スポンサーリンク

2017年01月03日 12:05

アメリカ相手に3年9ヶ月戦った日本凄すぎ

アメリカ相手に3年9ヶ月戦った日本凄すぎ

03

引用元:アメリカ相手に3年9ヶ月戦った日本凄すぎ
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1483340881/

1: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)16:08:01 ID:eC9
こんな国他にあんの?

2: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)16:08:25 ID:SfQ
ないよ

3: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)16:08:33 ID:IEy
ない(多分)

4: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)16:11:02 ID:eC9
しかも四面楚歌状態で
ヤバすぎ

5: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)16:11:16 ID:9tQ
もっと褒めて

6: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)16:17:46 ID:eC9
ドイツとか3年半しか持ってないのに

7: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)16:18:33 ID:zku
ベトナムはどんくらいだ?

8: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)16:18:58 ID:VVe
ベトナムも長かったよな

9: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)16:26:35 ID:eJT
ベトナムに関しては実質勝ってるっていうアレ

11: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)16:30:52 ID:syo
当時のアメリカの都市の写真見るとめちゃくちゃ栄えてるけど国土踏ませない時点で対等の戦争じゃなかったやろ

言うなればアメリカはよそ見しながら片手で全力の日本とやりあってたんやぞ
アメリカが正面から両手構えてたら芋虫みたいに潰されてたやろなぁ

13: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)16:37:06 ID:VVe
真珠湾攻撃は正直失敗だったと思ってる

14: 反撥力◆8c0nPrP.Ic 2017/01/02(月)16:38:30 ID:trb
(風船爆弾はノーカン……?)

15: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)16:46:13 ID:syo
>>14
あんなのかかった費用かけたくせに数人(民間人)しか戦火のない兵器はノーカン

17: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)16:54:03 ID:SfQ
>>15
大阪の紙加工工場に勤めていた時に
OBの人達と会う機会があってね。
もう80超えのお爺ちゃん、お婆ちゃんなのだけど
「風船爆弾で、アメリカに届いたのはうちの工場で作ったやつだぞ!」
「ふふふ。こんにゃく糊使ったからな!」とか言ってた。

あの時代に生きた人に「違いますよ」なんて言えないわw

18: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)16:55:08 ID:tVD
アメに喧嘩売るっていう自殺行為国家

20: 相反するインキュベーター◆d1bIho9adc 2017/01/02(月)16:58:36 ID:Sz5
開戦時は、日本の海軍力>米国が太平洋側に割ける海軍力だったから思われてる程無謀じゃなかったとか
特に空母の数
ただ生産力がダンチだから短期決戦できなかったのが敗因

23: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)17:00:37 ID:Tz7
>>20
ガダルカナル陥落までは快進撃といえるよな
一度も負けたことなかったんだし無謀と考える人のほうが少なそう

22: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)17:00:19 ID:syo
>>20
そこまでアメリカは普通に見越してたから無謀だったんやで

42: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)17:26:11 ID:aFq
>>22
日本も見越してたよ
短期決戦で勝てなかったら詰むってわかってた

26: 相反するインキュベーター◆d1bIho9adc 2017/01/02(月)17:03:06 ID:Sz5
>>22
米国もミッドウェーで大勝するまで結構手一杯だったらしい

35: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)17:16:20 ID:syo
>>26
戦力差的にはミッドウェーは日本が勝ってもおかしくなかったとか
まぁあそこで負けても週刊空母みたいな造船技術持つアメリカが数ヶ月で空母建て直しで史実ルート...?

21: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)16:59:14 ID:QyR
大英帝国「アメリカの首都攻め込んで大統領官邸焼き払ったのはウチだけだよな」

28: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)17:04:32 ID:Fx6
アメリカはドイツも相手にしてたやん

40: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)17:23:04 ID:cgV
真珠湾攻撃はアメリカがわざとそうさせたってマジですか?

43: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)17:27:31 ID:fhO
>>40
いや日本の自滅
満州事変からのな
自分で批准してる条約を自分から
破っていったらそりゃ孤立していくよ

45: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)17:31:31 ID:syo
>>43
満州みたいなことは他国もやってたし自滅するほどの理由じゃないと思う
アメリカが元々満州狙っててリットン調査団の報告書を自国の都合のいいように改変して国連に提出した

つまりアメリカのせい

47: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)17:33:34 ID:Tz7
>>45
うる覚えだけどなんかの文書によると日本はなんとかアメリカとの開戦を避けようとしてたらしいなあ
まあそしたらなんで先制攻撃なんかしたんだとおもうけど
開戦は避けられない以上決定的な打撃を与えようってことなんかね

50: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)17:36:07 ID:uqh
>>47
シビリアンコントロール効いてない軍隊が悪い
戦争回避しようとしてる説得力が無いもの

55: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)17:39:06 ID:aFq
>>47
日本は植民地増やさざるを得ない状況だった。
そこで欧米に邪魔されたから仕方ないと言えば仕方ない。

58: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)17:40:20 ID:uqh
>>55
一次大戦以降拡大政策を
辞める流れ出てたのにするのが悪い

59: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)17:41:30 ID:aFq
>>58
辞めたら日本死んでた。
そりゃ、軍部の暴走も目に余るものはあったけど

64: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)17:44:20 ID:uqh
>>59
満州国なんて経営開始から全年赤字だぞ
日本国だけの支援で
マトモに黒字に出来るわけない
外国資本を減らしたのが完全に愚策

65: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)17:45:10 ID:aFq
>>64
満州だけじゃ無いしな

68: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)17:46:17 ID:uqh
>>65
英国式の政策真似したのが完全に失敗

60: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)17:42:19 ID:Tz7
>>55
不況だったしなあ

63: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)17:43:56 ID:aFq
>>60
そう、これがデカかったのよ。
んで、欧米諸国が自分らの市場だけ囲だちまったもんだから。日本もドイツも死ぬか戦うかしか無かった

66: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)17:45:37 ID:uqh
>>63
経済圏で囲ったの日本が早いけどな
関税を増やすの早かったぞ日本は

70: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)17:49:26 ID:aFq
>>66
まともな植民地持ってなかったんだから意味ない

75: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)17:52:41 ID:uqh
>>70
意味はある
食い潰されたくなかったそれだけ

79: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)17:57:11 ID:aFq
>>75
そっか、他国貿易締め出してた欧米が日本の植民地まで食おうとしてたのか?聞いたことないわ、勉強不足だったか

80: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)17:59:57 ID:uqh
>>79
少なくとも満州はそういう事になる
張作霖を米が支援した話もあるし

81: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)18:02:10 ID:aFq
>>80
あそこはまだ当時市場として機能してないだろ

83: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)18:04:22 ID:uqh
>>81
張作霖が中央に進出しようとしてたのは明白
国民党はソ連が支援してて
内部に共産主義者が多数いる
丁度北伐国民党による北伐が終わった時期に
張作霖が日本から欧米へ転換したのよ

84: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)18:05:35 ID:aFq
>>83
で爆殺された、と

85: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)18:06:50 ID:uqh
>>84
うむ

48: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)17:34:34 ID:uqh
>>45
満州国建国はそもそも違法
更に時期が悪い
九カ国条約批准して10年経ってないのに
あんな事するのはアカンよ

57: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)17:40:17 ID:syo
>>48
ごめん俺すごい詳し訳じゃないけど、リットン調査団は満州国を新国として報告書に記してたしそのまま国連の手に渡れば普通に満州国は認められていた訳じゃないの

というかアメリカが元々満州狙っていたし日本が放っておいても似たようなものになっていたよね満州

61: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)17:42:30 ID:uqh
>>57
あくまで日本の利益を
優先的にさせるのであって
あの文書を国連に完全機渡っても
満州国建国が違法に変わりは無い
そしてアメリカが欲しいのはあくまで
中国利権
満州に限ったものではない

71: 名無しさん@おーぷん 2017/01/02(月)17:49:43 ID:syo
>>61
説明有難いが俺が全然理解できん無知くんだからこれぐらいにしときたいけど、国連が仮に認めれば何を持って違法なんだ...?違法でも国連が認めれば何者も手出ししにくい訳だし

ていうか結局日本の邪魔をしたかったアメリカの構図は変わらないよね

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2017年01月03日 12:20 ID:ZK9cPiPE0▼このコメントに返信
生産量で負けたというアレ
技術力でも何でも勝ってた分野なんて無いだろと
2.名無しさん:2017年01月03日 12:21 ID:oAFwr1bG0▼このコメントに返信
あら
3.名無しさん:2017年01月03日 12:24 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
また釣りスレか?
満州国建国は合法だよ。 で、日本は条約破ってない。むしろよく守ったと言われているほど。
で、満州国というのはあのまま成長していけば今のアメリカ合衆国のような国になったんじゃないか?と言われるような所。

歴史にIFは無いというが、もしもアメリカが日本と対立せず、シナ大陸で日本が影響力を保持していたら
中国共産党のような人類の癌がデカイ面することもなく、大陸には現在もう一つのアメリカが存在したというような
自由で豊かなユートピアが存在していた可能性が高い。何より共産主義による犠牲者は一説には億を下らないそうだから
この甚大な犠牲者が生まれなくて済んだ可能性が高いと、良い事がてんこ盛り
4.名無しさん:2017年01月03日 12:26 ID:7OHajxNr0▼このコメントに返信
まあ開戦時の石油備蓄が官民合わせて3年分だったから粘ったとは言える
5.名無しさん:2017年01月03日 12:27 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
アメリカは共産主義者や中国人の嘘宣伝に騙されたのか、戦う相手を完全に間違えた。
日本と手を組むか、せめて日本のやる事を邪魔していなかったら、その後の世界は遥かに平和だったろう。
何よりアメリカは日本を潰してしまったが為に日本がやっていた事を引き受けて戦うはめになってしまった。
それも、状況が悪化した状態で。その為にアメリカ自身が多くのアメリカ国民を犠牲にする羽目に陥った。

6.名無しさん:2017年01月03日 12:28 ID:XrzIeSHe0▼このコメントに返信
アメリカを相手にと言うよりも世界を相手にだろ
国が滅んで何が凄すぎだよ
悲しすぎるわ
7.名無しさん:2017年01月03日 12:31 ID:QfPv2q1F0▼このコメントに返信
戦前の日本みたいな軍国主義の中で生きるくらいなら、死んだ方がマシじゃん
8.名無しさん:2017年01月03日 12:31 ID:DoRRvAec0▼このコメントに返信
事情は様々あったとは言え、日本は拡張政策を自身でコントロール出来ていなかった
今の中国と同じような感じに見られていた点は否定できない
危機感と自信がありすぎたのかなぁ
9.名無しさん:2017年01月03日 12:32 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
アメリカは道を誤り、日本を潰して共産主義者を助けてしまったが為に第二次世界大戦では共産主義者が一人勝ち
冷戦構造等というものが生まれ危く世界を滅ぼす寸前の所まで行った。

で、今また中国共産党という人類の癌がどんどん増殖を続けており、もうすぐにでも戦争になるんじゃないか?とか
環境破壊でシナ大陸を滅ぼした中国人は世界へどんどん出て行ってやがて世界を汚染し尽くして人類を滅ぼすんじゃないか?
と多くの人達が心の中にそういった不安を覚えている事だろう。
10.名無しさん:2017年01月03日 12:32 ID:Lcz6lzfZ0▼このコメントに返信
当時は侵略しないと日本詰んでた論は
あんなひどい大敗をしても復活した現実からするとなんの説得力もないんだけどな
アメリカと五分でやりあったからアメリカがビビって戦後優遇したから復活できた?
じゃあアメリカのおかげじゃん

建前も本音もgdgdの金儲けのための侵略で日本人の血を無駄に流しすぎだ
何があってもアメリカとの戦争は回避すべきだった
その後辛酸を嘗めても明らかに今の日本より早く復活できたし核アレルギーもなかっただろうさ

あの戦争で散っていった英霊たちを卑下するつもりはありません
今年も靖国にお参りします
11.名無しさん:2017年01月03日 12:34 ID:oleRvHtk0▼このコメントに返信
頑張った方じゃないの?主導権取られたあとアメリカがどこに上陸してくるかって読みを悉く外したのが痛かったけど。
12.名無しさん:2017年01月03日 12:35 ID:iHLerfk30▼このコメントに返信
メリケンは西海岸の都市を全て占領されても降伏する気なかったのに短期決戦なんてムリムリカタツムリよ
13.名無しさん:2017年01月03日 12:36 ID:tRY0cq1L0▼このコメントに返信
満州国が違法とか現在でもあるように大国が自分らの思う安全保障のためなら気ままにふるまいごりおしできるという
範疇から一歩も抜き出てない
当時の帝国はそういう大国としてふるまうし世界もそうおもってんだろ→国連はあんたら大国の無条件追認機関ではありませんよ→じゃ抜けるわだし
14.名無しさん:2017年01月03日 12:36 ID:rXd9aqE70▼このコメントに返信
いつも思うがこの時期の共産勢力って凄いな
当時の誰にも気付かせず日米その他を思いのまま動かしてたんだし
15.名無しさん:2017年01月03日 12:37 ID:4H0zJdYB0▼このコメントに返信
いやいや。本土決戦までやってたら頑張ったとも思うけど
諦めるのが早いよね
敵軍を引きずり込んだら、まだまだ年単位で粘れた
16.名無しさん:2017年01月03日 12:38 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
日本はよくやったし、アメリカは日本を占領してみてようやく自分達が間違った事に気がついた。
その結果、日米同盟という固い絆が生まれ、日本は戦争目的の多くを達成する事が出来た。

だが、世界では共産国家が多数出現するなど人類を滅ぼしかねないほどのドデカい負の遺産が残った。
17.名無しさん:2017年01月03日 12:39 ID:vEej3P2S0▼このコメントに返信
それが逆に災いして戦後徹底的に日本は変えられた。
法的にはまだ占領されてるしODA賠償金も払ってるし、天皇の代わりに米国政府が日本の統治者になったも同然。
本土決戦までなっていたら敗戦は無く停戦で終わっていたと思うがね。
理由
・ベトナム化していた
・日本陸軍が主体になった
・米軍が日本本土に張り付き外地陸軍が動けるようになる
・原爆が使えなくなる、山岳ばかりで爆撃も効果半減する
・陸軍は260万人健在だった
・ソ連は海を超えて大規模に攻め込む余裕は無い(船すらない)
・日本国土が米軍の苦手な山岳ばかりである
・闇物資で明らかなように備えが充分にあった
・米軍予想では日本人死傷者1000万人、米軍人死傷者150万人という数字が出ており米国は日本を降伏させる手段が無かった(原爆投下でも降伏するとは考えていなかった)
・沖縄硫黄島で明らかなように日本人軍人の戦意は高かった
・アジアが次々独立し米国の戦争継続の大義名分が怪しくなる
など
18.名無しさん:2017年01月03日 12:41 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
※10
民進党の極左枝野が「自分たちこそが保守だ!」とかパヨクが「日本の為に」とか偽装保守愛国者を語って人々を騙す方針に変えてきたように見えるが君ももろそれをやっているようにしか見えないねw
19.名無しさん:2017年01月03日 12:43 ID:DxUK8nUY0▼このコメントに返信
いろいろ歴史捏造してるアホいるな
いったいいつ日本が植民地を得るために戦争しかけたことになってるんだよ
ABCD包囲網などのせいで輸入を規制されて半年間外交で再開を求めてたんだぞ、だから国際法に従って国連脱退して軍事基地を攻撃したんじゃん
少しは勉強してこいよアホども
20.名無しさん:2017年01月03日 12:46 ID:kZNK9Xda0▼このコメントに返信
最初の1年以外一方的にボコボコにやられただけやん・・・
本土決戦を10年やりあったベトナムイラクのほうがすごいわ
日本国民は戦争をやめたくてしょうがなかったのに、あいつらはアメリカ相手にまだまだ続けるつもりだった
21.名無しさん:2017年01月03日 12:47 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
戦争というのは戦争目的を達成するためにやるもので、戦闘に勝つ事が目的なわけじゃない。

で、戦後の日本を見ればそんなに悪い選択をしたわけではないのではないか?といえるのではないか?
頭で描いた理想通りに人生進むわけじゃない。日本にいると法を守り嘘をつかないのは当たり前と感じるが
世界のは信じられないぐらい野蛮で暴力的で大嘘吐きだらけだ。そんな世界で生き抜くのは大変なことだよ。
22.名無しさん:2017年01月03日 12:49 ID:kZNK9Xda0▼このコメントに返信
ドイツを馬鹿にしてるが独ソ戦と日米戦は全然違う
データを見ると明らか
独ソ戦は死闘で日米戦は自爆といじめと言っていい
ネトウ/ヨはなんでいつまでもホルホルしてるのか本気で分からん
23.名無しさん:2017年01月03日 12:50 ID:qje9Bspr0▼このコメントに返信
というか…当時、ハワイはまだ合衆国というには歴史が浅く
もろに植民地みたいな扱いだと日本が読み違えた部分もあるんじゃね?
米国のハワイ併合のやり口も正直、褒められたもんじゃねーし。

その経緯を下手に知っていただけに真珠湾攻撃で
アラモ砦よろしく、リメンバーパールハーバー! になったのが大誤算というか。
24.名無しさん:2017年01月03日 12:50 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
※20
ベトナムイラクと日本の状況は全然違うけどね。
で日本国民が戦争をやめたくてしょうがなくて、軍部といいたいのかな??は戦争をまだまだ続けたかったというのは正しくないね。
国民の中でも徹底抗戦を望むものがいて、軍部にもさっさと講和すべきと考えるものがいたってのが正しいだろ。
25.名無しさん:2017年01月03日 12:51 ID:rVgIXy.E0▼このコメントに返信
世界史でこの辺読むとインパクトだけやたらある「張作霖爆殺事件」
26.名無しさん:2017年01月03日 12:51 ID:QfPv2q1F0▼このコメントに返信
共産主義を悪く言う馬鹿が湧いてるけど、富の偏在や階級格差が、諸悪の根源じゃんよ
共産主義思想が生まれたのも、歴史の必然だからな。
27.名無しさん:2017年01月03日 12:53 ID:gAl8y2D10▼このコメントに返信
歴史捏造アメリカ
28.名無しさん:2017年01月03日 12:54 ID:qje9Bspr0▼このコメントに返信
>>26 富の偏在や階級格差が、諸悪の根源じゃんよ

貧乏が全部悪い! (ぇ
もし仮に富が偏在して、階級格差があろうとも
生きていくに過不足ない分だけ食料があるのなら
そうそう簡単に革命だの何だのは出来んよ。
29.名無しさん:2017年01月03日 12:56 ID:NS.QFyC70▼このコメントに返信
過去はどうでも良い。
今、現在、日本は支那朝鮮のスパイに侵略されている。
このままだと日本人は滅ぶ。
30.名無しさん:2017年01月03日 12:56 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
※22
データを見ると、日本はアメリカにアメリカ軍史上最も甚大な被害を与えたってな事をアメリカ自身がレポートしてるんだよ。
あと陸戦と海戦の違いってのもあるだろうね。陸の孤島での戦いではなく、日本も本土決戦まで言ってたらヤバイ死闘になったことは想像に容易い。そんな血みどろの戦いをやる事なく結果的に最悪の事態を避けてられよい所で講和出来たと考えられるんじゃないかな。
31.名無しさん:2017年01月03日 12:57 ID:9IttvtmH0▼このコメントに返信
あの戦争で地獄を見てきた人達の前で「まだ頑張れた、粘れた」と言ってみろよ馬鹿共
生きてる人達はまだいるぞ
32.名無しさん:2017年01月03日 12:57 ID:irYBwG.r0▼このコメントに返信
本スレにまだ、アメリカは片手間で戦ったと書いている馬鹿がいるね。
アメリカも女子総動員の総力戦だ。
日本も支那に主力を置いた片手間でアメリカと戦っていたことを忘れないで欲しい。wwwwwwww
33.名無しさん:2017年01月03日 12:58 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
日本は戦争目的の多くを達成できたが、失ったものや負の遺産も大きい。
それを一つ一つ除去していかねば。まずは除鮮。
34.名無しさん:2017年01月03日 12:58 ID:m7pDpwlE0▼このコメントに返信
※9
米国にとって西太平洋と大陸で調子こいてる日本を潰すことの方が優先度が高かっただけやで

※19
書いてることの時系列がむちゃくちゃだな
35.名無しさん:2017年01月03日 12:59 ID:Iq005s2F0▼このコメントに返信
アメリカはいつも正義ふりかざしてるけど歴史上やってることは常にぐうちく

白人やら肉くってるやつは慈悲の心ないから植民地でも現地人相手に見せしめに片腕きりおとしたりむちゃくちゃしてる
36.名無しさん:2017年01月03日 12:59 ID:ApfPndkX0▼このコメントに返信
合法違法ってそんな気にすることはないだろ。
殺人は合法であっても基本、悪い事には変わりがないみたいな理屈ってわかるよね。
まあ殺人の理由にもよることは別として。
違法であっても筋が通れば良い事。法は極力守るべきではあるが。
37.名無しさん:2017年01月03日 12:59 ID:irYBwG.r0▼このコメントに返信
※22
そんなことはないよ。朝鮮人。
お前達は負け犬の汚れた馬鹿にされ笑われる運命で、同情するよ。
最下層民。
挑発には乗れよ。
馬鹿にされているんだからwwww
38.名無しさん:2017年01月03日 13:00 ID:kZNK9Xda0▼このコメントに返信
※24
日本人の多くは米軍が来たらニコニコ手を振って、アメリカ人を歓迎していた
アメリカ人を歓迎してるように見えたが、戦争が終わって本当にうれしいと感じてるようだったという手記もあるしビデオもある
戦後の強かんも殆どが黙って見てるだけだったし、女達の中には進んで米兵のもとに行く人も多かった

もちろんイラクやアフガンのようにゲリラでの徹底抗戦なんて無かった
米兵が本土に着た瞬間にもう戦う気は無かったし、戦争やめたかったのは明らかだろ
39.名無しさん:2017年01月03日 13:00 ID:mpV3IDSu0▼このコメントに返信
当時の世界の歴史背景がどちらを向いても戦争だらけ
これでは戦争でしか解決しえないと考えるのも仕方がない
今の日本人呆けすぎていないか?

