スポンサーリンク

2016年11月24日 16:40

なぜ日本はノーベル賞を獲得できるのか

なぜ日本はノーベル賞を獲得できるのか

02

引用元:【中国】エリートが移民してくる国ではない日本、なぜノーベル賞を獲得できるのか=中国[11/24] [無断転載禁止]c2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1479951903/

1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2016/11/24(木) 10:45:03.10 ID:CAP_USER
http://news.searchina.net/id/1623689?page=1

「(中略)」
 中国メディアの今日頭条は18日、なぜ日本はノーベル賞受賞者を数多く輩出できるのに、中国は自然科学分野でノーベル賞をほとんど獲得できないのかと疑問を投げかける記事を掲載した。
「(中略)」 

3: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/11/24(木) 10:46:11.15 ID:Q/tUW27E
>>1
文革という馬鹿な政策をやってないから

9: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/11/24(木) 10:47:59.64 ID:x1BWkcj9
孔子文学賞とか勝手に作ればいいじゃん

第一回受賞作は、既に毛沢東語録に決まってるけど

13: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/11/24(木) 10:50:03.78 ID:GEkX+JNr
アメリカ人受賞者でも、アメリカで教育受けた人ってあまり多くない
頭が良い移民には、非常に研究しやすい環境なのだろう
ただしアメリカ生まれのアメリカ育ちには、教育制度が終わってる感じ

34: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/11/24(木) 11:00:02.49 ID:+sAv4ObU
>>13
大学だけ機能してんだな。

21: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/11/24(木) 10:53:09.57 ID:PU7w5pKU
韓国のノーベル症がうつったのかな

30: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/11/24(木) 10:57:15.47 ID:P0Dz6x3a
エリートよりも一芸に秀でてる奴が来る国でありたいな
おもしろみがあって

36: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/11/24(木) 11:02:29.06 ID:kKmFEC78
>>1
というより、

すでに何度も指摘されてるが「人生の価値観」が最大の要因だろうな。
日本のアニメを見て普通に分かることだが、至高の目的は「人類の幸福」。

「世のため人のためにこの研究をするのだ」という意識が無い限り、人類史に残る成果を出すのはマズ無理。
或いは、最初から、「コツコツ研究すること自体が好きだ」という場合だな。

「カネ」「名声」「地位」などを目指して(動機として)、非常に困難な研究に向かこと、
つまり、自分ひとりの利益のために、ノーベル賞級の研究をするには、余りにもハードルが高い。

145: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/11/24(木) 12:10:12.23 ID:Z7/eDwzp
>>36
むしろオタク気質の方が重要だと思うけどな
それがなんの役に立つとか利益になるとか一切考えないで
自分の興味だけで知りたいから面白いからで突っ走るからだと思う
研究成果やノーベル賞は後からついて来るオマケだろ

40: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/11/24(木) 11:04:53.42 ID:5ffoPL4B
移民にノーベル賞を獲らせようという発想自体がすでに他力本願だな
自分達には知能が無いって自覚してんのか

42: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/11/24(木) 11:06:25.41 ID:Gb44LBgs
あまり外国語が得意でなってのがあるよね
それにアメリカ人みたいにフランクに話すこと自体が苦手なので、
研究職につくような人が海外にでることは少ない

さらに研究職につくのは金の為ではなく、
自分の好きなこと、興味のあることの為に道を選ぶ人が多い
そういうことに幸せを感じるオタク気質の人が多いってことだよね

50: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/11/24(木) 11:09:25.79 ID:01+cryDx
なぜなぜ言う前に真剣に研究しろ

51: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/11/24(木) 11:09:34.50 ID:a62Eq+T8
中国は優秀な人間は国外に逃げるからな。
最近呼び戻そうとしてるみたいだが。

66: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/11/24(木) 11:16:34.89 ID:fVpBvQYc
>>1
治安が良い国だから。

72: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/11/24(木) 11:20:08.66 ID:1BHRzctO
先進国=地道な努力ができる

75: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/11/24(木) 11:21:02.86 ID:xbMC8R/L
研究費増→論文増→ノーベル賞増

なんだよね。日本が貰ってるのは、だいたい30年以上前の研究の成果
なことが多い。日本がまだ景気良くて研究費がたくさん出ていた頃の話。

90年代以降、景気が悪くなって研究費が減らされて、論文の数も減ってるからね。
将来はかなり危機的な状況。今後は貰えないことが予想される。
20年後くらいは、中国・韓国ばかりがノーベル賞を貰うってことになりかねない。

科学も芸術もつまるところ「カネ」なんだよ。芸術の質を維持するにもカネが必要。
カネがないと何も生まれない。

仕分けとか無駄削減とか言うバカがいるからなあ。

78: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/11/24(木) 11:22:24.38 ID:z5WvzpOW
>>75
30年前の研究環境なんてそんなによくなかったよ
戦前もっと悪かった時期から候補者もたくさんいたしね

103: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/11/24(木) 11:36:12.48 ID:Ib6916Dh
>>75
日本だけでなく、自然科学系のノーベル賞が順番待ち状態だからね

IPS細胞の山中先生のように最近の研究もあるし
大隅先生のオートファジーの遺伝子特定でも23年前で30年以上前というほと古くない

76: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/11/24(木) 11:21:13.12 ID:KwFTi2rH
中共一党独裁国家だからだろ
自由な発想すれば刑務所に送り込まれるし無理

84: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/11/24(木) 11:25:20.10 ID:8sc5VJr4
日本人技術者のおかげで経済成長した国が何を言っているんだ。
日本人技術者を呼んでおいてノーベル賞も取れない国もあるな。

85: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/11/24(木) 11:25:33.14 ID:eBhclI3j
そもそも
中国人は「人類の役に立ちたい」と本気で思っているのだろうか?

86: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/11/24(木) 11:26:08.21 ID:hPTBipiT
>>1
エリートが移民・移住してきて自然科学分野のノーベル賞受賞者になるのってアメリカぐらいじゃないの?
日英独仏は、自国の学術機関での研究しかしてない受賞者も居るし
(昔の話だけじゃなくて、2000年以降の受賞者の中にも)

94: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/11/24(木) 11:32:28.28 ID:ZYeVrkRL
羅針盤、火薬、紙、印刷。
これらの発明で、もう充分に人類に貢献してるのだから、無理するな。

96: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/11/24(木) 11:33:15.81 ID:Q9DU0GkV
金儲けの国じゃないから

98: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/11/24(木) 11:33:51.93 ID:CFPaZ6ef
だんだん韓国になってきたな!

108: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/11/24(木) 11:38:46.80 ID:XPaZZa/R
日本のことじゃなくて、お前らの国のことを心配しろよ
いかに異常か、まだ気づかんのか??

