スポンサーリンク

2017年06月10日 03:05

秀吉の朝鮮出兵?の時の李将軍って強かったの?

秀吉の朝鮮出兵?の時の李将軍って強かったの?

1024px-Atakebune3

引用元:秀吉の朝鮮出兵?の時の李将軍って強かったの?
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1496806582/

1: 名無しさん@おーぷん 2017/06/07(水)12:36:22 ID:aeZ
なんか韓国関連は大抵disられているのにこの人だけは度々持ち上げ気味に語られている気がするんだが、あの国のことは昔ネト○ヨだっただけあってあまり調べたくないのよね
たとえ偉人級であっても

2: 名無しさん@おーぷん 2017/06/07(水)12:38:36 ID:zzF
wikipediaで見ると
唯一日本水軍に土をつけたのが李舜臣みたいだな
まあ最後は他の将軍とまとめて戦死してるし、プロパガンダとして誇張された英雄ってところか

3: 名無しさん@おーぷん 2017/06/07(水)12:40:13 ID:aeZ
>>2
誇張された英雄って結構いるよね
こいつもその類か
まあ、それでも周りよりは優れていたんだろうが

4: 名無しさん@おーぷん 2017/06/07(水)12:44:27 ID:zzF
なんか当時の日本人の戦術ってのが敵船の横腹に突っ込んで
乗り込んで近接戦を好んでて
それを倭寇退治で知ってた李は、徹底的にアウトレンジの射撃戦やったんだとか

朝鮮出兵調べるとクソ面白いな
日本側が無双しすぎてある種哀しくなってくるけど

5: 名無しさん@おーぷん 2017/06/07(水)12:45:48 ID:aeZ
>>4
へぇ~
歴史わからんから朝鮮出兵ってすんげえ負け戦のイメージあったけど違ったんだな
まあ、だったら鬼島津なんて異名はないよな

6: 名無しさん@おーぷん 2017/06/07(水)16:37:24 ID:OSt
当時朝鮮で武官は格下扱い存在だぞ

ゲリラ戦術で少数で戦しても戦局は動かない
李舜臣は日本軍撤退で襲撃するも返り討ちにあって戦死しちゃたし

7: 名無しさん@おーぷん 2017/06/07(水)16:59:02 ID:TlV
李舜臣は朝鮮じゃクソ扱いで日韓併合で日本人が歴史を調べて評価してから
朝鮮人も評価始めた
朝鮮は自国の歴史や文化はクソ扱い
中国マンセーだったから、ハングルとか日本人が見つけ出さなければ何もなかった

12: 名無しさん@おーぷん 2017/06/07(水)17:55:32 ID:f9s
朝鮮半島も中国も自力の文明開化に成功してたら
植民地でなく同盟国になってたであろう時代ではあった

だが、日本ほど徹底的に和漢洋才を貫いて建物から服装から何もかも変えて
国体の形式さえもドイツからの輸入とかいう変え方は出来なかった
結果的には日本のやり方が正解だったとは言えるにせよ
中国や朝鮮が強い嫌悪感を示したのも分からない話ではない

14: 名無しさん@おーぷん 2017/06/07(水)18:12:12 ID:TlV
>>12
朝鮮はともかく
日本は文物を輸入していただけで中国の支配地域ではなかったからな
いいものはどんどん取り入れた
戦国期でさえもカルタや天婦羅と西洋文化を吸収していた
中華思想は持っていなかったのがよかったな
中国はインドから文物を取り入れていたが西洋文明は侵略者として出会ったのが不味かったな
アヘン戦争は中国の歴史のターニングポイント

16: 名無しさん@おーぷん 2017/06/07(水)18:20:22 ID:ZfB
>>14
アヘン戦争は貿易で無茶言いまくってイギリスを追い詰めた中国さんサイドにも問題がある
外国人に対する敬意というのが無かった中華思想が自縄自縛の結果を招いたんだろう

あと戦国期はまだ鎖国してないぞ
多分江戸幕府の事を言いたいのだろうと思う
幕末に近づくほど西洋文明は透過してきてるから
西洋列強の強さを精神論抜きで判断できたのが大きいだろうね

15: 名無しさん@おーぷん 2017/06/07(水)18:19:44 ID:1ZJ
卑怯者と裏切り者が成功し操られる事に慣れた国家。
そのうえ、徹底的に下に厳しく上にへつらうことで生きてきた。
そんな所がいつまでも隣にあったんですよ。(しみじみ

23: 名無しさん@おーぷん 2017/06/07(水)19:05:28 ID:VS5
弱かった
水軍がどーの言うけど、結局破れたわけだし

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2017年06月10日 03:13 ID:u4oza2Bi0▼このコメントに返信
個人としては有能だけど味方に目の敵にされるわ
日本と休戦したのに欲かいて捕虜を取ろうと攻撃したら援軍の島津家にボコボコにされたり、なんだかなぁの人っぽい
2.名無しさん:2017年06月10日 03:13 ID:AEywJhNE0▼このコメントに返信
東郷さんが尊敬する藤堂高虎公が認めた武将。
ちなみに、藤堂さんは190cmの巨体で実戦も強い。築城も三名人の一人。水軍大将としても実力者。統治能力もトップクラス。
認めるべきところはあったんだろう。
3.名無しさん:2017年06月10日 03:15 ID:5AFdRMkb0▼このコメントに返信
川中島や真田幸村同様に検証するのに出てくるのは野史俗説の類ばかりだからなぁ…
4.名無しさん:2017年06月10日 03:17 ID:eLBv1K0B0▼このコメントに返信
日本人のリップサービスから始まった
5.名無しさん:2017年06月10日 03:17 ID:rQozaIhI0▼このコメントに返信
大陸攻略に必要な物資の運搬中に奇襲を掛けてホルホルしただけだろ
6.名無しさん:2017年06月10日 03:19 ID:pUu.vhhS0▼このコメントに返信
朝鮮文明UUの火車という超兵器が少数で大軍の侍相手に無双した話はあまりにも有名

ってcivの解説で見た
7.名無しさん:2017年06月10日 03:21 ID:gVZeGKI50▼このコメントに返信
局地ゲリラとしてある程度がんばってたけど戦局に影響はなかった程度
割りと苦戦してる局面もあったけど武将として名の通った人はほとんど戦死していないしね
8.名無しさん:2017年06月10日 03:21 ID:74JsVGtG0▼このコメントに返信
まあ本当に強かったら少しでも中国から領土奪ってただろうしな
結局半島の中でしか生きられない井の中の蛙よ
9.名無しさん:2017年06月10日 03:23 ID:mjgfHmgC0▼このコメントに返信
結局日本人のトップクラスの武将はやられて無いし
逆に島津に瞬頃されてるからな~
韓国のは盛りすぎて無敵超人の意味不明なことになってるけど、日本の中国の記録には大した事無いで終る話
10.名無しさん:2017年06月10日 03:25 ID:laXr.uij0▼このコメントに返信
浦和レッズに確実に100%暴力を加えた済州選手よりも実は弱いかもな?!w
11.名無しさん:2017年06月10日 03:26 ID:KFtQP7250▼このコメントに返信
つうか世界史に名前出てこない
自国内ですら語り継がれて無くてまともな文献もない
これだけでどんなもんか大体分かろうってもんだ
12.名無しさん:2017年06月10日 03:27 ID:1BuD96tz0▼このコメントに返信
結局のところ半島蹂躙されてるよねで終わる話
13.名無しさん:2017年06月10日 03:27 ID:D6hM7aZs0▼このコメントに返信
※2
社交辞令を本気にするな。
秀吉軍との撤退交渉が終わって、粛々と撤退中に騙し討ちで後ろから攻めかかった上、返り討ちにあい戦タヒした。実に朝鮮人らしい人ですよ。
14.名無しさん:2017年06月10日 03:28 ID:dta1yjNt0▼このコメントに返信
在日が必死に持ち上げようとしているのが見え透いててワロリンヌwwwwwwwwwwwwww

やったのって、戦争初期に日本の輸送船を狙って数隻沈めたってだけで
途中から対策を取られて後は逃げ回ってただけだし

秀吉軍に余裕で半島に上陸されて中国国境まで突っ切られてるんだから無能以外の何者もない
本スレ内で一矢報いたとか言ってるけど、日本側に特に目立った損失もないし


某捏造大好き作家さまが
話題作りのために歴史をコリエイトしたのに
ちよんがプライドを見出して必死に食い下がっているだけっていうwwww
15.名無しさん:2017年06月10日 03:29 ID:gVZeGKI50▼このコメントに返信
※5
作戦としてはそれでも成功してれば意義はあるだろうけど
そもそも日本側の輸送能力が小規模なゲリラ程度で揺らぐようなお粗末なものじゃなかった
そもそも総大将の秀吉(というか石田三成は)は兵站やらせたら最強だったし
16.名無しさん:2017年06月10日 03:30 ID:7UnD3VKT0▼このコメントに返信
ちょっと調べりゃただの糞雑魚ってわかるのにキモいウリナラマンセー妄想を
盛りに盛って無敵提督像を作り上げるのがかの民族のどうしようもなく気持ち悪いところだな
17.名無しさん:2017年06月10日 03:33 ID:6zboY6hz0▼このコメントに返信
初っ端に居並ぶ日本水軍の中から功名争いで突撃してきた小型船をちびっと叩いた直後
逃げて逃げて前線基地も避難民も置き去りで逃げて逃げのびて
それでも海からの北上はないと判断した時点でちびちび戻っては嫌がらせをしてきて
中央からの攻撃命令も無視してちびちびやってたら命令違反で身分落されて牢獄行き。
その間に別の司令官が朝鮮海軍壊滅させてしまい、仕方なく呼び戻されちびちび復帰。
日本軍が撤退するぞとなったら、この機を逃すとまたちびちび責任で牢獄行きだから
無理して攻めて戦死。
18.名無しさん:2017年06月10日 03:35 ID:wr8POFic0▼このコメントに返信
船の規格が違いすぎるんだよ。
当時の日本の主力戦闘艦は小型の小早船と、中型の関船。
同時期の朝鮮の主力戦闘艦の板屋船は安宅クラスや。(最大級の安宅船の「日本丸」より小さいけど)
だから、和船で朝鮮船に乗り込もうとすると、見上げる形ので戦うことを強いられて、海上攻城戦をやらされる。


朝鮮は倭寇との戦いで、近接での白兵戦で勝ち目がないってことで船の大型化と火砲運用重視による湾岸要塞化の方に戦術を変更してて、
さらに朝鮮の船は日本とは違う工法で作られていて、岩礁の多い海と、木材の中でもかなりの加工の難しさと硬さを持つアカマツしか取れない環境上、ステータスをHPに全振りしたような船になった。耐久度だけで言ったら欧州のフリーゲート級の硬さやで。

だてに朝鮮出兵後に大船ブームが起きたわけじゃないんや。


あと、李舜臣って元々は陸の士官やで。
19.名無しさん:2017年06月10日 03:37 ID:PjVaIa0r0▼このコメントに返信
あの時代に兵站破壊に目をつけたのは大したもんだと思う。
日本軍は大東亜戦争まで伝統的に兵站で苦しむことになるしな。
20.名無しさん:2017年06月10日 03:42 ID:9VMAnNmQ0▼このコメントに返信
たとえ小規模でも艦隊が存在すればそれに対応しなきゃならなくなるfleet-beingって概念があって、、、
全滅した朝鮮艦隊を立て直したのは評価されるべきだとは思う、、、

ただし当時の記録見ると、艦隊主力は明で作戦も明から来た将軍が立てて
李舜臣もその下で使われる立場だけれども、、、
まぁなんだ、今でも戦時作戦統制権はよその国持ってるし当時もそーゆー感じ(立場)だったろうねぇ、、、
21.名無しさん:2017年06月10日 03:46 ID:E5FpH60P0▼このコメントに返信
正しく現実的な戦力が評価できた珍しい朝鮮人って所かな。日本軍と戦えと命令されても何度も拒否している。
戦えば負けることを分かってたから。戦闘拒否を繰り返して投獄された挙句一兵卒として日本軍との戦場に駆り出されて案の定討ち取られた。
日本が攻めてくる情報を得て、迎え撃つ方なのに「罠だと思った」とか意味不明なこと言ってるが、勝ってる戦いは常に日本が少数の時を狙い打ったもので要は正面から戦うと負けるって事でしかないのよね。

朝鮮出兵はあまりメジャーじゃないし失敗のイメージ強いけど、ソウルや平壌は当然の様にあっさり落としてるからな。朝鮮王は国外逃亡して明に助けを求めた。首都落されてるのに日本に勝った将軍みたいな扱いはどうなの?と思わなくもない。
22.名無しさん:2017年06月10日 03:47 ID:ejp8vviL0▼このコメントに返信
※2
東郷が李舜臣を褒め称える逸話は知っての通り完全な創作だが
藤堂高虎を尊敬していたってのも眉唾ものだったりする
23.名無しさん:2017年06月10日 03:48 ID:6EyGTVz90▼このコメントに返信
朝鮮出兵は銭闘力では日本側が圧倒的なんだが、補給路がズタボロ
なんか第二次大戦と全く同じすぎて悲しい。
24.名無しさん:2017年06月10日 03:52 ID:MxCcITV80▼このコメントに返信
アウトレンジ攻撃は嘘だな。おそらく。
和弓の飛距離と、鉄砲の生産技術、栄養と衛生管理。

兵役逃れを含めれば虚弱兵しかいないだろ。
25.名無しさん:2017年06月10日 03:52 ID:mjgfHmgC0▼このコメントに返信
まあ韓国はかわいそうな国ではあるな
日本相手に日本人にやられた程度の将軍しか自慢できねー程の人材難だもんな
日本をけなせばそれ以下だった朝鮮の株は下がるし、
こいつを盛りに盛って無敵にすればするほど、コイツを倒した鬼島津の株が勝手にあがると言うスパイラル
26.名無しさん:2017年06月10日 03:53 ID:E5FpH60P0▼このコメントに返信
※23
当時の兵站状況では現地調達を視野に入れざる得ないが、朝鮮は農民ごと田畑を焼き払ったからね。
兆銭戦争でも北朝鮮がの侵攻を止める為に民間人の退路を爆破したように人命セウォルな韓国魂はその頃から同じでまあ哀れ。
27.名無しさん:2017年06月10日 03:54 ID:rGo0FXyc0▼このコメントに返信
客観的にwkiを見みるかぎり、圧倒的に不利な状況で船同士の海戦ではそれなりに健闘してるんじゃないか
リスクの高い海戦に反対したら地位を剥奪された上に一兵卒にされたとか枯れているから、上がとんでもないバカなんだろう
28.名無しさん:2017年06月10日 03:54 ID:jhdC6ks70▼このコメントに返信
最大の戦果がゲリラ戦仕掛けて日本の船数隻と数万国の大名を偶然仕留めた程度
何とか武勲上げないとやばいからって、撤退中の日本軍を襲って返り討ちであぼーん
29.名無しさん:2017年06月10日 03:56 ID:wr8POFic0▼このコメントに返信
※21
>戦闘拒否を繰り返して投獄された挙句一兵卒として日本軍との戦場に駆り出されて案の定討ち取られた。

それちょっと史実と違うんじゃない?

