スポンサーリンク

2016年12月24日 09:05

信長さんの親族がひどい目に合いすぎて目を覆いたくなるwwwwwwwwwwww

信長さんの親族がひどい目に合いすぎて目を覆いたくなるwwwwwwwwwwww

03

引用元:信長さんの親族がひどい目に合いすぎて目を覆いたくなるwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww [無断転載禁止]©2ch.net
http://vipper.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1482409584/

1: 2016/12/22(木) 21:26:24.324 ID:K+RToA6B0
信長の親族たち 妹 自殺 お兄ちゃん殺される 弟たち 5人戦死 3人家臣の猿や家康にぺこぺこ頭を下げる奴隷になる 


長男 本能寺の変で戦死 次男糞雑魚バカ無能 三男 有能すぎて秀吉に葬られる

孫 秀吉に飼い殺される


信長さんまじかわいそう 英雄だったのに1つのつまづきですべてが終わる・・・・涙がで、出ますよ

2: 2016/12/22(木) 21:26:57.875 ID:K+RToA6B0
またその家臣もほんとろくな目にあってないな

明智光秀 農民に殺される 秀吉 大出世最高の人生 滝川一益 秀吉から信長の葬儀の時格下の秀吉から大勢の前で「おめえの席ねえからwww」と言われる 柴田勝家 秀吉に敗れて自殺

3: 2016/12/22(木) 21:28:03.206 ID:8yzThD210
丹羽さんも酷い扱い

4: 2016/12/22(木) 21:28:56.088 ID:K+RToA6B0
まあ息子は一応大名になれたし多少はね

6: 2016/12/22(木) 21:30:08.023 ID:K+RToA6B0
佐久間とかいう信長の親父の代から頑張ってきた(親父の代からの家臣はほとんど裏切ってる)中尽くしてきたのに敵国攻めなかっただけで高野山に蟄居されるという 

39: 2016/12/22(木) 21:53:50.933 ID:xGN8VBlPd
>>6
原因はそれだけじゃないだろ
確か口答えした時にカチンときてたらしいぞ

41: 2016/12/22(木) 21:55:33.273 ID:K+RToA6B0
>>39
口答えくらいでは少し追放としては推しが弱いな・・・あの当時織田家のナンバー2くらいの立ち位置だろあいつ

46: 2016/12/22(木) 21:58:42.816 ID:xGN8VBlPd
>>41
19ヶ条の折檻状って言われる佐久間のダメな所をつらつらと書いた書状があるんだけど信長は長年佐久間にイラついてたっぽい

53: 2016/12/22(木) 22:02:25.907 ID:K+RToA6B0
>>46
のぶのぶ曰く 佐久間親子お前ら職務怠慢しすぎだろーお前さー本願寺攻めでなんで様子見してるわけ?そのせいで本願寺が力つけてんだろーお前の後輩の光秀や秀吉は頑張って柴田も負けじと北陸で攻めまくってるのに家老のお前がなにしてるわけ?っていうやつね

55: 2016/12/22(木) 22:03:58.312 ID:xGN8VBlPd
>>53
そうそれ
でもその後息子は許されたんだよな

59: 2016/12/22(木) 22:06:57.566 ID:K+RToA6B0
>>55
でも大した功績残せてないよなwまあ一応子孫は幕末まで残ったが

7: 2016/12/22(木) 21:30:45.002 ID:a/3akaSHd
秀信くんは大人になってからの方がかわいそうだから

10: 2016/12/22(木) 21:31:50.334 ID:K+RToA6B0
>>7
まず大人になってすぐ死んだからな・・・・

13: 2016/12/22(木) 21:34:32.136 ID:UYVSDztC0
そもそも信長自身が自分の兄弟やら親族やらを謀殺しまくってるんだよなあ

16: 2016/12/22(木) 21:35:53.750 ID:K+RToA6B0
>>13
まあ・・・・ほら野心のある兄弟ばかりだしな・・・でも従順な弟もみんな戦死してんだよねww

19: 2016/12/22(木) 21:39:45.967 ID:K+RToA6B0
ぶっちゃけ織田の家臣みんな結局は前田、池田以外は小さい大名くらいにしかなれてないな・・・

21: 2016/12/22(木) 21:41:29.753 ID:PyIFZkMq0
長男が早とちりで自害するのが悪い

22: 2016/12/22(木) 21:43:53.859 ID:K+RToA6B0
>>21
それな信忠は家臣2000人くらい居たんだからそいつら殿にしてりゃ脱出も容易なんだよなあ・・・事実信長の末弟や従兄弟や筒井(当時京都を収めてた武将)は脱出してる

23: 2016/12/22(木) 21:44:21.612 ID:UKh3/RmrM
戦死した側 戦場で死ぬは武士の本懐
外から見てる側 死んじゃって可哀想…

29: 2016/12/22(木) 21:48:00.588 ID:K+RToA6B0
>>23
残された家族はたまったもんじゃないぜ・・・・

30: 2016/12/22(木) 21:49:16.058 ID:pir0JIqBK
>>29
そもそも討伐した光秀を抱える訳ないしなあ

33: 2016/12/22(木) 21:51:06.769 ID:K+RToA6B0
>>30
うむそもそも敵の大将を匿うとか家臣にバレたら相当不信感を生むからな(光秀を殺すという大義なのに)だからそんなリスク負ってまで匿うことはないと思う

25: 2016/12/22(木) 21:44:54.843 ID:K+RToA6B0
つか織田の跡取りがボロボロで自分が死んだらやばいってなぜ気づかないのか・・・葉武者のように軽く死んだらダメな立場なのに

27: 2016/12/22(木) 21:46:40.156 ID:UKh3/RmrM
>>25
ワンマン経営だから信長死んだらもうそこで終わってるよ

31: 2016/12/22(木) 21:50:00.938 ID:K+RToA6B0
>>27
領地は少なくなるかもだが信忠なら堅実に織田を大大名として残せてたろ

26: 2016/12/22(木) 21:46:36.655 ID:pir0JIqBK
信長は冷徹過ぎて反感買いまくりだっただろうな

31: 2016/12/22(木) 21:50:00.938 ID:K+RToA6B0
>>26
それがそうでもないんよ

前書いた佐久間ってやつが職務怠慢で普通なら切腹や改易を言い渡すのに「もう一度チャンスやるから俺にもとに帰ってこい」って激を飛ばしたりしてるからな

まあもう1人の林って武将は問答無用で追い出したがw

34: 2016/12/22(木) 21:51:28.448 ID:dA9KDao90
信長「アーチーチーwwwアーチーwww燃えてるんだww廊下www」

120: 2016/12/22(木) 23:12:08.316 ID:id6/Cejx0
>>34
「本能寺が変」

そのとき京都・本能寺に宿泊していた信長がそう言った。
見るとなんだか傾いているようないないような。
調査を命じられた明智光秀は、その原因がシロアリ被害によることをつきとめた。
「敵は本能寺のアリ」
光秀はそう言うとさっそく駆除に取りかかった。
当時、シロアリ駆除の薬なんて便利なものはないもんだから、
被害にあった柱を片っ端から松明であぶって
シロアリを追い出すという地道な作業を行った。
ところがそのうち柱に火がついて燃えだしてしまった。
「やべっ、信長様ぁ~!」
本能寺は信長ごと燃えてしまった。
事情を知らない豊臣秀吉が信長様の仇と明智光秀を討ち、
天下を取るきっかけとなったのは言うまでもない。

51: 2016/12/22(木) 22:01:25.776 ID:gHLP5p8n0
なんで織田家ってすぐ秀吉に乗っ取られたの?
あんなに弟いたのに織田の一門弱すぎじゃね?

