スポンサーリンク

2016年10月27日 09:05

歴史小説に興味あるけど結果がもう出てるから読む気しない

歴史小説に興味あるけど結果がもう出てるから読む気しない

mitsuhide

引用元:歴史小説に興味あるけど結果がもう出てるから読む気しない
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1477487143/

1: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:05:43 ID:ry1
どうしよ

2: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:06:18 ID:0G0
面白いぞ

3: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:06:57 ID:ry1
>>2
サンクス
面白いんだろうけど、バッドエンドが多そうでなぁ

4: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:07:33 ID:Q5A
その結果に至るまでにどういう経緯や人の苦悩があったか
っていう要素を楽しむもんだと思ってる

5: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:07:58 ID:ry1
>>4
うーむ

6: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:08:39 ID:Q5A
石田三成とか、源義経とか、悲劇的な終わり方をする人物のファンになると
バッドエンドばかりで辛いだろうな

9: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:09:42 ID:ry1
>>6
だなぁ

7: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:08:41 ID:0G0
史実じゃないのもあるで

9: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:09:42 ID:ry1
>>7
それって架空戦記ってジャンルにならない?

8: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:09:31 ID:17U
そこでこの架空戦記

10: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:10:17 ID:ry1
>>8
ここでおすすめされたレッドサンブラッククロスってのは気になってる

11: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:10:29 ID:MPo
>>8
申し訳ないがトンでも兵器は

12: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:10:43 ID:Q5A
試しに何か興味ある時代や人物を扱ったものを読んでみたら
意外に大丈夫かもよ

14: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:13:23 ID:ry1
>>12
サンクス
これと言って興味ある人物いないんだよなぁ
戦国時代には興味あるけど教科書にプラスアルファした程度の知識しかないし

13: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:11:32 ID:0G0
大河ドラマとかじゃあ見ないタイプ?

14: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:13:23 ID:ry1
>>13
うん
真田丸見ときゃ良かった

15: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:14:50 ID:fkq
歴史小説ってパウルカレルとかの戦記物も含まれるのか?

18: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:16:13 ID:ry1
>>15
わかんね

28: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:20:39 ID:fkq
>>18
負けた側の視点でノルマンディー上陸作戦を描いた「彼らは来た」
勝った側の視点でノルマンディー上陸作戦を描いた「史上最大の作戦」

両方読み比べてみると面白いかもしれない

31: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:22:18 ID:ry1
>>28
サンクス!

35: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:25:33 ID:fkq
>>31
あと純然に戦記物として面白いのは「ヨムキプール戦争全史」だな
第4次中東戦争を取り扱って日本語訳されてる貴重な戦記物の一つ

37: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:26:28 ID:ry1
>>35
ありがとう!

16: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:15:04 ID:rGg
勝ちまくるのが面白いかと言われれば
yesとは言えんな

18: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:16:13 ID:ry1
>>16
挫折とかも良いんだけど、最終的にハッピーエンドが良いのよ

17: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:15:57 ID:Q5A
滅びの美学とか、敗者の格好良さってのもあるよね

19: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:16:42 ID:ry1
>>17
日本人だからか敗者のほうに感情移入するな

20: 【34円】 2016/10/26(水)22:17:31 ID:o5e
自分のよく知らない人物を題材とした小説読めばオチわかんないんじゃない?

22: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:18:08 ID:ry1
>>20
最初にどんな結末だったか語られそうでさ
知らなくても調べりゃわかるし

24: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:19:17 ID:Q5A
伏線はあるだろうし予想が付く場合もあるだろうけど最初っからネタバレは少ないと思う

読んでる間は調べないようにしてw

25: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:19:55 ID:ry1
>>24
じゃあ戦国時代あたりのでおすすめ教えてwww
気が向いたらKindleで買うから

33: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:23:44 ID:Q5A
>>25
戦国時代だと最終的に勝者になるのは徳川方の勢力で
他は多かれ少なかれバッドエンドっぽいな 幕末も似たようなもんだが…


古いけど司馬遼太郎「関ヶ原」は好き
徳川方が悪役で石田三成が主人公

27: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:20:33 ID:0G0
史実通りでもその過程で見解が分かれてるのあるじゃん

