スポンサーリンク

2016年10月02日 20:05

太平洋戦争最大の失敗wwwwwwww

太平洋戦争最大の失敗wwwwwwww

03

引用元:太平洋戦争最大の失敗wwwwwwww [無断転載禁止]c2ch.net
http://raptor.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1469820409/

1: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:26:49.61 ID:EuX1diqx0
何?
戦争始めた事以外で頼む

2: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:27:44.30 ID:Q8pQDolo0
真珠湾攻撃

3: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:28:06.27 ID:EuX1diqx0
>>2
作戦自体はまぁまぁ成功したんちゃうんか?

4: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:28:09.93 ID:heaIQ/CG0
アメリカを敵に回した

13: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:30:05.46 ID:9Ur+WCa1p
>>4
それ戦争を始めたこととほぼ同義やん

5: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:28:34.71 ID:giZHjaQH0
補給路の不確保

6: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:28:47.06 ID:MRzh7Iiw0
近衛を首相にした

7: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:28:53.39 ID:1QO8jFuv0
敗戦の演習結果を無視したこと

103: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:41:15.05 ID:AP9oW85hd
>>7
東条「それは君らがそう思っとるだけやでぇ?」

8: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:29:00.33 ID:ypFYA8fE0
いやどこかで勝ってたらとか作戦がうまく行ったらとかそういうレベルじゃないんだから
最大の失敗は戦争したこと以外にないやろ

12: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:29:56.61 ID:EuX1diqx0
>>8
それは前提としてや
挽回できるとかそういうのやなくて
開戦以外でそれ以後何が一番やらかしたのかっていう事が聞きたい

24: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:31:31.01 ID:ypFYA8fE0
>>12
太平洋戦争で起きたことはどれもこれも日本帝国と日本陸海軍の体質とか驕りに起因するわけで
何がやらかしとか言うのはよくわからんしその中で最大のものというのも難しいし
何の意味もないと思うけど

30: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:32:07.38 ID:EuX1diqx0
>>24
例えばよく言われるようなインパール作戦とかさ
そういうのや

58: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:36:02.87 ID:ypFYA8fE0
>>30
ワイが1つ挙げるとしたら山本五十六が取るに足らないようなところで死んだことかな
一撃講話論がなくなって徹底遂行しか選択肢がなくなったのが一番悪いと思う

まあその後の日本の歴史を思えばそれでかまわんのかもしれんが

221: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:59:07.19 ID:9Lst4tx90
>>58
ほーなるほど それはそれでソ連中国との不利なガチ戦になっていきそうやな...国民党とは組めるかな? いや無理やな...最悪日本が米ソの戦場になりそうですわ

9: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:29:08.53 ID:XSHZrEDS0
潜水艦の運用方法

10: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:29:29.51 ID:J3YBApFRa
リットン調査団の寛大な条件にぶちギレた

11: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:29:45.43 ID:Yi1juxRf0
資源ないのに全方位に喧嘩売りまくったから

15: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:30:21.75 ID:JGjH0E5W0
ミッドウェー以外ないやろ
あんなの負ける方がおかしいから

19: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:30:55.10 ID:EuX1diqx0
>>15
それマジ?
もうその頃には負けるべくして負けてたイメージしかないわ

16: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:30:40.29 ID:DcgJR5cy0
アメリカ相手に戦ったこと
対ソ連戦争してればよかったのに

22: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:31:18.37 ID:EuX1diqx0
>>16
もっと無理ゲーやと思うけど

18: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:30:51.17 ID:heaIQ/CG0
悪の枢軸と組んでしもたことやろなあ

28: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:31:49.88 ID:XSHZrEDS0
>>18
???「バスに乗り遅れるな」

20: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:31:12.09 ID:rbLrlACq0
よく知らんけど陸では中国相手にしながら太平洋方面の戦線も広がりすぎたんやないの

23: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:31:23.32 ID:78aIWp7h0
ロシアと手を組まなかったことやろ

36: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:32:35.47 ID:0zgk2Dql0
>>23
ドイツ「おっそうだな」

37: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:32:51.82 ID:jp7Ix9XOK
>>23
中立条約を結んでおいたぞ

26: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:31:38.01 ID:U8jOH1rS0
暗号読まれまくってた

29: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:32:03.20 ID:VKZP+i8l0
システムの老害化
日露戦争からの劣化具合が顕著

31: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:32:08.24 ID:v5h7c2240
アメリカに喧嘩売らないで東南アジアだけ攻めるってことは可能だったん?

75: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:37:55.93 ID:L8sqTlQu0
>>31
チャーチル含む欧州がそれに困ってチャーチルがアメリカに参戦するよう要求してるしそのあとニューヨークタイムズに日本の蛮行から参戦煽るようなコラム載ったりしたしほっといてもいつかはアメリカが行動起こしてる

78: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:38:33.62 ID:n5pw5hU/0
>>31
東南アジア
マレーシアシンガポールビルマ 英
インドネシアブルネイ 蘭
インドシナ 仏

どこ行ってもアメに首突っ込む理由与えるだけ

237: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 05:01:02.99 ID:NDB7qRR8d
>>31
英米可分論というのはとっくに議論されとるんやで
ワイら素人が考え付くことは当時のエリートも当然考えとる
ただ、南方侵攻中にフィリピン強化されたら詰むという理由と
漸減構想の要たるトラック諸島が死ぬという作戦上の都合で
海軍から猛反対が出ておじゃん

というか陸軍は対米開戦あんま乗り気じゃないし
ここらへんの時期の開戦意思形成は海軍が結構ノリノリやから
政治的に難しい

314: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 05:14:01.27 ID:VCV4QVqL0
>>31
そもそも日本が東南アジアに進出するのを恐れて
アメリカが色々ちょっかい出してきたわけやし

35: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:32:29.52 ID:V2pE7zeS0
真珠湾以降ずっと消化試合みたいなもんやもん
消化試合でちょっと3連勝4連勝したって何も意味ないやろ?それと一緒よ

47: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:34:28.18 ID:ltJxMBIop
ひとまず中国からひいて太平洋に専念すべきやったとか

62: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:36:40.32 ID:AP9oW85hd
>>47
中国から引けたら、アメリカとも戦争しないで済んだんですがそれは…

74: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:37:53.58 ID:XSHZrEDS0
>>47
そもそも中国に専念するためにアメリカを叩くって流れなんちゃうん
その中国から撤兵したら本末転倒やない?

53: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:35:02.69 ID:/b9cSqlB0
戦争の始め方が最悪
当時のアメリカ国民は海外のことなんか興味ない
1パーセント以下の教育受けたリベラルたちがナチスやばくねぇ?って言ってただけで他の奴らは関わりたくねぇわって思ってたのに

70: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:37:19.24 ID:1+swS/D80
>>53
てか戦間期のアメリカとナチスドイツってめちゃくちゃ結び付き強かったんだよな アメリカはなぜヒトラーを必要としたのかって本に書いてあったけど

60: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:36:15.59 ID:n5pw5hU/0
中国戦線畳まずに太平洋に喧嘩売ったことやろ
陸海最後まで意地の張り合い

61: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:36:36.80 ID:R/b+DaI1d
学習をしないこと
責任を取らないこと
人事制度
情報軽視

80: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:38:50.99 ID:EuX1diqx0
>>61
平成まで受け継がれる大和魂やぞ

63: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:36:44.23 ID:/r21zN1s0
陸軍海軍の中の悪さ

65: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:36:56.32 ID:xVWW/aAf0
戦術級の話で言うならミッドウェーしかない

68: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:37:06.47 ID:GaoBfW6V0
アメリカ参戦を予想できなかった

71: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:37:32.34 ID:V2pE7zeS0
中国戦線が畳めんかった結果アメリカとも喧嘩になったわけで
逆に言えば中国戦線畳む程度の才覚が大日本帝国にあればアメリカとも喧嘩してないんだよなぁ……

73: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:37:43.11 ID:4hHBGQIM0
てか少ない戦力で広げすぎたよな
信長の野望で短期間で領土拡大したみたいにスカスカなってる

76: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:38:06.53 ID:apybk5i60
勝ち筋ないんやから全部の作戦成功しとっても無理なもんは無理

83: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:39:13.03 ID:AP9oW85hd
中国からはちょっと有利な条約もらってケリでよかったのに

102: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:41:12.51 ID:nWHYdpSTd
韓国仲間にしたこと

107: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:41:40.92 ID:ApAioqel0
国民政府を対手とせず

多分これが最後の最後の超えちゃいけないライン
ここ超えて以降はもう何しても無理

125: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:43:55.08 ID:4hHBGQIM0
>>107
近衛がクソすぎた
東条ばっか責められるけどこいつのせいやろ

115: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:42:34.95 ID:jquUjMfQ0
ミッドウェーやろ
あそこで普通に勝ってたら日本有利な条件での講和まで持ってけたよな?

120: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:43:37.36 ID:n5pw5hU/0
>>115
甲板で爆弾晒すような指揮官やぞ

121: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:43:41.83 ID:AP9oW85hd
>>115
いや~キツイっす

126: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:43:59.26 ID:3b9FsOHda
>>115
対米が長引いたとしてもソ連が突っ込んでくるぞ

130: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:44:55.07 ID:XSHZrEDS0
>>115
絶対に無理や
たとえハワイを占領したとしても無理

133: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:45:10.68 ID:wsPsmj5N0
アメリカ日本を給油なしで往復できる戦闘機開発に力いれるべきだった

137: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:45:44.19 ID:EuX1diqx0
>>133
今もないんですがそれは
大陸間弾道ミサイルってことか

144: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:46:21.80 ID:n5pw5hU/0
>>137
み、民間機ではあったから(震え)

147: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:46:40.05 ID:BhFEIEqT0
>>137
ふがくだっけ

136: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:45:26.33 ID:n5pw5hU/0
普通は開戦と同時に終戦工作始めるもんやで
青写真ボロボロすぎるやろ

138: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:46:02.82 ID:3cgjMQE40
日本「よっしゃ!日独伊三国同盟結んだンゴ」
イタリアが死にました
ドイツが死にました
日本「」

142: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:46:18.84 ID:jdTMv0wv0
太平洋戦争をしたこと

145: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:46:32.38 ID:jdTMv0wv0
>>142
まぁこれだわな

152: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:47:39.18 ID:QTsdA60xp
どう考えても陸軍と海軍の仲の悪さ連携の無さやろ
アメリカも悪かったとか言うけどアメリカみたいにそれでも何とかなるような力が無いんやらか嫌でも何でもやるしか無かったのにやらんのやから

172: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:50:44.75 ID:3cgjMQE40
ドイツもアホだよな
周り敵に回したら包囲されて死ぬの目に見えただろうに

176: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:51:33.30 ID:n5pw5hU/0
>>172
じゃけん2正面に喧嘩売りましょうね~
なおそこそこ上手くいっていた模様

184: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:53:00.86 ID:ApAioqel0
>>172
WWⅠのときから
周りが敵にかこまれてる…せやこっちが速攻かけてケリつければ勝ちや!の精神

180: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:52:27.94 ID:o6hA8BSya
ドイツがもうちょい大人しければアメリカとソビエトがドンパチなってたんかな

187: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:53:30.49 ID:MLFKFbqr0
>>180
ルーズベルトは親露だから存命中はないんちゃうけ

190: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:54:21.06 ID:n5pw5hU/0
インドシナに空き巣で入って南進に欲かいた結果や
連合側の制裁もおびきだすのにエエ味出したお陰で博打に出たんや

201: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:55:45.45 ID:lEnEENhZd
>>190
これよく言うけどアメリカもキレすぎやで
ヴィジー政権が認可したんやからさぁ
少しは多めにみてくれてもね...