54: 2016/12/22(木) 22:03:32.210 ID:K+RToA6B0
>>51
弟が軒並み本願寺や浅井朝倉との戦争で死んだのが痛かった

あと弟たちには力も地位もなかった実力主義だった織田家では家臣とかのが力があった

52: 2016/12/22(木) 22:01:39.127 ID:bV2yUobQM
むしろこれだけ主君筋にむちゃくちゃして逆臣扱いされなかった秀吉が天才

58: 2016/12/22(木) 22:05:14.374 ID:K+RToA6B0
>>52
そこは秀吉の人心掌握術の成すところ

自分はあくまでも三蔵法師や織田の息子達が盤石な体制で政治が行える手助けをしてるだけだと言いながら裏では自分がてっぺんに立つよう工作してたからな・・・

それに気づいたのは家康くらい

57: 2016/12/22(木) 22:04:47.216 ID:UKh3/RmrM
信忠が生きてたとしてもやっぱ信長のカリスマ性と比べると見劣りしちゃうわけで
やっぱ有力家臣は独立離反しちゃっててもおかしくないかなぁとは思う

59: 2016/12/22(木) 22:06:57.566 ID:K+RToA6B0
>>57
信忠は織田の家臣からはけっこう評判良かったぜ柴田のおっさんがイケイケなら謀反起こしそうな秀吉や前田あたりを抑えれるだろうし

60: 2016/12/22(木) 22:07:04.808 ID:gHLP5p8n0
>>57
猿が離反したら粛清のいい大義名分
一回裏切ってる柴田とかどこの馬の骨ともわからん滝川とかも潰したいだろうし

62: 2016/12/22(木) 22:08:24.329 ID:K+RToA6B0
>>60
滝川さん悪く言うのやめろっあの人は優しすぎて人を信用しすぎた故にああなったんや・・・グンマーの侍共が一枚岩じゃなかったからな・・・

63: 2016/12/22(木) 22:09:53.076 ID:jGhiJcLY0
何故に家臣NO.2の丹羽長秀って地味な扱いなんや

65: 2016/12/22(木) 22:10:46.767 ID:K+RToA6B0
>>63
秀吉、光秀、柴田っていう濃いメンツに挟まれてるから

68: 2016/12/22(木) 22:13:03.637 ID:bV2yUobQM
滝川さんは時期が悪かった
配置換えで関東行った直後に本能寺じゃ地頭達がついて来ないのもやむなし

長年攻め悩んだ伊賀とか落としてるしかなり有能なはずだよな

71: 2016/12/22(木) 22:15:31.955 ID:K+RToA6B0
>>68
そらそうよなんせ織田家でも殿も先手も滝川って言われてるくらいだからなあの有能な武将がたくさん居た織田家で

てか褒美で山ばっかの信濃や上野与えられて・・・それでも文句言わず律儀に仕事こなして・・・本当泣ける・・・他の家臣は茶器や馬もらってるのに

69: 2016/12/22(木) 22:13:17.390 ID:K+RToA6B0
しかしあのむさい戦国の世で長秀はお米みたいな男だとかそんな可愛い発言したのどこの誰なんだろ

72: 2016/12/22(木) 22:16:24.920 ID:K+RToA6B0
まじ信濃や上野の国衆共は滝川さんに謝れ・・・あの方が無理強いしなかったからこそ自由にできたんやぞ

まあ北条や徳川にめちゃくちゃにされたけどね

74: 2016/12/22(木) 22:18:03.528 ID:2EArCwwQa
お米くんや滝川くん佐々くん河尻くんは信長が死んだ後なんでこうもダメになるのかと思うくらい悪手を連発してる

75: 2016/12/22(木) 22:20:30.201 ID:K+RToA6B0
>>74
佐々君は格下の秀吉に使われるのが嫌だったんだろうな河尻君はトチ狂った武田遺臣にぶち殺されただけだからしゃーない

76: 2016/12/22(木) 22:23:11.234 ID:K+RToA6B0
晩年は贅沢して遊びまくって死ねた秀吉は他のみじめな思いしてきた織田家臣達に比べてどれだけ幸せか・・・

77: 2016/12/22(木) 22:23:52.664 ID:ZCJcURo6a
織田有楽とかいう勝ち組

78: 2016/12/22(木) 22:24:55.317 ID:K+RToA6B0
>>77
政治に関わらなかったのが良かったね関わってたら飼い殺しか処断、放浪だった

79: 2016/12/22(木) 22:25:39.226 ID:bV2yUobQM
家康の天下取れる気配すらもない頃から征夷大将軍になれる源氏姓に改名しておく先見性は凄い

秀吉は日本中が下層出身と知ってるから流石に将軍にはなれんかったな

80: 2016/12/22(木) 22:27:05.983 ID:K+RToA6B0
>>79
秀吉は公家から嫌われてたしな・・・

81: 2016/12/22(木) 22:28:57.414 ID:VzSWFheCa
秀吉は関白になってるんだけど

86: 2016/12/22(木) 22:31:49.887 ID:EAjMlHqI0
根絶やしにされた豊臣家と
不遇な道でも血を残せた織田家のどっちがマシかねえ

87: 2016/12/22(木) 22:34:44.242 ID:K+RToA6B0
>>86
なにをして勝利と呼ぶかにもよるな・・・・血を絶やさず残すことが勝利なのか

華々しい栄華を誇り平家のように無常に散り歴史に名を残すのが勝利か

88: 2016/12/22(木) 22:35:14.327 ID:bV2yUobQM
最初関白になるのに金握らせて藤原家の養子になってるから
天下人なのに形式上天皇と藤原家長に頭下げないといけなくなる
その矛盾が嫌で関白になれる豊臣姓を作り出して一応天皇だけなら頭下げてもよいと満足したんだろう

91: 2016/12/22(木) 22:38:56.704 ID:K+RToA6B0
>>88
そう考えるとやっぱ秀吉のコンプレックスが垣間見えるな

89: 2016/12/22(木) 22:35:22.851 ID:K+RToA6B0
リアリスト的な俺からすればやっぱ図太くしぶとく生き残ったほうが勝者だと思うよ

