スポンサーリンク

2017年02月21日 10:05

アメリカはなぜWW2で無条件降伏しか認めなかったのか

アメリカはなぜWW2で無条件降伏しか認めなかったのか

pixta_10598939_S

引用元:アメリカはなぜWW2で無条件降伏しか認めなかったのか
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1486510151/

1: 名無しさん@おーぷん 2017/02/08(水)08:29:11 ID:1fd
やっぱり政策ねじ曲げたり気に食わない奴を処刑したりなどして好き放題したかったから?

2: 名無しさん@おーぷん 2017/02/08(水)08:30:18 ID:OCt
そのまま続ければ勝てるから
ソ連、英国程切迫してないし

4: 名無しさん@おーぷん 2017/02/08(水)08:31:32 ID:3gH
妥協する必要がない

8: 名無しさん@おーぷん 2017/02/08(水)08:35:08 ID:1fd
>>2>>4
原爆投下とソ連侵攻で無条件降伏したから実行されなかったけど
アメリカはダウンフォール作戦を本気で実行しようとしたわけだな

12: 名無しさん@おーぷん 2017/02/08(水)08:38:06 ID:OCt
>>8
ただダウンフォールは
被害もかなり出ると思うで
タ弾なんだかんだ一万発以上残っとるし
三式高射とかも増えとったし

5: 名無しさん@おーぷん 2017/02/08(水)08:32:48 ID:Ai3
無条件降伏じゃないって聞いたことあるけどな

13: 名無しさん@おーぷん 2017/02/08(水)08:39:23 ID:iiw
>>5
無条件降伏じゃないと言う奴いるけど、
日本が連合国の要求(ポツダム宣言)を全てかつ一方的に飲んだから、明らかに無条件降伏だろ

6: 名無しさん@おーぷん 2017/02/08(水)08:32:49 ID:7j6
国体護持は条件として示したんやっけ?

9: 名無しさん@おーぷん 2017/02/08(水)08:35:59 ID:1fd
>>6
バーンズ「ダメです」

11: 名無しさん@おーぷん 2017/02/08(水)08:36:54 ID:mW0
始め方はともかく、終わらせ方は日本が愚かなだけなんだよなぁ…
まだ良心的に終わらせてるだけマシ

15: 名無しさん@おーぷん 2017/02/08(水)08:41:45 ID:iiw
>>11
両方がやめたがらないと戦争は終わらないぞ

24: 名無しさん@おーぷん 2017/02/08(水)08:52:23 ID:1fd
>>15
同感

17: 名無しさん@おーぷん 2017/02/08(水)08:42:44 ID:laF
>>11
終戦工作したら外務省の失策が表沙汰になるから外務省が乗り気やなかったって説が有る
終戦工作を努力してたのは海軍穏健派と外務省非主流派やで違うとも思えん

14: 名無しさん@おーぷん 2017/02/08(水)08:39:44 ID:pGN
敵を屈服させるには陸上部隊で侵略支配する能力がないと無理
それができたのはソ連だけや

16: 名無しさん@おーぷん 2017/02/08(水)08:42:19 ID:OCt
>>14
無理だろ
余程アメリカの方が出来る

21: 名無しさん@おーぷん 2017/02/08(水)08:48:40 ID:iiw
>>16
ソ連陸軍はゴリ押しできるのもあって強いけど、
ソ連海軍は超弩級戦艦(レンタル艦ならあるが)も空母もないから強くない

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2017年02月21日 10:11 ID:dATtVTm60▼このコメントに返信





















2.名無しさん:2017年02月21日 10:11 ID:PpcI6KxO0▼このコメントに返信
無条件降伏にこだわったのは、連合国ではなくFDRでしょう。
3.名無しさん:2017年02月21日 10:12 ID:xeD1Dvmo0▼このコメントに返信
ルーズベルトは精神障害者だっただけ
スターリンはそんなことしたら戦争続くからチャンスと捉えスルー
チャーチルはそんなことしたら戦争が終わらないと驚愕した
4.名無しさん:2017年02月21日 10:12 ID:fgmhzrsw0▼このコメントに返信
無条件武装解除な

無条件降伏じゃないよ
5.名無しさん:2017年02月21日 10:17 ID:PpcI6KxO0▼このコメントに返信
狂人についての翻訳本が出るとのうわさもあることですから、出版されたら改めて検証してみればいいんですね。
6.古古米:2017年02月21日 10:18 ID:GTGzcgpn0▼このコメントに返信
無条件降伏したのは、大日本帝国軍であって大日本帝國政府ではないと、主張する人も居るよな。
まぁあの時代は実質軍政だったから、一体化してたんだけど。
そのせいか、外務省や商務省、大蔵省等の政府機関は、公職追放令くらいしか受けてない。
7.名無しさん:2017年02月21日 10:18 ID:P6O1mcNF0▼このコメントに返信
日本は宣戦布告してないってスタンスだから
8.名無しさん:2017年02月21日 10:19 ID:EOxKduXe0▼このコメントに返信
※4
だよね。
9.名無しさん:2017年02月21日 10:21 ID:8E5oYLNE0▼このコメントに返信
今すぐ読んでこい
10.名無しさん:2017年02月21日 10:22 ID:f.H714Td0▼このコメントに返信
日本人に対する無知と恐怖心があったため
11.名無しさん:2017年02月21日 10:24 ID:HNlj8GD10▼このコメントに返信
有条件でした

以上、終了
12.名無しさん:2017年02月21日 10:25 ID:pz.nDdYz0▼このコメントに返信
戦勝国で日本の分割統治且つ工業廃止の農業国化、文化抹消教育で日本を完全解体する予定だったけどソ連や中国にも日本統治に関わらせるリスクや
日本解体すると魔境亜細亜の防波堤無くなって連合国側で防衛負担するのが分かったから自治権認めた上で同盟国として防波堤の役割担わせたってのは合ってる?
13.名無しさん:2017年02月21日 10:25 ID:PpcI6KxO0▼このコメントに返信
※6
軍人が内閣に入ることは軍政とは言わないし、陸海両軍が軍が組閣していたわけでもない。

軍政っていうのは正確には、
 戦時・事変に当たり、また占領地で、軍が行う行政。
 軍事に関する政務。
のことを言う。
14.名無しさん:2017年02月21日 10:26 ID:KAS6ENDG0▼このコメントに返信
無条件降伏にこだわったのは原爆投下のため
条件降伏(国体の護持)で最終決着したのはそれを達成したから
天皇認めれば降伏するってのは米側の記録で終戦の一年前には分析されてるし降伏勧告の草案では護持書いてあったんだよな消したけど
15.名無しさん:2017年02月21日 10:28 ID:dS9zKhCe0▼このコメントに返信
当時は国民の数割が慰安婦教の「蒸し返しミンジョク」だったから必要最低限の予防線
16.名無しさん:2017年02月21日 10:30 ID:EdH2Ytlz0▼このコメントに返信
簡単
我が領土にするのに都合がいいから
戦争を早く終わらしたいのならなんでもいいはず
それをせず原爆まで落とした
ボコボコでんな
17.名無しさん:2017年02月21日 10:31 ID:zAcj6f8J0▼このコメントに返信
WW2自体が共産主義者が仕掛けた潰し合いの図式なんだけどな。
日本もアメリカもヨーロッパも掌の上で踊らされましたわ。
18.名無しさん:2017年02月21日 10:31 ID:hGoLRZC.0▼このコメントに返信
ルーズベルトがガチの反日で日本嫌いだったからって聞いたけどな
死んでトルーマン大統領になってから天皇の維持が認められて降伏って流れ
19.名無しさん:2017年02月21日 10:32 ID:1K3YKct40▼このコメントに返信
そもそも有条件降伏だし、降伏をなかなか認めなかったのは戦後処理を有利にするため以外ないだろ
認める前に原爆の実戦での運用実験もしたかったしな
20.名無しさん:2017年02月21日 10:38 ID:qIp4rpJE0▼このコメントに返信
>両方がやめたがらないと戦争は終わらないぞ
ああなるほど。
ユギオが半世紀以上たっても終わらないわけだ。
その点太平洋戦争はストレートだったな。
アメリカも日本も一部の筋肉脳を除いて早期解決を望んでいたもんな。
21.名無しさん:2017年02月21日 10:38 ID:RsvHxHHO0▼このコメントに返信
アメリカの国務省も「有条件降伏」と認識しているのに。
22.名無しさん:2017年02月21日 10:38 ID:0XTH9pzD0▼このコメントに返信
「無条件降伏」にも色々な議論があって、WW2で完全なる無条件降伏はドイツだけなんて説もある。
23.名無しさん:2017年02月21日 10:41 ID:k4T5lDSj0▼このコメントに返信
トランプと同じで交渉はまずはふっかけるの基本じゃん
24.名無しさん:2017年02月21日 10:44 ID:vQPFxR.A0▼このコメントに返信
イタリアはさっさと降伏したのに
たったり一人の血脈(ヒトラー、ヒロヒロ)
を守るために無意味な死を重ねる異常体制を
炙りだすのが目的だよ
作戦成功。世界史につまびらかに公けになった

今でも世界中の教科書で一番クライマックス・詳しく教えるのは悪の2国が滅ぶシーンのところ
(日本じゃWW2は総スルーするけどね)(だから世界人類と話が通じない)
25.名無しさん:2017年02月21日 10:44 ID:Rrmn7aHp0▼このコメントに返信
※22
日本に対しては、無条件降伏じゃなくて無条件の即時武装解除だったはずなんだけど
何故か"無条件降伏”になってるんだよなぁ。

降伏における無条件での停戦⇒即時武装解除は当たり前の条件だと思うけど。
・・・あれ、上手く情報操作されているよねぇ
26.名無しさん:2017年02月21日 10:49 ID:0Pvj6GOz0▼このコメントに返信
人種差別を貫きたかったから
27.名無しさん:2017年02月21日 10:49 ID:OgVDz8ED0▼このコメントに返信
ポツダム宣言の中に軍の無条件の武装解除があるだけで日本国はポツダム宣言の内容を受け入れるという条件を飲んだんだよ、それのどこが無条件なのかわからん
28.名無しさん:2017年02月21日 10:53 ID:7DxBduPU0▼このコメントに返信
※16
勝者として最大の利益を得るのに最も簡単で最も早かったのが原爆なんじゃ?
放っておいても勝てるけど時間がかかってソ連に利益を取られる
ダウンフォールは放置よりは早いだろうが被害も大きい
もう反撃らしい反撃をする余裕はないのに何度降伏勧告しても受け入れない
なら強烈な一発を叩き込むしかないよね
丁度いいタイミングで「超強力な爆弾」(当時の米軍上層部にとってはそう言う認識だったようだ)もできたことだしこれを使わないてはない(実験も兼ねて、うまくいけばソ連への牽制にもなる)
29.名無しさん:2017年02月21日 10:53 ID:Ct.JNwkS0▼このコメントに返信
前々から日本は西欧の白人にとって目障りな存在だった。ここで完膚なきまでに叩きのめして服従させておけば逆らわないだろうという思惑だろ
実際アメリカは戦後徹底的に米国文化の浸透と反戦教育をしてきて成功した。だが今度は安全保障で協力させようとしたら抵抗するほど平和ボケになってしまったので失策だと後悔しているだろうね
30.ゲハロエおやじ27号っス:2017年02月21日 10:53 ID:xna2qUhU0▼このコメントに返信
ドイツに準じたのと、真珠湾攻撃が卑怯な攻撃との建前だからね、アメリカも結構えげつないのにネ。
31.名無しさん:2017年02月21日 10:54 ID:t3AEYmtS0▼このコメントに返信
宋美齢による指導。
32.名無しさん:2017年02月21日 10:55 ID:Wttu4fB00▼このコメントに返信
降伏にあたり日本は「皇室の継続」って条件を付けてアメリカも受け入れてるんだよなぁ
33.名無しさん:2017年02月21日 10:56 ID:c1VhsVHr0▼このコメントに返信
※27
無条件降伏という形で降伏を受諾したが、
その後の交渉で、天皇制や国体の維持などの条件を引き出せた。

ので、そういう見方からすると、条件付降伏調印となる。
34.名無しさん:2017年02月21日 10:57 ID:8E5oYLNE0▼このコメントに返信
内容のほとんどが、”戦勝国側”の縛りばかりだろうが 

あほかて
35.名無しさん:2017年02月21日 11:02 ID:9POgJATa0▼このコメントに返信
英東洋軍に無条件降伏を迫ったらしいじゃないか
それと同じことじゃないかな
36.名無しさん:2017年02月21日 11:08 ID:jP3uLaPK0▼このコメントに返信
終戦記念日、無条件武装解除、自衛隊。
呼び方変えても実際の中身は変わらないってのにな。まるで魯迅の阿Qを彷彿とさせる。

でスレタイだけど、WW1が中途半端な決着の着け方だったことへの反省から
敵国本土の完全占領が最終的かつ絶対の目標になったとかじゃないの?
37.名無しさん:2017年02月21日 11:12 ID:s3DfaYUg0▼このコメントに返信
この問題ってただの言い方の問題を無理矢理問題にしてるだけなんだよな....

