2017年01月04日 21:00

第一次世界大戦の戦い方wwwwwwww

第一次世界大戦の戦い方wwwwwwww

01

引用元:第一次世界大戦の戦い方wwwwwwww [無断転載禁止]©2ch.net
http://raptor.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1479376640/

1: 2016/11/17(木) 18:57:20.38 ID:gMTna2F+0
数時間~数日間の砲撃ののち突撃
  ↓
生き残った防御拠点からの機関銃によって大半が阻止される
  ↓
残りが防御陣地にある程度浸透するも防御側の砲撃により撃退される
  ↓
防御側の逆襲
  ↓
上に戻る


なお一会戦で数十万人が戦死する模様

2: 2016/11/17(木) 18:57:56.22 ID:gMTna2F+0
やっぱ戦争ってクソだわ

3: 2016/11/17(木) 18:58:01.75 ID:hj6Z+mJM0
正直2字対戦より迫力あってすこ

4: 2016/11/17(木) 18:58:42.34 ID:gMTna2F+0
>>3
一理ある

5: 2016/11/17(木) 18:58:47.14 ID:LCecm0LYd
大半がスコップで死んだという説

6: 2016/11/17(木) 18:59:36.92 ID:6AoxKP8Nr
>>5
そんなぼこすか殴り合えるまで浸透できてたら戦車なんていらんわ

16: 2016/11/17(木) 19:04:00.50 ID:8xIhojoJa
>>5
野砲やないんか?

18: 2016/11/17(木) 19:05:01.47 ID:xMhb0ZuX0
>>16
せやで
スコップ使ってたことを大袈裟に言うとるだけや

7: 2016/11/17(木) 18:59:48.31 ID:gMTna2F+0
なお生き残っても将来のビジョンはなくなる模様

8: 2016/11/17(木) 18:59:56.42 ID:VGOGGB2od
八月の砲声は必読やぞ

10: 2016/11/17(木) 19:01:18.25 ID:gMTna2F+0
>>8
ワイは西部戦線異状ないしか読んだことないンゴねぇ…

面白いンゴ?

58: 2016/11/17(木) 19:13:49.98 ID:VGOGGB2od
>>10
ピュリッツァー賞やぞ

11: 2016/11/17(木) 19:01:52.23 ID:aNjSFj+e0
スコップ信仰は異常

12: 2016/11/17(木) 19:02:04.68 ID:S68+YZbL0
障害とか後遺症とかヤバそう

13: 2016/11/17(木) 19:02:59.66 ID:BUZ4dsBY0
砲撃もっと倒しとけや

14: 2016/11/17(木) 19:03:02.42 ID:NN+ZHk3Z0
なお二次の方が更におっ死んでる模様

15: 2016/11/17(木) 19:03:13.91 ID:QZtQQA+40
日露戦争で得た機関銃の有用性が見事に活かされたな

44: 2016/11/17(木) 19:11:02.38 ID:6z4x7m/10
>>15
なお攻撃側は一切日露戦争の教訓を生かさなかった模様

55: 2016/11/17(木) 19:13:17.83 ID:nHTcu7BZa
>>44
機銃陣地に突撃いけるやんって教訓学んでるんだよなぁ

66: 2016/11/17(木) 19:15:25.09 ID:6z4x7m/10
>>55
乃木将軍は無能ではない(確信)

17: 2016/11/17(木) 19:04:44.66 ID:nip9iuHv0
砲兵「毒ガスで砲弾節約するンゴ」

突破成功

歩兵「やったぜ」

19: 2016/11/17(木) 19:05:13.28 ID:gMTna2F+0
でも二次じゃ一会戦で何十万も死なないやろ

23: 2016/11/17(木) 19:06:35.99 ID:8xIhojoJa
>>19
総力戦やからやぞ

26: 2016/11/17(木) 19:07:21.77 ID:nip9iuHv0
>>19
米英軍がww1並のクオリティの火力戦を展開出来たのはエルアラメインあたりからやしな
ソ連は別として

27: 2016/11/17(木) 19:07:32.73 ID:OkRaEFwS0
>>19
基本市街戦の死傷者がとんでもないことになっとるからな

20: 2016/11/17(木) 19:05:23.02 ID:CeTh/4ER0
騎兵突撃するンゴ

24: 2016/11/17(木) 19:06:56.19 ID:wut8hLAt0
???「毒ガスとかいう残酷兵器を開発したらみんな戦争やめるやろ」

25: 2016/11/17(木) 19:07:18.93 ID:OVIPSXtH0
一次は砲撃ドカドカたまに突撃で2次は人と撃ち合う機会が増えたイメージ

42: 2016/11/17(木) 19:10:43.55 ID:nip9iuHv0
>>25
第一次大戦終了時「毒ガスで砲弾節約出来るンゴ」
第一次大戦終了後「毒ガス使うの禁止ンゴ」
第二次大戦終了時「核兵器で砲弾節約出来るンゴ」
冷戦時「核兵器使うの禁止ンゴ」

31: 2016/11/17(木) 19:08:34.55 ID:TDW2bi5ld
有線電話はすぐに回線切られるンゴwww
無線はエッフェル塔からの妨害電波で使い物にならンゴwww

やっぱり伝令兵がナンバーワン!
やっぱり伝令兵がナンバーワン!

