スポンサーリンク

2016年09月30日 09:05

ドイツと日本を怒らせた列強の末路

ドイツと日本を怒らせた列強の末路

タグ:
03

引用元:ドイツと日本を怒らせた列強の末路
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1474457679/

1: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)20:34:39 ID:C8Z
ヨーロッパ、スペインやスイスなどを残して軒並み占領され大英帝国も危機に陥る
太平洋東南アジア、植民地をほぼ奪われ独立の起点を作られた上、大英帝国の東洋艦隊壊滅や降伏の連続など大敗を重ねる
戦後には植民地に日本兵が立て篭り植民地軍共に戦い次々と植民地が独立

いじめの報復は強いはっきりわかんだね

2: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)20:35:34 ID:C8Z
窮鼠猫を噛むとはよく言ったものやな

15: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)20:52:47 ID:PcW
もう少し早くドイツが戦争初めてたらバトルオブブリテンでは勝てたやろな
まあその場合フランスに勝てたか分からんな

16: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)20:55:27 ID:C8Z
>>15 バトルオブブリテンの最大の敗因は空軍力が足りなかったって事でおk?

17: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)20:56:53 ID:PcW
>>16
おkや
イギリスもそれを承知でチェコスロバキアを見捨てて時間稼ぎしたわけやしな

18: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)20:57:53 ID:C8Z
>>17 ルーデルが後11人いれば…

19: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)20:59:02 ID:C8Z
>>17 ドイツには撃墜王があれほどいたんやからもっと作っとけば良かったんや

30: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:15:50 ID:MKC
>>19
ドイツに撃墜王が多いのは、もちろん凄腕パイロットが多かったからやけど
休むべきなのに休めない超絶ブラック&敵機がやたら多い(特に東部戦線)
っていう事情もあるで

31: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:17:56 ID:C8Z
>>30 畑の兵隊達って飛行機乗れたんか?

39: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:24:38 ID:MKC
>>31
ソース古いかもしらんが、ざっとこんだけ生産しとるで
La-5/7戦闘機 15000機
MiG-3戦闘機 3400機
Yak-1戦闘機 8700機
Yak-1戦闘機 4800機
Yak-7戦闘機 6400機
Yak-9戦闘機 16000機
Il-2地上攻撃機 36000機
Il-4爆撃機 5200機
Il-10地上攻撃機 4966機
Pe-2戦闘爆撃機 11500機

41: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:25:43 ID:C8Z
>>39 やっぱ畑から兵が取れる国は桁が違うわ

20: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:02:51 ID:PcW
ドイツのロケット技術ってどこまで進んでたんやろ?
米ソの宇宙開発の土台になったとか聞いたけど

21: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:04:03 ID:C8Z
>>20 ドキュメンタリーで見たところは末期にはロンドンあたりまで飛ばせたような出来なかったような…

22: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:04:59 ID:QfN
列車砲はドイツやっけ

23: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:06:09 ID:C8Z
>>22 日本も満州に置いてなかったか?

24: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:06:54 ID:PcW
>>22
ウィキ見たら連合に失敗呼ばわりされてて草

25: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:08:17 ID:C8Z
>>24 だってあれコスト高いんやろ、おまけにレールの上しか移動できないし

26: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:09:15 ID:EMc
>>25
イギリスもフランスもソ連も列車砲は持ってたで
ただドイツの列車砲が規格外にデカかったんや
なんや80cmって

27: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:10:57 ID:C8Z
>>26 ファッ?? 大和の主砲の大体二倍やんけ??

28: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:11:19 ID:C8Z
日本と東南アジアって仲良いけどやっぱり列強を追い払ったのが好ポイントやったんかな?

29: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:12:27 ID:PcW
インドネシアの独立戦争に関わったって聞いたことがある

34: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:19:57 ID:C8Z
>>29 インドネシアと憲法を制作協議したり独立戦争の時は3000人の日本兵が一緒に戦った

33: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:19:56 ID:060
日本なんて持ってた植民地や併合した領土全部失って着の身着のままで引き上げ
ドイツはドイツで東西に分裂して片方は赤化
よっぽど悲惨な目にあってるんだよなあ

35: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:21:48 ID:C8Z
>>33 でも結果的には列強も植民地を全部失ったやん

38: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:23:17 ID:060
>>35
第二次世界大戦で中立を保って戦争なんて素知らぬ顔で経済成長していたポルトガルも結局植民地失ってるし
植民地支配なんて時代の流れではもう終わってたよ

36: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:22:10 ID:Mxq
白人の人て何か自分のことを棚に上げて日本叩くからわからん
中・韓なんて西洋にいじめられてたのに日本叩くし

37: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:22:16 ID:060
イギリスを覇権国家から蹴り落としたのはアメリカやろ
第一次世界大戦の時に47億ドルの対英債権作ってからイギリスはアメリカに頭上がらなくなった

40: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:24:49 ID:060
というわけで正確には
?ドイツと日本を怒らせた列強の末路
○米英ソを怒らせた枢軸国の末路
やろなあ

42: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:26:51 ID:8x3
なおボロボロ
ナチカスもアメリカがおらんかったらドローにはもちこめたやろ

43: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:27:40 ID:C8Z
>>42 双方がやばい国に喧嘩売ったから仕方ないね

44: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:31:09 ID:C8Z
列強ってよく賠償金もらえなかったのに国維持できたンゴね

45: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:31:43 ID:060
>>44
マーシャルプランも知らんのか

48: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:34:38 ID:C8Z
>>45 もしかしてこれで大正義アメリカの欧州に対する圧倒的有利が決まったん?

49: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:36:02 ID:060
>>48
元々第一次世界大戦のときにはこれからはアメリカの時代ってのは一目瞭然だったんだけどね

50: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:36:44 ID:C8Z
>>49 かしつけやっけ?

51: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:39:30 ID:060
>>50
第一次世界大戦の前からアメリカとドイツがそれまでトップだったイギリスに急追してたわけ
そんで第一次世界大戦で欧州全体が戦場になってボロボロ、イギリスには債権があるしドイツはズタズタだし、本土が被害を受けなかったアメリカがこれからトップになるのは当然
ちなみに日本もちゃっかり大戦景気で経済成長しとる
第一次世界大戦の一番の勝者はアメリカだけど、二番目の勝者は日本って言われることもあるくらい

52: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:41:02 ID:C8Z
>>51 日本まで影響があったんか

47: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:34:23 ID:a3l
1944年あたりからひどいワンサイドゲームやね

53: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:41:42 ID:PRZ
日本が石油資源のある国だったら
世界地図も変わっていたかもしれんなぁ・・

55: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:44:43 ID:Fds
>>53
そんなんあったら即アメリカに侵略されてるやん

57: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:45:13 ID:060
>>55
アメリカは自国で当時の世界の6割を産出する圧倒的な産油国ですよ

59: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:46:02 ID:Fds
>>57
あっても欲しいのが金
そして
あっても欲しいのが油田

とはならんのか?

