スポンサーリンク

2017年08月11日 11:05

ドイツ「戦車部隊に歩兵をつけたい。戦車についていけるように歩兵を運ぶ車両を作ってそれから・・・・

ドイツ「戦車部隊に歩兵をつけたい。戦車についていけるように歩兵を運ぶ車両を作ってそれから・・・・

Bt7_6

引用元:ドイツ「戦車部隊に歩兵をつけたい。戦車についていけるように歩兵を運ぶ車両を作ってそれから・・・・(シコシコ」 [無断転載禁止]©2ch.net
http://hebi.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1501627410/

1: 2017/08/02(水) 07:43:30.563 ID:ISQjss/m0
ソ連「戦車に歩兵のっければよくね」


この合理性の差が勝敗をわけた

2: 2017/08/02(水) 07:44:14.721 ID:fvkvZrJ9a
日本の戦車ってなんであんなに脆いん?

5: 2017/08/02(水) 07:45:00.761 ID:/twWwm2Vd
>>2
船で運ぶことを想定して軽めに作ってるから

8: 2017/08/02(水) 07:46:32.933 ID:qy8Zc7ozd
>>2
元々対歩兵戦を想定してて対戦車戦はあまり考えてなかったってガルパンで言ってた

10: 2017/08/02(水) 07:47:53.904 ID:9hXUo6J60
>>2
そもそも日本は海メインやしセーフ

20: 2017/08/02(水) 13:05:35.534 ID:3Y6NC4rb0
>>2
海と空から攻撃してほぼ戦線を崩壊させた後の歩兵の同行しての制圧用としてしか考えてなかった
あとさ東アジア~東南アジアかけてはドイツやソ連みたいな戦車持ってる国はなかったからな
基本的に戦車対戦車は考えてなかった

逆に二次大戦当時は対戦車用途で最初から設計された戦車なんてドイツとソ連くらいしか持ってなかったんだよ

31: 2017/08/02(水) 15:01:32.627 ID:A8DXDyBp0
>>20
陸軍の主戦場は中国大陸

3: 2017/08/02(水) 07:44:19.472 ID:z+UxF02q0
タンクデサント無理するな

4: 2017/08/02(水) 07:44:46.520 ID:ZVYCjbyR0
タンクデサントの平均寿命は一週間

7: 2017/08/02(水) 07:46:10.445 ID:B+aIx1pL0
戦車高いんで

12: 2017/08/02(水) 07:49:14.147 ID:Z1s3USXj0
なぜか米兵も跨乗してるイメージがある

14: 2017/08/02(水) 07:51:16.881 ID:yBtl2E7kp
>>12
朝鮮戦争の時か

17: 2017/08/02(水) 10:55:14.406 ID:A8DXDyBp0
>>14
太平洋戦争でもやってた
歩兵工兵のっけてさっと展開してさっと引き上げるのに便利だったらしい

15: 2017/08/02(水) 08:14:19.553 ID:lk1ELpZEa
タンクデサント自体はどこでもやってるけどそのまま戦闘に突入させるなんて無茶は命の値段が安くないとね

16: 2017/08/02(水) 10:51:52.968 ID:c4BTeczMd
随伴歩兵無しで戦車突入時させるとか日本軍でもやらねえよ

19: 2017/08/02(水) 12:19:08.545 ID:wVJBGoUV0
>>16
やってるんだよなぁそれが

18: 2017/08/02(水) 11:05:48.474 ID:Sy55s03Zd
普通の道なら昔の戦車でも50キロぐらい出るからな

21: 2017/08/02(水) 13:11:37.730 ID:3Y6NC4rb0
>>1
長い距離の場合そんなにたくさん乗れないだろ、人を運ぶだけじゃなく兵站考えなきゃならない

ソ連の戦い方って進行戦じゃなく防衛線中心なんだよだからとりあえず戦車の上に乗っけて移動でも何とかなる
対してソ連と戦った時のドイツは長い距離の進行戦が多かったからな
それらが寝起きして食事をするための装備や予備弾薬も多量に持っていかなきゃならなかった

勝敗を分けたのはそんな小さい合理性じゃなくアウェイ対ホームの戦いで敵地の寒冷地に深入りしすぎたことさ

22: 2017/08/02(水) 13:15:33.874 ID:wVJBGoUV0
>>21
突破距離に関してはどちらもそう変わらない件

23: 2017/08/02(水) 13:17:10.847 ID:wVJBGoUV0
>>21
どちらかといえば運用思想の問題

ソ連は戦車はまとめて戦車旅団にして軍団直属なことが多いし

24: 2017/08/02(水) 13:25:27.622 ID:3Y6NC4rb0
ソ連は負けそうになったらシベリアに引き込んで待てば勝てるからな
そして歩兵の寒冷地装備に関してもシベリアでまともに長期耐えられるのはソ連軍の装備くらいなんで
陸戦に限ればシベリアで篭城戦やればたいていの敵に勝てた

28: 2017/08/02(水) 13:50:24.633 ID:01Ush9uGd
>>24
ナポレオンもナチスドイツもそれでダメだったんだよな

29: 2017/08/02(水) 13:50:55.206 ID:xnf1p1oU0
>>24
ソ連の戦車は寒くてもたき火すれば温まるもんな

30: 2017/08/02(水) 13:53:51.508 ID:u61AiEOo0
逆に山岳地帯に引き込んでソ連に勝ったのがアフガンのゲリラ

32: 2017/08/02(水) 15:28:43.810 ID:8H70D3iE0
>>1
全然違うよ。馬鹿

ナチスは日本同様重装備はなんとか作ったが(日本の場合軽装備やんという話はなし)、それに対するトラックの供給状況が不十分だった
とくにトラックの走破性がロシアの泥土を超えれるほど十分じゃなかった(ランクルでもそうは難しいと思うが)

そして前半戦の失敗などでもとから不十分だったトラック車両を喪失しまくって、トラック=物資供給性が悪化した
1944年なんかドイツは重戦車はあっても、対する物資と支援車両の充足率は日本より悪化してんじゃない?くらいになった
日本は戦力が終戦まで8割温存されたから

たいしてロシアはドイツの補給や機動性の喪失=連携悪化に対して、アメリカのれん度リースでトラックそのた数十万両の補給でゴリ押した

ソ連の郵政はアメリカの生産力と支援で莫大な輸送補給ができたため、電撃戦と重物量作戦争を可能にしたから

連合の勝利は事実上補給線の獲得とアメリカの支援によって十分な機動力+補給力+物量力を獲得したから
アメリカがいなければイギリスもソ連も負けてるよ。普通に

それこそアメリカがいなければ、ソ連は極東で日本にゴリ押しで負けれたくらい

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2017年08月11日 11:08 ID:vp7sSzme0▼このコメントに返信
米兵「ゴリアテで遊ぶンゴ」
2.名無しさん:2017年08月11日 11:11 ID:z..zT7yD0▼このコメントに返信
ソ連は確かに戦車の上に生身の人間を乗せてた

そのまま突撃するせいで、被弾するたびに悲惨なことになった

これは合理性の話ではなく

いかにドイツがまともで、ソ連が人を粗末に扱っていたかを示しているエピソードだ
3.名無しさん:2017年08月11日 11:15 ID:zQ.jTfDM0▼このコメントに返信
イギリス「戦車部隊に歩兵をつけたい。戦車に...以下同じ

