2017年04月30日 23:20

中国ってなんで元寇以来日本をせめてこなかったんだっけ????

中国ってなんで元寇以来日本をせめてこなかったんだっけ????

644fb67a65a5f7a457df71c944e0dbc0

引用元:中国ってなんで元寇以来日本をせめてこなかったんだっけ?????? [無断転載禁止]©2ch.net
http://vipper.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1491453358/

1: 2017/04/06(木) 13:35:58.309 ID:JNQYYj6M0
うん???

2: 2017/04/06(木) 13:36:43.070 ID:JNQYYj6M0
中国という国は昔はないとかそういうのおいといて

正確にいえば大陸で覇権国家だった歴代王朝

3: 2017/04/06(木) 13:37:14.229 ID:dx3C9Fid0
こりた

8: 2017/04/06(木) 13:42:46.897 ID:yreeUAt+d
ノブヤボやってて北海道とか最後まで取りに行くのめんどいだろ?
そういうこと

9: 2017/04/06(木) 13:43:10.611 ID:15gkRzesp
中華思想なので朝貢してれば攻めてこないぞ

13: 2017/04/06(木) 13:51:35.978 ID:r5tNTX2+r
>>9
日本との貿易を朝貢と呼んでるだけの建前だぞ

10: 2017/04/06(木) 13:43:19.532 ID:K5riCV0L0
元寇ってなんだっけ?

12: 2017/04/06(木) 13:48:37.531 ID:PNuKmKhy0
元寇=モンゴルの手先の「朝鮮人」

朝鮮人やモンゴル人がいなければ終わる

15: 2017/04/06(木) 14:01:24.557 ID:nLzb+V7M0
清の軍艦が寄港して軍人vs警察官はあった

17: 2017/04/06(木) 14:05:21.742 ID:K5riCV0L0
>>15
それ元寇後何年目の話だよ

18: 2017/04/06(木) 14:06:09.007 ID:itBHIK+n0
日本列島は中原に含まれてないからな
元寇は世界征服(中華思想)が完了した後のおはなし

他にあそこまで巨大帝国築いたの無いしな

19: 2017/04/06(木) 14:08:53.119 ID:vCqmxPvG0
日本海とかいう万里の長城以上の防壁。

23: 2017/04/06(木) 14:12:15.660 ID:vCqmxPvG0
赤壁の戦いを見ればわかるが、長江ですら越えて戦うのは大変なのに
日本海を越えて戦うのはとてもできたことじゃない。

25: 2017/04/06(木) 14:13:09.436 ID:PNuKmKhy0
>>23
風土病の免疫とかあるみたい

27: 2017/04/06(木) 14:14:32.431 ID:vCqmxPvG0
>>25
それもあるね。
そもそも日本海を隔てて半別世界みたいなもん。

26: 2017/04/06(木) 14:14:05.795 ID:/5r7a/Um0
中国は基本的に中華の外に興味ない
元は世界征服しようとしたモンゴルだからこっちまで来たわけで

28: 2017/04/06(木) 14:14:48.943 ID:JNQYYj6M0
>>26 今の中国はめっちゃあるけどな

29: 2017/04/06(木) 14:16:36.854 ID:vCqmxPvG0
倭寇(中国人、朝鮮人)はウヨウヨしてたんだけどな。

32: 2017/04/06(木) 14:19:22.069 ID:wQo/bBWs0
>>29
それ日本の海賊も参加してるぞ
倭寇って名前にして日本の海賊だけしかいないような印象操作されてるけどな

34: 2017/04/06(木) 14:22:20.392 ID:vCqmxPvG0
>>32
だんだん日本人の割合は少なくなるよ。

30: 2017/04/06(木) 14:17:38.511 ID:wQo/bBWs0
元寇って高句麗も参加してることはなぜかあまり言われないよね
あるいみ最古のKの法則だよな

31: 2017/04/06(木) 14:18:23.181 ID:oCQMhxHO0
命がけで海を渡って得られるものはないから

35: 2017/04/06(木) 14:23:12.764 ID:UJMMLKm50
交易の方が遥かに儲かるし

37: 2017/04/06(木) 14:24:43.185 ID:vCqmxPvG0
貿易は盛んだったんだよなあ。
だからこそ日本に中国の貨幣である永楽銭が流通したわけで。
貿易の道であり、万里の長城以上の防壁である日本海最高や。

39: 2017/04/06(木) 14:25:59.114 ID:zON3DiB80
攻める力もわざわざ攻める意味もなかった

41: 2017/04/06(木) 14:28:07.069 ID:JERhQh0l0
あの国は常に遊牧民族と戦っている気がする

45: 2017/04/06(木) 14:31:25.425 ID:J4SkP8FR0
>>41
これじゃね?
そんな余裕無かったんだろ
倭寇にすら苦戦するほどだし

44: 2017/04/06(木) 14:30:36.871 ID:G9dLgbp90
北方に常に敵がいて、海で隔たれた日本まで攻め込む余裕が無かった

48: 2017/04/06(木) 14:32:48.255 ID:LG3HGFHe0
常に内乱でそれどころじゃないぞ
今が一番平和だぞ

55: 2017/04/06(木) 14:40:52.076 ID:xrdXfmww0
陸戦に強い国が得したのって20世紀序盤までだよな

69: 2017/04/06(木) 14:56:23.789 ID:AbkPXLLg0
元はともかく、他の中国王朝はヨーロッパの方と戦ってたの?
よく知らんけど、あっちの方を圧倒するくらいじゃないと大陸の覇権とは言えないんじゃないか?
それともユーラシア大陸をヨーロッパ大陸とアジア大陸に分けちゃう考え方?

70: 2017/04/06(木) 15:04:13.713 ID:bHoMtEzj0
中原とその周辺異民族を従えられれば十分だったからな ヨーロッパ諸国と戦ったことはあまり無い
有名なのは唐とアッバース朝が戦ったことタラス河畔の戦いぐらいか (イスラーム国家だけど)
そもそも併合しても本国と遠過ぎてろくに統治も出来ず文化も言語も全く違うヨーロッパなんて攻めてもなんの得にもならない というかそんなの無理

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.通りすがりのキチ:2017年04月30日 23:25 ID:5DXJKMd90▼このコメントに返信
いま巷にアルバイトと称して攻め入って来とるで。ホンマに。
2.名無しさん:2017年04月30日 23:26 ID:GSMV2FC90▼このコメントに返信
正規の軍隊でもない倭寇すら手に負えずに模倣犯が多発したの止められなかったのに攻め込む余力なんてないだろう。
3.名無しさん:2017年04月30日 23:29 ID:r44RkZzA0▼このコメントに返信
日本は毎年内戦してるけどいざ海外からの脅威が来たら団結する
中国大陸は普通に争ってるから隙を見せたら終わる
4.名無しさん:2017年04月30日 23:34 ID:8xCsQ3.x0▼このコメントに返信
元寇がモンゴル帝国史上最悪レベルの遠征失敗だったからそれ以降割に合わんっていう認識が確定したんやろ
明の朱元璋も初期倭寇の親玉とされる九州の南朝征西府に脅しつつ服属求めたら「来るならこいやボケ」って返されてブチ切れたけど結局攻めなかったって話があるしな
まあ結局征西府はその後北朝に対抗するために方針変えて明と通交してるが…
5.名無しさん:2017年04月30日 23:35 ID:CrirGdbN0▼このコメントに返信
簡単に言えば、最後に日本に攻めて来た時に多くの戦力を失った為、内乱が勃発
日本に攻めるような暇がある勢力が誕生しなかった
日本に攻めるくらいなら隣の国を攻める、日本を攻めるような動きがあったらその国を別の国が狙う

故に日本に攻めてくることが無かったというか、出来なかった
6.名無しさん:2017年04月30日 23:35 ID:Z.UDgq5z0▼このコメントに返信
>>有名なのは唐とアッバース朝が戦ったことタラス河畔の戦いぐらいか

その大戦で全盛期の唐王朝が大敗北を喫してから中華文明の輩共(万里の長城の中の奴等)にとって西方は鬼門になったんだゾ
御家騒動でめちゃくちゃだった弱小アッバース朝に唐の大軍勢が一方的にボコられたんだもの しかも唐が負けたから当時中堅位の勢力だったイスラム教が近代まで続く様な大勢力になっちゃった訳だし
モンゴルの場合は「ハーン」の代名詞が語る通り、チベット仏教の庇護者・草原社会の雄だったので長城の中に引き籠ってた奴等と違って世界を見渡せたからこその大遠征