条件付き無条件降伏とか意味わからんし。条件付き降伏でええやんと
38.名無しさん:2017年02月21日 11:19 ID:btWoudIr0▼このコメントに返信
国民洗脳して特攻とかさせてる基地害国家だったからとりあえず無条件降伏させて押さえつけるのはしゃーない
39.名無しさん:2017年02月21日 11:27 ID:5D3.9T9n0▼このコメントに返信
※34
マジでコレ。
無条件降伏してるのは日本「軍」。
ポツダム宣言に「~以上が日本の受諾する条件である」って書いてあるだろうが・・。

何が「事実上」だよw
40.名無しさん:2017年02月21日 11:29 ID:Pzsswfew0▼このコメントに返信
無条件か条件付かなんか、言葉遊びしてもしょうがない。
条件付降伏後、無条件武装解除して、その後にGHQの指令を降伏条件にない、と日本は拒めたのか?
現実として拒むのは無理だったわけで、それならば無条件降伏としか言えんやろ。
41.名無しさん:2017年02月21日 11:31 ID:.yfgzgAO0▼このコメントに返信
※33
戦前の天皇制と、戦後の象徴天皇制は、全く別物だし、
国体も戦前の体制と、戦後の民主日本では全く異なる。
いったい何処が維持できたんだ?
42.名無しさん:2017年02月21日 11:32 ID:r.zOsZ8z0▼このコメントに返信
あれのポイントは軍の無条件降伏を求め、国体護持を「否定しなかった」ところがアメリカの配慮
どうせ降伏したらどうにでもできるから逃げ道残した
43.名無しさん:2017年02月21日 11:37 ID:TSGxr31W0▼このコメントに返信
※16
連合国「ポツダム宣言のめよ!」
鈴木総理「どうしよう、こんなののんだら側に怒られるよ…せや!「黙殺(イエスでもノーでもない曖昧な返事という「日本でのみ通じる」意味)」するってことで返答しよ!」
海外メディア「日本政府はポツダム宣言を「拒否(reject)」!」
連合国「そうかい、そんな態度なら仕方ない。原爆落とすわ!」
チュドーン!
44.名無しさん:2017年02月21日 11:39 ID:TSGxr31W0▼このコメントに返信
※43
訂正
側に→軍に
45.名無しさん:2017年02月21日 11:41 ID:.yfgzgAO0▼このコメントに返信
※25
最高裁判所大法廷判決でも「わが国の無条件降伏」とされている。

昭和28年04月08日最高裁判所大法廷判決

 ・・・昭和二〇年勅令第五四二号は、わが国の無条件降伏に伴う連合国の占領管理に基いて制定されたものである。世人周知のごとく、わが国はポツダム宣言を受諾し、降伏文書に調印して、連合国に対して無条件降伏をした。その結果連合国最高司令官は、降伏条項を実施するため適当と認める措置をとる権限を有し、この限りにおいてわが国の統治の権限は連合国最高司令官の制限の下に置かれることとなつた(降伏文書八項)。・・・ 

 「昭和二三年政令第二〇一号違反被告事件」
46.名無しさん:2017年02月21日 11:41 ID:ieq8Uusw0▼このコメントに返信
※18
ルーズベルトが無条件降伏以外認めないとしたのは、枢軸国全部が対象。最初は国内向けの説明だったけど、カサブランカ会談でチャーチルに説明して、チャーチルは「それじゃ戦争が長びいちゃうでしょ」と反対するけど、政策を変えなかった。

イタリア降伏では、アメリカ本国は現地軍(アイゼンハワー)が勝手にイタリア側と交渉して勝手に降伏(本当は停戦)を受け入れたと激怒、イタリア王国政府は自国の公式な結論が出ないうちにアイゼンハワーが勝手に停戦受け入れ放送をしたとして激怒、ソ連は次は米英がドイツと単独講和(ドイツが米英とだけ講和して対ソ戦を継続というWW!の逆パターン)を恐れて抗議。ということがあったので、ルーズベルトはますます無条件降伏にしがみついた。

ルーズベルトが死んだ直後のドイツ降伏で、降伏文書にサインしたのは国防軍のトップだけ。デーニッツ後継政権は政府として認めらず、ドイツ政府は消滅している。ムッソリーニのイタリア社会共和国(サロ共和国)も降伏じゃなくて消滅だったはず。
47.名無しさん:2017年02月21日 11:41 ID:Bix3mtmt0▼このコメントに返信
日本はポツダム宣言に基づき、条件付きで降伏した。

一生懸命、無条件降伏だの言っているのは日本を貶める工作員。
早く外患誘致罪で処刑される日がやって来ると良いなw
48.名無しさん:2017年02月21日 11:44 ID:MMy.STkk0▼このコメントに返信
※17
解ったようなことを言うな。たとえアメリカが踊らされたにしろ
イギリスがナチスを倒すために「悪魔国家のソビエトと組み」、
コミンテルンが「アメリカを第二次大戦に参戦させた」としても、
そもそもが、日本が自発的に組んだ日独伊軍事協定が原因だ。

日本が本気で戦争したくなかったら、ハルノートの条件を受け入れる
振りをして、日米外交交渉を引き延ばしていればよかった。
その間にドイツは敗走し、日本は開戦しなくても済んだ可能性が高い。
49.名無しさん:2017年02月21日 11:46 ID:k.1udfoz0▼このコメントに返信
※41
皇統のY染色体が維持できたと思う。
50.名無しさん:2017年02月21日 11:46 ID:vQPFxR.A0▼このコメントに返信
同じ黄色人種を侵略して奴隷にしたのは日本人が初だろ
白人だって黒人とかを奴隷にはしたが同種を奴隷になんて鬼畜なことはしなかったぞ
日本人のそれは
「日本人以外はすべて奴隷・慰安婦」という政策だから世界中から恨みを買った。黄色人種の韓国人も中国人も日本への原爆投下は賛成してる。から原爆投下は人種差別に基づくものではないと分かる。(証明終)
51.名無しさん:2017年02月21日 11:47 ID:.yfgzgAO0▼このコメントに返信
※39
日本国の降伏は降伏文書であってポツダム宣言ではない。
そもそも、ポツダム宣言とは文字通り宣言なので、それ自体に国際法上の拘束力があるわけではない。
日本が降伏した根拠は、ポツダム宣言ではなくて、降伏文書である。
降伏文書は、日本を含む各国代表が署名している国際法上の文書なので、
法的拘束力があり、署名国がこれに違反した場合は、日本も権利として違反しないように求めることができる。
降伏文書では、天皇や日本国政府に対してポツダム宣言実施を命じているので、
日本がポツダム宣言に違反することはできないけれど、米国や中国にはポツダム宣言実施義務はないので、
米中がポツダム宣言に違反しても、日本には交渉する権利がないことになる。

52.名無しさん:2017年02月21日 11:48 ID:.yfgzgAO0▼このコメントに返信
降伏文書の最後の部分の日本語訳文は次のように書かれている。

天皇及日本国政府ノ国家統治ノ権限ハ本降伏条項ヲ実施スル為適当ト認ムル措置ヲ執ル連合国最高司令官ノ制限ノ下ニ置カルルモノトス
「制限の下に置かれる」のあるならば、天皇の大権自体は保持されているのだから、日本国が無条件降伏したことにならないと解釈することも可能だ。
しかし、 英語の原文は次のようになっている。
The authority of the Emperor and the Japanese Government to rule the State shall be subject to the Supreme Commander for the Allied Powers, who will take such steps as he deems proper to effectuate these terms of surrender.
すなわち、この部分の英語原文は"subject to"となっており、これは「隷属する」の意味であって、天皇の大権自体が(一時的にせよ)失われたことになる。
このように、日本語訳文には明らかな誤訳があり、日本が無条件降伏したのではないかのような作為がなされている。
この問題に対して、ポツダム宣言や降伏文書の翻訳に携わった下田武三外務省条約局第一課長(当時)は後年次のように説明している。

"subject to"は「隷属する」の意味では有るが、これでは軍部が受け入れないので、「制限の下に置かれる」と意訳した。
  (下田武三/著 戦後日本外交の証言 上 1984(昭和59)年8月、行政問題研究所)

要するに、降伏文書の意図的誤訳は、英語がよくできない軍部を説得するためのものだった事が分かる。
53.古古米:2017年02月21日 11:49 ID:u..elcBi0▼このコメントに返信
※29
GHQのマッカーサー将軍が、吉田茂総理を呼び付けて「日本軍も朝鮮半島に行って、支援せよ」と命じたら、吉田総理に「アンタの命令で軍は解散してもう無い。しかも対外戦争はしないと憲法改正までした。今更ふざけた事言うな!」と怒鳴られたらしいね。
それをアメリカに打電して、アメリカは本当の敵が共産主義者だったと漸く理解したらしい。
54.名無しさん:2017年02月21日 11:50 ID:aukoDK8X0▼このコメントに返信
※41
???

>戦前の天皇制と、戦後の象徴天皇制は、全く別物だし、
全然別物じゃない
形式的なものが変わってだけで実質同じ


>国体も戦前の体制と、戦後の民主日本では全く異なる。

同じだよ
ドイツや韓国のような国が全く異なる


全く別物とか全く異なる全く異なるとか言っているけど
その根拠はなんや?
55.名無しさん:2017年02月21日 11:53 ID:hhb9A7kn0▼このコメントに返信
ダウンフォール作戦などリアルに実行したとしてもベトナム戦みたいになるだけでしょ
あと無条件降伏は日本軍だけな。天皇制は解体しないが条件であり、これが飲めないなら
無条件降伏の受け入れも撤回すると言ってる
56.名無しさん:2017年02月21日 11:54 ID:ALF55.Uw0▼このコメントに返信
有条件だし!
すべて無条件降伏したと思わせたのはGHQの画策。
本来、戦争に負けたって賠償払ったら終わり。
敗戦国にアレコレ介入してその国家の内政に口出す権利は戦勝国とて無い!


57.名無しさん:2017年02月21日 11:55 ID:KnYDNNdU0▼このコメントに返信
相手がマシな条件を出してくるまで抗戦して
マシな条件が出て来たらそれを100%呑んだ。

戦争だって外交の一部なんだから、これだって立派な有条件降伏でしょ。
条件を引き出す手段が
停戦交渉だったか徹底抗戦だったかの違いだけ。
58.名無しさん:2017年02月21日 11:55 ID:WVoWIJZT0▼このコメントに返信
戦場で日本兵を見てれば、無条件武装解除させるって当たり前だったろ。ゾンビみたいになっても降伏しないで肉弾特攻して来るからね。本土決戦するなら、日本の主要都市の殆どに原爆落とされてたろ。日本は敗戦をミッドウェー作戦の失敗で決断していれば、優秀な人材がまだまだ生き延びていた。
焦土を望んだ伏しもあるけどね。闇はつきものだから。
59.名無しさん:2017年02月21日 11:56 ID:0ZUE8UnH0▼このコメントに返信
国体護持にこだわったのはしゃーない
韓国もベトナムもイラクも
アメリカがよく考えずテキトーに指導者用意した国は軒並み上手くいかなかったじゃないか
李承晩なんて原爆の被害者数以上の自国民を虐殺したからな
60.名無しさん:2017年02月21日 11:57 ID:.yfgzgAO0▼このコメントに返信
※54
水掛け論になりそうなので、
議論の前に一つ聞くが、
>>ドイツや韓国のような国が全く異なる

国が存在しなかった韓国は、置いとくとして、
君の言うドイツの戦前と戦後の国体の明らかな違いってのは何だ?
61.名無しさん:2017年02月21日 11:57 ID:KnYDNNdU0▼このコメントに返信
※53
日本の対外政策を全否定したせいで
アメリカは朝鮮半島のゴタゴタを背負う羽目になった。