日本「自転車で侵攻すればよくね」

この柔軟な考え方の差が明暗をわけた。
4.名無しさん:2017年08月11日 11:19 ID:YMgmlSU.0▼このコメントに返信
中国だと、戦車はあんくらいでもよかったけど、太平洋戦争が開戦し、英米と衝突すると、さっそく、苦情が出てきており、こっちの戦車砲をぶち当てても敵の戦車がぴんぴんしている、敵戦車の攻撃でこっちは各座するという話が出ている。
やられるのはしょうがないが、せめて砲を強化してくれという要請があった。
5.名無しさん:2017年08月11日 11:21 ID:SbJNsZmm0▼このコメントに返信
人道の話をするなら、まずはソ連歩兵の扱いがいかに酷いか責められるべき
6.名無しさん:2017年08月11日 11:23 ID:7kdYOLPj0▼このコメントに返信
ラストのコメント兄貴で結論だわな。レンドリース論。戦後、イギリスからアメリカに秩序移譲もした要因。

ルーズベルトでズブズブでソビエトは勝った。そのルーズベルトが戦争中死んでもうた。日本を取ろうとした時には、トルーマンだから支援も終わり。攻めたら撃退されました、と。アメリカのバックアップはそんだけ重要だった。
歴史の綾だよなぁ…日本が存立していたのは。もう少し、ルーズベルトが長生きだったら?ドイツ戦後、スターリンとチャーチルが仲違いしていなかったら?
日本が消滅していた可能性ありますあります。歴史の流れってすごいもんだ。
7.名無しさん:2017年08月11日 11:23 ID:tSnFOo0D0▼このコメントに返信
現代の高性能な戦車も歩兵と共に戦場で活動するって基本は変わらない、もんなの
8.名無しさん:2017年08月11日 11:24 ID:.SFUzqrM0▼このコメントに返信
ドイツの戦車に勝てないなら、10倍の戦車で戦えばいい!byアメリカ
9.名無しさん:2017年08月11日 11:26 ID:YMgmlSU.0▼このコメントに返信
※2

そうそう。
第二次大戦で、ソ連では2000万くらい死んだといわれているけど、当時、ソ連の人口って1億5000万くらいで、20代から30代の若年層に重大な犠牲が出た。
この犠牲による人口のひずみは、今でも残っていて、ロシアがパッとしない一因にもなる。

ドイツは、戦後、トルコなどから移民を入れて人員の補充をした。

なので、人が畑からとれると思っていると、えらいことになる。
10.名無しさん:2017年08月11日 11:26 ID:X36I2Cg70▼このコメントに返信
※8
なお、シャーマンの主砲では至近距離でもティーガーの装甲を抜けなかった模様
11.名無しさん:2017年08月11日 11:27 ID:a4Ju.A5v0▼このコメントに返信
タンクデサントした歩兵さんの平均寿命あ一週間だっけ?
人が畑から生えてくる国ならではの柔軟な発想やね
12.名無しさん:2017年08月11日 11:28 ID:rLt6b8Ox0▼このコメントに返信
独ソは置かれた状況の違い
戦車に歩兵がついて行けないのは戦争初期に判明していた、突破はできても封鎖ができない
歩戦の分離はグデーリアンも悩まされた機甲戦術の隘路で
戦後に装甲兵員輸送車が普及するまで解決しなかった
43年以降は独ソで攻守が逆転したため防衛側のドイツ軍はこれに悩まされる面が少なくなり
攻撃側のソ連軍では大問題なった
色々試したがT34に乗せる以上に優れた歩兵の輸送手段が見つからなかった
防御放火に出会うとほとんど死んじゃうのが難点といえば難点だけど
13.名無しさん:2017年08月11日 11:28 ID:BYiwSIhs0▼このコメントに返信
※10
戦車がダメなら重砲とヤーボで止めるまでだBY米軍将官。
14.名無しさん:2017年08月11日 11:29 ID:.tLNhkjx0▼このコメントに返信
そもそも普段使うには戦車砲って弾道山なりの短砲身の方が使いやすいんだよね。
長砲身だと真っ直ぐにしか飛ばないから、搭載砲は山砲にしろって要請来てるし
戦車ゲ―ムと違って、戦場じゃあらゆる兵器の相手しないといかんからな。
カリウスがいうには3号N型の援護が最高らしい
15.名無しさん:2017年08月11日 11:30 ID:MsjI2RIB0▼このコメントに返信
アメリカは毎度の事のように敵の敵を全力で支援して将来の自分の敵を大きく育て上げてるが、いつになったら学習するのか
16.名無しさん:2017年08月11日 11:31 ID:.CzgUaN20▼このコメントに返信
二次大戦の機械化歩兵とかで、100%
機械化出来てたのは米軍くらいじゃ。
17.名無しさん:2017年08月11日 11:32 ID:7kdYOLPj0▼このコメントに返信
いくらティーガーちゃん優秀でも、数少な過ぎやで…。中に入ってる乗員に、シャーマンなんかこわくねぇ!って包囲覚悟で戦わせるのは無理だし。結局人間の士気を軽視したのあかんでしょうに。ましてや、拠点防衛なら横を抜けてくシャーマン達を追わなければいけないわけだし。どう考えても兵站壊れるわ。堅い装甲作っても、相手の戦車と同じく、燃料切れたら只の棺桶だし。

シャーマンで飽和戦術とったアメリカ兄貴は間違ってねえわな。そんな物量作戦とれたのあの時代奴らだけだっただけかもだが。
18.名無しさん:2017年08月11日 11:32 ID:rLt6b8Ox0▼このコメントに返信
全装軌式兵員輸送車を開発配備していたのが日本だけだったという事実
19.名無しさん:2017年08月11日 11:35 ID:wXebr.HF0▼このコメントに返信
第二次世界大戦の総力戦は、当時の低生産性の問題もあって人命を軽視せざるを得なかったんだよね。(鉄鋼生産量や加工生産量が足りない)
日本が製鉄産業で最大力を発揮して生産できる鉄鋼材料の量が一年間一億t。 第二次世界大戦期間中に使われた鉄鋼材の総量がこれにあたるんだっけな。
技術の進歩により大量生産、大量供給が出来る時代と生産性が低く歩兵の前面火力に頼ってた時代の違い。
ミサイルなどの誘導兵器の技術力の違いもあるしねぇ。
今のこの時代に生産力の高い国家間同士での総力戦がどうなるのか想像が出来ない。
20.名無しさん:2017年08月11日 11:36 ID:URNVtHjH0▼このコメントに返信
米帝「敵の戦艦を叩くのに、こっちも戦艦作るのめんどくせえなあ」
日本「飛行機で叩けばよくね?(真珠湾攻撃)」
米帝「なるほど!(隔月刊正規空母量産)」
21.名無しさん:2017年08月11日 11:38 ID:7kdYOLPj0▼このコメントに返信
ゲームの戦車やガンダムに乗ったアムロなら寡兵でもビビらないだろうが、現実は例え貫通されないにしても装甲にガツン!ガツン!て砲弾当たったら乗員逃げるでしょ。ザクマシンガン食らっても新兵なのに逃げなかったアムロが頭おかしいだけだし。