元寇の後に大量発生した前期倭寇(日本人主体)に支那大陸&半島は200年近くボコられる始末で、元王朝から変わった明王朝は再三足利幕府に対して倭寇退治要請を出すけど無視されると つまり「武を以っての海洋進出」は前期倭寇と後期倭寇(大陸人主体)のせいで無理ゲーだったのが真相
7.名無しさん:2017年04月30日 23:37 ID:kfv2.0K60▼このコメントに返信
中華は歴史的に『共食い』に忙しい
8.名無しさん:2017年04月30日 23:38 ID:YhRlG.PR0▼このコメントに返信
当時の中国にとっては中華思想的に日本は辺境の地だし
9.名無しさん:2017年04月30日 23:38 ID:eJGDrtDP0▼このコメントに返信
高句麗じゃなくて高麗な
10.名無しさん:2017年04月30日 23:41 ID:R7kjE0gR0▼このコメントに返信
わかり松。という方のブログ読むと良くわかりますよ。
未だ元寇は続いている、という事になります。騙されたと思って「わかり松。」という方のブログ読んでみて下さい。

目から鱗が落ちるかもしれません。
11.名無しさん:2017年04月30日 23:42 ID:oVfN9RKw0▼このコメントに返信
※1
それな
12.名無しさん:2017年04月30日 23:43 ID:LQXvRChg0▼このコメントに返信
ビタミンC何かを摂取し無いで要ると起こる健康状の異常が最初の日本侵攻時に起きて酷い事に成ったと聞いたけど
13.名無しさん:2017年04月30日 23:43 ID:..hDblwL0▼このコメントに返信
むしろ中国っていつも攻められる側でしょ
昔は遊牧民、近代からは白人と日本
14.名無しさん:2017年04月30日 23:45 ID:XTItjIcS0▼このコメントに返信
日本を攻めるのに武器はいらん
日中友好が好きな議員、官僚、マスコミ、学者、を取り込んで行けばいい
15.名無しさん:2017年04月30日 23:45 ID:wYFS.hqX0▼このコメントに返信
そもそも元寇はモンゴルであって中国ではないんですが……
16.名無しさん:2017年04月30日 23:46 ID:Vq.ivtI20▼このコメントに返信
中国は伝統的に海の向こうには関心がない、澎湖諸島を占領されたら台湾と交換するくらいだから、
島の価値よりも大陸からの距離のほうが重大なのだろう。
17.名無しさん:2017年04月30日 23:48 ID:Q.3e0Akh0▼このコメントに返信
朝鮮ベトナム琉球までが中華の覇権内
その外に手を出したモンゴル帝国が歴史的に見て異常だっただけ
18.民間陸軍:2017年04月30日 23:48 ID:axt6Ps4w0▼このコメントに返信
中国じゃなくて,漢民族は,農耕系
モンゴル人は遊牧民
漢民族は,農耕民で都市国家を築き周囲を城壁で固めて,
荒々しい遊牧民が入って来れないように頑張ってきた
メガネ系文系民でもある.
だから,文書で妄想癖が習性になってしまった.
引きこもりだからね
一方の遊牧系は,白人もいたし,馬に乗って走り回る.
機動力があり,さまざまな地方に行くから世界観が広い
でも,都市化しないから,文系的な文明を開花させる能力に欠ける.

漢民族の防御法は,万里の長城が基本.
城壁が,自分のたち(中原)から遠ければ遠いほど安全だと認識する.
その為に,城壁を,より外側に築こうとする.
日本列島や沖縄侵略も,城壁として遠くて安全だから,という精神的理由もある.

遊牧民が日本列島を欲しがったのとは意味が違う.

19.名無しさん:2017年04月30日 23:48 ID:Cv0y4h9h0▼このコメントに返信
元冦ってモンゴルであって中国ではない。中国はそもそも日本にまでわざわざ攻めて来たことがない。陸続きの朝鮮半島や東南アジアですら殆ど攻めてないのに。
20.名無しさん:2017年04月30日 23:50 ID:ID8GckiQ0▼このコメントに返信
加藤清正「兵站しっかりしろよ 石田!五奉行!」
石田三成「おまえ、なんで女真族の領土までいってるんだよ…考えろよ……」
21.名無しさん:2017年04月30日 23:51 ID:.C5KOCgk0▼このコメントに返信
朝鮮に騙されて攻め込んだけど何の利益も得られなかった(モンゴル談)。
22.名無しさん:2017年04月30日 23:55 ID:S8iTvXIF0▼このコメントに返信
まあ…日本に来ても苦労の割にメリットが無いからね
しかも間に海があるおかげ
日本海は荒れるから…
更に中国歴代の王朝は東夷と日本を呼び野蛮人として扱ってたし
朝鮮とかも完全に侵略せずに臣下の礼をとらしただけだったから
支配下に置いても面倒だったのでは?
23.名無しさん:2017年04月30日 23:56 ID:t17Xlha50▼このコメントに返信
特亜のサゲチンぶりって凄いよね
24.名無しさん:2017年04月30日 23:56 ID:GSMV2FC90▼このコメントに返信
※21
唆したなら分かるけど騙したってなんだろうね?
25.名無しさん:2017年04月30日 23:56 ID:Q.3e0Akh0▼このコメントに返信
中華帝国の正規軍と日本の正規軍が直接戦ったのは

・白村江の戦い
・元寇
・朝鮮出兵
・日清戦争
・日中戦争

有史以来でみてもこんなもんしかない
地理的に近接している大国同士としては相当少ないと言っていい
26.名無しさん:2017年04月30日 23:58 ID:rRgPLwMF0▼このコメントに返信
モンゴルはもともと日本に興味なかったけど、朝鮮がしつこく攻めろ攻めろいうて、騙されて攻めたら大損こいたのでやめた
モンゴルは昔から朝鮮を飼ってた連中とは違うから騙されたけど、それ以降はもとの飼い主だから朝鮮の言うことは嘘ばかりなので相手にしなかった
27.名無しさん:2017年04月30日 23:59 ID:GSMV2FC90▼このコメントに返信
※26
それは唆す、だろ?間違った情報を与えるのが騙すって事ね。
28.名無しさん:2017年05月01日 00:00 ID:wial.Jth0▼このコメントに返信
基本、内陸を警戒してる国だから。南北対立とかね。
宋は例外として、海の向こうにあまり関心ない。
台湾なんか150年前までほったらかしだったし。

今は違うから要警戒。
29.名無しさん:2017年05月01日 00:01 ID:ytRQtDbX0▼このコメントに返信
もともと元の幹部連中は反対してたけどね
日本の人口の多さや武装レベルと戦闘意欲の高さ、増援と兵たん輸送の困難、造船における木材の不足等々
クビライが高麗の忠列王に煽られて勘違いしちゃっただけ、渡海侵攻の難しさは中世も現代も変わらないよ
30.名無しさん:2017年05月01日 00:03 ID:4nQdjsl40▼このコメントに返信
>30
>元寇って高句麗も参加してることはなぜかあまり言われないよね

