の陸戦理論だとソ連が最先端か?
実践できるようになったの1944くらいからやけど

62: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:21:46 ID:kCP
>>61
ソ連とアメリカはなんというか「その発想はあったがまさか本当にやるとは思わなかった」的な要素が多すぎる

63: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:23:02 ID:oJo
海軍は戦術は個人個人であったけど状況に見合ってないのばっか
策士策に溺れるってかんじやな

山本五十六「僕の考えた真珠湾やりたいからアメリカに喧嘩売ろう 負ける?知らん」
陸軍「おいやめろ」

井上成美「僕の考えた重慶爆撃かっけー 効果ないどころか逆効果らしいけど知らんわやる」
陸軍「おいやめろ」

69: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:25:11 ID:jtc
どこまでソ連が悪い条件ひいとったら独ソ戦がドイツ勝利でおわっとったんやろ
バルバロッサ開始を2ヶ月早くし、
ドイツが越冬を最初から計画に盛り込み、
チャーチルが対ソ支援を渋り、
日本が東部から侵攻し、
スターリンによるマンネルヘイムの早期粛清まであればいけたやろか

78: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:26:54 ID:4ME
>>69
2が月早くしても泥で進めないんだよなぁ

80: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:27:08 ID:kCP
>>69
日ソ中立条約が不成立でスターリングラード敗北があればなんとか

81: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:27:23 ID:q4W
>>69
ナチちゃんも大和ちゃんもウラル落とせんからどのみち無理ちゃう

70: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:25:11 ID:q4W
旧陸軍の戦闘教義的には基本砲兵による敵破砕と歩兵による掃討やろ?
なお実践

77: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:26:51 ID:HMm
今の日本のドクトリンは憲法9条ドクトリン???

79: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:27:07 ID:4iJ
>>77
マジレスすると吉田ドクトリン

86: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:28:55 ID:NUe
冷戦も終わったのになぜ未だに吉田ドクトリンを続けるのか
ほんまに日本は変化が嫌いな国やな

95: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:31:57 ID:kCP
飛行機の登場で空軍が最強になったからwwwwwwwwwwwwww
陸軍とかいうアリと海軍とかいうクラゲwwwwwwwwwwwwwwww

なお第四次中東戦争

99: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:33:59 ID:4iJ
>>95
戦闘機無用論とかいうアレ

101: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:34:40 ID:4ME
>>99
双発万能論とか言うアレもあったし(震え声

107: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:35:47 ID:4iJ
>>101
ミサイル万能論やら核兵器万能論やらオールタンクドクトリンやら

結局万能な兵器はないってはっきりわかんだね

104: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:35:24 ID:kCP
>>99
実際当時は自走対空砲のおかげで無用になりかけたからね仕方ないね
なお崩れたら終わる模様

96: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:32:05 ID:tC8
戦争って戦術ゲーでも戦略ゲーでもなけりゃ外交ゲーやからなぁ

103: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:35:22 ID:sqw
ワイらソ連兵には必殺のウラー突撃があるけん
無敵やでw

109: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:36:21 ID:4iJ
>>103
はい全縦深同時制圧

114: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:37:01 ID:dzl
>>109
ヒエッ...

106: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:35:43 ID:x7K
まぁ日本の場合疑似大陸国化しとったからゴチャゴチャと方針が定まらんかったねんな

115: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:37:04 ID:4iJ
>>106
これな
あの頃の日本は純粋な島国じゃないし

117: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:37:34 ID:kCP
>>106
島国防衛重視の軍上層部と大陸防衛重視の関東軍はそりが合わなくてもしゃーないわな

118: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:38:52 ID:4iJ
何もかんも貧乏が悪い

122: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:39:49 ID:x7K
関東軍的には超戦車作りたかったんやろうけどまぁ予算は降りんわ
島嶼防衛にいらんもん

125: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:41:05 ID:48Z
>>122
ソ連と対峙するようなだだっ広い平野なら役に立つだろうけど、数揃えられるの?
という疑問はある。

133: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:43:35 ID:oJo
一応日本も電撃戦やったけどな 戦車やなくて自転車でやけど

145: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:49:16 ID:kCP
戦略爆撃構想もある意味ドクトリンか
あれは世界中でやってたからどの国がとか言い切れんが

149: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:50:11 ID:4ME
>>145
イタリア「言い出しっぺはワイやで」

151: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:51:46 ID:kCP
>>149
の割にはあんま目立ってないよな
そもそも攻撃する相手があんまりいなかったってのもあるやろけど

148: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:50:01 ID:jtc
浸透戦術の浸透していく部隊って生きた心地せんやろな

150: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:50:18 ID:NUe
>>148
めちゃくちゃアドレナリンでてそう

156: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:54:04 ID:4iJ
ぶっちゃけ身の程を弁えて欧州大戦には不介入のままで良かったよなぁ

159: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:55:20 ID:kCP
>>156
東南アジア地域の植民地攻撃したら自動的に欧州の国家巻き込むからま、多少はね?

163: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)16:59:06 ID:48Z
>>156
不介入で中国から即撤退、なんて事も考えたけど
そんなことやったら今度は日本が内戦になりそうやな
軍の大陸組と本土組で

184: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)17:08:01 ID:kCP
中国大陸とかいう魔境
近くであったはずなのにいろいろ遠すぎる

187: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)17:08:41 ID:kCP
月月火水木金金とかいうサビ残の原型

195: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)17:11:21 ID:ngG
>>187
ほしがりませんはドイツが元だからセーフ

197: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)17:13:47 ID:sqw
でも毛沢東が書いたゲリラ戦の教本『遊撃戦論』は凄いやろが
あの有名なチェゲバラとか名のある革命家がお手本にするんやしw

199: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)17:15:11 ID:4ME
>>197
ゲリラのバイブルやからね

198: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)17:15:11 ID:4iJ
>>197
そらそうよ
主席は戦略家としては最高クラスやし

これで内政能力まであったらなろう主人公並みのチート

203: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)17:17:27 ID:ngG
>>198
???「あれ(雀)は害鳥だ」

210: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)17:19:36 ID:4ME
中国人民が真に崇拝すべきなのは周恩来やと思うの

211: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)17:19:49 ID:4iJ
>>210
鄧小平とかな

214: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)17:20:32 ID:4ME
>>211
なお新しい崇拝対象は習近平になる模様

242: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)17:35:48 ID:O78
今北だけど日本軍は防御戦術やろ

なお完成するまでに積み上がった死体の量

244: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)17:37:06 ID:oJo
>>242
だよな
補給もない島でそれやらされたのが惜しいわ

245: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)17:37:14 ID:4iJ
>>242
ペリリューでようやく間に合ったようなもんやし

248: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)17:38:57 ID:oJo
沖縄の牛島
硫黄の栗林
あとペリリュー
が米軍が苦しんだ三代戦闘やっけか

なお海軍主導のサイパン()

254: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)17:41:09 ID:O78
ていうかここまでで陸軍の島嶼防衛の話が出てないのが驚きだわ

255: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)17:41:46 ID:4iJ
>>254
末期戦だからね…

256: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)17:42:28 ID:O78
>>255
万歳突撃のイメージが濃すぎるんやね
仕方ないね(レ)

259: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)17:43:24 ID:4iJ
>>256
最終防護射撃に粉砕されたからなぁ…

285: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)17:56:29 ID:6Dz
チャリンコ電撃戦やぞ

288: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)17:58:20 ID:oJo
てかさ 満州国作った以上陸軍に全振りすりゃよかったんだよ
戦艦ひとつで戦車や機関銃いくつ作れたか あと隼の方が零戦よりもいいし

290: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)17:59:35 ID:kCP
>>288
それができるなら統合軍本部作るのが先決やぞ
それ以前の問題が多すぎんねん

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2017年11月11日 19:10 ID:MhcnMRae0▼このコメントに返信
マジレスすると夜戦浸透だろ
歩兵を主体と考えたドクトリン
2.名無しさん:2017年11月11日 19:11 ID:R7N1wd9q0▼このコメントに返信
万歳チャージ、神風、特攻
3.名無しさん:2017年11月11日 19:12 ID:f36lfClj0▼このコメントに返信
陸軍オンリーか?
夜襲突撃白兵戦
4.名無しさん:2017年11月11日 19:13 ID:movNbiUM0▼このコメントに返信
東郷ターンがあるやんけ!(´・ω・`)
なに?太平洋戦争?
・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
トラトラトラ戦法(ボソッ)
5.名無しさん:2017年11月11日 19:14 ID:FFOcGRW.0▼このコメントに返信
「バンザイ突撃」が真っ先に思い浮かんだ俺は戦後教育の影響が強いのかもな

勝てない戦争なんてやりたくないよ
6.名無しさん:2017年11月11日 19:14 ID:MhcnMRae0▼このコメントに返信
ちなみに海軍さんは漸減邀撃
まず水上砲艦の質で相手の優位に立ち空母や潜水艦で相手の水上砲艦を減らして数でも圧倒する狙い
7.名無しさん:2017年11月11日 19:15 ID:Ec0XNkP10▼このコメントに返信
日本は夜戦が十八番というか、体格や技術の劣勢を挽回する手段と捉えてたよね。陸でも海でも。明治のころからの伝統と言っていい
8.名無しさん:2017年11月11日 19:15 ID:cZkaFrea0▼このコメントに返信
空母機動艦隊だろ