イラク兵がIS戦で明らかに有利な装備、エイブラムス戦車とか配備されててもドンパチ始まったら戦車捨てて逃げまくったからな。士気大事。
22.名無しさん:2017年08月11日 11:39 ID:peMz8p280▼このコメントに返信
満州に工場を作れば違ったのに
23.名無しさん:2017年08月11日 11:41 ID:W9.beV130▼このコメントに返信
※14
だだっぴろい欧州の平原で短砲身戦車砲なんて使ってたら
速攻でアウトレンジされて死ぬわ
そもそも3号N型は火力支援車両であって
対戦車戦を想定した車両じゃない
24.名無しさん:2017年08月11日 11:41 ID:jM9lcYQO0▼このコメントに返信
誤解されているタンクデサントだが、本来は戦車をまちぶせる敵の対戦車兵器から守るためのもの
基本的に撃ち合いが始まったら下車戦闘に入る
25.名無しさん:2017年08月11日 11:42 ID:BYiwSIhs0▼このコメントに返信
※20
月間て・・・・輸送船や建造中の重巡改装の軽空母の事だろう正規母艦の建造日数自体は、発注から見れば日米ともに変わらん。
26.かいば1/2:2017年08月11日 11:43 ID:TzILJF790▼このコメントに返信
旧日本軍が大陸で新兵が、トラックの残骸を見て「わが軍はさすがですね」古参兵「あれは、うちのトラックだ」だったそうだ
27.名無しさん:2017年08月11日 11:43 ID:Sf0Qwi0K0▼このコメントに返信
人的資源の問題もあったろうな
戦車に随伴歩兵を乗せるとソビエトのタンクデサントみたいにあっという間に戦死する
武装SSも人がいなさすぎて、1〜第3師団のライプシュタンダルテ、ダスライヒ、トーテンコプフ以外は全て外人部隊だ
ヒトラーが自国民からの徴兵を禁止したからね

28.名無しさん:2017年08月11日 11:48 ID:BYiwSIhs0▼このコメントに返信
※26
だから何が言いたいだ?。
29.名無しさん:2017年08月11日 11:49 ID:UHeb8goh0▼このコメントに返信
国民党が戦車部隊を充実させてたら日本も対抗する戦車を造ってたはず。
30.名無しさん:2017年08月11日 11:54 ID:BYiwSIhs0▼このコメントに返信
※29
あのひたすら山谷の国で戦車を一杯配備するメリットて無いかも後幾らアメリカでも戦車の供与は、ハードルが高いよ。
31.名無しさん:2017年08月11日 11:55 ID:CWPL5Ck30▼このコメントに返信
歩兵の戦車跨乗はドイツもやったけど、合理的か?
いっちゃん歩兵が脆弱化する時だぞ。
比較的安全な場所をトラックの荷台代わりに使ってただけで。

小銃弾・断片防御で戦車に着いて突破前進するような装甲ハーフトラックの代わりにはなりませんな。
32.名無しさん:2017年08月11日 11:56 ID:9rp10doB0▼このコメントに返信
そもそも日本の戦車は海外の戦車のコピーだろ。
ヨーロッパでは戦車戦があったから進化したけど、中国軍はたいして持ってなかったから進化させる必要がなかっただけ。
33.名無しさん:2017年08月11日 11:57 ID:w.yrQH9e0▼このコメントに返信
※23
3号戦車
トーチカなど火器や陣地たいった固い目標攻撃する目的の戦車。そのため細い砲弾を高速で発車できるように口径の小さく、砲身長めで設計

四号戦車
対歩兵
敵陣地攻める歩兵援護のため、75mmの大型の口径で短い砲身で設計

対戦車はどっちかというと3号で考えてたのがドイツだぞ
34.名無しさん:2017年08月11日 11:58 ID:BYiwSIhs0▼このコメントに返信
※32
あの日本のは、大正期にイギリス?の戦車を購入して研究して国産化したんだが?。
35.名無しさん:2017年08月11日 11:58 ID:SvFPiKtt0▼このコメントに返信
※18
あの珍兵器の英国はカンガルーと言う戦車から作った装甲車を運用
他にユニバーサル・キャリアというのも開発量産
36.名無しさん:2017年08月11日 12:00 ID:9rp10doB0▼このコメントに返信
※34
それをコピーと言ったんだが。設計思想はそれが原点だから。国産かどうかは関係ない。
37.名無しさん:2017年08月11日 12:01 ID:NE5iICrJ0▼このコメントに返信
冬のロシアに堂々と踏み込んで蹂躙したレジェンドが大昔にいるんだよなぁ アジアに
38.名無しさん:2017年08月11日 12:02 ID:9rp10doB0▼このコメントに返信
※36
もとい、国産ゆえにコピーと言えるのか。
39.名無しさん:2017年08月11日 12:02 ID:lefoLBwu0▼このコメントに返信
※10
タングステン弾「やあ」
訓練部隊はともかく前線には各車数発のタングステン弾があった上76mm砲搭載車は対戦車能力も向上、砲安定装置にくわえ後方で教官やってた古参兵が前線に復帰する頃には遠距離でさえティーガー相手に互角だったらしいけどね
40.名無しさん:2017年08月11日 12:02 ID:w.yrQH9e0▼このコメントに返信
あとドイツ歩兵の輸送の主力は「 馬車と鉄道」なんだが
機甲師団すら定数の装甲車揃えられるのは希で、自動車も輸送部隊にも足りなかったので結局最後まで不足ぎみ
戦車のあとを馬車がぞろぞろ付いていけばいい状態
41.名無しさん:2017年08月11日 12:02 ID:Uqt2dVGu0▼このコメントに返信
※25
脇からすまんが、月間はボーグ級護衛空母の事。
正規空母では無いが、改装では無く輸送船団の護衛専用の新規設計艦。
42.名無しさん:2017年08月11日 12:03 ID:BYiwSIhs0▼このコメントに返信
※36
そんな事言い出したイギリス以外の戦車は、全部コピー品だと言わんと君の文書は、説明できないぞ。
43.名無しさん:2017年08月11日 12:03 ID:W9.beV130▼このコメントに返信
※25
全然違うんだが
翔鶴型は起工から竣工まで3~4年かかってるけど
例の月刊正規空母は竣工どころか就役まで2年もかかってない
月刊と言いつつ正確には就役間隔は平均57日らしいが
44.名無しさん:2017年08月11日 12:04 ID:agFkm4Vv0▼このコメントに返信
ドイツ参謀「トラック足らん……そうや、ピストン輸送したらええやん」
ドイツ歩兵「俺ら下ろしたまま帰る気かボケェ!」
45.名無しさん:2017年08月11日 12:05 ID:rLt6b8Ox0▼このコメントに返信
日本は現代でもそうだけど戦車は兵器整備の優先順位が最後になる
大戦中の戦車は開発年度を2~3年ほどずらして比較するとほぼ世界標準機になる
90式まで変わらない、10式がどれだけ画期的な出来事なのか判るだろ
46.名無しさん:2017年08月11日 12:06 ID:9rp10doB0▼このコメントに返信
※42
なんか勘違いしてるみたいだけど、兵器なんてコピー合戦だよ。その度合いの違いだけ。
日本の場合、わざわざ輸入して仕組みを模倣してるからそれが強いのでコピーと表現したけどね。
47.名無しさん:2017年08月11日 12:07 ID:W9.beV130▼このコメントに返信
※33
だから3号N型って言ってんでしょうが
3号N型は4号が対戦車戦闘用に長砲身に変更されたため
余った短砲身を流用して作った火力支援車両だよ
48.名無しさん:2017年08月11日 12:09 ID:CWPL5Ck30▼このコメントに返信
※27
第〇〇SS(武装or義勇)〇〇師団 の呼称で、カッコ内の武装or義勇が付くのか外国人師団。で、義勇はドイツ系外国人。
第5SSヴィーキンクはカッコ内のが何もついてないので例外だけど。
最終番号の第38SS擲弾兵師団は士官学校から編成された純血のドイツ人SS師団。
49.名無しさん:2017年08月11日 12:11 ID:qxuCQww.0▼このコメントに返信
戦車に歩兵を乗せて戦闘するのはWW2だけじゃあないんだな。
ベトナム戦争でもイラクやアフガンでも戦車に数名の歩兵載せて移動していたがね。
だが、ベトナムやイラク、アフガンは敵戦車相手より奇襲を掛ける正規軍兵やゲリラ、
武装勢力から警戒をする為の近接戦で歩兵を乗せているみたいだなあ。
50.名無しさん:2017年08月11日 12:13 ID:3Afz75lp0▼このコメントに返信
タリバン・ISIS「トヨタのバンで歩兵運んだろ」
51.名無しさん:2017年08月11日 12:14 ID:BYiwSIhs0▼このコメントに返信
※43
正規母艦と護衛空母を混同して書き込んで無いかて話だよなんで比較対象が日本の正規母艦の建造日数で護衛空母の戦時急増日数なのか可笑しいと思わんのか米新鋭正規母艦は、開戦前から予算承認待ちの宙ぶらりんで建造は、2年強掛かっているよまあいろいろ無理した結果戦後の維持に苦労したらしいけど。
52.名無しさん:2017年08月11日 12:16 ID:5rkD28Ul0▼このコメントに返信
日本の戦車開発が活発じゃなかったのはある意味仕方ないんだけど上陸戦で迎え撃つには優秀な戦車があったほうがいいんだよなあ。
53.名無しさん:2017年08月11日 12:17 ID:BYiwSIhs0▼このコメントに返信
※46
日本だけの話じゃ無いだが・・・・・・てゆうか当時自国で戦車の生産開発の出来た国てイギリス・フランス・ドイツ・アメリカ・日本て位で大抵何処かの国から自国仕様の完成品を輸入していたんだが。
54.名無しさん:2017年08月11日 12:17 ID:CWPL5Ck30▼このコメントに返信
※40
ちなみにバルジの戦いでは第2装甲師団の装甲擲弾兵連隊のうち一部は自転車装備だったような。たぶん第2装甲師団だったと思うけ。
55.名無しさん:2017年08月11日 12:23 ID:rLt6b8Ox0▼このコメントに返信
※54
バルジ作戦は後に過剰自動車化により機動力の妨げになったと批判された
機械化が良いかどうかは戦場地形と状況によりけりで機械化が無条件に優れてるって訳でもない
マレー侵攻作戦の日本軍なんか良い例
56.名無しさん:2017年08月11日 12:27 ID:wXgoyaPp0▼このコメントに返信
※22
じっちゃんが関東軍の戦車修理工場で働いていた
尚、戦車製造工場までは、作る余裕がなかった模様

