2017年07月03日 01:10

第一次世界大戦ってなんで起きたの?

第一次世界大戦ってなんで起きたの?

01

引用元:第一次世界大戦ってなんで起きたの? [無断転載禁止]©2ch.net
http://hebi.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1498973414/

1: 2017/07/02(日) 14:30:14.087 ID:LBXSA5c3M
オーストラリア国王が暗殺されたんだっけ?

3: 2017/07/02(日) 14:31:41.053 ID:txcmjJnr0
サラエボでオーストリアの皇太子が殺される
オーストリアがブチギレて酷い要求を出す
当然呑めないから戦争になる
その戦争を傍目で見てたドイツがヤバいかもとなって全面戦争起こす
んで同盟で大戦争に
じゃ無かったっけ

7: 2017/07/02(日) 14:33:21.252 ID:LBXSA5c3M
>>3
皇太子はなんで殺されたの?
悪いことしてたの?

9: 2017/07/02(日) 14:35:51.576 ID:txcmjJnr0
>>7
サラエボをオーストリアが支配してて
んで独立しようとしてたサラエボ人がぶっ殺す
だった気がする

11: 2017/07/02(日) 14:37:05.734 ID:LBXSA5c3M
>>9
皇太子なら特に実験もないだろうしとばっちり可哀想(´・ω・`)

20: 2017/07/02(日) 14:40:32.050 ID:rqUHXeFH0
>>3
いや、要求はほとんど全部飲んでたじゃん
で、関係各国も「まあそれならなんとか丸く収まるだろ」って思ってたら何故かオーストリアが「全面的に飲まないなら戦争だ!」って突き進んじゃって
同盟国のドイツが仕方無しに付き合う形で参戦
サラエボ側についてたロシアも参戦して、ドイツがシェリーフェンプランに従ってフランスを巻き込み世界大戦へ

だろ

正直よくできた全自動全面戦争ドミノだわこれ

4: 2017/07/02(日) 14:31:49.746 ID:J+NwbYGTa
イギリスがクソだから

8: 2017/07/02(日) 14:35:04.386 ID:LBXSA5c3M
>>4
イギリス遠いよ?

6: 2017/07/02(日) 14:33:12.792 ID:EoYuU13a6
ロシアが動員したらドイツがフランスに宣戦布告したから

10: 2017/07/02(日) 14:35:56.686 ID:LBXSA5c3M
>>6
ロシアはなんでいつも出しゃばってくるの?

15: 2017/07/02(日) 14:38:00.398 ID:r6/1YA3i0
サラエボでオーストリアの皇太子が殺される

オーストリア「ドイツさん戦争しちゃっていいですか?(本当はするつもりないぜ、ドイツがNG出して国民も諦めるだろ)

ドイツ「オッケー👌(びびりのオーストリアが戦争するわけないしw威厳のためにオッケーだしとこ)」

戦争へ

22: 2017/07/02(日) 14:41:11.975 ID:LBXSA5c3M
>>15
それだとサラエボvsオーストリアになるだけだと思うんだけど
そこからどう世界大戦に発展するの?

16: 2017/07/02(日) 14:38:15.573 ID:LBXSA5c3M
うーん、なんで皇太子は敵地に乗り込んだんだろう
殺されに行くようなものじゃん

17: 2017/07/02(日) 14:38:15.859 ID:xcp7XiqG0
たしか皇太子夫妻は恋愛結婚で嫁さんが庶民的で慕われてたんだよね

18: 2017/07/02(日) 14:38:55.859 ID:txcmjJnr0
どいつが悪いんだよ

27: 2017/07/02(日) 14:41:50.952 ID:LBXSA5c3M
>>18
どいつが悪いのか僕も知りたい(´・ω・`)

19: 2017/07/02(日) 14:40:05.728 ID:rjWoz4Xz0
WW1の訳わかんなさは異常
当事者も分かってないから終わらせることも出来ず
スペイン風邪でなんとなく終わったみたいな

24: 2017/07/02(日) 14:41:22.468 ID:Jz/fyvud0
オーストリアはボスニア・ヘルツェゴビナをバルカン戦争のどさくさに紛れて併合

セルビアはバルカンのスラヴ人の盟主になりたがってたからこれに激怒

セルビア人の青年が ボスニアの州都サライェヴォに来てたオーストリアの皇太子を暗殺

25: 2017/07/02(日) 14:41:31.129 ID:uLY7b5of0
全然関係ないバルカン半島のせいで凄惨な殺し合いをする西ヨーロッパンゴwwwwwwwwwwww

36: 2017/07/02(日) 14:47:14.618 ID:lvSGu5YHa
戦争やれば景気良くなるからどさくさに紛れて色々やった感じ

39: 2017/07/02(日) 14:52:27.131 ID:XthLEVIG0
まあオーストリアのせいではある

45: 2017/07/02(日) 15:03:05.568 ID:fm5k/ki10
ヴェルヘイムがビスマルクが上手く作ってた国家関係崩したのが悪い
暗殺はあくまでもきっかけ

46: 2017/07/02(日) 15:05:54.434 ID:HE1xXGLL0
>>45
これ
そもそも緊張関係は最初からできていた
ただ火薬庫が爆発しただけ

