スポンサーリンク

2017年02月16日 09:05

日本は戦後の焼け野原からわずか20年で国民総生産世界第2位の経済大国に成長した←これ日本もすごいけど他の国は何やってたんだよ

日本は戦後の焼け野原からわずか20年で国民総生産世界第2位の経済大国に成長した←これ日本もすごいけど他の国は何やってたんだよ

03

引用元:日本は戦後の焼け野原からわずか20年で国民総生産世界第2位の経済大国に成長した←これ日本もすごいけど他の国は何やってたんだよ [無断転載禁止]©2ch.net
http://vipper.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1486982123/

1: 2017/02/13(月) 19:35:23.749 ID:jXnGXmSHa
イギリスとかフランスとか……
足踏みしすぎだろ

2: 2017/02/13(月) 19:35:37.479 ID:P/dzP5rE0
寝てた

5: 2017/02/13(月) 19:36:16.394 ID:1EZg308T0
植民地に頼り切ってたからろ

6: 2017/02/13(月) 19:36:21.312 ID:1Xh38vbOa
それだけ軍需産業は儲かるということや
朝鮮に感謝せな

36: 2017/02/13(月) 19:47:55.437 ID:adRtzuY7a
>>6
もう一発お願いするか

7: 2017/02/13(月) 19:36:32.453 ID:W/ocZFWd0
それと国民の所得関係ないから何の自慢にもならない

15: 2017/02/13(月) 19:38:34.306 ID:jXnGXmSHa
>>7
国民が豊かになったわけではないのか

8: 2017/02/13(月) 19:36:51.064 ID:F+E89d7Q0
人口の払底じゃない

9: 2017/02/13(月) 19:37:06.909 ID:Qc2nGRUQ0
完全に破壊されたから逆に開き直れた

10: 2017/02/13(月) 19:37:30.308 ID:Ff24/fXo0
アメリカブーストやぞ

13: 2017/02/13(月) 19:38:01.848 ID:RKUnkgGl0
ドイツもなかなか

18: 2017/02/13(月) 19:39:02.956 ID:jXnGXmSHa
>>13
1968に日本が西ドイツを抜くまで西ドイツが1位だったみたいだね

19: 2017/02/13(月) 19:39:16.304 ID:jXnGXmSHa
>>18
1位じゃねーや 2位

14: 2017/02/13(月) 19:38:07.917 ID:qzkD6S0qK
平等平等!っていう足枷が付いてたからな
日本にもやっとそういう足枷が付いたろ

16: 2017/02/13(月) 19:38:48.211 ID:1KnusRZFa
朝鮮戦争特需

17: 2017/02/13(月) 19:38:58.739
アメリカはじめ欧州各国から援助とかしてもらって特需も乗っかって発展する土壌ができたんだぞお

20: 2017/02/13(月) 19:39:58.531 ID:AkT6tmOC0
マジレスすると焼け野原になったお陰で設備更新が進んだから
ドイツも同様


お前らの部屋も一度焼け野原になった方が
部屋も片付くし、最新の環境になるだろ?

27: 2017/02/13(月) 19:43:41.897 ID:jXnGXmSHa
>>20
じゃあ東北も
大火災があった糸魚川も
以前より繁栄するわけだな

31: 2017/02/13(月) 19:46:10.848 ID:G9bujHl90
>>27
させようと思えば出来るけど誰もやらないのが今の日本
何回も同じことしたくないしマンネリになるじゃん

22: 2017/02/13(月) 19:40:18.262 ID:jXnGXmSHa
朝鮮戦争言うけど1950~53でしょ
日本が2位になったのは1968だよ
全然時期が違う
東京オリンピックとかでしょ

38: 2017/02/13(月) 19:51:06.708 ID:kTHtZSj80
>>22
時期が違うとかキッズ丸出しだな
朝鮮戦争の特需がなかったら高度成長期は始まらなかったのは常識だろ
特需が始まってすぐ結果でなかったから関係ないとか歴史の見方知らんのか?

41: 2017/02/13(月) 19:52:52.420 ID:NhS6Rba2r
>>38
違う、日本に工場出来て雇用が集中したからだろ
軍需産業で得られた技術はそこまででもない

47: 2017/02/13(月) 19:56:29.130 ID:kTHtZSj80
>>41
なんか重工業で日本が経済発展した、って脳があるみたいやけどそれはちょっと違うぞ
無論、重工業が重要なのは事実
だが、その重工業を可能にした資本金はどうやって稼いできたんだ?

あとは細かい話になるが面倒臭いので適当に勉強してちょ

23: 2017/02/13(月) 19:40:28.021 ID:BCvuAWJN0
イギリスはすげーけどフランスってなんかぱっとしないよな

24: 2017/02/13(月) 19:40:39.039 ID:Kkj50LHs0
まだ360円固定時代じゃん。ポンドなんか幾らだったんだかw。

28: 2017/02/13(月) 19:43:42.234 ID:rF6tvgxC0
軍備より経済発展を優先して金を使ったから

29: 2017/02/13(月) 19:44:31.552 ID:TBVL7nye0
植民地ブーストのかかってない欧州諸国なんてそんなもんよ伸びる余地が無い

32: 2017/02/13(月) 19:46:42.648 ID:91ak9oqod
その分今の中国みたいに荒れてたんだよなぁ
それに既に発展してたから>>1の言う通り足踏みしてたんじゃね?

33: 2017/02/13(月) 19:47:13.368 ID:THve2q+mr
普通にヨーロッパもGDPは高いぞ
人口が少ないから目立たないだけで
一人当たりではなかなか

42: 2017/02/13(月) 19:52:52.612 ID:BifT94y70
>>33
90年代の日本は1人当たりGDP世界1位だったぞ

44: 2017/02/13(月) 19:55:11.564 ID:jctqOe7X0
>>42
円高の影響らしいぞ
円安に誘導してるからどんどん下がる

34: 2017/02/13(月) 19:47:27.395 ID:iPhMtiXJ0
当時敗戦した賠償とかどっかから借金しなかったのかね
歴史詳しくないからよく知らんのだけども

39: 2017/02/13(月) 19:51:45.192 ID:jXnGXmSHa
>>34
確かWW1の反省を踏まえてWW2では戦勝国は賠償金を要求しなかったはず
(ソ連とか中国とか東側はしてきたが)

日本はアジア諸国に経済援助という名目の実質賠償金を支払ってるね

52: 2017/02/13(月) 19:58:48.293 ID:iPhMtiXJ0
>>39
なるほど
じゃあ経済援助の額より儲けが上回ったってことか
そしたらマジでその間イギリスフランスは何してたんだって話だわな
戦勝国とはいえ消耗でかかったんだろかね

35: 2017/02/13(月) 19:47:44.328 ID:LGOXDjiwr
みんなが奴隷のように働いただけ
今はみんな奴隷を拒否するから経済力も落ちてる

49: 2017/02/13(月) 19:57:19.673 ID:KSYWvJCa0
朝鮮特需とかベトナム特需もあったんだけど
最も本質的な理由は
1:
憲法9条と日米安保の組み合わせで
日本が戦後 その国力から見て
・明らかに少ない常備兵力
・明らかに少ない軍事費
・国で頭のいい連中が軍需産業に従事しないで済んで、みんな民生品の開発に専念できた
2:
アメリカが対日貿易赤字が大きくなっていっても
「その黒字で日本は石油と食料買ってるだけだし」
と理解してくれていた

の2つ

53: 2017/02/13(月) 19:59:24.905 ID:iPhMtiXJ0
>>49
おーしっくりきた

59: 2017/02/13(月) 20:02:23.600 ID:jXnGXmSHa
>>49
日本の高度成長の背景としては理解できた
その間イギリスやフランスは何してたんだ?っていうのは、
別に彼らが足踏みをしていたのではなく
日本の成長が早すぎて彼らがノロノロやってたように見えると言うだけの話かな

62: 2017/02/13(月) 20:06:25.342 ID:KSYWvJCa0
>>59
西欧諸国はその間
「東西冷戦」
があったおかげで
・常備兵力が必要
・軍事費が必要
・国で最も頭がいい連中を軍需産業に割り振らないといけなかった
わけ

たとえば昭和元年の日本陸軍の常備兵力は
歩兵300個師団

今の自衛隊が何個師団あると思う?

64: 2017/02/13(月) 20:08:47.516 ID:jXnGXmSHa
>>62
軍需産業って国の経済成長にとって負担でしかないの?
技術革新とか軍事から生まれてるしそこそこ役に立つこともあるかと思ってたわ

とにかく軍需産業なんぞに力を割かずに民生に力を注いだ方が成長できるってわけね

自衛隊のは知らんちゃ

66: 2017/02/13(月) 20:13:02.508 ID:KSYWvJCa0
>>64

東西冷戦最中の、アメリカのICBMに使われていたボールベアリングよりも
その当時の日本の民生品のボールベアリングのほうが
およそ1000倍精度が高かったという記録が残っているくらい

たとえばサーモグラフィの技術は元を正せば赤外線誘導空対空ミサイルの技術だし
病院にある尿路結石の超音波破砕機の技術は元を正せば敵の潜水艦を無力化する技術なんだけど
日本の特異性は
軍事技術からのスピンオフが全くと言ってもいいくらいないこと

50: 2017/02/13(月) 19:57:54.215 ID:ziR3SP3Z0
どちらにしてもその時の奴隷制度が今も根付いたまま

55: 2017/02/13(月) 20:00:29.857 ID:Fgao0K3M0
開国からなんやらかんやらほんといろいろタイミングが良かったとしか
タイミングがもうちょい早かったら日露戦争で終わってるからな

60: 2017/02/13(月) 20:03:34.158 ID:tNov3HMYr
ヨーロッパが遅れてるという根拠がないと思うけど

61: 2017/02/13(月) 20:05:56.320 ID:3IOqtEc2d
これでも19世紀中に産業革命まで至れた数ヶ国に入ってるからな
結局は↑が戦後もそのまま先進国で21世紀になった今でも固定

戦後の躍進はそれ以前からの積み重ねの賜物だな

67: 2017/02/13(月) 20:13:23.153 ID:DkkrVhCt0
世界有数の経済大国だった日本が敗戦から復帰して2位に返り咲いたが正解だろ
ガワが破壊されただけで知識や人材は残ってたんだから当然の結果

68: 2017/02/13(月) 20:14:27.550 ID:MnijS1IHa
逆に言えば一回ぶっ壊れないと成長できないんだよな日本って
怠け者なのか勤勉なのかわからんな

69: 2017/02/13(月) 20:15:46.843 ID:beqD+Mp/a
でもこれからわずか20年で没落して経済衰退国になるかと

72: 2017/02/13(月) 20:18:55.036 ID:vuLNW5Iu0
戦前から割と順調に成長してたしな

82: 2017/02/13(月) 20:39:16.113 ID:zhJA05iY0
のんべんだらりとしてたんだろ

84: 2017/02/13(月) 20:44:50.504 ID:KSYWvJCa0
これは完全に蛇足だが
ベルリンの壁崩壊が1989年
これ以降のイギリスフランスドイツの技術革新は目覚ましいものがあるし

ネットも元を正せばアメリカの戦略空軍が
「ソ連から先制核攻撃を受けて指揮命令系統が寸断されても、複数のコンピュータをネットワーク化しておくことで、きとんと反撃ができるようにしよう」
と考えてできていった技術

だから冷戦終結後にネットの商業利用解禁が始まって今に至る

1989年から今に至るまでの日本の体たらくのほうが
本当の意味での
「日本の実力」
なわけ

85: 2017/02/13(月) 21:02:12.805 ID:uQVut/Uf0
>>84
へー
なんかそう考えると近代歴史って結構面白いもんだな

87: 2017/02/13(月) 22:25:57.655 ID:fU8T4vbW0
戦前戦中に大量の資金つぎ込んだ軍事産業が無くなってその技術と経験と人材が一気に民間に流れたんだから他国の民間企業より有利にたったんじゃね

88: 2017/02/13(月) 23:51:53.462 ID:X1LiEcy+0
衰退というか本来の経済規模に戻るだけだろ
小さな島国のくせにここ150年は存在感出しすぎてた
日本はもっとこじんまりとした国でいいよ

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2017年02月16日 09:12 ID:wYqjOE2X0▼このコメントに返信
国債乱発して収入の先取りした結果じゃないの?
2.名無しさん:2017年02月16日 09:13 ID:2Zug.POL0▼このコメントに返信
上げてサゲる
凄まじい日本サゲだなぁw
あまりに露骨でキモいわ
3.名無しさん:2017年02月16日 09:14 ID:T4A4c5mr0▼このコメントに返信
韓国から強制連行した人々の活躍で世界2位になれた
そしてその人達が引退して日本は没落した
4.名無しさん:2017年02月16日 09:15 ID:urMT.IFQ0▼このコメントに返信
戦後日本が発展出来たのは、朝鮮半島の御陰。
日本は韓国に常に礼を尽くさねば成らない。
5.名無しさん:2017年02月16日 09:19 ID:SvyMDbzg0▼このコメントに返信
朝鮮や満洲が独立してくれたお陰で余計な負担が減っただけ

あと対ソ連の防衛もアメリカが引き受けてくれたし
6.名無しさん:2017年02月16日 09:20 ID:WbEV4ljw0▼このコメントに返信
上のコメにもあるけど、補足すれば
戦勝国、とくに「世界の工場」だったアメリカの企業は、冷戦でそのまま「週刊空母」のような軍事優先が継続。それで足りなくなった民生の消耗品を敗戦国のドイツと日本が担うことになった、と。しかもエネルギーもアメリカが格安で都合してくれたし。ドイツも日本も世界市場とエネルギー資源がほしくて戦争までしたのに、負けたことで手に入れたんだから歴史の皮肉だよねえ。
7.名無しさん:2017年02月16日 09:22 ID:8H90GAd10▼このコメントに返信
戦前の人員や知識が全て失われたわけじゃないし、全土すべて更地になったわけでもなかろ。それが戦後に花開いたんじゃないかな。
国力の相対的に高い国と取り引きしたら、経済差によるブーストもかかるし
8.名無しさん:2017年02月16日 09:23 ID:NWiJ3zA70▼このコメントに返信
民族に潜在する能力がたまたま経済活動に転化しやすかった、ということかね
ドイツ人もそうでしょ
ユダヤとwaspは持てる能力を支配構造の充実に向け、それなりに成功した
その他の民族はまあ、ぼちぼち

朝鮮戦争は、ラッキーだった、程度
なもん、あってもなくてもいずれ復興してる
いっとくが、大戦時に朝鮮半島と関わってなかったら、いま、日本の資産は倍以上あるよ
9.名無しさん:2017年02月16日 09:26 ID:WbEV4ljw0▼このコメントに返信
もう一つ、戦後の高度成長の原動力は住宅ローンだよ。
主立った市街地が焼け野原になって、その一方で良質な労働力が潤沢にあったから、銀行が住宅ローンを組んで、その資金を元手に企業にばんばん融資できた。一〇〇〇万人分の住宅ローンは概算でも数十兆円分になる超のつく有料債権だからね。
10.名無しさん:2017年02月16日 09:26 ID:4f8oJojg0▼このコメントに返信
西ドイツもマーシャルプランの援助を受けつつ「経済の奇跡」を
実現させた。戦争直後の日本人みたいな復興志向や、それに裏打ちされた
勤労意欲も高かったようで当時の映画、「Wir Wunderkinder」で歌われた
「Das Lied vom Wirtschaftswunder」がその雰囲気をよく伝えている。
11.名無しさん:2017年02月16日 09:27 ID:PdgVq9jW0▼このコメントに返信
wikiで調べたら経済の奇跡、栄光の30年間、メキシコの奇跡、ギリシャの奇跡、イタリアの奇跡、スペインの奇跡とかあるんだが・・・・。
12.名無しさん:2017年02月16日 09:27 ID:kOLcmMsY0▼このコメントに返信
朝鮮特需なんて物は、工作員に汚鮮されたマスゴミやら教育委員会やらの真っ赤な捏造。
GHQに支払っていた「終戦処理費」が回収できたに過ぎず、むしろ民需品の不足が経済の足を引っ張っていた。
日本には、元々米帝と一線交えるだけの国力があった。が正解。
13.名無しさん:2017年02月16日 09:28 ID:6hdKho0u0▼このコメントに返信
朝鮮戦争の特需はあったでしょ。
でもそれは起こるべくして起きた事。
半島に一番近い西側陣営の工業国が日本だったんだからそこから買うのは当然だし、
日本からの物資がなけりゃアメリカだって半島では勝てなかったよ。
14.名無しさん:2017年02月16日 09:29 ID:6Ffhbpuu0▼このコメントに返信
戦後日本は、社会主義型の資本主義経済を行ったので、
国内生産、製造業を外資から保護しつつ発展できたという側面がある。
あと、戦争でボロボロになった後なので、
経済回復が内需にそのまま結びつたのも大きい。

