スポンサーリンク

2017年05月26日 12:05

日露戦争で圧勝した大日本帝国カッコよすぎワロタwww

日露戦争で圧勝した大日本帝国カッコよすぎワロタwww

nitiro

引用元:日露戦争で圧勝した大日本帝国カッコよすぎワロタwww
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1495760873/

1: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)10:07:53 ID:KB6
ロシア海軍全滅とかワロタwww

2: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)10:08:16 ID:KB6
陸戦も連戦連勝だったしなwww

3: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)10:08:35 ID:Tr9
東郷ターン(なお失敗すれば自軍が全滅)

5: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)10:08:52 ID:KB6
>>3
成功したが

4: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)10:08:43 ID:KB6
ちなみに明日はかの有名な日本海海戦の日だぞ

7: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)10:09:18 ID:KB6
ロシアは所詮見掛け倒しやしなwww

9: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)10:09:29 ID:ZEa
東郷ビールがうまい

10: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)10:09:43 ID:KB6
>>9
そういうのあるらしいな

11: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)10:10:31 ID:KB6
第二次世界大戦ももう少し頑張れば勝てたやろうな

13: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)10:11:10 ID:Wke
なお、陸戦の日本の作戦はロシア軍人も頭おかしいと思ってた模様。

18: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)10:12:34 ID:KB6
>>13
ロシアは陸戦も負けまくってたがなwww

16: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)10:12:12 ID:TOG
これはもうロシアから賠償金ガッポリ取れるやろなあ

19: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)10:12:54 ID:KB6
>>16
賠償金は優先順位低いから

24: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)10:14:40 ID:TOG
>>19
失望しました。日比谷で暴れまわります

17: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)10:12:23 ID:wUk
なお、203高地

21: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)10:13:06 ID:KB6
>>17
ロシアの負けやろ

27: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)10:17:24 ID:qvR
御国ノ荒廃コノ一挙
各員奮励努力セヨ

33: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)10:22:59 ID:KB6
>>27
かっこいい

28: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)10:17:43 ID:ZBM
圧勝(もう金がなくて、戦争続けられンゴ…)
圧勝(せや!アメリカに頼んで和平交渉してもらうンゴ!)
圧勝(なんとか講和できたけど賠償金一銭も取れんかったンゴ…)

34: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)10:23:24 ID:KB6
>>28
戦争目的すべて達成できたぞ

ロシアはすべて達成できなかったが

29: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)10:18:49 ID:230
人が死んでるねんで

35: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)10:23:41 ID:KB6
>>29
捕虜含めればロシアの方が多い

30: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)10:19:09 ID:OUN
開国してからずっと連戦連勝負け知らずだと調子乗っちゃうのも分かる気がする

36: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)10:24:00 ID:KB6
>>30
世界の列強の一角やしな。日本は

31: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)10:21:21 ID:zhe
欧米から禁輸措置→開戦
中国と戦争→ゆくゆくはアメリカと開戦
何もせずに中立→最悪植民地

これもうわかんねぇな……

37: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)10:24:27 ID:KB6
>>31
白人どもが調子に乗ってたからな

38: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)10:25:30 ID:Wke
>>31
ワシントン軍縮条約ではアメリカの経済力から考察するとむしろ日本有利の内容だったらしいね

41: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)10:28:37 ID:wXT
>>31
何もせずに中立で問題ないんだよなあ
連合は枢軸との戦いで欧州に意識が向くし、戦後の大英帝国解体で植民地時代の本格的な終焉も変わらない
はっきりいって最悪の時期に最低のパートナー組んで暴れちゃった

46: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)10:46:08 ID:zhe
>>41
日清日露があったし絶対中国に手を出すわ日本

48: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)10:52:39 ID:wXT
>>46
欧州が日本抜きの第二次世界大戦やってる間にちょっと中国強請るくらいならセーフやろ

49: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)10:54:09 ID:iPn
>>48
どこも中国大陸狙っとったからほっとってはくれんかったやろ

50: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)10:57:43 ID:zhe
>>48
泥沼になって結局欧米の顔が向くぞ

52: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)11:00:51 ID:SDr
>>48
列強の軍隊が北京条約以降駐留しとるし
それがなくてもすぐ隣のインドにはブリカスとフラカスがおるし
そもそも開戦の理由がアメ公が中国関係でイチャモンつけてきたからやぞ

53: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)11:04:56 ID:wXT
>>52
アメリカの態度がキツくなったのは日本が国際関係を無視して中国を攻撃しまくった上に枢軸と同盟結んだからで、日本が大人しくしてりゃあ問題なかったんだよなあ

54: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)11:06:52 ID:SDr
>>53
「中国を攻撃した」というとまるで確固たる国家があるところに攻撃しかけたみたいやけど違うで
実際は清国が倒れた直後の戦乱の時代に介入して親日政権を作ろうとしただけや
今のシリアみたいなもん

55: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)11:08:24 ID:wXT
>>54
軍隊突っ込ませて介入させた時点でアウト
そもそもシリアの欧州みたいに多数の同意を得てるわけでもないし

56: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)11:09:57 ID:SDr
>>55
建前上は大東亜会議あるやん

57: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)11:13:27 ID:Wke
>>56
国際連盟での承認が得られんかったんやで

60: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)11:16:23 ID:SDr
>>57
国際連盟ってどの程度正当性があったんやろ?

61: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)11:19:25 ID:iPn
>>60
日本が人種差別撤廃を訴えたらアメリカの一声で満場一致でないとアカンとか言い出すくらいには白人仲良しクラブやぞ

40: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)10:27:14 ID:iPn
有色人種にとっての歴史的勝利ではあるけどロシアの本気度考えたら圧勝ではないんやんなあ

45: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)10:41:27 ID:KB6
>>40
ロシアは十分本気だぞ

バルチック艦隊まで派遣したんだから

43: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)10:36:52 ID:Uyq
この戦争の後に日本とロシアが急接近するのも面白い

44: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)10:37:32 ID:2tj
>>43
ソ連とかいう番狂わせ

47: 名無しさん@おーぷん 2017/05/26(金)10:47:24 ID:CYH
まぁ大陸からのロシア、共産主義の脅威の排除は帝国陸軍の悲願やったし、多少はね?

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2017年05月26日 12:16 ID:cB.ROVSF0▼このコメントに返信
この戦争のこと、ロシア人はどう考えとるんやろな。
2.名無しさん:2017年05月26日 12:20 ID:K4QAKN7c0▼このコメントに返信
単純に軍事力差だけで言うと
第二次大戦の日米よりも離れてたからな
辛勝というが真っ向から戦って勝てたのは凄いだろ
3.名無しさん:2017年05月26日 12:22 ID:sJUl7Ufd0▼このコメントに返信
二十八糎榴弾砲を緒戦に投入しないで多くの戦傷者を出した203高地戦は明らかな失敗
4.名無しさん:2017年05月26日 12:23 ID:B19Jazqo0▼このコメントに返信
帝政ロシアの頃のことだからなぁ

帝政ロシア→ソ連→ロシア共和国だから他人事じゃね?
5.名無しさん:2017年05月26日 12:23 ID:jDgEpawq0▼このコメントに返信
自らロシアの奴隷になった朝鮮土人族とはやはり別格だよな日本人は

自ら白人の奴隷に成ったのは朝鮮人だけ
あの土人共は存在そのものが東アジアの恥さらし
6.名無しさん:2017年05月26日 12:24 ID:oelXCc780▼このコメントに返信
ロシアにしてみれば開戦したこと自体間違いで、それがわかってた軍人も結構いたんだけど
皇帝が決断しちゃったからな

極東に何十万もの兵隊置いたらヨーロッパ側のプレゼンスが低下するから
7.名無しさん:2017年05月26日 12:25 ID:jDgEpawq0▼このコメントに返信
俺だったら、自分が朝鮮人なんかに生まれたら、存在そのものが恥過ぎて速攻自殺するわ
8.名無しさん:2017年05月26日 12:28 ID:VsRqxWbi0▼このコメントに返信
またコイツか。
ロシア海軍は条約で動けなかった黒海艦隊が残ってたろ。
ロシア海軍の全滅じゃなくて、日本にさし向けられる艦隊の全滅だって前納得してたのに。
そしてロシアはすぐ条約破る派の人には黒海艦隊が条約で動けないことにどれだけ意味を見出してるんだ?
9.名無しさん:2017年05月26日 12:34 ID:nmlw2gqh0▼このコメントに返信
陸戦も連戦連勝ってあの悲惨な203高地のこと知らんのかコイツ
10.名無しさん:2017年05月26日 12:34 ID:NOjnBQ1H0▼このコメントに返信
※8
黒海ってどこにあったんだっけ?
あれれ、日露戦争の戦場はどこにあったんだっけ〜?
11.名無しさん:2017年05月26日 12:34 ID:2mCnZm1R0▼このコメントに返信
右にも左にもほんとに頭おかしいのっているよな。中国でにほんへが1億人虐殺とか日本は本土決戦で勝てるとか。
12.名無しさん:2017年05月26日 12:35 ID:podXCknM0▼このコメントに返信
※3
旅順攻囲戦のなかではわりと早い時期に投入してるけど。最初の攻撃で使っとけってのは話が違うし、後になって203高地の奪取を頑なに主張したのは現場の乃木ではなく大本営

