スポンサーリンク

2016年05月11日 11:05

もし日本がアメリカと同等の大陸、資源を有していたら

もし日本がアメリカと同等の大陸、資源を有していたら

pixta_10598939_S

引用元:もし日本がアメリカと同等の大陸、資源を有していたら
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1462776853/

1: 名無し 2016/05/09(月)15:54:13 ID:AnY
戦争には勝ってた?

2: 名無しさん@おーぷん 2016/05/09(月)15:55:06 ID:hzr
引き分け

3: 名無しさん@おーぷん 2016/05/09(月)15:55:24 ID:XQD
もっと昔に侵略されてた

5: 名無しさん@おーぷん 2016/05/09(月)15:57:02 ID:JSz
>>3
先に言われた

4: 名無し■忍法帖【Lv=6,マドハンド,gDc】 2016/05/09(月)15:56:07 ID:AnY
日本の敗因は資源の少なさと島国だったからとか言われてるけど、技術面では日本もかなり高い方なんじゃないかな?その点から仮定だけど同等かそれ以上の奮闘はできたのかと

9: 名無しさん@おーぷん 2016/05/09(月)16:02:10 ID:AUF
>>4
技術開発力はそこまで高くない

18: 名無しさん@おーぷん 2016/05/09(月)16:12:51 ID:1K4
>>4
日本が島国じゃなかったらもっとヤバかった
でいうか、日本て国の存亡がすでに危ういが
日本の技術力じゃ、戦車戦にとても耐えられない
技術力はなかったけど、持ち前の発想で頑張ったけど、剛健な技術のほうが百倍重要だったな

6: 名無しさん@おーぷん 2016/05/09(月)15:57:31 ID:3eH
日本が負けたせいでアジアもアフリカも大変なことになっています

7: (@⌒ー⌒(´・ω・`)_且)◆6q6Jn9ZEV6 2016/05/09(月)15:58:31 ID:dsK
そもそも戦争などしなかったろうね

8: 名無しさん@おーぷん 2016/05/09(月)16:00:17 ID:reP
それなんて中国?

10: 名無しさん@おーぷん 2016/05/09(月)16:03:13 ID:38F
中国と戦わないで同盟すればよかったのにね

11: 名無しさん@おーぷん 2016/05/09(月)16:03:44 ID:afQ
基礎工業力の差で負け
技術者の質も違う

12: 名無しさん@おーぷん 2016/05/09(月)16:04:59 ID:FGQ
零戦も外国技術がてんこもりだから日本単独の技術はそこまで....

13: 名無しさん@おーぷん 2016/05/09(月)16:06:34 ID:afQ
戦車戦を想定して戦車作っても貫通力速力全てにおいて敵わない
近代化があと50年早くないとそういう細かな技術の差は埋められない
今の中国が劣化コピーばかり作ってるのと同じ

20: 名無しさん@おーぷん 2016/05/09(月)16:12:59 ID:YQr
>>13
それは第2次世界大戦後半まで、どこも一緒やで

14: 名無しさん@おーぷん 2016/05/09(月)16:06:59 ID:skU
戦争する必要はなかった

16: 名無しさん@おーぷん 2016/05/09(月)16:09:33 ID:FgQ
>>14
これ

15: 名無しさん@おーぷん 2016/05/09(月)16:08:38 ID:reP
どの段階からなのかで変わるだろ

17: 名無しさん@おーぷん 2016/05/09(月)16:10:51 ID:AUF
最初から日本列島が大陸並みにデカかったら
統一勢力が生れていたかどうかというところまで考えてしまう

19: 名無しさん@おーぷん 2016/05/09(月)16:12:54 ID:ML9
>>1
馬鹿勝ち

21: 名無しさん@おーぷん 2016/05/09(月)16:14:37 ID:ML9
北アメリカ大陸が舞台の信長の野望をやりたい

22: 名無しさん@おーぷん 2016/05/09(月)16:17:46 ID:dT9
地方幕府が7つくらいできて戦争してるうちに戦列歩兵が発達
ヨーロッパばりに戦争に戦争を重ねて早期に近代化

23: 名無しさん@おーぷん 2016/05/09(月)16:21:08 ID:dbF
日本って技術力がなかったから何かを犠牲にして性能を補ってるんだよね
零戦も装甲を犠牲にしてるし
やっぱ近代化がもっと早ければね

27: 名無しさん@おーぷん 2016/05/09(月)16:30:01 ID:38B
>>23
零戦は海軍が装甲犠牲にしていいっていったから防弾板つけなかったんだぞ

26: 名無しさん@おーぷん 2016/05/09(月)16:27:42 ID:skU
>>23
いや逆、技術力はあったが資源が絶望的に足りなかった

28: 名無しさん@おーぷん 2016/05/09(月)16:32:19 ID:AUF
>>26
開戦後、一気に後れを取られてるじゃん・・・

29: 名無しさん@おーぷん 2016/05/09(月)16:34:16 ID:38B
>>28
初期だけみればドイツとかもまだ優勢だった
中期になって米さんの工業力フル稼働して負けたんだけどね

31: 名無しさん@おーぷん 2016/05/09(月)16:37:45 ID:AUF
>>29
ドイツは技術力をロマンに注ぎ込んだからしゃあない

30: 名無しさん@おーぷん 2016/05/09(月)16:36:21 ID:7ln
日本はどうしても遅れるんだよ
戦車も戦闘機も第一次大戦後だし
こればっかりはしょうがないよね

32: 名無しさん@おーぷん 2016/05/09(月)16:41:02 ID:wGB
終戦間際までドイツから技術輸入しないとキツかったのに何言ってだ

33: 名無しさん@おーぷん 2016/05/09(月)17:15:46 ID:5JI
資源の80%ほどを輸入してたアメを敵に回す政治力皆無のボンクラどもしか居なかったから、アメと同じ条件でも負けるだろな

34: 名無し■忍法帖【Lv=6,マドハンド,gDc】 2016/05/09(月)17:24:42 ID:AnY
>>33
なんだかんだ言って政治力の差。これで負けたと言っても過言ではないか

35: 名無しさん@おーぷん 2016/05/09(月)17:29:44 ID:AUF
>>34
交戦状態に陥るのが外交の失敗なんだから開戦した時点で負けだよなあ

36: 名無しさん@おーぷん 2016/05/09(月)17:32:03 ID:mgq
情報戦のないがしろがなあ

酸素魚雷とかのチート兵器はあったけど、暗号もろもろがだだもれなのがアカン

40: 名無しさん@おーぷん 2016/05/09(月)17:36:39 ID:AUF
>>36
陸軍は気を付けていたけど海軍がガバガバ過ぎる

39: 名無しさん@おーぷん 2016/05/09(月)17:34:23 ID:J1I
>>36
暗号文より素文の方言のが難しいって笑い話があったな

41: 名無しさん@おーぷん 2016/05/09(月)17:37:30 ID:mgq
>>39
ミッドウェーで空母失ったところで、それをすぐに穴埋めできるような資源力あったらかなり善戦したと思うよ
アクタンゼロの件も、新型作れれば克服できたかもしれないし。

でもどんな技術力もってても、上がだめじゃどうしようもないと思う

42: 名無しさん@おーぷん 2016/05/09(月)17:42:15 ID:AUF
>>41
工業力が足りないからすぐに穴埋めは出来ないな
そもそも熟練搭乗員は補充できないし

37: 名無しさん@おーぷん 2016/05/09(月)17:32:49 ID:J1I
管理しきれなくて分裂

38: 名無しさん@おーぷん 2016/05/09(月)17:33:58 ID:sAR
日本人は調子に乗るからね
領土欲が際限がないから資源があっても戦争する

43: 名無し■忍法帖【Lv=6,マドハンド,gDc】 2016/05/09(月)17:47:16 ID:AnY
産業を発展させても結局は資源も技術もアメリカには及ばなかったもんな。例え資源が豊富だったとしてもまだ学生だった未来のある若者を神風として自殺させるような国が戦争に勝ったとしても明るい未来は無かっただろうな

44: 名無し■忍法帖【Lv=6,マドハンド,gDc】 2016/05/09(月)17:48:33 ID:AnY
明るい未来は無かっただろうな(サビ残)

45: 名無しさん@おーぷん 2016/05/09(月)17:53:40 ID:AUF
資源が豊富なら特攻は無かったと思うの

46: 名無し■忍法帖【Lv=6,マドハンド,gDc】 2016/05/09(月)20:14:42 ID:AnY
>>45
そうやろな。特攻させるほど日本はズタボロにされて追い込まれたんや

