2016年11月30日 03:05

下剋上とかクーデターって成功した後に当時の元首ってのは処刑されるのが基本なの?

下剋上とかクーデターって成功した後に当時の元首ってのは処刑されるのが基本なの?

03

引用元:下剋上とかクーデターって成功した後に当時の元首ってのは処刑されるのが基本なの?
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1479976777/

1: 名無しさん@おーぷん 2016/11/24(木)17:39:37 ID:MWU
人材的には有能でも処刑?

2: 名無しさん@おーぷん 2016/11/24(木)17:40:46 ID:ikJ
クーデター政権って
前政権を全否定しないと
成り立たないからな

4: 名無しさん@おーぷん 2016/11/24(木)17:41:27 ID:MWU
>>2
あーそうか
そもそも現政権への不満が動機だから処刑せざるを得ないのか

3: 名無しさん@おーぷん 2016/11/24(木)17:40:57 ID:lmL
一族郎党全員処刑

7: 名無しさん@おーぷん 2016/11/24(木)17:42:56 ID:MWU
>>3
それは遺恨を断つためだよな?

5: 名無しさん@おーぷん 2016/11/24(木)17:41:53 ID:fWi
元首を殺したくなるくらい酷い政策をやってたからクーデターが起こるんじゃないの?

7: 名無しさん@おーぷん 2016/11/24(木)17:42:56 ID:MWU
>>5
確かにそうだ
クーデターだといい方として適切じゃなかった

下剋上の方が知りたかった意味合いに近いな

6: 名無しさん@おーぷん 2016/11/24(木)17:42:13 ID:OyE
徳川15代将軍「許されることもある」

8: 名無しさん@おーぷん 2016/11/24(木)17:44:23 ID:Qx0
信長→義昭追放
秀吉→孫をたてたが権力奪取
家康→策謀で追い詰め滅亡

9: 名無しさん@おーぷん 2016/11/24(木)17:44:57 ID:IPU
有名なところではドイツのヴィルヘルム2世は死なずに済んだ
フランス7月革命で倒されたシャルル10世も亡命して生き延びたぞ

10: 名無しさん@おーぷん 2016/11/24(木)17:47:02 ID:MWU
>>8-9
それは処刑を逃れたというだけの話で基本は失脚して終わりだよな
例えば元首の器じゃなかったけど、官僚としては有能だから使ってやるよみたいな事例は存在しない?

11: 名無しさん@おーぷん 2016/11/24(木)17:47:13 ID:IPU
あと1980年~90年代の東欧民主化で死んだのってチャウシェスクくらいじゃないか?

12: 名無しさん@おーぷん 2016/11/24(木)17:47:26 ID:CHm
乗っとり後に運営できなきゃ意味がない
現代は既得権重視にしたほうが効率いいと思う
追放する対象は国民のシンボルだね

16: 名無しさん@おーぷん 2016/11/24(木)17:53:54 ID:MWU
>>12
そもそもクーデターって気に入らないからやるみたいな漠然とした動機で蜂起してもその後の運営はどうすんだって場合あるじゃん?

その下の連中は使われる場合はあっても元首は流石に難しいか
ラスボス倒して仲間にするようなもんだしな

25: 名無しさん@おーぷん 2016/11/24(木)18:02:47 ID:CHm
>>16
おそくなり!

だから現代のクーデターはバックに国家がつく
達成後に個人ではなく国家が統治する
代表に国民統治性を押し出してね
後ろ楯なく成功したクーデターは後の統治に躓くだろ?

28: 名無しさん@おーぷん 2016/11/24(木)18:11:09 ID:MWU
>>25
だから上でも書かれてる近代では代理戦争という形になるわけだ
でもまだ国家間の関係性が薄い時代はどうだったんだ?