そもそも旅順要塞ってのはひとつの壁を突破すればそれで終わりっていう簡単なものじゃなく、無数にある堡塁陣地をすべて同時に攻略するか(これはまず不可能)、要塞が機能不全に陥る程度にまで守備兵力を減らさないと陥落させられなかった。203高地での泥仕合が、結果としては旅順守備隊の人員消耗に大きな貢献を果たし、降伏開城を早めたとみることはできる
13.空缶:2017年05月26日 12:35 ID:wAWm08TK0▼このコメントに返信
海老原少尉!海老原少尉!!
14.名無しさん:2017年05月26日 12:36 ID:NOjnBQ1H0▼このコメントに返信
日露戦争の勝利を利用した活動家は多かったらしいな。
15.名無しさん:2017年05月26日 12:38 ID:podXCknM0▼このコメントに返信
※8
ロシア帝国は格下(清とか日本とか)との約束は簡単に破るけど、欧州列強との国際条約はいちおう遵守する国だよ。クリミア戦争で英国を中心とした多国籍軍に負けた結果として押し付けられた条約を、かりにロシアが何の同意も無く破った場合、その条約を押し付けた側の列強諸国がどんな反応するかってのは簡単に分かりそうなものだけど

まぁかりに黒海艦隊が日本に襲来したとしたら、日本海海戦と同じことが繰り返されるだけだと思うが
16.名無しさん:2017年05月26日 12:39 ID:B19Jazqo0▼このコメントに返信
※3
二十八サンチ榴弾砲を持ち込んだのは確かにナイスアイデアではあったけれども
マシンガン登場後の攻城戦としては正攻法だったみたいだよ

伊知地は専門家だったからこそ、土台はベトンに限る、攻城戦に榴弾は不向きという
学んだ知識に拘泥してそこを打破出来なかった。乃木は常に部下を尊重したってだけの話でね。

日清日露が比較的うまくいったのは明治維新前後の実戦で生き残った官僚的ではない
本物の軍人が大将、大臣クラスにゴロゴロいて結果全ての合理的思考が比較的通ったからだと思ってる。

その後は日本の平時で模範的な官僚軍人ばかりになったのでボロ負けしたのはご存知の通り。
17.名無しさん:2017年05月26日 12:43 ID:QiKXyjxG0▼このコメントに返信
TPPがわが国の海洋安全保障に与える影響
ttp://www.zenchu-ja.or.jp/pdf/tpp/120410_09.pdf

「米抜きTPP」で日本と協力=メキシコ交渉官
ttp://www.jiji.com/jc/article?k=2017052400931

【激ヤバ拡散】報道されないTPPのまとめ  医療・労働関係他 
参加国総貧困化・労働環境悪化・支出増加・ビザ大幅緩和等全分野に影響多数
ttp://itest.2ch.net/hanabi/test/read.cgi/entrance/1486890957
18.名無しさん:2017年05月26日 12:43 ID:lIXKjkhG0▼このコメントに返信
>>3
これ
勝てば官軍というだけ

>>11
当事者だったとき同じことを言えてたら凄いよ(あらゆる意味で
19.名無しさん:2017年05月26日 12:52 ID:s06C7OaV0▼このコメントに返信
※12
だよなぁ
いまだに奇策一発でどうにか出来るとか思ってるやつ多すぎる
防御側は近代縦深陣地+機関銃
攻撃側はまだ軽機関銃が開発されてないから小銃と手投げ爆弾程度で戦わなきゃいけない
航空戦力どころか戦車も車両もなし
条件としては第一次大戦よりも悪い中でよく敵の戦力をすりつぶしたと思うわ
20.名無しさん:2017年05月26日 12:53 ID:X4AzeO.P0▼このコメントに返信
なお、30年後に調子に乗って中国を侵略して全て失う模様。
21.名無しさん:2017年05月26日 12:53 ID:9Q.ioNlo0▼このコメントに返信
陸軍はほぼ全滅必死でしたよね?
工作のお陰かどうかあやしい革命が成功してなけりゃ負けてたよ
22.名無しさん:2017年05月26日 12:54 ID:dOmj48Zd0▼このコメントに返信
*16
WW2についてなら、国力でカバーできる範囲を遙かに上回るまで戦線を広げたことと、どう勝つか、負けるかを全く考えて無いまま戦争おっ始めた点についちゃ、どうしょうも無いなぁ。戦略皆無の軍隊って珍しい。
個々の戦術だと基本に忠実な戦法取ってたりするんだけどね。末期はまぁヤケクソが多くなってくるが。
23.名無しさん:2017年05月26日 12:54 ID:bqkeUwzA0▼このコメントに返信
正攻法でガッチガチに固めた要塞攻略できただけでも賞賛されるべき
24.名無しさん:2017年05月26日 12:55 ID:mtmbamia0▼このコメントに返信
日本を操って露西亜を排除した英吉利こそが真の勝利者。
25.名無しさん:2017年05月26日 12:59 ID:xyI1eprt0▼このコメントに返信
なおこのときも日本海軍は旭日旗であり、その勝利のおかげで
清から独立できた朝鮮
26.名無しさん:2017年05月26日 12:59 ID:2sWTpxAX0▼このコメントに返信
※15
>まぁかりに黒海艦隊が日本に襲来したとしたら、日本海海戦と同じことが繰り返されるだけだと思うが

そうだろうね。
人海戦術という強みでゴリ押すのがロシアだけど、海ではそうはいかない。
限られた海軍を運用できなきゃ海軍で遠征なんてできるわけがないんだ。
識字率の低い海軍で日本海に遠征するなんて、当時のロシアには荷が重かった。

あの頃のロシアは産業革命すらまだでしょ
歩兵と騎兵が多いだけの農業後進国だよ
27.名無しさん:2017年05月26日 13:02 ID:I6hvhe6k0▼このコメントに返信
圧勝じゃ無いけどな。ギリギリ勝ち。ま、それがいちばん良いんだけどね。
ただ、講和条約での外務省のヘボ具合の遺伝子をこのときキッチリ始末できなかった事が最大の失敗。

*ついでだけど、太平洋戦争について言えば、軍部は最低でもタンカーぐらいしっかり確保してから戦えよ、アホか。
軍事作戦用の高速タンカーだけで石油需要がまかなえるわけねえだろ。
28.名無しさん:2017年05月26日 13:03 ID:mtmbamia0▼このコメントに返信
※23
ひょっとして遠まわしにディスってる?

29.名無しさん:2017年05月26日 13:05 ID:tmwJxHuN0▼このコメントに返信
こういうバカは、過激な反体制側と同じく国家の癌なんだよ
てめえでは、愛国者だと思い込んでるがな
勝つにしろ、負けるにしろ反省点は必ずある
結果的に勝てたから良かったですましてたらいかんのだよ
30.名無しさん:2017年05月26日 13:08 ID:iPi6MfFD0▼このコメントに返信
ロシア人いまだに日本海海戦根に持ってて草
31.暴君:2017年05月26日 13:15 ID:uv6rdkDK0▼このコメントに返信
 
 朝鮮半島、遼東半島、満州からロシアが撤退した。
32.名無しさん:2017年05月26日 13:16 ID:I6hvhe6k0▼このコメントに返信
日露戦争でのちょっとした疑問は、ウラジオストックのロシア艦隊、無理に撃滅せずとも、徹底的な機雷封鎖で無力化出来たのになぜしなかったか?ってとこだな。お互いそれなりに機雷撒いていたようだけど、まったく航行不能になるレベルまでやってない。(ロシア側は勿論それはできないが。)いちばん安上がりな兵器なのに、後の太平洋戦争でも機雷を積極的に利用しようとしていない。日本海軍には、なにか用兵思想に欠陥があるのかもしれん。
33.名無しさん:2017年05月26日 13:18 ID:rrlZtiy50▼このコメントに返信
ジェイコブ・シフ「何、戦費が足りん?金貸したろか?」
34.名無しさん:2017年05月26日 13:20 ID:icwWxdlZ0▼このコメントに返信
というか、バルト海に居座る誰も手を出せなかったロシア艦隊を
太平洋に引っ張り出した挙句壊滅させたってのは、
日本が思う以上にヨーロッパでは凄えことなのよ・・
35.名無しさん:2017年05月26日 13:22 ID:kzbf2bmT0▼このコメントに返信
アッホwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
陸軍は途中で負傷兵出まくって補給の問題も出て来てロシアとにらめっこしてたじゃねぇかw
圧勝って笑わせるわwWW
36.名無しさん:2017年05月26日 13:24 ID:Jzf8SpFz0▼このコメントに返信
※32
お前が思ってるほどそれは簡単でないってだけ
37.名無しさん:2017年05月26日 13:25 ID:B19Jazqo0▼このコメントに返信
※22
日清・日露は最終目的(落とし所)が政府・海軍・陸軍で割と共有されていたと思うんだよね。
まぁ、それだけ薩長閥でガチガチだったとも言えるけれど。山口と西郷弟コンビがまずいいし、
東郷、児玉、乃木も合理的かつ冷静でまぁキャスティングに助けられてる。

