大艦巨砲主義!ツイーター
スポンサーリンク

2016年03月12日 09:05

なんで農業って大規模経営せえへんのや?

なんで農業って大規模経営せえへんのや?

03


引用元:なんで農業って大規模経営せえへんのや?

http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1457673232/
1: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)14:13:52 ID:7Qc
家族単位とかじゃなくて、いくらかの農家が一つの単位としてまとまって農業経営すれば、農耕具もレンタルせずに使えるし、農地も大規模で効率的に運営できると思うんやが

2: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)14:17:26 ID:G1n
補助金が出ないとか
設備投資に見合った収入が出ないとか、そういうの

3: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)14:17:51 ID:RzH
(土地が)無いです

4: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)14:18:11 ID:NZl
日本は土地が狭いからしゃーない。アメリカみたいに広いなら大規模農業が成り立つんやけども

5: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)14:18:14 ID:QJi
しないってことは何か障壁があるんやろ

6: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)14:18:21 ID:jEv
(金が)無いです

7: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)14:18:56 ID:hkV
コルホーズ「お、そうだな」

8: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)14:19:23 ID:G1n
あと人員だなあ
農作業やりたがる人が少ないんだ

9: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)14:20:06 ID:axn
農地改革で一戸あたりの農地所有が制限されたろ

10: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)14:20:14 ID:RzH
>>1
まとまったら収入の配当はどーするんや?
土地の大小だけじゃ判断できんぞ。土地の状態や手入れとか色んな要素を考えないといざこざ発生するで

15: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)14:22:31 ID:7Qc
>>10
一つの会社として運営すればいいやん
みんなで田や畑、家畜を管理するんやから差とかでないやろ

18: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)14:25:49 ID:RzH
>>15
土地が全域で潰された東北は一致団結できるけど他の土地だと今のままでいいじゃんって考える人多いんじゃね?
というか会社的にしても結局自分の所を担当するだけで今と大した差にならなそうなんやけど

22: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)14:33:00 ID:7Qc
>>18
他の地域は確かにそうかもしれんなぁ…
でも会社として運営すれば、新しい人が従業員として入れるねんから新規参入もしやすいと思う
運営のイメージで言えば、各々が決められた分の農地を管理する感じ
だからシフトじゃないけどそれに近いものはできると思うから、負担減にもなるんじゃない?

25: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)14:35:34 ID:RzH
>>22
村ってのはめんどくさいやつもおるんやで。
先祖代々の~とか言ってるやつは他人に維持やれたくないやろーし、そもそも利益はそこまで追及してないやつは変わるのめんどくさいとか考えたりするんやで

29: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)14:41:21 ID:7Qc
>>25
それはあるやろな…
でも大規模経営は農業の不人気と食糧難から脱却できるチャンスやと思うんやがなぁ
老人たちの考えを変えれたらええけど、頑固やから説得できへんねやろな

11: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)14:20:45 ID:7Qc
この間、震災でやられたイチゴ農家や酪農家が集団でやり直してるところ見て、別に日本でもやろって思ったら行けるやんって思ってん 
ハウス建てたり農耕具が必要だったりで多額の金が必要になる農業に家族経営で望むのがそもそもの間違いやろ

33: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)15:10:07 ID:aRr
>>11
もう小規模農家には補助金出にくくなってるらしい
その代わり大規模農家にはガンガン出てるんだと

37: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)15:13:28 ID:7Qc
>>33
はぇ~
やっぱり賢い人はすでに動いてるんやね

12: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)14:20:52 ID:GLt
土地的に出来るの北海道位やろ
高額な農機具は今でも小さな農家同士で貸し借りでおぎなっとる

16: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)14:22:59 ID:7Qc
>>12
それでも農家は資金不足なんじゃないのか?

13: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)14:21:41 ID:G1n
家族で農業やるって時代でもないからね・・・

14: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)14:21:41 ID:V12
農地改革やぞ

21: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)14:32:26 ID:EmP
農地法で企業農業は禁止だか税優遇がないかじゃなかったか?
企業で持ってるのは研究目的って名目なはず
だから耕地面積にかなりの制限があるはずやで

23: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)14:33:52 ID:7Qc
>>21
農地法って戦後からほとんど変えてないのか…
寄生地主制度絶許

24: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)14:35:22 ID:GLt
昔から自動車メーカーやJT等大企業が参入しては消えて行ってる時点で難しい
http://biz-journal.jp/2015/07/post_10587.html

27: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)14:39:02 ID:7Qc
>>24
これは農業を工業化して失敗した例じゃないの?
ワイが言うてるのは農家を従業員にしてみんなで農地を管理しようやって話

26: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)14:37:27 ID:G1n
老人は土地にこだわるからねぇ・・・

28: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)14:40:27 ID:G1n
つまり農業は事業形態が特殊ってことだな
なるほどねぇ

30: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)14:55:50 ID:mqa
日本は
北海道以外では土地が狭すぎて大規模農業は無理って
小学校か中学校で習わんだか?

31: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)15:04:59 ID:7Qc
>>30
別にアメリカ式でやれ言うてんちゃうで
管理をみんなでやって会社みたいにやればって言ってるんやで

32: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)15:05:52 ID:t7t
スターリン「おっそうだな」

34: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)15:10:49 ID:G1n
これを題材に1つくらい論文書けそうだねぇ

36: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)15:12:31 ID:yku
銀の匙でこんな話あったよね
でも大規模経営はいかんでしょってとこで着地した

38: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)15:15:36 ID:7Qc
>>36
なんでそう着地したんや?

40: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)15:18:34 ID:yku
>>38
着地ってか、いかんでしょってとこで話が終わった
確か大規模経営は日本人と日本人の伝統には合わんよねって感じ

42: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)15:20:23 ID:7Qc
>>40
さっきもこんな話あったけど、土地にこだわる日本人の伝統には合わんやろな
けど、会社形態の方が新規参入しやすいし、それによって食糧の供給も進むはず

39: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)15:17:43 ID:lM6
ワイもそれ思っとった
うちの地域土地有り余っとんのに数少ないジッジとバッバだけでやっとるわ
いつまでもつんやろなあ…

102: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)16:52:46 ID:aRr
>>39
地権者(爺婆)が手放さんのや
放ったらかしにしとるくせに、先祖から受け継いだ土地が~(2代目)とか言っとるわけ

ワイ飲食業やから農家とも付き合いあるんやけど、農業志す若者は多いんやで
でも実際就農可能な土地が無いのよ

41: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)15:19:29 ID:GLt
TPPに対抗するには組織化も一つの手なんやろうけどな

46: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)15:22:55 ID:7Qc
>>41
相手が組織化農業で来てるからな
商業も工業もグローバル化の波に飲まれてんのに農業だけは例外じゃすまへんやろ

44: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)15:21:03 ID:kvc
世界が統一されれば
ここは農業地帯、ここは工業地帯
みたいな感じで分割されるんやろなぁ

45: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)15:21:33 ID:G1n
それはいささか楽観的過ぎないか

48: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)15:25:21 ID:7Qc
>>45
まぁそんな上手いこと行くとは思わんけどな
けど突破口にはなると思うけどな

47: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)15:23:39 ID:wDp
食べ物はある種のオーガニック信仰みたいなところがあるのとJA強い日本やとなかなか難しいやろなあ
せいぜいFCみたいに同じ旗印でブランディングするぐらいしか

50: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)15:28:26 ID:7Qc
>>47
オーガニック信仰は日本農業の長所でもあるから、そこもうまいこと取り入れたいな…

49: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)15:26:41 ID:ClT
農業より漁業やろ
船とか魚探とか高いし会社起こしたほうがリスク減るやろ

51: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)15:29:05 ID:7Qc
>>49
一次産業はそうすべきかもしれんね

53: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)15:30:14 ID:dIU
思ったよりも良い土地って無いんやで。
日本は山ばかりだから、道一本違うだけで水はけとかに差が出る。
んで、良い土地はすでに経済力豊富な農家が保有していて、そういった人は昔から経済力があるわけだから簡単に土地を手放さない。

58: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)15:33:13 ID:7Qc
>>53
悪い土地でも会社形態で運営すれば、いい土地で稼いだ分をその土地に集中させて土壌改良なりハウス栽培なりできるやろ 

59: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)15:34:37 ID:wDp
>>58
いい土地持ちが協業までして取り分よそに回すインセンティブがない

63: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)15:39:46 ID:7Qc
>>59
収益が増えだしたら更に収益出せるように開発に乗り出すやろ
それこそいい土地はすでに取られてるんやから
例えば東北は津波で土地が悪いから土地改良してたし、石狩平野も土地改良してたやろ

60: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)15:36:11 ID:Ias
今は農業法人でも農地を所有できるようになってるから多少まし
でもそうすると農協の影響力が相対的に小さくなるから地域によっては役所があまり協力的ではないらしい

64: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)15:40:42 ID:7Qc
>>60
ズブズブやな…

65: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)15:41:37 ID:et2
ワイの近所やと余所の田んぼに手伝いに行ったり農機貸しあったり程度ならやっとるな
言うてもほとんど自分らで食う程度の兼業農家しかおらんが

67: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)15:46:06 ID:7Qc
>>65
兼業農家ばっかで専業農家がおらんのも大規模経営しないことの弊害やね

68: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)15:47:46 ID:aSY
>>67
会社化できるのは大概専業農家の集まりやしね
兼業農家では正直厳しい

70: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)15:50:07 ID:vhN
(土地が)ないです

71: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)15:55:51 ID:7Qc
>>70
せやから中小、零細農家をかき集めて再編成すんねん
それで効率的に農業運営するんや

72: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)15:56:14 ID:dXa
すっごいネガティヴなやり方というか予測やけど田舎の過疎化が加速して耕作放棄地だらけになって地方の農協の維持すら困難てとこまで一度壊滅してから会社法人の参入しやすいように土地取得やら何やらの規制撤廃→法人化農業として再出発するしかないと思うで

73: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)16:02:37 ID:7Qc
>>72
今のままならそうなると思う
高齢者ばかりやし
でもそうなる頃には外国産の物しか並ばない悲惨な状況になってるやろな…
そうなっては遅いやろな

74: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)16:05:22 ID:oYu
農協は吸い上げが酷いからな 農協通して何でも買わせようとするし
車とか農協通してかわせるとかまだあんのかね

75: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)16:06:14 ID:dXa
>>74
口座から何から全部農協関係やぞ

77: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)16:11:18 ID:fxC
農業儲からんって聞いたで
儲からんからやりたい人こやんし何より肉体労働がつらいとか
機械に金かきゃ無駄な労働もしやんで済むし人も来ると思うけどなぁ
でも儲け自体はどうでもええとも聞くンゴねぇ…

79: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)16:15:06 ID:7Qc
>>77
だからこその農業組織化
機械も買えるし、ノウハウは教えてもらえるから新規も参入しやすい
加えてマネジメント次第で軌道に乗れば収入も安定させることは可能

78: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)16:13:52 ID:G1n
だからな
土にまみれて体動かしたい人向けなんだよね。
利益を追求したい人にはむかへん

80: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)16:16:40 ID:HDN
オランダみたいに温度湿度水やり全てコンピューターで管理すればだいぶ効率的になるし政府もこれを理想としてるけど
老人がIT疎すぎるのと一度衰退産業のレッテル貼られてから若者の参入がないのが痛すぎるな

84: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)16:21:56 ID:7Qc
>>80
ワイがちょっと前に出したイチゴ農家の例はこれやった
ベテランのジッジが温度の調整を若者にさせてた
こんな柔軟な人ばっかじゃないからな…

86: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)16:23:14 ID:aSY
>>84
結局、一番大事なんは農家の考え方を変える事やからね
なんとかやっていけてる所こそチャンスなんやけど、
なんとかやっていけてるから、”賭け”に出れないという悪循環

88: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)16:26:15 ID:7Qc
>>86
そういう人らを取り込めたらええけどね
でもそのイチゴ農家は震災で農業諦めなあかん程ボロボロにされた人やってん
零細農家の救済としてできんかな…

92: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)16:28:36 ID:aSY
>>88
なるほど、ある意味0からのスタートやったからこそ
うまく農家と若者がタッグを組めたのかも知れんね

87: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)16:23:52 ID:Ezu
( ・`ω・´) そもそもこれからは農業は法人化の時代だぞ

89: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)16:26:34 ID:HDN
>>87
これ 法人化して大規模高効率農業化すれば日本の主要輸出産業になってもおかしくないで

91: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)16:27:46 ID:HDN
日本の農産物は既に海外で評価高いんやから値段で勝負せず質で世界の富裕層に売り込めば自給率100%超えも夢じゃない産業のはずなんやけどなあ

93: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)16:29:37 ID:7Qc
>>91
中国でただの日本産りんごが1000円の時は驚いた
ブランドはあるからいけるで

95: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)16:30:13 ID:Ezu
>>91
それが付加価値化というのだよ

98: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)16:38:45 ID:W5q
大規模化よりも全自動化はまだ時間かかりそうですかね~?
田植えから収穫まで全部やってほしンゴ

99: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)16:40:31 ID:Ezu
>>98
そんなあなたに植物工場 これは現状葉物野菜ぐらいしか
利益が出せないし都市部の新しい農法と考えるが設備投資がバカ高く
採算がとれるかは国の補助云々 

100: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)16:42:45 ID:qWK
実際に農業法人ってのは結構出来つつあるで
もう跡継ぎのいない人間が農業をやめるときにその会社に貸す形で土地を渡すんや

103: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)16:57:12 ID:7Qc
>>100
それで集めるのは時間かかりそうやけど、それで新規参入出来てるんならええかもな

104: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)16:58:22 ID:Ezu
会社にすると社員になった場合豊作かどうかにかかわらず
給料がもらえる

若者が農業という業界に参入しやすい
こういうことや

105: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)17:04:00 ID:BwE
荘園やアメリカの奴隷みたいな過去があるから、農業の大企業化には抵抗があるんじゃない?インフラと農業の大企業化はあんまり賛成じゃないな。

106: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)17:06:17 ID:7Qc
>>105
人権思想が広まった今にそれは心配しすぎやろ
ブラック企業とかブラックバイトもあるし、仮に発生するリスクがあっても農業に固有な話じゃない

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

★★ 最 新 お す す め 記 事 ★★
★★ 特 設:海 外 の 反 応 ★★

コメント

1.名無しさん:2016年03月12日 09:09 ID:Gs05huKoO▼このコメントに返信
取れ高によって値段変わり過ぎるし
2.名無しさん:2016年03月12日 09:14 ID:6G3HeK3j0▼このコメントに返信
少ない人数で大量に作れるようにすると、票が減る…のかな?
3.名無しさん:2016年03月12日 09:15 ID:oWR2mz7j0▼このコメントに返信
「ここはオラの土地だ!タヒんでも他人にも孫にも渡さん!行政?知らん!あ、でもお金無くなったから売ろう。」を、やり過ぎたせい。
4.名無しさん:2016年03月12日 09:16 ID:a.Ij03hV0▼このコメントに返信
成功しているのはオランダベルギー、ややフランスなんかだな。
農大がサブプライヤーなのか、農協なのかが鍵で、
農協とか資金と流通も持っちまうと、流通小売にまで手を出してしまい、自己完結型になり萎縮する。
農協(北連)の改革は必要だし、これこそ郵政民営化と同じように分割と、役割分担が必要だとは思う。
農林中央金庫の頭取が総理以上の給与って点で、結構叩かれてもいいはずだが。
頭取の給与まではどうかなとも思うか。
保険と代理店の集約やら、色々やれることはあるんだが。
企業体=即悪って話でもないし、休農地問題からって手もある。
何事も急性すぎず遅すぎずって所かな。
5.名無しさん:2016年03月12日 09:16 ID:Vh7PXEtT0▼このコメントに返信
なんで纏めたがるかな?

大規模経営で確実に効率化&儲かるら
現行の零細農家は放っておいて新規に立ち上げれば良いじゃん
6.名無しさん:2016年03月12日 09:20 ID:SVX2lHnm0▼このコメントに返信
言いたい事わかるけど、結局価格・・・この場合は量か、は勝てへんから個々ブランド化していった方が良いんでね?8割以上の奴らなんぞアメリカ産で十分やろ、お前ら馬鹿にするけど不味く無いぞ、少なくとも現地のスシパーティーで日本人から文句出ない位には
7.ゲハロエおやじ27号っス:2016年03月12日 09:22 ID:EjuDcCn30▼このコメントに返信
農水省の利権の問題ニダ。
農水省は廃止して、経産省に吸収合併するアル。
8.名無しさん:2016年03月12日 09:23 ID:IlM0KRAH0▼このコメントに返信
住んでる土地なら兎も角、田畑に関しては既に農地改革とかで区画整理とかしてるから先祖代々なんて言う奴は殆んど居ないよ。
9.名無しさん:2016年03月12日 09:25 ID:o8oEpw8e0▼このコメントに返信
農家の数が重要で農家の規模は重要じゃない by GHQ

もう戦後じぇねーんだから憲法以外のGHQが作った法も機能しなくなってるっての、仕事しろ立法府
10.名無しさん:2016年03月12日 09:27 ID:.dt4EWjy0▼このコメントに返信
土地が高くて元が取りにくいから。とpcバリバリの英字読めるお爺ちゃん少ないから

あと航空写真みてみろ平地少なすぎて驚くぞ、北海道なら可能だろうな。
11.名無しさん:2016年03月12日 09:28 ID:KaW4xDGg0▼このコメントに返信
言いたい事は分かるし、工夫を凝らして生産性を向上させたいって意欲も伝わるが・・・
JAという糞な百姓組織を潰さんとイカンやろねえ(´・ω・`)
12.名無しさん:2016年03月12日 09:28 ID:Fdel8L.e0▼このコメントに返信
農地改革で大規模農家ぶっ潰したからやんけ・・・
屑社会主義者がしたり顔で絶賛してる処を見ると殺意が湧く田舎人も多いらしいが・・・
13.名無しさん:2016年03月12日 09:29 ID:PrroU2Ti0▼このコメントに返信
全農の既得権益に対してガップリ四つ組めて、
逆に寄り切る「政治力」(ここが弱い為、農水省でさえ破れる)
を持った企業体でないと対抗しきれない。
それが可能なところが、大規模経営可能と思われ。

日本でそんな事できるところって、さあドコだ?
三菱地所?三井不動産?
…フェイントかけて、実はトヨタだったりする。
ただな、「農園」のことをを皆「工場」って呼んだりしそうだなw
14.名無しさん:2016年03月12日 09:30 ID:f0JrHnM80▼このコメントに返信
確かに一つの案ではあるが、
意識の高い農家は、労働集約的な付加価値の高い生産物で収益を上げているので今さら経営方針を転換しがたい。
意識の低い農家は、土地の所有に対して固執しているから土地の集約が難しい。
政策的には寄生地主制への反発を植え付けられ(GHQの洗脳ですが、搾取的であったのも事実)、企業風土としも「ブラック農業会社」が出現しそうなことへの危惧
土地自体が、農業地帯は山がちで大型作業機械を入れて労働疎放にできるほど大規模な農地ができない。さらに言えば土質や、日照という細かいところまで考慮に入れたら結局思ったほど労働力を減らせない=コストが下がらない
という課題をクリアできないと難しい。
特区による部分規制緩和と葉物中心の野菜工場の大規模化が限界かな。
15.名無しさん:2016年03月12日 09:31 ID:qkm1JqNLO▼このコメントに返信
一度滅ばないと生まれ変われない
16.名無しさん:2016年03月12日 09:32 ID:dHZ3VARy0▼このコメントに返信
土地がないから。
日本とアメリカの面積が逆なら健康的な野菜がたくさん作れてバンバン輸出できるのに。
17.名無しさん:2016年03月12日 09:33 ID:6itLq6gH0▼このコメントに返信
※6
上手くやれば企業化でブランド銘柄をある程度まとまった量、供給出来るようになると思うけど。