212: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:57:56.13 ID:n5pw5hU/0
>>201
ビシーなんて西側から見たら何の正当性もないやん
あとアメは怒ってないで、逆にほくそ笑んでる
あちらさんのシナリオではインドシナにおびきだした後にフィリピンに先制攻撃させることになってた

194: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:54:43.81 ID:o82QNR9T0
真珠湾でメリケンに大義名分与えた時点で終了ってハッキリわかんだね

217: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:58:52.25 ID:MB6GNgiY0
史実にイフを加えるのは難しいぞ
あるとすれば

ミッドウェーで大勝
ガ島で勝利
1942年にインパール作戦実施(この時点では英印軍の体勢が整ってないので万に一つチャンスあり)
ソロモン方面に兵力を展開せず四川方面に兵力を集中

といったあたりか?
運用思想(潜水艦や空母)や補給軽視や情報軽視のツッコミは大概的外れやからここでは置いておく

219: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:59:03.42 ID:n5pw5hU/0
???「ワシは腹を切るべきだろうか…?チラッ」

228: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 04:59:57.15 ID:0TxQC5uXa
ミッドウェーに瑞鶴と隼鷹を連れて行けよ

243: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 05:01:40.07 ID:3cgjMQE40
アメリカ「中国いじめる日本にはもう石油輸出しないンゴ」
この時点で土下座しとけよ

245: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 05:01:50.61 ID:SggbM/8Ed
ミッドウェーは普通にやれば絶対に勝てる戦だったとかいう風潮嫌い
正面で戦ってる戦力見れば五分五分やんけ

374: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 05:32:36.91 ID:7hCF4ypg0
開戦した時点で負けやで
ドイツのちょび髭と組むよりアメちゃんやブリカスと仲良くするべきやったんやな
例え満州を失っても

380: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 05:36:04.58 ID:ZPgvc1gy0
>>374
言うは安いけど実行はできんやで
国民の意志とか関係なしに思い通りに国動かせるゲームやないんやし

401: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 05:42:14.95 ID:7hCF4ypg0
>>380
たし蟹
最善を尽くしても盧溝橋回避ぐらいやろな
それも関東軍どうにかせなあかんし

410: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 05:45:06.37 ID:ta9cZcYr0
戦後に海軍善玉論があそこまで流行した理由って何やろ?
司馬遼太郎に阿川弘之に半藤一利あたりの大衆作家はみんな海軍びいきやし

開戦に至るプロセスで海軍は軍令部も省部もかなり積極的に動いてるので
とても海軍が善玉だったとは思えん
陸軍が皇道派と統制派の派閥争いで人材が枯渇していったのは否定しないけど

417: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 05:46:33.63 ID:A+0q6IpF0
>>410
陸はかなり縮小されたけど
海は依然として多少残されてたからな
権力が海に偏ったからやろ

434: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 05:51:47.79 ID:sDu13gsK0
>>410
陸は徴兵で大量動員されて恨みある国民が多かった

424: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 05:48:31.55 ID:a3JckY5g0
八木宇田アンテナと陽極分割式マグネトロンを秘匿しなかったこと

426: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 05:49:23.78 ID:9EKj91Yl0
東北とか日本の地方の開発見捨てて満州の開発に熱心やったんやろ?
それを手放せと言われても無理やな

447: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 05:56:25.09 ID:HLPqtVdA0
暗号が筒抜けだったこと

451: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 05:57:16.00 ID:ta9cZcYr0
瀬島龍三とか典型だけど陸幼→陸士→陸大っていうエリートコース歩むと
そのまま30代くらいで参謀本部の作戦課に入って国家の大局を動かせてたってのがすごい話やな
30~40代の若手参謀がわずか数名であの戦争を動かしてたんやから

457: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 06:00:21.77 ID:1dydeDKk0
東アジアが独立するきっかけになる戦争やった
たくさんの命の代償にこれを得たんや

458: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 06:00:31.69 ID:U+hs9xeS0
始めたこと以外だとあとは終戦を遅らせてしまったこと以外にない
一撃講和論に拘ったことかな
戦術的な失敗は最早どうでも良い

466: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 06:02:59.54 ID:1dydeDKk0
>>458
ミッドウェーで多くの海域の制海権を失った頃に降伏的講和でも実現できてりゃ領土かなり残ってたやろうな
身内が許さなかったやろうし無理やけど

464: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 06:01:55.41 ID:7XqkjATj0
関東軍が暴走した時点で切り離して土下座
対ソを名目にアメリカ軍の駐屯基地を建設
これでクーデターも鎮圧できる

475: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 06:06:00.54 ID:Mw5JSWgG0
満州をアメリカと一緒に開発してりゃ
大慶油田もアメリカの技術つかって掘れてたやろ。

476: 風吹けば名無し@無断転載禁止 2016/07/30(土) 06:06:13.51 ID:E6VIm06hp
言い出せない空気とかいう最大の戦犯

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2016年10月02日 20:09 ID:FUVrI9tdO▼このコメントに返信
無責任体質を改善する気配すらなかった事だろ(´・ω・`)
2.名無しさん:2016年10月02日 20:10 ID:k0gdHfqQ0▼このコメントに返信
三国同盟かなぁ。
ドイツと組むのは悪手だろ。まぁ結果出た後だから判るんだけどなw
3.名無しさん:2016年10月02日 20:15 ID:3nIH6AG80▼このコメントに返信
大東亜戦争と言えボケ
4.名無しさん:2016年10月02日 20:15 ID:U5QDPB100▼このコメントに返信
満州にアメを引き込まなった事!
満州にアメを置いておけばシナやロシアと戦ったのはアメ!
満州でアメがシナやロシアと向き合えば、日本は後方で物資供給でメシウマ状態だったのに!
5.名無しさん:2016年10月02日 20:18 ID:U5QDPB100▼このコメントに返信
満鉄はハリマンに売るべきであった!
そうすればアメはシナやロシアと戦わざるを得なかった!
残念無念!
6.名無しさん:2016年10月02日 20:19 ID:QsRtsYcL0▼このコメントに返信
※4
それさせたら満洲はアメリカの植民地になって、日本が掲げてた"白人による植民地支配からの脱却"が嘘になっちゃうじゃん。
当時の日本にその選択はできないよ。
7.名無しさん:2016年10月02日 20:21 ID:EawzShod0▼このコメントに返信
まーた日本叩きスレかよ
多すぎて悲しくなるわ
8.名無しさん:2016年10月02日 20:22 ID:9vfF39jX0▼このコメントに返信
①戦術至高主義で、持久戦略が欠如していたこと
②国際外交戦術の軽視
③国内世論コントロールの失敗
9.名無しさん:2016年10月02日 20:23 ID:7kDqQKOS0▼このコメントに返信
ノモノハンは航空隊がいたから勝てたようなものなのに空戦力を軽視した事が一番の敗因やろ
2年あれば戦力揃える事だってできたんや
10.名無しさん:2016年10月02日 20:23 ID:5B5QhiHo0▼このコメントに返信
あの戦争全体の事は大東亜戦争と呼ぶのが正しいが日米戦の事は太平洋戦争って呼んでいいだろ。
11.名無しさん:2016年10月02日 20:24 ID:KD1Km2r70▼このコメントに返信
アメは大統領と議会の下で陸軍と海軍がある程度まとまっていたが
日本は天ちゃんの下で陸軍と海軍が派閥争いしていたのが敗因
12.古古米:2016年10月02日 20:25 ID:J88hxENU0▼このコメントに返信
日清戦争で日本国民が「戦争は金になる」と思い込んでしまったのが遠因。
日露戦争では賠償金が取れずに日比谷暴動まで起こっている。
だから大東亜戦争も「こちら理がある」と思い込んで暴発した。
大東亜戦争で負けて「戦争は被害しか生まない」になって現在に至る。
そのお陰で国内に脳内お花畑が蔓延る事になった。
13.名無しさん:2016年10月02日 20:25 ID:QpH0cOHV0▼このコメントに返信
真珠湾だろうなあ
陰謀論も込みでアメリカ巻き込んだ時点で敗北確定
逆に太平洋戦争中の成功を探すほうが難しいだろ
戦後アジアの独立云々の話は結果論であって成功には入れないからな
14.名無しさん:2016年10月02日 20:26 ID:.WYM3IPD0▼このコメントに返信
真珠湾攻撃時に何故か空母が全て消えていたこと。戦艦を何隻か沈めたが戦艦の出番までにすべて修復されていた。つまり真珠湾攻撃は無意味だった。
15.名無しさん:2016年10月02日 20:26 ID:Sg.kfJQ00▼このコメントに返信
終結宣言を書いているマッカーの部屋に、どや入り。
16.名無しさん:2016年10月02日 20:26 ID:GgIYCzCo0▼このコメントに返信
少なくとも1927年の南京事件で英米と一緒に中国に懲罰戦争を仕掛けていれば
起こってない戦争だ。

