スポンサーリンク

2016年11月08日 21:05

日本陸軍は無能で日本海軍は有能と言う風潮

日本陸軍は無能で日本海軍は有能と言う風潮

03

引用元:日本陸軍は無能で日本海軍は有能と言う風潮
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1478266936/

1: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)22:42:16 ID:IcG
言う程か?

2: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)22:43:22 ID:aOT
勝ち目のない戦争仕掛けた時点で等しく無能なんだよなあ

3: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)22:44:02 ID:Vca
海軍の有能な逸話とか教えてくれや

8: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)22:47:53 ID:1IZ
>>3
海軍の砲は有能やで
陸軍の3式12cm高射砲は海軍参考

9: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)22:49:30 ID:Vca
>>8
その大砲で無双とかしたん?

10: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)22:52:53 ID:rUX
>>9
B-29に届く数少ない砲やで

11: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)22:53:40 ID:qSc
>>10
なお生産数

12: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)22:55:08 ID:Vca
>>10
大砲で飛行機攻撃するんか...

14: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:00:08 ID:flW
>>12
ミサイル無い時代当たり前なんだよなぁ
アハトアハトも対空砲やし

15: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:01:36 ID:mTE
>>12
大戦中は普通やで
むしろあの時代に地対空ミサイルとか考えて作ったドイツが異常や

24: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:12:29 ID:3X7
>>12
当時は普通のことや

5: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)22:45:45 ID:opJ
陸軍は無駄に戦時中の首相出してしまったからね、仕方ないね

6: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)22:46:32 ID:qSc
牟田口が悪い(確信)

7: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)22:46:35 ID:4bO
牟田口廉也「すまんな」

16: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:04:08 ID:Vca
はえ~海軍には有能な大砲部隊が有ったんやなあ

18: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:06:17 ID:idV
>>16
勘違いしとるで
陸軍が海軍参考にして作ったんや
元の兵器自体は89年から艦船で運用されとる

21: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:09:02 ID:Vca
>>18
海軍の大砲強いんか?

23: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:11:33 ID:Iqh
>>21
海の方が口径大きい大砲積めるから
必然と大口径なのは海軍が優秀やで

48: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:33:14 ID:eeZ
>>23
要塞砲「・・・」

17: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:05:11 ID:n28
だいたい牟田口と関東軍のせい

22: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:11:14 ID:i5i
>>17
実は牟田口は死ぬちょっと前までは無言貫いてたんやで
それをどっかの海外記者にあなたは悪くないって言われて勘違いしたのがあのざま
そういう意味ではちょっとタイに潜ってすぐ中央に戻った辻ーんの方がよほどあかん

19: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:08:37 ID:Gbz
陸軍中堅共息してるか~?w

27: 楽【38】-阪【100】 2016/11/04(金)23:17:38 ID:KLu
>>19
石原莞爾は息しているのでセーフ

20: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:08:53 ID:V6W
有能エピソードと言ったら酸素魚雷やろなぁ

26: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:16:08 ID:Vca
戦艦の大砲とかよくぶち当てられるよなあ

28: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:17:52 ID:z1R
海軍貢献は技術も戦術史もあるで
技術なら伊号400型潜水艦
後のSLBM構想の先取りやな
戦術はご存知アメリカとの何度も行った
空母運用やな
これ以降行われとらんが重要なファクターや
後はガ島に対しての艦砲射撃やな
これを受けて以降米軍は
どんな島にも艦砲射撃行ってから
上陸作戦行っとる

29: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:19:10 ID:i5i
よう永田鉄山が生きてれば陸軍はもう少しマシだったって言われるな
架空戦記でも良く生き残っていい役もらってる
所詮上等兵がトップじゃね・・・

30: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:19:20 ID:BHz
中国軍相手には有能な陸軍

38: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:26:10 ID:Qaj
>>30
アメリカ軍には惨敗でしたね
まあ補給の問題とか一概に弱いとは言えないけど

32: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:20:57 ID:OsN
戦争の仕方は海軍の方が圧倒的にヘタクソだった

36: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:24:57 ID:7aU
>>32
どっちも下手やけど
敢えていうなら海軍の方が下手やな
日本の攻勢限界がラバウルやのに
それかなり超えとるし

33: 楽【19】-阪【96】 2016/11/04(金)23:22:40 ID:KLu
南雲忠一、米内光政、山本五十六、斎藤実とか奥羽越出身が海軍多いから胸熱やわ

42: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:28:52 ID:u23
>>33
陸にも今村大将おるでよ

49: 楽【100】-阪【99】 2016/11/04(金)23:34:02 ID:KLu
>>42
まぁ東條英機も岩手やしね

52: 楽【78】-阪【92】 2016/11/04(金)23:34:58 ID:KLu
>>42
東條英機、石原莞爾、甘粕正彦とか陸軍にもいるンゴね

57: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:36:59 ID:eeZ
>>52
石原莞爾とかいう無能感がにじみ出る男

64: 楽【15】-阪【88】 2016/11/04(金)23:40:20 ID:KLu
>>57
石原莞爾の世界最終戦論はなかなか興味深いし、アメリカとの開戦も日本の国力がついてからすべきと言って反対したし以外と調べてみると面白いで

35: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:23:48 ID:f3y
陸軍「あかん… 旅順落とせへん…」
海軍「203高地攻めればええんやない?」
陸軍「なんでお前らの言うことなんぞ聞かなあかんねん!」
海軍「」

陸軍「あぁ… もうダメや…」
海軍「だから203高地…」
陸軍「やればいいんやろやれば!」


陸軍「旅順おとせたわ」

37: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:25:59 ID:OsN
陸軍「ガダルカナルで補給の重要性痛感したわ。戦線下げよっか」

海軍「ガダルカナルとか知らないンゴ!米豪遮断のために前進するンゴ!戦線縮小?ワイらの大切なトラック泊地が無防備になるやろがごらああああああ」

54: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:35:35 ID:eeZ
>>37
重要性感じるの遅すぎィ

100: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:07:05 ID:n9V
>>54
補給に関しては戦前から陸軍の方が有能だった

40: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:27:07 ID:n28
FS作戦に関しては間違いなく海軍が無能

43: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:30:28 ID:1JY
海軍が活躍したのって日露戦争でバルチック艦隊撃破した例以外にあるん?

45: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:32:05 ID:n28
>>43
ミッドウェイまでは連合軍に無双してたし…

44: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:32:02 ID:2dZ
硫黄島からの手紙見てたら海軍の方が無能に思えてきた
ミッドウェーで負けたらイカンでしょ

46: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:32:16 ID:u23
海軍は南雲みたいな有能水雷屋を機動艦隊司令にして
やらかしたり餅は餅屋だろと言いたい

47: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:33:09 ID:R4G
>>46
逆に高級将校で航空屋いましたかね?

53: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:35:19 ID:n28
>>47
多聞丸とか?
いや南雲さんじゃなかったら第一波空襲で死んでたかもしれんけど

51: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:34:24 ID:eeZ
>>46
餅屋が一人もいなかったから和菓子屋に餅作らせてただけや

50: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:34:16 ID:f0w
海軍は陸軍よりも他国軍とかかわること多かったから多少は世界が見えてたんじゃない?
でも当時の日本で一番の無能はマスコミとその煽りにのってた国民だと思うよ

56: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:36:25 ID:i5i
>>50
そのマスコミ連中でもぶっちぎりで煽ってたのが朝日という
なんせ戦争末期にはトップが政権に入ってたぐらいだし

55: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:36:20 ID:f0w
補給の重要性なんて戦国時代からわかってたことちゃうんか?

60: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:37:58 ID:rFq
>>55
戦国はあくまで日本同士の国内やし
規模も帝国陸軍程大きくはない
何より上陸戦自体が戦国やと稀やから

59: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:37:16 ID:2dZ
正直どっちも組織としては無能だわ
留学経験のある将校とかが個々で有能だっただけで

62: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:39:29 ID:eeZ
>>59
そもそもこれだけ軍部がいがみ合っててなぜうまく行く可能性があると踏んだのか不思議だわ

63: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:39:56 ID:ejq
ただ農家に優しいのは陸軍やで
陸軍次男坊が陸軍行くの多かったし……

65: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:41:57 ID:f0w
昭和天皇は開戦に断固反対で陸海軍トップも当然その意は知ってただろうに戦争に踏み込んだが不思議

67: 楽【79】-阪【29】 2016/11/04(金)23:43:14 ID:KLu
>>65
ほんこれ
日中戦争までの動きは理解できるんやが、どうしてアメリカにも戦争仕掛けたんや?勝ち目なんてあるわけないやんけ

75: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:45:33 ID:2dZ
>>67
石油止められたンゴ→戦争や!

76: 楽【93】-阪【68】 2016/11/04(金)23:46:54 ID:KLu
>>75
なるほどなぁ
結果論やが華北侵略やめといて満州国に集中してれば戦争も回避でいたんやろか?

77: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:47:22 ID:eeZ
>>67
国民がその方向へ向いていたのも大きい
マスコミが無駄に煽りまくって、また雑魚ばかり相手にしてた陸軍も増長してた
そいつらが内地で煽ってたのが原因かなと思うで

石油も要素の一つではある

68: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:44:23 ID:2dZ
まあ終戦に関しては陸軍の決断が遅すぎやわ
日本の一番長い日を見てるとねそう思うのよ

69: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:44:42 ID:RRS
辻くらいの恥知らずが数多くおれば色々面白そう

73: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:45:28 ID:f0w
>>69
戦後も議員か何かになってたんだっけ?

80: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:48:18 ID:i5i
>>73
辻が国会議員になれたのは
将校になっても偉ぶらず前線で兵士を励ましてたりしてたからなんやで
今でも政治が全くできないのにパフォーマンスだけ得意な政治家がおるやん

70: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:44:49 ID:05j
結局真珠湾攻撃は海軍がアホなのか外務省がアホなのか

72: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:45:19 ID:eeZ
>>70
アメリカが握りつぶしたってのが有力やろ

74: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:45:30 ID:zdJ
東京大空襲の時点で降服しとけよって思う…

81: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:49:02 ID:0Hp
というかほぼ全方向に喧嘩売ってたからアメリカとかイギリスから技術入ってこない→技術がアメリカの一回り遅れてた
というのには草も生えない

88: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:50:56 ID:0Hp
宮崎繁三郎という陸軍の良心

90: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:52:42 ID:wjR
ソ連といつか戦わなければならないけどアメリカとは戦いたくないドイツ
いつの間にかアメリカと戦う必要ができたけどソ連との闘いは避けたい日本

なんでこいつら組んだんや

92: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:55:48 ID:2dZ
>>90
当時の人間もよくわかってないぞ

94: 楽【30】-阪【17】 2016/11/04(金)23:58:49 ID:KLu
海軍で太平洋戦争開戦賛成派っておったんか?

95: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:00:23 ID:uTs
>>94
海軍軍縮条約に不満持ってたやつはゴロゴロいたやろな

98: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:03:55 ID:gbm
因みに軍服も酷いらしいな旧日本軍って
陸軍は勤務服で戦闘出向くこともあったくらいだし
海軍はそれよりはマシとはいえ背広型で戦闘出向いたとか

要は戦闘服分離が全く進まなかったらしい

99: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:05:48 ID:jE4
>>98
そんなん独軍、ソ連軍も一緒やで

102: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:07:23 ID:0Uu
むしろ軍服と戦闘服が分けられとった軍隊のほうが当時は珍しい

104: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:07:49 ID:gbm
>>102
アメリカ軍が最初に始めたらしい

107: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:09:36 ID:n9V
三大太平洋戦争よくある勘違い

陸軍
三八式は時代遅れ
戦車開発で後手に回った
補給軽視

海軍
ミッドウェー運命の5分間
レイテ湾突入で勝利
零戦は傑作機

110: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:11:14 ID:gbm
>>107
陸軍の方説明してクレメンス
海軍はどれもおかしいというのは分かったが

113: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:14:08 ID:n9V
>>110
・三八式歩兵銃は時代遅れ
当時連射可能な歩兵銃を用意できたのは米軍だけ
WW2当時でもボルトアクションが主流

・戦車開発で後手に回った
日本の橋梁事情、東南アジアの港湾事情から重量のかさむ戦車を作ったところでそもそも配備できない

・補給軽視
全体的に海軍が護衛ほったらかしで輸送ができなかったのが原因

114: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:15:33 ID:gbm
>>113
戦車は戦略上は確かにそれでええんやけど、
アメリカはそんな状況でもM3だのM4だの配備してくという現実

122: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:18:41 ID:n9V
>>114
アメちゃんも途中までは軽戦車が主流やったんや…

アホみたいな数の戦車揚陸艇と機械化された工兵でなんとかしてしまったが

123: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:19:27 ID:gbm
まあ逆に日本は三八式だけで戦ったという俗説まで出来てるからな

>>122
M3は軽戦車なんだよなぁ

117: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:16:44 ID:XQD
>>113
ppsh-41「……」
MP40「……」
百式短機関銃「 」

119: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:17:15 ID:n9V
>>117
機関銃と歩兵銃をごっちゃにする無能

124: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:20:10 ID:XQD
>>119
四式 Stg44 Gew43 M1940 別に腐るほどあるで

126: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:20:59 ID:n9V
>>124
で、それらは歩兵全員に行き渡るほど量産できましたかって話やん

131: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:22:40 ID:XQD
>>126
6割くらい仕事短機関銃にもってかれたし多少はね?

132: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:22:50 ID:jE4
だいたい二次大戦が始まった時は米軍にM2中戦車っちゅうM3軽戦車みたいなのしかなかったからしゃーない
しかも90両くらいしかなかったんや

134: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:25:00 ID:XQD
>>132
しゃーない作るか→月産2000輌が目標
最終的50000輌近く製造

137: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:26:39 ID:gbm
>>134
しまいにはM26まで作るからな
なおM26の現状は

133: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:24:04 ID:gbm
鹵獲したM3ステュアートが最強とか言われる日本陸軍の戦車事情…

135: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:26:01 ID:jE4
冶金技術が未熟やったからしゃーない
同じ37ミリでも日本製と欧米製じゃ貫通力がダンチや
装甲もしかり

138: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:27:10 ID:n9V
>>135
ついでに砲弾も
日本は徹甲弾やなくて徹甲榴弾やったしニッケルだかクロムだかの比率も低い

139: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:27:13 ID:o3K
まあほらどんだけ粘ったって開戦から数年もすると生産力に圧倒的な差ができて数でどうしようもなくなるから
アメリカと戦争するか中国から一切引き上げるかしか選択肢なくなるまでやらかしたのが一番無能
そう考えると陸軍になっちゃうのか無能は

140: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:28:21 ID:XQD
>>139
???「ハリマンの案を蹴ってアメリカ政府を激怒させといたぞ」

141: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:29:21 ID:w74
精一杯贔屓目に見ても日本戦車はザコやしな・・・四式ですらM4に対抗できたかは怪しい

142: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:30:18 ID:HVL
>>141
ホリがあるでしょう!!

