スポンサーリンク

2017年09月11日 12:05

大日本帝国軍の戦艦wwwwww

大日本帝国軍の戦艦wwwwww

03

引用元:大日本帝国軍の戦艦wwwwwwwwwwww [無断転載禁止]©2ch.net
http://hawk.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1503914069/

2: 2017/08/28(月) 18:54:59.41 ID:xskAT7Su0
軍艦はアメリカより強かったんか?

5: 2017/08/28(月) 18:55:40.23 ID:vi22ib1Bp
>>2
単艦だけならまあ
アメリカはパナマ運河の制限もあるし

15: 2017/08/28(月) 18:57:55.90 ID:TL4M0Jh+p
>>2
戦車も軍艦も戦闘機もタイマンで勝負するもんちゃうから

44: 2017/08/28(月) 19:01:47.61 ID:OTYnfg5V0
>>2
同じ戦力なら…
物量って馬鹿にされるけど立派な国力の差なんだよなぁ

352: 2017/08/28(月) 19:27:52.46 ID:4FuOYr4Md
>>2
序盤は質良かった
最終的にアメリカの方が質も量も圧倒的に上になった
日本が誇らしげに作った秋月型駆逐艦なんてアメリカからしたら秋月程度の性能の駆逐艦は単なる標準装備と化してた

9: 2017/08/28(月) 18:56:46.22 ID:XwKhOVGo0
旧型戦艦やから使い倒したろ!の精神で活躍した金剛型

10: 2017/08/28(月) 18:56:54.28 ID:178foqmtM
大和とアイオワを4万メートル離して配置して決戦させたら大和が勝つやろな
そしてそんな想定は戦争の勝敗には無意味や

14: 2017/08/28(月) 18:57:53.46 ID:0nij6BYB0
>>10
当たらんやろ

16: 2017/08/28(月) 18:58:39.38 ID:BDz3EOx3d
>>10
大和搭乗員練度低すぎて負けそう

30: 2017/08/28(月) 18:59:57.27 ID:TL4M0Jh+p
>>16
大丈夫やで
大和はアイオワの装甲をあらゆる距離で抜けるけど逆は無理やから

というかアイオワはアメリカの最強戦艦やないし

118: 2017/08/28(月) 19:09:42.76 ID:tL8QNwxV0
>>30
装甲は攻撃を受けた船が浮いてるかどうかを左右するだけであって戦闘能力を維持できるかどうかは別や

32: 2017/08/28(月) 19:00:14.09 ID:xskAT7Su0
軍艦はマシだったんか
信濃とか完成していたら強かったんか?

37: 2017/08/28(月) 19:00:54.64 ID:xKPN6SSC0
>>32
完成したところで載せる飛行機も人も燃料もないから

55: 2017/08/28(月) 19:03:00.52 ID:Sb0/IlT70
>>32
工員、資材、工期に余裕ないからなあ
完成できたとしても
いろんなところに不具合出そうや
艦載機や燃料もないし

34: 2017/08/28(月) 19:00:25.02 ID:uiJB+8L00
駆逐艦の対空銃座を担当してたじいさんの証言を聞いたことがある
敵機を一機落として勲章を貰えたとか。現実はゲームのようにはいかんな

70: 2017/08/28(月) 19:05:11.87 ID:Sb0/IlT70
>>34
撃墜せんでも相手を投下のコースに入れないってのも仕事やからな

52: 2017/08/28(月) 19:02:45.59 ID:miSr1l+p0
当時の戦闘機に付いてた日本製無線ってめちゃくちゃ性能悪かったらしいな
紙装甲やし、そんな装備で戦闘するなんて怖すぎやろ

66: 2017/08/28(月) 19:04:27.23 ID:XwKhOVGo0
>>52
陸軍はまだ良かったけど海軍の空中無線はほんまにあかんかったらしいな
海軍だからこそ重視せなあかんところやのに

95: 2017/08/28(月) 19:07:44.24 ID:miSr1l+p0
>>66
調べたら航続距離確保と艦載機故の軽量化ののために重い無線は使えなかったらしいわ
あちらを立てればこちらが立たずやね

134: 2017/08/28(月) 19:11:14.12 ID:XwKhOVGo0
>>95
艦載機はどこか無理せんとあかんのが辛いんやなぁ
装甲でも割を食ってるし

63: 2017/08/28(月) 19:03:56.53 ID:TysDjggsa
軍艦はそこまで精緻か冶金技術は必要とされんからね
砲にしたって大重量の砲弾で敵艦の装甲をぶち破る方向やったから日本の基礎工業力でもどうにかなった

80: 2017/08/28(月) 19:06:04.52 ID:+URsElCY0
昔大和のプラモ作ったら機銃みたいなんアホみたいに付いてたけどあんなん要るん?

90: 2017/08/28(月) 19:07:00.79 ID:T8r0wQhY0
>>80
小回りが利かないから
タワーディフェンスだと思えばいいよ

87: 2017/08/28(月) 19:06:50.73 ID:Q7mnezp9d
被弾したらリベット飛んで海水入りまくりやったんやろ?
やっぱり溶接がナンバーワン

99: 2017/08/28(月) 19:08:11.51 ID:9TI4SqqQd
>>87
電気溶接も当時の技術じゃ強度不十分で、アメリカですらそれが原因で何隻か沈んどるしね

なんか旧海軍だけが持ってた設計上の不備みたいな揚げ足取る今の風潮もどうかと

98: 2017/08/28(月) 19:08:04.91 ID:0K26m2fa0
大和主砲撃つと乗組員にもダメージ行くってマジ?

110: 2017/08/28(月) 19:08:53.10 ID:Zz6rzi1w0
>>98
何か撃つとなるとサイレン鳴ったらしいな

117: 2017/08/28(月) 19:09:36.04 ID:TL4M0Jh+p
>>98
本来艦隊決戦のときは誰も外にはおらんからね

123: 2017/08/28(月) 19:10:09.88 ID:BDz3EOx3d
>>98
大和に限らないけど主砲放つ時に甲板に乗員がいようものなら即死やろね

137: 2017/08/28(月) 19:11:26.04 ID:WQseK5FYa
関東大震災が起きて長門が全速力で帰港してたらブリカスに最高速度が知られてしまったエピソードすき

154: 2017/08/28(月) 19:12:36.78 ID:U7SqK77l0
戦争しない
→国民暴動。軍反乱

戦争する
→アメリカイギリスと全面対決


東條英機「どうすりゃいいんだ…」

165: 2017/08/28(月) 19:13:38.97 ID:Vfgm0KMMa
>>154
戦争しないが正解やぞ
国民のせいにすんな

166: 2017/08/28(月) 19:13:44.95 ID:SDEPJ0jg0
>>154
???「仏領インドシナに進駐しといたぞ」

167: 2017/08/28(月) 19:13:51.04 ID:pdYj8nfLa
>>154
それを作り出したのが陸軍大臣東条英機なんだよなあ

188: 2017/08/28(月) 19:15:30.48 ID:xKPN6SSC0
>>154
国民暴動が起こるほど焚き付けたのは政府側やろが

217: 2017/08/28(月) 19:18:01.08 ID:miSr1l+p0
>>188
それが近衛文麿がボロクソに言われる理由なんか?

260: 2017/08/28(月) 19:21:23.88 ID:pdYj8nfLa
>>217
焚き付けたのは陸軍やけどな。
広田や近藤は軍部に迎合してただけや

178: 2017/08/28(月) 19:14:31.19 ID:Vfgm0KMMa
アメリカが大和運用すれば活躍出来ただろうな…

194: 2017/08/28(月) 19:15:50.68 ID:TL4M0Jh+p
>>178
そらもう陸上砲撃しまくって湾岸どころかひょっとしたら今でも現役で大活躍やで

212: 2017/08/28(月) 19:17:32.19 ID:+URsElCYd
>>194
海兵隊には未だにアイオワ復帰させろって言ってる派閥もあるで

271: 2017/08/28(月) 19:22:13.52 ID:TysDjggsa
>>212
流石に軍事的ロマンチズムに過ぎるわな、草生えるけど
でも戦場でアリゾナの艦砲射撃始まるぞってなったらアホほど士気上がりそうなのは分かる
砲兵や航空支援なんて子供の火遊びにしか思えんような鉄量と火薬が打ち込まれるんやから

200: 2017/08/28(月) 19:16:46.22 ID:bhZvDgzF0
アメリカの新鋭戦艦は複数の戦艦でレーダー統制射撃できるからな
艦隊決戦においてこれは圧倒的アドバンテージ
あんなん反則やろ

215: 2017/08/28(月) 19:17:50.01 ID:jiRolA7lr
なんで中国に勝てないんや中国って意外に強い?

236: 2017/08/28(月) 19:19:51.73 ID:Vfgm0KMMa
>>215
遊撃戦理論
決戦さけて戦争を長期化すれば国力の劣る日本は負けるって考え

259: 2017/08/28(月) 19:21:16.71 ID:6VhvBNoNa
>>215
明確な勝利条件を設定せず逃げる相手をひたすら追いかけてたら消耗ばかり増えた

254: 2017/08/28(月) 19:20:55.36 ID:xskAT7Su0
負けたから帝国海軍の艦艇が不当に貶められているってことないんか?
カタログスペックじゃそこまで悪くなさそうやん

293: 2017/08/28(月) 19:23:18.75 ID:pe+PWJMs0
>>254
日本海軍の重巡は強武装で割と高評価だったぞ

304: 2017/08/28(月) 19:24:02.13 ID:tEVMNwK5d
>>293
魚雷を一番上手に使えたのが重巡という謎の事態

270: 2017/08/28(月) 19:22:05.33 ID:flMKMX3hd
この時代、どう考えてもクソったれな時代だけどなんか生きて見たい気がしてしまうんだよな
明治から大国になってそして敗戦するまで
あと復興から高度成長で日本がようやく国際社会からまた認められるようになるまで

平成頭から生まれてると何もないや
あくまで自分で何とか良くも悪くも出来る、昔の人からすれば涙が出るほど幸せな時代なのかもしれんが

333: 2017/08/28(月) 19:25:59.24 ID:cCs/jvq40
日露戦争の後に近代戦で負けるか何かしら手痛い経験しとくべきだった
海軍のドクトリンが日本海海戦のままやったのが一番糞

345: 2017/08/28(月) 19:27:14.78 ID:WYT1QtFwa
>>333
日露戦争のバルチック艦隊壊滅させた上で
負けたかった

353: 2017/08/28(月) 19:27:53.93 ID:C5I3IRNB0
よく日本のエースパイロットは凄かったって聞くけどどうなん?