俺の好きなドキュメンタリーで『電子立国日本の自叙伝』っていうNHKスペシャルがあるんだけど
当時の日本がアメリカの工業力に追いつくために
国民や技術者がどんな気持ちで、どんな方法で立ち向かっていたかが分かって面白い。
今の日本は、この番組のアメリカのような立ち位置になってるけど。
15.名無しさん:2017年02月16日 09:29 ID:B7j.w5Wg0▼このコメントに返信
基本的にアメリカの資本つっこまれブーストしたからだよ。
工作機械やインフラも旧来のは破壊されてたので、新規設備投資せざるをえず
新鋭の工作機械で技術的に、安い労働力で他国を優越できた。
16.名無しさん:2017年02月16日 09:30 ID:pMrJgXjC0▼このコメントに返信
在日と言う寄生生物が居なければ世界一は間違い無かった

寄生生物に色々と盗まれただけ目減りして世界二位
なお寄生生物には在日のみならず韓国も含まれます
17.名無しさん:2017年02月16日 09:32 ID:EZ56MFdF0▼このコメントに返信
朝鮮特需というのなら
また北と南で実際に殴り合って貰おうね^^

そしたらみなハッピーWWWWWW
18.名無しさん:2017年02月16日 09:33 ID:EZ56MFdF0▼このコメントに返信
ついでにいえば結果
双方で抹消してくれるのが理想
19.名無しさん:2017年02月16日 09:33 ID:j1j2sNll0▼このコメントに返信
台湾、朝鮮、満州と近代化しつつ欧米列強相手に大戦争し、敗戦後も賠償や援助を踏み倒さずにしっかり行いつつあっという間に国を復興させたその当時の人間が凄かった。というか、長い間で培われた日本人を日本人として育てる環境下にあったから本来持っている力を存分に発揮できていたのだろう。

が、戦後占領政策やなんらやらで反日洗脳日本人はダメ民族洗脳が行われるという環境下で育った日本人がどんどん増え、在日朝鮮人のやりたい放題を許し日本への影響力を増大させるに従ってどんどんダメダメになって行ったと。で、今現在、日本人は復元力を発揮し徐々にあるべき姿に戻そうとしている過程。
20.名無しさん:2017年02月16日 09:33 ID:0MN7RUFe0▼このコメントに返信
小笠原諸島に島が出現したけど、また人が沢山住めるような島がほしいよね
21.名無しさん:2017年02月16日 09:34 ID:j1j2sNll0▼このコメントに返信
戦前日本を見れば分かる通り、日本人には元々そういう力があった。
22.名無しさん:2017年02月16日 09:35 ID:NWiJ3zA70▼このコメントに返信
※14
アメリカという大樹の陰をうまく利用したってのは確かにあって、明治期のリアリズムを体現してた当時の政治家の立ち回りには感謝すべきだし、大樹に守られてる自覚がまるでなかった団塊世代は〇ねばいいと思うね
23.名無しさん:2017年02月16日 09:35 ID:ulu2S4dv0▼このコメントに返信
足枷かぁ
おかげで公害ひどかったけど(´・ω・`)

イギリスも辿り日本も辿って・・・
24.名無しさん:2017年02月16日 09:36 ID:WbEV4ljw0▼このコメントに返信
朝鮮特需の意味は、農業国化しようとしていたGHQの方針が覆って日本を「平坦基地」にすることになった点でしょ。あれでアメリカは、日本の企業に当時、最先端だった工業技術を譲渡してくれたんだから。
あと、面白いのはおもちゃ。占領時、GHQは「日本製おもちゃ」に限ってアメリカの工業技術を導入を認めていたらしい。東京の墨田区や大田区の街工業からソニーなんかが出てきたのも、最先端の技術を持ったおもちゃ工場がたくさんあったからって、おもちゃメーカーの人がいっていた。
25.名無しさん:2017年02月16日 09:39 ID:qnVjVWU.0▼このコメントに返信
他の国々は普通に、戦時の負債や人的資源の減少で、回復に時間が掛かってたんだろうな。

高度成長のきっかけは、アメリカの特需のおかげではあっても、朝鮮のおかげではないw
日本のおかげで維持できていた平和も、日本が居なくなったら、すぐ維持できなくなる無能ぶりw
朝鮮は自分たちを守ってた所為でシベリア抑留された日本兵に感謝と謝罪をしとけ。

その後の成長は、戦前・戦後の教育政策の賜物だろう。
ま、借金によるブーストもあったしな。
これも、金を貸してくれたアメリカのおかげっていう背景もあって、日本の対米意識は複雑だよな。
戦前から、アメリカに振り回わされっ放しって言うのが現実だろうからな。
26.名無しさん:2017年02月16日 09:40 ID:JJReezwm0▼このコメントに返信
アメリカが米ソ対立の中、資本主義陣営に留めるために市場開放と1ドル360円レートで日本が経済回復の軌道に乗るまで維持してくれたのも大きいで
27.名無しさん:2017年02月16日 09:40 ID:piRJlz.t0▼このコメントに返信
日本は敗戦からの復活途中だし、
世界各国はグローバル化を本格的に始めたころだから、
輸出入に忙しくて技術革新は後回しになってたんだろな。
28.名無しさん:2017年02月16日 09:41 ID:a6ByCZW80▼このコメントに返信
吉田茂だっけか、朝鮮戦争の頃の日本首相は。

いまどきの団塊左翼は
吉田茂→安倍晋三をまるで右翼の血統呼ばわりするけど

吉田茂は朝鮮戦争の戦火から日本を遠ざけた最優の厭戦主義者だぞ
掃海艇だけで済んだんだから大成功といえる。
29.名無しさん:2017年02月16日 09:42 ID:B7j.w5Wg0▼このコメントに返信
終戦当日の海軍兵学校では
(軍は負けたが、国が負けたわけじゃない。
諸君らは必ず国家の礎となり米国を見返すべし。)という意味の訓辞があったとかなかったとか。

というわけで約半世紀後に経済的にリベンジ果たす。諦めない心が成し遂げた点もあるわけ。
30.名無しさん:2017年02月16日 09:43 ID:f9qu2ltf0▼このコメントに返信
※26
それだな
むしろプラザ合意で生き残ったのが凄い
31.名無しさん:2017年02月16日 09:43 ID:j1j2sNll0▼このコメントに返信
「戦前までの日本はダメダメで、戦後日本だけが凄い。日本が良くなったのは戦争に負けて反省し戦争放棄したおかげ」という反日カルトの定型句
32.名無しさん:2017年02月16日 09:45 ID:VSfeiQn.0▼このコメントに返信
イギリスは戦時債務で国家財政破綻、フランスやオランダなどは植民地の独立機運の高まりと
米国が日本を悪役にするために植民地の開放を掲げたから植民地からの収入がなくなり戦後の財政復興に多大な負担喰らった

一方ドイツや日本は軍備禁止されて基地つくられたが防衛力を丸投げすることで金のかかる軍備をきにすることなく
復興して経済発展したのよ、まあかなりおおざっぱだけどこの説明
33.名無しさん:2017年02月16日 09:47 ID:sioyo12o0▼このコメントに返信
伸びしろがあるとやる気を出す
伸びしろが少なくなってパイの奪い合いになり始めると途端にやる気をなくす
日本人ってそういう傾向あるよな
34.名無しさん:2017年02月16日 09:47 ID:pLR61B5p0▼このコメントに返信
焼け野原といっても、日本は戦前において主要国メンバーであり戦闘機や空母、潜水艦を自国生産していた先進国。
つまり、技術者がいたということだ。軍需産業の技術者の多くが自動車産業に流れて今の自動車産業の礎を築いたということだ。
35.名無しさん:2017年02月16日 09:48 ID:16WpelNm0▼このコメントに返信
軍需品の研究により新技術や新素材が開発されたりするけど
一方で軍(=国)という安定した上得意が大量に良い値段で買ってくれるので
一定レベル以上に製品精度がよくなって値段がこなれて来るとそこで止まってしまうんだっけか。
それ以上のレベルで高精度化と生産の効率化を推し進める力は民間の市場の競争原理に拠ってくる。
ソ連は国が全部面倒見ちゃうので品質や生産技術の向上が頭打ちになっちゃった。
36.名無しさん:2017年02月16日 09:49 ID:kJYZjAt70▼このコメントに返信
意外と無視されがちな戦前の経済成長だが、日本はWW1以降輸出産業を中心に拡大型の経済成長をし始めてた
大恐慌とブロック経済でいったん頓挫して日中戦争に進んでいった面もあるが、戦後に設備とインフラの更新が進み
お荷物だった軍は解体縮小され、経済復興の為の金はアメリカが貸してくれ工業ノウハウも教えてもらい、
そのまま経済グローバル化の波にうまく乗っていけたのが大きかった
37.名無しさん:2017年02月16日 09:49 ID:yBYUV6RJ0▼このコメントに返信
英仏蘭なんか特に植民頼りだったからな
38.名無しさん:2017年02月16日 09:50 ID:GuRs0hza0▼このコメントに返信
こういう話題のときに「〜だけ」っていう奴等は
相当な馬鹿だから入ってこない方がいいと思うよ

自分では理解してるつもりになってるかもしれないけど
39.名無しさん:2017年02月16日 09:50 ID:j1j2sNll0▼このコメントに返信
ドイツと日本という小国がなぜ世界相手に大戦争繰り広げられたか?もともとそういう民族的な力があったから。
で、戦争に敗れたが、障壁の多くが取り除かれ、思う存分力を発揮できた。ってだけ。
戦争した目的は障壁を取り除く為。
40.名無しさん:2017年02月16日 09:50 ID:sioyo12o0▼このコメントに返信
※33追記
だからどちらかというと拡張主義向きかもしれん。まあ内向きでも変態ばっかりだからいろいろ極め始めるんだけど、ゼロからやってもバイタリティは十二分にある。発展したこの島国から態々出ていく必要性をあまり感じないから全然やらんけど、一度拡張主義に振れてリアルシムシティの快感に憑りつかれたら離れられなくなるだろ、日本人

書いてて思ったけどあれだな、順応性が高いんだな
41.名無しさん:2017年02月16日 09:51 ID:eERfL5i10▼このコメントに返信
天皇陛下キチな日本人だからだな。
昭和天皇が、全国を巡回して下さった。
昭和天皇のキャラクターが、マッカーサーを
虜にした… 。
皆、🐜や🐝みたいにせっせと働いた。
号令に従う日本人で、有りました。
良かったね。
天皇陛下共産国家日本。
天皇陛下は、神様に拝んで下さっているから
何国家って言うんだ?
42.名無しさん:2017年02月16日 09:51 ID:64B.JCBM0▼このコメントに返信
朝鮮戦争特需なんて朝鮮には全く関係ない。あれはアメリカが敵の正体に気がついて日本の賠償金を軍需物資発注のカタチで返してくれただけ。アメリカのおかげではあるが朝鮮が支払ったわけじゃないの。

それよりも真犯人に気がついたアメリカが日本の締め付けをやめてくれたんで、その反動もあって発展した。工業化にも協力してくれたし。ちょっと予想以上に発展しちゃったけどね。ほかは同じようにやっても全く発展しないのは歴史の事実。

韓国や中共は、西欧型そのままではなく日本式を吸収して発展した。しかし日本も歪な発展だったが、それ以上におかしな形になった。後発だから同じ失敗はしないとか豪語してたけど、それ以上に酷いことになってるね。

効率化もいいけど、それで支払う犠牲が大きすぎるんだよ。

そしてもう中韓に工場を置くメリットもない。安価な労働力を求めることが間違いだった。
43.名無しさん:2017年02月16日 09:52 ID:VSfeiQn.0▼このコメントに返信
※40
まあ順応性たかくなきゃハロウィンだのバレンタインだのクリスマスだのがあーまで盛り上がらんわな
44.名無しさん:2017年02月16日 09:53 ID:flRhTWnF0▼このコメントに返信
アメリカブースト掛かってたからな
負けず嫌いな本田宗一郎や松本零士みたいなおっさんが結構居たからってのもあるとは思うけども
アメリカの都合とはいえアメリカの軍事の傘にこそっと入って余力経済に回せたのはでかいと思うな

45.名無しさん:2017年02月16日 09:55 ID:B7j.w5Wg0▼このコメントに返信
※39
ずっと昔から独は欧州の大国だし、日本もアジアの大国で
メインプレイヤーたる立ち位置なんですが・・・
46.名無しさん:2017年02月16日 09:56 ID:6Ffhbpuu0▼このコメントに返信
※22
どちらかというとアメリカの意思に乗って
うまく立ち回って復興したというのが正しいかな。

アメリカは日本占領後、財閥を解体して工業力を奪って
日本を農業国に戻すつもりでいた。
でも、冷戦が深刻化して朝鮮戦争などが勃発したために
後方からの補給を行うために日本の工業力を必要したんだよ。
だから積極的に技術、経済援助した。
日本は後方基地であり、共産主義への防波堤という戦略。

一方、日本はこれを利用して戦後の経済を何とか立て直した後、
得た利益で再軍備を行わずに特定産業に国が保護、支援を行うことで
国力を集中させて発展していったんだよ。
米国の思惑では、憲法なんて日本人がさっさと改定して再軍備してくれれば
軍事的にも防波堤になってくれると考えていたらしいけど。
そうならなかったのは、やはり明治維新を経験から国力を上げる方法と
軍事費がどれだけ負担になるかを経験していたのが大きいと思うな。
47.名無しさん:2017年02月16日 09:58 ID:zMHeLvBI0▼このコメントに返信
>これ日本もすごいけど他の国は何やってたんだよ
これがおもいっきりあてはまるのは中国だろうね
改革開放政策をとるまでの混乱ぶり
日本の場合は欧州各国と比べて人口がかなり増加しててその点が違う 韓国もそうだったと思うが
戦前の科学技術や工業力の劣勢を教訓にその分野への重点的な教育含めた投資をしてて資源以外では克服したんだろう
原子力政策も資源克服の一環だったと思うが、これは失敗しそうだが、それなら別のエネルギー自給政策をとるのが重要だと思う
48.名無しさん:2017年02月16日 09:59 ID:j1j2sNll0▼このコメントに返信
日本がもともと必死に害悪を抑えていたのに、アメリカがその日本をぶっ潰してしまったせいで、アメリカ自身がそれまで日本がやっていた事を引き継がなければならなくなり多くのアメリカ国民の血を流す羽目になった。なのでアメリカがその事実に気が付き日本と協力関係を築き助けたのは遅きに失したとはいえ不幸中の幸いの賢明な判断。
49.名無しさん:2017年02月16日 09:59 ID:eERfL5i10▼このコメントに返信
※43
日本の鳥居は、全てを吸収する性質がありんす。はい。
50.名無しさん:2017年02月16日 10:01 ID:kJYZjAt70▼このコメントに返信
朝鮮戦争による影響の功罪で言えば、あれで再軍備の声も結構あがってたからなー
そんな事になればアメリカの態度も硬化するし、色々と邪魔もしてきて経済成長の大きな阻害要因になってたろう
51.名無しさん:2017年02月16日 10:01 ID:zMHeLvBI0▼このコメントに返信
あとそういった経済や科学工業面での発達だけでみると、予算内軍事費率が大幅に下がった恩恵ってのはあるだろうね
52.名無しさん:2017年02月16日 10:03 ID:jGxaJqdo0▼このコメントに返信
半島特需って良く聞くけど、具体的な数字を聞いた験しが無い
53.名無しさん:2017年02月16日 10:04 ID:6Vv9Ozzr0▼このコメントに返信
敗戦国は普通なら復興と同時に国防の立て直しと治安維持にも振らないといけないんだけど、後者二つはアメリカに任せてたから、復興に全振りできた。
だから復興が早かっただけで、日本だからスゴイってわけじゃない。まあそのせいでアメリカの属国扱い的な感じになったけどな。
全部負けたから悪いんや。(大日本帝国の軍人が悪いわけじゃないけど)
54.名無しさん:2017年02月16日 10:04 ID:j1j2sNll0▼このコメントに返信
鎖国して平和に過ごしていた日本。が、世界情勢の変化に合わせて日本自身を変化させる必要があると判断すると、開国しあっという間に欧米列強に伍し国際連盟の常任理事国に上り詰めるまでになった。もともとそういう力が合ったというだけ。
55.名無しさん:2017年02月16日 10:05 ID:eERfL5i10▼このコメントに返信
お鳥さんは、掃除機!
最近の鳥居は、ダイソン! 強力や!
美智子皇后様、御愛用…
56.名無しさん:2017年02月16日 10:07 ID:MQBNN.EY0▼このコメントに返信