それにオイ車だって!!!

146: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:31:53 ID:gbm
>>142
日本陸軍の戦車の俗説の時点でお察し
アメリカがジャンジャン戦車配備し出したら陸上では勝ち目が無い

143: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:31:00 ID:UwB
司馬遼太郎によって海軍>陸軍は世間に広まった感じはありそう

150: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:33:26 ID:XQD
そもそも日本戦車は対戦車戦なんぞ考えてないからな
考えて設計したのはノモンハン後の一式戦車からよ
まあそのころやと超航空主義で戦車作る余裕なんざなかったんやがな

152: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:35:08 ID:gbm
>>150
地理上の問題あるとはいえ、
その辺ヒトラーと正反対だよな

157: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:36:15 ID:XQD
>>152
ヒトラーちゅうかドイツ軍の掲げた理想は結局ソ連の戦術そのものやからな

159: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:36:57 ID:gbm
>>157
まあヒトラー自身の陸軍出身やし多少はね?

160: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:37:02 ID:w74
>>152
大陸国家かつ戦術をソ連から学んだからやで

162: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:37:39 ID:XQD
>>160
なお真似はできん模様

166: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:38:35 ID:B7L
陸軍とかいう庶民に優しい軍隊
どんなにええ大学出ても幹部候補生やなかったら二等兵からやしな
エリート主義で差別意識丸出しのゴミ海軍とはえらい違いですわ

169: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:39:12 ID:n9V
>>166
いじめは海軍の方が陰湿やんな

170: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:39:15 ID:jQg
ワイの曾祖父陸軍中将やったらしいんやがスゴいんか?

172: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:39:24 ID:n9V
>>170
ファッ!?

177: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:41:01 ID:w74
>>170
ニキのじいさんたぶんWikipediaに名前載ってるで

183: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:42:36 ID:jQg
>>177
wikiにはなかったけど士官学校?の卒業生に名前があったわ

178: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:41:08 ID:n9V
ドイツ軍の真髄は電撃戦より機動防御にある

185: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:42:44 ID:gbm
>>178
まあノルマンディー上陸後もバルジとかはドイツは思ったより善戦してたしな、
結局負けたけどアメリカ軍に恐怖を与えたとか

198: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:46:06 ID:w74
>>185
なお貴重な予備戦力が磨り潰されたため東部戦線の守りは瓦解し空軍は本当の意味で壊滅した模様
無駄な作戦やったで

201: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:46:49 ID:gbm
>>198
バルジで本気出しすぎたんですね

204: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:48:08 ID:w74
>>201
出さなくていい本気だしちゃったんやで
しかも補給は敵頼り、進撃はお天気頼りとかいうお粗末な作戦や

179: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:41:10 ID:QFI
陸軍は気に入らない奴を戦場で後ろから撃てるけど海軍にはそういうの無いから
陸軍より海軍の方がいじめが酷いってガチ?ガセ?

184: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:42:41 ID:n9V
基本的に海は逃げ場がないからイジメが酷くなる

191: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:44:14 ID:w74
アメリカ「タイガー?ほーん。あんなのまたにしか遭遇せんからM4でええわ」

ソ連「とりあえず4号とパンター撃破できるT34でええねん」

197: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:45:37 ID:XQD
>>191
IS-2「ぶっ壊すンゴwwwwwwwwww」

199: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:46:09 ID:n9V
>>197
お前は砲弾少なすぎなんじゃボケェ

202: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:46:54 ID:XQD
>>199
随伴のT-34-85が援護するからヘーキヘーキ

205: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:48:27 ID:HVL
>>202
随伴(随伴できるとは言ってない)

200: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:46:39 ID:HVL
>>191
???「ティーガーには4両で当たれ」

214: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:54:38 ID:ooR
>>200
なお日本の九七式中戦車は5両でM3軽戦車の装甲を完膚なきまでに傷つけた模様

213: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:52:31 ID:w74
ケーニヒスティーガーとかいうポンコツ

216: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:55:45 ID:XQD
>>213
まあポンコツじゃないドイツ戦車なんてⅣ号かⅤ号くらいだし多少はね?

220: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:57:19 ID:w74
>>216
せやな 個人的に独軍の最高傑作は四号だと思うんご
軍馬の渾名は伊達じゃないんごねぇ

217: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:55:55 ID:B7L
大和武蔵とかいうデカい的に金かけるくらいなら
戦車をもっと強くして量産してほしかったな

221: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:57:31 ID:ooR
>>217
(運べないから)無理です

222: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:58:33 ID:n9V
>>217
大和型を作ったのは開戦当時なら正しい

223: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:59:15 ID:B7L
>>222
やっぱり軍将校には先見の明が必要なんかね

225: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:59:48 ID:n9V
>>223
むしろ先見の明があったから空母たくさん作ってたんだよなあ

228: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:01:05 ID:B7L
>>225
アメリカさんの技術力軍事力が尋常じゃないほど強かったってことかな

236: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:03:28 ID:n9V
>>228
大艦巨砲主義だろうが航空主兵主義だろうが大して変わらんかったやろな

233: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:03:00 ID:ooR
>>225
ちゃうやで
軍縮条約で戦艦他主要戦闘挺がことごとく規制対象に入ったから苦肉の策で空母作ったんや

日本の水雷志向、重駆逐艦志向はこのあたりに芽生えた

226: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:00:41 ID:ooR
>>222
なお、開戦直後に海軍自らゴミに変えていった模様

パールハーバーが艦砲射撃ならまだワンチャン...

229: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:01:46 ID:HVL
>>226
???「パールハーバーをつぶすにはもうひとぞろい連合艦隊が必要」

232: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:02:48 ID:XQD
>>226
ハワイ要塞「ダメです」

237: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:03:31 ID:ooR
>>232
流石に大和が出来てからならなんとかなるやろ(ハナホジー)

242: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:05:08 ID:XQD
>>237
40cm砲装備の陸上要塞
全周射程圏内
オアフ島空軍基地により制空権絶望的

248: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:06:49 ID:ooR
>>242
航空支援で要塞の主要機能破壊→戦艦接近からの砲撃戦...

まあ無理やろなぁ

255: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:09:52 ID:XQD
>>248
航空機と戦艦あわせたら戦艦が発見されて奇襲すらできなさそう

258: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:11:20 ID:ooR
>>255
奇襲できなくても要塞が沈黙してれば行ける気がするが...

260: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:12:02 ID:n9V
>>258
発見された時点で真珠湾の戦艦全部出てくるで

263: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:13:40 ID:XQD
>>258
なんで沈黙すんねん…
内湾で臨戦態勢で待ちかまえられるんやぞ……
飛んで火にいる夏の虫よ

269: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:15:04 ID:ooR
>>263
当時のハワイ要塞は防空が完璧やなかったはずやから、空襲で沈黙させる目が有るはずなんや!(半分精神論)

270: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:16:34 ID:XQD
>>269
対空放火は凄まじいわ
陸軍航空隊はいるわで
対した戦果は上げられんやろな
まして場合によってゼロ戦の得手不得手がバレてまうわ

275: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:19:11 ID:ooR
>>270
開戦当時はそこまで防空が整備されとらんはずやで
真珠湾攻撃があってあわてて防空設備整えたって話やし

飛行場は空爆で壊せるし
魚雷積んでた飛行機が爆装になればなんとか...

277: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:19:47 ID:n9V
>>275
爆装にしたら戦艦沈まないんですが…

280: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:20:26 ID:ooR
>>277
戦艦を飛行機で沈めたらアメカスが空母量産に入っちゃうからね
仕方ないね

224: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)00:59:24 ID:jE4
大和級も技術蓄積、設計の先進性という面で見れば決して無駄ではなかったんやで?
なおすぐにアメ公に追い抜かれた模様

227: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:00:51 ID:XQD
日本海軍「空母か戦艦かクッソ悩むわ…
せや両方ある程度作ってどっちがええか比べればええやん!」
海軍「どっちも沈んでもうたわ」


アメリカ海軍「戦艦と空母を取りあえず一杯つくっとけばええか」

230: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:02:10 ID:468
>>227
アイツらそもそもの物量、資源やそもそも資金からして桁が違うわ

236: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:03:28 ID:n9V
>>230
大艦巨砲主義だろうが航空主兵主義だろうが大して変わらんかったやろな

249: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:07:45 ID:jE4
わかったんご
間をとって紺碧艦隊連れてくるんご

250: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:07:50 ID:n9V
ていうか真珠湾奇襲当時の大和とか慣熟訓練済んでないし
主砲の不具合もレイテあたりまで残ったままやぞ

253: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:09:02 ID:ooR
>>250
開戦一月遅らせるんや
戦闘要員はサイゴンあたりに駐留してた艦隊から引き抜きやな

254: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:09:24 ID:n9V
>>253
慣熟訓練って半年は必要なんですがそれは…

256: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:09:54 ID:ooR
>>254
大和魂があるからへーきへーき

257: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:10:54 ID:n9V
>>256
大和魂に頼った結果艦内迷子が続出するんですねわかります

262: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:12:24 ID:ooR
>>257
5メートル毎にショッピングモールにあるみたいな案内図掛けるやで

265: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:14:00 ID:B7L
なんで民間船舶の船乗りって
海自みたいな制服着てるんや?
海自と見分けつかんやんか

276: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:19:36 ID:468
>>265
民間船舶でも戦前から戦中は兵員輸送に使われたりしてた時は軍の支配下にはいるから制服になったんやない?
わりとそういうのって後々まで残ってたりするし

281: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:20:36 ID:B7L
>>276
はえ~
やっぱり名残って残るもんなんやね

292: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:23:58 ID:N50
>>281
なお太平洋戦争で護衛なしで輸送任務に就かされたことを今でも恨んでる民間は結構ある模様

297: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:24:58 ID:B7L
>>292
特に海自は大っぴらに
「海自は海軍の伝統受け継いでます」って言っちゃってるからね...
陸自みたいにコッソリ受け継いでたら良かったのに

300: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:25:44 ID:WcG
>>297
旧日本軍から受け継いでいいものってあるんですかね・・・

303: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:26:23 ID:n9V
>>300
カレー

305: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:26:47 ID:B7L
>>300
普通科の訓練だと最後は
大声出して銃剣で万歳突撃やるらしいで

306: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:26:52 ID:N50
>>300
歴史だけはあるから・・・

272: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:17:54 ID:B7L
「陸軍悪玉史観」とかいう海軍出身者のプロパガンダ

戦争終わってからも敵対意識丸出しの海軍ひで

273: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:18:47 ID:w74
当時の搭乗員の証言やと対空砲火すごかったみたいやで・・・
未帰還機も30機近くでとるし

278: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:19:52 ID:ooR
>>273
そんなになんか?
まだそこまでってどっかで読んだけどそもそもが桁違いなんやろか

284: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:21:22 ID:n9V
>>278
日本軍損害
未帰還29機、損傷74機

総数350に対してこれやぞ

298: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:25:20 ID:ooR
>>284
防空が完全でなくてこれならもう打つ手がないじゃん(ないじゃん)

293: 名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土)01:24:09 ID:BZd
海軍は台湾沖航空戦で大戦果を挙げたと思ってたけど
実はそんなことなかった、まあここまではええわ、事実誤認はよくあることや

訂正した戦果を陛下にも陸軍にも黙っとるってどういうことや

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2016年11月08日 21:14 ID:TJ9B2yRUO▼このコメントに返信
仮に空軍があっても無能なんだろ
2.名無しさん:2016年11月08日 21:15 ID:rWti8FXp0▼このコメントに返信
どっちも下手だったけど、陸軍は政治に積極的に関わったからね
右翼を使って暗殺もしたし
海軍は尻馬に乗ったから変わらんけどね
正直暗黒だね
3.名無しさん:2016年11月08日 21:16 ID:DeeD03.H0▼このコメントに返信
輸送船守れない海軍は無能
4.名無しさん:2016年11月08日 21:19 ID:r3Rq5mTN0▼このコメントに返信
国力の限界がわかってて長期戦を続けた政府も軍司令部も無能

暗号を常に変えず情報管理を怠った海軍も無能だし陸運も無茶な進軍して自滅してるから海軍も陸軍もどっちもどっち

5.名無しさん:2016年11月08日 21:20 ID:aJVxAMzW0▼このコメントに返信
5月頃から(日本の)駐在武官やポーランド情報部よりソ連が侵攻の準備をしているという情報は入っていた、
その情報を握り潰し外務省にソ連に和平交渉を依頼していた陸軍は無能で、国民にも謝るべきだろ。
6.名無しさん:2016年11月08日 21:22 ID:r3Rq5mTN0▼このコメントに返信
米1

多分陸軍と海軍と空軍で企画の違う戦闘機作って相当現場はカオスなことになりそう

7.名無しさん:2016年11月08日 21:22 ID:97.f63WV0▼このコメントに返信
逆に空軍がない方が当時の日本にはあってたやろ。空軍があった場合ドイツみたいに管轄権の問題で陸海の対立が陸海空の三つ巴になるだけ。
ならまだお互いの意思で作戦や支援をできる航空隊を持ってた方がまし。
まぁ、ガダルカナル撤退の時の様に協力しあえる形を作るために統合司令部なんかは作ってた方が良かったかもしれんけど。
8.名無しさん:2016年11月08日 21:26 ID:a7noEDOK0▼このコメントに返信
陸はドカタで海軍はエリート。
他所の国でも似た様なモンだろ?
9.名無しさん:2016年11月08日 21:26 ID:TJ9B2yRUO▼このコメントに返信
※6
※1だけどやっぱりそう思いますよね