高句麗はとっくに滅んでるし民族が違う
お前みたいな中途半端な知識で語るバカが左翼に付け入るスキを与えるんだよ
31.名無しさん:2017年05月01日 00:04 ID:kdWGggPG0▼このコメントに返信
常に華人と異民族とで戦っていたからだろ
元寇は異民族によるものだから、華人には能力的に無理ってことだな
32.名無しさん:2017年05月01日 00:04 ID:mqoN.dHE0▼このコメントに返信
※26
それは半島に染まりすぎ、そもそも朝鮮じゃないし、
良く知らないけれど何でも朝鮮が悪いと言いたくなるのは
いわゆる暗黒面の可能性があるよ、気をつけよう。
これまでいわれて気をつけた人はいないけれど念のため。
33.名無しさん:2017年05月01日 00:05 ID:WsYix3q.0▼このコメントに返信
だって 日本の戦国時代なんて 日本の全戦国武将が持っていた鉄砲の数がヨーロッパすべての国の鉄砲の数より多かった事実を日本人が知らない。
当時日本は世界一の軍事国家だったんですよ。ましてや 最初は輸入されていた鉄砲も日本独自の技術で性能からしても当時のヨーロッパの鉄砲技術に引けを取らないほどの性能を持っており 戦闘能力からみても世界有数の能力を持っていたそんな国に好き好んでけんかなど挑もうはずもない。
34.名無しさん:2017年05月01日 00:06 ID:wm.AqBFR0▼このコメントに返信
結局大正義日本海
大陸は常に戦争のリスクが高いしな
島国の日本は割と安定させやすいしそうなると逆に半島に攻めたくなって来るっぽいし
35.名無しさん:2017年05月01日 00:07 ID:ytRQtDbX0▼このコメントに返信
モンゴルと中国は違うっていうけど中国の教科書には中国の英雄として紹介されてる
36.名無しさん:2017年05月01日 00:08 ID:89Cun.oN0▼このコメントに返信
まあ攻めるには遠すぎたのが大きいな。
泳いで渡れるイギリスとは違う。
37.名無しさん:2017年05月01日 00:08 ID:x8V7IKum0▼このコメントに返信
遊牧民族最強だったのは割りと大きいと思う。
いつの王朝でも、馬と弓を使う北の遊牧民族に怯えてたから、島国どころじゃなかった。
38.名無しさん:2017年05月01日 00:09 ID:WciNgBdD0▼このコメントに返信
※32
いや、あれはチォン猿のせいだよ。
39.名無しさん:2017年05月01日 00:11 ID:3tJC5K.P0▼このコメントに返信
※32
朝鮮王が唆したのは事実だよ。もし軍勢を向けてくれれば助力して日本を侵略しあなたの支配下にして見せますって要請した
歴史を悪いとか良いとかで判断するあなたこそ大丈夫か?
40.名無しさん:2017年05月01日 00:11 ID:89Cun.oN0▼このコメントに返信
あと橋頭堡として朝鮮半島を占領する必要があるけど
地域はなんだかんだで中国にはならないんだよね。
朝鮮半島と日本を両方占領し続けるのは至難。
41.名無しさん:2017年05月01日 00:12 ID:3tJC5K.P0▼このコメントに返信
※40
三跪九叩頭の礼って知ってるか?朝鮮王決めてたの朝鮮じゃないからね?
42.名無しさん:2017年05月01日 00:16 ID:rWrwyqpr0▼このコメントに返信
中国の軍事力は古来から大陸の異民族に向けられていたからだろう。
漢民族にとってアジアの騎馬民族こそが最大の敵だった。

技術の進歩により騎馬民族が有力な武力を持たなくなった20世紀になって、
やっとこさ中国の軍事的な視線が東、東南の海洋地域に向きだした。

嫌な時代になったものである。
43.名無しさん:2017年05月01日 00:16 ID:WciNgBdD0▼このコメントに返信
※40
朝鮮半島は古代は中華と日本、中世は中華王朝のものであってフリーパスでなんぼでも通れる地帯だぞ。
44.名無しさん:2017年05月01日 00:17 ID:j51jUyNY0▼このコメントに返信
室町から江戸末期まで、しばらくは普通に国交があったじゃないか。
45.名無しさん:2017年05月01日 00:17 ID:W2ItmR8s0▼このコメントに返信
そもそも島にこだわり始めたのがここ最近というオチw
46.名無しさん:2017年05月01日 00:18 ID:ytRQtDbX0▼このコメントに返信
倭寇に手を焼いたのは当たり前、初期以外は自国民のなりすまし海賊だからね
日本だって869年貞観の韓寇から何度も九州西部を荒らされてるし海賊対処は難しいよ
47.名無しさん:2017年05月01日 00:19 ID:yEBXUdxC0▼このコメントに返信
当時アメリカ大陸も知らなかったワケだし、攻め込むメリットがまるで無い
ただの辺境の島国だし
48.名無しさん:2017年05月01日 00:19 ID:fNNZ3JfR0▼このコメントに返信
フビライハンは中国大陸を牧草地帯にしたかったみたい
しかし穀倉地帯でおいしいコメを食べたのので気が抜けたとか?
49.名無しさん:2017年05月01日 00:19 ID:wm.AqBFR0▼このコメントに返信
ナチスもドーバー海峡でこけたしな
海は偉大
アメリカとかどうやったら攻略できんだあれ
50.名無しさん:2017年05月01日 00:20 ID:eR7MIFgF0▼このコメントに返信
結局 モンゴルが半島から去って半島人も後ろ盾がいなかった。またさらに明になって半島は抑制され生気を失って海を渡って日本を攻めるどころの話ではなくなっていた。そのうち逆に豊臣に攻められ、日本は怖いと思っていた。さらに清国になって半島はさらに厳しく抑えられ、産業も 科学も衰退の一途をたどった。1886年清国の軍艦が長崎に寄港し水兵が横暴を働き警官らと争いが起きた。双方多くの負傷者がでた。この事件が済んで
次の訪問では外交取り決めができ争いはなかったが 清国が軍艦に日本の軍人らを招待したために内部構造、水兵の練度の低さを日本側に覚られ、日清戦争で清国が負ける一因となった。それまで江戸時代でも組織的ではないが海賊同志の戦いは結構あった。江戸時代でも倭寇は頻繁に大陸を侵していた。たしか英国の海軍と江戸初期に倭寇が戦い 勝った話を聞いたことがある。鎖国中のことだ。おそらく幕府も全部把握はできなかっただろう。
鎖国中ベトナムから嫁さんを連れてきた武装商人がいたらしい。
51.名無しさん:2017年05月01日 00:23 ID:3M91Ar9U0▼このコメントに返信
元寇なんてのは従属させられたテョンが自分より下が欲しくてフビライそそのかしただけ。
昔から反日だっただけだぞ。
52.名無しさん:2017年05月01日 00:26 ID:REJoTMGf0▼このコメントに返信
秀吉の朝鮮出兵の後処理をマズってたら来たかもしれない
53.名無しさん:2017年05月01日 00:30 ID:3tJC5K.P0▼このコメントに返信
むしろ日本と国境を接したくなかったから朝鮮が属国のままで残ったまであり得る。
54.名無しさん:2017年05月01日 00:30 ID:Nyz6F02T0▼このコメントに返信
明国「もう、やめよう」
豊臣「そうだな」
…からの帰り支度してた豊臣軍に
不意打ちした李舜臣

島津に返り討ちにされてざまぁない
55.名無しさん:2017年05月01日 00:31 ID:SNI9VpyX0▼このコメントに返信
日清戦争も、長崎清国水兵騒擾事件あたりから始まっていますし。
56.名無しさん:2017年05月01日 00:31 ID:wRsr55IH0▼このコメントに返信
思うに、橋頭堡として使う朝鮮半島が貧乏すぎたんじゃねーか?
日本攻めれる規模の軍団の兵站を支えられんだろ
57.名無しさん:2017年05月01日 00:35 ID:RD69duBf0▼このコメントに返信
まず中国大陸を曲がりなりにも統一するのがキツイ
そして統一したらしたで統治して安定させるのがまたキツイ
そうこうしている内に内紛からの別王朝誕生って寸法
中国の王朝は100年位しかもたないし長くても200年くらいしか続かないからな
その間に海をへた日本まで行くのは相当むずい
58.名無しさん:2017年05月01日 00:36 ID:CHiXcBtt0▼このコメントに返信
国内情勢の対応で日本にまで向ける暇もなければ日本を取る理由も無かったんだろ。
59.名無しさん:2017年05月01日 00:38 ID:3tJC5K.P0▼このコメントに返信
※54
戦ったら負けるから出兵を何度も断ったんだぞ?しまいには投獄されて半ば以上無理やり日本と戦う事になった。
半泣きキャラにしたら人気爆発間違いなしの割と不遇の人物。
60.名無しさん:2017年05月01日 00:40 ID:Z11WQSSc0▼このコメントに返信
中国は全方位で戦争して陸上の戦争で手一杯になる、ただし、近年海軍も増強中だから過去は参考にならない。
61.名無しさん:2017年05月01日 00:41 ID:Q1OEazN20▼このコメントに返信
中原の外に興味なかったんだろ。あそこが世界の中心なんだから、そこから遥か遠い日本なんて辺境もいいとこだったんじゃない?
62.名無しさん:2017年05月01日 00:42 ID:gheye.n50▼このコメントに返信