※50
関東軍「いすゞのトラックで歩兵運んだろ」
57.名無しさん:2017年08月11日 12:30 ID:wXebr.HF0▼このコメントに返信
運用する戦闘機やアビオニクスの高価格化と整備のむずかしさから 駆逐艦や正規空母の値段はあがりにあがり MD付イージス駆逐艦で大和武蔵と同じ価格帯だから、アビオニクスや自動化、少人数化にお金を割いてるよね。
昔であればイラクの様な人口の多い国と戦えば地上戦でそれなりの死傷者がでたし、期間は長くなっただろうけど、今や高高度から精度の高い爆撃が
行える体制になった。
まず空からの爆撃で地上勢力を一掃してから、陸上部隊の投入になるから、死傷者数も大幅に減ったし、コストも安くなったよね。
第二次世界大戦の様な長期戦はもうないんだろうなと。
その代りISISのようなテロ組織を使った非正規破壊活動が効果を発揮してきて、戦いの形も完全に変わってきている。
今度の第二次朝鮮戦争でどうなるか分からないけど、圧制っぷりを見てみても、朝鮮人の民度を見ても、戦争は長くは続かない気がするな。
58.名無しさん:2017年08月11日 12:32 ID:W9.beV130▼このコメントに返信
※51
混同してんのはそっち
月刊正規空母っていったらNGワードな方だよ
最近は隔月刊とかいわれてるけどね
59.名無しさん:2017年08月11日 12:34 ID:Xb6Vrgvx0▼このコメントに返信
基本的に機械化・自動車化の方がいい。ただしそれに必要な物資等を供給し続けられるなら
ドイツのバルジ作戦も結局ここがネックとなっている

まあ第二次大戦でほぼ完全に自動車出来たのなんかお米の国しかないが
後は馬匹も普通に使われてるからね
60.名無しさん:2017年08月11日 12:38 ID:EhpGvUq80▼このコメントに返信
そもそも、太平洋の未開の島々とかで重量級の戦車なんて使えるかよ
地面は悪いし、そもそも陸揚げできるか
61.名無しさん:2017年08月11日 12:47 ID:U.7nvue.0▼このコメントに返信
某赤い人「当らなければどうということはない」
現場「当てられてしまうんですよ、今は・・・・」
62.名無しさん:2017年08月11日 12:49 ID:mwZhqNq20▼このコメントに返信
※48
第38は戦争末期の生き残りを寄せ集めた苦肉の策で、本来の武装SSの様相は呈していなかった
とりあえず武装SSの名前は冠しているがおよそマトモな戦闘ができる人員も装備も無かったぞ
63.名無しさん:2017年08月11日 12:51 ID:7ZpihN.Y0▼このコメントに返信
欧米韓といった先進国では、戦車のスピードに合わせるために歩兵を自動車化していった

ところが日本は、歩兵に合わせて戦車を作ったため戦車同士の戦闘が起こるとは思いもしなかった

その為、戦車戦を想定しないチハを最後まで造り続けた

日本は思想が遅れていた
64.名無しさん:2017年08月11日 12:51 ID:U.7nvue.0▼このコメントに返信
>>32の言うとおりで、「戦争とは兵站も含めて戦争である。補給や補充無しで戦争は『継続』できない」。
日本の太平洋艦隊や極東戦線もそこを舐めプして結果、あたら大事な『人員』を失った。
65.名無しさん:2017年08月11日 12:53 ID:rLt6b8Ox0▼このコメントに返信
古代は別として馬に依存せず戦争をやったのは二次大戦のアメリカが初めて
独ソ戦に関しては泥濘期には稼働可能な輸送手段が馬車しかなかったのも事実で
現代でも同じ条件でやったら限定的ながら馬車使用の必要があるかもしれない
アフガニスタンで米軍がロバを使ってる
66.名無しさん:2017年08月11日 12:56 ID:rLt6b8Ox0▼このコメントに返信
※63
欧米”韓” ????
67.名無しさん:2017年08月11日 12:57 ID:0qQ7BMPP0▼このコメントに返信
※63
自動車並みに中身スカスカのヒュンダイゴキカブリさんチースwww
いいかげん水車の一つも作れるようになったんですかー?www
68.名無しさん:2017年08月11日 12:57 ID:UuXxhp550▼このコメントに返信
※60
シャーマンDD「上陸作戦は任せろー(ゴボゴボ」
まあしかし、地形が悪いからと言って戦車を軽視してると後で泣きを見る羽目になるというのが戦史による教訓だと言っていいだろう
アメリカ軍ですら朝鮮半島とかでやらかしておるし

※63
大英帝国「歩兵に合わせたスピードの戦車を作ってましたけど?」
69.名無しさん:2017年08月11日 12:59 ID:oxNt1dFz0▼このコメントに返信
ソ連勝ったって言うけどあれだけ死傷者だしてんのに良く言うって感じ
勝つまでやったが正しいと思う
まあ…敗戦国の立場で言っても負け犬の遠吠えか
70.名無しさん:2017年08月11日 13:01 ID:0qQ7BMPP0▼このコメントに返信
我々は今まで人間主体で装備を考えてきた
だがしかしそれは間違っていたかもしれない
そうだ!馬用の輸送車を開発しよう(発狂)
71.名無しさん:2017年08月11日 13:04 ID:i0wA2p8Q0▼このコメントに返信
結果・やっぱり旧日本軍の軍人は精神論が絶対の馬鹿ばっかりだった
72.名無しさん:2017年08月11日 13:06 ID:erIQCyWB0▼このコメントに返信
ソ連「畑で採れるので戦車を覆えば貴重な戦車が守れるじゃん」

