2016年11月10日 15:05

日本刀って3人斬ったら油で斬れなくなるってデマらしいけど

日本刀って3人斬ったら油で斬れなくなるってデマらしいけど

pixta_3012049_S

引用元:日本刀って3人斬ったら油で斬れなくなるってデマらしいけど [無断転載禁止]c2ch.net
http://vipper.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1478696849/

1: 以下、無断転載禁止でVIPがお送りします 2016/11/09(水) 22:07:29.679 ID:KwKeCg6G0
なら100人斬りイケるな

3: 以下、無断転載禁止でVIPがお送りします 2016/11/09(水) 22:08:22.419 ID:Oy5z/507x
百人も斬ったら骨で刃毀れするわバカなのかお前は

7: 以下、無断転載禁止でVIPがお送りします 2016/11/09(水) 22:09:20.717 ID:J3syOMSq0
>>3
骨の隙間斬ればええやん

6: 以下、無断転載禁止でVIPがお送りします 2016/11/09(水) 22:09:17.333 ID:sP3AbtPca
なんかロマンないよな
何回切っても大丈夫なやつはないんか

9: 以下、無断転載禁止でVIPがお送りします 2016/11/09(水) 22:09:37.602 ID:z5JU3NLQ0
骨って概ねコンクリートくらいの硬さ

11: 以下、無断転載禁止でVIPがお送りします 2016/11/09(水) 22:10:43.252 ID:yoPbMnG1K
斬るっつっても
肌の表面を軽くスッて斬るだけなら
1000人くらいは余裕やろ

12: 以下、無断転載禁止でVIPがお送りします 2016/11/09(水) 22:10:49.455 ID:a9xEBshR0
頸動脈だけスパスパ切れる人なら刃も保つの?

15: 以下、無断転載禁止でVIPがお送りします 2016/11/09(水) 22:11:57.483 ID:U09inq400
日本刀は見た目が美しい寒気がする意味でも綺麗

剣術に精通した達人が抜き身で東京都下の都会を歩いてたら周囲への威圧感半端ないぜ

17: 以下、無断転載禁止でVIPがお送りします 2016/11/09(水) 22:18:15.523 ID:X56odE480
切れなくなったとしても鉄の棒だし殺そうと思えば不可能ではないな

20: 以下、無断転載禁止でVIPがお送りします 2016/11/09(水) 22:19:24.611 ID:td1aNfqh6
シグルイで「皮膚の下3センチを切り込めば人は死ぬ」とか言ってたやん?
あれ本当なら骨切らずに致命傷で切れる場所あんじゃね

ってか油でぬめろうが、骨で刃こぼれしようが突き技ならさすがに死ぬよな

21: 以下、無断転載禁止でVIPがお送りします 2016/11/09(水) 22:20:36.207 ID:TYF+8hmI0
100人切りは無理でも100人殺しは余裕だろ
あんなん殴られても刺されても死ぬわ

23: 以下、無断転載禁止でVIPがお送りします 2016/11/09(水) 22:25:20.784 ID:fvWk72pa0
首の表面から2センチ抉れば、外科手術がない時代なら死ぬ

25: 以下、無断転載禁止でVIPがお送りします 2016/11/09(水) 22:26:19.214 ID:AaOGW3h20
百人斬りした事ある人間なんているのかね?
宮本武蔵ですら吉岡一門70人そこそこやし
つーか70人の剣術集団倒すって化物やな

29: 以下、無断転載禁止でVIPがお送りします 2016/11/09(水) 22:32:07.637 ID:td1aNfqh6
>>25
まず、棒立ちの人間70人を殺してくださいと言われても
かんなり体力辛いと思うんだ

30: 以下、無断転載禁止でVIPがお送りします 2016/11/09(水) 22:34:45.272 ID:SMYldK590
棒立ちじゃ精神的にキツイわ

31: 以下、無断転載禁止でVIPがお送りします 2016/11/09(水) 22:35:39.675 ID:GsG7/uWmK
俗にいう念的なメンタルパワーを反映しやすい武器だから使い手次第ではあるね

34: 以下、無断転載禁止でVIPがお送りします 2016/11/09(水) 22:40:27.475 ID:oZb7aOLC0
高校のとき先生が似たようなこと言い出して
包丁にラード塗りたくって皮付き豚ブロック切るってのやった
なんともなくスパスパ切れたよ

疑問なのはそれが国語の時間だったことだけだった

36: 以下、無断転載禁止でVIPがお送りします 2016/11/09(水) 22:44:18.242 ID:td1aNfqh6
>>34
日本の現代の包丁って昔からの連綿とした鍛冶屋さんのいろんなテクノロジーが詰まってて
刃物としてのクオリティが実は相当高いらしいな。関係ないかもしらんけど

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2016年11月10日 15:09 ID:Oe1aNmoA0▼このコメントに返信
むしろ刃の側面の抵抗が減ってよく切れそう
2.名無しさん:2016年11月10日 15:12 ID:vyIh.L1k0▼このコメントに返信
斬れなくなれば殴りころせばエエだけやな
3.名無しさん:2016年11月10日 15:13 ID:ADqqhdCr0▼このコメントに返信
>疑問なのはそれが国語の時間だったことだけだった

ワロタ
4.名無しさん:2016年11月10日 15:14 ID:CdAz7vH6O▼このコメントに返信
立花宗茂は朝鮮の兵士を相手に刀が折れ曲がってしまう程に叩っ斬りまくったらしいね。まあ実際に何人斬ったかは分からんけど
5.名無しさん:2016年11月10日 15:14 ID:mWd5Se5v0▼このコメントに返信
※3
多分古文じゃない?
6.名無しさん:2016年11月10日 15:16 ID:pLIU9b4H0▼このコメントに返信
刀を扱ってる人から聞いたが、斬りづらくなるまでに4、5人。
斬れなくなるのは10人くらいからだろうという話。

まあ、そんなもんだよなあ。鎧を着た相手だとさらに刃がもたないだろうし
「ささらのようになった刀を振り回した」なんて話は記録にちょくちょく
出てくる。
7.名無しさん:2016年11月10日 15:16 ID:8BwmxOja0▼このコメントに返信
>高校のとき先生が似たようなこと言い出して
>包丁にラード塗りたくって皮付き豚ブロック切るってのやった
>なんともなくスパスパ切れたよ

これ

普通に料理で肉切ってりゃ誰でもわかる話
8.名無しさん:2016年11月10日 15:16 ID:p1GqA1Yp0▼このコメントに返信
五右衛門「また、くだものをきってしまった。」
9.名無しさん:2016年11月10日 15:16 ID:T1bUmQje0▼このコメントに返信
そりゃまな板に固定すれば切れるだろ
立って生きてる人間は無理じゃないかな
10.名無しさん:2016年11月10日 15:18 ID:YHUUDpz40▼このコメントに返信
刀を使う目的を考えれば
切ると刺すを使い分ければどうにでもなるだろ。

11.名無しさん:2016年11月10日 15:18 ID:xYSgErp10▼このコメントに返信
デマを肯定しといたまま、密かに腕を磨き手入れをしっかりと怠らないのがええんやで?
12.名無しさん:2016年11月10日 15:19 ID:iLF7BWkG0▼このコメントに返信
据え物斬りなら百人もいけるよ。

一方で、動く敵と戦うと、斬っても刃筋が綺麗に通せないから、刀が曲がる。
曲がった刀で打突すれば直ぐに使えないレベルまで曲がっちゃう。
これが「三人斬ったら刀は使い物にならない」って奴。

軍刀なら刀身がタフだからもっといけるかもしれんが、拵えがヘボらしいからそっちが壊れるかもな。
13.名無しさん:2016年11月10日 15:20 ID:1D74zRuA0▼このコメントに返信
寧ろ三人以上にいきなり囲まれてる時点で生還は難しいだろ。

わーっ!といっぺんに来られたら、ほぼアウトだぜ。
14.名無しさん:2016年11月10日 15:21 ID:.VUPH1Gg0▼このコメントに返信
刀以上に使う人間の腕による
下手なのじゃ普通に骨や筋肉にひっかかって刀身曲げたり刃こぼれおこしたりする
15.名無しさん:2016年11月10日 15:21 ID:8F2rwdg.0▼このコメントに返信
だって、そもそもデマだからな
百人斬りがどうとかは置いといて
折れたり曲がったり欠けたりはするだろうけど、油で切れなくなるって...
何がどうなると油で切れなくなるんだよ
せめて血液ならわかるけどさ
16.名無しさん:2016年11月10日 15:21 ID:RRWRscJW0▼このコメントに返信
日本刀、簡単に曲がるよね
数こなすならバールで殴ったほうが絶対強い
17.名無しさん:2016年11月10日 15:22 ID:iLF7BWkG0▼このコメントに返信
脂が巻いて斬れない、のネタは司馬遼太郎センセが初出だと記憶。
単なる作家のネタやねん。
18.名無しさん:2016年11月10日 15:22 ID:jdmeb5g.0▼このコメントに返信
包丁で皮つきの鶏肉切ると脂で切りにくくなるってのが良く分かるよ
脂がべっとりつくと上滑りして皮が全然切れなくなるから
けど、日本刀で人を斬る時にそれが起こるとは考えにくい
19.名無しさん:2016年11月10日 15:22 ID:6cMXTc0D0▼このコメントに返信
昔の侍はデブは居なかったから20人はキレルでw  デブ切ったらアカンでw
20.名無しさん:2016年11月10日 15:22 ID:xxtMfo6.0▼このコメントに返信
建前は大切だと思うよ。一般流通させない方がいい余計な知識ってあると思う。
21.名無しさん:2016年11月10日 15:22 ID:BPBy4jTP0▼このコメントに返信
挟みで布を斬ると切れ味が落ちる
人も変態でなければ服を着ていると思うんだよな
22.名無しさん:2016年11月10日 15:23 ID:E3nOKUWNO▼このコメントに返信
リアル斬鉄剣なら100人斬っても大丈夫! リアル斬鉄剣が日本刀として認められたらだけど。
23.名無しさん:2016年11月10日 15:24 ID:rtWmLAx10▼このコメントに返信
「分断工作」
「在/日のタブー朝鮮進駐軍どうか見てください」
「通州事件」
「ひうらさんの思い出」
「椿事件」
「フランクフルト学派 白い革命」


