大艦巨砲主義!ツイーター
スポンサーリンク

2016年03月15日 10:05

大日本帝国 陸D  海A 空B

大日本帝国 陸D 海A 空B

001

引用元:大日本帝国 陸D 海A 空B

http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1457926677/
1: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)12:37:57 ID:JQe
アメリカ 陸S 海S 空S

ソ連   陸S 海E 空B

ドイツ  陸A 海C 空A

イギリス 陸C 海A 空A

フランス 陸B 海C 空D

イタリア 陸C 海D 空D

こんなイメージがあるんだけど、お前等も格付けしてくれ

2: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)12:38:47 ID:s59
海Aとかwwwww海軍厨乙

3: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)12:39:09 ID:csx
ドイツ海Cも無いぞ
後イタリアは海Cだな

4: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)12:40:07 ID:Ici
別に陸軍がアホなだけで空海ともにAでいいだろ
問題は陸海空SSSのアメリカに喧嘩売った事であって

6: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)12:40:39 ID:s59
>>4
海軍よりかわアホやないやろ

18: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)12:45:58 ID:Ici
>>6
両方アホだな、訂正するわ

8: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)12:41:35 ID:csx
>>4
いやぁ海も大概アホだぞ
そもそもガ島まで補給続く訳ないんだし

5: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)12:40:29 ID:ONY
いや海軍はBでしょ
Aの国はない

7: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)12:41:00 ID:Vfe
無知が多くて困る

9: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)12:41:47 ID:QfX
イタリアはD,C,Cだな
ドイツはA,D,A

10: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)12:42:32 ID:JQe
>>9
あら、イタリアって陸軍が強いイメージあったけど違うのね

13: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)12:44:13 ID:QfX
>>10
ムッソちゃんが開戦を焦ったせいで兵器はポンコツばかり
指揮官も前線指揮官はともかく上はポンコツまみれだし

14: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)12:44:29 ID:csx
>>10
イタリア海軍は規模で言うなら
フランスに次ぐ強さ
ドイツ海軍上げの奴は潜水艦を言うが
そもそも水上戦力が足りないから
潜水艦頼ってたに過ぎない

11: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)12:43:56 ID:JQe
SとAの間に超えられない壁がある気がする

12: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)12:44:02 ID:ONY
支那は?

17: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)12:45:24 ID:JQe
>>12
ごめん、よく分からなかった

陸D 海E 空D

こんな感じかなぁ?

20: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)12:46:14 ID:s59
>>17
E F Eくらいかな?

15: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)12:44:45 ID:s59
アメリカ A S A
ソ連   S E B
ドイツ  A D A
イタリア C C C
日本   C B B
イギリス C A B
まあこれでええやろ(適当

16: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)12:45:22 ID:ONY
フランスは未知数

22: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)12:46:46 ID:csx
>>16
フランスも普通に強い
単にドクトリンの差と兵器形態の差で
ドイツに負けただけ

19: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)12:46:01 ID:QfX
チャイニーの海はランク外でいいと思う

21: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)12:46:27 ID:ONY
イタリアはそれなりに戦闘機保有してなかった?

23: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)12:46:51 ID:QfX
>>21
いかんせん数が少ない

25: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)12:47:30 ID:ONY
フィンランドはどうなる

26: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)12:48:08 ID:s59
>>25
時代による

27: 【1052円】 壊 2016/03/14(月)12:48:37 ID:sY6
陸海はcだと思ふ
空なくね?

29: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)12:51:10 ID:ONY
日本が空強かったのは最初だけな件

31: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)12:52:23 ID:csx
>>29
後半でもそれなりに陸軍は
良いパイロットが居るし
機体性能も悪くは無い
ただアメリカがキチガイ

30: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)12:51:43 ID:rHj
赤色空軍Bには納得
大戦序盤のままならEだけど

32: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)12:52:40 ID:JQe
イメージだけの格付けだから勘弁な

33: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)12:52:44 ID:4mm
酸素魚雷で無双…する前に航空機無双しちゃったお茶目さん

34: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)12:53:16 ID:s59
>>33
どのみち酸素魚雷は産廃不可避だったけどな

35: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)12:54:51 ID:JQe
末期日本軍は

陸B 海D 空D

こんな印象がある

36: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)12:55:26 ID:4mH
戦前の日本に空軍なんかなかったが

38: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)12:56:14 ID:JQe
>>36
ま、多少はね?

40: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)12:56:52 ID:s59
>>38
そんなこといったらアメリカもないんだが

37: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)12:55:35 ID:4mm
アメリカ 飯C

ソ連   飯B

ドイツ  飯B

イギリス 飯E

フランス 飯B

イタリア 飯A

41: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)12:57:00 ID:JQe
>>37
日本 飯Z

46: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)13:00:38 ID:s59
>>41
飯盒でたく白米のうまさを知らんな?

48: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)13:01:55 ID:JQe
>>46
あ、いや餓死が多かったからと聞いたからさ
 

真面目に考えると飯ランクはどの程度だろう……

52: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)13:05:51 ID:csx
>>48
飯自体は旨い
ただ陸軍の攻勢限界→ラバウル
海軍が進んだ場所→ソロモン諸島
このせいもあるので
地図見てみればよく分かる

54: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)13:07:49 ID:s59
>>48
加えてシーレーン防衛がほとんど行われていなかった上に海軍の暗号が筒抜けだったのもある

55: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)13:09:09 ID:JQe
>>54
船乗りの死亡率は軍人よりも遥かに高かったんだよね……

56: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)13:13:51 ID:s59
>>55
や海軍糞

57: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)13:15:27 ID:JQe
>>56
戦後に保証もすっぽかされたしね

58: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)13:16:44 ID:s59
>>57
結果日本郵政は海自が大嫌いになるという

59: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)13:17:20 ID:JQe
>>58
郵船?

61: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)13:18:52 ID:s59
>>59
郵船が全部沈んで
保証金も全部税金としてもってかれた

62: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)13:19:29 ID:JQe
>>61
これホントひどいよね

49: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)13:03:54 ID:wih
>>37
イタリアはなんで食い物に力を入れたんだろう・・・
そんなものほっといて軍備に全てつぎ込めばよかったのに

51: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)13:05:28 ID:s59
>>49
日本と同レベルの工業力の国になにを求めるのか

39: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)12:56:44 ID:jML
一万五千機の作戦機とその燃料を残して降伏してしまった国があるらしい

43: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)12:59:25 ID:JQe
日本軍の死因の半分以上が餓死と病死ってマジ?

44: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)13:00:26 ID:jML
少なくともニューギニア戦線とインパールはそうだよ
大陸では飯食いまくり

45: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)13:00:30 ID:iU5
日本軍
陸E 海C 空C
指揮官が無能が多いから評価低め
マレー作戦もイギリスはWW1の装備だから勝てて当然

47: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)13:01:41 ID:s59
>>45
陸軍の装備や末期のゲリラ戦考えたらせいぜいDくらいだろ

50: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)13:04:04 ID:JQe
んー大日本帝国は陸D 海B 空C くらいになるのかなー?

53: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)13:07:28 ID:bPb
飯の不味い旨いの前に飯そのものがなかったのでZで合ってるわな
なんせ補給路が・・・

60: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)13:18:42 ID:rxe
海は煙から逃げ場がなくて溺れなくても酸素不足で窒息死
空母なんかは一発の爆弾でたくさん死ぬ

63: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)13:21:10 ID:csx
駆逐艦の船長等が
何故輸送船の護衛をしなければならんのだとか
言い出すレベルには補給に疎い帝国海軍

71: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)13:26:36 ID:JQe
>>63
商船護衛をしていた海防艦の艦長が商船出身というのは褒められたもんではなかったね

64: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)13:22:56 ID:JQe
でも最近は商船の護衛をしてるから、関係は修繕されてきた筈……
まぁ、フェリー借り上げで少しきな臭くなっちゃったけど

65: As+perger&◆0.2.Go9lBE 2016/03/14(月)13:23:41 ID:kg6
支那 C C E

66: As+perger&◆0.2.Go9lBE 2016/03/14(月)13:24:17 ID:kg6
やっぱDDE

67: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)13:24:26 ID:s59
>>66
冗談だよな?

68: As+perger&◆0.2.Go9lBE 2016/03/14(月)13:24:53 ID:kg6
>>67 数は多かったし

69: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)13:25:26 ID:s59
>>68
知らなさすぎだろいくらなんでも

70: As+perger&◆0.2.Go9lBE 2016/03/14(月)13:26:04 ID:kg6
>>69 歴史の教科書見る限りクソザコってわけでもなくね

74: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)13:27:13 ID:s59
>>70
もっとお勉強しようね
そもそも戦艦一隻もない国の海軍がソ連より評価上とか冗談にもほどがある

76: As+perger&◆0.2.Go9lBE 2016/03/14(月)13:35:18 ID:kg6
>>74 まじかよすげーな

75: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)13:33:19 ID:FIr
ソ連海軍はドイツ並みに潜水艦もってなかったかね
性能はお笑いだったけど

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

★★ 最 新 お す す め 記 事 ★★
★★ 特 設:海 外 の 反 応 ★★

コメント

1.名無しさん:2016年03月15日 10:12 ID:TFBiBN4uO▼このコメントに返信
日本は何をやっても格下ニダ〔ヽ`∀´〕
2.名無しさん:2016年03月15日 10:13 ID:UpEUOYhT0▼このコメントに返信
前にどっかで読んだのには日本陸軍は大隊以下の単位時間あたりの弾薬投射量はアメリカ軍とほぼ同じっていうのがあったな。問題は連隊以上の火力は105mm砲を連隊にもつアメリカに分があると書いてあった
3.名無しさん:2016年03月15日 10:16 ID:jbKFLOM70▼このコメントに返信
ソ連海軍ってどうなん?ルーデルに戦艦沈められたくらいしか聞いたことない
4.名無しさん:2016年03月15日 10:17 ID:f47nuJtZ0▼このコメントに返信
いやどう見ても総合判断で海は陸の下
終戦までなんとか持ちこたえていたのは陸で海は終戦間際には浮かぶ棺になってた
5.名無しさん:2016年03月15日 10:19 ID:2wghQwZo0▼このコメントに返信
あの大和だって元々韓国の大高麗号なんだし、日本軍は韓国から略奪した兵器と女がなかったら存在出来なかった
6.名無しさん:2016年03月15日 10:19 ID:XbgqXMAI0▼このコメントに返信
日本が列強下位なのは間違いない
その日本にも劣る欧州国家が多いけど
7.名無しさん:2016年03月15日 10:20 ID:7821R9.s0▼このコメントに返信
フランスは日本参戦前に脱退してるからいまいち実力の評価が微妙
ただ、イギリス海軍にボッコされているからスペック値ほど強くはない
8.名無しさん:2016年03月15日 10:20 ID:UpEUOYhT0▼このコメントに返信
※3
当時のソ連海軍は小型艦艇と潜水艦ばっかり。日本に燃料と整備設備が健在だったら終戦時でもソ連は手が出せないくらい弱小。その代わり航空機がすごいある
9.名無しさん:2016年03月15日 10:21 ID:f47nuJtZ0▼このコメントに返信
※7
フランス「あ、あれは背後からいきなり急襲されたからだから」という言い訳が聞こえてきそう
10.名無しさん:2016年03月15日 10:23 ID:P9mjhN8L0▼このコメントに返信
大まかに良いと思う
11.名無しさん:2016年03月15日 10:23 ID:6QYPkmP00▼このコメントに返信
日本って世界トップ3の海軍国なんだけど評価低すぎない?
12.名無しさん:2016年03月15日 10:24 ID:r.N8ZbRKO▼このコメントに返信
大日本
陸B/海S/空A-
アメリカ
陸S+/海SS/空S
ソ連
陸SSS/海F/空S
第三帝国
陸S/海C-/空A+
イギリス
陸B+/海S/空A
イタリア
陸C/海B/空B
フランス
陸A/海B/空B
中華共産党
陸D/海ND/空ND
13.名無しさん:2016年03月15日 10:24 ID:8Z1qlstC0▼このコメントに返信
大日本帝国海軍のイメージ戦略は素晴らしいな
実際は陸軍と同じかそれ以下でダメな軍隊やのに・・・
14.名無しさん:2016年03月15日 10:25 ID:XbgqXMAI0▼このコメントに返信
※12
ワチャワチャしすぎ
15.名無しさん:2016年03月15日 10:27 ID:glkTaKzJ0▼このコメントに返信
アメリカ 陸A 海SS 空S

ソ連   陸A 海E 空D

ドイツ  陸A 海C 空SS

イギリス 陸B 海A 空A

日本 陸B 海S 空B
16.名無しさん:2016年03月15日 10:27 ID:al0KOEx.0▼このコメントに返信
※2
動員兵力じゃ列強に勝てないから投射火力で補うとかだったかと何も精神主義の亡霊ばかりじゃ無かっただよ帝国陸軍全て『貧乏』が悪いじゃ!。
17.名無しさん:2016年03月15日 10:27 ID:UpEUOYhT0▼このコメントに返信
海軍はあの戦力だったらもっと戦果あげれたと思う。むしろ装備が米軍に劣る中陸軍はよくやったと思う
18.名無しさん:2016年03月15日 10:29 ID:15EXkd900▼このコメントに返信
>日本  陸D 海A 空B

これって、現在の自衛隊の事では(ry
19.名無しさん:2016年03月15日 10:30 ID:8Z1qlstC0▼このコメントに返信
※16
むしろ海と陸だったら意外にも現実主義だったのが陸軍で海の方が精神主義だった
精神注入棒があるだけにな!
まぁこれは冗談だけど実際割りと特攻に終盤まで否定的だったり暗号文や補給に関しても陸軍のが現実的な印象
20.名無しさん:2016年03月15日 10:30 ID:.ETmYUVf0▼このコメントに返信
大日本帝国 陸E 海B 空D

こんなところだろ。
21.名無しさん:2016年03月15日 10:31 ID:rt9EPPVR0▼このコメントに返信
※11
それは現代の話じゃなくて?
WW2時代の海軍も性能こそは良かったけどね
艦艇の性能だけを考えるならBはもちろんAだってあっては良いと思うけど
国の国力や保有数として考えるというほどないんじゃない
22.名無しさん:2016年03月15日 10:32 ID:H2SbMxaJ0▼このコメントに返信
精神 アメリカ B
   ソ連   A
   ドイツ  A
   フランス C
   イギリス A
   イタリア F
   日本   S 
23.名無しさん:2016年03月15日 10:34 ID:al0KOEx.0▼このコメントに返信
※19
本土決戦になったら一番忙しいだろうからな~精神論に逃げる余裕は、無いだろうから。
24.名無しさん:2016年03月15日 10:35 ID:Jtz0HZ950▼このコメントに返信
アメリカの潜水艦無双は本当に酷い。貴重な物資を積んだ輸送艦がことごとく沈められてる。
25.名無しさん:2016年03月15日 10:35 ID:DtWSYPah0▼このコメントに返信
陸を過小評価するの嫌い
補給も追い付かない中最後まで戦い続けた
上が無能だって意味なら陸も海も変わらん
そもそも戦力的な物だけなのか、戦力から得た戦果的なものなのか、印象だけで語るな
対米考えたら緒戦の海だってよくやってるし、陸だって硫黄島やら米が被害考慮して原爆落としたくなるくらいは抵抗してる
26.名無しさん:2016年03月15日 10:36 ID:XmiM9srv0▼このコメントに返信
典型的な陸軍sage海軍age
大陸ではずっと勝ってた陸軍が負けっぱなしの海軍より下とかねーから
27.名無しさん:2016年03月15日 10:36 ID:glkTaKzJ0▼このコメントに返信
空:ドイツ最強で異論無し
海:アメリカ最強で異論無し
陸:独ソとそれ以外だが大差無し。航空兵力の差で見たほうが妥当。
28.名無しさん:2016年03月15日 10:39 ID:5.Z9YD8wO▼このコメントに返信
日本の海運会社は日本にされた仕打ちのせいで反日的で有事において協力はたのめない
海自は自前の海運会社つくらないと悲惨なことになるな
29.名無しさん:2016年03月15日 10:39 ID:huIOLWYUO▼このコメントに返信
陸海空軍に分けられれば、陸海空の司令部が主導をめぐって三つ巴の対立になるだけ
30.名無しさん:2016年03月15日 10:40 ID:VhdoZPF20▼このコメントに返信
イタリアがCならドイツがCでも全く問題ない
31.名無しさん:2016年03月15日 10:40 ID:ufO3WZY10▼このコメントに返信
海軍ってなんかやったっけ?
船沈めてただけのような
32.名無しさん:2016年03月15日 10:41 ID:620S0Jh80▼このコメントに返信
ドイツは陸Sだろ。他国の陸軍で単独で勝てるとこないぞ。
指揮官・下士官・兵卒の質が全般的に他国より上。階級より上位の部隊を指揮出来る能力を持つ。
日本の兵卒の士気は他国の追随許さないけどな。
33.(・ิω・ิ):2016年03月15日 10:48 ID:lwa6qB6l0▼このコメントに返信
能力うんぬんの前に、すぐ慢心して次第に精神論に変わり暴走していくのヤメロやw
34.名無しさん:2016年03月15日 10:50 ID:8Z1qlstC0▼このコメントに返信
そもそも戦時中、空軍なんていけどこの空は陸と海どちらへの評価になるのだろうか
35.名無しさん:2016年03月15日 10:51 ID:H2SbMxaJ0▼このコメントに返信
キチ〇イ  ソ連 S

これだけは間違いない
36.名無しさん:2016年03月15日 10:51 ID:RxdtprbX0▼このコメントに返信
末端の兵は与えられた任務を勇敢に戦った 上層部の戦略的時勢の無さが致命的なだけだ
37.名無しさん:2016年03月15日 10:52 ID:6TEZR2G10▼このコメントに返信
単純に兵器のスペックで考えているのか
生産力も考慮しているのかで大分違ってくるよね

仮に後者なら日本の海軍はAだろうけど
後者なら陸海空ともにAの国は存在しないと思うぞ
多少譲ってロシアの陸がAになるぐらいか?
それぐらいアメリカの生産力は圧倒的だった
38.名無しさん:2016年03月15日 10:53 ID:sJhh1gIG0▼このコメントに返信
※4
それは相手の違いもあるだろ
陸の相手は中国とその仲間たちだが、海の相手は大正義アメリカなんだから
39.名無しさん:2016年03月15日 10:55 ID:H2SbMxaJ0▼このコメントに返信
アメリカいうても色んな国が混ざってるからなー
40.名無しさん:2016年03月15日 11:00 ID:lOaoHzIE0▼このコメントに返信
80年近く続いた旧軍の評価が、何で敗戦直前の話ばっかになるんかね
日本の歴史教育の闇は深いな
41.名無しさん:2016年03月15日 11:02 ID:X34BwiYX0▼このコメントに返信
※35
イワンコフの兵隊は畑から獲れるから・・・
42.名無しさん:2016年03月15日 11:02 ID:.GOjMoTD0▼このコメントに返信
空Bは妥当
A以上の国に比べると

ジェット
大馬力エンジン
四発重爆
過給器

ここらへんの遅れが響いてるな
43.名無しさん:2016年03月15日 11:05 ID:i6rQLQok0▼このコメントに返信
まぁ、1944年までに商船の1、2割とさらに竹一船団で輸送船四隻も沈められといてマニラに視察に行った海軍のお偉いさん方は暗号がばれてるはずなんてないだからな。
ただ酸素魚雷は普通に優秀な兵器だろ。問題は信管調整機能を各艦にもたせたこと。
44.名無しさん:2016年03月15日 11:07 ID:.nl05MGB0▼このコメントに返信
陸サンだって、機械化部隊の必要性と整備計画は練っていたんだけど、
軍艦を作る海サンに、鉄と予算をごっそり持って行かれたからな
気合いと根性でなんとかするしかなくなった
45.名無しさん:2016年03月15日 11:08 ID:P9mjhN8L0▼このコメントに返信
大戦中の一番良い年代基準で考えるべきじゃないか?末期言ったら中国軍並みだろ。火縄銃と竹槍で戦おうとしてんだから
46.名無しさん:2016年03月15日 11:10 ID:esprrrdg0▼このコメントに返信
兵器性能なのか数なのか練度なのか要素がバラバラ過ぎて
収集つかなくなってんじゃねーか
47.名無しさん:2016年03月15日 11:13 ID:iWTKJppS0▼このコメントに返信
陸軍だって別に弱くないだろ
太平洋を舞台にした陸戦があまりにも無謀だっただけ
大陸でちゃんと戦力を集中して戦う前提ならソ連と互角に渡り合える
48.名無しさん:2016年03月15日 11:15 ID:XoUMzKEA0▼このコメントに返信
WWⅡでは日本、アメリカには空軍はねーよ
49.名無しさん:2016年03月15日 11:15 ID:LYELSO270▼このコメントに返信
戦果で評価する人いるけどそれぞれ陸海で主力の国家が違っていたり国家同士の相手国家が違うのだから評価できないだろ
この手の比較は、兵数や兵器で決めるしかないだろ
50.名無しさん:2016年03月15日 11:16 ID:sJhh1gIG0▼このコメントに返信
※48
じゃあ航空戦力と読み替えればいいだろ馬鹿が
51.名無しさん:2016年03月15日 11:16 ID:gXpxTiot0▼このコメントに返信
三大海軍学校の一つがある国の海軍が弱いわけないだろに。
アメリカに負けたのも情報戦も要因だけどそもそもの物量が違いすぎる。
52.名無しさん:2016年03月15日 11:20 ID:wJ5wc7Lv0▼このコメントに返信
太平洋戦争時の陸軍上層部 大臣&司令官

