スポンサーリンク

2017年10月13日 22:05

憲法9条に自衛隊の根拠規定を明記「支持する」が48.2%

憲法9条に自衛隊の根拠規定を明記「支持する」が48.2%

pixta_5752242_S

引用元:【時事通信世論調査】 憲法に自衛隊明記、「支持する」48.2%、「支持しない」34.4%
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1507876410/

1: 影のたけし軍団 ★ 2017/10/13(金) 15:33:30.21 ID:CAP_USER9
時事通信の10月の世論調査で、憲法9条に自衛隊の根拠規定を明記する安倍晋三首相の提案について聞いたところ、
「支持する」が48.2%、「支持しない」が34.4%
「(中略)」
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017101300815&g=pol

2: 名無しさん@1周年 2017/10/13(金) 15:34:23.25 ID:wcAf91EP0
自衛軍として明記

7: 名無しさん@1周年 2017/10/13(金) 15:36:41.87 ID:+3JO2G5A0
そりゃそうでしょ

災害時にあれだけやってもらって、憲法に違反かもって言えないでしょ

11: 名無しさん@1周年 2017/10/13(金) 15:38:13.19 ID:NXYKzgzV0
いい加減に
自衛隊の存在を憲法に明記する
に反論のしようがないことぐらいわかるだろ

13: 名無しさん@1周年 2017/10/13(金) 15:38:34.88 ID:u9qSH0AT0
理想は、一項、二項を廃して、「日本軍」明記だが、
公明が連立を組んでる現状では、”加憲” として自衛隊明記が妥当かな。
ただし、そうなると今以上に九条の文章が支離滅裂状態になるが。

18: 名無しさん@1周年 2017/10/13(金) 15:40:25.24 ID:6CvPhUow0
今は自衛隊を明記するくらいで精一杯だ。
最初で最後の改正じゃないんだから焦るなよ。
だがこの機会を逃したらほぼ永久に改正はないだろうな。

27: 名無しさん@1周年 2017/10/13(金) 15:44:48.80 ID:UO7J1R7K0
支持する

34: 名無しさん@1周年 2017/10/13(金) 15:47:33.63 ID:EFnRPJVI0
国防軍と明記してネガティブリストを議論しよう

38: 名無しさん@1周年 2017/10/13(金) 15:50:36.87 ID:+ZA8qNWP0
支持しないはどんな層なのか気になる……

47: 名無しさん@1周年 2017/10/13(金) 15:59:44.78 ID:sgxwCuvi0
いいね!憲法改正すぐやろう!

50: 名無しさん@1周年 2017/10/13(金) 16:00:25.95 ID:lUljItf40
軍ではない中途半端な自衛隊を明記よりも、小池百合子が提唱していた、憲法9条2項を削除して国防軍を創設のほうがよっぽどわかりやすいんではないかい

53: 名無しさん@1周年 2017/10/13(金) 16:01:35.61 ID:34QYeGYr0
>>50
国民投票が通るならな

54: 名無しさん@1周年 2017/10/13(金) 16:01:39.01 ID:PGRsbPf60
あれ?読売だと支持しないの方が高かったような?
時事は個別面識方式だから、こっちの方がデータとして精度高いのかな?

55: 名無しさん@1周年 2017/10/13(金) 16:02:09.87 ID:vNLya9pb0
あれ?他の世論調査の結果と違うね

56: 名無しさん@1周年 2017/10/13(金) 16:02:22.65 ID:eQR1nxP+0
徴兵制度復活しちゃうよ

63: 名無しさん@1周年 2017/10/13(金) 16:05:28.67 ID:ni4ltRWE0
>>56
ガリガリの細腕で銃なんか撃てないよw
徴税の方がよっぽど役に立つよ

66: 名無しさん@1周年 2017/10/13(金) 16:07:30.84 ID:xAi5d5+i0
支持しない、は二つに分かれる。
そもそも改憲に反対する組と9条2項あるいは9条自体を削除すべきだとする組。
俺は9条1項は残しても構わないとは思うが、国を守るために戦う自衛隊員の手足を縛るものは全て取り払う必要があると思う。
9条自体削除すれば一番すっきりするんだけどね。

76: 名無しさん@1周年 2017/10/13(金) 16:13:34.76 ID:72yoxDRw0
これはどっちでもいいけど
憲法改正する時は一度にやらず小分けにしてもらいたいもんだ
どさくさに紛れて何やるか分かったもんじゃない

82: 名無しさん@1周年 2017/10/13(金) 16:17:33.18 ID:Stn/dLHF0
そもそも自衛隊は完全に軍隊なのに今の憲法上 曖昧にしておくのが全くもっておかしいでしょ
普通に憲法を改正したらいんじゃないの 民主主義の観点からも憲法を改正してはいけないという意見の方がおかしい 法的手続きにのっとって粛々とおこなえばよいと思う

89: 名無しさん@1周年 2017/10/13(金) 16:21:09.19 ID:v/T139ge0
軍事法廷はどうすんだ?

126: 名無しさん@1周年 2017/10/13(金) 16:41:11.65 ID:6/NCRamt0
世界中に自衛隊は知れ渡っているのに無いことにするなんてのがおかしいだろ・・・

175: 名無しさん@1周年 2017/10/13(金) 17:24:29.58 ID:K6QjFm770
安保法はあっても自衛隊法が整備されていない

本命はこれ  米軍 普通の軍隊並みの法整備出来れば

良い訳だし これがないと緊急時役立たずの自衛隊になる

197: 名無しさん@1周年 2017/10/13(金) 17:39:51.32 ID:XxJxv7D10
いい加減軍隊扱いにしてやれ

201: 名無しさん@1周年 2017/10/13(金) 17:42:23.96 ID:8LywMQyA0
たかがこれくらいの改憲も難しいんだなあ
おかしなことだ

215: 名無しさん@1周年 2017/10/13(金) 17:49:05.66 ID:8LywMQyA0
世論調査で60%はいってないと厳しいだろうな

230: 名無しさん@1周年 2017/10/13(金) 17:54:46.06 ID:GzR7S8hs0
安倍さんがどんなにいじくりたくても国民がノー突きつけたら出来んわけだから国民選挙やってみりゃいいじゃん

235: 名無しさん@1周年 2017/10/13(金) 17:55:17.29 ID:9dEeA/f9O
今で48あるなら、来年の今頃は60以上になるな。

当然の話だ。北とアメリカが後押ししてくれるからなw

243: 名無しさん@1周年 2017/10/13(金) 17:57:22.26 ID:s4pf0Kqh0
「支持しない」の中で、俺と同じく「日本軍でないとダメだ!」って比率はどれくらいだろw

266: 名無しさん@1周年 2017/10/13(金) 18:01:16.07 ID:8LywMQyA0
「支持しない」って奴は、つまり憲法を軽視してる

272: 名無しさん@1周年 2017/10/13(金) 18:02:44.11 ID:CFshDQJ30
>>266
その通りだろうなあ
あまり考えてないからこそこういう結論になる

425: 名無しさん@1周年 2017/10/13(金) 18:31:22.56 ID:K2yAbxe40
憲法に明記しちゃうと、ちょっと名前変えたくなったら、また憲法改正しないといけないのな

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2017年10月13日 22:10 ID:2gbeYHe90▼このコメントに返信
憲法改正や自衛隊明記には賛成だがそれは付け足しでなく二項改正でやらなければ矛盾が生じないか?
もう、解釈だの政治的配慮だのでなく日本語で読んだ通りの効力の憲法にしてもらいたい。
2.名無しさん:2017年10月13日 22:11 ID:fVoVQ9lM0▼このコメントに返信
自衛隊を早く憲法で認めて在日米軍を撤退させるべき
別に撤退させなくてもいいけど在日米軍は日本国憲法の下に組み込むべきで今の何やっても特権でセーフは属国にも程がある
そもそも日本にアメリカの基地を置くならアメリカにも小規模でもいいから自衛隊基地を置かせるべき
3.名無しさん:2017年10月13日 22:15 ID:6ZuBYP2f0▼このコメントに返信
※1
自衛隊明記は第2項と相反するし、第2項の例外と解釈するとしても、自衛隊が事実上の軍隊であり戦力である以上、じゃあ第2項はそもそも何を禁じてるんだ?という当然の疑問が生じるな。

という訳で俺は反対。
4.名無しさん:2017年10月13日 22:16 ID:bnfSBa6.0▼このコメントに返信
※1
現在の憲法自体アホみたいな文ばかりだし(英語訳した影響だっけ)、分かりやすくして欲しいよな
解釈変更じゃなくて憲法変更で対処したいよ。憲法変更の方法は出来立てホヤホヤだが
5.名無しさん:2017年10月13日 22:16 ID:jQKSRY6z0▼このコメントに返信
正直、どっちでも良いが。戦争になんてなんないし。

でも、安倍総理がやりたいのなら賛成。
6.名無しさん:2017年10月13日 22:19 ID:ZmHnS.xC0▼このコメントに返信
憲法9条に自衛隊明記に反対する人は、左翼だけではない。前例がないから改憲してはいけない層もいるはず。
仕事でも前例がないと動けない人たちは一定多数いるから、改憲も前例がないというだよな。
7.名無しさん:2017年10月13日 22:21 ID:NqL2Ifjt0▼このコメントに返信
憲法に軍隊の規定など書き込む方が、よほど異常
完全削除で!国防は特別立法、さらに軍事法制定。
最初の自衛隊員を守れ。
8.名無しさん:2017年10月13日 22:21 ID:EIVAOZss0▼このコメントに返信
左翼は自衛隊は憲法違反だといいながら、じゃあ憲法を変えようというと改悪反対という。
9.名無しさん:2017年10月13日 22:21 ID:L.uD1G8a0▼このコメントに返信
国民を守れる憲法なら別にいいよ。
今の9条は国民を守るのに、明らかに邪魔だが。
10.名無しさん:2017年10月13日 22:22 ID:2gbeYHe90▼このコメントに返信
※1の続き
俺自身ははっきり言って自衛隊の存在は憲法違反だと思っている。
と言っても反自衛隊じゃないよ、必要だと思ってる。
極論、もはや憲法改正して自衛隊を認めるか、憲法そのままで自衛隊解散かでいいと思う。
もし後者を選ぶようなアホな国民しかいないなら滅んでも仕方なし。

サヨクの言う軍隊(自衛隊)があるから戦争が起こると言うのは正しい。
反撃能力が無ければ戦争は生起しないからだ。
ただし侵略、紛争、虐殺は軍隊がなくても起こる。
もし『戦争をしない事』が最大の目的ならば軍隊を放棄すれば良い。
ただし国民の生命財産を守ることが目的ならば軍隊は必要だろう。
11.名無しさん:2017年10月13日 22:23 ID:wLaLyjxz0▼このコメントに返信
法できちんと規定された軍隊こそ、シビリアンコントロールの要件ですやん
いなだぼーえいだいじんは流石にアレやったのはわかるけど
現職の制服組が、旧日本軍の参謀みたいないやらしさでリーク排除したのは
規制せんといかん
12.名無しさん:2017年10月13日 22:26 ID:oHoCz5r.0▼このコメントに返信
シンプルに国防を達成するために軍を保持するで良いんだよ
自衛隊だの自衛軍だのと問題を先送りする名称付けてないで普通に日本軍にすれば良い
13.名無しさん:2017年10月13日 22:28 ID:A3yaIk820▼このコメントに返信
帝國軍として明記してほしい
14.名無しさん:2017年10月13日 22:29 ID:xwFp4gP50▼このコメントに返信
東日本大震災時に自衛隊があったせいで日本が存続してしまった
だからありがとう自衛隊
15.名無しさん:2017年10月13日 22:29 ID:dggIGPfJ0▼このコメントに返信
明記だけでいいの?
何が変わるのかわからない。
なんで9条削除と言わないの?
9条は消えないの?
16.名無しさん:2017年10月13日 22:29 ID:mvXPEEC40▼このコメントに返信
憲法に自衛隊入れてやれよ

つか 憲法全文読んだことある奴どの位いるんだ?
あんなおかしい憲法なおせ
17.名無しさん:2017年10月13日 22:30 ID:jtO3W28L0▼このコメントに返信
9条もそうだが改憲に合わせて憲法の前文も改訂してほしい。
「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。」

日本周辺にはそんな諸国民はいない。どの国も自国の利益がかかればシビアだ。
お人よしの知恵遅れは卒業だ。
18.名無しさん:2017年10月13日 22:30 ID:vHX.CQOc0▼このコメントに返信
個人的にはまず言葉遊びをやめるべきだと思う
自衛隊、階級名称、部隊名ありとあらゆる所に存在する自衛隊用語を排除し明確に軍と規定すべき
まず意識を変えないとどうにもならない
「自衛隊」では無く「軍」が存在し、それが必要なのだと認識しない限りこの束縛からは抜けられない
19.名無しさん:2017年10月13日 22:31 ID:tcVgEoeY0▼このコメントに返信
自衛隊のまま憲法に明記するのか、軍として憲法を改正するのか…。だいぶ違うよ。
20.名無しさん:2017年10月13日 22:34 ID:zoJW9gAb0▼このコメントに返信
支持しない馬鹿は日本から追放するべきだな
21.名無しさん:2017年10月13日 22:35 ID:dF8TJiRb0▼このコメントに返信
スレッドやコメントは始めだけ憲法改正で威勢が良いが、
結局、改正論者同士で方向性が違って毎度の内ゲバ。
22.名無しさん:2017年10月13日 22:35 ID:tcVgEoeY0▼このコメントに返信
軍として明記すれば帝国陸海軍のイメージを引き摺ることになるだろうね。国防軍か自衛軍に名前を変えるだろうけど、馴染めるかなぁ。
23.名無しさん:2017年10月13日 22:35 ID:fmDl1.Jp0▼このコメントに返信
自前の憲法が欲しいんだけど、無理すっか、、そーですか(戦争)
左巻きは皆いなくなれー
24.名無しさん:2017年10月13日 22:36 ID:hL98WudD0▼このコメントに返信
とりあえず現地上波マスゴミを潰すことが先!
25.名無しさん:2017年10月13日 22:36 ID:G.rAlhns0▼このコメントに返信
公明はショボイ事ばっかり言ってるから支持伸びないんだよ。
26.名無しさん:2017年10月13日 22:37 ID:MvvQmSZp0▼このコメントに返信
こんなカビの生えた古臭い理念取っ払っちまえよ。