113: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/11/24(木) 11:42:08.13 ID:mR2iuxRV
なんだっけか
ちょっと前にノーベル賞受賞した人が言ってたけど

「社会の役に立つ前提で研究してた訳じゃねーもの(ビシャリ」と、浮かれる俺等や日本政府に釘刺してたよね

124: かなり面倒@量産型兵@無断転載は禁止 2016/11/24(木) 11:47:26.12 ID:e2tEqsb7
>>113
研究者って自分の研究したいこと研究してるだけだからな
予算貰う時の名目以外は社会と共存する気はないとも言われてるし

127: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/11/24(木) 11:49:11.49 ID:mR2iuxRV
>>124
その位のがいいんだろね
変に社会欲強い奴だと、真顔で「世界征服」とか言い出しそうだし

129: かなり面倒@量産型兵@無断転載は禁止 2016/11/24(木) 11:50:59.34 ID:e2tEqsb7
>>127
国家とかが定期的に視察する程度でいいんだろうな
たぶん

130: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/11/24(木) 11:51:03.06 ID:OVxLfS96
中国は人口的にも台頭してくるのは結構自然だと思うけどな
それが出来ない土壌に疑問を感じるべき

131: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/11/24(木) 11:52:45.98 ID:mR2iuxRV
後、中国の軍事開発なんかもそうだけど

例えば、研究資金が10あったとしたら
9~8は偉い人間のポケットに入っちゃって、残り1で研究開発やってるって話もあったけど
もしかしたら、中国の学術研究も似たような感じなんじゃねーの?
だからパクリが横行してるんじゃねーかと

142: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/11/24(木) 12:08:38.91 ID:sbDeTCMF
西欧の賞なんかに一喜一憂すんなよ。
お前らには孔子賞があるじゃないか。

161: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/11/24(木) 12:43:05.83 ID:rTToqpNl
大望を抱く子供なんていっても、まずなんだかんだいって周囲の環境を是正したいなてのに興味がいくよな、
それがゆくゆくは社会計画やら具体的な環境技術の方向に向かう可能性もあるが、
まずは社会の中でいちばん重きをなす政治局員とかに行っちゃうんじゃね?

162: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/11/24(木) 12:43:55.80 ID:MHyWMrak
明治維新が終わり富国強兵の時代になったころに
欧米に多くの日本人を留学させて、欧米の最先端技術を
日本語でも学べるように学校を作ったんだよ
韓国みたいな小国は自国の言語では最先端技術を学べないから
まずは英語を学ぶ必要がある
日本では日本語でも最先端技術が国内で学べる環境だから
一度も外国の大学に留学したことがない人でもノーベル賞を取っている

190: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2016/11/24(木) 13:47:46.48 ID:/uqeQNmj
ソ連崩壊でソ連系科学者を輸入した国は見方や言うことが違うな。

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2016年11月24日 16:41 ID:mOtbDWJ6O▼このコメントに返信
どんどん韓国みたいになってくるな?
2.名無しさん:2016年11月24日 16:43 ID:ZJRdcVyW0▼このコメントに返信
パクったほうが簡単って考えてる時点で永遠に発展はない
3.名無しさん:2016年11月24日 16:47 ID:L2Z3FCsb0▼このコメントに返信
大朝鮮とはよく言ったもんで
ノーベル症まで感染ったんかい
4.名無しさん:2016年11月24日 16:50 ID:xAWLKPnl0▼このコメントに返信
中国ってノ-ベル賞なんかいらんとか言ってなかったっけ?w
5.名無しさん:2016年11月24日 16:51 ID:PLedNM.y0▼このコメントに返信
簡単やぞ。
「世界に貢献しようと思ってるかどうか」
6.名無しさん:2016年11月24日 16:52 ID:HSjO8yzS0▼このコメントに返信
中国人だって受賞したろが,ご~く少数だが一生かけて研究してさ.
中国&韓国人は刹那の成功を狙いすぎよ,一瞬の成功の先には大したモノは無いの
7.名無しさん:2016年11月24日 16:53 ID:T57FX.UF0▼このコメントに返信
すぐに結果を求める政府ではないから。カミオカンデなんて巨大な宇宙線キャッチのせつびだって 結果はどうなるか分らなかったのに
予算を出す政府。こういう投資が科学の発展になるのだ。ゆっくり研究してもらう環境は重要。
8.名無しさん:2016年11月24日 16:53 ID:k4ZAmd1I0▼このコメントに返信
取れる取れないの話をする前に
「この研究だったら取れると思うのだが、何故ダメなのか?」
くらい言えるようになれよ?
9.名無しさん:2016年11月24日 16:54 ID:iS4Y38.50▼このコメントに返信
何より下積みが大切なのよ、蔑ろにする、
鮮獣 には分からない境地だよ未来永劫❗️(´・ω・`)
10.名無しさん:2016年11月24日 16:54 ID:4z.ks.350▼このコメントに返信
他国の技術や他人の研究成果を盗んでいたのではノーベル賞は貰えない、中国・韓国人は他国の技術や研究成果を盗む事しか考えない連中。
11.名無しさん:2016年11月24日 16:56 ID:BbOs6wvE0▼このコメントに返信
特亜は世界一を目指す
日本は世界初を目指す