東條英機 1941年10月18日 東京 内閣総理大臣
後宮淳 1942年8月17日 京都 第3方面軍司令官
前田利為 1942年9月5日 石川
塚田攻 1942年12月18日 茨城 第11軍司令官
山下奉文 1 1943年2月10日 高知 第14方面軍司令官
岡部直三郎1943年2月10日 広島 第6方面軍司令官
藤江恵輔 1943年2月10日 兵庫 第12方面軍司令官
阿南惟幾 1943年5月1日 大分 陸軍大臣
今村均 1943年5月1日 宮城 第8方面軍司令官
田中静壱 1943年9月7日 兵庫 第12方面軍司令官
冨永信政 1943年11月9日 東京 参謀本部附
安藤利吉 1944年1月7日 宮城 第10方面軍司令官
山脇正隆 1944年9月22日 高知 参謀本部附
小畑英良 1944年9月30日 大阪 第31軍司令官
河辺正三 1945年3月9日 富山 第1復員司令官
喜多誠一 1945年3月9日 滋賀 第1方面軍司令官
栗林忠道 1945年3月17日 長野 第109師団長
下村定 1945年5月7日 高知 陸軍大臣兼教育総監
吉本貞一 1945年5月7日 徳島 第1総軍附
木村兵太郎1945年5月7日 東京
鈴木宗作 1945年6月14日 愛知 第35軍司令官
牛島満 1945年6月23日 鹿児島 第32軍司令官
53.名無しさん:2016年03月15日 11:22 ID:wJ5wc7Lv0▼このコメントに返信
太平洋戦争時の海軍上層部

豊田副武 1941年9月18日 大分・33期
古賀峯一 1942年5月1日 佐賀・34期
近藤信竹 1943年4月29日 大阪・35期
高須四郎 1944年3月1日 茨城・35期
野村直邦 1944年3月1日 鹿児島・35期
沢本頼雄 1944年3月1日 山口・36期
遠藤喜一 1944年5月3日 東京・39期
南雲忠一 1944年7月8日 山形・36期
高木武雄 1944年7月8日 福島・39期
山縣正郷 1945年3月17日 山口・39期
伊藤整一 1945年4月7日 福岡・39期
塚原二四三1945年5月15日 山梨・36期
井上成美 1945年5月15日 宮城・37期
54.名無しさん:2016年03月15日 11:23 ID:wJ5wc7Lv0▼このコメントに返信
中国関東地方(満州)軍の司令官

立花小一郎  福岡(1919年 - 1921年)
河合操  大分(1921年 - 1922年)
尾野実信  福岡(1922年 - 1923年)
白川義則 愛媛 (1923年 - 1926年)
武藤信義 佐賀(1926年 - 1927年)
村岡長太郎 佐賀(1927年 - 1929年) - 張作霖爆殺事件
畑英太郎 福島(1929年 - 1930年)
菱刈隆  鹿児島(1930年 - 1931年)
本庄繁  兵庫(1931年 - 1932年) - 満州事変
武藤信義 佐賀(1932年 - 1933年)
菱刈隆 鹿児島 (1933年 - 1934年)
南次郎  大分(1934年 - 1936年)
植田謙吉 大阪(1936年 - 1939年) - ノモンハン事件
梅津美治郎 大分(1939年 - 1944年) - 1942年以後、総司令官。
山田乙三 長野(1944年 - 1945年) -
55.名無しさん:2016年03月15日 11:24 ID:8Z1qlstC0▼このコメントに返信
※38
???
陸は中国だけでなくアメリカやイギリスとも相手にしていたんだが・・・
何で陸軍の戦闘が中国大陸だけだと思ってるんだ
56.名無しさん:2016年03月15日 11:25 ID:.GOjMoTD0▼このコメントに返信
陸は戦車の弱さが響いてる
特に大陸のガチ機甲戦でしのぎを削ってる国の進化がすごすぎた
57.名無しさん:2016年03月15日 11:25 ID:wJ5wc7Lv0▼このコメントに返信
日中戦争・太平洋戦争

林内閣 (石川)1937年2月2日 挙国一致内閣
第1次近衛内閣 (東京=京都×石川)1937年6月4日 挙国一致内閣
平沼内閣 (岡山)1939年1月5日 挙国一致内閣
阿部内閣 (石川)1939年8月30日 挙国一致内閣
米内内閣 (岩手)1940年1月16日 挙国一致内閣
第2次近衛内閣 (東京=京都×石川)1940年7月22日 挙国一致内閣
第3次近衛内閣 (東京=京都×石川)1941年7月18日 挙国一致内閣
東條内閣 (東京=岩手×福岡)1941年10月18日 挙国一致内閣(大政翼賛会)
小磯内閣 (山形)1944年7月22日 挙国一致内閣(大政翼賛会)
鈴木貫太郎内閣 (千葉)1945年4月7日 挙国一致内閣(大政翼賛会)
58.名無しさん:2016年03月15日 11:28 ID:.GOjMoTD0▼このコメントに返信
海は質量ともに米以外の何処にも負けない陣容
それを壊滅させた米が強すぎる
59.名無しさん:2016年03月15日 11:29 ID:9VCA.Wn80▼このコメントに返信
時期による
60.名無しさん:2016年03月15日 11:31 ID:F.cVmTGl0▼このコメントに返信
いつも上辺の陸海空とりあげてホルホルオ十ニーに興じるばかりで、継戦のための国力・情報・外交は評価なしか。低脳ジャッフ°畜生の脳みそじゃね、仕方がないね
61.名無しさん:2016年03月15日 11:33 ID:.GOjMoTD0▼このコメントに返信
※60
ならお前が評価してランク付けをすればよかろう
62.名無しさん:2016年03月15日 11:35 ID:bwlHzvQX0▼このコメントに返信
ソ連って空軍のイメージが全く無いんだけどB評価は妥当なのかな?
63.名無しさん:2016年03月15日 11:37 ID:33EDZX1w0▼このコメントに返信
※60
お前スレをマトモに読んでないだろ
64.名無しさん:2016年03月15日 11:38 ID:P9mjhN8L0▼このコメントに返信
※62
独空軍に撃墜されまくりながらも食らいついて消耗させたわけだしまーぎりぎりBでもいいんじゃない。いやでもやっぱCかな・・・
65.名無しさん:2016年03月15日 11:41 ID:BJIWcOfD0▼このコメントに返信
アメリカは物量で圧倒してたけど、初期値は陸以外BとかB+じゃないのかな
戦時中の技術蓄積で短期間にSSに化けた

日本は逆に現場のマンパワーで高ステ維持してたけど
それを理解していない上級将校と政治家のせいで疲弊してどんどん弱体化してった

現代でも根本的なところでは変わんない
自衛隊上層部の中でも実は・・・なんてことになってないことを願う
66.名無しさん:2016年03月15日 11:41 ID:wvih8hXF0▼このコメントに返信
大日本帝国の 空Bって微妙だな。空軍はないから単機性能比較?
67.名無しさん:2016年03月15日 11:41 ID:mLna.FH90▼このコメントに返信
基準も示さずにランク付けるとか中学生かよ。
68.名無しさん:2016年03月15日 11:41 ID:.GOjMoTD0▼このコメントに返信
ソ連は戦闘機よりもlL-2(地上襲撃機)のほうが印象深い
シュトゥーカよりこっちのほうが見た目近代的だしw
69.名無しさん:2016年03月15日 11:43 ID:cuYH6Z7k0▼このコメントに返信
帝国陸海軍の最大の過ちは、上級指揮官がそもそも戦争とは何かと言う事を理解していなかった事だね。
70.名無しさん:2016年03月15日 11:43 ID:mUPw9lvF0▼このコメントに返信
現代の格付けではないのか
とにかくアメリカがSランクなのは否定しようがない
71.名無しさん:2016年03月15日 11:44 ID:TsmHoKTk0▼このコメントに返信
釣りか艦これ脳のどっちかだろう。
それにしてもヲタは相変わらずランク付け大好きだな。

※62
地上直協なら優秀。
Il-2だけでも36000機も作ってる。
ちなみにドイツのスツーカはその端数に満たない。
72.名無しさん:2016年03月15日 11:55 ID:NmOXXbAJ0▼このコメントに返信
そもそもこれ、質だけなのか、数だけなのか、総合なのか分からん。

帝国陸軍に関しては、戦後、彼らの教育受けた共産党軍や植民地のゲリラが完勝したこと考えると、結構優秀だった。
陸海ともに、数がなかったのと上がバカだったのが最大の敗因。
73.名無しさん:2016年03月15日 11:55 ID:33EDZX1w0▼このコメントに返信
※71
海軍をdisってるから艦これ厨ではないだろ
たぶんホントにイメージだけのランクだな
74.名無しさん:2016年03月15日 11:56 ID:oGroXxot0▼このコメントに返信
当時のマスコミが F
戦争を望んだ国民がE

というところかな
75.名無しさん:2016年03月15日 11:56 ID:3i.2L2Yp0▼このコメントに返信
ドイツのADAでアクアリウム始めたいと思いました(粉みかん
76.名無しさん:2016年03月15日 11:56 ID:xpz9uJwv0▼このコメントに返信
外務省暗号もろばれ
海軍暗号もろばれ
陸軍は海底ケーブルによる有線通信なので傍受はされなかった
77.名無しさん:2016年03月15日 11:57 ID:NmOXXbAJ0▼このコメントに返信
※3
ルーデル閣下のような異能生命体相手では、今のアメリカ機動艦隊でさえ無力ですわ。
78.名無しさん:2016年03月15日 11:57 ID:pm1iLMLw0▼このコメントに返信
※76
暗号ばれた後はすぐ変更したぞ
79.名無しさん:2016年03月15日 11:59 ID:.GFSKewM0▼このコメントに返信
アメリカ 陸A 海S 空S
ソ連   陸S 海E 空B
ドイツ  陸S 海C 空A
イギリス 陸B 海A 空S
フランス 陸B 海C 空D
イタリア 陸C 海D 空D
日本   陸D 海A 空A

スレ主はWWⅡで真の最強戦闘機イギリスのスピリットファイヤーも知らないのか?
ドイツの機甲師団は世界一ぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!(ソ連も強いけどね)
 
80.名無しさん:2016年03月15日 11:59 ID:NmOXXbAJ0▼このコメントに返信
※19
陸軍の方は、部下に対して非道なことはしなかったからな。
なぜなら、兵士全員武装してるから、恨まれると速攻で後ろから撃たれるため。
81.名無しさん:2016年03月15日 11:59 ID:Oj3XRMhc0▼このコメントに返信
日本軍兵士の錬度・士気ならSかA
ただし装備・物資はDかE
82.名無しさん:2016年03月15日 12:01 ID:WSXTNQjg0▼このコメントに返信
結局は補給能力
アメリカ SS
ソ連   A
ドイツ  B
イギリス B
日本   D

貧乏が悪いんだ
83.名無しさん:2016年03月15日 12:02 ID:gLJ5wHw00▼このコメントに返信
国毎の軍単体のランキングは意味があるようであんまりない気はする。巡り合わせの要素の方がでかい。
ベトナム戦争でアメリカは負けてるわけだしな。だがアメリカが弱いと言えばそうわけでもないだろ。
まあ素の力が強ければ強いに越したことはないのだけどな
84.名無しさん:2016年03月15日 12:02 ID:.GOjMoTD0▼このコメントに返信
※80

むしろ上から下への私刑の嵐だったぞ
ソースは水木しげるだけどw
85.名無しさん:2016年03月15日 12:03 ID:5bYs0.Ap0▼このコメントに返信
たぶんアメリカと日本の開戦時の評価ならそんなに差はない。
むしろ陸などは日本が上回っていてもいい。
大きく差がつくとしたら生産力(アメリカSSS、日本C)
86.名無しさん:2016年03月15日 12:04 ID:NmOXXbAJ0▼このコメントに返信
※84
水木氏の話は読んだことあるけど、どちらかと言うと自業自得な気がw
87.名無しさん:2016年03月15日 12:09 ID:33EDZX1w0▼このコメントに返信
水木しげるは色々と規格外な人だったなwww
88.名無しさん:2016年03月15日 12:10 ID:4nlnchh90▼このコメントに返信
支那は軍だけで見ると指揮が低かったりに見える。
ただ、あいつらは常に政治が一番上位概念に来るから、軍隊は引きつつ日本軍を呼び込む状況を作り、世界では「日本が侵略してきている!」を声高に宣伝することでアメリカその他の協力を得てる。
支那の恐さは日本人が普段意識しているところの範疇外にある。
89.名無しさん:2016年03月15日 12:14 ID:4nlnchh90▼このコメントに返信
もっと小規模なら戦争ならともかく、あの規模の戦争になると、軍事組織だけで比べても無駄。
というか、軍事組織(の実際に戦う戦闘部隊)だけで比べるなら、日本の海軍は世界トップクラスだろう。
(アメリカには劣るが)
国力全体や地理的条件を理解した上でやらなきゃ、いくら軍事組織の戦闘能力が高かろうが、長い目で見ればあまり意味のないものになってしまう。
90.名無しさん:2016年03月15日 12:15 ID:0LCKjRkk0▼このコメントに返信
装甲戦力や支援火力や兵站能力の不足、未熟なドクトリン、精神主義へ傾倒などの
マイナス要素があるにしても、陸Dと海Sって差をつけ過ぎだと思った
陸B、海A+くらいのイメージだな
そもそも大戦中に限っても、量としての戦力も増減あるし、兵や持っている兵器の質も
相対的に高くなったり低くなったりするだろうから、ランク付け自体難しく感じる
91.名無しさん:2016年03月15日 12:17 ID:VNT8JyqZ0▼このコメントに返信
開戦時の東南アジアでの進撃っぷりは
イギリスやオランダがへたれだとしても
もっと評価されるべきだと思う
92.名無しさん:2016年03月15日 12:17 ID:gLJ5wHw00▼このコメントに返信
※88
その結果民衆の支持が離れ国民党軍は中共に追い出されたわけだろ。間抜け度合も意識の範疇外だわな。
まともな軍隊、人種とは思わず、次戦はシーレーン封鎖とかで雪隠詰めがよろしいね。海の上なら分が良かろう。
真っ向からやり合うのは馬鹿らしい。人道もどうせ感謝されないのだから不要。
93.名無しさん:2016年03月15日 12:20 ID:i6DA9hmq0▼このコメントに返信
日本 陸C 海B 空C
ソ連   A C B
アメリカA S S
ドイツ A C B
94.名無しさん:2016年03月15日 12:21 ID:gLJ5wHw00▼このコメントに返信
※91
ほんとそれだ。あの戦果を事前にチャーチルに説明できてたら戦う前に講和できてたかもしれんのな。
イギリス軍は手を抜いてたわけではないのだから巡り合わせもイレギュラーも関係なし。俺的にイギリス軍の評価はとことん低い。
95.名無しさん:2016年03月15日 12:21 ID:qCCNN9wqO▼このコメントに返信
流石のADAでも2代目の空気さはやばいだら
96.名無しさん:2016年03月15日 12:22 ID:Fa0F2Tyc0▼このコメントに返信
漠然としたイメージだと思うけど
この記号のランクが何を意味するかがはっきりしない
例えば質とか量とかそれらを合わせてるのかとか
質で言えば日本もそれなりだがいかんせん量が足りないので最後は押されていった印象
兵器の質は知らないけどあくまで兵隊の錬度ね
97.名無しさん:2016年03月15日 12:23 ID:qCCNN9wqO▼このコメントに返信
ヒゲ伍長『12人揃えば・・・』
98.名無しさん:2016年03月15日 12:24 ID:NmOXXbAJ0▼このコメントに返信
※92
あれは国民党が日本軍と戦ってる間、共産党の八路軍は戦闘を避けて、民衆の人心掌握をやってたから。
蒋介石も、戦後、やっとこさ日本軍を追い出して「やったー!」っと後ろ振り返ったら、味方ゼロとは思わなかったろうなw
99.名無しさん:2016年03月15日 12:24 ID:risVmj4tO▼このコメントに返信
日本の場合足し算で、他だと掛け算ってイメージ。
個々の部隊は強いけど全体としては弱い、みたいな。
だから人数が増える毎に差が開く的な。
100.名無しさん:2016年03月15日 12:25 ID:oifoPPz50▼このコメントに返信
アメリカはUSAだろ?
101.名無しさん:2016年03月15日 12:28 ID:gIyCscez0▼このコメントに返信
アメリカ>(越えられない壁)>ソビエト>ドイツ>イギリス=日本>フランス>イタリア、以下省略

くらいやろ。欧州は陸続きだと普通レベルでも隣がドイツだとオワタ。
日本は海で隔絶されていたにも関わらずそれを超えてフルボッコにしたアメリカが強すぎた。

フランス、イタリアは指揮官が愚劣過ぎで大きく評価を下げてる。

尚、日本は食料は現地調達すればいい、名付けてジンギスカン作戦ガハハ
102.名無しさん:2016年03月15日 12:31 ID:X4Wta74C0▼このコメントに返信
ドイツ  陸S 海C 空S
ソ連   陸S 海D 空C    精神○
アメリカ 陸A 海S 空A 物量○
イギリス 陸B 海A 空B
日本   陸B 海A 空B 物量× 精神○
イタリア 陸C 海B 空C    精神×
103.名無しさん:2016年03月15日 12:32 ID:8kHytxWB0▼このコメントに返信
日本兵は強いとされてるけど本当はクッソ弱い。アメリカ軍の分析によれば
射撃は下手糞で格闘戦でも粘りがないく、捕虜になれば情報もペラペラ喋るらしい。
104.名無しさん:2016年03月15日 12:33 ID:qCCNN9wqO▼このコメントに返信
こら!えげれすのホームメイドパイ?はたいした戦果なかったが竹槍はジェット機落とした実績があるんやで
105.名無しさん:2016年03月15日 12:33 ID:qR6bLBJb0▼このコメントに返信
※102
まともな戦車を造れていない日本がBはないわ。
106.名無しさん:2016年03月15日 12:34 ID:qR6bLBJb0▼このコメントに返信
※104
ホームガード・パイク
107.名無しさん:2016年03月15日 12:36 ID:NmOXXbAJ0▼このコメントに返信
※103
捕虜の件は、東條の「生きて虜囚の辱めを受けず」を真に受けた軍部が、捕虜になった時どうするかという教育や訓練をしなかったのが原因。
108.名無しさん:2016年03月15日 12:38 ID:HmFNN1O30▼このコメントに返信
日本をクソ雑魚にするのはいいけど、そのクソ雑魚を倒すのに数年かかるクソ無能どもはいったいどんな能力なんでしょうね?
109.名無しさん:2016年03月15日 12:40 ID:NmOXXbAJ0▼このコメントに返信
※105
日本の戦車は対歩兵・陣地攻略しか考えておらず、対戦車を考慮してなかったから、M4にボコボコにされた。
要は運用思想の違い。
110.名無しさん:2016年03月15日 12:40 ID:qCCNN9wqO▼このコメントに返信
日本=暴れ猫
111.名無しさん:2016年03月15日 12:42 ID:NmOXXbAJ0▼このコメントに返信
※108
連合国側(特にアメリカ)が友軍の犠牲を最小限に抑える作戦運用をしてたand日本の軍部が頑なに講和を拒んだため。
クソ無能なのもクソ雑魚なのも日本のほう。
112.名無しさん:2016年03月15日 12:43 ID:qR6bLBJb0▼このコメントに返信
※108
イタリアも日本も4年近く戦ったから同じゃない?
113.名無しさん:2016年03月15日 12:46 ID:qR6bLBJb0▼このコメントに返信
※109
いつまで歩兵戦車と巡航戦車と言った分類にこだわっているんだか。シャーマンや4号戦車だって最初は歩兵支援を考慮して開発したのに。日本がサボりすぎだ
114.名無しさん:2016年03月15日 12:46 ID:coK.BvXu0▼このコメントに返信
列強同士の戦争が平気で起きてた時代。。
こわいけどエキサイティングな時代やったんやろうなぁ~
115.名無しさん:2016年03月15日 12:47 ID:A.D7PM2H0▼このコメントに返信
※102
総合的に見れば妥当だと思う。
116.名無しさん:2016年03月15日 12:48 ID:qCCNN9wqO▼このコメントに返信
米104
イギリスの菓子は普通に美味い
バカにするとぶつよ!
117.名無しさん:2016年03月15日 12:52 ID:sJhh1gIG0▼このコメントに返信
※103
日本兵が強いなんて風潮あるか?
パイロットとかに職人的な名人がいたってだけだろう
118.名無しさん:2016年03月15日 12:56 ID:YIIdGIp80▼このコメントに返信
戦艦を戦略兵器だって知ってるかどうかでも考え方変わると思うんだよな。
200海里の根拠が大砲の射程距離であること。戦艦が洋上の領地として機能していたってことを理解してないとね。
大和要らんかった言う奴は中学の社会科やりなおせって言いたくなるわ。
119.名無しさん:2016年03月15日 12:57 ID:fwLWyiPk0▼このコメントに返信
米軍が昔から強いと思ってるのはなんなの
なんで調べもせずに語れるの
120.名無しさん:2016年03月15日 12:58 ID:qR6bLBJb0▼このコメントに返信
※115
何をもって総合的に正しいと判断したのか理解しかねる。イギリスが全体的に過小評価。
121.名無しさん:2016年03月15日 12:59 ID:MtFn.5iY0▼このコメントに返信
アメリカの陸はBがいいところだろ
ソ連はA
ドイツはSだ
国力混ぜるとアメリカ以外Gになる
122.名無しさん:2016年03月15日 12:59 ID:mLna.FH90▼このコメントに返信
何この盛大な日本サゲ。
123.名無しさん:2016年03月15日 12:59 ID:HmFNN1O30▼このコメントに返信
そもそもランク付けに外交とか作戦とか加味されてるのか? あとクソ雑魚の評価はE以下だから外交とか作戦含めていいのなら一部の人の日本の評価は妥当なんじゃない、そこに文句をつける気はないよ。

