スポンサーリンク

2017年01月01日 07:05

伊能忠敬凄すぎワロタwwwwwwwwwwww

伊能忠敬凄すぎワロタwwwwwwwwwwww

03

引用元:伊能忠敬凄すぎワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwww [無断転載禁止]©2ch.net
http://vipper.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1483062309/

1: 2016/12/30(金) 10:45:09.663 ID:7Ds81Ew60
あの時代にあれだけ正確に地図書けるとか凄すぎだろ

5: 2016/12/30(金) 10:47:21.084 ID:aI+70Bjb0
すごいのは弟子だから

7: 2016/12/30(金) 10:48:00.256 ID:+oe02rMzd
外国人が日本人の日本地図みてビビったらしいな
すげえ高度な軍事力隠してるに違いないと勘違いしたらしい
実は一人が生涯かけて歩いて作った地図とは思わなかったらしい

39: 2016/12/30(金) 11:15:47.114 ID:cg0GhU/60
>>7
1人?

10: 2016/12/30(金) 10:49:38.547 ID:6Jsu5xWod
当時の北海道とかきつかったろうな

13: 2016/12/30(金) 10:51:21.103 ID:/PmKsrK+a
有能忠敬

16: 2016/12/30(金) 10:54:49.787 ID:7qpHrQb60
政府に評価されたのは、70年後だっけか
先に評価したのは外人っていうのが……なぁ

23: 2016/12/30(金) 10:58:40.921 ID:bAwn7kr4a
>>16
ある人がすごい発明したけど日本は技術が進歩しておらず
その良さが国内では理解されないけど
技術の進んでる海外では高評価なんてことは結構あるぞ

31: 2016/12/30(金) 11:04:23.582 ID:nprL40750
>>23
アンテナか

22: 2016/12/30(金) 10:58:37.883 ID:RgHvryv90
測量の勉強を始めたのが50過ぎてからだっけ?
あの人生50年の時代に

34: 2016/12/30(金) 11:08:53.546 ID:pL/pj5mxd
>>22
別にみんな50で死ぬわけじゃないぞ?
人生50年とは信長がうたったとされる唄だし
江戸時代の平均寿命が50なのは赤子が死ぬから

25: 2016/12/30(金) 10:59:13.294 ID:vVA64QOm0
50過ぎで一人でできるわけがない
弟子や仲間と協力したはず

26: 2016/12/30(金) 11:00:42.451 ID:GEGwaaIU0
>>25
そもそも弟子が伊能忠敬の死語完成させてるし

27: 2016/12/30(金) 11:01:39.389 ID:6J7Ut4k+d
>>25
今更なにを

29: 2016/12/30(金) 11:02:43.773 ID:AbApdbow0
そもそも正確ってほどでもなかったじゃん、色々ズレてた

32: 2016/12/30(金) 11:07:59.357 ID:t2hGUBKk0
>>29
北海道は仕方ないやろ
九州はシフトしてるだけだからいいとして、
山口県の形が違うのが謎

長州が測量の妨害したとしか思えん

35: 2016/12/30(金) 11:09:35.254 ID:nprL40750
>>32
山口辺りから元気なくなってきたと考えるのが自然じゃね

36: 2016/12/30(金) 11:09:59.837 ID:t2hGUBKk0
>>35
わらた

38: 2016/12/30(金) 11:12:44.904 ID:PWQs0h/Ja
北海道と九州付近がズレてるのは地球が丸いから
丸い地球を平面の地図にするときにズレるのは当然
だから日本の端に行くほどズレる

41: 2016/12/30(金) 11:20:28.247 ID:t2hGUBKk0
>>38
うーんどうかね
伊能の60年前に地球の楕円形状まで測量で分かってるから
そんな素朴なレベルの話じゃないでしょ

42: 2016/12/30(金) 11:33:07.760 ID:vVA64QOm0
とりあえず本人も弟子も有能なんだな
てか当時に色々まわるのは怖いな、クマとか出るかもしれないのに

