2017年06月30日 08:05

ワイがあらゆる歴史上の疑問にしったかで答えるスレ

ワイがあらゆる歴史上の疑問にしったかで答えるスレ

03

引用元:ワイがあらゆる歴史上の疑問にしったかで答えるスレ
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1498567762/

1: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)21:49:22 ID:3HY
どんな質問でも回答頑張って作るで

2: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)21:50:10 ID:2Da
アメリカ大陸ではなぜ文明が発達しなかったのか

4: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)21:51:47 ID:3HY
>>2
家畜化可能な動物の不足
東西ではなく南北に長いため気候の変化に対応できず交易が発達しなかった
等が挙げられてるな

6: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)21:52:56 ID:2Da
>>4
思ったよりちゃんとしてて草

5: ■忍法帖【Lv=4,メタルスライム,GuJ】 2017/06/27(火)21:52:54 ID:pKs
源頼朝はなぜ落馬で死んだのか

7: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)21:53:38 ID:3HY
>>5
打ち所が悪かったんやろなぁ…(素直)

8: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)21:55:17 ID:0H1
一の太刀ってどんな技?

10: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)21:56:54 ID:3HY
>>8
究極の一撃ですごく強いってことや!!

9: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)21:56:16 ID:ljk
なぜヨーロッパだけ大航海時代を成功させることができたんや?

14: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)21:58:15 ID:mkJ
>>9
そらヨーロッパでもうやることないし

18: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)21:59:31 ID:3HY
>>9
経済的に成り立たせたのは中米、南米の金山銀山やろな
アジアまで行ったのは二匹目のドジョウ狙いかな

23: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)22:02:47 ID:ljk
>>18
コロンブスの航海から鉱山経営始まるまで
数十年タイムラグあるやろ?
そのあたりはどう思っとるん?

37: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)22:09:37 ID:3HY
>>23
航海記書いて新大陸の産物持って帰るだけでかなりの稼ぎやから
一発を狙う人は普通におったんやないかな

13: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)21:58:07 ID:dul
邪馬台国って何処にあるんや?

22: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)22:02:18 ID:3HY
>>13
日本のどこか、そうでなかったらおそらく太平洋のどっか

24: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)22:03:03 ID:2Da
張作霖ってなんで日本に反逆したん?

38: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)22:11:39 ID:3HY
>>24
北京・南京双方を支配する中華政権ができたら日本の完全な傀儡になる以外
奉天単体で勝ち目はないし…

26: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)22:05:37 ID:M5o
元寇はなぜ滅んだの?

38: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)22:11:39 ID:3HY
>>26
橋頭保を確保出来なかったからやな

27: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)22:05:51 ID:O6W
なんで日本ってアメリカに喧嘩売ったんや
そんでなんでアメリカは敗戦した日本を乗っ取らんかったんや

41: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)22:13:43 ID:3HY
>>27
国民国家の成立以降はいかにどうこうしようとも敵対的な国民と土地を
相手に自分の国を破綻させず軍事的に支配することはできないんや

28: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)22:05:55 ID:bYe
なんで金に昔からあんなに価値があるんや?

32: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)22:07:41 ID:mkJ
>>28
ごく少数で限りがあったから
見た目も綺麗やし錆びんし

45: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)22:16:58 ID:3HY
>>28
純粋なまま鉱山で掘れるからとか

33: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)22:08:05 ID:M5o
なぜ昔の人は花粉症にならなかったの?

48: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)22:22:47 ID:3HY
>>33
花粉症の診断がなかっただけで日本にも戦前から患者はいたらしいで

35: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)22:09:15 ID:mkJ
海の民って何者や

48: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)22:22:47 ID:3HY
>>35
前期と後期で別なんやないかな?例えば前期は小アジア系で後期はイタリア系とか

40: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)22:13:26 ID:JR1
満州某重大事件てなんやったんや?

52: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)22:31:47 ID:3HY
>>40
張作霖が爆殺されたで

42: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)22:14:27 ID:EIt
奥州藤原氏って独立国家といってもいいようなもんやったの?