もっと古い時代だと輸送とか保存の問題で今ほど国家間の利権がなさそうな時代

30: 名無しさん@おーぷん 2016/11/24(木)18:26:46 ID:CHm
>>28
当時は『嫌いなものは排除』って価値観だろ
後の事考えずに目先で戦争
後の事はその時ってイメージかな
もちろん勢力と拠点確保のために吸収
離反者が人として扱われてたかは疑問

13: 名無しさん@おーぷん 2016/11/24(木)17:48:34 ID:7NG
タイではしょっちゅうクーデターが起きているけど
あれはお祭りみたいなもの

14: 名無しさん@おーぷん 2016/11/24(木)17:49:49 ID:MWU
まぁ圧政を敷いてた場合は有能だろうが無能だろうが、国民感情が許す訳ないか

15: 名無しさん@おーぷん 2016/11/24(木)17:50:53 ID:qqH
民主党政権時はマジで一歩手前だったな

17: 名無しさん@おーぷん 2016/11/24(木)17:55:35 ID:2ez
元首を生かしてたら本人にする気がなくても周りに祭り上げられる可能性もあるし

18: 拓也@在日の種◆TAKUYAAAIo2m 2016/11/24(木)17:56:33 ID:qA3
今のシリア内戦もクーデターだからね
アラブの春で北アフリカがクーデター簡単に成功して民主化できたのはクーデター(国民側)に軍が加勢したからなんだよな、その背後にアメリカが軍事支援して簡単に政権打倒、クーデター成功
アメリカ側の政治家や元首を置くことができた

19: 拓也@在日の種◆TAKUYAAAIo2m 2016/11/24(木)17:56:51 ID:qA3
ようは今の時代のクーデターなんて大国の代理戦争だからね

20: 名無しさん@おーぷん 2016/11/24(木)17:57:15 ID:IPU
元首は象徴だからまぁ失脚だけど
官僚・高官は残る場合が多いよ

23: 名無しさん@おーぷん 2016/11/24(木)17:58:27 ID:MWU
>>20
下のやつはそうなのか
てかそうしねーと素人集団が運営担う可能性もあるし、反体制側もそうやって使った方が合理的だよな

24: 拓也@在日の種◆TAKUYAAAIo2m 2016/11/24(木)18:00:09 ID:qA3
イラク戦争なんかも元首から地方議員、市長までアメリカ側の人間たててるし、地方議員や市長とかイラク国籍ですらない
官僚や軍関係は刑務所か亡命してイスラム国で活動してる
現代の他宗教に対するクーデターなどは既存政権を全滅させなきや終わらない

26: 名無しさん@おーぷん 2016/11/24(木)18:06:13 ID:a6m
トルコのクーデターはそもそも動機がよく分からない

29: 名無しさん@おーぷん 2016/11/24(木)18:24:03 ID:Qx0
古代中国はクーデターではなく禅譲で権力を譲ったな
譲った本人は表舞台から消えたが

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2016年11月30日 03:07 ID:y70bfiFS0▼このコメントに返信
日本には必要だ。
2.名無しさん:2016年11月30日 03:18 ID:CrHForog0▼このコメントに返信
どこかでクーデター起こした後民主主義的に選挙したら前政権の大統領が勝ったって話を聞いたんだけどどこの国だっけ?
3.名無しさん:2016年11月30日 03:27 ID:OAjYaR6W0▼このコメントに返信
反撃される根を根絶しないと近い将来自分が危ないからな
当然「一族郎党37564」に決まっているだろ。
4.名無しさん:2016年11月30日 03:31 ID:X5QhClv30▼このコメントに返信
ケースバイケースだよね。
官僚や役人まで処分したら無政府状態になって大混乱になる。
そういう国はたくさんあるよね。

5.名無しさん:2016年11月30日 03:33 ID:fmV4gxaF0▼このコメントに返信
武田信虎「クーデター起こした奴よりされた奴が長生きすることもある」
6.名無しさん:2016年11月30日 03:34 ID:k83w8SKt0▼このコメントに返信
クーデターという言葉だと定義が曖昧というか広範囲だから細分化した方がいいと思うけどな
王政から民主主義や、社会主義みたいな政治体制の変化を伴うものは革命
政治体制はそのまま引き継ぐが現権力者を打倒し、自分がその地位につくのは反乱
宗教やら民族単位の争いならクーデターというよりはもう普通に戦争というか、あくまで国内でのことなら内戦だな