10.名無しさん:2016年11月08日 21:26 ID:JDdtei4m0▼このコメントに返信
海軍が戦線拡大しスゴて負けたようなものだろ
11.名無しさん:2016年11月08日 21:26 ID:rYB542Wp0▼このコメントに返信
そもそも日本軍がもし有能で、陸海が仲良しでも結末は同じだったろうな。開戦を煽りまくる新聞、勝ち続けて感覚がおかしくなり、新聞社の思惑通り躍り続ける民衆。そりゃ軍部も政府も開戦をを避けられないやろ…
そして何やってもアメリカには勝てない…
12.名無しさん:2016年11月08日 21:27 ID:81Oqqkka0▼このコメントに返信
また負け犬パヨクスレ主の印象操作スレかよ。
13.名無しさん:2016年11月08日 21:27 ID:VgTAuqRO0▼このコメントに返信
陸海軍と言うより上層部が無能すぎ。
14.名無しさん:2016年11月08日 21:28 ID:b1b1xpSu0▼このコメントに返信
南進唱えた海軍が無能だと思います(高校生並感)
15.名無しさん:2016年11月08日 21:29 ID:HI4UC3hF0▼このコメントに返信
有能も無能も日本軍の主力は海軍だっただけの話
16.名無しさん:2016年11月08日 21:30 ID:g.tItGxR0▼このコメントに返信
また日本叩きか
ンチヨンチヨン
17.名無しさん:2016年11月08日 21:31 ID:g.tItGxR0▼このコメントに返信
対立煽りして全体を下げるって初歩的なあれだな
18.名無しさん:2016年11月08日 21:33 ID:386XCIAe0▼このコメントに返信
インパール作戦も補給が滞るまで、航空機無し戦車無しの状態で、航空機、戦車、砲、も持ってるイギリスを押して拠点を四ヶ所くらい抑えるほど強かったしな。
作戦がポンコツなだけで現場の兵士は一流だった。
19.名無しさん:2016年11月08日 21:33 ID:81Oqqkka0▼このコメントに返信
※16
祖国の大統領が不正で任期一年半を残して死にたいの上に国内経済は、急降下だからな~。
20.名無しさん:2016年11月08日 21:34 ID:XHYY3h6f0▼このコメントに返信
日露戦争の事かとおもた
21.名無しさん:2016年11月08日 21:35 ID:hRW3nXYU0▼このコメントに返信
単純に数が多いから陸軍の無能が目立っただけじゃね?
後は陸軍がそこそこの階級ならそれなりの数の部隊を動かせるのに対して、海軍は艦隊を動かせなきゃ大したことできないから独断専行みたいなことはできないとかも違うかな
22.名無しさん:2016年11月08日 21:35 ID:0OHpc1rF0▼このコメントに返信
トップの山本からして2年は暴れて見せる→なお
やからなあ。あいつは軍政屋で軍人じゃないとか謎擁護が飛んでくるけど
陸も海もひどいもんですわ
23.名無しさん:2016年11月08日 21:37 ID:mkKDXbpD0▼このコメントに返信
※3
戦死率は、海軍軍人より、徴用された民間船舶の乗組員の方が高かった
24.名無しさん:2016年11月08日 21:38 ID:S.sjcwn.0▼このコメントに返信
日本軍って、創設から解体まで弱小じゃん

日清戦争だって、薄氷を踏むような勝利だったし
25.名無しさん:2016年11月08日 21:41 ID:llylyvCp0▼このコメントに返信
中国と戦争した陸軍
アメリカと戦争した海軍
26.名無しさん:2016年11月08日 21:41 ID:YBQYSJWB0▼このコメントに返信
どっちも無能だぞ
27.名無しさん:2016年11月08日 21:41 ID:vN3MPTDd0▼このコメントに返信
とりあえず牟田口格郎艦長は名字だけで無能という風評被害
28.名無しさん:2016年11月08日 21:42 ID:rnGn8pRD0▼このコメントに返信
>>35
203高地が落ちたから旅順が落ちたわけではないぞ
その後1か月も旅順要塞は抵抗を続けてる
というか第3軍はそういう余計な横槍のせいで徹底した攻撃計画が組めなかった
29.名無しさん:2016年11月08日 21:42 ID:Q3livu510▼このコメントに返信
海自は天ちゃんに嘘つく伝統も継承しているんか
30.名無しさん:2016年11月08日 21:44 ID:MZOjrk3BO▼このコメントに返信
日「戦況ヤバい……講和に持ち込むために一撃喰らわせなきゃ……(なおどう講和するか詳しくは考えてないもよう)」
米「完全無欠の無条件降伏しか認めないぞ」
英「えぇ…(困惑)」
米「効果的に焼き殺すぞ、効果的に機雷封鎖するぞ、原爆も落とすぞ」
日「」
ソ・中「やったぜ。」
31.名無しさん:2016年11月08日 21:46 ID:soDlXM4X0▼このコメントに返信
何十年前のネタだよw
32.名無しさん:2016年11月08日 21:46 ID:3JNJzq7d0▼このコメントに返信
テキトーなこと言って日本貶したいだけだろ粗チン野郎共が
33.名無しさん:2016年11月08日 21:46 ID:b21XQJpi0▼このコメントに返信
※18
イギリス「持ってないぞ」
イギリスはアフリカを最優先にしてたからアジアにはほぼ歩兵と軽火器しか送ってないで
てか開戦時の極東に配置した兵器が戦闘機は30弱、戦車0とか舐めてんのか
34.名無しさん:2016年11月08日 21:47 ID:mkKDXbpD0▼このコメントに返信
陸軍にも立派な功績を挙げた軍人は多数いたが、彼らは戦後黙して語らなかった

海軍OBは、戦後水交社を中心としたプロパガンダ活動を行い、多くの作家・小説家を輩出し
「海軍善玉、陸軍悪玉論」を広めた
35.名無しさん:2016年11月08日 21:47 ID:58NDywjB0▼このコメントに返信
第二次大戦当時の軍事力についてはアメリカ以外と比べよう(提案)
アメリカが参戦してなくても枢軸国の陸上戦力ではソ連も中国も占領しきれないからイギリスが滅亡するのが先か
ドイツ日帝が干上がるのが先かってレベルだと思う
36.名無しさん:2016年11月08日 21:51 ID:.joKFirl0▼このコメントに返信
艦豚そっ閉じスレ

37.名無しさん:2016年11月08日 21:53 ID:.joKFirl0▼このコメントに返信
日本の海軍善玉史観と、ドイツの国防軍善玉史観ってよく似てんのよ
38.名無しさん:2016年11月08日 21:54 ID:wezdBOI10▼このコメントに返信
陸軍と海軍が 馬鹿だから暗号文を解読されて筒抜けだったし
お互い協力し合おうとしなかった。
39.名無しさん:2016年11月08日 21:56 ID:UOfre.vq0▼このコメントに返信
海軍も対連合和平・慎重派は米内ら三羽烏ぐらいのもんで
その米内が予備役に行くといよいよ及川古志郎くらいしか和平で食い下がる人間がいない有様だしな
40.名無しさん:2016年11月08日 21:59 ID:a2eejqCdO▼このコメントに返信
総ての面においてアメリカの方が日本より進化が速かったのは確か 初期はたいして差はなかったと思う
41.名無しさん:2016年11月08日 22:00 ID:e5u3Huga0▼このコメントに返信
陸軍は下手をすれば国を滅ぼすレベルで無能。軍主導の組織的クーデターや関東軍の暴挙、戦争末期の徹底抗戦論など政治に関わり日本を滅亡の道へと最後まで誘っていった。結局最後それを止めたのは天皇と海軍だ。
42.名無しさん:2016年11月08日 22:02 ID:ICIr2.1f0▼このコメントに返信
戦死した、じいちゃん陸軍だったんだよね。死に際の作戦とか死んだとことか聞いたとき、指揮官が無能って子供時思った。
父親はじいちゃんスゴいだろってはなして作戦の内容ももう殆ど覚えてないけど、子供ながらに無謀って感じたのは強く覚えてる。
父が好きで、自分も日本軍好きだけど、陸軍の作戦には賛同しかねる所は多い。じいちゃん遺骨無いんだよ、砂と盃が入ってるだけ。それが戦争なんだけどね・・・
43.名無しさん:2016年11月08日 22:04 ID:gPm1uo8C0▼このコメントに返信
>>114
米軍はそんな状況でもM3やM4を配備していく現実

>>123
M3は軽戦車なんだよなぁ

同時期に二種類のM3が存在したことによる悲劇ww
44.名無しさん:2016年11月08日 22:04 ID:mkKDXbpD0▼このコメントに返信
そもそも「5.15事件」を起こしたのは海軍将校であり、その時の
海軍の処罰が甘かったことから、全てがおかしくなった
45.名無しさん:2016年11月08日 22:05 ID:LlMpCa.w0▼このコメントに返信
※38
太平洋戦争前半のイケイケだった時にはちゃんと協力してる。
ただし劣勢になると(略)
46.名無しさん:2016年11月08日 22:07 ID:3VWifOVf0▼このコメントに返信
Wikipedia「海軍反省会」の概要より、
海軍反省会の資料を纏めるにあたって、大日本帝国陸軍の原四郎と稲葉正夫が関与しており、資料の一部捏造が行われていることが指摘されている[4]。

同じく「海軍戦争検討会議記録」によると、記録を部外に出すつもりはなかったが、某新聞社の海軍記者が1976年12月に出版、海軍善玉・陸軍悪玉という風潮(陸軍悪玉論)をつくりあげるのに一役買ってしまった旨が記載されている。
この新聞記者は「竹槍事件」で東條英機首相から陸軍に懲罰召集を受けることになった人物でもある。

詳しくは各ページ参照のこと。
47.名無しさん:2016年11月08日 22:08 ID:.joKFirl0▼このコメントに返信
海軍左派トリオだか何だかいうのも、その中で実際に策動していたのは井上成美だけだったのがバラされてるしな

48.名無しさん:2016年11月08日 22:08 ID:2YVt2zFO0▼このコメントに返信
陸軍=悪
海軍=善
これは戦後プロパガンダだよ。陸軍を悪にしないと都合が悪い。
むしろ特に海軍上層部におかしなのが多くいて敗戦したと言っても良い。
調べれば実態は言われてることの逆だと分かる。

49.名無しさん:2016年11月08日 22:11 ID:.joKFirl0▼このコメントに返信
海軍善玉史観こそが本当の”GHQ史観”よ
普段からWGIPとかばっかり言ってるバカウヨはこの辺をスルーするんよ

50.名無しさん:2016年11月08日 22:12 ID:OlfZJohR0▼このコメントに返信
戦争末期になると玉砕とか転進とか言葉をごまかしながらも事実を公表してた陸軍と戦火をごまかしまくって嘘八百しか言わない海軍とどちらがましですかね。
※41
暴走寸前の陸軍を止めたのは海軍でも天皇でもなくすべての責任をかぶって自決した阿南陸軍大将と近衛ですが。
そもそも中国戦線に注力してればいいのに面子の為に無謀な2正面作戦を決行した海軍のほうが国を亡ぼすレベル。

51.名無しさん:2016年11月08日 22:12 ID:S5b1fceT0▼このコメントに返信
まったく逆じゃね?

海軍はいじめの巣窟、閉鎖空間で上官に長期間いびられ精神を壊す人間もいた
陸軍は後ろから撃たれる事を恐れて、いじめは発生しなかった
52.さんすけ:2016年11月08日 22:13 ID:Sd3AS9I00▼このコメントに返信
どちらかというと、戦後、海軍は責任を回避しまくり、陸軍は責任を取った結果と思う。
これは、国民と政府が責任を回避し、軍に責任を押し付けたことの延長だと思う。
アメリカも日本統治上、海軍をてなづけて、手強かった陸軍を悪者にするのが都合がよかった。
戦前・戦中、海軍は海軍自身がかっこよく見えること以外に興味がなかったように思える。
海軍にとって、国民は守る対象というより、金蔓だったように感じる。
艦隊決戦こそ本懐、泥臭い仕事をきらって、リソースの配分が狂っていた。
たとえば、局戦や陸攻の開発なんて陸軍の仕事でしかなくワケがわからない。
53.名無しさん:2016年11月08日 22:13 ID:81Oqqkka0▼このコメントに返信
なんか沖縄や国会前で奇声を上げてる連中しか書き込んでないね。
54.名無しさん:2016年11月08日 22:15 ID:yZ1TfPsi0▼このコメントに返信
チハタンは大きいチハタンは立派だ
ぼくは大きくなったらチハタンのようなすごい男になりたいです
55.名無しさん:2016年11月08日 22:16 ID:EWMaUDzm0▼このコメントに返信
むしろ、最近やたらと陸軍を有能やったことにしようとしてる奴が目につくわ
なんの影響か知らんけど、んなことないから

※44
226やろ
515は所詮血盟団とかに連なる主義者のテロでしかない
226みたいな軍のマジモンのクーデターとは違うで
56.名無しさん:2016年11月08日 22:16 ID:3VWifOVf0▼このコメントに返信
某まとめで船団護衛に関して海軍の無能を批判しているリンク先があるんだけど、
リンク先のトップに飛んだらHPの管理人のメールが閉鎖されていて、無断転載になるんじゃないかという心配はあるんだけどな…
コピーできない仕様にはなっているけれど、それを書き写すようなかたちで広めていくのはどうなんだろうか。
57.名無しさん:2016年11月08日 22:16 ID:.joKFirl0▼このコメントに返信
陸軍でも新兵いじめは無論あったけど、あまりひどいと徴兵に差し障りがあるから、陸軍省も気を使ったんよ
国民から完全に見捨てられたら徴兵で成り立ってる陸軍は維持できなくなる
58.名無しさん:2016年11月08日 22:20 ID:S4UsUIQR0▼このコメントに返信
逆じゃね?
59.名無しさん:2016年11月08日 22:21 ID:wjuDjjXD0▼このコメントに返信
※48
そそw
ちなみに、海軍、空軍は構造的に戦闘集団化せざるを得ない
基本は治安維持能力を持っている歩兵が主体、

60.名無しさん:2016年11月08日 22:21 ID:KL8FSJw20▼このコメントに返信
逆だな、将校教育は陸軍の方がマシだったとしか
言い様がない。
61.名無しさん:2016年11月08日 22:22 ID:TpHIX2Re0▼このコメントに返信
「アメリカは海軍を褒めた。弱かったからだ。陸軍を誹謗した。強かったからだ」
というのが良く印象に残ってるな。
62.名無しさん:2016年11月08日 22:24 ID:c3o2n68.0▼このコメントに返信
97式戦闘機の戦訓から海軍とくらべて比較的速い段階から戦闘機に防弾装備を施したり、二式戦闘機みたいな速度重視の重戦開発を指示したりと航空機に関しては海軍より有能な気がする。ベテランが勝手に防弾板外したりしたけど
63.名無しさん:2016年11月08日 22:25 ID:N2DAvcw.0▼このコメントに返信
軍部の失敗を知るのはミリタリー的にも面白いのにそれを日本叩きって言われちゃ何も学べませんわ
64.名無しさん:2016年11月08日 22:26 ID:.joKFirl0▼このコメントに返信
陸軍が政治的な動きをし過ぎたというかもしれないが、海軍だって川南豊作や笹川良一のような山師を便利使いしているゾ

