スポンサーリンク

2017年07月10日 15:05

日本刀とかいう過大評価と過小評価ばかりな武器

日本刀とかいう過大評価と過小評価ばかりな武器

pixta_3012049_S

引用元:日本刀とかいう過大評価と過小評価ばかりな武器
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1499580568/

1: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:09:28 ID:48C
日本刀神話か逆張りネガキャンの両極端ばかりでもう滅茶苦茶や

2: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:11:41 ID:DJw
日本刀ってめっちゃ手間暇かけて作るんやろ?
鉄を叩いて、小さく立方体にして、それをさらに叩いて伸ばして・・・誰があんな方法考えたんやろ?

3: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:12:20 ID:Ni4
ぶっちゃけ外国の武器より優秀とかいうのは信じてない

5: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:13:13 ID:k8N
>>3
目的違うしな日本刀に向けてロングソード叩きつけたらそら折れるわ

13: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:15:54 ID:48C
>>3
少なくとも実戦期に当時の外人から注目される程度だったのは確実
明軍で日本刀ベースの刀が採用されたり

8: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:14:09 ID:sOu
純粋な切れ味なら最強なんやろ?

9: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:14:25 ID:94I
優秀ではないやろな
ただ資源に乏しい日本で工夫して刀作ったのは凄い

12: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:15:47 ID:DJw
日本刀は鉄が何層にもなっとるんや
ロングソードとか、溶かした鉄を鋳型に流し込んでるだけのイメージ

15: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:16:57 ID:Lmq
ロングソードとかに比べたらそら切れるやろうけど、コスパ悪いよな
あと折れにくいけど曲がりはするんやろ
曲がっても曲げなおしてまっすぐにすればそこそこ切れるし殴打できるとか

16: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:18:13 ID:k8N
>>15
池田屋のあと沖田の刀はぐにゃぐにゃやったらしいしな

25: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:24:02 ID:48C
>>15>>16
鎧着た実戦で使ったらそりゃ曲がるわな
軍記とかでも敵を殴りまくって曲がった太刀を戦闘の合間に反対に蹴っ飛ばして曲げ直す描写とかあるで

17: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:19:27 ID:SnZ
一番アホだと思うのは「日本刀」っていう一つの言葉だけで日本の刀全部を語る奴が多すぎること
お前脇差と大太刀を同じ用途の武器として評価するんかいと
外国に例えるならダガーと両手大剣を同じ武器扱いするようなもんやろ

19: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:20:10 ID:k8N
>>17
普通日本刀ていうたら打刀やない?

18: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:19:58 ID:uAI
当たり前だけど良い刀はちゃんと使えば曲がりにくい
曲がったら横に寝かせて曲がった方を下にして土に埋めて何日かすると元にもどってる
刀同士がかち合うと烏帽子が折れる

20: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:21:01 ID:G83
実際日本刀重たそうよな、振り回したりできるもんなんやろか

24: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:23:00 ID:Lmq
>>20
ワイの持ってる居合用の模造刀で1キロくらいやな
重心がさきっぽだからちゃんとした振り方しないとつらい

31: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:25:10 ID:uAI
>>24
普通日本刀の重心は鍔元にくる
空を切るから振ると重く感じるのはそうだけど

41: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:27:54 ID:G83
>>24
もうちょい重いと思っとったわ
それでも振り回したりするの大変そうやな

21: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:21:47 ID:Isp
日本刀は集団戦の武器としては今一つなんよ
戦国時代でも武器としての有効性は低かったからな
西南戦争の抜刀隊みたいに活躍した例もあるけど
それは相手が飛び道具を有効活用しなかったのにも助けられたわけで
個人的には武器よりも祭具や装飾品のイメージが強い

23: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:22:51 ID:uAI
>>21
当たり前だろ使い方みれば

101: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:52:07 ID:wix
>>21
日本刀が集団戦術に向いてないっていうけど、そもそも刀剣の類は集団戦術に向いてないやん
集団戦で使われたのは槍ってのは、近代兵器が出てくるまでは東西で変わらんぞ

104: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:56:55 ID:uAI
>>101
日本刀たいしたこと無い厨が言ってるだけやし
振り回すように出来てるもの密集して使って使えないって言われてもね

22: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:22:14 ID:D49
刀剣で槍に勝つには三倍の実力差がいるんや

26: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:24:22 ID:is4
>>22
たった三倍でええんやな

27: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:24:25 ID:DAW
切れ味と会心率は最強という認識やが

29: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:24:38 ID:DJw
日本刀は、戦闘効率を求めたというより、ただ切れ味とか折れ難さとか、
武器そのものの性能を追求したもんやからね。その性能の中には装飾性とが美術性も含まれていた

30: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:24:42 ID:IyQ
戦国時代はアレやけどでも幕末に京の町中や場合によっては室内で戦うには最適やろ

36: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:25:48 ID:Isp
>>30
確かに狭い街中や屋内で槍振り回したり銃ぶっ放したりできんしな

32: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:25:20 ID:SWo
銃は威力と射程距離はあるが行動が遅いと言う風潮
刀は射程距離は短い分行動が早いと言う風潮

34: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:25:37 ID:7nv
武士の魂だからな
平民如きに解るまい

35: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:25:39 ID:zd1
つーか何で日本刀なんてもんが普及してその後も残ったかわからんわ。
戦場なら槍、室内でも脇差でええやろ。
太刀以上の長さの日本刀何て使いようがないわ。

47: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:28:52 ID:uAI
>>35
世界中で類似の刀剣が普及して現代ものこってるが

52: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:30:11 ID:DAW
>>35
そら槍や脇差でグサーより刀に自信ニキもおったやろう

37: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:26:17 ID:B5S
薙刀が最強でいいじゃん

40: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:27:09 ID:zd1
>>37
あれこそ存在意義がよくわからん。
槍でええわ。

48: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:28:56 ID:IyQ
>>40
薙刀と槍は根本が違うやん
遠くから敵を刺せたらええな→槍
太刀の根元の刃ていらんくね?途中まで棒でええやろ、持てるし→薙刀

51: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:30:10 ID:uAI
>>48
それは長巻
なぎなたは矛から発展したもの

39: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:26:46 ID:pJg
かっこよさでは間違いなく最強クラス

50: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:29:47 ID:Lmq
長巻と薙刀の違いは良う分からんわ

69: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:33:59 ID:uAI
>>50
長巻は大太刀に刀身の途中まで柄を延「長」して「巻」きつけたもの つまり刀の一種
なぎなたは矛から発展してニーズによって刀みたいな刃をつけたもの いわゆるポールウェポン
なぎなたの方が使いやすいからね しかたないね

56: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:30:49 ID:0y7
お前らなんも知らんのか平安時代の侍のファランクス陣形は最強なんやぞ

96: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:45:50 ID:48C
>>56
もしかして律令軍団のことか?あれも実態がよくわからんな
実は武士の登場を待つまでもなく奈良時代以前から騎馬武者重視だったって話もあるみたいやしな

57: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:31:15 ID:WuK
同じ刃物で日本刀が有利つく武器ってある?
3m離れたところで対峙すると仮定して

60: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:32:08 ID:B5S
>>57
小太刀、鎌くらいじゃない

58: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:31:52 ID:Ni4
なんで日本では銃が流行らなかったんや

62: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:32:24 ID:Lmq
>>58
流行ったやろ?
戦国時代って銃保有量頭おかしいレベルやん

64: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:32:47 ID:6Yj
>>58
戦国期の日本は世界最大の銃国家やぞ

68: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:33:26 ID:0y7
>>58
そら日本刀が優秀過ぎるからやな
戦国時代にはもう銃の時代が終り刀が天下をとるんや

72: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:35:15 ID:Isp
>>58
日本の資源量及び伝来時期を考えると恐ろしい流通量やで
ただ後の幕府が反乱を恐れて銃を制限したため
銃の進歩が停滞したのは確か

66: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:33:14 ID:bhk
メイスでええやん

70: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:35:10 ID:yqM
なぜ作品で刀が過大評価されてるかってカッコええからよ
射程とか威力の介入の余地はないんやぞ

74: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:36:04 ID:XrF
銃と大砲あったら日本刀なんていらんのちゃうか?