万歳突撃と夜戦も捨てがたいが
9.名無しさん:2017年11月11日 19:17 ID:kIOfw4MW0▼このコメントに返信
日本には特攻と人間爆弾とバンザイ突撃があるから!
10.名無しさん:2017年11月11日 19:18 ID:OJbBVJnG0▼このコメントに返信
せいしんりょく
11.名無しさん:2017年11月11日 19:18 ID:MhcnMRae0▼このコメントに返信
※7
下手すりゃ元寇からの伝統だからな
上陸した戦力相手に水城に引きながら夜襲仕掛けて疲弊させたって記述がある
12.名無しさん:2017年11月11日 19:20 ID:lrWK.8Qs0▼このコメントに返信
特攻と現地人への信頼作戦なんでは?
13.名無しさん:2017年11月11日 19:20 ID:iJ9l4hmn0▼このコメントに返信
火力優勢を日露戦争で諦めてそこからは運動戦が戦闘教義だったのでは?
完全編成の部隊なら火力も十分だし…完全編成なら…
14.名無しさん:2017年11月11日 19:21 ID:2EhBEhIu0▼このコメントに返信
ソ連は用兵思想が卓越してて、米軍はマネジメント能力が卓越していた。
ドイツ軍は戦史に名を残す名将が多かったし、日本軍にはこれらの要素が足りていなかったしね。
15.名無しさん:2017年11月11日 19:21 ID:ajWvdgR.0▼このコメントに返信
空母集中運用。
当時の常識から考えられなかった航続距離を持った戦略戦闘機。
マッカーサーは戦後になってもしばらく開戦時にフィリピンに飛んできた零戦が台湾から飛んできたなんて思ってもいなくて空母から飛んできたと勘違いしてた。
英米が180km/h、18m以下でないと航空魚雷作動しなかったのに300km/h以上で200mからでも攻撃できた日本雷撃隊。
戦車で夜襲、半年は持ちこたえると言われてた小マジノジットララインを1日で突破。

いくらでもあるじゃん。
16.名無しさん:2017年11月11日 19:22 ID:fjZvHX320▼このコメントに返信
三光、大虐殺、特攻、一億総火の玉、何だってあるだろ。
三光と大虐殺なんて律儀なことは支那が言ってるだけだけどな。
17.名無しさん:2017年11月11日 19:24 ID:zReOFNDF0▼このコメントに返信
日露だとか一次大戦まではそれなりにまともだから
18.名無しさん:2017年11月11日 19:25 ID:0L.3iZC80▼このコメントに返信
人間兵器船坂?
19.名無しさん:2017年11月11日 19:25 ID:MhcnMRae0▼このコメントに返信
※13
チハが歩兵戦車として開発されてる時点でそれは無いのだ
少なくともあの時代の運動戦とはかけ離れてる

ドクトリンを叶えるために兵器を用意するという戦略が立てられる
逆に言えば兵器の特性や位置づけを見ればドクトリンが何かが推測される
海軍も対潜能力が不足してたのは水上砲艦としての性能を重視したからだし
それが裏目に出て後半潜水艦にやられまくったと
20.名無しさん:2017年11月11日 19:27 ID:RdB452kj0▼このコメントに返信
やはり空母機動艦隊
21.名無しさん:2017年11月11日 19:28 ID:VmdGIfvQ0▼このコメントに返信
HOI2で歩兵と山岳歩兵がめちゃ強くなる日本とフィンランドの浸透強襲、夜戦ドクトリンよ
ゲームの話はおいといてマレー攻略って電撃作戦って言っても良いんじゃないか
22.名無しさん:2017年11月11日 19:28 ID:BnnfY0CT0▼このコメントに返信
ソ連を日独で挟撃し続けてたらどうなってたのかは気になる
23.名無しさん:2017年11月11日 19:30 ID:p.VTaa0z0▼このコメントに返信
電撃戦は初見補正の効いた大戦序盤しか通用しなかったんやで
まぁ、日本陸軍は夜間浸透戦術やね
日本の完全編成の歩兵連隊は火力もトップクラスだから
火葬戦記の知識で語ると恥かくぞ。
24.名無しさん:2017年11月11日 19:30 ID:FFOcGRW.0▼このコメントに返信
Wikipediaのバンザイ突撃の記載がぐうの音も出ない内容で笑った

>島嶼部での戦いでは、長期の包囲により備蓄した食糧弾薬が不足し、輸送船も沈められ補給が望めない日本軍によって行われたが、自動火器や火砲の充実したアメリカ軍に対し、

> 武器弾薬の欠乏した日本軍が突撃によって勝利した事例は 無い。

>これに対し、アッツ島の戦いやタラワの戦い・ビアク島の戦い・ペリリューの戦い・硫黄島の戦い・沖縄戦などではこうした自殺的突撃が戒められ、防御線を敷いた持久型の縦深防御戦術が採られた。ペリリュー島で戦った海兵隊員ユージーン・スレッジは、自著[2]の中で、

> バンザイ突撃が始まり、これを撃退すれば早々に決着がつくので、むしろ行われるのを待ち望んでいた
25.名無しさん:2017年11月11日 19:31 ID:ajWvdgR.0▼このコメントに返信
遅滞戦術

ドイツ、ソ連に補給無し、航空機、艦艇の援護一切なしで日本の兵器でペリリュー、硫黄島、沖縄戦やらせたら10日で一方的に負けて終わる。
26.名無しさん:2017年11月11日 19:32 ID:f36lfClj0▼このコメントに返信
基礎体力不足を自覚した伝統の奇襲作戦
27.名無しさん:2017年11月11日 19:33 ID:YG.Ujbzf0▼このコメントに返信
戦車部隊を育てずにひたすら使い潰してたのは関東軍じゃないのか?
熱河作戦あたりとか
28.名無しさん:2017年11月11日 19:33 ID:JpB2Grje0▼このコメントに返信
米軍は完全に機械化されてるだけじゃなく歩兵師団でも独軍機甲師団に匹敵する装甲戦力持ってたから恐ろしい
独立大隊とか言う何時でも何処でもシャーマンシステムやめーや
29.名無しさん:2017年11月11日 19:33 ID:m8sH2wqF0▼このコメントに返信
物資がないので、小規模、大規模に関わらず、戦闘においては一発必中を原則とする。これは戦術ではない。日本の勿体ない戦略だ。
30.名無しさん:2017年11月11日 19:35 ID:D2Cb.uu.0▼このコメントに返信
浸透戦術だけでも複数種類あるんだが、いくらなんでもイッチ無知すぎへんか。
戦車はディーガしか知らない、戦闘機はゼロ戦しか知らないとかそう言うレベルなんやろなぁ。
31.名無しさん:2017年11月11日 19:35 ID:ajWvdgR.0▼このコメントに返信
史上初、戦車による夜襲敢行 ノモンハン事件
実は日本軍の戦車は大活躍していた。

玉田連隊長は戦局打破のためには戦車第四連隊による夜襲しかないと考えました。

「連隊長としては、夜襲しようと考えるが、各人の意見はどうか」

 当然、すべての中隊長の反対にあいました。戦車というのは視界が悪く、夜に走らせて攻撃するのは無謀であり、しかも地理、地形がよくわかっていない場所です。夜襲の研究も訓練も行っていないし、連隊で夜襲かけるなど前例もありませんでした。しかし、玉田連隊長は強い決意で夜襲を敢行します。

 前進開始から30分すると激しい雷雨が周辺地帯を襲いました。この雨が戦車のエンジンの音をかきけしました。雨はちょうど戦車隊がソ連軍の前哨陣地に到着したあたりでやみました。稲妻に照らし出された日本戦車にソ連兵は驚愕しました。日本軍九五式軽戦車は車載機銃や37ミリ戦車砲を撃ちまくり、停車していたトラックや陣地に張られていた天幕を次々炎上させ、多くの火砲をキャタピラで踏みにじりました。救援にかけつけたソ連BT戦車やBA-6装甲車を集中砲火で撃破しました。大成功です。

 玉田連隊長
「敵はわが猛撃に周章狼狽して射撃もできず、肉薄攻撃してくるものも一人もいない。わが戦車は敵を追いまわし、射撃し蹂躙した。逃げ遅れて壕あるいは砲下のしたに隠れる者は機関銃、拳銃をもって射殺した。戦車をもって砲架に乗り上げ、または体当たりで砲をひっくりかえし、あるいは縦横無尽に暴れまわり、対しては至近弾をぶっ放すので敵はたちまち敗退し暗中に逃れ去った」

 残念ながら戦車隊は歩兵を伴っていなかったため、陣地確保はできず、その後の戦果拡大にはつながりませんでしたが、ソ連側に大打撃を与えました。
32.名無しさん:2017年11月11日 19:35 ID:ajWvdgR.0▼このコメントに返信

