スポンサーリンク

2017年01月11日 12:05

日本陸軍とかいう影の薄い軍隊

日本陸軍とかいう影の薄い軍隊

タグ:
pixta_10598939_S

引用元:日本陸軍とかいう影の薄い軍隊
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1484051671/

1: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)21:34:31 ID:FLj
戦闘機は海軍の零戦に人気を取られ、戦車はティーガー戦車に人気を取られる模様

まあ日露戦争の頃から日本海海戦やった海軍に人気取られてるからね、仕方ないね

そう考えると秋山兄弟出すことで陸海軍両方とも扱った坂の上の雲は両采配なのかも

なお史実考証と作者の執拗な陸軍ディスと乃木無能論

2: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)21:36:08 ID:FLj
マレー電撃戦も銀輪部隊とかいう自転車部隊だし、どうにも華がないなあ

支那事変では押せ押せだったけど結局泥沼になったし

8: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)21:44:46 ID:DEJ
>>2
でも銀輪部隊ってなんだかんだで活躍したんやろ?

9: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)21:46:05 ID:FLj
>>8
マレー電撃戦では活躍したけどどうにも地味なんや…
絵にならないというか

10: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)21:48:29 ID:jTO
>>9
既にガ島撤退直後に西部ニューギニアまでの後退を主張した陸軍
ガ島撤退後も「艦隊決戦をしたいから」とかいうふざけた理由で戦線の後退を認めなかった海軍

なお戦後に評価されたのは

11: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)21:50:40 ID:FLj
>>10
陸軍は政治干渉しすぎたり憲兵使ったりして国民のイメージ悪かったからね、仕方ないね
陸軍は戦争は上手いんやけどイメージ戦略とかが海軍より下手クソ

3: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)21:39:22 ID:A0A
餓死と玉砕のイメージが強いからね、しょうがないね

4: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)21:40:44 ID:FLj
>>3
海軍は海軍で溺死してフカの餌になってるんやが、まあ細かいこと言ったらアレだし…
というかちゃんと物資を届けない海軍さんサイドにも責任はある

5: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)21:41:22 ID:KB7
石原莞爾がおるやないけ

6: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)21:42:27 ID:FLj
>>5
クソザコ張学良をボコったぐらいで後は特に戦闘では活躍してないし

50: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:11:39 ID:3nE
>>6
クソ雑魚で烏合の集とはいえ奉天軍30万に対して僅か2万弱で日本以上の面積のある中国東北地域を半年足らずで電撃的に制圧するんやから大したもんやとは思うで

53: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:12:47 ID:Xb6
>>50
目標を決めるのが上手なんやろな

54: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:13:08 ID:FLj
>>50
なお政治的配慮もなく自作自演はすっぱ抜かれた模様

63: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:17:54 ID:3nE
>>54
実は松岡洋右と吉田茂が頑張ったおかげで満州国とまではいかんが満蒙地域の既得権益の拡大までは話はまとまりかけてはいたんやで
なお陸軍と内閣の足を引っ張りたい外務省その他ともう一回皇帝になりたかった溥儀さんサイドの思惑が一致しぶっ壊れた模様

64: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:18:34 ID:FLj
>>63
内田康哉と熱河作戦が悪いよー

65: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:18:50 ID:k07
>>63
溥儀さん・・w

66: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:19:11 ID:jTO
>>63
ラストエンペラーなにやっとんねん

73: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:20:59 ID:YWS
>>63
松岡洋右の国連脱退は何度見ても泣ける
「ハシゴを外される」とは正にあの事やな

7: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)21:43:02 ID:jTO
史実だと陸軍が圧倒的有能なのに
ガ島以降の玉砕まで陸軍の責任にされる模様

9: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)21:46:05 ID:FLj
>>7
陸軍はどうにか対米での島嶼戦のドクトリンの更新間に合わせて硫黄島とか沖縄戦は頑張ったんやがなあ
海軍はそのころ2千万の特攻機とかいってたころなのに

12: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)21:51:41 ID:Vs6
イタリア海軍より濃いのでセーフ

17: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)21:55:08 ID:3HQ
>>12
イタリア海軍も一部では濃いんだよなぁ

13: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)21:51:50 ID:JnR
海洋国家なのに海の方が影薄かったらいかんでしょ

16: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)21:54:53 ID:FLj
>>13
満州国+朝鮮半島がざっと計算したら135万km
日本列島の面積が37万km

だから戦前は大陸の方が広いはず

14: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)21:52:19 ID:YWS
むしろクローズアップすると海軍が霞むぐらい不可識な組織構造してんだよなぁ

15: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)21:53:39 ID:tU0
けど海より陸のほうが闇深い
餓死だの病気だのなんだのかんだの絶対嫌やで

20: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)21:56:49 ID:FLj
>>15
乗ってる船が撃沈されてどうにか近くの島に流れ着いたら飢餓地獄みたいな例もあるので

食べ物持ってくるはずがむしろこっちが分けてもらうはめに、みたいな

18: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)21:55:24 ID:k7w
当時の軍隊ではアメちゃん以外は病気と飢餓は死活問題やで
>>15

19: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)21:56:19 ID:jTO
>>15
その餓死病気の原因も海軍なんだよなあ
「陸軍は補給考えてない」ってよく言われるけど補給の概念自体が存在しない海軍のがよっぽど酷かったわけで

28: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)21:59:48 ID:TYE
>>19
そら海軍は船が母港に行けるから補給はほとんどいらないわけで

32: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:01:01 ID:jTO
>>28
だから担当戦域の割り当てで海軍指揮下に入れられた陸軍部隊は酷い目に合うことに

38: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:05:54 ID:TYE
>>32
海軍も努力はしてたんやで
なお暗号

42: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:07:32 ID:FLj
>>38
日本陸軍は暗号や諜報が有能やったな
ポーランドくんに感謝

45: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:09:11 ID:jTO
>>38
努力の方向が盛大に間違ってる
絶対国防圏を策定しようという時に手持ちの輸送船を勝手にソロモン方面につぎ込むとか狂気やで

44: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:08:45 ID:YWS
>>19
兵站をもちろん海軍が考えてなかったわけじゃないで
制空権も制海権も握られた南方戦線への駆逐艦を使った鼠輸送も全部沈められてただけで

48: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:10:39 ID:jTO
>>44
なお肝心の後退思想がなかった模様
古賀峯一「連合艦隊に後退思想はない。軍令部も後退命令は出さないでもらいたい」

57: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:14:05 ID:3nE
>>48
古賀大将が連合艦隊司令長官になった時期は主に物質面の理由で部隊の撤収なんてできない段階にまで来とったし

61: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:16:39 ID:jTO
>>57
もっと前からずっと同じ主張をしとるけどな
艦隊決戦の幻想に憑りつかれてトラック保持に拘った末路やで

62: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:17:53 ID:Xb6
>>57
部隊の撤収ができない状態とか、軍隊として死んだも同然やんけ

67: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:19:12 ID:3nE
>>62
そういうこと自体は割とあるので死んでるとは一概にも言えん
部隊の移動がチェスや将棋みたく自由自在にいく方がおかしいからな

74: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:21:33 ID:jTO
>>67
1943年1月の時点で陸軍がソロモン諸島の放棄を主張してるのに中部ソロモンの保持に最後までこだわった海軍は思考停止しとると思うで

75: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:22:03 ID:TYE
>>74
海軍は陸軍の意見に反対である!

21: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)21:57:51 ID:nLg
なお政府に対する影響力は絶大だった模様

25: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)21:58:54 ID:jTO
>>21
そら東条さんも参謀長兼任しますわ

31: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:00:55 ID:FLj
>>25
大本営に総理は出席できないとかいう制度なんなの…

29: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)21:59:58 ID:FLj
しかしアレだ、満州の防衛があるから陸軍がソ連を仮想敵国にするのはわかるが、そんで海軍までアメリカを予算欲しさに仮想敵国にするとか国力考えてほしい
>>21
軍部大臣現役武官制を復活させた広田弘毅はちょっとねえ

35: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:03:05 ID:nLg
>>29
皇道派vs統制派の派閥争いでバランス取れてたのに、二・二六事件で皇道派が失脚してから全てが変わった
陸軍に退役した皇道派軍人が大臣になれる可能性があるからと軍部大臣現役武官制の復活を恐喝されたのがね……
極東裁判でも唯一の文民処刑者だし

37: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:04:01 ID:FLj
>>35
むしろ長州閥の一極支配のほうが弊害はあるとは言え統制は取れていたんじゃないの

39: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:05:59 ID:nLg
>>37
統制は取れてると思うが、政治介入一直線やろな
派閥が二分化されてたほうが政治には介入されにくいやろ

42: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:07:32 ID:FLj
>>39
陸軍内の派閥争いは派閥争いでアレなんだけどなあ