57.名無しさん:2017年02月16日 10:07 ID:FIWj.Uac0▼このコメントに返信
戦争が終った喜びから元々あの頃の大人は努力家、男性は
教養として柔道等、誰でも出来た。 庶民が普通に賢かった。
アジアの国に注ぎ込ん税を日本国内に使えた。 
シベリア等でも感心されたが仕事を強制と思わず
自身だと思って真摯に取り組んだ。 アメリカからの援助も
あれば経済も立て直せる。 アメリカに感謝した。成功体験の
お陰でイラクとかの戦争をしてしまったのだろう。人を診なけりゃ。 
その頃、朝鮮は内戦でボロボロになり国内で惨殺を始めた。
北は冷寒地、工業を中心、南は農業一つのつもりで日亭が造ったのに
お互いの欲のため滅ぼした。勿論、沢山、遺りはした。
それで北は文明国の様に見えた。在日の帰国は詐欺みたいなものかも。
韓国は朝鮮特需で儲けたと宣っているが。どちらも戦争の特需はある。
58.名無しさん:2017年02月16日 10:08 ID:Aj.slACB0▼このコメントに返信
※3
願望ばっかで何も残せないゴミん族哀れですね
役に立たないからさっさと首くくっときな
59.名無しさん:2017年02月16日 10:08 ID:kp.241zc0▼このコメントに返信
むしろ軍事産業が民間企業へ変わった事で工業力を活かせたのが正解だろう
、労働者も軍事産業への強制から賃金が貰える民間体制になり労働意欲もあった
日本は昔から農業を発展させて、その後に工業力を身につけ、文化風習も自由に行ってきた
そこへ教育の徹底という大国になる王道パターンになったのが一番の理由
他の国で戦争やらなくて発展したのは石油が出る国以外はない
60.名無しさん:2017年02月16日 10:09 ID:j1j2sNll0▼このコメントに返信
日本を潰してみて、初めて日本がなにをやっていたかを理解し、日本に再軍備を求めたアメリカ。
あそこで日本がそれを拒んだことが本当に良かったのか、それとも悪かったのか。

現在までのゴタゴタを見ると、再軍備して普通の国になっていた方が良かったのではないだろうか。
そうすれば朝鮮半島の重要性など相対的に低くなり、害悪そのものである韓国に援助しまくって助け韓国人をここまで増長させることもなかったかもしれない
61.名無しさん:2017年02月16日 10:11 ID:yBcMVUCZ0▼このコメントに返信
資料とか確信とかあるわけじゃないけど、上がったような理由もさることながら欧米が日本をあなどっていた(差別的意思含む)はあったと思う。まだ一般市民にアジアの端っこの野蛮な敗戦国の意識はあったと思うし、アメリカの支配下(監視下)のもとにあると思っていただろうし。戦前の最新技術では欧米に全然かなわなかったんだからそのアドバンテージのままいけると思っていたんじゃないかな。誤算は日本人が学ぶことや働くことに意味や意義を求める国民だったことと、一定レベルの道徳やある意味「みんな一緒」の公平感を共有していたこと。まだまだ情報が行き届かない時代だったから気が付いたときには日本の成長は欧州をしのぐほどになっていたんだと思う。
62.名無しさん:2017年02月16日 10:11 ID:HzL3qlDu0▼このコメントに返信
>朝鮮戦争の特需
まだ、日教組の呪縛から逃れられない人がいるのか・・・・ 日教組が君が代の代わりに作った国歌「緑の山河」でも歌ってろw
63.名無しさん:2017年02月16日 10:14 ID:zMHeLvBI0▼このコメントに返信
教育制度はそろそろ改めてシェイプアップしたほうが良いと思うよ
もし公的にほぼ無償化するのなら教育内容や制度に政府や地方自治体が口をだしてもいいんじゃないかと思う。
64.名無しさん:2017年02月16日 10:14 ID:86QcXJNk0▼このコメントに返信
日本の人口は現在世界で11位。
欧州は束にならないと日本以下。
日本が発展したのは、日米安保と人口の多さが大きい。
65.名無しさん:2017年02月16日 10:17 ID:WJm11.iS0▼このコメントに返信
英国の事情
1.海外資産11億ポンドをすべて失った。
2.代わりに対外債務が33億ポンドに膨れ上がった
3.米国、8月17日(日本が終戦を受け入れた2日後)戦争終わったのでレンドリース法を打ち切ったため対英援助が無くなった
4.元植民地の独立で大英帝国完全崩壊
5.これらのことにより、世界の基軸通貨がポンドから米ドルへ完全に移行する

これらのことにより、戦勝国中、もっともババを引いた国と呼ばれている
66.「ど」の字:2017年02月16日 10:19 ID:vOut1R9g0▼このコメントに返信
 英吉利は、WW2直後から法律で工場設備を事実上更新不可にしていた。
 工場面積に厳しい制限を付けたのだ。基地外の所業である。

 仏蘭西は、元々官僚専制国家なのでナチスと同様の経済的欠点を元から抱えていた。

 米国はガリバー寡占企業に都合が良い法律を次々可決して、投資抑制をしていた。
(他にもたくさんある。米国の失敗を語ったら、それこそ本が出来るのでここでは略す)

 正直言って、欧米先進国の首脳はバカばっかりだったとしか言いようがない。

 日本は公職追放や処刑での人材枯渇や、研究開発投資の厳禁など足枷は多かったのだが。
 米国のWW2勝利の原動力になっていながら追放された経済官僚が、日本に渡っている。
 有名どころではデミング博士。そうした人々が日本に最盛期の米国流経済を植え付けた。
 1980年代までの日本経済は、1910年代の古き良き米国経済の焼き直しである。
67.名無しさん:2017年02月16日 10:20 ID:64B.JCBM0▼このコメントに返信
※46
最後だけ不賛成。

軍事費はあそこまで使えばそりゃきついけど、GDPの一割くらいまでなら生産力が十分なら発展の原動力になると思うよ。5%位がちょうどよいって研究結果もあるようだけどね。

戦後の原資がないときに、資産の集中運用をやったことは素晴らしいというのには同意。でも護送船団方式は他国には不評だった。だからやめたんだけどね。

中共は経済発展したら、他国を侵略し始めるタイプだった。あれはダメだ。


まずは社会のあり方をきちんと共有するところからだったね。離間策をうって、他人を不幸にすることが生きがいの連中とはやっていけないよ。
68.謎キー:2017年02月16日 10:22 ID:LLoeKN980▼このコメントに返信
隣国の「漢江の奇跡」みたいなものがなかったとは言わないが、政治家を含め当時の大人たちが
死に物狂いで「子孫を飢えさせてはならない」という信念で毎日を過ごしてくれた結果だと思う。
日本人が特別優秀だという事を言うつもりはないが、勤勉さと粘り強さの資質は誇れる民族だと思う。
家族を愛し、郷土を愛し、友人を愛し、先輩や先祖を敬うことの果てが愛国心だとすれば、愛国心
イコール右傾化というロジックが解らない。
69.名無しさん:2017年02月16日 10:24 ID:rQhI5Hmb0▼このコメントに返信
普通に焼け野原かつ勝者としてさらに戦い続けなきゃならなくなったから。なーんで勝つ=元気いっぱいあるいは無傷って思っちゃうかね?それか仙豆やらドラゴンボールが何でも元に戻してくれるとか思ってる?

ただ戦わず無条件降伏が良いとかいうチョウセン人理論だとそれ敗者じゃなくて家畜だから。お前らも争いが嫌だーとか言うならまず喋るなよ?黙ってうなづいてりゃいいんだ。
70.名無しさん:2017年02月16日 10:24 ID:5ZIsHbSw0▼このコメントに返信
ここに書き込んでいる、俺も含めた下等人間には日本の発展は分からんだろ。
そして、自分の人生と同じで将来の日本を悲観する。
負け組の思考そのものですわ。
71.名無しさん:2017年02月16日 10:26 ID:B7j.w5Wg0▼このコメントに返信
※60
元来日本がやってたこの地域でのメンドイ役割をまるっと
アメリカに押し付けたって点は評価したい。
72.名無しさん:2017年02月16日 10:27 ID:eERfL5i10▼このコメントに返信
昭和天皇で、良かったよな~。
男四人の中で、ホンマに良いキャラだ!
他は、インテリな感じ…
マッカを感動させる業は、他の三人には無かっただろう! 多分、大正天皇の血が昭和天皇にはDNA的に多かったのだろうな!
味が出ているんだな~。 世界を虜にしてしまう… 力。
お~い正男~!😭おまえもそうか~?💧

73.名無しさん:2017年02月16日 10:27 ID:B77K9uB.0▼このコメントに返信
他の列強は冷戦やってたんだよ

1が10になれば10倍の大成長だけど、
9が12になっても3割増しなだけと言われてしまう
日本やドイツでなかったら、1が7くらいでストップで、
ふたたび列強最前線に返り咲くことはできなかったとは思う

アルゼンチンみたいに、そこそこ豊かでグダグダやってる
のが理想かな
74.名無しさん:2017年02月16日 10:28 ID:eERfL5i10▼このコメントに返信
団塊世代は、戦争の継続みたいに働いた。
75.名無しさん:2017年02月16日 10:28 ID:Ui.wLIff0▼このコメントに返信
朝鮮人て「戦後日本が立ち直ったのは朝鮮戦争のおかげ」やと思ってるんやろ
それで「有り難く思えや」て思って日本に対して威張ってるんやろ
馬鹿だよね
76.名無しさん:2017年02月16日 10:29 ID:6Ffhbpuu0▼このコメントに返信
※65
あと、戦後の労働力不足を補って国内経済を立て直すために
旧植民地から移民を大量に受け入れたのも大きいかな。
この結果、階級社会であったイギリスの社会構造が崩壊していく。
結果、70年代からの混乱でかつての大英帝国から続く威厳さえ失って
世界への影響力もヨーロッパの一国家レベルまで衰退してしまった。
77.名無しさん:2017年02月16日 10:30 ID:AfMP.a6e0▼このコメントに返信
朝鮮ベトナムのお陰だよ
じいさんがベトナム戦争のころ米兵の死体を洗って綺麗にするバイトをしようか迷ってたってくらい給料も良かったらしいしアメリカはどんどん金落としてくれたようだよ
78.名無しさん:2017年02月16日 10:30 ID:64B.JCBM0▼このコメントに返信
※60
韓国は東側に対する防人として厚遇されてたんだよ。

本人たちはなんで自分が優遇されているかすら、忘れ去ってしまったみたいだけどね。


だからアメリカが日本に対しても、お前のために戦ってくれるはずであろう連中に態度がでかいんじゃないか?って言ってきてたわけだけど、近頃韓国にはそんなつもりがないって判断したっぽい。

日本人は元から韓国を頼りにはしてなかったんだけど、それならなんで自衛隊を軍隊にしないんだって理屈になる。


だから、オマエラちゃんとしろっていうのがアメリカの意見らしい。
79.名無しさん:2017年02月16日 10:31 ID:.laYvpuF0▼このコメントに返信
そもそも言うほど焼け野原じゃなかったからな
焼け野原の写真はインパクトあるけどさ
80.名無しさん:2017年02月16日 10:32 ID:J5arUsbC0▼このコメントに返信
アメリカが軍事を肩代わりしてくれた上復興の為に金くれたんだからそれで発展しない方がおかしいだろう
81.名無しさん:2017年02月16日 10:35 ID:GmLieD9o0▼このコメントに返信
今日も阿保な朝鮮人が朝鮮戦争特需論かよwww
1938年の水準に「戻った」のが1950年代後半だぞw
82.名無しさん:2017年02月16日 10:36 ID:d1tlGitv0▼このコメントに返信
高度経済成長は、原油安と冷戦で製造業でのライバルがいなかったというのが理由だと思う。
マルタ会談(1989年12月3日)が冷戦終了の日。
日経平均株価の最高値38957円はその3週後。
83.名無しさん:2017年02月16日 10:36 ID:eERfL5i10▼このコメントに返信
安倍ちゃんが、全てを継いでいる…
もう、世界の指導者! 教育者! 大先生!
84.名無しさん:2017年02月16日 10:36 ID:3iD05Yv10▼このコメントに返信
戦前から右肩上がりの日独と
右肩下がりの英仏
戦争が起きてもこの潮流は変わらなかっただけ。
85.名無しさん:2017年02月16日 10:37 ID:6Ffhbpuu0▼このコメントに返信
※67
当時の冷戦は対象がソ連だからねぇ。
アメリカと軍拡競争を行ってた共産圏の盟主。
1パーセントだろうが5パーセントだろうが
当時の日本の国力ならあまり変わらないよ。

それより、憲法を改憲しないというのが戦後日本の特異なことかな。
軍備を持つなら改憲するべきだし、米国もそれを期待してたけど
変に護憲に拘って自衛隊みたいな歪な存在になっているのが
日本にとって良かったのか悪かったのか判断に苦しむところ。
86.名無しさん:2017年02月16日 10:38 ID:j1j2sNll0▼このコメントに返信
だから、実力通りのポジションに速攻で戻っただけ。今現在の日本も復元力を発揮して反日左巻き洗脳から脱しつつ復活しようとしている途上 
87.名無しさん:2017年02月16日 10:40 ID:W3YIAZuI0▼このコメントに返信
スクラップ&ビルド。国防費の負担が大幅に減ったのも大きかった。
88.名無しさん:2017年02月16日 10:40 ID:stXLiGKa0▼このコメントに返信
戦後20年って言ったら、団塊世代が生ませ育って成年するまでの間だから、どうしたって金が掛かる。
働いて稼いだ金をみんながみんな使い果たしてりゃ、そりゃ経済発展するよ。
89.名無しさん:2017年02月16日 10:42 ID:iQDCEgID0▼このコメントに返信
答えは、単純だ。日本人が他国人より優秀だと云うことだ。
90.名無しさん:2017年02月16日 10:42 ID:L9tHgE3W0▼このコメントに返信
※33
「追いつき、追い越せ」には燃えるけど、いざ追い越してしまうと、どうしていいかわからなくなる国民性だからな

スポーツが典型
プロ野球で、日本のいい選手がみなメジャーに行く流れができて、ファンすらも「はよメジャー行け」って声が出るくらいになってるけど
日本以上のリーグがある、ってことに実はみんなけっこう満足してるんだよね

サッカーもそう、海外の方が圧倒的に上で日本は世界で50位かそこら
その方が「世界に戦いを『挑む』」ってポジションに立てて日本人的には盛り上がるんだよ

トップに立ってしまうと、かえって困る
たとえばバブル期
世界一の金持ちになった……とみんなが思った時、どう行動したか
「買いあさる」「浪費する」ばかりで、後に残りあるいは感心されるような使い方を全然しなかったんだよな
あれが「追い越した」日本の姿だよ

