スポンサーリンク

2017年01月01日 20:05

日中戦争は侵略行為だったかもしれないけど太平洋戦争は「自衛戦争」だったんだから日本は謝る必要ないだろ

日中戦争は侵略行為だったかもしれないけど太平洋戦争は「自衛戦争」だったんだから日本は謝る必要ないだろ

l201106210000

引用元:日中戦争は侵略行為だったかもしれないけど太平洋戦争は「自衛戦争」だったんだから日本は謝る必要ないだろ [無断転載禁止]©2ch.net
http://vipper.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1483003170/

1: 2016/12/29(木) 18:19:30.390 ID:Yvl4FliRrNIKU
むしろ太平洋戦争をきっかけに東南アジアが独立できたんだから感謝するべきだし
空襲や原爆で民間人殺したアメリカこそ謝罪しろよ

4: 2016/12/29(木) 18:21:03.147 ID:Z4k8UmZe0NIKU
それを日本人が言うのは筋違い

6: 2016/12/29(木) 18:21:48.395 ID:Yvl4FliRrNIKU
>>4
意味が分からないが
戦争を実際に体験してない世代にとっては事実をありのままにとらえることこそが重要なんじゃないのか

8: 2016/12/29(木) 18:24:45.149 ID:Z4k8UmZe0NIKU
>>6
ありのままに捉えたら自衛戦争にはならないだろ

10: 2016/12/29(木) 18:26:37.358 ID:Yvl4FliRrNIKU
>>8
いや自衛戦争でしょ
ABCD包囲網で追い詰められ禁油までされた結果仏印に「許可を得た上で」進駐したんだぞ

17: 2016/12/29(木) 18:30:07.194 ID:Z4k8UmZe0NIKU
>>10
仏印進駐三国同盟

7: 2016/12/29(木) 18:23:30.256 ID:Yvl4FliRrNIKU
そもそも日中戦争だって関東軍が勝手に暴走しただけで太平洋戦争が始まるまでは「軍事紛争」って認識だったし
日本国民には責任はない
むしろ戦争に巻き込まれた被害者

12: 2016/12/29(木) 18:28:43.077 ID:n6/PZ8eWaNIKU
真珠湾攻撃で民間に被害出してるやんけ

14: 2016/12/29(木) 18:29:20.423 ID:tsQcXRU90NIKU
>>12
真珠湾は軍事施設しかなくない?

21: 2016/12/29(木) 18:32:47.622 ID:Yvl4FliRrNIKU
>>12
真珠湾は完全に軍事基地だけど

45: 2016/12/29(木) 18:45:59.314 ID:dOXerRbOaNIKU
>>21
確かにアジアの欧米植民地支配からの解放という建前はあった
欧米の植民地政策よりも善い統治を行っていた事実もある
ただその基にはあくまでも「日本のため」という考えがあったことを忘れてはならない
日本は日本が強くなるため欧米列強に負けないためにアジア各所の植民地にに攻め入った 決して「植民地にされてる国が可愛そうだから」なんて理由ではない
その後結果的にアジア各国は独立を手にしたがそれは日本が欧米をアジアから追い出したことによる結果論でしかない
戦後独立したアジア各国が「独立できたのは日本のおかげ」というのは勝手だが日本人が「解放してやった」などというのはおかしい

47: 2016/12/29(木) 18:48:26.904 ID:9S9pwVmRrNIKU
>>45
自分のためにやったことなら尚更謝罪する必要ないよね
戦争のときはどこの国だって自分の国を守るのが第一なんだから

49: 2016/12/29(木) 18:50:56.786 ID:dOXerRbOaNIKU
>>47
謝罪する必要なんてない
ただ「日本がアジアを解放してやった」などというのはおかしい という話

50: 2016/12/29(木) 18:50:59.700 ID:eqnA4ZjvrNIKU
>>45
欧米と同じことやっただけじゃん
日本だけ賠償しろって言われるのはおかしいよね

15: 2016/12/29(木) 18:29:30.405 ID:dOXerRbOaNIKU
スレタイは正論
日本が植民地を解放したはおかしい
そりゃ結果論だ

21: 2016/12/29(木) 18:32:47.622 ID:Yvl4FliRrNIKU
>>15
結果論って言うなら日本が負けたから戦争下ではどこの国でもやってたようなことを戦争犯罪とか言われて叩かれてるだけ
フィリピンとか戦争中に独立させてるし

20: 2016/12/29(木) 18:31:49.580 ID:plSgPIWS0NIKU
とりあえず極東くんだりまで侵略してた欧米が、北京議定書に名を連ねるような欧米が
どの面さげて当時日本を非難したの?

27: 2016/12/29(木) 18:35:20.220 ID:Yvl4FliRrNIKU
>>20
東南アジアの一部では「植民地時代より日本軍占領下の方が扱いが良かった」という意見もあるくらいだしな

22: 2016/12/29(木) 18:33:46.319 ID:XCo4pa7eaNIKU
正直左翼が歴史を歪曲しすぎて、何が真実だったのかかなりわかりづらくなってる

31: 2016/12/29(木) 18:36:52.390 ID:Yvl4FliRrNIKU
>>22
日中戦争は関東軍の暴走で国民は被害者
太平洋戦争は自衛行動

真実はたったこれだけだよ

41: 2016/12/29(木) 18:41:59.699 ID:Z4k8UmZe0NIKU
>>31
仏印の中立化する大統領提案蹴って野村試案ハルに飲ませたのに東郷が蹴ったくせにアメリカにけしかけられた!自衛戦争だ!もか言えるの?

24: 2016/12/29(木) 18:34:13.467 ID:kbKmZYh+0NIKU
じゃあ日本は南京重慶爆撃を中国に謝るべきだね

34: 2016/12/29(木) 18:38:41.603 ID:Yvl4FliRrNIKU
>>24
そうだね、誇張されてない本当の数字を出してくれたら
「帝国陸軍が政府の意に反してやった」行為について遺憾の意を示すべきだろうね

25: 2016/12/29(木) 18:34:22.993 ID:IGG0nivs0NIKU
そもそもなんで侵略がいかんのだ
イギリス、アメリカのお家芸だろうが
アメリカ「侵略だめでーす」
って世界一短いブラックジョークかなんかですか?

33: 2016/12/29(木) 18:38:03.932 ID:itMWAOTSdNIKU
戦争なんて基本国民は被害者だわ
特に日本は軍部がカスすぎた

38: 2016/12/29(木) 18:40:14.384 ID:Yvl4FliRrNIKU
>>33
ドイツだってナチスのホロコーストは謝罪してるけど侵略行為や戦争責任は認めてないし賠償もしてないからな
数で言えばあっちの方が殺してるのに

63: 2016/12/29(木) 19:09:20.154 ID:qT5rvLAQ0NIKU
>>38
ドイツは東西に分かれてたのも影響してる
ソ連に対抗するため早急に軍隊再構築しなきゃならなかったから

37: 2016/12/29(木) 18:39:42.933 ID:d9vS1taQdNIKU
侵略行為の何が悪いの

39: 2016/12/29(木) 18:40:35.133 ID:IGG0nivs0NIKU
>>37
イギリスとアメリカが大正義で、ソレ以外がやるからダメ
それだけ
あとは戦勝国かどうか
それだけの話
それさえ満たしていれば誰がどのように死のうが、何億人殺そうが、相手の国を薬漬けにしようが大正義

43: 2016/12/29(木) 18:44:05.406 ID:o0QXrdA+rNIKU
中国は分かるけど韓国になんで謝らなきゃならないのかはマジで謎
虐殺したわけでもないし日本領だったんだから戦争協力は当たり前じゃん
台湾は賠償請求してないぞ

51: 2016/12/29(木) 18:52:15.758 ID:lqHhpIS6rNIKU
旧日本軍の悪事なんてソ連赤軍に比べたら大したことないんだよなあ

58: 2016/12/29(木) 19:03:20.565 ID:IJAYzJHJrNIKU
 結局のところ「負けた方が悪(とされる)」ってことでしょ。
 それに、例え煽られて煽られて煽られて煽られても実際に攻撃を始めたのが日本っていうのは取り消せない事実だし。
 "実際にどうだったか?(どんな背景、必然性があったのか)"よりも、"名目上どうだったか?(大義名分があるか?綺麗事を吐けるか?)"が優先されるのは古今東西いつでも言えることだよ。
 だから"日本に謝る必然性"はないかもしれないけど"謝る義務"はある(押し付けられている)んだと俺は考えてる。

61: 2016/12/29(木) 19:05:52.083 ID:IJAYzJHJrNIKU
>>58
 誤字った
  "日本に謝る必要性"
    →"日本が謝る必然性"

60: 2016/12/29(木) 19:05:15.127 ID:pSWiP3840NIKU
そりゃどの戦争もいい面悪い面あっただろうけど
負けたら全面的に悪になるそんなもん

68: 2016/12/29(木) 19:12:22.105 ID:Ge6k8wXn0NIKU
日中戦争だって白人の侵略に対する自衛戦争だよ
当時国も民心も白人側にいたのはアヘンで骨抜きにされた中国人だけ
中華民国を名乗ってても空軍とか普通にアメリカ軍だったからな

73: 2016/12/29(木) 19:14:15.271 ID:Ge6k8wXn0NIKU
アメリカとの戦争は避けられなかったよ
アメリカが潰すと決めてたんだから最後はイラクみたく言い掛かりでも潰しに来た

81: 2016/12/29(木) 19:18:52.806 ID:qT5rvLAQ0NIKU
>>73
アメリカから見たら、日本に対して戦争してもあんまメリットないように思うんだけどなあ?
メリットはドイツとの戦争参戦の口実が一番大きいんじゃなかろうか?

85: 2016/12/29(木) 19:21:40.728 ID:qyldD5ieaNIKU
>>81
中国の利権と太平洋の安全保障

91: 2016/12/29(木) 19:25:43.148 ID:qT5rvLAQ0NIKU
>>85
中国の利権であって領土ではないんだよな
頭悪い自分から見ると、当時の中国の利権はソ連に取られたように思うんだけど
日本がアメリカに利権認めて共同管理できたら、今の中国は今ほど脅威じゃなかったかもね

94: 2016/12/29(木) 19:31:10.503 ID:Ge6k8wXn0NIKU
>>91
そもそも日露戦争も米英が日本をけしかけて日本もそれに乗っかった訳じゃん
今沖縄に居座ってるのもそうだしアメリカのアジア牽制にほんと良い位置なんだよ日本は
日本が朝鮮満州ゲットしたのと一緒で最良の緩衝地

正直潰して武力解除して9条押し付けたのはアメリカにとって失政だったと思うよ
最初から反共の同盟国として手を結んどけば日本を尖兵に使ってアメリカはヌクヌク出来た
当時はまだ中国の体制が流動的だったからそこまで読めなかったんだろな

99: 2016/12/29(木) 19:38:12.634 ID:qT5rvLAQ0NIKU
>>94
>正直潰して武力解除して9条押し付けたのはアメリカにとって失政だったと思うよ

日本軍が結構被害与えてるから武力持たせたくなかったんだろうな。特攻も精神的に恐れてるぽいし
今の侵攻できない自衛隊てアメリカには有難いだろうな

82: 2016/12/29(木) 19:18:59.779 ID:CicuIWrr0NIKU
他国を独立させてやるために自国の兵士に命かけさせる国とか絶対嫌だわ

89: 2016/12/29(木) 19:25:24.203 ID:vBxQKL+Q0NIKU
>>82
逆に言えば、あまりに何も得られなかった、むしろ失うものしかなかった戦争だから
「アジア解放」なんていう理由付けでもしないとやりきれないんだろう

だから当のアジア諸国から「日本の統治も残虐非道だった」と言われても聞きもしない
それを聞き入れたらまるっきり戦争の意味がなくなってしまうから

97: 2016/12/29(木) 19:35:24.745 ID:/1Vnbj04rNIKU
オレはまともな中国人なら日本軍の中には松井や広田みたいに親中派の将校がいたことを知ってると信じてるし
まともなアメリカ人なら原爆は必要なかったと認めてると信じてるよ
韓国は知らん、国ぐるみで反日教育されたら真実に触れることすらできないだろう

106: 2016/12/29(木) 19:46:57.803 ID:JJck6hjZ0NIKU
現在でいうと
世界「お前いろいろと危なすぎ、輸入禁止ね」
北朝鮮「ふざけんな!戦争しかない!これは自衛戦争だ!」

これは正しいと言えるか?
昔の日本はこれと同じだぜ

107: 2016/12/29(木) 19:51:05.341 ID:qT5rvLAQ0NIKU
>>106
北朝鮮は大人しくしてれば緩衝帯としてどの国も手を出さない。ように思うんだけど
日本も自国領土自衛だけなら問題なかったんかな?

113: 2016/12/29(木) 19:54:38.654 ID:JJck6hjZ0NIKU
>>107
仮の話

118: 2016/12/29(木) 19:58:23.432 ID:4HCizWM70
>>107
中国というか大陸にちょっかい出さなければうまく行った場合アメリカにはかなわなくとも経済大国として戦後のさばる事はできた可能性も十分ある
ただアメリカの対ドイツ参戦が真珠湾攻撃を理由としてたからイギリスが負けてた可能性も十分にある

124: 2016/12/29(木) 20:05:12.939 ID:qT5rvLAQ0NIKU
>>118
アメリカと和解してイギリス負けてたら、日本はナチスと戦ってた可能性もあるな。同盟あったにしても

地理学的にできるかわからんけど、ナチスに侵略されるソ連を植民地化するために侵略してたかもなあ

109: 2016/12/29(木) 19:52:21.464 ID:Ge6k8wXn0NIKU
>>106
当時はアジア全体が白人に植民地化される流れにあったから抗うのは当たり前
北朝鮮なんて誰にも相手にされてないのに構ってもらうために武器振り回してんだから全然違うよ

112: 2016/12/29(木) 19:54:11.744 ID:qT5rvLAQ0NIKU
>>109第一次世界大戦後までの日本を侵略する国はあったんかなあ?
幕末明治維新はその恐れがあったのは知ってる

115: 2016/12/29(木) 19:57:26.386 ID:Ge6k8wXn0NIKU
>>112
すぐ隣で清国がアヘン漬け&事実上の植民地化されてんだから危機感持つのは当たり前
ロシアの南下もあったし思いっきり侵略の脅威に晒されてたよ
実際東アジアは日本とタイ以外みんな植民地化されたしな

119: 2016/12/29(木) 20:00:29.291 ID:JJck6hjZ0NIKU
>>115
自衛というなら攻める前兆、攻めてきたらやればいいさ
日本は自国の利益のために侵略してたんだから
それで自衛戦争はねえよ

121: 2016/12/29(木) 20:02:18.858 ID:qT5rvLAQ0NIKU
>>115
ソ連はわかる。
イギリスは日露戦争後は日本への侵略はない
アメリカはあまり植民地持ちたがらない

どうなんだろ?歴史は書き換えられるが、当時の列強は日本を植民地にするつもりは全くなかったんじゃないかな?
ソ連は港が欲しいだろうけど

114: 2016/12/29(木) 19:56:02.232 ID:JJck6hjZ0NIKU
>>109
あのとき戦争しなかったらアメリカが日本のこと植民地にしてたと言うの?
ありえねぇ…………

120: 2016/12/29(木) 20:01:16.925 ID:Ge6k8wXn0NIKU
>>114
そんなん後知恵だよ
あの状況でその危機感が無いってのこそ有り得ない
一般的な白人が有色人種を人間だと気づいたのは1960年代あたりからだぞ
その前は喋る家畜だったんだから人間扱いなんて期待出来なかったよ

116: 2016/12/29(木) 19:57:51.012 ID:qT5rvLAQ0NIKU
いつからかわからんけど、日本は植民地欲しかったのは確かじゃね?
第一次世界大戦後は日本に攻撃しかける国はなかったし(でいいんだよな?)
当時は植民地持たないといざという時資源輸入できなくてヤバイのかも知れないけど

128: 2016/12/29(木) 20:11:18.436 ID:plSgPIWS0NIKU
なんで日本(関東軍)は傀儡満州で満足して防衛戦争に徹しなかったんだろう
このへん良く分からないんだよね

日中戦争(関東軍のはっちゃけと日本政府の追随)

いろいろあってアメリカが禁輸措置

日中戦争に支障をきたす

アメリカ原油の代替として東南アジアの原油国に目をつける

日本「東南アジアを侵略したら絶対アメリカの空母艦隊が遠征してきて邪魔になるな…」

・真珠湾を奇襲し空母艦隊を先に潰そうとする→大失敗
・奇襲と同時に陸軍が原油国掌握を目指し南侵を開始

たしか大体こんな流れだよね

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2017年01月01日 20:08 ID:K.6Y2JEp0▼このコメントに返信
既に条約で終了してるんだから悼む以上に謝る必要は無いが自発的意外に感謝を求めるのも筋違い
2.名無しさん:2017年01月01日 20:10 ID:fuBv0A6D0▼このコメントに返信
ま~たこれかw
てか大東亜戦争だけでなく支那事変も侵略じゃねえよ
3.名無しさん:2017年01月01日 20:10 ID:RjrynWKR0▼このコメントに返信
日本の中国への軍事介入は今でいえば国連PKOと同じ性格で、
中国人を残忍な蒋介石や毛沢東から保護するのが目的だった。

実際に、日本軍の占領下では治安が安定して平穏な生活が送れ、
それで、日本軍は中国人から信頼され、寡兵なのに、広大な地域を支配できた。

日本は中国に、PKO派遣費用の数兆円を請求する権利が在る。

南京大虐殺は、1949年に毛沢東が起こした事件なら実在するが、
1937年当時には誰も知らない事件で、東京裁判で原爆投下の正統性を論じた時に、中国人が簡単に捏造出来ると安請け合いして出て来た。
それで、1948年の東京裁判で神父を喚問したら、何も見ていないし知らないと証言して立証に失敗している。
中国人を喚問して居たら、証人に圧力を掛けて、目的の証言を自在に得られたはずだが、証人が米国人神父で、神の存在を信じていたので偽証しなかった。

その後、田中角栄が中国から金を支援されて闇将軍になり、
その見返りにODAが出され、ODAを出す理由として、社会党等に頼んで、日本の戦争犯罪として南京大虐殺が再び登場、TVなどで大々的に宣伝された。
4.名無しさん:2017年01月01日 20:12 ID:e7sl5ncX0▼このコメントに返信
本当アジアの為に我ら日本は白人共と戦ってたのにな
無論戦争しかけたのはこちらでましてや白人共に惨敗したのも日本なんだが
敗者に口なしだから攻められるのは仕方ない
かつて日本が果たせなかった理想は中国に託すとしよう
5.名無しさん:2017年01月01日 20:12 ID:D9ZPkHHs0▼このコメントに返信
とか言いながら日本をフルボッコにするスレだろ
読まないで書くけど持ち上げて叩き落とすパターン
突っ込みやすいレスかいて炎上させる
まとめサイトの自作自演を疑うレベルの
6.名無しさん:2017年01月01日 20:14 ID:NuOuN0.H0▼このコメントに返信
日中も先に手を出されたから自衛だろボケ!
7.名無しさん:2017年01月01日 20:14 ID:gg8zXlTl0▼このコメントに返信
そもそもだれに謝罪するの?
SF講和条約成立しとるんだから、当事国に謝罪はいらん。
まさか自称戦勝国のC国とかK国に謝罪とかって話なのか?
8.名無しさん:2017年01月01日 20:14 ID:FAsCJpFL0▼このコメントに返信
そもそも当時は侵略上等、虐殺上等が欧米露の潮流だったんだから、その点で日本を批難するなら欧米露も批難されるべきだろう。
9.名無しさん:2017年01月01日 20:15 ID:oKC9ARlj0▼このコメントに返信
真珠湾で先制攻撃しちゃったから自衛は無いわぁ
そら経済的に嫌がらせされてたけどさ

例えば経済封鎖されてる北朝鮮が、先制ミサイル攻撃して「俺が正義!」とか言っても「はぁ?」だろ
10.名無しさん:2017年01月01日 20:16 ID:G.QRHSeL0▼このコメントに返信
次は勝てってことでしょ。

で、その機会を作らせないために、9条がある。
11.名無しさん:2017年01月01日 20:16 ID:ZfhrzySB0▼このコメントに返信
国際法上、全て自衛戦争。 辞書の定義でも侵略戦争には該当しない。 
12.名無しさん:2017年01月01日 20:19 ID:eKhPAyim0▼このコメントに返信
むしろ逆のような気が。
13.名無しさん:2017年01月01日 20:19 ID:aGKNOedZ0▼このコメントに返信
通州事件位調べたら?
14.名無しさん:2017年01月01日 20:20 ID:fuBv0A6D0▼このコメントに返信
※9
北朝鮮は金豚将軍の厨二病で騒いでるだけやん?
大日本帝国みたいに自国の安全保障やアジアの安定とか考えてないやん?
15.名無しさん:2017年01月01日 20:20 ID:gg8zXlTl0▼このコメントに返信
※6
盧溝橋爆破や満州事変はさすがに侵略やが、
第2次上海事変は、蒋介石がナチスにケツ叩かれて、先制攻撃だからな、
自衛と胸はれるはな。東京裁判でも上海事変で有罪はおらんだろ?
16.名無しさん:2017年01月01日 20:20 ID:D9ZPkHHs0▼このコメントに返信
関東軍の暴走とか当たり前のように言ってるけど
中国側のやらかしを問題にせず悪者にされるのはなあ
当時の国民は「よくやった!遅すぎるけど!」なのにね
17.名無しさん:2017年01月01日 20:20 ID:.hFk3Pj60▼このコメントに返信
勝てば官軍、負ければ賊軍
侵略もくそもねー
次は全滅覚悟でやれや
18.名無しさん:2017年01月01日 20:21 ID:rt9P5n8g0▼このコメントに返信
負けたから悪いに決まってんだろバカか1は。敗者は常に悪が国際的な見解だから。歴史がそうなってる
19.名無しさん:2017年01月01日 20:21 ID:iUyr2VN40▼このコメントに返信
そもそも、戦争行為自体が謝罪の必要ないもの。
20.名無しさん:2017年01月01日 20:21 ID:SBF2.Tzg0▼このコメントに返信
在中国日本人居留民を暴行、殺害、放火した中国人は、中国政府が逮捕したのかな?
日本に謝罪したのかな?
何もしないで、白河夜船と来るんだろうね。
中国も朝鮮(含む、韓国)は、全く同じ。
21.名無しさん:2017年01月01日 20:21 ID:Lq01qyg30▼このコメントに返信
中国へは、起点は懲罰というか制裁だべ…
 民間人虐殺をごめんなさい言わせる為の…
22.名無しさん:2017年01月01日 20:22 ID:ZfhrzySB0▼このコメントに返信
「侵略戦争」というのは、話者の価値観を表す主観的な言葉なんだ。

で、使われ方を見れば分かる通り、相手が「悪い事をした」「悪い事をしている」という感じで非難するとか貶めるとかそういう意味で使われる言葉なんだ。ぶっちゃけ罵倒用語と同じ「汚い言葉」なんだね。
23.名無しさん:2017年01月01日 20:23 ID:nQY5s3CW0▼このコメントに返信
最後のは少し違うな
日露戦争直後からアメリカは対日戦争に向けて準備始めてたし、
当時の戦略兵器は戦艦>>>空母で、その戦艦の多くが真珠湾に停泊している日=開戦日に決めてた。 無論、空母も目標の一つであったが大半の将校は重要視していなかったとも
24.名無しさん:2017年01月01日 20:24 ID:uwq6KWZ60▼このコメントに返信
最初から自衛戦争と言っときゃいいのに、
大アジア主義で東亜解放なんて心にもない建前を掲げたからややこしいことになった
25.名無しさん:2017年01月01日 20:24 ID:ms2J5Kbo0▼このコメントに返信
そもそも戦争で謝る謝らないっていうのが意味不明
弱肉強食の世界だったんだから、むしろ弱かったほうが悪だろ
26.名無しさん:2017年01月01日 20:25 ID:bVYAFMqG0▼このコメントに返信
うんうんそうだな それが真実だと思うなら早く国連の場でそれを世界各国に表明して堂々退場してこいよ
愛国者気取ってるくせになんでその程度のことも日本のためにやらないんだ? 真実なんだろ? それとも売国奴か?ww 
27.名無しさん:2017年01月01日 20:25 ID:fuBv0A6D0▼このコメントに返信
※18
要は当時の戦勝国達がオワタ式なので
改めて当時の日本=絶対悪と強調しとるんやろ?
28.名無しさん:2017年01月01日 20:26 ID:ZfhrzySB0▼このコメントに返信
戦争というのは主権国家に認められた正当な権利の行使なわけだ。

その正当な権利を行使している相手がさも悪い事をしているように非難するとか罵倒するとかレッテル貼りをするとかつまり、分かりやすく言えば今流行りの「ヘイトスピーチニダ!」ってのと同じようなモノなんだね。

日本共産党とかが「日本の侵略戦争!!」とか好んでしょっちゅう使っているが、それはつまり
日本を貶める「ヘイトスピーチ」をしているのと同じなわけだ。
正当な権利行使してだけの日本を不当なレッテル貼りして侮辱し我々の先人とその子孫である我々の名誉を棄損する
日本人に対する人権侵害なわけだ。
29.名無しさん:2017年01月01日 20:26 ID:8KPbtXNv0▼このコメントに返信
てか侵略戦争でも相手国に公式謝罪してる国なんてないよね
欧米で過去に侵略した国に謝罪した国って聞いた事ないし
逆にオランダはインドネシアが長年公式に謝罪要求し続けてるのにスルーしてるとかは聞いた事あるけど
30.古古米:2017年01月01日 20:26 ID:F7t6jvm80▼このコメントに返信
×支那への侵略
○支那への報復
もともと国際的に認められてた日本人居留地に国民党の守備隊が奇襲攻撃をかけて、日本人が多数殺された(通所事件)事の報復だからな。
日本政府も丸く納めようと収拾に動いたけど、支那事変・満洲事変へと続いていって事態は拡大してしまう。
当時の大日本帝國関東軍の感覚としては「売られた喧嘩を買っただけ。そしたら英米仏がズルイと言い出した」見たいなものだろう。
31.名無しさん:2017年01月01日 20:27 ID:1NXOngvg0▼このコメントに返信
>当のアジア諸国から「日本の統治も残虐非道だった」

出ました!特アのアジア諸国混同!これで、赤の主張が歴史捏造だって浮き彫りになったねw
日本は白人の植民地になったアジアを取り返しに行っただけ。
白人から金貰って喜んでる特ア以外のアジア諸国は日本に感謝しているぞよ。
日中戦争は日本の段違いに優良な植民地教育に脅威を感じた白人諸国が、
中国に援助し、中国を仕掛けた戦争。
そんなに白人になりたいんだったら、精々、美白にでもせいをだして白人になるんだなwwwww
32.名無しさん:2017年01月01日 20:28 ID:8r0Ef9zy0▼このコメントに返信
日本が行った全ての戦争は、
日本を共産仕儀から守る戦いと、
白人植民地からアジア人の解放の為の戦いである。

補足、戦争を発動する国家が侵略戦争と宣言しない限り侵略とは為らない、
ゆえに自衛だと宣言すれば自衛戦争である。
33.名無しさん:2017年01月01日 20:29 ID:G5BfenAR0▼このコメントに返信
侵略行為に経済制裁されたから発狂して自存自衛とかいい出しただけなのに何言ってんだこいつ
34.名無しさん:2017年01月01日 20:29 ID:ZfhrzySB0▼このコメントに返信
日本共産党とかが「日本は侵略戦争をした!」等公の場で言っているのは、つまり
公の場で「このクソ野郎!」「屑野郎!」とかそういう汚い言葉を吐いているのと一緒なんだね。

で、公然と人権を侵害しているわけだ。
35.名無しさん:2017年01月01日 20:30 ID:oKC9ARlj0▼このコメントに返信
※30
その「感覚」がな…
エスカレーションする気マンマンで、自衛に必要な最小限の武力行使に抑えようという努力が全くみられなかったから
自衛の範疇には見てもらえないのよ
36.名無しさん:2017年01月01日 20:32 ID:3SM.kR930▼このコメントに返信
(#`ハ’)日中戦争は侵略行為だったかもしれないけど太平洋戦争は「自衛戦争」だったんだから日本は謝る必要ないだろ

支那,土人ってパクリと日本のポ,ルノコンテンツを無銭ダウンロードする以外の知能があったんだな
37.名無しさん:2017年01月01日 20:33 ID:r8OsRpea0▼このコメントに返信
東南アジアに対しては侵略戦争だが、支那に対しては自衛戦争だろ。
戦線拡大しすぎたのはただの戦略上のミス
38.名無しさん:2017年01月01日 20:33 ID:n6fh7md60▼このコメントに返信
そもそも、フランス本国がドイツに負けてインドシナから撤退した時に、日本が棚ボタで仏印駐留して「解放」しなかったからアメリカの経済制裁くらったわけで、順番が逆なんだよな。東南アジアで日本軍が略奪してたのは事実だし、東遊運動(=日本に留学しよう)をやってたような親日の解放勢力も後半は完全に日本と敵対してたんだから、日本が大戦期に鼻ツマミものになってたのは事実。最終的に歓迎してたのはまだ占領できてなかったインド人くらいだから、支配下に入れた地域がほぼ全域で反発してたのは、占領政策が全く政治的効果を上げてなくて恨まれてたってこと。そりゃ、内地がカツカツだったのに、占領地域で太陽政策やる余裕はないし、当然の帰結なんだよ。
39.名無しさん:2017年01月01日 20:34 ID:0HVnKvmN0▼このコメントに返信
侵略するようなレベルの低い統率が取れていない軍隊は野盗とかわらない
民間から金品は没収し女子供は殺戮の対象となる
男は強制労働させられる

草の根も残らないのが侵略

国の名前だけなら変える必要性がない
40.名無しさん:2017年01月01日 20:34 ID:NuOuN0.H0▼このコメントに返信
※15 日中戦争1937~45の間の国家間戦争
満州事変1931←第二次大戦とは関係無いだろ
虚構橋事件1941←第二次大戦の一部
なんでも混ぜるな、文句が有るなら終戦の時に言え、基本国際上「自衛戦争」と言われている
41.名無しさん:2017年01月01日 20:35 ID:x.p1RJTN0▼このコメントに返信
中国と朝鮮半島が失くなったら即解決するんだからそうしよう!
42.名無しさん:2017年01月01日 20:35 ID:ZfhrzySB0▼このコメントに返信
※24 はいよ[大東亜戦争 開戦の詔勅 )