やはり、偏見は別に置いておいて、大きいのは朝鮮半島だと思いますよ。
歴史的にみて大国であり続けた中国と、日本とが地政的に近かったのは事実ですし、
中国の大軍が東シナ海を渡航して直接上陸作戦をすることが難しいことからも、
朝鮮半島を渡っての日本侵攻の難易によるのでしょう。
少なくとも16世紀頃の日朝の人口比・石高比は、1/3~1/4というケタだったようで、
あの面積としては地域としては痩せた土地柄のだったでしょう。
そんな不毛な緩衝地帯があったからこそ、中国の日本侵略は2000年にわたって
わずか1度だけで済んだとも言えますし、逆にこの地域が豊かであったのなら、
中国が大きく影響を与えて重要視する地域となって、日本への頻繁な交易・侵攻が
あり得たでしょう。

63.名無しさん:2017年05月01日 00:43 ID:.z.gO8C.0▼このコメントに返信
攻めてきてる定期

日元戦争 元寇>日本
日明戦争 唐入り<日本
日清戦争 清>日本
日中戦争 中華民国>日本

明以外全部中国側から攻めてきて、返り討ちがお約束
こうして考えると、我が国は歴代大陸勢力と毎回大戦争する関係だな
歴史をみる限り中華人民共和国との戦争の可能性は排除できない

日本を配下に置こうとした元のスケールはデカイが、やはり夢想的すぎた
大陸制覇を掲げておきながら最終的に朝鮮南部支配に落ち着いた豊臣
李朝掌握のための半島制圧作戦で日本に叩き返された清
上海決戦で完敗の蒋介石と近衛のバカのせいで泥沼化する大陸

なんか毎回しょぼいが、さて次回はどうなる事やら
先制核攻撃で日本が丸ごと更地にされては困るので、報復核はほしいところ
日米同盟は捨てらんねーな
64.名無しさん:2017年05月01日 00:43 ID:wm.AqBFR0▼このコメントに返信
陸に気を使わないといけない国が海軍も強くしたら破産する
まあ日本単体だったらあれだけどアメリカがバックにいるから攻められんわな
アメリカも太平洋がかかってるし
65.名無しさん:2017年05月01日 00:46 ID:ASGd1Rv.0▼このコメントに返信
常に内乱で滅んでる学ばないしょっぱいイメージが染みついた
66.名無しさん:2017年05月01日 00:48 ID:Nyz6F02T0▼このコメントに返信
倭寇とかいう日本海賊にやられっぱなしの挙句
何故か、その意識を引き継いで
ネオ倭寇やってるあたり吹くわ
67.名無しさん:2017年05月01日 00:49 ID:rTT5AbU60▼このコメントに返信
元々モンゴル帝国は衰退期に入って居た。
そこで延命する為、あちらこちらに戦争を吹っ掛けて国内の不満を外に向けさせて挙国一致の体制に持って行こうとしたが、どこもロクな戦果を上げられず、ベトナムに至っては大敗を喫して徒に国を疲弊させただけで終わった。
そしてモンゴル帝国の命運は尽きたのだった。
68.名無しさん:2017年05月01日 00:49 ID:WgtAIouF0▼このコメントに返信
明は日本を不征としていたはず。自分達はなんとかモンゴルを北に追い返したがべつに滅ぼしたわけでなく北元があるのに2回もモンゴルを撃退した国に攻め込む意味がない。後になってから日本のほうから攻めてきたが朝鮮半島という消耗していい盾があったから直接被害は受けなかったけど莫大な額の国家予算がなくなり明が傾く原因の一つになった。
69.名無しさん:2017年05月01日 00:52 ID:WciNgBdD0▼このコメントに返信
※62
無理やりすぎるこじつけワロタw

チォン猿が劣等すぎたのはともかく、
中華が日本を攻められなかったのは単に日本が強大国すぎただけ。

そもそも昔の中華諸王朝の国力って「唐」と「元」が別格だったくらいで
あとはそれほどでもない。

日本はその気になれば外征して大陸の支那人をボコれるほどの国力保持した大国だったけど。
70.名無しさん:2017年05月01日 00:52 ID:rKIjJAyZ0▼このコメントに返信
海軍がなかった。
だから日本に限らず、海洋進出(侵略)をしたことがない(最近までは)。
中国は伝統的に海の向こうは暗黒世界だと思っており、そもそも興味がなかった(例外は徐福や華僑が出港した福建省)。
だから羅針盤を発明したり、鄭和が大航海をしても大航海時代は来なかった。
中国で船と言えば、ほとんどが川船か沿岸航行する沿洋船で、大洋を渡る航洋船は最近までなかった。
元寇の時の水軍は高麗軍と旧南宋水軍だった。
モンゴル兵は騎馬民族なので船を操ることができなかった。朝鮮の江華島にさえ上陸できなかったくらいだから。
ちなみに中共軍が台湾攻略に失敗したのも海軍がなかったせいだといわれる。
71.名無しさん:2017年05月01日 00:53 ID:Fwdd3VPE0▼このコメントに返信
自民党の二階の祖先が、日本を無血占領させる話しでもしていたから
無理に日本へ攻め込む必要性が無かった。うん。
72.名無しさん:2017年05月01日 00:56 ID:X2VsoZ8d0▼このコメントに返信
日本に大敗したから

中国皇帝は日本に手を出すなと家訓を残すほどだった
73.名無しさん:2017年05月01日 00:56 ID:OKJxNW5I0▼このコメントに返信
金食い虫の戦争より貿易で儲ける方が美味しいだろ?
74.名無しさん:2017年05月01日 00:57 ID:.RvHC.R.0▼このコメントに返信
※64
仮にいますぐアメリカが手を引いても脆弱な中国の国力と中国海軍のレベルでは日本侵攻どころか
三日で壊滅する。外貨依存国が主要通貨国に喧嘩売っても滅亡するだけ。

そもそも日米同盟なかったら日本単独で中国・ロシア・半島まとめて殲滅できる軍事大国化してるだけ。
75.名無しさん:2017年05月01日 01:01 ID:X2VsoZ8d0▼このコメントに返信
元と朝鮮の連合軍を水際で食い止めた日本のサムライ
日本のサムライにたった一月で首都まで陥落した朝鮮
明が出てきても兵站が尽きたサムライと互角

軍隊の強さで言えば
日本=獅子
中国=牛
朝鮮=ウジ虫
76.名無しさん:2017年05月01日 01:06 ID:rTT5AbU60▼このコメントに返信
清王朝は陸軍国で大陸の広範囲を制覇したが、海軍力は貧弱だったようだ。
台湾すら文明圏外の地と決めつけて支配する意欲が無かった。
(台南には明の遺民が立て篭もって居た)

そんな清国に日本を侵略する能力があっただろうか?
太平洋方面進出に関する課題はそのまま放置され、清末のアヘン戦争後に海軍力を整備し出したが、当時新進気鋭だった日本海軍に撃破され、袁世凱の裏切りに有って清はそのまま滅びる。

77.名無しさん:2017年05月01日 01:08 ID:YoNfNPlZ0▼このコメントに返信
あの時代は船を大量に拵えてまで海を渡って攻め込むとか無駄でしかないからな~。
食料やら武器・人員と膨大な数を用意できても一定の文化を持った国だと攻め込むほうが不利だからな。
78.名無しさん:2017年05月01日 01:09 ID:v47m.ECa0▼このコメントに返信
※52
それは無い。
唐入りで明は大きな人的、経済的損失を受けてるし、なにより10数年後に女真族相手の「サルフの戦い」で大惨敗してる。
また、島津の琉球侵攻に対しても直接介入しなかった訳だし。
79.名無しさん:2017年05月01日 01:09 ID:M8DKj2cN0▼このコメントに返信
一応、中華思想では中原が最高の土地であり、それ以外の土地は割とどうでもいいと思ってるからな
元寇も中華思想の薄いモンゴル人朝廷だし、長崎事件(国家の軍事行動ではないが)も満州人朝廷だしな
共産党は割と統一上手く行ってるから外部に目を向けてる特殊な朝廷だが、基本的に中華思想にとっては中原以外の土地はそこまで魅力的なものではない
80.名無しさん:2017年05月01日 01:17 ID:X2VsoZ8d0▼このコメントに返信
いちおう明は海外に目を向けてた
鄭和の船団は結構すごい
ただ占領して植民地するって考えは少なかったようだ