源義経ジンギスカン説とかさ

31: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:22:18 ID:ry1
>>27
それはさすがにとんでも過ぎてwww

36: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:25:45 ID:Q5A
戦国時代じゃないけど予測できない展開といえば
浅田次郎の「蒼穹の昴」もいいよ
清王朝滅亡寸前の19世紀中国の話で、近現代史の勉強にもなる

37: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:26:28 ID:ry1
>>36
ほうほう
あんがと

38: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:27:11 ID:ry1
中国のにも興味あるな
史実とは違うのが多いっぽいけど田中芳樹のとか読んでみたい

42: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:30:46 ID:fkq
>>38
日中戦争で中国側の航空戦を扱う「中国的天空」という本があるがこれは面白い
宮崎駿が模型雑誌に一部を漫画化して寄稿してたこともあった

39: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:28:04 ID:Q5A
三国志の小説も色々出てるね

40: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:28:50 ID:WU0
中国物なら宮城谷昌光だな
春秋戦国に強い
他の時代は割りと弱い

41: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:30:16 ID:Q5A
宮城谷昌光の文章は難しくてちょっと苦手だわ

題材は面白いから頑張って読むけど疲れてくる・・・
今まさに「奇貨居くべし」っていうのを読んでるところ

44: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:34:49 ID:WU0
>>41
言葉にこだわりがある人だから
難しい部分もあるかもな

酒見賢一の孔明は楽に読めるし面白いな
墨攻が一番好きかな

43: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:32:00 ID:Q5A
三国志ものだと、酒見賢一の「泣き虫弱虫諸葛孔明」は堅苦しくならずに読めた

48: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:38:55 ID:TU3
過程が面白ければ読める

50: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:39:28 ID:ry1
>>48
そうなんだけど、俺は結果も重視するタイプでね

52: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:42:41 ID:TU3
>>50
結果も分かるけど、なんでそんな結果になったかというところの想定を多くの人は見てるんじゃないかな
ミステリでいえば、動機

例えば、本能寺の変が起こった理由とか

53: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:44:46 ID:ry1
>>52
そうなのか

55: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:47:29 ID:TU3
>>53
ごめん適当にかいた

54: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:45:08 ID:Q5A
>>50
負ける側の人物のファンになると、読む小説読む小説で敗亡してるから悲しくもなるが
その結果に至るまでの奮闘や熱い絆とかが書かれていれば
やっぱりこの人はカッコイイなーって思えるからそこまで落ち込まないよw

57: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:50:48 ID:ry1
>>54
そうなのかwww

58: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:51:08 ID:fkq
勝つにしても負けるには必ず何かしらの問題点がある訳でそれを知る意味で双方の視点を理解しておくのは大事だからな
勝った側はハッピーエンドで終わる訳ではなく勝因の研究にもなるし
そういう意味では敗因研究と勝因研究してる「ルンガ沖の閃光」とかもいい

59: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)22:52:17 ID:ry1
>>58
ふむふむ