22: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)21:58:22 ID:3HQ
ソ連「補給は一応考えてるで、ほらあこに村があるやろ?」

24: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)21:58:49 ID:TYE
陸軍は海軍の人気に反対である

27: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)21:59:29 ID:4YQ
行軍が凄かったらしい

30: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:00:35 ID:TYE
陸軍と関東軍を一緒にしてはいけないよな

33: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:01:58 ID:3HQ
実は大陸で戦った方が強かったのではと思ってみたり

34: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:02:41 ID:TYE
>>33
大陸は大陸で補給線伸びまくってたからなんとも

37: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:04:01 ID:FLj
>>33
ソ連が途中からキチガイじみた進化をとげるのでソ連相手はキツい
まあソ連も流石に極東にドイツ相手にみたいな全力は出せないが

36: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:03:57 ID:BBg
なんであんなに仲悪かったんか?我が国の陸軍海軍は、世界でもあんな仲悪い国ないやろ

43: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:08:23 ID:tU0
海軍「補給のために船出すで~」 どごぉーん
海軍「沈んだンゴ、また船出すで~」 どごぉ~ん
海軍「アメリカ運良すぎやろ、また船出すで~」 どごぉ~ん
海軍「・・・あれ?」

46: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:09:17 ID:TYE
>>43
せや!潜水艦で輸送したろ!

47: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:09:39 ID:k7w
>>43
情報ケツから漏れてんよ~

49: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:11:01 ID:FLj
>>43
ブリカス「こんなに船沈められたらとても戦い続けられん!」
ブリカス「ソナー作るで!ヘッジホッグ作るで!レーダー作るで!対潜哨戒機作るで!エニグマ解読に全力やで!」
チャーチル「一番怖かったのはUボートだけや!」

51: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:12:40 ID:YWS
>>49
そこで「こっちもレーダー、暗号解読で対抗するで!」とならずに
「そうか、もっと性能のいい潜水艦を作ればええんやな」という思考になるのが今も昔も日本やな

58: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:14:23 ID:FLj
>>51
昔は潜水艦で潜水艦を沈めるのほとんど無理だったしそれは違うと思うの

56: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:14:02 ID:jTO
>>51
闇夜の提灯理論とかいう海軍の黒歴史

59: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:15:08 ID:YWS
>>56
接収された伊400型を見た時の連合海軍のポカン顔は結構笑える

78: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:23:15 ID:3nE
>>56
闇夜の提灯云々は当時未発達だったエレクトロニクス事業体の大半を陸軍に持ってかれた事に対する強がりやで
逆に研究機関が分散してたら空襲警報システムの完成が間に合わず空襲被害が更に酷くなってたかもしれんとも言われとる

68: おんJ評価審議会 2017/01/10(火)22:19:52 ID:dJY
あんだけのことやっといて影が薄いってことはないやろ

70: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:20:47 ID:FLj
>>68
戦後の作品やたら海軍優遇されてない?
まあ最近は硫黄島からの手紙とかも映画になったりしたけどさ

76: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:22:17 ID:jTO
>>70
海軍善玉論と、架空戦記で海軍ばかりが主役になったから

71: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:20:48 ID:Xb6
>>68
悪役としては一定の存在感あるよな

76: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:22:17 ID:jTO
>>71
海軍善玉論と、架空戦記で海軍ばかりが主役になったから

77: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:23:04 ID:k07
陸軍の暗号って海軍より優れてたんやろ?
こういうことをもっと知らしめるべきや

80: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:23:56 ID:FLj
>>77
そらワンタイムパッドやから、ちゃんと使えば理論的に解読不能やしなあ
ソ連は戦後これを使いまわすとかいうアホな事やって解読されたが

84: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:25:43 ID:3nE
>>77
エニグマ解読の主力を担ったポーランド陸軍参謀本部仕込みやからそら強度も高いはずや

89: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:27:51 ID:wRM
>>77
レーダーを早期に運用したのは陸軍
軍用機に防弾装備つけてたのは陸軍
暗号が有能だったのは陸軍

かいぐ~ん(笑)

91: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:29:25 ID:TYE
>>89
兵器の更新は少し遅かったと思う

95: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:30:46 ID:wRM
>>91
戦闘機の開発遅すぎ

79: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:23:53 ID:9UU
戦車なんてほとんど実戦で使われてないししゃーないやろ

81: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:24:23 ID:TAS
陸には華が無いからね、しょうがないね

86: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:26:32 ID:k07
>>81
陸軍にはほら・・男気溢れる話が多いから・・
爆弾三勇士とか・・・

88: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:27:15 ID:TYE
>>86
血の気多すぎるからダメです

82: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:25:15 ID:FLj
最後の陸軍大臣の下村定の演説は実に潔くいい文章なのでもう少し知られるべき
なお米内

83: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:25:39 ID:ESP
山縣有朋が生きてればなぁ

87: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:27:03 ID:9UU
と言うか軍事詳しくない人からしたら陸軍がなんで戦闘機持ってんの?ってなるんやろな

92: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:29:31 ID:WaU
>>87
軍事に詳しくない人から見たら海軍が戦闘機持ってるのも不思議じゃないですかね……

99: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:32:03 ID:9UU
>>92
空母あるしま、多少はね

96: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:31:07 ID:k7w
知らん奴が創作したら日本空軍とか出てきて楽しそう

98: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:32:02 ID:ESP
>>96
井上成美「よっしゃ海軍は解体な」

103: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:32:42 ID:FLj
>>98
新軍備計画論は、少なくとも対米戦争の形態を真面目に予想してある程度当てたのは凄いと思うよ

100: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:32:13 ID:Xb6
このスレでは一番一般的な感覚を持ってるであろうワイの陸軍イメージ

これが日本陸軍だ!
・政治が分からないのに政治に介入する
・人の話を聞かない、すぐに怒鳴る
・いつも偉そうにしていて、逆らうと殴られる
・戦車が弱い
・無謀な作戦で拡大し続ける

だいたいこんな感じ

107: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:36:01 ID:FLj
>>100
政治介入についてはあってる。
陸軍には陸軍として、総力戦に対応できる高度国防国家に日本を改造したいという理想があったんだが、手腕がねえ…
人の話を聞かない、すぐに怒鳴るのは間違ってはない
佐藤賢了とか黙れ事件やってるし
いつも偉そうにしているのも殴るのも合ってるが、海軍も体罰はある
戦車が弱いのは更新が遅れてただけでできた島嶼は世界標準だったから(震え声
無謀な作戦で拡大し続けたのは海軍もだろ!いい加減にしろ!

これがワイなりのそのイメージの実態や

115: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:40:09 ID:Xb6
>>107
なんていうか、戦時中の話の暗い雰囲気・重たい空気を担当するのが陸軍
勇敢さや悲話を担当するのが海軍って感じやな

さすがに陸軍も可哀想

111: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:39:03 ID:csB
>>100
追加
地元でもないのに常に負ける気せーへん地元やし
戦果は334だけど報告だけはVやねん!

113: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:39:47 ID:FLj
>>111
戦果は334だけど報告だけはVやねん!なのは海軍だろ!いいかげんにしろ!

114: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:39:52 ID:Vs6
>>111
それはどっちかというと海軍や

119: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:42:08 ID:3nE
>>100
ものっそい雑に補足すると

政治が分からないのに政治に介入する
→旧憲法下では陸海軍と内閣と議会が天皇の下に並列しとって権力分散がえらい事になっとったのでとりあえず介入せんと話が進まないし物事も決まらん

人の話を聞かない、すぐに怒鳴る
→だいたい軍人サイドの方が当時の基準ではかなり論理的かつ現実的な議論をしていたが政治家さんやブン屋さんサイドが感情的に怒鳴り散らすためそれに合わせた結果

いつも偉そうにしていて、逆らうと殴られる
→まあ日本で一番頭いい奴らが集まった組織やし偉そうなのは当たり前だよな
鉄拳制裁に関しては戦場はいつだって理不尽な暴力に満ちた場所やから多少はね

戦車が弱い
→そんなもん島国の日本にはいらん

無謀な作戦で拡大し続ける
→作戦拡大の端を担ったのは海軍やし

104: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:34:08 ID:ALX
二次大戦で戦った主戦場の内、東南アジアは本国がナチと戦ってる植民地だし
中国も相手が一号作戦とかいうアホみたいな作戦が成功するレベルの糞雑魚だから影が薄いんだぞ

106: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:35:19 ID:ESP
>>104
大正義マレー作戦も終盤弾切れで危うく大損害出すとこやったしな

105: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:34:48 ID:TYE
まぁでも機関銃持ちの構築された陣地に万歳突撃はあかんよ

109: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:38:29 ID:Vs6
>>105
日露戦争に関してはそれしかなかったんや
第一次世界大戦で要塞戦のノウハウが確立されるまでは機関銃陣地に防護された現代的要塞に関しては準備砲撃でできるだけ機関銃陣地を黙らせてから力押しに押して一つずつ機関銃陣地を潰していく方法しかなかったんや…

110: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:38:33 ID:FLj
>>105
徹底的な火力主義や戦車がないと抜けないのは一緒で、とにかく日本の国力だと損害を出さずに抜くのは無理ゲー
万歳突撃は言うほど万歳突撃ばっかりじゃないから…

122: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:42:55 ID:k07
>>105
あんま知らんけど日本が太平洋戦争でやってたのは浸透戦術っていう
立派な戦術で当時は最先端やったんやろ?
火力主義のアメリカが相手でなかったらいい勝負してたんとちゃうの
上海事変のときとかめっちゃすごかったらしいやん

124: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:44:17 ID:FLj
>>122
浸透戦術は第一次世界大戦でドイツがやってたので当時から周回遅れ

火力戦の徹底した破壊主義のほうが結局は有効

ソ連軍のキチガイ火力に支えられた大規模縦深突破が当時の最先端

112: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:39:33 ID:k7w
ゆるい地面に対応しつつ重装甲高火力を持ち高温多湿に耐えうるエンジンの開発...気が狂う!