そもそも海外産で十分って考え方は微妙だな。
自給率をキープできなきゃ輸出国に足元見られて安く買えなくなるんだぜ?
18.名無しさん:2016年03月12日 09:34 ID:Kw9l0iSd0▼このコメントに返信
そもそも家族経営で成り立っているのは人件費がタダだから
法人化すると農業従事者+事務員で経費がかさみ収益を上げるのが難しい
19.名無しさん:2016年03月12日 09:37 ID:Vh7PXEtT0▼このコメントに返信
※9
それは農村の社会システムを再編成して余剰人員を都市へ掻き集める方策だよね
20.名無しさん:2016年03月12日 09:37 ID:tvkp64OQ0▼このコメントに返信
ブランド物でも作らないと厳しい、普通の作物作って時給換算200~300円程度にしかならず
引退した老人とか兼業しかできない、しかも零細農家が格安で出荷するから
企業経営農業も値段で対抗できないという誰も幸せになれないシステムが完成している
消費者からしたら安くていいとは思うが
21.名無しさん:2016年03月12日 09:38 ID:V0j.fXvk0▼このコメントに返信
しても構わないが、日本では難しい。
日本には耕作放棄地が多くあるのは事実。
それを合算すれば結構広大な農地になるのではないかと思う。

以前上について実際に聞いた話だが、
耕作放棄地が何故放棄されているのか・・・。

それは、不便だからだ。
ということだった。

小さな土地があちこちに分散している状態で経営するのは難しいらしい。

ただ、小規模の組合を作り、機械を共同管理でもして人材を分担派遣でもするような形ならできるかもしれない。

日本の場合、集約化より、小規模でも経営が成り立つ政策の方が、安全保障的にも合っているのではないだろうか。
22.名無しさん:2016年03月12日 09:40 ID:oGcLN0eSO▼このコメントに返信
GHQとアメリカの陰謀だよ
アメリカが小麦を買わせるために日本の農業基盤を破壊した
今になって地主制度がいかに合理的で素晴らしかったかわかるだろ
南米もアフリカも中国もソ連も革命で地主を追放して農地を解放し分け与えたら生産量が激減した
別にサラリーマンだと思えば小作人の何が問題だろうか
やたら農家が土地に固執するのはGHQのせい
私の家はかつて地主でね100軒300人の小作人使って大規模農業をやってかなり稼いでたらしいんだ
農地解放で土地を分け与えたら今半分は耕作放棄地で半分は宅地だよ
農家は基本的に馬鹿なんだから上に立つ人間が必要
23.名無しさん:2016年03月12日 09:42 ID:nTv0UVtm0▼このコメントに返信
素人が思いつくようなことは、その業界のヤツは何千回も考えた後やで。
上の方が考えてるシナリオは、たぶん

>> 田舎の過疎化が加速して耕作放棄地だらけになって地方の農協の維持すら困難てとこまで一度壊滅してから会社法人の参入しやすいように土地取得>> やら何やらの規制撤廃→法人化農業として再出発

これ。その布石として

>> もう小規模農家には補助金出にくくなってるらしい
>> その代わり大規模農家にはガンガン出てるんだと

だろね。2種兼業農家とか農家扱いするからおかしくなる。でも既得権益だから民主主義社会じゃ簡単にやめられん。なら、票にはつながらんとこまで自然消滅するまでまたなしゃーない。
24.名無しさん:2016年03月12日 09:43 ID:Vh7PXEtT0▼このコメントに返信
>零細農家が格安で出荷するから

農家の友人が曰くには
海外から大量入荷があると一気に価格が下がるらしい
零細農家はスーパーのチラシ見て出荷価格を調整してるとか
25.名無しさん:2016年03月12日 09:44 ID:htu0Pbaw0▼このコメントに返信
まじめな話教えれるレベルの技術を持った人間がほとんどいない。兼業がほとんどで専業は一握り。専業も米農家が多い。平地ならともかく中山間地域やと圃場の良し悪しがあって纏めるのも簡単な話ではない。あと機械は個人でも普通に貸し借りしてるしそれよりもまとめた時にこれまで個人の家計管理にしていた金等をきっちり雇用費にすることによってかえって回りにくくもなる。
まあ施設園芸やったら個人でも回るというのもある。結論としては機械貧乏になるなって話。平地なら大型機械で機械作業の効率化、中山間地なら施設園芸等で最小限の機械を購入or管理をブロック化して作業内容をしっかり煮詰める。何よりも売れるものを作りましょう。
26.名無しさん:2016年03月12日 09:44 ID:cMp.hs550▼このコメントに返信
土地はある、平地なら機械化が無理というほど狭いわけじゃない
ただ、貸すことすら拒む地主が多い
戦後世代も変わっているから、地権者が細かくばらばらになっているところもある
下手すると地権者がわからない土地も増えている
行政がある程度強制して土地をまとめないと、大規模農業は出来ない
でも、道路を作るのすら土地収用が出来ないのに、それは難しいんだよな
27.名無しさん:2016年03月12日 09:45 ID:X8AerQTj0▼このコメントに返信
いちおう山間のど田舎の村なんかだとそういう形態が増えてるんだけどな。
そういう形態転換に国やら自治体やらが補助金出してる。
小規模農家が複数あるよりも、大きな農業法人が一個ある方が、経営も収入も安定して「稼げない」というイメージを払拭し離農を遠ざける一助になる、という考えに基づくらしい。その考えが正しいかどうかは知らんが。
ただまあ、全体の収益安定=個人の収入上昇 となるとは限らんし、税金に関しても法人と個人経営とではだいぶ違うから、纏まらない方がみんなの収入が低下せず安定性も維持される、なんて場合もあるのよね。

土地柄と面積と作物と人、条件ぜんぶひっくるめて総合的な判断の上でどうするか決めないと、大規模化が却って農業者の首を絞める事態を生みかねない。
難しいね。
28.名無しさん:2016年03月12日 09:46 ID:Gs05huKoO▼このコメントに返信
それ道の駅でね?
29.名無しさん:2016年03月12日 09:47 ID:6wW0LkKJ0▼このコメントに返信
>オーガニック信仰
日本の方が欧米で禁止されてる農薬を大量に使ってるって記事を見た
30.名無しさん:2016年03月12日 09:47 ID:jy9YAevE0▼このコメントに返信
JA「んなことされたら俺らの利権がなくなるやんけ」
31.名無しさん:2016年03月12日 09:47 ID:oGcLN0eSO▼このコメントに返信
耕作放棄しても土地は絶対に手放さないのが百姓家系の愚かさ
子孫は農業するわけでもないのに先祖代々土地を相続しようとする
耕作放棄地が害虫と害獣の住処になり他の農家が迷惑している現実
用水路を整備したくても耕作放棄地の人間が土地が滅入りするの嫌で反対するし
耕作放棄地のカス共が用水路を維持しないから用水が滞り周りが大変迷惑している
農家は自己中だから一度破綻させてゼロから再生しないと
32.名無しさん:2016年03月12日 09:48 ID:g891C0js0▼このコメントに返信
農奴化待ったなし
33.名無しさん:2016年03月12日 09:48 ID:qVIp.QhO0▼このコメントに返信
最近は
工場跡地で屋内施設だけ交換して、農業している企業とか結構有るけど
まだまだ主流じゃ無いよね
34.名無しさん:2016年03月12日 09:49 ID:FK6a8CYD0▼このコメントに返信
※5
新規のハードルが高いな。
そもそも農地が売ってないし、農業法人は農家じゃないと立ち上げできん。
35.名無しさん:2016年03月12日 09:49 ID:ypumWdB80▼このコメントに返信
GHQの政策のおかげ
小作農だったのが独立して小規模になったおかげで補助金漬けでウハウハできてたのに今更大規模農業で効率化とかするわけ無いだろ
お前らの大好きな既得権益とか利権って奴だ
36.名無しさん:2016年03月12日 09:49 ID:oWR2mz7j0▼このコメントに返信
農家は何処まで行っても農家だから、いい加減で農家から農業従事作業者と農業会社に替えて行かないと。
37.名無しさん:2016年03月12日 09:50 ID:VIj7VkN10▼このコメントに返信
放棄地や耕作地共にどこかが借り上げて従業員として雇った人に作業させるってシステムも
面白いかもねJAが邪魔ならJA自身にやらせればいい
ただ事業化しすぎると自分の所だから頑張って良くしたというのが上手くいくかどうかが疑問かも
変に外国人なんて入れた日には・・・
38.名無しさん:2016年03月12日 09:50 ID:iERV5lq80▼このコメントに返信
トラクターも一台一台保有とか馬鹿みたいな話なんだよな。
個人で保有してる農地なんて高が知れてるのに。
そんなんでイチイチ購入してたら、そりゃ採算なんてとれないし、コストが高くなるに決まってる。
賢い人は、複数人で組んで保有を共通化して採算性を上げてるけど、

でも、個人に拘る馬鹿のほうが圧倒的に多い。
大したブランド持ってるわけでもない、特徴がないただの農作物作ってるだけなのにな
経営ってことを考えてない、そんなんで補助金よこせ言ってる、
外国製にかなわないって言ってる、当たり前だろうと。
こんな馬鹿をかばう必要ないよ
39.名無しさん:2016年03月12日 09:51 ID:yOopQRfu0▼このコメントに返信
しかし、都会の人間から見ると農家は裕福な生活してるように見えるんだが。

いまひとつ、具体的に教えてくんろ。
40.名無しさん:2016年03月12日 09:52 ID:zBdWFLAv0▼このコメントに返信
ハウス系とかなら結構儲かりそう
41.名無しさん:2016年03月12日 09:52 ID:uGmhyV2f0▼このコメントに返信
結局、農業のノの字も知らん素人考えやな。
大規模化って、何十年も前から言ってたことやん。
人集めようにも70歳以上のジジイどもしか集まらないのが現実なんだよ。
そう思うんなら、やってみてから言えよ。
億単位の借金抱えて、首釣ったやつゴロゴロいるで
42.名無しさん:2016年03月12日 09:52 ID:CEGxRJhS0▼このコメントに返信
だから社会主義の理想論と同じやん
43.名無しさん:2016年03月12日 09:53 ID:RxJd2Gwn0▼このコメントに返信
農家ってのは物凄い疑い深くて嫉妬深いヤツが結構おるんだよな。
そんな人たちが自分らの資産を持ち寄って、とか無理www
44.名無しさん:2016年03月12日 09:53 ID:oGcLN0eSO▼このコメントに返信
以前中国産は危ないとか言って安全な国産食べようとか言ってたけど
そのちょっと前に残留農薬が社会問題になってたのをすぐ忘れる健忘症の日本人
日本の農家の単位面積当たりの農薬使用量は世界一
結局国産も高い有機栽培のしか安全じゃないんだよな
農家だけど自分で食べるやつと出荷用は違うし
45.名無しさん:2016年03月12日 09:53 ID:tvkp64OQ0▼このコメントに返信
だいたい農業はばくちだ、商売にするとこれほど難しい物はない
大規模にしようが安定経営が非常に難しい
たくさん作っても値崩れ、異常気象による被害
零細なら個人の被害ですむのが、大規模経営で全て赤字ってこともありうる
46.名無しさん:2016年03月12日 09:54 ID:BeNEs6LA0▼このコメントに返信
土地がないっていうアホは地方いけ、土地は有り余ってる

※36
地域ごと法人化する流れはできている
ただ、露地栽培だと安定しなさすぎて破綻しやすい
いくらリスクヘッジしても天気には勝てない

屋内生産施設はコストがかかりすぎ、安定させるには莫大な費用がかかる
比較的コストを抑えられるハウス栽培も、強風一発で全部オシャカになっちまうしな
企業として成り立たせるには不確定要素が多すぎる

欧米の場合は莫大な補助金があるからそれでもなんとかなるが、日本は補助金が出なかったり安すぎたりして話にならない

土建屋とか資本金がある所が農業に参入するケースが多いが、
5年もたせられる確率は3%程度
銀行も付き合いやコネがなかったら絶対金を出さない分野なんだよ
47.名無しさん:2016年03月12日 09:56 ID:9AX..I6h0▼このコメントに返信
なんでってGHQの方針だからだろ。今も横やりが入るかまでは知らない。
或いは相続税と言う形で別の所から入ってるのかも知れない。壊された経緯やTPPやその他を考えれば、と言うだけの話として。
48.名無しさん:2016年03月12日 09:56 ID:zNR3tlTp0▼このコメントに返信
【在日発狂】在日を速やかに兵役送りにできるシステム始動キタ━━━━━(°∀°)━━━━━!!!
ザイニチ お わ っ た な www
ttp://www.news-us.jp/article/434665099.html
在日韓国人の徴兵が秒読み開始!帰化しても逃げられない!在日の財産没収を狙う韓国政府
ttps://www.youtube.com/watch?v=QYaFhDJ6z9c
住民登録したか?さもないと、徴兵で罰を受けるぞwww
(韓国軍)リンチ死80人・自殺110人/年・4年に1度大量殺人
ttps://www.youtube.com/watch?v=Vqe-Mx7dHpY
49.名無しさん:2016年03月12日 09:57 ID:gi3sGg9O0▼このコメントに返信
使う時期が同じなのに共有なんて無理
親戚一軒二軒と共有なら可能だがな
50.名無しさん:2016年03月12日 09:58 ID:8fMJZdYp0▼このコメントに返信
管理を皆でやるにしてもマジで(掛かる経費を賄えるだけの)土地が無い

結局、個人や小規模法人が一番やりやすいんだよな日本は。
51.名無しさん:2016年03月12日 09:58 ID:iERV5lq80▼このコメントに返信
※41
いや、ウチは企業化してるとこで働いてる。
若い人も多いよ。20~40代が主力。
ま、人手不足なのはたしかだから、外国籍の人も多いが。
もともと個人個人がやってたのを集約、企業化したらしい。
農地だけじゃなくて、牧場も統合して、農地で牧草やの飼料も作ってるよ
あと、地元の漁協と協力して、肥料となる魚の取得もやってる。
ここも一部吸収してもいいんじゃないかな
52.名無しさん:2016年03月12日 09:59 ID:6vtfSac50▼このコメントに返信
新潟米農家の孫だけど「小作人にはなりたくない」の一点張り
若手は株式会社を起業して集団経営にしようという機運があるんだけど
現に土地所有者の老人共が断固反対してて先に進まない
「一度小作に落ちたら戻れないぞ」とかそれ言ったらサラリーマンはみんな小作人やんけ
53.名無しさん:2016年03月12日 09:59 ID:6JeUFGna0▼このコメントに返信
近所の農産物直売所、個人の農家が販売してるって形式だから消費税かからない
農家も所得税だけで法人税もかからない、会社形態のよさって国が税金取れるってことなんじゃね
54.名無しさん:2016年03月12日 09:59 ID:gi3sGg9O0▼このコメントに返信
※44
お前農家じゃねーだろ
55.名無しさん:2016年03月12日 10:01 ID:pNSqgQia0▼このコメントに返信
もう土地は関係なくなっていくだろう
マイタケのように工場で10段20段と棚を重ねて
全自動で作られるようになるだろう
工場内なので害虫や病気とも無縁で農薬代もいらなくなるだろう
もう21世紀やで
56.名無しさん:2016年03月12日 10:01 ID:SRtPv6PT0▼このコメントに返信
組んだからと言っても、メリットがあんまない。
農機具は高価なものはすでに貸し借りしてる。
農協の言いなりってのが安心感でもあり、ネックな所もある。

今現在何が高値で売れるかが分かって、ドンドン切り替えていければいいけどそんなノウハウは無い。
育てる作物は、土地とか気候とか細かな育て方だし、種や苗をただ植えておけば必ず育つわけじゃない。

冷凍・冷蔵コンテナをビニールハウス代わりにするのは、その中でも理想的な発想だわ。
57.名無しさん:2016年03月12日 10:02 ID:vzc1BMHI0▼このコメントに返信
何が賢い人は〜やアホか
日本の農地なんか大規模農業やってる国の1000分の1以下なんやぞ同じ路線で行って勝てるわけないだろ
だから今まで国に守られてきたんだよ
TPPに加入するってことは、もう一部の高い技術持つ勝ち組農家以外は農業辞めてもらって、後は企業に任せますってことだよ
農家が集まって企業的には無理だけど、そもそも大企業がやるならスムーズに始められるからな
58.名無しさん:2016年03月12日 10:03 ID:iERV5lq80▼このコメントに返信
※52
これな。
アホな老人が多すぎて、統合が大変。
農地の集約整理したくても、一部反対するアホがいたら、整理しきれない、飛び地が整理した農地のど真ん中にできてしまう。
ここはもう集約をあきらめて、金を払ってでも引退していただければラッキー。
あとはお亡くなりになるのを待つしかないのが凄いキツイ。
59.名無しさん:2016年03月12日 10:03 ID:47GihZbB0▼このコメントに返信
稲作農家の俺がマジレスすると最低でも数ヘクタール単位の土地がないと稲作で食っていけません
そして最近の大型農機は優秀なので社員は大勢要らないんです

※44
農業の素人さんですね
農薬は残留しないように使う期間が決められています
花が咲く頃に薬を使えば、実には残りません
有機栽培のオーガニック信仰は程々にね。
酪農もやってて堆肥をふんだんに使うような農家の野菜がマジ美味いのは認めるけど
60.名無しさん:2016年03月12日 10:04 ID:BeNEs6LA0▼このコメントに返信
※57
大企業信仰が酷いな

大企業ならこんなバクチみたいな分野に本腰入れんよ
61.名無しさん:2016年03月12日 10:04 ID:QD0ckTLN0▼このコメントに返信
土地がない、あっても地価がクソ高い、大規模設備投資したリターンがない
土地が有り余ってるアメリカですら、大規模な設備投資が出来る大農場以外は死んでるくらいだからな
62.名無しさん:2016年03月12日 10:04 ID:wcRmfUfm0▼このコメントに返信
戦前は地主と小作人経営体でうまく回ってたシステムが破壊されましたので
63.名無しさん:2016年03月12日 10:05 ID:47GihZbB0▼このコメントに返信
※4
ヨーロッパの農業補助金は70%近いからね
ちな日本は25%前後よ
自国の農業と糧食を保護するのは大変なのだ・・・
64.名無しさん:2016年03月12日 10:05 ID:sXl6BK0e0▼このコメントに返信
GHQに施された農地改革によって地主小作人制度が廃止され、それによって日本の食料自給率はめちゃくちゃ下がり
小規模農業は維持できなくなりその手の人口が全部都市部に流れて少子高齢化が急加速した

かといって今の若者に働くとこなかったら良い小作人じゃなかった農業企業紹介するでって人が集まるかどうか疑問である

最初の意識高い理念は大概五年くらいで費え、惰性と退廃に向かう。かつての共産主義国みたいに

日本人は国民性でお上の命令には従順なんやがこれほどまでにインターネッツが普及したら多分無理やろな
65.名無しさん:2016年03月12日 10:07 ID:47GihZbB0▼このコメントに返信
つーかヨーロッパは国土の殆どが平地だもん
国の面積に比べて農業用地は広大だよ
そういう国々で「上手くいってる」って言われてもね
66.名無しさん:2016年03月12日 10:07 ID:D9zUNXqW0▼このコメントに返信
大規模簡単だよw
土地余ってんだもんw

でもお前ら舌バカだから、どんなに旨くても高い米や野菜を買わ無いだろう?
安いものしか買わ無い奴らへ売る為に、設備投資してどうするよ笑

安くしか売れ無いものの為に、設備投資してリスク背負う農家がいると思ってるのが、都会のお花畑の情弱無知。

安いものってのは利益なんて回収出来無いのよ笑
67.名無しさん:2016年03月12日 10:07 ID:KOoQrE9u0▼このコメントに返信
はあ?
戦前は大地主が農地を貸し出して小作農が耕す大規模営農が主流だったんだぞ。
それを戦後にGHQが農地改革が破壊して小規模自営農ばかりになったんだ。

日本史勉強してないのかこいつら。
68.名無しさん:2016年03月12日 10:08 ID:56odLu1W0▼このコメントに返信
中国地方なんかは結構農地の管理を一括してやってるらしいけどね。
69.名無しさん:2016年03月12日 10:09 ID:g.s39awS0▼このコメントに返信
兼業農家は悪いものじゃないと思うけどね。自家消費じゃなくてちゃんと販売されるように持っていければね。そうすれば農業収入少なくて補助金が無くても生活できるからね。米なんかは兼業農家ができるように栽培方法や機械とかが改良されてぶっちぎりの生産性(面積当たり)がある(けど販売高は安い)。米とか生活直結の作物はブランド化され値段が高いものばかりになっても食料自給率は悪くなるだけだからね。日本に輸出したい国や企業にとってはそうなってほしいと思ってるだろうけど、日本国民にとっては手頃な値段の作物が買えないと困るからね。
70.名無しさん:2016年03月12日 10:10 ID:rBf8m.TS0▼このコメントに返信
島国、傾斜地の多い日本では、なだらかな良い条件の農地が少ない。
田んぼでは、稲を植える平らな部分が狭く、畔の斜面が広い。
この畔の斜面の維持にとても時間がかかる。

