大艦巨砲主義!ツイーター
スポンサーリンク

2016年03月11日 09:05

ワイミリオタ、戦術が古代から近代までほとんどかわってないことに気付く

ワイミリオタ、戦術が古代から近代までほとんどかわってないことに気付く

タグ:
7fdd8a59-s

引用元:ワイミリオタ、戦術が古代から近代までほとんどかわってないことに気付く

http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1457614648/
1: 名無しさん@おーぷん 2016/03/10(木)21:57:28 ID:qwb
ずっと、縦深防御、機動突破、包囲殲滅やんけ

なお現代は違う模様

2: 名無しさん@おーぷん 2016/03/10(木)21:57:59 ID:ihy
核ミサイルポチー

3: 名無しさん@おーぷん 2016/03/10(木)21:58:02 ID:dnT
ボタンポチー

4: 名無しさん@おーぷん 2016/03/10(木)21:58:33 ID:qwb
>>2 >>3 やっぱ現代戦はくそだわ

7: 名無しさん@おーぷん 2016/03/10(木)21:59:38 ID:7hf
よく気づいたな
同盟軍の元帥になれるで

8: 名無しさん@おーぷん 2016/03/10(木)21:59:44 ID:1eH
ずっと人類が戦ってるだけやししゃーない

9: 名無しさん@おーぷん 2016/03/10(木)22:00:32 ID:QaJ
今から2000年後でも艦隊戦の合間に斧で頭かち割りあったりするんやで

10: 名無しさん@おーぷん 2016/03/10(木)22:01:09 ID:1eH
宇宙船で戦っても多分ほとんど変わらんやろうな

11: 名無しさん@おーぷん 2016/03/10(木)22:02:48 ID:qwb
>>10 どうなんやろか
近代までは、補給の都合上、相手の陣地の突破が必要やけど
宇宙やと補給線って自由自在ちゃうか

12: 名無しさん@おーぷん 2016/03/10(木)23:53:51 ID:233
>>11
海上補給路も自由自在に見えてルートは決まってくるからやっぱできてくるんじゃない
ワープとか別として

18: 名無しさん@おーぷん 2016/03/10(木)23:59:01 ID:qwb
>>12 確かに

13: 名無しさん@おーぷん 2016/03/10(木)23:54:46 ID:sja
宇宙に進出しても未だに斧で戦っとるんやぞ
ソースは銀英伝

14: 名無しさん@おーぷん 2016/03/10(木)23:55:31 ID:LcZ
結局はさみ打ちか奇襲のどっちかやろね

16: 名無しさん@おーぷん 2016/03/10(木)23:58:32 ID:ImM
ボタン1つで戦争っていうけど
実際核は抑止力みたいなもんやから使うに使えんやろ

そこの地域制圧するとなったら結局地上部隊出さなあかんし
イラク戦争も昔の戦術を参考にしたらしいで

17: 名無しさん@おーぷん 2016/03/10(木)23:58:36 ID:swB
で、電撃戦……………

19: 名無しさん@おーぷん 2016/03/10(木)23:59:09 ID:LcZ
機動力が大事なのは今も昔も変わらんね

21: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)00:04:01 ID:zr9
まぁただテルシオを粉砕した三兵戦術しかり
ぬかるんだ重騎士を殺戮したアザンクールのヘンリーしかり
ずっと一緒とは言い切れんかもしれんけど

22: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)00:05:06 ID:8N8
>>21
地形とかによりけりやね

23: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)00:07:06 ID:6Yg
言うても現代戦も陸戦は昔と変わらんやろ
空戦海戦はミサイルが強すぎてボタンポチー電子戦ギュワワワワでどっちかやられて終わりやけど

27: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)00:09:52 ID:fQF
>>23
グラマンとかヘルキャットでドッグファイトするのってカッコイイよな
もうああいう戦闘は無いんやろけど

29: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)00:12:11 ID:ZGm
>>23
空戦でも位置取りとか重要やろ

24: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)00:08:09 ID:zr9
特に凍った湖を利用したり
金角湾迂回して船に山越させたりなんてのも逆に現代やと難しい

25: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)00:08:53 ID:8N8
ゲリラ戦術はかなり有効らしいね

26: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)00:09:14 ID:NK2
現代はもはや経済戦争だから

30: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)00:19:52 ID:hIu
>>いや三兵戦術こそ
縦深防御、機動突破を体現してるやろ

31: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)00:22:37 ID:NK2
縦深戦術はソ連の専売特許だから(ふるえ声

32: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)00:24:33 ID:hIu
>>31 君んとこの縦深は深すぎんよ
バトルゾーンが広すぎ
どこに後方陣地があるんですか

34: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)00:26:35 ID:NK2
>>32
永久凍土のどっかウラルのあたり(適当

33: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)00:26:18 ID:8N8
いまの時代でも冬将軍は活躍しますか?