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2017年01月01日 07:22 ID:h7xd4mxk0▼このコメントに返信
伊能忠敬がすごいのは言わずもがなだが、
あの時代に、アラビア数字使わないであれだけのデータを処理したことを思うと、
気が遠くなるな。
ゼロの観念あっても使ってなかったろうし。
しかも地球が球面である(非ユークリッド平面)ことからデータの突き合わせにズレが出るとか。
ほんとに驚異。
2.名無しさん:2017年01月01日 07:36 ID:cuYEA2gK0▼このコメントに返信
江戸時代の数学はそれなりに凄いぞ
3.名無しさん:2017年01月01日 07:37 ID:Bi6kN0dk0▼このコメントに返信
海岸線を歩いたらしい
最後は火事で消失とからしい
後世アメリカから写しが出たらしい
さすがアメリカだねバックアップをとrってあ
4.名無しさん:2017年01月01日 07:51 ID:jEl8gcDd0▼このコメントに返信
複数人でちゃんと測量技術も改善し継承してるんだけどな
それと家老が買収されたらしく機密の日本地図写しがアメリカに渡っていてWW2で利用もされてたという因果
5.名無しさん:2017年01月01日 07:54 ID:lOyGsVGK0▼このコメントに返信
楕円なのはわかってた。しかし式が立たなかったから仕方なく球体で計算した。って聞いた
6.名無しさん:2017年01月01日 08:00 ID:Fvt4qsbp0▼このコメントに返信
坂本龍馬のフィクションよりは明らかに実績ともに偉人
7.名無しさん:2017年01月01日 08:01 ID:8Q1jDdzA0▼このコメントに返信
楕円じゃなくて球状で計算したので、ずれたんじゃなかったかな?
8.名無しさん:2017年01月01日 08:03 ID:kyo3.hZ.0▼このコメントに返信
子午線1度の距離、
つまり地球の大きさが知りたかったらしい。
地図製作はそのための方便だったとか。
9.名無しさん:2017年01月01日 08:12 ID:ygS030Hz0▼このコメントに返信
銚子の大富豪の家に生まれ佐原の大富豪の家の養子になった。
利根川の物流を支配し莫大な富を築いた。
香取郡での幕府の代官みたいな立場も兼任していた。
幕府が利根川の通行料金をとるように命じた時には自分の家や銚子の実家で全額負担して通行料金を取らなかった。
隠居前からすごい人だった。
10.名無しさん:2017年01月01日 08:16 ID:0RBzvs8D0▼このコメントに返信
地図つくりには支配下だった千葉県東部の人を動員してたな
幕府の予算では賃金支払えないから動員した人の給料は自腹で払っていたとか
11.名無しさん:2017年01月01日 08:25 ID:ElL47QOM0▼このコメントに返信
17歳で名主兼商人(造り酒屋・蔵元)の伊能家に婿入りして傾きかけた家を立て直し、
隠居してから測量の本格的な勉強開始(伊能家は名主なので測量自体の経験はそれなりにあった)。
50歳で31歳の高橋至時に弟子入り。至時は19歳も年上で、名主・商人として帯刀を許される程の業績を残した
忠敬に「先生」と呼ばれる事をひどく嫌がったらしい。
そこから日本全図作成開始。すげえ。
12.名無しさん:2017年01月01日 08:29 ID:g.cof9XP0▼このコメントに返信
ほぼ自腹ってのが一番すごいやろ。
道楽でやる範疇を超えてるし。
13.名無しさん:2017年01月01日 08:34 ID:k.PeqHXm0▼このコメントに返信
北海道はあんまり支援されないで実費でやった
西日本は偉業を知ったか幕府が本気になって支援したと聞いたことあるな
14.名無しさん:2017年01月01日 08:38 ID:k.PeqHXm0▼このコメントに返信
地図が表に出なかったのは、軍事目的で使用される恐れがあったからだろ
シーボルトとかで現実になったし
その後時代が進み西欧が未開の地だった日本を測量するとか言い出して
日本各地に足を踏み入れられるのをいやがってこれを出し、驚かれたという経過らしいが
15.名無しさん:2017年01月01日 08:43 ID:NOmpxfNN0▼このコメントに返信
幕府の諜報活動に対して厳重警戒していた南九州の測量が大変だったらしい
気の荒い薩摩武士にマークされないよう、農民や行商人、時には乞食に扮してまで、ちょこちょこ取ったデータを
あとでつなぎ合わせて地図にしたんだとか
16.名無しさん:2017年01月01日 08:53 ID:ULsVCE8k0▼このコメントに返信
※9
婿の使命を果たした後で、江戸に出て年下の先生に師事して勉強しようとしたのが凄いよね。
17.名無しさん:2017年01月01日 08:56 ID:5JcDCWSJ0▼このコメントに返信
50過ぎてマラソン約1000回分の距離を歩いた運動能力
18.名無しさん:2017年01月01日 09:01 ID:hhDQdZZ70▼このコメントに返信
ニンジャやからしゃーないw
19.名無しさん:2017年01月01日 09:03 ID:X44UG6g00▼このコメントに返信
こないだNHKのコズミックフロントって宇宙番組で伊能忠孝やってたな
忠孝は地球の大きさを測定したくて天体観測による2点間距離算出をより正確に試みるべく、最大遠隔地である蝦夷地へ天体観測しに行くための方便として地図作成をお上へ提言したとか何とか
TV番組なんで話半分で見るべきかもしらんが、あの地図作製は我々が思ってる日本人らしさってのが炸裂しまくってる感じだな
お上も江戸から蝦夷までの海岸線地図を見て感銘を受けたからこそ日本全図を忠孝に命じたんだと思うから、生前からちゃんと評価はされてたと思うけどな
20.名無しさん:2017年01月01日 09:10 ID:ar.HkRCs0▼このコメントに返信
測量した人々は自分たちの地図を正しいと信じていたのはいいとして、それを見せてもらった側の人が「すげー」と信じたのはどうして?
21.名無しさん:2017年01月01日 09:11 ID:bxJHvtRL0▼このコメントに返信
17歳で婿入りってのが
相手はダンナなくした子連れの未亡人(年上)だからなw
22.名無しさん:2017年01月01日 09:21 ID:RiNIFrvj0▼このコメントに返信
加瀬英明先生は、伊能忠敬氏の玄孫です。
今までしりませんでした。DHCシアターで言ってましたね。
23.名無しさん:2017年01月01日 09:26 ID:rT4KO15g0▼このコメントに返信
近所だけでもゲロ吐くわw
24.名無しさん:2017年01月01日 09:26 ID:kay.zfTc0▼このコメントに返信
本当に江戸時代を代表できる偉人ですわ
25.名無しさん:2017年01月01日 09:26 ID:zPKAjVfx0▼このコメントに返信
コズミックフロントですげえ鳥肌たったのが、ガリレオガリレイと伊能忠敬がリンクするところ。
忠敬が経度を調べるための指針として、木製の衛星の出入りを利用することを思いついたのはいいけど、その軌道が全く判らない。
しかしガリレオが、後世にそのような目的で必要となる者が現れるであろうと予言し、軌道計算式を残していたという。
ラノベでもこんな展開ねーぞw。