17.名無しさん:2016年10月02日 20:27 ID:uzWen33rO▼このコメントに返信
無能者の裕仁が天皇だったのが痛恨事!
18.名無しさん:2016年10月02日 20:27 ID:GgIYCzCo0▼このコメントに返信
あと、未だに石原莞爾の妄想、ホラ話を真に受けてるのが多すぎ。
19.名無しさん:2016年10月02日 20:29 ID:tsMxISN50▼このコメントに返信
ヘタレ外交とマスコミの世論誘導
20.名無しさん:2016年10月02日 20:29 ID:oMHqSXtS0▼このコメントに返信
兵棋演習をミッドウェーの時に大敗とでたのに自軍に有利な形で演習をしたりと
シミュレーションの重要性を理解していなかったことと
インド洋での通商破壊作戦の重要性を理解してなかったことかな
自分たちはもうすでに英軍は無力化したも同然と思っていたっぽいけど
ドイツにとっては物資を大量に供給している拠点だから攻略まではいかなくても
船舶は攻撃してほしかったのに日本は艦隊決戦を重要視しすぎて
それを無視したのもあるし日独伊の意思相通が独伊ぐらいしかまともに
出来なかったことも一因(というか確かにはみ出し者の三人で組むのは分かるが
戦争になったら同盟の意味をなくすことを理解できなかったのだろうか?)
21.名無しさん:2016年10月02日 20:33 ID:9vfF39jX0▼このコメントに返信
真珠湾攻撃は戦術としても戦略としても三流。
布告宣言だすの遅れたし、空母落とせてないし、帰り際にミッドウェー島空襲(するように命令はでてた)もしなかったし。
22.名無しさん:2016年10月02日 20:33 ID:G.WWxRvn0▼このコメントに返信
※13
南方作戦や真珠湾攻撃は成功だろ
政治的に行為自体は失敗だが軍事的に作戦自体は成功

あと平和や協調を語った日和見に見える行為は自殺行為だという事を幣原外交から読み取るべき
平和・協調・対話・譲歩という耳障りだけはいいこれらの政策は今でも似たようなミスをポンポンしている
23.名無しさん:2016年10月02日 20:33 ID:fDzW8N4Y0▼このコメントに返信
戦争の終わらせ方を考えないでイケイケドンドンで攻勢限界を超えたことかな。
陸海の張り合いで連携も取れてなくて、どこでやめるかを考えられなかった。
24.名無しさん:2016年10月02日 20:34 ID:GgIYCzCo0▼このコメントに返信
※19
国際協調を謳った幣原外交がその典型やね
結果は、中国に嘗められ、英米との関係は悪化
国内も軍の政府への不信が高まり軍暴走の一因になった。
25.名無しさん:2016年10月02日 20:35 ID:qkKRyQkK0▼このコメントに返信
南雲が機動部隊を率いたこと
山本みずから現場に行けばね・・・
26.名無しさん:2016年10月02日 20:35 ID:ZuGHxoib0▼このコメントに返信
日清戦争以降、戦争に一度も負けてなかったこと
第1次世界大戦後の対中国政策の失敗でアメリカを敵に回したこと
第1次世界大戦に参加しなかったことで、
戦争が大きく変わったこと(航空機の優位性)に気づけなかったこと
27.名無しさん:2016年10月02日 20:35 ID:uPfINYJ.0▼このコメントに返信
俺なんかは、あまり深い知識がないからさ
結局はミッドウェイじゃないの?って思うんだけど違うん?
あの失敗で機動部隊全滅、エースパイロット全滅なんてことになったから
一気に太平洋の戦線押し上げられたんだよね
物量はともかく、質を加味して考えれば
海軍戦力の40%を失ったと見ることも出来るらしいし

あとは真珠湾占領しておけばよかったんじゃねーの?
って思ったりもするかな
28.名無しさん:2016年10月02日 20:36 ID:hr7hDA3m0▼このコメントに返信
戦術単体で見たら栗田反転
戦局でみたら三国同盟
29.名無しさん:2016年10月02日 20:38 ID:IjGLQzcZ0▼このコメントに返信
徴兵制度なんだよなあ
あんなん誰がやっても補給できるわけないやろ
30.名無しさん:2016年10月02日 20:39 ID:.g37RnJl0▼このコメントに返信
※27
空母は沈んだけど搭乗員は落とされなかったために
かなり生き残ってる
むしろソロモン・南太平洋の消耗戦でいなくなった
31.名無しさん:2016年10月02日 20:39 ID:fgkdoL3p0▼このコメントに返信
漸減作戦の要として、潜水艦を重視していた末次大将は艦隊派だったので、対立派閥の岡田米内によって海軍を追われた
結果として帝国海軍には潜水艦を重視する首脳がいなくなった

帝国海軍は最終的に駆逐艦が潜水艦に返り討ちされるまでに零落れた
WWⅡ欧州戦線の常識では、潜水艦と水上艦がタイマンした場合、水上艦が負けることはあり得ないという

32.名無しさん:2016年10月02日 20:40 ID:DhAc2soZ0▼このコメントに返信
2。26事件が起こったこと、防げなかったこと
33.名無しさん:2016年10月02日 20:41 ID:HbjyIQU6O▼このコメントに返信
満州での利権をよこせとはアメリカも言ってないんよね
満鉄の利用と港の使用に満州から軍の撤退しか求めてない
治安維持や国連としての駐留まで否定してなかった
国連脱退と利権固執がいかんかった
34.名無しさん:2016年10月02日 20:42 ID:6lqCjdM30▼このコメントに返信
海軍がとにかく無能
ニューギニア、ソロモンなんか無視してインド洋と北太平洋の海上交通路を徹底的につぶせば
ドイツが北アフリカ、中東を制圧した可能性は高い
援蒋ルートも潰せた
35.名無しさん:2016年10月02日 20:42 ID:cty1ruYs0▼このコメントに返信
※6
そんなもん誰も本気で思ってねーんだから嘘も何もないだろ
36.名無しさん:2016年10月02日 20:43 ID:mp4M6kjGO▼このコメントに返信
負けたこと
結果でなければ中学の利権を米とゴニョゴニョすれば良かった
37.名無しさん:2016年10月02日 20:44 ID:ZVaqYgW20▼このコメントに返信
国民が新聞様の書くことうのみにしてイケイケモードにのっかったこと、やろ
38.名無しさん:2016年10月02日 20:44 ID:9vIVPAQM0▼このコメントに返信
中国国民党と戦ったこと。中国がアメリカに支援求めたからな。
統治までしたがる日本帝国があほだった。
権益だけ抑えて、間接統治を目指せばいいのに、実質直轄だからな大日本帝国。
39.名無しさん:2016年10月02日 20:44 ID:oIa0Nt2A0▼このコメントに返信
人事の失敗(そらもういろいろと)
真珠湾で石油タンクを壊さなかった
米潜の潜望鏡を発見できる程度の水上レーダーの開発失敗
満州で軍需工場を作らなかったand輸送路を確立しなかった
ナチス降伏後にソ連に助けを求めた(もう馬鹿かとアボガド)
40.名無しさん:2016年10月02日 20:47 ID:ZH4fCPbR0▼このコメントに返信
どうにかこうにかアメリカと仲良くしとくしかないんだろうけど
そうすると、もっとアメリカの犬になってそうだし
犠牲は有るけど負けて勝ったんじゃん
41.名無しさん:2016年10月02日 20:49 ID:YHlb1TmA0▼このコメントに返信
八木無線、レーダー等軽視し、開発費を抑制したから??
42.名無しさん:2016年10月02日 20:49 ID:0pXXfqry0▼このコメントに返信
天皇の統帥権を輔弼する参謀総長と軍令部総長が、空気で裁可してたのが、大きな失敗。
今の東京都庁と同じだよ。
空気で具体的な設計図を決めていたんだよ。
43.名無しさん:2016年10月02日 20:50 ID:7A.yLNVdO▼このコメントに返信
牟田口、南雲、栗田を将軍にした事。
指揮官が無能。

宮澤や橋本や羽田、村山、小泉、鳩山、菅を総理にしたくらい最悪の行為。
44.名無しさん:2016年10月02日 20:50 ID:Ur9le8tr0▼このコメントに返信
ミッドウェイ、インパール作戦、ガ島、ニューギニア戦線、戦艦大和謎の反転。
45.名無しさん:2016年10月02日 20:51 ID:s8nxtdkj0▼このコメントに返信
※9
緒戦の南方作戦見てみ。ちゃんと飛行場を確保しながら、航空隊の支援を受けながら進撃しとる。海軍航空隊に至ってはマル四計画での航空隊の増勢を先だおしで達成しとる。制空権の重要さは認識しとったが、数で押されて制空権取れんかったと見るほうが正確。

個人的にはミッドウェイの航空母艦の喪失もだけどガ島戦での航空隊と熟練パイロット、高速輸送船の大量消耗が致命傷だと思う。
46.名無しさん:2016年10月02日 20:52 ID:C4u4PgGT0▼このコメントに返信
※28
栗田より南雲源田の失敗がターニングポイントだろ
いまさら言うことじゃないけど
栗田の時はたとえ突撃しても終戦が遅れただけ
47.名無しさん:2016年10月02日 20:52 ID:inb40WjJ0▼このコメントに返信
これはミッドウェー
何がダメかって元々やる必要性の無い作戦だったこと
守るようでは負けるの方針で戦略立ててるんだから戦略爆撃なんか無視してよかったし
米国に迫るためにハワイ占領しちゃえばどうせ干上がるわけだし
48.名無しさん:2016年10月02日 20:54 ID:honyUnw40▼このコメントに返信
経済政策がアカンかった

欧米なんか無視して、さっさと金本位制抜けて、先に国内を救うべきだった
49.名無しさん:2016年10月02日 20:55 ID:9V2wKzeZ0▼このコメントに返信
どの段階で戦争止めるか、その設定が無かったことが失敗だったな。
50.名無しさん:2016年10月02日 20:56 ID:jQp84lHc0▼このコメントに返信
序盤の適当なとこで講和で停戦したらよかったのに山本五十六の発言無視して長期戦やったこと
51.名無しさん:2016年10月02日 20:56 ID:NjbD81Cy0▼このコメントに返信
満州をアメにゆずるのは難しいが、ユダヤだったらどうだろう?

米国は日本と戦争したがっていちゃもんつけてきてたからな。
米国は今も昔も、どこかから戦争のための金が入り、それで景気がよくなり大統領の支持率も上がる。
太平洋戦争の時の金の出所はユダヤだ。つまりユダヤが日本との戦争に金を出さないって状況にするだけで、
米国が日本と戦争しようとする意図の根底を崩すことができる。

なら、日本として一番てっとり早い手はユダヤを日本の味方につける事。
ちょうど、ドイツから逃げてきたユダヤ人がいるのだから、国を失った彼らを満州に受け入れて、ユダヤの国にしてしまえば
米国もユダヤを敵にまわして満州よこせや、日本と戦争するといった事が出来なくなる。
そして石油も、立ち上げたばかりの満州国で使われる石油は日本が面倒みると。
日本に石油よこさなかったら、ユダヤの同胞が困ることになるぞと脅してやれば禁輸もとけたんじゃないか?

