スポンサーリンク

2017年07月15日 10:05

昔の日本人って割と戦闘民族だよな

昔の日本人って割と戦闘民族だよな

05

引用元:昔の日本人って割と戦闘民族だよな [無断転載禁止]©2ch.net
http://hebi.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1499905810/

1: 2017/07/13(木) 09:30:10.698 ID:fg5EYf8v0
元軍の記録 「話が違う。あんな大軍が展開してるとは聞いてない」
         「てつはう使っても遠くから弓矢が飛んできてこっちの弓矢は届かない」
         「一晩に10艘は船が襲われて燃える」
         「捕虜盾にしても最初から捕虜ごと殺しに来る。船に捕虜縛り付けても捕虜ごと船燃やしに来る。あいつらは人の心持ってない」

2: 2017/07/13(木) 09:31:21.462 ID:MQSNIoXP0
捕虜は恥

3: 2017/07/13(木) 09:31:23.363 ID:SR7phNYj0
海軍……というか海賊がヤバかった

6: 2017/07/13(木) 09:32:34.356 ID:CCmbQ5we0
捕虜ごとはマジでヤバいな

8: 2017/07/13(木) 09:33:44.905 ID:KRtEHW5PM
日本人って今も昔も好戦的だよ
その結果空気読む能力が身に着いた

9: 2017/07/13(木) 09:33:53.433 ID:qmXmoOBP0
> 捕虜盾にしても最初から捕虜ごと殺しに来る。船に捕虜縛り付けても捕虜ごと船燃やしに来る。あいつらは人の心持ってない」


これってマジ?
鬼畜すぎやろw

16: 2017/07/13(木) 09:35:42.042 ID:fg5EYf8v0
>>9
マジだぞ
結構捕虜殺しエピソードに事欠かないのが昔の日本

11: 2017/07/13(木) 09:34:51.836 ID:iSGazQk7d
歴史とか良く覚えてないけど元寇だっけ?の記録?

16: 2017/07/13(木) 09:35:42.042 ID:fg5EYf8v0
>>11
それ

13: 2017/07/13(木) 09:35:14.567 ID:plbGgq1nM
あの頃の時代じゃどこも戦闘民族だったろ?

29: 2017/07/13(木) 09:38:06.891 ID:WF1UsSgH0
>>13
中国とか王朝が安定すると文官が強くなるからそうでもない

それで周辺国のキチ○イ戦闘民族にいつもやられる

14: 2017/07/13(木) 09:35:15.139 ID:KFxgD6lg0
しかしそう考えるとなんで今の時代の日本人は弱腰のヘタレになってしまったのか?

17: 2017/07/13(木) 09:35:48.074 ID:ruSzpOand
度胸と隊列が全ての戦列歩兵経験したことの無い国が言っても

19: 2017/07/13(木) 09:36:06.885 ID:xAkugz290
大名行列で頭上げたら
斬首なんでしょ

119: 2017/07/13(木) 10:25:20.129 ID:CCmbQ5we0
>>19
それは御三家だけ
御三家でも将軍直轄地ではそんな横暴は許されない
他は別にそうでもない

22: 2017/07/13(木) 09:37:04.468 ID:fg5EYf8v0
>>19
飛脚はおkみたいなルールなかったっけ?

28: 2017/07/13(木) 09:38:02.376 ID:xAkugz290
>>22
飛脚みたいに
右足と右手を同時に出す走法使うと
長距離でも疲れないっていうよね
マラソンランナーはマネしないのかな

37: 2017/07/13(木) 09:42:57.661 ID:s687RGovd
>>28
ナンバ走りといって普通に陸上部の練習メニューにある

120: 2017/07/13(木) 10:25:22.472 ID:W1sTBYofd
>>28
応用はしてるよ
ただ完全に両側の手と足を出すんじゃなくて肩を少し意識して出すことで体幹のねじれを抑制して疲労の低減につなげるそうな

20: 2017/07/13(木) 09:36:41.289 ID:S65Ouu9lr
捕虜を盾にする奴が人の心とか言ってもな

27: 2017/07/13(木) 09:37:58.687 ID:8fO1FDuQ0
>>20
こういうキレのある正論をパッと返せるだけのディベートに強い男に
俺もなりたい

21: 2017/07/13(木) 09:36:44.003 ID:iSGazQk7d
てつはう てなんだ?

24: 2017/07/13(木) 09:37:15.720 ID:trk/+cZUa
>>21
鉄砲みたいなもん

26: 2017/07/13(木) 09:37:44.854 ID:fg5EYf8v0
>>21
火薬武器
まあ要するに威嚇用メインの爆弾

30: 2017/07/13(木) 09:38:15.386 ID:XTZhsDxba
>>21
大きい爆竹
大きな音が鳴ることで相手の馬を驚かせることが出来る

31: 2017/07/13(木) 09:39:06.147 ID:fg5EYf8v0
>>30
まあ普通に徒歩で攻めてきたっていうな

124: 2017/07/13(木) 10:27:15.086 ID:CCmbQ5we0
>>21
もろい鉄の外殻の中に破片を積めて爆散させる対人兵器

手りゅう弾と一緒

25: 2017/07/13(木) 09:37:18.518 ID:TPQQFWyJM
内戦ばっかりしてたからな

51: 2017/07/13(木) 09:50:52.086 ID:UYq7/0kU0
9割以上が農民やん

58: 2017/07/13(木) 09:53:24.960 ID:mqiVpeEyM
>>51
農民(雑兵)だから

63: 2017/07/13(木) 09:55:54.539 ID:fg5EYf8v0
>>58
あいつら土地とか水とかで争ってたし割と兵士

77: 2017/07/13(木) 10:03:49.868 ID:E+YgaBJ60
戦国の時分なんかは最もたる戦闘民族だったよなと思ったけどそれ以前も色々とヤバかったわ

81: 2017/07/13(木) 10:05:12.013 ID:GSmXoca40
自分も戦国時代が凄いのかと思ってた
他の時代もやばいんだな

82: 2017/07/13(木) 10:05:18.481 ID:vEQLm7430
元寇の軍って無理矢理徴発された朝鮮兵だろ
しかも大した実戦経験もない

84: 2017/07/13(木) 10:06:09.932 ID:cdqBhxZY0
ヨーロッパ人たちの大航海時代の方がもっと戦闘的だろ
新天地を求めて航海して先住民をあちこちで皆殺しにして
財産を奪って地図を塗り替えてきたんだよ
戦闘的というか大虐殺の歴史と言ってもいいだろ
日本の話は一部を除いて国内オンリーだからな

90: 2017/07/13(木) 10:09:12.111 ID:cdqBhxZY0
スペインとかポルトガルとかって大航海時代無茶苦茶してただろ
生きたまま全住民を火あぶりとかガチの世界やん

96: 2017/07/13(木) 10:11:11.677 ID:UYq7/0kU0
>>90
イギリスなんて王室が海賊を公認してたしw
外国船は襲っておkw

103: 2017/07/13(木) 10:14:51.731 ID:ow4dpO+od
イギリスが私掠海賊認めてたのは
スペインポルトガルオランダとかの貿易船とか金銀輸送船を襲わせて国力下げるためだぞ

115: 2017/07/13(木) 10:22:29.173 ID:cdqBhxZY0
スイスほど卑怯でヘタレの国ないよな

117: 2017/07/13(木) 10:23:29.472 ID:r+pSx29O0
スイスは攻めるには難しくかといってそこまで重要でない位置なのも助けられて中立維持できたもんよ

121: 2017/07/13(木) 10:26:33.934 ID:zQX1sFM20
それだけ日本が先進国になったって証拠だな
未だに人を殺しまくってる民族は後進国ってわけだ

122: 2017/07/13(木) 10:26:41.954 ID:h0fyF4T40
アジアの国々は白人の植民地になって行ったのに
日本は一応植民地化はされなかっただろ
理由は何なの?

127: 2017/07/13(木) 10:29:43.934 ID:pLmsggyAd
>>122
あのころのヨーロッパって疲弊してて、力づくで植民地化するってより、宗教で骨抜きにしていくってのが常套だった
しかし、いいか悪いかは別にしても、日本の統治機構はしっかりしてたから(儒教・神道・仏教)、西欧諸国に入り込まれなかった

ただそれだけ

125: 2017/07/13(木) 10:27:36.686 ID:Zsp221h2a
やるときはやるってだけでしょ

128: 2017/07/13(木) 10:31:53.351 ID:r+pSx29O0
日本は一番遠かったってのもあるよね
中国が壁として存在してたから日本に行くためには東南アジア通って行くルートしかない

132: 2017/07/13(木) 10:41:42.643 ID:SJjBw7Gqd
>>128
中国はなんやかんやアジアの大将扱いされてて列強全てから狙われてたからな

日本は存在感なさ過ぎて後回しにしようとしたら以外と近代化して攻略難しそうだからやめたんだよね
中国は内輪揉めが無ければねえ

136: 2017/07/13(木) 10:56:48.748 ID:mqiVpeEyM
>>132
鎖国って言ってもあくまでも厳格な管理貿易程度の話だから、一世代遅れてる程度だったしな
少なくとも、たかだか数千人の兵士と数隻の軍艦では落とせないというのが薩英戦争を筆頭にした戦いで明らかになり
それなら外交とか知らん野蛮人に勝手なルール(不平等条約)押し付けて搾取した方が良いってなったっていう

その不平等条約もじきに解消されていくんだけども

147: 2017/07/13(木) 11:48:58.947 ID:gyEd+eKr0
ヨーロッパは戦争ばかりというが日本も同じ

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2017年07月15日 10:12 ID:0d0POvWx0▼このコメントに返信
捕虜を盾にって手に穴開けてそれで舟に吊るしてたんだろ元寇の連中
そんじゃ仕方ないわ 謝罪と賠償だな
2.名無しさん:2017年07月15日 10:15 ID:wJThdSms0▼このコメントに返信
昔から一線超えるまでは優しいんだよ
一線超えるまでは
3.名無しさん:2017年07月15日 10:16 ID:ryzO3bkv0▼このコメントに返信
日本の徴兵制復活で
戦闘民族の血も蘇ってしまう
日本の徴兵制を嫌がってるのはシナ朝鮮
4.名無しさん:2017年07月15日 10:18 ID:maUw5OjJ0▼このコメントに返信
日本人の大好きな同調圧力
狂気に向けば一億火の玉になるし
暢気に向けばみんな頭フットーになる
5.名無しさん:2017年07月15日 10:18 ID:NjZlaDId0▼このコメントに返信
文武両道。
6.古古米:2017年07月15日 10:19 ID:DBJ48zpP0▼このコメントに返信
銭湯に弱かった民族は、僻地に追い遣られたり絶滅しているよ。
アルゼンチンなんて、白人が先住民族をクリーニングして一人も居なくなった。
白人達がヒットラーに四の五の言うのは、鏡に向かって罵声を飛ばしてるだけな気がする。
7.名無しさん:2017年07月15日 10:20 ID:8OE0aoEY0▼このコメントに返信
?「た、隊長。敵が捕虜を盾に……」
露「撃て」
中「撃て」
米「撃て」
8.名無しさん:2017年07月15日 10:21 ID:AbcOL6Aq0▼このコメントに返信
百年近く続いた戦国時代がようやく終わりかけたのに
暴れ足りなくてそのまま中国と全面戦争になったからな
9.名無しさん:2017年07月15日 10:23 ID:PqWsOnKU0▼このコメントに返信
今の日本が各国の水準からみて、平和ボケし過ぎなだけ
未だに平和=非戦・非武装みたいなこと考えている奴いるからね
10.名無しさん:2017年07月15日 10:24 ID:IG54NddD0▼このコメントに返信
「揮刀如神」
日本の武士の刀術はまるで神の如しだ。
我々の明兵は武士を見れば皆身がすくみ逃げ腰になる。
刀術に優れた武士だが刀術だけではなく飛び道具の扱いも我が銃兵と互角である。
弓の扱いも我が弓兵と互角、そのほかあらゆる兵科と比べて不足が見つからない。
本当に日本人は殺戮者だ。その家には刀を持たぬものは無く、
子供の頃から剣術を鍛えられ始め、壮年にいたれば手に負えなくなる。
それゆえ接近戦は日本の武士に一方的に有利で明兵では相手にならない。
日本人を有効的にころせるのは火器のみである。
であるにも拘らず、多くの鳥銃を擁している場合でも勝てないのは外でもない。
日本人は戦いに臨んで命を忘れるが、我が明兵は戦いに臨んで恐れて逃げるため、
その鉛子は地に堕ち、あるいは薬線が法なく、手震え、目眩み、天を仰いで空しく発射する為である。
11.名無しさん:2017年07月15日 10:24 ID:3sKKvZQQ0▼このコメントに返信
言っとくけど最近流行ってる本スレ1コピペと元寇の最新の研究題した打線コピペは史料には無い話ばっかりだぞ
元寇は普通に日本軍の勝ちだった、武士はドラマみたいなお利口さんじゃなくって基本ヒャッハーだったっていう話中途半端にかじった奴が
面白がってヒャッハーさを過剰に強調したコピペを史料無視して作っただけ
嘘が広まるって意味では神風なみに迷惑なコピペ
夜襲しまくったとか言ってるけどそもそも元寇では記録上一度目は全く、二度目もほとんど夜間の戦闘は発生していない
12.名無しさん:2017年07月15日 10:24 ID:7XMTrujc0▼このコメントに返信
戦国時代のは白人がフィリピン、中国まで行って銃売って人身売買して麻薬ばら撒いてったから迎撃しにいっただけやで。
13.名無しさん:2017年07月15日 10:26 ID:5Kz4NI.M0▼このコメントに返信
>日本人って今も昔も好戦的だよ
>その結果空気読む能力が身に着いた