この思想だろ?
おそロシア
73.名無しさん:2017年08月11日 13:12 ID:WFifeolf0▼このコメントに返信
※69
ソビエトはマトモに言葉も通じない辺境民族や女子供まで狩り出して戦争してたからな
それに比べドイツ軍は若い戦闘に耐えうる年齢の成年男子のみを前線に出していた

写真にも残っているロシアの少年兵や戦車乗りのおばちゃん、戦闘機乗りの美少女は
ドイツ軍にはいなかった
あ、ヒトラーユーゲントは戦争末期中の末期だからセーフ
74.名無しさん:2017年08月11日 13:15 ID:mr2botnL0▼このコメントに返信
ドイツは機甲部隊の速度についていける砲兵隊の機動力が圧倒的に不足してた、という話は聞いたことがあるな。
75.名無しさん:2017年08月11日 13:17 ID:.mxpnqYc0▼このコメントに返信
※63
お、おう...
76.名無しさん:2017年08月11日 13:17 ID:27zpypkZ0▼このコメントに返信
戦車に乗せてもらうときは、寒冷地ならエンジンの上一択
これが、熱帯になると、そこが二等兵の指定席になる
77.名無しさん:2017年08月11日 13:18 ID:J1Re6ZZw0▼このコメントに返信
※72
畑で採れると思い込んで浪費しただけなんだよなぁ

戦後ソ連「やっべ働き盛りの男性が全然居ないんじゃが・・・」
人口ピラミッドが一目でわかる位えぐれ、その世代の不足が組織の中枢となる半世紀後、ソ連は滅びましたとさ

78.名無しさん:2017年08月11日 13:20 ID:J1Re6ZZw0▼このコメントに返信
※73
ドイツは末期が一番ヤバいが、ソ連が一番ヤバいのは首都陥落の危機があった緒戦なんだぞ?
コワモテの軍事国家がピンチになればどこも最後は根こそぎ動員の肉弾戦よ
79.名無しさん:2017年08月11日 13:21 ID:wnuLZvNl0▼このコメントに返信
だいたい、戦車の周辺に人間が取りついていたら

ミンチにされるのは今や常識です。
80.名無しさん:2017年08月11日 13:40 ID:WFifeolf0▼このコメントに返信
※74
そうそう、ドイツ軍の砲兵部隊はほぼ馬匹に頼っており
べスペ、フンメルなど自走化した砲兵部隊は絶対数が足りなすぎた

しかも連合軍の砲に付いているタイヤはゴムタイヤに比べ、ドイツ側は前時代のスチールリム(鉄輪)
アメリカは砲兵の数を増やせば乗数的にその効力が増す事を実践しマスメソッド砲術で一気に面制圧できた
ドイツとは砲術で全く別次元だったんだね
81.名無しさん:2017年08月11日 13:42 ID:miMoeKAl0▼このコメントに返信
※63
対戦車も想定した新砲塔のチハもあったろ。
後チハも時速40キロ出るし遅いわけじゃない。
チハを作り続けた理由は船での輸送が想定されて重量が増やせず、現場と上層部の意見がかなりもめたせい。
日本も対戦車のノウハウがない関係もあって、対戦車を想定した戦車も輸送能力と資源の関係でなかなか新造できなかった。
その代わり歩兵でも運用できる対戦車兵器が研究された。
思想の問題があったんじゃない、戦中研究のためにティガーをドイツから購入しようとしたり、チヌ、チリと戦車を設計したりといろいろ努力はしている。
島国特有の問題があって戦車に割ける余裕がなかったんだ。
82.名無しさん:2017年08月11日 13:53 ID:.SFUzqrM0▼このコメントに返信
朝鮮戦争の時に、車ばっかりに頼ってまともに行軍出来ないと怒ってた米軍の将軍がいた見たいだけど名前を忘れた。
83.名無しさん:2017年08月11日 14:00 ID:Ej.uvITP0▼このコメントに返信
日本は物を作っても全て海外で使用してるから、長距離機や軽車両や兵員輸送船ばっかりなんだな。
大砲だって・・・
満州で大量生産できなかったのかなぁ
84.名無しさん:2017年08月11日 14:01 ID:Edy5qYBu0▼このコメントに返信
対戦車戦闘を想定なんて、世界初の対戦車戦想定したt-34が初めてなんだが。
アメリカやイギリス、ドイツでも40年代に入ってからだ。
ドイツはt-34にショック受けて、4号を砲身伸ばしたりしたが、装甲は不足したままでずっと悩んでる。
3号に至っては75mm載せようとして無理だったから砲塔無くして積んだしな
85.名無しさん:2017年08月11日 14:02 ID:kzVdqb7h0▼このコメントに返信
合理性の差も糞も
当時の国力はソ連の方がドイツよりも上で、さらに連合国からの支援があったから勝てただけじゃねえか
86.名無しさん:2017年08月11日 14:05 ID:baEHaNkR0▼このコメントに返信
ニワカのグノタって何故か全員ドイツ大好き日本ダメってな奴ばっかだよね。
ドイツを褒めて旧日本軍をダメ出しするとなんか自分が偉くなったと勘違いしてるのかな。
87.名無しさん:2017年08月11日 14:05 ID:Edy5qYBu0▼このコメントに返信
あと、日本の場合は島嶼に戦車がいても役に立たないから、野砲の生産優先したから戦車の生産は45年頃まで置いとかれたんだが
駆逐艦の砲でも60km以上の速度で、10門近くの128mm砲が測距儀で正確に射撃されて来るんだから、戦車からしたら反則の存在
ノモンハン後に日本陸軍は対戦車戦のマニュアル化と、75mm以上の装甲と、70mm以上の砲搭載した、後の三式戦車の設計纏めていたからな
88.名無しさん:2017年08月11日 14:14 ID:Edy5qYBu0▼このコメントに返信
日本は太平洋が戦場になるから、海軍艦艇の開発や生産優先させたから陸軍は海軍に比べれば低くなったが、ドイツでは逆で陸上が戦場だから戦車や装甲車が優先され、海軍は低く押さえられたからな
ドイツ海軍も、当初は戦艦を中心に巡洋艦、駆逐艦多数を揃えた艦隊で、イギリス海軍破ることを想定してたからな
89.名無しさん:2017年08月11日 14:14 ID:l32OObC.0▼このコメントに返信
まぁ欧州で戦車同士で激戦する欧州と歩兵相手だった日本軍じゃ違うのは当たり前だからな・・・第二次世界大戦中盤以降は戦車から戦闘機による制空権を握る方が優先されるようになったしな・・・
90.名無しさん:2017年08月11日 14:22 ID:yaHTDahW0▼このコメントに返信
今は、装甲兵員輸送車で兵を戦車と一緒に移動させる方式が基本なんだが
91.名無しさん:2017年08月11日 14:25 ID:T.k9lL1a0▼このコメントに返信
結論:米国最強伝説
92.名無しさん:2017年08月11日 14:26 ID:WFifeolf0▼このコメントに返信
※89
そうそう
北朝鮮がアホみたいな数の自走砲で砲列を並べ海に向かって一斉射撃していたが
第二次世界大戦ならいざ知らず、あれで制圧できるのはせいぜいソウル市までだろう