35: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)00:27:58 ID:hIu
>>33 するやろうなぁ
冬将軍は補給部隊に壊滅的ダメージ与えるすごい将軍やから

36: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)00:29:31 ID:8N8
>>35
暖房とか乗り物とか発達している今でも勝てないか

39: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)00:31:43 ID:hIu
>>36 まず、暖房とか、エンジンのスターターが必要になる時点で
補給が必要なものが増える

でも補給の中心はトラックと輸送機やけど
輸送機は嵐だと安定飛行とか着陸できへんし、トラックはいくら軍用でも
ロシアの雪は厳しいんちゃうか

40: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)00:32:05 ID:NK2
>>39
やソ連N1

44: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)00:38:34 ID:hIu
>>40 縦深防御:後方陣地、バトルゾーン、前進線の三段階でたたかう
機動突破、前進線、バトルゾーンを高速で突破、あるいは高速で迂回し
後方陣地をたたく
包囲殲滅、敵軍の補給を断って、押しつぶし、壊滅させる

45: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)00:40:00 ID:NK2
>>44
うーん、トハチェフスキーのご指導だ

37: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)00:29:40 ID:hIu
>>33 冬将軍到来ンゴ
ドイツ軍「防衛するでぇ、塹壕ほるでぇ」

ドイツ軍「ファッ塹壕解けたンゴ」

38: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)00:31:31 ID:8N8
>>37
自然の猛威にはまだまだ勝てないね

41: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)00:32:37 ID:hIu
>>38 一方日本軍は日露戦争のとき
不足分は気合いで補った模様

42: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)00:33:56 ID:8N8
>>41
日本は昔から台風地震噴火と自然の猛威に耐え続けて来たからね

46: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)00:40:20 ID:kZ3
>>42
軍人「アカン、ロシアってクッソ寒いらしいやんけ…」
軍人「せや!八甲田山で訓練したろ!」

47: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)00:41:44 ID:hIu
>>46 その経験は役に立ちましたか(小声)

52: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)02:17:20 ID:xhv
>>47
実際役に立ったらしい
知らんけど

43: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)00:35:09 ID:dXa
明治期に大真面目に戦国時代の布陣や戦術を検証しとったとか聞いてファッ!?ってなったけど交戦距離や火力考えたらそんなに進歩してないんよな…

48: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)01:01:44 ID:98W
>>43
人間があくまで人間の条件に縛られるからな

53: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)02:28:02 ID:bBo
古代はある程度までガチ占いで出撃してたから奇襲とかあんまり発生しないとかの違いはあるんやけどな
春秋までは城壁を越えることが出来ないので門を攻撃するしかない(理由は呪術的な迷信)とか
戦国時代に入って迷信を無視するようになって攻城兵器が生まれ、墨子がそれに対抗したり

あと孫子の時代は兵站が一切考慮されてないんで孫子の兵法には記述がない。とか
馬謖のアレの原因はマニュアル本を読んで実地でどう運用されてるかを学んでなかったからやね

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2016年03月11日 09:09 ID:8x2tP9JB0▼このコメントに返信
アメリカ対中戦略の第一人者 マイケル・ビルズベリー

2015年2月
中国の対外戦略の根幹は、相手国をつぶすのに軍事力を用いるのは下策であり、心理戦によって相手国の心を挫けさせること、或いは多くの虚偽や欺瞞によって相手国の心を掠め取ることにある。
2.名無しさん:2016年03月11日 09:09 ID:8x2tP9JB0▼このコメントに返信
アメリカ対中戦略の第一人者マイケル・ビルズベリー

2015年2月
米国の歴代政権の中国への「関与」政策は間違っていた。米国が中国と関われば中国は米国主導の国際秩序に協調的な一員として参加してくるだろう、という推定は幻想だった。一貫して中国は米国を排除して世界覇権を握ることを目指しているのだ。
3.名無しさん:2016年03月11日 09:21 ID:CGofDnQ20▼このコメントに返信
一部手段が増えたりしてるけど、根本的なところや基本は変わらないから、戦史を調べるのは重要なんだよな。最終的に歩兵による直接占領ってのもほぼ不変だし。
4.名無しさん:2016年03月11日 09:24 ID:qP0h4SPi0▼このコメントに返信
ペンタゴン幹部の秘書「今度の作戦もペンタゴンの作戦会議室で・・・あれ?長官、向かう方向がペンタゴンではありませんよ。」「わかっている。」「車はどこへ行くのですか?」「黙っていろ!」「レレレ、ここはウォール街ではないですか。」「さっきから君はうるさいなぁ?黙って鞄を持って俺に着いて来い。」「しかし、こんなところで次の作戦会議をするのですか?」「お前も金持ちにしてやるよ。」「本当ですか?」
5.名無しさん:2016年03月11日 09:24 ID:fM3Uika50▼このコメントに返信
< GHQ焚書図書開封 移住と同化、支那人の侵略の仕方 民族戦 >
ttps://www.youtube.com/watch?v=xCp7d2wdK6E&list=PLubSbhcjV7IBRsRKZ1qXog74eod2NJ-09&index=81