控え目に言って、いいザマである。

ほどほどで停戦交渉を許しておけば、朝鮮半島を日本に管理させることだって可能だっただろうに。
完全勝利に酔ったがゆえの大損。
62.名無しさん:2017年02月21日 11:59 ID:lMqxaFYY0▼このコメントに返信
植民地経営に乗り遅れたから
63.名無しさん:2017年02月21日 12:00 ID:MTtXLjb40▼このコメントに返信
ただの言葉。あえて完全勝利を演出したかったのは、USAのルーズベルト、トルーマンという2人の大統領が異常な差別主義者だったからだ。最初から対等のニンゲンだとはみていない。日本人をいじめ、日本を挑発し、無理やり対米宣戦布告に追い込み、不意打ち呼ばわりして悪玉にしたてて、徹底的に皆語呂し作戦をして、最後は島国に閉じ込めて幽閉するつもりだった。それをするには、日本軍をなくして抵抗能力をゼロにし、脳内お花畑の平和主義に洗脳してしまうことしか思いつかなかった。焼夷弾による非戦闘員への無差別刷陸や原爆による皆語呂し戦略は、対ドイツを名目に使って科学者をかき集めておいて、実は日本人を殲滅するためだった。それはルーズベルト自身が言っている。ルーズは、キリスト教徒でないアジアの野蛮人がロシアに戦争に勝ったことで危機感をいだき、いずれ全滅させてやると固く誓った。だから、米国内で日本人の財産を没収して収容所にたたきこみ、日本に対してハルノートをたたきつけて戦争へと突っ走った。ルーズベルトほどの頭のいかれた反日大統領は、今までの歴史で他にいない。そのイカレタ大統領のやった対日戦争は、どれひとつみても、日本を対等の独立国としてはみなしていないことが明らかだ。だから、公正は国際裁判なんかされては、アメリカ側が悪意のある侵略者だとバレテ悪玉にされてしまう。だから、無条件降伏からでっちあげの東京裁判への流れはアメリカ国民を騙すためには避けて通れない過程だった。無条件降伏というただの言葉を強引に押し付けるためには、どれほどの底意地の悪い意地と努力とムダ金とムダなイノチを投じたことか。それが、ただの言葉という意味だ。
64.名無しさん:2017年02月21日 12:01 ID:vQPFxR.A0▼このコメントに返信
※56
日本はアメリカに賠償1ドルも払ってないだろw
終わってないってことなるな
まだ仮釈放・更生監視下ってところだろ。つか重罪犯は刑期終わっても一生監視つくのが世界の常識だし。「元受刑者の人権を~」とか青空団体のキレイごと真に受けるやつなんて居んのかよww
65.名無しさん:2017年02月21日 12:03 ID:3c0WRliR0▼このコメントに返信
初めは無条件降伏にこだわったけどマッカーサーが昭和天皇と直接会って、この人は人格者で単なるお飾りではないと気づいたから利用する方針に変えたんじゃなかったっけ?

戦後のソ連を見据えて好き勝手出来る土地が極東に欲しかったんだろう
66.名無しさん:2017年02月21日 12:06 ID:PpcI6KxO0▼このコメントに返信
※61
それ今でもひきづってんだよね。
満州は共産主義に侵されていなかったのにね。
かつてのソ連、今日の中共という脅威を作ったのもアメリカ。
後者に関しては日本にも反省すべき点は大いにあると思うが。
67.名無しさん:2017年02月21日 12:06 ID:jP3uLaPK0▼このコメントに返信
※50
朝鮮なんて李氏朝鮮の時代でも支那に奴隷献上してなかった?
世界見渡してもマムルークとかもコーカサスあたりからの奴隷購入で世代交代続けてるし、
ロシア農奴制が近現代になっても続いてた。そのほか借金で奴隷に落ちる例もあったような。
68.名無しさん:2017年02月21日 12:07 ID:HHwzuSJ.0▼このコメントに返信
>>64
監視役の在日米軍がいるだろ?
69.名無しさん:2017年02月21日 12:07 ID:vQPFxR.A0▼このコメントに返信
※59
大韓皇帝を虐殺したのは日本の官憲だろ。。今さら何いってんだ。
自分が植民地(韓国)にやったこと(君主の血統完絶)だからアメリカも日本に同じ事やってくると思ってたんだろうな。日本の思考パターンてそればっかだわ。「サベツがーサベツがー」騒ぐのも一緒。自分達が韓国人満州人にどういう扱いしてたかよく分かってるから。あと貿易絞って最終的に植民地にする計画とかな。ABCDに過剰反応したのもそれだろ。アメリカは日本人ドレイ・慰安婦にする気なんてさらさら無かったのに。
70.名無しさん:2017年02月21日 12:08 ID:8E5oYLNE0▼このコメントに返信
※52
あなたの国体護持に関する”部分”の"subject to"の御高説は誠に結構であるが、
”むしろ”なおさら、であるなら違うんじゃないの?という結論が導き出されると思うけど
日本人なら
71.名無しさん:2017年02月21日 12:11 ID:Lau77mcM0▼このコメントに返信
戦争前の外交交渉が、日本側が、無茶苦茶だったから。

信用が全くない。
軍部と政府・外務省の統制が全くとれていなかった。このため、政府がやりませんといったことを軍部がやらかしたり、大変だった。

ドイツもしかり。
72.名無しさん:2017年02月21日 12:15 ID:97tMMMM10▼このコメントに返信
安部総理は直接外交することが多いけど、当時はニュースを時系列をみるともろに外相に権限があったような感じだね
そもそも戦争は外交の手段らしいが、政府と軍部がわかれてるのは良くなかった
制度上に問題があったんだろう
73.名無しさん:2017年02月21日 12:20 ID:vQPFxR.A0▼このコメントに返信
けっきょく人間って自分の過去の言動が判断基準だからな。
植民地人から国家を取り上げて、君主殺して、酷い3級隷属民扱いして、警察も裁判所も何もかも支配民族が独占する「文明浄化」をふだんから隣国にやってきた日本人が、「同じ黄色韓国人に対して俺たちここまでやってんだから、白色人種が俺たちに対する支配は想像ダニ・・・ガクブル」って判断したのは当然っちゃ当然のこと。だからピカ落とされるまで折れなかった訳。無条件かどうかは実は白人からしたら重要じゃない。日本人が勝手にそう思ってただけだから。。
74.名無しさん:2017年02月21日 12:22 ID:ALF55.Uw0▼このコメントに返信
※64
バカなの?
英、米、オーストラリア、オランダなどは放棄したんだわ。
っていうけど、米にあった日本の在外資産は戻ってない。
つまり1ドルも払ってないという事は言えないね!
75.名無しさん:2017年02月21日 12:24 ID:ALF55.Uw0▼このコメントに返信
※64
負けたからって、重罪犯とか言ってるあんたのお里が知れるわねww
76.名無しさん:2017年02月21日 12:28 ID:FwBQZZC30▼このコメントに返信
※58
軍隊に対する無条件降伏というのは、「戦時国際法に定められた降伏時の取り扱い以外の条件を付けずに」程度の意味。決まりごとが一切ないという意味ではないので、当然普通にあり得るし、実際にその意味での条件なしの降伏というのは普通に行われいた。
77.名無しさん:2017年02月21日 12:29 ID:px0o0cBv0▼このコメントに返信
日本は無条件降伏してないぞ

無条件降伏したのは軍隊だけ

そこを勘違いしているやつ多すぎる
78.名無しさん:2017年02月21日 12:42 ID:W7uVo.0e0▼このコメントに返信
※55
後ろ盾ないし全世界VS日本だから岡豊城の戦いの長宗我部家みたいに袋叩きにされて一人残らず全滅するだけだ
79.:2017年02月21日 12:43 ID:6ERir64D0▼このコメントに返信
 基本的認識や事実誤認したままでは、下らない私見を語っているだけである。
 米国は枢軸国を侵略国と決めつけて、カサブランカ宣言で枢軸国に対し、国家無条件降伏を要求した。国家無条件降伏の場合、憲法改正・様々な陵辱行為を容認しなければならないためw、ドイツ以外の枢軸国は、ドイツに宣戦布告までして国家無条件降伏を免れようとした。・・が認められず、講和条約に代わるパリ条約は、連合国の批准で成立する変則的戦争終結形式となった。
 全土を蹂躙されたドイツは、国家無条件降伏して、連合国の戦争終了宣言形式で戦争終結した。
 国家無条件降伏を要求されていた日本も、特攻や玉砕で国家無条件降伏要求に対抗した。軍民共に玉砕状態まで戦った沖縄戦の結果、米国はポツダム降伏条件を提示して、日本に対する国家無条件降伏要求を撤回した。これは、日本に対し侵略国定義を撤回したことになるのだが、戦後になって「日本は無条件降伏した。』と宣伝し、侵略国を裁く東京裁判をポツダム条件に違反して強行した。
 米国は、この凶行を誤魔化すために、日本人に「無条件降伏した。」と宣伝させたのである。
 日本では、裁判官まで無条件降伏したと考えているが、日本が無条件降伏していなかった国際的な証拠がある。・・・枢軸国群の中で日本だけが、講和会議を経た講和条約を批准する旧来方式で戦争終結している。これは米国が定義した侵略国の戦争終結形式ではなかった。
80.名無しさん:2017年02月21日 12:44 ID:Kcekp7nS0▼このコメントに返信
やや左に毒された連中もいるみたいだね
81.名無しさん:2017年02月21日 12:50 ID:W7uVo.0e0▼このコメントに返信
※66
中華人民弾圧国成立を決定づけたのもマーシャルなんだよな…

以下Wikipediaより引用
東アジアではモンゴルの民主化、ベトナムとアメリカの和解の外は、中華民国と中華人民共和国の対立、大韓民国と朝鮮民主主義人民共和国の対立(朝鮮戦争)が現在も続いており、
日本国内では日本共産党と朝鮮総連は現在も公安当局(公安調査庁、公安警察)に監視されているなど、こちらは解決の見通しが立っていない。
特に、中華人民共和国は1989年から軍備増強を強力に推し進めており、近年になって周辺国(中華民国や大韓民国や日本)にとって脅威となっていると言われるようになった(中国脅威論、米中冷戦)。
82.名無しさん:2017年02月21日 12:54 ID:W7uVo.0e0▼このコメントに返信
無条件降伏は、敵側の条件を全部飲んでこちらからの条件を一切出さずに降伏する事だと思っている
83.名無しさん:2017年02月21日 12:56 ID:e8GzamJs0▼このコメントに返信
ソ連参戦のリスクで米軍の条件で降伏する気になっただけやん。
内容的にこんな感じだろ

日本『コミンテルンから日本を守るのなら降伏したるわ!』
アメリカ『それ位したるから泥沼(ドイツの二の舞)になる前にさっさと降伏しろ!だけど形式上無条件降伏なw』

普通に条件あるし実行しとるやん。
(やら無ければ特にアジア方面は西側嫌いなんで冷戦負けるだけだけどね)
84.名無しさん:2017年02月21日 12:58 ID:e8GzamJs0▼このコメントに返信
てかドイツも同じく、ソ連や連合に降伏せずにアメリカに降伏してるけどね。

厳密に言うと西側じゃなく、アメリカが率いる国って感じだね。
85.名無しさん:2017年02月21日 13:01 ID:KnYDNNdU0▼このコメントに返信
※82
相手が好条件を出すまで
粘りに粘って戦い続けた後でもか?

「この条件で降伏しろよオラ」
「(無言で徹底抗戦を続ける)」
「しょうがない、突き付ける降伏条件を少し緩めたぞ、これでどうだ」
「それなら乗った」
「よし終戦」
これでも国家無条件降伏だと思うか?
86.名無しさん:2017年02月21日 13:13 ID:90mM6SU00▼このコメントに返信
ベトコン「ベトナムとアメリカが陸続きたっだら面白かったのにな…」
87.名無しさん:2017年02月21日 13:14 ID:fowvv.wG0▼このコメントに返信
今も昔も変わらずジャイアンだから
88.名無しさん:2017年02月21日 13:14 ID:DIsa5Nej0▼このコメントに返信
米4の言う通り
ちゃんと勉強してこい
89.名無しさん:2017年02月21日 13:18 ID:VBlEKyvZ0▼このコメントに返信
※80
「やや」?
90.名無しさん:2017年02月21日 13:21 ID:xELr8qKn0▼このコメントに返信
無条件降伏じゃないよな
なんで1は「無条件降伏しか認めなかった」って誤認したんだろ?
変なドラマとか映画とか小説から仕入れた知識かね?
91.名無しさん:2017年02月21日 13:21 ID:jA.ilPxZ0▼このコメントに返信
普通にソ連軍の目の前で原爆の実戦使用がしたかっただけだろ。これ以上日本ぬ進出するなら手前にも落とすぞゴルァって、ソ連が核を手にするのは数年先なんだよ。ソ連の南進を止める必要があった。49年に最初の核実験50年に朝鮮戦争、ある意味ソ連が核を手にしたから朝鮮戦争が始まったとも言える。
92.名無しさん:2017年02月21日 13:22 ID:RQcFMJHE0▼このコメントに返信
※82
じゃあ、保険屋に「あなただとこの保険にしか入れませんね」と言われてそのまま契約したら無条件契約になるのか?
なるわけない。
93.名無しさん:2017年02月21日 13:25 ID:knnf1gKp0▼このコメントに返信
「天皇の身分を保証すれば日本はすぐにでも降伏する」
「逆にそうしなければ日本人は(「日本兵は」では無い)最後の一人まで戦うだろう」
「天皇を存続させてもアメリカにとって何の問題も無い」
「日本との戦争を続けて米兵の血をこれ以上流し続ける必要があるのか?」
との議論はアメリカ国内にあった。 
しかし米政府(ホワイトハウス?トルーマン大統領?)としては
「原爆投下の前に戦争が終わってはならない」という事情があった。
それから「日本政府は天皇を裏切った」という実績をアメリカは作りたかった。
ただ戦後、天皇は国民を裏切らなかったお蔭でアメリカの「天皇と日本の分断作戦」
は失敗した。

94.名無しさん:2017年02月21日 13:26 ID:EdH2Ytlz0▼このコメントに返信
原爆前に日本はソ連を通じて降伏を提案していたが
知っているか?