討ち取られた時は、一兵卒じゃないくて、むしろ死にかけの水軍の総司令官に任命されて、明水軍と合流し、
日本水軍に明水軍が接近戦になったとこを救出しにいってやられたはず。


30.名無しさん:2017年06月10日 04:00 ID:wr8POFic0▼このコメントに返信
※24
海戦ドクトリンが根本的に違うんだよ。

あくまで日本側が使う遠距離の攻撃手段(弓矢、鉄砲、大筒、大砲)はあくまで敵船に乗り込むまでに敵を牽制したり戦力を削るためのもの。
大砲を置く場所が船首方面に集中してるのもその現れ。

朝鮮が使う遠距離武器は「船体破壊」が目的。
31.名無しさん:2017年06月10日 04:01 ID:E5FpH60P0▼このコメントに返信
※29
復帰してたね。忘れてる処を適当に書き過ぎた、ご指摘感謝します。
32.名無しさん:2017年06月10日 04:03 ID:Omhy.gRO0▼このコメントに返信
ヘタレで弱かったで
33.名無しさん:2017年06月10日 04:04 ID:jTNie1.r0▼このコメントに返信
道端の石ころ
34.名無しさん:2017年06月10日 04:06 ID:A46a8sY.0▼このコメントに返信
恐らく、ただの補給船舶狙った泥棒だろな。今じゃ英雄扱いだけど、名誉を重んじる武士から見たら、ただの泥棒。
35.元韓国駐在員V:2017年06月10日 04:06 ID:ZWs39cVm0▼このコメントに返信
唯一戦勝した相手は、日本の輸送船団だったという。
日本の兵が最も少ない船団に勝つことだけ狙うという、ある種の才能を持っていたことは確かだが、
水軍の将軍として、天才扱いするのは全くの見当違いだろうね。

まず、強い相手に勝ったわけじゃない。
和睦後に襲撃して、不名誉な死を遂げている。

もうそれだけで、ただの卑怯者だったんじゃ?
としか思えないわけ。
不遇の人生で、日本のリップサービスで喜んじゃって、伝説を作りまくって、
西洋では全く相手にもされていないという、幻の卑怯者。
朝鮮人は誇りに思っていいと思うよ(笑)
36.名無しさん:2017年06月10日 04:17 ID:qw9xS4wR0▼このコメントに返信
無能しかいないから無理やり有能に持ち上げた感じか?
37.名無しさん:2017年06月10日 04:21 ID:eymZrQ5R0▼このコメントに返信
いかにも朝鮮人らしい最後を遂げたね
38.名無しさん:2017年06月10日 04:22 ID:wr8POFic0▼このコメントに返信
※35
朝鮮側からしたら、
急に道を譲れって言って、国中荒らし回っていった無法者が
和睦したからもう来ませんって言われても信用できないから、保険で戦力削りにいったと同情してみる。

対馬の宋氏が朝鮮と日本の間で文書改ざんと偽使者を使ったのが悪い。
39.名無しさん:2017年06月10日 04:25 ID:HvYy9ybE0▼このコメントに返信
他が10段階で1か2の中で3か4って感じだな
40.名無しさん:2017年06月10日 04:30 ID:XYgjO0io0▼このコメントに返信
講和中に輸送船を叩いてた人
なお採取的に返り討ちにあった模様
41.名無しさん:2017年06月10日 04:35 ID:HfXvy1qN0▼このコメントに返信
侵略者レイパージ.ャップ兵を何万人も討ち取った英雄だよ
42.名無しさん:2017年06月10日 04:37 ID:Lrtg926c0▼このコメントに返信
※27
そのwiki盛りまくってる
資料と違うって編集した人が居るが、数日で編集しなおされて、元に戻る模様

圧倒的な戦力差で頑張ったは頑張ったが、影響を与えるほどの活躍は0だった
二回目なんて、補給完璧で餓死も無かったから、秀吉の死亡がなければ明に攻め込む事も可能だったろうと言われている
43.名無しさん:2017年06月10日 04:37 ID:MvndBOXX0▼このコメントに返信
無能揃いの当時の朝鮮指揮官の中では例外的に有能な人物だったって印象
超人ではないけど、持てる戦力でなんとかできる範囲で最大の利益を得ようとしたことは高く評価したいところ

国難の中だというのに、武官の言うことだからって進言ガン無視した文官連中を産んだ思想が悪いな
思想的土壌が違えばもうちょいマシな戦果挙げられたかもしれないし、国自体がマシになって出番が回ってこないかもしれんが。
44.名無しさん:2017年06月10日 04:44 ID:9nfG48RS0▼このコメントに返信
大きな勘違いとしては、秀吉が戦ったのは明国であって、
朝鮮半島はただの通路、現在の平壌より北まで攻め上られてるって、
ガチで雑魚以下の強さ。

あと、奴婢だった半島原住民は、秀吉軍が来ると速攻事大して、
自分たちの飼い主である明国の役所を襲い、役人を虐殺して
戸籍を焼いて、明国人の鼻と耳を削いで秀吉軍に差し出してる。

で、その結果、秀吉撤退後の明国は半島原住民を糾弾し、
裏切り者を皆殺しにしてる、白頭山噴火に次ぐ、2回目の朝鮮人絶滅だな。
つっても、明国もそれから4年たたずに滅亡してるので、
秀吉の攻め込むタイミングが少しだけ早かっただけで、
明国侵攻の目的は果たしてると言えなくもない。
45.名無しさん:2017年06月10日 04:49 ID:lTbDvXI50▼このコメントに返信
※26
朝鮮軍が焦土戦術をしなくても混乱に乗じて火付けや窃盗するのが朝鮮人の常だよ
46.名無しさん:2017年06月10日 04:49 ID:opbxh1nF0▼このコメントに返信
やられてたのは物資運んでる輸送船と警護の船だからしゃーないし戦術として見れば有能だった
そこまでのボーナスステージ戦果に慢心して撤退中の死ぬ気な殿軍に手を出して自滅だから…
記録上戦果も名も残らなかったその他大勢と比べたら雲泥の差だけどね
上司に恵まれなかったのがわざわいしたか
47.名無しさん:2017年06月10日 04:55 ID:LpHuzg0e0▼このコメントに返信
※35
『西洋では全く相手にもされていないという、幻の卑怯者。』
そう思うじゃろ?

「ヒストリーチャンネル 亀甲船」でググってみ、とんでもないファンタジーが世界に放送されてるでー
どんな歴史資料を見てこんな番組作ったんだか…
48.名無しさん:2017年06月10日 05:07 ID:ntZS0bwV0▼このコメントに返信
名将だから勝ったんじゃない。勝ったから名将になったんだ。
ただし、無能だったら勝てなかったろうから、有能ではあったんだろう。
49.名無しさん:2017年06月10日 05:10 ID:uRMGLf390▼このコメントに返信
だいたい司馬遼太郎のせいだろ
小説で東郷平八郎が李舜臣を尊敬してるとか何とか言わせたんだろ
50.名無しさん:2017年06月10日 05:12 ID:gYGRRxcT0▼このコメントに返信
北の将軍様レベルのトンデモ超人として描かれてるんだろ?
あちらの国じゃ世界初の戦術を生み出しただの、日本軍相手に”正面から戦って”何十隻も落としただの、なんかすごい戦績上げたことになってるらしいじゃないの。
んなわけねーだろって否定したら、「可能性はゼロじゃないだろ!」って顔真っ赤にして小説を根拠に反論してきた奴いたけど。
51.名無しさん:2017年06月10日 05:13 ID:21zUvNKv0▼このコメントに返信
宗主国の中国から来てる総司令官と停戦合意ができて撤退し始めた日本軍に対して勝手に抜け駆けして島津に返り討ちに遭った馬鹿朝鮮人だぜwww
52.名無しさん@ほしゅそく:2017年06月10日 05:16 ID:iq9DnGN60▼このコメントに返信
ところで、この土日。
朝鮮民主主義人民共和国は、どんな兵器の実験をするのであろうか?
そろそろ、核実験再開か、それとも最新式野戦砲の訓練か。
53.名無しさん:2017年06月10日 05:17 ID:k0zLkP5M0▼このコメントに返信
※35
日本でも妄想の李舜臣像をマジで受け取ってる戦国サイトがちょいちょい引っかかるぞ

54.名無しさん:2017年06月10日 05:18 ID:eEPUvnHN0▼このコメントに返信
まあ、日本の「武士道」ってやつは敵を持ち上げることを美徳にしているからね。逆に半島民は味方であっても嫉妬・僻みでボロクソに書くからな。本当の所、李舜臣がどれだけ優れてたか?はよく判らないよ。
55.名無しさん:2017年06月10日 05:21 ID:HNnjVBd.0▼このコメントに返信
中国好き勝手やって世界に喧嘩売ってるけど
吹っかけて負けてまたばらばらに植民地化されるんかな
日本はWW2の経験あるから特ア地域を統治とか絶対やらないからな
56.名無しさん:2017年06月10日 05:21 ID:b3Z0q4Kg0▼このコメントに返信
”みずきさんの知韓”ブログの古いやつに書いてあったけど、李さんの自身の手記には5~10隻だか沈めたとあるらしい、
日本側の資料には20~30隻のうち何隻か沈められたとあるらしい、でも李さん殺されてその後李さんの手柄なんてほぼ関係なくバンバン進行した、
それなのに韓国では李さんが日本の船を数百隻沈めて、日本軍を食い止めた英雄とかなってる、
東郷さんが李さんを褒めたというのも、在日朝鮮人が言いふらした嘘の可能性が高く、そもそも東郷さんが李さんを知っていたのかも微妙。
57.名無しさん:2017年06月10日 05:28 ID:OWSPBl4H0▼このコメントに返信
日本軍を撃退した李舜臣を、その直後に更迭・降格するというウルトラCをやってのけたのが、李朝の文官。
なぜ?
李朝の党争(派閥争い)にからむ讒言によるもの。つまり、戦争という国家を揺るがす有事に、敵軍を撃退した優秀な軍人を、党争のために更迭した。
国が滅びれば党争もクソもない。という至極当たり前が分からない。党争の愚をこれほど表す例も他にはなかなかない。
あれ?現代にあるどこかの国とよく似てますなぁ。昔からこの民族は変わらないんですね。
58.名無しさん:2017年06月10日 05:33 ID:7pNQtS.h0▼このコメントに返信
自国の英雄を誇りたいという気持ちもわかるが、2度もあっさり上陸されてる時点で察し。
59.名無しさん:2017年06月10日 05:33 ID:3TWXsAcy0▼このコメントに返信
李舜臣は賤ヶ岳七本槍の脇坂安治を
討ち死にさせてるんだぞ

韓国映画のフィクションで

なお、史実では日本で天寿を全うした
60.名無しさん:2017年06月10日 05:40 ID:XxB6.2pj0▼このコメントに返信
少なくとも国のために戦おうとした人ではある。
朝鮮上層部には、やめろクソ視ねとボロクソに言われ実、際日本と戦って死んだら
いきなり朝鮮上層部に英雄視され政治利用された人。
61.名無しさん:2017年06月10日 05:44 ID:hRgc2sH.0▼このコメントに返信
統率86 武力70 知力77 政治35

戦術レベルでの将軍としてはそれなり。
ただあの戦況では一人いたところでどうにもならないレベル

装備や兵士の質はどうだったんだろうね。朝鮮側に鉄砲はあったのだろうか?
内乱とかで実戦経験積んでたりしたのか?

