スポンサーリンク

2017年01月11日 09:05

北条氏康「飯に汁を2回かけるとは……北条も終わりか」←これwwww

北条氏康「飯に汁を2回かけるとは……北条も終わりか」←これwwww

03

引用元:北条氏康「飯に汁を2回かけるとは……北条も終わりか」←これwwww
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1483883796/

1: 名無しさん@おーぷん 2017/01/08(日)22:56:36 ID:mdT
大名とかいう立派な身分のくせにねこまんまなんかしてるんじゃねぇよwwwww

3: 名無しさん@おーぷん 2017/01/08(日)22:57:27 ID:tJh
毛利輝元「おっそうだな」

5: 名無しさん@おーぷん 2017/01/08(日)22:57:51 ID:fbv
美味い飯の前では身分の差なんてなくなるんやで

7: 名無しさん@おーぷん 2017/01/08(日)22:58:18 ID:bNP
今みたいに火が簡単に起こせないから、
朝に一気に一日分の飯炊いてるんやで。

9: 名無しさん@おーぷん 2017/01/08(日)23:00:13 ID:5ln
>>7
保温とかできないし夜は冷めた飯食ってたんか?

10: 名無しさん@おーぷん 2017/01/08(日)23:00:40 ID:Koa
>>9
せやで
それを美味しく食べるための汁掛け飯よ

11: 名無しさん@おーぷん 2017/01/08(日)23:01:50 ID:4yg
>>10
それを2回やるとなんで貧乏扱いすんねんあのハゲ

14: 名無しさん@おーぷん 2017/01/08(日)23:04:37 ID:bNP
>>11
パッパ「いつも汁かけとるのに、いつもどんぐらい量かけとるか分かるはずやろこのボケ!」
ってことやろきっと。

12: 名無しさん@おーぷん 2017/01/08(日)23:03:22 ID:5ln
>>10
はえ~
時代劇とか普通の飯出てたけどやっぱり嘘なんやな

15: 名無しさん@おーぷん 2017/01/08(日)23:05:08 ID:Koa
>>12
汁掛け飯は現代よりもはるかにメジャーな食い方で
江戸時代のレシピ本も「どんな汁を掛けて食えば飯が美味しいか」ばっかやったとか
どっかで読んだことあるで

16: 名無しさん@おーぷん 2017/01/08(日)23:06:57 ID:9a8
米を炊き始めたの戦国後半やからね
それまでは米を蒸しとったんや(強飯)
日に一回しか火を起こさんかったから、夜の強飯はもうかっちかちやねん
そらだし汁かけな食えんわな

20: 名無しさん@おーぷん 2017/01/08(日)23:12:28 ID:9a8
そこで火鉢の登場や
火鉢なら汁を暖めるくらいできるやろ
信長にも家康にもエピソード残るくらい、ご馳走やったんじゃないかなぁ

21: 名無しさん@おーぷん 2017/01/08(日)23:13:32 ID:Usy
ほえーやっぱり炭って神だわ

22: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)00:34:47 ID:OHq
日本人の食べ物にかける情熱は恐ろしい

23: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)00:36:18 ID:MLT
結局飯に2回汁をかけることのどのへんがあかんの?

26: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)00:37:57 ID:hUN
>>23
汁の分量くらいちゃんと計れんやつに国の政治が務まるかいってことやろ

29: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)00:48:20 ID:r9N
>>23
毎日かけてる汁の適正量すらわかってない奴は統治者には不向きって意味やで

24: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)00:37:28 ID:hUN
蒸した米って美味いの?

30: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)00:49:02 ID:s5A
>>24
今でも餅作るもち米は蒸すやろ
強飯は美味いが固いで
やから今は徹底的につき回す餅にしか使わんやで

ついでに言えば、蕎麦も蒸して作っとったんやで
江戸時代に切り蕎麦はできたやが、これは蒸しとった
茹でるより栄養があるで、固いけど
延びにくいから、屋台文化だった江戸にはちょうどやね

31: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)01:01:17 ID:hUN
>>30
なるほど面白い

25: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)00:37:52 ID:CVs
単なる氏政へのヘイトやしなぁ
本人は関八州を納めた有能やし