例えば、うちの田んぼで稲を植えると、作業時間の7割が草刈りとか害獣対策に費やされる。
こういった条件の悪い手間のかかる農地は、
担い手となろうとする専業農家も、農業法人も手を出さないので集約化がとてもやりにくい。

こういった傾斜地の条件の悪い農地に維持管理の補助を出す、
「中山間地等直支払制度」って集落単位で取り組む補助金があって参加してるんだけど、

運用条件に、
畔の斜面とか農道とかも適切に管理しなければならない。とか「連帯責任」とかの枷がある。

だから、参加してる農家は必至で自分の農地の維持管理をやらなければならず、
共同化して他人の農地まで管理するとこまで時間が無い。
一部の農業機械の共同購入とか農道舗装とかは共同でやってるけど、それが集約化に結びつかない。

結局、自分の農地を維持管理するための補助にしかなってない。
この補助金は副作用の酷い劇薬でしかないと思う。

「期間内に法人化すること。生産性を倍増させること」とか参加条件を厳しくすべき。
71.名無しさん:2016年03月12日 10:10 ID:oWR2mz7j0▼このコメントに返信
う~ん、いっそのこと地域別年貢せいにすればいんじゃね?
72.名無しさん:2016年03月12日 10:10 ID:IahjsNI.0▼このコメントに返信
言いたいことは分かるが金がかかるんやで

農機や設備投資と野菜の販売価格が見合ってないんや

なんぼ規模大きくしたって
1が10にはならん
1がそのまま1になるだけ
下手したら、人員や材料費、維持費が増えてマイナスになる

オランダみたいに・・・とか言うが
同じ様に設備投資したら、いったいいくらかかると
オランダは日本と違って水や電気はタダ同然
オランダと同じ様にしようと思ったって、オランダと同じ金額では出来ない
73.名無しさん:2016年03月12日 10:11 ID:Vh7PXEtT0▼このコメントに返信
※61
結局これやね
資本力のあるヤツが独占すれば価格コントロールとかが容易になる
資本力って唯の数字だからこの流れに刷れば数字を書き込めるヤツが牛耳れる
74.名無しさん:2016年03月12日 10:12 ID:StqY77Kc0▼このコメントに返信
日本の農産物やオーガニック信仰ややけに高品質なのは規模が小さいから集中して管理できる、従事者がこの道20年30年が当たり前の専門のベテランだからという側面もある。大規模化して雇われ若者サラリーマン化にしても品質が維持できるのかが疑問
75.名無しさん:2016年03月12日 10:12 ID:iERV5lq80▼このコメントに返信
※65
それ、完全にただの印象な。
ヨーロッパは意外と山岳地帯多い。
農地に適した平地なのは西ヨーロッパと東ヨーロッパのそれぞれ端っこぐらい。
あとの平地は、寒冷地域で牧畜には適しても、農地向きじゃないぞ
76.名無しさん:2016年03月12日 10:13 ID:BeNEs6LA0▼このコメントに返信
※68
東北なうちの県にもちょくちょくある
早い段階から過疎化の流れにあった地域ほどそういうシステムになってるね
上手くいっている所もあれば、
立ち上がりの年に天候不順による大不作で倒れた所もある
半分以上行政が主導して、補助金確保しないとやっていけない模様
元々日本は農業の補助金が欧米に対して非常に低いから、今後を考えるなら欧米並まで引き上げないとキツい
77.名無しさん:2016年03月12日 10:13 ID:vzc1BMHI0▼このコメントに返信
※60
もう一部の企業は試験的に始めてる所もある。そこに加えてこれから国が企業の農業界参入に手助けし始めるはず。
農業やる個人がいなくなっても国にはそんなに影響ないが、農地保全による地域、土地へのメリットは国も大切に考えてると思うから。
んで土地を任せるには簡単に放り出されても困る、国から補助されて好影響が出易い力のある団体となれば大企業に任せると読んでる。
78.名無しさん:2016年03月12日 10:14 ID:vWkEKlru0▼このコメントに返信
戦後の農地改革の弊害だよ。
戦前は庄屋と村人って感じで、ある意味、組織的な営農がなされていた。
農地改革によってバラバラになった農家を守るために農協が作られた筈だが、金融や保険からと多角化し過ぎて、本来努力すべき部分、いかに農産物を付加価値付けて販売するかって所がおざなりになり今に至っているのだろう。
また、農地を手放さない小規模農家も問題だが、農地法の縛りがきつくて流動性が低いのも問題だろう。
広大な土地は必要としない畜産では、金も販路もある農事法人は大規模化の道を歩んでいる。
まあ循環農業の観点から見れば、畜産でも本来は飼料の自給もそうだし堆肥を還元できる土地は必要だけど、単純に畜舎を建てるだけならそんなに土地いらないって事で。
耕種農業でも農地法諸々を改正して農地の流動性を高めるとワンチャンあるんじゃないかな。
79.名無しさん:2016年03月12日 10:14 ID:RQA.rekk0▼このコメントに返信
数百年前まで遡る話だからなぁ
先祖代々そこで百姓(土地の農民)やってるって家もあるだろうし
大陸と違って個人の財産として認められている日本では
組織だった大規模農業は難しいのでしょうよ。

もちろんそこが付け目で、
統合システムを作れれば儲けられるだろうけど
損失出た場合に取り返しがつかないとも言うな。
80.名無しさん:2016年03月12日 10:14 ID:u317N9eBO▼このコメントに返信
長野県の山中に広大なキャベツ畑が広がっているを見つけた。そこには数千万円はするだろう立派な農機具?があり、若い夫婦が働いていた。農業のことは分からないけど、雑草だらけの畑跡を見ると勿体無いと思った時にふと会社形式にしてはと考えたことがある。中小規模なら農産物をJAを通さずスーパーやファミレスなどと契約したり…そうすれば、過疎地も活性化しないかな?と思ったりした。またお年寄りだけになり手に負えない農地も借りお年寄りの知恵や手も借りれば農地が生きる。
みんなのコメント読むと国から補助金出たり色々難しいこともありそうだけど…
81.名無しさん:2016年03月12日 10:15 ID:D9zUNXqW0▼このコメントに返信
※23
やばいんだよね…
小規模に補助金出さ無いから、若手の有望株が見事に育た無いのよね。
要は就農出来ないってことよw
大手が人を雇っても人は育たないの。
ブラック化した大手はバイトを酷使して使い捨て。
それなのに補助金出しまくりw
草刈りバイトに熱射病のリスク抱えさせながら休憩無しとかざらなんだよね。
82.名無しさん:2016年03月12日 10:18 ID:9PKGOw950▼このコメントに返信
烏合の衆だからさ
83.名無しさん:2016年03月12日 10:19 ID:wLPmDPo00▼このコメントに返信
大規模経営はしてるとこはしてるよ。もちろん大規模経営は増えている傾向にある。
84.名無しさん:2016年03月12日 10:19 ID:V3rJLw050▼このコメントに返信
弥生時代に稲作が始まって、まとめ役が地主みたいなのになって豪族、王族って発展してったし
墾田永年私財法で自分のものにした田んぼも後々金や力のあるやつの元にまとまってったし
荘園制度も朝廷や源平藤橘の大貴族から管理を任された中級貴族が豪農になって取りまとめてたし
豪農が庄屋になって小作使うように移行してったし、戦前までは大規模農業で上手くいってたんだよ

それを農地解放とかキレイ事並べて、アホな小作に土地任せるからこんなことになってんだろw
85.名無しさん:2016年03月12日 10:20 ID:D9zUNXqW0▼このコメントに返信
※78
凄い!その通り!
86.名無しさん:2016年03月12日 10:20 ID:oWR2mz7j0▼このコメントに返信
※82
最終的にはコレに落ち着くな。
87.名無しさん:2016年03月12日 10:20 ID:vzc1BMHI0▼このコメントに返信
とりあえず小作農がどうとか農地改革がどうとか言ってるのは的外れじゃない?
農業が立ち行かなくなったのは国内の営農形態が変わったことなんかよりも、海外からの安い農産物が大量に流入し始めたことと、米等の消費が激減した食文化の変化が主なんじゃないの?
TPPが本格的に始まったらより厳しい状況になることは間違いない
88.名無しさん:2016年03月12日 10:21 ID:iERV5lq80▼このコメントに返信
※72
オランダが成功したのは、早期に集約化と機械化を行ったからなんだけど?
元々の農地そのものの面積は多くない。
あと、日本も水はめちゃ安いからね。
関東平野まっ平らでだだっ広いから、大規模な農地作ろうと思えばいくらでも作れる。
でも、その中に放棄された農地がオセロみたいに大量、ばらばらに存在してるし、
持ち主も良く分からない、わかったとしても手離さたがらない老人が大量にいるせい。
89.名無しさん:2016年03月12日 10:21 ID:D9zUNXqW0▼このコメントに返信
※82
お前ら食ってる米は、鳥の餌だからw
マジでなw
安い理由を考えろ笑
90.名無しさん:2016年03月12日 10:21 ID:lY6vBOIF0▼このコメントに返信
ここでもまた社会の害になってるのが団塊世代
あと10~15年で団塊世代が寿命を迎え、彼らが抱えたまま手放さない農地がこれから一斉に相続で出てくるから、ここで農地法を改正するしかない
国もというか、自民党も農家は票田だから彼らの利権を失わせる様な政策はせず、団塊農家が死ぬまで手を付ける気が無い
91.名無しさん:2016年03月12日 10:22 ID:8JFTG5zS0▼このコメントに返信
よく「規模拡大でコスト削減」と言いますが、農業は規模拡大するとコストは上がります。
農業経営の経理の専門家では常識ですが、多くの農家はこの話をしても理解できないようです。
数年前から農水省でも、「どれだけ規模拡大してもコストは下がりません」と言うようになったようです。

とりあえずお金の話。
日本の農家の所得に対して補助金の割合は平均17%です。当然遊べるほど貰ってるひともいれば、まったく貰ってない農家もいます。
フランスでは平均で85%、アメリカでは50%です。アメリカの稲作農家では65%になります。
アメリカの米農家は、コメを出荷して100$稼ぐには経費が200$掛かるそうです。経費分と利益分を国が補助しています。
実はアメリカと日本で農業経費の額はそんなに変わらないですよ。
欧米各国ではどこもこんな感じですね。
アメリカの農産物の輸出補助金は年間約1兆5千億円、日本は0円(笑)。
余談ですがアメリカの輸出補助金の半分は綿花に使うそうです。綿花の国際市場の価格はアメリカの補助金の額できまります。
92.名無しさん:2016年03月12日 10:24 ID:BeNEs6LA0▼このコメントに返信
※77
如何せんコネや付き合いがないと銀行が金出さん
成功率が低すぎてほぼ確実に焦げ付くから
ノウハウがないからコケるならいくらでもやりようはあるが、
天候とそれに付随する病害虫が相手だからどうにもならずコケるケースが多すぎる
93.名無しさん:2016年03月12日 10:25 ID:FK6a8CYD0▼このコメントに返信
※91
つまり、対規模化して金渡すのが国際標準ってことやな。
94.名無しさん:2016年03月12日 10:27 ID:BeNEs6LA0▼このコメントに返信
※93
百姓が意地汚い、日本は農地が少ないと思い込みたい人には理解できないみたいだけど、
どこの国も補助金で農業回してる
日本はその部分を農家の個人負担に押し付けてる
95.by 元百姓:2016年03月12日 10:28 ID:Ln0FTZrf0▼このコメントに返信
口だけだなぁ、やってみなさい。
効率、大規模とか言うけど。利益が出て生活できればいいのですよ。
いろいろ言いたいことはありますが。
なんでもいいので農業に関わってください。
96.名無しさん:2016年03月12日 10:28 ID:D9zUNXqW0▼このコメントに返信
※91
が真実なんだけど、マスコミが主婦のご機嫌をとる事が善意と勘違いして、野菜の値段が高い、農家が補助金貰いすぎって垂れ流す。
食ってけ無いから兼業農家ぎ殆どなのにね笑

で無理矢理コストカットする為に化学肥料と薬漬け。
市場にはそんな商品しか流れないから、消費者はしだいに舌馬鹿にw
97.名無しさん:2016年03月12日 10:30 ID:aq2vwxe60▼このコメントに返信
 =お答えします=
農協と呼ばれている、悪代官が小規模経営の農家から搾取する為です

大規模経営になると直接イオンやヨークと取引できるので悪代官の仕事が無くなる
協同組合と名乗っているが、組合員が職員の給与さえ知りえない組織で
農薬などの価格は、ホームセンターよりも1割くらい高額で売られている

補助金についても、実際は悪代官の手数料になり、小作人と化している農家が
購入する農機具等は高額なままである。

無知無能な小規模経営で、悪代官を守るための仕組み
98.名無しさん:2016年03月12日 10:30 ID:iERV5lq80▼このコメントに返信
※87
違うよ。
海外が安いのではなくて、日本が安くするための効率化を怠ったために、日本だけが高いままになってるせい。
日本は水資源が豊富っていうアドバンテージがあるのに、平野部での農地の集約整理がまったくされてない。
広い平野部でも無駄な放棄地が大量に存在、その整理統合すら出来ずに、用地のロスが大量に発生してる状態だから
ぶっちゃけ、日本ももっと価格を下げようと思えば下げられる。
99.名無しさん:2016年03月12日 10:31 ID:BeNEs6LA0▼このコメントに返信
※96
農薬に関しては分解するものであることが法律で定められているからさほど心配はない
また化学肥料についても、原材料は鶏糞だったり腐葉土だったり、それを有機農法と同様のやり方で肥料化し、
加熱処理とかしてるだけだから、むしろ有機農法よりずっと安全
100.名無しさん:2016年03月12日 10:32 ID:D9zUNXqW0▼このコメントに返信
※95
農業、楽しいですよw
まだそれだけで食えないですが笑

スーパーやデパ地下で買えない旨さのものを作れますしw


もちろん、そういう品質に育てる為に無農薬無科学なので虫喰いだらけで出荷は出来ませんがwww
101.名無しさん:2016年03月12日 10:34 ID:XV7Qbquc0▼このコメントに返信
「では、逆に聞きたい。何故、自分はやらないのか?原因はそれだろう?」
102.名無しさん:2016年03月12日 10:36 ID:BsJbF1.Y0▼このコメントに返信
個人が土地を購入して耕し、生産物をうる。かるく土地の税金で死亡する。税金を生産物でおさめていた、江戸時代までが羨ましい。これからは各種税金は現金なんて払えないので、サツマイモで納めてやるぜ。
103.名無しさん:2016年03月12日 10:36 ID:SfDH5mm.0▼このコメントに返信
農民が国の補助の下あぐらをかいて努力する気がないからだろw
だからTPPで農業が滅ぶとか寝言ほざいてるwwww
104.名無しさん:2016年03月12日 10:36 ID:iERV5lq80▼このコメントに返信
※96
自分、企業化したとこに勤めてるけど全然食っていけてるぞ。
はっきりいうけど、同年代の平均よりも給料多いし、8時間就労基本で超ホワイトよ?w
ま、ちょっと怪我はしやすいから、その分の手当てと見れるかもしれんけど。
105.名無しさん:2016年03月12日 10:36 ID:6vyOQBtZO▼このコメントに返信
商店に並ぶ以外で規格外として捨てられる作物も多いよね。
鉄腕DASH見てたら、道の駅でもカバーしきれるわけじゃなさそうだし。
106.名無しさん:2016年03月12日 10:37 ID:iERV5lq80▼このコメントに返信
※103
コレな。
ほんと、馬鹿な農家が多すぎる。
海外は効率化して攻めてきてるのに、自分らは何の対策もせずに文句言ってる。
アホかと思うわ
107.名無しさん:2016年03月12日 10:38 ID:U.VcrOAl0▼このコメントに返信
作物を作っていない農地の固定資産税は上げるべき。
持っていても負担がないから売らないわけで、、、
108.名無しさん:2016年03月12日 10:38 ID:hzzPLaRv0▼このコメントに返信
農地の利権ってめんどうくさい
と聞いたが。
農協と役人が結託して妙な規制をし、
大規模化にさまざまな規制をかけているそうだし。
そりゃそうだ。
農協は零細農家の血をすすって稼いでいるのだから。
大規模化・企業化されたら甘い汁を吸えなくなる。
109.名無しさん:2016年03月12日 10:39 ID:iERV5lq80▼このコメントに返信
※105
ウチのところは、規格外のでもひどいのは、経営下にある牧場向けの飼料として使ってるよ
無駄なんかでない。
110.名無しさん:2016年03月12日 10:39 ID:0.K2sC1y0▼このコメントに返信
結局言って事が陰謀論と、小学生の「俺が~ならこうする!」と同レベルの話だけだからなあ
111.名無しさん:2016年03月12日 10:45 ID:Z80d2BdE0▼このコメントに返信
※38
トラクター1台で採算?コスト?何言ってんだ?
そんなもん所得下げるために買ってるに決まってんだろ
古い機械使って、無駄に働いて、多く所得税を払ってんだろうな
馬鹿なのはお前だよ、そんな経営してたら潰れるぞ
112.名無しさん:2016年03月12日 10:47 ID:BeNEs6LA0▼このコメントに返信
※110
で、農家叩き、農協叩きしてる人には※91みたいなデータは目に入らない
目に入れても理解してくれない
とにかく農家の努力が足りないと叩いて調子に乗ってる
そりゃ農業が倒れますわ、バカばっかりだもの
113.名無しさん:2016年03月12日 10:48 ID:1ONa2Avb0▼このコメントに返信
※8
所がそうでもないんだな、区画整理したらしたで田畑の場所でジジババ共が揉めるんだよ
この場所じゃ無ければその他は絶対に認め無いと耕作放棄地に成っている所が田舎に有るんだ。

現在地元の青年団が集団農業やっているけど結局大した稼ぎが得られないから兼業やっているのが現状だし
JAがデンと構えていて新商品栽培や販売ルート開発しようとすると邪魔しに来るらしい、日本の農業終わってるわ。
114.名無しさん:2016年03月12日 10:49 ID:JDi30Bni0▼このコメントに返信
※87,98
だから、その効率化と価格競争を、他の国ではできてなぜ日本でできなかったかということの原因にGHQによる農地分散政策があったという話で、他の人は指摘してるわけだ。
アメリカ農業というとでかい機械ででかい土地をバーというイメージだと思うが、それは60年代以降の話で、それまでは地主と小作農とで行われていたわけだ、しかも期間契約で次期から契約しなくてもなんの保証もない。それゆえに地主は自己資本で機械を導入できたし、小作農、労働者を切り捨てることが簡単にできたわけだ。
一方、日本は分散され、農家単位で機械を導入する資産はない、協調したとしても、個々が資産家であり労働者であるから切り捨てることは不可能だったわけだ。
115.名無しさん:2016年03月12日 10:49 ID:gj8LbEpxO▼このコメントに返信
多量に作れば価格は下がる
農作物の価格は市場で決まる相場だからな
安定収入は見込めないんだよ
相当なブランド物で儲ける農家もいるが、大規模化したら手がまわらなくなる
法人化すりゃ経費がかかる
商売としてはうまくないんだわ
116.名無しさん:2016年03月12日 10:49 ID:FK6a8CYD0▼このコメントに返信
※101
企業と新参の参入が規制されまくってるからでしょ。
上にさんざん書いてある。
117.名無しさん:2016年03月12日 10:52 ID:Q.w2cxVcO▼このコメントに返信
規模拡大を望んでいないし、共同でやるってことは負債も全ていっしょに背負うってこと、責任も等分。辞めたくなっても辞められなくなるし、最悪夜逃げした奴が出たらそれも背負うわけだ。モチベーションがみんな同じでなきゃ精神的にもキツいだろうし、そんなんやってられんわ。私には無理。今は共同経営は考えていない。周りはけっこう始めてるけどね。
118.名無しさん:2016年03月12日 10:52 ID:iERV5lq80▼このコメントに返信
※111
いや、ウチ冬以外フル稼働だし、価格勝負でも海外と負ける気しないし、
経営いいそうだし、人手足りないぐらいかな、困ってるのことは。
日本人来てくれよ、日本人。
募集に中国人やの東南アジア系ばかりで、最近は多国籍化が著しい。
給料いいぞ?初任給20超えてるのに来ない。