62.名無しさん:2017年06月10日 05:53 ID:98Y26Dqq0▼このコメントに返信
最初はある程度日本に損害を与えたけど、日本は上陸した陸軍の援護を受けるという対策を立てて返り討ちにし続けたそうだ。
63.名無しさん:2017年06月10日 05:54 ID:8MrF7oXt0▼このコメントに返信
まともに戦う気概も無かった連中の中では立ち向かってきただけマシな方、ってだけだよ。
少数船団奇襲して少々の戦果は挙げたけど、まともに戦ったら一蹴された。
最後は秀吉死亡の為、講和して引き上げる小西行長を明の水軍と共に襲撃したけど
応援に駆け付けた島津軍の活躍もあって返り討ちにあって死亡。
64.名無しさん:2017年06月10日 06:10 ID:wlVskbdS0▼このコメントに返信
朝鮮統治時代の日本人「朝鮮には英雄が居なくてかわいそうだな。どれどれ、この李とかいう将軍はどうかな?」
65.名無しさん:2017年06月10日 06:11 ID:xoKh5Yse0▼このコメントに返信
そこそこ有能な前線指揮官、それくらいだな
大軍抱える日本に正面切って戦えないから正面から戦わず基本輸送船などの小船団を叩いてた

討ちとった名のある日本武将は藤堂高虎のとこの家老くらいだけど、
高虎は処世術や築城は凄いけど武功自体は疑問視の付く大名だし正直微妙

李舜臣は名将といえるほどではないけど、最後の退却する日本船団に返り討ちにあったのを除けば
現実的な判断のできる指揮官だったと思うよ
66.名無しさん:2017年06月10日 06:16 ID:..nfVzZG0▼このコメントに返信
秀吉はこざかしく日本を貶めに来るクソったれを征伐に出たんですよ
本当は相手にせづ防衛線だけしていれば勝手に明が滅ぼしてくれたのに、
天下統一した日本は戦力が余っていたので使いどころを探していたのかもしれませんねえw
67.名無しさん:2017年06月10日 06:16 ID:Jdjq64Bm0▼このコメントに返信
李舜臣大橋はどうなったんだ
68.名無しさん:2017年06月10日 06:17 ID:.ckKr33S0▼このコメントに返信
この人が、海上封鎖をしたから勝ったと言われてるけど、何故か職人・学者・文化財が奪われてる矛盾
69.名無しさん:2017年06月10日 06:17 ID:fyX2Z9b.0▼このコメントに返信
ただでさえ数千人しかいなかった李朝の正規軍は日本軍の侵入とほぼ同時に壊滅、王族が捕虜になり、その後日本を撃退したのは応援の明軍
実体は日明戦争だった

70.名無しさん:2017年06月10日 06:19 ID:8RxJtbeV0▼このコメントに返信
朝鮮半島がらみの内容のwikiなんて、正しい歴史を書き込んでおいても気が付くと、韓国のファンタジー歴史に書き換えられているよ。
もし、本当の歴史を知りたければ、少なくとも戦前の書籍を探さないと駄目だね。
71.名無しさん:2017年06月10日 06:20 ID:..nfVzZG0▼このコメントに返信
※68
そう  それならどうして日本軍が明まで行くのかわからない

戦争が終わり帰国する日本船団を後ろから襲い撃退される、、、そんな英雄聞いたことがないw
72.名無しさん:2017年06月10日 06:20 ID:bj.Zgw8D0▼このコメントに返信
>当時朝鮮で武官は格下扱い存在だぞ

これは、割とどこでもそうじゃない?

武器を持って戦うなんて暴力的な野蛮人のやることだ、文明人は詩を詠んでお茶を飲み雅やかに過ごすものだ、なんて。

日本とかはむしろ武家政権が数百年も続いて軍人階級が身分の上位に来てる例外。

現代は、どうだろうな。そして将来は。
73.名無しさん:2017年06月10日 06:24 ID:HvYy9ybE0▼このコメントに返信
朝鮮出兵した武将たちはあの半チチ放り出しの民族服着たナチュラルボーン慰安婦を目撃してるんだろうな
74.名無しさん:2017年06月10日 06:28 ID:KjmGs19J0▼このコメントに返信
強いか優秀かはさておいて
アレ、ツングース系の満州人だぞ
だから切り捨てられたんだが、
さて何で気にしてるんだろう
75.名無しさん:2017年06月10日 06:30 ID:..nfVzZG0▼このコメントに返信
※73
それを見て驚いたのは日清戦争前の日本w    どうしてこうなったw 

それは明による民族浄化作戦、秀吉軍を明を裏切って案内させてきた朝鮮人を征伐する明の正しい戦い方だったのに

日本は騙されたのか勘違いしたのか、半島を開放すると言ってしまった(伊藤博文は反対したが安重根に頃されてしまった)
のが現代に続く失敗の連鎖。

キングボンビー恐ろしすぎるw
76.名無しさん:2017年06月10日 06:38 ID:rpq5.CVG0▼このコメントに返信
有史以来、朝鮮人の軍隊が強かったことは、一度もない。
李舜臣は、休戦協定結んだあとにも関わらず、撤退してた日本軍を後ろから襲ったけど、ボコボコにされて戦死した間抜け。
朝鮮人の英雄なんて一人もいやしない。
77.古古米:2017年06月10日 06:38 ID:0ePOLlXd0▼このコメントに返信
結局李氏朝鮮の差別主義の海の藻屑になった人なのね。
当時の両班からしてみたら、脅威以外の何物でもないもんね。
78.名無しさん:2017年06月10日 06:39 ID:..nfVzZG0▼このコメントに返信
歴史に学べ     とはこのこと
南朝鮮の日本に対する裏切りの数々、今回も手切れ金を渡すまでに至った、、次はシナによる民族浄化

100年後、又、、半チチ放り出しの民族服着たナチュラルボーン慰安婦を目撃するが
見て見ぬふりをすることこそ、歴史に学ぶと言う事ではないだろうか?
79.名無しさん:2017年06月10日 06:45 ID:JoCqv12j0▼このコメントに返信
最近の日本は良いものを取り入れる精神が不足しているよね
こんな日本のような小国で資源も無い国が、パクリなしで戦えるわけが無いのに
一時期のバブルで日本は最高という幻想を持ってしまったのが間違い

もちろん独自開発は大切な物だから、ドイツから独自開発の精神もパクレばいいんだよ
こういう状況を打破したいという精神で、何処に注力すれば状況を覆せる物を作れるのか
他にもアメリカのディズニーランドのように、茶化す物はみんな敵という徹底さで栄誉を手にしてる物や
デカイ投資で次の時代と戦える体制作りなど、まだまだ学べることは一杯有る
80.名無しさん:2017年06月10日 06:49 ID:LaZj2F5y0▼このコメントに返信
司馬遼太郎「この国のかたち」で書いているけど、李舜臣は日露戦争時まで、朝鮮ではまったく無名の存在だったそうだ。現在半島人が李舜臣を称揚するのは実は明治の東郷艦隊所属の軍人が発見称揚したからで、「こんなすごいやつがいる」と日本の軍人が称揚したから、あとづけで「ならば自分たちもそうしよう」と歴史の教科書で半島人のお偉いさんがた(教科書編集権を現代の両班たち)が教え込むようになった(現代においても李氏朝鮮時代の両班がやったように「政治的に利用」されているだけなんだよ)。実際の戦争において李氏朝鮮の両班たちは、李舜臣の成功を妬み、彼ら両班貴族たちの伝統の得意技を李舜臣にも行使しないではおれなくなるという火病を爆発させた。すなわち「讒言と捏造による排除行為」に狂奔した。国が危うい時期にさえ、「自分らの立場保全」の不安感の方が、「国を失うかもしれないちう不安」よりもまさっていたからだった。現代の韓国人とそっくりじゃないか。そして状況が悪くなると李舜臣を閉じ込めておいた牢屋から引き出して、また船に乗せて日本軍と戦わせるということを繰り返していたそうだ。現代の半島人は「将軍」などと呼んでいるが、実際の扱い方はひどいものだったよ。
81.名無しさん:2017年06月10日 06:54 ID:SI0IfsZI0▼このコメントに返信
休戦協定の後の不意打ちって
終戦後に日本に帰国しようとする日本人を虐殺したチ ョンのまんまだな
それで返り討ちにされれてコロされるなんて流石チョ ンの(恥さらしの)代表だ
82.名無しさん:2017年06月10日 06:58 ID:kA.u2UDF0▼このコメントに返信
※18、※19、※20、※21
眉唾物、全部嘘やろ、朝鮮人の願望後付け本当に朝鮮人ってキモイ、と言うよりも馬鹿。
83.名無しさん:2017年06月10日 07:11 ID:.bTbC8YI0▼このコメントに返信
文禄の役では海戦においては朝鮮軍が圧倒的だった
多分武士たちは慣れてなかったんだろう
慶長の役では制海権を握る事に成功はしたけど陸戦は文禄の役ほどは振るわなかった(大勝利ではあったが)
結果的には秀吉の最後で最大の遊びみたいな感じだったよね笑
84.名無しさん:2017年06月10日 07:11 ID:kA.u2UDF0▼このコメントに返信
水車も作れん、牛車も作れんで一輪車で偉い人運んで、あげくに女はパイ出して。それで偉人何か出てこんだろう?典型的なウリナラファンタジー。
85.名無しさん:2017年06月10日 07:14 ID:kA.u2UDF0▼このコメントに返信
※83
典型的な在日朝鮮人な。嘘が上手い。誰も信じないよ。
86.名無しさん:2017年06月10日 07:14 ID:VfXL1ib.0▼このコメントに返信
たらい舟と変わらない構造の船にふたまでつけて、陸地の目と鼻の先で波に揺られながら
無防備な日本の補給船を数回たたいてただけの話だぞ。

エラ張りゴキが
        「こうであって欲しい」
                   と、願いながら
時代考証を無視して建造されたキッコー復元船は
ことごとく工学の現実に打ちのめされて沈没するという朝鮮を象徴する関係者でもある。
87.名無しさん:2017年06月10日 07:16 ID:VfXL1ib.0▼このコメントに返信
※2
当人たちが死んで年単位の月日が過ぎ去ってから
なんの物証も記録も無しに突然
在日朝鮮人が言い出した話を信じろと言われても?
88.名無しさん:2017年06月10日 07:16 ID:.ckKr33S0▼このコメントに返信
>多分武士たちは慣れてなかったんだろう

村上水軍とか九鬼水軍とか、海上の戦いに慣れた人材なら大勢いたけど?
89.名無しさん:2017年06月10日 07:19 ID:WvjX.Xd60▼このコメントに返信
大したことねえよ。
李ナンタラ含め、朝鮮人の王朝は国土を蹂躙されるに任せる「焦土作戦」をやったに過ぎない。
そんなのバカでもできらあ。
因みに蹂躙は日本軍もやったが(戦国の倣いで)、同盟軍の「明軍」もやった。
補給のために民を差し出したんだよ。
クズめ。
90.名無しさん:2017年06月10日 07:19 ID:VfXL1ib.0▼このコメントに返信
※18
その与太話を信じて時代考証を無視して建造したキッコー船、波間に沈みくさるのに
どうやってキッコー船は与太話のとおりの威容を誇ったなどと信じろと言うのか
91.名無しさん:2017年06月10日 07:28 ID:CxUjHdCm0▼このコメントに返信
そんなこたぁどうでもいいだろ?
売れる車作ってるのか?
THAADてっかいするのか?しないのか?
日韓合意破棄するのか?しないのか?
さっさと方針出せや、単細胞集合体国家よ。
92.名無しさん:2017年06月10日 07:30 ID:kA.u2UDF0▼このコメントに返信
※83、ロシアバルチック艦隊絶滅の参謀を務めた秋山真之は日本水軍の戦法を取り入れて、日本の勝利に結びつけた。朝鮮に戦法も戦略も技術も何にも無かっただろ有ったのは近親創刊位だろ?無理無理。
93.名無しさん:2017年06月10日 07:30 ID:6w.wKZHr0▼このコメントに返信
日本が負けた話が読めるのは、太平洋戦線でのアメリカ戦だけ
94.名無しさん:2017年06月10日 07:34 ID:9yulgqbi0▼このコメントに返信
李将軍が偉大だった記録はないけど白将軍みたいに後ろから殴られたのかもな
95.名無しさん:2017年06月10日 07:34 ID:oeb4dxde0▼このコメントに返信
第二次大戦に参加した朝鮮人が日本人には多くの尊敬する武将たちがいて羨ましい。
我々には誰もいないと嘆き士気も低いからリップサービスで言った与太話やでw
96.名無しさん:2017年06月10日 07:38 ID:OR5BOC2J0▼このコメントに返信
※83
圧倒的だったのにまんまと日本の大軍を上陸させ首都を速攻陥されたのかw
アホだなこいつ

文禄の役で海戦が苦戦したのは大砲による攻撃に慣れてなかった緒戦だけ
対策してからは連戦連勝
あとの失敗は来島が功を焦り戦略ミスって死んだだけで李は逃げ回るしか手がなかった
97.名無しさん:2017年06月10日 07:39 ID:cuZ52w9E0▼このコメントに返信
強いか弱いかはともかく、戦いもせず讒言を繰り返す文官、弱い兵たち、
逃げ出すのはまだましな方で後ろから刺して首を差し出そうと目論んでいる奴を
率いてよく戦ったもんだ。

まじめに戦って死ぬというだけでもあの国では稀有な存在。
98.名無しさん:2017年06月10日 07:44 ID:2pYWvdmB0▼このコメントに返信
後から不意討ち仕掛けた雑魚じゃなかったか?
亀甲船も架空の兵器だし。
99.名無しさん:2017年06月10日 07:48 ID:mjgfHmgC0▼このコメントに返信
結局韓国人が考えた理想と現実の差で火病なんだよなー
程ほどにしとけばいいのに、、、、ネルソンや東郷クラスなんて言っちゃうから苦しむんだよ
100.名無しさん:2017年06月10日 07:56 ID:ow5FaS.20▼このコメントに返信
普通の立派な武人ってとこ。ゲリラ戦で補給路を叩くというのは手堅い戦略である。日本にいたら凡将だろうが当時の朝鮮ならトップで間違いない。いや朝鮮唯一の武人だったかもしれん。
101.名無しさん:2017年06月10日 07:58 ID:zpc3UaCV0▼このコメントに返信
日本が海上での戦いを想定してなかった前半は勝てた
対策立てた後半は全然勝てなかった

ただ、全然勝てなかった中でも部下に離反される事も無く
戦死するその時までしっかり軍事行動を取っているので、指揮官としては優秀っぽい
天才とか、英雄とか、そういうレベルでは無いというだけ
102.名無しさん:2017年06月10日 08:11 ID:QC.FyUOF0▼このコメントに返信
強いんじゃん。亀型船…
秀吉は、悪い!沢山の韓国農民 兵士の耳と鼻を塩漬けにして壺で持ちかえってさ!
京都の寺にその塚があって、今でも坊さまが供養しているわ!
103.名無しさん:2017年06月10日 08:12 ID:fbyXPBVQ0▼このコメントに返信
完全殲滅しとけばよかったのにね。
104.名無しさん:2017年06月10日 08:15 ID:OQgP9gnL0▼このコメントに返信
※83

