スポンサーリンク

2016年08月30日 01:35

辻政信って有能だったのか無能だったのか、一体どっちなんだよ?

辻政信って有能だったのか無能だったのか、一体どっちなんだよ?

02

引用元:辻政信って有能だったのか無能だったのか、一体どっちなんだよ? [無断転載禁止]c2ch.net
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1472382537/

1: バックドロップホールド(愛知県)@無断転載は禁止 2016/08/28(日) 20:08:57.57 ID:VzsldS3p0● BE:342992884-PLT(13931) ポイント特典
誰も辻には逆らえない

半藤一利さんが「絶対悪」と評した元陸軍参謀・辻政信の話をつづけたい。私が会った、ある元参謀はこう語っていた。

「辻さんは強いですよ。徹底的に言うから。ちょっとでも消極的なことを誰か言うと、どやし上げるから辻さんの前ではみんなまともにものを言わない。
軍司令官だって師団長だってみんな黙ってます。すると(軍の方針が)辻さんの言う通りにだんだんなっていくんですよ」
「(中略)」

http://gendai.ismedia.jp/articles/premium01/46896

2: ウエスタンラリアット(新疆ウイグル自治区)@無断転載は禁止 2016/08/28(日) 20:10:01.78 ID:nQN1FRwA0 BE:532994879-PLT(13559)
愚問ですな(・ω・)

4: ジャストフェイスロック(埼玉県)@無断転載は禁止 2016/08/28(日) 20:12:04.39 ID:1M/HXlJl0
有能だったでしょ
単にその有能さ以上の権力を手にしてしまっただけで

9: 足4の字固め(チベット自治区)@無断転載は禁止 2016/08/28(日) 20:24:01.11 ID:XVcJWZ2C0
半藤一利は源田実も辻ーん同様の扱いにしてるからちょっと疑問符はつく

20: ムーンサルトプレス(埼玉県)@無断転載は禁止 2016/08/28(日) 20:54:07.59 ID:cTU7/bF30
>>9
戦後の立ち回りがにてるからじゃね?

11: オリンピック予選スラム(大阪府)@無断転載は禁止 2016/08/28(日) 20:31:07.61 ID:NL6V9aBs0
逸話聞くとどう考えてもめちゃくちゃクズなのに
ミリタリ界隈じゃ妙に人気なのはなんでなん?

13: 足4の字固め(チベット自治区)@無断転載は禁止 2016/08/28(日) 20:37:19.61 ID:XVcJWZ2C0
>>11
むっちーと辻ーんは屑すぎるからネタ要員

14: チキンウィングフェースロック(SB-iPhone)@無断転載は禁止 2016/08/28(日) 20:37:51.60 ID:gBGDK8Ep0
作戦の神様

15: トペ コンヒーロ(東日本)@無断転載は禁止 2016/08/28(日) 20:38:25.94 ID:CgccyuON0
確かにビルマでも彼の言うことがあたったと書いてる資料がけっこうある。

19: ジャンピングDDT(新疆ウイグル自治区)@無断転載は禁止 2016/08/28(日) 20:53:30.94 ID:4J5QemTL0
まさに、
無能な働き者

22: ジャンピングカラテキック(神奈川県)@無断転載は禁止 2016/08/28(日) 20:58:47.55 ID:WAKnfvGK0
同じ有名でも海軍の神参謀とは大違いの無能

23: トペ コンヒーロ(東日本)@無断転載は禁止 2016/08/28(日) 21:16:15.40 ID:CgccyuON0
>>22
神さん神がかりだけど・・・あの人いい時とわるい時が極端なんだよね。

24: ミッドナイトエクスプレス(庭)@無断転載は禁止 2016/08/28(日) 21:23:16.96 ID:E8jxqzy+0
つかよ、何の責任もとらねぇんだよな、この糞参謀。

30: タイガースープレックス(やわらか銀行)@無断転載は禁止 2016/08/28(日) 22:08:30.74 ID:yTQekGpn0
>>24

めちゃくちゃ有能じゃん
言いたい事言ってやりたいようにやって
手柄は自分のもの
失敗は他人に押し付ける
現代でも一番出世するタイプ

31: バックドロップ(京都府)@無断転載は禁止 2016/08/28(日) 22:09:10.13 ID:cjpEaE7b0
>>30
組織にとっては最悪の無能

28: シャイニングウィザード(中部地方)@無断転載は禁止 2016/08/28(日) 21:49:48.50 ID:IfQ/ALmN0
戦後のがオモシロい人

33: ネックハンギングツリー(中部地方)@無断転載は禁止 2016/08/28(日) 22:18:54.55 ID:Kg6Pqc6z0
ガンダムで言うティターンズみたいなもの
たしかに連邦の精鋭を集めたエリート部隊だったが
自分が選ばれた優秀な人間だと勘違いして暴走してしまった

34: カーフブランディング(愛知県)@無断転載は禁止 2016/08/28(日) 22:19:38.52 ID:mK9bJSg20
超優秀だよ
ライバル蹴落とすことと出世にしか興味がなかったのが残念ですわな
能力を活かして勝つために作戦立ててりゃ良かったのにね

35: エルボーバット(東京都)@無断転載は禁止 2016/08/28(日) 22:29:57.80 ID:CX1oRAvC0
内部に対しては有能、外部対しては無能

39: バックドロップホールド(庭)@無断転載は禁止 2016/08/28(日) 22:41:02.50 ID:Bmp2+bQP0
>>35
憲兵隊や特務の方が向いていた感じだね
まぁ華の無い地味な兵科だったからやらないと思うけど

37: エルボーバット(東京都)@無断転載は禁止 2016/08/28(日) 22:34:41.48 ID:CX1oRAvC0
よく批判される昭和陸軍参謀像の典型
と言うには性格がクズ過ぎる人物



45: ボマイェ(東京都)@無断転載は禁止 2016/08/29(月) 00:11:27.55 ID:k+GCqeJp0
意外に思われるが実は有能。

旧日本軍の罪をすべてこの人物のせいにされているが、中国では殺すな・犯すなと軍律を厳しくし
違犯したものは容赦なく罰した。対米戦争でも厳しい軍律を課し、国際法に反することは一切しなかった。
シンガポール攻略は世界史の最大転換点。

47: 中年'sリフト(中部地方)@無断転載は禁止 2016/08/29(月) 00:40:20.37 ID:poyqc6R00
>>45
つ「辻政信私物命令事件」

在比米軍降伏後に大本営からの旅団命令と偽って捕虜の全員射殺を
画策した。
戦時国際法は元より日本軍の軍法にも違反している。

46: 32文ロケット砲(茸)@無断転載は禁止 2016/08/29(月) 00:38:36.55 ID:K7ViLomU0
個人に勝手に軍を動かされる陸軍なんて御国の面汚しもいいとこだろ

48: ミラノ作 どどんスズスロウン(dion軍)@無断転載は禁止 2016/08/29(月) 01:00:52.93 ID:nzn+WMgV0
地元の石川県では神様扱いされてるらしいが
森元も辻に声かけてもらって政治家になった

51: ウエスタンラリアット(埼玉県)@無断転載は禁止 2016/08/29(月) 01:14:58.62 ID:WT+76sss0
こいつ戦後も生き延びたんだね。
腹立つわ。

52: トペ スイシーダ(東日本)@無断転載は禁止 2016/08/29(月) 01:20:35.50 ID:RCxmw4yA0
軍刀組ってことは典型的な出題者の意図、空気を読んで
勇ましい回答をすることに長けてるってことだよね。

どうしても攻撃ではなく防御するほうがいいところでも
「死中に活を見出してあえて全力で攻撃する」
と書くと点数がいい。

でもまあビルマ戦記読む限りでは、現場を飛び回って
的確な判断をしたように見えるよ。
水上少将の件とか???なところもあるけどさ。
もっともビルマは他がクズばっかだからってのもあるけど。

55: 河津掛け(大阪府)@無断転載は禁止 2016/08/29(月) 09:33:20.68 ID:IYapV6ge0
ノモンハンで叩かれてたけどノモンハンのソ連側の実態が出たらかなり重要な戦いだったのがわかってる
ノモンハンで下がってたらソ連は南下してたんだよなあ…

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2016年08月30日 01:42 ID:uF1B4bXW0▼このコメントに返信
有能な前線指揮官ではあるよね
参謀としてはアレだけど・・・
2.名無しさん:2016年08月30日 01:44 ID:9aoRixz.0▼このコメントに返信
石川県民だが辻は無能だったと思う。私が思うに陸軍の4悪人は牟田口廉也・辻正信・瀬島隆三・富永 恭次これからみれば東条英機なんか神様に見える。
3.名無しさん:2016年08月30日 01:46 ID:hamehHrb0▼このコメントに返信
参謀で、ノモンハンで戦いが有るのに正確な地図一つ用意していないで、戦場迄どの位距離でどの位到着出来るか全く解らない状況で適当出撃させて
戦車という進撃速度の速い兵器を要する部隊に、牛車を組み込み折角の速度を台無しグデーリアン見たら発狂する様な事をしてたのは事実だよな
4.名無しさん:2016年08月30日 01:50 ID:fQs6YtMU0▼このコメントに返信
参謀としてはだめだったけど前線指揮官や策謀家ならよかったんじゃないかな、日本の伝統の適材適所下手のあるいみ犠牲者
5.名無しさん:2016年08月30日 01:51 ID:8RglkRrK0▼このコメントに返信
よくわからん人望というか吸引力があるだけの無能
前線指揮官としては有能だったかもしれんが、参謀としては無能としか言いようがない。

