スポンサーリンク

2017年02月27日 15:05

進化論って本当に正しいんか?

進化論って本当に正しいんか?

02

引用元:進化論って本当に正しいんか?
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1460175970/

1: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)13:26:10 ID:N6l
猫とか犬とか人類とか人類の歴史に登場する生き物って歴史上全く進化してないじゃん

5: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)13:28:09 ID:JbC
犬は人工的に進化させられまくってるんですがそれは

60: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)13:55:21 ID:zFO
>>5
種の垣根は越えられてないからな。
それだけではちょっと弱い。

8: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)13:30:07 ID:nW9
人類の歴史なんてクッソ短いから残当

20: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)13:34:26 ID:3Jr
>>8
これ
地球から見た人類なんて、昨日出来た悪性新生物やろ

22: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)13:35:07 ID:JbC
>>20
むしろかつてない進化圧を生み出す有能選手やぞ
災害とも呼ぶ

29: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)13:41:06 ID:IhQ
>>20
こういう思想が一般に広まってる意味がわからん

30: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)13:41:43 ID:JbC
>>29
実際は大量発生した生物が他の種の生存を圧迫するなんて日常茶飯事やのにな

10: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)13:30:20 ID:WAi
猫は進化の果ての完成された生物だから変化しないニャン

12: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)13:30:49 ID:vse
進化論とか持ち上げられて真実みたいになってしまっただけやろ

13: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)13:31:24 ID:x41
犬は大分変ってるんじゃね
猫はよく知らんけど

16: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)13:32:14 ID:jHB
突然変異で生まれた奴が生き残り続けるのが進化らしい

17: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)13:33:09 ID:JbC
正確には突然変異で生まれた奴の因子が長いこと遺伝子に混ざり続けて
たまーに隔世遺伝を繰り返した結果頻度が高くなって進化するんちゃうかったか

32: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)13:42:43 ID:jHB
恐竜が2億年生きてたとか考えられへんわ

37: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)13:45:30 ID:iGb
他の個体群の流入がない
個体間で自然交配する
遺伝的浮動を無視できるほど個体群が大きい
突然変異が起こらない
この条件が満たされたとき生物は進化しないと考えられとるんや
逆にどれかしらの条件が満たされ無いとき生物は進化すると考えられとるんやで

57: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)13:54:15 ID:QZm
人間も進化したら繁殖できないブサメンは淘汰されてイケメンだけが残るのかなあ

59: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)13:54:57 ID:JbC
>>57
その時代に生まれたかったンゴねえ

61: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)13:55:44 ID:xyy
>>57
ブサイクの方が優性やからブサイクばっかになるんやで
イケメンの持つブサイク因子が悪さするんや

64: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)13:56:50 ID:ioC
>>57
ロシアかどっかが野生で狂暴な狐の中で大人しい個体を掛け合わせて行って
家畜用の大人しいものにした話あるからできるんやない?

66: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)13:57:42 ID:jHB
>>57
できるんやろがそれなら時間かかるし美の定義なんかちょくちょく変わるやん

68: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)14:00:07 ID:IhQ
文明が発達すると男女の性差が縮まって中性的になっていく傾向が
あるとか聞いたから、いずれ本当に男女がなくなって中性だけに
なるかもわからん

102: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)14:26:58 ID:qm1
そういえば昔は重力がそこまで無くて体が軽かった説もあるな

隕石が大量に降ってきたり月の水が吸い寄せられたりして(諸説ある)
地球の質量がデカくなって(質量のデカさ=重力の重さだから)
重力に大型恐竜並みのデカさじゃ耐えられずに動けなくなって滅んで、重力に耐えられる小型の生物が繁栄するようになったとかいう説

106: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)14:32:10 ID:ioC
>>102
地球の重力が変わるほどの質量のある隕石が落下したらその衝撃で周辺の生物が全滅
そのあと舞い上がった土砂などによって太陽光が遮断され核の冬状態になって全滅するんじゃないんですかね

107: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)14:32:59 ID:IhQ
>>106
ちりも積もればっていうし、多少はね?

108: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)14:33:03 ID:JbC
>>106
地球の周囲を公転してた小天体が少しずつ墜落したんやぞ

110: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)14:34:21 ID:qm1
>>106
一発やないで
週一から月一ペースで小さいのがたくさん落ちてくれば多少はね?
逆に地球全体が氷河期になるならなんで今爬虫類が各地で繁栄しとるんやってことになる

128: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)14:45:42 ID:2Cc
人が生きられるように環境(地球の位置や、水や酸素二酸化炭素のサイクルなど)が整いすぎているよな
どちらとも言えないんやないか?

131: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)14:46:27 ID:iGb
>>128
逆にそーゆー環境でしか生きられないからワイらは生まれてきたんやろ

167: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)15:06:57 ID:UMj
人類の進化なんて止まってるようなもんやろ
環境に適応するんじゃなくて環境を自分好みに作り変えていくし

169: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)15:08:55 ID:JbC
>>167
人類の進化は形態進化より行動進化を優先した結果やで

180: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)15:36:16 ID:DVG
もう人間って劇的な進化はしなさそうだよな

181: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)15:38:04 ID:IhQ
>>180
ワイはアメリカが宇宙人の存在をでっち上げる

人類の生存をかけて遺伝子操作もやむなしという世論に傾ける

人類大改造

の流れが来ると思っとるで

186: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)17:04:12 ID:nBL
>>181
火星に適応するために遺伝子操作解禁じゃないかな

187: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)17:04:49 ID:S3Z
>>186
テラフォーマーズかな?

188: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)17:09:15 ID:Ynh
オオカッミ「お、人間うまそうなもん食っとるやんけ!媚びたれ」
人間「なんやこいつ、飼いならしたろ。おもろい柄の奴厳選したれ」
みたいな感じでイッヌができたみたい。進化はもっと大規模な感じや。

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2017年02月27日 15:09 ID:wfAbkTn20▼このコメントに返信
進化論は仮説にすぎない。
2.タヌキ:2017年02月27日 15:09 ID:.hAambvR0▼このコメントに返信
ネコ目イヌ科タヌキ属です
3.名無しさん:2017年02月27日 15:10 ID:dIcVBNGO0▼このコメントに返信
犬猫は家畜になった時点でもう進化の余地ないんじゃないの?
4.名無しさん:2017年02月27日 15:10 ID:pYowVkS.0▼このコメントに返信
虫の進化はいまいち納得いかん
動物と比べて狡猾すぎる
あんなん自然淘汰でなるか?と思う
5.名無しさん:2017年02月27日 15:16 ID:.hAambvR0▼このコメントに返信
蚕に進化の未来はあるのだろうか?
6.名無しさん:2017年02月27日 15:16 ID:c5W.VnE50▼このコメントに返信
取捨選択により形態が変化するのは事実で環境に適応するために進化したのも事実
しかしながら生命の発祥からすべての生物の進化をそれのみで説明しきれると思ったらそれは違う
環境適応と適者生存の法則は生物進化のごく一部を説明しているだけで
間違ってはいないがすべてを見通した訳ではない
いま判るのはこの範囲ですってだけ
7.名無しさん:2017年02月27日 15:17 ID:3Rnrjzpo0▼このコメントに返信
別に進化論は全ての形態変化が進化論だけで起きたなんて言ってないんだよなあ
全て、なんて証明不可能だし
8.名無しさん:2017年02月27日 15:19 ID:LUOsECXy0▼このコメントに返信
進化って意外と身近な現象なんだなこれが。その辺の一般人も進化しまくってる。鳶は鷹を生む。それどころか、生まれて成長してから鷹になることもある。
9.名無しさん:2017年02月27日 15:20 ID:.joAPgHL0▼このコメントに返信
サルから進化した人間もいる様だが、日本人の祖先は天孫降臨。宇宙からの移住者。
10.名無しさん:2017年02月27日 15:21 ID:.hAambvR0▼このコメントに返信
蚕に進化の未来はあるのだろうか?
11.名無しさん:2017年02月27日 15:22 ID:KKb8LLOZ0▼このコメントに返信
文明はせいぜい1万年くらいでしょ
ここ2,300年の進化が超急速なだけで
地球50億年にくらべたらほんの一瞬
進化していくのは遅いけど、一瞬で文明を築いたのが人類
犬も進化したらすぐに文明を築くかもしれない
12.名無しさん:2017年02月27日 15:23 ID:N.GSp9Is0▼このコメントに返信
ウイルスさんの耐性ディスってんじゃねーぞ
13.名無しさん:2017年02月27日 15:23 ID:OXZtvIJh0▼このコメントに返信
※4
魚類とかもそうだけど、入れ替わりサイクルがクソ早い&数多いのもあるんじゃね。
何千とか何万単位で卵産むやろ、あいつら。
一定の確率で変化するとしたら、数が多くて短期間で入れ替わる方が変化速度は上がる。
14.名無しさん:2017年02月27日 15:25 ID:bcNf2yeo0▼このコメントに返信
かつて無いほど人間もシャッフルされてるし
数百年前と比べればヒトも大分変わってるでしょ
栄養の改善、他人種との交配、環境の変化
15.名無しさん:2017年02月27日 15:26 ID:3zRmZ4M90▼このコメントに返信
ウィルスからヒトまで生命体に不可欠な共通のシステムを使っている。
進化を否定するなら遺伝子が生命の根幹でないことを示さないといけないかな。
虫は骨格が曖昧だからめちゃ自由。ってだけ
16.名無しさん:2017年02月27日 15:26 ID:KlFUz.nF0▼このコメントに返信
進化論を肯定するなら全ての生物は現在も進化中なんだよ
進化してるか?
17.名無しさん:2017年02月27日 15:27 ID:PechUcmG0▼このコメントに返信
遺伝子組み換え蚕が生み出すクモの糸「モンスターシルク」

クモの糸は、あらゆる繊維素材の中でも抜群の強さと軽さを誇る「スーパー繊維」(強度は、
同じ太さの鋼鉄の5倍、伸縮率はナイロンの2倍ある)だが、クモはまとめて飼うのが難しく、
量産には向かなかった。
18.名無しさん:2017年02月27日 15:28 ID:NjvpJlBA0▼このコメントに返信
人間って男性染色体異常で自然繁殖の限界が来るのが時間の問題なんだろ?
将来は人工的にしていくのだろうけど
地球外にも行けそうにないし、どのくらい繁栄していけるんだろうな
19.名無しさん:2017年02月27日 15:28 ID:xAOApVYn0▼このコメントに返信
高等動物をみたら進化してるのか分からないよ。例えば細菌などなら分かりやすい。細菌に絶大な力を発揮する抗生物質だが使い続けると抗生物質に耐性のある菌が生まれる。これは進化と言えるだろう。またタスマニアデビルは顔面にできる腫瘍のため絶滅しかけたが腫瘍に強い種が生まれてきている。種の絶滅クラスまで追い込まれないと進化なんぞしない。
20.名無しさん:2017年02月27日 15:28 ID:WyeXsyuY0▼このコメントに返信
進化論が間違ってるとしたら、正しいのは何?
現在進化論より正しいと思われる仮説はないわけで、すべてが説明できるわけではないが真実に今のところ一番近い仮説ってことに間違いはないだろ
なにかより正しい説が新しく出てくればそっちが正解になるだけ
21.名無しさん:2017年02月27日 15:28 ID:6yd7N5qi0▼このコメントに返信
とうの本人は猿から人になったと一言もいってない
こういう説考えたで!ってだけで
22.名無しさん:2017年02月27日 15:31 ID:qtpkImLk0▼このコメントに返信
※16
してるじゃん。例えば平均身長。栄養学的な側面以外も加味されてる結果になってる。
そもそも進化論以外に生物の多様性を説明できる科学的対抗理論がない
有るのは宗教的オカルトだけ。
23.名無しさん:2017年02月27日 15:32 ID:8.oVEWJn0▼このコメントに返信
生き残っていること自体、進化の正しさの証明。
24.名無しさん:2017年02月27日 15:32 ID:FXl5m3bI0▼このコメントに返信
イケメンは種の本道を行っていて遺伝子の形質としてとして優秀だからイケメン。
ブサメンは奇○とまでは行かないがどちらかといえば○形寄り。どの人種でも平均顔取れば大体イケメンだろ。
ブサメンが配偶者を得る機会が無いとは言わんが少なくともイケメンよりは努力して優秀な遺伝形質があることを証明せねばならん。
尤も因子の一つであって不健康だったり社会性がなかったり性根が曲がってたりしたらイケメンだってモテる事はないわけだが。
25.名無しさん:2017年02月27日 15:34 ID:qtpkImLk0▼このコメントに返信
って言うか、皆「理科」やってきたの?
進化、退化って言葉の定義とか誤解してね?
進化の結果人間の尾は退化して無くなったってのは矛盾してないんよ?
26.名無しさん:2017年02月27日 15:35 ID:.1q6CZ8C0▼このコメントに返信
一部で進化論をアレルギーのように否定する奴らがいるわな
何でかというと、それを認めると ヒトラーの優生学を認めることになるからだとw
なんだかねェ・・・
27.名無しさん:2017年02月27日 15:35 ID:KlFUz.nF0▼このコメントに返信
※19
それは突然変異
28.名無しさん:2017年02月27日 15:37 ID:uT2SlgRP0▼このコメントに返信
>いずれ本当に男女がなくなって中性だけになる

人間も単為生殖するようになったりして。
ヲイ、独り者でも子供が作れるぞww
29.名無しさん:2017年02月27日 15:38 ID:LUOsECXy0▼このコメントに返信
やっぱり日本人の子供は、なるべく日本の空気で育てた方がいいみたいだね。

帰国子女の差別になるから言いにくいが、日本人の子供でもアメリカで育つと雰囲気や顔つきが全然変わってしまう。不思議なもので、直感的に「うわっ」と思ってしまうような、あの白痴のような雰囲気、アメリカの中のアジアンというあの感じになる。ただ、回避できている人もいる。日本語教育と里帰り、日本とのエネルギー的な繋がりをちゃんと保っていれば大丈夫。面白いことに、外交官や大企業の駐在員の子女とかは全然普通。

進化って神秘的だよね。
30.名無しさん:2017年02月27日 15:38 ID:CWoG9mu80▼このコメントに返信
進化論はおおむね正しいが遺伝子の水平伝播がある
ウイルスが前の宿主の遺伝子をつぎの宿主に持ち込むのだ

つまり系統としてはかけ離れた生き物同士でも新しい塩基を継承するということで、これは進化の速度が思ったりよ早いことの原因なんじゃないか?
31.名無しさん:2017年02月27日 15:38 ID:TKcJE6op0▼このコメントに返信
生命の栄枯盛衰なんて地球では当たり前のことだろ。
地球自身が人間のことをどうか思っていると思う方がおかしいだろ。
どの生物を滅ぼしたところで何も思わないよ。
それらの感情は人間の感傷だよ。
温暖化になろうが核戦争で人間が死滅しようが地球は気にしないだろ。
32.名無しさん:2017年02月27日 15:40 ID:CiLkxUVY0▼このコメントに返信
1969年ロシアで8億年前の女性のミイラ発見された
宇宙人ではなく間違いなく人間

33.名無しさん:2017年02月27日 15:40 ID:a.GbhilC0▼このコメントに返信
※3
小豆柴ェ…。
34.名無しさん:2017年02月27日 15:41 ID:uT2SlgRP0▼このコメントに返信
これから数万年後に人類や生物がどう変化していったのかを検証すれば答えが導き出せそう。
その時まで人類が残っていたならばねww
35.名無しさん:2017年02月27日 15:42 ID:qtpkImLk0▼このコメントに返信
全ての生き物の進化で説明が現時点で説明付かない部分は単に証拠がそろってないだけ。

例えば顔の好み。一般に美男美女は好まれるので子孫を残すチャンスが多くなる。
しかし美男美女だらけに最終的には収束しても良いはずなのに現実は違う。
好みの多様性や顔要素以外の要因って説明されてきたが
どうやら実際は昔の方が不細工率が高い(現代人から見たら不細工)結果から
顔好みの方向性が淘汰に関係あるらしい。
やっぱり証拠待ちの研究。
36.名無しさん:2017年02月27日 15:43 ID:ywRgXGGj0▼このコメントに返信
天候にまで影響を与えた種なんて現生人類以外はなかっただろうな。 昨日出来た悪性腫瘍で合ってると思うよ。
37.名無しさん:2017年02月27日 15:47 ID:QVYUZtes0▼このコメントに返信
※24
イケメンは遺伝子の形質ではなく、外観の形ね。
遺伝子の形質が優秀な奴は『ガンで死なない健康な個体』っす。
先天的になんかある奴や若い内からガンになる奴は遺伝子が劣化し過ぎっす。
因みに美人薄命って言葉がある通り、余り外観が良すぎると人とのかかわりが多くなりすぎてストレス耐性無い奴は簡単に死ぬ・・。

特出しすぎるより普通が良いのかもね。
38.名無しさん:2017年02月27日 15:49 ID:X0ox9sU60▼このコメントに返信
人類であるヒトと外見は類似点もあるが中身は似ても似つかないチョウセンヒトモドキ