~略~

そもそも、東アジアの安定を確保して、世界の平和に寄与する事は、大いなる明治天皇と、その偉大さを受け継がれた大正天皇が構想されたことで、遠大なはかりごととして、私が常に心がけている事である。そして、各国との交流を篤くし、万国の共栄の喜びをともにすることは、帝国の外交の要としているところである。今や、不幸にして、米英両国と争いを開始するにいたった。

まことにやむをえない事態となった。このような事態は、私の本意ではない。 中華民国政府は、以前より我が帝国の真意を理解せず、みだりに闘争を起こし、東アジアの平和を乱し、ついに帝国に武器をとらせる事態にいたらしめ、もう四年以上経過している。

さいわいに国民政府は南京政府に新たに変わった。帝国はこの政府と、善隣の誼(よしみ)を結び、ともに提携するようになったが、重慶に残存する蒋介石の政権は、米英の庇護を当てにし、兄弟である南京政府と、いまだに相互のせめぎあう姿勢を改めない。米英両国は、残存する蒋介石政権を支援し、東アジアの混乱を助長し、平和の美名にかくれて、東洋を征服する非道な野望をたくましくしている。

(つづく)
43.名無しさん:2017年01月01日 20:35 ID:ZfhrzySB0▼このコメントに返信
(つづき)
あまつさえ、くみする国々を誘い、帝国の周辺において、軍備を増強し、わが国に挑戦し、更に帝国の平和的通商にあらゆる妨害を与へ、ついには意図的に経済断行をして、帝国の生存に重大なる脅威を加えている。

私は政府に事態を平和の裡(うち)に解決させようとさせようとし、長い間、忍耐してきたが、米英は、少しも互いに譲り合う精神がなく、むやみに事態の解決を遅らせようとし、その間にもますます、経済上・軍事上の脅威を増大し続け、それによって我が国を屈服させようとしている。

このような事態がこのまま続けば、東アジアの安定に関して我が帝国がはらってきた積年の努力は、ことごとく水の泡となり、帝国の存立も、まさに危機に瀕することになる。ことここに至っては、我が帝国は今や、自存と自衛の為に、決然と立上がり、一切の障害を破砕する以外にない。

 皇祖皇宗の神霊をいただき、私は、汝ら国民の忠誠と武勇を信頼し、祖先の遺業を押し広め、すみやかに禍根をとり除き、東アジアに永遠の平和を確立し、それによって帝国の光栄の保全を期すものである。

44.名無しさん:2017年01月01日 20:35 ID:5fsckA800▼このコメントに返信
終わった事の言い訳いつまでもさがす必要もないだろ
45.名無しさん:2017年01月01日 20:37 ID:2S7z3.H90▼このコメントに返信
日本だけこうもウダウダ言われる筋合いないよな
特に中国なんかそんなにイチャモンつけたいなら欧米にも日本に対して以上にイチャモンつけろよと思うわ
欧米は欧米でそもそも各地に植民地建設してアジアにまで侵略してきたのはお前らだろと
どいつもこいつも棚に上げすぎだわ
韓国?乞食は糞でも食ってろ
46.名無しさん:2017年01月01日 20:38 ID:oKC9ARlj0▼このコメントに返信
仲直りしてるのに言い訳なんか藪蛇
47.名無しさん:2017年01月01日 20:38 ID:Ubm.n4zZ0▼このコメントに返信
日中戦争も侵略じゃねーよ
てかさ戦争ってのは侵略した/された、善/悪云々みたいなのは無いんだって、
基本的に戦争というのは双方の外交のもつれの結果起きるのだから。
日本は一貫して満州国を認めろっていい続けてそれが認められないから戦争に至ったんだよ
中国が重慶、満州と中央政府を移動しつつ逃げ回ってたからそれを追っかけてたらその途中に戦争が終わっただけ、
そこだけを切り取ると「日本が中国を侵略してた!」となるわけ、

てかこの程度のことを基礎知識として知らないやつが多いのが問題なんだろうけどな、
48.名無しさん:2017年01月01日 20:38 ID:bVYAFMqG0▼このコメントに返信
ほどほどにしときゃよかったんだよ オーバーキルすぎたから責められてるだけ
慰安婦やら南京虐殺やらフィリピンでのレ○プやらあきらかに「自衛」「アジア解放」の範疇超えてんだろ
49.武井宏憲:2017年01月01日 20:38 ID:hW.l50Ix0▼このコメントに返信
※30
あれを自衛とするのは無理ですね。
このスレッドの言う「自衛」は、ABCD包囲網からの自衛ですが、包囲網は満州事変および満州侵略が9カ国条約違反だと思われたことからはじまっています。

国際連盟で「日本こそ侵略者」だと判断されたことから始まっているのですから、今で言えば北朝鮮がキレてミサイルぶっ放したのと同じ評価にしかなりません。
50.名無しさん:2017年01月01日 20:39 ID:vKcwC1hS0▼このコメントに返信
※31
戦後賠償払わされてるのに「感謝されてる」というのも鼻で笑われる話だけどな
51.武井宏憲:2017年01月01日 20:39 ID:hW.l50Ix0▼このコメントに返信
※45
時期がまずいでしょう。
一次大戦を経て戦争違法化された以降に侵略をやったのは日本とドイツくらいではないでしょうか。
52.名無しさん:2017年01月01日 20:40 ID:ZfhrzySB0▼このコメントに返信
※49
バカなの?とおもったら武井じゃんw まだ無知な人を騙す活動続けてるんか。
53.武井宏憲:2017年01月01日 20:40 ID:hW.l50Ix0▼このコメントに返信
※47
あります。
とはいえ当時の基準が「国際社会(国際連盟)が侵略だと思えば侵略」という程度の基準ですが。
ただ、これは今でもあまり変わらないですね。
54.名無しさん:2017年01月01日 20:41 ID:LuFL2NY80▼このコメントに返信
そもそも中国の王朝はほとんどが漢族以外の侵略だった、日本だって中国に王朝を立てれば問題なかった。
55.武井宏憲:2017年01月01日 20:41 ID:hW.l50Ix0▼このコメントに返信
※52
反論があるならどうぞ。
56.名無しさん一等兵:2017年01月01日 20:41 ID:v5qpTlk.0▼このコメントに返信
戦争の直接の当事者でない者が (今更) “ 謝罪 “ をしても 何か意味があるのか?

一人一人が納得した答えを見つけるべきとは思うが、その結果で、 “ 謝罪 “まで繋がる理論が判らない。
ヒト一人の思想は自由だから “ 謝罪 “ したい者はすれば良い。

が、する義務はない。

米34は思想信条の自由を認めないのか?
自分の発想を金科玉条にして、他を排除したいだけなのか?
57.武井宏憲:2017年01月01日 20:41 ID:hW.l50Ix0▼このコメントに返信
※52
貴方のように間違っているとか無知な人を騙すと断じたひとがちゃんと反論してきたことがありません。
58.名無しさん:2017年01月01日 20:42 ID:Ubm.n4zZ0▼このコメントに返信
日本がアジアを侵略したがってたのならタイ王国も占領されてたがな、
タイは欧米の植民地じゃなかったから狙わなかっただけ、
日本は東南アジアに関しては欧米の植民地しか狙ってない、欧米の植民地なんてのは国家としての主権もないし
言っちゃ悪いが当時は単なる土地以上の価値なんてない、
それを戦後になってアメリカや戦勝国が「アジア・アジア人を侵略してた」というイメージを作り出しただけ、
ほんとアホくさい話だがな
日本はそういう「土地」を確保した後に地元民の政府に受け渡そうとしてた、まぁその途中に戦争が終わったが。
59.名無しさん:2017年01月01日 20:43 ID:ZfhrzySB0▼このコメントに返信
「日本は侵略した」とかほざく反日左翼共産主義者と中国韓国朝鮮人の言う事は嘘誤魔化し詐術ばっかで、もう数えきれないぐらい論破されてる事なんで皆さん気をつけてね♡ 
60.武井宏憲:2017年01月01日 20:43 ID:hW.l50Ix0▼このコメントに返信
※56
国家機能を継承するかどうかいう点において国家としての責任はありますよ。
さもないと誰も謝罪や賠償をする者がいなくなります。
それでは被害者意識のある人間は納得しません。
61.名無しさん:2017年01月01日 20:43 ID:LjLnXfmJ0▼このコメントに返信
※33
え?お前が何言ってるの?
62.名無しさん:2017年01月01日 20:43 ID:FwIWsI9j0▼このコメントに返信
侵略戦争という言葉の意味がわからないね、戦争に負けた中国が勝手に作った言葉だろ
当時の中国がいかに無力で無能であるかを隠すために日本を批判しているだけ
戦争したくないなら日本に降伏すればいいだけじゃん、実際に韓国は降伏したよね
63.武井宏憲:2017年01月01日 20:44 ID:hW.l50Ix0▼このコメントに返信
※58
中国は利権がらみと他の方のコメントが示すとおり復讐の意味が大きいですね。
おっしゃるように、大東亜の理想はあるにせよ、それは後付ですから、もともとの戦争の意味自体が消えるわけではありません。
64.名無しさん:2017年01月01日 20:45 ID:ZfhrzySB0▼このコメントに返信
武井宏憲 これは有名なカスなんで、検索したらこいつがボロクソに論破されているのが出てくんじゃないかな?
相手しても時間の無断で、変態なのかボロクソにされて喜ぶ気持ち悪いヤツなんで相手しないほうがいいですよw
65.武井宏憲:2017年01月01日 20:45 ID:hW.l50Ix0▼このコメントに返信
※62
それこそ無茶な理屈ですが。
それならば日本こそ早々に降伏すればよいのです。
66.武井宏憲:2017年01月01日 20:46 ID:hW.l50Ix0▼このコメントに返信
※64
> 検索したらこいつがボロクソに論破されているのが出てくんじゃないかな?
そんなものがあるならどうぞご提示を。
67.名無しさん:2017年01月01日 20:46 ID:0aPQvnqm0▼このコメントに返信
※35
計画的に3万の軍に奇襲されて自衛の範疇もクソもなくね?真珠湾攻撃の後アメリカが反撃を自衛の範疇に抑えようなんてする必要ないしバルバロッサ作戦の後ソ連がそうする必要もないだろ
先制攻撃を受けてやり返しまくった国はいくらでもあるのに何故日本だけ反撃がエスカレートしたと非難されなければならないのか
上海事変は偶発的な戦闘でも何でもなくて蒋介石は日本とやり合う気マンマンなんだから反撃して敵の継戦能力を削がないほうがおかしい
68.名無しさん:2017年01月01日 20:46 ID:HannMQtE0▼このコメントに返信
日中戦争も条約を守らずに日本領土で略奪をしてた中国に対する自衛戦争だったから謝る必要ないよ。
69.名無しさん:2017年01月01日 20:47 ID:aM3h8I.P0▼このコメントに返信
実際に体験したことないのに事実をありのままという意味不明さ
70.名無しさん:2017年01月01日 20:48 ID:ZfhrzySB0▼このコメントに返信
とりあえず、資料らしきものをコピペして落ちますわw

米国の大部分の人々はそのころ、日本がアジアを戦争に巻き込むドラマの悪役であると信じていたが、マクマリーはこの考えに賛成ではなかった。
日本の1930年代の新しい強引な政策は、一方的な侵略とか軍国主義のウィルスに冒された結果などではなく、それに先立つ時期のアメリカを含む諸国の行為がもたらしたものだと熱心に説いたのである。

 ワシントン会議は、確かにアジアでの国際協力を達成することのできる枠組みを決定した。

しかし1920年代において、日本がワシントン条約の条文と精神を厳密に守ろうとしているのに、この合意のもう一方の当事者、特に中国と米国が条約諸規定の実施を繰り返し阻害したり、拒否する事実のあったことを彼は指摘した。

このように米国に教唆された中国は、自らの国際的地位を保証してきた法的な枠組みを一貫して軽視し、それによって日本の激しい怒りを招く結果となった。(つづく)
71.名無しさん:2017年01月01日 20:48 ID:ZfhrzySB0▼このコメントに返信
(つづき)
日本にワシントン条約を遵守させるのはなかなか難しかったのだから、日本の態度は評価されるべきだったとマクマリーは主張した。
しかしそうした評価が得られず、日本が自発的に参加した国際システムの全体が崩壊して自国の利害を脅かされると感じたとき、日本は「東アジアにおける正当な地位を保障するための強力な軍備」に頼るようになっていったとマクマリーは考えたのである。

 1930年代の中頃、マクマリーは事態が重大化したと考え、もし米国が日本の苦情を認めないで中国への肩入ればかりを続けるならば、結果的には間違いなく「日本との戦争」になってしまうと予言したが、彼の外交官仲間たちの多くはこの意見に賛成しなかった。
日米戦争が勃発したのはこれが書かれた6年後である、マクマリーは、まさに先見の明があったというべきであろう。

ジョン・アントワープ・マクマリー原著『平和はいかに失われたか』(原書房、アーサー・ウォルドロン編、北岡伸一監訳、衣川宏訳)、6~7頁
72.名無しさん:2017年01月01日 20:49 ID:ZfhrzySB0▼このコメントに返信
 そして中国に好意をもつ外交官達は、中国が、外国に対する敵対と裏切りを続けるなら、遅かれ早かれ一、二の国が我慢しきれなくなって手痛いしっぺ返しをしてくるだろうと説き聞かせていた。中国に忠告する人は、確かに日本を名指ししたわけではない。しかしそうはいってもみな内心では思っていた。中国のそうしたふるまいによって、少なくとも相対的に最も被害と脅威を受けるのは、日本の利益であり、最も爆発しやすいのが日本人の気性であった。
しかしこのような友好的な要請や警告に、中国はほどんど反応を示さなかった。返ってくる反応は、列強の帝国主義的圧迫からの解放を勝ちとらなければならないという答えだけだった。それは中国人の抱く傲慢なプライドと、現実の事態の理解を妨げている政治的未熟さのあらわれであった。

 このような態度に対する報いは、それを予言していた人々の想像より、ずっと早く、また劇的な形でやってきた。国民党の中国は、その力をくじかれ、分割されて結局は何らかの形で日本に従属する運命となったように見える。破局をうまく避けたかもしれない、あるいは破局の厳しさをいくらかでも緩和したかもしれない国際協調の政策は、もはや存在していなかった。

 協調政策は親しい友人たちに裏切られた。中国人に軽蔑してはねつけられ、イギリス人と我々アメリカ人に無視された。それは結局、東アジアでの正当な地位を守るには自らの武力に頼るしかないと考えるに至った日本によって、非難と軽蔑の対象となってしまったのである。

ジョン・ヴァン・アントワープ・マクマリー原著『平和はいかに失われたか』アーサー・ウォルドロン編・181-2頁


上記報告書(1935年に米国務省にマクマリーが提出)は、国際法の専門家で、ワシントン会議では米国代表団の主要メンバーだった米国務省の外交官が現地で見た事実を基に作成したものだ。
73.名無しさん:2017年01月01日 20:51 ID:VVilT3Mr0▼このコメントに返信
中国にも謝る必要はないだろ
日中戦争って何だよ、そんな戦争ねーよ(唾)
シナ事変ならあったけどね(確信)
74.名無しさん:2017年01月01日 20:52 ID:MLWAiL.00▼このコメントに返信
それを言うなら日中事変も自衛行動
蒋介石がゲリラ攻撃で関東軍をけしかけてた
そして、日本が負けてなきゃ南京政府が正式の中国政府になってた
75.名無しさん:2017年01月01日 20:53 ID:oKC9ARlj0▼このコメントに返信
アメリカと「そんな昔のことより、未来のこと考えようぜ」って運びになったのに
日本から蒸し返す意味が無いだろ。それこそ中韓の思う壺。
76.名無しさん:2017年01月01日 20:54 ID:8lQXekFR0▼このコメントに返信
戦争に被害者などいない。みんな加害者。
国民は巻き込まれた、も通用しない。
日本の軍隊は国軍なのだから。独裁国家でもなく、
民主的選挙で選ばれた政府がとった選択だからな。
当時の国民は反対しなかった。
マスコミもあおってたのだから同罪。

日本は自衛戦争しただけだ、というのは日本がアジアを侵略戦争した、という説に対抗するための説。
事実の一旦で間違いない。

結果論、というが目的もきちんと大儀として存在し、事実結果として残ったのだから、
何の問題があるのか。戦争は目的を設定し、ソレを達成したら終わらせるもの。
日本は敗戦と言う形で戦争を終わったが目的は達成した。
試合に負けたが勝負に勝ったってやつだな。

結果、日本は戦前の勢力圏のほとんどを失うが、西欧の植民地に
独立の気風を持たせて、西欧の力をそぐことに成功した。

戦争はいい面も悪い面も両方存在する。
一方だけを論じて非難するのは、公平ではない。
77.名無しさん:2017年01月01日 20:55 ID:ZfhrzySB0▼このコメントに返信
日本は主権国家として認められている権利を行使しただけ これが全て
78.名無しさん:2017年01月01日 20:57 ID:f1gXHmnA0▼このコメントに返信
※73
※77

この二つがまさに事実だわw
付け加えるならば、負けたから今に至るまで叩かれてるって事だな。
79.名無しさん:2017年01月01日 20:58 ID:dn0oyiPy0▼このコメントに返信
アジア解放は戦争遂行の名目でしょ。戦争の加害者は日本と欧米。中国や東南アジア各国は被害者。
80.名無しさん:2017年01月01日 20:59 ID:ShlSg6Jm0▼このコメントに返信
※38
俺もおおよそその認識だなぁ
アウンサン将軍の対日感情の変遷とかがいい例だと思う
他にもシンガポールのリー首相の「日本人は真面目」発言とか
インドネシアの「日本というのはとても良いやつだ、将来の独立闘士を自分で育てる」とか
モヤっとする
81.武井宏憲:2017年01月01日 21:01 ID:hW.l50Ix0▼このコメントに返信
※67
上海事変周辺ではおっしゃるように蒋介石側がやる気マンマンですね。
ただ、それならそれで「日本が侵略を受けた」どと主張する余地もあったはずです。

当時の国際社会において賛同を得られなかったのが元凶と言えば元凶でしょう。
※72 のような日本が順法だったのに、という指摘があることはありますが、それもこれも国際アピールできていればの話です。
国際連盟を脱退してしまった以上、そのような場はありません。
82.名無しさん:2017年01月01日 21:02 ID:aV3ENIxq0▼このコメントに返信
戦争に謝罪とかアホらしい。
勝つか負けるかだけだろ。
83.名無しさん:2017年01月01日 21:02 ID:f1gXHmnA0▼このコメントに返信
※79
加害者と被害者なんて国家間戦争では存在しないぞ?
弱いヤツと強いヤツがいて、結果的勝ったヤツと負けたヤツがいるだけ。
84.名無しさん:2017年01月01日 21:03 ID:4PEm0jE00▼このコメントに返信
日中戦争も自衛戦争だよボケ
85.名無しさん:2017年01月01日 21:03 ID:cZzpfzI60▼このコメントに返信
当時のシナは英、仏、蘭、ロシア、ドイツに何か軍事行動を起こされたら統治国に大きいな損害賠償ときっちり領土割譲の要求を何度も繰り返していただけじゃないのか。日中戦争とき日本軍は北京、上海、南京、中国大陸の半分を占領したがなんで日本軍は中国全土を一つ概念必要ない。日本本土の負担を削減するため利益国達が中国分割統治を分割するくらいのミラクルがないと無理っぽい。
いま考えば中国自ら崩壊し分裂させ複数の勢力に分ければよかったのだ。10ヶ国以上に分裂していたら今は日本と或いは全人類にとって平和と幸せがあったのに。
86.名無しさん:2017年01月01日 21:04 ID:G5BfenAR0▼このコメントに返信
※30

>もともと国際的に認められてた日本人居留地に国民党の守備隊が奇襲攻撃をかけて、日本人が多数殺された(通所事件)事の報復だからな。
通所事件じゃなくて通州事件、それも通州事件は国民党じゃなくて日本の傀儡の冀東防共自治政府
>日本政府も丸く納めようと収拾に動いたけど、支那事変・満洲事変へと続いていって事態は拡大してしまう。
政府が丸く納めようとしても現地の関東軍は全く丸く納めようとしてないだろいい加減にしろ
>当時の大日本帝國関東軍の感覚としては「売られた喧嘩を買っただけ。そしたら英米仏がズルイと言い出した」見たいなものだろう。
満州事変についての国際連盟の仲裁案を蹴るどころか、話し合いの途中に軍事作戦始めて、経済制裁されそうだから国際連盟脱退して回避とか冷静に考えて頭おかしいだろ
87.名無しさん:2017年01月01日 21:04 ID:ZfhrzySB0▼このコメントに返信
中国が被害者のわけないだろw たとえば、合法的に日本にいる中国人や米軍に違法に日本人が加害行為加えて反撃されたらその日本人が被害者になるんかい。あ、時間だ 悪いが落ちるで
88.名無しさん:2017年01月01日 21:09 ID:rgHA6m8V0▼このコメントに返信
どいつもこいつも何だかねえ…
日本が謝るのは単に負けたからであって、その日本に対して偉そうに振る舞う連中の根拠は単に戦勝国だったからってだけだ。侵略だの同義だの人道だの国際法だの関係ないんだよ。負けたから間違っていて勝ったから正しいってだけだ。この70年、日本はそういう理不尽を押し付けられて来ただろう? そもそも平和に対する罪、戦争ってモンが悪いと叱られたんだろう? なら負けた側も勝った側もみんな悪いはずじゃないか。
で、今回の世界的な経済戦争で新しい敗戦国が生まれたんだよ。しかし当人たちはどうやら敗戦国という自覚が足りないみたいなんだな。戦勝国としては思い知らせるほか無いよね。だって、やって良いんだろ、ソレ。
あ、それと、70年前に先祖が掲げた建前については本音はどうであれ建前としては健全だったでしょ。それを建前として戦いましたで良いじゃないか。不愉快に思うものが居る? 誰よ? オレたちの問題だろ。何をビビっているんだ、どいつもこいつも。アメリカ様がまた攻めてくるとでも思っているのか?
89.名無しさん:2017年01月01日 21:09 ID:G5BfenAR0▼このコメントに返信
※47
満州国については黙認状態だったのに、華北分離工作とかやって、万里の長城の内側までに手を出してきたからナショナリズムが再燃したんだろ

※58
タイ王国とも武力衝突してるんですがそれは
90.名無しさん:2017年01月01日 21:09 ID:xz2gJadV0▼このコメントに返信
太平洋戦争がアメリカによって望まれた自衛戦争だったのは確か。
だが、敗戦国が何を言っても虚しいだけ。
むしろ当時の情勢で国体が続いたことに感謝。
91.名無しさん:2017年01月01日 21:10 ID:J7qRpW3x0▼このコメントに返信
日本が軍拡に乗り出したと言われる阿片戦争、黒船来航がターニングポイントだよ
その時代の世界地図から辿らないと日本の自衛戦争だという主張は難しい
92.名無しさん:2017年01月01日 21:11 ID:Wh1os.XI0▼このコメントに返信
宣戦布告せず奇襲した時点で国際的な正当性はねーよ
当時の日本このあたりの根回し下手糞過ぎ
93.名無しさん:2017年01月01日 21:11 ID:CUelb93A0▼このコメントに返信
このまとめサイト実は朝日がまとめてるんじゃないのかと
94.名無しさん:2017年01月01日 21:11 ID:1e..LsFE0▼このコメントに返信
いや悪いんだけど特亜人レベルに国際常識無い奴らが語らないでくれる?

中国に謝る必要ねえっての。仲良くする価値も無いし。もし日本人ならもうしんだほうがいいよ?
95.名無しさん:2017年01月01日 21:12 ID:dn0oyiPy0▼このコメントに返信
戦争に負けた日本が全部悪いに決まってるじゃん。なに言ってるの??敗戦国、戦犯国、侵略国の汚名は次の大戦に勝利して上書き保存しない限り消えないから。
96.名無しさん:2017年01月01日 21:13 ID:Xedp.JA.0▼このコメントに返信
他国がどうなろうと関わるべきではない
最初に支援を禁止にするべき
97.名無しさん:2017年01月01日 21:14 ID:0aPQvnqm0▼このコメントに返信
※86
通州事件に関してはいっつも自治政府がやったんだーってのが湧くけど反乱起こした部隊が国民党と接触して動いて反乱後は国民党へ帰属してるんだからどう考えても国民党の仕業ですよね
自治政府のほうから命令が出てやったわけじゃないしね
98.名無しさん:2017年01月01日 21:14 ID:f1gXHmnA0▼このコメントに返信
※92
>宣戦布告せず奇襲した時点で国際的な正当性はねーよ

日露も日清も宣戦布告前に攻撃してるが結果的に非難は無いよし。ソレを知ってて指摘する人間も少ないだろ?
ではなぜ真珠湾だけが卑怯だなんだと言われるか・・・。もう分かるだろ?w
99.名無しさん:2017年01月01日 21:18 ID:.nzMbBA50▼このコメントに返信
んぁ、
アメさんは支那地域の紛争地域化が末期にいたれば
沖縄あたりを植民地にする心算はあったと思うがね。
100.名無しさん:2017年01月01日 21:19 ID:QsyqAGhr0▼このコメントに返信
盧溝橋は現地で日本と宋哲元の間で休戦で合意しているのに蒋介石は絶対に休戦するなと命令。第2次上海事変は先に軍を動かしたのは蒋介石。ゼークトラインを建設して用意万端、直属の国民党中央軍60万を動員して開戦だった。シェンノートもファルケンハウゼンも蒋介石が戦争の決心をした、戦争を命じたという記録を残している。日中戦争(支那事変)を起こしたのは蒋介石。
101.名無しさん:2017年01月01日 21:19 ID:G5BfenAR0▼このコメントに返信
※97
そうは言っても当の自治政府が責任を認めて賠償してるから、国民党に責任を求めても意味ないぞ
102.名無しさん:2017年01月01日 21:20 ID:RjrynWKR0▼このコメントに返信
日本軍の爆撃は、必ず事前に通告があります。
市街地にはビラなどをまき、一般人へ逃げるように警告していました。
中国軍がわざと人間の盾を利用したという記述も残っています。
その中国軍の爆撃は酷いものでした。

【中国軍による無差別爆撃】
(8月)14日の午前中、中国軍機の空爆があり、空中戦も行われた。午後二時半、海軍は声明を出した。
この声明には、武力の行使は自衛権の発動であるという所信がいわず語らずのうちに表されていた。
(略)
 声明とほとんど同時に、海軍は本格的な作戦に入った。午後2時45分、展開していた第三艦隊の艦載機が虹橋飛行場を爆撃、
 つづいて中国軍の陸上部隊を攻撃。さらに夕方台湾の台北からの海軍機が広徳と抗州を空爆した。
(略)
 午後4時半ごろ、中国軍機がふたたび空襲にやってきた。このとき、共同租界にあって国際社交場ともいわれていたカセイホテルとパレスホテルが無差別爆撃された。
そのため、両ホテルはイギリス人の経営だから安全だと思い込んで、付近に集まってきていた避難民から多数の死傷者が出た。
(『日中開戦』P16 北博昭著作 中公新書)
(続く)
103.名無しさん:2017年01月01日 21:20 ID:NuOuN0.H0▼このコメントに返信
※93 あーたまに思うな(同じ事を何回も言っている時点で)
104.名無しさん:2017年01月01日 21:21 ID:WsDhfQsX0▼このコメントに返信
日本も占領して植民地にして残虐だったとか東南アジアが言ってるとかって煽ってるけどさ、それ、敗戦後の東南アジアの戦勝国社会からの独立認証うけるための取引、パラオでも配られたGHQ偽歴史改竄教科書の影響じゃん。
もうバレバレだっての。
だいたいね、植民地にして非道な搾取と奴隷制度、抵抗すれば虐殺が付録で付いてくる、また長きに渡って人権蹂躙しつづけた何百年もやってきた欧米白人社会の植民地支配、例にアフリカで行われた欧米の虐殺行為と、日本とを比較してみろよ。

↓ここんとこ大事だからw------------
傲慢で愚劣な植民地支配行為をねえw、日本のたかが3年半の戦争、つまり、戦争状況、戦況安定化するまで独立を待たせていたたかだか3年足らずのみじかい期間で何をやったというんだよw
「日本は独立させようとしなかった」っとかってよくあほのパヨクが騙してるけどさ、w笑わせるな。3年ってwwwww
↑ここんとこ大事だからw------------

それな、何百年とかって期間植民地占領やらかして、どれだけ国際社会からの反感買おうが、罵られようが、人種差別撤廃を議題に提示されようがwいっさい聴かなかったとかって言うのならね、話もわかる。
まあ、10数年やらかしてなかなか占領搾取しまくり、現地住民を奴隷扱いし続けたってならわかるんだよ。
だがな、3年?はぁ?たかだか3年じゃあさぁ、ぶっちゃけー何ひとつまともな植民地支配なんてできねーけどもぉ?
あほの反日ブサ共産主義者の大嘘つきに日本人騙され過ぎ。

何百年もの地球規模の植民地奴隷主義の愚かな民族弾圧と同列って頭おかしいっての。なめんなよw
105.名無しさん:2017年01月01日 21:21 ID:MslWLYqE0▼このコメントに返信
日中戦争(支那事変)も自衛戦争なのだがなぁ。

まぁ米国大統領の広島訪問やこの間の真珠湾慰霊への参加は「米国の戦争犯罪を許すという形で道徳的優位を勝ち得た」
と思えばよいかと。
(日本の軍事力のズタボロぶりを知ると、「米露に媚び諂わないと日本は滅亡するしかない」ことが解りますよ)
106.名無しさん:2017年01月01日 21:22 ID:RjrynWKR0▼このコメントに返信
※102 続き

同日に実施された中国空軍の軍艦出雲、陸戦隊本部への爆撃は盲爆となり、租界内南京路や中国人歓楽街大世界などに落下し、
大世界では死傷者千数百人に達する惨事となった。
(新版『日中戦争』P79 臼井勝美著作 中公新書)