既存の分野で一位を掠め取る事に腐心する特亜と、
分野そのものを新しく開拓しようとする日本との気質の差が如実に現れてるだけ。
周りから何を言われようが地道にコツコツ努力する基礎研究は特亜には絶望的に不向きだ。
12.名無しさん:2016年11月24日 16:57 ID:uX9FvJ4n0▼このコメントに返信
エレキテルの国だからじゃね?平賀源内
なんつうか明治大正昭和を見てると日本人の知的好奇心貪欲さ
物理科学への飽くなき探求心が垣間見える
文明開化言うけど水を得た魚の様に発展していった
江戸時代から素地があったのはそうだが
世界を知りたいんだろう、井の中の蛙は大海を知りたがる
13.名無しさん:2016年11月24日 16:58 ID:G0yh.AvD0▼このコメントに返信
news.searchina.net/id/1623689?page=1 で書かれている通り。
14.名無しさん:2016年11月24日 16:58 ID:pnSg57oC0▼このコメントに返信
30年後には中国に逆転されてるだろうがな
日本の大学は昔と違ってレジャーランドみたいなもんだし
中国人はハーバードなどにバンバン留学してんだから
15.名無しさん:2016年11月24日 16:59 ID:TcAYvkfU0▼このコメントに返信
本スレの※145の通りだと思う。
「◯◯道」を極める事を至上とする価値観は日本に旧くから定着しているし、ノーベル賞なんてその過程のオマケでしかない。
16.名無しさん:2016年11月24日 16:59 ID:Jc2iPTCT0▼このコメントに返信
モンドセレクションみたいなモノだからな
誰もが貰えるわけではない
17.名無しさん:2016年11月24日 17:00 ID:DufzRTr.0▼このコメントに返信
予算が限られてるから仕方ない面もあるとはいえ、今の日本の研究(特に補助金関連)は目先の利益にとらわれてるから将来的に危ういかもね。ノーベル賞は「役に立つか分からないけど面白いから研究に没頭してたら大発見」みたいなのよくある話だし。オートファジーの研究も最初のころは「何の役に立つんだよ」状態だったんでしょ?
18.名無しさん:2016年11月24日 17:01 ID:HZM8vHEt0▼このコメントに返信
インドに漢の時代に言われた事。
殆どの文化、文明が蛮国(シナ)に行ったが
インドが衰退すると中華思想を持ち出した。
その時言われた事が現在(中国)も同じです。
自己中心で侵略する野蛮な未開国民
19.名無しさん:2016年11月24日 17:02 ID:ThsTci1z0▼このコメントに返信
ノーベル賞をもらう人は「どうすればノーベル賞がもらえるのか」なんて考えないと思うよ。
おれも一生縁がない賞だから偉そうなことは言えないけどさ。
20.名無しさん:2016年11月24日 17:03 ID:Lby4yhXb0▼このコメントに返信
受賞は数十年前の研究成果が多い。現在の研究・技術レベルを反映しているものじゃない。
21.名無しさん:2016年11月24日 17:04 ID:hz.xGPlh0▼このコメントに返信
韓国、中国  ノータリン症
22.名無しさん:2016年11月24日 17:05 ID:LtY3lOKx0▼このコメントに返信
なぜ人類はノーベル賞を獲得できるか?とな・・・なるほど哲学だな(無知)
23.名無しさん:2016年11月24日 17:06 ID:K7MoT.fS0▼このコメントに返信
中国人の受賞者はすごい沢山いるのに、中国には居ないというのは絶望に値するやねw
中国共産党は大改革が必要である。それだけは確か。
でも改革頑張らなくていいぞ
24.名無しさん:2016年11月24日 17:07 ID:Wy4MN91u0▼このコメントに返信
「エリート」?
そんな発想では地方の駅弁大学までノーベル賞の裾野は広がらない。
せいぜい卓球のエリート養成が関の山。
25.名無しさん:2016年11月24日 17:07 ID:b.DL8QNxO▼このコメントに返信
んな無駄な考察するより、色んな物の研究した方がノーベル賞に近付けると思うんだが…
26.名無しさん:2016年11月24日 17:10 ID:X7wF1ZTJ0▼このコメントに返信
ノーベル賞をとろうと思ってとるのではなく、
誰かのために、病で苦しんでる人にとって新しい特効薬なり、治せない病を直せるように
研究した結果がノーベル賞にたどり着いているのだと思う。
中韓はノーベル賞をとることだけしか考えてないから受賞できないんだと思う
27.名無しさん:2016年11月24日 17:11 ID:bRhEs6o30▼このコメントに返信
戦前は人種差別が激しかったから
北里や野口が医学賞取っててもおかしくない
28.名無しさん:2016年11月24日 17:13 ID:K7MoT.fS0▼このコメントに返信
中国は、最低でもインターネットの自由化くらいはしないと情報格差が酷いことになってるからな。
日本でも既得権益で地方のテレビ局が情報遮断状態にしているから、日本もこの辺り改革しといたほうが良い。
あと、地方にも専門書洋書を大量に扱っている本屋を充実させるべき。
そして、貧困家庭でも手にできるようにする事が大事。
29.名無しさん:2016年11月24日 17:15 ID:Xd6oHo740▼このコメントに返信
失敗しても粛清されないから
30.名無しさん:2016年11月24日 17:15 ID:uX9FvJ4n0▼このコメントに返信
研究費を掛ければ取れるもんでもないよ
金にならない研究が続けられるかどうかだろうな
中国や韓国にはそれが難しい風土があるんじゃないかな
損して得を取るというか、回り回って
科学技術のレベルが上がって産業に生かされる
31.tako:2016年11月24日 17:16 ID:zaBaEGBx0▼このコメントに返信
嫌なことを言うようだけど・・・
近年のノーベル賞って小物だよね
スケールのデカイのって全然ない
ええ、そんなんで受賞なのかよ?ってのが多いw

数学者、物理学者、化学者 きばってくれや
32.名無しさん:2016年11月24日 17:16 ID:Cp16wxjmO▼このコメントに返信
1.HENTAIだから。
2.努力家だから。
3.バブル期に、研究費が潤沢だったから。
さあ、どれだ?
33.名無しさん:2016年11月24日 17:20 ID:8u2kPKBv0▼このコメントに返信
なぜ日本を引き合いに出すのか?
34.名無しさん:2016年11月24日 17:20 ID:05IL4jVr0▼このコメントに返信
日本人は基本、ノーベル賞取るつもりで研究してないだろうが・・・。
日本人というか、中韓以外は、ノーベル賞取る事なんて目標にしてないだろうな。
各分野で、名誉のある賞なんかは、若い人は狙ってるのかもしれないけどさ。

そういう姿勢の違いとかが、結構大きいのかもな。
35.名無しさん:2016年11月24日 17:20 ID:euUB8PS60▼このコメントに返信
とはいっても今後は研究費が削減されて、危ないって予想が立てられてるよな
微妙なところだ
36.名無しさん:2016年11月24日 17:21 ID:AXDVa6Pe0▼このコメントに返信
基礎研究の差だな
中国は文革で基礎が崩壊してるから
できた製品をパクっても、積み上げてきた技術力はパクれない
といっても、最近の中国の科学化学分野の躍進は目覚しいけどね
日本も慢心捨てるべし
37.名無しさん:2016年11月24日 17:23 ID:K7MoT.fS0▼このコメントに返信
日本では、かつてエリートが洋書を翻訳しまくって原文を読まなくても良い位に書籍を揃えたそうだ。
詳細は良く知らないが、カイカイ通信あたりで韓国人がそんな事を言っていた、海外比較で書籍の多さは確かなんだろう。
実際翻訳の過程で、大量の外語由来の語彙が出来た。中国ではこうして出来た語彙が逆輸入的に入って大量にあるらしい。
これが無学の人を学問の世界に誘い込む呼び水になっているのは間違いないと思う。