まあ敢えて有能無能というより、当時の大日本帝国にとって有害だったってのが正直なところ。
6.名無しさん:2016年08月30日 01:54 ID:wKLQFH0i0▼このコメントに返信
つーか南方戦線は辻もそうだが牟田口、木村、富永、久野村、寺内とクズと日和見が多過ぎる
帝国陸軍の恥ずべき連中
7.名無しさん:2016年08月30日 01:56 ID:CYxJSKwD0▼このコメントに返信
今でいう精神主義型の上司じゃないの?
弱い敵には滅法強いが、強い敵の前には味方殺しになる。
こいつを有能扱いする神経がわからん。
8.名無しさん:2016年08月30日 01:57 ID:e9rbVyxB0▼このコメントに返信
ノモンハン事件はソ連軍のジューコフ元帥を生涯で尤も苦しめた戦いなんだけど、当のジューコフは日本の下士官や兵は褒めてるけど高級参謀は貶してる

辻ーんが屑なのは、参謀の無能を現場が奮闘して補っているのに、現場に全部責任を押し付けて自決に追い込んでいること

無能な働き者ってのがピッタリ
9.名無しさん:2016年08月30日 02:01 ID:9eqosq.00▼このコメントに返信
正直言えば、ミッドウエイで日本が負けず、南太平洋でポートモレスビーを占領できればニューギニアの人的損失は無く。
膠着状態が続けば、東南アジアでも無理に攻めることもなく、工作活動を行え、インドの独立も力押しではない形で成就できたかもしれない。
そういう人物。

サッカーの試合で、4-0で負ける中、
残り時間10分で
急きょ監督交代を任せられても、多分余程のことがないかぎり、勝ちは望めない。

負けたから無能は一面の事実だが、だからと言って敗軍の将が本当の無能であったわけではない。

関ヶ原の石田の作戦は緻密だよ。
でも負けた。
勝ったかもしれない。

それが戦。
10.名無しさん:2016年08月30日 02:02 ID:n6DnxKGF0▼このコメントに返信
当時の日本人に有能とかおらんやろ
11.名無しさん:2016年08月30日 02:02 ID:CYxJSKwD0▼このコメントに返信
※6
後方にも、杉山元という、便所の扉がいるよ。
まったく、この頃の日本史はクズが多くて憂鬱になる。
人気のある山本五十六だって結局は有害だしなあ。
12.名無しさん:2016年08月30日 02:03 ID:9X.gQsXT0▼このコメントに返信
有能。ただし見識より勢いと押しの強さにステ全振りのもようなので「有害」。て感じ。
全体指揮とってまともだった事が一度も無い。
最後は僧侶の偽装してビルマで殺されたってなんやねん。w
13.名無しさん:2016年08月30日 02:03 ID:aql5t8xj0▼このコメントに返信
無謀だが一番死なないタイプ
「それヤバイんじゃ....」を堂々とこなすやっぱり死なないタイプ
14.名無しさん:2016年08月30日 02:04 ID:Phk2cEBB0▼このコメントに返信
有能なのは間違いない
主に悪い意味で
15.名無しさん:2016年08月30日 02:10 ID:5fVwuMMN0▼このコメントに返信
思考が論外なのに、有能というか元気だから困るんだよな
精神的には馬賊と変わらん

永田が生きていても、辻は制御できなかったんじゃないか
16.名無しさん:2016年08月30日 02:11 ID:e9rbVyxB0▼このコメントに返信
こいつがなんで「作戦の神様」扱いされたのかさっぱりわからん
17.名無しさん:2016年08月30日 02:13 ID:NagU696V0▼このコメントに返信
無能だろ、ノモンハンにしろガタルカナルにしても敵の戦力分析が甘すぎるうえ、旧態全とした戦術を繰り返す。
成功したら自分の功績、失敗したら精神論。
18.名無しさん:2016年08月30日 02:15 ID:ByljXZyH0▼このコメントに返信
南京攻略で、捕虜は捕るなという通達を出したのが 辻参謀
19.名無しさん:2016年08月30日 02:16 ID:OeNSf9re0▼このコメントに返信
前線指揮官としてなら有能だがシンプルにヤバい
文明国家に生まれたことが間違い
20.名無しさん:2016年08月30日 02:17 ID:y83ui5KX0▼このコメントに返信
兵隊からの人気はあったらしいから、
歩兵の中隊長か野戦憲兵にでも収まっておけばソコソコにはいけたんじゃね?
21.名無しさん:2016年08月30日 02:20 ID:e9rbVyxB0▼このコメントに返信
そういや牟田口も前線指揮官としては優秀って言われていたんだよな

日本陸軍って高級士官の育成に何か致命的な欠陥があったんじゃないのか?
22.名無しさん:2016年08月30日 02:21 ID:aBdirc0S0▼このコメントに返信
確か、陸自だったかどっかに銅像建っているよ。
23.名無しさん:2016年08月30日 02:21 ID:biEu0wDr0▼このコメントに返信
戦闘指揮の能力は優秀。実際、中隊長としての功績は抜群。ただ、作戦に関わらせたらダメなタイプ。
意外と火力重視な思考だったり、米軍の戦闘要領が判明する前から突撃前の機関銃撲滅は必須と提唱したり、それなりに理解力はあるのが伺える。
むしろ、こういう素材をあのレベルの有害物質に変える日本陸軍の体質そのものに問題ありなんだと思う。
辻個人の資質に問題なしとはしないけど、辻の有害な面は辻個人の資質が発露したんじゃなく、日本陸軍の有害な面を素材の良さ故に素直に吸収し発露させたんだと思う。
24.名無しさん:2016年08月30日 02:27 ID:9eqosq.00▼このコメントに返信
※23
工作員か馬鹿しかいないコメント欄のなかでまともな意見。
読ませる力がある。
後はほとんどくずばかり。まあ朝鮮人のごまめの歯ぎしり。
25.名無しさん:2016年08月30日 02:34 ID:RyNZohDiO▼このコメントに返信
※20
そりゃあ司令部でふんぞり返らず現場に来るんだもの
「他のエリート様とは違う」
と思われても当然
まあ見に来た上で現場の事情は斟酌しないのだから、ある意味もっと質悪いが
26.名無しさん:2016年08月30日 02:39 ID:ghB3Bzh.0▼このコメントに返信
※23
他に手段が無いから精神論(超精鋭志向)に傾いちゃうのも理解できるが、
最終的に自分たちがそれを信じちゃう、または免罪符にしちゃう辺り今の日本人と同じだなって思うね

教育って大事だよね…
27.名無しさん:2016年08月30日 02:47 ID:koaoENkV0▼このコメントに返信
そもそもその時代の日本は誰か1人でどうこうなる状態じゃなかった
精神論ばかりでまともに分析を汲み取る組織じゃなかった時点でいずれ終わるのは見えてた
いっそアメリカに強制的に変えられてむしろ庶民の生活だけならよっぽどマシになった
あのまま日本が続いてたら今の中国と大差ない
庶民の自由や生活よりも国家大優先だからな
国として見ればそっちのほうがいいが
1人の人間として見れば今のほうがよっぽどいい
28.名無しさん:2016年08月30日 02:54 ID:xkbR56GX0▼このコメントに返信
半藤一利と同じくらい無能だ 

大東亜戦争時の日本軍の参謀はほとんど無能です 
現場の将校と兵隊はバカな参謀でも 
よく戦いましたわ 
29.名無しさん:2016年08月30日 03:05 ID:idWhJknBO▼このコメントに返信
悪運の強い無能
30.名無しさん:2016年08月30日 03:14 ID:Gh9x6ry.0▼このコメントに返信
このスレみていると、変態左翼教育がすっかり行き届いた感があるよね。
変態左翼とここの住民の見解が全く同じなんて、笑える。
31.名無しさん:2016年08月30日 03:17 ID:tnF5FHjj0▼このコメントに返信
※9ミッドウェーも珊瑚海も海軍が主役なんですが、彼らは有能でしたか・・・?