そして、あの位置にユダヤの国ができれば、ソ連、中国の暴挙から守る名目で、何かあればユダヤ勢力の強い米国も出て
こないといけない状況に巻き込める。
日本の実入りは少なくなっても、負担も減って支出も少なくなる。
イスラエルみてれば予想はつくが、後に周辺国ともめだすだろうが、日本列島とは直接面していない立地条件もすばらしいw
52.名無しさん:2016年10月02日 20:56 ID:vixrolOw0▼このコメントに返信
ルーズベルトが、欧州戦に参戦するために、宣戦布告のハルノートを日本に突き付けて、希望通りに真珠湾攻撃してくれた。
(日本の奇襲など知り尽くした、ルーズベルトが極秘に空母を避難させていた。)
これによって、米国は、戦争モードになって、ドイツをたたき、ついでに目障りになっていた日本もたたいた。米国は、ソ連もドイツたたきに利用したが、ソ連も米国を利用した。
欧米の植民地主義とソ連の共産主義に挟まれて、謀略で国民党と戦わされて、中国共産党を救い、ソ連のために米国と戦わされた間抜けな日本であった。
アジアの植民地から、欧米を追い出し、独立軍を組織、育成して、敗戦後、欧米の植民地が独立していった。
53.名無しさん:2016年10月02日 20:57 ID:peCnXkUt0▼このコメントに返信
日本軍が戦争の負け方を知らなかったこと。
そのっ結果が、情報収集能力の弱さ、国際法無視、関東軍の無様な敗退等を引き起こした。
54.名無しさん:2016年10月02日 20:58 ID:s8nxtdkj0▼このコメントに返信
※41
 八木アンテナ云々はネットの都市伝説。日本軍も八木アンテナは使ってる。
真空管の耐衝撃性や配線の絶縁技術の差からくるノイズの混入、開発スタート時のセンチ波かメートル波かというレーダーの波長選択のミスといった複合的な要因で通信機や電探の性能が一歩遅れで、性能も安定しなかった状態だったというだけの話。それも調子のいい二二号電探は米軍のSG水上捜索レーダーと同等の性能を発揮したし、レイテ湾では試験的に電探射撃を行って命中弾を出している。
55.名無しさん:2016年10月02日 20:59 ID:xyg1pXuB0▼このコメントに返信
絶対国防圏を破られても終戦へ動かなかったこと。
サイパン陥落の時点で持久戦の目もなくなった。
これ以降の戦いは全くの無駄
56.名無しさん:2016年10月02日 21:00 ID:JqJiSqnL0▼このコメントに返信
アメリカに入り込んでるソ連のスパイの策略にものの見事に引っ掛かってアメリカとの戦争に向かった事
いつの時代も工作員に情報操作されんよう気を付けんとな
57.名無しさん:2016年10月02日 21:01 ID:MP2Apvnf0▼このコメントに返信
アメリカ国内の工作に失敗したこと。
日系人の強制収容はアメリカの勝因のひとつだと思う。
58.名無しさん:2016年10月02日 21:01 ID:xehIBe2U0▼このコメントに返信
開戦した時点で詰んでたけど、未来人庶民が一人あの時代にいっても当時の情勢は変えられないだろうな
59.名無しさん:2016年10月02日 21:02 ID:Uc8.mtAq0▼このコメントに返信
真珠湾攻撃だろう
あれで、航空機が戦艦に打ち勝つことが証明されて、大和型戦艦を建造した意味が失われてしまった
大和の完成を待って、艦隊決戦でも仕掛けてれば、戦艦を活躍させられただろう
まあ、どっちにしても対米開戦した時点で、日本の敗北は必至だっただろうけど、大和型が悲劇の戦艦になるのは避けられたと思う
60.名無しさん:2016年10月02日 21:04 ID:L.ChBo6B0▼このコメントに返信
戦争の終わらせ方を考えていなかった
上手な負け戦ができなかった
61.名無しさん:2016年10月02日 21:05 ID:kIGADSbH0▼このコメントに返信
鳩ぽっぽの爺さんにあたる鳩山一郎が「統帥権干犯」という言葉を作ったこと。
以後、軍部が暴走。
このジジイあって、この孫あり。
本当にろくでもない家系だ。
62.名無しさん:2016年10月02日 21:06 ID:xgcTjQza0▼このコメントに返信



国の致命傷となる大敗をこうむっても我が身可愛さで皆が責任逃れしようとする隠蔽体質

現代まで続くこの悪癖。最近なら豊洲のうやむや。少し昔なら福島メルトダウン

赤字垂れ流しの箱物年金運用etc...




63.名無しさん:2016年10月02日 21:08 ID:NjbD81Cy0▼このコメントに返信
一石博士を米国ではなく日本に亡命させれてたら、最後はかわってたろうな。
64.名無しさん:2016年10月02日 21:08 ID:lcJNC5bu0▼このコメントに返信
石原莞爾激おこのフライング開戦
65.名無しさん:2016年10月02日 21:10 ID:nhHietk00▼このコメントに返信
英米可分論不可分論の話はもっと色々聞いてみたい
インドの方まで行ってイギリス経由でアメリカとも和平なんて話書いてる人の見たことある
アメリカと戦ったら必敗なのだから
それならばアメリカが参戦したら負けのようなチキンレースのようなことを
したほうがまだ可能性があった気が…
66.名無しさん:2016年10月02日 21:11 ID:jhj0.6ZX0▼このコメントに返信
※47
帝国海軍はあの時点で当初想定してた戦争目的を既に達したと判断してたんだろう
今後は外交努力の範囲だが守りに回っては気が緩みかねんから
とりあえず敵空母を叩く作戦を実行しようって感じだな

まあ現代から見ればハワイも落とさず講和なんてあるわけないと思うが
それはいろんな資料を見られる現代なればこそだし
67.名無しさん:2016年10月02日 21:13 ID:G.WWxRvn0▼このコメントに返信
※61
軍部が圧倒的悪者にされてるけど軍部にすり寄ったのは政党政治家なんだよなぁ…

正直どこで終戦してればいいかは解りかねる
ペリリュー・硫黄島・沖縄戦の犠牲が無ければ完全な無条件降伏だったろうし日本がどうなってたか想像がつかん
大して変わらないかもしれないし初期構想通り日本は完全解体されて軽工業国家にさせられてたかも知れない
大陸は蒋介石のザマを見てるとどっちにしろ共産党が勝ってた可能性の方が高いし
アメリカは日本を軍政下に置かないといけない以上国民党への支援は限られる
68.名無しさん:2016年10月02日 21:13 ID:..mpRl2g0▼このコメントに返信
ニューギニア海戦→有力な陸攻隊と戦闘機隊がいたにも関わらず、魚雷と増槽が配備されていなかったせいでレキシントンを取り逃がし、裸で出した陸攻隊が壊滅。
セイロン空襲の不徹底→事前に潜水艦での偵察を行うも失敗、イギリスは暗号解読で日本軍来襲を察知→極東艦隊にアッズ岩礁へ逃げられる
ドーリットル空襲時の索敵→監視艇で米軍を早期発見するも取り逃がす。米軍側の証言によれば近距離まで接近してきた索敵機があったとのこと(一式かな?)
珊瑚海海戦→何で空母二隻を経験値稼ぎ感覚で送るの?普通に空母五隻送れよ...。
ミッドウェー→王莽
第一次ソロモン開戦→輸送船見逃すな

まぁ勝ってた42年の段階でこれだから後はどうなるかわかる
69.名無しさん:2016年10月02日 21:22 ID:okm4nQML0▼このコメントに返信
一番トチ狂って暴走してたのは外務省。
軍部なんてその後始末してただけみたいなモンだよ
70.名無しさん:2016年10月02日 21:23 ID:XLWLc7as0▼このコメントに返信
技術がほぼ同じで大陸対島じゃ勝負にならない
71.名無しさん:2016年10月02日 21:28 ID:66bRIMvx0▼このコメントに返信
MO作戦で、戦略目標のポートモレスビーを占領できず、機動部隊は珊瑚海海戦で
ヨークタウンを取り逃がしたこと
これで、戦いの潮目が一気に変わった
72.名無しさん:2016年10月02日 21:28 ID:E3ipHdkr0▼このコメントに返信
対アメリカ戦争は規定路線。回避は不可能。
73.名無しさん:2016年10月02日 21:28 ID:4vrIlX0u0▼このコメントに返信
開戦したことが駄目ってんなら、政治と陸軍と海軍が仲悪すぎたのが、最大のやらかし
全体を統一するコンセンサス取れないと方針もバラバラなるに決まってるわ
74.名無しさん:2016年10月02日 21:30 ID:swW2Pf.f0▼このコメントに返信
日露戦争の戦費はユダヤ人からの融資だったんじゃ?
当時ロシアで弾圧されてたユダヤ人を何とかしてくれみたいな
大して助けてないような…
満州にユダヤ人も大勢いたような?
 
真珠湾攻撃は艦の整備施設と燃料タンクを破壊しとけば
アメリカ海軍の行動はかなり制限出来たはず
真珠湾で艦の大半は修理出来て燃料補給からの作戦行動だし
日本海軍の真珠湾攻撃はばれてたと思う
アメリカの世論を参戦に誘導するには
かなりのインパクトだし
実際そうなったし…残念

日本海軍のアメリカ海軍太平洋艦隊攻撃で
フィリピンのマッカーサーは日本軍にビビって逃げたし(笑)
75.名無しさん:2016年10月02日 21:30 ID:hcQQwIBJ0▼このコメントに返信
国際法を守ったこと。
民間人を標的にしなかったこと。

76.名無しさん:2016年10月02日 21:35 ID:swW2Pf.f0▼このコメントに返信
※75
そうそう戦は武人と武人がやるもの
日本軍は白人みたいに民間人襲ったりしない
アメリカ軍なんて世界中から嫌われてるし
77.名無しさん:2016年10月02日 21:38 ID:yXihKy690▼このコメントに返信
真珠湾を爆撃してアメリカの民衆を敵に回した。民主主義国家に対して一番やっちゃいけないこと
78.名無しさん:2016年10月02日 21:38 ID:nijzL4uz0▼このコメントに返信
失敗も何も、日本絶対殺すマンが大統領になった時点で終わりだ。
ルーズベルトが亡くなってくださったおかげで日本は「敗戦国の普通の運命」=「男は皆殺し、女子供は奴隷」にされずに済んだ、それだけだな。
79.名無しさん:2016年10月02日 21:40 ID:hr7hDA3m0▼このコメントに返信
※46
戦略的に見たらミッドウェーの失態の方が大きいと思います
ただひとつの作戦としての見方で見てみました
ハルゼー機動部隊の吊り上げに成功したことにより主目標である上陸船団攻撃の好機をえたこと
太平洋戦争で唯一と思ってもいいぐらい米軍が日本の意図に沿った動きをしたんじゃないかなと
思っています