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2017年07月03日 01:14 ID:uyXmghb60▼このコメントに返信
ギュリちゃんと キムハヌルちゃんが生まれてなかったからやな
2.名無しさん:2017年07月03日 01:14 ID:3aQlfT090▼このコメントに返信
みんな戦争したかったから。
参加国は全員、自分が勝つと信じてた模様。
あのイタリアでさえ。
3.名無しさん:2017年07月03日 01:15 ID:23GNdSCW0▼このコメントに返信
今みたいに代理戦争ではバックの大国は表舞台に立たない
という発想が無かったから
4.名無しさん:2017年07月03日 01:18 ID:O4vTlpGY0▼このコメントに返信
※1
チャック・ノリス「俺が生まれてなかったからの間違いだろ?」
5.名無しさん:2017年07月03日 01:23 ID:nZeS.C950▼このコメントに返信
商人がちょい、金儲けしようとしたんじゃなかったけ?
暗殺に対しては、建前で
6.名無しさん:2017年07月03日 01:27 ID:SP9kDOJ.0▼このコメントに返信
皇太子夫妻が暗殺された上、敗戦国になって分割されてしまったオーストリア・ハンガリー帝国www
7.名無しさん:2017年07月03日 01:33 ID:5Np.Ym4N0▼このコメントに返信
人類は増えすぎたから減らすんぞって
マザーがいってた。
8.名無しさん:2017年07月03日 01:33 ID:u4ylOnGh0▼このコメントに返信
ヒンデンブルクがただのオブジェ化していたっけ。
ルーデンドルフもラテンの血統筋だったら、歴史は変わっていたのかも。
9.名無しさん:2017年07月03日 01:33 ID:GD7EqJVn0▼このコメントに返信
とりあえず、フランス軍のお馬鹿さが面白かった印象
10.名無しさん:2017年07月03日 01:34 ID:qvZ11TOy0▼このコメントに返信
そろそろ学校へ戻ろうか。親も友達も心配してるよ。

それはそうとユーゴスラビアの建国精神はどこへ行ったのかねえ。
11.名無しさん:2017年07月03日 01:35 ID:LvyvZHY20▼このコメントに返信
ロシア系のセルビアがオーストリア帝国から独立してロシア帝国庇護下に移動したがってたけど当然オーストリア帝国はそれを許さず。
セルビアは俺たちにはロシアの後ろ盾がある!と暴走してしまい、暗殺事件発生。
オーストリアはドイツの後ろ盾を得てどっちも引かず。
フランスは普仏戦争の恨みとばかりにロシアに味方。

ところで、その少し前からドイツは英国はもうオワコン、英国海軍を超える海軍を持つ!英国を必ず打ち倒す!次の覇権国はこのドイツだ!とおおっぴらに騒いで収まらず。英国は和平工作もしたけどさっぱり効果なし。こりゃいつかぶつかるな、という状態になってた。

というところで、ドイツが自分たちに背中を向けてロシアとやりあい始めて英国に「今は都合が悪いから攻めてくるな」とか言い出した。
英国からすれば今まで散々次はお前をやってやる、と脅してきた国だ
「どうせいつか戦うことになるなら、ドイツを挟み撃ちに出来る状態で戦うだろ…当然」となり英国参戦。

そして(アメリカの猛反対での紆余曲折もあったが)英国からの参戦要請を受けて日本がインド洋~太平洋東岸(カナダ周辺)までの英国植民地の防衛を引き受ける形で参戦。アジア地域からの兵力輸送を護衛。

ロシア革命がおきロシアが戦線から脱落して極東の安定が地に落ちて、赤化の南下を防ぐためにシベリア出兵する羽目に。

すったもんだの末、どっちも弱りきったあたりでアメリカが参戦して終わり。
12.名無しさん:2017年07月03日 01:37 ID:PTRZLhxk0▼このコメントに返信
ドイツは植民地が欲しいから戦争へ。
フランス、ロシア、イギリスは前々からドイツが気に入らないから口実ができたため戦争へ。
簡単に言ったらこうやろ。サラエボなんかきっかけにすぎん。オーストリアがドイツの兄弟国やなかったら起きてないわ。
13.名無しさん:2017年07月03日 01:43 ID:l.PscLgo0▼このコメントに返信
子どもの喧嘩に親が出てたら引っ込みがつかなくなったでござる
あと鉄道という独特な基幹システムのせいで囚人のジレンマが起こったせい
14.名無しさん:2017年07月03日 01:48 ID:CClUSGZ80▼このコメントに返信
今だと中国で日本の皇太子が殺されて、アメリカが条約で日本について、ドイツが経済的に中国についてアメリカ対EUの戦争が始まる様なもんか。
意味わからんな。
15.名無しさん:2017年07月03日 01:49 ID:z5oT3mf90▼このコメントに返信
暗殺事件起こった時すぐに墺帝国がセルビアに懲罰戦争起こしてれば
正当な戦争理由(ロシア皇帝も認める)になって大戦には繋がらなかったのよ、、、

じっさいは当初墺の外交担当が政治的に屈服させる方法を選んだ(失敗するんだけど)ので
その分ロシアが動員する時間(とコレだけ間があったら懲罰戦争とはいえないという難癖まで)が生まれたんだよねぇ、、、