40.名無しさん:2017年01月03日 13:00 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
多くの人が言っているが、短期決戦狙いなら真珠湾攻撃は下策だよね 
海軍はアメリカと通じ合っていたとかいう陰謀論が出るのもわかるってぐらい
41.名無しさん:2017年01月03日 13:01 ID:Iq005s2F0▼このコメントに返信
※15軍人さんかな?

当時の日本人は充分すぎるくらいがんばってたようにみえるけどね

ゆうのは簡単
42.名無しさん:2017年01月03日 13:02 ID:kZNK9Xda0▼このコメントに返信
※37
よっぽど悔しいんだな
せめて史実で反論しようぜ
ドイツと比べてるだけで朝鮮と比べたつもりはないが、
なぜそこまで朝鮮が好きなのかな?
43.名無しさん:2017年01月03日 13:02 ID:Iq005s2F0▼このコメントに返信
※22朝鮮人はなんでドイツドイツゆうのかね?

あんなに毛嫌いされてるのに
44.名無しさん:2017年01月03日 13:03 ID:rWwJns650▼このコメントに返信
国民党をソ連が作った事実はない。
支援はしたが設立には関わってない。
45.名無しさん:2017年01月03日 13:04 ID:8n78BvWe0▼このコメントに返信
*19
なんでABCD包囲網が敷かれるまで国連での立場が悪化したと思ってんだ
やりたい放題したあげく対日制裁された過程をまず考えたらどうだ
46.名無しさん:2017年01月03日 13:04 ID:fypbsyAe0▼このコメントに返信
米比戦争(べいひせんそう, 1899年-1913年)は、アメリカ合衆国とフィリピンの間で起きた戦争である。 - Wikipedia
47.名無しさん:2017年01月03日 13:04 ID:mV6snuCK0▼このコメントに返信
時代はまだ植民地主義、人種差別も正当とされていた。アメリカにとっては非白人国家の日本や中国に干渉するのが地政学的にも自然だっただろう。
更に直接的な手は使わず、外交や輸出、中国を支援するなどで日本を締め上げた。日本としては米や西欧の言いなりになれば次第にジリ貧になる可能性が高く、妥協は難しい状況だった。そこで所謂ハルノートがくるわけだが。
48.名無しさん:2017年01月03日 13:04 ID:irYBwG.r0▼このコメントに返信
※42
>よっぽど悔しいんだな

お前がなwww
49.名無しさん:2017年01月03日 13:05 ID:QfPv2q1F0▼このコメントに返信
こんな場末のネットで長文ダラダラ書き込んでも、時間と労力の無駄だろうよww
50.名無しさん:2017年01月03日 13:05 ID:4H0zJdYB0▼このコメントに返信
※41
腑抜けの言い訳は結構
本土決戦は、荒唐無稽な妄想ではなく、現実にきっちり計画も立てて準備もしていた事
できる事をせずに自分を誤魔化されても人はついていかない
51.名無しさん:2017年01月03日 13:06 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
※38
とても同じ日本人とは思えないその感覚。
日本人は水に流す切り替えの早い民族。で、昔から日本を訪れた外国人の手記に「日本人は良く笑う」「フレンドリー」ってな事がよく書いてある。天皇は100万の軍隊に匹敵するとマッカーサーだか誰かアメリカ人がいったそうだが、特に当時の日本人は天皇陛下がやめろ仰れば止め、耐えがたきを耐えろと仰られればそうしたんだよ。
52.名無しさん:2017年01月03日 13:07 ID:irYBwG.r0▼このコメントに返信
※45
人種差別の一環で、白人国家が日本を白眼視し、追い込んだのは事実だな。
日本の底辺植民地(じゃないけどな)朝鮮人には、その他の世界がどうなっていたのかは見えないから仕方がない。
ブス像作って、馬鹿にされてろ。
53.名無しさん:2017年01月03日 13:07 ID:2rFrw.ty0▼このコメントに返信
※38
日本の場合、天皇の一声があれば
国民は内面的に戦争をやめるけど、
イラク・アフガンの場合そうした絶対の命令系統が無いから
負けたらそこでスパッと全面降伏する、ということがないので
泥沼化したって青山繁晴が言ってたな
54.名無しさん:2017年01月03日 13:08 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
※45
当時のアメリカ国務省の人間が、「日本はよく条約を守っている。それに対して中国やアメリカはやりたい放題だ。このままでは日本と戦争になる」と警告していた史実はその通りになったんだよ。
55.名無しさん:2017年01月03日 13:08 ID:irYBwG.r0▼このコメントに返信
※50
お前がそうだろう。
本土決戦は米軍を殲滅できる状況にあったと研究されている。
56.名無しさん:2017年01月03日 13:08 ID:rWwJns650▼このコメントに返信
もっとも恐ろしいのは今の世界の
人々に中国人的な価値観、発想、
思想を持った時。これは絶対阻止するべき。中国にズルズル流されてはならない。奴らは非常に刹那的であり残忍性が高く嘘は平気でつく。
こんなものが世界に広がると益々カオスになる。
そんな国がスーパーコンピュータで一位だのなんだの言ってるが非常に不味いことだ。
57.名無しさん:2017年01月03日 13:08 ID:ApfPndkX0▼このコメントに返信
アメリカ人は当時、普段よりも真面目に多く働いてたとは思うが、イギリスやドイツ、ソ連、日本、中国なんかの必死だった主要国に比べたら余裕はかなりあったろう。
58.名無しさん:2017年01月03日 13:09 ID:irYBwG.r0▼このコメントに返信
※49
ネットは意外に影響力はある。
世界が変わる程度に。
59.名無しさん:2017年01月03日 13:10 ID:C311fzgn0▼このコメントに返信
こう言うスレで必ず出てくる言葉「仕方がなかった、しょうがなかった」
じゃあ、鳩山みたいに土下座でもしてれば良えやんか。

俺はこの拡充政策、何も間違ってないと胸を張って言うし、仕方がないとは絶対に言わない。これが、日本の決断だと誇りを持って言う。

でもやっぱり勝てる算段付けてからやって欲しかったかも。
60.名無しさん:2017年01月03日 13:11 ID:irYBwG.r0▼このコメントに返信
※42
歴史で今後評価されるのはどこだろうね。支那か朝鮮か
それとも
☆☆日本か☆☆
61.名無しさん:2017年01月03日 13:11 ID:L.IeuPod0▼このコメントに返信
※38
この嘘つきが。
うちの祖母や大叔母たちが言ってたわ。
戦争が終わったことは嬉しかったが、GHQは嫌いだった。
何も知らない子供たちにチョコレートやガムをやると呼び寄せて、餌をやるようにばら撒くのがなんとも嫌いだった。
でも、それに群がる子供たちを止めるのも不憫なくらいの食糧事情だったってな。
62.名無しさん:2017年01月03日 13:12 ID:QfPv2q1F0▼このコメントに返信
※58
その根拠というか具体的事例は❓(笑)
63.名無しさん:2017年01月03日 13:14 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
マッカーサーらが日本に来た時実はビビりまくっていて、「神風ボーイはどうしているかね?」と日本の要人に尋ねられたそうだ。
64.名無しさん:2017年01月03日 13:16 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
自分にもできない様な事を人に要求して非難している奴はなんなのか?
自分も人に守ってもらって生きているのに、自分一人の力で何でもできないとダメと言わんばかりのバカは何なのか?
と言いたくなる罠w
65.名無しさん:2017年01月03日 13:16 ID:2rFrw.ty0▼このコメントに返信
※62
たとえば今の20代はTVよりネットやってる時間の方が長い
TVタレントよりyoutuberの方が影響力が大きかったりする
66.名無しさん:2017年01月03日 13:17 ID:4H0zJdYB0▼このコメントに返信
本土決戦を否定しながらも、頑張ったと褒めるは情けない
敵の情けは受けない、一億総火の玉で戦うという覚悟がなかった
頑張っただけなら絶対防衛権突破された時点で終わりだし、そこから先は犬死になるぞ
もっと言うなら最初から戦わずにアメポチやってれば済む話

67.名無しさん:2017年01月03日 13:19 ID:TimernQ50▼このコメントに返信
※6
もしドイツや日本がやらなかったなら、欧州とか共産化してるぞ?みんな殺されてる。

ユダヤ人問題は差別だけじゃない。金持ちが強盗にあってたんだよ。
68.名無しさん:2017年01月03日 13:20 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
※66
偽装保守成りすましでアホを演じているようにしか見えない件について
69.名無しさん:2017年01月03日 13:21 ID:hoLGrD6X0▼このコメントに返信
せっかく強大な力があったのに外交判断を間違ったから 馬鹿な戦争を始めた。まず松岡洋介が国際連盟脱退 ナチドイツと防共協定、日ソ不可侵協定を結んだことから悲劇が始まった。日ソ不可侵を律儀に守り米国を攻撃。完全な間違い。ドイツも同時期に独ソ不可侵条約を結びすぐポーランドを攻めソ連に攻撃を始めた。松岡は欧州の外交を見て欧州は複雑怪奇の言葉で茶を濁した。それでも日本はソ連との協定を守った。ここでソ連を攻めていれば米国は参戦せず 日本の立場は大いに上がったはず。それは英米の基本的敵はソ連だったからである。もし日本がウラジオストックからせめていれば米国は石油禁輸の制裁を解いたはずだ。しかしあまりにも短絡で直接真珠湾を攻撃してしまった。その技術力だけは評価できるが、外交的はいぼくだ。囲碁でも右がほしければ左を攻めるのが普通だ。日本の指導者が短気だっただけだ。まあその点安倍さんはあちら外交でこっちをと割合深慮遠謀の指導者といえる。また外務大臣が当時東郷茂徳と云う朝鮮帰化人だったことも問題だった。
70.名無しさん:2017年01月03日 13:23 ID:TimernQ50▼このコメントに返信
※66
アメリカ人が立派ではなく中共みたいな性格だったら、今の日本はないねぇ。

中共にポチは居ないじゃないか?みんな殺されてる。中共に従うのは自殺行為。
71.名無しさん:2017年01月03日 13:24 ID:SRVplvaw0▼このコメントに返信
何であれ勝たなきゃ意味ないよ。次は勝つ。
72.名無しさん:2017年01月03日 13:24 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
当時の日本人はホントによく頑張って下さったと思うわ。
その遺産を生かすも殺すも後に続く人間次第なのだが、残念ながら反日左翼共産主義者や中国韓国などにコロリと騙される人が多かったが、それもネットの普及もあってかここまで取り戻す事が出来たと。

73.名無しさん:2017年01月03日 13:25 ID:JH59pWRE0▼このコメントに返信
※69
複雑怪奇といったのは松岡でなく平沼騏一郎な
長文書いてるが当時の歴史認識が甘すぎるわ
74.名無しさん:2017年01月03日 13:26 ID:kZNK9Xda0▼このコメントに返信
※53
天皇の一声で身近の強かんすら何もしないのは大した忠誠心だと思うよ
スイッチ一つでピタッと止まるのはまるでドローンのようだ
世界はそういう部分で日本を恐れてたのかもしれないな
75.名無しさん:2017年01月03日 13:26 ID:ApfPndkX0▼このコメントに返信
やはり工業力的に、大東亜共栄圏を一時確保できても、短期でも維持できない、という現実があったと思うから当時は戦争をするべきではなかったとしか思えないね
76.名無しさん:2017年01月03日 13:27 ID:jE.EKWMR0▼このコメントに返信
※51
戦闘は止まりましたか?(小声)
77.名無しさん:2017年01月03日 13:28 ID:NwOIWH0M0▼このコメントに返信
※10
>>当時は侵略しないと日本詰んでた論…。

あのね…侵略していませんから…。
78.名無しさん:2017年01月03日 13:28 ID:ApfPndkX0▼このコメントに返信
本気なら世界の製品の半分近くをつくれるほどのアメリカに、どんなに目標地域まで支配を広げても、短期間ではとうてい対抗できなかったという意味ね
79.名無しさん:2017年01月03日 13:29 ID:4H0zJdYB0▼このコメントに返信
※68
お前らみたいなヤツの考える事は、ようは精神論で物事が動いてるって事だろ
手も足も出なくなっても暫く頑張った。凄い精神だ
でもマジに本土が蹂躙されたらヤバいから、その前で止めとこ
それまでに死んだ人は、ご苦労さん

植民地?人種差別?そういうのは日本が姿勢見せたし頑張ったからOK
アジア各国の人間も日本の頑張りに触発されて独立果たした
とりあえず今が良ければ結果オーライ
80.名無しさん:2017年01月03日 13:29 ID:kZNK9Xda0▼このコメントに返信
※66
ここの人種はなんでも精神勝利してホルホルする人達が多いからしょうがない
81.名無しさん:2017年01月03日 13:30 ID:lediXe8E0▼このコメントに返信
アメリカは片手間で日本と戦って勝ったというが、日本とて、ソ連を睨み、中国国民党と戦い、イギリスと戦い、オランダ、フランス、と戦い、ギネスに載るくらい宣戦布告されているんだから片手間どころじゃないよね。

しかもシナ大陸では大陸打通を敢行して、インドまで攻め寄せた。東南アジアのほとんどから白人追い出した。ナチスより凄いと思うが。

あと、半島人が理解していない話をしてやるよ。日米が戦った島であったことだけど、守勢の日本は洞窟に逃げ込んで、アメリカ兵が押し寄せるんだけど、第一波、黒人、第二波、黒人、第三~六波、黒人、第七波位でやっとちょっと白人が戦闘に参加し、実は日本兵と激闘したのは黒人がほとんどで、大体、激戦が終了したら白人が出てくるんだ。
これは他の白人国家でも同じ。

お前ら半島人はこの話、知っているか?日本は何故、植民地(実際は本土の延長)の半島人を先陣にしなかった?パラオの話を知っているか?日本人は半島人を捨てゴマに使ったり、肉壁にしたりしていないんだよ。
82.名無しさん:2017年01月03日 13:30 ID:irYBwG.r0▼このコメントに返信
※62
勉強しなさい。
馬鹿の相手をするだけでも有り難いと思え。
こちらは単なる馬鹿つぶしのカウンター
83.名無しさん:2017年01月03日 13:31 ID:.LflFV.H0▼このコメントに返信
もともと、ダメリカが満州欲しさにフライングタイガーとか日本に不意打ちを仕掛けてたんだけどなっ!www
そう言う意味では真珠湾攻撃は決して奇襲では無いっ!!
それに真珠湾は軍港であって民間施設ではない、パヨクの馬鹿が時々真珠湾と原爆を等価に言うけど民間人三十万虐殺は決して等価ではないっ!(怒)
本来、極東軍事裁判で裁かれるべきはダメリカであるっ!!(激怒)
84.名無しさん:2017年01月03日 13:31 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
※74
止めに入って殺されたとかいう話も聞くだろ。映画でもそういうシーンがあるよな。あれは全部嘘だというのか?
どっかのヤクザの組長さんだかが、戦後朝鮮人のそういった悪逆非道暴力行為に対抗してのし上がったとか言う話もあるね
ほんとかどうか知らんがw
で、当時の日本はGHQによって強烈な言論弾圧化にあり、30項目に及ぶ検閲指針があり連合国の犯罪は報道できなかったよな
85.名無しさん:2017年01月03日 13:32 ID:YIw.SRaZ0▼このコメントに返信
てゆうか、戦前のアジアで白人国の植民地にされていなかったのは日本とタイだけ。アメリカに石油と鉄の輸出を止められて、アメリカに置いてた日本の資産も凍結され日本を白人国の植民地にする気満々だった。戦わずに植民地にされていた方が良かったとは思わない。
86.名無しさん:2017年01月03日 13:33 ID:.AqXyPHa0▼このコメントに返信
第一次世界大戦の時に敗戦国が補償金を支払いつづけた結果第2次世界大戦が始まった!
だから終戦後の国連では敗戦国は支払う義務は無しにした敗戦して金まで払いつづけたら
国民は苦しむなのでまた戦争を始めるしかなくなるこの繰り返しになるので戦争は敗戦しても支払う義務は無いとした!
ODAは関係無い、そもそもODAは無償援助では無い返金する金だ!中国はODAを日本に返金する義務がある
経済大国大2位になったのなら外務省は中国へのODAは廃止して請求しろ!
87.名無しさん:2017年01月03日 13:33 ID:SRVplvaw0▼このコメントに返信
※70
アメリカも大概だけどな。
天皇陛下は殺す気だったし軍隊を廃止させたり制限掛けまくったり、要するに植民地統治そのものだっただろ。
日本が復興出来たのは日本ががんばったからであってアメリカの補助は食料くらいか。潤沢でもなかったわけだが。
そもそもアメリカの戦後処理ってものすごく下手。日本以外で上手くやれた国や地域ってあるか?韓国とか言ってくれるなよ。
88.名無しさん:2017年01月03日 13:35 ID:YIw.SRaZ0▼このコメントに返信
🔻ラダ・ビノード・パール
〈インド、極東国際軍事裁判判事・法学博士〉