これは本当にその通り。
やたらと協調性が強調されるのは、そうやって常に意識していないとすぐに喧嘩始めるから。
日本人は大人しくなんかない。
14.名無しさん:2017年07月15日 10:27 ID:PJIvouIL0▼このコメントに返信
元寇なら時期的にここで一発いいいとこ見せて土地ゲットっていう功名もあったんじゃないの
15.名無しさん:2017年07月15日 10:30 ID:jHfZ.TRg0▼このコメントに返信
国を守るということすなわち戦いなんだよ。
平和時だってビジネスとはそれ。戦いの仕方が変わっただけの話だ。で、内政に関しては利権争いで狭い範囲で戦ってるそのために国民を犠牲にしてもね。それが官僚なわけ。
そういう事を理解しないままのボンクラ野郎は官僚の洗脳を受け、官僚の内政感覚を常に戦わなければ潰される民間に押し付けてるわけだ。
それすなわち公務員のためだけのサボタージュ利権なんだけどwそれを理解できない人が多すぎてウンザリするわw
ブラック・ブラック連呼してれば気が収まるのかねぇ戦う先を間違えたまま良い様にあやつられる気分はどう?
16.名無しさん:2017年07月15日 10:30 ID:qTr7il.40▼このコメントに返信
仲良くゴルフ勢が多いけど
上場企業の上位層でも大概武道家がいるからな

街中にも見た目普通な感じでも技量はやばいの腐る程いるから
大人しく頭をたれて日常を生きとけってこった
17.名無しさん:2017年07月15日 10:32 ID:VySVHkbT0▼このコメントに返信
おまけに首狩民族だったしなあ、敵味方問わずに首大事で。
18.名無しさん:2017年07月15日 10:32 ID:HVejprSo0▼このコメントに返信
異常じゃなきゃ突出してないわな
対等に気兼ねなく話せる相手もいない、仮面夫婦どころか仮面人間だし
最適化したら後はそれを繰り返すだけなのに、性格面で仮面人間らしくねちっこく文句を言い続けるからな
19.名無しさん:2017年07月15日 10:33 ID:aBL5COcW0▼このコメントに返信
※6
それアルゼンチンに限らずアメリカやブラジルのようなアメリカ大陸移民国家やオーストラリアも同じ
20.名無しさん:2017年07月15日 10:35 ID:z.MZDyhs0▼このコメントに返信
室町幕府が不安定で、何気に南北朝期〜
江戸幕府まで内戦に次ぐ内戦だからな。
250年戦い続けたようなもの。
封建的な考えや切腹の習慣もその頃にできた。
21.名無しさん:2017年07月15日 10:37 ID:m5N3DOyV0▼このコメントに返信
日本人の本性って、獰猛なオオカミだと思います。
ふだんは柴犬しているけど、「こりゃ、やらないといかん・・・」と腹をすえると、
トラさえ倒すオオカミに変わる。

半島人は、これを理解出来ませんね。
22.名無しさん:2017年07月15日 10:38 ID:AjYFkumt0▼このコメントに返信
日本は戦争で優秀な人ほど先に死んだから今は腰抜けとその子孫しかいない
支那チ.ョンをネットで罵倒するだけで選挙にすら行かない
23.名無しさん:2017年07月15日 10:38 ID:ulwD6CVs0▼このコメントに返信
あくまでも一部の話。
森の中のちょっと変わった木。
このスレも釣りすぎてw
24.名無しさん:2017年07月15日 10:39 ID:9mGoqEoi0▼このコメントに返信
今も戦闘民族の方と思うアルヨ、ロシア人ほどじゃなくとも。

頭が単純な人ほど、戦闘に向いていると思う。
25.名無しさん:2017年07月15日 10:41 ID:9mGoqEoi0▼このコメントに返信
※22
それは戦争するどの国でも同じだ。
26.名無しさん:2017年07月15日 10:41 ID:Jf.Req8X0▼このコメントに返信
大陸は物欲支配欲の為に戦闘するけど、日本人は戦闘そのものが目的になってる感じがある、戦国時代なんか陣取りはただの口実で本当は戦がしたかっただけだろ
多分今の日本人もいざ戦争になったら、あっさり昔みたいな戦闘狂に戻るだろうよ
27.名無しさん:2017年07月15日 10:42 ID:IG54NddD0▼このコメントに返信
頭が単純だったら。まず戦争で勝てない。

28.名無しさん:2017年07月15日 10:44 ID:gvEEZR0Q0▼このコメントに返信
海賊、山賊、馬賊・・・
他所からすれば、どこからどう見ても賊でしかない民族でも、
多くの場合、本人たちには自覚がない。
29.名無しさん:2017年07月15日 10:44 ID:1lLAICeh0▼このコメントに返信
>>6
お風呂好きがいちばんということか。
ローマも強かったものね。
30.名無しさん:2017年07月15日 10:48 ID:oSe1o.2C0▼このコメントに返信
なんで今日の日本人は戦争を逃げまくっているんだろうね???
世界はどうなっている

31.名無しさん:2017年07月15日 10:48 ID:EW8KZP4R0▼このコメントに返信
うーんこれはサイヤ人
32.名無しさん:2017年07月15日 10:52 ID:1V5NSTvQ0▼このコメントに返信

   ̄ヽ、   _ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     `'ー '´
      ○
       O
            ,-―-、 _
           /     ) ノ\
           ⌒ヽ _ノ  ̄\ノ\
                     `lノ.|
                      |-_|
             _      _   /\|
            | |,≦三//二\/
           _ ヘ〉  ̄ ̄' 'ヽ__y|  と思うザリガニであった
         , ヘ`/_/_   |ニヽヾ 、
      /⌒ )二=((.・X ・) >-<7 ヽヽヾ 、_
   //\ノ     ` ̄ ̄´  / ̄ iヽ=ヽ-
  |///          //\ノ
      ̄           |///
                   ̄
33.名無しさん:2017年07月15日 10:55 ID:8Epbot.b0▼このコメントに返信
今も昔も、卑怯な振る舞いとかしたら先祖から末代に至るまで叩かれるからな。
それは傍から見りゃフロイスが書いたように何よりも名誉を重んじるに繋がっていくんだろうし、
中から見りゃ恐ろしく強い同調圧力ってのに繋がっていくんだろう。

だから、いざ戦争、となったら日本人の大半は死ぬまで戦う忠誠心の高い兵隊に化ける。
特攻隊だって、いろんな史料見たら結構な数の人が死にたくないって書き残しながらも、
みんな名誉を重んじて特攻機で突っ込んでいったわけだし。
34.名無しさん:2017年07月15日 10:56 ID:WWVMt90Y0▼このコメントに返信
銭湯とはなんであるか? 山中

はっ、料金を取って浴場を提供する業態でありますっ!
35.名無しさん:2017年07月15日 10:57 ID:W1z.XtvX0▼このコメントに返信
※2
そうだな
一線越えたら遺憾の意って言っちゃうもんな
36.名無しさん:2017年07月15日 10:57 ID:tMFjJ.BL0▼このコメントに返信
※30
昔もそうだよ。

特にお上が平和主義でギリギリまで話し合いで解決しようとして
温厚な日本人もさすがに我慢の限界に来て征伐をする。

それが本流。

37.名無しさん:2017年07月15日 10:58 ID:3SYEz57N0▼このコメントに返信
昔の日本人は相当に強かったらしいね
外国船に傭兵として雇われた記録もあるが
相当の物だったらしい
38.名無しさん:2017年07月15日 10:59 ID:4s2N9z5A0▼このコメントに返信
>「てつはう使っても遠くから弓矢が飛んできてこっちの弓矢は届かない」
これはぜんぜん違うぞ
元側の矢は鏃が軽かったので遠くまで届きまた鏃に毒を塗っていた、一方日本側の矢の鏃は重かったため遠くまで飛ばなかったが相手の鎧や盾を貫くことができた、だ。
誰かがコピペの途中で故意か過失か分からんけど間違えた文を挿入してしまったんだろう。
39.名無しさん:2017年07月15日 11:00 ID:oSe1o.2C0▼このコメントに返信
うそつけ
大半の日本人はいざとなったら逃げると言っている
40.名無しさん:2017年07月15日 11:01 ID:V.J3VIDz0▼このコメントに返信
特に九州系がヤバい、様々な時代で狂気を感じる
41.名無しさん:2017年07月15日 11:02 ID:XnEYc.560▼このコメントに返信
実は戦闘民族やからな、戦国、幕末、近代‥……江戸期くらいやからな平和ボケかましとったのは。
42.名無しさん:2017年07月15日 11:03 ID:sDOGsZTR0▼このコメントに返信
価値基準の問題だと思うけど。
農民を盾にされても、外敵お払う方が優先されただけだし「その手が使える」となれば被害も拡大。
「ジンケンガー」と叫び暴れる奴も居ないし、一揆を恐れる必然性もない。
それほど異常な事ではないだろ。
43.名無しさん:2017年07月15日 11:03 ID:rZoK3tJG0▼このコメントに返信
ちなみにスイスこそ実は軍事国家
永世中立…誰も助けない代わリに侵略を受けても助けを求めないと言う意味だから、
国民全員が軍人(または予備兵)。
観光と言うオブラートに包んでいるがね
44.名無しさん:2017年07月15日 11:03 ID:0Ga6YNOD0▼このコメントに返信
日本以上の戦闘民族って山ほどいてるから日本人ってドラゴンボールで言うところヤムチャレベル。