大抵の国はたとえスローガンにすぎないとしても「世界に冠たる我らが母国」とか「アジアの新秩序を担う」とか色々大きな目標を国是として掲げるのに
日本は、本文にもあるけど、「そこそこの国でいいじゃん」という声が、けっこう本気で出てくるんだよね
「挑む」のが好きで、「挑まれる」「先頭に立って牽引する」が大の苦手な国、それが日本……いい悪いじゃなくて、そういうもの
91.名無しさん:2017年02月16日 10:43 ID:5T3oosB60▼このコメントに返信
何もかも焼き尽くされたが更地にされた事が好都合だった事もあったんだろ
92.名無しさん:2017年02月16日 10:43 ID:8Ywfe7Dl0▼このコメントに返信
※41 君民共治国家
93.名無しさん:2017年02月16日 10:45 ID:vpIV9uX90▼このコメントに返信
一度壊れたら作り直す事業ができる、銀行も国も出し渋らないし国民の理解も得られる
東北については全部東電のせい
後に起きた熊本のは城とか特殊なの除けば既に風化しかかってる
94.名無しさん:2017年02月16日 10:45 ID:UzbGzC060▼このコメントに返信
軍事作業の人材や金が取られなかったからっていう理由は
明治の日本や西ドイツ、最近なら中国とかに全然当てはまらないんですが
95.名無しさん:2017年02月16日 10:45 ID:yW9MFsGt0▼このコメントに返信
ちょ~せんWARではなくてベトナムWARの方だろ~が。
96.名無しさん:2017年02月16日 10:46 ID:j1j2sNll0▼このコメントに返信
焼け野原になった都市を復活させるのにきっちり都市計画立ててやろうとしたら
GHQに反対されてぐちゃぐちゃにされたそうやで

朝鮮人はそこいら中不法占拠して妨害し今でもその害が残っているぐらいだろ
97.名無しさん:2017年02月16日 10:46 ID:p6TuzPnk0▼このコメントに返信
この欄に日本経済史を学んだ人はいないのか。日本経済が成長していった要因はいろいろあるが、何といっても戦後すぐに有沢広巳提唱による「傾斜生産方式」をいち早く実施したことがある。経済が成長するにはまず”鉄”が必要。当時日本は原油輸入が禁止されておったが、石炭は国内に豊富にあった。それを鉄鋼生産向けに集中して割り当てた。その結果、石炭、電力、鉄鋼、肥料等の基幹産業がなんとか回復した。なんといっても総合戦争するほどの技術力があった日本だから、基盤はあったわけだ。あとは省略するが、ガリオア・イロアなど対日援助、それからドッジラインまでに復興は著につくことができた。そして朝鮮戦争による特需があったが、それは数年間で終了したので、急成長のきっかけにはなったが、一要因である。米ソ冷戦によって米国が日本を「極東の工場」として巨大プラント等の大量導入や技術を提示してくれたのも大きかった。そして政府が「経済復興計画」など計画経済的な政策を実施したのも大きかった。自前の熱心な労働倫理、しっかりした技術基盤、政府の計画、米国の援助、いろいろあって経済は成長し、あれだけ国内に豊富にあった石炭ではすでに輸入石油に勝てなくなってきたのが昭和30年ごろだ。後は世界の戦後復興の波にのって輸出競争力が増していって高度成長路線にのったというのが本当のところでしょう。戦後20年代が勝負だったと思うよ。
98.名無しさん:2017年02月16日 10:47 ID:NWiJ3zA70▼このコメントに返信
※40
順応性って、つまりは環境対応能力のこと
周りを見回して、たったいま自分が置かれてる状況を素早く判断して、最も相応しい行動が自主的にとれる能力
自分のやりたいことを「主」とせず、状況の要請を優先させて行動できる能力
多くの日本人がこの環境適応能力を自然に備えているせいで、海外の評価が「日本人の異常な民度の高さ」みたいなことになってる
日本人自身、民度高いとか思ってないのに

思えば不思議な民族
99.名無しさん:2017年02月16日 10:48 ID:2u4.xK.b0▼このコメントに返信
1もだけど 軍需産業は儲かる みたいな左右にありがちな勘違いって何なんだろう。
戦前の1930年代の日本だって世界恐慌から立ち直って経済成長していた最中
シナ事変の長期化によってどんどん国内から物がなくなったり経済が冷え込んでいった。
ttp://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/images/4430.gif 

軍事的な緊張が大きくて"用意しなきゃいけない軍備"があるほど
国内の会社や工場が本来民間に売ることのできる分が軍隊に流れるから経済の重荷になる。
(軍備は戦争か更新でしか消費されない上に民間に出回ることもない。※技術は除く)

特に日本を含めて欧米の植民地は軍事的に負担が大きかった。
(日本は敗戦によってそれを逃れ、一方でフランスやポルトガルなどは戦後も植民地戦争によって疲弊した。)
100.名無しさん:2017年02月16日 10:48 ID:RoAVxSqb0▼このコメントに返信
GHQによって日本は重工業そのものが禁止もしくは制限されていた。
しかし、中国大陸どころか朝鮮半島まで赤化したために、アメリカの兵站拠点として日本が必要となった。
そこで朝鮮戦争を契機に日本に対する重工業の制限が解除され、日本の重工業は息を吹き返した。
重工業の制限が解除された後は戦前から先進工業国だった日本が先進国に戻っただけ。
101.名無しさん:2017年02月16日 10:48 ID:j1j2sNll0▼このコメントに返信
技術の進歩に軍事も民生も関係ない。どれだけ金突っ込んで集中してできるかどうかだろ。
軍事だからダメなんてアホな発想あるかい。むしろ戦争によって人類は飛躍的な進歩を遂げてきたという事こそ説得力がある。
102.名無しさん:2017年02月16日 10:49 ID:eERfL5i10▼このコメントに返信
※84
アジアの時代だ! 黒人の時代だ!
神は、アジアを見ている…
かつて世界の西で、神が願っていた事が、
今アジアで起きている…
2000年を経て…今
これから、2020年!
世界が変わるぞ!
103.名無しさん:2017年02月16日 10:50 ID:v0.n06xK0▼このコメントに返信
植民地支配で儲けてた国って、結局植民地頼りで自分たちでは何もしないからね。
よく分るのはイギリスとかポルトガル。
大儲けしたは良いけど、一体何に大金使ったのか?というくらい何も残ってない。
間違い無く、今と同じで金を海外に投資してしまって、国内をないがしろにしてしまって凋落したんだろう。
104.名無しさん:2017年02月16日 10:50 ID:EQJPVQxS0▼このコメントに返信
朝鮮戦争終結後の昭和29年から31年くらいは戦後不況だったそうだよ。
105.名無しさん:2017年02月16日 10:52 ID:UKK5juxw0▼このコメントに返信
その代わり区画整理がゴミ過ぎる、地方は取り返しがつかないレベル
106.名無しさん:2017年02月16日 10:54 ID:swyut.Dt0▼このコメントに返信
> ネットも元を正せばアメリカの戦略空軍が
> 「ソ連から先制核攻撃を受けて指揮命令系統が寸断されても、複数のコンピュータをネットワーク化しておくことで、きとんと反撃ができるようにしよう」
> と考えてできていった技術

少し間違い。空軍が1960年代にソ連の核攻撃を受けても生き残りができるネットワークの方法をランド研究所に依頼。同所のポール・バランが分散ネットワークの基本概念を考案した。このときのネットワークというのは電話。分散ネットワークの実現についてバランはAT&Tに提案するも実現性が低い(金が掛かる)ということでペンティングという名の中止となった。

1970年代に入って、高等研究計画局(ARPA)(現国防高等研究計画局)が国防技術向上を目的に各種基礎研究に予算を付けるようになって、異機種コンピュータ(大型機)の相互接続に関する研究が始まり、このときにバランの論文が再評価されて分散コンピュータネットワークの方法でARPANET(現在のインターネット)が生まれた。

空軍が依頼した段階では電話ネットワークだった。
107.名無しさん:2017年02月16日 10:54 ID:2u4.xK.b0▼このコメントに返信
※101
ある国が民生品に金などを集中しようと思っても
戦争状態もしくは戦争の危機が大きかったら 軍備(軍需)にリソースをつぎ込まざるを得なくなる。

逆に国内が軍事産業に傾注しても、戦争で消費するか海外にその兵器か物資を輸出しまくれるか
軍隊の規模を大きくし続けたり更新を頻繁にしないと 経済が行き詰る。

日本は本スレで言われているように軍事をアメリカに押し付けて
国内外で消費・輸出できる民生品をつくるのに集中できた恵まれた条件だった。
108.名無しさん:2017年02月16日 10:54 ID:eERfL5i10▼このコメントに返信
※89
125代続くキングが居るという事は、世界の人達が驚き、屈伏するんだな…
凄い血なんだわさ!
だから権力があって、統治力が増す!
天皇陛下がお祈りをして下さっているから、
上には神がおられて、結局は神の国家だべ!
109.名無しさん:2017年02月16日 10:55 ID:Ugaz6bFv0▼このコメントに返信
結局軍事力維持する費用がない分、その他の生産に金が回せたからデソ?w
でもって、両特需によって軍用品・補給品を米国さんに買ってもらったから
国力の復活に貢献したw
そんなところでしょw

それと革新技術の発達には軍需関係の研究開発が必要。
防衛費から研究開発費用を増やしたことは、20年30年後に役立つだろうw
110.名無しさん:2017年02月16日 10:56 ID:S5ecJXBJ0▼このコメントに返信
もともと民度は低くない連中の集まってる焼け野原に援助山盛りならそりゃ大復興するだろ。
何にもない所から孤立無援で日本人の力だけで復興したって訳じゃない。
確かに大復興したって事実はあるけど、
終戦直後から身分を賭してまで日本に援助物資を大量に回したマッカーサー元帥の存在は大きい。

鼻にかけるようなことはするなよ?そんなんしたらハンガンの奇跡とかいって誇ってる盲目連中と変わらん。
111.名無しさん:2017年02月16日 10:56 ID:eERfL5i10▼このコメントに返信
※103
キリスト教にも、魔が浸食していたんだな…
112.名無しさん:2017年02月16日 10:56 ID:j1j2sNll0▼このコメントに返信
道路の幅を広げ住みやすい立派な都市にしようとしたらGHQによって反対され
駅周辺などを中心にそこいら中を朝鮮人が不法占拠し居座り
未だに日本人の足を引っ張り邪魔しまくっている朝鮮人
113.名無しさん:2017年02月16日 10:57 ID:kaIYwO8R0▼このコメントに返信
イギリスは東南アジアはともかく、インドの独立のダメージがでかかったと思う
大英帝国が、連邦制と言う名の仲良しクラブになったしね
フランスは実は戦争してた…ベトナムとかアフリカとか
フランスの戦後が始まる年は日本と違ったりする(日本1945、仏1962)
スペインはフランコで生き延びたけど、内戦の傷跡が大きかったと思われ
オランダ・ベルギーは腐った植民地支配が強制終了で、あの狭い領域に閉じ込められた
南米はいつもの調子
東欧州はソビエトの衛星国に成り下がった
日本は所詮ソ連の裏口なので正面きっての睨みあいはなく
国共内戦も朝鮮戦争も対岸の火事で、太平洋の腕に抱かれてすくすく育った感じかな
アメリカは中国や欧州などの市場を得そこなって、焼野原のドイツ西半分と日本しか無かったからね
自分で潰しておきながら、自分で育成するしかなかった
114.名無しさん:2017年02月16日 10:58 ID:EQJPVQxS0▼このコメントに返信
朝鮮戦争終結後の昭和29年から31年くらいは戦後不況だったそうだよ。スエズ動乱と重なって外貨が極端に不足したらしい。
そこから企業が銀行から金を借りて重化学コンビナートを建てて、銀行が日銀から金を借りて、さらに世銀IMFから金を借りて…そんな韓国みたいなことをオリンピックのころまでやってたらしい。韓国と違うのはその借金を返したこと。
1990年代をバブル期と見ている若い人もいるし、みんな忘れるもんだって。
115.名無しさん:2017年02月16日 10:58 ID:PvNKzEtc0▼このコメントに返信
朝鮮半島って言う貧乏神がなくなったのが大きい。
116.名無しさん:2017年02月16日 10:58 ID:j1j2sNll0▼このコメントに返信
アメリカの援助はタダとかとおもいきや、実は敗戦で疲弊した日本が金を払っていたそうじゃないか。
アメリカ国内でダブついていたものを日本に押し付け金を払わせたとかどっかで読んだぞ。
117.名無しさん:2017年02月16日 10:58 ID:F3G1kjGH0▼このコメントに返信
世界大戦で欧州各国は多額の借金を抱え、人口は大幅に減少し、国力は衰退した
米ソの冷戦に賭ける金額は莫大に膨れ上がり大戦以上に消耗した
それによって植民地は解放され現代では先進国に追いつこうとしている
第二次世界大戦は勝った国が損をする稀有な結果となった
118.名無しさん:2017年02月16日 11:00 ID:6Ffhbpuu0▼このコメントに返信
※94
平時の軍事費って、物資消費しない経済活動なんだよ。
造った武器を売る相手がいたり、占領統治する領土があれば別だけど
備えだけに人的資源や予算を注ぎ込むには限界がある。
あと、基本的に社会報償費なので、
一般の国民には基本的に負担にしかならない。
119.名無しさん:2017年02月16日 11:00 ID:j1j2sNll0▼このコメントに返信
戦闘に負けても戦争目的を達成したのは敗戦国側だったといオチだからじゃないか。
120.名無しさん:2017年02月16日 11:01 ID:SlwWrd720▼このコメントに返信
他国がことごとく国内外の謀略で竦んでるところをほぼストレスフリーで国力増強に費やせたのも大きい
謀略に弱いけど団結力が桁違いに高いアンチウィルスソフト積んでないPCみたいな国が当時の日本のイメージ
121.名無しさん:2017年02月16日 11:03 ID:d1tlGitv0▼このコメントに返信
※97
「傾斜生産方式」は占領軍からの原材料援助を引き出すための方便にすぎない。
原材料を手に入れた民間企業が民生品を作って発展したのが実情。
122.名無しさん:2017年02月16日 11:04 ID:t5jHq8P20▼このコメントに返信
終戦後、工業は壊滅したと思わせ、1ドル360円って経済学的にはなんの根拠もない超円安で輸出産業を復活。
平和憲法を盾に取り朝鮮戦争への参戦を拒否(掃海艇くらいで済んだ)。
援助がなければ赤化しちゃぞ、と脅しながらヌクヌクと経済成長。
やっぱり吉田茂は偉いわ。
123.名無しさん:2017年02月16日 11:05 ID:DpzUsRiN0▼このコメントに返信
「焼け野原から成長」ってさ、それ単に「戦前の状態に戻った」だけだから。
戦争でとことんまで沈んでしまったのが元に戻っただけ。
「戦前は暗黒時代」というマスコミや左翼の流す嘘に騙されないように。
124.名無しさん:2017年02月16日 11:05 ID:2u4.xK.b0▼このコメントに返信
コメ欄でいわれているとおり
結局 軍備は、いざと言うときの備え というやつで
日常生活の中で欲しいものを買うのを我慢して防災グッズを買ったりや高い保険に入るようなもので
いざというときがなかったら無駄遣い。
125.名無しさん:2017年02月16日 11:06 ID:zMHeLvBI0▼このコメントに返信
※39
日本もだが、特に昔のドイツは少し小国じゃないよ
126.名無しさん:2017年02月16日 11:06 ID:64B.JCBM0▼このコメントに返信
※94
輸出で稼ぐスタイル。これが共通。工業製品には現在でも需要がある。農業製品は日本の開発したものなどのおかげで生産力が上がりすぎて、価格が下がりすぎた。だから工業特化したところが勝つのが現状。しかし、それには条件がある。安価な労働力、安価な電気、安価な水、そして広い土地。発展したところでは競争が不利になるから、必然的に高次産業にシフトした。

しかし高次産業に偏ると国の内部格差が広がるばかりで国としての求心力が失われる。

日本はこの競争から勝ち抜けることを考えて、自給自足を目指している。


ちなみに発展する原動力は「労働」の成果が高いこと。掛け声だけではなにも変わらない。

富国強兵は基本だよ。日本は強兵を目指して発展の余地が十分に有る。
127.名無しさん:2017年02月16日 11:07 ID:2u4.xK.b0▼このコメントに返信
※123
戦前の大恐慌からの経済回復がなぜ駄目になったかと言うと
シナ事変から始まる8年戦争だからね