現代戦では航空戦力でほぼ壊滅されるだろうな
93.名無しさん:2017年08月11日 14:28 ID:on6IxjW40▼このコメントに返信
※8
数10倍にして、さらに戦う前に空爆で
つぶしちゃおう  が正解

日本は戦車より直協機の方が安いから
戦車より航空戦力を重視した
ある程度の対戦車戦闘可能な戦車も
作ったが、船で運べないので本土決戦
用にとっていた
その結果最後まで97式中戦車しか
持ってなかったイメージになってるけど
94.名無しさん:2017年08月11日 14:31 ID:CepC3JJd0▼このコメントに返信
ガルパンしか見てないで語ってるオタクが多そうで頭痛くなるな
戦車で長距離移動はやらねえよ
超人でもずっと捕まっとけるわけないだろうが
大体日本やイタリアと比べものにならんくらいトラックだのなんだの車持ってたからな?
あくまでも陣地攻撃時に短機関銃兵のっけて迂回させて攻撃するのが目的で、正面から突入みたいなことは末期玉砕日本軍じゃないのでしない
95.名無しさん:2017年08月11日 14:35 ID:l32OObC.0▼このコメントに返信
燃費悪いしドイツ戦車全般として重いからな・・・
96.名無しさん:2017年08月11日 14:36 ID:6DpU1GO00▼このコメントに返信
日本軍とかいう知れば知るほど情けなくなる軍隊。
ドイツどころか明確にソビエト以下ですよ
チハ以前の八九式を44年のフィリピンで使ってるからね
大本営には破滅願望があったと確信している。
97.名無しさん:2017年08月11日 14:43 ID:2r0msBhy0▼このコメントに返信
※81
日本の戦車開発班の話は涙なくして書けないが、戦車不足の一番の原因はエンジン不足。
航空機用エンジン量産のおかげで戦車用のエンジンはもっとも優先度の低いものとされた。
ルソン島で八九式で戦った日本兵は気の毒を通り越しているものがある。クルクスやノルマンディーでBT-7が出てくるようなもんだ。
98.名無しさん:2017年08月11日 14:43 ID:l32OObC.0▼このコメントに返信
ドイツ・ソ連と比べたらダメだよ・・・
99.名無しさん:2017年08月11日 15:13 ID:BubBGE360▼このコメントに返信
>ソ連「戦車に歩兵のっければよくね」
>この合理性の差が勝敗をわけた

タンクデサントの死傷率見てから言えやニワカ
100.名無しさん:2017年08月11日 15:16 ID:yLEtfKVh0▼このコメントに返信
8tハーフトラックってあるじゃん
101.名無しさん:2017年08月11日 15:18 ID:5LRSQC.H0▼このコメントに返信
別にソ連は人命軽視したくて戦車に人乗っけてたんじゃない。
機械化歩兵を編成するための装甲車が作れなかっただけ。
大戦後のソ連、および現在のロシア軍はその反動かものすごい数の装甲車をもってる。
自走砲大隊すら装甲車を持ってるぐらい機械化歩兵が基本になった。
陸自のトラックだらけの装甲車不足からしたら天国だ。
102.名無しさん:2017年08月11日 15:24 ID:n362PEIJ0▼このコメントに返信
ティーガーに対抗できる重戦車は前線から要求されたんだけど、船便で大西洋を越えて欧州に運び込むことは難しいからP47DとM4(特にイージーエイト)を沢山送るので、そちらで創意工夫してくれと丸投げなんだよな。パーシングをドイツ侵攻時にやっと間に合わせたくらいで、スーパーパーシングに至ってはわずか1両がケルン攻略戦に参加して終戦。戦車の海外展開は荷役の関係で、アメリカでさえも重量制限があった。
103.名無しさん:2017年08月11日 15:26 ID:XYqyg1Kl0▼このコメントに返信
※81
チヘとかチトって対ソ専用に開発(架橋装備なんかも一緒に)されてたんだよ、、、
ノモンハンショックで構想はじまりT-34の話も伝わって戦争初期には対抗策練り始めてた
量産間に合わなかったのは対米戦で予算配分後回しになったのが理由、、、

つまり、すべてはむだに戦線広げた海軍のせいなんだよ!!
104.名無しさん:2017年08月11日 15:31 ID:mjASLdrj0▼このコメントに返信
※97
BTどころの話じゃない、BTやらドイツの1号戦車が1936年
89式は1929年、つまり1号戦車より7年型落ちなんだぞ
実質的には1.5次大戦戦車で飛行機で言えば複葉布張機みたいなもん
それを1944年に前線に投入する神経がどうかしてる
105.名無しさん:2017年08月11日 15:44 ID:CWPL5Ck30▼このコメントに返信
※104
89式は精神力で1年分式分だけ補えば無敵。
106.名無しさん:2017年08月11日 15:50 ID:FW3VuWA.0▼このコメントに返信
タンクデサント(使い捨ての人海戦術)
107.名無しさん:2017年08月11日 16:09 ID:kydwq7tF0▼このコメントに返信
※103
いや、軍予算の半分は陸軍が持ってたんだから
その中での優先順位で戦車が低かっただけ
戦車を安く作る冶金技術が日本に無かった
108.名無しさん:2017年08月11日 16:19 ID:6zJGKvKg0▼このコメントに返信
対戦車砲弾パッカーン!
109.名無しさん:2017年08月11日 16:26 ID:r9mL3Z9s0▼このコメントに返信
※100
アメリカのM3ハーフトラックだけでも生産台数が全然違うんだよ
ドイツのハーフトラックはアメリカのそれと比べても生産性が悪いのは一目瞭然だし

歩兵や砲兵に機動力を持たせるというグデーリ案は途中から丸ごとパクられたわけさ
110.名無しさん:2017年08月11日 16:26 ID:oGV0Oes00▼このコメントに返信
※25
まーもっと突っ込めばアメさんのほうが新造戦艦作ってるんだけどな
111.名無しさん:2017年08月11日 16:45 ID:neGEqjv.0▼このコメントに返信
日本の戦車が脆いなんて事はないで
単純に対戦車なんて想定されてない世代の中戦車だから対戦車戦想定の新型に歯が立たなかったと言うだけの話
112.名無しさん:2017年08月11日 16:48 ID:lMp3OApE0▼このコメントに返信
※102
そして「こんなクソ豆鉄砲で戦えるか!」って自国の方乗っけたのがファイアフライだっけ?
アメリカが逆輸入するくらいイカした戦車だった。
アメリカも一応虎や豹の対抗策としてM10とか持ってきたけど、それでも気休めくらいだったとか?
113.名無しさん:2017年08月11日 16:59 ID:l32OObC.0▼このコメントに返信
ファイアフライはイギリスだけどね・・・イギリスは主砲である2ポンド対戦車砲や6ポンド対戦車砲でドイツ戦車抜けないので17ポンド砲を作ったけどクロムウェルには装備不可でチャレンジャーの生産はノルマンディー上陸作戦に間に合いそうもないからシャーマンに17ポンド砲を載せただよね?
114.名無しさん:2017年08月11日 17:02 ID:qg5nbRFJ0▼このコメントに返信
※13
ナパーム弾もお忘れなく
115.名無しさん:2017年08月11日 17:07 ID:nWD5X27T0▼このコメントに返信
アメリカのレンドリースによる大量の物資とトラックのお陰だぞ。
116.名無しさん:2017年08月11日 17:24 ID:Edy5qYBu0▼このコメントに返信
※107
戦車はそれ作れば終わりではなく、整備部品だけで機甲師団なら、1日三千トン近く必要なんだが
更に戦車安く?
ドイツやイギリス、アメリカでも数を揃えるには相当な金額が必要になるんだが
まさか他の国は安く作ってると思ってたのか?
117.名無しさん:2017年08月11日 17:29 ID:Edy5qYBu0▼このコメントに返信
太平洋とヨーロッパの戦車の目的の違う
ヨーロッパだと平地が多くて戦闘距離が1000m越える事態が多いが、太平洋だと長くても800m程度で、近いと数十m以下での戦闘もあるような地域だったんだが
なので、戦車より野砲や速射砲優先して生産されるようになり、戦車は本土決戦に向けて新造された
戦車は戦車しか相手するのではなく、ヨーロッパも太平洋も「歩兵の敵陣攻撃」を支援するのに使われたんだが
118.名無しさん:2017年08月11日 17:40 ID:r9mL3Z9s0▼このコメントに返信
※113
ブラックプリンス「僕の事も忘れないでー」