日本の場合だと革命で一番有名なのは江戸城の無血開城かな
反乱だと明智による本能寺の変かしら
7.名無しさん:2016年11月30日 03:39 ID:QQPs7yNH0▼このコメントに返信
クーデターはその前政権があまりにひどくないと大義などない。ゆえに前政権を批判するしか自己正当化できない。
秦の始皇帝以後、宦官が悪性を敷いたが、皇帝一族は問題なかった。劉邦は許したが項羽は何の罪もない皇族を虐殺した。彼はそれで正当化が出来なくなった。以後、中国はそんな感じで政権はうつろうことになる。
日本でも徳川幕府は問題なかった。ただ、鎖国で海外との軍事力の差によって明治維新ができた。明治政府はただのテロリストである。御所を襲撃し、京を燃やしたのにもかかわらず、朝廷の部下である一部の公家とただの利権で幕府を朝敵にした。長州は明治天皇に最後まで信用されなかった。近代化を正当化の一つとしてるが、幕府側で製鉄業を打ち立てた功績者が何の咎もなくいちゃもんで斬首されてる。近代化を正当化するなら彼は取り込むべき人物だった。斬首されるときは幕府側からも下野してフリーで、寺小屋の教師だったのにね。
8.名無しさん:2016年11月30日 03:43 ID:vwiURJWI0▼このコメントに返信
ほんとに悪かどうかなんざ民衆には分からないから分かりやすい悪党を仕立てて大々的に潰せばスムーズに政権移行出来て民衆の鬱憤も晴れて大団円
9.名無しさん:2016年11月30日 03:44 ID:f.5..E7F0▼このコメントに返信
※2
最近のことならコートジボアールのローラン・バグボかなぁ、、、

でも一度負けた結果(45:54)出た後、不正があったつって選挙管理委員会がバグボ当選宣言したというバナナ共和国みたいな話で、、、
結局バグボ拘束されて今のウワタラ政権成立したんだけどね、、、


日本だと天皇は処刑されないんだよな
足利尊氏だって後醍醐天皇放置のまま北朝支えたんだし、、、
10.名無しさん:2016年11月30日 03:51 ID:gI0pXmuG0▼このコメントに返信
クーデターも革命も一般民衆の知識レベルが低くないと成り立たない
11.名無しさん:2016年11月30日 03:52 ID:euUTJhZs0▼このコメントに返信
基本的には武力そのものか武力を背景に非正規な手法で政権を奪取するのがクーデター
同調圧力的なものを背景とするものもある
正規の手法に基づいて政権交替する場合クーデターじゃない。

クーデターが失敗すれば反乱と見做されることもあるが、反乱自体クーデターじゃない
クーデターの成功失敗を問わず、直ちに政権奪取ができず一定期間戦闘が続いたのち結果が現れた場合は内戦と呼ばれるが、内戦自体は体制派が仕掛けることもあるのでクーデターを原因としないものもある。