28: 名無しさん@おーぷん 2017/01/09(月)00:47:03 ID:NbU
>>25
権現様の前任者が有能やと不都合あるしな

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2017年01月11日 09:09 ID:WFvcXaFm0▼このコメントに返信
ウンコぶっかけ番組かよ
2.名無しさん:2017年01月11日 09:12 ID:1nLoMbMU0▼このコメントに返信
北条の部下って別に無能ってわけじゃないけど良くも悪くも官僚社会というか
江戸体制の前身と言われると本当にしっくりくる身の処し方してるよね
親族以外で戦国時代に必要なタイプの人間は反北条地域にごっそり固まってるか北条との戦で死んでるイメージ
佐野とか長野とか
3.名無しさん:2017年01月11日 09:19 ID:w6uBWrer0▼このコメントに返信
そっすか、サーせーんって汁戻してやれば良かったのに。
4.名無しさん:2017年01月11日 09:20 ID:hZLK3UL70▼このコメントに返信
後北条氏の統治機構はオーパーツ並みに完成されていて、当主が無能でも問題ないレベルだったらしいね。
徳川も後々幕府を作ったときに参考にしたとかしなかったとか。
5.名無しさん:2017年01月11日 09:21 ID:tM2H4ekk0▼このコメントに返信
お金は使わなきゃ経済回らないよと増税した政府、消費しろといってパナマで脱税してずる賢く貯蓄してきた大企業トヨタもあまりに格差拡大し過ぎたせいで消費が冷え込み貯蓄した金は政府が無駄遣いする代わりに、トランプ様の一声でアメリカに100億ドル投資するんで貧困日本人はさようなら
6.名無しさん:2017年01月11日 09:24 ID:ta09qYjW0▼このコメントに返信
後世の創作だけどね
7.名無しさん:2017年01月11日 09:24 ID:CoK14Lmw0▼このコメントに返信
ねぇ、人に消費しろいって自分は貯蓄して結局貯めたお金を日本よりサイコパス4倍と10倍のくその山盛りの国に使う大企業って何
頭おかしいね日本人って
8.名無しさん:2017年01月11日 09:25 ID:J.IJU3Dz0▼このコメントに返信
「蘭丸ーッ!湯漬けをもていッ」
9.名無しさん:2017年01月11日 09:28 ID:cil0d5Af0▼このコメントに返信
※6
氏政が実権握ってた時に滅亡したから、講談では凡庸な人物として描かれて、それに似合ったダメそうな逸話を捏造されただけなんだよな。
10.名無しさん:2017年01月11日 09:32 ID:aB2rhKi.0▼このコメントに返信
戦国時代にも関わらず昇進転勤(栄転)制度を作り上げている頭のおかしいレベル
家臣の在地領主化を防いで北条本家への権力独占を図っていながら、同時に家臣が老衆迄登れば合議制により発言力を与えてもいる
これで関東では無双出来たが、肝心の天下軍との戦いのときこのシステムが反発しあってマトモに機能できなくなった
時代が早すぎたのか、結局戦国時代には合わなかったのか
11.名無しさん:2017年01月11日 09:35 ID:4p3mT1RD0▼このコメントに返信
真田丸の影響でやたら戦国武将のtwitterアカウントが出来たが氏政の中の人はなかなか良かった
ハッシュタグ「私が大統領になったら」に二公八民と答えていて吹いた
12.名無しさん:2017年01月11日 09:35 ID:ypej2CWO0▼このコメントに返信
現代に伝わる戦国武将の逸話の大半は後世(江戸期)の創作。失敗者の例を北条氏政に投影して武家の教訓としたものと考えられる。

尚、「甲陽軍鑑」「武功夜話」「甫庵太閤記」等は読み物としては面白いが資料的価値は低い。
13.名無しさん:2017年01月11日 09:36 ID:eh8Sjr220▼このコメントに返信
小田原評定
14.名無しさん:2017年01月11日 09:37 ID:X2.yXH8Y0▼このコメントに返信
講談社の別冊マガジン?のなんで朴が、韓国人が、編集次長なんで
なんで妻を○して自○に見せ掛けるサイコパスが編集次長?なんてやってんの?なんで
講談社は社名も韓国語に変えとけよな、ふざけんな人○し野郎
15.名無しさん:2017年01月11日 09:37 ID:77mGkjvm0▼このコメントに返信
信長の野望の北条チートすぎや
16.ゲハロエおやじ27号っス:2017年01月11日 09:37 ID:0G0NDfu40▼このコメントに返信
流石に四代は優秀は続かんと思うよ、島津だって判らなかったんだから。
17.名無しさん:2017年01月11日 09:44 ID:5kb9kL.O0▼このコメントに返信
汁でかさ増やしたご飯を半分食べてから更に汁で増やしてるのかと思った。
18.名無しさん:2017年01月11日 09:46 ID:clYPw1Sh0▼このコメントに返信
冷え飯を食べるためという理由の他に、手早く食べられるから好まれたという面もあるでしょう。

19.名無しさん:2017年01月11日 09:46 ID:ngb6teaI0▼このコメントに返信
一気にかけたら汁があるれるやろっ
20.名無しさん:2017年01月11日 09:47 ID:e3TPR9uH0▼このコメントに返信
徳川は四代目からは官僚が中心になって政治やってたな
21.名無しさん:2017年01月11日 09:49 ID:ngb6teaI0▼このコメントに返信
立花宗茂が浪人中のこと。家来が米がないのに困って粥にして出したら
「汁ぐらい自分で掛ける」と言ったそうな
22.名無しさん:2017年01月11日 09:50 ID:ba9h0dQH0▼このコメントに返信
単なるイチャモン
はい、論破