主食は糞、キムチ、犬肉
顔はエラが張り極端な糸目かつツリ目
火病という習性を持ち理性を失い怒り狂う
また他者のものを盗み居直るという習性も持つ
害獣である
39.名無しさん:2017年02月27日 15:49 ID:Hfj3N0JN0▼このコメントに返信
文明の進化のスピードが速すぎるからこんな誤解が生まれる。
40.名無しさん:2017年02月27日 15:50 ID:B2HxjeG50▼このコメントに返信
※25
陸上に住処を変えた生物種のひれがなくなるのは進化。
陸上にいた生物種が水中に戻って手足がひれ状になるのも進化。
退化は発生学の用語で、受精卵が成長する過程で尾のようなものが現れ、その後にそれが消えるようなときに使われる。対象は個体。
41.名無しさん:2017年02月27日 15:50 ID:1EOzIKu60▼このコメントに返信
馬鹿の考え休むに似たり
否定の根拠が浅はかすぎて。
恥さらしてるのもわからないほど愚かなのに
よう発言する気になるわな
42.名無しさん:2017年02月27日 15:51 ID:zfXdYFqG0▼このコメントに返信
表現型レベルでの進化は起きにくいからそう思われるのでは。
43.名無しさん:2017年02月27日 15:51 ID:qUzchOYg0▼このコメントに返信
むかし、ワープロの参考書に出てたな。
・環境に適応できたものが生き残るとはかぎらない。運のいい奴が生き残る。
・一旦、退化した器官は元に戻らない。別の器官が発達して代わりを務める。
 (魚のヒレは垂直だけど、クジラのヒレは水平)
44.名無しさん:2017年02月27日 15:53 ID:qtpkImLk0▼このコメントに返信
※37
外観も遺伝子に支配されてるよ?
遺伝子の優秀さってのは「単にその時点での地球上」の条件で測られる
時間場所限定の情報で条件、情勢が変われば堕ちるのも普通。
45.名無しさん:2017年02月27日 15:53 ID:.1q6CZ8C0▼このコメントに返信
そそ・・・温かいところで育った人は黒く、寒いところで育った人は白く、
その環境に最も適用するように進化してきたんだから、移民などという政策はナンセンスだな
46.名無しさん:2017年02月27日 15:53 ID:jwUIluQ40▼このコメントに返信
人とサルの中間の動物っていないよね。
47.名無しさん:2017年02月27日 15:53 ID:.s0mbNHz0▼このコメントに返信
人間は文明を築いたから、なんかとても進化している動物のように思ってしまうけど
進化の度合いから言ったら、馬の方が進化してる
人間は昔、海から陸に上がった最初の動物の名残で指は5本となっているけど、馬はさらに進化して1本の指で走るようになった
「進化=頭が良くなる」じゃないからね
48.名無しさん:2017年02月27日 15:53 ID:fKNwJqHr0▼このコメントに返信
※24
イケメンは、顔だけの遺伝子。
生命力の強さとか無関係。
犬や猫も、血統書付きは人工的な奇〇なので、障害の可能性が高い。
日本もやんごとなき血筋のあの家は、比較的発症率が高い。

人間も、真面目に十世代くらいかけて遺伝子交配すればメチャ足が速いとか、反射神経がすごいとか、記憶力抜群とか、超人めいたものができるだろうけど、本当に人権無視(失敗作で生まれた子はその場で✖)でやらないとダメだから不可能だろうな。
でもそれは進化ではなく、品種改良だから、本当の超人はある日突然生まれてくるんだろうな。
49.名無しさん:2017年02月27日 15:54 ID:6n2ODrG60▼このコメントに返信
そのグループに亜種が生まれて固定化し、その亜種グループが固定化し隔離され、種の違いとなる。
1~2匹程度の亜種はグループ内で淘汰されてしまう。
50.名無しさん:2017年02月27日 15:55 ID:wuurXkEX0▼このコメントに返信
水泳選手がいつまでたっても鰓呼吸にならないので進化論はだろうなって云う程度。
51.名無しさん:2017年02月27日 15:56 ID:Hj.fYjzA0▼このコメントに返信
おれは別にキリスト教の進化論の論争は支持しないが、

目のようなものすごく精密な器官がその場かぎりの生存競争でできるかってことだな。
何億年もの取捨選択なら、やがてこんな精密な器官ができるのか?
52.名無しさん:2017年02月27日 15:56 ID:zTFroIGd0▼このコメントに返信
ダックスという垂れ耳で人間が居ないと耳の病気を起こす種
最近ではカッコウの托卵に対抗してオ/ナガがカッコウの卵を感じられるようになって来たらしい
進化のモデルケースとして推されてるとか

それに進化というのも言葉足らずで環境に生きやすい形に適応している
適者生存と表現する方が正しいケースも多い
53.名無しさん:2017年02月27日 15:56 ID:6n2ODrG60▼このコメントに返信
まぁな。猿が人間になる事も証明できてないしな。

54.名無しさん:2017年02月27日 16:00 ID:gXjUo9hX0▼このコメントに返信
20=人間の世代
50=自然界での人間の寿命
100=人間の限界寿命
2000=西暦
5500=歴史時代
10000=農耕
30000=現生人類
7000000=ヒトとチンパンが分岐
66000000=新生代
110000000=中生代の期間
4000000000=生命の発生?

そりゃ進化もするわ
55.名無しさん:2017年02月27日 16:00 ID:qUzchOYg0▼このコメントに返信
※46
ゴリラーマンとか。
56.名無しさん:2017年02月27日 16:00 ID:CWoG9mu80▼このコメントに返信
え?
猿と人間はつながってないよ

否定派はなぜこんなことを持ち出すの?

猿と人間の先祖がつながってたのであって、猿から人間になったなら猿はいなくなってるよ
それぐらいも理解できないの?
57.名無しさん:2017年02月27日 16:02 ID:CWoG9mu80▼このコメントに返信
なんで猿から人間になったなんて思ってるの?
しかもそれなら猿がいるはずないでしょ?

ちょっと否定派ってマジで知能低くない?
58.名無しさん:2017年02月27日 16:03 ID:wBiwchof0▼このコメントに返信
バカは喋らなくていいよ
59.名無しさん:2017年02月27日 16:05 ID:zTFroIGd0▼このコメントに返信
※48
それをやろうとしてたのがヒトラーだから
ヒトラーが勝ってた世界ではどうなってたんだろうな?
それに餌が豊富で生きることに困らない現状は、繁殖に強いイケメンのが勝ってしまう可能性があるんだよな
イケメン芸能人が強さを握りやすい現状は少々危険だと思う
美女や万人に愛される人間が勝つアイドルは重要な才能の一つだと思うがな
60.名無しさん:2017年02月27日 16:05 ID:vfatRVg.0▼このコメントに返信
※46
ていうか何をもって「中間」とするのか?
DNA的には1パーしか変わらんし直立歩行を前提にするならヒト、直立も可能な基本四足歩行ならサルくらいの定義だし
サルを逆にして基本直立で気が向いたら四足ってそれもう普通のヒトだよね?っていう
ヒトとして主流になりきれずに滅んだのが中間ならネアンデルタールがあるけど
61.名無しさん:2017年02月27日 16:05 ID:FGqEa0sM0▼このコメントに返信
進化論で?になるのは全て地球の枠内で成立したって考えるからじゃないの
仮説で良いなら昆虫が地球外からもたらされたとかの要素入れたら色々合点もいきそうな
62.名無しさん:2017年02月27日 16:09 ID:QVYUZtes0▼このコメントに返信
※53
同じ人類だけでも肌の色程度で殺し合ってるだから、亜人種って言う位違う人種がいたら嬉々として討伐するだろ。

人間に近い種がいないのではなく、いないようにしたのかもね。
63.名無しさん:2017年02月27日 16:10 ID:dUJrEE2L0▼このコメントに返信
今後の主流は退化論やね。科学技術の進歩によって以前なら淘汰されていた遺伝子が残存・繁殖していくわけだから。
64.名無しさん:2017年02月27日 16:10 ID:c0FC32p.0▼このコメントに返信
そもそも「A説は科学的に絶対に正しい!B説は絶対に間違い」って主張した時点で逆説的に科学と言う名の宗教になってるわな
65.名無しさん:2017年02月27日 16:12 ID:QVYUZtes0▼このコメントに返信
※60
その1%だけでどの程度の情報量なんだろね・・
今一つ遺伝時の情報量がよく分からん。
66.名無しさん:2017年02月27日 16:12 ID:oQ6YZI5g0▼このコメントに返信
また終わらない話か
67.名無しさん:2017年02月27日 16:13 ID:QwamdFQg0▼このコメントに返信
人類から退化したヒトモドキなら時々話題になるな
68.名無しさん:2017年02月27日 16:13 ID:LUR52Oti0▼このコメントに返信
ブルドックが野生種だったら狼と別の種としてカテゴライズされてるだろ。
狼→ブルドックすら認めないんか? クジラとカバのDNA調べて近隣種だと判ってるんだがそれも?
化繊の服着て加工食品食べてるのにそこらへん否定するとかカルトといっしょやで。
69.名無しさん:2017年02月27日 16:13 ID:UXVvEUTI0▼このコメントに返信
全然関係無いけど、STAP問題の時にワイドショーで笹井って奴が「ガリレオが地動説を言い出した時に誰も信じなかった、でも今はどうですか?。ダーウィンが猿から人間に進化したと言った時も誰も信じなかった。でも今はどうですか?。今信じて貰えなくてもこれからはっきりされるでしょう」とか言ってたのを覚えてる
コメンテーターが中継が終わった後に「地動説を唱えたのはガリレオではなくてコペルニクスです。ダーウィンは猿から人間に進化と言ったのではなく、猿と人間は同じものから進化したと言ったのです」と補足してた
「猿から人間に進化」ってのは間違えやすいね
70.名無しさん:2017年02月27日 16:15 ID:qFpKF4Cy0▼このコメントに返信
てかとてつもない時間あったからってさ蘭の花そっくりの色と形のカマキリとか見ると、神様とかじゃなくて脳で考える意思とは別の種の意思というか働いてそうなったって気がする。昆虫がそれを認識するセンサーは持ってるんだろうけれど自身の形をそれに似せて変えるってのが機序分からん。
71.名無しさん:2017年02月27日 16:17 ID:.s0mbNHz0▼このコメントに返信
※51

そりゃ40億年といったら、大陸が何度も離合集散を繰り返して、全く違う形の大陸になるような途方もない時間だからね
72.名無しさん:2017年02月27日 16:18 ID:V6XrTU.e0▼このコメントに返信
進化というものをある日突然姿形が変わったり
子供が一様に変化をして生まれてくるように勘違いしてる奴が多くないか?
そういったケースもごく稀にあるかもしれないが、基本的に細胞や器官が増えるほど進化には何世代もの時間がかかるんだよ
73.名無しさん:2017年02月27日 16:19 ID:QQcVwKyx0▼このコメントに返信
「進化」ってのは環境適応以上の意味はなく、環境に適応できることが優秀であって、
傍から見たら優秀と言われる特徴でも、環境に適用できなければ種として失敗作でしかない
ヒトラーなどは「進化」や「優秀」という単語をわざと曲解して、人種的な優越論を唱えてしまった

※48
ペットなどの血統証付きは、ある特性に特化させるのが奇.形と言えば奇.形ではあるのだけど、
それが安定し、繁殖できるならば、奇.形ではなくてそれは人工環境によって膠着した「環境適応」でしかない
また、現在ペットの奇.形問題は、ブリーダーが少なく狭い範囲で近親交配を進めてしまうことが多いから、
奇.形になってしまうことが多いだけの話であって、血統証の問題とは問題点は別にある

あと、例えば飼育に特化させた牛や豚、鶏などは、奇.形と言えば奇.形
彼らは人間が整地した環境でのみでしか、その力を発揮できない
そういう意味で、人間は奇.形動物の肉を日々食べていると言っても過言ではない
74.名無しさん:2017年02月27日 16:20 ID:NmxjjKXH0▼このコメントに返信
こういう事を言い出すヤツに限って、進化論を理解していない。
毎日高い枝の先の芽を食べていれば首が伸びるのが進化論とか思ってそうだし。
クソすれ建てる前に少しは自分で勉強した方がいい。
キモは自然淘汰と突然変異だから。
75.名無しさん:2017年02月27日 16:21 ID:QVYUZtes0▼このコメントに返信
※64
宗教と科学は同じようなもんだぞ・・
悪魔の証明する為に頑張ってる人や、有るがままの自然を摂理を分かりやすく文章にしようとしてる人とか別にその熱心な宗教家か思想家か科学者か知らんが、人に布教しようとすると結果は同じようなもんになる。

要は只の経験の蓄積っす。
76.名無しさん:2017年02月27日 16:22 ID:t6ZCviVB0▼このコメントに返信
※70
識別センサーの話で言えば、ハナカマキリの場合は他の昆虫の目がそのセンサーの役割をしている。
捕食される側の昆虫がカマキリを見つけてしまえば、そのカマキリは獲物を捕まえられなく餓死する。
そして子孫を残せない。
一方で、上手に擬態し見付からなかったカマキリは生き残り、見付かり難いカマキリ同士が子孫を残す。
馬自体に速くなろうという意志が無くても、速い馬同士を掛け合わせて行きサラブレッドが生まれたように
カマキリ自体や馬自体の意志では無く、それを取り巻く環境によって進化する。
77.名無しさん:2017年02月27日 16:23 ID:zTFroIGd0▼このコメントに返信
※70
昆虫、小動物、鳥などの寿命サイクルが短い種のが変化は起こりやすい
猛烈な寒波でで90%が死滅して残りの10%が1年で
猛烈な寒波でで90%が死滅して残りの…
猛烈な寒波でで90%が…
と、やっていけば10-20年で爆発的な変化が起こる可能性は高い
78.名無しさん:2017年02月27日 16:24 ID:Zk85EMdz0▼このコメントに返信
人間の進化もまだまだ止まっちゃいないと思うよ。

生命の存在目的が繁殖による縄張りの拡張として、地球も占領していないし、その後も長いし。
まぁ1万年位使って真空対応をもっと極めた方が良いのかな?

ここんとこ2~3000年は道具に熱中してて生物の進化とはベクトルがずれてる感じするけど。

でもさ、いざ新世代とか生まれ始めたら、魔女狩りみたいな事が始まって「我々こそが人類だ」とかいって新人類狩りが始まるかな??
生き物としてはまだまだ進化の余地は残ってると思いますが、気持ちの方がそれを受け入れないかも知れませんな。
79.名無しさん:2017年02月27日 16:25 ID:MWDk41G60▼このコメントに返信
一回子育てしたら寿命で死んじゃう頭足類が、進化で長寿を獲得したら、文明を築けるかも?とは言われているね。
80.名無しさん:2017年02月27日 16:25 ID:Onwq2o3v0▼このコメントに返信
進化論は完璧ではないよ
突然変異については進化論では説明できていない。
かといって進化論を全否定するものではない。

この不完全な部分に付け入る隙がある。
81.名無しさん:2017年02月27日 16:27 ID:ywPTDw5z0▼このコメントに返信
ミトコンドリア、宇宙に帰りたがって地球の生命をいじりまわしている説好きだな
82.名無しさん:2017年02月27日 16:29 ID:QVYUZtes0▼このコメントに返信
※74
進化とそうじゃないかの違いの線引きって難しくないか?
速度が1%向上しましたは進化と言えない気がするけど、50%向上とかなら進化っぽいやん。
だけどどっちも速度は向上してる事には変わりないぞ。

凄いスパンで物事を見たら徐々に向上しても突然変異しても行き着く結果が一緒なら同じ進化で良いと思う。
83.名無しさん:2017年02月27日 16:31 ID:QQcVwKyx0▼このコメントに返信
※77
そういえば暗所で60年近く、1000世代以上飼育したショウジョウバエと
通常環境で飼育したショウジョウバエとでは、遺伝子変異率は5%って実験結果があったような…
84.名無しさん:2017年02月27日 16:31 ID:LUOsECXy0▼このコメントに返信
※80

付け入る隙って・・・。
85.名無しさん:2017年02月27日 16:34 ID:CWoG9mu80▼このコメントに返信
最近の研究では親の人生で獲得したことの一部は
遺伝子にも刻まれるっていう研究があるけどこれは興味深い

ほかに水虫菌が認知症にも影響してるとかいう恐ろしい説もある
部屋は綺麗にしないといけないね
86.名無しさん:2017年02月27日 16:35 ID:awsq9NN10▼このコメントに返信
なんでもそうだけど、正しい理論があったとしても全ての事象を間違いなく証明する理論なんて存在しないからな?
世の中はもっと複雑にできてるんだよ
だから進化論も大まかには合ってるだろう、しかし過去の進化すべてが進化論に沿って進んできたわけでは決して無いと言える