戦前ではなく戦中が暗黒時代
128.名無しさん:2017年02月16日 11:07 ID:zMHeLvBI0▼このコメントに返信
※125
ドイツは少しも小国じゃない 訂正
129.名無しさん:2017年02月16日 11:08 ID:j1j2sNll0▼このコメントに返信
つまり脱亜論こそ真理だな 関わったら負け
130.名無しさん:2017年02月16日 11:10 ID:2u4.xK.b0▼このコメントに返信
※129
小日本主義だね
実際に占領統治するよりも貿易だけすれば良いという
131.名無しさん:2017年02月16日 11:11 ID:d1tlGitv0▼このコメントに返信
※127
戦中時代の出費は、必要なコストだったといえるけどね。
不戦だったらいまだにアジアは欧米領だったろうし。
132.名無しさん:2017年02月16日 11:12 ID:Kttb8JX70▼このコメントに返信
戦前・戦中の軍事技術が如何にレベル高かったかって事だろ・・・カメラも新幹線も造船も自動車も家電も・・すべて軍事技術者が民間に下った結果だぞ
133.名無しさん:2017年02月16日 11:13 ID:RoAVxSqb0▼このコメントに返信
日本がヨーロッパの植民地でWWII戦中に教育を行った。
さらに戦後も日本人の中には現地にとどまって、植民地解放運動に荷担する者がいた。
それらに対してソ連が資金や武器の提供を行ったために抵抗運動が強くなった。
抵抗運動が激しくなった植民地をコストがかかるからヨーロッパ列強は直接支配を放棄した。
ただし、あくまでも直接の支配をやめただけにすぎない。
現在でも多くの旧植民地は旧宗主国に支配されている。
いまだに金融と経済の中心地はロンドン。
わかりやすい数字で見えにくいだけで、イギリスが衰退しただの何ももっていないなんてのは勘違い。
134.名無しさん:2017年02月16日 11:13 ID:esbNsOlx0▼このコメントに返信
社会党政権では高度成長は無かった
敗戦からの左翼全盛時代に、自民党が政権を終始維持できたのは、
高度成長と社会福祉の整備により、国民生活を目に見える形で向上させ
「革命なんかもうイラネ」と国民に思わせる事が出来たから。
だから社会党は終始、オマケに過ぎなかった
60年安保と言えばデモの映像ばっか流れるが、あの直後の総選挙で自民は大勝している
数千人規模の市民デモ()と、数千万人のサイレントマジョリティーの乖離は現代だけでなく昔からの話
135.名無しさん:2017年02月16日 11:15 ID:j1j2sNll0▼このコメントに返信
日本人には戦前からノーベル賞クラスの人間が沢山いたよな 
136.名無しさん:2017年02月16日 11:15 ID:d1tlGitv0▼このコメントに返信
※124
それは言わなくてもよい話だと思う。
「死ななければ、死亡保険に入る必要がない」って書いたら変だと思うでしょ。それと同じ。
137.名無しさん:2017年02月16日 11:16 ID:a6ByCZW80▼このコメントに返信
※130
外地で恐慌や植民地競争が起こらない限り
日本はそれで安定だわ

国際社会に「日本を攻めたら他の国まで敵に回しちまう」を常識化させれば
海と空の守りだけでいいし
138.名無しさん:2017年02月16日 11:17 ID:2u4.xK.b0▼このコメントに返信
※131
ナチスに本国が占領されたしアメリカが脱植民地志向の時点で
あんまりそこら辺の心配はないと思うな
139.名無しさん:2017年02月16日 11:18 ID:4cPI7.Dn0▼このコメントに返信
360円固定が全てに繋がってる
これで莫大な富を得た
140.名無しさん:2017年02月16日 11:18 ID:kaIYwO8R0▼このコメントに返信
※123
昭和30年代後半あたりで戦前の絶頂期に追いついたんだけどね
その後は戦前以上に潤ったって話
新しい分野の製品が市場に出回り、白物家電が三種の神器といわれ
モノクロテレビが普及し、カラーに置き換わって、自動車産業も発展していった
消費電力が戦前に比べて格段に上がったので、電力需要を賄うために結構苦労したみたいね
141.名無しさん:2017年02月16日 11:19 ID:TFJUAuYb0▼このコメントに返信
朝鮮満州という穀潰しが居なくなったことを指摘する声が少なすぎ
やつらが居なくなったから自分たちのためだけに金が使えるようになったんだよ
142.名無しさん:2017年02月16日 11:19 ID:gvAPEUK10▼このコメントに返信
零戦バカにしてる日本下げのやつら多いが、戦後たった15年でオートバイレースで日本車が勝ちまくってたんだよなあ。
エンジン技術は確かなものを持っていたということだ。
造船も1956年のたった11年後には進水量で世界一のシェアになったし。
世界最高の新幹線できたのは戦後たった20年だし。
カメラもニコンが世界を席巻した。
みんな物作りが好きだったし。日本人全員が生活をよくすることにどん欲だった。
その後小型の革命的な家電がいっぱい日本から出てきて世界中が買うようになった。
今みたいな飽食した若者には無理だな。
これから緩やかな衰退だ。
143.名無しさん:2017年02月16日 11:20 ID:DpzUsRiN0▼このコメントに返信
※133
確かにね。
植民地側の方が宗主国より圧倒的に数が多かったんだから
本気で反乱抵抗されたら結局抑えきれない。
だから直接支配を止めたが、代わりに経済的な間接支配に移ったと。
144.名無しさん:2017年02月16日 11:21 ID:d1tlGitv0▼このコメントに返信
※138
アジア侵略してたのは、他にも英仏蘭などがあり、それは説明になってない。
145.名無しさん:2017年02月16日 11:23 ID:2u4.xK.b0▼このコメントに返信
※144
本国の疲弊と民族運動の高まり、2大国であったアメリカ・ソ連が既存の植民地体制を望んでなかったこと とか

日本が関わっていないアフリカ諸国も独立してるでしょ?
146.名無しさん:2017年02月16日 11:23 ID:zMHeLvBI0▼このコメントに返信
朝鮮台湾の米が大量に入ってきて日本本土の農家が困ったみたい
戦前の日本は工業国としては中途半端で片足農業国として突っ込んでた
147.名無しさん:2017年02月16日 11:24 ID:j1j2sNll0▼このコメントに返信
日本が開国し日清日露大東亜戦争を戦ったことによって有色人種の意識の大転換が起こった。
この影響力は凄まじくデカイ。この先人類が存続していたとしたら後の歴史家には正当に評価されることだろう
148.名無しさん:2017年02月16日 11:24 ID:kaIYwO8R0▼このコメントに返信
※133
影響力がなくなったとは誰も言ってないと思うよ
でも、栄光ある孤立を維持してた頃の大英帝国のパワフルさと、今の状況では差があるのは否めない
未だにあちこちにパイプがあるから、隠然たる影響力は持ってるね
金融で力があるといっても1976年にポンド暴落してすってんてんになって、IMFのお世話になってたからなぁ
その苦い記憶があるから、今のイギリスはあるんだろうけど
149.名無しさん:2017年02月16日 11:25 ID:.nZjMphg0▼このコメントに返信
>日本は戦後の焼け野原から

神話と伝説の匂ひがw
戦後5年で朝鮮特需が起きている、米軍に軍需品等を売りまくったわけだね
いくら日本人でも5年で、全壊した工業生産力を復活させるのは無理
B29で工場の生産設備をピンポイントで狙うことはできず、焼野原になったのは、主に住宅地だ
生産設備そのものは残ってたので、貿易が再開され資源が入ってくれば、いくらでも加工できた

それにそもそも江戸時代、明治、昭和初期ずーっと日本は先進国だった
150.名無しさん:2017年02月16日 11:27 ID:64B.JCBM0▼このコメントに返信
※106
プロトコルの違いが大きいんだ。PPPからTCP/IPとイーサネットへ。これによって回線の共有化が始まって廉価に通信ができるようになった。セキュリティレベルはだだ下がりになったけどね。

「瓢箪から駒」みたいなものかね?
151.名無しさん:2017年02月16日 11:27 ID:j1j2sNll0▼このコメントに返信
最近はどうか知らんが、以前、共産主義者は有色人種の独立は共産主義の勃興のおかげで
日本が日清日露大東亜戦争で戦ったことはなんも影響なかったむしろ害だったとかホザいていたんだよな
152.名無しさん:2017年02月16日 11:27 ID:d1tlGitv0▼このコメントに返信
※145
ソ連の衛星国ってどのくらいありましたっけ?
153.名無しさん:2017年02月16日 11:28 ID:O3hmPN2r0▼このコメントに返信
これ戦後は底辺国家みたいな言い方してるけど
戦前でも世界3位やぞ
1位上がっただけや
154.名無しさん:2017年02月16日 11:29 ID:Zo.ELyYs0▼このコメントに返信
日本は突然なった訳じゃない。明治以降基本的に成長基調だ。敗戦で灰塵に帰したが、悪い事ばかりじやなかった。設備は最新のものになり、追放で人心は一新し、道路とかインフラ再建は思い切った事ができた。なにより、軍事にカネも人もとられず気を配る必要もなかった。朝鮮、ベトナムと特需もあった。朝鮮のくびきもなくなった。政治も安定していた。戦前は五大国の1つだったわけだが、早期にそのレベルまで戻る事は当たり前です。まあ、こうした事が、全て僥幸だった事も事実だけどな。
155.名無しさん:2017年02月16日 11:30 ID:d1tlGitv0▼このコメントに返信
※145
君は経済云々の話をしている体で、実は「日本が戦争に負けて良かったね」と言いたいだけの人?
156.名無しさん:2017年02月16日 11:32 ID:RKDcEhXP0▼このコメントに返信
※3
それ飽きたから、別なスレおね
157.名無しさん:2017年02月16日 11:33 ID:2u4.xK.b0▼このコメントに返信
※152
衛星国として独立させているわけ

・当時のソ連は米英との連合国だったから露骨に併合することはできなかった。
・自国の領土(植民地)として統治するにはコストがかかりすぎるから。
・あと東側諸国の(傀儡としての)存在意義は国連での社会主義東側陣営の票を増やすため。
158.名無しさん:2017年02月16日 11:33 ID:64B.JCBM0▼このコメントに返信
※98
「盗まない、犯さない、殺さない。」世界はまだこれが満足にできない。

「嘘をつかない」のは、非常に稀。
159.名無しさん:2017年02月16日 11:36 ID:2u4.xK.b0▼このコメントに返信
※155
戦前の日本が小日本主義をとっていたらどうなっていたか気になってるぐらい。

既に自分も他の人もいっているけど
戦後の日本は皮肉にも敗戦によってアメリカの影響下に置かれさらに吉田茂が再軍備を拒否したことによって
軍事費の負担を国内の民生などにつぎ込めて成長できたのが 戦後の経済成長の一員じゃないか てだけだよ
160.名無しさん:2017年02月16日 11:36 ID:d1tlGitv0▼このコメントに返信
※157
自衛隊はいらないと思う?
161.名無しさん:2017年02月16日 11:37 ID:2u4.xK.b0▼このコメントに返信
※160
いるよ
162.名無しさん:2017年02月16日 11:38 ID:d1tlGitv0▼このコメントに返信
※161
お答え、ありがとう。
163.名無しさん:2017年02月16日 11:41 ID:esbNsOlx0▼このコメントに返信
※159
軍事費負担の少なくなかった西独が同じように経済成長できてるし、
防衛費負担が少なかったおかげ論も神話に過ぎないんじゃないかな
164.名無しさん:2017年02月16日 11:44 ID:2u4.xK.b0▼このコメントに返信
※163
じゃないかな とだけ言われてもね
165.名無しさん:2017年02月16日 11:46 ID:zMHeLvBI0▼このコメントに返信
戦争には負けないほうが良かったよね
領土は金で買えない
軍部が政治に力をもちすぎだったのが問題なだけじゃないか
166.名無しさん:2017年02月16日 11:46 ID:esbNsOlx0▼このコメントに返信
※164
つまりそこは大した問題じゃないんだよ。通りの良い通説。あんま関係無い
167.名無しさん:2017年02月16日 11:46 ID:j1j2sNll0▼このコメントに返信
そもそも軍事負担が抑えられたおかげってのは説得力に欠ける。
軍事費すさまじく使っている国がガンガン成長していっているという事実が世界中に溢れているわけで
168.名無しさん:2017年02月16日 11:48 ID:2u4.xK.b0▼このコメントに返信
逆に自分は西ドイツや韓国がどうして経済成長できたのか をむしろ教えて欲しいわけで
169.名無しさん:2017年02月16日 11:50 ID:j1j2sNll0▼このコメントに返信
韓国なんて手取り足とり莫大な人物金技術の援助をしてもらってミニ日本のように状態で成功例をまんま移植したようなもんだからでしょ
170.名無しさん:2017年02月16日 11:51 ID:esbNsOlx0▼このコメントに返信
※168
日本と同じ様な政策を行ったからだろ。重工業等、成長産業分野に政策的に集中して資本を傾注する。何が疑問なのか
171.名無しさん:2017年02月16日 11:53 ID:2u4.xK.b0▼このコメントに返信
それが出来たのは軍事的な脅威を自国だけでなく他国にも負担してもらったから だとすると納得がいく
172.名無しさん:2017年02月16日 11:53 ID:2u4.xK.b0▼このコメントに返信
※170
例えばなぜそれをイギリスやフランスはできなかったのか とか
173.名無しさん:2017年02月16日 11:54 ID:j1j2sNll0▼このコメントに返信
ドイツと日本は民族性からじゃないかね。どこかに共通した何かがある。
174.名無しさん:2017年02月16日 11:59 ID:XeAKNwft0▼このコメントに返信
当たり前だけど、負けた方が改革は劇的に進む。
勝って改革が劇的に進むのはクーデターとか特殊な場合だけっす。
175.名無しさん:2017年02月16日 11:59 ID:Urgkhpad0▼このコメントに返信
疾風の勇人がわかりやすくやってるな
176.名無しさん:2017年02月16日 12:00 ID:LK5M1BBN0▼このコメントに返信
物をきちんと作れる国家なんて、先進国ぐらいしかない。信用経済が機能するのも。人口がその中で2番目なんだから当たり前。
なんで日本が先進国になれたのかも同じ。約束が守られる。基礎学力が高いから。
177.名無しさん:2017年02月16日 12:01 ID:B7j.w5Wg0▼このコメントに返信
※172
設備がまだ使えるのに償却しちゃうと損でしょ、設備投資は償却しきってから利益を出す。
投資本国より投資先の方が設備も効率も最新鋭、ってのは現代でもよくある話。
178.名無しさん:2017年02月16日 12:01 ID:j1j2sNll0▼このコメントに返信
韓国何ぞ日本の助けが無ければ今頃韓国なんて国すら存在していない。100年以上の長い間にわたってずーーーーーーっと朝鮮人を助け続け恩を仇で返され続けてきた日本人。もういい加減そろそろ学習しようぜよ
179.名無しさん:2017年02月16日 12:02 ID:XeAKNwft0▼このコメントに返信
※173
人(他国)を信頼し無い所に一票。

大抵他人(他国)に頼ってる所は微妙。
180.名無しさん:2017年02月16日 12:03 ID:fRIafdm00▼このコメントに返信
「日本の底力」のおかげでしょう。
でもさあ、そろそろ憲法改正して普通の国家に戻ろうよー!
181.名無しさん:2017年02月16日 12:04 ID:oefOkT7r0▼このコメントに返信
軍需産業って、具体的に何?
敗戦国の日本にうまい思いさせるわけない。
アメリカが儲けるのが第一だろうが。
普通、一億以上人口があれば、内需で発展できるだろ。
182.名無しさん:2017年02月16日 12:05 ID:j1j2sNll0▼このコメントに返信
人口がただ多ければイイってわけじゃないのも世界を見れば明らかだが
183.名無しさん:2017年02月16日 12:10 ID:64B.JCBM0▼このコメントに返信
※68
自称リベラルが侵略者で、他人の成果を奪うためにそうした仲間からなる集団の解体を目論んでいたからじゃないかな?

排他的なのは感心しないけど、彼らの意見は組織の破壊が目的に見えるよ。


元のリベラル派はそういう連中に利用されただけなんじゃないかな?

