スポンサーリンク

2017年01月31日 12:05

日本人の大多数は特攻自体には悪い印象持ってるけど特攻隊を英雄視してるよな

日本人の大多数は特攻自体には悪い印象持ってるけど特攻隊を英雄視してるよな

l201106210000

引用元:日本人の大多数は特攻自体には悪い印象持ってるけど特攻隊を英雄視してるよな [無断転載禁止]©2ch.net
http://vipper.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1484852662/

1: 2017/01/20(金) 04:04:22.773 ID:7NXsQ0KG0
永遠の0なんかを見てみれば特攻隊員は好意的に描かれてるし知覧記念館では泣いたなんて意見もちらほら耳にする
本屋に行けば遺言が置いてあったりするし良いか悪いかはおいておいてこれは日本人の根底にある物じゃ無いだろうか


取り敢えずやっぱり英雄は死ななければいけないってのは事実だな

2: 2017/01/20(金) 04:05:52.479
上に言われてあんなことさせられたんだからせめて日本人だけでも敬わないと

3: 2017/01/20(金) 04:06:04.785 ID:mtagdZVU0
武士道とは死ぬことと見つけたりって言うしな
作戦の是非はどうあれ国に命を差し出した人の気持ちは尊いんじゃないの

4: 2017/01/20(金) 04:08:36.357 ID:7NXsQ0KG0
愛国心がどうのこうのなんて言われるようになったけどそう言った大々的に言われるような物じゃ無いロマン主義や愛国心は日本人の心に根付いてると思う

8: 2017/01/20(金) 04:12:49.646 ID:7NXsQ0KG0
まあ歴史的真実がどうだとか開戦までの流れは一旦置いといてだな
命懸けならってのは確かにそうかもな
弱者が一所懸命にって言うと24時間テレビを思い出させる

14: 2017/01/20(金) 04:19:30.953 ID:7NXsQ0KG0
歴史はなあ日本にも悪い所はあるだろうから一概には言えないしだからって日本だけが悪ってのも無いだろうし

戦争反対を唱えながら戦争の兵士を英雄視しながら戦争映画を好む
って書くとちょっとアレ

18: 2017/01/20(金) 04:23:54.244 ID:7NXsQ0KG0
そもそも戦争終結を考えてたかすら怪しいなんて言われてたりするな
スレチだが

24: 2017/01/20(金) 04:33:08.136 ID:VOQWDzsVd
>>18
アメリカが対日包囲に傾いたのは、日本の第一次上海事変
当時極東で最大の国際都市は上海共同租界で、麻薬利権の中枢だった
日本はこの上海で事変を敢行
空母まで展開した

そこから、色々経て日中戦争
アメリカにしてみりゃマジで日本が利権独り占めする気だと焦った
しかし、思うように戦争に勝利出来ない日本はインドシナ進出を画策
三国同盟を結んでそのまま仏領北印に進駐

アメリカはもう日本潰すしか無いと認識した
まさに今の中国と同じことだもん
でも、日本にしてみりゃ英米とやってることを真似してるだけで、本当に大戦争に発展するとは思って無かったろうね

19: 2017/01/20(金) 04:24:51.496 ID:xLgtORfed
敗けの覚悟あった国民なんていまだかつてどこにもいないだろ
どこもかしこも勝つ前提

23: 2017/01/20(金) 04:30:55.537 ID:L5adrJKm0
>>19
ちょっと違うね
「負けたらとんでもない目に合うからどんな卑怯な手を使ってでも勝者側につかねば」ってのが国際社会のどうたらこうたらだと思うよ

29: 2017/01/20(金) 04:37:23.201 ID:QRwBHDB3p
特攻隊がよくとりあげられるのは
単純に反戦教育のためでしょ

「戦争の悲惨さうんたら」のなかでもいちばん分かりやすいし物語にしやすいやん

32: 2017/01/20(金) 04:41:07.409 ID:L5adrJKm0
>>29
それ

30: 2017/01/20(金) 04:39:09.433 ID:7NXsQ0KG0
あーなる単純な悲劇性ならトップクラスだし上層部悪役にし易いしな

41: 2017/01/20(金) 04:47:41.775 ID:14UBxpDt0
命令されたら断れないんだから特攻隊を尊敬する気持ちは湧かない
可哀想だと思う

46: 2017/01/20(金) 04:51:17.397 ID:7NXsQ0KG0
可哀想ってのは確かにあるかもしれない
ちょっと右翼的な考えや教育を受けたなら英雄視込みの祖先崇拝と可哀想って感情
左翼的なら可哀想もしくはただの自爆
って所だろうか

51: 2017/01/20(金) 04:54:01.536
日本はまだマシなほうだと思うけどなあ
同盟国は東西真っ二つにされたし併合してたお隣は南北に分断されて大戦争した挙句未だにいがみ合ってるんだし

87: 2017/01/20(金) 05:22:04.065 ID:DhEFKb/a0
まあ自分の命で賄える筈もないのに国を決死の覚悟で守ろうとした人の心は尊ぶ物じゃね

92: 2017/01/20(金) 05:25:49.032 ID:OUhmQsaz0
>>87
当時の人の気持ちって本当にそうなんだろうか?
単純に好きな人や親、兄弟友人を護りたかっただけなんじゃないだろうか?

88: 2017/01/20(金) 05:24:31.849 ID:7NXsQ0KG0
結局は自己犠牲の立派さと先祖崇拝と軽い右翼的思想と悲劇性が日本人の国民性に合致してたんで未だに人気があるって事でよろしいか

そう言えば白虎隊や赤穂浪士も人気があったな

139: 2017/01/20(金) 06:00:34.475 ID:LG72Mrko0
死ぬと心揺さぶられるだろ
悲劇も喜劇もハッピーエンドもバッドエンドも心揺さぶってきた作品のことをどう評価する?
いい話だなあ、だろ
ただたまに悲劇でムナクソってのがある
なぜムナクソになるか、自己投影させてるからだ
つまり自分と一切関係ない、共感はできても感情移入や自己投影できない設定で心揺さぶればどんな悲劇も喜劇もいい話だなあになる
特攻隊はその条件を満たしてる

142: 2017/01/20(金) 06:01:35.118 ID:7NXsQ0KG0
つまり悲劇性と自己犠牲
特攻隊が好かれる理由はこの二つにあったと
これでこのスレタイの結論を終わりたいと思います

156: 2017/01/20(金) 06:09:53.292 ID:LG72Mrko0
>>142
うん、俺は国のために自分の命を捧げることを俺は良しとはしないが、ただその悲劇と自己犠牲に感動する
アルマゲドンもそうだったよな
よその国でも特攻隊があれば感動はするんじゃないか?
そうなると、なぜ日本に特攻隊があるのか、だけど
ノルマンディ上陸作戦なんか特攻隊みたいなもんじゃね?とも思うんだよな
どこの国も似たようなもんではないかねえ

162: 2017/01/20(金) 06:14:27.547 ID:+kSFC3HY0
>>156
差し向かいでドンパチやる陸戦部隊も自殺行為と言えば自殺行為なのになんでだろうと思ったら
完全に生きて帰れない、最初から死にに行く指令を飲んだってのが悲劇なんだろうな

176: 2017/01/20(金) 06:21:22.578 ID:LG72Mrko0
>>162
そう全く同じこと考えてて
例えばローマ時代の重装歩兵の先頭なんか真っ先に死ぬじゃん
これもう特攻みたいなもんじゃね?と思うわけだがそういう英雄的な描かれ方はしないよな
うーん、でもスパルタの戦士は300とか映画になってるなあ
やっぱ死亡率の問題かねえ

160: 2017/01/20(金) 06:13:19.463 ID:7NXsQ0KG0
そう言えば自衛隊パイロットが市街地に落としては死傷者が出るとわざわざ脱出しなかった事件だとか
米軍の兵士が手りゅう弾に覆いかぶさって仲間を身を挺して守ったとか
そう言った話はあるな

174: 2017/01/20(金) 06:20:56.298 ID:L5adrJKm0
>>160
安全確保した後、ダメだとわかっていてもベイルアウトしたのは整備不良ではないことを示すためってのはちょっとうるっときた

203: 2017/01/20(金) 06:37:50.163 ID:7NXsQ0KG0
大体の結論は出たけど海外では日本のように自己犠牲や悲劇に関して特段注目するのかってのは気になる所だったな
日本ならWW2が特別視されてる事もあって特攻隊だけど
アラモ砦やパールハーバーで奮戦の末死んだ兵士なんかは特別視されてるって聞いた事がある

212: 2017/01/20(金) 06:44:09.787 ID:LG72Mrko0
>>160 >>203
うん、結局のところ日本人だから、ではないんだと思う
人間は自己犠牲の悲劇に感動する
そういう生き物なんだと思うよ

216: 2017/01/20(金) 06:45:52.980 ID:7NXsQ0KG0
>>212
やっぱり全世界共通だと見るのが妥当だろうか
何故自己犠牲の悲劇に感動するようになったのかそう言った精神性はどうして出来たのか
なんてのも気になるけどきっと解明はされんだろうな

240: 2017/01/20(金) 07:01:34.450 ID:+kSFC3HY0
>>216
悲劇ってのは観客が安全圏にいるわけだから、たとえ共感して泣いても他人事というややこしい事が起きる
だから特攻隊の場合はその心理を利用して否定すると人間じゃない的な悲劇に自分なりの愛国かくあるべし論を乗っけて逆らえなさを作りあげる人もでてくる
悲劇の情動と事実が感動でごちゃまぜになる
間違った大義で自国の軍隊が他国を攻撃したとして、泣いてる自国兵士の遺族なんかを撮されたら大義の批判がしずらくなるという・・・

245: 2017/01/20(金) 07:05:55.367 ID:7NXsQ0KG0
>>240
確かに自己犠牲は立派だし悲劇は嘆くべき
だけどそれを利用しようとする人間は問題だって事か
歴史を自分の利益や名誉や楽しみの為に使う人は嫌だな

164: 2017/01/20(金) 06:15:45.399 ID:7NXsQ0KG0
ああそう言えば日露戦役で海軍兵士が明るく戦死しに行ったとかそう言った話も悲劇性や自己犠牲って面からすると類型かもしれない

167: 2017/01/20(金) 06:17:45.511 ID:DhEFKb/a0
>>164
ある種決意した人間は美しく見えるししょうがない
憑き物が落ちたとか言うし

169: 2017/01/20(金) 06:18:44.569 ID:7NXsQ0KG0
>>167
永遠の0でもそんな描写があったな
俺にゃあ真似出来んな

258: 2017/01/20(金) 07:16:57.524 ID:L5adrJKm0
震洋隊の基地って日本各地にあったけど敗戦の報を聞いて「我々だけでも打って出よう」とか
「いさぎよく自害しよう」とか言い出す隊員を抑えて戦後のことを諭したのは学徒出陣した若い将校たちだったそうな

311: 2017/01/20(金) 09:42:19.373 ID:Q50zZ1xF0
特攻命じた奴は狂ってるけど実際に家族や子供のために命を擲った人間を悪く言えるはずがない

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2017年01月31日 12:09 ID:pnWq3Oyu0▼このコメントに返信
特攻作戦は日本の恥、それを敢行した特攻隊員は日本の誇り
2.名無しさん:2017年01月31日 12:10 ID:YBxlkYjL0▼このコメントに返信
九段の桜を忘れない。ただそれだけでいいんじゃないか
3.タカ派のとき1号:2017年01月31日 12:13 ID:G.SwNop10▼このコメントに返信
少なくとも、『特攻服』着て粋がっているDQNは、
本物の神風特別攻撃隊に対するリスペクトなんか、微塵も無い。
アイツら、筋金入りの馬鹿だから、難しい事わからない。
日本がアメリカと戦争してフルボッコKO負けだったのも、知らねんじゃねえの?
4.名無しさん:2017年01月31日 12:14 ID:ADyIQJVn0▼このコメントに返信
特攻という行動は無謀だが、国を守るためには死をも厭わないという精神は讃えられて然るべきかと思う。

というか、自分が生まれ育ってきた国を疎ましいと考える連中の気が知れない。
5.名無しさん:2017年01月31日 12:15 ID:Mf7R61680▼このコメントに返信
まあそういうことだな。
最終的に勝てば特攻は有効な戦術だといえる。
が、やってもやらなくても負けるのがほぼ確定してるのに、戦局を打開できないのを承知で
兵士の命を消耗品として腹いせの嫌がらせのような攻撃に浪費させたのがマズイ。
で、死を命じた司令部は後方でノウノウと暮してる。
今の日本でも全然変わってない構図・・・
6.名無しさん:2017年01月31日 12:15 ID:IkQTvZMK0▼このコメントに返信
自分たちが享受している平和が誰の血で築かれたか思い出す、語り継がれる伝説
7.名無しさん:2017年01月31日 12:15 ID:KFcfK3rg0▼このコメントに返信
平和な江戸時代が永遠と続けば個人としては幸せだったのだろうけど。
列強の植民地獲得合戦で、戦わない国は自動的に植民地だろ。
特に有色人種は総じて奴隷。
となると、あそこで死んでも維持見せないと民族的に立場ないだろ。
今が有色、白人が対等に近いのは特攻隊、広義では日本が戦ったから。
それが狙いでないにしても、やはり、あの戦争は大きな意味があったと思うよ。
少なくとも有色人種にはね。
8.名無しさん:2017年01月31日 12:16 ID:gNftQmFP0▼このコメントに返信
彼らが特攻という作戦を立てたわけではない。
理不尽だとか厳しいとか色々思ったと思う。それで勝てるとは思っていなかっただろうし。
それでも国を一分一秒でも守ろう、敵を退却させられるかもしれないと、本当に一縷の望みを胸に死に突っ込んでいった。
その精神へ、敬いと感謝を感じる。
9.名無しさん:2017年01月31日 12:17 ID:mZ69Em630▼このコメントに返信
自分たちの仲間の為に身をささげた人を敬うのは当然のこと
それいい事に利用しようとした連中を蔑むのも当然のこと
それだけだろ
10.名無しさん:2017年01月31日 12:18 ID:qv.34WMA0▼このコメントに返信
実は特攻のあるなしでせんししゃの数は変わらない。
戦争なんだから通常戦闘でも人はしぬのだ。
そして戦果は特攻のほうが1.5倍は多かった。
戦後進駐軍が徹底的に特攻=悪の構図を描いたのはこれが理由。
11.名無しさん:2017年01月31日 12:19 ID:hASbAk8v0▼このコメントに返信
特攻隊生みの親である大西瀧次郎中将も、特攻作戦自体は本来の作戦であったとは言っていない

大西中将は、終戦の日に、特攻隊員の後を追って自刃している
12.名無しさん:2017年01月31日 12:20 ID:g48gEVkw0▼このコメントに返信
特攻でどうにかなるとは思わんが
アメリカに影響を与えたのは確かだわ
やってなかったら皇室もなくなってたかもしれん
13.名無しさん:2017年01月31日 12:20 ID:3DfXRVRd0▼このコメントに返信
ブラック企業はクソだけどそこでやむを得ず働いてる奴は生活かかってるし仕方ない
それと同じ
14.名無しさん:2017年01月31日 12:21 ID:NzIuBoMd0▼このコメントに返信
特攻作戦を戦略にしたのは日本軍の恥ではあるよ。
命令に従い散っていった兵隊は悪く言うに気はなれんし国のために戦死したんだからそこは讃えられるべきではある

特攻作戦は人も物もない日本が一番やっちゃいけない戦略だった
15.名無しさん:2017年01月31日 12:21 ID:0R9LBgEG0▼このコメントに返信
海外では特攻を無謀ととらえてるが、そんなことは百も承知で特攻したと思う。
日韓併合を米英で依頼し画策しておいてのABC包囲網とハルノート・・現在に置き換えてもそんな国と戦したなら一億玉砕は伊達じゃないぞって相手に思わせないと降伏もできんでしょうが
あの時代も今も日本の識字率やIQは世界でもトップクラスなんです。
しかも特攻したのはその中でも高学歴の学徒ですよ。そこを考えて推し量るべし
戦後の日本人が粗末な扱い受けずにすむように狂気の汚名を甘んじて受け特攻したのが神風だと思います。
同じ状況なら自分もあぁいう事ができる男でありたいと思う。
英霊に感謝
16.名無しさん:2017年01月31日 12:22 ID:hASbAk8v0▼このコメントに返信
敵であったアメリカ軍でさえ、特攻隊員と硫黄島の兵士に対しては、尊敬の念を持っている
17.名無しさん:2017年01月31日 12:22 ID:XhcedFrw0▼このコメントに返信
英雄扱いって当たり前だろ
負け犬扱いして遺族も蔑めとでも言いたいのか?どこの人間だこいつは
18.名無しさん:2017年01月31日 12:22 ID:k7ciuS680▼このコメントに返信
特攻隊だけじゃなく、守るもののために戦っていったやつらは皆英雄さ。
そこらへん分かってないよな。
まぁ、大事なものが自分だけの奴には分からんか。
19.名無しさん:2017年01月31日 12:23 ID:jbJBpyQv0▼このコメントに返信
※7
>あそこで死んでも維持見せないと民族的に立場ないだろ。
>今が有色、白人が対等に近いのは特攻隊、広義では日本が戦ったから。

全面降伏したのだから、白人が対等に近いのは単に運だと思うけど。
20.名無しさん:2017年01月31日 12:24 ID:HGOiQBOv0▼このコメントに返信
日本に住む、愛する家族を護りたい。己の命に代えても、と。
そんな想いで散って行った英霊を敬わないはずがない。

『自分さえよければそれでいい』
醜い個人主義に染まった戦後日本人には理解できないか?
21.名無しさん:2017年01月31日 12:24 ID:8Idf1tz60▼このコメントに返信
もし戦争になっても僕は戦わないです…
22.名無しさん:2017年01月31日 12:26 ID:AIDCgX3L0▼このコメントに返信
はっきり言って、俺たちの為に犠牲になってくれた人たちなんだよ

そんな人たちを悪く言う必要ないよな
23.名無しさん:2017年01月31日 12:26 ID:8Idf1tz60▼このコメントに返信
少なくともここのコメ欄にいるようなゴミクズの為には戦いたくないんだよなぁ…
24.名無しさん:2017年01月31日 12:26 ID:z5Omwu.o0▼このコメントに返信
祖国を守るために命をかけて立ち向かった戦士は勇ましい
彼らのお陰で今自分らの暮らしがあるから