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2016年10月27日 09:08 ID:lWkpDgKO0▼このコメントに返信
小説はドキュメントとは違う、脚色しまくりだしな。
2.名無しさん:2016年10月27日 09:19 ID:RQswwOGe0▼このコメントに返信
佐藤大輔だけはやめておけ
征途は奇跡的に完結したけど他は完結する見込みゼロだ
3.名無しさん:2016年10月27日 09:20 ID:BZrq0Gqf0▼このコメントに返信
おいおいwww
じゃあ、沈むって判ってるから「タイタニック」を見ないとか
どうせ人類が勝つからとかいって「ゴジラ」を見ないのか?
4.名無しさん:2016年10月27日 09:20 ID:FoSDRUpc0▼このコメントに返信
負けるにしても、正義として負けるのか、悪として負けるのか、それが作家の腕だと思う
5.名無しさん:2016年10月27日 09:20 ID:jESpSFHwO▼このコメントに返信
別にドキュメントが正しいわけでもない
記録がない部分に推測が混ざってるのが今の歴史で解明されてない部分が多い
歴史は新たな発見と修正されて学校でならってた時代の物とはだいぶ違っている事柄もある
歴史=確定ではなく未だ未解明が多数ある学問なんじゃないか
6.名無しさん:2016年10月27日 09:22 ID:vC4EtB.v0▼このコメントに返信
バットエンド確定は辛いなIFエンド欲しいわ
7.名無しさん:2016年10月27日 09:23 ID:jESpSFHwO▼このコメントに返信
下天は夢かの最後は適当な感じはしたが
いつもの津本陽
8.名無しさん:2016年10月27日 09:26 ID:Z4jymvQl0▼このコメントに返信
今あるほとんどの歴史小説は作者が勝手に考えた架空の物語。結末はすでに出ているがそこまでにたどり着く軌跡を楽しむもの。司馬遼太郎が悪いんだけどね。今ある歴史観はすべてこの人が創ったもの。武蔵がヒーロー?嘘です。卑怯者です。
9.名無しさん:2016年10月27日 09:29 ID:bZuwztCM0▼このコメントに返信
オチとかに史実や伝承のエピソードを上手く取り入れてると、おおっとなるな
10.名無しさん:2016年10月27日 09:30 ID:bZuwztCM0▼このコメントに返信
※8
宮本武蔵は吉川英治だろが
11.名無しさん:2016年10月27日 09:32 ID:KlnxabTL0▼このコメントに返信
歴史小説は北方謙三さんがオススメです。
見てきたの?ってくらい、面白い。
12.名無しさん:2016年10月27日 09:33 ID:tFbTdSyq0▼このコメントに返信
歴史小説はファンタジーやで
13.名無しさん:2016年10月27日 09:34 ID:KzhWjy8N0▼このコメントに返信
田中芳樹はアカンやろ、陳舜臣にあいつは事実に思想的フィクション混ぜすぎるから、歴史小説に向いてないと言われとるし。
14.名無しさん:2016年10月27日 09:34 ID:Y2JrEdV.0▼このコメントに返信
三國志だって項羽と劉邦だってオチはわかってるだろ。だけど面白いだろ。

大河ドラマは当りはずれでかいけど面白いのはある。

過程が楽しめたらいいんだよな
15.名無しさん:2016年10月27日 09:38 ID:u2Ae7T7GO▼このコメントに返信
※3
まさにそういう理由で、タイタニックは観んかったわw
「船が沈むまでの過程を映像と役者で盛ってるだけっしょ?」みたいな。
実際は知らんけどね。
金がかかったドキュメンタリー、なら見たかもしれんが、舳先に立ってるあの広告シーンで萎えた。
16.名無しさん:2016年10月27日 09:40 ID:Sigl1.5L0▼このコメントに返信
※11
北方さんは食べ物の描写が秀逸すぎ。
見てきたかどうかはわからんが、間違いなく食ってきて書いている。
17.名無しさん:2016年10月27日 09:45 ID:Otzbf8j60▼このコメントに返信
異戦国史
18.名無しさん:2016年10月27日 09:49 ID:.nUoIyCF0▼このコメントに返信
仮に負けた側に身を置いても後世生き様が評価されるなら勝ち組とも言えるんじゃないかな
福島正則、脇坂安治、等々絶対大河化はされない
19.名無しさん:2016年10月27日 09:50 ID:SOcQn.o80▼このコメントに返信
司馬の関ヶ原は三成じゃなくて島が主人公だろあれ
20.名無しさん:2016年10月27日 09:50 ID:HjAHt5SB0▼このコメントに返信
トンでも仮想戦記でも読んだら~
21.名無しさん:2016年10月27日 09:55 ID:MuVrTRl.0▼このコメントに返信
架空戦記が許されるなら、北方謙三の水滸伝でもいい?
面白さは保証する
22.名無しさん:2016年10月27日 09:57 ID:OlVOEE5O0▼このコメントに返信
歴史のモブ視点の小説とかだったら何が良い?
例えば家康に仕えてた足軽とか
23.名無しさん:2016年10月27日 10:00 ID:X17HlWR10▼このコメントに返信
こいつは歴史小説を読まない言い訳をぐだぐだしてるだけ
最初から読む気なんてないし調べたりもしない
視野の狭いガキが背伸びしたがってるだけだ
24.名無しさん:2016年10月27日 10:07 ID:kfFq5DVy0▼このコメントに返信
結果が分かってても歴史上の人物を視点違いで書かれた作品見るのは面白い
悪人とされてるのでも人間的魅力に溢れてたり改革目指した結果だったり新しい部分ふれられる
既存作品との違いの意味合い考えたりすると読んだ後も興味は尽きない
25.名無しさん:2016年10月27日 10:07 ID:Ju5xhhvj0▼このコメントに返信
朱元璋の歴史小説よみてーなと思ってたけどすっかり忘れてたわ
あと井上靖の本も読みたい。歴史小説なんて何年も読んでないなあ。
26.名無しさん:2016年10月27日 10:09 ID:QcFZtsYC0▼このコメントに返信
歴史小説もいいけど時代小説もええで
27.名無しさん:2016年10月27日 10:10 ID:qCp1R2A30▼このコメントに返信
陳舜臣氏の「小説十八史略」は面白いと思う
歴史が飛び飛びの十八史略に比べて上手く前後の時代を繋げてる
28.名無しさん:2016年10月27日 10:12 ID:sN8UkCU90▼このコメントに返信
※15
タイタニックを見てそのあとキャメロンのセルフ検証ドキュメント映画見るのオススメ
船の壊れ方とかどこまで史実に忠実に再現出来てたのか、実際に沈没現場でタイタニック調べて検証してる
29.名無しさん:2016年10月27日 10:13 ID:GrKbap0f0▼このコメントに返信
俺も歴史小説はあんまり好きじゃないな
歴史は好きだけどね
結果を知らない中国の歴史小説は何冊か読んだな分厚すぎてわらったけど
30.名無しさん:2016年10月27日 10:14 ID:GrKbap0f0▼このコメントに返信
※27
陳舜臣の本は面白いよな文革で殺されなくてよかった偉人の一人だわ
31.名無しさん:2016年10月27日 10:20 ID:ZIb0wgYd0▼このコメントに返信
にわかで申し訳ないが、壬生義士伝は面白かった
32.名無しさん:2016年10月27日 10:22 ID:K1u9sIZh0▼このコメントに返信
結果を知らない歴史小説を読んでみたら?
日本史は知っていても、中国の歴史はあまり知らないだろう