日本人は検索
24.名無しさん:2016年11月10日 15:24 ID:iLF7BWkG0▼このコメントに返信
※16
コールドスチール社とかのKATANAならガンガンに使っても平気よ。
人斬り包丁はああ有るべき
25.名無しさん:2016年11月10日 15:25 ID:8BwmxOja0▼このコメントに返信
※18
それクニャクニャした皮が滑って斬りにくいってだけやろw
26.名無しさん:2016年11月10日 15:25 ID:uuGqlQu.0▼このコメントに返信
※13
昔剣道の有段者な先生に五人がかりでかかって来い言われて
やったるぜ!と一斉にかかったら全員一瞬で返り討ちにあった事があるから
武士同士ならともかく普段は百姓な素人足軽だったら三人程度じゃ
難なく返り討ちに思う
27.名無しさん:2016年11月10日 15:26 ID:iclqnluS0▼このコメントに返信
千鳥ちゃんいわく「50人以上斬るとなにかが宿る」
28.名無しさん:2016年11月10日 15:27 ID:uuGqlQu.0▼このコメントに返信
※16
それはお土産鑑賞用の安い刀だろう

鍛造された刀は折れはするけど曲がらないよ
29.名無しさん:2016年11月10日 15:28 ID:MRz6Ci530▼このコメントに返信
油がついても肉は問題なく切れるよ
ただ布は切り辛くなるかな
30.名無しさん:2016年11月10日 15:28 ID:SegrC74i0▼このコメントに返信
「包丁なら油をぬっても切れるからデマ!(ドヤア」

いや、それ切ってるの「肉」ですやん
人間を切ると「骨」に引っかかるし、もし戦場なら鎧も着てるで
三人斬るとダメになるっていうんは、そういう総合的な話なわけで
31.名無しさん:2016年11月10日 15:29 ID:ipzaOg350▼このコメントに返信
確かに料理していると脂がついても切れる
切れなくなるのは時間が経って固まったら
32.名無しさん:2016年11月10日 15:30 ID:8BwmxOja0▼このコメントに返信
※30
じゃあ最初から「人を斬ると骨で刃こぼれするから切れなくなる」でいいじゃん
油関係ないやんw
33.名無しさん:2016年11月10日 15:31 ID:ipzaOg350▼このコメントに返信
※12
こしらえがへぼというのもデマよ
軍刀がダメというのは初期化末期の出来の悪い二と家伝の刀を勝手にこしらえを変えたものなどが含まれたから
34.名無しさん:2016年11月10日 15:33 ID:InaHt4Ct0▼このコメントに返信
3人は流石にデマ
4人はガチ
35.名無しさん:2016年11月10日 15:34 ID:ClFmYrCZ0▼このコメントに返信
血液が凝固すると切れ味は確かに落ちるだろうね。身内がリスカした後のカッター微妙に粘ついていたから、固まれば相当な摩擦抵抗になるだろう。
ただのラードぐらいなら摩擦抵抗にならないかも?
36.名無しさん:2016年11月10日 15:37 ID:iLF7BWkG0▼このコメントに返信
※28
よく言えるなw

ワイらみたいなへたくそが使えば据え物斬りでも直ぐに曲がるよ。刃筋が通せず力入れて振りゃ曲がるんだよ。鉄の板なんだから。
ほんのちょい曲がりくらいなら吊るしとけば残留応力で直るけど。
ま、日本刀というか、剣はそんなに頑丈じゃないのよ。
37.名無しさん:2016年11月10日 15:38 ID:5.m6wpf60▼このコメントに返信
そんな人数で切れなくなる事はないけどな
ただ切る相手がスエモノのように動かないわけないから、当然抵抗する、かわそうとする
そうすると無数に刃こぼれが生じ切れなくなってくるよ
38.名無しさん:2016年11月10日 15:38 ID:20VspiSt0▼このコメントに返信
居合 抜刀 試し切り すれば わかる事だが 本当に無駄 百聞は一見に如かず
日本刀選びに繊細になる 樋のある刀は早く振れるが貧弱 現代刀工に造ってもらった 出来不出来によるが古刀に反りの無い寛文新刀頃は研ぎにもよるがよく切れるな
39.名無しさん:2016年11月10日 15:39 ID:UGlmg7oW0▼このコメントに返信
昔、テレビの番組で俳優の滝田栄(抜刀術戸山流免許皆伝)が、
「チャンバラ映画の様な刀の使い方をしたら、直ぐに刃毀れして斬れなくなります。だから・・・太い血管の通っている箇所をスッと斬るんです。そうやって使えば、百人だって死に至らしめる事が出来ます。」
と、例の穏やかな語り口で恐ろしい話をしていたぞ
40.名無しさん:2016年11月10日 15:43 ID:ibGJqbk60▼このコメントに返信
どんな刀の達人でも3人以上同時に相手してはいけないって話だと思ってたわ
骨に当たって刃こぼれするとかは切りどころにもよるんでないの腹部とか首とか手首とかやわいとこならなんぼでもイケるだろう
41.名無しさん:2016年11月10日 15:44 ID:uuGqlQu.0▼このコメントに返信
※36
よく言えるなもなんも
鋳造刀なら兎も角、鍛造された鉄が折れもせず
ぐにゃりと曲がったらそっちの方がビックリだよ
42.名無しさん:2016年11月10日 15:44 ID:KZipSKwp0▼このコメントに返信

バカな君達へ  日本刀は 「突き」が一番 効き目が有るんだわ

100人なら 楽勝     切るなんて  エネルギーの要る 戦いは 大バカだ

長刃の部分は 受けが主で 刃こぼれしても問題無い
43.名無しさん:2016年11月10日 15:46 ID:6iY.PA9Z0▼このコメントに返信
普段は油をひいて錆を防いでいるが、使う時に、打ち粉をして油を拭う、その行為が生んだデマですね。
44.名無しさん:2016年11月10日 15:46 ID:xxElH7990▼このコメントに返信
本来、刀は斬るものでなく刺すもの
45.名無しさん:2016年11月10日 15:46 ID:UCm1KJh10▼このコメントに返信
※39
流石は元・秋山大治郎だけの事はある。
46.名無しさん:2016年11月10日 15:48 ID:tmMNYXFS0▼このコメントに返信
3人切ったらダメとかそんなことないとかって手入れの問題じゃないか
万全に刀の手入れできる人だったり状況だったりでかなり変わるだろ
所詮刃物の一種なんだから
47.名無しさん:2016年11月10日 15:52 ID:zt3n3ZAV0▼このコメントに返信
北畠具教「ちーっす!」
48.名無しさん:2016年11月10日 15:53 ID:zt3n3ZAV0▼このコメントに返信
山田浅右衛門「うぃーっす!」
49.名無しさん:2016年11月10日 15:53 ID:lWCOP0I30▼このコメントに返信
それは油の多い女性の話じゃ?
50.名無しさん:2016年11月10日 15:53 ID:kYPqV2Ba0▼このコメントに返信
刀とはまた違うかもしれんが
医療メスの売り文句だと脂肪付着低減!ってのが一種のテンプレだよ
51.名無しさん:2016年11月10日 15:53 ID:fjmmiTFL0▼このコメントに返信
例の百人斬り競争は、戦果を争った競争だよ。
捕虜や民間人を立たせて100人斬った話ではない。

南京で捕虜の大量処刑はあったけどね。
52.名無しさん:2016年11月10日 15:54 ID:jcue.g4n0▼このコメントに返信
3回突いたら鑓が使えなくなるかと言えばそうじゃない
刀も折れるまでは突けるし殴れる
スレタイにあるように斬れるかってことだと脂はともかく刃こぼれなど起こしていたらままならんこともあるだろう
53.名無しさん:2016年11月10日 15:54 ID:iLF7BWkG0▼このコメントに返信
※41
グニャリってなんやねん……どういうイメージよ。

あのね、刃筋が通ってないと、切れたとしても刀はちょいと曲がるの。
鞘に綺麗に入らなくなったり、ソレ以下の、まあパッと見てわからないレベルで。
そんなちょい曲がりを使うと、力が集中してすぐに大きく曲がっちゃうのよ。
54.名無しさん:2016年11月10日 15:58 ID:2gTBw9oj0▼このコメントに返信
油じゃなくて骨でかけてだろw
55.名無しさん:2016年11月10日 15:58 ID:LV06k5Qd0▼このコメントに返信
真剣100回気合入れてとか
中々振れるもんじゃねぇーぞw
56.名無しさん:2016年11月10日 15:58 ID:3AQWJq8X0▼このコメントに返信
39の使い方が概ね正しい。
本当の斬り合いは動脈を狙って小手先でチマチマ刺し合うイメージ。
振り下ろして着物や鎧ごと切るなんてできない。
57.名無しさん:2016年11月10日 15:58 ID:uuGqlQu.0▼このコメントに返信
※53
その程度の事なら分かるよ

全否定して曲がる曲がる言うから
そっちこそどんなイメージなんだと思ったわ
58.名無しさん:2016年11月10日 15:59 ID:1GP9Qfh.0▼このコメントに返信
※42
突いた対象が動いたらそれだけで刀が曲がるぞ
張り付けにされた捕虜百人でも想定してるのか?
59.名無しさん:2016年11月10日 16:00 ID:cbsPDVmZ0▼このコメントに返信
一太刀で七人まで切れるらしいからな。戦闘不能にするぐらいなら100人まで行けるかもしれんかな
60.名無しさん:2016年11月10日 16:02 ID:zt3n3ZAV0▼このコメントに返信
※51
しれっと言っているが。
処刑されたのは便衣兵であって、軍服を着た戦闘員である捕虜ではない。
61.名無しさん:2016年11月10日 16:02 ID:GSBIMYEC0▼このコメントに返信
曲がらないけど折れることはあるよん
荒木又衛門の鍵屋の辻の記録にある
相手方の小物中元がじゃまだから刀の側面ではたいたらポキンと折れた
(小物中元は非戦闘員扱いだった)
藤堂家の記録にある
なお記録は六畳間に象牙の塔が立ちまくって膨大な模様
62.名無しさん:2016年11月10日 16:02 ID:69Aw2ZByO▼このコメントに返信
ヘタクソがやると1人目でオシャカになるという事実。
63.名無しさん:2016年11月10日 16:03 ID:auk0UUtG0▼このコメントに返信
刀に限らず鉄製・鋼鉄製武器の一番の敵は血液らしい
とにかく錆びる、切って血を浴びたらすぐにでも手入れをしなければ刃物としては使い物にならなくなる
刃物として使わなくても耐久性が著しく劣化する
だから生物を斬る事に刀を使うのは正直非効率、長柄の鈍器のほうがよっぽど良い