大河で是非やるべきだよこれ。
ロケ大変だけど、勇者ヨシヒコのように同じセットを延々工夫して使い回す手もあるんだからさーw。
26.名無しさん:2017年01月01日 09:38 ID:ElL47QOM0▼このコメントに返信
名主としての功績も非常に大きく、領主は隠居を希望する忠敬を引き留める為、何か表彰しようしとしたが、
金は本人が充分持ってるし(そもそも領主に資金援助していた)、領地をやるという訳にもいかず、
三人扶持という名目的な俸禄と、名字帯刀を許す事にしたってのもすごい話。
27.名無しさん:2017年01月01日 09:51 ID:4TjtnLq.0▼このコメントに返信
申し訳ないが、久米通賢のほうが凄い。バーニアを使って、伊能忠敬の来る前に愛媛の地図を作って渡した。また、私財を投げ打って、塩田を開発した。
28.名無しさん:2017年01月01日 09:55 ID:8RTlQDcX0▼このコメントに返信
>>22
こんなところで書いてもだが、敦盛の一節は人の世の50年は天界の最下層の時間感覚ではサラリーマンの日曜日くらいの感覚だよってだけだよ
そんだけ人の世は天界と比べちゃうと虚しいねってのを言いたいだけで当時も病気や飢餓に遭わなければ6070は当たり前でないだろうか?
29.名無しさん:2017年01月01日 10:10 ID:lOyGsVGK0▼このコメントに返信
※20
当時未開の地(当然正確な地図など無い)だと思ってた国が、自分たち(西洋の列強)が途中まで測量した地図と全く同じのを自力で作ってたから。
心証としては「すげー」ってより「なかなかやるな」って感じだと思うけど。
30.名無しさん:2017年01月01日 10:13 ID:YVYAwWvn0▼このコメントに返信
蝦夷は間宮林造が測量した。大鑑巨砲主
31.名無しさん:2017年01月01日 10:19 ID:gXJeo6Dg0▼このコメントに返信
宇宙人に写させて貰ったんだよな
32.名無しさん:2017年01月01日 10:41 ID:Xx5PT54z0▼このコメントに返信
当時のイギリス本国の地図なんぞ、四国とたいして違わんような形だった、伊能忠敬の地図と比較すれば笑ってしまうレベル。
当時としては世界で抜きんでた精度を持っていた。
地図と暦を作れるかどうかでその国の技術水準がみえる。
外国もその地図製作技術を見て日本の武力制服を諦めた。
33.名無しさん:2017年01月01日 10:41 ID:f.eaFkq00▼このコメントに返信
緯度は子午線上の太陽の高さで計測できるので、現地で修整が可能。経度はそれができない。イギリスでは伊能と同時期に精確な時計を製造してグリニッジを経度0にして、標準時地点に仮想し、時計を船につんで太陽が子午線に来た時(その地の正午)と標準時との差で経度を決めていた。時計も狂うから始めはあまり遠くない島の経度を確定し、順に伸ばしていく。そのつまりがダーウインがのったビーグル号でありクックの大航海であった。
この標準時計をクロノメーターと言うが、日本はこれをモノに出来なかった。伊能図は緯度は正しいが経度は北海道、九州で(結構)ずれている。すなわち現地修整不可の経度は、測量誤差のたまりまくりだった。
伊能忠敬はこの限界を知っていて水星蝕(=絶対時間、その時の現地での太陽位置と江戸のそれとの比較=理論的には可能)で経度を修整する計画はあった(と書かれている)が、実行出来なかった。
伊能および当時の天文方は優秀で、和時計の精度も素晴らしかったが、なにせ江戸時代は標準時も絶対時間もなかった、てか禁止されていた。1日を12の刻に分けるのではなく夜を6刻、昼を6刻に分けていた。和時計もその刻を刻む機構だった、経度修整にはつかえね~。
これが伊能の限界であり、江戸期の科学の限界=封建時代=でもあった。
後記:2014年東京で大英博物館展があって、ポスターにクロノメータらしきが見えた。行きたかったけで行けなかった。
34.名無しさん:2017年01月01日 10:49 ID:xi.l5HYM0▼このコメントに返信
>>23
>>ある人がすごい発明したけど日本は技術が進歩しておらず
その良さが国内では理解されないけど
技術の進んでる海外では高評価なんてことは結構あるぞ