95.名無しさん:2017年02月21日 13:28 ID:RQcFMJHE0▼このコメントに返信
上位組織である「国」が条件付で降伏してるのに、世界各地に展開した下部組織である「軍」が降伏するにあたってさらに条件つけたらキリがないだろうが。
そのための「日本国軍の無条件降伏」だ。
そもそもポツダム宣言からして、日本国に対する一方的な要求だけで構成されてるわけじゃない。
兵卒の取り扱いやら、占領を解除するべき条件やら、終戦後の国際社会への復帰の確約やら、半分の項目は連合国側が守るべき条件になってる。
96.名無しさん:2017年02月21日 13:28 ID:ZLmU72T10▼このコメントに返信
デラノの世界戦略だから
帝国主義を廃して世界をグローバルな自由主義市場としてアメリカの威信の元に統一するのが目的だから
そのための障害として旧弊としての帝国主義として日本やドイツが狙われた
97.名無しさん:2017年02月21日 13:30 ID:W7uVo.0e0▼このコメントに返信
※85
占領時代の実態見ても好条件といえるのか?
98.名無しさん:2017年02月21日 13:31 ID:ZLmU72T10▼このコメントに返信
有条件降伏とか言ってるのは日本の右翼だけ
アメリカ人の100人中100人が無条件降伏と言うに決まってる
99.名無しさん:2017年02月21日 13:33 ID:dMWV7zVB0▼このコメントに返信
※4
全部、戦争を止めてみんな家に帰るってなんかで読んだ気がする。
無条件降伏ってことにしたいのは、戦後、中国人と朝鮮人が威張りたいがために広めた事じゃないかね。
100.名無しさん:2017年02月21日 13:40 ID:zDwtL1rc0▼このコメントに返信
※1
分かっているよ。
しかし、事実を主張するいい機会であり、馬鹿に事実を直視させる場でもある。
テーマは間違っている。
無条件降伏ではない。
ただし、戦後処理で無条件降伏と等しい戦後体制が組み込まれてしまった。
101.名無しさん:2017年02月21日 13:43 ID:.yfgzgAO0▼このコメントに返信
※70
他国の言語を自国に訳すと言う行為は、結局文化が異なる以上完全な意味のの合致と言うのはありえない。
私の書き込みも其の一例に過ぎないと言われれば、完全否定は出来ない。
ただし、
この件では、其の日本語訳に携わった人間が、
其の著書の中で軍部を納得させる為恣意的翻訳を行ったと語っている以上。
君の理屈は、少々無理が有るのでは無かろうか?
102.名無しさん:2017年02月21日 13:48 ID:.yfgzgAO0▼このコメントに返信
※100
>>無条件降伏ではない。
それは、結構なんだが。
そう言う書き込みをしている人間が誰ひとりとして、根拠もソースも書き込んでいない。
馬鹿だの左翼かぶれでだのと、反論を封殺するのは良いけれど、
それじゃ
>>馬鹿に事実を直視させる場にならんのじゃなかろうか?
103.名無しさん:2017年02月21日 13:56 ID:akZsjmDx0▼このコメントに返信
しっかしまぁ火事場ドロの露助やらチャンコロやらのずる汚さは昔から相変わらずだな。
104.名無しさん:2017年02月21日 13:58 ID:vQPFxR.A0▼このコメントに返信
※93
実際は「最後の一人」まで闘ってないじゃないかw
天皇の保障をされてないにも関わらず。
ピカ2発落とされただけでビビって降伏した癖に何~が「最後の一兵まで」だよ。たかが20万で根を上げるハッタリ民族が1億玉砕なんてできるもんか。アメリカはそれ見透かしてたから日本のハッタリに屈せず、正当に武力で屈服さしたんだろ。
武力制圧(しかも攻撃側はノーダメ)ができる条件でわざわざファーストチョイスに選ばず、相手に譲歩する条件で講和なんてどこの馬鹿がやるんだ。歴史に関わらず現代経済でもそんな甘ちゃんはおらん。「お手手つないで皆でゴール」とかいう教育された世代か??
105.名無しさん:2017年02月21日 14:10 ID:u.kdDJtP0▼このコメントに返信
※102
しゃあ自分でポツダム宣言の条文引っ張ってきて示せばええやん。

国立国会図書館HPより。
tp://www.ndl.go.jp/constitution/etc/j06.html
十三、吾等ハ日本国政府カ直ニ全日本国軍隊ノ無条件降伏ヲ宣言シ且右行動ニ於ケル同政府ノ誠意ニ付適当且充分ナル保障ヲ提供センコトヲ同政府ニ対シ要求ス

106.名無しさん:2017年02月21日 14:13 ID:woxUDCQV0▼このコメントに返信
※63
ルーズベルトの偏執的な日本人憎悪は突出してたとしても、トルーマン程度の日本人蔑視は当時のアメリカでは異常とまでいかなくて平均的だよ。
107.名無しさん:2017年02月21日 14:14 ID:yP3YbFVf0▼このコメントに返信
国体維持を認めさせてるじゃんw
どこが無条件降伏ニカ??
まあ、訳の分からん憲法おしつけたり、その他もろもろ、ハーグ条約違反のやりたい放題
やらかした日本占領期は明らかにオカシイがw
108.名無しさん:2017年02月21日 14:17 ID:zDwtL1rc0▼このコメントに返信
※102
再掲
分かっているよ。
しかし、事実を主張するいい機会であり、馬鹿に事実を直視させる場でもある。
テーマは間違っている。
無条件降伏ではない。
ただし、戦後処理で無条件降伏と等しい戦後体制が組み込まれてしまった。

検索すればいくらでも出てくる。馬鹿高校生。時代遅れの暗殺でもやってろ。世界のおもちゃ。
109.名無しさん:2017年02月21日 14:25 ID:vQPFxR.A0▼このコメントに返信
日本人が英米を「ヒトならざる鬼畜」と見てたのは「事実だから」よくて
逆の側からちょっくら見下されただけで「ハイ差別。白人のこれが当時の現実だ!」とかドヤ顔するのが実に日本人らしい。
自分達はプレイヤーじゃなく神サマの視点なんだよな・
コミュ障に典型的なあれ。
いっぽうキリスト教では神は↑にいて人間はどこまで行っても人間、あくまでプレイヤー同士でしか無いって視点に立ってるから折衝・対人・交渉が上手い。
現人神民族は独善過ぎてダメ。
110.名無しさん:2017年02月21日 14:31 ID:ZLmU72T10▼このコメントに返信
※102
条文の日本軍は無条件降伏を〜の文を無条件降伏したのは軍であって日本国ではないという苦しい言い訳を未だに信じている哀れな右翼がいるんだよ
実際トルーマンやマッカーサーやチャーチル、日本でも吉田茂や幣原喜重郎ら政府首脳は無条件降伏したと断言している
また国体は変更してないとかいうけど明治憲法では主権は天皇で日本国憲法は無論国民主権だ
これは立派な国体変更だろ
111.名無しさん:2017年02月21日 14:31 ID:I6J9YNiC0▼このコメントに返信
どうせなら日本州になっておけば…
112.名無しさん:2017年02月21日 14:36 ID:.3Opy83i0▼このコメントに返信
フランクリンは狂人の上に馬鹿だからな。
113.名無しさん:2017年02月21日 14:42 ID:6a6AfNy90▼このコメントに返信
日本人てWWⅠの素養ないのな
無条件降伏の定義なんてどうでもいいよ。
主権保護の実効力たる軍備の全面解除ってことはどういう事か分かってんのかね。
これを無条件降伏でないと解釈するなら、無防備宣言で平和が守れると思ってる9条お花畑とオツム同レベルだ。

新時代の総力戦争であるWWⅠが前時代の終戦処理をしてしまったため、賠償金は天文学的な金額となり、WWⅡの原因となってしまった。
この反省から無賠償にせざるをえないが、次の大戦の原因とならないよう国の土台から作り変える戦後処理をする必要がある。
その過程での経済混乱もよろしくない。
これがカイロ宣言の趣旨だし、ポツダム宣言もこの延長だ。
ようするに主権に手ぇ突っ込んで都合のいいように作り変えるから権限渡せ、それ以外認めん、てことだ。

まあ、禍根も混乱もこっちも望んでない、悪いようにはしないから、というのはあったし、実際そうだったけどな。
114.名無しさん:2017年02月21日 14:48 ID:kwTbdxd40▼このコメントに返信
このままいけば完勝するのが目に見えてるのにわざわざ条件付き降伏でも良いですって主張するアホはいないわ
天皇制は存続出来たのは一種の条件かもしれないが、天皇主権から国民主権に変わったのは日本とアメリカの折衷案かね。
アメリカでも欧州戦線が片付いて厭戦感が始まってたのと、硫黄島沖縄での地上戦で日本軍の防御戦闘に苦戦したからダウンフォールやりたくないって軍部の意見もあったし
まぁFDRがあのタイミングで病死したのは日本にとってはタイミングよかったかも
115.名無しさん:2017年02月21日 14:52 ID:KnYDNNdU0▼このコメントに返信
※97
論点逸らさないでね。

私は無条件降伏とみなす条件の話をしているから。
116.名無しさん:2017年02月21日 15:02 ID:.yfgzgAO0▼このコメントに返信
※105
いや、ポツダム宣言は、あくまで宣言で、
日本国の降伏の根拠は降伏文書であってポツダム宣言ではない。
ポツダム宣言の趣旨は、実質の無条件降伏なのだが。

さて、降伏文書の中には、ポツダム宣言を受け入れるという一項が有る。
是を無理やり条件と解釈すれば、
ポツダム宣言を受け入れるという条件で降伏したのだから、無条件では無いという理屈が生まれる。
恐ろしく詭弁だ。
そんな言葉遊びをせずとも、実態はマッカーサーへの本国からのこの言葉に集約される。

1945年9月6日付け、マッカーサー宛て通達

1 天皇及び日本政府の国家統治の権限は、連合国最高司令官としての貴官に従属する。
貴官は、貴官の使命を実行するため貴官が適当と認めるところに従って貴官の権限を行使する。
われわれと日本との関係は、契約的基礎の上に立つているのではなく、無条件降伏を基礎とするものである。←ここ重要
貴官の権限は最高であるから、貴官は、その範囲に関しては日本側からのいかなる異論をも受け付けてはならない。

少なくともアメリカのスタンスは、無条件降伏に軍と政府の区別など付けてはいない。

もしたとえ、形式的に降伏条件とも読める条項がある文書が存在しても、
実際に其の条件を実施する権利がないならば、実質的には無条件降伏です。

そんな重箱の隅をつついて、変なプライドを満足させる事の方が、日本人の感性にはそぐわないと思うがね。

117.名無しさん:2017年02月21日 15:02 ID:6e56lAVE0▼このコメントに返信
そりゃ差別全盛時代だしな。差別無くそうと思う側とホロコーストしたい側で意見が合う訳ない。
ただホロコーストしたいと本気で思ってる奴が米政府の思惑よりも僅かしかいなかったと言うことだろうな。
118.名無しさん:2017年02月21日 15:04 ID:6e56lAVE0▼このコメントに返信
サイコパスは上に多いが民衆には存外少ないんだろう。
119.名無しさん:2017年02月21日 15:15 ID:OLf.Lqj10▼このコメントに返信
政治方針などかなり変わったけど皇族の継承が途切れるのと途切れないのでは変わらないようで違ってくると思うけどな。そこが維持されてるならば国名が変わろうがなんだろうがそれまでの伝統、文化を正式に受け継いだ国だからな。
120.名無しさん:2017年02月21日 15:23 ID:lvM.7SYV0▼このコメントに返信
★「条件付き降伏」だったポツダム宣言
「断罪」東京裁判という茶番p36
ケントギルバート
「日本は無条件降伏などしていない」