 俗説ではノモンハン事件で日本戦車はソ連戦車にかなわなかった、日本戦車隊は敗退した、と言われてきましたが、全くのウソです。日本戦車は小隊ごとのフォーメーションをとった連携ぶりが際立ち、相互に火力支援を行うことによりソ連装甲車両や対戦車砲を討ち取っていました。非常に高い水準の練度を有していたのです。

 この後、関東軍は戦車隊が消耗すると今後、戦車部隊を育てる芽を失うと懸念したため7月中旬ごろ戦車隊を戦線から引き揚げさせます。このことも戦後のウソ作りに使われたようです。
33.名無しさん:2017年11月11日 19:35 ID:VehfZtSX0▼このコメントに返信
バンザイアタック
そりゃ負けますわ
34.名無しさん:2017年11月11日 19:39 ID:D2Cb.uu.0▼このコメントに返信
米28
AFG「豹や虎に遭遇した?座標報告と対戦車大隊への救援申請してクレメンス」
AFG「到着までの間は各自善処せよ」
35.古古米:2017年11月11日 19:39 ID:ESGsWvV70▼このコメントに返信
大日本帝國のドクトリンは、陸海軍で異なるし政府の外交ドクトリンとも異なる。
陸軍単独や海軍単独の作戦なら成功することもあったけど、外交ドクトリンとは真反対なので、結局統制が取れないまま敗戦した感じ。
36.名無しさん:2017年11月11日 19:40 ID:nN2AnCys0▼このコメントに返信
KAMIKAZE・・・
37.名無しさん:2017年11月11日 19:42 ID:UzCGO2EH0▼このコメントに返信
陸軍でドリクトンは?と問われたら答えを返せない

士気が高く規律が良かった事は上げられるけど、尖った物はない
後は規律が良かった分原住民からは支持された、それが戦後に地味に実ってる

良くも悪くも歩兵戦術の基本を重視したシンプルな物だったと思う
38.名無しさん:2017年11月11日 19:42 ID:WHiopWqs0▼このコメントに返信
弾丸が尽きたら銃剣がある。
銃剣がなくなれば、腕でいくんじゃ。
腕もなくなったら足で蹴れ。
足もやられたら口で噛みつけ。
日本男子には大和魂があるということを忘れちゃいかん。
39.名無しさん:2017年11月11日 19:43 ID:EMWakdty0▼このコメントに返信
機動部隊と世界最高レベルの急降下爆撃があるだろ
40.名無しさん:2017年11月11日 19:43 ID:fEFhlN5a0▼このコメントに返信
ほ、歩兵はトップクラスだから・・・
41.ハインフェッツ:2017年11月11日 19:44 ID:fhzY34IW0▼このコメントに返信
皆コメントしてるが、世界で初めて空母機動艦隊使ったんだよな。

更に言えば、これを発展させた潜水空母は戦後のミサイル原潜の原型になったともされている。
42.名無しさん:2017年11月11日 19:46 ID:dpj4wJkZ0▼このコメントに返信
散兵線術の先駆けでもあるんだよね。機動艦隊の編成と航空機による対艦攻撃の有効性を立証したのも日本だし。
43.名無しさん:2017年11月11日 19:48 ID:ymI6clBC0▼このコメントに返信
良くはないが万歳突撃や神風だろうな、後は夜襲か?
44.名無しさん:2017年11月11日 19:48 ID:2EhBEhIu0▼このコメントに返信
※25
反斜面陣地や洞窟陣地の活用は、WW1の西部戦線における戦術の使い回しだけどね。
ソ連兵も抵抗するときは頑強に抵抗するよ。レニングラードやスターリングラード攻防戦のように。
陸軍側はあんまりパッとしないけど、海軍の空母機動艦隊の運用は、世界に誇っても良いのでは。
45.名無しさん:2017年11月11日 19:48 ID:JImN0UyL0▼このコメントに返信
玉砕だろ
46.名無しさん:2017年11月11日 19:49 ID:UqFna.1V0▼このコメントに返信
人類史に残る特攻戦があるだろが
47.名無しさん:2017年11月11日 19:50 ID:7bmy2MZq0▼このコメントに返信
世界の先駆け、人間爆弾やぞ
48.名無しさん:2017年11月11日 19:54 ID:NsbpRyCR0▼このコメントに返信
大陸打通!!
49.名無しさん:2017年11月11日 19:54 ID:MhcnMRae0▼このコメントに返信
空母機動艦隊は悲しいかな開発した日本がその真価に気付ききれてないのがな
海上戦における最大の衝撃力になることまで掘り下げてなかった
真にその認識があればミッドウェーでの奇襲を許してない
漸減邀撃構想においても空母と潜水艦はあくまで補助兵科として位置づけられて砲艦による決戦によって海上戦力を破砕する算段だったし
50.名無しさん:2017年11月11日 19:57 ID:mnE0hl.E0▼このコメントに返信
現代なら遺憾砲か?いや9条か
51.名無しさん:2017年11月11日 20:01 ID:stpD9YKv0▼このコメントに返信
万歳突撃、竹槍戦術、1億総玉砕すべて世界に誇れる素晴らしい戦術だと思うが・・・
ところで仮に日本軍がソビエトに侵攻していたとしても、奥地に誘い込まれ補給線が伸びきった所で戦車にボコられて大陸権益全て失ったろう。ナチスは良いとこいったが、歩兵ばっかの日本なら瞬殺だなw
52.名無しさん:2017年11月11日 20:03 ID:pOLq4TNE0▼このコメントに返信
銀輪部隊という自転車電撃ドクトリンがないじゃないか…
53.名無しさん:2017年11月11日 20:04 ID:PhFzq5590▼このコメントに返信
WW1ヨーロッパでは、日露戦争の日本軍にあやかった突撃を繰り返す中、青島要塞攻略では鉄量という新しい概念で圧倒する帝国陸軍が有った。本当は大東亜戦争でもこれがやりたかったのに、国家が貧しのは不幸だな。
54.名無しさん:2017年11月11日 20:06 ID:t5681Is90▼このコメントに返信
帝国陸軍も電撃戦だろ
銀輪部隊とか、戦車による夜襲も日本が初めてやった
まあその分打たれ弱いのが後半響いたよね
55.名無しさん:2017年11月11日 20:08 ID:Bq1cm1P00▼このコメントに返信
日本は夜襲と機動戦だろJK。
戦車の重量制限も全ては戦略機動・戦術機動の為だぞ。
バンザイだのカミカゼだのなにでまかせ言ってんだか。息をするように嘘つきやがる。
56.名無しさん:2017年11月11日 20:09 ID:D2Cb.uu.0▼このコメントに返信
米51
ホームガードなんか世界中の国で発生してんだがな。
まぁヒトモドキは戦う前から平伏するスタイルだから、ホームガードって概念すら理解できないのは仕方ないよな。
57.名無しさん:2017年11月11日 20:09 ID:1RBt7lkT0▼このコメントに返信
日本軍=前線兵士が敵軍の三倍努力する。
(後方作戦将校は別な)
ちな、ワイの会社、今もその伝統持続中。
58.名無しさん:2017年11月11日 20:11 ID:XBbLio1T0▼このコメントに返信
日本には、大和と零戦と虎頭要塞があるから
59.名無しさん:2017年11月11日 20:11 ID:wtnankwZ0▼このコメントに返信
日本は省エネ戦術じゃないかな、現場指揮官クラスに結構優秀な人材がいたから、現場ではなかなか善戦していた。尚、牟田口はry...

まぁよくも限られた物資の中戦い抜いたと思うよ餓死者や病死が戦死者より多かった訳だし。人間食いモンも無ければ死ぬだけで、そう考えると日米って相当な対極的立場にいたと思う。ドイツ軍とフィンランド軍を日本人指揮官が指揮してたらソ連攻略出来てたかもね。
60.名無しさん:2017年11月11日 20:13 ID:sb6TxGPt0▼このコメントに返信
日本「奇襲先制攻撃」
卑怯だとは思ってない模様
61.名無しさん:2017年11月11日 20:14 ID:tlYkUm9U0▼このコメントに返信
情報操作の国民洗脳(情報戦で勝ってるとは言っていない
62.名無しさん:2017年11月11日 20:16 ID:WfJh5PsS0▼このコメントに返信
牟田口「ジンギスカン作戦があるやんか」
63.名無しさん:2017年11月11日 20:19 ID:4.R1Cnhx0▼このコメントに返信
機動打撃は日本も重視してるし歩兵を置いてけぼりにしたドイツと違って日本は兵員輸送トラックが追いついてこられる速度ってしてるから……
64.名無しさん:2017年11月11日 20:19 ID:BiiCwFfP0▼このコメントに返信
ついでにいうと要塞攻略は上手いぞ
65.名無しさん:2017年11月11日 20:22 ID:Ec0XNkP10▼このコメントに返信
※49
むしろ真価に気付いていたからこそのミッドウェーじゃね?
真珠湾時点では半信半疑だったろうが、それ以後の作戦では水上艦だけで挑んで失敗して空母の応援要請ってケースが何度もあって、とっくに航空戦力頼みになってた。だからこそミッドウェーではあれだけ空母が突出してたわけで、海上戦どころか陸上目標さえも航空機に頼りすぎる状態になってた