33: 2016/11/17(木) 19:09:03.29 ID:n3axUzYDM
「クリスマスに、また!」

なお・・・

36: 2016/11/17(木) 19:09:33.40 ID:COsGlrpq0
ちゃんとお互いの国どっちも兵士山ほど死んどるのが二次に比べたらちゃんとええよな

43: 2016/11/17(木) 19:10:49.46 ID:SrbHl0p5d
これに懲りて戦間期は機動戦理論が流行るし
ドイツ型電撃戦として結実したが

WW2も結局は火力主義に回帰したというオチ
つまり赤軍は神

46: 2016/11/17(木) 19:11:04.20 ID:TDW2bi5ld
西部戦線は開戦数ヶ月で出来た前線がほぼそのまま動かなかったからな。
後方は双方平和だった、ドイツは餓死が酷いことになるけど

50: 2016/11/17(木) 19:12:14.23 ID:hwESj53O0
まだたった百年しかたってないという事実

57: 2016/11/17(木) 19:13:39.92 ID:gMTna2F+0
>>50
百年前にオスマンとオーストリー=ハンガリー帝国があったという事実

63: 2016/11/17(木) 19:14:39.02 ID:nHTcu7BZa
>>57
一度の対戦で3つの帝国が崩壊したという事実まあドイツ帝国はできたばっかだったけど

60: 2016/11/17(木) 19:14:08.75 ID:oE9IRqk10
ロシア怖いからフランスに宣戦布告する謎理論

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2017年01月04日 21:04 ID:U7UqHk0j0▼このコメントに返信
この時点で戦車とか爆撃とかその後の戦争で主力になる兵器が出てきてんだからすげーよなあ
2.名無しさん:2017年01月04日 21:05 ID:pE6W62FA0▼このコメントに返信
時期的そろそろ起こりそうだよね
3.名無しさん:2017年01月04日 21:09 ID:fRBz5tyj0▼このコメントに返信
ヨーロッパの中心でドイツが孤軍奮闘してたイメージだが本来主役となるはずのオーストリア・ハンガリー帝国って何してたんや?名前からしてそんなに小国だったとは思えんのだが・・・
4.名無しさん:2017年01月04日 21:11 ID:AcuxcZCU0▼このコメントに返信
乃木大将「誰が愚将だって?」
5.名無しさん:2017年01月04日 21:16 ID:6xj6MYlK0▼このコメントに返信
塹壕というキーワードが一度も登場しないこのスレはクソスレ認定
6.名無しさん:2017年01月04日 21:18 ID:AMwRxRYS0▼このコメントに返信
人が死ななければ楽しそうなんやけどなぁ
7.名無しさん:2017年01月04日 21:22 ID:1km.Kzk50▼このコメントに返信
第一次世界大戦モデルのアニメが1月からあるゾ
8.名無しさん:2017年01月04日 21:22 ID:XRXz.YU.0▼このコメントに返信
なんでしにまくるのに突撃を繰り返すん?
弾薬消費量自慢するけど大砲じゃ敵を殲滅できないん?
複葉機で上空から爆弾を落とすとか牧歌的やん
有刺鉄線が邪魔やし塹壕が突破できないから
鉄の塊を走らせて轢き潰すぜ!って他にやること無いの?
9.名無しさん:2017年01月04日 21:22 ID:wyxe.FOW0▼このコメントに返信
でじゃぶ
10.名無しさん:2017年01月04日 21:27 ID:rdlROT3C0▼このコメントに返信
※3
狂犬ポーランドを封じ込める枷の一つ程度で名前の割にオスマン同様死にかけだったんだよなぁ・・・
東部戦線はボロボロ
11.名無しさん:2017年01月04日 21:29 ID:zU4Z81.v0▼このコメントに返信
見方を変えればすぐ終わっていいとも言える
結果的に死ぬ数があ同じなら短いほうがコストも建物やインフラの損害も少なくて済む
今は綺麗事を言ってリベラルたちが満足するような戦いとやらだが
実態は1日数十億の税金を1年10年かけて1日10~30人殺す程度の空爆を続けて恨みをつのらせ続けて莫大な金を消費して複合企業と賄賂役人たちがウハウハな状態を保つ仕組みだからなおぞましい
12.古古米:2017年01月04日 21:29 ID:AwiUywEN0▼このコメントに返信
硝石の変わりに空気中の窒素を固形化する技術も生まれた。
なので、英仏側が独の硝石輸入を阻止して火薬を尽きさせようとしたんだけど、何時まで経っても独の火薬が尽きなかったのが不思議だったとか。
この科学者は窒素固定技術によるノーベル賞受けたんだけど、毒ガス研究の第一人者でもある。
ww1後暫く経って、ナチスドイツに国を追われたりしている。
13.名無しさん:2017年01月04日 21:30 ID:2nl.X8.z0▼このコメントに返信
A7Vとかサンシャモン、Mk.1とか大好きだろ?
14.名無しさん:2017年01月04日 21:31 ID:HE.d1ZKj0▼このコメントに返信
※6
数十万規模のサバゲーだったらよかったな
15.名無しさん:2017年01月04日 21:32 ID:eLc9Zlwe0▼このコメントに返信
WW1で一番兵士を殺したのは塹壕だろ。
そりゃ、あんなドロドロの塹壕に籠もってたら病気にもなるわ。
16.名無しさん:2017年01月04日 21:36 ID:9GUp0cfi0▼このコメントに返信
第1次世界大戦の時代で参考にできた近代戦は日露戦争。当時の最先端の技術が投入された大規模な戦いだった。各国の駐在武官たそこで乃木将軍の戦術を見て、これぞ近代戦と考えて各国に持ち帰った。その結果第1次世界大戦ではあらゆる場面で203高地が再現された。あまりの損害の多さに多くの参戦国はそれ以降 人命を尊重した戦術をとるようになった。幸か不幸がほとんど損害がでなかった日本軍は何も学ぶ事ができなかった。
17.名無しさん:2017年01月04日 21:37 ID:GObQ8kI.0▼このコメントに返信
※8
>なんでしにまくるのに突撃を繰り返すん?
突撃しないでどうやって戦線突破するん?永遠に睨めっこでもしたいん?