言われてみれば確かにと思える所もある
明治維新からだいぶ時間も経って、そろそろネットでも洋書嫁みたいな話も飛び出す事多しですし
もういっぺん、海外の面白そうな知識を翻訳して無学の人が手にできるようにしてみてはどうだろうかと思う。
38.名無しさん:2016年11月24日 17:25 ID:eWl66KuG0▼このコメントに返信
>30年前の研究環境なんてそんなによくなかったよ

これは言える。国費研究の対GDP比が最も少なかったのがバブルのころ。
88年~92年

>戦前もっと悪かった時期から候補者もたくさんいたしね

これは無い。
まあ色々な理由、人種とか母国語の影響で戦前は受賞者居ない。
戦後初期の受賞者は、戦前の国策軍事系。
一般よりかなり研究費に恵まれた原子力系とか燃料化学系
39.名無しさん:2016年11月24日 17:25 ID:Ulf2YLghO▼このコメントに返信
※27
おかしくないというか、第一回のノーベル賞から候補になっているね

アフリカなどが、日本は三十年で発展した、と言うのは微笑ましいが
戦前の日本の力を熟知しているはずの中国が、同じ調子では情けない
40.名無しさん:2016年11月24日 17:25 ID:TmytSWxN0▼このコメントに返信
ちょっと前に放送してたアニメ、-マリワカと8人の科学者たちの
ヘルツの回で「自分の研究がなんの役に立つんだろう?」
って悩んでたのが印象的だったな。
それでも研究をする探究心とこだわりが大切で、これは「マニア」に通じるところがあると思う。
中国人と韓国人ってそういう執着心が圧倒的に足りない。
41.名無しさん:2016年11月24日 17:26 ID:K7MoT.fS0▼このコメントに返信
※37 つづき
こうして翻訳された書籍は、間違いなく経済学で言う所の『正の外部性』を持っている。
政府は補助金付けてみてはどうだろうか?
42.名無しさん:2016年11月24日 17:28 ID:Nw1XrWSf0▼このコメントに返信
こういうたかがまとめサイトのような場所でも
普通の人間が(じゃない人もいるかもしれないが)レベルの高い論議をしていたりする。
八っつあんクマさんの時代から知的好奇心が高く、それを支えるような社会基盤があるからではないかな。

※24
のような考えはやめてくれないかな。
地方の人間だが、都市の馬鹿にはうんざりしているのでね。
43.名無しさん:2016年11月24日 17:29 ID:RhAO2eMB0▼このコメントに返信
まぁ少なくとも金目当てや名声目当てで後追いで人の研究成果かすめとろうとするような輩には無理だな
44.名無しさん:2016年11月24日 17:29 ID:TmytSWxN0▼このコメントに返信
※37
洋書の翻訳はそれこそ、江戸時代から行われているからね。
医学や数学に多大な貢献をした。
45.名無しさん:2016年11月24日 17:31 ID:84GPSnUt0▼このコメントに返信
何かを追求すると言う知識に対する欲求に素直なんだよ
お前らの場合は目先の名誉と金だろwww
46.名無しさん:2016年11月24日 17:34 ID:exLLGKXb0▼このコメントに返信
日本人はオレみたいにバカばっかしだと思っていたい
だが!現実にノーヘル賞を採るヤツはやっぱマジですごいや
という事は
オレはやっぱマジですごくね?
日本人最高
47.名無しさん:2016年11月24日 17:37 ID:mf7.1CWg0▼このコメントに返信
湯川秀樹さんを見ればノ-ベル賞の何たるかが解る
原爆開発のデ-タを戦中に欧米(ユダヤ)に流して
論功行賞でノ-ベル賞を与えられた
ろくなもんじゃ無い
48.名無しさん:2016年11月24日 17:38 ID:iHkuOpfS0▼このコメントに返信
基本日本人は職人肌だし同じことをコツコツ積み重ねるから新しい有用な理論に辿りつけるんだろ
研究って新たな理論に辿りつけてなんぼだから目的以ってこうなると結果予想しても取れるわけないだろ
既存の理論でそんなのあるなら既に研究終わってるから理論出来上がってるんだし
受験勉強感覚で物考える奴らにノーベル賞取れるとは思わんわ
49.名無しさん:2016年11月24日 17:42 ID:K7MoT.fS0▼このコメントに返信
※44
英語教育でなんとかするか、馬鹿でも読めるように翻訳するか。これを政府方針として決定したのが明治維新らしい。
これは正しいと思うんだ。

ある特定の分野に興味を示すが英語に興味はわかなかった人というのはかなりありうる。
IT関係の人なんて英語などまったく興味ないが、必要になったからやりまくって、そこら辺の本職翻訳家より英語達者とか平気であるからね。
50.名無しさん:2016年11月24日 17:44 ID:RzG1i0460▼このコメントに返信
お金で買ってるんだよ!!!!!!ちうごくちゃんもやるといいよ!!!!!!!!あっでもこれ秘密だからね!!!!!!!!!!

って言っておけば自滅してくれないかなあ
51.名無しさん:2016年11月24日 17:47 ID:cUk2y.Xk0▼このコメントに返信
論文数、論文被引用数、研究費
全てバブル崩壊以降急速に悪化して中国どころか韓国にすら差をつけられてる始末
ノーベル賞はもらえなくてもいいがもっと金かけないと日本の科学技術は20年30年後やばいことになるぞ
52.名無しさん:2016年11月24日 17:48 ID:2qR1RI2r0▼このコメントに返信
バブル時代に金を突っ込んだからだよ。
ノーベル賞級の巨大テーマは金。
四の五の言わず金。
53.名無しさん:2016年11月24日 17:51 ID:BeqpHQTa0▼このコメントに返信
.>日英独仏は、自国の学術機関での研究しかしてない受賞者も居るし
]
「受賞のために、初めて海外旅行しました。」 by 益川敏英

英文読めれば、一流研究者日本中にいるねん。日本語で話が進むねん。
(日本語の世界にこもっているから、日本人常識が海外で脅威水準だったりするねん(医療かなんかのある分野だったかな?)