ポツダム宣言第五条
「我々の条件は以下の条文で示すとおりであり、これについては譲歩せず、我々がここから外れることもない。執行の遅れは認めない」

条件があるからこのような文言になっている。

第十三条「我々は日本政府が全日本軍の即時無条件降伏を宣言し、…」

日本軍の無条件降伏だねw

他にも、
「アメリカが、日本全土を占領したという事は、重大なポツダム宣言違反である。」
と、言っている。

当時の軍事機密はもう、時効を迎えて公開になってるからアメリカですら事実を隠せなくなった。
ポツダム宣言どころか東京裁判もインチキ。
ルーズベルトは狂人。アメリカは正義を失ったと言っている。
日本は東京裁判史観ではなくなって戦後レジームから脱却しちゃうねw
まあ、アメリカ人が言ってるんだからしょうがない。
121.平うどん:2017年02月21日 15:28 ID:.wc1D7.N0▼このコメントに返信
※69
>大韓皇帝を虐殺したのは日本の官憲だろ。

あぁ、韓国じゃそう習うのね

併合後大韓帝国皇帝は日本の準皇族扱いでそのままソウルに住んでいたし
終戦時にも王位継承者の李垠が日本で存命だったよ
まぁ当の韓国が帰国すら許さなかったけど
122.名無しさん:2017年02月21日 15:30 ID:X41eysGD0▼このコメントに返信
※45

多少解釈に問題があるな。

ポツダム宣言は条件付きの休戦協定、本来大日本帝国はそれを受けて休戦したが、降伏文章は本来必要なし。国際法上の無用の長物。
しかし、降伏の証として降伏文章がポツダム宣言から内容を変更され準備された。ここまでは大日本帝国の仕事。
つまり占領下の日本政府が統治をおこなうことになっていてそれに向けた引き継ぎ。

実質的に無条件降伏となったのは、連合国がマッカーサーを占領下の日本国政府より上に位置付けてから。

この辺の一連の違法行為が東京裁判の伏線。
123.名無しさん:2017年02月21日 15:44 ID:X41eysGD0▼このコメントに返信
※122

追記

この判決が昭和28年04月08日最高裁判所大法廷判決であることも考慮する必要がある。
昭和27年4月28日がサンフランシスコ条約締結なので、この事案は基本的に連合国軍の意向に沿い審議されている。

このころは東京裁判の正当化の中での(今は違法であることが確認されている)判断であることは大きいよ。

武装解除についてはポツダム宣言に含まれているため、降伏文書の時点で抵抗することは不可能。
一種のだまし討ちと言ってもよい。勝者のリンチやる気まんっまん。

まともにこれを判決に書いたらどうなるか解るよね。
124.名無しさん:2017年02月21日 15:55 ID:X41eysGD0▼このコメントに返信
※116

>われわれと日本との関係は、契約的基礎の上に立つているのではなく、無条件降伏を基礎とするものである。←ここ重要
>貴官の権限は最高であるから、貴官は、その範囲に関しては日本側からのいかなる異論をも受け付けてはならない。

まさにそこが重要で、つまりポツダム宣言や降伏文書のような契約的基礎の上に立っているものではなく、王権神授説のような絶対的権威による統治をせよと言っている。

つまり「今まで言ってたポツダムも降伏条件もどうでもいい。お前の好きなようにやれ」という命令。

こういう指令が改めて出ていること自体がポツダムも降伏文書も無条件降伏を指すものではないということを示している。
読み方が逆だね。
125.名無しさん:2017年02月21日 15:57 ID:9llEMc.X0▼このコメントに返信
ルーズベルトは日本嫌いで国民党贔屓
トルーマンは赤嫌い
スターリンは病気で弱気のルーズベルトを騙して有利な条件を引き出した
日本は対日戦の準備を始めたソ連に気付かず、講和の打診をしている
不可侵条約の更新はしないって言われたのにな
126.名無しさん:2017年02月21日 15:58 ID:XrMkjXxi0▼このコメントに返信
※38
状況が見えない想像力皆無、あるいは平然と仲間を売る人間じゃあるまいし、開戦当初から特攻してたと思ってる認知バイアス91の住人か?
自分の愛する人たちが明日はわが身の連日空爆地獄の末期での苦肉の策だぞ、中立条約を侵し脅迫文を送りつけて戦争を仕掛けた米軍は初めから民間人お構い無しの無法者だったぞ、国際法違反の非人道的行為だ。洗脳指令があったと主張する根拠としては貧相だろう、それをする状況に持ち込んだのは反則してた米軍だ。
戦勝国だけが教育とメディアを唯一コントロールできるんだよ。勝てば官軍ていうのはそういった揶揄だぞ。終戦後の敗戦国内に発信されたすべての情報は歪曲か捏造されてる可能性が極めて高い、それこそが洗脳というものだよ。WGIPで検索してみなよ。
127.名無しさん:2017年02月21日 16:07 ID:vQPFxR.A0▼このコメントに返信
※119
アイシンカクラを君主につけたって満州国は清国とは似ても似つかぬ傀儡国家。
これを正統王朝と強弁し納得したのは日本人だけではないか。
ふつうは「血」にそんな価値見出さないし
日本人の血統信仰は宗教のそれだよ。国際感覚と乖離してる宗教国家だね、いまだ日本人は。まあ宗教はいくら政権打倒しようがインド中東見ればわかる通り変わらんのが当たり前だし、欧米もそこに手をつっこむ気はない。宗教狂いは文化程度を遅らせコントロールもしやすいからな。教祖一族をテイム(調教)出来るならなおさら。
128.名無しさん:2017年02月21日 16:12 ID:.yfgzgAO0▼このコメントに返信
※124
>>「今まで言ってたポツダムも降伏条件もどうでもいい。お前の好きなようにやれ」という命令。

是を、受け入れなければ成らん立場になるのが、無条件降伏では、無いのだろうか?
まあ、ロジックを捏ねくり回せば如何いう解釈でも、絞り出せる。
しかし其処に答えは無いのではないか?
現実条件があると言ったことで、其の条件を相手に認知させることが出来なければ、
無条件と一緒だ。
条件というのは其の時その場の交渉の際に、相手にその優位性をみとめさせ、それをバーターとして何らかの譲歩を引き出す為のものだ。
それ以外の存在価値は、無いだろう。

其の正当性云々とは、又別の話じゃ無かろうか
129.名無しさん:2017年02月21日 16:16 ID:XrMkjXxi0▼このコメントに返信
※50
大東亜共同宣言したのは日本だぞ、朝鮮人と中国人が人種差別撤廃を訴えた歴史はない。
世界で一番初めに黄色人種差別の禁止を求めたのは大東亜共同宣言した大日本帝国ですよ。
朝鮮と中国なんかは奴隷制度があったので、日本が止めさせた歴史がある。南京で日本軍が歓迎されていたのはPKOだったからだよ。
戦勝国アメリカによる誣告プロパガンダの影響で大東亜共同宣言は最近まで隠蔽されていた事実を受け止めよ。
アメリカがこの情報を隠すのは後ろめたさがあるからだよ。白人の人身売買の歴史すら知らないのか?
130.名無しさん:2017年02月21日 16:27 ID:PpcI6KxO0▼このコメントに返信
※6
公職追放令させられている時点でとは思わなかったかい?
131.名無しさん:2017年02月21日 16:31 ID:X41eysGD0▼このコメントに返信
※128

無条件降伏をするということと、降伏後にレイ プされることは全く別。

条件付き降伏をした日本に対し、武将解除し抵抗できなくしてから、「俺の言うことが絶対だ」と言ってるのが連合軍。

女をレ イプするのに無理やり服を脱がせて、「あいつは服を脱いでいたからやってもいい」と言うのと同じ論理構成だぞ。

日本はポツダム宣言という条件を相手に飲ませたが、連合軍はそれを守らなかった、それだけだよ。
まあ、飲まされたんだけどね。でもそれは降伏条件であることは確か。

だからこそポツダム宣言から東京裁判に続く流れが違法であるとして連合国(国連)でさえ否定されているんでしょ。これもレイ プの一部分だからね。
(この訳語の変更でけむに巻こうとする小賢しい小細工もいつまで続くんだろう。国際連盟、連合国、国際連合は一連の流れで全部同じものなんだけど。)

ところで真の正当性って何のこと?
132.名無しさん:2017年02月21日 17:21 ID:9RLa9GNc0▼このコメントに返信
※50
何で嘘つくの?認知バイアス?シナ、朝鮮あるいはドイツのように選民思想は日本人には無いよ。
133.名無しさん:2017年02月21日 17:22 ID:6a6AfNy90▼このコメントに返信
※123
レス読んでもどこが騙し討ちなのか分からんぞ
降伏文書に「天皇及び日本政府は占領統治機構の下位に置く」て文面はどう解釈してんの?
「便宜上そうする」て文言もあるし、全面凍結、解散も含むだろ。
統治を担保する話じゃないはずだが

あとね、外交文書としては

※131
>ポツダム宣言から東京裁判に続く流れが違法であるとして連合国(国連)でさえ否定

ソースちょうだい
134.名無しさん:2017年02月21日 17:27 ID:9RLa9GNc0▼このコメントに返信
人種差別とコミンテルンにとって日本が邪魔であったからではないか。
135.名無しさん:2017年02月21日 17:28 ID:6a6AfNy90▼このコメントに返信
途中で送っちゃった

外交文書としては実質無条件降伏てのは、軍の全面解除で過不足ないが。
まあここはどうでもいいけど。
136.名無しさん:2017年02月21日 17:28 ID:RUi42zr50▼このコメントに返信
戦後の解釈によっては条件を引き出せるだろうが、初めから
条件付降伏とか、国家滅亡の世界大戦においてありえない
家族や友人の命を奪った敵に情けなんか掛けることは無い
137.名無しさん:2017年02月21日 17:43 ID:vQPFxR.A0▼このコメントに返信
※132
”シナ”とか言ってる時点で差別思想まる出し。
相手が嫌がる呼び名はしないってのが差別撤廃化にむけた常識。
お前はジャプとか倭族とか言われていい気がするんかと。
朝鮮もヤメロ。
大韓、もしくは上韓とお呼びしろ。
日本人の差別思想は筋金入り。誰にも教わらなかったんだからそら前世紀のままだわ、サルと一緒。人間は教育されないとサルのままなんだわ。
138.名無しさん:2017年02月21日 17:51 ID:lnsO4BgU0▼このコメントに返信
※40
〝 現実として拒むのは無理だったのであって〝 それは占領軍の横暴であって、国際法上ポツダム宣言を受諾して降伏したんだぜ。日本側が降伏の意思決定をした時点でのみ有条件か無条件かが決せられるので、これは法的な議論であって言葉遊びじゃないよ。 つまりアメリカがハーグ陸戦協定無視して変な憲法押し付けてきた事を拒めなくとも、それが遡及して有条件降伏から無条件降伏になる事はないんだ。それが法解釈。
139.名無しさん:2017年02月21日 17:53 ID:n90Q0U3w0▼このコメントに返信
降伏の条件つめてる間にソ連が北から進行するからでしょ。
140.名無しさん:2017年02月21日 18:10 ID:.yfgzgAO0▼このコメントに返信
>>条件付き降伏をした日本に対し、武将解除し抵抗できなくしてから、「俺の言うことが絶対だ」と言ってるのが連合軍。
それは、詭弁じゃなかろうか?
其の文面だとまるで日本と日本軍に、20年の八月時点で継戦能力が有ったのに騙されて降伏したように聞こえるが、
現実は、尾羽打ち枯らして、ニッチもサッチも行かずバンザイしたのが現実でしょう?
すこし、バイアスが掛かりすぎじゃないでしょうか?

141.名無しさん:2017年02月21日 18:15 ID:lnsO4BgU0▼このコメントに返信
※116
君、〝 ポツダム宣言 〝 は日本に向けた公開の意思表示だよ。日本がそれを承諾すれば条件付きの降伏なんだよ。 〝 実質〝なんてそれこそ詭弁にもならないな。 君の引用した通達の 〝契約的基礎に立っているのではなく、無条件降伏を基礎とするもの〜〝 ってのは、予め有った条件を超えてやってしまえって事だな。そうでなきゃ、なんでわざわざこんな 〝さじ加減〝を本国が指示してくるんだ?