めんどくさいから「敵が来たらぶちのめして良い」に変えた方が分かり易いだろ。
27.名無しさん:2017年10月13日 22:37 ID:dF8TJiRb0▼このコメントに返信
結局、内容をやろうとすると内ゲバなので、最近は「憲法改正じゃ~~~」だけで盛り上げようとする。
28.名無しさん:2017年10月13日 22:37 ID:2gbeYHe90▼このコメントに返信
※25
と言うか、バックの某団体のイメージが…
俺は連立から外れて欲しいけどね。
29.名無しさん:2017年10月13日 22:39 ID:JUrmXTdC0▼このコメントに返信
まあはじめの一歩だよな
30.名無しさん:2017年10月13日 22:42 ID:eR0Zdxr10▼このコメントに返信
この期に及んで、まだ半数に至らないのは、朝鮮の反日教育と日本の平和憲法、どちらもガキの頃から学校で教わる洗脳教育だからだろ。
31.名無しさん:2017年10月13日 22:42 ID:g1qkcKmi0▼このコメントに返信
こういうことは進めていけばいいけど
移民だの緊縮財政だ増税で
日本を内側から壊されては困る
32.名無しさん:2017年10月13日 22:43 ID:wMArYdYj0▼このコメントに返信
9条3項入れて変わることって、あくまで自衛隊が自衛戦争を行うことを認めるだけだろう。
これは過去の政府解釈の追認ではあるけれど、集団的自衛権の追認にはならないと思う。

集団的自衛権の行使については、まだまだ揉めるだろう。
33.名無しさん:2017年10月13日 22:43 ID:tJuhNPyG0▼このコメントに返信
「日本国防軍」で良くね?
34.名無しさん:2017年10月13日 22:46 ID:eITDytDq0▼このコメントに返信
自衛隊明記を絶対指示する。

昔の憲法の良い所は残すべき、要らない所削除、又は変えるべき。

35.名無しさん:2017年10月13日 22:48 ID:2gbeYHe90▼このコメントに返信
※33
名前は自衛隊のままで良い。隊員も気に入っている。次点で日本軍。
下手に国防軍とかつけると発展途上国の弱そうな軍隊みたいでカッコ悪い。
36.古古米:2017年10月13日 22:48 ID:MQwFC6sM0▼このコメントに返信
そもそもアメリカはGHQの占領が終了したら、日本も軍隊を持つだろうと考えていた。
そうしたら日米安保に基づいて、勇猛な日本軍をアメリカ軍の露払いに使おうと勝手に決めていた。
あろうことか、当時の吉田首相は憲法を改正せずに日本の国防をアメリカに全振りして国内産業の育成に力を注いだ。
そして70年経って、日本は経済大国になり、アメリカは経済大国だけど巨大な軍備による財政赤字に苦しむようになった。
アメリカからは「いい加減にしてくれ。これ以上日本防衛に金は使えない」との泣き言が聞こえてくるようになった。
漸く吉田元首相の意図は達成された。
日本は自衛隊と言う実力組織を軍隊に格上げして、戦力としてアメリカの補助に徹すれば海外からも恐れられずに済む。
しかし、アメリカと言う国は凄いな。
半世紀以上日本とNATOという他国の防衛費を負担し続けて、まだ財政赤字で済んでいるんだから。
37.名無しさん:2017年10月13日 22:48 ID:vHX.CQOc0▼このコメントに返信
※30
それもあるけど日本人の保守思考…現状維持の癖が一番たちの悪い形で出てるのがこれなんだよなぁ

個人的な周囲では自衛隊は必要、所謂軍の必要性も解っている。だが改正や軍の存在の明確化には反対の人間が多い。
ただし明確かつ論理的な反対理由は無く、現状が変わる事への漠然たる不安が起因の奴が極めて多い
だから改善は非常に困難なんだよ。だって反対理由ないんだもん
38.名無しさん:2017年10月13日 22:48 ID:9oZMNFVC0▼このコメントに返信
そもそも、なんで自衛権にまで制約がかかっているんだよ、おかしいだろ、この欠陥憲法。
39.名無しさん:2017年10月13日 22:50 ID:37GzvWtE0▼このコメントに返信
9条は無理に変えなくてもいいと思う
天皇の国事行為に自衛隊や自衛権行使に関するなにかを付け加えるのが一番穏当
40.名無しさん:2017年10月13日 22:51 ID:.1d.hmLp0▼このコメントに返信
戦闘機・戦車・戦艦・大砲・銃がある自衛隊は、どこから見ても軍隊です。
戦前の統帥権のように曖昧のまま一人歩きしないように、しっかりと規定すべきです。
憲法に明記しないなら自衛隊を武装解除し軍隊で無くす必要がある
尖閣放棄・沖縄までいずれ放棄、九州もかもね,対馬は取られる??
災害救助専門組織にでもしますか?
41.名無しさん:2017年10月13日 22:52 ID:5nDtii3H0▼このコメントに返信
あと30年くらい経てば日本国憲法が施行されてから100年になるが
護憲派はいつまで変えないつもりなんだ?
42.名無しさん:2017年10月13日 22:54 ID:6ZuBYP2f0▼このコメントに返信
※41
今の改憲案なら反対だが、それも護憲派になるの?
43.名無しさん:2017年10月13日 22:56 ID:f3nUvtDL0▼このコメントに返信
まぁ明文化するとそれ以外できなくなっちゃうからな。
曖昧に規定しておいて恣意的に運用する方が便利。
44.名無しさん:2017年10月13日 22:56 ID:R9jFhoKK0▼このコメントに返信
当たり前

国のため国民のために働いてる自衛隊を憲法に明記しない方が異常
45.名無しさん:2017年10月13日 22:57 ID:NkE6HhMb0▼このコメントに返信
【TPPと離島の農業】 サトウキビが守る日本の領海  東海大学海洋学部教授・山田吉彦
ttp://www.jacom.or.jp/archive03/tokusyu/2011/tokusyu110603-13704.html

米抜きTPP、11月合意目指す 閣僚会合で声明採択
ttp://www.sankei.com/world/news/170521/wor1705210027-n1.html

【激ヤバ拡散】報道されないTPPのまとめ  医療・労働関係他 
参加国総貧困化・労働環境悪化・支出増加・ビザ大幅緩和等全分野に影響多数
ttp://itest.2ch.net/egg/test/read.cgi/bio/1496320258
46.名無しさん:2017年10月13日 23:02 ID:eu7V.Tr00▼このコメントに返信
いま、戦争が起きるっていうときに
反対とか在日だろう
国外追放しろや
47.名無しさん:2017年10月13日 23:04 ID:5nDtii3H0▼このコメントに返信
※42
改憲したいと思ってるなら改憲派
48.名無しさん:2017年10月13日 23:04 ID:WmxXKasJ0▼このコメントに返信
そもそもこの「自衛隊『明記』」って3項目追加することなのか2項削除改正することなのかどっちだよ?
49.名無しさん:2017年10月13日 23:04 ID:pUsfqoAC0▼このコメントに返信
>小池百合子が提唱していた<
モリカケの糾弾とかアベと昭恵の究明しか聞こえてこないし、投票日にはパリに逃げる算段の緑タヌキのゆり子なら、何も提唱などしてません。
ゲッコ!
50.名無しさん:2017年10月13日 23:04 ID:eITDytDq0▼このコメントに返信
ついでに付け加えてほしい。

✳日本に住む外国人。在日永住許可廃止するべき。
(帰国する気配さえ無く、甘んじるだけで当たり前になり勘違いしている)



51.名無しさん:2017年10月13日 23:09 ID:37GzvWtE0▼このコメントに返信
例えば天皇の国事行為に「自衛のための行動を認証すること」を含める
天皇は防衛出動が内閣の命令と国会の議決を経た正当合法な行動であることを確認し公証する
現行の憲法法律の文民統制の有り様を変えることなく強化し、合わせて自衛権と国防組織の存在を認めることになる
9条を無理に変えようとしたり無理やり文民統制に関する規定を入れようとするからおかしなことになる
52.名無しさん:2017年10月13日 23:10 ID:5nDtii3H0▼このコメントに返信
日米安保の廃止を目指す共産党は他国軍の駐留を禁止するように改憲を訴えるべきでは?
53.名無しさん:2017年10月13日 23:14 ID:2gbeYHe90▼このコメントに返信
※48
自民案で言えば前者、ただ単に憲法(9条)改正と言えば後者も含まれる。
俺(※1です)は今度の選挙自民に入れるつもりだが、自民案自体には反対。
ただしこうでもしないと憲法改正の足がかりができないという意味では消極的賛成。
54.名無しさん:2017年10月13日 23:14 ID:TpVZ1kBR0▼このコメントに返信
そもそも日本が国で有る以上、国の義務がある訳で憲法なんてその下だからねぇ

国の義務とは国土国民の生命財産文化経済産業等々守ることでしょ。これが前提だから国なわけで納税する意味もあるんだよね。
つまり、憲法解釈そのものが国の義務を無視した解釈だからおかしな話になる。

笑えるのはこういう話を全く他では聞かないって事だ。前提を間違えたままいくら議論などしても無意味なんだよねぇ
国の義務を踏まえた上での憲法前文を読めば今の解釈が異常であることは明らかでしょ。

われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

つまり、憲法には他国と対等関係になるのが各国の責務であると信ずると書いてあるのに何故、日本だけ武力を保たないとかいう頭のオカシイ会社にになるのだと。

武力を放棄するとしたら他国が信用に足りるという条件、つまりは全世界が武力を放棄した時、日本も武力を放棄するじゃなきゃ矛盾するよね。
憲法改正する前に憲法学者を社会的に抹殺しないと駄目だと思う
55.名無しさん:2017年10月13日 23:17 ID:abHk33Hj0▼このコメントに返信
護憲派にとって日本は「戦争放棄という理想を掲げた特別な国」
だから自衛隊を認めると、日本が特別な国じゃなくなる
ありふれた国の仲間入りをすることになるのが嫌なんだって
内田樹の受け売りだけど
これって戦前の状況に似てないか?
平凡な国として生きながらえるより、特別な国として滅ぶほうがいい
護憲派はそう考えてるってことだろ
これって神風特攻隊と一緒だろ
56.名無しさん:2017年10月13日 23:17 ID:BuxsKwht0▼このコメントに返信
憲法9条改正案
9条1項:ワイ侵略はせんけど攻めて来た奴は全力で潰す
9条2項:前項の目的達するため最強の国軍作ったる
57.名無しさん:2017年10月13日 23:18 ID:tvuRFMa20▼このコメントに返信
総理が言ってたがなぜ加憲なのか
9条書き換えだとそれまで合憲としてきた自衛隊が憲法違反になってしまうから