>弾薬消費量自慢するけど大砲じゃ敵を殲滅できないん?
塹壕って言葉も聞いたことないん?

>有刺鉄線が邪魔やし塹壕が突破できないから鉄の塊を走らせて轢き潰すぜ!って他にやること無いの?
地下坑道掘って崩落させたり毒ガス撒いたり工兵が鉄線カッターでぶった切ったり擲弾兵が突っ込んだりとかしてるんだが
他に何か手があるの?当時やれる範囲でさ

ちな塹壕と言っても単に堀を掘っただけ、と言う訳ではなく、複雑に配置された鉄線は当然として
砲撃を受けている時にやり過ごすために地下10m位の退避壕や飛んできた手榴弾を蹴り込む為の廃棄抗などがあり
更には陣地の複線化が進み、突撃してきた敵の突破力を失わせる為の塹壕線、その後方から本命の重厚な塹壕線が反撃・・・など
塹壕もどんどん進化して行ったので、そうそう簡単に突破できるものではない。
18.名無しさん:2017年01月04日 21:41 ID:Vj3uck6a0▼このコメントに返信

ハインツ・グーデリアン「ひらめいた!!」

19.名無しさん:2017年01月04日 21:42 ID:ttTsLQhG0▼このコメントに返信
それにしても、第1次の各国リーダー層の知名度の薄さときたら・・・・

ウィルヘルム2世とニコライ2世くらいしか有名どころが居ない。
フランツ・ヨーゼフの名前が出てきたら御の字ってレベル。

まして、アスキスとか、ヴィヴィアニとか、サランドラとか無名もいいとこでなぁ。
というか、開戦の流れのグダグダさと、これまた無名のベルヒトルト外務大臣のせいで戦争が拡大してるあたりもサラッと酷い。
20.名無しさん:2017年01月04日 21:46 ID:rdlROT3C0▼このコメントに返信
※16
沢山砲を用意して相手にしこたま鉄を叩きつけるドクトリンを手に青島で実践して有効だと証明したんやで
マスコミに話題性に欠けるからと突撃ひとつ出来ないチキン野郎呼ばわりされてたけど(なおシベリア出兵)
21.名無しさん:2017年01月04日 21:46 ID:NrTDawTN0▼このコメントに返信
???「わが軍は直前まで勝っていたのにユダヤ人にしてやられた」
22.名無しさん:2017年01月04日 21:48 ID:fRBz5tyj0▼このコメントに返信
流石に毒ガス戦は嫌だよなあ。単純な致死性ガスだけだとガスマスクで防がれちゃうから死なないけどガスマスクを透過する性質のある気分悪くなるガスを同時散布するってアイデア出した奴鬼畜過ぎる。自分のゲロでマスク詰まらせて窒息死するかマスク外して致死性ガスで死ぬか?でも最後にはマスク関係なく皮膚から浸透するマスタードガスが決定版になるんだけどな。
23.名無しさん:2017年01月04日 21:51 ID:VwCwf94C0▼このコメントに返信
※17
しにまくった結果、前線が動かない前後するとか無駄やん?
塹壕って爆弾利かないん?水攻めぐらいしかダメなん?
他にやることつってもチマチマしてんなあ警戒されたら難しいやろ
油断して塹壕から顔出すと狙撃されるらしいやん
そんだけ無敵の塹壕を無力化せんで突撃繰り返すって信じられん
亡くなる数が多すぎるから言うとるんや、日本軍なんて可愛いもんや
24.名無しさん:2017年01月04日 21:52 ID:T2sFFX330▼このコメントに返信
まぁ、WW1までの戦訓で得た結論が、
「陣地に篭る敵兵は、砲撃や歩兵の小銃射撃等、あらゆる火力を投入しても制圧できない」だったからね。
歩兵を突入させて白兵戦で決着つけるしかない、ってものだったから。
突撃するしかないんだよね、結局。