ちなみに当時の動員システムは一度始めると動員終わるまで止められなかった、どこの国も、、、
(新たな師団とか士官召集も一緒に行うので、官僚機構的に中途半端が難しかったのよねぇ)
だけど、動員することが即戦争になるのはドイツ帝国(の参謀本部)だけ(シュリーフェン・プランの呪い)
ロシアなんて平時でもポーランド駐留部隊は動員すんでたし(広すぎて戦争初期に間に合わないから常に完全にしてた)
まぁ動員は戦争の危機を極限にまで高めるけど、じっさいにドンパチするか最後の決断はどこも皇帝が握ってた
のに独だけは参謀本部が持ってたんだよなぁ、、、、ドイツ帝国は大東亜末期の日本に似てる、、、

まぁいろいろ不幸(墺の無能な外交と独参謀本部の独善的な戦争計画)が重なった結果だよねぇ、、、
16.名無しさん:2017年07月03日 01:49 ID:rWfZc2ck0▼このコメントに返信


大セルビア主義という看板を掲カカげて支持を伸ばした民族派が、セルビア王国周辺のセルビア人も居住するボスニア地方まで傘下に納めようとした侵略的拡大が悪い。
なぜなら、ボスニア地方の最大住民はボスニア人で、非力な彼らはセルビアを警戒してたから身を守る為に、オーストリア帝国の支配下のままの方がマシと考え、オーストリア帝国もボスニア地方を守る事で帝国を維持できる。

そこで、オーストリア帝国と比べて小国のセルビアは、同じスラブ系民族のロシア帝国と手を結んで強気になり、オーストリア帝国にケンカを売ったも同然の、オーストリアの皇太子暗刹サツという暴挙にでた。  これが大戦の幕開けである。

戦勝国に都合の良い言い分を押し通しすというポリティカルコレクトネスを排除し、学問的な真実を追求するアカデミックな歴史修正主義こそが近代的でマトモな人間なんだよ。  これと敵対する反日醜ブ左翼千ョンコーらは悔しいだろ? クックック


17.名無しさん:2017年07月03日 01:49 ID:p9VEcifc0▼このコメントに返信
需要ある植民地や地域の取り合いで起きたのかと思ってたけど違うんだね
しかし白人はほんと戦争大好きだね
18.名無しさん:2017年07月03日 01:51 ID:NC.2iAOH0▼このコメントに返信
ルーマニアと言うお笑い担当のはずが、最終的に勝ち組になる不思議な国
19.名無しさん:2017年07月03日 01:57 ID:rK5tU.og0▼このコメントに返信
各国共軍事力の動員システムに柔軟性が無く、一国が「一寸動員令をかけて各国首脳部の頭を冷やしたろ」と思ったら総動員令しか手段が無く、それが各国の総動員令ドミノの切っ掛けになった。なんて・・・何と言えばいいのか・・・ねぇ・・・
20.名無しさん:2017年07月03日 01:59 ID:QJoTXFYh0▼このコメントに返信
※18
でも、尋常なく戦死者を出してるからね、ルーマニア軍は。
第二次大戦でも同じく、ちょっと異常な数の戦死者を出しました。
21.名無しさん:2017年07月03日 02:04 ID:4J6qJs.e0▼このコメントに返信
当時の同盟関係が複雑過ぎたから
というかいつの時代もそうだが同盟関係が複雑過ぎる
日本はイギリスと同盟を組んでたから第一次世界大戦では半自動的に参戦することになった
22.名無しさん:2017年07月03日 02:05 ID:tTjk4jXZ0▼このコメントに返信
仮に皇太子が韓国で殺されても日本だったら「しゃーねぇなぁ」で済む
23.名無しさん:2017年07月03日 02:05 ID:Ddws.uQf0▼このコメントに返信
【TPPと離島の農業】 サトウキビが守る日本の領海  東海大学海洋学部教授・山田吉彦
ttp://www.jacom.or.jp/archive03/tokusyu/2011/tokusyu110603-13704.html

TPP閣僚声明、11月までに準備作業を指示
ttp://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK00044_R20C17A5000000/

【激ヤバ拡散】報道されないTPPのまとめ  医療・労働関係他 
参加国総貧困化・労働環境悪化・支出増加・ビザ大幅緩和等全分野に影響多数
ttp://itest.2ch.net/egg/test/read.cgi/bio/1496320258
24.名無しさん:2017年07月03日 02:09 ID:E12gJFVO0▼このコメントに返信
「昔、講談社学術文庫の第一次世界大戦と言う本を買って、電車の中で読んでいた。戦争のシーンは初めだけで、後はその当時の共産主義者たちの事ばかり書いているだけで、いつまで経ってもソンムの会戦など戦闘シーンが出てこない。だらだらと誰が何をしたか、どう発言したかなどで、読んでいて全く面白くない。我慢して暫く読み進めるうちに戦争もとうとう終わりになりと出てきた。その時は、思わず電車の中でおいおい、これは第一次世界大戦の本だろう?なのに肝心の戦争の場面や何故戦争になったのか原因が出て来ずに戦争が終わっているじゃないか?そこで思わず大声を出して、なんやと言いそうになった。これなら、レマルクの西部戦線異状なしの方がよほど面白い。また、ガルブレイスの大恐慌と言う本も買って読んだ。しかし、その当時何が起きたか、誰がどうしたかだけで、何が原因で大恐慌が起きたのかが書いていない。どうも、大きな戦争や大恐慌などは、彼らは本当の事を書けないのかもしれない。なぜなら、自分たちが仕掛けた戦争や株の大暴落だからだ。本当の事を書けばトンドモ本に指定されオカルトのコーナーに置かれてしまう。普通のサラリーマンや主婦はそんなコーナーに行かない。来るのはオカルト好きな若者である。しかし、その若者も本を手に取ると経済用語など難しい内容の事が多く書かれているのでそんな本は買わないし読まない。物事には裏と表がある。普通は表しか見ない。しかし裏を見ないと本当の事が見えてこない。人間でも政治でも裏と表、両方を見て初めて本当のことが判る。当然、戦争も同じ。本当に彼ら戦勝国の理屈だけが正義なのか?」
25.名無しさん:2017年07月03日 02:10 ID:5IQZvSyd0▼このコメントに返信
ポーランド分割問題が尾を引く形で・・・端折る