142.名無しさん:2017年02月21日 18:37 ID:ku7JtBrt0▼このコメントに返信
※3
ルーズベルトがガイキチだったのは否定せんが、終戦時はトールマンだったのでは?
143.名無しさん:2017年02月21日 18:38 ID:lvM.7SYV0▼このコメントに返信
china→ローマ字読みでシナ

なんでシナって差別用語なの?

chinaって差別で呼ばれてるんだw

ジャ.ップは差別してるけどなw
144.名無しさん:2017年02月21日 18:39 ID:lvM.7SYV0▼このコメントに返信
原爆落としたのはトルーマン。
145.名無しさん:2017年02月21日 18:42 ID:lnsO4BgU0▼このコメントに返信
※137
リアル 〝テコンダー朴 〝 www
146.名無しさん:2017年02月21日 18:47 ID:vQPFxR.A0▼このコメントに返信
”シナ”と呼ぶやつと、ちゃんと”中国”と呼ぶ人の中国人に対する態度見れば何で差別なのかはわかんだろ。
シナと呼ぶやつは明確に中国人を見下してるし下手すりゃ犬畜生と同類だと見做してる。
正直になれよ。※143も中国人なんて人以下だと思ってんだろ?
その同じ口で「日本人は人種差別思想なんてない」とか言うんだからドイツなんて可愛いレベルで日本人は骨の髄までファシスト。
147.名無しさん:2017年02月21日 18:53 ID:u.kdDJtP0▼このコメントに返信
※140
横だが、継戦能力の有無とアメリカが日本を騙そうとするしないは関係ないよ。
継戦能力があるなら日本は降伏しないし、アメリカもわざわざ降伏勧告なんてしない。
日本が迷っていたのは継戦能力の有無ではなく、降伏したあとの扱いだ。
その扱いが日本政府にとって相当厳しかったから簡単に受諾できなかったんだし、
受諾しかねる条件を出すアメリカが騙そうと思っていた、なんてのは変な話。

そもそも、一国が自国の軍事力を放棄し、敵国に命運を預けること自体が相当に決断力の必要なこと。
現に日本政府も相当迷った。
148.名無しさん:2017年02月21日 18:54 ID:u.kdDJtP0▼このコメントに返信
※140
横だが、継戦能力の有無とアメリカが日本を騙そうとするしないは関係ないよ。
継戦能力があるなら日本は降伏しないし、アメリカもわざわざ降伏勧告なんてしない。
日本が迷っていたのは継戦能力の有無ではなく、降伏したあとの扱いだ。
その扱いが日本政府にとって相当厳しかったから簡単に受諾できなかったんだし、
受諾しかねる条件を出すアメリカが騙そうと思っていた、なんてのは変な話。
149.名無しさん:2017年02月21日 18:59 ID:u.kdDJtP0▼このコメントに返信
あれ、連投してた。
申し訳ない。
150.名無しさん:2017年02月21日 19:25 ID:N6xQGIyd0▼このコメントに返信
日本の早期講和大作戦が淡い夢にすぎなかったから
151.名無しさん:2017年02月21日 19:44 ID:x4oVLofV0▼このコメントに返信
昔も今もそんな国だから
152.名無しさん:2017年02月21日 19:47 ID:v9sF7Mj20▼このコメントに返信
ポツダム宣言の内容と降伏文章の内容が違うのは公知の事実だと思っていたのだが、そうでもない?

153.名無しさん:2017年02月21日 20:10 ID:lvM.7SYV0▼このコメントに返信
※146

146は中国人なんだw
敵国人なんだから中国に帰れ。
154.名無しさん:2017年02月21日 20:17 ID:2Z0..At90▼このコメントに返信
連合国側の条件を無条件で呑むという条件付き無条件降伏。
天皇制の維持をアメリカに打診して善処するという回答を貰って降伏
一応条件はあるけど限りなく無条件に近い。
155.平うどん:2017年02月21日 20:31 ID:JGDg0bdZ0▼このコメントに返信
※146
>シナと呼ぶやつは明確に中国人を見下してるし下手すりゃ犬畜生と同類だと見做してる。
”China”と呼んでいるほとんどの国の人は犬畜生?

正式名称からして"People's Republic of China"でしょアナタの国
自分の国を「中国と呼べ」って日本だけに要求しているのは何ででしょうねぇ

日本にとっては「中国」は本来鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県を指す地名
156.名無しさん:2017年02月21日 20:36 ID:.yfgzgAO0▼このコメントに返信
※141
それは、上でも書いたけど、苦しい理屈ではなかろうか?
ポツダム宣言の趣旨は、実質の無条件降伏だろう。
自国の武装解除を受け入れたのちの交渉手段など無きに等しい。
現実無条件に従わざるおえない状況なのに条約の言葉尻を捉えて、正当だの横暴だの言ってみたところで、
何にもならん。
勝者にしてみれば小理屈に過ぎず、検討する意味も無い。
城下の誓いという言葉が有るが、
これを文字通りやられた国が日本だ。
千年以上の血統を誇る国家元首が、スコットランドの没落貴族出身の将軍に呼びつけられ、頭を垂れた。
日本人としては、忸怩たる思いがあるが。
現実は、受け入れねばならんし、吉田茂や幣原喜重郎もそれを受け入れた。
今更、重箱の隅をつつく様な事をいって何のメリットがあるのかと僕は思うが。
157.名無しさん:2017年02月21日 20:42 ID:v9sF7Mj20▼このコメントに返信
※133

-------------------------
レス読んでもどこが騙し討ちなのか分からんぞ
降伏文書に「天皇及び日本政府は占領統治機構の下位に置く」て文面はどう解釈してんの?
「便宜上そうする」て文言もあるし、全面凍結、解散も含むだろ。
統治を担保する話じゃないはずだが
-----------------------------

まさにここ重要。

ポツダム宣言にはそんなことは書いてない。
あくまでも日本政府が責任をもって統治せよと10項に書いてある、また7項に諸地点を占領するとは書いてあるが、この2項から占領と統治は違うことは明らかだよね。

「ポツダム宣言と降伏文書(の諸条件)無視していい」なんてのは「天皇及び日本政府は占領統治機構の下位に置く」とは全く別の論点でしょうに。本来は「ポツダム宣言と降伏文書(の諸条件)」に掣肘は受けるものの「天皇及び日本政府は占領統治機構の下位に置かれる」ものでしょう。


外出してたので遅レスでスマン。

国連の違法認識に関しての資料もあるはずだが見つからない。
しばし待って。

※147
だまし討ちなのはポツダムと降伏文書が違うこと。
158.名無しさん:2017年02月21日 21:00 ID:v9sF7Mj20▼このコメントに返信
※157

ああ、※140のアンカーが抜けてた。
失礼。

だまし討ちなのはポツダムと降伏文書が違うことを言っています。
武装解除に応じてからの条件変更はまさに「勝者のおごり」だと思う。
その流れで東京裁判をやってる。


少し余談すると、ドイツって一度国が消滅してるんだよね。国がなくなって突然ドイツ共和国が建国されてる。言ってみれば免責(まあ、あれはあれで大変だったろうとは思うんだけれど)

その辺も洋の東西でずいぶん違う。
159.名無しさん:2017年02月21日 21:19 ID:v9sF7Mj20▼このコメントに返信
※156

157、158です。

少し横になるんだけどここも大事なので。

確かに「70年がたち現状を変えるようなものがあるのか?」という意見はわかるけれど、東京裁判史観は一度覆さなければいけないものだと思っている。
結局のところ連合国の戦後処理とは勝者のリンチに過ぎないものだったのだよ、ということを理解したうえで将来に進まないと禍根を残すと思っている。
その点で現在の安倍政権は支持する(内政はへたくそでもっと真面目にやれとは思っているけれど)し、まあ納得してもらえなくてもいいかなぁとも思う。日本人は水に流すし忘れやすいから。教育もいずれ「昔のことでしょ。」となるだろうし、今もそうなりつつあるし。
160.名無しさん:2017年02月21日 21:57 ID:6a6AfNy90▼このコメントに返信
※157
外務省仮訳

十、吾等ハ日本人ヲ民族トシテ奴隷化セントシ又ハ国民トシテ滅亡セシメントスルノ意図ヲ有スルモノニ非サルモ吾等ノ俘虜ヲ虐待セル者ヲ含ム一切ノ戦争犯罪人ニ対シテハ厳重ナル処罰加ヘラルヘシ日本国政府ハ日本国国民ノ間ニ於ケル民主主義的傾向ノ復活強化ニ対スル一切ノ障礙ヲ除去スヘシ言論、宗教及思想ノ自由並ニ基本的人権ノ尊重ハ確立セラルヘシ

なるほどね、これを
>日本政府が責任をもって統治せよは
と解釈することでそういう主張が出てくるわけか。

7項の「占領」は「目的達成の担保のため」とあるから、大使館や在日基地のような性格ではないのは明らか。
たんに活動ベースの拠点保証を求めてるに過ぎず、権能は全土に及ぶと解釈するのが自然だろう。
文面は「以下が達成されるまで監督するからな」だし。
日本政府の上位だよね。

君、終戦時の首相だとして、これを主権は保証されたと解釈して飲める?
俺は無理。
当時の首脳もそうだろうし、降伏文書にGHQを政府上位に置く条が入っても反論した話は聞かない。
あるなら教えて貰いたいくらいだ。
161.名無しさん:2017年02月21日 22:15 ID:6a6AfNy90▼このコメントに返信
それと、ポツダム宣言段階では降伏文書の文面までは詰められないだろ
分割統治、共同統治の可能性もあるんだから。
ここを不義と突っ込むのは何か違うんじゃね
162.名無しさん:2017年02月21日 22:27 ID:.yfgzgAO0▼このコメントに返信
※159
東京裁判史観、此れについてはこの一件についてどれ程の関係が有るのかは疑問だか、
僕も日本人としては、再考、総括する必要が有ると思っている。
正し、其れは日本の国内問題として総括することだと思う。
それにアメリカを巻き込むことは、避けるべきだ。
アメリカにはアメリカの真実と正義があり、彼らの対日戦争の総括は済んでいる、
事実が如何であってもだ。
此れに日本が手を突っ込む事は、決してアメリカは許さない。
日本としても今更それをして何のメリットが有るわけでも無い。
日本人としての総括は、スケープゴートに戦争責任を押し付け、国民個人の責任をあやふやにした事に対する総括であり、
アメリカの裁判に名を借りた物的、精神的、収奪を批判する事では無い。
戦争に負けるとは、所詮そういう事であり、
その手続きの卑怯さや欺瞞を70年たって言った所で、意味は無い。
現実を見れば、
かえって70年掛けて作った両国の共通的価値観に悪いい影響を与えると思う。
163.名無しさん:2017年02月21日 22:46 ID:.5LQSGCS0▼このコメントに返信
実質は有条件でも、無条件ということにしとかないと国民が納得しないからだろうな。FDR時代に国民を煽りすぎて収拾がつかんし
164.名無しさん:2017年02月21日 23:04 ID:V.XtPOao0▼このコメントに返信
















165.名無しさん:2017年02月21日 23:12 ID:L5I5QNIY0▼このコメントに返信
だいたいアメリカの議会と世論が戦争に関わるなと言ってたのに大統領が暴走し国内を騙して対日戦へ
政権にスパイが紛れ込んでいて、共産圏の思惑通りになっていたんだとか
戦後に日本への無体な最後勧告と米国の理不尽な行動を知った開戦当時に米上院議員だった人が謝罪の本を出してた
166.名無しさん:2017年02月21日 23:47 ID:dgcQEN020▼このコメントに返信
※41
国体は日本人の手で変えたんだけどね。
憲法は帝国議会を経て改正されてるしその際独自に草案修正もしてる。
167.名無しさん:2017年02月21日 23:48 ID:W1i3F.1K0▼このコメントに返信
ポツダム宣言を受諾したんだから無条件降伏じゃないよ
占領軍のアメリカはなし崩しに無条件降伏っぽいイメージ作りをしたけど
168.名無しさん:2017年02月22日 00:15 ID:f.TTJkE10▼このコメントに返信
戦勝国だからといって、敗戦国を勝手に裁く権利なんてなかったのよ!
戦後、日本人はそうGHQによって思い込まされただけ。

東京裁判でも日本人弁護人が毅然として述べてる。
「ポツダム宣言以外のものであり、マッカーサー元帥の持っておられる権限で発布されたとするならば、
日本国民はこれに従う義務はないのです。お裁きになる権限が無いということであります。」と。

今さら米国を責めるというわけじゃないけど、是は是、非は非と主張することは
先人が守ろうとした未来を今生きてる我々日本人の義務です!
169.名無しさん:2017年02月22日 00:40 ID:zRwwwm.P0▼このコメントに返信
※168
マッカーサー「いう通りにしないのなら天皇と日本国民の命は保障しかねる」
力のある者こそ正義よ。
170.名無しさん:2017年02月22日 01:37 ID:JdLGdFAc0▼このコメントに返信
中立法というのがって、イギリス(ドイツに苦戦中)からの要請に答えられないアメリカが、
日本が手を出して来たら参戦できるってことで。


だいぶ略してるけど、
ドイツVSフランス・イギリス開戦
→フランス負け・イギリスは苦しいからアメリカに参戦要請
→アメリカ「中立法で無理だわ。義がないもん」
(→日中戦争で、敵国ドイツ・イタリアと手を組む日本をみて・・・「こいつが直接手を出して来たら参戦するわ」)
→石油止められたり、アメリカは日本との話し合いに全く応じず
→真珠湾
→「ほらみてみろ、うまく釣れたぜ!」
チャーチル、ルーズベルト「ひゃほーーい!」