360: 2017/08/28(月) 19:28:23.10 ID:4FuOYr4Md
>>353
序盤だけ凄かった

375: 2017/08/28(月) 19:29:23.42 ID:4FuOYr4Md
>>360
ごめん、終盤でもすごいけど、大本営がエースパイロットを磨り潰したり、重視しないから輸送中に落とされたり、疲労で死んでた

366: 2017/08/28(月) 19:28:40.73 ID:uOPNHJ6fd
>>353
中国大陸で戦闘経験積んで南方行ったのは練度充分で強かったよ

379: 2017/08/28(月) 19:29:40.49 ID:ltLheWfpM
>>353
エースパイロットが凄いってパイロットを酷使して使い潰してたって事の裏返しやからな
日本にしても他の列強と比べて凄いって訳でもないし

385: 2017/08/28(月) 19:29:50.30 ID:T5y7Ly4yd
>>353
エースパイロットなら凄いのはドイツやろ

426: 2017/08/28(月) 19:32:16.14 ID:WYT1QtFwa
>>385
ドイツのエースこそ
東部戦線の水増しが酷い

444: 2017/08/28(月) 19:33:31.16 ID:4CFm7XZcd
>>426
そうなん?
エーリッヒハルトマンとか大したことない奴やったんか

483: 2017/08/28(月) 19:36:21.30 ID:WYT1QtFwa
>>444
大したことなくはないが
東部戦線はソ連空軍があまりに貧弱だけど生産力と数だけは凄いのと
多少墜落しても生きて帰れる確率が高いという
結構な特殊状況だった
まあ、総合的には地獄なんやけど

354: 2017/08/28(月) 19:27:55.37 ID:YQUaLMh5d
途中までは戦艦も戦闘機もそこそこ世界と戦えるようなもん作ってたんやろ?

380: 2017/08/28(月) 19:29:47.40 ID:koFZpRt+0
>>354
資源には限りがある国じゃ長期戦になるとどうしようもないわなあ…

400: 2017/08/28(月) 19:30:53.51 ID:r0BHTrqRd
ラバウルで熟練パイロット失ったのかでかいやろ
マリアナ沖でバタバタ撃ち落とされたし

419: 2017/08/28(月) 19:31:53.98 ID:cCs/jvq40
>>400
ガ島より熟練搭乗員を優先するという人的資源を大事にする思想は無かったんやろな
今も無さそうやけど

443: 2017/08/28(月) 19:33:24.24 ID:XwKhOVGo0
>>419
負けてる側は熟練搭乗員だろうが使い倒さんとあかんのが悲しい

467: 2017/08/28(月) 19:35:12.91 ID:178foqmtM
>>400
っていうか侵攻戦だと落とされたら戦死か捕虜だからなあ
迎撃戦なら落とされても生き延びればまた戦力になる

465: 2017/08/28(月) 19:34:59.42 ID:tEVMNwK5d
大和もスペック自体は凄まじかったからな
中身が時勢に合ってなかっただけで

533: 2017/08/28(月) 19:39:55.14 ID:6VhvBNoNa
「シミュレーションやったら味方に大損害という結果が出た」

→まともな軍隊「作戦を練り直して損害減らす方法を考えよう」

→大日本帝国海軍「損害出なかったということにしよう」

583: 2017/08/28(月) 19:42:55.78 ID:MVHVal4FH
>>533
ぶっちゃけ練り直したところで国力差的に勝てる作戦なんて出てこないし
強いて言えば開戦する前に「絶対負ける」ってわかってたんだからその時点でどうにかするべきやった
外交の失敗やで

627: 2017/08/28(月) 19:45:25.44 ID:6VhvBNoNa
>>583
現代も絶対上手く行くわけないプロジェクトで勉強できる官僚が数字こねくり回して「こうすれば上手くいく」みたいな結論出してくること多いよな
あれやってる本人も無理だと思ってそう

667: 2017/08/28(月) 19:48:11.06 ID:7H2vaWAo0
>>627
少子化対策と年金で頻繁に目にするンゴねえ

556: 2017/08/28(月) 19:41:07.19 ID:B9ENjRGn0
通商破壊の概念がなかった日本、無能

644: 2017/08/28(月) 19:46:27.90 ID:r0BHTrqRd
>>556
査定に響かないからね しょうがないね

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2017年09月11日 12:09 ID:QJv97YDh0▼このコメントに返信
日本海軍ってボロかったんか?
2.名無しさん:2017年09月11日 12:10 ID:KesMAAKe0▼このコメントに返信
今の日本て
ほんと戦争末期と
状況酷似してるなあ

自国の悪いニュースは無視して
中韓の間抜なニュース見つけては
ホルホルしてるネウよみてると
そう思う
3.名無しさん:2017年09月11日 12:11 ID:KeKt.rCn0▼このコメントに返信
タイマン思考の馬鹿につける薬は無いな
あと自身で資料を読まない馬鹿にも

おっとパヨクの資料だけを読んだ半島の人に用事はないぞwww
4.名無しさん:2017年09月11日 12:17 ID:BTp4Ifqd0▼このコメントに返信
大日本帝国軍とかあまり聞かない呼び方だわな
最近はそんなことも分からない輩が増えとんのか?
5.名無しさん:2017年09月11日 12:18 ID:b.YlEvST0▼このコメントに返信
いくら装甲が厚くったって艦橋や砲塔が壊れたらお終いなんやで
6.名無しさん:2017年09月11日 12:20 ID:uQidkfzQ0▼このコメントに返信
大和型除いて残りは真珠湾で沈めた米戦艦と変わらんスペック
空母は搭載数で劣るから隻数で賄わないときつい
巡洋艦や駆逐は火力それなりだけどレーダーやら発達してくると頼みの夜戦アドバンテージ薄れた上に
対空戦とそれに伴う砲撃戦が主体になって扱い難しく当たらない魚雷抱えるのがかえってリスク
それでも艦隊決戦思想とそのための漸減作戦には見合った内容なので悪かったわけではない
いきなりドクトリン変えたのと長く続きすぎたのが痛かった
7.名無しさん:2017年09月11日 12:20 ID:OvUWDvEU0▼このコメントに返信
古くて間違ってる上にプロパガンダに満ちた知識で語り合う無能たち
8.名無しさん:2017年09月11日 12:20 ID:7FrLXM9W0▼このコメントに返信
足りぬ足りぬは工夫が足らぬで列強の技術と渡り合ってたからね、工夫する余裕がなくなれば一気に差がつくのも当然よ
9.名無しさん:2017年09月11日 12:22 ID:MVo3miFJ0▼このコメントに返信
もうちょっと戦艦を使い潰せなかったのかねぇ…
フィリピンを人質に取り救助に来たアメリカの輸送船団を戦艦で叩けば、戦艦が無双出来たんじゃないの?
10.名無しさん:2017年09月11日 12:23 ID:TGnFQ06c0▼このコメントに返信
※4
支那工作員がそのように呼んでいるようだ。
元スレッドも恐らくその手の輩が立てたのだろう。
日米決戦は頂上決戦。
その頃、支那はどんな武器を自国開発、生産できたんだろうな。
支那鮮人どもは日本に嫉妬しているだけ。過去にも今にも未来にも。
劣等感丸出しの野獣たち。
11.名無しさん:2017年09月11日 12:28 ID:IzWWs64h0▼このコメントに返信
まぁ良くも悪くも艦これの影響だね

海軍に関しては雄弁に語れるのに、陸軍に関しては語れない奴が多いし。ココのスレでも、伸びが全然違うしね
艦これでにわか知識つけて、ここで語る奴のなんと多い事か・・・
12.名無しさん:2017年09月11日 12:31 ID:V7MvoZYP0▼このコメントに返信
第二次世界大戦の軍艦について話すなら、重巡と軽巡を保有数制限したワシントン軍縮条約から勉強すべき。戦艦だけが軍艦じゃない。
「排水量9千トンあっても主砲が155mm砲なので軽巡洋艦ね。3連装砲塔5基で15門を斉射するから、単位時間内の砲弾投射重量(WoTで言うDPM)は重巡より多いよ。」という最上型は運用サイドの評判が良かった。英国サウザンプトン級や米国ブルックリン級よりもカタログデータ上は優れている。
13.名無しさん:2017年09月11日 12:36 ID:trK06d8M0▼このコメントに返信
※1
アメリカに物量や人材で決定的に劣ってた
海軍としたら世界で二番手をイギリスと争うレベル
イギリスは対ドイツ軍特化で正面戦力は劣ってたからな
14.名無しさん:2017年09月11日 12:39 ID:zsXRY03.0▼このコメントに返信
日本軍の戦艦→長門以外全滅(浅瀬で着底して廃墟になったの含む)
ドイツ軍の戦艦→全滅(着底もいた)

イタリア軍の戦艦→全員健在(しかも修理中一隻以外は無傷)

…なにこのやる気の差…
15.名無しさん:2017年09月11日 12:40 ID:7FrLXM9W0▼このコメントに返信
※14
ドゥーチェの所為で燃料が無かったんや
16.名無しさん:2017年09月11日 12:40 ID:IZJEVJ0U0▼このコメントに返信
※2
ここのサイトでは、やれ核ミサイルが飛んで来るだの、日本終わっただの、悪い話題しかないけどねぇ。
17.名無しさん:2017年09月11日 12:40 ID:4PjkQ4Yf0▼このコメントに返信
※11
個人的には甲板整列で後輩の艦娘シ  バキ倒す大和武蔵とか、
イン○ンタム シ水 虫に苦しむ艦娘の話とか見たいぞ。

……でもにわかはそういうの知らないし見たがらないんだろうなあ。
18.名無しさん:2017年09月11日 12:41 ID:UDq6HfxG0▼このコメントに返信
4万m離れて撃ち合ったら、負けるのは大和の方

アイオワは大和には出来ないレーダー射撃があるから、大和は一方的に被弾する

逆に大和が打ち返しても、大和の照準器は光学式でレンズの質が悪いからまともに使えるのは1万m程度
移動しない目標でしか訓練してないから33ノットで走りながら砲撃してくるアイオワに当てる事は難しい

しかも、アイオワは大和の砲撃の着弾地点がわかる上に、高速で回避運動をしながら砲撃を命中されてくるから、命中させるのは事実上不可能といえる
19.名無しさん:2017年09月11日 12:42 ID:OvUWDvEU0▼このコメントに返信
※18
論破されまくった古臭いネタを撒き散らすな
20.名無しさん:2017年09月11日 12:44 ID:7FrLXM9W0▼このコメントに返信
※18
大戦期のレーダーにそんな精度ないから、あんなん大まかな位置が分かる程度なうえに砲撃時の爆風でぶっ壊れる代物だぞ?
21.名無しさん:2017年09月11日 12:44 ID:T8BeFwCt0▼このコメントに返信
対潜水艦のはずなのに逆に狩られまくって空母も戦艦も守れない駆逐艦はちょっと擁護できないレベルで酷い
22.名無しさん:2017年09月11日 12:50 ID:mE5WwG8b0▼このコメントに返信
また沸いたか負け犬在庫スレ主。
23.名無しさん:2017年09月11日 12:50 ID:OvUWDvEU0▼このコメントに返信
※21
そもそも駆逐艦は対潜艦じゃない
24.名無しさん:2017年09月11日 12:51 ID:mE5WwG8b0▼このコメントに返信
※18
と嘯くキヨタニシンパ。
25.名無しさん:2017年09月11日 12:52 ID:UDq6HfxG0▼このコメントに返信
※21
駆逐艦が対潜水艦用になったのは第二次世界大戦が始まってからだぞ