だからそれまでも問題なかったということで加えるんだと
58.名無しさん:2017年10月13日 23:19 ID:WmxXKasJ0▼このコメントに返信
そもそも前の改憲演説で勝った衆議院選挙後に直ぐに発議すればよかったのにだらだら先延ばしにした結果がこれ
59.名無しさん:2017年10月13日 23:21 ID:WmxXKasJ0▼このコメントに返信
※57
その加憲論当の安倍さんは意見変える前は加憲論を大反対して2項改正主張してたけどね
60.名無しさん:2017年10月13日 23:23 ID:xiBfRzz20▼このコメントに返信
あの憲法の趣旨から行けば駐留できるのは国連軍だけ。
まずは米軍基地は廃止。
なぜなら朝鮮戦争、ベトナム戦争の後方基地であり、明らかに攻撃用。
次に国連軍に駐留を依頼する。
さらに自衛隊は防衛戦争は可能とし、原爆、バンカーバスターにも耐える大深度の地下防衛網を作る。
日本全体を硫黄島のようにして敵の制海権、制空権下での戦闘を想定する。
国外では自衛隊は国連軍としては戦闘可能とする。
このぐらいでどうか。
61.名無しさん:2017年10月13日 23:23 ID:XOyv4fzD0▼このコメントに返信
軍事法廷を認める一文を入れないと駄目。
今のままじゃ警察よりも微妙な立場で戦闘する
ことになるぞ。
んな阿保な実力部隊世界中のどこにもないわ。
面倒だから軍と認めりゃいい。
何が自衛隊明記だ。半端なことしやがる。
62.名無しさん:2017年10月13日 23:24 ID:2gbeYHe90▼このコメントに返信
※56
うん、それなら憲法前文とも矛盾しないどころか、前文が掛詞になっていいね。
諸外国の正義と秩序を信用するからこちらから攻めたりしません、でも信頼裏切ったらぶっ殺すよ、と。
63.名無しさん:2017年10月13日 23:25 ID:t2gulr5I0▼このコメントに返信
いつまでも宙ぶらりんな立場じゃ自衛隊がかわいそうだ
64.名無しさん:2017年10月13日 23:26 ID:t2gulr5I0▼このコメントに返信
※2
条約は憲法より上なんだが
65.名無しさん:2017年10月13日 23:28 ID:t2gulr5I0▼このコメントに返信
※2
憲法は魔法の巻物じゃない
どこの世界に他国を縛れる憲法がある
66.名無しさん:2017年10月13日 23:28 ID:sxbtMuBU0▼このコメントに返信
3項に「例外として自衛隊を認める」というような文言を入れれば、1、2項に大きな相反はおきないだろ。
2項にも追加の文言があればいうことないが、それをやって国民投票が通るとは思えん
67.名無しさん:2017年10月13日 23:29 ID:WmxXKasJ0▼このコメントに返信
どう考えても9条に3項目追加するだけ加憲は無理があるからダメだろ
軍法会議や有事下での軍法の優位性明記するために特別裁判所の禁止事項なども改正しなきゃいけない
68.名無しさん:2017年10月13日 23:31 ID:WmxXKasJ0▼このコメントに返信
※66
その「例外」が通用するわけないだろ
何も解決しないどころか今後この「例外」の合憲性や他の項目との相違性という新たな問題が追加されるだけ
69.名無しさん:2017年10月13日 23:31 ID:SXlWOCvm0▼このコメントに返信
だから「2項を改正せずに済ませる」なんてまやかしを、いい加減引っ込めろというのに。
そうしないと、「追加した条項が1項2項に矛盾するじゃん」で終わるだろうが。
適当にやっといて、あとで解釈変更するつもりかもしれんが…
70.名無しさん:2017年10月13日 23:32 ID:vHX.CQOc0▼このコメントに返信
※55
まぁ平和や平等を訴える「いい人」で有り続けたい、その為には(自分以外)どうなっても知らんと言うのが
戦後進歩的文化人始め自称リベラルの根幹であることは間違いないけど後者は違うな。
戦前の連中は文字通り死んでいったわけだがあいつらは自分の身が危うくなったら
一目散に逃げだすし自ら死を選ぶ覚悟なんか無い。三島が自決した時に衝撃を受けた左翼が口にしてるしな。
「あそこまでやれる人間はわれわれ(左翼)の中にはいない」と
実際安保闘争していた奴らは就職したら手のひら返して口をつぐんでるしそんなもん
71.名無しさん:2017年10月13日 23:32 ID:WmxXKasJ0▼このコメントに返信
というか2項改正がだめで3項目追加なら国民に支持されるという根拠は何?
72.名無しさん:2017年10月13日 23:33 ID:sxbtMuBU0▼このコメントに返信
※67
そこまで無理ないよ。
そもそも、2項が1項に相反してるし。
そもそも憲法の条文に項目がそれぞれつけられてるのは、その条文の補足、例外を盛り込むためだし。
戦力は保持しないが、3項で例外として自衛戦争とそのための自衛隊を戦力として認めれば、相反とは言い切れない
73.名無しさん:2017年10月13日 23:34 ID:UYlk0g8E0▼このコメントに返信
皇軍も欲しいな。
74.名無しさん:2017年10月13日 23:34 ID:WmxXKasJ0▼このコメントに返信
※72
1・2項のどこが相反するんだよ?
75.名無しさん:2017年10月13日 23:36 ID:sxbtMuBU0▼このコメントに返信
※74
「前項の目的を達するため」って書いてるところ。
これってようは前項の目的以外なら良いともとれるんやで
76.名無しさん:2017年10月13日 23:37 ID:.ntZOgsU0▼このコメントに返信
憲法に加えるからには当然出動目的や行動範囲についても言及するんだろう?
良い傾向じゃないか
77.名無しさん:2017年10月13日 23:38 ID:eBwEQkxH0▼このコメントに返信
国民投票で通る見込みのない改正案出すのは
護憲派と何も変わらん
78.名無しさん:2017年10月13日 23:40 ID:oTx41bMa0▼このコメントに返信
※75
ちょっと無理があるな。
理由はどうあれ、戦力不保持と交戦権の否定は明言してるわけだし。
79.名無しさん:2017年10月13日 23:42 ID:sxbtMuBU0▼このコメントに返信
※74
今の自衛隊の存在をかろうじて繋ぎ止めてるのは、この2項の「前項の目的を達するため」があるおかげでもある。
自衛隊は「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使」を目的とした戦力ではない、
「国際紛争を解決する手段」ではない戦力だがらOKって解釈しているのよ。
でも憲法上で、組織を肯定していないのは憲法としてありえないから、3項という補足が必要なわけ。
ベストではないが、今よりは遥かにマシ
80.名無しさん:2017年10月13日 23:44 ID:gHkuqZKN0▼このコメントに返信
団塊の老害がいなくなるまで待たなければ。今は憲法学者の反日たちがケチをつけられない様にした方が良い。
81.名無しさん:2017年10月13日 23:45 ID:xyG6BWGp0▼このコメントに返信
※79
>「国際紛争を解決する手段」ではない戦力だがらOKって解釈しているのよ。

政府が自衛隊を戦力と解釈したことはないよ。
82.名無しさん:2017年10月13日 23:46 ID:jSPZs3Hx0▼このコメントに返信
※56
憲法9条全文
1.日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

そして日本国は国連の加盟国であり自然権たる個別自衛権と集団的自衛権を保持しています(日米安保や2015年の安保法制はこの考えを基に合法となっています)つまりあなたがコメントしたように日本国は既に自衛権を保持しているのです。自衛権を保持しているにも関わらず自衛隊の法的な立場があやふやな為に軍人では無く公務員として扱われ、その行動を縛る自衛隊法もネガティブ・リストでは無く他の公務員と同じ様にポジティブ・リストで構成され交戦規定もまた同じように可能な事だけを規定したポジティブリストで構成されています。

つまりは、日本国は既に国連の自然権たる自衛権を確保していながら、自衛隊を国軍と規定せず、その規律を縛る法もまた各国の軍法に倣う事無くポジティブ・リスト化されていないが為に自縄自縛に陥っているのです。よって9条に第3項を追加する事によりその状態の改善は可能です。
『但し、1項2項では国連憲章の自然権たる、個別自衛権並びに集団的自衛権を否定するものでは無い。よって日本国は地域の安全と自国の防衛の為に国軍である自衛隊を保持し、その最高指揮権を内閣総理大臣が保持する』

この項目を加憲してた後、自衛隊法を軍法化し交戦規定もネガティブ・リスト化すればあなたが望む要件を満たす事は可能です。第1項、2項の削除や改憲には及びませんが、改憲のハードルを下げる事は可能だと推察します。
83.名無しさん:2017年10月13日 23:47 ID:WmxXKasJ0▼このコメントに返信
※79
そんなの便利な日本語マジック全開の国内向けの言い訳だろ
海外の人間は普通に「戦争はしないそのための軍隊やその他戦力や交戦権は持たない」としか読めないしそれが通用するならそもそも9条の憲法改正論議は起きない
84.名無しさん:2017年10月13日 23:48 ID:qK.CRIcF0▼このコメントに返信
日本国憲法は、綴方(日本語文法)としておかしい。まず仮名遣いが統一されてない。例えば、ゐる、と、いる、が混ざってる。
美濃部達吉博士は最晩年にわざわざそのことだけで論文上梓した。以前はなんてつまらんと正直思ってたけども、よくよく考えたら「この憲法はメイドインジャパンじゃない!」という博士の叫び‥憲法が国語じゃない、というのは独立国なのか否かというレベルの重大事。

意味をそのままに純粋な日本語で書き換えると全然違う論点が出てきそうだなあ。
85.名無しさん:2017年10月13日 23:49 ID:sxbtMuBU0▼このコメントに返信
※81
失礼、「戦力」ではなく、「組織」と言うべきだったな
86.名無しさん:2017年10月13日 23:49 ID:eBwEQkxH0▼このコメントに返信
※83
そもそも海外の人間は自衛隊は軍隊だと思ってるよ
87.名無しさん:2017年10月13日 23:50 ID:WmxXKasJ0▼このコメントに返信
※82
君別の記事でも同じような長文晒してたけど「安倍ちゃんが3項目追加はやっぱりやめて2項改正にしますと言ったらどうする?」という質問に「その時は安倍さんのいうとおりにします」と今までの論法投げ捨てたよね?
88.名無しさん:2017年10月13日 23:52 ID:WmxXKasJ0▼このコメントに返信
※86
日本政府は憲法を根拠に軍隊扱いしてません
89.名無しさん:2017年10月13日 23:53 ID:sxbtMuBU0▼このコメントに返信
※83
そうだよ、言い訳だよ。
だが、この部分が戦後の日本国会で踏みとどまった部分ではないかい?
言い訳を言える余地を残し、戦後日本が頼っていた部分なんだよ。
3項で自衛隊のもつ戦力と組織を例外として認めることを補足すれば、この言い訳部分を少なくとも解釈可能になる。

先にも言ったが、本来なら2項にもいくつか言葉を足すことがベストではあるが、
それをやって国民投票が通るのかって話になる。正直いって不可能に近い。
石破や小池と同じようなこと言わないでくれよ
90.名無しさん:2017年10月13日 23:54 ID:J6g8FCY00▼このコメントに返信
逆に50%以上も「自衛隊の立ち位置は不明瞭で、存在自体が違憲と言われ続けても別段かまわない」
と考えてる人間がいることに驚きだわ。 だから、日本人の大半はバカだというんだ。
91.名無しさん:2017年10月13日 23:54 ID:WmxXKasJ0▼このコメントに返信
※89
その言い訳ができた頃ってまだ自衛隊が海外派遣を想定してない時代だよね?
92.名無しさん:2017年10月13日 23:56 ID:UzgDKifD0▼このコメントに返信
普通に日本語を読めば無理がある解釈だろうと、
そもそも「大日本帝国憲法」をそのままに「日本国憲法」で上書きする、という不可思議なことをやってきた国なので、
2項を3項で上書きするのは、どうということはない。
ただ、テレビ老人たちが邪魔だな。
93.名無しさん:2017年10月13日 23:57 ID:jSPZs3Hx0▼このコメントに返信
※81
ヨコだけどさ、日米安保や2015年の安保法制の法的根拠は国連の自然権たる個別自衛権と集団的自衛権を国連の加盟国たる日本国は保持する。なんだよ。よって自衛隊も自衛権を担う為の組織であると規定されている。多少拡大解釈にはなるが=戦力という事になる。
94.名無しさん:2017年10月13日 23:58 ID:NqL2Ifjt0▼このコメントに返信
加憲案は、解釈条項みたいです。
「前条(9条)の規定は自衛隊を設けることを妨げるものと解釈してはならない」
95.名無しさん:2017年10月13日 23:58 ID:WmxXKasJ0▼このコメントに返信
※93
それらを9条の2項で明確かつ厳格に否定してるから問題視されてるんだろ
96.名無しさん:2017年10月13日 23:59 ID:sxbtMuBU0▼このコメントに返信
※91
海外派遣や自衛権以前に、肯定を得た組織でないことはより問題だろ?ってこと。
今は、否定されてないと解釈できるからOKと言ってるに過ぎない。
「自衛権」の範疇論をやる前に自衛隊という組織を肯定しなければ、話にならないんじゃないと考えない?
97.名無しさん:2017年10月14日 00:00 ID:hUbz9e4N0▼このコメントに返信
地域の治安は警察が守り、国家の治安は軍隊が守る。 世界の常識で当たり前だ。
自衛隊が軍隊であることの、何がおかしい。 
敗戦後、日本は人間でありながらイ〇ロー〇ンキーへの「辱めの刑罰」として素っ裸のされたんだ。
そして裸族を有りがたがる宗教「WGIP」を押し付けられた。わからないバカは調べろ。
98.名無しさん:2017年10月14日 00:01 ID:BpHuEFI.0▼このコメントに返信
※83
日本国の憲法なので、他国の人間はそもそも無関係
99.名無しさん:2017年10月14日 00:01 ID:vecdh.IZ0▼このコメントに返信
※93
政府は自衛のための実力と憲法で保持が禁止されている戦力は慎重に区別し使い分けてるよ。
君の中では戦力なんだろうけど、政府としては戦力ではない、が公式見解。
100.名無しさん:2017年10月14日 00:01 ID:au.395sV0▼このコメントに返信
※95
だから、「前項の目的を達するため」ってあるから明確じゃないんだってば。
「前項の目的を達するため」という文言がなければ完全な否定でどうしようもないんだが
101.名無しさん:2017年10月14日 00:02 ID:OCtSmD.A0▼このコメントに返信
自衛隊が軍隊ではないと揉める要素が残っていれば戦争相手国がこれを利用して自衛隊は軍隊じゃないテロリストだと結論付けて条約無視した攻撃や捕虜待遇認めず殲滅や虐待をする危険がある
102.名無しさん:2017年10月14日 00:03 ID:OCtSmD.A0▼このコメントに返信
※101
訂正
揉める→読める
103.名無しさん:2017年10月14日 00:05 ID:aRsHR6qC0▼このコメントに返信
現状が、解釈改憲で、自衛権の存在と、自衛隊の存在が規定されている。
その結果、稚拙な憲法学者が、条文に無い憲法解釈をしては、憲法違反と言う。
だから、憲法条文に自衛権と自衛隊を規定するしかないんだね。
日本の全国の憲法学者の要求の結果、憲法に加憲する事に南端だよ。
稚拙な健保学者の結果なんだよ。
健保学者の仕事は、楽して、高い給与を貰っている、国民を馬鹿にしているね。
104.名無しさん:2017年10月14日 00:06 ID:bQtxkej40▼このコメントに返信
9条は、国権の発動たる戦争及び、武力による威嚇・武力の行使については、国際紛争を解決する手段としては、それをすることを禁じている。
であれば、日本と国交のない国なら日本に対し「宣戦布告」の手続をすることはありえないから、これに応じても「国権の発動たる戦争」ではない。さらに揉め事が「国際紛争」となることもありえない(相手方は国ではない、いわばテロ集団)のだから、武力の行使は可能。つまり現行憲法でも北朝鮮は叩ける。