と、コレクターだった人が言ってた
64.名無しさん:2016年11月10日 16:05 ID:iLF7BWkG0▼このコメントに返信
※41
ついでに言っとくが模造刀は曲がりやすく折れやすい。
固いもんにガッツンすると一発でござる。
65.名無しさん:2016年11月10日 16:05 ID:oD9TFIcJ0▼このコメントに返信
※51
便衣兵は条約的に処刑してもセーフ
66.名無しさん:2016年11月10日 16:05 ID:Y.aq.NPQ0▼このコメントに返信
刀の切れ味は判らないけど、一人切ったら、初段の腕前・・・とか聞く。
67.名無しさん:2016年11月10日 16:06 ID:GSBIMYEC0▼このコメントに返信
※55
ふれないよね・・・よほどの人でないと
俺が振ったら、だんだん横にぶるぶる震えて、まっすぐ斬れなくなったわ
68.名無しさん:2016年11月10日 16:07 ID:3AQWJq8X0▼このコメントに返信
58
そう、達人でなければ肌の露出部を少しずつ切りつけて致命傷まで持ってく。
相手も必死に切りつけてくるから何人も相手にするのは至難。この状況で100人斬りは考え難い。
69.名無しさん:2016年11月10日 16:07 ID:jHxqMscR0▼このコメントに返信
山本七平が軍刀は38歩兵銃の弾3発分だと言ったけど、その軍刀もアメリカからの車の板バネ廃材を
輸入して作ったんだよな、しかし江戸時代の刀よりはちゃんと企画化している、昔の刀はピンからキリ
あってピンは絶対的にすくなかった、たぶん竹光よりかマシというのがほとんど日本刀に幻想もちすぎ
70.名無しさん:2016年11月10日 16:07 ID:oD9TFIcJ0▼このコメントに返信
中国の資料(名前は忘れた)によると倭寇(前期)の使う日本刀はこっちの鎧スパスパ切る、こえぇって内容のやつあった気がする
71.名無しさん:2016年11月10日 16:08 ID:RmrKx5EW0▼このコメントに返信
刀同士をぶつけあったり、斬るにしても相手だって動くから毎回刃筋を綺麗に立てられるワケでもないし、硬い骨にぶつける事もあるだろう。
そういった要素も加わるだろうから3人も斬れば切れ味が損なわれて当然だろう。
ていうかゲームじゃないんだから3人も斬ったら殊勲だし、体力的にもキツいだろうから一息ついて刀交換すれば良いだけの話。
72.名無しさん:2016年11月10日 16:09 ID:Qp7KEhnG0▼このコメントに返信
舛添要一はまだ生きてるの?
まさかまだ生きてるの?
73.名無しさん:2016年11月10日 16:09 ID:yjBqQahyO▼このコメントに返信
知ってるデショォォォッッみたいな面で書いてるけどwww
結局どんな名刀でも豚肉ぐらいの脂身人間切ったらすぐに刃潰れするわ
74.名無しさん:2016年11月10日 16:10 ID:oD9TFIcJ0▼このコメントに返信
ただの鉄の棒でも人殺すのには十分だから切れなくなっても武器としては使えるやろ
75.名無しさん:2016年11月10日 16:10 ID:zt3n3ZAV0▼このコメントに返信
使う刀によっても違うし、使い手の力量によっても変わる。以上。
76.名無しさん:2016年11月10日 16:10 ID:c3Uys3RP0▼このコメントに返信
>>36
江戸の頃からが顕著なのだが、溢れた刀鍛冶達が農機具(鎌・鍬・鋤・鉈)や日用刃物(包丁・剃刀)とかを作って凌いでいた……てのはあるからね。
現代まで確りと残っている連中は、多かれ少なかれ『機能美の極致』の軍事絡みが関わっているものさ。
77.名無しさん:2016年11月10日 16:10 ID:9cGSjK2S0▼このコメントに返信
質量兵器としての側面もあると何度言えば・・・
78.名無しさん:2016年11月10日 16:10 ID:CihIMmGn0▼このコメントに返信
鉄の棒でぶん殴ったら死ぬんだからどうでもいいだろ
79.名無しさん:2016年11月10日 16:12 ID:cbsPDVmZ0▼このコメントに返信
※73
刃潰れおこしても、人間両断できるような膂力の怪物なら問題なく斬れそうな感じ。いくらなまっても獣の牙よりは鋭いだろう
80.名無しさん:2016年11月10日 16:13 ID:cbsPDVmZ0▼このコメントに返信
こうなるとギロチンは何回ぐらいで研ぎ直したのか気になるわ
81.名無しさん:2016年11月10日 16:14 ID:Uwhw3qQT0▼このコメントに返信
で、実際のところどうなの?
資料で検証すればすぐ分かるんじゃないか?
82.名無しさん:2016年11月10日 16:15 ID:KCW8egdl0▼このコメントに返信
100人も切る体力無いっす
83.名無しさん:2016年11月10日 16:17 ID:cbsPDVmZ0▼このコメントに返信
※91
そんな資料ないだろ。江戸時代にはすでに高級品で、戦国時代の記録なんて間に受けていいものかも怪しいし
84.名無しさん:2016年11月10日 16:18 ID:iHIo9Dpl0▼このコメントに返信
つか、いつの時代の日本刀かにもよるし
戦国期の分厚い奴なら切れなくても殴ればいい話だしな
別に切れなくなった瞬間に、日本刀が使えなくなるわけじゃないし
85.名無しさん:2016年11月10日 16:18 ID:PFGM2bPx0▼このコメントに返信
人間を100人斬るとなると、相当な体力が必要だと思うけど
86.名無しさん:2016年11月10日 16:23 ID:qd4TtE.E0▼このコメントに返信
刃が無い模造刀で木の枝叩いたって簡単に折れるからなあ
油が付いたらなんだって話だよな
87.名無しさん:2016年11月10日 16:23 ID:Uwhw3qQT0▼このコメントに返信
すぐ切れなくなる、簡単に曲がるって、言う書き込みが目立つが
中村半次郎とか岡田以蔵とかはどうだったんだ?
88.名無しさん:2016年11月10日 16:24 ID:oD9TFIcJ0▼このコメントに返信
※86
ヒント模造刀
89.名無しさん:2016年11月10日 16:26 ID:zt3n3ZAV0▼このコメントに返信
山田浅右衛門の懐宝剣尺や古今鍛冶備考は見物人、証人もおり江戸時代当時の人も参考にした書籍。
最上大業物、大業物、良業物、業物という基準は、罪人の死体を試し切りして決められた。
最上大業物では、七ツ胴というものもあり7名積み重ねた死体を一気に両断できたそうだ。
ちなみに山田に頼むと刀研ぎ代が浮くのでこづかいになったそうだ。当時使用した刀は現存している。
3人程度でという話は、昭和期に広く信じられているウソと分かる。
90.名無しさん:2016年11月10日 16:27 ID:qd4TtE.E0▼このコメントに返信
※88
ん?何?
91.名無しさん:2016年11月10日 16:28 ID:KCW8egdl0▼このコメントに返信
あと追加で言うと庭の仕事やってて日常的に刃物研いでるから言うけど
使用するときは一日で何回も研ぎなおす。
刃物ってちゃんとあつかわないと簡単に刃毀れするし、かなり緻密なものだ
切れば切るほど刃の精度は加速度的に落ちるし、どんどん錆びる。場合によっては20分足らずでうっすら錆びが付く事もある。
一応刃渡り8寸の鍛造した安来鋼使用。
庭の剪定ばさみレベルでそうなんだから、対人なんてさらにその何段階も上の話だと思うぞ。
92.名無しさん:2016年11月10日 16:30 ID:qd4TtE.E0▼このコメントに返信
※91
人体って脆いよ
93.名無しさん:2016年11月10日 16:32 ID:20VspiSt0▼このコメントに返信
日本刀持って使って(人じゃダメ)試せば分かる
取り敢えず 買え 文化財保護のために
94.名無しさん:2016年11月10日 16:32 ID:Y0dLqLes0▼このコメントに返信
むかーし材料工学の基礎講座で習ったな。
表面は炭素含有量を多くし堅く、内側は含有量少な目で伸びを重視。
だがそれをやる為には折って重ねて叩いて伸ばし折って重ねて叩いて伸ばしの旧来からの日本刀製造工程では難しい(出来ない)筈だが。
パイ生地構造にしたかったら折って重ねて・・ではなく、包んで叩いて伸ばし包んで叩いて伸ばし・・が正解。
95.名無しさん:2016年11月10日 16:33 ID:zt3n3ZAV0▼このコメントに返信
2,3人斬って斬れなくなるような欠陥武器であれば、わざわざ明や清が日本刀20万本を輸入したりしないだろう。
96.名無しさん:2016年11月10日 16:34 ID:o.yJQuxK0▼このコメントに返信
刀は袈裟斬りじゃなくて突くものだってじっちゃがいってた
97.名無しさん:2016年11月10日 16:43 ID:b2Wabpty0▼このコメントに返信
昔月刊秘伝かなんかで見たけど戦中の昭和刀(工場で作った大量生産品)
は拵えの方が適当でガタが出て切れなくなるってオチだった
刃のほうは昭和刀であっても油で切れないなんてことは無い
検証で豚肉だか吊るして3つ切ってもなんら切れ味に変化なかったと
98.名無しさん:2016年11月10日 16:43 ID:KCW8egdl0▼このコメントに返信
※91
脆くないぞ。構造が複雑なだけだ。
それに対象は動くからな。
100人マッパならどうか分からんが、服も刃毀れの要因だろうな
99.名無しさん:2016年11月10日 16:44 ID:KCW8egdl0▼このコメントに返信
※98だが、※92な。
100.名無しさん:2016年11月10日 16:44 ID:zt3n3ZAV0▼このコメントに返信
※91
反りがある刃物とないもの。
構造も斬り方も研ぐ方向も違うのに比較することはナンセンスですよ。
刀と包丁ですら比較にならない。
包丁は押し当てても切れるが、刀は押すか引くかしないと斬れない。
101.名無しさん:2016年11月10日 16:45 ID:97SfQYvX0▼このコメントに返信
大人数と闘う時には急所を浅く切るんだって時代劇でやってた。
102.名無しさん:2016年11月10日 16:46 ID:VSomFBlf0▼このコメントに返信
※6
その刀を扱ってる人とやらは現代の人斬りか何かですかね…
こういう嘘を嘘と見抜けない人がいる限りこの手のデマは無くならんのだろうなぁ。
103.名無しさん:2016年11月10日 16:47 ID:97SfQYvX0▼このコメントに返信
※17
そうすると世に知らしめたのはビック錠先生かな?
104.名無しさん:2016年11月10日 16:48 ID:5HjqMb5X0▼このコメントに返信
元の性能を保てるのか3人位って話だと思ってた。
105.仙人:2016年11月10日 16:50 ID:zVZzr5FAO▼このコメントに返信
高江にいる朝鮮人100人切ってみるしかないね
106.名無しさん:2016年11月10日 16:52 ID:1kScPbdR0▼このコメントに返信
実際に持ったら分かるけど、殴るだけで倒せるくらい重いぞ