要するに彼ら(欧米諸国)は日本が侵略戦争を行ったということを歴史にとどめることによって、自分らのアジア侵略の正当性を誇示すると同時に、日本の一七年間(昭和3~20年、東京裁判の審理期間)の一切を罪悪と烙印する事が目的であったにちがいない。

私は1928年から1945年までの一七年間の歴史を二年七ヶ月かかって調べた。この中には、おそらく日本人の知らなかった問題もある。それを私は判決文の中に綴った。

その私の歴史を読めば、欧米こそ憎むべきアジア侵略の張本人であるということがわかるはずだ。それなのに、あなた方は自分らの子弟に、「日本は犯罪を犯したのだ」「日本は侵略の暴挙を敢えてしたのだ」を教えている。満州事変から大東亜戦争にいたる真実の歴史を、どうか私の判決文を通して十分研究していただきたい。

日本の子弟がゆがめられた罪悪感を背負って、卑屈、頽廃に流されていくのを私は平然として見過ごすわけにはゆかない。あやまられた彼らの宣伝の欺瞞を払拭せよ。あやまられた歴史は書き変えなければならない。
(昭和二十七年十一月五日、広島高等裁判所での講演)
89.名無しさん:2017年01月03日 13:38 ID:vid0AvPR0▼このコメントに返信
日本もあるいみ片手間でアメリカとたたかってたじゃん
何時までたっても中国大陸と朝鮮半島に兵士おきっぱなしでさ
トータルで150万人ぐらい置きっぱなしとか
どんだけ陸軍の上は無能かわかる
90.名無しさん:2017年01月03日 13:39 ID:1hzAzdwX0▼このコメントに返信
※85
日本を植民地にする為にアメリカが鉄と石油の輸出制限したなんて事実は欠片もないんだが。あれはただの制裁だよ。そもそもアメリカは当初第二次世界大戦には不干渉決め込んでたんだからありえないんだわ。
めちゃくちゃな妄想垂れ流すの恥ずかしいからやめた方が良いぞ。
91.名無しさん:2017年01月03日 13:39 ID:9IttvtmH0▼このコメントに返信
別に日本を護るために日米同盟を結んでるというのは分かるけど
日米の「固い絆」や「友情」とか言うととたんに胡散臭くなるな
92.名無しさん:2017年01月03日 13:41 ID:2rFrw.ty0▼このコメントに返信
※79
いや、米英中ソ全面を敵に囲まれながらも
4年間断固として戦い続けた日本軍の喧嘩根性は称賛に値する。
途中、イタリアが寝返る中、
日独は決して互いを裏切らずに最後まで戦い抜くことを誓い合い、
日本は最後まで断固としてドイツを裏切らず、ドイツが倒れた後
たった一人になっても3カ月戦い続けた本物の男だ。
今日の日米同盟の固さもこの時たがいに喧嘩根性を見せ合ったことが礎になってる。

日本軍の喧嘩根性はおまえのような反日左翼が気楽に語っていいものじゃない。
93.名無しさん:2017年01月03日 13:41 ID:cq..8HMW0▼このコメントに返信
資源もないガソリンも弾薬もないこんな状態で日本は世界最強のアメリカ相手によく戦っただろうソ連中国語相手だったら下手すると勝ってたかも満洲越境したソ連軍は武装解除した日本軍には勝ったが一部徹底抗戦した(根本中将率いる)日本軍には蹴散らされてるし占守島攻防戦でも全滅寸前まで追い詰められてる。アメリカが片手間で戦った?という奴艦船の生産数見てみな全力で生産してるだろう、アメリカにしても低能の黄色猿と思っていた日本の善戦にはたまげたんじゃないの、日本は強かったと思うけどね。
94.名無しさん:2017年01月03日 13:42 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
で、アメリカは日本に慰安所を作れと命令して作らせたんだよな。

日本人で戦える人間の多くは皆戦地に行っていたよね。で、何年かして戻ってきた人間だって疲れ果ててただろう
で、朝鮮人は持ち前の卑怯な性質を発揮して「ウリは戦勝国民nida !」とやりたい放題悪逆非道 の限りをつくし
不法占拠しまくり駅前の土地にはパチン子屋だらけ 都市によっては駅周辺はホントに朝鮮人だらけだよ。70年以上経っても未だそう。
自分の済んでいるところ調べてみるとビックリする事になるかも
95.名無しさん:2017年01月03日 13:42 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
ぱちん○がNGワードなのか? びっくりw
96.名無しさん:2017年01月03日 13:45 ID:QDejjKRX0▼このコメントに返信
ないない、日本が自民族中心主義で居続ける限りどこかで高慢の鼻が折られる必要があった。敗戦は必然だよ。
97.名無しさん:2017年01月03日 13:47 ID:1hzAzdwX0▼このコメントに返信
自画自賛もここまでハードルが低い卑屈なものになると笑えてくるな。
98.名無しさん:2017年01月03日 13:47 ID:9oxUT24Q0▼このコメントに返信
外交に正しい正しくないはあくまで表向きのカンバンでしかないんだよ。

金と軍事力というパワーが動かしてるのが国際社会というもの。

その点は日本より中国の方が理解と適応してると言えるね。
99.名無しさん:2017年01月03日 13:48 ID:4H0zJdYB0▼このコメントに返信
※92
バカバカしい
称賛は結果に対してするもの
頑張りを褒めるのは子供のうちだ
敵を増やしまくって我慢大会を称賛なんて、サウナで粘って倒れるよりも頭悪い
100.名無しさん:2017年01月03日 13:48 ID:rBODoJDJ0▼このコメントに返信
一日だろうが10年だろうが頑張らないで戦える戦争なんて無い!
101.名無しさん:2017年01月03日 13:49 ID:UE8.FoWI0▼このコメントに返信
チャーチルは真珠湾攻撃の報をきいて喜んだそうな
「これでアメリカが参戦して連合国が勝利できる」
ってね。
日本人がアメリカをなめてたのは事実だと思う。
102.名無しさん:2017年01月03日 13:50 ID:SRVplvaw0▼このコメントに返信
※83
満州欲しさに日本を負かせてたはいいが、結局支那はほぼ丸ごと東側に取られる。
日本固有の領土だった朝鮮半島はなぜかソ連に居座られその流れで朝鮮戦争。多大な犠牲を払ってなんとか半分取り返す。
近所のキューバには寝返られ、ベトナムでは北爆までやっても何一つ戦略目標を達成出来ず完敗。
こうして見るに実はアメリカこそ先が読めないとことんバカの集まりなんじゃないかと思う次第。
事の起こりはどう考えても日本を負かせたことに端を発しているだろ。
103.名無しさん:2017年01月03日 13:50 ID:.JUPESQX0▼このコメントに返信
どんな理由であれ日本が戦争の口火切らなくても戦争になったんだがな
104.名無しさん:2017年01月03日 13:50 ID:P6Eh11cG0▼このコメントに返信
ニートが軍人礼賛とか笑い話だよね

お前らなんて、真っ先にいじめのターゲットにされるのに(^w^)
105.名無しさん:2017年01月03日 13:51 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
敵にすれば、アメリカ軍史上最悪の被害を与え、味方にすれば、日系人部隊442連隊戦闘団のようにアメリカ合衆国史上もっとも多くの勲章を受けるほどアメリカ人を助けた 日本人

凄いぜ日本人。大したもんだぜ日本人。ありがとうございますご先祖様!
おまいらも頑張れ日本人
106.名無しさん:2017年01月03日 13:52 ID:ApfPndkX0▼このコメントに返信
※103
アメリカが本当にそうであれば先にその口火を切らせればよかったんじゃないのかな
そうすれば相手が侵略をするということになる
107.名無しさん:2017年01月03日 13:52 ID:9IttvtmH0▼このコメントに返信
戦争を喧嘩根性とか言って矮小化するのが一番危険だってのが分からんのかね
こういった煽り屋がいるから戦争が起こったら情報がだだ漏れなのに客観視出来なくて泥沼化していくんだよ
味方にいると敵以上に厄介な馬鹿
108.名無しさん:2017年01月03日 13:53 ID:4H0zJdYB0▼このコメントに返信
※102
アメリカが手にした最大のものは日本。強大な帝国日本をアメポチに変えてしまった

アメリカは何しに戦後復興の日本に大金払ったと思うよ?天皇を何故残した?
善意か?違うよ
法みたいにルールまで定めて、半世紀以上たった今でも縛ってるよな。国民の頭の中まで弄ってる
109.名無しさん:2017年01月03日 13:53 ID:TimernQ50▼このコメントに返信
※87
それもそのとおりだねぇ。

アメリカは一枚岩じゃないし、現場や議会や市民の考えにも乖離がある。ただ表立って悪党がめちゃくちゃ出来るほど腐りきっても居ない。


中共はどうしようもないだろう?彼らに関わったところがどうなってるのかは、此の半世紀を見るだけで十分じゃないかな?彼らに協力した外部の者は例外なく消えた。行方不明か死亡。そして親中派組織はいなくなる。中共から支配者がやってきて虐殺と弾圧が始まる。国内ですら、そんな感じじゃないか?

日本が中共の支配下に入ったらどうなるかのシミュレーションをしたほうが良いよ。アメリカの支配下にあるのは情けないから独立するってのもいいけどね。そうなら、ちゃんと自立できる算段をしてからのお話だね。

110.名無しさん:2017年01月03日 13:53 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
どんどんファビョリまくる朝鮮人w
とりあえずまずは除鮮一択
111.名無しさん:2017年01月03日 13:54 ID:2rFrw.ty0▼このコメントに返信
※99
おまえには民族の意地と誇りをかけた
根性比べというものは理解できないだろうな
112.名無しさん:2017年01月03日 13:55 ID:hoLGrD6X0▼このコメントに返信
※73
松岡が言おうが平沼が言おうが全体がそうであった。
113.名無しさん:2017年01月03日 13:55 ID:J585BRWT0▼このコメントに返信
アメリカと互角?
114.名無しさん:2017年01月03日 13:56 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
アメリカ人はめちゃめちゃやって道も誤るがまっとうな人も普通に多い。
GHQの要職にあり、戦犯裁判を任された人間ですら、「こんなことは間違っている」と手記に残しているぐらい。
で、もちろん他にも多数当時のアメリカ人自身から自分達が間違いをしてきしている声が多数ある
アメリカ人には良心がある。特亜に良心はあるのか?
115.名無しさん:2017年01月03日 13:57 ID:uQuL2MjV0▼このコメントに返信
戦争に持ち込もうと画策していたのは欧米の白人の支配階級たちのほう。アメリカ国民が戦争支持するための口実がどうしても欲しいからといろいろ工作した結果が真珠湾攻撃。白人の植民地支配に対抗できたのは日本だけ。植民地支配を終わらせた実質的な勝者は日本ですよ。
116.名無しさん:2017年01月03日 13:59 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
いわゆる東京裁判というリンチの場ですら弁護に立ったアメリカ人弁護士はド正論ぶちかましまくって連合国の不当性を訴えてたよね。
で、共和党の有力議員だった誰だったかも、ハルノートの事を戦後に知って「ルーズベルトに騙された!!日本と戦争する必要なんか無かった!」ってなことを言ってたよね。
117.名無しさん:2017年01月03日 14:00 ID:R3LLUXlA0▼このコメントに返信
※95
「ちん.こ」「チン.コ」がNGワード
118.名無しさん:2017年01月03日 14:00 ID:4H0zJdYB0▼このコメントに返信
※111
理解できない。戦争は根性見せるためでもない。努力を見せるためでもない。頑張りを見せるためでもない

お前の中には、
9条の精神守れるなら国が侵略されても仕方ないとか言ってる連中と同じものがある

119.名無しさん:2017年01月03日 14:02 ID:P6Eh11cG0▼このコメントに返信
※111
お前みたいになんでも根性・努力連呼する奴ほど、何も努力してないでしょ
120.名無しさん:2017年01月03日 14:02 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
※117
ありがとう
121.名無しさん:2017年01月03日 14:03 ID:TimernQ50▼このコメントに返信
※106
いや、アメリカが先にけんかを売ってきてたわけだが?

日本が宣戦布告からの奇襲とか意味不明なことをしたんで、アメリカが日本を悪役にしやすかっただけ。


疾うに戦争状態にはなっていたんだよ。
122.名無しさん:2017年01月03日 14:04 ID:AdzhURWZ0▼このコメントに返信
アメリカは工業力とリバースエンジニアに特に力を入れてたんで
長くなるほど勝ち目がなくなる。

もっとも、これ以上日本を追い詰めたら開戦せざるを得なくなると分析されてた癖に
ハルノート(日露戦争前の状態まで回帰せよ)と実質無条件降伏つきつけたんだから
日本が開戦に踏み切ったのは残当。
後にハルノートはコミーのスパイによって書かれたものであることが判っている。
123.名無しさん:2017年01月03日 14:04 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
※118
だから、戦争目的を達成するためだろ。
で、戦争した結果が今の日本になった。何を失い、何を得た?
世界有数の経済大国になったね。
124.名無しさん:2017年01月03日 14:05 ID:QwKYPgqx0▼このコメントに返信
日本はザコなら死んだ米兵も報われないよな
125.名無しさん:2017年01月03日 14:05 ID:WOPahoJe0▼このコメントに返信
日清日露の英霊に申し訳ない、と言ってシナからの撤兵をしなかったのに
なんで太平洋戦線、東南アジア戦線、の英霊を無視して、
沖縄硫黄島意外の本土に米兵が一兵も上陸していないのに降伏したのか
シナ温度を含む大東亜戦域での英霊になんと言って申し開きをするのか
126.名無しさん:2017年01月03日 14:06 ID:WOPahoJe0▼このコメントに返信
シナ温度  ✕
シナ本土  〇
127.名無しさん:2017年01月03日 14:06 ID:irYBwG.r0▼このコメントに返信
※99
お前は底辺最下層の馬鹿で、自分に誇りが持てないから人を引きずりおろしたいだけだろう。
結局お前は馬鹿なのである。
教えてやったぞ。
128.名無しさん:2017年01月03日 14:07 ID:R3LLUXlA0▼このコメントに返信
※32
アメリカ最大の自動車メーカーのGMは、大戦中は1台も乗用車を作っていない
持っている生産力のすべてを、軍需品生産に振り向けている
129.名無しさん:2017年01月03日 14:08 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
満州事変のあたりですらもう 世界平和を乱しているのは中国でありそれをそそのかすアメリカであるとアメリカの要人や
リットン報告書を読んだ人間が言っているぐらいだぜ。
130.名無しさん:2017年01月03日 14:08 ID:4CdMVUTF0▼このコメントに返信
他でも書いたがドイツ降伏後の3ケ月間はいたずらに被害を拡大させただけだな。
この3ケ月、戦地以外の帝国内の民間人だけで30万近く死んだ。多くの文化財が焼失した。失わんでもいい領土まで侵攻を受けた。
たった1国で地球相手に戦い続けるなんて。
戦争とはつくづく終わらせ方が難しいもんだと思うわ。
131.名無しさん:2017年01月03日 14:09 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
結論 脱亜論こそ人類普遍の真理
132.名無しさん:2017年01月03日 14:10 ID:4H0zJdYB0▼このコメントに返信
※123
広大な領土、支配地域を失っただろ。自主性も軍隊も失った
得たものは、アメポチとしてお慰めの小金と、戦犯の立場だな

戦争に勝利していたならば、日本は今のアメリカをもしのぐ超大国になっていた
133.名無しさん:2017年01月03日 14:10 ID:irYBwG.r0▼このコメントに返信
※125
本土決戦では米軍を殲滅できても、国民が数千万単位で犠牲が出たのではないかと言われてはいますね。
なので降伏を決断することになったと思いますよ。
そのときには戦勝国史観やWGIPがここまで日本人の心を蝕み、中枢部への工作員注入が日本解体へ重大な影響を及ぼすとは想像していなかったでしょう。
134.名無しさん:2017年01月03日 14:10 ID:hoLGrD6X0▼このコメントに返信
※6
日露戦争こそ民族の興亡の分岐点。もし負けていれば当然大東亜もなかっただろう。米国相手の戦争ができるまでに国が成長したとみるべきで、
あの戦災を克服できたのも日露戦争後大成長したからだ。本体が残ったので戦後の復興目覚ましく不死鳥日本はまた登場してきた。もはやどんな災害でも戦争でも日本人は克服する。阪神大震災の復興は そんな災害あったの? って外人が言うくらいだ。この国は災害があればそれ以上になっていく国だ。日本人そのものが資源で武器なのだ。ちょっと費用が高い経験だったが大東亜戦争はいい経験だった。幸い負けたのは米国にだけだった。
ただこれからは近隣の三流国にたいして謙虚すぎると舐められるから 時にはちくっと痛い目に合わせるのが外交もうまく行く。何しろ今は米国と運命共同体だから。
135.名無しさん:2017年01月03日 14:11 ID:1Ok5MhpT0▼このコメントに返信
さっさと講和条約結べば、ロシアも来なかったし
優秀な方々の犠牲も少なかったろうに。
アメリカからの圧力を無視していれば済んだ。
136.名無しさん:2017年01月03日 14:12 ID:P6Eh11cG0▼このコメントに返信
他人に対して威張りたければ、最低限は関東連合並みの知力と腕力を備えてからやれよボケ
137.名無しさん:2017年01月03日 14:12 ID:aK4cWO9M0▼このコメントに返信
今年もレベルの高い罵り合いが期待できそうだ…(白目)

138.名無しさん:2017年01月03日 14:13 ID:K3KeGVU.0▼このコメントに返信
そして戦後、ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラムで中韓を唆し徹底的に叩き潰してくれた黒幕
139.名無しさん:2017年01月03日 14:13 ID:AdzhURWZ0▼このコメントに返信
IFを言ってもしょうがないが、ハルノートの出元を見る限り
日米開戦を後押ししたロシアがどこかの時点で侵攻するのはおそらく確定。
降伏が仮に1年早くても日本本土に38度線が引かれた可能性もある。
140.名無しさん:2017年01月03日 14:14 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
※132
戦争に勝利していれば、もちろん最高だがw それは「あの時買った宝くじが当たって6億入っていれば」的な話じゃないか?w

あとは陰謀論的になるが、本土決戦やってソビエトを本土に引きずり込み敗戦革命共産主義革命達成みたいなヤツを狙っていた人間からすれば
本土決戦やらずに終わったのはあと一歩だったのに!!という事で悔しさ百万倍だろうな。
141.名無しさん:2017年01月03日 14:15 ID:irYBwG.r0▼このコメントに返信
※132
同意。しかも世界は道義的で秩序の整った世界になった。
欧米は道徳を失わせる形で植民地を支配したので、これが残ったままの世界になったのが大きい。
日本までそうなりつつあり、最近急激に国民が異質になってきているのは40代以上なら体感できるはずだ。
懐古主義ではないけれど、昔の日本人と今のそれを比べた場合、あきれるほどの違いだ。
団塊世代がどうこういうレベルの問題ではない。
今の中年世代がどうするかがカギだと思うが、この流れは変えるのは難しいね。
142.102:2017年01月03日 14:16 ID:SRVplvaw0▼このコメントに返信
※108
そこまで当時の日本人の評価は高くないぞ。面積考えて見とくれ。大陸支那は日本(朝鮮台湾含む)の10倍はでかいんだぞ。
満州以外に土地はいくらでも有ったのだからそっちを持って行けば良かった。
支那がアメリカの衛星国ないし植民地なら地政学的に充分日本をアメリカの影響下に置けるわい。
復興に大金っていくらだよ。何基金だ?適当言ったらいかん。食料援助くらいしかやっとらん。
天皇殺したらもう一回戦争になるからに決まっとる。復興どころか日本に残るのは死体の山だけだわい。キミアホだろ。