まぁ日本の場合、技術や商品で評価するんじゃなくて権威で評価されるからね。
だから錦の御旗みたいにモンドセレクションやらをありがたがるんだよ。
映画にしても海外評価されて逆輸入って形で北野たけしや攻殻機動隊とか国内で評価されるようになったから。
35.名無しさん:2017年01月01日 11:03 ID:3KPvI5RT0▼このコメントに返信
※31
地図のズレがなければ「宇宙人説」も説得力あったのになw
36.名無しさん:2017年01月01日 11:07 ID:Q0jVqdJZ0▼このコメントに返信
伊能忠敬の時期って、”日本がクロノメーターを物に出来なかった”っていうよりも世界的にもイギリスからの技術移転無しで作れた国は無かったんじゃ?スペインみたいな航海・植民地大国もダメだったし、同じものを作ろうとして出来なかったってよりも、違う経路をたどってた感じ。
37.名無しさん:2017年01月01日 11:15 ID:d7.aCLP80▼このコメントに返信
当時の幕府が評価したからこそ全国の測量ができたわけだが・・・
38.名無しさん:2017年01月01日 11:16 ID:GnVCZfv20▼このコメントに返信
部下が優秀?
じゃあその部下、伊能が居なくても日本地図作りはじめて完成させてたのか?
伊能の政治力とリーダーシップがあってはじめて可能だったプロジェクトじゃん?
個々の人間の優秀さは大事だけど、伊能の凄さはそういう次元の話じゃないだろ
39.名無しさん:2017年01月01日 11:21 ID:Oeg9rRC30▼このコメントに返信
三角関数的なものが当時の日本にあったのか知りたいわぁ。
40.名無しさん:2017年01月01日 11:37 ID:HzzKz.d.0▼このコメントに返信
※39
和算で検索だ
寺子屋で学ぶ日常生活で役立つ実践的な数学から
数学スキーな町人商人武家に住職が、趣味や探求心で突き進んでいった
現代人が十分悩む問題がいっぱい出てくる。