なんとなくだけどこんなイメージ。
12.名無しさん:2016年11月30日 03:53 ID:QQPs7yNH0▼このコメントに返信
朝廷は権威であって権力じゃないからねぇ
権力は力を得る代わりにその責任が発生する。中国の皇帝は権威と権力が同時に保有する為、滅んでしまう。一方ローマ法王は権威だから存続する理屈と一緒だね。
13.名無しさん:2016年11月30日 03:55 ID:PMmKj2Gc0▼このコメントに返信
民進は身内の中で下剋上でもやったらどうだ?
若手が集まって、蓮舫やその他幹部連中を追放しないと未来は無いぞ?
次の選挙で民進なんてマイナス要因にしかならないし、自分の戸籍表示しないと国民から信用して貰えない。
若手が出て、老害や工作員を始末したとなればそれなりに評価されるかもな。
14.名無しさん:2016年11月30日 03:55 ID:RSJirIHD0▼このコメントに返信
※5
武田家は一応家臣の支持もあって強制隠居させてからの追放で、信玄自体は名目上きっちり家督相続してるからクーデターとはちょっと違うような
外交リセットのために浅井家も似たようなことやってるしな
15.名無しさん:2016年11月30日 04:02 ID:Wd57qSzA0▼このコメントに返信
>例えば元首の器じゃなかったけど、官僚としては有能だから使ってやるよみたいな事例は存在しない?

ずいぶん難しいこと言うな。
持統天皇なんてどうなん。
16.名無しさん:2016年11月30日 04:03 ID:9Rj5bJEC0▼このコメントに返信
日本におけるクーデターってのは

 天皇を廃すること じゃないんだよ
日本におけるクーデターは

 派遣会社を厳重取り締まること なんだよ
17.名無しさん:2016年11月30日 04:04 ID:9Rj5bJEC0▼このコメントに返信
派遣会社をボコボコにし、
専業主婦を廃し、
犯罪者重税制度を作り上げる

これこそ日本におけるクーデター
18.名無しさん:2016年11月30日 04:14 ID:QQPs7yNH0▼このコメントに返信
派遣会社を取り締まるより前に、左翼と外翼と経済連を破壊して、かつマスメディアも解体するのが先だと思うなぁ
無理だろうけど
19.名無しさん:2016年11月30日 04:18 ID:pLJhaH0N0▼このコメントに返信
日本だと、出家させて寺に預けるっての多いな。
20.名無しさん:2016年11月30日 04:22 ID:irx3pybA0▼このコメントに返信
元首と君主をいっしょにするなよ。
21.名無しさん:2016年11月30日 04:25 ID:vkDtVOeG0▼このコメントに返信
処刑はされんが新政権からは追放されるだろ
官僚とかは残るかもしれんが
22.名無しさん:2016年11月30日 04:26 ID:pLJhaH0N0▼このコメントに返信
天皇の血筋だと気がふれたと称して放置する事も多い。
だが、温泉で逗留して正気に戻ったので反乱を起こすってのもあった。
23.名無しさん:2016年11月30日 04:35 ID:vkDtVOeG0▼このコメントに返信
※17
>>専業主婦を廃し、

今でも既に若い世代の間では廃されたようなもんやろ
専業主婦が成立してたのなんて団塊世代まで
今のやっすい給料で専業主婦なんてやってられん
今は夫婦共働きが常識やぞ

>>犯罪者重税制度を作り上げる

馬鹿なのかな?
服役中の労働の対価なんてアホみたいに安くて、数年刑務所で働いても出所する頃には2,3万程度の金にしかならんのに、重税にしたところで雀の涙ほどしか変わらんぞ。
あるいは出所した元犯罪者に重税を課せという話なら、元犯罪者ってだけで就職は困難になり、底辺職にしか就けなくなるのに、その上重税なんて、また犯罪を犯してくれと言ってるようなものだぞ。
そんなに日本を犯罪だらけの国にしたいのか?
刑罰を重くしろというならわかるが、犯罪者重税制度なんて何も知らない&何も考えてない馬鹿の発想としか言いようがない。
24.名無しさん:2016年11月30日 04:42 ID:xzznhqnN0▼このコメントに返信
神殺し、王殺し、ってのは古代史の基本みたいなもんだ。
禅定ったって実際には殺してる。
夏の帝禹は帝舜の息子商均を抹殺して即位してるし、帝舜の前の堯帝は帝嚳の息子の摯を抹殺して即位してる。