1か0かっていう考え方は科学向きじゃないね
87.名無しさん:2017年02月27日 16:37 ID:6xHFmVHh0▼このコメントに返信
宗教的な論法だと
昨日、神様がこの世界を作ったのかもしれない。
記憶も歴史も全てを神様が作った。
それはもしかしたら20分前かもしれない。
88.名無しさん:2017年02月27日 16:41 ID:QVYUZtes0▼このコメントに返信
※86
悪魔の証明と同じで無い事を証明するより有ることを証明した方が楽じゃね?
1か0かっていう考え方は科学向きじゃないのは分かるよ。
多分面倒なんでそもそも0を考えてないっす。

89.名無しさん:2017年02月27日 16:42 ID:a7Xa1xEQ0▼このコメントに返信
進化論って訳しかたが間違い
自然淘汰説の方が正しい
生物がいろんな方向に進化→その時の環境に適応できた者だけが生き残る
を繰り返して今の状態になったんだぞって言ってる
だから、人間が最高で完成された存在としたキリスト教からするとヤバかった
90.名無しさん:2017年02月27日 16:45 ID:VwakzXFm0▼このコメントに返信
進化とは「多様性によって、環境の変化を生き延びた種の系列」とのこと。
進化をパワーアップだと思ってる人ばかりだから、根本的に話が噛み合わない。
前提として環境(気候・植生・等)の変化が、劇的に起こり続けていることを認識してないと問題外。(尚、人類史はほんの僅かな期間に過ぎない。)

現環境に最適化すると簡単に絶滅するため、多様性で系列のどれかで生き延びるという仕組みが進化。
91.名無しさん:2017年02月27日 16:47 ID:QQcVwKyx0▼このコメントに返信
※87
「世界5分前仮説」ってのがある。なお。これを否定するのは
神の存在を立証するレベルで難しい模様
92.24:2017年02月27日 16:48 ID:FXl5m3bI0▼このコメントに返信
※48
んーや、イケメンであることは人としての遺伝の形質を正しく受け継いでるかの目安になるからあながち顔だけとは思わん。この辺りは理屈じゃなく本能で感じる部分。誰だって多かれ少なかれそう考える。本能として判ってるから女は化粧で誤魔化したりもする。あくまで外見は目安であって内容が劣っていれば老化と共に相手にされなくなる訳なんだけどね。
自分にないものを求めるってのはあるからイケメンが画一的な物と定義出来るとも思わんけどな。細ガリな優男を好む女も居ればゴリマッチョの渋いおっさんを好む女も居る。これも本能的なものだと思っている。俺としては美人相手でも不健康なのは願い下げ。病弱な女には懲りた。生き物の本能としてイヤだ。
ちなこに、人から見てイケてると思える猿は猿山の中でもやっぱりメスにモテるんだそうだよ。
93.名無しさん:2017年02月27日 16:54 ID:1Q9.rrs10▼このコメントに返信
まあ3000年は止まってる気もするがDNAは間違いなく変化してるだろう
少なくとも猿人から変化してんだからここ6千年変わってない気もするが生物進化の進捗が遅いとか停滞しているわけでもない
それに自立進化できる唯一の生き物だろう人間はあと300年もしない内に電脳化からの機械の存在になっていてもおかしくない
94.名無しさん:2017年02月27日 16:55 ID:8Aahhoey0▼このコメントに返信
自然淘汰なんて進化論の一部でしょ
中立説もあるし
95.名無しさん:2017年02月27日 16:55 ID:OXZtvIJh0▼このコメントに返信
最近は親不知が生えないを通り越して、発生しない子供もいるらしいが。
これは遺伝レベルで変化しているのか、あるいは後天的環境由来なのか。
96.名無しさん:2017年02月27日 16:57 ID:jg.pFjqv0▼このコメントに返信
そもそも人間の大雑把な記録の残っている歴史ですらたった10000年も無い
そんな短期間に種としてまったく異なるものに進化する生物にめぐり合える確率なんてしれている
でも目の当たりにしている進化もある
病原体なのどの微生物は明らかに進化している
薬物耐性という形で日々変化しているからね
97.名無しさん:2017年02月27日 16:57 ID:Ccy2VYYa0▼このコメントに返信
※87
それは宗教というか哲学の問題で
「この世界は5分前に作られた、資料や遺跡や人間の記憶なども、すべてそのときに作られたので
 ただ昔のことがあるとみんな思っているだけ」という仮説を
完全に否定する方法があるか、という問題だろう。
考えてみたが、それを完全に否定する方法は思いつかない。
98.名無しさん:2017年02月27日 16:58 ID:.lmUW1xE0▼このコメントに返信
人類の進化を表す図でお馴染み 「類人猿→猿人→原人→現代人」の図は
もともと、現在では完全に否定されているローリング・ブレイスの単一種説を説明するための図なんよねぇ
なぜかいまだに使われ続けているという不思議
ま、大ざっぱにこんな感じですわ、という意味では分かりやすいという理由から使ってるんだと思うけど
99.名無しさん:2017年02月27日 16:58 ID:QVYUZtes0▼このコメントに返信
※90
全体的には劣化してても一番必要な能力が向上してたらパワーアップで良くないか?
能力が向上してるのが進化といわれたらしっくりくるけど、能力が退化してるのが進化とか言われても?となる。

深く考える必要は無く、ただ単に向上した部分のみ見てるのが進化って言う言葉かと。
100.24:2017年02月27日 16:58 ID:FXl5m3bI0▼このコメントに返信
※59
ヒトラーの言うところの優生学か。まあコケただろう。
難しく考えていつまで経っても子供が出来ないインテリ夫婦よりもなんも考えずに子沢山な若い夫婦の方が遺伝子残すわな。
101.名無しさん:2017年02月27日 16:59 ID:KqoVtNOB0▼このコメントに返信
正しくないよ。 創造論が正しい!
宇宙生命体! エナジー。
大宇宙神の御霊の創造。
102.名無しさん:2017年02月27日 17:00 ID:KqoVtNOB0▼このコメントに返信
なぜ、今も猿がいる?
103.名無しさん:2017年02月27日 17:03 ID:WM.8.puf0▼このコメントに返信
※46
中間種問題は無意味だよ。
仮に人間とサルの間に中間種Aがいたとする。
でも人間とAの中間種は?となる。
仮にその中間種AAが見つかってもAAとの中間種は?と無限に続く。
どんな都合のいい中間が見つかったら納得するんだよって話
104.名無しさん:2017年02月27日 17:05 ID:bsS..yfr0▼このコメントに返信
「ほかの動物は進化してない」って人類が自分たちに存在を脅かす方向での
他の種の進化を許容するわけないだろう。動物だろうが菌類だろうが
そんな目は全て事前に摘まれることになる。
105.名無しさん:2017年02月27日 17:07 ID:Ccy2VYYa0▼このコメントに返信
※98
ネアンデルタール人が絶滅したという説は廃れてきて
ネアンデルタール人はクロマニヨン人と混血して融合してしまったのだという
説が主流になってきたらしいからな。
子供の頃に教わった科学が今では時代遅れになっていたりする。
106.名無しさん:2017年02月27日 17:09 ID:yLI3D4sO0▼このコメントに返信
サラブレッドとか錦鯉とかは進化論で言うところの進化には該当しないの?
107.名無しさん:2017年02月27日 17:12 ID:O.w4OU2O0▼このコメントに返信
日本人の足の小指の関節が二つになったんここ100年位らしいで。お年寄りとか外国人は三つある人もいるとか(どっちかとゆーと退化だが)
108.名無しさん:2017年02月27日 17:12 ID:OO1T6lmL0▼このコメントに返信
ノーベル賞受賞者の山中教授も、進化論は証明されていない、自分は神の創造論の方を支持すると言うてるんやで。
科学者が科学を追求すればするほど神を信じるようになるらしい。あまりに科学のつくりが細か過ぎて、とても偶然出来たとは考えられないと。
109.名無しさん:2017年02月27日 17:14 ID:tToM8gU10▼このコメントに返信
生物の多くは、その生涯で使用しないブランク部分をDNAに内包している、もしそれが次への変化への準備だとだとしたら、その部分のDNAはどこから来たのだろう。
110.名無しさん:2017年02月27日 17:17 ID:WM.8.puf0▼このコメントに返信
※99
evolutionを進化と訳したのが間違いのはじまり。
変化とか適応とかたまたまこうなったの方がよかった。
進化は結果論だから、能動的なイメージの言葉(漢字)を使うべきではないと思う
111.名無しさん:2017年02月27日 17:20 ID:mKb.qf3R0▼このコメントに返信
まぁ真実はいつだって自分視点の過去にしかないから確認しようがないし、鵜呑みにできないね
あはは…
112.名無しさん:2017年02月27日 17:23 ID:MwkQYEo80▼このコメントに返信
サルと人間の間の生き物なら俺のまわりに結構居る気がするんだが・・
113.名無しさん:2017年02月27日 17:24 ID:wfAbkTn20▼このコメントに返信
※29
多分、帰属する集団無意識みたいなのが在って、彼らはもうアッチの人間になっちゃってる。そうすると、こちらのシグナルに対する反応が不確かで曖昧なものになるので、特に表情があなたの表現した様に見えるってことになるんだと思う。

確かにそうだね。そういう風に見える人は実に多く感じる。ただ別に頭が悪いわけでも、人間性が劣るわけでもない。こちらの出す信号に反応がないか、誤解するってことだね。だからいわゆるイケヌマさんに見えてしまう。薄ぼんやりとした鈍い人間って印象になるんだと思うよ。

これの逆バージョンが在って、日本人は何考えてるかわからない不気味ってのもあるよ。これを一番感じてるのが、いわゆる在日諸君だと思われる。白人なんかでもそういうことを言う人がいるね。

これを複数理解して、その間をとりもつことって出来ないかな?

自分ではチャンネルを切り替えるような感じで対応してきたからね。どうにもうまくないやり方だった。

これだと行った先で、何故か道を尋ねられる事になるよ。個人的には問題ないんだけどね・・・。
114.名無しさん:2017年02月27日 17:25 ID:FZBGiwi80▼このコメントに返信
元スレで「男女の性差が縮まって中性的になっていく傾向」とあるが
これはただの変化であり進化ではない。進化というのは生物学的な変化で
元に戻らないものであり、例えば性器が変化し子孫も変化したままのことであり
そんな中性化はただの個人の趣味に過ぎない。
115.名無しさん:2017年02月27日 17:27 ID:wfAbkTn20▼このコメントに返信
※110
環境適応論の誕生であった。
116.名無しさん:2017年02月27日 17:29 ID:L.7qfF4J0▼このコメントに返信
進化論で説明できない繋がりも多いけど、
じゃあそれ以外のなんだっていうとわからん。
117.名無しさん:2017年02月27日 17:29 ID:WaBmu1yA0▼このコメントに返信
※107
おれ、三つあるで。関節。
118.名無しさん:2017年02月27日 17:29 ID:41WF9JPd0▼このコメントに返信
欧米の学者って、ほんとは進化論なんか信じていないのにだまってるんだぞ。
NASAが抱えてる十代の天才科学者予備軍の連中がなんて言ってるか知ってるか?
「今時進化論なんか信じてる学者って、頭のネジがぬけまくってるんじゃないの」

だいたい人間が進化の頂点を極めた生物なら、おかしなことがいっぱいある。例えば
免疫力だ。人間よりもサメやワニは強力な免疫システムをもっている。人間のように
複雑なシステムじゃないぞ。単に強力な免疫物質を分泌する器官があるだけだ。
どうして、人間の免疫システムはサメやワニに劣るのか?
人間は進化したんじゃなくて、意図的にそのようにデザインされた生物だってことだ。
人間の免疫システムは複雑で壊れやすい、しかも弱い これが何を意味しているか。

それは、人間を長生きさせないためのシステムだからだ。このシステムを設計したやつ
は、人間に長生きさせないという明確な意思をもっているってことだ。
ちなみにだ、人間の本当の寿命は900才だ。現在は120才だがな。900才まで生き
られるモード切り替えスイッチは存在する。だが、その場所とスイッチの入れ方は、設計
したやつにしかわからない。むう。
この文章を読んだ奴は、あと十年頑張って生きろ。そうすれば本当のことがわかるだろう。
119.名無しさん:2017年02月27日 17:30 ID:8Aahhoey0▼このコメントに返信
進化というと種を越えた変化みたいな風潮あるが定義によっては遺伝子頻度の変化を進化とすることがあるから
例えば工業暗化も進化の一例だし人間も現在進行形で進化してるだろう
120.名無しさん:2017年02月27日 17:30 ID:fhaAEjpi0▼このコメントに返信
現生人類でも細かい進化は千年程度のスパンでも起きてるけどな
例えば千年前の人類は普通に顎を閉じたときに上下の前歯の先端同士が
噛み合うのが普通だったが現代人では上前場の裏側に下前歯の先端が
当たるのが普通
つまり柔らかい食物を食べるようになった結果、下顎が小型化してる
121.名無しさん:2017年02月27日 17:32 ID:MSRjEZnX0▼このコメントに返信
まだ断定はできないんだろうけど種の進化途中と思われる別種の化石も見つかってるし
進化論の論説で概ね間違ってはいないんじゃないかな
122.名無しさん:2017年02月27日 17:33 ID:nHgCdC.P0▼このコメントに返信
論の意味がわかってないだろ?
正しいって証明されたら法則とかになるわけで
123.名無しさん:2017年02月27日 17:35 ID:QVYUZtes0▼このコメントに返信
※118
進化論を否定するって事は先天的に成長しないって事だぞ・・
124.名無しさん:2017年02月27日 17:35 ID:uVwja7.i0▼このコメントに返信
イッヌは短期間で進化させまくってるじゃん。あれもともとオオカミの仲間だぞ。

チワワとセントバーナードじゃ人工授精でもしない限り子供産まれないんだし、もう半分別種みたいなもんだろ
125.名無しさん:2017年02月27日 17:37 ID:wfAbkTn20▼このコメントに返信
※99
拳法の要諦は「不要筋肉の退化」にあるそうだよ。取捨選択して強化するってことだね。

現在に対する最適化は環境の変化には弱い。先を見て意識的に変化に合わせることは可能じゃないかな?
126.名無しさん:2017年02月27日 17:38 ID:NEvTi1Lp0▼このコメントに返信
カピバラとウサギとモモンガがネズミの仲間(げっ歯類)だなんて・・
あ、スレチすまん
127.名無しさん:2017年02月27日 17:40 ID:2a5dxoDm0▼このコメントに返信
人間は顎も小さくなってるし、日本人は背も高くなってるし進化してるやん。
猿から人間並みの進化というと、恐竜が二億年も種の垣根超えられない進化してないんだから、440万年程度の人類はあと五倍くらい生存するか地球の大規模環境変化でもなけりゃそのままやろ。
128.名無しさん:2017年02月27日 17:40 ID:sPBTU4Hh0▼このコメントに返信
※1
だが、進化論よりも汎用性や合理性に富む仮説がないのも事実だからなぁ。
129.名無しさん:2017年02月27日 17:42 ID:WaBmu1yA0▼このコメントに返信
※126
げっ歯類じゃなくてげっ歯目じゃなかったか?
130.名無しさん:2017年02月27日 17:42 ID:C2LhMUDj0▼このコメントに返信
進化というより変化というほうが理解しやすいんではないの。
131.名無しさん:2017年02月27日 17:43 ID:CF6iJnIp0▼このコメントに返信
サイクルの遅い動物だと分かりにくいかも知れんけど、
サイクルの早いウイルスはすぐ進化しとるそうやん
132.名無しさん:2017年02月27日 17:43 ID:wuuh.DQM0▼このコメントに返信
本当はエ〇ヒム(天空から降りてきた人々)が定期的に地球にやってきて生物を人工的に進化させてるんやで。
133.名無しさん:2017年02月27日 17:45 ID:7d9pCYAC0▼このコメントに返信
不細工女と低年収男は結婚できず種を残せないから、適者生存の原則は間違ってないと思うが
134.名無しさん:2017年02月27日 17:45 ID:fidFJORx0▼このコメントに返信
朝鮮族は、人類とは別の祖先から進化したらしい。
135.名無しさん:2017年02月27日 17:45 ID:JrORrAoI0▼このコメントに返信
人工知能で人類を進化させることは可能だが、進化させると新人類と旧人類との間で交配できないだろうし主導権などで絶対的に戦争になるね。
136.名無しさん:2017年02月27日 17:46 ID:O.w4OU2O0▼このコメントに返信
>117
まじかー。まあ背骨とか肋骨とかも人によって数が違う人おるらしいしな。箪笥の角には気をつけるんやで(´・ω・`)
137.名無しさん:2017年02月27日 17:47 ID:sPBTU4Hh0▼このコメントに返信
※110
ただ、うまい訳がなぁ・・・
138.名無しさん:2017年02月27日 17:47 ID:lVFDaM9u0▼このコメントに返信
ヒトで見ても、縄文人と現代人ではかなり変わっただろ。
ヒトとして既に完成型だからバージョンアップと言うべきなんだろうけど。

太古から進化して続いてる種は、カタストロフの生き残りで変化に対して強かったから続いてるんだろうよ。
それでもその種の個体の大半は生き延びれなかっただろうけど。
絶滅しなかったからこそ進化に繋がるんだと思う。
139.名無しさん:2017年02月27日 17:49 ID:sPBTU4Hh0▼このコメントに返信
※16
遺伝的な変異は、気づかないだけで常に起きているんだぞ。

表現系として現れないだけで
140.名無しさん:2017年02月27日 17:53 ID:.dwyayyP0▼このコメントに返信
人間なんか一番進化論に合わないらしいしな
141.名無しさん:2017年02月27日 17:59 ID:GFf5MzpL0▼このコメントに返信
一世代間でも変化してるなら進化に含まれるんですがそれは
142.名無しさん:2017年02月27日 17:59 ID:j9IP.l8O0▼このコメントに返信
某国人を見てると、進化論が怪しく感じる。
143.名無しさん:2017年02月27日 18:02 ID:QVYUZtes0▼このコメントに返信
※140
進化せんでも適用しようとモノ作りに励んでるから仕方ないっす。
そのお蔭か、脳は発達傾向にあるんじゃね?