92: 2016/12/22(木) 22:39:18.564 ID:GNyiJGK2a
秀吉が将軍になれなかったのはまだ義昭が将軍だったからだろ

94: 2016/12/22(木) 22:42:15.079 ID:bV2yUobQM
>>92
鞆幕府は有名無実やろ

95: 2016/12/22(木) 22:44:21.835 ID:pNlBXBzXa
>>94
でも、家康はちゃんと義昭に交渉してるよ

98: 2016/12/22(木) 22:46:03.715 ID:K+RToA6B0
>>95
そら700万石の化け物大名に言われたらうんと言うしかないだろ

104: 2016/12/22(木) 22:52:00.081 ID:pNlBXBzXa
>>98
いや、まだ240万石の頃に交渉してる その代わり喜連川は幕府付属扱いじゃないでしょ

107: 2016/12/22(木) 22:54:17.069 ID:K+RToA6B0
>>104
関ケ原勝ったあとならもうちょいあるだろ喜連川って5000石だけど10万石級の扱いだったんだよな古河公方すげえや

111: 2016/12/22(木) 22:56:37.245 ID:pNlBXBzXa
>>107
古河公坊だけど実質義昭の後継者だからね喜連川

116: 2016/12/22(木) 22:58:24.804 ID:K+RToA6B0
>>111
まあな徳川家で言う水戸徳川家みたいなもんだろ

97: 2016/12/22(木) 22:44:41.912 ID:id6/Cejx0
>>92
小牧・長久手の戦いで信雄、家康に負けてるから
征夷大将軍は世間から認められないってなったんだろ

100: 2016/12/22(木) 22:47:53.947 ID:K+RToA6B0
>>97
そんな1つの局地戦で負けたくらいでなるか?てか天正地震で秀吉の前線の城が壊滅してなけりゃ家康けっこう危なかったんやで

106: 2016/12/22(木) 22:52:51.838 ID:id6/Cejx0
>>100
もちろん秀吉の軍功は凄いんだけど、
世間的には家康と戦って、
戦で負けたけど政治で勝利したと思われてたから
この状態で将軍になると後でバカにされる恐れがあった

109: 2016/12/22(木) 22:55:45.513 ID:K+RToA6B0
>>106
まあ秀吉の目的は天下統一であり将軍になることなんて考えてないしな・・・いかに自分に利益があるかの結果だろうが

負けて立場が危うくなってもチャンスに変える機転って本当すげえや

108: 2016/12/22(木) 22:55:23.963 ID:ZCJcURo6a
そういえば織田って別に織田姓だけじゃなくね?
北畠とかを乗っ取るために養子になった奴らも死んだの?

112: 2016/12/22(木) 22:56:59.420 ID:K+RToA6B0
>>108
信長亡き後は織田に戻ったよ

例えば次男や三男は養子だったが普通に次男は長生きした

114: 2016/12/22(木) 22:57:46.188 ID:ZCJcURo6a
>>112
なんやスレタイや本文は話盛ったんかい

117: 2016/12/22(木) 22:59:32.204 ID:K+RToA6B0
>>114
信長の息子なのに次男は生活に困ってホームレス生活やったんやぞそれを見かねて淀が大阪に入れてくれたが

118: 2016/12/22(木) 23:00:31.323 ID:K+RToA6B0
でも結局追い出されたが

119: 2016/12/22(木) 23:09:10.658 ID:K+RToA6B0
その後晩年は家康に生活費五万石与えられたんだよな、、、そう考えると幸せだったかもな次男は

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2016年12月24日 09:12 ID:ETSg8dY50▼このコメントに返信
上も下もヒャッハーしてる時代だから、ま、多少はね?
2.名無しさん:2016年12月24日 09:15 ID:CmNjSM2Q0▼このコメントに返信
秀吉が悪い
3.名無しさん:2016年12月24日 09:15 ID:6HZ9LivL0▼このコメントに返信
長男さえ生きておれば秀吉に天下を取られずに済んだのにな。残ったのが無能ばかりだから残当
4.名無しさん:2016年12月24日 09:19 ID:OZPZjT1b0▼このコメントに返信
大体の大名家そんなもんやろ
5.名無しさん:2016年12月24日 09:19 ID:RAGHL41B0▼このコメントに返信
信長って言うほど親族殺してないだろ
確実にやったのは完全に敵対してた大和守信友と殺されないほうがおかしい裏切り行為を自分からした信勝・遠山夫人だけ
信光は信長の隠謀説もあるけどあの時点で信光を殺すのはリスクがデカすぎるしそもそも他殺かどうかからハッキリしてない
6.名無しさん:2016年12月24日 09:21 ID:1lsBWTla0▼このコメントに返信
順逆無二門 大道徹心源 五十五年夢 覚来帰一元
7.名無しさん:2016年12月24日 09:21 ID:YAAfVe350▼このコメントに返信
でもスケートして細々と織田家は続いているヤン
8.名無しさん:2016年12月24日 09:21 ID:tCjem.7y0▼このコメントに返信
死んだ奴は大概が自滅した連中だろ
生き残ったのも多いし徳川時代の旗本になった奴もいるし親が天下人でも実力主義の世界じゃ命が残っただけめっけものだ
お市は自殺したけど娘は二代将軍の正室になって三代将軍を産んでるしな
大体中国だったら信長の一族なんて家臣も全部秀吉に皆殺しにされてるぞ
殺されるどころか家臣にしてもらったり面倒見てもらったりしたんだから中国レベルからしたら大甘だぞw
9.名無しさん:2016年12月24日 09:22 ID:YqPaEjYb0▼このコメントに返信
信忠が元服した頃はもう織田家は無敗だったからなあ
パパのように負け戦で身一つで逃げ出して生き延びる泥臭さが無かった
10.名無しさん:2016年12月24日 09:25 ID:2lHw.GKX0▼このコメントに返信
秀吉は征夷大将軍の位打診されたけど断ってるんだろ?
んで関白就任したけど、どう考えても将軍よりも関白のほうがはるかに格上で就任難易度高いわ、秀吉の絶頂期は過小評価されすぎ。
11.名無しさん:2016年12月24日 09:25 ID:lRxRRM1S0▼このコメントに返信
まぁ、織田信長本人は、後世の自分の扱いに目を覆いたくなるんじゃなかろうかw
12.名無しさん:2016年12月24日 09:26 ID:cOnQbkYh0▼このコメントに返信
三蔵法師定期
13.ゲハロエおやじ27号っス:2016年12月24日 09:39 ID:U99rC.UN0▼このコメントに返信
信長は戦国時代を終わらせる直前までいった天才、欠落した部分があるのは仕方がないネ。
信玄や謙信が上洛したとしても、戦国時代は終わらなかったと思うヨ。
14.名無しさん:2016年12月24日 09:47 ID:Qxj3kJip0▼このコメントに返信
上洛っていってもそこまで着実に進出って意味でなら大勢力になるから終わらせられたと思う
15.名無しさん:2016年12月24日 09:51 ID:xP0.U6gD0▼このコメントに返信
俺は織田信成君は今までの人生の中で一度は「我輩は織田信成なり~」といった事があると思う。
16.名無しさん:2016年12月24日 09:53 ID:hw.aI3fI0▼このコメントに返信
謙信は三好の時代に実際に軍を率いて上洛してるよな確か 戦闘が目的ではないけど
17.名無しさん:2016年12月24日 09:56 ID:NcfcOXsv0▼このコメントに返信
所詮一代で成り上がった家なんてそんなもん
徳川みたいに200年以上も続くと滅びた後も貴族として遇されるから
18.名無しさん:2016年12月24日 09:58 ID:Z0kx.L7c0▼このコメントに返信
まあ猿が悪いわな
結果脱糞ニキに倅を殺されたのは自業自得以外の何ものでもない
19.名無しさん:2016年12月24日 09:58 ID:wkubRv0p0▼このコメントに返信
滝川は運が無さすぎ
武田攻めの功績を信長に評価され関東管領として群馬県に新しく領地を与えられたまでは良いけれど赴任して早々、本能寺だからな
あの状況じゃいくら一益が有能な武将でも厳しいわ
20.名無しさん:2016年12月24日 10:05 ID:5wzJ.Wek0▼このコメントに返信
※9
コレに尽きる。次期棟梁たる長男以外は帝王学の教育をされてなかったと謂うしな。
次期棟梁の長男と現棟梁が相次いで死んだから御終い。
21.名無しさん:2016年12月24日 10:07 ID:8dtXWWvz0▼このコメントに返信