65.名無しさん:2016年11月08日 22:27 ID:Q.rBAfOf0▼このコメントに返信
情報能力では圧倒的に陸軍が有能。暗号解読では海軍が解けないのも解読するし、とっても破りられにくい暗号使うし、台湾沖航空戦の戦果にも疑念を抱く、ソ連参戦もすっぱ抜いた、原爆投下の兆候をつかむ。ただ、ソ連のほうが上手だったし、作戦課の方が重要視されてたのがアカンかったな。まあ海軍さんはミッドウェーでね……。海軍乙事件もあるし。
66.名無しさん:2016年11月08日 22:27 ID:81Oqqkka0▼このコメントに返信
※55
一部の思想が完全にアッチの連中の暴挙と師団単位で反乱を起こしてあの我慢強い陛下をガチ切れさせて近衛師団を動員してでも潰してやると言わせた226事件。
67.名無しさん:2016年11月08日 22:28 ID:EWMaUDzm0▼このコメントに返信
陸軍は政治下手なのに政治的な動きが好きだったあたり本当に救いようがない
68.名無しさん:2016年11月08日 22:31 ID:UqPFfn.s0▼このコメントに返信
天皇ハ陸海軍ヲ統帥ス。
昭和になって天皇はかやの外。
ここから無知無能な軍部の暴走が始まった。
69.名無しさん:2016年11月08日 22:32 ID:eVP1.uJr0▼このコメントに返信
【TPPと離島の農業】 サトウキビが守る日本の領海  東海大学海洋学部教授・山田吉彦
ttp://www.jacom.or.jp/archive03/tokusyu/2011/tokusyu110603-13704.html

【激ヤバ拡散】報道されないTPPのまとめ  医療・労働関係他 
参加国総貧困化・労働環境悪化・支出.増加・ビザ大幅緩和等全分野に影響多数
ttp://itest.2ch.net/test/read.cgi/lifesaloon/1466252968
70.名無しさん:2016年11月08日 22:34 ID:yrW5xEqa0▼このコメントに返信
助けて!日本の戦車チハ君がシャーマン戦車君に撃ちこみまくっても装甲貫通しないの!
71.名無しさん:2016年11月08日 22:37 ID:EWMaUDzm0▼このコメントに返信
というか、どこが無能ってまず政治家が無能なんだよな
統帥権干犯問題とかほんとギャグかと思ってしまうくらい
あとは外務
72.名無しさん:2016年11月08日 22:37 ID:tZgnJkt80▼このコメントに返信
オーストラリア上陸作戦なんてものを大真面目に決行しようとしたのが海軍で、
兵站が持つわけないやろって猛反対したのが陸軍
73.名無しさん:2016年11月08日 22:37 ID:NPxu0ooQ0▼このコメントに返信
大陸で戦争するきっかけをつくった陸軍(関東軍)が無能だろ
結局は太平洋での戦争に繋がってるから
74.名無しさん:2016年11月08日 22:38 ID:fTyReRx80▼このコメントに返信
根性で腹は膨れません!
75.目指せコンスタンティノープル奪回:2016年11月08日 22:38 ID:uXyYdq8d0▼このコメントに返信
昔のことだとか日本を貶めてるとか言うけれど、現代に続く貴重な教訓たくさんあるのにまるきり無視とか売国奴か何か?

陸軍海軍どちらが有能かもろもろより、そもそも全体的に政策決定プロセスが破綻してる時点でアウト。満州事変の首謀者締めれない陸軍上層部もクズだが、リットン調査団の激甘勧告蹴った内田率いる外務省、海軍も艦隊派ののさばりがひどいし、国民経済全く考えてない徴用してるし。戦時中はもっとひどく、補給線無視とか台湾沖航空戦とか誤情報で国民どころか昭和天皇も陸軍も騙して被害拡大させてるし。
そもそも日露戦争後には早くも海軍は日英同盟あるのに南方進出企ててるし、陸軍はロシア警戒して、国のビジョンがぶれて早くも外交方針が分裂してる。

軍略戦術にばっかり注目してても、日本の迷走破滅の原因はわかんないだろ。ましてやイデオロギーやら意見を嘘だなんだで封殺する考えじゃなおさら。
76.名無しさん:2016年11月08日 22:41 ID:EWMaUDzm0▼このコメントに返信
戦線拡大云々というならまず大陸の泥沼にずっぽりはまった陸軍だろ
77.名無しさん:2016年11月08日 22:42 ID:EWMaUDzm0▼このコメントに返信
※75
結局そうなんだよなぁ。みんながみんなそれぞれ失敗してる
78.名無しさん:2016年11月08日 22:43 ID:E2VtDPfx0▼このコメントに返信
まぁ少なくとも陸軍がノモンハンで大ドジこいたり
柳条湖事件とか勝手に暴走しておこしたり
盧溝橋からずるずると10年続く追撃戦やらされたりしなかったら
そもそも大平洋戦争なんざ起きなかったわな。
79.名無しさん:2016年11月08日 22:44 ID:o1AuF5gx0▼このコメントに返信
陸軍は、決して無能だったわけではない。
本部が、補給を軽視し兵だけ派遣したため、病死や餓死が多く犬死した。
そんな中、ほとんの部下が、反乱も逃亡もせず上官に従い、離散しなかった。
どれだけ上級仕官が優秀だったのか見て取れる。若い上官にベテラン歴戦の士が従う。

一方、海軍は、ミッドウェー海戦からあとは、見てのとおりで
作戦皆無で、ガシガシ沈められた無能で、限界戦闘力の戦艦大和すら、あっさり沈んだ

実は現場は、陸海軍とも、ものすごく有能だったが、後方の指令部が身内(陸海)の権力闘争が重要になって、
作戦軽視の補給軽視で、成果を出そうと、精神根性論で行くしかなくなっただけで、内乱は無し。
515やら225事件のような、レジスタンスも出現せず、終戦へ。

イスラム教同士で分裂して、戦争・内乱してる国やら、目的も無く空爆してる国より、桁違いに優秀である。
キリスト教も、カトリックとプロテスタントで戦争してたし、朝鮮半島は南北で分裂してるし。
最近は、金さえもらえば、会社を裏切って、技術を漏洩する日本人も増えたなぁ
80.名無しさん:2016年11月08日 22:45 ID:iXkNPFJr0▼このコメントに返信
陸の者を舐めるなよ、海や空みたいに一つの船や飛行機で数千億円みたいな潤沢なお金は滅多に回ってこねえが
根性と体力、足りない装備でもミッションをこなす知識はある

ただ流石に知識だけじゃどうにも足らないから緊急装備品購入に少し回してくれよ
こちとら日本中で起きる災害には真っ先出張ってるんだからさ。
81.名無しさん:2016年11月08日 22:46 ID:Zlfzyvtp0▼このコメントに返信
陸軍が無能だったら、今頃のわしらはコルホーズソフホーズで働いてまんがな。
シベリア送りも日常茶飯事。網走紋別稚内根室が大都市扱いでっせ。
82.名無しさん:2016年11月08日 22:46 ID:c.2a3MiU0▼このコメントに返信
緩衝地帯も必要だったから満州をどうのこうのって言うのは酷だし、
結局ハルノート関係の妥協案も蹴られたし、
米と戦争になった時点で負けは確定みたいなものだったから陸も海もセフセフ

でもやっぱり関東軍の管理責任は多少は陸軍にあったと思うし海軍の無能さも目を瞑り切れないよ(適当
83.名無しさん:2016年11月08日 22:47 ID:l0dfK1w60▼このコメントに返信
海軍は無能だろ
何人無駄死にさせたと思ってんのw
そもそも勝手にハワイに奇襲してアメリカと戦うw

無能な馬鹿は褒めて上げておけってのはイギリスの諺だったけか
米英は賢いわ
84.名無しさん:2016年11月08日 22:49 ID:l0dfK1w60▼このコメントに返信
カレー一つとっても日本海軍がプライドだけ高い馬鹿量産器であることは分かるw
碌に動いてない癖にコックに贅沢なカレーだけは作らせるw
85.名無しさん:2016年11月08日 22:52 ID:N.nPEika0▼このコメントに返信
※50
海軍が南方に展開したのは、中国戦線に石油と鉄製品送るための資源確保なんですが、、、


※56
大本営の方針として短期戦の予定だったから、護衛艦隊が軽視されてたのはしょうがないことなので、、、
(中国戦線は開戦時にはもう数年続いてたから陸軍は長期戦の覚悟だったけど)

海軍が一番問題だったのは、作戦のためと言って民間船をどんどん徴用したこと
だいたい防空体制全くないトラックの空襲で大型タンカー5隻失ったから(コレもヒドイ話だけど)って
即時に民間で石油輸送してたタンカー根こそぎ持ってく、なんてやり方は長期戦前提ではありえない

ここらは無能って言われてもしょうがないけど「長く粘る」って事考えてなかったのが日本海軍だったと思うなぁ、、、
86.名無しさん:2016年11月08日 22:52 ID:g2IppHsW0▼このコメントに返信
海軍甲乙事件とか言う、自軍の大将軍を相次いで敵の攻撃によって失う古代の戦史のような出来事
しかも乙の方に至っては、最重要機密をそのまま敵に奪われた挙句その報告すら怠る
更に台湾沖航空戦では戦果の誤認と修正を友軍どころか最高司令官である天皇にすら秘密にした
プラス当時の戦略兵器であり重要な戦力であるはずの戦艦陸奥を蔓延していた兵卒イジメによって失う

やらかしの度合いは海軍の方が酷いわ
87.名無しさん:2016年11月08日 22:55 ID:KL8FSJw20▼このコメントに返信
海軍は陸軍より戦略観がないのは事実というか
艦隊決戦脳だったから仕方がないし、アメリカも艦隊決戦を頭に置いて可能な限り戦艦を温存していたから
どちらもまともに戦艦を使わないままで終戦を迎えてしまった。
88.名無しさん:2016年11月08日 22:55 ID:2Zd72T8G0▼このコメントに返信
実際、戦線崩壊したのは海軍担当の太平洋正面でしょ?
89.名無しさん:2016年11月08日 22:57 ID:l0dfK1w60▼このコメントに返信
日本の陸軍が貶められるのは陸軍こそが陰の実力者であると分かってるからで
海軍がブランド等で崇められるのは無能だと分かってるから
地味で根性で辛い戦いをして勝利をもぎ取るほうが偉いんだよ

自分がアメリカや中国の立場なら日本海軍ばっか褒めるよ
煽てに乗ってホルホルし続けてくれれば大成功

90.名無しさん:2016年11月08日 22:58 ID:c.2a3MiU0▼このコメントに返信
やっぱ海軍も陸軍も空軍もだめだな。時代は海兵隊だよ(プロパガンダ
91.名無しさん:2016年11月08日 23:00 ID:EWMaUDzm0▼このコメントに返信
そもそも、近海防衛を志向していた海軍に遠洋攻勢掛けさせることになった原因は何だったのかと
その辺無視して補給ガーとかそれこそ陸軍的近視眼なんじゃないですかねぇ

※86
226や宮城事件だけでもお釣りが来ると思うけど
どちらがひどいって、どちらもひどいやらかしをしてるから
92.名無しさん:2016年11月08日 23:01 ID:l0dfK1w60▼このコメントに返信
ハッキリ言って冗長した海軍のせいであそこまでボロ負けしたと言っても過言ではない
戦争であそこまで無抵抗にボロボロに負けるって普通あるだろうか?
戦後はアメリカにヘラヘラ媚び、戦中はひたすら太平洋で船を沈められただけの海軍
アメリカが無駄に見下してくるのも納得
93.名無しさん:2016年11月08日 23:05 ID:KL8FSJw20▼このコメントに返信
昭和天皇は海軍の方を危惧していたしな。
94.名無しさん:2016年11月08日 23:06 ID:.joKFirl0▼このコメントに返信
本来日露戦争の勝利で焼け太りした帝国海軍は時期を見てリストラしないとならなかったんだが、山本GONBEIがさらなる焼け太りを目指して八八艦隊プランをスタートさせてしまってのう・・・

95.名無しさん:2016年11月08日 23:07 ID:ImfN3wrt0▼このコメントに返信
兵を粗末に扱う時点で無能
96.名無しさん:2016年11月08日 23:08 ID:oLtVBgKr0▼このコメントに返信
アメリカにしろソ連にしろ、国力がアホみたいに違う奴相手にするのに、海軍と陸軍で戦略も目的も違って部隊運用してるんですもん。
まずはその時点で無理ぽ
97.名無しさん:2016年11月08日 23:08 ID:c.2a3MiU0▼このコメントに返信
帝國軍部はどちらも甲乙つけがたいほど無能なんだよなあ……

湯水のように金を使う海軍、食糧難でもないのに海兵を食料として襲って食べようとする陸軍

そら負けるわ
98.名無しさん:2016年11月08日 23:09 ID:EWMaUDzm0▼このコメントに返信
つ二個師団増設問題
99.鎌倉幕府:2016年11月08日 23:10 ID:hV0E7czb0▼このコメントに返信
大東亜戦争の目的は,アジア解放だから,実は開戦一年くらいで
達成していたわけw
アメリカとの戦争は,本来防衛戦で良かった訳.
インドネシアの石油確保を第一義として,輸送ルートを死守していけばよかった.
陸軍は日中戦争をやめ撤退し,やはり石油確保で軍を再構築しなければならなかった.