あのとき足りなかったのは、敵が負けず劣らずの大航空部隊を用意してきた場合の戦い方、とくに不意に来襲する敵機の早期発見への工夫でしょ。ミッドウェーでの反省から艦隊陣形を大幅に見直して、以降はミッドウェーのような航空機による奇襲はかなり防げるようになった。ただ残念ながらミッドウェー以前の機動部隊や航空機隊をもう一度二度用意できるだけのリソースがなかった。まぁあと潜水艦に大鳳とか沈められちゃうのはホント情けないが
66.名無しさん:2017年11月11日 20:23 ID:3oBKykxG0▼このコメントに返信
機動部隊の運用、艦砲射撃など、日本がアメリカに先駆けてやったことで、しっぺ返し…
67.名無しさん:2017年11月11日 20:23 ID:C.GaJWf.0▼このコメントに返信
※55

Youtubeの沖縄戦線の動画(カラー映像)を見て同じこと言えるのか?
現実無視は良くないぜ

ベトナムのフェおよびケサンの攻防戦と沖縄戦線はまさに地獄よ
68.名無しさん:2017年11月11日 20:23 ID:Ht5Up.RN0▼このコメントに返信
縦深防御だろ
69.名無しさん:2017年11月11日 20:24 ID:4DmqMid80▼このコメントに返信
アメリカ軍なんて徹頭徹尾ドイツ軍のパクリだろ。二次大戦時から現代まで全く変わらない。湾岸戦争なんてマンシュタインが知ったら失笑するだろ。何がパウエルドクトリンだよ、何が左フックだよ馬鹿らしい。
70.名無しさん:2017年11月11日 20:25 ID:lUV3YbXz0▼このコメントに返信
アメリカは被害を最小限に抑える為に集中させる
ソ連はいくら死んでも作戦が成功するように集める
71.名無しさん:2017年11月11日 20:25 ID:pOLq4TNE0▼このコメントに返信
日本人は人的被害無視する傾向があるから、要塞とか高所陣地を欧米人の想定より早く取れる代わりに、速攻でとれる代わりに死傷者が多いイメージ。マレー戦とか442連隊とか
72.名無しさん:2017年11月11日 20:26 ID:Gi8F5rCj0▼このコメントに返信
悲しいかな万歳突撃はその戦いで勝てるつもりではやってない。飢え死にするか一矢報いるかでしかない。

73.名無しさん:2017年11月11日 20:27 ID:b6mlwoLD0▼このコメントに返信
いつから旧陸軍が防御戦術をドクトリンに入れたんだ?
そんな意見が複数出たことにびっくりだ。
せいぜい硫黄島からなんだがあれとて上の指示を
栗林が完全に無視してやらかしたことだし、
沖縄なんぞ戦力不足がわかっていたにも関わらず攻撃が指示されている。

なぜなら、旧陸軍の野戦教範では状況にかまわず攻撃一本槍で
防御はやむを得ず行う一時的な行動でしかなく
その状態でも最終的には攻撃を行うドクトリンなのだが。
これ、質の低い中ソの兵隊相手には有効と考えていたし
実際中国では状況なんか知ったことではない
迅速な戦術判断を行う将校を有した日本軍のドクトリンの有利が生きて
初期の無双状態を生み出している。
状況を無視して先手先手を取れば勝てる相手でない
すなわち一定以上の有力な軍隊を相手にすると結論は
74.名無しさん:2017年11月11日 20:28 ID:Ec0XNkP10▼このコメントに返信
※60
卑怯でもなんでもない件

日露戦争にせよ対米戦争にせよ、先に仕掛けてきてるのは相手(日本軍談)だからな。ここまで煽っておいて戦争準備してませんでしたでは通用しないレベルの外交状況になってる。ロシアについては満朝国境を越えて(つまり日本側の縄張りの中に)軍事施設を無断で建造し始めてるので宣戦布告同然の行為。アメリカはまぁハルノートについては議論があるが、それ以前に太平洋での民間船の活動をお互いに自粛してて、もう土俵で睨みあって制限時間一杯の状態。卑怯なのはむしろその後のアメリカ側の宣伝工作だな。日本が一方的に悪者になるよう仕立てあげて自国民どころか世界中をそう思い込ませてしまった。日本はほんとこの方面において弱すぎる
75.名無しさん:2017年11月11日 20:30 ID:Gi8F5rCj0▼このコメントに返信
※71
でも逆に温存すると「日本軍は逐次投入をやった」と叩かれると思う。

ぶっちゃけこう言う議論の中では日本軍は何をやっても叩かれる。
76.名無しさん:2017年11月11日 20:30 ID:sx1kEHrz0▼このコメントに返信
小ロボット戦w・・マジにいちいちスクランブル出動せずに空中に金属反応のある
あたると小爆発する機動力のある空中機雷ロボを浮かべておけよ~w
スクランブル発信はランダムにやればいい。
77.名無しさん:2017年11月11日 20:30 ID:iJ9l4hmn0▼このコメントに返信
※67
沖縄戦の第32軍の防御戦闘は米軍にして歩兵戦闘の極致と言わせたからね…
今の陸自も一部を除き静的防御だからある意味建軍以来の防御主体なのは伝統かも
やはり宇垣軍縮の後で近代化が間に合わなかったのがね…
78.名無しさん:2017年11月11日 20:33 ID:lGlTNELt0▼このコメントに返信
日本煽って戦争でボコったおかげで中露や北朝鮮みたいな共産勢力が台頭したっていう・・・
79.名無しさん:2017年11月11日 20:34 ID:MhcnMRae0▼このコメントに返信
※65
いや空母が最大の衝撃=高脅威目標と認識していれば索敵より基地攻撃を優先するのはありえん
そんで日本は大和を温存したように貴重なもんを使い潰すことはしないし(結果金剛型が武勲艦に)
戦力としての堅守を考えてないから気軽に作戦に組み込んでたように思える

そしてそもそも論としてミッドウェー攻略はホーネットを無力化して本土への戦略爆撃を無力化するためのもの
作戦の意義的にもホーネットを撃沈を優先に、第二案として補給拠点のミッドウェーを破砕するのが妥当
つまり索敵を後回しにするのは空母を決戦戦力として過小評価してる
80.名無しさん:2017年11月11日 20:35 ID:4DmqMid80▼このコメントに返信
宣戦布告前に奇襲攻撃するのは当時の国際常識でしょ?どこの国でもやってる。問題視してるアメリカが例外なんだよ。
81.名無しさん:2017年11月11日 20:39 ID:2ShJolG.0▼このコメントに返信
日本軍は結構先進的なことやるんだけどお金が続かない
やはり貧乏が悪い
82.名無しさん:2017年11月11日 20:39 ID:NWtX.Itm0▼このコメントに返信
マッカーサー?「将軍たちはひとつ前の戦争に備えようとする」って
第一次大戦の戦訓を元に同じ戦争のやり方に備えた教義。
一方、他の列強は機械化を進めた。

軍縮して人員整理して機械化を進めようともしたけど大恐慌対策で頓挫。
83.名無しさん:2017年11月11日 20:43 ID:Bd1xqtYB0▼このコメントに返信
日本には努力と根性がある
84.名無しさん:2017年11月11日 20:44 ID:Qp.nIGq60▼このコメントに返信
四季があるだろ馬鹿か
85.名無しさん:2017年11月11日 20:44 ID:Bq1cm1P00▼このコメントに返信
※67
んな事言ったらドイツ軍も春の目覚め作戦以降は撤退戦だしソ連も攻勢に転じてるじゃないですかヤダー
86.名無しさん:2017年11月11日 20:46 ID:KHME2tHo0▼このコメントに返信
日本人による日本軍評価は敗北の当事者だから採点がえらく厳しくなる
海外の軍事史家は第2次大戦時の日本軍を結構高く評価しているよ
勿論批判すべきところは批判してるけど
87.名無しさん:2017年11月11日 20:46 ID:MhcnMRae0▼このコメントに返信
※82
軍人は保守的ってのはどこの国も変わらんからね
アメリカとか今でこそ航空機大好きなイメージあるけど最初期にこれからは航空機主体になると唱えた将軍を追放してるし
ドイツの電撃戦を完成させたのは本国で冷遇されたイギリス人という
88.名無しさん:2017年11月11日 20:46 ID:t4UzlIVV0▼このコメントに返信
石原莞爾という超絶天才がいたんだけどね、当時
今はどうだろう?
89.名無しさん:2017年11月11日 20:48 ID:IrcTyyaI0▼このコメントに返信
当時の陸軍で基本が白兵主義じゃなかった国なんてないだろ
日本は歩兵レベルでは普通に強い軍隊だった
支援用の機関銃も小隊に1つは配備されている
ただ、機械化が遅れていて人が運べないサイズの大型砲が不足していた
あと、弾薬の生産・補給体制が弱かった