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2016年05月11日 11:14 ID:ybE8KMKRO▼このコメントに返信
コロンブスより先に北アメリカ大陸に進出しておけばよかったね(>_<)
1492辺りの日本は何をやってたんだか(-"-;)
2.名無しさん:2016年05月11日 11:16 ID:4F6fX86y0▼このコメントに返信
当時の日本に技術力があったとか言ってるヤツはアホなのか。
零戦は日本独自の部分を数えた方が早いくらい外国技術の塊だぞ。
3.名無しさん:2016年05月11日 11:17 ID:TPqQXrfq0▼このコメントに返信
豊かで日本がデカすぎたら東アジアに中国が2個出来上がるだけやん。
民族性が変わるのでもう日本とは言えないっす。
4.名無しさん:2016年05月11日 11:18 ID:iB9xbcCy0▼このコメントに返信
応仁の乱でそれどころじゃなかった
5.名無しさん:2016年05月11日 11:18 ID:ARFSrVpq0▼このコメントに返信
ドイツだってアルミ資源なかったからソ連みたいな軽い戦車作れなくて苦労してたし銅資源も不足してたから電装系大量生産出来なかった
日本はあらゆる資源足りずに機関系も合金作れず錆びやすいは樹脂も和紙で代用しようとして漏電してたし徹甲弾も規定の水準達せなくて砕け散ったりしてた
6.名無しさん:2016年05月11日 11:19 ID:TPqQXrfq0▼このコメントに返信
※2
自前の先進的な技術はあんましなかったけど、スゲー勉強熱心だったんだよ。
翻訳書率は凄いと思うっす。適応能力は無駄に高いのかもね。
7.名無しさん:2016年05月11日 11:20 ID:W28oHnmJ0▼このコメントに返信
戦争になりようがない。満洲もいらないし
というか、日清戦争の展開も変わってくる
8.名無しさん:2016年05月11日 11:25 ID:s1oP3qnh0▼このコメントに返信
技術力が高かったのになんで負けたんですねぇ・・・。また、物量で負けたとか言い訳しますか?
9.名無しさん:2016年05月11日 11:26 ID:I2JWRIsOO▼このコメントに返信
if史観なんか、
後で、いくらでも言えますからね。
10.名無しさん:2016年05月11日 11:27 ID:SuUQUcUx0▼このコメントに返信
資源豊富ならアメリカ並みの引きこもりだったんじゃね?
11.名無しさん:2016年05月11日 11:27 ID:p4v0r5SQ0▼このコメントに返信
資源買う必要がない国だったらそもそも戦争になってない
12.名無しさん:2016年05月11日 11:27 ID:1zxhOGfV0▼このコメントに返信
資源があれば連合国側にいるから
13.名無しさん:2016年05月11日 11:28 ID:Lqd2Ed3E0▼このコメントに返信
満鉄建設に米国資本を導入していたら・・・・
あの辺の権益を英・米・日
相互依存の形にしていら、どうなっていたかな
14.名無しさん:2016年05月11日 11:30 ID:TPqQXrfq0▼このコメントに返信
※8
金と物資が豊富同じなら、あとは白人か黄色人種位の違いしかないぞ?

人種間の違いじゃなければ行動か・・白人様見たいに話し合いより殺し合いしていた方が技術があがるんだろね・・
戦争は発明の母って悲しい現実だね・・
15.名無しさん:2016年05月11日 11:32 ID:gKh4wQlf0▼このコメントに返信
多分統一勢力が登場しているかは疑問。
中国についても同様。
16.名無しさん:2016年05月11日 11:32 ID:s1oP3qnh0▼このコメントに返信
※6
故に自国産の技術の発展が遅れたんですか、そうですか・・・。真面目な話、工作機械だけでも自国産のに出来てれば結構変わったもんだが。
17.名無しさん:2016年05月11日 11:36 ID:L80R.PWfO▼このコメントに返信
オーストラリアみたいな?
18.名無しさん:2016年05月11日 11:37 ID:cMpsjcCn0▼このコメントに返信
それならアメリカのモンロー主義並みに引きこもってるやろ
というか経済制裁されてもやってけるし
前提条件がめちゃくちゃでまともなシュミレーションにならん
19.名無しさん:2016年05月11日 11:37 ID:TPqQXrfq0▼このコメントに返信
自前植民地確保組みグループ(連合)VS植民地欲しい貧乏国家(枢軸)VSその他の植民地なくても1国で巨大な国(ロシア)だし・・

まぁ、自前で資源確保できてるのなら枢軸側に付く必要性はないだろね。太平洋に面してる連合やその他と仲良くしといて戦争需要で米と一緒にウハウハしとくだけっす。
20.名無しさん:2016年05月11日 11:39 ID:sqJqE86A0▼このコメントに返信
※3
そうだよねぇ
21.名無しさん:2016年05月11日 11:42 ID:VHk0d69g0▼このコメントに返信
戊辰戦争が20年くらい続くんじゃないですかねぇ
22.名無しさん:2016年05月11日 11:44 ID:TPqQXrfq0▼このコメントに返信
※16
技術ってなんぞや?って話にならないか??
基本技術を上げる前に相応の民度を上げんとブリカスみたいになるか、アフリカ大陸の国々みたいになるぞ・・

別に江戸時代の技術レベルが低いとは思わんけどね・・手工業で出来る最速効率な技術は有ったと思うよ。
産業革命すら起こさず世界帝国より人口多いし・・。
23.名無しさん:2016年05月11日 11:44 ID:80YYQZaH0▼このコメントに返信
石油の精製技術が低かったから、高オクタン価の燃料が精製できず、エンジン出力が弱いので、ゼロ戦になったんだぞ
基礎技術力が低かったから、負けたわけで
資源があっても戦争になったら負けだろうな
戦後の工業製品もそうだっただろ
だからこそ欧米に追いつけ追い越せやったんだよ


現代のどっかの国をみるようだわ
24.名無しさん:2016年05月11日 11:46 ID:sZgBaJug0▼このコメントに返信
明治維新が起きたとしても歴史がかなり変わるから予想自体が不可能
大戦前に資源が降って湧いたように見つかったと仮定すれば太平洋戦争は起きない
ただしアメリカが日本の資源狙いで何らかの行動を取る可能性はある
25.名無しさん:2016年05月11日 11:49 ID:C9II7DlK0▼このコメントに返信
イッチちょっと日本語怪しいな

そもそもこのへんが広い大陸で資源いっぱいだったらWW2以前の歴史が変わりまくって予測不可能
26.名無しさん:2016年05月11日 11:49 ID:qoaIwV4p0▼このコメントに返信
資源がないから余裕のある研究も出来ないんだろ。 結局技術力だって豊富な資源がある方が伸びるに決まってる
27.名無しさん:2016年05月11日 11:50 ID:a0Ery4260▼このコメントに返信
資源あったらまんまイギリスかアメリカに植民地化されてたよ。
28.名無しさん:2016年05月11日 11:52 ID:T8uvH2Lk0▼このコメントに返信
仮想戦記のジレンマ
日本がアメリカに勝てるほどに国力を増し増しにすると、
アメリカにつっかかる開戦理由そのものがなくなってしまう
29.名無しさん:2016年05月11日 11:52 ID:TPqQXrfq0▼このコメントに返信
・・。
前提が分からん。
様はアメリカ合衆国が誕生した時からヨーイドンで同程度の国力が日本に確保できている絵空事なシュミレーションじゃねえの?