日露は薄氷だったけれども、終始戦場を日本がリードあるいはコントロール出来ていたことが
全体としては良かったと思う。クロージングにも配慮しているし。

昭和天皇は立憲君主制を理想としたが、手下の大部分が立憲君主の利点とリスクを
わきまえていなかったのが敗因。こないだ公開された昭和天皇の記録にもその点すんごい
愚痴たれててかわいそうだった。
38.名無しさん:2017年05月26日 13:25 ID:L00tt0550▼このコメントに返信
ロシアで差別されてたユダヤ人が誰も買わなかった日本国債買ってくれたお陰で、艦隊揃えられたんだぞ
つまり、ユダヤの勝利ってことだな
39.名無しさん:2017年05月26日 13:27 ID:swdOO6R20▼このコメントに返信
日清戦争の賠償当時の国家予算の四倍、此れ全て注ぎ込んでの勝利です、日清戦争で勝ったのが大前提
40.名無しさん:2017年05月26日 13:27 ID:podXCknM0▼このコメントに返信
※26
あれはあれで、すげー頑張ってたから褒めていいと思うけどね・・・
英国製のちゃんとした戦艦や巡洋艦をいくつもそろえたいっぱしの海軍相手に、まともに戦えるだけの艦隊戦力を長躯遠征させるってのがどれだけすごいことか。こんなことができるのは英国のほか数えるほどしかなかったはずで、バルチック艦隊がちゃんと対馬沖に姿を現し、一時的にせよ砲戦を行ったという事実は当時の技術では偉業と言っていいと思う
そもそも日本海海戦におけるロシア海軍の目的は、自分たちの港にひとまず逃げ込んで日本の制海権をおびやかすということだった。逃げの一手に徹する相手を、たいして速度の違わない船で補足するなんてのはよほどうまくやるか、幸運に恵まれないと難しい。そういう意味でバルチック艦隊の「勝算」は十分にあった戦いだったと思うし、その目的を完全に潰えさせた連合艦隊は見事と言うほかない

ロシア帝国を後進国と評価するのは違うと思うなぁ。このわずか十年後には第一次大戦における東部の長い長い戦線をほぼ一国で担当し、緒戦においてはドイツ参謀の予想をはるかに上回る速度で戦力を投入するなど、近代国家として十二分に戦争を遂行できるチカラがあった。極東という、距離もあってインフラもまだまだ整備しきれていない地域が戦場になったからこそ日本は勝てたけど、やはり当時の総合的な国力、戦力という点ではロシアは五大列強と言うだけのものは持っていたよ
41.名無しさん:2017年05月26日 13:28 ID:2sWTpxAX0▼このコメントに返信
※32
機雷じゃなく船の残骸で敵艦を出航不能にする、閉塞戦術というやつなら
提案されてたらしいので

機雷の議論もあったのだろう。プロたちが話し合って却下したなら理由があるさ
42.名無しさん:2017年05月26日 13:31 ID:0db0Zim40▼このコメントに返信
勝ったのは紛れもない事実。
ただ、「圧勝」と言われると全くそういう気がしないけど。
43.名無しさん:2017年05月26日 13:36 ID:B19Jazqo0▼このコメントに返信
※27
当時の詳細記録見るとそういったことのやり取りもちゃんとされていて、
担当者はちゃんと指摘しているのヨ、タンカー足りないからヤバイって。

それを上の人が割とないがしろにしちゃってるの。「うん、わかってるけれど
今それ言い出しちゃうとこの戦争出来ないでしょ?だから、、、ね!」ってな感じ。

要するにアメリカと戦争することと、戦争を開始する時期の結論が先にあって
それを成り立たせない諫言はみんな無しってことにしちゃってた。

これ、話はそれちゃうけれど福島原発がまったく同じことやっちゃってるんだよね。
まず先に原発の維持運営費用の総額は火力発電所の維持費用よりも安いってのが
先にあって、その図式を壊す意見はなんだかんだイチャモンつけて潰してる。
その最たるものが堤防の高さと非常用発電機の設置場所。どちらもちゃんと
東電社内で意見が出されて検討されているんだけれど、「そんなことあるわけねーだろ
ボケ!いらんこと言うナッツーの」って記録が残ってる。
44.名無しさん:2017年05月26日 13:38 ID:dh6b4gbN0▼このコメントに返信
当時は黄色人種や黒人が白人に勝てるとは誰も信じていなかったなかで、ロシアとの戦力を的確に評価検討し、今を逃すとシベリヤ鉄道の輸送力アップで日本軍が劣勢になると予想し、開戦を決意した当時の軍幹部の決断力が勝利の第一要因だと思います。
勿論、日ロ戦闘当時の日本国民の国家意識の高さや日本軍の装備の近代化や兵士の戦闘力も高かったも勝因ではありますが、勝因の第一は開戦時期の選択にあったと考えます。
45.名無しさん:2017年05月26日 13:41 ID:sboWtz.x0▼このコメントに返信
バルチック艦隊全滅で日本海軍の損傷ほぼゼロの時点でどんだけ虚勢を張ってもロシアの惨敗は揺るがないんだよwww
あんなんゲームでもなかなかできんわw
46.名無しさん:2017年05月26日 13:43 ID:xJUHw28a0▼このコメントに返信
反日左翼ってもし日露戦争で日本が負けてたら
絶対勝てない無謀な戦争をしたとか言ってそう
47.名無しさん:2017年05月26日 13:45 ID:2sWTpxAX0▼このコメントに返信
※40
うーん、まあ確かにそれはその通りだ。
むしろ序盤に間違えて英漁船を沈めちゃったりして
足枷が増えていたわけで

にもかかわらず戦場で海戦を成立させているからな
確かに偉業だ

現代日本人が旧日本を採点する時、そういう加点方式ではなかなか考えないんだよね。
だからバルチック艦隊をみるときも減点方式で考えてしまう
48.名無しさん:2017年05月26日 13:48 ID:2sWTpxAX0▼このコメントに返信
※43
いくら軍事力を否定しても、
結論ありきで事実を無視する体質&根性論でボトルネックから目を背ける体質が
ちっとも治ってないんだよな

これでよく、戦後を繰り返してはならないとか言えるよ今の日本は。
49.名無しさん:2017年05月26日 13:49 ID:B19Jazqo0▼このコメントに返信
運が良かったよ。

「疲れきった敵が向こうから思っていた場所にまとまって来てくれた」

ってのは世界史の戦争史の中でかなり特殊なことじゃないのかね

あと、利害関係が日本に適していたことも本当に運が良かったとしか思えない。
イギリスにしろ、ユダヤ商人の借金にしろ。
50.名無しさん:2017年05月26日 13:49 ID:xpv9Qz1g0▼このコメントに返信
※1
スターリンは根に持ってたらしい

※8
黒海艦隊はイギリスとその意向を受けたトルコに抑え込まれてたから出せないよ
こっそり出そうにもイスタンブールで今も昔もバッチリ監視出来るから、結局出せたのは商船に偽装できる3隻だけだった
51.宇都宮海雲:2017年05月26日 13:53 ID:J6P3fGWa0▼このコメントに返信
いつまで歴史に馳せてる?情けない。周りをみてみろメディアに操作された豚どもの集まりしかなかろうて
52.名無しさん:2017年05月26日 14:00 ID:gK4.IJxt0▼このコメントに返信
圧勝?
相手の国内不安に付け込んで辛勝もしくは痛み分けにまで持ち込んだ外交工作こそ褒めてやれよ
53.名無しさん:2017年05月26日 14:06 ID:xpv9Qz1g0▼このコメントに返信
※48
バルチック艦隊が疲弊したのは、時宜を逸せず英国と同盟を結びかつ彼らが奔走してくれたから
会敵地点を誤らず万全の態勢で迎撃出来たのは、補給情報の入手と分析が当を得ていたのと、陸軍が屍山血河を築いて期限前に旅順艦隊を壊滅させたから
予想以上の戦果になったのは、将士の弛まぬ訓練の成果
人事を尽くした物にこそ天命は微笑む
54.名無しさん:2017年05月26日 14:27 ID:CPB7JKef0▼このコメントに返信
大日本帝国凄い=日本人凄い=オレ凄い!
って勘違いしてるクズが多過ぎ。
55.名無しさん:2017年05月26日 14:41 ID:B19Jazqo0▼このコメントに返信
※53
勿論、ソレを否定しないが、それにしても運が良かった
56.名無しさん:2017年05月26日 14:44 ID:lmxhkuxz0▼このコメントに返信
>>32
機雷敷設のスピードの問題があるで。当時、機雷を航行しながら敷設するのは一般的でなく、可能なのはロシアだけや。 だから、機雷敷設にはかなりの時間と危険があったやで。ウラジオストクに敷設出来たっても、時間の関係で十分では無かった可能性があるな。