共産主義が看板としてダメになったから悪党連中が鞍替えしてただけに見える。
184.名無しさん:2017年02月16日 12:12 ID:B7j.w5Wg0▼このコメントに返信
基本的に利益率の高い次元の産業に上手くリソースを配分すると発展するわけよ。
だれでもできる様な仕事なんて価値ないからな。
185.名無しさん:2017年02月16日 12:12 ID:XeAKNwft0▼このコメントに返信
※181
程度の差はあれ軍と関わりが全くない方が珍しいっす。
朝鮮戦争で需要が出来たってのは、朝鮮戦争で消費した武器弾薬人的資源の消費等の蔭で需要が出来たんじゃなく、
この戦争でアメリカの対日政策が大きく転換して日本の地位向上したってだけ。

別にコミンテルンとアメリカとの大きな戦争が有れば良いだけなんで朝鮮である必要は無いっす。
186.名無しさん:2017年02月16日 12:14 ID:2u4.xK.b0▼このコメントに返信
※177
やっぱ負けて焼け野原になったのが良かったのかねえ
187.名無しさん:2017年02月16日 12:17 ID:d1tlGitv0▼このコメントに返信
上の方にもあるけど、傾斜生産方式は別に機能したわけじゃなかった。
(日本の場合)焼けたとはいえ、工場がかなり残っていたと言われる。
ないのは原材料で、それをアメリカなどから援助させたのが経済成長の始まりだった。
勝手に民間企業が儲かるものを作って売ったにすぎない。
消えては浮かぶ官僚有能論がどうにもうざい。
188.名無しさん:2017年02月16日 12:20 ID:XeAKNwft0▼このコメントに返信
※186
需要的にはそうだけど、供給的にはそんなことあるわけないと言えるっす。

防衛費を経済に全振りしたから発展した方の原因のがデカい。
大和一隻で3兆円程度吹っ飛ぶし、満州・朝鮮・台湾に投資した金額とか合わせると天文学な金額になるっす。
189.名無しさん:2017年02月16日 12:23 ID:DiU8hvnf0▼このコメントに返信
自然災害が頻繁な日本は精神的にスクラップ&ビルドには慣れているということもあるかもしれない。
190.名無しさん:2017年02月16日 12:23 ID:K1pbTk3J0▼このコメントに返信
そして今や一人当たりGDPで26位までに後退したわけだ。
191.名無しさん:2017年02月16日 12:26 ID:64B.JCBM0▼このコメントに返信
※181
無論、そうだからこそ民生品の生産に特化したんでしょ?自動車・バイク・電化製品。同じ土俵で負けないように頑張っただけ。軍需産業では勝ててないじゃんか。航空機・宇宙開発・電子産業などのハイテク分野には干渉されてるよ。造船は韓国に教えたのが間違い、そのあとは中共に・・・。

そろそろアメリカがもっと日本を自由にしてくれるっぽいから、少しずつ干渉度も下がるんじゃないかな?日本はアメリカに取り込むには人口が大きすぎる。でも協力関係さえちゃんと構築できれば良いパートナーにはなれそうでしょ?

どうせ一つの国って体裁にしても、中共見たくなったんじゃ意味もない。
192.名無しさん:2017年02月16日 12:26 ID:d1tlGitv0▼このコメントに返信
日本経済が頭打ちになったのは、1990年。
日米貿易摩擦による数々の規制。中国の台頭。
これらで日本が取り込めていた需要が他国に奪われていった。

逆に言うと、官僚は何もしないでも日本は成長できた。
1990年以降こそが官僚が知恵を絞らなければならなかった時期なのに、
今まで通り足を引っ張ることしかできていないからこそ、失われた20年があったのだと思う。
事実、増税ばかり考えている財務省官僚がまともだとは思えない。
193.名無しさん:2017年02月16日 12:33 ID:zMHeLvBI0▼このコメントに返信
戦前は最低でも予算の1/3が軍事費 戦後は1/10くらいだったよね
194.名無しさん:2017年02月16日 12:34 ID:8fmjP5oO0▼このコメントに返信

>>1989年から今に至るまでの日本の体たらくのほうが
本当の意味での
「日本の実力」
なわけ


ほざけ!首根っこ抑えられて実力もクソもねーだろ。
貿易摩擦だとか言って米が何やってきたか知らんのか?

軍事力に金掛けなくて良かったのも米が要因だが金掛けられなかったのも米が左翼、朝鮮人を放置したからだろ。
195.名無しさん:2017年02月16日 12:39 ID:K1pbTk3J0▼このコメントに返信
※193
大戦末期とか国家予算の8割くらいが軍事費だったよ。
196.名無しさん:2017年02月16日 12:51 ID:iZKOOmaX0▼このコメントに返信
戦前から国際連盟の一国になるくらいの力はあったんだから
2次大戦のダメージが癒えて元に戻ってきたと考えるほうが普通だろ
197.名無しさん:2017年02月16日 12:52 ID:hO.28SBj0▼このコメントに返信
むしろ特需ってガンガン兵器作ってたら予想より早く休戦して余った兵器の扱いに困ってンゴォオオてならんかったっけ
198.名無しさん:2017年02月16日 12:52 ID:bNmt1UxF0▼このコメントに返信
太平洋戦争終結までみんな必死で製造業してたわけで、その経験が戦後に生きないはずがない。
199.名無しさん:2017年02月16日 12:53 ID:vZ6g5CPi0▼このコメントに返信
日本は交通関係のGHQがアメリカと同じようにやろうにもインフラは整備され過ぎていたから断念した程度にインフラは整っていたし日本語の識字率の高さでこれまたGHQがローマ字表記を標準にしようとしたがやっぱり断念した。

工業関係のインフラは壊滅状態だったから実質的にアメリカの新型の工業機械を導入してインフラを新造した形になったのは大きいよ。戦災のダメージは
大きかったけど工業の自力はあったから今までの遅れていた日本の設備をアメリカからの設備投資と品質管理の手法で生産力を高められたのは大きいかな。

なんにせよ戦災からの復興では識字率の高さと社会インフラの基盤が整っていたからそれは大きな一因ではあるけど
200.名無しさん:2017年02月16日 12:56 ID:iKMhy7Ie0▼このコメントに返信
皆さん尤もなご意見だが“人口ボーナス”のことを忘れている。終戦時概ね8,000万人弱が凡そ50年で12,700万人、一年あたり慨100万人の人口増があった。その間子育ての苦労もあったが、一方で購買(消費・需要)力の拡大と他方で労働(供給)力の拡大が同時進行的に起こり経済拡大の基盤に恵まれた。しかしその間、地方から都市への人口移動に寄る地方社会(コミュニティー)の衰退乃至破壊及び家族制度の崩壊に目をつぶり、適切な対策を講じなかった結果、高度成長の基盤の基盤たる社会構造が変質してしまったと言うのが現在である。少子高齢化即ち人口減少問題は元を辿れば高度経済成長の反動、極論すれば負債である。そもそも少子化とは経済の主体たる人(消費及び供給の主体)の再生産が困難乃至不可能な経済構造と言う事であり手段と目的が渾沌とした異常な社会構想だ。高度経済成長期の人口ボーナスとは真逆の人口減少と言う条件の中で経済運営を与儀なくされる今後だだが、今度こそ日本国の存在意義たる社会構造を壊滅させかねない“移民受け入れ政策”等にうつつを抜かさぬことを切に願うものである。
201.名無しさん:2017年02月16日 12:59 ID:64B.JCBM0▼このコメントに返信
※175
これいいね。将来総理大臣になるって口だけの主人公とは違って、ホントになったからな。
202.名無しさん:2017年02月16日 13:04 ID:15XwtwAI0▼このコメントに返信
こういう自惚れたやつが日本を駄目にしてるだろうな。
203.名無しさん:2017年02月16日 13:09 ID:fEokOxB.0▼このコメントに返信
教育と協調性

識字率の歴史と天皇家をどんな権力者でも弑し奉ることなかった歴史っていえばわかる。

2千年以上続いた皇族って日本だけ

ようは日本人なら当たり前の結果だ。

だから地球上で唯一日本だけは移民いれちゃいかんのよ。
204.名無しさん:2017年02月16日 13:10 ID:S6XtjFw30▼このコメントに返信
もうイギリス、フランスも植民地帝国(笑)の時代が終わり存在感も米ソに奪われたし
存在感をアピールしようにも第二次中東戦争の時には米の圧力に耐えきれなくなって
結局エジプトが戦略的勝利を成し遂げたからな
もうヨーロッパの時代は過ぎ去ったんだよ
205.tako:2017年02月16日 13:13 ID:aaWCvzdy0▼このコメントに返信
チョーセンジンみたいなことは言いっこなし
アメの助けもあったろ、
ていうか壊して再生する、その過程で自分も儲ける、毛唐のいつもの手
程度の差こそあれ、南チョーセンが急成長したのと同じ
206.名無しさん:2017年02月16日 13:17 ID:B77K9uB.0▼このコメントに返信
焼け野原になったをさいわいに、最新設備や刷新人事で復活した日独
ww2では被害なかったのに自分で焼け野原にした朝鮮半島は、復活した…のかな?
文化大革命をやって、捨拾の選択をまちがえて停滞した中共
スクラップ&ビルドも、テクニックがある

日本も廃仏毀釈のような、スクラップ&ビルドの失敗は、少しはある
いちど先進国の種を獲得してしまえば、「何度でも蘇るさ」になるのだろう
じゃあ先進国の種て何だろう?
諭吉先生、やっぱ学問ですか?
207.名無しさん:2017年02月16日 13:19 ID:64B.JCBM0▼このコメントに返信
※176
基礎学力はインドなんかも高いんだけど、階級社会であることが発展を阻害してるのかね?

お金持ちはいるんだよね。優秀だし。


階級社会だから、外部からの侵入者にはすごく強い。治安も維持できる。だけど不満はたまる。その解消のために被差別民が存在するのが難儀だね。さらに新陳代謝が遅いから発展も緩やか。

最初から内部対立してる構図なんで、だけど相互依存もしてるから決定的な破局はしにくい。

よく出来てるから続いてる仕組みなんだろうか?

破綻してるのに、カタチだけが残ってるって評価もできそうだけどね。
208.名無しさん:2017年02月16日 13:24 ID:XeAKNwft0▼このコメントに返信
※200
人口をボーナスにするには民度が必要だぞ。
アフリカとか中東は人口ボーナスが反転して呪いになってるので・・
209.名無しさん:2017年02月16日 13:28 ID:EEbrkTNA0▼このコメントに返信
冷戦時代だぞ

世界中総国家軍備強化だよ。あと東側は共産革命、これもある種の軍備強化。
日本は、軍備が解除されて戦争できなくされてしまったから、やれる事は経済活動だけだった。
210.名無しさん:2017年02月16日 13:30 ID:XeAKNwft0▼このコメントに返信
※207
インドって義務教育してるの?
基礎学力の前提の「識字率」が大分低い気がするぞ・・
211.名無しさん:2017年02月16日 13:33 ID:fMJxh.Do0▼このコメントに返信
円ドルレートが凄かったからな
212.名無しさん:2017年02月16日 13:36 ID:XeAKNwft0▼このコメントに返信
なんだかんだで戦後は皆借金に苦しんでたのさ・・
日本は戦後のドサクサに付け込んで政府主犯でハイパーインフレ起こしよったから・・
固定相場なんで借金が目減りしてたってのも大きいかと。
213.名無しさん:2017年02月16日 13:37 ID:F3G1kjGH0▼このコメントに返信
そもそも欧米が産業革命からの百年間程度だけ優位に立っただけで
それ以外ではずっと雑魚国家だったんだよな
214.名無しさん:2017年02月16日 13:40 ID:K1pbTk3J0▼このコメントに返信
※210
インドは教育の格差はかなりあると思う。
公立小学校とか100人学級とか余裕であるし。

数字上の貧富の格差が低いのは貧乏人が多過ぎるんだろ。
中国からフィリピンに行くとストリート・チルドレンの数がヤバイと感じるけど、
インドはフィリピンの比じゃないくらいストリート・チルドレンも多い。

ストリートで生活する様な子供が学校に行ってるわけもないし。
215.名無しさん:2017年02月16日 13:53 ID:CQ.WjheV0▼このコメントに返信
聖徳太子は遣隋使を派遣して支那に学んだのち
日本の風土にも耐えうる神社仏閣を作り上げ、
独自文化を発展させて鎖国してても西洋にも名が届く国になってたし
鎖国後も30年ほどで有色人種の国で唯一白人国家と肩を並べてた

日本人は元々そういう資質のある民族って事なんでしょ
216.名無しさん:2017年02月16日 13:55 ID:EEbrkTNA0▼このコメントに返信
インドは汚職が酷いんだよね、フィリピンもそうだけど基本的に政治腐敗が始まると国の経済が病気になる。
インドも闇経済排除してるし、フィリピンのドゥテルテも頑張ってるから、そのうち回復してくるかもと期待している。
逆にどんどん腐敗が進行しているのが韓国w
あの国もう先はないな
217.名無しさん:2017年02月16日 14:00 ID:Xy6jriai0▼このコメントに返信
 朝鮮戦争が無かったら・・・・
  GHQ当初の思惑どうりに2流の農業国になってたのかね?
218.名無しさん:2017年02月16日 14:01 ID:YX1O2OB00▼このコメントに返信
普通に考えれば、いかに戦争が国民経済に負担になるかという事。
戦争にならないように国防費は必要経費として増やすべき、戦争になれば破たんするだけ。
219.名無しさん:2017年02月16日 14:03 ID:U.RD833Y0▼このコメントに返信
朝鮮戦争はあんまり関係なくて、主な理由は冷戦やな
欧米での日本の評価は冷戦の勝者
220.名無しさん:2017年02月16日 14:05 ID:2ceQ0t7o0▼このコメントに返信
215が正解だろうな。

もともと民族の水準が違うんだよ。

元寇の時も、開国前夜も、あれが並の民族ならあたふたして国内で意見が割れてる間に
攻め滅ぼされてる。


221.名無しさん:2017年02月16日 14:06 ID:pocZJxgT0▼このコメントに返信
アメリカが日本を反共の防波堤として育てたのも大きい
アメリカを守る壁はしょぼい壁より頑丈な強い壁をつくりたいもん
222.名無しさん:2017年02月16日 14:07 ID:K1pbTk3J0▼このコメントに返信
※216
基本的に政治の清廉さを基準に一人当たりGDPが並んでると思うけどね。
勿論、例外はあるけど。

中国の汚職が酷いと言われるが、それは先進国基準で比べるなら汚職が酷いので有って、
途上国基準なら中国の政治は清廉な方だ。
中国よりも清廉度が高い政治を行ってる東南アジア、南アジアの国は少ない。
223.名無しさん:2017年02月16日 14:08 ID:rsXRPWnb0▼このコメントに返信
製糸業。
224.名無しさん:2017年02月16日 14:09 ID:XeAKNwft0▼このコメントに返信
※217
遅かれ早かれ起きるだろ・・朝鮮(西に中国北にロシアと言う詰んでる位置+愛国心が皆無な国民性)で戦争が起きない確率ってそもそもあるの?
225.名無しさん:2017年02月16日 14:12 ID:2ceQ0t7o0▼このコメントに返信
※217
無理でしょ。アメリカといえども、当時の日本人の復興・工業化の意思をくじくことはできない。

神風までやる勇猛な民族をタイムリミットぎりぎりで
「国体護持を条件とする武装解除」に持ち込めただけだし、
ソ連圏への対応で手一杯のアメリカに日本人まで再び敵に回す余裕は無かった。

そもそも当時のアジア、中南米は、どの国が共産化しても不思議ではなかった時代だからな。
日本ほどの国が共産化してしまえば、それこそ取り返しの付かないことになる。

226.名無しさん:2017年02月16日 14:13 ID:6tYniVrP0▼このコメントに返信
青文字の意見はききかじりの極致だなぁ……微妙な日本下げがなんとも香ばしい