アメリカやイギリスの駆逐艦だって、艦隊決戦用の魚雷を積んでいる

砲だってアメリカ以外の国は大抵平射砲だ
アメリカが極端な両用主義だけだ

そのアメリカ人でさえ、ソロモンの戦いの時は、射程が短い、威力が弱い、日本の砲が欲しいと泣き言漏らした位だ
26.名無しさん:2017年09月11日 12:55 ID:J5saKkg40▼このコメントに返信
※11
ごめんなさいまだ勉強中なんで勘弁してつかぁさい
海軍だけでも情報多いのに陸軍も調べてたら手が追いつかないっす
27.名無しさん:2017年09月11日 12:56 ID:OvUWDvEU0▼このコメントに返信
※25
便乗
日本海軍は対潜水任務は水雷艇と海防艦をメインにする予定だったので駆逐艦の対潜装備については後回しになってた。
実際海防艦の対潜装備は英米と較べてさほど落ちるものでもない
また対潜戦闘の重要性の認識が遅いのはそもそも米軍潜水艦がまともに活動しだすのが1943年の後半になってからだから。
28.名無しさん:2017年09月11日 12:56 ID:uN3nrZIL0▼このコメントに返信
【TPPと離島の農業】 サトウキビが守る日本の領海  東海大学海洋学部教授・山田吉彦
ttp://www.jacom.or.jp/archive03/tokusyu/2011/tokusyu110603-13704.html

TPP会合、茂木大臣11か国での年内合意向け議論主導へ
ttp://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3145873.html

【激ヤバ拡散】報道されないTPPのまとめ  医療・労働関係他 
参加国総貧困化・労働環境悪化・支出増加・ビザ大幅緩和等全分野に影響多数
ttp://itest.2ch.net/egg/test/read.cgi/bio/1496320258

29.名無しさん:2017年09月11日 12:56 ID:3.eYd6mq0▼このコメントに返信
40km離れて撃ち合うっていうのはどっちも当たらないだろう。
両者が目視できるようになってからが勝負。
大和は目視で104発撃って駆逐一隻仕留められ無かったから相当射撃が下手だよね
30.名無しさん:2017年09月11日 12:58 ID:OvUWDvEU0▼このコメントに返信
※26
とりあえず、日本陸軍は白兵戦主義だったってのは嘘
火力主義+航空主兵だったって覚えておけばOKだぞ
31.名無しさん:2017年09月11日 12:59 ID:OOVSvUO.0▼このコメントに返信
今の船とは設計思想だいぶ違うよな

いまや攻撃を受け無いこと前提に軽く速くって感じだけど
当時は装甲を厚く重くって感じだったみたいだし
32.名無しさん:2017年09月11日 12:59 ID:blZsXap.0▼このコメントに返信
富士、敷島、春日、摂津、朝日「ひょっとして」「私たち」「忘れられてるぅ!?」
33.名無しさん:2017年09月11日 12:59 ID:mE5WwG8b0▼このコメントに返信
※29
104発て何処のソースだよ在庫。
34.名無しさん:2017年09月11日 12:59 ID:wRQ19QWQ0▼このコメントに返信
> 80: 2017/08/28(月) 19:06:04.52 ID:+URsElCY0
> 昔大和のプラモ作ったら機銃みたいなんアホみたいに付いてたけどあんなん要るん?

解る
子供の頃親父が作ってた。
黒い機銃がそこら中に乗ってる。
35.名無しさん:2017年09月11日 13:01 ID:wRQ19QWQ0▼このコメントに返信
※11
そう思う。
無駄に海軍ばかり
36.名無しさん:2017年09月11日 13:03 ID:wRQ19QWQ0▼このコメントに返信
※31
最近のステルス軍艦のデザインは異様だな。

え? これが船みたいな直線の塊。
宇宙船かと思う。

昔みたいな吃水のある舟形してない。
37.名無しさん:2017年09月11日 13:03 ID:wRQ19QWQ0▼このコメントに返信
性能はともかく大和のデザインは好きだった。
見た目はカッコいい。
38.名無しさん:2017年09月11日 13:08 ID:TxahESPK0▼このコメントに返信
戦前の戦艦で比較すれば
アメリカ:重装甲 ただし鈍足21kt
日本:バランス型
どちらが強かったかは何ともいえない
なお、大西洋艦隊も回してくると
アメリカ艦隊はほぼ日本の倍になる
このため空母機動部隊や酸素魚雷搭載の
水雷戦隊と協同で対応する予定だった
39.名無しさん:2017年09月11日 13:09 ID:vuwGyQlr0▼このコメントに返信
※29
大和武蔵の演習で最大射程では散布界が1平方キロにも及ぶらしいな。
敵が回避もせずその真ん中を突っ切ってくれたとしても百発二百発程度では当たらんてw

撃ち始めは28キロ、実質の有効射程は20キロくらいとしてもその距離なら放物線を描いた砲弾が上部甲板を抜くから
弾薬庫に引火して一発轟沈もあり得るって話になってくる。

アイオワも特殊徹甲弾使うからどっちにもワンチャンありだ。
40.名無しさん:2017年09月11日 13:10 ID:wRQ19QWQ0▼このコメントに返信
ステルス性が重視されるようになってから軍艦も戦闘機もダサくなった。
41.名無しさん:2017年09月11日 13:12 ID:wRQ19QWQ0▼このコメントに返信
※14
その長門もビキニ水爆実験で標的艦に

あの動画みてびっくり
42.名無しさん:2017年09月11日 13:19 ID:rPHTyUeU0▼このコメントに返信
※39
大和の想定砲戦距離が1500~2000m前後でその距離で最大限の防御力を発揮するように装甲を貼ってあるんですが
43.名無しさん:2017年09月11日 13:20 ID:Iep6QUT30▼このコメントに返信
アメリカとやり合おうと言っても16インチ以上の砲を備えているのが大和、武蔵、長門、陸奥だけじゃなあ……。
アメリカはコロラド級3隻、ノース・カロライナ級2隻、サウス・ダコタ級4隻にアイオワ級4隻の13隻を
押し立てて来られる。
空母の存在を度外視しても単純に数で押し切られる。
44.名無しさん:2017年09月11日 13:24 ID:vKeQsbZp0▼このコメントに返信
日本海軍、古臭い旧式艦が多かったんで、当時から2級海軍とみなされてたが、
意外なほど活躍したんで驚いたって話がドイツ駐日大使館の話で出てくる。
実際のところ、経験ある装備以外は使わない堅実路線だったってオチなんだが・・ 
ドイツ艦は技術が追いつかなくて機関も武装も船体もダメダメ、
アメリカも実戦になったら色々不具合が出て大変だった
45.名無しさん:2017年09月11日 13:25 ID:d5jdOY5M0▼このコメントに返信
※42
桁がひとつ足んないよ
その距離だと三笠あたりでも大和・ダコタを狩れる可能性が出る
46.名無しさん:2017年09月11日 13:25 ID:Iep6QUT30▼このコメントに返信
※14
ローマは沈んだ。
47.名無しさん:2017年09月11日 13:26 ID:.a1bQonV0▼このコメントに返信
ゆとりが語り出すとこうなるのかwww
48.名無しさん:2017年09月11日 13:27 ID:mE5WwG8b0▼このコメントに返信
※43
開戦時コロラド級は、大西洋でノースカロライナ級が使い物になるようになったのは、大戦中期でサウスも諸々問題続出で役に立つた?なのは、アイオワ級が前線配備なった頃だよ後アメリカが戦艦群を迷わず全艦太平洋に投入したのは、沖縄戦の頃だよ君の主張する物量戦術は、取れない。
49.名無しさん:2017年09月11日 13:29 ID:tsb7C5330▼このコメントに返信
冶金技術の差を全く無視したらだめです。
徹甲弾だって装甲だってアメリカの方が質がはるかに上。
同じ口径ならアメリカの方が上。
アメリカの徹甲弾の方が重いし。
それに遠距離だったらほぼ垂直に落ちてくるから、いくら舷側の装甲厚くてもダメです。
50.名無しさん:2017年09月11日 13:30 ID:obqhLU6M0▼このコメントに返信
また魚雷艇も持っていないキムチの火病か?
51.名無しさん:2017年09月11日 13:31 ID:mE5WwG8b0▼このコメントに返信
※49
とゆう事をNHKでしたり顔で説明している知ったか情弱識者がいたな~。
52.名無しさん:2017年09月11日 13:33 ID:v.MZWPcL0▼このコメントに返信
※39
狙って撃ってバラけるなら回避行動されても命中率変わらなくね
「期待値」なら変わるだろうが
53.名無しさん:2017年09月11日 13:34 ID:FirCqysD0▼このコメントに返信
そりゃタイマンなら強いよ。

タイマンならね
54.名無しさん:2017年09月11日 13:35 ID:jpU92nRz0▼このコメントに返信
日本の艦はリベットなのは当時の溶接は結局被弾時の衝撃で接合部が裂けるからリベットの方が頑強って言う結論でそうなっただけ
それを技術不足と言うならアメリカだって当時はリベットより頑丈にするの無理だったからな
日本艦の一部が異様に頑丈だった逸話あるのはそれが原因
当時の技術だとむしろリベットの方が頑丈だったんだよね
リベットのデメリットは接合部重ねる仕様上重量増と水の抵抗などで接合の強度ではない

日本の戦艦は霧島くらいしか敵戦艦との砲撃戦距離に立てなかったからな
その霧島もこっちが旧式戦艦なのに対して相手が最新鋭でさらに基地砲撃目的で三式弾積んでたおかげでメッチャ当ててんのに倒せない⇒もう1隻からの砲撃でやられたからな
当時の戦艦は運が無いと活躍の機会自体めぐってこないから性能も糞もなかったんだよな
単純に性能で言ったら長門型と大和型は十分最強名乗れる性能だったよ他の日本戦艦?知らん
55.名無しさん:2017年09月11日 13:40 ID:KwDDjeb50▼このコメントに返信
※49
装甲に関しては同程度。
聞きかじった知識は美味しいかい(日本サゲのシロップかかっているから精神的には甘かろう)
戦車の装甲とは話が別なのよ。艦船用は。
56.名無しさん:2017年09月11日 13:42 ID:Iep6QUT30▼このコメントに返信
※44
>ドイツ艦は技術が追いつかなくて機関も武装も船体もダメダメ、