ブリカスやフラカスには勝てるけど、ジャーマンポテトや冷凍ボルシチ野郎に勝てないことは勿論の事、アメカスにすら戦闘民族レベルは劣っているぞ

宇宙一の戦闘民族はサイヤ人でなくセルビア人とクロアチア人。WW2のバルカン半島情勢を現地視察したヒムラーが泡を吹いて倒れ、多くのドイツ軍人もドン引きしてしまう惨状が繰り広げていた。ハンバーグ用挽き肉(人肉)が店頭にならぶなど(半分嘘)中国人すら引いてしまうエグイ事象が多発した。
45.名無しさん:2017年07月15日 11:04 ID:8Epbot.b0▼このコメントに返信
※38
射程距離は運動エネルギーと空気抵抗が問題だから矢や鏃の軽さって余り関係なくね?
いや、勿論バランスの問題で影響がゼロとは言わんけど、弓が与える運動エネルギーを考えると
馬上用の短弓メインの元軍と、世界的に見ても有数の長弓である和弓使ってた日本軍だと、
カーボンとかよっぽどいい材質使ってない限り和弓の方が有利になると思うんだけど。
46.名無しさん:2017年07月15日 11:05 ID:nc.ZPSHq0▼このコメントに返信
中国、朝鮮、ロシア人に舐められぱなし
昔の「戦闘民族日本人を思いだせや
47.名無しさん:2017年07月15日 11:06 ID:CmACWgtC0▼このコメントに返信
戦列歩兵をやたら押してるアホがたまにわくけど、アレも結局「単純な訓練である程度戦果を上げやすい」戦法であって、
兵の単価が安いからこそ使える戦法でしかないぞ。早い話が、人海戦術を、ある程度効率よく運用しただけ。
相手が火砲を用意した時点で、どんなに工夫してもただの無謀な突撃に成り下がる。

そんなもんをありがたがってもなあ。
48.名無しさん:2017年07月15日 11:07 ID:uZBSPf080▼このコメントに返信
「戦闘」は出来るけど「戦争」はできない民族だよね。
この場合の「戦争」というのは、予め戦略目標を設定して、それを達成するために行う
戦闘行為から政治経済まで包含した一連の行動の事を言う。

日本の歴史上、この諸外国で言う処の「戦争」がマジで出来たのは豊臣秀吉だけだと思う。
49.名無しさん:2017年07月15日 11:07 ID:bCIIre6E0▼このコメントに返信
※30
突然の黒船来航でおろおろしてた幕末の頃と同じだろ
外敵の脅威もなく太平の時代が長く続けばみんな平和ボケする。

でも、そのあとで覚醒(明治維新)して一気に近代化したし、
現実の脅威が目の前にあれば意外と早く考え方を切り替えられるのが日本の長所かもね。

今の日本で言うと、憲法9条の改正が一つのターニングポイントになるかも。
50.名無しさん:2017年07月15日 11:07 ID:x1LNZO1K0▼このコメントに返信
まあ、あれだ

平和が一番!
51.名無しさん:2017年07月15日 11:09 ID:PkU5HzPF0▼このコメントに返信
日本人の意識改革(武断→文治)をしたのが綱吉っていわれてるね
生類憐みの令ってこれが目的だったらしい
52.名無しさん:2017年07月15日 11:10 ID:3sKKvZQQ0▼このコメントに返信
※38※45
戦術の違いもあるからな
当時の日本は馬上近距離射撃が主流だったろうから和弓は遠く飛ばないって書いた史料が参考にした元兵が弓が射程短いからだと勘違いしてた可能性とかもある
53.名無しさん:2017年07月15日 11:13 ID:Zee7rt9m0▼このコメントに返信
牙を抜かれたのは戦後70年くらいよ。それまではずっと狭い島国の中で内戦を延々続けてきた戦闘民族やぞ。
54.名無しさん:2017年07月15日 11:17 ID:sDOGsZTR0▼このコメントに返信
戦国期を除けば、切羽詰ってから外科的手法に突っ走って「ブレーキーが効かなくなる」の繰り返しだと思うふ
55.名無しさん:2017年07月15日 11:17 ID:viOWA6Vp0▼このコメントに返信
欧州の侵略は只の雑魚狩りだから好戦的とは違う気がする
56.名無しさん:2017年07月15日 11:18 ID:0Ga6YNOD0▼このコメントに返信
チートを持つチトーが政権を握るまでセルビアもクロアチアも外交的に妥協を計ろうする政治家がいるとあぼーんするし、セルビアなんて王と女王をゴミの様に○すし、トルコからオーストリアの領土になったときにある地域に派遣されたオーストリアの役人の目の前で現地で埋葬されたトルコ兵の遺骸を墓から引きずり出してその役人を脅すし、本当に酷い。自由戦士って言葉が自由に人をコロコロする&出来る戦士の事かと文献を読む度に勘違いしてしまう。
そして何が酷いかって、ある一時期セルビアもクロアチアも「俺達の本当の領土はバルカン半島全部」となっていたこと
57.名無しさん:2017年07月15日 11:19 ID:ORFxDegL0▼このコメントに返信
まーた日本ホルホルか
58.名無しさん:2017年07月15日 11:20 ID:igJfmKqF0▼このコメントに返信
※44
どっちかというとドイツ人よりはるかに上。
装備や数が同格ならドイツ人なんかじゃ日本人にはぜったいに勝てない。

ロシア人は戦闘民族でもなんでもないよ。
自国のなかでボコボコにされながら退却して冬を待つだけ。

日本民族に匹敵するほどの戦闘民族は、スウェーデン人、フィンランド人、グルカくらいでしょ。
59.名無しさん:2017年07月15日 11:21 ID:5cRVZb4p0▼このコメントに返信
>捕虜盾にしても最初から捕虜ごと殺しに来る
テロの人質になったのに冷たいのはこのへんからだな
60.名無しさん:2017年07月15日 11:22 ID:tMFjJ.BL0▼このコメントに返信
※48
つ日清戦争
つ日露戦争


秀吉の朝鮮征伐は「戦争」というより一種の公共事業

61.名無しさん:2017年07月15日 11:23 ID:5cRVZb4p0▼このコメントに返信
※58
日本は戦略面で無能揃いだから無理だろ
62.名無しさん:2017年07月15日 11:25 ID:lCnNVayF0▼このコメントに返信
あれだろ?
今の日本は額に絆創膏貼った状態で
絆創膏がはがれると戦闘民族に早変わりするんだろ。
63.名無しさん:2017年07月15日 11:25 ID:WouYpRI30▼このコメントに返信
「 強国に囲まれた島国という共通点をもつ日本に英国は見習うべきではないか?日本の成功した原因を考えてみるに、そのほとんどは日本人全体にある軍人精神と自己を犠牲にする愛国心とにもとめられるだろう。

どのようにして日本の連中はそんな愛国心を抱くようになったのか。アッパークラスの少年が、父祖である侍(つまり、日本の騎士)の騎士道を学び、大きくなればそれを実践し、さらにはミドルクラスやワーキングクラスに教えたからである。つまり、彼らは子どものときに始めているのだ。
われわれのイングランドにも、中世の騎士のなかに振り返るべきすばらしい先祖がいる。しかし、わたしたちは、彼らのまねをすべきなのに、そうしていない。
もし子どものときに、先祖の愛国心を学び、その名誉と自己犠牲という理想を実践に移せば、われわれも日本人と同じくらい、どんな外国の侵略にも負けない強国になるにちがいない。 」

ベーデン=パウエル 1904年
64.名無しさん:2017年07月15日 11:26 ID:WouYpRI30▼このコメントに返信
※61
おまっw

それはドイツ人
65.名無しさん:2017年07月15日 11:26 ID:UvYZqag00▼このコメントに返信
昔はどこの国も戦争をやって領土を拡張しようとしていた。

日本人は基本的には農耕民族で草食人種だから、チンギスハンのように
戦争に負けた相手をミナ564にするようなことはなかった。
66.名無しさん:2017年07月15日 11:28 ID:T6Gy.qBu0▼このコメントに返信
※43
生業が傭兵派遣だった時代もありますからね
67.名無しさん:2017年07月15日 11:28 ID:kmw1CBf30▼このコメントに返信
「肉弾」桜井忠温

日露戦争の激戦地・旅順での体験を『肉弾』として刊行。
16ヶ国語に翻訳され、ドイツ皇帝はドイツ全軍の将兵に必読書として奨励。

アメリカのセオドア・ルーズベルト大統領から
「予はこの書の数節を我が二児に読み聞かせたが、
英雄的行為を学ぶことは一朝有事の時に際して、
一般青年の精神を鼓舞すべきもの」という賞賛の書簡が寄せられた。

ドイツ語版は1940年に再販された。
三国同盟を契機として、再びドイツ人のあいだで
日本軍人への尊敬と評価が再燃したのである。
68.名無しさん:2017年07月15日 11:29 ID:.gXm6hz50▼このコメントに返信
日本が悪く言われても許す一度目から三度目辺りは許す、日本を他国が挑発しても許す、日本人が殺されても一応許す、何をしても許す、でも我慢の限界を超えたら突然暴れだすのが毎度の日本人
69.名無しさん:2017年07月15日 11:30 ID:0Ga6YNOD0▼このコメントに返信
独ソ戦とかお互いに人を○すためだけに戦争をやっている感が強くて有史上一番最悪。
奴隷制解放と言う建前だけで、同じ国民同士が近代戦を繰り広げるお笑い内戦。ただ、タヒ傷者数が笑えない。アメリカ連合に黒人兵がいて、少なからず南部自治独立の為に戦っている。
70.名無しさん:2017年07月15日 11:32 ID:8BBip3f80▼このコメントに返信
旅順攻防戦の日本兵なんか化け物だもんなあ・・・

あの要塞を征した日本人はすごいと全世界が尊敬したのも分かる。
71.名無しさん:2017年07月15日 11:33 ID:N134.Jmq0▼このコメントに返信
昔の日本には

ギュリちゃんと キムハヌルちゃんが 来なかったからな
72.名無しさん:2017年07月15日 11:36 ID:4s2N9z5A0▼このコメントに返信
※45
弓の張力は同じ素材の弓だったら長いほうが強くなるけど、中央アジアで使われていた動物の腱などを使った合成弓は全長90cm程度のモノでで500m近く飛ばすことができたそうだし
元と日本の弓はどちらも合成弓ではあるが、動物素材を使っていたであろう元側の合成弓と、植物素材メインの和弓は実はそれほど張力に差がなかったのではないかと
そして軽すぎない物体でもないかぎり、同じ力で打ち出せば飛ばす対象は軽いほうがより遠くへ飛ぶ

鏃が重い理由は全くの推測だけど
和弓は当時の大鎧相手に射撃戦をするという日本の合戦に合わせて調整されていただろうし、そのため鏃が必要以上に重く進化したのではないかと思ってる(もちろん複数種類の鏃はあっただろうが、主に使われる鏃が)
73.名無しさん:2017年07月15日 11:36 ID:z.MZDyhs0▼このコメントに返信
※48
徳川も戦略すごいんじゃね。
大阪夏の陣冬の陣なんかなかなか。
豊臣方の武将も外交で大半味方にしてるし、
外堀埋めてから、総攻撃とかさ。
戦後も300年の幕藩体制構築で完璧。
74.名無しさん:2017年07月15日 11:39 ID:.bTk374L0▼このコメントに返信
薩摩が頭おかしいだけで日本全体を戦闘民族としてみないでくれるかな
75.名無しさん:2017年07月15日 11:44 ID:XoL.LfNZ0▼このコメントに返信
※45
弓の素材の違いもありましてね、元軍の弓は短くてもニカワ等の素材を組み合わせた複合弓で射程も充分あったのですよ
短くしたのは元軍の騎兵が広い土地で機動力を生かしたヒット&ウェイが主戦法の軽装騎馬弓兵だったからです
戦場を動き回っては弓で撃つので右左どちらにもすぐ撃てるようにとの工夫の産物ですな

対する日本の騎馬武者は馬を重装騎馬弓兼騎兵で騎乗するのは重装備で広範囲を移動するため
まず弓を最初に撃ちその後は太刀等へと持ち替えての突撃、なんで用法が違うっていうのもありますな