あ、もしなりたい人がいたら、牽引免許あると重宝されるし、さらに手当てもでるぞ!
119.名無しさん:2016年03月12日 10:52 ID:FK6a8CYD0▼このコメントに返信
※112
補助金渡すにしても農協で中抜きされるより大規模化した企業に直接渡した方が効率良くね?
企業はもらった金で設備投資するけど、農協は農家の機材買ってくれるわけでなし。
120.名無しさん:2016年03月12日 10:53 ID:DYqLW0Fn0▼このコメントに返信
外資規制なき農協改革で晴れて在日も農地を持てるようになる。
おまえらが批判すればするほど、在日有利に動く。
121.名無しさん:2016年03月12日 10:55 ID:8JFTG5zS0▼このコメントに返信
欧米では農家を補助する事により農産物を安くする。結果として消費者は安い農産物が買える、そのための経費は税金(国民全体)で負担すると考えるようです。また、農業は環境という考えが浸透しているようです。たとえばスイスなどは観光立国ですが、あの景観(自然環境)を維持しようとすると莫大な費用と手間が掛かるそうです。むしろ酪農農家に放牧させているほうが安上がりだそうです。スイスの農家の所得に対して補助金の割合は100%です。イギリスやドイツなどでも農業をすることで地域の環境が維持されている、環境を守る為にも農業(農家)を支援する、と言う発想もあるそうです。
もちろん欧米の考えが全て正しい訳ではないですが、アメリカのやEUの多額の輸出補助金の影響で、アフリカや中南米の小規模酪農を壊滅に追い込んだこともあいますから。
122.名無しさん:2016年03月12日 10:56 ID:FK6a8CYD0▼このコメントに返信
結局大規模化して補助金出すのが最適解だな。
123.名無しさん:2016年03月12日 10:57 ID:4U4X0rZe0▼このコメントに返信
いろいろ理由が絡み合ってるのだが
基本的には土地政策のまずさと、相続問題と農家と農協の意識改革の遅れ。
土地が高い地域では大規模化に進まない そのうち相続が発生して切り売りになる。
地方でも農地解放の影響で細切れにしてしまったし、土地への執着心が強いからまとまらない。
農協の政策が保守的すぎて変わりようがない
政治につまらん介入をしてきたツケ
1の言うような集落営農という考え方も出てきたが、家族経営を集団化してもぜっったいに上手くいかない!法人的経営しかありえん。
しかし一番の問題は長期デフレで農産物が安くなりすぎて儲からないこと
儲かる仕事なら放って置いても進歩するわ。
124.名無しさん:2016年03月12日 10:59 ID:Q.NW6MpV0▼このコメントに返信
>あと人員だなあ
>農作業やりたがる人が少ないんだ
時給1300円くらいならいくらでも人集まるよきっと
近所のコンビニバイトと同じ時給で重労働させられるなら
同じ重労働でも泥に塗れず肉体的にはそれほどでもないコンビニバイトを選ぶだろ
125.名無しさん:2016年03月12日 11:00 ID:BsJbF1.Y0▼このコメントに返信
先生がたが、あーしろこーしろと色々いったり、本にだしてるが、そんなのにかぎってもうけた話をきかない。特に役人のいうことは無責任。アドバイスになっていない。みなさん農業は教科書なんてもたず手さぐりでやっているよ。
126.名無しさん:2016年03月12日 11:00 ID:9W4jXQRk0▼このコメントに返信
げげ、銀の匙って、そんなオカシナ歴史観だったのかよ。
豪農とか庄屋とかがいた歴史は、なかったことにしてるんかい。
戦後にGHQがそれら全部つぶしたのも。
じゃあ昔話で豪農などがでてきても、理解できない人もいるのか。
127.名無しさん:2016年03月12日 11:00 ID:FdL3GoYH0▼このコメントに返信
日本は原則小作人禁止なの。自分の土地以外は耕せない。その上、企業の農地所有を禁止している。

企業に勤めている人間が耕したら、百姓じゃなくて労働者になって農協使わなくなるだろう?

農業守っているんじゃなくて農協を守る制度になっている。
128.名無しさん:2016年03月12日 11:01 ID:qfKvl2rD0▼このコメントに返信
過疎化で限界集落化が激しいから、居なくなった土地なら安く手に入るだろうけど、土地の整備やその土地と作物の相性とかもあるだろうから簡単にはいかんだろうな。
129.名無しさん:2016年03月12日 11:03 ID:EiAzSDvV0▼このコメントに返信
敗戦後にまとまった土地を運営してた地主たちが全部粛清されて、その空いた土地と利権に
農協が居座ってるからね。
130.名無しさん:2016年03月12日 11:04 ID:cMp.hs550▼このコメントに返信
大規模とただ沢山の土地は意味が違うからな
大規模農場は、機械化が効率化・無人化可能なように
土地そのものの区画とかも整理する
個人のばらばらの土地をまとめて持っただけじゃ効率化なんて出来ない
でも、土地所有者のわがままや、不明地主の存在のために
地域全体の区画整理を出来る土地はほとんどないのが実状
そりゃ元はとれない
131.名無しさん:2016年03月12日 11:04 ID:iERV5lq80▼このコメントに返信
※124
給料いいのになってくれないんだが…。
バイトどころか正社員、ボーナスも年2回で2.5も出る、就労時間もホワイトなのに。
やっぱりなり手がいないんだよ。
臭いし泥にもまみれるし、しかもどうやっても田舎だし。
都会に行きたがるんだよね、若ければ若いほど
132.名無しさん:2016年03月12日 11:04 ID:1KHDCVTz0▼このコメントに返信
アメリカの占領軍が法律で大規模農家が解体してしまったからね。
占領軍が小作人を開放して小作人が喜んでいる漫画見たことない?
アメリカではできない農家の解体を日本占領時代にやった。
国家が崩壊してしまうからね。
133.名無しさん:2016年03月12日 11:05 ID:ZhVmd9Nr0▼このコメントに返信
個人商店がなぜデパート経営しないのか? みたいな質問でワロタ
134.名無しさん:2016年03月12日 11:05 ID:BeNEs6LA0▼このコメントに返信
※119
大規模化してもコスト削減にならないのが真実だから、
リスクヘッジを考えると大規模化は全員死亡の危険性を孕み慎重な運営が必要になる
中規模や生産物ごとに組織を分けてそれぞれ協力しあう、というのが良いかもしれない

なんにしても欧米並み、国際標準な補助金とそれに対する国民全体の意識が変わらないとどうにもならないと思う
135.名無しさん:2016年03月12日 11:06 ID:BeNEs6LA0▼このコメントに返信
※126
銀の匙は北海道の話だからな
あっちはちょっと事情が違う
136.名無しさん:2016年03月12日 11:08 ID:lzOCgpSt0▼このコメントに返信
核融合発電が民間普及までいったら
でっかいビルで99%機械作業の水耕栽培。
土地問題も一気に解決しそうだからそれまでの辛抱。後100年くらい待て
137.名無しさん:2016年03月12日 11:08 ID:xpzRyoi50▼このコメントに返信
昔の小作人を禁止にした農地改革の流れがあるからな~
138.名無しさん:2016年03月12日 11:08 ID:iERV5lq80▼このコメントに返信
※130
区画の整理のために、休耕地どころか宅地も買い取って整理してたよウチw
それぐらい、土地の整理ってコストカットに寄与するんだ。
何倍、何十倍って農地を一人で交代人員いれれば3人以内で管理できるようになるんだし。
オートメーション化については、お上でいろいろ勉強会やってるそうだが
139.名無しさん:2016年03月12日 11:09 ID:9IuJnVng0▼このコメントに返信
休耕地をリースできるようにしたらいいんじゃない?
地主はほったらかしするより金が入るし土地の手入れもしてくれる。草はえんようにするのたいへんやで。
企業は使える土地が手に入る。
まあ、政府にリース料分の損を補助金出してもらうしかやけど
140.名無しさん:2016年03月12日 11:10 ID:BeNEs6LA0▼このコメントに返信
※127
企業に良いようにさせると勝手に工場建てたりするからね
ただしきちんと農業法人を建てて取得することは可能
企業の参入を禁止しているのではなく、農業以外の使用目的で農業をするという名目で取得するのを防いでいるだけ

企業ではない個人でも禁止されている事項

まー民主の輿石のクソみたいに好き勝手やってるゴミもいるけど、今の時代にそれは大スクープになるから民主党以外で好き勝手やってる政治家は居ない感じ
141.名無しさん:2016年03月12日 11:10 ID:RND5ng9r0▼このコメントに返信
人や風土の問題ってよりも国政が農業の自由化をあからさまに妨害しているのだとは思うが詳しくは知らんw
142.名無しさん:2016年03月12日 11:10 ID:iERV5lq80▼このコメントに返信
※134
なるから。
人手が圧倒的に少なく出来る。
農業、畜産、林業等、多角化することでさらに無駄カットできて、効率よくなるよ
143.名無しさん:2016年03月12日 11:12 ID:BeNEs6LA0▼このコメントに返信
※138
相当大規模にやってるなあ
こっちも大型機材導入できるように地域ごと区画整理したが、
ものの30分程度で2反歩が刈り取り終わってワロタ

ただまっとうに稼いだらあの機材の元は絶対に取れないっていう
リースや下取り前提の購入サイクルでないと大赤字なんだよね
144.名無しさん:2016年03月12日 11:14 ID:iERV5lq80▼このコメントに返信
※139
リースねえ…うーん…
土壌かえるのを容認してくれるなら、ワンチャン…
でも、税金とか考えると、リースは割りに合わんのちゃうかな
145.名無しさん:2016年03月12日 11:16 ID:lrCdVqiB0▼このコメントに返信
ホンマ、田舎もんなら知ってると思うけど、田舎にいったら放置されている農地がごまんとある。税金だけ払って荒れ放題になっている土地を
相続もされずに放置されているのってあるで。 これを公の農場にして生活保護受給者を働かせればいいわ。 重度の障碍者以外は
何らかの仕事が必ずあるはず。    生活保護受給者が減るわ、日本が自給自足ができて外国に頼らなくても良いしイイことだからけ・・・
あ、政府はわざと日本産の食材の流通を悪くしたり、税制を赤字にしてるんだよね!! 国を外国に売る為に。
146.名無しさん:2016年03月12日 11:16 ID:PDLqDlL40▼このコメントに返信
大規模経営は土地を手放さないのがおおいから借りることになるんだよ
147.名無しさん:2016年03月12日 11:16 ID:BeNEs6LA0▼このコメントに返信
※144
そこはやりよう、あまり書けないけど

また、人手を少なくできるというのは良し悪し
ある程度まとまった人数を地域で養わないと、過疎は止められないから、
地域活性化を考えると人手を少なく出来過ぎるのは考えものだったりする
148.名無しさん:2016年03月12日 11:16 ID:lzOCgpSt0▼このコメントに返信
TPPで不利になるって言ってる農業に企業が新規参入するかね。
大規模化で戦う相手は、同じ大規模化してる外国企業になるわけだけども
わざわざ同じ土俵に上がって、政府支援も土地も少ない状態で勝負になるの?
農家毎に固定顧客もって離さないような今の体制のほうが寿命長いんじゃない?
アメリカもヨーロッパも日本と比較にならないくらい農業支援してるよ。
フランスとか収入の90%は政府が補填してるとか。もう公務員みたいなものだね。
やり方同じにして戦うなら、制度も同じにしないと
149.名無しさん:2016年03月12日 11:17 ID:blF1aqQw0▼このコメントに返信
日本の農作物は世界一危険
中国産に勝るとも劣らない猛毒農薬満載
150.名無しさん:2016年03月12日 11:18 ID:iERV5lq80▼このコメントに返信
※143
わかるわw
機材を効率化できるのが大きいのよねw
あと、ウチは畜産とのハイブリットでやってるなぁ。
個人で牧場経営してた人を初期から取り込んでたらしい。
それがかなり効率よいと感じてるね
規格外品も飼料にだせるし
151.名無しさん:2016年03月12日 11:18 ID:BeNEs6LA0▼このコメントに返信
※145
仕事でいろんな土地の持ち主を調べることがあるんだけど、
相続を辿ると普通に明治、大正まで遡ってウン十、ウン百人の相続発生したりして泣ける
すっかり密林状態になっている土地を調べたら農地だったりもう笑うしかない
152.名無しさん:2016年03月12日 11:21 ID:iERV5lq80▼このコメントに返信
※147
過疎になるのも、考えようによっては悪くないんじゃないかなっと思うようになってる。
人が住むところと、農地、林業、畜産用地とくっきり分けられるようになるんじゃない?
空き家になったら、潰して農地の整理しようぜ!
153.名無しさん:2016年03月12日 11:21 ID:1HSUxClZ0▼このコメントに返信
大規模に資本投下してだれが責任とるのか?
農村に企業誘致したけど採算が取れなくなって短期間で撤退する電気業界等のような不確定要因が農業には多い。
気温1,2度の違いで市場が暴落する気象条件、病害虫、有害獣等どうにもならないことがいっぱいある。
少品種大規模生産は危険なバクチ。
理屈や理想だけで経済が動いているわけじゃない。
やれる者が先にやっていく、これ資本主義社会の姿じゃない。
154.名無しさん:2016年03月12日 11:22 ID:acDsOukz0▼このコメントに返信
地主制度に夢見てる人も多いけど、小作が貧困に喘いで娘を売り飛ばしてたのも事実だし、戦後の農地解放がなかったら今の日本もフィリピンみたいな状態かもしれないし。
よし悪しやと思うよ。
155.名無しさん:2016年03月12日 11:23 ID:hOewCxSV0▼このコメントに返信
耕作放棄地を買い集めて、耕運機、田植機、稲刈り機と言った機械を導入して、広大な農地を一気に耕作すれば、少人数で大量生産出来るんじゃないの。

耕作放棄地は農地と認めずに多くの税金を掛けて売却を促し、農業法人の参入を認めよう。

156.名無しさん:2016年03月12日 11:23 ID:HFsd0lV30▼このコメントに返信
大規模集約するためには平地で土地が必要だが平地の土地があまりないと思う
平地じゃないと大型の農機具は入れないし結局、人力でやらねばならない
日本の土地柄(国の地形的なもの、国民の性格的なもの)を鑑みて大規模集約農業を推進するより
※でもあるが、小規模でも生活できますよーを推進した方がよいと思う
国際競争で負けるぞ!未来がない!というなら日本国内で経済圏をつくってお金を循環させた方がよい
大規模集約で大量に作ってもそれをお金に換えるルート、つまり販売経路がないといくら作ってもゴミにしかならんのだ
良いものを作りました!だから高価格でいけるだろ!でも誰も買ってくれなきゃその農業経営は成り立たない
この点は少子化対策と似てると思う
少子化対策も産むだけならできるんだよ。難しいのはその子供を育てるのが難しいのとね
157.名無しさん:2016年03月12日 11:23 ID:iERV5lq80▼このコメントに返信
※153
いや、そこはちゃんとした保険があるから、一度や二度あたってどうこうはならんよ
158.名無しさん:2016年03月12日 11:23 ID:S578n37D0▼このコメントに返信
農地改革さえなければばぁちゃんちが一大農場だったはずなのに
159.名無しさん:2016年03月12日 11:24 ID:KjVhdCCN0▼このコメントに返信
農業は守られてるからねー できないのは農家が多いからです(票田てきにね)

個人商店はジャスコができるの止められないでしょ、潰れようがお構いなし

建前上は狭い土地や段々畑などの大型機器が導入できないところがあるためらしいです

 10年ほど前に見たガイアの夜明けでは

滋賀県の若い衆が特区で協同組合を10人ほどで作り、北海道などで使用される大型機器を組合で購入

休作地帯を安価でかり、小麦を作っていました。国産小麦とゆうことでいい値段で売れます

年間40か60時間今までより多く働いて、年収600万 が 1000万円


日本の農業には余力有りまくりです
160.名無しさん:2016年03月12日 11:26 ID:iERV5lq80▼このコメントに返信
※156
山岳割合が高すぎるからそう思うかもしれないけど、意外と平地面積は多いよ日本。
関東平野や琵琶湖盆地はじめ、だだっぴろい平地はこれ以外にもたくさんある。
その貴重な平地にオセロみたいに存在する身元不明の休耕地やの空き家やのが問題なのよね
161.名無しさん:2016年03月12日 11:34 ID:FZHXAqdF0▼このコメントに返信
棚田とか機械すら入れない農家の涙ぐましい努力跡を見て思うのが、
あれが二枚整地して1/2枚に減ればどれだけ楽だろうと。
ドラえもん居たら、自動ロボットに山間部の段々農地を整地させて、あっという間に大規模耕作地が作れるのにと。

北海道や広域平野部はいいけど、うちの県は平野ないから羨ましい。
逆に上部の農業(肥料農薬)制限させて海で養殖して安全ブランド作った方が良さ気。
162.名無しさん:2016年03月12日 11:37 ID:mqFb0ZQD0▼このコメントに返信
大規模農業できる平野は別の用途にして,農業を潰してきたからね。
163.名無しさん:2016年03月12日 11:42 ID:NCWZ5KJa0▼このコメントに返信
市場で、キャベツが10キロで100円とかで、やる気が出る訳無いだろ。
収穫は人力だぞ、腰の痛みと戦いながらの作業、へこむぜ。
まあ、うちは現在オーガニック系でやっているから、多少値段が良くなるけど、手間がかかるから、量が限られるけどね。
164.名無しさん:2016年03月12日 11:44 ID:d.FHy2pT0▼このコメントに返信
日本に大規模経営あわないのって、地形が山がちなためなの?
土地の所有権の問題なら賃貸で集めるとか。
農家が反対してるんだろ?
まあ個人経営でのんびり農業って職業は魅力的で手放せないってことなのか?すげー精神的に健康そうだもの。
165.名無しさん:2016年03月12日 11:45 ID:iERV5lq80▼このコメントに返信
※163
はい?
キャベツの収穫も完全機械化できますから
まあ、未だに人力でやってるアホが多いのも事実だし、そういう奴らが文句が多い老人どもなんだけども
166.名無しさん:2016年03月12日 11:46 ID:d.FHy2pT0▼このコメントに返信
単に日本に広い平地が少ないってことだろ。とも思う。
167.名無しさん:2016年03月12日 11:47 ID:iERV5lq80▼このコメントに返信
※166
んなこたーない。
168.名無しさん:2016年03月12日 11:48 ID:lzOCgpSt0▼このコメントに返信
※163
なにそれ、5tトラック満載にしても5万円か。
積み込んで、運んで、おろして、倉庫に入れて、だけでも売り上げの何割かもっていかれそうやね
あれ?畑の広さとかどの位取れるかとか全然イメージできないけど
畑から収穫したの全部売っても20万もいく?生活できるのか?それ
169.名無しさん:2016年03月12日 11:49 ID:NCWZ5KJa0▼このコメントに返信
※165
その、キャベツの収穫の機械はいくらだよ、あとメーカー名は、言ってみなさい。
170.名無しさん:2016年03月12日 11:49 ID:iERV5lq80▼このコメントに返信
※169
調べたらいくつも出てくるよ。
答えるまでもない
171.名無しさん:2016年03月12日 11:51 ID:NCWZ5KJa0▼このコメントに返信
※170
お、逃げた。
172.名無しさん:2016年03月12日 11:53 ID:iERV5lq80▼このコメントに返信
※171
ヤンマーキャベツでggrks
173.名無しさん:2016年03月12日 11:54 ID:HTko7gZ10▼このコメントに返信
※163
中間搾取の連中に売るからそうなるんじゃね?
スーパーやレストランにネットを通じて注文受ける方法で直接売れば?
174.名無しさん:2016年03月12日 11:57 ID:8Uqv8ys20▼このコメントに返信
なんで日本は区画整理して大きな家を建てないの(笑)
区画整理して大きな家を建ててアメリカ、オーストラリアに大きさで勝てると思っているの(笑)