32.名無しさん:2016年08月30日 03:19 ID:2gH3IDI70▼このコメントに返信
コミンテルンとしては優秀
33.名無しさん:2016年08月30日 03:27 ID:ITG.jm.f0▼このコメントに返信
わかりやすい部分にばかり意識を集中させないことが謎解きへの手掛かりになる
34.名無しさん:2016年08月30日 03:34 ID:pu2RcRbV0▼このコメントに返信
纏めでも取り上げてたギガジンの記事『CIAが敵の組織を破滅に追いやるために潜入スパイに実行させた「愚者の心得」をまとめたマニュアル「Simple Sabotage Field Manual」』

・ひたすら「演説」せよ。演説は可能な限り頻繁に、そして尋常ならざる長さで行え。論点は、長々とした逸話や体験談で形作れ
・相対的に重要ではない仕事に完璧さを要求せよ。ささいな点でも修正するように突き返せ
・解決策が出る直後に、正確な言葉をもって押し問答せよ

ひたすら精神論を大声で掲げ続けた辻政信など陸軍参謀本部によく居た猛烈型参謀は、この『組織を腐らせる愚者の心得』の典型
35.名無しさん:2016年08月30日 03:50 ID:CYxJSKwD0▼このコメントに返信
満州事変以降、陸軍には辻政信の小型版みたいなのが、あちこちにそこそこいたんじゃないの?
NHKのドキュメントで、勲章欲しさに日中戦争を拡大した将校がいたなんて話があったよね。
太平洋戦争だって、
 アメリカ「中国から撤退しろ、さもなければ断交だ!」
 陸軍将校「正直、泥沼だから中国からは撤退したい。でも撤退したら自分達の責任が問われる。
      自分達の保身の為にもこのまま突き進む。」
 アメリカ「とうとうベトナムまで進出しやがって。もう我慢できない。戦争だ!」
という面がかなりある。つまり陸軍自体が辻政信的だった。
36.名無しさん:2016年08月30日 04:04 ID:9TZkSUxN0▼このコメントに返信
米軍が沖縄に上陸するって予測を立てた参謀の案を全力で握りつぶしたのってコイツだっけ?
37.名無しさん:2016年08月30日 04:13 ID:e9rbVyxB0▼このコメントに返信
ガルパンに出てくる文科省の役人って、辻政信+牟田口廉也+木村平太郎で辻廉太じゃなかったっけ
38.名無しさん:2016年08月30日 04:16 ID:5fVwuMMN0▼このコメントに返信
※30
キャラクター的に見るなら魅力はあるが、そういう人物を評価しないからって
左翼にされてはかなわない。これは何もアンチヒーローに限ったことじゃない

たとえば、安藤輝三を否定して、渡辺錠太郎を高く評価したら左翼になるのか
39.名無しさん:2016年08月30日 04:22 ID:xI5SdulH0▼このコメントに返信
ガダルカナルから生還したうちの爺様や他の生還した爺様達が
一木隊供養を毎年やっていたんだが、食事会でこの人の名前が出てきた時
一瞬で和やかな空気が変わって怖かった。相当恨まれているのを感じた。
40.名無しさん:2016年08月30日 04:30 ID:9eqosq.00▼このコメントに返信
※30
不思議なのは、別のスレで「今の日本には阿部しかいない」みたいなのがあり、そこでは次の首相のことが話題になっているのだけれど
不思議に自民党の名前が挙がり、ここに書かれているような日本貶めの内容になっていない。
私から見ると、外務大臣などは売国以外の何者にも見えないが、支持されているんだね。
こいつを支持するのは朝鮮人ぐらいだと思うのだが、
分かった。
自民サポーターは、朝鮮人なんだ。ということだ、

保守系の他の政党が出たら、つぶすような書き込みをし、
櫻井は街宣右翼の変種みたいなことを書いている。
つまり、ネット工作をしているというわけだ。

日本は自民も含めて政治屋に任せていたら滅びるぞ。

ええじゃないかを始めるときだ。
41.名無しさん:2016年08月30日 04:39 ID:zL.NcFRt0▼このコメントに返信
辻参謀無能論が大半でトホホ。
要するに陸軍で出世するにはあのタイプが必要。
問題は彼を使える東郷元帥とか、そんな懐は深いけどシメるところはきちっとシメる上司に恵まれなかったところかな。
まあ石田三成を使いこなせたのが秀吉だけだったみたいに、上司も超有能でないと部下は使いこなせないが。
たいていは西郷隆盛みたいに部下に任せるが責任は全部自分で取る、みたいに大人物ぶってコトを台無しにするんだけどね。
42.名無しさん:2016年08月30日 05:03 ID:e9rbVyxB0▼このコメントに返信
※41

組織人として優秀であることと、参謀として無能であることは問題なく両立しますよ

どんな人材でも使い方次第、というのは正しいので、もちろん組織として彼のような人材を使いこなせなかったのは問題ですが。

彼が参謀として無能なのは個人の資質だけでなく、組織としての日本陸軍に欠陥があったのは確かですが、それだけで免責はできません。
43.名無しさん:2016年08月30日 05:03 ID:9eqosq.00▼このコメントに返信
※37
そうなんだ。
気にも懸けなかったが。ガルパンは好きだが、戦後レジームのステレオタイプ的発想なんだな。
私はシミュレーションゲームをやったが、ミッドウエイもニューギニアも馬鹿作戦とは思わないな。負けたけど。
ただ、ミッドウエイは勝機は十分にあったし、島も占領することも可能だったと思う。

ニューギニアは確かに自分は手出しはできない。相手の航空戦力が分かっているので。
しかし、作戦の意図は分かるんだ。ポートもレスビーを落とせば豪州をチェックメイトだ。
なので、目の付け所は悪かったとは思わない。
少なくともあんたたちよりは見識は高い。
目の付け所の鋭さが能力であることは確かだ。

結果的には多くの人を苦しめ、無駄死にさせた。でも何もしなくてもじり貧であることには変わりはなく、攻めてそれが成功すれば道は開けた。
これぐらい考えて意見は述べてくれ。
浅い。

44.名無しさん:2016年08月30日 05:04 ID:fCheeWI10▼このコメントに返信
※39
俺のひーじさんもガ島帰り。
親父の話によると、一兵卒と同じものを食べ部下から慕われていた川口少将を褒めて尊敬していたが、
肩書きをかさに最前線でも我がまま言い放題の辻をひーじいさんはぼろくそに言っていたそうな。
最後は、最前線の兵士を見捨てて我先にガ島から逃げ帰ったそうだね。

有能無能云々より牟田口みたいに逃げ足だけは、早いね。
こんなのを銅像立てて崇めている石川県民は、本当に『糞』だわ。
『恥』を知れ!
45.名無しさん:2016年08月30日 05:10 ID:XoR2moGA0▼このコメントに返信
※35
>陸軍将校「正直、泥沼だから中国からは撤退したい。でも撤退したら自分達の責任が問われる。
      自分達の保身の為にもこのまま突き進む。」

いやーこれ日本人のエリートの大概に備わっている基本的な性能だよ
最近の東芝とか日銀とかもみんな同じ。
46.北海道人:2016年08月30日 05:11 ID:UwCmjvoRO▼このコメントに返信
遂行困難な作戦を成功させれば犠牲者が何人出ようと有能であり名将と後世では評価され失敗したら犠牲者が少なくても無能だと評価される。その意味では多大なる犠牲者を出して作戦が失敗した計画を企画した無能参謀だろ。
47.名無しさん:2016年08月30日 05:11 ID:qOhcNcOw0▼このコメントに返信
ガダルカナルでは現地におり、飛行場の奪還に失敗している。ノモンハンでもしかり。柔軟性が無く、最後は精神論に頼るような人間だったと思う。
48.名無しさん:2016年08月30日 05:33 ID:d64QF8nA0▼このコメントに返信
ガダルカナルの足を引っ張ったのは海軍、無能山本五十六。
49.名無しさん:2016年08月30日 05:37 ID:Gh9x6ry.0▼このコメントに返信
※40

うーん。40の言葉は簡単なようで結構内容が深かったので考えちゃいましたよ。
そうそう、辻さんは満州で活躍していたとき多くの中国人を潰して来ているから、中国大好き日教組が虚言を弄してまで中共と一緒に罵倒していたんだよね。それに全学連なんかも洗脳されちゃって馬鹿みたいに嘘の教育をまに受けてすっかり信じちゃってさ(大笑)
そう言えば、辻さんは、三島由紀夫が称賛した人でもあるよね。
とにかく、辻さんがインパール作戦に加わったのは撤退作戦の時なんだよね。周りを敵が取り巻く中、武器も底付き、本当に大変だったと思うよ(「十五対一」辻正信 著 参照)。
そんな状況下で有能無能って、頭が悪いんじゃない?
とくに38なんて只のバカでしょ(嘲笑)。
50.名無しさん:2016年08月30日 05:45 ID:.x261oWa0▼このコメントに返信
内輪の議論では絶対に負けないが
現実に敵が居てなかんずく逆境だとほとんど為す術を知らない
"敵に回すと恐ろしいが味方にすると頼りない"
辻はねらー。生まれるのが80年かそこら早すぎたのが身の不幸
51.名無しさん:2016年08月30日 06:01 ID:fxYlaeyW0▼このコメントに返信
※40
お前らの出馬、待ってるぜ!
52.名無しさん:2016年08月30日 06:05 ID:sQ3fSh2K0▼このコメントに返信

戦後のサゲ工作のせいで、彼のせいではないことまでかぶせられてるからね。

普通に「天才」だと思う。

逆にアメリカには物量があったから勝つ側になれただけで、
せいぜい「秀才」程度の指揮官しかいなかった。
53.名無しさん:2016年08月30日 06:10 ID:5x.VL3wY0▼このコメントに返信
クソ参謀
でも日本のガンはこいつを隠れ蓑にした小辻みたいな奴ら
54.名無しさん:2016年08月30日 06:10 ID:5fVwuMMN0▼このコメントに返信
※49
伸ばしたいのか、絡みたいだけか知らないが、無理をしてはいけない