尚元軍との戦いでは最初はそれまでの日本の戦争ルール(「やぁやぁ我こそは」とかの名乗りなんかがそう、まあこれも誤解されている事が多いけどw)で相対したら元軍から「そんなもの知るか」と攻撃されたので
「向こうがルール無視ならこっちもルール無視の残虐ファイトOKだよね!」となったのもあってだな・・・w
76.名無しさん:2017年07月15日 11:47 ID:0Ga6YNOD0▼このコメントに返信
近代の日本って基本、軍事より外交を中心に考えてきたからそこまでの戦闘民族ではないぞ。無能中の無能と言うのが失礼に当たるぐらいにレジェンド級無能のウッチーが外務を握っている間だけ日本がくるっているだけだぞ

ドイツの戦闘民族っぷりはドイツ30年戦争の時からのお家芸だから。人口の半分がタヒ滅したとか有り得ない。あとアメリカ独立戦争の時にイギリス側に多くのドイツ人傭兵がいたから。
ロシアはあのモンゴルを追い出す&取り込む事に成功した戦闘民族。兵士の命が軽い事は分かる、ただ、ソ連の場合はエリート部隊の命までもが軽すぎるのは流石に。
77.名無しさん:2017年07月15日 11:48 ID:22RF9rXq0▼このコメントに返信
一番狂ってたのが鎌倉武士、そのトップが源氏
なお源氏は戦闘民族すぎて嫡流は身内でのすさまじい殺し合いの果てさっさと途絶えた模様
78.名無しさん:2017年07月15日 11:54 ID:u7r.3Eq30▼このコメントに返信
>>度胸と隊列が全ての戦列歩兵経験したことの無い国が言っても

ああいうのは素人をそれなりに使える様にする戦術。勇気があったとかそう言う話じゃない。
わざわざそう言う事しなくても「行け!」と言われたら行くから。
ソ連や中国見たいに、味方が後ろから狙って突撃させたりする必要もない。

兵士としての精神性や資質は高いから、アメリカやヨーロッパだけじゃなく中東、アフリカ何かで侍や日本兵は「戦士」として尊敬されてる。




79.名無しさん:2017年07月15日 11:56 ID:hCJfSNU.0▼このコメントに返信
※76
そもそも日本が「狂っていた」と言ってる段階で無知。

ドイツ人は戦闘民族というよりも、無能な勤勉さで突き進んで、
そのわりにけっこう弱くて負けてきた連中。
80.名無しさん:2017年07月15日 11:59 ID:lFCQkAvo0▼このコメントに返信
結局、日本民族を超える戦闘民族はいないということですね。

グルカがもし近代文明を持っていたら、すごいかもしれんけど、
そのグルカでも特攻するほど精悍で偉大とは思えない。
81.名無しさん:2017年07月15日 12:02 ID:8SHntBa70▼このコメントに返信
日本人&チュートン騎士団

ほかは二軍、三軍
82.名無しさん:2017年07月15日 12:09 ID:bT1ZOJuf0▼このコメントに返信
 戦争ってのは昔も今も「経済力」がカギなのに、戦闘力に拘るってのもおかしな話なんだけどなぁ…

日本人は別に戦闘民族じゃ無いべ?・・・単に普段から凶悪な自然災害って慈悲も情けも無く縦横無尽に暴れまくる存在と対峙してたから
 命がけで生き残る最適解を突き進んだだけでさ
洪水や土砂崩れは、降参したらかって止まってくれません
83.名無しさん:2017年07月15日 12:13 ID:0Ga6YNOD0▼このコメントに返信
日本とドイツを比べるのは流石にドイツに失礼。ドイツって装備がかなり貧弱なのに装備が充実していたフランスに勝利したし、物資も工業も技術も豊富なブリカスも押されていた。なお、ソ連戦ではドイツ軍がヘタレアとハンガリネズミに助けてもらっていた。ただルーマニア。

スウェーデンはただの運。鉄鉱石の炭素含有量が結構良かったために鉄製大砲というチート武器があったから

フィンランドはソ連の兵も将校司令官もヨシフも雑魚だからあてにならねぇ。ヨシフが自身の軍事に対しての無能さを悟った瞬間からソ連軍が糞強くなる謎現象が引き起こし、巻き返されたやん。あれで踏ん張れたらスゲーってなるけどね。なお両軍の戦タヒ比率。
ソ連って基本少年漫画的展開をしたいと自発的に考えている稀有な国。油断(粛清)、敗北(粛清)、努力(粛清)、勝利(シベリア送り)みたいな。

グルカ兵ってイギリスの戦略が卓越していて彼らの得意な場所を提供して初めて本領発揮しているイメージがある。イギリスがロジスティ面でミスるとグルカ兵って負けるやろ
84.名無しさん:2017年07月15日 12:18 ID:2KiRACzZ0▼このコメントに返信
やっぱり日本人が別格な感じはするね。
青島で情けなく白旗あげて降伏してきたドイツ兵とか見ると。

日本人だけが別格で、あとは欧州は日本人なみでなくともどの民族もそれなりに強い。
85.名無しさん:2017年07月15日 12:25 ID:BnV18qgy0▼このコメントに返信
何が人の心だよルール無用の殺し合いを望んだのはお前らだろうに
86.名無しさん:2017年07月15日 12:26 ID:07ZPtxVV0▼このコメントに返信
江戸時代入るまで
農民といっても帯刀してて
隣の村と水利権で殺し合いする様な
奴等だからな
87.名無しさん:2017年07月15日 12:27 ID:ppt9hOGL0▼このコメントに返信
※83
全体に幼稚だし、「ただの運」とか「イメージがある」で片付ける低脳の主張なんか韓国猿の寝言なみに馬鹿馬鹿しい。
日本サゲ目的の汚物顔民族と呼ばれても仕方ないぞ。
88.名無しさん:2017年07月15日 12:29 ID:0Ga6YNOD0▼このコメントに返信
レジェンド級無能のウッチーの外交の舵取りが糞過ぎて日本が、かなり追い詰められて切羽詰まったことを知らないから、日本がくるったことについて否定的な事が言えるんだぞ。ウッチーのリットン調査団の対応が本当に糞過ぎる。あれさえミスらなければ、第二次世界大戦って多分起きてへんやろ。国際連合で唯一まともな国がイギリスと日本しかいない現状でその片方が抜けるって世界規模の安全保障で考えれば本当に万タヒに値する無能。イギリスが表の外交で言っている事を真面目に捉えて逆上する外交スタンスとか無能の極み。
なお、城山史観によるとウッチーは有能で素晴らしい外交官で外交官の鏡だそうです(あれこの時代にまえかwAさん?)
89.名無しさん:2017年07月15日 12:32 ID:IBwBpa7s0▼このコメントに返信
鎌倉武士とか言う、世界最強の蛮族
90.名無しさん:2017年07月15日 12:32 ID:.GZUKVsJ0▼このコメントに返信
良くも悪くも雰囲気に流されるよな。多分何かきっかけがあれば数百年後には「あんな平和ボケしてたのに」とか言われる
91.名無しさん:2017年07月15日 12:37 ID:5cRVZb4p0▼このコメントに返信
そもそも日本人の9割が農民な農耕部族なのに
戦闘民族というのがよくわからんわ
92.名無しさん:2017年07月15日 12:41 ID:0Ga6YNOD0▼このコメントに返信
スウェーデンはマジで運。三連隊って当時で考えれば、凄いとは思うが、あれって時代にあってない。神聖ローマ帝国のカトリックなのに地動説大好きおじさんを何度負かしても、あのおじさんが農民や傭兵を次々に仕入れちゃうから消耗戦を強いられて敗北したじゃん。スウェーデン王も現地で積極的に徴兵を出来ていれば勝てたんちゃう。自分が定めた最強の軍事システムに足を引っ張られただけやん。
93.名無しさん:2017年07月15日 12:41 ID:07ZPtxVV0▼このコメントに返信
※91
その農民が武器持って戦ってた
アメリカの西部開拓民みたいなもん
94.名無しさん:2017年07月15日 12:42 ID:5cRVZb4p0▼このコメントに返信
※93
江戸時代は戦ってないぞ
95.名無しさん:2017年07月15日 12:52 ID:0Ga6YNOD0▼このコメントに返信
※87
汚物顔族の認定を頂きました。あざっwwす。

日本人は出来るだけ戦争を避けて来て独自の繁栄を遂げたのにその事に目を向けないで特に激しかった争いだけをクローズアップして「日本人は戦争民族、戦闘民族」とする風潮こそ日本を侮辱している。
96.名無しさん:2017年07月15日 12:54 ID:g0HUjV1h0▼このコメントに返信
※39
国の為には戦わないが、家族の為なら死ぬことも厭わないって事だ
日本人の精神だよ
外人には分からなくて結構だ
97.名無しさん:2017年07月15日 12:55 ID:0Ga6YNOD0▼このコメントに返信
※94
大塩さんを忘却してはダメです。なお半日のみ。ただ、影響が大きい
98.名無しさん:2017年07月15日 12:56 ID:Fdxp0qUO0▼このコメントに返信
農耕民族だからこその強さと非情さなんだぞ。
農耕民族は土地を取られたら一族の全員が餓死するから族滅になる。
だから必死に土地を守ろうとする。
例え一族の当主が人質にされてもな。

逆に狩猟民族はぶっちゃけ何処でも狩りが出来れば生きていけるから土地の拘らない。

だから、内で争っていても、外国が手を出してくると、途端に協力して戦い始める。
99.名無しさん:2017年07月15日 12:57 ID:0Ga6YNOD0▼このコメントに返信
※96
パトリオットとジェントリーとナロードって知らないのか?
100.名無しさん:2017年07月15日 13:00 ID:POzlTFGG0▼このコメントに返信
戦闘技術は普段から訓練しないと身に付かないから現代日本人は弱い
兵隊として優秀な性格持ちが多いだけだろ
突然キレるのなんのも交渉手段の違いなだけだし

例えば交渉は話し合いで武力に訴えるのは交渉できない相手だけとか
小競り合いも交渉手段に含むか
威嚇だけで実力行使は避けるか
ただの文化の差じゃないのそれ
101.名無しさん:2017年07月15日 13:06 ID:H6qJG.rR0▼このコメントに返信
※100
そう。適性があっても結局の所、その技術がなければ意味はない。
102.名無しさん:2017年07月15日 13:11 ID:E9spBHG90▼このコメントに返信
昔から、日本の人質なんて「裏切ったら〇〇してもいいですよ」で、身をささげる為に送られる命がけのの担保だからなW
その風習か今でも「人質に取られるくらいなら〇ね!」が本音の日本人だもんな。
おまけに、「あきらめて自決するな!生き延びて少しでも多く相手を〇〇しろ!」だろW
ある意味、怖い民族だよな・・・。
103.名無しさん:2017年07月15日 13:12 ID:Tpno3sRI0▼このコメントに返信
そうでもないぞ!いまでも

コミンテルン日本支部は 日本赤軍・中核派などのテロ工作員を使い政府転覆を画策している!

最近はミンスに背乗りして!中韓の威嚇を森友・加計で騒ぎ「中朝にリアルな危険はない」と流布している1

104.名無しさん:2017年07月15日 13:15 ID:5cRVZb4p0▼このコメントに返信
東アジア最強の軍隊:
台湾の将軍、モンゴルの将校、日本の下士官、中国の兵
東アジア最弱の軍隊:
日本の将軍、韓国の将校、中国の下士官、北韓の兵
軍ですらない:全員が韓国人


東アジア最強の軍隊:
モンゴルの陸軍、日本の海軍、台湾の空軍、
北韓の工作員+中国の傭兵

東アジア最弱の軍隊:
台湾の陸軍、モンゴルの海軍、中国の空軍、
日本の工作員+北韓の傭兵
軍ですらない:全員が韓国人
105.名無しさん:2017年07月15日 13:15 ID:EuZKZ4.S0▼このコメントに返信
いや、別に、刀狩位まで農業と戦が一緒な位普通ですよ。
106.名無しさん:2017年07月15日 13:23 ID:3ef.l26r0▼このコメントに返信
※75
名乗りは日本独自のルールじゃないからね?