大体日本は大してポチでもない。日本がでかくなったのは多大な貿易不均衡でアメリカの富を吸い上げたのは大きい。
へーこらしようが土下座しようが1年でも1ヶ月でも1日でも日本に都合が良い不均衡が長く続けば喜ばしい。
日本のためなら土下座でもなんでもする政治家は偉いと俺は思うぞ。
とは言えアメリカは全く甘くないプラザ合意とか日本を殺しに掛ったとしか思えん。それでも日本は死ななかったわけだが。
結果的に日本は実力を付けたし信用も得た。今じゃ軍事的負担を増やせと言ってくる。属国に言うセリフじゃないわな。
日本の軍事的負担が増えたら日本の軍事的プレゼンスが上がってしまうってこと。防衛に関しては今でも充分強いんだけどな。
端的に言えばアジアの覇権は日本が握れとアメリカは言ってきてるんだよ。アメリカも今後は欧州や中東で忙しそうだし。
143.名無しさん:2017年01月03日 14:16 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
そういや、停戦後条約を破って日本本土に攻め込んできたソビエトの軍隊を一度撃滅してみせた日本軍すげえ ありがとうございます
144.名無しさん:2017年01月03日 14:17 ID:3e3skUBC0▼このコメントに返信
9割以上の兵士がアメリカがどんな国かも知らんと海と空で散った日本
             VS
敵国を踏み荒らしまくって自国はほぼ踏ませなかったアメリカ

勝負なんて出来てないってば。敵が強すぎて詰み確定だけど
残機0で限界まで粘ってゲ―ムやってたようなもの。あきらめの悪さの
国民性のおかげで技術大国として返り咲いたから良かったけどね。
145.名無しさん:2017年01月03日 14:18 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
※139
たしかに、ルーズベルトがくたばって、ソビエトの侵攻を北方領土で食い止められた時点での停戦は考えてみりゃ最高のタイミングだったかも
146.名無しさん:2017年01月03日 14:19 ID:irYBwG.r0▼このコメントに返信
※130
京都を見れば、人員はもちろんだが、空襲で消失した文化財の大きさを残念に思う。
アメリカはこの付けをいつか払うことになるだろう。
147.名無しさん:2017年01月03日 14:19 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
アメリカは原爆投下実験をどうしてもやりたかったんだろうしね 
148.名無しさん:2017年01月03日 14:19 ID:irYBwG.r0▼このコメントに返信
※144
出て行け。
149.名無しさん:2017年01月03日 14:20 ID:n3xdjNfF0▼このコメントに返信
※111
そんなもんで国の意思決定機関が動くわけねえだろ。
ジャンプでも読んでろ間抜け。
150.名無しさん:2017年01月03日 14:22 ID:irYBwG.r0▼このコメントに返信
※142
珍妙な文章を書くなら書かない方がまし。
自分の文章がどういうものか自分で読んで分からないのだろうか。
151.名無しさん:2017年01月03日 14:22 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
そういやそんなルーズベルトが死んだ時日本の政府はアメリカに「深い哀悼の意をアメリカ国民に送る」って弔意を示したんだよね
152.名無しさん:2017年01月03日 14:23 ID:irYBwG.r0▼このコメントに返信
※149
お前が読んでいるのがジャンプか。
ガキは引っ込んでろ。
153.名無しさん:2017年01月03日 14:23 ID:irYBwG.r0▼このコメントに返信
※151
まあ、皮肉だ。
154.名無しさん:2017年01月03日 14:26 ID:WWPJdfDB0▼このコメントに返信
負けた戦争を正当化しようなんて図々しすぎるだろ。
戦場で根性見せたのは否定しないが、ファシストと組んで連合国と戦争する羽目になったのは明らかに大間違い。
陰謀論とか弄んでも、自分が浮世離れするだけで得るものはない。
155.名無しさん:2017年01月03日 14:26 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
※153
まあ、俺は皮肉ではないと思うけどね。東條もアメリカに住む日系人に対して「アメリカ国民として堂々と戦ってください」的なことを言っているし、そういう武士道精神的なものがあったんじゃないかねえ
156.142:2017年01月03日 14:26 ID:SRVplvaw0▼このコメントに返信
※150
何一つ言い返せてないのな。詰まり俺の勝ちって事で良いな?もうちょいがんばれよ。
157.名無しさん:2017年01月03日 14:29 ID:4H0zJdYB0▼このコメントに返信
※142
つまり言い分をまとめると、戦前の日本は大した事ない、敗戦後に順調に成長しました、
そこにアメリカの関与を指摘する事は許しませんって事ね
そんな長々されてもアメポチご苦労様としか思えないね

>端的に言えばアジアの覇権は日本が握れとアメリカは言ってきてるんだよ。
もう、この言葉でアメポチ精神が表れてるね。「はい分かりました」ってアメリカに答えるのか?
アメリカのWW2後の統治に大成功だな

158.名無しさん:2017年01月03日 14:29 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
味方同士で打ち合っているように見えるがw
159.名無しさん:2017年01月03日 14:29 ID:8.upbpAg0▼このコメントに返信
アメリカ偉い!のヒストリックチャンネルだったでは、ルーズベルトが日本軍相手の太平洋戦争には二軍戦力をテキトーに投入して、トップクラスの主力部隊を打倒ナチスに全力投入したから、太平洋戦争でのアメリカ軍は相当無駄な被害を被ったみたいな番組をやってた。
160.名無しさん:2017年01月03日 14:29 ID:Im.5xDPI0▼このコメントに返信
数百万人の無駄な犠牲を省みず「戦った」なんてよく言えるよなこういう馬鹿
負け戦を長引かせて国民が見る見る死んでいったのを喜んでるわけ?
161.名無しさん:2017年01月03日 14:35 ID:SRVplvaw0▼このコメントに返信
※159
マッカーサー元帥が生前に見たら激怒しそうな内容だな。
欧州に主力投入するのは当り前と思うけどね。当時のアメリカは白人国家だったわけだし。
尤も次の大戦でもアメリカは欧州重視であることに変りはないと思う。日本の軍事負担を増やせと言って来ているのもそのため。
162.名無しさん:2017年01月03日 14:35 ID:cq..8HMW0▼このコメントに返信
※108
戦後直ぐにはアメリカは日本の復活させることも復活するとも思ってなっかた、天皇は日本統治の為必要だが日本の国体は最終的に徹底的に叩くつもりだった、だから三国人がのさばったのもマスコミが左巻きに牛耳られているのもその為、だけど肝心なところで日本は踏ん張ってる、ポチのようでポチじゃない日本は実力をいかんなく発揮して独自性を貫いているよ凄いね!だから現在のアメリカ欧州ロシアは日本を必要としてるのさ。
163.名無しさん:2017年01月03日 14:35 ID:9jIDAl3e0▼このコメントに返信
どこがすごいの?
初戦の卑劣な奇襲以外はほとんど惨敗して300万人も自国民殺されて領土も激減したうえに国際的地位も失墜したのに
164.名無しさん:2017年01月03日 14:36 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
※160
無駄とはそれこそ酷い言い草じゃないか。命をかけて何かを成し遂げた人の人生に対して。
このような議論の的になるような歴史に関わった一生と、君の一生どちらか無駄かって
例えば世界の常識では、国のために命をささげた人は国家でもって顕彰されるわけだ。

で、例えば戦うのと戦わないのどちらが犠牲者数が多いかデータで見ると
戦わないで蹂躙された方が、国民の犠牲者数の割合が高いというデータがあるんだ。

だから、戦って命を落とした人と言うのは自分の命を犠牲にして他の多くの人々の命を救ったといえるわけね
165.名無しさん:2017年01月03日 14:37 ID:roeFo2dK0▼このコメントに返信
※15
そんなことしたらソ連軍も介入後だから、もっと被害が拡大して日本そのものが消滅してたぞ
あのタイミングで降伏したから今の日本がある
166.名無しさん:2017年01月03日 14:38 ID:gP3pXOYt0▼このコメントに返信
2000万人が特攻すれば日本はアメリカに勝てた。当時の日本の人口は8000万人、2000万人は必要な犠牲だ。
2000万にが特攻してキルレートが10対1でもアメリカの戦死者は200万人、さすがに停戦に応じるだろう。
そのあと独立した東南アジアやインドは独立させてもらって日本に感謝しているから日本を中心とした大東亜共栄圏が出来上がる。
167.名無しさん:2017年01月03日 14:41 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
単純な話だが、敵側は相手が弱ければ弱いほど思うがままに出来て良いから、敵の力を削ごうとする。
「軍隊は国民を守らない」とか反日左翼共産主義者や中国朝鮮人が必死に宣伝してきたのはいうまでもなくそういう事だよな。
で、コロリとカルトに洗脳されるが如く敵に洗脳されて敵の道具として味方の足を引っ張り続けるヤツもいると
168.名無しさん:2017年01月03日 14:41 ID:KCVzXQYL0▼このコメントに返信
人種差別も酷く植民地だらけだった当時の事を、今の感覚で考えたらダメなんじゃないのかな?
日本もアメリカ以外(逃げ回っていた腰抜けや火事場泥棒は除く)とも戦っていたし、自国の数倍の戦力相手に良くやったと思うんですが

やっぱりアメリカも踊らされていたんでしょうね?でもそれももう通用しない
今はもう日米共に目が覚めていると思います
169.名無しさん:2017年01月03日 14:42 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
とりあえずまずは除鮮一択だよ たとえばこういう掲示板で交流するにしても余計な手間かけずに済むようになるでしょ
170.名無しさん:2017年01月03日 14:44 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
良心をもつ人類同志 がっちり組んで人類を守ろう 脱亜論こそ人類普遍の真理
171.名無しさん:2017年01月03日 14:44 ID:SRVplvaw0▼このコメントに返信
※163
他のことも勉強しよう。300万人も自国民殺されて領土も激減したうえに国際的地位も失墜したはずなのに、そこからあっさり十数年で国際社会に復帰出来る辺りすごくないなら何と言えばいいのだ。
日本が3年9ヶ月もアメリカと戦ったのなんてアメリカからすれば中華空母機動艦隊が第7艦隊と互角に戦うくらい有り得ないことだったろうよ。生産能力だけとっても随分差があったはずなんだがな。
172.名無しさん:2017年01月03日 14:44 ID:XZ9tVNzS0▼このコメントに返信
真珠湾ではもっと粘って空母を探すべきだった
もしそこで逆襲食らって大失敗したとしても、その方が軽傷で済んだかもしれない
173.名無しさん:2017年01月03日 14:46 ID:hoLGrD6X0▼このコメントに返信
※160
当時の経済力で大国の米国とよく戦ったと言うべき。ただ領土保全から見れば愚かな判断と言うべき。しかし負ける戦争も日本人の性格ではとことん
やらないと気が済まなかったのだろう。ゼロになったが人的資源は残った。また痛みの経験はその後の日本を作った。今日もこうしてのんびりネットをできるのも戦後残った日本人先輩が一生懸命作ってきた社会のおかげだ。バグダッドは1100年代にモンゴルに破壊され未だもとに戻っていない。日本は戦後19年で東京オリンピックを開催できた。日本人の能力は違うのだ。それは基本が縄文人だからだ。
174.名無しさん:2017年01月03日 14:47 ID:4H0zJdYB0▼このコメントに返信
※171
それは戦後日本が凄いのであって、ボコボコにされた事自体は凄くもない
国民の命も領土も守って、さらに発展していたなら凄いぐらいに考えろよ

175.名無しさん:2017年01月03日 14:48 ID:JH59pWRE0▼このコメントに返信
※104
残念ながらいじめられるのは高学歴で運動の出来ない世間知らずのお坊ちゃんだよ
学徒動員で一兵卒にさせられた宮廷の学生とかは学歴コンプのある下士官に徹底的にいじめられたそうだ
そういう彼らが復員してマスコミや文壇に入った後恨みを晴らすように軍部の悪口を書きまくったのが戦後の反戦思想の正体だからね
176.名無しさん:2017年01月03日 14:49 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
※174
君の投稿みてたら幼児性万能感って言葉を思い出したぞ
177.名無しさん:2017年01月03日 14:52 ID:J5n4E.cK0▼このコメントに返信
負けると分かって、長い間、戦うのは辛いもんだ。
178.名無しさん:2017年01月03日 14:52 ID:4H0zJdYB0▼このコメントに返信
※176
そいつは良かったな
ところで死んだら凄いってお前の考えは、自分たちの失態を玉砕だの言葉で誤魔化し続けて
現実を見なかったアホどもと変わらんよ
179.名無しさん:2017年01月03日 14:56 ID:5iU1j2r50▼このコメントに返信
旧ソ連強すぎだな
180.名無しさん:2017年01月03日 14:58 ID:ApfPndkX0▼このコメントに返信
ある人は、「幼児性万能感」なる専門用語を他者に言う資格あるのかなあ
181.名無しさん:2017年01月03日 15:00 ID:SRVplvaw0▼このコメントに返信
※132
日本が戦勝してもそんなに簡単に日本が超大国にのし上がれたとは思えん。
日本率いる大東亜共栄圏は言わば後進国連合。後進国各国の面倒に奔走せざるを得ない。こいつらの成長がないと市場が生まれず、戦勝のみに甘んじていては日本はいつまで経っても地域大国のままだろう。共産圏は鉄のカーテンの向こう側。貿易が成り立つのは容易とは思えないしアメリカ率いる西側との貿易が復活するのは相当後のことだろう。国連加盟だってそんなに簡単とは思えない。
貿易立国としての日本の成長路線は困難を極め他の道を模索する必要がある。尤も日本ならそれはそれでなんとかしたとは思うが。
182.名無しさん:2017年01月03日 15:00 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
※178
価値ってのは人それぞれに感じ方が違うもんだよ
君にとって価値のないものも人によってはとても価値あるものになったりするんだよ

で、これはやるしかない!と考えた人にとってそれは傍からみて無駄に思えても
その人にとってはとても価値のあるもんだったりするんだね。

で、君がアホだの罵倒している日本軍の戦い玉砕にしてもそれをどのように評価されているか。
外国人や敵軍の将からも絶賛されていたりするんだね。
183.名無しさん:2017年01月03日 15:02 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
例えば

 ニミッツ元帥(アメリカ 太平洋艦隊司令長官)

 この島を訪れるもろもろの国の旅人達よ。故郷に帰ったら伝えてくれよ。この島を守るために、日本軍人は全員玉砕して果てた。その壮絶極まる勇気と祖国を想う心根を!

  スリム中将(イギリス第十四軍司令官)

 たたかれ、弱められ、疲れても自信を脱出させる目的でなく本来の攻撃の目的を以て、かかる猛烈な攻撃を行った日本の第三十三師団の如きは、史上にその例を殆ど見ないであろう。(「敗北から勝利へ」)

 かくの如き望みのない目的を追求する軍事上の分別を何と考えようとも、この企図を行った日本軍人の最高の勇気と大胆不敵さは疑う余地がない。私は彼等に比肩し得べき如何なる陸軍も知らない。(同書)

  蒋介石

 ラモウ・騰越を死守しある日本軍人精神は、東洋民族の誇りたるを学び、範として我が国軍の名誉を失墜せざらんことを望む

  ベルナール・ミロー(フランス ジャーナリスト)