個人的には海上特攻の意味合いが強かったと思ってるのもあります
仮に船団に大ダメージを与えたとしても栗田艦隊は壊滅したと思います
しかし作戦としては成功と言えるのではないかと考えました

あの反転は謎のままですが結果的に見れば好機を放棄したことと同じになってしまったことが一番の失敗に
選んだ理由です
80.名無しさん:2016年10月02日 21:43 ID:YQyo3LbQ0▼このコメントに返信
単なる戦いの結果として考えるなら失敗は>>43の意見に賛成!
いわゆるエリートなのかも知れないが戦じゃ無能。
アメリカのアイラ・エーカーも同様。
81.名無しさん:2016年10月02日 21:43 ID:DW3rPxqc0▼このコメントに返信
陸海共に高級幹部の教育が駄目駄目だったこと
82.名無しさん:2016年10月02日 21:44 ID:acXIi3owO▼このコメントに返信
東南アジアの確保を達成したあとの作戦計画がなかったこと。
だから目的達成後どうすべきかの適切な方針が立てられなかった。
83.名無しさん:2016年10月02日 21:51 ID:.H2TJz5O0▼このコメントに返信
明治憲法の欠陥に気づかなかったこと。これが政府の弱体化と、陸軍が天皇を利用し政治を蹂躙するきっかけとなった。
自分は日本国憲法は改正すべきだと考えてるが、だからといって明治憲法に戻せと言う発言にも賛成できないのはこれがあるから。
どっちの憲法も解釈次第で、どうとでも受け取れるという部分があるのが極めて不味い。
日本人らしい曖昧さへの寛容ではあるが、これが戦争や国難という具体的な対案を求められる時になると、途端にグダグダになる。
また米軍との開戦以前から、日本の改善すべき特徴として、官僚があまりに事務的で平和ボケ過ぎるというのがあると思う。
江戸幕府にしたって、時代の変化を読めなかったから黒船一発であのザマ。真珠湾攻撃にしても官僚の平和ボケのせいであのザマ。
84.名無しさん:2016年10月02日 21:55 ID:02KrVuWs0▼このコメントに返信
兵站軽視かな。
いやいや、兵站重視してましたよ。って主張あるかもしれないが、
本来は兵站維持が困難な時点で撤退すべきなのに、
未練がましく戦線維持・なんとか兵站を確保しようとするから。
結局、兵站を主軸に考えずに、兵站を維持するではなく、
兵站は維持されないといけないって考えるから。
85.名無しさん:2016年10月02日 21:55 ID:DhqSW9N50▼このコメントに返信
現実的に十分可能でもっとマシな未来ができたのってどの辺なんやろか?
原爆投下と沖縄戦回避、北方四島領有、樺太は手放さずに済むくらいの。
例えば「栗田ターンしない」という選択肢は1人の人間の判断だから十分可能だったと思うけど
まあ歴史の大局に与える影響は少ないと思う。
かといってそもそも「対米開戦しない」という選択肢はまず無理や。
86.名無しさん:2016年10月02日 21:56 ID:3Wj5gyx.0▼このコメントに返信
海軍の戦果の査定で輸送船の撃破査定が極端に低かったことかな。(戦艦・空母のが50点で、大型輸送艦が5点)
よく、輸送船の撃破に努めるべきだったといわれるけど、この査定では誰も積極的に狙いませんわ。
87.名無しさん:2016年10月02日 22:00 ID:U5QDPB100▼このコメントに返信
※6
白人支配からの脱却を唱えたのは戦争開始目的ではないよ!
継続するためのスローガン!
むしろ石油を始めとする資源をABCD包囲網で止められたのが本当の理由!
石油が買えたら戦争を始めてない!
当時の日本が置かれた苦境を理解してない!
88.名無しさん:2016年10月02日 22:02 ID:6cMuxpjy0▼このコメントに返信
※76
重慶爆撃した日本を養護とか何ほざいてんだ
89.名無しさん:2016年10月02日 22:04 ID:6txeAAQr0▼このコメントに返信
※75
当時、日本はジュネーヴ条約を結んでないぞ。
90.名無しさん:2016年10月02日 22:05 ID:U5QDPB100▼このコメントに返信
※51
当時の状況としては難しいかもね?
だってユダヤ人がアメで主導権を確保できたのって、二次大戦でヨーロッパからアメリカ大陸に大量に避難して以降だったと思うけど?
二次大戦後じゃなかったかな?
91.名無しさん:2016年10月02日 22:06 ID:tsMxISN50▼このコメントに返信
シーレーンを破壊されたこと
第一次世界大戦でドイツのUボードの通商破壊作戦でシーレーンの重要性を認識したアメリカは輸送船を護衛する駆逐艦まで開発してシーレーンを確保したのにたいして
92.名無しさん:2016年10月02日 22:08 ID:kHvTdZQN0▼このコメントに返信
アカへの無理解、無関心
93.名無しさん:2016年10月02日 22:08 ID:KobDWEok0▼このコメントに返信
>>60 これに尽きる。もっと諜報活動や工作活動をやっておくべきだったという話も
聞くが、少なくとも南アジア地区においてはビルマやインド、インドネシアでその努力が
花開き、実となって結実している。
ただ他人にやさしく、我が身を2の次に考える日本人的思いやりが、戦後の日本国内での
悲劇を生む背景になったことが本当に悔やまれます。
94.名無しさん:2016年10月02日 22:09 ID:WOBfeErh0▼このコメントに返信
日本海軍の戦力は強大だった。
アメリカと太平洋の真ん中で正々堂々と戦えば、多くの犠牲はでたが、勝てただろう。
彼らは、正々堂々の戦いは大好きだから、
有利な講和ができたであろう。
それを、姑息な真珠湾奇襲をやったおかげで、軍人が軍人の命を虫けらのように扱ってもよいのだろうか。軍人は正々堂々と敵に敬意を払うべきだろう。姑息で卑怯な攻撃のお陰で一般市民に爆撃しても良いまでになった。
戦争に100パーセントの勝ちなどない。
それを望めば、卑怯な手段に走らざるを得ない。
卑怯な手段で勝てば、神は、空前絶後の報いを与える。
人の道に外れた行為は、大いなる報いを受ける。

従って、真珠湾攻撃が最大の恥ずべき攻撃であった。
太平洋の真ん中で正々堂々と戦えば道も開けただろう。
95.名無しさん:2016年10月02日 22:10 ID:tsMxISN50▼このコメントに返信
シーレーンを破壊されたこと
第一次世界大戦でドイツのUボードの通商破壊作戦でシーレーンの重要性を認識したアメリカは輸送船を護衛する駆逐艦まで開発してシーレーンを確保したのに対して
日本はアメリカは潜水艦に輸送船を沈められまくって物質不足になった
そもそも、陸軍も海軍も補給担当の兵士をバカにしてたらしく兵站や後方支援の重要性を理解してなかったらしい
96.名無しさん:2016年10月02日 22:10 ID:Q9.HRzOa0▼このコメントに返信
開戦以前の話になるけど明治憲法の不備は大きいと思う。明治憲法では天皇陛下が主権を保持してることになってたけど実際は決定を下す役というより決定を認可する役になってた、つまり権力を掌握してる人がいなくて天皇陛下のもとに国会、内閣、軍部で横並びになってて決断を下せる人が誰もいなかった。これが政策決定に手間取った原因の一つだと思う。
97.名無しさん:2016年10月02日 22:10 ID:U5QDPB100▼このコメントに返信
※25
南雲さんて専門は水雷屋さんでしょ?
しかも水雷戦では結構プロだったって!
水雷戦隊率いてた方が活躍できてたんじゃないかな?
田中や木村よりも先輩だし!
結構、日本の水雷屋さんて能力高くて海外から評価されてたんでしょ!
98.名無しさん:2016年10月02日 22:10 ID:HbjyIQU6O▼このコメントに返信
始まっちゃってからだとするとインドシナまでの辺りで講和でかなり日本側が譲歩しかないかな
三国同盟は捨てないとならんが
99.名無しさん:2016年10月02日 22:14 ID:U5QDPB100▼このコメントに返信
むしろ機動部隊は多聞さんと角田さんと酔っ払いおやじの三人に任していれば最強だったんじゃないかな?
100.名無しさん:2016年10月02日 22:15 ID:T4DEQ.LR0▼このコメントに返信
統一した意思決定機関の不在なんでないの。
101.名無しさん:2016年10月02日 22:15 ID:U5QDPB100▼このコメントに返信
※99
小沢は現場より後方ね!
102.名無しさん:2016年10月02日 22:16 ID:yeoA6tFQ0▼このコメントに返信
※78
残念だな。後5年ぐらい長生きしていれば世界はさらに混沌と血の雨で面白おかしくなっていただろうに・・・(まあ、日本人は存在しないが)
103.名無しさん:2016年10月02日 22:22 ID:4xj6ygPR0▼このコメントに返信
政府、軍とすべてにおいて、条約、協定、取り極め等を守らなかったこと。
日本が自分で出した南京からの撤兵宣言を撤回もせず破り(政権交代したから問題なしという認識)、
大東亜会議での決定を無視し、外交の取り決めを「約束は破るもの」とした
方針ですべてを裏切ったせいやん。
そのおかげで味方が一切、いなくなった。
東南アジアにすら決別され、一部からは宣戦布告までされた。
104.名無しさん:2016年10月02日 22:23 ID:U5QDPB100▼このコメントに返信
※101
実務家ではなく軍令部向きの人材だと思うの!
105.名無しさん:2016年10月02日 22:24 ID:2e.WnWq.0▼このコメントに返信
真珠湾攻撃するなら占領まで目指すべきだった
元々半年1年そこそこしかもたない戦争計画なんだから
維持できないとか、そんなのは関係ない
ハワイ住民の開放を条件にして、望み通りアメリカを
艦隊決戦に引きずり出せばよかったんだよ
そこで大勝して有利に講和する、それができれば勝利
個人的にはそれではアメリカは講和しないと思うけど
当時の日本の戦略的にはそうするしかない
106.名無しさん:2016年10月02日 22:25 ID:DhqSW9N50▼このコメントに返信
敗北的講和する条件を決めておけば良かったんだ。
枢軸が敗色濃厚になったら単独講和する、ナチスドイツが敗北したら講和する、とか負けることを開戦前に考えておくだけで被害は減らせた。
アメリカとやるんだから敗北前提で考えなきゃいかん。
107.名無しさん:2016年10月02日 22:25 ID:U5QDPB100▼このコメントに返信
※103
当時自国の都合優先で「国際ルール」とやらを守った国ってあったけ?
戦後の常識で当時の状況を語るのは頭の悪いパヨクだけ!
108.名無しさん:2016年10月02日 22:29 ID:mp4M6kjGO▼このコメントに返信
まーた朝日だよ
マジで消えてなくなれ
109.名無しさん:2016年10月02日 22:29 ID:4xj6ygPR0▼このコメントに返信
米78
なお、客観的にみるとルーズベルトが主導的に日本を追い込んだりしてるわけではない模様。
ハルノートですら、日本がアメリカと利権争いして、すでに争ってる状況での代物だし、
満州や南沙近辺の日本支配を認めてるし、インドシナ利権の放棄と三国同盟破棄ってだけで、
そこまで重い要求でもなく、追い詰めるような内容ではないってのもある。
ABCD包囲網は能動的に作られたものではなく、結果論的にそうなっただけ、ってのが事実。
110.名無しさん:2016年10月02日 22:31 ID:4xj6ygPR0▼このコメントに返信
※107
国際ルールなんて言ってないぞ、阿呆。
111.名無しさん:2016年10月02日 22:31 ID:yMLYP17l0▼このコメントに返信
大東亜戦争の失敗と書いている時点で、失敗を探すように仕向けられている印象操作の工作スレ