日本の中でどれだけ努力してもそもそも土地の広さが違う海外には勝てないよ
175.名無しさん:2016年03月12日 11:57 ID:kt.4s.la0▼このコメントに返信
こんな案はどう? まずJAを新組織にする。加盟するには農地の貸出が必要。これが一種の株のように、面積に応じて配当がもらえる。JAは農作業をする社員(ここポイント)を募集する。農作業員や農具をシフトしながら、各農地での農作業や収集を行う。こんな感じ。代々の土地を手放す必要もないし、高齢でもお金が入ってくる。また若者は職業:農業じゃなく会社員になる。これはメリットあるだろ? 効率上がるしいいと思うんだが。
176.名無しさん:2016年03月12日 11:58 ID:lzOCgpSt0▼このコメントに返信
※173
その方法で年間何百トンも売れるなら大人気農園じゃね?
まして企業化大規模化するって話題なんだから、数万トン、数十万トンその方法で捌かなきゃいかんわけだが
そもそもそうなってくると田舎市場も受け入れるキャパないだろうけどね。
177.名無しさん:2016年03月12日 12:00 ID:NCWZ5KJa0▼このコメントに返信
※172
去年できたばっかりのだろ、ここのみんなにわかるように、値段書けと言っているのだよ。
178.名無しさん:2016年03月12日 12:01 ID:BeNEs6LA0▼このコメントに返信
※174
100人ぐらいで通夜葬式できるぐらい広いけど何か?
179.名無しさん:2016年03月12日 12:07 ID:33BqbnZq0▼このコメントに返信
否定的コメントが多いですが、実践してて上手くいっている事例沢山有りますよ
180.名無しさん:2016年03月12日 12:09 ID:NCWZ5KJa0▼このコメントに返信
ちなみに、ヤンマーのキャベツ収穫機は、発表しては絶版を繰り返し、ロストテクノロジーとまで言われている。
あと、キャベツ本体に傷が付きやすく、そのせいで、ただでさえ安い値段が、ますます安くなる。
181.名無しさん:2016年03月12日 12:09 ID:g6T8wSG.0▼このコメントに返信
土地が狭いから、ではない。
一番問題なのは各農家が持っている細かい田畑を一つに集約化できないこと。
182.名無しさん:2016年03月12日 12:09 ID:oxtrwNYH0▼このコメントに返信
国が主導で大規模農業すれば食糧自給率は大分上がるだろうな
やらないのはなんか利権があるからだろ
183.名無しさん:2016年03月12日 12:09 ID:oGcLN0eSO▼このコメントに返信
日本人は農業に理解無さ過ぎ
今の値段高いからと商社が野菜輸入しまくった結果
野菜価格安過ぎて儲からない
商社マンは日本人が安く野菜が買えるようになったのは俺たちのおかげとか思ってそう
野菜の買取価格を4倍と言わないからせめて2倍にして
184.名無しさん:2016年03月12日 12:10 ID:BeNEs6LA0▼このコメントに返信
※179
たくさんはない
成功率は3%程度
185.名無しさん:2016年03月12日 12:12 ID:g.Ud5hJJ0▼このコメントに返信
>農耕具もレンタルせずに使えるし

これは昔からやってるとこ多いみたいだぞ
問題は経営だろうな
186.名無しさん:2016年03月12日 12:12 ID:lzOCgpSt0▼このコメントに返信
※179
その成功農家がうはうはになってるなら
余りある資金で土地購入して事業広げればいいのでは?
もしくは御殿がたって外車乗り回してれば、周りがまねすると思うよ。
187.名無しさん:2016年03月12日 12:12 ID:BeNEs6LA0▼このコメントに返信
※182
農業と工業の兼ね合いからこうなった
結果的に工業は海外生産になったから、殆ど意味なくなったけどね
関税に関しても、日本は米と牛肉以外はむしろ非常に低い
米以外は関税障壁がないようなものだから、高く売れる作物というのがあんまりないのが現状
安い海外産に駆逐されたからね
188.名無しさん:2016年03月12日 12:13 ID:iERV5lq80▼このコメントに返信
※180
そうなの?へー知らなかった。
具体的にどの部分にどういう傷がつくの?

あ、自分がキャベツ作ってるかどうかは伏せておくわ
作ってるものまでいったら身バレしかねないからな。
189.名無しさん:2016年03月12日 12:13 ID:B9qIh.Lo0▼このコメントに返信
農協を筆頭に完了側は農業意識が壊滅してるからな。
あと手を入れるべき所と手を抜くところを勘違いしてる人も多いし、質と量なんて言ってたら機械化はまだしも自動化なんて舐めたこと言ってる場合じゃない。
自動化したいならその土地限定で数十年はデータ取りしたうえで機械自身が新しいことを予測するとかしないとな。
190.名無しさん:2016年03月12日 12:15 ID:iERV5lq80▼このコメントに返信
※184
その成功率ってどこからとってきたの?
それに、成功してる人がいるなら、成功者を拡大させればいいだけでは?
191.名無しさん:2016年03月12日 12:16 ID:BsJbF1.Y0▼このコメントに返信
おれはしろうとなんだけど役場にいって農業はじめると相談したけど適当にあしらわれたね。話にならなかった。地主と直接交渉のようだ。土地なんて勝手にすみこんで居座った方が勝ちなんじゃないか?個人でやろうなら、50メートル級の崖とかどうするよ。そんなのしかないからな。やきばたか発破するしかないんじゃないか?どれもできないがな。送電線とか、個人の家とか、あるので、そんなことをすると死者がでそうだ。やれるのは東南アジアとかブラジルぐらいじゃないか?はじめから土地、機材とかもっていると楽なのだが、敷居がたかすぎて、貧乏人が農業なんてやるもんじゃないね。山賊ぐらいのものか?通行人にたいし通行料をとるとか?それって国のやっていることと、かわらんな。
192.名無しさん:2016年03月12日 12:16 ID:hSNnhC7F0▼このコメントに返信
個人から法人の転換期
大規模経営になりつつある。
193.名無しさん:2016年03月12日 12:18 ID:lzOCgpSt0▼このコメントに返信
※182
政府主導でってことはそこに集中的に予算を使うということだと思うけど。
できないのは
国民が農家ばっかり優遇するな!俺たちの税金を使うな!って怒るからでしょ。
・国が最低価格保障(全国平均で一人頭年収600万になる程度)で総量買取。
・収穫悪い場合も平均収穫量の何割かの所得保障
このくらいやれば一気にふえるんじゃね?
194.名無しさん:2016年03月12日 12:19 ID:ArxQ62uh0▼このコメントに返信
大規模農業と簡単に言うけど広くなれば当然コストやリスクも上がる。
アメリカ位広ければそれを吸収出来るが、日本の耕作面積じゃ利益が出ないんだよ。
大量に作れば作る程単価は下がるし別のもの作ればそれぞれ別経費が発生する。
リスク分散の難しい農業と言う特性もあるし、天候・災害等リスク時の再起するだけの資金体力確保とかな。
日本でも大規模農業の可能性は、昔から検証されてるけど難しいって結論に収支してるんやで。

195.名無しさん:2016年03月12日 12:21 ID:B9qIh.Lo0▼このコメントに返信
※174
タダでさえ不毛な大地が大半なのに無計画で水源潰しながらやってるからな。
いつ水が尽きるかのチキンレースやってるからなその二カ国、石油と一緒で搾り取る技術も上がってるから延命は可能だろうけど延命した分土地死ぬだろうなと眺めてるが。
196.名無しさん:2016年03月12日 12:22 ID:8Uqv8ys20▼このコメントに返信
※178
アメリカでは100万人ぐらいで通夜葬式できるぐらい広いけど何か(笑)
197.名無しさん:2016年03月12日 12:22 ID:iERV5lq80▼このコメントに返信
※194
いや、利益でるからw
日本はアメリカにくらべて水資源が豊富、アメリカは水が高い。土地の広さだけじゃないコストがある
しかも複数法人、大規模化へ舵をきったところが成功し始めてる。
これは、農業だけじゃなく、第一次産業全体でいえることだけども
198.名無しさん:2016年03月12日 12:23 ID:9HQdrxGg0▼このコメントに返信
農業ではなく漁業で法人会社員として働いてたけど事業としてやる場合は相当のリスクが有るのよ一次産業の場合、取れ過ぎたら価格は直ぐに暴落するし天候や気象による自然的な影響をもろに受けるから利益が安定しないし人件費も含め維持費が個人でやるのとは段違いにかかるからね
199.名無しさん:2016年03月12日 12:26 ID:9W6OrmeT0▼このコメントに返信
なんか必死になってる奴が居るが、詐欺師に似たしゃべり方してるのに気がついてないんだろうか。
200.名無しさん:2016年03月12日 12:27 ID:B9qIh.Lo0▼このコメントに返信
あと気にしてない人が大半だろうけど間違ってもF1とかの遺伝子操作品種はNG控えめに言っても碌でもないことになる、というかなってるから。
201.名無しさん:2016年03月12日 12:28 ID:CdqbNf9e0▼このコメントに返信
近年まで企業資本が入るのを規制してた。いい意味でも、悪い意味でも

今でも農業法人の役員は、現地で一定期間作業しなければならないなど
都心や海外から金と命令だけの農業参入にならないような規制はある

それも変わっていくだろうね。
202.名無しさん:2016年03月12日 12:28 ID:G.FPtVUf0▼このコメントに返信
日本の農業を抜本改革したかったら、農地法と水利権に手をつけなきゃならん。
これが利害関係が複雑すぎて、えらい大変なのよ。
下手に緩和すると大陸から札束もって買いに来る人もいるだろうからな。
だが、耕作放棄地の相続あたりから手を付ければ、ゆっくりなら何とかなるかもしれない。
203.名無しさん:2016年03月12日 12:30 ID:8Uqv8ys20▼このコメントに返信
大規模経営で利益が上がるのは米、小麦粉、キャベツ、ジャガイモなどの平面で二次元的に機械で収穫できるものだけじゃないの?

りんご、ぶどう、なし、ももとか山地の中で人の手でしか収穫できないものはどうするの?
204.名無しさん:2016年03月12日 12:31 ID:BeNEs6LA0▼このコメントに返信
※190
銀行数社から聞いた統計
資本のある土建屋他の企業が農業法人を建てて、
5年以上持った例
100社中3社しか生き延びてないそうだ
だから銀行は、付き合いやコネがないと出資しない
出資する際は焦げ付く事を最初から織り込んで、損として処理する準備をセットでするそうだ

成功している例はいくらでも当たるけど、
失敗した例はひっそり終わるから情報がなかなか集まらない
金出す連中でなければ正確な数値は把握しづらいね
205.名無しさん:2016年03月12日 12:33 ID:lzOCgpSt0▼このコメントに返信
※203
そいつら今以上に収穫増えても売り切れないんじゃね?
増えた分だけ価格が下がるだけでいいことなさそう。
206.名無しさん:2016年03月12日 12:34 ID:oSMQ43790▼このコメントに返信
農水省の役人が天下る農協の命令を聞かない大企業が農業に参入したら農協が潰れるから農水省が妨害してる
207.名無しさん:2016年03月12日 12:34 ID:ig6nYmNw0▼このコメントに返信
アメリカ農家の大半は超高価な機械代の返済だけが人生になってしまってるというのに大規模経営推しなんて何考えてるんだか
大規模推したがってるのは農機具メーカーと肥料・農薬・除草剤メーカー
208.名無しさん:2016年03月12日 12:37 ID:B9qIh.Lo0▼このコメントに返信
米205
そのためにもブランド化に成功させないといけない、そのための農薬、化学肥料未使用による生産なんだが。
昨年の農協の畜生ぶりをみてタダでさえ着水してた評価がマリアナ海溝に沈んでいったな。
209.名無しさん:2016年03月12日 12:38 ID:X8AerQTj0▼このコメントに返信
※139
農水省がそこら辺の法整備してみようか、なんて話をしてるよ。
ただ、理由はよく分からんがJA全中が拒否反応を示しているらしくて話し合いもクソもないらしい。
新聞でちらっと見た程度なんで詳しい内情は知らんけど。
210.名無しさん:2016年03月12日 12:39 ID:BeNEs6LA0▼このコメントに返信
※208
農薬、化学肥料未使用は結局情弱を騙しているだけだから、農協以上に畜生だぞ……
211.名無しさん:2016年03月12日 12:40 ID:NCWZ5KJa0▼このコメントに返信
現在、少しずつ、安全で美味しい農作物はそれなりにいい値段する、って傾向が出てきて、多少好転しつつあるけど、生産量は限られて、ネット販売や庭先売りでしか対応できないのが残念。
大量生産品は、どうしても質は落ちる、これは農作物も同じで、市場への出荷品も質の向上を努力しているけど、収量は落ちるね。
一部の、例えばブランド化したネギのように値段が向上すればいいのだが、相変わらず、市場での値段は安過ぎるから、変化には時間がかかる。
212.名無しさん:2016年03月12日 12:42 ID:ma0O07FSO▼このコメントに返信
俺は今年から農業始めたけど、市場に出した時の値段がかなり安い。一応共同体みたいな組織で出してんだけど俺のだけ違う値段つけてんだよね。文句あるなら言えばいいのに言わないしさ。社会ってそんなもんだよ。
213.名無しさん:2016年03月12日 12:42 ID:fyHS.HkB0▼このコメントに返信
浜松町にどこかの建築会社が、店舗の中で野菜を栽培するサービスをしてた。
あれを地方で大規模でやれば、天候に左右されることなく出来るのになぁ。

利権とか、旧来の法の規制とかが邪魔で、展開できなんだろうか?
214.名無しさん:2016年03月12日 12:45 ID:5EGUxM8n0▼このコメントに返信
法人大規模農家の話してて、なぜか国内の土地の話…
グローバル化で、国外農園と運営って話が出てない事にワロタ。

それに今の注目は、屋内生産施設による管理生産関連じゃないのか?
水、空気、農薬など、必要最低限でのクリーンな生産。
品質売りでブランド化が今急速に進んでるって話じゃない。
きたるべき氷河期、中国による大気汚染に備えて、これらの技術とブランド化を早急に整え、世界企業にしなきゃならん。
215.名無しさん:2016年03月12日 12:47 ID:B9qIh.Lo0▼このコメントに返信
米213
水性栽培で可能な作物限定のうえ大量の水、肥料、電気とメインにするには頼りなさすぎて。
あと密閉した空間なのも多いから病気、カビにも脆弱で克服すべきものもまだまだ多い。
216.名無しさん:2016年03月12日 12:50 ID:Qb9obC7s0▼このコメントに返信
例えば、自分が住んでいる地域の住人に「事業やらせてください」って声掛けて、そいつらを束ねて事業ができるかを考えたら、とてもじゃないけど無理だろ。

零細農家を集めて大規模農業って、思いつきとしては面白いんだけど、障害が多いが儲からない。
217.名無しさん:2016年03月12日 12:50 ID:CZcLS4l40▼このコメントに返信
※155
農地を買うにしても農地法の関係で購入者相当制限されている。(農業をしない者は農地を取得することができない)
自治体によって違うらしいけど基本的農家でない人間が農地を取得するには、相続、贈与、長期間の乗っ取りでしか農地を入手できない。
(もしくは農地から宅地に変更して購入、そこからまた農地へ変更する等の手段使えば土地は買えるだろうけど、色々役所への手続きが面倒くさいし時間とお金もかかる)これに関しては農家をメンバーに巻き込めば簡単に解決するけど。

たしか日本はアメリカみたいにどでかい土地が丸ごと空いているわけではなく、薄く広い感じで農地があるのでまとめるのが大変らしい。(たしか一定の範囲内に一定上の農地がないと大規模と認められないのか)
耕作放棄地でも元水田か元畑かで土壌変更の手間や金も違うし、土地の相続人がいない状態で亡くなって放棄され、所有者なしの耕作放棄地もあるから税金を増やせばすぐに手放すだろうと言う問題でもない。
218.名無しさん:2016年03月12日 12:51 ID:ma0O07FSO▼このコメントに返信
屋内でやってるのは未だに試験的なやつが多い。初期投資の値段も高い。屋内でやるメリットは病気とか害虫や獣害がないとかあるけどカビとか別のデメリットとかあるし建物自体にダメージがあったりする。
219.名無しさん:2016年03月12日 12:51 ID:8Uqv8ys20▼このコメントに返信
※195
そのとおりですね。いつかインドのモエンジョ=ダーロのように塩害で滅ぶようなやり方に
合わせて利益を出せ、ということが無理な話。

もうすでに中東の砂漠でやっているセンターピボット式は、塩害で収穫できないところが出ているそうです。
220.名無しさん:2016年03月12日 12:51 ID:BeNEs6LA0▼このコメントに返信
※214
屋内生産施設に関しては、さっそく大規模にやっている所がコケた
書こうと思ったら215にコケた理由が出てたけど
半ば実験施設だったから失敗も織り込み済みのようであったが、
とにかく費用がかかる、その費用をペイするだけの売上は見込めないとのことだった
今後はいかにコストダウンしつつカビ等の対策を進めるかが課題っていう報告結果だったな
221.名無しさん:2016年03月12日 12:54 ID:lzOCgpSt0▼このコメントに返信
※213
エネルギーがかなりかかるんじゃ。
核融合が来ればね。水は海からろ過、光も、消毒用のオゾンも、気温も
必要なものの殆どを電気無尽蔵につかって供給できるんだけどね。
222.名無しさん:2016年03月12日 12:54 ID:8u76HJEw0▼このコメントに返信
よし株式会社TOKIOに農地を集約してもらおう
223.名無しさん:2016年03月12日 12:57 ID:NCWZ5KJa0▼このコメントに返信
農業は、一部の例えばレタス(結球はのぞく)のような、機械化すれば一年中収穫できるが、大半は、年間一回から数回しか収穫できない。
この事は、収入が制限される為、なかなか変化するのが難しい原因でもある。

うちも、強風でビニールハウスやられて、張り変えるのに、半年かかったからね。
農業の基本は我慢って、今の人の最も嫌がる仕事だから人口は増えないのも仕方ない、だから、新人さんに誰も期待しないのが本音です。
224.名無しさん:2016年03月12日 12:58 ID:rC3QyFG50▼このコメントに返信
>104
会社にすると社員をやとった場合豊作かどうかにかかわらず
給料を払う

不作の時に給料を出さなきゃならん。
豊作の時は相場が激安になるので仕事分の稼ぎが出ない。
周囲が不作の時に自分所だけが豊作の時とかたまたま天候の加減でタイミングが良かった時に大儲け。

こんなギャンブルに近い状態で人を雇って、倒れる時の道連れ増やすのは心苦しいのでな
ダメなときは自己責任として家族だけで倒れたい
225.名無しさん:2016年03月12日 13:01 ID:G.FPtVUf0▼このコメントに返信
エネルギー供給だけを考えるなら、砂漠で太陽光発電して閉鎖循環ユニットでやる、という発想もありうる。
まぁ、輸送をどうにかしないと「生産」だけしか成り立たないんだがな。
226.名無しさん:2016年03月12日 13:01 ID:vSRaw3z5O▼このコメントに返信
農業てくくりじゃないかもしれんが、きのこの栽培は工場化してる。
1の言わんとしてるのとは違うと思うが
227.名無しさん:2016年03月12日 13:05 ID:j0afVKjs0▼このコメントに返信
いや、普通に法律で企業が農地を所有することを禁止してるからだろう。
借地でやることはできるが、それだと安定した経済活動にならない。
農地は土づくりが重要で借地契約で農業を始めると
土地の改良が終わって収穫が増え始めたころに土地を返せと言われたり、
果実園で木が実を付けるのに10年近くも掛かるのにその頃に土地を返せと言われると
商売として成り立たない。

結局は戦後の土地開放で規定された農地改革法が現状に合わなくなってしまっているわけだ。
228.名無しさん:2016年03月12日 13:07 ID:Kjtav9Ix0▼このコメントに返信