こんなものに根拠なんてないンゴよねえ
23.名無しさん:2017年01月11日 09:51 ID:rJzqVvhW0▼このコメントに返信
俺っちはカレーライスにルーを2回かける
24.名無しさん:2017年01月11日 09:52 ID:HOLkVHct0▼このコメントに返信
現代風だと汁をカレーに置き換えればまあわかるな
25.名無しさん:2017年01月11日 09:55 ID:1Y8P03tH0▼このコメントに返信
要領が悪かったんだな
そういう奴は鈍くて物事に対する反応も遅いから
戦国の世で生き抜くのは無理だろうな
26.名無しさん:2017年01月11日 09:56 ID:VEMNrGp00▼このコメントに返信
単なる物の例えじゃん。
後世の人間による脚色や創作の可能性もあるしな。
27.名無しさん:2017年01月11日 09:56 ID:rly4mr9g0▼このコメントに返信
そら(こんな、事ある毎に人格否定を繰り返される幼少期を送れば)
そう(反動で無理して一族歴代最高の領地を獲得したあげく高転びに滅亡する)
なるよ。
28.名無しさん:2017年01月11日 10:00 ID:VEMNrGp00▼このコメントに返信
朝鮮学校では日本の平安時代や鎌倉時代の事は教えられないんだってな。
勝手にウリナラ以下と認定してる日本に、はるか昔から優れた文化や統治機構が存在していたなんて、自尊心が崩壊するかららしい。


だからウリハッキョ出身のパンチョッパリは無知で馬鹿なんだな。
29.名無しさん:2017年01月11日 10:00 ID:KnIyjlGl0▼このコメントに返信
※10
カエサル「領土が広がると元老院のような討議に時間がかかる仕組みだと対応できないから帝政が必要なんやで」
30.名無しさん:2017年01月11日 10:10 ID:Dv80xXYE0▼このコメントに返信
たいたご飯を干したのを干飯っていうって高校のときにならったはずやで。
31.名無しさん:2017年01月11日 10:12 ID:YThijfm10▼このコメントに返信
その日の気分でつゆだくにしたりつゆ抜きにしたりいろいろあるだろがよ
ちっちぇーな親父w
32.名無しさん:2017年01月11日 10:14 ID:HTniUfG80▼このコメントに返信
おぉっと氏康選手ここでおひつのご飯を汁の入った鍋にぶちこんだあ!!
33.名無しさん:2017年01月11日 10:16 ID:VwuWSej30▼このコメントに返信
ちなみに江戸は新しく作った都市だから常に土木や建築の仕事のある職人の街でもあったから、彼らに弁当を持たせるために朝にご飯を炊き夜に冷や飯に汁を掛けて食べていた
一方関西は夕方にご飯を炊き、翌朝に汁掛け飯を食べていた
34.名無しさん:2017年01月11日 10:17 ID:s6i6uc8V0▼このコメントに返信
※12
35.名無しさん:2017年01月11日 10:17 ID:XrHr4D5z0▼このコメントに返信
ネチネチ女の腐ったような言動だな
36.名無しさん:2017年01月11日 10:18 ID:s6i6uc8V0▼このコメントに返信
※12
そこで「信長公記」ですよ
37.名無しさん:2017年01月11日 10:24 ID:ozdCQetD0▼このコメントに返信
こんなことで日本人の食べ物にかける情熱は恐ろしいとか言っちゃう奴ww
どんだけホルホルしたいんだよww
38.名無しさん:2017年01月11日 10:24 ID:kGZzhaxw0▼このコメントに返信
マジか電子レンジ最高だな
39.名無しさん:2017年01月11日 10:27 ID:pmTDhyRK0▼このコメントに返信
※38
ふかし機知らない世代か~
40.名無しさん:2017年01月11日 10:36 ID:fXAizRad0▼このコメントに返信
※20
それはちょっとした勘違い。
あくまでも四代目からは武断主義から文治主義に変わったって意味あい。
側用人と言う名のエリート官僚による官僚機構が政治の中心だったのは、家康の時代からだった。
41.名無しさん:2017年01月11日 10:37 ID:nmFfAUkO0▼このコメントに返信
まあでもその逸話って創作だしな
北条の先祖三代と比べると実績乏しいけど
最近は資料の見直しのおかげで氏政もそこそこ有能扱いされてる
42.名無しさん:2017年01月11日 10:38 ID:1iV20Evy0▼このコメントに返信
ソース二度漬け禁止ルールのはじまりである。
43.名無しさん:2017年01月11日 10:42 ID:0RlgKlEr0▼このコメントに返信
最初は浸るくらいで、最後はお汁たっぷりという違う食べ方を楽しみたいだけやろ
グルメやん、なんで無能扱いやねん
44.名無しさん:2017年01月11日 10:46 ID:hMGjuREf0▼このコメントに返信
※12
あぁオマエみたいに資料的価値は低いって寝ぼけたこと言うボンクラは、近年まで、「甲陽軍鑑」にしか名前の出てこない
山本勘助は実在しなかったと言い張ってたりしたよなぁw
45.名無しさん:2017年01月11日 10:47 ID:G2IwNZbV0▼このコメントに返信
氏政には、他にも麦飯や橙のエピソードもあるんだよな
46.名無しさん:2017年01月11日 10:51 ID:e9282b9z0▼このコメントに返信
逸話知らなかったから本拠にいるのに戦闘食食べる状態になるくらい追い詰められてつらいんゴとかそういう話かと思った
47.名無しさん:2017年01月11日 10:58 ID:dLZSHNWz0▼このコメントに返信
こんなんもし本当の話なら氏康の方が評価低くなるわ。普通の人はメシくらい好きに食わせてやれって思うだろし、息子の方もわざわざ家臣たちの前で面目潰すようなこと言われたってヘイト溜まる。家臣は狭量な主君だって呆れるでしょ。いいこと何もないわ。坊ちゃま育ちだから何も知らなかったんだよって守役の存在どうなってるのか。事実なら切腹ものだよ切腹もの。
48.名無しさん:2017年01月11日 10:59 ID:l4m4nfQl0▼このコメントに返信
※45
せやな、氏政が死んで百年以上経って不意に湧いて出てきたエピソードだけどな