57.名無しさん:2017年05月26日 15:01 ID:jDgEpawq0▼このコメントに返信
戦いもせず、奴隷になるのは朝鮮土人だけだ

どこまで恥さらしなんだかなこの糞民族は
58.名無しさん:2017年05月26日 15:03 ID:2vYfpYb80▼このコメントに返信
戦争は勝利で間違いないし個々の戦いもほぼ全てで勝利してるがが、
戦略自体「自軍兵士がいっぱい死ぬけど勝つ」ってやり方が多かったから、圧勝って言うには余裕無さ過ぎ。
59.名無しさん:2017年05月26日 15:05 ID:jDgEpawq0▼このコメントに返信
ロシアに戦争ふっかける根性も無い奴隷民族が

悔しかったら祖国統一の戦争に位は参加してみろ在日土人が
60.名無しさん:2017年05月26日 15:07 ID:jDgEpawq0▼このコメントに返信
悔しいのう悔しいのう

恥ずかしいだけの祖国と民族の歴史しかない奴隷民族は
61.名無しさん:2017年05月26日 15:15 ID:SXrhGtXA0▼このコメントに返信
ロシアの全力(左手一本)VS日本全力(全身フル活用)やろ
日露戦争に勝って新聞が国民を扇動。政府が抑えられなくなり戦争が広がっていったって聞いたな
62.名無しさん:2017年05月26日 15:27 ID:Z1.8hPG70▼このコメントに返信
日露戦争のお陰で、
「国力が勝る相手に対して戦争しても、死に物狂いで相手に損害を強いれば講和でなんとかなる」
っていう成功体験に囚われるハメになったわけだ。
63.名無しさん:2017年05月26日 15:33 ID:k6QDMgwu0▼このコメントに返信
戦術は勝ったけど戦略的には微妙だろ
字面では戦略も完全勝利だけど、結果的はかなり国力疲弊したし
もっともあのままロシア南下を許した結果や
ロシアに勝利した国際地位向上は勝っちゃったから未知数なので
微妙と言うしかないんだが
64.名無しさん:2017年05月26日 15:39 ID:jEiiRV5H0▼このコメントに返信
講話に持ち込んだ外交戦の勝利だって話を何処かで読んだけど、ロシアの方針はバイカル湖辺りまで日本軍を引き込んで補給線が延びきった所を叩くハズだったけどそれ以前に講話したようだったらしいね。
65.名無しさん:2017年05月26日 15:39 ID:f7YXMdVU0▼このコメントに返信
日英同盟のおかげです。有難う
66.名無しさん:2017年05月26日 15:47 ID:rEMbUPZ20▼このコメントに返信
軍艦は確か英国製だったはず
67.名無しさん:2017年05月26日 15:48 ID:A727iWnn0▼このコメントに返信
日ロの国力差はあったけど戦費と動員数でもみればロシアが1.5倍多い程度
日本は年歳入の5倍以上の戦費だけどロシアは1.05倍程度のよう
ロシアは国力があっても実はその程度の余力しかなかったってことかもしれない
68.名無しさん:2017年05月26日 15:49 ID:9gnZigSs0▼このコメントに返信
米61

それも見越して日本はロシアに戦争仕掛けたんじゃないかな?
あと日本は日英同盟を結んでいたけど、ロシアは露仏同盟を結んでいなかったっけ?

で、イギリスがロシアに攻撃したらフランスが参戦、逆にフランスが日本を攻撃した、イギリスが参戦することになっていて世界大戦になった可能性があるから日本とロシアの一騎討ちになったと読んだ気がする。

むしろ、左手だけで日本に勝てるって過信したロシアが悪いだけだし、それを利用した日本の首脳が一枚上手だったんじゃないかな。

あっ露館播遷という人類史上この上ない愚行を行った人種の意見は無用でお願いします(__)
69.名無しさん:2017年05月26日 15:50 ID:nP6Ff2Ip0▼このコメントに返信
圧勝(これ以上続けたら最悪負け、良くて経済崩壊)
死者の数から見ても余裕とは言えないだろアレは
70.名無しさん:2017年05月26日 15:50 ID:A727iWnn0▼このコメントに返信
日露戦争で軍人はともかく一般国民が白人?白人もその国もたいしたことないなとか思ってしまったりしてね
日中太平洋戦争は国民が賛成してたようだし
71.名無しさん:2017年05月26日 15:57 ID:UIoQVtMc0▼このコメントに返信
ロシアの本気ということで
全戦力を東に投入して西から崩壊する様子が簡単に予想できますね
欧米も西でロシアの拡大を止めるためにあれだけ苦労したのにねぇ
人種的問題から日本を敵視した結果二次大戦後こんな有様ですよ
72.名無しさん:2017年05月26日 16:00 ID:VoSNyobg0▼このコメントに返信
※58
圧勝と言えるのは日本海海戦ぐらいだが、まあ戦争はそんなもんだ
「負け戦の次に悲惨なのは勝ち戦である」
73.名無しさん:2017年05月26日 16:00 ID:5SCVX5x.0▼このコメントに返信
機関銃電流線に落とし穴…殺意と憎悪に満ちた虐殺装置に小銃一つで突っ込んでいった当時の兵士凄すぎだろ
兵士の一人一人が単に「命令されたから」「命令に逆らったら罰せられるから」以上の何か崇高なものに駆り立てられなきゃあれほどの勇猛果敢さは発揮出来ない
冷静に考えて大東亜戦争の特攻以上に壮烈な死の突撃だよ
しかもそんな一大事件から1世紀ちょっとしか経ってないのも地味な驚き
ああいう血を賭けた「本物」の人達の存在を思うと戦後の平和に護られてる自覚や国の為に血を流す勇気も無く気分だけ当時の日本人を真似て尊皇や愛国を謳ってる人達がモグリに見えてくる
74.名無しさん:2017年05月26日 16:06 ID:QDMFRpEy0▼このコメントに返信
まさに国家の存亡かけての死闘だったのに、なにが圧勝だバカが。
それで調子に乗って米国と開戦したなどと言うんじゃねーぞクソが。
75.名無しさん:2017年05月26日 16:08 ID:wlAD3AfR0▼このコメントに返信
※43
戦備がそろうのを待っていたら有事に対応は出来ない。。

>「うん、わかってるけれど今それ言い出しちゃうとこの戦争出来ないでしょ?だから、、、ね!」ってな感じ。

お前みたいな馬鹿な言い方をするわけがないだろう。低脳。さっさと日本を出て行け。
お前達は
アメリカの空母司令が編隊を組まずに、準備が出来た機体をどんどん打ち出したことは評価するんだろう。笑わせる。
日本はあほで、外国がやれば良し。そんな不公正な目で評価ができるわけがない。

大戦は米国が日本を引きずりこんだもの。
日本がどうしようと避けられない。それを理解した日本の上層部は戦う以外にないと決意し戦争に臨んだ。
その場合、1942年中期を過ぎると、フィリピン方面の攻略さえ不可能となり、逆に台湾防衛が危ういという判断から12月上旬を限界日として設定して急遽戦略を構築せざるを得なかった。
お前が司令官なら、世論も含め、この状況を覆す素晴らしい案を出せるのだろう。出せ。

76.名無しさん:2017年05月26日 16:10 ID:PnVe8y.J0▼このコメントに返信
※19
旅順攻略で乃木第三軍の武名が上がって奉天会戦ではクロパトキンを惑わしたしねぇ、、、
のちのち影響与えた戦いではある、、、

つか元々陸軍は要塞攻略の用意してなかったから泥沼はしょうがないよ、、、
77.名無しさん:2017年05月26日 16:15 ID:wlAD3AfR0▼このコメントに返信
※61
ロシアは欧州、バルカン半島に兵を配置し、極東での戦争。戦争はどこでも全力であるのは確実。
日本に対して左手一本は無いな。すっぱいブドウ。

その後日本が調子に乗って戦線拡大だって。そんなことをできるわけないだろう。
お前達は貧乏と言っているじゃないか。
日本は常に不拡大策だ。
78.名無しさん:2017年05月26日 16:22 ID:oFWCGUo70▼このコメントに返信
日露戦争の借金返すのに82年もかかってんだけどね。
圧勝ってなんだろう……。
79.名無しさん:2017年05月26日 16:49 ID:R3isNY.m0▼このコメントに返信
※61
日本嫌いな人って日露の話になると必ずロシアは手を抜いていたとか言うよね
戦争って戦争中の国だけじゃなく国際情勢が大きく関わるのに
80.名無しさん:2017年05月26日 16:52 ID:podXCknM0▼このコメントに返信
※82
おいらも一生懸命奨学金を返しているが、借金まみれで生活できないなんてこたぁ無いぞw
一秒でも早く返さなきゃいけない切迫した理由があるんならともかく、利子つきローンを決められた金額で無理なく返していくことになんの不都合があるのか

すでにコメで指摘されているように、国力戦力損害等々の差から言って圧勝とはいえないという結論で自分も異論はないんだけど、借金返済期間の長さを理由に泥沼だったと結論付けるのは違くない?
81.名無しさん:2017年05月26日 16:52 ID:podXCknM0▼このコメントに返信
失礼、※78宛てだ
82.名無しさん:2017年05月26日 17:03 ID:podXCknM0▼このコメントに返信
※64
バイカル湖まで引っ込んだらロシアはいよいよヤバかったよ。だってそれは鉄道で結ばれたウラジオストクまで補給が届かなくなって日干しになっちゃうんだから、そうなればいよいよ日本に勝てる見込みなんかなくなる。鉄道結節点のハルピンを占領される前に何とかしたかったのはロシアのほう。最後の頼みの海軍が壊滅した時点で講和しないといよいよ取り返しのつかない事態になる