もう少しキーワードを絞らないと、俺も含めて、みんな白けるだけだ
55.名無しさん:2016年08月30日 06:11 ID:e9rbVyxB0▼このコメントに返信
※52
×天才
◯気狂い
56.名無しさん:2016年08月30日 06:16 ID:sELvjZXQ0▼このコメントに返信
なんか日本は兵隊は優秀だが上がダメと聞いたな。優秀な兵隊を上にしてもダメなんだね。
57.名無しさん:2016年08月30日 06:18 ID:CYxJSKwD0▼このコメントに返信
※49
そりゃ、三島由紀夫が辻政信をほめてもおかしくはないな。
どちらも自分大好きなナルシスト右翼なんだから。
日本は偉い→自分は日本が好き→自分は偉い という三段論法の人。
まあこの手の人は最終的には仲違いするんだけどね、新しい教科書を作る会みたいに。

あと撤退作戦に有能無能が関係が無い何?
さっさと撤退して味方の損失をできるだけ減らすのが有能でしょう?
独ソ戦にヒットラーの意向を無視して、敵の包囲を突破して味方の大部分を生還させた
ドイツ軍将校がいたよね。辻政信や牟田口廉也にこんなマネはできないでしょう。
58.名無しさん:2016年08月30日 06:20 ID:sQ3fSh2K0▼このコメントに返信

戦後のサゲ工作のせいで、彼のせいではないことまでかぶせられてるからね。

普通に「天才」だと思う。

逆にアメリカには物量があったから勝つ側になれただけで、
せいぜい「秀才」程度の指揮官しかいなかった。
59.名無しさん:2016年08月30日 06:27 ID:sQ3fSh2K0▼このコメントに返信
※57
捻くれた反日左翼や劣等民族・在日猿はそう思いたいだろうけど、
三島由紀夫ほどの偉大な知性を持った天才が認めるというのはそれだけの根拠があるということだからね。

「三段論法」をネットで聞きかじった程度の在日猿みたいな低脳が言ってみたかっただけだろうけど、
まったく当てはまらないうえに根本的に間違ってるからw
三島はむしろ自国である「日本」に対してかなり辛らつに叩いてる。

もっとも、生まれつき頭の弱い馬鹿に言ったところで無駄だろうけどね・・・
三島由紀夫どころか本すら読まない低脳工作員には理解すらできないだろう。
60.名無しさん:2016年08月30日 06:30 ID:CYxJSKwD0▼このコメントに返信
※58
「天才」ってのは織田信長みたいに、自軍に有利な状況を作ったり
不利な状況から敵を倒したり脱出する事ができる人物をさすと思うんだけど。

相手が弱い時だけしか無双ができない辻政信のどこが天才なんだか。

あと、アメリカが強いのは物量だけじゃないよ。
科学技術・工業技術・戦闘結果を分析して後に活かすなどの論理面でも
日本に対しては大幅に優れているよ。
61.名無しさん:2016年08月30日 06:35 ID:sQ3fSh2K0▼このコメントに返信
※60
いや、織田信長は天才とはまた違うだろ。

アメリカの物量の話をすると、サゲ工作員はすぐに発作を起こすけど、
結局は物量だよ。

士官学校で最優秀の成績を残したマッカーサーでも、日本軍にボロ負けして
涙目で逃げ出したくらいだからね。
あのレベルの指揮官が日本やドイツにいても凡庸な二流で終わっていただろう。
62.名無しさん:2016年08月30日 06:41 ID:e9rbVyxB0▼このコメントに返信
※59
天才として出すならロンメルとかマンシュタインじゃない?
圧倒的に不利な状況から一矢報いるのに成功してるし
なんだかんだドイツ陸軍には綺羅星のような名将が揃ってるんだよなあ
それでも負けるんだけど
63.名無しさん:2016年08月30日 06:43 ID:Ke.2g9M50▼このコメントに返信
57さん

「この手の人は仲違い云々」
でも共産党などの左翼系の方が仲違い粛清が酷くないですか?。
戦後日本に限っても左翼系の内部闘争は凄かったですよ。
誹謗中傷罵詈雑言分裂殺し合いは彼らのもっとも得意とするところではありませんか?。
調べればすぐわかります。
いずれにしても先人の評価は全て後出しジャンケンですよ。
戦争に負けたのは事実ですが対戦相手が一枚上手だっただけです。
でも日本は既存の大勢力に果敢に立ち向かった。
その様な意識があるから負けても大きな経済を有する国にもなれた。




64.名無しさん:2016年08月30日 06:52 ID:mqF3KUGJ0▼このコメントに返信
良くも悪くも戦国武将みたいな人だ
65.名無しさん:2016年08月30日 06:52 ID:1pM8FNDT0▼このコメントに返信
その後政治家になって活躍もしてるわけだし、トップエリートだよ?
大隊長までは優秀だったし、参謀がサボりがちだった現場視察もちゃんとやって(本当はしなきゃいけない責務)
つぶさに見た結果、いい加減な海軍の報告に航空優勢ないところに陸の兵隊は送れない、なんとかしろって厳しく言ってる。
66.名無しさん:2016年08月30日 06:54 ID:sQ3fSh2K0▼このコメントに返信
※62
そうそう日本やドイツには「天才」はいたが、
結局物量に後押しされた「凡才」のほうが有利だった、それだけ。

67.名無しさん:2016年08月30日 07:00 ID:CYxJSKwD0▼このコメントに返信
※61 私が言いたいのは、「物量だけじゃなく」という事です。
 ゼロ戦だって、プロペラ・主脚はアメリカ、標準器・機関砲はドイツと
 各国の技術を寄せ集めてできた部分がある。だから後半は技術でアメリカに
 追いつけなくて負けたという部分もある。
68.名無しさん:2016年08月30日 07:05 ID:sQ3fSh2K0▼このコメントに返信
※67
そうそう空力の研究や設計の工夫なんかは、
日本のほうがアメリカより進んでたんだよね。
それは米英だけでなくドイツ空軍にも詳しいジョン・キレンも認めてる。

だから、後半に物資・生産力不足でボロボロになっても、
日本は名機を開発し続けることだけはできた。



69.名無しさん:2016年08月30日 07:08 ID:npz.a.rA0▼このコメントに返信
評価するのが難しい、「極めて優秀な無能」かねぇ
才覚は素晴らしいけど人格に多少難あり、下の階級で現場側なら有能だが上に昇って指揮側に回ると拙い無能になる
何つーか、組織の中で働く場所を間違えた人なのかな
70.名無しさん:2016年08月30日 07:08 ID:CuqJYktL0▼このコメントに返信
※45


いやいやそれは、官僚組織で運営されてる国家では万国共通。
で、日本人は、欧米のシステムを本場以上に正確にコピーし
欠陥もホンモノ以上に引き継いじゃったんだよ。
71.名無しさん:2016年08月30日 07:08 ID:HtBeh5Xn0▼このコメントに返信
牟田口はインパール作戦失敗を知っていたらしい
失敗を認めて撤退させると無能とされるので黙っていたといっている
会社の上司でも自分の失敗をなかなか認めたがらないのがいる
結局は指揮官のプライドが大日帝国をダメにしたと言える


72.名無しさん:2016年08月30日 07:11 ID:1pM8FNDT0▼このコメントに返信
独陸軍には名将が多いがアレは「レベルの極端に高い凡才」でしょうよ。
そも普がナポレオンという軍事的天才に負けたから
凡将でも勝てるように指向した独参謀本部の成果なわけだし。
73.名無しさん:2016年08月30日 07:12 ID:hamehHrb0▼このコメントに返信
ピーターの法則通り無能化する迄出世したんでしょ。
前線指揮官と参謀に求められる能力がそもそも違うんだから
会社でもそうだろ、現場で有能だった人が出世して管理職になったら一気に無能化したりするだろ。正にそれなんじゃないの?
張飛に軍師やらせる様なもん。
ゼークトの組織論で言ってる様に、参謀と前線指揮官では素養が違うのに、一律同じ様に育成、出世するのが問題なんじゃないのかな?
現代ん日本にも言えるけど
74.名無しさん:2016年08月30日 07:12 ID:qn.EKCXP0▼このコメントに返信
>ノモンハンで下がってたらソ連は南下してたんだよなあ…

ポーランド侵攻予定だったから、それはないわ。
75.名無しさん:2016年08月30日 07:13 ID:CYxJSKwD0▼このコメントに返信
*63 仲違いに右翼・左翼は関係ないですよ。

私は「社会性ナルシスト」と呼んでるんだけど、
一般の「個人性ナルシスト」は「自分個人は偉い。」と
思っているだけだから仲間はできない。

しかし「社会性ナルシスト」は同じ趣味・価値観を持つ他人と
同調する事ができる。

たとえば「UFOは実在する。」
 →「自分(達)はUFOの秘密を知っている。」
 →「自分(達)は凄い。」というわけですよ。

でも些細な違いや外部との関係を通じて仲違いし、大喧嘩になるんですよ。
なぜなら社会性ナルシストにとって、自分の意見と違う人ってのは
自分の存在性を否定する人、つまり敵になるんですから。

政治思想・疑似科学・宗教なんかに多いみたいですね。
76.名無しさん:2016年08月30日 07:15 ID:sQ3fSh2K0▼このコメントに返信

どれほど優れた天才でも、活躍が派手なだけに、負け戦になるとあれもこれも責任かぶせられて叩かれる。
ナポレオンもそうだったしな。

しかし、逆に辻と正反対の無難、慎重、穏健なことしかできない参謀なんかがいても、
そんなことなかれ主義の者は戦争では何の役にも立たない。

まあ、そういう奴は戦争に負けても「戦犯」として裁かれる可能性も低いけどね、何もしてないからw
77.名無しさん:2016年08月30日 07:17 ID:sQ3fSh2K0▼このコメントに返信