まあ氏政に限らず北条関連は江戸中期以降適当ばっかりやで
江戸初期には北条氏の出自は備中伊勢氏説や京都伊勢氏説が主流だったのに、
素浪人説がどこからか湧いて出てきてそのまま定着とかね
結局は備中伊勢氏の次男坊で京都伊勢氏の親族として中央政界で活動していたっていう江戸初期説が正解という
49.名無しさん:2017年01月11日 10:59 ID:GI.5eBso0▼このコメントに返信
だいたい人というものは日に2度は屁をこく。それが屁なのか下痢便なのかの見積もりもつかぬとは、俺も終わりか。
50.名無しさん:2017年01月11日 10:59 ID:pH3DQLXd0▼このコメントに返信
「今日はつゆだくの気分だったんや…(泣)」
51.名無しさん:2017年01月11日 11:02 ID:nmFfAUkO0▼このコメントに返信
北条と言えばそのお抱えだった風魔も
江戸時代になって全て捕らえられて滅ぼされたみたいだけど
あいつら完全に野盗みたいな存在だったから使い道無かったのかな?
52.名無しさん:2017年01月11日 11:05 ID:O1lMk25Q0▼このコメントに返信
汁の塩加減で量は変えたいわなぁ
パッパはチョットおおげさだよ
53.名無しさん:2017年01月11日 11:09 ID:O1lMk25Q0▼このコメントに返信
※33
ほおほお勉強になるわ
54.名無しさん:2017年01月11日 11:10 ID:61sVMJMI0▼このコメントに返信
※51
お庭番→食い扶持減るし、新参者はコロ
55.名無しさん:2017年01月11日 11:10 ID:Y46lk3hx0▼このコメントに返信
汁の量を調整して試行錯誤を繰り返し最適の混合比を割り出そうとした有能やで
わかっとらんなぁ
56.名無しさん:2017年01月11日 11:11 ID:0.EMg3r30▼このコメントに返信
去年高野山にいったが小田原並みに北条の痕跡がいたるところに残ってて驚いたわ。
57.名無しさん:2017年01月11日 11:12 ID:l4m4nfQl0▼このコメントに返信
※51
全てではないらしいで
風魔残党一人である庄司甚内は吉原を開業して、遊女を通じて得た情報をお上にリークしとったらしいやで
58.名無しさん:2017年01月11日 11:14 ID:JOUiNrOs0▼このコメントに返信
放送室で高須がしゃべってたな。
あの回おもろかったおもひで
59.名無しさん:2017年01月11日 11:23 ID:WGuyF8Oh0▼このコメントに返信
ちなみにこの汁かけ飯のエピソード、俺んとこでは朝倉氏の逸話として伝わっているぞ
60.名無しさん:2017年01月11日 11:27 ID:74JIxI3q0▼このコメントに返信
氏康「話は聞かせてもらった、北条は滅亡する!」
61.名無しさん:2017年01月11日 11:29 ID:EZCs.3NE0▼このコメントに返信
今日の昼飯は刈りたての麦飯にしようか。
62.名無しさん:2017年01月11日 11:34 ID:7T7Bmueg0▼このコメントに返信
※54
御庭番って八代吉宗が紀州から連れてきた新規お抱えの将軍直属諜報組織だったんだぜ、、、