海音寺 潮五郎 孫子
陳 舜臣 小説十八史略

などからはじめてみるといいと思う 
三国志くらいしか知らない人は「こんなおもしろい歴史があったのか」と驚くはず
33.名無しさん:2016年10月27日 10:23 ID:TP.03S5i0▼このコメントに返信
※28
タイタニックはその辺かなり良く出来てたね。群衆の動きとか結構緻密に作ってあって映画館行った甲斐はあった
なんかデカプリオとケイト・ウィンスレットの役は蛇足だったからこの2人のシーン丸っとカットしてもよかったとは思うけど
34.名無しさん:2016年10月27日 10:24 ID:S48fva0x0▼このコメントに返信
池波正太郎とか読みやすいと思うけど、
特におすすめは剣の天地。
35.名無しさん:2016年10月27日 10:25 ID:eTiQ9Ac70▼このコメントに返信
面白い小説は何回読み返しても面白い。
もちろん結末は知ってて読むわけだけど、それでも面白い。
歴史小説に限らずね。
36.名無しさん:2016年10月27日 10:28 ID:PGfT6Zwb0▼このコメントに返信
たとえば信長がどう描かれるか、それだけで読む動機には十分だろうに。本能寺で死ぬから読まないってのが理解できんわ。
37.名無しさん:2016年10月27日 10:30 ID:lEPd1.QIO▼このコメントに返信
作中の、頑張ってる彼なり彼らに応援したい気持ちを抑えられず、しかし、
「あぁゴメン、上手く行かないって知ってるんだ…知ってるのに何もしてあげられないのが辛い、でも頑張れ、あぁゴメン…」
とモダモダする、のが切ないけど好きだ。
そんな私はMなのか、それともSなのか。