まあ、みんな貧乏が悪いんで
WW1の弾薬消費量を知っていたから、最初からそこまでの消費戦を
出来るとは考えて無かった
なお、海軍と予算は半々で使ってるので、海軍が使いすぎとも言えない
90.名無しさん:2017年11月11日 20:48 ID:eku7pCEj0▼このコメントに返信
物資不足が日本の弱点

だから私の収集癖が収まらないんだと思う
91.名無しさん:2017年11月11日 20:50 ID:pOLq4TNE0▼このコメントに返信
アメリカの対中支援が痛すぎた。
92.名無しさん:2017年11月11日 20:51 ID:2EhBEhIu0▼このコメントに返信
沖縄戦は米軍司令官のバックナー中将が正面からの平押しに拘ったせいで、無駄に死傷者を増やしちゃったからね。
米軍内部でも評判はよろしくない。
93.名無しさん:2017年11月11日 20:53 ID:03aDx5fC0▼このコメントに返信
ドイツ「電撃作戦で連戦連勝!」
日本「雷撃作戦で連戦連勝!」やで
94.名無しさん:2017年11月11日 20:56 ID:caNXZx.C0▼このコメントに返信
マジレスするなら
陸軍は対ソ防衛を考えた前進守備
海軍は一大艦隊決戦を考えた漸減作戦

なおどちらも過程でつまづく模様
95.名無しさん:2017年11月11日 20:58 ID:XBbLio1T0▼このコメントに返信
赤城
加賀
蒼龍
飛龍
零戦があるから
これはまじで世界初の機動部隊だから
96.名無しさん:2017年11月11日 21:00 ID:Bq1cm1P00▼このコメントに返信
日本は軽機と軽迫と重擲弾筒の火力の歩兵と戦車の"交互躍進"からなる"超越"だぞ
97.名無しさん:2017年11月11日 21:01 ID:KFpl8LqJ0▼このコメントに返信
日本軍の特徴といえばグレネードランチャーを使った高火力白兵だろ
98.名無しさん:2017年11月11日 21:04 ID:4P24.snB0▼このコメントに返信
欲しがりま戦!
99.名無しさん:2017年11月11日 21:05 ID:fKdX3kli0▼このコメントに返信
これその国のお得意はなんですかって話だろ?
それなら日本は夜襲と奇襲やないの?
100.名無しさん:2017年11月11日 21:06 ID:YhrVJuHF0▼このコメントに返信
逆に○○戦法って無いとアカンの?
101.名無しさん:2017年11月11日 21:09 ID:OWS2RS1d0▼このコメントに返信
日本は楠流万歳突撃だろ!!
大和魂と銃後の護り、精神戦も大得意!!
あと、軍歌や戦時歌謡は日本が質量ともに最強だぞ
102.名無しさん:2017年11月11日 21:11 ID:1s3X4ji40▼このコメントに返信
底の浅い小策士が天才に見える時点で日本の総身の知恵も知れたもの
我も我もと真似をして、限界超えてもなお前進
治安維持とか兵站とか全部無視、軍票とかいうクズ紙幣じゃ金払ったことにならないよ
日本とアメリカで世界最終戦論?だったらいいなファンタジー
中国ですら奥深すぎて倒しきれないのに?
遮断と言って挟まれに自ら進出、それ単なる捨て駒どうにもならん
103.名無しさん:2017年11月11日 21:13 ID:Gi8F5rCj0▼このコメントに返信
結局負けたから初期の善戦は無かった事になってる。
104.名無しさん:2017年11月11日 21:20 ID:dcKIXzjM0▼このコメントに返信
不発だったアウトレンジ戦法はどうなん?
105.名無しさん:2017年11月11日 21:22 ID:.1h2qsHc0▼このコメントに返信
また負け犬底辺パヨクの戦前日本叩きスレ主か。
106.名無しさん:2017年11月11日 21:22 ID:YNI48RuH0▼このコメントに返信
夜襲と言うけれど、そればっかりしていたので、最後のほうは、
はいはいワロスワロスって感じだったと、どこかで読んだがなあ。
107.名無しさん:2017年11月11日 21:24 ID:.1h2qsHc0▼このコメントに返信
※104
アレ一部の好事家しか言って無い代物だよ対米の戦備が間に合わないから言い出したに過ぎない。
108.名無しさん:2017年11月11日 21:25 ID:alYnecd70▼このコメントに返信
ゲリラ戦だろ
109.名無しさん:2017年11月11日 21:25 ID:Iza.mkdz0▼このコメントに返信
空母機動部隊の概念を作り出した偉大な大日本帝国
110.名無しさん:2017年11月11日 21:27 ID:Iza.mkdz0▼このコメントに返信
※102
中国すらって、背後の米英の補給のおかげだろ。

支那単独なら、今頃全ユーラシアが日本軍の支配下。
111.名無しさん:2017年11月11日 21:29 ID:UHfPx0eL0▼このコメントに返信
まあこれに関してはガチで特攻がそれ。日本ではお察しの評価だが海外勢の評価はかなり高くて
アメリカですら「イカれてる。これ以上激しいと物量押しすら無理。」って言うレベル
112.名無しのスター☆リン:2017年11月11日 21:36 ID:Urc.gnyE0▼このコメントに返信
は、兵士なんか畑で採れるしwww
113.名無しさん:2017年11月11日 21:41 ID:hxkZzNfX0▼このコメントに返信
ジンギスカン作戦(作・辻正信)
114.名無しさん:2017年11月11日 21:46 ID:.PM8Pgq40▼このコメントに返信
空母機動部隊だろ

大艦巨砲主義を終わらせ世界中の戦艦を(自国を含め)無用の長物にした
115.名無しさん:2017年11月11日 21:46 ID:5hh0QhCG0▼このコメントに返信
※49
当時の機動部隊が最強だとでも?あんさんなんもわかっちゃいないね。
あの時代の空母は空母に大して無類の強さを発揮したのは事実だがそれ以外の軍艦に対してはあまり効果的じゃないんだよ。

あくまで空母は制空権維持装置、艦隊決戦は制空権を奪った方が絶対的に有利に事が進むので
空母を失った側は艦隊温存のために退散するしかなかっただけの話。
空母だけで勝負がつくならマリアナ海海戦で日本艦隊は全滅の憂き目にあっていなければおかしい訳だ。

早い話、空母しか能がない艦隊なんてのはそれなりの空母の直掩を受けたバランスのいい艦隊に蹂躙されるだけなんだ・・・。
(制空権を完全に喪失しされるがままになる場合&敵国の国力がこちらを圧倒しており採算度外視で・・・というかどれだけ作れば気が済むねん!!
レベルの機動部隊で圧殺してきた場合を除く)

だから限りある国力で一芸突破すればいいなんて素人の後知恵はまず笑われるだけなんだ・・・。
(歴史ってのは誰よりも当時の状況に詳しい時代の当事者が現場で下したベターな決定の積み重ねなのだから)
116.名無しさん:2017年11月11日 21:49 ID:mubnl3ny0▼このコメントに返信
日本雑魚杉だろ
日本の雑魚伝説がもうすぐ追加されそうで楽しみだ
117.名無しさん:2017年11月11日 21:50 ID:sPpyIfrJ0▼このコメントに返信
※111
普通に対策取られて成功率が15%以下になった特攻がなんだって?
艦載戦闘機の増量及びレーダー装備の駆逐艦による早期警戒網という物量であっさり押し切ってますけど?
118.名無しさん:2017年11月11日 21:52 ID:5hh0QhCG0▼このコメントに返信
※116
完成形の浸透戦術と大正義アメリカ海軍が何故か日本軍相手に実践してる漸減作戦があるぞ。
どちらもソ連やアメリカ相手に戦うには国力が足りないのが問題なだけでそれ以外と戦うなら王道かつ効果的な戦術やぞ。