116: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:40:36 ID:FLj
陸軍は負けたら撤退とは言わずに転進と言ってごまかす
海軍は負けたのに勝ったことにする

だいたいこんな感じ

121: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:42:42 ID:Vs6
海軍「台湾沖でアメリカ空母11隻撃沈したわ。大戦果や!」

陸軍「これまじ?レイテ決戦いけるやん!」

海軍(ファッ!?誤報やんけ!…天皇陛下からお褒めの言葉も頂いたし黙っといたろ)

陸軍の有能「データ見る限り沈めたのはせいぜい2隻だぞ(実際は0)」

陸軍「海軍がそんな嘘つくわけないやろ!決行や!」

陸軍「」

123: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:43:47 ID:m8c
大陸で本国無視で戦線拡大したのは陸軍だけどな

125: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:44:58 ID:ALX
>>123
そりゃ大陸じゃ海軍は戦線拡大できないからな

129: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:46:12 ID:FLj
>>125
流石に草生える

133: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:47:24 ID:csB
>>129
もうねえ日本を滅ぼしたいのか疑いたくなるレベル

127: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:45:14 ID:QAY
政治介入したのが陸軍だけとかいう風潮


一理ない

129: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:46:12 ID:FLj
>>127
統帥権干犯問題ェ…
艦隊派の無能っぷりは国賊レベル

136: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:48:08 ID:3nE
>>127
統帥権干犯問題も結局与党批判をやりたい政治家さんサイドが始めた事やし多少はね?

128: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:45:40 ID:csB
日本陸軍最大の謎
辻、牟田口の左遷からの栄転

129: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:46:12 ID:FLj
>>128
東條の人を見る目のなさは異常

131: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:46:55 ID:YWS
>>128
辻は東京裁判後の釈放もよく分からん

132: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:47:21 ID:FLj
>>131
つじーんは戦犯指定されそうだったから雲隠れしなかったっけ

130: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:46:55 ID:Bat
まだ陸軍悪玉史観とかいう古臭い偏見持ってる奴がいますねぇ

142: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:49:32 ID:Xb6
>>130
一般的なイメージとしてはまだまだ現役よ

138: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:48:42 ID:k07
辻「ちょっと東南アジア視察してくるで」

140: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:49:02 ID:Vs6
>>138
ドリフターズ不可避

145: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:52:18 ID:3nE
>>140
戦隊指揮官としてはクソ有能やし八面六臂の活躍しそう

139: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:48:54 ID:Vs6
牟田口とか無能エピ多すぎてみんなの責任をこいつ一人におっかぶせたんやないかと疑うレベル

143: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:50:09 ID:ESP
>>139
悪霊や怨みなんて存在しないってこいつのおかげで解った

147: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:53:29 ID:csB
>>139
なお有能山下は死刑
なんやねんこれ…

154: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:59:44 ID:Vs6
>>147
戦勝国さんサイドがムカつくやつを死刑にしたんやから当然やぞ

144: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:51:55 ID:QAY
海軍だって無駄に太平洋に戦線拡大しすぎて補給線切らしてたやんけ

陸軍の兵隊さんがバタバタ病死や餓死していった責任は陸軍さんサイドと同じように海軍さんサイドにもある

148: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:53:41 ID:FLj
永田鉄山が死んでなかったらなあ
というか戦前の日本には暗殺事件多すぎやで

149: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:55:30 ID:Bat
五・一五事件起こした海軍の連中が
二・二六事件起こした陸軍をとやかく言う資格はないで
規模は違えど立派なクーデター行為や

150: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:56:24 ID:m8c
>>149
どっちも糞なんやで

151: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:57:05 ID:Xb6
>>149
総理大臣殺すとかやばすぎー

153: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:59:39 ID:YWS
>>149
犬養毅、金解禁政策やな
あれは幕末の井伊直弼の金解禁政策に端を発してる根深い問題だったみたいやね
アメリカは日本開国の時から日本を脅威として看做していたしキンタマを握ってたというね

158: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:00:26 ID:k7w
>>149
教科書じゃチョロっとしかやらんけどかなりヤバイよな

155: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)22:59:44 ID:FLj
陸海軍同士でも争ってるし陸軍も海軍も派閥争いやってるしこれもう分かんねえな

157: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:00:21 ID:Vs6
>>155
陸軍海軍が仲良いのなんてソ連くらいちゃうか
アメリカも海兵隊と陸軍クソ仲悪かったらしいで

162: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:02:29 ID:YWS
>>157
沖縄米軍に知り合いがいるんだが、海兵隊は元々は囚人だけで構成されていて
軍規に違反した陸軍、海軍の兵士が懲罰として送り込まれる所だったんだってな

163: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:03:09 ID:m8c
いろんな歴史本見ても
対英米戦を決意した首脳部が
「勝つためのシナリオ」
をどう書いていたのかどこにもないんだよなあ

165: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:04:17 ID:tGE
>>163
アメリカがドイツの方向を向いてるすきに後頭部をぶん殴ればうろたえて日本を許す(希望的観測)

なお

166: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:04:27 ID:YWS
>>163
石原莞爾、山本五十六なんかは負けると思ってたんやろ?

167: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:04:30 ID:FLj
>>163
ドイツがイギリスを倒してくれるはず
アメリカが介入する機会を失うはず
アメリカも殴りつければ戦意を失うはず

全部希望的観測ってそれ一

170: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:06:01 ID:Bat
>>167
今の日本「アメリカが参戦してくれれば勝てるはず...」

164: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:03:53 ID:QAY
今の中国みたいに
陸軍が圧倒的な発言力持ってる方がいいんちゃうの?
対等にするから軋轢起こすんやし

168: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:05:15 ID:m8c
負ける戦をおっぱじめられたら国民は迷惑だよなー

169: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:05:37 ID:tGE
>>168
国民が選んだ結果なんだよなぁ

171: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:06:03 ID:YWS
>>168
それだけは本当にやっちゃイカンよな

172: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:06:06 ID:FLj
>>168
アメリカに散々締め付けられてたから最初は皆喜んでたらしい
これでもう迷わずに済むんだ!みたいな

173: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:06:41 ID:BZa
>>172
ポジハメかな?

175: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:07:21 ID:QAY
>>168
~戦前~
国民「はよ戦争やれ!腰抜け政府!」
~戦後~
国民「軍が勝手にやったンゴ」

177: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:08:02 ID:k7w
>>175
敗戦国はみんなそんなもんやで

174: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:07:03 ID:Vs6
ドイツが英国占領→アメリカとの抱き合わせ降伏になるようにドイツにお願いする→勝つ

178: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:08:05 ID:FLj
>>174
どうしても他力本願なのは否めないね、仕方ないね

176: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:07:27 ID:tGE
日本国民の血の気大杉問題

180: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:09:09 ID:m8c
なぜ世界で唯一戦ってはいけない国にガチ殴りこみしてしまったのか?

蘭印あたりから締め付けてくのが常道やろ

181: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:09:32 ID:tGE
>>180
大戦犯米英不可分論

183: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:10:28 ID:m8c
>>181
ほんとそれ
北進はないとゾルゲに筒抜けだわ外務省暗号は丸バレやわ

186: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:12:06 ID:QAY
>>183
日本のインテリジェンスはボロボロ

191: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:13:55 ID:FLj
>>186
なんでや!総力戦研究所も内閣戦力計算室も秋丸機関も有能やったやろ!