100.名無しさん:2016年11月08日 23:10 ID:KL8FSJw20▼このコメントに返信
※94
結果論的には四四艦隊は建造しておくべきだったけど
ま、しゃーない。
101.名無しさん:2016年11月08日 23:11 ID:l0dfK1w60▼このコメントに返信
硫黄島の栗林中将も、実は陸軍
まぁそらそうだ海軍らしくない、海軍にああいう戦いはできない
102.名無しさん:2016年11月08日 23:11 ID:eJNLo2f50▼このコメントに返信
陸軍
ジットラライン突破、島田戦車隊の活躍、佐伯挺身隊の活躍、香港、シンガポールあっという間に制圧。打通作戦、
ペリリュー島、硫黄島、沖縄での善戦。

海軍、
小林仁海軍中将、米機動艦隊がいつ来てもおかしくなかったのに警戒せず空襲受けて真珠湾に匹敵する損害を受ける。
トラック諸島の零戦200機が地上で撃破される。
こともあろうか指揮官、小林海軍中将は早朝から基地から離れた岩礁で釣りを楽しんでおり基地に帰るも遅れろくな指揮もおこなえませんでした。
しかも小林中将の判断で空襲は無いと指示していたため、前日から酒飲んだパイロットや整備員も多く暖機運転をしてヨタヨタと迎撃に飛びたったゼロ戦ですが頭上から米軍機の攻撃を受け壊滅します。その後2日間にわたり米軍機はトラック基地を蹂躙し続けました。
その結果日本側被害は軽巡3隻をはじめ艦艇10隻が沈没、輸送船は31隻、計20万トンが沈没、
航空機の喪失は270機にも及び基地の修理施設・石油貯蔵も破壊され、人員被害も輸送
船に乗った陸軍兵を含む約8千名が亡くなりました。
尚この2日間での米軍機の被害は僅かに25機の喪失でして、まさに米軍の言う「真珠湾の復讐」でありました。

三川軍一、南雲忠一、井上成美の優柔不断、存在しない敵にびびって戦略目的達せず帰るアホ。
山本五十六、大西、源田の戦闘機無用論者3馬鹿トリオ。
捕虜になり機密書類奪われても昇進させる海軍乙事件。
井上成美のウェーク島攻略の情けなさっぷり。

海軍の方が無能
103.名無しさん:2016年11月08日 23:12 ID:UTWckXvT0▼このコメントに返信
当時米国がいくら空母を作ったか何隻だと思う---22(正規)+93(軽)=115隻
呆れました



104.名無しさん:2016年11月08日 23:12 ID:l0dfK1w60▼このコメントに返信
※99
目的はアジア開放じゃないからああなったんだろw
ホンネとタテマエば理解してくれ
105.名無しさん:2016年11月08日 23:13 ID:j6o9Wj4C0▼このコメントに返信
ミッドウェーの大敗を陛下にまで隠したのは流石にいただけない

お前ら皇軍じゃなかったのかと
106.名無しさん:2016年11月08日 23:15 ID:eJNLo2f50▼このコメントに返信
みんな牟田口ばっか悪く言うけど海軍の小林仁の方も忘れないでね。
こいつは海軍版牟田口って言っていいぐらい無能。
107.名無しさん:2016年11月08日 23:15 ID:l0dfK1w60▼このコメントに返信
賢い若者は海軍(海上自衛隊)のステマにホルるのはやめようね!
たしかにおいしいものがたべられるかもしれない、たしかに給料もいいかもしれない
しかし贅沢な生活やブランドと実戦は別の次元にある
大したことやってないのに誇りまで欲張るのはいい姿勢とは言えないよ
108.名無しさん:2016年11月08日 23:16 ID:.lhTEciF0▼このコメントに返信
※54

チハタンはヒトマルくんという後継者に恵まれた。
それに比べてゼロ戦さんの後継者ともくされるMRJはさんさんたる有様。
109.名無しさん:2016年11月08日 23:16 ID:O2gRYtXs0▼このコメントに返信
どちらもかなり無能でトンデモエピのオンパレードだが、
世間的にはメディアの印象操作で陸軍の方が不当に悪い印象がある。
これは中国での関東軍の暴走や開戦時の首相が陸軍出身の東條英樹であることなどが
影響していると思われる。
実際には海軍も擁護の仕様がないほどgdgdで、対米開戦もかなり乗り気だったことがわかっている。
110.名無しさん:2016年11月08日 23:17 ID:KL8FSJw20▼このコメントに返信
※106
詳細を見ると牟田口一人に責任をおっかぶせてるよ
牟田口本人がキレるのは当たり前だ。
111.名無しさん:2016年11月08日 23:18 ID:PcrOOQrv0▼このコメントに返信
暗号筒抜けで、同じ失敗を何度も繰り返す帝国海軍が優秀はないわ。ロイヤルネイビーとの圧倒的な戦力差を、現実的な対応で善戦したドイツ海軍と世界第3位の海軍を持ちながらコテンパンに叩かれた帝国海軍。海軍の話になると装備の性能の話になりがちだが、充分な予算があれば当然の事なのだ。
112.名無しさん:2016年11月08日 23:19 ID:nWhgHQCD0▼このコメントに返信
どっちも家族主義があったからなあ
113.名無しさん:2016年11月08日 23:19 ID:KL8FSJw20▼このコメントに返信
※111
マリアナ沖海戦は明らかに作戦ミスなのに
VTヒューズのせいにしたりな。
114.名無しさん:2016年11月08日 23:23 ID:mkKDXbpD0▼このコメントに返信
※71
・政治家が無能だったのか?
・軍部大臣現役制により、軍部のメガネにかなった者しか、総理になれなかったからか?
115.名無しさん:2016年11月08日 23:25 ID:N.nPEika0▼このコメントに返信
※110
前線から補給送れ、って言われて、
司令部に神社作って毎朝水垢離して「補給が解決しますように」って天に祈念するぐらい
牟田口司令官は「能力者」だったしねぇ、、、
116.名無しさん:2016年11月08日 23:25 ID:c.2a3MiU0▼このコメントに返信
※102
そもそも対中国をとっとと終わらせることができたなら日米戦なんてする必要はなかったっていうのはないですか(小声
117.名無しさん:2016年11月08日 23:28 ID:EWMaUDzm0▼このコメントに返信
※114
統帥権干犯問題 鳩山一郎 犬養毅
118.名無しさん:2016年11月08日 23:34 ID:l0dfK1w60▼このコメントに返信
※116
そこで陸軍の肩を持つわけではないが近衛に言ってくれ
南京を落とした時点で勝利は確定している
「いやまだ足らん!」とごねたのは近衛
東条ばっかに責任負わせてるけど一番の害悪はこいつ
119.名無しさん:2016年11月08日 23:36 ID:KL8FSJw20▼このコメントに返信
※115
証拠もない作り話が多いんだよ。
最大の問題は牟田口が要求した通りの補給なかったこと。
120.名無しさん:2016年11月08日 23:38 ID:cPn0Dzbj0▼このコメントに返信
陸軍が補給軽視にならざるを得なかったのって海軍がシーレーンを守る能力がないのに無駄に戦線を広げたからだろ
ニューギニアやらガダルカナル辺りがその典型
それに末期には台湾沖航空戦で大嘘をついて陸軍のフィリピン決戦なんていう間違った決断をさせておいて案の定補給が回らず無駄に三十万の兵士を飢えで殺させてるしな
陸も海も救いようのない屑
121.名無しさん:2016年11月08日 23:40 ID:mkKDXbpD0▼このコメントに返信
※101
栗林忠道氏は、一般には「栗林中将」と言われているが、硫黄島の戦闘の最終局面で
大将に昇進しているので、最終階級は「陸軍大将」
故郷の長野県にあるお墓にも「陸軍大将栗林忠道の墓」と刻まれている

海軍の井上成美のようなオマケでなった大将ではなく、ガチの大将である
122.名無しさん:2016年11月08日 23:40 ID:EWMaUDzm0▼このコメントに返信
※120
なお海が補給能力外に進出しないといけなくなったのは一連の大陸進出のせい
因果は回るわけだね
123.名無しさん:2016年11月08日 23:41 ID:9TtAQgbN0▼このコメントに返信
辻と牟田口
これを処断できてない時点で無能
まぁどちらの軍も責任回避するタイプの無能を処断する能力を持ってないが
124.名無しさん:2016年11月08日 23:44 ID:FK5a0.Ag0▼このコメントに返信
戦争責任は陸軍かもしれんが、敗戦責任は海軍だ。
だいたい何のために真珠湾なんか攻撃したんだ。陸軍と一緒にインド方面に進出して、アメリカとは外交交渉で時間稼ぎだけしていればよかったんだ。アメリカは自分から日本に戦争を仕掛けることはできなかったのだから。
資源だって、インドまで進出すれば何とかなっただろう。アメリカは戦争に参加する口実を欲しくて仕方が無かったんだから、真珠湾は「飛んで火にいる夏の虫」そのものではないか。
125.名無しさん:2016年11月08日 23:51 ID:rUn0IMPM0▼このコメントに返信
満州で要塞戦を考えていた大日本帝国陸軍を無理やり太平洋地域に拡散させて陸軍弱いねーとか
クソ海軍ガイジ軍令部
126.名無しさん:2016年11月08日 23:54 ID:xoVD.oVh0▼このコメントに返信
当時の軍を叩いておけば自分が有能になったと勘違してるやつwww
127.名無しさん:2016年11月08日 23:56 ID:EWMaUDzm0▼このコメントに返信
※124
インドまで攻めてる間アメリカ艦隊に無防備な横腹さらし続けるのか……
向こうは戦いたがってるんだからメイン号事件起こされておしまいだな
フィリピン近海を散々通るから緊張も犯人役も事欠かん
128.名無しさん:2016年11月08日 23:59 ID:c.2a3MiU0▼このコメントに返信
※126
ここにいる何割が自国のためにタヒねるんやろか……
129.名無しさん:2016年11月09日 00:00 ID:Y7o7Qmqm0▼このコメントに返信
海軍
陸軍の船を守らない
陸軍に補給無理と言われたのに戦線広げる
戦果を誇張し本当の事を陸軍に言わない(終戦まで東条英機はミッドウェーの事正式に聞いてない)
自分隊のせいで過密スケジュールにして、三菱を混乱させ戦闘機生産を混乱に陥れる
↑の事を三菱のせいにして逆切れ、堀越技師をぶん殴る
ドイツ、イタリアに敵軍艦に固執しすぎ、軽かいの薄いインド洋で通商破壊したほうがいいと言われてもなかなか動かない
結論海軍はクソ
130.名無しさん:2016年11月09日 00:05 ID:Y7o7Qmqm0▼このコメントに返信
※123
責任をうやむやにしちゃう海軍さんにも問題がある
131.名無しさん:2016年11月09日 00:11 ID:yZ5Kv4NF0▼このコメントに返信
解読された海軍暗号とほぼ解読不可能だった陸軍暗号の差
132.名無しさん:2016年11月09日 00:14 ID:b7G2rqAe0▼このコメントに返信
アメさんだって1942年頃まではM1903の方が主力の歩兵銃やんけ!
アメさん以外ではドイツのGew 43の製造数が結構多い。
133.名無しさん:2016年11月09日 00:14 ID:.V5paEBj0▼このコメントに返信
陸も海も上のほとんどがダメやろ
134.名無しさん:2016年11月09日 00:16 ID:XAYsxB2U0▼このコメントに返信
海軍のせいで負けたはいいすぎかもしれんが
海軍のせいで大敗したは確実

あのボロ負けっぷりが戦後舐められる原因になってる
当の海軍はひたすら米軍にはヘラヘラ媚び媚び

一方日本人相手には
俺たちはすごかった、陸軍の責任を取った、戦争に反対していたとうそぶく

いい反面教師にしたほうがいい
135.名無しさん:2016年11月09日 00:16 ID:AT7Z.P3q0▼このコメントに返信
開戦までは陸軍の政治干渉で酷い有様だが開戦後は海軍の醜態が目立ちすぎる
まあ文字通り世界最強を相手にしてるわけだから仕方ない面もあるがそれにしてもというのが多い

戦闘に関しては南方のクソはあるにしても陸軍の方がマシなレベル
136.名無しさん:2016年11月09日 00:17 ID:Y7o7Qmqm0▼このコメントに返信
航空機の生産、性能、運用法も陸軍のほうが上
137.名無しさん:2016年11月09日 00:17 ID:3Qsx1qey0▼このコメントに返信
>>48
要塞砲も日本の場合海軍謹製だからな…
138.名無しさん:2016年11月09日 00:35 ID:c7fwN6A20▼このコメントに返信
どっちも基本は五十歩百歩
ただし、強いて言えば戦略面でははるかに陸軍がマシで

戦後の陸軍悪玉論プロパガンダを積極的に広め、正確な評価が出来なくさせた。保身のために歴史を捻じ曲げたという意味では間違いなく海軍の方が絶許なクソゴミ
139.名無しさん:2016年11月09日 00:36 ID:rqBWtYlB0▼このコメントに返信
こうやってあっちが上だのあっちのほうが無能だのとやってるのを見ると
戦争の教訓からなにも学んでいないことがよく分かるな
140.名無しさん:2016年11月09日 00:41 ID:5ZMj9.DL0▼このコメントに返信
※138
五十歩百歩で陸軍のほうが優れた点もいろいろあったのは同意するが、
戦略面で陸軍がはるかにマシってのだけは絶対あり得ないわ
141.名無しさん:2016年11月09日 00:43 ID:FjMgCyhZ0▼このコメントに返信
戦車にかける予算が海軍の方がたくさん貰ってて陸軍よりマシな戦車をたくさん配備してったって本当?
142.名無しさん:2016年11月09日 00:50 ID:bMBQFgAI0▼このコメントに返信
陸軍海軍関係なしに国力10倍の相手と多方面での戦争とかアホですわ
多少有能でも協力関係が出来てても結果は一緒
143.名無しさん:2016年11月09日 00:59 ID:.qbJCPu20▼このコメントに返信
37と49がいってる通りアメリカが統治する上で広めたのよ。
軍の影響を分断できて、国民を「陸軍に騙されてたキミ達は悪くない!」と見方に出来る。
144.名無しさん:2016年11月09日 01:03 ID:bQO.8Gjn0▼このコメントに返信
というか、未だにGHQに媚びた物の見方ができるやつもチラホラ居るってのも、なんかスゲーな。
145.名無しさん:2016年11月09日 01:12 ID:hH9.ChOE0▼このコメントに返信
※142
その国力10倍への開戦に重大な影響を及ぼしたのが、
どちらかというと陸より海だったということでしょ。
そして国自体が破滅へ・・・

陸は中国と戦闘中なので、それ以外との戦争には慎重だったのさ。
146.名無しさん:2016年11月09日 01:13 ID:EuCfxeuJ0▼このコメントに返信
聞きかじり程度の知識で無能だ有能だなんて判断できるものか
147.名無しさん:2016年11月09日 01:14 ID:G6ZeKCgA0▼このコメントに返信
※85
それだって正面きって米軍と会敵する必要はあんまりない。
日露戦争の日本海海戦の活躍に酔って艦隊決戦思想に凝り固まって一戦やらかそうとしたのが問題。
真珠湾攻撃とか派手なことしたら米国の世論を刺激するだけなのに。