54: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:43:15 ID:8x3
資源国やったらさほど努力せんやろ

56: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:45:07 ID:a3l
そもそも精製技術が稚拙だったしなぁ

58: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:45:57 ID:8x3
というか石油が出るなら戦争しなくてもよかったやろ

61: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:47:09 ID:Fds
うーん、せやな…

62: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:47:48 ID:zL4
いじめの報復したはいいけどやっぱり勝てなかったよ

66: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)22:05:11 ID:C8Z
>>62 東南アジアの欧州植民地の支配は結果的に解放できたから(震え声)

69: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)22:19:13 ID:060
>>66
日本が戦争目的を達成していたら
仏印はヴィシーフランスの植民地のまま
インドネシア(蘭印)とシンガポール(昭南島)は帝国領土のままなんだけど

72: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)22:22:00 ID:0YC
>>69 インドネシアは独立戦準備が出来てたはず。日本が降伏したから白紙になるところ現地の人が頑張ってた

74: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)22:23:40 ID:060
>>72
だからそれは小磯声明(1944)で戦局が悪化してたしインドネシアの独立義勇軍からも反乱が起きててもう維持できないから独立させることにしただけ
それまでは日本領に編入することが申し合わせられていた

76: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)22:32:18 ID:0YC
>>74 そうだっんかすまんな

63: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:48:19 ID:JOG
鎖国止めてヨーロッパの技術ガンガン取り込んでたら
また違ったんやないの?
徳川幕府はすぐ終わりそうやけど

70: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)22:21:11 ID:wKb
なおいまも敗戦国扱いの模様

71: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)22:21:35 ID:iNx
満州国にアメリカ資本投下させて仲良く満州事変を起こせばよかったんや

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2016年09月30日 09:12 ID:4Bgw8GeT0▼このコメントに返信
列車砲はロマンだけどレール2本で収まるのをつくれよ。
2.名無しさん:2016年09月30日 09:19 ID:ESnC8.vS0▼このコメントに返信
戦前戦中は日本も砲身作ってたけど今は完全に失われてるん?
3.名無しさん:2016年09月30日 09:23 ID:Kprqm01M0▼このコメントに返信
虚しくなってくるわ、こういうスレ見ると、勝ててればどんなに良かったか…
4.名無しさん:2016年09月30日 09:29 ID:mJIBKYON0▼このコメントに返信
なお、アメリカというバケモノに2国そろってボコられた模様
5.名無しさん:2016年09月30日 09:30 ID:VCY0s9jE0▼このコメントに返信
日本ドイツ「アメカスさえいなければグヌヌ・・・」
6.名無しさん:2016年09月30日 09:34 ID:SfcGBqYZ0▼このコメントに返信
※5
喧嘩売る相手とタイミングが悪いから残当
7.名無しさん:2016年09月30日 09:37 ID:3kE4jkzC0▼このコメントに返信
40: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:24:49 ID:060
というわけで正確には
?ドイツと日本を怒らせた列強の末路
○米英ソを怒らせた枢軸国の末路
やろなあ

実際米英ソはチートだからなあ

国力もチートなんだけど、攻め落とすのが無理なのが一番チート

アメリカ→太平洋と大西洋に挟まれてるチート
ソ連→冬将軍&泥将軍というチート
イギリス→ドーバー海峡と欧州一位の海軍と最新の防空システムというチートなんだけど上の二つに比べたらマシ

敵に回したら負け。
8.名無しさん:2016年09月30日 09:38 ID:JpqIXgYw0▼このコメントに返信
一時的でもアジアの欧米列強を駆逐したのは大きいよね、キッカケないとずっと奴隷のままだったよ
元々は日本が植民地にされない為に防壁にする為にアジア諸国の独立を支援していたのが
どこも上手く行かなくて進出(侵略)する羽目になって経済圏を維持しないと
国家が成り立たなくなって欧米から見ると邪魔でしかなくて
9.名無しさん:2016年09月30日 09:39 ID:27VoP3or0▼このコメントに返信
※2
失われたてゆうか一から作ると物凄くお金がかかるし今の世界標準の砲弾とも規格が違うから意味がないてだけ砲身+専用の砲弾て結構お高いだよ。
10.名無しさん:2016年09月30日 09:40 ID:JpqIXgYw0▼このコメントに返信
逆説的になるけどドイツと日本を怒らせた英米は大損をこいた
ソ連はたくさん死んだけど得したのかな、共産陣営が勝利したのかな
11.名無しさん:2016年09月30日 09:41 ID:OU9giEWN0▼このコメントに返信
※3
負けて悔しいのは判る、今でも、良かったと言う人、悪かったと云う人、考えは色々、未来の子孫に考えて頂く事にして、今は近々の脅威に備える事だ。
12.名無しさん:2016年09月30日 09:44 ID:es.YE48h0▼このコメントに返信
>植民地支配なんて時代の流れではもう終わってたよ

時代の流れっていうのは、何もない所からは起こらない。
教育受けずに言語も統一されていない原住民から独立機運が自然発生したとでも思っているのだろうか。
13.名無しさん:2016年09月30日 09:46 ID:3kE4jkzC0▼このコメントに返信
※12
インド国民会議も知らんのか
14.名無しさん:2016年09月30日 09:50 ID:bQylTlw80▼このコメントに返信
※12
起こらんやろうな
植民地は無いが、言葉や教育があっても独裁の国はまだある

結局はそこに住む人だよ
それらに俺たちもやれるんだって思わせた、そう思わせる根拠を作ったのが日本
15.名無しさん:2016年09月30日 09:56 ID:C.TP.Acn0▼このコメントに返信
列車砲って南斗聖拳の一派だったんだぜ
16.名無しさん:2016年09月30日 09:56 ID:78fC3VQ40▼このコメントに返信
当時の連合国側も枢軸国側もたった数年間で技量はともかく何万人もパイロット育成出来たのは
今ほど複雑だったり身体条件の制限が無かったからなんだろうなと思うけどどうなんだろ?
当時の機体の性能と身体の負担て今でいう初等訓練機以上、中等訓練機未満だろ?
第三次世界大戦勃発しても機体の生産もパイロットの育成も第二次大戦の頃の様にはいかないだろうな
17.白肌の文明悪魔:2016年09月30日 09:56 ID:9H1SSEz90▼このコメントに返信
日露戦で獲得した満州権益は売却して一端さがり 新たな戦略で・・白人侵略者みなに狙われている。
第一次大戦からアメがダントツ世界一となったソノ状況対応ができず・・。
18.名無しさん:2016年09月30日 09:58 ID:.W2k02Qp0▼このコメントに返信
第二次世界大戦で一番得したのは中華人民共和国
19.名無しさん:2016年09月30日 09:58 ID:jgtm4oGJ0▼このコメントに返信
※12
国内で資源囲い込んでるアメリカが植民地主義を批判してたのよ
他の列強国を本国と植民地に分断できれば一人勝ちだからな
しっかし米比戦争から二十年程度で手のひら返すんだから酷い話だ
20.名無しさん:2016年09月30日 10:01 ID:Ozdi66ju0▼このコメントに返信
連合国側に損害与えたからって何だって言うんだ
当の大日本帝国が植民地や軍隊、膨大な人命や資産を自分たちで作った憲法
すべて失ってるのに
21.名無しさん:2016年09月30日 10:02 ID:Ut4b1XAV0▼このコメントに返信
スペインは内戦でボロボロで国力はポーランド以下だったからなぁ
結局覇権から落ちたのはイギリスだけ
戦前の一人当たりGDPは英>>>独≧仏なのに今は独>英=仏だからフランスは落ちぶれてない
日本が成り上がっただけで未だに欧州も豊かな大国だし…
22.名無しさん:2016年09月30日 10:05 ID:pfPvE1S00▼このコメントに返信
怒らせて暴発させて予定通り粉砕した