52: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)22:31:47 ID:3HY
>>42
天皇の権威は認めてるしな・・・独立国家を名乗るなら独自の暦くらいはやってくれんと

43: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)22:15:45 ID:Gpl
オスマン帝国がウィーン包囲したって聞いたけど
当時のイスラム圏ってなんでこんなに強かったんや?

49: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)22:24:47 ID:mkJ
>>43
16世紀の初めにスルタン(オスマン帝国のトップ)がカリフ(イスラム教の最高指導者)を兼任するようになったんや
このことは伝説て言う説もあるけど当時オスマンはメッカとメディナを抑えて宗教的な権威も高まったのはあるとおもう

ヨーロッパだと皇帝と教皇は別物やし

54: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)22:34:33 ID:G0R
知ったかで答えてもらえるなら助かるわ
戦国時代の人って本当はどんな喋り方してたんや
よくタイムスリップもので現代人が普通に現代の敬語で信長あたりと話してるけどあんなん無礼打ちにでもされるんちゃうの?

57: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)22:39:46 ID:mkJ
>>54
あんまり関係ないけど信長様でも場合によっては失礼やで

真田丸でもあったように信繁(諱)で呼べるのは目上の限られた人だけや
堺雅人は 源二郎様 って呼ばれてたやろ

61: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)22:41:21 ID:G0R
>>57
あーそうやね
軽々しくおう信長言うたら速攻ドクロ酒の器やな

66: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)22:53:15 ID:3HY
>>61
道端で非武装人切り殺してたら領民も恐れるし
万が一村の有力者の関連とかだったらその村が丸ごと寝返る可能性もあるし
早々きり殺されることはない…と思うで

70: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)22:57:11 ID:G0R
>>66
ああ
そもそも信長にいきなり近づけることもないもんなワイみたいなこと言い出したら
何度もサンガツやで

60: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)22:41:18 ID:3HY
御屋形様・上様が一番丸いのかな?

63: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)22:42:39 ID:mkJ
>>60
まあ上様ちゃう?
御屋形様は屋形号受けたってことやし

67: ■忍法帖【Lv=3,キャタピラー,ulf】 2017/06/27(火)22:54:47 ID:unq
神聖ローマ帝国は何故衰退したの?

74: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)23:01:39 ID:mkJ
>>67
分割相続したうえその兄弟仲が最悪だったから

75: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)23:03:19 ID:3HY
>>67
皇帝は選挙って前例ができたせいで選帝侯の権力を脅かさないような弱小諸侯が選ばれ続けたこと
パプスブルクが相続するようになってからは宗教対立がドイツを引き裂いてしまったことやろな

80: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)23:16:56 ID:Gpl
日露戦争で日本てなんでロシアと引き分けられたんや?

82: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)23:20:10 ID:mkJ
>>80
バルチック艦隊をイギリスからに嫌がらせさせながら地球半周させたとこをボッコボコにした

81: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)23:18:59 ID:3HY
戦って連戦連敗、国内では第一革命真っ最中
ヨーロッパもきな臭い(事実すぐ後のボスニア危機で独墺同盟に屈服させられてる)
…etc

85: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)23:26:26 ID:Xzz
南半球の国ってなんで戦争弱いの?

91: 名無しさん@おーぷん 2017/06/27(火)23:47:32 ID:3HY
>>85
単純に海が多すぎ、熱帯すぎで
文明が育たんかったからやない?

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2017年06月30日 08:21 ID:HeLO0SdC0▼このコメントに返信
邪馬台国は大和国のこと
中国側の音読みの当て字

2.名無しさん:2017年06月30日 08:31 ID:bGTiOhgH0▼このコメントに返信
日本史だけならなんとかなるけど、世界史までは俺には無理・・たいしたもんだ
3.名無しさん:2017年06月30日 08:32 ID:AjbxK82d0▼このコメントに返信
歴史能力検定協会って、実態を誰か知ってる?