そして、スラブ系貴族が代々築き上げた財産及びヨーロッパ随一の豊かな大地などがあり、また、キリスト教系をなかなか受け入れなかったなど。

とにかく、周辺国がなんだかんだ御託並べて様々(条約・協定など)アプローチして利権を奪おうとしたが、プロセインが独善的介入(スラブ系貴族がハプスブルク家に頼った形)したことにより、状況が悪化しもつれにもつれその後、ポーランド利権をめぐってヨーロッパ内でww1勃発!

似たような境遇で言うと、戦前の日本と同じか、明治期の中国と同じか どっしろ共通点はあるな!
26.名無しさん:2017年07月03日 02:13 ID:6uzNcdC.0▼このコメントに返信
遅れてきた帝国が覇権争いを始めたからって幼 女 戦記で言ってたじゃないか?

誰もそんなの認めないから、戦争で勝つしかないってさ。一次も二次も同じ流れだよ。


ついでに今でもきな臭いのは、ロシアや中共が覇権国家を目指してるからなんだよね。

どいつもこいつも。
27.名無しさん:2017年07月03日 02:15 ID:LQ2TV0E10▼このコメントに返信
ルーマニアは、一般兵はもちろん、将校でさえ文盲で、命令書の意味が無かったり、60万人動員したはいいけど、半農半兵という、戦国時代の足軽というか、一領具足、というか、畑が忙しくなる農繁期には一部を除隊させないと、反乱を起こしそうな軍隊で、第一次世界大戦に加わった。野戦病院と言うものが存在せず、負傷者は打ち捨てられ、戦死は増え続けたと言われている。
28.名無しさん:2017年07月03日 02:16 ID:oUDKjSz60▼このコメントに返信
フランスは事あればドイツに復讐戦を挑みたいと思ってたし、バルカン半島では紛争が続いてたから、いつ起きてもおかしくなかった
ただあんな世界を巻き込んだ長期戦になるとはお互いに予想できなかった
29.名無しさん:2017年07月03日 02:21 ID:j0HQ6nUm0▼このコメントに返信
速攻セルビアに武力行使して懲罰しとけば大戦まではいかなかったろう。
殴りつけず屈服させようと政治的に無茶な要求叩き付けたのが遠因でもあろうね。
30.名無しさん:2017年07月03日 02:27 ID:rWfZc2ck0▼このコメントに返信


※24
ホントそのとおり! ポリティカルコレクトネスというグローバル級の化け物フェイクストーリーが跋バッ跨コしてるからな。

ところで、良かったら ※15, と儂の ※16 を見てくれんか?


31.名無しさん:2017年07月03日 02:29 ID:7RJSMTYc0▼このコメントに返信
世界史学べば分かるけどロシアが首ツッコんでくるせいで大抵の戦争が酷くなってる

冷戦も含めるとロシアなければマジで人類史だいぶ平和だったんちゃうか
32.名無しさん:2017年07月03日 02:30 ID:YqlWoGWB0▼このコメントに返信
オーストリアの叔父さんが過剰にヒステリックになった。 から始めって
はるか離れた日本、アメリカまでもが連鎖で参戦することになったからね。

よく、第1次と第2次は切り離されて語られているが、ドイツへの制裁
ナチスの誕生を含め、アメリカの極東アジアへの介入と、実は20年の
インターバルをはさんだ大きなうねりの連続した大戦だったと思っている。
33.名無しさん:2017年07月03日 02:35 ID:oUDKjSz60▼このコメントに返信
イギリスが旗幟を鮮明にしなかったのも大きな要因
ベルギーに侵攻したころで参戦はないだろうと高を括ってた
34.名無しさん:2017年07月03日 02:35 ID:j0HQ6nUm0▼このコメントに返信
欧州ってのは自国の防衛線が国境の向こう、他国の領内に設定されてるんよ。
狭いからそうしないと自国を防衛できないし、欧州が長年培ってきた防衛の知恵でもあるのよ。
彼側に動員がかかってこの線付近に兵力が集中・移動しそうな気配を感じると、自国も動員をかけないと間に合わなくなる。
このシステムがドミノを引き起こしたわけだけれども。
35.名無しさん:2017年07月03日 02:51 ID:z5oT3mf90▼このコメントに返信
※31
もともとバルカンはギリシャ正教でロシアの影響下にあったんだぜ、、、

多民族国家だからセルビア人増えても問題ないだろ、つー理由で
墺太利がちょっかいを掛けたってのが実情なんだけど、、、
36.名無しさん:2017年07月03日 03:02 ID:5IQZvSyd0▼このコメントに返信
だいたい、当時のヨーロッパで単一民族を死守し、国名の意味に貴族を当ててたら、お隣のユンカーが奪いに来るのわからなかったんかな?