こんなん?
171.名無しさん:2017年02月22日 01:52 ID:JdLGdFAc0▼このコメントに返信
ちなみに
ヤルタ会談(ヤルタ協定:英チャーチル、米ルーズベルト、ソ連スターリン)で
日本へソ連を参戦を促した。
でも結局日本はもう降伏寸前だし、核開発間に合ったし、テストしたいからソ連は出なくていいやってなった。
※ソ連は納得せず、北方領土は貰うっってことで今に至る。

それだからロシアが今、北方領土について
(核もない日本は完全に無視状態で)”この件はアメリカ側との外交カードだ”としている。

アメリカ「沖縄返すからお前らは北方領土返せよ?」ロシア「いいだろう・・」
っと約束したが、実際にロシアは返さなかった。
にも関わらず、アメリカが強く出ないのも、参戦を促した側だからかと思われる。
本来アメリカが強気で「返すと言った約束を守れよ!」って言えよってところだけどあとは日本に任す・・とそっぽ向いたまま今に至る。

大体のイメージでこんな感じ?
172.名無しさん:2017年02月22日 01:52 ID:9QE3hrHk0▼このコメントに返信
日本を追い詰めたハルノートの原案書いたのがソ連シンパで、その人はスパイ容疑で捕らえられる直前に自殺した
赤化を防いでいた日本が目障りだったソビエト連邦にしてやられたんだと思う
173.名無しさん:2017年02月22日 02:30 ID:sA0mCT4.0▼このコメントに返信
※160

主権が担保されたなんて言ってないよ。主権の回復は講和条約によるもの。

主権の有無とは直接関係ない、もし関係するというならばそれこそ連合軍が否定した「吾等ハ日本人ヲ民族トシテ奴隷化セントシ又ハ国民トシテ滅亡セシメントスル」にあたる。

休戦に関する条件に、統治に関する具体的な条件が明示されなければ、それは従前を引き継ぐのが原則。

統治に関し条件をつけられたのは以下のことだけ、

吾等ノ俘虜ヲ虐待セル者ヲ含ム ~ 言論、宗教及思想ノ自由並ニ基本的人権ノ尊重ハ確立セラルヘシ


>当時の首脳もそうだろうし、降伏文書にGHQを政府上位に置く条が入っても反論した話は聞かない。

途中の交渉があったのかどうかも明らかにされていないからね。なぜこんな条件変更なされたのかも分からない。

ただ、日本はポツダム宣言の受託とそれに伴う武装解除を粛々と実行している。
それはそれなりの信義を信じたからではないかと考えている。

しかし、実際に示されたのは全く別のもの、だからレ イプと表現した。
元々降伏文書なんてものがあること自体おかしい。

力がなかったから、負けたからというのはわかるが、事実は無視していけないと思うよ。
174.名無しさん:2017年02月22日 02:32 ID:JdLGdFAc0▼このコメントに返信
ゾルゲ事件?
そうだね。見事に情報操作されて動かされてきたもんね。
結論でいうとチャーチル、ルーズベルト、スターリン のコンビほんと最悪だよね。
白人の世界、あるいは自分たちの為の経済界、
そのための”客”になればよし、”客”にならないならゴミ扱い(敵)・・っていう考えが元にあるんだろうね、きっと。

175.名無しさん:2017年02月22日 02:58 ID:sA0mCT4.0▼このコメントに返信
※173

文字数が入らないので続き。(173もだいぶ削ったので一寸言葉足らずなのは許されたい)

実際に問題なのはさらに「われわれと日本との関係は、契約的基礎の上に立つているのではなく、無条件降伏を基礎とするものである。貴官の権限は最高であるから、貴官は、その範囲に関しては日本側からのいかなる異論をも受け付けてはならない。」なんて指令が出ていること。

明らかに連合国自体が一定の条件下であったことを認めている。

結局「俺の言うとおりにやれ」となったのは確か。


本来であれば

1.ポツダム受諾
2.宣言条件下で占領下に入る
3.ポツダム条件をみたす(ここは「いつまでに」はないので連合国の勝手)
4.講和条約締結

だけのはず。休戦して丸腰の相手国に「降伏しろ」と銃を突きつけるのは正しい行動と思う?

私が最初から問題にしているのは、どんどん後出しで条件を付け結局東京裁判というリンチに持って行ったやり方のこと。

176.名無しさん:2017年02月22日 03:23 ID:sA0mCT4.0▼このコメントに返信
※162
基本的には賛成です。
あくまでも日本人の精神性にかかわる問題ですから。

ただ、「日本人としての総括は、スケープゴートに戦争責任を押し付け、国民個人の責任をあやふやにした事に対する総括」は東京裁判の整理の中でしかできないと思いますね。結局それは「本当に罪があったのか」に帰結することでしょう。

今更、広島長崎の賠償しろなんていう気はありません。
WarGuildとかいろいろ嘘か本当かわからない話も出ていますが、明確なのは東京裁判です。

他国と見解の違う問題はたくさんあります。
それこそ英仏間、仏独間など穿り出したらきりがないことはたくさんあります。

日中間、日韓間も同様に抱えていますが、そのほとんどは二次大戦と東京裁判にかかわることである以上、整理をつけておく必要があります。

もちろん米国は認めないでしょう。それでいいと思います。
少なくともうなだれて聞く必要はなく、反論できればそれでいいのでしょう。

元々ある意味まともだったポツダム宣言からなぜ東京裁判に行ってしまったのか、この辺を日本からの見解が出せれば十分な気がしています。
本来こうした研究は必要でそれを今までタブー化してきた結果が現状ですから。

まあ、こんなところでしか出来ることもありませんがね。
177.名無しさん:2017年02月22日 03:42 ID:M7cBkNEK0▼このコメントに返信
アメリカ人は基本「完全に相手を屈服させる」のを勝利の条件にしたから、でしょ。
米西戦争でスペインの海洋権益を根こそぎ奪い、
第一次大戦でドイツが内部崩壊するまで攻めた後に休戦協定は英仏に丸投げ、
第二次大戦で「無条件降伏しか認めない」と言っちゃって独日の戦意を高揚させた挙句に自分たちで復興援助せざるを得ない程ぶっ壊し、
朝鮮戦争は痛み分け、
ヴェトナム戦争では南ヴェトナムを守れず。

グレナダやパナマのような小国を攻めた後にアフガニスタンとイラクをぶっ壊した。
そのくせシリア内戦では除去すべき独裁政権を延命させた結果泥沼化。

この殆どが民主党政権の仕業だが、こういう遣り口を始めたのは南北戦争でのE・リンカーン(共和党)だからね…。
対外戦争も内戦感覚でやって来たのが従来のアメリカ。
178.名無しさん:2017年02月22日 08:36 ID:beaFAX6V0▼このコメントに返信
※175
言いたいことは、とても良く判るし、論理も至極最もな事なのだが、
一つ大事な点が抜けていると思う。
君が書くアメリカの欺瞞は、其の通りなのだが、
何故そんな手間のかかる事をしたのか、と言う理由についての観点だ。
是の答えは単純で、所詮、裁判も条約もアメリカの世論、広義は、戦勝国の世論向けの行為だったと言う事だ。
裁判なとど言った所で、判決は始から決まっており、被告は実質はなから不在なのだ。
一見文明的な手段で、旧来の勝者の切り取り勝手次第を塗糊すしたに過ぎない。
自分の国の国民に人道と文明的な正義の鉄槌を宣伝出来れば良いだけで、
負けた国の立場など、如何でもいい事なのだ。

只、其処までされても、負けたのがアメリカで良かったとは思う。
あの国の人間は、平場なら人の決めたルールは無視するが、自分で決めたルールは少なくとも守る。
戦後70年、少なくとも其のアメリカのルールのなかで日本は勝負し繁栄してきた、
たち返り考えるに、
これが、当時のソビエトや、立場は逆だがドイツの様な国だったらと思うと、
そら恐ろしい事だと僕は思う。

179.名無しさん:2017年02月22日 12:46 ID:ogDaIoi10▼このコメントに返信
※175
いや大変よく分かった。
たしかに主権ではなく統治。
俺は東京裁判は司法ではなく政治と思ってるから、これ以上は絡むべきではないな。

※178
連合国だって一枚岩じゃないし、そこも政治があるよ。
中ソは天皇廃せなんて言ってたし。
(本来は必要ない)降伏文書調印という〆イベントを作る
それこそリンチになるであろう現地問責裁判を避けるため、東京裁判による一元化
…と連合国内の綱引きでも必要とする理由がある。
180.名無しさん:2017年02月22日 12:57 ID:ogDaIoi10▼このコメントに返信
×〆イベントを作る
〇〆イベントを作り、囲い込み。
だな
181.名無しさん:2017年02月22日 18:05 ID:zXOFlmUt0▼このコメントに返信
※156
君、ポツダム宣言の文章見たかい? 13条の条文の内、最も重要な提示条件 〝 日本の主権の及ぶ範囲は本州、北海道、九州、四国及び我らが認める小島に限られる 〝 ってのがあるだろ。 これこそがこの宣言中最大の肝で、日本の明治初頭の領土の保全を明示してるんだぜ。通常、敗戦国にとってはこれが一番重要〔日本の場合、それ以外にも国体がある〕で、ソ連が千島列島伝いに北海道侵攻に動き出した時、アメリカは北海道上空に軍用機飛ばして牽制した事知ってるかい? その後もアメリカは小笠原や沖縄も日本に返還してるだろ。小笠原なんて実はアメリカの方が先に発見してたなんて説もあるし、北海道に至っては明治以前にロシアも食指を伸ばしていたんだぜ。もし無条件降伏だと言うなら、なんで戦勝国にも領有を主張し得る土地まで付けて敗戦国の領土が保全されたのか。 君の言う屈辱云々は当時の人々のご苦労ではあるが、全く別次元の話だよ。という訳で、結果として条件通りに敗戦国側の領土が保全され主権の回復もなされる事となった以上、名実共に条件付き降伏だな。
182.名無しさん:2017年02月22日 19:58 ID:4YYNHZEn0▼このコメントに返信
日本の政府はポツダム宣言を受け入れた。
陸海軍は無条件降伏し、武装解除のうえ解散した。
183.名無しさん:2017年02月22日 20:09 ID:beaFAX6V0▼このコメントに返信
君其れは少々、考えが御所楽過ぎやしないかい。
連合国という国家は、存在しないんだよ。
北海道が赤化されなかったのは、日本の抵抗にもよるが、
アメリカが鳶に油揚げを攫われるようなアホでは無かったという事実につきる。
自国の若者の血をながして手に入れた果実を、何で他国に分ける必要があろう。
別に其れは日本を終戦懐柔に導く為の譲歩や条件では無く。
単に自国の利益の為、
ソビエトを排除したに過ぎない。
自分の思い通りに日本をしたかったというだけだ。

小笠原や沖縄返還は、話にならない。
其処は批判を受ける様な肝をはずして、最大限の高価を得られるよう配慮されたアメリカの思惑に日本が乗っかっているだけだ。
アメリカは、沖縄が欲しい訳では無い。
地政学的に基地が欲しいだけだ。
184.名無しさん:2017年02月23日 02:56 ID:82DOzRSn0▼このコメントに返信
連合国は最初は本当に何の条件も無い無条件降伏を提示してきたけど
特攻とかにビビってポツダム宣言って言う『条件』を初めて付けて譲歩してきたのが真相だぞ。
ここまで戦った先人達に感謝すべきってのはそういう事さ
185.名無しさん:2017年02月23日 18:33 ID:9xJ9oUTr0▼このコメントに返信
※183
〝 日本を終戦懐柔に導く条件ではなく〜〝 いや、だから条件として明示されてるだろ。アメリカにとって戦後のソ連の南下を防ぎつつ、日本の降伏を受け容れ易くするのにベストだったからだよ。なんたってソ連を対日戦に引っ張りこんだのアメリカだから。何故君はアメリカの自国利益と当時の日本の利益が絶対両立しないと思うんだ? 利益の両立こそ最大の交渉カードだろ。
〝 小笠原や沖縄返還は話にならない〝 おい、そこ逃げちゃダメだろw 小笠原について少々訂正するが、アメリカの発見じゃなくて、アメリカ人と英人その他の入植が1830年、明治政府の編入宣言が1873年な。発見どころか入植だぜ? ここ逃げちゃダメ! 本当に無条件降伏したドイツ見てみな。 彼等の歴史的故地である東プロイセンは永久に返って来ないどころか国家を二分され、日本のサンフランシスコ講和のように一発で外交主権回復と各国外交再開はできなかったろ? 日本の場合、相手の提示条件通りに講和条約に至ったんだから、国際法的にも有条件だよ。
186.名無しさん:2017年02月23日 18:40 ID:9xJ9oUTr0▼このコメントに返信
追加
おっとごめん。編入宣言1876年な。
187.名無しさん:2017年02月23日 23:24 ID:CtTU9vet0▼このコメントに返信
自分は英語が苦手なんだけど、
「降伏文書」の英語版を見て来た。
表題は「Instrument of surrender」、ただし、大文字だった。
「Instrument」は法律文章。
「surrender」は降伏だね。
で、問題は「無条件降伏」だと「unconditional surrender」って言うみたいだ。
「降伏文書」は重要だと思うから、「unconditional 」は意図的に落とされたんじゃないかな。
188.名無しさん:2017年02月24日 18:53 ID:luY8hCqi0▼このコメントに返信
日本側が連合国の通達してきたポツダム宣言に
日本側の何らかの条件(阿南大臣の案みたいな)を提示して連合国に飲ませることができなかったんだから無条件降伏でしょ?