そこはよく勘違いされているんだが、そういうわけではない。
ドイツ以外の国で使用されていた、古くからの技術である飽和蒸気機関については
ドイツにも1929年から5年間ブルーリボン賞を独占するだけの優れた技術があったし、
その後で大小各種の軍艦に採用された過熱蒸気機関は第一次世界大戦後に実用化された新しい技術。
扱いが難しかったのは事実だが、ビスマルク級に至って信頼性の高い物が完成してる。

船体は武装の割に巨大だが、それは浅いキール運河を通行するために喫水を浅くするのが目的だった。
この辺の事情はBreyer / Skwiot共著の『German Capital Ships of the Second World War』に詳述されてる。
装甲範囲は帝国時代のバイエルン級よりさらに広いくらいだが、それも海外に拠点を持たないドイツ海軍が
艦の 抗堪性を引き続き重視したことによる。水密区画も帝政時代の艦よりさらに細かいし、注排水能力も
毎時900 tのポンプが18基と非常に高かった。

武装はドイツの場合、当時のイギリスがネルソン級で追随を試みた高初速軽量弾で議論の余地はあるが、
相応の成果は挙げてる。ダメダメと叩かれるようなしろもんじゃない。
57.名無しさん:2017年09月11日 13:43 ID:Iep6QUT30▼このコメントに返信
※48
つまり遅くとも沖縄戦の頃には、日本側にとって最も好ましくない兵力差が生じてしまうわけだ。
58.名無しさん:2017年09月11日 13:44 ID:1qQqqBZo0▼このコメントに返信
※29
そうだな、アイオワは動かなくなった駆逐艦に7連続夾叉と言う素晴らしい射撃結果を出したな

全く命中しない大和とは違う
59.名無しさん:2017年09月11日 13:49 ID:jpU92nRz0▼このコメントに返信
※1
むしろ世界三大海軍って言うくらい凄かった
ぶっちゃけ米英2大海軍以外敵じゃないくらい規模も質も凄かった
そして英国が遠いので御互いまともに戦えないって言う理由で
当時の日本の脅威は米国だけよ
その米国が最新鋭の艦を馬鹿みたいに造る計画出してあせっちゃったんだよね
当時かなり無理してたのにそれをあざ笑う物量配備する計画だったから
あと古いのと新しいのの交代もそんなうまくいってなかったな
軍事で一つの兵器のコスト高い海軍兵器で古いの捨てて新しいのとか軽くそういうことできるのは米国だけよ
主に戦艦と軽巡がコストと他にやる事多すぎたのもあって旧式を改修も新型との挿げ替えもせずそのまま運用してたな
取りあえず当時の日本はかなり無茶した上で航空機搭載艦押しでそれどころじゃなかったからな
開発競争で置いてかれただけで開戦時なら其処まで質の差はなかったんだけどね
終戦間際はもうなすんごい事になってたよ
特にレーダーと通信技術に絶望的な差があったからな
60.名無しさん:2017年09月11日 13:53 ID:mE5WwG8b0▼このコメントに返信
※57
双方共主力艦を投入せんなんて飛んだゲーム脳な世界だがな!。
61.名無しさん:2017年09月11日 13:53 ID:RH.FHRUf0▼このコメントに返信
※55
長門は大抵の米戦艦より重装甲じゃなかったっけ?
62.名無しさん:2017年09月11日 13:58 ID:4H1WSreA0▼このコメントに返信
アメリカが本気出して兵器開発したからなー。開発力じゃ今も全くアメリカにはかなわない。

多分開戦当時は性能上位だったんじゃ? でもアメリカが途中で追い越した。で終盤は物量もあって日本惨敗。

アメリカの資源輸入妨害の兵糧攻めへの苦肉の開戦と言う理由はともかく。戦争は負けたら悲惨。やるならとにかく勝利必須。
63.名無しさん:2017年09月11日 14:00 ID:O9BlDIi90▼このコメントに返信
もし真珠湾攻撃がなくても
日本の戦艦が活躍出来るのは戦争開始から二年程度だね
理由はレーダー射撃管制システムをアメリカ戦艦が実装そうるので昼間どころか夜戦でも歯が立たない
ちなにみ大和に載せたレーダーは測距儀の上にくっ付けたので射撃管制に使えず命中精度とは全く関係なかった

64.名無しさん:2017年09月11日 14:01 ID:mE5WwG8b0▼このコメントに返信
※61
横からだが軍縮条約のせいで陸奥以降の新規建造が停止したから艦齢の延長と機能改修を考えた大改修をしている其の時時代遅れの『魚雷発射管』も撤去している何故か明治・大正の頃の諸外国の戦艦は、流行りだったのか魚雷を搭載していたで改修費用は、新鋭艦一隻分だったらしい。
65.名無しさん:2017年09月11日 14:02 ID:OvUWDvEU0▼このコメントに返信
※63
だから対水上レーダー管制射撃が出来るようになるのは戦後の話だって
66.名無しさん:2017年09月11日 14:06 ID:mE5WwG8b0▼このコメントに返信
※65
戦前日本を貶めたいだけの情弱俄かパヨク工作員に行っても無駄かも連中日本の全てが憎い負け犬だから。
67.名無しさん:2017年09月11日 14:07 ID:YYVnIqhO0▼このコメントに返信
根っからの平和民族
性能第一 技術屋のマスタベーション
やられた時のこととか
一切考えないというか
口に出すと和が乱れるからw

兵器作りが平時の家電製品と
おんなじ思考回路w
68.名無しさん:2017年09月11日 14:09 ID:mE5WwG8b0▼このコメントに返信
※67
と今日もソウル運転の底辺負け犬在庫でした。
69.名無しさん:2017年09月11日 14:13 ID:l6mqrVor0▼このコメントに返信
精巧なものを作るという意味での造船技術はあったが
大量生産するという意味での造船技術はアメリカに遥かに及ばなかった
仮に日本にアメリカと同じだけの工場と資源があってもあのペースで軍艦量産することはできない
70.名無しさん:2017年09月11日 14:16 ID:OvUWDvEU0▼このコメントに返信
※69
その手の大量生産技術ってのは無数のトライアンドエラーで進歩していくものだよ
だからいくらでも失敗の機会があるアメリカがより進歩するのは当然
71.名無しさん:2017年09月11日 14:20 ID:jpU92nRz0▼このコメントに返信
※18
馬鹿か4万も離れてたら御互い絶対あたらねーよ
目標に軌道修正してくれるミサイルじゃねーんだから着弾まで時間有りすぎて砲撃見てから適当に舵切るだけで回避余裕だっての
と言うかその距離だとわざわざ回避しなくとも命中率1%も無いからな
海上の砲撃ってそんな精密なもんじゃ無いから
4万は届くってだけだそんな距離じゃ御互い当たらんから戦いが成立しないっての
後アメリカのレーダー射撃もやり始めたばかりでそんな凄くねーから
あれが脅威なのは視界効かない&ある程度近い夜間砲撃戦とかだ
昼撃ちあったらレーダーの性能差にかんしちゃまったくアドバンテージにならんわ
72.名無しさん:2017年09月11日 14:22 ID:T3HbnsFy0▼このコメントに返信
失敗は成功の母とも言うしね
失敗を補えるのは国家であろうが人であろうが組織であろうが関係なく強いよ
73.名無しさん:2017年09月11日 14:30 ID:jpU92nRz0▼このコメントに返信
※72
よく英国面とかいわれてるがアメリカも大概だよな
実は色んなアホなもの造ってるんだよな
戦時中にもアレコレ無駄な事しても別段戦局に影響しないとかリソースに余裕のある国はホンマ凄いよな
74.名無しさん:2017年09月11日 14:38 ID:74UE7g7Z0▼このコメントに返信
例えば戦艦で殴り合って双方ボロボロになったとして
1、2年あれば何隻でも復帰させられるアメリカと
下手したら戦争中の復帰すら危うい日本との差
スペックじゃ計れない運用の差が大きすぎる
75.名無しさん:2017年09月11日 14:41 ID:XVmnF9SY0▼このコメントに返信
※43
だから日本は空母に全振りしたんだぞ、マトモに戦艦で勝負しようとしたら生産力で絶対勝てないし、勝負しようとすると国が傾く
大和武蔵は航空戦力が期待通りの戦果を挙げられなかった時用の保険的意味合いもある
76.名無しさん:2017年09月11日 14:41 ID:mE5WwG8b0▼このコメントに返信
※74
修復能力的には、空母より複雑な戦艦だと日・米共に変わらんよ。
77.名無しさん:2017年09月11日 14:57 ID:aM.S1Mwu0▼このコメントに返信
しっかしいまだにリベット弱点説とかアメ軍レーダー管制射撃とかドヤ顔で書き込む奴いるのな。
78.名無しさん:2017年09月11日 14:58 ID:06x4lqk00▼このコメントに返信
※23
※27
駆逐艦は艦隊の何でも屋。
当然対潜水艦戦闘も任務の一つ。
帝国聯合艦隊の駆逐艦も第一次世界大戦中に遣欧艦隊が船団護衛で対潜水艦戦闘をしているよ。
それに、海防艦は速力が遅くて戦闘艦艇の護衛には制限があるので、艦隊の対潜水艦戦闘は駆逐艦がやるしかない。
79.名無しさん:2017年09月11日 15:07 ID:HtldypqV0▼このコメントに返信
主砲撃ったら船体に某かのダメージ食らうのは別に大和に限った話や無いやろ。。。
80.名無しさん:2017年09月11日 15:12 ID:E3H73r200▼このコメントに返信
日本にもレーダー装備を訴えた指揮官もいたらしいけど。
敵に位置教えるようなもんだとかpgrされたんだっけ?
81.名無しさん:2017年09月11日 15:17 ID:8QyN.wzD0▼このコメントに返信
むしろ戦艦の主砲による昼間の長距離射撃で航行中の艦船に命中したのってガンビア・ベイくらいじゃね?
大抵、夜戦による接近戦か、対地射撃ばっか
82.名無しさん:2017年09月11日 15:21 ID:OvUWDvEU0▼このコメントに返信
※78
そんなことは前提で優先順位の話なの
83.名無しさん:2017年09月11日 15:24 ID:mE5WwG8b0▼このコメントに返信
※81
戦艦の火力は、魅力だが航空機や潜水艦に遣られるリスクが増えたからあんま昼間は、使わなくなったアメリカさんなんか下手くそ操艦で戦艦が友軍正規母艦を【撃沈】仕掛けたあの呪われたサウスダ͡コダ級等な。
84.名無しさん:2017年09月11日 15:27 ID:Iep6QUT30▼このコメントに返信
※81
昼間航行中の長距離射撃命中例では記録保持者がシャルンホルストの24.2 km(対空母グローリアス)。
次点がウォースパイトの約21 km。(対戦艦ジュリオ・チェザーレ。日本語版Wikiで挙げられてる24 kmは
正しくは砲戦が始まった距離。)
85.名無しさん:2017年09月11日 15:29 ID:1qQqqBZo0▼このコメントに返信
※81
トラック島襲撃の時に、アイオワ、ニュージャージーの巡洋艦、駆逐艦に対する見事な必中射撃があるじゃないか
86.名無しさん:2017年09月11日 15:37 ID:pqT2Qmxj0▼このコメントに返信
開戦前から日本がどんなに質のいい艦を作っても米艦隊の物量に押しつぶされるって言われてた
87.名無しさん:2017年09月11日 15:40 ID:QyTmQd570▼このコメントに返信
日本の対潜能力は低いわけじゃない
基本的な運用方法がアメリカの通商破壊に対応出来なかった
元々日本海軍の対潜戦闘はソ連海軍に対抗するための物だった
ソ連海軍は極東方面では水上艦でそれこそ、日本と33-4以上の戦力差があったが
ソ連はそれを補うため結構な数の潜水艦を張り付けていた
だけどソ連はどう頑張っても太平洋には出れないから
日本側からしたら初戦で潜水艦を殲滅できればOK
狭い日本海を航続距離は短いが小回りが利く海防艦や駆潜艇で狩ればよかったのでそっちに力を掛けてしまい
米英と戦う予定の駆逐艦は少しでも主力艦と戦えるよう対艦能力全振りにした
日本海軍は広い太平洋でアメリカがこんなにも多い潜水艦を使うことを想定していなかったということ
88.名無しさん:2017年09月11日 15:46 ID:BeCXXC140▼このコメントに返信
ただでさえ資源カツカツなうえに艦船の修復および増産の予定が詰まっている中、航空戦艦なるよくわからないカテゴリーに4万工程ものリソースをさいて貴重な工員と資源を費やしたあげく、戦局中期にほぼ影響を及ぼせなかった伊勢。
しかしながら、戦局終期においては伊勢の空いていた後部甲板に大量にドラム缶を積載し、撤退時に燃料を持ち帰ることができたため、終盤の戦局を支えることができたという皮肉。
89.名無しさん:2017年09月11日 15:48 ID:V7MvoZYP0▼このコメントに返信
※81
ガンビア・ベイには利根か羽黒の20サンチ砲弾が命中したという説も根強い。つまり戦艦ではなく巡洋艦の戦果。
90.名無しさん:2017年09月11日 16:09 ID:uyuzKQEn0▼このコメントに返信
✳2
歳いくつなんだよw
91.名無しさん:2017年09月11日 16:09 ID:FG63.bhS0▼このコメントに返信
何を重視するかによるしなぁ…一概には言えんさ、ただ一つ言えることは、戦略に合致するよう考え抜かれて作られた軍艦は、どれも美しいものであり素晴らしいということだ。時に考え抜いて作ったけどどうしようもない様な軍艦も生まれてしまうが、それもまた愛おしいものだ。