エゲレスさんは試行錯誤しまくった結果、簡単にシャーマンに搭載できる事に気がつきましたとさ
でもできれば自国生産の戦車に載せたかったんだろうなぁw
119.名無しさん:2017年08月11日 17:59 ID:l32OObC.0▼このコメントに返信
※118
あの国は良い戦車は素晴らしいのもあるんだけど迷戦車もあるからな・・・
下手したら変速レバーの操作で操縦手が負傷するヴァリアント歩兵戦車
エンジンより先に乗員がオーバーヒートする悪夢のカヴェナンター巡航戦車  
連続36時間重大な故障が発生せず稼働すればそれは奇跡と言われたクルセーダー巡航戦車とか
120.名無しさん:2017年08月11日 18:07 ID:.uZZ1UCL0▼このコメントに返信
ドイツが1台戦車を作る間にソ連は4台戦車を作っていた
生産力の差だよ
121.名無しさん:2017年08月11日 18:24 ID:kydwq7tF0▼このコメントに返信
※116
鉄の原価が戦車の価格のすべてなのか?
工作の手間もいろいろ込みだろうが
122.名無しさん:2017年08月11日 18:24 ID:r9mL3Z9s0▼このコメントに返信
※120
戦車に限らず、兵の数が圧倒的に少ないドイツにしてみればそうするしか無い
ソビエトがT34を4両作る間にキングタイガー1両作るしかないんだよ

それでも歴戦のドイツ戦車兵は数の不利を上回る立ち回りが出来た
しかしいかんせん、敵はソビエトだけじゃなかったんだなぁw
123.名無しさん:2017年08月11日 18:39 ID:9rp10doB0▼このコメントに返信
※53
だからコピー合戦って言ってるわけだぞ。
ただ、実情に合わせてどんどん進化するのに対して、日本の場合は進化の必要がなかったということだ。
オリジナルにする必要性がなかった。
124.名無しさん:2017年08月11日 18:48 ID:voWriFRD0▼このコメントに返信
※113
数は少ないけどアーチャー、ブラックプリンスと載せられることは載せられたんだけどね
ダンケルク撤退のせいでクロムウェル、チャーチル以外の車体がほぼなかったことと、
そのどちらも砲塔リングが小さい上砲塔が前についてたから、当時の設計では大口径の砲も長砲身の砲も積めなかったんだよね。
もし、レンドリースでファイアフライとアキリーズができなかったらイギリス戦車の前後がアーチャー式になってた可能性すらあるかも?
125.名無しさん:2017年08月11日 18:49 ID:.buU8W.h0▼このコメントに返信
ちなみにチェチェンやアフガンでロシア兵が装甲兵員輸送車の上にタンクデサントよろしく鈴なりになってるのは搭乗ハッチの位置が悪いせいで車内にいる方が危険だから
126.名無しさん:2017年08月11日 18:50 ID:cYTJiyB20▼このコメントに返信
>アメリカがいなければイギリスもソ連も負けてるよ。普通に

大西洋の戦いですでにドイツは負けてるんですが・・・バトルオブブリテンを知らないのかな?

イギリスに勝てない
 ↓
じゃあソ連を脱落させればイギリスも降伏するだろ?
 ↓
ソ連へ奇襲攻撃
 ↓
失敗
 ↓
独:電撃戦ドクトリンの失敗に気付く
ソ:機械化ドクトリンの復活
 ↓
後は一方的にサンドバック状態
127.名無しさん:2017年08月11日 18:55 ID:FHx8r1CO0▼このコメントに返信
戦車ばっか見てるからそんなアホな奴ばかりになる
なぜ、誰もタンクトランスポーターの重要性を論じないというのだ

アレが極めて重要な存在であるのは湾岸戦争でも立証済みだというのに
128.片隅にも負けたガルパン:2017年08月11日 18:55 ID:3GSISpGQ0▼このコメントに返信
また走る棺桶の話か。
129.名無しさん:2017年08月11日 19:06 ID:r9mL3Z9s0▼このコメントに返信
※127
ちゃんとタミヤのドラゴンワゴンもファモも作ったぞ
130.名無しさん:2017年08月11日 19:11 ID:Ezmc1ORG0▼このコメントに返信
製造年から見れば列強のと比べてもよく出来ている。
ただ問題なのは、陸軍がバカで、全く新戦車の重要性を一部の者を除き認識していなかったからだ(オイ車など)。
それは何故かと言うと、主戦場が中国大陸で、中華の中世そのまんまの連中相手だったからだ。
馬で来る軍閥の騎兵なんて、あの戦車でも無敵すぎた。
だが、WW2も逼迫してきて英米の最新戦車と直接対決になった時、20〜30年の技術差はどうにもならなくなっていた。
終戦間際に、英米を撃破できる戦車を試作機まではできたが、いかんせん遅すぎた。
 ↓
2: 2017/08/02(水) 07:44:14.721 ID:fvkvZrJ9a
日本の戦車ってなんであんなに脆いん?
131.名無しさん:2017年08月11日 19:11 ID:yExSnk.k0▼このコメントに返信
歩兵が随行しない戦車は、敵兵が持っている 対戦車ミサイルの的だよ
歩兵が戦車を守らないなら、戦車も歩兵を守らないのが 世界の常識
132.名無しさん:2017年08月11日 19:28 ID:r9mL3Z9s0▼このコメントに返信
※131
基本的にWWII以降の現代戦ではコンバインドアームズが基本だからね
そりゃそうなるわ
133.名無しさん:2017年08月11日 19:33 ID:qUglUOaD0▼このコメントに返信
※130
>陸軍がバカで、全く新戦車の重要性を一部の者を除き認識していなかった

これらを走らせる道が国内に事実上無かったので、大して必要とされてなかったんだよなあ。

本土の道路網建設を国主導で真面目にやってたら、雇用対策にもなって日本にはまた別の未来が
開けていただろうな。国防面でも有用なことだったのに。
134.名無しさん:2017年08月11日 19:34 ID:CWPL5Ck30▼このコメントに返信
※121
WW2の頃の戦車の価格は戦闘機の2~3倍。
135.名無しさん:2017年08月11日 19:48 ID:Ezmc1ORG0▼このコメントに返信
日本国内の発展の足を引っ張ったのは、チョーセンだ。日本で言えば弥生〜古墳時代で2千年間止まっていたからな。
チョーセン併合さえなけりゃ日本はとっくに超大国だわ(もしかしたら太平洋戦争自体なかった可能性もある)。
日本の国内ガーは全く関係ない。日本国土内で戦争があるなんてつゆほども想定されていなかったから。
いちばんの問題は、中華の遅れすぎた馬賊を陸軍は相手にしていたからだ。