君の言う通りなら、李氏朝鮮は制海権を握っていたのに、日本軍の地上戦力にあっという間にほぼ全土を占領されたということになる

どんだけ弱いんだよ李氏朝鮮の兵士・・・
105.名無しさん:2017年06月10日 08:20 ID:0rOPOlkl0▼このコメントに返信
志半ばとはいえ相手より優勢な兵器と局地戦力を可能な限り用意して脆弱な補給線の寸断を行って弱体化させ
強力な援軍来るまでの時間稼ぎに貢献したならかなりの名将と言っていいんじゃないの
106.名無しさん:2017年06月10日 08:22 ID:QC.FyUOF0▼このコメントに返信
元々戦うのが嫌いな民で、大陸からあそこら辺に落ち着いたみたいよ。
107.名無しさん:2017年06月10日 08:29 ID:bwKVbo9b0▼このコメントに返信
割りとまともっぽい人、まぁ軍人なのに上の命令に逆らうは、将なのに無謀な作戦決行して部下死なせまくるはいろいろ残念なとこもあるけど、日本の戦国大名にもそんなやつはいたし、特にダメだった訳じゃなさそう。

有利なときはやたらと強いけど、負けるときはバカみたいに負けるある意味朝鮮人らしい人。

108.名無しさん:2017年06月10日 08:33 ID:TV6nqMYL0▼このコメントに返信
高校生クイズのラスト問題の答えになるほど、過剰演出されたのが彼やから。全く明治時代のアホのせいで面倒くせ
109.名無しさん:2017年06月10日 08:33 ID:MqbkuVDh0▼このコメントに返信
※105
朝鮮軍は日本~朝鮮間の補給線の海域まで全く進出できてないので補給線は全く寸断できてません
日本軍が補給で困ったのは朝鮮の陸路がかなりの悪路だったため
朝鮮南部では日本から運んだ兵糧が一年分以上余ってた
110.名無しさん:2017年06月10日 08:40 ID:uS76gYv00▼このコメントに返信
豊臣政権の方針として、在地の水軍大名は細分化して取り潰したい。
その尖兵が子飼いの藤堂、加藤、脇坂といった諸大名。
だから豊臣側では大身の大名が各々自前の水軍持っていただけで、明のように統一した指揮が出来ていない。
111.名無しさん:2017年06月10日 08:44 ID:0rOPOlkl0▼このコメントに返信
※109
本スレとここのコメント欄ざっくり読んだ感想だったからそう思ったんだけどじゃあ
海路で補給が自由に行える環境という事は優勢な海上戦力あったはずだと思うんだけどそこかなんで海経由で前線に運ばなかったの?
港が未整備で戦場が内地だとしてももう少し近いとこからなら負担は軽減できそうなもんだけど
112.名無しさん:2017年06月10日 08:44 ID:cjkY5iV60▼このコメントに返信
ぶちゃけっと
当時の半島は伊賀やらとおんなじで仮外の地だぞ
李某は和寇の頭目の類いだった可能性かなり高い
113.名無しさん:2017年06月10日 08:44 ID:gtPGKSYA0▼このコメントに返信
日本軍を撃退したというなら、明と戦ったのは朝鮮ということになるがw  

ああ、ミサイルで明を亡ぼす映画が朝鮮にあったなw
114.名無しさん:2017年06月10日 08:46 ID:CM6LyECV0▼このコメントに返信
筑波大学 古田博司教授 (Will 2017年5月号より)
 明はモンゴルから奪った遼陽に、駐屯させていた五万の兵隊を連れてやって来ましたが、
小早川・宇喜多・立花連合軍に碧蹄館で大敗しました(一五九三年)。これがいわゆる文禄の役。
続く第二次朝鮮征伐(一五九七年、慶長の役)は、日本軍十三万人、明軍五万人だから戦にになりません。
日本が占領した地域は治安がいいので朝鮮の百姓が大挙して住みついて、日本式の城が建ち、
城下町ができました。日本の教科書に慶長の役は負け戦だったなんて書いてあるのはサヨクの嘘です。
秀吉が死んでしまったので撤退しただけですよ。
115.名無しさん:2017年06月10日 08:52 ID:Xnsyw3BZ0▼このコメントに返信
初出は司馬遼太郎の小説だろ
あの辺を書くにあたって朝鮮側に余りにも武将がいなくて一方的な虐殺になり過ぎるからというのでバランスを取るために作り出した苦肉の策
一応実在武将に適当に戦果を与えてるだけなので、技術的なところを後で検証するとボロが出る
116.名無しさん:2017年06月10日 08:55 ID:ttZX.KMl0▼このコメントに返信
李の関わった海戦は何度かあるから、
どの海戦のことを語ってるのか明確にしなきゃ。
玉浦海戦、閑山島海戦や鳴梁海戦は一応、李の勝利。
ただし戦略的には完全敗北。
wikipediaが案外と史料と数字で論破してて、つまり半島人に冷酷で困るwww
117.名無しさん:2017年06月10日 08:57 ID:NVxviZOQ0▼このコメントに返信
当時の朝鮮では珍しいわりと現実を見て戦った武将だが和睦破りの挙げ句返り討ちって最後はパッとしないな
このまま逃がしてなるかっていう気持ちと若い頃からの上層部への不満が爆発した結果なんだろうけど
118.名無しさん:2017年06月10日 08:59 ID:mjbdb9U20▼このコメントに返信
他に誰も話題になる輩がいないから挙げられてる
補給物資を積んだ船叩いてたのも補給干上がらせようとか考えた末ではなく、弱そうだからといかにも朝鮮人らしい理由だろう
結果オーライかな、最期沈んだけど
119.名無しさん:2017年06月10日 08:59 ID:OR5BOC2J0▼このコメントに返信
※111
当時の船舶技術は沿岸沿いに海上を進まなければいけない
海を制しても沿岸の陸上部を支配しないと兵糧の海上輸送は不可能
(文禄初期の日本軍もこれを利用して朝鮮水軍の進軍を防いでいた)
日本軍は朝鮮の首都を速攻陥落させてから徐々に朝鮮南西部の沿岸部分を攻略してたが
予想外に明の大軍が早く来てしまったため中止して明軍にあたるしかなかった
120.名無しさん:2017年06月10日 09:03 ID:mjbdb9U20▼このコメントに返信
海路確保しても水揚げする港がなけりゃなあ
121.名無しのまとめりー:2017年06月10日 09:04 ID:jpN1mk0q0▼このコメントに返信
敵は恐ろしく強くて上層部は無能みたいな無理ゲー状態なのに、
持ちうる戦力で最善を尽くして戦果をあげてる、かなり有能な人物だろ

侵略者相手に戦い続けて最後の最後で戦死とか、 英雄的な要素も完璧
神格化されて過剰評価にはなってるけど
122.名無しさん:2017年06月10日 09:05 ID:ttZX.KMl0▼このコメントに返信
※111
当時の朝鮮は
・道路がすこぶる未整備
・農生産量がしょぼしょぼ
・家畜もしょぼしょぼ
・当然、牛馬車もナシ
・というか物流ってものが…
という状況。そこに大軍が攻め込んでる。
で、”計画以上に朝鮮軍が弱い”という予想外の事態に、進軍がスピーディに進み過ぎた。
現地補給しようにも、前述のようにそこは不毛の荒野。
後方から運ぼうにも道路未整備。利用できる”物流”って概念もない。
海岸まで運んでも、その先が無理だったんですわ。
なので諸将は話し合って、伸び切った戦線を縮小・撤退してる。

ちなみに慶長の役の際は最初から「補給路が伸びる遠くまで行かない」作戦で、
沿岸部の占拠&補給・備蓄拠点作りに戦略の要を置いています。
123.名無しさん:2017年06月10日 09:08 ID:uS76gYv00▼このコメントに返信
むしろ地付きで自前の水軍大名は、豊臣側で終始した久留島でさえもそうだが、それら豊臣秀吉側の諸大名に旧来の自分達の船あるいは船衆を供出する側となる。

自前で行動することさえ許されず、だから水軍という形の統一した指揮が存在しない。
これは輸送部隊とその警固ということになる。
124.名無しさん:2017年06月10日 09:09 ID:EXNRuq1f0▼このコメントに返信
なんでこんなにこいつが持ち上げられてるのかわからん
同時代最強でもないだろ
同時代のフランシス・ドレークに勝てるとはとても思えん
125.名無しさん:2017年06月10日 09:11 ID:ttZX.KMl0▼このコメントに返信
※121
>戦果をあげてる

正面から行かず、軍船狙いではなく、
”ゲリラ的に補給・運搬部隊を急襲”して、少しでも損害を与えた上で逃走アンド逃走。
びっくりするぐらい逃走したせいで制海権を完全に掌握され、その後は安全海域から出て来ない、
(朝鮮蚊帳の外で)日明停戦になったところで背後から奇襲して返り討ち死亡、という名将です。
126.名無しさん:2017年06月10日 09:19 ID:.TwmtfY60▼このコメントに返信
今みたいに欲しい情報がすぐに何でも手に入る時代だと
昔の日本のような進歩・進化の仕方はできないんだろうな
入ってきた少ない情報に群がって研究しまくったりいじりまくったりしたせいで
独自文化が生成されたんだろうし
今は新しいものに最初に飛びついて飽きられたら使い捨て状態になってる気がする
それはそれで文化の取捨選択を繰り返して
本当に良いものだけを残していくおもろい未来がありそうな気もするけど
127.名無しさん:2017年06月10日 09:23 ID:qhZ5gF3z0▼このコメントに返信
うっかり分不相応な相手と戦う羽目になってしまい、さしたる損害も与えられずに魚の餌になっただけだよな。
実力の程はお察し。
128.名無しさん:2017年06月10日 09:30 ID:FqWExSJS0▼このコメントに返信
停戦条約破って輸送部隊に奇襲掛けて損害与えたけど反撃食らって死んだ武将ってイメージ
強いかどうかは判断できないな
129.名無しさん:2017年06月10日 09:31 ID:uS76gYv00▼このコメントに返信
大規模な統一した指揮を執れる水軍をもてる大名は限られてくる。
島津、毛利、
なおかつ、これらの大名は自前で帰る船と補給を維持しなければならない。
こうした大名が補給以外で水軍を使うことの方が珍しい。

あるとすれば自らが補給の任に当たること。
ここで細分化された、あるいは新しく自前の水軍をもった小大名は犠牲になる。
130.名無しさん:2017年06月10日 09:34 ID:TA57oAR80▼このコメントに返信
日本が悔しいのはわかるが

エイジ・オブ・エンパイアというマイクロソフトのゲームでは、
史実で、朝鮮が日本を叩き出した、ということを参考にして
最強の国家の一つと設定されている

アメリカの会社のマイクロソフトの認識がそうなのだから、
こんなスレで幾ら叫んでも駄目
131.名無しさん:2017年06月10日 09:35 ID:6lzfBsaZ0▼このコメントに返信
※3
「東郷平八郎が崇拝する天才提督李舜臣!」が論破されて
「東郷さんが尊敬する藤堂高虎公が認めた武将。」になったんだろうなぁ…(察し)
132.名無しさん:2017年06月10日 09:36 ID:uS76gYv00▼このコメントに返信
そして問題は小西行長だが、この人は商人で、黄海側交易ルートも絡んでいたんじゃないか?

だから北京側と交渉もできたし、最後も穏便に退却出来るだけの段取りを組んでいた。

もちろん当時の貿易は密貿易だ。
記録に残るはずもない。
133.名無しさん:2017年06月10日 09:37 ID:Xnsyw3BZ0▼このコメントに返信
文禄慶長の役の実態が小田原攻め以降仕事が激減した武将を間引きする為の策だからなあ。
勝ち負けどうでも良くて、もっと大量に戦死して欲しかったのが秀吉の本音。
いずれ明軍とぶつかるのも想定済みで、本当のところはそこで玉砕戦法駆使して全滅して欲しかった。
有力武将がほとんど死なずに帰国して来たのが最大の失敗。
134.名無しさん:2017年06月10日 09:40 ID:qHFGdXcu0▼このコメントに返信
秀吉ももともと中国への出兵目的だったわけだし、中国側も朝鮮は足止め程度に考えていたんだろ
十分に役目は果たしたわけだ
135.名無しさん:2017年06月10日 09:41 ID:ttdi4.4E0▼このコメントに返信
当時の日本の武将で考えると凡将だけど、かの国的には歴史的英雄。
136.名無しのまとめりー:2017年06月10日 09:41 ID:jpN1mk0q0▼このコメントに返信
最後の露梁の海戦、
ここだと停戦和議後、李舜臣の独断で失敗したみたいな扱いになってるけど、
内容自体は明と朝鮮の連合水軍の大規模な追い討ち作戦だろ
137.名無しさん:2017年06月10日 09:44 ID:uS76gYv00▼このコメントに返信
130

ゲーム会社とアメリカの認識が同じなわけないし、事実の前に悔しいもなにもないが、かりにアメリカの政策担当者が事実を見誤っていたとすれば、それからあとの人間の流す血の量も変わってくる。