それまでは老中支配の目付けしか諜報機関がなかった、吉原も幕府管轄の諜報組織だったりする、、、
63.名無しさん:2017年01月11日 11:40 ID:IlMM53w30▼このコメントに返信
氏正:北条最大版図を築いたのはワイやで
64.名無しさん:2017年01月11日 11:44 ID:8IiOMVgX0▼このコメントに返信
汁かけ飯のエピソードは終わりを全うできなかった武将だから喧伝されてんじゃねえかな。
似たようなエピソードに、平将門がこぼれた飯粒を拾って食べたのを見て、藤原秀郷が
こいつと組むことはできねえ、と見限ったとかいう話となんか似てる。
65.名無しさん:2017年01月11日 11:46 ID:a9Hc4Ygw0▼このコメントに返信
毎日かけてる汁の適正量すらわかってない奴は統治者には不向きにも一理あれば
ふそく(不足・不測)の事態にも適時対応する柔軟さも統治者には必要な技量にございます
66.名無しさん:2017年01月11日 11:49 ID:rNtmmXNn0▼このコメントに返信
※59
つまり敗者が理由付けのために張られるレッテルみたいなものか
信長だって義元に粉砕されてたら
「ロクな対策もせず無計画にヤケクソで突撃して死んだ暗愚」みたいに
言われて信秀から同じように愚痴をこぼされてたんだろう
それとも尾張の小大名としてマイナー武将扱いだったのかもしれない
67.名無しさん:2017年01月11日 11:49 ID:MpemCbVp0▼このコメントに返信
そもそも北条五代記なんて、戦前に毎回道徳チェックが入って、道徳的に正しくない方が毎回負けるしな
68.名無しさん:2017年01月11日 11:51 ID:i3NzrGqA0▼このコメントに返信
俺のザー〇ンぶっかけバター醤油ご飯が一番うまいで
69.名無しさん:2017年01月11日 11:54 ID:F.drUkb80▼このコメントに返信
※51
三甚内でググるといいぞ
盗賊の世界も縄張り争いとか厳しいんよ
70.名無しさん:2017年01月11日 11:54 ID:MpemCbVp0▼このコメントに返信
※68
ザーボンさんを食うのはおよしなさい、この野蛮な戦闘猿め
71.名無しさん:2017年01月11日 12:03 ID:8lBTphGp0▼このコメントに返信
五代のうち最大の版図を誇ったのは氏政じゃなかったっけ?
72.名無しさん:2017年01月11日 12:14 ID:ba9h0dQH0▼このコメントに返信
※44
信ぴょう性の低い資料にしか登場しない人物の実在性を疑うことの何が問題なんだ?
ガイジかな?
73.名無しさん:2017年01月11日 12:14 ID:59LWmUlE0▼このコメントに返信
この時代にこんな、子を虐待する親みたいな因縁付けたら、
たとえ実の息子が相手でも命が危ないと思うがな。
74.名無しさん:2017年01月11日 12:26 ID:v3Rnm0130▼このコメントに返信
関東は実は家康以前の戦国時代、平定されてないんだよね
北条氏の最大領域でも2/3くらいだったはず
75.名無しさん:2017年01月11日 12:29 ID:NiEp2DQJ0▼このコメントに返信
小説の中だけのエピソードであって事実無根なんちゃうん?
76.名無しさん:2017年01月11日 12:30 ID:.DvqHmyb0▼このコメントに返信
氏康(今日は腹の調子悪いから飯少なめでシャバシャバにして食お)
「終わりや!北条は終わりや!」
氏康「ええ…」
77.名無しさん:2017年01月11日 12:43 ID:vJTeIWLP0▼このコメントに返信
氏政ちゃんは最後の最後で時世を読めなかったのが敗因である…
78.名無しさん:2017年01月11日 12:47 ID:ZrTZTvVM0▼このコメントに返信
普段からこいつ出来ねーなと不満に思っていて愚痴言っていた文言の一つだろ。
ちょっとでも気に入らなかったらケチつけていたという証拠。
79.名無しさん:2017年01月11日 12:48 ID:RfQVlTwp0▼このコメントに返信
問題はこの話が史実か否かじゃなく、この話で何を指摘してるのか読解出来ない人が一定数居るという嘆かわしい事態だよ。
80.名無しさん:2017年01月11日 12:48 ID:v3Rnm0130▼このコメントに返信
乾麺のうどんとかスパゲティを結果的に多く茹ですぎたなと思った時に、この逸話を思い出す
81.名無しさん:2017年01月11日 12:53 ID:wMtrU8eU0▼このコメントに返信
昔の生活って家電なかったけど、1日一回飯炊いてろくに洗濯も掃除もしなくてよくて家事するときは仕事しなくて良いって、現代の共働き主婦より楽じゃない?
82.名無しさん:2017年01月11日 12:54 ID:NiEp2DQJ0▼このコメントに返信
※79
言い掛りだと主張しているのに、それを理解出来ない人が居る事こそ嘆かわしい。
83.名無しさん:2017年01月11日 12:54 ID:AgQuW1250▼このコメントに返信
こういうエピソードより氏政の嫁さんラブラブエピソードの方が広がって欲しかった
84.名無しさん:2017年01月11日 12:55 ID:6c5mGHfJ0▼このコメントに返信
カレーを飯余った皿に追加でカレーを盛る俺涙目。
85.名無しさん:2017年01月11日 12:56 ID:nmFfAUkO0▼このコメントに返信
※76
氏康も現役時代はすごい有能だったんだろうけど
晩年に脳卒中で倒れてからは麻痺が残って
思考障害や言語障害も出るぐらい見る影もなくなってたって話だしなぁ
86.名無しさん:2017年01月11日 13:05 ID:o.OlWcm.0▼このコメントに返信
関東で最大勢力を誇っていた北条をまともな戦いもせずにむざむざ、豊臣の餌食にした。
氏政は武田勝頼同様に凡庸であったのは間違いなかろう。
親父の目に狂いはなったが、それを補完すべき親父も無策であった。
87.名無しさん:2017年01月11日 13:21 ID:qw8rgUUh0▼このコメントに返信
創作話は当然として、野営陣地ならば椀の洗浄も考えた作法として評価する。
88.名無しさん:2017年01月11日 13:33 ID:tJ7M.Ohk0▼このコメントに返信
※68