 これら日本の英雄達は、この世界に純粋性の偉大さというものについて教訓を与えてくれた。彼らは1000年の遠い過去から今日に、人間の偉大さというすでに忘れ去られてしまったことの使命を、とり出して見せつけてくれたのである。(『神風』)
184.名無しさん:2017年01月03日 15:03 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
親戚が遊びに来たから落ちるで
185.名無しさん:2017年01月03日 15:04 ID:irYBwG.r0▼このコメントに返信
※166
個人的には航空特攻や回天その他は、本土決戦をしないための停戦交渉を有利にするための作戦であったと思っているので、上陸を阻止させたのは成果として判断していいと思う。
特攻や硫黄島や沖縄戦がなければ上陸されていたと思う。
今の日本の支配された状況を想像することは難しいことを考えれば、本土決戦を避けたのは当時としては合理的。ドイツの敗戦時の状況は知っていただろうから仕方がない。
186.名無しさん:2017年01月03日 15:07 ID:MLQMdQiR0▼このコメントに返信
戦うって…
せいぜい最初の半年~一年位しか戦えて無い気がするわ。
局地戦ぬきゃピカドン含めて残りは虐殺&虐殺のフルボッコやんけ!
187.名無しさん:2017年01月03日 15:07 ID:z2gC4hFf0▼このコメントに返信
そのせいで多大なる犠牲を払うことになった…
188.171:2017年01月03日 15:13 ID:SRVplvaw0▼このコメントに返信
※174
見落としとった。
戦後の日本も戦前の日本も日本は日本だ。日本は日本の看板を下ろした事なんて一度もないよ。
日本戦勝後のビジョンは概ね※181に書いた通り。
ただ国の立ち位置ってのはどんな状況に立たされても結局有り得べき位置に戻るもんだと俺は思っている。
次の大戦では日本は勝つ側に回るだろう。そのための準備は整っている。主に外交と経済。軍事はまだ不満があるがそこそこ。
よしんば負けてもまた復興すれば良い。負けて貰っては困るのだが。
189.名無しさん:2017年01月03日 15:13 ID:4H0zJdYB0▼このコメントに返信
※182
つまり戦勝に甘んじず、戦後統治も上手くやった超大国アメリカ凄い。日本は後進国だって話ね
それさっきも聞いたわ
190.名無しさん:2017年01月03日 15:15 ID:WjsmCGBN0▼このコメントに返信
※65
大勢に影響しないものを影響とは言わないんだよ、それは単なる流行。
ネットばかりしてるとこういう低知能になるんだな。
191.189:2017年01月03日 15:15 ID:4H0zJdYB0▼このコメントに返信
あ、ゴメン。レス間違えた
>>182でなく、>>181だ
192.名無しさん:2017年01月03日 15:16 ID:4H0zJdYB0▼このコメントに返信
※190
ネットは裏社会っすか?
鳥越と気が合いそうだ
193.名無しさん:2017年01月03日 15:18 ID:ApfPndkX0▼このコメントに返信
戦争で戦った人らの貴さと、それと戦争すべきだったかどうか、あるいは勝ち目なくなっても戦うべきだったかどうかという話は違うよね。
戦没者らが戦争すべきだったというのであればそうかもしれないが、そこらへんの定かさは知りようがない。
194.名無しさん:2017年01月03日 15:19 ID:D1wsxXus0▼このコメントに返信
半年以降は若い将兵の命をすり潰しての戦いだった
東京裁判で多少敗戦の責任を取らせることが出来たのが良かった
195.名無しさん:2017年01月03日 15:24 ID:DMMXKQjx0▼このコメントに返信
大政翼賛会が全てじゃない?
政治家が政治を捨て国が持つことは無いんだから
196.名無しさん:2017年01月03日 15:26 ID:SRVplvaw0▼このコメントに返信
※189
え、まさか。アメリカくらい戦後処理が下手くそな国は無いと俺は思ってる。日本以外で上手く行った国があるなら教えとくれ。
俺はアメリカの無茶振りにめげずに日本ががんばった結果だと思ってる。
確かにアメリカは市場を開放して輸入は受け入れてくれたが安い安いと喜んで買ってくれたもんだぞ。義務感から買っていたわけではない。為替水準が大幅に変わっても日本製が売れ続けたのは日本人の企業努力であって、アメリカの投資によるものでも技術移転の賜でもない。
日本固有の領土で日本敗戦後はアメリカの領分であった朝鮮半島は危うく東側に丸ごと取られそうになって、解体したばかりの日本軍の出動を要請して、吉田茂にキレられたなんてのもあったな。
197.名無しさん:2017年01月03日 15:26 ID:D1wsxXus0▼このコメントに返信
開戦を他国のせいにしてんなよ。追い詰められたんじゃなくて、自分から孤立ししたんだし。そもそも先に機動艦隊で攻撃することを決定したのは日本なんだから
198.名無しさん:2017年01月03日 15:31 ID:LfXsEVUp0▼このコメントに返信
よく軍部の暴走とか言われるけど
暴走してたのは新聞に踊らされた国民なんだがな
199.名無しさん:2017年01月03日 15:32 ID:hoLGrD6X0▼このコメントに返信
※196
まあ正論だな。
200.名無しさん:2017年01月03日 15:32 ID:SRVplvaw0▼このコメントに返信
※197
国際外交は相互主義。戦争も同様。相手に理由がなければ戦争にはならんよ。軍隊だって威嚇もすれば挑発もする。
アメリカだって日本と戦争になるとは微塵も思わなかったとは言うまい。
201.196:2017年01月03日 15:33 ID:SRVplvaw0▼このコメントに返信
※199
さんくす!
202.名無しさん:2017年01月03日 15:44 ID:yagaqwu30▼このコメントに返信
満州国合法でしかないよ
アメリカはドイツとも戦ってた?
日本は中国、米英仏蘭とも戦ってたんですがは
アメリカに殴りかかったのは最悪ですが力の差を十分認識している
日本そこまで追い込むアメリカさんサイドにも問題があるw
203.名無しさん:2017年01月03日 15:48 ID:irYBwG.r0▼このコメントに返信
※197
追いつめられたんじゃない。謀略にはめられた。日本は当時として間違った行動をしていたわけではない。
なので今度は、こちらがきちんと嵌める側に回れということだ。
日本が影響を与える社会の方がより正しい世界になる。私利私欲ではない。
204.名無しさん:2017年01月03日 15:50 ID:0nWnOohw0▼このコメントに返信
誰も意図してないと思うけど結果的に西側勢力に組み込まれたのは後の時代から考えれば結果オーライて感じだけどな
引き際的にも当時の敗戦国の中では失うものを失わずに済んだ方だと思うし
あの時代の国際関係やら世論やらを考えたらなるようにしかなってないと思う
205.名無しさん:2017年01月03日 15:51 ID:irYBwG.r0▼このコメントに返信
※190
ネットが世界を動かしているし、今後はさらに影響を増す。
ここのスレでも、支那朝鮮人を排除すれば、経済スレなどのレベルはかなり高い。
馬鹿も居座っているが、反対もおり、結構学べる場でもある。
206.名無しさん:2017年01月03日 15:52 ID:irYBwG.r0▼このコメントに返信
※205
テレビなんぞ見るより、ここで学んだ方が自分は高まると思うよ。
207.古古米:2017年01月03日 15:58 ID:00cJdytn0▼このコメントに返信
ルーズベルトは「日本なんて簡単に降伏させられる」と思って戦端を開かせたけど、開戦してみたら日本軍も色々頑張って、アメリカの若者が大量に死んだ。
ルーズベルトにしてみれば「こんなはずはない」だろうな。
奴が死んだのは憤死か暗殺の可能性もあるな。
トルーマンにならなきゃ、日本の降伏なんて受けれないだろうから。
208.名無しさん:2017年01月03日 16:00 ID:dk7Bg1qo0▼このコメントに返信
だけ…そう…
そんな百年前から決まってる話やめんかね!
209.名無しさん:2017年01月03日 16:12 ID:4VHo3Uf.0▼このコメントに返信
だから、中東やアジアがJapan~と成る。
210.名無しさん:2017年01月03日 16:13 ID:vgU.Fw4C0▼このコメントに返信
ガダルカナルまで一度も負けなかった?
ポートモレスビー攻略作戦で負けてますよ
半年ももたなかったじゃん

当初の戦略通り(西太平洋での艦隊決戦)にやってた方が、勝つ可能性高かった気がするよ
アメリカ軍が出てきたところを空母艦隊で撃滅
真珠湾内と違って太平洋上だと船員も助かんないし、船も引き上げられない
フィリピンのアメリカ軍を生かさず殺さずしておびき出せばよかったのに
大打撃を与えられれば、ワンチャンアメリカ人の厭戦気分で講和できたかも
211.名無しさん:2017年01月03日 16:15 ID:SRVplvaw0▼このコメントに返信
※205
マスコミとは違う論調が見られるのが新鮮。
特亜やサヨクがどういったものであるのかを学ぶ場でもあるな。やはり日常で出くわす日本人とはかなり異質。
知っていればどうと言うことはないが初見ではかなり面食らう。
マスコミが必ずしも日本の味方をしていないことも良く判る。明らかに日本人じゃない連中と異口同音ってどうなのよ。
しかもここでは簡単に論破されてるし。
212.名無しさん:2017年01月03日 16:20 ID:KwRXz5Fv0▼このコメントに返信
※210
開戦序盤のウェーク島攻略に4艦隊が失敗してるぞ
半年どころか半月持たなかった
213.名無しさん:2017年01月03日 16:20 ID:odWgr0v90▼このコメントに返信
後々マッカーサーも日本を満州から引き揚げさせなかったほうが良かったんじゃないかって発言してるしな。
日本もアメリカも失政に次ぐ失政で見てられん状態だよな。
214.名無しさん:2017年01月03日 16:25 ID:ts64kCmO0▼このコメントに返信
ドイツ様の方が凄いんだよなぁ…
フランス落としてからの1943年まで連合国に第二戦線作られなかったし
イタリア陥落後もイタリア半島でとどめていたし更に言えば
1943年ぐらいまではソ連とも互角だった 完璧に覆ったのは1944年
というかドイツ単独で5年半戦い抜いたんだぜ
215.名無しさん:2017年01月03日 16:26 ID:E8KqaNrS0▼このコメントに返信
日本も勝てると思ってたのはヤバイ連中で仕方なく戦争を始めた東条はある程度力をみせて和平交渉ですませようと思ったけどアメリカが思ったよりえぐかったのが真相。っていうかアメリカは日本を最初から痛めつける気満々だったからね。戦わなくてもどっちにしろ詰んでた
216.名無しさん:2017年01月03日 16:27 ID:3WhrDkQ.0▼このコメントに返信
マスメディアはほんといつの時代も害悪だなって
217.名無しさん:2017年01月03日 16:28 ID:JERqM7hP0▼このコメントに返信
アメリカちゅうかルーズベルトが悪かったんだけどね
日本とドイツが全部悪いんだソ連と中国は善良なんだ枢軸国さえ滅ぼせばみんなハッピーになれるんだと思い込んでたから
218.名無しさん:2017年01月03日 16:31 ID:KwRXz5Fv0▼このコメントに返信
日本、ドイツ、イタリアの枢軸国は日本のパールハーバー奇襲後に、お互い抜け駆けして連合国と単独講和しない様にとの協定を結んだ
つまり短期決戦なんか最初から不可能

”短期決戦”論は戦後恐らく海軍シンパと左翼メディアが組んで広めたんだろ
219.名無しさん:2017年01月03日 16:34 ID:DxknnU8q0▼このコメントに返信
※210
生き残った空母と寄せ集めの軍艦にも苦労したのに、
あれに真珠湾で沈むはずだった艦船まで護衛でついてきたら
撃滅どころじゃねーよ。
220.名無しさん:2017年01月03日 16:36 ID:KYfA8.ga0▼このコメントに返信
俺は当時の日本も戦闘機も大好きだが、アメリカ相手に総力戦に突き進む無定見さは無責任だったと思う。
心から失望したのは、台湾沖航空戦の結果発表。
尊い人命を用いた作戦であるから、戦果を信じたい気持ちはわかるんだが、その後の作戦行動をさらに破滅させるような軽率さがあってはならない。
戦果についての分析で異論反論が出ようとも、現実を見つめる視点こそが優先されるべきだった。

似たような例として、山本五十六氏が、ミッドウェー海戦で空母が全滅する中でも碁だか将棋を打っていた話。昔の小説とかなら、「動ぜず」的に美談として扱ってもらったんだろうけど、日本の総合力を考えれば、これはまずい。
敗戦の知らせがあったなら、どれだけ狼狽しようとも、戻せる機体や艦船を速やかに撤収させ、後手に回ってもその中での最善を尽くすべき。それが臨機応変ということ。

また、桜花攻撃隊支援戦闘機の隊長等が、戦果が得られる見込みのない中で桜花の出撃を援護した際、軍部の見通しの甘さに憤慨し戦果および被害の報告をあえてしなかった話なんかも伝わっている。これも軍部の無定見を示す話として捉えるだけではすまない。
現実には、制空戦闘機隊の隊長という要職にある人が報告を怠っており、明らかに職務放棄。

非常に厳しい見方になるけれど、当時の日本軍関係者はプロフェッショナルになれていない気がします。
だから、アメリカ相手に戦争をしたことの無謀さを伝えることができたとしても、結局開戦しちゃうんじゃないでしょうか。
221.名無しさん:2017年01月03日 16:38 ID:4H0zJdYB0▼このコメントに返信
※196
結局、アメリカの日本統治は上手くやってるってことね

お前、日本みたく統治が上手くいった国は、その国が頑張ったのであってアメリカの手柄でない
失敗した国は、アメリカの統治が失敗したって理屈で考えてるな

222.名無しさん:2017年01月03日 16:42 ID:WOPahoJe0▼このコメントに返信
※214 ポーランド、フランス、ソ連戦初期の ドイツ軍主力戦車の半分は チェコ製だったのでは
対ソ戦では、フランスの工業力も つかえたのでは
223.名無しさん:2017年01月03日 16:43 ID:JJf7qiSs0▼このコメントに返信
アメリカと戦争する10年前から中国で戦争やってた事知らない人多いよね。
真珠湾攻撃の頃には都市部では一部食糧品などの配給制が始まってました。
3年9ヵ月どころじゃないんだよ、約14年も戦争やってんだよ。
224.名無しさん:2017年01月03日 16:45 ID:J5n4E.cK0▼このコメントに返信
戦争なんかもっと前から始まってたんだ。米国恐慌、関東大震災から繋がって、2.26事件、満州事変まで行ってるんだ。ドイツだって借金から戦争に繋がってる。だから、ドイツは財政拡大をいまでもやらない。
225.196:2017年01月03日 16:48 ID:SRVplvaw0▼このコメントに返信
※221
結局の二文字だけで説明終わらすなw 一番肝心なとこだろ。
ああ、そう言う理屈で考えてるぞ。文句あるか?
226.名無しさん:2017年01月03日 16:57 ID:Qv7clA.60▼このコメントに返信
ミッドウェーの頃にレーダーがあればなあ
でもミッドウェーで勝ってても負けたろうなあ
国力が違いすぎる
227.名無しさん:2017年01月03日 16:57 ID:nrEbch3Q0▼このコメントに返信
※166
計算上は面白いけどさ、8000万中2000万とかほぼ老人子供(これもとこまで年齢が上下するか)
日本から男子が居なくなるけどそれって積んでるだろw。ソ連がそれで戦後適齢期の男が居なくなった訳でw
228.名無しさん:2017年01月03日 17:01 ID:SRVplvaw0▼このコメントに返信
※224
ドイツ政府自身は財政出動させまくったりはしてないがその分をドイツ銀行やら民間に負わせているので経済そのものはかなりレバレッジが効いている。必ずしも手堅いとは言い難い。
日本と比べたら信用不安にはめちゃくちゃ弱いぞ、ドイツ。EUの他の国はもっと弱いのでその面倒はドイツが見ないといけないしな。ギリシャが転けた程度で大騒ぎ。原油が下がっても大わらわ。あいつらどんだけ投機につっこんでるのやら。中国にも入れ込みすぎ。世界経済の成長に限界があるとも世界大戦なんか起りっこないと決めつけていたんだろうな。存外次の大戦の火種はドイツだったりしてな。
229.名無しさん:2017年01月03日 17:03 ID:8lfZSzHZ0▼このコメントに返信
ゲームとして想定したら特攻2000万人で勝つシナリオは可能だが、
現実にそれやってアメリカが講和に応じても復興できないんだよな。

湾岸戦争に負けた後の荒廃したイラクみたいに更に包囲されて、
今度はもっと悪い初期条件で屈服か戦争かを迫られる。
230.名無しさん:2017年01月03日 17:12 ID:bMl8wd9w0▼このコメントに返信
しかし、ここに沸く中韓北のありがたいスピーカーさまは噛みついたり反論したり大変だねー。

シナなんて中国国民党、中国共産党なんてアメリカとソ連の手下で白人の尖兵。

北、韓、なんぞ大日本帝国の本土を守るための満州、半島、と、ソ連と国境を接さないための緩衝地帯、防護地帯で大東亞戦争とほぼなんの関係もない第.三.国.人で、ここにコメントつける資格もない赤の他人じゃないか?

あえていうなら北の金日成が辛うじて戦っているらしいがあいつ偽物の背乗りだろ。

中国国民党はインドの独立を邪魔しているし、中国共産党は戦後に周辺諸国を侵略しまくりのアジア人の敵だろ。

あと、日本が負け戦を戦ったのは無駄だというがバルカン半島のチトーは民の2割が消え去っても戦い抜き、イギリスとソ連の分割を力で押し返した。少なくとも『国を守ろうとした行動』を起こしスターリンに分割を諦めさせた。日本とて戦いぬき占守島の戦いでソ連の侵攻を遅れさせた。抵抗は無駄ではなかった。

少なくとも『銃弾の一発も撃たず半島を明け渡した』(セルドオ・ルーズベルト)どっかの半島とは違う。
231.名無しさん:2017年01月03日 17:15 ID:KwRXz5Fv0▼このコメントに返信
※92
昭和18年2月のガダルカナル島撤退以降、基本的に日本は負けっぱなしやぞ
それを4年間の健闘って言われてもなあ

日本が米軍にガチ勝利できたのは開戦序盤のフィリピン攻略戦が多分最後
232.名無しさん:2017年01月03日 17:20 ID:gCtXZKBP0▼このコメントに返信
凄くないよ結局負けたんだから
戦った期間で誇るような負け犬根性はやめろ
戦争はやるからには勝たないといけないんだ
233.名無しさん:2017年01月03日 17:21 ID:G7ZVSuOS0▼このコメントに返信
アメリカは日本をコテンパンに叩きのめし占領した。
その時から「アレッ日本とはこんな国なのか?」と違和感を感じ、
次第に自分たちは戦うべき相手を間違っていたのでは?と思うようになり
朝鮮動乱勃発に至りそれは確信となった。
アメリカは日本がどうしてあれほど満州に執着したのか理解した。
日本は一人で極東の防共の砦として孤軍奮闘していたのだ。
しかし時既に遅し。シナ大陸は赤化し朝鮮半島北半分も赤化した。
アメリカは日本の代わりに極東の防共に取り組む羽目になり
やがて泥沼のベトナム戦争に嵌り込むことになる。
234.名無しさん:2017年01月03日 17:22 ID:G7ZVSuOS0▼このコメントに返信
※232
第二次世界大戦で戦争目的を達成したのは敗戦国の日本のみ。
235.名無しさん:2017年01月03日 17:23 ID:gCtXZKBP0▼このコメントに返信
※234
まさかアジアの解放なんて後付けを本気で信じている輩ではないだろうな
236.名無しさん:2017年01月03日 17:25 ID:SRVplvaw0▼このコメントに返信
※235
俺も本気で信じる輩の一人だよ。他の戦略目標は軒並み失敗したのだからそのくらい威張らせろ。
戦争は結果が全て。アジアの開放も結果の一つだわい。ご不満?
237.名無しさん:2017年01月03日 17:26 ID:G7ZVSuOS0▼このコメントに返信
※235
後付ではなく開戦の大義名分として明記したことだろう。
238.名無しさん:2017年01月03日 17:26 ID:4H0zJdYB0▼このコメントに返信
※225
そりゃアメリカ否定が最初にあっての考えだね
手柄を取り上げ、ネガな部分だけ見れば、世界中どこの国でも戦後処理が下手くそな国になる

239.名無しさん:2017年01月03日 17:30 ID:koqKrM1y0▼このコメントに返信
空爆だけで負けたからたいしたことない。
ドイツなんて空爆受けても本土蹂躙されるまで耐えてるだろ。
240.名無しさん:2017年01月03日 17:37 ID:KwRXz5Fv0▼このコメントに返信
※236
サンフランシスコ講和条約の受諾演説の際に、インドネシア、ベトナム、カンボジアなどの国が日本の侵略行為を糾弾する演説をしてるそうやぞ
その際アメリカはむしろ日本の立場が悪くならないようにフォローしてくれていたとの事w



241.名無しさん:2017年01月03日 17:39 ID:bMl8wd9w0▼このコメントに返信
米235

自分も信じているぞ。しかも、母体の大日本帝国が無くなったが見事達成し、しかも、当時の覇権国家の大英帝国を道連れにした。

白人支配に終止符を打ち白禍を防いだ偉業でしょ。現在の西洋が没落しているのは大日本帝国の置き土産だよ。すげーだろ?
242.名無しさん:2017年01月03日 17:39 ID:G7ZVSuOS0▼このコメントに返信
対米戦に踏み切らねば日本は内乱起きていただろうな。
石油も鉄も止められちゃあイチかバチかの開戦しか無い。
開戦したことより、戦争に至ることになった外交の敗北こそ責められることだと思う。
蒋介石のロビー活動によって実像とは異なる支那のイメージ、日本のイメージがアメリカ社会に植え付けられていた。
243.名無しさん:2017年01月03日 17:44 ID:GWTF1xjh0▼このコメントに返信
映画の話とかで、1944年制とか言われるとおおぅとなるよな
244.名無しさん:2017年01月03日 17:54 ID:G7ZVSuOS0▼このコメントに返信
まあ、今後、空母機動部隊の艦隊決戦なんて無いんだろうな。
245.名無しさん:2017年01月03日 17:56 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
※235

後付けやないで、開戦前に「なぜ戦うか?」という冊子が兵士に配られてそこに堂々と「アジア解放」が掲げられていたそうだ。

で、当時アメリカに住んでいた日系人がアメリカ人に尋問を受けたなんか拘束された時に
「日本は負けるだろうが、アジアは解放される」と堂々と言ってのけたそうだ。

つまり、在米日系人ですらそういう意識も言っていたほど、アジア解放は多くの日本人に共有されていた大義だったんだよ
246.225:2017年01月03日 17:58 ID:SRVplvaw0▼このコメントに返信
※238
キミはアメリカが好きなのかもしれないがそれならアメリカの戦後処理が上手かった事例でも上げとくれよ。
朝鮮戦争が起きたのは戦後処理の不味さからだし国民党の面倒を見きれず大陸が赤化したのも戦後処理の不味さから。大陸の権益獲得はアメリカの目先の最終目標であって日本に勝利したからとどうだというくらい本末転倒。アフガニスタンの後始末もその後のビンラディン擁すアルカイーダの台頭もそのあとの後始末もイラクの始末もシリアの顛末もいろいろ最悪に思う。上手かった試しが思い当たらん。
俺もアメリカは好きだが良き友人としてアメリカの欠点も良く知っているつもり。アメリカの戦後処理に関して肯定出来るところがちょっと思いつかんってだけ。あるなら教えておくれ。
247.名無しさん:2017年01月03日 17:58 ID:Msr5V.6A0▼このコメントに返信
日本がアメに戦争しかけなきゃ世界秩序はまるっきり違っただろなあ
248.名無しさん:2017年01月03日 18:00 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
1919年に国際連盟において堂々と「人種差別撤廃」を訴えた日本人。そして1924年にアメリカでいわゆる排日移民法が成立し、日系移民が全面禁止されると、日本国民の対米感情の悪化は決定的なものとなった。