ガラパゴスでなにが悪い!!
54.名無しさん:2016年11月24日 17:53 ID:nIsXemth0▼このコメントに返信
昔は研究に使う時間もあったし、変に金の使い途を縛られたりしなかったから
たぶんあと十年経たないうちにだれも受賞しなくなると思うよ
55.名無しさん:2016年11月24日 18:00 ID:Nw1XrWSf0▼このコメントに返信
※54
ずーっと昔から日本はだめだー、だめだーって言われて来ているよ。
56.名無しさん:2016年11月24日 18:09 ID:XiG08a.c0▼このコメントに返信
論文は、英語かスウェーデン語で発表しよう。
日本語で発表しても外国人は読まないよねって。
俺が子供の頃、テレビで何度か聞いた。

インドネシア高速鉄道の書類を中国語で書いた件と同じでしょ。
57.名無しさん:2016年11月24日 18:14 ID:UuotG5qW0▼このコメントに返信
日本の研究はダメだとか言い続けてる連中は何十年も前からいるのに、そいつらは今現在に至っても一度も謝らないよな。
何十年もダメに張り続けてればいつか当たるに決まってんのに何ドヤ顔し続けてるんだか。
だったら今現在ノーベル賞で成功してる時期は土下座しろよ。
58.名無しさん:2016年11月24日 18:17 ID:maJSUawX0▼このコメントに返信
※5
そんなこと考えている基礎研究者なんて、ほとんどいないよ。

・・・俺の研究面白ぇ~~以外ないよ。
59.名無しさん:2016年11月24日 18:19 ID:0zeV51.y0▼このコメントに返信
中国の主婦が地道な漢方研究でノーベル賞獲ったじゃね。
60.名無しさん:2016年11月24日 18:20 ID:mWltK52e0▼このコメントに返信
国民性の違いでしょ、集団を念頭におき職人気質というかコツコツ実績を積み上げて結果を出すのが普通と思ってる日本人、個を優先し自分の面子をなにより重要と考える支那人、執着する対象の違いじゃないですかね
61.名無しさん:2016年11月24日 18:21 ID:p1Zqhtv50▼このコメントに返信
たぶんWカップの優勝や五輪の金と同じものだと考えてしまってるからだろうなあ
62.名無しさん:2016年11月24日 18:26 ID:LNXZ3zKA0▼このコメントに返信
シナの挑戦化が止まらんなw
中華民国(台湾)と比べればよく解るんじゃないの?
中華民国系はこれまで化学三賞で6名だっけか輩出してるからねw
63.名無しさん:2016年11月24日 18:28 ID:jZarLTyr0▼このコメントに返信
日本を構成している民族がお前等の様な中国人じゃ無いからじゃね?
64.名無しさん:2016年11月24日 18:30 ID:Ulf2YLghO▼このコメントに返信
※49
横からだが
たしかに正しかったと思う。漢文というのが、実は翻訳だから、みんな慣れていたわけで
英語の公用語化より現実的だったし、実際に成功した。しかし、文章が新しくなりすぎた

小説でいえば、鴎外のような人が、まず散文の範を示して、それを芥川などが受けついで
太宰あたりで、ようやく自在に書けるようになった。つまり、戦争には間に合わなかった
65.名無しさん:2016年11月24日 18:31 ID:.Crf8Jh10▼このコメントに返信
文科省の予算はもんじゅでかなり使ってるから、ほかの研究費なんてカスカスだよね

66.名無しさん:2016年11月24日 18:35 ID:jZarLTyr0▼このコメントに返信
中国にはノーベル賞に対抗する孔子平和賞が有るから十分じゃね?

日本人には孔子平和賞を受賞出来る人間なんて居ないからもっと胸を張れよ。
最近孔子平和賞のニュースも見ないけどね、どうしたの?

おっと、大事な最有力候補が日本にいる事を忘れてた、 鳩山さんを日本人全員で推しますよ?
67.名無しさん:2016年11月24日 18:40 ID:WIqPnxiC0▼このコメントに返信
おたく気質は多分にあると思う。欧米と類似のネタで競争すると、
論文がほとんど欧米紙だし、査読者のバイアスやら英語の壁でどうしてもあちらに分がある。
日本は科学でのメインストリームとかブームが読めてないことの方が多いけど、
かえってそのことが新規性とか0から1を産む研究を優先するノーベル賞にいい方に作用してる
68.名無しさん:2016年11月24日 18:41 ID:2qR1RI2r0▼このコメントに返信
※60
国民性に答えを求めるなんて逃避であり誤魔化しだよ。
世界最優秀民族ウリナラ様(笑)と大差ないよ、それ。

カネだよカネ。研究費。
優秀な研究者の育成にどれだけのカネを使えるか。
彼らにどれだけの研究環境を与えられるか。
って事よ。
カネ出しな。カネ。
69.名無しさん:2016年11月24日 18:44 ID:BIv2rMdjO▼このコメントに返信
ていうか、化石賞?とかなんとかを日本が受賞したのにムカつく
なぜ日本?
中国の方がふさわしいのに、これは変!
70.名無しさん:2016年11月24日 18:46 ID:5orC1YBg0▼このコメントに返信
※68

誰が見ても「民族性」の差ですけど?

劣等民族・中韓猿なんかにいくら金を使ってもノーベル賞もまともな文化も出るわけないだろ。
脳内の99パーセントが違法エーブイと飲み食いだけの屑民族でしょ。
金で民族性の限界を超えられないのは何も生み出せないシンガポールや香港の劣等チャイニーズを見ても分かる。

逆にイスラエルなんかは、さして豊かな国でもないのにノーベル賞とってる。
71.名無しさん:2016年11月24日 18:48 ID:X0XqNzaP0▼このコメントに返信
学問、研究、表現の自由がないから。これにつきる。

科学が政治的になってしまう。
72.名無しさん:2016年11月24日 18:50 ID:5orC1YBg0▼このコメントに返信
※69
ふさわしい業績をあげたから受賞したんでしょ。

「ムカつく」って何だよ。

特亜猿は自分たちが日本人に匹敵するほど優秀な民族だと妄想してるのかね。
73.名無しさん:2016年11月24日 18:53 ID:UrY1QTen0▼このコメントに返信
1に金(国がすぐに金にならない技術に金を出す)、
2に夢、(すぐに金にならなくとも個人が自分の研究に自信(将来性)を持ってる)
3に名誉、(研究者が物欲を名誉欲でそこそこ補える)

まぁ、この辺はお国柄より国が基礎科学にどれだけ金を投資出来るかによるから‥
純粋に軍に掛けてる金の何割かを研究者に掛ければ数十年後中国でもとれるはずなんだけどね
74.名無しさん:2016年11月24日 18:56 ID:xzzE.aCx0▼このコメントに返信
まあ、言っちゃなんだけど、ノーベル賞なんか日本はホントはもっともらっていいんだよね、ノーベル賞当局というか、欧米の日本人差別があって、長年、日本人にノーベル賞なんかあげないっていう人種差別があった、

それでも欧米の研究より日本の研究が正しかったって言う事態が出てきたんで仕方なく日本人にも出すようになったんだよね、日本も民族的な習性で、そういう人種差別にも抗議はしないから、その点、日本も良くないんだけどね、特許でも欧米に盗まれても日本は抗議しない、ノーベル賞になるような重要な研究でも無視されてきた、