80: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:37:38 ID:Lmq
>>74
ミサイルあったら機銃いらんやんで失敗したベトナム戦争みたくなるで

75: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:36:22 ID:2qw
丸太で十分

78: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:37:02 ID:G83
>>75
救助用にも使えるしな

79: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:37:23 ID:bhk
>>75
みんな持ったか!?

85: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:38:30 ID:dtC
優秀な鉄使ってるんやぞ
手作りでしか作れない職人技の結晶や

90: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:40:29 ID:IyQ
>>85
鎌倉以前の刀は現代の技術でも作れんらしいしな

86: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:39:03 ID:jL5
ロマンあるよね

93: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:43:03 ID:Isp
やはり銃剣こそが遠近最強なのか

95: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:45:46 ID:aPm
槍衾が戦で最強や

100: 名無しさん@おーぷん 2017/07/09(日)15:51:57 ID:Isp
昔は戦といっても声合戦ばかりで
実際に武器を持って戦うことはほとんどなかったっていう説もある
そら農民死んだら国も終わりやしな

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2017年07月10日 15:07 ID:QPEvvIYS0▼このコメントに返信
槍最強
刀は携帯しやすさと屋内で有効
言い争う事ではない
2.名無しさん:2017年07月10日 15:11 ID:bNfWmdls0▼このコメントに返信
すぐに切れ味悪くなるという過小評価もセットになってるような。
3.名無しさん:2017年07月10日 15:12 ID:rNg04.Va0▼このコメントに返信
3倍の実力差って結構やばくね?
4.名無しさん:2017年07月10日 15:13 ID:gprpZA360▼このコメントに返信
今日本全国で普及してる包丁くらいは長持ちすると思うわな
5.名無しさん:2017年07月10日 15:14 ID:Ka6lSQXW0▼このコメントに返信
日本刀も西洋の剣もピンキリだよ。

日本刀だって大太刀みたいな甲冑関係なく殴りあい上等なのもあれば小太刀みたいな甲冑隙間を攻撃するようなものまであるし西洋の剣だって殴りあいに強い剣だって突くことに重点おいた剣だってあるだろ。

日本刀に関しては鎌倉時代のものと江戸時代のものとで違うからな。
6.名無しさん:2017年07月10日 15:15 ID:BLdIJqUQ0▼このコメントに返信
なんでメイス系は発展しなかったんだろうな
パワー不足なのか
7.名無しさん:2017年07月10日 15:16 ID:Ka6lSQXW0▼このコメントに返信
米1

屋内の格闘じゃ薙刀最強だと思うよ。
8.名無しさん:2017年07月10日 15:18 ID:488Q.ppI0▼このコメントに返信
鎌倉以前の刀は現代の技術でも作れんとか言っているのは46cm砲は現代の冶金技術じゃ作れないと言っているのと同じ。
9.名無しさん:2017年07月10日 15:18 ID:gprpZA360▼このコメントに返信
※6
日本の気候でプレートなんて着込んだら熱中症でガチで死にかねないからなw
10.名無しさん:2017年07月10日 15:18 ID:VCXkk34Y0▼このコメントに返信
※6
樫棒や金棒はけっこう使っとる侍いたみたいだぞ
軍記とかだと割と出てくる
11.名無しさん:2017年07月10日 15:22 ID:BLdIJqUQ0▼このコメントに返信
※10
そいや、トゲトゲの棍棒みたいなの見たことある気するな
筋力あるなら絶対にこっちのが強いよね
12.名無しさん:2017年07月10日 15:22 ID:.2rot.G00▼このコメントに返信
当時の夏でも今みたいに狂った暑さじゃなかったんじゃない?
温暖化だの言われてるけど38度とか異常すぎる
13.名無しさん:2017年07月10日 15:24 ID:whhR..z70▼このコメントに返信
なんか結構レス削ってるな管理人 見てきたらそんなに長いスレでも無いのに
大太刀とか沖田畷の戦いの話題とか入れといたほうが※欄も伸びるだろうに
14.名無しさん:2017年07月10日 15:24 ID:clwib45K0▼このコメントに返信
丸太はずるいww
15.名無しさん:2017年07月10日 15:24 ID:Ixavs5Iy0▼このコメントに返信
真正面から斬り合うより暗殺向きな武器
16.名無しさん:2017年07月10日 15:25 ID:ItMszgMB0▼このコメントに返信
日本刀ディス定期
17.名無しさん:2017年07月10日 15:27 ID:ak0DEmRW0▼このコメントに返信
武士の魂にして一級の工芸品。日本の文化。武器としても使う。その道を究めていれば非常に強い。
何にだってケチは付く。日本ってだけで必死にケチ付けたがる奴も居るからな。
拳銃ぶら下げる文化だっていくらでもケチは付けられるぞ。武器を携帯してること自体物騒極まりない。
丸腰でも体鍛えて筋骨隆々にしてたって文句は出るわい。健康のためだぞ?夏だし。恐い言うな。
18.名無しさん:2017年07月10日 15:27 ID:whhR..z70▼このコメントに返信
※15
それも用途次第
スレや※5でも言ってるけど大太刀なんかは完全に真正面から殴る武器
19.名無しさん:2017年07月10日 15:29 ID:.2rot.G00▼このコメントに返信
発症は十字軍のクルセイダーだったかな
信仰の問題で刃物は禁止されててメイスの様な鈍器武器しか許されてなかったはず
それに防具がプレートメイル時代だったから鈍器のが効果的だからと見たことある
殴りころすのも残忍でどうかと思うけど
20.名無しさん:2017年07月10日 15:29 ID:lpdOBq7B0▼このコメントに返信
使い手に左右され過ぎる武器ですから
21.名無しさん:2017年07月10日 15:30 ID:3GJG2IGi0▼このコメントに返信
弓担いて槍持って刀差してじゃないんかね
ゲームじゃないんだから今の軍人同様色々持ってるやろと。
22.名無しさん:2017年07月10日 15:30 ID:clwib45K0▼このコメントに返信
人を切るには十分な性能だしな
基本的にいろんな国でその地域独特の戦術や武器があって
どれも良い所もあれば悪い所もあるって認められないのが多いよな
フルプレートも強いんだろうけど、それよりハルかに軽装備モンゴルも強かったしな
23.名無しさん:2017年07月10日 15:31 ID:CsZ.BW0n0▼このコメントに返信
普通に日本刀にも匠タイプと量産タイプあるでよ?
24.名無しさん:2017年07月10日 15:31 ID:4v2lFN7N0▼このコメントに返信
※10
佐竹さんとこの真壁さんは、丸太で無双してたらしいな
25.名無しさん:2017年07月10日 15:33 ID:owsEMNrU0▼このコメントに返信
明と朝鮮に日本刀についての記述がある時点で
優秀な武器だったのは間違いない
26.名無しさん:2017年07月10日 15:35 ID:ak0DEmRW0▼このコメントに返信
むしろ日本の冶金技術の粋を集めた作刀やって欲しいのだ。法的には日本刀とは呼ばないのだそうだけどな。
刀は刀、日本の刀。古代の技術の継承も大事だが新技術だって幾らでも有るだろう。出来るのは判っているのだ。
定期的に湧いてくる失伝しただの今の日本には作れないだの喚いている奴を黙らすのが面倒。現物があれば話は早い。
27.名無しさん:2017年07月10日 15:36 ID:wIpm9gPk0▼このコメントに返信
江戸時代に軽くて取り回ししやすい物に変更されて
すぐ切れなくなるとか言う評価はこういうときに作られた物と聞いたけど
28.名無しさん:2017年07月10日 15:36 ID:.2rot.G00▼このコメントに返信
脇差も同時に所持してたしね
甲冑の脇部分は丸裸状態だったから
脇差で脇を刺してトドメを刺すとか痛そうだ
29.名無しさん:2017年07月10日 15:39 ID:HXsOlvlf0▼このコメントに返信
観賞用と実戦用もあるしな
30.名無しさん:2017年07月10日 15:49 ID:M4iVFih50▼このコメントに返信
※6
金砕棒、槌、錫杖、契木、棍棒
木刀、鉄刀、鉄鞘、無刃刀、兜割り
十手、鼻捻り、分銅、振り出し棒
叩き槍(長柄)、鉄扇、鉄煙管等々
色んな鈍器が派生しているから
西洋の様にメイスで1括りになっていないだけ
31.名無しさん:2017年07月10日 15:51 ID:j8M0x.wY0▼このコメントに返信
西洋剣でもレイピア(刺突剣)は貴族階級の儀礼用の剣で、戦場で実際に騎兵(貴族)が使ってるのはロングソードで、
歩兵(平民)が使ってるのもパイク(槍)やブロードソード(幅広剣)だし
映画とかじゃ決闘の描写でレイピアが使われることが多いけど、実際はこれも相手(当然貴族だから殺したら自分にも支障がある)に
必要以上の大怪我をさせない配慮だし
32.名無しさん:2017年07月10日 15:52 ID:VenyI9.20▼このコメントに返信
打刀とか両手大剣とかダークソウルやりすきだろ。知ったかぶりもそうだし全てが気持ち悪い
33.名無しさん:2017年07月10日 15:54 ID:UqBzpBMm0▼このコメントに返信
実戦向きじゃない鑑賞か見栄
34.名無しさん:2017年07月10日 15:54 ID:PhIdf3N80▼このコメントに返信
>>日本の資源量及び伝来時期を考えると恐ろしい流通量やで
ただ後の幕府が反乱を恐れて銃を制限したため
銃の進歩が停滞したのは確か