38.名無しさん:2016年10月27日 10:30 ID:aVqdrVbv0▼このコメントに返信
史実要素少なめの日本戦国時代物なら富樫倫太郎や北沢秋なんか読みやすい。
39.名無しさん:2016年10月27日 10:31 ID:e5M2kbky0▼このコメントに返信
それは興味ないって事なんじゃないんですかねぇ
40.名無しさん:2016年10月27日 10:32 ID:BArO0YXV0▼このコメントに返信
逆に史実の言う大きなストーリーが決まってるから群像劇的な話が理解しやすいし面白いと思うわ。
銀河英雄伝説とかまず世界観を理解するのに苦労したしな。
41.名無しさん:2016年10月27日 10:34 ID:MZyVFCxL0▼このコメントに返信
歴史小説で面白いところを探すとしたら登場人物の会話のやりとりかな
実際にそういう会話をしたかは確認できないし多分してないだろうけど
読んでて面白い会話のやりとりが出てきたら許してしまう
42.名無しさん:2016年10月27日 10:35 ID:VKLUyUX00▼このコメントに返信
西洋だったら塩野婆さんのローマ人の物語シリーズお勧めやね
中国だったら三国志演義から入って史記とか正史三国志なんか読むとええんちゃうか
日本の戦国時代なら取り敢えず太閤記とか信長記なんかが読みやすいんじゃね
43.名無しさん:2016年10月27日 10:38 ID:1ffudBuE0▼このコメントに返信
明智光秀はなぜ謀反を起こしたのか?
歴史資料から推測して物語にする。これが歴史小説。ある種のミステリーなんだよね
結果なんて逆にどうでもいいんだよ
ゲームのエンドだけが見たくて再度ストーリ一切無視して突き進んで一番乗りを誇るゲーマーみたいなもの
こういうやつは読書自体も嫌いだろうな
読むということを楽しんでいない
44.名無しさん:2016年10月27日 10:40 ID:vC4EtB.v0▼このコメントに返信
米18

真田信之、真田信尹「俺らもっと優遇されてもいいよな?」
45.名無しさん:2016年10月27日 10:43 ID:qEhHEEyHO▼このコメントに返信
if話で熱くなりすぎてしまいにキレはじめる奴とか迷惑過ぎ
46.名無しさん:2016年10月27日 10:45 ID:inxyT.PC0▼このコメントに返信
武蔵がヒーローか卑怯者かも、見る人によって変わるだろw 別に司馬遼太郎が嘘つきとかじゃなくて
それは本に限らず実際の人物と同じこと
というようなことを楽しむのが歴史小説のひとつの楽しみ方と思う
つまり、偉大といわれてる偉人が実はこうだったかもってゆう
作者の目線が入った人物描写が読んでて面白い
あっちの本じゃヒーローだった西郷隆盛がこっちじゃ小物の卑怯者だなw みたいな
47.名無しさん:2016年10月27日 10:49 ID:cEgpmzG.0▼このコメントに返信
書く人によって性格が全然違ったりするから面白いよ
48.名無しさん:2016年10月27日 10:51 ID:lWkpDgKO0▼このコメントに返信
モデルになった人もいないフィクションならどんな話であれ楽しめるけど、実在にいた人物をモデルにした史実絡めていかにもそれが事実みたいに描かれたフィクションってしらけるんだよね。
どこかの半島人が妄想ホルホルしてるのと変わらない感じでさ。
49.名無しさん:2016年10月27日 10:57 ID:POTmbbym0▼このコメントに返信
野球やサッカーとか試合結果だけ見て満足するタイプは楽しめねぇだろうね
選手や監督、表情やプレーや駆け引きや流れを見て楽しまないと面白い筈がない
50.名無しさん:2016年10月27日 10:57 ID:wtrnThhBO▼このコメントに返信