武士とは、家であり、血だよ。
その概念をわかっていないと、親族ヒドすぎ、とかいうバカな発想になる。
信長の功罪はそのまま織田家の功罪であり、子孫がその影響を大きく受けるのは当たり前。
名を惜しんで切腹するのも、男子がいなければ取り潰しになるのも、武家は個でなく血脈である証拠。
織田家の親族を根絶やしにしないと、信長が生きているのと同じなんだよ。
22.名無しさん:2016年12月24日 10:08 ID:53wHd5xw0▼このコメントに返信
>そこは秀吉の人心掌握術の成すところ
自分はあくまでも三蔵法師や織田の息子達が盤石な体制で政治が行える手助けをしてるだけだと言いながら裏では自分がてっぺんに立つよう工作してたからな・・・
それに気づいたのは家康くらい

いや、みんな気づいていたし、力のあるやつはそれに抵抗しようとしてた。
抵抗した連中のなかで、まともに生き残ったのが家康くらい ってだけ。
23.名無しさん:2016年12月24日 10:14 ID:yBOB9GW70▼このコメントに返信
いうて信長自身裏切りで殺されるぐらいだからな
24.名無しさん:2016年12月24日 10:17 ID:hw.aI3fI0▼このコメントに返信
※20
なんか本能寺後の混乱や「魔王信長」像からの因果応報イメージを根拠に「信忠が生き残ってもどうせ家来や家康あたりに織田は潰されてた」って言う奴が多いけど
「実権を握る前リーダーと実権を譲られつつある現リーダーを一夜で死なせる」って目に遭って大ダメージを受けない大組織があったら教えてくれって話だよな
現当主の信忠さえ生きてたら史実の秀吉みたいな奴が出てきても誰も味方せんやろ、大義名分がなさすぎる
25.名無しさん:2016年12月24日 10:23 ID:r049ifhw0▼このコメントに返信
なんだかんだ滅茶苦茶になった織田家に対して声かけたり援助したり義理を感じてる風な徳川は良いんだよ
秀吉はマジでクソ
26.名無しさん:2016年12月24日 10:27 ID:1d4u.jrK0▼このコメントに返信
生き残った一門のトップがよりによって信雄さんだったってところが皮肉が効いてて面白い
秀吉のヤバさに気付いてた信孝ころすはなんぼでも騙されよるw
最終的に豊臣家滅亡に手かして復讐は果たせたのかもしれんけど
27.名無しさん:2016年12月24日 10:29 ID:F5TZ.F4Y0▼このコメントに返信
因果応報! 恨み、生き霊も貰うからなー。
やはり、家康が賢く、運があるんだなー。
信長 秀吉は、魔王。
28.名無しさん:2016年12月24日 10:33 ID:QEY1RRLz0▼このコメントに返信
信忠は古参の美濃衆を中心に与力固めてるから戦力は充分有るからね
秀吉や滝川みたいに地方攻略組は後方に一族残してるからそう簡単に裏切れないし
信忠自害が惜しまれるよ本当に
29.名無しさん:2016年12月24日 10:34 ID:TzAbbsWN0▼このコメントに返信
裏切った弟の息子で嫁さんが明智の娘というパーフェクトフラグ男津田信澄
30.名無しさん:2016年12月24日 10:36 ID:NcGP6vVP0▼このコメントに返信
当時の当主は信忠に代替わりしてたんじゃなかったっけ?
本能寺さえ無けくて10年後継体制整えれば盤石だったと思うが
31.名無しさん:2016年12月24日 10:36 ID:yHnNaQ1M0▼このコメントに返信
豊臣も因果応報で秀頼を徳川に倒された
自分がやった事を家康に仕返されただけ
32.名無しさん:2016年12月24日 10:41 ID:OxoY..rc0▼このコメントに返信
※21
日本人は、家系にはこだわるが血にはこだわらないぞ
嫡男がどうしようもなかったら、廃嫡して養子もらうとか普通にやってる
秀吉だって、近衛の養子ってことで今日から公家ねとかね
家格にはこだわるが、血はどうでもいい

ヒトラーユーゲントが日本に来た時
『あいつらは優秀、ただ血に拘りすぎ、奴らの子孫が優秀って保証は何もない』
『その点、我々日本人は血にはこだわらない』
とか外務省の報告文書が残ってる
33.名無しさん:2016年12月24日 10:42 ID:Lh9PZ5PP0▼このコメントに返信
宴会してる時に山崩れに巻き込まれて一族郎党全滅した内ヶ島さんの話する?
家残って大名になってる織田なんて戦国の勝ち組やんけ。
34.名無しさん:2016年12月24日 10:47 ID:PA9T.u1i0▼このコメントに返信

戦国時代までは、「瞬発力」が物言ったけど安土桃山時代からは「持久力」がなければ勝てなくなりました…大将ではなく、調整者でなくては。
35.名無しさん:2016年12月24日 10:49 ID:mL0ICGJv0▼このコメントに返信
>まあ息子は一応大名になれたし多少はね