日本の補給が届かなくなると言われるかもしれないけれど、鉄道沿いに進軍していく当時の戦争において距離自体の影響力は相対的に低くなってるんだよ。日本にとって問題だったのは駅から最前線への配送であって、それは日露両軍にとっての課題だったから日本だけ不利というわけではない。むしろ極東の拠点であった旅順、遼陽、奉天、ウラジオストクのうち3つまで次々と陥落させられたロシアは、物資もあってインフラも整っている地域を捨てて補給の困難なシベリアへ自ら後退していった。これが計画的な後退だったら笑うしかない

いっそモスクワ近郊まで引き込めればロシアの圧勝は間違いなかったけどね。日本は朝鮮半島さえ保持できれば戦争目的は達成できるのでそこまで攻め込む理由が無い。ただ日本側も相当つらい戦いが続いて気が滅入っていたのは事実で、お互いにそろそろ停戦したいという意図が膨らんでいた、そういうタイミングでの講和だよ。しかもそれは戦前に比べてロシア側ばかりが一方的に大きく失う内容だったわけで、それを飲んででも停戦したいと思わせることに成功した日本軍の勝利というのは揺るがないと思う。圧勝かというと違うがw
83.名無しさん:2017年05月26日 17:13 ID:u3izsuNY0▼このコメントに返信
※78
勝ちゃあなんだってよろしい。圧勝は圧勝。ローンは完済した。なので次もまた借りられる。
前回負けたせいで72年敗戦国。次の大戦で勝つまで敗戦国の立場がまだまだ続くのだぞ。ローンくらい何だというのだ。
尤も今の日本は貸す立場にあるのだけどね。デフレのまま一定の経済規模を保っているのだから刷れば済む。日本が刷りまくる事態に陥るなら間違いなく有事。世界中で金が刷りまくられる。日本以外は既に刷りまくっているので価値の下落は大きく日本円は相対的に価値が下がらない。今でも資金の逃避先が日本円になるのは当然の流れだったりする。
84.名無しさん:2017年05月26日 17:17 ID:J5yEerJZ0▼このコメントに返信
※16
ばぁか、アメリカが強かっただけだ、あほ。
85.名無しさん:2017年05月26日 17:33 ID:.BREzQbn0▼このコメントに返信
ちなみにこの戦争の海外からの借金‥……つい最近ようやく完済したんやが。
86.名無しさん:2017年05月26日 17:34 ID:B19Jazqo0▼このコメントに返信
※75
>大戦は米国が日本を引きずりこんだもの。
>日本がどうしようと避けられない。それを理解した日本の上層部は戦う以外にないと決意し戦争に臨んだ。
>その場合、1942年中期を過ぎると、フィリピン方面の攻略さえ不可能となり、逆に台湾防衛が危ういという判断から12月上旬>を限界日として設定して急遽戦略を構築せざるを得なかった。
>お前が司令官なら、世論も含め、この状況を覆す素晴らしい案を出せるのだろう。出せ。

おっ また勇ましいのが出てきたなw 撃ちてしまやん鬼畜米英ってかw
87.名無しさん:2017年05月26日 17:36 ID:zrH82Trv0▼このコメントに返信
※84
強かったアメリカに喧嘩を売られてそのまま買った情弱が当時の日本上層部ですよね。
わかりますw
88.名無しさん:2017年05月26日 17:48 ID:daO2GpYm0▼このコメントに返信
最大の功労者はジェイコブ・シフ
なお勝ってもGDPの2倍の借金を抱えた模様
89.名無しさん:2017年05月26日 18:07 ID:u3izsuNY0▼このコメントに返信
※87
次の大戦で勝てば日本はまた元のポジションよ。今アメリカは日本の同盟。完全に勝ちフラグ。
意地を見せたからこそ今の日米関係はある。アメリカも日本を蔑ろには出来ない。同盟はあっても意地の無い国はそうもいかん。
なので先達のしたことが全て無駄になったとは思わない。結果として日本は続いている。
日本がやられたことはそっくりそのまま敗戦国側に返す。多少非道になってもアメリカは文句言えまいよ。仕方の無いことだ。
90.名無しさん:2017年05月26日 18:17 ID:C8i77MkC0▼このコメントに返信
日本海海戦で勝ちすぎたのが調子乗りの日本人を駄目にしたんだろうな
91.名無しさん:2017年05月26日 18:34 ID:MmBYovqD0▼このコメントに返信
※4
スターリンは、日露戦争の報復を宣言して北海道まで狙ってたぞ。
92.名無しさん:2017年05月26日 18:38 ID:MmBYovqD0▼このコメントに返信
※16
最強の軍隊は、適度に実戦投入されなければならないはのですね。
だから米露が強いと。
93.名無しさん:2017年05月26日 18:38 ID:zrH82Trv0▼このコメントに返信
※89
そのとおりだとは思うが、そのための犠牲が300万人超は少し大杉だよね

とても当時の開戦の判断が賢明であったとは、、、自分は言えないなぁ
94.名無しさん:2017年05月26日 18:41 ID:L00tt0550▼このコメントに返信
日露戦争時の日本はお前がいつもソ連を馬鹿にするときに言ってるレンドリースをもろに受けてたんだよなぁ
95.名無しさん:2017年05月26日 18:46 ID:D6MWDQha0▼このコメントに返信
児玉源次郎「よろしく露助ニキーwwwwww」
96.名無しさん:2017年05月26日 18:55 ID:0TjP8Izi0▼このコメントに返信
正直日露勝たなきゃ良かったのでは?とすら思う
97.名無しさん:2017年05月26日 18:59 ID:MmBYovqD0▼このコメントに返信
大日本帝国は、日露戦争勝利後フランスと日仏協商条約むすんだのだから、速やかに対独戦争に突入(辛亥革命前までに)支那・太平洋の独植民地を奪い取るべきだった。
そしてロシア革命と全力で阻止(皇女アナスタシアを日本皇族男子と婚姻させるのもありだな)。
大日本帝国が生き残ってしまうが、どうなんだろうな。
98.名無しさん:2017年05月26日 19:06 ID:H2iIW6Wb0▼このコメントに返信
日本海海戦のせいで帝国海軍が艦隊決戦に異常なまでに拘るようになったことを考えると、あの完全勝利は失敗だったと思う
あれで完全に海軍の本来の存在意義は海上防衛であるってことが、海軍上層部の頭から抜け落ちたからな
99.名無しさん:2017年05月26日 19:10 ID:MmBYovqD0▼このコメントに返信
※32
単純に封鎖するだけの機雷を買うお金が無いだけ。
最狭部は、だいたい要塞砲の射程圏。
WWⅡの米軍は、B-29でバラマキだから他国は、まねできない。
帝国海軍は、一応軽巡洋艦・駆逐艦に搭載可能にしてるけど、実戦投入してないね。
機雷だと誰の手柄かわからんからとかの下らない理由かもしれない。
100.名無しさん:2017年05月26日 19:20 ID:MmBYovqD0▼このコメントに返信
※53
日英同盟は、義和団事件で駐留帝国軍が終始紳士的に振る舞い英国居留民に人気を獲得したのが大きい。
101.名無しさん:2017年05月26日 19:30 ID:jD3LwfJY0▼このコメントに返信
まさか、その末裔が三十数年後に敗けに行って、その三年後には海軍、いや帝国そのものがなくなるとは思わんだろうね…
102.89:2017年05月26日 19:32 ID:u3izsuNY0▼このコメントに返信
※93
うん。俺もみっともなくても開戦時期を遅らせまくるのが手だったと考えている。
開戦してしまったのを覆すことは出来ないが戦中戦後の態度は立派だったと俺は考える。少なくとも出し切った感はある。
日本がどんな国であるかを知らしめる意味は有っただろう。300万人の死を無駄とは思いたくはない。
無論次の大戦で300万人死んでも全然おっけーとは全く思わないが。
103.名無しさん:2017年05月26日 19:39 ID:jD3LwfJY0▼このコメントに返信
いまもロシアに島を奪われたまま…
俺がスターリンなら、半島動乱に乗じて、北海道襲うけどな…
104.名無しさん:2017年05月26日 20:00 ID:bmEGjoT50▼このコメントに返信
圧勝なわけないやん。
105.名無しさん:2017年05月26日 20:01 ID:EPIXsRm40▼このコメントに返信
いじめられっ子がいじめっ子に謝罪させたってだけだろ
106.名無しさん:2017年05月26日 20:02 ID:wlAD3AfR0▼このコメントに返信
※86
>おっ また勇ましいのが出てきたなw

冷静な分析を出すと、観点をそらす。
まともな議論が出来るわけがない。
107.名無しさん:2017年05月26日 20:04 ID:wlAD3AfR0▼このコメントに返信
※93
※75の方が素晴らしい意見なので賞賛しろ。
こんな馬鹿意見に仲間内でお手々つないでも少しも賢くはならんw
108.名無しさん:2017年05月26日 20:06 ID:wlAD3AfR0▼このコメントに返信
※86
お前が司令官なら、世論も含め、この状況を覆す素晴らしい案を出せるのだろう。出せ。