国家資格とも関わってる割に不気味なんだけど

試しに1級の試験問題を見てみたけど

完全に出題者の政治思想に基づく独りよがりだった

あれで歴史が好きな人間を育成したり、ユニークな視点や研究を発掘するのは無理
4.名無しさん:2017年06月30日 08:34 ID:GSvudLt.0▼このコメントに返信
ダウンタウンの歴史クイズネタを思い出しました。
5.名無しさん:2017年06月30日 09:11 ID:CJnfQJhM0▼このコメントに返信
日露戦争の結果は、引き分けだと思っている人がいるんだな。
6.名無しさん:2017年06月30日 09:12 ID:xCpnZ3TH0▼このコメントに返信
なんで人間は二足歩行に切り替えたん? 人間以外に二足歩行で生活する動物居ないの?
7.名無しさん:2017年06月30日 09:13 ID:p9CO0fJX0▼このコメントに返信
なんでイッチじゃないのが出しゃばってんの
8.名無しさん:2017年06月30日 09:19 ID:WkXXnBR.0▼このコメントに返信
酔っ払って戦争の話をした時、女から「難しい歴史の話をするな」って言われたよ。
でもその後その女がむかし亡くなったおじさんの話をしだしたので、「それも歴史の話だよ。亡くなった人を偲んで語り継ぐのが歴史だよ。歴史そのものだね。」と教えてあげたよ。
9.名無しさん:2017年06月30日 09:21 ID:lxLW9F.C0▼このコメントに返信
イッチは欧州史が得意みたいだけど中南米、アフリカはテキトウ
10.名無しさん:2017年06月30日 09:26 ID:Z99rAzxI0▼このコメントに返信
元スレにもまとめられてないけど面白いネタまだ少しあるな
11.名無しさん:2017年06月30日 09:28 ID:P57zGPHi0▼このコメントに返信
※1
大和は倭→和→大和にヤマトの音を合わせたもの
ヤマタイ/ヤマトの時代に大和はない
12.名無しさん:2017年06月30日 09:31 ID:qFY6dXAA0▼このコメントに返信
※6
二足歩行できる動物も類人猿にはいくつかいる、だけど常に二足歩行するのは現在は人間だけ
もしかしたら人間以外にも二足歩行していた種族がいたかもしれないけど、それらは滅んで人間だけが存続したのかも

適者生存の法則重視の説だと、直立は視野を高い位置で確保することで得た索敵能力が生存に役立ったとかそんな理由が付けられてる
常時二足歩行は、人間は動物の中だと持久力に全振りしてる種族だから、高い位置に視野を保ちながら移動(逃げたり追ったり)し続けられるように進化したんじゃないか、その後道具を使えるようになったって説と
道具を持つために常時二足歩行できるように進化していったんじゃないかって説の二通りある
サヘラントロプスの化石がもっと見つかれば、どっちが先か分かるかもしれない。
13.名無しさん:2017年06月30日 09:38 ID:AjbxK82d0▼このコメントに返信
倭人伝は、実際から時間が経過している上に、又聞きの伝聞を

幾ばくかの文章にしたに過ぎず、

そもそもの時系列や時代考証に耐えない
14.名無しさん:2017年06月30日 09:49 ID:CJnfQJhM0▼このコメントに返信
※11
大和を現在の奈良のみと考えているようですが、それはあくまでも旧国名。
大和は日本の古称、旧国名の大和は大和王権(大和朝廷)があったことに由来する。
15.名無しさん:2017年06月30日 10:03 ID:AwPoCYLR0▼このコメントに返信
アーナルに濃度低めの深層海水注入で死ぬほど感じる秘密は?
16.コロンブス:2017年06月30日 10:32 ID:94XlqMby0▼このコメントに返信
本スレを読むことは少ないが、ちょっと読ませてもらった。
何を言っているのかよく分からないコメントが多い。人が読んで分からないということは自分も分かっていないということだと私は思う人間なので、分かっていないのだろうと思う。