以上
23.名無しさん:2016年09月30日 10:07 ID:7RLOrn8n0▼このコメントに返信
日本を怒らせたらやばいことを一番骨身にしみてわかっているのは、アメリカさんだけどな。
あいつらも、二度とやりたくないだろうな。
24.名無しさん:2016年09月30日 10:08 ID:hsSeAqrk0▼このコメントに返信
いや、戦後アメリカも相当なダメージくらったから
国共内戦で国民党が敗れて中華の市場を失陥したし
朝鮮戦争で共産主義の脅威を体感して、日本国内での調査で大本営参謀にスパイが結構いた事実を知り国内調べたら赤ばかり
レッドパージが始まって大混乱、スパイ冤罪とか大変になった
で、ベトナムもフランスが敗れて赤化のピンチ
ドミノ理論をくいとめるべくアメリカ参戦、そして撤退
冷戦はアメリカに途轍もない負担を強いたよ
大戦で得たのは自分で瓦礫にした日本とドイツ半分だったしね
世界の警察という金食い虫で重責を負う羽目になった
ソ連はとんでもない被害を出したけど、共産主義の輸出には大成功
真の勝利者になったと思う
東欧の国境線を自由にいじれて、ドイツ人やポーランド人を追い出してデザインできた
まぁ、結局最後は崩壊したんだけどね(冷戦に敗れたというべきか)
25.名無しさん:2016年09月30日 10:11 ID:27VoP3or0▼このコメントに返信
※23
破滅の種子を国土で抑え込んでいた日本を潰して解き放ってしまっただからな~当時の大統領を除く政府や軍の上層部は、頭を抱えただろうな~。
26.名無しさん:2016年09月30日 10:11 ID:zwioVK.c0▼このコメントに返信
※3 勝てる見込みはゼロだったから、その仮定は成り立たない。
軍部も勝てない事を知っており、最初から勝つことを戦争の目的としていなかった。
WW2時の日本は、勝つ気が無い戦争をした世にもまれな国だったのだ。
戦争の最終目標、、そこが、それまで日本がやって来た戦争と大きく違った。
WW2での戦争の最終目標は、日本側は対等講和で、アメリカ側は日本絶滅。
日本、ちょっと、甘かった!

それより、戦争をしなかった場合の方が、はるかに良かっただろう。
あの大軍隊は、今でも健全で、かつ、経済大国にもなっていたはず。
戦前からすでにGDPはうなぎのぼりで、WW2開戦時は世界第六位の経済大国となっていたから。
日本は、富国強兵を達成する寸前だった。

戦後は、超経済大国の超軍事大国となって、アジアを支配していたはず。
ドイツは米ソに敗れ今でも東西に分裂し、ナチスドイツの被占領国となり果てたフランスは、そのまま没落。
世界は、米、英、ソ、日帝で支配されていただろう。
もちろん、台湾と朝鮮は日本帝国として繁栄を極め、満州国は日本の保護国として存在し、現中國東北部(遼寧、吉林、黒竜江の三省)は存在せず、中共は万里の長城以南まで。モンゴルは分裂せず、ソ連側の衛星国として一体として残る。チベット、ウイグルは、戦後独立。


戦争の十年以上前からウラン爆弾の研究に軍部が金をつぎ込んでいた事を考えると、核武装などとっくの昔に達成。
帝国海軍は、今でも健在。観艦式の際には、大和と武蔵と長門と赤城と翔鶴と飛竜とが、原子力空母 赤城を中心とした連合艦隊機動部隊を先導する、壮観な姿を見る事が出来たであろう。

唯一の共産主義国であるソ連は、第一次大戦当時と同様に米・英・日の連合国と冷戦状態。中共や半島で、小競り合いくらいはやっていた事だろうな。

27.名無しさん:2016年09月30日 10:13 ID:BBSuOwIg0▼このコメントに返信
① 日本軍が頑張る⇒アメリカ軍兵士足りなくなる⇒黒人も軍人に受け入れる⇒軍人は英雄だからアメリカ国内の黒人の地位高まる⇒公民権運動
② 日本軍が頑張る⇒白人最強神話崩壊⇒東南アジア独立戦争
③ ①+②⇒アフリカ人:俺らもできる⇒アフリカ諸国独立
④ ドイツ軍頑張る⇒イギリス軍兵士足りなくなる⇒アラブ人に独立引き換えに協力要請⇒戦後約束反古にする⇒独立戦争

戦後の独立国はわしらが作った by 日独
28.名無しさん:2016年09月30日 10:13 ID:J9cfMywc0▼このコメントに返信
人的資源はヤンキーに搾取し辛かったのか
29.名無しさん:2016年09月30日 10:14 ID:d4vgj9P20▼このコメントに返信
米国の介入がなかったら英国はドイツに落とされていたよ
第2次大戦のキーワードはいかに米国を戦争に参加させるか?
連合は上手く米国を仲間に引き込んだということ
ソ連はいいタイミングを見計らって連合側に割り込んで戦勝国
日本では米国に提示する交渉材料なかったからなあ
中国は日本倒したあとでも手に入れられるし材料にはならない
30.名無しさん:2016年09月30日 10:15 ID:hsSeAqrk0▼このコメントに返信
※24
追記
ソビエトスパイとしてローゼンバーグ夫妻が処刑されたんだけど、当時は冤罪の大合唱で映画も作られたんだ
でも機密文書の公開で、裏も取れてたことも分かった
事実、アメリカ高官がソ連のスパイだったことも分かってる
でもソ連のグラスノチから崩壊にいたる過程でソ連側の資料が出てきたことで、マッカーシーは再評価されたりしてるなぁ
ちなみに、日本でスパイやってたゾルゲだけど、東独やソ連で勲章になってたりする
東京のお墓には、今でもロシア大使が墓参してるようだね
31.名無しさん:2016年09月30日 10:21 ID:AZaBcibk0▼このコメントに返信
アメ公の映画見てると
「ナチスという権力に対するレジスタンス=かっこいい」みたいなとこあるけど
実際は「日独がWASPという世界権力にレジスタンス」してたんだよな
32.名無しさん:2016年09月30日 10:23 ID:HkYLwf.X0▼このコメントに返信
世界征服が目的じゃなかったしソ連もアメリカに押しつけたし、まあまあ目的は達成してるぜ。