119.名無しさん:2017年11月11日 21:53 ID:LAzypeSx0▼このコメントに返信
※56
ホームガードもイギリスが敗戦してたらボロクソ言われたんだろうな
120.名無しさん:2017年11月11日 21:55 ID:MhcnMRae0▼このコメントに返信
※119
あいつら胡椒でドイツ軍に勝つつもりだったらしいぜwwwwとかな
121.名無しさん:2017年11月11日 21:56 ID:nUrS2wfv0▼このコメントに返信
現地調達だろ
122.名無しさん:2017年11月11日 21:56 ID:YavyJ.HR0▼このコメントに返信
日本「……。」からの皆にプークスされてブチ切れ椅子投げつけ
さらにその椅子が奥に座ってたガチムチ番長にクリーンヒットし右手だけでボコボコにされる
123.名無しさん:2017年11月11日 22:01 ID:UHfPx0eL0▼このコメントに返信
※117
いや、全然あっさり押しのけてないし15%の有効な特攻ってめちゃめちゃ脅威なんですがそれは
124.名無しさん:2017年11月11日 22:02 ID:.1h2qsHc0▼このコメントに返信
※117
横からだがその諸々の改造やら増強がタダだと言い張るからダメなんだよ戦前日本嫌い君本来なら他の装備品に回す予算まで特攻阻止に注ぎ込まれてかなりの綱渡りだったんだよ圧勝なんかじゃ無いよ。
125.名無しさん:2017年11月11日 22:04 ID:.1h2qsHc0▼このコメントに返信
※123
多分この人当時の航空機の命中精度が10%台でもエース級だった事も知らん情弱君かも。
126.名無しさん:2017年11月11日 22:06 ID:lw.m6ysB0▼このコメントに返信
神風特攻
万歳アタック
敗戦によってそのような自暴自棄な作戦が強調されがちではあるが、実は日本の素晴らしい点はその領国の経営統治体制にあった。
敗戦による反日政策によって当時の日本の統治は完全に否定されてしまったが、実は朝鮮然、台湾然、満州国然、欧米の植民地支配は搾取することだけが目的であったが、日本の支配体制は外地も内地同様、或いは内地以上に殖産興業、教育振興、安全衛生、全ての面において内地のようになるように現地の発展に尽力した。そのおかげで当時の台湾や朝鮮の大日本帝国への帰属意識や忠誠心は日本人以上に日本人とあろうとした。帝国軍人としての志願者は内地よりも寧ろ外地のほうが大日本帝国臣民として活躍したいと願う者が多かったくらいの有様であり、それに恐怖及び自身の植民地支配体制を否定された欧米列強は大日本帝国を崩壊させるよりほかなかった。残念ながら日本は崩壊し、その現地を発展させる統治体制は隠蔽され、逆に再度その素晴らしい大日本帝国の統治体制を恐れて日本の統治が過酷であったという反日政策がとられることになった。さもなければ解体された朝鮮、台湾は日本へ戻ろうとしてしまうことが火を見るよりも明らかであったからだ。
127.名無しさん:2017年11月11日 22:09 ID:lw.m6ysB0▼このコメントに返信
すなわち日本の特徴としてはその内政能力及び発展能力、統治能力が世界一であるといえよう。
128.名無しさん:2017年11月11日 22:10 ID:TSzJbvSZ0▼このコメントに返信
※88
石原莞爾は自著を読むと(昭和10年頃の)30年後には避けられないとは言うものの、支那戦争も対米戦争も反対みたいだから。
昭和天皇「やれ」
東條「はい」
石原「いやだ」
で終わってるでしょう。
129.名無しさん:2017年11月11日 22:10 ID:MSfSKkms0▼このコメントに返信
そもそも米ソがやってたような縦深攻撃も火力戦も物量が伴わないと実現すら無理
つまりは物量で負けている相手に勝とうとするなら電撃戦(奇襲)しかない
ぶっちゃけドイツは対ソビエト戦でモスクワを落とせなかった時点で、日本はワシントンを奇襲できない以上はアメリカと開戦した時点で詰んでいた
130.名無しさん:2017年11月11日 22:10 ID:0MoXge3X0▼このコメントに返信
オタク戦行けーーーー!!!
131.名無しさん:2017年11月11日 22:12 ID:ajWvdgR.0▼このコメントに返信
※115
南雲機動艦隊にビビリまくって逃げてたイギリスw

マジレスすると空母は強い。戦略に幅ができる。空母の強みは攻勢時にいやってほど発揮する。
防衛側はどこが攻められるかわからないからあちこちに戦力分散しなければならないが空母側は戦力を一転に集中して攻撃できるこれがでかい。
ドイツがもし日本の立場だったらやはり太平洋のあちこちに20機程度配備で各個撃破されたのがオチだろう。
アリアナの時の日本軍艦載機はDデイ時のドイツ、フランスに展開してたドイツ軍機300機より多いし大戦後半の米機動艦隊はドイツ空軍が前戦域からかき集めるだけかき集めたボーデンプラッテの時のドイツ軍より多い。そんな一国の空軍戦力クラスの艦載機が突然現われて強襲する。空母めちゃくちゃヤバイ。
132.名無しさん:2017年11月11日 22:13 ID:Gi8F5rCj0▼このコメントに返信
末期の特攻や万歳突撃みたいなのがイメージで先行してるけど、初期は普通に戦って普通勝ってる。
普通の作戦を出来るならやってる。
133.名無しさん:2017年11月11日 22:15 ID:.1h2qsHc0▼このコメントに返信
※132
中国戦線は、その普通の作戦の繰り返しで国民党・共産軍を圧倒していたから停戦命令を聞いてふざけるなと怒った将兵がいたらしい。
134.名無しさん:2017年11月11日 22:17 ID:P1kMVBsy0▼このコメントに返信
※125
アメリカ海軍がなんで対空キチになったんだって話だよな
135.名無しさん:2017年11月11日 22:17 ID:bqmdzDAE0▼このコメントに返信
大陸打通
136.名無しさん:2017年11月11日 22:22 ID:OWS2RS1d0▼このコメントに返信
※135
徒歩行軍こそ日本陸軍の得意技
137.名無しさん:2017年11月11日 22:22 ID:.1h2qsHc0▼このコメントに返信
※134
だってアメリカ軍基準の急降下を凌ぐ精度で投下して来るから戦前基準の甘々な防御砲火じゃ艦隊を守り切れんて判断で熟練殺しのVT信管を急速配備するも後期になると弱点を突かれて突破を許したりしている。
138.名無しさん:2017年11月11日 22:24 ID:SH0EP5MV0▼このコメントに返信
んなもん、今も昔も努力と根性だろ。精神論とか、どこの世界だって大抵勝負を決めるのは心技体って言われてんだよ。

まあなんで精神論が敬遠されるかっていうと、日本は世界で一番メンタルトレーニングに熱心だけど、暴走迷走してる分世界で最も不得手だからじゃね。ていうか生真面目かつ優秀で、気合いと根性にあふれるとか言うチートユニットの性能に頼り過ぎなんだよ。
139.名無しさん:2017年11月11日 22:27 ID:.1h2qsHc0▼このコメントに返信
※138
ちゃんと終点が見えた戦場に投入されたらこれ程恐ろしい軍隊も無いよ多分目標貫徹まで止まらないから。
140.名無しさん:2017年11月11日 22:28 ID:Q4wyyR5H0▼このコメントに返信
夜襲や万歳突撃のイメージしか無い香具師は語るべきでないな
日本陸軍マジ強かったのに
惨敗と言われるとノモンハンですら敵の被害が大きすぎて草生える
141.名無しさん:2017年11月11日 22:29 ID:Gi8F5rCj0▼このコメントに返信
※134
ある意味イージスシステムも特攻隊対処の最終形態見たいなもんだし。
142.名無しさん:2017年11月11日 22:34 ID:MSfSKkms0▼このコメントに返信
特攻が話題になってるからwikiの「特攻で損害を受けた艦船の一覧」見てきたわ
何が凄いって、エンタープライズとかサラトガとか名だたる正規空母が特攻で中大破させられてんのな……
なまじ戦果を上げてしまったことが最大の不幸だったのかもしらん
143.名無しさん:2017年11月11日 22:35 ID:.1h2qsHc0▼このコメントに返信
※141
爺様達の命がけの奮戦の結果今日の日本の防空網の整備繋がったて事になるからな~。
144.名無しさん:2017年11月11日 22:38 ID:5hh0QhCG0▼このコメントに返信
※131
それで、攻撃側最強たる空母機動部隊で水不足のミッドウェーは落とせましたか?

さておき、決戦を避けた(最初からその方針で派遣されていた)イギリス海軍は南雲部隊に対して水上艦艇戦力さえ劣ってたからね
逃げるのは常識だよね。
そもそも、その一国の国力をつぎ込んだ艦隊がまともな戦果を挙げることなく
数機の空軍爆撃機あるいは艦爆数機に無力化されるリスクを知ってなお欠陥のない最高の戦力だといえるのかは疑問ですし。

天候や運(搭乗員の直感)に左右される決戦兵器だけをそろえるってのはやはりナンセンスだと思うのですよ。
(現にどの海軍もそんな酔狂なことはやってないからなw)
145.名無しさん:2017年11月11日 22:38 ID:.1h2qsHc0▼このコメントに返信
※142
なんか特攻の戦果に駆逐艦が多いから無駄連呼の情弱がたまにいるけど米軍の対空ピケットラインに穴を空けて本隊の突撃を援護するためだったて知らんのが多過ぎる。
146.名無しさん:2017年11月11日 22:41 ID:Gi8F5rCj0▼このコメントに返信
※142
精神論がどうとか言われるけど、特攻はものすごく合理的で効率的な攻撃方法ではあった。人道的にはあれだけど、ただその人道がどうこうこうそ精神論でもある。
ただ「やれ」と言われて出来る精神も精神論になる。
147.名無しさん:2017年11月11日 22:45 ID:WTvuTALH0▼このコメントに返信
旧軍に独自のドクトリンなんか無い。
ww1の改良型から進歩できないままドイツとアメリカの形式的な後追いに終始しただけ。
当の陸軍軍人が戦後総括してて認めてるのに何を今更