ネットやってると生きる気がしないのと同じ。
51.名無しさん:2016年10月27日 11:00 ID:u2Ae7T7GO▼このコメントに返信
「歴史」つってんのに「細かいとこは解んねえし、面白くないから盛って当然」とか、いただけない。
そんなら「時代小説」と言って欲しい。
52.名無しさん:2016年10月27日 11:16 ID:KBWOZMPy0▼このコメントに返信
※33
恋愛要素を入れないとF1層が確保できない。史実的にこった上で興行的な要素もちゃんと入れる。
それが娯楽ってもんだよ。
53.名無しさん:2016年10月27日 11:16 ID:XYSw7k860▼このコメントに返信
あたまわるそう
54.名無しさん:2016年10月27日 11:16 ID:.nUoIyCF0▼このコメントに返信
※44
お兄ちゃんは真田太平記とも親父、弟と3人で主役みたいなもんだから十分優遇されてんじゃねえのw?
信尹はちょっと前のノブヤボでもシカトされてた武将なんだからスポットあたって良かったじゃんw
55.名無しさん:2016年10月27日 11:16 ID:KBWOZMPy0▼このコメントに返信
アホなアニオタ「脚色とかいいから史実どおりにやれ!」
56.名無しさん:2016年10月27日 11:20 ID:UDl0RXrn0▼このコメントに返信
※52
来年の大河はそのF1層すり寄りで景気よく爆死しそうなんだよな
57.名無しさん:2016年10月27日 11:21 ID:KBWOZMPy0▼このコメントに返信
※51
豊田有恒の小説でそんなのがあったよ。
タイムマシンが開発されて、当時にタイムスリップして本物を撮影して映画を作るけど
まったく人気が出ない。そこで20世紀の脚本家が結局、脚色して大ヒットするみたいな。
58.※52:2016年10月27日 11:24 ID:KBWOZMPy0▼このコメントに返信
※56
いかんせん、センスが悪い。
もう「織田信奈」をドラマ化したほうが売れるんじゃねーの?
59.名無しさん:2016年10月27日 11:32 ID:EPgnTzsQ0▼このコメントに返信
皆が知るのはあくまでも表面上の歴史であって勝者が敗者をエー加減に改ざんしての歴史 細かく調べたりすると
違いが分かるしもっと調べると全く違うし勝てば官軍負ければ賊軍と言うやり方
真実を知るのは無理だが学校での教科書の歴史はこれから研究が進めば変更され続けるので興味津々
戦国時代もそうだがそれ以前はもの凄くいい加減だよ
60.名無しさん:2016年10月27日 11:35 ID:PdhX1FyK0▼このコメントに返信
※11※16
水滸伝見てると肉系の鍋食いたくなってくるwww
三国志の呂布の最後は何度も読み返したなあ



この人の場合、小説よりも歴史に興味持つ何かを見つけた方が歴史小説に興味持つと思うけどなあ
そういう意味じゃ三国志シリーズの武将個人でプレイできるナンバーや太閤立志伝5をお勧めしたい
いきなりノブヤボや君主プレイするゲームとかだと、本当に誰それ?状態になる可能性あるからちょっとハードル高い気がするし
その後で小説とかに入ればかなり食い込むと思う
三国志興味持ったら、史記とかにも興味持ったりすること多いしね
61.名無しさん:2016年10月27日 11:36 ID:ueBLS1Bq0▼このコメントに返信
それは興味ないんやろ
62.名無しさん:2016年10月27日 11:37 ID:xZQenlGt0▼このコメントに返信
※19
司馬の関が原は家康が送り込んだ間者で三成の愛人になった初芽が主人公だろ
63.名無しさん:2016年10月27日 11:44 ID:BOWgLBDb0▼このコメントに返信
面白いけど、歴史小説はあくまで「フィクション」だということを忘れちゃだめだよね
司馬遼太郎さんの小説は面白いから、つい真実だと思ってしまうけど、あれもあくまで歴史を題材にしたフィクション
64.名無しさん:2016年10月27日 12:25 ID:fAeqCpz80▼このコメントに返信
源平合戦、面白いですよ。
源平討魔伝から入った私が言います。
65.名無しさん:2016年10月27日 12:30 ID:OLBRGiFi0▼このコメントに返信
・・・なぁ、敦煌とか楼蘭とか、井上靖の歴史小説読めば?

たいてい結末が分からないものばかりだよ。
66.名無しさん:2016年10月27日 12:34 ID:7ou4soKc0▼このコメントに返信
>その結果に至るまでにどういう経緯や人の苦悩があったか
>っていう要素を楽しむもんだと思ってる