んで、その「陣地」になる塹壕の掘方とかも、大分考え抜かれてるから容易に突破できない、と。
機関銃や大砲は重いから、例え敵陣に突入して一部の制圧に成功しても、その橋頭保の確保のために十分な数を前線に持っていけないから結局敵に奪還されてしまう。戦車ってのは、敵陣への突入のためだけじゃなく、占領した橋頭保の確保のためもあって開発された兵器だと思う。

そんな戦争はもうヤダ、ってのが後の戦間期の世界の軍事技術の進歩する方向を決定づけてるからね。やっぱり規模でも意義でもでかい戦争だって思う。
25.名無しさん:2017年01月04日 21:53 ID:1dtFCMmL0▼このコメントに返信
※3
バルカン・東部戦線:
開戦当初、軍の主力はセルビアに侵攻するもセルビアの抵抗で戦線膠着、ロシア参戦のため、兵力をロシア側の国境沿いに転用→鉄道ダイヤ混乱で展開が遅れるとともにロシア相手に守勢に
ドイツと連携しロシア軍を一時跳ね返すもカルパチアでの戦いやブルシーロフ攻勢で軍の主力が壊滅→じ後徐々にドイツ軍の編成に組み込まれて運用されることに…

イタリア戦線:
イタリア相手に国境付近で血塗れの激戦を繰り広げる。しかし、人的資源が枯渇しドイツ軍の支援を受ける。カポレットの戦い等でドイツ軍が大勝して以降は落ち着いていたが、 ドイツが休戦の話が出てくると兵の士気が低下し、休戦直前のどさくさに紛れたイタリア軍の攻勢に遭いほとんどか捕虜に…。

戦争をする国では無かったね…。個人的には凄い好きなんだけど…。
26.名無しさん:2017年01月04日 21:58 ID:hxnu8InR0▼このコメントに返信
※23
まあメシヌ攻略戦で、穴攻めからの大爆破で大塹壕網を破壊した事はあるけどね・・・
27.名無しさん:2017年01月04日 22:04 ID:Mq0qh.tt0▼このコメントに返信
実はスペイン風邪の死者が多かった
敵にばれるとまずいから秘密ね
28.名無しさん:2017年01月04日 22:19 ID:fCaAh92E0▼このコメントに返信
年末に放送してた「戦争と平和」って海外ドラマ。ロシア軍とフランス軍の戦闘完全に小学校の運動会状態。「向こうの丘にいるのがフランス軍だ」。朝ですじゃあ―始めましょーみたいな。
文民統制はよく効いていた。皇帝(実質文民的立場)の鶴の一声で現場の作戦は強制的に変更させられてそのせいでロシア軍はぼろ負けしていた。貴族が最前線で戦っていたのは勇猛だよな。トップの責任をちゃんと取ってるというか。
29.名無しさん:2017年01月04日 22:20 ID:XR.MbuN20▼このコメントに返信
大砲で耕し、歩兵が占領する 戦いだからな
30.名無しさん:2017年01月04日 22:31 ID:fOyY7NWY0▼このコメントに返信
ドイツに仮装巡洋艦ゼーアドラーという一見か弱い帆船に見せかけて敵の商船を狩りまくったそうだ
31.名無しさん:2017年01月04日 22:33 ID:wwSxE44Y0▼このコメントに返信
塹壕戦だったから 負傷は顔面に集中した
損傷した顔面の修復で培われた医療技術が後の美容整形の源になる
32.名無しさん:2017年01月04日 22:36 ID:SZw.nf.o0▼このコメントに返信
44年でようやくww1のドイツと同程度の砲弾生産量のww2ドイツ
帝政ドイツがドイツの最盛期ってはっきりわかんだね
33.名無しさん:2017年01月04日 22:38 ID:cVll6ybZ0▼このコメントに返信
この戦争でフランスとか今でも使えない土地があるよ。
鉛害が酷すぎて立ち入り禁止区域になってる死んだ土地がある。
34.名無しさん:2017年01月04日 22:46 ID:6jSaloYd0▼このコメントに返信
※13
サン・シャモンもくわえいれろ~?
35.名無しさん:2017年01月04日 22:49 ID:Y9e7gbkF0▼このコメントに返信
インフルエンザなめたらあかん
今、韓国は鳥インフルなめすぎ
36.名無しさん:2017年01月04日 22:50 ID:jjWpGG8p0▼このコメントに返信
※23
爆弾や榴弾は破片で攻撃するものだから塹壕=窪みに対しては直撃しか意味がない。塹壕は幅1~2m程度だから直撃させるのはほぼ無理。スナイパーに関しては条件は互いに同じなので、向こうも命懸け
37.名無しさん:2017年01月04日 22:50 ID:dzd41xXw0▼このコメントに返信
「我が軍の右翼は押されている。中央は崩れかけている。撤退は不可能。状況は最高、これより攻撃(反撃)する マジかっこいいセリフやわ!
38.名無しさん:2017年01月04日 22:54 ID:n0PRanGR0▼このコメントに返信
おっしゃはよう第三次やろうや!俺死ぬ役な!
39.名無しさん:2017年01月04日 22:56 ID:V2Biixq70▼このコメントに返信
※23
無駄になったのは結果論だから。
無駄と分かってて突撃したわけじゃないよ。突破するつもりで攻勢かけて突破できなかったんだ。手を変え品を変え、圧倒的な戦力と火力を用意して、新戦術や新兵器もたくさん登場して、それでも突破できなかった。そういう戦争なんだよ、第一次ってのはさ。