何が悩むっていうと、漢数字の数式は半端じゃない負担になる
41.名無しさん:2017年01月01日 11:46 ID:UaJSpVnU0▼このコメントに返信
当時の測量機材って平板とか巻尺だよなぁ、数十メートルでも数センチの誤差が出るのに良くやるわ
セオドライトとかは頑張れば作れそうだけど光波測距儀的なもんは無理だよなぁ
42.名無しさん:2017年01月01日 12:24 ID:xQUs7rnT0▼このコメントに返信
よく創作ものでは信長に丸い地球儀見せているイメージがあるけど、出島辺りで地球は丸いって情報は得られなかったの?
43.名無しさん:2017年01月01日 12:33 ID:wzoS2gbb0▼このコメントに返信
ちなみに、伊能忠敬の地図は途中から幕府公認の国家事業扱い。地図も幕府の最高機密扱い。
誰だ、70年後にやっと評価されたとかデマをとばすやつは?
44.名無しさん:2017年01月01日 12:34 ID:C2r2KIs.0▼このコメントに返信
伊能忠敬に詳しくなかったけど
お前らのコメントで凄い人なのはわかった
45.名無しさん:2017年01月01日 12:49 ID:XZHaFexb0▼このコメントに返信
和算と言えば、関孝和かな。
計測を手動で行い続け、測定にある累積誤差を打ち消していった方法が
すごいな。
薄暗いとこでも、5M先の50ミクロンの線を狙ってトランシットは合わせられた。
計測員が若ければ可能。
46.名無しさん:2017年01月01日 13:00 ID:P3yFbeOl0▼このコメントに返信
※42
まさか織田信長の時代に出島があったとか言ってないよな?
47.名無しさん:2017年01月01日 13:13 ID:Nt2QikbF0▼このコメントに返信
天文学マニアだった伊能忠敬は天文学の研究のためにお金持を儲けて自分の天文台を作って天文学の研究をしていた
地図を作るようになったのはもともと地球の正確な大きさを測定したかったから
地球の大きさを測定するために蝦夷地(北海道)へ行きたいと言ったら幕府の許可がおりないから地図を作ることを口実に幕府の許可を得た
だから地図は地球の大きさを測るための副産物に過ぎない