※73
ぶっちゃけレーダーに関してはイギリスすごかったしな、へんなのは多いし、シング対空火炎放射器みたいな「ちょっと考えればアカンのわからんかったんか?」みたいなのも作っちゃうけど。日本も怪力光線とか風船爆弾とかあるわけで…
92.名無しさん:2017年09月11日 16:11 ID:8c8kGrIo0▼このコメントに返信
大日本帝国軍
別に間違っちゃいないだろう
93.名無しさん:2017年09月11日 16:17 ID:2B4oH3QE0▼このコメントに返信
国力の差は圧倒的だよ
米は戦闘機のガンカメラ(戦果を記録する為のビデオカメラ)にカラーフィルム使ってたくらいだし
日本が一番作った戦闘機は零戦の10,430機だが米はF6F、P-40、P-47、P-51と10,000機以上作ってる戦闘機がいくつもあってそれだけでもやばいと解るから
94.名無しさん:2017年09月11日 16:24 ID:mE5WwG8b0▼このコメントに返信
※93
パロットは、戦闘機以外は、スゲー消耗したから生産数で実際の大消耗を誤魔化しているだけだぞ戦闘機乗りで大統領になった人が居ない理由もな。
95.名無しさん:2017年09月11日 16:25 ID:yT2Bj5rf0▼このコメントに返信
案外適当言ってるよなぁ
ゼロ戦が紙装甲って話は一部だけの話だぞ
後期型は普通に防弾されてるやん・・・
初期の防弾がなかったのも同時期の他国航空機も似たようなもんやったから別におかしな話でもないしな
なんか日本マンセーもアレやけどとりあえずディスっとけとかいう安易なのも正直どうよ?
資料見てないって意味では似たようなもんやんけ
96.名無しさん:2017年09月11日 16:35 ID:r3Jpp5DC0▼このコメントに返信
駆逐艦秋月の主砲要員だった人の証言では秋月の主砲である長10㎝砲は1分間に15発がせいぜいだと。
カタログスペックでは1分間に19~20発になってるけど、砲弾を手渡しで運ぶから乗組員の腕がもたないんで無理だって。
ちなみに米軍の12.7㎝両用砲は半自動なので1分間に20発撃てたらしい。
97.名無しさん:2017年09月11日 16:36 ID:mE5WwG8b0▼このコメントに返信
※95
ゼロ戦が降下制限がキツかったのは、初期の初期なんだよな~加賀の所属搭乗員が無茶して空中分解寸前なったりその再現をしようとしてマジ分解したりしたから後期型は、その辺も強化されているまあ操縦桿が重くなったて苦情が出たらしいけど機動制限を掛けるよりマシて判断だったらしい。
98.名無しさん:2017年09月11日 16:38 ID:mE5WwG8b0▼このコメントに返信
※96
何処にも米軍のその記述が無いぞ日本下げの腐れ工作員。
99.名無しさん:2017年09月11日 16:40 ID:3.eYd6mq0▼このコメントに返信
※81
昼ではなくてもっと条件の悪い夜の長距離射撃なら
山城に対して14kmから20kmの位置にいた戦艦戦隊がレーダーで補足して命中させまくり
10分もしないうちに戦闘・航行不能にまで追い込んでるからな。
大戦期のレーダーに精度はないっていう意見もあるようだけど、射撃するにも明らかに有用なことがわかる。
100.名無しさん:2017年09月11日 16:42 ID:mE5WwG8b0▼このコメントに返信
※99
横からだが戦闘不能て・・・・扶桑と山城に止めを刺したのは、水雷艇だぞ後扶桑か山城は、沈没寸前まで主砲を発射していたぞいい加減失せろ反日工作員。
101.名無しさん:2017年09月11日 16:46 ID:ddlJRznG0▼このコメントに返信
>東部戦線はソ連空軍があまりに貧弱
フィンランドのビヤ樽に、どんだけ喰われたか知ってるか。
Bf109に乗り換えるまで、北欧最強戦闘機やった。
102.名無しさん:2017年09月11日 16:50 ID:FirCqysD0▼このコメントに返信
て言うか、なんで他国の船抱き込んで「ビックセブン」とかほざいてるの?
扶桑から長門で「ビックシックス」じゃ駄目だったのか?
アメリカなんて自国戦艦で「ビックファイブ」だし、なんか他国の戦艦使って誇ってるのがな...。
103.名無しさん:2017年09月11日 16:52 ID:3.eYd6mq0▼このコメントに返信
※100
ごめん
正しくは5分で炎上・航行不能だったわ
104.名無しさん:2017年09月11日 16:53 ID:mE5WwG8b0▼このコメントに返信
※102
軍縮条約の影響で世界最強艦が固定化したからだよ情弱君。
105.名無しさん:2017年09月11日 16:54 ID:NHcGk4Sv0▼このコメントに返信
※88
かといって空母を新造すると3年かかるしどのみち日向の5番だっけ、主砲塔の修理もしなきゃいけないし思い切って全通甲板にするにしても結局新造するくらいのリソースを食うから……
106.名無しさん:2017年09月11日 16:55 ID:OvUWDvEU0▼このコメントに返信
※96
長10cmも半自動なんだけど
あとアメリカ5インチ両用砲も毎分20発はカタログスペックでしかなく熟練装填手が疲労してない状態での値
実戦ではやはり毎分15発程度だよ
107.名無しさん:2017年09月11日 17:02 ID:FirCqysD0▼このコメントに返信
※104
的外れな答えをありがとう
108.名無しさん:2017年09月11日 17:06 ID:cQ6u3iKR0▼このコメントに返信
※59
軍縮時代に改修しまくってるんですが
旧型なりにジェトランドの教訓を
取り入れてるし、機関も交換してる
大和ほどの高速は出せなかったが
長門型も25ノットは出せるように維持されて
艦隊行動としてはほぼ問題なくなっていた
扶桑型は まあなんですよ
109.名無しさん:2017年09月11日 17:08 ID:mE5WwG8b0▼このコメントに返信
※107
16インチ搭載艦括りでビックセブンて言われ海軍の休日て言われていた時期なんだが・・・・・別に日本人が勝手に言いふらしたとかの代物でも無いのに何熱くなっているんだ?。
110.名無しさん:2017年09月11日 17:10 ID:l9373.O40▼このコメントに返信
※109
勝手に長文書いて勝手に熱くなってるのはそっちやんけ...
111.名無しさん:2017年09月11日 17:12 ID:l9373.O40▼このコメントに返信
※109
それとも「世界の七大戦艦」に置き換えてやろうか?
112.名無しさん:2017年09月11日 17:12 ID:XLH.XD6F0▼このコメントに返信
>>34
ゲームでいったら敵味方識別でない、拡大無い、見方と連動して集中攻撃できないやからな。
豆粒の敵味方識別して味方に当たらないよう攻撃とか無理や。
113.名無しさん:2017年09月11日 17:18 ID:mE5WwG8b0▼このコメントに返信
※112
其の為に微弱な電波を出していたらしいよ後マストに識別用の大型の旗とかね。
114.名無しさん:2017年09月11日 17:23 ID:5xhqJDQK0▼このコメントに返信
大和型の防御性能は大したものだったといえるんじゃないか?