私は一般的な人間よりは(かなり)歴史的知識は多く、見識も深い”つもりだけど”知っていることなど雀の涙だと思っているし、歴史全般どこでもそこそこ答えられるような知識は到底持っていない。

だから集合知が必要で、ここには支那・朝鮮人の学術無視のプロパガンダばかりではあるが、学べる書き込みも多いと思っている。
個人で答えるのは不可能だよ。


17.名無しさん:2017年06月30日 10:58 ID:td7dnQOI0▼このコメントに返信
>本スレ91

北半球が異常に強くなったのは、明白な理由がある。騎馬民族の出現・侵攻と某宗教団の成立による東西分断で欧州孤立のち滅亡寸前にまで零落。そして自分達が落ちぶれた原因もろくにわからないまま、でもこれじゃ駄目だと一念発起して過去に学び、過去と現在に渡って自分達を圧迫して来た中東の連中を排除するべく何百年も努力して、世界中に旅立ち中東に対抗するためにテリトリーを求めた。

その原動力となったのが科学的態度。欧州には騎士道があるよね。恐ろしい外敵と戦うための存在。

強力な中東は、それでも二百年前までは欧州を寄せ付けなかったが、宗教による技術や富の独占の結果、徐々に落ちぶれていたし、所詮は力の論理でまとまっている連中だったので、内部の序列争いが始まれば外敵と対抗できなくて瓦解した。

欧州はそれでも中東への恨みを忘れず、いろいろちょっかいをかけていたが、そのうちに当初の目的を忘れてしまった模様。今では、中東の恐ろしさを忘れて簡単に侵略されてしまっている。

この世の中で怖いのが誰か、どんな連中かをもう一度考えてみるべき。受け入れてすぐにりんかんパーティ始める連中がまともなわけないのに。

侵略者と戦うために強くなって、侵略者になったと言われて落ち込み、また侵略されてる愚かしさ。

自覚できなければ滅ぶよ。構図的には日本も同じ。
18.名無しさん:2017年06月30日 11:15 ID:YEkW3Fy10▼このコメントに返信
ヨーロッパは資源的に貧しいから大航海時代でどこに行っても儲けが出た。あと、基本略奪経済だったから産業革命以前は大した技術が無かった。
アジアは中国が鄭和の船団とかが航海しても持ち出しにしかならなかったから続かなかった。
イギリス:よその地方の産物を植民地化して安く手に入れても受けよう
日本:よその地方の産物を日本で生産できるようにしよう。
19.名無しさん:2017年06月30日 11:44 ID:P57zGPHi0▼このコメントに返信
※14
だから大和という言葉が出来たのがもっとあとの時代
邪馬台国の時代にヤマトはあっても大和はない
20.名無しさん:2017年06月30日 11:45 ID:R7gZjH0V0▼このコメントに返信
※5
同じく
21.名無しさん:2017年06月30日 11:53 ID:2EzhiZ..0▼このコメントに返信
意外にためになるスレ
22.名無しさん:2017年06月30日 12:18 ID:0EdgE4Ab0▼このコメントに返信
※7
思った
23.名無しさん:2017年06月30日 12:21 ID:IV.upVuH0▼このコメントに返信
※1
時間軸が合わない
24.名無しさん:2017年06月30日 13:03 ID:cEnhtDRK0▼このコメントに返信
※18
この馬鹿野郎にハプスブルク家の歴史を答えさせてやりたい
銀銅の供給で成り上がったとか知らないんだろうな
25.名無しさん:2017年06月30日 13:48 ID:cx40bfb.0▼このコメントに返信
日露戦争前後のロシア弱ってたていう人多いけど、、、

極東に手を出さなくなっただけで小国に対する強硬外交は続いてるんだよ、、、
トルコ相手に1912年のバルカン紛争に介入してセルビアとか保護国にしてる
だからどーみても弱体化なんてしてない、当時民主化運動や暴動あったことは確かだけど強調しすぎ、、、
日本だって米騒動とか同レベルの騒ぎはよく起きてる、、、