ただ単に全ての生物に最初から備わってる使用頻度が高い所と少ない所が勝手に自動で最適化する機能なだけだし。
144.名無しさん:2017年02月27日 18:05 ID:Ccy2VYYa0▼このコメントに返信
人体ってすげー不合理だしな。
なんで最大の弱点の頭が体の端についてるんだよ。
脳は身体の中央にあるべきだろ。
足が二本しかないのも馬鹿げている。
手のほかに足が四本ある方が合理的だ。
145.名無しさん:2017年02月27日 18:05 ID:f564Ivzw0▼このコメントに返信
環境違えばヤマメもサクラマス

黒人と白人は完全なる同種
146.超天才さん:2017年02月27日 18:06 ID:QpD6Plgl0▼このコメントに返信
※118
免疫力の差は、腐肉を食う度合の差じゃねーの?サメはクジラの腐肉に集まるし、ワニも川で動物の死骸は食べるでしょ。
そもそも、免疫力に優れるという理由で人類は進化の頂点にいるわけではない。知力に優れるから頂点にいるのだ。

寿命に関して言えば、「寿命の獲得」が進化とも言えるだろう。寿命ありのグループの方が進化しやすいはず。
人類は、これでも凄い速度で進化はしているよ。我々には実感が薄いだけだ。
人類より速い「サラブレッドの進化」が、一番わかりやすいんじゃない?300年で、性能的に別の生き物になってるでしょ。
147.名無しさん:2017年02月27日 18:18 ID:rH7H4BHS0▼このコメントに返信
過去の事なんか気にすんな!
148.名無しさん:2017年02月27日 18:18 ID:.lCx0.xJ0▼このコメントに返信
※142
アレは思想とそれによる思考回路がヤバイだけ(だけ?)だから
要するに後天的要素
149.名無しさん:2017年02月27日 18:25 ID:QVYUZtes0▼このコメントに返信
※144
別に中心に心の臓があるし、発熱の多い脳は冷やすために外側に無いと色々と辛いし、とりあえず二本手が有れば上ることが出来るし、二本足が有れば動くことはできる。

コスト削減していけば人間の形に成りそうだな・・
150.名無しさん:2017年02月27日 18:26 ID:G93KHAOV0▼このコメントに返信
家畜は突然変異を根絶させているから飛躍的な進化体は生まれないよ
151.名無しさん:2017年02月27日 18:27 ID:KEYrk6aO0▼このコメントに返信
翼の代わりに航空機を作り、早い足の代わりに自動車を作り、宇宙に適用するために宇宙服を作る。進化するわけがない。
152.名無しさん:2017年02月27日 18:28 ID:3Svfz1L80▼このコメントに返信
宇宙さえ存在しなかった137億年前、偏差値28未満の韓国人が宇宙を作ったと主張してるから世界共通の科学的な進化論は半島では存在してません。
153.名無しさん:2017年02月27日 18:28 ID:Bsyhgb030▼このコメントに返信
※148
適者生存の観点から言えば、あの環境下では、あれが最も生存に適しているのかもしれないぞ。

あくまで、環境の圧力によって淘汰が起こった末に生き残るっていうだけなんだから。
154.名無しさん:2017年02月27日 18:29 ID:lVFDaM9u0▼このコメントに返信
※151
脳が高度な進化をしてるんですがそれは。
155.名無しさん:2017年02月27日 18:33 ID:wuuh.DQM0▼このコメントに返信
人間って黒人ー>白人ー>アジア人の順に進化してるらしいね。そして今現在はアメリカ内では白人と黒人の交雑種が生まれて長い時間をかけて固定化されるかなって思ってたらヒスパニックが大量に流れ込んできてまたあらたな変化が起きている。EUでも純粋な白人種が少なくなり白人と中東系の交雑種が生まれ新ヨーロッパ人が誕生するんじゃないかな。人間も進化や交雑を繰り返してるよね。
156.名無しさん:2017年02月27日 18:33 ID:RZ5ae.sv0▼このコメントに返信
なんかほとんど進化じゃないんだけどわざと書いてるの?
157.名無しさん:2017年02月27日 18:35 ID:RZ5ae.sv0▼このコメントに返信
155
それ進化関係ない
158.名無しさん:2017年02月27日 18:35 ID:.s0mbNHz0▼このコメントに返信
※16

大陸は常に移動しているが、人間にはとても移動しているなんて感じられない
進化も同じ

ただ植物なんかは棘が無くて鹿に食べられっぱなしだったのが、たった数十年で同じ種でも棘が生えてきた(棘がないものは淘汰された)のには驚いたな
159.名無しさん:2017年02月27日 18:35 ID:.s0mbNHz0▼このコメントに返信
※16

大陸は常に移動しているが、人間にはとても移動しているなんて感じられない
進化も同じ

ただ植物なんかは棘が無くて鹿に食べられっぱなしだったのが、たった数十年で同じ種でも棘が生えてきた(棘がないものは淘汰された)のには驚いたな
160.名無しさん:2017年02月27日 18:36 ID:8Aahhoey0▼このコメントに返信
※150
むしろ家畜こそ人為的な進化を促されてきた集団だろう
より卵を産む、より肉付きのよい、より従順でおとなしい個体を選別する
161.名無しさん:2017年02月27日 18:37 ID:uBIjjVaq0▼このコメントに返信
チャールズ・ダーウィンの進化論は、鳥類の誕生を説明できない、

鳥類誕生を説明出来ない以上、進化論そのものが信用に値しない。
162.名無しさん:2017年02月27日 18:37 ID:QS3DrUuj0▼このコメントに返信
>>140
十分強くて変わる必要の無い生物ほど変化は小さくなっていくらしいから
人間があんまり変わらないということは種としての生存能力が地球最強クラスなだけじゃないだろうか
宇宙に出ていかざるおえなくなって、ゴミみたいに毎日死ぬようになったら
また人間も最適な形状に進化するかもね
163.名無しさん:2017年02月27日 18:40 ID:RZ5ae.sv0▼このコメントに返信
淘汰と共生の矛盾
164.名無しさん:2017年02月27日 18:41 ID:CWoG9mu80▼このコメントに返信
リンゴが木から落ちるように生物も変化していくっていうだけの話なのにね

なんか自ら変わろうとする進化のように捉えられてるし、子孫ほど完成形なのだ!とかドヤりたいらしいけど



人が猿から〜  のくだりを持ち出す人はそもそも人が猿から進化したなんて科学者は言ってないことすら知らないレベルなんだから
論ずるに値せず
165.名無しさん:2017年02月27日 18:42 ID:bG.svnYk0▼このコメントに返信
面白い疑問だとは思うけどね
1の言うとおり人間史に入ってから種をまたぐような進化が起きたという証拠はない
166.名無しさん:2017年02月27日 18:43 ID:wuuh.DQM0▼このコメントに返信
枯れ葉に擬態してる虫は進化で説明できないって聞いたおぼえがある。
167.名無しさん:2017年02月27日 18:45 ID:Fg0mLIqw0▼このコメントに返信
※1で終わってたw
168.名無しさん:2017年02月27日 18:46 ID:RZ5ae.sv0▼このコメントに返信
蜜蜂が先かクローバーが先か?
169.名無しさん:2017年02月27日 18:48 ID:KqoVtNOB0▼このコメントに返信
神を信じない人は、人間としての障害者。
170.名無しさん:2017年02月27日 18:48 ID:RZ5ae.sv0▼このコメントに返信
169
それが進化論なんだよ
171.名無しさん:2017年02月27日 18:48 ID:D4xZ4J3s0▼このコメントに返信
とんでもねえバカばかりが集まって2ch以外で勉強したこともない話をして何になるというのだろう
172.名無しさん:2017年02月27日 18:48 ID:wuuh.DQM0▼このコメントに返信
だれか ムラサキシャチホコ がどうやって進化したか説明してくれ
173.名無しさん:2017年02月27日 18:52 ID:LWGn5ngn0▼このコメントに返信
自然淘汰だけじゃ説明に無理がある生物がいっぱい居るんだよなー
174.名無しさん:2017年02月27日 18:53 ID:QVYUZtes0▼このコメントに返信
※155
黒人=砂漠戦仕様
白人=寒冷地仕様
黄色人種=汎用仕様
って感じで皮膚のみで言と進化っぽいけど・・

どの色が最初か分からん。
175.名無しさん:2017年02月27日 18:54 ID:CWoG9mu80▼このコメントに返信
カメレオンはぜんぜん脳みそないのに擬態できるからな

擬態は機能なんだよ
あまり高等な生物でなくても擬態は可能




っていうかそのムラサキシャチホコの話とか三十年前のネタであって
いまだにそんなこと言うやついるとか笑いを禁じ得ないwww
176.名無しさん:2017年02月27日 18:54 ID:WjmzRc8.0▼このコメントに返信
※167
進化論以外の仮説がお笑いレベルなだけだろ
神がデザインした、は科学ではない

177.名無しさん:2017年02月27日 18:56 ID:CWoG9mu80▼このコメントに返信
※173

遺伝子の水平伝播があるから、それでその部分の説明もだいたい可能


ほんとアホだねお前ら
いつまで30年前のネタを話してるんだ?


人間や生物に霊魂があるとか思ってそうなアホだな
178.名無しさん:2017年02月27日 18:57 ID:QVYUZtes0▼このコメントに返信
※169
神を証明する為に出来た副産物だけどね。
生命を作ったとするのか、直接人間を作ったとするのかどっちでも別に創造主なんでどっちでも良いやん。
まぁ、私的に前者の方がメンテナンスフリーの生命体作ってるので賢い神様だと思うけど。

後者の場合・・人間臭すぎるw
179.名無しさん:2017年02月27日 18:58 ID:RZ5ae.sv0▼このコメントに返信
174
渓流だとヤマメは鮮やかな色だが
ダムでは色が薄れていく
完全な同種のヤマメです
180.名無しさん:2017年02月27日 18:59 ID:bG.svnYk0▼このコメントに返信
ボトルネック説というのもあるね
人類でいうなら、仮に地球環境が悪化して世界で黒人の一家族(10人)と白人の一家族(10人しか生き残らなくて)
偶然的に黒人家族は心臓が二つ出来る持病が合って、白人家族は指が6本生える家系だったりすると、
そこで性質が大きく開いてくる。
無論この段階では混血が起こるから種の隔たりがあるわけではないけども
181.名無しさん:2017年02月27日 19:01 ID:CWoG9mu80▼このコメントに返信
※174


それについてはほぼ解明されている


アフリカが発症もと
白人は黒人のアルビノの子孫
途中まざって中東でアジア人の祖先が生まれる
アジア人はさらにアメリカ大陸にまで渡りネイティブ・アメリカンになる
彼らの神話は初期のアジア人の神話よりも古いシャーマニズムアニミズムのカタチを残している



ついでに日本人の祖先はジャワのほうから船で来た
当時の半島の古代朝鮮人はのちにエべンキ族に壊滅させられた

日本人は中国大陸とは混血もあるが、朝鮮半島のエべンキ族の子孫とはほぼ血の繋がりがない
それもそのはず、朝鮮人は古代朝鮮人とは別物であるから
182.名無しさん:2017年02月27日 19:01 ID:RZ5ae.sv0▼このコメントに返信
176
進化論こそが神みたいなもんで科学じゃないんだよ
183.名無しさん:2017年02月27日 19:02 ID:oRaZo.2K0▼このコメントに返信
遺伝子というかいろんな物事にも関係するんだけど
何でも混ざると劣性の方に引っ張られるらしい

つまり、某国人の遺伝子は…
184.名無しさん:2017年02月27日 19:03 ID:8Aahhoey0▼このコメントに返信
※161
前適応って知ってる?
185.名無しさん:2017年02月27日 19:03 ID:CWoG9mu80▼このコメントに返信
※183

劣性遺伝優性遺伝はそういう意味じゃないんですが
186.名無しさん:2017年02月27日 19:05 ID:RZ5ae.sv0▼このコメントに返信
朝鮮とか関係ない
頭おかしい
187.名無しさん:2017年02月27日 19:06 ID:Cy4y0Hmv0▼このコメントに返信
最初の生命はどうやって生まれたんですかねぇ
進化論じゃ無理すぎる
188.名無しさん:2017年02月27日 19:08 ID:uBIjjVaq0▼このコメントに返信
※177
鳥類の誕生は、遺伝子の水平伝播で説明できるのかね?
189.名無しさん:2017年02月27日 19:11 ID:9Ipd7NnO0▼このコメントに返信
人間は猿から進化したのではなく、
共通の先祖なんだけどなあ。
進化ってのは、突然変異と環境適応の連続だろ?
190.名無しさん:2017年02月27日 19:13 ID:fp79y2sB0▼このコメントに返信
突然変異とかで環境に適した個体が出て来るのは分かるが、それが種全体の進化の方向性に反映されるメカニズムがわからん
191.名無しさん:2017年02月27日 19:13 ID:CWoG9mu80▼このコメントに返信
※187

いまは実験室の中でアミノ酸程度までは合成出来たそうだから
地球で誕生した説もそれなりに有力

人工知能もついに成長しだしたそうだから、そっちもそういうものなんだろうな


※188

トビウオを知ってるかい?
そもそも飛ぶということは人間にはすごいことに見えるが
飛ぶということは泳ぐということと同義
生物は気体は泳げないなんていう考えは持っていない
人間がかってに気体と液体にそんなに差があるかのように錯覚しているだけなんだ
192.名無しさん:2017年02月27日 19:15 ID:sBkGsMSm0▼このコメントに返信
キリンは高い所のものを取ろうとして首が長くなった。
そいじゃあスキージャンプの選手も進化したら飛べるようになったりしてな
193.名無しさん:2017年02月27日 19:16 ID:65S0zxxy0▼このコメントに返信
※187
こんな話がある
ttp://www.tohoku.ac.jp/japanese/2015/08/press20150818-03.html
194.名無しさん:2017年02月27日 19:17 ID:CWoG9mu80▼このコメントに返信
※190

進化に方向性なんかそもそもないんだよ
文系はそこを間違えている


わかっているのは
それぞれの環境下で一番輝く生物がいて
それは環境ごとに違うということ


●冬場  ノロウイルスやインフルエンザには絶好の環境
●湿った部屋  カビには絶好の環境
●南極の氷の下 カニ達には絶好の環境
●海底火山の近く エビ達には絶好の環境
●砂漠  どの生物にもキツい
●チグリス川ユーフラテス川長江など川沿い
こちらのユーラシアの人類には最適な環境だった
●アメリカ大陸の山の奥地 ネイティブ・アメリカンはそこで暮らせるようにしていった
195.名無しさん:2017年02月27日 19:18 ID:CWoG9mu80▼このコメントに返信
進化に方向性なんかそもそもないんだよ
文系はそこを間違えている


わかっているのは
それぞれの環境下で一番輝く生物がいて
それは環境ごとに違うということ


●冬場  ノロウイルスやインフルエンザには絶好の環境
●湿った部屋  カビには絶好の環境
●南極の氷の下 カニ達には絶好の環境
●海底火山の近く エビ達には絶好の環境
●砂漠  どの生物にもキツい
●チグリス川ユーフラテス川長江など川沿い
こちらのユーラシアの人類には最適な環境だった
●アメリカ大陸の山の奥地 ネイティブ・アメリカンはそこで暮らせるようにしていった
196.名無しさん:2017年02月27日 19:19 ID:yYqS6.Hu0▼このコメントに返信
雑種は進化なのか?
197.名無しさん:2017年02月27日 19:20 ID:RZ5ae.sv0▼このコメントに返信
進化と変異と変化は違う
198.名無しさん:2017年02月27日 19:21 ID:Sg2fb3QL0▼このコメントに返信
進化論も信仰と変わらない。
それを前提に辻褄合わせてるしな。