だから逆に中国韓国をなぐさめるつもりはないけど、ノーベル賞(当局)も「人間」なんだよ、「日本人にノーベル賞なんか出せない」っていう基本的な人種差別があった、ノーベル賞も神様が決めるわけじゃない

これだけは言っておこう、ノーベル賞なんか日本はホントはもっととっていてもいいんだよ、中国韓国はもっとがっかりしたほうがいいよ(笑)、
75.名無しさん:2016年11月24日 18:56 ID:y5MNmVFL0▼このコメントに返信
研究自体が楽しいから、自費も平然と注ぎ込む。
シナは金金のカネ太郎だから駄目なのさ。
76.名無しさん:2016年11月24日 18:56 ID:5orC1YBg0▼このコメントに返信
※73
「金の差二ダ」というのは典型的な特亜猿の発想。

そもそも紙とペンさえあれば、世界とでもはりあえる思想や文学でも
中韓猿はゴミ。

何十年も先進国レベルの豊かさを享受したシンガポールも香港も
学問や文化ではまったく駄目。
77.名無しさん:2016年11月24日 18:59 ID:5orC1YBg0▼このコメントに返信
※74
それな。

日本人の功績をなるべくスルーして欧米優先で与えてきたけど、
もう隠し切れないほど成果が出すぎて、しぶしぶ小出しに与えてる段階。

サッカーで言えば、いつまでも南米チームを無視していると、
大会の権威そのものがおちてしまうような状況。
78.名無しさん:2016年11月24日 19:02 ID:2qR1RI2r0▼このコメントに返信
※70
有能研究者「私が○○賞を得られたのは、ひとえに皆さんのご助力の賜物であり、特に恩師の○○先生とスポンサーの方には感謝を申し……」

⬆わかる

バカ「ウリの国民性が優れとるからやなー」

⬆世界最優秀民族乙
79.名無しさん:2016年11月24日 19:07 ID:Vr2PkZEW0▼このコメントに返信
※14
ふーん、ハーバード大学に留学したらノーベル賞獲れるんだー
おめでたいな、君w
80.名無しさん:2016年11月24日 19:09 ID:.Crf8Jh10▼このコメントに返信
文化大革命の後は理系のエリートだけになったの知ってる?
81.名無しさん:2016年11月24日 19:10 ID:UEYBSVye0▼このコメントに返信
すごいシンプルな話なんだけど・・・

日本は人口大国で、西側ではアメリカに次いで人口が多く、
研究者数がべらぼうに多かったんだ

  たとえば2009年度で見ると、
  アメリカ126万人、日本84万人、ドイツ31万人、フランス23万人、イギリス16万人

  そして冷戦後、本格的に資本主義社会に参加した中国に各分野で抜かれていくのが、
  日本の宿命だったりする

あと、なにげに※38が良い指摘をしていたり
坂田さんや朝永さんはともかく、湯川さんが原爆開発に関わっていた可能性はかなり高い

被害者イメージが強すぎて、日本の原爆開発が完全に黒歴史にされているのが問題なんだけどね・・・
82.名無しさん:2016年11月24日 19:10 ID:5orC1YBg0▼このコメントに返信
※78
悔しい現実をつきつけられてファビョッても、
顔脳異常な特亜猿の遺伝子の劣等性は変わらないよ。
83.名無しさん:2016年11月24日 19:13 ID:2qR1RI2r0▼このコメントに返信
※82
お前はその特ア猿と変わらんレベルのメンタリティなんだよ?認めがたいだろうが、仕方ないね。。。
84.名無しさん:2016年11月24日 19:14 ID:swuq4cCzO▼このコメントに返信
素粒子物理学の分野で言えば完全に資金力と先見性の勝利だわ。まあセルンとかあるのになんで日本人ばかりとか言うとそこまではわからんが、とにかくあのカミオカンデやスプリング8みたいな設備投資が無ければ研究は始まらんからな。ただ、それ以外の分野もスゴイっちゃスゴイ。アメリカに居れば今より何十倍の報酬があっていいハズの技量を持ってても慎ましい生活に甘んじてて、それがべつに不幸でも何でもないっつうか。
85.名無しさん:2016年11月24日 19:16 ID:5orC1YBg0▼このコメントに返信
※81
湯川秀樹が受賞したのは、原爆開発なんて発想もなかった時代に書いた論文の評価によるものですけど?w

劣等民族・特亜猿は、何が何でも原因を金や環境に求めて精神逃避しようとするから駄目なのである。
86.名無しさん:2016年11月24日 19:19 ID:5orC1YBg0▼このコメントに返信
※83
根本的に違うけど?

俺はあくまで現実的に俯瞰して、客観的に評価してるだけ。

中韓猿が遺伝子レベルで劣等なのは、まぎれも無い事実。

87.名無しさん:2016年11月24日 19:20 ID:UEYBSVye0▼このコメントに返信
※77
それな、もクソもないがな

ラマン効果のチャンドラセカール・ラーマンが物理学賞をゲットしたのは1930年やで

じんすさべつ!じんすさべつ!と偉そうにいう人たちは、各分野のことをどれほど知っているんだろう・・・

マンガで知りました、とか言うのは勘弁して欲しい
小林よしのり氏以降、歴史や政治もマンガで知ったという人が多すぎる
88.名無しさん:2016年11月24日 19:23 ID:5orC1YBg0▼このコメントに返信
※87
大英帝国の人間じゃんw
89.名無しさん:2016年11月24日 19:24 ID:UEYBSVye0▼このコメントに返信
※88
つまり英領インドでは人種差別がなかったんですね( ^ω^ )
90.名無しさん:2016年11月24日 19:26 ID:cn.BVn6l0▼このコメントに返信
やりたい研究をやればいいのよ、後先かまわず。そんな研究者が何千人もいれば、一人か二人、ものになる。あとは肥やし。音楽でもマンガでもそうでしょ。
91.名無しさん:2016年11月24日 19:26 ID:swuq4cCzO▼このコメントに返信
>湯川さんが原爆開発に関わっていた可能性はかなり高い

理研にそんな設備あったかしら。理論物理学と、実際の兵器開発の間にはかなり距離はあるんじゃないかね。
92.名無しさん:2016年11月24日 19:27 ID:5orC1YBg0▼このコメントに返信
※89
植民地から「都合良い従順なエリート」を拾ってご褒美与えるのは当時の典型だよ。

シールズレベルの劣等民族・チォン猿は本当に頭が悪い。
やっぱり遺伝子が・・・w
93.名無しさん:2016年11月24日 19:32 ID:UEYBSVye0▼このコメントに返信
※91
海軍のF計画の方