大東亜戦争の成果は何
という問いなら、もっと別の書き方になる。

馬鹿の低級民族(怒れ怒れ 事実だから)の誘導に乗ってどうしますか。

ところで、竹島侵略の失敗による朝鮮の今後永久に続く損失とはなに。書け。

シナの大躍進、文化大革命における大虐殺、ポルポトの黒幕、天安門でシナが歴史に悪逆の滅亡指定国家として明記される、失敗とは具体的に何。書け。
112.名無しさん:2016年10月02日 22:32 ID:U5QDPB100▼このコメントに返信
アメみたいな化け物は戦うのでは無く、自国と権益を共有化してしかも前線に送るべき!
日本は後方基地としてメシウマすれば繁栄できた!
ひい爺様もシンガポールからインパールまで行かなくて済んだし!
インパールでマラリアに罹って死にかける事もなかった!
ひい婆様の一番目の弟様も江田島から沖縄まで飛ぶこともなかったし、二番目の弟様もブナで戦死する事もなかった!
負け戦は嫌い!
113.名無しさん:2016年10月02日 22:38 ID:U5QDPB100▼このコメントに返信
※112
当時の朝日新聞は絶対に年間で読むべき!
連中に当時の軍部や政治家を批判する資格なんか絶対にない!
朝日が一番戦争を煽っていた!
朝日こそが一番の戦犯!
面の皮が厚すぎる!
大嫌い!
114.名無しさん:2016年10月02日 22:39 ID:U5QDPB100▼このコメントに返信
※113
ごめんなさい!
年間×
年鑑〇
115.名無しさん:2016年10月02日 22:39 ID:Th5CXGVl0▼このコメントに返信
※83 >明治憲法に戻せという発言にも賛同できない

それ言う人って何でそうなるの? あくまで現行憲法がGHQに押し付けられた物だからそれを無効とし、明治憲法に立ち帰って直すべき所は直し、現代に合うように改めて新憲法とするというものなのに、なぜ「明治憲法に戻す」という段階で止まっちゃうの? 改憲反対キャンペーンか何かなの? と疑ってしまうくらい奇妙に感じるんだけど
116.名無しさん:2016年10月02日 22:43 ID:6cMuxpjy0▼このコメントに返信
※109
アメリカはアジアから儲けたいってだけだしな
撤退させてその隙に中国進出をやりたかったんだろうけど、まさか補給線つぶしのために西欧の植民地を攻撃するとは思わなかったろうな
117.名無しさん:2016年10月02日 22:45 ID:U5QDPB100▼このコメントに返信
※110
論点のすり替えがお得意ですね!
118.名無しさん:2016年10月02日 22:48 ID:.GRPlU5e0▼このコメントに返信
朝鮮併合、ロシアの進行を防ぐという理由があったにせよ後の敵国を自ら隆盛させ増長させてしまったこと
いっそ朝鮮半島を焦土に変え半島民を根絶やしにしたほうが後の世の日本、ひいては世界に迷惑をかけることはなかった
119.名無しさん:2016年10月02日 22:51 ID:s8nxtdkj0▼このコメントに返信
第一段作戦が終わって蘭印、マレー半島、フィリピンを抑えた後の作戦がなかったからねぇ…
やらずもがなのMO作戦、米空母群を一網打尽にできなかったMI作戦を大慌てで実施して失敗し、米軍の攻撃的防御をすっ飛ばしての防御的攻勢を誘発してソロモンで二個師団と多数の優秀船、熟練搭乗員をすり潰して自滅に近い戦いを42年にやってしまった。反撃準備を妨害するための海上交通線への攻撃、開戦と同時に始まった海防艦の増強、基地航空隊の錬成増強を行って、昭和18年以降に再建された米艦隊に決戦を挑んだらどんな結果になったのか興味がある。
120.名無しさん:2016年10月02日 22:53 ID:U5QDPB100▼このコメントに返信
※109
でもハルノートって、それまでの合意事項を全て否定した内容でしょ!
ある意味宣戦布告に近い内容だと思うけど!
当時の政権担当者が絶望に近い感じを持ったのも事実だと思うけど?
その点に附いての意見はどう?
121.名無しさん:2016年10月02日 22:53 ID:UoKIj4AU0▼このコメントに返信
戦艦軽視と航空偏重以外にあるのだろうか?

山口さんは工業力の差を理解していなかった為に「日本が確実に負ける航空消耗戦を選択した」んだろうな
122.名無しさん:2016年10月02日 22:59 ID:LEr6cFvG0▼このコメントに返信
※106
>枢軸が敗色濃厚になったら単独講和する、ナチスドイツが敗北したら講和する、とか負けることを開戦前に考えておくだけで被害は減らせた。

日本は開戦後にわざわざ”枢軸国陣営の一員として敵連合国と単独講和はいたしません!”声明を出してるから……

>アメリカとやるんだから敗北前提で考えなきゃいかん。
そもそも
・ドイツがソ連を破り
・その上で頼みがなくなったイギリスをドイツが破り
・欧州を完全にドイツに制覇されたアメリカが戦争目的を失い
・そうなった上で、(開戦後に日本が占領しているであろう)フィリピンの返還と引き換えにすれば、アメリカも講和してくれるんじゃないかな?

というのが開戦前の一縷の望みだったから……
123.名無しさん:2016年10月02日 23:05 ID:peCnXkUt0▼このコメントに返信
日露戦争当時の装備、戦略、戦術で規模と破壊力の次元の異なる米英戦を戦ってしまったこと。
第1次世界大戦から日本の軍人はマトモニ戦訓を学んでいなかった。
昭和の日本陸海軍は独善的な官僚組織になり果てていたこと。要はバカだった。
124.名無しさん:2016年10月02日 23:06 ID:s8nxtdkj0▼このコメントに返信
※120
というのは外務官僚が保身のためについた嘘。南部仏印へ進駐しないように警告されてた状況でそれを無視して進駐し、南方作戦のための兵力配置を始め、外交交渉の打ち切りが外交暗号の解読でバレた時点で出てきたのがハルノート。
アメリカ側からすれば交渉中の相手がピストルを抜いて弾を込め始めた状況。
125.名無しさん:2016年10月02日 23:09 ID:U5QDPB100▼このコメントに返信
※124
時系列ずれてない?
126.名無しさん:2016年10月02日 23:15 ID:alObjVpf0▼このコメントに返信
アメリカが調子乗ってそのあとの対外工作に失敗する要因になった。
韓国、南ベトナム、フィリピン、中東…
127.名無しさん:2016年10月02日 23:15 ID:s8nxtdkj0▼このコメントに返信
※123
日露戦争当時と言ったら言い過ぎ。第一次世界大戦レベルな。日本陸軍は第一次大戦対応の装備訓練体系だった。その証拠にドイツ軍事顧問団が築き上げた上海周囲の要塞線を楽々と突破してる。問題は機甲部隊による機動戦が主体になり、戦車が怪物的進化を遂げた第二次大戦のレベルに追いつけなかった事。海軍にしたって開戦の直前に潜水艦、海防艦、駆逐艦に建造の優先順位を変更するなど海上交通路の保護を考えてなかったわけじゃないし、ある意味航空主兵の考え方では世界の最先端を行ってた。決戦思想が抜けなかったのは事実だが。
128.名無しさん:2016年10月02日 23:18 ID:peCnXkUt0▼このコメントに返信
※124 米国もロシアも日露戦争以降、日本を仮想敵国として何時か日本を打倒すべく
30年以上も研究に研究を重ねて来ていた。それを知らずに、日本は中国支配に血道を挙げていた。
特にF.ルーズベルトは、日本を合法的に叩くチャンスを狙っていたのが、史実だ。根底には人種差別がある。
ハルノートは、当然日本を米国との戦争に引きずり込む為の小道具の一つだった。
129.名無しさん:2016年10月02日 23:21 ID:p8mql.FS0▼このコメントに返信
うるさいうるさい!
とにかく朝鮮半島を悪く言えば丸く収まるんだ!
130.名無しさん:2016年10月02日 23:25 ID:6pBY3EB80▼このコメントに返信
明治憲法に統帥権を記載してしまったこと...
131.名無しさん:2016年10月02日 23:36 ID:9BZwAnT.0▼このコメントに返信
独ソ戦の時に挟撃しなかった事。
対米戦で後ろを固めるのは間違ってはいないが、
独ソ戦中なら協定が無くても日本を攻める余裕はなかったのにな。

スターリンはドイツが攻め込んできた時は喪心状態で殆ど指揮を放棄していたので
日本もウラジオに攻めて来たと聞いたらあっさり降伏したかもね。
132.名無しさん:2016年10月02日 23:36 ID:U5QDPB100▼このコメントに返信
※128
ロシアの仮想敵国の主はドイツだよね?
アメリカはイギリスとの戦争を主眼において日英同盟を放棄させるのが主眼で軍縮条約を進めてた!
当初のアメリカにとっての主敵はイギリスだった!
イギリスは一次大戦で対外債務(対アメリカ)がかさんでいる中で軍事費を抑えながら植民地維持するために軍縮条約を受け入れえる必要があった!
当時の国際政治に対する分析が甘くない?
133.名無しさん:2016年10月02日 23:47 ID:RMwl7I060▼このコメントに返信
『ワシントン海軍軍縮条約』を締結した加藤友三郎海軍大臣

(海軍大将、後の総理大臣、死後元帥に)の分析によると、

大日本帝国は米国から「借金」をしないと、

戦争(「日露戦争」以降)自体ができないそうだ。


金を借りる対象の国(米国)と戦争した自体が間違いだったと言う事・・・・・


134.名無しさん:2016年10月02日 23:56 ID:LEr6cFvG0▼このコメントに返信
※131
関東軍より、兵隊の数も、戦車の数も、火砲の数も、航空機の数も上回っていたソ連極東軍に攻め入るのは無理ゲー過ぎる。