ある意味、王ってのは殺されるために存在してるようなものだ。
それは天皇も同じ事、天皇が死んだとき日本は終わる、最後の鍵のような存在なのだよ。
25.名無しさん:2016年11月30日 05:05 ID:xzznhqnN0▼このコメントに返信
王ってのは国を征服するためには非常に便利な存在だ。

たとえばアメリカを滅ぼそうとするとどうすればよいか?となれば、国民がもう再起できないと納得するまで殺し尽くすしか方法が無い。
大統領を処刑しても閣僚を処刑しても国民は納得しない、必ず再起してしまうだろう。
それまでどれだけの血が流れるかは想像に難くないが。

だが日本はある意味楽だ。皇室を全滅させればいいのだから。
再起する運動はあるかも知れないが復興にまではまず至らない、つまり国民の犠牲が最小限度ですむということだ。
26.名無しさん:2016年11月30日 05:12 ID:9Rj5bJEC0▼このコメントに返信
皇室を廃してもなんにもならん

日本人にとっての伝統文化か消えるだけ
27.名無しさん:2016年11月30日 05:13 ID:97liNWvf0▼このコメントに返信
途中でイッチの考えてる粛正対象がポルポトみたいになっとるやんけ
28.名無しさん:2016年11月30日 05:20 ID:vrm9NdZq0▼このコメントに返信
簒奪と禅譲ではその後の対応が変わる。
29.名無しさん:2016年11月30日 05:29 ID:J0IyRRT.0▼このコメントに返信
案外、処刑以外の無力化も多いよ
例えばキューバの場合、前政府の大統領は亡命した
30.名無しさん:2016年11月30日 05:43 ID:3PkzKhP60▼このコメントに返信
※29
同意。アフリカの軍事クーデターなどは、元首が外遊中に決起して、元首はそのまま国外にというケースが。
お隣でも、クーデターで追い出された李承晩は、ハワイで客死。フィリピンのマルコスも亡命して客死。
次は、クネ婆と、アキヒロですなぁ。粛々と収監されるのか、それとも、ノムたんのように飛ぶのか?
31.名無しさん:2016年11月30日 05:48 ID:UvhVq63w0▼このコメントに返信
タイはクーデターをして王様に怒られるまでセットなイメージ
それももう王様亡くなったから今後ないんだろうなあ
32.名無しさん:2016年11月30日 05:49 ID:xzznhqnN0▼このコメントに返信
簒奪と禅譲は表裏一体と言っていい。
黄帝・玄帝・帝嚳・堯帝・帝舜・帝禹、中国伝説上の5帝と夏朝最初の国王までは禅譲だったとされているが、実はそれぞれの王の間には血塗られた後継者抹殺の歴史が横たわっている。

人徳に優れていたとされる帝舜にしても例外では無く堯帝の息子である丹朱が犠牲になっているし、堯の重臣だった姒鯀は処刑されている。
その姒鯀の息子が帝禹なのだから、禹が舜の息子の商均を追い落とした理由に父の復讐があったと考えることもできるのかもしれない。
33.名無しさん:2016年11月30日 06:00 ID:L1GQh.e10▼このコメントに返信
そう考えると南朝鮮の大統領選挙なんて、まんまクーデターじゃね?
34.名無しさん:2016年11月30日 06:00 ID:RM3QShlI0▼このコメントに返信
最近のだとウクライナやな。
35.名無しさん:2016年11月30日 06:12 ID:uAQY7vQZ0▼このコメントに返信
明治維新の場合も、薩長は本当は慶喜の首を取りたかったのよ
そうすれば内外にしっかりと権力者が変わったと示せたから
しかし慶喜は頭が切れすぎて、自分のために鳥羽伏見で戦う幕臣たちを見捨て、江戸を無血開城させることでそれから逃れた