EU諸国&アメリカの白人「そんな事されたらワイらが困るやろ、おとなしゅうワイらから買うとけ」
229.名無しさん:2016年03月12日 13:08 ID:B9qIh.Lo0▼このコメントに返信
米227
そうなんだけど薬ぶち込めばOKな脳みそプリンのが多すぎてな、農業で10年20年は覚悟しないと安定した品質と量の目処すら立たないとかざらなんだけどな。
230.名無しさん:2016年03月12日 13:08 ID:ZqZ.bku60▼このコメントに返信
農家の平均寿命が上がり、更に土地を相続したけど農業やる気ない人は増えてる。
そういう人は知り合いの農家に、ほとんどタダに近い価格で自分の土地を貸してるよ。
だんだんそうなってくるから必然的に大規模化してくるんじゃないのかな。
ただ、専業でやっても、水田は水を水平に引かないとダメだから、傾斜の急な日本では
米国規模での作付けはできないだろうけど。
高層ビルみたいなもの建てて、完全オートメーションで農業やらないと米国や豪州には
対抗できないと思う。
それだけの投資を個人農家ができるわけもないから、農業に対する国家ビジョンがいるね。
酪農とかは、家畜の出す鶏糞などを発酵して肥料にしたり、その過程で出るメタンガスを
水素に変えたりするセンターがあれば、何とか補助金代わりに出来そうだけどね。
残飯を処理して得られる利益を農家に支給できるといいんだが。
231.名無しさん:2016年03月12日 13:09 ID:BeNEs6LA0▼このコメントに返信
※227
きちんと法人化すれば持てるよー
博打に近い分野だから、企業側も部門を法人化していざとなったら切り捨てられるようにするのが当たり前だから、
そこはあまり問題にならない
232.名無しさん:2016年03月12日 13:10 ID:NCWZ5KJa0▼このコメントに返信
無人庭先売りの番に戻ります。
最近、盗難が増えて困る。
233.名無しさん:2016年03月12日 13:10 ID:HGe.EObU0▼このコメントに返信
GHQが地主から小作人に土地を分割したせい
234.名無しさん:2016年03月12日 13:11 ID:BeNEs6LA0▼このコメントに返信
企業が参入する際の最大の障壁は資金調達
よほどの事がないと銀行は金出さんからな
自前で初期投資揃えると十億単位じゃきかなくなる
235.名無しさん:2016年03月12日 13:12 ID:CQlij3Oj0▼このコメントに返信
地元で農家の親父たちが集まって法人で農業始めたけど
田舎の頑固者親父たちが集まって仕事するもんだから
やり方の違いでだいぶもめて空中分解状態に陥った
どこの地方でもこんな状態になるんじゃない?
236.名無しさん:2016年03月12日 13:23 ID:BeNEs6LA0▼このコメントに返信
※235
うちんとこは上手く行ってるよ
ぎゃあぎゃあ騒ぐおっちゃんが居ないし、
態度デカイ人はデカいだけあって有能&伝手が県外まで届くぐらい、アホみたいに広いし
農地も昔から県の圃場整備事業で広大化&効率化している場所だからさしたる苦労もない
まあ圃場整備事業の負担金は重いんだが
237.名無しさん:2016年03月12日 13:23 ID:6Nhez0Ia0▼このコメントに返信
アメリカ方式の農業経営のするにもGHQ統治の時にその手のノウハウ全部ぶっ壊したからなw
ただでさえ狭い土地を更に細切れにして大規模集約農業の真逆の方向に進ませたんだからそりゃ破綻する
細切れにしたものを再集約させる金を出せる地主をぶっ壊した以上は零細小作農がしないといけない事になるがそんなもの資本不足で不可能
数十年遅れで集約させようにも細切れにされた権利関係で進まない
238.名無しさん:2016年03月12日 13:38 ID:PDLqDlL40▼このコメントに返信
1,金が無い
2,農学はあるが経営学がない
3,農協がやらせはせんぞぉしてくる
4,そもそも農民になる基準クリアが面倒で世襲でも土地拡大は周りの農家から土地を借りないといけないが貸してくれないので無理
239.名無しさん:2016年03月12日 13:42 ID:uVGnkifz0▼このコメントに返信
例えやっても北海道くらいしか成功しないぞ
日本の農地はよくこんなとこを開発したなあというこま切れの土地が多く
こういう場所は農民の個人的努力に依存していてコスト重視の企業だと切り捨てられる
企業レベルでやれるほど何キロも平原が続く場所は北海道くらいしかない
虫に触れずクソの臭いの嫌いな潔癖症の都会人ほど農業に妙な幻想を持ってる
240.名無しさん:2016年03月12日 13:42 ID:Y8kyVCSJ0▼このコメントに返信
土地はあるが、金と人が足りない。農業畜産業漁業林業などの大規模生産を行い、
食料資源素材肥料などの自給率向上は、自主防衛に必須だからな。
241.名無しさん:2016年03月12日 13:49 ID:BZKnuuYM0▼このコメントに返信
とりあえず色々出た話をまとめるとこんな感じか?

1.日本は国土が狭い上に山がちな地形のため耕地面積が低い。

2.ただでさえ狭い農地を歳食って動けなくなった高齢者農家が抱え込んでるから放置&休耕地だらけ。また農地は相続税に凄まじい優遇措置がかけられてるので、老害が死に絶えても次の世代が同じ事を繰り返す(休耕地にしておいて兼業農家として会社員やってても減反補助金が入る)。

3.食管法と農地法で雁字搦めにされており、農協指導なんかにも嫌気がさしてる若年層は農家を継がない。

4.そもそもよっぽどの効率と規模で回さないと専業農家は食っていけない。

5.農地は法的に他用途への転用が極めて難しく、その逆もまた然りなために放置&休耕地を他人名義で蘇らせるのは困難。

6.法人格としての農作企業が採算の充足を図るには一定以上の規模の農地が必要であるため(社内の非生産従業員のコストも考慮しなければならない)、5のような農地取得を阻害する要因が多い現状では大企業も採算無視の試験運用(将来の規制緩和化に備えた)しかできない。

7.個人農家を駆逐する可能性の高い農作企業化への規制緩和はTTP以上に農民からの反発が強く、農民票で動いてる地方国会議員や条例を制定する地方議会が政治生命を賭けて妨害してくる。

2と6と7の既得権益を破壊しないと農業法人化は軌道に乗らない。農業への情熱(笑)に溢れた若手農家が既得権益の枠の内側から組織化するという道くらいしか全うな手段が無い。それでもそういう頑張る若手農家を妨害するのが利権団体・農協のお仕事の一つでもある。
242.名無しさん:2016年03月12日 13:55 ID:O4qPbrKX0▼このコメントに返信
戦後農地開放で大地主が消えた 耕作放棄地を買い上げて大規模農業を認めやすくするしかない ただ海外で暮らしたことがあれば分かると思うが日本の米は本当に旨い この旨さが世界に認知されれば少々高額でも安心で旨い日本の米は生き残れると思う そのためには小規模経営ではなく
大規模集約型にする必要がある 
243.名無しさん:2016年03月12日 13:59 ID:gW7M..f70▼このコメントに返信
大規模では臨機応変な作業がきめ細かい不可能になる。
気象変動への対応、国際相場への対策で、産業ではない
博打に成り下がる。
244.名無しさん:2016年03月12日 13:59 ID:58.deIep0▼このコメントに返信
そうですか
245.名無しさん:2016年03月12日 14:05 ID:LXrDrEPO0▼このコメントに返信
うちの地元はもう数十年も前から組合でやってるで
地区の人間が集まって農機具を共同で買って田植えから収穫までみなでやるんや

ただな、地区という概念が薄れつつある上に、
面倒ごとの押し付け合いになってしまってる
兼業を嫌って出て行く若者も多いから後何年続くのやら
やっぱり今の時代は専業の人間が経営するのが一番なんだろうな
以降するにも土地信仰を持った世代を黙らせるのは難しいだろうから20年はかかるな
246.名無しさん:2016年03月12日 14:05 ID:CCQj2SSE0▼このコメントに返信
もはや、GDPへの貢献は期待していない。

水田があることで、なにか、荒れ野にならずにすんでいると思う。
補助金は、田畑、森林の管理費用。w
247.名無しさん:2016年03月12日 14:09 ID:CCQj2SSE0▼このコメントに返信
草がはえず、雨水をしっかり吸収するアスファルトでおおえばいいか。
248.名無しさん:2016年03月12日 14:10 ID:iSSYkz.N0▼このコメントに返信
OECDの統計だと、価格維持も含めた補助額では日本上位なんだよね。
この業界の統計はどうも出所によってバイアスが激しくて、何が正しいのやら分からんなぁ。
249.名無しさん:2016年03月12日 14:11 ID:NCWZ5KJa0▼このコメントに返信
※241
現場の声と違う、悪意のまとめご苦労。
250.名無しさん:2016年03月12日 14:11 ID:uVGnkifz0▼このコメントに返信
※240
土地はあると言っても日本は山がちで大規模農業に向いてる土地が少ない
山の斜面を切り開いた棚田や段々畑とかは機械が入れにくく費用対効果が低い
1円のコストも気にする営利企業が手を出すわけがない
金儲けをあんまり考えないボランティア農業だと外国の70年代の左翼の農業コミューンのように全員不幸にしかならん
251.名無しさん:2016年03月12日 14:16 ID:yScrFD.R0▼このコメントに返信
大規模経営してたのが、戦後に農地解放と称して強制的に小規模化させられた。

ここを忘れるように教育されてるから、こんなスレが立つ
252.名無しさん:2016年03月12日 14:19 ID:BeNEs6LA0▼このコメントに返信
※250
逆にいうが、これぐらい山がないと農業に不可欠な水資源が足りなくなるっていうね
前のレスにも出ているが、海外は塩害が発生しつつある
農業に適している土地は案外多い
既に他の用途に使われている事が多いだけで

日本全体でみると田舎にいけば大規模集約農法に適している地帯はかなりある

それに海外も費用対効果で言えば補助金で成り立たせている国が当たり前よ
アメリカだって農業生産高より高い補助金でやってんだから
253.名無しさん:2016年03月12日 14:25 ID:BsvE8f1P0▼このコメントに返信
GHQが語源通りの「たわけ」をやったからな。上でも皆言ってるように地主=経営者、小作人=社員という構造だった。
ただ昔はまともな労基法なんか無かったから非常にブラックであったのは確かで、逆に言えば現代だとその問題は薄くなる。
あと北海道しか大規模無理とか言ってるが、実は「使える平地、盆地」は以外とある。(まあ既にそういう所は田んぼになってるんだが)
問題は土地売買が何年か前に緩和されたせいで、完全に潰され建物が建ってしまう元田畑があること。
254.名無しさん:2016年03月12日 14:26 ID:O4qPbrKX0▼このコメントに返信
志が高くても今の農業では休みもなく365日働き続けても実入りは少なく、高額な農機具の負担を背負いつつ、決して自分の子供に稼業を継がせたいとは思わない それが日本の農業 キレイ事では済まない そもそも米を食わなくなった日本人の意識から変えていく必要がある 5kg2000円くらいでスーパーで売られている米が高いと文句を言われるようでは小規模農家はもう生きていけない 耕作放棄地をまとめて安く国が買い上げて
大規模集約化を図り、食料自給の観点でそこで働く作業員をみなし公務員として給料制にでもしない限り、若い世代の担い手は増えない 
255.名無しさん:2016年03月12日 14:33 ID:P.1gnI3i0▼このコメントに返信
※242
ブランドを確立すれば少々高額でも高く売れる・・・・
米農家なら分かると思うが、それが幻想。
日本で最高価格の2015年の魚沼産コシヒカリの卸価格はついに1俵2万円割れ、という現実
1町歩で75俵収穫しても150万円にしかならない。
大規模経営による効率化とか、少々高額、くらいではとてもとてもやっていけないのよ
ちなみに今は廃農したタバコ農家を知ってるが
止めた時でも1町歩当たり520万円でJTに売っていた
256.名無しさん:2016年03月12日 14:34 ID:uVGnkifz0▼このコメントに返信
※251
昔はやれたって当時の小作人と同じ条件で雇えるわけないでしょ
まともな給料を払うなら起伏のない大平原で大型機械を使って省力で大量の作物を作る方法しかない
あるいは農業コミューンのように儲けを無視したコルホーズやって理想が破れて全員逃げ出すかだ
257.名無しさん:2016年03月12日 14:37 ID:Kjtav9Ix0▼このコメントに返信
万が一日本が大規模農業できるような法改正に動くような事があれば
アメリカの穀物メジャーのカーギル等が米国政府に訴え、全力で潰しに来るさ
まぁ無理だよ
258.名無しさん:2016年03月12日 14:38 ID:U2HeGB5e0▼このコメントに返信
ここで出てるくらいJAが支配的なら、それは大規模経営じゃないの?
259.名無しさん:2016年03月12日 14:40 ID:s3wgcviS0▼このコメントに返信
数が必要だった小作人の代わりに、現代は機械があるんだよw
260.名無しさん:2016年03月12日 14:40 ID:BeNEs6LA0▼このコメントに返信
※256
大平原で大型機械って、天候不順一発でアウトになるうえに、
豊作なら豊作で価格割れが起きて大赤字になるんだよ
なんで海外がそれで成り立っているかっつーと、まるっと補助金注入してるから
前のレスにもあるとおり、アメリカの米なんかは米の売価の二倍のコストがかかってる
それに+して利益分を行政が補助金を支払ってる
同じことやったら同じように大赤字が生まれるんだぜ…
261.名無しさん:2016年03月12日 14:41 ID:kk9zFT4k0▼このコメントに返信
農地解放が悪い
マッカーサーが悪い
262.名無しさん:2016年03月12日 14:43 ID:.QPjILNs0▼このコメントに返信
農事組合法人から株式会社に組織変更した
農業団体は結構見かけるけどね。

大規模化可能な農業団体はもうとっくの昔に小売業者と直接取引きを行い
不可能な零細農家は今まで通りJA頼みになっているのでは?
263.名無しさん:2016年03月12日 14:47 ID:LcqywAaM0▼このコメントに返信
農業の企業化は大事だろ。高級果物とか余剰の米とかアジアじゃ立派な商品に成り得るがそれを捌く商社機能を個人では持ち得ない。既存商社もいまいち代行していない。
農業機械の利用は地域毎で使う時期が異なるがリースなどで融通しあったり農薬や種苗の共同購入なんてこともやるだろ。業務提携でスケールメリットを見いだしたりなんてことも可能。個人だとアバウトになりがちだが企業なら契約書とか取り交わしてかっちりこなせるだろう。
補助金はそれなりに大きいのかもしれないが補助金以上のメリットが見いだせるなら問題ない。補助金関係無しなら減反とかも関係ない。政府が米の流通量をコントロールしようと思うのなら大農家たる企業農家にも補助金を出してコントロールしようとするだろう。結局オールオーケーのノープロブレムだ。
264.名無しさん:2016年03月12日 14:49 ID:m9LB9mqX0▼このコメントに返信
上から下まで、なんもわかってないのに文句だけ言うのが好きな人たちだな
口出す前に耕作放棄地1反でも農地に仕立て上げてみろよ
265.名無しさん:2016年03月12日 14:52 ID:6BPHQBOm0▼このコメントに返信
戦後農業改革による零細化
266.名無しさん:2016年03月12日 14:53 ID:6BPHQBOm0▼このコメントに返信
※264
それな。
267.名無しさん:2016年03月12日 14:54 ID:BeNEs6LA0▼このコメントに返信
※263
自前で加工施設を都合して、付加価値と消費期限の延長して出荷可能な範囲を広げたりね
実際うちんとこの法人でもやってるよ
米のような保存が効くものならともかく、その他は収穫した後の製品寿命が短いからね

補助金はそれなりに大きい、どころの話じゃなく、国際競争力や企業の存続に関わるから、とてもでかい話だよ
そこだけは認識しておいて欲しい

なんか補助金=減反とかって認識のようだが、
海外の場合は売価そのものに関わるから、もう日本とか考え方からして違う
国民側も農業は国で支えるものって認識だから、国民自体の考え方が違う
戦略物資でもあるからね
268.名無しさん:2016年03月12日 14:57 ID:LXrDrEPO0▼このコメントに返信
※253
驚いたね、私は田舎の出身だが、
GHQの農地改革を「たわけ」などという人間は初めて見たよ
そりゃ、元の地主一族の連中は不満を持っているだろうが
その他大勢の小作人はそれは感謝したもんだよ
歴史の授業でもそう教えているはずだがな

私の生家に行けば小汚い土間と薄暗い屋根裏の部屋が残ってるが
あんな狭い家でこき使われていた祖父母を思うといたたまれないね
今は本当に良くなった、私は直接知らないが、聞く話、残っている建物や物を見るにね
269.名無しさん:2016年03月12日 14:57 ID:uVGnkifz0▼このコメントに返信
※259
機械を使う場合小さい畑や田んぼには小さい機械しか入らない
小さい機械では一日当たりにこなせる仕事の量が割に合わんのだ
個人の道楽ならそれでもいいんだが法人では事務方の給料や会社の維持費が必要だから小作人はもっともっと稼がんといかん
今専業で農業やってるやつって一人で何haもの広大な土地を管理してるが法人になるとその3倍くらいは一人でやってくれんと会社として成り立たん
270.名無しさん:2016年03月12日 14:58 ID:NCWZ5KJa0▼このコメントに返信
※264
同意、雑草が減るまで何年かかるか。
271.名無しさん:2016年03月12日 15:02 ID:lNETqHFS0▼このコメントに返信
耕作放棄地に水耕栽培工場造ってガンガン量産したらええねん
農地法改正はよ
272.名無しさん:2016年03月12日 15:02 ID:QV6eBj8K0▼このコメントに返信
地主制度ってそのまま企業になるポテンシャルがあったんじゃないかなぁ
潰さない方がよかったんじゃ
273.名無しさん:2016年03月12日 15:06 ID:BeNEs6LA0▼このコメントに返信
※263
それと補足
高品質高価格なものは需要が頭打ちになりつつある
中国を見込んでいた企業は多かったが、昨今は政情不安定になってるから
昨日までの金持ちが一日で没落なんてザラのようだからね
その他の国に対しても、東南アジアの富裕層の数はたかが知れている
米や欧州には遠すぎる

今あるブランドだけでも需要が飽和しかかってるのに、新たにブランド立ち上げて…
っていうのは現実的な話ではない
274.名無しさん:2016年03月12日 15:07 ID:uVGnkifz0▼このコメントに返信
※272
自分が小作人で働くんじゃなけりゃな
ワタミくらいでブラック企業と言ってるやつが無償で働いてくれるの?
275.名無しさん:2016年03月12日 15:07 ID:BeNEs6LA0▼このコメントに返信
※271
話題がループしているが、
水耕栽培工場は現時点では赤字にしかならないことが証明されてる
276.名無しさん:2016年03月12日 15:13 ID:b26TGl350▼このコメントに返信
TPPで壊滅するのは目に見えてるからな
農業従事者がすごい勢いで減少してるしまあもうどうにもならんよ
植民地のように一部の儲かる製品だけ作るにプランテーション化して穀物は輸入して食べていくようになるだけ
安倍ちゃんバンザイー
277.名無しさん:2016年03月12日 15:20 ID:6JeUFGna0▼このコメントに返信
小規模農家が直接販売するほうが流通コストや消費税がかからないくて安そう
仕入れと小売だけで消費税16%かかってる
278.名無しさん:2016年03月12日 15:20 ID:lzOCgpSt0▼このコメントに返信
※275
電気水道道路みたいに、国が水耕農業用の浄水施設や発電施設のインフラ整備と保守を公共事業でやって
民間は近辺に栽培工場作って、それ以外のインフラを格安料金で利用する形にすれば赤字にはならないかもね。
その分は国の負担になるわけだけど
作った施設は国の資産にカウントできるし、財政投資になって景気対策にもなるし良いとおもうんだけどな。
279.263:2016年03月12日 15:23 ID:LcqywAaM0▼このコメントに返信
※267
補助金については概ね理解。
ただ知り合いの農家がバイオ農業で10㎏1万円オーバーで米を売っており、ここに関して言えば自主流通でつつがなく完売。用地買収も盛んだ。直接分けてくれと頼んだらきっちり定価を要求された。売れてるもんは仕方なし。何がトラクターを洒落でランボルギーニにしてみようかだ、このお大尽め。もちろんこの経営状態なら減反をガン無視できるだろう。
海外方式の補助金制度は俺も賛成。食の安全保障の問題もあり農業が完全に儲かる産業にならない限りは必要不可欠と俺も考える。国際競争力まで考えるなら当然そうあるべき。米に限らずお茶にしても酒味噌醤油にしても海外に持っていくと非常に喜ばれる物は多い。日本人が食ってウマいと思えるものは外国人が食ってもウマいのだ。企業であるなら日本だけを見て憂えるより海外に目を向けるべきと思う。
ただ、今の中小規模米農家に関しては減反と補助金がセットになっているように見えて、補助しながら大ブレーキを掛けているように見える。農業が企業化するなら資本主義だから統廃合は起るだろう。悪いことかというと、大きな変化が有ることは良いこととは言えない。ただ全面的に悪いかというと、やる気がある業者に農地が渡ることになるわけで、その際には農地の流動化が盛んに行われるわけで、農地そのものが商品化すると言うことでもあると思う。前向きに考えると零細農家にもメリットはあるように思う。
280.名無しさん:2016年03月12日 15:27 ID:iSSYkz.N0▼このコメントに返信
※277
『消費税 仕入税額控除』で検索してみてください。
ちゃんと確定申告すれば16%にはなりません。
281.名無しさん:2016年03月12日 15:28 ID:BeNEs6LA0▼このコメントに返信
※279
減反の補助金なんて草刈りしたらなくなっちまうよ…
一反6000円ぐらいだけど、年に2回は草刈りしないと管理放棄と見做され補助金はもらえない
一反の除草作業と刈った草をごみ処理施設に運搬する作業で赤字になる
減反の補助金で左うちわっていうのは補助金に過剰反応する非農家だけだわ