真面に基礎科学上げる資金確保できない貧乏国家日本がアメリカに宣戦布告と同時にアメリカ並みの国力を持ったらのシュミレーションとか・・
反日国がニヤニヤできるだけの結果にならない?まぁそれ狙いなんだろうけど・・あほくさ

30.名無しさん:2016年05月11日 11:53 ID:t5LUwbfL0▼このコメントに返信
同等程度じゃ、戦争すりゃ100%負ける
人をゴミのように使い捨て、暗号ダダモレじゃ、勝てるものも勝てない

※19
のようなのがベストじゃないか
アメリカを敵にまわした時点で詰むのだから
※13
のように日露戦争の処理までさかのぼって
上手に外交できてりゃ問題なかった
31.名無しさん:2016年05月11日 11:54 ID:UPEADEJL0▼このコメントに返信
資源と市場があるなら戦争の必要がそもそも無いという
32.名無しさん:2016年05月11日 11:54 ID:a0Ery4260▼このコメントに返信
それ以前に明治維新前後の日本は貴金属が比較的豊富で小判の換金率良かったはず。
33.名無しさん:2016年05月11日 11:54 ID:TPqQXrfq0▼このコメントに返信
どちらにしろ国力があって大海軍作れるのなら痛み分けか核戦争で世界崩壊するの二択だろうけどね・・
34.名無しさん:2016年05月11日 11:55 ID:W28oHnmJ0▼このコメントに返信
※9
イフ史観という言葉はないよ。ふつうは歴史のイフと言って
戦争についても、くだらない善悪ではなく巧拙で語るもので
日本の戦後の「史観」は、そのことがわからなかったんだな

※13
難しいね。最近、その件について小村を批判する論もあるが
小村の方針でうまくいった時期が長いし、スパンの問題では
35.名無しさん:2016年05月11日 12:00 ID:h0AQwqSN0▼このコメントに返信
大陸で資源有って、だと戦国時代が終わらずに19世紀突入しかねないんだが。
36.名無しさん:2016年05月11日 12:02 ID:NPD12cAR0▼このコメントに返信
国民性のみで優劣つけたいって事かな?
だったら、貪欲さでアメリカが勝つんじゃね
37.名無しさん:2016年05月11日 12:02 ID:jYqXuuFP0▼このコメントに返信
※16
現代でも自前で工作機械開発するだけの技術がない国も新興国以下に多いし結構ハードル高いのよ
工作機械って基礎技術の結晶みたいなもんだから、一定水準の工作機械を自作できるか否かが技術レベルの高低を表す尺度になる

日本は当時まだあんまり技術力が高い方じゃなかったから、設計や化学分野みたいな変化球みたいな応用技術に頼らざるを得なかったんじゃないかな
38.名無しさん:2016年05月11日 12:03 ID:VxhsJa6g0▼このコメントに返信
下関砲撃事件と薩英戦争で英(イルミナティ)の犬になった薩長が天下盗った 

その後、天皇は田布施に背乗り、日本人志士も暗殺され、田布施に乗っ取られた

つまり、お上がスパイ 
日本の現状で納得した
39.名無しさん:2016年05月11日 12:04 ID:TPqQXrfq0▼このコメントに返信
※35
それはそれでそのままヨーロッパみたいな地域が1つ出来てて、同じように大航海時代に入り、ヨーロッパとアメリカ大陸を取り合ってるかもよ?
まぁ、この時点でアメリカ合衆国がIFの中から消滅するが・・
40.名無しさん:2016年05月11日 12:05 ID:Bp0P6k7lO▼このコメントに返信
同等の大陸なら守るの大変そうやね
41.名無しさん:2016年05月11日 12:07 ID:KjJp4N4.0▼このコメントに返信
お互いに損な戦いなのでお話解決 向こうは多人種で内部工作で乱れさせてこちらは日本国民軍国主義の精鋭
勝つかも 軍事開発も十分な経費と人材と資源があれば敵国と遜色ない出来栄え・・・・情報収集と戦略では
軍国主義の日本の兵隊の教育はすさまじいから勝てる?それと不要な大鑑は造らない
ソ連とアメリカみたいに冷戦で終決
42.名無しさん:2016年05月11日 12:12 ID:TPqQXrfq0▼このコメントに返信
充分な主力艦が有ればそもそも航空機利用は最小限で航空機の有用性が実証できずに、艦隊砲撃戦してると思うけどなぁ・・
43.名無しさん:2016年05月11日 12:12 ID:0jm2rtXr0▼このコメントに返信
考えるダニ恐ろしい修羅の大陸国家になっとるべ
44.名無しさん:2016年05月11日 12:13 ID:lFIq7xTa0▼このコメントに返信
※2
日本が開発したって誰がいった?
外国の技術とか自国の技術とか関係なく目的の物を作れればそれは技術力があるんだよ
45.名無しさん:2016年05月11日 12:13 ID:jW29tFDZ0▼このコメントに返信
対米開戦はなかったんじゃないか。そもそもアメリカと戦争する理由がないでしょ。コミンテルンの二虎共食の計がきかない。

せいぜい満州あたりまでと南洋諸島あたりを勢力圏に抑えておけば十分。

日中戦争は緩衝地帯で撃退してそれ以上深入りしなければいい。ドイツがソ連に侵攻した時点で北進すればソ連は負け確定。シベリアまで日本領になってただろうな。植民地アジアの開放はなかっただろうが。

46.名無しさん:2016年05月11日 12:14 ID:GFb5RwJq0▼このコメントに返信
そもそも戦争する必要がない、で終了かと
47.名無しさん:2016年05月11日 12:17 ID:xiSLNuJu0▼このコメントに返信
> 中国と戦わないで同盟すればよかったのにね

中華民国汪兆銘政府は同盟国だったけどね。重慶以外の大都市はみんなこの政府の支配下にあった。

48.名無しさん:2016年05月11日 12:18 ID:tFFRf4xr0▼このコメントに返信
米の力の源泉はめっちゃヤル気のある移民とシーレーンを押さえた重商国家であることだぜ。
土地と資源(これはちょっと欲しいかもね)があっても商売で勝てないと駄目よ。
49.名無しさん:2016年05月11日 12:19 ID:NUL3m04H0▼このコメントに返信
金持ち喧嘩せずの精神でアメと仲良くなってヨーロッパとアジアの甘い汁を吸い続ける未来しかみえない
50.名無しさん:2016年05月11日 12:19 ID:.dw7hjpr0▼このコメントに返信
その土地の気候風土が民族の特性、特徴を作るわけで、アメリカ並みの土地と資源がありそこに住む民族は今の日本人とはまったく別の日本人になっている。
おそらく、漢民族の特性に近い日本人になっているのではないかな。だから、中国みたいな国がもう一個出来るだけ。
51.名無しさん:2016年05月11日 12:22 ID:rLLtHgN00▼このコメントに返信
小さい国だから技術面に秀でたんであって、国土や資源が豊富なら人はそれだけ粗暴になるぞ
52.名無しさん:2016年05月11日 12:22 ID:HjA4.lJO0▼このコメントに返信
アメリカと同サイズなら当時で人口20億人以上いるだろ 資源もあり内需だけでいける
53.名無しさん:2016年05月11日 12:25 ID:hEHhJ.6a0▼このコメントに返信
問題は政治体制なんだろうな。
「技術が立ち遅れるか、否か?」って政治次第でどうにでもなるだろう。「必要は発明の母」人々が渇望するものは実現されてたろう。
要は資源が豊富にある時、どういった国家戦略を見出すかで繫栄したか滅亡して廃墟を残すかの違いが出てくる。
54.名無しさん:2016年05月11日 12:25 ID:HADIbRyb0▼このコメントに返信
当時の日本人。
つまり、祖父母と、その上の世代が、
今の中国人と知識向上心が同じかと言えばぜんぜん違う。
向学心や民度全般は当時の日本人と現代中国人では異なる。
日本が真っ先に経済大国になり、当時、白人以外で列強になれたのは理由がある。
日本に足りないのは資源、それと孤島ゆえの産業技術の伝達の遅れ。
資源だけで善戦できたかもしれんが、問題の技術伝達が遅れていた。
だが、核抜きで考えれば連合国が簡単に勝てない状況だっただろうね。
今の日本でも資源があれば、さらに経済力が上がるだろう。
でも、怠け癖が出る可能性もある。
55.名無しさん:2016年05月11日 12:33 ID:iDgT4c0p0▼このコメントに返信
太平洋戦争は起きなかったろうな

戦争の原因の資源が問題なくあるんなら
56.名無しさん:2016年05月11日 12:34 ID:f6GZ6dub0▼このコメントに返信
>日本って技術力がなかったから何かを犠牲にして性能を補ってるんだよね
>零戦も装甲を犠牲にしてるし
技術力はあった。
西暦700年には学校モドキが始まった。
アメリカと同じ国土 同じ資源力 同じ国民数なら
勝っていただろう。
まぁ それなら戦争にならなかったが。
植民地にされた経験はないので
優秀な民族だと思う
57.名無しさん:2016年05月11日 12:38 ID:jZz5rjlu0▼このコメントに返信
立地も変われば技術開発の優先順位も変わる。
海洋国家だから海軍力に力を入れた。戦車の優先順位も下がった。
資源と土地が有り余っていて、豊かだったら、それほど勤勉ではなかったかもしれないね。
58.名無しさん:2016年05月11日 12:40 ID:bUOh7W.jO▼このコメントに返信
それでは日本ではない
59.名無しさん:2016年05月11日 12:46 ID:ys3kGmuX0▼このコメントに返信
問題はリソースだろ。
アメリカは戦争やりながら技術開発も人材育成も同時にできる体力があったけど、日本は戦争するだけで手いっぱいだったということ。
60.名無しさん:2016年05月11日 12:50 ID:ZincQt440▼このコメントに返信
※23
>石油の精製技術が低かったから