元はマジで日本を攻めた
でも大敗北であっさり諦めた
81.名無しさん:2017年05月01日 01:20 ID:yy9JZDi70▼このコメントに返信
唐や元より宋や清の方が普通に豊かで発展してたと思う
82.名無しさん:2017年05月01日 01:21 ID:Igm3Re310▼このコメントに返信
応永の外冦で朝鮮が対馬占領に成功し、九州の大名が反撃に出れば、
永楽帝に援助を求めて鄭和艦隊の一部を送るくらいのことはあったかもしれない

南シナ海の台風に耐える外洋船、長期航海に慣れた船員、海賊やセイロン王を返り討ちにした
実戦経験もある世界初の海軍力で日本海側の港を片っ端から焼き討ちされると
占領されなくともかなり厄介
83.名無しさん:2017年05月01日 01:28 ID:EK.cUO0H0▼このコメントに返信
元寇というのは高麗王が一緒に日本を攻めるニダって言って始まったからな。
実際はテョンの侵略。
84.名無しさん:2017年05月01日 01:29 ID:iDJX37Do0▼このコメントに返信
植民地思想はあんま無いお国柄だからな
朝貢してくれりゃ得意気になって差し出したもん以上のもの返して国家財政傾く馬鹿っぷりだし
中華思想を擁護するわけじゃないが、ヨーロッパの侵略思想よりは遥かに度量デカい考え方だとは思う
中国共産党じゃなければそこそこ好きになれる国
85.名無しさん:2017年05月01日 01:34 ID:V5xK0w8c0▼このコメントに返信
日清戦争「」
86.名無しさん:2017年05月01日 01:34 ID:L8Lm5HLu0▼このコメントに返信
鉄道や電信・電話がない時代だと維持できる国のサイズに限界があるんだろ。
最強最大のモンゴルも分裂してったしな。
87.名無しさん:2017年05月01日 01:40 ID:v47m.ECa0▼このコメントに返信
※81
南宋の経済発展はすごかったw
北方に金やモンゴル諸族という侵略的な敵性勢力がありながら商業、貿易が大活況を呈してるし
ただし、南宋の軍隊は膨大な人員を持つ正規軍は貧弱で、岳飛に代表される地方軍閥に頼らざる得なかったけど
88.名無しさん:2017年05月01日 01:45 ID:aOrLVscD0▼このコメントに返信
日本を攻めるより、自国の政敵を潰すほうが大事。

支那人を最も虐殺しているのは支那人民。
天安門でもそれは同じ。
一族皆殺し。
里ごと皆殺し。

今でも政敵はぶっ殺す。
89.名無しさん:2017年05月01日 01:56 ID:ZgXArV9V0▼このコメントに返信
物理的 軍事的に難しいこともあるし、
中華思想の問題が大きいだろうな
基本的に中原を中心とした中華世界を、完璧に統治できれば充分かつ至高であって、
周辺蛮族など自然に中華に従う事になると思っていた。
中華世界の完璧な完成というものが、近代までついに成し得なかったという事で。
そして今の共産党はそれを実現することを目指している

あまりにも原始的な覇権思想に頭がクラクラするが、これが現実だと思う。

90.名無しさん:2017年05月01日 01:59 ID:xozmMcs60▼このコメントに返信
精神が弱いからずっとビビってた。今でもビビってる。元寇が2回あった以外は中国は日本を攻めたことがない。モンゴル人が少し勇敢だった以外はすべての中国はビビり。日本が怖いのさ。
91.名無しさん:2017年05月01日 02:12 ID:xvDEJPbX0▼このコメントに返信
中国って基本的に内陸国家だって証明でもありますよね、この話題。

東洋史で修士もらったけど、歴代中国で海に出た人で有名なのって、秦の徐福か明の鄭和くらいしか思い付かないもんねぇ。今は1つの中国ってやかましい台湾だって、明治には“化外の地”っつって日本からの責任追及逃れようとしたし。

現状の中共の支配地域ですら、歴史的に言えば漢民族の支配版図を越える=統治能力以上の限界状態なんだと思いますよ。それを越えて維持しようと無理をすれば、外患(昔なら遊牧民、今なら米露?)でやられるか、内憂(今も昔も変わらないのは地方勢力、でも今は宗教も絡むか?)で崩壊するか。ま、前例に則るなら、殆ど内憂で壊れて、外敵に滅ぼされているんですけどね。
92.名無しさん:2017年05月01日 02:21 ID:6RmsK42q0▼このコメントに返信
泳げないんだから船使ってまで支配できないでしょうに。
そういうことは蓮舫に任せておけばいい。偽装日本国民みたいな感じでかるいかるい。
93.名無しさん:2017年05月01日 02:38 ID:y7zDPKcU0▼このコメントに返信
元の次の明からは貿易相手国だったから攻める理由があまりない
94.名無しさん:2017年05月01日 02:40 ID:n9Zf2xxH0▼このコメントに返信
中国ってなんで元寇以来日本をせめてこなかったんだっけ????

正確には、元寇以来、少数による断続的侵入により、年月とともに知識層で多数派を占めるまでに至った。

つまり、外部からのアタックという既成事実を鵜吞みにせず、実際は、内部への浸食活動の経緯から鑑みたほうが、歴史的ないし文化的事実である。
95.名無しさん:2017年05月01日 02:45 ID:BChq7y0g0▼このコメントに返信
※93
明が日本征服を検討してるけど、日本に来た宣教師と同じ見解して諦めてる。

武士の台頭で日本が貴族支配から戦闘集団に脱皮した事が大きい。
96.名無しさん:2017年05月01日 03:26 ID:BHgF.R420▼このコメントに返信
まぁ、3度目の侵攻企ててたらしいけどどうしても戦費が捻出できずにフビライが逝って、さらに2度の失敗が国力を大きく衰退させた結果明に取って代わられたんだっけ?
後は※95のおっしゃる通りだと思うけど。
97.名無しさん:2017年05月01日 03:40 ID:XABvLDi.0▼このコメントに返信
なんか昔の日本人は傷を負っても多勢に無勢でも死ぬまで攻撃してくるから
面倒だからあんま揉めちゃ駄目ってくらい凶暴だと思われてたとかなんとか
98.名無しさん:2017年05月01日 04:04 ID:HSNqv0890▼このコメントに返信
「拉致被害者救出活動」に一生懸命取り組む人々に対して、

ネト.ウヨたちは「半島にいる日本人はすべて裏切り者」「トランプさん、半島ごと焼き払って下さい」と※していた。

ネト.ウヨは、バカなの?
偏差値が3なの?
99.名無しさん:2017年05月01日 04:05 ID:pRNNgP8a0▼このコメントに返信
日本兵が試しに江華島を攻めてみたら、数人で攻め込んだだけで大勢の朝鮮兵が武器放り投げて逃げ出したって話があったけど
ちょっとお笑いだなw
100.名無しさん:2017年05月01日 04:05 ID:R1PvNeSc0▼このコメントに返信
清国が長崎に乱入した事件があったから、ちょっと違う
101.名無しさん:2017年05月01日 04:12 ID:w.vwiv.q0▼このコメントに返信
そもそも元寇が中国を侵略された結果としての余波だから。
大陸の大国が異民族に支配されるのは伝統行事
102.名無しさん:2017年05月01日 04:46 ID:uML67xXL0▼このコメントに返信
朝鮮王が元を唆した説は間違いだぞ。実際は日本海の荒波見せてこの海越えなきゃならんのですぞと言って諦めてくれるのを待ってた。真の戦犯は黄金の国ジパングの噂を広めまくったイタリア人マルコ・ポーロ。
元寇はあの二回だけでなく4、5回と何度も計画されててその準備のために必要な木材を切るために高麗も宗もはげ山になり土砂崩れはおきるは川の水量は減るはでかなりダメージをくらった。ので日本侵略は船用意する地点でリスクがでかすぎるという結論に至りそれ以降はなくなった。
103.名無しさん:2017年05月01日 04:57 ID:0Pad7Jlm0▼このコメントに返信
1.単なる偶然.
2.戦国武士の存在.
といった所では?
104.名無しさん:2017年05月01日 05:03 ID:wXaV.cwE0▼このコメントに返信
元の後はそこまで強い国が無かったのでは
清は大きかったけど、モンゴル帝国と比べたらたいしたことないし
105.名無しさん:2017年05月01日 05:12 ID:qVgC3eQm0▼このコメントに返信
なお、二度とも乗り気でない元を口八丁で唆した劣等民族がいるらしいw
悔しいニダ!
106.名無しさん:2017年05月01日 05:12 ID:Yczf9OJB0▼このコメントに返信
高麗人(朝鮮人)が暗躍すると目的が達成できないから、そもそも日本進攻を止めたんだね。
107.名無しさん:2017年05月01日 05:32 ID:MnlbvwNK0▼このコメントに返信
※32
横からすまんが・・・よく知らないと言いながら、彼のことを一方的に間違いと決め付ける君もどうかと思うが、自分で矛盾に気付かないの?
108.名無しさん:2017年05月01日 05:34 ID:R1PvNeSc0▼このコメントに返信
>>102
間違いじゃないぞ、ケシクという親衛隊的立場として高麗王族は近侍していたが、日本遠征を唆したのは本当だよ、国内の矛盾の解消に元軍の外征を利用して日本征服の余得にあずかろうという戦略だったんだよ