今は減反割当には畜産用飼料の大豆を生産して、農地の地力回復させてる
ラクだしな、刈り取りも畜産企業が協力してくれるし
蕎麦は蕎麦アレルギーの人が近くを通ったら、文字通り死ぬからやれない
トウモロコシも飼料としては有力だが、熊がよってくるので別の意味で危険…

みんながみんな高価格なものをつくると、今度は一般人が買わなくなるのでそこも考えなきゃならない
庶民ブランドを守らないと結局外国勢に圧されるぜ
282.名無しさん:2016年03月12日 15:34 ID:q3dEGnIY0▼このコメントに返信
実際に自分でやって結果を出さないとただの口だけ番長だね。
283.名無しさん:2016年03月12日 15:40 ID:O4qPbrKX0▼このコメントに返信
炊飯機を買い漁る中国人にその中に入れる米の味にも目覚めさせることだな  あっちのレストランは高級でも白米だけは大したことはない
中国の土壌や水は汚染が悪化している一方で経済格差により農業従事者は減り続けている 今は検疫やらいろいろ制限があるが、このま大陸の汚染が進めば共産党政府も考えざるを得なくなる
284.名無しさん:2016年03月12日 15:51 ID:BeNEs6LA0▼このコメントに返信
※283
そこだけじゃ大した需要にならんのよ、あっちで日本の米を日常的に食える人間なんて全体の1%どころではなく少ないんだから
あっという間に需要が飽和して、さらにこの先は拡大する見込みはない
それどころか戦争始まってもおかしくない状況だからな
285.名無しさん:2016年03月12日 15:58 ID:DKE2bdd70▼このコメントに返信
土地の集約ができない理由は9割は農業利権だよ
GHQアメリカによる農地解放後、家族経営の農家は
国の保護の元で補助金目当てに動く政治利権団体と
化した。 土地がないというのは全くの嘘です。
日本より国土面積が小さい国でも一人あたりの
耕地面積は広い。
286.名無しさん:2016年03月12日 15:59 ID:rWW8nGVy0▼このコメントに返信
こないだなんかの番組でやってたけど、日本の米の自給率って、95%くらいなんだよな。田舎の過疎化が進んでるとこで、後継者がいなくて耕作放棄地になってる田んぼを国(農協)が買い上げて、米以外の、輸入に頼ってる農作物を国が計画的に作らせてはどうだろう?
当然、現状の農協所属の人員では手が足りないので、新規に大増員することになる。
当然、アメ公がごちゃごちゃ言ってくるだろうから、輸入量は減らさない。市場に出回る分は、基本的に国内で生産した農作物優先。余剰する各種輸入品は、生活保護者への配給(現金需給を禁止する)、老人ホーム、国営病院、刑務所等に回すか、家畜の餌にする。
当然関税自主権を瓦解させ、国内農畜産業を弱体化させるTPPは、即時撤退。
これで日本の将来は安泰だろ。
287.名無しさん:2016年03月12日 16:01 ID:BeNEs6LA0▼このコメントに返信
※286
行政が主導して生産したとして、天候不順や採れ過ぎで大赤字ぶっこいたとして、
国民は許してくれるかな?
全部農家に責任をおっかぶせて努力不足だコストカットの仕方が悪いさんざん叩いていた部分を、
国が負って大赤字が発生することにして、みんなが叩かないかな?
288.名無しさん:2016年03月12日 16:07 ID:s3wgcviS0▼このコメントに返信
米272
大地主がそのままだと日本に小麦が売れないからな、ホンマ米国さんはえげつない商売しよったで
やり手の地主なら小作人を解放されても土地が残ってれば、機械化したり加工品を作ったりしながら企業化してったろうな
地主でなくとも、本百姓から(資)とか合弁化とか(有)とかもあったかもな
289.名無しさん:2016年03月12日 16:08 ID:BeNEs6LA0▼このコメントに返信
前提として、
どこの国も※286ほどでないにしても、
国が生産高の半額以上、米はもっと多くの金を行政が出している
それでもレスの一つにあるように、生産設備の返済で人生が終わる大規模農家、それ以外は死亡状態にある
それでもその国の一人ひとりが農業はその国の死活に繋がるとして、行政が金を出すことに一定以上の理解がある

日本にはそれがあるかな?
290.名無しさん:2016年03月12日 16:10 ID:NDbSlUw80▼このコメントに返信
村社会、適当に維持して騒ぐだけで補助金がっぽり、税金も軽減されるから二重に美味しい
効率化はせずに、ブランド化を推し進めて、時代に逆行する製品の値上げ
農家なんて誰も擁護しないわな

食品工場とか言う考え方が出てきてるから、ここには道があると思う
291.名無しさん:2016年03月12日 16:13 ID:NDbSlUw80▼このコメントに返信
↑290 間違えました、食品工場じゃなくて、植物工場です
292.名無しさん:2016年03月12日 16:17 ID:zBjaU1Ye0▼このコメントに返信
俺農家。

自民党政権では、大規模農業化を徐々に推し進めていたが、
民主党の戸別保証制度で、農業を止めてた小規模農家が大規模農家に貸していた土地を返せと言いだして大規模農家の経営が傾いた。

民主党が「コンクリートから人へ」のスローガンで急に舵取ったのと同じで、それまでその仕事で食べてた人が一気に貧困に陥り
中小の土建業社が潰れまくったり傾いた。
農業も同じような事が起きたよ。
293.名無しさん:2016年03月12日 16:25 ID:9HQdrxGg0▼このコメントに返信
290

効率化を求めた結果が価格の下落になって採算コストが釣り合わないから、みな必死こいてブランド化してるんだけど
後、税制優遇は土地の固定資産くらいだからね普通の会社からして見れば経費に当たる所も税金払ってますから
294.名無しさん:2016年03月12日 16:31 ID:NDbSlUw80▼このコメントに返信
↑293
供給過多の癖に新しい販売先を考えないのか?
端物は無理でも米なら海外に売れるだろ
295.名無しさん:2016年03月12日 16:33 ID:O4qPbrKX0▼このコメントに返信
※284 否定でしか入れないならそこで思考は止まるだけだ 中国の人口の割合と大衆向けの日本食の浸透度、少子化と農業離れの状況であの国の
食料自給率は間違いなく悪化する ついでに言うと日本食の普及は世界中で広がっている にぎりの半分は米だ これからも需要が減ることはない
日本の農家が生き残る道は国内需要ではなく海外に活路を見出すしかない 米は米国、東南アジアと安価な供給地は他にはあるが、旨い米、日本食に合う米は日本のコシヒカリでありササニシキだ  海外からくる旅行者が日本の米の旨さをしっかり記憶できるような仕掛けが国の観光政策の段階で必要だと考えている 
296.名無しさん:2016年03月12日 16:34 ID:BeNEs6LA0▼このコメントに返信
※294
買う相手が限定的なんだよ
中国は商売相手としては不安定過ぎてる
東南アジアも高いコメは見向きもしない
欧は遠すぎて輸送コストが掛かり過ぎる、米は補助金がっつりなカルフォルニア米の保護が凄い
簡単に海外で販路をというが、難易度は工業製品の比じゃないぞ
297.名無しさん:2016年03月12日 16:35 ID:a.HGijev0▼このコメントに返信
ド田舎だけど、農機具の共同使用の話しとか色々とあったんだけど、
農家って天候と季節との戦いだから、みんな使い時がダブるんだよね
田植えとか収穫とか時期が重なっちゃう
それと、農家にもカーストみたいな序列があって、ウチの方が上なのにあそこより順番遅いとか納得いかないとか色々と問題が出てくるんだ
くだらないプライドなんだけどねw
あと、共同使用の機械とか、自分のものじゃないからさ、みんな丁寧に扱わないんだよ
自分のものじゃないから、どうでも良いって感じなのw
まともな人間は、もうとっくに出ていっちゃって、残されたそんな人達が農家やってるんだよw
もちろん、立派な地方の名士みたいな人も僅かながらはいるんだけどね
298.名無しさん:2016年03月12日 16:37 ID:BeNEs6LA0▼このコメントに返信
※295
中国に戦争の影が無ければそれもありなんだがねぇ
299.名無しさん:2016年03月12日 16:44 ID:9UCSYl2M0▼このコメントに返信
農民が農地を手放さないから。

よく都会者に休耕地貸したりしてるけど、それは土地も日当たりも悪い土地ばかり。
真面目に土地改良してまともな収量が見込めるようになった頃に返せと言われる。
300.名無しさん:2016年03月12日 16:48 ID:Bc.qLtte0▼このコメントに返信
別に後継者いないのは農業だけじゃないし
私みかん農家やっているけど
農協にはメリットもあるよ
勿論デメリットもあるよ
利権がどうのこうのは世の中ありありだし
私以前住宅建材販売会社勤務してました
利権で言えば他の業界に比べれば額なんて…
JAの各品目部会は各JAと販売契約します
私JA出荷です脱税は出来ませんよ絶対です!

後TPPは農業だけでは無く24項目あるので
マスコミの世論操作じみた意図的な矮小化には
騙されないで下さいね
301.名無しさん:2016年03月12日 16:51 ID:ctOBCJiZ0▼このコメントに返信
やるならイチゴなど新興作物や高単価な高級農産品を生産から販売まで一括化だね。
302.名無しさん:2016年03月12日 16:53 ID:TdUXHBWJ0▼このコメントに返信
量たくさん作ったら、単価下がって赤字じゃん。
303.名無しさん:2016年03月12日 16:56 ID:BeNEs6LA0▼このコメントに返信
※299
そりゃ農民だから農業やるわけで、自前で収益挙げられる場所を優先してやるのは当たり前だろう
なんで自前の食い扶持を投げ捨ててまで他人に譲らねばならんのか
他業種なら最初からケツ蹴り飛ばされて終わりな主張だw

貸し借りの期間は農地法の関係で県を通してやる、公的機関が絡むから誤魔化しは出来ない
そんな農地の貸し借り契約の仕方が悪いのは都会人の責任でもある
そんなマズい契約の仕方をするような都会人は無学な農民以下の知能なわけで、
どっちにしろ食ってけないよ
304.名無しさん:2016年03月12日 17:02 ID:11nIP9Na0▼このコメントに返信
数ヶ月かけて育てた作物が一度のミスで売り物にならなくなる事もある
そんなリスクを他人に任せたくないから個人でやってる人も多いんじゃないかな?
305.名無しさん:2016年03月12日 17:03 ID:IwH3.uAx0▼このコメントに返信
大規模になったら今までは農家で一国一条の主だったのが
ただの社員とか契約社員とかバイトとかパートになるからな
306.名無しさん:2016年03月12日 17:08 ID:O4qPbrKX0▼このコメントに返信
とりあえずTPPで恩恵を受ける自動車を中心とする関連産業の社員食堂は国産米の利用を義務付けるべきだな 後、国の機関や施設に入る外食産業も自国産の原材料の使用を原則義務付ける必要もある 霞が関の農水省の食堂は国内産のみで賄われているが、それ以外の省庁や団体で特に配慮されていない  
307.名無しさん:2016年03月12日 17:11 ID:hicZYo7q0▼このコメントに返信
企業で農業は禁止。戦後赤化を止めるための保守票として右寄りの農家の票が重要だった。
だから今みたいな法律ができて改革が進んでない。
外圧がなきゃ変わらない保守的なところがあるからある経営者団体がTPP推進してたのも。日本農業体型を壊して企業参入を認めさせようといういともあった。
308.名無しさん:2016年03月12日 17:15 ID:NDbSlUw80▼このコメントに返信
米296
買い手が居ないなら作る作物を変更するしかない、だから減反政策なのでは?
それこそ組合とかを上げて農協と話すとか対策を講じるべきだろ
大規模化という話にもなってくる

ブランド化で値段を上げも消費者は擁護しないぞ
こっちは派遣、契約、増税、と負担が増えるだけで不満しか持ってない
309.名無しさん:2016年03月12日 17:16 ID:BeNEs6LA0▼このコメントに返信
※307
きちんと農業やるなら企業も持てるってば…
票田云々の話もその通りなんだけど、
民間に好き勝手やらせると無届で工場とか宅地とか建てて、
工業排水や生活排水や日陰をつくって周辺の農地を荒らすから規制があんのよ
きちんと営農計画を提出して、確実に農業をやると届け出れば取得出来る
310.名無しさん:2016年03月12日 17:20 ID:BeNEs6LA0▼このコメントに返信
※308
無論いろいろ作ってはいるが、
それはうちん所だけではない
出荷される数が増えると、売価が下がる
金になる作物はみんなやるから共倒れになってんだよ……

また、何度も繰り返すが、
他の国は生産額の半額以上の補助金を出して市場価格をコントロールしている
海外輸出品も同様に下げられてる、ダンピングだね
こっちが国際競争力を養い勝負に出たら、
あっちはダンピングで潰してくる

そういう情勢なんだよ

日本以外の農業輸出国は、
総力を挙げて競争相手をダンピングで潰してくる構造
これを理解しなければならない
311.名無しさん:2016年03月12日 17:22 ID:f.KXSAQd0▼このコメントに返信
無理なんだよ。隣接する農地同士で、その地権者が全員高齢者専業農家
ってレアケースであれば、その人達全員に一人ひとり声をかけてそう持っていくことが
できるかもしれないけど、実際は地権者は全然離れた所に住んでたり、会社員の息子が
休みとって回してる兼業農家だったりまちまち。

集約化がほんっっっとハードル高い。農地を買い取ろうとしても、先祖代々の土地なので
絶対売らないって層も沢山居る。
一度飛び地の農地で回してる農家でバイトした事があるけど、ほんと大変だったよ。
機械の移動、人の移動、収穫物の移動、場所が変われば地質も肥料の配合も全部かわる。
勿論育成速度も。大半が機械化されてるコメ農家なら話は別だろうけど、米の自由化が
目前の今、その選択は死あるのみ。生半可なことでは回らないと思うよ。
312.名無しさん:2016年03月12日 17:26 ID:b26TGl350▼このコメントに返信
そもそも儲かる農業なんて限られた製品だけで企業化すればなんとかなるなんてのはただの幻想だろ
やれ既得権益だ利権だってそんなにおいしいものなら農業従事者が減りまくるわけねーだろが
313.名無しさん:2016年03月12日 17:30 ID:f.KXSAQd0▼このコメントに返信
農業は儲からない。ほんっとに儲からないんだよ。
儲かる作物はそりゃあるよ?頑張ってブランド化して儲けてる農家も
少なからずあるよ?でも、日本人の日々の食卓を支えてる食物を
生産する人々が皆儲かる作物だけ作るようになったらどうなるよ?
その人達がアホみたいに安い対価で作ってくれてるから、俺たちの食費が
今の金額になってるという現実は揺るがし難くあるんだよね。
314.名無しさん:2016年03月12日 17:32 ID:4.USEAwQ0▼このコメントに返信
後継者不足を解消するには法人化は不可欠だろうね

今どき月月火水木金金の生活をしたがる物好きはそうおらん
315.名無しさん:2016年03月12日 17:39 ID:xNYCvMtd0▼このコメントに返信
先進国の中でも一番農家に対する補助金が少ないのは日本なんですが・・・
少しは調べてから書き込もうよ
316.名無しさん:2016年03月12日 18:00 ID:66mumPL50▼このコメントに返信
大規模になって 担い手が絞られるほど 農協やら既得団体は 管理しやすい➡︎ 足元見てカモにしやすい って事にならんか?
集団訴訟を相手にするのは困難でも 個人が相手なら公権力振るって軽く一蹴
317.名無しさん:2016年03月12日 18:05 ID:zv2M8MlO0▼このコメントに返信
大地主からの解放、農奴からの脱却が人類の歴史だから
318.名無しさん:2016年03月12日 18:12 ID:cIKL0AYV0▼このコメントに返信
※18
まさにそこなのよね。家族経営であれば、人件費を考えないで、被害受けてもなんとかできる部分があるけど、他人を
雇うとずっと人件費がかかり続けて、維持していけなくなる。
319.名無しさん:2016年03月12日 18:18 ID:cIKL0AYV0▼このコメントに返信
※34
農地を売りたい人はたくさんいるんだけど、農地は宅地として使えないから、売れないという現実的な部分もある
320.名無しさん:2016年03月12日 18:25 ID:cIKL0AYV0▼このコメントに返信
※91
その辺を知らない人が多いですよね。日本の農家が補助金もらってるって非難してる人を良く見るけど、外国は補助金が
当たり前で、食べ物をいかに確保するかに苦心しているのに、それを理解していない日本人が多すぎる。外国から輸入すれば
いいという人いるけど、輸入先が不作で輸入できなくなった場合、どうなるのかと。
321.名無しさん:2016年03月12日 18:26 ID:4.USEAwQ0▼このコメントに返信
※315
その分高関税で守ってるからな
322.名無しさん:2016年03月12日 18:49 ID:FZHXAqdF0▼このコメントに返信
※297
機械を使う時期がダブるのに加えてその時期に故障でもしようものなら、怨嗟と怒号が半端なさそうだしね。うちの遠方の親戚の所がそんなで四散だわ。
323.名無しさん:2016年03月12日 18:50 ID:CdqbNf9e0▼このコメントに返信
※320
そうなんだよね、不作だけでなく
海外がデフォルトで補助員カット→海外農家破綻→日本への輸出規制&高額って流れもありうる

特に穀物は経費(肥料、農薬、種、機械代)と売価が同じ、あるいは相場によっては経費の方が高いから。
その相場自体が保護された海外農業が基準になってるからね

野菜、果実は比較的利益上げやすいけど機械化出来ない手間も多く大規模=人件費だからなぁ。
324.名無しさん:2016年03月12日 18:55 ID:cIKL0AYV0▼このコメントに返信
※231
企業でやるにしても、リスクの方が大きいからやらないだけですよね・・。市場で買えば確実に買えるけど、作る方に
なれば、災害や天気などで収穫が全然違う。儲けがでるかわからないのに、大規模に投資する会社はないと思う。
325.名無しさん:2016年03月12日 19:07 ID:iSSYkz.N0▼このコメントに返信
※320
輸入元が不作になった場合は、別ところを探すだけ。
それでもダメなら札束ビンタでしょう。
ここで百出しているように原価は安いので、財務省がちょっと決断すればどうにでもなります。
「非常時に売ってくれるのか?」という反論もありますが、
07~08年の食料価格高騰などの事例を鑑みれば確保は難しくないと思います。
輸出規制をしても、市場価格より安ければ機能せずに海外に流れていきますよ。

むしろ緊急事態が発生し、品質をすっ飛ばしてでも輸入元を探すような状況に陥らぬよう、
平時から様々な輸入ルートを模索しておくことが最大のリスクヘッジじゃないですかね?