               ,, -―-、       
             /     ヽ   
       / ̄ ̄/  /i⌒ヽ、|    オエーー!!!!
      /  (。)/   / /          
     /     ト、.,../ ,ー-、       
    =彳      \\‘゚。、` ヽ。、o   
    /          \\゚。、。、o
   /         /⌒ ヽ ヽU  o
   /         │   `ヽU ∴l
  │         │     U :l
                    |:!
                    U
89.名無しさん:2017年01月11日 13:55 ID:1lkBQWBz0▼このコメントに返信
>81

昔の人が掃除も洗濯もしなかったなんて、どっからわいた発想なのよ。電化製品のない時代の昔の女の人、どんな寒い冬の早朝でもまず家中の拭き掃除やってたよ。廊下も毎朝「熱い湯につけた雑巾を固く絞って」全部拭いてたよ。拭いてすぐ乾かないと木が腐るから、熱い湯で固く絞った雑巾なのよ。洗濯も、洗濯板でゴシゴシ。洗濯を全部湯でするわけにはいかないから真冬でも水。ご飯もカマドで炊く。風呂の水を汲むのも大変。

それでも今の日本人みたいに掃除もしないで暮らす人はいなかった。自分の親は今90代だから、自分はそれを見て育ってるからよく知ってるんだよ。もちろんうちの家だけが綺麗好きだったわけじゃないよ。近所どこの家もそうだった。

せっかく後北条氏の話で盛り上がってるとこをゴメンね。あんまり昔の日本人をぶじょくするコメがわいたもんだからついつい。
90.名無しさん:2017年01月11日 14:11 ID:9BVEWu0M0▼このコメントに返信
※83
北条氏政の嫁さんは、武田義信の妹。
武田義信の嫁さんは、今川氏真の妹。
今川氏真の嫁さんは、北条氏政の妹。
氏政、義信、氏真は、同い年。
91.名無しさん:2017年01月11日 14:17 ID:AxMG.W0V0▼このコメントに返信
氏政ってそんなに無能だったのかな
領地は氏康の代より広げたみたいだが
92.名無しさん:2017年01月11日 14:24 ID:u1aGrt9q0▼このコメントに返信
米86

相手が悪すぎただけども思うが当時の秀吉にタイマン張ろうとする方が無謀だよな。
93.名無しさん:2017年01月11日 14:31 ID:MpemCbVp0▼このコメントに返信
※92
伊達領内まで届くのろしネットワークがあって、あてにしていたとも
なお、白装束
94.名無しさん:2017年01月11日 14:34 ID:22Tvz4x50▼このコメントに返信
2度見する奴無能説。「俺なら一回見りゃわかるぜ。」
95.名無しさん:2017年01月11日 14:37 ID:X5tddduR0▼このコメントに返信
まあ、その話は創作なんだけどね
北条氏康は普通に有能な人物だよ
仕方のない話だけど
北条下げが酷いな
北条家の歴史を調べれば凄いの一言なんだけどな
96.名無しさん:2017年01月11日 15:01 ID:ndIr82PL0▼このコメントに返信
城下の盟結ばされて負けるっては古今東西最低の負け方だから、氏政が凡愚と言われてもまーしょうがないな。
勝頼とは少し違う。言い訳しようがない負け方しちまった。

ただ、氏政の凡庸さこの話の真偽はまったく別な話。
そもそも筋立てとしておかしいわ。まぁ、当時はこういう筋立てが喜ばれたんだろうな。いろんな武将の逸話に使われているところみると。
97.名無しさん:2017年01月11日 15:23 ID:Xz6AZalv0▼このコメントに返信
※86
氏政は元々織田家の滝川と交渉して取り決めが出来ていたといわれてる
それをそのまま踏襲したのでは秀吉の手柄にならないので
より厳しい条件を突きつけ開戦になった

氏政が無能というよりも秀吉が悪党だっただけ


汁2回のエピソードは「計画性の欠如」と「配慮の欠如」と「律令」の観点から訓話になってる
根本的に一般家庭の話じゃなくて城での話
当然、厨番が人数分を計算して飯でも汁でも作るわけだ
ここで一人の人間が余分に「飯を食う」とか「汁をかける」とかするとどうなるか分かるよね?
「いつも食べている分量もわからんのか?」
「誰かの分が足りなくなるだろう?」
「北条家の決まり事を主君が破っておいて、家臣には守らせるつもりか?」
といくつかのものが含まれてる
これに「これで我が家も終わりか…」と嘆く言葉を付ければ
嘆いた人は「賢そうに見える」っていうエピソードだなw
98.名無しさん:2017年01月11日 16:11 ID:s6i6uc8V0▼このコメントに返信
※72
書状も複数あり、山本菅助という人物は確かにいた
そして山本勘助という表記もあるが同一人物とみなされる向きもある
だが、「隻眼の信玄の軍師・山本勘助」という人物の活躍については疑問が
もたれている。この辺はあまり強く断定して話すと恥ずかしいことになるから
しないほうがいい
99.名無しさん:2017年01月11日 17:09 ID:0duKQkUo0▼このコメントに返信
干飯は保存の効く携行食でもあり最悪そのままボリボリ噛んだらしい
100.名無しさん:2017年01月11日 17:16 ID:Zg4IZFeG0▼このコメントに返信
本多平八「小刀を使ってたら指を切った。儂ももう終わりか」のほうが迫力あるな。
101.名無しさん:2017年01月11日 17:34 ID:aszALBEb0▼このコメントに返信
※24