火縄銃のあとの銃も研究はしてたんだよな…
明治以降の銃設計の迷走思うと、なんだかなぁ…
いまだにまともなものが作れないんだし…
(´・ω・`)
35.名無しさん:2017年07月10日 15:55 ID:B.Gh4trP0▼このコメントに返信
>日本刀は集団戦の武器としては今一つなんよ
間違い。少なくとも日本の戦争最盛期であった戦国では大いに活躍している。野戦の主要運用武器でなかっただけ。
そもそも日本の戦国とだいたい同時期に槍兵方陣+火縄銃戦術を採用していた西欧でも槍兵が崩れたらそこにハルバード兵や大剣兵と突っ込ませて穴を広げるのは基本中の基本であった。日本でも長柄兵が崩れたら刀剣兵で攻撃したことが頻繁に確認できる。集団戦では双方の陣形が整っている時と崩れている時で展開する戦術が全然違うのは常識だからだ。
追撃戦でも、攻城戦でも刀剣は大活躍した。
そもそも戦争の道具なのだから時代を決めて、戦時の運用方法を論じなければ意味ないだろと。
36.名無しさん:2017年07月10日 15:59 ID:PhIdf3N80▼このコメントに返信
>>34
70年前のアメリカ製と現代の住友製とで、アメリカ製のが信頼性高いしな…
37.名無しさん:2017年07月10日 16:02 ID:SA6aiKGb0▼このコメントに返信
短刀しかもたず弓に頼っていた半島人には理解できんのだろうね

その弓も日本の弓に飛距離でかなわず一方的に射られてたって

いうのだからたちが悪い
38.名無しさん:2017年07月10日 16:05 ID:xW9vZOSe0▼このコメントに返信
親戚の家にかつて罪人のクビを切る用の刀が残ってたわ。切るとすぐ曲がるがケツから吊って一晩ぶら下げとけば直ったという言い伝えも聞いたな。
よく切れるには柔らかさも必要なんやな
39.名無しさん:2017年07月10日 16:05 ID:l3haf.GO0▼このコメントに返信
日本人の精神の中に日本刀は常に存在する
心臓を捧げよ!日本万歳!日本人万歳!
40.名無しさん:2017年07月10日 16:06 ID:5SZRahfL0▼このコメントに返信
 日本刀って携行用の武器だからねぇ。
 ハンドガンみたいな感覚で持ち歩いてたんじゃないかね。メインは弓とか槍で。
 特別なイメージが定着したのは、江戸時代に帯刀するのが武士の特権とされて、身分の象徴になったからじゃないかと思う。戦国時代なんかは、刀狩が本格化するまで割とどこにでもある武器だったっぽいし。
 中国や朝鮮の軍隊は武士と違って徴兵した農民を武装してるもので、武器は官給品ばっかりだから、持ってる武器が質的に武士の日本刀に及ばないのは当然としても、日本刀の軽さと切れ味は評価に値すると思うよ。がっつり鎧着込んで戦う時の主力兵器じゃないから、耐久力よりも切れ味優先なのは仕方ないと思う。
 あと、江戸時代が長く続いて、武士と一緒に長らく現役で生き残ってたのが日本刀の知名度に貢献してると思う。ヨーロッパにも騎士が全盛だったころはいろいろ剣術の流派とかもあったらしいんだけど、戦い方がマスケット中心になって廃れたって話を聞いたことがある。その点、日本刀は幕末とかまでもろ現役だったから、より鮮明に印象に残ることになったんでしょう。
 幕末に派手に活躍したのが、日本刀がそもそも合戦の主力兵器じゃなくて普段から携行する武器だったってのも理由としてあるらしいね。武士身分なら誰でも持っていて不自然じゃないから、暗殺とか討ち入りとかいろいろ使い勝手がよかったっていう。
41.名無しさん:2017年07月10日 16:06 ID:dRxwJ9lK0▼このコメントに返信
砥石が豊富な日本だから武器を硬く進化させていったって事では
42.名無しさん:2017年07月10日 16:08 ID:l90gGVTX0▼このコメントに返信
 抜刀・居合・剣術・古武道 習えば 日本刀や武器 について詳しくなるから
 習いに来いよ
 日本刀5振り 現代刀工に注文2振り 槍2本 弓2張持ってるが未だに気に入らない
 武器は出来不出来に用途により作り込みが違うでも凄い 日本刀もあるのも事実 
 百聞は一見に如かず まず体験しにきな
43.名無しさん:2017年07月10日 16:10 ID:l3haf.GO0▼このコメントに返信
日本刀は超かっこいいんだよ
旭日旗も超かっこいいんだよ
日本人で超よかったよ
44.名無しさん:2017年07月10日 16:14 ID:M.x1bLOa0▼このコメントに返信
朝鮮刀は超ダサいニダよ
朝鮮属国旗は超ダサいニダよ
朝鮮人に生まれたら地獄ニダよジサツレベルニダよ

45.名無しさん:2017年07月10日 16:15 ID:y43RBAnx0▼このコメントに返信
ぶっちゃけ製作者の名とか入ってるのが一因だと思う。

海外は製作者の名を入れ始めたのは剣が完全に廃れた近代になってからだもんな。
46.名無しさん:2017年07月10日 16:18 ID:l3haf.GO0▼このコメントに返信
※44
台無しだよあんたw
47.名無しさん:2017年07月10日 16:18 ID:nTFLYPtL0▼このコメントに返信
わい日本の刀剣武具類の国宝の七割くらいが収蔵されてる
大山づみ神社によう行くけど
日本刀とかめっちゃ見惚れてまうほど美しい。
千年前に作ったもんとかあるのにな。
なんかドキドキするんや。
48.名無しさん:2017年07月10日 16:21 ID:kkYRD8mr0▼このコメントに返信
カッターナイフと果物ナイフどっちが優秀かって言い争いと同じレベルの下らなさ
49.名無しさん:2017年07月10日 16:23 ID:BPRkx3.V0▼このコメントに返信
問題なのは日本刀は本打ちと数打ちに分類されるわけよ
所謂、現在で謂うところの手仕事と工場での大量生産の違い
本打ちは戦専用の戦専用の刀で強度や粘り刃こぼれしにくい作りになっている。戦闘時に簡単に折れたり切れなくなったら死を意味するからな
で、数打ちの刀は当時の農民兵なんかの身分の低かった連中に与えられた
江戸時代になってからは戦は無くなったから献上品以外は数打ちが殆どになった。拳銃で言えば25口径の護身用。戦が無くなったからこれで事足りたってことだな
更にWW2で鉄製の製品の徴収が行われた結果、ただでさえ貴重な本打ちの日本刀は激減した
海外では歴史的なことや刀の種類までは把握出来ず、本打ちも数打ちも一緒の日本刀としての認識だからな
外国人に解りやすく説明するなら44口径のマグナムと25口径の護身用豆鉄砲の威力を一緒にしてるのと同じってこと
50.名無しさん:2017年07月10日 16:23 ID:HXsOlvlf0▼このコメントに返信
下級武士でも銘刀持ってるって話題になれば
大名が見せて、見せてと押しかけてくる世界
51.名無しさん:2017年07月10日 16:25 ID:nu.J8syg0▼このコメントに返信
戦いと言うよりは護身用だからな 確かに遠くから銃で撃たれればと言うが接近戦なら切り付ければ有効
接近戦で銃も当たればラッキーで日本刀で迫る人間にビビッて外せば終わり どんな武器も有能無能は関係ない
只勝てば有能武器 腰に差してるだけで皆さんビビるからな・・・スナイパーが幾ら敵を倒しても評価は低い。
西洋剣のデカくて重たい剣よりは細身の幾らか軽い日本刀は美しいから見てるだけでも良い。
52.名無しさん:2017年07月10日 16:28 ID:HjBHhHk90▼このコメントに返信
アメリカ人があの手この手で刀作る番組面白いよ