想定外は吉田の再軍備拒否だな、その所為で今の改憲安保問題がだらだらと続いてるわけで。

結果を知ってるだけで当時の指導者より優れているわけでもないのに・・・なコメントが多いな相変わらず。
33.名無しさん:2016年09月30日 10:49 ID:6Ho9QfHv0▼このコメントに返信
でも再軍備拒否してなかったら多分半島で戦わされてたよ。
敗戦国って辛いわな。
34.名無しさん:2016年09月30日 10:52 ID:l16.GPOX0▼このコメントに返信
過去の栄光に縋るの好きね
35.名無しさん:2016年09月30日 10:55 ID:xcVixd2O0▼このコメントに返信
戦後を見ると、米ソはともかく英仏は「一体何のための勝利だったんだ…」って感想しか残らなかっただろうな。「植民地を政治的な形では独立させたり自治を認めるけど、軍隊はそのまま駐屯して経済も握る」ということができなくなったんだから。

中国は列強を追い出せただけで大勝利だろ。
36.名無しさん:2016年09月30日 11:06 ID:2U6MwRtp0▼このコメントに返信
※19
政党議会制の国なんだから選挙のたびに政策が変わることは健全だし当たり前よ
(特にアメリカは二大政党制かつ閣僚人事についても強力な大統領制だったんだし)

それをいったら戦後日本で言う自民党→民主党→自民党の政権交代による外交声明の変化について
親日・反日とわず外国が「数年前といってることが違うじゃないか"日本"は不誠実だ」と非難するようなもん
37.名無しさん:2016年09月30日 11:06 ID:AKjuQpGf0▼このコメントに返信
アメリカはイギリス没落で相対的に地位上昇、ま、かわりにソ連がイギリス以上に五月蠅くなったので+-0ぐらいの結果かな。
イギリス、フランスの2国は論外で大損だ。
主要国で得したのは大幅に地位上昇したソ連ぐらいか。
あと中国は列強の介入がしにくくなったので、大もうけ。中国民衆にとっては不幸の始まりだろうけど。
38.名無しさん:2016年09月30日 11:10 ID:O1KvjOKF0▼このコメントに返信
でもイギリスもフランスもアメリカも本国が焦土と化してないよね
39.名無しさん:2016年09月30日 11:18 ID:2U6MwRtp0▼このコメントに返信
※38
ロンドンは空襲受けてたし、フランスはドイツ占領下でかなりの窮乏生活だったみたいだよ。
それまでの有数の農業国・石炭産出国だったのに駐留ドイツ軍に率先してそれらが供出され
敗戦後の日本みたいに食料・燃料(暖房など)が配給になり しかも闇市は厳しく取り締まれていたため
1944年頃の調査によると、10代少年少女の平均身長は戦前より7~11cmほど小さくなっていたらしい。
40.名無しさん:2016年09月30日 11:18 ID:TVJmOcqt0▼このコメントに返信
日本が戦略の方向換えて太平洋は最低のシーレーン確保をしてインドに圧力かけて英国と講和するぐらいしか収める方法なかったろうな。チャンスは17年2月~17年5月までの3ヶ月間。満州鉄道の利権等も含めた講和条件次第で日本唯一のチャンスだった。
41.名無しさん:2016年09月30日 11:22 ID:FGlmUuVG0▼このコメントに返信
史上最強、最大の勢力を築き上げたアメリカが絶対的な勝者
それに首を垂れる者だけがおこぼれにあずかれる
グローバリズムという画期的発明で奴隷を大規模外注してるローマだわ
WW2は実質的な米国の国境線をとんでもなく大きく広げる結果をもたらした
末路ではない、始まりだ
42.名無しさん:2016年09月30日 11:24 ID:hsSeAqrk0▼このコメントに返信
※37
いやいやいや、核戦争の恐怖におびえる時代だったぞ?ソ連崩壊まで
あの時代の空気を知らないのかな?
ソ連がイギリスより煩いどころか、常に最大の脅威だったわけで
核抑止力の微妙なバランスに立っていただけだよ
43.名無しさん:2016年09月30日 11:27 ID:2U6MwRtp0▼このコメントに返信
※40
日本は日独伊単独不講和協定(1941/12/11)、イギリスは連合国共同宣言(1942/1/1)で
互いに敵国陣営と単独講和を結ばないことを表明しているから不可能だと思う
44.名無しさん:2016年09月30日 11:31 ID:hsSeAqrk0▼このコメントに返信
※41
WW2ではなく、東西冷戦の勝利な
冷戦が有った事すっぽり抜け落ちてるな
カーター大統領の時のアメリカはダメダメで、ソ連のブレジネフが自信満々だったりしたんだよ
今では考えられないけどね
レーガン大統領あたりから風向きが変わったな
45.名無しさん:2016年09月30日 11:36 ID:ng69IRkU0▼このコメントに返信
なお共産圏諸国、、、
46.名無しさん:2016年09月30日 11:37 ID:cYIjEhpL0▼このコメントに返信
※33
何が有効かは時代によって変わるってことだね
47.名無しさん:2016年09月30日 11:38 ID:ng69IRkU0▼このコメントに返信
※44
ホント米国はベトナム戦争前後で全然違うよね
48.名無しさん:2016年09月30日 11:43 ID:PVM5aIKO0▼このコメントに返信
※35
アメリカも、朝鮮戦争を思い返せば「一体何のための勝利だったんだ…」って言うだろう。

極東アジアから日本を排除した結果、面倒事をアメリカが背負い込むことになったんだからな。

アメリカは無条件降伏とかなんとかホザいてないで、程々で日本と終戦しときゃあよかったんだよ。
そしたら朝鮮対策を日本に丸投げできただろうに。
49.名無しさん:2016年09月30日 11:46 ID:py7KlHRn0▼このコメントに返信
分かることは、戦争をすると面倒だ
50.名無しさん:2016年09月30日 11:49 ID:m.R2k9ux0▼このコメントに返信
※33
これはマジでその通りだと思う。
再軍備してたら、その後も湾岸戦争、イラク戦争、対テロ戦争など
米国が戦争するたびに付き合わされていた可能性大。
んで、「日本の協力に最大限の感謝を(笑)」って口先ばかりの感謝をもらって終わり。

それでもネトウョ系の人たちは「世界から感謝された!」って事実だけで
3回くらい昇天できるのかもしれないけど、犠牲になった軍人さんたちは
何のために犠牲になったのかを問い続けることになったろうな。
51.名無しさん:2016年09月30日 12:03 ID:O4cZuYeBO▼このコメントに返信