もし特攻が日本じゃなく米国や中国等、他国で行われたとしても、本当に馬鹿げた作戦だと思いながら特攻隊の方々は敬意を表しただろうと思う
25.名無しさん:2017年01月31日 12:29 ID:milgvexp0▼このコメントに返信
まず自分がその身になって考えてみろ 敵艦へ突っ込んで逝くのだ、自分は何の為にこの世に生まれて来た
のだろうろ考えるぞ、親兄弟を思いつつ祖国の為とは言えど 何で自分がという葛藤はあるぞ、今の日本が
あるのは この英霊のお蔭だと思わなくては 英霊も浮かばれないだろう、・・・・・・敬礼!!
26.名無しさん:2017年01月31日 12:30 ID:rh.Br9cS0▼このコメントに返信
isの自爆テロをカミカゼって外国人に言われると心底腹が立つ!
あれは無関係な民間人を殺して恐怖を与えるもんだろう?
カミカゼはあくまでも敵戦艦・空母破壊が対象。
しかも無数の対空火器の中に突っ込んでいくんだぞ。
27.名無しさん:2017年01月31日 12:31 ID:yNRLOQNq0▼このコメントに返信
特攻してでも守らなければ日本しいては家族が必ず酷い目にあうという共通認識を持っていたことを念頭に置いて欲しいな。
今のように「あの国はどうせ本気じゃないから大丈夫」みたいな相手の事情次第でいつでも覆るような代物に頼る平和ボケはいなかった。
28.名無しさん:2017年01月31日 12:31 ID:22O9PzFf0▼このコメントに返信
「お国の為!」なんて言い方がよく使われるが、
日本の未来のために活躍してくれたんだよ。
29.名無しさん:2017年01月31日 12:32 ID:nGO839BB0▼このコメントに返信
特攻やそれに近しい玉砕攻撃を行なった兵士たちをあしざまに言う人なんか日本人にはいないだろ

特攻を常道化して「海軍がやってるからウチもやらないと立場無い」とかメンツで行かせたり
志願といいつつ実態は強制だった構造を作り出した軍上層部が批判されてるだけで
30.名無しさん:2017年01月31日 12:33 ID:WhijKsGy0▼このコメントに返信
特攻という手段は是非があるけど、
少なくとも国や家族のために命を捧げた人へ
敬意を持つのは不思議じゃないと思うけど
31.名無しさん:2017年01月31日 12:34 ID:FLlsQIZv0▼このコメントに返信
戦後特攻服を着てのし歩いていたのは朝鮮人だよ。
現代暴走族でも朝鮮人が特攻服を着ている。
全てにおいて朝鮮人はインチキ民族だ。
でも本当に特攻で亡くなった朝鮮人も存在した。

特攻隊の是非で言えば、飛行機は使わないにしても世界には事例は沢山ある。
米国のアラモ砦の戦い、ギリシャのテルモピュライの戦い、イスラエルのマサダの戦いなどなど。
彼らは全滅覚悟で戦って全滅した。
どこの国でも彼らは最高の英雄だろう?。
彼等は愚かな人達なのか?。
日本の神風特攻隊だって無条件に最高の英雄だ。
自称戦勝国に脳みそを占領されれて
脳みそが植民地状態の日本人以外の人達はそう思っているだろう。

32.名無しさん:2017年01月31日 12:35 ID:qHj4WMMQ0▼このコメントに返信
他国の紛争に首突っ込んで人死だすのもよっぽどクレイジーだよ
33.名無しさん:2017年01月31日 12:35 ID:.XfQwu7U0▼このコメントに返信
おい。管理人。
このサイトは公安に連絡してある。
常に監視対象であることを忘れるな。私は日本人へのヘイトについては、いつでも法的手段に訴える。

日本下げスレを立てることは許せないが(お前の国で逆のことをされたら許せるかという問題:反論してみろ)「特攻」についてはスレを立てることは許さない。
特攻は航空攻撃だけではない。地上戦でも行われてもいる。
それらの人々を侮辱することは絶対に許さない。

管理人としての見解を書け。
当然、公的機関に連絡はしておく。
34.名無しさん:2017年01月31日 12:38 ID:Rz5aAKq70▼このコメントに返信
英雄視じゃなく、感謝の気持ちだろ。大戦の先に今があるがゆえの礎になった方々への尊い鎮魂と感謝の気持ちだと思う。
35.名無しさん:2017年01月31日 12:38 ID:9F0c5Qtr0▼このコメントに返信
人間として生きてる以上、「中道」なんてのは絶対にありえないってのに、なんで「俺は中間の視線」と言い切る馬鹿が引きもきらないで存在し続けるのだろうか・・・w

※27
負けたら敗者はなにをされるかわからない(現実になにをされても黙り込むしかなかった)のが世の常だからね。
戦争になれば逃げれば良い!負けても相手は人権を尊重してくれる!とか、アホウのたわ言に過ぎないわw
戦争に巻き込まれそうになって逃げるってのも、逃げた先の人々からすりゃ「手前の国が攻められてるのに逃げ出した卑怯者」と言う見方をするだろうし、負けた相手に温情をかけてきた日本人の常識が、外人の常識の埒外であるのも知っておかないとなあ。
36.名無しさん:2017年01月31日 12:38 ID:hXpSDwQn0▼このコメントに返信
戦国時代の、自己の命より御家のためってのに共通するものがあるんじゃなかろうか
薩摩藩の捨てがまり?もそうだし
特攻隊に惹かれるのは現代人に無い、死の恐怖を超えた覚悟みたいなのじゃないかな
37.名無しさん:2017年01月31日 12:39 ID:6otT0NXV0▼このコメントに返信
特攻に限らず友人、家族、恋人、故郷を思い、命を捧げた人へ思いを馳せれば自然に感謝の気持ちが湧きあがる。
時を経て現在もそういう日本人はたくさん居る、あの時原発に向かった消防隊員は忘れられない。
38.名無しさん:2017年01月31日 12:40 ID:mSEX39BE0▼このコメントに返信
そもそも特攻隊員に「敬意を払う」事と、彼らを「英雄視する」事は別もんだ。
39.名無しさん:2017年01月31日 12:40 ID:jbJBpyQv0▼このコメントに返信
※35
日本は第二次大戦で敗北したが、連合国の温情に寄り今の地位があるんだろ。
40.名無しさん:2017年01月31日 12:41 ID:hoA4XUz20▼このコメントに返信
死んだらすべて許されるという訳ではないけど
責任のとり方の一つではあるだろう
何の責任も取らず生き残って
断罪されなかった奴らがいるんだから(陸軍将校あたりに多い)
死んだ人を断罪するのは後回しにしても構わん
41.名無しさん:2017年01月31日 12:41 ID:39prN1JA0▼このコメントに返信
どうせ戦争で○ぬなら敵の船を道連れにしようという、ごく自然な発想。それだけ追い込まれていたということ。
42.名無しさん:2017年01月31日 12:41 ID:m.C74ooa0▼このコメントに返信
インデペンデンスデイ見ろよ
明らかに特攻してる爺さんも英雄扱いだろ
死地に行く勇敢な人間は尊敬されるんだよ
43.名無しさん:2017年01月31日 12:43 ID:m.C74ooa0▼このコメントに返信
※39
なんで同じ連合国()だった国をさしおいて日本に温情くれたんですかねぇ
44.名無しさん:2017年01月31日 12:43 ID:NzIuBoMd0▼このコメントに返信
米19

植民地を維持できないくらいに欧州各国が疲弊したのもあるだろうね。あと植民地独立に日本兵が力を貸していたりして結果的に相対的に白人の地位が落ちた
45.名無しさん:2017年01月31日 12:44 ID:.XfQwu7U0▼このコメントに返信
※39
おい。管理人。
このサイトは公安に連絡してある。
常に監視対象であることを忘れるな。私は日本人へのヘイトについては、いつでも法的手段に訴える。

日本下げスレを立てることは許せないが(お前の国で逆のことをされたら許せるかという問題:反論してみろ)表現の自由はあり、仕方がない面はある。
しかし「特攻」についてはスレを立てることは許さない。
特攻は航空攻撃だけではない。地上戦でも行われてもいる。
それらの人々を侮辱することは絶対に許さない。

管理人としての見解を書け。
当然、公的機関に連絡はしておく。
46.名無しさん:2017年01月31日 12:45 ID:uuuDWswd0▼このコメントに返信
TPPがわが国の海洋安全保障に与える影響
ttp://www.zenchu-ja.or.jp/pdf/tpp/120410_09.pdf

【激ヤバ拡散】報道されないTPPのまとめ  医療・労働関係他 
参加国総貧困化・労働環境悪化・支出増加・ビザ大幅緩和等全分野に影響多数
ttp://itest.2ch.net/test/read.cgi/lifesaloon/1466252968
47.名無しさん:2017年01月31日 12:45 ID:gNftQmFP0▼このコメントに返信
39
その温情が極めて稀であるということと、それが自然発生ではないことは、あの当時の日本人の尽力の賜物だと思います。
東条英機の遺書も然りですが、日本人のこの国への気概をアメリカに知らしめたことが戦後とうちの方針に反映されているはずで、あっという間に白旗を振っていたらどんな扱いを受けたか知れないと、自分は思います。
48.名無しさん:2017年01月31日 12:47 ID:39prN1JA0▼このコメントに返信
ここの管理人はコメント増やす為に、毎回炎上しそうなトピックを選んでいる。
あじあにゅーすやU-1と同じで無視したら良い。コメントすると管理人の思うツボ。
49.真実史観2の1:2017年01月31日 12:47 ID:bT9F2wZD0▼このコメントに返信
①本当のことを伝えたい。『特攻 最後の証言』

吉武登志夫陸軍少尉八紘第六隊石腸隊
あの時代にいれば理解できること
 吉武「私たちは、かわいそうな人でもなんでもありません。今の時代から見れば、そう考えるのかも知れませんが、当時は国のために命を捧げることに大いなる価値があった。やはり物事を正しく見るには、当時の状況を前提に考えないと当事者の気持ちまで理解するのは難しい。要するに、その時代の雰囲気、戦況、そういうものの中にあって初めて生まれる心境です。平和な時代とは前提が違う。我々のような者でも、今のように平和な時代が続いているとわからなくなることがありますから。恐らく今の若い世代の皆さんも、もしあの時代(戦国時代)に生きていれば、我々と同じ心境になったと私は思います」

鈴木英男海軍大尉「桜花」第七二一空桜花隊
このままでは三途の川を渡れない
強制ではない、志願だった。
 『俺は戦争に反対していた』とか『俺は戦争が嫌だった』とか、『やるべきじゃなかった』などと言い出して。戦争に協力したヤツはけしからんと。我々は反対したんだと。吊し上げを始めた。例えば、画家の藤田嗣治なんて、従軍画家だったことを吊し上げられて、もう日本には帰らないと宣言してパリに行ってしまった。この一つをとってもわかるように、あのとき(終戦)に日本人が引き裂かれたんだな。戦争に負けて一切が嫌になった人たちと、戦争に負けたんだから、ここぞとばかりに占領軍に迎合して、いい思いをしようとするオポチュニスト(日和見主義者)たちとに」

詳細は下記を選択し検索
NHK日本人はなぜ戦争へと向かったのかはスパイの日本洗脳ドラマ
遡り日本史はNHKと東大教授加藤陽子スパイの連想誘導女子供洗脳劇
極悪NHK日本軍と阿片で捏造洗脳軍命で犬死無駄死した愚民と英霊愚弄
50.真実史観2の2:2017年01月31日 12:48 ID:bT9F2wZD0▼このコメントに返信
②フィリピンで神風特別攻撃隊が編成された翌日、戦闘機の整備兵の友人に語った言葉。 真実はどこに・・・
 ・・・『もう戦争は続けるべきではない』しかし、敵を追い落とすことができれば、七分三分の講和ができるだろう。アメリカを本土に迎えた場合、恐ろしい国である。歴史に見るインディアンやハワイ民族のように闘魂のある者は次々個々撃破され、日本民族の再興の機会は永久に失われてしまうだろう。このために特攻を行ってでもフィリピンを最後の戦場にしなければならない。しかしこれは、九分九厘成功の見込みはない、では何故見込みのないのにこのような強行をするのか。

 ここに信じてよいことがある。いかなる形の講和になろうとも、日本民族が将に亡びんとする時に当たって、身をもってこれを防いだ若者たちがいたという歴史の残る限り、五百年後、千年後の世に必ずや、日本民族は再興するであろう。

大空に雲は行き雲は流れり、すべての人よさらば、後を頼む、征って参ります。
人は一度は死するもの、微笑んで往きます、出撃の日もそして永遠に。
イッテマイリマス ノチノニホンニ エイコウアレ

詳細は下記を選択し検索
特攻で護国本当のことを伝えたいこのままでは三途の川を渡れない

真実史観
51.名無しさん:2017年01月31日 12:49 ID:z5kXFsME0▼このコメントに返信
悪いことというか、悲しいことよね
命投げ出して他者を守らなければならない状況なんだから
52.名無しさん:2017年01月31日 12:50 ID:sWQ.TUqv0▼このコメントに返信
※39 温情じゃなくて利害の一致だな。日本だってアジアの開放をうたったけど、それ自体も日本の利益のため
53.名無しさん:2017年01月31日 12:51 ID:hXpSDwQn0▼このコメントに返信
ああそういえばシールの奥田君だっけ
特攻隊のことを現代の価値観で得意気に無駄死にと批判してたな
若くして捧げた命を軽はずみに「無駄」なんて言われちゃ浮かばれないよ
54.名無しさん:2017年01月31日 12:52 ID:KWWw5rrr0▼このコメントに返信
靖国の遊就館もいいが、知覧行ってこい
そしたら解る

ひめゆりの塔は「日本が悪い、日本に殺された」って完全なる反日思想で泣けなかった
55.名無しさん:2017年01月31日 12:52 ID:QXYDjhiH0▼このコメントに返信
また英雄の居ない負け犬在日の僻みスレ主か。
56.名無しさん:2017年01月31日 12:53 ID:Qe6zYALK0▼このコメントに返信
そりゃ死んだんだから敬わないと彼らもなんのために死んだのかわからなくなるからな。
57.名無しさん:2017年01月31日 12:53 ID:LDVYm3Zp0▼このコメントに返信
「インディペンデンス・デイ」の爺さんパイロットの特攻シーンがアメリカで絶賛されたのを見て
本当はアメリカ人も特攻を肯定しているのだとわかった。
58.名無しさん:2017年01月31日 12:54 ID:IsB0jGXH0▼このコメントに返信
特攻を指示した上は無能だけど、実際に特攻した人は尊いでしょうよ
自己犠牲が尊いなんて、ハリウッド映画見たってそうだろ
別に日本独特の価値観じゃねーよ
59.名無しさん:2017年01月31日 12:54 ID:z5kXFsME0▼このコメントに返信
※48
社会問題よく取り上げたりとか記事選別に傾向あるのはどこも同じ
ここは比較的、年齢層高い人もいるように思えるし、荒れることもあるとはいえまだ落ち着いてる方かな
60.名無しさん:2017年01月31日 12:55 ID:E.S0PJn70▼このコメントに返信
お国の為に散らした魂をむげに扱えんだろ
61.名無しさん:2017年01月31日 12:56 ID:.XfQwu7U0▼このコメントに返信
※48
思うつぼにはならんよ。
思うつぼとはどういう状態だね。
62.名無しさん:2017年01月31日 12:57 ID:.XfQwu7U0▼このコメントに返信
※53
奥田なんてのが生まれても意味のない存在であり、人生の無駄。
63.名無しさん:2017年01月31日 12:57 ID:.XfQwu7U0▼このコメントに返信
※57
当たり前だろ。そんな映画ばかりだろうに。
64.名無しさん:2017年01月31日 12:58 ID:3gXPX25h0▼このコメントに返信
※36
武士道は別に死ぬ教えじゃないけどな。
生きて生きて生き抜いて、それでもダメだと分かった時は散るのみ、だよ。

しかし上官の特攻数競争に付き合わされて出撃していった若者たちはどんなにか無念だったろうかと思う。
出撃を命じた連中は特攻隊員が命を捨てて守ろうとした日本国に戦後寄生し美味しいポジションに収まって生きながらえたからな。
65.名無しさん:2017年01月31日 12:58 ID:9F0c5Qtr0▼このコメントに返信
※39
東京裁判見てみろよ。温情なんか最初は与える気はさらさらなかったよ。
日本人を観察し、天皇陛下に圧倒され、「こりゃ下手なことできんわい」とマッカーサーが思った事と、この国を潰すよりややこしい脳みそすっからなな虚言壁をもち、喧嘩っ早い粗暴なヒグマ相手の橋頭堡にしたほうが利益になると判断したこと、その他色々な利害の一致を得てそこに至っただけだろ。
無償で~、と最初に言っておきながら後でちゃっかり莫大な額の小麦代要求してきたアメ公が、ただの善意で温情かけるわけないやん。
66.名無しさん:2017年01月31日 12:59 ID:4l0TkB.F0▼このコメントに返信
原爆だけじゃなく爆撃で民間人にめちゃんこ死者が出てたんだぜ。
家族の為に神風特攻に志願するってのは俺的にはあり。
同じ状況なら俺も志願するだろうから。
67.名無しさん:2017年01月31日 12:59 ID:QXYDjhiH0▼このコメントに返信
死んだ人間に鞭を打つのが日本産パヨクだから嫌われる。
68.名無しさん:2017年01月31日 12:59 ID:0N1KvVKG0▼このコメントに返信
極めて不経済とは思うけど、手段がないなら別に悪いとも思わんけどね
どうせ何もしなくても死ぬなら戦って死ぬ方選ぶってのはそんなにおかしくもあるまいよ
ただ特別に英雄視はしないかな
どんな形の戦死者にも等しく敬意と感謝の念を持ってるよ。所謂戦犯も含めてね
69.名無しさん:2017年01月31日 12:59 ID:.XfQwu7U0▼このコメントに返信
おい。管理人。
このサイトは公安に連絡してある。
常に監視対象であることを忘れるな。私は日本人へのヘイトについては、いつでも法的手段に訴える。

日本下げスレを立てることは許せないが(お前の国で逆のことをされたら許せるかという問題:反論してみろ)表現の自由はあり、仕方がない面はある。
しかし「特攻」についてはスレを立てることは許さない。
特攻は航空攻撃だけではない。地上戦でも行われてもいる。
それらの人々を侮辱することは絶対に許さない。

管理人としての見解を書け。
当然、公的機関に連絡はしておく。

管理人の見解を早く書け。
70.名無しさん:2017年01月31日 13:00 ID:.XfQwu7U0▼このコメントに返信
※65
ちゃんとした日本語を使え。右翼。お前ら日本人じゃないだろう。
71.名無しさん:2017年01月31日 13:00 ID:jbJBpyQv0▼このコメントに返信
※47
傲慢な生き物だなw
日本人が温情を掛けるのは優しで、日本人が温情を受けるのは努力の結果かwww
72.名無しさん:2017年01月31日 13:01 ID:jbJBpyQv0▼このコメントに返信
※65
裁判が開かれてる時点で温情だと思わないのか?
73.名無しさん:2017年01月31日 13:02 ID:sWQ.TUqv0▼このコメントに返信
自己犠牲はどころでも尊敬される物だし。
こんな言い方はあれだが、集団において、犠牲が回避出来ない状況で率先してくれる人は他のその集団内の人にとってのメリットになる。生物にとって個の死は不幸だけど、その種の絶滅の方が最大の不幸だ。
74.名無しさん:2017年01月31日 13:02 ID:cIXXT7KG0▼このコメントに返信
ゼロサムの思考がナンセンスだって韓国人見てたら分かるだろ。
特攻隊なんて終末戦線張らなきゃいけない事態に突進した戦略性の無さは愚かだ。
だが同胞の為に死んだ人を悼み敬うのは自然な感情だ。
一緒くたにするからおかしくなる。
75.名無しさん:2017年01月31日 13:02 ID:9F0c5Qtr0▼このコメントに返信
※70
俺は右翼で上等だが、君は何なの?
流行のパヨクちゃんなのかなあ?w