基地外警報 → ID:CYxJSKwD0
78.名無しさん:2016年08月30日 07:28 ID:CYxJSKwD0▼このコメントに返信
※68
設計はね...
性能の良い部品・工作機械は昭和10年台初までは輸入できた。
太平洋戦争初期はその遺産で戦っていたようなものだ。
しかし後半になって後継機を作ろうとしてもコピーを改良する事が
メインの日本と、根本技術を持っているアメリカでは話にならない。

あと、品質に対する考え方の差も大きい。
戦前の日本は名工・職人が中心。これでは品質管理された
大量生産品には勝てないわなあ。

あと、名機を開発って...
品質不足や技術不足で残念な結果になったのが大半でしょう?
ロマンはあるけど、誇れるものではないですね。
79.名無しさん:2016年08月30日 07:30 ID:O54z290V0▼このコメントに返信
人間の評価は結果が全て「ゆえに無能」と思ふ
80.名無しさん:2016年08月30日 07:39 ID:sQ3fSh2K0▼このコメントに返信
※78
結局のところ、日本人がいかに優秀だったかということですね。

日本より基礎科学や軍事技術が優れていたイギリスでも、
アメリカ様がいなければ日本には到底勝てなかったわけだから、
それをスルーして馬鹿な劣等民族が何を工作しても滑稽なだけと言える。
81.名無しさん:2016年08月30日 07:41 ID:sQ3fSh2K0▼このコメントに返信
※79
つまり、全世界の有色民族の恩人としての大偉業を成しとけた日本軍は超有能だったということ?
82.名無しさん:2016年08月30日 07:45 ID:Fuacdv1IO▼このコメントに返信
有害な有能。
83.名無しさん:2016年08月30日 07:46 ID:S08Z2yGO0▼このコメントに返信
服部卓四郎の方が数倍無能だから全然ヘーキ
84.名無しさん:2016年08月30日 07:49 ID:.F8nD2RJ0▼このコメントに返信
強弁する輩は自信のなさの裏返し。論理的に正しい意見ならばまくし立てて言い負かす必要もない。
つまり、攻撃的な発言を繰り返す者は道を誤らせる。よって、どんなに頭脳明晰でも結果は無能。
リーターの資格なし。
85.名無しさん:2016年08月30日 07:52 ID:R.3Jj1Hn0▼このコメントに返信
ノモンハンを史実に名前が残るほどの紛争にした独断専行の時点で
普通の国の軍隊だったら処刑されててもおかしくない 
(なお実際には現場で奮戦した将校が始末される模様)
86.名無しさん:2016年08月30日 07:53 ID:ZSt4J8fWO▼このコメントに返信
典型的きちがい
87.名無しさん:2016年08月30日 07:59 ID:e9rbVyxB0▼このコメントに返信
別にこいつに限った話じゃないが、当時の高級参謀の生き汚なさは異常

部下には平気で腹を切らせるくせに自分はのうのうと逃亡して処分も受けずに天寿を全うしてる
88.名無しさん:2016年08月30日 08:00 ID:R.3Jj1Hn0▼このコメントに返信
シンガポール占領後
「抗日分子となる華僑を取り締まれ」→「結果を出すためにとりあえず華僑人口の半分○せ」命令

ノモンハン→マレー作戦→ガダルカナル などでやりたい放題だったくせに
戦後はこそこそ逃げ隠れて↑の作戦に携わった上司・部下たちが責任を押し付けられて東京裁判で処刑される原因になり
いざアメリカ都合の逆コースで不起訴になったら表舞台に再登場して国会議員に。

最後は消息不明らしいけど、こいつのせいで処刑された日本人の遺族がゴルゴにでも頼んだんじゃないかってレベルの卑劣さ。
作戦の神様にして人間の屑。
89.名無しさん:2016年08月30日 08:00 ID:sQ3fSh2K0▼このコメントに返信
戦後のサゲ工作のせいで、彼のせいではないことまでかぶせられてるからね。

普通に「天才」だと思う。

逆にアメリカには物量があったから勝つ側になれただけで、
せいぜい「秀才」程度の指揮官しかいなかった。
90.名無しさん:2016年08月30日 08:01 ID:CYxJSKwD0▼このコメントに返信
*85
そういえば、牟田口廉也も富永恭次もたいした処罰受けてないんだよな。
狂ってるなあ。

91.名無しさん:2016年08月30日 08:04 ID:sQ3fSh2K0▼このコメントに返信
シンガポール占領後
「抗日分子となる華僑を取り締まれ」→「結果を出すためにとりあえず華僑人口の半分○せ」命令


すばらしいな。

チャイニーズは屑だという本質を理解していたからこそできた英断。

半島に対しても、こういうスタンスでやっていればなあ・・・
92.名無しさん:2016年08月30日 08:07 ID:YnIkeo0qO▼このコメントに返信
有能なきちがい
93.名無しさん:2016年08月30日 08:07 ID:qmadCxQd0▼このコメントに返信
つまりリアル「バスク・オム」?
94.名無しさん:2016年08月30日 08:11 ID:x.EEaYi80▼このコメントに返信
辻ーんは逸話が面白くて嫌いになれないんだよなぁ
ぶっちゃけ人間やめてると思う
95.名無しさん:2016年08月30日 08:17 ID:CYxJSKwD0▼このコメントに返信
※77
> 基地外警報 → ID:CYxJSKwD0

自分の意見に反対する人を過度に攻撃しています。
「社会性ナルシスト」ってのはこういう反応をするって事をしめしてくれますね。
96.名無しさん:2016年08月30日 08:23 ID:CYxJSKwD0▼このコメントに返信
「バスク・オム」は暴力団の組長って感じじゃない?
銀英伝の「アンドリュー・フォーク」、ラーゼフォンの「一色真」の方が近いかも。
97.名無しさん:2016年08月30日 08:28 ID:sQ3fSh2K0▼このコメントに返信

幼稚な書き込みで悦にいってるID:CYxJSKwD0はただのアホに過ぎない。


57で
>三島由紀夫が辻政信をほめてもおかしくはないな。
>どちらも自分大好きなナルシスト右翼なんだから。
>日本は偉い→自分は日本が好き→自分は偉い という三段論法の人。
>まあこの手の人は最終的には仲違いするんだけどね、新しい教科書を作る会みたいに。

このレベルの知恵遅れが何を書いても滑稽なだけ。
偏差値28ぐらいか。
三島由紀夫に対する一般教養レベルの知識があれば、こんな幼稚でアホなことは書けないw

そもそも「意見」というレベルにすら達していないから、反論する必要もない。
ああ、こいつは低脳民族の馬鹿だ、それで終わる話。
98.名無しさん:2016年08月30日 08:32 ID:e9rbVyxB0▼このコメントに返信
東條の評価が低いのって、こいつや三奸四愚みたいなのばっか取り巻きにしてたのもあるんだよなあ

人を見る目がなさすぎ
99.名無しさん:2016年08月30日 08:33 ID:7ok5Wd6R0▼このコメントに返信
現場指揮官どまり。中間管理職が似合い。あまり上に立たせるとダメなタイプ
この手の資質を持った軍人は結構いる。性格に関してはどうしようもない
100.名無しさん:2016年08月30日 08:34 ID:zL.NcFRt0▼このコメントに返信
※96
ギレンが参謀やったら辻政信みたいな感じではないでしょうか。
有能なんだけど、なんかチグハグで。
101.名無しさん:2016年08月30日 08:35 ID:.hwRjWbv0▼このコメントに返信
下士官どまりなら有能
102.名無しさん:2016年08月30日 08:37 ID:sQ3fSh2K0▼このコメントに返信
※98
>辻はその後、印税などで裕福になっていく。
>アメリカの束縛から離れた辻は『第三次世界大戦アメリカ必負論』と
>それに基づくアメリカ駐在軍全面撤退論を唱えはじめ、
>やがてGHQやCIAなどの情報機関から疎まれるようになってゆく。

辻政信 wiki


アメリカに都合が悪い人物だったからだろ。
これが戦後はころっと態度を変えてアメリカ万歳とやっていれば、
今でも天才、英雄扱いで、こういう気持ち悪いサゲ工作スレも立たなかっただろう。
103.名無しさん:2016年08月30日 08:48 ID:MZKPcSgL0▼このコメントに返信
なんで誰も行方不明、死亡宣告にふれないんだ?
中国共産党に拉致殺害されたんじゃないのか
104.名無しさん:2016年08月30日 08:53 ID:sQ3fSh2K0▼このコメントに返信
中共にそんな力があったら逃亡中にやってるだろ。