でもな

メルケル政策見てると

次もドイツ側は負ける。

ドイツは欧州+米なのか、逆に欧州+露なのかな?
ウクライナ問題は大義の為の問題だが基本はウクライナの存亡の問題
ドイツ自身の存亡の問題になればドイツ率いる欧州+露はありえるんだぜ
52.名無しさん:2016年09月30日 12:07 ID:2ftoliWF0▼このコメントに返信
※50
小銭投げつけられて番犬扱いされてる米兵もたいがいな扱いだと思わんかね?
トランプの発言をただの暴言扱いしてるやつら見てると反吐が出るわ.
53.名無しさん:2016年09月30日 12:08 ID:WvucDxxg0▼このコメントに返信
WWIIのそもそもの原因は、アホのアメ公がバブル吹っ飛ばして始まった世界恐慌
アメ公は対独では様子見だったが、対日本では周到に戦争準備していたのだよ
大日本帝国はいいようにアメ公に踊らされた残念さんだった
白豚の醜さは、「人類に対する犯罪」とかのたまいつつ日独の戦争犯罪を訴追しつつ
戦後再び植民地経営に戻ろうとし、結局追い出された所に良く顕れている
54.名無しさん:2016年09月30日 12:15 ID:nVZoV.19O▼このコメントに返信
※48
それじゃダメだってのがWW1の反省な。
ベルサイユ条約並の賠償課されるぞ。
でなけりゃ米国民が納得せんわ。

アメリカは基軸通貨国になったのに、世界警察なんかやってられっかと引きこもってたのが戦間期。
「助けてアメリカえも~ん」となって嫌々世界警察役に収まったのが戦中~戦後。
戦後面倒を抱え込むハメになったとは言うがな、任せておいたら何をどう血迷ったのかこっちをぶん殴りに来た、って事をやってんだが。
アメリカにしてみりゃ放っておいて世界大戦始められるよりは、地域紛争で犠牲払っておいた方がマシと思うだろ。
55.名無しさん:2016年09月30日 12:16 ID:PVM5aIKO0▼このコメントに返信
※50
俺もかつては憲法9条を全否定していたが、
朝鮮戦争から遠ざかるために必要だったのだと理解してからは
そこそこ評価するようになった。
いまだに改憲論者だけどな。

日本が国防をどう変えるにせよ、朝鮮有事から如何に遠ざかるかが肝だ
56.名無しさん:2016年09月30日 12:24 ID:PVM5aIKO0▼このコメントに返信
※54
WW1の反省ゆえに「そこそこの終戦」を蹴ったと言うの?
なんだその説は。

WW1戦後処理→ナチスという流れを反省するなら
正しい教訓は「敗戦国を追い詰めすぎるなよ」だろう。

あなたの言う通りの変な教訓でアメリカが「無条件降伏!」を掲げたのなら、
やはりアメリカは阿呆な考えのせいで朝鮮戦争の外れくじを掴む羽目になったということだ
57.名無しさん:2016年09月30日 12:26 ID:nhSY2VJA0▼このコメントに返信
アメリカ参戦しなければ勝ってたかも知れんね
だから英中ソが必死こいてアメリカを参戦させるよう裏工作を頑張った

まあアメリカ抜きの相手に勝利してたとしても
その後でいずれアメリカとはぶつかってたろうけど
58.名無しさん:2016年09月30日 12:28 ID:t9oWnX2U0▼このコメントに返信
>38: 名無しさん@おーぷん 2016/09/21(水)21:23:17 ID:060
>>>35
>第二次世界大戦で中立を保って戦争なんて素知らぬ顔で経済成長していたポルトガルも結局植民地失ってるし
>植民地支配なんて時代の流れではもう終わってたよ


負け惜しみかよ
59.名無しさん:2016年09月30日 12:37 ID:q2g7TgSp0▼このコメントに返信
ハルノートの内容は日本に対する国家的衰退から滅亡を強制するものだった。全盛期の軍が健在のハズだから戦争はしない方が良かったなんて、どんなおとぎ話だよw
60.名無しさん:2016年09月30日 12:38 ID:UCUHSyKv0▼このコメントに返信
フランスは未だに植民地持ってるし、アメリカもカリブにいくつかあるんだけどね?
61.名無しさん:2016年09月30日 12:43 ID:nVZoV.19O▼このコメントに返信
※56
何だその説はって、世界史常識レベルだぞ?
無条件降伏ってのは、世界大戦起こすような国は根こそぎ造り変える、やることは安定のための世界秩序再構築だ。
そのために大流血が伴おうと厭うべきではない、てのがカイロ宣言。
ルーズベルトもチャーチルも甘っちょろい覚悟で戦争してないんだよ。
そしてこれは支持されて無賠償すら受け入れられた。

ベルサイユ体制は20年しか持たなかったが、戦後は恐怖の均衡が現れたとはいえ今まで続いてるわけだろ?
歴史のジャッジとしては正解とは言わんが、より正しい状態にシフトしたと評さねばならんだろうな。
62.名無しさん:2016年09月30日 12:51 ID:PVM5aIKO0▼このコメントに返信
※61
評価できるのは無賠償の部分だけだな……

大流血を伴えば、それだけ戦勝国民が無賠償を納得しなくなる。
「世界大戦起こすような国は」つーのも勝手な理屈だし
やはりアメリカは己の阿呆さゆえに敢えて貧乏クジを掴んだとしか
63.名無しさん:2016年09月30日 12:51 ID:PEOvmaCfO▼このコメントに返信
コーンシロップも追加でw
64.名無しさん:2016年09月30日 13:02 ID:eFfGONrg0▼このコメントに返信
※50
再軍備してたらアメリカの戦争に付き合わされてたーじゃなくてさ
今現在中国が日本を侵攻しようと試みてるってこと分かってる?
65.名無しさん:2016年09月30日 13:03 ID:eFfGONrg0▼このコメントに返信
韓国による竹島強奪や日本人漁民の虐殺も防げなかったんだよ
66.名無しさん:2016年09月30日 13:19 ID:eFfGONrg0▼このコメントに返信
核保有、国際決定への拒否権ありの常任理事国という
特別な地位に就いたが?
67.名無しさん:2016年09月30日 14:05 ID:3kE4jkzC0▼このコメントに返信
※64