慶喜は、クーデターから生きのびた希有な例
36.名無しさん:2016年11月30日 06:18 ID:QQPs7yNH0▼このコメントに返信
※35
結局、薩長は政権を取れたけど陛下には信用されず、慶喜は陛下から後で感謝されてるんだよね。
降伏して有難うって。最後まで外国に対して科学技術で力及ばないにしても大将軍として守るべき守護者だった徳川家。二代目は朝廷に対して反逆したけど、水戸徳川家は朝廷に対して忠臣であり続けた。
37.名無しさん:2016年11月30日 06:24 ID:vh8k5c3.O▼このコメントに返信
古代のシャーマン国家では王殺しがあった。
今の韓国はそれに魔女狩りが加わっている。

38.名無しさん:2016年11月30日 06:31 ID:7.3QrYIB0▼このコメントに返信
※32
あれは政争ではなく、治水の失敗だからね?当時の法では行政の担当者がちゃんと責任を負っていた。人死がでたら、其の責任を取るにはどうやっても死んでみせるくらいしか方法がなかった。

川の氾濫を治めるなんて無理難題だったのにね。禹王が帝位についたのは其の治水を成功させたからだよ。誰も出来なかったことをやってのけたから、位を譲られたんだ。伝説ではそうなってるね。
39.名無しさん:2016年11月30日 06:41 ID:jHrQBIQ90▼このコメントに返信
日本史では処刑されないケースが数多くあるよね。
戦国時代だって女子供や家臣までってのはないし。


一族郎党37564は大陸の伝統文化じゃないのかな。
北朝鮮なんて今も小さな子供まで粛正してるし。
40.名無しさん:2016年11月30日 06:53 ID:jR5I.kTo0▼このコメントに返信
※17
犯罪者重税制度と言うより、犯罪を犯した者は家族を含めて財産没収で良いだろう
没収割合は、窃盗は10%、殺人は100%など、犯した罪の種類によって決める
41.名無しさん:2016年11月30日 07:37 ID:5Cj.e1qE0▼このコメントに返信
戦後体制叩き潰しの最良策がこれ。
在日帰化人背乗り
これを37564
これ以外に、どんなに制度をいじろうがどうしようもない。
機会を待とう。
※3が恐らく該当者。日本人の敵である。
42.名無しさん:2016年11月30日 07:48 ID:JsQlmDJk0▼このコメントに返信
中国に亡命、政治難民しろ。
43.名無しさん:2016年11月30日 07:51 ID:J1XPQuZ70▼このコメントに返信
わざと亡命させて、クーデター直後の敵対勢力のやる気をそぐという手。
処刑は気持ちがいいのはその時だけで、まわりの国がほぼ引いちまうから必要最低限の武力ですよ、
目的はあくまで政権の安定化ですよ。 っていうのがほしい。
44.名無しさん:2016年11月30日 07:53 ID:J1XPQuZ70▼このコメントに返信
本スレイッチへの答えとしては、例外=日本ってとこですかね。
最後はあくまで天皇の看板を使うことで政権奪取後の争いを避けてるみたいな利用法。
45.名無しさん:2016年11月30日 07:58 ID:hNk24kXG0▼このコメントに返信
徳川慶喜「みんな下手ね。命あっての物種じゃん?」
46.名無しさん:2016年11月30日 08:04 ID:QbAmnJwu0▼このコメントに返信
今川氏真「呼んだ?」
47.名無しさん:2016年11月30日 08:04 ID:j5ZRnmEv0▼このコメントに返信
政治だけじゃない芸能界も下克上だ
お笑い芸人のクーデターもあるぞ
SMAPもやったが元の鞘に戻ったな
48.名無しさん:2016年11月30日 08:05 ID:CSmPc9fa0▼このコメントに返信
古代から中世辺りだと周辺の大国に亡命されて援軍引き連れて政権奪還に来られたら不味いから皆殺しにするケースも多いよね
お隣の半島でも高麗乗っ取った李朝が王族と同じ名字の人間皆殺しにしてる
仏教弾圧は寺が出家して名字を捨てた王姓の隠れ簑になるから
49.名無しさん:2016年11月30日 08:35 ID:1MkFP6ks0▼このコメントに返信
クーデター(下剋上)と言っても普通に追放なんてのも日本じゃ沢山あるけどな
何処までも他人が悪いと思い自分が追いやられた事よりも
追いやった恨みを持ち続ける文化的価値観が粛正に繋がるんじゃないのかな
50.名無しさん:2016年11月30日 09:02 ID:gFqfqg6w0▼このコメントに返信
国外追放/亡命ってケースも多いが、「国王崩御!新王万歳!」ごっこができる分だけ新政権にとっては処刑のほうがお買い得。
51.名無しさん:2016年11月30日 09:05 ID:6VoaQap80▼このコメントに返信
※49
前の権力者は国内の反対勢力に担がれるからだよ
中国の南宋の建国時がそうだね
北宋最後の皇帝の兄から北宋軍の最精鋭を与えられた南宋建国の祖である高宗は敵に向かわずに南方で新政権を立て弟に裏切られて北宋は滅んだ
その後義勇兵の活躍で優勢な状況にもかかわらずこれ以上攻勢に出たら捕まえてる前皇帝の兄貴をお前の国に返すぞと敵に脅されて主戦派の岳飛を粛清して講和に走った
兄貴の欽宗を突っ返されたら扱いに困るから(皇位を返すのは嫌、殺すと国民の支持を失う、隠居させると反対勢力に担がれる)
南宋は国民を尊王攘夷思想で洗脳して戦争してたから兄貴は敵国にとらわれてるかわいそうな人で金国は憎むべき侵略者というポジションじゃないと困る
52.名無しさん:2016年11月30日 09:24 ID:i.sX5AER0▼このコメントに返信
>例えば元首の器じゃなかったけど、官僚としては有能だから使ってやるよみたいな事例は存在しない?
明治維新はそんな感じかな
53.名無しさん:2016年11月30日 09:39 ID:lpFhX0Px0▼このコメントに返信
滅ぼさずに優遇すれば奪取した側の政権が長続きするとか・・・銀英伝で読んだwww
54.名無しさん:2016年11月30日 10:02 ID:J0IyRRT.0▼このコメントに返信
※50
今は微妙
国内アピールとして処刑は判りやすくて良いが、国外イメージは落ちるリスクが高いから
55.名無しさん:2016年11月30日 10:19 ID:vBvoM90j0▼このコメントに返信
前政権のトップ(元首?)は、残したほうが安定するのか、残さないほうが安定するのか、次の政権のトップがどう考えるか、次第じゃないのかな。