194: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:15:49 ID:m8c
>>191
糞すぎて草も生えない

184: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:10:34 ID:FLj
>>180
三国同盟組まなければ蘭印くんも石油売ってくれたというか、そもそもアメリカから禁輸にならなかった模様
イギリスも倒してないし独ソも緊張してるのにドイツVやねん確信して日独伊三国同盟組んだのが間違い

187: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:12:27 ID:tGE
>>184
日本「今キミ生産量180万トンらしいんやけど300万トンにしてワイらに売れや」
オランダ「嫌です…」
日本「はー、ほんまきれたわ」

や日糞

191: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:13:55 ID:FLj
>>187
ちょっと数がズレてるで
日本相手に輸出してたのが50万トンくらいで、交渉200万トンまでは売ってくれることになった
でも日本は500万トン売れって言って交渉決裂

182: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:10:09 ID:QAY
なぜアメリカとやってしまったのか

しかも理由はどうあれ
だまし討ちと思われてアメさん怒りマックスにしちゃったし

190: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:13:52 ID:QAY
三国同盟とかいうクソほども役に立たなかった同盟

203: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:18:05 ID:tGE
どうでもええけど戦車はドイツとかいうハリボテよりソ連が一番ってはっきしわかんだね

205: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:18:18 ID:Vs6
>>203
英国やぞ

209: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:19:58 ID:tGE
>>205
カヴェナンターで砂漠をかけまわるんやで(ニッコリ

221: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:24:19 ID:FLj
>>203
イギリス戦車は装甲にニッケルが多かった分靭性が強いってソ連兵には評判良かったみたいね

222: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:24:35 ID:ALX
>>203
じゃあお前はスターリン戦車の乗員に任命したるわ

223: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:25:08 ID:m8c
インドでは日本軍を待ち焦がれてたしな

戦後インド人が
「あの時日本軍が海から来てくれたら
インドは枯野に火を放つがごとくになったのに
なんで陸から・・・」
て残念がってたそうやし

227: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:26:49 ID:FLj
イギリス兵器はポンコツなようで意外と活躍してるから侮れない

229: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:27:43 ID:m8c
>>227
むかつくことに
「我々は兵器は二流だが運用が一流なのだ」
とか言ってるからなくそ

231: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:28:52 ID:k7w
何回負けても最後の一戦で勝てれば勝者の精神

233: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:29:36 ID:FLj
>>231
英国百戦失えど、最後の一戦を穫る、だっけ?
見習いたい

237: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:37:44 ID:Bat
>>233
コスト的に無能やんこれ
負けるよりはええけど

238: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:38:26 ID:FLj
>>237
逆に考えるんや、最初はどうしようもなく強い相手でも、持ちこたえれば最後には勝てるんや

241: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:45:27 ID:csB
>>231
劉邦かな?

239: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:39:24 ID:FLj
というか、どうでもいいところで百回勝つより、ここぞという一戦で一回負けるほうが駄目ってことね

240: 名無しさん@おーぷん 2017/01/10(火)23:43:55 ID:tGE
陸のソ連
空と海のアメリカ
なぜこの二強に喧嘩を売ったのか

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.ゲハロエおやじ27号っス:2017年01月11日 12:13 ID:0G0NDfu40▼このコメントに返信
明治の頃は機能集団だったんだけどね、いつの間にか労働組合になっちゃったからネ。
2.名無しさん:2017年01月11日 12:13 ID:weuDQI6u0▼このコメントに返信
空母と潜水艦を運用してた陸軍は日本陸軍だけ
日本陸軍は小規模な国の海軍に匹敵した。
3.名無しさん:2017年01月11日 12:16 ID:IlMM53w30▼このコメントに返信
陸軍出身の総理大臣は多数いるけど、海軍出身は米内だけじゃなかった?
4.名無しさん:2017年01月11日 12:21 ID:MshxdQbE0▼このコメントに返信
※3

斉藤実とか鈴木貫太郎とかおるやん
5.名無しさん:2017年01月11日 12:22 ID:r7cLnRwW0▼このコメントに返信
ただの陸軍落としスレかよw
スレ主の頭が一番弱いってのはわかったわw
6.名無しさん:2017年01月11日 12:23 ID:cil0d5Af0▼このコメントに返信
陸軍にも擁護できないレベルの悪いところ結構あるけど、海軍の悪いところも陸軍のせいにされて倍でドンされてる感はある

陸軍が真珠湾に攻撃しかけたから、海軍がその尻拭いさせられたという超時空日本史を信じてた友人もいるくらいだからな。
7.名無しさん:2017年01月11日 12:25 ID:MshxdQbE0▼このコメントに返信
※5

どう読んでも陸軍ageスレやん
8.名無しさん:2017年01月11日 12:25 ID:mkV8TBO20▼このコメントに返信
武家政権滅ぼして戦のプロたちを外野に追いやった国の軍隊とかねぇ、そりゃぁもう。
9.名無しさん:2017年01月11日 12:26 ID:NiEp2DQJ0▼このコメントに返信
アッチコッチで飢餓・全滅しとって、間抜けっぷりと悲惨さだけは有名やろ。。。
10.名無しさん:2017年01月11日 12:30 ID:jtuudkK50▼このコメントに返信
>~戦前~
>国民「はよ戦争やれ!腰抜け政府!」
>~戦後~
>国民「軍が勝手にやったンゴ」

その国民のワードを朝日新聞に変えると正解になる
11.名無しさん:2017年01月11日 12:30 ID:Ukhgjuzm0▼このコメントに返信
実際のところ、形勢絶対不利の上海事変から陽動&多方面大突破包囲作戦を決行し、
80万の敵兵力を徹底壊滅させるという、世界最高クラスの大勝利を収めたのは日本陸軍だったりする。
12.名無しさん:2017年01月11日 12:32 ID:yuWnaBj40▼このコメントに返信
満州帝国を創ってシベリア出兵してシンガポール要塞を攻略して欄領のインドネシアやアメリカ領のフィリピンを攻略した陸軍が影薄いって事はない
13.名無しさん:2017年01月11日 12:36 ID:wYEvJ19T0▼このコメントに返信
本スレ>>223
ガンディー「そんなことないゾ」
日本がビルマで戦っていた英兵の殆どが故郷を守るために立ち上がったインドの義勇兵だしな
てか一部の独立家を抜かして多くの独立家が日本の行動に苦言を呈してるし
14.名無しさん:2017年01月11日 12:37 ID:P84.4nN.0▼このコメントに返信
八九式中戦車乙、世界で初めて空冷ディーゼルエンジンが搭載されたんだぜ!
15.名無しさん:2017年01月11日 12:38 ID:v3Rnm0130▼このコメントに返信
現代、良い車をつくれる日本国だから、本気だせれば良い機械化陸軍をつくれただろう。
当面の最大の敵が弱すぎたから予算得られなかったんだろう。資源的な問題もあるだろうし。
一方、海軍は最強国のアメリカが当面の仮装敵国だからね。
16.名無しさん:2017年01月11日 12:38 ID:bbkzJxLi0▼このコメントに返信
トップ絵が疾風隼ではなくて
零戦なのはいかがなものか
17.名無しさん:2017年01月11日 12:42 ID:v3Rnm0130▼このコメントに返信
そもそも資源も乏しいし、工業力もドイツの1/3くらいだよね
科学力の劣勢もあったし、それら全部越えたのは戦後の高度成長期
当時の米英独と日本を比較するのが間違い。比較するのなら今やればいいよ。
18.名無しさん:2017年01月11日 12:44 ID:JzluGsb60▼このコメントに返信
※10
本スレでも突っ込まれてたが、「弱腰東條、勝てる戦なぜやらぬ」という朝日新聞の記事は存在しない
百田尚樹あたりが流布してるデマ
19.名無しさん:2017年01月11日 12:45 ID:7IZb1IF60▼このコメントに返信
面倒くさいことは一切抜きで、帝国陸軍が現場で欧米のように白旗揚げて正々堂々降伏してたらどうなっていたんだろう。
20.名無しさん:2017年01月11日 12:45 ID:YQHGN2Kn0▼このコメントに返信
なんでどいつこもいつも過去の陸海軍の確執は、実は官僚の省益の確執だったって知らないんだ?
21.名無しさん:2017年01月11日 12:49 ID:14GBHDhZ0▼このコメントに返信
日本国内では、旧陸軍は完全解体されたうえ、公職追放、あとかたも無くなった
いっぽう海軍は海上保安庁と海上自衛隊に残滓が流れ込み、後日復活してしまう
終戦後、大陸の利権を連合国が引き継ぐ過程で、陸軍を積極的におとしめる必要があった
いっぽう、海軍の利権は終戦時点でそんなに残っていない
フネは沈み海外基地は占領され、日本国内の飛行場と軍港くらいしか残ってない。さくっと進駐して終了
対外宣伝的には、陸軍の主な相手だった中華民国とイギリスは、戦後に声が小さくなった
海軍の相手だったアメリカは、戦後も声が大きく、さらに大きくなった
かくして、内外ともに海軍善玉論と陸軍はクソという宣伝がはびこった
22.名無しさん:2017年01月11日 12:50 ID:yE6440OG0▼このコメントに返信
そもそも真珠湾って言うより、そこでも「そのくたいでは・・」って疑心があったインテリ国民にもあのマレーでの英国撃破があった時点で世論が一気に変わった、ってじっちゃんが言ってたわ。
23.名無しさん:2017年01月11日 12:53 ID:NExbn8n90▼このコメントに返信
陸軍が潜水艦を開発したのは補給のため
海軍が輸送艦の護衛を全くやらないから
レイテの謎ターンも敵艦隊撃破にしか興味がない海軍からしたら敵艦隊発見の報を受けたら当然のこと
上陸部隊の殲滅など最初っから眼中にない
24.名無しさん:2017年01月11日 13:00 ID:P84.4nN.0▼このコメントに返信
海軍は無能で陸軍は自虐のイメージしない。
25.名無しさん:2017年01月11日 13:04 ID:CUXkO2yH0▼このコメントに返信
知名度がないというか知らないだけだろうねえ。
1万4千人足らずの兵力で最新鋭装備をもつ33~37万の兵力を駆逐したとか充分影が薄くならないような戦果だと思うけどね。
26.名無しさん:2017年01月11日 13:07 ID:Xb2oQ9iR0▼このコメントに返信
陸自がローテクなのは今も同じような・・・
27.名無しさん:2017年01月11日 13:09 ID:bSJuqxD60▼このコメントに返信
ある意味平等主義が強すぎたんや
宮廷卒だろうと小卒低学暦だろうと同じ一兵卒としてしばいてたら大卒の恨み買って戦後は諸悪の根源みたいに書かれまくっとるし
28.名無しさん:2017年01月11日 13:11 ID:sgIdVZao0▼このコメントに返信
日本陸軍が使用した最強の戦車は鹵獲したM3軽戦車だからなw