早く書け。
109.名無しさん:2017年05月26日 20:09 ID:MmBYovqD0▼このコメントに返信
※94
初めて聞く説ですね。
何処の国が格安で武器や石炭売ってくれたの?
教えてくれないか?
110.名無しさん:2017年05月26日 20:33 ID:wziMtL080▼このコメントに返信
そりゃその頃の朝鮮は当時列強に分割されかけてる中国にもすがれずロシア領になるのを待つしかなかったからな。
111.名無しさん:2017年05月26日 20:33 ID:u3izsuNY0▼このコメントに返信
※108
キミのレスは読んだ。ただキミじゃあ司令官は無理だろう。なんだよその韓国人丸出しの文章は。下手くそだなあ。
世論も含めって、キミは乱暴な言葉遣いで世論が導けると思うのかい?
俺の案は東南アジアは比較的後回し。開戦時期はなるべく遅らせてボンクラなフリをしつつ戦力は整える。アメリカだって戦争が始らなければ財政赤字抱えたまんま。欧州にも参戦出来ずドイツは足場を固めただろう。開戦時期の延期がそのまま全て日本の不利になったとは思わん。ハワイ島攻略に全振り。あれが天王山と考えるからだ。あとのことはまあなんとかなる。
異論はあるだろう。だがキミの物言いではちと論議にならんのだ。そもそもこいつは日露戦争のスレなのでな。長く話す気にもならん。
112.名無しさん:2017年05月26日 20:41 ID:4pshzSAg0▼このコメントに返信
※106
おまえはその粗野で品性のかけらも無い言葉使いで相手が議論の俎上に乗ってくると思うのかい?
どういう環境と親の下で育つと見ず知らずの人間にそんな口が聞けるようになるのだろう?
太平洋戦争を語る以前のことだよ。
113.名無しさん:2017年05月26日 20:42 ID:wlAD3AfR0▼このコメントに返信
※111
「キミ」と使うな。気持ち悪い。
私は原住民としての日本人だ。お前等もどきとは違う。
早く書け。
何も無いくせに、知ったかぶりの上から目線で書くな。
様々な見解を読んだ上での文章はそれなりの重さがある。
お前等の文にはそんなものがひとかけらも感じられない。
114.名無しさん:2017年05月26日 20:43 ID:d6Mt.Eu60▼このコメントに返信
※110
その辺が分かっていたので中国の袁世凱は迷わず日本軍を支援したんだろうな
日本が負けたら、こんどは自分らの番だってのが見えたので



115.名無しさん:2017年05月26日 20:44 ID:wlAD3AfR0▼このコメントに返信
※112
乗ってくるな。だったら負け犬は黙って下を向いていろ。
116.名無しさん:2017年05月26日 20:44 ID:wlAD3AfR0▼このコメントに返信
※112
お前の親の素性を書け。
117.名無しさん:2017年05月26日 20:47 ID:wlAD3AfR0▼このコメントに返信
※111
世論を導くだって。馬鹿か。私は政権を握るなら独裁者しかやらん。
日本の根本的な問題点は、戦後体制であるということだ。
その元凶の制度、人間を排除しなければ何一つ変わらない。
内臓の病気に軟膏は無意味だ。
世論など意味はない。
118.111:2017年05月26日 20:56 ID:u3izsuNY0▼このコメントに返信
※113
原住民w 韓国人丸出しと言ったそばからそれかよ。お茶むせたわい。キミ面白いな。上と見てくれて光栄なこった。
でももう書いた。俺にはこれ以上平易には書けんしキミの希望に添うようなことは思いもよらないので書く気もない。
内容に理解が及ばなかったことについては残念。
119.名無しさん:2017年05月26日 20:59 ID:IxQwYS5u0▼このコメントに返信
※117
あんたさ、持論をそんなに主張したいなら自分でブログでも立ち上げたらどうだ?
自分じゃわからないだろうが、どういう親に育てられたのか知らないが尊大な態度を振りまいてて異常
いい加減にしてほしいんだよね

120.名無しさん:2017年05月26日 21:01 ID:u3izsuNY0▼このコメントに返信
※117
それ韓国でやれよ。ああいう国は指導者が強くないとなかなか成り立たん。日本に構ってる場合かね。
世論を導くってキミの言葉なんだけどね。独裁者こそ人気商売だから世論は必要。不人気な独裁者なんて有るものか。
121.名無しさん:2017年05月26日 21:05 ID:d6Mt.Eu60▼このコメントに返信
※101
日露戦争が終わった時点で帝国海軍をリストラするべきだったんだよな
”大海軍”ってのは亡国の兆し
海軍を大拡張し(はじめ)た国ってのは、だいたい終わりが良くない
今なら中国ね
122.名無しさん:2017年05月26日 21:05 ID:PnVe8y.J0▼このコメントに返信
※109
横だけど、石炭船の話がでてきたので、、、

当時(1904)の日本の石炭産出量は1000万トン、うち300万トンを輸出する石炭輸出国だったのよ、、、
でもね、石炭にもランクがあって炭素含有量高いほど煙は出なくて火力も高かった(日本は高品質炭でなかった)
当時の艦隊指揮は目視、旗や手旗だったし、広い海原で黒煙出してると見つかりやすいしで
英国海軍は、自国(ウェールズ)からでる高品質無煙炭で他の海軍より優位に立ってたんだ、、、

で、日露戦争直前に英国は日本に対してこの高品質炭を92万トン輸出を(外国に対して初めて)許可したのよ、、、
たぶん↑の石炭のレンドリースってこの事かと、、、第二次世界大戦のオクタン価ガソリンみたいなものですなぁ、、、
日本の軍艦性能の底上げに寄与したわけです、、、

それに対し、ロシア艦隊は石炭補給をドイツのハンブルク・アメリカ汽船会社に任せてた、、、
民間に任せたために軍用ではなくモクモクと煙が出る低質な民間用石炭が供給されたのよねぇ、、、
煙が出るってことは、互いの通信はもちろん射撃でも相手を目視しにくいっていう不利があるわけで、、、
だから自分は丁字戦法なんてなくても(艦船性能の差で)日本海軍の勝利になった気はするんだよねぇ、、、
123.名無しさん:2017年05月26日 21:18 ID:CTqZ06WQ0▼このコメントに返信
現地を味方にしなければ勝てない。

中国側の政治的事情で表に出なかったり闇から闇へと消えていってるだろうが、日清vsロシアというくらいの中国側の協力は無かったとは言えない。
124.名無しさん:2017年05月26日 21:19 ID:wkubZzoX0▼このコメントに返信
実際は余裕でモスクワも占領できたけど武士の情けで引き揚げたらしい。
在日とパヨクが必死で辛勝だって言い張ってるけど。
125.名無しさん:2017年05月26日 21:21 ID:9TgbyxyQ0▼このコメントに返信
日本は講和をすべきでなかったよ
確かにあの時点では戦費はなかっただろうけど
それまで圧倒的にロシアを負かしていたので
外債を募集すればいくらでも調達可能だった
その資金をもとに、バイカル湖より東を制圧すべきだった
そうすれば、のちの大東亜戦争もどうなっていたかわからない
少なくともSルーズベルトに借りはできない
126.名無しさん:2017年05月26日 21:29 ID:wlAD3AfR0▼このコメントに返信
※122
あまり関係はない。
日本海海戦は作戦前から勝算ありで立案されていた。
作戦失敗は、敵艦をウラジオストクに入港させること。このことにのみ注意が払われ、ロシア艦隊の動向のみが問題となった。
戦闘自体は敵の頭を押さえ反航戦からの同航戦への移行であり、速度の優位さと兵器の優勢で漸減しつつ多数の水雷艇による群狼・夜襲作戦で殲滅することにあった。
石炭で勝敗が決したとは思えない。
物事を単純化するのは間違ってはいないが、表現には気を付けるべし(日本人なら)
どうしても日本の実力ではない、外国のおかげと結論づけたい日本人でないような連中なら無駄なことだ。
テニスではラケットがいくら良くとも、使い手がへぼなら勝てないだろう。
127.名無しさん:2017年05月26日 21:30 ID:wlAD3AfR0▼このコメントに返信
※125
最近では、どちらかが勝ちすぎると債権を回収できない勢力の影響が大きかったとも言われている。
128.名無しさん:2017年05月26日 21:32 ID:wlAD3AfR0▼このコメントに返信
※119
お前等のような馬鹿で狭量で発展性のない人間を育てた親の顔を見たいものだ。
私は喜んで会う。
129.名無しさん:2017年05月26日 21:32 ID:wlAD3AfR0▼このコメントに返信
※120
どこに書いている。きちがいか。
130.名無しさん:2017年05月26日 21:34 ID:Jzf8SpFz0▼このコメントに返信
※125
金以前に人的資源が尽きとる。それはロシア側も同じだけどな
お互いに戦えはするが無理して負けたら国の存続自体が危うい状況になる
だからバルチック撃破して後方連絡路を堅持した(喉にナイフ突き付けれた)日本優位の終戦になったと
131.名無しさん:2017年05月26日 21:38 ID:wlAD3AfR0▼このコメントに返信
※120
※75の「お前が司令官なら、世論も含め、この状況を覆す素晴らしい案を出せるのだろう。出せ。」
この文章が私の意見が世論を誘導するという文意になるのかな。
日本語の学習をやり直せ。

その当時の世論は開戦一色だ。それを押さえて戦争をしないという手は、この世論も含めて無理だっただろうぐらいは思える人の心を持て。
人の批判はたやすい。自分だってするからな。
しかし、その立場にあった人間の苦悩や苦労ぐらいは自分は考えはするけどな。人間だから。

お前達の文には「心」が無い。無いから馬鹿にされる。
132.名無しさん:2017年05月26日 21:56 ID:PThe8Cbi0▼このコメントに返信
日本が大人しくしてれば問題無かった、
とか頭沸いてんのか?