北進論では、対ドイツ戦のためにソ連が兵力を引き抜いたところで攻め入る予定だったけれど
日本が無理して集めた関特演80万以上の兵力に対して、ソ連はついに100万~150万以上の兵力を動かさなかった。
135.名無しさん:2016年10月03日 00:32 ID:XGDv9UHf0▼このコメントに返信
金を借りた金持ちの向こう脛を蹴っ飛ばしてはイカンですわ。
金持ちの親分は日本人大嫌いなあいつだし。
136.名無しさん:2016年10月03日 00:33 ID:d6ycxPBQ0▼このコメントに返信
後知恵だけれども、真珠湾攻撃だろうな。
真珠湾攻撃せずに、粛々とオランダ領にだけ南進してれば、アメリカと全面戦争にはならなかったろうに。
137.名無しさん:2016年10月03日 00:34 ID:0I2PxLNn0▼このコメントに返信
※134
無理ゲーすぎるわ。もし進軍してたらソ連進撃が早まってし体が増えて東京がベルリンみたいになってたかもな
138.名無しさん:2016年10月03日 00:44 ID:rgJM7KQe0▼このコメントに返信
最大の失敗は、戦争相手にロシアから逃げて、英米を選択してしまったことだ。最悪な選択だ。
当時、合算すればロシアの4倍以上、日本の10倍以上の工業力を持つ、英米を戦争相手に選んだバカ達。
陸軍参謀本部のバカ、海軍首脳部のバカ達。大本営のバカ共。
そして、軍部の尻馬に乗るマスゴミのバカ、それを信ずるバカな国民。
敵を知らず、己を知らず。百戦百敗だ。何時でも真理だ。バカでは戦争には勝てない。
139.名無しさん:2016年10月03日 01:00 ID:ZnrkBpP80▼このコメントに返信
戦中なら陸海軍の連携不足。統合司令部の不備。
戦前なら松岡外相の国連脱退。
140.名無しさん:2016年10月03日 01:24 ID:TJCM7iEt0▼このコメントに返信
たしかインドネシアの権益の何割かは米英食い込んでなかったか?
もしそうだったとしたら対米戦回避は不可能だろうな。そして仮にフィリピンを迂回したとするとのちのちアメリカが開戦した時に石油輸送ルートが簡単に脅かされるし。
141.名無しさん:2016年10月03日 01:41 ID:IvzVfnaf0▼このコメントに返信
日本が戦争起こしてないといまだに東南アジアやアフリカは白人共に支配されてたぞ。
八絋一宇の大義で戦争始めたのに、戦後GHQに日本の侵略戦争と洗脳された。
142.名無しさん:2016年10月03日 01:45 ID:vNS52bD.0▼このコメントに返信
これを逆側の立場が論じると、
「アメリカはもっと短期間・軽被害で勝利できなかったか?」という議論になるんだろうなあ。
『負ける』方へのベクトルの議論はまるでなさそう。
143.名無しさん:2016年10月03日 02:12 ID:YEVDTfGK0▼このコメントに返信
日本の最大の失敗は、ルーズベルトがヨーロッパ戦線に参加したくて仕方なかったために、武器貸与法を作って国内経済を戦時経済に切り替えた後で開戦したこと。武器屋船、航空機を作るための工場を作った後でやらかした。
待ち受けていたアメリカ軍にハワイで一発かまし、インドシナまで占領したが、維持できないで半年ほどのちにミッドウエーを迎え、防戦一方になった。
これは戦争を行う気概の問題。計画的に行っていると分かる。そういうところへのこのこ戦争を仕掛けるに至った。
これが政治的敗北。
つぎに、日本の官僚精神。せっかく千載一遇のチャンスを得ても、徹底して戦えなかった。
あちこちで船を失うことを怖がり、優位であっても兵を引いた。
また、一度成功した攻め方を何度も繰り返し、工夫をしないようになった。
幕僚や将官は責任を取らず、現地償還に責任を押し付けた。
これらは、日本の官僚組織の悪いところ。
工業力のひ弱な日本は、銃弾の1発、砲弾の1発、魚雷の1発を非常に惜しんだ。
だから、戦舟を襲うことはできたが、輸送船やタンカーを撃つ弾は無かった。
相手は第一次でも通商破壊をこそ狙って潜水艦を送り出した。
日本の船舶はどんどん沈み、タンカーや貨物船の乗組員の死亡率は艦船搭乗者を上回った。
しかしこれは日本の武士道にも通じたことなので、仕方がない。
今の自衛官も、多くは士族の出だから、同じ轍を踏むのではないか。
銃後の守りや歩兵の強さは抜きんでていた。
アメリカは、実業家が政治家や将官になることがある。
日本は明治維新の元老が引退したのち、政治屋さんや試験任官組しかいなくなった。
まあ、上位者が頼りないのは仕方なかった。
この辺の改善は、奈良の平城京以来の習慣だから、改善されることもないと思う。
144.名無しさん:2016年10月03日 02:15 ID:d6ycxPBQ0▼このコメントに返信
オランダ領を占領すれば、お付き合いで対日宣戦布告をしたとは思うけど、米英領に手を付けなければ、本腰は入れなかったと思うんだよね。ヨーロッパ戦線のほうが重要だから。

もともとヨーロッパ戦線の火事場泥棒的に南進したわけだから、火事場泥棒らしく立場をわきまえて行動すればよかったのに、「火事場泥棒を成功させるために消防署を攻撃する」みたいな真珠湾攻撃は戦略的に失敗だったと思う。
145.名無しさん:2016年10月03日 02:28 ID:zEYmiMvA0▼このコメントに返信
スレタイのまま正当に答えるなら
開戦後であれば
真珠湾攻撃が奇襲となってしまい
米国民の心に火をつけたこと
開戦前であれば
韓国を併合してしまったことで
民族融合による国民性の変質


146.名無しさん:2016年10月03日 03:15 ID:rod2OCCM0▼このコメントに返信
南部麒次郎に銃器開発させたこと
147.名無しさん:2016年10月03日 03:29 ID:xYMBSh2B0▼このコメントに返信
※134 ※137
勉強不足www

第二次世界大戦でのソ連はアメリカ、イギリスからのレンドリース(軍事供与)が無ければ勝てませんでした。
アメリカやイギリスから戦車7千台以上、飛行機1万4千機以上、トラック37万台以上、その他大量の物資、食糧がソ連に渡されました。その運ばれた物資の約半分は、船でウラジオストックまで運ばれ、そこからはシベリア鉄道で西に運ばれました。
シベリア鉄道はその重要な補給路でした。
また極東やシベリアに配置されていた部隊が、西部での危機のために鉄道で運ばれます。1941年年末までに極東やシベリアから西部に鉄道で運ばれた部隊は34個師団にも及びます。
そうしたシベリアから運ばれた部隊の活躍があってモスクワはドイツ軍より守られました。
148.134:2016年10月03日 06:04 ID:Q8AGs6Nv0▼このコメントに返信
※147
>また極東やシベリアに配置されていた部隊が、西部での危機のために鉄道で運ばれます。
>1941年年末までに極東やシベリアから西部に鉄道で運ばれた部隊は34個師団にも及びます。
>そうしたシベリアから運ばれた部隊の活躍があってモスクワはドイツ軍より守られました。

134だけど、あなた自分の文章の意味わかってる?
その強力な部隊は、結局 日本が北進を諦めてからの1941年10月まで動かされず日本側にあって
だからこそ独ソ戦当初~ドイツのモスクワ攻略失敗までの時期において
極東ソ連軍に関東軍が挑むのが無謀すぎるって話なんだけど……

(ちなみにジューコフが自らの極東軍をモスクワに移送したあとも
欧州からわざわざ代わりの兵力が引き抜かれて移送され、常に日本軍を上回るように配備されていた。)

あと極東軍団自身はモスクワ防衛に直接参加したのではなく、予備およびその後の反抗のための兵力として用いられた。
(もちろん予備あってこそ既にある部隊が消耗を気にせずに最後まで防衛できるわけだけど)
149.名無しさん:2016年10月03日 07:09 ID:3l86lPo30▼このコメントに返信
核の完成が間に合わなかったこと
150.名無しさん:2016年10月03日 08:10 ID:xYMBSh2B0▼このコメントに返信
※148
頭悪いなお前はw
だからその師団を欧州側に回せないように仕掛て拘束するんだよ。
別にソ連軍を撃滅する必要なんてない。
国境付近で威嚇する形でも牽制効果がある。

あとソ連を過大評価しすぎだな
関東軍を脅威でありドイツと同時に相手に出来ないと判断したからこそ、日本と協定を結んだわけだ
頭の悪いお前のように日本軍を弱小と思ったらソ連は協定なぞ結ばんわ
ドイツと日本で2正面作戦を行うだろうさ

それから欧米からの物資の半分がウラジオストック経由って書いてあるだろ、レンドリースを阻害する事にも意味がある。
151.名無しさん:2016年10月03日 08:34 ID:Q8AGs6Nv0▼このコメントに返信
※150
>だからその師団を欧州側に回せないように仕掛て拘束するんだよ。
少なくとも史実日本の北進論はこの目的で動いてないのは確か。
ソ連がドイツに兵力を移送してがら空きになったらチャンスだよね というもの
(ソ連がモスクワ戦線に兵力を送りそれを日本が見逃すことが盛り込み済み)

北進論が退けられたのは、
・南方と違って樺太にわずかな石油があるだけであり需要が満たせないこと
・シナ事変をおこなっていて機動戦力がない日本ではウラジオストック・沿海州を早期に落とせず
 維持も困難なこと  など

あとソ連は独ソ戦勃発後すぐからイギリスとの対独戦争遂行協力に同意していて
アメリカも→イギリス→ソ連 という流れでそれを承認 & 援助方針を決めていた。

そのため米英と直接開戦せずともソ連と(あなたのいうように消極的に)戦端を開くだけで
史実での石油禁輸の措置がとられかねない。とられる(もろに日独同盟に基づいた参戦であるため)
ソ連よりも前に史実と同じく日本が干上がる。
152.名無しさん:2016年10月03日 08:39 ID:Q8AGs6Nv0▼このコメントに返信
>関東軍を脅威でありドイツと同時に相手に出来ないと判断したからこそ、日本と協定を結んだわけだ
スターリンがモスクワが危うい当初の局面であっても、すぐにでも送りたい極東軍団をいそうせず
日本がかき集めた関特演軍団に対して優位な戦力を貼り付けたことは