中国が弱すぎて、大陸で戦争してたのに戦車が発達せず、ドイツと双璧の戦車大国ソ連にはまるで歯が立たなかった
29.名無しさん:2017年01月11日 13:15 ID:KWHyqvfU0▼このコメントに返信
>今の中国みたいに
>陸軍が圧倒的な発言力持ってる方がいいんちゃうの?
>対等にするから軋轢起こすんやし

一理ある。
どこの国でも陸軍が主導して海軍は補佐的役割でしかない。
日本も当初はそうだったが、陸軍の権力が強大化するにつれて
陸軍を監視する必要が出てきた。
日本は軍警察組織を置く代わりに海軍にその役割を負わせてしまった。
それがそもそもの失敗。
30.名無しさん:2017年01月11日 13:16 ID:OGgpKnGW0▼このコメントに返信
※3
山本権兵衛や加藤友三郎や岡田啓介なんかもおるやん
31.名無しさん:2017年01月11日 13:18 ID:lxuq.62H0▼このコメントに返信
テストの点数で昇格を決めていた日本軍、戦争中は、変人でも有能であれば、指揮官にした米国。
暗記だけの高学歴、ブックスマートが支配した日本とブックスマートを頭でっかちの欠陥人間として、ストリートスマートを有能とした米国。
中華の科挙と同じで目先の利益で動く利己主義者を選んで、省益を優先して国益を損なった。
32.名無しさん:2017年01月11日 13:19 ID:feraB2mK0▼このコメントに返信
陸軍に責任を全部被せた海軍は絶許。
33.名無しさん:2017年01月11日 13:19 ID:fY4UBIPN0▼このコメントに返信
大切な自国兵士消耗品扱いして玉砕とか言う自殺攻撃させたり餓死させる鬼畜だっけか
パワハラも酷かったと聞くし悲惨な印象しかないんだが
34.名無しさん:2017年01月11日 13:21 ID:14GBHDhZ0▼このコメントに返信
※28
戦車か装甲自走砲で、大和や零戦に匹敵する世界的な機材があったら、
もちっと日帝陸軍も話題になったかもな
 戦車のモデルチェンジについては、みんな貧乏が悪いとはいえ、
やはり寂しい。チハ登場までは世界水準についてゆけてたのに
35.名無しさん:2017年01月11日 13:24 ID:6FEVM.IZ0▼このコメントに返信
農村部の支持が厚かったのが陸軍で
都市部インテリが海軍だったとか。
戦争に勝ってたら陸軍閥と海軍閥で日本の政治が
運営されてたかもね。農協よりもつよい組織が出来てただろう
36.名無しさん:2017年01月11日 13:26 ID:hHH5Vhbv0▼このコメントに返信
だからもう日本より4倍もサイコパスに出会うわがまま戦争国家アメリカとかどうでもいいだろ
何が年取れば保守派だ嘘付きサイコパス
ピケティの資本論の時に日本人にわかりやすく説明してただろ貧困雑魚ども、日本の問題点は大企業の貯蓄が多すぎるから経済が回ってないだったのに
それを1兆円トランプの一言で投資、東芝の原発事業も同じ、SoftBankの孫なんて6兆だろ
日本経済の問題点の金が全部アメリカに行って、結局無能初期案小池雑魚劇場のオリンピック後に日本で大恐慌の後におまえら貧困雑魚はみんなサイコパスにみせしめに○されるんだろ植民地かよ貧困雑魚日本人
37.名無しさん:2017年01月11日 13:27 ID:fXcdWryN0▼このコメントに返信
日中戦争ダラダラやってた段階で無能だろ
現場レベルの話ではなくて
38.名無しさん:2017年01月11日 13:35 ID:JzluGsb60▼このコメントに返信
※29

>一理ある。
>どこの国でも陸軍が主導して海軍は補佐的役割でしかない。

イギリスは陸海空で明確に海軍が優先されてるんですがそれは
陸軍が主導するのはドイツみたいな大陸国家だけよ
まあ島国のほうが少ないからそう思うのも無理はないが

しかし日本は大陸に関わりすぎたから陸軍主導になるのもある意味当然といえる
39.名無しさん:2017年01月11日 13:36 ID:feraB2mK0▼このコメントに返信
※28
ハハッ、ナイスジョーク。
40.名無しさん:2017年01月11日 13:37 ID:lsuyzVVP0▼このコメントに返信
批判される陸軍空母とかも
割と真面目に揚陸艦を陸軍が運用して
護衛を海軍が行うってのは実際理にかなってるんだよな
海軍の都合で撤退できなくなるって状況が、予想通り発生してるし
41.名無しさん:2017年01月11日 13:40 ID:CUXkO2yH0▼このコメントに返信
※28
アメリカ基準は論外として、陸軍大国のドイツやソ連に大和や赤城などを求めるのと同様、海洋大国に、陸軍大国と同等レベルの要求は酷というもの。
42.名無しさん:2017年01月11日 13:42 ID:9BVEWu0M0▼このコメントに返信
『師団これ』を作っておくれ
43.名無しさん:2017年01月11日 13:43 ID:lsuyzVVP0▼このコメントに返信
ちなみに、これほど仲が悪そうに見えても
帝国陸海軍は世界的に見るとまだマシなんだよな
特に米は仲悪すぎ
44.名無しさん:2017年01月11日 13:47 ID:2sz05QHy0▼このコメントに返信
なんでアメリカやソ連に喧嘩売ったのか?ってよく聞くけど
第二次大戦の構図で一番得するのが誰か考えてほしい

ドイツと英国が戦えば誰が得するか
日本とアメリカが戦えば誰が得するか
45.名無しさん:2017年01月11日 13:51 ID:u1G92.UJ0▼このコメントに返信
そりゃ、退役軍人が多いのが陸軍なんだから陸軍の苦労話が世間に広まるのは仕方ない
それをうまく利用して海軍善玉説を打ち立てた海軍は戦後だけ有能
46.名無しさん:2017年01月11日 13:52 ID:9XdI1lTc0▼このコメントに返信
そう言われても、日本が出て行った先の統治が陸軍だからイメージ悪すぎなんですよ。
捕虜収容所の扱いとかね…物資不足や規律の低下による犠牲者の増加というのは米軍統治下でもありましたし、
ソ連、国民党軍、共産党軍あたりのやったことも負けず劣らず酷いと思うんですけどね。
47.名無しさん:2017年01月11日 13:53 ID:MshxdQbE0▼このコメントに返信
※44

ドイツと英国が戦う→イギリスが完全に没落してアメポチになるのでアメリカが得する
日本とアメリカが戦う→本来は蒋介石が、結果的には毛沢東が得する
48.名無しさん:2017年01月11日 13:57 ID:aszALBEb0▼このコメントに返信
※31