歴史は全部繋がっている。
249.名無しさん:2017年01月03日 18:03 ID:hq.QcNUm0▼このコメントに返信
※231
いや、その後の米軍が被害皆無のままゴリ押しできたならともかく、
反撃でボロボロになりながら増産攻勢で乗り切っただけ。

正確には乗り切ることさえできなかった。

原爆投下と玉音放送で「国体護持を条件とする武装解除」に持ち込めただけ。
250.名無しさん:2017年01月03日 18:09 ID:nrEbch3Q0▼このコメントに返信
アメリカが日本と戦争しない選択肢も有った、アメリカの国益のみを見ればね。
戦争せずともヨ-ロッパの混乱に乗じてフィリピンを拠点に東南アジアを席巻出来た訳でw
ル-ズベルトとその取り巻きは、白欧主義と人種差別それにカネカね利権で別の方法を取った訳だ。
今現在と見比べてみると面白いことに成ってるよねw。
251.名無しさん:2017年01月03日 18:09 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
日本人に対する誤解と偏見があれほどの殺し合いに発展してしまった。 
中国なんぞ嘘と謀略タナボタで戦勝国になったようなもんだろw
だから歴史を教訓とし反省するならば、反日プロパガンダを甘く見てはいけない。
きっちりと反論してぶっ潰していかないと。従軍慰安婦とかいう大嘘への対処を見てもホントに日本人は甘すぎて自分の首を絞めている。
252.名無しさん:2017年01月03日 18:14 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
アメリカがもしも誤解や偏見に騙されず日本と戦わず、日本と組んでいたら。
乗り越えなければならないいくつものハードルはあるだろうが、世界は遥かに平和になっていた悪寒。
世界の癌化している中国人自身も今よりずっと良い環境で幸せに暮らせていたんじゃないか。
253.名無しさん:2017年01月03日 18:15 ID:SRVplvaw0▼このコメントに返信
※231 ※249
終戦早々日本軍を解体したアメリカではあるがよっぽど日本軍がイヤだったのだろうな。
その結果朝鮮半島一部と大陸支那は赤化したんだと思う。日本軍を残して朝鮮半島の治安維持に当らせていたら朝鮮戦争は起きなかったかもしれないし一時的にでも大陸の日本軍を国民党の指揮下として治安にあたらせていたら大陸が赤化しないで済んだかもしれん。
マッカーサーも当然ちらっとは考えただろうよ。どう考えたってその方が合理的。それでも早々に解体させたのはトラウマレベルで日本軍が剣呑だったからと思われる。戦後に日本軍が活躍してしまったら存続を認めないわけにも行かなくなるからな。
254.名無しさん:2017年01月03日 18:16 ID:cq..8HMW0▼このコメントに返信
※220
・・・だという話は信用できない実際見たわけじゃない、只俺たちゃ結果を見てそれまでの状況を判断しながら個別の意見感想を言うだけ。山本五十六が空母群が殲滅された状況を知りながら碁打ってた?何処までホントのことやら?
255.名無しさん:2017年01月03日 18:16 ID:hq.QcNUm0▼このコメントに返信
※250
当時の状況を見れば、崩壊寸前の大英帝国に加勢して
日本軍と張り合うメリット無いんだよな。

256.名無しさん:2017年01月03日 18:19 ID:1BtJHIj20▼このコメントに返信
アメリカはドイツと日本の相手して勝ったからな
ドイツもソ連とアメリカの友達相手にあれだけもったのは凄いし
日本も最後までアメリカ相手に奮闘したのも凄い
今後ドイツや日本みたいな相手はアメリカに現れないだろうな
257.名無しさん:2017年01月03日 18:22 ID:SRVplvaw0▼このコメントに返信
※252
戦後が終わってからは日米共にそう言う考え。70年以上も関係か続いたのだ。今更日米で敵対する理由もなく利害も対立しない。
アメリカ一国で世界と戦うにはちと財政が厳しいし、野望をいだくには世界丸ごとは過大すぎる。
258.名無しさん:2017年01月03日 18:29 ID:iBPasxRy0▼このコメントに返信
まぁ戦時中といっても、最後の数ヶ月以外はみんなのほほーんと生活してたんだよなー。
259.名無しさん:2017年01月03日 18:30 ID:G7ZVSuOS0▼このコメントに返信
※251
その通りで、当時アメリカでは蒋介石のロビー活動が実り
支那はのどかな農村国家でそれを侵略してくる野蛮な日本というイメージが定着していた。
260.名無しさん:2017年01月03日 18:44 ID:G7ZVSuOS0▼このコメントに返信
アメリカ軍は朝鮮動乱でヘタレで身勝手な朝鮮人を味方に抱え
機銃を撃ちまくってもワラワラ湧いてくる人民解放軍兵士を相手にして
改めて朝鮮人を手なづけ支那では連戦連勝していた日本軍は凄かったんだと思ったそうだ。
261.名無しさん:2017年01月03日 18:46 ID:.KeeRtwx0▼このコメントに返信
アメリカは、主戦場はドイツで予算の7割を使っている。
日本は、アメリカより圧倒的な戦力があったのにミッドウェー海戦で、赤子の手をひねるように負けてしまった。
アメリカからすれば簡単に勝てるあいてだった。
日本軍は南の島で玉砕戦法をよく使った。敵の機関銃のに突進していく戦法だ。ほとんど全滅した。アメリカは殆ど損害がなく勝利した。
アメリカ兵は「日本兵は馬鹿ばかりだ。」と言っていた。
硫黄島の戦いでは多くのアメリカ兵が死んだが、それはあまりに多くの兵で攻めたので見方を撃ってしまったからだ。味方を殺したとは言えないので日本兵のせいにしている。
玉砕戦法が効果なく、南の島がとられ、サイパンからb29が日本の都市を爆撃して、あっけなく敗戦した。
アメリカにとっては楽勝の相手だった。
262.名無しさん:2017年01月03日 18:48 ID:4H0zJdYB0▼このコメントに返信
※246
統治が上手くいった例で、日本だって言ってるだろが。何回言わせるんだよ
作り替えられた事にさえ気づかれずに自分たちでやったと思い込んでるお前みたいなヤツが統治の上手くいってる実例だ
列強の一角であった大日本帝国が国土を失いアメポチになって、さらにその現実を見ようともしないその不自然な姿勢に気付け

263.名無しさん:2017年01月03日 18:53 ID:G7ZVSuOS0▼このコメントに返信
まあ、現代でも3年3ヶ月にも及ぶ民主党政権にも持ちこたえたからな。
大震災も原発事故もあったのにそれでも潰れない日本は凄いよ。
264.名無しさん:2017年01月03日 18:57 ID:bMl8wd9w0▼このコメントに返信
米261

うそばっかりの工.作員さんごくろーさん。すでに論破されまくりのスピーカーは大変ですなー。
まあがちでアメリカと対戦できないヘタレよりはましですわ。クチダケバンチョー
265.名無しさん:2017年01月03日 18:59 ID:siqWGoFb0▼このコメントに返信
このサイトの管理人はコメントよく見てるな。

今どんな話題が盛り上がってるか反応を見て、次の記事をチョイスしてるよね。

ウヨもサヨもどっちも人生の貴重な時間をPVに還元されて金儲けの道具にされてるこの滑稽さ。
266.名無しさん:2017年01月03日 18:59 ID:FdIZFb890▼このコメントに返信
戦ったら4-33だった(阪神関係な)
267.名無しさん:2017年01月03日 19:02 ID:G7ZVSuOS0▼このコメントに返信
※262
日本の場合、行政機関がちゃんとしていたからね。
作り替えたと言っても統治機構はそのまま機能していたわけで
統治成功したのはいじりすぎなかったことに尽きる。
韓国みたいに能力二の次で親米反日第一の人間に権力持たせていれば
大混乱だっただろうな。
268.名無しさん:2017年01月03日 19:13 ID:4H0zJdYB0▼このコメントに返信
※267
そのちゃんとしていた行政機関や統治機構ってのも
当然、そのままでなくアメリカが邪魔と判断した人間は公職追放して望む形にしたよね
アメリカは終戦前から数年間に渡って検討して、天皇など使えるものは残す、厄介な軍や財閥は潰す、
法は望む形に変えるとやった
日本に金をぶちこみ求める形に変えたんだ
269.名無しさん:2017年01月03日 19:19 ID:eKxuVd2O0▼このコメントに返信
アメリカ相手に3年9ヶ月戦った日本凄すぎ(なお国中が大規模空襲や核攻撃で焼け野原にされた模様)
270.名無しさん:2017年01月03日 19:28 ID:SRVplvaw0▼このコメントに返信
※269
総力戦やって全てを失ってそこから這い上がってのし上がったのだから実際大したもんだ。
どっかの国と違って賠償だの復興資金を求めたり投資を求めたりスワップを懇願したりもしない。
なに、次勝ちゃいい。敗戦の反省なら未だに繰り返しやっている。日本人は反省好きで研究熱心なのだ。
キミには判らんのだろうけどな。
271.名無しさん:2017年01月03日 19:29 ID:KwRXz5Fv0▼このコメントに返信
一応負けはしても米軍に相応の被害を出せていた昭和17年と違い、18年は戦うたびに自軍はズタボロにやられる一方で米軍側にはろくに被害が出ないという、賽の河原モードになる帝国海軍
18年前半のい号作戦、同後半のろ号作戦とか
272.246:2017年01月03日 19:32 ID:SRVplvaw0▼このコメントに返信
※262
例外上げたってしょうがないだろ。こちとらマゲ結ってゴザル言ってた頃から30年かそこいらで列強入りしてるんだ。
つまり日本以外のその他はどうしょうもないって事だね?おつかれさん。
273.名無しさん:2017年01月03日 19:33 ID:irYBwG.r0▼このコメントに返信
※271
新撰組の戦法は赤穂浪士の討ち入りを手本にしたもので、基本的に3対1で相手にあたるというもの。
これだと剣の達人でもそこそこの相手に傷一つ付けられない。
まあ。こんなものだっただろう。
負けるときはこんなもの。
だからといって、負けた方が弱かったとは言えない。
支那や朝鮮は馬鹿でチキンで弱かったというのは言えるwwwwww
274.名無しさん:2017年01月03日 19:35 ID:irYBwG.r0▼このコメントに返信
※265
そんなことはない。
公安監視対象であることには変わりがない。
身元は調査済み。
275.名無しさん:2017年01月03日 19:36 ID:irYBwG.r0▼このコメントに返信
※261
>硫黄島の戦いでは多くのアメリカ兵が死んだが、それはあまりに多くの兵で攻めたので見方を撃ってしまったからだ。味方を殺したとは言えないので日本兵のせいにしている。

ほかの戦場も同じだろう。
負け犬支那(日本の領土)朝鮮wwwwww
276.名無しさん:2017年01月03日 19:40 ID:irYBwG.r0▼このコメントに返信
※235
アジアは日本が意図的に開放させた。
欧米は戦後再奪還しようとして失敗した。
支那はその後卑怯にも侵略を重ね、今後懲罰として分割統治される。
元はドルと円に置き換えられ、時給10円でありがたくも糧を得る。
自転車を持てれば富裕層。
20年前に戻るだけ。なつかしいねえ。その方が支那らしい。朝鮮は臭い町にまた戻る。
277.名無しさん:2017年01月03日 19:41 ID:4H0zJdYB0▼このコメントに返信
※272
だから、それさっきも言った
上手くいったところは例外、失敗したところだけカウントするってやり方だろ
そのやり方なら、古今東西全ての国が統治下手にしかならない

278.272:2017年01月03日 20:04 ID:SRVplvaw0▼このコメントに返信
※277
アメリカのは特に酷いっつってんだよ。
日本の台湾経営も満州の経営も上手く行っていたし朝鮮半島だって画像で見る限り随分豊かだ。少なくとも日本のやってきたことがアメリカより下手とは言わさんぞ。
朝鮮半島については異論もあるかもだが民族性だろうな。日本が行かなければ下手すれば未だに竪穴式住居だったろうが。
279.名無しさん:2017年01月03日 20:06 ID:G7ZVSuOS0▼このコメントに返信
※268
いや、
元々統治機構がちゃんとしていた日本をアメリカの統治が成功した例として挙げるのはちと違うかな
と思って書いただけで、気に触ったらすまんな。
280.名無しさん:2017年01月03日 20:31 ID:4H0zJdYB0▼このコメントに返信
※278
そんなの台湾と朝鮮は例外って言えば、終わりじゃん
上手くいったところは例外扱いする、お前の言ってる事ってそういう事だぞ
281.名無しさん:2017年01月03日 20:38 ID:G7ZVSuOS0▼このコメントに返信
自衛隊がイラクに行った時のエピソード見ると

日本による台湾や朝鮮や南洋の植民地経営が上手くいった理由があると思う。
282.名無しさん:2017年01月03日 21:01 ID:irYBwG.r0▼このコメントに返信
支那朝鮮人はチキンで惨め。
お笑いタレント
かわいそう。
283.287:2017年01月03日 21:02 ID:SRVplvaw0▼このコメントに返信
※280
日本が統治した殆ど全てじゃないか。そういうのを屁理屈って言うんだよ。東南アジアとか版図は広げはしたあれは戦時下だしな。
284.名無しさん:2017年01月03日 21:05 ID:KYZMom.K0▼このコメントに返信
※252
ヒトラー「だから言ったじゃん。敵はソ連だって。」
285.名無しさん:2017年01月03日 21:07 ID:irYBwG.r0▼このコメントに返信
※274
書き込んだやつの身元は確認済み。
別に私は構わん。逆に世界に打って出たいぐらいだ。
286.名無しさん:2017年01月03日 21:09 ID:4H0zJdYB0▼このコメントに返信
※283
つまりお前の言い分をまとめると
日本の統治は成功したら実力、失敗したら例外
アメリカは成功したら例外、失敗したら実力
だから、アメリカほどヘタな国はないって事ね

大変素晴らしい無敵論法だな
自分がどれだけおかしな事を言ってるかよく考えて欲しいところだが、多分、素で分からないだろうな
287.名無しさん:2017年01月03日 21:17 ID:ehqAThW10▼このコメントに返信
本スレ58
> >>55
> 一次大戦以降拡大政策を
> 辞める流れ出てたのにするのが悪い

戯言。
そんなの日本が知るか。
もし日本が知っても日本が信じるだけの証拠等は有ったのか?
日本に信じさせるだけの努力はしたのか?
「欧米列強は日本を植民地化しない」←これを日本に信じさせるだけのご立派な行動が伴っていたとでも言うのか?
288.名無しさん:2017年01月03日 21:21 ID:ehqAThW10▼このコメントに返信
※7
「国防は当然」と言う日本になる前に氏んで下さいね。
その方がお互いのためです。
289.名無しさん:2017年01月03日 21:30 ID:ehqAThW10▼このコメントに返信
※26
> 富の偏在や階級格差

狂惨主義は狂惨支配層に富が集中し、支配層と平民という厳格な階級格差が生まれます。
290.名無しさん:2017年01月03日 21:33 ID:EB8cvv600▼このコメントに返信
言うなればアメリカはよそ見しながら片手で全力の日本とやりあってたんやぞ
アメリカが正面から両手構えてたら芋虫みたいに潰されてたやろなぁ

それ言ったら日本だって中国にかなり戦力裂いて更に東南アジアほぼ全部、果てはインドまでいってんだぞ
291.名無しさん:2017年01月03日 21:44 ID:ehqAThW10▼このコメントに返信
※84
横レス?だけど
WGIPの存在は連合軍が悪である大きな証拠。
292.名無しさん:2017年01月03日 22:05 ID:Wyl6nCUm0▼このコメントに返信
国力に差がありすぎ
あれは勝てない
293.名無しさん:2017年01月03日 22:06 ID:6.d6ek200▼このコメントに返信
※235
君がどういう意味で言ってるのか分からんけど、「日本がアジア解放の端緒を開いた」ってんならそうだと思うけど、「日本がアジア解放をやった」ってんなら、無理ありすぎだよね。
戦時中にもイギリス軍は日本軍に勝ち始めてたし、それを度外視しても、日本軍が撤退した後に英・仏・蘭は再統治しようとしてるし。
俺的には直接的にアジア独立をもたらした三要素は
1.WW2に起因する、ヨーロッパ列強国の弱体化
2.現地住民の猛抵抗、自助努力
3.冷戦構造の中でのアメリカの意向(ヨーロッパ列強による支配の解体、反共を掲げる味方を増やす)
だと思われ。
294.名無しさん:2017年01月03日 22:08 ID:6.d6ek200▼このコメントに返信
※90
ついでに言えば、ソ連牽制のために80万の兵力を貼り付ける状況だわね。
295.名無しさん:2017年01月03日 22:09 ID:trB228zm0▼このコメントに返信
※222
黄作戦に参加したのはIII号398両、IV号280両に対して35(t)が118両に38(t)が228両。
つまり主力戦車といえる1024両のうち、チェコ製だったのは約33%に留まってる。

ttps://de.wikipedia.org/wiki/Westfeldzug
296.名無しさん:2017年01月03日 22:10 ID:6.d6ek200▼このコメントに返信
※293は※235ではなく※236
297.283:2017年01月03日 22:10 ID:SRVplvaw0▼このコメントに返信
※286
キミアホだろ。日本がやった戦後政策や統治の失敗例がないってだけだ。少なくとも俺は思い浮かばなかった。
あ、朝鮮半島は例外。こいつらの皇民化に失敗しとるわな。日本が残したインフラぶっ壊して内戦やるわ南に戦後日本があれだけ援助してやってもあの程度。援助には北の分も含まれていた訳なのだが。全く以て残念至極。とは言うものの南北朝鮮人の問題であって日本のせいではないわな。世間的には充分良くしてやった部類。少なくともアメリカの戦後政策よりはまし。というかアメリカにぶち壊しにされた面は大きい。ちょっとはアメリカに怒れ韓国人。あと日本には感謝しろ。ダメはダメなりにそれでも最善は尽した。
前にも書いたがアメリカの戦後政策のおかげで日本が今の形になったわけじゃないのよ。日本人の努力のたまものだわい。アメリカが日本に何かやってくれたか?日本が復興して日本の戦争特需が終わってアメリカ経済が停滞したらここぞとばかりに日本を潰す勢いで為替水準変えて来やがるしな。実際相当意地が悪いぞアメリカ。日本以外ならとっくに潰れてるわい。ウォンが上がったの下がったので死にそうになってる韓国なら間違いなく死ぬ。何が貿易摩擦だ。日本人がかつてどれだけアメ車に憧れていたと思うよ。完全にアメリカの営業努力の欠如だわい。米軍駐留?日米安保?アメリカの国益のためだろ。ボランティアじゃないぞ、あれ。日本を例外とするのは当り前だ。
298.296:2017年01月03日 22:31 ID:SRVplvaw0▼このコメントに返信
※293
む、俺か。
戦争は結果が全て。イギリス軍は日本軍に勝ちきれてないし結局アジア諸国の独立を食い止められなかったのだから同じこと。
日本は中華人民共和国に負けた覚えが無いのだがなんかあいつ等勝ったことにしてるしな。実際戦った中華民国にも戦闘で負けた覚えはない。まあ俺自身アメリカに負けただけで中国戦線が負け戦とはこれっぽっちも思っていないわけだが。アメリカもアメリカこそが日本を負かせたのであって中国が勝ったとかイギリスが勝ったとか思っちゃ居ないだろう。
少なくともアジア諸国の植民地からの脱却は日本が欧米列強に対して意地を見せたことに起因するのだから1.2.3ともにどうだって宜しいと俺は考える。むしろ各国の自立自尊こそ本来日本が目指した形と言えよう。そのために戦後も残留日本兵が多数各地に残っていたのだからな。国家の命令じゃないぞ。アジアの開放を目指したのは日本人の意地で共通認識だわい。日本の命令だったとしても日本にとって特に国益でも何でもない。
299.名無しさん:2017年01月03日 22:33 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
※293
ちとそのこだわりの意味が分からんが、
君は、欧米列強に支配された状態で、日本抜きでどうやったらアジア諸国が独立できたっていうのかね?
どうやったら追い出せたと言うのかね?日本が敗れた後再占領しにやってくるような連中だよ?
日本が叩き出し、弱め、そして、アジアの国々の人々の意識を変え教育し武器を与え、更に日本人の有志が戦闘に参加した。
これらの歴史的事実なしにどのようにそれが可能になったと考えるわけ?