単一民族(ほぼってつけるのめんどくせぇ……)の意識が強いのもあるだろう
他国に比べて各地域・各民族の思惑による内部の諍いがなかったのも大きい
227.名無しさん:2017年02月16日 14:22 ID:C5izM1bM0▼このコメントに返信
焼け野原で無いにしても
参加国は軒並み疲弊したからなあ
あのアメリカですら総力戦、配給制をとったぐらい
228.名無しさん:2017年02月16日 14:24 ID:koWO3jGN0▼このコメントに返信
俺が小さい頃から「恵まれないアフリカの子供たちに愛の手を」って感じで募金等をやっていて
子供心に「助かって欲しい」と純粋に思って何度かお金を出したけど
何十年経っても状況は変わったように見えないんだよなあ
あまり関心ないから不勉強なんだけど「いい加減にしろ」って言いたくもなるわ
229.名無しさん:2017年02月16日 14:25 ID:dir.IkRf0▼このコメントに返信
要素は複合的だけど、あえて1つ上げろと言われたら、
1ドル360円固定という超円安固定だった事だろ。
元々工業技術のない国じゃないし、その為替で工場化すればそりゃ伸びる。
成長期の中国と同じ。
円高になるまで国としての経済力が高い割に
海外製品は超高価で一般人には手が届かなかず、海外旅行も夢。
故に日本国内での色んな分野の製造技術が伸びた面もあるけどね。
230.名無しさん:2017年02月16日 14:35 ID:ac43TYI80▼このコメントに返信
デフレ化後、20年も足踏みしてんのは日本も一緒だろ
そして増税や規制緩和で更にデフレを悪化させてるクソ自民がなぜか支持される謎w
それこそ高度経済成長期を思い出せば、今こそ財政出動以外の選択肢は無い筈なんだがなぁ?
下.痢安倍のマヌケは未だに気づいていないようだw
でもまぁトランプがそっち方向に向いてるからな、アホ安倍も考え直してくれりゃ良いんだがね・・・無理だろうがw
231.名無しさん:2017年02月16日 14:48 ID:AzGgmI3T0▼このコメントに返信
元々の素養があるし、それは今の時代にも受け継がれてるし。
衣食がようやく足りてきたけど礼節なんてどこ吹く風の発展途上国()とは違うんだよな。
232.名無しさん:2017年02月16日 14:49 ID:5.qi7afb0▼このコメントに返信
※229
俺も同意
戦後復興っていうと国内のことばかりいうけど
マクロ環境で見る人はあまり見ないね。
233.名無しさん:2017年02月16日 14:50 ID:7RZzRhk00▼このコメントに返信
戦前は列強だったのに戦後はパッとしないイタリアくんのことも思い出して差し上げろ
234.名無しさん:2017年02月16日 14:53 ID:7RZzRhk00▼このコメントに返信
※230
とっくの昔に財政出動路線に舵を切ってるんだが…
均衡財政云々は絶対に国債残高がって言ってくる層向けだよ
あとIMF
235.名無しさん:2017年02月16日 14:54 ID:1MVkPENz0▼このコメントに返信
※233
戦前でも日本以下じゃん。

イギリスやフランスでもあれだけ落ちぶれたのに、
イタリアごときが戦後も堅調なら逆にビビるわ。
236.名無しさん:2017年02月16日 14:59 ID:.Il8ZudW0▼このコメントに返信
他国より抜きん出ている分日本がすごいだけ。日本が出来ることを他国が出来ると思ったらいかん。
戦後に戦争特殊は何度か有ったが特段単価の高いものを作らせて貰っていたわけでもなく息を吹き返す切っ掛けになっただけ。
237.名無しさん:2017年02月16日 15:02 ID:QJP1fTeW0▼このコメントに返信
※236
だろうな。

日本並にやれるというなら、明治維新くらい世界中の後進国がとっくに真似して
近代化に成功してる。
238.名無しさん:2017年02月16日 15:06 ID:8a3PnpT50▼このコメントに返信
※3
実際に強制連行されたとして保証受けてるのはほんの一握りで多くの鮮人は不法入国や違法滞在
戦後の焼け野原状態の土地に勝手に線引きして土地を分捕って勝手に暮らし始めた
感謝どころか迷惑でしかない
239.名無しさん:2017年02月16日 15:06 ID:hqrrd0Wa0▼このコメントに返信
全ては偉大なる指導者金日成国家主席のおかげ
朝鮮戦争の戦争特需で日本は再生した
朝鮮人の皆様には頭を擦りつけて感謝しなければならないニダ
240.名無しさん:2017年02月16日 15:30 ID:6l0WX0v20▼このコメントに返信
タイトルだと国民総生産、いわゆるGNPでしょ?
なら衣食住の住でしょ、焼け野原で絶対必要だし
朝鮮戦争は副次的だと思うぞ
241.名無しさん:2017年02月16日 15:38 ID:PEbFPBKH0▼このコメントに返信
※50
再軍備して、半島出兵してれば、半島は、統一国家になってる。
中華民国の大陸反攻にも手を貸せれば中国の地図は変わってるかもしれない。
千島列島の奪還もできてるかもしれない。
そうすると、経済世界第二位にはなれなかっただろうね。
社会党や共産党は、消滅して、現在より右よりの国になってそう。
242.名無しさん:2017年02月16日 15:41 ID:AAtLiA390▼このコメントに返信
日本は国土人口資源のことを考えるとそれこそフェザーンみたいな
「恐れられるほど強からず、侮られるほど弱からず」を目指す方針でいいんじゃねぇかとは思うんだが
周りを囲んでるのが米露中というねw
そのなかでそのスローガン守ろうとすると自動的にある程度強力な国家でなけりゃならんw

※175
あれ面白いよね、勢いのある漫画好きだし読んでるわw
243.名無しさん:2017年02月16日 15:44 ID:PEbFPBKH0▼このコメントに返信
※57
朝鮮特需とゆくいわれるが、一部の産業に現金がまわっただけ、
アメリカから高値買いして、安く売らされ、国れべるで、10億ドルを超える
貿易赤字。
アメリカ式工業経営のノウハウを学ぶためだけにあったようなもの。
244.名無しさん:2017年02月16日 15:46 ID:QCvURNCI0▼このコメントに返信
GHQ統治下においてはGHQが日本政府の上部機関だったのだから、決定権とそれに伴う責任はGHQにあると考えるのが自然。
GHQの上部機関としてアメリカ政府があるならば、最終責任者としてトルーマン大統領が該当するものと考えられる。
GHQ主導におけるレッド・パージで共産党が朝鮮の団体を切り捨てたとの説も見かけたことがあるが、証拠はないから何とも言えない。
245.名無しさん:2017年02月16日 15:50 ID:Ow.GZRly0▼このコメントに返信
デフォルト、ハイパーインフレ、預金封鎖、新円切替、財産税
もう、「日銭稼いでは使う」しかない状態
金が回りまくるわな
246.名無しさん:2017年02月16日 15:52 ID:PEbFPBKH0▼このコメントに返信
※90
柔道が、ダメな時期あったのは、お家芸とおもってたからなのかね。
247.名無しさん:2017年02月16日 15:55 ID:dir.IkRf0▼このコメントに返信
※243
特需って言われてるけど、今の何でも調べられる時代に振り返って調べると経済が大きく成長した特需なんかじゃ無いよね。
一部の産業に大量の発注があって個人レベルの成金は生まれただけ。

戦場で缶詰に石ころ入ってたとか、一円冊に火をつけて女中に靴を探させるとか、
え??っていう様な事が漫画に書かれてたけど、
今考えると朝鮮戦争の貿易先とかを考えると特需で生まれた成金って在日じゃないの?と思う。
それなら昔見たマンガの違和感も納得しちゃう。
248.名無しさん:2017年02月16日 16:17 ID:PEbFPBKH0▼このコメントに返信
※168
西ドイツは、ヨーロッパ最大の工業国家。
市場(欧米)がWWⅡよりでかくなったんだから発展して当然。
249.名無しさん:2017年02月16日 16:19 ID:2ceQ0t7o0▼このコメントに返信
※242
しかも、その「ある程度強力」に軍備を備えておくと今度は、
「アジア・太平洋で何かあったら頼れる強国は日本」というわけで
欧州もアメリカも日本をあてにする。

朝鮮問題も、日清戦争も日露戦争も原因からよく調べるとこのパターン。
アジアに勢力を伸ばしたい欧州と、欧州優勢を許さない新興国アメリカ、
自衛したい日本の思惑が入り混じって戦うことになる。

近所に中韓&ロシアがいる限り、この構図は続く。
250.名無しさん:2017年02月16日 16:20 ID:57JWSTDn0▼このコメントに返信
イギリスフランスドイツくらいやれそうな能があるのは戦前からそうだった。
そこで世の中ひっくり返ったせいで しがらみや面倒臭いのが結構削がれた。 
一度ならしてそこからおっ立てるようなもので前から引きずる不都合が少なくて捗る
イギリスフランスとはそこで差が出てくる。
軍負担とか本国東半分を馬鹿ロシア民族勢力にボッシュートもないので
世界一のドイツ民族くらいの事はやれて当然である。
251.名無しさん:2017年02月16日 16:27 ID:UzbGzC060▼このコメントに返信
※217
ソ連と中国が親米国家になってればあり得たかもしれないが
さすがに仮定が大きすぎる
252.名無しさん:2017年02月16日 16:31 ID:UNzlP3Ry0▼このコメントに返信
専ら日本人の努力による物だが、他はだいたいアメリカのお陰。
253.名無しさん:2017年02月16日 16:33 ID:FUpYmkjk0▼このコメントに返信
>>朝鮮戦争特需

これ大嘘だから、テヨンの「日本が大きくなれたのは朝鮮戦争のおかげ!!」
よく聞くだろ??ほんと惨め
ならアメリカが戦争するたびに、経済大国がポンポン生まれるはずだよな??
ベトナム戦争、湾岸戦争、イラク戦争、常時戦争してる国なんだから。
あれー?おかしいなー。

本の受け売りだが、日本が戦後復興したのは日本人に蓄積された技術力と【傾斜生産方式】に産業をベットしたからだ。
ちなみに朝鮮戦争が日本の戦後の経済成長にどれくらい寄与したかというと
経済学者がそれに関連する統計学の本を出版してたはず、私の裏覚えだと4%もない。
本の名前や作者は確か古谷ツネヒラか倉山満あたりが桜ラジで紹介してた。興味ある奴は探してみて

つか、技術力や人的資本のない国がどーやって経済成長するんだよw
そもそも日本もドイツもWW2の主要国だっての。
そういった国が敗戦後に復興してきても何の不思議があるというのか??
カンボジアでもエチオピアでも成長できるものなら何処の国も成長したいってのw
254.名無しさん:2017年02月16日 16:33 ID:PEbFPBKH0▼このコメントに返信
※217
それは無い。当時共産党は血の気多くて本気で人民革命起こすきでいたし。
農業・漁業だけでは、人口維持できない。飢えれば当然反乱おきる。
結果、ルーズベルトの望みに反して工業国家に。
農業国家だと、駐留米軍の維持費が賄えないのが一番の理由ぽい。
なんせ、駐留経費だけで、国家予算の50%占めてた。
現在だと年間50兆円のおもいやり予算となる。
255.名無しさん:2017年02月16日 16:34 ID:UNzlP3Ry0▼このコメントに返信
※243
その後、繊維産業でアメリカに大攻勢し掛けてあっちの繊維業を壊滅させたのだ。

いい気味だ。
大東亜戦争の恨みを少しは晴らせた。
256.名無しさん:2017年02月16日 16:36 ID:PEbFPBKH0▼このコメントに返信
※228
恵まれないアフライカの子供達は、あなた方の援助のおかげで
立派なテロリストに育ちました。
自給自足できないの人口だけ増えれば、貧困が深まるだけなのに。
257.名無しさん:2017年02月16日 16:38 ID:Rc7UWd9S0▼このコメントに返信
正確な解説

戦後直後の日本は、多くの国民は戦時中の兵器生産の動員のおかげで、工業の基礎技術が修得されており、ただちに工員として働く事ができた、同様な事はドイツでもあり、敗戦2国が工業国として復活できた重要な要因である。(戦時中に工員育成していたようなものですからね)
258.253:2017年02月16日 16:38 ID:FUpYmkjk0▼このコメントに返信
>>私の裏覚えだと4%もない。

あーちなみに、この程度でも、日本の復興に寄与した、と言う奴がいるなら言わせておけばいい。
「日本の天皇は高麗の血筋二ダ!!!」と同じく、嫁いで天皇家に0.00000000001%の血が入っても
それで朝鮮血統にしてしまうのが朝鮮脳というものだしw

259.名無しさん:2017年02月16日 16:45 ID:PEbFPBKH0▼このコメントに返信
※253
独立回復とGATT加盟による輸出先の増加が、高度経済成長の本質。
260.名無しさん:2017年02月16日 16:48 ID:Rc7UWd9S0▼このコメントに返信
フィリピン復興が遅れたのは、南洋の宝石とまで呼ばれたマニラを、米軍が徹底的に破壊して、日本の影響がある文化を全て破壊する事を、戦後10年以上にわたって行い、原始生活にまで強制的に戻し、その後米国型の教育をした。
261.名無しさん:2017年02月16日 16:53 ID:FUpYmkjk0▼このコメントに返信
※259
それもあるよね
262.名無しさん:2017年02月16日 16:54 ID:Rrp3wkmG0▼このコメントに返信
まぁアレだ。戦後昭和は、民主主義になったけど、国民が一つの目標が有ったからだと思う。

分譲戸建やマンションを買うと頑張り、この車に乗りたいと頑張り、オーディオやテレビ、洗濯機冷蔵庫などある程度決りきった枠で購買してたから、企業も業績立てやすかったし、人件費給料も払えた。ほとんど計画ストーリー通りだった。

しかし、今は安価な海外メーカーが入ってきて、一度バブル崩壊で緊急措置の人件費カットに慣れた、企業も人件費給料を出し渋る様になりストーリーが成り立たなくなった。

勿論、ブーストニトロは為替と朝鮮、ベトナム戦争や、欧米より安い人件費だけどね。
今再起動するには、ブーストニトロは無いから、トランプ大頭領バリのストーリー通り消費にするしか方策がない。

例えば、無数に在る会社を合併させてその家や車、テレビオーディオ、スマホ、パソコンなどを買えばある程度は再起動出来る。
263.名無しさん:2017年02月16日 16:56 ID:PEbFPBKH0▼このコメントに返信
朝鮮戦争当時に鳩山一郎が総理でなかったことが日本には幸運だったな。
奴が総理なら軍隊再建して、半島に介入してるだろうし、下手すれば戦前
みたいに軍部が再度、政治に介入するかもしれない。そうすれば、現在の
繁栄も無い。
なぜにあんな危険な人物を支援する人々がいるのか。
孫は、友愛の意味を曲解してるは、CIAのスパイだったはで、日本から追放すべきなんだが。
264.名無しさん:2017年02月16日 17:28 ID:BTwNSwjY0▼このコメントに返信
本スレからコメントスレまで低能しかいないのかよ。

高度経済成長は言われてる通り、朝鮮戦争などの戦争特需は全く関係ない。なぜなら戦後、焼け野原された日本には復興特需って申し分ない需要が存在し、其方に手いっぱいいで生産が全く追いつかない状態だからそれこそ外国に回す余分な生産力なんて無いんだよ。

日本が戦後、アメリカからの物資支援でさえ足りてなかったことを考えれば一目瞭然。何より時期が10年もずれてば需要なんて賞味期限切れなんてのはバカでもわかる。


高度経済成長が無しえた原因は、終身雇用制をはじめとする日本型フォーディズムと呼ばれる内需先導型経済が本格稼働し始めたことによるもの。
これは終身雇用制による一種の安定感に加え、人材の長期育成による多能化に裏打ちされた事業の汎用性。そして国内には高く販売し海外には薄利多売を行い材料費の輸入量さえ相殺出来ればいいという経済戦略によるもの。

これによって高度経済成長が始まった。経済学少しでもかじれば必ず習う基本中の基本。戦争特需だのアメリカの支援がなんだのとか低学歴もいいとこ。


そして、日本のすべての失敗は年金制度の悪変と、日本の経済成長を支えてきた内需をぶち壊す消費税(消費税には少子化促進効果もある)そして、消費税によって生み出されたブラック企業という癌とそれをさらに活性化させる小泉の派遣法改悪など

つまり、日本は平成になってから自分で自分の経済を破壊し続けているが故の衰退。
これらを辞めれば日本は直ぐにでも復活する、だが日本が復活すると不都合なお方たちが日本にはいっぱいいる。売国民主党を始めとした野党に新自由主義という名のもと経済破壊政策を推進する獅子身中の虫、更に増税すればそれが業績になる財務省とポストを増やしイエスマンになってれば昇進な外務省。