問題となるのは中国が正攻法で宣戦布告してくるような事例。これに応じると「国権の発動たる戦争」に該当するから憲法違反の問題が生じる。

ゆえに9条は2項以前に1項に問題がある。「他国の領土や権利の不法な奪取を目的とする戦争」等禁止される戦争の型を明示しておくべき。そうすれば2項の「前項の目的」はそれになるから、自衛隊は2項の「戦力」に当たらず、変更不要となる。
105.名無しさん:2017年10月14日 00:08 ID:546aZgoF0▼このコメントに返信
※90
組織として1950年代から続いてきているし
その間日本は戦火に見舞われる事も無かった
よって危機感感が無いんだよ

そして2017年になってこのままでは将来的な展望も無いし危険だから
最低限自衛隊を憲法に明記して、その関連法も改めましょうと言う提案なんだけど
身に迫る危険を感じにくいので
皆さん実感を伴って憲法改正に真剣になっていないという事じゃ無いかな?
106.名無しさん:2017年10月14日 00:08 ID:au.395sV0▼このコメントに返信
※103
だからさ、解釈でしか規定されてないことが異常なんだよ。
例えば警察なんかは憲法でキチンとその認められているのに、解釈でしか自衛隊を認めてないことがおかしいんだよ
107.名無しさん:2017年10月14日 00:09 ID:AQp.mPzZ0▼このコメントに返信
戦争の反省だの隣国への配慮だの軍隊をなくせ吧戦争は起きないだの
くだらないこと言う連中はいい加減だいすきなどこかの近隣国に移住したほうがいい
108.名無しさん:2017年10月14日 00:09 ID:Abs3zwi50▼このコメントに返信
※82
ここでもまだ同じことやっているのか
先のスレで自分の言っていることは、屁理屈で詭弁とまで言い切っただろうが。
唯の安倍信者と言われても反論できないぞ。
>ネガティブ・リスト化すればあなたが
9条2項を残した迄でネガティブ・リストを言うのは、非論理的だと
お前さん自身認めたろう。
それ以外にも数多く、非論理性を取り上げたが全てに於いて非論理性を認めたでしょう。
精神分裂症が更に危機的状況になったのか?
朝鮮人じゃあるまいし、論理で物事を語れ。
自分の論理が破たんしているのを認めた上で、
また他のスレで同じことを言うな。
出来の悪い政治家じゃあるまいし。
軍法を作成するだけが望みなら、1,2項をかえないでも露厭離的に可能。
そもそもが自衛隊を憲法の外枠で規定した理由を考えろ。
憲法に乗せた段階で2項に従い違憲論がでるからだろう。
先人は知恵を絞ることで、屁理屈ではあるが自衛隊のを合憲性を
共産以外の共通認識として受け入れたのだろう。
109.名無しさん:2017年10月14日 00:11 ID:SQV8A.oL0▼このコメントに返信
「支持しない」は無知からくる別にわざわざ手を加える必要ないじゃん層も多そう
110.名無しさん:2017年10月14日 00:11 ID:4lyNLdlh0▼このコメントに返信
※105
どっちかって言うと「今まで特に問題無かったんだから変えなくてもいいんじゃない?」という感じだと思う。
異常が毎日過ぎて危機感を感じてないってのは同感。
111.名無しさん:2017年10月14日 00:17 ID:Abs3zwi50▼このコメントに返信
※93
横だが、国連憲章で認めているのは大雑把で言うと自衛権とそれに基づく交戦権。
しかし、自衛為の戦力を持ち必ず自衛戦争をしろ(義務化)とは書いていない。
で、9条2項は自ら戦力の保持を捨てたんでしょ。
権利は自分の意思で捨てられるんだよ。義務は捨てられないが。」
もう、そういう屁理屈は止めようよ。
馬鹿過ぎると思う。
112.名無しさん:2017年10月14日 00:18 ID:QppPsGJ10▼このコメントに返信
安倍ちゃんのせいで9条について論点がズレた方向に議論が進んでるな。
自衛隊を憲法に明記しようがしまいがどっちでもいい。
諸悪の根源は9条1項と2項なんだよ。これがあるから自衛隊が憲法違反だとか集団的自衛が憲法違反だとかいうアホな議論が出てくる。
仮に自衛隊を憲法に明記しても、9条2項で「交戦権」が否定されているんだからまた訳のわからない不毛な議論に入り込むぞ。
自衛隊を明記しても集団的自衛は憲法違反だとかのくだらない議論も続くことになる。
一番単純明快なのは9条1項と2項を削除。これで全て解決してスッキリになるのに、ナゼ9条1項2項を残して延々と議論が続くようにしたいのかね?
113.名無しさん:2017年10月14日 00:19 ID:Zx6RpdmS0▼このコメントに返信
こういうダラダラとした無駄な議論も、2020年までにはあっさり終わっていることだろう。
過ぎてしまえば思い出すこともない。
軍法会議、防衛費GDP2%、これらも次々に達成されるだろう。
そしてようやく国会にも制服の「軍人」が呼ばれ、中国との戦争に備える現実的な議論が交わされるようになる。
114.名無しさん:2017年10月14日 00:19 ID:Miwm6vFo0▼このコメントに返信
もう自衛隊が必要なのは国民全てが分かっている!
憲法の方が実情とあってない!
改憲はすべきでしょ!
日本は民主主義国家で主権は国民にあります!
マスゴミにはありません!
115.名無しさん:2017年10月14日 00:20 ID:546aZgoF0▼このコメントに返信
※95
>明確かつ厳格に規定されているとしか解釈できないなら、安保法制も違憲という事になるよね?

あなたが言ってる事は憲法より上位に有る国際法を日本国は放棄しているという事になるが、日本国憲法の何処にもそんな事は書いて無い。すなわち日本国は国連に加盟する国家として自然権たる個別自衛権と集団的自衛権を保持する事となる。よって加憲案と言うのはその事を法的根拠に自衛隊を憲法に明記しましょうという事だよ。

最終的に政府がどのような判断を下して改憲の発議をしてくるのかは今の段階ではまだ分からないけど、自衛隊を憲法に明記して、日本国が税権を持つ事は法的根拠として緩い無い。何故なら国際的には日本国は自衛隊も日米安保も保持して来て、その事を隔したりもしていない。そして国内法的には既に2015年の安保法制が両院を通過して、実際に法として適用されている状態であり、且ついまだ違憲判決も受けていない。
116.名無しさん:2017年10月14日 00:22 ID:kTlAnwZP0▼このコメントに返信
ミサイルが本土に着弾すれば、改正反対派なんて消し飛ぶんだろうけどな・・・
117.名無しさん:2017年10月14日 00:23 ID:bQtxkej40▼このコメントに返信
60代以上が改憲反対なのは、何も考えてないからじゃなくて、身近な戦場帰りがいた世代だからってのも大きいじゃないかな。
彼らの子供の頃って今よりはるかに情報源が少なく、身近な大人の言うことがすべてだった‥これは何についてもそう‥そしてその身近な大人というやつは戦前の階級社会で育ってるんで、大抵は一兵卒でリアルな戦場で酷使されてる。つまり怖い話をたくさん聞いてるわけ。
その上、リアルな軍人恩給受給者(遺族)や傷痍軍人見てるからねえ‥
118.名無しさん:2017年10月14日 00:25 ID:ME4k1Cy.0▼このコメントに返信
安倍氏が「3項加憲」というアイデアを言い出したのは、公明党に配慮するためだが、
この衆院選で「維新」と「希望」の改憲勢力(?)がある程度伸びて公明党の規模が小さくなったら
公明党にそこまで配慮する必要性が無くなる。

選挙結果次第では「3項加憲」という話は消えて、正攻法の「2項改憲」に戻る可能性はある。
公明党は政権に残りたいから、結局は公明党もそれに賛成するだろう。
119.名無しさん:2017年10月14日 00:26 ID:546aZgoF0▼このコメントに返信
※75さん
昨夜は助言を有難う御座いました。1日考えて少し反省しています
『あんな人達に』弱みを見せたのは間違いでした。初心に帰って安倍内閣を応援します
そして、どのような改憲の発議に為るかいまだ不明ですが、微力であっても改憲の後押しをしたいと考えています
120.名無しさん:2017年10月14日 00:29 ID:546aZgoF0▼このコメントに返信
※115
自己訂正

税権 ×
自衛権 〇
121.名無しさん:2017年10月14日 00:30 ID:W2iItLIL0▼このコメントに返信
※51
> 例えば天皇の国事行為に「自衛のための行動を認証すること」を含める
> 天皇は防衛出動が内閣の命令と国会の議決を経た正当合法な行動であることを確認し公証する
> 現行の憲法法律の文民統制の有り様を変えることなく強化し、合わせて自衛権と国防組織の存在を認めることに

その内容だと、日本の軍事行動が失敗した際に確実に天皇に塁が及ぶから絶対にアカン

天皇 (生きる日本史) を護持するには国策 (軍事行為) と天皇を無関係にしておくべき
国策 (軍事行為) の承認・公証の悉くは大臣以下文民だけで完結させるべき
122.名無しさん:2017年10月14日 00:34 ID:Ry5WKX2l0▼このコメントに返信
先ずさ、確かに戦争はダメだよ?
んで平和憲法でいーんだよ。
単純に日本を脅威から守るだけなら改正当たり前。
自衛隊?曖昧すぎるよね、国防軍でいいし。
反対する奴?
日本嫌いな人だろ?
123.名無しさん:2017年10月14日 00:34 ID:546aZgoF0▼このコメントに返信
※118
そうですね、安倍首相の5月の発言は観測気球としての意味合いが強いでしょう
ですが、憲法改正のハードルが下がったワケでも有りません
何しろ70年間全く手を触れられていない憲法ですので
最初の改憲は低めのハードルを見据えるべきだとも考えます

上でもコメントしましたが政府がどのような形で改憲の発議をしてくるかは不明ですが
想定される改憲案に対して柔軟に応援が出来るようにしたいと私は考えています
124.名無しさん:2017年10月14日 00:35 ID:Abs3zwi50▼このコメントに返信
高卒程度の頭があり日本語が読める人が素直に憲法読めば、
自衛隊は違憲に決まっている。
だから、憲法の外で屁理屈でもいいから合憲性見いだそうとしたんだろ
その為に、
・自衛のための最低限の武力?は戦力に入らないとか
・専守防衛とか
・他国攻撃力を持たないとか
憲法の枠外で色々制約付けて、憲章に認められた自衛隊として苦し紛れで合憲と認めたんだろうが。
その自衛隊を、憲法の文言として3項に載せた途端に、2項に基づいて従って憲法上違憲に成るのは論理だろうが。
2項を残して3項で自衛隊を明記すれば、先人が頭ひねった逃げ道を潰すことになるのが、
理解できないほど低能が多いのか?
憲法をそのままにしての先人の知恵だろう。お前ら考えが表層過ぎる。

自衛隊と同様に、軍法作りたければ憲法と関わらずに作ればいいだけ。

自分は2項を削り、憲法上で自衛隊を明記しても不整合を生じないようにするのが一番と考える。
2項を残したままで、純然たる戦力を有する自衛隊を3項で明記するのは、
高卒程度の頭でも論理的整合を認識するだろう。


125.名無しさん:2017年10月14日 00:38 ID:8sfoH17F0▼このコメントに返信
※117
テレビ老人たちは何も考えてないよ。
彼らに知能は無い。
GHQお花畑洗脳教育が大成功した世代だ。

退役軍人や傷痍軍人を身近に見ているから(?)→ 戦争反対 → 日本は永遠に丸裸でいなければならない

もしこのように考えているなら、世界の誰とも話は通じないだろう。
126.名無しさん:2017年10月14日 00:44 ID:QppPsGJ10▼このコメントに返信
※124
>2項を残したままで、純然たる戦力を有する自衛隊を3項で明記するのは、
>高卒程度の頭でも論理的整合を認識するだろう。

そうそう。
2項を残したままで自衛隊を明記すると、2項で戦力の保持と交戦権が否定されているんだから、自衛隊は戦力ではなく交戦権も持たない訳のわからない存在という事になる。
127.名無しさん:2017年10月14日 00:45 ID:Abs3zwi50▼このコメントに返信
※103
論理が逆でしょう。
自分でもおかしいと認識できないか?
128.名無しさん:2017年10月14日 00:46 ID:8EIep.ID0▼このコメントに返信
支持する以外が51.2%で半数以上も居るんだよと言いたげな書き方w
まあさっさとやっちゃうべきだよね
存在自体が問題なんていざと言うときの運用がどうとか以前の問題だわ