たぶん、黄金の自由の時代から、脱却できなかった末路だな。
37.名無しさん:2017年07月03日 03:11 ID:oUDKjSz60▼このコメントに返信
※31
冷戦のおかげで日本はアメリカから多大な援助の得れて経済発展を遂げ、保護国から同盟国に格上げしてもらったんだぜ
38.名無しさん:2017年07月03日 03:17 ID:7stRI8vP0▼このコメントに返信
サラエボ事件で暗殺されたのは「皇太子」ではない。皇儲もしくは皇位継承者というのが正しい。
何故なら、オーストリ=ハンガリー帝国で皇太子というのは在位中の皇帝の息子でなくてはならない。この事件で暗殺されたフランツ・フェルディナント大公は、時の皇帝フランツ・ヨーゼフ1世とは伯父と甥の関係にあるので皇太子とするのは間違い。
39.名無しさん:2017年07月03日 03:27 ID:7stRI8vP0▼このコメントに返信
時の欧州各国が秘密協定を複雑怪奇に張り巡らしていたせいで、最後の踏ん張りが効かずズルズルと始まってしまった。
同盟国が宣戦布告しただけで軍事行動してないのに、さっさと軍隊が越境するドイツ帝国陸軍はなんじゃらほい?! ドイツ皇帝「あれ~、何であいつらもう越境してんの・・・ ?!」「やめられない、止まらない、シュリーフェン・プラン!!」
40.名無しさん:2017年07月03日 03:30 ID:09l7jayG0▼このコメントに返信
遣られる前に遣れが蔓延していたんだろ、僅かな衝撃で表に出た「最悪」な形でな
41.名無しさん:2017年07月03日 03:37 ID:LvyvZHY20▼このコメントに返信
※34
欧州はもなにも、どの国も当然そう。

国境を防衛線にしたら、国内が蹂躙されることになるからな。国境の向こうに防衛権を持つ。
42.名無しさん:2017年07月03日 03:43 ID:ivgOM5Hj0▼このコメントに返信
本スレもここもトンチンカンなレス多くて、第一次大戦て知られてないんだなぁ、と。
教科書も「サラエボ事件がありました」「第一次大戦が始まりました」だもんな。
43.名無しさん:2017年07月03日 03:48 ID:LOCMyAHF0▼このコメントに返信
日本の場居は、ユダヤに借りた金が、戦争へんの引き金のように、理解してる学者もいるが・・
まー世界で武力がどこまで通じるか、感じて見たかっただよ。
日本国民がね。
44.名無しさん:2017年07月03日 03:50 ID:Z9NVLrz20▼このコメントに返信
WW1のドイツは本当アホ。
二正面作戦とか大迂回策とか米英を敵にしたこととか。
45.名無しさん:2017年07月03日 03:50 ID:ZL8ZQ.PS0▼このコメントに返信
というかヨーロッパやあの辺はそれ以前もずっと戦争してたが産業が発展してしまったせいで飛行機などを用いて大戦争に突入しただけだよ。