戦力的に評価するなら日本 陸B- 海A 空Bぐらい? じゃないとろくに戦えないしな。ただし補給や外交、作戦が絡むと評価は下がる(ほかの国も含む
124.名無しさん:2016年03月15日 13:01 ID:f.4tYOuo0▼このコメントに返信
米5
すげー!バカだ‼バカがいる'`'`(・∀・)'`'`
125.名無しさん:2016年03月15日 13:02 ID:qCCNN9wqO▼このコメントに返信
アメリカンて対空専任艦みたいのを運用してました?
126.猪武者:2016年03月15日 13:05 ID:qCCNN9wqO▼このコメントに返信
米124
人を誉めるときは大きな声で
人をけなすときはもっと大きな声で!だ
127.名無しさん:2016年03月15日 13:07 ID:qCCNN9wqO▼このコメントに返信
日本はっちゃけ過ぎとしか言えない
手広くやり過ぎ感しかない
128.名無しさん:2016年03月15日 13:10 ID:CF4l9FSeO▼このコメントに返信
※125
アトランタ級の事かな?
129.名無しさん:2016年03月15日 13:10 ID:mLna.FH90▼このコメントに返信
※125
アメリ艦の対空は標準装備。
航空戦力が有効って気が付いた時から対策もしていて当たり前の感覚。
130.名無しさん:2016年03月15日 13:11 ID:620S0Jh80▼このコメントに返信
※117
日系442連隊戦闘団の評価知ってて言ってる? アメリカ陸軍 「史上最多叙勲」 部隊だぞ。
アメリカの建国以来最も戦功を上げた部隊って意味。
それが他国から見た日本民族の評価なんだよ?
131.名無しさん:2016年03月15日 13:11 ID:UpEUOYhT0▼このコメントに返信
※126
ビッテン!ビッテン!
132.名無しさん:2016年03月15日 13:14 ID:NmOXXbAJ0▼このコメントに返信
※130
誰も『日本民族』の評価とは言ってないぞ。
『日本軍』な。
133.名無しさん:2016年03月15日 13:15 ID:Hq6HnC.B0▼このコメントに返信
海軍は運用、作戦の無能さを艦艇の性能で補ってBくらい
陸軍は作戦や戦争計画はある程度まともだけど装備更新が遅れてB

ただ陸軍は政治の面で見込みを間違えて満州獲得で英米との関係悪化を招いたから心象悪い
海軍?連中に戦略なんてありましたっけ?
134.名無しさん:2016年03月15日 13:16 ID:UpEUOYhT0▼このコメントに返信
陸軍は航空分野は含んでるの?日本陸軍の特徴って航空分野だと思うからそれ含んで評価しないと。ビルマ航空戦とか中国戦線の航空戦勘案したら結構評価高くなるでしょ
135.名無しさん:2016年03月15日 13:16 ID:.q5bwA300▼このコメントに返信
※105
その日本にボコられたソ連がSだぜ?
136.名無しさん:2016年03月15日 13:16 ID:620S0Jh80▼このコメントに返信
※132
「日本兵」だろ。誤魔化すなよ。
つまり兵士としての資質って意味だ。
俺ら現代日本人が特別に勇敢とは思わないが、祖父たちは「特別に」勇敢だった。
137.名無しさん:2016年03月15日 13:17 ID:XAB0kY7n0▼このコメントに返信
米126
了解であります!(`・ω・)ゝ
138.名無しさん:2016年03月15日 13:18 ID:2wTy3BYO0▼このコメントに返信
全体的にイギリスが過小評価気味だな。初期の欧州戦線やシンガポールでの評価で考えている奴が多すぎ。
イギリスの凄いところは負け続けても勝者の側にいた事と39年から6年間、多方面作戦をしても破綻しない補給能力
139.名無しさん:2016年03月15日 13:20 ID:VhdoZPF20▼このコメントに返信
※138
その補給能力はアメさんあってのことなんで……。
140.名無しさん:2016年03月15日 13:20 ID:620S0Jh80▼このコメントに返信
※138
落日とはいえ、太陽の沈まぬ帝国だしね。
141.名無しさん:2016年03月15日 13:22 ID:NmOXXbAJ0▼このコメントに返信
※136
『日本兵』って…『日本軍の兵隊』の略だろ…
このコメ欄で国語の講義でもしたいのかい?
142.名無しさん:2016年03月15日 13:23 ID:OcKgvpTg0▼このコメントに返信
海軍は打撃力だけならアメリカに次ぐ2位といってもいいんだがなあ
海上護衛(通商保護)ダメダメすぎて総合力だとイギリス以下って事になりそう
外洋海軍にしては艦隊決戦ガン振りだし、ちょっと歪なのよね
143.名無しさん:2016年03月15日 13:24 ID:Qi27iiRd0▼このコメントに返信
※133
陸軍の作戦や戦争計画がまとも?頭沸いているのか?ジンギスカンの食べ過ぎ。
144.名無しさん:2016年03月15日 13:24 ID:sJhh1gIG0▼このコメントに返信
※136
日本民族だろうと米軍にいりゃ米兵だろw
145.名無しさん:2016年03月15日 13:26 ID:Z7IJW2wo0▼このコメントに返信
日本の陸軍はBぐらいはあったぞ?

単に規模の差が大きすぎて負けたのと
海軍がボロ負けしてたのを陸軍に黙ってだまし討に加担してたせいでひどい目にあったけど
海軍が壊滅する前に関しては順調に勝って戦線を伸ばしているからな
146.名無しさん:2016年03月15日 13:26 ID:620S0Jh80▼このコメントに返信
※141
じゃあ硫黄島守備隊の戦史上稀に見る勇戦を例として出せばいいのか?
彼らの殆どは少し前まで市井にいた応急徴募兵だぜ。
当時の日本民族に共通した資質だ。
147.名無しさん:2016年03月15日 13:29 ID:Hq6HnC.B0▼このコメントに返信
※143
第一次世界大戦後の陸軍の総力戦研究みたことあるのか?一夕会だけじゃなくて田中・宇垣でさえ軍の近代化と総動員体制の確立の必要性を知っていた。戦術レベルでもマレー作戦を見れば入念な準備とまともな補給があればまともな戦闘が出来る証拠だろ。

ジンギスカンとか言ってるのは陸軍=牟田口あるいは末期の(海軍のせいで)補給が断たれた島嶼部としか思ってないやつ
148.名無しさん:2016年03月15日 13:29 ID:620S0Jh80▼このコメントに返信
※144
多民族国家のアメリカで日系人兵士だけで構成(厳密には指揮官クラスは違う)されたのが日系442連隊戦闘団。
成り立ちが一般の米軍部隊とは異なるが、上げた戦功も特別なものだ。
だから「同じ米軍」という議論は成り立たない。
149.名無しさん:2016年03月15日 13:30 ID:Qi27iiRd0▼このコメントに返信
※145
海軍壊滅ってレイテ沖海戦のこと?それより前に絶対国防圏のサイパンを失ったのはどこのどいつだw と言うか、それよりはるか前にガダルカナル撤退してアッツ島で玉砕してからはずっと守勢じゃないかw
150.名無しさん:2016年03月15日 13:30 ID:NmOXXbAJ0▼このコメントに返信
※146
あそこは元々、米軍が来る前にゲリラ戦する気で陣地構築や作戦を立てて準備できてたから、長期間戦えたんだよ。
151.名無しさん:2016年03月15日 13:31 ID:OcKgvpTg0▼このコメントに返信
つうか、日本海軍の艦って潜水艦に沈められすぎ

最武勲空母の翔鶴も、最後の切り札の大鳳も潜水艦にやられてるし

信濃は酷い出落ちだったし

日本海にすら敵潜水艦に潜り込まれるようじゃなあ
152.名無しさん:2016年03月15日 13:32 ID:OcKgvpTg0▼このコメントに返信
というか、戦後70年たっても陸海軍オタが相争ってるようで、陸海軍の対立の根は深い
153.名無しさん:2016年03月15日 13:32 ID:UpEUOYhT0▼このコメントに返信
全く話題にもならない大陸打通作戦
154.名無しさん:2016年03月15日 13:33 ID:NmOXXbAJ0▼このコメントに返信
※148
日本マンセーもここまで来ると気持ちワルすぎw
米軍の中に組み込まれてるんだから、米軍に変わりないだろw
155.名無しさん:2016年03月15日 13:35 ID:M1.oWEMh0▼このコメントに返信
?「そんなことよりパスタ食べたい」
156.名無しさん:2016年03月15日 13:35 ID:620S0Jh80▼このコメントに返信
※150
他国軍ならとっくに士気崩壊してあそこまで粘れないね。
栗林司令部壊滅時にもまだ約半数の兵士が硫黄島各地に散在孤立しつつ
一 我等ハ敵十人ヲ斃サザレバ死ストモ死セズ
一 我等ハ最後ノ一人トナルモ「ゲリラ」ニ依ツテ敵ヲ悩マサン
との敢闘の誓いを守り、さらに一か月にわたって兵士「各自」が死ぬまで戦い抜いた。
その結果が戦死率96%だ。
157.名無しさん:2016年03月15日 13:38 ID:NmOXXbAJ0▼このコメントに返信
※156
良くも悪くも日本人の『律儀さ』が強く影響してるよな。
小野田少尉は異能生命体レベル。
158.名無しさん:2016年03月15日 13:41 ID:Z7IJW2wo0▼このコメントに返信
※149
ミッドウェーの時点でだよ

あと、戦車がないから陸軍は無能とか、あふぉなオッサンが粘着しているけど
いまのげ.り内閣が島嶼防衛~って言ってるのに対して戦車を減らすのは無能~って言うぐらい間抜けだぞ?

そもそも日本の工業力、冶金技術が追いついてなかったのが問題だしそれは陸海共通
しかも、大陸でMBT同士の打ち合いなんか想定してなかったのに
それを理由に陸軍の評価を下げるのはおかしいだろ

そこを批判するなら陸軍じゃなくて参謀本部に言えよ
159.名無しさん:2016年03月15日 13:41 ID:OcKgvpTg0▼このコメントに返信
陸軍は末期のペリリュー島、硫黄島、沖縄戦の孤軍奮闘は最後の意地を見せた感はある

大本営に堀栄三っていうマッカーサー参謀と呼ばれたくらい優秀な情報将校がいて、その頃にこれまでの戦訓をまとめた「敵軍戦法早わかり」っていうマニュアルを完成させたのも大きい。

けど悲しいかな、その頃にはもう末期なのよね
160.名無しさん:2016年03月15日 13:47 ID:620S0Jh80▼このコメントに返信
※154
その米軍部隊の中で日系人部隊が 米陸軍史上最多叙勲部隊 なんだが?
アメリカ建国史上無数の部隊が存在した中でな。
442連隊戦闘団の戦功は信じがたいほどのものだから知らなきゃ「キモチワルイ」の感覚は分かる。
俺もむかし望月幹也のマンガ「最前線」で日系人兵士が活躍するのを見て「日本人をコンバット!の主人公にしてキモチワルイ。」と思ったクチだから。
442ndを調べれば驚くぞ。
ww2での名誉勲章総数464のうち、442ndが21個を授章し、大統領部隊感状7枚も全米軍最多。
ボージュ山脈のテキサス大隊救出の戦いはアメリカ軍史上の10大戦闘の一つとして硫黄島の戦いと共にペンタゴンにレリーフが飾られてる。
つまり有名な101空挺師団や第一海兵師団、第一歩兵師団、第30歩兵師団、第二機甲師団などより勇敢に戦った証だよ。
161.名無しさん:2016年03月15日 13:54 ID:vRyuZDds0▼このコメントに返信
物量のゴリ押しでようやく勝てた連中がSとか草w

米軍も白人兵はむしろ弱かったらしいね。
まともに人間撃てた兵士がほとんどいなかったらしい。
強かったのは黒人兵や日系人部隊。

フィリピンでの戦いは、日本軍が大人なら米軍は子供くらいの実力差あったしね。
162.名無しさん:2016年03月15日 13:54 ID:Z7IJW2wo0▼このコメントに返信
※160
あんたのは過度な日本人マンセーだよ

その人達は家族を隔離所に入れられたり財産を奪われたり人権を踏みにじられたり
最前線で結果を出し続けないと偏見や敵国人扱いで自分たちが生きていけないから必死に頑張っただけ

もちろん、自分も日本兵の優秀さは評価しているけど
軍隊としての評価になると非合理的な部分でマイナスが多すぎる

局地戦で優秀でも勝負にボッコボコじゃチームとしては優秀とは評価されないだろ?
163.名無しさん:2016年03月15日 13:57 ID:cn6h73.H0▼このコメントに返信
そろそろ日本陸軍最強厨がフィンランド陸軍VS日本陸軍スレをたててもいいと思うんだ
164.名無しさん:2016年03月15日 13:58 ID:vRyuZDds0▼このコメントに返信
※162
>最前線で結果を出し続けないと偏見や敵国人扱いで


そのわりには米軍の歴史でも日系人部隊の後は、ラテン系もアラブ系もチォン猿もぜんぜん活躍してないけど?w

不祥事はいっぱい起こしてるけどね・・・・韓国系のレイフ゜事件とか・・・
165.名無しさん:2016年03月15日 13:59 ID:OcKgvpTg0▼このコメントに返信
日系人部隊最強ってのは分かるけど、それって余計に上層部の駄目っぷりをあらわにしてないのん

日系人と日本人の能力が同じだと無理やり仮定して、それだと敵軍の中で最強の兵士をデフォで持ってるのに、あの負け方してるんやから
166.名無しさん:2016年03月15日 14:00 ID:620S0Jh80▼このコメントに返信
※162
>最前線で結果を出し続けないと偏見や敵国人扱いで自分たちが生きていけないから必死に頑張っただけ

そんなネガティブな理由だけで 米陸軍史上最多 の戦功が上げられると思うか?
「日本軍」としては非合理的な部分があまりにも多かったのは同感だ。
しかし「兵士として」当時の日本人は際立ってた。

何度も言うが、俺は現代日本人まで「特別に勇敢」などとは思ってない。
しかし祖父たちは「特別に勇敢」だった。戦後平和教育の曇った目で俺ら現代日本人が祖父たちを不当に貶めるのはマチガイ。
167.名無しさん:2016年03月15日 14:00 ID:vRyuZDds0▼このコメントに返信
※163
フィンランド陸軍は熱帯のジャングルでも強かったのか?

その比較なら、「本土決戦」対決になるな・・・
本土決戦ならたいていの民族は強い。(韓国猿と支那猿は除く)
168.名無しさん:2016年03月15日 14:01 ID:09soDxEU0▼このコメントに返信
※156
本当に強いなら96%も死ぬ前に返り討ちにしてるからwwwwwwwwwww
169.名無しさん:2016年03月15日 14:03 ID:vRyuZDds0▼このコメントに返信
※165
逆じゃないのか?

あの環境でああまで戦えたら世界最強といっても過言じゃなかろう。

170.名無しさん:2016年03月15日 14:04 ID:cn6h73.H0▼このコメントに返信
※3
wiki読んだ限りだとほんとに大破着底したのかと
171.名無しさん:2016年03月15日 14:04 ID:Hq6HnC.B0▼このコメントに返信
※168
強い=勝利と思ってる奴は敗走と遅滞戦術の違いも分からないんだろうな
172.名無しさん:2016年03月15日 14:04 ID:i6rQLQok0▼このコメントに返信
日系人と日本人を同じにするのはどうかと思うぞ。彼らはあくまでアメリカ人で構成されたアメリカの軍隊でいろいろ差別されながら勇敢に戦ったアメリカの英雄だからね。
日本兵は精強でいいと思うよ。だって普通体にウジがわいたり体重が激減しようが戦い続けるなんてできるか?
俺なら捕虜になりそう。
173.名無しさん:2016年03月15日 14:05 ID:620S0Jh80▼このコメントに返信
※165
全く同感。
絶対に士気崩壊をしない最強の兵士をアテにして合理的判断をサボッたとしか。
だからガダルカナルでロクに火力支援も無く機銃座に突撃して全滅してる。
しかし日系442連隊戦闘団もテキサス大隊救出の最後の段階で「バンザイ突撃」により見事開囲し作戦を成功させてる。
174.名無しさん:2016年03月15日 14:09 ID:vRyuZDds0▼このコメントに返信
 「室内では戦闘靴を脱いでスリッパを履く韓国軍兵士を数多く目にしたが、これは米軍の目から見ると、軍人としての姿勢に問題があるとみなされる」

 これは韓米連合司令部が最近まとめた冊子『米国と米軍への理解』の一部だ。

韓国軍将校らは事務所でしばしばベルトを緩めるという。この姿は米軍関係者にとって軍人としての品位をおとしめるものとみなされ、女性将校へのセクハラとも考えられる可能性があると指摘している。

 また韓国軍は親近感を表現するためにスキンシップをむやみに行おうとするが、これも場合によっては困難な立場に直面する原因となる可能性があるという。実際に昨年、韓国軍のある将兵が米軍のある女性憲兵と顔見知りだとして無意識に肩に手を掛けた。するとこの女性憲兵から激しい抗議を受け、結果的に何度も謝罪を重ねることになったというエピソードも紹介されている。

ある米軍将校は冊子の中で、「一人の韓国軍将校が無精ヒゲを生やしたまま歩いていた。その理由を尋ねると、“時間がないから”と答えた」「自分の外見にも責任が持てないなら将校として問題がある」と指摘している。「朝鮮日報」 2009/01/07

>無意識に

もちろんわざと二ダw
175.名無しさん:2016年03月15日 14:10 ID:Z7IJW2wo0▼このコメントに返信
>ID:vRyuZDds0

ただの反論中のガキかよwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

なんか中二病がこじれて勘違いしているやつがいるっぽいけど
その日系人部隊がたくさん受勲した理由はあちこちで戦いまくって頑張ったからって理由であって
最強だからとかって理由じゃねーんだぞ?