息子って、信雄か?
なってないでしょ
ずっと従姉妹に面倒見てもらってたのに
孫辺りは旗本くらいにはなってただろうけど
36.名無しさん:2016年12月24日 10:49 ID:2IXq.a6c0▼このコメントに返信
あの時代に君主と長男を同時に失ったら仕方ないだろうな

本能寺の一件で敗軍になった織田一族や家臣が族滅されなかっただけでもまだ豊臣の温情だろうな

37.名無しさん:2016年12月24日 10:52 ID:ky6O.USI0▼このコメントに返信
忠臣のふりをして、実は野心満々だった秀吉くん。
信長さんの敵を討ったのは、傍で見ていた家康くんだったという・・・。
38.名無しさん:2016年12月24日 10:58 ID:OxoY..rc0▼このコメントに返信
※35
信雄の系統は、天童藩とどっかで大名やってるよ
あと、長益の系統も最後までどっかの大名
今でも一門会はあって、スケートの織田が話題になった時
はっきりとは言わないが、『語り者かよ(あぁ、高家ねw)って言ってたぞ
39.名無しさん:2016年12月24日 11:05 ID:cI3Wy8cz0▼このコメントに返信
>7
あの織田はパチもんやで。
祖父から上の3代が消えてて間が30年しかないねん。
もし本物なら10歳毎に代が代わったか養子かやな。
40.名無しさん:2016年12月24日 11:13 ID:ceOBXIna0▼このコメントに返信
戦国の世では当たり前の光景、ほんの少しの油断で終了だからな。
41.名無しさん:2016年12月24日 11:16 ID:Hf3laoax0▼このコメントに返信
世代交代に備えて織田家家中の有力者を潰しすぎて
不忠者の秀吉に対抗できなかったのだから自業自得だろ
42.名無しさん:2016年12月24日 11:17 ID:AFyreDbJ0▼このコメントに返信
信長の前の戦国の覇者だった西の大内も義隆のたった一度の大敗で全て終わったからね
43.名無しさん:2016年12月24日 11:23 ID:9QyUONvQ0▼このコメントに返信
皆こんな知識どうやって貯めてんだ
歴史なんて全然頭に残らんからうらやましいわ
44.名無しさん:2016年12月24日 11:34 ID:7fEH7agb0▼このコメントに返信
※30
そう
既に家督は信忠に譲ってた
45.名無しさん:2016年12月24日 11:38 ID:YH5Cc81R0▼このコメントに返信
羽柴秀勝(信長四男於次丸)が生き延びてりゃな。

秀吉にしてみりゃ、「この時のために大殿から預かった愛する我が子」だったんだろうし、
前田利家や池田恒興、丹羽長秀らが秀吉を支持したのも「信長の血を受け秀吉に育てられた若君を盛り立てることこそが忠義」だったんだろうな。

まさか18歳で早世しちゃうとは。
彼が死んだ途端、秀吉とその仲間達のやってる事は織田家簒奪の悪行に変質した。

秀吉がおかしくなってきたのはこの頃からなんだろう。
自分の種じゃ無いと分かりきってる秀頼を後継者にしたのも、大殿に天下をお返しするという妄執からきてたのかもしれん。
46.名無しさん:2016年12月24日 11:50 ID:JC4pxhH80▼このコメントに返信
※24
そりゃそうだ。しかも側近層も大量に亡くなってるから
組織としては終わったも同然だわな。

ぶっちゃけ桶狭間より酷い状況。

※8
中国での前王朝のメンバーは大抵貴族として扱われて生きながらえてるぞ。皆殺しの方が珍しい。
47.名無しさん:2016年12月24日 11:51 ID:MoCRmWd00▼このコメントに返信
織田信雄の子孫の天童藩財政が破たんして餓死者が出て相当嫌われているしなあ。
48.名無しさん:2016年12月24日 11:53 ID:T2Pli5Pj0▼このコメントに返信
信長の姪の三姉妹

長女 大阪夏の陣で自害
次女 関ヶ原のたたかい
49.名無しさん:2016年12月24日 11:55 ID:T2Pli5Pj0▼このコメントに返信
信長の姪の三姉妹

長女 大阪夏の陣で自害
次女 関ヶ原の戦いで東軍に味方するも、西軍に攻められ落城
三女 二番目の夫は
50.名無しさん:2016年12月24日 11:55 ID:8dtXWWvz0▼このコメントに返信
※32
> 日本人は、家系にはこだわるが血にはこだわらないぞ

おっしゃる通りで、血、という記述は間違いでしたね。
ご指摘のように養子縁組は日本の「家」の構成には不可欠な要素ですし、
「お拾い」などという健康な捨て子信仰があるほど、自分の家系に違う男子の血が
入ることの抵抗の無さは、特筆されるべきものでしょう。
ただ、一度「家」に入った後の血脈の正統性の強さは、上の拘りの無さに比べると
しっかりとしているんですね。ドイツの阿呆なアーリア優勢信仰は気味が悪いですが、
日本の家という概念の鷹揚と拘りは、不思議なものですね。