で、反論は?
76.名無しさん:2017年01月31日 13:02 ID:jbJBpyQv0▼このコメントに返信
※68
お前は勝てないと解かって居ても戦死させるべきだと考えてるのか?
77.名無しさん:2017年01月31日 13:03 ID:IsB0jGXH0▼このコメントに返信
武士道とは死ぬことと見つけたりってのは、身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれと同じようなことで、死に方じゃなくて生き方を言ってんだからな
78.名無しさん:2017年01月31日 13:03 ID:3dWAIt.w0▼このコメントに返信
戦前の教育では「愛国心」を賛美・美徳する教育がされていたから
お国(天皇)の為にって思う気持ちや世相は、今では想像も付かない
くらいに強烈なものであったのかもしれない。
日本中が空爆されて焼野原になり、自分の生まれた育った町・山・人が
蹂躙されていく姿を目の当たりにして
「少しでも守るが事が出来るなら」
「家族・恋人・友達を守りたい」
ってのが本音の様な気がする。むしろここまで追い込まれて
こんな常軌を逸した特攻作戦を敢行しなきゃらならかった状況にした国や軍を恨むのが普通。
誰も死にたくはないし、若い命を散らさないいけなかった人間に対して
せめて哀悼の意を込めて「英雄」と敬えなくてどうする。

(ここで言った「英雄」はスレにある英雄視・好意的・賞賛の意味ではない)
79.名無しさん:2017年01月31日 13:04 ID:9F0c5Qtr0▼このコメントに返信
※72
あんなものを裁判と呼ぶこと自体がナンセンスの極み。
80.名無しさん:2017年01月31日 13:05 ID:LjQXBrRE0▼このコメントに返信
特攻隊員は英雄だけど、戦術は「統帥の外道」だから
それに頼るほど追いつめられてはならない。
81.名無しさん:2017年01月31日 13:07 ID:jbJBpyQv0▼このコメントに返信
※79
裁判など開かずに全員銃殺。財産は全て略奪でも良かったんだぞ。
82.名無しさん:2017年01月31日 13:09 ID:QXy5c.s60▼このコメントに返信
※3
DQNの「特攻服」は戦争直後に「特攻隊の生き残り」を自称した愚連隊や朝鮮人がルーツ。
83.名無しさん:2017年01月31日 13:09 ID:z5kXFsME0▼このコメントに返信
※69
>常に監視対象
あなたのような方が監視されるんですね
84.名無しさん:2017年01月31日 13:09 ID:ivhM6JT00▼このコメントに返信
今の自分が一番気がかりなのは那覇空港でF-15が離陸時、前足が外れて動けなくなった事。
那覇のF-15って最前線だろ?こんな整備していていざ尖閣ってなっても大丈夫なの?
85.名無しさん:2017年01月31日 13:10 ID:T4ARPyhI0▼このコメントに返信
※81
アホか暴動起こるわ
86.真実史観:2017年01月31日 13:10 ID:bT9F2wZD0▼このコメントに返信
戦う以外、選択肢は皆無!
「無茶な戦争とか不戦は平和」は、お花畑超満開脳!丸暗記脳(テストのみ優秀者)は、欠陥人! 異常者には、検証回路皆無!
 思索脳皆無、丸暗記脳のみの欠陥人ペーパードライバー運転は、自殺!民主党が証拠!
 餓死者が出てから行動では、資源なき小国、島国日本、完全消滅!

 南下ロシア、東進英仏蘭、西進米国の戦国時代、資源なき小国日本の、後手や内地戦は、必滅!幕府も討幕派も、日本国の一大事に私欲を捨て、滅私一丸と化し、明治維新を成し、打って出た(自己犠牲の公)。国の一大事に共食い内乱の、砂の人心中朝韓(自己保身我欲の私)とは、完全真逆!

1941年9月6日の御前会議での奉答・永野修身軍令部総長
 「大阪冬の陣の如き平和を得て、翌年の夏には手も足も出ぬ様な不利なる情勢の下に、再び戦はなければならぬ事態に、立至らしめることは、皇国百年の大計の為、執るべきに非ずと存ぜられる次第で御座います」

永野修身もう一つの核心発言
 「戦わざれば亡国、戦うもまた亡国であれば、戦わずしての亡国は身も心も民族永遠の亡国である。戦って死中に活を見いだし護国の精神に徹するならば、たとい戦い勝たずとも、護国(祖父母、父母妻子、ふるさとを守る)に徹した日本精神さえ残せば、我らの子孫はかならずや再起、三起するであろう」

詳細は下記を選択し検索
脱亜論福沢諭吉現代語訳国難に団結の日本と国難に我欲の砂中朝韓罪日看破
7東條英機と汪兆銘と蒋介石と孫文誤謬訂正蒋経国と李登輝

真実史観
87.名無しさん:2017年01月31日 13:11 ID:izvBfDRA0▼このコメントに返信
別に敬ってるだけで英雄視なんぞしてないと思うが
88.名無しさん:2017年01月31日 13:12 ID:KsM8pgbf0▼このコメントに返信
反日民族に特攻隊の方々を語ってほしくない
でも奴等の方が特攻隊を題材によく語る
89.名無しさん:2017年01月31日 13:13 ID:QXYDjhiH0▼このコメントに返信
※84
うん逆だよ稼働率がスゲ~事になっているって事だよ何年か前にも同じ事故が発生しているよだから本土の部隊を増援で送ったり米軍のF-22の常駐化をしたりしているんだよ
90.名無しさん:2017年01月31日 13:14 ID:9F0c5Qtr0▼このコメントに返信
※81
どっちにしろ連合国側の憂さ晴らしなんだから、ああいう裁判は開かれたに決まってるだろうが脳たりん。
あいつらは世界中に「日本はこういう悪逆非道な数々の行いをした為に、大正義の我々が鉄槌を下した」と公表する必要があったんだから。
も少し勉強して、欧米人のやり口を知りたまえ。
一部族・一集落を消し去るのになんの事前行動も事後処理も行わないが、国相手ならばそういう建前はしっかりと取るよ。
91.名無しさん:2017年01月31日 13:14 ID:7WtNdWTz0▼このコメントに返信
俺たちは「生き残った側の人間」だぞ?
国を守るため、国の役に立つために自分の命を捨てる前提の作戦から逃げなかった人を敬って何が悪い
92.名無しさん:2017年01月31日 13:14 ID:jbJBpyQv0▼このコメントに返信
※85
(ヾノ・∀・`)ナイナイ
裁判とは呼べない様な物でも暴動なんて起きなかったし。
国民自体は抵抗らしい抵抗もせずに連合国を受け入れてる。
93.名無しさん:2017年01月31日 13:15 ID:bWPOib150▼このコメントに返信
※39
大陸へ帰れ!
94.名無しさん:2017年01月31日 13:16 ID:ZrXjOFl80▼このコメントに返信
英雄とは思ってないが、人並み以上の体力と知力があったはずなのに、捨て駒として扱われたって事には同情してる。
95.名無しさん:2017年01月31日 13:16 ID:14KYyjP00▼このコメントに返信
※81
いやさすがに「良かった」ってことは無いだろ
中世の世界観や閉ざされた田舎の国ならまだしも、さすがにWWII後の連合軍じゃ、勝った方がむちゃくちゃやっても良いとはならん
裁判というポーズを取る必要がある
なに適当なこと言ってんだ
96.名無しさん:2017年01月31日 13:16 ID:4CzBy8bS0▼このコメントに返信
というか、武士道を滅ぼした明治政府や新政府軍の流れをくむ日本政府や帝国陸海軍が武士道語って特攻命令するなんて何のギャグだよ?
97.名無しさん:2017年01月31日 13:17 ID:QXy5c.s60▼このコメントに返信
※49
それな、特攻隊員や硫黄島守備隊の英霊に対して「可哀想」は大変な侮辱・貶めなんだよな。
それが分からんのが、恨「ハン」が何より大事で脳ミソが朝鮮化した朝鮮脳患者(俺はこいつらを決してネト.ウヨと言うつもりは無い、俺こそ正統派のネト.ウヨである、ネト.ウヨとは朝鮮シンパが都合の悪い相手に対して貼ったレッテルでしかない。)

俺ら日本人が英霊に捧げる言葉は 「有難うございました。」 の筈である。 
98.名無しさん:2017年01月31日 13:17 ID:JM0VU0Zf0▼このコメントに返信
24: 2017/01/20(金) 04:33:08.136 ID:VOQWDzsVd
>>18
アメリカが対日包囲に傾いたのは、日本の第一次上海事変
当時極東で最大の国際都市は上海共同租界で、麻薬利権の中枢だった
日本はこの上海で事変を敢行
空母まで展開した

言い方が恣意的。
上海共同租界を各国軍と役割分担で警備していた日本軍を19路軍が武力攻撃してきたことが発端。
99.名無しさん:2017年01月31日 13:17 ID:2WctOMFk0▼このコメントに返信
英雄視なんかしてないだろ。
ただ敬意を表しているだけです。
100.名無しさん:2017年01月31日 13:17 ID:GCZMOzys0▼このコメントに返信
沖縄戦の時の特攻の戦果は米海軍以外の他国の海軍では到底耐えられないほどのダメージを与えている
ニミッツの手記を参照されたい
そして、最後に降伏した日本兵は1974年
他国では考えられない凄まじい精神力と忠誠心
アメリカが再軍備を恐れ、憲法9条を押し付け、GHQで洗脳したのも良く分かる
最近は中共の増長でアメリカ自身が日本の枷を外したがっているが
101.名無しさん:2017年01月31日 13:18 ID:CvJhtIEb0▼このコメントに返信
インディペンデンスデイでも特攻してただろ。
命をかけて守りたい家族が居るからだぞ。
102.名無しさん:2017年01月31日 13:19 ID:gjLp.shr0▼このコメントに返信
「嗚呼!!モンテンルパの夜は更けて」の哀愁をおびた歌い手、渡辺浜子は泣いている。
お前らに彼女の生きざまとこの歌を聞かせたい。涙をこらえられたら立派よ。
103.名無しさん:2017年01月31日 13:19 ID:9F0c5Qtr0▼このコメントに返信
※88
そりゃ特攻隊員の犠牲が尊いものであるのはなんとなくわかるけど、自分の祖国・家族を守る為に命を懸けることは絶対にしない(できない)朝鮮人だからね。
Korean Warと言う本を読めばよくわかるよ。
武器がないから戦えないと言う朝鮮人に最新の武器弾薬を渡して戦わそうとしたが、毎度毎度朝鮮人はシナ畜がキター!と小便ちびりながら貸与武器放棄して逃げまくったんだからw
ぶちきれた米軍仕官があいつらの酋長に怒鳴り込んだが、それでも変化せず。
シナ畜は武器弾薬不足を補えたどころか、最新型の米軍武器をコピーできてにっこにこ^^
104.名無しさん:2017年01月31日 13:19 ID:14KYyjP00▼このコメントに返信
※92
上にも書かれてる通り、正義の連合軍は悪辣な国に対して理性的に鉄槌を下す必要があった
そういうポーズを全世界に見せる必要があった

全員銃殺で略奪なんてやったら連合国内で暴動が起きるし、当然敗戦国の国民も黙ってやられるわけが無かろう

馬鹿?
105.名無しさん:2017年01月31日 13:19 ID:QXYDjhiH0▼このコメントに返信
※96
一応明治政府は、旧豊臣系の長州・薩摩で幕府側は、徳川や伊達とかだったから系統が違うだけで滅んでは、いないよ?。
106.名無しさん:2017年01月31日 13:22 ID:Cs.SNjfv0▼このコメントに返信
英雄なんて勝手に為政者が後付けしたプロパガンダじゃん
特攻隊が敬われるのは家族愛などによる
大切な人を守りたいって思いが有るからでしょ
人間の原始的感性揺さぶられるからであって
単に承認欲求満たす為の道標たる偶像ではないでしょ
107.名無しさん:2017年01月31日 13:22 ID:GUYrYAvn0▼このコメントに返信
もういいわ戦争はだめなことのGHQからの植え付けの思考

アメリカ、ロシア、中国も世界代理で争ってんのに何ねむたいこといっての

日本のために戦ったんだから英雄でいいそれに日本も大日本帝国だったことを今の日本人は理解しとなければならないよ

これはもし他の国が負けて死んでても英雄でいいとおもう国のために戦ったのだから

これが平等だろ
108.名無しさん:2017年01月31日 13:23 ID:jbJBpyQv0▼このコメントに返信
※93
工作員だってか? 笑うなw
温情を掛けないなら略奪の限りを尽くして、反乱が起きてもお構いなし。
反乱は戦車バリバリ轢けば良いんだよ。

馬鹿てのは温情が何かも感じる事が出来ないんだろうよ。
109.名無しさん:2017年01月31日 13:23 ID:bgqTCqaX0▼このコメントに返信
いくら国家神道に問題があろうと兵士たち自身が「靖国で会おう」と言って死んでいった以上
残された者たちはそれを尊重して靖国で英霊を祀らなければならないんだよな
110.名無しさん:2017年01月31日 13:23 ID:IsB0jGXH0▼このコメントに返信
※96
つうか、それまで武士だけが守ってりゃ良かった道徳規範である武士道が、曲がりなりにも国民主権になったことによって、それまでの農民やら商人やらも守らなきゃならない規範になったって感じじゃね?
111.名無しさん:2017年01月31日 13:24 ID:QXy5c.s60▼このコメントに返信
※106
その感覚って家族から郷里そして国へと広がるもんじゃね?
112.名無しさん:2017年01月31日 13:25 ID:4CzBy8bS0▼このコメントに返信
特攻隊員を英雄視することが問題なのではなく、特攻隊員を英雄視するのをこじらせすぎて、特攻そのものを賛美したり日本の行い全てを無理解に全肯定して、「日本は正義の国で正義の軍隊だった!日本は正しいことをした!」という誤った認識をする輩が出てることに反発してるんだろ。
113.名無しさん:2017年01月31日 13:29 ID:huWGwgJ40▼このコメントに返信
※96
明治維新は人民革命じゃないんだから別に矛盾ないぞ
「その点は」の但書が要るけど
114.名無しさん:2017年01月31日 13:29 ID:FaeEyOce0▼このコメントに返信
特攻隊が英雄視するってことは、当時のお上のプロパガンダを肯定するってこと。
「作戦は最悪だけど、特攻隊員は英雄」口ではこう言ってるけど、実はこれっておかしいんだよ。
ただ、「特攻隊員は英雄、そして作戦も素晴らしい」とも「作戦は最悪、特攻隊員はアホ」とも、どっちとも中々言いづらいんだよね。
でも、後者を言えない限り、またお上と国民の空気に流される犠牲者は出るよ。
んま俺はアホとまでは言わないけど、まだきちんと世の中のことが分かっていない純朴な青年たちが時代の犠牲になったなとは思う。
115.名無しさん:2017年01月31日 13:30 ID:jbJBpyQv0▼このコメントに返信
※104
それを温情て言うんだろw
116.名無しさん:2017年01月31日 13:30 ID:9F0c5Qtr0▼このコメントに返信
つか、終戦後日本に足を踏み入れた米軍以下連合国兵士は、日本人を見て「こいつ等もいざとなれば神風のような戦い方をするんだ」と常に怯えてたんだとさ。
「あ、基本穏やかなんじゃん」と理解したのは大分経ってから。

※102
戦後賠償を吊り上げる為に17名の日本兵捕虜をコロしたフィリピン大統領が、その他の日本兵捕虜を即時帰国させ、その後全員御社を与えたからな。
117.名無しさん:2017年01月31日 13:30 ID:14KYyjP00▼このコメントに返信
※112
ずいぶん捻くれた解釈による結論だけど、その最後の「反発」は誰が主語?
118.名無しさん:2017年01月31日 13:30 ID:.XfQwu7U0▼このコメントに返信
※83
おい。管理人。
このサイトは公安に連絡してある。
常に監視対象であることを忘れるな。私は日本人へのヘイトについては、いつでも法的手段に訴える。

日本下げスレを立てることは許せないが(お前の国で逆のことをされたら許せるかという問題:反論してみろ)表現の自由はあり、仕方がない面はある。
しかし「特攻」についてはスレを立てることは許さない。
特攻は航空攻撃だけではない。地上戦でも行われてもいる。
それらの人々を侮辱することは絶対に許さない。

管理人としての見解を書け。
当然、公的機関に連絡はしておく。

管理人の見解を早く書け。

私は警察に身元を明かして連絡している。(放火でもされたらこいつらの可能性ありということで)
以前朝鮮人にネット上で脅迫されたのでね。
散々「自分は法律関係の仕事をしている。お前の近くに仲間がいる」などと書いたあげく、
「ならば書き込みでこのようなことを書いているなら不適格として処分されるぞ」
とかいたら
「自分には二つの国に家があるから大丈夫」と言って、アカウント・コメントを消し逃げていった。
在日だろう。卑怯者。こいつらの仲間。
119.名無しさん:2017年01月31日 13:31 ID:4CzBy8bS0▼このコメントに返信
※101
あれは特攻ではなく「英雄的犠牲」。
初期段階では序盤で乗り回してたレシプロ機に爆弾くくりつけて特攻するシーンだったが、スタッフが大反発して「戦闘機に乗って戦ったが、ミサイルが壊れて止むを得ず体当たりした」というシーンに差し替えられた。
反発した理由はおそらくキリスト教が自殺を禁じてるため。
120.名無しさん:2017年01月31日 13:32 ID:9F0c5Qtr0▼このコメントに返信
※108
そういう毛沢東的考え方をするからだろうw
121.名無しさん:2017年01月31日 13:32 ID:.XfQwu7U0▼このコメントに返信
※108
お前らは今後の自分たちの姿を想像しているようだな。負け犬。
10式、キドセン。これ何だ。
122.名無しさん:2017年01月31日 13:32 ID:I5x5fCNl0▼このコメントに返信
行かせたヤツは悪いけど、大事なもん守る為に行った方々は英雄で間違いないだろ
123.名無しさん:2017年01月31日 13:33 ID:sw7XJGXL0▼このコメントに返信
アンパンマン劇場版が、たいていゲストキャラの特攻でなあ

毎年夏毎年夏、どうなのよと思う
究極の自己犠牲も、ゆきすぎると倒錯よ
124.名無しさん:2017年01月31日 13:33 ID:D.TfYE8h0▼このコメントに返信
最初の特攻はやむなく燃料が一度の攻撃しかなかった生きて捕虜になり恥をさらすか
国のため敵艦隊に突っ込んで死ぬかの選択だったのが始まりと聞いた事がある、
日本帝国軍人=武士道精神か大和魂なのか分からないが、恥晒すくらいなら死を選んだ結果が特攻隊が出来た!
米軍は恐ろしさと逆に軍人としての誇り高き日本兵に敬意を表し亡くなった特攻隊の墓石を作った!
時代なんだろうが、もし日本がいよいよ中国共産党に占領されるとなったら今の日本男児はどうする?
何が出来る?
125.名無しさん:2017年01月31日 13:34 ID:z.1ZJx660▼このコメントに返信
終戦1年間の特攻は、金属がほとんどなくレーダーにほぼひっからないし、撃たれる最後まで舵をきれるという特徴があった。
当時は降伏という手段で日本が救われるとはポツダム宣言が発表されるまで誰も思っていなかったし、相手に大ダメージを与える攻撃方法は特攻しかなかった。
特攻は最も愚かな戦術だが、日本がなくなるならやむを得ない戦術だったと言える。
当時は降伏の白旗を国があげても、戦争の終結は連合国全ての同意がなければ不可能だった。
米軍人は特攻を最も恐れていたのは間違いない。戦人としてのメンタルでは自分達の負けを理解していたと思う。米は日本を追い詰めすぎたし、早く日米講和やポツダム宣言を提案すべきだった。
126.名無しさん:2017年01月31日 13:34 ID:R3fGgDuA0▼このコメントに返信
英雄視とは違うだろ。ただただ尊んでるだけだ。チョスン人が単なる犯罪者を英雄扱いしてるのとは訳が違う。
127.名無しさん:2017年01月31日 13:34 ID:jbJBpyQv0▼このコメントに返信
※111
俺は思うに今の日本の若者て日本の為には戦えないと思うよ。
そんな奴が増えてる。

先ず第一に守ろうとする家族さえ無い。
結婚なんてメリットが無い! 老人は安楽死だ!と言ってる奴が多い。
親の介護をするのが嫌だって、言うのは年老いた両親の為に戦うのも嫌だと言ってるのも同じだろう。

そして自分の為に戦ってない。
ブラック企業と交渉とかもしないわけだし。

家族を守ろうともせず、家族を作ろうともせず、自分の為に戦おうともしない。
そんな日本人が増えてると思う。
128.名無しさん:2017年01月31日 13:35 ID:14KYyjP00▼このコメントに返信
※115
さすがに日本語がわからない馬鹿は話にならない・・・
温情っていうのは、相手が可哀想だから、相手にとって良いようにと気を使うことだからね?