なにかとお辞儀する怪しいアメリカン刀工すこ
53.名無しさん:2017年07月10日 16:31 ID:SmG1RmO40▼このコメントに返信
槍強いけどあれ携帯してうろうろしてる奴居らんですわな
切れ味最強だけど室内戦用なのと所持している物でどのくらいの身分か分かったりした
最強決めるだけなら銃or弓なので近接武器は帰ってどうぞ
54.名無しさん:2017年07月10日 16:38 ID:VCXkk34Y0▼このコメントに返信
※47
大山祇神社は他の博物館だとそうそう見れない室町以前の武具が大量にあるのが素晴らしい
実戦期の大太刀とかなかなか無いしね
でも地元が昭和の小説が元ネタの鶴姫伝説をさも史実であるかのように町興しネタにしてるのはほんとやめてほしいわ
ぽっと出の創作であることは地元も分かってるみたいだし目先のちょっとした経済効果にはなっても
大山祇神社の歴史を尊重する立場から見ればライト層に現代ファンタジーが史実として伝わるって言う最悪のやり方だよ
55.名無しさん:2017年07月10日 16:55 ID:gbkv5dLM0▼このコメントに返信
日本刀って武器は、漫画の無限の住人みたいに重さだのスピードだの遠心力だの威力だのの観点から斧の方が優れてる

なんて結論に至る人には生涯理解できんわ

そもそもそんなとこ重要でもなんでもない、戦いにおいて不利になる要素ばっかりだから日本の剣術ってのはものすごく地味な見た目で
撫でるように急所を切るためにこんな構造になってる

一刀両断するためにこんな形になってるわけじゃない、想像してね?振ったあとに相手の体から刀身がほとんど離れない位置につけたところから体捌きで次の攻撃に移るために、遠心力にモノ言わせて威力をあげるような振り回し方すると思うか?

まして斧をあの刀身で受けるような動きをするとでも?
あの作者少しは日本の剣術知ってから漫画に書くべきだな
56.名無しさん:2017年07月10日 16:58 ID:96dhTmpp0▼このコメントに返信
刀は最高の刃物であって最強の武器ではないもんな。

ロングソードの時みたいに同じ金属をぶつけたらそりゃでかい方が当然勝つし、どれだけ鍛えても物には限界があるって言うのをよく体現してる存在だと思う。
57.名無しさん:2017年07月10日 16:59 ID:IXaRrDLk0▼このコメントに返信
※53
投槍・弓・銃の間接兵器が一番殺した武器だろうが・・今も銃剣標準装備なんだぜ・・

てか最強なら核で終わりやん。
58.名無しさん:2017年07月10日 17:11 ID:18U273hX0▼このコメントに返信
GHQが刀狩りしなければ、何十万本と国内に流通していたはずなのになぁ。
59.名無しさん:2017年07月10日 17:13 ID:q9r58MA70▼このコメントに返信
日本刀最強説論者は姑息な能書き屁理屈垂れてないで、
「日本刀を天にかざして呪文を唱えれば、敵陣に雷が落ちて全滅する。だから日本刀最強」
くらいのイカれた事言ってくれよ。つまんないよ。
60.名無しさん:2017年07月10日 17:14 ID:hMg7SmhY0▼このコメントに返信
日本が一番殺し合ってた時代の戦い方
槍(打撃)刀(受け流し)盾(竹束とカーテン)
61.名無しさん:2017年07月10日 17:16 ID:nTFLYPtL0▼このコメントに返信
※54
まぁ鶴姫の鎧って言われてる
胸のところが膨らんだ女性用の鎧から
創作されたんでしょうね。
実際は女性用かどうかは不明なんだけど。
実物見ると確かにこまいし胸のところの膨らみあるから
そう思ってしまう人も多いやろうけど。
鶴姫押すんやったら
義経や頼朝が奉納した鎧とか
弁慶のなぎなたとかもあるんやから
そっち推せばええと思うんです。
62.名無しさん:2017年07月10日 17:23 ID:otzFzCYJ0▼このコメントに返信
刀は技術と組合わさってこそのある種の芸術品。

西洋の剣は工業品。

刀は粗悪な鉄で製造を行う変態製造技術の結晶。
扱うにもそれなりの技術がないと宝の持ち腐れ。

西洋の剣は良質な鉄の素材をいかして作る、大量生産可能なお手軽武器。
メイスの延長で使ってもまぁなんとかなる、扱いもお手軽。

そんなイメージ。
63.名無しさん:2017年07月10日 17:27 ID:T3.WzEGT0▼このコメントに返信
>>19
日本刀知ってる人が日本刀っていったら普通打刀をさすとおもうけど、
日本刀過大評価過小評価する人の普通の日本刀は幅広いと思う。
すくなくとも太刀との区別はついてない。
過小過大評価する時点で普通じゃないしね。

大和VSイージスとか銃VSナイフより槍VS薙刀VS長巻でやって!
たとえ結果があきらかにしろ、知らない人は議論の過程で成り立ちや用途をおもしろおかしく細かく知れるし。
64.名無しさん:2017年07月10日 17:29 ID:jlYva5LH0▼このコメントに返信
※60
槍の間合いで刀抜かんし、刀の間合いになったら槍なんて持ってないぞ
なんのファンタジーだ
65.名無しさん:2017年07月10日 17:34 ID:h1B.NLA90▼このコメントに返信
刃筋立てて斬らないと意味が無い派と金属の棒だからぶん殴るだけで意味がある派がいるよね
前者が居合いで後者が剣道ってところかしら 剣道でも刃筋を重視はするけど

レイピアは一般的に打刀より重いと知って驚いた思い出
良くイメージされるのは実はスモールソードでレイピアはもっと刀身長いとか
66.名無しさん:2017年07月10日 17:35 ID:e.dTSA6Z0▼このコメントに返信
結構誤解されてることが多いが
西洋の剣って大抵は日本刀より頑丈って訳では無いんだよな
後期のブロードソードは重い物だと打刀と変わらないし
大抵の西洋剣と比べると、日本の大太刀の方が長くて重い場合は多い
印象論で西洋は力押しとか、武士は技とか言うのは流石にどうかと思う
立場が逆転する可能性は、装備から見れば十分有り得る事なんだし
67.名無しさん:2017年07月10日 17:37 ID:1S3g3wnN0▼このコメントに返信
日本刀より槍が強いのではなく、素人には槍のが扱いやすかっただけだぞ
突きだけ教えれば何とかなる槍と切る突く払うに間合いも覚えなければ戦えない刀では足軽が習得する為の難易度が違い過ぎる