それでも突撃の愚を理解してるドイツ軍は初めから防戦用の塹壕を掘った。なぜならドイツ軍は所詮かなり押せ押せで、戦争は敵国の領内で行われていたから。一方、自領内に居座る敵を追い払うために、フランスとその同盟者たるイギリスは一生懸命攻撃を仕掛けた。

攻撃をすれば、一時的に、わずかではあるが敵の戦線を後退もしくは瓦解させることができる。すると防御側は奪われた陣地を取り戻すために反撃を行う。お互い一進一退の血みどろの戦いを繰り広げて、もう無理だとなった段階で見返してみれば戦線は大して動いていなかった。それを、塹壕の鉄壁さとして認識してるわけ。細かい部分ではお互いに取ったり取られたりしてるんだよ。だけど戦局を完全に打開する一手というやつが、何年経ってもなかなか思いつけなかった。爆弾がまったく効かないわけじゃない、けど敵を駆逐する威力には全然足りない。何日間もかけて恐ろしい数の砲弾爆弾を放り込んだって無意味だったってのは、そういう話。イギリス軍の仕掛けた恐るべき地雷攻撃は大勢のドイツ軍を殺傷し今でも不発弾がフランスの大地に眠っているというが、それでも戦争の勝敗にはまったく、なんの寄与もしなかった。わずかに戦線を押し込んだだけ。
40.名無しさん:2017年01月04日 22:58 ID:j6XMwTDZ0▼このコメントに返信
オーストリアはなー
継戦能力を失った後で敵味方から
停戦も休戦も降伏も許されなかったのが悲惨すぎる
しかも皇太子は死亡済みと夢も希望も未来も無い
41.名無しさん:2017年01月04日 22:58 ID:OGYtDYcg0▼このコメントに返信
アニメかなんかみたいに航空兵器が何故か無力化する時代が来たら戦争どうなるんかね
42.名無しさん:2017年01月04日 23:04 ID:GObQ8kI.0▼このコメントに返信
※23
>しにまくった結果、前線が動かない前後するとか無駄やん?
動かないする前後?日本語怪しすぎますやん?
戦線が前後してる時点で無駄でも何でもないですやん?

>塹壕って爆弾利かないん?水攻めぐらいしかダメなん?
爆弾防ぐための塹壕ですやん?水攻めなんてできるとこ限られますやん?

>他にやることつってもチマチマしてんなあ警戒されたら難しいやろ
何もせずボーっとしてるとかアホですやん?

>そんだけ無敵の塹壕を無力化せんで突撃繰り返すって信じられん
無力化なんて出来る魔法が有ったら教えてほしいですやん?
先の通り塹壕を攻略するためのありとあらゆる手法を駆使しながら突撃、を繰り返してるんだが
おまい的には当時出来得る手段でどう攻めたら満足なん?

>亡くなる数が多すぎるから言うとるんや、日本軍なんて可愛いもんや
本土と地続きの大規模陸戦やってないからあの程度で済んでるんや、
原爆落とされてソ連が参戦しても降伏せず本土決戦まで行ってたらWW1が可愛く見えるようになるんやで
43.名無しさん:2017年01月04日 23:09 ID:2Qvz8Sts0▼このコメントに返信
※3
最終的には司令官が作戦で喧嘩して
二正面作戦やるとかいうクソクソアンドクソ
更に片方はイタリア軍にも負けた模様

まあWW1においてブッチ切りのクソはルーマニアなんですけどね

それと直接間接関わらずWW1が原因で滅んだ帝国って4つじゃないんか?
44.名無しさん:2017年01月04日 23:11 ID:GObQ8kI.0▼このコメントに返信
※41
>アニメかなんかみたいに航空兵器が何故か無力化する時代が来たら戦争どうなるんかね
要因が”何故か”、じゃ”戦争が何故か変わる”位の事しか言えんがな