自らの内部からの反発や相手の面倒な抵抗を避けるための方策を「温情」っていう表現は使わないからね?
さらに自分が正しいということを周囲に知らしめるためにとる穏健策も「温情」とは言わないからね? OK?

日本語の勉強をするスレじゃないから、これくらいにするからね?
あとは自分で調べてね?
129.名無しさん:2017年01月31日 13:35 ID:jbJBpyQv0▼このコメントに返信
※120
温情を掛けないと言うのは毛沢東的な事だろうよ。
だから俺は連合国の統治は温情に満ちた物だと言ってる。
130.名無しさん:2017年01月31日 13:37 ID:.XfQwu7U0▼このコメントに返信
※83
おい。管理人。
このサイトは公安に連絡してある。
常に監視対象であることを忘れるな。私は日本人へのヘイトについては、いつでも法的手段に訴える。

日本下げスレを立てることは許せないが(お前の国で逆のことをされたら許せるかという問題:反論してみろ)表現の自由はあり、仕方がない面はある。
しかし「特攻」についてはスレを立てることは許さない。
特攻は航空攻撃だけではない。地上戦でも行われてもいる。
それらの人々を侮辱することは絶対に許さない。

管理人としての見解を書け。
当然、公的機関に連絡はしておく。

管理人の見解を早く書け。

私は警察に身元を明かして連絡している。(放火でもされたらこいつらの可能性ありということで)
以前朝鮮人にネット上で脅迫されたのでね。
散々「自分は法律関係の仕事をしている。お前の近くに仲間がいる」などと書いたあげく、
「ならば書き込みでこのようなことを書いているなら不適格として処分されるぞ」
とかいたら
「自分には二つの国に家があるから大丈夫」と言って、アカウント・コメントを消し逃げていった。
在日だろう。卑怯者。こいつらの仲間。
※書き込みを増やして誤魔化すな。
131.名無しさん:2017年01月31日 13:37 ID:fD1bb1ps0▼このコメントに返信
航空パイロットというコストの高い部品を使い棄てにするんだからそりゃ非難されて当然。
兵士をそだてるのにどれだけ金と時間がかかると思ってるんだ。
132.名無しさん:2017年01月31日 13:38 ID:hASbAk8v0▼このコメントに返信
論点ずらしの荒らしが暴れているようだが

特攻隊は最初から死を覚悟していたので特別であるが、自衛隊、海上保安庁、
警察、消防などの「現場の人間」は常に命がけで任務を遂行している
133.名無しさん:2017年01月31日 13:39 ID:jbJBpyQv0▼このコメントに返信
※128
それなら意味の勘違いは※35から始まってるなw
負けても人権は尊重されるし、日本は負けても人権は尊重されたわけだし。
134.名無しさん:2017年01月31日 13:40 ID:9F0c5Qtr0▼このコメントに返信
※128
多分「水に落ちた犬は叩く」と言うような文化がある民族は、「温情」と言うものをはっきりと認識できないんだろうね。
だから「餓死寸前の子供にほんの小指の先程度のパンを与える」ような、想像するだに怒りやらなにやらの感情が一斉に吹き出しそうな感じのものを「温情」と言っちゃうんだろう。
シナ畜にも半島塵にも、戦後日本ができうる限りの温情を与えたが、相手に全く伝わらなかったじゃないw
135.名無しさん:2017年01月31日 13:40 ID:gNftQmFP0▼このコメントに返信
武士は特権階級。貧しくても武士というのは階級としては特別。
その特別の身分の代わりに有事の際は命を投げ出して戦うわけだ。そのための教育もした、
その選民意識と特権、教育がにより、彼らは自発的に命を対価として差出せる。
そういうの何もない普通の人たちに、武士と同じ精神と働きを求めたら不満でて当然。現代人に急に武士道遵守求めるのと遜色ないぐらい無理がある。
軍部はそういう理不尽をやったわけだから、生き残った兵隊たちが不満持ってるのは当たり前だよ。士官はまた意識が違うと思う。
136.名無しさん:2017年01月31日 13:41 ID:4CzBy8bS0▼このコメントに返信
※129
何十人も国際法違反の一方的な裁判で死刑判決受けて首括られて、国際法違反の内政干渉で憲法改正に口出されてまともな軍隊もてない主権が曖昧な憲法作らされて、結果、まともに自分で自分のケツを拭くことができない国にされて何が温情だよ?
原爆投下だって犠牲者減らすためじゃなく、ソ連に対する牽制や巨額の税金使い込んで成果出さないと米国民に怒られるからなのが要因だからな。
137.名無しさん:2017年01月31日 13:42 ID:LDVYm3Zp0▼このコメントに返信
日本人が普段温厚なのを見て
中国や韓国は日本に勝てると完全な勘違いをしたわけだ。
いざ戦争になったら日本人は豹変するということをまったく知らない
いや想像さえできない。
奴らにはそういう概念自体が存在しないからな。
138.名無しさん:2017年01月31日 13:43 ID:jbJBpyQv0▼このコメントに返信
※134
温情の分からない人てのは、それが当然だと思ってるんだよね。
敗戦後に人権が守られたのは、当然の事だと考えてる。そんなのは温情ではないと。

じゃ※35が言う。「負けた相手に温情をかけてきた日本人の常識」とは、どんな行為を指すのかって話に成る。
139.名無しさん:2017年01月31日 13:43 ID:.XfQwu7U0▼このコメントに返信
※130だが
ここに書いている支那朝鮮人は、日本人へのヘイトを訴えられても大丈夫のつもりで書いているんだろうな。
ここは自分で消去できないし、普通の人間が書き込んだ内容なら、身元も特定されるぞ。
組織的に行っている場合でも、工作活動と周知・拡散することも可能だ。
140.名無しさん:2017年01月31日 13:44 ID:.XfQwu7U0▼このコメントに返信
※83
おい。管理人。
このサイトは公安に連絡してある。
常に監視対象であることを忘れるな。私は日本人へのヘイトについては、いつでも法的手段に訴える。

日本下げスレを立てることは許せないが(お前の国で逆のことをされたら許せるかという問題:反論してみろ)表現の自由はあり、仕方がない面はある。
しかし「特攻」についてはスレを立てることは許さない。
特攻は航空攻撃だけではない。地上戦でも行われてもいる。
それらの人々を侮辱することは絶対に許さない。

管理人としての見解を書け。
当然、公的機関に連絡はしておく。

管理人の見解を早く書け。

私は警察に身元を明かして連絡している。(放火でもされたらこいつらの可能性ありということで)
以前朝鮮人にネット上で脅迫されたのでね。
散々「自分は法律関係の仕事をしている。お前の近くに仲間がいる」などと書いたあげく、
「ならば書き込みでこのようなことを書いているなら不適格として処分されるぞ」
とかいたら
「自分には二つの国に家があるから大丈夫」と言って、アカウント・コメントを消し逃げていった。
在日だろう。卑怯者。こいつらの仲間。
※書き込みを増やして誤魔化すな。
141.名無しさん:2017年01月31日 13:44 ID:IsB0jGXH0▼このコメントに返信
※135
だから、特攻という馬鹿げた作戦と、その作戦の実行者は別けて考えろよ
実行者は命令と自己犠牲の精神で行ったんだから、何も非難される言われはないし、その人を讃えたからと言って特攻を賛美してるワケじゃねえ
142.名無しさん:2017年01月31日 13:45 ID:JQYIxegW0▼このコメントに返信
出撃すれば即撃墜されるような新兵パイロットばかりだったからな、新兵でも戦果を挙げられる救済措置敵意味合いもあったんだろうが、
後々の人的損失の面で考えると優秀な若手を損耗させていった悪手だよなぁ。
143.名無しさん:2017年01月31日 13:46 ID:.XfQwu7U0▼このコメントに返信
※141
おい。管理人。
このサイトは公安に連絡してある。
常に監視対象であることを忘れるな。私は日本人へのヘイトについては、いつでも法的手段に訴える。

日本下げスレを立てることは許せないが(お前の国で逆のことをされたら許せるかという問題:反論してみろ)表現の自由はあり、仕方がない面はある。
しかし「特攻」についてはスレを立てることは許さない。
特攻は航空攻撃だけではない。地上戦でも行われてもいる。
それらの人々を侮辱することは絶対に許さない。

管理人としての見解を書け。
当然、公的機関に連絡はしておく。

管理人の見解を早く書け。

私は警察に身元を明かして連絡している。(放火でもされたらこいつらの可能性ありということで)
以前朝鮮人にネット上で脅迫されたのでね。
散々「自分は法律関係の仕事をしている。お前の近くに仲間がいる」などと書いたあげく、
「ならば書き込みでこのようなことを書いているなら不適格として処分されるぞ」
とかいたら
「自分には二つの国に家があるから大丈夫」と言って、アカウント・コメントを消し逃げていった。
在日だろう。卑怯者。こいつらの仲間。
※書き込みを増やして誤魔化すな。
144.名無しさん:2017年01月31日 13:47 ID:.XfQwu7U0▼このコメントに返信
※142
※130だが
ここに書いている支那朝鮮人は、日本人へのヘイトを訴えられても大丈夫のつもりで書いているんだろうな。
ここは自分で消去できないし、普通の人間が書き込んだ内容なら、身元も特定されるぞ。
組織的に行っている場合でも、工作活動と周知・拡散することも可能だ。
145.名無しさん:2017年01月31日 13:48 ID:9F0c5Qtr0▼このコメントに返信
※138
いや、全部お前だよ、バカw
お前が言うようなのは温情じゃないし、お前が一番「温情とは何か」が理解できていない。

ちなみに※35は俺だしな。
負けた相手に温情をかける日本人と言う具体例を全く知らないのか?
調べろよそれくらいw
馬鹿は自分の努力で克服しろ。
146.名無しさん:2017年01月31日 13:49 ID:cU.GY4Bj0▼このコメントに返信
日本の為に命を捨てる若者に対し上官は戦後ものうのうと天寿を全うするクズしかいねぇwwwwwwwwwwww
147.名無しさん:2017年01月31日 13:50 ID:IkQTvZMK0▼このコメントに返信
英雄視してるよ、だって英雄だろ
148.名無しさん:2017年01月31日 13:51 ID:gNftQmFP0▼このコメントに返信
141
誤解させてしまったようですみません。
武士道の一言で特攻を片付ける論調に対して言っただけです。
特攻した彼らは純粋に、国を守ろう(戦後の日本の扱いをも含め)という気持ちで、文字通り命を賭した。そのことに心から感謝と畏敬の念を持っています。
149.名無しさん:2017年01月31日 13:52 ID:0N1KvVKG0▼このコメントに返信
※76
勝てようが勝てまいが攻めてくんだからどうしようもない
特攻しようがしまいがどの道死ぬんだから、効果的に死ぬ方が良かろう
150.名無しさん:2017年01月31日 13:52 ID:ixiBmTP.0▼このコメントに返信
そりゃそうだろ死ぬのを理解して上で命をかけて敵を倒しに行ったんだから護国の英雄以内の何者でもないだろ
特攻という選択をした事自体は褒められるものではないが特攻隊員は英雄
151.名無しさん:2017年01月31日 13:53 ID:.XfQwu7U0▼このコメントに返信
※146
※130だが
ここに書いている支那朝鮮人は、日本人へのヘイトを訴えられても大丈夫のつもりで書いているんだろうな。
ここは自分で消去できないし、普通の人間が書き込んだ内容なら、身元も特定されるぞ。
組織的に行っている場合でも、工作活動と周知・拡散することも可能だ。
152.名無しさん:2017年01月31日 13:53 ID:QXYDjhiH0▼このコメントに返信
※146
多分死んだ方が『楽』だった生涯だよそれは、・・・・・のうのうと連呼しているのは、戦後パヨク位。
153.名無しさん:2017年01月31日 13:54 ID:4CzBy8bS0▼このコメントに返信
※146
戦中、事故などで特攻に失敗した特攻隊員を指導と称していじめ抜いてたクズは、戦後遺族や元隊員からの報復恐れて拳銃を違法所持してたんだってな。
あと、「特攻に関する本を書いてるから資料として貸して欲しい」と隊員の手帳などを遺族から片っ端から借りて、自分の横暴な行為など自分に不利なこと書いてたものを片っ端から捨てたカスもいたな。
154.名無しさん:2017年01月31日 13:55 ID:EDiRF3ge0▼このコメントに返信
そりゃあ特攻作戦自体は狂気の沙汰だが特攻していった個人個人は叩くべきではないし特攻していく気持ちを思えば敬うべき人達やんな
155.名無しさん:2017年01月31日 13:55 ID:e4eMZTBJ0▼このコメントに返信
特攻という戦術は×
任務に黙って殉じた隊員は○
156.名無しさん:2017年01月31日 13:56 ID:.XfQwu7U0▼このコメントに返信
※154
※130だが
ここに書いている支那朝鮮人は、日本人へのヘイトを訴えられても大丈夫のつもりで書いているんだろうな。
ここは自分で消去できないし、普通の人間が書き込んだ内容なら、身元も特定されるぞ。
組織的に行っている場合でも、工作活動と周知・拡散することも可能だ。
157.名無しさん:2017年01月31日 13:57 ID:4CzBy8bS0▼このコメントに返信
※152
特攻隊員の命を踏み台に「大企業の重役」や「政治家」になった人生が、死んだ方がマシな人生かよ?
158.名無しさん:2017年01月31日 13:57 ID:.XfQwu7U0▼このコメントに返信
※155
※130だが
ここに書いている支那朝鮮人は、日本人へのヘイトを訴えられても大丈夫のつもりで書いているんだろうな。
ここは自分で消去できないし、普通の人間が書き込んだ内容なら、身元も特定されるぞ。
組織的に行っている場合でも、工作活動と周知・拡散することも可能だ。
159.名無しさん:2017年01月31日 13:57 ID:YZtwTBES0▼このコメントに返信
※64
武士道は江戸時代に作られたものだから違うよ
真田だって徳川に決死の特攻してるでしょ
その辺が似てるんじゃないかなと言いたかっただけ
160.名無しさん:2017年01月31日 13:57 ID:6DDxVLky0▼このコメントに返信
ここでは特攻って戦術を指揮した上層部に対しての批判は有るけど
特攻そのものの戦術的価値は認めてる人が多かったような
最近は中韓厨さんの暴れが酷すぎて客観的な議論が出来てない風だけど
161.名無しさん:2017年01月31日 13:57 ID:.XfQwu7U0▼このコメントに返信
※141
※130だが
ここに書いている支那朝鮮人は、日本人へのヘイトを訴えられても大丈夫のつもりで書いているんだろうな。
ここは自分で消去できないし、普通の人間が書き込んだ内容なら、身元も特定されるぞ。
組織的に行っている場合でも、工作活動と周知・拡散することも可能だ。
162.名無しさん:2017年01月31日 13:59 ID:Txnkdmh40▼このコメントに返信
統率の外道ではあっても、隊員を貶めることは出来ない。
163.名無しさん:2017年01月31日 13:59 ID:jbJBpyQv0▼このコメントに返信
※145
君は答えないし、誰も君に変わって答える様な事もしないと思うよ。
誰もお前の考えてる温情なんて分からないし。知りたくないし。興味もないんだよw
164.名無しさん:2017年01月31日 13:59 ID:4CzBy8bS0▼このコメントに返信
※160
じゃあその「戦術的価値」を具体的に言いなよ?
165.名無しさん:2017年01月31日 14:00 ID:.XfQwu7U0▼このコメントに返信
結論
特攻は当時の状況から考えれば、最も有効で効果的な攻撃法であった。
1%の確率で爆弾を命中させることができるのと、10%では後者の方を選ぶだろう。
166.名無しさん:2017年01月31日 14:02 ID:3SfgyGZv0▼このコメントに返信
本スレ>>24
間違いな,全ての元凶は明治維新
天皇を担ぎ上げした時点で
戦争→原爆に繋がっている
猿の一声で戦争が始まり,猿の一声で戦争が終わった
167.名無しさん:2017年01月31日 14:02 ID:.XfQwu7U0▼このコメントに返信
※163
無駄な話し合いをしているように見せて、コメントを増やし都合の悪い書き込みを見せないようにする、こいつらの常套手段。
見ていると笑える。
卑怯者が。
168.名無しさん:2017年01月31日 14:02 ID:EDiRF3ge0▼このコメントに返信
特攻の戦術的価値ってのはやむを得ず最小限の犠牲で活路を拓くためのもんや
しかし当時の日本はそれを時間稼ぎの為に使ってしまったんだ
169.名無しさん:2017年01月31日 14:02 ID:5ANnwNkR0▼このコメントに返信
インディペンデンス・デイでUFOにホーネットで突っ込んだじいさんも劇中で英雄視されてたから日本人特有のというわけではないような
なんにせよ国に殉じたというのは確か 作戦を命じた上層部はクソ お国のためにと信じて散った隊員は国の礎
170.名無しさん:2017年01月31日 14:02 ID:.XfQwu7U0▼このコメントに返信
※141
おい。管理人。
このサイトは公安に連絡してある。
常に監視対象であることを忘れるな。私は日本人へのヘイトについては、いつでも法的手段に訴える。