モンゴルのような遊牧民は領地って感覚がないから、名乗る必要が無い。


世界中、ヨーロッパでも中東でも領地を持ってる連中はみんな名乗る習慣があったよ。
107.名無しさん:2017年07月15日 13:27 ID:0Ga6YNOD0▼このコメントに返信
大阪の兵団は最後まで戦って日本に戻ってやる精神が強く、各戦線で活躍をしている。ちゃんとした理由があり、大阪の兵隊は中小企業の社長や家業の手伝いをしなければならず、オチオチと戦場で死んでいる場合ではないと思う兵が多かったそうである。ある将官は大阪の兵隊について「合理的に説明しなければ動かないヨーロッパ的な兵士だが、逃げたりはせず、簡単には死なない」と評価している
108.名無しさん:2017年07月15日 13:28 ID:LzaGTy6v0▼このコメントに返信
今でも戦闘民族だよ。眠ってるだけだから。チャーチルの話と海乱鬼の話を知れば日本人らしいなと思うよ。
109.名無しさん:2017年07月15日 13:32 ID:3ef.l26r0▼このコメントに返信
※24
違います。事態を単純化して効率よく処理できる人が戦士向きです。
110.名無しさん:2017年07月15日 13:37 ID:0Ga6YNOD0▼このコメントに返信
眠れる獅子論は中国でお腹が一杯です
111.名無しさん:2017年07月15日 13:38 ID:H6qJG.rR0▼このコメントに返信
※104
良く日本の士官は無能扱いされるけど、相手と状況が悪かったってのが大きい。
台湾で言えば白団とか、ベトナムだとクァンガイ陸軍中学や朝鮮戦争でも活躍したのは元日本兵士官とかだし。
112.名無しさん:2017年07月15日 13:39 ID:oNCDLWQx0▼このコメントに返信
あの時代の捕虜ぶっ殺しは
「あんな生き恥を晒されるなんて・・・早く殺して名誉を守ってあげなきゃ!」
ってくらいのことだったんじゃね?と思う
113.名無しさん:2017年07月15日 13:40 ID:9mGoqEoi0▼このコメントに返信
※68
つまりただのキチ、ガイじゃん。
114.名無しさん:2017年07月15日 13:59 ID:nTk.tzGQ0▼このコメントに返信
戦闘民族なんじゃなくて、今と同じで決められたルールに従ってやる時はやろうとするだけ
WW2の時でもそうだったでしょ
そういう気質は古事記・日本書紀の時代から変わってない
それが良い事なのか悪い事なのかは分からんが
115.名無しさん:2017年07月15日 14:22 ID:0Ga6YNOD0▼このコメントに返信
※111
日本の将軍クラスって決して無能だらけでもなければ(根本、今村、土肥原、松井、山下など)、山下の様に辻ーんを適材適所で使えれば辻ーんって糞有能。
結局、日本って組織運営が下手なんじゃないの?
116.名無しさん:2017年07月15日 14:27 ID:TV91Va1b0▼このコメントに返信
???「あれ(武士)か生まれて800年間、寝ても覚めても56し合うことしか考えてこなかった連中よ。
その末裔に、私たちロシアは負けたじゃないの」
117.名無しさん:2017年07月15日 14:28 ID:iUxBEb.p0▼このコメントに返信
当時の日本騎馬武者は数こそ少ないけど純然たるチートユニットですし
和弓の射程がアホで、それを差っ引いても平均以上の白兵戦力だもの
118.名無しさん:2017年07月15日 14:35 ID:Nl5q..dZ0▼このコメントに返信
元寇か、あれって日本にいた朝鮮人の豪族が朝鮮の偉いやつをそそのかして幕府を挟み撃ちにしようって話持ちかけて暴走したたんだろ?
書簡残ってる話だったけどなんで表にださないのかな
119.名無しさん:2017年07月15日 14:35 ID:UrPNL5r30▼このコメントに返信
捕虜や人質ごと敵を倒すのはしゃーない
コラテラル・ダメージってやつや

今の自衛隊も最前線行く部隊や特殊部隊はそんな感じや、人質は「助けられるなら助ける」程度の扱い
120.名無しさん:2017年07月15日 14:40 ID:jvinU0v90▼このコメントに返信
戦闘民族というか、大陸人は経済活動の一環として戦うが
日本人は一貫して殺し合う為に戦うからマジキチに見られる
(今でも戦い=殺し合いという感覚が抜けてないからテロリストやマフィアが入り込めない)
戦争が経済活動として辛うじて成立したのは戦国末期だけという
121.名無しさん:2017年07月15日 14:43 ID:kCvF1kck0▼このコメントに返信
※82
同意見。
122.名無しさん:2017年07月15日 14:51 ID:ab2oNnNS0▼このコメントに返信
ポルポル「火縄銃どない?(旧式やけど)」
ハポーン「うわ、あんな遠くの的が木っ端やん!ナンボ?」
ポルポル「1挺千両」
ハポーン「うっわ、ボリ過ぎやろ?買えても2挺や」
ポルポル「ほな、これで。」

ポルポル(旧式銃がバカ高で売り付けられたわ。そや!今度来る時までに旧式銃かき集めたろ!ボロ儲けやでー!)

数年後
ポルポル「まいどー。こないだの火縄銃、ぎょーさん持って来たでー。あんじょう買うたってやー!」
ハポーン「や、それが1挺分解して調べたら量産出来たんで旧式は結構ですわ。」

って話が好き。
123.名無しさん:2017年07月15日 15:43 ID:RAV2GJqE0▼このコメントに返信
鎌倉時代の武士なんか戦国時代よりも遥かに頭おかしい連中の巣窟だぞ
親兄弟で殺しあってる時代だし血の気が多すぎる
124.まさにコミックブーム:2017年07月15日 15:59 ID:jI7FQdNE0▼このコメントに返信
途中からナチュラルに話題が変わってて笑う。
125.名無しさん:2017年07月15日 16:17 ID:BTkrqfvM0▼このコメントに返信
日本は戦闘狂世代とフヌケ世代が交互にやってくるのさ
126.名無しさん:2017年07月15日 16:36 ID:xdS8pCI.0▼このコメントに返信
捕虜の手に穴開けて吊るすって・・・ホンマか?
身体を支えられるとは思えないが。
127.名無しさん:2017年07月15日 16:47 ID:80IZkd2r0▼このコメントに返信
※104
根本中将抜きで現在の台湾があると思えるのか?
128.名無しさん:2017年07月15日 16:55 ID:80IZkd2r0▼このコメントに返信
日本の和弓は、狙撃武器だからな。
大陸の数がすべてと思想が違う。
鎮西八郎や那須の与一クラスで百間オーバーだろ。
129.名無しさん:2017年07月15日 17:05 ID:USg2hbJh0▼このコメントに返信
※74
薩摩なんて戦国時代以前は空気だったんだよなあ
平安から鎌倉だと九州は北側の方が狂ってて、南北朝だと肥後の連中が頭おかしかった
130.名無しさん:2017年07月15日 17:07 ID:ggUUo.820▼このコメントに返信
平成の世の中では 徳之島住民が先頭民族の名残を色濃く残してるぞww
131.名無しさん:2017年07月15日 17:35 ID:qC9K.2YF0▼このコメントに返信
※123
> 鎌倉時代の武士なんか戦国時代よりも遥かに頭おかしい連中の巣窟だぞ
> 親兄弟で殺しあってる時代だし血の気が多すぎる

戦国時代でも親兄弟で殺しあう土豪や大名の逸話は日本全国腐るほどあるんですけど…
132.名無しさん:2017年07月15日 17:40 ID:nc1OkwZ40▼このコメントに返信
「肉弾」桜井忠温

日露戦争の激戦地・旅順での体験を『肉弾』として刊行。
16ヶ国語に翻訳され、ドイツ皇帝はドイツ全軍の将兵に必読書として奨励。

アメリカのセオドア・ルーズベルト大統領から
「予はこの書の数節を我が二児に読み聞かせたが、
英雄的行為を学ぶことは一朝有事の時に際して、
一般青年の精神を鼓舞すべきもの」という賞賛の書簡が寄せられた。

ドイツ語版は1940年に再販された。
三国同盟を契機として、再びドイツ人のあいだで
日本軍人への尊敬と評価が再燃したのである。
133.名無しさん:2017年07月15日 18:11 ID:zO1R6YiV0▼このコメントに返信
日露戦争の際の海外の従軍記者が
日本兵の銃火を恐れぬ信じがたい勇猛さと
どんなに酷い環境でも耐え抜く強靭さと
身を守る塹壕掘るのをサボりたがる違う意味で命知らずな現状を
自国に持ち帰ってるからね
134.名無しさん:2017年07月15日 18:20 ID:2.yWdctg0▼このコメントに返信
俺の中にも確かに血が騒ぐような戦闘気質はある。
135.名無しさん:2017年07月15日 18:30 ID:ozTAxB.E0▼このコメントに返信
ま、全員が戦闘的と言う訳では無いし、
全員がヘタレでも無い。
ただ、必要に応じて能力を発揮できる資質を持った人口が多いのは事実。
戦略面は学習で身につけるしか無いし、育成が必要。
136.名無しさん:2017年07月15日 18:44 ID:.g0usQRn0▼このコメントに返信
※104
そもそも、日本人は「東アジア」なんていうゴミ枠に収まるレベルじゃないよ。

日本人以外の東アジア人(笑)がロシア帝国を倒したり、
大英帝国、オランダ帝国に勝ったり、アメリカと4年近くもガチで戦争できるわけないじゃん。

日本人はメジャーリーガーの一流選手、それ以外の東アジア人(笑)は小学生レベル。
137.名無しさん:2017年07月15日 18:55 ID:.D0rtSWz0▼このコメントに返信
戦闘民族なわけねーだろww温厚すぎて笑えるレベルだわ
何度も自国より強大な国と戦おうとする辺りは狂ってるが
精神論、根性論は批判されがちだが一致団結して
限界以上の戦闘力を発揮するのは戦闘民族かもな
考えなしに突撃するだけじゃなく戦術を練るから強い
138.名無しさん:2017年07月15日 18:59 ID:aMC27c0C0▼このコメントに返信
※129
特定の民族や集団の”強さ”ってレイシズムや嗜虐性に支えられてる所があるからなあ
西南戦争の薩軍が農民出身の政府軍兵士にどういう振る舞いをしたかというと
139.名無しさん:2017年07月15日 19:13 ID:0Ga6YNOD0▼このコメントに返信
日露戦争の結果、マンパワーの消耗によって目標を達成が出来ると勘違いしたヨーロッパ連中が本国に帰ってマンパワーを消耗するドクトリンに転じたのは面白い。
140.名無しさん:2017年07月15日 19:14 ID:0Ga6YNOD0▼このコメントに返信
西南戦争の芋野郎。てめぇら大阪の兵団に負けてるぞ。
141.名無しさん:2017年07月15日 19:28 ID:.g0usQRn0▼このコメントに返信
※139
戦車が存在しなかったからなw