< GHQ焚書図書開封 満洲事変前の漢民族の満洲侵略 民族戦 >
ttps://www.youtube.com/watch?v=uMmELqG1Vyg&index=82&list=PLubSbhcjV7IBRsRKZ1qXog74eod2NJ-09

< GHQ焚書図書開封 いかに満人は消去され、蒙古人は放逐され、朝鮮人は搾取されたか 民族戦 >
ttps://www.youtube.com/watch?v=6dlxmBwoJEQ&index=83&list=PLubSbhcjV7IBRsRKZ1qXog74eod2NJ-09

< GHQ焚書図書開封 支那事変 漢民族が仕掛けてきた民族戦争 民族戦 >
ttps://www.youtube.com/watch?v=rGkCZhOacxo&list=PLubSbhcjV7IBRsRKZ1qXog74eod2NJ-09&index=84
6.名無しさん:2016年03月11日 09:35 ID:c3ybDvj.0▼このコメントに返信
今の時代は、諜報戦ばっかりだよ。核持ち国同士で戦争なんかできるわけないだろ。
7.名無しさん:2016年03月11日 09:42 ID:BGNxxKTE0▼このコメントに返信
宇宙艦隊同士がワープで戦うようになっても同じだぞ
超空間航法では超新星や重力井戸が発生している宙域は避けるからルートが限られる
それに宇宙は上下や方角が無いように見えるが、実際は銀河系には上下や東西南北がある
8.名無しさん:2016年03月11日 09:44 ID:l4tq2RI60▼このコメントに返信
※6
その諜報の結果利用して国内の各種対策(縦深防御)、相手国への非難や反動勢力への支援での混乱誘発(機動突破)
同盟国増やして締め上げる(包囲殲滅)だし核持ち同士でもやれない訳じゃない
ソ連がいい例
9.名無しさん:2016年03月11日 09:44 ID:O6uw.fmF0▼このコメントに返信
現代に近いほど、個々のユニットの火力が上がって集団の規模が小さくなって、分散配置されるイメージ。
通信、策敵技術の向上で指揮官が前線から離れて正規戦では個人の能力よりも組織の能力が勝敗に影響する感じ。
なお、火力が上がり過ぎて正規戦の被害が大きくなり過ぎて戦争行為のコスパが落ちたのが冷戦以降の世界情勢の一因だと思う。戦争で儲けたいけど被害が怖い。
10.名無しさん:2016年03月11日 09:45 ID:Pd9tyxiaO▼このコメントに返信
核兵器あっても縦深陣地は強いよ。

北朝鮮だって世界征服は出来ないだろ?
11.名無しさん:2016年03月11日 09:45 ID:Pd9tyxiaO▼このコメントに返信
物理法則が変わらない限りは戦いの根本も変わらない。
12.名無しさん:2016年03月11日 09:50 ID:puAEQGOI0▼このコメントに返信
占領せず殲滅のみなら戦略なんぞ無意味w

基本的に土地や資源、技術や人材が欲しいから戦略が必要になるだけw
13.名無しさん:2016年03月11日 09:52 ID:coXgxG.00▼このコメントに返信
現代戦はコスパ戦争。
古代みたいに戦費を領民の重税で補っていたら次の選挙で落ちるからな。
だから戦争で勝つよりもその国を経済的に破綻させたほうが真の勝者になる。
14.名無しさん:2016年03月11日 09:52 ID:ZR71T9pk0▼このコメントに返信
※10
でも激弱北朝鮮にもなかなか手が出せないだろ?
15.名無しさん:2016年03月11日 09:53 ID:ZR71T9pk0▼このコメントに返信
※12
ハワイがアメリカに乗っ取られたのは、大量移民受け入れ後、参政権を与えた結果だよ
16.名無しさん:2016年03月11日 09:54 ID:IpQJlidJ0▼このコメントに返信
隣国を援助する国は滅びる - マキャベリ
17.名無しさん:2016年03月11日 09:55 ID:0aXLoWre0▼このコメントに返信
相変わらず 赤がウザイ
18.名無しさん:2016年03月11日 09:58 ID:CY4W22oGO▼このコメントに返信
あのなぁ今日日ソンムみたに兵隊の命使い捨てに出来んのやで?
19.名無しさん:2016年03月11日 10:01 ID:sogjqLaA0▼このコメントに返信
武器の射程の分兵隊同士の間隔は空いたがやってることは人間の限界から変わらんな
いわゆる奇策も結局のところ基本を通すためのトリックプレーでしかない
20.名無しさん:2016年03月11日 10:05 ID:tplHUtQ10▼このコメントに返信
※18
ソンムほど遡らなくても、命の扱い方なら独ソ戦も全期を通じて酷いと思う。
21.名無しさん:2016年03月11日 10:10 ID:jYkCSii.0▼このコメントに返信
アニメGATEで中世軍と現代軍の対比が見られるで
やっぱ射程は正義
22.名無しさん:2016年03月11日 10:15 ID:lwDKWI.M0▼このコメントに返信
敵に勝つ方法・戦術?