68.名無しさん:2017年07月10日 17:39 ID:2pUl94Az0▼このコメントに返信
日本刀を作る技術が発達し神格化されたのは江戸時代
つまり実践で使用する機会がなくなった頃
あれは武器じゃなくてシンボル
69.名無しさん:2017年07月10日 17:43 ID:5ZlxWvwE0▼このコメントに返信
槍と刀の比較とか
狙撃銃とアサルトライフルとサブマシンガンとハンドガンでどれが一番強い?みたいな話を延々されても困る
70.名無しさん:2017年07月10日 17:45 ID:hMg7SmhY0▼このコメントに返信
※64
槍VS刀なんて書いてないぞ。何処見てるんだお前
71.名無しさん:2017年07月10日 17:46 ID:BiUuNOyU0▼このコメントに返信
江戸時代に槍の持ち歩きには許可が必要で
72.名無しさん:2017年07月10日 17:47 ID:LBJiUYbA0▼このコメントに返信
相手が同じ重量、厚み幅の鋳物のロングソードなら、日本刀で切れ(割れ)そう。
73.名無しさん:2017年07月10日 17:48 ID:BiUuNOyU0▼このコメントに返信
江戸時代に槍の持ち歩きには許可が必要で太刀持ち長さの制限があったから打刀に集約されてきたわけで、本来戦国時代につかってたのは大太刀とかなんだけど、だいたい知らないで話してるよね。
74.名無しさん:2017年07月10日 17:57 ID:LBJiUYbA0▼このコメントに返信
愛媛県の大山祇神社の宝物館は太刀ばっかりだな。ほとんど国宝だけど。
中には刃渡り180cmグリップが60cmぐらいの大太刀もあった。欠けてたけど。
これでぶん殴ったんだねw

75.名無しさん:2017年07月10日 18:05 ID:oBa1IjR70▼このコメントに返信
刀が当時の世界中の刀剣類と比べて劣ってるなら美術品としても輸出されんだろう
いくら見た目が良くてもmade in chinaと書かれてる壺を床の間に飾るか?
明軍を恐怖に陥れた侍の刀だから美術品としても価値がある
76.名無しさん:2017年07月10日 18:09 ID:B0f.03lM0▼このコメントに返信
つーかヨーロッパの剣の歴史知らんわ、鋳造鍛造すら知らんわ、西洋剣の重さも知らんわ、日本刀の重さも知らんわ馬の違いも知らんわ挙句の果てにヨーロッパは全員か大体フルプレートアーマー着てると思ってるわとまーーーーー日本の書籍ゴミすぎ。

まあこんな本ですらゴミな日本のメディアで生まれ育ったお前らもゴミって事。一つだけ言ってやると馬上剣はどこの世界も大体曲刀なんだよ、なんでかっていうと衝撃に強くなるから。おもっくそぶったたくために曲がってんのになんで鈍器として西洋剣より劣ると思ってんだバカか?
あまたの戦を経験したのち平均的体格の日本人が抜きやすく扱いやすくおもっくそぶったたきやすいのが刃渡り70㎝近く重さ1㎏ちょっとって事なんだよ。本当にちゃらんぽらんすぎてぶん殴りたくなってくるわ
77.名無しさん:2017年07月10日 18:15 ID:BiUuNOyU0▼このコメントに返信
戦国時代位なら白人の方が平均身長小さかったはず
78.名無しさん:2017年07月10日 18:15 ID:nTFLYPtL0▼このコメントに返信
どこぞで聞きかじってきた知識で他人を貶めるのはよくないね。
79.名無しさん:2017年07月10日 18:31 ID:6rh7x2dA0▼このコメントに返信
刀剣博物館で現物持てるんだが、思ったより重心が刃の方にあった、これなら切り易そう。
>>31
>>普通日本刀の重心は鍔元にくる
全体が一本の鋼の棒で、柄の重さなど知れているから、鍔元に重心が来ることは無いだろう。
80.名無しさん:2017年07月10日 18:36 ID:hXnVNi1R0▼このコメントに返信
そこそこの実戦に耐えられ、かつ携帯性能を追求したのが日本刀だと思う
最初から戦場に出る前提の装備なら刀以外に主兵装で槍やら弓やら持ち歩くだろうし
刃のメンテナンスは手間だが難しくはないしな

ようは現代で言う拳銃みたいな立ち位置なのかなと
もっと長さを抑えてコンバットナイフ程度のものを用意したとしても
槍や薙刀相手じゃナイフでは厳しいだろうし
81.名無しさん:2017年07月10日 18:37 ID:BoZqHZEY0▼このコメントに返信
切れ味って言う意味なら一級品なのは間違いないよ
槍や弓だけでなく銃の存在によりメインウェポンじゃなかったから追求できた
趣味品としてパトロンになる大名の多かったしね
82.名無しさん:2017年07月10日 18:39 ID:ZRGcoamz0▼このコメントに返信
※76
まぁなんだ。
少なくとも、カンフー映画のような動きを推奨する「アメリカの武術道場」よりは、
日本の書籍のほうがはるかに進んでると思うがね。
83.名無しさん:2017年07月10日 18:44 ID:uef.mk.R0▼このコメントに返信
※59
日本刀ゴミ厨は「日本刀は実戦では全く役に立たない。脇差から大太刀まで既に死んだ相手から首を切る用途にしか使わなかった」くらいのイカれたこと言ってくれよ。

まあ日本刀首切専用論者とかは冗談でなく本気でこう思ってそうなのが恐ろしいんだが…
84.名無しさん:2017年07月10日 18:47 ID:N0Phkpzt0▼このコメントに返信
攻撃用 ⇒ 槍
      鉄砲
      弓

護身用 ⇒ 日本刀

切腹  ⇒ 脇差
85.名無しさん:2017年07月10日 18:53 ID:VCXkk34Y0▼このコメントに返信
※76
70cm程度ってあくまで実戦が無くなってから決められた平時に携行しやすい基準じゃね?
江戸時代最初期までの記録や軍記だと現代基準なら大太刀になるような刀を腰に差してたりするし
江戸時代以降多くの刀が小さくされたって話も実戦だと70cm程度じゃ不安ってことをあらわしてるんじゃないかね
86.名無しさん:2017年07月10日 18:54 ID:SXi3hFoz0▼このコメントに返信
※36
お前製造業でマトモに働いた経験ゼロだろ
87.名無しさん:2017年07月10日 18:56 ID:JjuBfirm0▼このコメントに返信
造形的には美しいし、機能的
機能面じゃ比較的長い刀剣ならこれと鉈剣が双璧みたいな気がする
88.名無しさん:2017年07月10日 19:03 ID:iJshcEFj0▼このコメントに返信
そもそも、槍→剣と進化した武器で、攻撃面積増えたら戦闘で有利じゃね?ってのが考えな
だから、剣のそもそもは刃をとにかく押しあてて傷つけるもの
消毒とか無い時代、怪我するだけで死に直結したから、時代によっては剣>槍だったのよ
だんだん治療技術や集団戦法の確立で長槍のが強くなったけど、それ以降もサブウェポンとして有効だったから残った
89.名無しさん:2017年07月10日 19:09 ID:Qr9fiSjr0▼このコメントに返信
打刀の前身は刺刀で最初からサブウエポン
メインは太刀か長刀
90.合気道家:2017年07月10日 19:15 ID:amzoMPC10▼このコメントに返信
日本刀はナチス・ドイツみたいな存在。
大元の幹の戦略、コンセプトが地上戦闘に向かない、間違ってるから、武器としてはかなり弱い。
刀剣の中でもかなり弱い部類。
が、技術的には高いし、何より世界最高芸術。
日本刀は弱いが、世界一美しい刀なんだよな。
斬れ味、性能もなかなかのもの。
弱い武器をすんごい高度な技術で造った刀。
ナチス・ドイツも兵器、戦術には見るべき点があるし、ファッション・センスは世界一だった。
91.名無しさん:2017年07月10日 19:19 ID:Jq5XLdDC0▼このコメントに返信
西洋剣にも名刀はあるし剣術もあったんですよ、銃への移行が凄まじい速度で進んだから失われてしまったんですけどね・・・
西洋剣での名刀に当たるものもやはり曲がった後も真っ直ぐに戻ったとかという記述があるんだそうな