ミッシングリンクは、説明出来るようになったんか?
パンくんは、いつ人間になるんやろかな?
199.名無しさん:2017年02月27日 19:22 ID:RwuR.M5D0▼このコメントに返信
現在、発達障害と呼ばれてるカテゴリーも
実は「言語」「文字」によるコミュニケーションが
一般化する中で存在しやすくなった突然変異種
なんて見方も出来なくはないと思うが、どうだろ。
200.名無しさん:2017年02月27日 19:23 ID:CWoG9mu80▼このコメントに返信
※198

ミッシングリンクなんてそもそもないぞ
あれはああやってネタにするために大袈裟に言っただけのこと


パン君は人間にはならない
そもそも猿と人間は祖先が同じだけ
猿から人間になったわけではないから

まあ韓国のパンのことなら許してやれ
あいつは一応は人間だ
201.名無しさん:2017年02月27日 19:28 ID:CWoG9mu80▼このコメントに返信
※199

発達障がいも原因になり得る遺伝子因子が判明している
かれらは脳の一部が活性化しないために共感性がひどく損なわれている
それを補うために彼らの一部は論理性が発達して知能の高い発達障がいになる
202.名無しさん:2017年02月27日 19:30 ID:Bsyhgb030▼このコメントに返信
・・・えーっと

みんな、ダーウィンの進化論をちゃんと理解しているのかなぁ・・・
203.名無しさん:2017年02月27日 19:30 ID:yAScJ8zA0▼このコメントに返信
>>20
こういう思想が一般に広まってる意味がわからん

解らんお前が判らんわwwwww
どんだけ無知なんだよ
204.名無しさん:2017年02月27日 19:31 ID:CWoG9mu80▼このコメントに返信
ヘビももともとは脚があるのだが脚がはえなくなる遺伝子を持っている
それを補うための動き方を身につけるというのがすごいが人間の赤ん坊も言語や歩き方を覚えていくからそれには負ける
205.名無しさん:2017年02月27日 19:34 ID:CWoG9mu80▼このコメントに返信
そもそも進化論が唱えられた時点では分かってなかったことがいくつか追加されている

●親が獲得したことの一部が遺伝子にも刻まれること

●別の系統の生き物が変異して得た遺伝子をウイルスなどを介して得ることがあるということ


206.名無しさん:2017年02月27日 19:36 ID:BFmrLO4o0▼このコメントに返信
進化と発達を混同してる人が結構いるけど定義は違うよ
最近の書籍つっても2年前だけど、ビョークランドの進化発達心理学とか面白いと思うけど
ダーウィンすらぼんやりしてるのに最近どうなってるかとか分かる訳もないか
207.名無しさん:2017年02月27日 19:42 ID:wuuh.DQM0▼このコメントに返信
※175
よくわからんがお前の説明がムラサキシャチホコの羽より説得力がない事だけは頭の悪い俺でもわかる。
208.名無しさん:2017年02月27日 19:53 ID:9C.50Unx0▼このコメントに返信
地球からみれば、人間も自然の一部。そもそも地球外生命体で無い限り。
地球が他の惑星から隔離された存在だとすれば、人間も突然変異による進化をしたと考えるしかない。

南極ね氷の中から採取した細菌の遺伝子にも肺等無いのに肺のDNAがあったとか何とか。
細菌だから肺がないにも関わらず!

恐らくDNAには実際は実現されていない情報が既に未完成又は完成の状態で含まれている。例えば人間のDNAの中に水中で呼吸するためのエラの情報が完成の状態で含まれていてもおかしくは無い。卵子が細胞分裂する過程で選ばなかっただけだ。
だから、ちょっとした切っ掛けで指が6本を選択すればそうなるし、目が一つを選択すればそうなる。目が一つの場合は大抵早死にするので、子孫を残す事が出来ない。
奇.形と進化は紙一重だ。進化という言い方は奢りがあると思うが、要は環境適用出来るかどうかだ。生命の緩やかで力強い営みのなかで、環境適応可能なら進化は成立する。


209.名無しさん:2017年02月27日 20:05 ID:CWoG9mu80▼このコメントに返信
※208

おそらくでもなんでもなく、動作してない遺伝子はけっこうありますよ
なんの時に動くかわからなかった遺伝子の中には
死後になって動き出す遺伝子が発見されたりと人間の尺度で考えると奇妙なことばかりです
210.名無しさん:2017年02月27日 20:09 ID:CWoG9mu80▼このコメントに返信
それと最近の生物学では主流になりつつあるのですが
世間ではぜんぜん知られてないのが

実は人間も菌や細菌の影響を受けまくっているということです
性格も変えられてしまいますし、水を好むよに変化させられたりしています

こうなると人間に主導権があるというのは錯覚なのでしょうね
地球を破壊してる!なんて馬鹿げた話なんですよ。そもそも人間はそれほどの主導権を持ってないわけです


植物や菌類、細菌ウイルスに支配されて大局的には彼らの手足となって動いているわけです
211.名無しさん:2017年02月27日 20:14 ID:ARCUV0uh0▼このコメントに返信
進化論というより変化論
人間の都合よく進化しない
212.名無しさん:2017年02月27日 20:29 ID:a1FgQ.JR0▼このコメントに返信
進化論を前提として勉強してきた人達がこれは進化、あれも進化、そっちも進化と都合の良い定義付けしてるだけに感じるけどなー
観測できずにいて、再現もできずにいるなら科学的じゃないんじゃないの?
213.名無しさん:2017年02月27日 20:30 ID:Ccy2VYYa0▼このコメントに返信
※208
遺伝子を詳細に調べてみたら、はるか未来に生まれるべき超人類の遺伝子が既にあったとか
SFのネタになりそうだ。
214.名無しさん:2017年02月27日 20:32 ID:KYpTGPcV0▼このコメントに返信
※212
暗黒ショウジョウバエや大腸菌の実験で進化は確認されてる
215.名無しさん:2017年02月27日 20:33 ID:Bsyhgb030▼このコメントに返信
※210
オヤシロサマが復活しそうだな。
216.名無しさん:2017年02月27日 20:40 ID:Bsyhgb030▼このコメントに返信
※214
ダーウィンの進化論で言うところの"進化”だよなぁ。

線虫Cエレガンスでも結構見つかってるし
217.名無しさん:2017年02月27日 20:41 ID:EOypYi4o0▼このコメントに返信
※212
むしろ逆で、理解していない人が勝手に『進化』の定義をして、それを批判しているんだけどな
種を超えていないから進化じゃない、良くなっていないから進化じゃない、と言った感じで
218.名無しさん:2017年02月27日 20:46 ID:Ccy2VYYa0▼このコメントに返信
※210
実は地球の真の支配者は微生物なのかもね。
219.名無しさん:2017年02月27日 20:47 ID:a1FgQ.JR0▼このコメントに返信
※214
だからそれが都合の良い定義付けに感じるんだけどな
ハエの実験でもハエから何か別の物になった訳じゃないじゃない
ハエはハエのままだよ?
何代も続けば別の何か、別の種になるの?それが観測できてないし再現できてないじゃない
220.名無しさん:2017年02月27日 20:48 ID:RGqmY9Zh0▼このコメントに返信
ん?
生物は世代ごとにわずかずつ変化し、その変化が積み重なったものを進化と呼ぶのでわ?
221.名無しさん:2017年02月27日 20:50 ID:bXzPKX8w0▼このコメントに返信
※102
鳥が全部同じ種類ではない。魚も全部同じ種類ではないのと同じで
猿が全て同じ種類ではないってだけの話
なお。人類も環境適応方法の違いによって複数種類の人種にわかれとるで

※192
せやな。スキージャンプを300万年ぐらい。子々孫々と続けていたら変化が出るかもな
222.名無しさん:2017年02月27日 20:52 ID:KYpTGPcV0▼このコメントに返信
※219
結局※217が指摘してる通り種を超えた変化でないと進化と認めないと勝手に定義付けてるのね
生物学では表現型の変化、もっといえば遺伝子頻度の変化を進化と定義してるので上の例も進化です
勝手に定義をしてるのは君の方
223.名無しさん:2017年02月27日 20:53 ID:bXzPKX8w0▼このコメントに返信
※219
何を言っているの? ハエでも色々と種類がいるよ?
実験の過程で実験環境に適応すべく変異していくならば
それは「進化している」と言うことですけど?
224.名無しさん:2017年02月27日 20:55 ID:KYpTGPcV0▼このコメントに返信
※192
エピジェネティクスのおかげで獲得形質が盛り上がってはいるがまだキリンの首がそうだと決まったわけじゃないので高くしようと思って高くしたわけではない
225.名無しさん:2017年02月27日 20:58 ID:Bsyhgb030▼このコメントに返信
※219
・・・いや、進化論ってそういうものだっけ?

ある表現系の変化が現れる⇒その変化が環境に適した場合、生存確率が上がる⇒その変化を有した個体が繁栄し、生存競争(餌の獲得やメスの獲得)から敗れた表現系が淘汰される

って言うだけの話で、ある表現系の変化が現れたとしても、環境に適していなかったら、その個体が淘汰されるだけの話だし。
まったく別の種に変化する必要なんてないはずだが。

しかも、偶然の変化が淘汰圧によって残るかどうかの適性を環境から判断されるわけで、短い時間ですぐに起こる変化じゃないし。

大腸菌のプラスミド放り込んで薬剤耐性得るのとは、ちょっと違うんでないか?
226.名無しさん:2017年02月27日 20:59 ID:wuuh.DQM0▼このコメントに返信
生物はねなりたいと思うものに進化していってるのだよ。
227.名無しさん:2017年02月27日 21:00 ID:a1FgQ.JR0▼このコメントに返信
ん?進化って何?
環境への適応と進化は違うんじゃないの?
環境への適応を続けたら魚(共通の祖先?)はいつか陸に陸へ上がり空飛ぶの?
そういうのを進化って言うんじゃないの?
228.名無しさん:2017年02月27日 21:03 ID:Bsyhgb030▼このコメントに返信
※227
あれ・・・ここってダーウィンの進化論の話じゃなかったの?
229.名無しさん:2017年02月27日 21:04 ID:KYpTGPcV0▼このコメントに返信
※227
あのさ上で何人もが生物学における進化の定義についていってるよね?
それを認めず陸に上がるとか空飛ぶみたいな大きな変化しか進化と認めないと頑なに言い張って何がしたいの?
君が駄々こねればただちに全世界で生物学の進化の定義が変化して君を正しいと認めてくれるの?
230.名無しさん:2017年02月27日 21:06 ID:GeQB6BOF0▼このコメントに返信
進化で説明できない系の人は、だいたい生命や地球の歴史の長さを理解してない
231.名無しさん:2017年02月27日 21:08 ID:GeQB6BOF0▼このコメントに返信
形質獲得に何世代かかってるか考えれば空飛ぶとか、別に余裕です。普通に進化だけで対応できる。
232.名無しさん:2017年02月27日 21:15 ID:lSl2qDy50▼このコメントに返信
よく進化論は仮説だ~とか言う馬鹿がよく出て来るが
そんなのは当たり前のことで、
全部の科学理論が、仮説と言えるのを知らないみたいだな
否定できない理論は科学的ではない
233.名無しさん:2017年02月27日 21:15 ID:ZuS0TvLw0▼このコメントに返信
まあ、『進化』という言葉自体にも誤解がある(所詮は、単なる「突然変異+適者生存」の繰り返しの結果)が、
ここ、ほんとに日本のサイトなのか?
アメリカにいまだに「ダーウィンの進化論は悪魔の教え」とか言ってる州があると聞いて愕然としたものだが、
まさか日本まで、こんなもんとは。。。
234.名無しさん:2017年02月27日 21:17 ID:bXzPKX8w0▼このコメントに返信
※227
皆様が何度も言っていますが、「環境への適応」。それこそが「進化」です
むしろそれ以外の「進化」の定義って何ですか?
235.名無しさん:2017年02月27日 21:18 ID:UicslRgF0▼このコメントに返信
新種のウイルスとかよく聞くだろうに。
236.名無しさん:2017年02月27日 21:19 ID:KYpTGPcV0▼このコメントに返信
※234
中立進化もあるから環境への適応だけってわけでもないかな
237.名無しさん:2017年02月27日 21:25 ID:a1FgQ.JR0▼このコメントに返信
えーと、つまり環境への適応を繰り返せば、いずれ大きな変化も起こるよねと言うのが進化論?
238.名無しさん:2017年02月27日 21:26 ID:bXzPKX8w0▼このコメントに返信
※235
たまに話題になる病院などでの「新型耐性菌」なんてまさに進化ですよね

※236
そこまで話しだすと話がどんどん別方向に展開しそうw
239.名無しさん:2017年02月27日 21:26 ID:SEExxjZm0▼このコメントに返信
大きな進化は氷河期レベルの飢えと絶望がないと起きないよ
それ以外は性淘汰。金持ちな男、かわいい女がモテるのと一緒

そして進化論出てきた経緯は中世の神学大全やノアの方舟伝説から、神による大地創造は28年万年前ごろだろうと結論づけた中世神学に対して、
地質学などでの地質調査から28万年の浸食スピードでは全然足りない(例えば5000m級の山が平野になるには4億年は必要など)ことや、異なる地層から貝や魚の化石が見つかるので1回としていたノアの方舟には疑問が持たれると言う科学的見地としての神学へのアンチテーから発生してるから、そこらへん踏まえてないとごちゃごちゃになる。
240.名無しさん:2017年02月27日 21:27 ID:UicslRgF0▼このコメントに返信
優生学?認められたら何だって言うんだ?優遇しろとか殺していいという理屈の方を否定すればいいだけだろう。
豚だってもとはイノシシだぞ?
241.名無しさん:2017年02月27日 21:28 ID:qD6xHBz.0▼このコメントに返信
※51
いきなりゼロから精巧な視覚機能ができたと考えるからおかしくなる
明るさを感じるだけの器官とか、特定の波長の電磁波を感知するだけの器官とか、
そういうより原始的なものから少しずつ発展していったと考えれば別に不自然じゃない
実際、深海とか洞窟にはそういう器官をもった生き物もいるわけだし

お前の目の前の箱だって非常に複雑な機能を持っているが
個々の部品の起源をたどれば大したことはない
242.名無しさん:2017年02月27日 21:36 ID:w1oA.QWA0▼このコメントに返信
進化論は間違っているよ、進化には目的が有る。
進化は人間のために有る。
243.名無しさん:2017年02月27日 21:37 ID:65S0zxxy0▼このコメントに返信
※235
身近にいる黒光りするアレもな
最近殺虫剤の効かない奴が増えているらしい
244.名無しさん:2017年02月27日 21:39 ID:X0ox9sU60▼このコメントに返信
韓国猿のような欠陥生物を見てると進化というの疑問符がつくな
チンパンジーやゴリラの方がまだ賢い
245.名無しさん:2017年02月27日 21:45 ID:2uG9VG0M0▼このコメントに返信
※166※172
たまたま突然変異で葉っぱっぽい見た目の奴が生まれたら、そいつは他の仲間よりも生き残りやすく子孫を残しやすいだろう?
そうやって葉っぱっぽい子孫が増えるわけだが、捕食者の側も「葉っぱっぽい姿の虫を見分けて食べられる奴」が生き残りやすく、そういう奴が子孫を残しやすくなる
これを延々繰り返していった結果があの外見への進化だろう

あそこまで葉っぱっぽくない外見の虫は「そういう突然変異がまだ起こってない」とか「そこまでしなくても充分生き残れる環境にいる」というだけの話

※244
むしろあれこそが進化の典型例じゃね
「反日でなければ生きていけない」「現実を直視しては生きていけない」という淘汰圧を受けて、そうでない者が淘汰されていってる
246.名無しさん:2017年02月27日 21:45 ID:bXzPKX8w0▼このコメントに返信
※242
ここでまさかの人間中心主義! 宗教家は帰ってどうぞ
247.名無しさん:2017年02月27日 21:46 ID:KYpTGPcV0▼このコメントに返信
なんでこの話題で朝鮮が出てくるんですかね・・・
どんだけ朝鮮のことが好きなの
248.名無しさん:2017年02月27日 21:57 ID:2uG9VG0M0▼このコメントに返信
※237
より厳密に言うと、進化論とは「生物は長い歴史の中で姿を変えてきた」という説すべての総称
進化論は間違っているというのは「この世に存在するあらゆる生命体は、生命誕生のその瞬間から現代に至るまで一切姿を変えず、出現の瞬間から今と全く同じ形をしていた」ということにしかならない
極論すると「生物が自分の意志で『よっしゃ翼はやしたろ! レッツモーフィング!』と翼を生やしたのが子孫に受け継がれた」というのも進化論の一種になる(当然ながら間違ってるが)

「環境」とか「適応」とかいうワードで語られてるのは、進化論の中でも最もメジャーかつ有力な「自然淘汰説」というバリエーション
いわゆる「ダーウィンの進化論」と呼ばれるのがこれ

生物のとある個体に たまたま 何かしらの変異が起き、その時点の環境で不利な変異ならそのまま死に、有利な変異なら他の個体より生き残って子孫を残す
それを延々と繰り返して、やがてはその変異が当たり前の特性になっていき、従来の種とは違う形になっていくというもの
元の種が滅ぶのか、それとも枝分かれして併存するのかは環境次第

つまり「鳥のくちばしが今までよりも木の実をつまみやすい形になった(パッと実では誤差レベルの変化)」というのも紛れもない進化
変化が大きかろうと小さかろうと進化は進化。ここ重要
249.名無しさん:2017年02月27日 21:58 ID:wuuh.DQM0▼このコメントに返信
※245
その説明では羽がトリックアートみたいな模様になるのは説明できないと思う。
250.名無しさん:2017年02月27日 21:59 ID:a1FgQ.JR0▼このコメントに返信
※241
疑問なんだけど、原始的なものってなんでできたんだろ?たまたまそういうのを持ってたのが生き残っただけ?たまたまそんな便利な器官ができたのかな?
細胞一つとってもスゲー複雑らしいけど
251.名無しさん:2017年02月27日 22:00 ID:KlbiF3K10▼このコメントに返信
本気で進化論語るなら、優性とか量的遺伝子の話から始めないと行けない時代、、、

つか自然界の淘汰圧ってそれほどでもない、ってことがわかってきたから
「進化evolution」って言葉自体、語弊あるようになったよねぇ、、、
必ずしも子供が親よりマシなんてことはないんだ、って事実が無視されてしまう、、、

最初が神でも自然発生でもどうでもいい話なんだよ、、、
生物群って常に変化し続けてるんだ、ってことだけなんだけどなぁ、、、
252.名無しさん:2017年02月27日 22:00 ID:2uG9VG0M0▼このコメントに返信
※249
たまたま トリックアートみたいな模様になった個体がいて、 たまたま その方が生き残りやすい環境だった(捕食者サイドがそういう模様だと見つけにくい体質だったとかも含め)というだけのこと
253.名無しさん:2017年02月27日 22:00 ID:s7HUH8cn0▼このコメントに返信
人間の先祖は猿と言うのが進化論らしいが
今いる猿の先祖は何なんだ?
なんで今いる猿は進化しなかったんだ?