八月十四日に中国軍の爆撃機が国際租界のパレスホテル及びキャセイホテルの近くに爆弾を投下した。
この付近は極東で最も有名な簡易宿泊所であり、百名以上が死んだ。

八月十六日に中国軍は別の爆弾を租界の大通りに落とし、数名の外国人と中国人を死亡させた。
八月二十三日に中国軍の飛行機は再び国際租界を爆撃したが、この時は上海で最大の中国人の商業施設であるシンシア及びウイン・オンデパートを直撃し、
二百人以上を死亡させその他に二百人を負傷させた。

ニューヨークタイムズの二人の特派員がこの負傷者の中に入っていた。
八月三十日、中国軍爆撃機の飛行大隊がアメリカの大型定期船プレジデントフーバー号を攻撃し、
五人の水夫と二人の乗客を負傷させ、その中の一人が数日後亡くなった。

このような中国軍の爆撃の及ぼす影響があまりにも深刻であったので、
ニューヨークタイムズの上海特派員が八月二十七日付けで次のような声明を発した程であった。

「中国軍が無責任に空爆を行って上海の国際租界とフランス特権区域の無力な民間人を殺すのを防ぐための、武力手段あるいは他の抑制措置を取ることに、
外国の領事館員及び陸海空軍の軍人が合意するならば、何らかの国際的措置をとることを決議しなければならない」
(『シナ大陸の真相1931~1938』P189 K・カール・カワカミ著作 展転社)
107.名無しさん:2017年01月01日 21:22 ID:G5BfenAR0▼このコメントに返信
※98

第一次世界大戦後に開戦に関する条約ができて、開戦の際には理由を付した宣戦布告、条件付きの最後通牒、大使の召還を含む国交断絶の何れかが必要だと明確に決まったから

ちなみに日露戦争では奇襲攻撃の前に国交断絶してた

それまで慣習的だった開戦手続きが明文化された後に思いっきり違反してるので非難されてもしゃーない

イギリスの対日宣戦布告でもこの国際法違反は非難されてるぞ
108.名無しさん:2017年01月01日 21:26 ID:INXWEaqU0▼このコメントに返信
次は勝て
勝ったら相手を根絶やしにしろ
この二つだけだよ
109.名無しさん:2017年01月01日 21:26 ID:GMqZq1cc0▼このコメントに返信
日本の側の理屈ならそうなるが、中国側とかからすれば侵略となるんじゃないかな。
流石に非が無い、侵略行為ではない、とは言えんと思うが。
110.名無しさん:2017年01月01日 21:27 ID:RjrynWKR0▼このコメントに返信
日本が戦争を始めたんじゃない
アジアが全て植民地化されて(タイは緩衝国)みんな奴隷国家にされて、最後に世界中から狙われたのが日本なんだよ
国連で不平等な判決を下されて日本はバラバラにされそうになってたんだ
そこに具体的に攻撃された
先に手を出したのはあっちな?日本じゃない

戦争をしなければ良かった?
反撃しなければアジアは永遠に奴隷国家だ
「そんなことは無い、宗主国も手綱を緩め始めてた」とか言い訳するけど、それは「穏やかに植民地支配を続けるために」が目的だ
111.名無しさん:2017年01月01日 21:27 ID:2tm0eaX.0▼このコメントに返信
はぁ?支那との戦争は対アカ戦争だったんだぞ。それを知らなかった蒋介石がアメリカに唆され抗日なんて馬鹿なことをし、結局、アカ共産党に支那を乗っ取られた。更に、日本の対アカ戦争を引き継がなければならなかったアメリカは、キューバ危機、冷戦、ベトナム戦争、アフガン、湾岸戦争、アルカイダ&タリバン争闘で疲弊し、今の支那共産党の台頭を許した。侵略なんてアメリカと支那国民党の捏造・歪曲・でっち上げ話だ。
112.名無しさん:2017年01月01日 21:29 ID:P4MDAnZ70▼このコメントに返信
謝罪謝罪もうるさいけど
負けたあげくに
結果論で他国に感謝強要するとか恥ずかし過ぎる
113.名無しさん:2017年01月01日 21:29 ID:RjrynWKR0▼このコメントに返信
大日本帝国を標的にした米国民主党のハルノートによって東南アジアのように欧州式採取用植民地化して黙して滅ぶよりは抵抗する事にしただけの話だ
(米国共和党がハルノートの存在を知ったのはアメリカ勝利後だった)
大日本帝国の抵抗によってヨーロッパ諸国が植民地を全て失った(大日本帝国を悪にするには米国と欧州は植民地を手放すしかなかった)だけでなく、有色民族国家が白人と表面上だけでも対等に外交できるようになった事が救いではある(大日本帝国が白人国家に勝つまで有色民族国家が白人国家に勝った事が数百年なかった)
だから、東南アジアとインターネットが反日プロバカンダから日本を守ってくれた

大日本帝国の最大の失敗は伊藤博文首相が暗殺されたのに朝鮮併合を強行した事
日本内部にコミンテルンなどのサヨク系売国奴が既に潜伏していたんだろう
米国に唯一感謝することがあるとすれば
日本と朝鮮半島の朝鮮併合を完全に無効にして
日本国籍と投票権をもった日本人と認められていた朝鮮半島人を
日本から完全に切り離した事だな
朝鮮半島人が日本人のままだったら内部から乗っ取られていた可能性があった
114.名無しさん:2017年01月01日 21:31 ID:jq7DxZCt0▼このコメントに返信
どんな戦争も未来の自衛のためだから自衛戦争だな
115.名無しさん:2017年01月01日 21:31 ID:QsyqAGhr0▼このコメントに返信
※111
> 蒋介石がアメリカに唆され

そこは逆。蒋介石(というか宋美齢&浙江財閥)がアメリカを抱き込んだ。
116.名無しさん:2017年01月01日 21:32 ID:zfUf45Rf0▼このコメントに返信
日本の仏印進駐が原因でアメちゃん激おことか言うけど、アメちゃんはフィリピン独立させようとしてたんだろ。まぁ何はともあれ侵略なんて勝てば正義負ければ悪となるもんだから負けた日本が悪い。侵略しようが自衛戦争しようが勝たなければ意味がないのは理解してるだろ
117.名無しさん:2017年01月01日 21:33 ID:63EqIIN70▼このコメントに返信
間違いなく侵略ではある。が、大日本帝国と国民党の、東アジアでの覇権争いというニュアンスが正しいと思う。
中国にしろ朝鮮にしろ、一方的な被害者というわけではない。で、結果的に日本は太平洋の覇権争いでアメリカに負けて、東アジアの覇権争いもそのまま負けた。で、国民党ではなく共産党が結果的に覇権を握って、チベットの侵略をすぐ始めた。
118.名無しさん:2017年01月01日 21:33 ID:0aPQvnqm0▼このコメントに返信
※101
何言ってだこいつ
自治政府が管理不行き届きの責任取ったら国民党はやらせた責任取らなくていいんか?
裏で虐殺の糸引いてたやつに責任ないわけないやろアホちゃう
大体責任が一つだけってのがまずずれてるから
お前はどうせ日本がどうでも悪いんだって言いたいだけやろ、そうじゃなかったら通州事件で中華民国かばうのはどうやっても無理だから
119.名無しさん:2017年01月01日 21:34 ID:qo8a4C9L0▼このコメントに返信
侵略戦争でも勝ってたら謝る必要ないし
逆に負けたんだから土下座して許してもらわないと
120.名無しさん:2017年01月01日 21:34 ID:pW.opmKf0▼このコメントに返信
村山や河野がおかしかっただけで言うほど謝罪して無くない?
中国に突っつかれると国内考えると反論しなきゃならん。フランシスコ講和条約は遵守してるし、東京裁判を事後法や私刑と蒸し返したくないから、今の真珠湾の慰霊みたいに謝らない流れを評価してくれ」ってG7辺りに根回しすりゃいいと思うけどな
外務省頑張って
121.名無しさん:2017年01月01日 21:35 ID:.JkbrLIk0▼このコメントに返信
英仏領に無断で兵入れて、英仏からの抗議も無視した結果、
貿易から締め出されたからねえ。
英仏は当時、植民地自治化→独立による連邦制度の確立をはじめていて、
アメリカも自分の植民地であるフィリピンの独立と、
新しい貿易協定(今日のTPPとほぼ同じ)への日本の参加呼びかけを条件に、
日本の大陸および英仏領からの撤退を迫った。(ハルノート)。
ところが当時の日本はインドネシアやマレーシアといった獲得した
英仏領の植民地化を強めていて、ハルノートはとても受け入れられない
代物だったため、それを跳ね除けた。
自衛と言えば自衛だが、まあ利権獲得の色合いのほうが強いけどな。
122.名無しさん:2017年01月01日 21:35 ID:fU9wcS.w0▼このコメントに返信
侵略戦争
↑正確な歴史用語ではない単語を持ち出して歴史を語ってはいけない
反省は必要だけど、謝罪の必要など全く無い
123.名無しさん:2017年01月01日 21:35 ID:jq7DxZCt0▼このコメントに返信
※116
負けたから悪いというか確実に負ける戦争に突っ込んだ首脳陣が悪いというか
とりあえず概ね同意
善悪とかじゃなく日本は外交的失敗しすぎ
124.名無しさん:2017年01月01日 21:35 ID:BPj1SUhj0▼このコメントに返信
脱亜入欧のまま欧米に並ぶのは無理があったけど
主に統帥権のせいでコントロールが利かなかった

というイメージ

アジアの皆さんはとばっちりだけど
そもそも植民地もってた国は全部同罪なんじゃないのかなあ・・

ヨーロッパ各国は、かつての植民地支配の賠償したの?
アメリカにしても、ネイティブに賠償は? 原爆も戦争を逸脱してるでしょ?

日本が謝る筋はあるけど
欧米は24時間体制で土下座し続けなきゃいけないんじゃないの、歴史に責任を取るなら
125.名無しさん:2017年01月01日 21:37 ID:X.uZZNJ10▼このコメントに返信
日中戦争も仕掛けてきたには、中国だな。日本は命がけのアジアの開発していたんだよ、アヘン戦争でどれだけ弱っていたんだよ。それを偽ユダのアメリカが、表面上中立の芝居しながら、中国を脅して日本に仕掛けさせた。日本は中国に恩を仇で返された事になってしまった。
126.名無しさん:2017年01月01日 21:38 ID:oqbt.EVc0▼このコメントに返信
侵略戦争(笑)自衛戦争(笑)
そんな大雑把な理解じゃ何も分からん
127.名無しさん:2017年01月01日 21:38 ID:.JkbrLIk0▼このコメントに返信
※95
まあ、今の安倍総理も安倍談話で「一次大戦以降の日本は悪」として、
子孫に引き継ぎたくはないけど、子々孫々それを受け止めて謙虚にするよ、と
宣言してるわけだしな。
総理談話ではっきりと悪だったと規定したな。
128.名無しさん:2017年01月01日 21:39 ID:Eqs3LmE30▼このコメントに返信
日本軍が中国人、韓国人をしゃべる家畜と見たんだよ。それが731そしてアメリカの神の拳、原子爆弾で
129.名無しさん:2017年01月01日 21:41 ID:.JkbrLIk0▼このコメントに返信
※120
この間の日露首脳会談で安倍がG7の顔に泥塗ったばっかなんだが・・・
トランプ会談のときみたいに、また安倍のオウンゴール外交の尻拭い外交になるな。
130.名無しさん:2017年01月01日 21:41 ID:jq7DxZCt0▼このコメントに返信
※126
曖昧な上に立場によってころころ変わる都合のいい概念だよな
どんな侵略も敵国から自国を守る目的で重要地点を確保するための自衛ともいえるし
131.名無しさん:2017年01月01日 21:41 ID:QsyqAGhr0▼このコメントに返信
※121
それは韓国の教科書? 中共の教科書?
132.名無しさん:2017年01月01日 21:42 ID:7fClDs.W0▼このコメントに返信
阿保かw 逆だろw 太平洋戦争はあからさまに日本の侵略だが、
1937年からの日中戦争は事前の兵力配置から動員のタイミングまで
どう考えても中国側の「侵略」
報復する気満々の東京裁判でさえ、日中戦争開戦は日本側の責任に出来なかった
屑マルキストがこの辺を誤魔化す為に造ったのが「15年戦争」なる造語
133.名無しさん:2017年01月01日 21:43 ID:U.EJWvXo0▼このコメントに返信
自衛かどうかでなく戦争そのものが国家という人間の集団のエゴを押し通すための手段でしかないんだから
それを否定するにはエゴそのものを否定しないといけなくなると思うんだが
134.名無しさん:2017年01月01日 21:44 ID:brEbLT5P0▼このコメントに返信
 日本の指導者が、明治の元勲から、暗記だけの高学歴、ブックスマートに代わってしまった昭和の悲劇である。
 ソ連の共産主義の手先になった朝日新聞など、日米戦争を煽りまくって、反対者を腰抜け書いて、黙らせ、ソ連のスパイまで日本の中枢に入り込んでいた。
 欧米は、人種差別の植民地主義で、日本の周りは、古代国家で、欧米の植民地化を防ぐために、金と人材を投入して近代化するしかなかった。
 また、中国は、清が倒れて、内戦になって、ロシアの南下を防ぐために満州をお金と人材を投入して飛行機が作れるまでに近代化したが、中国共産党が崩壊の危機に瀕して、山奥に逃げ込んで、蒋介石を拉致してまで、中国内戦に日本軍を引きずり込んで国民党を戦わせることに成功して、生き返った。
 米国にも準宣戦布告のハルノートを作成したのがソ連のスパイで、日本から、攻撃させて米国を欧州戦争に参戦する機会をこの米国議会に秘密の宣戦布告のハルノートで作った。真珠湾攻撃は、ルーズベルトの想定通りで、内心大喜びで参戦した。
 日本は、中国内戦で中国共産党軍を救い、日米戦でソ連共産党を救った。
ただし、アジアの欧米植民地から、欧米軍を追い出して、独立軍を組織、育成した。侵略であれば、独立軍は作らない。
135.名無しさん:2017年01月01日 21:44 ID:kfUAs5P.0▼このコメントに返信
当時からアジア解放のために大東亜共栄圏って目標掲げてたんだから結果論じゃないでしょ
136.名無しさん:2017年01月01日 21:44 ID:OLMVcP1T0▼このコメントに返信
東南アジア諸国については
特に初期は「解放!」「自立国家!」「独立!」の理想を(上層部はともかく)
現地の兵隊さんたちが掲げてて現地のインフラ整備や教育も頑張ったけど
そもそも戦地として土地は荒らしてしまったり
中盤以降に輸送断たれてジリ貧になってからは現地から搾取したり結構色々あった例もあるから
「すまんかった」と言わせてもらいたいところも多々ある

ついでに英豪蘭の捕虜(兵隊さんはともかく一般人については)
別の場所に輸送もできない(船沈められるし)逃がすこともできないという理由はあれど
この日本軍ジリ貧状態につきあわせて死亡率2割強なんて叩きだしちゃったから
そこについては彼らにも「すまんかった」でもいいと思う

でも大陸と半島に謝らなきゃならん理由はないような気がする…
137.名無しさん:2017年01月01日 21:47 ID:ZyxsSt.M0▼このコメントに返信
日中戦争ってのも正しくないのよねー
そもそも国民党政府に当事者能力が無いし。支那にとっては五胡十六国、五代十国のような時期にすごく強い異民族が殴りかかってきた感じ?
どちらかというと殴りかかってきたのは現地の支那人で、日本としては支那権益と現地居留民の保護の意味合いが強いんだが。そういう意味では侵略戦争というより自衛戦争だな。既得権益を守るために蛮族を滅ぼしに行っただけですし
そもそも国家間の戦争の体をなしてないから、ぶっちゃけいろいろと扱いが微妙
だからまあ、支那事変ってのが正しい
138.名無しさん:2017年01月01日 21:48 ID:PckBK5wx0▼このコメントに返信
満洲国の成立を侵略と呼ぶなら、モンゴル人民共和国(現・モンゴル国)の成立も侵略とせなならん(中華民国はいまでもモンゴルは俺のだという立場)。北支分離工作はあまり筋のいい策とはいえなかったけど、そこにはモンゴル、満州が独立したなら俺たちもという南モンゴル人の活動家がいたことがポイント。で、そういうのを支援する日本人がいた。孫文を支援した人もいたし、フィリピン独立派やベトナム独立派などに心を寄せる日本人もいた。冷徹にいえばほっときゃいいのにいうことになるが、当時の日本人(の一部)はそうじゃなかった。
139.名無しさん:2017年01月01日 21:49 ID:05.REeHA0▼このコメントに返信
内で侵略では無かったと言うのは自由だけど
外でそれを言うとアメリカでも非難してくるぞ
やむにやまれずの侵略行為であった、とはアメリカの歴史学者の言葉だが
解決策に戦争を持ってくる時点で外交での敗北であり
戦争に負けるは全てに置いて敗北である
140.名無しさん:2017年01月01日 21:49 ID:DX646uK20▼このコメントに返信
しれっと侵略戦争したことにしようとしてる

あと、あまり知られてないが、大東亜戦争な。
141.名無しさん:2017年01月01日 21:50 ID:WvMA9Ks70▼このコメントに返信
>>1
それだったら、ナチスドイツもアメリカに対しては自衛戦争だった。ナチスドイツはアメリカに侵略してないもんな。太平洋の火種は当時、日本帝国だけだったかもしれないのでというか、当時の日本は野蛮なところがあった。
142.名無しさん:2017年01月01日 21:51 ID:RAmGdS0n0▼このコメントに返信
逆だろ
太平洋戦争は米英蘭から植民地を強奪するのが戦略的目的だから米英蘭からすれば侵略戦争という見方も間違えてはいない
逆に日中戦争(支那事変)は支那側から攻撃されたから反撃しただけで侵略的要素は皆無
寧ろ大陸にいるテロリストやマフィアの排除と治安維持を行い、戦争中にすべての租借地の返還と治外法権撤廃、軍の引き上げの約束までして半植民地状態から解放してやってるぐらいだから支那視点でも感謝されることはあっても恨まれることなんてやってない

あと支那事変に関東軍が関わってたって勘違いしてる奴多すぎ
関東軍は満洲にいる軍なんだから北京以南で起こった支那事変にはほぼ関わってないんだが、なんでこんな嘘がまかり通ってるんだ?
精々関係するにしても支那事変発生後に関東軍の一部旅団が支那駐屯軍に編入されたぐらいだぞ
143.名無しさん:2017年01月01日 21:52 ID:gg8zXlTl0▼このコメントに返信
※38
インドネシアでは、現地日本軍が、独立戦争に協力してるが、ベトナムでは
その手の話ないね。
駐屯してた司令官の人柄次第とゆうことなのかね。
シンガポールなんか華僑の処刑してるがリ・クワンユーは、日本非難しないしな。
144.名無しさん:2017年01月01日 21:53 ID:S8.PYKQi0▼このコメントに返信
下らんな
戦争と言うのは全て国家のために行われるから全ての戦争は自衛戦争と言える
日本の唯一の過ちは負けたこと
それ以上でもそれ以下でもない
145.名無しさん:2017年01月01日 21:53 ID:Myi5G9Hw0▼このコメントに返信
タイ国元首相「日本のおかげでアジアの諸国はすべて独立した。日本というお母さんは難産して母体をそこなったが、産まれた子供はすくすくと育っている。今日、東南アジアの諸国民が米英と対等に話ができるのは、いったい誰のおかげであるのか。それは身をころして仁をなした日本というお母さんがあったためである。十二月八日は、我々にこの重大な思想を示してくれたお母さんが一身を賭して重大決意をされた日である。我々はこの日を忘れてはならない。」
146.名無しさん:2017年01月01日 21:55 ID:DfuNxoOi0▼このコメントに返信
正解である小日本主義も戦前の段階で唱えられているから、
関東軍の行動が間違いというのは結果論ではなく、論理的帰結。

そして、関東軍も日本人だからな。
だから関東軍を抑えられなかった日本の責任。
被害者だと言い逃れるのは無責任。


147.名無しさん:2017年01月01日 21:55 ID:LouK37pf0▼このコメントに返信
日本が侵略者だったから日中戦争でも太平洋戦争でもあんな馬鹿みたいに戦線が拡大しちゃったんだろ
148.名無しさん:2017年01月01日 21:56 ID:Lee.scri0▼このコメントに返信
※141
アメも対ソ支援してるかならぁ。自分で直接じゃなくて、資金や武器を渡して他人に戦争させるというのは今日に至るまでアメさんの伝統芸能。その手法が9.11に繋がる。
149.名無しさん:2017年01月01日 21:56 ID:1isf31x50▼このコメントに返信
1910年の悲劇だな
価値観の違う民族を知りもしないで権力与えるから
話は通じないはずだけどw
150.名無しさん:2017年01月01日 21:57 ID:Pt3JW7Xf0▼このコメントに返信
国益の衝突である戦争について、勝とうが負けようが謝罪する必要は全くない。
151.名無しさん:2017年01月01日 21:58 ID:f9L.23W60▼このコメントに返信
※143
ベトナムでは700人から800人の日本兵が残留し[5]、ベトナム独立戦争中の1946年に設立されたクァンガイ陸軍中学などいくつかの軍事学校で旧日本陸軍将校・下士官による軍事教育が行われた。ベトナム独立戦争に参加して戦死した旧日本兵には烈士墓地に顕彰されているものもいる。(wikipedia)
152.名無しさん:2017年01月01日 21:58 ID:gg8zXlTl0▼このコメントに返信
※51
イタリアのエチオピア侵略
ソ連のポーランド侵攻・バルト三国併合・北方戦争
WWⅠが、植民地の取り合いできなくなって本国同士で争いになったもの。
米国は、WWⅠで、独り勝ちして、有り余る生産力を消費するために
他国の植民地を独立させようとする半植民地主義とっただけ。
153.名無しさん:2017年01月01日 21:59 ID:OLMVcP1T0▼このコメントに返信
※145
こういった言葉を頂けることに対して
日本側としては「そう仰っていただけてありがたい」「兵隊さんたちも報われる」と
静かに頭を下げることを旨とすべきであって

「そうだ俺たちが頑張ったからアジアは独立できたんだ!」と
胸を張るのは間違いではないかと
154.名無しさん:2017年01月01日 22:01 ID:NuOuN0.H0▼このコメントに返信
※127 勝手に作るな何処にもそんな事実は無い
※141 米国と同盟の意味を知らんアホは黙ってろ、敗戦が濃い時でも日本は可能な限り捕虜の扱いは治療もしているのに対し
碌に裁判も掛けずに殺戮行為をした支那と同義にするな
155.名無しさん:2017年01月01日 22:02 ID:wDh0YtOT0▼このコメントに返信
>仏印に「許可を得た上で」進駐したんだぞ
軍事力チラつかせて恫喝したからだよ
そこの視点が抜け落ちてるのはフェアじゃねーな
156.名無しさん:2017年01月01日 22:03 ID:G5BfenAR0▼このコメントに返信
※118

じゃあなんで当時の日本政府は国民党に実行部隊の引き渡しなりを要求せずに自治政府の謝罪と賠償で手打ちしたんですかねえ
157.名無しさん:2017年01月01日 22:05 ID:P2L5O1p60▼このコメントに返信
イランや北朝鮮は戦争仕掛ける権利が有ると言ってるも同じだな。
158.名無しさん:2017年01月01日 22:05 ID:fpJYLK1V0▼このコメントに返信
※143
インドネシア独立に助太刀したのは日本軍じゃないだろ
その言い方ならWW2後に日本がオランダと戦争した事になる
残留日本人が勝手にやった事で、日本としてはあずかり知らぬ事。むしろ国の方針に反している行為だ
イスラム義勇兵の日本人を日本軍と言わないのと同じ事
159.名無しさん:2017年01月01日 22:08 ID:f9L.23W60▼このコメントに返信
※155
南部仏印進駐の正式交渉が始まった日は、仏領シリア植民地政府軍(ヴィー政権側)が降伏した日。次は仏領インドシナだと予想していたヴィシー・フランスにとっては渡りに船というか、それ以前の予備交渉で大体決まっていたんだけど、海外領土が次々にイギリスに獲られている状況はヴィシーにとって喜ばしい状況ではなかった。
160.名無しさん:2017年01月01日 22:09 ID:.A1ILcHv0▼このコメントに返信
正義も悪も関係ない 戦争は勝って終らねば意味が無い
161.名無しさん:2017年01月01日 22:11 ID:Ubm.n4zZ0▼このコメントに返信
太平洋戦争もそのまま終わってれば「アジアを侵略した日本を欧米が退治した」で済んだ話なんだが、
その後欧米各国が最植民地化のために元植民地国家に乗り出したからなw もうあの時点で欧米のプロパガンダは地に落ちてるわ
まぁ歴史の教科書をちゃんと読まないやつにはプロパガンダを信じるやつも居るんだろうけどね
162.名無しさん:2017年01月01日 22:13 ID:wDh0YtOT0▼このコメントに返信
日本軍としては連合軍の命令でインドネシア独立派の鎮圧に協力してるからな

その他にも独立派に武器譲渡したり、武器譲渡を拒否して独立派に虐殺されたりといろいろある
163.名無しさん:2017年01月01日 22:14 ID:ZfhrzySB0▼このコメントに返信
※158
日本軍の無条件降伏を飲んでいるから、もちろん日本軍はできないが、残って戦った人達はそれまでの志を貫いたってことだ
※157
1970年代あたりに侵略の定義らしきものを作ったらしいが、もちろん主権国家としてその権利はある。
戦争は絶対悪とかそういう思考に捉われている人には違和感があるだろうが、それが事実だ。
※156
よく知らんが、当時の日本政府は戦後日本のヘタレ政府と同様の弱腰事を荒立てないで的だったそうだよね。
164.名無しさん:2017年01月01日 22:15 ID:gg8zXlTl0▼このコメントに返信
※118
君のいってることは、10億ふんだくりながら、謝罪しろ、
責任を取れとか言ってるどこかの国と同じだぞ。
賠償受け取ったらそれ以上の責任追及は、できないのが契約の基本。
165.名無しさん:2017年01月01日 22:15 ID:ZfhrzySB0▼このコメントに返信
※153
「間違っている」×
「好きじゃない」○
だろ
166.名無しさん:2017年01月01日 22:16 ID:0mJ8073i0▼このコメントに返信
党利党略のため、統帥権干犯と煽って軍の暴走の原因を作った、当時の野党政治家共。
講和に向かって努力していた与党政治家を殺戮して、作られた軍事政権。
政治家は弱腰だとか、金儲けでそうなるように仕向けた朝日新聞らメディア。
それに踊らされた、情弱の大日本帝国臣民。
この背景があるのに、軍の暴走だけのせいにするのは果たして妥当なんだろうか?
少なくとも、当時の野党政治家共と朝日新聞らメディアは被害者じゃないと考える。
167.名無しさん:2017年01月01日 22:16 ID:QJYQyTot0▼このコメントに返信
そもそも侵略だろうがなんだろうが謝る必要が無い。
もちろん決着ついた後の条約に謝罪しなさいってあるなら謝ればいいけど。
現状勝者はそんなもん求めてないし、条約に参加できない国は口を出す資格が無い。
謝ってほしいなら条約に参加する立場を手に入れるか、勝者になればええよ。
168.名無しさん:2017年01月01日 22:17 ID:G5BfenAR0▼このコメントに返信
※163

通州事件は1937年で、とっくに満州事変起こして国連は脱退しており、事件の三週間前には盧溝橋事件が起きているんですがそれは
169.名無しさん:2017年01月01日 22:18 ID:Op963nDZ0▼このコメントに返信
満州事変までは国際社会としては許容だったわけで、それ以上は大陸に出ようが太平洋に出ようがアウト。
面子を捨ててリットン報告を飲んで、満州の利権をアメリカと分けてれば良かった。
170.名無しさん:2017年01月01日 22:19 ID:7qDSilvG0▼このコメントに返信
スレは第二次上海事変がすっぽり抜けてるのな
盧溝橋から日華事変始まったとか勘違いしてるんじゃないか?(盧溝橋事件は現地軍同士で停戦合意してる)
いかに近現代史が巧妙に隠ぺいされて来たか解るわ
大正後期から昭和初期の詳細な歴史年表と地図と当時の同盟協商状況きちんと調べないと見えてこないし
もう、当時の空気を体感してた世代も、ほとんどいなくなった
アメリカが植民地持ちたがらないって?米西戦争でプエルト・リコや比島やグァムをゲットしてたじゃん
落ちぶれた植民地国家スペインの権益根こそぎ取ろうと一時期やっきになってたよね?
171.名無しさん:2017年01月01日 22:19 ID:OLMVcP1T0▼このコメントに返信
※165
おう、そうだな。これは自分の感覚だ

でも日本人としちゃそうおかしくないと思うんだがどうなんだろうな
172.名無しさん:2017年01月01日 22:22 ID:gg8zXlTl0▼このコメントに返信
※151
※143です
やはりベトナムでもあったのか、情報ありがとう。
その縁で辻正信がベトナム潜伏してたのかな。
173.名無しさん:2017年01月01日 22:23 ID:C47CDvG.0▼このコメントに返信
まぁ当時は海軍が対米戦主張してて陸軍は支那征服狙ってて関東軍はポリシェビキロシアに対して警戒してたからね
174.名無しさん:2017年01月01日 22:23 ID:jMPZ9WaC0▼このコメントに返信
政府が謝ったかもしれないが、
この中に謝ったヤツいるのかw 最悪、無駄な税金使われるだけだろw 国が謝るなぞナンセンスなのだ
175.憲法改正してください❗:2017年01月01日 22:24 ID:jHzitaU30▼このコメントに返信
後世の歴史家は、まちがいなく自衛戦争と評価するでしょうね!
176.名無しさん:2017年01月01日 22:25 ID:ZfhrzySB0▼このコメントに返信
戦争とは戦争目的を達成するために行うモノ。