「地球という星をつかめ 伊能忠敬」 <コズミックフロント☆NEXT>NHK・BSプレミアム
2017年1月5日(木)午前0時00分~(再放送)
ttp://www.nhk.or.jp/cosmic/broadcast/161222.html
48.名無しさん:2017年01月01日 13:17 ID:MMdUh3Cz0▼このコメントに返信
江戸時代で既に大学数学レベルじゃなかったか
49.名無しさん:2017年01月01日 13:34 ID:5dZ08Vi60▼このコメントに返信
※48
伊能忠敬とペリーが時代のずれがあっても関係があることはあまり知られていない。 フォンシーボルトが持ち出した写しの全図は ペリーの手に渡った。江戸湾で測量を始めたペリーは幕府の抗議ですぐやめたが その少しのデータで伊能図の正確さに驚愕した。それまでアジアの小国と思っていた日本は内面が非常に高度な学問 文化を持っていると認識して 対アジア外交とは別の扱いになった。日本人の能力を理解したわけだ。伊能図が
ペリーに与えたショックは大きかった。のちに回顧録で日本は将来手ごわい競争相手になるだろうと予言している。
50.名無しさん:2017年01月01日 13:36 ID:rmmzuNQe0▼このコメントに返信
和算の凄い処は、ゼロ近傍の極限(ゼロとしての名前はあった)と無限(∞)の概念を欠いたことだけじゃね?
もっと凄いのは、その和算を一般庶民がパズルのように娯楽にしていたところ。
ちなみに江戸時代の最大のベストセラーというのは和算の指南書である「塵劫記」
全国のあちこちの神社に難問が解けたこと感謝する「算額」が掲げられているそうだ。
51.名無しさん:2017年01月01日 13:40 ID:vJZE2.4i0▼このコメントに返信
老後の趣味としてはぴったりな気もするよ。
最近山歩きをするようになったけど、この国の景色は美しすぎて体力の尽きるまで歩き続けても全く飽きない。
どれだけでも歩いていたい気持ちが沸いてくるよ。
52.名無しさん:2017年01月01日 14:30 ID:fuBv0A6D0▼このコメントに返信
世界史というか人類史に名を記録すべき人物
53.名無しさん:2017年01月01日 14:33 ID:49bZPhBX0▼このコメントに返信
※51
なるほど、諸国漫遊のついでに測量して回ったと思えば爺の道楽だな
こんだけ評価されるとは本望だろう
54.名無しさん:2017年01月01日 14:43 ID:g2bIh5H30▼このコメントに返信
>50
その神社、仏閣を放火して窃盗を行ってる犯人を政治犯扱いして引き渡さず、測量用の杭を「日帝の呪いの杭」と言って抜きまくってる地域がありますね。 ポコペン達の行動力は怖ろしい。
55.名無しさん:2017年01月01日 14:47 ID:lviJ9FDm0▼このコメントに返信
忠敬は…伊能…生存体。
56.名無しさん:2017年01月01日 15:15 ID:J0SkZqO20▼このコメントに返信
測量当時の日本では、北極点がほぼ真北(磁北極)にあったという幸運もあるよね
57.名無しさん:2017年01月01日 15:41 ID:qtNrXDUd0▼このコメントに返信
NHKBSプレミアムでコズミックフロント「地球という星をつかめ 伊能忠敬」が再放送(1月5日(木)午前0時00分~)
これを観てからにするんだな
58.名無しさん:2017年01月01日 18:08 ID:m25RgKAN0▼このコメントに返信
今はコズミックフロントNEXTやで
ちょっとショボい構成になった(どうでもいい)
59.名無しさん:2017年01月01日 18:19 ID:rPRN5egg0▼このコメントに返信
この地図を持ちかえろうとしてシーボルトが追放される羽目(=シーボルト事件)になるがそのきっかけを作ったのが間宮 林蔵、これがきっかけで隠密になり数々の抜け荷(=密貿易)を摘発、乞食の変装は彼をよく知る人でも見抜けなかったのだ。
60.古古米:2017年01月01日 18:52 ID:F7t6jvm80▼このコメントに返信
伊能忠敬は、浅間山の大噴火を見て、飢饉が起こることを予測して手持ち金を全部を使って大阪の米問屋から大量の米を買い込んだ。
飢饉が起こり、伊能家は家人総出で粥の炊き出しを行った。
飢えた農民が椀を差し出せば、伊能家の管理地域外の人にも粥を分け与えた。
近隣の農民は伊能家に行けば、一家全滅が避けられるとして難民が押し寄せたが、大阪の米問屋から大量の米は全てを賄ってゆとりがあった。
農家は「伊能の殿様を守れ」と自警団を結成し、伊能家に害が及ばないようにした。
返礼として伊能忠敬は、農民達の年貢を立て替えて幕府に金で支払った。
だから農民達に仕置きは無かったし、領主の顔も立てた。
三年後に、飢饉が収まった時、伊能忠敬が買い付けた米は半分以上余っていた。
必要な分を残して、再度大阪の米問屋に米を売った。
米相場が上がっていたので、買い取り価格と殆ど同じ値段で売れて、伊能家の損失は殆ど出なかった。
凄い決断力と商才だと思う。
61.名無しさん:2017年01月01日 19:08 ID:dIyX.Iu00▼このコメントに返信
※1
伊能忠敬は、地図の球面→平面の補正に使われる数値から
地球の直径を割り出したかっただけだもんなぁ