良いように使い潰されて死傷率が314%を超えたってだけで

普通のアメリカ兵は十分な休養と身の安全がある程度保護された状態で戦ってたんだから
そのへんで差がでるのは当たり前じゃんかよwww


176.名無しさん:2016年03月15日 14:11 ID:g57ke.QP0▼このコメントに返信
日本軍
規律S 軍略S 知能S 人間性S 大義S 兵器S 

連合軍
規律D 軍略D 知能D 人間性D 大義Z 兵器B

特亜 
規律Z 軍略Z 知能Z 人間性Z 大義Z 兵器Z

怒った?
これが客観的な評価
177.名無しさん:2016年03月15日 14:11 ID:vRyuZDds0▼このコメントに返信
米軍による韓国兵の扱いマニュアル

1.韓国人には強気で押せ。抵抗する場合は大声で命令しろ。
2.命令を聞かない場合は身体で解らせろ。
3.同じことをくり返す場合、犬のように何回でも同じ様に叱れ。こちらが上と言うことを身体で解らせろ。
4.理由は聞くな。どうせ大したことは言っていない。
5.身体で解らせた場合、根に持つ場合があるので、後で身辺には気をつけて行動しろ。但し、徹底的に解らせる迄、手を抜いてはいけない。
6.相手を3才児と思って信用したり頼りにはするな。重要な仕事は任せるな。

日本陸軍の朝鮮兵取り扱いマニュアル (朝鮮軍司令部1904~1945)

一、いつ、いかなる時でも唐辛子粉を食事に際し好きなだけ使わすこと。
一、絶対に頭、体を叩いてはいけない。怨みを持って復讐する気質があり、脱走の原因となる。
一、清潔な食事運搬用バケツと雑巾バケツの区別をよく教えること。
一、危険な状況下では銃を投げ捨てて哀号!と泣き出す習癖があるから、日本兵二名で一名の朝鮮兵を入れて行動せよ。
178.名無しさん:2016年03月15日 14:11 ID:Hq6HnC.B0▼このコメントに返信
※173
ガダルカナルの一木支隊の戦闘は日本陸軍お得意の背面奇襲をかけようとしたが、重火器がジャングルに阻まれて運べなかったのとアメリカの陣地が正面以外も厳重であったため。そもそも事前の戦力見積もりの情報が誤っていて、日本側の戦力が圧倒的に足りなかった。

だから「上官が合理的な判断をせずただ正面に突っ込ませた」というのは間違い。
179.名無しさん:2016年03月15日 14:11 ID:620S0Jh80▼このコメントに返信
※168
物量差で絶対に自軍が壊滅するのは分かってたんだが。海を埋め尽くすほどの敵艦船が押し寄せてな。
その状況下で、少しでも日本本土への空襲を遅らす為の徹底抗戦で自決を禁じ
一 我等ハ敵十人ヲ斃サザレバ死ストモ死セズ
一 我等ハ最後ノ一人トナルモ「ゲリラ」ニ依ツテ敵ヲ悩マサン
との敢闘の誓いをたて、それを司令部壊滅後も兵士各自が守り抜いたんだわ。
その結果が戦死率96%なんだよ。
しかも彼らは決して精鋭部隊ではなく少し前まで市民として暮らしていた応急徴募兵だった。
180.名無しさん:2016年03月15日 14:13 ID:X4Wta74C0▼このコメントに返信
ドイツ  陸S 海C 空S
ソ連   陸S 海D 空B    精神○
アメリカ 陸A 海S 空A 物量○
イギリス 陸A 海A 空A
日本   陸B 海A 空A 物量× 精神○
イタリア 陸C 海B 空C    精神×
181.名無しさん:2016年03月15日 14:15 ID:OcKgvpTg0▼このコメントに返信
WW2当時の列強の軍事力の比較をしてるのに、当時国ですらなかった韓国叩きしてる奴がいて草

旧日本軍と韓国軍が比較になるわけねーだろ存在すらしてなかったんだから
182.名無しさん:2016年03月15日 14:15 ID:vRyuZDds0▼このコメントに返信
ID:Z7IJW2wo0 は突っ込まれるとなぜ劣等民族在日猿みたいな書き方でファビョるのか・・・?

あっ(お察し)
183.名無しさん:2016年03月15日 14:15 ID:Qi27iiRd0▼このコメントに返信
※176
ファーwwwそんなに圧倒的優位な条件で負けた日本軍弱すぎw
184.名無しさん:2016年03月15日 14:17 ID:g57ke.QP0▼このコメントに返信
日本軍
規律S 軍略S 知能S 人間性S 大義S 兵器S 

連合軍
規律D 軍略D 知能D 人間性D 大義Z 兵器B

特亜 
規律Z 軍略Z 知能Z 人間性Z 大義Z 兵器Z

怒った?
これが客観的な評価
185.名無しさん:2016年03月15日 14:17 ID:vRyuZDds0▼このコメントに返信
※181
韓国叩きは悔しい二ダ・・・ですか?
186.名無しさん:2016年03月15日 14:17 ID:g57ke.QP0▼このコメントに返信
※183
よう

チキン
187.名無しさん:2016年03月15日 14:18 ID:g57ke.QP0▼このコメントに返信
※181
分かった。
ではお前ごときが
まず
消えろ。

チキン
188.名無しさん:2016年03月15日 14:21 ID:vRyuZDds0▼このコメントに返信
※184
特亜はZとか以前の「マイナス戦力」

韓国猿のマイナス戦力は原爆千個分に匹敵する。
189.名無しさん:2016年03月15日 14:21 ID:mLna.FH90▼このコメントに返信
※160
失礼な言い方だけど、その位置にいたのがその部隊でなくとも同じ結果が出たと思うよ?
要は一番危ないところで使い捨て同然に放り込まれてその扱いでも文句言えない状況だった。
結果は米軍のロジスティックが出したものであって、彼らが特別強かったってことではない。
もちろん、彼らの奮戦を卑下するつもりはない。
ただね、普通は英雄になったら後ろに下げて後輩の育成やプロパガンダに使われる米軍において
彼らだけは次々に戦果を挙げてもそれを許されなかった。
彼らが強かったから望まれて投入されたんじゃない。
米兵としてあり得ない位の戦果を出しても戦後まで評価されなかっただけだよ。
190.名無しさん:2016年03月15日 14:21 ID:OcKgvpTg0▼このコメントに返信
※179

確かその中に、竹槍事件で陸軍批判したら懲罰召集された新名丈夫の巻き添えで召集された30代後半の老兵が250人くらいいたんだっけ
悲しい事件だったね


それにしても、どんなスレにも特亜叩きのコピペ貼るしか能がないアホが来るから、話が面白くならんのや
191.名無しさん:2016年03月15日 14:25 ID:jp.qpjE.0▼このコメントに返信
※5
そういうのは水車作ってから言えよ
192.名無しさん:2016年03月15日 14:26 ID:g57ke.QP0▼このコメントに返信
※190
馬鹿相手に天才がまともに相手するのはアホだろう。
これで十分。

私は一応歴史等相当に詳しい。

日本軍
規律S 軍略S 知能S 人間性S 大義S 兵器S 

連合軍
規律D 軍略D 知能D 人間性D 大義Z 兵器B

特亜 
規律Z 軍略Z 知能Z 人間性Z 大義Z 兵器Z

怒った?
これが客観的な評価
193.名無しさん:2016年03月15日 14:28 ID:620S0Jh80▼このコメントに返信
※189
無理やり何度も最前線に放り込めば死傷率314%は達成できても名誉勲章も大統領部隊感状も授章できんぞ。
イヤイヤ戦わされて、自分が既に負傷してるのに敵の機銃座を次々と潰して回るなんてできないぞ。
それを達成させるのが高い使命感、士気(モラール)ってわけ。
だから戦争末期だが他の部隊が半年膠着したゴシックラインを30分で突破してみせたりもする。
194.名無しさん:2016年03月15日 14:30 ID:Z7IJW2wo0▼このコメントに返信
※190
そいつらは触らないほうが良い、ただの煽り目的の釣りだろうからw

※189
そのへんの事情を、なんか認めたくないって必死にこだわるガキが1匹~2匹いるんだよ
そのうち一匹は別の内容で「日本兵の凄いところを」自分で紹介しているのに

後者の数字だけのやつは単に反論された~ってムキになってる引きこもりのオッサンかも


日本兵の凄さを紹介したいなら硫黄島や初期のシンガポールあたりで十分なのにね
195.名無しさん:2016年03月15日 14:30 ID:Qi27iiRd0▼このコメントに返信
※186
ぞんなに圧倒的優位な状況で戦ったのに結果は惨敗とか悲しくならないのかな。プロ野球チームが小学生チームに33-4で負けるようなものなのにw
196.名無しさん:2016年03月15日 14:31 ID:W2Vy.3CF0▼このコメントに返信
442部隊が米軍とは違うってあまりにも欧州前線でなくなっていった彼らをバカにしすぎだろ、彼らは自分達が(本国に住む日系人たちも)アメリカ人であることを、アメリカ軍人であることを認めてもらうために決死の気持ちで闘ってたんだぜ?その思いを無視して彼らは米軍ではないって言うのはあんまりだと思う、少くとも彼らは米軍だと思ってほしかったはず
197.名無しさん:2016年03月15日 14:31 ID:vRyuZDds0▼このコメントに返信
※189
>その部隊でなくとも同じ結果が

米軍の歴史で日系人部隊だけ。

同じように使い捨てされた黒人メインの部隊はそれほど圧倒的な功績を挙げてない。
198.名無しさん:2016年03月15日 14:32 ID:g57ke.QP0▼このコメントに返信
※195
チキン
悲しいか?
199.名無しさん:2016年03月15日 14:34 ID:V1bWXxLe0▼このコメントに返信
帝国陸軍かてDよりもエエやろと思う。兵器の差がボロクソすぎたイメージあるけど、毒の陸戦主要相手は炉(アフリカでは鰤もやけど)、炉はアメからの援助多いし、鰤かてアメの援助無しではペケポンやろ。日本はボッチで総合特別チャンプのアメと陸の王者炉助やら高粱畑から兵隊が湧き出す上にアメから武器もろたシーノとか相手にしたから負けたんや。陸かてちゃんと飯食わして長靴やら服装揃えられたらそれだけでも相当違うと思う。炉は殆ど自国内、毒も陸続きで日本と比べて遥かに兵站が楽。兵站があかんかったんは陸の責任やないやろ。当時陸上輸送でバンバン要るだけトラック使える・燃料心配ないのんてアメぐらいでチートすぎるねん。アホみたいな数の護衛艦・飛行機で日本の潜水艦沈めまくる、海防艦沈めマクル、陸かて鰤とおんなじぐらい(除:牟田口+辻)ちゃうか?

板の海軍て元々地中海しか考えてないんやろけど、米英並みの高温・高圧缶もってて短航続やけど速いし地中海的には悪いことないやろ。
200.名無しさん:2016年03月15日 14:34 ID:vRyuZDds0▼このコメントに返信

キムチ猿 ID:Z7IJW2wo0 の悔しさが伝わってくるコメ欄ですねw
201.名無しさん:2016年03月15日 14:34 ID:620S0Jh80▼このコメントに返信
※189
ちなみに、名誉勲章についてはアメリカ最高勲章を日系人に与えるのに戦中はためらいがあり、ムネオ・サダモリ上等兵ただ一人にのみだった。
その後功績の見直しがあって2000年に序列第二位の勲十字章から20個が格上げされ名誉勲章受章数は21個となった。
202.名無しさん:2016年03月15日 14:36 ID:OcKgvpTg0▼このコメントに返信
※194
シンガポールの戦いの美しすぎる完勝に比べて、インパール作戦ェ…
本当に同じ軍隊がやったんだろうかってぐらい劣化してて悲しいなあ

まあむっちーもマレー作戦では活躍してるんだけどね、司令官の器じゃなかったね

203.名無しさん:2016年03月15日 14:38 ID:Qi27iiRd0▼このコメントに返信
※198
何も言い返せないね。向こう見ずで無鉄砲よりかは臆病でも結構。
204.名無しさん:2016年03月15日 14:38 ID:bHgP1az60▼このコメントに返信
いやはやホント海軍はイメージ戦略だけはSだな
詳しく見てみると海軍が陸軍より上とかねーから
205.名無しさん:2016年03月15日 14:39 ID:WcLOh1qv0▼このコメントに返信
※200
↑これが低脳ネトウ.ヨ
幼稚で日本人であることが唯一の誇り
それで他国を見下してホルホルするしかやることがない
日本 陸C 海B 空B-

これが妥当
日本にSやAつけれる部分はない
空に関してはCでもいい

206.名無しさん:2016年03月15日 14:39 ID:Z7IJW2wo0▼このコメントに返信
※199
アジア戦線で言えば陸軍は優秀だったし中盤~末期にボロ負けしたのは
空爆や海上封鎖の影響が大きい
でもってそれは海軍の責任が大だから
陸軍自体の評価はB程度でいいかと
アメリカ陸軍をSにするならドイツはAだろうしロシアもAかBには来るから
日本がB以上になることはないだろうしね

あと、たぶん戦車オタか模型オタなんだろうけど
史実を無視してロシア陸軍を過大評価する奴が定期的に湧いてくるよなw
207.名無しさん:2016年03月15日 14:43 ID:WcLOh1qv0▼このコメントに返信
※206
アメリカ陸軍はもちろんのことソ連陸軍とすら比較することはありえない

植民地支配のための2流3流軍隊相手に奇襲して快進撃したところで高い評価はない
陸軍はC
海軍はB
空はひいきしてもBが良いところ
208.名無しさん:2016年03月15日 14:43 ID:620S0Jh80▼このコメントに返信
日系人部隊は当初信用されず、軍上層部が弾よけに使われるのを危惧した事もあり、イタリア戦線に投入されず、チュニジアでの鉄道警備が最初の任務だった。日系人兵士が前線で戦う事を「熱望」して、前線投入が叶う事となり戦功をあげ始めた。
英国王の視察時には「既に精鋭との評価を受け「それは第100大隊(後の442nd連隊の第一大隊相当)でなければならない」とされ国王閲兵の栄誉を受けた。442ndの白人指揮官が「なぜいつも我々がきつい任務に就かされるのか」と抗議したところ、「精鋭部隊だからだ。」と返答された。
テキサス大隊救出では他の部隊が悉く救出に失敗し最後に大統領が直々に日系人部隊に救出命令を下した。
209.名無しさん:2016年03月15日 14:43 ID:W2Vy.3CF0▼このコメントに返信
しかしロシア陸軍言うほど最強でもないけど無能ではないと思うぞ
恐怖で固めて突撃させたって言うけどああしてなかったらどのみちほとんどのロシア人は召されてた訳だし
地続きの国家を叩き潰すのにはあってた戦略だと思うけど
210.名無しさん:2016年03月15日 14:45 ID:cycXPftL0▼このコメントに返信
※124
馬鹿はお前だ
こんな糞みたいなレスにつられてコメントしてる時点でな
211.名無しさん:2016年03月15日 14:46 ID:vRyuZDds0▼このコメントに返信
※205

朝鮮人を見ると気持ち悪い印象を受けるのには訳がある。

朝鮮は中国の属国だったから毎年若い女を献上して女が不足した。
だから朝鮮人は代々母親と結婚したり、実の姉妹や娘を犯す気持ち悪い歴史が続いた。
加えて中国の歴代王朝は朝鮮半島に中国の障.害者や犯罪者を捨て続けた。

そういう人類の負の遺伝子を凝縮した奇.形民族が朝鮮人だ。
212.名無しさん:2016年03月15日 14:47 ID:cycXPftL0▼このコメントに返信
※79
ここのコメントの中で見た格付けなら個人的にこれが一番合致してる気がする
213.名無しさん:2016年03月15日 14:47 ID:c3o.JuLj0▼このコメントに返信
関東軍は熟練兵が多くて、強かったらしいよ。弱かったのは、新兵だったり、戦線拡大で少数になったからでは?
214.名無しさん:2016年03月15日 14:49 ID:WcLOh1qv0▼このコメントに返信
※211
僕はネトウ.ヨ見てて思うんだ
お前らの言う朝鮮人に一番近いのがお前ら
ホルホル大好き
妄想とデマをまき散らす
捏造大好き
215.名無しさん:2016年03月15日 14:51 ID:620S0Jh80▼このコメントに返信
※196
米軍では無いとは言ってない。米軍の中で特別な存在だったって事。
今でも第100大隊はハワイに存在してるよ。
ちなみに3桁の部隊番号の歩兵大隊は本来有り得ず、継子扱いの差別的意味の部隊番号だった。
それが精鋭部隊の名誉番号ととなり、442連隊戦闘団編成時には第一大隊の編成に第100大隊がつき、その部隊番号は現代にも栄誉を以て引き継がれてる。
216.名無しさん:2016年03月15日 14:53 ID:vRyuZDds0▼このコメントに返信
そもそも同じ数で比較した場合の「質」なのか「質×量」なのかも曖昧な在日猿のアホ評価だよな。
そのへんを都合よくその場その場で言いくるめて工作するのが目的かと・・・

そこを曖昧にすると現代なら

アメリカ陸軍 C
イスラエル陸軍 F
中国陸軍 SS
北朝鮮陸軍 A

みたいに(ありえない)妙ちくりんな評価になる
217.名無しさん:2016年03月15日 14:53 ID:UG2XKSYj0▼このコメントに返信
※31 
それが海軍の仕事なんじゃ??
218.名無しさん:2016年03月15日 14:54 ID:WcLOh1qv0▼このコメントに返信
日本の空と海がA?
インフレ起こしすぎ

日本はトータルでせいぜいイタリアと良い勝負なんだからさ
うまく調整しろよ
219.名無しさん:2016年03月15日 14:54 ID:vRyuZDds0▼このコメントに返信
※214
連呼リアン朝鮮人を見ると気持ち悪い印象を受けるのには訳がある。

朝鮮は中国の属国だったから毎年若い女を献上して女が不足した。
だから朝鮮人は代々母親と結婚したり、実の姉妹や娘を犯す気持ち悪い歴史が続いた。
加えて中国の歴代王朝は朝鮮半島に中国の障.害者や犯罪者を捨て続けた。

そういう人類の負の遺伝子を凝縮した奇.形民族が朝鮮人だ。
220.名無しさん:2016年03月15日 14:55 ID:Xea1Ty.X0▼このコメントに返信
へーそう
221.名無しさん:2016年03月15日 14:55 ID:vRyuZDds0▼このコメントに返信
※218
トータルでイタリア級の国が4年もガチとアメリカと張り合ったのか、凄すぎるな。
222.名無しさん:2016年03月15日 14:58 ID:WcLOh1qv0▼このコメントに返信
※216
質と量の総合力だろ
223.名無しさん:2016年03月15日 14:58 ID:Qi27iiRd0▼このコメントに返信
※221
イタリアも4年間戦争をしたけどね
224.名無しさん:2016年03月15日 14:59 ID:vRyuZDds0▼このコメントに返信
※222
それだとイギリス軍は屁みたいな評価になるし、
航空支援なしの米軍なんか鼻糞だよ。

225.名無しさん:2016年03月15日 15:00 ID:cycXPftL0▼このコメントに返信
※221
3年間くらいはアメリカの主敵はドイツだったし
そもそもアメリカの国内経済を見るとそんなに対日に本気だったとも思えない

つってもイタリアよりは日本が強いとおもうけどね
当時のイタリアって戦争のやる気なかったしさ
226.名無しさん:2016年03月15日 15:02 ID:sQZbwLIf0▼このコメントに返信
どのタイミングでの評価かを決めないと平行線だろ
1939年だと日本陸軍は高水準だし、1945年だと中国は両勢力ともにまともなものになってるぞ
227.名無しさん:2016年03月15日 15:03 ID:cycXPftL0▼このコメントに返信
※226
ホントこれは思う
開戦当初なら日本は強いしアメリカはまぁまぁの戦力しかない
終戦前なら日本はボロボロだしアメリカは無敵
228.名無しさん:2016年03月15日 15:04 ID:vRyuZDds0▼このコメントに返信
※223
アメリカとガチで張り合うどころかドイツの足ひっぱってただけ。
229.名無しさん:2016年03月15日 15:04 ID:OcKgvpTg0▼このコメントに返信
資源のない島国が、当時最大の貿易相手国二つとも敵に回した上で国家総力戦を戦ったら、どんなに精強な軍隊でも勝ち目ないよ

しかもまわりに勢力圏はあっても列強クラスの味方がないんだから
230.名無しさん:2016年03月15日 15:04 ID:WcLOh1qv0▼このコメントに返信
※221
アメリカはドイツイタリアと二正面
快進撃は植民地軍を奇襲した緒戦だけ
最初の一年半程度
残りの二年半はひたすら防戦
ミッドウェー海戦以降のアメリカの本格反攻が始まるとフルボッコ

こういうとアメリカも苦戦していたと騒ぐ連中がいるが
海取られて数百隻の艦船で艦砲射撃と延べ数百、数千機の爆撃で
地形が変わるほどやられて日本兵の3倍5倍の兵力差がある割にはよくやったほうって話
231.名無しさん:2016年03月15日 15:05 ID:620S0Jh80▼このコメントに返信
※218
国力的には日伊はどっこいだったかもしれんが、数的に圧倒的に優位なベダフォムで潰走したイタリア兵と日本兵では士気がまるで違う。
でもほんの数人単位で戦ったらイタリア兵は超勇敢かもしれんけど。
232.名無しさん:2016年03月15日 15:05 ID:vRyuZDds0▼このコメントに返信
※225
思えない、というのはアホなチォン猿の主観であって、
当時のアメリカの対日本気度はすさまじいけど・・・
233.名無しさん:2016年03月15日 15:08 ID:620S0Jh80▼このコメントに返信
※228
ドイツはアメリカに宣戦布告義務無かったが、なぜかヒトラーが周囲の反対を押し切ってアメリカに宣戦布告してしまった。
234.名無しさん:2016年03月15日 15:09 ID:WcLOh1qv0▼このコメントに返信
※224
米軍のシャーマン相手にまともに戦えなかった日本がよく言えるな
生産力ではお話しにならないのは言わずもがな
まともに弾薬すら足りていなかった日本がどんな悲惨な末路を遂げたか戦史探ればわかりきったこと
235.名無しさん:2016年03月15日 15:14 ID:Qi27iiRd0▼このコメントに返信
※234
至近距離からの速射砲による十字砲火や爆雷特攻で撃破できたから・・・(小声)なお、戦車戦
236.名無しさん:2016年03月15日 15:15 ID:cycXPftL0▼このコメントに返信
※232
あなたの言うとおり「思う、思わない」っていうのは主観の問題だから結局は当時の米軍にしか解らない事だね
ただ国中から鉄の供出を行ってなんとか戦線維持してた日本と
庶民が豪華な夕飯を食べながら戦争の愚痴を言うアメリカとでは国内情勢からみても対等に戦ってたとは言えないと俺は思ってるだけ