まあ対空戦闘とダメコンの差を考慮すれば、大和型よりアイオワ級の方が実戦的には固いと思うが
115.名無しさん:2017年09月11日 17:23 ID:3.eYd6mq0▼このコメントに返信
ビッグセブンは日本人が戦後の軍事モノの本かなにかで勝手に言いだしたのが最初じゃないの?
米英ではほとんど共有されてない造語って聞いたけど
116.名無しさん:2017年09月11日 17:27 ID:yigu2.RW0▼このコメントに返信
※96
半自動の意味わかってないだろ

日本の高角砲は12.7cmも長10cmも半自動だぞ
ついでに時限信管の自動調定機能もついてた

半自動装填は装填器に砲弾を載せるのは手動でそこからは自動って意味だ

秋月型は砲側に用意出来る分はカタログ通りの発射速度は出せるが、その後弾庫から運ぶ速度が追い付かないだけだ
117.名無しさん:2017年09月11日 17:31 ID:mE5WwG8b0▼このコメントに返信
※115
それは、戦後パヨクが広めた怪情報の一つ大和級が超極秘だったから英・米の仮想敵ランクだと長門が一番だったんだよ大和は、精々謎の新型艦て感じ。
118.名無しさん:2017年09月11日 17:35 ID:mE5WwG8b0▼このコメントに返信
※114
単純な殴り合いだと高速戦艦に毛が生えたようなアイオワ級だとサウスより打たれ弱いよ?高速航行命の船だから一発撃ったらスタコロサッサか駆逐艦見たく突撃してゼロ距離射撃に持って行くくらいしないと単艦だと分が悪い。
119.名無しさん:2017年09月11日 17:41 ID:3khqJ2iE0▼このコメントに返信
軍艦こそ補給がないと棺桶だろ。
戦地で1艦分の弾薬燃料補給とか、頭痛くなるだろ。
120.名無しさん:2017年09月11日 17:42 ID:3.eYd6mq0▼このコメントに返信
※117
いやそういう話ではなくて、ビッグセブンという名称について、戦前から世界中で周知されていたのは本当なの?
121.名無しさん:2017年09月11日 17:42 ID:5xhqJDQK0▼このコメントに返信
※118

その単純な殴り合いなんてもうなかったじゃないか
僕がいう実戦的な防御力というのは、魚雷や航空爆弾に対する抗堪性という意味だ
戦艦の主砲を想定する必要はないのだから、実戦的にはアイオワ級の方が固い
122.名無しさん:2017年09月11日 17:50 ID:mE5WwG8b0▼このコメントに返信
※121
戦後大和の対水雷防御機構知った米技師がスゲ~驚いたらしいから対金剛用のアイオワじゃ仮に大和が撃沈された規模の空襲を食らったら最悪第一波で沈むぞ幾らVT信管が在っても防ぎきれん。
123.名無しさん:2017年09月11日 17:51 ID:5QRmZOmj0▼このコメントに返信
言っとくけど、外皮込みでアイオワ級の方が若干サウスダコタ級よりも防御力上ってのが当事者のアメリカ海軍の評価だからな?
遠距離砲撃戦に関しても、45口径SHSは初速が第一次大戦並なせいで散布界が悪く、50口径砲のアイオワ級の方が向いているって評価してる。
安定性に関しても、アイオワ級はサウスダコタ級よりも劣ると言い切れんぞ。確かに重心が上がることで横揺れは悪化しているが、凌波性能は改善されていて縦揺れはマシだ。
サウスダコタの凌波性能はハッキリ低い
124.名無しさん:2017年09月11日 17:52 ID:mE5WwG8b0▼このコメントに返信
※120
海軍関係者や軍人は、知っていたと見るべきだよ。
125.名無しさん:2017年09月11日 17:57 ID:5QRmZOmj0▼このコメントに返信
大和型で不十分なら、その他の戦艦はボール紙かな?と言う位差があるのを忘れるなよ?
条約型戦艦は普通に文字通り船としての器が足りていない。格とかアホな話のことではなく、予備浮力や航洋性能とかの船としての基本的な性能が、装甲や砲の割を食ってるんだよ。
126.名無しさん:2017年09月11日 17:57 ID:mE5WwG8b0▼このコメントに返信
※123
サウスダゴタの仮想敵は、長門と日本の新型戦艦この場合大和だから速力のもそう速い必要も無いて割り切りだったらしいよ逆に高速戦艦欠乏症だったからアイオワは、対金剛戦を早めに済ませて主力の援護か護衛を沈められて焦る日本の水雷戦隊向けに長距離砲撃を行って蹴散らすとかの作戦だったらしいぞ。
127.名無しさん:2017年09月11日 18:00 ID:JoED6bQj0▼このコメントに返信
※122
厳重な防御陣形の中にいたミズーリが特攻機の突入を許してるからな。
軽巡と駆逐艦ばかり計10隻のみで数百機からの波状攻撃を受けたら自慢のダメコンも間に合わんわな。
船体強度で見ても大和の被弾数に達する前に沈むだろう。
128.名無しさん:2017年09月11日 18:02 ID:xUXaQKz60▼このコメントに返信
※75
というか、大和武蔵は艤装まで完成(どちらも1940年進水)しちゃってたからな。
船体中央にデカイ艦橋おっ立てた艦を空母に改装するには、どれだけ金がかかることやら……。
大和武蔵を指して「日本は大艦巨砲主義から抜け出せなかった」とか言ってる無知蒙昧の輩がいるが、
信濃が空母に計画変更され111号戦艦が計画中止になった事実だけ見ても「日本が最初に大艦巨砲主義
から抜け出した」と言っても過言じゃないのよ。
129.名無しさん:2017年09月11日 18:03 ID:OvUWDvEU0▼このコメントに返信
大和は欧米からも高く評価されてるのにな
130.名無しさん:2017年09月11日 18:08 ID:5QRmZOmj0▼このコメントに返信
※126
ああ、サウスダコタの方がアイオワより強いって書き込みに対する牽制な。
普通にアイオワの方が強いから。
多少な。
でもどっちも歪で、どのみち航洋性能も安定性も不足気味だ。
どっちかを駄目って言うなら両方駄目って言う程度の差だ。
131.名無しさん:2017年09月11日 18:11 ID:5xhqJDQK0▼このコメントに返信
※128

日本が最初に大艦巨砲主義から抜け出したというのは過言ではないけれど、信濃の事例は参考にならないよ

信濃の空母化が決まった段階では、日本から一歩遅れてアメリカも既に大艦巨砲主義から抜け出していたのだから
132.名無しさん:2017年09月11日 18:12 ID:OvUWDvEU0▼このコメントに返信
※131
アメリカ海軍はずっと戦艦が主力って考えてるよ
それは戦後まで続いてて戦艦の時代が真に終わるのは対艦ミサイルが完成してから
133.名無しさん:2017年09月11日 18:16 ID:mE5WwG8b0▼このコメントに返信
※129
このスレ主は、鉄鋼船が評価されないニダ!在庫君かも。
134.名無しさん:2017年09月11日 18:17 ID:3.eYd6mq0▼このコメントに返信
※124
色々調べたけど、戦前に欧米でビッグセブンという名称が周知されてたとは思えんな。
公式の文書にはないようだし、当時の新聞や雑誌でこの名称が使われていた根拠はあるの?
135.名無しさん:2017年09月11日 18:19 ID:rGaM0UmJ0▼このコメントに返信
戦艦「三笠」と同じ英ビッカース社に発注していた超弩級巡洋戦艦「金剛」が竣工したのが、第一次世界大戦前年の1913(大正2)年、超弩級戦艦「陸奥」の竣工が1922(大正11)年。
日本海軍はたった10年弱の間に金剛、榛名、比叡、霧島、扶桑、山城、伊勢、日向、長門、陸奥と10隻の主力艦を揃えた事になる。凄まじいではないか。
これは第一次世界大戦の特需がいかに大きかったかを物語る。
136.名無しさん:2017年09月11日 18:21 ID:5QRmZOmj0▼このコメントに返信
まだ言っとくぞ、アメリカ戦艦は別にレーダー連動なんかしてねえから
アメリカも日本も歯車式の計算機使ってっから。距離情報の読み取りは人間の目、情報の伝達は伝声管、射撃盤の入力も手動なら、砲塔の操作も人間が目盛り見ながら操縦してっから!
アメリカ戦艦は垂直方向の動揺を自動検知して修正するモード付いてるけど、手動修正に比べて精度が上なんて事実どこにもねえからな。
137.名無しさん:2017年09月11日 18:22 ID:mE5WwG8b0▼このコメントに返信
※134
戦後だと逆に戦艦の価値が下落してその称号なんて言いふらす人なんて居ないよ時期的には、大正~昭和の初め辺り。
138.名無しさん:2017年09月11日 18:26 ID:2iVj0K9y0▼このコメントに返信
本スレは戦艦の話をすると言いながら、ほぼ大和の話に終始しているし、熟練搭乗員とか、全然関係ない話ばかり。
実際、各国の戦艦部隊だけで戦ったとして、日本戦艦12隻に勝てるのは米英戦艦部隊だけなんだぜ。
英戦艦部隊だと日本に勝てるかもしれないけど、艦隊速力で日本が上なので、数の優位を活かせずに大ダメージを受けるし。
139.名無しさん:2017年09月11日 18:35 ID:G5gJ6rxl0▼このコメントに返信
※121
横から悪いけど、
対魚雷の抗堪性というなら、アイオワは大和には勝てないと思うよ
排水量の絶対値はばかにできない
単純な防御力ならダメコン込みで同等だと思うけど、アイオワは排水量が小さい上に乾舷が低いから、予備浮力は恐らく大和の半分程度だと思う
おまけに幅が狭いから、傾きも大きくなりがちなんじゃないかなぁ
多分、片舷に5~6発(航空魚雷)食らったらアウトだと思う

信濃が一発で沈んだから過少評価してるんだろうけど
140.名無しさん:2017年09月11日 18:38 ID:xUXaQKz60▼このコメントに返信
※131
アメリカは戦争おっぱじまってから(日本では信濃が空母に計画変更された頃)もアイオワ級を作ったり
してるし、明らかに日本より遅れてるよ。
「同時期にアメリカも大艦巨砲主義から抜け出してる」ように見えるのは、沈められた分の空母を急造
してるから。
量産に向いてる(砲塔などを作る必要がない)空母の方が数作りやすいんだから、当たり前の話よ。
141.名無しさん:2017年09月11日 18:40 ID:4YxBmwUW0▼このコメントに返信
そもそも、条約の縛り無しに建造されて完成した戦艦って、大和級だけなんで。
他は条約ガチガチか、エスカレータ条項適用でしかない。
その時点で相当アドバンテージ持ってるのよ、大和は。
142.名無しさん:2017年09月11日 18:41 ID:rFwVutAK0▼このコメントに返信
秋月型の主砲は毎分15発がせいぜいだということがよく分かった。
ちなみに米軍の両用砲は毎分20発撃てた。
143.名無しさん:2017年09月11日 18:48 ID:5xhqJDQK0▼このコメントに返信
※140

ならば信濃が建造中断されるよりも前にモンタナの起工が延期(最終的に中止)されているのをどう同説明するんだ?