そんな事より日本軍とか自衛軍より、自衛隊のが音の響きがカッコいいのが困る
駆逐艦やイージス艦より海上護衛艦のがカッコいい、名前は残して欲しい
129.名無しさん:2017年10月14日 00:46 ID:bQtxkej40▼このコメントに返信
※125
実際通じないんじゃね?
団塊が組織のトップにくるようになって、日本の経済的プレゼンスが大きく低下したでしょ。世界には通用しない。超ドメスティックな世代‥
団塊〜しらけ世代で、曲がりなりにも学校出て一社で働き通した人と話するの本当に疲れるぞ。思考に多様性がなくて。
130.名無しさん:2017年10月14日 00:47 ID:OCtSmD.A0▼このコメントに返信
※123
ねとさほが多用する「観測気球」ってそれ大衆迎合するばかりで自分の意思がないって話だぞ
131.名無しさん:2017年10月14日 00:49 ID:OCtSmD.A0▼このコメントに返信
※126
海外ではそれを「テロリスト」と呼びます
132.名無しさん:2017年10月14日 00:50 ID:OCtSmD.A0▼このコメントに返信
このアンケート自体反対入れてる人は「どうせまた改憲やるやる詐欺だろ」と安倍への不信感で反対してる人もいるだろ
133.名無しさん:2017年10月14日 00:52 ID:b4Xwar9e0▼このコメントに返信
自衛隊はかわいそうだ。国際的に隊員ではジュネーブ協定の扱いを受けれない。現実には見なし国家公務員だ。最前線で命を落とす場合もある。
兵士なら有事の際戦死しても相応の保証が出る。身分が決まっていないから保証の額は法律では決まっていないはず。決まっているようにおこなうだけとにかく世界の兵士のようにジュネーブ協定の扱いを確実に受けれるようにしなければいけない。一般人は有事の際自衛隊に志願してもすぐには間に合わない。現実の自衛隊に頼る他ないのだ。仮に警察官の身分を設定しなくて制服だけなら、警備員と同じだ。拳銃も撃てない。同じことだ。
134.名無しさん:2017年10月14日 00:52 ID:bQtxkej40▼このコメントに返信
高卒程度の頭があれば、2項ではなくて、そもそも1項に問題のすべてがあることに気づくのではないか。
2項は「前項の目的」とあるから完全に1項次第の受け身な規定。
よって自衛隊を戦力とするかは、1項が何を禁じ、何を認めるかですべて決まる。要は、自衛隊が違憲にならないように1項で型をきっちり決めればいい。

社会に出てるのなら、まず、問題解決のためびはものの定義付けが必要であることは理解できるだろう。
135.名無しさん:2017年10月14日 00:53 ID:546aZgoF0▼このコメントに返信
※112
9条の第1項、2項の削除もしくは条目の改正に国民投票で過半数を越えられるかどうかの不安が残るからです。
そして理由はもう一つあります。憲法の改正問題は日本の国内問題でありはしますが
日本国は国際社会において日本国だけで成り立っているワケでもありません
周辺諸国との協調が求められます

簡単に言えば第1項、2項を残して3項を追加して自衛隊を合憲としてしまう事には
国民の反発もそれ程予想されないし、周辺諸国の反発もそれ程強くないだろうと予想されるからです

そして、2015年の安保法制において、その法的根拠を国連の自然権たる個別自衛権と集団的自衛権に依りました
この事により種変国家の反発の論理的な根拠を摘み取ることも出来ましたし。国内世論を何とか抑え込むことも出来ました。

先例に倣うならば第3項の法的根拠も国連の自然権を根拠に自衛隊を憲法に明記し、自衛隊法を軍法に改め、交戦規定もネガティブ・リスト化し、後に9条の第1項、2項を削除するなり条文を改めたりした方が策としては安全です。但し私は個人的はあなたの意見に賛成です。第1項はパリ不戦条約を基にしただけのものでしか有りませんので残す事に抵抗は有りませんが、成文憲法・立憲主義の立場に立てば第2項の削除が望ましいとは考えます。後は安倍内閣の判断次第という事になるかとは思います。
136.名無しさん:2017年10月14日 00:55 ID:OCtSmD.A0▼このコメントに返信
※135
でも君
安倍ちゃんが3項目追加やめて2項改正主張したら賛成するんだろ?
137.名無しさん:2017年10月14日 00:55 ID:Tj0WAFLq0▼このコメントに返信
マスコミ発表の数字はあてにならんよ
必ず意図があるし、業界で談合もやっとるかしれん
鵜呑みにしないのはもちろん、参考程度に見るのさえアホ
138.名無しさん:2017年10月14日 00:56 ID:zg95hj.M0▼このコメントに返信
現在の9条自体は、思想としては立派だし、あるべき姿だと思うけど、単独宣言したところで何も解決にならない
ばかと自分の血をみるだけ
憲法の文字面眺めてるだけだと、いいように食われておしまい
焼け野原や植民地になってからでは、もう遅いよ
139.名無しさん:2017年10月14日 00:57 ID:4lyNLdlh0▼このコメントに返信
※136
BESTとBETTERの間には当然のように差があるんだから、妥協できる範囲でならば複数の案に賛成なのは別におかしな事ではないでしょ。
140.名無しさん:2017年10月14日 01:00 ID:OCtSmD.A0▼このコメントに返信
※138
3項目加憲がそんな簡単に投げ捨てれる案ならこだわる必要ないだろ
141.名無しさん:2017年10月14日 01:00 ID:pFkZTglK0▼このコメントに返信
※117
戦場帰りじゃなく子供時代空腹を抱え空襲で逃げ惑った世代の子供だからだろ、よく考えてみろ国内で戦争体験した人数の方が遥かにでかいじゃないか、それに徴兵された世代って既に90歳超えている、60代じゃちょっと親が歳食いすぎて辻褄が合わんぞ
あの世代は戦争イコール悲惨が刷り込まれた世代だよ
142.名無しさん:2017年10月14日 01:02 ID:OCtSmD.A0▼このコメントに返信
※139
君の場合
2項改正を工作員()が改憲阻止のために作り上げた妨害工作だと前の記事で暴れまわったよね?
betterとすら認めてないだろ
143.名無しさん:2017年10月14日 01:02 ID:4lyNLdlh0▼このコメントに返信
※142
おいマテ、前の記事ってなんだ?(汗
144.名無しさん:2017年10月14日 01:07 ID:OCtSmD.A0▼このコメントに返信
※143
バレてないと思った?
145.名無しさん:2017年10月14日 01:08 ID:546aZgoF0▼このコメントに返信
※134
同じ様なコメントに為りますが解説します。まず第一に私は第1項を問題とは感じません。何故なら第1項は1928年?のパリ不戦条約を基にした条文であり日本国以外も憲法に取り入れたり条約を締結したりしていますが、国連の自然権たる個別自衛権も集団的自衛権も否定していません。よって各国が軍隊を持ち交戦権を行使するワケです。

そして成文憲法・立憲主義の立場に立てば第2項は削除が望ましいと考えます。しかしながら日本国憲法の如何なる条文においても、国連の自然権は否定されていませんし、日英安保や2015年の安保改正においてはその法的根拠ともなりました。2015年の安保改正は既に両院を通過し施行されている日本国の法律です。この事において既に自衛隊は合憲下にあるとも言えます。違憲判決も受けていません。

そして、最初にご説明したように9条第1項に似た条文を憲法として持つ国家も存在しますし、パリ不戦条約に加盟する国家は日本国憲法第9条第1項を持つ事と同じです。ですが国連の自然権たる・・以下略

よって、日本国憲法において第9条第3項を
『但し、1項2項では国連憲章の自然権である。個別自衛権並びに集団的自衛権を否定するものでは無い。よって日本国は地域の安全と自国の防衛の為に国軍を保持し、その最高指揮権を内閣総理大臣が保持する』と、加憲しても何ら矛盾は無く、自衛隊が違憲とされる事も有りません。何故ならパリ不戦条約を批准している国家は全て違憲状態と成りえるからです。世界中のだれもそんな事は問題にしてませんよね?
146.名無しさん:2017年10月14日 01:10 ID:b4Xwar9e0▼このコメントに返信
昔天皇の軍隊。 今は自衛隊はみんなの軍隊。
147.名無しさん:2017年10月14日 01:11 ID:Abs3zwi50▼このコメントに返信
※136
安倍信者に論理は通じないよ
オー ムとか創 価に何を説いても無意味だろうw
148.名無しさん:2017年10月14日 01:12 ID:4lyNLdlh0▼このコメントに返信
※144
本気で訊く。
前の記事って何?
149.名無しさん:2017年10月14日 01:15 ID:4e9lesQ40▼このコメントに返信
仮に9条削除したら欠番になるのか、以下順次繰り上がるのか、あるいはそこに自衛隊とかに関する条文で穴埋めすんのか
150.名無しさん:2017年10月14日 01:15 ID:dUOoPlZ.0▼このコメントに返信
明記したら解体出来なくなってしまうのかな
151.名無しさん:2017年10月14日 01:15 ID:OCtSmD.A0▼このコメントに返信
※148
本当に別人なら「それ違うよ」と一言言えば済むのに「なんの記事だ!」とか自爆過ぎ
152.名無しさん:2017年10月14日 01:17 ID:546aZgoF0▼このコメントに返信
※136
賛成しますし、既にそうコメントしていますよ

今回の憲法改正において最も重要な事は如何に日本国とその国民の生命と財産を守る事が出来る内容に出来るかどうかです。改正の内容が変ってもその意義が満たされのであれば私は賛成します。そして、私の本心は成文憲法・立憲主義の立場に立てば第2項の削除が望ましいとも考えます。しかしながら※135にコメントしたように第3項追加が改正のハードルを下げ、より安全に憲法改正できるのであれば、その事を選択する事も問題としませんし、法的根拠も有ると考えています。

法的根拠については※145にコメントしました。
153.名無しさん:2017年10月14日 01:18 ID:Abs3zwi50▼このコメントに返信
※126
安倍総理はこんな基本的な論理も理解できないのだろうか、
と疑いたくなる。
安倍総理自信、法的一貫性とか整合とかを、
自分の頭で論理的に考えたことないのと違う?

国会で何時も下らん政局とかモリカケにしか接していないと、
真剣なテーマでも真面な論理思考できなくなっているのと違う?
論理的整合性を持った考えは、普段からの訓練で鍛えられるものだから、
訓練の機会がないのかも知れんな。
154.名無しさん:2017年10月14日 01:20 ID:546aZgoF0▼このコメントに返信
※147
※135、※145、※152にて論理的にご説明させて頂きましたが、なにか?
155.名無しさん:2017年10月14日 01:22 ID:OCtSmD.A0▼このコメントに返信
※154
前の記事で全く同じ意味ない長文長々連ねて「安倍ちゃんが3項目追加やめて2項改正を主張したらどうする?」と聞かれたらあっさり加憲案投げ捨てましたよね?
156.名無しさん:2017年10月14日 01:23 ID:XK.VgBtg0▼このコメントに返信
つまり自民党は憲法違反の犯罪政党だというわけだ
157.名無しさん:2017年10月14日 01:25 ID:546aZgoF0▼このコメントに返信
※134

ヨコですが

あなたの意見が正しいと思いますよ
反対意見を延々繰り返している人は論理的かつ客観的に反対意見を述べていません
158.名無しさん:2017年10月14日 01:25 ID:OCtSmD.A0▼このコメントに返信
※156
「憲法に政党が書かれてないから」と言いたいのかい?
日本国憲法のどこにも「政党は作ってはいけない」とは書かれてないし「結社の自由」は保障されてるぞ
それと9条2項では明確に「陸海空軍その他戦力の保持と交戦権を否定する」と書かれてるから全然違う話な
159.名無しさん:2017年10月14日 01:27 ID:546aZgoF0▼このコメントに返信
※155
※154をもう一度お読みください
160.名無しさん:2017年10月14日 01:28 ID:dUOoPlZ.0▼このコメントに返信
何やってるのかよく分かんないけど
9条ってのが憲法違反なんだろうな
161.名無しさん:2017年10月14日 01:29 ID:jOUWafvJ0▼このコメントに返信
公明の立ち位置よなぁ
わりとマジで党がそう言ってるから絶対正しい!って人ばっかだもん
国民投票には可能な限り万全な体制で臨まなきゃ厳しいだけに気になる
162.名無しさん:2017年10月14日 01:29 ID:Abs3zwi50▼このコメントに返信
※154
前のスレで、お前自身がそれらの非論理性を指摘されて、
論理破綻を認めたろう。
お前の中では、屁理屈と詭弁が論理だというなら、それはそで好きにしな。
163.名無しさん:2017年10月14日 01:29 ID:giYjZq0R0▼このコメントに返信
1項はソフト面、2項はハード面での安全装置
ここばかりはメスを入れるなら内容を精査してくれないと支持のしようがない
164.名無しさん:2017年10月14日 01:29 ID:OCtSmD.A0▼このコメントに返信
※159
同一人物だと認めましたねw
165.名無しさん:2017年10月14日 01:33 ID:bQtxkej40▼このコメントに返信
※153
3項の加筆修正は、2項改正の露払いではないだろうか?
確かに弥縫策ではあるが、それくらい差し迫ってるってことだろう。これは間違いなく起きるな。
166.名無しさん:2017年10月14日 01:34 ID:4lyNLdlh0▼このコメントに返信
※151
じゃあ訊くけどさ、「違う」って言ったら信じた?
信じてくれるとは思えなかったから確認した。