適当なことをいってはいけないよ、『高麗史』には忠烈王がモンゴルに日本侵攻を働きかけたとの記述がある。
109.名無しさん:2017年05月01日 05:45 ID:R1PvNeSc0▼このコメントに返信
高麗王国は、王が征東等処行中書省の副丞相に就任し、日本の支配者に成れる予定だった

高麗王族の阿剌帖木児とか参画してるし、『元史』『高麗史』によれば、第一次日本侵略の1274年の際には、高麗王忠烈夫妻へ戦利捕獲品として捕虜の少年少女200人が奴隷として王宮に連行されて献上されたりしているしね

110.名無しさん:2017年05月01日 06:04 ID:PIonHfkr0▼このコメントに返信
遠征を最初に勧めたのが高麗出身の官僚や高麗王だったのはあってるけど、日本への使者の派遣段階になると何故かチキって
大した理由無しに長期間使者の出発を遅らせて「早くしろ」ってフビライに怒られてるんじゃなかったっけ
2回目の遠征や3回目以降の計画では高麗が「もう国力ボロボロ、無理」って泣き言言うのをフビライ「うるせえ!行こう!!」って構図になってたはず
111.名無しさん:2017年05月01日 06:18 ID:F3R5ziPM0▼このコメントに返信
※2
もともと倭寇って呼ばれていたのは元寇の再奇襲を警戒しての強行偵察&報復を目的にしていた対馬や壱岐の正規軍だよ
112.名無しさん:2017年05月01日 06:23 ID:R1PvNeSc0▼このコメントに返信
高麗王国軍司令官金方慶はかなり士気も高く連戦勇戦したな、

流れとして敗退が決して元軍総司令官である都元帥のクドゥンや右副都元帥の洪茶丘らが撤退しようとした際にも、『高麗史』金方慶伝によると、金方慶「兵法に『千里の県軍、その鋒当たるべからず』[191]とあり、本国よりも遠く離れ敵地に入った軍は、却って志気が上がり戦闘能力が高まるものである。我が軍は少なしといえども既に敵地に入っており、我が軍は自ずから戦うことになる。これは秦の孟明の『焚船』や漢の韓信の『背水の陣』の故事に沿うものである。再度戦わせて頂きたい」と主張してる

要は、元軍は撤退したがったが高麗王国軍は日本征服戦争の継戦を主張したんだ、司令官に選ばれるだけあって繊維旺盛だったね。

『高麗史』によれば「都督使・金方慶率いる高麗軍(三翼軍)の一翼である中軍に日本兵が攻撃を仕掛けてきたが、金方慶は少しも退かず、一本のかぶら矢を抜き厲声大喝すると、日本兵は辟易して逃げ出した。追撃した高麗軍中軍諸将の朴之亮・金忻・趙卞・李唐公・金天禄・辛奕等が奮戦したため、逃げ出した日本兵らは大敗を喫し、戦場には日本兵の死体が麻の如く散っていたという[189]。元軍の総司令官である都元帥・クドゥンは「蒙古人は戦いに慣れているといえども、高麗軍中軍の働きに比べて何をもって加えることができるだろう」と高麗軍中軍の奮戦に感心した。と言うし。


113.名無しさん:2017年05月01日 06:28 ID:R1PvNeSc0▼このコメントに返信
高麗軍司令官・金方慶の墓碑『金方慶墓誌銘』にも「日本に討ち入りし、俘馘(捕虜)が甚だ多く越す」とあり、多くの被害を島人に与えた。

この時の対馬の惨状について、日蓮宗の宗祖・日蓮は以下のような当時の伝聞を伝えている。

去文永十一年(太歳甲戊)十月ニ、蒙古国ヨリ筑紫ニ寄セテ有シニ、対馬ノ者、カタメテ有シ総馬尉(そうまじょう)等逃ケレハ、百姓等ハ男ヲハ或八殺シ、或ハ生取(いけどり)ニシ、女ヲハ或ハ取集(とりあつめ)テ、手ヲトヲシテ船ニ結付(むすびつけ)或ハ生取ニス、一人モ助カル者ナシ、壱岐ニヨセテモ又如是(またかくのごとし)
— 『日蓮書状』、高祖遺文録

この文書は、文永の役の翌々年に書かれたもので、これによると元軍は上陸後、宗資国以下の対馬勢を破って、島内の民衆を殺戮、あるいは捕虜とし、捕虜とした女性の「手ヲトヲシテ」つまり手の平に穴を穿ち、これを貫き通して船壁に並べ立てた、としている。

そんな感じで、対馬→壱岐→福岡と至り、行く先々で日本人を皆殺しにしてみ眼麗しいのは連行して奴隷として大陸に拉致したんだけども、それは平戸から唐津に至るルートをきた西方路の軍も同じだったね。

なんかあんまり韓国ではこのことが言われてないよね、秀吉の侵略とかでやられっぱなしじゃなく、先には日本人側を侵略して皆殺しにしたりした歴史を知れば少しはナショナリズムも満足できるのではなかろうか?
114.名無しさん:2017年05月01日 06:33 ID:R1PvNeSc0▼このコメントに返信
追加してい言うと、113でWikiから引用した文章の中で出てくる『日蓮書状』の高祖遺文録のなかででてくる「高祖」とは、糸島半島にある日本侵略軍の戦地範囲にあった高祖地区のことだろう、糸島半島周囲も海浜ではみなごろしだったろうから、高祖での生存者の聞き取りだろう
115.名無しさん:2017年05月01日 06:37 ID:7gKajHQf0▼このコメントに返信
日本の武士団が死を恐れないからでしょ、狼や獣扱いされてる文書とか残ってるよね
116.名無しさん:2017年05月01日 06:58 ID:R1PvNeSc0▼このコメントに返信
話を元に戻して、中国に戻すと、清国の北洋艦隊の示威行為として長崎に当時の最新鋭軍艦の艦隊で上陸して長崎を荒らしまわったりしたから、元寇以降無かったわけじゃないね。
当時の日本は、江戸幕府の大船禁止令以来の水軍の衰退で近代海軍なんて、江戸幕府が急きょやりだした海軍伝習所経緯いらいのもので、それも戊辰戦争で沈没したりしてまったく実態が無かったから、清国海軍の長崎への威力偵察みたいな軍事行動にはびびったみたいだね

そもそも、予算なんてまともに無いから海軍力整備なんて言ってもまったく出来る余地すら無かったみたいだね、そんなものだから、爪の垢を煎じるぐらいの乏しい節約で皇室の予算も大幅に倹約して貧窮しまくって海軍整備に向かったらしいね
117.名無しさん:2017年05月01日 07:03 ID:R1PvNeSc0▼このコメントに返信
>>110
そうだろうね、沢山コストかけたのに占領できなかったわけだから、秀吉の半島侵略のあとで諸大名が疲弊したのと同じパターンだったんでしょうね
118.名無しさん:2017年05月01日 07:14 ID:xQzb7JSO0▼このコメントに返信
そもそも元自体が遊牧民族に負けた結果の状態だし
そりゃ遊牧民族の追い出しと元の再来対策に力を注ぐでしょ
119.名無しさん:2017年05月01日 08:22 ID:VksRmfcS0▼このコメントに返信
李氏朝鮮が室町期に対馬へいきなり攻め込んだ。
党首が出かけての留守を襲い、1万余の軍勢で残兵200くらいの対馬へ。
各地でボコられ、10倍でも奇襲されたら全滅するような悲惨な戦いを続けて、乗船時に襲われると最大の損害が見込まれた。
明治維新まで、対馬へ毎年年貢を納めることを条件に無事離岸させた。
120.名無しさん:2017年05月01日 08:22 ID:oVQWQ07Y0▼このコメントに返信
中原以外は興味ないアル。
騎馬民族からの防衛忙しいアル。
121.名無しさん:2017年05月01日 08:55 ID:881fIfqM0▼このコメントに返信
一言で云えば、「腰抜け」だからだよ!
122.名無しさん:2017年05月01日 08:56 ID:ze9NR1tC0▼このコメントに返信
華外は重要ではないからな。わざわざスラムに赴く必要がない。金にも名誉にもならん
123.名無しさん:2017年05月01日 09:17 ID:E6F9j8vL0▼このコメントに返信
単純に大陸国家だから
他の国と国境を接している国が海に出て島国を狙うのは悪手
それは現在でも変わらない
だから要塞化した島を欲している