海軍じゃ手に負えないから、けっきょく京大物理の連中が担当することになってる
実験の荒勝さんの研究室がメインだったけど、
理論的な問題で湯川さんの研究室が協力しているよ
たとえば小林稔さんが臨界量の計算などをおこなったのは有名
94.名無しさん:2016年11月24日 19:34 ID:5orC1YBg0▼このコメントに返信
※91
それなw

ようするに、そんなことも知らないチォン猿が必死で功績を金や環境のせいにしてるわけ。

湯川秀樹が中間子の存在を予言する論文を発表したのは1935年、
日本で原爆開発に向けて模索し始めたより7年も前の話。
95.名無しさん:2016年11月24日 19:37 ID:5orC1YBg0▼このコメントに返信
※93
それと湯川秀樹がノーベル賞に繋がる論文を発表できた成果の間に関係はないけど?w

96.名無しさん:2016年11月24日 19:38 ID:UEYBSVye0▼このコメントに返信
※92
なら、無条件降伏して衛星国となった日本も、欧米に都合がいいサンプルって言えるじゃん
くだらないヘリクツ言い出したら切りないよ

そもそもラーマンはインドの学校で学び、インドの大学で研究して業績を出したんだ
日本の初期ノーベル賞受賞者たちと違い、彼は欧米への留学経験すらないんだよ
97.名無しさん:2016年11月24日 19:39 ID:i.M87VLO0▼このコメントに返信
相も変わらずの低脳特亜思想丸出しですなぁ
日本も他国もノーベル賞を目標にしているわけではない
研究者がそれを調べたい、知りたい、人の役に立ちたいと研究の結果としてノーベル賞が贈られたと理解できない限りはねぇ・・・
まあ自分の利益と面子しか頭に無い乞食思考のうちはどうにもならんでしょ
98.名無しさん:2016年11月24日 19:39 ID:swuq4cCzO▼このコメントに返信
人種差別要素が無かったといえば嘘になるだろうが、それのせいばかりともいいきれん。やはり研究に対する投資額は欧米が図抜けている。イギリスがまだ世界の半分を保持していた時代から、必死になってその絶望的な差を追いかけてきたのだ。そこで拗ねたり諦めたりせずに食らいついたのが良かった。
99.名無しさん:2016年11月24日 19:41 ID:5orC1YBg0▼このコメントに返信
※96
>無条件降伏して

「国体護持を条件とする武装解除」な。勘違いしないように。


彼の恩師はイギリス人ですけど?w

特亜猿に生まれて悔しいからって、幼稚でレベル低い屁理屈ばかりこねてるから
遺伝子レベルで顔と脳が劣る奇.形の劣等民族のままなんじゃね?



100.名無しさん:2016年11月24日 19:43 ID:5orC1YBg0▼このコメントに返信
※97
ほんとそれ。

紙と鉛筆と頭脳さえあれば、先進国と張り合える分野も多いのにね。

101.名無しさん:2016年11月24日 19:53 ID:UEYBSVye0▼このコメントに返信
※99
今ざっと検索かけただけでも、こんなのが出てくるんだけど?

1945年8月15日
テレグラフ紙の一面 『日本、無条件降伏』
ttp://www.telegraph.co.uk/news/1400395/Japan-Unconditional-Surrender.html

BBC解説記事 『日本 無条件降伏に調印』
ttp://news.bbc.co.uk/onthisday/hi/dates/stories/september/2/newsid_3582000/3582545.stm

あと、恩師が外国人なら、その国の業績にはならないわけ?
なら北里柴三郎さんの業績なんて完全にアウチだね
なにせマンスフェルトが恩師だからねえ
102.名無しさん:2016年11月24日 19:56 ID:VMEc.C5g0▼このコメントに返信
支援はサッパリで、賞を取った時だけ大はしゃぎするのは止めて欲しいよな。
資金集めにマラソンしたり、アメリカ国籍でアメリカ人に成ってるのに日本人で報道とか、
国もマスコミも結果だけしか取り上げないままだと廃れる。
103.名無しさん:2016年11月24日 19:57 ID:2qR1RI2r0▼このコメントに返信
>紙と鉛筆と頭脳さえあれば、先進国と張り合える分野も多いのにね。

そんな分野は無い。今時、数学も含め。
エンジニアの端くれとして、こういう事を言うバカはどうにか成らんのかと思うわ。
サイエンスやエンジニアリングに対して無知すぎるし、知的作業について軽く考えすぎてる。
104.名無しさん:2016年11月24日 20:00 ID:2qR1RI2r0▼このコメントに返信
※102
同意。
成果が欲しいなら、投資しなければならない。
投資無くして成果はない。
105.名無しさん:2016年11月24日 20:33 ID:roVGU1NY0▼このコメントに返信
まったく、隣に韓国が2個もあると疲れるぜ!
106.名無しさん:2016年11月24日 20:35 ID:sDYq1mSX0▼このコメントに返信
※1
わたしゃ、てっきり賤人がまた喚いてるとおもって訪問して島倉千代子。
107.名無しさん:2016年11月24日 20:53 ID:sDYq1mSX0▼このコメントに返信
※10
そんなこたぁない。アドレナリン、ビタミン、血清療法、オゾンホールの発見などは日本人から白人が盗んでノーベル賞を受賞した。
あっ、あと梅毒スピロヘータの発見やバルバスバウの発明はノーベル賞級なのに受賞を雨が握りつぶした。
108.名無しさん:2016年11月24日 21:11 ID:f.InXUll0▼このコメントに返信
単純に日本人が優秀な民族だからだよ
109.名無しさん:2016年11月24日 21:28 ID:DPVJhPF60▼このコメントに返信
環境を整え、研究費を注ぎ込んできたからだよ
ただそれだけ
つっても研究費はアメリカの10分の1だからノーベル賞も10分の1だけどな
中国ももっと研究費注ぎ込んでれば頻繁にとれるようになるだろ
研究なんてのは長い目で見ないといけないから辛抱強くな
110.名無しさん:2016年11月24日 21:32 ID:RgxcKS3A0▼このコメントに返信
歴史と伝統の違い。ノーベル賞界隈にデビューした当時からもらえなかっただけで、もらえないほうがおかしいくらいの人が何人もおったんやで。
111.名無しさん:2016年11月24日 22:02 ID:fTkvUua20▼このコメントに返信
※109
無理だな。
願望プロパガンダ。
俺がさせん。
せいぜい日本製シナ料理は評価する。
112.名無しさん:2016年11月24日 22:02 ID:3sVZy7CV0▼このコメントに返信
※109
無理だよ。