第一次とかいいだしたからおかしくなった。
単なる領土・民族紛争。
46.名無しさん:2017年07月03日 03:51 ID:ivgOM5Hj0▼このコメントに返信
※43
分かってないなら無理して書き込まんでもいいから。
47.名無しさん:2017年07月03日 03:54 ID:vuUzn.990▼このコメントに返信
ロシアは元々東に進出して海洋国家になろうとしていた
で、日本とぶつかって負けてしまったのでもう東には進めない
じゃあ西か南に進むしかないよね
48.名無しさん:2017年07月03日 03:56 ID:ZL8ZQ.PS0▼このコメントに返信
大日本帝国という第二次世界大戦開戦までは神がかり的な強さを誇った伝説の帝国があったそうな。
49.名無しさん:2017年07月03日 03:57 ID:ivgOM5Hj0▼このコメントに返信
※44
仏露が同盟してるんだからしょうがない
シュリーフェンプランはやりすぎだが、やらないと負けるという時代だしなぁ
50.名無しさん:2017年07月03日 04:42 ID:EE6olBoH0▼このコメントに返信
ロシアと戦争するためにベルギーに突撃w
51.名無しさん:2017年07月03日 05:06 ID:6UqhEdHa0▼このコメントに返信
ヴィルヘルム2世は本当にクズ。
ビスマルクが作った「露仏同盟を成立させないために、ロシアとつかず離れずの関係を維持する」を
あっさり無視。ビスマルク引退後すぐに露仏協商を作られる。
こりゃまずいと日本脅威論をでっち上げ、日露戦争の遠因を作る。
バルカン半島におけるオーストリアの暴走も止めようと思えば止められた。
巨大だったドイツ帝国を崩壊させたろくでなし。
こいつがまともな政治をしていればヒトラーなんか台頭する可能性はなかった。
52.名無しさん:2017年07月03日 05:41 ID:tl5WMx850▼このコメントに返信
ドイツは伝統的に政治家が糞
53.名無しさん:2017年07月03日 06:03 ID:.wa8DDyO0▼このコメントに返信
「参加者一杯おるしワイが踏まんでもどっかのタイミングで誰かがブレーキ踏むやろ」→みんなそう思ってブレーキ踏まずにいたらブレーキ踏む奴が一人もいなくて大惨事。
54.名無しさん:2017年07月03日 06:07 ID:.wa8DDyO0▼このコメントに返信
※52
例外はビス禿ぐらいやな。あとはどの時代を見てもパッとしたのがおらん。シャハトみたいな部門賞なら全くおらんこともないけど。
55.名無しさん:2017年07月03日 06:13 ID:LfrVIKuN0▼このコメントに返信
バルカン半島が絡むとわけわからなくなる。
だからこその「火薬庫」
56.名無しさん:2017年07月03日 07:08 ID:ESW0zMmk0▼このコメントに返信
きな臭いからドイツとロシアが総動員令を出す
ロシアはインフラが遅れてるから一旦動員
するとなかなか国境から引けない
ドイツはこいつやる気だなと開戦を決める
ロシアと同盟のフランスと2正面作戦はいや
なので、進軍の遅いロシアが迫る前に
フランス・パリを落としちゃおうと戦前からの
計画でフランスに侵攻開始
WW2みたいな機械化師団があればパリ占領
になったかもしれないが後一歩間に合わず
結局泥沼
57.名無しさん:2017年07月03日 07:17 ID:n38ymtKq0▼このコメントに返信
ドイツ「フランスとロシアが協商結んでワシを牽制しやがる…このまま戦争になったらどうにもならん…」
ドイツ「せや、ロシア動員クソ遅いからもたついてる間にフランスへ全戦力の九割ぶつけて速攻降伏させて返す刀でロシアをやぶればええやん!」
ドイツ「フランス国境地帯は当然抜くの厳しいから皆で中立保証してるベルギーを通れば完璧だな!」
↑シェリーフェン・プラン

だいたいシェリーフェン・プランが悪い
58.名無しさん:2017年07月03日 07:23 ID:n38ymtKq0▼このコメントに返信
※53
詐欺同然の内容だったけど、イギリスが(シェリーフェン・プラン承認直後に)外交での解決を図ってるだろ
ドイツ政府も乗り気だったのに、シェリーフェン・プランにこだわったドイツ陸軍が政府押さえつけて強行して戻れなくなった

もちろんオーストリアやロシアにも責任はあるけどさ
59.名無しさん:2017年07月03日 07:25 ID:A5uoOhc80▼このコメントに返信
半島のいい火薬庫具合は異常
60.名無しさん:2017年07月03日 07:40 ID:PXHHR7J80▼このコメントに返信
やる夫の動画見た事あるが
面白かったな
61.名無しさん:2017年07月03日 07:58 ID:VA7lbrru0▼このコメントに返信
中国は割とガチでお互いの為にも分割された方がいい
62.名無しさん:2017年07月03日 08:13 ID:CVFKvj8h0▼このコメントに返信
※58
承認後だと国民にも、フランス側にも知れ渡ってるし、止めるのは不可能じゃね?
シェリーフェンプラン自体が原因だとは思うが
63.名無しさん:2017年07月03日 08:30 ID:Iso35PLL0▼このコメントに返信
オーストリアがぶちギレて無理な要求。
セルビアが拒否する。
オーストリア宣戦布告。
同盟国であるロシアが戦争計画により動員(兵士を鉄道輸送する関係でダイヤが綿密に決まってるため発動すると簡単に止まらない)。
ドイツがロシアが動員した場合の戦争計画シュリーフェンプランを発動し道路国家を通りフランスへ。
64.名無しさん:2017年07月03日 08:38 ID:QqMkiwtW0▼このコメントに返信
お互いの安全保障条約が戦争の連鎖の要因だが、当事国が18世紀型の正規軍同士の戦い→適当なところで講和
という戦いを想定していて短期間での戦争終結を予想していたこと。
すでに国民国家同士の総力戦の時代に移行していることを当事国が認識していなかった。
65.名無しさん:2017年07月03日 08:49 ID:oQIuMKCx0▼このコメントに返信
日露戦争だって普仏戦争だってクリミア戦争だって、適当なところで停められてたもん…。
66.行動する保守運動:2017年07月03日 09:02 ID:lMfg38nR0▼このコメントに返信
「日本第一党」は、今般の都議選結果を真摯に受けとめ、党名を変更することに致しました。

新党名は、

「桜井誠とその残党」です。
(略称:パヨクをヘイ党)
67.名無しさん:2017年07月03日 10:25 ID:H.hGCC9i0▼このコメントに返信
第一次大戦は、局地戦で終わるはずが他国介入で世界を巻き込み戦争になった。

その時代、政治が貴族や王族の行うものではなく、民衆の手に渡っていた。
すでに戦争は貴族や王族が行うものではなく、国民全体での意見の結果行うものとなっていた。

結果、失うものが多い総力戦になった。
 勝った国も大いに疲弊して得られたものなぞほとんど無かった。
・人間、つぎ込んだモノが多い場合、すでに利益が少なくなっていても降りれなくなる傾向にある。
 個人の貴族や王族なら、自分の地位をなくす前に戦争を辞めらる。だが、民衆や団体には引き際がなかった。
 軍事、経済や財閥を巻き込んでの暴走となった。