あとあなたはイタリア軍を過小評価してるみたいだけど
イタリアが弱いっていうのはいわゆるネット上のジョークみたいなもんで特に日本だとマンガやアニメで軍事に興味を持った人に多いみたい
237.名無しさん:2016年03月15日 15:17 ID:vRyuZDds0▼このコメントに返信
※234
まともに戦えなかったのはフィリピンやマレーの米英軍ねw

アメリカさんは、敗走後に優秀な日本軍の戦術と連携行動を徹底的に研究して
アメリカ陸軍の近代化と改善に努めたのは評価できるけど。
238.名無しさん:2016年03月15日 15:17 ID:.MtavoHC0▼このコメントに返信
そもそも陸海共に世界最強の一角てのと空軍が存在しない件
チャーチルやスターリンがどれだけ怯えてたか知らないのか
239.名無しさん:2016年03月15日 15:19 ID:OcKgvpTg0▼このコメントに返信
イタリア軍はそこまで言われてるほど弱くないと思うの
色々限られた条件の中で、本土を守るだけの軍備を整えていたはずが、アホのドゥーチェがバスに乗り遅れるなとばかりにいきなり北アフリカ戦線だもん

そんなんやる気でねーだろし元々北アフリカ戦線はイギリス海軍のせいで補給も困難だったしなあ

ドゥーチェは内政はともかく軍事に関しては全くの無能と言わざるを得ないわ

240.名無しさん:2016年03月15日 15:21 ID:WcLOh1qv0▼このコメントに返信
※237
まともに戦車や火砲も持っていない植民地統治のための治安維持軍な
あんなのに勝ってうれしいか

アメリカが本気出したフィリピンがどうなったのかはご存じの通り
悲惨だよね
241.名無しさん:2016年03月15日 15:22 ID:Qi27iiRd0▼このコメントに返信
※238
日本とアメリカに空軍がないから航空戦力でカウントしろとコメ覧にも書いてあったが
242.名無しさん:2016年03月15日 15:23 ID:vRyuZDds0▼このコメントに返信
※236
うん、片手間連呼リアンのチォン猿とは裏腹に当時のアメリカの対日闘志と
対日戦線向けの増産数はすごいからね。

>あとあなたはイタリア軍を過小評価してるみたいだけど

むしろ日本軍を過小評価しすぎでしょ。
アホはメディアで刷り込まれた末期のイメージでしか語れないけど、
航空優勢効いてきたのもシャーマン戦車が揃ったのも中期以降。

イタリア軍は質的にみればそんなに酷くない。
戦線によってはイギリス軍と大差なかったりする。

ただ日本軍とは比較できるほどのレベルには到底達してないだけ。
243.名無しさん:2016年03月15日 15:24 ID:vRyuZDds0▼このコメントに返信
※240
まともに戦えなかったのは圧倒的な装備を揃えて要塞化しても負けたフィリピンやマレーの米英軍ねw

アメリカさんは、敗走後に優秀な日本軍の戦術と連携行動を徹底的に研究して
アメリカ陸軍の近代化と改善に努めたのは評価できるけど。
244.名無しさん:2016年03月15日 15:30 ID:WcLOh1qv0▼このコメントに返信
※243
あれのどこが要塞化?
日本からすれば南米のチリやボリビアに持ってた植民地を
ドイツが暴れ出したどさくさに紛れて火事場泥棒されたぐらいの認識だろ

優秀な日本軍の戦術ってなに?
バンザイ突撃?艦砲射撃の雨の中での水際防御?
爆雷抱えて戦車に体当たりか?
245.名無しさん:2016年03月15日 15:32 ID:WcLOh1qv0▼このコメントに返信
※243
アメリカのフィリピン奪還戦なんて悲惨だよね
損害率で見ると10対1ぐらいじゃないか?
もちろん日本の損害が10ね
246.名無しさん:2016年03月15日 15:33 ID:cycXPftL0▼このコメントに返信
※242
帝国軍の評価については難しいけど確かに過小評価してる人は少なからず居ると俺も思ってる
仮にも列強の一国としてアジア最強の国家であった訳だから弱いと連呼してる人はどうかと思うよ

ただやっぱり新興国で欧米の技術開発力と工業力に敵わなくて時間が経つと共に不利になっていったことは事実だと考えてるんだけど
それを認められずに「日本の技術は最強!物量で押されただけ」なんて日本の過大評価もどうかと思ってる
247.名無しさん:2016年03月15日 15:36 ID:WcLOh1qv0▼このコメントに返信
日本は背伸びしまくってなんとか先進国に滑り込んだ先進国
進学校の落ちこぼれみたいなもん
248.名無しさん:2016年03月15日 15:36 ID:vRyuZDds0▼このコメントに返信
※244
あらら、アホなチォン猿がぜんぜん知らずに工作してるとバレてしまいましたね。

すこしは勉強してから出直せば?w
249.名無しさん:2016年03月15日 15:38 ID:vRyuZDds0▼このコメントに返信
※3
ほとんど存在感なし。

1945年8月に生き残ってた日本海軍だけでも当時のソ連海軍を余裕で殲滅できるぐらいの規模と質。

250.名無しさん:2016年03月15日 15:39 ID:UKprwzgP0▼このコメントに返信
帝國陸軍もそんなに捨てたものではないと思うのだが・・
只でさえ少ないリソースを艦船や航空機にもってかれて機械化や火力向上が出来なかっただけ。
日本の基礎工業力が欧米に劣っていたのは事実だが、精神論はそれを補填するやむを得ない事情だよ。
251.名無しさん:2016年03月15日 15:40 ID:NsA.22Ba0▼このコメントに返信
量と質両方併せて考えるなら
ドイツ 陸A⁺海C⁺空A
ソ連  陸S海D空B
アメリカ陸A海S⁺空S⁺
イギリス陸B海A空S
日本  陸C海A⁺空B
イタリア陸D海D⁺空C
てなもんでなかろーかね
アメリカがヨーロッパでドイツ軍に勝てたのは豊富な航空支援ありきのことだからアメリカ陸軍がドイツ陸軍より上とは考え難いのよね
現にラインの守り作戦で飛行機が飛べなくなったときにドイツ軍はアメリカ軍を押し戻してるわけで
イタリアはメッセ将軍がいるたって北アフリカでボコボコにされるギリシャで逆侵攻されるフランスで押し戻される・・・活躍した戦線少なすぎ
政治の影響がどうこう言うけどそれ全部の国同じで、むしろそれひっくるめて実力ってもんじゃないですかね
航空機もMC.205は優秀だけど作ったのが262機って何?ジェット機作ってるんじゃないんだよ桁数間違えてるでしょ…
252.名無しさん:2016年03月15日 15:40 ID:.MtavoHC0▼このコメントに返信
大日本帝国軍をS~Eで評価するならこうだろ

現場S 陸海軍省E
253.名無しさん:2016年03月15日 15:43 ID:WcLOh1qv0▼このコメントに返信
※248
で、米英軍自慢の植民地軍の戦力と要塞の防備体制はどうだったんだ?
254.名無しさん:2016年03月15日 15:43 ID:Qi27iiRd0▼このコメントに返信
※252
現場をどこまで含むかによる
255.名無しさん:2016年03月15日 15:43 ID:vRyuZDds0▼このコメントに返信
※247
戦争に関して言えば日本は特待生みたいなもんだな。

優秀で強かったから、附属校上がりのボンボン相手には余裕でぶっとばせたけど、
一人だけ親が大富豪でなおかつそいつ自身もオリンピック狙えるぐらいの化け物がクラスにいてね・・・w
256.名無しさん:2016年03月15日 15:44 ID:620S0Jh80▼このコメントに返信
※245
戦力比が開いてくるとランチェスター法則で劣勢側がより一層一方的に損害を負うようになる。
マリアナ沖海戦とかがまさにそれだが、一方的に日本の海空戦力を叩きのめす自信を付けたアメリカは再び日本の航空戦力を怖れるようになる。
神風特攻によって。
257.名無しさん:2016年03月15日 15:44 ID:vRyuZDds0▼このコメントに返信
※253
精強な日本軍にボコボコにやられてしまいましたw

258.名無しさん:2016年03月15日 15:44 ID:UpEUOYhT0▼このコメントに返信
日本陸軍の評価を戦車が弱かったからみたいに考えてる人たまにいるけどそういう人って陸軍上層部と大して変わらないくらい無能だよね。
小銃 軽機関銃 擲弾筒 山砲 戦闘機 爆撃機 暗号技術 レーダー とかも見たらいいのに。重砲の不足を航空機で補おうとした判断とかも総合的に見たらいいと思う
259.名無しさん:2016年03月15日 15:46 ID:XHZVxoB50▼このコメントに返信
※246
>>興国で欧米の技術開発力と工業力に敵わなくて時間が経つと共に不利になっていったことは事実だと考えてるんだけど
それに加えてやっぱ政治が大きいと思う。戦時統制に入るのも遅すぎるしある意味民主主義の悪い所が表出しすぎてる
日進日露戦争が戦術的勝利で政治決着したので世界大戦レベルの総力戦に対する戦略問題が大きいとおもふ
一方でならどうすればよかったっていうのは一般的に明確な答えもなく当時の推移は概ね当時の合理的判断の範疇で進んでいるため一方的な評価はできないんだけど
260.名無しさん:2016年03月15日 15:50 ID:NsA.22Ba0▼このコメントに返信
アジアの要塞か…
コレヒドール要塞は
>アメリカはワシントン海軍軍縮条約の制限が切れた1936年から補強工事を再開し、30センチカノン砲8門、30センチ榴弾砲12門、隣のフライレ島に配置された36センチ砲4門をはじめとする重砲群、巨大な地下室、発電所、電車まで備えた近代的要塞を構築していた。守備兵力はアメリカ第4海兵連隊を中心に、バターン半島から移動してきた部隊など12,000であった。
とあるな
初めて詳しい内容を見たが中々しっかりした要塞でねーの
エバン・エマール要塞とかよりよっぽど強そうだ
ジットラ・ラインがググっても出てこないんだよな…
小マジノ線てぐらいだからそれなりの防御は固めてたんだろうが誰か詳しい人教えてくんねーかな
261.名無しさん:2016年03月15日 15:50 ID:WcLOh1qv0▼このコメントに返信
シンガポール要塞についてググッた
38個大隊中25大隊がインド人、マレー人、シンガポール人で構成された典型的な植民地軍
だったわ
しかも訓練もまともに受けていない新兵同然だとよ
262.名無しさん:2016年03月15日 15:51 ID:N1zn4pXL0▼このコメントに返信
そもそも何をもってこの格付けをしたのか
序戦かそれとも終戦か
それだけでも意味が変わるだろ
263.名無しさん:2016年03月15日 15:51 ID:620S0Jh80▼このコメントに返信
※255
ハリウッド映画に出て来る悪役みたいな奴だな
264.名無しさん:2016年03月15日 15:53 ID:OcKgvpTg0▼このコメントに返信
※251
イタリア海軍水上艦だけなら余裕でドイツより上なんやけどなあ
あそこの海軍油ないから地中海に引きこもりがちだし、正直微妙なんだよなあ
ワシントン海軍軍縮条約だと、フランスとイタリアは米英日に次ぐ量持ってるんだよね
265.名無しさん:2016年03月15日 15:55 ID:WcLOh1qv0▼このコメントに返信
フィリピンの戦いについてググッた
15師団のうち10師団はフィリピン軍だとよ
装備訓練ともに不十分だとよ
266.名無しさん:2016年03月15日 15:57 ID:vRyuZDds0▼このコメントに返信
※263
しかもそいつは体格的に恵まれて大金持ちの息子のくせに、
やたら特待生の持ち物を欲しがったり、
成績を妬んで嫌がらせしてくる小物なところがあってなあ・・・
267.名無しさん:2016年03月15日 15:57 ID:XHZVxoB50▼このコメントに返信
※262
こういうのは概ね見た目の兵器のスペックじゃない?
3号4号戦車やシャーマンよりティーガーが強い偉い
零戦ザコ、マスタングより弱い
みたいな
運用や用途に無関心過ぎて論外ではあるんだけどある意味兵器個体のスペックだけで戦況がどうにかなると思ってる劣性勢力が陥る不可避な罠と同じ
268.名無しさん:2016年03月15日 15:59 ID:UpEUOYhT0▼このコメントに返信
植民地軍であろうがなかろうが日本陸軍が快進撃を続けた事実は変わらんでしょ。それ以前はその植民地軍すら日本以外のアジア人では排除できなかったんだから
269.名無しさん:2016年03月15日 16:00 ID:XHZVxoB50▼このコメントに返信
※261
※265
だからザコ!って言いたいんだろうが
そのデータってのはいかに堅固な植民地支配体制が確立していたかという証左にもなってるのは理解できてんのかね
270.名無しさん:2016年03月15日 16:02 ID:WcLOh1qv0▼このコメントに返信
※267
中国雑魚ww中国の装備は20年は遅れてるww
自衛隊最強wwwと似ているな

運用によって変わるよね


271.名無しさん:2016年03月15日 16:02 ID:UpEUOYhT0▼このコメントに返信
シンガポールやフィリピンの軍が準備不足だったこともググらないとわからん奴がコメントしてるのかよ
272.名無しさん:2016年03月15日 16:03 ID:620S0Jh80▼このコメントに返信
※265
フィリピン軍を除いたアメリカ軍 VS 日本軍 でも攻略側の兵力は防御側の1.33倍しかないぞ。
陸戦では攻者3倍の原則があってだな、作戦を成功させるには攻撃側は防御側に対して「戦闘価値」で3倍必要とされる。
しかも防御側の「戦闘価値」は地形効果や防御陣地で割増算出されるんだ。
273.名無しさん:2016年03月15日 16:04 ID:vRyuZDds0▼このコメントに返信
植民地軍ガー連呼リアンは、その植民地軍をボッコボコにしたのが
銃を撃ったことも故郷の村から出たこともなかった新兵だらけの日本軍だった現実を意図的にスルーしている。

そもそも「あれは精鋭部隊じゃないから負けた」と言い訳するって馬鹿じゃねーの?w
どんな都合いい戦争を妄想してるんだよ・・・
274.名無しさん:2016年03月15日 16:05 ID:WcLOh1qv0▼このコメントに返信
※269
強固な植民地体制敷いていようが訓練装備が不十分なら精強とは言えないね
275.名無しさん:2016年03月15日 16:07 ID:vRyuZDds0▼このコメントに返信
※271
>準備不足だった

当時の米英将校は我々は準備万端、日本軍なんか余裕で蹴散らせると世界中で豪語してたけどw
もうそんなことを1941年の夏ごろから各地で吼えてた。
なんとか平和裏に解決しようとしてたのは日本側だけ。
276.名無しさん:2016年03月15日 16:07 ID:OcKgvpTg0▼このコメントに返信
植民地軍…インパール作戦…うっ頭が

真面目な話、英印軍はグルカ兵とかも参加してるんで、植民地軍だから弱いとは一概には言えん

そりゃ一軍に比べりゃ兵器や兵士の質は劣ってることが大半だが。
277.名無しさん:2016年03月15日 16:08 ID:XHZVxoB50▼このコメントに返信
※252
そういう事は恒常的に発生し得ない。軍レベルの組織において上が無能ならそもそも現場が全く機能しない為実力を発揮するシーンも皆無なのだ
要所の判断、特に後退局面におけるミ判断を初期性能を発揮できる組織から想定するのは全くの無意味
財政を提示せず政策を叫ぶ野党に等しい

よく政治3流経済1流などと言われるがそれも全く無い。国際貿易は政治そのものだからだ

貴族が支配しているわけでもなくそうやってなんでも責任者の責とする無責任な国民性からリーダーも生まれてるわけなのだ
278.名無しさん:2016年03月15日 16:08 ID:sXJi5oVG0▼このコメントに返信
※13
そりゃねーはw最近の右翼はだいたい旧陸軍っぽい思想だからそうやって陸軍プッシュしてんだろうが陸軍はどうしようもないがん細胞だぞ政治に関わりすぎた奴らは軍隊ではなく軍事力を持ったキ/チ/ガイ政党でしかない。まあ海軍は海軍で腐った官僚みたいな奴らだが陸軍よりはマシだよせいぜい無能省庁のレベル。
279.名無しさん:2016年03月15日 16:10 ID:WcLOh1qv0▼このコメントに返信
※273
バカだろ
ソ連じゃないんだからいきなり軍服と小銃渡されて戦場に放り込まれるわけないだろ
最低限の訓練ぐらい受けているよ
むしろマレー半島やフィリピン攻略したのは選ばれた精鋭部隊
それで半分以上が植民地人を徴用した訓練装備不十分な植民地軍を蹴散らして
日本軍は強かったと強弁するのがバカども
280.名無しさん:2016年03月15日 16:11 ID:620S0Jh80▼このコメントに返信
現代日本
 自衛隊の装備A 士気A
 国民の防衛意思 E

自衛隊が善戦してくれても少しの損害で敵国に屈服すると予想。かつてのイタリア異常に。
   ↑
こう敵国に思われたら抑止は損なわるのだぜ。

281.名無しさん:2016年03月15日 16:12 ID:UpEUOYhT0▼このコメントに返信
※275
客観的事実としてフィリピンとかは訓練は不十分でしょ。
米英が虚勢を張ってたのはそうすることで日本に侵攻してくるのをためらわせようとしてたんじゃないの?
ただ日本陸軍があの戦力で南方攻略をあの短期間で成し遂げたのは見事と言うしかない
282.名無しさん:2016年03月15日 16:13 ID:XHZVxoB50▼このコメントに返信
※270
数や継戦能力を軽視してるのは大戦から何を学んだのかと言いたくなるなぁ
高度な電子戦装備や練度の高い兵員がどの程度の期間や損耗に耐えその初期性能を保つのか・・・
283.名無しさん:2016年03月15日 16:13 ID:ItKW4Hrs0▼このコメントに返信
陸がD?
確実にC以上はあるだろ
284.名無しさん:2016年03月15日 16:16 ID:WcLOh1qv0▼このコメントに返信
※268
おいおいだんだん話が変わっているぞw
最初は米英軍を蹴散らした精強な日本軍の話だったのにw

立派な先進国自称してて植民地軍倒して喜ぶのはちょっとな
285.名無しさん:2016年03月15日 16:16 ID:XHZVxoB50▼このコメントに返信
※279
それで欧米の植民地秩序が磐石で揺るがないモノだったんだからそれを始めて有色人種で突き崩した日本は別に強く無いというなら欧米がザコだったとしか言いようが無いんだが

286.名無しさん:2016年03月15日 16:17 ID:UpEUOYhT0▼このコメントに返信
※284
途中から来たから話の流れがわからんのだ
287.名無しさん:2016年03月15日 16:18 ID:XHZVxoB50▼このコメントに返信
※284
それが支配者である宗主国の能力だろう

288.名無しさん:2016年03月15日 16:19 ID:WcLOh1qv0▼このコメントに返信
※276
グルカ兵とか一部の戦闘民族持ち出して仕方が無い
289.名無しさん:2016年03月15日 16:23 ID:WcLOh1qv0▼このコメントに返信
※285
言うならアジアが雑魚過ぎたってことじゃね?
290.名無しさん:2016年03月15日 16:25 ID:.GOjMoTD0▼このコメントに返信
イギリスなんかすぐ目と鼻の先に本土を脅かそうとしてるドイツが居るんだから、遠くの植民地の陸軍なんて
優先度が低くて当たり前
日本陸軍つえーと言いたい奴はそこら辺の事実を無視してる