後、昔の戦場で最も有効な攻撃手段は投擲だった
107.名無しさん:2016年11月10日 16:57 ID:o1gKNrDr0▼このコメントに返信
2~3人で切れなくなったのは昭和刀と呼ばれるものの中で大戦中に大量生産された軍刀の粗悪品。伝統的な製法で造られたものではないので日本刀の範疇に入れるべきではないと思う。
108.名無しさん:2016年11月10日 16:57 ID:RcQhBI0q0▼このコメントに返信
脂とはいうけど実際は体を守ってる生地や革だとか
体の内部の骨だとかが問題になるんじゃないかな
109.名無しさん:2016年11月10日 16:58 ID:RmrKx5EW0▼このコメントに返信
※95
2~3倍の兵力の敵を一人残らず殲滅しないといけない戦なんてまず無いから
一人一殺出来れば必要最低限、2~3人ちゃんと斬れるなら十分な性能の兵器だよ。
110.名無しさん:2016年11月10日 17:00 ID:.zlEZC5P0▼このコメントに返信
戦国時代も切るという使い方ではなく、叩いたり・突いたりする方が主流だったらしい。
切れ味抜群の日本刀が誕生するのは江戸時代。
111.名無しさん:2016年11月10日 17:05 ID:Gnrr0SQ10▼このコメントに返信
時代背景を考えろ
人って言っても裸じゃないだろ
3人以上を連続して切るのが普通な状況なんて戦中だろ。帷子や甲冑を着ていると考えるのが普通
渇いた血や脂が付いた刃物では切れないだろ
112.名無しさん:2016年11月10日 17:10 ID:CW6aUTYn0▼このコメントに返信
だから江戸末期のやくざの出入りでは突き殺しが主流。これは10人以上大丈夫。侍もやたら胴を斬ったわけではない。
中には足首専門に斬る流派も有った。足首を斬られたら体は動かない。腕を落としただけでは動ける。日本の剣術は省エネが基本。一撃必殺が
省エネの原点。居合は省エネ。名人の試合ほどつまらないものは無い。気が付いたら勝負が終わっていたことが普通だった、
113.名無しさん:2016年11月10日 17:17 ID:ARVBDlq7O▼このコメントに返信
「一本の刀じゃ五人と斬れん」って菊千代さんが言ってた。
114.名無しさん:2016年11月10日 17:20 ID:3tK7d5dx0▼このコメントに返信
※73
だから脂で刃潰れなんておこらないっていってんの
切れない包丁でグリグリ脂身擦り切るのとわけが違うんだぞ?人切ったら刀身が脂でベットリなんてなるわけねーだろ…
刃を切れなくするのは血と骨なんかの堅いもの
そもそもこの「3人切ったら切れなくなる」ってのは、血脂(凝固しかけてネトネトになった血)のことを言ってたはずなんだが、なんで脂肪のことになってんだ
115.名無しさん:2016年11月10日 17:24 ID:NHdOsoPj0▼このコメントに返信
鳥は脂で直ぐ切れなくなるなぁ…
116.名無しさん:2016年11月10日 17:28 ID:jHxqMscR0▼このコメントに返信
※89
重ねた肉体を一気に両断するのと戦いで3人を切とでは
条件が違うとおもうけど、切れ味=続けて何回も切れる
ではない
117.名無しさん:2016年11月10日 17:35 ID:HK.Wm9wF0▼このコメントに返信
※35

そもそも「あぶら」は油じゃなく脂や膏で、それを勘違い/区別してない書き込み多いね。
広義には体の分泌物(例:手あぶら)だから血糊なんかも含む。血は血管の外に出たらドンドン固まって摩擦が増える。
ラードの実験も使ったラードの凝固温度は重要。包丁の刃に塗れてるんだから融点が低いってことで固まり難いもの使ってるんだから当たり前で意味ない。
118.名無しさん:2016年11月10日 17:35 ID:gfIkFk5e0▼このコメントに返信
切れる切れないの話じゃなくて、滑って欠けて血でベッタベタなあの重さのものを何時間も振り回せるだけの筋力があるかなんだよなぁ
119.名無しさん:2016年11月10日 17:35 ID:Awi6egGi0▼このコメントに返信
ホームセンターでエクスカリバールでも買って100回振ってこいw
120.名無しさん:2016年11月10日 17:43 ID:QHCHB4ET0▼このコメントに返信
斬れなくなったら砂山に刺す 七人の侍で見ただろ
121.名無しさん:2016年11月10日 17:43 ID:p.8AZQv80▼このコメントに返信
そもそも刀は表面を油で磨いて錆止めにするんで、最初から油塗れなんだけどねあれ
あと血糊対策に懐紙を持ち歩くのはデフォなんで、現象として血で切れないはあるけどそもそもそうなる前に血は拭うから、そうなることはまずないよ
ちなみに懐紙がないときは死体の衣類で血を落とすから、本当にそういう状況はまず想定しなくていいくらい
122.名無しさん:2016年11月10日 17:46 ID:45gUDnyvO▼このコメントに返信
普通のほうちょうもちゃんと手入れしなきゃアカンのやで!

刀も刃物だから同じやで…
123.名無しさん:2016年11月10日 17:53 ID:.RAL.FD50▼このコメントに返信
俺がスポ少にいたころ相手チームの監督がおしえてくれたんだけど、血が出る前に油がブシュッてなるらしいよ。因みに今朝罠にかかった狐を見た。入れ歯と入れ歯で挟むような漫画に出てきそうな罠だった。俺が視界に入ると逃げようとして走りだそうとするんだけど、その度に後ろ足にかかった罠がどんどん食い込んでいって見るに耐えなかったよ。夕方にもう一度見に行ったら狐はおらんくなっとった。無事に逃げてくれて安心したよ。
124.名無しさん:2016年11月10日 17:55 ID:eD2bdlBV0▼このコメントに返信
誰が言い出したのか知らんが、刀に触ったことすらない奴の戯言なのは間違いないな
125.名無しさん:2016年11月10日 17:58 ID:zcp6PE9o0▼このコメントに返信
日本刀の事をあれこれ言ってるけど。
戦場で活躍したのは槍、日本刀はほとんど使われてないのが事実って書いてるのを見て驚いた事がる。
126.名無しさん:2016年11月10日 17:58 ID:cG5XqKru0▼このコメントに返信
※123
トラばさみは禁止猟具なんだが・・・・・・
127.名無しさん:2016年11月10日 18:00 ID:R2s32w4E0▼このコメントに返信
日本刀なんて素振り100回でさえできる気がしないな。
128.名無しさん:2016年11月10日 18:03 ID:RmrKx5EW0▼このコメントに返信
※121
という事は刀を相手にする時は全裸になって集団でいけばいいのか
129.名無しさん:2016年11月10日 18:04 ID:BPBy4jTP0▼このコメントに返信
※100
圧切:ノッブが料理人にワイを押し当てただけで真っ二つなんたんやが
130.名無しさん:2016年11月10日 18:05 ID:rPQX4AFb0▼このコメントに返信
濡れる!
131.名無しさん:2016年11月10日 18:06 ID:cG5XqKru0▼このコメントに返信
※125
それも恣意的な誇張だけどな、軍隊で戦うときは遠距離では弓、接敵段階ではリーチの長い槍を使うわけで比率で言ったらそらほとんど使わないとも言えるけど、乱戦に成ったら使うし首取るときも使うわけで状況次第で使いどころはある。
現代だって銃使うからってナイフ持たないわけじゃないからね。
132.名無しさん:2016年11月10日 18:08 ID:UDlevXUJ0▼このコメントに返信
重いってほど重くない、バットよりちょい重くらい。刃がなくても殴られたら怪我するし死ぬ事もあるだろうけど反撃することもできるだろうな、よくコンビニ強盗の映像とかであるじゃん
1~2年に1回刀油塗りなおしてる時持つ程度の自分の感想
133.名無しさん:2016年11月10日 18:09 ID:RsiP894j0▼このコメントに返信
包丁でみじん切り作るだけで息切れるわ。
134.名無しさん:2016年11月10日 18:10 ID:rPQX4AFb0▼このコメントに返信
※125

こういうの凄く多いけど、よく考えてみれば槍も多種にわたれば刀も多種にわたるわけで
接近戦用として使われる短い槍と同等の長さと破壊力を誇る刀もあるんだよな
135.名無しさん:2016年11月10日 18:10 ID:Szx4auF20▼このコメントに返信
※7

スパスパは切れないよ。
ブタのハムじゃね?
生肉は切れが重くなるよ実際に。
100人頃せるかどうかは置いといてね。
136.名無しさん:2016年11月10日 18:13 ID:Szx4auF20▼このコメントに返信
なー管理人さんよー!
そんなスレタイで他人にコメント求めていて、「札,頃」の漢字をNGってアホじゃね?
もっと関係ないすれ立てろよそれなら。
貴方の題材は流れ的に出てくる漢字だろう、違うか?
137.名無しさん:2016年11月10日 18:16 ID:MXLz9nhO0▼このコメントに返信
乱戦になって刀が必要な状態に陥ったら、青眼に構えて相手が懐に入れない距離を保ちつつ逃げを探る。先の先が取れない腕なら斬り合っては駄目だと思う。
新撰組なら帰還してから切腹だけどね。
138.名無しさん:2016年11月10日 18:17 ID:o1gKNrDr0▼このコメントに返信
※94
心金、刃、側金等、別々に作ってから合わせる。それぞれ炭素含有量が異なり、心金は粘り強く、刃は堅い。
139.名無しさん:2016年11月10日 18:21 ID:h3DnkQLt0▼このコメントに返信
医者やってる知り合いからは、手術するときメスは温めてるって聞いた。
140.名無しさん:2016年11月10日 18:23 ID:69Aw2ZByO▼このコメントに返信
短い槍だと思えば長持ちするという。
141.名無しさん:2016年11月10日 18:25 ID:SDdIhyqKO▼このコメントに返信
模造刀すら鈍器だからな