全ては空想の産物でしか無いんやけどな・・・
登場人物の台詞とか心情なんて作者の創作の産物で、実際その時代の人の精神構造なんて誰にも判らへんのやさかい。
ちゃうか?
67.名無しさん:2016年10月27日 12:36 ID:R0wYHcHu0▼このコメントに返信
止めとき
お前さんのやる気なんぞ世の中で屁ェの役にも立たんのやし
68.名無しさん:2016年10月27日 12:47 ID:PdhX1FyK0▼このコメントに返信
※65
風林火山は読んだなあ
大河になるって聞いた時、原作凄く短いが大丈夫かと思ったもんだが
69.名無しさん:2016年10月27日 12:48 ID:zwMmX4pZ0▼このコメントに返信
結果が解っているから読まないって
ハッピーエンドで終わるハリウッド映画を観ないと言っているようなものだぞ
小説を読まないでマニュアル本だけ読んでおけばよいのではw
70.名無しさん:2016年10月27日 12:50 ID:2xVbQaW80▼このコメントに返信
歴史小説は、歴史に興味があってある程度知ってる人が読んだほうが良いよ
あらすじは知ってるが詳細は知らない、という状況でみるのが良い
作家さんは登場人物の性格は勝手に変えちゃうことも多いけど、ものすごく時代考証的な勉強はすると思うんで、詳細が面白い
71.名無しさん:2016年10月27日 12:56 ID:7ou4soKc0▼このコメントに返信
F1層って、なんなんや?
普通の単語で表現でけへん言葉なんか?
72.名無しさん:2016年10月27日 12:58 ID:7ou4soKc0▼このコメントに返信
※70
NHKの大河ドラマは突っ込みながら見れる素晴らしいドラマやけどなw

73.名無しさん:2016年10月27日 13:06 ID:FUgYXop10▼このコメントに返信
スレ主は変に理屈付けてるだけで単にものぐさなだけだろ。原作読んだら映画もドラマもアニメも見る気がないって言ってるようなもん。典型的な推理小説全般もダメだな。必ず謎が解き明かされて終わる。結果が出てるわけで。
歴史知識全く無しで歴史小説読むのもそれなりにしんどいんだけどな。大きな歴史イベントは読者が知ってること前提で書かれてることが多い。
74.名無しさん:2016年10月27日 13:17 ID:bo3TVYQzO▼このコメントに返信
日本史の教科書に書いてる坂本龍馬暗殺をネタバレとほざいたツイカスま~んがおったな
75.名無しさん:2016年10月27日 13:21 ID:7ou4soKc0▼このコメントに返信
竜馬は日本で最初に株式会社を構想した人で、土佐の脱藩者でした。
最後は京都で暗殺されました。