これまでは再軍備せずに経済成長してて良かった
でもこれからは中国に立ち向かう必要がある
それだけの話だろ
68.名無しさん:2016年09月30日 14:27 ID:tVEpXsmn0▼このコメントに返信
ねずみ(日本)に獅子(アメリカ)は倒せぬとラオウは言ってた
猫はイギリスだなそっちなら・・・ねぇ
69.名無しさん:2016年09月30日 15:56 ID:EQ0JmnJF0▼このコメントに返信
でも日本も、同じ結果を導くのに、得策じゃない道を選んだとは思う。
1930年代はずっと満州に拘ってたのに、結局満州も失うし。
(ついでに朝鮮も失う)
んで「大東亜戦争でアジア解放したんだから日本の実質勝利」みたいな論調は、違うでしょっていう。
イギリスをはじめとした列強同士の枠組みの中で、日本だってずっと、それなりにヨロシクやってたわけだし。
70.名無しさん:2016年09月30日 16:31 ID:5DGd2S5S0▼このコメントに返信
※4
朝鲜戦争の李承晩の後、朝鲜半島(韩半島)は中国に取り込まれて
中国管轄自治省に成った。キャハハハッ
71.名無しさん:2016年09月30日 16:37 ID:aExKs4rP0▼このコメントに返信
日本はルーズベルトの人種差別から戦争をしかけられた、でもあいつバカだからスターリンに騙されただけ。
でも日本が犠牲になったから有色人種が独立できた。
72.名無しさん:2016年09月30日 16:38 ID:2U6MwRtp0▼このコメントに返信
※69
満州事変の後、内田康哉という外務大臣が 国会でそれまでの政府方針(現地軍の暴走否認)から一転して
「我々はたとえ国土を焦土にしようとも "満州国の承認"という主張を世界に訴え続ける気概を示すのであります!」
とほざいて 関東軍の暴走たる満州国建国を承認・支持訴え タカ派議員もドン引き (焦土演説)
(この後 松岡を国連に派遣して、最終的に脱退を推したのもこの人物)

その後 日本はシナ事変から太平洋戦争まで満州の権益にこだわり、結果 事変和平も日米交渉も上手くいかず
大日本帝国降伏の日まで 満州国と共にあり続けた結果
日本は帝都焼け野原 & 明治以来の海外権益を全て失って占領されたという……

このおっさん自身は日中関係がつかの間の平和だった1936年になくなってるのがまた酷い。
73.名無しさん:2016年09月30日 16:40 ID:oIukxDtU0▼このコメントに返信
※8
それがなかったアフリカの惨状を見るとよく分かるよな。
74.名無しさん:2016年09月30日 16:50 ID:lOstzRAP0▼このコメントに返信
どんな状況でも結局はあめりかの核攻撃の的になっていた。
自国から一番遠くて、非白人国家、イギリスも🆗する国、そんな国は世界唯一日本だけ。
75.名無しさん:2016年09月30日 16:51 ID:aC3O58jr0▼このコメントに返信
※72
権益に拘ってたのは、外務省もだけどな。
マジで外務省が一番糞だよ(枢軸入りも、ソ連との中立条約も外務省主導)、しかも中立条約結んだ後、ソ連攻めろとか言い出すし
逆に陸軍の方がまとも

76.名無しさん:2016年09月30日 16:57 ID:3kE4jkzC0▼このコメントに返信
※75
陸軍の中央は最初はまともだったんだけどね(多田駿とか

でも関東軍は暴走するし現地の朝鮮軍とかも引きずられるし滅茶苦茶よ

そしてそれを追認しちゃう政府やら外務省だとか…

なんでこんなわけわかんない事になってるんだ(憤怒
77.名無しさん:2016年09月30日 17:27 ID:yn9UpgFU0▼このコメントに返信
ドイツと日本を怒らせた列強の末路?

言い換えれば、祖国から追い出された、ドイツと日本の皇族の逆襲でしょうがぁ・・・

これ以上は、お察し。

後は、勉強と忍耐です。

思わんとすることこそ思ふことなかれ
78.名無しさん:2016年09月30日 17:48 ID:Zpw8fp2d0▼このコメントに返信
バトルオブブリテンのドイツの敗因は、英防空体制を壊滅寸前まで追い込みながら、英がヤケクソでやった何の戦略的意図も無かった独本土爆撃の報復でロンドンを空襲しまくったこと。
英空軍は本土防衛には少なすぎる戦闘機と、北部に疎開してて損害が少なかった爆撃機しか残っておらず、効果的な防空を行うのに必要な空港もほぼ失っていた。
護衛機があるうちにせめて一太刀とヤケクソ気味にドイツ本土空襲を慣行した。
ヒトラーがキレてロンドン爆撃に戦力を割いたせいで英防空拠点に対する戦略爆撃は非効率的になり、逆に敵の目標が明らかである英空軍は効率よく迎撃できた。
ロンドンが壊滅してヒトラーが満足する頃には、独空軍は大幅に消耗していたのと、英空軍が空港の修復と防空網を再構築したことで英本土上空の制空権は英が掌握することになった。
79.名無しさん:2016年09月30日 18:08 ID:nctstetj0▼このコメントに返信
ドイツと日本怒らせた列強の末路?
日本を怒らせた列強の末路だろ
米独なんて中国いなければ雑魚だったんだし
80.名無しさん:2016年09月30日 18:14 ID:uJOnrWYG0▼このコメントに返信

 ドイツ人を起こらせたら本当に怖い、あのヒトラーを何十回も暗殺しようとしていたんだからねえ。
81.名無しさん:2016年09月30日 18:34 ID:lAQTZHkA0▼このコメントに返信
当時の列強が本気で潰しあえば両者とも大きい傷を負うことは当然。
その上で一方は新秩序のトップに君臨し、もう一方は一時底辺まで追い落とされ現在でもその後遺症が抜けていない
82.名無しさん:2016年09月30日 18:45 ID:3kE4jkzC0▼このコメントに返信
※78

先にロンドン爆撃したのドイツじゃねえか
誤爆とは言え
適当なこと言ってんじゃねーよ
83.名無しさん:2016年09月30日 19:12 ID:HPItxPNV0▼このコメントに返信
※69

ヨロシクやらなかったから、日本は孤立→破滅したんだぞ?

君は1930年代から話を始めているが、
中華民国は1920年代から満州で反列強テロを乱発していて、
それに対して列強は華人虐殺などで報復していた。

なのに外務省は国際協調しないだけでなく、あろうことかテロリストに平和路線をとった為、日本は列強の不信を買ってしまった。
そればかりか日本はテロっても報復しないからと、日本は中華テロの主目標に格上げされてしまった。
それにより満州問題は列強共通の問題ではなく、日本だけの問題になってしまい、日本は本当に孤立してしまった。

最初から義和団鎮圧と同様に8カ国連合軍でも組んで皆仲良く中華民国を成敗していたら、
満州国を作る必要もなかったし、そもそも泥沼にも嵌らなかった。
84.名無しさん:2016年09月30日 19:19 ID:HPItxPNV0▼このコメントに返信
※76

※75が言ってるように外務省が問題を作った張本人で、
文句を言えるような筋合いも能力もないからだろ?