史実での日本の北進論を諦めさせた つまりは上手くいった戦略だったわけだ。
153.名無しさん:2016年10月03日 08:42 ID:LU6XX3Ed0▼このコメントに返信
短期決戦を目指すのであれば戦線を拡大し過ぎ
アメリカに戦力を整える時間を与えてしまったことが大きな敗因
154.名無しさん:2016年10月03日 08:50 ID:Q8AGs6Nv0▼このコメントに返信
1941年 4月
日本「ドイツがまさかの独ソ不可侵条約結んじゃった(去年)し、対ソ戦の戦略意味ないよね、中立条約結ぼ!」
6月
日本「独ソ戦始まるなんてドイツから聞いてないよ! いやまてよソ連の極東兵力が薄くなればチャンスじゃね!(条約違反)」
スタ「日本とは中立条約を結んでいるが、下手に極東を手薄にしては条約を無視して参戦してくるかもしれん……」

7月
日本「内地と朝鮮からかき集めて満州に兵力を増強したよ!(関特演) 早く手薄に成らないかな……ドイツがんばれ」
スタ「今までも関東軍よりは大兵力だったが敵に弱みを見せないようにむしろ強化しとかないと…… 欧州は人民の肉壁で防げ」

8月
日本「物見の報告によると全然手薄になってないような……無理してかき集めてるからソ連よりも負担が大きいよ……」
  「本国の近衛内閣は北進論をやめて南進論に切り替えたらしいから徐々に解散するよ 駐留してるだけで赤字だわ」
9月
日本「何これ……正確な分析をまとめたら2ヶ月前の7月の時点で日本よりも精強勝つ大兵力だったじゃん」

10月
スタ「在日本スパイのゾルゲによると日本は北進を諦めたらしいな これでようやっとモスクワに送れるわ」
  「だけどこれからも日本が参戦しないように常に日本より強大な戦力を張り付けとけよ」

そもそもソ連極東軍を貼り付けるという目的は史実でも(日本側にとって期待はずれの結果として)達成されてる。
155.名無しさん:2016年10月03日 09:17 ID:W5p8o8W00▼このコメントに返信
・・・最初に出ていたけど、アメリカと開戦したことだろうなぁ
156.名無しさん:2016年10月03日 10:21 ID:WFkQJXcE0▼このコメントに返信
※33
まあ戦後にアメリカは朝鮮半島やベトナムの共産化にはムキになって介入してるのに、中国の共産化に対しては割と冷淡だった事を考えると、「アメリカが満州を欲しがったから日本に戦争を仕掛けた」ってのは説得力無いよね。満州欲しけりゃソ連に対日参戦を要請する事もないだろうし。
157.名無しさん:2016年10月03日 10:23 ID:I.0PdCOuO▼このコメントに返信
若者を特攻隊に選んだ事!若者達に日本の生き様を見せてあげる事をしないで逆をしてしまった。
158.名無しさん:2016年10月03日 10:40 ID:usVYYUMM0▼このコメントに返信
負け戦になっても誰も責任を取らなかった事、反省しなかった事、教訓が全く生かされていなかった事、都合の悪い事は知らんぷり。

豊洲の問題もこれに似たような気がする。
159.名無しさん:2016年10月03日 11:05 ID:IH5v36Go0▼このコメントに返信
本スレ212

いや、当時の国際社会ではヴィシー政権こそが正当なフランスの
後継国家であり、ド・ゴール派は微弱な反政府勢力でしかなかった。

結局、ド・ゴール派のフランス共和国臨時政府に対する連合国の承認は
1944年10月23日までずれ込んでる。なんとパリの解放より後の話だ。
160.名無しさん:2016年10月03日 11:07 ID:WFkQJXcE0▼このコメントに返信
※51
歴史や国際情勢を語る時に「ユダヤ」と言うのを定義もあいまいなまま使ってる人が多いけど、ディズレーリのようなイギリスの首相やロスチャイルドとか所謂ユダヤ系資本と呼ばれるような人達は基本キリスト教徒であって、ただ単に先祖がユダヤ人ってだけで、ユダヤ教徒である現在のイスラエル国民やナチスに迫害されたユダヤ人とはあまり関係無いんで混同しない方が良い。

ドイツや占領国から逃れて来たユダヤ人難民に対する支援や、上海にユダヤ人租界を開設する為に日本は上海の不動産王で有力者であるヴィクターサッスーンに協力を要請しているけど、ユダヤ人を先祖に持っているサッスーンは全く無反応だった。彼らのような他からユダヤ資本家と呼ばれる人達は、所属している国の利益の為に協力したり、逆に自分達の利益の為に国を動かそうとする事はあるけど、それ以外では基本ビジネスの論理でしか動かないし、ユダヤ教徒であるユダヤ人やイスラエル国民に対して同胞意識は基本的に持っていない。
161.名無しさん:2016年10月03日 11:28 ID:FIyXKRts0▼このコメントに返信
全方位開戦だろ。なにやってんねん。
戦争は自衛だっていうのは開戦のおまじないじゃない。
162.名無しさん:2016年10月03日 13:08 ID:QWOpk7IC0▼このコメントに返信
俺から言わせれば太平洋戦争は失敗じゃないよ


今になっていろいろ歴史とかその時代の価値観とか欧米人とかを勉強してみると

どうころんでもアメリカは日本と戦争をしたくて原爆を使いたかったという結論しか見つからないんだよな
だから日本がいくら戦争を回避しようとどんなに努力しても無駄であって

アメリカと戦争して原爆を落とされるところまでが規定路線だったんだとおもう。
どんな優秀な指導者が日本にいてもね。


唯一の失敗はば韓国と手を組んだことだね。福沢諭吉に土下座しろだ!
163.名無しさん:2016年10月03日 13:28 ID:Q8AGs6Nv0▼このコメントに返信
※162
ドン引きするぐらい卑屈な負け犬根性だな
164.名無しさん:2016年10月03日 13:28 ID:2GtmrSO60▼このコメントに返信
※162
無責任・無反省・恥知らずの日本人を作ってしまったことかな・・・
165.名無しさん:2016年10月03日 15:40 ID:pQoWosKT0▼このコメントに返信
1 年功序列人事。
2 朝鮮人を陣営に加えたこと。
3 中国人を殲滅する前に、南方に手を伸ばしたこと。
166.名無しさん:2016年10月03日 15:52 ID:LcA8HY.60▼このコメントに返信
戦争を始めたことと 真珠湾を除いたら 転換点はミッドウェーだったな
勝利した虚偽報告ばかりで 莫大な消耗を迫られる 東京オリンピックも
予算が何倍も膨らんで 昔から無責任官僚主導型は変わらんね
167.名無しさん:2016年10月03日 16:31 ID:P5u8inU80▼このコメントに返信
ボクシングで例えるなら
日本は10Rが限界のアウトファイター。KOをとれるパンチ力はないが技術はある。
アメリカは100R戦えて技術は少し劣るが学習能力が高く、パンチ力があり、タフで回復力も高い。
おまけに戦争ではラッキーパンチが存在しないハンデつき
この条件で二人が無制限デスマッチやったらどうなるか。

戦う方が間違いというしかない
168.名無しさん:2016年10月03日 16:52 ID:zDZp4bZ70▼このコメントに返信
後知恵の賢者である我々がどう考えても当時どうすれば良かったか有効な対策が浮かばない…
169.名無しさん:2016年10月03日 17:56 ID:xYMBSh2B0▼このコメントに返信
※151
本当に基地外の相手は疲れる
自分の反論可能だったとこのみ抜粋w

スレの趣旨自体が失敗した事についてだろ。
史実なんぞお前にいわれまでもなく知ってるつーの
なんでそこまで馬鹿なのww

どのみちABCD包囲網を喰らうのだからソ連の補給にダメージを与えて置いた方が得だろ
お前はレンドリースの半分がウラジオだったと今知ったレベルの無能だろw

おとなしくママのオ〇パイでもしゃぶってろw
170.名無しさん:2016年10月03日 18:23 ID:PbfH8sPc0▼このコメントに返信
真珠湾で空母を潰さなかった
早期から特攻戦法を採らなかった
いくつかの会戦で想定外の被害を出した

さっさとアメリカの戦意を挫いて講和するつもりの割には、決死の覚悟が足りてない。
あの敗戦で首を切り落とされ、戦後70年間ただの家畜として飼育されてとうとう今滅ぶ。
残念だが日本民族はもう終わる。
171.名無しさん:2016年10月03日 18:48 ID:daMC4r7P0▼このコメントに返信
>戦争始めた事以外で頼む

ムチャ言うな
172.名無しさん:2016年10月03日 18:49 ID:daMC4r7P0▼このコメントに返信
※170

「決死の覚悟が足りてない。」って、当時の日本兵以上に決死の覚悟があった兵隊もそうはいないだろう
173.名無しさん:2016年10月03日 19:11 ID:mFDUqlKe0▼このコメントに返信
明治以後の天皇家、英王室、米国の負ける為の戦争で 立派に戦争劇が演じられた、それだけの話。
日本が本気で最初から 米本土を舞台に戦えば、死なないよう防具を使えば、空母、潜水艦に注力すれば・・

初めての米本土襲撃に米国民も戦意喪失 停戦に持ち込めたと確信している。
日米大戦は 日本に勝意図が見えない不思議な 負ける為の戦争であった!!
174.名無しさん:2016年10月03日 21:23 ID:yDeHAzSO0▼このコメントに返信
韓国のせいにしてギリギリ自尊心を保ってるじゃねーかよww
その点すごい有益だったんだな韓国併合はよww
175.名無しさん:2016年10月03日 21:28 ID:kDzwI5ZW0▼このコメントに返信
時代を読まず見栄っ張りのアホ上層部軍人の作戦の未熟さと兵の命を軽視 無能と無茶と国内の安全地帯で
自分らだけが生き延びる為に知恵を尽くす 戦艦主流の昔の頭しか無い奴らがあまりにも無能
アメリカ本土に攻撃する為の基地も造らず無駄に兵力を散りばめての補給もままならなくても死守せよ命令
撤退に主を置くべきなのに見放す愚かな軍部 上の無能の者同士が意地の張り合いのお粗末な作戦
所詮は大国アメリカ・ソ連・中国相手では無理なのも最初から分かってるのに無能集団の未熟さ
176.名無しさん:2016年10月04日 00:54 ID:dtkeUu3K0▼このコメントに返信
近衛のブレーンにソ連と内通した元朝日新聞記者がなったこと。
177.名無しさん:2016年10月04日 09:58 ID:cedu2eID0▼このコメントに返信



  ★ 東京裁判の不当さに対し泣き寝入りした事だな
178.名無しさん:2016年10月05日 13:09 ID:rSGfnB870▼このコメントに返信
昭和天皇、

お名前