148.名無しさん:2016年11月09日 01:15 ID:AT7Z.P3q0▼このコメントに返信
まぁ今もそうだけど軍事に精通した政治家がいないのが問題なんだよなぁ
元勲達は自分達が戦ってきた張本人で政治と戦争両方に理解あったからまだしも

大学に軍事学入れたほうがいいと思うわ
国際協力論や安全保障論は出てきてるけど
149.名無しさん:2016年11月09日 01:23 ID:qbGzW2Fp0▼このコメントに返信
終わった後で安全な場所から神の視点で無能だ有能だと
過去の人間をこき下ろす奴ほど間抜けな姿はないな
当時の状況とかどうにもならん部分だってあるんだし
150.名無しさん:2016年11月09日 01:23 ID:5ZMj9.DL0▼このコメントに返信
※145
対米開戦に至った原因が思いっきりその対中進出だよね……

もしかして、ここで陸軍より海軍が悪かったと言ってる人の理解は
海軍が勝手に真珠湾を攻撃したからアメリカと戦争になったみたいなレベルなんだろうか
151.名無しさん:2016年11月09日 01:39 ID:kDbfm2P10▼このコメントに返信
そもそもそんな風潮は無い。はい次の人。
152.名無しさん:2016年11月09日 01:52 ID:EuCfxeuJ0▼このコメントに返信
米150
そしてなぜ対中進出する羽目になったかは政党政治家達と外務省が一切の対中ビジョンを持ってないという体たらくのせい
153.名無しさん:2016年11月09日 01:52 ID:7kgIYCW60▼このコメントに返信
軍事的なことじゃなくて、国際政治の空気の読めなさ(あるいは読めてるのに無視)と、憲兵の不人気ぶりと、あと他にも色々あるかも知れんけど、そういうことでの陸軍悪玉論なんじゃないの?
いざ戦争するってなったときの、大局からの軍事戦略とか戦術的なことでの有能・無能じゃないと思うで。

※145
アメリカと戦争したくないなら、中国との戦争を止めるしかないわけ。
外交ってのは多国間の中での二国間関係なの。
米中関係を無視して、日中関係、日米関係を、正しい方向に向かわせることは出来ない。
今も昔も。

※148
同感。
ただ、軍人が政治を分かってないのも、同じくらい問題だけどね。

※149
そんな甘ったれたこと言ってると、そのうちまた中国に(あるいはロシアに、あるいはアメリカに、あるいはそれ以外の国に)嵌められるよ?

※150
>>海軍が勝手に真珠湾を攻撃したからアメリカと戦争になったみたいなレベルなんだろうか
それに近いレベルだろうね。
154.名無しさん:2016年11月09日 01:57 ID:5ZMj9.DL0▼このコメントに返信
※152
それが半分、陸軍が半分だね
幣原や近衛は絶許だし陸軍も独断専行してる
155.名無しさん:2016年11月09日 01:57 ID:q1VWwrxa0▼このコメントに返信
帝都防衛は陸軍航空隊が担っていたという事実
156.名無しさん:2016年11月09日 02:08 ID:qJtYAtj.0▼このコメントに返信
※119
水垢離してたのはいっぱい目撃者いるんだけど、、、
157.名無しさん:2016年11月09日 02:14 ID:XAYsxB2U0▼このコメントに返信
※150
アメリカに大義名分を与えてるよね
ではハワイなんて孤島を攻撃するメリットはあったか?
無いんだなコレが

だからハワイ攻撃に強情に拘った山本はスパイだと論じる人もいる
そしてメディアは山本を過大に評価する

まぁでも日本の支配者が米軍であるなら、スパイで無能でアメリカ被れの(と一部では言われている)山本を持ち上げるのは理にかなってること
158.名無しさん:2016年11月09日 02:21 ID:NWp0dvBL0▼このコメントに返信
まあ太平洋で陸軍が後半惨敗を続けたのは支援はおろか碌に補給すら届けられなかった海軍のせいではある
159.名無しさん:2016年11月09日 02:23 ID:nZbRqA9U0▼このコメントに返信
大日本帝国海軍は、出自が海賊だったり海賊から自国の商船を守る護衛だったりした歴史の無い、
最初から純粋な水上打撃戦力として設立された、歴史のある国家の海軍としては珍しい存在だからね。
その意味では、通商破壊や船団護衛に消極的だったのは仕方が無かったといえる。
160.名無しさん:2016年11月09日 02:28 ID:XPvdvVFO0▼このコメントに返信
まとめると朝日はクソってことか
161.名無しさん:2016年11月09日 02:28 ID:ikHR3Z5o0▼このコメントに返信
戦争自体は日本の自滅だな、海軍が使いこんだ金で勝てなかったから
陸軍? 海軍に使った金の半分でいいから要所に即使えば勝てたよ
でもそれを提案したのは海軍だw
162.名無しさん:2016年11月09日 02:28 ID:XAYsxB2U0▼このコメントに返信
※159
日本は歴史的にシーパワーでもなんでもなかったんだよ
なんかシーパワーのほうがアメリカやイギリスと一緒でかっこよくね?みたいないつものブランド好きが講じて自分たちがシーパワーであるかのように論じる人多いけど
日本は島国のくせに伝統的にランドパワーだよ

よって海軍は弱い
ハッキリ言ってファッションシーパワー、ファッション海軍と言っていい
軍艦に拘ったのがファッションそのもの
163.名無しさん:2016年11月09日 02:39 ID:y48g8hjx0▼このコメントに返信
どっちがより悪いかはひとまず置いておいて
いまだに>>35みたいな奴も居るんだなと
164.名無しさん:2016年11月09日 02:39 ID:5ZMj9.DL0▼このコメントに返信
※157
メリットが無いわけないじゃん
あの時点で集結してたアメリカ艦隊叩かずにどうやって南進するんだよ

資源による時間的制約があるからノンビリ待ち構えたらジリ貧、
アメリカ艦隊を放置してたら戦力分散を強いられる
真珠湾攻撃したから戦争になったんでなく、大陸進出とかからの流れで戦争が避けられなくなったから、
なんとか戦うために真珠湾攻撃したんだろ

チャチな陰謀論を信奉する前に当時の当たり前の情勢や経緯を考えようよ
165.名無しさん:2016年11月09日 03:00 ID:XAYsxB2U0▼このコメントに返信
※164
ハワイに軍艦が止まってたことくらい誰でも知ってるだろ
それ込で意味が無いって書いてんだよ
止まってる軍艦攻撃しただけではいさよならって山本なりの美学があったんだろうが戦争ってそういうもんじゃないと思うんだけどなあ
その軍艦も修理で殆ど再投入されたらしいし怒りしか買ってないね

>真珠湾攻撃したから戦争になったんでなく、大陸進出とかからの流れで戦争が避けられなくなったから、

だから決定的な原因を作ったのは日本で海軍だろ
自分でアメリカが喜ぶことやってどうするの?
166.名無しさん:2016年11月09日 03:07 ID:uvYIwuTG0▼このコメントに返信
海軍の主な目的の一つ、海上輸送に失敗してる時点で無能確定なんだよなぁ。
失敗どころか手遅れになるまでナメプだし。
武器も食料も届かない島でどう戦えってんだよw
167.名無しさん:2016年11月09日 03:13 ID:XAYsxB2U0▼このコメントに返信
アメリカに短期決戦で勝てると冗長してしまったのがああいう馬鹿な作戦に出た要因だろうね
それか本当にスパイか
アメリカにビンタをくれといて余所に侵略に行く、これもよく分からない

とにかく行動がバラバラで一貫性が無く日本軍、というか海軍の行動は誰も説明つかないと思う
それをある学者は空気と断じたが
太平洋戦争は空気の研究に尽きるのだと思う
168.名無しさん:2016年11月09日 03:16 ID:nZbRqA9U0▼このコメントに返信
※164 ※165
イギリスとオランダのみに宣戦布告をするというウルトラCが無かったわけではない。
それでもアメリカは、レンドリースや義勇兵という形で協力はしただろうけど、国自体が参戦するよりマシ。
169.名無しさん:2016年11月09日 03:17 ID:XAYsxB2U0▼このコメントに返信
※166
輸送船を守ることは海軍の一番の目的なんだけど
その輸送船、兵士が乗った輸送船を日課のように沈められてる時点で無能確定だね
沢山の命が無駄になってしまった・・・
170.名無しさん:2016年11月09日 03:20 ID:5ZMj9.DL0▼このコメントに返信
話が通じていない……
修理再投入されるまで南方に集中できて、資源地帯獲得に力を割けるよね?
美学がどうとかそんな話じゃないから

決定的な原因は大陸進出。その結果が国による対米開戦決断で、真珠湾攻撃はそこで用いられた方法でしかない
大陸進出がなければ戦争にならなかった可能性はあるけど、真珠湾攻撃がなければ戦争にならなかったなんてことはない
そもそも国レベルで開戦を決断した上での作戦だし
171.名無しさん:2016年11月09日 03:28 ID:5ZMj9.DL0▼このコメントに返信
※170は※165へのレス

※168
それは検討した上で無理だと判断してなかったっけ
まあ、そうしてアメリカが黙ってみてるわけもなく、一番嫌なタイミングで来ると想定するのが普通だし
南方攻めで出払ってるうちに首都侵攻されましたでは話にならないから当然だろうけど
172.名無しさん:2016年11月09日 03:28 ID:yLDj9qGu0▼このコメントに返信
陸軍かてインパール戦とか無茶しとったのでは?
そもそも陸海空で使用している火器銃弾がまちまち
の時点で敗戦原因の押し付け合いの想像はつく。
但し誤解が無いように一言、無謀な作戦であっても
それで亡くなられた現場の兵隊さん達には
敬意と哀悼の意を捧げます。
173.名無しさん:2016年11月09日 03:32 ID:uvYIwuTG0▼このコメントに返信
※148
ある意味純粋に民主主義の失敗とも言えるんだよね。
政党や普通選挙を導入したり、大正あたりから急速に民主化を進めたけど、未熟な民主政治によって優秀な指導者(優秀というのは政権維持能力も含む)を創出できなかったのが究極的な失敗の原因といえる。そしてそれは戦後も繰り返して、平成初期とか小泉後〜第二次安倍の間も似たような失敗をしてて、欧米でもやっぱり同じような失敗を(現在進行形で)何度もしてるから、ある意味民主主義に付き物なのかもしれない。ただ時期が悪かったと。
いろんな失敗を経験して学んだ結果が、今の長期政権を作っているように思う。
174.名無しさん:2016年11月09日 03:59 ID:nZbRqA9U0▼このコメントに返信
※171
ただ、アメリカのモンロー主義が生半可ではなかったのも事実で、フランスが降伏してイギリスが重装備を放棄して撤退し、
ソ連に侵攻してモスクワ正面まで攻め込まれてもドイツに宣戦布告しなかったことを考えると、アメリカが宣戦布告しなかった
可能性は高いし、その場合でのイギリスやオランダとの早期講和は十分可能ではなかったかと思う。
まあ、これも痕知恵ではあるんだけど。
175.名無しさん:2016年11月09日 04:02 ID:hgDEu7hm0▼このコメントに返信
コメントのシナ朝鮮馬鹿の割合はどれぐらいwwwwwww
176.名無しさん:2016年11月09日 04:03 ID:hgDEu7hm0▼このコメントに返信
※166
ナメプ?

馬鹿さが分かる表現。よく使えるものだ。
177.名無しさん:2016年11月09日 04:07 ID:hgDEu7hm0▼このコメントに返信
※157
馬鹿には分からんが
あのときハワイを攻撃していなかったら、その後の日本軍の戦略は大幅に制限されただろうな。
178.名無しさん:2016年11月09日 04:14 ID:hgDEu7hm0▼このコメントに返信
支那朝鮮人の馬鹿戦略をまず考えよう。

南シナ海の自称要塞。
ミサイルで一撃壊滅。
米軍でさえ、後方待機爾後攻撃展開へと戦略変更しているなか、猪突猛進自殺戦略ありがとう。戦力集中してくれ。
兵士20万ほど待機させろ。

フィリッピンにも馬鹿にされ手玉にとられ、宇宙開発でも孤立。
比ー越南→台湾→香港(転換の動き)
今後東南アジアも雪崩を打って日本側に密かに付く。
インドは絶対シナ攻撃決定モード。

どんなに動いても運命は一定の方向へ。

なお、朝鮮は絶対に仲間に入れさせない。
179.名無しさん:2016年11月09日 04:19 ID:XAYsxB2U0▼このコメントに返信
※170
>修理再投入されるまで南方に集中できて、資源地帯獲得に力を割けるよね?美学がどうとかそんな話じゃないから

あのな・・・すぐ滅ぼされるだろ・・・
しかも怒り正当性があると考える相手に
おかげで日系人もあの悲惨な扱いに
アメリカを軽く考えて東南アジア進行のために片手間に殴る作戦がいいってのはお前は相当にアメリカを舐めてるぞ
イラクやベトナムがどうやってアメリカに勝ったか考えろ


>大陸進出がなければ戦争にならなかった可能性はあるけど、真珠湾攻撃がなければ戦争にならなかったなんてことはない

妄想はいいから史実を直視しろって
180.名無しさん:2016年11月09日 04:22 ID:hgDEu7hm0▼このコメントに返信
※179
支那朝鮮人の馬鹿戦略をまず考えよう。

南シナ海の自称要塞。
ミサイルで一撃壊滅。
米軍でさえ、後方待機爾後攻撃展開へと戦略変更しているなか、猪突猛進自殺戦略ありがとう。戦力集中してくれ。
兵士20万ほど待機させろ。

フィリッピンにも馬鹿にされ手玉にとられ、宇宙開発でも孤立。
比ー越南→台湾→香港(転換の動き)
今後東南アジアも雪崩を打って日本側に密かに付く。
インドは絶対シナ攻撃決定モード。

どんなに動いても運命は一定の方向へ。

なお、朝鮮は絶対に仲間に入れさせない。
181.名無しさん:2016年11月09日 04:24 ID:hgDEu7hm0▼このコメントに返信
※172
無茶を承知でやらない戦争は無い。
私は仕事で終わらないときは、職場に泊まってまでもやっていたし、家に持ち帰ってもやっていた。
必ず終わらせる。
きついといえばきつかったが、それが結果的には自分の自信につながる。