何が航空兵器を無力化するのかによって、どう変わるかが違ってくる。
某アニメのように"妨害不可能な光線を発射する兵器"が航空兵器を無力化出来るとしたら
航空機抜きの電撃戦(ミサイル&野砲支援による機甲師団による戦線突破)によって光線兵器を潰した後で
航空兵器により蹂躙、と戦いの流れが変わるんじゃなかろうか。
45.名無しさん:2017年01月04日 23:16 ID:VwCwf94C0▼このコメントに返信
※42
お前の反論にはガッカリした
46.名無しさん:2017年01月04日 23:22 ID:SmCN8CHp0▼このコメントに返信
※43
プロイセン、オーストリア、ロシア帝国とトルコと言いたいけど
トルコは戦後にクーデターで政体変化扱いだからノーカン
47.名無しさん:2017年01月04日 23:27 ID:VwCwf94C0▼このコメントに返信
いたずらに若者が亡くなっていく状況になにも感じなかったのか
ソ連みたいなどれだけ亡くなっても構わない姿勢丸出しは別にして
もう戦争止めようってなるよね、あー日本とドイツが悪い?w
なんで戦争してるのか分からなくなって終了だっけ、虚しい
48.名無しさん:2017年01月04日 23:28 ID:OPcjMQTv0▼このコメントに返信
スペイン風邪GJだったな
49.名無しさん:2017年01月04日 23:36 ID:GObQ8kI.0▼このコメントに返信
※43
イタリアにも、と言うがイゾンツォの戦いだと十二次に渡り激しいぶつかり合いをして
イタリアも最終的に千門以上の大砲で撃ちまくったり、そうそう生易しい戦いはしてないぞ?

オーストリアもロシア相手には手ひどく負けてるが(ロシア相手に冬季攻勢、しかも山脈越えを決行して自爆した事がある)
イタリア相手には寡兵で勇戦してるし、ルーマニアやセルビア相手じゃ勝ちまくり
オーストリアが弱いんじゃなくて、ロシアが強い、という事
もっと言うと、そのロシア軍をボコボコにするドイツが強すぎるんじゃ
国民が飢餓で死にまくってる状況ですら戦争を継続するドイツはいろいろとおかしい
50.名無しさん:2017年01月04日 23:36 ID:84kU8Ty30▼このコメントに返信
戦争のない世代に生まれた俺らは幸せだよなぁ
51.名無しさん:2017年01月04日 23:37 ID:GObQ8kI.0▼このコメントに返信
※45
反論のハの字も出せないやつにがっかりされましても笑いしか出ないわ
52.名無しさん:2017年01月04日 23:49 ID:HLXxV4NP0▼このコメントに返信
そもそも一次大戦起こるまでの基本的な戦い方は普仏戦争の頃からなんも変わってないんだからむり
初期のフランス軍の装備なんか真っ赤かで撃ってくださいって言ってるようなもん
53.名無しさん:2017年01月04日 23:53 ID:fDeDK0vW0▼このコメントに返信
※8
色々と試してるぞ
それに命掛ける事に対して人間って保守的だから
信頼性に掛ける新兵器や新戦術を試すのは見えない落とし穴があって危険だからね
54.名無しさん:2017年01月04日 23:59 ID:kPbKezeX0▼このコメントに返信
映像の世紀で見たけど、特殊部隊(?)の訓練で体中を木の枝で覆った兵士が普通の軍服着た兵士捕まえている光景がモリゾーを狂暴化したみたいでメチャクチャこわかった…
55.名無しさん:2017年01月05日 00:17 ID:HeyOGrcQ0▼このコメントに返信
本文の方で少しふれてるけど当時の要塞戦の常識で考えると乃木はむしろまだ優秀
56.名無しさん:2017年01月05日 00:20 ID:3R4WfsYp0▼このコメントに返信
最終的には戦車どころか、大砲も撃たなくなる戦法が
大活躍ってのが面白いところだなw
最小限の砲撃と少数の突撃隊を組み合わせて、大規模前線突破を図る浸透戦術
57.名無しさん:2017年01月05日 00:29 ID:6zC3DPDN0▼このコメントに返信
自分の判断で生存できる可能性がある、例えば判断90%運10%の戦場なら行く気持ちもわかるが、
機関銃照射されてる所に突撃とか、運100%というか、ほぼ死ぬようなところで戦う気持ちを想像するとなんとも言えない気持ちになる。
58.名無しさん:2017年01月05日 00:31 ID:MjFT.2GE0▼このコメントに返信
【TPPと離島の農業】 サトウキビが守る日本の領海  東海大学海洋学部教授・山田吉彦
ttp://www.jacom.or.jp/archive03/tokusyu/2011/tokusyu110603-13704.html