つかロシア革命は(ロシア帝政の弱体化ではなく)独に支援されたレーニンがいたからこそ成功したんだぞ、、、
当時のレーニンがどれだけ独の傀儡だったかは休戦条約の条件見たら一目瞭然
しかもポリシェビキ政権見たら民主化(個人の権利保護)なんてぜんぜん広まってない独裁制つづいてるしなぁ、、、
26.名無しさん:2017年06月30日 14:29 ID:fdkI8tAz0▼このコメントに返信
知ったかと書いてたからもっと明後日の方向の回答かと思った。
27.名無しさん:2017年06月30日 15:17 ID:I8kMLqLL0▼このコメントに返信
※26
うん、ボケまくるスレを期待した
28.名無しさん:2017年06月30日 15:22 ID:td7dnQOI0▼このコメントに返信
※24
東西貿易が詰んでるから、欧州内での取引をしてるところが絶大な権力を握れたんだよね。

需要はあるのに供給がないから、物価が上がる上がる。胡椒が金といい勝負。


だから大航海時代では、一次産業やっても儲けが上がった。

でも需要を満たしたら、価格は当然のように価値相応になる。やっていけなくなった所も多いよね。
29.名無しさん:2017年06月30日 17:25 ID:td7dnQOI0▼このコメントに返信
※19
日本で漢字が使われ始めたのがだいたい5世紀頃。魏志倭人伝は3世紀。

だから「大和」と言う当て字がその当時あったはずがないって主張だよね。


邪馬台≒ヤマトはあったかもしれない。音を一音ずつ当て字したものなのか?それとも、倭連合の成員のうちの、さらに一部の地域を指すのか?昔の表記法で、一つの政治体制のまとまりを表す時は一つ文字で表現するというのを覚えておくといいよ。2つ文字は、その下部構成組織。昔は都市国家だから、大抵は都市を指してるよ。

中国の歴代王朝はみんな一つ文字でしょ?

倭人伝に邪馬台国が出てくるんだから、倭が代表なのは当然でその中でのお話と捉えるのが筋なんだけどね。
30.名無しさん:2017年06月30日 19:20 ID:1CRDgQXQ0▼このコメントに返信
適当なネット小説で西洋ファンタジーなのに貴族の当主をお屋形様よばわりしてると屋形号のことを知らないんだなーってしらける
31.名無しさん:2017年06月30日 20:17 ID:b4OvGJof0▼このコメントに返信
むしろ「邪馬台国」をなんで「ヤマタイコク」って読むんだろうな?
そっちの方が不思議??

だって卑弥呼の後継者は台与(トヨ)なんだろ。
同じ文章のなか同じ漢字があるのに、国名は「ダイ」で人名は「ト」って誰が決めたんだ??
32.名無しさん:2017年06月30日 21:03 ID:FCAQNP6v0▼このコメントに返信
白村江に大軍派遣出来てたのに
遣唐使、危険な航海って?
33.名無しさん:2017年06月30日 22:19 ID:W3aIdeQi0▼このコメントに返信
民明書房的なぶっ飛び解説を期待して開いたんだけど…
34.コロンブス:2017年06月30日 23:38 ID:94XlqMby0▼このコメントに返信
※32
こういう思いつきが面白い。
多分何かの発見のきっかけとはこういうことだと思うよ。
35.名無しさん:2017年07月01日 18:48 ID:t3FQeGcH0▼このコメントに返信
※32
日本と仲のいい百済が存在した頃はそこを経由して比較的安全に往来できたけど
中の悪い新羅が勢力を持ってからは直通ルートに変えたから
36.名無しさん:2017年07月01日 23:37 ID:wwwMaZL30▼このコメントに返信
※35
なるほど。
37.名無しさん:2017年07月03日 14:47 ID:vSx4J8S60▼このコメントに返信
割りと穏当でつまらねえ……

お名前