切れなくても頭かち割れるだろ
142.名無しさん:2016年11月10日 18:26 ID:RmrKx5EW0▼このコメントに返信
※136
その漢字でコメ欄を検索してみるという脳すら無いのか?
それ以前に日本語も怪しいけど。
143.暴君:2016年11月10日 18:28 ID:EAgCloDN0▼このコメントに返信
 
 3人切っても

鉈や斧より、切れるし

鉄パイプ以上の打撃力があるぞ。

剃刀なみの切れ味は無くなるだろうが

殺傷力は、おとろえないぞ。
144.名無しさん:2016年11月10日 18:31 ID:69Aw2ZByO▼このコメントに返信
包丁の硬度>コンクリートの硬度
でも、包丁でコンクリート切ろうとするとさ、
歯こぼれぐらいじゃ済まないだろ?
145.名無しさん:2016年11月10日 18:34 ID:UKz9YDSe0▼このコメントに返信
大陸の戦闘では、白兵戦で塹壕戦やトーチカ戦では銃剣より日本刀の方が取り回しが良くて、
それで現場の声とかまとめたら、その携行するのに最適の大きさは二尺一~二寸であるとなったらしいね。
騎兵刀はそれより若干長くて片手打ちが出来るものが良し、となった。
ある兵士が銃剣で胸を狙って敵を突き殺したが、貫く動作が遅れて別の敵に青竜刀で打ち倒された、それを見た将校が日本刀をかざして突っ込み、敵の青竜刀の一撃を受け止めて、返す刀で敵を袈裟斬りに打ち倒した。その結果将校の刀は、曲がりと刃毀れが出来たらしい。
大量の刀匠などが大量の損傷した刀の修理に従事したが、粗製品は折れるのが多かったらしい。一般的なのは刃毀れか、曲がりが多かった。
ただ曲がりは、しばらく時間を置いておくと、特に良品は元に戻る場合が多かった。
あとは構造上の欠陥か分からないけど、柄折れのケースがかなり多かったらしい。
相州伝は数は少ないが優秀、関伝はよく切れると定評があったが硬すぎるものもあった、備前伝が数が多くまずまずの性能だが柔らかすぎるものもあったとのこと。
146.名無しさん:2016年11月10日 18:34 ID:cyIE5.aX0▼このコメントに返信
一枚皮剥いだら真っ黄色の脂だらけだもんな
147.名無しさん:2016年11月10日 18:35 ID:b8nZbZ2KO▼このコメントに返信
※2
お前の腕力じゃ無理
148.名無しさん:2016年11月10日 18:40 ID:PmikJBvT0▼このコメントに返信
斬れ続けるわけないじゃん。
それだけ使えるなら、軍の平常装備品に採用されてる。日本兵の腰に刀があったとでも言う気か?
銃剣で突き刺すのが関の山。
講談のフィクションに真面目に反応するなよ。
木くずが燃えそうだとも思わずに、ジャングルジム作って、人を焼き殺してるのと同程度のもの知らず。
というか、便利になりすぎて自分では道具を使った経験がない。
149.名無しさん:2016年11月10日 18:52 ID:eqG.rp5d0▼このコメントに返信
あの森武蔵さんの人間無骨でさえ50人殺傷した日は研ぎながら戦ってたという事から
研がずに100人斬りはまず無理だという事はわかる
150.名無しさん:2016年11月10日 18:55 ID:zunLdXWe0▼このコメントに返信
だから、本打ちと数打ちじゃ刀自体の性能が違うんだから一概に言えない
江戸時代や幕末やWW2で一般的になってた刀は数打ちだから、3人も切れば刃先ボロボロ。基本的に護身用の刀だからね
中には新撰組の有名人は戦闘用の本打ちの刀持ってたり、ごく一部では使われてたらしい
151.名無しさん:2016年11月10日 19:01 ID:kpZ4kmjR0▼このコメントに返信
※112
ヤクザの長ドスは反りのない直刀なんで、突き刺すのが普通
152.名無しさん:2016年11月10日 19:01 ID:CKy4pe7.0▼このコメントに返信
そら3人斬っても切れ味はそんな変わらんよ
料理で肉切ってりゃ分かるでしょって話
153.名無しさん:2016年11月10日 19:05 ID:69Aw2ZByO▼このコメントに返信
スジ肉は凍っていても切りにくい。
ましてや常温
154.名無しさん:2016年11月10日 19:05 ID:AnX9uIJX0▼このコメントに返信
戦や討入には刀を何本も持っていく、使えなくなったら捨てて
新しいのを使うかやっつけた敵から奪って使う
無抵抗の人体を斬るなら何人もいけるが武装した敵と戦うなら
刃こぼれしたり曲がったりする
155.名無しさん:2016年11月10日 19:18 ID:k2ABap6v0▼このコメントに返信
どちらにしても質の悪い軍刀では無理だわ。
156.名無しさん:2016年11月10日 19:19 ID:Bf.wsU7j0▼このコメントに返信
ヘキサンのボトル携帯しとけば大丈夫だよw
157.名無しさん:2016年11月10日 19:20 ID:zwI0QuS40▼このコメントに返信
質と腕、相手の防具によるだろ
158.名無しさん:2016年11月10日 19:20 ID:bfl7C7b.0▼このコメントに返信
>包丁にラード塗りたくって皮付き豚ブロック切るってのやった
> なんともなくスパスパ切れたよ
まな板に置かれたブロック肉をラードを塗りたくった包丁で切ったからって、
人間を斬り殺した後の刀の状態がどうなるかを推測するための材料にはならねえよwwww

せめて鮪包丁で生きてる状態の豚に服着せて斬るくらいのことしろ
159.名無しさん:2016年11月10日 19:22 ID:AnX9uIJX0▼このコメントに返信
軍刀ってスプリング鋼?だっけ切れ味はあるかもな
そもそも飾りだろあれ指揮棒みたいなサムライ軍隊、最強w
160.名無しさん:2016年11月10日 19:26 ID:.bH7dbXn0▼このコメントに返信
本物の日本刀を貸してもらって素振りしたことがあるが、重かった。「雑巾を絞る感じで握れ。でないとスッポ抜けるぞ。」
「上段から振り下ろして中段でピタリと止めるつもりでないと、自分の足を斬ってしまうぞ。」と注意された。
「正確に動脈の急所を斬れば数多く倒せる」というが、あんな重いものを100回も続けて振ろうとしたら、途中でよろけて敵にやられてしまうぞ。

ある書物に「忍者がやむを得ず、前方に立ちふさがった武士と戦う際の刀筋」というのがあって、片手で持った忍者刀の切っ先をダラリと下げて斜め横に構えて間合いに接近する。武士は中段の構えから上に振りかぶるから、その瞬間にダッシュで踏み込んで中腰で脇腹を撫で斬って横を走り抜ける。
もちろんそれをやる為には「度胸・冷静さ・脚力・腕力」を普段から鍛えていなければならない。早い話が「50cmクラスの短刀」やカタール(ジャマダハル)でやったほうが楽だろうと思った。
161.暴君:2016年11月10日 19:39 ID:EAgCloDN0▼このコメントに返信

 まあ、これでも観て、肩の力抜けよ。www

「Cold Steel - Warrior Series Japanese Swords」
ttps://www.youtube.com/watch?v=k8qQZLtIuiA

(グロい試し切りもあるから、苦手な奴は観るなよw)
162.名無しさん:2016年11月10日 19:47 ID:Rn3bp7f80▼このコメントに返信
※125
それもこの件と同じデマな
刀もろくに扱えない農民の雑兵が山ほど槍を持って陣形を組むんだから、そりゃ配備された本数だけ数えれば槍の方が多いが、一本一本の活躍の度合いは当然極小

更に、殺傷率云々はもっと悪質なデマ
あれの元の資料は殺傷率ではなく負傷率なので死者はカウント外になっていて、食らっても敵から遠いので離脱しやすい弓矢や投石の比率が物凄く高くなり、集団で振り下ろす使用が前提でピンポイントのトドメとか刺してこない槍の比率も高くなり、負傷させられたらそのままトドメに持っていかれるか離脱中に別の奴に殺される可能性の高い刀の比率が低くなる
163.名無しさん:2016年11月10日 19:48 ID:oP9.KWsL0▼このコメントに返信
刀の能力を試す試し斬りの記述が何かにのってたけど、刀で死体を半分に切って上に積み上げる、また切る、また切る。みたいな感じだったと思う。モノにもよるだろうけど切れ味を維持するのは三人どころでは無かったよ。
164.名無しさん:2016年11月10日 19:51 ID:KCW8egdl0▼このコメントに返信
※159 因みに大阪にはもともと軍刀の軍需産業で栄えたけど
今は緻密な作業を要する職人向けの捌き包丁に移行した職人が多いで
165.名無しさん:2016年11月10日 20:04 ID:Ly8A.mnz0▼このコメントに返信
国語(笑)
166.名無しさん:2016年11月10日 20:11 ID:TL0qWoKW0▼このコメントに返信
自分が使ってる3万のナイフは猪一頭油まみれでも切れ味鈍らないから、何十万もする日本刀なら10人ぐらいならいけそう。
167.名無しさん:2016年11月10日 20:20 ID:IPnAecol0▼このコメントに返信
なまくらと名刀と、油の少ない人間と油の大人間でしっかり検証した結果を報告してくれよ。いつもみんな想像ばかりでなんも結論が出ないわ。昔の実験の資料とかでもええぞ。
168.名無しさん:2016年11月10日 20:25 ID:iTL3FTj60▼このコメントに返信
鬼塚吉国なら20~40人は余裕で斬れるらしいが
169.名無しさん:2016年11月10日 20:26 ID:Szx4auF20▼このコメントに返信
※142

アホか?
スレタイに合わせてNGを外すくらいできねーのかヨイボンクラ君。
切った張ったの内容になに変なNG設けてんだ馬鹿。
花の鉢植えスレでもやってろボケ。
170.名無しさん:2016年11月10日 20:29 ID:FxdDyx5P0▼このコメントに返信
※51
大量虐殺したのは日本軍ではなくて、中国側ね。地元の住民を大量虐殺したました。日本軍はそれを阻止しようとした側です。
171.名無しさん:2016年11月10日 20:33 ID:iTL3FTj60▼このコメントに返信
※4
碧蹄館の戦いの時に立花軍の2千5百人で大明の軍を数千人討ち取ってたって
安国寺恵瓊の書状に書かれてたな
172.名無しさん:2016年11月10日 20:36 ID:tFvh9IxM0▼このコメントに返信
豚肉切ってると粘ってくるよね。筋まわりが絡む。
173.名無しさん:2016年11月10日 20:39 ID:fXM.OUih0▼このコメントに返信
せいぜい滑るとか切れ味が落ちるとかその程度やろ
3人切ったからもう使えないとか包丁以下やんけ
174.名無しさん:2016年11月10日 21:07 ID:R1ej5beZ0▼このコメントに返信
※87
暗殺者は闇打ちが基本だから一度に相手するのはおつきを含めて3人くらいだぜ
切った刀を手入れもせず次の仕事で使うと思ってるの?錆びるわ
175.名無しさん:2016年11月10日 21:17 ID:1RTfglo8O▼このコメントに返信
鹿の鞣革で脂拭いて(落として)手入れすればずっと使えるよ