291.名無しさん:2016年03月15日 16:25 ID:XHZVxoB50▼このコメントに返信
シンガポールなんて要衝中の要衝を準備不足だザコだで防備して敗北したというならその結果戦後その奪還もかなわず莫大な植民地喪失を招いたのだからイギリスが恐るべき無能であるという事は議論の余地がなくなってしまうぞ
292.名無しさん:2016年03月15日 16:26 ID:vRyuZDds0▼このコメントに返信
※279
馬鹿はお前。アホで劣等なチォン猿にしてもすこしは勉強してから来いよ・・・
訓練といっても海を渡って戦場に着くまで実弾撃ったこともない兵士がごろごろいて苦労したってのは、
普通の日本人ならじいさんやその世代から聞いてよく知ってるはずだが。

工作論破されてヤバいからって、ファビョっても意味ないぞ。
293.名無しさん:2016年03月15日 16:28 ID:Hz.A.8mw0▼このコメントに返信
違うな
実は海軍はクソだった
空軍はなかった以上何とも言えないが、
日本の航空機もダメダメ
陸軍はアジア戦線で戦う限りは強いぞ
無論平原でドイツやソ連とやったら
木端微塵だけどな
全体的に大日本帝国はイタリアに毛が生えた
程度の強さだぞ、気合は違ったが
294.名無しさん:2016年03月15日 16:28 ID:XHZVxoB50▼このコメントに返信
※289
まぁそこは改めて確認の余地も無く
イギリスを破り新たな覇権国化する欧州国家がいなかったという点だの
295.名無しさん:2016年03月15日 16:29 ID:UpEUOYhT0▼このコメントに返信
※291
言いたいことをすべて言ってくれてありがとう。日本サゲに対する完全論破ですわ
296.名無しさん:2016年03月15日 16:29 ID:vRyuZDds0▼このコメントに返信
※290
その理屈だと、イギリス陸軍はFということになるねw

それとも君のやりたい「朝鮮式ランキング」はイギリスの最精鋭と1945年8月頃の食料もない日本軍を並べる方式かw
297.名無しさん:2016年03月15日 16:31 ID:UpEUOYhT0▼このコメントに返信
日本Sageするならもうちょっとオツムのいいやつ連れてきてほしいね
298.名無しさん:2016年03月15日 16:31 ID:WcLOh1qv0▼このコメントに返信
※291
イギリス領シンガポールを奪うということはイギリスと戦争するということ
だから日本は最終的には米英にフルボッコにされて東南アジアから追い出されただろ

さっきも指摘があったけど遠い辺境の地の植民地より目先のドイツをなんとかする
のが優先するのは当然
299.名無しさん:2016年03月15日 16:32 ID:XHZVxoB50▼このコメントに返信
というか戦争を装備や軍の強弱だけで語る事にあまりに意味がなさ過ぎるだろう、運用や政治も関わる問題であって
現代を見れば一目瞭然だが強い弱いだけで語るなら地球最高の質量を誇る米の戦略戦術装備の規模をもって何故国際情勢はますます不安定化し米の国際プレゼンスが低下してるんだという話であって
300.名無しさん:2016年03月15日 16:33 ID:NsA.22Ba0▼このコメントに返信
別に日本側も全力で植民地ぶん殴ったわけじゃないしなあ・・・
中国戦線に山ほど陸軍派遣しながら植民地攻略の兵力をひねり出したわけで
ハンデなんてお互い様だよ
301.名無しさん:2016年03月15日 16:35 ID:WcLOh1qv0▼このコメントに返信
※292
中盤以降実弾射撃はなかったかもね
でも訓練は受けているはず
受けていないならまともな訓練していない兵隊を送り出すほど日本も切迫していたということ
302.名無しさん:2016年03月15日 16:36 ID:XHZVxoB50▼このコメントに返信
※298
いや当然合理的判断だと思うよ。
でもここで横行する結果論で結ぶ議論で言えばそれで植民地を喪失し覇権国を譲り戦後の劇的国力低下を招いた所は無視できない
加えて欧州情勢の不安定化において遠隔の重要植民地維持が困難になるのであればそれはその時点でその能力を既に失っていたとも言える
303.名無しさん:2016年03月15日 16:36 ID:WcLOh1qv0▼このコメントに返信
※300
少なくとも植民地軍ではないわな
304.名無しさん:2016年03月15日 16:37 ID:vRyuZDds0▼このコメントに返信
※300
しかもそれを成し遂げた陸軍は、もともと仮想敵国ソ連相手にシベリアや北満州の雪のなかで戦う訓練と装備だったしな。
急に南に池といわれてよくやったもんだ。

一方、東南アジアにいたのは、何世代も植民地にいて生まれ育った当地の気候風土を熟知して待ち受けてたホームの軍隊。
305.名無しさん:2016年03月15日 16:37 ID:UpEUOYhT0▼このコメントに返信
陸軍からしたら南方なんて片手間なんじゃ。それこそ中国戦線が本命だし
306.名無しさん:2016年03月15日 16:39 ID:t2du4WmL0▼このコメントに返信
また日本最強厨があばれてるようだが、俺が教えてあげるまで

植民地軍=宗主国が指揮を執るが兵士は練度でも士気でも劣る現地民がメイン

ということを知らなかった低能だからな

無知な厨に教えてあげたんだから感謝して欲しいくらいだが、例によって工作員認定とコピペをして
逃亡しましたとさ
307.名無しさん:2016年03月15日 16:39 ID:vRyuZDds0▼このコメントに返信
※301
頭が悪すぎる。

妄想根拠の朝鮮猿論法じゃなくて、きちんと勉強してから出直しましょう。
308.名無しさん:2016年03月15日 16:41 ID:WcLOh1qv0▼このコメントに返信
※304
違う
近衛師団と広島出身の中国戦線から引き抜いた自動化された第五師団
つまり日本の精鋭師団
309.名無しさん:2016年03月15日 16:41 ID:vRyuZDds0▼このコメントに返信
※306
詳しそうな劣等民族チォン猿のようですから、ぜひ現地民の戦車部隊や航空部隊を教えてくださいw
310.名無しさん:2016年03月15日 16:42 ID:zAwP.67v0▼このコメントに返信
陸軍はトップの無能っぷりがヤバイと思うの支那事変の陸相だった杉山元が、支那事変が長期化した事に「支那は奥地が広うございまして、予定通り作戦がいかなかったのであります」なんて言い訳しちゃうレベルだもん
311.名無しさん:2016年03月15日 16:43 ID:VhdoZPF20▼このコメントに返信
※264
独伊の水上艦艇は運用思想が違うので、安易に甲乙を付けがたい。
例えば戦艦とその砲を比較すると、リットリオ級のは散布会が広すぎるせいで、
ビスマルク級のは砲弾重量が比較的軽いせいで3万メートル台の遠距離砲戦には不向き。
(実際はそんなのほとんど生起しなかったし、移動目標に対し命中弾を与えた距離の
記録も英独がともに保持する24kmが最大だが)
リットリオ級にとって散布会の問題が軽減される中近距離砲戦では、そちらの砲の方が
ビスマルク級のより威力が高いが航続距離の短さを考えると、交戦機会(もしくはより
強力な砲を備えた劣速の相手を回避する機会)はビスマルク級の方が得やすいと考えられる。
312.名無しさん:2016年03月15日 16:44 ID:L42Ae0Cr0▼このコメントに返信
日本はね。空母の数も大して無いのに 何故ゼロ戦を1万機以上生産したんだろ?
空母一隻に乗せる戦闘機を多く見積もっても 30機でしょ?
空母8隻×30機=240機だから 故障だ予備をあわせても せいぜい1000機も生産すれば十分
艦上戦闘機なんだから
資源もないのに過剰生産が甚だしい。
313.名無しさん:2016年03月15日 16:44 ID:620S0Jh80▼このコメントに返信
※310
それならお前のハゲ頭は太平洋の様にもっと広いではないか。
314.名無しさん:2016年03月15日 16:45 ID:3JGPV04o0▼このコメントに返信
<お知らせ>

在日特権を許さない市民の会
会員のみなさん

憂国烈士の上澤幸平さんが、韓国総領事館に汚物箱を投げ付けてくれました!
会員のみなさんにおかれても、大便は必ず箱にして下さい! 

在日特権を許さない市民の会
赤報隊士
315.名無しさん:2016年03月15日 16:45 ID:WcLOh1qv0▼このコメントに返信
本当に日本最強厨には困らされる
緒戦の快進撃もメインが植民地人集めた訓練装備不十分な現地軍に
近衛師団や中国戦線から引き抜いた日本精鋭の自動化師団を持ち込んだだけ

この事実を提示してもまだ日本最強は揺るがないとぬかされる
米英が本気出した中盤以降見れば幻想だとわかるはずなのに
歪んだ愛国心だ
316.名無しさん:2016年03月15日 16:46 ID:UpEUOYhT0▼このコメントに返信
※312
開戦時の空母の数は世界有数ですよ。少し調べましょう
317.306:2016年03月15日 16:47 ID:t2du4WmL0▼このコメントに返信
更に日本最強厨房は
「マレー要塞は世界最強。それを破った日本軍は最強」
なる論を唱えていたが、ヨーロッパの情勢に疎いものだからブレストやセヴァストポリといった欧州の
要塞のほうが強いことも知らなかった
ようするに日本ツエーをしたいがために、日本が破った相手はことごとく強い相手だったということにするという論法ね
ちなみにマレー要塞は当時小マジノ線と称されていたが、これってつまり本家のマジノ線には及ばないことを意味する
せいぜい東洋最強クラスってところだろうよ
318.名無しさん:2016年03月15日 16:48 ID:zAwP.67v0▼このコメントに返信
マジで当時の陸軍の、威勢のいい事言い続けないと出世できないか更迭されてしまう雰囲気はヤバイと思うの
多田駿とか
319.名無しさん:2016年03月15日 16:48 ID:UpEUOYhT0▼このコメントに返信
日本最強って言ってる人いないでしょ。過少評価されすぎだとは言ってる人多いけど
320.名無しさん:2016年03月15日 16:48 ID:XHZVxoB50▼このコメントに返信
※312
釣りかと思えるほど事実関係が噛み合ってないのでもし荒らしじゃなくて本気なら傍観してるだけのほうがいいと思う
321.名無しさん:2016年03月15日 16:50 ID:L42Ae0Cr0▼このコメントに返信
※316
そうゆう事を言ってるんじゃないの。空母の数は世界有数とかそうゆう事じゃなく
空母の数と艦上戦闘機の数の比率がおかしい と言ってる訳
322.名無しさん:2016年03月15日 16:51 ID:cn6h73.H0▼このコメントに返信
※312
基地航空隊の機体としてもゼロ戦を使ってた理由は航続距離の長さじゃなかったかな
323.名無しさん:2016年03月15日 16:51 ID:UpEUOYhT0▼このコメントに返信
※321
では次にガ島戦が始まるまでの戦闘機損失を調べましょう。1000機なんて全く足りない。
324.名無しさん:2016年03月15日 16:53 ID:UjLbbsWo0▼このコメントに返信
べつだん日本最強と主張もせんしとても思わんが
十分防備を固めた、足止め可能だとイギリス側が判断していた香港、マレーをその予想を裏切る形で攻略したことにケチをつける人間は日本最強と言い続ける人間以上に愚かで汚ならしいな
イギリス側が本気で植民地を守ろうとしていて、日本側が本気で植民地を奪おうとした
そこの知恵比べで日本側が勝ったことに議論の余地はないのに
325.名無しさん:2016年03月15日 16:53 ID:620S0Jh80▼このコメントに返信
※321
着艦フックの無いゼロ戦だっていっぱいあったんだぜ。
326.名無しさん:2016年03月15日 16:54 ID:WcLOh1qv0▼このコメントに返信
空母一隻に30機なんてそれ軽空母だろ
それに艦上機は陸上でも使える
327.名無しさん:2016年03月15日 16:54 ID:TC0Zy0Oi0▼このコメントに返信
君稼働率とか調べーや
ついでに零戦ってなんだかんだマイナーチェンジやってるから複数型があるんやで
スピットファイアほどやないけどな。

もっと言えば、君軽空母の存在しらんの?
さらに言えば、日本は基地航空隊でも零戦運用してたんや

というか、たった千機ぽっちの零戦でもどうやって四年も戦い抜くんや

もう少し調べてから書き込み
328.名無しさん:2016年03月15日 16:54 ID:h524a5wT0▼このコメントに返信
※323
ラバウルは陸軍機ではいかんのか?
329.名無しさん:2016年03月15日 16:56 ID:WcLOh1qv0▼このコメントに返信
※324
だから本土上陸しかけてくるかも知れないドイツと
本土からかけ離れた地球の裏側のシンガポールなんていう
小っこい島に火事場泥棒しかけた日本

どちらを優先するのかは明らか
330.名無しさん:2016年03月15日 16:56 ID:t2du4WmL0▼このコメントに返信
※324
対英でいうなら、インド戦線で日本軍はインパール作戦jを始めとしてまさに知恵比べで負けたことをお忘れなく
331.名無しさん:2016年03月15日 16:57 ID:UpEUOYhT0▼このコメントに返信
あと生産性の悪い零戦が使われたのは本来艦載機は限定運用されるので多少凝った作りでも良かったが烈風の失敗と雷電の開発遅延により零戦以外に戦闘機がなかった。紫電はもっとあとだし改はもっとあと
332.名無しさん:2016年03月15日 16:59 ID:UpEUOYhT0▼このコメントに返信
※329
植民地なくなったらイギリスやばいのに軽視してたとも思えないけどね
333.名無しさん:2016年03月15日 17:01 ID:WcLOh1qv0▼このコメントに返信
※332
本土取られたらなんにもならん
本土優先するのは当たり前
ちゃんとドイツが落ち着いたら取り返しに来たでしょ
334.名無しさん:2016年03月15日 17:01 ID:Hz.A.8mw0▼このコメントに返信
シュぺーアが語った所によると、ヒトラー総統はイタリアより
日本の方が強いと見てたらしい
逆に言えばマジメにイタリアと比較されるレベルだったわけだ
その程度のもんよ
335.名無しさん:2016年03月15日 17:04 ID:L42Ae0Cr0▼このコメントに返信
※326
空母には戦闘機・爆撃機・攻撃機だろ。戦闘機なんて30機も搭載すれば良い方だよ。
それにで陸軍戦闘機の隼は最大で6000機程度。

三菱  九十六式艦上戦闘機                 982/    
  三菱  零式艦上戦闘機                10,044/ 
  中島  二式水上戦闘機                   254/    
  三菱  局地戦闘機 雷電                  400/   
  川西  局地戦闘機 紫電                1,000/   
  川西  局地戦闘機 紫電改             415~428/  
  月光                            477/    
  強風                             97/    

  一式戦 隼                       5,751
  二式戦 鐘馗                      1,223
  二式戦 屠龍                      1,687
  三式戦 飛燕                      2,750
  四式戦 疾風                      3,500
  五式戦                           398
336.名無しさん:2016年03月15日 17:05 ID:UpEUOYhT0▼このコメントに返信
※333
だからさっきからそう言ってるじゃん。結局独立して取り返せてないけど
337.名無しさん:2016年03月15日 17:07 ID:t2du4WmL0▼このコメントに返信
>植民地なくなったらイギリスやばいのに軽視してたとも思えないけどね

軽視というか優先順位があるって話でしょ
戦車の装甲も全部均等の厚さにする訳にはいかない、というのに似ている
338.名無しさん:2016年03月15日 17:07 ID:WcLOh1qv0▼このコメントに返信
※336
それは日英戦とは直接関係ないでしょう
シンガポールとイギリスの関係
339.名無しさん:2016年03月15日 17:07 ID:tnr3JQwE0▼このコメントに返信
なんだろう、海軍に振り回されっぱなしの陸軍なんだけど。
340.名無しさん:2016年03月15日 17:08 ID:RcHKlIJE0▼このコメントに返信
陸軍機は片道1000キロ飛んで空中戦は出来ないのですが。。空中戦も真っ最中はフルスロットルのオーバーブースト多用だし。状況によっては生ガス多く注ぎ込むリッチ設定にして吸排気バルブを燃料で冷やすくらいの事をする。
で720Lの燃料で遣り繰りするんだよ?0戦はトップクラスのパイロットでも1時間に70Lガソリンを喰らう。1分で1L以上もね。巡航速度360キロだからL5〜6kmの燃費と考えろ。これが戦闘するとL1キロとかになる。
隼には無理なんだ。ラバウルからガダルカナルは。
341.名無しさん:2016年03月15日 17:08 ID:620S0Jh80▼このコメントに返信
※334
国力的にはそうだろうな。ヒトラーだって当時の日本は機械製造に於いて決して欧米には敵わないと思ってたし。
一方、日本人の民族的資質は高く評価してた。
342.名無しさん:2016年03月15日 17:12 ID:TC0Zy0Oi0▼このコメントに返信
しっかし海軍の「長期戦では勝ち目がない(短期決戦なら勝てるとは言っていない)」とかいう曖昧な態度なんなんやろ

真珠湾攻撃みたいな事してアメリカの厭戦気分煽れるとホンマに思ってたんやろか
343.名無しさん:2016年03月15日 17:14 ID:NmOXXbAJ0▼このコメントに返信
※286
途中から、日本最強マンセー!のバカが「日系人部隊はすごい戦果あげたから日本はすごい!」と意味不明かつアメリカに認めてもらうために戦った日系人部隊を舐めきったこと言い出して、全員から叩きのめされてる。
344.名無しさん:2016年03月15日 17:14 ID:6GuoYi6.0▼このコメントに返信
※330
お忘れなくもなにも忘れたことなどないが…
いきなりどうした?マレーの話ではないのか?
345.名無しさん:2016年03月15日 17:15 ID:UpEUOYhT0▼このコメントに返信
※338
言ってる意味がわからないんだけど。当時シンガポールはイギリスなんだけど。植民地がメインのイギリスなんだしそれがイギリス軍の実力でしょう。日本も中国戦線抱えながら精鋭引っ張り出したんだしそれは日本の実力。相手が精鋭かはともかく短期間で南方攻略をしたことは評価したらいいじゃん。
346.名無しさん:2016年03月15日 17:19 ID:NmOXXbAJ0▼このコメントに返信
※342
官僚答弁に官僚答弁を重ねてるうちに、言ってる本人も何言ってるのか分からなくなった。
347.名無しさん:2016年03月15日 17:20 ID:WcLOh1qv0▼このコメントに返信
※345
イギリス植民地軍の実力だね
逆に言えば南方の島々で米英にフルボッコ食らったのも日本軍の実力だね
348.名無しさん:2016年03月15日 17:21 ID:UpEUOYhT0▼このコメントに返信
※347
そうだよ。
349.名無しさん:2016年03月15日 17:22 ID:NmOXXbAJ0▼このコメントに返信
※345
それで、たかが植民地軍を叩いたせいで、日本軍が大いに勘違いした結果、インパール作戦なんかアホなことやって、ブチ切れた敵主力部隊に叩きのめされたんだろ。
350.名無しさん:2016年03月15日 17:23 ID:620S0Jh80▼このコメントに返信
※343
日系人部隊も硫黄島守備隊にも戦史上稀に見る敢闘をしたと言ったのだが。
日系442連隊戦闘団の アメリカ軍史上最多叙勲部隊 の功績は「家族が収容され日系人の地位向上の必要があった」だけでは説明が出来ない。
他国人が当時の日本人の兵士としての資質を評価する上で日系人部隊の功績は無視できない。硫黄島守備隊もだがね。
日系人部隊を舐めてるのはオマエだよ。家族にあてた手紙でも日本語で「お国の為」・・・アメリカ合衆国の為にとアメリカ兵として立派に戦った彼らの功績はアメリカ建国史上で際立ったものだった。そして精鋭部隊として扱われた。
それを「使い捨てにされた」などとは大変な侮辱だ。
351.名無しさん:2016年03月15日 17:23 ID:UpEUOYhT0▼このコメントに返信
※347
イギリス植民地軍で分けて考えるなら関東軍 留守部隊 南方軍とか日本も分けて考えなきゃいけなくなるけど
352.名無しさん:2016年03月15日 17:24 ID:L42Ae0Cr0▼このコメントに返信
※340
もう その作戦事態が無理ゲー片道1000km往復2000kmアホだ
ゼロ戦は偵察機にはもってこいの機体だな。
353.名無しさん:2016年03月15日 17:24 ID:UpEUOYhT0▼このコメントに返信
※349
インパール作戦も英印軍も多かったのにそれには触れないよね
354.名無しさん:2016年03月15日 17:24 ID:WcLOh1qv0▼このコメントに返信
※351
植民地軍=イギリス軍とするのは無理があるだろう
メインが現地人をかき集めた部隊なのに
355.名無しさん:2016年03月15日 17:24 ID:.1nmF0.K0▼このコメントに返信
※103
たまにこれ持ちだして日本陸軍は糞雑魚って言う人いるけど
第1海兵連隊の皆さんに対してそのこと言ってみて欲しい
356.名無しさん:2016年03月15日 17:27 ID:UpEUOYhT0▼このコメントに返信
※351
その理屈がよくわからない。満州国みたいに独立した軍があるのならわかるけど
357.名無しさん:2016年03月15日 17:30 ID:NmOXXbAJ0▼このコメントに返信
※350
日本語で手紙書いたからって、アメリカのチャイナタウンで中国語が使われてるみたいに、アメリカの日本人コミュニティー内では日本語が普通だろ。
使い捨てにされたについては、アメリカ兵が少し死んだだけで大騒ぎするような国であの戦死者数見ればわかるだろ。