実際に朝鮮戦争ではアメリカ側は当初、間違いを犯し、それを後から正しい情報による判断で取り返そうとした。
しかし、その間に膨大な犠牲が流された。
138.名無しさん:2017年06月10日 09:47 ID:uS76gYv00▼このコメントに返信
商売人小西は広東人とも双方の犠牲がない撤退の段取りを組んでいたんじゃないか?
流されなくて良い血が流されたのかもしれない。
139.名無しさん:2017年06月10日 09:49 ID:4E93bwVM0▼このコメントに返信
よく、ヒデヨシがー、と朝鮮犬が、文化・建造物の全てを破壊・略奪されて何も残らなかったというが、なぜか犯人が秀吉であるということだけは、現在までしっかり伝わり、受け継がれているという不思議。
140.名無しさん:2017年06月10日 09:52 ID:g.qLoZDX0▼このコメントに返信
李舜臣は島津に打ち取られている。
ところが島津はそれを手柄と認識していない
つまり李舜臣はその程度の武将にすぎない
141.名無しさん:2017年06月10日 09:53 ID:uS76gYv00▼このコメントに返信
今現在に置き換えれば、アメリカと中国の現地指揮官が停戦したのに、コリア側が撤退する相手には勝てるからと現地のアメリカ側指揮官を突き上げ、アメリカ側の将兵も巻き込んで犠牲にした形になる。
アメリカ側が形だけ御約束で中国側に突っ掛かったら、コリア側から更に煽られて諸共に火だるまに、こういう流れに。
142.名無しさん:2017年06月10日 09:53 ID:8MrF7oXt0▼このコメントに返信
韓国人は自国が弱いと火病おこして電凸して来てうざいから強くしとくんだよ
別に歴史認識がそうという事ではない
143.名無しさん:2017年06月10日 09:54 ID:d64l0Ea40▼このコメントに返信
※137
35 名前:なのる名など無いっ! ◆DQN3qqZA 投稿日:2001/09/08(土) 18:51 ID:98wcTcMw
ゲームになるが、マイクロソフトの「AoE(エイジオブエンパイア)」での有名な話。

基本セットには、朝鮮は入って無かったんだそうだ。
そしたら、どこぞの国の連中から、どえらい抗議が来たらしい。
「なんで日本が入ってるのに、ウリナラは入っていないニダ!」

仕方なく、急遽追加セットに当時の史実にほぼ基づいた実力の朝鮮を入れることに。
すると、再抗議。
「売りなら自慢の亀甲船はこんなに弱く無いニダ! 最強ニダ! ついでに日本海では無く東海ニダ!」

結局、マイクロソフトは「史実に基づいて修正しました」というパッチを開発せざるをえなかったそうで(苦藁
ちなみに、パッチを当てた朝鮮軍はマジで最強だとか。
あの国の人間以外が、自粛して使わないくらい強過ぎるんだと。

でまあ、例のネット上でのマナーの悪さといい、
その自粛されてる朝鮮軍を使うところといい、
ネット世界でもウリナラは嫌われて行くのでありました‥‥‥
144.名無しさん:2017年06月10日 09:55 ID:ttZX.KMl0▼このコメントに返信
※130
懐かしいネタをwww

最初、朝鮮なんつー設定は無かったんだけど、
癇癪起こるニダ!!が大量猛抗議したため、
M$「わーったわーったうるせーなぁ。じゃあどうしたらいいんだ?」
ニダ「こんな感じの(ファンタジー盛り盛り)ウリナラ栄光の半万年文明ニダ!!」
M$「わーったわーった、だから黙れ、な?」
ということで追加されたんだけど、
あまりにもゲームバランスがおかしくなりすぎるんで、
世界共通ルールとしてプレイヤー間で「朝鮮文明禁止」が当たり前になった。
そんな伝説のゲーム、懐かしいですなぁ。
ちなみにニダーはKOEIにも癇癪ニダニダして、大航海時代にありもしない朝鮮水軍を入れてきた。

※137
…という話だよ。
145.名無しさん:2017年06月10日 09:59 ID:uS76gYv00▼このコメントに返信
島津が最後の海戦を手柄にしないのも謎。
取り残された人間もいたはずなのに。
実は島津側も含む現地指揮官レベルでは、もう停戦して引き上げる約束通りで進んでいたのかもしれない。
だから島津側で上陸した人員も結局は日本に帰ってきてるんじゃないか?
146.名無しさん:2017年06月10日 10:02 ID:b8pbj.cV0▼このコメントに返信
てーか明と手打ちして戦争終わった帰るぞーってのを追い打ちして返り討ちっていうしょっぱい結末なんだよなぁ
李将軍を除くとロクに戦果を残せた将軍が居ないというもっとしょっぱい歴史だが…
147.名無しさん:2017年06月10日 10:04 ID:uS76gYv00▼このコメントに返信
もちろん、明側の指揮官にして見れば、「勝った」あとに皇帝に報告する内容に、わざわざ不都合な経緯は入れないだろう。
もう一人の陸側の明側指揮官は後々サルフの戦いで亡くなってるし。
148.名無しさん:2017年06月10日 10:07 ID:uS76gYv00▼このコメントに返信
李舜臣の存在は、実は日韓併合の賜物だから、日韓双方の関係者のためにも悪く言いたくはないが。
事実としては明側の広東人の功績になるだろう。
149.名無しさん:2017年06月10日 10:12 ID:SnIUpNXZ0▼このコメントに返信
俺の中では秀吉はスーパーヒーローだよ。日本人が奴隷として輸出されてることを知ってバテレン追放令をだすのがかっこいい。
150.名無しさん:2017年06月10日 10:18 ID:uS76gYv00▼このコメントに返信
今現在に繋がる教訓は沢山見出だせる。

まず連合軍には統一した指揮系統が必要。
現地の交渉は現地に委ねる。
(これは通信手段の進歩で今現在にはあまり関係無いかもしれないが。)
約束をする人間と、約束ができる権限の内容と、約束の判断をする人間への事後的免責をしっかり保証すること。

明側は当時の限られた通信手段による遅滞の影響は別にしても、恐ろしいくらいに正しい判断を最終決定者が下している。

だから、日本は絶対に、勝てなかったろう。
151.名無しさん:2017年06月10日 10:20 ID:Ovmxg.Ng0▼このコメントに返信
※116
日本語版wikiじゃ確かに客観的に書かれてるけど英語版をはじめ外国語版じゃ朝鮮人の主張そのままになってるぞ
日本人以外とよっぽど詳しい人間以外ははほぼ朝鮮人の認識に染まってる
152.名無しさん:2017年06月10日 10:27 ID:KIUoSM8U0▼このコメントに返信
加藤清正「朝鮮に虎がいるんだって戦うぞ、女真族最強のヌルハチって強い奴がいるんだって戦いたいから敵地突っ込むんぞ、光成補給ちゃんとやっとけよ」
石田三成「はぁ?何言ってんだこいつ、そんな遠くまで補給路ねぇよ」
って説面白くて好き
153.名無しさん:2017年06月10日 10:28 ID:ttZX.KMl0▼このコメントに返信
※151
「しょうがないよな。だって宇宙を創造したのも朝鮮人なんだろ?たしかそう言ってたwwwwww」

ってのが世界の共通認識だけどな。
154.半島封鎖。:2017年06月10日 10:32 ID:iq9DnGN60▼このコメントに返信
この時代、現在世界的に有名な朝鮮股開き女の集団はいなかったのであろうか?
恐らく本気で不細工過ぎて、股開き営業に来たら、末端兵士も気持ち悪くて逃げ回っていたのでは?
現在の韓流スターにも、遺伝子レベルで本能で、差別ではなく、うへぇーと感じる人がいる。
なぜか、北鮮は自然な感じがする。
選んで露出させているのだろうか?
それとも、残留日本人の子孫なのか?
155.名無しさん:2017年06月10日 10:37 ID:ywZ2S8NW0▼このコメントに返信
寡兵でもって敵の補給路を襲撃するってのは戦術としてはごく当たり前の行動に思える。なので、彼我の戦力差からとりうる最善策を判断できたって意味で言えば、真っ当な指揮官だったのかな?

ただそんな真っ当なはずの指揮官が、戦争期間中に降格されたり、和睦後にやはり少数で引き上げ中の船団に襲撃掛ける当たり、なんかよくわからない。一族郎党処罰されたって話もなかったっけ?

ファンタジーを夢想すると、

李「正面からは無理やねん、ゲリラ戦やな」→朝鮮官僚「正面から戦わなかったな、降格!」→李「兵卒に落とされたわ、でも国の一大事やしがまんしよ」→朝鮮官僚「明の援軍が来た、こっちも誰か水軍立てなきゃ、あいつでいいや」→李「復帰したけど、水軍ボロボロやん、やっぱゲリラ戦やな」→朝鮮官僚「明と日本和睦した、今がチャンスだ油断した日本軍を撃滅して来い!」→李「上司がむちゃくちゃやねん。日本の船団に追いついたけど、なんかえらい勢いで向かってくるのがおんなぁ」→島津「首おいてけぇー!」→終了

の苦労人という印象が。
156.名無しさん:2017年06月10日 10:40 ID:WvjX.Xd60▼このコメントに返信
まあどんなに粋がろうが、この後朝鮮人は漢人ともども満州人(清帝国)にバカみたいにボロ負けして奴隷化される運命だったんだけどね。
157.名無しさん:2017年06月10日 10:46 ID:4JdTAptJ0▼このコメントに返信
李将軍は強くはない。
ただ1つ尊敬できるところがあるとすれば朝鮮人全員が
無責任に逃げ出そうとしてる時に逃げてはダメだと国を
守る為に闘わなければならないと命がけで主張したこと。

大勢の空気に簡単に流されて保身の為に嘘ついて口だけ
達者でいざとなったら逃げ出す奴しかいない朝鮮文化の
中に李将軍のような人間が存在したことは奇跡だろう。

戦国時代の日本の武将たちに命を棄てて立ち向かい戦死
した李将軍がいたことを朝鮮人は誇ってもいいよ。

当時世界最強と思われる日本の武士たちに立ち向かった
というその一点だけで凄いと思う。
158.名無しさん:2017年06月10日 10:53 ID:xq0qpIdl0▼このコメントに返信
当時の日本の進撃止めたのは
明の大軍じゃないか?それまでに
明・朝国境迄日本が迫ってたのに
漢城迄押し返したのは明の大軍だろ。
159.名無しさん:2017年06月10日 10:57 ID:4JdTAptJ0▼このコメントに返信
※140
明との和睦後の戦いだから手柄にはならんだろう。
相手は明軍ではなく朝鮮で朝鮮側も日本に対して
李将軍の謀反みたいな弁明してるから島津も賊を
討伐した程度の認識だったんじゃないか、当時は?

その手柄をアピールすると和睦破りでまた大陸に
渡って明と朝鮮を成敗みたいになりそうだしね。
160.名無しさん:2017年06月10日 11:00 ID:4JdTAptJ0▼このコメントに返信
※158
明は全力で日本と戦い疲弊してその後滅んじゃうんだけどね。
そこまでしないで朝鮮割譲して明が引きこもってたら朝鮮を
併合した日本が衰退して滅んで明は生き延びたかもしれない。
161.名無しさん:2017年06月10日 11:00 ID:AffjSTTZ0▼このコメントに返信
やめとけ やめとけ!あいつは相手が悪いんだ。
「豊臣軍と戦った」って言っても、一矢報いたんだか犬死なんだか…
李舜臣、享年53歳、既婚。仕事は真面目にそつなくこなしたが今ひとつ評価されなかった男
なんかゲリラ戦術で初戦は優勢に進めていた為、韓国では英雄視されているが
実際は軍の質でも数でも負けて同僚の讒言で降格させられたせいで
ヤケになって講和後に騙し討ちした所を島津に返り討ちされたんだぜ。
悪いやつじゃぁ無いんだが、これといって運の無い、影の薄い男さ…
162.名無しさん:2017年06月10日 11:06 ID:h8DBH8sz0▼このコメントに返信
補給船に勝利したのを超々拡大解釈されたのと東郷に誉められた(真偽不明)ことで、韓国のウリナラファンタジーが炸裂して偉人になった人らしいけどね
163.名無しさん:2017年06月10日 11:12 ID:t8HH3nBr0▼このコメントに返信
youtubeで武田鉄矢さんが、黒鉄ヒロシさんの本を紹介してた。
その中で言ってた、李舜臣の戦い方って

 ①和睦をする
   ↓
 ②相手を油断させる
   ↓
 ③不意打ちをくわせる
   ↓
 ④また、和睦をする。(以下、繰り返し) だって。

あまりの酷さに、明も呆れて見放したとか。
やることが、やっぱ朝鮮人だねぇ。
 

164.平うどん:2017年06月10日 11:18 ID:3gtohdHt0▼このコメントに返信
※155
個人的な考えだけど
李舜臣が最後停戦を無視して攻撃を行ったのは、その後の政争で消される事を察して
手柄を立てるために賭けに出たか
罪人として処刑されるより武人としての死地を求めたんじゃ無いかと思っている

後者については当時の朝鮮人の武官にそういう観念があったか知らんけど
165.名無しさん:2017年06月10日 11:25 ID:SgKbrRIx0▼このコメントに返信
毎度思うことだが、大局に影響与えなかった李舜臣よりは、朝鮮戦争で活躍した白善ヨプの方が韓国にとっては遥かに「救国の英雄」ポジションだと思うんだがなぁ

開戦当初
地形を生かして第一師団正面に戦車含む倍以上の敵が来ても粘り続け、時々逆襲さえ敢行
(ソウル陥落に伴い撤退戦に移行)

中盤
遅滞防御しつつ釜山まで下がりながらも米軍と上手く連携して追撃してくる北の部隊を削り続ける

釜山円周防御
三個師団相手に一個師団で粘り続ける
士気が崩壊しかけた時は自分で突撃の先頭に立ったりもした
スレッジ・ハンマー作戦の際に国連軍司令部の予想に反して最初に包囲網を突破したの彼の率いる韓国軍第一師団

166.名無しさん:2017年06月10日 11:31 ID:cjkY5iV60▼このコメントに返信
ぶちゃけっと真っ当なレベルの水軍が当時の
半島に存在したなら明が和冦で苦労するとも思えんが
ってか明が存在を許容すっかな
いいとこ半賊の類いで和冦やってた連中だったんでは
167.名無しさん:2017年06月10日 11:47 ID:LHvPVXdc0▼このコメントに返信
停戦の約束を破って輸送部隊に不意打ちをするのしか活躍がないという印象。
168.名無しさん:2017年06月10日 11:51 ID:PEr7iOoD0▼このコメントに返信
他に朝鮮の武将って居たの?信長の野望的に言えば朝鮮での武力最強がこいつだったってだけじゃないか?
169.名無しさん:2017年06月10日 11:54 ID:AffjSTTZ0▼このコメントに返信
※165
その白師団長と、白師団長の攻撃前に、米軍と共同で北朝鮮に釣り野伏を仕掛けた金ソクウォン将軍