そうですね。敵の数に対して、少なくとも三倍の戦力であたり、補給線を確立し、連絡・報告を密に取り合うような情報網を構築出来れば勝てるんじゃないでしょうか。

byヤン・ウェンリー(国防委員長、ヨブ・トリューニヒトに質問された際の返答)
23.名無しさん:2016年03月11日 10:18 ID:0eLirj540▼このコメントに返信
今の戦術はテロだろ。日本は特にそう。オウムと言い口蹄疫といい。神社焼き討ちと言い。
スパイ防止法もないからスパイ天国。流れにびっくり。ここホントに日本?スの字もないなんて。
24.名無しさん:2016年03月11日 10:18 ID:qiBS79YM0▼このコメントに返信
戦術より、戦略の方が大事だからなぁ、戦術も進化はしてるが戦略を優先するだろう
25.名無しさん:2016年03月11日 10:21 ID:lWycrlR90▼このコメントに返信
人なんか戦わねーよ
ソースはカルネージハート
26.名無しさん:2016年03月11日 10:22 ID:zuBmfY3a0▼このコメントに返信
戦訓をもとに戦術戦略を組み立てるんだから昔とそこまで変わらないのは当然
過去があって今がある
27.名無しさん:2016年03月11日 10:26 ID:0eLirj540▼このコメントに返信
ああそうか。破壊工作と日本語にすれば分かり易いのか。で、メディアはテロと言う語を好んで使うと。
解りにくくするために。反発を出来るだけ抑えるために。最近では爆発音だっけ?立場的に徹底してるな。
こりゃ行政指導の出番だな。
28.名無しさん:2016年03月11日 10:27 ID:hRazvAAr0▼このコメントに返信
ドグファイトだって 後ろに飛ぶミサイル装備すればいいだけ。
29.名無しさん:2016年03月11日 10:28 ID:qiBS79YM0▼このコメントに返信
戦争において戦術はおまけ、本命は戦略で国力や外交政策なども大きく関連してくる、おまけに過ぎない戦術はあんまり進化しなくてもいい(進化しないとは言っていない)
30.名無しさん:2016年03月11日 10:29 ID:EoQXOHHS0▼このコメントに返信
小早川秀秋「そ、そうとも限らないんじゃないかな?」
31.名無しさん:2016年03月11日 10:30 ID:BYw4yo4q0▼このコメントに返信
スレ主は現代戦の主力、海戦、空戦、ゲリラ戦、情報戦を忘れているか、知らないね。
32.名無しさん:2016年03月11日 10:31 ID:4lU8zEAU0▼このコメントに返信

多文化主義はいいことなのか?【海外の反応】
ttp://4ch-matome.com/2014/12/12/192259.html

33.名無しさん:2016年03月11日 10:32 ID:.DlySyGt0▼このコメントに返信
古代や中世の戦術を縦深防御や機動突破で一括りにしてる時点でこいつは何もわかっていない
34.名無しさん:2016年03月11日 10:36 ID:0eLirj540▼このコメントに返信
破壊工作防止法っていったい何だったっけ?司法って何だったっけ?
35.名無しさん:2016年03月11日 10:40 ID:4XH1j68.0▼このコメントに返信
宇宙戦争になるとその辺全部無意味になるよ。大気と重力による減衰がなくなるから
十万km先からレーザー狙撃する精度があれば接近戦すら起きん。
ミノ粉みたいな接近戦強制要素ができたとしても、相対速度が高すぎて接近戦ができる距離は
数秒でお互い通り過ぎる(そんな一瞬で相対速度を合わせる減速は不可能)。
お互いが時速2500kmだったとしても相対速度は5000km/h、秒速1.4kmですれ違うことになる。
時速2500kmでも地球から月まで行くのに15時間以上はかかる速度だ。
36.名無しさん:2016年03月11日 10:40 ID:B6HYYst.0▼このコメントに返信
※32
<ドイツ 移民問題>
多文化主義の失敗例 ドイツの学級崩壊
ttps://www.youtube.com/watch?v=RxhIamUjBA0
移民問題 ドイツ人狩りをする移民のギャング ベルリン
ttps://www.youtube.com/watch?v=mjaSAbzO-tE
移民亡国ドイツ
ttps://www.youtube.com/watch?v=Rvb-7KfKPwA
日本の人口減少は何が問題なんだ!日本とドイツの高度成長期の政策の今を見れば一目瞭然!
外国人労働者や移民受け入れの愚かさが分かる。三橋貴明
ttps://www.youtube.com/watch?v=7jM0tbHBGoI
【日本に忍び寄る中国人の影】ドイツは移民に浸食された!?移民問題と労働規制の本質を考える 三橋貴明
ttps://www.youtube.com/watch?v=FQC7Pk2vZHA
37.名無しさん:2016年03月11日 10:42 ID:B6HYYst.0▼このコメントに返信
※13
中国人には潜在的にいつか徹底的に日本をやっつけてやる、という意識があるんです。国際戦略を抜きにしても、中国の国益を抜きにしても。いつか徹底的に日本をやっつけたい。そのような考えが教育によって再生産されていく。中国の恐ろしさは秦の始皇帝の時代から変わってないのです。 by 石平
38.名無しさん:2016年03月11日 10:47 ID:m.R9.vZh0▼このコメントに返信
情報戦にしても結局は人海戦術になるんじゃないかな
まあ頭悪いの集めても意味ないだろうけど
39.名無しさん:2016年03月11日 10:48 ID:A5FYOgT.0▼このコメントに返信
政治的な結果を求めるならピンポイント暗殺の方が効率的
消耗戦をやりたいならレスの様なお互い損失の大きい戦法に落ち着くだろ
40.名無しさん:2016年03月11日 10:50 ID:P1SQm4VR0▼このコメントに返信
※38
支那の五毛の大半は大卒らしい。
推定1000万人以上だったかな。
41.名無しさん:2016年03月11日 10:52 ID:8bEXTUvt0▼このコメントに返信
情報戦もそうだけど集団の後方支援能力全般を含めた総合戦に変わった事ぐらいかな。
42.名無しさん:2016年03月11日 10:53 ID:5g4zqZoV0▼このコメントに返信
※40
其れとは別に中共軍サイバー部隊、推定約10万がいる。