358.名無しさん:2016年03月15日 17:36 ID:UpEUOYhT0▼このコメントに返信
※356
※354だった
359.名無しさん:2016年03月15日 17:37 ID:620S0Jh80▼このコメントに返信
※357
上にも書いたが、442ndの白人指揮官が「いつも我々がきつい任務に就かされている」と上層部に抗議したところ返答は「精鋭部隊だからだ」。
日系人部隊の将校クラスは当初非日系で殆どが白人指揮官に占められていた。その彼らの死傷率だって日系人兵士に劣らず高かったんだ。
日系人兵士と共に勇敢に戦うからさ。
360.名無しさん:2016年03月15日 17:42 ID:Hz.A.8mw0▼このコメントに返信
海軍はAかBだろうが、頭がバカすぎて評価したくないね
インド洋方面に出て唯一勝てそう(講和でも十分)なイギリスを
叩くべきなのに、太平洋に逆噴射かましてソロモンの戦いでアメリカ
と真正面から消耗戦やったバカ
あの距離はインド洋どころかロンメルのいる東アフリカまで行ける
距離なんだよ、海軍は実は地図も読めなかったんじゃないか
361.名無しさん:2016年03月15日 17:42 ID:NmOXXbAJ0▼このコメントに返信
※350
※357続き
ただ、日系人たちは日本人であることより、アメリカ軍人としての誇りがあったぞ。
実際、テキサス大隊救出の際、救出された少佐が「なんだジャッ○部隊か。」と軽口たたいて、「俺たちはアメリカ陸軍442部隊だ訂正しろ!」と掴みかかり、その少佐が謝罪したほど。
それを無視して、「日系人部隊は日本人だ日本人だ〜w日本すげぇ〜w」と言うなんて、人格疑う。
362.名無しさん:2016年03月15日 17:42 ID:620S0Jh80▼このコメントに返信
※357
使い捨てとか、戦後平和教育の曇った目で見るからそう見えるんだよ。
確かにダールキスト将軍みたいに自分の功績が欲しいがために大変な任務に就けた者もいたがな。
それだって日系人部隊が命令を違えず達成するからそうなった。
363.名無しさん:2016年03月15日 17:46 ID:5Pl.Arlf0▼このコメントに返信
当時の日本海軍より規模が上なのは米英しかない
んで米海軍は別格として英海軍にサシで勝てるかって事になると戦艦やらの数では負けてるけど実際戦艦同士の砲撃戦なんてほとんど起きなかったわけで
機動部隊同士の戦いになった場合英艦載機に負けるってのはちょっと想像できんのよなあ
364.名無しさん:2016年03月15日 17:50 ID:L42Ae0Cr0▼このコメントに返信
マレー攻略にしろ中国戦線にしろロンメルにしろ大切な事は航空機兵力がしょぼい事 
ぶっちゃけ 陸d 海d 空A これで戦争は勝てる
365.名無しさん:2016年03月15日 17:58 ID:kU2lNeyb0▼このコメントに返信
日本の軍事力はそんなに悪くなかった。
後半の戦闘機でも紫電改や五式戦みたいな米軍機とはれる機体を造ってたからな。
ただ戦略と体制がG-だっただけ。
366.名無しさん:2016年03月15日 17:59 ID:Hz.A.8mw0▼このコメントに返信
陸軍はアジアで戦うか、守りを固めさせたら強いのに、
兵站の続かない訳分からん南の島に連れて行った
海軍が悪い、偉そうにラバウル、トラックは海軍の縄張り
として陸軍を寄せ付けなかったくせに途中から泣きついて
あのザマだ、やっぱり陸軍嫌いだからわざとやったと
疑うレベルだ
367.名無しさん:2016年03月15日 18:01 ID:620S0Jh80▼このコメントに返信
※361
日系人部隊の功績を「日本のもの」とすることに日本人としては「謙虚さに欠ける」と嫌悪感を持つまでは分かる。
しかし、他国人が当時の日本人の兵士資質を考える上で日系人部隊の功績を無視する事は出来ないと言ってるの。
だってアメリカ軍の中で彼らの特殊性と抽出すれば「日系人で編成された」に尽きるから。
グルカ兵の勇敢さを語るのにグルカ人であるのを無視できないようにね。
兵士の勇敢さには文化的背景もあるんだよ。

何度も言うが俺は現代日本人まで「特別に勇敢」などとは思ってないからな。
硫黄島守備隊の敢闘も合わせて考えれば、しかし祖父たちは「特別に勇敢」だった。
368.名無しさん:2016年03月15日 18:12 ID:mLna.FH90▼このコメントに返信
軍隊における精鋭部隊ってのは、その戦績からでのものであるべきでは無いんだよ。
精鋭部隊として予め選抜された人員で創られて金を掛けて教育された部隊であるべきなんだ。
実際のところ隊長が抗議するくらい立場に見合わない使い方をされてる訳で、
将軍が精鋭部隊だと評価したから精鋭部隊になる訳じゃないんだよ。
凄い戦果を挙げたなら更に厳しい任務で戦果を重ねるのは物語だけで
本来の米軍としては英雄となって勲章と恩給貰って後ろに下げられるべき立場だったんだ。
米軍は人手不足になった訳じゃないしね。
369.名無しさん:2016年03月15日 18:23 ID:7BfxXEW.0▼このコメントに返信
海軍のボンクラどもが勝手に始めた戦争で
己は温存、陸を孤島で餓死病死させておいて
何が海軍はよかった、だ。
海軍はカス
370.名無しさん:2016年03月15日 18:24 ID:620S0Jh80▼このコメントに返信
※368
「べき」と当時の現実は違うから。
功績を上げるから戦局を打開する切り札として投入されるわけ。能力があるとみなされてね。
日系人部隊に関しては前線投入前の訓練時の成績から優秀な片鱗を見せてたがな。
それにコストを掛けて特殊技能を持ったからって技能に見合った任務に就くとは限らない。しかし少なくとも平均的兵士よりは優秀であろうとみなされる。
バストーニュにトラック輸送された101空挺師団や、モンテカッシノに立て籠もった第一降下猟兵師団、もはや特殊任務に就かなくなったブランデンブルク師団みたいにね。
当初継子扱いで信用されなかった日系人部隊は自身の熱望によって前線投入され、上げた功績に依って精鋭部隊との評価を受けた。

371.名無しさん:2016年03月15日 18:27 ID:Hz.A.8mw0▼このコメントに返信
将官E
下士官C
兵卒A
372.名無しさん:2016年03月15日 18:31 ID:t2du4WmL0▼このコメントに返信
日本軍の兵士としての能力が最強かどうかは知らんけどさ
でも、戦争は結局総合力だろ
これがスポーツなら数を含め条件を同じにして「人間力」を競い合うわけだが、戦争ってそういうもんじゃないから
373.名無しさん:2016年03月15日 18:34 ID:620S0Jh80▼このコメントに返信
※368
>本来の米軍としては英雄となって勲章と恩給貰って後ろに下げられるべき立場だったんだ

戦中に名誉勲章を受けたのはムネオ・サダモリ上等兵ただ一人な。彼は見方を助けるために手榴弾に身を投げて犠牲になった。
その他は名誉勲章の推薦を受けても当時は日系人兵士へアメリカ合衆国最高勲章を授けるためらいがあり、それより下位序列の勲章しか授与されなかった。その後功績見直しがあって、20人が序列第二位の殊勲十字章から名誉勲章へと格上げに成り、442ndの名誉勲章総数は21個となった。

だから「ザ・パシフィック」のジョン・バシロンの様に日系人兵士が名誉勲章を受けて後方勤務は当時は有り得ない。
374.名無しさん:2016年03月15日 18:36 ID:B1X7Sx.fO▼このコメントに返信
技術力と物量項目はよ
375.名無しさん:2016年03月15日 19:00 ID:NmOXXbAJ0▼このコメントに返信
※373
勲章もらって後方勤務というより、勲章もらうほどの激戦で怪我して後方勤務になることが多かったってことじゃない?
プラトーンでも、三回怪我したら後方に下げられる。ってセリフあるし。
376.名無しさん:2016年03月15日 19:07 ID:dZwCLOJ20▼このコメントに返信
軍が強いか弱いかというのなら
当然物量も兵器の質も入ってくるよね
その意味で米ソは確かに強かった
377.名無しさん:2016年03月15日 19:21 ID:SJhbbsWX0▼このコメントに返信
疑問なんだが
大規模災害のたびに話題になる陸軍レンジャー部隊は韓国陸軍より評価低いのか?
378.名無しさん:2016年03月15日 19:27 ID:ywwMYNX.0▼このコメントに返信
当時、空母機動部隊を運用できた国が何カ国いたことか…

イギリスに至っては、艦載機はソードフィッシュだし。

日本は正規空母の保有数が多かったし、かなり上位でしょ?
ただ、相手が悪かった。
379.名無しさん:2016年03月15日 19:46 ID:hN2tPJD10▼このコメントに返信
※378
ドイツ海軍もイタリア海軍も空母持ってないから空母機動部隊が無くても殴れる

むしろ必要なのは護衛艦艇だから結果的に正しい

そしてソードフィッシュはかなり戦果上げてるんだよなあ

というか、大西洋の戦いは航空戦は起きても空軍のほうが大きかったし
380.名無しさん:2016年03月15日 20:01 ID:clt0ck4o0▼このコメントに返信
ぶっちゃけアメリカ以外なら海軍はどことやっても勝てた
Aなしにするなら日本がB、他国はCかDやな
381.名無しさん:2016年03月15日 20:03 ID:lw.i.RSE0▼このコメントに返信
イタリア海軍はいい船もってたのに日本以上に悲惨な燃料事情からろくにうごくこともできなんで…もったいね
382.名無しさん:2016年03月15日 20:04 ID:NmOXXbAJ0▼このコメントに返信
※380
そりゃ、仮にも海洋国家で、CやDはあかん。
383.名無しさん:2016年03月15日 20:32 ID:wjcU1woW0▼このコメントに返信
帝国海軍はアメリカ以外なら勝てる言うけど暗号やレーダー軽視してるし普通にイギリスに負けるんじゃねーの
ミッドウェーだって戦力では上回ってんのにあのザマだし
384.名無しさん:2016年03月15日 20:32 ID:hN2tPJD10▼このコメントに返信
しっかしイギリス海軍の謎の低過ぎる評価
外洋海軍としては最高の海軍やろ
385.名無しさん:2016年03月15日 20:35 ID:hN2tPJD10▼このコメントに返信
※383
対潜がガバガバやからなあ
相当有力艦沈められとるし、ハンターキラーのはずの駆逐艦も返り討ちになっとるし
Uボートの7割近くイギリス海軍は沈めて壊滅状態に追いやっとるんやが、日本海軍が同条件なら、その半分もいけたか
386.名無しさん:2016年03月15日 20:43 ID:6Lwiui8v0▼このコメントに返信
※27
ドイツは空微妙だろ。
当時の技術成熟を無視して背伸びしていち早くジェット機を投入と化したけど、本質的な性能競争は英米に負けてる。
mk9以降スピットファイアはドイツ軍機を圧倒してるよ。
387.名無しさん:2016年03月15日 20:44 ID:a55.lJo60▼このコメントに返信
※384
そりゃ日本軍にボコられてアフリカまで逃げて、
末期に物量で押し返した米海軍の後ろから金魚の糞みたいについて来てただけですから。

それでも特攻されて結構痛い目に合わされてたw
388.名無しさん:2016年03月15日 20:46 ID:620S0Jh80▼このコメントに返信
日本の海軍力がAなら開戦時のアメリカもAかA+ぐらい。
しかし毎年格付けが上がっていく感じか・・・
1942年までAとしても1943年S、1944年SS、1945年SSS、空母ミッドウェーが暴れまわるであろう1946年SSSS
389.名無しさん:2016年03月15日 20:48 ID:6Lwiui8v0▼このコメントに返信
※79
p51がその航続距離で活躍したので最優秀機の名を得たけど、p51が無かったら間違えなくスピットが最優秀機と呼ばれていただろうね。単純に空戦能力なら多分ww2のレシプロ機で最強。
390.名無しさん:2016年03月15日 20:52 ID:wb.iLklO0▼このコメントに返信
※387
何が悲しくて日独伊の三ヶ国の海軍まとめて相手にまわさなあかんの

そらアメリカに任せるやろ

というか君外洋海軍の意味わかっとる?
391.名無しさん:2016年03月15日 20:53 ID:Qi27iiRd0▼このコメントに返信
ドイツと連携する気がさらさらない日本サイドにも問題がある
392.名無しさん:2016年03月15日 20:55 ID:6Lwiui8v0▼このコメントに返信
※387
アホか
当時のイギリスの主敵はドイツ。
しかも海軍の運用思想が違う。

日本は殴りこみ能力だけなら英海軍に優るがバランスが糞悪い。
対戦を通して英国は世界二位海軍国。補給線の防衛という海軍の本質を理解してのが強み。
日本はそれを軽視してたので、後半ジリ貧で敗北。
393.名無しさん:2016年03月15日 20:56 ID:a55.lJo60▼このコメントに返信
※388
開戦時のアメリカ海軍はそこまでいかないよ。

せいぜいBマイナス。

アメリカのすごいのは日本海軍から学習しながら、
空母と艦船揃えて、未経験の「空母打撃群」という概念を身につけていき、
日本に対して反抗するのを戦争しながら同時にできた国力だ。

とうぜんイギリスレベルではぜんぜん無理だったけどね。


394.名無しさん:2016年03月15日 20:59 ID:a55.lJo60▼このコメントに返信
おもしろいことに、この手の糞スレのコメ欄では同じ頭のレベル、同じような文体の馬鹿が別IDでほぼ同じタイムで書き込んでファビョってるw

最近はここも過疎ってるというのにバレバレすぎて草。
395.名無しさん:2016年03月15日 21:06 ID:6Lwiui8v0▼このコメントに返信
※160
442連隊戦闘団をあげて日本兵は優秀とかアホすぎる。
まず、米国の訓練と装備を持った「米兵」だ。
しかも、受賞数が多いのは白人の代わりに危険任務に投入されて、死傷者が多いから受賞が多いというだけで、特に戦闘が優秀な訳じゃないんだが・・・・
396.名無しさん:2016年03月15日 21:07 ID:dZwCLOJ20▼このコメントに返信
※389
そりゃ燃料つまなきゃ軽いよ
英独の戦闘機は航続距離なさすぎの欠陥を持つ
397.名無しさん:2016年03月15日 21:09 ID:qCCNN9wqO▼このコメントに返信
日本人は同じ顔見て気を許し過ぎ
日本?じいちゃんの国だね
でもだだそんなけ

大概これだろ相手は
398.名無しさん:2016年03月15日 21:11 ID:6Lwiui8v0▼このコメントに返信
※396
mk9はp51と模擬空戦して完全勝利だったんだけどね。単に軽い重いじゃない。まあ確かに航続距離やコスパも含めたトータルバランスはp51は素晴らしい。
399.名無しさん:2016年03月15日 21:11 ID:620S0Jh80▼このコメントに返信
※395
コメ通して読んどけw 
オマエラの論理は結局は日系人兵士への侮辱になってることに気付けな。
400.名無しさん:2016年03月15日 21:11 ID:qCCNN9wqO▼このコメントに返信
快速ジェット機は全部急降下爆撃機として作ること!
401.名無しさん:2016年03月15日 21:14 ID:620S0Jh80▼このコメントに返信
※393
一応、アメリカは両洋艦隊の規模考えて評価してみた。しかし当初の魚雷不発などの戦力低下要素を考慮するとあなたの言う通りかも。
改善されてくると格付け上がると予想。
402.名無しさん:2016年03月15日 21:16 ID:a55.lJo60▼このコメントに返信
一瞬、ドキっとして停止した馬鹿工作員が連投モードw
403.名無しさん:2016年03月15日 21:22 ID:qCCNN9wqO▼このコメントに返信
事後の防空艦の配備スピーディーなんだなアメリカンさすがやわ
404.名無しさん:2016年03月15日 21:22 ID:wrisVpMg0▼このコメントに返信
”海軍善玉説”は、偽装された自虐史観よ。
海軍は善玉、陸軍は悪玉という考えをとことん推し進めていくと、最終的には戦前の日本の営みすべてを否定するところまで行く。
だから自虐史観全盛の昭和の世に海軍ブームが起きていた。

405.名無しさん:2016年03月15日 21:24 ID:qCCNN9wqO▼このコメントに返信
陸軍兵士の間では悪玉菌が猛威を振るっていたわけで
406.名無しさん:2016年03月15日 21:26 ID:wrisVpMg0▼このコメントに返信
※19
”軍艦長門の生涯”という本によると、戦前の横須賀線では水兵の飛込み自札が頻発していたそうだね。
もちろん原因は・・・

407.名無しさん:2016年03月15日 21:37 ID:yD2.8CX.0▼このコメントに返信
※392
>日本はそれを軽視してたので、後半ジリ貧で敗北。
軽視したと簡単に言うが、戦藻録でもあるように正面戦力と護衛の両立なんてアメリカ以外にゃ出来んのやぞ?
イギリスみたく護衛超充実型に造り替えでもしたら、じっさいの英みたく殴り合いにはとことん弱くなり
殴り合いでボッコボコにやられて制海権そのものが奪われ、下手こきゃ決戦優先よか早く崩壊するぞ
潜水艦で輸送艦沈めるよか、決戦で海域ごと断ち切った方が確実にシーレーン潰せるからな
日本が決定的に補給絶たれたのも、結局はマリアナ・レイテで大敗してシーレーンが途絶したのがイチバンでかい
408.名無しさん:2016年03月15日 21:43 ID:a55.lJo60▼このコメントに返信
※19
>精神注入棒があるだけにな!