51.名無しさん:2016年12月24日 11:56 ID:T2Pli5Pj0▼このコメントに返信
信長の姪の三姉妹

長女 大阪夏の陣で自害
次女 関ヶ原の戦いで東軍に味方するも、西軍に攻められ落城
三女 二番目の夫は朝鮮出兵で病死 次の夫は関ヶ原で遅参 将軍争いで次男を支持するも敗れて自害
52.名無しさん:2016年12月24日 12:02 ID:T2Pli5Pj0▼このコメントに返信
※10
そうなの?
秀吉は足利義昭に将軍職を譲って欲しいって頼んだけど、義昭が拒否したって聞いてるけど?
53.名無しさん:2016年12月24日 12:09 ID:MgXpzE120▼このコメントに返信
※52
義昭の養子になろうとしたら断られたって話か? あれ創作だぞ
54.名無しさん:2016年12月24日 12:11 ID:e12ndVTL0▼このコメントに返信
戦国時代っつってもたいていは独裁じゃなく合議制だったから結局は家臣の質だよ。
信長は凄かったかもしらんけど自分が居なくなったら何も残らんとか。
55.名無しさん:2016年12月24日 12:12 ID:JC4pxhH80▼このコメントに返信
※42
三好に謝れ
56.名無しさん:2016年12月24日 12:15 ID:hw.aI3fI0▼このコメントに返信
※45
家臣で信長の実の息子を養子に貰えたのは確か秀吉だけだよな?
不妊を哀れんだのもあるだろうけどよっぽど目をかけられてたんだろうなあ
57.名無しさん一等兵:2016年12月24日 12:30 ID:jcxolYkj0▼このコメントに返信
※7
坊主は 行方知れずだがにゃあ。
58.名無しさん:2016年12月24日 12:36 ID:6Lv6Uqcp0▼このコメントに返信
※45
信長四男くんは、死の直前?医者に通ってる様子が公家の日記に出てきて悲しい
個人的には秀吉が毒盛ったんじゃね?と思ってる、いや秀吉の英雄っぷりは認めてるんだけど
59.名無しさん:2016年12月24日 12:47 ID:lpU50LKj0▼このコメントに返信
明智光秀、羽柴秀吉、徳川家康はグルだろ。密約結んでたからこそ、速攻の中国大返しであり、それを知ってる家康が光秀を匿った。空海として。家康は信長に正室と子供を死罪にさせられて恨みあったろうし。光秀は朝廷を護る為に信長を討った。どれもグルだと思う。
60.名無しさん:2016年12月24日 12:50 ID:viyMibBI0▼このコメントに返信
ニートで5万石とか、、、うらやましいわ
ずっと食っていけるなら部屋とネットとPCだけでいい
戦国時代に生まれたかったわ
61.名無しさん:2016年12月24日 12:55 ID:iRuK9oMI0▼このコメントに返信
※59
まあ空と天は似てなくもないけど
62.名無しさん:2016年12月24日 12:59 ID:lpU50LKj0▼このコメントに返信
表立っては朝廷を潰そうとする信長を討てない。だから三人がグルになって謀反を起こし信長を討つ。
中国大返しで光秀を討った演技をし、空海として家康が匿う。
そして秀吉は朝廷を護った見返りに異例の関白の位に就く。その後秀吉死んでから家康が天下を取るという密約を破ったから、秀吉の大阪は潰された。
残った家康は幕府を開き朝廷を護った。空海もその名誉を日光東照宮に痕跡を遺した。桔梗。
63.名無しさん:2016年12月24日 13:00 ID:lpU50LKj0▼このコメントに返信
ああ、空海じゃなく天海だわw空海は高野山だっけか?w
64.名無しさん:2016年12月24日 13:10 ID:1d4u.jrK0▼このコメントに返信
天海ごときと弘法大師間違えてる時点でなんの説得力もないぞw
65.名無しさん:2016年12月24日 13:12 ID:rNkYGHCt0▼このコメントに返信
※8
自滅というより凡人が身の丈にあってない仕事を押し付けられたのがほとんど
信長の兄弟たちは秀吉や光秀のような一軍メンバーの陰に隠れてるが激戦区に投入されて本願寺相手に戦死しまくってる
信長の身内だからって安全な本国で贅沢とかさせてもらっていない
66.名無しさん:2016年12月24日 13:42 ID:2lHw.GKX0▼このコメントに返信
※52
将軍位を与えるのは朝廷だから、義昭から将軍位取り上げて秀吉にあげようか?っていうのを断ったって話らしい
67.名無しさん:2016年12月24日 14:00 ID:VtBt7S3W0▼このコメントに返信
長男を自害させ、次男を追い出して、跡を継いだのが秀忠の徳川が特別有能すぎる
信忠は、秀忠に劣らないと思うが他2人はダメダメだった
68.名無しさん:2016年12月24日 14:31 ID:6Lv6Uqcp0▼このコメントに返信
当時の人の話によると
「本能寺は信長が勤皇過ぎてそれが裏目に出てしまった」って言ってる人いるね
なんだかんだであんま朝廷好きでなかった秀吉は、織田をやたら持上げるわけにはいかなかったのよ
69.名無しさん:2016年12月24日 14:40 ID:iNIF7wCN0▼このコメントに返信
※68
信長は朝廷のために奔走してる山科のじーさんには甘いしな

信長が天皇に取って代わるつもりでいたとかいう話もあるけど、
信長を知れば知るほど、親父の薫陶の賜かどうか、そんなつもりはさらさらないように思えてならない
70.名無しさん:2016年12月24日 15:02 ID:v1M4A7CY0▼このコメントに返信
織田の源吾は人ではないよ
71.名無しさん:2016年12月24日 15:23 ID:6Lv6Uqcp0▼このコメントに返信
源吾ゴルァーー これに尽きるな


※69
信「この真夏に遠路は大変でしょう、三河への使いは私が代わりに」ってやつ?
その山科サンも息子の代でお猿さんに家潰されちゃうしね
信長が天皇の敵って言い出した研究者とか誰だろな
72.名無しさん:2016年12月24日 15:34 ID:rPP02aTi0▼このコメントに返信
山田風太郎「信玄忍法帖」冒頭より

 つくづくと、家康という人は気の毒な人であると思う。
 信長、秀吉、家康とならべて、信長が餅をつき、秀吉がまるめ、家康がくうという図柄が民衆の胸にえがかれているが、はたして家康が餅をくうまで、手ぶらの横着をきめこんでいたであろうか。
 とくに秀吉という国民的英雄とくらべられるのは、家康にとって分がわるく、その大人気者の人気の引立役として、いよいよ彼は損な役割をふられている。よくかんがえてみると、さしたる理由がないだけに、家康は気の毒な人であると思う。最後に餅をくうどころか、最後の敗北者は彼ではなかったかとさえ思われる。

 まず第一に、徳川万代の礎をきずいて死んだ家康にくらべて、秀吉の死が悲劇的であったことが民衆の同情を買っていると思われるのだが、秀吉の死がそれほど悲劇的であろうか。幼ない愛児のことを案じつつ息をひきとったのはいたましいが、あれくらいの不安は、いま平和に、平凡に生きているわれわれにしても起り得ることで、戦国の世にあれほど疾風怒濤の生涯を送った秀吉としては、その死時における巨大な城と黄金の遺産、諸大名の心服ぶり、むしろ極楽往生ともいうべき死ではなかったか。彼の死が悲劇的にみえるのは、そののち秀頼が家康にほろぼされた歴史のヴェールをへだててみるからで、それは秀吉の死の時点においては無縁のことだ。つまり彼は、自分の死後の子供の死によって、民衆の同情を買っているともいえるのである。

 第二に、その秀頼をほろぼしたことが家康の人気をおとす大きな理由となったのだが、しかし秀吉にしても、信長の子信孝を殺している。家康にとって秀吉はべつに主君ではなかったが、秀吉にとって信長は完全な主君であったから、これは同罪以上である。のみならず家存続のために家康が一子信康を殺したよりも、秀吉が甥の秀次を殺した心理の方が、はるかに非道であり、残酷である。
73.名無しさん:2016年12月24日 15:57 ID:GBXycamM0▼このコメントに返信
※68、69、71
むしろ朝廷と仲が悪かったのは足利義昭なんだよな
信長革命児史観だと「旧体制」として朝廷と室町幕府が一括りにされちゃったりするけど
74.名無しさん:2016年12月24日 15:57 ID:Z4WpRF7F0▼このコメントに返信
※38
信雄はグンマーの小幡藩やね。

※39
小幡の家系の人が朝日だったかの記者やってるらしく「織田家なら、必ず菩提寺がある筈で、寺&地元の史家が家系を証明してくれる。自称?w」ってなコメを出してたかと・・・