こう云ったゴミくずどもを焼却処分しない限り日本は蝕まれ続ける。
265.名無しさん:2017年02月16日 17:31 ID:NM9E9q5K0▼このコメントに返信
過去の栄光だ、奇跡の時代はとっくに終わった。
266.名無しさん:2017年02月16日 17:42 ID:lWYOxl6B0▼このコメントに返信
ヨーロッパもロシアもアメリカも冷戦の軍拡で血を吐きながら続ける悲しいマラソンしていたところを、
日本は民生に大部分回せたのが大きいね
経済的にはまさしくイージーモード。そりゃアメリカも「そろそろお前も自分でなんとかしてくれよ」となる
267.名無しさん:2017年02月16日 17:59 ID:H2pYWJtS0▼このコメントに返信
あの酷い敗戦から途轍もなく大きなものを得ようとして
それを実現できたのが戦後日本の復興

政治家も技術者も学者もみんな凄かったと思う
268.名無しさん:2017年02月16日 18:02 ID:EovCuTNw0▼このコメントに返信
まぁ何言っても市場ってのはそんなに甘いもんじゃないよ
だから皆あれこれ言って自分の有利にしたいわけで

何が言いたいかっていうと経済成長なんてクソクラエってことさ
269.名無しさん:2017年02月16日 18:05 ID:fiv95HEx0▼このコメントに返信
朝鮮戦争の特需で得た利益って次の年の国家予算の0.8%位だったって聞いた。
270.名無しさん:2017年02月16日 18:10 ID:wZyGVlLZ0▼このコメントに返信
残念だけど日本は戦前から大国だったので。
271.名無しさん:2017年02月16日 18:27 ID:3wlbNdL80▼このコメントに返信
地味に無視されるけど
イタリアも60年代はルネサンス期以降では最大の高度経済成長期だったんだよな

272.名無しさん:2017年02月16日 18:45 ID:bIyCIMgK0▼このコメントに返信
アメリカのルーズベルト大統領が10年程長生きして日本と日本人を消滅させたとしてその後の世界はどうなるのか興味本位で知りてぇな
273.名無しさん:2017年02月16日 18:53 ID:zIdjeYR70▼このコメントに返信
※13
アメリカは朝鮮半島では勝利はしていない。
中露と引き分けだ。勉強しなおしなさい。
274.名無しさん:2017年02月16日 18:56 ID:zIdjeYR70▼このコメントに返信
※39
ドイツと日本が小国だった時代なんて歴史上存在しない。
中世以前よりドイツも日本もその地域の大国として存在していたし現在もその存在は変わらない。
勉強しなおしなさい。バカたれ。
275.名無しさん:2017年02月16日 18:57 ID:H2pYWJtS0▼このコメントに返信
戦後の復興見てて思うけど日本て震災や津波が何度来ても
東京や大阪が壊滅するような事態になっても
10年のうちには力強く立ち上がれるんだろうなと思う
世界最強の復興先進国なんだろね

まあ戦争の惨禍を震災なんかと同じに考えるのは間違いなんだけど
戦争の恐怖をゴジラなんて自然災害の王様を生み出してまで
昇華して乗り越えようとする所に、復興民族のDNAを見る気がする
276.名無しさん:2017年02月16日 19:06 ID:v7JJqfUU0▼このコメントに返信
冷戦の軍拡チキンレースに参加せずに済んだのが大きいな
277.名無しさん:2017年02月16日 19:09 ID:lrI0Hjs80▼このコメントに返信
戦後、ヒトラーの様な独裁者が再び現れると困るので敗戦国に苛烈な扱いをするのを止めた
そのうえ植民地を回復させようとしたら独立軍がいて戦争になった
流石の大国英仏も戦争のダブルヘッダー、トリプルヘッダーはこなせないので音を上げて独立を認める羽目に
お蔭で収奪する相手を失った植民地大国は没落する
そのうえ大戦中に行われたアメリカの援助は只じゃない
英仏へウシジマくん並みの取り立てを行った
こうして戦争に勝ったはずの英仏蘭は発展から取り残されたのだ
一方ソ連もアメリカから援助してもらっていたが踏み倒した
278.名無しさん:2017年02月16日 19:13 ID:hUauKRwO0▼このコメントに返信
没落してる国ほど過去の栄光を語りたがる
279.名無しさん:2017年02月16日 20:44 ID:cj9US.ew0▼このコメントに返信
本スレ62
昭和元年に常備300個師団とかwwww
日本は敗戦まで20年間も総力戦してたんですかねーww
太平洋戦争前に国がぶっつぶれてるわw


どんな文献読んだらこんな数字出てくるんだ
280.名無しさん:2017年02月16日 21:03 ID:L5oL06710▼このコメントに返信
実は朝鮮景気ってその後のダメージの方がデカくて(巻き込まれた工場の多くが設備投資の借金を払えず倒産または規模縮小)無かった方が日本は成長できたって話もあるんだよな。
281.名無しさん:2017年02月16日 21:08 ID:vvRgzbg90▼このコメントに返信
焼け野原なんて表現は、印象操作だろ。工場も道路も、日本の資本と技術で運営してたんだぞ
ひどい目にあった元どおりにするにはどれくらいかかるだろ?とか思ったかもしれないけれど、
これで日本はお終いだもう立ち直れない、なんて考えたのは女子供くらいなかったのか?
マスゴミがGHQに情報統制されてから、占領軍のプロパガンダを垂れ流してただけだろw
282.名無しさん:2017年02月16日 21:46 ID:ASMooA700▼このコメントに返信
※265
奇跡はまだ続いてるよ
東北大震災のちょっと前にアメリカでシェールガスが実用化されてアメリカ向けのLNGタンカーや液化プラントが余ってた
それがリストラされる前にあの地震が起きた
だから突然LNGが必要になっても買えた
正に奇跡のようなタイミング
283.名無しさん:2017年02月16日 21:55 ID:ASMooA700▼このコメントに返信
※281
東京大阪名古屋主要な工業地帯が空襲で焼け野原なんだから印象操作でも何でもない
元通りにする?アメリカが日本を反共の砦として育成する政策が無けりゃそのまま放置
蒋介石の国共内戦での敗北、朝鮮戦争が無けりゃアメリカは日本を農業中心の貧乏国にする気だった
大戦中、山の中を逃げ回ってた毛沢東の逆転勝利が日本復活の原因w
284.名無しさん:2017年02月16日 21:58 ID:ASMooA700▼このコメントに返信
※278
中国五千年の歴史なんて正にそうだなw
285.名無しさん:2017年02月16日 22:13 ID:X3FqYgPe0▼このコメントに返信
植民地がなければなにもできないやつら。
286.名無しさん:2017年02月16日 22:37 ID:AAtLiA390▼このコメントに返信
※275
日本人には自然災害やら外圧やら
ストレスをかけられることでのびる遺伝子でも組み込まれてるのかなってくらいだな

と、熱出したり寝込んだりしてそこから回復するたびに
身長体重のびて何か新しいいたずらをやらかす赤ん坊の息子を見つつ思うw
287.名無しさん:2017年02月16日 22:47 ID:j1j2sNll0▼このコメントに返信
ホントに戦前~戦後復興を成し遂げたところまでの日本人はすげーと思う。
現代の日本人はわからんが。が、同じ遺伝子を持っているはずだから、環境次第では覚醒し再び立ち上がれるだけの潜在能力、可能性は持っているはずw ということで頑張れオマイら
288.名無しさん:2017年02月16日 23:01 ID:OKz.BlYD0▼このコメントに返信
バブル以降の日本人は何やってたんだってなってしまう
289.名無しさん:2017年02月16日 23:27 ID:.Il8ZudW0▼このコメントに返信
※288
バブル以降日本が何の進歩も無かったわけではないだろ。成長の質が変わっただけ。
日本のGDPは大きく増えてないが対外資産は増えてる。バブル期の倍近く有る。
日本の国際的な地位は間違いなく上がってる。次に世界大戦があったら地位のよしみで簡単に戦勝国側に潜り込める勢い。
290.名無しさん:2017年02月16日 23:42 ID:93VRRPfY0▼このコメントに返信
くだらね。たまたまだろ。日本はなんか知らんが運が良かったんだよ。今の停滞を見れば分かるだろ?まぁ国の為に働くなんて馬鹿らしいんだけどな。そんな奴らは金も貰わずやり甲斐と愛国心だけで生きていればいい。馬鹿につける薬は無いんだから。民族の優越性を議論する前に、お前自身の劣等性について考えろよ無能。おっと、忘れてた。「みなさん、日本国民は、恐れ多い天皇陛下の為にその身を粉にして働いて、納税してください。」これて本当にそうするから面白いよな。愛国だなんだなんて燃えて。は~。チート付きの異世界転生してえなぁ。
291.名無しさん:2017年02月17日 00:07 ID:lZ.pZ.A.0▼このコメントに返信
夜郎自大も馬鹿だが、卑下するのも馬鹿。
小さな島国というが結構でかいし、1億人住んでる時点で普通に大国だ。
大国なりに順当に発展してきただけだ。人と同じで国にも成長期がある。
バブルまでが身体の成長期で、バブル以降も内面は成長し続けている。
秩序が狂って、社会の上位層がゴッソリ居なくなればまた身体も成長するよ。
292.名無しさん:2017年02月17日 01:13 ID:HixIBdbf0▼このコメントに返信
これ見てこのスレを思い出したんで貼りに来た

ニミッツ元帥(米国太平洋艦隊司令長官)

この島(ぺリリュ―島)を訪れるもろもろの国の旅人達よ。
故郷に帰ったら伝えてくれよ。
この島を守るために、日本軍人は全員玉砕して果てた。
その壮絶極まる勇気と祖国を想う心根を!

スプルアンス(硫黄島の激闘時の米軍司令官)

アメリカの青年たちよ。
東洋には、すばらしい国がある。
それは日本だ。
日本には君達が想像もつかない立派な青年がいる。
ああいう青年がいたら、やがて日本は世界の盟主になるに違いない。奮起しろ!
293.名無しさん:2017年02月17日 01:26 ID:u0P.T2.h0▼このコメントに返信
※290
別にたまたまって事はない。
国家破綻の例でも言われるが一旦破綻すると国際市場での通貨安から輸出が好調になるので巻き返しがし易い。
更に日本の場合9条を逆手にとって国際政治から一定の距離を置きつつ防衛予算を圧縮、国内インフラへ予算の集中投入が出来た。
あと、日本人自体が戦前の豊かさを知っていたから復興に当たってある程度明確なビジョンを持っていたのが大きい。
294.名無しさん:2017年02月17日 01:33 ID:qDetkvrV0▼このコメントに返信
負けた結果満州半島大陸利権失って軍隊持てなくなった結果
もう一回軍隊もってよといわれるくらい軍事負担全部アメリカに押し付けて経済発展に専念できたからな

軍がお金を回して雇用が出来るのは確かだけど軍は基本的に消費物だからな
それ自体が豊かにしてくれるわけではない
労働力開発費時間
295.名無しさん:2017年02月17日 01:34 ID:SSOTidfg0▼このコメントに返信
戦後復興には国家総動員法もなにやら役に立ったと聞いたが
官僚の元で指導する体制作りが重要だったらしい
296.通りすがりのキチ:2017年02月17日 02:09 ID:m6Z.5j5x0▼このコメントに返信
日本の主要な敵国で「植民地運営」で国家が成り立っていたものが、
あれよあれよと失い収入源の柱が消失。戦費で蓄財も使い果たして
いるとか、下手すると日本より停滞の度合いが厳しいのでは?

まぁ、何事も「因果応報」なんだけれども。
297.名無しさん:2017年02月17日 04:55 ID:02iSbHuh0▼このコメントに返信
だから朝鮮特需は嘘だと何度も論破されてるのにどうして未だに繰り返し書き込む人がいるのでしょうか?
データをみると朝鮮戦争とは時期がずれていて、朝鮮戦争では無く米国が架していた交易の規制が無くなった時期とぴったり一致するのです。
なにも輸出入出来ずに少しずつ息の根を止められていたところ手を放されてやっと息が胸一杯吐いて吸ってができるようになったのです。
298.名無しさん:2017年02月17日 04:57 ID:02iSbHuh0▼このコメントに返信
書き忘れましたが朝鮮戦争では日本は赤字だったそうです。
299.\(^O^)/:2017年02月17日 05:53 ID:i8yY4.mT0▼このコメントに返信
日本がすごかったっていうよりも英仏などの欧米が植民地を失った打撃が大きかったってことだよ。それだけ植民地を酷く搾取していた。日本は搾取よりも「施し」の方が大きかったからね。満州、台湾、朝鮮につぎ込んだカネの方がそれから得られる利益よりも大きく、敗戦によってそれらに施す必要がなくなったからね。重しを外された鳥みたいにね。もちろんアメリカによる食糧援助も大きかったよ。だからあまり自慢するのはどうかとは思うけど。
300.名無しさん:2017年02月17日 07:45 ID:74leWB.R0▼このコメントに返信
>アメリカはじめ欧州各国から援助とかしてもらって特需も乗っかって発展する土壌ができたんだぞお

確かに、米の税率を弄っての日本企業潰しとか酷かったよな。
援助してもらったのは欧州のみで、日本は超円安状態での政府買取のみだし。
更に貿易を禁止されていたから一切外貨を稼げない。
301.名無しさん:2017年02月17日 08:53 ID:zwaUH24u0▼このコメントに返信
日本は教育が昔から凄かったからじゃないの。
江戸時代から寺子屋や寺で庶民が読み書き算盤を習んでたから識字率が驚くほど高かったし、一般庶民の間で娯楽として数学(算術)が流行ったりもしてたし。
昔から日本は奇妙な国だったからだと思う。
302.名無しさん:2017年02月17日 09:02 ID:DfaDYK2f0▼このコメントに返信

 ★ 「アメリカのお陰ダーァァァァ!!!」★
 ★ 「アメリカのお陰ダーァァァァ!!!」★
 ★ 「アメリカのお陰ダーァァァァ!!!」★

お陰も何も、日本再建の際にアメリカが積極的介入しないと、
ロシアに乗っ取られて、日露同盟が出来て、アメリカが終わり、
「戦争前と同じになっちゃう」から、アメリカは身銭切って日本再建に尽くすのが義務なの。

本を正せば、アメリカが戦争起こさなけりゃ日本は損害がなかったわけで、
再建の必要性もなかったの。わかるね?
303.名無しさん:2017年02月17日 09:15 ID:HixIBdbf0▼このコメントに返信
全てそれだけの力を日本人がもっていたというだけ 
人間というのは遺伝×環境で決まる。

戦前生まれまでの人は環境要因も日本人の手によって作られていた。
そして社会を動かす中枢も日本人の手によって動かされていた。

それが戦後になってGHQの手が入り。公職追放で反日日本人や朝鮮シナ人の影響力が大きくなり
その環境下で生まれ育った人間が成長して日本を動かし始めると政治ではおかしな連中が政権取ったり企業もどんどんおかしくなって没落していったと。
304.名無しさん:2017年02月17日 09:37 ID:HixIBdbf0▼このコメントに返信
また占領政策で歪められた環境要因を全て日本人の手によって作りなおしていけば日本人の良さを存分に発揮できるような社会になるよ
GHQの占領政策を見ると現在では科学的にやってはいけないとされているような事を日本人に押し付けているんだよね。
そんな環境下で大切な赤ん坊~幼少期を過ごした世代に問題が起きやすくなるのは当然と言えば当然の話。
で、その時の影響ってのは次世代まで続く恐れがあるってんだから大変だ。

日本人の手によって環境を整え遺伝子のスイッチを入れ替えていかないと
305.名無しさん:2017年02月17日 14:41 ID:7EoNUZBY0▼このコメントに返信
戦後、オランダがインドネシアを失った事が原因で
国民の食生活と食文化が一変したことを見ても
欧州各国がどれだけ植民地から搾取してたかよく解る。
306.名無しさん:2017年02月18日 02:31 ID:o6KUo7SC0▼このコメントに返信
※98
日本の歴史は自然災害との戦いの歴史だからねぇ。
絶対的な力に対する姿勢に由来してんじゃないかな。
307.名無しさん:2017年02月25日 12:02 ID:ImemuOxn0▼このコメントに返信
※215
名誉白人乙
308.名無しさん:2017年02月26日 07:50 ID:HfC2uuoI0▼このコメントに返信
アメリカからの援助もすごかったし、朝鮮戦争特需で「元手の資金を作れた」
努力だけでは復興はできなかったよ。

お名前