で、日本は戦争目的の多くを達成している。

多くの人達の犠牲?の上に今の世界がある。
177.名無しさん:2017年01月01日 22:29 ID:7qDSilvG0▼このコメントに返信
※172
ベトナムどころか、八路軍に協力する人がたくさんいたよ
共産中国の空軍は実質日本陸軍将兵が最初期に凄く携わった
当時の兵器も中国の博物館いけば、チハ改やら九六軽機やらいっぱい見れるぞ
陸軍の士官連中には共産シンパもたくさんいたからな
南京大虐殺も国民党が言い出したから、共産党はそれを完全否定してたしね
下手に南京もちだせば党から処分されたくらい
江沢民が金泳三に反日外交を伝授されてから狂ったけどな
178.名無しさん:2017年01月01日 22:29 ID:ZfhrzySB0▼このコメントに返信
※171
日本人というのは良心の呵責を感じやすい遺伝子を持っている人が多いそうだ。
だから、そういう風に謙遜するというか、なんだろ、そういうように例えば良い事をしていたとしても後ろめたさを感じがちとかあるんじゃないかな
179.名無しさん:2017年01月01日 22:30 ID:Myi5G9Hw0▼このコメントに返信
マレーシア・ガザリー・シャフィー 元外務大臣「日本はどんな悪い事をしたと言うのか。大東亜戦争でマレー半島を南下した時の日本軍は凄かった。わずか3ヶ月でシンガポールを陥落させ、我々にはとてもかなわないと思っていたイギリスを屈服させたのだ。私はまだ若かったが、あの時は神の軍隊がやってきたと思っていた。日本は敗れたが英軍は再び取り返すことができずマレーシアは独立したのだ。」
180.名無しさん:2017年01月01日 22:31 ID:zemLJPUw0▼このコメントに返信
日本は全然悪くない、とか主張してるアホがビックリするほど多いんだけど、どうしたw
冬休みだから?
181.名無しさん:2017年01月01日 22:33 ID:NEYmUs0J0▼このコメントに返信
カンボジアでタイと一緒に米の徴発したりして、迷惑を掛けたのは事実だけど、侵略という定義とは若干掛け離れているとは思うが、
儒教カルトには華夷秩序が大事だし、共産カルトには全方位的に拡大することしか眼中にないので、日本人の心を汲み取ることは不可能。
未だにパルチザン方式で国境線の変更を試みる壮大なバカを封じ込める時がそのうちやってくるよ。
182.名無しさん:2017年01月01日 22:34 ID:7p0MyYUf0▼このコメントに返信
※180
その主張は何番?
183.名無しさん:2017年01月01日 22:35 ID:jMZE.xio0▼このコメントに返信
終わった話なのにストーカーかよ
184.名無しさん:2017年01月01日 22:36 ID:ZfhrzySB0▼このコメントに返信
「リットン報告書は驚くべき文書である。調査団が集めた事実を証拠として使えば、日本は中国を世界平和を乱した罪で告発できる。報告は日本自身では考えつかない中国告発の材料をそろえてくれた。しかも、これで日本の「警察行動」は正当化されてしまう。しかし、調査団の結論は収集した事実とはまったく関係がないようであった。~略~日本がリットン報告書にびっくりしたのは当然である。~略~日本はリットン報告書を詳細に分析したが、満州事変における日本の役割には、法的にも、道義的にも、非難されるべき根拠を見出せなかった。~略~そこで日本人は、こうした非難は日本の行動に対してではなく、人種に向けられたものだという結論に行きつく。中国人もリットン報告書を仔細に読めば、同じ結論に達したであろう」アメリカの鏡・日本 ヘレン・ミアーズ
185.名無しさん:2017年01月01日 22:36 ID:7qDSilvG0▼このコメントに返信
※180
誰も悪くないんだよ
みんな正義なの
相容れない正義だから性質が悪い
自分は悪者だと言いながら、キリスト教を広めに行った宣教師いたか?
そのあとの奴隷貿易は非キリスト教徒じゃないから正義だったんだし
悪い悪くないという発想自体がピンボケ
国際的な権益を如何に広げ、維持することが世界各国の正義だったんだから
186.名無しさん:2017年01月01日 22:37 ID:m46rnriO0▼このコメントに返信
日本が謝ってない風潮なんなのw
187.名無しさん:2017年01月01日 22:38 ID:NEYmUs0J0▼このコメントに返信
※175
破滅の美学ではなかろうか?知性のある人は、当時の状況に対して悲しんでいた。
あの当時の日本人の大半が狂気に満ちて正常な判断を失っていたのは事実だろう。
188.名無しさん:2017年01月01日 22:40 ID:.Ws4Ss9f0▼このコメントに返信
自衛戦争だとすると日本は自衛戦争で補給線が伸び切って兵站が崩壊したのか
189.名無しさん:2017年01月01日 22:40 ID:0aPQvnqm0▼このコメントに返信
※156
当時は国民党との密約がばれてなかったからに決まってんじゃんバカじゃね
1986年に張慶餘の回想記が発表されて密約が明らかになったのにどうして1937年の日本が責任を国民党に問えると思ったのか教えてほしいね
190.名無しさん:2017年01月01日 22:40 ID:ZfhrzySB0▼このコメントに返信
※180
良い悪いを決める根拠は何? 良い悪いの定義は?

で、国際法からみると日本の行為は合法。主権国家として当然に持つ権利を行使しただけ。

「俺がそう思うから」ってのなら個々人の勝手だから、アホもくそもないよな?
191.名無しさん:2017年01月01日 22:41 ID:2ntxrUbO0▼このコメントに返信
当時存在しない国と戦い侵略戦争を仕掛けた謎の歴史を持つ神の国日本。
何だかな、このネタ何時まで引っ張るのかね支那人は。後、白豚共の世界史の知識がゴミ屑なのはやはり非文明人だからなのかねw
いい加減で本当の歴史を学べよな害人共よ。
192.名無しさん:2017年01月01日 22:44 ID:Myi5G9Hw0▼このコメントに返信
インドネシア・アラムシャ 元第3副首「我々インドネシア人はオランダの鉄鎖を断ち切って独立すべく、350年間に亘り幾度か屍山血河の闘争を試みたがオランダの狡知なスパイ網と強靱な武力と苛酷な法律によって圧倒され壊滅されてしまった。それを日本軍が到来するや、たちまちにしてオランダの鉄鎖を断ち切ってくれた。インドネシア人が歓喜雀躍し感謝感激したのは当然である。」
193.名無しさん:2017年01月01日 22:47 ID:3OgVZ8eV0▼このコメントに返信
アジアを解放してやったは確かにおかしいと思うけど、
少なくとも謝罪なんて必要はねぇわ。だって白人どもが謝罪してねぇんだもん。
米国はそもそも先住民を迫害して成り上がった国だし、英仏は東南アジアやアフリカ大陸にも進出してる。
ファショダ事件や、南アフリカ戦争、トランヴァール共和国やオレンジ自由国を英は侵略してる。
イタリアだって、エチオピアを侵略しようとした。スペインやポルトガルだって、南アメリカに侵略したじゃん。
謝罪したか?特に英なんて糞すぎるでしょ、インドを植民地にしたり、三枚舌外交でシリア周辺をメチャクチャにした。
他にも探せば、侵略なんて腐るほどある。アヘン戦争、アロー戦争だって侵略じゃん?謝罪したか?
194.名無しさん:2017年01月01日 22:49 ID:aX2SJ7B60▼このコメントに返信
だれが広めたかしらないが支那事変あたりを時間軸をかぶらせて戦争としたようだが
そんな戦争は存在しない。
戦争としたいなら「いわゆる」を前につけないとだめだろな。
195.名無しさん:2017年01月01日 22:49 ID:qHFhPySg0▼このコメントに返信
関東軍の暴走に見せたシナ人の工作に騙されて日中戦争に至ったのが正解だと思う、あいつ等は自分からぶつかってきてるのに日本が悪いという奴らだから
196.名無しさん:2017年01月01日 22:51 ID:ZfhrzySB0▼このコメントに返信
「アジアを解放してやった」だと感情的反発を生み易いだろう。

が、先人が「アジア解放」という大義を心に掲げて戦い、現実にアジア各国が独立したというのは事実だからね。
で、日本軍が無条件降伏した後もその志を貫き通し戦い続けた多くの人達がいたと。
197.名無しさん:2017年01月01日 22:51 ID:G5BfenAR0▼このコメントに返信
※189
いや、逃亡した保安隊が国民党に合流したのは当時から分かっていただろ
引き渡し要求くらいなら出来るんじゃないの?
198.名無しさん:2017年01月01日 22:51 ID:gCT.1Iqh0▼このコメントに返信
日本が良かった悪かったなんて正直どうでも良い。
当時を生きていた人達の選択だし、結果大勢亡くなってる。
少なくとも、東北大震災当時に民主党政権を誕生させていた現在の俺たちが批判できるんだろうか?
あとは特亜どもだ。ガチでやりあった米国は良い、台湾が何か言うなら聴く耳持つ必要あるだろう。
だが中韓は黙らせろ、卑怯者と裏切り者だ。
199.名無しさん:2017年01月01日 22:52 ID:ZfhrzySB0▼このコメントに返信
小野田少尉の「思い出の言葉」

あの穏やかなお人柄の亡き小野田元陸軍少尉が、たった一度だけ怒りを見せたことがあった。無神経、不用意な取材記者の「戦死なさった彼らは可愛そうだったですね」と言ったのを聞いた時だ。

「戦地で戦い散って行った兵士達は、皆御国、家族、友人を守り、アジアの植民地を解放する為という大義を果たす為に、自らの命を終えた意義あるものと考えて散って行ったんだよ。それを可愛そうと言われた段階で、彼らの命を懸けた戦いが無意味になる。二度と可愛そうだ等と言ってくれるな。どうしてありがとうと言ってくれないんだ?」と言った。

胸に迫る言葉だった。
200.名無しさん:2017年01月01日 22:55 ID:nRcUpYSI0▼このコメントに返信
中国の都合イイ歴史認識でものいわんでくれや!
侵略戦争ではない!!
201.名無しさん:2017年01月01日 22:57 ID:vPCOJst20▼このコメントに返信
※197
保安隊が合流しようとしてたのは宋哲元の29路軍。29路軍ってのは形式的には国民政府の配下に入っていたが、もともと北京政府の流れをくむ軍閥で、国民政府からすると外様でいつ裏切るか分からない存在だった。っていうのも日本側も知っていて、政治的機微に触れるところだったのかなぁと。それに8月に国民政府と本格的な和平交渉を控えていて、東京は蒋介石を宥めるという方向だった
202.名無しさん:2017年01月01日 22:58 ID:3OgVZ8eV0▼このコメントに返信
黒人を商品として扱ってた国は謝罪したらどうなんだ?
三角貿易でいくら儲けたんだ?
203.名無しさん:2017年01月01日 23:01 ID:Myi5G9Hw0▼このコメントに返信
インドネシア・ブン・トモ 元情報相「日本軍が米・蘭・仏を我々の面前で徹底的に打ちのめしてくれた。我々は白人の弱体と醜態ぶりをみてアジア人全部が自信をもち、独立は近いと知った。一度持った自信は決して崩壊しない。そもそも大東亜戦争は我々の戦争であり、我々がやらねばならなかった。そして実は我々の力でやりたかった。」
204.名無しさん:2017年01月01日 23:03 ID:q7cNednH0▼このコメントに返信
ろくすっぽ目算立てられねぇバラバラ曖昧クソ方針な上に案の定悲惨なるだけ負けたのがいけない
そのせいで日本にとってすら自衛というより自爆戦争でしか…
かわいそうな国なのだから謝罪を求めるのも酷な気もする。
205.名無しさん:2017年01月01日 23:07 ID:RAmGdS0n0▼このコメントに返信
※195
そもそも支那事変(日中戦争)に関東軍は関わってないよ
支那事変に関わってたのは日本の支那駐屯軍でその後も停戦や和平を繰り返し行ってた事変の拡大を防ごうとした穏健派
ちなみに満州事変は支那事変とは直接関連のない事件だからこれを一緒にして日中戦争と言うのは無理があるから注意な
満州事変後の数年間は日中間の関係は良好だったんだから

206.名無しさん:2017年01月01日 23:07 ID:fBWWM0Bn0▼このコメントに返信
第2次世界大戦中の侵略の定義は「自国で侵略戦争だと認めること」。
(第1次大戦後のパリ不戦条約でアメリカから茶々が入りそうなった。)
なんで、第2次世界大戦中の戦争を侵略戦争だったというのは自虐以外の何物でもない。

ちなみに、現在の侵略の定義は1970年代に国連の「侵略の定義に関する決議」があるね。
ただ、国連の「侵略の定義に関する決議」を第2次世界大戦当時に当てはめる(遡及)することは事後法で有り得ない。
207.名無しさん:2017年01月01日 23:11 ID:WvMA9Ks70▼このコメントに返信
※148
なんか反ユダヤ主義のケネディの親父もナチスに入れ込んでいたらしいし、当時のアメリカ富豪がナチスに資金援助してたんじゃないのか?共産主義の防波堤と思われていたらしいし。
208.名無しさん:2017年01月01日 23:11 ID:yEtpjiCv0▼このコメントに返信
本スレ120
> >>114
> そんなん後知恵だよ
> あの状況でその危機感が無いってのこそ有り得ない
> 一般的な白人が有色人種を人間だと気づいたのは1960年代あたりからだぞ
> その前は喋る家畜だったんだから人間扱いなんて期待出来なかったよ

これを重く見るか軽く見るかで全然違ってくる。
これを軽く見れば日本は列強の後を追ったただの侵略者。
これを重く見れば日本は列強による侵略を防ぐために頑張った被害者。
私は重く見る方が正しいと考えている。
209.名無しさん:2017年01月01日 23:11 ID:ZfhrzySB0▼このコメントに返信
「侵略戦争だと認めろ!」ってのは「一緒に日本を罵れ!!自分を罵れ!!」って言っているのと同じだよなw

そんな事求めるなんて変態だろw 異常だよ。
210.名無しさん:2017年01月01日 23:11 ID:q7cNednH0▼このコメントに返信
自衛戦争というか棄民戦争
211.名無しさん:2017年01月01日 23:16 ID:ZfhrzySB0▼このコメントに返信
戦争ってのは外交の延長だろ。 
で、戦って停戦して話し合って条件決めて講和条約結んであとは全て水に流すで終了
212.名無しさん:2017年01月01日 23:16 ID:tAFITUGL0▼このコメントに返信
戦争なんて勝ってなんぼ。負けたから謝る。これだけ
213.名無しさん:2017年01月01日 23:17 ID:pzuI.0uV0▼このコメントに返信
※206
ちゃちゃっていうか、パリ不戦条約はフランスとアメリカの2国間で条約を作ろうと合意したのが発端で……って話はいいんだけど、この条約の条文を作る過程で、「経済制裁に対抗して軍事力を行使するのは条約で禁止する戦争に含まれるか否か」で延々議論があって、結局「経済制裁に対抗して軍事力を行使するのは正当」となった。
214.名無しさん:2017年01月01日 23:20 ID:iMxjlH4j0▼このコメントに返信

シナ事変は「シナ国民政府軍」による上海租界に対する明確な「包囲侵攻戦」。
日本は守衛側。寡兵の日本海軍陸戦隊が壊滅覚悟で防衛し、陸軍の増派で反転攻勢追撃。
南京攻略は日本側からの降伏勧告を蒋介石が逃げた後のシナ側が無視した結果。
国民政府は米英から支援され、日支衝突工作を行う中国共産党は旧ソから支援された。
日本が経済封鎖され戦時国際法に則った南進を行い、その支作戦として決行したのが真珠湾奇襲。
そもそも宣戦布告の必要もない。物量で圧倒されたのは日本の責任ではないし、
この状況をもって日本が悪とされるなら、国際法を遵守して正当な権益を正当に防衛した国を
経済封鎖して物量で圧倒して核兵器をぶち込み、条約を呑ませて事後法で一方的に裁き、
その国の歴史伝統文化法律を変えて逆らえなくする行為が正義となってしまう。
215.名無しさん:2017年01月01日 23:20 ID:D9ZPkHHs0▼このコメントに返信
真面目な話、シナ事変(日中戦争)を侵略戦争だと
思ってる奴は日中平和友好条約を締結した頃は少なかった
左派は知らんよ、安部首相が侵略戦争かどうかに答えないのは
そういう事なんですよぉ、あんなもん侵略だろってお前らでも
思うだろうが当時はどっちも悪いという認識だったのさ
216.名無しさん:2017年01月01日 23:25 ID:ZfhrzySB0▼このコメントに返信
パリ不戦条約なんて言い出しっぺのケロッグ長官だっけ?だったかが「自衛戦争は禁止されない。自衛かどうかはただ自国のみが決められる」ってもんだぜ。日本も同じ認識で条約に調印するとしたんだ。自分から侵略だといって戦争する危地ガイはいないだろw 国際社会と言うのは恐ろしいところだ。日本人の様なバカ正直お花畑まっすぐな感覚で渡って行くのは危険杉る世界
217.名無しさん:2017年01月01日 23:26 ID:.glWzQfI0▼このコメントに返信
イギリスもフランスも植民地だらけの侵略行為を知らん振りしてるしなw
中国に侵略と言っても 元寇で日本にさんざん侵略行為した歴史は揺るがないんだけどな
218.名無しさん:2017年01月01日 23:27 ID:XVy1LZGI0▼このコメントに返信
支那は主たる主権組織が存在しない状態。清は主権を西洋諸国に荒らされていて、もはや滅びる政権。そのあとの日中戦争はPKO活動のようなもの。国民党も共産党も支那を支配しているとは言いがたい状態。真空状態で先取り早い者勝ち。お詫びなど当時の常識ではありえない。太平洋戦争も正しくは大東亜戦争といって、東南アジアの西洋植民地支配からの解放が目的。1944年に大東亜会議として日本で解放運動に協賛したインドやタイ、ビルマ、インドネシア、台湾等が参加した。アメリカなどの連合軍は、侵略の言い逃れと東京裁判では認めなかったか、この大東亜会議がその後の各国の独立運動の心の支柱を作り現在に至ったと思う。戦争犯罪者が植民地独立運動の英雄ではアメリカも都合が悪いよな。よって謝る必要などない。
219.名無しさん:2017年01月01日 23:29 ID:.glWzQfI0▼このコメントに返信
日本はなんで元寇の賠償責任を中国 朝鮮に求めないんだろ 国家的侵略行為を
220.名無しさん:2017年01月01日 23:30 ID:q7cNednH0▼このコメントに返信
差別がどーたらにしたって危機感なさすぎw頑張ってねぇよ
日露までと比べて我理想(しかも各個バラバラw)強くて周りも己も見えてないウッカリが続きすぎてる
221.名無しさん:2017年01月01日 23:32 ID:ZfhrzySB0▼このコメントに返信
※215
安倍首相が答えないのは政治的要因の他に 「侵略かどうか?」なんてのは「バカと思うか?」って聞いているようなもんでもあるからだろ。「バカだと思います」なんて公人であるのに平然と答えられるのは無知なヤツとか頭おかしい奴らぐらいのもん。

222.名無しさん:2017年01月01日 23:36 ID:.glWzQfI0▼このコメントに返信
元寇侵略までお互いの国が侵略し合う事がなかった 史上初めて日本中国の間での戦争となったのが元寇
中国 朝鮮の責任は膨大で これをもって日本が中国朝鮮を敵国と定めたとしてもなんら不思議ではない
中国朝鮮が侵略を受けたなどとほざくのも説得力がない
223.名無しさん:2017年01月01日 23:36 ID:ZfhrzySB0▼このコメントに返信
国際法違反である「侵略」は現在でもはっきりとした定義が無い。大国の思惑で左右されてしまうモノだから。
だから答えようがないのである。

第二次世界大戦当時の日本がやった戦争は明らかに合法で、違法かどうかが「侵略」の定義だとすると
日本の戦争は「侵略ではない」になるわけ。
224.名無しさん:2017年01月01日 23:37 ID:R3LmAWzX0▼このコメントに返信
ノモンハン事件とか、
日本が仕掛けたみたいに言われてるから調べてみたらソ連側が侵攻してんだよな。
それもソ連側は満蒙国境地帯の開拓民に嫌がらせや拉致を繰り返してて何度も対立が起きてる。

現地関東軍は日本政府の何度も具申してるんだけど、不拡大政策の一点張りで援軍は疎か物資も出してない。
仕方ないから現地部隊は現状の兵力で防御態勢を整えてたら、準備万端整えたソ連軍が侵攻してきたってのがノモンハン事件なんだよ。

実際良く戦ったよ関東軍は。
ソ連軍の目的は完全に侵略戦争だからね、全滅に近い被害を受けたとはいえ国境線を守り切っただけでも驚嘆に値する。
ソ連は何度も増援を受けて侵攻してんだから、無限の回復力のある敵相手に現地兵力だけで戦ったんだよ。

それで日本政府は現地の被害に敗北したって思い込んでソ連側の譲歩に飛びついた。
戦争では負けたけど政略で引き分けに持ち込んだって話に仕立て上げたワケだ。
現地部隊の進言を握りつぶしたらホントに攻め込んできたんだからその負い目もあったんだろうけどね。
俺達は悪くない、全部軍部が悪いんだって話にして生き残った部隊幹部に責任をなすり付け、左遷したりクビにしてる。

軍部と政府の対立が起きるのも無理は無い。
こんな政府に忠誠など抱きようも無いだろうて。
225.名無しさん:2017年01月01日 23:38 ID:G5BfenAR0▼このコメントに返信
※224
おは辻政信
226.名無しさん:2017年01月01日 23:38 ID:.glWzQfI0▼このコメントに返信
歴史で元寇ホロコーストをきちんと教えるべきだよ 中国朝鮮の悪辣さを 日本に襲来し全てを
奪おうとして事を
227.名無しさん:2017年01月01日 23:42 ID:ZfhrzySB0▼このコメントに返信
日本共産党など反日連中は「日本の侵略戦争!」とほざくのが大好きだがこれはとても恥ずかしい事で
公然と汚い言葉を使って人を罵倒しているのと同じなんだよ。 

日本人が当然に持っている権利を行使したのに対して、
さも不当な事をしたように罵倒し憎悪を煽る「ヘイトスピーチ」であり人権侵害
228.名無しさん:2017年01月01日 23:47 ID:GBAjZJCs0▼このコメントに返信
支那事変も侵略戦争じゃないわ
サラッと嘘混ぜんなks
229.名無しさん:2017年01月01日 23:49 ID:R3LmAWzX0▼このコメントに返信
>225.
辻政信がひねくれたのも絶対この事件が影響してる。

実際、個人的には部下に優しい人物だったらしいからな。
戦後、政治家に転身して国会議員を歴任してる。
言われてるほどの外道だったらまず無理だろ。
230.名無しさん:2017年01月01日 23:50 ID:RjrynWKR0▼このコメントに返信
「国際法上、日米戦争の始まりは日本の真珠湾攻撃ではありません。
 それは、1941(昭和16)年7月のルーズベルト大統領による日本の在米資産凍結です。
 これは当時の国際法では「戦争行為」にあたります。アメリカでは批判される見解かもしれませんが事実です。
 ですから、法律的には、真珠湾攻撃は日本の防衛行為だと解釈されます。
 日本はもともとアメリカを攻撃したくはなかったのに、ルーズベルトが仕掛けた。」

「正論」2013年9月号にて、ジョージタウン大学のケヴィン(ケビン)・ドーク教授 
231.名無しさん:2017年01月01日 23:52 ID:RjrynWKR0▼このコメントに返信
ハル・ノートどころか、そのハル・ノートも「ハル長官の秘書(ソ連系アメリカ人)の独断で勝手に内容を改竄されて日本に提出された代物」
因みにルーズベルトなんて交渉前に「JB355」と言う記録付き命令書で【対日石油禁止命令を発動する三日前】に「対日無差別攻撃を提督と大統領とグラマン社の署名付き」で中国滞在中のフライング・タイガース(アメリカ人傭兵部隊)に命令してる。

同時に真珠湾攻撃の前に「日本海軍の特殊潜航艇」が真珠湾近海に侵入、これを【勇敢で勇猛な海軍部隊が撃退撃沈】しかも戦後に明らかに戦績戦果が確認されたが「不明船とし、救国の英雄と称えるどころか」ワード号事件扱いで今も事件扱いのまま。

何が凄いかというとこの事実、全部証拠付きで米国ABC放送が特番でドキュメント放送した、それはアメリカが機密文書公開精度と言う70年経過すれば誰でも見れる制度があった為、全て記録付きで証拠と証言まで揃えて米国のTV番組で報道された。

又それを知ったフィッシャー議員が猛烈に激怒し「日米死ななくて良かった若者が沢山死んだ!」と絶対に許せないと活動してたアメリカ議員も居た事。何より反日プロパガンダが教科書に載ってそれを聖書の如く唱える日米の民が居てそれを指差して反日害人が笑って今日に至る。

アメリカ政府が赤狩りを行ったのは、ソ連系スパイが発覚したから「レッド・パージ」=ベノナファイル(ソ連暗号解読)。
そう言う流れでベトナム戦争まで赤狩りが盛んに行われ、赤寄りの大統領が暗殺もされた事があった。


www.youtube.com/watch?v=-sYMucZWpaw
232.名無しさん:2017年01月01日 23:53 ID:D9ZPkHHs0▼このコメントに返信
※221
ちょっと言ってる意味がわからない
改めて言うまでもなく侵略戦争と言いたいのかな
侵略したんだろ!反省しろ!と責められるから言わないのかな、
村山富一のカスがアジアを植民地支配と侵略して
多大な被害を与えたので謝罪しますと言ってから反日が酷くなり
謝罪と賠償を求められるようになったからな
233.名無しさん:2017年01月01日 23:53 ID:RjrynWKR0▼このコメントに返信
ハル・ノートを改竄した秘書は「ハリー・ホワイト」というスパイで、戦後の対ソ連暗号傍受で発覚(ベノナファイル)。
ハリー・ホワイトは任意同行で尋問を行われた数日後に自殺、詳細をルーズベルトと共に墓まで持っていったのでも有名。

これ脳内電波とかじゃなくて、USA公認の発表だからね。
234.名無しさん:2017年01月01日 23:56 ID:.hZFl.EN0▼このコメントに返信
※231
「JB355」が発令した段階(7月)ではフライング・タイガースは中国滞在中じゃなくて、そもそも募集前。8月にサンフランシスコに集結して9月に中国へ渡った。ここで大型爆撃を受領して日本本土爆撃する計画だった。ボスのシェンノートは中国にいたかも(未確認)。
235.名無しさん:2017年01月01日 23:58 ID:.VsNS.330▼このコメントに返信
このスレ主バカだろ
日中戦争のどこを調べて侵略行為が出たんだよ
236.名無しさん:2017年01月01日 23:58 ID:XVy1LZGI0▼このコメントに返信
真珠湾攻撃の当時、日本も米国も交戦権を持っている。これは、話し合いで解決しなければ戦争で決着つけてもいいよ、ということ。
戦争するとなると宣戦布告します。アメリカ側は日本がわざと遅らせて先制攻撃をした、ずるい国になってますが、日本側は時間通り宣戦布告をしたのにアメリカ側のミス?故意で責任者にわたるのが遅れたと主張しています。どちらにしても、アメリカはずるい国日本を許すなと参戦を決めました。しかし、当時のルーズベルト大統領の日本参戦の報に接した時の喜びようはなかったと記録に有ります。当時、フィリピンまで植民地にしていたアメリカは日本参戦を待っていたのは確かです。そして日本は、罠にはまりフィリピンではなくハワイを攻撃することになります。歴史に、もしはないのですが、もし海軍がハワイを占領、拠点としていたらその後のミッドウェイ海戦にも影響を与え太平洋戦争も少し違う流れになったかなとは思います。
237.名無しさん:2017年01月01日 23:59 ID:q7cNednH0▼このコメントに返信
ホントに差別やらの危機感あるなら足元すくわれないよう慎重堅実に動いてる
差別ガーにしたって誰かの気分 誰かの都合、土俵上で舞わされたようにも思える
自由 平等 博愛 独立とかなんとか 誰かの綺麗事 ゲーム
所詮 誰かの「乗り遅れるな―(切実)」だけで周りも己も見失ってた程度の代物でしかなさげ
238.名無しさん:2017年01月01日 23:59 ID:1S4xzmMo0▼このコメントに返信
大東亜戦争が自衛で、太平洋戦争はそれを認めてくれずに売られた喧嘩を買ったもの。

その買い方がちょっと下手だった。

国連を自分から脱退したことが最悪。対話する場所がなくなり問題解決の手段をほとんど失った。


そもそも今まで協力してきた相手と対立している段階で離間策にやられているのは明らか。

どんな理由で戦争をするほどの関係悪化になったのか?
239.名無しさん:2017年01月02日 00:01 ID:zef.n2VP0▼このコメントに返信
※224
なお、ノモンハンの停戦協定が結ばれた2日後、ソ連軍がポーランドに侵攻した模様。一足先にポーランド侵攻したドイツに対しては即座に英仏が宣戦布告。理由は「自衛のため」。うーん。ソ連のポーランド侵攻に対しては何もなし。うーん。
240.名無しさん:2017年01月02日 00:04 ID:KOvPiVQJ0▼このコメントに返信
南仏印進駐(自衛戦争)
241.名無しさん:2017年01月02日 00:06 ID:YpZM7uqM0▼このコメントに返信
自衛の道化師がやたら派手に空回って元の領土まで取られた侵略戦争じゃないの
242.名無しさん:2017年01月02日 00:06 ID:e3O9B0vQ0▼このコメントに返信
外交の失敗(強気一本槍で妥協を知らない、
或いはスパイが紛れていた)、
外交に柔軟性が無く引けなかったことや
戦力差があるにも関わらず戦争を仕掛けたことなど、
反省するところは多々ある。
同じ失敗を繰り返さないようにしたい。
243.名無しさん:2017年01月02日 00:07 ID:3DR2d46b0▼このコメントに返信
日中戦争は自衛じゃないでしょ。完全に侵略だよ。
今の例で言うとロシアがクリミア制圧したから制裁されている、それと似ている。
でもアメリカも中国を欲しがっていたから完全に同じでは無いけど、日本は悪くないという考えは危険。しかし…今の価値観で70年前を批判する事も出来ない。ご先祖様には感謝しかない。
244.名無しさん:2017年01月02日 00:10 ID:Fpj6Vgy30▼このコメントに返信
本スレ45
> >>21
> 確かにアジアの欧米植民地支配からの解放という建前はあった
> 欧米の植民地政策よりも善い統治を行っていた事実もある
> ただその基にはあくまでも「日本のため」という考えがあったことを忘れてはならない

こいつお花畑だな。
「日本のため」が全くない慈善事業で戦争をすべきとか思っているのか?
「日本のため」が第一でついでに他国を救えるなら儲けもの程度が普通なのに
(侵略が当然である当時ではそれでも親切過ぎるかも)
245.名無しさん:2017年01月02日 00:14 ID:aHmwEh0i0▼このコメントに返信
※232
言っても分からない頭のおかしい連中が発狂して絡まれると面倒だから答えないんだよ

一度は、ちゃんとド正論言ったんだが、アホバカが発狂して面倒なことになったからw

例えば、ボクシングの試合でルール通りにぶん殴っただけなのに「ルール違反のパンチだ!!暴行だ!!」って思い込んで騒いでいる面倒な連中が沢山いて、そいつらに「アレはルール違反だったよな!!?」って詰め寄られているの図みたいなw 
246.名無しさん:2017年01月02日 00:15 ID:Rbl7ny0H0▼このコメントに返信
※215
中国側が一方的に悪い。(戦時中)

お互いに悪いところがあった。(終戦時~国交回復時まで)

日本のほうが悪い。(1980~)

日本が侵略してきた。(1990~)

日本だけが悪い。(2000~)

中国の論法はこれ。全く会話する意味が無い。譲っただけ踏み込んできて、何処までも自己主張する。


彼らの言うことはすべてが政治的自己都合で真実は一切ない。
247.名無しさん:2017年01月02日 00:15 ID:q545SoXd0▼このコメントに返信
結論
教育は大事
248.名無しさん:2017年01月02日 00:15 ID:YpZM7uqM0▼このコメントに返信
米ソ中朝鮮による侵略戦争
何故これほど多方面から侵略されまくったのか一体どこに何の抑止活動をしていたのか不明
日露あたりまでは一応明らかっぽいけど
249.名無しさん:2017年01月02日 00:17 ID:oteSeCqm0▼このコメントに返信
日本が侵略戦争したから東條と愉快な仲間達が絞首台に上ることになったんでしょ
そうでないと、彼らがそれを受け入れた動機がないじゃない
250.名無しさん:2017年01月02日 00:17 ID:BBIwvQB70▼このコメントに返信
※240
仏印進駐はアメリカも認めたヴィシー政権との合意による行動。
イギリスのアイスランド侵攻はスルーか?