お前らはそんなこともやれないだろう。
馬鹿でなまけものだからさ。
182.名無しさん:2016年11月09日 04:24 ID:Rzrvc.gA0▼このコメントに返信
※172
この手のコメント欄でインパールって必ず言われるけど、大東亜戦争における最大の敗北であるフィリピン戦のことは誰も言わないよね
インパールでは2万8千人の戦死者だけど、フィリピンでは50万の日本兵が死んでるわけで
何故フィリピンの事が言われないかと言えば、フィリピンの敗北の責任者が、海軍だから

これが”海軍善玉史観”なんよ

183.名無しさん:2016年11月09日 04:29 ID:XAYsxB2U0▼このコメントに返信
※177
馬鹿はお前だろ
最終的に300万人以上死んで、焼夷弾で丸焼きにされて核まで落とされた
そして未だに在日米軍なんてのがあり日米地位協定なんて不平等協定がある
そしてそのことに少しも悪びれず正義面しているアメリカ人や国際社会がある
これが圧倒的大敗じゃなくてなんなんだ?
まぁパールハーバーがミッドウェーレベルの圧倒的損害を与えていたならまだ分かるがどうやら当のアメリカ人はそうは思ってないようだし相手キレさせただけだったねっていう
184.名無しさん:2016年11月09日 04:31 ID:hgDEu7hm0▼このコメントに返信
※182
別に善玉も悪玉もない
お前らが馬鹿だということだけだ。
しかも、日本人ですらあるまい。
関係ないのだよ。最下層には。

お勉強は基礎から、故郷でやれ。
185.名無しさん:2016年11月09日 04:48 ID:hgDEu7hm0▼このコメントに返信
※183
馬鹿はおまえよ。
歴史も何もしらん。
話し合いすらできない、底辺馬鹿の、日本人でもないだろう。
出てくるな。
お前の歴史観でも書いてみろ。
私は通史を一応語れる知識はあった上で書いている。
186.名無しさん:2016年11月09日 04:51 ID:hgDEu7hm0▼このコメントに返信
馬鹿でない人間というのは、一応対象とされる相手の置かれた立場を斟酌した上で発言する。
自分だったらどうだっただろうとな。
こういうのをメタ認知といい、今注目されている学力というものだ。
お前らは馬鹿なんだよ。
親切に教えてやっている。
馬鹿を相手にしても、一円の得にもならないが、馬鹿を排除することで、社会の利益にはなる。
187.名無しさん:2016年11月09日 05:06 ID:EtewyKKR0▼このコメントに返信
※181
戦はまず勝ち、そして始めるもの。
政治外交の失点を無理な戦争で取り戻せばいいという考えは、政治を甘やかす。
188.名無しさん:2016年11月09日 05:22 ID:Rzrvc.gA0▼このコメントに返信
※93
(山本元帥の葬儀を国葬扱いにするのは止めろ)って、昭和天皇は苦情を言ったんだよな
よほどのシャレにならないレベルの隔意がなければそんなこと言わないんじゃないのかな
実弟の高松宮殿下(海軍少佐)との関係も微妙だったしよ
米内海相や藤田侍従長とか、個人的に天皇に気に入られていた海軍関係者もいたけど、当時の海軍閥のボスだった岡田啓介と天皇との挿話って、聞いたことがないな
15年前に海軍を退役した鈴木総理のことを(海軍関係者)っていうのも無理臭いしよ(井上成美はそう言ってたようだか)

189.名無しさん:2016年11月09日 05:22 ID:hgDEu7hm0▼このコメントに返信
※187
おまえはどんな甘ったれた仕事をしているんだ。
目に浮かぶなあ。
190.名無しさん:2016年11月09日 05:23 ID:U4oeOrmC0▼このコメントに返信
>結局真珠湾攻撃は海軍がアホなのか外務省がアホなのか

在米大使館は真珠湾攻撃の前の晩に送別会やって大酒飲んでたし、しかも日本人のタイピストを置いてなかった。
明治の記憶遺産登録の時もそうだが、外国にいる職員の遊びにいってるような緊張感の無さだと思う
191.名無しさん:2016年11月09日 05:24 ID:hgDEu7hm0▼このコメントに返信
※179
支那朝鮮人の馬鹿戦略をまず考えよう。

南シナ海の自称要塞。
ミサイルで一撃壊滅。
米軍でさえ、後方待機爾後攻撃展開へと戦略変更しているなか、猪突猛進自殺戦略ありがとう。戦力集中してくれ。
兵士20万ほど待機させろ。

フィリッピンにも馬鹿にされ手玉にとられ、宇宙開発でも孤立。
比ー越南→台湾→香港(転換の動き)
今後東南アジアも雪崩を打って日本側に密かに付く。
インドは絶対シナ攻撃決定モード。

どんなに動いても運命は一定の方向へ。

なお、朝鮮は絶対に仲間に入れさせない。
192.名無しさん:2016年11月09日 05:54 ID:w5AOKsnH0▼このコメントに返信
>勝ち目のない戦争仕掛けた時点で等しく無能なんだよなあ

後世になって結果からみて、あそこまでのガチ勝負にしちゃった時点で
日本もアメリカをはじめとした連合軍も負けだったんだよ。
実際、アメリカも想定をはるかに超える被害をこうむっただろ?
日本はそこまでの被害を与えることはできるとみてたし、実際できた。
ならば、普通の国ならばガチはやめて途中で折り合いをつけるとこだが
アメリカはバカだから、当初からニホンザル相手ならチャッチャと片が付くとみて、
真珠湾という餌にガチに食いついてきた。 日本はこのバカさが読めてなかった。

今の大統領選みても、あいつらのバカさがわかるだろ?
アメリカ人の平均IQは90ないんだから。 生涯、国外に一歩も出ることがない
メリケンはバカばっかり。 それを読めなかった山本五十六も大したことない。
193.名無しさん:2016年11月09日 06:09 ID:ps36YhBr0▼このコメントに返信
もう今はネットの悪影響があるから、どんな教育しようが同じ
俺は勉強を見直すべきだと思ってる。勉強あんまりできない奴は、もうさせるな。
例えば数学とかは将来使うやつはいるやろうけど、もう中学の時点で50点とかとってるやつは勉強しなくていい。
他の教科もそう。早く切って、バイトでも何でもさせて、親を助けてあげてほしい。部活も俺はもったいないと感じる。せっかくの若い労働力を、プロになるやつはまだしもそうじゃない奴はさせるな。
そしたら教科書や参考書、塾の費用も少なくなる
受験であほみたいにストレスを溜めないですむし、
しかもやってることが、ほとんど暗記で実用性なし
掃除とかで、アルカリは使い方によっては危ないとかは実用性ある知識やけど
寝る間を惜しんでやることちゃうから
とにかく必要最小限にしてほしい
それで子供ができてもなるべく早い内から家の手伝いとかさせて負担を軽減させてあげてほしい
194.名無しさん:2016年11月09日 06:46 ID:ahs4VurQ0▼このコメントに返信
指揮官が無能なだけで戦意は最高やで
195.名無しさん:2016年11月09日 06:51 ID:ONF3qqY10▼このコメントに返信
思考力のないブックスマートを有能と勘違いした日本とストリートスマートを有能とした米国との差!
試験の点数で昇格を決めていた日本軍、無能が指揮官になって、ブックスマートが共産主義になって、日本を戦争に追いやった。

196.名無しさん:2016年11月09日 08:34 ID:c2PPlTlc0▼このコメントに返信
※190
来栖と野村は出席してないから関係無いんだよなぁ・・・。
197.名無しさん:2016年11月09日 09:32 ID:Py2m0Zbl0▼このコメントに返信
言わせてもらえばどっちも等しく無能
そもそも国内の陸軍と海軍ですらコンセンサス取れてない時点で無能の極み
198.名無しさん:2016年11月09日 09:43 ID:.uCHhfF00▼このコメントに返信
>勝ち目のない戦争仕掛けた時点で等しく無能なんだよなあ

前提が戦勝国史観であればそこにしか結論は至れないだろうな。
ただし、その史観じゃどう言い訳してもたくさん出てくる矛盾は解消できない。
199.名無しさん:2016年11月09日 09:48 ID:gtltccmh0▼このコメントに返信
ハルピン特務機関はシベリア鉄道の輸送実績からソ連の進行は昭和20年夏から秋にかけて、と4月に予測

関東軍参謀本部は独ソ開戦直後に早くも
独敗北予測

昭和15年に関東軍参謀総長は事変長期化は対米戦争に繋がるから早期解決すべしと通達、既に陸軍は対米戦に勝てないことを自覚していた。

陸軍の神参謀は米軍の思想を分析して米軍が次にどうでるか正確に予測し 戦後米軍はその正確さから内部スパイの存在を疑って緊急調査した。

日本の外務省系機関は1940年には米国の外交暗号を解読し 1941年日米交渉の時点で自分達の暗号が解読されていることを察知
したがここで突然変更したら戦争意思ありと疑われることとを恐れかえないでいたがその後に 米国が乙案を飲むことをしってハルとの会談に臨んだ。この時 突然でたのがハルノート
200.名無しさん:2016年11月09日 10:06 ID:gtltccmh0▼このコメントに返信
>>190
>しかも日本人のタイピストを置いてなかった

宣戦布告は手書きでもいい。紙切れ一枚でもいい。ソ連の対日宣戦布告は紙切れ一枚
日本は無駄に長文を送信して 最後に宣戦布告とやった。この形式主義にこだわりすぎたことがいけない。

それとミッドウェイの勝敗を決めた直接の原因は まさに運。日本部隊は豊後水道をでた直後に潜望鏡を発見しているが見失う
日本は既に発見されていた。日本機動部隊攻撃した米攻撃隊は殆どおとされていた
幸か不幸かエンタープライズ攻撃隊長は
集合地点を間違えて 関係ない空域をさ迷っていて燃料切れになりかけ帰投しようしたところで1隻の日本駆逐艦を発見 進行方向に目標があると確信して進路をとったところ先発攻撃隊と真反対方向にくることになり ちょうど味方部隊が迎撃されている最中でしかも直援機がいないうえ見張りも先発の迎撃に気をとられてほぼ完全な奇襲になった。もしエンタープライズ隊が集合地点をまちがわなければ米は負けていた
201.名無しさん:2016年11月09日 10:08 ID:uOdQicFz0▼このコメントに返信
無能な陸軍はマジでろくでもない疫病神だよな!
202.名無しさん:2016年11月09日 10:10 ID:M.L0e6o60▼このコメントに返信
支那事変勃発当初は陸軍参謀本部が終始不拡大・停戦・和平交渉を主張してるのに出先は言うこと聞かないし東條英機陸軍次官と米内海相が足を引っ張るしなあ

東條英機は総理になってからはひたすら擁護されてるけど、陸軍次官時代や陸軍大臣時代はロクなことしてないんだよね
203.名無しさん:2016年11月09日 10:11 ID:M.L0e6o60▼このコメントに返信
陸海軍はどっちも派閥抗争が酷すぎるのが
204.名無しさん:2016年11月09日 10:13 ID:M.L0e6o60▼このコメントに返信
まあ伊達に陸海軍相争い、余力を以って米英に当たるとは言われてないよね
205.名無しさん:2016年11月09日 11:21 ID:aSKREUZQ0▼このコメントに返信
日本には陸軍も海軍も無かった。
ただ、海兵隊が二つあって縄張り争いをしていた。
206.名無しさん:2016年11月09日 11:48 ID:re59JrOkO▼このコメントに返信
※190
勘違いされがちだが、暗号解読の遅れと宣戦布告はまったくの別物だからね。
暗号解読しても内容は、ハルノートに関する最終通告の事で、宣戦布告には一切触れてなかったから。
207.名無しさん:2016年11月09日 11:48 ID:38bW.g2P0▼このコメントに返信
牟田口閣下の悪口を言うなんて信じられん。俺は閣下の下で天皇陛下の為に命尽きるまで戦いたいぞ!!!
208.名無しさん:2016年11月09日 13:28 ID:5ZMj9.DL0▼このコメントに返信
※179
史実を直視すべきなのはあんただろ……
もうちょい歴史の因果関係とか勉強した方がいいよ
その前に読解力だろうけど。アメリカを軽く考えて片手間で?どこをよんでそんな考えになるのか
一番の脅威だからこそ最初に叩いたんだろうに

そして、それをせざるを得ない状況に追い込まれた原因が大陸進出だ
資源事情の切迫や米国との決定的な対立、中国戦線の泥沼化と蒋介石支援阻止の必要性等々
209.名無しさん:2016年11月09日 14:51 ID:bey.spxR0▼このコメントに返信
東條は昭和天皇のご意志を完全に読み間違えていたからな
総理になって天皇陛下の思惑をはじめて直接聞かされて真っ青になって陛下は和平を望まれると触れ回った
もっと陛下が自分の意思をはっきり表明されるかたならよかったんだが一回それやって田中が死んじゃったからしょうがないな
立憲君主制としても好ましくないことだし
もっとも、陛下の意思を平気で無視する宇垣だの近衛だのに比べたらずいぶんマシだから
それでいくらか擁護されてるんだろうな
210.名無しさん:2016年11月09日 15:45 ID:Cwzpb5Ix0▼このコメントに返信
最新の歴史群像2016年12月号に「アメリカ海軍渡洋作戦VS日本海軍漸減作戦」載ってる。
これ見て気がついたんだけど、1928年の対日侵攻案で米海軍がフィリピンを最前線に移した場合、
日本正面の北側だけじゃなく南シナ海からベトナム側にまで影響を及ぼすことができるね。
そうなると、中国が南シナ海で主張している九段線の逆バージョンで日本の輸送ルートを実力で締め上げ、
さらにベトナム・ラオス方面から陸路中国南部に陸上部隊、航空部隊を送り込むこともできるわけだ。
この状態で、中国方面で戦っている陸軍に勝機ってあるんだろうか。
211.名無しさん:2016年11月09日 16:26 ID:.uCHhfF00▼このコメントに返信
※209
軍事も現場も事情も知らない人(ブレーンに共産主義者も存在)が、散々外交をおかしな方向にもっていって、このままではまずいと陛下が現場を抑えるためにも現場出身(軍人)に白羽の矢を立てたが、その時にはすべてが遅く状況も後戻りできない状態、そのまま汚名も被った。
212.名無しさん:2016年11月09日 17:22 ID:zYwjZTF20▼このコメントに返信
陛下に忠実かつ軍部をおさえられる人物がもう東条ぐらいしかいなかったからな
戦後教育じゃ日本の悪は天皇への忠誠を誓った狂信的な軍隊がどうだこうだと教えてるが、むしろ政治家に不忠の臣が多すぎたことが戦前の過ちの原因の一つだろ
だいたい軍部に阿るかアカに染まるかどっちかで陛下のご意向を無視しすぎていると思ったよ
213.名無しさん:2016年11月09日 18:44 ID:Z8f4ORV50▼このコメントに返信
ミッドウェーの責任を南雲忠一に全部おっ被せて、他は堂々としてるんだから
海軍も大概
214.名無しさん:2016年11月09日 18:57 ID:kbtRzEhx0▼このコメントに返信
北進論は歴史上敵でしかなかったロシアの日本本国侵攻を防ぐための橋頭堡として十分理にかなってるが
海軍の南進論(アメリカその他多数を敵に回す)は馬鹿でしかないだろ
太平洋戦争で陸軍が餓死しまくったのも海軍は艦隊決戦という時代遅れな思想に拘って
海上輸送護衛という自分たちの仕事完全に放棄した結果だし
海軍は国を滅ぼすレベルで無能&無能ですわ
215.名無しさん:2016年11月09日 20:00 ID:5ZMj9.DL0▼このコメントに返信
なお、北進といいながら西進してる模様。
朝鮮を守るために満州を、満州利権を守るために軍拡を、中華へ鉄槌と言いながら、
アメリカその他を敵に回す危険性を考えず、どんどん中華の泥沼にはまっていったのが陸軍の無能さだな
まあ政治家と国民の責任でもあるけどあれだけ独断専行してたら擁護の余地はないわ
216.名無しさん:2016年11月09日 20:02 ID:6Fbjv34u0▼このコメントに返信
※209