WW1がはじまってかなり経ってから実戦投入されたけど。
142.名無しさん:2017年07月15日 19:33 ID:oTieXiW70▼このコメントに返信
※131
兄弟殺しは多いが親殺しの戦国大名ているか?
斉藤道三・一色義龍は、血が繋がってないし。
伊達正宗も謀反で殺してるわけでなし。
143.名無しさん:2017年07月15日 19:36 ID:oTieXiW70▼このコメントに返信
※112
買い取る金がない、単純に貧乏だっただけ。
144.名無しさん:2017年07月15日 19:37 ID:0Ga6YNOD0▼このコメントに返信
大友とか最上とか怪しい
その逆では武田、徳川とか
145.名無しさん:2017年07月15日 19:52 ID:PfmZMw3A0▼このコメントに返信
昔も今も日本人は戦闘的だよ相手に見破れないようにしてるだけ
146.名無しさん:2017年07月15日 20:11 ID:0Ga6YNOD0▼このコメントに返信
本当に日本人が戦闘が大好きだったら、とっくの昔に軍事力が皆無なピーがピーされていると思うんですが。
147.名無しさん:2017年07月15日 20:25 ID:iFdjI90m0▼このコメントに返信
経済に目覚めたからな。この先落ちぶれたら昔に戻るよ
148.名無しさん:2017年07月15日 20:39 ID:qTr7il.40▼このコメントに返信
金にもならん武道を
趣味で選ぶのが多い国ではある
149.名無しさん:2017年07月15日 20:46 ID:Ui6G1d030▼このコメントに返信
戦闘民族ねぇ
ドラゴンボールでも読んだのかな
サイヤ人ってかっこいいよね
150.ばとめんばー:2017年07月15日 20:46 ID:eO1BqUgr0▼このコメントに返信
専守防衛ってさ、実は凶悪に日本人の気質にフィットするのよ。
東日本大震災、とりわけ津波関連のエピソードを思い出して欲しい。
誰かを救うために、本人ですら思いがけない位にあっけなく命を捨てられるんだよ、事実上。
そんな傾向が日本人にはある。勿論全員じゃないぞ?昆虫じゃないんだから。
元寇で人質になった者と、それを撃った者との心境を、奴等は理解出来なかったという証明の、貴重な文献だわな。
「歯を食いしばり、血涙を流しながらも敢て友ごと撃つ」だろ?普通に考えても。

…中国から学んだ美意識だと思うんだがなあ、主に三国「演戯」を思えば、だが。
151.名無しさん:2017年07月15日 21:03 ID:0Ga6YNOD0▼このコメントに返信
鎌倉武士は一所懸命なので対馬の人間に同胞意識とかあるのか疑問
152.暴君:2017年07月15日 21:58 ID:L6zydU6T0▼このコメントに返信
 
 日本人が戦闘民族なら、

大規模な百姓一揆で革命が起きてただろ。www

 日本人の大多数は、刀狩りで武器を放棄して

肉食すら遠慮してた草食系民族だよ。

戦闘民族なら、憲法9条をさっさと破棄してるよ。
153.名無しさん:2017年07月15日 22:12 ID:0fZJ.pzg0▼このコメントに返信
> 「捕虜盾にしても最初から捕虜ごと殺しに来る。船に捕虜縛り付けても捕虜ごと船燃やしに来る。あいつらは人の心持ってない」

「捕虜をたてにするクズ」がなんか言ってますね~

あと、「捕虜になって屈辱を受けるぐらいなら今すぐ楽にしてやろう」とかいう考え方は
理解できないんでしょうね。
当時の武士もはらわた煮えくり返りながら攻撃してたんだと思いますよ?
154.名無しさん:2017年07月15日 22:32 ID:QI7sq1Ko0▼このコメントに返信
※38
元寇の時代のモンゴル弓(トルコ弓)は和弓と飛距離に大差は無い。或いは劣っていたのかもな。
短弓が長弓より飛距離で勝るとか余程矢の質量に差がなければなかなか難しかろう。
軽ければ空気抵抗の影響を受けやすい。毒が塗ってあったって鎧を貫通出来なければ大して役にはたたん。
155.名無しさん:2017年07月15日 22:45 ID:0Ga6YNOD0▼このコメントに返信
※153
鎌倉武士の感覚からすれば「何や悪趣味やな」程度にしか考えてない可能性が微レ存。
156.名無しさん:2017年07月15日 22:47 ID:0Ga6YNOD0▼このコメントに返信
※152
刀狩りって刀を没シュートしたわけではないぞ
157.名無しさん:2017年07月15日 23:30 ID:lgW0DSHz0▼このコメントに返信
人質を助けるためには必死にならないけど
奪われた首は必死で取り返します!
158.名無しさん:2017年07月15日 23:31 ID:.t9Bce9J0▼このコメントに返信
元軍の日本侵攻時の記録っていうのは、結局朝鮮人の書記官のものだからね
自分の国が占領されるんだったら、昔から下に見ていた日本(現代と同じで現実の力量の差は無視)も巻き込んでやれっつーゴミ人間どもが、
元軍についていったら鎌倉武士にズタボロにやられたという記録だからね。
日本側も事前の情報収集でよく分かっていたから、捕虜にした朝鮮人は全員処刑したけど、
元朝に強制されてどうしようもなかった中国系の兵は命は助けてやってるじゃん。
むしろ、現代人から見ても軍事的に理解できる行動取ってるのは凄いと思う。朝鮮ごときは話にもならないレベル。
159.名無しさん:2017年07月16日 00:05 ID:EGWrOzia0▼このコメントに返信
捕虜になる=末代までの恥=切腹させたいが出来ない=介錯してやる

捕虜などする時点で相手をやってやろうと考えたに違いない

震災で毎日おにぎり一つずつ分け合っていて暴動も起こさない民族がキレたらどうなるかわかるはず元軍や朝鮮族に負けるはずがないわ
160.名無しさん:2017年07月16日 00:06 ID:EGWrOzia0▼このコメントに返信
船のヘリにつるしていたのは日本人を食べるためだから
161.名無しさん:2017年07月16日 00:16 ID:EGWrOzia0▼このコメントに返信
※44
たかがセルビア人が凄くても日本より人口が多くて強い国がどれだけいるかw一億超えてる人口の国がどれだけいるか調べてみなよ

日本人は侵略戦争はしないがやる時はやると思っている、江戸時代から寺子屋で読み書きできていたし、セルビア人の作戦の独海力はどれくらいあったの? 日本人より人口が多く忠誠心が凄いアメリカ以外は日本の敵じゃないと思うけどな
162.名無しさん:2017年07月16日 00:42 ID:EGWrOzia0▼このコメントに返信
戦闘民族なら憲法改正してるというが俺は逆に今攻められても勝てると踏んでるから先制攻撃しない専守防衛で十分だと政府も思ってるはず、まだ中国には負けないという事だろ 

これって十分戦闘民族だと思うわw
163.名無しさん:2017年07月16日 00:49 ID:0k8ZT4OD0▼このコメントに返信
清水克行「喧嘩両成敗の誕生」で紹介されてる室町時代のエピソードを読んで、当時の人間の戦闘民族ぶりに打ち震えるがいい

・武士の行列の中の一人が、見物していた子供をいきなり斬った 理由は「何となくムカついたから」
・その斬られた子供は、「おもちゃじゃない本物の刀持ってたらやり返してやったのに!」と言って息絶える
・室町幕府管領である細川家の御曹司が、学友たちと双六して遊んでいたら、負けたやつがブチ切れて「一度家に戻って刀持って突っこんできやがった」。
 当時の最高権力者の家でもこのレベル

そしてさらに前の鎌倉時代になると
・「家の庭にいつでも生首置いておくぐらいのことはしろ、家の前を坊主が通りかかったら矢の的にしてやれそれが武士の心得というもんだ」と子孫に書き残す(つまり当然のことと思ってる)
・源頼朝が、とある武士に「あいつが反乱たくらんでるという噂がある、行って『真偽を確かめてこい』」と命令したら、そいつは『相手の首を持って帰ってきた』。「俺に命じたってのはつまりそういうことだろ?」としれっと言った
・源義経にいいとこ取られて、凡将という印象の強い、頼朝と義経の間の兄弟「源範頼」だが
 実際は、平家討伐軍総大将なのに先陣争いに参加しようとして『味方と争い』、『味方の将をぶん殴って』問題になってる。

こんなんばっかよ、昔の日本人は
164.名無しさん:2017年07月16日 00:53 ID:0k8ZT4OD0▼このコメントに返信
※152
アホはっけーん♪

>日本人が戦闘民族なら、
>大規模な百姓一揆で革命が起きてただろ。www

それを鎮圧する側も戦闘民族なんですけど……当時の武士は戦闘民族の百姓一揆を鎮圧できるくらいに武力高かったとも言えるんですけど……

学問の素養がない人間はこれだから
あ、別にノーベル賞全然取れない国のことを言ってるわけじゃありませんよ♪
165.名無しさん:2017年07月16日 01:12 ID:WfRKR.O.0▼このコメントに返信
※161
たかがセルビア人が凄くても日本より人口が多くて強い国がどれだけいるかw一億超えてる人口の国がどれだけいるか調べてみなよ

糞めんどい。それと人口で国力なんて分からないで。ミニ国家のバチカンやリヒテンシュタインは日本以上に影響力絶大だけど、その事についてどう考えますか。

日本人は侵略戦争はしないがやる時はやると思っている、

近代の日本は一度も本意から戦争をやりたいと思ってないので。やる時はやるって言うことが間違えている。どの戦争も嫌々やで。

江戸時代から寺子屋で読み書きできていたし

昭和に入っても自分の苗字を漢字で書けない人が多かったのですがそれは無視するんですね。なるほど

セルビア人の作戦の独海力はどれくらいあったの?

書いている意味が不明です。

日本人より人口が多く忠誠心が凄いアメリカ以外は日本の敵じゃないと思うけどな

あなたは人口という言葉が好きなようですが人口のみで国力は測れませんし、忠誠心が凄いとありますが具体的にどう凄いのでしょうか?
166.名無しさん:2017年07月16日 01:16 ID:WfRKR.O.0▼このコメントに返信
※164
百姓一揆の鎮圧は基本的に対話です
167.名無しさん:2017年07月16日 01:33 ID:WfRKR.O.0▼このコメントに返信
※163
いたって日本はおとなしい。ヨーロッパや中国レベルで考えればはるかに天国。さすが日本や

ヨーロッパみたいにユダヤ人だからという理由だけで○されないし、人口が右肩下がりになる規模の戦争はしないし、魔女の使いと言う理由で猫を塔から落とさないし農民達が領主の館に乗り込んで飢えてもないのに人肉パーティーをするわけでもないから最高やね。

中国みたいに好き好んで人肉パーティーするわけでもなく、ピーをピーでもなく、ピーーーーーがピーーーーでピーーーーでもなく、ピーーーーーーーーーーーするわけでもなく、ある女性を達磨にすることもないから最高やね。

ピーは自主規制



168.名無しさん:2017年07月16日 04:07 ID:4kL4LJFN0▼このコメントに返信
江戸幕府は別民族じゃねえのってなるレベルで日本人の意識改革をしたんだよな
功罪はともかく政治力はホントにはんぱない
※163※167
大人しい大人しくないというかそれぞれ別方向にキチってるだけだな
日本は戦ってころすこと死ぬこと自体が目的になりがち
中国やヨーロッパはエグい儀式や刑罰を考えるのに長けてる
戦争の規模だと中国は元の人口からして別格なのはまあ当然として日本の内戦とヨーロッパの各戦争ではそこまでの差はないなあ
もちろんヨーロッパ全土に影響が及ぶくらいの戦争だとさすがにデカいけど
169.名無しさん:2017年07月16日 06:28 ID:QHbpsYg60▼このコメントに返信
殺した敵の数が多いだけボーナスが貰えるって信じられない世界だ
現代じゃ確認殺害戦果で褒賞って出ない・・・よな?
170.名無しさん:2017年07月16日 07:26 ID:jKB3DvUx0▼このコメントに返信
九州人の残虐性はマジで異常
171.名無しさん:2017年07月16日 07:35 ID:Y8o.Y.I60▼このコメントに返信
「7人の侍」観りゃ解るじゃねーか。

刀狩りが行われる前は、村ごと武装集団。

警察なんていないから皆、村ごと武装して自警していた。
172.名無しさん:2017年07月16日 09:21 ID:WfRKR.O.0▼このコメントに返信
※168
ヨーロッパの戦争って内戦でも殲滅するって言うのが多くて、タヒ傷者が高い。アルビジョワの各戦争、フランス革命の内戦、英仏100年戦争(貴族が互いにフランス系なので)、イングランドのバラ戦争、ドイツの大空位時代、ロシアのリュリコヴィッチ家崩壊からロマノフ家まで。雷さん。大正義ローマ人もハンニバル以降の敵のタヒ傷者が酷いし、カエサルのガリア人虐○。ヨーロッパは特定の地域の人間を丸ごとコロコロする。善悪がハッキリしすぎるんだろうね

日本の近代以前は孫子のせいか、敵も日本に属する人間との認識があったのか、また仏教が善悪をハッキリさせないからか、殲滅がほぼ発生しない。鎌倉時代って動員出来る兵士の数が少ないので、凄惨さがない。色んな書物では色んな事が書いているが鎌倉にしろ室町にしろタヒ者への尊重があるし、飢餓でもない限り人肉に手を出さないやろ。ヨーロッパや中国では……。
173.名無しさん:2017年07月16日 09:27 ID:WfRKR.O.0▼このコメントに返信
※169
当然ある。高い技術力とスマートなコロコロなら、待遇が変わる。自衛隊ぐらいだろ法の処罰があるの。
174.名無しさん:2017年07月16日 10:37 ID:EGWrOzia0▼このコメントに返信
天変地異が多い日本では何の職業でも完ぺきにこなさなきゃ仕事なんて来ない=手先が器用にならなくちゃ生きていけない=戦争になっても強い

2777年と世界で歴史が一番古いから技術も継承されているこれはすごく大きい、シナ大陸では前の皇帝倒せばすべてが灰に消えてしまうし漢字ひらがなカタカナローマ字など4つの言語をを完璧に使いこなす民族は日本人だけ!