日本下げスレを立てることは許せないが(お前の国で逆のことをされたら許せるかという問題:反論してみろ)表現の自由はあり、仕方がない面はある。
しかし「特攻」についてはスレを立てることは許さない。
特攻は航空攻撃だけではない。地上戦でも行われてもいる。
それらの人々を侮辱することは絶対に許さない。

管理人としての見解を書け。
当然、公的機関に連絡はしておく。

管理人の見解を早く書け。

私は警察に身元を明かして連絡している。(放火でもされたらこいつらの可能性ありということで)
以前朝鮮人にネット上で脅迫されたのでね。
散々「自分は法律関係の仕事をしている。お前の近くに仲間がいる」などと書いたあげく、
「ならば書き込みでこのようなことを書いているなら不適格として処分されるぞ」
とかいたら
「自分には二つの国に家があるから大丈夫」と言って、アカウント・コメントを消し逃げていった。
在日だろう。卑怯者。こいつらの仲間。
※書き込みを増やして誤魔化すな。
171.名無しさん:2017年01月31日 14:02 ID:0N1KvVKG0▼このコメントに返信
なんにせよ、テロリスト、それも本当は立場が真逆なのを英雄に仕立てるようなアホ国家に何かを言う資格はないな
まあそもそも外国・外人は部外者で無関係だけど、品性や人格においてもレベル不足
172.名無しさん:2017年01月31日 14:03 ID:19REAsEp0▼このコメントに返信
自分が守りたい人がいたら、自分の命出す事で少しでも守れたらって思うのは当然だと思う。
負け戦と分かっててやった軍は良くないけどね。
173.名無しさん:2017年01月31日 14:03 ID:.XfQwu7U0▼このコメントに返信
特攻は当時の状況から考えれば、最も有効で効果的な攻撃法であった。
1%の確率で爆弾を命中させることができるのと、10%では後者の方を選ぶだろう。
174.名無しさん:2017年01月31日 14:04 ID:0yp.acIE0▼このコメントに返信
※39
無条件の優しさや愛なんて子供や家族、ギリギリ仲間までしかありえないんやで
ましてやさっきまで命を取り合ってた敵同士
相手の行動の意図を読もうとせず一時の感情だったと判断する危うさよ
175.名無しさん:2017年01月31日 14:04 ID:.XfQwu7U0▼このコメントに返信
※171
おい。管理人。
このサイトは公安に連絡してある。
常に監視対象であることを忘れるな。私は日本人へのヘイトについては、いつでも法的手段に訴える。

日本下げスレを立てることは許せないが(お前の国で逆のことをされたら許せるかという問題:反論してみろ)表現の自由はあり、仕方がない面はある。
しかし「特攻」についてはスレを立てることは許さない。
特攻は航空攻撃だけではない。地上戦でも行われてもいる。
それらの人々を侮辱することは絶対に許さない。

管理人としての見解を書け。
当然、公的機関に連絡はしておく。

管理人の見解を早く書け。

私は警察に身元を明かして連絡している。(放火でもされたらこいつらの可能性ありということで)
以前朝鮮人にネット上で脅迫されたのでね。
散々「自分は法律関係の仕事をしている。お前の近くに仲間がいる」などと書いたあげく、
「ならば書き込みでこのようなことを書いているなら不適格として処分されるぞ」
とかいたら
「自分には二つの国に家があるから大丈夫」と言って、アカウント・コメントを消し逃げていった。
在日だろう。卑怯者。こいつらの仲間。
※書き込みを増やして誤魔化すな。
176.名無しさん:2017年01月31日 14:04 ID:4CzBy8bS0▼このコメントに返信
※165
今の天皇陛下が、戦中軍人に特攻の講義を受けた際「意味ないじゃん。」とバッサリ切って当時子供だった陛下に正論言われた軍人が困り果てた件。
177.名無しさん:2017年01月31日 14:05 ID:.XfQwu7U0▼このコメントに返信
無駄な話し合いをしているように見せて、コメントを増やし都合の悪い書き込みを見せないようにする、こいつらの常套手段。
見ていると笑える。
卑怯者が。
178.名無しさん:2017年01月31日 14:05 ID:.XfQwu7U0▼このコメントに返信
※176
「意味ないじゃん。」
その証拠はどこにある。
179.名無しさん:2017年01月31日 14:07 ID:jbJBpyQv0▼このコメントに返信
※167
質問に答えないお前が卑怯者だと他人を罵るw

お前らしいな。君は桜井誠さんとか大好きだろw
180.名無しさん:2017年01月31日 14:08 ID:bQ2LwIhp0▼このコメントに返信
映画「インディペンデンスデイ」で最後に爺さんが故障したミサイル付けたまま宇宙船のエネルギー武器の発射口に突っ込んで行くのは英雄視されてるから、別に日本に限らず「自死を恐れずに敵に損害を与える」行為は称賛される。
181.名無しさん:2017年01月31日 14:10 ID:jbJBpyQv0▼このコメントに返信
※160
本当に戦術的価値が高いなら、最初から使われてたと思うぞ。

突撃とか囮とか殿(しんがり)とか、犠牲を強いる戦術は沢山あるし、
それは状態化してる。

182.名無しさん:2017年01月31日 14:11 ID:9ZgodFBn0▼このコメントに返信
死んだから偉いんやないで、命掛けて国を国民をいわば今生きてる俺たちを守ろうとしてくれたから偉いんや
災害救助の自衛隊は死なないと偉くないんか?生死は関係ないやろ
183.名無しさん:2017年01月31日 14:12 ID:GmxhzBHw0▼このコメントに返信
命令した者も命令されて実行した者も当時の日本人は今じゃ考えられんぐらい真面目真剣、現在有る物で最大限の損害を敵に与える、命令を受けたものは着実に実行しようとする、こんなん世界中見渡しても古今東西日本だけ、英雄と言うより日本の歴史で日本人に自然に備わったもん・・・何て表現したらいいんだ、唯々凄いと。
184.名無しさん:2017年01月31日 14:13 ID:lyZ7sNL10▼このコメントに返信
善悪についてはさておき、特攻も見方によっては兵士の命を最大限"大事"に使ってるとも言えるんじゃないだろうか。
戦況を考えれば兵士達は空爆か艦砲射撃か敵の上陸でやられるのを待つだけ。下手に戦闘機乗りになってもあっという間に落とされるだろう。
そんな絶望的な戦況下で、最低限飛べる技量さえあれば敵艦を沈められる可能性がある……ってのは、兵の命を高く売りつける手段の一つではあると思う。ろくに使わないまま犬死させるよりよっぽど効率的だ。
誤解しないでほしいが、良い戦い方だと言うわけではない。外道だと思ってる。
ただ、とことん冷徹になって考えると、国家の存亡を目前にろくに太刀打ちも出来ない状況にあっては、そういう戦術が選ばれる価値も出てしまうのだと思う。
185.名無しさん:2017年01月31日 14:13 ID:jbJBpyQv0▼このコメントに返信
※180
あれは自発的行為であって命令では無い。
見てないのだが、映画だとアルマゲドンが死を前提としたミッションじゃないのか?
結末は生還してるらしいが。
186.名無しさん:2017年01月31日 14:16 ID:4CzBy8bS0▼このコメントに返信
※185
どちらも死ぬことを前提にしてない。どちらも任務中の事故により誰かが犠牲にならなきゃいけない状況に追い込まれただけ。
187.名無しさん:2017年01月31日 14:18 ID:sfaRIzeo0▼このコメントに返信
丁度知覧の記念館行ったばかりなので色々思う事はあるが、
10代20代の若者が明日死ぬって状況で遺書に死にたくないと書かせない圧力ってのはとんでもないと思ったよ
188.名無しさん:2017年01月31日 14:21 ID:rXOVht390▼このコメントに返信
お偉いさんでは無い軍人がその生死を賭して戦うのは最終的に国のためでも天皇陛下のためでもありません。
最後は自分の家族、親しい人を守るためだと自分に言い聞かせて出撃したと思います。
この若者たちを敬うことになんの異議もありません、長く語り伝えることです。
よれよりも、軽蔑し、唾棄すべき者は若者に後で行くと言って、戦争が終わるとさっさと故郷に帰り人生を全うした将校どもと、8月15日
までは主戦論を流し続けマー公が来ると尾っぽを振ってなんでも日本が悪かった、民主主義は素晴らしいと羞恥心も何もなく今に至っている
マスコミどもです。
米国でイスラム過激派が民間機を乗っ取りビルに突入したことをカミカゼ攻撃と言い出すと、それに付和雷同したのがこの国の新聞屋、テレ
ビ屋どもです、昭和20年頃のヤンキーは日本に対して無差別攻撃を行っていました、軍だけではなく多くの民間人も殺されました、でも神
風は民間人を殺すヤンキーの空母を狙ったのです。このことをしっかり認識し、マスコミが垂れ流す虚偽を見抜く目を持つべきです。
189.名無しさん:2017年01月31日 14:22 ID:JK0IovRr0▼このコメントに返信
悪い印象?悪い印象なんて無いよ。
悲しい印象はあるけど…英雄視というか涙と感謝の念を抱いているよ。
190.名無しさん:2017年01月31日 14:24 ID:JK0IovRr0▼このコメントに返信
※1
恥とまでは言い過ぎ。
そもそも恥と言えるほど、お前は偉くもないし…。
191.名無しさん:2017年01月31日 14:24 ID:6WIFWvfq0▼このコメントに返信
日本の洗脳がすげえわ
今じゃ無理だろうし。
192.名無しさん:2017年01月31日 14:25 ID:hASbAk8v0▼このコメントに返信
※184
元々は、訓練不足のパイロットが、すぐに撃墜されるのなら、爆弾を抱えて体当たり
した方が良いのかも、という考えもあったと聞いている

※187
途中から、「志願と言う名の強制」になってしまったことは、作戦遂行上、反省すべき
点だと考える
193.名無しさん:2017年01月31日 14:27 ID:jbJBpyQv0▼このコメントに返信
※191
国家が守る事が家族守る事に成る。
そんな状況下なら国民は命を掛けるべきだと思う。

でもその行為(特攻)が本当に国家や家族を守る事に繋がるのか?
て部分は常に考える必要があると思うよ。
194.名無しさん:2017年01月31日 14:28 ID:QXYDjhiH0▼このコメントに返信
※157
偉くなって彼らが文字通り命を懸けて守った国を良くするてのも生き方としては、在りだよ死んで責任を取るてのは、やり方次第では、唯の自己満足に過ぎないからその辺しつこく連呼するのは、戦後パヨクの特徴。
195.名無しさん:2017年01月31日 14:29 ID:.lJxRnbA0▼このコメントに返信
美化してんじゃねーよ要は無能兵士の有効利用だろ
死にかけの負傷兵に爆弾巻きつけて突っ込ませるだけで死体処理と攻撃が同時にできるってだけ

俺に特攻命令なんて出してみろよその場で頃すぞ
196.名無しさん:2017年01月31日 14:29 ID:D.2dVQOb0▼このコメントに返信
想いくらいは汲んであげたいと思うのよ
「アンタ無駄死にだよ」とは言いたくはない
無能な上層部を恨みながら突っ込んだ方も相当数居たと思うし、個人的にはこっちに共感するんだがなw
197.名無しさん:2017年01月31日 14:30 ID:y2eUwhuH0▼このコメントに返信
効果に疑問が残る戦略はさておき、命と引き換えに国や家族を守ろうとした当時の若者に尊敬や経緯を抱くのは当然のこと。
そして英雄ではなく英霊だ。なぜなら戦うことに意味があった存在ではなく、その尊い魂が何であれ国を守った存在なのだから。
198.名無しさん:2017年01月31日 14:31 ID:XGqq5BzP0▼このコメントに返信
※180
他国でももしも特攻隊が存在すれば、当然賞賛される。
米軍に特攻隊があったとしたら、それこそヒロイズムの好きな国民性だし、
退役軍人、特に戦死者は国のために命を落としたヒーローだから、
それこそ日本よりももっと盛大に慰霊行為も行われ、賞賛される。
199.名無しさん:2017年01月31日 14:32 ID:jbJBpyQv0▼このコメントに返信
※196
無駄ではないと言うなら再び同じ事を繰り返し、
反省が無いままに終わるのでないか?

どーすれば寄り良い終戦、講和を迎える事が出来たかは考えるべきだろう。
200.名無しさん:2017年01月31日 14:32 ID:Iaa2uVeP0▼このコメントに返信
結局、特攻作戦が必要になる状況になるまで降伏しなかった軍部が悪いんだよなぁ
ドイツが降伏する前、極東にソ連軍が集結する前にに降伏していれば北方領土は今頃日本に帰属していたかもしれん
連合国に降伏すれば軍部の指導者達は自分らが戦後処刑されるのが目に見えていたから降伏を先に伸ばしていたんだよ
それでそのしわ寄せを受けるのはいつも一般国民
ん〜?あれ?これって今の日本とあまり変わらない気が…
201.名無しさん:2017年01月31日 14:33 ID:GmxhzBHw0▼このコメントに返信
※191
洗脳(強制的に頭に叩きつけた教育)ではないと思うが、日本の歴史風土にしみ付いてる日本人の概念、故郷家族を守るためには一命も厭わない。
202.名無しさん:2017年01月31日 14:33 ID:Vneh7Y3A0▼このコメントに返信
別に特攻だけじゃなく全部に英雄というか敬意を持ってるよ
無論自衛官にもね
203.名無しさん:2017年01月31日 14:35 ID:bEfqeLe.0▼このコメントに返信
英雄視って言うより、畏敬の念だろうな。

もちろん、司令部は非難されて当然だとは思うけどさ。
204.名無しさん:2017年01月31日 14:37 ID:QXYDjhiH0▼このコメントに返信
※200
それ全部後知恵の上に激甘な情勢分析だよルーズベルトとスターリンが生きてる内日本は、降伏なんて出来なかっただよルーズベルトがボックリ逝ったから多少マシになっただけ実際終戦直前に北方領土に侵攻を食らっているからあの状態での降伏は、列島分割並みの悲惨な未来しか無いよ。
205.名無しさん:2017年01月31日 14:38 ID:jbJBpyQv0▼このコメントに返信
※200
この特攻英雄視をする人達の意見で違和感を感じるのは、
それがベスト選択肢だったと感じてる所だと思う。

日米開戦も同じで、ハルノートを突き付けられた現状として、
開戦しか選択肢は無かったと言う人が居る。

日本はベストもしくはベター選択肢を選びながら、最終的には全面降伏と繋がって行くわけだ。
結果が全面降伏である以上は、ベストもしくはベターであるべきではないと思うんだけどね。

206.名無しさん:2017年01月31日 14:40 ID:9F0c5Qtr0▼このコメントに返信
※187
ん~。
特攻隊員の決断を「周囲の圧力の所為」とか、平和ボケきわまる現代日本の社畜のごとき語り方はしてほしくないし、すべきではないと思うよ。
死にたくないってのは、散々言ってたろうし、行動にも出てたと思われる>鳥浜トメさんの話とか聞くと
酔っ払って村で暴れるのも後を絶たなかったらしい。

けど、遺書にはそれを留めず、笑顔で出陣していく存在が彼らだったんだろう。
それは圧力じゃなく「美学」と言うんじゃないかねえ。
207.名無しさん:2017年01月31日 14:43 ID:ZZLH1usY0▼このコメントに返信
※191
要は死ぬことより優先度が高い事を選べる人間ってだけだんで・・今も昔も関係ない。
残念ながら他人の為に死ぬのを馬鹿馬鹿しいと思わなければ素質が有るんだよ・・

大体の人が分かってるやん、どうせ人間はいつか死ぬってさ。
多分だけど自殺の多い国は特攻の素質がある国だと思うよ。
208.名無しさん:2017年01月31日 14:45 ID:8nC7kj.80▼このコメントに返信
別に英雄扱いはしてないかな。
ただ国を守るために命をかけたことに感謝してるし、その心の強さは尊敬してる。
そんな人達の尊厳を守ってあげたいとも思っている。
感謝を大事にする日本人の文化なら当たり前に持つ感情なだけだと思うけどね。
209.名無しさん:2017年01月31日 14:45 ID:0N1KvVKG0▼このコメントに返信
3.11を直撃した地域で経験したけど、今でも追い詰められればやる人は普通にいると思うよ
死という物を具体的に身近に感じると良くも悪くも感覚が麻痺するんだよね
九死に一生というほど際どくなく、10分逃げ遅れてたら死んでた程度の俺ですらそうだったし
もっとも、2年もしたら喉元過ぎたらなんとやらで元通りだったけどなw
210.名無しさん:2017年01月31日 14:46 ID:3JdGLzZ20▼このコメントに返信
ここの管理人くそ
211.名無しさん:2017年01月31日 14:50 ID:.IrbviRK0▼このコメントに返信
最大限の敬意をはらう
212.名無しさん:2017年01月31日 14:51 ID:JK0IovRr0▼このコメントに返信
※188
>日本の為でも天皇陛下の為でもありません。
お前は当事者でもないんだから「ありません」などと偉そうに断言できる立場ではないと思うが?