「日本がアジア解放を(現地の国々の人間と協力して)やった」ならいいわけ?
300.298:2017年01月03日 22:35 ID:SRVplvaw0▼このコメントに返信
※293
ごめん俺も間違った。ややこしいな。お名前は296ではなく235。  ※235
301.名無しさん:2017年01月03日 22:36 ID:trB228zm0▼このコメントに返信
※222
ポーランド戦の参加車両を見てもIII号が98両、IV号が198両に対し35(t)が112両、38(t)が
57両。つまり合計465両のうち、チェコ製だったのは169両に留まり、割合としては約36%
に過ぎない。

独ソ戦の開始時は35(t)が160両、38 (t)が660両に対しIV号が439両、III号が965両。
チェコ製車両は全部合わせてもIII号の合計にも満たないくらい(約36%)。

つまり、チェコ製戦車はドイツ軍戦車部隊の半分どころか、4割に達したこともない。
302.名無しさん:2017年01月03日 22:36 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
日本がアジア人に与えた影響は日露戦争から始まるよね。これで勇気をもったアジアの人々は多い。

ロスロップ・スタッタード(アメリカ、歴史学者)

 すでに四百年の間、連続的勝利によって、白人は本能的に自己の膨張は無限に継続するものと信ずるに至った。1904年の日露戦争以前には、自己の膨張が停止するというような思想は白人千人中の一人にも考えがおよばなかった。(中略)1900年は、四百年間みなぎりきった白人潮勢の頂点であった。白人はその時、威名と実力の頂上に達したのである。その後わずか四年にして日本は猛然起って露国に抗し、旅順港に巨砲弾を浴びせて世界を驚かした。その刹那に白人の退潮が始まった。
303.名無しさん:2017年01月03日 22:40 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
ブン・トモ(インドネシア、元情報・宣伝相)

  我々アジア・アフリカの有色民族は、ヨーロッパ人に対して何度となく独立戦争を試みたが、全部失敗した。インドネシアの場合は、三百五十年間も失敗が続いた。それなのに、日本軍が米・英・蘭・仏を我々の面前で徹底的に打ちのめしてくれた。我々は白人の弱体と醜態ぶりをみて、アジア人全部が自信をもち、独立は近いと知った。

ガザリー・シャフェー(マレーシア、元外相、アセアン創設によりハマーシェルド賞受賞)

 日本の某代議士の「過ぐる大戦において、わが国は貴国に対しご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした」という挨拶に対して、「どうしてそういう挨拶をなさるのですか。あの大戦で日本はよくやったではないですか。マレー人と同じ小さな躰の日本人が、大きなイギリス人を追い払ったではありませんか。その結果、マレーシアは独立できたのです。大東亜戦争なくしては、マレーシア人もシンガポールも、その他の東南アジア諸国の独立も考えられないんですよ
304.名無しさん:2017年01月03日 22:45 ID:4H0zJdYB0▼このコメントに返信
※298
長いわ
統治の中から成功例だけ恣意的に除外を行ってる時点で話にならねえってんだよ
成功したのは現地国民が努力したから?
そんな言い訳が通用するなら、失敗したところは現地国民が努力しなかったから例外で終わりだろ
これで失敗はなくなったな


305.名無しさん:2017年01月03日 22:47 ID:ehqAThW10▼このコメントに返信
※106
侵略されて植民地化(笑)。まぬけ?
306.名無しさん:2017年01月03日 22:50 ID:.s6IW1za0▼このコメントに返信
その当時に生きていないとわからないけど
白人優位主義で黄色人種に対する差別と言うか白人が上で黄色人種が下と見ていた時代に
黄色人種が白人の植民地予定地を黄色人種が別の国を作って白人の思うようにできないことが
許せなかったんでしょうね
ましてや黄色人種が白人に戦いを挑むことなどありえなかった
そんな中、日本だけが欧米に戦いを挑んで約4年間持ちこたえた
そんなことを許せなかった欧米は戦後処理リンチと言うべき東京裁判を行ったのでしょう
日本が負けたのは仕方ないけれど東北の娘を身売りまでする状態まで疲弊させた朝鮮半島を
を切り離してくれたことだけは欧米の差別主義者に感謝する
今はその日本憎しと植民地支配をごまかすために始めた人権主義が自分の国を滅ぼそうとしているありさまを見ると
いろいろと考えさせられます
307.名無しさん:2017年01月03日 22:54 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
孫文
「~どうしてもアジアは、ヨーロッパに抵抗できず、ヨーロッパの圧迫からぬけだすことができず、永久にヨーロッパの奴隷にならなければならないと考えたのであります。極めて悲観的な思想だったのであります。ところが、日本人がロシア人に勝ったのであります。ヨーロッパに対してアジア民族が勝利したのは最近数百年の間にこれが初めてでした。この戦争の影響がすぐ全アジアにつたわりますとアジアの全民族は、大きな驚きと喜びを感じ、とても大きな希望を抱いたのであります~(略)~日本がロシアに勝っていらいアジアの全民族は、ヨーロッパをうち破る事を考えるようになり独立運動が起こりました」
308.名無しさん:2017年01月03日 23:02 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
ジャワハルラル・ネルー (インド建国の父)
「日本の戦勝は私の熱狂を沸き立たせ、新しいニュースを見るため毎日、新聞を待ち焦がれた。相当の金をかけて日本に関する書籍を沢山買い込んで読もうと努めた。(略)私の頭はナショナリスチックの意識で一杯になった。インドをヨーロッパの隷属から、アジアをヨーロッパの隷属から救い出すことに思いを馳せた。(略)五月の末に近い頃私たちはロンドンに着いた。途中ドーヴァーからの汽車の中で対馬沖での日本大勝利の記事を読み耽りながら、私はとても上機嫌であった」
309.名無しさん:2017年01月03日 23:08 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
 アーノルド・J・トインビー(イギリス、歴史学者)

  第二次大戦において、日本人は日本のためというよりも、むしろ戦争によって利益を得た国々のために、偉大なる歴史を残したと言わねばならない。その国々とは、日本の掲げた短命な理想であった大東亜共栄圏に含まれていた国々である。日本人が歴史上に残した業績の意義は、西洋人以外の人類の面前において、アジアとアフリカを支配してきた西洋人が、過去二百年の間に考えられていたような、不敗の半神でないことを明らかに示した点にある。
310.298:2017年01月03日 23:11 ID:SRVplvaw0▼このコメントに返信
※304
何言ってんだか判らんw
キミの言わんとする単語を抽出するのめんどうくさいや。キミ相手に読解力使う気にならん。
言葉遊びにもなっとらんようだし。ちょっとは自分の国のことでも考えたらどうだね。
日本が侵略国家だろうが極悪非道だろうが韓国人の地位は上がらんしこの時代国家としての朝鮮も韓国なんてもんも存在しないしキミの先祖は当時二等の日本人だわな。キミとの問答は何の意味も無いと俺は感じている。訳判らん上に退屈だ。
ああ?今更俺は純粋な日本人だなんて言うなよ。キミの主張はどう在っても日本人のそれではないのでな。
中国人の捏ねる理屈とも違う。
311.名無しさん:2017年01月03日 23:13 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
アジア各国の独立に日本の果たした役割がとてつもなく大きい事がわかる。
日本無しで、はたしてアジア各国の独立はあったのだろうか?という疑問すら湧くレベル。

312.名無しさん:2017年01月03日 23:19 ID:4H0zJdYB0▼このコメントに返信
※310
ああ、間違えたな
人は違いないけど、レス先が違うな
※298でなく、正しくは※297へのレスだ

ともかく日本が努力したと力説してるが、
それアメリカの手によって作られた仕組みの中でやってる時点でアメリカ統治の成功例にしかならないんだが
313.名無しさん:2017年01月03日 23:37 ID:mW04qSef0▼このコメントに返信
※312
なにやってんだかしらんが、アメリカ統治の成功失敗を分けたのはどうも統治されている側の能力資質によるところが大きい可能性が高い。
ということは、アメリカによる日本統治が成功したのは、日本の資質が良かったという事が大きいってな話をしているんじゃないのか?

で、アメリカの統治による成功例に、日本ぐらいしかないのであれば、それはすなわち日本が上手く対応してくれたから、日本のおかげってことになるよな。

そういう話じゃない?
314.名無しさん:2017年01月03日 23:44 ID:61KiP62r0▼このコメントに返信
アメリカはダメリカしたってなんとなる国だった
日本はそうではないのに
日露まで乗り切った国ともあろうものがああも自分のダメ手連発止められないでは
もはやあの世界の中でどうなってもおかしくない
実際アジアどころか己を他にブン投げるしかない始末に
315.名無しさん:2017年01月03日 23:51 ID:4H0zJdYB0▼このコメントに返信
※313
違う。資質だ何だ言ってるが、そんな言い訳できるならアメリカの統治失敗はその国の資質が悪かったから例外となる

アメリカの日本統治は例外、日本の朝鮮統治は例外って言ってるが
そうやって自説に合わない部分は例外扱いしてても何の意味ない。例外はない。何回言わすんだよ


316.名無しさん:2017年01月03日 23:55 ID:AIlQhHJb0▼このコメントに返信
アメリカの統治が上手くいったのは日本の統治機構が完全に壊滅してなかったから
仮に昭和天皇を処刑してた場合ロクでも無い事になってただろう
つまり皇統護持作戦してた連中や吉田茂一派他とグルー始めとした知日派の功績
あとは単純に価値観(法概念・契約概念・組織論等)が比較的近い近代国家だったから。
そういう意味では知日派のアメリカの努力のおかげでもあり対応した日本の努力のおかげでもある。
大前提として普通に日本が民主主義国家だったからでもある

大体アメリカが潰してきたのは独裁政権で独裁政権は外圧で潰すとほぼ内戦になる
その上宗教や価値観が異なるんだから失敗して当然
317.名無しさん:2017年01月03日 23:57 ID:irYBwG.r0▼このコメントに返信
支那朝鮮人はチキンで惨め。
お笑いタレント
かわいそう。
318.名無しさん:2017年01月04日 00:14 ID:t8LIJLpe0▼このコメントに返信
※315
何言ってんだか分からんがこういうことだろ。

Aさんの方針で会社経営して社員はBさん一人。失敗。
Aさんの方針で会社経営して社員はCさん一人。失敗。
同様にDさん、Eさん、Fさんと人間が変わって、Fさんの時だけ会社経営は成功。

とすると成功したのは、Fさんの能力によるところが大きいとなるよな。
Fさんの能力がAさんの方針に良くあったとか、Fさんの能力が高くてどんな方針でも上手く対応して成功に導けたとか。

Aさん:アメリカ Fさん:日本
319.名無しさん:2017年01月04日 00:14 ID:DamEYEYh0▼このコメントに返信
大陸でお笑い漫才にはめられないようにせんとなぁ
なんか大勢置き去りでケツまくって帰るオチとか シャレにもならん
320.名無しさん:2017年01月04日 00:51 ID:2p5bfYtV0▼このコメントに返信
何時の間にか連合国に寝返っていたイタリア
何時の間にか勝ったことになっていた中国
何時の間にか敵になったり味方になったりしていたフランス

こいつらには勝てないわ(笑)
321.名無しさん:2017年01月04日 00:57 ID:76m1q5S.0▼このコメントに返信
敗戦で日本人は完全に死んだ
今いるのは似非日本人
322.名無しさん:2017年01月04日 01:06 ID:BEeSWs5R0▼このコメントに返信
※318
違う。ならない
Aさんの方針でFさんは成功となったという実例が一つできるだけ

323.名無しさん:2017年01月04日 01:14 ID:IPStZMo00▼このコメントに返信
まあ日本統治を成功させた実例が忘れられないから
アメリカは今でも戦争したがるんだよな。
イラク戦争後でも「日本はアメリカと戦争したが戦後アメリカの優秀な友好国となった。
イラクもそうなるだろう」とか言ったような気がする。
324.名無しさん:2017年01月04日 01:15 ID:rOZWh0kj0▼このコメントに返信
やっぱりFDRはアメリカ史上最高の大統領ですわ
325.名無しさん:2017年01月04日 01:25 ID:2p5bfYtV0▼このコメントに返信
>>321
お前はどこの日本人だ?
326.名無しさん:2017年01月04日 01:25 ID:2p5bfYtV0▼このコメントに返信
間違えた※321当て
327.名無しさん:2017年01月04日 02:00 ID:TqAFjxxz0▼このコメントに返信
※298
日本抜きでどうやって独立したかなんてそれこそIFな話で、どういう流れで実現したかなんて軽々に言えるもんじゃないし、逆に絶対に出来なかったと断言できるものではないと思うけど。
俺はただ単に歴史に基づいて言ってるだけだから。
インド、ビルマ(←戦時の一時は除く)、ベトナム(←フランスが認めた)、インドネシアの独立が認められたのは、全て日本がGHQに占領されてる時代(1945年9月~1952年4月)だよ。
日本はアジア解放を謳ってアジア全域に攻め込んだけど、日本がその後の(現在にまで続く)独立までを確立できた地域なんか何処もないよ。
日本が出来たのは既存秩序をぶっ壊すところまでで、その後の新秩序を作ってはいないよ。
君は現地人(特に独立運動家)の自助努力や、アメリカの意向を過小評価してるよ。
328.名無しさん:2017年01月04日 02:01 ID:VdIgfiLb0▼このコメントに返信
※321
>「日本人は完全に死んだ。」
抽象的表現で、何が死んだのか、何を失ったのかが
全く記述されていない。

>「今いるのは似非日本人」
本当の日本人って誰?

何を以て、似非日本人と煽っているのか。

放火炎上工作員、御苦労。帰国しろ。

329.名無しさん:2017年01月04日 02:05 ID:B3xtBDWD0▼このコメントに返信
※305
日本じゃねーんだよ。アメリカはむしろ独立支援派だ
330.名無しさん:2017年01月04日 02:08 ID:rRDPU.410▼このコメントに返信
日本は、第二次世界大戦の以前に大事な戦いで、戦わずして負けている。
それは、大航海時代、植民地収奪争いだ。
日本がアメリカ大陸に先に植民して、一大帝国を築いていれば歴史は違った展開になっていただろう。
もっと無残な結果になった可能性もゼロではないが。
331.名無しさん:2017年01月04日 02:11 ID:TiHRF7nO0▼このコメントに返信
TPPがわが国の海洋安全保障に与える影響
ttps://is.gd/BcyubW

【激ヤバ拡散】報道されないTPPのまとめ  医療・労働関係他 
参加国総貧困化・労働環境悪化・支出増加・ビザ大幅緩和等全分野に影響多数
ttp://itest.2ch.net/test/read.cgi/lifesaloon/1466252968
332.名無しさん:2017年01月04日 02:16 ID:VdIgfiLb0▼このコメントに返信
※327
新秩序の構築に触れているね。
この、新世界に於ける新秩序の構築をする概念が
日本には、ほぼ無い概念なので、戦時・戦後に於ける
出来事が、全て理不尽な行為として捉えられてしまう。

>「日本が出来たのは既存秩序をぶっ壊すところまでで、その後の新秩序を作ってはいない」
正論。
333.名無しさん:2017年01月04日 02:21 ID:VdIgfiLb0▼このコメントに返信
何か、このスレッド。何だけれども。

「東京裁判やり直し」のスレッドか?