まあ、ウエストポイントというエリート本流のコースがある一方で
パウエルさんみたいに一般大学からROTCコースを経て統幕議長にまでなれる
人もいて人材登用の理想形ではあるな、アメリカ軍。
49.名無しさん:2017年01月11日 13:57 ID:y9v0VlvZ0▼このコメントに返信
石原莞爾が歴史音痴なんだ。熱河の無い満洲国ってなんだよ。
クリープを入れないコーヒーよりも最低。溥儀に熱河が無いって
言われて慌てて取りに行ったものの、国際連盟が満州事変を審議中の
熱河作戦だったため、侵略行為と見做されて連盟追放の憂き目に
会いそうなので、松岡は涙を呑んで先んじて連盟を「脱退!」・・・・

50.名無しさん:2017年01月11日 14:05 ID:CUXkO2yH0▼このコメントに返信
※46
日清、日露戦争時の日本陸軍の捕虜の扱いのイメージと、敗戦した大東亜戦争(太平洋戦争)での日本陸軍の捕虜の扱いのイメージが著しく違うってのは、やはり敗戦が原因かと思うよ。
51.名無しさん:2017年01月11日 14:08 ID:Xb2oQ9iR0▼このコメントに返信
※48
横だが、近年は米陸軍の新任士官の4割程度はROTCのはず。現役将官の4割ほどもROTC出身。
52.名無しさん:2017年01月11日 14:14 ID:MshxdQbE0▼このコメントに返信
※50

日清日露、第一次世界大戦と大東亜戦争じゃあ捕虜の数が違うよ

食い詰めて戦争始めたのに、捕虜にまでちゃんとした待遇出来るわけないやろ

日清日露と第一次世界大戦は、西欧列強の目があったから、国際法を遵守して文明国と認められたいと思っていたし、実際に開戦の詔書にも国際法の遵守を謳っている

大東亜戦争ははっきり言ってあんまり自重していないし、開戦の詔書にも国際法のこの字も出てこない

大東亜戦争とそれ以前の戦争は全く性質の違う戦争なので、それ以前の戦争がお行儀よくやってたからと言って、大東亜戦争はそうだとは限らない
53.名無しさん:2017年01月11日 14:17 ID:6W451Kbt0▼このコメントに返信
航空機の運用、改良が上手かったのは陸軍の方やろ
54.名無しさん:2017年01月11日 14:31 ID:1s4LQyR10▼このコメントに返信
陸軍若手将校党による515、226事件のおかげで日本は中国戦線から破滅への戦争の道へ入り、結局は大日本帝国の滅亡を招き、祖父のような戦争犠牲者を多く出した。国を滅ぼした元凶が日本陸軍だ。
憲兵による恐怖支配
無垢の者に武器を渡しちゃあかんで。
自分が偉くなったと勘違いするばい
55.名無しさん:2017年01月11日 14:36 ID:Xb2oQ9iR0▼このコメントに返信
※54
大正デモクラシー・政党政治の失策であったり、関東大震災・昭和の金融恐慌・世界大恐慌が後の軍部台頭に繋がっている。財閥と結託した官僚・政治家に支配されていた時代なので、世論は軍部支持という歪な構図だった。2.26事件の青年将校らにも全国的に助命運動が展開された。
56.名無しさん:2017年01月11日 14:38 ID:eISiAF7z0▼このコメントに返信
※34
港や貨物船のクレーン能力の限界という問題があってな
57.名無しさん:2017年01月11日 14:39 ID:MshxdQbE0▼このコメントに返信
※55

そうやって愛国無罪みたいな風潮が出来ちゃうから大日本帝国が駄目になったんじゃないですかやだー
58.名無しさん:2017年01月11日 14:39 ID:DNPF1owY0▼このコメントに返信
※54
ちゃうぞ、君は日教組に洗脳されすぎ
あのクーデタが成功していたら、支那事変はなかったし、米国との戦争もなかった
59.名無しさん:2017年01月11日 14:53 ID:ZxvQqRb80▼このコメントに返信
※54
515は海軍だし中国戦線の拡大を決定づけたのも海軍だぞ
60.名無しさん:2017年01月11日 14:59 ID:aiMCMa4P0▼このコメントに返信
※58
日中戦争回避は無理だろ

そもそも33年の熱河作戦以降はシナ内側で衝突→一時停戦の繰り返し
関東軍も派遣軍もどこかで決定的にシナ軍を屈服させないと対ソ防衛どころか満州国自体が危ういと活動してるんだから

内地の内閣や参謀本部や陸軍省が言ったところで現地軍は従う状況ではない
61.名無しさん:2017年01月11日 15:03 ID:MshxdQbE0▼このコメントに返信
※58

2・26は青年将校は奸臣を殺して真崎甚三郎を担げば良い程度の考えしかなかったし当の真崎は全くその器じゃ無かったし、何より昭和天皇が激怒している時点で無理

5・15は全く見込みなし

ケマル・アタテュルクのクーデターに憧れた橋本欣五郎がクーデターをやろうと桜会作ってやろうとしたのがそもそものきっかけだが、当の青年将校たちの手腕がケマルには比べようもないほど拙劣なので無理

日教組どうこうじゃなくて、どう考えても無理。

62.名無しさん:2017年01月11日 15:10 ID:14GBHDhZ0▼このコメントに返信
※56 >港湾クレーン
貧乏が悪い にはそれも含まれる

RoRo輸送船を1930年代に保有しちゃう帝国陸軍てのもロマンだなあ
63.名無しさん:2017年01月11日 15:13 ID:tvYRQWua0▼このコメントに返信
※59
515と違い個人を逸脱し国軍の兵を勝手に動かした226は国を壊しかねない失態だった。そして陸軍大臣使って内閣潰すは満州事変起こすは陸軍は日本帝国をうちから蝕むガン細胞みたいな奴ら。まあ海軍も無能で贅肉みたいな奴らだったが可愛いもんさ。
64.名無しさん:2017年01月11日 15:21 ID:ysR1M6KS0▼このコメントに返信
石原莞爾「頑張れ頑張れ関東軍~露助なんて目じゃないぜ♪」
つじーん「いけいけGOGOじゃ~んぷ!」

戦車長島田豊作「・・・誠に遺憾である。」
65.名無しさん:2017年01月11日 15:28 ID:.lfX5WOX0▼このコメントに返信
加藤隼戦闘隊は陸軍だね。
66.名無しさん:2017年01月11日 15:37 ID:KUBF7qGr0▼このコメントに返信
※55
今の韓国のことか?
67.名無しさん:2017年01月11日 15:44 ID:ZEIJGRMF0▼このコメントに返信
※29
大陸国だろうが島国だろうが軍は陸主海従が基本中の基本だしな
陸軍に対抗心燃やして統帥権よこせと言って指揮系統分裂させた海軍がアホすぎた
68.名無しさん:2017年01月11日 15:49 ID:sfiSeyY40▼このコメントに返信
浸透戦術は別に時代遅れでもなんでもなかったんだよなぁ

ドイツがww1の基準で中国にトーチカ群作らせて徹底的に敵に出血を強いる作戦は、第二次上海事変まで有効だったんだよなぁ
でそれを日本は守ってる中国軍のなんと10分の1の兵力で、日本流の浸透戦術「肉弾突撃」であっさり突破してしまった。
こりゃ当時の常識ならこうはならないはずで。武器も中国側はドイツからの支給で日本と同等以上のものつかってたし。

それに忘れてるのかもしれないが、帝国陸軍は砲兵火力は常に意識してるぞ。国力の関係上とアホの海軍が無駄に軍艦作るから数揃えられなかっただけで。大陸でも砲兵はいつも活躍してたし、開戦時の電撃戦はいつも砲兵火力でごり押しやぞ。
硫黄島だと迫撃砲大量投入で米軍に損害与えてるし、沖縄ではアメリカがこれまで日本相手に経験したことのない大量の砲兵火力の攻撃受けて大苦戦。

アメリカが最後びびったのは陸であってアホの海ではない。ここ重要
69.名無しさん:2017年01月11日 15:51 ID:sfiSeyY40▼このコメントに返信
※54
陸はとっとと中国から手を引きたかったんやぞ
それを止めたのが世紀の無自覚売国奴近衛文麿や
70.名無しさん:2017年01月11日 15:56 ID:KUBF7qGr0▼このコメントに返信
基本、陸軍が大陸で焦土作戦しないから、泥沼になって、無駄に資源を浪費してる。
華北・山東・浙江で住民追放(殺す弾薬も勿体ない)して屯田すりゃよかったんだよ。
住民いなけゃ英仏も利権どころでない。
英仏は、共同でも日本と対決する戦力ないし。(独ソが牙剥くの明らかだし)。
38式小銃は日本人向きと言われてるが、体格の差がない国民党軍が、モーゼル小銃装備でチェコ機関銃と合わせて火力不足も甚だしい。
やはり官僚組織が硬直するとダメということか。
江戸時代の南北町奉行所の交代制は優れてたんだな。
71.名無しさん:2017年01月11日 15:59 ID:oENzVC4r0▼このコメントに返信
宮城事件はどうフォローしようかって…ねえ…
72.名無しさん:2017年01月11日 15:59 ID:sfiSeyY40▼このコメントに返信
※70
泥沼化させてのはアホの政治家のせいなんだよなぁ