お酒とかの何かの拍子で書いた可能性もあったんだけど、それも違いそうだね。
167.名無しさん:2017年10月14日 01:34 ID:HVqUI9ZL0▼このコメントに返信
希望が憲法9条において自衛隊は合憲だから改正しなくて良いとか言ってるのにびっくりしたわ。
そういう意見は良いけど、違憲としか思わない人も当然いるわけで さんざん今までそれでもめ続けて議論が進まないから改正するのにな。
誰がどうみても自衛隊は合憲だと分かるようにするのがなんの問題があるんだよ。そのときそのときで時の政権の解釈でどうにでも出来る現状の方が問題だろう。
168.名無しさん:2017年10月14日 01:35 ID:546aZgoF0▼このコメントに返信
※164
その事に何の意味が有ります?
匿名によるコメントが認められているサイトにおいて
イヤガラセ以外に何か意味を持ちますか?
もっと論理的に持論を展開されたら如何ですか?
それとも自論は無くただ単に日本国憲法第9条の改正に反対されているだけですか?
169.名無しさん:2017年10月14日 01:35 ID:akuCURvM0▼このコメントに返信
※165
第2項改正はむしろ遠のくと思うが。
170.名無しさん:2017年10月14日 01:36 ID:HVqUI9ZL0▼このコメントに返信
安全保障の話をちゃんとすると不都合や難しい話になるから、触らずにいたいだけの政治家が多いんだよ。
171.名無しさん:2017年10月14日 01:37 ID:Abs3zwi50▼このコメントに返信
※155
まああんな馬鹿を相手にしても何も得ない。

それより、自衛隊にも軍法が必要なことは分かる。
軍法作成だけが目的なら別に自衛隊を憲法で明記しなくても、
自衛隊が既に存在しているのだから、
自衛隊の取り扱いと同様の論理で、
今のままで軍法を作ればいいいと考えるのだが、
不整合な点があるのだろうか?
172.名無しさん:2017年10月14日 01:38 ID:OCtSmD.A0▼このコメントに返信
※165
96条改正せずに硬性憲法のままで改正に必要な3分の2を維持しつつ改憲案を作って議論してそれを発議して国民投票で通るのが連発できるとかどんなミラクル?
173.名無しさん:2017年10月14日 01:38 ID:546aZgoF0▼このコメントに返信
※145
自己訂正

日英安保  ×
日米安保  〇
174.名無しさん:2017年10月14日 01:42 ID:OCtSmD.A0▼このコメントに返信
※171
特別裁判所の禁止があるから
たとえドンパチしてる中で起きた事案でもけいさつかんがドンパチしてる戦場入りして現場検証して証拠集めて警察官が自衛官を連行して弁護士付けて普通の裁判所で空襲にさらされながらも裁判して作戦行動中でも現場の自衛隊部隊と指揮官呼び出して証言させ被告の自衛官が不服申し立てたら控訴受け入れて長い期間かけて最高裁判所で判決出さなきゃいけなくなる
175.名無しさん:2017年10月14日 01:43 ID:546aZgoF0▼このコメントに返信
※171
念の為に確認ですがコメントの番号を間違われていませんか?
そうで無ければ無視して下さい。
176.名無しさん:2017年10月14日 01:44 ID:bQtxkej40▼このコメントに返信
ん?パリ不戦条約って、侵略目的の戦争を禁ずるものだろよ?当時は経済政策として侵略戦争が有用だったから画期的だったけど、ブレトン=ウッズ体制以降は自由貿易のルールが確立されたんで、侵略戦争は政治的な意味以外には必要なくなった。

9条1項がパリ不戦条約の規定を受けて置かれた規定であれば、2項の「陸海軍その他の戦力の保持」は、パリ不戦条約で禁じられていない類型の戦争‥つまり他国が正当な権利を有する権益を奪うためでない完全な自衛的戦争のために持っておくことは禁じられていないことになるから、現状の自衛隊でも合憲になるという解釈になるが如何だろうか?

なお、9条2項後段の「交戦権の否定」は、同じ2項にある以上単独の規定ではなく、あくまで1項を受けての規定であることは論を待たないだろう。
177.名無しさん:2017年10月14日 01:44 ID:OCtSmD.A0▼このコメントに返信
※171
それと軍法の有事下での優位性が記載されてないから自衛官が敵を殺傷したら片っ端から殺人罪で起訴される
178.名無しさん:2017年10月14日 01:50 ID:Zw215HGI0▼このコメントに返信
*169
いやそんなことはない。むしろ自衛隊を記載したらことは劇的に進む。だから一部野党は必死なんだよ。
なぜならそうなると第2項との矛盾点が現時点より飛躍的に大きくなる。このままではいけないここまできたら、
9条第2項か自衛隊かどちらかを廃止するしかないという、国民の特に若者の声が劇的に大きくなる。それにに国は応えなくてはならなくなるんだよ。
だから今は変な改正でもいい、その先が勝負になります。
179.名無しさん:2017年10月14日 01:51 ID:546aZgoF0▼このコメントに返信
※174
ヨコですが76条の第2項の事を問題にされているのだと思いますが(特別裁判所の設置の禁止)

ドイツ式に軍法さえ定めてしまえば、特別な資格を持った裁判官による一般法廷での軍事裁判は法規定次第で可能では有ります。守秘義務を守る為非公開にする事も可能です。(但し76条第2項の削除が望ましいとは考えます)

そして、自衛隊を憲法に明記する必要が有るのはその軍法を定める必要が有る事(ネガティブ・リスト化)交戦規定を改める必要が有る事、それらの作業を円滑に行う為。何よりも自衛隊員の身分を他の公務員と分け軍人とする必要が有るからだと考えます。
180.名無しさん:2017年10月14日 01:53 ID:f99fkzKo0▼このコメントに返信
※177
>自衛官が敵を殺傷したら片っ端から殺人罪で起訴される

されないよw
それが真なら誰が自衛官になどなるかね。
181.名無しさん:2017年10月14日 01:53 ID:6w84nxke0▼このコメントに返信
※174
仮に自衛隊が戦闘することになったら、珍エピソード連発するのは容易に想像できるな。後世の歴史家やら法律家は面白がるかもしれんが、現場でやる人らは生きた心地がしないだろう。
182.名無しさん:2017年10月14日 01:55 ID:OCtSmD.A0▼このコメントに返信
※179
ドイツは周りが友好国でNATO体制だから自国が戦場にならないから日本とは状況が違う
国内でドンパチして空襲警報がなる中で裁判劇をするのか?
183.名無しさん:2017年10月14日 01:55 ID:OCtSmD.A0▼このコメントに返信
※180
瀬戸内シージャック事件とソ連機への警告射撃事件知らないの?
184.名無しさん:2017年10月14日 01:55 ID:546aZgoF0▼このコメントに返信
※176
全くその通りだと思いますよ。
※135、※145、※152はその事に基づいて理論展開しています
国連の自然権で説明した方が分かり易いのではと判断したので、その事に準拠しているのみです
185.名無しさん:2017年10月14日 01:57 ID:OCtSmD.A0▼このコメントに返信
※181
後年のプロジェクト○で銃撃戦の現場で必死に現場検証する警察隊の話が涙ながらに語られそうだなw
186.名無しさん:2017年10月14日 01:59 ID:bQtxkej40▼このコメントに返信
自分としては、2項の受身的な規定を変えるよりも、1項が「国権の発動たる戦争」や「武力の行使」を禁じている点がどうしても引っかかる。
わかりやすいのは後者だが、たとえ「戦力」の問題が解決されたとしても、実際に使うとなると「武力の行使」を禁ずる、という規定がある以上、自衛隊が豪華な五月人形にならざるをえない‥これを憂慮する。
まあ「国際紛争を解決する手段としては」という留保があるので、国際紛争となりえない事例(非国交国との交戦とか、竹島から韓国追い出すこととか)には対応可能だが、もし相手が折り目正しく宣戦布告の手続きとってきて、国際紛争と相成った場合は、論理的には打たれっぱなしになる。

それゆえ幾つかのコメントで1項改正論(1項だけ改正すれば他はいらん)を述べさせてもらった。
187.名無しさん:2017年10月14日 01:59 ID:sjZ9QnhZ0▼このコメントに返信
※182
>ドイツは周りが友好国でNATO体制だから自国が戦場にならないから日本とは状況が違う

ずいぶん楽観的な断定だな。
なら日本に敵国が強力な海空自および米軍を突破して大規模着上陸を成功させる可能性も非常に低いと思うが。
188.名無しさん:2017年10月14日 02:01 ID:4lyNLdlh0▼このコメントに返信
※185
専守防衛だと地上戦は必然的に国内になるけれど、戦闘後の敵兵(肉塊)拾いは自衛隊だけなんだろうか。
それとも警察も手伝う?
189.名無しさん:2017年10月14日 02:01 ID:Abs3zwi50▼このコメントに返信
※165
安倍総理が何を目論んで9条で自衛隊明記したいか、の意図が不明過ぎると思う。
軍としたうえで軍法を制定したいなら、
今の自衛隊同様に憲法の外でやれば済むことだと思うし、
軍法を設けること自体に反対意見も多くはないと思う。
首相たる者その程度は考えれば分かると思う。

憲法上で敢て自衛隊明記すれば論理矛盾が起きるのに何故?
単に自衛隊明記は、共産民進に限らずオレでも大反対するし
自民からも反対でると思う。
その理由は、折角憲法の外枠で、だましだまし認めてきた過去の行為への
単なる否定に過ぎないから当たり前だと思う。
2項3項の不整合論議の無限ループが起こるだけ。
何のメリットもなく嫌悪感が増幅するだけで、2項削除が遠のくだけだと思う。

安倍総理も憲法変えたいなら、その意図をもっと明確に訴えないと
国民は判断しようがない。
2項そのままで3項に自衛隊明記は、
憲法を更に奇怪なものにするだけで俺は明確に反対派に回るよ。
190.名無しさん:2017年10月14日 02:02 ID:OCtSmD.A0▼このコメントに返信
※188
現行法だとそうなる
というか自衛官に遺体を搬送する権限あるかどうかでまた揉めそうだな
191.名無しさん:2017年10月14日 02:02 ID:VeWZXYm30▼このコメントに返信
※183
帝銀事件で犯人を射殺した警官は片っ端から起訴されましたか?
192.名無しさん:2017年10月14日 02:03 ID:546aZgoF0▼このコメントに返信
※182
太平洋戦争中でも裁判は行われていましたし、選挙も行われていました

但し、あなたがご指摘されるようにNATO加盟国であるドイツと日本を全く同じに考える事は出来ません
何らかの法規定の追加は必要に為ると思いますし
先にコメントしたように可能であれば76条第2項の削除が望ましいとも考えます

但し、憲法の改正において多くの条文を一度に変える(削除する)事は困難ですし
現行の諸法との関連性も有りますので混乱を避けるためにも
優先順位の高いモノから順番に変えていく必要が有るとは考えます
193.名無しさん:2017年10月14日 02:05 ID:OCtSmD.A0▼このコメントに返信
※192
>太平洋戦争中でも裁判は行われていましたし
旧日本軍には軍法会議あるからな今の自衛隊とは全然違うぞ
194.名無しさん:2017年10月14日 02:05 ID:OCtSmD.A0▼このコメントに返信
※190
訂正
遺体を→敵の遺体を
195.名無しさん:2017年10月14日 02:07 ID:OCtSmD.A0▼このコメントに返信
※192
普通の裁判と軍法会議は違うぞ
196.名無しさん:2017年10月14日 02:07 ID:546aZgoF0▼このコメントに返信
※162
お答えする義務を負いませんが
※135、※145、※152は論理的矛盾を孕んではいません
197.名無しさん:2017年10月14日 02:09 ID:546aZgoF0▼このコメントに返信
※195
ですから※192には

>但し、あなたがご指摘されるようにNATO加盟国であるドイツと日本を全く同じに考える事は出来ません
何らかの法規定の追加は必要に為ると思いますし
先にコメントしたように可能であれば76条第2項の削除が望ましいとも考えます

とコメントしました。
198.名無しさん:2017年10月14日 02:13 ID:Abs3zwi50▼このコメントに返信
※174
それこそ誰かさんのように、
自衛隊(自衛官)の公務上の取り扱いを例外として
軍法で制定するのもダメ?
ここらは法律を呼んでいないから分からないけど。
少なくとも2項で戦力否定し3項で戦力保持した組織を肯定するほど破綻はないのと違う?
199.名無しさん:2017年10月14日 02:15 ID:OCtSmD.A0▼このコメントに返信
※198
憲法で法の下の平等が保障されてるから例外扱いは憲法違反になる
憲法に有事下での軍法の優位性明記しないと無理
200.186:2017年10月14日 02:15 ID:bQtxkej40▼このコメントに返信
※189
自衛隊を憲法の俎上に載せることが目的だろう。個人的には十分明確な目的だと思ってる。
前にもコメントした通り、個人的見解は1項のみ改憲論で、それ以外は不要である。ただし1項改正で自衛隊を明白に合憲化するのは困難だと安倍政権では判断したのだろう。
その理由はおそらく日本人特有の「決まった基本法を走りながら修正していくことへの恐れ」ではなかろうか?非論理的かもしれんが日本にはそういう法文化があるのも事実。そしてこの理屈は2項改正にもそのまま当てはまる。