ちなみに海軍は漸減邀撃な。自分からかなぐり捨てて開戦したけど。
148.名無しさん:2017年11月11日 22:50 ID:kIsIq1ZE0▼このコメントに返信
陸軍なら水上機動作戦もかな~。
太平洋戦争開始時点では上陸戦研究・実績でトップだったし、
中国とかマレー半島とかでは水路を巧みに用いて迂回機動している。
149.名無しさん:2017年11月11日 22:51 ID:HqU82qJv0▼このコメントに返信
※131
これは131氏の意見に賛成だ。空母も戦艦もそれなりにいた東洋艦隊は戦艦数なら劣勢だった南雲艦隊と交戦を避けているし、
真珠湾後、新型戦艦が就役するまでの米艦隊は、それなりにバランスのよかった日本艦隊相手に大敗は喫していない。
150.名無しさん:2017年11月11日 22:52 ID:WTvuTALH0▼このコメントに返信
あとドクトリンの意味も知らないと思われるコメントが複数あるが
せっかくネットがあるんだから検索ぐらいしたらどうかね。
151.名無しさん:2017年11月11日 22:56 ID:jpxaIDfW0▼このコメントに返信
実際はあり得ないが仮に特攻飛行機一機と一人の兵士で駆逐艦や空母潰せたらこんな効率的な方法無いけどな
一個人の最後の手段としてならともかく組織的な戦術としては肯定し難いが敵から見たら驚異ではある
もう散々言われてるが日本軍の本領は防御戦だろうな

拉孟・騰越なんか一個連隊強しかいないのに全滅と引き換えに中国軍数個師団壊滅とか意味不明
日本が凄いと言うより中国軍の運用が酷いとしか言えないレベル(でも指揮はスティルウェルなんだよなぁ)
152.名無しさん:2017年11月11日 22:59 ID:.1h2qsHc0▼このコメントに返信
※151
日本陸軍でも大阪師団と京都方面は、戦下手過ぎて後方待機だったらしい。
153.名無しさん:2017年11月11日 23:03 ID:mubnl3ny0▼このコメントに返信
電撃戦などの戦略レベルで日本軍がやったことを考えると
歩兵が補給も無く装備もろくに持たずに惨道を進軍して病死餓死続出して最期は突撃して全滅する無謀な奇襲
島々に取り残されて決戦に参加できずに包囲殲滅される無駄死などだろうな
154.名無しさん:2017年11月11日 23:09 ID:.1h2qsHc0▼このコメントに返信
と戦前日本を貶めて今の負け犬な自分を誤魔化す大馬鹿スレ主。
155.名無しさん:2017年11月11日 23:14 ID:sLGzz28F0▼このコメントに返信
萌え戦車でも、いっとったが
戦車が貴重な上、歩兵が優秀だったから
まず歩兵が敵陣を浸透制圧して、戦車があとから支援砲撃するという、わけの分からん戦術を使ってたららしい
なお、結構強かった模様
まぁ、皇軍は「いろんな意味で」普通じゃないから、ドクトリンもちょっと変なほうが合うのかもね
156.名無しさん:2017年11月11日 23:18 ID:Gi8F5rCj0▼このコメントに返信
※153
日本としては資源のある地域やその周辺を確保しなければならかった。そうするより手段がない。
連合国側はそれをついて日本の補給を分断し孤立した部隊を撃破したり、あえて素通りする作戦をやって成功したと言う話。
単純に日本が愚かだったとかそう言う話でもないと思う。

電撃戦だって伸びきった所で終わる。
157.名無しさん:2017年11月11日 23:19 ID:p.VTaa0z0▼このコメントに返信
※153
ドイツの電撃戦は火力相手に通用しなくなったのが現実なのよ。
まぁ、当然ながらドイツも火力に移行したわけだけど、
英国、ソ連の砲兵運用に追いつけなかった。
158.名無しさん:2017年11月11日 23:21 ID:0Qm864Vc0▼このコメントに返信
特攻とかいう現在もガチで恐れられる最恐戦法

なおISがそれに気付いて採用した模様w
159.名無しさん:2017年11月11日 23:23 ID:.1h2qsHc0▼このコメントに返信
※158
ISのは、戦術も戦略も無い負け犬な現実から逃避する手段に過ぎないよだから蛇蝎のように嫌われ壊滅した日本軍とISを結び付けるのがパヨクの最近の流行りか?。
160.名無しさん:2017年11月11日 23:30 ID:Xv3A00QS0▼このコメントに返信
日本の場合は歩兵というか人間が精強だったな
だから浸透だろうが夜戦だろうが強襲だろうが防御だろうが
やれることは何でもやれた、特に現場レベルでは優れてたと思う
ただ作戦目標を達成に至らせるまでの装備と予備兵力、更には人的資源がな
とどめは上層部の頑迷さというかなんというか
161.名無しさん:2017年11月11日 23:34 ID:kNYKAg3W0▼このコメントに返信
戦車不要論と一緒で真面目に説明している最中に
適当な事言い続けてる馬鹿が逃げちゃって話が続かないパターン

逆に言うとその手の日本無能論が本当だった場合に浪費された資源を逆算すると面白いかもしれない
人の命が軽いという割には畑からは取れてないと考えるあたりまだ人を人扱いしてるよね、日本無能論者
162.名無しさん:2017年11月11日 23:35 ID:TDG2uuPR0▼このコメントに返信
敵飛行場やその適地の制空権とってそれを重点目標に侵略する尺取り虫戦略は
日本が日中戦争で確立したんだけどな
163.名無しさん:2017年11月11日 23:40 ID:sLGzz28F0▼このコメントに返信
なぜ、自国民の生活基盤を破壊して、一般人を洗脳して民兵化テロリスト化させる
現在のアメリカ軍をも悩ます、無敵戦術を開発した毛沢東先生の話が出ないんだ
戦争の定義すら変えてしまった、革新的な戦術なのに

中国人にも、「毛沢東先生は、現在のテロリスト達でも使える戦術を考えた偉大な戦術家ですね!」っていうと
すげー怒るんだ、、、みんな、毛沢東の評価が低くてかなしい
164.名無しさん:2017年11月11日 23:43 ID:.1h2qsHc0▼このコメントに返信
※163
得られた成果に比して被害が多すぎるて事だろう村全部がテロ屋認定食らって殲滅されたりしたのだから。
165.名無しさん:2017年11月11日 23:43 ID:MhcnMRae0▼このコメントに返信
夜戦が常って時点でかなり士気練度が必要だからな
一兵が精強だったのは間違いない

問題は戦車の登場で戦場の主役が歩兵から騎兵に再復帰していたこと
浸透作戦が一次の時点で有効だと気が付いたドイツがさらに発展させて敵戦力の撃滅も同時に狙える戦車主体の電撃戦を開発していたこと
ここら辺がドクトリンが古いと言われる所以。まあ貧乏が悪いという事も出来るが
166.名無しさん:2017年11月11日 23:53 ID:.ssGg92j0▼このコメントに返信
牟田口「あと何人殺したらとれる?」
超無能指揮官だな。
167.名無しさん:2017年11月11日 23:59 ID:2rro.Szo0▼このコメントに返信
日本は大和魂があるから弾丸を弾き圧倒的速度で地を駆け、ご飯を食べなくても一年生き抜いて、タフな肉体でどんな環境にも適応して、素手で空母を沈めるんやぞ
あと放射能吸収できるようになるから核の中でも生きれるようになるぞ

つまり、弾が無い、燃料が無い、飯が無いっていうのは甘え
168.名無しさん:2017年11月12日 00:03 ID:mOYYvf7W0▼このコメントに返信
マジレスすると火力優勢
野砲で敵陣耕して、その後歩兵が浸透していくのが大陸でのメイン戦術

大量の砲と砲弾を持ち込めず補給できなかった島嶼戦ばかりがクローズアップされてるだけ
169.名無しさん:2017年11月12日 00:03 ID:XPK0ZrwU0▼このコメントに返信
※165
電撃戦の本質は戦車単体じゃない
実のとこドイツ自身がそれをきちんと認識できていなかったから
フランス戦以降はうまくいってない
陸と空の連携、そして歩兵と支援火器が同期して動かないといけない
ドイツは支援火器(特に重火器)が弱く、戦車に特化しすぎた
170.名無しさん:2017年11月12日 00:18 ID:.aKxkr.j0▼このコメントに返信
電撃戦ってそもそも基本的には戦車・航空支援・火力部隊の統合運用での前線から後方部隊まで
対象にした縦深戦術だろ。単に進軍速度が速い事を言っているわけじゃない