自分もルー少な目派だから、おうちでカレー食べるとルーが足りなくなって御飯が余るな。
102.名無しさん:2017年01月11日 17:50 ID:QIEYkNi10▼このコメントに返信
そういえば子供の頃に火鉢があって炭の上に灰が掛けてあって
灰をどかすと炭火があらわれて小さな鉄瓶を掛けてお湯を沸かしてお茶を入れていた
今考えるとガスも電気もない江戸時代にすぐに火を起こせるしお湯も沸かせられる火鉢って凄いなって思う
103.名無しさん:2017年01月11日 18:29 ID:e5shhKjt0▼このコメントに返信
この話初めて親父に聞いた時に鯛茶漬けに一度に必要な量全てかけたら味が変わるやろと親父に反論したら怒られた
104.名無しさん:2017年01月11日 18:52 ID:JLLif8.N0▼このコメントに返信
※86
勝頼を凡庸呼ばわりもないわー
信玄が無茶しまくったせいで周り敵だらけ
当主代理だから家内でも老臣からは軽視されてるような状況であれだけやって凡庸はないわー
105.名無しさん:2017年01月11日 18:56 ID:c0Xl9dkD0▼このコメントに返信
氏康は大河の主役張れる程のスペック持ちなのに、地元神奈川には横浜あり小田原あり箱根の温泉ありで観光資源腐る程な上に東京のベットタウンだから、県民達は戦国武将にすがらなくとも経済回っちゃうんだな。だから県民から犬HKに大河ロビーとかが無いんで北條が武田、上杉辺りにイメージ負けしちまってるんだ。神奈川県民しっかりしろ!
106.名無しさん:2017年01月11日 18:56 ID:E9YMTaQo0▼このコメントに返信
  
    5: 名無しさん@おーぷん 2017/01/08(日)22:57:51 ID:fbv
    美味い飯の前では身分の差なんてなくなるんやで

たわ言だねw
むしろ思わず理性を失うほど美味い料理の前でこそ、生まれや
身分の貴賤、上等か下等かがハッキリ出ると思うんだけど・・・・
浮腫んだツラしたブサキモ初老ニートくんみたいに自分を律することが苦手な
社会不適合者クンたちは、特に真っ先に見抜かれるでしょうなぁ
107.名無しさん:2017年01月11日 19:02 ID:Jc6ppppl0▼このコメントに返信
※17
オレも〜w
財政難なのかとねぇ
108.名無しさん:2017年01月11日 19:17 ID:K.7u1IjH0▼このコメントに返信
秀吉に逆らわなきゃ美味い物食い続けられたのに
政治判断を誤った北条が馬鹿なだけ
109.名無しさん:2017年01月11日 19:21 ID:nAb7h.ho0▼このコメントに返信
北条家が衰亡したことから後付けで創作した逸話という名の創作
むしろ北条家では現実と向き合えない今の韓国みたいな老害がネックになって滅んだ
四代目氏直はむしろ現実を直視して秀吉とやりあうことわ止めようとしてたが
馬鹿な老害たちに追い込まれて小田原城は落とされた
氏直が許されて1万石相当を与えられたのも、そういう事情があったからで
強引に回線に踏み切った老害の主戦派どもはことごく処罰された
110.名無しさん:2017年01月11日 19:25 ID:nAb7h.ho0▼このコメントに返信
つーか天下人の秀吉でも好物はお粥だったし
田舎大名がねこまんまでも別にいいだろーと
111.名無しさん:2017年01月11日 19:27 ID:s6i6uc8V0▼このコメントに返信
※105
北条氏とかすでに出来上がっている国を持ってると
題材にしにくいんだよね
好まれるのは秀吉・伊勢新九郎(北条早雲)の一代の成り上がりとか
もう一般名詞くらいになってる信玄・謙信・政宗クラス