最近の科学では進化論はだいぶ怪しくなってきているぞ
254.名無しさん:2017年02月27日 22:02 ID:UicslRgF0▼このコメントに返信
発現と適応も違う気がするが。設計図を調べてる奴に聞けばいい。と言うか軍の研究所辺り普通にいそうだが。
古い記録なら期限切れかもよ?
255.名無しさん:2017年02月27日 22:03 ID:2uG9VG0M0▼このコメントに返信
※253
人間の先祖はサル、というのは完全な誤り。人間は今も昔のサルの一種
今存在しているサルから進化したのではなく、昔存在していて今はもういないサルの一種から進化した、新たなサルの一種
今いるサルは、その「昔存在していて今はもういないサルの一種」から人間とは違う進化を遂げた進化体
256.名無しさん:2017年02月27日 22:03 ID:wuuh.DQM0▼このコメントに返信
※252
>たまたま トリックアートみたいな模様になった個体がいて

ここが絶望的に納得いかない。
257.名無しさん:2017年02月27日 22:06 ID:KYpTGPcV0▼このコメントに返信
※250
細胞や生物の起源まで行くとわからんが1行目に関しては前適応というのがある
脊椎動物の足や鳥の羽なんてものは最初から歩く為にあったわけじゃないし飛ぶためにあったわけじゃない
昔は前者は魚のひれとして泳ぐためにあり後者は保温目的という全く別の目的で原始的なプロトタイプが備わっていったと見られてる
分子レベルでもあるタンパク質が進化の過程で全く違う働きをする重要なタンパク質として使われるなんてこともある
258.名無しさん:2017年02月27日 22:10 ID:2uG9VG0M0▼このコメントに返信
※256
「そんな都合のいい変化が起こるはずない」とか思っちゃってるクチ?
長い歴史の中で何百何千何万何億という変異が起こっていて、そういった無数のランダム変異の中に たまたま 現環境で有利な変異があったときに進化が起こるだけ

それもいきなりトリックアートが完成する必要は全くない
※245で説明したとおり世代を経るごとに完成度が上がっていくだけ
259.名無しさん:2017年02月27日 22:12 ID:KYpTGPcV0▼このコメントに返信
※256
トリックアート見たいなってのが何を示してるかはわからないが
上でも言われてる通り数十億年もの間の遺伝子頻度の変化を舐めてはいけない
一度そういう形質が集団に根付いたとして生存に有利ならそれが残りやすいし
もし生存に有利でも不利でもないとしたら全くの偶然(トリックアートでない集団が火山噴火や地殻変動のようなランダム要素)で残ったとしかいえない
260.名無しさん:2017年02月27日 22:14 ID:wuuh.DQM0▼このコメントに返信
※258
俺は生物はなりたい物に進化していくのだと真面目に信じている。つまり鳥になりたいと思えばいつかは羽が生えてくるわけだ。これだとトリックアートも説明できる。
261.名無しさん:2017年02月27日 22:19 ID:KYpTGPcV0▼このコメントに返信
※260
じゃあ早く人並みの頭になってね
262.名無しさん:2017年02月27日 22:20 ID:2uG9VG0M0▼このコメントに返信
※260
その場合、他の種がそれを真似していない&同じ発想に至っていない理由が説明できないんだよね
263.名無しさん:2017年02月27日 22:20 ID:wuuh.DQM0▼このコメントに返信
※261
まあ、そんな事を言われると思ったよ。
264.名無しさん:2017年02月27日 22:21 ID:V6wfXJVY0▼このコメントに返信
ダーウィンの進化の間違い
・大進化と小進化の区別がついてない
・効率よりも上の概念の持続性について言及されてない
265.名無しさん:2017年02月27日 22:27 ID:a1FgQ.JR0▼このコメントに返信
※248
詳しい説明ありがとなす
つまり進化とはあくまで過程の事で、いわゆる種の起源的な物とは別の話しと言う事かしら?
進化論にも様々な説あるみたいだけど、仮に神か宇宙人か、はたまた存在Xが種の大元なる生物を創造したとして、それが環境への適応を繰り返して行った場合、それは進化論になるのかな?
266.名無しさん:2017年02月27日 22:28 ID:2uG9VG0M0▼このコメントに返信
※264
宗教的な思考しかできない人が陥りがちな間違いなんだけど、科学の分野では「最初に説が提唱された時点で完全無欠、後世の者が手を加えることは許されないし、その必要もない」っていうことは有り得ないんだよ
聖典の記述を検証してアップデートしようぜ!とか言い出したら大問題になるのが宗教だが、むしろそうすることで名を挙げるのが科学

だから「チャールズ・ダーウィン」という学者個人の発表の間違いや不足点を挙げても何の意味もない
後世の科学者にとって、それは不可侵の聖典ではなく「改良の叩き台」でしかないから、その学説のアップデートや補強や訂正を百年以上延々と続けてきている
今更「ダーウィンの間違い」を挙げたところで何百周も周回遅れの話題でしかない

別の分野でいうと、世界初のガソリンエンジン車であるベンツ第1号の欠陥や弱点を挙げたところで、今トヨタが作ってるガソリン車には何のダメージも入らないのと同じ
267.名無しさん:2017年02月27日 22:34 ID:kxpajbcY0▼このコメントに返信
正しいかというより、一つの論ですぎないのにこんなに持ち上げている方がおかしいだけでは
268.名無しさん:2017年02月27日 22:38 ID:zTFroIGd0▼このコメントに返信
進化したからって必ずしも生き残れるわけではない
寒冷に対応するためにフワフワの毛を生やしていったら
200年後に人間という悪魔に見つかり乱獲で絶滅したとかな

Kの遺伝子は、冗談込みでも冗談抜きでも優秀だと思うよ
レ○プの高繁殖力、最高の民族だと信じてストレス削減、他民族の栄誉を乗っ取ったであろう弾圧癖
他民族の支配者に与える執拗な攻撃、糞尿で街をガード
誰もが関わりたくない能力を持ちつつも、被害者のフリや高圧的に出て適度に益を得られ力は
理詰めで見れば生き残る能力に長けている証拠とも言える
戦争で民族粛正なんかも回避出来ただろうしな
269.名無しさん:2017年02月27日 22:38 ID:2uG9VG0M0▼このコメントに返信
※265
>つまり進化とはあくまで過程の事で、いわゆる種の起源的な物とは別の話しと言う事かしら?
そういうこと。生物の起源は進化論の対象外
カトリック教会も「神が一番最初の生命を作って後は自然の流れだよ、と解釈できる」理由で進化論を受け入れてる
あと、いわゆるインテリジェント・デザインが真っ当なキリスト教から受け入れられない理由の一つがそれ
(種の起源を論じない進化論は信仰と並立できるけど、ID論は神が担うべきポジションを神でない知性体に奪わせてしまうから)

ダーウィンの著作が「種の起源」ってタイトルだから勘違いされやすいと思うんだけど、
これは「『種(Species)』という生物間の違いがどのような過程で発生したのか」って意味と考えれば分かりやすい
最初の生命とか生命誕生とかそういうのは全く論じてない
270.名無しさん:2017年02月27日 22:40 ID:UicslRgF0▼このコメントに返信
トリックアート数万のうち数匹生き残って増えればいいだけだしな。
その虫が何個の卵を産むかで最初の予備数は決まると言うこともあり得る。これは卵が先か鶏が先かになるが。
271.名無しさん:2017年02月27日 22:43 ID:wuuh.DQM0▼このコメントに返信
やはりムラサキシャチホコの羽を始めて見た時の衝撃を越える説明はないな。
272.名無しさん:2017年02月27日 22:44 ID:crY5iFhE0▼このコメントに返信
1世代毎に進化してるんだぞ
大学教養一年レベルの常識だろ
273.名無しさん:2017年02月27日 22:51 ID:kyC11PT70▼このコメントに返信
キリンの不思議
274.名無しさん:2017年02月27日 22:51 ID:OPzSIS4W0▼このコメントに返信
※266
激しく同感。

この毀誉褒貶の厳しい科学の時代、なんと150年間もの間にその基本概念がほとんど否定されずに
あいも変わらず生物学の中心的ドグマとなっている学説を生んだC.R.ダーウィンは、
別に宗教的に崇拝する必要は無いけどさ、やはり巨人だと思う。
彼自身が自説の誤りに敏感だったし真摯な人格だったし、そうして自らに対する反証可能性を
充分に認めていた姿勢も、また大変興味深い人物だと思う。(ハクスリーなんかの取り巻きが
だいぶ印象を変えてしまったんだろうけど)
個人的には「ミミズの作用をつうじた肥沃土の形成とミミズの習性の観察」が大好き。
遺伝子の概念がない時代、やはり彼は生物学者でなく地質学者だったんだと痛感する。
275.名無しさん:2017年02月27日 22:58 ID:Ccy2VYYa0▼このコメントに返信
生存に適した進化をした者が生き残ったという考えは、飛躍的な進化には成立しないんだよ。
上に出てきた、飛ぶ能力。
たとえばちゅうと半端な翼みたいなものが突然変異でできたってそれは役に立たない
むしろ生存には不利な変異だろ。
かといって、突然飛べる能力を備えた生き物が登場したという考えは無茶だ。
276.名無しさん:2017年02月27日 23:04 ID:2uG9VG0M0▼このコメントに返信
※275
「ある用途を担って生まれた特質が、全く別の用途を持つ特質に進化する踏み台になる」
これを前適応という

例えば「腕」なんか分かりやすい
いきなり「腕」という器官が生える進化が生じたわけでも、未熟で使い道のない腕が役立たずのまま残されて少しずつ進化してきたわけでもない
その前に「脚」があり、更にその前には「ヒレ」があった。それらを踏み台にして、段階的に進化してきたのが「腕」だ

「翼」や「飛行能力」も同じ。最初の「羽毛」は保温のための器官だった
保温するということは空気を溜め込むということであり、逆に言うと空気を通さないということ
ここから「木から木への滑空移動」という機能が生じ、飛距離が伸びが方が有利なのでより空気を捉える形になり、やがて飛行能力へ発展していった……というのがひとつの可能性だな
277.名無しさん:2017年02月27日 23:13 ID:NMhLRsyY0▼このコメントに返信
※した人間の9割ぐらいはまずはウィキペたんの進化の項目から読むことを始めようか? 進化論を否定するにしろ肯定するにしろな。生物学における進化という言葉の定義すら判ってないようだからな。あるいは高校の生物の教科書を押し入れから引っ張り出してきて読み直すか?

殆どの※が、ひらがなの読み書きすら満足にできないのに、聞きかじりの知識で源氏物語についてしたり顔で議論してるようなレベルだぞ。
278.名無しさん:2017年02月27日 23:18 ID:Ccy2VYYa0▼このコメントに返信
※276
無理やりの考察すぎると思うがねえ。
結論ありきの推論ではないかな?
279.名無しさん:2017年02月27日 23:19 ID:.IPOrLEE0▼このコメントに返信
人間以外の動物は環境に合わせて今も進化している。

人間に関わりのある動物(犬、牛、豚、羊、鶏・・・etc)は、人間によって人間に役立つように進化を調整されている。

そして人間だけが進化が止まっている。理由は人間に合うように環境を変える力が身に付いたからだ。

しかし病弱や虚弱な体質であっても医学の進歩で子孫を残せるようになったので、むしろ退化している。

それを声高に言うのは人道主義に反するのでマスコミは取り上げない。

その解決策を政治的テーマにした最後の政治家はヒトラーだからだ。



280.名無しさん:2017年02月27日 23:20 ID:7Gpjzv6v0▼このコメントに返信
アダムとイヴがいたから
281.名無しさん:2017年02月27日 23:27 ID:KqoVtNOB0▼このコメントに返信
聖書を見よ! はじめに書いてあるぞ。
282.名無しさん:2017年02月27日 23:27 ID:KYpTGPcV0▼このコメントに返信
※278
便利な概念だから乱用したらダメだけど一応ある程度の根拠はある概念だよ
283.名無しさん:2017年02月27日 23:41 ID:KxIOgnUl0▼このコメントに返信
一般人が考える進化は勘違いだから正誤という議論になる
カルト宗教の教義みたいに進化すると高次元体になるわけではないぞ
ダーウィンの進化論の中核にいたのはフィンチという鳥。ガラパゴ諸島の各島で独自進化を遂げたフィンチを観察して生物は環境で形態を変化=進化させるということだからな。長い時間をかけて地球も環境を変化させてきた。それに応じて生命も進化してきたということが進化論の命題だから
284.名無しさん:2017年02月27日 23:49 ID:0Xow8hh60▼このコメントに返信
1は知識なさすぎなので論外なのだが
進化論だけでは説明の付かない生物もいるので、間違っているいのではないかと言われてはいるが
さりとて代わりに明確に説明できる説もなし

285.名無しさん:2017年02月27日 23:49 ID:2uG9VG0M0▼このコメントに返信
※278
滑空する動物は枚挙に暇がない
ムササビやモモンガのようなげっ歯類、霊長類のヒヨケザル、トビトカゲやトビヤモリやトビヘビなどの爬虫類、両生類からはトビガエル、魚類ではトビウオとな
これらのような長距離の滑空でなくとも、枝から枝へ飛んで移動するのが当たり前の種となると恐ろしく膨大だ

羽毛を持つ小型恐竜(翼よりも羽毛が先だったのは化石から確認済み)がそういった生態を「全く獲得しなかった」と考える方が至難の業
「実際に滑空において有利になることが確認されている羽毛」と「おおよそあらゆる系統において、獲得する種が出現している滑空能力」が同時期に現れない方が難しいだろう
286.名無しさん:2017年02月28日 00:08 ID:OaW7yM.00▼このコメントに返信
大衆の抱く進化のイメージがポケモンやらデジモンやらの「変身・変態」だから進化論を誤解するんだろうな
287.名無しさん:2017年02月28日 00:36 ID:KtjA3Tev0▼このコメントに返信
進化語りたければ少なくとも500万年くらいのスケールではからんと
たかだか数万年の歴史からみて進化してるだのしてないだの言うのは、月を数秒眺めて動いてないと言うようなものぞ
288.名無しさん:2017年02月28日 00:57 ID:MfLr2j3.0▼このコメントに返信
みじかなところで黒人から派生して多種の人種ができたことすら理解できないし、、、。
でも種は一種、子供は誰とでもつくれる。猿とは無理だし。
289.名無しさん:2017年02月28日 01:41 ID:eUUyajgY0▼このコメントに返信
※287
そもそも遺伝子エラーは即訂正されていくシステムになってることが分かってきたから遺伝子学的にはもはや進化とかいう
19世紀のカビの生えた仮説はナンセンスやと断じれるところまで来てるぞ。
本質的に破たんしてる仮説はそろそろ終わらせてやるべきや。(現代の天動説、それが進化論やで)

あとは21世紀のガリレオが誰かって話やけどな・・・。
290.それぞれの環境下で輝く生物がいるんです。方向性なんかありません:2017年02月28日 01:44 ID:yKHTS4Q30▼このコメントに返信
進化に方向性なんかそもそもないんだよ
文系はそこを間違えている