     オバマも切れる訳よ
        ↓    ↓
リアルタイム サイバー攻撃地図
ttp://map.norsecorp.com/
43.名無しさん:2016年03月11日 10:55 ID:ty9IQF5G0▼このコメントに返信
孫子 「兵站? 略奪すればいいやん」
一応は記述あるけどコレ
44.名無しさん:2016年03月11日 10:56 ID:bcGeQ8jO0▼このコメントに返信
火砲の有効射程が伸び、索敵能力が上がり、足回りを機械化し、3次元を使うようになり、通信網が発達し、
把握して動かせる戦域が広がっただけで、戦術そのものは古来から大して変わらん。
ただし戦術レベルでも戦略レベルでも核は除く。という条件付きだが。
45.名無しさん:2016年03月11日 10:57 ID:rJnYsNUN0▼このコメントに返信
近代戦までは、基本的に防御側が有利だったけど
現代戦は核兵器が開発されたから、先制攻撃が有利になったんだよね。
46.名無しさん:2016年03月11日 11:04 ID:yPvmeBfm0▼このコメントに返信
ロシアでのロジスティックはWW2当時の劣悪なインフラ(南部は単線で相互通行不可な上無舗装、雪解け後は泥湿地化)が最大の敵

シベリアのトラック事情の動画がゆーつべに落ちてるから探してみて何じゃこりゃと認識を共有するのが先じゃないかなwロシア戦は。
最新型の不正地踏破車両がでたけどアレくらいが必要十分なんだなと実感できるぞ・・・。

大軍が必須な近代戦争は距離との喧嘩だから、それを捻じ伏せられるめりけん最強と(自国での流通そのものがアレだし・)
47.名無しさん:2016年03月11日 11:09 ID:0h54QNNO0▼このコメントに返信
※42
それ、何度でも見てしまうw
壁紙にしたらカッコいいかと思ったけど、長時間見てると止まるんだよねw
でも、ほんと凄いww
48.名無しさん:2016年03月11日 11:14 ID:CGofDnQ20▼このコメントに返信
あくまでも戦略と戦術は違うぞ。
49.名無しさん:2016年03月11日 11:15 ID:G0SfY4fi0▼このコメントに返信
孫子が兵站を述べてないって、どっからそんな嘘が出てきたんだよ
「兵站は死ぬほど金がかかるから、長期戦は下策。理想は短期戦で現地調達」と明確に述べてるし、迂直の計、兵は神速を尊ぶ、というのもここにも繋がる話だし、結構しつこいぞ
読んでから言えって話
50.名無しさん:2016年03月11日 11:15 ID:bi3jrno.0▼このコメントに返信
そりゃまあ古代から戦ってるのは人だし敵も人だし
人間とは全くロジックが違う宇宙人相手だとまた変わってくるのかもね
51.名無しさん:2016年03月11日 11:23 ID:CgGH.Dx40▼このコメントに返信
※40
その能力を何故生産的な方向に使わないのかな?諜報なんて辛いだけで実りが少ないのに。