全ての元凶は満州の権益をテロで強奪しようとした中華民国
だが日本国内の元凶はそんなテロリストにラブ&ピースを訴える事によって世界をドン引きさせた外務省

関東軍の暴走と言うが、目前で在満日本人が虐殺されてるのに、
テロリストに配慮せよ、という狂った命令に何時までも従っていられる訳がないだろう?
85.名無しさん:2016年09月30日 19:49 ID:jeVAk8nw0▼このコメントに返信
※69
列強が世界秩序を作っていたのだから その中で足掻くしか無いのでは?
当時から人種差別撤廃に腐心し 国連にも発議していたし
満州に拘っていたのも人種差別のない市場を形成しようとした面もある
86.名無しさん:2016年09月30日 20:02 ID:JpqIXgYw0▼このコメントに返信
※50
再軍備とかいう言葉がそもそも可笑しい、左翼なのか何なのか知らんが非武装なんか現実的じゃない
現実に直面したアメリカから再軍備していいよって言われて自衛隊を再軍備したやん
アメリカがベトナム戦争とかやってる間に日本は戦わなかったのはアメリカが日本を戦えない国にしたからその代償ですよ
いつまでもそれでやっていけるかどうかは厳しいね
87.名無しさん:2016年09月30日 20:09 ID:2U6MwRtp0▼このコメントに返信
※85
満州国に人種差別がない というのも言い過ぎな話
(そもそも満州国には国籍法がなくて殖民した日本人・中国人・朝鮮人その他は "籍"についてそれまで通りれっきと区別があった。)

例えば「満州国社会事業」についての論文pdfなどによると
・満州国国内での企業賃金格差の調査について
 日本人を 100 とした場合 朝鮮人 39 中国人 30の比率であった事
・建国当初から戦時中を通じた食料配給について
 日本人は白米、朝鮮人は白米と高梁半分ずつ、中国人は高梁 という区別があった事
などが記録されている。

これらの格差は戦前期に本土から日本人の入植を促すために
現地の満人よりも優遇環境を用意する必要があったことが理由のひとつ
88.名無しさん:2016年09月30日 20:19 ID:JpqIXgYw0▼このコメントに返信
近代と同じように戦前もラブ・アンド・ピースを訴えて弱腰だったとか信じられないけどそうなんだよな
欧米からはなんで一緒に制裁しないの?って白い目で見られて国民からは腰抜けと煽られる
89.名無しさん:2016年09月30日 20:33 ID:Ku9.Tj4L0▼このコメントに返信
※5
ドイツはドイツでなんで日本が中立条約結んでいるのにわざわざ宣戦布告しようと思ったのか
そして日本は日本でどうしてアメリカに宣戦布告したんだ
日独伊蘇四国同盟が出来たかもしれないのに それで初めてようやくアメリカと事を
構えていいレベル
90.名無しさん:2016年09月30日 20:37 ID:JpqIXgYw0▼このコメントに返信
※87
満州国社会事業を読んだら中華民国がちゃんと独自に近代化をやってたのに
植民地化して後戻りさせて日本がスローガンとはかけ離れた悪いことしたってことだけが書いてあった
そのまま信じてはいけないようだ
91.名無しさん:2016年09月30日 22:41 ID:q.bVgM7L0▼このコメントに返信
むしろ米英仏ソを敵に回した日独の末路
日本→海外領土と千島列島を喪失。焼け野原になり未だに敵国条項の対象
ドイツ→オーデルナイセ線以東の全領土喪失、東西分裂。以下同文
長いもんには巻かれないとね
92.名無しさん:2016年09月30日 23:44 ID:JREMaebh0▼このコメントに返信
※87
こじつけすぎる。
今ですら外国に行ってる日本人は日本企業に勤めて日本で働くのと同等以上の賃金をもらうのがほとんどだろ
逆だってそうだ。明治維新のころ、お雇い外国人が日本の金でいえばすさまじい高給取りだったことも知らんのか?
93.名無しさん:2016年10月01日 00:05 ID:KH.cKVUq0▼このコメントに返信
ドイツはWW1の時に日本に領土を取られて内心反日。WW2の時に蒋介石軍に軍事指導、武器販売をした。
WW2の時、日本は怒って戦争した訳じゃなく、石油確保のためにやむを得ず行った。日米のGDP差の大きさは知られていたからね。敗北は予想されていたけど、黙っていれば飢えるし。
94.名無しさん:2016年10月01日 00:15 ID:2JXjncaS0▼このコメントに返信
※92
お雇い外国人と日本で食い詰めて出て行った日本の海外移民を同列に扱うのはそれこそこじつけだな
95.名無しさん:2016年10月01日 00:29 ID:2JXjncaS0▼このコメントに返信
※85
>人種差別のない市場

世界中の製品が自由に買える市場なんて作ったら品質の劣悪な日本製品は競争に負けてしまう
96.名無しさん:2016年10月01日 00:40 ID:.WMlfiH40▼このコメントに返信
ヨーロッパの植民地政策ってのが限界が来てて日本が解放しなくても崩壊したっておとぎ話信じてる奴アホ過ぎん?
確かに利益は減って行ったかもしれんがマイナスや無いやろし
第一自分の土地とか儲け少なくなったからと独立なんかさせるわけ無いだろ低脳が
台湾に対しての中国
北朝鮮
アフリカ
どこを見て楽に独立出来るのか聞きたいわ
字も書けない言葉も理解しないレベルの奴隷がある日独立させて貰えるとか思ってるのかと
97.名無しさん:2016年10月01日 01:01 ID:gRHDthBb0▼このコメントに返信
米国は、世界支配のチャンスと見て、欧州戦線に参戦するために、宣戦布告のハルノートを米国議会に秘密にして、日本に突き付けて、日本から攻撃させた!
日本など、欧州参戦のために利用した程度であった。
98.名無しさん:2016年10月01日 01:08 ID:YBoAdQVJ0▼このコメントに返信
大英帝国はWW2なしでも間もなく衰退しただろうね、
WW1で浪費したのが致命的
だから日本はあまり関係ない(日英同盟が生きておればもう少し長生きした可能性はあるが)
99.名無しさん:2016年10月01日 01:34 ID:ryqCoYxv0▼このコメントに返信
>>96
白豚共が戦後再植民地化しようと派兵してるの見りゃ
手放す気なんてサラサラ無いのがわかるわな
100.名無しさん:2016年10月01日 04:58 ID:1x0qWuqI0▼このコメントに返信
※87
マジか食糧配給については知らなかったわ……

調べてみたら南アフリカやオーストラリアでも同じように
イギリス系>それ以外の白人系>>>アジア人>>>>>>原住民 という感じで
やっぱり配給やら居住区に区別(差別)があったみたいだ
101.名無しさん:2016年10月01日 07:46 ID:XYphLjQ30▼このコメントに返信
ドイツは主権国家として完全につぶされた(ナチ党政府は解散させられ連合軍が軍政を敷いた、軍が民間の裁判とかをやった)
日本はそこまでいかなかったが、天皇が訴追、処刑、強制退位、追放、亡命のどれかになる可能性は非常に高かった
もしそうなっていたら間違いなく共産化ないし分裂だった