アメリカと対決する場合ロシアにしても中国にしても必ず日本が必要
第二次大戦でアメリカが日本と対決したのは明らかに悪手
日本が沈んだ結果がロシアと中国の増長した現在なんだよ
124.名無しさん:2017年05月01日 09:42 ID:9M0Ayl6c0▼このコメントに返信
※87
近衛軍とか禁軍とか中央軍の練度も士気もけっこう高かったよ、、、
ただ宋の歴史は軍閥の反乱のソレでもあるので、、、
地方軍に関しては中央の疑いが常に存在してた、岳飛なんて最たるもの、、、

まぁ最終的には軍の維持に経済が耐えきれなくなったから滅んだとしか、、、
モンゴル軍に四川を荒らされて税収の3割が減ったのがボディブローのように効いたんだろうねぇ、、、
125.名無しさん:2017年05月01日 10:08 ID:yru4k7Ll0▼このコメントに返信
鎌倉時代以降、常に日本の軍事力が中国を上回っていた為に、日本侵略が不可能だったのが原因だな!
強大な軍事力は他国の侵略を防止する為に最も大切なものだ。
126.名無しさん:2017年05月01日 10:09 ID:h9cpcbfZ0▼このコメントに返信
海を越えて攻める力が無かった&一時征服できても維持は出来ないと見込んだのじゃろ
127.名無しさん:2017年05月01日 10:19 ID:kMhmkgxA0▼このコメントに返信
※117
本当に諸大名が疲弊していたら、数年後に関ヶ原の合戦レベルの大規模戦闘は起きないのでは?
128.名無しさん:2017年05月01日 10:23 ID:43Jh.RDh0▼このコメントに返信
台風が恐いから攻めて来れなかったのさ〜
129.名無しさん:2017年05月01日 10:26 ID:JhAitoLn0▼このコメントに返信
政治経済文化等多くの分野で中心が内陸部にあったため海軍や大軍を運ぶための海上輸送力の整備が軽視されてたんやから仕方ないわな。
130.名無しさん:2017年05月01日 10:29 ID:s0uvKyvW0▼このコメントに返信
元はモンゴル、中国などという国は存在しない
今の中国から見れば元は侵略者
131.名無しさん:2017年05月01日 10:54 ID:sif9.SH10▼このコメントに返信
ネト.ウヨとは、

ネット情報を鵜呑みにする無教養者で、唯一、ネット上では保守のつもりになって小児的に吠えている稚拙な人々。思想的には、右翼でも左翼でもなく、ノンポリに近い。そのため、保守派や左翼双方からは極端に嫌われている。この一見無価値な人々を上手に利用したのが、安倍総理と桜井誠党首(日本第一党)と言える。

百田尚樹「カエルとネト.ウヨ」
"22世紀は火星人とネト.ウヨの時代"
132.名無しさん:2017年05月01日 11:05 ID:NMbQ9peF0▼このコメントに返信
中国が日本に攻め始めたのは田中角栄時代以後だよ

元寇はモンゴルだし。
133.名無しさん:2017年05月01日 11:16 ID:DbHsI0uN0▼このコメントに返信
※132
えぇ…
まさか日本は中国に攻め込んでるっていう中国脳なの?
134.名無しさん:2017年05月01日 11:40 ID:iXZvRBSa0▼このコメントに返信
※132
貴方日本国籍ではないのかな?
中国人が「日本は歴史上ずっと侵略国家だ、倭寇ガー」って言い出した時に「じゃ元寇は?」って
切り返すと必ず「元寇は関係ない」って返すんだよ。元を歴代中国王朝の1つとして数えているくせに
都合のいいことは自分の成果、都合の悪いことは他人のせい。
特亜の発想って中国も韓国も変わんないんだよな。
135.名無しさん:2017年05月01日 12:01 ID:pgBnsBw20▼このコメントに返信
資源開発も領海も関係無い時代に、日本を攻め取る意味の方が薄い気がするんだが。
ましてや支配して維持するコストもかかるんだし。
136.名無しさん:2017年05月01日 12:01 ID:s2WsECfr0▼このコメントに返信
今日本は中国から元寇以来の侵略行為を受けている。
米国には中国の主要都市に向かって核ミサイルをぶち込んでもらいたい。
137.名無しさん:2017年05月01日 12:20 ID:phfS.h0z0▼このコメントに返信
海渡るだけで大量に死ぬ時代にそこから体力満タンの敵と戦い、勝って得られる領土考えたらあまりに馬鹿馬鹿しい。やる前に気付けよって話だが
138.名無しさん:2017年05月01日 13:06 ID:.ug3Ov640▼このコメントに返信
攻めてきてるじゃん!
定遠、鎮遠、済遠、威遠の四隻の軍艦で威圧外交を起こした後、長崎事件を起こしてるじゃん!
ま、清国北洋艦隊も黄海海戦で叩き潰したけどな。
139.名無しさん:2017年05月01日 13:14 ID:sNQR6Oqy0▼このコメントに返信
中国が日本に勝てるわけないだろう
140.名無しさん:2017年05月01日 13:25 ID:N3kSgxki0▼このコメントに返信
泳げない兵士がほとんどの中国軍は日本に攻めてくるハードルはかなり高いんだよ。
実際、現代でも中国海軍の悩みの種の一つだぞ。
141.名無しさん:2017年05月01日 14:40 ID:Z4YjLXb.0▼このコメントに返信
第一に遠征軍を出すのは難しい。遠征して勝つのも難しいし、遠征軍の将軍をコントロールするのも難しい。
かと言って親征すれば本国がコントロールできなくなる。

第二に海を越えるのは難しい。海を越えて侵略戦争をして成功した試しは殆どない。
国家以前の民族レベルの移動くらい。

第三に中国共産党以前の中国国家(特に漢民族主体)では国家的連続性があって、
代々、日本は不征の国(征服戦争を仕掛けてはいけない国)とされていた。
(上記1,2の理由により国を損なう原因になるから)

第四に…つーかこれが最大の理由だが、中国は常に北方遊牧民族から狙われていた。
中国の歴史はほぼこの北方異民族との闘争あるいは、漢民族の腐敗の歴史だからな。
142.名無しさん:2017年05月01日 15:18 ID:dwwKeZiO0▼このコメントに返信
モンゴルは「取って奪う」がモットーだったから領土の拡大=勢力の拡大=資産の増大だったけど
それ以降の王朝は「取る=養う」だから目に見えたメリットが無いと侵攻しなくなっただけ

モンゴルも中期以降は収奪じゃなくて税収で運営することを学んだから外征も少なくなったでしょ(ゆえに戦争に弱くなったとも言えるが)
143.名無しさん:2017年05月01日 15:22 ID:hpCcXeyr0▼このコメントに返信
元はあくまでモンゴルなんで今の中国人には過去に日本を攻めたという感覚は無いよ
144.名無しさん:2017年05月01日 15:50 ID:zlPzZMdm0▼このコメントに返信
元がモンゴルだって言うなら清も満洲族(女真族)の王朝だぞ。
145.名無しさん:2017年05月01日 16:06 ID:0ZjFf8tH0▼このコメントに返信
中世とかだと日本海の渡航コストが高いからな
146.名無しさん:2017年05月01日 18:58 ID:t4JenePl0▼このコメントに返信
攻めてるぞ、結果はごらんの有様