3人斬ると終わりって昔の日本人が作った物に使い捨てになるような製品は殆ど無いよ
だってもったいないだろ
176.名無しさん:2016年11月10日 21:18 ID:yzXnGpS.O▼このコメントに返信
模造刀で肩から腕を斬り落とした事件があったで。
177.名無しさん:2016年11月10日 21:21 ID:CsrtsKvH0▼このコメントに返信
柳葉包丁で寒鰤捌いても脂で切れなくなるわ(笑)

日本刀は重たくて扱いが難しいよ…。
二刀流なんて筋力がかなりないと絶対無理💦
178.名無しさん:2016年11月10日 21:26 ID:yzXnGpS.O▼このコメントに返信
武田騎馬隊は、馬には刀を沢山積んでて、戦う時には、馬から降りて戦い、刀が斬れなくなると、馬に積んだ刀と取り替えて戦ってたらしいでw
179.名無しさん:2016年11月10日 21:26 ID:2RjgkGv00▼このコメントに返信
※87
そもそも討ちもらしや護衛を防ぐために暗殺者の方も数を頼んで滅多討ちってのも多いし、
桐野さん殆ど暗殺記録ないじゃないすか・・・

斬り合いでの刀の損傷具合なら、池田屋での新撰組幹部の刀の状態の記録があるにはあるが。
180.名無しさん:2016年11月10日 21:26 ID:NYa2DJEx0▼このコメントに返信
素人が憶測であれこれ考えるより、スーパーで買い物するとき、
肉屋のおじさんに聞けば一発で分かるんじゃね?

体験から言えば、
剃刀は剃っているうちに皮膚の脂肪が刃に付着して、切れ味が目に見えて悪くなる。
しかしその脂肪によって刃がガードされ、寿命は延びるのだそうだ。


 
181.名無しさん:2016年11月10日 21:27 ID:1RTfglo8O▼このコメントに返信
真実バラすのやめろや
3人斬ったあと敵が「よっしゃあの刀もう斬れへんで」ってかかってきた所を4~5人返り討ちにしようと思ってたのに…
182.名無しさん:2016年11月10日 21:36 ID:AKl9q3yn0▼このコメントに返信
色々、不勉強か混同してるやつ多いのでまとめておく

・「南京百人斬り」は、百人を「一度に(連続して)」「戦闘で」斬ったというものではない
 したがって日本刀で「一度に」切れる人数を議論するのと百人斬りの有無を議論するのは別な話

・百人斬りと南京事件は別なもの、南京事件は南京陥落後で、百人斬り競争は南京へ向けての進軍中のこと

・斬ったのは便衣兵というのも違う 捕虜の据えもの斬り処刑だったと、これは本人が語っているので確実

・百人斬り競争をした両軍人の差し料は先祖伝来の名刀だった

183.名無しさん:2016年11月10日 21:39 ID:ag63euHB0▼このコメントに返信
使い手の腕の差も出るからな。
刃筋が立ってるかどうかで刃こぼれする頻度だってだいぶ違う。
包丁使って魚三枚に卸してみれば分かると思うが。
力を入れる方向と刃の方向が一致してなきゃ切れ味は落ちる。
184.暴君:2016年11月10日 21:41 ID:EAgCloDN0▼このコメントに返信
※180
 
 いや、スレが曖昧だから駄目なんだけど

肉屋の肉は、鎧や兜を付けてないし

刀や槍で、包丁を防いだりしないだろ。

どんな3人か分からなければ、肉屋のおじさんに聞ても・・・・。
185.名無しさん:2016年11月10日 21:42 ID:V82sEZuH0▼このコメントに返信
日本刀を用いた殺人事件から1人2人切ったら曲がって使い物にならなくなるって
西村眞悟がそこまで言って委員会で昔言ってたな
186.名無しさん:2016年11月10日 21:45 ID:AKl9q3yn0▼このコメントに返信
「日本刀が三人斬ったらダメになる」というのは、山本七平が著書で
「自分でも据えもの斬りをやってみたことあったがひとり斬っただけで刀がガタガタになった」
「経験者の話では五人も斬れるものではない」
などと書いたのが広まったもの


そもそも南京の百人斬りを否定しようとして書いたものだが
粗悪な軍刀での体験で、しかも実際に何人も斬ったらダメになったという直接の体験談ではないので
まともな研究者からは、それを百人斬り否定の論拠にするのは無理ありすぎと突っこまれている



187.名無しさん:2016年11月10日 21:55 ID:Rn3bp7f80▼このコメントに返信
※184
「三人切ったら油で~」って話なんだから鎧や武器に当たった場合は一ミリも関係ないだろ
188.暴君:2016年11月10日 22:03 ID:EAgCloDN0▼このコメントに返信
 
 刀を酷使すると

刀身が折れたり曲がったりよりも

目釘(竹製)が折れたり、柄がガタガタになる方が多かったらしい。

で、試し切りで三つ胴とかするときは、試し切り用に強化した

特製の柄に、鉄の目釘を使用していた。
189.名無しさん:2016年11月10日 22:07 ID:Szx4auF20▼このコメントに返信
※182


東京日々新聞(今の毎日新聞)の浅海記者というのが書いた記事な。
彼は裁判で証言しようとしなかった。
彼が戦意高揚の為の創作記事と証言していれば処刑されずに済んだかもな。
まあ初代中日友好協会会長(廖承志)と早稲田で同級生の浅海記者・・・・・・
そして君が言う捕虜の処刑ならそういう記事になるんじゃないかね?
記事は「敵陣に部下と共に踊り込み・・・・・・」というシチュエ-ションなんだけど。
知っていると思うけど「向井少尉は歩兵砲の小隊長」「野田少尉は大体副官」で、部下と切り込んでちゃいけない立場なんだよね。
砲の小隊長が砲をほっぽって敵陣に切込み?
常識で考えなよ。
190.名無しさん:2016年11月10日 22:09 ID:PNlU0.arO▼このコメントに返信
大トロひいたら包丁切れなくなるのかよ
191.名無しさん:2016年11月10日 22:14 ID:Szx4auF20▼このコメントに返信
※189 「野田少尉は大隊副官」に訂正
192.名無しさん:2016年11月10日 22:21 ID:dHLFxrnh0▼このコメントに返信
※41
鍛造刀でも腰が伸びることはある。
193.暴君:2016年11月10日 22:32 ID:EAgCloDN0▼このコメントに返信
※187

 だから

「日本刀って3人斬ったら油で斬れなくなるってデマらしいけど」(本当は、なんで斬れなくなるの?)

デマなら、本当の理由が知りたいと解釈するもことできるだろ。

で、スレが曖昧だから駄目なんだと、1行目に書いてるだろ。

「デマらしいけど」ってだけなら、「ああ、その通りデマだよ。ww」
194.名無しさん:2016年11月10日 22:37 ID:cvGFcihW0▼このコメントに返信
※125
正確には集団で使う為の長槍だね。
持ち上げて相手の頭に落とすのが主な使い方だからあんまり訓練要らないし。
後、一本ごとの規格を考えなくていいから量産しやすいだろうしね。
あとは投石か弓。
195.名無しさん:2016年11月10日 22:40 ID:vWd69R.90▼このコメントに返信
※180
残念ながら肉屋に聞いてもわからない。

刀は反りが入っており、刃金を支える構造が複雑化している。
刀と包丁では、研ぐ方向が違うために切れ方が違う。
包丁は押し当てれば切れるが、日本刀は押し当てても切れません。
押すか引くかしないと切れないというのが特徴。
日本刀は全体をきれいに研ぐが、包丁は刃金の部分がおもでそんなにきれいにとがない。

日本刀と包丁では、刃物としての構造が全然違います。
196.名無しさん:2016年11月10日 22:45 ID:vWd69R.90▼このコメントに返信
※125
まぁ 現存している数多の合戦の屏風とかみれば事実ではないことが一発で判明する。
197.名無しさん:2016年11月10日 22:54 ID:vWd69R.90▼このコメントに返信
※116
3つじゃなくて7ツ胴ね。

繰り返し使えない武器(3人で打ち止め)な武器であった場合、はっきり言って武器として欠陥品。
命の危険に直結するような欠陥武器を使う愚かなもののふはいない。自分だったら使わない。
すぐに使えなくなる武器が1000年以上も全国各地で作られ続け発展し、現在まで残るということは、常識的にあり得ません。
槍や薙刀も同じ製法で作られている武器。多少差はあれド3回前後でどうこうなるようなら、日本において金砕棒のようなものがメイン武器となっていたはずである。ちょっと洞察力働かせればすぐわかることだと思うが。
また、北畠具教のような壮絶な斬りあいの話がいくつも伝わっていることも否定せねばなるまい。
198.100%の在日日本人です:2016年11月10日 23:03 ID:pmu9FYYb0▼このコメントに返信
自分も本身の(教育委員会に登録済み)日本刀を一振所有しているが、
間違って手を切ったことがある。基本日本刀は対象物にゆっくりと刃を置いても
スライドさせないと全く切れません。
ただ、反りがあるため叩くように振り下ろせばスライドを意識しなくても真っ二つに
できます。
多少の脂が乗っても、また多少の刃こぼれが発生したとしても重量があるので(2尺程度の長さなら刃の重量は概ね1Kg)
人をぶった切ることはできます。
刺身包丁で脂身を押し切るのではなく、大きな出刃包丁で骨ごと叩き切るのをイメージしてください。
199.名無しさん:2016年11月10日 23:08 ID:BPBy4jTP0▼このコメントに返信
※195
圧切:だからワイの名前のゆらいを無視すんなや

   織田信長が、自分へ敵対を働いた観内という茶坊主を成敗した時、台所へ逃げて膳棚の下に隠れた観内を棚ごと「圧し切り」
   (刀身を押し当てて切ること)にして斬殺したことで、その際用いられた大切れ物の刀に「へし切」の異名が付けられた