話は変わるが千葉県民は里見義堯を推すべき
八犬伝だけじゃない里見もいるんだと活動すべきじゃね
俺道民だけど。大事なとこで2回も北条に負けてる華がない武将
あえて北条を強く(悪く)描くことで北条氏ってこんなに強かったんだと印象付けられる
112.名無しさん:2017年01月11日 19:43 ID:nqzlKrHU0▼このコメントに返信
じゃあそっちを上杉にやればよかったんじゃないですかね?
謙信さんにも誠意伝わるでしょうに・・。
113.名無しさん:2017年01月11日 20:19 ID:b2FBM.dc0▼このコメントに返信
麦飯あくしろよ
114.名無しさん:2017年01月11日 20:35 ID:Qh.iIEBu0▼このコメントに返信
後北条氏ってなんかせまい天下を統一してミニ国家をやってるイメージ。
統治機構の先進性と外敵に対する消極性のアンバランスが戦国やめたがってる感じというか。
115.名無しさん:2017年01月11日 20:58 ID:l4m4nfQl0▼このコメントに返信
※110
なお信長の好物も湯漬けの模様
そっかー、お前の中では秀吉より信長のほうが田舎者かーそっかー
116.名無しさん:2017年01月11日 21:47 ID:JPShBna50▼このコメントに返信
別にかしこまった席でもあるまいし
汁かけ飯くらい好きに食わせろやとは思う
117.名無しさん:2017年01月11日 22:00 ID:Sz.FLETa0▼このコメントに返信
国泥棒の通名野郎でしょ
伊勢と名乗れよ
118.名無しさん:2017年01月11日 22:04 ID:fUlTbOUz0▼このコメントに返信
>>116
それを君主がやったらどうなるのか答えは97が言ってるだろ?
119.名無しさん:2017年01月11日 22:13 ID:DO2T5hui0▼このコメントに返信
蒸したてのもち米は最高に美味い
食いすぎると強烈にもたれるが
120.名無しさん:2017年01月11日 22:29 ID:ck8dSwLX0▼このコメントに返信
小田原攻塞戦は紙一重、後一カ月もてば、秀吉軍は撤退していた模様。
そうすれば、伊豆・相模辺りは領地として存続していたのかと。
If の世界ですけどね。
どうせ何処かの地方に飛ばされてしまうだろうが、日本の歴史にどう
関わっていったかが気になる。

関東三国志ばりの主役をはっていたのに、扱いが雑魚すぎる。

・第一次国府台合戦
・川越の夜戦          日本三大奇襲
・第一次小田原攻塞戦(対上杉) 上杉のそそうのおかげで勝利
・第二次国府台合戦       大将の首をとる、大勝利
・第二次小田原攻塞戦(対武田) 手も足もでず
・三増峠の戦い         武田の圧勝と言われているが嘘
                (長篠の戦いも負けたと言っていない)
121.名無しさん:2017年01月11日 23:32 ID:EC.5EOTr0▼このコメントに返信
関東の歴史は鎌倉、室町から追わないと訳わからんからな〜
122.名無しさん:2017年01月11日 23:33 ID:tj7BUgfn0▼このコメントに返信
※118
どうなるっていうんだ?

97には具体性の無いたとえ話しか書いてない様だが?
123.名無しさん:2017年01月12日 00:08 ID:BVWtxTn40▼このコメントに返信
それ湯漬けでしょ

もし氏康が存命なら
秀吉が家康を三河本領と周辺国の移転先を関八州に移封土したがってる事を見抜き
東から北条
西から豊臣で徳川領を攻めようと提案したかもしれない
それ以前に小牧長久手の時に徳川を袖にしてたかもな
124.名無しさん:2017年01月12日 01:49 ID:26n.gDZP0▼このコメントに返信
どこ情報か知らないが
今みたいに火が簡単に起こせない、というのは正しいが、炭は囲炉裏や火鉢の灰に埋めておけば数時間から長ければ十時間近く火種として残る
だから昔は夜に使った炭を埋めておいて、朝になったら掘り起こして種火として使っていたわけで
今みたいに火が簡単に起こせないから、朝に一気に一日分の飯炊いた、というのは間違い
戦争中でも兵士は一日二回煮炊きして三食食べたという話もあるし
125.名無しさん:2017年01月12日 06:02 ID:bET11zTD0▼このコメントに返信
※114
北条早雲の動機が「見るべきものは見つ」つまり「この世の地獄(応仁の乱後の世相)はもうたくさんだ」だから、「少しでもましな世の中にする」が北条一族の統治方針だったりする
126.名無しさん:2017年01月12日 11:18 ID:v6TGklgs0▼このコメントに返信
※124
燃料の問題も大きいんだけどね
戦国時代は当然、戦をするわけで戦には武具や矢種、燃料、造船、陣地構築の建材など大量の木材を消費する
だから立山や立野とかいわれる大名が自分専用の森林を保有していたわけだけど、
そこから最前線に持ってくには手間隙かかるから現地調達も盛んに行った、それこそ百数十年単位で
結果禿山化が全国的に進行した

なので落ち葉の所有権を巡って裁判沙汰になる程度には燃料問題が深刻だった
今みたいに気軽く煮炊きできるような燃料を確保するのは比較的に厳しかったんだよ
127.名無しさん:2017年01月12日 17:27 ID:lKLuK3mL0▼このコメントに返信
※111
ん〜、里見がキカイダーで北條がハカイダーってのもアリかも。そういや昔、ファミコンで不如帰って戦国シュミレーションがあったが、北條氏康で始めると里見義堯がやたらしぶとくて、氏康の寿命を相当削られた覚えがある。信長の野望ならワンパンだったのに。ところで俺の親父は千葉出身だが、チバラギ県民達は里見氏よりもスーパスターの将門公にご執心の模様。
128.名無しさん:2017年01月12日 18:46 ID:R.ShuAUM0▼このコメントに返信
様付けなかったアトラスがえらいことになったあの方かぁ
風向きが変わったら矢が眉間にブスーとかいかにも脚色くさいお亡くなり方が
どうにも引っかかるんだよね
129.名無しさん:2017年01月12日 21:03 ID:Fz7r4UTk0▼このコメントに返信
「トイレットペーパーを2回も3回も巻き取るとは終わりだな」

お名前