両者とも韓国政府の都合で「(何故か日本vs韓国になっている)朝鮮戦争で(居ないはずの)韓国独立軍を討伐した反逆者」になってるのでまだ英雄とは認められてません。
170.名無しさん:2017年06月10日 11:55 ID:VtJ6Djpi0▼このコメントに返信
そう。過去の日本が、朝鮮人に民族意識を植え付けさせる為に誇張した、寓話なんだよなぁ〜w
171.名無しさん:2017年06月10日 11:57 ID:VY4ikKN10▼このコメントに返信
李舜臣が日本で評価されてることになってるのは
朝鮮の武将の中で多少なりとも名前が日本で知られてる奴が
コイツ一人くらいしかいないからだと思う
結果、他の朝鮮武将は話題に出しようがないから李舜臣の独壇場になる
172.名無しさん:2017年06月10日 11:59 ID:StuX5f530▼このコメントに返信
朝鮮のなかで唯一日本に一矢報いた将軍だし、有能だとは思う。
ゲリラ戦がメインだから戦果は微々たるもので、戦略レベルだとほとんど日本に影響はなかったけども。
173.名無しさん:2017年06月10日 12:03 ID:ZLUfAZzT0▼このコメントに返信
すっごーーーーい武将を打ち取った鬼島津は報奨どれくらいもらえたのですか?0じゃないですよね?文献残ってますよねww?
知ってるけど知らない人の為に博識のある方教えてください
戦後処理で不名誉な将軍は一族皆殺しの目にあったというのですが詳細ご存じの方お知らせください
174.名無しさん:2017年06月10日 12:07 ID:ECkB6sgv0▼このコメントに返信
勝てる相手と戦って、勝てない相手とは戦わない、それが出来た将軍とは思う
ただ、せっかく善戦してたのに、味方からも煙たがられ、投獄までされてしまうのがカワイソス
最後に島津に突っ込んで戦死したのも、もう戦争も終わりだから死に所を求めてたんじゃないかと思ってしまう
投獄されて、罪を着せられて不名誉な死に方するより、敵と戦って戦死したほうが遙かにマシでしょうから
175.コロンブス:2017年06月10日 12:10 ID:I0BNur4H0▼このコメントに返信
※2
朝鮮人から見ればいい方に決まっている。
大東亜戦争でアメリカが通商破壊戦をやったのと同じようなことだ。
まあ、結果的には惨めな敗北を喫したようだね。
英雄とするにはない。

朝鮮はあくまで太古の昔からバッファであり、歴史を調べてみれば、最初は日本人も朝鮮半島に渡り、国を建設し、前方後円墳を作ったりしているようだ。
朝鮮から人が来たのではなく、日本から行ったと見なす方が科学的だと思う。
そうでなければ、白村江の戦いの後日本に大量の引き揚げ者(渡来人)が来ないし、受け入れることもないだろう。

そういうことも含め、朝鮮人は歴史を願望で決めつけるのではなく、事実と証拠に基づいて検証することをすすめる。
176.名無しさん:2017年06月10日 12:14 ID:3Xf.dBcr0▼このコメントに返信
李将軍は戦況の見切りの早さと思いきりの良さはまさしく名将だけどな
日本水軍が戦訓を得た後、一度小競り合いしただけで正面からでは敵わないと判断し、補給船狙いに変更し、日本が護衛船団方式に変更すると、襲撃を辞め、沿岸の有利な地形でしか戦わないとか思考が柔軟
実際、李将軍が幽閉された後、後をついだ将軍が正面決戦挑んで、朝鮮水軍が全滅してるから、李将軍の判断は正しかった訳だしな
最後の戦いも中国水軍と共同で日本水軍を完全包囲するまで追い込んだけど、包囲された日本水軍の方が強く、さらに島津などの九州勢の補給船特攻でまさかの敗北、討ち取られる
まあ、李将軍の不幸は相手が悪かったで集約される
177.名無しさん:2017年06月10日 12:17 ID:8oYKDDkC0▼このコメントに返信
※168
元均という一緒に戦った武人が居る。
気性が荒く部下に厳しいが、敵にはそれ以上に容赦のない猛将だったとされている。
だが、なんとこの人物、李舜臣を讒言して降格させた元凶との疑惑が有る。

原因は李舜臣の上司だったのに、李舜臣の出世に従って部下にされた事
しかも性格がかなり合わなかったらしく、上下関係にこだわる朝鮮の文化もあり絶望的に不仲だった。
そのため、勝手に異動を願い出て別部隊に転勤していった。
さらに李舜臣が降格後、晴れて朝鮮水軍の指揮を握ったが、藤堂高虎の奇襲により戦死

朝鮮にいる数少ない武人なのに、李舜臣の日記に「天地の間(世界中)を探してもあんな悪辣な人間は居ない」
とまで書かれていたために、李舜臣ブームのせいで本国朝鮮で評価される機会が無い人物
178.名無しさん:2017年06月10日 12:21 ID:UqiD.C3O0▼このコメントに返信
面白いのは加藤清正のルートだけだから
179.名無しさん:2017年06月10日 12:34 ID:GjSse7z90▼このコメントに返信
普通にこいつも敗れて戦死してんじゃん
180.名無しさん:2017年06月10日 12:39 ID:DmWGVAbp0▼このコメントに返信
日韓併合の時に、日本も韓国も同じ祖先をもつ偉大な民族だ
っていう流れがあった

この時の亡霊の一人だったりする
韓国には、日帝残渣が形を変えて、しかも半日となって残っている
181.名無しさん:2017年06月10日 12:45 ID:o.u.2A6P0▼このコメントに返信
最期の無謀な攻撃と討ち死に見るとダメっぽく思えるが、
生き残っても戦後妬まれて謀殺されるの確定だろうし…

武人としてはいい死に場所だったんだろう
182.名無しさん:2017年06月10日 12:48 ID:3BPpWJ7A0▼このコメントに返信
「朝鮮には英雄居なくてかわいそうだね。」
「そうだね。李とかどうかな?」
183.名無しさん:2017年06月10日 13:04 ID:RS933SCM0▼このコメントに返信
東郷平八郎がこの人のことを持ち上げてなかったっけ?
その影響じゃないかなあ
あとは国の大方針であった朝鮮半島獲得っていうために相手国の英雄を褒めたみたいな
184.名無しさん:2017年06月10日 13:21 ID:AcAnlyj80▼このコメントに返信
※6
朝鮮文明の亀甲船や戦車もチートだったな。
AoCだけど。
元々はゲーム上存在しない文明だったが、日本があるのに何でウリが無いのかと強い抗議があったので仕方なく追加。
ところが朝鮮文明が弱すぎると続いて抗議されたのでパッチでチート化された。
185.名無しさん:2017年06月10日 13:26 ID:UB7GdxsU0▼このコメントに返信
※183
>東郷平八郎がこの人のことを持ち上げてなかったっけ?

だからそれは何の証拠もない朝鮮人の作り話だ

東郷平八郎の死後、朝鮮人の実業家が朝鮮人の新聞記者に
「ウリは東郷平八郎に会ったことがあるnida」
「その時、東郷は李舜臣将軍を尊敬してると言ったnida」
とウソを突いた

朝鮮人新聞記者がその事を新聞記事にしたら、
朝鮮人の実業家が突いたウソを愚かな朝鮮人どもが信じ込んでしまったのだ
186.名無しさん:2017年06月10日 13:31 ID:ZLUfAZzT0▼このコメントに返信
※133
明も余裕でKO予定でした。
更にその後に明、日本と攻める予定の外国とも戦争予定でした
これもまあ苦戦はするけど実際にやれば勝ってたでしょう
187.名無しさん:2017年06月10日 13:38 ID:1VMphxBu0▼このコメントに返信
※130
それマイクロソフトの認識でなく、韓国人プレイヤーの抗議から始まった優遇措置だから。
韓国人プレイヤー数が多くて無視できなかっただけ。
同じことを某FPSでもやっていて登場する韓国軍小銃が無反動のチート銃化した事もある。
188.名無しさん:2017年06月10日 13:57 ID:w6Xtv8.j0▼このコメントに返信
強い??全然。
出兵したのに得るものが殆ど無かったので撤収しただけ。
それを韓国は『勝った』事にしてる。
189.名無しさん:2017年06月10日 13:58 ID:1VMphxBu0▼このコメントに返信
※173
秀吉が死んで朝鮮の役の論功行賞は有耶無耶。
参加西国武将の多くも関ヶ原で改易お取り潰しで多くの記録が散逸してるのは良く知られた話だが
そんな事も知らずに書き込んでるのかw
190.名無しさん:2017年06月10日 13:59 ID:RS933SCM0▼このコメントに返信
※185
ありがとう。確固たる話じゃなかったんだな
191.名無しさん:2017年06月10日 14:12 ID:zQ.4bovB0▼このコメントに返信
※177

そうなんだ…

その武将も朝鮮の為に李の下で我慢してれば結果やられたとしても今の李舜臣ブームの影の功労者みたいにホルホルネタになったかもしれんのに、それが出来ないから朝鮮人なんだけどねw

情報ありがとうございますm(._.)m

192.名無しさん:2017年06月10日 14:15 ID:ZLUfAZzT0▼このコメントに返信
※189
大丈夫か日本語不自由してるようだがwww
俺はセンジンおちょくりで書き込んでるんだぞ?
良く読めボケ、すぐに噛みつく低能
もう一度言う良くかみしめて意味を理解しろ、でないと君はセンジンと一緒だ
193.名無しさん:2017年06月10日 16:19 ID:I0BNur4H0▼このコメントに返信
※83
そうだったらお前達馬鹿の言う兵站線が断たれ、補給が滞るわけだから、地上戦でも勝てないし、遠方まで進出しないだろうね。
194.名無しさん:2017年06月10日 16:35 ID:NOsd8qxs0▼このコメントに返信
※145
だって島津をして「誰が殺したのかも分からない」っていう
心底どうでもいい扱いだったんだもん
反撃して殺した中にいた兵のひとりが李だったんだろw
それこそまさに李がたいしたことなとなかったって証左だよ
名のある武将ならそれこそ島津が討ち取った!って喧伝するけど
心底どうでもいい武将を討ち取ったって手柄にもならんわけだし
195.名無しさん:2017年06月10日 16:40 ID:GTf4L6C.0▼このコメントに返信
他の国から見たら、

(南)朝鮮人は戦わずに逃げ回るのみの民族である
元寇も、朝鮮戦争も、ベトナム戦争・・・
半島以外で戦った史実では、殆ど逃げ回ってるだけ。
非武装民に対してのGO缶だけ =100%弱い 世界最弱の民族ですよ

 因みに応永の外寇では、1万7千人で奇襲上陸して
対馬の急造兵600人に負けて、逃げ帰っています
196.名無しさん:2017年06月10日 16:46 ID:NOsd8qxs0▼このコメントに返信
※132
小西は加藤清と領地を接しており
本来は一国の領地を清正と半分にして与えられていた
行長はキリシタンで清正は大のキリシタン嫌いで
普段から仲が悪かった
朝鮮に清正の上陸場所をリークして殺そうとしたが
朝鮮が「罠だ」と判断して襲撃はされなかった
清正が死んでいれば関ヶ原もまた違ったことになってたと思う

行長は津島の宗氏と朝鮮・中国の貿易は続けたいから秘密工作をしていた
戦争が継続してそのまま険悪な関係になってるとまずいので
秀吉には朝鮮は降伏したとウソをいい
明には秀吉は日本国王になりたいからこのような行動に出たと弁明し
うまく行きかけたが「都合の悪い部分は読まなくていい」と僧侶に
言い含めておいたのに僧侶は文書をそのまま読み上げて
聞いていたのと違うではないか!と激怒されてまた戦争になった
清正はやる気満々だったけど行長は最初からやる気がなかった
197.名無しさん:2017年06月10日 18:36 ID:cjkY5iV60▼このコメントに返信
薩摩が討ち取った将だから
海軍が持ち上げたってだけだが?
198.名無しさん:2017年06月10日 18:55 ID:uPFzlgpP0▼このコメントに返信
露梁海戦という挟撃成功してるのに朝鮮の主将は打ち取られ明の主将もあわや戦死しかけ、将官クラスが複数人打ち取られる謎の海戦
199.名無しさん:2017年06月10日 19:04 ID:.Xwt5.QM0▼このコメントに返信
日本ほぼ裸で輸送→射撃主体の朝鮮水軍に奇襲される。輸送担当の小大名苦戦

日本も射撃主体の護衛船団に転化し、護送船団方式に。

朝鮮水軍、日本水軍に手を出せなくなる

朝鮮水軍、水軍攻撃を諦め、港湾奇襲に切り替え

日本式の倭城を作られ、撃退されまくりで手を出せなくなる

秀吉が4んで講和撤退

李、明軍と一緒に撤退中の日本軍を背後から騙し討ち

島津軍にあっさり討ち取られる

朝鮮でもgm扱い

朝鮮併合

日本「朝鮮に英雄がいなくて可哀想だから、李とかいうのを持ち上げてあげよう」
200.名無しさん:2017年06月10日 20:06 ID:hWiH..9l0▼このコメントに返信
遠征には食糧が必要なはずと気付いただけ優秀なのでは?www
201.名無しさん:2017年06月10日 20:37 ID:2IkQUScG0▼このコメントに返信
196

小西と連絡した沈維敬なども、後から勝手に動いてたことにされてるが、実は明側で対モンゴル関係と同じく最初は敵わないのではと探りを入れていた。

使者というのはそういうもので、だから場合によっては使者は殺される。

明側は小西だけでなく、他の大名とも渡りをつけ、複眼的に情勢を把握していた。

当時の情報の伝達を加味した時系列を見れば、明確に立ち現れてくるものがある。
202.名無しさん:2017年06月10日 20:40 ID:2IkQUScG0▼このコメントに返信
宮廷の奥深く最終の決済をしていた皇帝。
彼の視座を想定すれば、総てが繋がる。
203.名無しさん:2017年06月10日 20:43 ID:K4wNOagO0▼このコメントに返信
日明戦争が正しい
明崩壊の原因のひとつ
204.名無しさん:2017年06月10日 21:02 ID:kA.u2UDF0▼このコメントに返信
※121
話そのものが出鱈目、何が有能なんだ?お前見たのか?ホントに朝鮮人って身びいきだな。
205.名無しさん:2017年06月10日 21:07 ID:A578iDkC0▼このコメントに返信
ノブヤボだと、武力60 統率70 知力55 政治40 魅力50 くらいかなw

それでも、朝鮮の武将の中では抜きんでている。
206.名無しさん:2017年06月10日 21:08 ID:kA.u2UDF0▼このコメントに返信
※146
現実には朝鮮側は誰も手柄なんか残してない。明にして見りゃ朝鮮なんて全てが足手まとい。デタラメノ作り話し。
207.名無しさん:2017年06月10日 21:12 ID:uTFg.oXp0▼このコメントに返信
強かった?