少し歴史を学んでからコメしろよ…
133.120:2017年05月26日 21:57 ID:u3izsuNY0▼このコメントに返信
※131
下手くそか。どう読めばそんな文意だよ。ならないよw
国語力の問題だな。韓国語で書いて韓国人が読んでもキミの作文は意味が判らないだろうよ。
キミの文には「脳」がない。キミは馬鹿だ。世論が聞いて呆れる。
134.名無しさん:2017年05月26日 22:07 ID:podXCknM0▼このコメントに返信
※130
案外、そうでもないっぽいって話もあるんだよね。そもそも日本は満州の前線へ補給を行いながらも、同時に樺太攻略のための一個軍団を編制する「無理」が通ったわけで。よく言われるように次の一戦をやってたら負けてた状態なら、こんな無理すらきかない。日本がきつかったのは事実としても、この戦役ではだいたい2か月おきくらいに大規模な会戦が起こっているけれどそれに間に合わせる程度には人員も物資も補給が間に合っていたんだよ。WW1のフランスのように社会構造そのものを大きくゆがませるほど大規模な徴兵をしていたわけでもないし、奉天会戦後に大慌てで徴募してたような素振りもない。どちらかというとやはり人以前に金が尽きてたって線が正しかったのかもしれない。ただ追加で借金してたので今しばらく戦い続けるだけの態勢は用意していた

※125の言うようなバイカル湖まで攻めろって意見は、実際に開戦のちょい前に民間の学者が新聞へ掲載した提言があったということだけど、まぁ戦前の政治家や参謀には鼻で笑われる意見だったと思う。ただ実際に戦線が(参謀部の予想していた)朝鮮半島ではなく、敵のテリトリーに深く踏み込んでいくカタチで満州を北上していったのだから、もう一歩すすんで、モスクワとウラジオストクとの連携を断てる位置までは前進してみせたほうがより停戦交渉を優位にすすめられたのにとは思う。大山巌や、とくに児玉源太郎が、奉天占領後にすっかり満足してしまって戦意を喪失、肝心の戦機をみすみす逃してしまったと評する向きもあるが、果たしてどうだったのだろうね
135.名無しさん:2017年05月27日 01:33 ID:gZKM1.wG0▼このコメントに返信
クマが急に腹痛になったところをシメシメとボコったという感じ、「てめぇこの!」ってクマは
思ったけど、依然腹痛が続いたんで「クソ!ヤメヤメ」で終了。日本政府も実際何が勝因だったか
知ってるから戦勝後に「金出せ」と強く出てないでしょ? あの時ロシアは家の諸事情で
同時期に西方でももめてたからやめざるを得なく、フランスもは手ぐすね引いてたけど参戦までは
いかなかった。

シベリア鉄道はそもそも「ロシアとフランス」が極東で対ドイツ、イギリス用に共同戦線を張る
ための共同出資だった。よくフランスのへそ曲げずにハルビン-大連の「満鉄」もらえたなと思うよ。
実際9年後の第1次世界大戦にはロシアは200万の元気な兵士を戦線に送っている。
136.名無しさん:2017年05月27日 02:20 ID:QEsWiDCP0▼このコメントに返信
敵艦はまだ停止しとらんじゃないか
137.名無しさん:2017年05月27日 02:45 ID:9ChCGHD80▼このコメントに返信
※134
日本は兵員30~40代が占める第二種後備軍まで大陸に出しちゃって
奉天会戦後はもう召集するとしたら女子か少年兵ぐらいしかなかったら、、、
やりたくても国内にマトモな徴募対象なかったというのが実情かと、、、

まぁ奉天会戦の兵員数を見てみれば、当時の大本営の悩みはわかる、、、
日本軍は参加24万人で死傷者76000人でた、ロシア軍は参加36万人で死傷者67000捕虜28000人
だから会戦後、勝った日本軍は17万、負けたロシア軍は26万人の兵員が残ってた、、、
しかもロシア軍は秩序だった撤退に成功してる、軍としての組織は維持されてたんだよねぇ、、、
つまり現地(満州)にいる軍規模としては日本は圧倒的に不利な立場にあった、、、

確かに占領地は増えた(勝利?)けど、逆に言えば守るべき土地が増えたわけで、、、
コレって大本営の狙ってた結果(敵野戦兵力撃滅)ではないんだよね、、、
軍事作戦上の評価なら勝敗の決着は付いてない状態であったわけで、、、

まぁだからこそ日本海海戦の勝利の意味(価値?)が格段にも高くなるわけなんだけれども、、、
138.名無しさん:2017年05月27日 02:57 ID:6nDDuRrf0▼このコメントに返信
海戦はいいとして陸戦がな。もーギリギリでしたし。なんとかなって良かった。
139.名無しさん:2017年05月27日 03:53 ID:LmUPiIDY0▼このコメントに返信
ネト.ウヨのバカども、

次の総選挙では間違いなく、桜井誠氏の「日本第一党」に投票するんだぞ。
忘れないように、額に大きく油性マジックで「桜井誠、日本一」と書いておけ。
間違っても「試し腹・桜井誠」とか「トランプ桜井」とか書くなよ!

幸福実現党には負けられないぞ。

新社会運動
行動する保守運動
在日特権を許さない市民の会
140.名無しさん:2017年05月27日 05:22 ID:B1OOnUjb0▼このコメントに返信
まだまだ余力を残していたのにクロパトキン総司令をクビにしてしなったことで自ら敗北を自認してしまったロシア
一方補給はボロボロだったのに戦意は旺盛だった日本は、この機をとらえて米国の仲介を取ることに成功
あとロシアの見方だった独仏がさっぱり使えなかった一方で日本のバックにいた英米が強力だったな
やっぱり日本はアメちゃんを敵に回してはいかんのや

141.名無しさん:2017年05月27日 06:50 ID:O93.yaSK0▼このコメントに返信
> 日本を操って露西亜を排除した英吉利こそが真の勝利者。
大日本帝国勝利の報を聞いて、喜んだ英吉利国民は居なかったつー説もあるよw
142.名無しさん:2017年05月27日 08:29 ID:RoRlYBZN0▼このコメントに返信
※126
エンジンにおいて燃料の質は、天地の差がでるよ。
テニスラケットを例にあげてるが正しくないな。
WWⅡの日米の航空燃料の差でみればいい。
日本軍が高オクタン価燃料使えてたら、零戦は、無敵で餓島も奪還できた。それぐらい差はでかい。
143.名無しさん:2017年05月27日 08:59 ID:RoRlYBZN0▼このコメントに返信
日露戦争で日本兵を一番多くしなせたのは、
東京帝国大学である事実を国民は知るべき。
具体的には、脚気細菌説にこだわった大学と
軍医総監「森林太郎」のせいで5万以上なくなっている。
そして戦果に対して実入りが少ないのは、小村寿太郎の外交力が低いせい。
ポーツマス行く前に、英独の大使とお茶会しつWPの一面記事にしてれば、もっとぶんどれたものを。
海外の交渉は、むちゃくちゃな高値からの値下げ交渉だ(軍だろうが商売だろうが)。
144.コロンブス:2017年05月27日 09:14 ID:g9zDtwS00▼このコメントに返信
※143
何の日本分断工作だ。
支那朝鮮の方が遙かに自国民を虐殺しているだろう。
145.コロンブス:2017年05月27日 09:33 ID:g9zDtwS00▼このコメントに返信
※142
書いたのは自分だが、
航空機の場合と比べるのは無理があるね。艦隊行動の速度差は自分が知る限り約2ノット(これにロシア側の艦底付着物による速度低下も加わる)。これは確かに有利さには差が出るが、煙に関しては航行中煙が通信の阻害要因に決定的になることはないだろう。
煙がかからない場所に信号要員を配置すればいい。

本海戦の本質は一般的に言われているように、通信や、速度差、火薬の質的差、練度などがあり、邂逅すれば勝てるという見積もりは元々あったと理解している。
したがって、海戦前の連合艦隊の関心事は敵艦隊の動向のみであり、それを補足するためのいわゆる七段構えの哨戒ラインであったと言われている。
私が読んだ資料はそんなに多いわけでもない(歴史は好きだが、戦史おたくというわけでもない)ので、その範囲において燃料の質的優劣について書かれていたのを見たことはない。