※242
物量で圧倒されたのは日本の責任じゃない。
攻められたら戦うのが自衛。
戦わなければシナ軍に租界は蹂躙され居留民も虐殺される。
国際法に則って正当な権益を得たり、自衛したりすることが失敗かね?
251.名無しさん:2017年01月02日 00:19 ID:aHmwEh0i0▼このコメントに返信
過去を見るまでもなく、現代の中国を見ればよーくわかるでしょ。
国際法なんて無視しまくりトンデモナイ大嘘言い訳連発で自己正当化。
で、巨大な軍事力を持ったからと傍若無人な振る舞いしまくり。

当時もそう。条約破りまくりルール違反しまくり加害行為やりまくった挙句にドイツ製だかの最新兵器で武装して
圧倒的優位に立ったと思って、合法的に駐留し治安維持していた日本軍に襲いかかり、返り討ちに遭って被害者面。

日本人はルールを守る約束を守る嘘をつかないのは当たり前と考えているから
中国の想像を絶する大嘘つきのデタラメっぷりをとても信じられなかったりするだろうけど
252.名無しさん:2017年01月02日 00:21 ID:aHmwEh0i0▼このコメントに返信
※249
東條はいわゆる東京裁判で堂々と連合国のでっち上げの罪に対して反論したでしょ。
日本国民に対して罪はあるが、外国に言われる筋合いは無いってな感じで。
253.名無しさん:2017年01月02日 00:25 ID:xIlqQ29W0▼このコメントに返信
支那事変どころか満洲事変も侵略(正しく言うなら侵攻?)でもなんでもない。関東軍が組織として暴走した事実もない。
国際法に違反するような何か悪いことしましたか?
254.名無しさん:2017年01月02日 00:30 ID:aHmwEh0i0▼このコメントに返信
尖閣で自分の国の領土の一部を国有化したからといって、中国国内で暴動を起こし日系企業破壊しまくり日本車破壊しまくり。
日本車に乗っていた同じ中国人までぼこって殺しただか半殺しにしただか。現代でもこれだよ。
255.名無しさん:2017年01月02日 00:31 ID:P6ezMz920▼このコメントに返信
どんな戦争も自衛って言えば言えるから。。。
自己弁護はみっともないよ。
まあ生存の為に戦うしかなかった事は事実だし、だから謝ってないけどね
侵略戦争が悪いなんて思想に人類が達したのは近年だし、特別日本だけが悪い話じゃないし
結局、唯一悪いといえるのは、負けたことだよな。
自国の利益が守れなかったことだ。
256.名無しさん:2017年01月02日 00:34 ID:E19YMspe0▼このコメントに返信
249
戦争犯罪人、先勝国の敗戦国の指導者に対する裁判の形をとったリンチが東京裁判です。そこでは、何を言おうが結論は出ている。
本来交戦権を持っている国が正当な手続きで宣戦布告した戦争にはありえない戦後処理である。通常近代では先勝国に敗戦国の指導者が殺されることはない。
257.名無しさん:2017年01月02日 00:35 ID:aHmwEh0i0▼このコメントに返信
今なら脱亜論で中国なんて関わらなくていいよ、でいいだろうけど、当時の世界情勢ではそういうわけにはいかなかった。
人種平等の世の中ではなく欧米列強が世界中を支配しアジアも欧米列強の植民地状態。これは辛い厳しいで。
258.名無しさん:2017年01月02日 00:36 ID:.kP6FYvy0▼このコメントに返信
>>7
だったらあの戦争は間違ってないという政治家を当選させてる時点でおかしい
昭和天皇が国民の犠牲がすくないようにと言ったにもかかわらず
国民に犠牲を強いて負けた上に天皇に尻拭いさせた人たちは間違ってるだろ
259.名無しさん:2017年01月02日 00:37 ID:HZX6WXm40▼このコメントに返信
1の関東軍暴走もおかしい。
通州事件でググレカス
260.名無しさん:2017年01月02日 00:37 ID:BBIwvQB70▼このコメントに返信
※255
言えば言えるのに、日本の防衛行為を自衛と言わず侵略と言う輩がいる。
正当な権益や居留民を守った事までも侵略にされる。
これを自己弁護もせず放置するのは法治や文明社会に反する。
261.名無しさん:2017年01月02日 00:38 ID:Fout6XsS0▼このコメントに返信
※239
それはポーランド・ソビエト戦争から分かっていないと話にならない
ポーランドが独立後に国境線をどこで引くかで、ポーランド人の居住地域や母語の分布などからイギリスがカーゾン線を引いた
簡単に言えばカーゾン線から西がポーランド民族の居住地で、東はウクライナやベラルーシとかの民族の居住地ってこと
でもポーランド・ソビエト戦争で勝ったポーランドは、戦争前はソ連の領土だったカーゾン線から東のウクライナやベラルーシ民族の居住地を併合した

独ソのポーランド分割協定では、ソ連はあくまでポーランド・ソビエト戦争で失った地域しか取ってない

要するに悪役をナチス・ドイツにおしつけて、ソ連はポーランド・ソビエト戦争で失った地域を回復しただけ、ってのが建前
262.名無しさん:2017年01月02日 00:40 ID:xk78HvQS0▼このコメントに返信
自己弁護どうこうの話じゃなくて国際法に照らして考えれば侵攻であるかないかなんてわかるだろ。
そんな基本的な事実を抜きにして議論してるの?
「私がなんとなく思ったから侵略です」とか「私がなんとなく思ったから自衛です」とか全部感想でしかないでしょ。
263.名無しさん:2017年01月02日 00:41 ID:omHwUvPf0▼このコメントに返信
行く気の無かった軍隊を国民を扇動して派遣させた朝日・毎日新聞が悪い。
大陸で陸軍は支那人武装勢力の挑発に堪えに堪えたがブチ切れた結果が日華事変だし。
中華民国の承認は1943年の話だから日中戦争じゃなく日華事変。
朝日新聞なんて歌を作ってナチスを大歓迎してたしさ。
264.名無しさん:2017年01月02日 00:42 ID:aHmwEh0i0▼このコメントに返信
※255
ずいぶん傲慢なこといってねーか?それとも君は自分自身をみっとないと否定しているのか?
歴史の積み重ね、先人の行いの積み重ねの上に我々が今いるわけだよな。

で、今の世の中は戦争した結果の歴史の上に成り立っているわけだよな?
守れなかった利益もあるだろうし、多くの利益も得られたんじゃないか?
265.名無しさん:2017年01月02日 00:42 ID:zII7O0wI0▼このコメントに返信
そもそも『日中戦争』も『太平洋戦争』も存在しない。
そう言った方が都合の良い人間が、後から適当に付け足した概念だ。
実際にあったのは『支那事変』と『大東亜戦争』。
そもそも『太平洋戦争』は日米が太平洋で戦った戦争、と後々の定義づけも可能だが、日中戦争とかいつから始まったかが研究者によって変わる言葉遊びじゃん。
日清戦争まで含める主張まであるんだぞあれ。
当時『中華人民共和国』なんて国は存在しないし、そもそも複数の自称中央政府が始めた内戦において、『国家と戦った』記録なんてない。国民党軍なんて国家国民のための軍隊じゃなく、所詮は私兵。
※3は当時の情勢や経緯や世論を知ってそうな気がするな。
当時の大陸であったのは大きな内戦で、欧米も日本もそこに引き込まれたり干渉したりしただけだ。
まぁ、当時は国の体をなしてないから、内戦というのも疑問といえば疑問だが。

日中戦争やら太平洋戦争やら、という言葉が出てくる時点で、当時の情勢も時代背景も無視してるのが分かる。
スタートが間違いなんだから、結論が明後日の方向に行くのは至極当然のことだな。
266.名無しさん:2017年01月02日 00:43 ID:aHmwEh0i0▼このコメントに返信
※262
禿同 
267.名無しさん:2017年01月02日 00:44 ID:Fout6XsS0▼このコメントに返信
というか、日中戦争でも支那事変でもどっちでもいいけど、正当な言い分があるならなぜ1937年11月にベルギーのブリュッセルで開催された九カ国条約会議に出席して主張しないのやら。

自分の言い分を説明しないで自衛戦争ってとなえるだけで理解してもらおうなんて考えが甘ったれてる

268.名無しさん:2017年01月02日 00:45 ID:YpZM7uqM0▼このコメントに返信
戦う権利というか実質好き勝手フリー自衛があるだけであって
生存のために戦わないでいるしかなかった事も成り立つんだよなぁ…
269.名無しさん:2017年01月02日 00:46 ID:Fout6XsS0▼このコメントに返信
満州事変が起きたときも、支那事変が勃発したときも、英仏はかなり日本に対して譲歩して、ワシントン体制にとどまってもらおうとしてるんだけどなあ
270.名無しさん:2017年01月02日 00:52 ID:aHmwEh0i0▼このコメントに返信
そういや反日のバカたれどもが「日本はあの戦争の総括をしてない!」とかよく言っているが、
主権回復して直後昭和に28年に当事者であるの当時を生きた日本人自身が国会で全会一致で「日本に戦争犯罪人なんていない!」って趣旨で決議してんだよね。
271.名無しさん:2017年01月02日 01:00 ID:XEELiUt40▼このコメントに返信
そもそも全ての戦争において謝罪の必要はない
立場が違うだけで、日中戦争だって自衛の面もあるし太平洋戦争だって侵略戦争でもある
272.名無しさん:2017年01月02日 01:02 ID:aHmwEh0i0▼このコメントに返信
※269
ジョン・アントワープ・マクマリー・国際法の専門家で、ワシントン会議では米国代表団の主要メンバーだった米国務省の外交官

米国の大部分の人々はそのころ、日本がアジアを戦争に巻き込むドラマの悪役であると信じていたが、マクマリーはこの考えに賛成ではなかった。
日本の1930年代の新しい強引な政策は、一方的な侵略とか軍国主義のウィルスに冒された結果などではなく、それに先立つ時期のアメリカを含む諸国の行為がもたらしたものだと熱心に説いたのである。

 ワシントン会議は、確かにアジアでの国際協力を達成することのできる枠組みを決定した。

しかし1920年代において、日本がワシントン条約の条文と精神を厳密に守ろうとしているのに、この合意のもう一方の当事者、特に中国と米国が条約諸規定の実施を繰り返し阻害したり、拒否する事実のあったことを彼は指摘した。

このように米国に教唆された中国は、自らの国際的地位を保証してきた法的な枠組みを一貫して軽視し、それによって日本の激しい怒りを招く結果となった。(つづく)
273.名無しさん:2017年01月02日 01:02 ID:aHmwEh0i0▼このコメントに返信
(つづき)
日本にワシントン条約を遵守させるのはなかなか難しかったのだから、日本の態度は評価されるべきだったとマクマリーは主張した。
しかしそうした評価が得られず、日本が自発的に参加した国際システムの全体が崩壊して自国の利害を脅かされると感じたとき、日本は「東アジアにおける正当な地位を保障するための強力な軍備」に頼るようになっていったとマクマリーは考えたのである。

 1930年代の中頃、マクマリーは事態が重大化したと考え、もし米国が日本の苦情を認めないで中国への肩入ればかりを続けるならば、結果的には間違いなく「日本との戦争」になってしまうと予言したが、彼の外交官仲間たちの多くはこの意見に賛成しなかった。
日米戦争が勃発したのはこれが書かれた6年後である、マクマリーは、まさに先見の明があったというべきであろう。

ジョン・アントワープ・マクマリー原著『平和はいかに失われたか』(原書房、アーサー・ウォルドロン編、北岡伸一監訳、衣川宏訳)、6~7頁
274.名無しさん:2017年01月02日 01:05 ID:aHmwEh0i0▼このコメントに返信
そして中国に好意をもつ外交官達は、中国が、外国に対する敵対と裏切りを続けるなら、遅かれ早かれ一、二の国が我慢しきれなくなって手痛いしっぺ返しをしてくるだろうと説き聞かせていた。中国に忠告する人は、確かに日本を名指ししたわけではない。しかしそうはいってもみな内心では思っていた。中国のそうしたふるまいによって、少なくとも相対的に最も被害と脅威を受けるのは、日本の利益であり、最も爆発しやすいのが日本人の気性であった。

しかしこのような友好的な要請や警告に、中国はほどんど反応を示さなかった。返ってくる反応は、列強の帝国主義的圧迫からの解放を勝ちとらなければならないという答えだけだった。それは中国人の抱く傲慢なプライドと、現実の事態の理解を妨げている政治的未熟さのあらわれであった。

 このような態度に対する報いは、それを予言していた人々の想像より、ずっと早く、また劇的な形でやってきた。国民党の中国は、その力をくじかれ、分割されて結局は何らかの形で日本に従属する運命となったように見える。破局をうまく避けたかもしれない、あるいは破局の厳しさをいくらかでも緩和したかもしれない国際協調の政策は、もはや存在していなかった。

 協調政策は親しい友人たちに裏切られた。中国人に軽蔑してはねつけられ、イギリス人と我々アメリカ人に無視された。それは結局、東アジアでの正当な地位を守るには自らの武力に頼るしかないと考えるに至った日本によって、非難と軽蔑の対象となってしまったのである。

ジョン・ヴァン・アントワープ・マクマリー原著『平和はいかに失われたか』アーサー・ウォルドロン編・181-2頁
275.名無しさん:2017年01月02日 01:11 ID:BBIwvQB70▼このコメントに返信
※267
9カ国条約の協約および精神をもっとも踏みにじったシナへの援助と対日経済制裁を決めるための
会議にわざわざ出向く必要が無い。むしろ日本が欠席したことにより各国のエゴがむき出しにされ、
結局ブリュッセル会議では何も成果が出ず無期休会になってる。
その後アメリカが単独でモラルエンバーゴーなる禁輸措置をとり、日米通商航海条約を廃棄した。
276.名無しさん:2017年01月02日 01:16 ID:Fout6XsS0▼このコメントに返信
※275

欠席裁判でも支那の援助も対日経済制裁もされなかったのに何言ってんだこいつ
頭悪い
277.名無しさん:2017年01月02日 01:31 ID:U.RdYMtG0▼このコメントに返信
日本は満州事変はともかく支那事変においては譲歩も何もされていないだろう
あれは中国側の先制攻撃で始まった戦争なのだからむしろ中国側に対して租界を攻撃したことその他もろもろの責任を取らせてしかるべきだ
ところが英仏は上海の租界の住民の死の責任をなかったことにしてまで日本への非難声明に徹した
もしあの当時日本が計画的に国際共同租界なんぞ爆撃していたら即刻対日制裁まであったろうに
278.1100%の在日日本人です.:2017年01月02日 01:32 ID:c9W1yRHb0▼このコメントに返信
支那への侵略行為はゆがめない。だがこの時代以前の欧米の行動は100%侵略行為だった。
ほんの僅かの時間経過で、日本が行った行為を侵略であると言うのは泥棒が泥棒と言うのに等しい。
大東亜共栄圏の旗のもとと言ってアジアの独立は結果的にそうなっただけで、当時の軍がそんな高貴な志を持っていたとは考えにくい。
ABCD包囲陣の下、四面楚歌の状態でアジアの国々の独立を目的とか煕文だろ。
支那へは深く進攻しないで適当な占領に留めていればアメリカの石油停止もなっかたろうに、
全ては「関東軍の暴走」が日本の敗戦を決めたと思う。
279.名無しさん:2017年01月02日 01:37 ID:5T2iStcR0▼このコメントに返信
※274
国際法研究者の米外交官か。
人種偏見絶賛中の当時の米政府に、そんな中立的な視点の人がいたんだな。
280.名無しさん:2017年01月02日 01:39 ID:kJU79zLn0▼このコメントに返信
シナ事変は最初に攻撃してきたのがシナ国民党軍
シナ側が侵略してきたんだよね
当時租界は合法だったんだし
281.名無しさん:2017年01月02日 01:41 ID:i10iUb.70▼このコメントに返信
大体さ、国際連盟に批難されたとかナンのレトリックなんだよ(アメリカなんか参加すらしてない)
国際連盟の加入国がどう言う構成になってるか知ってんだよね?英連邦と白人国家の植民地と衛星だぞ。
白人国家に都合が良い回答しかこないだろ?白人が支配する為の組織なのにさ。
今現在の世界でもころころてめえらの良いようにル-ル変えやがって、良く守った方だ日本はw
282.名無しさん:2017年01月02日 02:05 ID:ReLQBn6q0▼このコメントに返信
そもそも、中華民国の建国時点で、中国自身が侵略者
「中華」の範囲は、万里の長城の内側なのに、異民族の国である満州やモンゴルまで領土だと主張した
日本ソ連中国、それぞれが満州人の国の利権を争った結果、戦争が起きたのであって
日本の一方的な侵略でもなんでもない
283.名無しさん:2017年01月02日 02:06 ID:rclEf6W00▼このコメントに返信
日本がアジア解放を目指したことを結果論と言うならば、原爆投下によって戦争が終結したという結果論を暗に認めることになるぞ
俺はそんなの間違ってるって思うから、大東亜戦争は植民地解放の自衛戦争だし、原爆投下は戦争終結の直接的な原因ではないと考える
284.名無しさん:2017年01月02日 02:08 ID:q0l6VSOa0▼このコメントに返信
逆だ。
285.名無しさん:2017年01月02日 02:09 ID:Fout6XsS0▼このコメントに返信
※283

原爆投下が戦争を終結させたのは結果論としてすら成り立っていない

ソ連の対日参戦によって講話も継戦も不可能になったからポツダム宣言を受諾しただけ
286.名無しさん:2017年01月02日 02:11 ID:TS0jYfHZ0▼このコメントに返信
※283
原爆投下による戦争終結は事実だろう
原爆を否定的にとらえる事と、戦争終結は別の話だ

287.名無しさん:2017年01月02日 02:12 ID:Fout6XsS0▼このコメントに返信
※283

そもそも植民地解放の自衛戦争という表現自体がおかしいと思わんのかね

自国を植民地化しようとする国家に対して戦うなら自衛戦争かもしれんが、他国の権益を侵害したら植民地解放とは言え、むしろその他国にとっての自国の権益を守るための自衛戦争だぞ
288.名無しさん:2017年01月02日 02:13 ID:q0l6VSOa0▼このコメントに返信
日本は当時の民衆ベースでアジア解放を目指していたからこそ、事後に自家中毒を起こし、かつそのことに無自覚になった。
289.名無しさん:2017年01月02日 02:13 ID:ReLQBn6q0▼このコメントに返信
そもそも、「侵略戦争」の定義は、国際法上で確定していない
パリ不戦条約で、米英は自国の領土以外でも、国益を守る為に戦う権利があると主張した
現実に、中東での石油利権を守る為に、今も戦い続けている
何をもって侵略戦争というのか、人類はまだその答え自体持っていない
290.名無しさん:2017年01月02日 02:19 ID:ReLQBn6q0▼このコメントに返信
※286
>原爆投下による戦争終結は事実だろう

カーチス・ルメイやマッカーサーの証言を確認してごらん
現場の指揮官は、本土上陸などせずとも、日本の降伏は目前と判断していた
犠牲を減らす事が目的なら、天皇の助命を承認するのが最も人道的だった筈
アメリカ政府は、すでに対日戦後のソ連との対立に重点を移していた
ソ連に対して見せつける為に、原爆を落としたんだよ
ちゃんと調べれば明白な事実だぞ
291.名無しさん:2017年01月02日 02:20 ID:hJjRwCl90▼このコメントに返信
アジアの実情もわかっていない欧米と切羽詰まった状況で話すことなどないってことだろ
本国から遠く離れた地域のことなんかどうでもいいくせに金のにおいがするとぴくんとなる
彼らは今でも散々同じことを繰り返してますねぇ
自分たちの正義を持ち込んで世界を混乱させるの得意だよね
292.名無しさん:2017年01月02日 02:22 ID:t.P8pc7.0▼このコメントに返信
第二次世界大戦の前、まだ日本がアジア大陸で共産思想の南下と対峙していたとき、米国は共産圏に加担して中国へ義勇軍を送り始めた。米国は交戦したくて日本に最初の一発を撃たせる工作を先に仕掛けて来た訳だ。これが真珠湾攻撃が原因と言われている日米開戦の発端である。もちろん、好戦的な輩は民主主義国家に巣食った共産思想を持つ極一部の勢力であって、当時の米国世論がコミンテルンの罠にまんまと落ちたに過ぎない。

コミンテルンの陰謀は成功し、民間人へ2発もの原爆を撃ち込んで民主主義国家を敗戦させたから、共産思想の南下は容易く38度線まで下りてきて朝鮮半島が戦場と化してしまっただろう? 元々が民主主義を標榜する米国は、ようやくこの段階で共産思想と闘う事となるわけだが、かつて共産圏を支援したツケは大きく、今では国連の赤化を完全に許してしまっている。

結局のところ、民衆の敵は米国とか中国あるいは北朝鮮といった国家なのではなく、共産圏のみならず民主主義国家にあっても教育界・政界・報道界などに巣食ってプロパガンダを垂れ流し、自己への利益誘導に執念を燃やす醜悪な一部の思想家なんだよな。
293.名無しさん:2017年01月02日 02:26 ID:TS0jYfHZ0▼このコメントに返信
※290
原爆がなくてもいずれ降伏をしただろう。だが、そのような仮定は無意味だ
事実は原爆があって玉音放送につながったのが事実だ
294.名無しさん:2017年01月02日 02:27 ID:ReLQBn6q0▼このコメントに返信
日本は、白人のアジア支配に抵抗した、これは事実だ
その結果、アジア各国が独立するきっかけとなった
日本はアジア諸国を植民地化する方針じゃなかったからね
無論それは、日本を白人国家の圧力から守る事が最大の目的であり、あくまで国益の為だった
でも、白人のアジア人への差別に反発していた事も事実
侵略戦争だと非難される筋合いは、これっぽっちもない、先に侵略したのは白人たちなのだから
中国にも全く言う資格はないしね
295.名無しさん:2017年01月02日 02:28 ID:n0qXHZfs0▼このコメントに返信
勝ち負け以前に文民統制できてないんだもんな~
これじゃおかしなことになるよ
296.名無しさん:2017年01月02日 02:30 ID:ReLQBn6q0▼このコメントに返信
※293
なぜ、無意味なんだ?
必要もない、虐殺をされたんだよ
しかも、事実を捻じ曲げてそれを正当化されてるんだぞ
上陸作戦など不要と、米軍の指揮官は判断していた
早く戦争を終わらせたかったなら、天皇の助命をすればよかった
これを指摘する事は、正しい歴史認識の主張として、重要な意味を持つ
297.名無しさん:2017年01月02日 02:37 ID:TS0jYfHZ0▼このコメントに返信
※296
>必要もない、虐殺をされたんだよ
こういうのは関係ない
さっきも言ったが、原爆を否定的にとらえる事と、戦争終結は別の話だ
天皇助命ってよく分からんが他に手段があったとか、虐殺されたから戦争終結でないでは、論理としておかしい
終結と評価は別の話だとの切り分けができていない
必要があろうがなかろうが、終結は終結。終結と、それを肯定的に見るか否定的見るかは別の話
298.名無しさん:2017年01月02日 02:39 ID:TS0jYfHZ0▼このコメントに返信
ああひょっとして天皇助命って、国体護持の表明って事か?
まあどうでもいいわ。
アメリカがどこで譲歩するかみたいな事を言い出せばキリがないし
それこそ戦争すら必要ないとか言い出せる話

299.名無しさん:2017年01月02日 02:42 ID:ReLQBn6q0▼このコメントに返信
※297
逆に問おう、その切り分けになんの意味があるんだい?
歴史評価は算数じゃない、部分だけ切り取って純理的に論じても意味を成さない
米ソの対立という要素や、原爆の不当な正当化も考慮して、全体像で評価すべき事だ
300.名無しさん:2017年01月02日 02:47 ID:ReLQBn6q0▼このコメントに返信
1)原爆投下で降伏が早まった ⇒ 事実
2)犠牲を減らす為に原爆が必要だった ⇒ 事実に反する

1)だけを主張すると、妙な誤解を与えかねない
正しい歴史を語る上で重要なのは、2)の方だからだ
301.名無しさん:2017年01月02日 02:49 ID:TS0jYfHZ0▼このコメントに返信
※299
意味って別次元の事柄だからだよ
事象とそれへの評価は別。評価を元に事象を決めるのは事実誤認でしかない
「原爆は虐殺だ。だから戦争終結につながってない」
では論理に矛盾がある。これらは別の話
原爆は、その虐殺が戦争終結につながった
302.名無しさん:2017年01月02日 02:50 ID:BBIwvQB70▼このコメントに返信
※276
「結局ブリュッセル会議では何も成果が出ず無期休会になってる」と書いたが、
君は読解力が無い。
同会議は裁判じゃない。シナへの支援を決める裁判というのは寡聞にして聞かない。

303.名無しさん:2017年01月02日 02:52 ID:aHmwEh0i0▼このコメントに返信
※287
おかしくないじゃん。国語力の問題だな。開戦の詔勅にある通りだよ。
304.名無しさん:2017年01月02日 02:53 ID:ReLQBn6q0▼このコメントに返信
※301
>意味って別次元の事柄だからだよ

俺の意見を「無意味」と言ってきたのは君なんだが?
君は、無意味な次元の話をしていて、大事な事実を書き漏らしてる
そう指摘しているんだよ
原爆は、犠牲を減らす為に投下されたのではない
捏造されている歴史を正す事こそ、重要じゃないか
305.名無しさん:2017年01月02日 02:57 ID:TS0jYfHZ0▼このコメントに返信
※304
論点をずらして言い分を変えるな
犠牲を減らすためだとか、そんな話はしていない
原爆が戦争終結につながった事と、それで犠牲が増えようが減ろうが、別の話だ
誤解がどうのと言い訳がましい事を言ってるが、ただ単に自分が不当だと強調したいだけだろ
306.名無しさん:2017年01月02日 03:01 ID:BBIwvQB70▼このコメントに返信
※287
米英蘭が守衛側の日本に経済制裁を掛けてきているので戦争状態。
したがって日本の南方攻略は戦時国際法に則ったもの。
シナ軍が租界に侵攻する、日本が防衛するには物資が要る、封鎖される、戦車も軍艦も動かなくなる、
航空機は飛ばせなくなる、これでどうやって存立をまっとうするんだ?
シナ政府がシナ軍を統御して治安維持し中国共産党が日支衝突工作で暗躍しなければいい話。
307.名無しさん:2017年01月02日 03:04 ID:ReLQBn6q0▼このコメントに返信
※305
論点とか、議論の為の議論を俺はしていない
君の主張と「無関係」な話などしてないぞ
論点とやらを絞って、言いあいに勝ちたいだけなんて下らない
それとも、原爆が正当な行為じゃないと、都合でも悪いのかい?
308.名無しさん:2017年01月02日 03:09 ID:TS0jYfHZ0▼このコメントに返信
※307
正当な行為など言っていない
原爆が戦争終結につながった事と、正当か不当かは別の話だ
事実と、それへの評価は別の事だ
「原爆は不当だから戦争終結につながってない」とか、そういう歴史的事実の捉え方はあり得ない
これは論理的なものごとの捉え方の問題だ
309.名無しさん:2017年01月02日 03:16 ID:ReLQBn6q0▼このコメントに返信
>「原爆は不当だから戦争終結につながってない」とか、そういう歴史的事実の捉え方はあり得ない

あり得るよ
戦争終結に繋がったのは、原爆ではなくソ連の参戦だという見方もできるし、よっぽど本質をついている
君の主張こそ、単に部分的な事実を切り取っただけで「歴史的な意味」を考慮していない
310.大東亜解放戦線:2017年01月02日 03:19 ID:ydlwaYuV0▼このコメントに返信
いゃ~。
白熱しとりますね。

日本の反論はたった一言ですわ。
鬼畜英米とフラカス、拷問婦女暴行趣味のソ連スペイン、ポルトガルがやってきたことを真似しただけですが。何か?