【例えば】
勝ち国「お前ら降参しろ、賠償金は10兆円で海外領土は没収、男はみんな奴隷な?大人しく従えば命は助けてやる」
負け国「むごすぎる! どうか賠償金は10億円で奴隷待遇はなしにしてください……」
勝ち国「駄目だ! こちらの提示した条件をそのまま受け入れろ!」
負け国「わかりました……許してくだしあ……」
  降 伏

負けA「俺たち無条件降伏したの?」
負けB「いや! 命だけは奪えないという条件を勝ち取ったんだ! 有条件降伏だ!」
 バンザーイ
 
勝ち国「なんだあいつら?」

みたいなもんだし
189.名無しさん:2017年02月25日 18:38 ID:4hO9Uw5T0▼このコメントに返信
※188
〝 こちらの提示した条件を〜 〝 って、もう自分から条件出してんじゃんw 10億円と奴隷ってキーワード、君テコンダー朴だろ? ポツダム宣言通りに国土保全でサンフランシスコ講和締結できたんだから〔つまり連合国側は最も重要な条件は小笠原、北海道等の戦勝国領有主張を引っ込めてまで守った〕、もう法的に完全な条件の実行であり、しかも現在国境確定済み。反証するなら国際法的根拠を提示してご覧。 君の意見は独り善がりの主観を無根拠に連合国側のそれとしているだけで、全くの無根拠。 君らは何故日本ではなく朝鮮半島が分割されたんだと、日本に対する怨念をふくらましているが、それは日本の一部であったにも関わらず、無力のままサンフランシスコ講和を待たずに勝手な独立ごっこをした君らの先達が愚かだったんだよ。日本領が安堵されたのと同様、日本の一部として講和條約に望めばアメリカの後押しで半島一国として建国できたのに。今も昔も君達は冷静かつ法的に物事を考える事ができず、情緒で暴走するんだな。
〝 日本側の条件を連合国側に飲ませる事ができなかったから〜〝 いや、国体護持と連合国側の言う 〝 我らが認める小島〝で、しっかり小笠原や沖縄を継続交渉、これを含ませる事に成功してるだろ。 ホントに無条件だったドイツには、これ一切認められてねーから。
190.名無しさん:2017年02月25日 21:13 ID:PhW8IuSP0▼このコメントに返信
※189
188の内容だと、つまり実際の歴史の日本と同じように
自分たちの条件を相手国に飲ませる事ができずに相手側の条件(勧告)を丸呑みして降伏したと言うことでしょ?
これがいわゆる無条件降伏なんでしょ

>国体護持と連合国側の言う 〝 我らが認める小島〝で、しっかり小笠原や沖縄を継続交渉、これを含ませる事に成功してるだろ。
意味がわからない 連合国が認める領土 でしょ?
相手のいうがままの条件を飲み込んで降伏することが無条件降伏でないなら何なの?大丈夫?
191.名無しさん:2017年02月28日 17:53 ID:I.294cAA0▼このコメントに返信
※190
ドイツが多くの国土を簒奪され、国土を二分されても以後領土交渉の機会を認められなかったのに、日本にはそれが認められ沖縄、小笠原まで復帰し、それはポツダム宣言→サンフランシスコ講和を経た結果であり交渉の結果 なのは歴史的、学術的事実だよ。だから反証に足る国際法的な根拠を提示してごらん。 なんで無条件降伏なのに領土交渉出来んの? 君、条文読んでないだろ。13条文を要約すると、日本の主権の及ぶ範囲をひとまず示し、その主権は彼等にとって反動的な勢力が除かれた後に回復され占領軍は撤退すると明示してる。 この 〝〜したら〜する〝 ってのを法律用語で停止条件っていうんだ。つまり日本が主権を回復したら 〝 我々の認める小島〝 を主権者たる日本と話し合い、その範囲を確定しなければならないだろ? 13条文でハッキリと停止条件付領土交渉を謳っており、実際その通りに交渉によって沖縄や小笠原まで還ってきた。ポツダム宣言13条文に停止条件があり、それに沿って領土が回復され、条文にすら触れられなかった国体護持まで勝ち取った。主権無視して勝手に領土決めたら再侵略だろ。 君の理論は80年代に左翼学者が好んで主張してたな。もう一度言うが、ポツダム宣言に停止条件が有り、その通りに日本領が返ってきたことが、何故ドイツの無条件と同じなのか、停止条件に触れた上で国際法的根拠を示して反証せよ。




192.名無しさん:2017年03月01日 16:26 ID:8LES64cj0▼このコメントに返信
日本とドイツでは確かに事情が異なる、
相手国のその条件の受諾を求めた(広義での合意条約)か,それとも単純(無条件)に軍事的降伏を求めたかの差異がある。
しかし、本来問題になるのは、占領軍の施政と其の実態であり、
連合国側が降伏条件を一方的に定め、かつそれに基づいて降伏国の戦後処理を一方的に行うという意味ではドイツも日本も同じである。
君の言うような条約の解釈論など全く意味は無いし。
そう言う理屈でアメリカの占領政策がかわった歴史的事実も無い。
193.名無しさん:2017年03月01日 18:13 ID:WsZLINfH0▼このコメントに返信
※192
やっぱり国際法的根拠は示せなかったね。 君の主張の原点は、ルーズベルト主張の無条件降伏〔相手の政府すら機能しない程に叩き潰し、かつ相手側から無条件の意思表示をさせる〕を正式に拒否された〔1945年5月〕後任のトルーマンが、日本本土決戦にまで及べばソ連軍の上陸まで許し、軍港を造営され、太平洋チャンピオン戦を戦った意味が無くなるから条件付の提示に修正して日本降伏を促した際、アメリカ世論の沸騰を抑えるために〝
条件付き無条件降伏〝 なんて言う苦し紛れの表現を、戦後左翼が拡散した事による。実はこれもう国内でもケリが付いていて、日本の降伏は有条件で定説となっているんだよ。歴史教科書で最も使われている山川出版の世界史B見てみ〔2009年版なら p334〜336〕。〝イタリアは無条件降伏を申し出た〝 ドイツは無条件降伏した〝 日本はポツダム宣言を受諾して降伏した〝 って明言してるぜ。御丁寧にポツダム宣言の注釈には〝日本軍の無条件降伏と戦後日本の処遇の基本方針〝とある。要するに無条件なのは軍についてであり国家ではない。つまり入試で君の見解書くと不正解なんだ。降伏調印文書にも 〝 当事国はポツダム宣言を遵守する〝 って文言があるんだが、これにより戦勝、敗戦国双方に権利義務が発生している。戦勝国にも義務が発生する無条件降伏って何だよw 上の人達が何度も書いてるが、日本は政府が降伏調印したけど、ドイツは国防軍最高司令の元帥名で調印してる。そう、法的には軍人に過ぎないので交渉権もなく、だから無条件。 まあ、よかったら高校の教科書レベルで決着してることにでもコメントしてくれ。
194.名無しさん:2017年03月01日 18:26 ID:WsZLINfH0▼このコメントに返信
追加
〝 君の言うような条約の解釈論など全く意味はないし〝
国際社会はそれを無法国家と呼び、一般社会では無法者と呼ばれる。袋叩きだな。 君はもう少し勉強し、現実問題と感情の問題を別けて考え
られる様にならねばな。
195.名無しさん:2017年03月01日 23:00 ID:8LES64cj0▼このコメントに返信
もう少し勉強も良いが、君の場合論理が現実にそくわず、条約の解釈が歴史的経緯から乖離しすぎている。
当時の当事者ので有る日本政府の三権がそれぞれ、無条件降伏と言う解釈で一致しているし、
アメリカが側に異論が有ろうはずもない。
当時の当事者同士が無条件降伏の解釈で揉めたなとど言う話は、聞いた事も無い。
要は何度も書くが、現実如何だったかが重要であり、
解釈を捏ねくり回す事に意味は無い。
有条件か、無条件かなどという事で占領国の待遇が変わった訳でも無い。

196.名無しさん:2017年03月01日 23:01 ID:8LES64cj0▼このコメントに返信
無条件より有条件の方が何かしらのメリットが有ったと考えるのは普通だが
実際は、ドイツと、日本の待遇にかくたる差は無い。
逆に、地位協定の格差や、再軍備の可否など考えれば日本の待遇の方が明らか低い。
其の理由は、条約の有るなしでは無く、
勝者の思惑だけだ。

さて、立ち返り君は何を主張したいのだ?
戦後70年もたってから、有条件か、無条件かなどという事を主張しても何か意味があるのか?
過去の歴史が変わる訳でもなし、お互い納得済みの事をほじくり返して益があるのか?
変なプライドを満足させる為に、理屈をこねるのは
余り意味が無いと思うが。
ああ、因みに僕は※190では無いよ。



197.名無しさん:2017年03月02日 17:10 ID:9.9EDMWu0▼このコメントに返信
※196
せめて山川出版の教科書についてコメントしてからマスク被って再デビューしよう! 宿題忘れちゃだめ。もう俺と君しか此処に来ないだろ。 無法者君w
198.名無しさん:2017年03月07日 17:57 ID:W.ILTy760▼このコメントに返信
長々やってきたが、やっと諦めたみたいだな。国際法の観点を優しく説いても全く理解して貰えなかったのに山川の教科書でノックアウトされる辺り、高校生か中学生かな? まあ、やっと君の根拠らしき物が出てきたので、それだけ答えてシメとしよう。

〝当時の当事者で有る日本政府の三権がそれぞれ、無条件降伏という解釈で一致しているし〜〝
国際秩序は
国際条約〔合意等も含む〕〉国内法及び判例 〉〉〉超えられない壁 〉〉〉君の言う三権の解釈、見解等
であり、三権の解釈見解では法的効力は何もない。野党とかのツッコミネタでしかないよ。では国内法や判例はどうか? これも成立した国内法を基に交渉し、相手側が納得した上で条約改正しないとダメ。この前、自民がTPP無理矢理議会通したろ。でもトランプとの首脳会談でアベさんはTPPについて理解を求めただけで、〝 履行請求 〝はできなかったろ。それはTPPはまだ米国では議会を通過しておらず、条約も批准してない以上、日本が先に立法しても無意味だから。実は君の三権コメントよりも強い最高裁の誤判例が有るんだが、それだけでは意味は名無く、それを基に政府が連合国側に降伏の無条件化を再交渉し、かつ、連合国側がそれを認めなければポツダム宣言は無効化しないんだよ。君が無条件降伏と主張するなら、その無条件降伏化交渉の事実を証明しなければならないが、そんな外交史は存在しない。ところで日本政府の三権って何だよw 君、三権分立解ってる?
199.名無しさん:2017年03月07日 18:44 ID:W.ILTy760▼このコメントに返信
追加
〝アメリカ側に異論が有ろうはずもない〝
おいおい、何言ってんだ? 病気でまともな判断できなくなったルーズベルトがソ連引っ張り込むのにヤルタ密約とかやっちまって、せっかくアメリカ一人勝ちの太平洋にソ連の軍港作られそうだったから、後任のトルーマンがポツダム宣言で北海道を日本領と明記したんじゃねーか! もし日本の降伏が無条件なら最低でも北海道と沖縄は削られてたな。ソ連軍は実際に密約通りに北海道占領計画発動したし〔でも千島列島で日本軍の予想外に激しい抵抗にあい大苦戦、この間に米軍機が北海道で示威飛行を始めたため頓挫〕、琉球は日本の島津氏が進攻する以前から清の属国だったため、中国に領土主張される可能性があった。こんなやばい状況、アメリカが望む訳ないだろ。ヤルタ密約については、何たって密約だから 〝 ソ連には樺太と千島列島領有を認めたとする説〝 が一応有力ではあるが、これに北海道北半分を加えていたとする説もあり、ソ連軍が 〝北半分のみならず全土を占領する〝 とした軍事作戦計画を持っていた事とも符合してるので、まあポツダム宣言呑んでなかったら、日本もアメリカも相当ヤバかった訳だ。

以上、長かったが、君のお陰で小笠原でアメリカが日本に先んじたのは、発見では無く入植だったことを知って、ちょっと勉強になったな。
君も、もう少し勉強しよう!

お名前