ついでに言えば日本刀と言ってもバリエーションが数多くある物を一括りに語ってもね・・・
それこそ一般的なイメージの「刀身の肉厚が薄く刃鋭く、素人が振ったら刃が欠けるか折れる」の物もあれば
「刃を鋭くした馬鹿長い鉈」みたいな物もあるわけで・・・
後者なら戦場で刃毀れや脂で切れ味落ちてもそのまま振って殴って倒せる、といった用法で使えるから生まれたわけですよ・・・
そして前者が発達したのは平時の鎧だのを纏う事の少ない平時ですよ、精々厚手の服程度が防具の想定ですのでこちも正しい
まあ、一部の・・・なんというか変態レベルのこだわり派の更に極一部の連中が明後日の方向へぶっ飛んだり、とかいう例外中の例外もあるけどね・・・w
そして問題は、本来雑兵でも使えるお手軽な武器であった槍やらにもそういう変態が存在するからヤヤコシクナルンデスガネ!w
92.名無しさん:2017年07月10日 19:44 ID:tTDx.ikm0▼このコメントに返信
鉈に近い刀ってなんて名前?
東南アジアとかだと鉈から派生した武器はかなり見るけど、日本でもあるのは初めて聞いた
93.名無しさん:2017年07月10日 20:10 ID:LBJiUYbA0▼このコメントに返信
※79

それ持って無いじゃんw

重心は鍔から拳ひとつ分位のところにあるでしょw

俺の模造刀もそうなってるし、フェンシングのフルーレもそうなってる。
ロングソードは知らないけど、レイピアも重心はそうなってる。

西洋の剣もグリップの端にポメルって言うおもりになる止め金がついててバランス取れるようになってんだよ。
日本刀の柄も木で挟んで鮫の皮で巻いて留め金や装飾打って紐で巻いてるでしょ。中まで刀身が入ってるし。鍔もあるしね。それで重心は調整してるわけ。
94.名無しさん:2017年07月10日 20:21 ID:JVvh1rNj0▼このコメントに返信
※93
ついでに言えば刃先より鍔元を肉厚・幅広にすることでも重心を手元に持って来れるね。
95.名無しさん:2017年07月10日 20:32 ID:LnhoeJTI0▼このコメントに返信
>>メインは槍、打刀はサブウェポン

使い勝手が重視されるサブウェポンだからこそ、ここまで普及したんだろうね。
あと、銃器は消耗品である弾火薬の供給量がネックだろうな。

※93
居合道用刀は操作しやすいように重心が鍔元5寸前後に調整されてるけど、
試し斬り主体の道場ではもっと切先寄り(と聴いたw)

重心の位置は流派によって千差万別だから、あまりこだわらなくてもいいかも。

西洋剣のエクセキューショナーズソードも、斧みたいにおもいっきり前寄り重心形状だし。
96.名無しさん:2017年07月10日 20:41 ID:ak0DEmRW0▼このコメントに返信
※92
薙刀の直しの脇差しなんかは刃が分厚いね。長巻の直しでも分厚くなるか。
同田貫みたいに刃の分厚い奴は豪刀とか剛刀とか言われたりする。鉈としても使うのは山刀とか。武器じゃ無いけどね。
日本の刀は農具からの発展ではなく最初から刀だろうから山刀があったとして刀からの派生かもしれないよ。
97.名無しさん:2017年07月10日 20:47 ID:LBJiUYbA0▼このコメントに返信
※95

重心は手元に無いと器用に振り回しにくいだろw

そう言うつもりがない一撃必殺系の武器は前重心。あまりその武器で防御しようと思ってなければそうなる。

別におかしな事ないでしょw
その試し切りやってるところの刀はわざと柄のガワを軽くしてんでしょw
刀身自体も柄のところだけ軽くしちゃうとか考えづらいしね。
98.名無しさん:2017年07月10日 21:05 ID:Jq5XLdDC0▼このコメントに返信
※92
鉈から派生した、のでは無く刀がまずありきで、それをカスタマイズした結果鉈みたいになった、というほうが正確かと
刀に継続戦闘能力を付加した結果が肉厚になり見た感じ鉈みたいになった、と言うほうが正しいのかなぁ・・・?
大まかに言えば※96氏の言う同田貫他の壕刀がそれに当たりますかねぇ・・・
99.名無しさん:2017年07月10日 21:14 ID:Jq5XLdDC0▼このコメントに返信
※98
ついでに言うと壕刀等の分類も後世によって分類されたものが多くて、更に言えば分類者によってまちまちだったりするのもあるという事情もあるので一概に「これは刀の発展系!」とか「これは鉈から発展したものだ!」とか断言できる人はほぼ皆無でありましてね・・・
ちなみに槍やらもこの派閥による分類戦争はあってだな・・・w
まあ多分、それこそタイムマシンが開発された後も永遠に続くのでしょうねぇ・・・w
100.名無しさん:2017年07月10日 21:23 ID:0W54j3Vp0▼このコメントに返信
サンクス。
壕刀の画像見てみたが、分厚いけど鉈ほどでは無いな。 道具としては使えないか…?
東南アジア系の刃物は逆で、道具から武器になったタイプが結構多い。例えば、フィリピンのボウロ、ネパールのグルカナイフ、マレーシア?のパランとか。 関係ないけどマチェットや斧も道具→武器の派生だった筈
101.名無しさん:2017年07月10日 21:24 ID:0W54j3Vp0▼このコメントに返信
てかアレかも。日本で鉄製の農具は貴重品だったから迂闊に武器にしなかったか、武器は武器、道具は道具という風潮があったからかな?
弓なんかはマジで狩猟用と戦用で分離してるけど。
102.名無しさん:2017年07月10日 21:29 ID:Z1NHGcAv0▼このコメントに返信
※26
昔テレビの企画で「リアル斬鉄剣」とか作られたりもしたんだけどね
そういった研究目的以外のモノは法律を変えないと無理だね
103.名無しさん:2017年07月10日 21:31 ID:hIs.qJh50▼このコメントに返信

武器としては優秀じゃないよ。

「使い手」が腕を磨かないとポテンシャルを発揮しない。

だからRPGでスキル値とか熟練度があるんだろう?

欧米の刀剣は力いっぱいぶん殴ったり、チクチク突く奴だから、

素人でもそこそこ戦えるよな?

でも動作がバレバレだから、鎧で体が重くなった相手にしか当たらないの。
104.名無しさん:2017年07月10日 21:33 ID:hIs.qJh50▼このコメントに返信
※84
切腹は脇差じゃね~。
「脇」を「ワキ」から連想したか?
105.名無しさん:2017年07月10日 21:36 ID:hIs.qJh50▼このコメントに返信
※17
>武士の魂にして一級の工芸品。日本の文化。武器としても使う。その道を究めていれば非常に強い。

 いや江戸時代の時点で、ほぼ美術品だから・・。
 「伝家の宝刀」って言うだろ?家宝だよ。

 子孫がもし貧しくなった時、この刀を売って足しにしろ、
 っていう意味だ。「家宝」てのは。
106.名無しさん:2017年07月10日 21:36 ID:BiUuNOyU0▼このコメントに返信
※102
あれ、トリビアだったけどものすごく文科省に怒られたって。今のテクノロジーで作ると法律に違反する。

日本刀が停滞してるとか言う阿呆がいるけど、法律上日本刀は江戸時代の伝統的な作り方で作った「美術品」でないと没収と罰が待ってるからつくれない
107.名無しさん:2017年07月10日 21:37 ID:hIs.qJh50▼このコメントに返信
※59
日本刀最強説論者は姑息な能書き屁理屈垂れてないで、「日本刀を天にかざして呪文を唱えれば、敵陣に雷が落ちて全滅する。だから日本刀最強」
くらいのイカれた事言ってくれよ。つまんないよ。