暴力(クーデーターや革命や維新)で政権交代しなくても、朝鮮や中国みたいな儒教圏の国家は、

前任者(あるいは2代前)の元首は無条件で処罰するし。文化的宗教的な要素も大きいと思う。


日本はアカヒ新聞、共産党やミンス党みたいな、儒教至上主義の暴力機関/団体が増えたので、処刑して当然、の考え方が蔓延しそうだけどな。
56.名無しさん:2016年11月30日 10:25 ID:VjbZ.OLJ0▼このコメントに返信
自称有識者が天皇陛下に死ぬまで働けって言ってるがこれもクーデターみたいなもんだろ
57.名無しさん:2016年11月30日 10:29 ID:dtVWjrA20▼このコメントに返信
カエサル「負けを認めた相手は許すぞ」
58.名無しさん:2016年11月30日 10:33 ID:IiDhRQQe0▼このコメントに返信
確かに処刑は基本だな
残った王族には有能無能凡庸関係なく血統というカリスマが存在するから
どこぞの馬の骨が正当血統を名乗ったりするように
結構血統って貴重なんだ
59.名無しさん:2016年11月30日 10:57 ID:H5EBvyxm0▼このコメントに返信
武田信虎とかいう、息子・晴信の舅になった今川家へ祝の挨拶に行ってた隙に
その晴信にクーデターされて
そのまま今川家の居候から京での楽隠居になった悲劇の戦国大名もいるぞ
伝承では暇つぶしに数々の合戦にも参加して武勲をあげたとか