故に政権としての目的を達成せんがため、3項加筆して単独規定で自衛隊は2項のいう戦力ではないと規定するのだろう。確かに2項との論理矛盾があるが、2項の持つラディカルで理想主義的な性質を和らげる効果はあろう。
そして「言霊」と言ってとかく既存の言葉を大事にしたがる国民性から言っても、2校の文言がそのまま残る方が安心するのだろう。
201.名無しさん:2017年10月14日 02:16 ID:4lyNLdlh0▼このコメントに返信
※190
やっぱりそうなるか……もしも憲法を改正せずに敵兵の扱いに関する法を整備しようとすると何に引っかかるんだろう?
収容所を作るかどうかですら、過去に何かもめていたような。人道と国民の保護の両立を考えると絶対に必要だし。
202.名無しさん:2017年10月14日 02:17 ID:OCtSmD.A0▼このコメントに返信
※200
そして海外の戦争相手国からは憲法の文言をそのまま読んで「陸海空軍でもその他戦力でもなく交戦権もない自衛隊はテロリスト集団」と規定して虐殺パレード開催するんですね
203.名無しさん:2017年10月14日 02:19 ID:OCtSmD.A0▼このコメントに返信
※202
国からは→国は
204.名無しさん:2017年10月14日 02:19 ID:kNe3T1yl0▼このコメントに返信
※189
>2項3項の不整合論議の無限ループが起こるだけ。

俺もそう思う。
2項を残して3項を追加し自衛隊を明記すると、2項3項の不整合論議の無限ループが起こるだけ。
改正後も国会で延々と不毛な議論が繰り返され、そんな不毛な議論の為に無駄な税金が湯水のように使われる。
誰の目から見ても自衛隊を合憲としたいなら9条2項を削除しないとどうにもならない。
2項を残して自衛隊を明記するなんて案は国民投票になったら俺も反対する。
戦力ではなく交戦権も与えられてない自衛隊って何だよ。武装したテロリスト集団じゃんかよ。

国民投票に付するなら文字数の多いものはダメ。短い文字数で単純なのが一番。
国民投票に付する案は「日本国憲法9条2項削除」。これが最もシンプルで国民にもわかりやすい。
205.名無しさん:2017年10月14日 02:23 ID:SnuyI5.j0▼このコメントに返信
34.4%の中身を細かく分析しないとだめだな
憲法を変える必要が無い
9条自体を白紙に戻すべき
この正反対な二つが有るわけだから
206.名無しさん:2017年10月14日 02:24 ID:.Sc9OVUN0▼このコメントに返信
いくら言辞を弄しても、実質的にはどう見たって立派な日本の軍隊であり戦力である自衛隊の存在は第2項と整合しないよね。
例外として認めるというのなら、じゃあそもそも第2項は何を禁じてるんだ?という話になる。
207.名無しさん:2017年10月14日 02:25 ID:204hR7cV0▼このコメントに返信
そうか
208.名無しさん:2017年10月14日 02:32 ID:Abs3zwi50▼このコメントに返信
※196
別スレでその人は、
自分の言っていることを明確に屁理屈で詭弁と認めていましたよ。
じゃあ、この人は自分が言っていること自体を
理解していないという珍奇な現象に落ちているのでしょうかね。
良く分からんが、複数のID使って暗躍している人もいるようだし・・・
君がそうだとは断言できないが、先の人はそうだよね。
この件はもう止める。
209.186:2017年10月14日 02:34 ID:bQtxkej40▼このコメントに返信
2項変えたり、なくしたりしたところで、1項が残れば、従前小生が主張してきたような問題は残るが如何だろうか?
2項の持つ「戦力不保持」「交戦権の否定」というのを唯我独尊的に考えているのではないか?実際には「前項の目的」とあるから戦力の定義も交戦権の有無も1項の解釈次第の弱い規定(ただしそのまま読めばラディカル過ぎて有害な規定)でしかないのだが。

ベストではないが、3項に自衛隊加筆することで、1項の「国際紛争を解決する手段としては」の意味合いが変わってくる。少なくとも国際紛争化していないような状況には対応しやすくなろう。
210.名無しさん:2017年10月14日 02:35 ID:TXzfrQbp0▼このコメントに返信
日本人は憲法を家訓と勘違いしてんだろうね。
家訓は初代の遺言とかだから、改正なんてありえない。その時の当主が守るか従うかも、状況次第。
だから憲法を厳密に運用するなんて、誰も望んでないんじゃない?
211.名無しさん:2017年10月14日 02:39 ID:204hR7cV0▼このコメントに返信
奥ゆかしい。
212.名無しさん:2017年10月14日 02:40 ID:OCtSmD.A0▼このコメントに返信
※209
自衛権を否定してるのは2項の方だぞ
1項程度の文は世界中の憲法にいくらでもあるしあれで否定してるのはこっちから一方的に宣戦布告して戦争を仕掛けること
213.名無しさん:2017年10月14日 02:42 ID:204hR7cV0▼このコメントに返信
辞めるのかやめるんか
214.名無しさん:2017年10月14日 02:43 ID:204hR7cV0▼このコメントに返信
できの悪い子ほどかわいい。
215.186:2017年10月14日 02:44 ID:bQtxkej40▼このコメントに返信
2項改正論者は、日本の立場において、以下の状況は「国際紛争」かを考えてみていただきたい。

・北朝鮮(非国交国)の攻撃に対する自衛措置としての反撃
・韓国の竹島不法占拠を自衛隊で対応する

また、2項を改正または削除することで、以下の事例において自衛隊が戦時国際法の適用を受け得るか?

・中国が日本に宣戦布告した上で沖縄に侵攻してきた。沖縄県X島の陸自守備隊は敢闘するも中国軍の捕虜となった。
216.名無しさん:2017年10月14日 02:47 ID:OCtSmD.A0▼このコメントに返信
※215
それらは宣戦布告しての戦争でなく先に攻撃されてるからただの自衛権に基づく自衛行動

それとこれ湾岸戦争にも参戦したイタリアの憲法な
第11条
イタリアは、他人民の自由に対する攻撃の手段としての戦争及び国際紛争を解決する手段としての戦争を放棄する。国家間の平和と正義を保障する体制に必要ならば、他の国々と同等の条件の下で、主権の制限に同意する。この目的を持つ国際組織を促進し支援する。
217.名無しさん:2017年10月14日 02:50 ID:OCtSmD.A0▼このコメントに返信
※215
2項削除改正で自衛隊が軍隊でもその他戦力でもなく交戦権もないとすることがなくなるから軍隊として扱われるしそれ破れば国際社会に訴えることができて国際司法裁判所でも勝てるよ
2項残ってたら自衛隊は軍隊でもその他戦力でもなく交戦権もない組織だと説明しなきゃいけなくなるから国際司法裁判所で勝つことはできない
218.名無しさん:2017年10月14日 02:52 ID:bQtxkej40▼このコメントに返信
※212
9条1項からストレートに「侵略戦争を禁ずる」という解釈は出てこないのではないだろうか?
それにもし第1項がその程度の規定ならば、自衛隊を侵略戦争に用いない限り、2項の「戦力」には当たらないし、交戦権も否定されないぞ。

一体全体「前項の目的」とはなんのためについてると思ってんだ?
歴代の内閣はこの「前項の目的」をそれこそ目一杯使って、自衛隊を存続させてきた。2項こそが自衛隊の根拠規定と言っていい。
219.名無しさん:2017年10月14日 03:00 ID:OCtSmD.A0▼このコメントに返信
※218
イタリアでは憲法で軍隊とその他戦力と交戦権の放棄は明記されてないし軍隊や国民の国防の義務及び指揮権の所在について明確に明記してる
2項で軍隊とその他戦力と交戦権の放棄を明記しているから問題
220.名無しさん:2017年10月14日 03:05 ID:Abs3zwi50▼このコメントに返信
もう遅いので寝ますが、軍法作成に関してなど色々教えて頂きまして
有難うございました。
自分は理工系なので、専門的な法解釈は分かりませんし、
憲法の日本語を普通に読んだ意見を言わせて頂きました。
221.名無しさん:2017年10月14日 03:13 ID:bQtxkej40▼このコメントに返信
イタリア憲法第11条の文言に、わざわざ禁止される戦争の型が規定されたのはなぜか?自衛戦争及び国連安保理決議に基づく派兵のみ認める、としてすべての戦争が認められ、または禁じられるという不合理な結論を回避するためだろう。
日本国憲法第9条第1項は、国際紛争を解決するため、という極めて曖昧な基準しかない。相手国に、それは国際紛争解決のための武力行使だと主張されれば、前憲法的自衛行為でも違法性を帯びると判断される余地がある。なぜならば9条1項の文言ではそういった権利もあえて放棄したと読める可能性があるから。
222.名無しさん:2017年10月14日 03:20 ID:xB.vihHl0▼このコメントに返信
自民党が主張する憲法改正が、国会で議決される可能性は0%
  
自民党が近年、大和民族との公約を守ったことはないし、公明党の意見もふんだんに入るのは確実。
 
大和民族よりも外国人、在日外国人を利する憲法改正に必ずなる。
  
今回の衆院選で、自民、公明含め、既存の政党に投票するすべての人間は、自分が売国奴と同等であることを自覚するように。

 
223.名無しさん:2017年10月14日 03:20 ID:OCtSmD.A0▼このコメントに返信
※221
そこまでいうなら1項も2項も残したままではダメということになって3項目追加は意味ないから加憲ではなく9条を改正しようって話になるね?
224.名無しさん:2017年10月14日 03:26 ID:9hbHdZJ50▼このコメントに返信
徴兵と兵役の違いねwwwwww
225.名無しさん:2017年10月14日 03:28 ID:bQtxkej40▼このコメントに返信
※223
そう。だから小生は1項改正論者。
ちなみに1項を改正してイタリア憲法のように認められる戦争の型を確定したら、2項は「前項の目的」とあるので、自衛隊は1項の規定の範囲内では少なくとも「軍隊」として認められることになる。
「侵略戦争の目的を達成するために、陸海空軍その他の戦力はこれを保持しない」‥まあ「達成するための」と文法的に適切に変えることは必要だろうが。
226.名無しさん:2017年10月14日 03:35 ID:OCtSmD.A0▼このコメントに返信
※225
侵略戦争の定義は?国外のミサイル基地攻撃は侵略じゃないの?日本の領域外で行動したらたとえ自衛権であっても自衛隊は憲法違反だ!
になるだけ
2項削除じゃないと意味はないし何度も言うけどイタリア憲法には戦力不保持の条文や項目は存在しない
227.名無しさん:2017年10月14日 03:49 ID:tbhqZW.70▼このコメントに返信
法案の趣旨に反する勝手な解釈は近代法の基本ルールに背き、どんな立派な法も存在意義が無くなるぞ!

9条担当のGHQケーディス氏らの考えを調べろ。その草案を見せられて芦田がどんな意図で第二項追加を申し出たのか調べろ。
これらの考えを了承してホワイトハウスが提案した連合国極東委員会でどんな結論になったか調べろ。

そこではソ連が66条2項『現役軍人の大臣禁止』=シビリアンコントロール条項を挿入させたが、これは9条で禁止したのが国権の発動たる【侵略】戦争と露骨な武力外交だけで、日本の再軍備を認めて広範な軍事行動を許す事が前提にあったからだ。
まぁ、これくらいは自分で調べてから書き込めよ。

安倍首相は『自衛隊を合憲と明記する第三項追加案が国民投票で反対多数になったら、最高裁の認める【統治行為論】によって自衛隊は違憲とされるので、自衛隊は廃止する』と宣言すると、面白い事になるぞ。 国民は真剣に考えるぞ!
228.名無しさん:2017年10月14日 04:47 ID:3cLjR0QA0▼このコメントに返信
田原総一朗: 安倍首相「憲法改正する必要がまったくなくなった, 集団的自衛権で満足. 自衛隊の存在は明記したい」と語る

THE PAGE 13日付け 外国特派員協会記事:
安倍晋三首相に会った際、田原氏に「憲法改正する必要がまったくなくなった」と話したと明かした。田原氏は、衆院選で自民党が勝利した場合、安倍首相は選挙後に「希望の党が憲法改正に賛成なので憲法改正に手をつけると思う」と予測。その上で、「一つ大事なことを申し上げる」と述べ、憲法改正の必要がなくなったとする安倍首相の発言を紹介した。
その理由について、安倍政権が集団的自衛権の一部行使容認を決めるまでは、アメリカ側は「やいのやいのとうるさい」(田原氏)状態だったが、「集団的自衛権の行使を決めたらアメリカはまったく何も言わなくなった。満足したのだろう。だから憲法改正をする必要はない」と安倍首相は語ったという。その上で「自衛隊は憲法違反」と言うので「自衛隊の存在を明記したい」と話した。
>>>>>安部さんの本心は 自衛隊の存在を明記 までで自身の任期中には憲法改正はしない, と言う事
229.名無しさん:2017年10月14日 06:20 ID:xuxTs3BP0▼このコメントに返信
なんで9条なんかで喧々諤々せにゃならんのか。左右共にアホか、と。憲法改正なんぞせんでも堂々と軍拡すりゃええやろ。そもそも憲法前文で「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して」とある。憲法解釈で「ならず者国家はこれに含まれない」と解釈すりゃええだけやろ。9条は公正と信義にに足る諸国のみに適用される、と。
230.名無しさん:2017年10月14日 07:01 ID:SV1GgzWu0▼このコメントに返信
案はどこにあるの?
案を見てみないと判断できないんだが?
231.名無しさん:2017年10月14日 07:36 ID:TFjeofwi0▼このコメントに返信
延々と現実と乖離した宗教論争してますね
232.名無しさん:2017年10月14日 07:56 ID:GqaCf2Ir0▼このコメントに返信
ところで明記して勝てるのですか?
あれだけあるから守れないんだと言ってて
テロの脅威というならば、まず犯罪が多い国から入国する人を厳しくしろよと
あと国内での犯罪者は刑に服させたあと帰国させろと、そういうのはしてないよね
233.名無しさん:2017年10月14日 07:58 ID:GqaCf2Ir0▼このコメントに返信
だから防衛に対しては自衛隊の存在が問題があるではなく
一定の線から相手の国に攻め込むのが問題という議論であって
234.名無しさん:2017年10月14日 08:59 ID:28Z3RcDa0▼このコメントに返信
ンなモン当たり前だろ
更に言えば「日本軍」に格上げしてネガティブリストで運用しろよ
いつまで警察予備隊引きずってんだ
235.名無しさん:2017年10月14日 09:06 ID:EEudklpZ0▼このコメントに返信
まぁ現状だとまず書き足して、その項目消したいなら憲法改正するしかない状態にする
そして変えたいなら憲法改正しか無いよねということで
憲法改正をもう少し簡単に出来るようにした後に改めてどうすべきか問う
がベターじゃないかね
236.名無しさん:2017年10月14日 09:10 ID:Abs3zwi50▼このコメントに返信
※228
なら、安倍首相は2項の意味をしらないのでは?
2項が有るから、自衛のための最低限の武力は戦力ではないとか、専守防衛とか、
敵地攻撃力を持たないとか、自衛隊を憲法の外枠でしばることにより、
屁理屈とは知りながら合憲としたのでは?
しかし、2項と同じ憲法上でで自衛隊を明記した途端に、
上の屁理屈も通らなくなると思う。
そもそも戦力を保持しない組織に防衛力が有る筈もない。
防衛力を持たない組織をワザワザ明記するのは愚じゃないの?