学生時代のチャーチルがさんざんやられた「イギリス式教育棒」ですねw
409.名無しさん:2016年03月15日 21:50 ID:hC98LLNw0▼このコメントに返信
※399
どの部分が『侮辱』になっているのか、具体的に述べてくれない?
410.名無しさん:2016年03月15日 21:51 ID:qCCNN9wqO▼このコメントに返信
アイスクリーム!アイスクリーム!
これだけでも勝てない気がする

ゴルァ!士官だろうがちゃんと並べ
411.名無しさん:2016年03月15日 22:29 ID:cn6h73.H0▼このコメントに返信
※395
戦闘が優秀でなかった事例詳しく
412.名無しさん:2016年03月15日 22:37 ID:XdSa9oJf0▼このコメントに返信
※8
一応ソ連海軍にゃ旧式戦艦と新鋭巡洋艦と言った大型艦もいたで、どっちもいきなり例の大魔王にボコられたもんで書記長がビビってしまってずっと後方待機だったけど
413.名無しさん:2016年03月15日 22:40 ID:620S0Jh80▼このコメントに返信
※409
>死傷者が多いから受賞が多いというだけで、特に戦闘が優秀な訳じゃないんだが・・・・
※160で名誉勲章数と大統領部隊感状数が書いてあったろ?
無理やり前線に出されて戦意の低いまま戦って授章出来るほど名誉勲章は軽くない。
WW2でアメリカは数百の連隊規模地上部隊が存在し、陸軍、海軍、海兵隊、航空隊。沿岸警備隊の全てで名誉勲章総数は464個に過ぎない。
その内の21個を442nd連隊戦闘団が占める。
殊勲十字章32個(当初52個だったが、内20個は後に名誉勲章へと格上げ)他部隊の殊勲十字章受賞者では「バンドオブブラザース」のウィンターズ大尉、「遠すぎた橋」のナイメーヘンで白昼ボート渡河を敢行したクック少佐など。
WW2での総数は約5000個、ドイツ軍なら概ね騎士十字章相当。

>しかも、受賞数が多いのは白人の代わりに危険任務に投入されて
他のコメに書いておいたが、442ndの白人指揮官たちも日系兵士同様に高死傷率だった。ともに勇敢に戦ったからだ。

>まず、米国の訓練と装備を持った「米兵」だ
そのアメリカの訓練と装備を持った米軍部隊として 米陸軍史上最多叙勲部隊 の栄誉を受けた理由は何だ?
「家族が収容され日系人の地位向上が必要だった」などのネガティブな理由だけは不可能だろう。だって アメリカ建国史上最高 って事だぞ。
グルカ兵の勇敢さを語るのにグルカ人であることを外せないように、日系人部隊の勇敢さを語るのに「日系人」であることは外せない。

俺ら日本人としては日系人の功績を日本のものとするのは「謙虚さが無い」と嫌悪するだろう。しかし他国人の視点では兵士の資質として文化的背景は考慮に値する。

俺は現代日本人が「特別に勇敢」などとは思っていない。しかし硫黄島守備隊の敢闘にも言及した通り、祖父たちは「特別に勇敢」だった。
現代の曇った視点で祖父たちを貶めるべきではない。

414.名無しさん:2016年03月15日 22:46 ID:hC98LLNw0▼このコメントに返信
※413
日系人を『祖父たち』に組み込むってどうよ?
アメリカで生まれてアメリカで結婚してアメリカで子供産むから、日本と何のかかわりないだろ。
415.名無しさん:2016年03月15日 22:49 ID:t2du4WmL0▼このコメントに返信
442部隊は二世の集団な
生まれも米、教育も米、言語は英語、メンタリティは米

てなわけで※414に同意
416.名無しさん:2016年03月15日 22:52 ID:hC98LLNw0▼このコメントに返信
※413
>無理やり前線に出されて戦意の低いまま戦って授章出来るほど名誉勲章は軽くない。

そりゃアメリカで生きる生存権がかかってるんだから、命がけで戦うだろ。
あと『MIS』の日系人部隊のこと知ってたら、「日系人マンセーw」なんて、絶対言わんぞ。
417.名無しさん:2016年03月15日 22:57 ID:620S0Jh80▼このコメントに返信
※414
祖父たちとは硫黄島守備隊だな、日系人の文化的ルーツは日本。
日系人兵士は家族にあてた手紙で日本語で「お国の為」と書いてる。お国とはアメリカ合衆国のこと。
日系人兵士が国家主義・軍国主義の狂信者だったとは誰も言わない筈だ。
418.名無しさん:2016年03月15日 22:59 ID:620S0Jh80▼このコメントに返信
※416
あんたは名誉を軽く考えてるんだって。俺も含めて現代日本人皆がそうかも試練が。
419.名無しさん:2016年03月15日 23:03 ID:hC98LLNw0▼このコメントに返信
※417
これ君の前のコメな
『俺ら日本人としては日系人の功績を日本のものとするのは「謙虚さが無い」と嫌悪するだろう。しかし他国人の視点では兵士の資質として文化的背景は考慮に値する。

俺は現代日本人が「特別に勇敢」などとは思っていない。しかし硫黄島守備隊の敢闘にも言及した通り、祖父たちは「特別に勇敢」だった。
現代の曇った視点で祖父たちを貶めるべきではない。

どう読んでも、祖父たちの定義は硫黄島守備隊だけと読めないんだけど?明らかに日系人部隊も入ってるよね?
あと、誰も日系人兵士が国家主義や軍国主義だと言ってないんですけど?
都合悪くなったら記憶改竄ですか?
420.名無しさん:2016年03月15日 23:06 ID:620S0Jh80▼このコメントに返信
※419
当時の日本人と日系人は文化的背景を共有してるって事だよ。俺ら現代日本人はそのどちらとも遠いかもしれんがね。
421.名無しさん:2016年03月15日 23:06 ID:hC98LLNw0▼このコメントに返信
※418
>俺も含めて現代日本人皆がそうかも試練が。
名誉考える前に、日本語の文章を書けるようにしような。
本屋で国語の問題集買ってきな。
422.名無しさん:2016年03月15日 23:18 ID:hC98LLNw0▼このコメントに返信
※420
あのさ…
君のコメントは
『日系人部隊の話→祖父たちを辱めるな』
と書いてる訳よ。
それで俺は、アメリカ生まれアメリカ育ちの二世を『祖父たち』に組み込むのはおかしいとコメントしたわけ。
そしたら、お前は自分がコメントした内容を改ざんして、話をそらし始めたんだよ。
こんな卑怯かつ厚顔無恥なことしといて、よく『名誉』云々言えるものだ。
423.名無しさん:2016年03月15日 23:21 ID:Qi27iiRd0▼このコメントに返信
※407
イギリスはそんなに殴り合いしてないし、空母も充実しているだろ。セイロン沖海戦のことを言ってるんだろうけどハーミスは日本の鳳翔レベルだからな。
424.名無しさん:2016年03月15日 23:32 ID:620S0Jh80▼このコメントに返信
※422
日系人部隊に関しては ※350で「使い捨てにされた」などとは大変な侮辱だ。と言ってる。

祖父たち(硫黄島守備隊)に関しては
※150あそこは元々、米軍が来る前にゲリラ戦する気で陣地構築や作戦を立てて準備できてたから、長期間戦えたんだよ。
※168本当に強いなら96%も死ぬ前に返り討ちにしてるからwwwwwwwwwww
これらが貶めだと言ってる。

君がごちゃ混ぜにしてる。

当時の日本兵の勇敢さを考える上で文化的背景もあったと言ってる。
425.名無しさん:2016年03月15日 23:37 ID:hC98LLNw0▼このコメントに返信
※424
>当時の日本兵の勇敢さを考える上で文化的背景もあったと言ってる。
だから『アメリカ兵』だろ日系人は…
この説明、何度目だよ…
426.名無しさん:2016年03月15日 23:46 ID:LVcNIiOP0▼このコメントに返信
朝鮮人を見ると気持ち悪い印象を受けるのには訳がある。

朝鮮は中国の属国だったから毎年若い女を献上して女が不足した。
だから朝鮮人は代々母親と結婚したり、実の姉妹や娘を犯す気持ち悪い歴史が続いた。
加えて中国の歴代王朝は朝鮮半島に中国の障.害者や犯罪者を捨て続けた。

そういう人類の負の遺伝子を凝縮した奇.形民族が朝鮮人だ。
427.名無しさん:2016年03月15日 23:50 ID:LVcNIiOP0▼このコメントに返信
「肉弾」桜井忠温

日露戦争の激戦地・旅順での体験を『肉弾』として刊行。 16ヶ国語に翻訳され、ドイツ皇帝はドイツ全軍の将兵に必読書として奨励。

アメリカのセオドア・ルーズベルト大統領から「予はこの書の数節を我が二児に読み聞かせたが、英雄的行為を学ぶことは一朝有事の時に際して、一般青年の精神を鼓舞すべきもの」という賞賛の書簡が寄せられた。

ドイツ語版は1940年に再販された。三国同盟を契機として、再びドイツ人のあいだで日本軍人への尊敬と評価が再燃したのである。
428.名無しさん:2016年03月15日 23:55 ID:620S0Jh80▼このコメントに返信
※425
だからアメリカ兵として任務に就いての際だった功績の源泉は? だろ。
アメリカ兵として立派に戦い他部隊より功績を上げられた理由だろ。


429.名無しさん:2016年03月16日 00:14 ID:smRwLDV50▼このコメントに返信
自分が死んだら自分は家族の面倒をもう見れんわけだが、それでも尚、郷里の家族の為お国の為と進んで命を掛ける事が出来た。
日系人兵士も硫黄島守備隊もな。その結果が史上最多叙勲部隊の功績であり、また史上まれに見る敢闘の後の戦死率96%.
430.名無しさん:2016年03月16日 00:22 ID:ichdvgVl0▼このコメントに返信
大日本帝国軍の海軍過大評価してる奴は、まだ大東亜戦争の歴史の上澄みしか知らん奴やぞ。
実際は海軍の酷さ知ったらチビるぞ。
陸軍悪玉論、海軍善玉論はGHQの流した洗脳工作の可能性が高いから、気をつけろよ。実際は逆だった。
431.名無しさん:2016年03月16日 00:25 ID:.78Plnf60▼このコメントに返信
陸C海B空Bくらいじゃねぇの?、アメリカSSSとしたらだけど
海だって結局対空機銃とか米軍と比べると効果ないくらい技術遅れてるし
開戦したばかりの時なら海Aでもいいかも知れないけど
432.名無しさん:2016年03月16日 00:28 ID:b5QRv7xf0▼このコメントに返信
※407
>潜水艦で輸送艦沈めるよか、決戦で海域ごと断ち切った方が確実にシーレーン潰せるからな

本気でそう思ってるなら間違え。
海洋はどんだけだだっ広いと思ってるんだ?
陸に比べれば戦闘密度はスカスカで。
敵も道路に沿ってくる訳じゃない。
現代みたいに高精度なレーダーで敵を発見して素早く発見して迅速に部隊を送れるのじゃない限り、いくら殴りこみ勢力が強くても広大な海域を封鎖なんてできない。実際に英海軍は広範囲をカバーできる事で成功しているのに、日本海軍は正面勢力ばかりに全振りして失敗しているのは歴史が証明している。
433.名無しさん:2016年03月16日 00:37 ID:ya9z1Tqe0▼このコメントに返信
※429
戦う目的が
日系人部隊:アメリカ国民としての地位回復。
硫黄島守備隊:本土への敵侵攻阻止。
と全然違うのに、同列に扱う理由が意味不明。
また、陸軍情報部(MIS)に配備された日系人部隊は、日本兵への尋問や暗号解読に従事し、中には「自分はアメリカから必要とされてる!」と優越感に浸り日本人を見下す者もいた。
つまり、日系人たちは日本人として戦った訳じゃなく、アメリカ国民として戦った訳なんだよ。
434.名無しさん:2016年03月16日 00:40 ID:4b6Hq3Bv0▼このコメントに返信
※423
空母数持ってても艦載機がお粗末
おまけに空母も装甲空母で頑丈なのはいいがおかげで艦載機の数が可哀想なことに
これでどう機動部隊同士の戦いで勝つのか
アメリカに泣きついて艦載機全部供与して貰ってワンチャンあるレベルだがそれはもはやイギリス海軍の実力じゃあるまい
435.名無しさん:2016年03月16日 00:43 ID:smRwLDV50▼このコメントに返信
※433
だからさ、自分が戦死したって日系人の地位が回復するとは限らんのだぜ。しかし確実に家族の面倒は見れなくなる。
それでも進んで危険な任務に従事した。

中には進んでB29のクルーになった者もいるからな、彼らにも米国人としての証の立て方は色々あったさ。
彼らはアメリカ人として「お国の為に」とアメリカに忠誠を誓ったわけ。
436.名無しさん:2016年03月16日 00:44 ID:ya9z1Tqe0▼このコメントに返信
※434
>アメリカに泣きついて艦載機全部供与して貰ってワンチャンあるレベルだがそれはもはやイギリス海軍の実力じゃあるまい

それ、今の日本にはブーメランなんだがw
437.名無しさん:2016年03月16日 00:48 ID:ya9z1Tqe0▼このコメントに返信
※435
君の言い分だと、日本人や日本人の血を引く日系人以外は、愛国心や犠牲的精神がなかったと聞こえるんだけど?
白人黒人や他の人種のアメリカ国民もそういう精神はあったぞ。
でなきゃ、ノルマンディーのような地獄の戦場で、勝利はおさめられない。
438.名無しさん:2016年03月16日 00:50 ID:b5QRv7xf0▼このコメントに返信
※434
で?
当時のイギリスにとって主敵はドイツ。
例えるならドイツとイギリスがガチバトルしてるボクサーなら、日本はその片足に噛り付いてきた犬。
機動部隊同士の戦いが海戦のすべてだと思ってんのか?空母でドイツ攻め込むのか?大陸に勢力を広げるドイツを包囲しないといけないので、イギリスが日本の海軍持ってても役に立たんよ。
439.名無しさん:2016年03月16日 00:56 ID:4b6Hq3Bv0▼このコメントに返信
※432
>実際に英海軍は広範囲をカバーできる事で成功しているのに、日本海軍は正面勢力ばかりに全振りして失敗しているのは歴史が証明している。
そもそも戦った相手が違うのになぜ比べてしまうのか…
空母一隻も持ってない、苦肉の策で潜水艦に全振りしたドイツが相手だったからなんとかなっただけでアメリカ並みの艦隊相手にしたら普通にイギリスは正面戦力で敗北してそのままボロ負け、広範囲をカバーできようが各個撃破されるだけなんだが?
仮に日本が空母減らして対潜用の駆逐艦と巡洋艦揃えたら上手くいったとでも?例えば瑞鶴、翔鶴を作るのやめると…ミッドウェイで負けた瞬間正規空母がゼロになるだけだね
1942年に降伏して原爆も投下されずに済むから史実よりいい結果に終わるかもしれんが、そういう意味なのかなw
440.名無しさん:2016年03月16日 00:56 ID:smRwLDV50▼このコメントに返信
※437
>君の言い分だと、日本人や日本人の血を引く日系人以外は、愛国心や犠牲的精神がなかったと聞こえるんだけど?

君が勝手に捻じ曲げて解釈してるだけ。どこの国にも勇敢な者もおり臆病者・卑怯者もいる。
しかし 史上最多叙勲部隊 や戦史上稀に見る敢闘の後の戦死率96% などの特異な結果(他国に無いとは言ってない)には理由があるだろうと。
俺はその一因として文化的背景はあったと思うわけ。部隊の功績には個人的勇気だけでなく共同体としての結束も関係するしね。
441.名無しさん:2016年03月16日 01:01 ID:ya9z1Tqe0▼このコメントに返信
日系人部隊で思い出したけど、自衛官時代に、自衛隊基地と米軍基地が隣接する場所に勤務してた時の話で、米軍基地の警備に基地雇用の警備員が使われており、自衛官たちは彼らを『日系人部隊』と揶揄してたわ。
442.名無しさん:2016年03月16日 01:13 ID:smRwLDV50▼このコメントに返信
※441
米軍基地雇用の警備員てショットガン持ってた筈。米軍雇用は一応公務員に準じた身分らしい。
443.名無しさん:2016年03月16日 01:14 ID:ya9z1Tqe0▼このコメントに返信
※440
>部隊の功績には個人的勇気だけでなく共同体としての結束も関係するしね。
編成当初、進んで参加したハワイ出身者と親日派親米派の対立で入隊が少なかったアメリカ本土出身者の間で対立が起き、ハワイ出身者は本土出身者を「コトンク(空っぽ頭)(本土出身者への侮蔑語)」と呼び、自分たちを「ブッダヘッド(釈迦の頭、つまり刈上げ髪を揶揄した言葉)」と呼んで、差別してた。これを危惧した軍上層部はハワイ出身者に本土の収容所を見学させ、刑務所状態の様子を見せて、差別意識を解消させた。
また、MISの日本人を尋問した日系人は日本人を見下してたし、戦後は日本人や日系人に裏切り者呼ばわりされることを恐れて、自分の仕事を秘密にしてた。
結束がどこにあるんですかね?むしろ、アメリカ軍上層部が、差別解消のお膳立てしてるんですが。
444.名無しさん:2016年03月16日 01:18 ID:ya9z1Tqe0▼このコメントに返信
※442
M4も装備してるらしいですよ。
私はM9拳銃装備してるのを見ました。
米軍基地の隣の、自衛隊基地のゲート警備の自衛官は、警棒しか装備してなくて、軽くシュールだったわ…
445.名無しさん:2016年03月16日 01:20 ID:smRwLDV50▼このコメントに返信
※443
ついでにノーノーボーイもだろ? 
ハワイ出身と米本土系は対立したままじゃなかった筈だが。
先発の第100大隊(ハワイ出身)と後続のその他442連隊所属大隊でも当初軋轢は有った。
しかし経験豊富な第100大隊を先輩と認め受け入れて行った。
446.名無しさん:2016年03月16日 01:24 ID:smRwLDV50▼このコメントに返信
※444
練習で撃ちまくれるなら裏山だわ~。やっぱ無断侵入の不審者は撃たれるのかね。
447.名無しさん:2016年03月16日 01:24 ID:ya9z1Tqe0▼このコメントに返信
※445
アメリカ軍上層部が、差別解消を行ったことは無視ですか?
あと、MISの日系人部隊については一言もなしですか?都合悪いところは見ようともしないんですね。
448.名無しさん:2016年03月16日 01:30 ID:ky.zAhFh0▼このコメントに返信
※430
同感ですな
449.名無しさん:2016年03月16日 01:31 ID:smRwLDV50▼このコメントに返信
※447
君こそ都合の悪い事には言及してないじゃん。
※395
>しかも、受賞数が多いのは白人の代わりに危険任務に投入されて、死傷者が多いから受賞が多いというだけで、特に戦闘が優秀な訳じゃないんだが・・・・

※413
勲章受章数を具体的に数字出して総数との比較も出来るのだからなんか言えよ。
それと白人指揮官たちの高死傷率に関してもな。

いちいちめんどくせー奴だな。オマエはただ絡んでるだけ。
450.名無しさん:2016年03月16日 01:38 ID:ya9z1Tqe0▼このコメントに返信
※449
俺が都合悪いところ言及してないって、一体どの部分よ?
あと、※395書いたの俺じゃない。ID確認した?
451.名無しさん:2016年03月16日 01:51 ID:smRwLDV50▼このコメントに返信
189.名無しさん:2016年03月15日 14:21 ID:mLna.FH90▼このコメントに返信

※160
失礼な言い方だけど、その位置にいたのがその部隊でなくとも同じ結果が出たと思うよ?
要は一番危ないところで使い捨て同然に放り込まれてその扱いでも文句言えない状況だった。
結果は米軍のロジスティックが出したものであって、彼らが特別強かったってことではない。
もちろん、彼らの奮戦を卑下するつもりはない


奮戦を卑下するつもりは無いそうだが、受勲数をロジステクスに帰してるあたりで日系人部隊への侮辱だよね。
他部隊の数倍の頻度で前線投入されたって名誉勲章の全体との割合 21/464=4.5%が説明つかない。
なにせ陸海はじめ全米軍が対象で地上部隊だけで数百の連隊規模部隊が存在したんだから。
殊勲十字章 32/5000 ≒ 1/156 もそう。
452.名無しさん:2016年03月16日 05:05 ID:PJwELy.j0▼このコメントに返信
朝鮮人を見ると気持ち悪い印象を受けるのには訳がある。

朝鮮は中国の属国だったから毎年若い女を献上して女が不足した。
だから朝鮮人は代々母親と結婚したり、実の姉妹や娘を犯す気持ち悪い歴史が続いた。
加えて中国の歴代王朝は朝鮮半島に中国の障.害者や犯罪者を捨て続けた。

そういう人類の負の遺伝子を凝縮した奇.形民族が朝鮮人だ。
453.名無しさん:2016年03月16日 07:42 ID:8IZpl7lx0▼このコメントに返信
イタリア馬鹿にしてるけど自動車生産台数日本より上だからな
454.名無しさん:2016年03月16日 07:59 ID:gy8051md0▼このコメントに返信
※28
お前の中では日本=旧帝国軍なのか。
頭大丈夫か?
455.名無しさん:2016年03月16日 09:50 ID:j2sK4QhO0▼このコメントに返信
※386
Mk.9ではまだ圧倒するとまでは行かない。
当のイギリス側パイロットが初めてドイツ戦闘機に
対する優位性を実感したのはMk. 14以降。

さらに末期戦では、スピットファイアは航続距離の短さゆえに
爆撃機の護衛に回されず、低空で対地攻撃任務に就いたので
より高空から迎撃されて損害を出してたりする。
456.名無しさん:2016年03月16日 13:34 ID:yi5.0vnO0▼このコメントに返信
※454
多分、戦後補償のいざこざを言ってると思うぞ
そのトラウマから帝国海軍の血を継いだ海自はシーレーン防衛に躍起になってるんだし
457.名無しさん:2016年03月17日 08:35 ID:lqx0t.eQ0▼このコメントに返信
日本:陸D→D:海A→D:空B→C
米国:陸C→B:海S→S:空A→S
英国:陸C→B:海B→A:空B→B
独国:陸S→A:海C→D:空S→B
ソ連:陸A→S:海D→D:空C→B
伊国:陸C:海C:空C
中国:陸F:海F:空E
戦争時期によるけどこんなところだろう
458.名無しさん:2016年03月17日 09:20 ID:JWvMVRE30▼このコメントに返信
※457
ドイツ海軍の水上艦艇は最末期も英仏海峡とバルト海で働き所があったし、
Uボートも探知困難なくらいまで小型化して、対潜戦術や兵器が発達した
最末期でもそれなりの戦果を挙げてる。つまり、大戦を通じて対抗手段を
失わなかったという観点から、ずっとCで良いと思う。イタリアは1943年に
降伏する前なんか、大型艦艇は燃料不足で港内に逼塞しっぱなしだし。
459.名無しさん:2016年03月18日 00:05 ID:V0OWoFDK0▼このコメントに返信
空軍?
460.名無しさん:2016年03月18日 02:21 ID:DDe7O5aB0▼このコメントに返信
陸D海B空C
461.名無しさん:2016年03月22日 14:46 ID:GIpMpiBC0▼このコメントに返信
アメリカがチートすぎるだけで、アメリカ以外なら、どことやってもいい勝負をしたと思うよ。
ただ、どうやって戦争を終わらせるか?
が、ちゃんとしてないとどうしようもないけど

お名前