全てそぎ落としたら、竜馬の一生はこんだけで語れるからな。
船中八策なんて真偽怪しいし。
76.名無しさん:2016年10月27日 14:09 ID:MuVrTRl.0▼このコメントに返信
※75
キングダム「せやな」
77.名無しさん:2016年10月27日 14:26 ID:LUYYQpdVO▼このコメントに返信
いいんやで読まなくても そんだけ
78.名無しさん:2016年10月27日 14:55 ID:71meymvA0▼このコメントに返信
※64
源平討魔伝おもしろいよな。
いまだにサントラ聴いてるわw
79.名無しさん:2016年10月27日 15:03 ID:iofb9Pc.0▼このコメントに返信
本スレ>>結果がもう出てるから読む気しない
人間はみんなタヒぬ、明白な結果がでてるから生きるの止めるのか?
80.名無しさん:2016年10月27日 15:15 ID:jDMvNKLZ0▼このコメントに返信
こいつが歴史小説家よりも歴史に詳しいと思っているのなら、
そういう考え方もギリギリありかもしれないけど、
そもそも歴史小説は結末がどうなったかという事を読むのではなく、
そこに至る過程を知り楽しむものだろ。
81.名無しさん:2016年10月27日 15:57 ID:fNfK9Ix00▼このコメントに返信
「読む気の無い小説に、何の興味があるの?」としか言えない。
82.名無しさん:2016年10月27日 16:36 ID:NzLMKJ7I0▼このコメントに返信
隆慶一郎氏の「影武者徳川家康」
漫画にもなってたけど、原作はボリュームがあってよかった
83.名無しさん:2016年10月27日 16:51 ID:U4saF2vd0▼このコメントに返信
小説より映画とかの方がとっつきやすいだろうけどな
まぁ嘘満載なのは大抵どれもかわらんし
84.名無しさん:2016年10月27日 16:53 ID:tZgij8Lu0▼このコメントに返信
ハッピーエンドがいいならファンタジーでも読めよ
85.名無しさん:2016年10月27日 17:55 ID:jESpSFHwO▼このコメントに返信
遠藤周作なんかも読みやすい
86.名無しさん:2016年10月27日 19:19 ID:s8aDovD00▼このコメントに返信
どんな出来事があったかはすでに分かってる
しかしその背景になる事情・経緯が違うと、その出来事の意味も違ってくる
その「違い」を楽しむのが歴史物のエンターテイメントだと思ってたんだが……
87.名無しさん:2016年10月27日 19:51 ID:zYJcMLEm0▼このコメントに返信
※71
「F1層」とは広告・放送業界のマーケティング用語で20から35歳女性を指す。
要するに若い女性をターゲットにしているという意味。
映画やドラマでなどではこの層の獲得が重要視されることがあり、戦争物を含めた歴史物などでは
敬遠されがちなのでその層に受ける要素をぶっこむ、人気タレントの起用や、恋愛要素がそれに当たる。
アニメなどでも、名作劇場シリーズでトムソーヤが女性に不振だった為、少年主人公は、このあと自粛される。
(トムからセディまでの間、7作が女性主人公は意地から数えて全27作中男性主人公は8作(ピーターパンを主人公と数える)
中にはフローネのように原作に登場しないキャラを主人公にすえたり、ナンやコゼットのように男性主人公から入れ替えたり、
レミのように性転換までさせられたりもしている)
88.名無しさん:2016年10月27日 19:55 ID:zYJcMLEm0▼このコメントに返信
※86
同意、クソなアニオタ原作厨にも「原作どおりやれ」っていうのがよく見かけるけど
どう脚色するかを楽しむのが面白い。
89.名無しさん:2016年10月27日 20:45 ID:rTalwcwX0▼このコメントに返信
大河の真田丸ラストがどうなるかわからないが
実証主義的にも真田信繁が家康を倒すという結果はあり
実際家康が死んでお墓もあるけど死んでないという事になってるのが今の歴史
でも夏の陣で死んだというお墓も伝承もある
だから結果知ってるからといって結果が今知られている歴史と歴史小説が同じかは読まんと分からんよ
90.名無しさん:2016年10月27日 22:37 ID:Fu6oI5100▼このコメントに返信
問題を紐解こう。
 ①歴史小説に興味ある
 ②歴史小説の結果は知っているから読まない
答えはこうだ。
 歴史小説を買いあさる。
これ以外に方法はないと思うんだが。
91.淡水魚:2016年10月27日 23:33 ID:X2QChg15O▼このコメントに返信
三国志好きなら世説新語もおすすめ。世代はちょっと後だが小ネタ山盛りでおもしろい。
あと国語の教科書にも載ってた中島敦は、山月記みたいな志怪・伝奇の他に、司馬遷や蘇武を題材にした短編もある。
92.名無しさん:2016年10月29日 11:02 ID:y8OPlBk30▼このコメントに返信
最近は古文書の解読が盛んになって新説が出たり、従来の説が覆ったりして面白いけどね。
93.名無しさん:2016年10月30日 22:46 ID:rnk.9N480▼このコメントに返信
※66
だから、読み手が共感出来なくても当時の価値観(を想像したもの)で書かれた小説と
共感しやすいよう現代の価値観で書かれた小説と、そのごった煮があってもいいんじゃないですかね
例えば信長の生涯を書くにも同じ切り口の話ばっかじゃ面白くないだろうし
よくある「戦はイヤでございます!」もひとつのアプローチの仕方だろうね。自分は大嫌いだけど

あと田中芳樹はアカンやろ
あいつは真面目に調べもせずスタッフに丸投げやで
94.名無しさん:2016年10月31日 19:54 ID:j86DMPPF0▼このコメントに返信
一回読んだ本や一回観た映画は二度と読んだり観たりしないタイプなのかな?
ラストどころか全て知ってるんだから。

俺は同じ作品でも気にいったら何度も観るので
そういう感覚の人には何を言っても無駄だと思ってる。
95.名無しさん:2016年10月31日 22:37 ID:dMb.8zRt0▼このコメントに返信
結果や設定だけ知って満足する人って最近増えたよね
で、そういうのに限って起承転結で物事を語れず「はい論破」とすぐ極論に走る
何故そうなったか、何故そう考えたか、視点によってどう違うのか
そういった経過を考えるのってコミュニケーションにとって物凄く重要だと思うわ

お名前