日独を怒らせた列強の末路wwwとか何でそんなに他人事風味に語れるのか、さっぱりわからない
日本滅亡の危機だったのに
結局は本スレのバカウヨ連中の思考と知識が浅いのだろうとしか


102.名無しさん:2016年10月01日 08:00 ID:XSFuWDhz0▼このコメントに返信
そりゃ当時の列強VS列強だったら被害は大きくなるだろ
103.名無しさん:2016年10月01日 09:51 ID:JZy8BpOH0▼このコメントに返信
ユダヤ国際財閥の偉大なるバビロン、人工国家アメリカの世界支配完成の為の、

ターゲットが日本とドイツなんだよ。

104.名無し猫:2016年10月01日 09:53 ID:wH.U3g4J0▼このコメントに返信
奴隷になるより 戦う道を選んだ
そして 最後に勝ったのは日本 
105.名無しさん:2016年10月01日 19:44 ID:8eiQ7oM50▼このコメントに返信
ハルノート叩き付けられりゃ日本人だってキレるだろ 世界一頑固で融通聞かない日本人を怒らせればどうなるか位わかりそうなんだけどなぁ

日本の歴史伝統文化そのものである天皇陛下が暗殺でもされていたら、アメリカはもっと甚大な被害をこうむったと断言できる
106.:2016年10月02日 17:55 ID:FOWbdMW.0▼このコメントに返信
戦時中中国朝鮮3国が日本裏切りアメリカや白人に賄賂などしてたからだよ。裏切りってか中国朝鮮3国人はそういう奴らだよ、だから今白人にブーメランきて同じ白人に暴露されて世界から利権排除、世界から中国朝鮮3国人潰し←今ここ
107.名無しさん:2016年10月03日 04:35 ID:7EUIWvih0▼このコメントに返信
【帝国政府声明 午後 零時二十分發表】


今回帝国は東南アジア地域に武力進攻せざるを得なくなったが、それは決して東南アジア住民に対して敵意を持つからではない。ただ、米英から東南アジア住民に対し加えられてきた暴政を排除し、東南アジアを白人によって植民地化される前の、明白なる本来在るべき姿へ戻し、ともに協力して繁栄することを願うからである。大日本帝国は東南アジアの住民たちがこの戦争目的を了解し、東亜に新たなる政治経済体制の構築を目差し共に行動することを疑わない

今や大日本帝国と東亜の興廃は、この一挙にかかることとなった。全国民は、このたびの戦いの原因と使命に深く思いを馳せ、けっして驕ることなく、また怠ることなく、よく尽くし、よく耐え、それによって私たちの祖先の遺風を顕彰し、困難にあったら必ず国家興隆の基を築いた父祖の光栄ある歴史と業績と雄渾深遠なる陛下の統治を思い、万事にわたってソツがないようにすることを誓い、進んで戦争の目的を完遂し、陛下の御心を永遠に安んじ奉ることを期待する。
108.名無しさん:2016年10月03日 07:19 ID:FKtTGMQj0▼このコメントに返信
WW2で得したのはソ連くらいじゃないか
枢軸はボロボロにされたからまったく得してないが、ヨーロッパは植民地なくなっちゃったし、防共だった日満なくなってソ連の支配圏超増えちゃったし、ルーズベルトはアホすぎ
109.名無しさん:2016年10月04日 21:08 ID:P9W9.DgH0▼このコメントに返信
※13
国力疲弊していないイギリス相手じゃ独立なんて絶対無理だわw
第二次世界大戦で日本が海軍滅茶苦茶にしてドイツが本土を瓦礫にしたから独立止められなかっただけや。
110.名無しさん:2016年10月04日 21:11 ID:P9W9.DgH0▼このコメントに返信
※26
妄想乙
仮に戦争になってなかった場合
まずアメリカからの要求によって満州全土喪失
次に朝鮮半島喪失
満州、朝鮮半島に対する賠償金を支払わされた後アメリカ船を自分で沈めて日本のせいにして戦争吹っかける
こうなるだけ。
ちょっとは頭使えよー
111.名無しさん:2016年10月05日 18:25 ID:5.5b3PP70▼このコメントに返信
米と精々ソ、それ以外は皆負けみたいなモンだろ。
「戦争」に負けた日独伊もそうだし、バルト3国とか東欧もソに征服されたようなモン。
英仏は植民地とられて終わりだし。
中華民国も共産党に火事場泥棒されて逃げ出したし。
戦後第二ラウンドで3、4位についたのが日、西独だったりするわけだし、長い目で見りゃWW2って欧州を蹴落とす戦争だったと考えるとすっきりする。
112.名無しさん:2016年10月05日 20:46 ID:8N1CWBDQ0▼このコメントに返信
ドイツに零戦等日本海軍の航続距離の長い戦闘機が有ればバトルオブブリテンには勝てた。
113.名無しさん:2016年10月05日 22:37 ID:TCt6IPEy0▼このコメントに返信
勝つ勝つって
平民や小作人がネットなんぞやれると思ってんのかねえ

娘は売っとくから、黙って出征するか水だけ飲んでろ。
114.名無しさん:2016年10月06日 20:06 ID:ootian170▼このコメントに返信
※18
つまり、それを潰せばWW2が精算できるって事だな(ニヤリ
115.名無しさん:2016年10月09日 07:37 ID:JsMHto5t0▼このコメントに返信
>第二次世界大戦で中立を保って戦争なんて素知らぬ顔で経済成長していたポルトガルも結局植民地失ってるし
>植民地支配なんて時代の流れではもう終わってたよ
それはないw無知すぎだろwww
何百年白人どもの奴隷植民地だったと思ってるんだよ
現在でも形変えてるだけで日本含めて経済植民地だろうがwww
フィリピンの大統領が口だけの米にぶちぎれるのは当たり前
116.名無しさん:2016年10月10日 19:46 ID:nuKGgbLB0▼このコメントに返信
※55
117.名無しさん:2016年10月12日 18:29 ID:OlBEFj6C0▼このコメントに返信
自らの価値観こそが絶対的正義とばかりに世界中を抑え絶頂期にあった白人の世紀に引導を渡したのは疑いようもなく日本。
敗戦後、目には目を、やられたらやりかえせという価値観の彼らは、日本の復興・復讐を恐れ武器を取り上げるなど復讐の阻止を企んだ。
しかし日本は驚異的な経済的復興を成し遂げ影響力が増大した一方、民族自決に目覚めたアジア諸国は次々独立していった。
そして70年を経て、アジア各国が巨大経済圏へと成長、他方欧州では中東系大量移民などで、白人国家は異なる価値観の台頭と流入の波に晒されつつある。
長年自らの価値観を他民族に強いてきた彼らが、今後は他の価値観を受け入れ、時には従わなければならない状況が現実のものになりつつあるのだ。
かつての輝かしき白人の世紀は確実に終焉を迎えつつある。
因果応報としか言いようがない。

お名前