まぁ、こんなことが起きたから戦時の教訓として、こんな世界戦争はもう二度と起こさないとだろうと
 その時の人々はかんがえていた訳だが…。
68.コロンブス:2017年07月03日 10:37 ID:HFyM.3BY0▼このコメントに返信
今はネット動画で大学入試レベルの解説映像が見られるから見ればいい。
歴史観の違いに目をつぶれば、結構分かりやすいしためになる。
頑張りさえすれば、金が無くとも学歴無くても、年を取っていてもある水準の知的能力はつけることができる。
すごい時代になったものだ。
こういうものが只で見られる社会というのはいいのかどうか分からない。けどね。
いろんな意味で、価値が崩壊しデフレになっていくのは仕方ない気がする。
69.名無しさん:2017年07月03日 11:03 ID:Z55NbyKN0▼このコメントに返信
※68 お前図書館しらんの?なんかそーやって批判してりゃいいとかTVのボケ芸人じゃねーんだからよ。

そら事件があって火が付いたなんてのは教科書開けばわかる、わかるが日本のお受験じゃよく解らねーんだよな。特にヨーロッパのカオス具合は分からん。日本と中国と朝鮮とロシアとアメリカが地続きと仮定して連想ゲームしてけばわかるかもしれん。
70.名無しさん:2017年07月03日 11:20 ID:GCiDXwTK0▼このコメントに返信
ヨーロッパの王室はどこも親戚だけど
もうこの頃は知るかバカって感じだな
71.名無しさん:2017年07月03日 12:08 ID:.J8Wl4Bd0▼このコメントに返信
スレ主のオーストラリアに突っ込んでやれよ。
72.名無しさん:2017年07月03日 13:17 ID:ivgOM5Hj0▼このコメントに返信
※63
オーストリア外相ベルヒトルトのアホっぷりがまた酷いし。
かくして誰も、どの国も望まないまま地獄の釜が開くという…
73.名無しさん:2017年07月03日 14:05 ID:tOebID.x0▼このコメントに返信
戦争の根本原因は国家間、民族間の民族独立運動と領土争いだ。
セルビアはスラブ人、オーストリアはゲルマン人とスラブ人の複合国家だった。

ロシアはスラブでセルビアを強力支援、ドイツはオーストリアのゲルマン系を主に支持した。
その結果がドイツとロシア間の民族と領土問題を掛けた代理戦争となった。

それに、プロイセンドイツに敗北したフランスが英国と組んでドイツへ復讐戦争を
仕掛けた。米国は英国と軍事同盟を結んでおり、自国の国家利益確保の為に参戦。

日本は日英同盟上から英国に促され参戦。漁夫の利を得ようと色々と画策した。
74.名無しさん:2017年07月03日 14:09 ID:loCliMv00▼このコメントに返信
八月の砲声を読んだ感想では、戦争をしたがった好戦的な国と政府首脳はいなかったが
断固として戦争を止めるつもりの国もなかったという結論。
ドイツ参謀本部とて戦争計画の発動条件が整ったから自動的に走り出したようなもので
各国首脳のホットラインが存在したら結果は違ったはず。
75.名無しさん:2017年07月03日 14:10 ID:U1W.J9Ba0▼このコメントに返信
フランスがノケモノになるようにビスマルクが外交を進めた結果、ドイツは大きく発展し、フランスはヨーロッパ社会で孤立して発展が遅れた
だけど、ヴィルヘルムがビスマルクと仲悪かったのと、ビスマルク自身の高齢化が元となり、実権がヴィルヘルムに移ると、(フランス以外と)友好の政策が全方位敵国(同盟は除く)に変わってしまって、大戦に突き進む要因のひとつになってしまった
76.名無しさん:2017年07月03日 14:23 ID:tOebID.x0▼このコメントに返信
※66
パヨク打党!が良いだろう。
77.名無しさん:2017年07月03日 15:44 ID:sSuxGhb80▼このコメントに返信
ビスマルクはフランスの報復を恐れてたんだよね
アルザスロレーヌを獲ったうえベルサイユ宮殿でドイツ帝国成立式をやるってのは子供ながらに本でよんで衝撃的だった
そりゃ報復を恐れるわなあ ならベルサイユ宮殿でのイベントは最初からやらなきゃいいのに
78.名無しさん:2017年07月03日 16:16 ID:ml7eV.2N0▼このコメントに返信
どの国も戦時動員計画は立ててたけど
撤収計画を持ってなかったからね
アラートレベルが一旦1まであがると
下げようがなかった
仲裁できる強力な国もなかった
79.名無しさん:2017年07月03日 18:45 ID:z5oT3mf90▼このコメントに返信
※74
露皇帝ニコライ二世と独皇帝ヴィルヘルム二世と英国王ジョージ五世は従兄弟だよ、、、
じっさいニコライ二世とヴィルヘルム二世は開戦直前に電報打ち合ってるし当時でもホットラインはあった、、、