・・・その為にあれだけ精密な日本地図作るって
62.名無しさん:2017年01月01日 19:47 ID:lHf9dlTO0▼このコメントに返信
コズミックフロントnextでやってたな
当時の計測機器では、南北方向はかなり正確に測量できたが、東西方向は誤差が大きかったとか
まあ正確な時計がないと東西方向の誤差が出るのは仕方ないことだが
63.名無しさん:2017年01月01日 20:22 ID:jpYGgEO90▼このコメントに返信
オタクの先駆けである
64.名無しさん:2017年01月01日 21:40 ID:4.0xm60t0▼このコメントに返信
※25
軌道計算式を残したガリレオもすごいですね、ガリレオさん多才すぎでしょ!
65.名無しさん:2017年01月01日 21:57 ID:ULsVCE8k0▼このコメントに返信
※40
娯楽の少ない時代とはいえ、学費も満足に出せない百姓まで学んでいたのは凄い。
66.名無しさん:2017年01月02日 04:31 ID:B1.oY6.W0▼このコメントに返信
※32
何言ってんだ君は・・・向こうの古地図見てみれば?
伊能図は西洋の技術使って作られたものであって西洋ではそれと同等のものをもっと古くから作ってるぞ
67.名無しさん:2017年01月02日 08:38 ID:HDH.JtH20▼このコメントに返信
宇宙人が持ってた日本地図写さしてもらったんやで
68.名無しさん:2017年01月02日 12:23 ID:Vafq1o9E0▼このコメントに返信
※56
> 測量当時の日本では、北極点がほぼ真北(磁北極)にあったという幸運もあるよね

その文意を理解できる人、きっと少ないんだろうね。
69.名無しさん:2017年01月02日 12:25 ID:Twm351mg0▼このコメントに返信
ツールド・ジャパン制覇のマイヨジョーヌを着た、ベルナール・イノー忠孝
それをアシストするグレック間宮レモン林蔵。
間宮の鎖国なのにロシアのカラフト、北海道行き測量どころか粗末な防寒着で熊や凍傷や遭難の方が大変だっただろう。
ステルスオランダ人の実はゲルマン人ヴィユツブルグ出身の、ライデンのメーソン出島のシーボルトは
日本地図を持ち出して間宮に国外追放されたが、それでも間宮をリスペクトする大物だった。
70.名無しさん:2017年01月02日 19:26 ID:IbMn7cfL0▼このコメントに返信
ペリーどもも測り始めたが、これほどまでに正確な地図を作成出来るとはと驚いてあれ以上日本に対して無理を言ってこなかったんだから、日本を助けたと言っても過言ではない。
71.名無しさん:2017年01月05日 06:57 ID:3yk9lEBw0▼このコメントに返信
和算過大評価されすぎワラタ
数学が発達してたら伊能は三角測量で測量してたと思うよ
ヨーロッパでは100年以上前からやってる
72.名無しさん:2017年01月18日 07:10 ID:k5nc0WE30▼このコメントに返信
むしろ日本の和算は過小評価されてる感じがするな・・・
コメントにあるように、算聖と言われた関孝和さんは西洋より早くベルヌーイ数を発見してた
西洋はほとんどの国が陸続きで、どこかの国で発明や発見があればすぐに他国に広まってた
しかし当時の日本はほぼ鎖国状態で、ましてや朝鮮半島なんかは文化後進国
そんな中で日本単独でこれだけの発見があったり、
識字率に象徴されるように教育水準や文化的水準が高いのは驚異的だと思う
73.名無しさん:2017年06月03日 13:52 ID:lr26vNbl0▼このコメントに返信
凄くない人間なんていない、生きているという奇跡、生きているという光、それは何者にも説明などできず否定もできず、死などでは覆せない確かな光、人は皆、万物を創生せし存在の意志。
74.名無しさん:2017年06月03日 14:30 ID:lr26vNbl0▼このコメントに返信
生があるから死がある出会いがあるから別れがある
絶対的な理の厳法
逆らおうとすれば苦悩という名の処罰が下される
そんな状況が覆されし時
どれほどの歓喜が創生されるだろう
死別痛み苦悩
いつかそれら全ての苦しみが喜びに変わるときが訪れる
お前等の底無しの闇に比例した喜びが訪れる
悩みや苦しみが無いほど訪れる喜びは小さくなる
逆に幸せしかないと苦悩がおとずれる
そしてそれらは順番に繰り返される
そう
意志は皆平等なのだ。

お名前