※133
136.名無しさん:2017年08月11日 20:08 ID:CWPL5Ck30▼このコメントに返信
※135
結局、朝鮮を守るために満州まで出張ってったわけだからな。
今もクリントンがソウルの被害を慮って北朝鮮核施設への空爆をやめたばかりに現状に至る。
137.名無しさん:2017年08月11日 20:16 ID:YBF.UZh00▼このコメントに返信
ドイツはソビエトだけでも十分大変なのにアメリカとイギリスも相手に良くアレだけ粘り強く戦ったと思うよ
兵士の優秀さに関してはWWII中、随一だったろう

あ、あとカナダ軍もいたっけ
138.名無しさん:2017年08月11日 20:17 ID:RH3WS.qF0▼このコメントに返信
銀輪部隊の活躍は
戦前に東南アジアに自転車を輸出してたから、交換部品等が現地に豊富にあったおかげやで
139.名無しさん:2017年08月11日 20:31 ID:n3Zq3Ho40▼このコメントに返信
レンドリースのお陰でソ連の反撃が早まったのは間違いないけど、勝ったのはソ連の底力だよ。
そして日本がソ連に勝つ見込みはないよ。
後世の天才軍師君は出来ると言うかもしれんが、当時の日本陸軍は無理と判断してる。
140.名無しさん:2017年08月11日 21:14 ID:r9l83YnY0▼このコメントに返信
あたしのこと、みんなわすれてる・・・パンサーと4号H型の間くらいの火力と防護力あると思うんだけど。(コメットさん)

俺の前にチャレンジャーが欧州戦線に出現したんだって?(センチュリオン君)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
後、○○までは対戦車戦を想定しない戦車ばかりだったみたいな話・・・・。
大戦間でも対戦車戦能力向きの高初速砲(37mm~47mm)を積んだ戦車は、そこそこいたんじゃないかなあ。
それともあれはやっぱりトーチカを狙撃するための大砲なんだろうか?
マチルダやクルセイダーの2ポンド砲積んだイギリスの戦車とかチェコの38Tとか35Tとか、スエーデンなんかでも比較的長砲身で高初速砲(だいたい37mmから47mmぐらい)を積んだ戦車作った国は結構あるよ。
75mm短砲身積んだ4号戦車なんて設計当時なら今までにない大口径短砲身砲(75mm)搭載してたことになるんじゃないかなあ
古本屋で戦前に出た戦車の図鑑見たいのを見ると面白いよ。
googleでも tank inter war で検索すると結構おもろい画像がヒットする。
141.名無しさん:2017年08月11日 21:21 ID:AyoTaaeS0▼このコメントに返信
※104
CR.42「これでも初飛行は零戦と同期の最新鋭なんだから・・・」
142.名無しさん:2017年08月11日 21:21 ID:BYiwSIhs0▼このコメントに返信
案の定負け犬在庫が沸いてスレに関係無い戯言言っていて草。
143.名無しさん:2017年08月11日 22:07 ID:5ZjSAVol0▼このコメントに返信
※139
では冷戦で崩壊したのはソ連の何力ですか?
144.名無しさん:2017年08月11日 22:53 ID:LjUQbdeg0▼このコメントに返信
有色人種、アジア人として登場するのは日本だけかよwいかに白人支配時代かがわかるな
日本戦車が駄目だと連呼してる奴はきっとゲームでしか戦車データを知らないんじゃないか?
もちろん性能は低かったがそれがなぜかはコメントで説明されてるのに理解できていないようだ
145.名無しさん:2017年08月12日 00:55 ID:4GUxOAoO0▼このコメントに返信
※143
国民に魚油で我慢させても大砲を揃えようとしたのに、相手は大砲にバターまで揃えて戦争やりながら月まで行ってしまったでござ~る。
そのうえ世界の4大工業先進地域のうち、3つが相手陣営でござ~る。成り立ちからして脅威を資本家に与えまくっているからしょうがないけど。
146.名無しさん:2017年08月12日 01:14 ID:4GUxOAoO0▼このコメントに返信
※136
内鮮格差から労働者が流れ込む>治安上誠に由々しき状況>朝鮮にインフラ投資して雇用を無理やり創出>東北が後回しに成っちゃうけど何とかするからね>世界恐慌で……>東北『貧乏で……こうなったら娘売るしか……』『……お、おねえちゃーん』>成長して『これも国民を顧みない政治が悪いのです』『天誅―――っ!』>2.26へ……

草葉の陰の元勲『だからあれほど、朝鮮なんぞと係るなと……プルップルッ』>21世紀になっても貧乏神で疫病神であることは変わらず……
147.名無しさん:2017年08月12日 07:47 ID:LajgPiro0▼このコメントに返信
>>139
ソ連は単独ではドイツに勝てなかった
穀倉地帯とアルミ供給の8割の西部を占領されてしまったからね

英米はトラック以外にもソ連にアルミ地金を大量に供給しているし、穀物はじめ食糧も大量に援助している
あのT34も生産には大量のアルミが必要だったし、ソ連の航空機も木製部品で代替できるようにしたものが多いのはそれ
ソ連は戦後に飢餓が起こったりもしているしな
148.名無しさん:2017年08月12日 08:21 ID:6jFZAbzB0▼このコメントに返信
日本の戦車はネタにされやすいが、
広大な中国大陸や東南アジアの戦線では、空冷ディーゼルのおかげで大活躍だぞ
そもそも大発で戦車運ぼうとか、当時としては、まさか本当にやるとは、というレベル
149.名無しさん:2017年08月12日 09:23 ID:dQL5EeV50▼このコメントに返信
※27
ウソばっか、基本的にSS外人部隊には「義勇」とつく(第5SS装甲師団ヴィーキングのような例外あり)
SS装甲師団限定でも、ほかに第9SS装甲師団ホーエンシュタウフェン、第10SS装甲師団フルンツベルク、第12SS装甲師団ヒトラーユーゲントはドイツ人師団だ
150.名無しさん:2017年08月12日 12:06 ID:L8p0taNM0▼このコメントに返信
四式や五式作ってたやん。
戦局に間に合わんかったし性能的にも怪しい感じやったみたいやけど。。。
151.名無しさん:2017年08月12日 14:41 ID:q.UEeJY50▼このコメントに返信
※147
ドイツは日本が東方からソ連をけん制してくれれば、ソ連の戦力の分断が出来ると考えて同盟を結んだんだろうね。
だが、日本はソ連との不可侵条約を維持したのでかなり失望されたらしいし、今でも日本を裏切者呼ばわりするドイツ人もいる。
152.名無しさん:2017年08月12日 16:57 ID:4ObcBKSh0▼このコメントに返信
日本軍もノモンハン事件で対戦車戦が重要と気付く物の
予算配分を戦車開発に振り向ける余裕は無くほぼ放置した結果
どうにもならなくなった
153.名無しさん:2017年08月13日 22:28 ID:fa.M22Pf0▼このコメントに返信
※126
バトル・オブ・ブリテンの時点でイギリスはすでにアメリカからの支援モリモリだぞ。
スピットファイアが性能を発揮するために必要だった高オクタン燃料の自国精製量は
必要量に全く足らず、その大半をアメリカからの輸入に頼ってたのだし。
154.名無しさん:2017年08月15日 13:03 ID:JVTH91PL0▼このコメントに返信
負傷者を戦車に乗っけて運んでたらみんなあったかい排気口に無意識に集まって一酸化炭素中毒で死んだって話を本で読んだな

お名前