ちなみに世界で器用な指先を持ってるのは日本人とベトナム人だとされている
175.名無しさん:2017年07月16日 12:44 ID:WfRKR.O.0▼このコメントに返信
※174
てめぇの理論で言ったら朝鮮人の頭が良くなるから論外
あいつら、日韓併合時代にハングル、中国語、日本語(4っつ)を学校で教えられてたぞ
176.名無しさん:2017年07月16日 16:46 ID:GXurx6te0▼このコメントに返信
平安貴族の馬乗りパンチ。
藤原氏は道長など、揉めてる役人を攫って拷問。自分の言うことをきかせる為にあらゆるエゲツない行為を使った。勿論、特権階級な為罰される事なし。
結構、エゲツない貴族時代。
177.名無しさん:2017年07月16日 16:50 ID:GXurx6te0▼このコメントに返信
徳川家康なんか、大坂城の攻防の後、悪さしてもいけないか、全ゴロシしてるだろ。武蔵なんか必死に逃げたから。
178.名無しさん:2017年07月16日 16:57 ID:onKki1WH0▼このコメントに返信
なんだかんだ言って中国は強かったから本当にヤバい時は大陸見れば事前に分かるってのも大きい
明治の元勲達は偉大だった
179.名無しさん:2017年07月16日 17:33 ID:WfRKR.O.0▼このコメントに返信
※176
ミッチーの場合、女にもモテる完璧超人でありながら性格がアレだったために嫉妬で書かれたのが沢山あるのでね……。何処からマジなのか分からない

※177
不平不満分子を駆除をするのは当たり前。何人程処刑したか信頼に値する数字が出ていないので微妙。

※178
半分正解。元勲たちの凄い所は三国干渉で頭を打ち付けて以降、対ドイツ包囲網に参加し、ドイツに唆されたロシアを叩いた上にロシアとアンチドイツの感情が共有出来たこと


180.名無しさん:2017年07月16日 18:05 ID:1SQUk9W60▼このコメントに返信
戦闘民族でなきゃ
世界最古の国は継続できない
ってことだ
歴史が証明している
181.名無しさん:2017年07月16日 18:53 ID:hAePgC.f0▼このコメントに返信
道長を出したけど、藤原氏自体がそういう事やるのがスタンダードだったそうな。そうでなきゃ、忌み嫌われないわな。
182.名無しさん:2017年07月16日 19:11 ID:WfRKR.O.0▼このコメントに返信
※181
藤原不平等の息子らが長良親王を追い込んだから仕方ないね。一族全体が悪く書かれるのは当然だね。しかも、始祖の鎌足さんの出自が半島疑惑もあるぐらい不明だし、曾我氏に仕えてたから余計に誹謗中傷があるよね。本当にミッチーがアレな人物なら当時の藤原氏の絶大な権力から言って天皇をピーーーーしていると思うんだけどね。

ピーーーーはお察し下さい
183.名無しさん:2017年07月16日 19:15 ID:WfRKR.O.0▼このコメントに返信
※180
えっ。戦闘民族だから、日本って残ったの?スゲーな。でも、天皇についてどう考えるの。そんな戦闘民族なら一瞬で、力を自ら放棄した天皇をピーーーーすると思うけど
184.名無しさん:2017年07月16日 22:05 ID:tPJo1JZG0▼このコメントに返信
天皇は凄く祟る家系で恐れられてた。
185.名無しさん:2017年07月16日 22:06 ID:tPJo1JZG0▼このコメントに返信
古代の祟りは人口が少ないのに20万とか30万とか亡くなったりする。その恐怖は計り知れない。今と感覚が違う。
186.名無しさん:2017年07月16日 23:05 ID:HuyVBeRl0▼このコメントに返信
戦術重視、戦略軽視の傾向があるので戦闘民族とは言えると思う。
英語ではストラテジーとタクティクスは全く違う概念なのに、
日本語で戦術、戦略はよく似た言葉なのでごっちゃになってるような気がする。
187.名無しさん:2017年07月16日 23:26 ID:WfRKR.O.0▼このコメントに返信
※184
※185
仮に戦闘民族と定義するならそんなものに怯えないぞ。フランス人がルイ16世の首を撥ねる時、かなりの人が怯えたが実行したし、イングランドでも同じだぞ

※186
指導者によって違うから日本人だから何々との定義は無理がある
188.名無しさん:2017年07月17日 01:55 ID:K.mh9h4V0▼このコメントに返信
うーん。本州、四国、九州で、江戸期や平安期以外で同じ民族同士殺し合いをしてたのは。世界的に珍しいんじゃないだろうか?この民族の生来の凝り性のおかげで戦争(外交)の技術は洗練され、後代にある程度刷り込まれたけど。その代わりに国民意識が出来たのは維新以降になったが。
戦闘民族と言うのが判らないけど、戦争(外交)の技術が最高潮だったのは日露戦争がピークだとおもってる。
189.名無しさん:2017年07月17日 09:25 ID:mXNl0ys50▼このコメントに返信
※188
外国でも恒常的な紛争、内戦は珍しくない。戦争の技術の洗練さを高めるためには中央政府が強くならないと無理。西南戦争で不平士族(歴戦の猛者)と白兵戦をして勝利したの大阪8連隊(ほぼ平民)だぜ。日本人との意識は平安時代には確立しとる。
外交が凄かったの1930年までだから、それ以降でも素晴らしい外交官(重光、杉原、松岡など)はいたが、なお、ウッチー
190.名無しさん:2017年07月17日 22:50 ID:wtg14leO0▼このコメントに返信
※175
だから漢字も捨ててハングルだけにしたから今の落ちぶれた民族に成り下がってるんだろうが! なぜ俺がこういうことを言うかと言えば日本語で翻訳できないことはないという事、しかしハングルでは日本語をきっちり翻訳できないからいつまでたっても韓国はいつまでたってもノーベル賞を捕れないという事だよ解れよお前w

韓国併合したときはインフラや農業や学問など日本の英知を集めて施していたの知らないの?
191.名無しさん:2017年07月17日 23:00 ID:wtg14leO0▼このコメントに返信
※175
日本が統治する前それに朝鮮人は最下級の奴隷民族(読み書きも出来ない)の上に貴族がいて識字率が10パーセント以下の民族 こんな奴らが戦争しても強いわけがないだろそれに2階建ての建物すら建てられなかった 

朝鮮戦争で3万人のアメリカ軍が亡くなったのにあいつ等は逃げ回って戦闘にならなかったくらいだぞ

しかし日本が教育したおかげで韓国人の将軍になった奴もいる WW2で東京裁判で助けられるのを拒否して帝国軍人としてとして日本人と一緒に亡くなってるよ
192.名無しさん:2017年07月18日 00:20 ID:A7n8y.dY0▼このコメントに返信
※190
※191
俺の文脈を読み取れ。

朝鮮戦争では元日本軍の将校の韓国人が戦タヒしまくっているのに逃げまくっていたと表現するのはおかしい。李大統領がってなら正解なんだが。後、韓国兵が戦タヒしまくったのはアメリカと李大統領が軍のクーデターを恐れて充分な武装を韓国軍にさせてないのが原因。

白元帥とその配下にいた大学生らや新兵の存在を忘れて韓国を馬鹿にするとか、日本人の恥やで。
193.名無しさん:2017年07月18日 00:27 ID:A7n8y.dY0▼このコメントに返信
日本がどれ程のインフラ投資をしたのは理解してるで。
韓国の最悪な所は初代大統領がプロパガンダが得意なだけっていうのが絶句。しかも、当初、アメリカがそこそこ信用していたのが酷い。
194.名無しさん:2017年07月18日 04:42 ID:qRbRGiaJ0▼このコメントに返信
今も似たようなもんじゃん
isisに捕まった捕虜見ても自己責任としか思わないし当たり前のように見捨てる
昔もミスして捕まったやつが悪い、自己責任理論
実際自己責任だと思うけどね
195.名無しさん:2017年07月18日 07:29 ID:IxOmI0Fo0▼このコメントに返信
※1
ほんと、どっちが人の心ないんだか。
そんなことしたら余計キレるのわからんのかね
196.名無しさん:2017年07月18日 07:30 ID:IxOmI0Fo0▼このコメントに返信
※2
一線越えるまで我慢しまくるから一回キレたら酷い
197.名無しさん:2017年07月18日 10:03 ID:R1.FQDwP0▼このコメントに返信
194さん
19世紀のイギリス首相ディズリーは「邦人の保護は国家の義務である」と主張し、それを実行し、それを国際社会での慣習法にしたチート政治家。今、現代においてもそれは絶対の鉄則。自己責任を振りかざす連中らはアヘン戦争やインド帝国創設したブリテン以下の倫理観の無さである事を自発的に告白している。ああいう主張をするのは2世紀レベルの知恵遅れなんで。
詳しく日本の邦人保護について宮家さんが解説してるぞ
198.名無しさん:2017年07月18日 19:31 ID:AUo78ca30▼このコメントに返信
関ヶ原の時は近隣の農民が見学してたぞ
宮本武蔵は終わった後刀を拾い集めた
199.名無しさん:2017年07月18日 21:17 ID:jwHYvv020▼このコメントに返信
宣教師が九州に布教したせいでカオス化して、布教した当人たちがドン引きしてる。
影うすいけど、大友、竜造寺、島津の三つ巴ってかなりの地獄絵図だからな。
結局、竜造寺の後をついだ鍋島と島津は幕末も暴れまわってるし。
そもそも、関東武士団が来る前に元寇けちらしてる九州武士団がちょっとおかしい。
200.名無しさん:2017年07月18日 21:22 ID:jwHYvv020▼このコメントに返信
※150
私はそういった窮地における日本人の精神状態と行動を「滅私奉公モード」と勝手に言っております。
条件が揃うとかなり厄介なんだなこれが。
201.名無しさん:2017年07月18日 22:05 ID:A7n8y.dY0▼このコメントに返信
※198
ほーん。で?