雑学を書かせておくれ

精製技術の問題は戦後も尾を引いていた
農業用発動機って知ってる?
あの動力は「茶灯油(文字通り茶色い灯油で精製度が低い)」を使っていたんだわ
61.名無しさん:2016年05月11日 12:51 ID:4.zffpjV0▼このコメントに返信
こんなつまんないたらればは初めて見た
62.名無しさん:2016年05月11日 12:53 ID:F42aEgQr0▼このコメントに返信
なぜ日本の技術力が高いのか
それは資源がなくて色々工夫するからだと思うんだよな
つまり資源が豊富だったら今の日本の国民性は育っていない
63.名無しさん:2016年05月11日 12:54 ID:jRRYRPbH0▼このコメントに返信
アメリカと喧嘩する政治家がボンクラなどという輩も居るが、
そもそも日米の戦争はアメリカ側が日本を潰したくてしょうがなかったからこそのものであり、
日本側がどんなに優秀でも回避は難しかった(植民地レベルに身を費やすなど言語道断だし)
むしろあの泥沼ですら、「かなりマシ」な落としどころであったと断言できる。

ただし、そこに至るのは「日本に資源がない」という前提条件があったらばこそであり、
資源があるなら、また話は大幅に変わる。ABCD包囲網などを敷いても効果は大幅に減ずるし
そうなると「無理に敵対するより、味方につけて有効利用しよう」と考える意見が
ABCD各国内で確実に発生し、それは決して小さいものでは収まらない。
Cの変わりに日本を入れて、それでアジアを治めようって方向になるだろう。

・・・難点は、アジアの植民地解放が遅れる事であろうなあ。
64.名無しさん:2016年05月11日 12:58 ID:DnULwY470▼このコメントに返信
領土、資源だけあっても無理よ。アメリカの方が遙かに組織形態が柔軟で戦力眼、物事に対する
解決方法のアプローチが3段くらい上。 まあ 同等の領土、資源、食料があれば勝てないけど負けはしないと
思うけどよ。
65.名無しさん:2016年05月11日 12:58 ID:m4x2xcP90▼このコメントに返信
技術力あったのならなんで最初から良いエンジン作れなかったんですかねぇ。
66.名無しさん:2016年05月11日 13:01 ID:BCYzAQ1E0▼このコメントに返信
>>10
中国国民党とならまだ、和解の目があった。
共産党の横やりというか「我々は日本軍アルー」つって共産党が国民党を襲撃したのがトドメだそうだ

共産党が覇権を握った時に演説で自慢したとかなんとか

※37
日本製の工作機械より熟練工がタガネとヤスリで仕上げた方が精度出る有様だもんなぁ
一品モノならそれでいいだろうけど量産品にはね
67.名無しさん:2016年05月11日 13:12 ID:E2WcTgzS0▼このコメントに返信
技術力は悪くないものはあったが、やはり一歩劣る
ただ、色々と独自技術もあり、当時日本しか分かっていない事(ジェット気流など)もあったんだが……
基礎技術が劣るし熟練工の数も質も劣るから……やっぱ負けてたろうな

地上戦の兵の質では勝つんだが、いかんせん参謀が無能だからなぁ……
68.名無しさん:2016年05月11日 13:17 ID:XsL2iQjtO▼このコメントに返信
特攻どころか戦争も無かったわ。
アジア解放は大義名分とは周知の事実だしな。
ただ、義憤に駆られて国家単位でノブリスオブリージュを発揮して戦争へ、とはあり得るかも?
今度はうわべの大義名分ではなく本心からのものとしてね
69.名無しさん:2016年05月11日 13:17 ID:GwruvsxrO▼このコメントに返信
※65
資源あっても(発動機からして量産出来ない)コレ(職人さんの手仕上げ産業)なんだよな…。
当時から流れ作業式で腐るほど工業製品作ってたヤンキーと基礎工業技術つか重工業のレベルが全く追いついてない…。
発動機も無理矢理小型高回転式じゃなくてもうちょい余裕ある作りなら2000馬力級も多少違ったかもだけど…排気タービンもアレだしな…。
70.名無しさん:2016年05月11日 13:26 ID:NPD12cAR0▼このコメントに返信
当時のアメリカさんも同じこと考えたから
あのタイミングで日本叩いたんやろな
71.名無しさん:2016年05月11日 13:29 ID:TwcoNkW20▼このコメントに返信
そんなあり得ない前提なんて要りませんよ
日本は島国なんだし他国を侵略するわけにはいかないんだし
資源と補給と計画立案の豊富さだけで比べ物にならないし友達沢山で弁舌も立ち外交が海千山千のプロボクサーに精神論だけが頼りのアマチュアが挑んだみたいなものでしょ
全てに対して余裕があったのがアメリカ
日本の上層部は今の北朝鮮体制みたいに硬直化していたしアメリカの方が上下で双方向性があったのでしょう。
窮鼠虎を噛むをやったのが日本でしょう。
資源だけでなく双方向性システムでも負けていたと思います。
72.名無しさん:2016年05月11日 13:32 ID:APMpy21I0▼このコメントに返信
>日本の敗因は資源の少なさと島国だったからとか言われてるけど、
>技術面では日本もかなり高い方なんじゃないかな?

当時の世界平均よりは上だろうけど、先進国中では最下位だろ。
今なら、規模を小さくした中国の位置?
73.名無しさん:2016年05月11日 13:40 ID:80YYQZaH0▼このコメントに返信
※66
>日本製の工作機械より熟練工がタガネとヤスリで仕上げた方が精度出る有様だもんなぁ
いやいやいやいや、話が逆で、現代でも熟練工の方が精度が高いんだよ
だからこそ、工作機械の精度が重要なんだよ

工作機械で工作機械が作れるなら誰も苦労はしないって
74.名無しさん:2016年05月11日 13:43 ID:TwcoNkW20▼このコメントに返信
ロシアの南下が怖くて日韓併合→朝鮮と陸続きなロシアの南下が怖くてさらに満州国建国→終戦間際なぜかロシアに仲介を頼む

ロシアが怖かったのに自分から領土を広げて陸で隣接するようにロシアに近づいて行くなんておかしいよね
島国日本列島の方が海に囲まれていて安全なのに。
そんなにロシアが怖かったら満州国に米英を引き入れて権益を分け合って共同防衛したら良かったじゃない
満州を独り占めしてなぜアメリカに宣戦布告したのか
まるで平和条約を結んでいたロシアのためにやったようなものだわ
だってロシアとは最後まで戦わなかったんだもの
同じこと繰り返さないでくださいね
75.名無しさん:2016年05月11日 13:45 ID:X4MWW2940▼このコメントに返信
戦前の日本も対米貿易で食ってたって中学で教えないのか?
76.名無しさん:2016年05月11日 13:46 ID:jle8uhZb0▼このコメントに返信
※72
その辺は微妙じゃね?>規模
世界経済そのものの規模が違うからな。特に国際間は
あとWW1で欧州がいろいろ壊滅したりしたから、余計に米国と日本の比率が上がったのもあるだろうね
77.名無しさん:2016年05月11日 13:49 ID:TwcoNkW20▼このコメントに返信
ドイツがロシアを敵に回して
日本がアメリカを敵に回したのが敗因
お互い、「それだけはやめて><」ってやつでしょw
78.名無しさん:2016年05月11日 13:56 ID:TwcoNkW20▼このコメントに返信
アメリカから原油の7割位輸入してたんでしょ
なのにアメリカに戦争仕掛けるなんてマジキチだと思うわw
身の程知らずの韓国みたいw
あ、併合してたからあちらの人が多くて思考回路が似通ってたのかも…。
79.名無しさん:2016年05月11日 13:57 ID:jle8uhZb0▼このコメントに返信
朝鮮半島がロシアになってたらどうだったのかのほうが考えるには面白いな
緊張はありながらも意外とうまくいったのかもしれない
米国と仲たがいもしなかったろうし
80.名無しさん:2016年05月11日 14:01 ID:TwcoNkW20▼このコメントに返信
大陸の一部である朝鮮併合で日本の運命が変わってしまったんだと思う
否応なしに足抜け出来ない底なし沼のように大陸内部に引きずりこまれた
日本国憲法に書いておかなければならないわ
「日本は四方を海に囲まれた島国でなくてはならない」とね
81.名無しさん:2016年05月11日 14:06 ID:TPqQXrfq0▼このコメントに返信
※78
ハルノートが中国(満州)からの撤退勧告とかぬるいもんだとおもってないか?