今の正恩と同じ。ハッタリ。
208.名無しさん:2017年06月10日 21:16 ID:U4.Fe2BT0▼このコメントに返信
半島の人では超のつく有能じゃね?
李の視点で、この戦争見てみ?
戦いに明け暮れた戦国末期のオールスターと戦う地方の蛮族やぞ
俺なら、その蛮族率いて戦闘民族相手に武功をあげれるかといわれると無理だな
209.名無しさん:2017年06月10日 21:16 ID:kA.u2UDF0▼このコメントに返信
※102
亀甲船ってマトモニ海走れんだろう第一当時の朝鮮の技術でまともな大砲も作れんしヨーロッパから大砲買う金もないし・・・結局全部ウソだろ?朝鮮人お得意の捏造な。
210.名無しさん:2017年06月10日 21:33 ID:2IkQUScG0▼このコメントに返信
はたまた薩摩の琉球入りの時の中華の対応までも見ていると。
義弘や伊集院父子はともかく、薩摩本国の義久歳久ラインは。

だから島津の旗が立っているときには攻勢が鈍ったんじゃないか?

明側にしてみれば、あのときに情勢をくれ、場合によってはの薩摩ならば、むしろ琉球を制圧して守らせた方が良いという判断はあったかもしれない。

ここまで言うと薩摩に失礼かもしれないが。

そんなわけで最期の海戦も薩摩が出てきたから明側全船団攻勢とはならなかったのかもしれない。
211.名無しさん:2017年06月10日 21:47 ID:8oYKDDkC0▼このコメントに返信
※205
それと似たり寄ったりな能力で李と相性最悪なのがもう一人
これしか武将クラスの人材が居ない&上はろくに兵力をくれない。
こんな地方の豪族みたいな戦力で豊臣軍を迎撃しようと思ってたのが逆に凄い。
朝鮮の食糧事情が貧弱すぎなかったら本当に明まで入られてただろうな。
212.名無しさん:2017年06月10日 22:02 ID:2IkQUScG0▼このコメントに返信
琉球王国は平和主義は良いんだが。
あのままでは、という。
ならば薩摩に守らせて朝貢体制永続させてと。

もしそうした判断があったとすればそれは正しかった。

また、もし日本の大名がソウル以南に所領を持ったとしても明側で許容したろうし、その後の歴史を考えると、むしろそちらの方が明という王朝は永続しただろう。
213.名無しさん:2017年06月10日 22:07 ID:2IkQUScG0▼このコメントに返信
義満の日本国王じゃないが、海峡を超えた日本の諸大名は中華体制下に入らざるを得ない。
つまり、明側の手駒が増えることになる。

この手駒は対満州の強力な兵器になる。

そして近代の日本は三百年の間を置いてその通りの道を進み、結果として中華は救われるに至る。
214.名無しさん:2017年06月10日 22:08 ID:2IkQUScG0▼このコメントに返信
ぜんぶ、繋がってるんだな。
215.名無しさん:2017年06月10日 22:18 ID:2tflt1AE0▼このコメントに返信
日本水軍の手を逃れた李舜臣を待っていたのはまた、地獄だった。
抗命の跡に沁みついた更迭と拷問。文禄・慶長の役が生み出した、討死の嵐。
悪徳と野心、反日と混沌とをコンクリートミキサーにかけてぶちまけたここは、朝鮮南方の露梁津。
次回、『戦死』。来週も、李舜臣と地獄に付き合ってもらう。
216.名無しさん:2017年06月10日 23:20 ID:.Xwt5.QM0▼このコメントに返信
反日左翼
「島津は明と関係あるから、明は島津に手加減していたニダ!日本が強かったわけでも李が弱かったわけでもないニダ!」

【現実】
明軍、泗川の島津を10倍以上の兵力で猛攻をかけるも撃退され、追撃食らって10万近くの兵を失う
講和し撤退していく日本軍の背後を、明鮮連合軍が急襲するも、島津に反撃を食らい、李をはじめ明軍の主要な将はほぼ討ち死に
217.名無しさん:2017年06月11日 00:12 ID:.p.wDCVs0▼このコメントに返信
秀吉の命令でしかたなく出兵、朝鮮の正規軍が弱すぎてしかたなく戦線維持。
秀吉が往生して、やれやれで撤収帰国。
そのなかで、朝鮮の陶工を裏でリクルートして持ち帰った。
全く戦利品が無い戦いだったが、朝鮮では無くなってしまう技術を結果として保護したのが成果だと思う。



218.名無しさん:2017年06月11日 00:25 ID:CKO1VXGC0▼このコメントに返信
あははは、李舜臣が日本の水軍撃破して、補給線を寸断してたのは事実やん。
事実を過少評価したり、変な新説出して歴史を否定するなんてまるで朝鮮人みたいだな。
李舜臣の朝鮮水軍は元々倭寇戦で鍛えられている海戦の精鋭さ。陸戦しか能がない戦国大名と違ってあれ海軍やねん。
最強の陸軍でも海で海軍と戦ったらそりゃ海軍が勝つやろ。
219.名無しさん:2017年06月11日 01:26 ID:WsZX1q1X0▼このコメントに返信
日本ほぼ裸で輸送→射撃主体の朝鮮水軍に奇襲される。輸送担当の小大名苦戦

日本も射撃主体の護衛船団に転化し、護送船団方式に。

朝鮮水軍、日本水軍に手を出せなくなる

朝鮮水軍、水軍攻撃を諦め、港湾奇襲に切り替え

日本式の倭城を作られ、撃退されまくりで手を出せなくなる

秀吉が4んで講和撤退

李、明軍と一緒に撤退中の日本軍を背後から騙し討ち

島津軍にあっさり討ち取られる

朝鮮でもgm扱い

朝鮮併合

日本「朝鮮に英雄がいなくて可哀想だから、李とかいうのを持ち上げてあげよう」
220.名無しさん:2017年06月11日 01:34 ID:WsZX1q1X0▼このコメントに返信
反日左翼
「朝鮮を過小評価するなニダ!朝鮮水軍は海軍だから陸軍より強いやろニダ!」

日本の武将
「輸送船に護衛つけて護送船団方式にしたら、朝鮮軍は手出してこなくなりましたわ」

島津
「陸軍だけど、騙し討ちで後ろから攻撃してきた海軍?をフルボッコにしちゃった」

反日左翼
「・・・!・・・やろニダ!」
221.名無しさん:2017年06月11日 02:16 ID:tLIROg4A0▼このコメントに返信
日本と明の戦いでしかないだろ。
222.名無しさん:2017年06月11日 02:39 ID:EfMsKEfp0▼このコメントに返信
※136
露梁の海戦は順天から動けなくなった小西行長を助けに来た
島津義弘や立花宗茂等を明・朝鮮水軍が待ち伏せした戦い
宗茂に待ち伏せを見破られてアドバンテージは取れなかったらしいけど
223.名無しさん:2017年06月11日 02:44 ID:f1exDF1W0▼このコメントに返信
李舜臣の行動も秀吉が直接指示して陸上拠点封じ込められると
途端に戦果上げられなくなって無理に釜山攻撃して四度も敗退したりで被害増やして
結局後退させられてるんだが、小牧長久手で直接家康を討てなくても
戦略で屈服させたのもそうだけど、戦略的優位構築して敵を戦わずして弱体化させるのは
秀吉らしいやり方ですね
224.名無しさん:2017年06月11日 02:50 ID:sFa61oJ80▼このコメントに返信
敵の伸びきった補給線を叩くという発想はあったんだから、並程度の戦略眼はあったと思うよ。
ただ、その襲撃に失敗してるわけだから、現場の指揮官としては三流なんだろう。
朝鮮人で英雄と呼んでいいのは朝鮮戦争時の白将軍くらいじゃね。
225.名無しさん:2017年06月11日 05:20 ID:qmtTBnpy0▼このコメントに返信
だいたい司馬遼太郎のせい
226.名無しさん:2017年06月11日 08:22 ID:ACj7nLhy0▼このコメントに返信
※111
李舜臣や李氏朝鮮の記録をよめば明らかだけど、
地元で海流、地勢の理を得ていて自由に航行できていたような印象がある
李舜臣らの水軍でさえ風向きによって、水軍の航行が制限されたり、
作戦中止ってしょっちゅうあったんだよ。

現代の船舶のように風向きや海流を気にしないで航行できるものとは、
イメージしないほうがいい。
実際、当時としては大航海時代にはいり革新的船舶技術を持っていた
欧米勢力の船でさえ、現代の基準でいえばビックリするくらい沈んでいる。
227.名無しさん:2017年06月11日 12:31 ID:F5jp7g9i0▼このコメントに返信
休戦条約後に帰国中の島津軍に襲いかかる卑怯者
さらに襲いかかるも返り討ちにあって戦死するマヌケ

この情けないところが韓国人と言えば韓国人
英雄になる様な奴も情けないのが韓国人
228.名無しさん:2017年06月12日 02:00 ID:IuJj7sXw0▼このコメントに返信
李舜臣を評価した藤堂高虎公はリアリスト。自分の主君でも、評価してくれなかったり、レベル低い奴と思ったらさっさと辞めてよそへ行く。
武力、統率力、城郭建築、統治も一流。徳川家康の外様でありながら特別の側近。
関ケ原でもガチでぶつかった石田三成公が捕まってさらされているところに、礼節を以って挨拶。互いに健闘を称えた。自軍の弱点を聞いて、参考にし、手直しをした。
石田さんと藤堂さんは、仲悪かったはずだけど、実力は認め合ってた。
だから、李舜臣も実力者じゃないか?
協定違反は、自国がやられた訳だから仕返しはしたいだろう。
そういう命令もあっただろう。
229.名無しさん:2017年06月12日 02:04 ID:IuJj7sXw0▼このコメントに返信
※22
日本海海戦の後、途中でお参りに、軍艦で立ち寄った。
トップ3人がお参りした。異例の事。
230.名無しさん:2017年06月12日 02:05 ID:IuJj7sXw0▼このコメントに返信
※34
いや、日本も略奪やら人間の連れ去りやら、やってんだが。。。
231.名無しさん:2017年06月12日 02:18 ID:IuJj7sXw0▼このコメントに返信
※204
俺が突っ込まれた訳ではないが。。。。
お前、見たのか??????
それなら、ギネスに載ってるわ。。。
しかも、その超高齢者がスレ書き込んで遊んでる。。。。。
で、自分は何か見たの??
レンホー・ブーメランだな。。
232.名無しさん:2017年06月12日 18:44 ID:kMemn6.90▼このコメントに返信
小舟で補給線にちょっかい出してただけだよ
233.名無しさん:2017年06月12日 18:54 ID:8nYuGfVW0▼このコメントに返信
まあ、日本の大名クラスの武将は朝鮮出兵で誰一人討たれてないし、陸路で中国国境付近まで攻めこんでるからな。そういう事だよ。
234.名無しさん:2017年06月12日 18:56 ID:6RaqgtSM0▼このコメントに返信
小説家としては
「敵は立派だった。」と描きたいだろうね。
言外に「立派な敵に勝っちゃった。テヘヘ。」(^w^)

小説家と講談師は見てきたような嘘をつく。
娯楽だよ。
それを国家的規模で宣伝する朝鮮人とはどんな人種なんだ?
235.名無しさん:2017年06月12日 18:58 ID:8nYuGfVW0▼このコメントに返信
李舜臣って亀甲船で無双して日本から来た船団を散々破ったことになってるけど、亀甲船を復元したら全く動けなかったらしい。韓国は1500年代の朝鮮の技術より退化してるのか?
236.名無しさん:2017年06月12日 19:08 ID:duDrMOYc0▼このコメントに返信
マジな話、講和を無視して不意打ち仕掛けた挙句、
殿やってた鬼島津に返り討ち食らって死んだクソザコナメクジ。
237.名無しさん:2017年06月12日 19:13 ID:6c3dfRG50▼このコメントに返信
※236
他が酷過ぎて相対的によく見えただけって説が有力みたいね
238.名無しさん:2017年06月12日 19:50 ID:RFn7yhgt0▼このコメントに返信
将軍はともかく、上層部のクソっぷりは凄いものがある。
現在の南朝鮮と北朝鮮の悪い部分を100倍濃縮したような連中だぜ?
「ザ・朝鮮人」とか「ペスト・オブ・コリア」って感じだ。
239.名無しさん:2017年06月12日 20:15 ID:bSL1.jjj0▼このコメントに返信
だって朝鮮半島って自分とこの民族だけで「外国」に戦争勝ったことないやん
代々のご主人様が飼い犬には優しい連中じゃなかったら江戸時代には歴史用語になってたかもしれん
一戦でも日本に砂つけただけであの民族の中では優秀だったと思うで
240.名無しさん:2017年06月12日 21:51 ID:w.VURH8k0▼このコメントに返信
口はデカいけど実力は標準的朝鮮武官だったみたいよ
要するに普段は勇ましいけど戦時には一番槍で逃亡する感じの