宇垣一成は三月事件のせいで昭和天皇の信を失ったけど、実際問題あのくらい陸軍に睨みが効く上に国民政府との和平交渉を堅実に進められる人物は貴重だったんだよ…

石原莞爾が後に述懐してるように、もしも宇垣一成に組閣の大命が下った時に石原とかの少壮参謀が邪魔しなけりゃ日米戦争を避けられたんじゃないかってくらいには

東條ほど昭和天皇の信頼はなかったけど、東條みたいな無能よりはよっぽど能力があったの。

217.名無しさん:2016年11月09日 20:24 ID:Rzrvc.gA0▼このコメントに返信
※213
ISOROKUの親友だった堀中将が海軍を首にされたのが南雲の差し金のせいだって、逆恨みしてたんや
ちなみに堀は軍を辞めた後に浦賀船渠の社長に天下り
「軍時代よりお給料増えましたw」ってのちに堀自身がゲロってる
堀の前の代の浦賀船渠社長は山本や堀と仲良しの寺島健中将

彼らの利権やったんやな
218.名無しさん:2016年11月09日 21:58 ID:xM1eMW.M0▼このコメントに返信
国を滅ぼした無能は政治家か陸軍だよ。
基本海軍は政治と距離をおく志向が強いし。
南進論も陸軍の暴走があって外交が崩壊して力を持つことになったわけで。
それまでの引きこもって迎撃の戦略では資源が得られなくなるからだな。

政治家の態度がコロコロ変わったことと、陸軍が統制されてなかったこと。
それが対中進出において外交上で言行不一致を引き起こしたことで、
日本の中国利権独占への野心を警戒され、蒋介石につけ込む隙を与えた。
219.名無しさん:2016年11月10日 00:39 ID:RwuvMLsW0▼このコメントに返信
※216
たとえ能力があろうと陛下に忠実じゃなかったら何の意味もないわな、それは最低条件でそれをクリアしてなかったらお話にならない
だいたいあっちこっちにいい顔をしようとしてすぐ態度を翻す人物を総理に据えていいものじゃない
面従腹背の見本みたいなやつだぞ宇垣は
220.名無しさん:2016年11月10日 02:24 ID:aX.6zobf0▼このコメントに返信
※219

どうにも分かってないようだけど、忠臣面した無能の集まりよりはよっぽどまともだったから宇垣一成は何度も大命降下を受けたの
当時の陸軍は気にくわない内閣には陸相を送らないことでその成立を妨げていたけど、その弊害の中でも最大のものが宇垣の首班指名を妨害したこと

陸軍の統制が利いて、当時の国民にも人気があって、支那事変において有利な条件での講話が出来たのは宇垣ぐらいなんだよ

国民人気の高さは戦後の参議院選挙で最高点で当選したことからも分かるだろうし、実際国民政府との和平条件はその後の日米交渉よりもよっぽど良い条件だったの

東條みたいな忠臣面した無能よりはよっぽど有用だったのが宇垣

221.名無しさん:2016年11月10日 02:31 ID:aX.6zobf0▼このコメントに返信
宇垣-孔祥熙交渉が成功していりゃ満州国すら日満支条約締結で中華民国に間接的に承認されていたくらいなので、それを蹴ったアホどもの罪は重い
222.名無しさん:2016年11月10日 04:24 ID:VLAR5Iy.0▼このコメントに返信
海軍の方が軍艦内でのイジメが陰湿だったからな諸外国の海軍より事故爆沈艦自爆多過ぎない
223.名無しさん:2016年11月10日 08:57 ID:wtvromDl0▼このコメントに返信
※162

大体同意。

自分がそういうのをわかるようになったのってネットで歴史を調べるようになってからだけどな……

本とかじゃもっと時間かかっただろうなあと思う。読書好きなら別なんだろうけど。

ネットの時代にも功罪は感じるが、歴史認識に関する問題はおかげでだいぶはっきりしたつもり。
224.名無しさん:2016年11月10日 09:01 ID:wtvromDl0▼このコメントに返信
※162

あと島国って大体ランドパワーというか、海より陸の方が戦は得意だと思う。
イギリスが例外ってだけで。

他の島国で海の方が強そうなのって、海賊退治やりまくってるインドネシアがもしかしたら、って感じかなあと。
225.名無しさん:2016年11月10日 11:58 ID:oQV.qHHu0▼このコメントに返信
※84
陸軍が、日露戦争で、銀シャリだけ兵に食わせてどれだけ
脚気でしんだと思ってるんだ。
226.名無しさん:2016年11月10日 12:08 ID:oQV.qHHu0▼このコメントに返信
※91
山本五十六が、米軍スパイ説ですな。
南雲が、ハワイ二次攻撃おこなってたら、弾薬欠乏状態で
レキシントン。エンタープライズの攻撃くらい
ハワイ沖で機動部隊壊滅、国民沿線気分だったね。
ソロモン視察もそのままヘンダーソン基地に亡命する企画が
アメリカから口封じされたとか。
227.名無しさん:2016年11月10日 12:17 ID:oQV.qHHu0▼このコメントに返信
※96
ソ連じたいは、革命直後は、日本より工業力低いが、
20~30年代の重工業中心の5か年計画の繰り返しで、
WWⅡを戦えるまでにもっていったんだ。
日本も関東震災後に、内需中心で、国力の底上げしてれば
よかったのに、その予算を海軍が無駄に建艦競争につぎこんで、
まけたんだから。
海軍艦隊はは、無能だぬ。
228.名無しさん:2016年11月10日 12:24 ID:oQV.qHHu0▼このコメントに返信
※108
ゼロ銭は、傑作機じゃないぞ、堀越設計の駄作機シリーズの
一つにすぎない。
229.名無しさん:2016年11月10日 12:27 ID:oQV.qHHu0▼このコメントに返信
※125
当時陸軍主力は、支那戦線だぞ、満州で、籠っても勲章にならん。
230.名無しさん:2016年11月10日 12:31 ID:oQV.qHHu0▼このコメントに返信
※116
陸軍が、敵兵を殺さなかったから。
ネガ宣伝みたいな南京虐殺や、三光作戦してたら、WWⅡ開始前に
支那は、征服できてる。
これは、歴史が、証明している。
231.名無しさん:2016年11月10日 12:37 ID:oQV.qHHu0▼このコメントに返信
※127
ハルノート公開するだけで、時間稼ぎには、なる。
共和党の弾劾の材料になるし。
232.名無しさん:2016年11月10日 12:45 ID:oQV.qHHu0▼このコメントに返信
※136
生産は、中島は、生産性に気を付けてただけ。
性能は、結局2000馬力エンジンものにできてないので、おさっし。
運用は、20mm搭載が、遅れる、爆撃機の足が短い。

海軍みたいに生産現場に無茶な要求だすだけよりはましですが。
233.名無しさん:2016年11月10日 13:02 ID:oQV.qHHu0▼このコメントに返信
※164
1年ぐらい時間稼ぎできてれば、スエズ運河まで支配下に置けて
イラン(日本軍が、義勇兵として参加でもいい)にバクー油田占領させれば
ソ連は、降伏してたよ、継戦能力なくすからね。
日本は、イラン・イラクの油田から高品質ガソリン確保でき、
ドイツから技術導入が、スムーズにゆく。
アメリカは、弱い相手には、襲い掛かるけど、手ごわいと思ったら、
戦争なんかしかけないよ。
ソ連や中共にてださないし、30年代後半も日本と本気で、対決しない。
米海軍が、金剛型4隻にびびって、開戦に賛同してない。
234.名無しさん:2016年11月10日 16:41 ID:RwuvMLsW0▼このコメントに返信
※220
東条より有能だとかそういう話はしてないから
東条クラスの忠誠心と信があるのが最低条件で、それの条件を満たしたうえで東条より有能な奴が出てきたときに東条は用済みになるの
宇垣が首相になって日中和平がまとまっても三月事件みたいに担がれて粛清を行って独裁者化したら何の意味もないし史実よりはるかに悪い状況になる
一度クーデターに乗り気だったやつなんかにマジで首相任せられると思ってんの?
235.名無しさん:2016年11月10日 20:49 ID:ZRmB.brB0▼このコメントに返信
ハルノートの公表なんかできるわけないよ
そんなことをしたらパールハーバーを奇襲できなくなる
野村駐米大使の役目は交渉の引き伸ばし~時間稼ぎだもんな
236.名無しさん:2016年11月11日 00:09 ID:v30u79Kz0▼このコメントに返信
※234

東條みたいな無能よりはずっと宇垣の方がマシなんだぜ?
あいつ天皇には忠実とか言っておいて日米交渉の時には陸軍の立場から一歩も動いていないし
実際に能力がなけりゃ宇垣も西園寺に推されたとはいえ何度も首班指名を受けないよ

237.名無しさん:2016年11月11日 00:27 ID:v30u79Kz0▼このコメントに返信
※234

宇垣は権力欲はあったとはいえ、議会政治を重視していたし親英米派だったし国民政府にもパイプがあったし、マジで当時の日本としては変えが効かない逸材だったんだよねえ

238.名無しさん:2016年11月11日 12:49 ID:mRKcwUDE0▼このコメントに返信
宇垣も色々落ち度がなくはないんだけど、陸軍では珍しく視野が広いところがある人だよね
そのせいで陸軍では嫌われてたけど
239.名無しさん:2016年11月12日 19:45 ID:lfLEAjSr0▼このコメントに返信
帝国海軍は基本的に近距離防衛の能力しかなかった。

海上覇権とは海軍の量、質ばかりではなく、その本国での生産力、資源国との関係、世界の拠点をコネクトさせ、そのコネクトされた線を複数の拠点から防衛する能力、その網の目が細かいほど強く、その担保は哨戒能力であり、その本意とは資源の貯蔵と流通、これがいかに戦時においても保持できるかが、海上覇権の最大の目的である。

日本が本格的に外洋に拠点を持ったのは第一次大戦後、独から得た南洋諸島が始めであり、第二次大戦がはじまるまで外洋に保持していた拠点はほぼそれのみ。しかも外洋のチョークポイント(地峡、良港など守るにてきした拠点)は皆無。資源国(アフリカ、中東)に港湾拠点はゼロ(キンペーですら現在複数の港湾、潜在軍事拠点をアフリカ、地中海、インド洋に複数所持している)

つまり日本は世界を侵略する計画も、能力も、実績も足がかりもなにもなく、特に海軍はそのことを十分承知しながら、世界大戦に日本を関係させたことは重々反省すべきである。もしやるなら徹底的な調査、準備、その結果を前提に実行すべきであり、不可能ならいかにジリ貧でもやってはいけない。最悪は敵の挑発にのり、自国民ギャクサツに国民が怒り狂い、算段なく開戦してしまうことである。
240.名無しさん:2016年11月13日 01:26 ID:4PRFPBl70▼このコメントに返信
いくら外征艦隊でないといっても、
資源がなくなれば迎撃すらままならないわけだからうって出るしかない
その時点で実質選択肢がないから海軍には反省しようがないだろ
中国利権のために対外関係ぶち壊したアホどもに言わんと
241.名無しさん:2016年11月13日 10:25 ID:jCtwyz.f0▼このコメントに返信
完全に中華民国を滅ぼしてしまえば、アメリカは、戦争なんて仕掛けて
こなかっただろうな。
アメリカは、戦争で肥え太ってきた国、食べて美味しくない国には、手をださない。
陸軍も兵のがんばりに頼りすぎだね。兵器の近代化・高火力化ができていない。
中華民国のほうが、火力だけなら上だったしね。
海軍は、航空主戦論で、戦力整備なんて、当時の航空機の能力だと無理。
戦艦大和・武蔵分の資源を潜水艦に回したほうが、よかったんだけど。
日本人は、寄らば大樹の陰の性格で、小型艦艇毛嫌いするから無理かな。
無能は、陸海ともに中央の参謀が、無能につきる。
242.名無しさん:2017年07月06日 19:06 ID:V6Gs7xEY0▼このコメントに返信
ด้้้้็็็็็้้้้้็็็็็้้้้้้้้็็็็็้้้้้็็็็็้้้้้้้้(・ω・)ด็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็ マヨビーム ด้้้้็็็็็้้้้้็็็็็้้้้้้้้็็็็็้้้้้็็็็็้้้้้้้้ (・ω・)ด็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็ マヨビーム ด้้้้็็็็็้้้้้็็็็็้้้้้้้้็็็็็้้้้้็็็็็้้้้้้้้ (・ω・) ด็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็マヨビーム ด้้้้็็็็็้้้้้็็็็็้้้้้้้้็็็็็้้้้้็็็็็้้้้้้้้ (・ω・) ด็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็
243.名無しさん:2017年08月16日 03:23 ID:GqJrhgt90▼このコメントに返信
陸軍の方が海軍よりは有能だと思うが
海軍の方がやられまくったせいで補給がしたくてもできなかった
それに海軍は暗号解読されまくりで陸軍は最後まで暗号解読されずに逆に米軍の暗号を解読してる

お名前