4島以外の国土をすべて放棄して絶対防衛権を捨て去り、中国とロシアに対しての防波堤を一切消去しろっていう文書うっすよ。
到底のめないわ・・呑めば情緒不安定な連合(植民地帝国)やおそロシアとの戦争になった時に最初から本土決戦になるし・・。

ようはアメリカがヨーロッパ参戦動機獲得に向けてドイツと同盟結んでる日本と戦争して選挙公約無視してむりやり参戦する事が目的だったんだぜ?

呑んでりゃ今頃東アジアに主権国家なんて存在しなかっただろうよ。
82.名無しさん:2016年05月11日 14:06 ID:TwcoNkW20▼このコメントに返信
朝鮮半島をロシアにあげるという選択肢はありだったわ→米英が日本列島の防衛協力してくれる
あとその後の段階でも満州国に米英を引き入れるという選択肢もありだったわ→米英が満州の防衛協力をしてくれる
日本は何もかも自分一人でやろうとし過ぎたのよ
83.名無しさん:2016年05月11日 14:07 ID:7YZ9OFLIO▼このコメントに返信
釜山がロシアの港など恐ろしいわ。ロシアが釜山で南下政策を止めるわけないだろ
84.名無しさん:2016年05月11日 14:09 ID:TPqQXrfq0▼このコメントに返信
おいおい・・
今どうなってるかは知らんが、あの時代黄色人種はイ〇ローモンキーで人間じゃなかったんだぜ・・
白人様に何を期待してるねん・・
85.名無しさん:2016年05月11日 14:11 ID:TwcoNkW20▼このコメントに返信
>>81
アメリカに「Too late」と言われてたでしょ
早めの段階で権益を独り占めせず満州国に米英を引き入れて一緒に対露共同防衛していれば良かったのよ
制裁決議されて逆ギレして国連脱退する前にね
外交が稚拙だったと思うわ
86.名無しさん:2016年05月11日 14:17 ID:TPqQXrfq0▼このコメントに返信
※85
遅いも何も・・植民地帝国に弱みみせたらアヘン中毒で脳みそやられたのちに連合が攻めてこさせる鬼畜ってのは学んでるだろ・・
アヘン戦争してからのブリカスや、それにつらなるアメリカ様をどうやって信用しろと・・

遅すぎたんじゃなく相互理解する時間が少なすぎたんだよ。
87.名無しさん:2016年05月11日 14:17 ID:TwcoNkW20▼このコメントに返信
日露戦争で日本は米英に恩義があった
なのに満州国の権益を独り占めにした
で、米英が怒った
これってビジネスの問題よね
当時の強欲な経団連みたいな人が悪かったのかしら
88.名無しさん:2016年05月11日 14:17 ID:QCiCIyQQ0▼このコメントに返信
工業規格の問題は、現在も東西で電圧が違うように、
日本各地で貿易国の規格に合わせていたのが原因
そして外国製工作機械の精度は悪く不良率が多くて
資源の少ない日本での量産には使い辛かった


恐れていたのは、ロシアでは無くソ連の赤化兵
シベリア出兵で赤軍ゲリラに苦しめられたのが原因

英米は、卑劣な人種差別撤廃宣言の否決により信頼出来ない

日本の技術は当時最高峰
ただし燃料不足はどうしようもなく
戦闘機は6割程度の出力しか出せなかった

戦後米軍は日独の研究資料を根こそぎ奪い
技術を大きく発展させているのが現実


89.名無しさん:2016年05月11日 14:21 ID:TwcoNkW20▼このコメントに返信
>>86
日本側から歩み寄ることができていたらなあ…
ちょっと強欲だったんじゃないかしら
独り占めせず米英とwinーwinを目指せば良かったのに
90.名無しさん:2016年05月11日 14:23 ID:TPqQXrfq0▼このコメントに返信
どちらにしろまだ100年も経ってないんだから、そんなに簡単に利権に釣られて戦争吹っかけてきたアメリカもちゃっかり領土奪ったロシア・韓国も信用できないっすよ。
91.名無しさん:2016年05月11日 14:27 ID:TwcoNkW20▼このコメントに返信
敵は一つに絞らないといけないのに…
敵増やし過ぎでしょw
92.名無しさん:2016年05月11日 14:32 ID:pQveq4AiO▼このコメントに返信
朝鮮半島で日本防衛に必要なのは任那だけだよ。任那と鬱陵島だけ返して貰って、朝鮮は清国領で良かったんだよ。
あとは勘察加、樺太、千島を返して貰って、ようやく大日本。
93.名無しさん:2016年05月11日 14:35 ID:TPqQXrfq0▼このコメントに返信
※91
おいおい・・元々敵は特亜以外の植民地帝国全てっすよ・・増やし過ぎも何も奴隷にならない事だけで必死に仲間を探したけど誰もいなかったんだよ・・敵を増やし過ぎたんじゃなく一人も見方がいなかっただけ。
無謀だったんでまだ植民地支配受けてない地域で団結しようとしたのにプライドだけ高い連中が邪魔して仲間になるどころか敵側(植民地帝国側)に付いた・・

だから特定アジアとか脱亜論とかが日本の中で定着してしまった苦い歴史があるっす。
94.名無しさん:2016年05月11日 14:36 ID:TwcoNkW20▼このコメントに返信
話それるけど満州繋がりで…
移民入れる動きとか医療大麻認める動きとか
日本の満州国化政策が進んでるんじゃないかと思ってまじ心配
現首相が満州国の支配層のお孫さんだからなあ…
95.名無しさん:2016年05月11日 14:41 ID:H41AAtnp0▼このコメントに返信
世界的に見て日本の技術力は非常に高かった
ただ、戦った西洋の国はもっと高かったw
大体当時のアメリカと比べるなよ、どの国だって無理ゲーだ(´・ω・`)
96.名無しさん:2016年05月11日 14:42 ID:TwcoNkW20▼このコメントに返信
>>93
日本がタイみたいな外交が出来ればなあ…。
97.名無しさん:2016年05月11日 14:45 ID:TwcoNkW20▼このコメントに返信
外交面で可愛いげがあったタイ(本当は先読みが出来たのかも)
外交面で可愛いげがなかった当時の日本

やっぱり可愛いは正義だわw
98.名無しさん:2016年05月11日 14:48 ID:bnfgbxqhO▼このコメントに返信
金持ち喧嘩せずで、戦争にならんでしょう。
99.名無しさん:2016年05月11日 14:52 ID:H5cKn8AI0▼このコメントに返信
第二次大戦時にいきなりそんなデカイ国になるわけじゃないだろ。
もともとそれくらいの国だったとすると、日本は陸上戦にもかなりの力を入れたと思うし、戦車があんな残念なことになることも無かっただろう。
代わりに、海軍重視の姿勢が変わることになる。
というか、この設定は『他民族が住む大陸に日本があったら』と言うことなのか、それとも『でかい大陸丸々日本人の国だったのか』でまったくの別物になる。
100.名無しさん:2016年05月11日 14:54 ID:JEamTiD90▼このコメントに返信
現在の日本と同じような位置にあり、太平洋側に太ったアメリカと同等の大陸、資源を有していたら
50くらいの藩が群雄割拠する大日本合藩国として基本的には鎖国したまま特定国と交易をしてたんじゃないか?
だから資源を求めて外征する必要もないからアメリカとケンカすることもない、逆に国内内戦は続いたかもな
101.名無しさん:2016年05月11日 15:01 ID:s5FzavFb0▼このコメントに返信
遠いアジアに乗り込んできてみんなで利益をとか言う時点でなぁ
んじゃ中東や中米の権益分けてくれるの?って話だよ
懐に潜り込んできて仲良く仲良くも無いと思うんだが…
102.名無しさん:2016年05月11日 15:03 ID:jle8uhZb0▼このコメントに返信
※101
日露で圧勝して仲介も不要なら確かにそうなるんだけどな
パワーゲームですから
103.名無しさん:2016年05月11日 15:07 ID:.YZ84x7vO▼このコメントに返信
日本は君臣民の内、臣が絶望的に無能だからな。
革命で臣に替わった民の、第一世代統治下までしか発展しない。
それは、革命時(政府更新時)にシステムの中に、既得権に居座る為の椅子を用意するからだ。