馬鹿の主張:日本刀は押し当てても切れません
200.名無しさん:2016年11月10日 23:20 ID:.95R41u40▼このコメントに返信
そこらの安物の鉄包丁でも肉を一日中切っても
油で切れないなんて事はねーわ

ポキポキ折れるーすぐに切れなくなるー槍の方が強いー
って言う奴等は工作員だと思ってる
201.名無しさん:2016年11月10日 23:24 ID:y8PLM0nX0▼このコメントに返信
戦の中で錬成されていった武器だから、実用上でダメなものだったら早々に廃れていたでしょうね。
まあ本気で有効な武器だったのは鎌倉期までかもしれんが
鎌倉期までの刀はロストテクノロジーでいまだに当時の鉄の作り方が分かってない
202.名無しさん:2016年11月10日 23:31 ID:vWd69R.90▼このコメントに返信
※201
現在の日本刀の定義である砂鉄を使った玉鋼ではなく、あてもない推測ですが、任那でとりまくってた鉄の備蓄が残っていて、それでも使っていたんじゃないですかね?
203.名無しさん:2016年11月10日 23:36 ID:vWd69R.90▼このコメントに返信
※199
勇気ある人が日本刀に裸足で乗ったりしているが、なぜ切れていないんですかね?
全ての日本刀が普遍的にへし切りのように押し当てて切れるようなら、わざわざ「へし切」という大層な名前を付け、後世に伝えたりはしないだろ?
一つの事例ですべてがそれと断じ、人を馬鹿呼ばわりする前に、最低限度の知識を入れてから反論してくれよ。
204.名無しさん:2016年11月10日 23:40 ID:nFSC2q.10▼このコメントに返信
日本は戦争に負けたので最高品質の武器としての日本刀を作ることが出来なくなった
本当はステンレス超硬日本刀が出来れば良いのだが
おんぼろ鉄で作った日本刀しか作れなくなった
205.名無しさん:2016年11月10日 23:46 ID:nFSC2q.10▼このコメントに返信
※203
刃がついてなければ押しても切れないだろう
叩けば切れるよ、ヘリコプターの羽根で切れるようなもの
206.名無しさん:2016年11月11日 00:30 ID:QLKr8jf00▼このコメントに返信
※205
包丁と刀の違いの分かりやすい例として包丁は押し切れるが、刀は押し切れないという話であって、叩き切れるということを同列にもってこられても意味ないでしょうに。ちなみに刀は反っているので、叩くと斬れますよ。
207.ジヨン大好き:2016年11月11日 00:36 ID:Ffs.XyS4O▼このコメントに返信
最も優れた日本刀は鎌倉時代の日本刀らしいな。

その当時の日本刀は作り方がその後の日本刀とは違うらしく、再現不可能なロストテクノロジーらしい。

現代科学と知識の粋を集めても1000年前の技術を再現できないとか・・。

日本の職人技はどうなっとんねん
208.名無しさん:2016年11月11日 00:43 ID:ssXka1eP0▼このコメントに返信
※193
>>1の書き込み内容が「なら100人斬りイケるな」なんだから、

>「日本刀って3人斬ったら油で斬れなくなるってデマらしいけど」(本当は、なんで斬れなくなるの?)
>デマなら、本当の理由が知りたいと解釈するもことできるだろ。
これだけは100%有り得ない
スレタイを考えるのが>>1だと知らない人間以外は絶対にしない勘違い
209.名無しさん:2016年11月11日 01:18 ID:etknnUDm0▼このコメントに返信
※208
>>1の書き込み内容が「なら100人斬りイケるな」なんだから、

じゃ、おまえは、「なら100人斬りイケるな」について書き込んでろよ。
210.名無しさん一等兵:2016年11月11日 01:34 ID:ekSCGaKw0▼このコメントに返信
※51
南京包囲戦の際、 “ 軍服姿の写真 “ を持つ連中を日本兵が殺したと言う話を聞きました。
当時、街の写真屋では ナンパ用にそんな写真を撮る商売をして居たらしい。

尾ひれを付けて万単位で殺害したと言う話は捏造でしょう。
虐殺記念館のある、南京市雨花台は明清時代から大東亜戦争終結時点の漢奸処刑場でもあったのです。

日本で言えば、東京都荒川区南千住。 小塚原処刑場跡地の コツ通りでは道路拡張工事の際、約1メートルおきに人骨が出土した記録があります。
この地域で工事をすると大抵骨が見つかるらしい。
211.名無しさん一等兵:2016年11月11日 01:43 ID:ekSCGaKw0▼このコメントに返信
尚、戊辰戦争を生き残った旧幕臣の一人が
『 小指一つ切った程度でも人間は戦意を失う。』 と言い残した。

つまり、腕や肩など切らなくても、人間の体に刀が触れる水準で充分 《 切った 》 効果が得られる。
相手の戦意を失わせるのが目的なのだから。


とはいえ、刀が脂でギトギトになって切れなくなると言う話の答えにはならないね。
赤血球をも切り裂くメスは微細な刃先が使っているうちに折れてしまう話は聞くが、それ以上は判らない。
212.名無しさん:2016年11月11日 02:29 ID:U.m2ZDSV0▼このコメントに返信
脂で切れなくなることはないが、徐々に切れ味が落ちるのは事実。
実践では切れ味とか関係なく刀は曲がるし折れるし刃は毀れるし、ちゃんと切れるのは5人くらいじゃないかね。
213.名無しさん:2016年11月11日 02:56 ID:PKDqbrMx0▼このコメントに返信
すぐ切れなくなる、すぐ曲がるって話の発端が大東亜戦争末期に作られた粗悪な昭和刀を使った連中の話だから
あいつら耳目を集めるために話を吹く売国奴、それを信じた馬鹿が広めおる
214.名無しさん:2016年11月11日 05:01 ID:sCwrmFyN0▼このコメントに返信
日本刀に限らず体温が残っている動物を刃物で切ると切れ味が極端に落ちるというのは本当だよ。
動物の体には体温で液体化している脂があって、それが刃物に付くと冷えて固まるから切れ味が落ちることになる。
だからハンターは仕留めた獲物をナイフで解体する時にはナイフを温めながら行うし、日本の場合だと血曇りなどと呼んで武士は戦場に砥石を持ち込んで槍の穂先を研ぎながら使っていた。
刃物も食器と同じで表面には細かな凹凸があるから液状の脂がその凹凸に入って固まると頑固な油汚れになるというわけだ。
215.名無しさん:2016年11月11日 05:47 ID:u5mIhbO.0▼このコメントに返信
※207
作り方というか素材が違ったって話みたい、良質な鉄(錬鉄)は国からの輸入品だった可能性もあるという説がある
宋が金に華北とられてその後元に滅亡させられると、その鉄が輸入不可能になって国内産のたたら製鉄(和鋼)に移るようになった
その和鋼で鎌倉期の性能を実現するために試行錯誤した結果できたのが今に伝わる日本刀の技術、それでも元々の鉄の品質の低さなのか成分の違いなのか、古刀の性能を実現することはできなかった、というのが概略。
216.名無しさん:2016年11月11日 07:15 ID:HN0c6gMD0▼このコメントに返信
※213
古刀でも新刀でも現代刀ついでに昭和刀でも下手糞が使うとすぐ曲がると言われてる
ただ、曲げ耐性に関しては素材的にニッケルやクロムなりの微量元素が添加されてる、質のいい昭和刀がダントツでいいそうだ
そりゃ曲がりなりにも現代的な冶金工学が取り入れられてる刀の方が上だ罠

転炉発明以降では冶金学は次元が全くで変わってる
「古刀の方が優れてる(キリッ)」ってのは無知にもほどがある
217.名無しさん:2016年11月11日 08:02 ID:CCJhbRI70▼このコメントに返信
※7
どんな切り方してたのか分からんけど、切れ味は確実に落ちるぞ
鯛やカンパチ捌く時でも布巾やペーパータオルは必須
脂拭き取りながらじゃないとどんどん刃が滑って切り口ガタガタになる
218.名無しさん:2016年11月11日 08:12 ID:HaX4S6Qa0▼このコメントに返信
日本刀ってのは実用じゃないからな、美術品
こんなばからしい日本刀に100万も出すなよ
武器としてならUSA製がいいだろう
219.名無しさん:2016年11月11日 10:08 ID:MudYk6Hr0▼このコメントに返信
100人切りなんか戦意高揚とか国威発揚の
プロパガンダというかデマゴギーというか、そんなもんだろ?
信じてるバカなんかいるのかよ?
220.季節はずれの盆踊り:2016年11月11日 10:29 ID:JnsMsK5e0▼このコメントに返信
研磨屋だけど、たかだか二三人しか切れない不良品が何百年も
製造されるわけがない。
人間なんて軟らかいもので切れない刃物なんかお笑いや。
良い刃物なら指なんか手ごたえもなく4本いっぺんに切れる腕もそうや
今現在でも刃物の事故で指や手首を落とすこともある刃物の切れ味、馬鹿にしすぎ
テーブルの上で13×150×200の刃物を梱包中手をすべらし
下に落として安全靴のつま先の鉄切り裂いて親指をけがをした同僚がいたよ。
221.名無しさん:2016年11月11日 10:31 ID:GplZD8cP0▼このコメントに返信
刀剣の保存には丁字油なんて塗って保存しておくけども、実戦で使う時に拭ってから使うという話はいままで耳にしたことはないな。
222.名無しさん:2016年11月11日 10:35 ID:GplZD8cP0▼このコメントに返信
胴の両断できるほどの斬れ味業物の話も多々あるが、現実的に刀を使って戦闘する場合、身体を両断する必要はなく、動脈を斬ったり、戦闘不能状態にしてからとどめを刺す。という形でも目的は達成される。
223.名無しさん:2016年11月11日 10:38 ID:GplZD8cP0▼このコメントに返信
※222
追記
その点を踏まえると、北畠具教の斬殺19名、負傷100名という話も十分にあり得る話。
224.暴君:2016年11月11日 10:38 ID:2uNhyIB00▼このコメントに返信