トンチンカンなの、「極」、僅かにだが居るな。
334.名無しさん:2017年01月04日 02:22 ID:QohXU9qq0▼このコメントに返信
というか欧州でドイツと戦いつつ、数百隻の艦隊に乗って太平洋渡って沖縄まで攻めて来た米軍が凄すぎる
335.名無しさん:2017年01月04日 02:31 ID:bJmifoVF0▼このコメントに返信
先人の苦労と努力に感謝し歴史を教訓としこれからの日本に活かしていかなければなりませんね。
とりあえず、福沢諭吉先生は彗眼だった。先生の主張は今も更に光りを増している。
中華思想、華夷秩序にどっぷり漬かった支那や、人間の煩悩や汚いところだけ集めたような朝鮮韓国とは疎遠にした方がいい。
彼らとは価値観が相容れられない。対等な関係は望めない。約束や合意を守れない国とは付き合えない。
戦争はしない方がいい。でもやるなら勝ち組にならないとダメ。
336.名無しさん:2017年01月04日 02:54 ID:02I052yr0▼このコメントに返信
※333
「極」どころじゃないだろ。
あのアメリカ相手で3年9ヶ月なら問題なく凄いわけだがいちいちケチ付けたり突っかかってくる奴多すぎだ。
ふーん、すごいのねも言えない奴ってよっぽど日本が嫌いなんだろう。日本が強いとよっぽど困るんだろうよ。
337.名無しさん:2017年01月04日 03:23 ID:bJmifoVF0▼このコメントに返信
※336
うむ、空母機動部隊による艦隊海戦なんて今後起こらないだろう。
アメリカとがっぷり四つで闘ったのは日本で最後だろう。
338.名無しさん:2017年01月04日 03:50 ID:hYHtPe0F0▼このコメントに返信
※332
構想はあっただろう。
それがじゃまされただけ。単純なものだ。一帯一路もこの真似じゃないか。
大東亜共栄圏ができれば、今の世界よりずっとましな秩序だった世界ができた。
しかし形としては植民地が無くなりはしたので、今から再度アジア(大東亜)共栄圏を作ることになる。
そこには支那朝鮮は入らないし、だれもそれを望まない。
現実を直視しろ。
339.名無しさん:2017年01月04日 04:35 ID:IMl9g.ul0▼このコメントに返信
対独逸でも、2年目には上陸作戦が可能だったが、人的損失を最低にする、金はイギリスが全額払うというので、儲け時だと23年戦争を伸ばした。
340.名無しさん:2017年01月04日 07:28 ID:v6HQkSGJ0▼このコメントに返信
※10
すっごい馬鹿発見!!
戦後の復興は、アメリカからの投資とアメリカの市場で商売できたから。
現在中共が世界第2位の経済大国なのは西側諸国が金と技術投入して、
自らの国内市場を中共にわけてあげたからだぞ。
戦前はソ連のような国土が広く、石油や石炭・鉄鉱石・その他鉱石
小麦・大豆・綿花を自給できる国ならともかく、加工貿易しなければ生存
できない国が、植民地拡大しなければ消滅するは。
341.名無しさん:2017年01月04日 07:28 ID:jd5AJaRl0▼このコメントに返信
もう70年もポチかよ~wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
342.名無しさん:2017年01月04日 07:36 ID:v6HQkSGJ0▼このコメントに返信
※12
当時の西海岸は、航空機の生産工場が集中してたんで、
いかにアメリカといえども戦力大幅ダウンだよ。
航空機の支援のない軍隊がいかに弱いかみなさん
ご存知のはず。
しかもロッキー山脈とゆう天然の防御壁まである。
本土にノン軍上陸すると白人はパニック起こして
日系・中華系かまわず皆殺しするから、蒋介石も
目さますんじゃない(宋美麗のほうかもね)。
343.名無しさん:2017年01月04日 07:44 ID:v6HQkSGJ0▼このコメントに返信
※25
だって、関東軍と手切ってアメリカさんと一緒になるって
ゆうんですもの。
うち(関東軍)はよそ様にとられるぐらいならと、殺した
だけどす。
ひとの恋路(満州支配)に手だすアメリカはんが無粋なだけ
どす。
344.名無しさん:2017年01月04日 07:53 ID:v6HQkSGJ0▼このコメントに返信
※61
あれは、子供に菓子ばらまいてでてきた母親を狩る為と
聞いたことあるが。どうなんだろう。
菓子=官給品を命令なしでばらまけるのだろうか?
345.名無しさん:2017年01月04日 08:04 ID:v6HQkSGJ0▼このコメントに返信
※69米英の敵は一番がナチスドイツで二番がソ連。
で、敵の敵たるソ連を当時は米英が支援したの。
対ソ支援がなかった場合、ソ連は地上から消滅してたの。
日本が条約破りソ連侵攻しても米国の対日戦略に
なんの影響もないよ。
非白人・非キリスト教国家が、白人至上・十字軍
最高としてる国と融和できるわけがない。
松岡は外交センスのない馬鹿だが国際連盟脱退は、
本国からの承認うけてのこと、スタンドプレーではない。
日ソ不可侵条約は、スタンドプレーだが軍部が承認してる。
346.名無しさん:2017年01月04日 08:11 ID:v6HQkSGJ0▼このコメントに返信
※83
フライングタイガースの実線投入は、日米開戦後なので関係ない。
精華大学創設(1911)で中国人を反日戦士に教育してるほうが問題。
347.名無しさん:2017年01月04日 08:19 ID:v6HQkSGJ0▼このコメントに返信
※90
大西洋憲章で戦後の枠組みをルーズベルトとチャーチルが話し合ってる。
当時米国も参戦しないと失業問題が解決しないのとドイツ勝利すると
対欧州の債権回収できなくなるから、参戦不可避な状態だよ。
日本は口実作りのための生贄、あんなに損害だすとは考えてなかっただけ。
348.名無しさん:2017年01月04日 08:22 ID:v6HQkSGJ0▼このコメントに返信
※92
たんに役所根性で誰も責任取りたくなかっただけ。
明治維新のときの人間なら、臥薪嘗胆(三国干渉でやってる)
か、さっさと降伏してる。
軍部・外務省・議会どれも劣化した為に無様な敗戦になったんだよ。
349.名無しさん:2017年01月04日 08:26 ID:v6HQkSGJ0▼このコメントに返信
※94
それは都市伝説の類だね。
ノルマンディー上陸後のフランスでの米兵の醜態をしってるから、
先に日本が用意した。
どこぞの国みたいに拉致して強制的に米兵の相手させたんではない。
350.名無しさん:2017年01月04日 08:33 ID:v6HQkSGJ0▼このコメントに返信
※146
どこのパラレルワールド?
351.名無しさん:2017年01月04日 08:42 ID:v6HQkSGJ0▼このコメントに返信
※226
戦艦伊勢にレーダー乗っけてて米軍キャッチしてるよ。
ま、敵味方の区別ついてなかったみたいだし、南雲機動部隊には
連絡なし。
352.名無しさん:2017年01月04日 08:51 ID:v6HQkSGJ0▼このコメントに返信
※253仁川上陸作戦には日本の掃海部隊が先陣務めとるぞ。
機雷掃海の捨て駒だが(当時韓国軍に機雷掃海能力なかったから)。
353.名無しさん:2017年01月04日 09:01 ID:v6HQkSGJ0▼このコメントに返信
※255多少の通商破壊された程度で本国は無事だし
エジプト以東の重要植民地は無傷だぞ。
インド洋周辺地域がイギリスの富の源泉だぞ。
354.名無しさん:2017年01月04日 09:06 ID:U7UqHk0j0▼このコメントに返信
※323
そういった意味では、アメリカに対する日本の反撃はまだ続いてる
占領統治なんて楽勝だとアメリカに錯覚させることで今でもアメリカ人に流血を強いてるからね
355.名無しさん:2017年01月04日 09:25 ID:kUZmXEI.0▼このコメントに返信
※17
米陸軍幹部が帝国陸軍の「米軍上陸阻止のための陣形」を見て青くなったアレな。
想像できたのは米軍の莫大な人的消耗と上陸作戦の頓挫と米国内での厭戦世論の台頭
だけだったとか。
356.名無しさん:2017年01月04日 09:40 ID:N2Pq4.gI0▼このコメントに返信
※345などを書いている、ID:v6HQkSGJ0の知ったかぶりがヒドすぎる・・・

そもそも日ソ不可侵条約って一体何?

基本的な史実すら知らないのに、自分は歴史を語れると思い込んでいるのが痛すぎる
357.名無しさん:2017年01月04日 10:22 ID:v6HQkSGJ0▼このコメントに返信
※356
日ソ中立条約と書けばよかったな。で、ほかに間違いあるなら
指摘してもらいたいんだが、後学のために。
358.名無しさん:2017年01月04日 10:29 ID:3KIu4ljr0▼このコメントに返信
アメリカは政策上、戦争を出来る状況にはなかったので、ルーズベルトにしても、そのブレーンにしても
開戦当初は防御。ついで 防御反攻→攻勢防御→全力攻勢 というレールを引いて、予定より早めに
全行程を達して日本を攻略することに成功。まあ、後半は物量で押しつぶした格好だが。
攻め一辺倒で防御思想の乏しい日本は、勝っている内は目覚ましいが負け出すと無様。しかも物量戦で
圧倒されて本土に資源無く、工場を爆撃されて終焉。
359.名無しさん:2017年01月04日 10:37 ID:7uB2Azry0▼このコメントに返信
日本はアメリカには負けるの分かってたからな軍部も政府も
結局、日本が満州利権を手放さなければ戦争は回避できなかった
でも当時の軍部からすると「日露戦争で死んだ兵に顔向けできない」となり
結局、対米開戦になり、真珠湾攻撃になった
満州なんて他国の領土だから手離そうと思えればよかったんだが
360.名無しさん:2017年01月04日 11:00 ID:B3xtBDWD0▼このコメントに返信
※359
アメリカは満州利権手放せなんて言ってないよ
中国利権の解放と中国と南方から撤退して三国同盟辞めろと言ってる
361.名無しさん:2017年01月04日 11:36 ID:VdIgfiLb0▼このコメントに返信
※359
>日本が満州利権を手放さなければ戦争
>「日露戦争で死んだ兵に顔向けできない」
>結局、対米開戦になり、真珠湾攻撃になった

どのような経緯で、この話が組み上がるのか。
満州国から、日露従軍者の話。その次は、真珠湾。

何か、おかしくないか。


362.名無しさん:2017年01月04日 11:59 ID:JCc30bcj0▼このコメントに返信
※341
おかげで経済大国。ザイニチさえいなければ天国。在日はゴミで邪魔
363.名無しさん:2017年01月04日 12:00 ID:Frb.DgCb0▼このコメントに返信
※341
日本滅亡よりどれほどマシか分からんのか?
シコリアンだから分からんのか?
364.名無しさん:2017年01月04日 12:42 ID:t8LIJLpe0▼このコメントに返信
※327
なんとしてでも日本の功績を矮小化したいという強い思いは伝わった

が、例えば他のモノに喩えて考えてみれば分かるんじゃないか?
日本がやった事として考えるから、「日本は評価してはいけない」「戦前日本は悪」という思考に捉われているからダメなんじゃないか?

Aさんは自分の命をかけて、それまで誰もできなかった事を、やれると思わなかった事を訴え、やって見せた。
Aさんは道半ばで倒れる事になるが、Aさんの意志は受け継がれ、世界中の人々の意識を変えそれを望まぬ勢力も一端燃え上がらせた火を消すことはできず、迎合することになった。そして、世界はAさんの望んだ通りの世界になった。

この様な出来事があった時、人々はAさんの功績を否定し、「Aさんのおかげじゃないよ」って言うか?
言わないだろ。「日本は悪」「戦前日本は否定しなければならない存在」このように考える事が正義であり良心だと思い込んでいるから
そのような無理のある思考する事になってしまっているんだろ。
365.名無しさん:2017年01月04日 12:47 ID:bJmifoVF0▼このコメントに返信
※359
日本にとって一番の脅威はソ連の南下と東アジアの赤化。
それをさせないためには満州国を安定させ防共の砦とする必要があった。
だから日本は満州に執着した。
アメリカがそれに気づいたのは日本を叩きのめし武装解除した後だった。
時既に遅く支那は赤化し、日本が孤軍奮闘していた東アジアの防共の役目をを
アメリカが背負う羽目になった。
366.名無しさん:2017年01月04日 13:01 ID:t8LIJLpe0▼このコメントに返信
ルーズベルトが生きていたら、ソビエトをどんどん日本本土に招き入れて、トンデモナイ事になっていた悪寒。
ドイツのように半分コされていたとか、ルーズベルトのソビエトへの異常な気前良さを見るともしかしたら
日本本土全部ソビエトに任せたなんてこともあったかも。

そんなことになっていたら今の世界の様相は全然変わっちゃう可能性大だよね。
韓国なんぞ存在せず、日本も共産圏に堕ち、冷戦になることもなく、怒涛の流れで共産圏の勝利みたいなシナリオも考えられる。
で、共産圏の地獄っぷりをみれば今も世界は地獄のままで、自由な世界を求め独裁者打倒のレジスタンスが~みたいなw
367.名無しさん:2017年01月04日 13:04 ID:bJmifoVF0▼このコメントに返信
中国韓国は時代錯誤な中華思想華夷思想の呪縛に浸っているから
近代以降世界の表舞台に立ち東アジアをリードし有色人種に希望を与えた日本が疎ましくて仕方ないんだよ。
もし日本が存在していなければアジアはアフリカと同じような状態だっただろうと言われている。
近代以降の日本は有形無形で世界に大きな影響与えたことに違いはないんだよ。
アメリカ相手に空母機動部隊による艦隊決戦なんて後にも先にも太平洋戦争しか無いだろう。
アメリカ相手に3年9ヶ月も闘ったことは凄いことだと思う。
それを否定するのは余程のひねくれ者だ
368.名無しさん:2017年01月04日 13:08 ID:Frb.DgCb0▼このコメントに返信
※299
ついでに言うと「日本=悪」であるとプロパガンダするために悪い事がしにくくなった連合軍。
(まあ再占領など悪以外の何物でもないけどそこまで頭が回らなかったのかな)
369.名無しさん:2017年01月04日 13:21 ID:bJmifoVF0▼このコメントに返信
連合国のアメリカソ連中華民国それぞれ全く違う国なのと同じで
枢軸国の日本とナチスドイツとイタリアは違う国なんだよな。
枢軸国=悪ということにするために東京裁判では「平和に対する罪」
という摩訶不思議な事後法を作らないと日本の為政者を犯罪者に出来なかった。
370.名無しさん:2017年01月04日 14:06 ID:Frb.DgCb0▼このコメントに返信
※368
自己レス

特亜とかロシアとかISISとか欧州の悪逆難民とか考慮すると
弱肉強食全盛の時代から卒業させるのは早すぎた気がしないでもない。
371.名無しさん:2017年01月04日 14:25 ID:iZhx3Txy0▼このコメントに返信
※255
同じく自由と民主主義を標榜する友好国が潰されるのはアメリカにとって
利益にならない。だからドイツに対して敵対的なほどイギリスに対し、
好意的な中立政策をアメリカは採った。バトル・オブ・ブリテンの間に
アメリカは航空機の材料を提供したし、高オクタン燃料もアメリカ製だった。
また米駆逐艦や航空機は、大西洋でドイツ潜水艦の位置をイギリス側に通報していた。

※353
米英の枢軸国に対する戦略爆撃に比べれば目立たないだけで、イギリス本土だって全然無事じゃねーよ。
それに蘭印やシンガポール、英領北ボルネオが日本軍に制圧された後は連合国側もゴムの調達には難儀した。
372.名無しさん:2017年01月04日 14:33 ID:DamEYEYh0▼このコメントに返信
フツ―の植民地でも
この頼りない低能どもを立派に一人前に導こうとして(⇐よくある手口)
道半ばに倒れたが後世に夢が実現したとか
ようやくその時が来たから解放した とか言えなくもないからなぁ
373.名無しさん:2017年01月04日 14:58 ID:t8LIJLpe0▼このコメントに返信
※372
そう訴えてもいいが、それってそういう世界の空気ができてから卑怯にも「本当はワイもそのつもりだったんやで!」と言い訳しているヤツとして白い目でシラーっと見られるパターンだろw 説得力に大きく欠ける

が、日本の場合は、多くの外国人からそのように評価されている点も大きく違うよね。

むしろ日本なぞ「迷惑かけて御免なさい」「何言ってるんだ!!日本が戦ったおかげでアジアは独立出来たんやで!自信もてや!!」と、お叱りを受けるなんてパターンが

374.名無しさん:2017年01月04日 15:01 ID:DamEYEYh0▼このコメントに返信
アジアはおろか 自分すらも他にブン投げるしかねぇ程度の結果出しきれねえ半端者は
「負ければ賊軍とはいえ、そういう事は当時他の列強だってやってたんですよ」のディフェンスがせいぜい。
自国グダグダ流れのついで取って付け勢いノリでやったにすぎないだけの事もあり 
当然、結果出しきれるわけもなかった輩が 解放功績にすがろうというのも虫が良い事
「縁がありました」程度だろう
375.名無しさん:2017年01月04日 15:15 ID:t8LIJLpe0▼このコメントに返信
日本は 開国以来、欧米列強による人種差別不平等を打破するために戦い続けてきたという大きな流れがあるしね

で、多くの外国人からも

「アーノルド・J・トインビー(イギリス、歴史学者)

  第二次大戦において、日本人は日本のためというよりも、むしろ戦争によって利益を得た国々のために、【偉大なる歴史を残したと言わねばならない。】」

などと評価されてきた日本。。

ギャーギャーなんとかケチつけようとする輩が後を絶たないが、このように評価されるような「偉大なる歴史」を残してからホザけってなw
376.名無しさん:2017年01月04日 15:15 ID:gQim6Eiw0▼このコメントに返信
この一連の戦争の原因が朝鮮に有るんだよな、あのご時世に拡張せずやって行けたかとなると回答不能だけど。
ソ連の脅威はと言うかロシアそのものがな-今も変わらずだしw当時それが剥き出しの軍事力だった訳で。
朝鮮は本当日本の鬼門w、早く切れるといいな。
377.名無しさん:2017年01月04日 15:22 ID:t8LIJLpe0▼このコメントに返信
つーか、勘違いしている人がいるようだが、偉大な功績を残した国や人は、自国の事であろうが他国のことであろうが関わらず正当に評価されるべきって事だよ。それが世界平和、人類の幸福への道ってもんだろ。
378.名無しさん:2017年01月04日 15:26 ID:t8LIJLpe0▼このコメントに返信
現実世界では、中国や韓国朝鮮のように大嘘吐きまくり法律条約約束守らないとんでもない連中がデカイ面して傍若無人にやりたい放題だ。
大義のために生きた人間を貶め否定し、悪辣非道な大嘘吐き連中にデカイ面させやりたい放題させている世の中に異議を唱えている。
379.名無しさん:2017年01月04日 18:18 ID:ZxthsgHw0▼このコメントに返信
次の機会があれば
日本人が何百万人死ぬと予測されていても、負けると予想されている聖戦をしたいものだ。
380.名無しさん:2017年01月04日 18:43 ID:aG6VKy7d0▼このコメントに返信
※379
支那分割統治。
支那人の許される人口は3000万人で、奴隷として各国配分。
381.名無しさん:2017年01月04日 18:45 ID:aG6VKy7d0▼このコメントに返信
※374
支那分割統治。
支那人の許される人口は3000万人で、奴隷として各国配分。
朝鮮は不潔なので、すべて焼却。
382.名無しさん:2017年01月04日 18:49 ID:taHuvn.40▼このコメントに返信
珊瑚海海戦とミッドウェー海戦のウィキペディアの記事を見ると、日本が有利に見える闘い、日米が一見互角に見える闘いでも、よく見ると日本側が戦うたんびに半壊状態になっているのが分かる
日本の空母は爆弾3発命中で戦闘不能、4発でほぼ沈んでる
そして米艦上機の爆弾、これが良く当たる

戦後海軍シンパと左翼メディアが特筆大写したような、日米海軍が互角に戦っていた局面なんてほんとにあったのかね

383.名無しさん:2017年01月04日 21:57 ID:1e52CGw60▼このコメントに返信
※19
はいバカ発見
ABCD包囲陣なんてのは日本が勝手に被害妄想しただけの産物でーす
石油輸出規制だって被害者ヅラする前になんでそうなったのか考えてみましょー
物事には全て理由があるんです
それが合理性に叶うかは別にしてね
384.名無しさん:2017年01月04日 22:39 ID:t8LIJLpe0▼このコメントに返信
※383
マッカーサーに喧嘩売ってんのか?
385.名無しさん:2017年01月04日 22:48 ID:mLjudB0I0▼このコメントに返信
陸軍の横暴
226事件などのテロを起こしたことが元凶ニダ
徴兵で辺り構わずむやみに武器を持たしたことも一因ニダ
386.名無しさん:2017年01月05日 00:18 ID:254DTP2d0▼このコメントに返信
むしろソ連と3年9カ月戦いつつ米国とも3年6カ月戦ったドイツの方が凄すぎだろ。米ソという超大国2カ国同時相手にして3年以上戦ったんだぜ?
日本は米国とは3年9カ月戦ったがソ連とは1カ月も戦ってないからな。
387.名無しさん:2017年01月05日 00:20 ID:254DTP2d0▼このコメントに返信
※386
訂正→ソ連とドイツは3年11カ月戦ってたわ。
388.名無しさん:2017年01月07日 00:19 ID:O7eiXb9d0▼このコメントに返信
ハルノート突きつけられる前に
満州に米英を引き込んで共同経営するか
大日本帝国が撤退するかしてたら
ソ連と米英が冷戦状態になってたんじゃないの?
389.名無しさん:2017年01月07日 10:20 ID:.TiMi7f.0▼このコメントに返信
※382
戦闘機にしても日本は機動性を重視したせいで
防御が薄く1発当たったら落とされるけど
アメリカは防御力が高いから、何度も機体に当てたのに落とせなかった
って元戦艦乗りの人たちが言ってた

お名前