ちな、肖像画とそっくりなスケート坊は母ちゃん似で、自称織田家の系統の父ちゃんにはあんまり似てない。
75.名無しさん:2016年12月24日 16:27 ID:MeREdLQA0▼このコメントに返信

ここまで、ソースは小説。
ここから、ソースは小説。
76.名無しさん:2016年12月24日 16:32 ID:JC4pxhH80▼このコメントに返信
※71
山科言経を追い出したのは秀吉じゃなくて正親町天皇だよ。
しかも家康の斡旋で復帰したし。

秀吉に断絶させられたのは言経の弟である薄諸光。
77.名無しさん:2016年12月24日 16:44 ID:Il6IMSh70▼このコメントに返信
丹羽長秀が地味って、戦国時代をあまりわかっていない人だと、羽柴秀吉と混ざるみたいだよ。
並べれば違いがわかるが、読んでいると丹羽長秀と書いてあっても羽柴秀吉とにんしきするみたい。
「おはよう」を「およはう」と書いてもおはようと読んでもらえることがあるみたいなものなんだろうね。
78.名無しさん:2016年12月24日 16:51 ID:xvwuMoNy0▼このコメントに返信
独裁者たる者、古今東西自分に取って代わる者則ち排除の定め
79.名無しさん:2016年12月24日 17:06 ID:.rRUgwLS0▼このコメントに返信
肝心なところで死んだ信玄さん謙信さんサイドにも問題がある
80.71:2016年12月24日 17:10 ID:6Lv6Uqcp0▼このコメントに返信
※76
そうなんだ、そういや「秀吉が」って書いてるの見たことないな
てっきりお猿さんがやったと勘違いしてたサンクス、山科事情詳しいね
81.名無しさん:2016年12月24日 17:16 ID:MoCRmWd00▼このコメントに返信
※74
1767年に明和事件に連座して小幡から高畠に移って、1830年に天童に移る。
82.名無しさん:2016年12月24日 17:18 ID:G5LpwUDj0▼このコメントに返信
>小牧・長久手の戦いで信雄、家康に負けてるから

奇襲攻撃が成功した1日だけな
その後、徳川は全戦全敗で本国に逃げ帰り、信雄は全領土を秀吉に攻め落とされた
結局奇襲攻撃以外では、秀吉に一切勝てないと悟り土下座して助命嘆願した
83.名無しさん:2016年12月24日 17:30 ID:E3Wsumiu0▼このコメントに返信
豊臣秀吉や明智光秀は、織田信長か三好長慶位しか引き立てないと思うけどね。
前例主義の室町幕府や朝廷を軽視しすぎじゃないかな
84.名無しさん:2016年12月24日 19:10 ID:188DYufY0▼このコメントに返信
※73
最近だと信長って、(政治に関わったり武装勢力にならない限りは)神社仏閣も手厚く保護しているし、
朝廷や公家とは割と友好的だし、革命児どころかかなり保守的なんだっけ?
無論、反抗すれば容赦なく潰すけど
85.名無しさん:2016年12月24日 19:29 ID:JC4pxhH80▼このコメントに返信
※82
そういうつまんない嘘と煽りは駄目でしょ

秀吉勢は結局小牧を攻略できず周辺の小城を落とした後は伊勢へと転進した。
信雄が攻め落とされたのは全領地ではなく主に伊勢だな。
そして家康勢は最後まで尾張・伊勢にいたし、秀吉は蟹江でも信雄・家康の連合軍に負けてる。

和睦条件は秀吉有利なので、秀吉が勝ったのは事実だが土下座とか無いな。
結局、信雄は秀吉傘下へ入ったが、家康とは和睦しただけの状態になってしまった。
86.名無しさん:2016年12月24日 19:36 ID:JC4pxhH80▼このコメントに返信
※84
信長は成功した武将ではあるが、システムとしては普通の戦国大名だったよね。
というのが近年の通説ですね。

信長が始めたもので革新的なのは「一国単位の城割り(破城と言う意味での)」じゃないでしょうか。
87.名無しさん:2016年12月24日 19:49 ID:gbdJQ.VI0▼このコメントに返信
豊臣宗家は根絶やしかも知れんが
岡山と大分で木下家が存続した。(関白秀次や小早川秀秋の兄弟の系統)
豊後日出木下家の墓所には『豊臣姓』の墓石がある。
88.名無しさん:2016年12月24日 20:26 ID:v4eEV01R0▼このコメントに返信
信長は油断し過ぎたな
89.名無しさん:2016年12月24日 21:25 ID:q0omzGVT0▼このコメントに返信
※7
所謂「僭称」やぞ
90.名無しさん:2016年12月24日 22:01 ID:ki0Fv.pM0▼このコメントに返信
意外と秀吉は忠臣だったのかもね
自分に子種がない所で、主君織田家の血を引く秀頼に天下を譲ろうとした。
91.名無しさん:2016年12月24日 22:03 ID:zLikELii0▼このコメントに返信
※88
暗殺されるだけの悪行をやり過ぎたよ
92.名無しさん:2016年12月24日 22:04 ID:zLikELii0▼このコメントに返信
※3
長男の介錯を行ったのが俺の先祖ww
93.名無しさん:2016年12月24日 22:35 ID:rTAnVbbi0▼このコメントに返信
※7
この時代の有名武将の子孫って
すげー雲散臭いw
本物はいると思うけど、ほとんどは成りすましだろ?
94.名無しさん:2016年12月24日 22:43 ID:MDgtKX6B0▼このコメントに返信
小牧長久手って秀吉vs信雄家康だけって思ってる人多いけど、実際は秀吉包囲網の中の一線に過ぎないんだよな

※85
蟹江の戦いは滝川さんが悲しい。一度けちがつくと流れってのがあるんだなと思うわ
95.名無しさん:2016年12月24日 23:13 ID:4RiXY.6G0▼このコメントに返信
まあ秀吉の親族の方がひどい目にあってるんですけどね
秀次
秀勝
秀秋
うーんこの
96.名無しさん:2016年12月25日 00:30 ID:.CBM3.n50▼このコメントに返信
前田、池田しか大名が居ないって?
土佐山内、安芸浅野は?
まあ、子孫は殿中でござるだが
掘家、森家とか結構いないか?
97.名無しさん:2016年12月25日 03:16 ID:foph9ctn0▼このコメントに返信
日本人が血ではなく家にこだわっていたのは母系社会だった太古の名残なのかね
98.名無しさん:2016年12月25日 03:25 ID:foph9ctn0▼このコメントに返信
森家は家としてはあるけど可成の直系は途絶えたからどうだろうね
99.名無しさん:2016年12月25日 03:38 ID:uSvhDi3W0▼このコメントに返信
※7
あいつは専門家の調査によって、信長とは無関係であることが確認済みだよ
血の繋がりはもちろんのこと、家の繋がりさえ無いからね