あと武器も火力不足を痛感して38式小銃は99式短小銃へ、96式軽機関銃は99式へ7更新と.7ミリ弾verへ更新してるんですがそれは
73.名無しさん:2017年01月11日 16:03 ID:bC5Gp5Z50▼このコメントに返信
陸軍航空隊にもすごい人はいるぞ。
74.名無しさん:2017年01月11日 16:19 ID:opVjsUmo0▼このコメントに返信
※68
時代遅れやゾ
ww1初期の塹壕戦を突破するために流行ったのが浸透強襲、でこれを撃破するためにww1中期に流行ったのが日本がww2で遂に突破できなかった最終防護射撃、でなんだかんだで結局火力優先になったんやで
ただ戦間期にもうあんな量の砲火力を出せるわけないと思った各国は機動戦術を選択してるけど機動戦術の信奉者のドイツでさえ43年には火力優先に回帰してる。
あと日本の砲火力(笑)なんて欧州じゃ話にもならん、分隊辺りの火力はそれなりだけどな
75.名無しさん:2017年01月11日 16:22 ID:P84.4nN.0▼このコメントに返信
大日本帝国陸軍一の厄病神辻 政信が存在していなければ
ここまで陸軍は虐げられなかったろうな。
76.名無しさん:2017年01月11日 16:43 ID:MshxdQbE0▼このコメントに返信
※68

第一次世界大戦後半のドイツ軍がやった浸透戦術を20年後の第二次上海事変で使ってる時点で時代遅れって自分で書いてて分からんのかね

まあ守ってる側もww1の基準のトーチカだから、攻める方も時代遅れで守る方も時代遅れなんだが。

※74でも指摘されてるけど、このころは機動戦が流行りで米英仏独あたりの列強はそっちを志向してた

まあ第二次世界大戦が開幕してからは結局火力主義に移行するんだが。

最終的に最先端だったのは、トゥハチェフスキーが志向していた桁違いの火力に支えられた大規模縦深突破。
77.名無しさん:2017年01月11日 17:07 ID:i9lfDUwF0▼このコメントに返信
国民的アイドル「チハたん」と、設計案のオイ車(キングチーハー)おるやろ!
78.名無しさん:2017年01月11日 17:11 ID:MshxdQbE0▼このコメントに返信
※68

>でそれを日本は守ってる中国軍のなんと10分の1の兵力で、日本流の浸透戦術「肉弾突撃」であっさり突破してしまった。

10分の1の兵力だったのは開戦当初の陸戦隊で、その頃はなんとか死守してる段階で、上海派遣軍が増派されてからは最終的な兵力にそこまで差はないよ

日本軍ageしたいのは分かるけど、もう少し正確じゃないと途端に胡散臭くなるぞ
79.名無しさん:2017年01月11日 17:20 ID:Xb2oQ9iR0▼このコメントに返信
※66
独立後の軍人による長期独裁、財閥への富の集中、政治権力の腐敗構造、インテリの左翼化などは似ている。帝国陸軍の教育を受けたメンバーの多くが創設期の韓国陸軍の将校・下士官になり、政治家・高級官僚の多くも日本の大学教育を受けてたから、当然と言えば当然かもな。
80.名無しさん:2017年01月11日 17:25 ID:2S3wNboM0▼このコメントに返信
軍好き初期(にわかよりさらに前)が思ってるだろうイメージの予想
海軍
零戦強すぎ、大和戦艦では最強、島風速すぎ、秋月対空強すぎ、紫電改玄田サーカス強すぎ制作が間に合ってれば、震電先進さすごい、赤城加賀さいつよ
陸軍
チハ?陸の花戦車が弱すぎちゃいかんでしょ、ノモハンだめだめやん、中国で風呂敷たためないのだめすぎ、手軽で便利な迫撃砲重くしてどうする。
隼?5式?なんですそれ。
そして戦艦と戦車のカタログスペックで優秀さ決めちゃうからしゃーない。
81.名無しさん:2017年01月11日 17:40 ID:Dc8htGe00▼このコメントに返信
主力は支那戦線で温存され崩壊状態ではなかったことで、目立たないということだろうと思う。
ニューギニア戦:戦闘というより、空爆と補給を断たれ自滅
インパール戦:数的に圧倒的に不利、補給の問題;インド独立への貢献
フィリピン戦:同上
主な敗北は上だが、弱かったわけでもない。

パラオ、硫黄島、沖縄:圧倒的不利の状況で相当な戦果を上げる。

なので、敵もあまり触れたくない。
こんなところだろう。
82.名無しさん:2017年01月11日 17:40 ID:2S3wNboM0▼このコメントに返信
映画にしても書かれ方が海軍はロマンあふれる感じもする。
大和特攻は国のために命を投げ出すとか、源田サーカスは各地から凄い奴を集めて隊を結成とか。
死に方も船と沈んでーで終わるから魚の餌になる頃の死体はあまり書かれないしな。
陸は餓死とかハエにたかられた死体ってもろな泥臭さ強調しすぎで人気もなくなるよ。
あとはプロパガンダ映画でいつも悪役日本陸軍だし。
陸軍のなんか美しさでもったエピソードを映画化したらいいんよ!
83.名無しさん:2017年01月11日 17:43 ID:Dc8htGe00▼このコメントに返信
※76
馬鹿のソ連上げ。
どうせ根無し朝鮮人。これは支那人ではないだろう。
お前の国のことを書けよ。
ないなら下を向いて黙ってろ。
84.名無しさん:2017年01月11日 17:53 ID:gmQSDYiV0▼このコメントに返信
加藤隼戦闘隊がいる。
85.名無しさん:2017年01月11日 17:55 ID:P84.4nN.0▼このコメントに返信
日本軍陸軍にパンツァーファウストと88mm高射砲あればもう少し活躍できたろうに。



86.名無しさん:2017年01月11日 17:55 ID:MshxdQbE0▼このコメントに返信
※83
もうちょい東部戦線について調べてから書こうね☆
フルンゼやトゥハチェフスキーが提唱した連続作戦理論が洗練されて完成した縦深戦術理論は第二次世界大戦後をNATOがどうやって対抗すればいいのやら頭を抱えた難易度で、アメリカがエアランド・バトルドクトリンを提唱するまではひたすら核爆弾を200-300発打ち込まないと止められないとされていたくらいだぞ
まあ東部戦線の著作物ってドイツ軍礼賛戦記が多いからね、仕方ないね
87.名無しさん:2017年01月11日 18:01 ID:Dc8htGe00▼このコメントに返信
※86
あー。私はここで何度もハワイを攻略すれば大戦の流れは変わったと書いているものだ。
結局アメリカ軍もそう思っていたという結末。
知ったかぶりはやめろ。朝鮮人。
自分の頭で考えな。
お前はそれ、自分で考察したか?
88.名無しさん:2017年01月11日 18:02 ID:S9Fm8HSe0▼このコメントに返信
※16
海軍と違って最後まで中国の制空権を維持できていたのにな
89.名無しさん:2017年01月11日 18:04 ID:Dc8htGe00▼このコメントに返信
※86
お前は朝鮮人だろう。会ってやるから戸籍を持ってこい。
私はお呼びがかかればテレビに出て自説を主張する心づもりはいつでもある。
在日犯罪や工作などは、テレビでわんわん吠えて知らせる必要があると思っている。
推薦してくれ。
90.名無しさん:2017年01月11日 18:15 ID:4QkrB.ed0▼このコメントに返信
ひたすら日本軍を小馬鹿にするスレが好きだねえ
あげつらうのは簡単だよね
結果が見えてるんだからバカでも千ョンでも出来る
91.名無しさん:2017年01月11日 18:20 ID:q32se2g10▼このコメントに返信
※89
東部戦線の”と”の字も出てこないアホに朝鮮人呼ばわりされてるのが馬鹿らしくて腹が痛い

>>あー。私はここで何度もハワイを攻略すれば大戦の流れは変わったと書いているものだ。
>>結局アメリカ軍もそう思っていたという結末。
知らんがなw
というか知識が太平洋戦線限定でしかも戦後までカバーしてないんじゃないの?