アメリカに都合の悪い人物だったから殺された。
105.名無しさん:2016年08月30日 08:55 ID:.jBTe5eV0▼このコメントに返信
終戦間際に蒋介石のスパイ部門「重慶藍衣社」に渡りをつけた(バンコクで)。戦犯容疑を地下潜入で切り抜け、議員になってからラオスに(単独)で僧侶に変装して潜入したきり行方が知れない。1なぜラオスに行ったのか 2重慶藍衣社に潜入の後ろ盾を頼んだ、何が目的か 3タヒされたらしいが、誰がやったか?謎だが
1についてはパテトラオ=重慶藍衣社なので、その筋の援護があった(渡りがついていた=実はコレが罠だが)。
2はホーチミン、毛沢東にあう為などが取りざたされている。荒唐無稽すぎる、真相は分からないが騙されていたかも。
3変装して、日本の大使館員に「あばよ」と分かれてそのすぐ後で「行方不明」となった。と言うことは重慶藍衣社に捕まったと解釈するのが正しい。なぜか?そもそもラオス潜入が重慶藍衣社から辻に持ち込まれた「辻誘拐作戦」。まんまと騙されて、単独・変装してジャール高原に入ったとたん、パテトラオに捕まって英国に売られた(この説は失踪直後から流れている)
106.名無しさん:2016年08月30日 08:57 ID:YnIkeo0qO▼このコメントに返信
有能で理想的なのが逆に厄介なんだよなあ
劣化したラインハルトのようなものかな
下手に追い落とそうとするとこっちが危なくなる
軍神というより英雄の類いなのかも勝っていればね
107.名無しさん:2016年08月30日 08:59 ID:PhIYzqNqO▼このコメントに返信
無能だろ、ガダルカナルを海軍のせいにするが、一度攻撃した方法が失敗したから別の方法にしましょうと意見されたら更迭して、無理押しで同じく敗退してるんだから。
108.名無しさん:2016年08月30日 09:00 ID:JURFVtHv0▼このコメントに返信
俺は神重徳の方が嫌いだぞ
109.名無しさん:2016年08月30日 09:03 ID:b8guOdsh0▼このコメントに返信
戦前はシナと通じ、戦後は米のスパイ。お仕事はじめインドシナで嘗てのシナ共産のつてを頼りに工作のしょっぱなでお仲間(シナ共産)に処刑。
ただ延安の地理を見ればわかるとおり、関東軍は国民党をまずは叩くために、当時劣勢であったシナ共産を利用した形跡がみられる。マヤク、犯罪組織を仲介にシナ共産との橋渡し役が裏方は甘粕、表は辻ではなかったかと推測。

辻さん関連の書物はかなり読んだが、下士卒であった方が終戦間際にあったときは威張らずとても感じがよかったとのこと。自伝というかマレー攻略戦の英訳本は読んだが、俺サイコーみたいな感じで著者の中身の薄さが推察される。ノモンハンとか、熱河事変とかさえない軍略には全てかかわっており、自称天才で組織に評価される技術をもった、失敗を他人の責任に転嫁することについては天才的な(参謀という地位から当然であるが)無能。
110.名無しさん:2016年08月30日 09:06 ID:4HDkmBvJ0▼このコメントに返信
戦争に負けて、出世したんで、本末転倒の馬鹿が、辻政信。
111.名無しさん:2016年08月30日 09:08 ID:b8guOdsh0▼このコメントに返信
現在でもそうだか、共産主義はマヤクの精製、流通、売買と成立の当初から現在にいたるまでずっぽりはまっている。ちなみに現在日本にいる自称マフィア(日本の港湾関係はほぼシナ共産隷下犯罪組織が仕切る)は人民解放軍。チョウセン暴力団の最近動きからこの奴隷犯罪組織も、この自称マフィア、キンペーに忠誠を誓ったと思われる。
112.名無しさん:2016年08月30日 09:08 ID:D8lW0o6u0▼このコメントに返信
前線での指揮官や教導隊あたりならかなり向いてると思う。三宝になっちゃったのが間違いだったな。
113.名無しさん:2016年08月30日 09:27 ID:xrv2N.Ob0▼このコメントに返信
有能だったのはこの人の部下だったんじゃないかと思うな
114.名無しさん:2016年08月30日 09:34 ID:t1GKIgLf0▼このコメントに返信
>だから、後半に物資・生産力不足でボロボロになっても、
>日本は名機を開発し続けることだけはできた。
あのまま戦争続いてたら、F8Fとシーフューリー相手に零戦と烈風で何するつもりだったんだか、、、、
115.名無しさん:2016年08月30日 09:36 ID:tkJrAAY.0▼このコメントに返信
有能だった

しかし、馬鹿だった
だからたちが悪い
116.名無しさん:2016年08月30日 10:07 ID:.3V1B1AUO▼このコメントに返信
迷惑な奴
117.名無しさん:2016年08月30日 10:08 ID:.QT4NRF4O▼このコメントに返信
最後はベトナムに残ってた日本兵に殺されたって説も有るな。

当然と言えば当然か…
118.名無しさん:2016年08月30日 10:14 ID:TewWT.NJ0▼このコメントに返信
無能
しかも自分が有能と思ってるタイプの有害な無能

日本はこういった口先だけ有能タイプの人間を処断するのが苦手である
現在もその傾向は続いているので改善が必要だと思うけどね
119.名無しさん:2016年08月30日 10:15 ID:.3V1B1AUO▼このコメントに返信
中国に送られ暫く拘留されていたとの記事が近年流れた。北京中央も扱いに困り、日本も冷淡な反応で交渉の人質にもならず、扱いに困り始末されたと
120.名無しさん:2016年08月30日 10:16 ID:gZ1QAAOC0▼このコメントに返信
※56
兵士が優秀なのは認める。
その前提で
ここに書いている馬鹿シールズ残党(ねつ造貧困女子高生)の工作は
日本将校と一般兵士の分断。
兵士側は罪がない。支配層は一般人を苦しめた悪というイメージを造り。そこに入り込み支配する。
騙されてはならない。

私のような戦略に詳しい者が言うのだから、作戦自体が話にならないものではなかったことは書いておく。

上に書いている馬鹿どもは、まさに身の程知らずの最下層であると知ったほうがいい。

こいつらはシールズと思えば、ははあとなる。
121.名無しさん:2016年08月30日 10:41 ID:04MPml6s0▼このコメントに返信
コミンテルンじゃないの?東郷や尾崎や種村や瀬島と同じ。

戦後東京裁判にかけられないで生き残った高級将校はコミンテルンであってますか?プーチンさん。

ちなみに甘粕大尉や石原莞爾はコミンテルンだったのでしょうか?
122.名無しさん:2016年08月30日 11:03 ID:4cBwIrdj0▼このコメントに返信
この人は前線に置いたとしても勝手な判断で命令出すし、後方の補給関係の仕事させたら周りを取り込んで派閥作るし
本当に権力もたせちゃダメな人、問題なことに取り入るのも上手いんだよな~
123.名無しさん:2016年08月30日 11:56 ID:guYPW9K60▼このコメントに返信
有能だったけどある意味無能。
いわゆる天才なので、欠けている部分がある。
一般生活はもうどうでもいいけど、先ず法律をきちんと守る必要があるっていう点を洗脳のごとく植え付けないとだめだという・・・。
124.名無しさん:2016年08月30日 12:09 ID:4HDkmBvJ0▼このコメントに返信
辻政信は無能。
使えない人物。
弁えがない人物。
125.名無しさん:2016年08月30日 12:24 ID:gZ1QAAOC0▼このコメントに返信
ここに書いている馬鹿シールズ残党(ねつ造貧困女子高生)の工作は
日本将校と一般兵士の分断。
兵士側は罪がない。支配層は一般人を苦しめた悪というイメージを造り。そこに入り込み支配する。
騙されてはならない。

私のような戦略に詳しい者が言うのだから、作戦自体が話にならないものではなかったことは書いておく。

上に書いている馬鹿どもは、まさに身の程知らずの最下層であると知ったほうがいい。

こいつらはシールズと思えば、ははあとなる。
126.名無しさん:2016年08月30日 12:25 ID:dxLOKDgo0▼このコメントに返信
※1
ノモンハンやガダルカナル視察して、あれだぞ!
屁理屈野郎だよ。
127.名無しさん:2016年08月30日 12:30 ID:gZ1QAAOC0▼このコメントに返信
ここに書いているのはほとんどシールズ。(形としては解散だが:シナ工作機関)
128.名無しさん:2016年08月30日 12:49 ID:0AmIpco00▼このコメントに返信
結論からいえば机上では優秀だった・・・
129.名無しさん:2016年08月30日 12:56 ID:EKAMU42G0▼このコメントに返信
現場では有能

戦略面ではナオキです...
130.名無しさん:2016年08月30日 12:59 ID:EKAMU42G0▼このコメントに返信
マレーでは有能だったから...
131.名無しさん:2016年08月30日 13:20 ID:TzOyHHBg0▼このコメントに返信
ガルパンの知波単があんななのも西の前の体長の名は辻ってネタにされてるくらいだから
132.名無しさん:2016年08月30日 13:29 ID:gZ1QAAOC0▼このコメントに返信
ここに書いているのはほとんどシールズ。(形としては解散だが:シナ工作機関)
133.名無しさん:2016年08月30日 14:22 ID:23in6rtL0▼このコメントに返信
現場で兵隊の指揮するだけなら割と有能
軍隊組織を動かす能力に関しては無能
ドンパチやってる現場で小隊長か中隊長してるくらいが本人の器量に合っていた
独断専行が過ぎて命令聞かずに暴走するし権力を持たせてはいけない人物
134.名無しさん:2016年08月30日 14:41 ID:gZ1QAAOC0▼このコメントに返信
ここに書いている馬鹿シールズ残党(ねつ造貧困女子高生)の工作は
日本将校と一般兵士の分断。
兵士側は罪がない。支配層は一般人を苦しめた悪というイメージを造り。そこに入り込み支配する。
騙されてはならない。