1937/07 盧溝橋事件(日5,600vs支100,000)→日本勝利(蘆溝橋から支那国民党軍撤兵)
1937/12 南京戦(日120,000vs支90,000)→日本勝利(首都陥落)
1938/06 武漢作戦(日350,000vs支1,100,000)→日本勝利(国民党軍撤退)
1940/05 宜昌作戦(日80,000vs支350,000)→日本勝利(宜昌占領)
1940/08 百団大戦(日30,000vs支400,000)→日本勝利(国民党共産党軍を撃破)
1941/05 中原会戦(日40,000vs支180,000)→日本勝利(国民党軍8万を戦死捕虜)
1941/09 第一次長沙作戦(日不明vs支500,000)→日本勝利(国民党軍数万を戦死捕虜)
1943/02 江北殲滅作戦(日60,000vs支30,000)→日本勝利(国民党軍を撃破占領)
1944/04 大陸打通作戦(日400,000vs支390,000)→日本勝利(国民党軍11万戦死捕虜)
1945/03 老河口作戦(日100,000vs支150,000)→日本勝利(老河口飛行場の占領)

主要戦闘で14勝1敗(細かいのも入れると29勝1敗)。
支那軍は、ほとんど全ての戦闘で日本軍の数倍の圧倒的人数をそろえ、外国からの支援で装備も良かった。(前半はドイツから、後半はアメリカ・イギリスなどから莫大な援助)
しかも大日本帝国陸軍では、最精鋭は対ソ連戦部隊であり、支那派遣軍は二戦級だった。
それでこの結果。戦うたびに日本の圧勝。

あ、もしかしてこれほどまで情けない歴史だから無かったことにしたいのかなw
147.名無しさん:2017年05月01日 19:27 ID:r1jyz.ra0▼このコメントに返信
万里の長城築く位恐れてガクブルしてた奴等が、ちょっと海の向こうの国でやられたんだぜ、攻めようと思わないでしょ。
148.名無しさん:2017年05月01日 19:47 ID:GrT.8hRD0▼このコメントに返信
朝鮮に20万送るだけで飢えて略奪してたのに日本なんか攻めに行けるけないじゃん。
で、同時期に3つ乱起きただけで国内ズタズタになり明滅亡。

その程度だよ中国なんて。
149.名無しさん:2017年05月01日 20:02 ID:qMgNsmny0▼このコメントに返信
大陸国家の中国と島国の日本での価値観の違いでしょう、むしろ元寇のほうが例外かと
わざわざ不慣れな航海せんでも陸続きに侵略できる場所がいくらでもあるのにリスクとコスト費やしてまで日本を取る理由も薄い
というか、海上を比較的安全に移動できるようになったの事態が精々200年前くらい、という事をお忘れなきようにね

ついでに言えば、中国の価値観からすると海の外は「化外の地」(要するに人の住むところじゃない)扱いだったのですよ
海を渡って他所の島や大陸へ、なんていうのは【世界の中央の華である大陸本土に居場所の無い負け犬】のやることなんですよ
実際鄭和の大航海は鄭和が中央政権にコネはあっても先の無い宦官だったからこそ行ったもので
そして死後に「宦官の残したものなど燃やしてしまえ」という短絡的な理由だけで失われてしまいましたからね・・・
150.名無しさん:2017年05月01日 20:35 ID:zlPzZMdm0▼このコメントに返信
本来万里の長城の外は化外の地だったけどな。
大抵は外様の民族が中原を支配したあと内部抗争に突入するから日本へまで攻めてこない。
元は日本へ攻める余力があっただけ凄い。

20世紀も支那は軍閥同士で抗争してまとまらなかったし、今も共産党支配下で権力の奪い合いを
しているんで、一丸となって攻めなきゃならないような相手だとボロが出て勝てない。
まとまれないのは彼らの宿痾だよ。
弱い相手をちまちま虐めるしか能が無い。
151.名無しさん:2017年05月01日 21:03 ID:ovXNRsEP0▼このコメントに返信
※149
それは日本側も同様かも
半島~大陸は距離的には比較的近くだが文化圏の大枠てある「日の本」の外側であるため
領土的野心は特には芽生えなかった
日本側では秀吉が寧ろ例外的
152.名無しさん:2017年05月01日 22:02 ID:npj10NBV0▼このコメントに返信
戦うたびに王朝滅びてるしな。
153.名無しさん:2017年05月01日 22:15 ID:LH5Kt4lx0▼このコメントに返信
>10
わかり松。さんの読者からコメントが!
ちょっと嬉しい( ・∇・)

元寇と日蓮宗の関係、ハーンとハザールとエラ張りの関係、さらにバイキングとコリーwwwとの関係まで突っ込んでいるのはスゴいですよね。そしてそれが現代にまでどうつながっているのかまで。ほんと勉強させてもらってます(’-’*)♪
154.名無しさん:2017年05月01日 22:17 ID:MG6QniFf0▼このコメントに返信
中国って偉大ってすりこまれてるけど、それは紀元前の白人が混じってたころの話で、元にやられるようなころにはもうダメになってたんだろ?
無視でいいだろ。元以降の中国なんて。
155.名無しさん:2017年05月01日 22:30 ID:lVrL.lph0▼このコメントに返信
そもそも中華であって現在の中国共産党以前の歴代王朝にとって大事なのは万里の長城の中であり
他は化外の地、ようするにとっても嬉しい場所ではなく遠征する将軍たちにとっても同じ。
あと人口の問題も大いに有るだろう(清王朝以前までは実際そこまで人口増えていなかったらしい)。

歴代王朝の場合、基本的に攻められるのが嫌なので謀略で北方の騎馬民族などを仲間割れとか
させるのは多いが、相手国にまで攻めるということはそんなには無い。
(新王朝が誕生した直後など国力・戦力が強いときに示威行為のためにすることは有るし
攻め取った国で自国に都合がいい王を立てるなどはするが)
有名な朝貢も相手に利益を与えるのは王朝にとって多くの国が参加するという見栄もあるだろうが、
何より相手から攻められる確率が低くなるというのが大きい。

あくまで中華から見た意見ではあるが現在の中共が意地でもチベット・ウイグル・内モンゴル・満洲を手放そうとしないのは
資源などもあるが本拠地外に領土を持っていれば本拠地を攻められないであろうという意味もあるのであろう。
156.名無しさん:2017年05月02日 02:01 ID:yBMSKRrT0▼このコメントに返信
※151
秀吉の出兵も元は中国との交易が目的であって征服ではないんですよ
軍出したのも、大した実力も無いくせに日本を格下扱いする中国へ「日本でもこれくらいの兵員は運用できますけど?これでも見下せるのならやってみろや?」程度の代物(史実だとそれこそペリーの黒船来航辺りが近いですかねぇ、あっちは戦力が圧倒的だったけど)
で、それを半島のヒトモドキどもが「中国様の近くに住んでいる(これだけしか論拠が無い)ウリを差し置いて中国様と対等な交易とか許さないニダ!」
といきり立って不意打ちで殴りかかった挙句に一方的にフルボッコ&ボロ負けになった、具体的に言うと進軍速度が速すぎて補給が間に合わないくらいにな
そしてそこでご主人様の中国に縋りつくんだ
・・・曰く「日本が侵略してきたニダ!交渉したけどあの蛮族交渉できないニダ!中国様を見下しているニダ!」と大嘘混ぜてね・・・

歴史を知れば知るほどあのゴミカスヒトモドキ共は日本に害しかもたらしていないという、な・・・
157.名無しさん:2017年05月02日 02:23 ID:yBMSKRrT0▼このコメントに返信
※155
本当コレですなぁ
そして共産党が仕切る以前の中国歴代王朝が海洋方面を無視していたものを今になって躍起になって陸と同じ理屈で何とか奪い取ろうとして米他に睨まれている&海洋での支配や軍事ノウハウが皆無だから埋め立てた人工島だのドンガラ空母を単体で誇示しては馬鹿にされ笑われる、というね・・・
158.名無しさん:2017年05月02日 11:43 ID:HihQFNB.0▼このコメントに返信
東アジアの国々って、自国内で天下統一が完遂されるからね。
欧州の国々のように複数の国同士が絡むような大規模な宗教戦争もなかったし
159.名無しさん:2017年08月20日 19:53 ID:T6GjRDWk0▼このコメントに返信
※102
間違いどころか、高麗王が元史、高麗史ともに文永の役、弘安の役に、弘安の役後に
モンゴル皇帝クビライや、次の皇帝にも日本侵略の進言を繰り返したり、
進んで船の建造、兵糧の集結を繰り返してるのが記録に残ってるぞ。

お名前