>最後は自分の家族。親しい人を守る為だと自分に言い聞かせて出撃したと思います。
家族や親しい人を守る為であるのは当たり前だろ!その家族や親しい人たち…大切な人達も日本という国が在ってこその存在だろうが!その家族や親しい人達が生きて住まう国を守るずして、どう家族や親しい人を守るのか?だから国の為って事になるだろう!そして日本という日本民族が住まう国の頂点に国父、民族の親としての天皇陛下がいらっしゃる。だから国の為であり天皇陛下の為でもあったんだよ。
長い歴史を経て天皇皇后両陛下を民族の親とする巨大な家族と家(国)のような民族国家となったのが日本国だ。だから全てだ。国の為、天皇陛下の為、家族の為、親しい人達の為…是等の全ての為に出撃して行ったんだ。勿論、日本の特攻は、丸腰の民間人を巻き込む卑劣な自爆テロなんかとは全く違う。あんなのとは次元が違う。あくまで敵艦のみに突撃したのだから…。
その点はマスゴミや馬鹿な外人が何を言おうが日本人は理解している。



213.名無しさん:2017年01月31日 14:51 ID:QXYDjhiH0▼このコメントに返信
※208
其れが朝鮮人スレ主には、判らんて事かもよ。
214.名無しさん:2017年01月31日 14:55 ID:sWQ.TUqv0▼このコメントに返信
そりゃ結果論で言えばなんでも言える。
人間みんないずれ死ぬんだから(これは回避出来ない問題つまり結果がわかってる。)今死んでも同じと言われても死ぬやつなんまずいない。
その過程や影響は良くも悪くも意味がある。
後世の人がその結果を教訓とするならまだしも、結果を知ってる人間が当時の人に「こうすれば、良かったのに」と言う批判は傲慢だと思う。
215.名無しさん:2017年01月31日 14:57 ID:S1aprg4z0▼このコメントに返信
負けたらどのみち虐殺される

大空襲の様子を見たら誰でもそう思うよ
216.名無しさん:2017年01月31日 14:59 ID:pFA1P0iP0▼このコメントに返信
大多数の根拠とソースは?
結果が分かった歴史や史実を現代価値観のでしか考えられない
人間に問うてもなんの意味も価値もない
戦後生まれが偉そうに時代背景もわからず軽々に語るのはお粗末すぎる
217.名無しさん:2017年01月31日 15:00 ID:ZZLH1usY0▼このコメントに返信
※214
・・。
IFを考えない歴史勉強に意味なんてねーぞ・・

只の暗記になってるっす。
218.名無しさん:2017年01月31日 15:07 ID:RRGjj9Yj0▼このコメントに返信
海外だって無謀な作戦は批判される、だけど、その作戦で戦死した人を悼んでる
国のために戦死した軍人を敬うべきというのは日本人だけでなくどこの軍隊でも同じだよ
219.名無しさん:2017年01月31日 15:07 ID:dIZ69hmV0▼このコメントに返信
「過去こういった事例があったから次に似たときはこういうアプローチを考えてみよう」
ってなら分かるが

大抵の歴史のif(笑)は「あそこでああすりゃよかった!ベストじゃなかった!だから間違ってた!俺様賢い!」
ってのが見え透いてるから嫌われるんだよなぁ
220.名無しさん:2017年01月31日 15:10 ID:DkuHu7V90▼このコメントに返信
ちなみにその時の国民感情や指導者の感情まで考えてIFを妄想するのはもう『帝王学』の領域なんで、あんまし求め過ぎるのは良くないかもね。

まずは今の考えで良いからとりあえず流されない自分の意見を持てれば‥。
221.名無しさん:2017年01月31日 15:11 ID:HHVqXxCL0▼このコメントに返信
そうだな
議論自体は否定しないが現代の価値観で神風特別攻撃隊を語ると論点がズレるだろう
当時の時代背景や民族的なバックボーンまで考慮に入れて語ってこそ意味の有るものになる
そう思うよ
222.名無しさん:2017年01月31日 15:13 ID:jbJBpyQv0▼このコメントに返信
※217 ※219
俺もIFを考えない歴史研究に意味はないと思うな。
これは事故対応とかにも言えて、その当事者にして見れば、それしか選択肢が無かったとしても、
もっと時間を遡れば別な選択肢も見えて来るわけだし。

例えば菅直人が原発対応でベストな対応をしたいと言ってる様な物だ。
責任の全てを菅直人に有るとは考えないが、こーこーすれば違う結果に成って居ただろうと考えるのは大事だろう。
223.名無しさん:2017年01月31日 15:14 ID:342bUkKT0▼このコメントに返信
ただただ可哀想
同調圧力で乗せられた人もいるんだろ?
224.名無しさん:2017年01月31日 15:19 ID:jbJBpyQv0▼このコメントに返信
※223
英雄としての側面を前面に出すのか、被害者としての側面を前面に出すのかで分かれるな。
225.名無しさん:2017年01月31日 15:20 ID:FHoM.D6n0▼このコメントに返信
明治以後は白人に傀儡政権にされた との説があるが・・日本敗北で白人の属国化が目的、
問題点は 兵隊の命を大切にするか? しないか? の違いに表れてる。

なぜ明治以後の戦いは、防御具が無いに等しくて、国を守る兵隊の命を粗末にするのか?
太平洋戦争でも、無防備に近い、突撃、戦闘、体当たり玉砕・・・

戦争に 小人口.小資源国が 勝つためには、最小限の死者で戦う必要があるが、
太平洋戦争でさえ、負ける為に、戦う劇を見せたに過ぎない!

現在は大戦前夜! 自衛隊の防弾装備等は米国からすれば、実に人命を無視した粗末な装備
国民を国を 守る為には、自衛隊の装備品入札で裏金が動いて、一部の反日守銭奴の為に 
隊員が犠牲になってはならない!

公務員給与は世界標準の年収300万にして、自衛隊員の安い年俸を2割UPで 浮いた資金30兆円を
防衛予算にまわして軍需景気にして、日本の 敗北=絶滅 を防ぐべきだと想う。
226.名無しさん:2017年01月31日 15:21 ID:lXnpggf30▼このコメントに返信
絶対に断れない雰囲気で仮にでも断ったら村八分だろ
はっきり言って異常だ
隊員は尊敬と同時に同情する
227.(・Θ・)ダックニコルソン:2017年01月31日 15:25 ID:te0tEGM.0▼このコメントに返信
敗戦時の悲惨なイメージは全国民が
もっていると思います
原爆、都市の空襲による壊滅
米軍の火力に押され多くの戦死者
とはいえ敗戦国のドイツと日本の
戦死者は300万人中60万
ソ連は600万、中国も朝鮮戦争で600万
ifを考えてより良い選択肢を
踏まえて良し悪しを考える
べきでしょう。
228.名無しさん:2017年01月31日 15:27 ID:ZZLH1usY0▼このコメントに返信
※224
ありがとうかごめんなさいかどっちが好きかで分かれるんじゃね?

※226
まぁ、同調圧力の怖さなら特攻隊なのに生き残った人の事を考えた方が良いかも。
戦争での話の場合毛嫌いする人がいるので、タイタニック号の話に置き換えるけど、
生き残った男性の立場を妄想して死ななかった男性が「何故死ななかったんだ!」と言われる境遇の人がいたらしいけどそれに対してどう感じるかとか。
てかもうこの辺は世界共通で仕方ないと諦めるしかない同調圧力っす。
229.名無しさん:2017年01月31日 15:28 ID:LjQXBrRE0▼このコメントに返信
※222
歴史学の観点からすると、「IFを考える事」=「脇道に逸れる事」なんだよ。
もう起きてしまったことについて、「こうすれば良かった」なんて言っても
どうしようもないからな。

歴史学の研究者の課題は、様々な史料を研究して「過去を再構築すること」。
それはもちろん、「私の説こそ真実なり」と主張することではない。
様々な史料をクロスチェックして、「これが史実に近かったのではないか」と
証拠を基に提唱する学問だ。

歴史家の研究成果を参考にして、「今の状況はあの時に似ている。だから今度は
こうしよう」とか考え出すのは、歴史家以外の役目だな。
230.名無しさん:2017年01月31日 15:32 ID:n1R1yxsL0▼このコメントに返信
まあでも特攻自体は人権を無視した非人道的行為だよな
当時の社会風潮の様な物もあって一種の洗脳状態だったのだろう
冷静に客観的に考えれば人の命を部品の様に扱う特攻は美化されたいものではないと思う
あれは当時の軍国主義によるイデオロギーの操作だったのだ
231.名無しさん:2017年01月31日 15:35 ID:ZZLH1usY0▼このコメントに返信
※229
歴史研究っていっても歴史を使う人の人間(行政側)ならIFを妄想する事に意味が有るし、

歴史を準備する人間(考古学者)なら・・
・・。
後世の人間からしたら準備する人間に特に意味なんてないなw
贋作か模造品かの違いしかねぇ・・。

もう暗号解読の世界なんで後者は好きにすれば良いかと。
232.名無しさん:2017年01月31日 15:37 ID:0N1KvVKG0▼このコメントに返信
証明されていない部分を状況証拠等から推定したり補完することと、既に証明されたことに反することを仮定し思考する事は別な話だろう
後者は政治等を考える意味では意味のある行為ではあっても、学問としての歴史では無いと思うが
233.名無しさん:2017年01月31日 15:37 ID:.XfQwu7U0▼このコメントに返信
※179
おい。管理人。
このサイトは公安に連絡してある。
常に監視対象であることを忘れるな。私は日本人へのヘイトについては、いつでも法的手段に訴える。

日本下げスレを立てることは許せないが(お前の国で逆のことをされたら許せるかという問題:反論してみろ)表現の自由はあり、仕方がない面はある。
しかし「特攻」についてはスレを立てることは許さない。
特攻は航空攻撃だけではない。地上戦でも行われてもいる。
それらの人々を侮辱することは絶対に許さない。

管理人としての見解を書け。
当然、公的機関に連絡はしておく。

管理人の見解を早く書け。

私は警察に身元を明かして連絡している。(放火でもされたらこいつらの可能性ありということで)
以前朝鮮人にネット上で脅迫されたのでね。
散々「自分は法律関係の仕事をしている。お前の近くに仲間がいる」などと書いたあげく、
「ならば書き込みでこのようなことを書いているなら不適格として処分されるぞ」
とかいたら
「自分には二つの国に家があるから大丈夫」と言って、アカウント・コメントを消し逃げていった。
在日だろう。卑怯者。こいつらの仲間。
※書き込みを増やして誤魔化すな。
234.名無しさん:2017年01月31日 15:38 ID:sVaLJy2y0▼このコメントに返信
隊員らの心はめちゃくちゃ貴いんだが、本当に民族の存亡をかけた戦いだと思ったからやったわけだよね。
結局民族の存亡をかけた戦いってのは誇張だったわけで、原爆ほどの攻撃でも降伏しなかったのにソ連参戦ですぐに降伏しちゃったことを考えると複雑な心境になる。
235.名無しさん:2017年01月31日 15:38 ID:.XfQwu7U0▼このコメントに返信
※179
無駄な話し合いをしているように見せて、コメントを増やし都合の悪い書き込みを見せないようにする、こいつらの常套手段。
見ていると笑える。
卑怯者が。
236.名無しさん:2017年01月31日 15:39 ID:.XfQwu7U0▼このコメントに返信
※234
毎度毎度のソ連上げ。
ソ連は日本に敗北だらけだろう。
237.名無しさん:2017年01月31日 15:41 ID:.XfQwu7U0▼このコメントに返信
※231
学問をする人間は、客観的でなければならない。
客観的に意味の通らない文を書く人間は、学問をする資格がない。
あんた、何を言いたいの。
238.名無しさん:2017年01月31日 15:41 ID:ZZLH1usY0▼このコメントに返信
※234
一応あの時代の人が今の日本を見たら滅んでると評価するかもしれんから・・

誇張であるかは分からない事ないか?
239.名無しさん:2017年01月31日 15:43 ID:.XfQwu7U0▼このコメントに返信
※205
では、お前の最善策とやらを書け。
240.名無しさん:2017年01月31日 15:45 ID:OGSjjiwq0▼このコメントに返信
戦前戦後の間、日本が法律で家父長制にしたのは武家が長い間そうだったから
家長は家を統率し君主は藩を統率する形で(現代の軍隊体系と根本的には同じかと)
家のため君主のために身をささげる武士の精神は、明治以降はそれまで仕えていた幕府や藩から、日本という国に代わったんだよ
学校制度によって武士の多くが官僚になったし、有能な庶民にも平等に出世の道が開かれた
覇権を争ってた時代、日本は国防の観点から全世帯に家父長制度を取り入れたんだよ(国民一丸となって国や家・家族を守る)
だから昭和の頃まで公的機関の事も、自然におかみって呼んでたよ(最近ではあまり使われないけど)
特攻隊の精神は、国や家族を守るという武士の精神が引き継がれてると思う
日本人が特攻隊の尊い精神を敬うのは当然の事
当時、特攻を決定した人達もまた、自らもそういった武士の信念のもとでの判断だったはず
現代の感覚や価値観だけで、決定した者を全否定するのも少し違うと思うよ
長い間武士道精神を根底に、国体を維持してきた日本人だからとしか言いようがない
だから自分は、当時の方々全てを敬う気持ちしかない
あらゆる面で時代に逆行してはいけないし、今後も日本人として変化すべきとは思うけど

241.名無しさん:2017年01月31日 15:49 ID:ZZLH1usY0▼このコメントに返信
※237
私ら研究者ちゃうし。・・。それ位分かるよね・・

どちらかと言うと歴史(過去の経験)を使う側の人間だから主観性の無い人間とか逆に議論に成らん糞の役にも立たない人間になるぞ。
242.名無しさん:2017年01月31日 15:55 ID:HHVqXxCL0▼このコメントに返信

当時のソビエト共産党も辺境民族根こそぎとっ捕まえて来て無理やり突撃させ
ドイツ軍の攻撃から逃げ帰ってくる奴を政治指導者が掃射してたよなぁ
それが今では愛国者扱いだw
243.名無しさん:2017年01月31日 15:56 ID:.XfQwu7U0▼このコメントに返信
※241
人に言うな。
お前はくそというのを理解しろ。
私は十分世界に影響を与えている。

私が書いたのは、あんたの文章は他人が読んで、何を書いているか分からない、ということだ。
自分で読み直してみろよ。
学者ではないことぐらい分かる。そうであったら驚くけどね。
244.名無しさん:2017年01月31日 15:59 ID:jbJBpyQv0▼このコメントに返信
※241
ナショナルジオグラフィックのメーデー!:航空機事故の真実と真相とか観てると、
アメリカ国家運輸安全委員会とかは常にIFを考えてるよね。

それは物理故障の原因だけでなく、パイロットや管制官や整備士の行動、
その行動に至った原因に組織的な背景。悲惨な結果に終わった事故から教訓を導き出そうとしてる。

IFに意味が無いと言ってしまう人間は、悲惨な結果から教訓を得る事も無いのだろう。
悲惨な結果が有っても尚教訓を導きさせない可哀想な人間も世の中には居るんだな。
245.名無しさん:2017年01月31日 15:59 ID:.XfQwu7U0▼このコメントに返信
※241
私は大阪弁が大嫌いな地方民だが、そういう書き方をするのは在日なんだろう。
恥ずかしくないか。自分の言葉ではなという精神分裂状態で、お世話になっている国の歴史と文化に噛みつくことでしか自分を支えられないなんて。
惨めだとは思うが、全く同情もしない。
246.名無しさん:2017年01月31日 16:09 ID:Tn1V.jDc0▼このコメントに返信
別に一色だけ染めを選ぶことも無いと思うが
偉いと思うと同時にバカだなぁと同時に可哀そうだなぁもアリかと。
限られた分かりやすい選択肢に追い込まなきゃダメなん?
247.名無しさん:2017年01月31日 16:10 ID:g4MJix.S0▼このコメントに返信
※1
自分も、特攻作戦は日本の恥、それを敢行した特攻隊員は日本の誇り

とは思っているが、作戦を考えて承認した上官共と、
言っても仕方がないが、それ以前に大戦になるような状況を創り出した、
日本全体の準備、情報力不足といった戦略面には不満がいくらでもある。
今後も同じ轍を踏まないように戦略面で優位、もしくはすでに勝利を手中に収めておきたいところだ。

特攻隊員が日本の誇りなのは、そもそも志願者のみで構成され、
自らの意志で選択した事に、誇りや尊敬の念があるのではないのか。
命令された場合でもやらざるを得ないのも確かだが、
やはり隊員達は自ら志願したところに最大の価値があると思っているな。
248.名無しさん:2017年01月31日 16:12 ID:muLiRVOg0▼このコメントに返信
死生観が根本的に違う殺し合いをしてた時代の人間に現代の感覚で可哀想とだけ想うのは
当時生きた人に対して酷い失礼な態度なのは事実
249.名無しさん:2017年01月31日 16:19 ID:GCZMOzys0▼このコメントに返信
※222
軍事学ならIFを考えないと全く意味はないな
過去の戦史を分析して、どういう行動をとるのがベストか考察する
一方、日本の史学ではただ年表の羅列で、これは社会科学とは言えない
自然科学でも社会科学でも変数を振ってみて、どのように挙動が変わるのか考察するのがScienceだからな
この辺のことは小室直樹が指摘していたな
250.名無しさん:2017年01月31日 16:31 ID:HHVqXxCL0▼このコメントに返信
当時の特攻した若者の心情を想像するのはいいけど悲愴だったと断定するのはどうかなぁ

特攻の命令が来る前に終戦を迎えた若者、つまり今の爺さんたちはなんて言ってる?
俺が知りうる限り、価値観の変わった現代でも「仲間と一緒にタヒねなかった」という意見が多いと思う
生き残った事を申し訳ないとする価値観だ

それを現代の価値観で是非を問うのは賞賛するにしろ腐すにしろ本質を理解する事なしに判断していると思うよ
251.名無しさん:2017年01月31日 16:32 ID:Tn1V.jDc0▼このコメントに返信
日本にとってどーだかご大層は知らんが
 自分個人の感想 としては作戦はミジメったらしい 隊員はなんつーかなぁ複雑 ですわ
252.名無しさん:2017年01月31日 16:33 ID:UcbSqrWV0▼このコメントに返信
単純に親、兄弟、恋人のためと言っても実際に命を捨てれるかと聞かれたら自分に出来るかは解らない。
でも特攻隊員達は実際にやった。
この究極の自己犠牲が感動を呼ぶし、真似できないことが尊敬をよぶんだろうな。
253.名無しさん:2017年01月31日 16:34 ID:3fL2QVml0▼このコメントに返信
死ぬのが前提の作戦を命じた司令部は頭おかしいと思うし、
家族の為日本の為に必死で特攻した方々を尊敬するのは自然な感情だと思う。
254.名無しさん:2017年01月31日 16:38 ID:gqqKC3.30▼このコメントに返信
特攻作戦や軍の暴走は憎んでも、特攻に行った人は残ってる国民が無事で居られる様に散って行ったんだから敬うだろ。
嫌々ながら出撃しても、敵を目の当たりにしたら使命感が湧いて果たしてくれたんやろなぁと思うと、ツラいなぁ。
戦争だからこその悲劇とも言えるけど、単純には言えんのよねぇ。
255.名無しさん:2017年01月31日 16:38 ID:Tn1V.jDc0▼このコメントに返信
そこにシビれる あこがれるゥ! 平然とやってのけた訳じゃないとは思うが
256.名無しさん:2017年01月31日 16:43 ID:cUK9KSi20▼このコメントに返信
大西中将も、不確実な特攻より栗田艦隊にエアカバー出せよと思うのだが。
本土から少数出撃の繰り返しなんて、思考停止のお役所仕事でしかない。
⬆の意見を経営者セミナー主催の知覧観光に行こうとしてた社長に言ったら、中止になった。
沖縄に集中した米機動部隊を殲滅するのに特攻飽和攻撃するならまだしも。
後、回天特攻は、効率からして是認レベル。
音響追尾魚雷造れたなら、不要だったのに。
東郷元帥
>百発百中の砲一門は、百発一中の砲百門に勝る<この言葉が染みますな!
257.名無しさん:2017年01月31日 16:46 ID:LjQXBrRE0▼このコメントに返信
※249
>一方、日本の史学ではただ年表の羅列で、これは社会科学とは言えない