私のような戦略に詳しい者が言うのだから、作戦自体が話にならないものではなかったことは書いておく。

上に書いている馬鹿どもは、まさに身の程知らずの最下層であると知ったほうがいい。

こいつらはシールズと思えば、ははあとなる。
135.名無しさん:2016年08月30日 14:43 ID:gZ1QAAOC0▼このコメントに返信
ここに書いている馬鹿シールズ残党(ねつ造貧困女子高生)の工作は
日本将校と一般兵士の分断。
兵士側は罪がない。支配層は一般人を苦しめた悪というイメージを造り。そこに入り込み支配する。
騙されてはならない。

こういう分断洗脳は、戦後シナが日本人捕虜に対して徹底的に行ったものである。(洗脳されなければ帰れない;あんたどうする)

私のような戦略に詳しい者が言うのだから、作戦自体が話にならないものではなかったことは書いておく。

上に書いている馬鹿どもは、まさに身の程知らずの最下層であると知ったほうがいい。

こいつらはシールズと思えば、ははあとなる。
136.名無しさん:2016年08月30日 14:44 ID:CYxJSKwD0▼このコメントに返信
> ここに書いているのはほとんどシールズ。(形としては解散だが:シナ工作機関)

昔でいえば、「非国民」って事すかね?
137.名無しさん:2016年08月30日 15:37 ID:DDJEfw690▼このコメントに返信
※136
レッテル貼りはなにもサヨクだけの手法じゃないしな
138.名無しさん:2016年08月30日 16:06 ID:gZ1QAAOC0▼このコメントに返信
※136
そうです。
139.名無しさん:2016年08月30日 16:11 ID:WzQeMv1o0▼このコメントに返信
敢闘精神旺盛で(基本的には)部下思い
最前線の中隊長だったら相当良い仕事したと思う

参謀向きじゃなかったね
140.名無しさん:2016年08月30日 16:11 ID:3YKq9LQ10▼このコメントに返信
ネタ的な意味で神将になってしまったからな
ネタとガチが混ざるほど危険なことはないので
半端な覚悟しかないならガチで触るのはやめるべき
141.名無しさん:2016年08月30日 16:16 ID:gZ1QAAOC0▼このコメントに返信
ミッドウエイで日本が負けず、空母の損失がない状態で、南太平洋でポートモレスビーを占領できたとする。
そうすればニューギニアの人的損失は無く、オーストラリアを降伏させることも不可能ではなかった。
太平洋で膠着状態が続けば、東南アジアでも無理に攻めることもなく、工作活動を行え、インドの独立も力押しではない形で成就できたかもしれない。
そういう人物。
日本軍の戦力では不可能だったというのは敵の洗脳。決してそんなことはない。

ただ、ニューギニア戦の敵の航空戦力に関しては見積もりが甘かったのではないかと思っている。

敗軍の将は必要以上に貶められるのは仕方がないが、自分のことは差し置いて批判をできる神経にはあきれるほか無い。(工作員でないにしても)よく言えるものだと思う。お前は天才か。

サッカーの試合で、4-0で負ける中、
残り時間10分で
急きょ監督交代を任せられても、多分余程のことがないかぎり、勝ちは望めない。

負けたから監督は無能というのは一面の真実だが、だからと言って敗軍の将が本当の無能であったわけではない。(だろう)

関ヶ原の石田の作戦は緻密だよ。
でも負けた。
運が良ければ、勝ったかもしれない。
歴史や戦争とはそういうものではないだろうか。

それが戦。
142.名無しさん:2016年08月30日 16:35 ID:ZUNvBKum0▼このコメントに返信
声がでかくて上司受けする事を実現可能性は無視して叫ぶだけの無能。加えて捕虜や非協力的な地元住民の処刑にも積極的に関わって、責任は司令官に押し付けてる。
143.物量x技術>>作戦:2016年08月30日 16:41 ID:UdsSTxAA0▼このコメントに返信
※76 ※89

米国に天才指揮官がいなかったという事はないと思う。 たぶん
だが仮に米国と日本の指揮層だけが入れ替わったとしても結果は大して変わらなかっただろう。
144.名無しさん:2016年08月30日 17:01 ID:EdXJi7QL0▼このコメントに返信
※135
>兵士側は罪がない。支配層は一般人を苦しめた悪というイメージを造り。そこに入り込み支配する。
>こういう分断洗脳は、戦後シナが日本人捕虜に対して徹底的に行ったものである。(洗脳されなければ帰れない;あんたどうする)

シナだけでなくソ連もやってたし、米英も巧妙に工作してましたね。
145.名無しさん:2016年08月30日 17:24 ID:.yMeqzwqO▼このコメントに返信
他は色々有能だったと思うが戦術家としては無能だったと思う。
最大の問題は、その苦手ジャンルに政治力を以て介入し損害を拡大した事と、保身の為に軍の統帥を骨抜きにして勝目の無い戦争へのレールを敷いた事。
146.名無しさん:2016年08月30日 17:49 ID:32fzmfbL0▼このコメントに返信


本部への連絡と言っては、敵の攻撃が迫る任地から逃げ回ってた男だろ?


口先だけの卑怯者って評判だぜ











147.名無しさん:2016年08月30日 18:07 ID:nveuCSZF0▼このコメントに返信
最大の問題は今の自衛隊から第二の辻が出るのかどうかなんだけど。
辻の再来は兎も角として、第二の石原莞爾が出るのは洒落にならん。
148.名無しさん:2016年08月30日 19:32 ID:Q81.tObI0▼このコメントに返信
ここに書いている馬鹿シールズ残党(ねつ造貧困女子高生)の工作は
日本将校と一般兵士の分断。
兵士側は罪がない。支配層は一般人を苦しめた悪というイメージを造り。そこに入り込み支配する。
騙されてはならない。

こういう分断洗脳は、戦後シナが日本人捕虜に対して徹底的に行ったものである。(洗脳されなければ帰れない;あんたどうする)

私のような戦略に詳しい者が言うのだから、作戦自体が話にならないものではなかったことは書いておく。

上に書いている馬鹿どもは、まさに身の程知らずの最下層であると知ったほうがいい。

こいつらはシールズと思えば、ははあとなる。
149.名無しさん:2016年08月30日 20:45 ID:XdEP7JbE0▼このコメントに返信
海軍の神重徳もそうだけど、戦争に負けても自決するでもなく、ある意味傲然と戦後を楽しもうとしていたよな
自分は無能だったのではないかとか、自分の命ずるままに死地に溶けて行った将兵たちの事を追憶する心なんぞ、薬にするほども持ってなかったんよな
これだけハートが強いと人生楽しそう

150.名無しさん:2016年08月30日 21:13 ID:wUmp..x00▼このコメントに返信
つじーんな…
有害な有能(ただし下級士官まで)だけど、ホントの闇は1.こいつを出世させた帝国陸軍、2.もっと有害な奴が居ること、だww
服部とか、名前出てるよね、色もっと有害な奴は々居るw
151.名無しさん:2016年08月30日 21:44 ID:Q81.tObI0▼このコメントに返信
ここに書いている馬鹿シールズ残党(ねつ造貧困女子高生)の工作は
日本将校と一般兵士の分断。
兵士側は罪がない。支配層は一般人を苦しめた悪というイメージを造り。そこに入り込み支配する。
騙されてはならない。

こういう分断洗脳は、戦後シナが日本人捕虜に対して徹底的に行ったものである。(洗脳されなければ帰れない;あんたどうする)

私のような戦略に詳しい者が言うのだから、作戦自体が話にならないものではなかったことは書いておく。

上に書いている馬鹿どもは、まさに身の程知らずの最下層であると知ったほうがいい。

こいつらはシールズと思えば、ははあとなる。
152.名無しさん:2016年08月30日 21:53 ID:pw3tb6.q0▼このコメントに返信
軍組織内では発言力が有ってのし上がれるが、軍人として指揮官としては固まった伝統的な結論しか出せない将棋下手な輩でしょ。敵を知り己を知れば百戦危うからずの基本的な兵法の原理から乖離した男に過ぎない。
153.名無しさん:2016年08月30日 22:21 ID:dVC.Foao0▼このコメントに返信
※68
層流翼の研究一つを取っても
P- 51を素材に現代でも利用される1インチ刻みの変移データを提供したNACAより
景雲なる駄作をドヤ顔で現場に押し付けた航技廠が上だって?
ハハッ笑える冗談だな
154.名無しさん:2016年08月30日 22:33 ID:dVC.Foao0▼このコメントに返信
※150
GHQが服部を使って日本再軍備させようとして吉田茂に拒否された時に
すぐさまクーデターを起こそうとしたって話は有名だよな…
帝国陸軍の汚点を煮詰めたようなガイキチ。それが服部
それを止めたのがスレタイの辻って辺りが服部のヤバさを際立たせている
155.名無しさん:2016年08月30日 22:34 ID:XdEP7JbE0▼このコメントに返信
中隊長としてなら優秀な人だったんだよ。
知識や膂力、気迫でどの兵卒たちにも上回ってないと中隊長は務まらない。
敵陣に突撃するときは先頭に立って兵士を引き連れないとならないもの。
漫画の「皇国の守護者」の主人公を見るとわかりやすい。