まぁ~。戦勝国も自分のこと棚に上げて、弱い者いじめるならず者国家を認識して~な。
311.名無しさん:2017年01月02日 03:19 ID:TS0jYfHZ0▼このコメントに返信
※309
玉音放送でも原爆の話をしてだろ?知らないのか?

だいたいソ連参戦を理由にするなら、
「ソ連参戦があったから原爆は戦争終結につながっていない」であって、
「原爆は不当だから戦争終結につながってない」は全く揺るがない
原爆は不当だから、と戦争終結は別の話
312.名無しさん:2017年01月02日 03:20 ID:ReLQBn6q0▼このコメントに返信
※308
君の意見は部分的には正しいかも知らんが、歴史を語る時そんな弁償ごっこは意味を成さない
そう言ってるんだ、原爆投下で降伏が早まった要素は、無視していい、意味がないからだ
313.名無しさん:2017年01月02日 03:24 ID:BBIwvQB70▼このコメントに返信
※268
侵攻されても戦わなかった例はある。幣原宥和外交の時代。
北伐で各国租界が侵攻され、米英が対支最後通牒を発しようとしたが
日本が軍事協同を拒否した。
結果、米英からはシナへの野心が疑われ、シナ人には案山子と馬鹿にされた。
314.名無しさん:2017年01月02日 03:29 ID:ReLQBn6q0▼このコメントに返信
※311
原爆と終戦について、大事な要素は次の2つ
1)本土上陸を避ける為に原爆を落としたというのは、真っ赤なウソ、現場の指揮官は日本の降伏は近いと判断していた
2)原爆投下の真の目的は、ソ連への対抗措置だった
315.名無しさん:2017年01月02日 03:31 ID:fueQoOHV0▼このコメントに返信
「植民地にされてる国が可愛そうだから」

まぁ、似たような理由で、東南アジアの独立の時に残って戦ったんじゃない。

「アジアのため」
という教育はしっかりされていたということだ。
316.名無しさん:2017年01月02日 03:34 ID:TS0jYfHZ0▼このコメントに返信
※312
どう評価するか、どう意味付けするかは人によって変わるものだが、事実は変わらない
まずは事実があって、それへの評価がある。逆はない
事実から、正当か不当かや、犠牲が減ったか増えたかみたいな話ができるので事実は極めて大事
なので評価を定めて、そこから事実を軽視する姿勢は間違いだね

それと話が混乱するのを避けるため、これまで俺は意図的に原爆への評価は一切出していないからな

317.名無しさん:2017年01月02日 03:36 ID:ReLQBn6q0▼このコメントに返信
解放だったのか侵略だったのか?
それは、それぞれの立場によって受け止め方が変わる事
アジア各国の人でも、両方の見解がある
誕生当初から異民族の領土まで欲しがっていた中華の国に、非難されす筋合いはない
世界中を侵略しまくっていた白人に比べたら、日本の所業などかわいいものだ
318.名無しさん:2017年01月02日 03:36 ID:TS0jYfHZ0▼このコメントに返信
※314
それらは、原爆が戦争終結につながった話と別の観点だな
アメリカの目的の話であって、日本がどうとらえたかではない

319.名無しさん:2017年01月02日 03:38 ID:ReLQBn6q0▼このコメントに返信
※316
事実は一つじゃないでしょ
部分だけを語って、論理的正当性を主張するのは、意味がないと散々指摘してる
部分の正確さより、全体を把握して本質を見抜く能力のほうが、重要だからだ
どうでもいい戦線にこだわって、戦局を見失わないように
320.名無しさん:2017年01月02日 03:44 ID:TS0jYfHZ0▼このコメントに返信
※319
単一の理由でないとは言えても、事実は誰が言っても変わらない
人によって揺れるのは評価の方だな

原爆が、犠牲を減らしたのか、増やしたのかは誰も断言できない。可能性の話しかできないからね
正当か不当かも、これも判断の分かれる話
321.名無しさん:2017年01月02日 03:44 ID:QGpBEHGt0▼このコメントに返信
※287
有色人種の国を植民地支配する白人たちのレイシズムと日本は戦ったんだよ
322.名無しさん:2017年01月02日 03:45 ID:ReLQBn6q0▼このコメントに返信
※318
別の観点だが、君いったように「無関係」ではない、無関係だなんて言うから反論されてるんだぞ
歴史を捉える時は、一つの事実だけに囚われず、関係する様々な要素を複合的に把握する事が大事だ
歴史に限った話ではなく、社会の複雑な要素が関わる事は、常にそうだが
この答えは○か×か、そんな部分的な正解なんて、学校のテストでしか役に立たない
323.名無しさん:2017年01月02日 03:50 ID:TS0jYfHZ0▼このコメントに返信
※322
無関係って、どの話?
「必要もない、虐殺をされたんだよ」ってなら、それと戦争終結につながったかは無関係の話だね
正当かどうかとか、被害が増えたか減ったかとか、他に方法があったとかも全部無関係
それらがどうであれ、戦争終結につながった事は変わらない
関係ない話を複合させて、事実を捻じ曲げるのはあり得ない
324.名無しさん:2017年01月02日 03:52 ID:ReLQBn6q0▼このコメントに返信
※320
>正当か不当かも、これも判断の分かれる話

どう別れるんだい?
原爆投下のどの要素に、正当性があるというの?
・ソ連が参戦してくる前に早くケリをつけようとした
・一番警戒すべき敵であるソ連に、新兵器の威力をみせて威嚇したかった
・戦争が終わる前に2種類の原爆のテストをしておきたかった
原爆投下は、現場の将軍達に知らされず、ホワイトハウス、トルーマンの周囲だけで
急きょ決定された、強く反対した政治家もいたのに
そういう重要な事実関係は、よく調べたのかい?
325.名無しさん:2017年01月02日 03:55 ID:TS0jYfHZ0▼このコメントに返信
※324
どうって、知りたければ正当としている人の話を聞けば良い
そんなのネットに転がってる
そういう人が存在しているのは事実だ

俺が正当化しているのではないんだから、俺に聞くなよ
俺は正当とも不当とも言わない。ここで評価は言わないってさっきも言ったよな?
ただ意見が分かれている事実を述べたまで


326.名無しさん:2017年01月02日 03:59 ID:ReLQBn6q0▼このコメントに返信
※323
※297で君は、「こういうのは関係ない」って言ってるでしょ
君としては自分の論点に関係ないと言いたかったんだろうが
そうした物事の見方はマイナスだから、突っ込んだんだ
歴史のようなジャンルでは、部分要素だけを切りとるべきではないから
全体像把握力は大事だよ
君は、原爆に関するアメリカの歴史隠ぺいについて、どう考えてるの?
327.名無しさん:2017年01月02日 04:03 ID:ReLQBn6q0▼このコメントに返信
※325
>ここで評価は言わない

なぜ言わないの?
ちょうど昨年、オバマ大統領の広島訪問があって、原爆の正当性が再び問われてるのに
日本人にとって、歴史を歪められた重大な関心事じゃないか
きちんと判断し、常に堂々と表明しなよ
なぜそこを避けようとするか、意味がわからない、説明してくれ
328.名無しさん:2017年01月02日 04:08 ID:ReLQBn6q0▼このコメントに返信
>俺が正当化しているのではないんだから、俺に聞くなよ

「正当か不当かも、これも判断の分かれる話」と言ったんだから、どう別れるのか説明できるでしょ
どこのポイントで判断が分かれるというの?
正しい歴史認識を持っていれば、ブレようがなく、原爆投下は不当な戦争犯罪と判断できるぞ
329.名無しさん:2017年01月02日 04:10 ID:XMZwoS980▼このコメントに返信
日中も侵略ではないよ。
330.名無しさん:2017年01月02日 04:12 ID:TS0jYfHZ0▼このコメントに返信
※326
原爆をネガティブな意見以外は許せないから、評価まで切り込まない俺に納得できないだけだろ
そんなの俺に求められても困るね
別に誰かを苛つかせる目的はないが、俺は今ここで事実の部分だけ話をしたいので言わないよ。それで納得してくれ
不当だろうが正当だろうが、判断ならどう言おうが好きにすれば良い。どっちでも否定はしないよ
331.名無しさん:2017年01月02日 04:17 ID:TS0jYfHZ0▼このコメントに返信
※328
自分で明らかに正当化している人たちの意見を受けての事を言ってるんだから、今さら知ってる事を俺に言わそうとするなよ
それを打ち砕いてやりたいって狙いが丸見えだが
俺は正当化側の代弁者でないので、そんな面倒な役割はゴメンだね
正当・不当どっちでも勝手に思っとけば良いんじゃないの
332.名無しさん:2017年01月02日 04:17 ID:ReLQBn6q0▼このコメントに返信
※330
>原爆をネガティブな意見以外は許せない

では、肯定的要素を説明すること
原爆で降伏が早まったとして、肯定的な要素ではない、犠牲が減ったわけでもなんでもないのだから
殆ど戦闘行為は終了しており、多少降伏が遅れたところで、何十万もの民間人の犠牲と引き換えにできる事はあり得ない

で、他にどんなプラス要素があると?
日本人なら、原爆肯定を許せないのは当然なのだが・・・・・どうやら君のスタンスは違うようだね
333.名無しさん:2017年01月02日 04:23 ID:ReLQBn6q0▼このコメントに返信
※331
「正当か不当かも、これも判断の分かれる話」と君はいった
俺には、どんな歴史認識をしたら、判断が分かれるか理解不能
君と俺の見解の相違なんだから、「正当化側の代弁」じゃなく、君自身の意見だ、きちんと説明したまえ

この件が、日本人にとって精神的にデリケートな問題である事くらい理解できないのか?
犠牲者の心情に対する配慮も、歴史を語る上で常識として持つべき礼儀じゃないか?
論理的にも、君はただ逃げてるだけにしか見えんぞ
334.名無しさん:2017年01月02日 04:41 ID:ReLQBn6q0▼このコメントに返信
原爆投下の正当化は、心情的に許せないのは勿論だが、論理的正当性もこちらにある

人によって判断が分かれるのではなく、正しい歴史が歪められているだけだ

言葉を間違えないように
335.名無しさん:2017年01月02日 04:41 ID:TS0jYfHZ0▼このコメントに返信
※332※333
原爆は戦争終結につながった。この事実と、それへの評価が複数あるって事実だけ言ってる
そこから先、俺がどう思ってるかなんて余計な事は言わない
俺のスタンスが違うと邪推するのも止めてね。違うのか同じなのかも言ってない

あと余計なアドバイスするなら理解できない評価があっても仕方ないよ。評価なんてそんなもんだ
犠牲者の話もどこまでいっても可能性の話を超えられないし、
立場も違うんだし皆が同じように考えるわけではない。納得できなくても話せば分かるってものでもない
336.名無しさん:2017年01月02日 04:49 ID:iisITTx70▼このコメントに返信
当時のソ連(ロシア)「北海道が欲しいな」
当時の米国「満蒙地域が欲しいな」
両国「日本がじゃまだね」
日本国「話し合いで・・・」
 
その結果。 
 
337.名無しさん:2017年01月02日 05:00 ID:fqf5tNF30▼このコメントに返信
日中戦争って誰と戦争したのか?中国共産党か?だが中国共産党なんて国は当時は無かったぞ?
存在してない国とどうやって戦争するんだよ?中国共産党は戦後に出来た国だ!
中国大陸に存在する民族同志が内戦をしてる状況だっただけだろう?日本兵はむしろその一般市民を助け
地域を反映させた満州とか上海とか日本兵がいる町は繁栄したが大陸の土俗共が支配してる場所は
ぺんぺん草も生えないくらい酷い有様だったと聞く民族闘争して荒らした亡骸もそのまま日本兵はそれを
土に埋め名も無き兵士の墓と記して供養したそうだ!これが土俗と日本兵の違いだ!それを一番知ってるのがお年寄りだが
弱いから強く言えないのが今の中国共産党の言論弾圧だ日本国内でも中国三千年の歴史から四千年の歴史とかプロパガンダしてるが
真実は日中戦争とは言えない状態だ!そもそも中国大陸を欲しがったのは欧米諸国だ!そこに日本が繁栄させてるが気に入らなかった
だから反勢力に武器をどんどん与えたシリアでも同じ事を中途半端にした結局ロシアが今の所勝ってる現状だ!
338.名無しさん:2017年01月02日 05:19 ID:ReLQBn6q0▼このコメントに返信
※335
戦争終結があの時期になった最大の理由は、ソ連の参戦
つけ加えるなら、日本が天皇家の存続に拘り、アメリカがそれを認めなかった事
その為に終戦が遅くなり、ソ連が参戦してきて終戦を迎えた、それが全体の流れ

原爆は、新たな仮想敵であるソ連に対抗する為、威嚇と実験の為に使用された
戦争の非人道的な面を代表する、歴史上最悪の戦争犯罪

人によって見解が変わるのではなく、勝者によって歴史が歪められているだけ
それが冷徹な事実
339.名無しさん:2017年01月02日 05:28 ID:ReLQBn6q0▼このコメントに返信
※336
チャーチルも回顧録で言ってるけど、日本の弱腰外交が戦争を招いた
「あれだけの力があったなら、譲歩ばかりせずに主張してくれていれば・・・」とね
米英は、弱腰の対応ばかりする日本の力を見くびっていた
日本は、「できる限り誠意をもって譲歩したのに、理解してくれなかった、かくなる上は・・・」
完全なすれ違い
340.名無しさん:2017年01月02日 05:28 ID:ReLQBn6q0▼このコメントに返信
※336
チャーチルも回顧録で言ってるけど、日本の弱腰外交が戦争を招いた
「あれだけの力があったなら、譲歩ばかりせずに主張してくれていれば・・・」とね
米英は、弱腰の対応ばかりする日本の力を見くびっていた
日本は、「できる限り誠意をもって譲歩したのに、理解してくれなかった、かくなる上は・・・」
完全なすれ違い
341.名無しさん:2017年01月02日 05:36 ID:5KJnrbl30▼このコメントに返信
逆やん
シナ事変が日本の自衛で、対米戦争が日本の侵略
でもシナ事変の前提として、張作霖爆殺→満州事変→錦州爆撃の3連コンボで、中国人の敵意をがっつり買い込んでしまったことを忘れてはならない

342.名無しさん:2017年01月02日 05:46 ID:ReLQBn6q0▼このコメントに返信
「中華」ってのは、万里の長城の内側なのに、欲張って満州まで領土主張した孫文が悪い
343.名無しさん:2017年01月02日 05:47 ID:5KJnrbl30▼このコメントに返信
※294
タイのピブン政権はもともと米英寄りだったんだけど、仏印との紛争を英米が調停してくれなかったから仕方なしに日本の軍門に下っただけやぞ
遠くの交番より地回りのヤクザに頼ったわけだな
344.名無しさん:2017年01月02日 05:55 ID:TS0jYfHZ0▼このコメントに返信
※338
威嚇だろうが実験だろうが何だろうが、それは原爆が戦争終結になった事への否定には、なんらなっていない
威嚇だから戦争終結でないとか、実験だから戦争終結でないとか、成り立たない
そういう無関係な部分に拘るから事実を受け入れられなくなっている
玉音放送の中でも「新たに残虐なる爆弾を使用し」って触れてるよね。あれ原爆の話ね
もちろんあの文章はアメリカが考えたものではない
敗北を受け入れたのは、敗者が決めた話だ

345.名無しさん:2017年01月02日 05:55 ID:5KJnrbl30▼このコメントに返信
※231
だったら、昭和16年11月5日にパールハーバー奇襲攻撃プランを昭和天皇が承認してしまった日本は、クッソ汚いだまし討ち野郎って事でいいよな
寧ろ米国より、実行してしまった日本の方が悪質やんけ

346.名無しさん:2017年01月02日 06:38 ID:WRFci11w0▼このコメントに返信
イッチの言うとることが仮に「実態はその通り」だったとしても
サンフランシスコ条約で「第二次世界大戦の責任」を認める締結を日本がしとるから
これを公で主張した途端南朝鮮と同じ「条約を守れない国」に転落するよん
昭和天皇がおっしゃっただろ「耐えがたきを耐えよ」って
「敗戦国」としての不利益を受け入れざるを得んのだよ
実際戦闘以前の外交戦って言う戦略レベルの勝負に負けて不利になってやけっぱちで戦闘に突入した
それがお前の言う「追いつめられた」パールハーバーなんだから今更はめられたって言っても負け犬の遠吠え
負けを受け入れ我慢してればば少なくとも中韓露以外の国際社会は過去の事として水に流してくれる
あとはサンフランシスコ条約に関係ないこいつらを無視するだけでいい
尊王攘夷って言って外国人に切り付けてた単細胞と同じになるなよ
現代においてはそんなのは南朝鮮人どもにやらせとけばいい役割だよ
347.名無しさん:2017年01月02日 07:06 ID:A2W4hJn90▼このコメントに返信
そもそも日中戦争ですら侵略戦争ではない
シナ大陸は”ヨーロッパ大陸””オセアニア地域”という概念と同じようなもので
蒙古や女真など日本民族ふくむいろんな民族の争奪戦の場だった。
その地に建国した王朝すべてが侵略のたまもの
つまり日中戦争を否定したら中華の歴史そのものが崩壊する
蒋介石軍や毛沢東八路軍自体が日本と同じ中華征服を目論む戦国諸侯
348.名無しさん:2017年01月02日 07:24 ID:FNISeXF30▼このコメントに返信
八路軍の周恩来が戦後、語っていたよね。日本駐留軍を国民軍にぶつけるために匪賊の振りして
満州の日本居留民を襲い中国国内に日本駐留軍を引きずり込んだんだと、当時、とても国民軍
に勝てるとは思えない八路軍が国内統一できたのは日本軍のおかげでもあると発言している。
349.名無しさん:2017年01月02日 07:31 ID:WyHsFBuc0▼このコメントに返信
※51
バカだな、第二次世界大戦を侵略の為に起こしたのは日本とドイツ位、・・・英仏オランダ米国等は植民地支配と言う侵略行為を行っていたんだが、強引に日本だけ悪く書くなよ在日君。
350.名無しさん:2017年01月02日 07:42 ID:OcMWwcyf0▼このコメントに返信
どちらも大日本帝国の自衛戦争。
支那の行った盧溝橋事件・第二次上海事変、アメ豚の行った偽旗作戦実行部隊である航空隊(フライングタイガースの前身)による卑劣な奇襲。
はい終了。
戦争に負けたから、歴史を歪められてるだけの話。
351.名無しさん:2017年01月02日 07:42 ID:ReLQBn6q0▼このコメントに返信
※344
ロシアの参戦、アメリカのロシアへの警戒が、終戦と「無関係」なわけがないだろ
指摘された事すら踏まえずに、同じ事を繰り返すだけか
ただの声闘だったようだね
自分の意見に説明を求めらて逃げたんだから、もはや君には主張する資格がない
352.名無しさん:2017年01月02日 07:48 ID:ReLQBn6q0▼このコメントに返信
※344
曩ニ米英二國ニ宣戰セル所以モ亦實ニ帝國ノ自存ト東亞ノ安定トヲ庶幾スルニ出テ他國ノ主權ヲ排シ領土ヲ侵スカ如キハ固ヨリ朕カ志ニアラス

「玉音放送で宣言してるから事実」というなら、これも事実だな
大東亜戦争は侵略目的ではなく、アジア解放戦争だった事になる
353.名無しさん:2017年01月02日 07:56 ID:TS0jYfHZ0▼このコメントに返信
※352
もう原爆が戦争終結に結びついた話は良いのか?
他の話するなら、他の人とやってね
侵略目的か否かなんて、戦争終結の話とは関係ない
354.名無しさん:2017年01月02日 08:06 ID:6ny6BcI40▼このコメントに返信
※230
アメリカに直接損害与えたわけでないのに突然日本の資産凍結。
友人を殴ってる暴漢の首を締め上げた状況とみなせばいいのか?
米中は公式に同盟を表明してるわけでないのだから、友人ではなく
知り合いとすべきか。友人(同盟関係)なら正当だが、単なる知り合い
を救う為とはいえ首絞めて呼吸困難にまでもってくのは、やりすぎだよな。
そもそも殴られてる奴(国民党)から襲ってきて反撃しただけなのに。
で、そもそも殴られてた奴をそそのかした奴(ナチスドイツ)は、両方
煽って武器両陣営に売ってもうけてるんだからな。
355.名無しさん:2017年01月02日 08:22 ID:6ny6BcI40▼このコメントに返信
※242
日本の外務省の情報収集能力が低いのと自前の外交暗号が漏れてる
のが原因かと。
手札オープン(暗号の意味無し)で、手札チェンジもできず
ベットするコインも手持ちが無い(手持ち情報がない)そして、
プレイヤー(外交官)がルール(国益)を理解してないのです。
これで勝てとゆうのは酷な話です。外交官の育成は将校・将軍の育成
より難しいのです。
356.名無しさん:2017年01月02日 08:29 ID:NxnS2iFp0▼このコメントに返信
そもそもあの時代の侵略戦争が悪いと言ってるのは

今の価値観でだろう


侵略戦争して植民地支配してる国が謝らなきゃならないなら当時やってた国がすべて謝らなきゃいけないということになる

357.名無しさん:2017年01月02日 08:40 ID:.SvEOh5Y0▼このコメントに返信

【GHQ総司令官 D.マッカーサー元帥】
(日本には)石油がない、錫がない、綿がない、ゴムもない。その 供給を全て絶たれたら、どんな小国でも戦争を決断する。
日本人は、もし原材料供給が断たれたら(経済封鎖されたら)一千万から一千二百万が失業するのでは ないかと恐れていた。
それ故に、日本が第二次世界大戦に赴いた目的は、そのほとんどが、安全保障のためであった

【GHQ参謀部長 C.ウィロビー】
東京裁判は史上最悪の偽善だ。もし米国が同じ立場だったら日本と同じように戦っただろう

【米国戦略爆撃調査団】
日本の指導部が、国家の存亡に関わる利益の為にと固く信じて、(今次の)戦争を始めた事は明らかである。
これに対して、アメリカ合衆国は、単に自分達の経済 的優位と主義主張を押し付けようとしたのであって、
国家の存亡に関わる安全保障の為に戦ったのでは無いと、アメリカ合衆国人は信じていた。

【フランス第五共和政初代大統領 シャルル・ド・ゴール】
シンガポール陥落は白人植民地主義の歴史に終焉をもたらした。
358.名無しさん:2017年01月02日 09:02 ID:h4Od8Z9s0▼このコメントに返信
>日中戦争は侵略行為だった


清朝崩壊後、本来なら中国人の国としては中原だけで建国し
他他地域はそれぞれの民族が独立国として再スタートすべきだった。
欲張って他の国まで中国人の国にしようとして侵略したのは中国人のほう。
359.名無しさん:2017年01月02日 09:08 ID:6ny6BcI40▼このコメントに返信
※309
日米共に原爆に対しては破壊力の大きな新型爆弾としか認識してないものが大半。
米軍は新兵器の実戦データーが欲しくって投下しただけ。
日本は、対米講和の仲介をソ連にいちるの望みを掛けてたが、それが破れて戦意喪失。
国内で散々弾圧してた共産主義者のボスたるソ連に講和仲介を頼む神経がおかしいはな。
で、ソ連は原爆の威力を知り仰天。都市が、一発の爆弾で消滅するんだからな。
ソ連は、機甲師団押し立てての野戦が強うイメージもつ者も多いだろうが、実際は
市街戦の強さこそがロシア・ソ連の強みなんだ。
その強みを無くす原爆はソ連には、恐怖の対象以外のなにものでもない。
後この時期は、だれも放射能の恐怖を理解してない、放射線を強力な殺人電磁波程度の
理解(なので平気で地上実験繰り返してる)。
360.名無しさん:2017年01月02日 09:14 ID:l.yI8yeZ0▼このコメントに返信
※354
>アメリカに直接損害与えたわけでないのに突然日本の資産凍結。
資産凍結は日本が仏印進駐と言う究極のバ.カをやらかした後。
日本は対中戦のオマケくらいとしか考えていなかったが、他国からすれば
「ドイツと結んでる日本がついにドイツに呼応して東南アジアを侵略し始めた」となるわけ。

キミの言い方を模すれば
「隣町で暴れてる凶悪強盗犯の仲間と称してる近所の人が、強盗犯の威を借りて恐喝を始めた」となるかな?
こんな頭のおかしい相手と普通にお付き合いなんかするわけないのよ。おわかり?
もはやアメリカに被害を与えてないから、とかそんな領域じゃないんだよ。
361.名無しさん:2017年01月02日 09:17 ID:l.yI8yeZ0▼このコメントに返信
※358
満州は中国と違うから、ましてそれにちょっかいだした中国が悪い?

地域の独立性を認めて「日中双方協議のうえで」独立政府を作れ、という連盟勧告蹴っ飛ばして
完全な日本の衛星国にしようとした日本側が言うようなことではないな、それ
362.名無しさん:2017年01月02日 09:17 ID:ojtqMdOL0▼このコメントに返信
負けたら防衛戦争でも謝るんやで
363.名無しさん:2017年01月02日 09:19 ID:6ny6BcI40▼このコメントに返信
※341
中国人は、国家レベルで敵意とかのたないんじゃないかな。
自分に直接関係なければスルー、日本占領地域で人口増えてるんだし。
錦州爆撃は、すぐ目の前に北京・天津とゆう欧米の利権拠点があるから
反発くらったのでは?満州はロシア利権地で狙ってたのが日米。
日本の満州統治で、英仏も商売できてラッキーだから甘いのかと。
米国は満州独占できないから日本許せんだし。
364.名無しさん:2017年01月02日 09:27 ID:wBEBm.lw0▼このコメントに返信
※360
仏印進駐以前から米英は日本に対して武力行使以外の敵対行動していたんだよね。
イギリスもアメリカも資産凍結する以前から日本を仮想敵国として準備なさっていた。
それも米英それぞれの国益のためにやっていたわけで、日本も日本の国益(満州の権益保護)のために動いていただけ。
アメリカの立場として考えてみると、地政学的に21世紀の現在でも一緒で日本が海洋大国化することがアメリカの国益に反するので、艦船の発達でぶつからざるを得なかったと思うよ。
365.354:2017年01月02日 09:37 ID:6ny6BcI40▼このコメントに返信
※360
突然襲ってきた暴漢(国民党)には小遣い呉れる悪友(英米仏独ソ)がいて、
反撃して兵糧攻めの一環としての仏印進駐。別に米仏の資産を収奪したわけでないのに
暴漢が負けそうだからと米国が首絞めてきた(在米資産凍結)んだろうが。
デンマークがドイツに占領後にイギリスのアイスランド占領・アメリカのグリーンランド
占領を棚に上げて日本が一方的にアメリカに攻撃(資産凍結)されるいわれはない。
366.名無しさん:2017年01月02日 10:02 ID:wFWsLN960▼このコメントに返信
日中戦争こそは端緒は自衛だったと言えるだろう
満州国まで含めたら中国からしたらその時点で侵略かもしれないが満州族の国としてかろうじて正統性を保てた
太平洋戦争は最初から侵略だろう
アメリカから油が買いたければ三国同盟結ぶのをやめたり東南アジア進出をやめればよかっただけだし
367.名無しさん:2017年01月02日 10:05 ID:wFWsLN960▼このコメントに返信
大局的にみて、親日政権樹立ではなく現中国地域分裂状態だけで満足しておけばよかった。
日本が満州台湾で頑張ってれば、ウイグルは知らないがチベットも独立していられてただろうし。
368.名無しさん:2017年01月02日 10:12 ID:fkpDkDTM0▼このコメントに返信
他の国もやっていたから日本もやったとか、日清日露WW1では戦勝国側でしっかり植民地の利益を得ていたにもかかわらず、WW2で負けた途端に自衛だ解放戦争だと喚きちらすから基地外扱いされるんだよなぁ。
369.名無しさん:2017年01月02日 10:15 ID:SRzobV.i0▼このコメントに返信
日中戦争など存在しません。支那事変です。盗賊匪賊軍閥を成敗し、治安を著しく向上した日本軍は讃えられるべきである。
370.名無しさん:2017年01月02日 10:15 ID:fkpDkDTM0▼このコメントに返信
真珠湾奇襲も国際法違反の騙し打ちにも関わらず、アメリカは事前に知っていたとか駐米大使の翻訳が遅れたとか無様な言い訳をして、契約社会の欧米における契約の横紙破りを正当化しようとするから余計に原爆は仕方がなかったとか言われてしまうんだよなぁ。
371.名無しさん:2017年01月02日 10:19 ID:uDvR94J40▼このコメントに返信
今でこそ、日中戦争という名前になっているが、支那事変時に蒋介石率いる国民党政権は、日本に対して宣戦布告をせずに攻撃を加えている。
アメリカは1935年に中立法という交戦中の国への武器輸出を禁止していたため、蒋介石が宣戦布告するとアメリカ国内法違反となり、援助が得られず日本の目的である紛争解決が達成してしまう。
12月8日に対米宣戦布告がなされてから、蒋介石側から日本に対して宣戦布告している。
372.名無しさん:2017年01月02日 10:22 ID:axfKrxYH0▼このコメントに返信
戦争が起きてしまったら、侵略戦争と自衛戦争の区別は難しい
日本が中国での戦争も味方によってはソビエト等からの防衛戦争と言う事も言える
見方、切り取り方で解釈は難しい
世界で起きた戦争でこの事に白黒をつける事にはあまり意味がない
373.名無しさん:2017年01月02日 10:26 ID:uDvR94J40▼このコメントに返信
※367
無政府状態を維持しても、北京議定書による在留邦人のみを守るための軍隊だけで、満州地域に住む日本人、満州人、漢人その他と利権をソ連邦から守れないでしょうね。
支那地域に確固たる国家が存在し、国軍をもって地域住民の安全が守られていれば、よかったのにね。
374.名無しさん:2017年01月02日 10:27 ID:wFWsLN960▼このコメントに返信
奇襲だからってのはアメリカ側からみても大して意味がある言い分ではないだろう、実は。
先に攻撃しかも大規模なものをしかけてきて大きな被害を与えたという事実のほうがインパクトがあると思う。
現代日本とアメリカにとって不幸なのは、昔のアメリカが原爆を一般市民に使ってしまったから、いろいろと歴史認識的に簡単にすまなくなったということだと思う。まあでも今年の広島真珠湾外交は良かったと思う。同じ被害とは思わないが。
375.名無しさん:2017年01月02日 10:28 ID:fkpDkDTM0▼このコメントに返信
自衛戦争に宣戦布告は必要ないというのが、国際連合憲章第51条が規定されるまでの当時の国際法における共通認識だった。
だから、宣戦布告をするかしないかは国民党政権側の権利であって義務ではなく、戦況を有利に展開するために宣戦布告の権利をオプションとして留保も含めて有用に使うのは当然だ。
376.名無しさん:2017年01月02日 10:30 ID:uDvR94J40▼このコメントに返信
※367
親日政権が汪兆銘政権の事を指していたのであれば、ごめん。
勘違いです。
377.名無しさん:2017年01月02日 10:31 ID:l.yI8yeZ0▼このコメントに返信
※364
>仏印進駐以前から米英は日本に対して武力行使以外の敵対行動していたんだよね。
日本もしてるからお互い様以上でしかないよね。

>イギリスもアメリカも資産凍結する以前から日本を仮想敵国として準備なさっていた。
日本もアメリカを仮想敵国として準備なさってwいたかからお互い様だね

結局どこまで行ってもお互い様。ただ分水嶺を越えてしまったのは日本だが
378.名無しさん:2017年01月02日 10:34 ID:wFWsLN960▼このコメントに返信
北京議定書以前の利権はとっとと損切りすればよかったとか思う。
でも失ってもいない利権を手放すのは現実に難しいことで、今だからころ言える思う。
こういう歴史を現代学べればいいんだけどね。
379.名無しさん:2017年01月02日 10:34 ID:l.yI8yeZ0▼このコメントに返信
※365
>反撃して兵糧攻めの一環としての仏印進駐。別に米仏の資産を収奪したわけでないのに
はぁ?仏印進駐が仏の資産収奪に当たらないってか。
そんな理屈が通るんだったら日本に売らない自由を行使したって攻撃したわけでも何でもないんだから
文句言われる筋合いなんて全くないじゃん。キミの頭の中にはアウトローにモノ売らなきゃいけない法律でもあるの?