そういう意味ではドイツのポーランド戦やバルバロッサ作戦よりソ連のバグラチオン作戦の方が近い
171.名無しさん:2017年11月12日 00:43 ID:f1GNFZTq0▼このコメントに返信
日本軍は寡兵戦術だ!
現在もアジア国家に受け継がれている
172.名無しさん:2017年11月12日 00:56 ID:zVCtu45s0▼このコメントに返信
陸軍の攻撃ドクトリンは歩兵主体による敵拠点への分進合撃および包囲殲滅よ。19世紀プロイセンの戦い方をを受け継いだのが日本陸軍ね。
173.名無しさん:2017年11月12日 01:12 ID:dthn6Vh30▼このコメントに返信
最後の決は我が任務(銃剣突撃)
174.名無しさん:2017年11月12日 01:25 ID:FOuCGxtR0▼このコメントに返信
日本は陸海ともに「もう一度日露戦争と同じような戦いができたら勝てますように」しかないやろ
柳の下のどじょうドクトリンやな
175.名無しさん:2017年11月12日 01:26 ID:FOuCGxtR0▼このコメントに返信
総力戦がわかってないから、第一次大戦レベルのドクトリンもなかったやろ
176.名無しさん:2017年11月12日 01:36 ID:oDMjFxhC0▼このコメントに返信
もう珊瑚海海戦あたりから通常攻撃は被害が多すぎて特攻しか手が無かったから仕方ないわな。
でも練習機や旧式機まで出撃したのは悲壮と言うしかない。
177.名無しさん:2017年11月12日 02:11 ID:JYqirXoa0▼このコメントに返信
陸海軍に共通するドクトリンは「決戦主義」だろ。
日本海海戦のような帰趨を決する戦いがあると想定して、
その天王山で全将兵決死で戦えば戦局が好転するという発想からくる、後先考えない人命軽視と勇敢さ。
178.名無しさん:2017年11月12日 03:10 ID:qQjQ30yS0▼このコメントに返信
スレタイに反して日本軍個性的過ぎ。
自他ともに認めるところでは「白兵突撃」、独自性重視なら「玉砕」「転進」
179.名無しさん:2017年11月12日 05:39 ID:628t.1Ba0▼このコメントに返信
なんか日本軍のドクトリン凄かったとか言ってる連中がいるけど、実体が伴ってなきゃ机上の空論でしかないよな?結局ぼろ負けな訳だし
あと空前絶後の大敗を喫したインパール作戦は何のドクトリンが採用されたんだ?w
180.名無しさん:2017年11月12日 06:38 ID:hMRPP7J80▼このコメントに返信
航空夜襲ゲリラ戦と言う意味で末期の海軍は良い仕事してるんだよな。
瑞雲装備の634空が好例。
なお芙蓉部隊は634空の実績が認められて美濃部少佐の意見具申が通ったのが真相と思われる。
181.名無しさん:2017年11月12日 06:48 ID:epDAUMlu0▼このコメントに返信
魚雷の次弾装填とかは?
182.名無しさん:2017年11月12日 06:56 ID:rxygZXvB0▼このコメントに返信
艦隊決戦やろな。海軍は兎にも角にも全てこの為に整備計画された。
183.名無しさん:2017年11月12日 07:16 ID:E77jQo6p0▼このコメントに返信
陸軍大国のドクトリンと比べて恥ずかしくないのか?
独仏露あたりで比較してればいいものを。
184.名無しさん:2017年11月12日 07:33 ID:x5O1X06C0▼このコメントに返信
英のフラー、独のグデーリアン、露のトハチェフスキーのような”軍事理論家”ポジの人が戦前の日本にいない
強いてあげるならISOROKUぐらい
この人がいなければ、アメリカとの戦争はものすごくしょっぱい展開になっていただろう
185.名無しさん:2017年11月12日 07:59 ID:4xvFb7yO0▼このコメントに返信
漸減邀撃の名前すら出ないカススレ。
186.名無しさん:2017年11月12日 08:05 ID:qjTxiAWz0▼このコメントに返信
※24
米軍及び米政府の方針による捕虜虐殺に触れられない物に価値は無い。
187.名無しさん:2017年11月12日 08:21 ID:xTvUnrzI0▼このコメントに返信
※179
ドクトリンってその軍の基本原則って意味なだけだぞ。
結果的な勝ち負けや出来る出来ないは別の話。
戦争全体の結果の話をするなら「ドイツの電撃戦も負けたじゃん」って話になる。
188.名無しさん:2017年11月12日 08:43 ID:Yz1kJQFb0▼このコメントに返信
話が逸れるけど最近海軍下げ多いな
対中国の為の予算確保に海軍のイメージが良い方が望ましいんだけど
陸軍上げは兎も角、海軍下げは中国に利する
もしかして国内離間やってたのと同じ勢力が主導してない?って見るのは糖質的発想かねえ
189.名無しさん:2017年11月12日 08:50 ID:4dBLVUa80▼このコメントに返信
ジンギスカン作戦
190.名無しさん:2017年11月12日 10:09 ID:x5O1X06C0▼このコメントに返信
※188
海上自衛隊にどんだけ金を突っ込んでも中国の(海上便衣兵)を撃退することはできない
海軍age勢力の後ろにこそアメリカ(=GHQ)がいるんでないの


191.名無しさん:2017年11月12日 11:05 ID:q4hWNmM60▼このコメントに返信
背水戦だろ。最初から後がない戦いしていたからな
192.通りすがりのキチ:2017年11月12日 11:39 ID:x6Lq.dWC0▼このコメントに返信
ドイツ「電撃戦」 ソ連「縦深攻撃」 アメリカ「物量戦!」

ときたら、日本「防衛臨界点(無自覚に)突破」 かなぁ(笑)
もしくは陸軍・海軍の主体で 日本「派閥闘争」かなぁ(…)

一体何処を見とるのか…。
193.名無しさん:2017年11月12日 11:50 ID:xDPWrhDp0▼このコメントに返信
各国軍のドクトリンは練兵に出るのではないか
生きて虜囚の辱め・・みたいに、兵を歯車化する。やっぱり突撃・白兵戦が特色じゃないか
194.名無しさん:2017年11月12日 11:53 ID:OH4jrrC00▼このコメントに返信
電撃戦を最初に行ったのは日中戦争の日本軍やろ。
敵側のドイツが使えるやんって、本国に持ち帰っただけ。
海軍航空隊が中国から離れてから陸軍単独での電撃戦は不可能やったけどな。
195.名無しさん:2017年11月12日 12:23 ID:brEesU5C0▼このコメントに返信
ID:oJoくんは海軍に親でも殺されたのか
196.名無しさん:2017年11月12日 13:09 ID:B.DLnIfi0▼このコメントに返信
※195
南方作戦で海軍の誤射誤爆とかあったし、先祖の親族が巻き込まれたとか(´・ω・`)
197.名無しさん:2017年11月12日 15:03 ID:crnSTRUR0▼このコメントに返信
陸戦主体の欧州戦線と海戦主体の太平洋戦線なのに『陸戦だけを語れ、語れない日本は糞』とかアホかと。
そうまでして日本叩きしたいんか。
198.名無しさん:2017年11月12日 17:08 ID:pgx1W0QB0▼このコメントに返信
※194
>電撃戦を最初に行ったのは日中戦争の日本軍やろ。
> 敵側のドイツが使えるやんって、本国に持ち帰っただけ

iいや、逆だから
日本がドイツに学ぶために山下奉文をはじめとする視察団をドイツに送ったの
199.名無しさん:2017年11月12日 17:33 ID:Fub5Oh0T0▼このコメントに返信
空母機動艦隊だろ 世界初の運用だぞ
200.名無しさん:2017年11月12日 18:16 ID:CklSUP5r0▼このコメントに返信
三光作戦 でしょ常識的に考えて
201.名無しさん:2017年11月12日 19:31 ID:hXO62x5P0▼このコメントに返信
大陸打通作戦だろ
202.名無しさん:2017年11月12日 20:18 ID:e3.F.Lh00▼このコメントに返信
※165
電撃戦というはドイツが作ったのではなく作ったのはソ連のジューコフ元帥と中佐時代のド・ゴールな。そこに英国のフラーやリデル・ハートが加わりアイデアをナチスがパクる。
皮肉なコトにトハちゃんはレモン叔父さんに粛清され、ドゴール、フラー、リデル・ハートは冷や飯食らってたので英仏ソは電撃戦に後れを取った。
まぁ、電撃戦やられても体力がある英ソなら火力主義やそれらと電撃戦をミックスした諸兵科連合・全縦深同時打撃ドクトリンで対応出来た。
203.名無しさん:2017年11月13日 10:28 ID:tD5MHK7.0▼このコメントに返信
※202
各国が研究していて、他国の成果をどの国も参考にしていた状況下、ドイツについてのみ
「パクる」と言うのはどういう了見だ。
元になるアイデアは以前からあったかも知れんが、グデーリアン以前に電撃戦は完成してないよ。
204.名無しさん:2017年11月13日 11:45 ID:cUeqp2a00▼このコメントに返信
\大陸打通/
205.名無しさん:2017年11月13日 16:58 ID:FQYLBB8Z0▼このコメントに返信
連合艦隊、空母機動艦隊、は挙げて良いんじゃないか。

お名前