尚、息子より長生きして勝頼の代に孫の顔を見に戻って来た模様
60.名無しさん:2016年11月30日 12:15 ID:JBHM4mEh0▼このコメントに返信
恨みの代名詞のような国だと
1000年恨むのだろうか
禍根は確実に残るな
61.淡水魚:2016年11月30日 12:37 ID:yybp95mLO▼このコメントに返信
オスマン・トルコの最後の皇帝は国外追放だったような。
ハプスブルク家は王室の特権を放棄してただの市民になるなら国内に住んでもいいよ的な終わり方だったような。革命じゃないからかな。
62.名無しさん:2016年11月30日 12:47 ID:.FUbqfXW0▼このコメントに返信
しょうがないけど、前政権のトップを必ずコロそうとするのはクーデターの決着ついても戦いが長引く原因だと思うわ。
どんなに国際的に非難されようとも、指導者は戦い続けないと必ずコロされるから、最後の最後まで抵抗せざるを得ない。降服したり政権手放すから戦闘やめようとも言えない。
63.名無しさん:2016年11月30日 13:18 ID:qKYLDdpJ0▼このコメントに返信
明治維新だって見方によってはクーデターだと思うけど
将軍さん静岡県に追いやられたが優遇されていたよ
64.名無しさん:2016年11月30日 13:24 ID:.fMaQWF00▼このコメントに返信
※39
信玄の佐久攻めとかは?
65.名無しさん:2016年11月30日 14:51 ID:UPvJztc30▼このコメントに返信
子孫が残ってれば正当な後継者として担がれてまた戦争になるからな
中国は大体一族郎党皆殺しにしてるイメージ
66.名無しさん:2016年11月30日 16:01 ID:AQBaMpBM0▼このコメントに返信
失脚させなかったらクーデターって言わないからそれ
67.名無しさん:2016年11月30日 17:37 ID:.7pYgupX0▼このコメントに返信
「収奪なんてのは火車を回すのと同じよ。姫をあやすようにすべてを与えるか、きれいさっぱり滅ぼすかだ」
68.名無しさん:2016年11月30日 19:52 ID:1f0XIzIg0▼このコメントに返信
とりあえず隣の国の大統領は八つ裂きにされそうだよな
なんでも現大統領の従兄弟は既に家焼かれて逃げたところを撲殺されたらしいじゃん

まあ、非理性的な民族に民主主義や法治国家は無理だったって話だわな
69.名無しさん:2016年11月30日 21:51 ID:2Uw8p9DB0▼このコメントに返信
元反乱軍の榎本さん、大日本帝国外務大臣に任命されました

70.名無しさん:2016年11月30日 23:17 ID:2FYavSHL0▼このコメントに返信
※51
まぁ、前政権のトップが、既得権益者にとってもそれ以外にとっても見放された存在なら
処分する必要がないけどね。
71.名無しさん:2016年12月01日 01:01 ID:IURul1s50▼このコメントに返信
クデターにはいくつかのパターンがある
1.元首が国内に居る時に暗殺する(例:エジプトのサダト)
2.元首の権力を取り上げて監禁(例:タイの場合)
3.元首が外遊中にクーデターを起こし元首はそのまま亡命(例:イランのパーレビ)
後は革命かな
72.名無しさん:2016年12月01日 11:20 ID:BiNN53Zr0▼このコメントに返信
※39
日本史ちゃんとまなんでんの?
全部ではないが、37564はよくあるよ、日本にも根切りって言葉が中国同様にある
上杉謙信や武田信玄、織田信長が村滅ぼしたりするし、敵方とかころしまくってたぞ
甲州征伐だと武田家臣団早期に降った者以外は「基本的」にかたっぱしから殺しまくったろ、例外もいたけど
有名なのは一向一揆の37564だし、その一揆も守護37564してたろ確か
秀吉も連座処刑してるし

お名前