【激ヤバ拡散】報道されないTPPのまとめ  医療・労働関係他 
参加国総貧困化・労働環境悪化・支出増加・ビザ大幅緩和等全分野に影響多数
ttp://itest.2ch.net/test/read.cgi/lifesaloon/1466252968
59.名無しさん:2017年01月05日 00:39 ID:PqCggMzp0▼このコメントに返信
※16
だな。陸軍だけでなく海軍もね… 海軍のほうがUボートの恐怖を味わってるわけだし。
なんで通商破壊が学べなかったのかな?
この約三十年後に帝国そのものが滅ぼされるんだから…
60.名無しさん:2017年01月05日 00:44 ID:02vrD3O20▼このコメントに返信
第一次の軸線上で第一次の超克を目指してドイツ軍事顧問団が築いたゼークトラインは突破された模様。
61.名無しさん:2017年01月05日 00:45 ID:X30VwDd.0▼このコメントに返信
※49
>ロシア相手に冬季攻勢
オスマン帝国軍もコーカサス戦線で同じことをやらかして自滅していたな
冬季のロシア相手に舐めプするにも程が有るな
62.名無しさん:2017年01月05日 01:15 ID:42t3rBFf0▼このコメントに返信
大戦末期にドイツが考え出した浸透戦術はかなりの成果を上げたと聞いたがな
それと機械化部隊、特に戦車の信頼性が向上したのは大きい
機関銃に対する防御がある上に機動力まである機関銃座とか、動く塹壕みたいなもんだからな
63.名無しさん:2017年01月05日 01:21 ID:42t3rBFf0▼このコメントに返信
しかし塹壕があるだけマシだ
それ以前の、遮蔽物も何もない平原でお互い隊列を組んでただ大砲やマスケット銃を斉射し合うとか、今の基準で考えると頭おかしいとしか
64.名無しさん:2017年01月05日 02:07 ID:B6JHgGqv0▼このコメントに返信
BSプレミアムのフランケンシュタインの誘惑で毒ガスの開発したドイツの科学者を特集してたけど、核兵器もそうだけど、この兵器はホントえげつないと思ったわ…。
65.名無しさん:2017年01月05日 02:11 ID:SPVZS71N0▼このコメントに返信
※2
そう思う
こと自体が底辺の世の中ひっくり返したい願望のなれの果て
66.名無しさん:2017年01月05日 02:17 ID:9x..INEg0▼このコメントに返信
乃木は無能です
67.名無しさん:2017年01月05日 02:32 ID:UYOUplFq0▼このコメントに返信
※63
戦列歩兵は日本人からすると考えられないよな。マスケット銃時代は命中率低いからまだわからんでもないがライフリングやガトリングが発明されてからは被害が増える一方という・・・

塹壕で守られるのはいいけど第一次は戦線が膠着しすぎて、塹壕内でひたすら毎日砲撃される状況で精神的に病んでしまうんだよなぁ
68.名無しさん:2017年01月05日 02:41 ID:xSr5kahz0▼このコメントに返信
一会戦で日本の中都市の人口が死ぬ戦いなんて信じられんな。
69.名無しさん:2017年01月05日 02:45 ID:GN2Xg57a0▼このコメントに返信
※66 お前が無能です
70.名無しさん:2017年01月05日 04:29 ID:5iIoFN3K0▼このコメントに返信
最近WWIの話が多いけど、BF1の影響あるね。
71.名無しさん:2017年01月05日 05:58 ID:yM8zhYb.0▼このコメントに返信
激戦地の話だろ。それももう少し詳しく調べないとな。

全体的にはまだギリのんびりしてたよ。

第2次からは、もうのんびりしてられない。

72.名無しさん:2017年01月05日 06:13 ID:6763PgPN0▼このコメントに返信
オーストリアやトルコのロシアへの攻勢失敗は、時期以上に地形が問題だったような。真冬の大地を舐めてたのも間違いはないが。

やはり極寒の大地でロシア軍とたたかった日本は、防寒装備に関してはロシア軍より上で、冬季での軍事行動もちゃんとこなして敵を撃退している。大苦戦はしたけどそれは作戦が悪かったんであって、気候に苦しめられたのはむしろロシア軍のほう。そんだけ末端兵士に配る装備がおろそかになってたんだね。

しかして日本軍だって八甲田山で大損害を出してたりするんだから、ただ寒いってだけじゃなく、山脈越えというのがそれだけリスキーな博打だったという話。それにしてもオーストリアの場合は、迎え撃つべき相手だったロシア軍が敵の大攻勢に気付きもしなかったとかいう皮肉の利いたエピソードが実に好きだ。
73.名無しさん:2017年01月05日 07:20 ID:No6Vzjhq0▼このコメントに返信
米66