 剃刀などの切れ味は

皮脂などの油汚れで切れ味が落ちますよね。

 でも、鉈などは

松脂や樹脂で汚れても、枝と叩き切るような使い方だと

ちょっとぐらい切れ味が落ちても気にならないものです。

 刀のような使い方で

そこまで繊細な切れ味にこだわるものでしょうか。
(そこまでこだわるなら、日本刀って1人斬ったら油で斬れなくなるとすべきでは)
225.名無しさん:2016年11月11日 11:02 ID:cHx.1CMxO▼このコメントに返信
日本刀をヘタクソが力一杯振ると、けっこう気軽に曲がる。
ヘタクソが袈裟斬りの練習を力一杯やって、曲げたのを見た。ま、安い刀だって話だが。
んで、元に戻す方法もあるんだが、力技。おっかない。

脂で切れなくなる云々てのは、解らんなあ。
厳寒の海外や北海道において、ハンターがナイフ一本で巨大な鹿をサクサク解体してる。
脂の量、切断距離、何れも人体の比じゃないと思うけどね。
精肉工場を見ても、マメに研ぐみたいだけど、脂の話なんか出ないもんな。
唯一考えられるのは、血液か?解体だと、血はあんまり出ないから。
血液の粘着力って凄いし。
226.名無しさん:2016年11月11日 11:21 ID:IKvu0akg0▼このコメントに返信
そもそも油で切れなくなるとか、誰が言い出したんだろ
227.名無しさん:2016年11月11日 11:30 ID:7F02JUFQ0▼このコメントに返信
日本刀は焼いて叩いた身頃部分と玉鋼を用いたヤイバの部分で硬さが違うようにわざと作られてるよね。切れ味と粘りを同時に持たせる為だよね。だから基本先に曲がるよね。折れる時もあるけどそれは以前に刃こぼれかなにかしてて修正したけど身頃部分に見えないヒビがあった場合だよね。武士といえども手入れは出来ても修正や研ぎ直しは職人に出してたのが正しいよね。子連れ狼見てるとそういうシーンも出てくるよ。よく再現されてる時代劇だと思う。尾上一刀の持ってる同田貫は戦国刀でえらく頑丈で切れ味が凄いとかセリフで出てきたりもする。研氏が敵に寝返って身頃に傷をつけて戦ってる最中に折れるって描写があったりもする。だからそれが正しいってことではないだろうが、全く想像の産物で嘘ってこともないと思う。長さも重さも太さも厚みも作られた時代で違うのでどの頃のを持ってきて語るかによって強度もかなり違うと思う。ひっくるめて言ってるのがナンセンスだと思う。切れるのも切れなくなるのも曲がるのも折れるのもあるって事。コールドスチール社からステンレス鋼で作った日本刀が売られてるよ。日本では購入も輸入も出来ないけどね。映画キルビルなんかにも使われてるよ。ご参考まで。
228.名無しさん:2016年11月11日 11:50 ID:9YKhkdXa0▼このコメントに返信
マツコ1人切ったら終わりだぞw
油でギトギトや!
229.名無しさん:2016年11月11日 11:55 ID:HaX4S6Qa0▼このコメントに返信
※227
コールドスチール社のナイフなら一杯持ってるけど
どのナイフも非常によく切れる
日本刀を作れば最高品質の日本刀だろうね
日本は作れません
230.暴君:2016年11月11日 11:59 ID:2uNhyIB00▼このコメントに返信
※225
>唯一考えられるのは、血液か?

 たしかに、刃に付着した血が凝固したら、滑らせて切ることが出来なくなりますね。

刃に赤いペンキを塗って乾かした後、バターを塗った刃物は

力技で叩きつけて切るしかないか・・・。
231.名無しさん:2016年11月11日 12:37 ID:KBOnVi7T0▼このコメントに返信
>>34
単に油が原因でなさそう。
ち糊って、かさぶたみたく固まる。
ボンドが固まった様に、刃にくっ付けば、切るのは難しくなるだろう。
この辺りを専門の人よ、教えて下さい。
232.名無しさん:2016年11月11日 13:04 ID:d.A9GfhR0▼このコメントに返信
よほどの達人か、よほど斬られる側が大人しくなければ100人切りなんて無理だろ。
100人も「さぁ斬ってください」と大人しく並んでたんだろうか?
233.名無しさん:2016年11月11日 13:24 ID:svu6bum90▼このコメントに返信
※226
自分で料理したことある奴なら経験的に知ってることだからさ
知らない奴に説明する必要があるとすら思えない
知らないほうがおかしいんだから
234.名無しさん:2016年11月11日 13:25 ID:G43Akbqv0▼このコメントに返信
そんなもん振りかざしてせまってきたら逃げるは
235.名無しさん:2016年11月11日 13:27 ID:xiwxFqB40▼このコメントに返信
※182
シールズ解散して寂しいのか?
236.名無しさん:2016年11月11日 14:13 ID:cHx.1CMxO▼このコメントに返信
※228
ワロタw
北斗の拳のハート様状態やな。
237.名無しさん:2016年11月11日 14:21 ID:KkFVUBVP0▼このコメントに返信
※3
池波正太郎あたりの時代劇作家が書いてたからだろうな。
238.名無しさん:2016年11月11日 14:26 ID:KkFVUBVP0▼このコメントに返信
山本七平だったか
239.名無しさん:2016年11月11日 14:58 ID:f5XwUs8Y0▼このコメントに返信
※203
自分は圧切の逸話もしらないで

>最低限度の知識を入れてから反論してくれよ。

とか馬鹿はいう事が違います

>勇気ある人が日本刀に裸足で乗ったりしているが、なぜ切れていないんですかね?

あれ今は刃引きした刀使ってるぞww
足がざっくり行くような行事に、責任をとるのが嫌な役所が許可出すわけねーだろ
昔については俺はタイムマシンを持っていないので確認できません、お前は持ってるから確認できんだろw

なあもう一度「最低限度の知識を入れて」とか書いてくれよ
爆笑がとまんね~wwwwwwww
240.名無しさん:2016年11月11日 15:38 ID:rCYXEdh.0▼このコメントに返信
※225
脂や血糊で切れなくなるってのは嘘だよ
自分は出刃包丁一本で猪を続けて3匹解体したことがあるけど
普通に問題無くできたよ(骨に当たって刃こぼれはしてたけどね)
日本刀が980円で買った出刃包丁以下の性能だと言うのならそれまでだけど
241.名無しさん:2016年11月11日 16:05 ID:PKDqbrMx0▼このコメントに返信
「日本刀は」なんて言ってる奴の意見は聞くに値しない。
100円ショップで買った包丁を使って「包丁は切れない」と言っているに等しい。
それを聞いて真に受けたお前らのような連中がまた「包丁は切れない」と拡散させる。
それが「日本刀は」馬鹿の実態
242.名無しさん:2016年11月11日 16:14 ID:HaX4S6Qa0▼このコメントに返信
日本刀の鉄は包丁の鉄よりボロ
美術品なんだから、使っちゃダメ
243.名無しさん:2016年11月11日 16:22 ID:cHx.1CMxO▼このコメントに返信
※240
脂で切れなくなる、という理屈が解んないんだよね。
強いて想像すれば、血糊かな?と強引に推理した程度。
なにしろ、生きてる○○を連続して斬った試しなんてないからね、流石に。
俺は魚だって怖いw
244.名無しさん:2016年11月11日 16:47 ID:HaX4S6Qa0▼このコメントに返信
※243
肉の脂は普通の油と違って切れなくなる
肉の脂は洗剤で良く洗い、刃物用油を付けておくとよい
245.名無しさん:2016年11月11日 17:18 ID:rCYXEdh.0▼このコメントに返信
※244
その肉の脂で切れなくなった刃物(笑)で自分の体でも切って見せてよ
それで切れなければその珍説を信じてあげるよ
246.名無しさん:2016年11月11日 17:27 ID:0dc9HT5X0▼このコメントに返信
動脈切って処置の邪魔すればやれるやろ
素手でいけるやろ

こわい
247.名無しさん:2016年11月11日 17:41 ID:HaX4S6Qa0▼このコメントに返信
※245
切れなくなるというのは、刃こぼれするからとは違う
道具なんてなものは何でもそうだが、解体を進めると自分の汗と飛び散った
脂で手のひらがよごれ刃物に力が伝わらない、そして刃物に脂が付くと
普通の油と違って摩擦力が大きくなる、自動車のエンジンでいえば
エンジンオイルが汚れて熱を発している状態、刃物シャープナーを
使えば多少改善する
248.名無しさん:2016年11月11日 19:22 ID:HaX4S6Qa0▼このコメントに返信
※245
人を馬鹿にして、分かったら有難うと言え
(刃物の専門家)
249.名無しさん:2016年11月11日 20:45 ID:QLKr8jf00▼このコメントに返信
※239
以前、刃引きされていない無名脇差で鶏肉に押し当ててみても切れなかったぞ。
ただし勢いをつけると容易に斬れた。
250.名無しさん:2016年11月11日 23:59 ID:HaX4S6Qa0▼このコメントに返信
※249
そんな切れない脇差騙されて買ったのね、結構高かったんでしょ
ステンレスバナジウム鋼で作ったナイフの方が断然よく切れる
251.名無しさん:2016年11月12日 09:51 ID:9F.HiDsm0▼このコメントに返信
※250
押し当てても切れないが、ひいたら鋭い切れ味ですよ。
252.名無しさん:2016年11月12日 12:55 ID:WsRsJrR10▼このコメントに返信
※248
言い訳がいいから早く実演して見せてよ(ワクワク)
253.名無しさん:2016年11月12日 13:29 ID:5.mpVi1g0▼このコメントに返信
※252
ワクワクするなら才能があるかもしれない
ヨシまず、タヌキ用の捕獲器5~6千で買え
中に魚でもソーセージでもつりさげろ
すぐにニャンニャンが入るから
目玉を鉄筋で突くんだ
おとなしくなったら、喉の下を切り心臓を確認しろ
それでワクワクしたら才能がある、ガンバレヨ
254.名無しさん:2017年02月16日 02:03 ID:iW.KteZj0▼このコメントに返信
勘違いしてる可哀想なのがいるから言っとくが
曲がるより折れる方が遥かに問題なんだからな、曲がっても、まだ何とか戦えるが折れると無理
折れず曲がらず良く切れるって言葉あるだろ
これまんま要求される順だから

鍛造なのに居れないのは一重に鍛冶屋の腕
本来なら簡単に折れる鉄を、技術によって柔軟性をもたせしなるようにしてるんだよ
良く切れる刀はよくしなる

折れなければ曲がる、曲がらないなら折れる
て言うのが鉄の特性で
この矛盾した要素を両立させてるのが、日本刀鍛治の凄いと頃なんだよ
255.名無しさん:2018年05月16日 14:58 ID:FQbopOX00▼このコメントに返信
すべて人斬った事も無い奴らの妄想です

お名前