日清戦争でも清国艦隊主力艦を沈めたのは「水雷艇」による、魚雷攻撃であり、実はロシア艦隊を決定的に殲滅させたのは「水雷艇」である。
案外このことについては知られていない。秘されていたのかもしれないが。
ただ、燃料は本海戦においてさほど意味はない。
日本海軍の作戦勝ちであって、それを貶める必要はない。
146.コロンブス:2017年05月27日 09:47 ID:g9zDtwS00▼このコメントに返信
※142
航空機の戦果については燃料の質が残念なほど差があったことは認める。
日本軍の航空機のスペックが武装状態のものであり、ろかくされた日本軍機が、米軍の燃料、プラグ、計測方法で相当に性能の向上を示したことも知っている。
ただし、ゲーム実況を見ると、日本軍機で戦えないことはなく、ここで言われるように劣っていたとも思えない。論より証拠である。
ゲームでは各個バラバラであり、実戦とは状況が違う。格闘戦主体の戦闘ができやすいという点も上げられる。それでも実況では零戦などは一撃離脱をやられたら対応が困難などと実況者が言っているのを聞いたことがある。

要するに、戦闘機の戦闘でも戦闘法が重要であるということ。数を多く準備するのも戦術のひとつと考えるなら、結局は作戦要項が大切と言うことだと思う。
147.名無しさん:2017年05月27日 09:56 ID:46nvjyZK0▼このコメントに返信
日露戦争のスレなのに、ここまで明石元二郎が出て来ないとは(溜息)
米CIAでは新人の職員に明石元二郎の話をするという
戦争において如何に諜報戦が大切であるかを知らしめるためだ
それと、高橋是清、金が無かったら戦争できんじゃろ
東郷が偉大なのは当然として、明石元二郎と高橋是清を忘れんでくれたまえ
148.名無しさん:2017年05月27日 10:36 ID:sYmZMN5J0▼このコメントに返信
※137
その数字はあんま信用しないほうがいいと思うよ・・・
ロシア(ソ連も含め)はこの後もとにかく自軍の損害をことさら小さく見せかける体質がある。ロシア陸軍による公式発表では、戦闘直後に現場で集計された日本側の戦果報告と対比して死傷者数半分以下、死者数に関しては十分の一近くなんていうとんでもない数字が出てきていたりする
この時の日本軍はロシア兵の死体を火葬しながら集計しているわけで、事実とかけ離れた報告が上がっているとは思えない。後々の公式発表で挙げられている損害数は大嘘の数字にすり替わっている可能性が高く、それが日露戦争中の多くの、ひょっとしたらすべての戦闘で行われているかもしれず、そうした嘘に嘘を重ねて積み上げられたロシア軍36万とかその死傷者数は、実態から大きくかけ離れている可能性のほうが高い

むろんそうした公式発表は戦後行われているので、戦時中は自分たちで出した見積もりに従うしかないわけだけど、奉天にいたるまでの幾度もの戦闘でさんざん激闘を演じ苦杯をなめた場面もありながら、どうして日本軍は兵力優勢のロシア軍を補足・撃滅できると信じて進軍したのか。24万の兵力で36万を相手に攻撃をかけると言うのはちょっとためらわれる戦力差だと思うし、これが実際に躊躇なく行われたということは、日本側は相手の兵力をそこまで大きく見積もっていなかった、あるいはそれだけの兵力差があっても実際の戦力差はさほど開きが無いと考えていたか、そのどちらかだと思う。そしてその予想通り、ロシアは奉天を守り切れず、満州支配の重要拠点をすべて放棄し不凍港旅順の奪還をも諦めて後退させられるハメになっている。山のような砲弾や物資を置き去りにしてね

嘘で固められた公式発表に惑わされず、それまでの戦闘の経緯を考えれば、奉天会戦後の日本が圧倒的不利の立場であったとはロシア側も日本側も思ってなかったんじゃないかな。
149.名無しさん:2017年05月27日 10:54 ID:sYmZMN5J0▼このコメントに返信
※137
占領地が増えたとはいっても、鉄道に沿って展開される当時の軍事行動を考えれば、守るべき地点、敵の攻勢の方向性なんかはある程度限定されるよ。どこが主攻になるかという程度の問題はあるけれど、敵の手薄な地域に一個軍団派遣して大暴れなんてのは極めてやりにくい(樺太のように船で行けるならともかく)
で、ロシアはこの戦争、陸か海のどちらか一方で勝てれば良かったんだけど、日本海海戦の敗北をきっかけにロシア側不利となる内容の停戦交渉が始められた点を見れば、海の前に陸の戦いですでに勝てる見込みがなくなっていたということ。かりにロシア側の損害割合が小さく、戦えば戦うほど日本が不利になっていったのだとしたら、ロシアはもう少し粘って陸での勝利をつかめば良かったのに、それをしなかった。それくらい日本によって蒙った損害が大きすぎて、シベリア鉄道一本の補給路では人員も物資も間に合わなかったわけだ。おそらくロシアは序盤の敗北からずうっと、師団の定員数を満たせていなかったんじゃないかと

まぁ日本の参謀はあんまり出来がよくないから、どだい実行不可能な敵戦力の撃滅なんて目標を掲げて稚拙な作戦を立てていたわけだけど、実態としては日本軍が常にロシア軍に対して優勢を保ち、十分な損害を与えながら後退を強いていたと考えるのが妥当と思う。つまりそれぞれの戦闘で勝敗はちゃんとついていたんだよ。戦術目標が未達成だから勝ててないという意見はしばしば見るけれど、そもそもの設定に無理があったわけで、現場は作戦当初の絵図面通りにはまったく動いていない。旅順なんかはまさに典型的だけど、上からのトンチンカンな命令を現場が適宜改変してちゃんと戦果を挙げていたというのが日露戦争における日本軍の実態。それで国家としての戦略や戦争目的を完全に達しているわけだから、この戦争に関しては結果オーライだったと思うよ
150.名無しさん:2017年05月27日 11:21 ID:zcKfuqBH0▼このコメントに返信
なお戦費の借金返済は82年かかったもよう。
151.名無しさん:2017年05月27日 11:44 ID:mvOiAl.c0▼このコメントに返信
石炭の煙ねぇ。知らなかったなぁ。俺の体験を一つ。
石炭焚いて乗るミニSLという大きな模型機関車をご存じだろうか。それを運転する機会が何度かあったんだ。石炭を二種類載せていてね、韓国産と国産だ。
韓国産は火付きが良くて直ぐに燃えるんだが、速度があまり上がらない。国産石炭は火付きが悪くて直ぐには燃えてくれないのだが、一旦火が点くと良く加速してくれて速度がぐんぐん上がる。Vtecとかピーキーなエンジンを載せたスポーツカーやスポーツバイクで、パワーバンド以下でトロトロ加速していたものが、パワーバンドに達すると途端に元気に加速する。その感覚ににた体験をミニSLごときで体験するとは思わなかった。慣れてくると韓国産をうまく配置して焚火の焚き付けの様に使うようになった。すると、短時間で速度が上がる様になる。
対馬沖海戦で決定打になったかどうかは分からんが、石炭の質で加速力・最大速度が変わってくることは間違いない。
152.名無しさん:2017年05月27日 11:50 ID:KQomV5ya0▼このコメントに返信
※4
ソ連による対日参戦の満州侵攻のスローガンは『日露戦争の復仇』だぜ
帝政ロシアの戦時国債を還せ。と米英がソ連に訴えた時には
旧帝政とは一切無関係と突っぱねたくせして良く言うわと思った
因みに日本は日露戦争時の借款を1980年代までかけて律儀に支払い完済した
153.名無しさん:2017年05月27日 21:16 ID:sYmZMN5J0▼このコメントに返信
※151
こういう実体験に基づいた見解ってかなり説得力あるし、なにより面白いねぇ

船の場合、すでに言われているように、石炭の質によって煙の量と色が全然変わると言うのは必ず指摘されるよね。ロシア艦隊は真っ黒い煙を立ち上らせていて、晴天ならさぞ遠くからよく見えただろうと。逆に英国の上質な石炭を使う日本艦隊は、白い煙がわずかしか立ち上らなかったって話。本当かどうかは知らないけど

それで加速力も最大船速も差が出るとしたら、日本海海戦においてはかなり重要なファクターになったと思う。なぜなら石炭を使う当時の戦艦はさほど航続距離が稼げず、ロシア側は対馬沖までやってきたところでまともに戦闘する意思がなかった。そのままウラジオストクまで辿りつかなければならなかったバルチック艦隊はなるべく巡航速度のまま逃げ切りたかっただろうし、複雑な艦隊行動もとりにくかったはず。それをちゃんと補足して戦闘を強制できたというだけで相手には大きな負担になっただろうし、そんな前提条件だからこそあれだけ一方的な展開になったとも言えるかもしれない
154.名無しさん:2017年05月30日 23:37 ID:weMVccpj0▼このコメントに返信
>この戦争の後に日本とロシアが急接近するのも面白い

日本からロシアへ当時世界最長の無着陸飛行があったり
当時もロシア人はヨーロッパ人からアジア人だとバカにされていたが、その日だけはアジア人であることを肯定したいと
(結局アジア人をバカにしている)

お名前