唯一の戦果が護衛無しの補給船を沈めた程度で水軍の護衛が付くと島の砦に引きこもって
明との講和が締結するまで震えて隠れていた

で、あの有名な講和後のだまし討ちで鬼島津を襲って返り討ちで無様に戦死した
あと再三の朝鮮王家や明軍への不服従で終戦後に死刑にされる予定だったらしいよ

余談だが李舜臣は日本軍襲来のお陰で2回の死刑を免れている
241.名無しさん:2017年06月12日 21:57 ID:eJ8anGc.0▼このコメントに返信
儀礼上、とりあえず朝鮮の歴史上の軍人をほめておく場面だったがまともなのがいなくて、色々調べた結果なんとか戦果があった人物を一人見つけたという話だと聞いたことがある。
242.名無しさん:2017年06月12日 22:02 ID:pEC403Y90▼このコメントに返信
このころの日本人が史上一番有能じゃね
次点は明治かな〜
果たしてこの先の未来、彼らに続く事ができるでしょうか。
243.名無しさん:2017年06月12日 22:30 ID:TZXj8r1T0▼このコメントに返信
秀吉が死んで、撤退する日本軍に攻撃
反撃されて死亡(流れ弾に当たったのか味方の裏切りか不明)
しかし、日本はあっさり撤退したので朝鮮水軍が勝ったことに
朝鮮国が、大将だった李将軍(すでに死亡)の成果にすることで、恩賞を出さず

という現実
244.名無しさん:2017年06月13日 00:05 ID:5t.0HFKO0▼このコメントに返信
※228
>李舜臣を評価した藤堂高虎

これのソースが知りたいわ。まさかどこかの小説じゃねーだろうな。
245.名無しさん:2017年06月13日 02:13 ID:hPIrFFn00▼このコメントに返信
小西が平壌で討死か重傷して至らその後の時間稼ぎ講和休戦協定はない。碧蹄館で明軍撃退後に一旦は根拠地の釜山周辺に下がるとして時間稼ぎの講和休戦協定がないなら、徳川軍以下の戦略予備を投入して一気に明朝連合軍をカンネー並の包囲殲滅出来た様に思う。まあ小早川隆景、黒田如水が指揮し、兵站管理は石田三成、大谷吉継、前線指揮官は加藤清正、立花宗茂、島津義弘とか最強すぎて明朝連合軍が気の毒過ぎる。
246.名無しさん:2017年06月13日 02:54 ID:5t.0HFKO0▼このコメントに返信
そもそも補給線狙いのピンポンダッシュ戦術しか採れなかった、しかも全体としてみれば完全に失敗して、半島にバンバン根拠地作られてるのに、名将とかないわ。その程度の指揮官日本の武将が名を覚えてるとはおもえんわ。
247.名無しさん:2017年06月13日 03:16 ID:FD0fQc3x0▼このコメントに返信
俺のじいちゃんが滅茶苦茶強かったって言ってたよ
248.名無しさん:2017年06月13日 03:22 ID:eA6JzlQB0▼このコメントに返信
誇張されているとはいえ
当時の状況で出来る事の最大限をやったから有能である事は確か
249.名無しさん:2017年06月13日 03:33 ID:L0JAqZBh0▼このコメントに返信
※130
韓国人が、日本と中国があるのに韓国が無いのはおかしいって言いだして、メール電話しまくって嫌がらせして、いやいや実装したら弱すぎる!ってクレーム入れまくって強化させた挙句、強化しすぎたから大会で使用禁止になった国じゃないですかーやだー
250.名無しさん:2017年06月13日 11:44 ID:rkUfFw330▼このコメントに返信
日本が併合したときに作られた英雄
あんまりにも精神的に卑屈すぎる連中だったので、お前らにはこんな英雄が居るんだから自信を持てと朝鮮の歴史の中で一番マシそうな奴を選んで持ってきたに過ぎない。なんと朝鮮人の現在のアイデンティティたる民族教育すら日帝残滓なのである。彼らにとってそれは許しがたいことだろうから、現実を直視できないんだろう
なお、日本の教育を受けて育った白将軍のほうが億倍優れた英雄の模様
251.名無しさん:2017年06月13日 11:57 ID:e3yzNJNY0▼このコメントに返信
日本軍が帰る所を後ろから襲って返り討ちにされた話しか知らんな
252.名無しさん:2017年06月13日 11:59 ID:e3yzNJNY0▼このコメントに返信
※249
いかにも韓国らしいエピソードで笑ったw
253.名無しさん:2017年06月13日 12:07 ID:kxmlzGha0▼このコメントに返信
※130
マイクロソフトの下僕め
254.名無しさん:2017年06月13日 12:48 ID:28CjllZK0▼このコメントに返信
この人最序盤は活躍したけど海戦素人の福島正則に凹られてからはかわいそうなぐらい転落街道まっしぐだよね
255.名無しさん:2017年06月13日 16:48 ID:5t.0HFKO0▼このコメントに返信
※248
最大限のことやってないだろ。
協定違反とか平気でやるから、日本側の攻撃も容赦ないものになっていったんだぞ。
慶長の役だって、あの後関が原で西軍が勝ったり、家康が秀吉の対外方針まんま踏襲してたら、確実に殲滅戦仕掛けられたぞ。
実際、その数十年後、満洲人相手にどんな目にあったか考えれば容易に想像つくと思うが。

大体、補給線攻撃なんて大将のするこっちゃねーよ。その辺の中級指揮官で十分だろ。
ま、実際はそのとおりだったのかもしれないがなw
一手の大将が安全圏に潜んでゲリラ戦だけ行うなんて、士気が駄々下がりだし、効果も大して上がってないんだから話にならんだろ。
256.名無しさん:2017年06月13日 18:35 ID:5o7uzL5u0▼このコメントに返信
>>249
しかもあれ拡張パックだし・・・
クレーマーの朝鮮人のための「ぼくのかんがえたさいきょうの大国、その名は韓国」
ってのを韓国人向けにリリースしただけ
それをアホは「ほら!アメリカでも韓国は超大国扱いだ!」って騒いでる>>130みたいな奴ね。
歴史の9割を中華文明の属国として過ごした韓国の歴史をどう紐解けば強国になる要素があるんだ?
あの元軍を退けた日本とベトナムはもっと凄くならんと
257.名無しさん:2017年06月14日 05:06 ID:qXLw.wZG0▼このコメントに返信
しかし日本にも挑戦人みたいなやつが増えたよね
無能すぎる味方にこれでもかと足を引っ張られながら孤軍奮闘した人物なのだから、敵ながら天晴と思うのが日本的なメンタリティなんだけどね
講和後に追撃って、んなもん当然の武略だろ
勝手に攻め入っておいて、甘えたこと言ってんなよ

こういうやつに限って真珠湾攻撃はアメリカは知っていただの、擁護にもならない擁護をするんだよね
唯一アメリカ本土を爆撃した藤田信雄氏を英雄として扱ったアメリカ人の爪の垢でも煎じて飲むと良いよ
258.名無しさん:2017年06月14日 12:19 ID:NrLe0da.0▼このコメントに返信
まともな戦果も無いのに名将扱いは難しい
259.名無しさん:2017年06月14日 14:45 ID:addhO4QT0▼このコメントに返信
※257
現実問題として、現在、韓国、北朝鮮、在日朝鮮人と関わっていいことがあるかというと、
全くなくて、反対に日本国と日本人の生命財産安全利益が
大きく損なわれる事例のほうが多いわけで。

こんな状況下で、日本人が【リシュンシンマンセー】【リシュンシンショウグンモヨクタタカッター】なんて、
媚びたら朝鮮人がつけあがるだけだし、反日日本人が自虐史観の材料に使うに決まっているだろ。(まさに君みたいな人物だよ)
厳しく突っぱねくくらいが丁度いいんだよ。

実際に韓国、北朝鮮、在日朝鮮人、反日自虐日本人が吹聴するような戦果や功績を挙げてないのは事実だし。
好き好んで朝鮮半島人に媚びて、未来の日本の子供や孫に負債を背負わすようなことは、もうやめましょう。


260.名無しさん:2017年06月14日 22:45 ID:Tf6JDrLb0▼このコメントに返信
※130
韓国のクレームがめんどくさいだけやろw
261.名無しさん:2017年06月14日 22:59 ID:XFgnz7EU0▼このコメントに返信
※59
え? じゃあ、関ヶ原で寝返って大谷隊に横から突っ込んだのは影武者だったのかww
262.名無しさん:2017年06月14日 23:02 ID:QUVWHcjM0▼このコメントに返信
日帝残滓論の歴史作ったのって近代化植民地論の歴史学者たちだからしょうがないね。
実証主義でもう少しマシな英雄発掘すればいいのにとは思うけど。
263.名無しさん:2017年06月14日 23:10 ID:DzoXp8wO0▼このコメントに返信
日本側は朝鮮半島をどんどん北進していって中国と戦ってたんだぜ
ただの雑魚じゃん。雑魚の中じゃマシだったってだけ

※257
講和後に攻め込むのが武略だと?
そういうのは恥知らずって言うんだよ
逆に日本が同じことやったら1000年恨むんだろ?
264.名無しさん:2017年06月14日 23:15 ID:o4ce1e.s0▼このコメントに返信
最後に味噌付けたけど、
来島通総撃破したのは金星だぞ。
265.名無しさん:2017年06月14日 23:48 ID:w8p0WkiS0▼このコメントに返信
講和成立後に
日本軍に襲い掛かって
返り討ちにされた『名将』だろ?
朝鮮人は四百年前も朝鮮人ってことだ。
266.名無しさん:2017年06月14日 23:55 ID:jSCKLoYc0▼このコメントに返信
※19
まあ、全く兵站は損害を受けてないんだけどね
267.名無しさん:2017年06月14日 23:58 ID:jSCKLoYc0▼このコメントに返信
※218
そんな事実はない
268.名無しさん:2017年06月15日 00:24 ID:2xUsZVER0▼このコメントに返信
逃げる相手には猛々しいのだけは有ってるな
269.名無しさん:2017年06月15日 07:44 ID:..vih3QC0▼このコメントに返信
※218
馬鹿朝鮮人がなにはざく、ウリナラファンタジーってかアホ。
270.名無しさん:2017年06月15日 11:26 ID:iGQvsK010▼このコメントに返信
ボロ負けしとるんで強いわけではないけど
記憶に残るほどとにかく目立ったってとこだろうなw
271.名無しさん:2017年06月15日 23:03 ID:YfEJWHJx0▼このコメントに返信
264

それを拱手傍観していたのが藤堂さんで。
藤堂さんの悪口言う訳じゃないが、
同じ伊予で利害が被る来島は、見殺しにした方が領国経営は捗る。
乗ってる船も伊予の船だし。

これは中国側にも言える。
最期の海戦では、言い訳程度に攻める振りをさせた。
生きて帰れるのに、獲物も無傷で手に入るのに、無理してリスクは犯さない。
空気読めなかった将軍が、先行する中国側の将軍を火だるまにした挙げ句に焦って共倒れしてても、後ろに控える中国の大軍は動かない。
272.名無しさん:2017年06月15日 23:13 ID:YfEJWHJx0▼このコメントに返信
調べれば容易に解るが、当時の来島さんというのが、伊予を千年にわたって治めた河野氏の被官。
いわば海側の家臣。

これが紆余曲折あるが、ボロボロになった主を健気に支えてきたわけだ。
如何せん、出自が出自だから、陸側の家臣からの支持も得られない。
そうこうするうちに伊予は細川やら一条やら宇都宮やら西園寺やらに普通に分立、蚕食され、最後は長宗我部と毛利のシーソーゲームの対象となり、こんな状況で主家と血縁結んでも、それそのものが何の役に立つわけでもなく、ただ負担になるだけという情況。
273.名無しさん:2017年06月15日 23:26 ID:YfEJWHJx0▼このコメントに返信
最後は本拠地からも追い出され、舞い戻れば必死で守ってきた伊予は豊臣方の諸大名が領主になってる。
水軍含め大部分が豊臣方諸大名が分盗った伊予では、河野氏に終始一貫忠義立てして血縁もある来島さんというのは、非常に微妙な立場であり、そもそもが生活の糧であった水軍を維持するための帆別銭徴収までも厳禁された情況では、録に船も揃えられず、というより船は大方、伊予を分盗った諸大名にリクルートされてるような次第。
いわば、自らは録に兵数を揃えられない、それでいて残り少ない兵で、他ならぬ伊予を分盗った豊臣方諸大名に「身体を張って使われる」存在になってしまっていた。
274.名無しさん:2017年06月15日 23:34 ID:YfEJWHJx0▼このコメントに返信
余りにも悲惨。
まあ、藤堂さんや脇坂さんの方が韓国側では人気があるのかもしれないが。
275.名無しさん:2017年06月17日 09:28 ID:OPV6q5oS0▼このコメントに返信
司馬遼太郎が小説書くにあたって同じ小説家の知り合いである陳舜臣の名字を朝鮮人に多い李姓に変換して登場させただけ
後の対談で勝手に人のペンネーム使うなって怒られてる
276.名無しさん:2017年07月05日 07:44 ID:XdF7Rvws0▼このコメントに返信
そもそも将軍ですらない
救国の英雄がいない朝鮮族のナショナリズムを形成するために併合時代の日本側が作り上げた虚像
朝鮮内部では日本が持ち上げるまで存在そのものが忘れられていた一介の部隊長が李舜臣
277.名無しさん:2017年07月05日 14:44 ID:QPMLTFy70▼このコメントに返信
秀吉がもう10年ほど長生きしてればな

お名前