世界観と生き方が間違ってるから苦しいんじゃないの?
52.名無しさん:2016年03月11日 11:28 ID:uMdNdAVU0▼このコメントに返信
時代と共に戦略が重視されるようになってる
53.名無しさん:2016年03月11日 11:34 ID:IpQJlidJ0▼このコメントに返信
※51
マイケル・ビルズベリー 100年マラソンの理とは別に、エドワード・ルトワック が支那人の戦略を分析した本を紹介

中国4.0 暴発する中華帝国 (文春新書)

・大国は小国に勝てない
・中国は戦略が下手である
・中国は外国を理解できない
・「米中G2論」は中国の妄想
・習近平は正しい情報を手にしていない
・習近平暗殺の可能性
・日本は中国軍の尖閣占拠に備えるべし
54.名無しさん:2016年03月11日 11:43 ID:SoFBmwyM0▼このコメントに返信
※22
3倍とはいかないが2倍なら用意したトリューニヒトは有能とも言える
なおその戦力による大進撃は失敗した模様
55.名無しさん:2016年03月11日 12:08 ID:8fNWamls0▼このコメントに返信
戦争から、きらめきと魔術的な美がついに奪い盗られてしまった。アレクサンダーや シーザーやナポレオンが、兵士たちと危険を分かち合いながら、馬で戦場を駆け巡り、 帝国の運命を決する。 そんなことはもうなくなった。
56.名無しさん:2016年03月11日 12:08 ID:ApRrFUSb0▼このコメントに返信
古代の重装歩兵や近世の戦列歩兵がやってたことは、近代になったら装甲機動兵器がやるようになっただけっていうのは、実に味わい深い
57.名無しさん:2016年03月11日 12:10 ID:yxO9v9iz0▼このコメントに返信
海軍はすごい変わってるぞ
動力の付きの船ができるまでは陸ほど緻密な戦術を考えても潮の流れや風邪の影響で思った通り陣形が組めんから
19世紀までは個人技頼りで常時荒波にさらされてる分、正規軍より海賊や民間の商船の方が圧倒的に強かった
民間から徴発した大小バラバラの船で隊列を組むのさえ困難だったのが速度や旋回半径が同じ姉妹艦をそろえて参謀が考えた通り緻密な陣形を組めるようになったのは19世紀末だ
58.名無しさん:2016年03月11日 12:13 ID:B2YiaAGx0▼このコメントに返信
孫子の兵法は現代でも使えるなんて
第二次大戦からこっち軍事に限らずビジネスでもあらゆる業界でもさんざん言われてるやん
ミリヲタのくせに気付くの遅えよ
59.名無しさん:2016年03月11日 12:17 ID:54KUaoerO▼このコメントに返信
火力が強力になるにつれて密集→散兵になって、随分戦術は変わったと思うが。
小銃なんて社会構造変えちまう位戦術も変えた。
60.名無しさん:2016年03月11日 12:21 ID:1yD6j9Ty0▼このコメントに返信
古代と云々ってね。陸戦に航空機が来ないとでも思ってるんでしょうか。
あと、今の核はほぼ戦略核(どっちかというと平時に力を持つ)扱いだから。
61.名無しさん:2016年03月11日 12:23 ID:CY4W22oGO▼このコメントに返信
スチームローラーが好きだ
62.名無しさん:2016年03月11日 12:26 ID:1MYVy9xJ0▼このコメントに返信
※43
敵から奪う食料は見方の運搬する食料の何倍もの価値があるっていうだけだぞ。

・・・孫子は補給のこと考えて
「戦いは多少まずくても短期で終わらせろ、長期になると国家資本がガンガン削られるからな」って言っているわけで
長期、あるいは恒久的な補給線を築く必要がある戦いは、古代中国では不可能だったわけだし。