ちなみに、吉川晃司も完全な詐称で、吉川元春とは全く無関係
それどころか、驚いたことにコリアンなんだから、そもそも民族が違う
100.名無しさん:2016年12月25日 11:43 ID:sdbryhn70▼このコメントに返信
コリアンといえば明智光秀
101.名無しさん:2016年12月26日 00:10 ID:RhMrrUlM0▼このコメントに返信
※96
堀家も宗家は没落してるでしょ
102.名無しさん:2016年12月26日 01:11 ID:eySdMiUH0▼このコメントに返信
>99 に禿同

まったく世の中成りすましだらけだよね。半島人は知らないのだろうけど、日本のほとんどの旧家名族には家のネットワークが今も存在する。

まして織田家なんて幕末まで数家が大名や旗本で残ってるんだから、成りすましてもすぐバレるのに、その程度の知識もなくて成りすますんだからあきれるよね。織田家のネットワーク、チャンと存在してます。

最近武田家の子孫だと言って成りすました芸能界の女がいたけど、すぐ子孫のネットワークから指摘されたよね。
103.名無しさん:2016年12月26日 17:06 ID:HZnjKkxS0▼このコメントに返信
単に息子や孫に実力が無いから没落しましたってだけだろうに
親が凄かったら無能でも大大名のままな世界がお望みなの?
104.名無しさん:2016年12月26日 19:51 ID:fcApSb9I0▼このコメントに返信
敵は本能寺のアリ

クッソワロタ
105.名無しさん:2016年12月26日 22:56 ID:GxGusmH00▼このコメントに返信
丹羽は米屋さんだからなw
106.名無しさん:2016年12月28日 00:44 ID:sV5P9S5Y0▼このコメントに返信
※56、※58
まあ個人的どころか定説って言ってもイイ割合で秀吉に殺されたって言われてる。
それも秀吉を嫌ってる歴史家はもちろん、秀吉びいきの歴史家にまで。

我々がそう思ってるぐらいだ、当時の人達はもっとそう考えていただろう。
なにより当の秀勝本人が「父上は俺を殺そうとしている」と考えていたのかもしれない。

状況的に見るとそれは無いと思う。
あの時期に死んだのではあまりに早すぎる。
もっと権力基盤を作り上げてからで無いと内部分裂しかねない。
秀吉政権の統制が長続きしたのはたまたま運が良かったからに過ぎない。

だが秀吉にとってはたまらない状況だっただろう。
元同僚も部下達も確実に疑っている。下手すれば部下達が自分のため勝手にやったのかもしれない。

大殿への忠義としてやっていたことが大殿への裏切りになってしまった。
そして秀勝自身、己への呪いを抱いて死んだのだとしたら。

罪悪感に押しつぶされ狂ってしまったのだとしても私は不思議に思わない。
信長の姪の茶々の息子を後継者にするため甥の秀次を無残に殺害したのも、その狂気が影響しているのではなかろうか?
107.名無しさん:2016年12月28日 09:17 ID:t7ZEMo4F0▼このコメントに返信
織田家の一族と言っても有楽斎だけは何かのうのうと生き長らえた感じw
文献によると信忠籠城の悪手の要因の一旦としても考えられてたみたいだし
信雄系とか他の子孫からはどう言う風に見られてるんだろうな

そもそもあいつが二条新御所を脱出する時に皆揃って全力で逃げればよかったんだよなぁ
108.名無しさん:2016年12月28日 10:24 ID:l9.c7IKy0▼このコメントに返信
秀吉みていると頭も切れるし、臨機応変ですばしっこいが、延々と策略をめぐらすのはあまり得意じゃなかったと思う。秀吉の動きを見ているとどっちかというと行き当たりばったりを回避しまくる人生だったような気がする。信長の逸話で有名なワラジだって絶対尻に敷いていただけだろ。
(ワラジ逸話が本当とは思えないが切り抜け方のうまさという意味で秀吉の機微を捉えていると思う。)家康のが非常に計画的に感じるわ。
109.名無しさん:2016年12月28日 14:07 ID:m21NjmPj0▼このコメントに返信
どうも信長さんが生前に信忠君に家督を譲ってるということを忘れてる気がするんだよねー
信忠君さえ生きていれば問題なかったのにさ
110.名無しさん:2016年12月29日 12:16 ID:rVn6S0Vl0▼このコメントに返信
今年、織田信成さんがエキシビション大会に出て、アレッ未だ現役だったのかと思わせる演技を見せていましたね。さすがは子孫というところで特別なプライドみたいなものがあるんでしょう。演技する解説者。マイクを持ちながら三回転する解説者。いいぢゃないか。
111.名無しさん:2016年12月29日 12:21 ID:qVbZyR9V0▼このコメントに返信
中国史がのどかだったのは、三国〜晋まで
その後は異民族に蹂躙されて、七族皆殺しは当たり前
112.名無しさん:2016年12月29日 20:03 ID:X7oskcOK0▼このコメントに返信
信長の子孫が無能だったのと
信長への恐怖だろうな
113.名無しさん:2016年12月30日 09:30 ID:pmi9okCG0▼このコメントに返信
信忠さえ居れば盤石だったかは疑問符が残る

光秀に呼応した織田家の人間も多いのが事実だでだから近畿内の光秀派との戦いを信長なしの状態の信忠が切り抜けれるか・・・柴田や滝川前田は遠くへ出張してるし頼れる武将はなにしでかすか分からない秀吉だけだしな
114.名無しさん:2016年12月31日 11:08 ID:73E6I0qT0▼このコメントに返信
ちなみに>>53の佐久間が怠慢だという話だが、これは織田家で定石とされてきた「付け城戦術」をやっただけである。

織田家では通常、城攻めの際に出る犠牲を抑える為に
相手の城の周りに小さい城を次々と築き上げて相手に先制攻撃
相手が出てきて反撃した所を小城に退避して防ぐという戦法をとっていた。

佐久間は本願寺という大敵相手に犠牲を抑える為に、
この戦法をとっていただけで、怠慢という理由はこじつけではないか、とも言われている。
115.名無しさん:2017年01月08日 16:47 ID:bxjW4qzW0▼このコメントに返信
豊臣家の末路に比べれば織田家なんて数等マシ、何せアレは「絶滅」だったし…
116.名無しさん:2017年01月17日 23:36 ID:sCgjTROG0▼このコメントに返信
本能寺のとき、すでに信長は家督を信忠に譲って、隠居してたんだがな。
あれって、信長を討つんじゃなくて、信忠を討つ目的だったんだがな。
信長はついでだよ。残ってると跡目争いに口出して来るから。
117.名無しさん:2017年01月22日 00:08 ID:sIkfzY3O0▼このコメントに返信
丹羽長秀
柴田勝家
滝川一益
明智光秀
羽柴秀吉
池田恒興

近畿方面軍を一番やってはいけない人物に任せたのが運の尽き。

お名前