 悔しそうだな! チョーセンは!
108.名無しさん:2017年07月10日 21:50 ID:bcV5qvg50▼このコメントに返信
現代では、日本刀は全て「美術品」としての扱い。
実用品ではなくなった。
日本刀の製法も、甲伏せや三方張りなどに限定されてしまった。
大昔の製法とは全く違う。
実用刀剣として最も完成度が高いのは、満鉄刀(興亜一心刀)。
しかし、現代の日本刀の規定からは外れる。
109.名無しさん:2017年07月10日 21:56 ID:HJkQyhDn0▼このコメントに返信
※103
日本刀は両手で持たないと振り下ろす事も出来無い鉄の塊なんだぞ
多少刃こぼれしたって骨なんて軽く粉々になんだよ、お前は馬鹿か?
一度本物の日本刀を手にしてみろ
110.名無しさん:2017年07月10日 21:57 ID:bcV5qvg50▼このコメントに返信
※2
そんなにすぐに、切れ味は落ちないよ。
鎧相手なら別だけど。
かすっただけで切れる。剣道の一本程でなくても、十分、致命傷。
小刃が散っても、鋸と同じ。切れるよ。
鋸で切りかかられることを想定すれば、良く解る。
脂肪がついてても、鋸刃なら切れる。
包丁で肉や骨を切っても、問題ない位だから。
111.名無しさん:2017年07月10日 21:58 ID:bcV5qvg50▼このコメントに返信
※109
確かに、問題なく切れるよ。
ただ、片手でも振ってるんだけど。
112.名無しさん:2017年07月10日 21:59 ID:iQues5KG0▼このコメントに返信
日本刀←めっちゃ速い!とにかくヒュンヒュンヒュンって速い!

剣←なんか光る!登場シーンとか大事なシーンで精霊とかの力で凄い光る!
113.名無しさん:2017年07月10日 21:59 ID:bcV5qvg50▼このコメントに返信
※7
屋内で薙刀は長いよ。
長巻位がいい。
114.名無しさん:2017年07月10日 22:00 ID:TUhG2hfm0▼このコメントに返信
アメリカじゃ今の技術で切れ味も耐久性も抜群の「日本刀」をTVショッピングで売ってるぞw
115.名無しさん:2017年07月10日 22:02 ID:bcV5qvg50▼このコメントに返信
※8
今の法的な制限で、鎌倉期の製法が否定されてる。
ここで、幕末の方法を受け継いでいるだけなので、失伝してるよ。
116.名無しさん:2017年07月10日 22:04 ID:iQues5KG0▼このコメントに返信
あっすみません。日本刀って戦では2〜3人倒したら切れなくなって後は突きでしか相手を倒せないって自衛隊員の剣道の先生から聞いたんですけど。
その先生の情報が間違ってた?
117.名無しさん:2017年07月10日 22:04 ID:bcV5qvg50▼このコメントに返信
※114
あれは「日本刀みたいな良く切れるレプリカ」なんだよね。
日本刀は製法や材料、製作者、製作本数まで指定されてるよ。
刀匠じゃなきゃ、ダメなんだ。
118.名無しさん:2017年07月10日 22:05 ID:hIs.qJh50▼このコメントに返信
※110
>そんなにすぐに、切れ味は落ちないよ。

 切れ味落ちるよ。
 メスやカミソリみたいな科学製法じゃなく、昔の技法で作った刃を、
 研ぎだけで鋭くしてるんだから、砥石程度の硬い物を切りつけたら、すぐ切れなくなる

 そもそも江戸時代の時点で流通してた刀は、美術品であり実用性はない。
 実用性とは、長持ちして、丈夫で、研ぐ必要がなく、腕も磨かなくていい武器。
 そういうのは戦国時代にやってた。
 で、江戸時代以降は、「切れ味いいくらい研ぐ」けど、チョッと切ったらする切れ味落ちる。ただの工芸品。 
 もちろん武士は、ちゃんと切れる刀で訓練してたよ。でも美術品タイプではない刀で。
119.名無しさん:2017年07月10日 22:15 ID:bcV5qvg50▼このコメントに返信
※116
新選組は、池田屋でそれ以上に切ってると思うよ。死者だけで10人。手負いで捕縛もいたし、4人で踏み込んで藤堂平助は重傷で戦線離脱、沖田総司は喀血で離脱したし。
現代人で人を切った人は、大戦に参加した人だけだと思う。
当然、僕も切ってないし。
でも、2~3人では無いと思うよ。
足軽の、数打ち物のお貸し刀ならわからんけど。
120.名無しさん:2017年07月10日 22:22 ID:bcV5qvg50▼このコメントに返信
※118
実戦前にはね、刀を砂山に突っ込んで、刃先の小刃を散らせるんだ。
剃刀の切れ味は鋭いけど、撃ち合ったらボロボロになる。
先に、小さな鋸状にしておくんだ。
すると、欠けに強いし、肌をかすめるだけで切れるんだ。
実際に、仕上げ砥石をかけたものと、中砥石で終わらせたものでは、中砥石で終わらせた方が切れるよ。
仕上げをかけるのは、見た目の問題と、表面積を減らして錆の発生を防ぐためなんだよ。
普段から、刃物は使ってるから。
121.名無しさん:2017年07月10日 22:28 ID:bcV5qvg50▼このコメントに返信
※118
これがね、切れ味って言っても、いろいろあるんだ。
まず、腕や足を切断することが前提の場合、それなら確かに切れ味は落ちる。
でも、骨まで達する手傷で、致命傷を与えるくらいなら、問題ないよ。
肉の処理をするのに包丁使うけど、日本刀ほど切れずとも、十分使えるよ。
122.名無しさん:2017年07月10日 22:37 ID:iQues5KG0▼このコメントに返信
結論:謎の光を発しない剣は剣に非ず
123.名無しさん:2017年07月10日 22:44 ID:g.MRboSk0▼このコメントに返信
槍と刀剣はライフルとピストルくらい違う。
124.名無しさん:2017年07月10日 22:51 ID:Jq5XLdDC0▼このコメントに返信
※114
ちなみに今の日本の技術で刀作ったらどうなるか?はすでに昔のTV番組の企画でやっていてね・・・
結果は「自動車のドアをぶった切った」です、まあ使い手の腕によるところも大きいけどねw
125.名無しさん:2017年07月10日 22:52 ID:5YXIl72k0▼このコメントに返信
槍と刀剣は
火力支援火器とアサルトライフルの関係

ピストルは短刀とか脇差
126.名無しさん:2017年07月10日 22:53 ID:.5KF15kQ0▼このコメントに返信
自宅警備には槍だよね
127.名無しさん:2017年07月10日 23:02 ID:LBJiUYbA0▼このコメントに返信
日本刀→2、3人切ったら切れ味が落ちる!

ロングソード→それを言ったら、切れ味がそもそも存在しない。

128.名無しさん:2017年07月10日 23:15 ID:XCl.ZMXV0▼このコメントに返信
切れ味が落ちるの落ちないのってチャンバラ時代劇の見過ぎじゃね
そんなに何人も相手に戦って切って切って切りまくれる奴どれだけ居るのかと
129.名無しさん:2017年07月10日 23:18 ID:bcV5qvg50▼このコメントに返信
精養軒は、鉈みたいなこん棒みたいなもので、刺すことがメイン。
包丁でも、ヨーロッパ製はどれもタフ。
日本刀は繊細。良く切れる。
でも、ぶつけ合ったら、曲がるか折れる。
曲がったら、切れ味どころではないよね。
130.名無しさん:2017年07月10日 23:20 ID:LBJiUYbA0▼このコメントに返信
切れ味って、例えばマグロを捌いて冊を作っていく時に、細胞を潰さないでスパッと切れるから、全然汁が出てこないね~ってレベルでしょw

肉でも売るつもりなのか?
131.名無しさん:2017年07月10日 23:34 ID:lgLSrIc.0▼このコメントに返信
過小評価と過大評価の両極端だからもっとフラットに評価しようぜっていう趣旨でスレ立てしたのは何気に有能だと思う
全否定or全肯定厨はうぜーもんな
132.名無しさん:2017年07月10日 23:37 ID:5YXIl72k0▼このコメントに返信
※129
日本刀って言っても
普段使いする繊細なものもあれば
戦争用の武骨なものまで色々よ

日本刀が曲がるか折れるような衝撃なら
西洋剣も同寸なら同じように曲がるか折れるよ
133.名無しさん:2017年07月10日 23:45 ID:LBJiUYbA0▼このコメントに返信
※129

出刃包丁にそうそう勝てないでしょw

ダマスカス包丁とか波模様入ってる奴w
ステンレス包丁もあるけどw
何故、包丁に話をすり替えて日本刀が弱いって話をしたがるのか?