それは史学の現場をナメ過ぎ。高校までの勉強とはワケが違うんだぞ。

学生の内から史料との接し方や史料研究に必要な観点、手法などをミッチリ叩き込まれる。
卒論を通じて学術論文の執筆能力を証明できないと学位すら取れない。

258.名無しさん:2017年01月31日 16:57 ID:Cv.WKmwp0▼このコメントに返信
命令を美化してる訳じゃなくて、行為に殉じた人たちを美化してるんだと思うけどな
特攻命令は悪だとしても、特攻した人たちを乏しめる必要はないと思うわ
259.名無しさん:2017年01月31日 17:00 ID:sWQ.TUqv0▼このコメントに返信
※217 222
研究したり、考察はするべきだろう。
だから教訓とするならわかる。と書いた。

ただ何十年も前の自身どころかすでに関わった人もほとんどいない様な出来事で、感情的に批判する人や、ましては結果を知ってて「俺ならこうした」見たいな人は傲慢では無いのかって?って話だよ。

260.名無しさん:2017年01月31日 17:01 ID:jpYXkJ7F0▼このコメントに返信
犠牲の上に私たちは生きている
261.名無しさん:2017年01月31日 17:01 ID:jbJBpyQv0▼このコメントに返信
※258
英雄と見るか犠牲者と見るかの違いで、犠牲者として見るなら美化の必要もないだろう。
犠牲者として見ないとIFは見えてこないし。
262.名無しさん:2017年01月31日 17:08 ID:QXy5c.s60▼このコメントに返信
※181
太平洋戦争の前期と後期ではアメリカ艦隊の防空力が相当に違う。
マリアナ会戦以降、米艦隊に航空攻撃を仕掛けても殆ど戦果を挙げられず損害を重ねるばかりだった。
アメリカもこの海戦を経て日本航空戦力への対処に大きな自信を持つようになった。
その自信を根底から揺るがしたのがどうせ帰らぬなら必中を期してと敢行された航空特攻。
燃料の焼夷効果もバカにならず爆弾が不発でも相当な損害を与えてる。
263.名無しさん:2017年01月31日 17:13 ID:cjzLH5Ct0▼このコメントに返信
英雄は死ななくても英雄だよ
今もご存命の方ならいらっしゃると思う、その方々は確かに英雄だ

特攻で国のために果敢に華々しくお散りになった父祖は英霊だ
264.名無しさん:2017年01月31日 17:19 ID:QXy5c.s60▼このコメントに返信
※205
大局的な視点では、対米英戦争に至った国家戦略が根本的な誤り。
開戦すればそれでもその上京の中で最善を尽くさなけりゃならない。
特攻の非倫理的だけど、その戦果効果まで否定したがる連中のコメを見るに、行き付く結論は戦争そのものの否定にしかならない。
対米英の戦争を始めてしまっても、しかし今の形で日本が残ったのは特攻隊も含む兵士たちの奮戦が有ったから。
265.名無しさん:2017年01月31日 17:29 ID:3DY3jKct0▼このコメントに返信
戦後列強が戦艦を保有し続けた理由をちゃんと調べれば
特攻がどれだけ戦術的に強力だったかぐらいはわかるだろうに
266.名無しさん:2017年01月31日 17:32 ID:QXy5c.s60▼このコメントに返信
※112
>特攻隊員を英雄視するのをこじらせすぎて
それだって特攻の事実まで捻じ曲げてマスコミや日教組教育がずっと「犬死」の印象操作をし続けた反動なんよ。
・特攻は戦果が無かった。・・・・米軍戦史で高効果が確認されてる。
・人間魚雷回転は外側からしかハッチの開閉できない構造で搭乗員は閉じ込められた。・・・ハッチは内側についていた
・覚せい剤でラリらせて出撃させた。・・・・WW2当時、各国の航空機搭乗員も覚醒剤を使用していた。今とは覚醒剤の認識が違う。
・練習機で特攻させ米駆逐艦にその低速をバカにされた。・・・練習機特攻は事実だが、赤とんぼ白菊がそれぞれ駆逐艦一隻ずつを撃沈し、意外な効果に米軍も脅威と認識している。
267.名無しさん:2017年01月31日 17:34 ID:n5C2mDv50▼このコメントに返信
戦術的に有効だったかどうかなんかより日本の為に散ってくれた人を悪く思う事なんて無理。
268.名無しさん:2017年01月31日 17:41 ID:cvJyMXwX0▼このコメントに返信
人のために支ねる精神性のない国は弱いよ。シナのように。
269.名無しさん:2017年01月31日 17:42 ID:QXy5c.s60▼このコメントに返信
どうせ勝てっこないから、ではフィンランドはソ連に講和できなかったな。
270.名無しさん:2017年01月31日 17:53 ID:QXy5c.s60▼このコメントに返信
バカボムこと桜花が期待された戦果に到底及ばなかったのは事実。
しかし米軍は大きな脅威と認識していて、駆逐艦に突入した桜花は不発でも(船体に対して縦に突入)その運動エネルギーによって百数十人を死傷せしめた事例もあるほど。
271.名無しさん:2017年01月31日 17:55 ID:BK7ne2W30▼このコメントに返信
ブヨ大学のバカが軍事研究しないホルッってあほなこと言ってるからなぁ
日ごろから軍事研究しとけばこんな事にはならんかった
侵略しゃぺるりが日本に向かってる情報を持ちながら何もできなかった頃の教訓が生かされてないね
272.老賢人:2017年01月31日 18:14 ID:PswD5vWx0▼このコメントに返信
人間爆弾にされて殺されたのは全員揃いも揃って男なんだけど、何で誰一人指摘しないんだろ。
女は旗振って煽ってただけ。
「男性差別」の極みだよな。
これが、若い女を何千人も人間爆弾にしてたら千年先にも残る大悪行として名を残したと思うけど。
それは戦中の話?
違うな。
今でも原発作業員は男だろ。
実際「男がやれ」という命令も出されてる。
そして実際、被曝して白血病になった人がいる。
男の命の扱いが低すぎるんだよ。
273.名無しさん:2017年01月31日 18:20 ID:iPai65Zt0▼このコメントに返信
戦術的な側面だけでみればそりゃ有効だよ、無誘導爆弾が主流の時代に低速とはいえ対艦巡航ミサイルを運用するんだから
ただ死亡確定かつ大勢に寄与しない戦術に貴重な人員を投入するのは無意味であり、隊員はただの被害者と見るべきだろう
戦死者そのものを英雄とするならば他の戦死者と同様に扱い特別視をするべきではない
274.老賢人:2017年01月31日 18:20 ID:PswD5vWx0▼このコメントに返信
戦争になったら弱者(女、子供、老人)から死ぬというのは真逆の大嘘。
子供は未来を担う存在だから守られるし当然そうあるべき。
年寄りは年齢経て権力と財力握ってる強者。今も政治は年寄りが動かしてる。
そして何にも増して最後の最後まで守られるのは女。
女は内臓。男は牙や爪。
まず最初に傷つくのは牙や爪。
柔らかく"弱い"重要な内臓は最後まで守られる。
子孫を効率よく殖やすには、女の方が数が必要だから。
男の数が極端に減ろうと、女がいればまた殖やせる。
275.名無しさん:2017年01月31日 18:24 ID:PE7LmCUT0▼このコメントに返信
当時ですら「統帥の外道」と呼ばれて、最低、最悪の作戦だという自覚は陸海軍共に有っただろ。

それと命令に従って死んでいった若者に哀悼の気持ちを持つの矛盾しない。
276.老賢人:2017年01月31日 18:27 ID:PswD5vWx0▼このコメントに返信
現代では徴兵制はなくとも、仮に中国と戦争にでもなって街が空爆されたら、避難誘導や消化活動や復興作業は全部男の役目になる。
女は「生理用品持ってこい!」「女に優先して食料回せ!」と言うだけ。
東日本大震災の時も、阪神淡路大地震の時もそうだっただろ。
戦争になったら真っ先に死ぬ最弱者のくせに「自己犠牲精神が素晴らしい」とか特攻隊を一番崇めてるのも男。
まぁそれはいい。
それはいいが、女が崇めたり、女が戦争煽ったりするのは胸糞悪い。
当時「私も特攻隊になりたい!」つった女、一人たりともいなかっただろ。
自己犠牲を求められるのは男だけ。自衛隊員もほとんど男だし。
特攻隊が突っ込んだ理由も、残された家族が村八分にされない為だし。多分イスラムもそうなんやろ。
277.名無しさん:2017年01月31日 18:32 ID:NzZW7ETK0▼このコメントに返信
おい。管理人。
このサイトは公安に連絡してある。
常に監視対象であることを忘れるな。私は日本人へのヘイトについては、いつでも法的手段に訴える。

日本下げスレを立てることは許せないが(お前の国で逆のことをされたら許せるかという問題:反論してみろ)表現の自由はあり、仕方がない面はある。
しかし「特攻」についてはスレを立てることは許さない。
特攻は航空攻撃だけではない。地上戦でも行われてもいる。
それらの人々を侮辱することは絶対に許さない。

管理人としての見解を書け。
当然、公的機関に連絡はしておく。

管理人の見解を早く書け。

私は警察に身元を明かして連絡している。(放火でもされたらこいつらの可能性ありということで)
以前朝鮮人にネット上で脅迫されたのでね。
散々「自分は法律関係の仕事をしている。お前の近くに仲間がいる」などと書いたあげく、
「ならば書き込みでこのようなことを書いているなら不適格として処分されるぞ」
とかいたら
「自分には二つの国に家があるから大丈夫」と言って、アカウント・コメントを消し逃げていった。
在日だろう。卑怯者。こいつらの仲間。
※書き込みを増やして誤魔化すな。
278.名無しさん:2017年01月31日 18:33 ID:QXy5c.s60▼このコメントに返信
※273
>大勢に寄与しない戦術
キルレシオで最高率の戦術を否定しといて、他に大勢に寄与する戦術なんて有るんでしょうかねぇ?
だからそれって、戦争継続そのものの否定でしかないの。突き詰めれば勝てる見込みの殆どない戦争を始めた事から否定するしかない。
もはや戦術がどーのとか関係のない次元の話になってしまう。
見込みのない戦争を始めてしまったものの、しかし特攻隊を含む兵士たちの奮戦が有ったからこそ、今の形で日本が残ってる。
279.名無しさん:2017年01月31日 18:40 ID:QXy5c.s60▼このコメントに返信
※272
しょうがないじゃん、子供を産むのは女性だし男は女子供を守らなきゃいけない。
生物としての根源的使命だよ。
そーゆー意味では「男女平等」はナンセンス。人の社会的権利としては平等であらねばならいけどね。
280.名無しさん:2017年01月31日 18:45 ID:QXy5c.s60▼このコメントに返信
※272
一度きりの人生自分が死んだもうオワリと思うから、不公平とか考えちゃうのさ。
七生報国ならぬ七生報家族とか七生報愛とでも思い給え。

281.名無しさん:2017年01月31日 18:50 ID:QXy5c.s60▼このコメントに返信
たぶんだけど、現世利益に対する執着としては 女>男 なのはしょうがない。女は本能として子育てあるからね。
282.名無しさん:2017年01月31日 19:07 ID:NzZW7ETK0▼このコメントに返信
特攻は当時の状況から考えれば、最も有効で効果的な攻撃法であった。
1%の確率で爆弾を命中させることができるのと、10%では後者の方を選ぶだろう。
283.名無しさん:2017年01月31日 19:12 ID:Yd1HYtnw0▼このコメントに返信
世界中のド肝を抜いた特攻隊のお陰で今の日本があります。

284.名無しさん:2017年01月31日 19:20 ID:Nq8E23AJ0▼このコメントに返信
まあ最後の手段だね。

もしも目の前に敵がいて、どうにもならなかったなら俺だってやると思うよ。
上から命令されてできることじゃないと思うよ。
例えば親や先生から勉強しろと言われたら普通は反抗するよ。自分からやりたいと思わないと。

昔も今も、それは変わってないよ。
天皇陛下が敗戦で謝罪したときに陸軍はクーデター起こそうとしてたの知ってる?
仲間がしんで、自分だけしんでないなんて、悔しかったと思うよ。
自分が後に続かなかったら仲間のしが無駄になるから。
285.名無しさん:2017年01月31日 19:28 ID:cU49Otxm0▼このコメントに返信
「特攻をどう評価するか」は右翼・右派と呼ばれる人間の中で、
相手にしなくていい・関わらない方が良い奴を判別する絶好のフィルターだわな。
286.名無しさん:2017年01月31日 19:37 ID:u8hFa7Fd0▼このコメントに返信
当たり前だろ笑
戦前戦中の爺婆が一番モラルが高いのにwwwww

隣の半島や在曰みたくなりたくないからねw
287.名無しさん:2017年01月31日 19:59 ID:uEMAD.z80▼このコメントに返信
スレ主は右翼左翼混ぜるからややこしくなる。その典型。っつーか右翼左翼争わせようとして失敗しただけだろw

本質はただの自己犠牲。これは戦争は全く関係無く、日本だけじゃなく世界共通で英雄視される。タイタニックとかな。
288.名無しさん:2017年01月31日 20:13 ID:X9oR9Ppf0▼このコメントに返信
英雄視はしてないわ
個人レベルにまで視点を下げれば、アホ

大きな視点で見れば、そういうコマがあったというだけ

ドラマチックだとは思うけど、そんなのその辺の病人も死んだらドラマチックだからね
289.名無しさん:2017年01月31日 20:15 ID:f6Wzh2Mj0▼このコメントに返信
※273
こういう人は国家としての負けがほぼ確定した後に行われた全ての作戦・戦術を否定するのかね?
そういうものは有史以前いくらでもあると思うが
290.名無しさん:2017年01月31日 20:19 ID:Yd1HYtnw0▼このコメントに返信
<丶`Д´>「特攻隊は認めないニダ!」
291.名無しさん:2017年01月31日 20:28 ID:f6Wzh2Mj0▼このコメントに返信
最終的に負けた勝ったで戦術を論ずるのはアホだと思うよ
そうやって論ずるべきは戦略であって戦術は現場レベルで有効か有効でなかったかで判断されるべきもの
292.名無しさん:2017年01月31日 21:20 ID:myFtCNdN0▼このコメントに返信
人の集団は一枚岩ではない。利益集団や考え方が同じ人の集団ごとに考え方や行動が違う。
特攻はする側、させる側があり、それぞれ評価が違う。
293.名無しさん:2017年01月31日 21:28 ID:8SZkslSq0▼このコメントに返信
親・兄弟・戦友を思い、お国の為に戦った彼らを英雄と呼ばずになんて言うのか
294.名無しさん:2017年01月31日 21:33 ID:nfGEDVtq0▼このコメントに返信
正直手も足も出なくなってヤケクソで特攻で散っていった人よりも
ちゃんとまともに技術を研鑽して敵と対峙して戦った飛行機乗りにもっと焦点をあててほしい
295.名無しさん:2017年01月31日 21:42 ID:8SZkslSq0▼このコメントに返信
誰もがヤケクソで特攻した訳じゃない
特攻隊員も正規の攻撃を望んでたと思うぞ?
それが出来ないなんて辛すぎる。
誰だって死にたく無いだろう、、
296.名無しさん:2017年01月31日 21:58 ID:dZr09hmq0▼このコメントに返信
英米の戦闘機が使っていたような、翼下にレールで接続する形式の対地ロケット弾を日本が持っていれば、神風特攻は必要なかったかもしれない
297.名無しさん:2017年01月31日 22:04 ID:Wi4mucvM0▼このコメントに返信
特攻隊が非難されているのではなくて
特攻という非道な作戦を立てた帝国海軍を非難しているんだが
その程度の区別もついてない奴ってちょっとどうなの?
298.名無しさん:2017年01月31日 22:14 ID:dZr09hmq0▼このコメントに返信
2000万の日本人を神風特攻に投入してください!そうすれば必ず日本は勝ちます!

ナニ天皇が特攻に反対?そら天皇が暗愚なんや

大本営の方々よ、まさかこの会議で降伏の打ち合わせをしてるんやないやろな?(ギロリ)

わー日本負けよったーハラキリブシャー

こんなオッサン嫌や

299.名無しさん:2017年01月31日 22:28 ID:IgRw98gc0▼このコメントに返信
でもパヨクのやつも宮崎駿のつくった少年少女が自爆スイッチを押す映画に感動したりするだろう?