そもそもスレタイからして頭がおかしい。

「なぜ」の背後には「中国(&属国奴隷の小中華・韓国)が「日本人」と同じくらい優秀でアル、
いやそうでなくてはならない!」という中華思想(特亜精神病)がある。

自分たちがチンパンジー以下の劣等民族だという「現実」を受け入れない限り、
永遠に日本人に近づくことすらできないよ。

日本以下のドイツやフランスの足元にも及ばないくせにw

「なぜ、われわれはドイツ人に勝てないのか?」なんて言わないだろ。
それだけ特亜猿は日本人を軽く見て舐めてくさってるということ。
113.名無しさん:2016年11月24日 22:06 ID:fTkvUua20▼このコメントに返信
※81
シナには無理。
あきらめろ。
もうプロパガンダ戦でも敗北中だ。
114.名無しさん:2016年11月24日 22:07 ID:fTkvUua20▼このコメントに返信
※77
むしろ取るべき人間が取っていない現状の方が問題。
115.名無しさん:2016年11月24日 22:08 ID:fTkvUua20▼このコメントに返信
※68
金だけではないだろう。
朝鮮人。
116.名無しさん:2016年11月24日 22:10 ID:E5SNRBdR0▼このコメントに返信
なんだかんだ言っても、最近は論文の数が減っているのが日本の現状。
少子高齢化や研究費の停滞があることは、間違いない。
117.名無しさん:2016年11月24日 22:26 ID:KMnSQqhO0▼このコメントに返信
無条件降伏したからといって無条件で降伏した訳じゃないって事だよ
約束をアメリカその他の連合国が守る保証はないし
実際に話と違うじゃないか!みたいな日本政府側の
抗議で譲らなかった件もある、軍が無条件降伏、完全に武装解除したから
丸腰なのでコロスならコロセという腹の括り方をしないといけない
118.名無しさん:2016年11月24日 23:33 ID:T5lYKow70▼このコメントに返信
君たちみたいな相手の揚げ足取るしか脳がない奴と違っても、地道に研究者が頑張ってるから。
119.名無しさん:2016年11月25日 00:27 ID:2XY5Iu.R0▼このコメントに返信
他国のサイトでこそこそサゲ工作するような幼稚で劣等な低脳民族・特亜猿とは次元が違うから。
120.名無しさん:2016年11月25日 00:39 ID:xPvFwssu0▼このコメントに返信
まあ実際の話、ネット工作に費やしてる時間と金と労力つぎ込めばいいのに、とは思うけどネットゲームに向ける情熱を仕事に向けろって言ってるようなもんだから不可能かもしれんな。
121.名無しさん:2016年11月25日 01:12 ID:VFDylDAv0▼このコメントに返信
なんでいちいち日本を見るのか
122.名無しさん:2016年11月25日 06:26 ID:wAE4tPi80▼このコメントに返信
なぜ日本はノーベル賞を獲得できるのか

前提として
幼少期に宗教にかぶれ、国の資金で長い期間、白人雇えば晴れて候補にノミネート!

ノーベル賞は、ノーベルが女にそそのかされて作ったものであり・・・

とある軍人の娘


123.名無しさん:2016年11月25日 07:41 ID:7yICFb7e0▼このコメントに返信
中国は、ただの闇商人だからな。
商人ってのは事物の流通に於いて重要ではあるが、自ら研究や開発をする者達ではない。
124.名無しさん:2016年11月25日 09:05 ID:HKyhsTbb0▼このコメントに返信
※7
それは一昔前の話で、今は引き締めが半端無い
アホの文系がこぞって官僚になって日本は終了間違い無い

これから30~40年間はノーベル賞受賞者は極端に少なくなるよ
125.名無しさん:2016年11月25日 09:06 ID:ktiBr0IxO▼このコメントに返信
まぁ、偶々だよ
でも君達より確率が高いだけさ
流石に未知のことが発見されて人類に貢献することを人為的に発生させることは出来ないからな
だから偶々。
君達が一気にノーベル賞受賞しまくることもあり得る話だ
だが、まあ無理だろうな
かねや権力に目が眩むと思考が狭くなるし
よくいうだろ?無理して考えても良い案はでない
少し寝てコーヒー一杯飲んでじっくりと考えた方が良いって
126.名無しさん:2016年11月25日 10:18 ID:Q5Nv1Vgr0▼このコメントに返信
※124
順番待ちしてる状態だし均したら結果としてそこまで少なくならないんじゃない?
その間に予算もっと潤沢に取ってあげる環境が必要だけどな
間違っても2番じゃダメなんですかとかいう救いようのない深刻なバカは台頭させてはならないw
127.名無しさん:2016年11月25日 11:19 ID:jOTRXag.0▼このコメントに返信
※124
予算の一極集中、研究費獲得やその後の書類の煩雑さで研究時間をほとんど持ってかれるからな
128.名無しさん:2016年11月25日 14:03 ID:Ba6gGdP.0▼このコメントに返信
ノーベル賞なんて、そんなにありがたがって騒ぐものではない、という意見に一定の賛意は持つけれど、
たとえば島津製作所の田中耕一さんみたいに「出世なんかいいから現場で研究させて」って言って、
けっきょく、役員待遇で現役の研究者、なんてなれるのは、ノーベル賞を取ったからだろうし、
まあ、やはり周りが騒ぐのはアホらしいとしても、取れるものなら取っておくのも悪くはない。
129.名無しさん:2016年11月25日 19:41 ID:.pwtiuqP0▼このコメントに返信
基礎がしっかり出来てるからだろ
130.名無しさん:2016年11月25日 21:58 ID:owqKglNs0▼このコメントに返信
※108
>単純に日本人が優秀な民族だからだよ

よくもまあ恥ずかし気もなく、こんな事を言えるよなぁ
こういうバカは某民族と変わらんわ
131.名無しさん:2016年11月27日 08:45 ID:a6bNdtW.0▼このコメントに返信
※130
※108じゃないけど、支那朝鮮相手じゃそう言っておくのも必要だよ。謙遜や世辞は禁物。
相手は腐れ儒教が骨の髄まで染み付いて、目下とみれば容赦なく無法働く連中だ。心ならずもマウンティングはしておかんと。

大体、「なぜ日本はノーベル賞を獲得できるのか」なんて言動自体、背後に日本が受賞できるのは理屈に合わんて思考透けて見えるからな。
日本より多く科学賞受賞してる国、他にいくつもあるんだぜ。
132.名無しさん:2016年11月27日 19:02 ID:J8PYHgnN0▼このコメントに返信
日本が受賞してるんじゃない。優秀な研究結果を出した者が受賞してるだけの話。

最近、下朝鮮や中国につづいて、日本のマスゴミもノーベル症に感染したらしく、ウザイ。

お名前