マンガだって、宇宙戦艦ヤマトも、鉄腕アトムも戦力を持つから
敵と戦えるんでしょ。
戦力無くして自衛できるなら、戦艦ヤマトも攻撃で破損した砲塔を修理する必要はないし、
波動砲も不要。
戦力があるからイスカンダルに行けたんでしょ。

2項の直後に3項で自衛隊明記したら不整合になるだけ。
237.名無しさん:2017年10月14日 09:14 ID:qY57CFf50▼このコメントに返信
※156
そうだよ。
国民を守るため敢えて泥を被ってるんだ。
ちったあ感謝しろ。
238.名無しさん:2017年10月14日 09:18 ID:qY57CFf50▼このコメントに返信
※232
明記しなかったら勝てるのか?

勝つどころか取り締まりもできんだろ。
厳しくしたら憲法違反じゃねえかwww
239.あさひ型護衛艦2番艦しがらみ:2017年10月14日 09:35 ID:EHRUOYIJ0▼このコメントに返信
戦時国際法は捕虜の拷問、虐待を禁じている。米国、中国が (また、時に北朝鮮までもが) 「我が国は戦時国際法を守っている。」「(その攻撃は) 国際法に違反しない。」と強調するのは、「近代世界は法の支配の基に存在する。」という世界共通の概念・観念があり、これに違反すれば世界中の非難が起きるからである。これは基本的な人類存続ルールのようなものである。ここで日本は一つの問題を抱える。法律に規定されない自衛隊は戦時国際法により守られる捕虜に該当しないと侵略国が宣言すれば、拷問、虐待等から守られないのではないかという疑念である。

改憲論議というのは、これまで何十年もの間、喫緊の必要性という状況はなかった。今、初めて喫緊の問題として国民の前に突き付けたのは、周りの誰でもなく国際情勢である。

話は少し変わるが、立憲民主党という党名をつけるのならば、憲法論議には '積極的' に参加しなければおかしいという、党名と矛盾しない党の姿勢を求める新聞や評論家がいる。ただ、そこの党は憲法は変えないと言っているが論議をしないとは言っていない。しかし、中には憲法改正論議すらしないと主張している政党もある。上に書いたような理由で論議は必要である。国民が自衛隊員を拷問、虐待する側 (あるいは殺す側) にならないために。
240.名無しさん:2017年10月14日 11:04 ID:mmQNT.Nz0▼このコメントに返信
例えばアメリカ。合衆国憲法の改正には、まず両議院の3分の2以上の発議、もしくは全州議会の3分の2以上の要請で招集された憲法会議によって発議されることが前提となる。そののち、全州議会の4分の3以上の同意、または4分の3以上の州における憲法会議の同意が必要になっている。その代わり国民投票は必要ない。

トマス・ジェファーソンは、「改正を難しくしてしまうと、憲法制定時の意思に未来まで束縛されることになる。それは『死者の手』による支配を認めることだ」と主張しました。

ジェイムズ・マディソンは憲法の権威と法的安定性から、改正を難しくすることを主張しました。

マディソンの意見が通り、このような規定になった。


アメリカの憲法はオリジナルが第7条まで。それ以降はすべて加憲された修正条項。そして面白いところは、改正・修正時にも以前の文言はすべて残す。廃止しても書き換えたり削除したりせずに、自分のしてきたことをちゃんと残す。

当然内容が矛盾するが、新しい方が優先するから古い方は無効となる。


自分がしてきたことを残すことこそが嘘つきでない証拠だとは思わないか?
241.名無しさん:2017年10月14日 11:49 ID:wHetKhql0▼このコメントに返信
※240
それは二大政党制で与党だから反対野党だから反対なんて馬鹿な話が出てこず改正が容易な制度だから矛盾が出てきてもすぐに修正できるからだろそれにアメリカは連邦制で合衆国憲法とは別に州ごとに憲法がある
日本の制度はそれが不可能
242.名無しさん:2017年10月14日 12:14 ID:OMDWw8m00▼このコメントに返信
と に か く 明記しろ

今が異常なんだから
243.名無しさん:2017年10月14日 12:48 ID:grdtEyr.0▼このコメントに返信
少し前に比べたら、48%支持って相当上がったんだよね。
急進的だとアレな連中が出てくるから、時間は少ないが焦らず少しずついくしかない
244.名無しさん:2017年10月14日 12:52 ID:kUMN6h5n0▼このコメントに返信
ひとまず、「自衛隊そのものが違憲」だとかいうアホな批判が生じる余地を無くす為に自衛隊の保持は明記すべき。
理想としては、「侵略戦争はしない」という主旨の条文とセットで「国防軍の保持」を明記して欲しい。
245.名無しさん:2017年10月14日 13:15 ID:QKBjp5Sh0▼このコメントに返信
まず安倍さんが何故解散して、北朝鮮の脅威から我々を守るとか、自衛隊の明文化を公約に掲げているのか?
良く理解した方が良い。

北朝鮮をやる話はアメリカは細川総理の時代に既に我が国へ持ちかけていました。しかし、当時の日本は憲法に触れる話題もタブーとされる風潮が現代よりも強く不信任案の条件となるため、アメリカにどこまで日本は協力出来るのか?聞かれた細川氏は怖くなって逃げたそうです。しかし、トランプ政権となって水爆まで完成させる訳にはいかない事態となり、安倍さんも今回は逃げられないと理解したため、解散し、国民の支持を得られないとトップには立てないと判断したのだと思います。北朝鮮有事には日本は蚊帳の外ではないからです。
246.名無しさん:2017年10月14日 14:19 ID:g3rOjPgb0▼このコメントに返信
まず9条2項を削除しろ。
そして自衛隊ではなく国防軍として明記し、戦争の最高司令官は内閣総理大臣とし、軍事作戦は世界標準の軍隊と同じく、全て統合幕僚本部が全面的に指揮すると明記しろ。

良い加減真っ当な普通の国家にならないと、早晩尖閣と沖縄本島、台湾に対して支那や赤化統一朝鮮が、大規模攻勢に出てくる。
東京と大阪に対する、大量破壊兵器の飽和攻撃に対してさっさと抑止力を持たないと、取り返しの付かない事になる。
日本の子孫が安心してこれから先の未来を描いて行ける様な、政治と外交、安全保障をしっかりと今この瞬間に確立しなければ、ご先祖様にも、そして未来の子供達にも、顔向け出来ない。
こんな恥ずかしい憲法を掲げてさせるなど、これからの子供達が不憫で不憫で仕方が無い。
247.名無しさん:2017年10月14日 15:38 ID:QKBjp5Sh0▼このコメントに返信
※246

国防軍とする事を賛成するが、
しかし、自衛隊の内部を知る者として言わせ頂くが軍隊という組織にしたいと思っているのは精鋭部隊もしくは、精鋭部隊出身者で、軍隊にして欲しくない者は公務員的な自己保身に走って部下をも守れない者がいます。部下をも守れない者が国民を守れるのだろうか?

自衛隊内部で軍隊賛成するものと、
明記のみで良いと思っている格差を
調査する事を政府にお願いしたい。
恐らく明記のみで良いという者は
軍隊となって国民を守れるとは思えない。
248.名無しさん:2017年10月14日 18:19 ID:o8oux.XO0▼このコメントに返信
メタボや腹の出た自衛官は駄目だw

何の技能徽章も無い階級だけの自衛官は切るべし。
249.名無しさん:2017年10月14日 21:42 ID:au.395sV0▼このコメントに返信
ここには石破や小池のシンパ多すぎだろw
2項削除しろとか、今の情勢でできるわけがねぇw
無茶なこと言いまくって改憲阻止をしようとする輩が多すぎる。
改憲して自衛隊の存在を肯定し矛盾を解決しても、新たな矛盾が生まれるからだめ?
だったらまた変えようって機運を高めればよいだけ。一度代えれば2度目の改憲のハードルは下がるんだぞ?
そもそも論として、組織存在の肯定をせずではどうにもならないことに気付け。
250.名無しさん:2017年10月14日 22:05 ID:trxr4q2g0▼このコメントに返信
※10

アホがいっしょうけんめいがんばってかきました。
だれかひようかしてくださいwwwwwwwwwww
251.名無しさん:2017年10月14日 23:20 ID:wHetKhql0▼このコメントに返信
※249
そんなことは96条を先に改正して憲法改正条件緩和してから言え
252.名無しさん:2017年10月16日 08:29 ID:o4HTiqIM0▼このコメントに返信
※236
一応法学部出たものとして、あえて言っておきたい。
憲法9条2項について、「陸海空軍その他の戦力」とか「交戦権を行使しない」とかいう文言だけを取り上げて問題視するのは、それだけで改憲させたくない憲法学者のロジックに嵌っており、一見改憲を語る実は護憲派‥と言わざるを得ない。ということ。
もともとマッカーサー三原則あるいはこれを前提としたケーディスの見解は、9条1項で自衛戦争を含むすべての戦争行為を禁じ、2項は1項の制度的保障として、無留保に戦力不保持、交戦権の否定を規定する‥というものであった。故に、1項は他国憲法同様の、パリ不戦条約に準拠した侵略戦争禁止のプログラム規定ではない、という解釈であった。
無留保の非武装は国家として受け入れがたいが、明確にこれを修正することは占領軍の意向、そして国民の強い厭戦思考に反するということで、芦田修正により「前項の目的」云々の文言が入った。芦田修正の意図は、あえて能動的に軍備を捨てたというメッセージを残すこと。能動的に捨てたのなら、事情次第でまた持つことができる。そして9条1項を他国憲法同様のパリ不戦条約準拠のプログラム規定として解釈し、侵略戦争に用いない戦力を持つべき余地を残すこと。
結果は歴史が証明している。
253.252:2017年10月16日 08:39 ID:o4HTiqIM0▼このコメントに返信
252所収の経緯があり、日本政府は一貫して自衛隊は9条2項の戦力には当たらず、合憲であるとしている。9条2項の法論理的な論争に踏み込んで、左の用意した泥沼に嵌らないように注意してきた。
自衛隊を令外官とすることが、先人の知恵ではない。芦田修正こそが、先人の知恵である。

なお憲法学者は法論理的思考をすることで憲法9条の改正を阻止しようとしてきた。安倍首相がわかってなかったのは戦力の解釈ではなく多数派の憲法学者の意図そのもの。
国会に招致した長谷部恭男、笹田栄司などは55年世代と言って憲法学者の中核的学者(他に阪大から米国の大学行った松井茂典とか、神戸→成城経て代わりに阪大に行った棟居快行などがいる)。この辺呼んでおけばまあ学者だから建設的議論ができると思ったのだろうが、飛んで火にいるなんとやら、だった。
254.エンアカーシャ:2017年10月17日 21:43 ID:VRwJX.RY0▼このコメントに返信
驚愕の事実が判明した、

自民党議員や、改憲推進派は、自衛隊の存在根拠を知らなかったのだ!、
なんて恐ろしい · · · 、

自衛隊は、緊急避難で創設された、1時的な組織です、
日本侵略を宣言する、中国と韓国と北朝鮮が滅亡すれば、解散する、
何故?、
軍隊では無いからです、
憲法9条により、日本は軍隊を持つ事が禁止されています、
なので、軍隊は発足出来ませんでした、

自衛隊は、自衛権を行使する組織です、
戦争の権限は、与えられていないので、軍隊として活動するのは不可能です、
根拠は、緊急避難。

255.名無しさん:2017年11月24日 10:51 ID:v6iBglxS0▼このコメントに返信
自衛隊を明記するば、憲法上自衛隊以上の組織編成はできなくなる。自衛組織は持つが軍は持たないと言う事だ!つまり、正真正銘、属国日本になるのだ!!!!!

お名前