当時は世界中の陸軍で要塞攻略は正面攻撃が当たり前で常識だったよ。

乃木将軍は破壊工作員送り込んだりただ正面攻撃ばかりしていた訳ではないし無能ではないとは思うよ。

時代によって常識は変わるし今の常識の規準で日露戦争の戦術や戦略をいろいろいっても意味はないんだよ。
74.名無しさん:2017年01月05日 08:08 ID:rdlNQyoq0▼このコメントに返信
児玉「乃木!肉弾突撃ばっかり何回やってんだ!無駄に兵隊死なすな!」
乃木「お前さんが陸軍省の時、経費節約だと言って備蓄弾薬減らしたせいで撃つ砲弾がねーんだよ!」
なお更迭後は誰が指揮しても落とせる程度まで状況を詰めていた模様。
75.名無しさん:2017年01月05日 11:58 ID:qSyvb.y.0▼このコメントに返信
第一次大戦は、頭の中が日露戦争くらいで、それ以上の総力戦を開始したからえらいことになった。
第二次大戦は、頭の中が第一次大戦末期の状態で戦争を開始したので、それなりの死者になった。ソ連はしからず。
76.名無しさん:2017年01月05日 12:13 ID:t3bk7.Fr0▼このコメントに返信
※73
ある意味、乃木大将だからこそ兵士の士気が維持できたともいえるしなぁ。
航空支援の無い時代で、要塞戦って、そりゃ砲撃と突撃しかないわな。

・・・包囲したら敵が餓死してくれるような状況を作れるわけもなし
77.名無しさん:2017年01月05日 12:52 ID:hbZXFV3R0▼このコメントに返信
※46
オスマン帝国はそういう扱いなんか、ありがとう

※49
確かにオーストリアは欧州の五大国の一角だし強いのも分かってるよ
けどセルビアはともかくルーマニアなんてWW1中最もクソだぞ
何より二正面作戦なんてオーストリアの国力を超えてる
それをやらかす末期のオーストリアがクソクソアンドクソ
78.名無しさん:2017年01月05日 14:06 ID:FMc7P9Oh0▼このコメントに返信
一会戦というか、1回の攻勢で数十万の戦死者を出したのは1914年開戦劈頭のフランス軍のエルザス・ロートリンゲン方面での攻勢(約20万)、1915年ヴェルダン要塞をめぐる戦い(仏独合わせて約60万)、1916年のソンム会戦(死傷者約100万)、1916年のプルシーロフ攻勢(ロシア軍だけで100万以上)。
他はどれも1回の攻勢で戦死者10万超に達するのは稀。

79.名無しさん:2017年01月05日 14:10 ID:au8MD1.y0▼このコメントに返信
陸戦にスポットライトが当たってあまり触れられない海戦だけど
イギリスによる徹底的な港湾封鎖とドイツによる無制限通商破壊という、えげつない補給線の切りあいも泥沼化に一役買ってると思う
80.名無しさん:2017年01月05日 14:16 ID:vu3MrPr.0▼このコメントに返信
※63
戦列で押してく戦術が最も盛んだったのは七年戦争の頃で、
その戦争の間に戦列の散兵化が研究されるようになり、
その進展に合わせてフリードリヒ大王の存命中から
マスケット銃も日進月歩で改良されていった。プロイセンの場合、
携行性を重視して小型化したり、槊杖の材質・形状を変えたりしてる。

その後、ドライゼ銃の配備に伴ってプロイセン歩兵は完全に散兵線を
組んで戦うようになった。

普仏戦争の頃にはフランスでも後装式ライフルの普及に伴い同じ戦術を
採るようになってるので、さすがに戦列歩兵と第一次世界大戦の間には
ワンクッションあるで。
81.名無しさん:2017年01月05日 14:28 ID:ye24pJRb0▼このコメントに返信
フランスに後ろから襲われるのを避けるために
先手をうってフランスを制圧するという合理的だけどおかしな計画
基本的に対ドイツで手を組んでるからそういう発想になるというか
漁夫の利を狙うからそうなるというか
82.名無しさん:2017年01月05日 14:43 ID:OR0891js0▼このコメントに返信
毒ガスは1次でも禁止やったやろ!
毒ガスを砲弾につめての攻撃は禁止です

せや!砲弾に入れずにガスのまま流したろ。これなら違反じゃない

敵「ぐえーしんだんご」味方「ぐえー風向きが変わって死んだんご」

うーん。敵もガス使い始めたし条約なんか気にせんと砲弾に詰めてガスつこたろ!これで風向き機にしなくていい!

1次後「やっぱ毒ガスは禁止やな。」

なおその後も使われ続ける模様。
83.名無しさん:2017年01月05日 14:55 ID:XUnELdXu0▼このコメントに返信
スコップ?
シャベルだろうが!東京者はこれだから。
84.名無しさん:2017年01月05日 16:40 ID:sXzLJdWy0▼このコメントに返信
ま、諸悪の根源は露仏同盟と日英同盟とドイツの愚帝なんだがね。
85.名無しさん:2017年01月05日 16:49 ID:vu3MrPr.0▼このコメントに返信
※84
いや、セルビアのテロリストだろ
86.名無しさん:2017年01月05日 17:30 ID:gbhs3V4N0▼このコメントに返信
言い方悪いかもしれんが、乃木じゃなければあれだけ陛下の赤子を殺すことはできなかった。
87.名無しさん:2017年01月05日 22:36 ID:48N6xyiU0▼このコメントに返信
>でも二次じゃ一会戦で何十万も死なないやろ

代わりに民間への空襲一回で10万とか死んでいる
東京やドレスデンが悲惨

お名前