※199
豊臣に負ける雑魚どもじゃん。北条ぐらい頑張れ

※200
そんな糞精神論、辻ーんレベルだね
202.名無しさん:2017年07月18日 22:30 ID:jwHYvv020▼このコメントに返信
※201
あんな物量に勝てるかよ。
北条の清々しいやられぶりのが残念だろ。
忍城しか残ってないし。
203.名無しさん:2017年07月18日 23:01 ID:3ZQbBTNL0▼このコメントに返信
あまり知られていない話しをひとつ、
幾つかの軍で素手やナイフでの格闘技を教えてこられた日本の古武術の先生が居られる。
人づての知り合いなので名前は敢えて書かないが話しを伺うと本当に凄い。
とある紛争に参加されて、素手で敵兵を沢山仕留めた漫画の主人公の様な方だ。
まさしく現在のラストサムライだ。

昔の日本にはこういう技術を持った侍が沢山居たのなら、現在で考えると特殊部隊集団だろうな。
間違いなく世界一の戦闘民族だよ。


204.名無しさん:2017年07月18日 23:09 ID:A7n8y.dY0▼このコメントに返信
※202
物量作戦を取られる事が分かっていたのに九州の均衡状態を破った島津って無能過ぎる。結果、九州を中央の植民地化にしてしまっている。あの四兄弟に比べると悪久は名君だと思う。
北条は豊臣の物量作戦にある程度の対抗は出来ていたからな。しかも、豊臣を関東に呼び込まないために熾烈な外交戦もしていたしな。
205.名無しさん:2017年07月19日 00:28 ID:FzCXbulc0▼このコメントに返信
※204
島津じゃなくて竜造寺のが問題だと思うんだが?
あいつが基地外すぎてまともな交渉ができないってのがね。
もう一人は宗教基地外だし、攻め込むしかないだろ。
むしろ、島津はあれ以外選択しがない。
あと、長崎出身なので援軍には感謝してます。
206.名無しさん:2017年07月19日 02:11 ID:9q9Knl0F0▼このコメントに返信
※205
誰がキチッっているとか些細な問題で、パワーバランスを如何に保つかが戦略上必要。常に政治は結果が求められるのであって過程はそれ程に重要ではない。その点において島津は完全に失敗に終わっている。過程においては幾らかの正しい事はしたが、結果として新たに獲得した領土の殆どは奪われ、家臣には独立され、石田の管理下に置かれるなど最悪な結果に終わってるぞ。
207.名無しさん:2017年07月19日 12:39 ID:FzCXbulc0▼このコメントに返信
※206
それ言ったら四国とか関東は統治する人間ごと入れ替わってるわけで。
島津がもっと早く大友を滅ぼしてれば秀吉の九州出兵は上手くいかなかった可能性も高い。
島津が失敗したのは間違いないけど、パワーバランスは九州ないじゃなくて九州と本土でやるべきだと思うけど。
208.名無しさん:2017年07月19日 17:18 ID:t60MRXVg0▼このコメントに返信
※206
結果とするとこが違うぞ。
確かに島津、毛利、長宗我部は豊臣に敗れ
再興を目指すも徳川に敗れ長宗我部は消え他は外様になったが
250年の時を経て
西郷(薩摩:島津)
木戸(長州:毛利)
坂本(土佐藩下氏)
※下氏:旧長宗我部家臣
が中核となって大日本帝国を建国するまでが結果だろう。
述べてるのは過程に過ぎないと思うぞ
209.名無しさん:2017年07月20日 13:11 ID:q.Fk.luM0▼このコメントに返信
※207
嘘乙ー。
四国も関東も名門や豪族は変わらず支配層に組み込まれてるぞ(例外、山内家)。

九州は最初(鎌倉末期)から最後(黒田如水の九州戦)まで近畿勢にフルボッコされる宿命だぞ。産み出す利益が近畿が圧倒的と言うのもあるが、戦国時代は火縄銃の火薬を輸入に関して堺がガッチリと掌握していたから、本州相手にパワーバランスを演じる事すら出来ないぞ。

※208
時間が掛かり過ぎるwwwwww。そして、忘れられる肥後と尾張と大阪と京都wwwwww。置いてきぼりな考明天皇wwwwww。しかも、藩を使う無学過ぎるwwwwww。各大名家の代表にそいつらを選ぶとかwwwwww。司馬史観に飲み込まれ過ぎている。坂本直柔が貧しい家の出とか思っていそう。大学に行って史学科に行ってこいよ
210.名無しさん:2017年07月20日 13:19 ID:q.Fk.luM0▼このコメントに返信
※207
大友氏は、かなり早い段階からガッツリと秀吉に援助を貰っていたので攻略するのは不可能に近いぞ
211.名無しさん:2017年07月20日 20:21 ID:FZdn.nmc0▼このコメントに返信
※209
そうだけど、ジリ貧になる前に打って出る以外にやりようはなかったと思うけど?
少なくとも、毛利と長宗我部が地盤を固め切る前にやる以外なくね?

※210
大友に対して有効な援軍ができるようになったのは毛利衰退後だから、それまでに何とかする必要があっただろうね。
てか、肝付家との揉め事が残念すぎる。
212.名無しさん:2017年07月20日 21:25 ID:q.Fk.luM0▼このコメントに返信
※212
島津は家久を京都に送って、ノッブ政権と親交を結んでいて、中央の情報を拾おうとしていたが、豊臣政権になってからは中央との接近が弱まり過ぎて豊臣政権の強さを見落としていた。

豊臣に関しての情報が不足した島津は中央情勢が混乱するか九州に力を伸ばせないと考えて冒険的、野心的な軍事行動を行ったんじゃないかなと思う。大隅を完全に獲得した事で自信が出来たと思うし、その大隅を獲得した事が領土的野心を芽生えさしたのかもしれない。

結論を言えば島津には中央に対抗する力がないにも関わらず情報が不足していたために豊臣政権の権力を侮り、北上し領土的欲求を満たしたが、豊臣(秀長と黒田)にフルボッコされた。

対策。豊臣政権発足後、早期に家久を京都に出張させ、正確に現状を把握する事。
213.名無しさん:2017年07月21日 17:35 ID:4ZA9yTl00▼このコメントに返信
戦闘民族?すべては国家安泰の為の戦争をしてきただけなのに?別に源氏平家の時代から侵略戦争をしてたわけじゃない権力争いしてただけだし外国からの外敵には勅使発動でまとまってたし 日本人を戦闘民族だと思うのは戦後教育の洗脳にとりつかれてるだけだ 日本で侵略戦争をしたのは秀吉だけだぞそれだって朝鮮出兵っていってるけど 朝鮮方面に出兵しただけで和平したのは中国とであって朝鮮王朝と和平交渉したわけじゃない
214.名無しさん:2017年07月21日 19:08 ID:fG0ZsuYH0▼このコメントに返信
※94
首謀者が処刑されること承知の上で一揆起こしてますやん
215.名無しさん:2017年07月21日 19:16 ID:fG0ZsuYH0▼このコメントに返信
※108
チャーチルの話って日本人は追い詰めすぎると突如豹変するって話か?あれネットデマやで
日下公人あたりが適当に造った話や、何ぼ探してもチャーチルの著作にそんな一節なくて
ソース存在せんこと確認済みやで
216.名無しさん:2017年07月21日 20:00 ID:A1hMRLnR0▼このコメントに返信
いや捕虜になって盾に使われたら俺ごとやっちまってくれ後は任せた申し訳ねえって普通に思うが?作り話とかでもよくある流れだよな?
命を預け合った戦友の足を引っ張るとかできねーわ、もしオレが捕虜になって盾に使われたら遠慮しないで○してくれ恨むどころか感謝するよ。もちろん逆でもそうする、同じ日本人の血が流れてるからこその当たり前の信頼だ。
217.名無しさん:2017年07月21日 21:20 ID:wl3fS2Hd0▼このコメントに返信
※214
円周状に連名したりと、わからんように工夫しているぞ。
一揆の上訴は、かなりの強烈さを誇り、上級の役人が出家させらたりもするで。

※215
最近チャーチルの栄光の下方修正が止まらなくてワイ、かなりショック。

※216
これって思うのだけれど、モンゴル軍が日本側に武力を誇示しただけで盾のつもりではないのかもと思う。
218.名無しさん:2017年07月22日 12:29 ID:wVb1FT0f0▼このコメントに返信
※209
そんなドヤ顔されてもなぁ、今の話題が島津だからそれに外れない程度に書いたのにそこまでいくともう、島津関係なくね?ってなるぞ
それともなんだ、西郷じゃなくて島津久光の方が良かったか。そこまでやると、ややこしいしなぁ。
219.名無しさん:2017年07月22日 15:11 ID:gIPP0H4p0▼このコメントに返信
※218
薩摩はどう考えても小松さん。あの方がいないと薩長同盟が成立しとらん。西郷なんて小松さんの鉄砲玉やで。小松の庇護を失ってから急速に権力を失うやろ?
西郷を上げるぐらいなら黒田を上げとけ。
220.名無しさん:2017年08月03日 12:13 ID:YcRVHHLa0▼このコメントに返信
今の日本が弱腰って
ほんじゃ強腰に出れば万事解決じゃん!やったね!
221.名無しさん:2017年08月03日 14:57 ID:yDSV8pk50▼このコメントに返信
日本は自力あったから復活したが東南アジアなんて
戦後70年経っても植民地時代より酷くなってるところが多いからなwww
222.名無しさん:2017年08月04日 15:21 ID:P6oD1dkH0▼このコメントに返信
ほんの120年前まで首狩り族でしたしおすし
223.名無しさん:2017年08月05日 01:46 ID:.UPbDFIA0▼このコメントに返信
あーはいはい
戦闘民族だねーかっこいいねー
俺たち日本人はかっこよくて強いもんねー
224.名無しさん:2017年08月05日 09:38 ID:Sn34IuxU0▼このコメントに返信
70数年前はガチで米英とやり合ってるからな
本気にさせるなと思われてる国が日本
225.名無しさん:2017年08月05日 09:45 ID:5TKkpdiy0▼このコメントに返信
その戦闘民族を温厚な民族に変えたGHQって超有能だな。
226.名無しさん:2017年08月05日 11:10 ID:t33mNqs.0▼このコメントに返信
恩賞!出世! 本領安堵!
これらを目当てに血眼で襲ってくる連中マジやヴぁいっしょw
神風のお陰だからって恩賞出し渋った幕府も転覆しましたけどねwww
227.名無しさん:2017年08月05日 12:35 ID:NoO4d.Nm0▼このコメントに返信
捕虜も突撃した武士や馬も食っておいて残虐も何も無いだろ……

※226
>神風のお陰だからって恩賞出し渋った幕府も転覆しましたけどねwww
防衛戦で領土獲得したわけじゃないから恩賞に領地をやれなかったのと
2回の元寇の出費と、3回目予想した駐留兵の維持費とかで金が無かった
228.名無しさん:2017年08月05日 13:50 ID:aq4wdwl90▼このコメントに返信
元軍の話が違うで草
229.名無しさん:2017年08月06日 22:48 ID:OSopSi8c0▼このコメントに返信
✳223 無理して日本人のふりするなよ~w
…朝鮮人だろ?
230.名無しさん:2017年08月09日 12:10 ID:wsHEfL0E0▼このコメントに返信
※17
どこの国もそうだぞ
欧州でも当たり前に証拠や見せしめで首狩ってたし
昔はカメラなんて無かったしなww
231.名無しさん:2017年08月09日 21:03 ID:rdYftdvf0▼このコメントに返信
※22
本当にそう思っているのか?
日本人なら心で解ってんだよ、我慢してやってるって。
232.名無しさん:2017年09月02日 11:16 ID:w3nilrOS0▼このコメントに返信
※118
今の日本は朝鮮人が支配する国だから
彼らにとって都合悪い話は基本公表しないんでないの
233.名無しさん:2017年09月13日 21:18 ID:Dfht2X070▼このコメントに返信
日本人ね。戦術レベルはとても高いが戦略レベルは話にならないから。全体の勝利の為に一部負けるてことが出来ない。全部勝ちに行っちゃう。で結局負ける。捨て駒にできない。
234.名無しさん:2017年09月14日 00:03 ID:rEEFzWhY0▼このコメントに返信
割りとどころか
アメリカに負けるまで爺さん婆さん子供まで戦闘民族だた。

お名前