国内生産力は勿論大事ですが、富士山噴火に東海地震など、災害リスクは当然国内にも存在します。
狭い国土ですから気候・疫病要因においてもリスクが高いのは否めませんよ。
326.名無しさん:2016年03月12日 19:10 ID:9nXAxER60▼このコメントに返信
簡単に大規模化言うが、集まってもそう簡単に利益上がらんぞ。
機械の共有化とかコスト下げる努力はどこもしてるんだよね。
農家の土地まとめりゃ効率上がる言っても、隣との境がなくなったくらいで目に見えるほど利益が上がるなんてことはないからな。
人雇って耕作放棄地を使うってのは一見悪くないが、人雇うほうが高く付くから放置されてるんだよ。
結局、1に1を足しても2にしかならないんだから、災害受けて周辺一帯全滅ってならん限り、中小農家が集まって大規模化とかやる意味が無いんや。
327.名無しさん:2016年03月12日 19:16 ID:BeNEs6LA0▼このコメントに返信
※321
米、牛肉以外の関税は無いようなもの
また、米と牛肉の関税率も、他の国に較べてそう高いっていう訳ではない
特にその国の主要な作物については高く設定するのが当たり前、国際標準だよ
そんな中でみると日本の農作物への関税は低いといっても過言じゃない
328.名無しさん:2016年03月12日 19:32 ID:4.USEAwQ0▼このコメントに返信
※327
日本の農産物の輸入関税は約1割が100%超で、そのうち3/4が200%超だよ
329.名無しさん:2016年03月12日 19:38 ID:8JFTG5zS0▼このコメントに返信
※325
数年前に少し問題になったことがありますよ。
ソバの価格が上がりました。実は北海道産のソバの価格の高騰が原因なのですが、北海道産のソバは「中間3等」という特殊なランクに属します。8割輸入物に2割の道産品を混ぜて全国に出荷します。輸入ソバは中国産なのですが、中国国内の輸送料の高騰でジワジワと値上がりし、続いて中国の農民がより価格の高い作物へ切り替えたため収穫量が減り、更に当時ロシアが大不作で中国は輸出をロシアに絞りました。(ロシアは世界最大のソバ消費国)とどめに、景気の良かった中国は世界中で穀物を買い漁り、日本の商社と各国で競い合い値段が高騰しました。まっ、さすがに致命的な問題には発展しなかったけど。

過去にアメリカが、自国のレモンの値段を広島レモンの3分の1の値段で輸出して、広島の生産量が激減してから値段を9倍にしたことあったよね。
330.名無しさん:2016年03月12日 19:42 ID:P6tGYI.F0▼このコメントに返信
ブドウ農家は機械化出来るのか?
跡継がないといけないんだが?
岡山産のブドウ食えぇぇぇぇぇぇぇっ!!
マ.スカット高いけど食えぇぇぇぇぇっ!!

※295
アメリカでもコシヒカリ作ってるやろ
331.名無しさん:2016年03月12日 19:47 ID:4Gvh.1we0▼このコメントに返信
農家って同じ作物作ってても隣とはまったくやり方が違うとかあるからね。
移植か直はんか、ハウスの使い方、温度管理などなど。
複数戸法人となると、そこら辺を全て合わせる必要があるわけで。
日本人とアメリカ人の生活様式を合わせましょう、と言うようなもの。
出荷段階でまとめて契約先に卸すとか、加工販売を一緒にやるとかならまだ簡単かもね。
332.名無しさん:2016年03月12日 19:59 ID:CdqbNf9e0▼このコメントに返信
※328
関税も直輸入の関税と 政府を通しての関税があり政府の関税の方が安い
その関税が海外の保護農業に対応する日本の補助金になってる半面

政府の関税に係わる企業は農林水産省の天下り先企業w 利権企業だ!
333.名無しさん:2016年03月12日 20:09 ID:ZfMVtdOn0▼このコメントに返信
農地法のせい
土地が狭い言うてるやつは欧州見てこい
日本よりよっぽど狭小なところはゴマンとある
334.名無しさん:2016年03月12日 20:09 ID:4.USEAwQ0▼このコメントに返信
※329
その結果レモンの生産量は、輸入自由化前の4〜5倍になったけどね
335.名無しさん:2016年03月12日 20:22 ID:O4qPbrKX0▼このコメントに返信
※330 米国でも国宝ローズを初めてとして日本の標準米に近い水準のものをはあるが、残留農薬の基準が日本とは異なる 連中は毎日米を炊く習慣がない 新米の時期にピカピカ、炊きたての米が出まわることはない 長らくスーパーの棚に長粒米と一緒に置いてある古米ばかりだ
海外に暮らして日本に戻ると基本的に国産米の旨さにあらためて驚く つまりそれくらい日本の米は品質が安定している だからこそ本当に旨い米を経験した消費者向けにニーズがあると考えている
336.名無しさん:2016年03月12日 20:26 ID:CdqbNf9e0▼このコメントに返信
※325
そう 安定供給には輸入先確保が大切!
その反面、不作時には自国の安定供給を優先して国が輸出禁止規制をする
1つの国が不作で輸出規制するとその取引国も国内安定供給の為、輸出規制をする場合がある
特に発展途上国は今でも安定性がない為か輸出規制することが多い

輸入先確保しても世界的な不作などの緊急時には、輸入先はあてにならない矛盾もある。
337.名無しさん:2016年03月12日 20:38 ID:4.USEAwQ0▼このコメントに返信
アメリカのamazon見たらアメリカでの短粒種(≒ジャポニカ米)のおおよその値段が分かるが、決して安くない

だいたい1ポンド2ドル前後だから、5キロで2400円ぐらいか
338.名無しさん:2016年03月12日 20:41 ID:4Gvh.1we0▼このコメントに返信
※333
農地法は関係ないだろ。
現に日本でも賃貸借で農地取得し、農業参入している法人はたくさんある。
その法人としても、撤退するときの処分が面倒くさくなるから農地売買まではしたくない。
農業の場合、基本的に初期投資が莫大になるのが参入を拒んでいる。
339.名無しさん:2016年03月12日 20:44 ID:4.USEAwQ0▼このコメントに返信
農地法が大幅改正されてからまだ5〜6年だろ

企業が本格対応するのはこれから
340.名無しさん:2016年03月12日 20:51 ID:b26TGl350▼このコメントに返信
リスク高い割に儲けも不確定な農業に今以上の企業が新規参入なんてするわけないやろ
341.名無しさん:2016年03月12日 20:56 ID:2Q89VdEE0▼このコメントに返信
一箇所にまとまって田んぼなり畑なりが無い限りある程度の規模を超えると赤字になるのがねぇ…
せっかく出来た農業法人も規模拡大に失敗してほとんど廃業してますし
日本だと北海道以外では大規模って無理なんじゃないかな?
342.名無しさん:2016年03月12日 21:02 ID:EVFWJ9eC0▼このコメントに返信
土地が無いっていうか、所有権がすげえ複雑になってるんだよね。

例えば一平方キロの耕作放棄地があるとして、そこの所有者が一人というわけではなくて、
その範囲の中に複数人の所有地がモザイクのように入り乱れてる。更に悪いことには、所有してる当人が所有してることを忘れてたり、
当人が死んで子孫がそういう土地があることを知らないというケースがある。子孫が複数いる場合は相続権も絡んで更に面倒なことになる。

憲法で土地の所有権がはっきりと明記されてるわけだから、官主導で大規模農地を確保するとなると、まずそうした土地の買収と、
そのための折衝から始めないといけないわけで、どっかの中国みたく住民から土地を強引に接収することなんて芸当は昔も今も日本ではできない。
これと似た文脈で、有事の際の自衛隊による土地接収or占有が可能か否かでつい最近まで揉めてたような……

というか、憲法に明記してまで個人の土地所有権を認めてる先進国なんて実は日本だけなんだぜ。他の国はちゃんとした名分と住民への補償さえあれば政府の権限で土地の接収(に近いこと)ができる。向うでは土地は基本的に国のものという考えだからね。土地に関し国民が「所有」していいのは土地の「利用権」だけ。
343.名無しさん:2016年03月12日 21:04 ID:4.USEAwQ0▼このコメントに返信
農業生産法人の数は増加し続けてるんだよなぁ
ttp://www.e-noppo.net/agrinews/state/tokei_hojin_001.html
344.名無しさん:2016年03月12日 21:09 ID:KLhKHUHa0▼このコメントに返信
特殊な事例かもしれんが、戦後の農地改革の折、予めその情報を知っていたある種の公務員ならびにその知人どもが
家庭菜園用に土地を貸してくれって大規模農地の一部を借り、農地改革が始まった途端自分は小作だからと土地を奪っていったという話がある。
内地農家の小規模化が起ってしまったのは、このような背景があるかもしれん。
345.名無しさん:2016年03月12日 21:16 ID:6zJWvwym0▼このコメントに返信
安定供給には輸入先確保と日本では考えるけど、欧米は農地確保に動くよね。中央アジア・アフリカ・中南米に広大な土地を確保して、農産物を生産して自国の食料の確保、またはバイオ燃料へ利用などを行うよ。その農地は自動小銃持った連中が警備していて、地元の人は近づけない。植民地主義の再来だと各地で問題になってる。お隣韓国が、マダガスカルの広大な土地を50年または100年位の期間で確保しようとして問題になったこともある。地元住民の強い反対で計画が潰れたはずだけど。ちなみに日本は農地獲得競争に大きく出遅れはおかげで、地元住民からの反感・憎悪といったものとは無縁らしい。日本はさすがに銃もって警備はしないかな?
346.名無しさん:2016年03月12日 21:31 ID:4Gvh.1we0▼このコメントに返信
※340
ハウスや野菜工場のような施設園芸ならば、天候による不作の影響は受けにくいよ。
畑野菜でも葉物は比較的安定してるし。
初期投資は、最初は既存の農業者に委託するって方法もある。
国産野菜がブランド化されている昨今、高府か価値化で参入しようとする企業は一定数いるよ。
347.名無しさん:2016年03月12日 21:36 ID:Whpb09qd0▼このコメントに返信
昔の日本の農地形態は地主が土地を所有し小作人が農産物を作り作物の多くを地主に納めていた
昭和初期には朝鮮開墾が成功し激安な米が内地に流通米価は暴落した
時を同じく東北は飢饉が起き生活に困窮した小作人は娘を女衒に売って食い繋いだ
東北の困窮にいたたまれなくなった若手将校は515事件、226事件と民主政治を崩壊させた
戦後これを重く見たGHQが農地解放を行い地主から土地を取り上げ小作人に分配した
こうして日本は大規模農業から最も遠い国になった
348.名無しさん:2016年03月12日 21:44 ID:DYqLW0Fn0▼このコメントに返信
耕作放棄地を稼動させることがまず一歩だと思うで。外資は規制しなきゃいけないが、アベは保守じゃなく売国奴だからな。
349.名無しさん:2016年03月12日 21:45 ID:R0.7egQ40▼このコメントに返信
うちのじいさんの畑も余ってるんだよなぁ。小さい畑が3つ、場所も不便で使い道がない
区画整理して欲しいんだが、1人でも反対者がいるとダメなんだよ
ぶっちゃけ、使ってくれるならタダでもいいよ

JAには良い所もあるからな。とりあえず買ってくれるし、農機も貸してくれる
ただ、利益を出したいならJAを通さない流通ルートを持つと良い
一番簡単なのは、地産地消。
350.名無しさん:2016年03月12日 21:55 ID:8b4.8tdH0▼このコメントに返信
できるところはやってるよ

あぶれた農民は全部東京に行くのでよろしく(で、保育所が足りなくなると)
351.名無しさん:2016年03月12日 22:08 ID:uL5D1jRG0▼このコメントに返信

アホばっか

352.名無しさん:2016年03月12日 22:12 ID:2Q89VdEE0▼このコメントに返信
※343
小規模の生産法人は増えてます
規模を拡大していくとある程度の規模を超えると経営が悪化して廃業してしまうんです

立場上耕作放棄地にならないように新しい借り手探すのが大変なんですorz
353.名無しさん:2016年03月12日 22:30 ID:KlVapLQr0▼このコメントに返信
斜め読みしかしてないけど農業には農地法っていうやっかいな法律がある、
これのために農地は簡単に売り買いはできないし、企業が農業できないのが一番の原因、
何年か前に知り合いの不動産屋を手伝ったことがあったのだけど地方での不動産業で農地がよく出てきたんだけど
本当、農地法には苦労させられた、
元々は農業を保護するのが目的だったのに今じゃ足枷だ、
354.名無しさん:2016年03月12日 22:49 ID:C5HXnFR.0▼このコメントに返信
はい、そうです。農業やろうにも土地が手に入りません。
また、大規模にやるため機械化したくても、所詮は泥まみれの重機なので
とても賄えません。
JAがローンしてますが、農民から搾取するための金融機関になり下がった
ただの票田です。
ってところだろ。
355.名無しさん:2016年03月12日 22:53 ID:C5HXnFR.0▼このコメントに返信
作物が育つような畑、田圃って
一から作ろうとしたら大変で、あんたらじゃ死んでもできん。
百姓根性というが、当たり前。代々引き継がなければ
農業なんてできん。
356.名無しさん:2016年03月12日 23:29 ID:vBV83lVe0▼このコメントに返信
現状知らないで簡単に言うよね
震災で建てたハウスが全部うまく行ってると思ってるのか
やった事も無いのに補助金がとんでもない額出るからって大規模でスタートしたは良いが
品質も収量も悪くて潰れかけてる所を何件か知ってるよ
主に労働力不足だなここの原因は
田舎で募集してもなかなか人なんて来ないからね
若者が農業したいと思ってるとか考えてるならそりゃないな優秀な人ほど農業なんてやらんだろ
農業だからっつって無能な奴に高い給料払えんのよ

集落営農も結局揉めて解散しそうなところも知ってる

家族経営ってのは家族がそれなりに必死でやってるわけだよ
失敗したら飢え死にだからな逆に儲かれば自分の小遣い増えるわけだからね
親や祖父母が無条件で家のために働くわけだし雇った社員じゃそうは行かないだろ?
357.名無しさん:2016年03月12日 23:45 ID:7gyK8T8M0▼このコメントに返信
討論してる内容は良さげに聞こえるけど理想妄想海外マンセーがちょっと強すぎかな
元米住だけど結局農場経営者ががっつり儲かってあとは雇われ労働者ばっかだよ    
逆にそれ日本でやりそうなのはソフバンとか楽天みたいな多角化中味ない大企業で
農業漁業林業まで社畜化で日本自殺者世界一まっしぐらかな

あと法人化、会社所有、共有てのは厳しい 田舎の安い土地こそ一発逆転あるし色々面倒
田舎ほど子だくさんだから遺産相続で権利者がたまに30人とかいたりする で反対するヤツが絶対いる  
区画整理、都市計画道路、道路拡張、高速道路、自衛隊、博物館とかお役所系ならゴネ万歳確定 
太陽光パネル、データセンター、コストコ、アウトレットモール、ホテル、ホームセンターとか民間なら交渉しだい

てか普通に都内で就職する社畜キャラなら農業やってないから
自分のペースでやりたいんだろ
358.名無しさん:2016年03月13日 00:56 ID:LqF5dxhu0▼このコメントに返信
ソビエトと中華人民共和国とカンボジアで大失敗してるからな
359.名無しさん:2016年03月13日 01:17 ID:24OOGo7V0▼このコメントに返信
この話題はおもしろいなあ。妄想はいってるけど、自国の農業漁業について話すのは有意義。
360.名無しさん:2016年03月13日 02:20 ID:OsipAwHA0▼このコメントに返信
むちゃくちゃ面白く※見てるんだが
できれば県名書いてくれるとありがたい

ワイんとこも兼業農家なんやけど遺産分けとかで旦那先立たれた(自分に当たる祖父・父)女共(祖祖母・祖母)が共通して
亡き長男の嫁やその子に残すのは腹が立つと思って
嫁より我が子兄弟のためにとポコポコ2代連続でやらかしてくれたおかげで
米作は1反ほどしか無いようになってしまってな

他の奴らはもらうだけもらって米作せずに放置、駐車場やレンコン畑の形にして放置
やってんのは俺だけや

機械壊れるまでと思ってやってるんやがぼちぼちあかんようになってしまって
どうするかな・・・売れんし貸す以外ないやろうな・・・と考えてたとこなんや

361.名無しさん:2016年03月13日 03:41 ID:a.9gf3Zt0▼このコメントに返信
各国の総耕地面積、単位は平方キロ
日本4万5千
中国500万
米410万
豪400万
ブラジル280万
露210万
平均23万

農家の平均農地面積
日本は2町、北海道で20町ちょい
EUは20~50
米は180
豪は3000

競争は無理やで企業が参入したり大規模化してもリスクしかねぇべ
精々数戸の農家が集まって3~5町程度でやり繰りする程度じゃね、倉庫やら置き場がねぇもん
362.名無しさん:2016年03月13日 04:11 ID:exoxPfFF0▼このコメントに返信
農業はそもそも大規模じゃないと利益が出ない。
GHQは全てわかった上で意図的に潰す為に改革()したんだろう。
一度破壊されたモノをもう一度復興するのがいかに難しいかという
ことだろうな。
363.名無しさん:2016年03月13日 08:35 ID:Oc5L0vCR0▼このコメントに返信
とにかく米の消費量が減っている 人口減もあるが、昔に比べて三食米を食わない生活が普通になりつつある そこから見直すような働きかけが必要 国のポスターによる啓蒙レベルではなく、制度として国産米の消費を励行するべき 国内需要がある一定水準あれば、その為の産業として生き残れる  そうでないと耕作放棄地がますます増えるだけ
364.名無しさん:2016年03月13日 09:00 ID:Ot.0apXT0▼このコメントに返信
戦後の「農地解放()」で広大な土地を地主からタダで取り上げた
百姓たちの子供が都会に出て行って帰らないのが最大の原因だよ

そういう連中は農業を継ぐ気はないくせに農地だけはしっかりと
確保して手放す気もないから耕作放棄地が増加して真面目な農家が
著しく迷惑しているのが日本の実態

ちなみにそのへんに目をつけて広大な農地を法の抜け道を悪用して
ショッピングセンターにしているのが岡田のイオンね
当然イオンは各地の農業委員会とも徹底的に癒着してる
ミンス党が導入した戸別所得補償は岡田への利権誘導が本質
365.名無しさん:2016年03月13日 09:36 ID:F.7JHnb50▼このコメントに返信
輸入したほうが安いからに決まってるじゃん
366.名無しさん:2016年03月13日 14:15 ID:.A9eSKdI0▼このコメントに返信
稲作中心で、平らな田んぼにしてるのが原因だな。
畔の斜面って余計な無駄な面積ができるから耕地面積減るし、草刈りの余計な手間も増えるし。

畑作中心で、緩斜面でもOKな作物ならもっと耕地面積が広く取れて機械化もやりやすい。
367.名無しさん:2016年03月13日 16:50 ID:ZXen66iv0▼このコメントに返信
これってさ「商店街が郊外店に負けてるから纏めて一体経営でやろうぜ!」
と同じなんだよ。
30年ほど前までは何とかなったが今や撃滅だよ。大規模小売店舗法のおかげでな。

農協・農家が悪いという前に商社が癌なんだぜ?
368.名無しさん:2016年03月13日 16:52 ID:ZXen66iv0▼このコメントに返信
※366
お前農業やってねえだろ。畑作こそ平坦地が必要。
というか、畑作物は今更農地じゃなくって積層型工場生産の時代だよ。
369.名無しさん:2016年03月13日 18:16 ID:TPYnx3B30▼このコメントに返信
儲からないならもう公務員でいいんじゃね?
370.名無しさん:2016年03月14日 17:20 ID:xQ1t66260▼このコメントに返信
私有地で農業を行いそこから利益を生み出す個人の資産で
代々やってきた生業を手放して勤め人になるって決意ができる奴どんだけ居ることか
とはいえ、日本の百姓なんて実質農協の契約社員みたいなもんだからなぁ
371.名無しさん:2016年03月15日 12:54 ID:O2Vad6LC0▼このコメントに返信
とっくの昔に農業辞めてサラリーマンなんて腐るほどいるがな。

お名前