アホはこれだからなぁ
380.名無しさん:2017年01月02日 10:36 ID:uDvR94J40▼このコメントに返信
※375
※371にも書いたけどさ、12月8日以降にわざわざあらためて日本国に対して宣戦布告した理由にはならないな。
自衛戦争なのか自衛戦争じゃないかは、誰が判断するのか現在でもそんな機関は存在しないが、その理論を押し通すと真珠湾攻撃の日本の宣戦布告が遅れたことも全く問題がなくなってしまうのでは?
381.名無しさん:2017年01月02日 10:42 ID:l.yI8yeZ0▼このコメントに返信
そもそもウヨウヨってる人がなんとかの一つ覚えのように叩くABCD包囲網だけど、その実たるや

A:アメリカ
B:ブリテン(日本が軍事同盟してるドイツと目下交戦中。当然日本も「まだ」攻めてこない敵でしかない)
C:チャイナ(目下戦闘中、輸入?ハァ?)
D:ダッチ(日本が軍事同盟してるドイツに本土を落とされた。当然日本も「まだ」攻めてこない敵でしかない)

包囲網もへったくれもないんだよなぁ。BCD辺りなんて日本がケンカ売ってるようなもんだ
にも関わらず被害者ぶって、最後のアメリカを自らぶん殴りに行ってしまう。おサルさんですかね?
382.名無しさん:2017年01月02日 10:47 ID:1D8fX7Lp0▼このコメントに返信
戦場にされた国には謝るのがスジだろう…抗争でカタギを流れ弾で殺すヤクザみたいな発想やな。
383.名無しさん:2017年01月02日 10:48 ID:fkpDkDTM0▼このコメントに返信
※380
各国政府が実効支配している領土があり、それに基づいて各国間で基本的な条約が結ばれておりその基礎の下で国際連盟において判断されていた。そして日中戦争は日本側にもかなり好意的なリットン調査団が派遣されて具体的な紛争解決の提言がなされた。それで日中双方の不可侵条約が結ばれていればそもそも日本はソ連と国境を接しないし、国民党政権は米英と密接なコネクションがある。

>その理論を押し通すと真珠湾攻撃の日本の宣戦布告が遅れたことも全く問題がなくなってしまうのでは?

この個所は意味不明なのでコメントのしようがない。
384.名無しさん:2017年01月02日 10:57 ID:.SvEOh5Y0▼このコメントに返信
大半の日本人が、盧溝橋から日華事変始まったとか勘違いしてるんじゃないか?(盧溝橋事件は現地軍同士で停戦合意してる)
いかに近現代史が巧妙に隠ぺいされて来たか解るわ

大正後期から昭和初期の詳細な歴史年表と地図と当時の同盟協商状況きちんと調べないと見えてこない
385.名無しさん:2017年01月02日 10:59 ID:.SvEOh5Y0▼このコメントに返信
まったく奇襲じゃないよ。真珠湾以前に日本だった台湾もアメリカのパイロットに空襲されてた。
そもそも開戦前に宣戦布告をするという決まり自体が当時はなかった。
アメリカもその後の戦争で宣戦布告してから始めた戦争は皆無。

日本が真珠湾を「奇襲した」と思わされている日本人は、
まだアメリカの洗脳から抜け切れていないぞ。

当時の状況を調べれば調べるほど日本には一切の非もない。
今更この事実を声だかに世界に叫ぶ必要はないが、
日本人だけは先人の正しさを知っておくべき。
386.名無しさん:2017年01月02日 11:00 ID:.SvEOh5Y0▼このコメントに返信
【GHQ総司令官 D.マッカーサー元帥】
(日本には)石油がない、錫がない、綿がない、ゴムもない。その 供給を全て絶たれたら、どんな小国でも戦争を決断する。
日本人は、もし原材料供給が断たれたら(経済封鎖されたら)一千万から一千二百万が失業するのでは ないかと恐れていた。
それ故に、日本が第二次世界大戦に赴いた目的は、そのほとんどが、安全保障のためであった

【GHQ参謀部長 C.ウィロビー】
東京裁判は史上最悪の偽善だ。もし米国が同じ立場だったら日本と同じように戦っただろう

【米国戦略爆撃調査団】
日本の指導部が、国家の存亡に関わる利益の為にと固く信じて、(今次の)戦争を始めた事は明らかである。
これに対して、アメリカ合衆国は、単に自分達の経済 的優位と主義主張を押し付けようとしたのであって、
国家の存亡に関わる安全保障の為に戦ったのでは無いと、アメリカ合衆国人は信じていた。

【フランス第五共和政初代大統領 シャルル・ド・ゴール】
シンガポール陥落は白人植民地主義の歴史に終焉をもたらした。
387.名無しさん:2017年01月02日 11:06 ID:fkpDkDTM0▼このコメントに返信
※386
どうしてその10倍する日本批判の著名人たちの言説を取り上げないのか不思議でならない。
388.名無しさん:2017年01月02日 11:14 ID:uDvR94J40▼このコメントに返信
※383
何か国に国家承認されたらOKとか指針でもあるんですかね?
389.名無しさん:2017年01月02日 11:15 ID:xKFHb7ob0▼このコメントに返信
戦争に負けたから謝る必要はあるだろ
戦争に勝ったからアメリカは原爆落としても謝ってないだろ
『戦争の残虐さは戦争そのものに帰せられるべきである。』
390.名無しさん:2017年01月02日 11:19 ID:BPqJU8pB0▼このコメントに返信
戦争しかけておいてコテンパンにやられるなんてマジでカッコ悪い。
391.名無しさん:2017年01月02日 11:22 ID:O6QJpG.i0▼このコメントに返信
※385
>真珠湾以前に日本だった台湾もアメリカのパイロットに空襲されてた。
それはソ連だって。アメリカの義勇兵とは開戦まで戦闘してない。
392.名無しさん:2017年01月02日 11:24 ID:.SvEOh5Y0▼このコメントに返信
※387
マッカーサー元帥の証言に一言も触れないのが不思議でしょうがない。
393.391:2017年01月02日 11:29 ID:O6QJpG.i0▼このコメントに返信
ソ連空軍志願隊 - Wikipedia
漢口空襲 - Wikipedia
塚原二四三 -Wikipedia

1939年10月3日、塚原ら航空隊首脳部は、中国軍の奇襲爆撃を受けた(漢口空襲)。
この爆撃によって塚原は左腕切断の重傷を負い、艦上での勤務は困難と判断されてしまい、以後は基地航空隊の指揮官にとどめられてしまう。
塚原ほど航空に精通した指揮官が他にいなかったにも関わらず、塚原を機動部隊指揮官に任ずることができなくなり、
塚原と同期ながら航空と全く縁のなかった南雲忠一に真珠湾奇襲部隊を託さざるを得なくなってしまった。

※ソ連(義勇軍)による日本軍攻撃は真珠湾の戦果も変えてしまったのかもしれない
394.名無しさん:2017年01月02日 11:31 ID:O6QJpG.i0▼このコメントに返信
※385
ソ連の所業をアメリカのせいにするなんて 現代の日米同盟離間をもくろむアカのスパイか何か?
395.名無しさん:2017年01月02日 11:37 ID:.SvEOh5Y0▼このコメントに返信
インドネシア・アラムシャ 元第3副首

「我々インドネシア人はオランダの鉄鎖を断ち切って独立すべく、
350年間に亘り幾度か屍山血河の闘争を試みたがオランダの狡知なスパイ網と強靱な武力と苛酷な法律によって圧倒され壊滅されてしまった。
それを日本軍が到来するや、たちまちにしてオランダの鉄鎖を断ち切ってくれた。
インドネシア人が歓喜雀躍し感謝感激したのは当然である。」
396.名無しさん:2017年01月02日 11:52 ID:ZmCoRKvS0▼このコメントに返信
制裁されるだけの理由を作っておいてされたら自衛と称する
まんま今の北朝鮮みたいな言い分
397.名無しさん:2017年01月02日 11:55 ID:.SvEOh5Y0▼このコメントに返信
マレーシア・ガザリー・シャフィー 元外務大臣

「日本はどんな悪い事をしたと言うのか。大東亜戦争でマレー半島を南下した時の日本軍は凄かった。
わずか3ヶ月でシンガポールを陥落させ、我々にはとてもかなわないと思っていたイギリスを屈服させたのだ。
私はまだ若かったが、あの時は神の軍隊がやってきたと思っていた。日本は敗れたが英軍は再び取り返すことができずマレーシアは独立したのだ。」
398.名無しさん:2017年01月02日 12:11 ID:.SvEOh5Y0▼このコメントに返信
ペリリュー神社 ニミッツの碑より

「諸国から訪れる旅人達よ この島を守るために日本軍人がいかに勇敢な愛国心をもって戦い そして玉砕したかを伝えられよ」

米太平洋艦隊司令長官  C.W.ニミッツ

399.名無しさん:2017年01月02日 12:13 ID:GgXkBQUH0▼このコメントに返信
わけの分からない工作スレ

日本は「中国」などという国と戦争したことはない

「日中戦争」などという戦争は、まだ歴史に存在しない

以上、終了
400.名無しさん:2017年01月02日 12:19 ID:l.yI8yeZ0▼このコメントに返信
※392
マッカーサー「朝鮮戦争に関する私の答弁で日本のウヨクがホルホルしてる理由が分からん」
401.名無しさん:2017年01月02日 12:23 ID:l.yI8yeZ0▼このコメントに返信
※395
そういう都合のいい話ばかり取り上げるんだったら、
こっちは日本がインドネシア独立派を弾圧、虐殺しまくったポンティアナック事件やシンガパルナ事件の話でもしてやればいいのかい?
402.名無しさん:2017年01月02日 12:31 ID:.SvEOh5Y0▼このコメントに返信
※400
マッカーサーの証言に触れるのか、触れないのか、どっちだ?
403.名無しさん:2017年01月02日 12:34 ID:Xqd2C5WT0▼このコメントに返信
中国に行ったのは汪兆銘さんに頼まれたからだよ
404.名無しさん:2017年01月02日 12:41 ID:5KJnrbl30▼このコメントに返信
※392
塚原二四三は海軍航空隊の調達研究部門の頂点である航空本部長に出世してますやん
塚原の4代あとの航空本部長の和田中将も、若いころに事故を起こして兵科将校への道がパーになったけど救済された人

結論=単に南雲中将をディスりたいだけやん
405.名無しさん:2017年01月02日 12:42 ID:NRZg0WaK0▼このコメントに返信
厳密にいうと中華民国なんて国家は存在しない。
三国志のように各地に軍閥が跋扈してて、勝手に独立国家のようなものを作っていただけ。
それらの勢力に共通してたのは、民衆(特に外国人)を襲って略奪を繰り返してたこと。
そのせいで諸外国の軍隊と戦うことになって、ボロ負けした。日本は武力攻撃に参加しなかった。
諸外国の連中は、それぞれそいつらを使って中国に傀儡政権を作ろうとしたんだよ。
その代表的なのがアメリカの傀儡である蒋介石、ソ連の傀儡である毛沢東なのさ。
日本はむしろ、内戦やめて白人の侵略者と手を切って、共に白人国家と戦おうと働きかけてたんだよ。
でもあいつらの出した結論は、「弱気な日本に戦争を仕掛けて引きずり込み、日本軍に敵対勢力を弱体化させて、最後に日本軍ごと排除しよう」だったのさ。だから日本はあちこちの軍閥から一方的に攻撃されて、終わりの見えない泥沼の戦争に巻き込まれたんだよ。
だから、戦後に毛沢東が「自分の作戦通りに他の軍閥を討伐してくれた日本には感謝してる」って言ったんだよ。
406.名無しさん:2017年01月02日 12:48 ID:aHmwEh0i0▼このコメントに返信
※396
君のいうようなその主張に対する反論が山ほど目の前のスレに書きこまれているわけだが、読めないのか?
それとも反論できないから無視して意固地になって「日本が悪い!」とただ喚き散らしているのか?

407.名無しさん:2017年01月02日 12:50 ID:aHmwEh0i0▼このコメントに返信
※400
理解できないのは、君の個人的な能力の問題だよ。
408.名無しさん:2017年01月02日 12:52 ID:5KJnrbl30▼このコメントに返信
※405
1922年に日本は中華民国を国歌承認し、第一次大戦でドイツから奪った権益を返還してますやん

409.名無しさん:2017年01月02日 12:54 ID:aHmwEh0i0▼このコメントに返信
日本人に対する偏見と人種差別と共産主義カルトとの戦い。
410.名無しさん:2017年01月02日 13:06 ID:aHmwEh0i0▼このコメントに返信
※401
共産主義者や反日テロリスト思考の人間はめちゃ共感できるのだろうが、それは反論にならない。
テロリストや反社会的策動を企てる者がどのように扱われるかは現代でも同じだ。
で、当時は戦時下であり非常時である。やり過ぎであるとか妥当だったとかそういう議論はあるだろうが。
411.名無しさん:2017年01月02日 13:40 ID:ASJ5eVzC0▼このコメントに返信
宣戦布告が遅れたのは外務省の怠慢のせいでしょ。しかも原因となった職員は一切責任とってないという。しかもこういう無責任構造は今の官僚機構でも一切改善されていないという。
412.名無しさん:2017年01月02日 13:47 ID:YpZM7uqM0▼このコメントに返信
※283
「植民地解放の自衛戦争」の言葉についてはおかしい。それ以外は知らんけど
いくら自衛自衛、唱えりゃ世界征服であっても際限なく成り立つだろうとはいえ、意味が通りにくい
「自衛のための植民地解放戦争」が妥当っぽい。
実際は
「自衛ゴッコのための米国軍、ソ連軍、中国共産党、朝鮮ワガママ解放戦争」
「自爆のための植民地解放戦争ゴッコ」かもしれないとしても。
413.名無しさん:2017年01月02日 13:58 ID:6ny6BcI40▼このコメントに返信
※393
南雲は航空機には素人だからと作戦運用を航空参謀に丸投げしたが(餅は餅屋理論)。
ハルザーもスプールアンスもフレッチャーも角田も小沢も井上も空母航空戦は素人。
そのなかで各自手さぐりで工夫してた。
基本空母だろうが戦艦だろうが駆逐艦だろうが、相手に爆弾(砲弾・魚雷)ぶつけるだけのこと。
その手段にそれぞれ違いがあるだけなんだが、そこの工夫が日本側は足りてない感じだな。
真珠湾攻撃時点では、第2次上海事変で第三艦隊司令の長谷川清か空母加賀艦長稲垣生起
ぐらいしか空母部隊指揮経験(実践経験)ないから、日露戦争で陸軍参謀に児玉がなったように
長谷川が台湾総督から現場復帰すればおもしろかったかも(山本をしのぐ米国通)。
414.名無しさん:2017年01月02日 14:00 ID:aHmwEh0i0▼このコメントに返信
自爆といっても自暴自棄でドン詰まり思考と、前向きな自爆があるが、日本は未来に生きる人々の為という前向きなものだよな。

「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」

「タイの首相になったククリット・プラモード氏  日本のおかげで、アジア諸国はすべて独立した。日本というお母さんは、難産して母体をそこなったが、生まれた子供はすくすくと育っている。今日、東南アジアの諸国民が米・英と対等に話しができるのは、いったい誰のおかげであるのか。   

それは【身を殺して仁をなした日本】というお母さんがあったためである。

12月8日は、われわれにこの重大な思想を示してくれたお母さんが、一身と賭して重大な決心をされた日である。われわれはこの日を忘れてはいけない。」

「戦わざれば亡国と政府は判断されたが、戦うもまた亡国につながるやもしれぬ。しかし、戦わずして国亡びた場合は魂まで失った真の亡国である。しかして、最後の一兵まで戦うことによってのみ、死中に活路を見出うるであろう。 

【戦ってよしんば勝たずとも、護国に徹した日本精神さえ残れば、我等の子孫は再三再起するであろう】

 そして、いったん戦争と決定せられた場合、我等軍人はただただ大命一下戦いに赴くのみである」永野修身軍令部総長

415.名無しさん:2017年01月02日 14:04 ID:aHmwEh0i0▼このコメントに返信
終戦直後のどっかの新聞の社説だったと思うがこんな感じ

「国体を護持し得るか否かは、片々たる敵の保証(ポツダム宣言)にかかるのではなく、実に日本国民の魂の持ち方如何にかかる。特攻魂に端的に現れた七生報国の烈々たる気魄は、我々がこれを祖先よりうけついだものであるが、これは永劫に子孫に伝えねばならぬ。日本国民が果たしていつの日に再生し得るかは、一に日本国民の魂がこの試練によっていかに鍛えられるかによってきまるのである。」
416.名無しさん:2017年01月02日 14:06 ID:6ny6BcI40▼このコメントに返信
※411
井口貞夫と奥村勝蔵だぬ。
野村吉三郎大使が海軍出身だからサボタージュしたのか、
ちまたに噂される米国のスパイだったのか。
両名ともに外務事務次官に出世してる。
本来、敗戦時に切腹すべき事案だと思うのだが。
417.名無しさん:2017年01月02日 14:29 ID:5KJnrbl30▼このコメントに返信
※416
野村吉三郎だって自民党の国防族として盤石の地位を築いてますやん
防衛庁長官への起用も検討されたとか
岸総理と一緒で野村にはCIAが接触してたとか

外務省の怠慢を責める人は野村についてはなんにも言わない
松岡外相や東郷外相のコントロールを離れて勝手こいた野村が日米交渉失敗の元凶だって論調は、滅多に見ない

418.名無しさん:2017年01月02日 14:33 ID:aHmwEh0i0▼このコメントに返信
日本共産党など反日連中は昔は「日本は国際法違反の侵略戦争をした」と言っていたのだが、ネットの発達に伴いそれがボロカスに論破されまくったせいか「国際法違反」とは言わなくなったようだがそれでも「日本の侵略戦争」と公然と日本人を侮辱し日本人への憎悪を煽る「ヘイトスピーチ」を続けている。日本人は悪い事をした罪を犯した罪人の子孫なのだと。

これはカルト宗教の洗脳の手口と同じだ。「あなた方は罪を犯した罪人の子孫。許されたければ、救われたければ私の言う事を聞きなさい。教えを守りなさい」

日本人への憎悪を煽るヘイトスピーチを繰り返し、カルト宗教と同じ洗脳の手口を使って日本人を操ろうという
反日左翼共産主義者と中国朝鮮人。
419.名無しさん:2017年01月02日 14:40 ID:YpZM7uqM0▼このコメントに返信
※414
うっせーわwそういう事なら最後の一兵まで自爆しろや 何ヘタレてんだ自爆バカ
そうじゃないなら 最初っから国体護持してろ 何ギリギリ危険陥ってん自爆バカ
結局 ソ連神と米国様のおかげだろ ソ連米国様任せじゃねーか自爆バカ
命を軽く見る輩の到達できる所などタカが知れるわ自爆バカ
420.名無しさん:2017年01月02日 14:43 ID:aHmwEh0i0▼このコメントに返信
そして、21世紀になってますます輝く 脱亜論。

当時、歴史の流れで自存自衛をかけてどんどん大陸との関係を深めていった日本人。
そこで見た特亜のとても同じ人類とは思えない信じられない行動の数々にその残虐性に当時の日本人も腰を抜かせるほど驚いたことだろう。

ネットの発達で「知れば知るほど~」と多くの人が特亜の実態に驚き呆れているのと同様に。
そして力をつけた中国は公然と傍若無人な振る舞いをするようになり、その性質を広く世界が知ることになった。

当時と違い、中国のプロパガンダ工作に一方的に騙され操られることもなくなったのか、
日米は同盟を強固にしそんな中国への包囲網を築こうとしている。
421.名無しさん:2017年01月02日 14:51 ID:aHmwEh0i0▼このコメントに返信
※419
戦争とは戦争目的を達成するために行うもので、日本の戦争の目的とは書いてあるように
自爆し尽くして絶滅することを目的にしたものじゃないんだよ。 言うまでもない事だろうと思うがわからないようなので。

で、戦後の世界をみれば分かる通り、日本は戦争目的の多くを達成し、ここでも紹介されているように
世界中の多くの人達からその事実を認められ評価されているわけだね。

当のアメリカ側からも、戦ってみて、日本を潰してみて初めて自分達の行動が誤っていた、日本が何のために戦っていたか理解したと。
そういう言葉が語られているね。
422.名無しさん:2017年01月02日 14:53 ID:YpZM7uqM0▼このコメントに返信
人命軽視はサヨだろうが原爆だろうが自爆だろうがカルトだかんなぁ
423.名無しさん:2017年01月02日 14:56 ID:YpZM7uqM0▼このコメントに返信
※421
戦争の目的「天皇たすけてー」だろw
424.名無しさん:2017年01月02日 14:59 ID:YpZM7uqM0▼このコメントに返信
※421
戦後が戦後の目的を達成しただけだな。
達成できたのは「天皇たすけてー」くらいだろw
あれ、でもそれって戦前から…w
425.名無しさん:2017年01月02日 15:07 ID:5KJnrbl30▼このコメントに返信
※419
永野修身がクズいのは、手前は対米戦争消極派だったくせに、自分以外の海軍部内がみんな対米開戦に塗り替わってしまい、その現状を打ち消す政治力もなく、真の亡国がどうのこうのと、妄言に近い世迷言を会議の席で言い出した点やな

コイツのポエムを聞いて感動しちゃうような人は永野について本でも読んで調べた方がいいでよ


426.名無しさん:2017年01月02日 15:08 ID:aHmwEh0i0▼このコメントに返信
※424
君がどう思うかは君の自由なのだが、なぜ反日パヨく朝鮮人が必死に訴え続けるも人々の賛同を得られず、
逆にどんどんバカの象徴として嘲笑の対象となりオモチャ以外の何モノでもなくなっていったのか、
考えてみた方がイイかもね。
427.名無しさん:2017年01月02日 15:14 ID:aHmwEh0i0▼このコメントに返信
※425
その反論は屑の証明とはならんだろ。止むにやまれずやるしかないとなったらっていう話をしてるんだから。
で、それは妄言でも世迷言でもない。ことわざとしても多く残る人類一般に普遍的なモノだ
で、人間にとって心理 心というものはとても重要な働きをしているということは近年の科学でも明らかになっていることだね。
428.名無しさん:2017年01月02日 15:15 ID:YpZM7uqM0▼このコメントに返信
※426
それはお前だろーがw 体裁上っ面だけの人命軽視ヤローがww
429.名無しさん:2017年01月02日 15:22 ID:aHmwEh0i0▼このコメントに返信
※428
根拠あげて筋の通った理屈で語らないと。

たとえば、戦いを避けて無抵抗だった国、民族に比べて戦った日本は逆に犠牲者が遥かに少なかったってデータがあるよね。
すると多くの人命を助けるためには、人命重視なら、むしろ戦いを選んだほうがイイといことが客観的なデータによって裏付けられるわけだ。

反日左翼共産主義者系は「印象操作によって人を騙し誘導する」手法を好むよね。
君がそれに洗脳され慣れてしまっているのか、意識してやっているのか知らんが、感情的になっているところを見ると
洗脳されちゃってる系なのかもね。朝生だったかな?TVで久々に反日系の大学教授が討論しているのを見て、もの凄い感情的になって
論理が一貫していないのを見て改めてそういう印象を強く持ったわ。
430.名無しさん:2017年01月02日 15:30 ID:i10iUb.70▼このコメントに返信
※379
仏印進駐が仏の資産収奪に当たらないってか→現沖縄駐留米軍とかはそうなんだな?
どっちも当該国の承認受けてるけどさ(どっちも強要だけど)
※401
書けばいいじゃん。みんな知りたいと思うよ、しかし調べて行くと中心人物が華僑とかだめよ。

満州から引けは無理でしょ、朝鮮(日本)を外衛するための地域傀儡だったでもいいけど。
作ってやってもその国が軍養うのにインフラ投資してやんなけりゃ外衛にもならん訳で。
海外領土なんか占領したら資源が湧いてくる訳じゃないんだからさ開発しにゃ行かんのよ(だれが銭出すんだ)
さっさと独立して貰って自分らで開発して日本に売って貰えりゃいいんだよ本来わ(その力が有れば植民地に為ってない)。
蒋介石ル-ト攻略やら東洋艦隊から船団防衛で東南アジアへ、禁輸受けて自分で確保するしかなくなって
敵国欧米の植民地に日本が代わりに君臨しようとした、これが事実でしょ。好きで拡張した訳じゃ無い。


431.名無しさん:2017年01月02日 15:44 ID:YpZM7uqM0▼このコメントに返信
※429
根拠?w
日本が戦争で達成できたのって「天皇たすけてー」のお願いくらいでしょww
あとは米国その他、戦後に投げただけでしょww
つーか 戦前も天皇制まで危うかった訳じゃないけどな
あれ 前と同じような文章書いてる気がするけど。 
432.名無しさん:2017年01月02日 15:53 ID:GgXkBQUH0▼このコメントに返信
第二次世界対戦当時、「中国」などという国は存在しない

以上、終了
433.名無しさん:2017年01月02日 15:54 ID:aHmwEh0i0▼このコメントに返信
※431
日本が戦前、戦中に求めていたモノ 人種平等 アジア解放  平和的通商の自由 等など色々あるね。国体護持 天皇を守るというのはその中の大切な一つでそれも守られたと。アメリカが日本に来てそれが如何に価値のある重要なモノであるか気がついたモノの一つだね。
434.名無しさん:2017年01月02日 15:57 ID:YpZM7uqM0▼このコメントに返信
※431
それにお前唐突にパヨとか言い出してるからなぁw
冷静な風装って その実 感情的なってんのはお前じゃないすか?
そういう類が体裁良い事述べたって しれっと人命軽視でしかなかったりするからな
それもまたカルトっぽい
435.名無しさん:2017年01月02日 15:59 ID:aHmwEh0i0▼このコメントに返信
科学的には解明されていないが、それが何か凄い価値のあるもの、重要な働きをしているであろうということを多くの人達が感じているモノというのは沢山あるよね。天皇 というものもそれと同じではないか?何千年も続いてきた日本人日本国というものの存在にとって何か重大な働きをしているものではないのか?という
436.名無しさん:2017年01月02日 16:02 ID:5KJnrbl30▼このコメントに返信
※427
①東條首相
②東條に同心した嶋田海相
③パールハーバー奇襲計画に夢中になってる伊藤軍令部次長以下の軍令部
に突き上げられてテンパッて思考停止しただけですよ
止むにやまれずというよりも、思考停止
あと永野の非戦論の根拠も、山本連合艦隊長官から、(対米戦にはゼロ戦と中攻が1000機づついる)と言われたからだけのようで、唯の年食っただけの試験秀才君から真の亡国だの民族の再生だのいわれてもねえ
437.名無しさん:2017年01月02日 16:04 ID:aHmwEh0i0▼このコメントに返信
※434
悪いけど、君の主張はパヨクによくある意味不明で支離滅裂 な印象を受けるモノなんだよね。
君自身はパヨクではなく、むしろそれに反対するモノという意識がもしかしたらあるのかもしれないが、
一応今後の君の人生に何かプラスになればということで俺の印象を書かせてもらったよ
438.名無しさん:2017年01月02日 16:06 ID:R0s1Wz5Z0▼このコメントに返信
侵略戦争と自衛戦争を区別する明確な定義なんかない
どちらであろうと、日本だけが責められる筋合いはない
アメリカや中国が正義だったわけじゃない
互いの利害が衝突したから戦争になっただけだ
439.名無しさん:2017年01月02日 16:07 ID:GgXkBQUH0▼このコメントに返信
第二次世界大戦当時、「中国」などという国は存在しない