そう、諸葛亮ぐらいしか無理っす。彼だって、結局最後は兵屯で屯田するしかなかったわけだし。
63.名無しさん:2016年03月11日 12:27 ID:CY4W22oGO▼このコメントに返信
ジャングルには果物とかいっぱいある!
というへいたんの話
へいたんって重要なのになんで自動変換されないんだろ?
64.名無しさん:2016年03月11日 12:30 ID:u6PnvgzN0▼このコメントに返信
>1
戦列による面制圧はどこに行った…?
あれが全ての始まりだろうが
65.名無しさん:2016年03月11日 12:32 ID:PBw2CY150▼このコメントに返信
より早く、より遠くに、より大量に。
これが軍事技術の進歩の大筋だからな。
だから鉄道が敷かれ産業革命が実現したあたりから、
それを持つ国と持たざる国の軍事的実力格差は飛躍的に拡大した。
また、武器弾薬の大量生産が可能になったため
それらの生産拠点である都市が直接の攻撃目標となり
巻き添えを食って死ぬ民間人の数も飛躍的に増加することとなった。
結果、戦争のモノガタリも命を賭して戦う勇敢な英雄伝から
時代の渦に巻き込まれ虫けらのように頃される無辜の市民の悲劇へと変化することになった。
66.名無しさん:2016年03月11日 12:33 ID:u6PnvgzN0▼このコメントに返信
※33
ですよね
本スレ内でもそれを指摘しないからつまらない流れに終わってる
67.名無しさん:2016年03月11日 12:36 ID:Ym62CI4S0▼このコメントに返信
※35
で、まずレーザーを減衰する気体(ぶっちゃけ水でも可)が戦場全体を覆い隠し、実体弾(要するに銃弾)、下手するとチャンバラが起きる戦場が出現するわけですね。判ります。
68.名無しさん:2016年03月11日 12:38 ID:u6PnvgzN0▼このコメントに返信
※65
その都市を手に入れる為に鉄道網の制圧と野戦戦術が進歩したのでは?
それくらいの時代なら都市攻撃って第一義じゃないよ
獲得の為の手段って感じ
なお、南北戦争…
69.名無しさん:2016年03月11日 12:46 ID:yxO9v9iz0▼このコメントに返信
※65
前線で弾薬を大量消費するようになって戦場で敵をころすより後方の生産設備を破壊するほうが有効になった
軍人同士が前線で戦ってたのがいかに生産拠点の後方を潰すかが戦争の趨勢を決めるようになった
朝鮮戦争やベトナム戦争で米国が勝てなかったのも前線の兵をころしても意味なく軍事物資の生産拠点である中国やソ連に手を出せなかったからだ
反対に冷戦を一発の弾も撃たずに勝ったのはソ連の経済を破綻させたからだ
70.名無しさん:2016年03月11日 12:50 ID:U8O.8Sm60▼このコメントに返信
オフレッサー上級大将「」
71.名無しさん:2016年03月11日 12:51 ID:CY4W22oGO▼このコメントに返信
野獣には落とし穴で十分
72.名無しさん:2016年03月11日 12:55 ID:0wt5IV360▼このコメントに返信
※33
まあ、戦法も突くか切るかぶん殴るだけやからな。
その視点で見る限り何も変ってない。
73.名無しさん:2016年03月11日 12:56 ID:B8Xj8E7z0▼このコメントに返信
そりゃ人間の身体能力なんて変わらんしな
銃火器が出るまでは装備する兵装だって盾、剣、槍、弓だし乗り物もチャリオットいれても馬の速度が限界だし
74.名無しさん:2016年03月11日 13:01 ID:u6PnvgzN0▼このコメントに返信
投げ槍があるかないかで相当変わるけど
極東アジアみたいに起伏の多い土地だと兵種に無いんだよな
75.名無しさん:2016年03月11日 13:03 ID:rhDaVS5p0▼このコメントに返信
陸戦は現代戦も包囲か殲滅かのどっちかなんだが
76.名無しさん:2016年03月11日 13:09 ID:YerKbbHp0▼このコメントに返信
※54
勝つために戦力を整えることが戦略です。
用意した戦力をどう運用するかが戦術です。
77.名無しさん:2016年03月11日 13:27 ID:iLag6sWK0▼このコメントに返信
孫子は兵站のことちゃんと書いてあるだろ?
78.古古米:2016年03月11日 14:36 ID:qL5SliIw0▼このコメントに返信
※77
中国では敵兵や戦死者は食い物になる。
戦って勝つこと自体が兵站確保でしょう。
79.名無しさん:2016年03月11日 14:42 ID:4XH1j68.0▼このコメントに返信
※67
宇宙で水まき続けるとか不可能だから。空間の広さを考えろ。艦隊の展開する範囲が前後10km、左右10km、上下2kmとしても
その空間に均等に水蒸気や水滴をまき散らすのに必要な水は何万tになる?
しかも移動すればまたまき直しだぞ。10万km移動する間延々水まき続ける気か?
宇宙船は質量が加速に直結する、いわゆる冷たい方程式のせいで余計な質量を載せれば載せるほど性能下がるのにどうする気だ。
しかもそうやって接近しても、相対速度が速すぎて一瞬ですれ違うから瞬間的に火力を叩きつけ合って終了だな。
減速して反転して再加速して再度接敵するまでに何時間かかるか。その間も水まき続けるのか?
80.名無しさん:2016年03月11日 14:49 ID:inRRKhqZ0▼このコメントに返信
へーそう
81.名無しさん:2016年03月11日 15:22 ID:83WPrK460▼このコメントに返信
>古代はある程度までガチ占いで出撃してたから奇襲とかあんまり発生しないとかの違いはあるんやけどな

どう考えても、占いで「理由付け」してるんでしょ。
たまにガチで占いに頼った奴もいたかもしれんが。
100%占いに頼ってる割には、進軍経路や陣地の位置が的確すぎる。
82.名無しさん:2016年03月11日 15:33 ID:.nO44sUx0▼このコメントに返信
※49
日本の南北朝時代の東海道なんて一年余りのうちに
足利尊氏軍東征、新田義貞東征、尊氏の反撃、奥州北畠軍って数万規模の軍隊移動したけど
全部補給は街道周辺8kmくらいの略奪ですましてるんだよねぇ、、、
孫子持ち上げる日本武将でも実戦ではそんな感じだし
あんま補給気にしてないで読んでる時代が長かったかも、、、