役割世襲の天皇なら兎も角、実力の問われる政で親の七光りは困る。
104.名無しさん:2016年05月11日 15:07 ID:ot1Q20ya0▼このコメントに返信
中国と同盟って今も昔も 中華と半島は日本を下に見ていた。
無論、中には日本と手を結ぶのが利口だという人も少数いたが
大多数は愚か者ばかりなので話し合いをしても通じないから戦争になったわけで
今だって、中華思想や反日教育で日本を見下したいのだけれど
実際は、戦前も戦後も日本の方が先進国だという現実があるので
悔しくて嫉妬深い感情で突っかかってくるから始末に終えない
105.名無しさん:2016年05月11日 15:08 ID:oCB7X0Hk0▼このコメントに返信
海面が下がって、広大なEEZが現れればいいのにね。
106.名無しさん:2016年05月11日 15:14 ID:TwcoNkW20▼このコメントに返信
今現在見ると
欧米列強に中国も半島も全部差し上げて、その替わり日本には手を出さないでね、仲良くしましょ、の方が良かったかも…。

107.名無しさん:2016年05月11日 15:15 ID:cSfIev1Y0▼このコメントに返信
※95 当時どころかベトナム戦争片手間にソ連と宇宙開発競争をやっていた国ですおし

ただ、こういう所でこういう事を言うのは野暮だと思うけど、戦前戦中の日本の技術持ち上げるよりも
戦後の産業技術発展を見るほうが面白いし、もっと評価されてもいいと思う。
108.名無しさん:2016年05月11日 15:16 ID:hQpoF0.w0▼このコメントに返信
大東亜戦争勃発も無く、大東亜共栄圏ができて円満に21世紀を迎える。 -終-
109.大東亜戦争への道:2016年05月11日 15:17 ID:DLqX.Q2S0▼このコメントに返信
朝鮮半島は日本に向けられた匕首。
日本の繁栄と「安全保障の為」には半島の安定が必然
半島に「確りとした近代国家」が在れば問題は無かった、
処が、半島にあったのは「千年属国」だけ、まずは独立させねば成らぬ為、清国との交渉を行ったが否決
結果、戦争による独立承認を認めさせる事になった(下関条約)
しかし、半島のいと恐ろしき事、今度はロシアの手先となり、軍港を割譲する等云いだした。
ロシアの軍港などが半島に有れば、日本の「安全保障」に重大な損失となる為、半島からロシアを排除するために
日露戦争を起こし、半島から撤退させた(ポーツマス条約)これで安泰かと思われたが、半島の腑抜けっぷりはまだ続く
「千年属国」の為、真面な統治能力などなく、日本の保護国となり、総督として「伊藤博文」が派遣される
110.大東亜戦争への道:2016年05月11日 15:17 ID:DLqX.Q2S0▼このコメントに返信
保護国だけに飽き足らず、併合を願う声が出始め、剰え「併合反対派の伊藤博文」を「第三国の都市で暗殺するテロ」を起し、強制的に併合させる。(日本にとっての緩衝地帯としての価値を失い、護るべき地となる)
朝鮮半島が日本領になると、共産党から日本(朝鮮半島)を護る為の緩衝地帯が必要となり(通州事件)、倒された大清帝国の「溥儀帝」を擁立し、満州事変を起す破目になった、当時の国際連盟の過半数とバチカンの認可を受けたが、アメリカの介入を許す結果となり、禁油措置から南方の油田を攻略する羽目になり、途中になるフィリッピンを落しつつ、太平洋のアメリカ軍を封鎖する目的で真珠湾を攻撃するに至ったのである。

因って、半島にキチンとした新日近代国家が在れば、日清日露大東亜の戦争は「起こす必要が無かった」のであり
一連の戦争が、日本の安全保障の戦いであり、反共の戦いであることに留意せねばならない。
111.名無しさん:2016年05月11日 15:23 ID:TwcoNkW20▼このコメントに返信
朝鮮なんて右往左往させておけば良かったのよ
日韓併合で結果的に朝鮮が無傷になって日本が焦土になったこと許せない
アメリカなら必ず自国は無傷で併合地を焦土にするw
朝鮮無傷で日本が焦土だなんてあり得ないです~w
併合した意味ないじゃん(T_T)
112.名無しさん:2016年05月11日 15:23 ID:Nc8T7weA0▼このコメントに返信
※8
>技術力が高かったのになんで負けたんですねぇ・・・。また、物量で負けたとか言い訳しますか?

まだこんな事言ってるバカがいるのか。
逆にアメリカから物量取ったら何が残るのかと。
80両しか生産できなかったM4シャーマンで戦うのか?
113.名無しさん:2016年05月11日 15:27 ID:YxwWU7.l0▼このコメントに返信
だから何回同じネタでホルシコホルシコすりゃ気が済むんだよ・・・
シチュエーションも毎度毎度同じ
あり得ない想定からの
「それでも日本やっぱり勝てません!(ホルホルシコシコドッピュンコ!」
たまは違うネタやシチュで抜けよ
114.名無しさん:2016年05月11日 15:32 ID:QTx.GwnN0▼このコメントに返信
そうなんだ
115.cat:2016年05月11日 15:39 ID:PyljeaF80▼このコメントに返信
どこかの島国にでも移住して、そこで日本って国を作ってたんじゃね?
116.名無しさん:2016年05月11日 15:40 ID:IQ2P2fKp0▼このコメントに返信
そもそも開戦してねーだろ。
工業力に関しては当時の自動車の保有量を見てみれば差が歴然。
やれば負けるだろうな
117.名無しさん:2016年05月11日 15:51 ID:NPD12cAR0▼このコメントに返信
※115
すっごく日本人らしいと思った
うちらの先祖も、そうやって大陸から渡ってきたのかもな
端っこが好きで、狭い方が落ち着くもんな
118.名無しさん:2016年05月11日 16:23 ID:jZz5rjlu0▼このコメントに返信
日本も含めての話なんだけど、当時列強と呼ばれた国は、過去に貧乏でそこからの巻き返しっていう部分はあったんじゃないかな。
最初から過ごしやすい気候で資源も土地も豊富に持っていたら、おそらく列強になりえず、植民地化されていたんじゃないかと思う。
119.名無しさん:2016年05月11日 16:28 ID:gk9RDbX40▼このコメントに返信
あほすぎ。
資源・国力があればそれだけ技術開発スピードも速くなる
120.名無しさん:2016年05月11日 16:33 ID:E56YtfHi0▼このコメントに返信
それなら鎖国が続いていた
資源も国土もあるのだからなぜ外に何かを求めるんだ?
121.名無しさん:2016年05月11日 16:41 ID:TPqQXrfq0▼このコメントに返信
そりゃ・・世界征服だろ(真面目)
122.名無しさん:2016年05月11日 16:48 ID:gTS9v.BU0▼このコメントに返信
これほど夢想的で無意味な論争はないだろうな……
この場合の世界地図どうなってんだよて所から始めなきゃいけないし
123.名無しさん:2016年05月11日 16:59 ID:ASgcCqkO0▼このコメントに返信
>本スレ10

中國と戦う気なんかなかったんだよ。だからあんなひどいことになった。日清日露第一次世界大戦で勝ち組にはいることで世界中から警戒されてたのはあるね。ソ連やドイツは日本に負けてるから、当然なんだけどもね。日本はドイツが中國から取り上げてた権益を返してあげたというのに、屁理屈つけて日本を襲ってきた連中がいる。それまでは白人が嫌われてたのに、それがなぜか日本にすり替わったんだよ。敵をすり替えるのは支那朝鮮の得意技でしかない。中國は出来たばかりだったけど、結局中身は支那のままだった。日本に学んでともに進もうとか言ってた連中と、一緒に頑張ろうとしてたんだよ。だから、どんなおかしなことがあっても我慢してたんだけどね。それが良くなかった。おかしいことはすぐにおかしいとして正すことが大切だったね。国民党にも日本軍にも日本政府にも敵の工作員が入り込んでいた。それを排除することが出来なかったから戦争になっちゃったね。