つじーんの失敗は中隊長の我武者羅ノリで参謀になってしまった事・・・

156.名無しさん:2016年08月30日 23:04 ID:Et1Is2Cq0▼このコメントに返信
兵隊には人気があったらしいね
でも碌な作戦を立案しないし
終戦時に戦犯で逮捕されるのを恐れて東南アジアを逃げ回ってGHQの占領が終わってから
ひょっこり日本に戻った屑だろ
元兵隊に人気があるから国会議員になったけど
ラオスに行って殺されたんだろうな
157.名無しさん:2016年08月30日 23:10 ID:EZmWYSh20▼このコメントに返信
陸軍士官学校事件をほぼ一人で暗躍主導して候補生を焚きつけて処分して2.26の原因を作った元凶
158.名無しさん:2016年08月31日 00:02 ID:X2JXIr6F0▼このコメントに返信
いわゆる学校でお勉強ができて、組織で評価される技術と、何か生産的価値を生み出したり、独創的な商品をつくりだす能力が別次元であるように、

軍においても、戦争で勝利する技術と、組織に評価され、うちうちなあなあの士官クラブで評価される技術とはまったく無関係。

ただ兵については、オランダの貴族が考え出した教練方式によりどんな人間でもかなり優秀な兵になることができる。しかし優秀な指揮官とは経験、学習、教育で得ることはできず、生まれつきのもの。
159.名無しさん:2016年08月31日 00:07 ID:X2JXIr6F0▼このコメントに返信
これは日本分断工作とは別次元。例えば優秀な敵より、無能な味方の指揮官のほうが国家に甚大な損害を与え、そのものが全権を握れば一国をも滅ぼしてしまう。それほど重要。これは左翼の攪乱などという低次元な馬鹿げた話ではない。
160.名無しさん:2016年08月31日 06:03 ID:x.TgjIbW0▼このコメントに返信
ここに書いている馬鹿シールズ残党(ねつ造貧困女子高生)の工作は
日本将校と一般兵士の分断。
兵士側は罪がない。支配層は一般人を苦しめた悪というイメージを造り。そこに入り込み支配する。
騙されてはならない。

こういう分断洗脳は、戦後シナが日本人捕虜に対して徹底的に行ったものである。(洗脳されなければ帰れない;あんたどうする)

私のような戦略に詳しい者が言うのだから、作戦自体が話にならないものではなかったことは書いておく。

上に書いている馬鹿どもは、まさに身の程知らずの最下層であると知ったほうがいい。

こいつらはシールズと思えば、ははあとなる。
161.名無しさん:2016年08月31日 06:06 ID:x.TgjIbW0▼このコメントに返信
※159
作戦自体は悪いものではない。
シミュレーションをやる立場として、十分な意味のある戦略であると断言する。
戦術だなんて書いている無能もいるようだが、あんたはどんな作戦を考える?
書け。

※141

これは私が書いた文。
162.名無しさん:2016年11月12日 05:00 ID:iaP6ttax0▼このコメントに返信
無能の極み
163.名無しさん:2017年06月27日 15:06 ID:0zxBiJTf0▼このコメントに返信
>>30
まんま
庵野秀明やんけ。
164.名無しさん:2017年10月12日 23:36 ID:0YW0m75Z0▼このコメントに返信
※21
>日本陸軍って高級士官の育成に何か致命的な欠陥があったんじゃないのか?

現在の経営者もかも
165.名無しさん:2017年10月12日 23:37 ID:0YW0m75Z0▼このコメントに返信
誰かに似ていると思ったら、兵隊やくざの上等兵殿
166.暴君:2017年10月14日 01:55 ID:pYSGNYY60▼このコメントに返信
 
 優秀なら、負ける戦はしないでしょ。
167.名無しさん:2017年10月14日 19:45 ID:ugUfJx370▼このコメントに返信
この人は自分の責任ではない他人の非をひっかぶって平然としてる。
観樹将軍しかり、昔の戦前の日本人にはこういう人が普通にいる。

もし、この人が自分の本当にやりたいことを無制限にやらかしたとしたら、
あるいはそれは失踪以降だったかもしれない。

ビルマにおいても必死で戦線の縮小整理をしている。
彼でなければ客観的情勢から早々にビルマ戦線は崩壊していたろう。
ちなみにこの人が誉めちぎっていたのは東北兵だった。
168.名無しさん:2017年10月14日 20:28 ID:KnioylYv0▼このコメントに返信
有能説、無能説は別にしてもコイツが嫌われるのは必然だろ
敗戦時に軍の金盗んで身柄を隠し、戦犯確定の裁判から逃げおおせたまでは兎も角、戦後シレッと帰国し国会議員になった事が個人的に赦せないな
169.名無しさん:2017年10月15日 11:08 ID:Wr2QHsGs0▼このコメントに返信
「悪評ガンガンがまかり通っているが、どうもそれだけの評価でどうこう出来る単純な人物では無い」
というのが最近の印象だな。おそらくは「鬼才」との評価がもっとも適切
 あいつがトップ当選で国会議員になったのも、戦後の著書がベストセラーになった為だぞ。
著書は滅茶苦茶面白いのは間違いない 公開されたアメリカ公文書で荒唐無稽と思われていた内容が実はほとんど真実だったと判明
思い込みも多いが、自ら現地視察して自己思想の修正をしてるあたり、ちょっと並じゃないのはたしか
戦後にジューコフに接触して、日本人捕虜の解放を対米国際宣伝の観点から要求した話は驚いた 
日本共産党と社会党が中国共産党から金貰ってたのを海外銀行口座等、仔細までバラしてたのはワラタw
おそらく、そこら中に帰還軍人系のコネがあって、戦後も子飼いのスパイ網を持ってたんだろうと推測
170.名無しさん:2017年10月15日 11:08 ID:Wr2QHsGs0▼このコメントに返信
「悪評ガンガンがまかり通っているが、どうもそれだけの評価でどうこう出来る単純な人物では無い」
というのが最近の印象だな。おそらくは「鬼才」との評価がもっとも適切
 あいつがトップ当選で国会議員になったのも、戦後の著書がベストセラーになった為だぞ。
著書は滅茶苦茶面白いのは間違いない 公開されたアメリカ公文書で荒唐無稽と思われていた内容が実はほとんど真実だったと判明
思い込みも多いが、自ら現地視察して自己思想の修正をしてるあたり、ちょっと並じゃないのはたしか
戦後にジューコフに接触して、日本人捕虜の解放を対米国際宣伝の観点から要求した話は驚いた 
日本共産党と社会党が中国共産党から金貰ってたのを海外銀行口座等、仔細までバラしてたのはワラタw
おそらく、そこら中に帰還軍人系のコネがあって、戦後も子飼いのスパイ網を持ってたんだろうと推測
171.名無しさん:2017年10月15日 12:31 ID:kbxw6Xy80▼このコメントに返信
「自己弁護」「世渡り」「保身」に長けていたことは確かだな。
戦後、講演会や著作をヒットさせたのは有名だが、それには「自分を批判する人間を子飼のヤクザを使って潰していった」ことがある。
だから辻を批判する人々は纏まる事が出来ず、一般市民は講演や著作をそのまま受け入れ、辻の支持基盤が出来上がった。
172.名無しさん:2017年10月15日 12:33 ID:LoEVtq6X0▼このコメントに返信
ガダルカナルで痛い目にあって、その後のビルマではそれなりにマトモになったように思う
173.名無しさん:2017年10月15日 22:31 ID:MqLoLJWV0▼このコメントに返信
作戦の神様
このあだ名は新聞記者が辻の説明がうまいので着けた仇名
辻が大作戦を成功させたとか大勝利したとかで付いた仇名じゃないんだな
174.名無しさん:2017年10月17日 19:10 ID:uK4b8YEL0▼このコメントに返信
前線指揮官としては有能だし戦線部隊からの信頼も厚かった
参謀としては微妙だろうな
175.名無しさん:2017年10月18日 12:18 ID:sThcqvYg0▼このコメントに返信
辻と服部は大日本帝国陸軍の参謀本部作戦課の典型的人物だ。敵を知らずに作戦計画を立てる、情報欠陥作戦課だ。
自己には甘く、他人には極めて冷酷。現場指揮は適切だが、戦術、戦略能力に欠陥有り、それが敗北の主因となる。
その典型がノモンハンの戦闘。敵ソ連の軍事意図、戦力配備、兵站能力をまともに確認せずに
戦闘のみに固執した作戦で、戦闘の開始から終戦まで常に寡兵でソ連に圧倒され、一師団約2万人が壊滅。
ガ島でも全く同じような作戦ミスを引き起こし、日本軍の敗北の切っ掛けを米軍に与えている。
176.名無しさん:2017年11月01日 10:50 ID:iPPgF88g0▼このコメントに返信
日本軍を苦しめる方向ではすこぶる優秀。簡単に更迭されないように一応の戦果を出すというお決まりのパターン。
おそらくアメリカの工作員。
177.名無しさん:2018年03月16日 18:32 ID:PAciEnGl0▼このコメントに返信
敵からすればありがたいくらい有能。
すでにあるが、有能無能以前に有害。
178.名無しさん:2018年04月16日 03:56 ID:.wN0fILO0▼このコメントに返信
※176
其の雨さんが「辻は工作員としてはあまりに不適」とか「第三次世界大戦を引き起こしかねない男」だとかいって警戒してたんですがそれは…。

お名前