中国だと霍去病なんかも孫子から離れた兵站理論(敵から奪って補給する騎馬軍)だし
まぁ戦闘以外の事にも注目したら、けっこう時代によって戦争兵站の事情は変わってくるよね、、、
83.名無しさん:2016年03月11日 17:13 ID:8xRQtkK30▼このコメントに返信
応用力がない頭ってきついな。
84.名無しさん:2016年03月11日 17:25 ID:54KUaoerO▼このコメントに返信
帝国陸軍なんか孫子大好きだったから、チャーチル給与とか当てにして戦争しちゃった。
現地徴発で近代戦を戦う愚は、日清戦争で充分学んだ筈なんだけど、学校じゃ最後まで孫子ガー孫子ガーだったからね。
海軍も敵国の輸送船とか編入する前提で建造計画建ててたし。
85.名無しさん:2016年03月11日 17:51 ID:7v2dVRN10▼このコメントに返信
武器、地形、指令体系、通信、補給によって大分変化してきているがな
全く変化していないと思うならにわかミリオタ
ただ、王道の戦術はあるから、士官学校でもローマ時代の戦史とか学ぶよね
86.名無しさん:2016年03月11日 18:11 ID:kUlSoeTv0▼このコメントに返信
冬将軍にはランクルじゃないのか?
トップギアで北極圏走破してたんじゃないの?(まだ見てない)
87.名無しさん:2016年03月11日 19:02 ID:.L7b0DHD0▼このコメントに返信
スレ主の古代が何時なのか判らん。ギリシア・ローマ辺りとして

縦深防御⇒ありませんよ、ある程度の平地で横一列での正面衝突が殆ど。
     兵数が多くて結果的に分厚くなることがあっても、縦深防御の理念があった訳ではない。
機動突破⇒騎兵を部隊としてまともに運用しない国もあります。古代ギリシア、日本、中国初期。
包囲殲滅⇒野戦軍を包囲殲滅できたのはカンナエが最初で最後だと思う。
(スレ主が城砦に籠った相手を皆殺しにしたのまでカウントしてるなら話は別だが。長嶋とかな)

上の単語が出てくるあたりナポレオンの時代がスレ主の基準になっている気がするが
その時代は古代とは言わんよなぁ。
88.名無しさん:2016年03月11日 19:27 ID:Lcg.2JQC0▼このコメントに返信
なんだっけ?陸軍士官学校、ウェストポイントだか自衛隊の戦術教本じゃ、未だにハンニバルのカンネーの戦いが、戦術のお手本って扱いされてるってのを、どっかで聞いたことがあるような。
89.名無しさん:2016年03月11日 19:46 ID:.L7b0DHD0▼このコメントに返信
※88
昔は載っていた(確認済)が今は知らない。
野戦戦術の完成型だからね。

同時にそれ以後完成されたことはないとしていた筈。
理由

・基本的に包囲側が多数である事が望まれるが、兵力が劣勢側が正面会戦にのってこない事が多い
 (カンナエは少数の側が包囲する方に廻った。)

・カンナエ自体が戦訓となっており指揮官の注意を喚起する。

・ほぼ戦闘能力を失った敵を殺し続ける事に対する精神的圧力(罪悪感)

・事後に指揮官自身降りかかる危難に対する恐れ。(ハンニバルの最後を見れば分るよね、ローマから一生付け狙われる)
90.名無しさん:2016年03月11日 21:23 ID:LAhBWx630▼このコメントに返信
最初の方銀英スレで草
91.名無しさん:2016年03月11日 23:55 ID:lZRxajV70▼このコメントに返信
※88
あちこちの士官学校じゃ教えてるって話
一種の「教養分野」だから。
各国の業界お偉いさんと話するような機会があったときに
「何それ美味しいの?」だと
「こいつ…」って思われるからじゃね?
92.名無しさん:2016年03月12日 01:07 ID:643ah7jx0▼このコメントに返信
大砲が発達するまでは機動力と補給があれば勝てる
93.名無しさん:2016年03月12日 02:41 ID:yrevm.5v0▼このコメントに返信
戦いの無い世界で人は喜べない、歴史の根幹、
94.名無しさん:2016年03月12日 07:22 ID:WkBy.TOA0▼このコメントに返信
※57
つまり海も、陸の戦いと同じような戦術に収束していく。
95.名無しさん:2016年03月12日 13:17 ID:.C2GgTwS0▼このコメントに返信
経済航路(燃料消費が一番少ない航路)の概念があるから宇宙戦闘でもそれに基づいた戦術は必要だろうなぁ

お名前