わかっているのは
それぞれの環境下で一番輝く生物がいて
それは環境ごとに違うということ


●冬場  ノロウイルスやインフルエンザには絶好の環境
●湿った部屋  カビには絶好の環境
●南極の氷の下 カニ達には絶好の環境
●海底火山の近く エビ達には絶好の環境
●砂漠  どの生物にもキツい
●チグリス川ユーフラテス川長江など川沿い
こちらのユーラシアの人類には最適な環境だった
●アメリカ大陸の山の奥地 ネイティブ・アメリカンはそこで暮らせるようにしていった
291.それぞれの環境下で輝く生物がいるんです。方向性なんかありません:2017年02月28日 01:45 ID:yKHTS4Q30▼このコメントに返信
進化に方向性なんかそもそもないんだよ
文系はそこを間違えている


わかっているのは
それぞれの環境下で一番輝く生物がいて
それは環境ごとに違うということ


●冬場  ノロウイルスやインフルエンザには絶好の環境
●湿った部屋  カビには絶好の環境
●南極の氷の下 カニ達には絶好の環境
●海底火山の近く エビ達には絶好の環境
●砂漠  どの生物にもキツい
●チグリス川ユーフラテス川長江など川沿い
こちらのユーラシアの人類には最適な環境だった
●アメリカ大陸の山の奥地 ネイティブ・アメリカンはそこで暮らせるようにしていった 
292.名無しさん:2017年02月28日 01:52 ID:yKHTS4Q30▼このコメントに返信
たとえばアジア人には2種類いるが
新モンゴロイドと呼ばれる後出のほうは、一重まぶたがあり、
これはシベリア地方の寒さで目が損傷することを防ぐのに優位だったと言われている

しかし、寒さにつよい人間は反面暑さに弱い
暑さにつよい人間は寒さに弱いのです


進化の方向性は一つではありません
究極生物などいません
進化したら必ず先祖より優れているというわけでもありません

適者生存、それだけです
氷河期を生き残るのに適した生物がつぎの温暖な時期にほろび、その温暖な時期に適した生物が次の氷河期にほろぶのです
293.名無しさん:2017年02月28日 01:55 ID:poxLsxIw0▼このコメントに返信
生物は進化する
この意味でダーウィンは正しい

だけど進化論は進化のメカニズムが間違い
進化の本質は弱肉強食でも適者生存でもない
もちろん進化は偶然ではない

キリンは首が伸び続けなければキリンにはならない
しかし初期のキリンに生存率の差に繋がるような首の長さの違いはない
294.名無しさん:2017年02月28日 02:05 ID:TQbxDOg20▼このコメントに返信
※288
種レベルでのはなしと個体差とを混同してはいけないよ、、、
肌の色が違っても生殖して子供できたらそれは一つの種の多様性、進化の対象外なのよ、、、


※289
つか一般論での説明になると、DNA上の配列変化(ハード)と、いわゆる遺伝子(ソフト)が一緒くたにされちゃうんだよなぁ、、、

例えば「走るが速い」なんて性質は、幾つかの遺伝的素質が重なってできてるもので
DNA上の配列で特定はまだまだされてない、、、
でもね、競走馬なんて数百年の「走るのが早い」遺伝子操作の賜物なわけで、適応ってなのは現実に通用するモノではある、、、

つまりDNAの修正やら複数遺伝子による補完とか、あんま進化を論ずるには意味はないのよ、、、
295.名無しさん:2017年02月28日 02:06 ID:poxLsxIw0▼このコメントに返信
弱肉強食と言いながら
環境変化等で真っ先に絶滅するのが
ライオンやトラなどの猛獣や鷹やワシなどの猛禽類だ
こいつらは進化の勝者ではない

進化の本質は知性だ
知恵有るものが生き延びる
進化も知性と密接に結びついている
296.名無しさん:2017年02月28日 02:15 ID:YQfw9SeH0▼このコメントに返信
※289
ひょっとしてDNA修復のこと言ってんの?
むしろ逆で、理化学研究所のプレリリースで「特にヒトの場合、進化の過程で複数のDNA修復経路を獲得しており、それらはDNAが受けた損傷の種類によって役割分担をしていると考えられています」とか書かれてるように、それこそ進化の賜物だよ
297.名無しさん:2017年02月28日 02:21 ID:TQbxDOg20▼このコメントに返信
※293
進化を進める原動力は(ダーウィンがいういような)種間の競争というよりは
誰もいない新たなフロンティアを開拓していってる(適応)のが主流だとは思う、、、

つまりキリンは(だれも食べてない)高いところの葉を独占できたから首長種が生き残ったから
今いるキリンはクビが長い、それゆえ中層域を主食とする(キリンの仲間の)オカピも残っているわけで、、、

自然界は、そんなにギリギリな種間競争なんて無いんだよ、基本的にはゆる~い
食物場がたくさんあれば、それなりに多様な種が生息できてるのが自然の姿なんだけどね、、、

なのに、すぐ「優秀なものが生き残る(劣等は消滅する)」なんて意味ないルールが前提になってしまう論議が始まる、、、
自然界では観察できてない概念が机上で暴れまわる、、、
ニンゲンの社会だって、頭がいい優秀なやつばかり金持ちになってるわけじゃないのにねぇ、、、

これって信仰の一種なんだろうかねぇ、、、ホントに役立つ優秀さかどうかなんてニンゲンには絶対わからんのになぁ、、、
298.名無しさん:2017年02月28日 02:22 ID:poxLsxIw0▼このコメントに返信
※296
DNA修復経路を獲得しているのに
DNAエラーが原因で進化するってのが
論理的に間違っているぞ
299.名無しさん:2017年02月28日 02:25 ID:ra.RbEt60▼このコメントに返信
今の子は親知らず生えてこんのやろ?
アラサーのワイの同世代は皆生えてたんやが
300.名無しさん:2017年02月28日 02:29 ID:poxLsxIw0▼このコメントに返信
※297
極端な言い方をすると
高い木の枝の葉を食べたい!
そう思ったキリンの先祖がキリンに進化した

つまり同意見でフロンティアなんだよ
でもフロンティアを求めるのは遺伝しなくちゃならない
一代限りで進化しないからね

高い木の枝の葉を食べたい!
そう思ったキリンの一族が何万年もかけて進化した
こう考えると理解できるが
ダーウィンの理論だけだと進化不可能なんだな

全ての生物では進化初期において生存率に優位な差は無い
これが理論的な答えだしね
301.名無しさん:2017年02月28日 02:30 ID:7MLl2oNI0▼このコメントに返信
しんかって
ひいたら
辞書消しゴム当たった
いいでしょう
302.名無しさん:2017年02月28日 03:22 ID:nKIYhicu0▼このコメントに返信
>>300
ラマルクという人が提唱した目的論的進化論てのがそれに該当するンゴ。
でもこの学説は否定されてるってそれ一番言われてるから…。 進化論は社会学の補足で齧っただけなもんで良く分からんが
303.名無しさん:2017年02月28日 03:26 ID:nKIYhicu0▼このコメントに返信
>>297
信仰の一種やで。
あまり関係無いけど ダーウィンの親類が提唱した概念で、優生学というものがあるンゴ。 これは動物の適者生存を人間にも適用し、人間自らの手で優秀な血統、遺伝子、種族以外を排除するという考え方や。
304.名無しさん:2017年02月28日 03:28 ID:nKIYhicu0▼このコメントに返信
この優生学という概念は中々厄介で、見方を変えれば遺伝子が能力に直結するという考え方を社会に浸透させたとも言えるやで
305.名無しさん:2017年02月28日 03:39 ID:01XFV.7e0▼このコメントに返信
※302
否定されてるのか?。ワイはマジで信じてたのに。ショックや。
306.名無しさん:2017年02月28日 04:13 ID:04Ic1DNn0▼このコメントに返信
正しいもクソも、どれもコレも「仮説」だろうが
学者ってのは「見てきたかのように嘘をつく」のが仕事なんだよ
研究費のためにな
生命や死の定義すら出来ない様な奴らだぞ?
あんな頭でっかちの奴らに何期待してんだよw
307.名無しさん:2017年02月28日 04:21 ID:yKHTS4Q30▼このコメントに返信
※306
いやいやむしろ頭でっかちなのは科学をそうやって無視しようとするバカの人の方に多い

バカの人って自分の狭い尺度でしか世界を見ようとしない
科学はいちおう世界にいろいろな技術や恩恵を与えてますんでねハイ
308.名無しさん:2017年02月28日 04:23 ID:yR2WOGzz0▼このコメントに返信
>>305
否定されてるというより根拠となる裏付けに乏しいってのが正しいかも。誤解させてすいません許し(ry
ぶっちゃけ今の進化論自体バラバラやし、ネオ・ラマルキズムとかいう学説もあるンゴ。
個人的にはどれが正しいとかじゃなくて、どの学説も進化を説明するホロン的なモンだと思ってるやで
309.名無しさん:2017年02月28日 04:26 ID:yR2WOGzz0▼このコメントに返信
>>306
科学者の理論傾倒性を批判するのは別に良いンゴ。ネオ・ダーウィニズムもそうした観点から生まれたし、フィールドワークの重要性は学問の世界で言うまでも無いことや。
ただ、金とかの為じゃなくて真剣に研究してる人もいるから、そういう物言いは出来れば控えて欲しいやで。
310.名無しさん:2017年02月28日 04:38 ID:Vp38LIeR0▼このコメントに返信
>>306
でもその手の批判は割とごもっともな話なんだよなあ…。研究分野を社会に適用する過程では、どうしても研究者と実社会、一般市民の齟齬が問題になるンゴ。 近年だと比較社会学とかで割と言われてるだろうか
311.名無しさん:2017年02月28日 04:49 ID:01XFV.7e0▼このコメントに返信
※308
おお、ネオ・ラマルキズム、そんな名前なんやな。難しい事はわからんがワイはこの説が好きや。
312.名無しさん:2017年02月28日 05:22 ID:kNEtQ9tw0▼このコメントに返信
遺伝子の異常でたまたま他より首の長いキリンが生まれた
そのキリンは首の短いキリンより餌をより多く食べられ、子孫を多く残せた
首の長いキリン以外にも、しっぽの長いキリンやツノが長いキリンも生まれただろうが、生存に有利とならずに繁栄できなかった

遺伝子の変化はあくまで偶然であり、エラー
それが結果として有利となるかどうかも偶然
意図して「こうなろう」と思って進化する訳じゃない

「進化」は「過去より優れる・頭が良くなる」を意味しない
祖先より複雑に変化しているというだけ
313.名無しさん:2017年02月28日 05:24 ID:BMsGbtO10▼このコメントに返信
>311
ラマルキズムが好きみたいだから補足しとくで。
ラマルキズムの根本的思想は単一の形質獲得だけでは説明できない「能力」の獲得をどうしたのか、という話やで。飛行などの複数の形質を必要とする複合的な能力や、昆虫の他の生物への擬態やカメレオンの変色など、ある程度の学習的要素?を必要とする能力をどうやって獲得したのかという問題の説明に使われたりするで。
314.名無しさん:2017年02月28日 05:32 ID:kNEtQ9tw0▼このコメントに返信
進化に目的があるという誤解
「高い所の葉を食べるために、キリンの首は伸びた」といった表現はよく使われる。しかし、首が伸びるという突然変異は目的とは関係なく起こり、それに自然選択が働いたにすぎない

進化は進歩であるという誤解
地中で生活するモグラの目が退化していることも進化の結果であるように、進化は必ずしも器官の発達や複雑化をもたらすわけではなく、また知能を発達させるとも限らな

この誤解は、進化(英: evolution)という語にその一因があるかもしれない。英語の「evolution」という語はラテン語の「evolvere」(展開する)に由来し、発生学においては前成説の発生過程を意味する語であったほか、日常語としては進歩(progress)と強く結びついて使われる。そのためダーウィンはこの語をほとんど使わず、変化を伴う由来(descent with modification)という表現を好んだ
ttp://www.weblio.jp/wkpja/content/%E9%80%B2%E5%8C%96_%E9%80%B2%E5%8C%96%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E8%AA%A4%E8%A7%A3
315.名無しさん:2017年02月28日 05:38 ID:BMsGbtO10▼このコメントに返信
>>312
木村資生、あるいはモーガンの中立説だったか? 遺伝的浮動による偶然性は確かにあるけど、進化論と絡めて話すなら自然選択説と対立するものでは無いと当の木村資生が言ってた気がするンゴ。
316.名無しさん:2017年02月28日 05:47 ID:01XFV.7e0▼このコメントに返信
※313
それやねん。高度な擬態なんかはダーウィンの進化論ではどう考えても説明できないんと思うんや。直観的なもんや。ラマルキズムの方が正しいと思うで。異論は認める。
317.名無しさん:2017年02月28日 05:59 ID:UJDOKorE0▼このコメントに返信
>>316
多分、ラマルキズムとダーウィニズムのどっちが正しいとかじゃなくて両方正しいと思うで。 ラマルキズムの問題点は根拠に乏しい点だから、今後は変わる可能性もあるわな。
ただ、擬態に関しては中立説でもある程度の説明が付くから、ラマルキズム特有の事例とは一概には言えないと思うで。
318.名無しさん:2017年02月28日 06:31 ID:r79rIeb20▼このコメントに返信
※285
その理論だと、鳥類がどうやって気嚢システムを獲得したか説明できないぞ。
319.名無しさん:2017年02月28日 12:13 ID:TQbxDOg20▼このコメントに返信
※318
祖先(恐竜)がベースとなる原気嚢システムを持っていたから
ソレが発達することで生息域(フロンティア)を広げられ現在の鳥類が発生した
って説明するのが「前適応」って考え方なんだよ、、、

つまり、気嚢は必要条件ではあっても十分条件ではない、、、
必要な条件が整っててもムダにする(俺らみたいな)ヤツはいっぱいいるけど
その中でただ一人ウマイ使いみち見つけた成功例が現在残ってる生物(鳥類)なんだという話、、、
320.名無しさん:2017年02月28日 12:23 ID:zwcCBPKZ0▼このコメントに返信
※1
一番有力な仮説ではある
321.名無しさん:2017年02月28日 12:24 ID:zwcCBPKZ0▼このコメントに返信
※16
進化なんて数万年単位の変化やぞ
ポケモンやないんやで
322.名無しさん:2017年02月28日 13:23 ID:poxLsxIw0▼このコメントに返信
※302
それは獲得形態は遺伝するという理論が否定されたのであって
性癖(フロンティア一族)が遺伝するというのと別問題

竹を食う偏食のクマがある日誕生した
もちろん遺伝ではない異常な偏食だ
こいつの子も竹を食うだろう
これが何万世代も経つとバンダになってるかもしれない

親が獲得した性癖(トラウマ?)が一部遺伝することは
今は科学的に確認されている

獲得形態が遺伝するのではなくて獲得した性癖が遺伝すると考えると
ダーウィンの進化論の問題をうまく保管できる
323.名無しさん:2017年02月28日 13:29 ID:poxLsxIw0▼このコメントに返信
※312
その理解が根本的に間違いの元
突然変異では首の長いキリンは生まれない

進化はゆっくりと分からないような速度で生物に起こっている
猿に突然変異が起きても人間に進化しない
324.名無しさん:2017年02月28日 14:53 ID:aVRJ59lH0▼このコメントに返信
※4
短い寿命からくる早いサイクルが影響してる気がする
325.名無しさん:2017年02月28日 14:55 ID:6zFVmZK50▼このコメントに返信
※309
っていうか、科学っていうのは目に見える事象からそこに共通する真理を探究するもので
科学者個人に限って言えば、基本的に知的好奇心を満たすためのものだぞ。

その結果見つけた真理がより広い範囲に対して普遍性を持てば、それが仮説として信頼度が高くなる。
反証や反例が上がれば、仮説は否定されたり修正されたりしてより信頼度の高い仮説となる。

・・・※306が一体どういう経験を経てそんな偏った答えを導き出しているのか知らないけど
仮説にもなってないよなぁ、
「学者ってのは「見てきたかのように嘘をつく」のが仕事なんだよ
研究費のためにな」って。

科学者の理論傾倒性って、自然科学の世界であるのかな?
元細胞生物学者としては、ありえないと思うんだけど。
326.名無しさん:2017年02月28日 15:37 ID:kNEtQ9tw0▼このコメントに返信
※298>DNA修復経路を獲得しているのにDNAエラーが原因で進化するってのが論理的に間違っているぞ

間違ってないよ
DNAが完全に元と全く同じに修復するんなら別だけど
327.名無しさん:2017年02月28日 22:19 ID:cyoRYHZo0▼このコメントに返信
人間も発生当時から地味に進化(退化)しとるらしいで。
328.名無しさん:2017年03月01日 00:57 ID:Xm0a4l8G0▼このコメントに返信
…だったらNylBとかどうすんだよ…
神が創造したとかいうのか?
329.名無しさん:2017年03月01日 01:36 ID:2jY9v.Ft0▼このコメントに返信
※323
突然変異で首の長いキリンは生まれる、は間違ってないよ、、、