論破されて発狂してるのが見苦しいよ
92.名無しさん:2017年01月11日 18:59 ID:AtW9lpw40▼このコメントに返信
せめて3号L型並みのものがあればなぁ
93.名無しさん:2017年01月11日 19:32 ID:uBTQ6Jit0▼このコメントに返信
何かで読んだけど、海軍に補給の観念どころか!士官でも自軍の補給系統も理解してなかったらしいよ。
94.名無しさん:2017年01月11日 19:47 ID:uBTQ6Jit0▼このコメントに返信
>>88
元々の運用が違うからしゃーない。海軍の飛行機は洋上の艦隊を叩く魚雷発射機。陸軍の飛行機は地上部隊のつゆ払い。空飛ぶ大砲みたいなもの。だから爆弾搭載量いらない、反複爆撃をするから。航続距離は飛行場移動→飛行場設営の繰返し。だから陸軍は基地ではなく駐屯地。
95.名無しさん:2017年01月11日 20:02 ID:tj8XOHer0▼このコメントに返信
何かこのサイトって少しでも他国アゲするとやれチョ.ンだとか日本人じゃないだとか言い出すオカシな輩が多いよね。
見苦しい。同じ日本人として情けなさすぎる。他国アゲごとき容認できない矮小な器でよく社会生活送れてるね。こういう連中って妻や友人が他人を褒めたらどーなんのよ。
96.名無しさん:2017年01月11日 20:15 ID:ytQsqbde0▼このコメントに返信
旧日本海軍の方がはるかにブラックなんだけど
司馬遼太郎などの戦後文化人の内部告発により日本史上最悪の組織になってしまった色々と残念な組織感
97.名無しさん:2017年01月11日 20:31 ID:uoteGv7a0▼このコメントに返信
陸軍が大戦を引き起こした元凶扱いされて
失敗した後は全部無かったことにしたがる日本人気質で無視してるんだろ。
98.名無しさん:2017年01月11日 20:32 ID:Xb2oQ9iR0▼このコメントに返信
※96
日本に限った話じゃないけど、昔の水兵ほどブラックな世界は無いだろ。
99.名無しさん:2017年01月11日 20:34 ID:14GBHDhZ0▼このコメントに返信
>旧日本海軍の方がはるかにブラックなんだけど
現場の人の半分は海の藻屑、下請けの9割が海の藻屑
死人に口無し

現地を軍政統治した陸サンと異なりずっとフネの中だから、
おかの現地人や捕虜に敗戦後仕返しをされるような悪さをしようがない
海軍にBC級戦犯が珍しいのもあるかな、海軍善玉論は
100.名無しさん:2017年01月11日 20:42 ID:ytQsqbde0▼このコメントに返信
※98
おっと海上自衛隊の悪口はそこまでだw
101.名無しさん:2017年01月11日 20:44 ID:5f.lPyaf0▼このコメントに返信
※80
ゼロ戦:確かに強かった(昔は)なおゼロ戦伝説には陸軍の隼の分が入っているという指摘がある
大和:戦艦と戦わなかった最強の戦艦
島風:世界最速の駆逐艦を作ったのは日本じゃなくて、フランス
秋月:本当は米英のように巡洋艦ベースの防空艦を持ちたかったのにそんな金が無くて断念し駆逐艦ベースに、性能もお察し
紫電改:法螺吹きサーカスの源田くんは、かの戦史に名高き”台湾沖航空戦”にも関わった男
    戦後は自民党国防族のドンへ華麗なる転身、神風特攻?知りませんねえ
震電:3回試験飛行しただけやん
赤城加賀:爆弾3発で半壊状態になる驚異のタフネス、ボブサップかよ

102.名無しさん:2017年01月11日 21:12 ID:IiAfNQlZ0▼このコメントに返信
【TPPと離島の農業】 サトウキビが守る日本の領海  東海大学海洋学部教授・山田吉彦
ttp://www.jacom.or.jp/archive03/tokusyu/2011/tokusyu110603-13704.html

【激ヤバ拡散】報道されないTPPのまとめ  医療・労働関係他 
参加国総貧困化・労働環境悪化・支出増加・ビザ大幅緩和等全分野に影響多数
ttp://itest.2ch.net/test/read.cgi/lifesaloon/1466252968
103.名無しさん:2017年01月11日 22:16 ID:T.gEg36M0▼このコメントに返信
冷静に考えると、近代以降で、海軍が市民を虐げてる印象のある国なんてあったか?
ナチス、ファッショイタリア、旧ソ連一派、北朝鮮、アフリカの独裁諸国、中国等々。
やっぱり、「陸軍」という性格そのものが、どうしても政治との距離を近くするし、いろんな暗部を引き寄せてしまうと思うんだ。
104.名無しさん:2017年01月11日 22:20 ID:pabhgPZx0▼このコメントに返信
※76
>※74でも指摘されてるけど、このころは機動戦が流行りで米英仏独あたりの列強はそっちを志向してた
ガムラン「おっ、そうだな」
105.名無しさん:2017年01月11日 22:23 ID:q32se2g10▼このコメントに返信
※104

ド・ゴールは機動戦やろうとしてたから…(震え声)
106.名無しさん:2017年01月11日 22:33 ID:xEWJ.2fO0▼このコメントに返信
海軍反省会は資料としての価値はあるんだが、Wikiによると九州大学教授の調査では「海軍反省会の資料を纏めるにあたって、大日本帝国陸軍の○○○と○○○○が関与しており、資料の一部捏造が行われていることが指摘されている[4]。(一部伏字にしておく)」ので、取り扱いには若干注意が必要だと思うよ。
それとこう言ってはなんだが、自分自身の責任に口をつぐみたがるのは、旧海軍に限らず不祥事を起こした組織では珍しくない現象だから。
わかるでしょ?朝●新聞とか毎●新聞とかフ●テレビとか講●社とか見てるんだからさあ…
107.名無しさん:2017年01月11日 22:52 ID:mrRtXj120▼このコメントに返信
てか対米戦は100%海軍のせいなのにな
陸軍はずっと反対だったのにそこは絶対に触れない不思議w

大体真珠湾攻撃なんて陸軍は直前まで知らなかったレベル
阿川史観が広がりすぎ
108.名無しさん:2017年01月12日 00:43 ID:KHJBVrDz0▼このコメントに返信
元海軍のやつらが書いた本が陸軍悪玉論でそれが普及したんだろ>阿川
そら元海軍なら海軍視点の話になるだろうし、やっぱり自分たちをカッコよく書きたいもんなぁ
海軍は職業軍人とあと徴兵と言っても優秀な少数しかとってないから「海軍かっこいい!」って一般人をだませたんだよ
陸軍は人数多すぎたから復員した人から、指揮官が無能でアホな計画しただとか、飢餓だの病気だの現場の実態がだだもれでロマンがない
109.名無しさん:2017年01月12日 01:24 ID:EBXny.US0▼このコメントに返信
海軍がクソだからと言って陸軍を擁護する理由にはならん。帝国陸軍の悪事も弱さもみっともなさも消えたわけではない。海軍は政治にあまり関わろうとしなかっただけまだマシ。陸軍はもう軍隊ではなく私兵を擁した悪辣な巨大政党でしかなかった。
110.名無しさん:2017年01月12日 04:09 ID:TsOp.F5U0▼このコメントに返信
※1
記事元のスレ主毎タヒね。クソ北韓。ザイニチ北韓の0721スレ、ぱよぱよちーん!
111.名無しさん:2017年01月12日 04:46 ID:FpYdWcXL0▼このコメントに返信
※109
政治の泥をかぶろうとしなかったくせに口を拭って偽善者面するから帝国海軍は嫌なんよ
戦後の海軍シンパ文人連中も無論な
それから私兵と言えば、井上蔵相暗殺や515事件の黒幕だった(血盟団)は海軍とつながってましたやん

112.名無しさん:2017年01月12日 05:21 ID:FpYdWcXL0▼このコメントに返信
※86
日本の海軍善玉史観みたいに、ドイツにも”国防軍善玉史観”みたいな感じの空気がある
有名なのではロンメル将軍とかな

113.名無しさん:2017年01月12日 07:24 ID:8PG1BhNT0▼このコメントに返信
そら、対戦車ライフルのPTRSの徹甲弾K弾の貫徹力61ミリに対して25ミリの装甲しか無い戦車しか
陸揚げ出来ない国力だからな。
戦車しか使えない局面で、装甲歩兵戦闘車投入したら南方戦線の95式軽戦車と97式中戦車しか無い状況での戦闘結果となるのである。
114.名無しさん:2017年01月13日 09:34 ID:Mm3sogGl0▼このコメントに返信
太平洋戦争は早期に開戦しないとアメリカに勝てなくなるから~ と説明されるけど
ソ連軍だって1941年以後は日本と比べ物にならないぐらい更新&増強されてたから
1942年以後に紛争したらボロ負け不可避 (戦車と火砲の質量がアカン)

お名前