武力や資源の問題で負けたというよりは、明らかに情報戦や離間策などの策略に負けてるね。
124.名無しさん:2016年05月11日 17:01 ID:46oLfbbO0▼このコメントに返信
士官が官僚やってたから勝てないだろうな。
125.名無しさん:2016年05月11日 17:03 ID:EWrf1Emv0▼このコメントに返信
今の文化も、繁栄も別のものになってる、
まず、欧米人の植民地は確実になってる、
中国じゃん。
126.名無しさん:2016年05月11日 17:05 ID:TPqQXrfq0▼このコメントに返信
いやその方が勝てるだろ。目先の戦争に勝つ事だけに全力掛けられたら押し切れる。
ただ・・勝ってから大変なだけで・・
127.名無しさん:2016年05月11日 17:17 ID:3QNdrlkP0▼このコメントに返信
「狭い日本、そんなに急いで何処に行く?」と言う故事もあるけど北米ほど広くて資源あったらそもそも戦国時代なんて無かったかも。
128.名無しさん:2016年05月11日 17:30 ID:hZLIpJudO▼このコメントに返信
資源が自国だけで賄える国は羨ましいが、それだと現代の日本のような、他国が羨ましがったり妬ましく思うぐらいの技術が生まれたかどうか、かなりの疑問がある。大陸国家だと気候風土も全く違うだろうし。
そして、領土の非常に広大な国家は、単にそれだけの事で軍事的にはほとんど不敗の地位にある(確か井上成美を扱った伝記にあった)ので、隣国にビクビクする事にはなっていないだろう。その代わり国民の8割~9割は賢くなくてもいいとなってくる。教育にはさほど力を入れない国になるだろう。
国の領土が中規模ぐらいの国で資源に乏しい国は、国民一人一人が資源なので、賢くない人間ばかりでは困るから、教育には力を入れざるを得ない。日本、台湾、韓国、東南アジア諸国、ヨーロッパ諸国が該当する。
もし大陸国家で軍隊の強力な国に生まれ育っていたら、今よりずっとノータリンな自分がいたかもな。
長文失礼しました
129.名無しさん:2016年05月11日 17:36 ID:FHOsiHv90▼このコメントに返信
劣人種だから大敗したやろなあ。合理性の欠片もない機構で全く統制の取れない分裂国家、同じ日本人同士で憎しみ合う池人種やからなあ
130.名無しさん:2016年05月11日 17:41 ID:bzi0TLt20▼このコメントに返信
三国同盟があった場合はアメリカにじゃなくソ連に宣戦布告してただろうな
同盟が無かった場合は連合国側かなwでもどのみちソ連と冷戦だろうね
131.名無しさん:2016年05月11日 17:46 ID:TPqQXrfq0▼このコメントに返信
※129
そだね。合理的に敵性国民を排除出来なかったのは痛い・・。
朝鮮半島は必要でも住民は要らないというか害だったのでブリカス等を見習って原住民は虐殺して自国民を植民するべきだった・・。

まぁ、人間味があって合理性の欠片もない日本が私は好きだけど、君は違うようで・・
132.名無しさん:2016年05月11日 18:04 ID:.FNNzgpc0▼このコメントに返信

・ノーベル賞1500個

・残りの全世界を合わせた以上の国力とGDP

・世界の航空機の9割を開発・製造
133.名無しさん:2016年05月11日 18:13 ID:gGDooymO0▼このコメントに返信
日本に資源があったなら世界中がその資源を奪いに来たか?
多分、世界征服していたな。

今からでも遅くない。
日本流の世界征服は出来る。
134.名無しさん:2016年05月11日 18:20 ID:woA.YHg50▼このコメントに返信
圧倒的な軍事力を背景にした基準通貨のことを考えろよ‥。

135.名無しさん:2016年05月11日 18:27 ID:qFeWjuik0▼このコメントに返信
人的資源も大切に
136.名無しさん:2016年05月11日 18:36 ID:YvDEhU4X0▼このコメントに返信
人材だよ人材
137.名無しさん:2016年05月11日 18:48 ID:ZfcvQeAB0▼このコメントに返信
資源が潤沢だったらアメリカと戦争する必要ないじゃん。そのかわりもっと早い段階からヨーロッパ諸国に侵略されて戦争していたかもしれんw
138.名無しさん:2016年05月11日 19:19 ID:5uHj8dLz0▼このコメントに返信
もはやそれは日本であって日本でない存在だろ。内乱が多発して国内統一すら出来ないんじゃ。
戊辰戦争が何十年とかかってたやも知れん。
139.名無しさん:2016年05月11日 19:20 ID:6ACrE.WP0▼このコメントに返信
そんなに資源があるなら古代に中国が稲作教える前に征服するか
明治維新なんてする前に刀と前時代的な大砲持ってる日本侵略するでしょ。
つまりネイティブアメリカンと同じ末路。
そもそもその国の傾向を決めるのは環境の要素が強いから前提からして不毛だけど。
140.名無しさん:2016年05月11日 19:38 ID:.FNNzgpc0▼このコメントに返信
※139
>刀と前時代的な大砲持ってる日本侵略するでしょ


その状況なら日本攻略はさらに不可能になる。

アフリカでも現地の精強な部族がしばしば白人侵略軍を撃退してるし、
日本人がガチガチに守備して資源も土地もたっぷりある大国なんて
いくら外征軍送り込んでも殲滅されて消耗するだけ。

泥沼化して終わり。

つい30年前でも、ソ連はアフガニスタンすら攻略できなかった。
大砲程度の技術差の時代なら、もっと悲惨な戦いになる。
141.名無しさん:2016年05月11日 20:16 ID:0Cc.SDZx0▼このコメントに返信
それでも少なくともアメリカ車のような燃費垂れ流しはしないだろう。
142.名無しさん:2016年05月11日 20:18 ID:2pweGv2A0▼このコメントに返信
前提条件が書かれておらず、発言を見れば……うーん、この
143.名無しさん:2016年05月11日 20:45 ID:uVgrrzcl0▼このコメントに返信
日本が戦争に向かわなきゃいけなくなったのは
他国に資源を売ってもらえなくなったため(ABCD包囲網)

だから、資源を有してたらそもそも第二次世界大戦に参加してない。
144.名無しさん:2016年05月11日 20:46 ID:JQbFZLTc0▼このコメントに返信
さすがにアメリカ相手には負けてたと思うよ
俺は太平洋戦争は頭脳で負けたと思ってるし
日本人は突撃馬鹿だし情緒的な人種だから戦争にはあまり向いてないんだよ
145.名無しさん:2016年05月11日 21:19 ID:5iNUuMmw0▼このコメントに返信
被害がでかくなっただけやろうね
資源はあっても戦争のやり方を知らない
海上護衛戦読めば読むほど、こいつら勝つ気が無かったんだなと思わされる
146.名無しさん:2016年05月11日 21:22 ID:m8CkL8wSO▼このコメントに返信
ソ連が北樺太の売却を打診した時、算盤なんか弾かずにしっかり買い戻してたし、勘察加も返して貰ってたよ。
147.名無しさん:2016年05月11日 21:24 ID:FHOsiHv90▼このコメントに返信
※131
戦前からずっと支援してくれてありがとうな。東北の人間が身売りしてても何千億も
朝鮮に注ぎ込んでくれてほんま助かったで。これからも痴呆都市や若者は見捨てて援助よろしゅうな。日本人大好きやで
148.名無しさん:2016年05月11日 21:25 ID:hijxN3lW0▼このコメントに返信
>もし日本がアメリカと同等の大陸、資源を有していたら

大陸、資源を白人に狙われ、支配されて日本て国がなくなってた。
アメリカ大陸のインディアンと同じ運命辿ってるだろ。
149.名無しさん:2016年05月11日 22:10 ID:Vx.wqbac0▼このコメントに返信