確かにアメリカはアイオワ級を竣工したが、大和型を竣工した日本とそれほど差があるとは思わない
144.名無しさん:2017年09月11日 18:49 ID:rFwVutAK0▼このコメントに返信
※102
40センチ砲の戦艦が世界に7隻あったからビッグセブンて言い出したんだろう。
平和な時代の砲艦外交だよ。
145.名無しさん:2017年09月11日 18:57 ID:K0VrorjW0▼このコメントに返信
※135
やっぱ戦争は勝たんとダメだわな。次の大戦に期待。間違いなく勝ちに行くだろう。
今の日本なら国債発行しても引き受け手は居るし刷った金全部軍事に回しても円の信用は大して落ちない。
どうせマネーサプライ増やしたって民間は戦争特需でもない限り銀行から借りたりはせんだろう。
結果が良好なら莫大な国益が得られる戦争は大きい。尚他国は既に金を刷った状態であり信用拡大の余地は余り無い。
日本はデフレでありながら経済規模が大きく信用拡大も金を刷る余地もたんまりとありGDPを倍増させる程度の潜在性は常にある。
GDP1%枠なんてものは法で定められたものではなく軍事については三味線を弾いている状態。
146.名無しさん:2017年09月11日 18:57 ID:OvUWDvEU0▼このコメントに返信
※142
さっきも書いたが米軍両用砲も毎分15発程度なの
147.名無しさん:2017年09月11日 19:01 ID:86mL68aA0▼このコメントに返信
※18
ボロカスですな
もう少しデータベースの更新頻度を早めないと

想定してた戦術にステータス全降りだったのが悲劇というべきかな?
想定外の使い方が通常化してしまった故の
148.名無しさん:2017年09月11日 19:01 ID:pDOPJ1mu0▼このコメントに返信
キムチ悪い捏造国家のエラ韓国と反日のTBSは宇宙から消えてほしい
149.名無しさん:2017年09月11日 19:09 ID:5QRmZOmj0▼このコメントに返信
※140
空母と戦艦は大して工数変わらんので、装甲と砲を用意する手間と、艦載機とパイロットを用意する手間はどっちが多いかと言う話になると思うぞ。単純に比較出来ないが、戦艦一隻叩き潰す為に空母を仕立てるなら、同じくらい大変って話。
150.名無しさん:2017年09月11日 19:11 ID:rPHTyUeU0▼このコメントに返信
※45
なんでキー一回押し忘れたんだろ15000~20000なのにな
151.名無しさん:2017年09月11日 19:14 ID:rFwVutAK0▼このコメントに返信
※149 戦艦のほうが工程数は多いいぞ
152.名無しさん:2017年09月11日 19:16 ID:WsdUgDHU0▼このコメントに返信
※2の成り済まし在日朝鮮サナダ蟲今直ぐさっさと首吊れや❗
153.名無しさん:2017年09月11日 19:16 ID:5QRmZOmj0▼このコメントに返信
※143
横からだが、アメリカはケンタッキーとイリノイを正式に中止をした日付みてみ?
154.名無しさん:2017年09月11日 19:42 ID:xUXaQKz60▼このコメントに返信
※143
モンタナ級が中止されたのは設計案が定まってなかったからだぞ?
いくら大艦巨砲主義突っ走ってても、設計すらできてない戦艦に「戦争中に」GOサイン出す
国なんてないわ。
しかも同時期・同ラインでアイオワ級作ってるんだからな?
これはもう大艦巨砲主義云々関係なく「流石のアメリカも生産力の限界だった」ってだけの話。
※153じゃないが、モンタナ級作る余裕があるならアイオワ級の5・6番艦作ってるわ。

それに空母と戦艦の工程数が変わらんって、本当に軍オタか?
艦体作る工程数だけ比較しても意味ないんだぞ?
砲塔一基作るのにも、駆逐艦作るのと同程度の工程数が必要なんだが……。
155.名無しさん:2017年09月11日 19:58 ID:rGaM0UmJ0▼このコメントに返信
※139さん
ベテランの「横から悪いけど」さんにしては珍しいね。(米潜水艦の)魚雷一発で沈んだのは「大鳳」な。まぁ命中直後に沈んだ訳でなく、航空用燃料タンクにひびがはいりガス漏れ、引火、爆沈だったがな。
「信濃」は潮ノ岬沖で米潜水艦からの魚雷四発で撃沈された。呉に退避しょうとした「信濃」が沈み、横須賀に残った「長門」が助かったのは皮肉だな。結局、米潜水艦に沈められた日本の戦艦は「金剛」だけでした。
156.名無しさん:2017年09月11日 20:16 ID:y.boUHQ60▼このコメントに返信
日本の戦艦の話になると毎回同じ流れになるよなあ。たまには伊勢や日向についてのネタないの?
個人的には無理やり感のある連装砲塔6基っていう構造がよく判らん。前の扶桑型で問題にならなかったのだろうか?イタリア戦艦とか近代化改修で砲塔削減したりしてるよな。
157.名無しさん:2017年09月11日 20:18 ID:OHPZJEyS0▼このコメントに返信
戦闘機の外板は装甲じゃないとあれほど
158.名無しさん:2017年09月11日 20:19 ID:5QRmZOmj0▼このコメントに返信
翔鶴と大和だと、翔鶴の方が工数多いくらいなんだが?
159.名無しさん:2017年09月11日 20:37 ID:Cu4.qFWT0▼このコメントに返信
第2次大戦前後で日本は大和級2隻なのに対して、最終的にアメリカは戦艦10隻建造してるの考えると工業力の違いを思い知らされる

※156
扶桑級は3連装砲塔だと艦に伝わる振動がでかすぎて斉射が不能になるから、最終的に連装砲になったらしい
160.名無しさん:2017年09月11日 20:42 ID:xRiN0Bkv0▼このコメントに返信
霧島負けたじゃん
大和とか出しても相手がアイオワ級とか出してきたら負けるだろうな
161.名無しさん:2017年09月11日 20:47 ID:xemUN9QG0▼このコメントに返信
初期は勝てるだろうけど後期の戦艦にはレーダー射撃のせいで一方的に打ち込まれるわ
162.名無しさん:2017年09月11日 20:54 ID:xemUN9QG0▼このコメントに返信
※109
勝手に言いふらしたからだろ。他国はビックファイブとかじゃん
163.名無しさん:2017年09月11日 20:55 ID:CZMXI8WQ0▼このコメントに返信
※160
金剛型は日本海軍戦艦中最古参のロートルだからなあ
あと、アイオワ級出て来たらとかの話じゃなく、総合的な力の差で負けるだろうね

※161
後期になれば日本側も普通に電探射撃出来るんですが。少なくとも一方的に撃たれるということはないかと(精度には差があっても)
164.名無しさん:2017年09月11日 20:58 ID:BSyZYCu.0▼このコメントに返信
※140
遅れてなんか無いよ。
大艦巨砲がどうとか、空母優先がどうとか言うのは貧乏人の話。
大艦巨砲を維持しながら、あんだけ空母を量産(量産だよ)した国にどっちにしても勝ち目なんぞ無かったんだよ。
生き残った少数の空母にすら定数を満たすだけの艦載機を準備できなかった国なんて論外なんだよ。
165.名無しさん:2017年09月11日 21:21 ID:2nNjhFEm0▼このコメントに返信
日本で建造だと
金剛型(お勉強)→伊勢型→扶桑型→長門型→天城型→加賀型→大和型
って流れかい?
河内?川内だかは国内生産なのか、あの辺って余り表に出て来ないよね。
(WOWsで初めて知りました)
166.名無しさん:2017年09月11日 21:28 ID:l9373.O40▼このコメントに返信
※134
「世界の七大戦艦」なんて言っても伝わらないだろうから、今風に「ビックセブン」にしただけだ。
海軍省や政府は「世界の七大戦艦」を推してたけど、他国は勿論お察し。
アメリカはテネシーとコロラドで「ビックファイブ」、イギリスのネルソンに至っては本国で出来損ない扱い。
何でビックセブンなんて言葉が流行り出したのかと不思議やら馬鹿らしいやら思っただけよ。
167.名無しさん:2017年09月11日 21:49 ID:9VD8GY.z0▼このコメントに返信
※128
アメリカはモンタナ級に未練たらたらでアイオワ級二隻よりもモンタナ級一隻の方がいいと言ってたり、イギリスは新型空母2隻をキャンセルしてまでライオン級を欲しがったり、フランスは未完成のジャン・バールを戦後になってからでも建造再開してたりしてたしな
こう見るとどこの国もそう簡単に大艦巨砲主義を大戦中に脱却しきれなかったのかもしれん
168.名無しさん:2017年09月11日 21:58 ID:9VD8GY.z0▼このコメントに返信
※155
信濃は書類上は完成だけど実際は未完成で残りの工事を呉で行うために回航じゃなかったっけ
まあ横須賀だと空襲の危険があるから呉に回航しようとした経緯があるから、退避という表現もあながち間違ってはいないけどさ
169.名無しさん:2017年09月11日 22:22 ID:qRqrpCgr0▼このコメントに返信
祖父が浜風?乗ってたらしい。(風のつく船多いので間違いかも

身内の不確かな情報も多いので、軍歴証明の申請を検討しています。

祖父から聞いた事ある話しは
※雲で敵機が見えなかった。
※大和の護衛
※敵機を撃つ任務だった。

自分の子孫に伝えていきたいと思います

170.名無しさん:2017年09月11日 22:29 ID:dtMasvWA0▼このコメントに返信
>BIG SEVEN
1937年のジェーン海軍年鑑に記載があるそうな。今度国会図書館で見てみようかな。
171.名無しさん:2017年09月11日 22:49 ID:JBg94ONR0▼このコメントに返信
※156
当時の主力艦は主砲12門が目標だったのよ
でも、日本はまだ3連装は未経験で、金剛型の連装を6基搭載にした
まあやっぱりいろいろ問題はあったよ
独自設計の超ド級艦としては最初だから、しょうがない
172.名無しさん:2017年09月11日 22:52 ID:Tbht9riO0▼このコメントに返信
※48
1942年にワシントン、1943年にマサチューセッツ、1944年にアイオワ、ニュージャージーが大西洋から太平洋に
転属だな。結果、大西洋に残ったのはアラバマ一隻だ。
>アメリカが戦艦群を迷わず全艦太平洋に投入したのは、沖縄戦の頃
これはいくら何でも事実誤認だ。
173.名無しさん:2017年09月11日 22:53 ID:JBg94ONR0▼このコメントに返信
※165
扶桑型が先で、その改良型が伊勢型
天城と加賀は巡用戦艦と戦艦なので、系統が異なる
174.名無しさん:2017年09月11日 23:07 ID:dtMasvWA0▼このコメントに返信
※165
長門→加賀→天城→紀伊(?)→金剛代艦→大和