ただ、動員というシステムで軍隊が巨大化しすぎて一人の個人では把握しきれてなかった時代なんだよ、、、
王の意志ではなく軍事のプロ参謀本部が開戦を決めたんだ、、、
80.名無しさん:2017年07月03日 18:50 ID:6tHokN.O0▼このコメントに返信
オーストリア・ハンガリー皇帝寿命死亡で引き継いだ戦争もなんとなく終結。

とばっちりだけがっつり食らったのがドイツさん。

負債がでかすぎて仕方がないのでこのあと、とある芸術家の青年が表舞台に登場


オスマントルコ=終結とともに追放で帝国終了。
オーストリア帝国(ハプスブルグ朝)=後継者不在で終了、この後戦争終結。共和国へ。
ドイツ帝国=ハプスブルグ家のポチ。戦争終結で帝位剝奪。あとは皆さんご存知のWW2への流れ。
ロマノフ王朝=ラスプーチンさんのせいでロシア革命。新政府の元戦争終結へ。
ブルガリア帝国=オーストリア帝国側。ギリシャを失う。この後WW2でも日独伊の連合へ加盟。帝国廃止へ。


敗戦をイタリアのせいにしないで(´・ω・`)

81.名無しさん:2017年07月03日 19:19 ID:KqZo8bjC0▼このコメントに返信
各国「こんだけ軍事同盟を組んでりゃ怖くて戦争できんやろ」
オール・インで戦争開始!
82.コロンブス:2017年07月03日 19:29 ID:HFyM.3BY0▼このコメントに返信
※69
人の名前を見て文句を言うな。どうせ叩きつぶされた馬鹿か朝鮮人だろう。
頭脳では逆さになっても敵わないから引っ込んでいろ。最底辺。
83.コロンブス:2017年07月03日 19:32 ID:HFyM.3BY0▼このコメントに返信
※69
ここの書き込みの分量だけで理解できるような説明は難しかろうな。w
それすら分からん馬鹿。文章を見ても知的とは思えん。
文は人なり。
84.名無しさん:2017年07月03日 19:48 ID:XGM1rgPz0▼このコメントに返信
「応仁の乱」を読んだら、第一次大戦の様相に似てるとあったなぁ。
そんぐらいグダグダつーことかw
85.名無しさん:2017年07月03日 20:03 ID:am.hXrvW0▼このコメントに返信
ドイツ、イギリス、フランスは「何でこんなに自国民が戦死しているのに根を上げないんだ?」と
疑問に思うぐらいしぶとく戦い続けたんだよなあ。
なおオーストリアとイタリア
86.コロンブス:2017年07月03日 20:09 ID:HFyM.3BY0▼このコメントに返信
動画でネット検索すれば山のように出てくるが、ドキュメンタリーより受験解説の方が原理的には分かりやすいと思う。
足りない部分は本でも読めばいい。しかし良書にはなかなか出会えないし、自分も1次大戦は知識が薄い。本も知らない。

動画ではいくつか出てきた中で、「世界史アニメ「第1次世界大戦」by WEB玉塾 」というのを見たが、これぐらいでいいんじゃないかな。
これでもいきなり見ると情報過多だと思うけどね。

87.名無しさん:2017年07月03日 22:54 ID:EBGYUfWc0▼このコメントに返信
なお、各国が戦争を止めても、トルコとギリシャは戦争を続けていた模様
88.名無しさん:2017年07月04日 00:47 ID:WGboG.O40▼このコメントに返信
ドイツの皇帝ヴィルヘルム2世が自信家で宰相のビスマルクが苦心惨憺作り上げた欧州の力の均衡を安直に考えて
ビスマルクを首にして自分でリビルドしようとして失敗
ビスマルクがいなくなってフランスはドイツに恨み骨髄でロシアと同盟し挟み撃ちを企てる
焦ったヴィルヘルム2世は同盟を求めたがオーストリアとトルコしか味方に付けられなかった
英国は欧州の均衡を重要視しているのでどちらにも付かず様子見
東西が仮想的にはさまれたドイツ軍部は東西同時に戦うほど軍隊は大きくないので
動員速度の遅いロシアと動員速度の速いフランスを時間差で打ち破る戦略を考えついた
つまり開戦と同時に全力でフランスに殺到しフランスを打ち破る
そして直ちに東部へ戦力を移動しロシアを打ち破る
これをシュリーフェンプランという
しかし歴史は残酷だ
オーストリアの皇太子がセルビアの青年に暗殺される
オーストリアは最後通牒をセルビアに叩き付ける
進退窮まったセルビアは兄貴分のロシアに支援を求める
ロシアはセルビアを支援する為に軍の動員を開始する
そこへドイツが想定外の事態になったので急いでフランスに侵攻する
藪から棒の戦争開始に英国が怒ってドイツに宣戦布告
こうして世界大戦が勃発した

89.名無しさん:2017年07月04日 10:28 ID:3QPfGjT10▼このコメントに返信
※67
考えていたどころか、もう二度とこんな戦争起こさない。と関わった国々は公式に発表し、
あまつさえ「戦争放棄」を条約をもって約束した。
にもかかわらず、50年も経たないうちにより大規模なWW2を勃発させた。
戦争を放棄しようが何しようが、起こるときは起きるってこった。
90.名無しさん:2017年07月04日 14:44 ID:s.A1UIYo0▼このコメントに返信
※89
WW2でフランスが早々に降伏したのは
WW1での人的損害が大きすぎた影響では
あるけどね

お名前