・ノーベル賞1500個の最優秀民族

・残りの全世界を合わせた以上の国力とGDP

・世界の航空機の9割を開発・製造

・世界の共通言語は日本語
150.名無しさん:2016年05月11日 22:33 ID:OGgvsxPf0▼このコメントに返信
※148
>大陸、資源を白人に狙われ、支配されて日本て国がなくなってた。
帝国時代の日本が草食動物だとででも思っているゥヨにしかできない発想ですなぁ
151.名無しさん:2016年05月11日 22:36 ID:OGgvsxPf0▼このコメントに返信
※143
>他国に資源を売ってもらえなくなったため(ABCD包囲網)
で、売ってもらえなくなったのは10年近く全力で暴れたせい(満州事変・日中戦争・・盟脱退・三国同盟・仏印進駐)

太平洋戦争の因果関係をABCD包囲網までしか語れない時点でお話にならないよ
152.名無しさん:2016年05月11日 23:20 ID:Vx.wqbac0▼このコメントに返信
※151
>太平洋戦争の因果関係をABCD包囲網までしか語れない時点で

日米戦争は、日露戦争に勝利した日本海軍にビビったアメリカが
対日敵視政策と日英離間を始めたのが原因。

劣等民族チォン猿同様、いつもどおりの工作テンプレでいまだに
日本ガーと言ってる馬鹿の存在が恥ずかしい。
153.名無しさん:2016年05月11日 23:30 ID:iQA429b10▼このコメントに返信
※116
どうして国土も資源もアメリカ並みなのに工業力だけ史実通りだと思えるのか…可哀想な頭
154.名無しさん:2016年05月12日 00:07 ID:XbqcDmDT0▼このコメントに返信
相手が日本のような国なら勝てるだろう。核を使うけどな。
でもベトナムには勝てない。
155.名無しさん:2016年05月12日 00:25 ID:N.HyOTaeO▼このコメントに返信
ABCD包囲網してるのに、アメリカと互角以上に戦ったんだ、アメリカ並みの資源を持っていたら、アメリカすら凌駕する強国になっていただろうな?
156.名無しさん:2016年05月12日 01:15 ID:k1DFvOQDO▼このコメントに返信
対外進出なんてのは元々の自国の領域を確保して回復し、それからするもんだろ。先島迄の沖縄を確保して樺太と勘察加と任那を回復して大日本。対外進出なんて、それが出来てからでしょ。
157.名無しさん:2016年05月12日 01:29 ID:YJ81WaHc0▼このコメントに返信
※154
ベトナム人なんかフランスにも殴られてた木っ端だよ。
最強民族日本人様に戦い方を教わって、ようやくゲリラの初歩を学んだ程度。

ベトナム戦争だってソ連様のおかげで継戦できてただけ。
ソ連製の最新戦闘機を供与されながら、
ベトナム空軍がベトナム戦争全期間で撃墜できた米軍機はたったの74機。
所詮は土人。
158.名無しさん:2016年05月12日 02:08 ID:aOuTpNw3O▼このコメントに返信
ベトナム人はベトナムの土人で日本人は日本の土人で在日外国人は日本の土人じゃないんだけど。
159.名無しさん:2016年05月12日 03:11 ID:ulxI8nSh0▼このコメントに返信
※158
日本語不自由な劣等民族には悪いけど、ノーベル賞ばんばん取ってるレベルの先進国民は土人と言わないから。

最優秀民族と呼ぶのが妥当。

だいたいイラン人やトルコ人以下あたりからが土人。
160.名無しさん:2016年05月12日 07:12 ID:IEAgV5AK0▼このコメントに返信
ここも特亜が多いな。
161.名無しさん:2016年05月12日 08:14 ID:BOSJjsv20▼このコメントに返信
油断して働かなくなる
162.名無しさん:2016年05月12日 08:43 ID:wnnBDBvk0▼このコメントに返信
※159
土民って侮蔑ではなく、その土地に昔から住んでる固有の人類って意味っすよ・・

様は植民人じゃないって事で、アイデンティティがしっかり確保されてるのが土民(その土地固有の民)。
自分の証明がその土地に刻まれた歴史でしっかりされてるから国境の概念が曖昧にならない人類って事かな。
よそ様の土地に自分の正義の為に戦争することに抵抗がある保守的な人って事。

様は戦争をなくす為に戦争する変態には成りにくい人って事なんで戦争が起きにくく停滞しやすいっす。
163.名無しさん:2016年05月12日 08:44 ID:PW4W.heOO▼このコメントに返信
アメリカ資本に乗っ取られる。
164.名無しさん:2016年05月12日 08:51 ID:wnnBDBvk0▼このコメントに返信
2000年位の地球史的に見て短い期間で国民の大半が移民や植民、侵略者だった事が一度もない民族じゃないと土民って言われないっす。
なので日本は土民だけど、イギリスは土民じゃないと言えるかな。
165.名無しさん:2016年05月12日 09:22 ID:TTK8Ir430▼このコメントに返信
資源があるならそもそも開戦しない。
で、仮に開戦したとしてもアメリカには勝てない。
アメリカ最大の武器は豊富な資源に裏打ちされた工業力よ。あれがある限りあの当時の日本じゃどうやっても勝てん。
166.名無しさん:2016年05月12日 09:26 ID:7wvWb0Kl0▼このコメントに返信
アメリカは民主主義の国だから、日独と違って国民が反対したら戦争できない。
やり方によっては講和に持っていくこともできた。


日本兵は優秀だったが、頭脳である政治家と軍中枢があまりにもひどかった。
あいつらがそこそこまともな頭脳なら、そもそも戦争にもならなかった。
167.暴君:2016年05月12日 09:38 ID:.H.MV8zZ0▼このコメントに返信
 
 そんなに、大きな国土を持ってたら

まだ鎖国してただろ。ww
168.名無しさん:2016年05月12日 10:48 ID:O8c3H4iG0▼このコメントに返信
その前提だと江戸時代に植民地にしようとやってくるであろう欧州勢にどう対応するかが重要になる
そこを乗りきれて近代化できれば資源があるので戦争はしない
169.名無しさん:2016年05月12日 11:51 ID:FfHtfGcX0▼このコメントに返信
日本が不足してたのは、有能な軍部連中と資源だけだった。アメリカがハルノートを打ち出してあとは交渉打ち切りした時点で、外交の話しは出来なかった。
アメリカと同等の資源と大陸が有ったら、アメリカは逆に属国になっていた。初戦でアメリカ大陸に攻め込まれたらアメリカは大陸内で応戦しか出来なかった。そうなれば、兵器を生産する工場を片っ端から空爆してれば楽なもんです。その間に後方で軍事基地を作られたらまずは勝ち目がない。
170.名無しさん:2016年05月12日 14:27 ID:5EzDZGA30▼このコメントに返信
※158
日本語不自由な劣等民族には悪いけど、ノーベル賞ばんばん取ってるレベルの先進国民は土人と言わないから。

最優秀民族と呼ぶのが妥当。

だいたいイラン人やトルコ人以下あたりからが土人。

中韓猿やベトナム人は当然土人。
171.名無しさん:2016年05月12日 20:59 ID:QSCs.96j0▼このコメントに返信
技術力の話が出てたので

ゼロ戦のプロペラ可変ピッチ機構は戦前にアメリカから導入したハミルトンスタンダードのライセンス品で、
さすがに戦前水準じゃその後の高速・低翼面荷重化に対応できないので
ドイツ製、フランス製の電気制御式に手を出したがとても日本人の手に負えるシロモノじゃなく、
結局プロペラの加工精度そのものもダメだということで、戦前水準以上の大馬力EGはまともに運用できなかった

プロペラの可変ピッチって車で云えばトランスミッションでレシプロ機の根幹技術だからね
日本の技術力じゃレシプロEGの限界まですらたどり着けなかったという事

でもゼロ戦の防弾性がどうとかいう話は、人命軽視以前に航続距離と速度と離着艦距離と
それぞれ相反する要求を満たさなきゃいけない艦載機ならではの話で
無理も無いと思うけど
172.名無しさん:2016年05月12日 23:07 ID:gcbwFB.C0▼このコメントに返信
資源も技術力もない
そんな国がどうしたら先進国になれるんだ?
173.名無しさん:2016年05月13日 13:20 ID:npH4RnL60▼このコメントに返信
この手の議論に夢中になる奴は例外なく無能
174.名無しさん:2016年05月14日 17:47 ID:wbVhh.H20▼このコメントに返信
資源があれば大国の手のひらで踊らされることは無かった
175.名無しさん:2016年05月17日 18:45 ID:217QnstF0▼このコメントに返信
※173>この手の議論に夢中になる奴は例外なく無能
禿しく同意!

お名前