柳葉包丁なんて、用途に合わせて薄くしなるように元々作ってあるんだから、そんなのと勝負してどうするのか?

まあ、包丁含めて日本刀等の刃物は、もはや文化レベルまで極めてあるから、何の文化もない韓国にとったらジェラシーの対象でしかない。日本刀下げしたくて堪らないよねw
わかる~w
頑丈な武器が好きなら棍棒でも振ってろwって話なんだよね。鋳物の武器なんか何処でも誰でも作ってんじゃん。
だからなんだ?って品物じゃんw

日本の凄いところは、文化が生きてるところ。職人がちゃんと伝承してる。帯刀なんか出来ないのに。
文化が生きてるから刃物も用途に合わせて様々なバリエーションがある。
文化が生きてるから、新しい用途にこんな刃物が欲しいって言えば新しい刃物を作っちゃう。
形が違うだけじゃないから3Dプリンターじゃパクれないよ?

まあ、そういう技術力とか精神とか興味がないあなたには、バールがお似合いです。たぶん結構強いよ?
134.名無しさん:2017年07月11日 00:13 ID:0Q56ZE000▼このコメントに返信
結論:恐竜→鳥類 刀→柳刃包丁
135.名無しさん:2017年07月11日 10:30 ID:AgC.5afh0▼このコメントに返信
日本刀最強説はもう飽きた。
日本刀が本当に最強か否かにも飽きたし、
最強論者が、日本刀の敵側は何故か巻き藁みたいに、
斬られるまでボケーッと待ってるもんだという前提で語る馬鹿さ加減にも飽きた。
136.名無しさん:2017年07月11日 10:44 ID:6Hfc052i0▼このコメントに返信
※135
最近のネットは鈴木説が肥大化した結果の逆張り全否定バカのほうが目立つだろ
137.名無しさん:2017年07月11日 10:48 ID:VZ9eCrKb0▼このコメントに返信
池田屋みたいな状況だと切るより
突くだから切れ味はあまり関係なかったかも

最強は示現流に日本刀だろうな
多少の防御は役に立たない
138.名無しさん:2017年07月11日 11:21 ID:7L6SOFNU0▼このコメントに返信
 鎌倉時代の古刀ばかりアゲされるが、本当に最強の刀は戦前に作られた満鉄刀。
 当時の冶金技術の粋を尽くして作られた刀で、本当の意味で折れず、曲がらず、そして錆びず、よく切れるを実現した究極の日本刀。
 現代でも日立金属あたりが最新の素材を用いて作ればこれ以上の刀ができるはずだが、今の法律では刀は美術品としてしか作ってはいけないことになってるので武器としては使えない去勢されたクズみたいなものしかない。
 そういう意味では日本刀サゲ勢の意見もよくわかる。
139.名無しさん:2017年07月11日 11:26 ID:7L6SOFNU0▼このコメントに返信
※106
つまり武器としては最新の冶金技術で作られた軍用大型ナイフやマチェットのほうがずっとイイってことだな。
140.名無しさん:2017年07月11日 12:12 ID:tDaRWBUw0▼このコメントに返信
クソザコ資源から生まれたわりには頑張ってるじゃろ。
141.名無しさん:2017年07月11日 12:56 ID:lvZZz3eh0▼このコメントに返信
あの切れ味は本当に凄いぞ 文字通り、人間真っ二つだからな
生麦事件のリチャードソンなんてあまりの切れ味に傷口が深い事に気づかず、
逃げた先で水飲んだ瞬間、サックリ開いて大量出血そのまま絶命
毎年近所の神社で居合切りを生で観るが、イメージと違い、ためし切りの藁ゴザって、水を含んでて凄く堅くて重いのに、
切り口スッパリ ほとんど抵抗なくスパスパですわ  あれ、リアルな人体と同じ堅さだとか・・・。
剣術の先生曰く、「時代劇の様に辻斬りに追われたら下手な抵抗せずにトコトン逃げましょう、戦うなんて微塵も考えちゃイカン」
142.名無しさん:2017年07月11日 13:13 ID:48rJsBgA0▼このコメントに返信
抜刀隊は薩摩の斬り込みに対する対抗策だろ。>相手が飛び道具を有効活用しなかった、ってのは認識が間違っている。最初から刀に対抗する部隊だ。
143.名無しさん:2017年07月11日 13:38 ID:VDYPLEoP0▼このコメントに返信
刀は障害物ある所や室内と廊下なら突きに使えるからな
槍だと長すぎるし
144.名無しさん:2017年07月11日 13:38 ID:X64GbDka0▼このコメントに返信
※141
そりゃ内臓を切ったんだろ。
日本刀は切れ味凄い厨は、「骨ごと」を願う、空想家だから
145.名無しさん:2017年07月11日 15:55 ID:Q0Jtm8us0▼このコメントに返信
※144
陶物切りは骨まで断つことが前提なのだが。剣道でも断ち斬れるだけの勢いがないと一本貰えないんだよ。
まともに面を食らえば判る。あの勢いで食らったら木刀でも頭蓋骨割れるわ。刀ならバッサリ。
剣術なら頸動脈狙ったり筋を断つことを狙ったりもするけどな。その方が刀は長持ちする。
146.名無しさん:2017年07月11日 18:42 ID:21UAMEgZ0▼このコメントに返信
※137
これなんだよ。
日本刀が2~3人切ったらオシマイ、って、相手の刀にも叩き付け続ける示現流があるってことは、その耐久力もあるってことだよ。
147.名無しさん:2017年07月11日 20:05 ID:tJJTFY9A0▼このコメントに返信
※146
尚示現流の場合は「最初の一撃を避けられたら氏ね」(一応回避された場合の対処法も勿論あるけどそれより初太刀を確実にぶち当てろ!が先にくる)が基本理念の為毎日の剣術の鍛錬が大前提というな・・・

それと戦国時代末期だと示現よりはタイ捨のほうが主流なんですけどね、まああっちはあっちで頭おかしい代物(大雑把に言えば猿声挙げて相手や周りを怯ませた後に突撃して首刈り取れ)なんだが・・・w
148.名無しさん:2017年07月11日 20:46 ID:21UAMEgZ0▼このコメントに返信
示現流の初太刀は、虎走りからの腰を落としての切り上げ。
受けの技が無いほどの角度。退いたところに、トンボ逆トンボの雨あられ。
胆力の塊。
受ける側にそれ以上の胆力が無いと、技だけでは負けるね。
島津の捨てがまり、と同じで、命捨てて掛かって来る。
149.名無しさん:2017年07月12日 19:15 ID:TN0LY0oM0▼このコメントに返信
ラザフォード・オールコック 大君の都
「彼ら(サムライ)は、相当に熟達した刀の使い手である。
小さい方の刀を使うときは、二度突く必要は無い。
たったの一突きで相手に致命傷を与える。
大きいほうの刀を使うと、ただの一振りで相手の四肢を切り捨ててしまう」

アーノルダス・モンタヌス「日本誌」
戦いは日本人の頗る喜ぶ所なり。
彼等の武器は鉄砲弓矢の外に刀あり。
刀は非常に能く鍛えられあればヨーロッパ流の刀身などは容易にこれにて切断せらるべし。

ツュンベリー 『江戸参府随行記』
その十分に鍛えられた刀剣と優美な漆器は、
これまでに生み出し得た他のあらゆる製品を凌駕するものである。
刃は比類ないほどに良質で、特に古いものは値打ちがある。
それはヨーロッパで有名なスペインの刃を、遙かに凌ぐものである。
150.名無しさん:2017年08月26日 15:19 ID:fKbHNiPw0▼このコメントに返信
確実なのは元寇~戦国~江戸時代の諸外国人の歴史史料では
日本刀が強力な武器として特筆されていること。
少なくとも役に立たないという論には、
説得力はない。

お名前