つかサバンナにフロンティア開拓しようとした原始キリンだけど
今までの密林と違って、いつでも食える食い物が高木の葉しか残ってなかったわけで
突然変異を起こしながら大型でクビが長いものほど栄養が取れて生き残っていった(淘汰圧)の結果が今の首長キリン種なわけで、、、

まぁ首が伸びなかった?のは、現在オカピとして残ってるのよねぇ(こっちは一千万年前から変わってない)
330.名無しさん:2017年03月01日 01:44 ID:2jY9v.Ft0▼このコメントに返信
※328
ゲノムじゃない遺伝でも、ベースとなるのは(ミトコンドリアとか)ゲノム外のDNA配列だから、、、

糖修飾なんかも種特有であることもわかってきたし(なぜどういう機構でそ~なるかは不明)
タンパクの立体構造変化、イントロンの意味(解釈)を含めてココラは最先端?過ぎて一概になにも言えないよ、、、
進化とかそーゆーレベルで使えるほどの基礎データがない、まだまだ未知すぎる分野なんだよねぇ、、、

少なくとも進化や遺伝とか話すレベルでは、自分はあんまり気にしない方がいいとは思う、、、
331.名無しさん:2017年03月01日 03:03 ID:4OBWuj3c0▼このコメントに返信
※298
DNA修復機能はいわば設計図が描かれた紙の破れや汚れを元に戻す機能のこと
その紙に描かれた設計図が本来の設計と違っていても、そこまでは直せない

生殖細胞で発生したDNAエラーは、次世代にとっては「それこそが唯一無二の正しい記述、正しい設計」なので、
DNA修復機能が働いても「両親から受け継いだエラーDNAそのままの形」に戻すだけ
そうでなければ、遺伝子変異由来の奇.形は自然治癒しなければ筋が通らなくなる
332.名無しさん:2017年03月01日 03:26 ID:UaioCk2b0▼このコメントに返信
なんかグダグダ抜かしてるわりに高校レベルの事すら分かってねぇ奴ばっかりで草生えるわ
その癖なんかどっかで聞きかじってきた最新の科学の実績を半端に引用とか
DNAレベルでみたら1世代毎に微妙な変化は常に生まれていて
それは突然変異や種内の多様性のパターンの変化も含まれるわけだ。これを進化という。
これらが親世代と子供世代で全く同じで変化しないなら進化は無いと言えるけどそんなことはありえないからな
333.名無しさん:2017年03月01日 03:57 ID:2jY9v.Ft0▼このコメントに返信
※298
「DNA修復経路を獲得しているのにDNAエラーが原因で進化する」ってのは、その通りの現象なんだよ、、、
まぁ「環境が変化する」から生物のDNAも性質として普遍性と可変性両方を持ってるわけで、、、

DNA鎖修復はその普遍性を維持する部分、でも同じシステムが同時に遺伝子増幅とか変化する機構も産んじゃう、、、
この可変性の部分が最もよく現れる現象が「癌」 つまり変異したら個体はだいたい死んじゃう
でもね、いろんな安全装置(例えば二本鎖なら一方が壊れてももう一方でなんとかできる)のお陰で生き残る場合もあるわけで
そうやって突然変異が蓄積していくのがDNAのひとつの性質(進化の原動力)でもあるんだよね、、、
334.名無しさん:2017年03月01日 04:11 ID:2jY9v.Ft0▼このコメントに返信
※332
ぜんぜん違う、、、
進化の話は、あくまで生殖隔離前提とした「種」での現象だから、、、
だから個体内の体細胞変化(DNA変異)なんて進化には意味がない、、、

つか生まれた時に次の世代に伝えるゲノム(生殖遺伝子の中身)は決まっちゃうので
ソレ以後の獲得形質は他の方法で子孫に伝えられることにはなるんだけど
でもソレは進化を論じるにはあまり意味が無い(生殖隔離の原因とならない)ことだと思うよ、、、
335.名無しさん:2017年03月01日 04:21 ID:2jY9v.Ft0▼このコメントに返信
なんだろ、生物群としての遺伝のゆらぎ、ってのは進化とは言いにくいんだよ、、、
例えばホクロとかハゲとかデブとか短足とか、こういう細かい変化はいつでも起こってるけど「進化」じゃない

あくまで前提として環境の変化に対応してる性質のみを進化と呼ばないと
一昔前の優良人種(背が高いだの金髪だの白人だの無意味な特徴)とかの話と変わらなくなっちゃうんだよねぇ、、、
336.名無しさん:2017年03月01日 04:44 ID:UaioCk2b0▼このコメントに返信
※334
なーにが全然違うだ
誰が体細胞変異の話なんかしてんだよ 頭大丈夫か?勝手にトリミングして話作るなよ

生殖遺伝子の中身は生まれた時に決まるだ?
お前減数分裂がどのタイミングで起きてるか知ってんのか?生殖細胞の系列が発生の初期に別扱いされるのとはちがうからな。

だから勝手に俺理論で進化について定義するなっての生殖隔離まで起きないと進化じゃ無いなんて勝手に話つくんなって
それは種分化っていってまた別の話だから
お前みたいにまことしやかにデマ流す奴が一番タチ悪りぃ
337.名無しさん:2017年03月01日 06:56 ID:UaioCk2b0▼このコメントに返信
少なくとも中立進化説の概要ぐらい理解してから進化について語って欲しい。
獲得形質の遺伝について語りたいなら基本的なエピジェネティックについて知っとけ。
この程度の単語も知らんのに進化について物申すとか笑わせてくれる。
338.名無しさん:2017年03月01日 07:01 ID:.wxhdfcp0▼このコメントに返信
環境ごとに輝く生き物がそれぞれいるというだけのことだ

進化ではない、変化

寒くなれば寒さにつよいのが残る
そのあとに暑くなれば暑さにつよいのが残る
さらにそのあとに寒くなればその中の寒さにつよいのが残る

だからなにも進んでないし退行もしない
方向性など全く無い
339.名無しさん:2017年03月01日 07:04 ID:UaioCk2b0▼このコメントに返信
方向性が無いから進化じゃないとか
お前の進化観とかどうでもいいですから
340.名無しさん:2017年03月01日 07:05 ID:.wxhdfcp0▼このコメントに返信
マダガスカル島の環境ではほかの大陸では生き残れない生き物が繁栄した

インフルエンザは冬場に繁栄する

水虫菌は日本に大繁栄する

ウマバエはアフリカの気候で大繁栄する

南極の氷の下にも繁栄できる生き物がいる





と、そういうこと
方向性などあると思うな


341.名無しさん:2017年03月01日 07:06 ID:.wxhdfcp0▼このコメントに返信
※339

おまえの頭がわるくて理解できていないだけだ

進化論というが英語原語はなんと書いてあるか読んでみろ
進化という誤訳が日本人に誤解させているだけだ
342.名無しさん:2017年03月01日 07:08 ID:.wxhdfcp0▼このコメントに返信
ふつうにウィキペディアにも書いてあるから
英語が読めんバカは見てこい

論という2つの意味がある。なお、生物学における「進化」は純粋に「変化」を意味するものであって「進歩」を意味せず、価値判断について中立的である

一部抜粋してやる
343.名無しさん:2017年03月01日 07:11 ID:.wxhdfcp0▼このコメントに返信
たとえば上手く行った会社があっても
経済の状況の変化に合わせられず倒産することがある


状況環境ごとに栄えるものがある
それだけのことだ


状況環境が変わった時に同じやり方の人間がロストしてしまうように
生物も状況環境ごとに生息するもの、繁栄度が異なる


というだけのこと


変化論 と訳すべきだったものを進化論などと言ったものだから
アホな日本人が誤解している
344.名無しさん:2017年03月01日 07:18 ID:UaioCk2b0▼このコメントに返信
お前が勝手に進化って言葉の中に進歩的な意味を見出してるだけだろ
環境変化がなきゃ進化が無いなんて言ってるお前の主張はまさに間違った意味での「進化」でしかない
フェノタイプに現れない変化も含めて全部進化っていうんだよ
個体群の遺伝的情報が世代を経て全く同じなんてのは通常起こり得ないから進化は常にしてる
345.名無しさん:2017年03月01日 07:38 ID:UaioCk2b0▼このコメントに返信
種の進化の速度や方向性に環境が淘汰圧をかけるという事で影響を及ぼすが
そもそも変化自体は環境の変化の有無に限らず常に生じている。だから進化は常に起きてる。
生じた変化と環境がうまく噛み合った時だけセレクションが強くかかって場合によっては種分化するレベルまで固定化されるだけ。

環境毎に何が繁栄してるとかそんな事は単なる結果であってそれで進化を語ること自体がおかしい。
346.名無しさん:2017年03月01日 11:20 ID:2jY9v.Ft0▼このコメントに返信
※337
あなたが、DNAシステム自体の可変性(遺伝的多様性)と、生物(種)としての普遍性を、区別してない点を指摘してんだよ、、、

1,000年前の猫と今の猫とはDNA配列的には違う(生存に必要な部分以外は変化するから)
でもね、その違いを「進化」なんてだれも言わないでしょ?
DNA配列的にはあなたと私は違う、でもその違いが問題にならないってのが「進化」を論ずるときの大前提なのよ
ソレをあなたは踏み越えてるから、変な話になっちゃってるわけで、、、

つか中立進化説だって、生物個体群の変化が周辺環境の影響うけるってのは大前提での話よ、、、
(淘汰圧が古典的進化論よりも影響がない、ってのがキモ)


まぁ「進化」については、専門家でも半可通でも百人百様の解釈をしてるもんだから
あなたがこのまま生物学に興味を持ってもらえると自分は嬉しいねぇ、、、
347.名無しさん:2017年03月01日 14:30 ID:4OBWuj3c0▼このコメントに返信
※343
英語も英語で、evolutionっていう単語は直訳すると「外的展開」くらいの意味になる
巻物を広げて中身を外に広げていくイメージ

もともとevolutionは発生学で個体発生を意味する用語として使われていて、
「最初に仕組まれていたものが、巻物を広げていくように少しずつ現れていく」という意味だった
特に前成説で「精.子や卵子の中に収まっている生物の雛形が、少しずつその形を表していく」っていうもの

更に、evolutionを進歩のようなニュアンスで使い始めたのは社会学者のハーバート・スペンサーあたりが最初で、ダーウィンは使わない表現だった
ダーウィンは進化に終わりはないと考えていたけど、スペンサーはある目的に叶う理想的な状態で落ち着くと考えていた
進化を「既に決まっている理想状態への接近」と考えていて、その上でevolution(既に決まっている発展内容の順次展開)と呼んだ
日本では明治初期にスペンサーの影響を受けまくったから「進化」となっただけ

つまり、英語のevolutonの時点で不正確な表現なんだわ
んでもってポケモンの「進化」がまさに「evolution」
348.名無しさん:2017年03月01日 17:28 ID:UaioCk2b0▼このコメントに返信
※346
>1,000年前の猫と今の猫とはDNA配列的には違う(生存に必要な部分以外は変化するから)
でもね、その違いを「進化」なんてだれも言わないでしょ?

だから誰も言わ無いなんてのが嘘だから。それは生物学なんてロクに知らんど素人の考えだろ。日常用語で考える進化として捉えなくても広義の進化だから。これが認められないなら、お前のいう進化はある日突然急激に全てが変わる事でしか生じ得なくなるわ
349.名無しさん:2017年03月01日 17:43 ID:UaioCk2b0▼このコメントに返信
>DNA配列的にはあなたと私は違う、でもその違いが問題にならないってのが「進化」を論ずるときの大前提なのよ

だからさ進化を種分化について勝手に限定して話すなっての

>つか中立進化説だって、生物個体群の変化が周辺環境の影響うけるってのは大前提での話よ

あのさホント勝手に改変しないでくれる?別に周辺環境の影響を全く受けないなんて誰も言ってないから、逆にお前のいう周辺環境の影響が大前提ってのが間違ってるんだよ。環境とは関わっているけど環境の変化がなきゃ進化しないなんてのは明らかに間違いだから。
350.名無しさん:2017年03月01日 19:19 ID:f4TbCiwp0▼このコメントに返信
※144
足が4本よりも、腕が4本のほうが便利だと思う
ただ、不便な身体だからこそ頭脳が発達したとも言えるw
なにもしなくても凍えないで、獲物も素手で楽々狩れるならば、
がんばって火だの服だの道具だの、作り出す必要はないし
351.名無しさん:2017年03月01日 21:35 ID:2jY9v.Ft0▼このコメントに返信
※349
分化(生殖隔離)の話してるわけじゃないんだけどなぁ、、、ぼくの指摘をちゃんと読んでよ、、、

ぼくの「じゃぁ種っていうのはどうDNA的に規定するの?」って質問をあなたは勘違いしてこだわってる(答えもらってない)
あなたが言ってることは「何か変化してるかもしれないからソレが進化だ」ていってるとしか受け取れないのよ、、、
だから種内での遺伝的多様性についてどう解釈してるのか、ってずーと聞いてるわけで(だから生殖隔離の話が出てくる)

つかね、観察者として差異がわからなければソコでナニが起こってるかわからないじゃない??
ソレを示すのが環境への適応の観察例しか無い(遺伝子表現型)ってな進化の話をする前の話をあなたとダラダラしてるわけで、、、


ちなみに中立進化説は古典的進化の適者生存に対する批判として出てきたもので
あくまで既存の古典的進化論の修正案、あなたのような完全に対立する拡大解釈はないのよ、、、

つか自然界では生存競争とか適者生存の例ってのは実は観察されてない(キリンが適者生存の例として使われなくなった理由でもある)
あくまで人為的環境変化への適応事例としてはあるんだけどねぇ、、、
そこら辺のお話をできる前段階で、あなたは止まってるのよ、、、、
352.名無しさん:2017年03月01日 23:19 ID:ic2UKPFQ0▼このコメントに返信
>ぼくの「じゃぁ種っていうのはどうDNA的に規定するの?」って質問をあなたは勘違いしてこだわってる(答えもらってない)

は?初めてそんな質問したろ。
>生物(種)としての普遍性を、区別してない点を指摘してんだよ、、、

交配可能な遺伝的プールを共有している集団を種と規定するんだよ。
ところがそれが「普遍的」だなんてのはあんたが勝手に言ってる事だろ。厳密な意味で遺伝的プールは普遍的な存在として存在なんてしてないから。そりゃあ適当にサンプリングして観測可能なレベルでみたらほぼ変化なんてしてないって見えるかもしれないが現実においては変化してるから
353.名無しさん:2017年03月01日 23:30 ID:ic2UKPFQ0▼このコメントに返信
>ちなみに中立進化説は古典的進化の適者生存に対する批判として出てきたもので

んなことは百も承知だ

>あくまで既存の古典的進化論の修正案、あなたのような完全に対立する拡大解釈はないのよ、、、

対立なんてしてないってのお前の言い方じゃ有利にも不利にもならん変異の蓄積は進化じゃないって事になるだろ。そんなのおかしいわ



354.名無しさん:2017年03月02日 01:36 ID:z8tw4HXf0▼このコメントに返信
※352
そこは生殖隔離が出てこないと、、、
「交配可能な遺伝的プールを共有している集団」がなぜ他と区別されてるか、今までどーだったかが前提になるわけで
その区別できるからこそ、進化による変化の話もできるというもの、、、


「有利にも不利にもならん変異の蓄積は進化じゃない」
そのとおり、これが中立説のキモの部分、、、中立説は進化そのものじゃなく、その原動力とは何か、って仮説なの
だから、表現型として意味ないことがら、は進化自体の話とは区別しないといけないのよ
つまりDNAでの変異、例えばイントロンがいくら変化していても今のところ進化とは呼ばない
ただソレが、ある時環境変化で有利な「表現型」となった時に、実際に進化したといえるわけで、、、

その区別はしないと、なんか生き物がなんの目的もなく変化してる(種の普遍性の否定)って話と変わらなくなっちゃう、、、
355.名無しさん:2017年03月03日 03:38 ID:QPagqdqV0▼このコメントに返信
おまえら突然変異に幻想を持ちすぎ
暗闇に隔離されたショウジョウバエすら
目の退化は極めて微妙に分からないほど徐々に起きている

ダーウィンの進化論だと
完全な暗闇に隔離されたショウジョウバエは
目が有っても無くとも生存率に違いはないから生存率に違いはない

だけどなぜか退化(進化)は起きている
突然変異説なんて今では完全に否定された説だぞwww
シーラカンス並みの脳だねw
356.名無しさん:2017年03月03日 03:46 ID:QPagqdqV0▼このコメントに返信
生物は進化する
しかしダーウィンが提唱した突然変異と淘汰では説明できない未知の領域が有る
これが今の答え
中立説とかもすでに笑い話w

ぶっちゃけ最先端は
進化を促す生命の「魂」の発見を目指している
357.名無しさん:2017年03月04日 08:59 ID:CfXHFL2N0▼このコメントに返信
>>354
だから普遍性なんてないんだっての
何処に普遍的に存在し続けてる種がいるんだよ

お名前