以上、終了
440.名無しさん:2017年01月02日 16:07 ID:aHmwEh0i0▼このコメントに返信
※436
ずいぶん昔にネト・ウヨ系の人に「屑の永見修身か」とか言われた事はあるので
屑として色々有名な話はあるんでしょうね。が、屑が言おうが誰が言おうが、正論は正論だからね。
441.名無しさん:2017年01月02日 16:09 ID:0hk7C1Rv0▼このコメントに返信
※414
外交のリップサービス真に受けてんの恥かしいよ
442.名無しさん:2017年01月02日 16:12 ID:R0s1Wz5Z0▼このコメントに返信
侵略戦争をしたから、永遠に謝罪しろなどというなら、全ての先進国がそうなる
そもそも、中国の本来の領土は万里の長城の内側
周辺の異民族の国家を侵略してできた国だし
443.名無しさん:2017年01月02日 16:13 ID:aHmwEh0i0▼このコメントに返信
要は、「侵略戦争だ!反省するアルニダ!!」ってのは、それで何がしかの利益を得ようという工作の一つだよね。
真理が語られているわけじゃない。

戦後GHQから始まり、反日左翼共産主義者や中国朝鮮が乗っかって利用し、カルトまがいの洗脳工作にも利用され続け、それを危惧している人達等によって反論、脱洗脳が試みられてきたと。
444.名無しさん:2017年01月02日 16:15 ID:YpZM7uqM0▼このコメントに返信
※433
日本が戦争で「天皇たすけてー」だけで 後ブン投げた相手アメリカらのおかげだな
求めるだけなら鼻ほじりながらだって別に 
ホジホジ あー俺求めてるわー カモンカモン 
445.名無しさん:2017年01月02日 16:22 ID:0hk7C1Rv0▼このコメントに返信
端から見てるとID:aHmwEh0i0がパヨクパヨクってレッテル貼りして理解放棄してるわ

戦後の過剰な自虐史観も問題だけど、その反動か日本絶対悪くない厨も増えて二元論で話してるせいか互いにレッテル貼れば勝利とでも思ってんのか
446.名無しさん:2017年01月02日 16:26 ID:YpZM7uqM0▼このコメントに返信
※437
悪いけど
印象とか勝手に投げておいて 筋の通った 根拠 理屈とかシレッととうとうとぬかす倒す
お前も大概アレですからね 
たぶんプラスにならないと思うがただの気分で書かせてもらったよ
447.名無しさん:2017年01月02日 16:29 ID:GgXkBQUH0▼このコメントに返信
そうだな

支那事変は「支那人軍閥らが」「日本人虐殺も含めて」「挑発し続けた」結果、起こったことだからな

日本が侵略した、日本が悪いなどという二元論で語ってはいけない
448.名無しさん:2017年01月02日 16:33 ID:aHmwEh0i0▼このコメントに返信
※444
休戦協定には他にも色々条件が書いてあるんだよ。

※445
君の感想はわかったが、その具体的根拠を書かないと説得力はないよね。

この「侵略だ!」「そうじゃない!」ってのと同様。まず定義をし、それに該当するかどうか検討しないとね。

で、客観的な定義の一つとして国際法上どうなのか?とすると「日本の戦争は侵略戦争ではない」となるわけね。
449.名無しさん:2017年01月02日 16:37 ID:aHmwEh0i0▼このコメントに返信
で、辞書の定義だと「挑発を受けないのに行う攻撃」という意味が多いそうだが、
それだとするとこのスレでも多く挙げられているように、欧米側の人間からも
「平和を乱し挑発したのは中国やアメリカ側」という意見があるわけだね。
450.名無しさん:2017年01月02日 16:41 ID:aHmwEh0i0▼このコメントに返信
この様に客観的定義して検討していくと「日本は侵略していない」という結論になるわけだ。

で、「日本は侵略した」ってのは個人の感情に基づく論理的一貫性のないものばかりで、お話にならないと
451.名無しさん:2017年01月02日 16:45 ID:aHmwEh0i0▼このコメントに返信
で、ここからさらに「日本は侵略戦争をした!」としつこく言い続ける人間にはどのようなタイプがいて
その思惑とは?と考えてくとい、反日左翼共産主義や中国韓国朝鮮が~、カルトまがいの洗脳云々~と話が続いてきたってことね
452.名無しさん:2017年01月02日 16:46 ID:YpZM7uqM0▼このコメントに返信
ねぇ君パヨじゃないですか?w ねぇあなた黄色い劣等民族ではないですか?w
ほとんど「印象」だけで侵略じゃない そうじゃない やり合ってるんじゃね
453.名無しさん:2017年01月02日 16:47 ID:a3PFjhpc0▼このコメントに返信
反日売国奴うざ
454.名無しさん:2017年01月02日 16:49 ID:YpZM7uqM0▼このコメントに返信
あまりカルトタイプカルトタイプ言うなよ カルトまがいの洗脳に見えるぞ
455.名無しさん:2017年01月02日 16:50 ID:GgXkBQUH0▼このコメントに返信
「侵略した」は印象だけ

「侵略ではない」は根拠つき

何とかして一緒に見せかけて誤魔化そうとしているようだけど、

無駄な足掻きだから

「日本は侵略した」には根拠がない
456.名無しさん:2017年01月02日 16:55 ID:aHmwEh0i0▼このコメントに返信
戦後から今の日本の環境下では、日本の正当性を訴える事はなんとなく心理的抵抗を覚える、マイナスの感情が湧きおこる状態になっている人が多いと思うんだよね。みんなと違う事を言うのは勇気がいるストレスのかかる事というのもあるし。で、人間はその不快な感情の状態から意識的にか無意識的にか避けようとするでしょう。論理的には「侵略ではない」という結論が明らかであっても中々受け入れられないってのはそういうようなメカニズムもあるんじゃないかね
457.名無しさん:2017年01月02日 16:57 ID:0hk7C1Rv0▼このコメントに返信
あぁ、ID:aHmwEh0i0コイツ最初から議論してない
詭弁や突っ込まれると論旨外してクルクル踊ってるだけだ
458.名無しさん:2017年01月02日 17:11 ID:aHmwEh0i0▼このコメントに返信
分かりやすいw ありがとう 

ということで、結論はこれ以上ないぐらいはっきりと出てますんで
459.名無しさん:2017年01月02日 17:21 ID:6ny6BcI40▼このコメントに返信
※417
松岡や東郷はそもそも外交官の能力を疑うべきレベル。
通訳なら最高なんだろうけどね。
野村は野村で、ワシントン軍縮会議での暗号漏洩で外務省に
不審感もってたか、天皇の勅任官で、本国の大臣と同格と勘違い
してたのか謎ですな。
外務省自体はTO機関創設するような人材もいたと」ゆうのに。
だいたい駐米・駐英・駐ソ・駐独は、無能のイメージだよな。
相手が上手なだけかもしれんが。
460.名無しさん:2017年01月02日 17:23 ID:R0s1Wz5Z0▼このコメントに返信
侵略戦争の定義については、「パリ不戦条約」を調べてみるといい
第一次大戦後、国際法で違法となる戦争行為を定めようとした国際平和会議だ

しかしこの時、アメリカは自衛戦争は正当だと主張しかつ、
他国の領土であっても、自国の国益を守る為の戦争は、違法ではないと突っ張り通した

だったら、日本の戦争のどこが違法な侵略戦争なのだろうか?
パリ不戦条約以降、戦争を違法化する、国際法の規定はない
461.名無しさん:2017年01月02日 17:25 ID:8DMpS2DQ0▼このコメントに返信
自分の考えと違う奴は敵(パヨクなり何なり)だから触るだけ無駄よ
462.名無しさん:2017年01月02日 17:27 ID:GgXkBQUH0▼このコメントに返信
根拠がないと指摘されていることを

必死に誤魔化そうとしているようだけど、

無駄な足掻きだから
463.名無しさん:2017年01月02日 17:28 ID:R0s1Wz5Z0▼このコメントに返信
どんな国家だって、自衛の為に戦う権利はある
では、どこからが「侵略」にあたるのだろう?
他国の領土でだって、自国の権益や、国際平和の為に戦わねばならぬ場合はあるだろう
例えば、横暴な独裁者が明らかに非人道的な行為をしてる時、それを撃退するのは侵略なのか?

この問題に対する答えを、人類はまだ見つけていない
日本が新しい憲法を作る時は、この難問に挑戦し、日本なりの回答を世界に示す時だ
464.名無しさん:2017年01月02日 17:33 ID:YpZM7uqM0▼このコメントに返信
結論
それはそうだが 思っくそ負けを晒してしまった紛れもない現実の大きい影響もあり 結局はっきりしない
はっきりしないので各印象も入りたがる 誰誰曰くなど要るのかコレ?要素も加わったりする
そんな中でも結論を貫くしかない 「根拠は…」米国「ゴホン」「あーゴニョゴニョであります」
465.名無しさん:2017年01月02日 17:34 ID:5KJnrbl30▼このコメントに返信
米国だってパナマやニカラグアで軍事介入してただろ

だから日本のパールハーバー奇襲も満州事変もノーカン!ノーカン!


余所は余所、うちはうちw
466.名無しさん:2017年01月02日 17:36 ID:R0s1Wz5Z0▼このコメントに返信
日本のアジア進出を、侵略行為と決定づける法的根拠はない ⇒ これは正しい

見る側の立場によって、様々な見解が混在しているのが現実
日本のアジア支配を振り返れば、他国を一方的に殖民地搾取した事はないし、そうした計画も無かった

しかし、当時の日本が軍国主義国家であり、軍が文民統制されておらす、思想統制も行っていた
侵攻したアジア諸国を植民地化はしなかったものの、軍政下においたのも事実
反省すべき点はきちんと理解しておく必要がある
467.名無しさん:2017年01月02日 17:40 ID:R0s1Wz5Z0▼このコメントに返信
※465
真珠湾は奇襲じゃないよ
宣戦布告なしに、日中は戦争状態になっていて、そこにアメリカも関与していた
義勇兵を送り込んで日本と戦ってたくせに、奇襲されたもないもんだ

アメリカの正当化工作の方が、一枚上手だっただけ
日本はバカ正直過ぎたのさ
そこは反省し、学ばないといけない
468.名無しさん:2017年01月02日 17:44 ID:R0s1Wz5Z0▼このコメントに返信
真珠湾については、アメリカは日本の空母戦力を舐めて、油断していた
日本から手を出すように仕向けてはいたが、本当に真珠湾を攻撃する事などできないだろうと
タカをくくっていた、どうせ大した事はできないと
その辺が真相だと思うな
469.名無しさん:2017年01月02日 18:04 ID:URIOsVi10▼このコメントに返信
昔の日本=今の北朝鮮ってことか。なるほど。
470.名無しさん:2017年01月02日 18:20 ID:O6QJpG.i0▼このコメントに返信
※467
>義勇兵を送り込んで日本と戦ってたくせに、奇襲されたもないもんだ
日米開戦までは米国義勇兵(フライングタイガース)とは戦闘してないし
彼らは1941年11月に英領ビルマに入った (中国入りしてない)

義勇兵というの名のパイロット付戦闘機を送り込んで
実際に日本軍を攻撃したり日本領の台湾を爆撃してたのはソ連だよ
471.名無しさん:2017年01月02日 18:35 ID:q.jkykQf0▼このコメントに返信
※467
奇襲じゃないって、帝国海軍自ら「我、奇襲に成功せり」言うてるやん、っていうね。
んで大本営発表で「本8日未明、西太平洋で戦闘状態に入れり」って国民にアナウンスするって言う。
472.名無しさん:2017年01月02日 18:48 ID:q.jkykQf0▼このコメントに返信
※128
>>なんで日本(関東軍)は傀儡満州で満足して防衛戦争に徹しなかったんだろう
>>このへん良く分からないんだよね

満州事変の時点で、すでに国策(政府が決定し、官僚(軍含む)が実行し、国民が支持してる)とは言えない状況になりつつあったからね。
いや満州に関してはまだ事後追認で国策って言えるのかもしれないけど、1930年代も後半になると、国策って言うよりも、場当り的に持ち場持ち場の人間があれやったりこれやったりして、その都度説得力がある(または主張が強い)方の意見に流された結果、国家として意味不明な選択を繰り返す羽目になったんでしょ。
そもそも明治憲法じゃ、意思決定過程めちゃくちゃになるよ。

明治憲法から日本国憲法に変わって、教育界は「国民主権、基本的人権の尊重、平和主義」ってこればっかり言ってるけど、明治憲法では意思決定過程が滅茶苦茶になる可能性が高いけど、そこの弊害を日本国憲法は乗り越えていますって、そこんところの教育もちゃんとやった方が良い。
473.名無しさん:2017年01月02日 19:18 ID:5KJnrbl30▼このコメントに返信
怒涛の勢いで片っ端から回りの国を敵に回していったのが戦前の日本だもんな
大東亜共栄圏の枠内の国すら例外ではない(タイ、ビルマ、インド)

米英中のうちどれか一つでも押さえていればな
474.名無しさん:2017年01月02日 19:21 ID:uxmdukFE0▼このコメントに返信
(ルーズベルト陰謀論に騙されないためにおさえておくべきポイント)


・アメリカは日本海軍の暗号を当時解読できていなかった。
・当時はまだ戦艦も重要な戦略兵器だった。
・日本軍の真珠湾攻撃自体が当時としては無謀な作戦であり、日本海軍も最後まで反対派が多かったし
 米国も実行される可能性はないと見積もっていた。
・ハルノートは最後通牒ではない(あれは試案であり、むしろ通常より緩めのものである)
・米英の対日石油禁輸は日本の南部仏印進駐に対する対抗策だった。
・日本は国策で武力南進を決定し、第二次大戦でがら空きになっている東南アジア植民地をかっさらおうとした。
・ABCD包囲網は日本が自国の孤立した状況の原因を相手国に押し付けただけのものである。
・蘭印との石油交渉は日本政府から打ち切った。
・日本は米英から事前に石油禁輸をちらつかされていたのに、それでも仏印南部に軍を進駐させたのである。
・ハルノートの内容は日本を滅ぼすためのものではない。ワシントン体制への回帰を促すための内容である。
・日中戦争は当初は中国の侵略戦争、途中から日本の侵略戦争である。
・満州国には正当性はない。
・「ハルノートに屈したら日本が米英に植民地にされる」はあくまで保守派のネガティブな未来予測である。
・ハリーホワイトの作成したハルノート原案は上長の照査承認を受けており、米国政府の意向をちゃんと反映したものである。
・ルーズベルト大統領の決定だけで戦争はできない。対日石油禁輸も日本との開戦も米国議会で決定されたものである。
・日米開戦は事前に日本が事前に計画した期日通りに日本が始めた。
・昭和天皇は対米開戦を回避せよと遠まわしに主張したが、東条英機がそれを無視したのである。
475.名無しさん:2017年01月02日 19:21 ID:uxmdukFE0▼このコメントに返信
(ルーズベルト陰謀論に騙されないためにおさえておくべきポイント その2)


・フライングタイガースの初陣は日米開戦後である。
・蒋介石への軍事援助はドイツやソ連の方が大胆かつ露骨である。
 ドイツは蒋介石に軍事顧問を送って陸軍を強化させて第二次上海事変を勃発させた。
 ソ連に至っては空軍の部隊を丸ごと蒋介石に送っていた。
・米国機密文書JB355にある「幻の日本爆撃計画」とやらは、米国によるただの中華民国空軍への軍事援助であった。
 しかも結局実行されていない。
・ハリーホワイトが作成したハルノート原案は、実際に提出されたハルノートよりも日本にやさしい内容のものであった。
・いわゆるマッカーサー証言とやらは、日本の保守系学者によってマッカーサーの発言の一部を抜き出して内容を捻じ曲げたものである。
・当初日本は蘭印を帝国領に編入する予定であった。
・ルーズベルトを狂人呼ばわりしたフーバー元米国大統領は、ルーズベルトの政敵であり、
 大統領選挙でも大統領としての実績でもルーズベルトに敗れ去った男である。
・ロバート・スティネットの真珠湾攻撃陰謀論はとっくの昔に論破されつくしたものである。
・対日石油禁輸は日本が軍隊を南部仏印に送り込んで英蘭を追い込んだために、追い込まれた米英が発動した対抗策である。
・日中戦争時の欧米の援蒋は国際連盟のお墨付きであり、正当性がある。
・日中戦争時、日本は中国と戦争状態にあることをを否定していたため、欧米に中立義務は発生しない。
・日中戦争で欧米に中立義務が発生したら、日本への石油輸出も軍需物資なので停止されうる。
・満州事変でのリットン調査団の報告書は、日本の特殊権益と満州投資への一定の理解を示している。
・ケロッグ米国国務長官の発言を引用して「石油禁輸は宣戦布告」と主張するものがいるが、
 結局のところケースバイケースである。
476.名無しさん:2017年01月02日 19:21 ID:uxmdukFE0▼このコメントに返信
ルーズベルト陰謀論に騙されないためにおさえておくべきポイント その3)

・ワード号事件は米国側の先制攻撃には当たらない。
・ロンドン海軍軍縮条約は結局のところ、米海軍の規模を制限するリミッターであった。
・戦争の権限を持っている日本軍部が自らの保身のために、対米戦回避を主張しなかったため、
 日本は勝てない戦争をする羽目になったのである。
・南進政策は海軍の主張していた政策、陸軍の北進政策に対抗するために海軍が推したものである。
・「ハリー・ホワイトはソ連のスパイ」←事実 
 「ハリー・ホワイトがハルノートで日本を戦争に誘導した」←陰謀論者の空想。
・「ハルノートを呑んでいたら、日本は欧米の植民地になっていた」←根拠に欠けるただの空想に過ぎない。
・満州国を承認した国は枢軸国とその友好国がほとんどである。
477.名無しさん:2017年01月02日 19:25 ID:p0QOaZgc0▼このコメントに返信
日中戦争って言うけど、中国全土支配した記録はないのよね
一部の区域を取ったのよね。そこにちょっかいを出してきた訳でね。
それがおお揉めになったのが、日中戦争。
478.名無しさん:2017年01月02日 19:30 ID:uxmdukFE0▼このコメントに返信
なんにせよ満州を支配していた奉天軍閥は
満州事変前は中華民国に下ってたけどね
479.名無しさん:2017年01月02日 19:30 ID:6ny6BcI40▼このコメントに返信
※468
アメリカが想定してた戦場がフィリピン・グアム・ウェーク
の三か所。グアム・ウェークは捨て。
本命がフィリピンでここで日本軍を返り討ちにして、日本本土
まで侵攻する予定。
アメリカ陸軍は、本気でB-17だけで日本艦隊全滅させる気でいたからね。
議会に予算通すとき米国沿岸に進出する艦艇の攻撃としてるからな。
480.名無しさん:2017年01月02日 20:00 ID:oteSeCqm0▼このコメントに返信
アメリカ合衆国「とりあえずフランクリンルーズベルト大統領はアメリカでは偉大な大統領であるとアメリカ国民の大半から評価されている。戦争に勝てたのも彼のおかげで彼のおかげで世界の平和は守られた。いいね?異論は勿論認めないけどね」
481.名無しさん:2017年01月02日 20:02 ID:uxmdukFE0▼このコメントに返信
死後にルーズベルトをマッドマン呼ばわりしたフーバーのおっさんは
そもそも一体どれほどの人物なん?

このおっさんのマッドマン発言が
陰謀論者からよく聞くけど
482.名無しさん:2017年01月02日 20:07 ID:U.RdYMtG0▼このコメントに返信
>・日中戦争は当初は中国の侵略戦争、途中から日本の侵略戦争である
まーた意味不明なこと言い出したな
攻め込んできた側を返り討ちにしてそれから敵国へ攻め込んでいくもいかないも攻め込まれたほうの勝手だ
ソ連のベルリン侵攻はソ連のドイツ侵略戦争じゃないのと同じだ、一方的に攻め込まれたけれどお行儀よく国境線でストップしなければならないなどという法はない
途中で立場が入れ替わるなどということはない
483.名無しさん:2017年01月02日 20:11 ID:U.RdYMtG0▼このコメントに返信
フーバー大統領は経済政策で介入策を取らなかった(結果大恐慌に対処できなかった)のでアメリカ国民からの評価が低いだけ
外交に関しては正常な感覚の持ち主だ
トルーマンとアイゼンハワーが彼を重用したのも当然だな
フーバー委員会すら知らずに彼を評価するわけではあるまい
484.名無しさん:2017年01月02日 20:17 ID:U.RdYMtG0▼このコメントに返信
他のエピソードとしては日本の戦後復興の手助けとして食糧援助をマッカーサーに進言してくれたり
赤軍と白軍の内戦が終わった混乱期の後のソ連と一次大戦後のドイツにやはり食糧援助を送ったり
基本的に人道的なまともな人物と言えよう
大恐慌への対策以外に彼をくさす部分は見つけにくいだろう
485.名無しさん:2017年01月02日 20:19 ID:i10iUb.70▼このコメントに返信
真珠湾陰謀論は日本人に関係ない、仮に在ったとしても怒るのはアメリカ人。
建国以来政府及びその機関に騙されまくってるアメリカ人自身がそれでいいなら仕方ない。
日本としては宣戦布告無しを利用された、上の方でも誰か書いてるけど事後布告したっていいんだからさ。
国際連盟云々はやめなよ、説得力無くなるよ(白人様がなんか言って来たんだから従えって言ってるような物)。

当時日本は本当に白人支配世界の末席にやっとこ居た、そこんとこ無視しないように。
486.名無しさん:2017年01月02日 20:22 ID:AePWl7Sn0▼このコメントに返信
いやいや、「日本が侵略」云々の話はどうなったんだよ?

何の根拠もないことを白日の下に晒されたから、書き込み工作員は話を誤魔化す必要性に迫られたんだろ?

だから、長々とアメリカ関連の書き込みを始めたんだろ?

工作員は、アメリカ関係の話はいくらでも書き込むけど、支那の話はしてほしくないんだな

支那の主張には何の根拠もないことが何度でも暴露されてしまうから

どんなに日米離間工作を行っても失敗ばかり、逆に日本人の支那への敵対心ばかり強めてしまう

実に無知無学で低能な工作員
487.名無しさん:2017年01月02日 20:44 ID:uxmdukFE0▼このコメントに返信
※483
ならフーバーのルーズベルトは狂人発言も結構当たってるのかな
488.名無しさん:2017年01月02日 21:01 ID:R0s1Wz5Z0▼このコメントに返信
※471
奇襲の意味が違うよ
単に、油断してるとこを襲うという戦術的な意味と
宣戦布告前に開戦するという、政治的な意味の違い

アメリカは実質的に、真珠湾以前から、中国本土で日本と戦っていた
やり方が巧妙だったと言ってるのさ
489.名無しさん:2017年01月02日 21:05 ID:R0s1Wz5Z0▼このコメントに返信
戦前の日本と、今の北朝鮮では国格が違う
日本のように他国に投資して近代化させる事なんて、朝鮮人にはできない
当時から、すでに世界の大国だったからね日本は
75年たっても、今の南北朝鮮は、戦前の日本にすら追いついていないよ
490.名無しさん:2017年01月02日 21:15 ID:R0s1Wz5Z0▼このコメントに返信
日本の戦争を侵略とする、法的な根拠はない
欧米もソ連も中国も、他国を侵略しまくっていたし、日本だけが悪者のような扱いは不当
関係各国とはとっくに講和しており、なんら責められる筋合いはない
491.名無しさん:2017年01月02日 21:54 ID:GpfOmWEq0▼このコメントに返信
シナに共産主義政権を作らしてしまったことはシナ人民に謝るべき。
492.名無しさん:2017年01月02日 22:19 ID:iNsoNNvk0▼このコメントに返信
※33
お前こそ誰に発狂してんのよ、冷静になれよ。
493.名無しさん:2017年01月02日 22:19 ID:2orUXaZn0▼このコメントに返信
工作員とか言ってる奴、凄ぇなぁ
日頃の闘いに特別ボーナスやりたいわ
494.名無しさん:2017年01月02日 23:36 ID:YpZM7uqM0▼このコメントに返信
中華に侵略行為根拠とか絡んでると
多少やましい所のある戦勝&ご主人国その他がね
ちょっとほどほどにしとけよ と。あんま目立つようならオマエ…
あと 今ゴリ押し売りがより露骨な中露あたりがそれ乗っかったりも
495.名無しさん:2017年01月02日 23:40 ID:YpZM7uqM0▼このコメントに返信
※494
絡んでると→絡まってると
それと 俺は戦後こんなやってるのになんたらご苦労なドイツ絡みも
496.名無しさん:2017年01月02日 23:52 ID:YpZM7uqM0▼このコメントに返信
理想や合法は結構だけど ホントそれやれんのか?と。
やりきれなかったら虚仮にもされる 国パワー関係によってはやりきってもどうだか…
踊らされただけ後大バカ見るのも 裏切られ徒労感その行く先とかツライのよ 
 
 
497.名無しさん:2017年01月03日 01:33 ID:vLco4xXz0▼このコメントに返信
日中戦争も宣戦布告してきたのは中国側の蒋介石だから
日本の側から戦端を切ったわけでは無いんだけどな
498.名無しさん:2017年01月03日 02:03 ID:RMEYg7wi0▼このコメントに返信
争いは互いのエゴの衝突によって起こる
勝った側が正当性を主張したがるだけで、身勝手なのはどの国も同じ
シナが正義なわけないだろ、アホか
499.名無しさん:2017年01月03日 02:34 ID:KlTnVyO10▼このコメントに返信
戦争が終わって70年。
関わった人たちもほとんど鬼籍に入り、残された資料でしか当時のことを知り得ない。
現代に生きてる人たちもほとんど実際には体験してない。

だけども歴史として扱われるほど古くはないから、左右問わず人を惹きつける。

あと50年もすればこの話題をする人たちもいなくなるのかな?それとも相変わらずこのスレみたいにやり合ってるのかな?

長生きして見てみたいなあ。
500.名無しさん:2017年01月03日 02:41 ID:Yx3w.RYZ0▼このコメントに返信
支那事変あたりに存在しない戦争をこうも戦後は捏造されるのか。
歴史は嘘多いな。
ところでパソコン更新で支那って変換できなくなった、すげーな、
アップデート権限者がそういうことするのか?
501.名無しさん:2017年01月03日 07:56 ID:ycf0RlJd0▼このコメントに返信
自分の支那事変あたりの歴史の無知っぷりにがっかりや。
502.名無しさん:2017年01月03日 09:05 ID:KwRXz5Fv0▼このコメントに返信
アジアを解放してくれてアリガトゴザイマス日本様などと公式表明してる国は、無い
だから●●国の××大臣が、△△元将軍とかいうコピペばっかり
503.名無しさん:2017年01月03日 11:26 ID:gi.xr.Rt0▼このコメントに返信
※502
それで充分だよ、何が言いのきみは?

504.名無しさん:2017年01月03日 11:40 ID:RAsPXdXI0▼このコメントに返信
※502
あれは外交のリップサービスだからな
社交辞令だからそう言うわな
505.名無しさん:2017年01月03日 18:54 ID:.j9zvjYu0▼このコメントに返信
喧嘩してボコボコにされて土下座して許してもらったのに
後日俺は悪くなかったとか言ってんのと同じでかっこ悪いな
506.名無しさん:2017年01月04日 02:29 ID:wmp5GGyL0▼このコメントに返信

×日中戦争は侵略行為だったかもしれないけど太平洋戦争は「自衛戦争」だったんだから日本は謝る必要ないだろ

○日中戦争は自衛行為だった。太平洋戦争は中国の侵略に対しての仕方なしの戦争だったんだから、日本は全てにおいて謝る必要はまったくない。


アカヒの連中が極めてナチュラルに、中国被害者、日本加害者、卑劣な工作をやってやがる。

507.名無しさん:2017年01月04日 10:49 ID:nT.7.1lL0▼このコメントに返信
答えは日本が戦争に負けたからだよ、
そして赤が増殖して日本を食い物にしている、
それが今の現状、ネットが無かったら今でも赤の天国たった、
赤にして見ればネットに怨み骨髄だろうな。
508.名無しさん:2017年01月04日 14:46 ID:rQ6.GQqE0▼このコメントに返信
 今までは,朝日ほーるでぃんぐすは,金が儲かる方に旗を振っていたんだ。今は,左翼の泥沼から抜け出せなくなって居るんだ。
509.名無しさん:2017年01月04日 18:14 ID:g00PfUrE0▼このコメントに返信
※474

こいつのコピペをよく見かけるが、上海がワシントン体制に違反したシナ軍に包囲侵攻された事実や
宥和政策を日本人の生命私有名誉を破壊してまで守らなければならない道理が無いことや
清室優待条件をシナが一方的に破棄して陵墓を破壊、旧清朝派が追い出された事実や
満州国を23カ国が認めてる事実などを無視してる。
510.名無しさん:2017年01月05日 08:58 ID:N0UsZ6CS0▼このコメントに返信
※505
負けた本人だったらそうかも知れない
でも、負けて汚名を着せられたのが、じーさんだったら?
じーさんの汚名を晴らそうと思うのがフツーじゃないか?
だから、75年もかかったのかもな
511.名無しさん:2017年01月05日 17:09 ID:a9syqOJ80▼このコメントに返信
※509
満州国が枢軸国にしか認められてないとほざいてるが大体の国が連合か枢軸かで真っ二つに割れたんだから当たり前なのにな
枢軸国は国じゃないとでもいいたげな様子で実に都合のいい物の見かたよ
512.名無しさん:2017年01月06日 10:44 ID:Fo7HO7E40▼このコメントに返信
※509
>満州国を23カ国が認めてる事実などを無視してる。
当時1933年の国連決議では何カ国が認めてくれたんだっけ?
513.名無しさん:2017年01月06日 10:45 ID:Fo7HO7E40▼このコメントに返信
※511
>満州国が枢軸国にしか認められてない
大事なのはこの部分じゃないの? (実際は枢軸国だけというものでもなかったけど)

枢軸国は国じゃないと扱われてた という発想は飛躍しすぎよ。
514.名無しさん:2017年01月13日 00:50 ID:kfAE0n1a0▼このコメントに返信
※505
土下座して許してもらった・・・そもそもこれが大きな歴史歪曲だわ。
日本は日本国家としては無条件降伏ではないのよ。
終戦後のGHQのやり方は、明らかな戦時法違反なのよ。
これを批判されたくないばかりに、自虐史観をしっかり日本国民に植え付けてきたの。
わかってないわね~!
米国並びに戦勝国はうしろめたいからこそ、サンフランシスコ講和で、
敗戦の日本国内において、色々好き放題やったことを責めないこと!って文言いれてるじゃん。
いい加減、覚醒しろよ!
それとも日本人成りすましの反日左翼ですか?w

お名前