長門をより強力にしたのが加賀。
それをリファインして速力も上げたのが天城。装甲配置の工夫により、装甲厚を減らしても防御力はほぼ同等。
それの装甲厚を増して高速戦艦にしたのが紀伊。(名前・性能等、諸説有り)
これらのノウハウをさらに煮詰め、戦間期の技術や設計の発展を加味して条約型戦艦を作ろうとしたのが金剛代艦。
その条約の枷を取っ払ったのが大和。(ただし、インフラや建造設備での制限はある)
175.名無しさん:2017年09月11日 23:35 ID:XOT44K7n0▼このコメントに返信
※172
戦艦アラバマも1943年9月14日にはニューヘブリデス諸島のエファテ島に移されてるのよ。
んで1944 年初頭からマーシャル諸島への攻撃に加わってる。
176.名無しさん:2017年09月12日 00:00 ID:tVs9NkeZ0▼このコメントに返信
※169
坊の岬沖海戦に参加した風が付く駆逐艦は浜風、礒風、雪風だね。
雪風以外は失われてるので(浜風が撃沈、礒風が損傷により処分)乗艦の状況を知っている親族がいるならそれで特定出来るかも?
177.名無しさん:2017年09月12日 01:00 ID:MAOLKYhQ0▼このコメントに返信
駆逐艦浜風は戦艦武蔵がシブヤン海で航行不能になった時、救助艦として隊列から離されてその後「 ム サ シ チ ン ボ ツ 」の一報を旗艦大和に伝えた船ですね。
ちょうどその頃、栗田艦隊はレイテ作戦の難所であるサンベルナルジノ海峡に突入する時だったので受電した大和の第一艦橋内では感傷に浸ってる状況ではなかったとの事。
浜風は武蔵の乗組員を救助して作戦から無事に離脱しました。
178.名無しさん:2017年09月12日 01:27 ID:xVGxgs2M0▼このコメントに返信
なんか、やたらレーダー射撃を持ち出す奴がいるが
昼間だと有能な見張り員の目視の方が早く発見できた程度の性能だぞ?
レーダーが効力を発揮したのは戦艦同士の撃ち合いじゃなくて、
夜陰に乗じて水雷戦隊で奇襲攻撃っていうのを無効化したのが大きい。
帝国海軍ってある意味、そういう訓練ばかりしてたからな、夜戦が封じられたのは地味に痛い。

179.名無しさん:2017年09月12日 01:41 ID:pcZS.DUQ0▼このコメントに返信
当時のレーダー射撃なんぞ
「あの辺に敵っぽいの居るよー?」
「おっけー、あの辺ね。(主砲発射)……どう?まだ映ってる?」
「映ってるねぇー」
「そっかー。じゃあもっかい撃つねー」

くらいの代物だそ
180.名無しさん:2017年09月12日 02:14 ID:1l3ZSqEN0▼このコメントに返信
※178
※179
戦艦の砲撃戦にも有効だぞ。
アメリカのレーダーは15000m以上の距離がある山城に、夜間レーダー射撃で短時間で大破状態にしている。
敵をなんとか索敵できたレベルでしかないっていうのは、日本のレーダーだろ。
181.名無しさん:2017年09月12日 02:44 ID:zoqXSzGQ0▼このコメントに返信
戦前から海軍にとっての索敵装置の本命はレーダーじゃなくて赤外線暗視装置だったらしいな。
現代のIRSTやFLIR機器の隆盛を見るにつけ、当時の海軍首脳にはそういう未来を予見していた人がいたのだろうか?
182.名無しさん:2017年09月12日 02:44 ID:VJ4xpc7R0▼このコメントに返信
※180
被雷して船足が落ちた山城に戦艦と巡洋艦で3270発近くぶち込めばそらー当たるだろうな
183.名無しさん:2017年09月12日 03:05 ID:OdOLUz9L0▼このコメントに返信
アメリカの攻撃で結局武蔵は浸水による沈没だ。武蔵の被弾が半端無いのは史実が証明している。それでも結局は浸水による艦の傾き補正で注水とかもしてる(勿論排水システムもあったから可能な限りは、してたのだろうが)為、結局は浮力が無くなってしまったという事でしょう。バイタルパートが幾ら無事でも元々あのサイズであの装甲、しかも3つの主砲等だけで当時の駆逐艦3隻分の重さ。自重が半端でない。バルジ内の浸水だけで相当でしょう。大和型の艦幅が全長に比べて異常に太いのは43サンチ主砲等を納める為のものでもあったのだろうが、出来うる限り艦のコンパクト化を図る事に(それでも当時のドックをわざわざ拡大工事までする必要が有った。実際大和型と長門型を、見比べてみると、長門型の方が艦橋が高かったりする)その為極力全長を短くし、それでもたった15万馬力の出力であのサイズ、全長に対しての幅の比率とかからしても27ノット以上の速度を出してる方が逆に凄い。自重が重いがために惰性がつき過ぎてる感は有るけど、一度舵が聴き始めた時の旋回能力は当時の戦艦の中では相当優秀。アメリカ戦艦と比べて見れば一目瞭然。武蔵のトラウマから、アメリカ軍が大和を沈めるために使用した爆弾、魚雷がそれまで使われていた通常の奴とは違っていたと言う話はあるね。結局は大和も沈められてしまったけれども、片側に立て続けに喰らった3魚雷による浸水が致命傷で転覆。これも実際は艦内に残された爆薬弾頭の誘爆と言うよりは(バイタルパート内はおそらく無事だったんだろうなと)水蒸気爆発だったと思いますね。それでもあの原爆の様なキノコ雲を残して沈んで逝ってしまいましたけれども。弾火薬庫の誘爆だったとしたら、実際に沈没した武蔵、大和の主砲等付近がほぼ破壊されてる筈ですから。なんにしろ、よくもまあ資源の無い日本があれだけの物を当時造れたのか。世界の7不思議に数えても良いんじゃ無いでしょうか。
184.名無しさん:2017年09月12日 05:12 ID:Ccq7tSDa0▼このコメントに返信
ダメージコントロールがクソすぎたから軍艦の性能以前の問題で負ける
185.名無しさん:2017年09月12日 05:48 ID:4OqgDoEy0▼このコメントに返信
※166
戦前の朝日新聞が「世界7大戦艦(キリッ」って煽っていたらしい
朝日は帝国海軍と仲良しだったから
ゾルゲ事件で逮捕された田中慎次郎(朝日新聞社・政治経済部長)も海軍のブレーンをやっていた
戦後に朝日の本社ビルが建てられた築地は、帝国海軍発祥の地でもある

186.名無しさん:2017年09月12日 05:51 ID:oZlLYUGm0▼このコメントに返信
※178
夜戦でも距離が判別できる程度の代物だから。
日本軍が探照灯仕様で敵と確認している。
米軍は、照星弾仕様だから無灯火。
第三次ソロモンでの話だから
ソロモン中部の海戦では識別できてたのかな。
187.名無しさん:2017年09月12日 07:19 ID:2WFrDu400▼このコメントに返信
誰が近藤だ!!近衛だよう!!
188.名無しさん:2017年09月12日 07:24 ID:5vkkBZNG0▼このコメントに返信
※184に同意する
日米の大きな思想の違いのひとつである。
189.名無しさん:2017年09月12日 08:33 ID:gH4gWzqW0▼このコメントに返信
特型駆逐艦以来「戦艦戦力でアメリカには勝てない」というのが条約下帝国海軍の出発点だからなぁ

戦艦相手にワンチャン取る方法として水雷戦隊による夜戦重視か、航空主兵論かの派閥はあったけれど、ともかく日本は列強の中で最も大艦巨砲主義に固執しなかった国ではある
190.名無しさん:2017年09月12日 08:52 ID:k6nqNE9U0▼このコメントに返信
※188
「攻撃は最大の防御なり」個艦優越主義、持たざる国の悲劇。
191.名無しさん:2017年09月12日 08:58 ID:13DKmEAL0▼このコメントに返信
まぁ普通の国なら戦前に用意されていた艦隊をほぼ全滅させたら勝ち確定なんだけどね……


正直、艦隊全滅から既知外生産能力で戦前よりも数が増えた艦隊を戦時中に作りましたとか
当時 アメリカ以外のどんな国でも無理 というか想像すらできん
192.名無しさん:2017年09月12日 09:13 ID:L7AHaptO0▼このコメントに返信
日本は大艦巨砲主義ではなくて艦隊決戦主義だと何度言えば良いのだろうか?
金が無いんだ。決戦に賭けるしか方法がない。
主力艦を叩き潰すためなら、水雷戦隊でも空襲でもなんぼでも叩き込むわ。
193.名無しさん:2017年09月12日 09:48 ID:7agVS.4F0▼このコメントに返信
※191
ハッキリ言って現代の日本が全力出しても勝てる気がしない。同じ人類なのか疑問なレベル
194.名無しさん:2017年09月12日 10:03 ID:gH4gWzqW0▼このコメントに返信
※192

大艦巨砲主義に固執しなかったという意味で米国以上の先進的海軍

艦隊決戦主義に固執したという意味では日本は英国以下の旧弊海軍

歴史にたらればを言っても虚しいが、今中国がやってるような接近拒否こそ帝国海軍が取るべき道だったのだろうな
195.名無しさん:2017年09月12日 19:21 ID:pPuQtAY80▼このコメントに返信
※21
駆逐艦の本来の名称は「水雷艇駆逐艦」と言ってだな。
196.名無しさん:2017年09月12日 19:26 ID:pPuQtAY80▼このコメントに返信
※49
ほぼ垂直に落下って、自分の頭の上に撃ってるのかよ。
弾道軌道考えりゃ有り得ないって解りそうなもんなんだが。
197.名無しさん:2017年09月12日 22:55 ID:aTgCpHtD0▼このコメントに返信
※140

日・大和型 艦体も砲も前の長門型より大きい
米・アイオワ級 艦体は前級よりも大きいが、砲サイズは同じ
英・ヴァンガード 砲サイズが前級より小さい

アイオワ級は大艦『巨砲』主義的と言えるかはかなり微妙なシロモノで
アメリカが艦体も砲も前よりも巨大化させた、本来の意味での大艦巨砲主義な戦艦を作ったのは
コロラド級(1921年・進水)が最後だったような?

198.名無しさん:2017年09月12日 23:59 ID:v.8Uvq5q0▼このコメントに返信
※197
同じ16インチでもコロラドの砲は45口径、アイオワの砲は50口径であり、
砲1門あたりにつきアイオワの方が15トンも重いシロモノだぞ。
もちろん、コロラドまで遡らなくても前級のサウス・ダコタより大きくて重い砲を積んでる。

お名前