ほら「バルス」とかいうやつ。
300.名無しさん:2017年01月31日 22:29 ID:znc75nnM0▼このコメントに返信
祖国と国民を守るために命を捧げてくれた方々に敬意を抱けないのは
犬畜生にも劣る感性だと思うがなぁ
301.名無しさん:2017年01月31日 22:33 ID:Tn1V.jDc0▼このコメントに返信
特攻隊員が何かを守ろうとしたのかは知らんけど
守ったのは家族や仲間たちや故郷でもなく天皇ってのがなぁ
その天皇は
「お前らさぁ…雁首揃えて天皇じゃなくて国民への心配はどうなってん?
 国民が助かるなら俺はどうなっても構わんのだが?」
な見栄切ってくれたみたいだが
302.名無しさん:2017年01月31日 22:43 ID:IgRw98gc0▼このコメントに返信
同じ民族で400万も殺しあった朝鮮戦争の後、保導連盟事件や済州島4・3事件で同じ民族を100万人も虐殺した半島民には、特攻した人の気持ち理解できないだろうなあ。
303.名無しさん:2017年01月31日 22:45 ID:t6eYsrVm0▼このコメントに返信
でもさ左翼の連中に「犬死、無駄死にした奴ら」呼ばわりされたら「ちょっと待てや、コラ!」ってなるだろ?
少なくとも死者を冒涜しない人にはなりたいよ
304.名無しさん:2017年01月31日 22:48 ID:5140U44M0▼このコメントに返信

べつに日本人は、特攻や特攻隊員が好きなワケじゃないと思う。
戦後は、戦争嫌いになったしね。

特攻隊員が好きだというだけでなく、出征した兵士達に敬意を抱く気持ちと変わらない。
戦死した人にも、帰還した人にも、それは(もちろん程度の差はあるけど)同じ。
戦争という災禍に対して、それに立ち向かって、共同体のなかで選ばれて苦労した人に対して、
畏敬の念を抱く尊敬だと思う。
実際に我々が特攻隊員なり出征兵に感動するのは、我々という匿名集団に対して、
彼らが心から献身的に身を投げ出した高尚な犠牲心にあると思う。
それは根源的に、いつも日本人が誰かの心を想い遣る、一人一人の優しさの発現だと思う。

305.名無しさん:2017年01月31日 23:03 ID:0N1KvVKG0▼このコメントに返信
状況的に特攻して死ぬか生きるかじゃなく、特攻して死ぬかもう少し先に死ぬかだったわけで
306.名無しさん:2017年01月31日 23:30 ID:Mhd3MpuG0▼このコメントに返信
さあ!元特攻隊員の内村健一さんの仲間になろう!
今なら撃墜王の坂井三郎さんのサインがもらえるぞ!
307.名無しさん:2017年01月31日 23:36 ID:Mhd3MpuG0▼このコメントに返信
特攻崩れ・・・いや、何でもない。
永遠の0でもいたな。
308.名無しさん:2017年01月31日 23:58 ID:NKExbEgA0▼このコメントに返信
悼みはするけど英雄視はしないな
ぶっちゃけ国家によって犬死させられた人々だからな
309.名無しさん:2017年02月01日 00:18 ID:0NXNm0Uo0▼このコメントに返信
「特攻作戦」
司令部の無能を兵の命で埋め合わせようとする最低最悪な作戦

「特攻隊の兵」
理不尽な命令にもかかわらず、国や家族を守るために己の命を賭して出撃していった英雄
310.名無しさん:2017年02月01日 00:19 ID:s9kTtkGs0▼このコメントに返信
特攻隊って、いまの暴走族や右翼とおなじだろ?
311.(•ө•)ダックニコルソン:2017年02月01日 00:20 ID:w0BdtjAj0▼このコメントに返信
※308
【方針】に対する疑問は興味深い
227で
僅かな時間で※しました
一抹の不安感、批判する為の批判者が現れるのではないか?
只見る人を不愉快にする為に
なにやら沸いてますがたいした問題はなかった

改善の為の批判は必要だが
何も考えて居ないという訳でも無い
良く考えられている所も当然有ると言いたい

今日はとても疲れているので寝ます。
312.名無しさん:2017年02月01日 00:22 ID:s9kTtkGs0▼このコメントに返信
つまりは狂信者集団の尖兵、鉄砲玉だな…
何で断らなかったんだ?つまり狂信者集団の無言の圧力で断れなかったんだ。
313.名無しさん:2017年02月01日 00:25 ID:s9kTtkGs0▼このコメントに返信
狂った日本は自滅して、市民の手により生まれ変わった日本が現在の日本。特攻隊?知るかよ!
314.名無しさん:2017年02月01日 00:49 ID:FksYEUzM0▼このコメントに返信
まぁ、特攻隊を今の平和な価値観で語るからおかしくなるんだよな。
戦争ってのは人が数で勘定される時代だ。トレードオフで訓練未達の搭乗員の命をどれだけの敵兵の命と引き換えにできるかという価値観の中で生まれた作戦だぞ。今でこそ忌まわしくもおぞましいと言えるかもしれんが当時はそれが当たり前だったんだよ。
315.名無しさん:2017年02月01日 00:53 ID:lAN3CjBZ0▼このコメントに返信
個人主義で育ったゆとりには分からんだろうな
316.名無しさん:2017年02月01日 01:07 ID:lAN3CjBZ0▼このコメントに返信
※314
トレードオフの作戦は当たり前かもしれないが、日本以外で決死はあるが必死の作戦を立てた軍隊はないぞ?
317.名無しさん:2017年02月01日 03:05 ID:VO5N2FXV0▼このコメントに返信
んなこたねえよ。追い詰められて負け確の戦いしてってなんか世界の虐められっこみたいだなあとしか思ってねえよ。
兵器もアメリカのほうがかっこいいしな。なんで緑なの?銀にしろよ
318.名無しさん:2017年02月01日 03:05 ID:Xpj0X8nr0▼このコメントに返信
だって、特攻も自決も日本の伝統文化じゃん。
戦後になって欧米の価値観で洗脳され、急に悪い事のように教育されるようになっただけ。

戦国時代でも主君のために敵に特攻して死ぬのは誉れだとされてただろ。
武田勝頼を逃がす為に馬場信春が時間稼ぎでわざと死ぬ為に敵に突っ込んだり
島津の捨て奸といって、島津義弘を逃がす為に兵が自ら犠牲になって死ぬまで敵の足止めをしたり。
明治時代でも乃木希典が妻と一緒に自決したり。
319.名無しさん:2017年02月01日 03:11 ID:Xpj0X8nr0▼このコメントに返信
※317
アメリカの兵器はかっこ悪いだろw
ドイツのはかっこいいけど。

俺は、零戦といえば明灰白色のイメージだけどな。
320.名無しさん:2017年02月01日 03:39 ID:doTpD0jU0▼このコメントに返信
そりゃ、特攻と特攻隊は別もんなんだから
特攻とは作戦であり、特攻隊はただの命令された人間や
321.名無しさん:2017年02月01日 04:51 ID:s9kTtkGs0▼このコメントに返信
特攻は天王教団の殉タヒの自爆テロ。命令したやつが悪い。が、実行犯も共犯者。それを崇め奉るなどとんでもない!特攻隊に上級国民がいないことを見れば正体見たり!
322.名無しさん:2017年02月01日 04:54 ID:304Ot6920▼このコメントに返信
特攻隊を愚策だとする人は新選組も白虎隊も軽辱してろよ
くだらね
323.名無しさん:2017年02月01日 05:59 ID:6kgZqOp20▼このコメントに返信
米国機動部隊の防空網もろくに突破できない(無駄しに)のに、
終戦まで工夫もなく繰り返した、軍中央部は、断罪されるべきだな。
ところで、昭和天皇と今上天皇陛下は、知覧いかれたんだろうか?
退位する前に慰霊にいっていただきたい。
324.名無しさん:2017年02月01日 06:54 ID:WKILyOeF0▼このコメントに返信
こんなスレで本気を書くのも何だが、不謹慎ながら、陛下が、拉致されたら日本人はどうするか?まだ本当の日本人が大勢を占めるならば、対象国に相当の怒りと報復措置を執るでしょう。アメリカ押し付け憲法は即廃止 大日本帝国憲法復活 個人の氏などノミの魂 大儀を為すだけだ。 日本人は奥義「一つの塊」となり、暴れだす。まあ、此を捨てたら日本人じゃないわな。中国 韓国を筆頭に欧米なんかと同じレベルに民度が下がった名前だけの日本人だわ。日本人の民族第一主義はアメリカインディアンのそれより組織的に上だと思う。何故インディアンは江戸時代の様に繁栄出来なかったのか残念でならない。日本人がアメリカのインディアンと先に友好関係を築いて、文化交流してればインディアン対侵略白人の攻防戦の末インディアンの勝利となってたかも。
325.名無しさん:2017年02月01日 09:49 ID:.2zmREP70▼このコメントに返信
国家の為にその身を捧げた英霊達に感謝します。
326.名無しさん:2017年02月01日 11:12 ID:VlgiWOvK0▼このコメントに返信
※21
娘さんや妹さんが目の前で乱暴されて殺されてもですか???守ってあげないのですか???
327.名無しさん:2017年02月01日 11:16 ID:hXuOz4gr0▼このコメントに返信
悪い印象もないし、英雄視もしてない。

日本のために命を懸けたのだから、その死を悼むけどな。

その名誉を貶めようと活動する特亜人には反吐が出る。
328.名無しさん:2017年02月01日 11:35 ID:3BGUQ.6K0▼このコメントに返信
勇気を持って、素直に考えれば、カッコイイからだよ。

英霊に黙祷!!!

329.名無しさん:2017年02月01日 11:41 ID:sz9RGPyZ0▼このコメントに返信
※81
「それをやったら日本人を最後の一人まで殺し尽くすまで終わらないし、そうなった時のアメリカの被害は計算できないほど高まる」って考えたのと、「先進的な文明国家(連合国)が野蛮な帝国主義国家(枢軸国)を征伐した」と言う自らの主張の大前提が有る以上、自分からそんな「野蛮」な事はできず、とりあえず形だけでも裁判の形にしようとしたからだよ。
330.名無しさん:2017年02月01日 12:21 ID:RvBLLc6H0▼このコメントに返信
ほんの10年前まで仲良く野球やってたのに何で鬼畜米国になったんやろ、おかしいのー。
関東大震災の時なんて官民ともすっごく支援してくれたんやで。
331.名無しさん:2017年02月01日 12:25 ID:URkUVK.J0▼このコメントに返信
まず時代背景を忘れてはならない。

 日本とタイ以外の全ての有色人種が、白人の奴隷だった世界観だ。
 「あと日本とタイを奴隷にすれば地球全土の奴隷化完了w!」
 「この戦争が終わったら奴隷が増えて、ラクな生活できるぞ~w!」
 という士気で、白人は戦争していた。

 米軍は、日本兵との戦争を嫌がり、国民への直接攻撃に切り替えた。
 日本側に、戦争もさせない、卑怯で、戦争法に違反した「戦争犯罪」だ。

 それに抵抗する為に、自分が特攻してでも応戦しようと考えるのは、当たり前だろ!!!

★国民が狙われ殺されてるのに、自分だけ生きて帰れる作戦でヌケヌケ生きていられるかよ。★
★国民が狙われ殺されてるのに、自分だけ生きて帰れる作戦でヌケヌケ生きていられるかよ。★
★国民が狙われ殺されてるのに、自分だけ生きて帰れる作戦でヌケヌケ生きていられるかよ。★

 アメリカが、日本国民を戦争に巻き込んだ時点で、これは戦争じゃなくなっており、
 ジェノサイド、民族への差別攻撃に切り替わってる。
 向こうが戦争を放棄してるんだから、こっちだってセオリー無視の特攻だってやるだろ。俺だってやる
332.名無しさん:2017年02月01日 12:27 ID:URkUVK.J0▼このコメントに返信
※330
>ほんの10年前まで仲良く野球やってたのに何で鬼畜米国になったんやろ、おかしいのー。
>関東大震災の時なんて官民ともすっごく支援してくれたんやで。

 ① 日本国内にロシアスパイが増え、「日露同盟」が出来たらアメリカが終わるから。
 ② 世界中の有色人種が奴隷だったのに、アメリカは植民地をほぼ持ってなくて、
   経済で劣りそうだったから、周回遅れながら、どれを分捕りに来た
333.名無しさん:2017年02月01日 12:29 ID:URkUVK.J0▼このコメントに返信
※21
>もし戦争になっても僕は戦わないです…

 時代背景を考えろ。

 特攻があった時、米軍は民間への空襲を始めていた時だ。
 国内の国民が次々殺されてるのに、自分だけ生きて帰れる作戦ばかり選んで
 のうのうと生きてられるのか?

 シミュレーションしろ。
 お前の実家のある地域で、どこぞのテロリストが連日攻撃してたとして、
 お前は「助けに行かない」「自分はうちでじっとしてる」のか?
334.名無しさん:2017年02月01日 12:30 ID:URkUVK.J0▼このコメントに返信
※321
特攻は天王教団の殉タヒの自爆テロ。命令したやつが悪い。が、実行犯も共犯者。それを崇め奉るなどとんでもない!特攻隊に上級国民がいないことを見れば正体見たり!



  ネット工作会社。お前は頭が悪いんだからネットを辞めろ。
  ネット工作会社。お前は頭が悪いんだからネットを辞めろ。
  ネット工作会社。お前は頭が悪いんだからネットを辞めろ。
  ネット工作会社。お前は頭が悪いんだからネットを辞めろ。
  ネット工作会社。お前は頭が悪いんだからネットを辞めろ。
  ネット工作会社。お前は頭が悪いんだからネットを辞めろ。
  ネット工作会社。お前は頭が悪いんだからネットを辞めろ。
  ネット工作会社。お前は頭が悪いんだからネットを辞めろ。
  ネット工作会社。お前は頭が悪いんだからネットを辞めろ。
335.名無しさん:2017年02月01日 12:36 ID:URkUVK.J0▼このコメントに返信



  ① アメリカ軍は、戦争法を放棄して、民間人への攻撃をメインに切り替えた

  ② こういう「民族虐殺」を選択できる国に、「降伏」すれば、当然虐殺が続く。
    (結局は虐殺されなかったがそれは「結果論」だ。事実として戦時中に民間人虐殺を働いていた)

  この2点を織り込んだ上で、特攻作戦は選択されたんだ。

  言っておくが、「特攻じゃない作戦で死んだ人数」の方がもっと多いからな。当たり前だけど。
  多い少ないの話しではない。

  下手に、生還を前提にした作戦を狙って、失敗し、戦果を挙げられず無駄死にするくらいなら、
  最初から玉砕を前提とした作戦をした方が、「戦果を上げる確率は高い」。当たり前だけどな。
  遠くから爆弾を投げるより、爆弾を持って近付いた方が当たる。
336.名無しさん:2017年02月01日 12:38 ID:URkUVK.J0▼このコメントに返信
驚くべき事は、こういう作戦を、「日本人以外の白人達」は選択できない、って事だ。
軟弱ってのもあるが、「自分だけのうのうと生きて帰れる作戦」を前提にする、職業軍人だ。
日本兵のように、「国を守る!」って意識が足りない。
所詮、「有色人種を殺して給料をもらえる」って程度なんだよ。

だから、玉砕に驚く白人の方が、日本人にしたら驚きだわ。

お前ら母国の為に命捨てられないんですか?軍人でしょ?
お前ら母国の為に命捨てられないんですか?軍人でしょ?
お前ら母国の為に命捨てられないんですか?軍人でしょ?
お前ら母国の為に命捨てられないんですか?軍人でしょ?
お前ら母国の為に命捨てられないんですか?軍人でしょ?
337.名無しさん:2017年02月01日 12:41 ID:URkUVK.J0▼このコメントに返信
なぜ太平洋戦争になったかと言うと、

 有色人種のほとんどが白人の奴隷であり、最後に日本と、タイ、
 ほかに一部の小国独立国しか「獲物」がない、リーチのかかった状況で

    「白人同士で最後の取り合い」

 が起きてる、って世界情勢だったんだよ。
 白人同士のエゴで、あの馬鹿らしい大戦が起きた。

結果、日本がアジア各地で撒いたインフラにより、「有色人種の独立」が起き、白人は有色人種に完敗した
338.名無しさん:2017年02月01日 12:45 ID:URkUVK.J0▼このコメントに返信










 しかし頭の悪い奴、無知蒙昧な奴が多いな。


 やれ、 「特攻隊は偉いが命令した方は無能だー!」か。

 馬鹿め。すでに国民がターゲットにされ、戦争法を無視し始めたアメリカ軍には、

 俺だって特攻するわ。馬鹿が。
339.名無しさん:2017年02月01日 13:27 ID:sz9RGPyZ0▼このコメントに返信
※323
まるで他にもっと高効率の作戦が取れる余地が有ったかのような物言いだな、お馬鹿さんよ?
340.名無しさん:2017年02月01日 15:40 ID:YcQYMbS.0▼このコメントに返信
実際は余剰人員の削減だったな。その上 特攻を美談として英雄視したせいで
しない者は非国民とみられて半ば強制で出撃させられたから英雄視するべきではないな
341.名無しさん:2017年02月01日 15:52 ID:YcQYMbS.0▼このコメントに返信
元特攻隊員の保坂さんだって特攻の美化や特攻隊員の英雄視を
するべきではないと言ってるのに...
映画や小説などで得た変な高揚感なら捨てた方が良い
思想が危ない方向へいくぞ
342.名無しさん:2017年02月01日 18:56 ID:URkUVK.J0▼このコメントに返信
※340
>実際は余剰人員の削減だったな。その上 特攻を美談として英雄視したせいで
>しない者は非国民とみられて半ば強制で出撃させられたから英雄視するべきではないな

 「半ば強制で出撃」の物的証拠を見せてくれよ大先生。詳しいんだろ?勿体つけず是非
 「半ば強制で出撃」の物的証拠を見せてくれよ大先生。詳しいんだろ?勿体つけず是非
 「半ば強制で出撃」の物的証拠を見せてくれよ大先生。詳しいんだろ?勿体つけず是非
 「半ば強制で出撃」の物的証拠を見せてくれよ大先生。詳しいんだろ?勿体つけず是非
 「半ば強制で出撃」の物的証拠を見せてくれよ大先生。詳しいんだろ?勿体つけず是非
 「半ば強制で出撃」の物的証拠を見せてくれよ大先生。詳しいんだろ?勿体つけず是非
 「半ば強制で出撃」の物的証拠を見せてくれよ大先生。詳しいんだろ?勿体つけず是非
 「半ば強制で出撃」の物的証拠を見せてくれよ大先生。詳しいんだろ?勿体つけず是非
343.名無しさん:2017年02月01日 19:00 ID:URkUVK.J0▼このコメントに返信
※341
>元特攻隊員の保坂さんだって特攻の美化や特攻隊員の英雄視を>するべきではないと言ってるのに...

 誰だそれ
344.名無しさん:2017年02月01日 19:30 ID:sE.04VKS0▼このコメントに返信
戦争で亡くなった方を英雄視出来ないのは外人だからでしょ。

シナテョン軍人はポンコツの負け犬。
345.名無しさん:2017年02月02日 00:51 ID:tgfftsyK0▼このコメントに返信
今我々がこうして居られる事を
英霊に感謝しなければいけない
それだけの事
346.名無しさん:2017年02月02日 07:19 ID:GUELfi1i0▼このコメントに返信
※340
んなわけねーだろお馬鹿さんよ。あのな、飛行士になれるって時点で優秀なんだよ。
その辺の奴を適当に連れて来て飛行機の操縦させる事ができたわけじゃねえんだよ。
もしそれができていたのなら、日本の飛行士養成カリキュラムは世界でもトップレベルだって事になる。

それに加えて余剰人員だ? 馬鹿言え。
そもそも飛行機が無いんだよ。末期には練習機すら持ち出さざるを得なかったんだから。
そんな貴重な飛行機使って余剰人員の整理? 本当に阿呆だな。


兵站の細さを指摘されてるのに、民間人に無意味に弾使って何十万人も虐殺したとか捏造してる口かい?
油の一滴は血の一滴と言われてたのに、その貴重な油で何十万人分の死体を燃やしたとか妄想してる口かい?

現実見ろ現実。
347.名無しさん:2017年02月07日 13:49 ID:a4ib.1rG0▼このコメントに返信
英雄視してるなんてのは穿った見方だ。

戦闘行為が讃えられているのではなく、
絶望的状況下で健気に頑張った若者というヒロイックな点が受けているというというところを認識できないから、
やれ軍国主義だの右傾化だの騒ぎ出して双方険悪になる。
348.名無しさん:2017年04月26日 08:09 ID:f5Ko1zOt0▼このコメントに返信
特高や沖縄戦における大損害でアメリカが日和ったのは事実としてある。
ソ連の満州侵攻で無理して本土侵攻作戦する理由がなくなったからポツダム宣言受諾した日本の降伏を受け入れたのは確か
そういうアメリカに対する心理効果として特攻は価値があった

ただ、『一師団を率いる覚悟』と勇ましいこといっときながら、
戦局悪くなったら現場視察だ大本営に報告だとか抜かしてすぐ戦地から逃亡して
自分だけ安全圏にいながら玉砕死守命令乱発してた下衆将官が大勢いることは歴史として知り置くべき

特高の美化が下衆将官の手柄や正当化になることは断じてあってはならない
責任者が責任取らずに手柄だけ我がものにするモラルハザードそのものだから

お名前