大艦巨砲主義!ツイーター
スポンサーリンク

2016年02月28日 09:05

専守防衛に自信ニキちょっと来て

専守防衛に自信ニキちょっと来て

タグ:
F-2

引用元:専守防衛に自信ニキちょっと来て

http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1456486588/
1: 名無しさん@おーぷん 2016/02/26(金)20:36:28 ID:0it
やってげんのこれで?

2: 名無しさん@おーぷん 2016/02/26(金)20:42:23 ID:cnp
やってけてるからええんやないんか
ちな自

4: 名無しさん@おーぷん 2016/02/26(金)20:43:24 ID:0it
>>2
攻撃されたらどうすんの?

5: 名無しさん@おーぷん 2016/02/26(金)20:46:11 ID:cnp
>>4
そら反撃反撃アンド反撃よ

6: 名無しさん@おーぷん 2016/02/26(金)20:47:18 ID:0it
>>5
専守防衛やと反撃は出来なくね?
国内の防衛だけやろ?

14: 名無しさん@おーぷん 2016/02/26(金)20:50:48 ID:fa0
>>6
うーんこのガバガバ認識
防衛白書でも読んでどうぞ

17: 名無しさん@おーぷん 2016/02/26(金)20:51:46 ID:0it
>>14
出来るんけ?
正直ようわからんから教えて欲しいてのもあるんや

21: 名無しさん@おーぷん 2016/02/26(金)20:55:41 ID:Ce6
>>17
これを読むんやで
http://www.mod.go.jp/j/publication/wp/wp2015/pdf/27020102.pdf

アホ向けに噛み砕いて説明すると撃たれた後なら撃ち返せる以上

3: 名無しさん@おーぷん 2016/02/26(金)20:42:28 ID:8xI
やっていけないよ
だから安保法つくってるんやん

7: 名無しさん@おーぷん 2016/02/26(金)20:48:01 ID:G8G
まあエエんちゃう?
70年何も起こらなかったしもう何も起こらんよ

8: 名無しさん@おーぷん 2016/02/26(金)20:49:08 ID:0it
>>7
起こった時の話よ

16: 名無しさん@おーぷん 2016/02/26(金)20:51:15 ID:I6b
>>7
なお竹島

18: 名無しさん@おーぷん 2016/02/26(金)20:53:51 ID:0it
>>16
まあそういうなんやかんやなあなあで終わりそうな話やなくて実際宣戦布告された時の話や

23: 名無しさん@おーぷん 2016/02/26(金)20:57:05 ID:I6b
>>18
どうせ野党が「まずは話し合いで解決を」とか言い出して発砲されない限り反撃不可能になる
やっと全面反撃の許可が出た頃には敵は戦争目的を達成して講和会議の開催を要求
それに野党が乗っかり終わり

こんな未来しか見えない

24: 名無しさん@おーぷん 2016/02/26(金)20:59:43 ID:0it
>>23
反撃の許可降りたとして反撃の範囲はどこまでしてええんやろか
例えば基地駐屯地が相手首都のど真ん中にあってこれを殲滅出来るんけ?

25: 名無しさん@おーぷん 2016/02/26(金)21:02:22 ID:I6b
>>24
出来んやろ
出来てたら攻撃的兵器がどうこうとかで自衛隊の軍備は制限されてないで
C1輸送機なんかそのせいで航続距離が日本全土をカバーできない

26: 名無しさん@おーぷん 2016/02/26(金)21:03:29 ID:0it
>>25
やったら基地から延々と長距離弾道ミサイル打たれたらどうすんの?死ぬの?

27: 名無しさん@おーぷん 2016/02/26(金)21:06:23 ID:mxD
>>26
そこはアメリカ軍やな

28: 名無しさん@おーぷん 2016/02/26(金)21:11:03 ID:RI4
日本は最低限防いであとはアメリカさんに任せるだけよ

33: 名無しさん@おーぷん 2016/02/26(金)21:17:46 ID:IGS
>>28
なおアメリカの世論

29: 名無しさん@おーぷん 2016/02/26(金)21:13:02 ID:0it
>>27
>>28
なるほどなあ

10: 名無しさん@おーぷん 2016/02/26(金)20:49:28 ID:80W
かわぐちかいじ読めばええんちゃう?

12: 名無しさん@おーぷん 2016/02/26(金)20:50:40 ID:I6b
>>10
空母いぶきぐう面白い

30: 名無しさん@おーぷん 2016/02/26(金)21:15:49 ID:I6b
日本が本格的に攻撃されたらどうなるかっていうシュミレーションは「帝国自衛隊1945」を読むとええで

32: 名無しさん@おーぷん 2016/02/26(金)21:16:51 ID:0it
>>30
漫画かな?
読んでみるわサンガツ

34: 名無しさん@おーぷん 2016/02/26(金)21:19:28 ID:I6b
>>32
架空戦記やで
現代の日本が1945年にタイムスリップするけど憲法解釈やら野党の批判のせいでまともに反撃できない
途中で改憲のための国民投票に踏み切るんやけどその時の描写が無駄にリアル

自称政治に自信ニキが与党を批判したり投票中に空襲された市民がやり直しを求めたり

31: 名無しさん@おーぷん 2016/02/26(金)21:16:21 ID:Ag7
まあ憲法前文から平和を自ら維持する気がないからな

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2016年02月28日 09:10 ID:e.AV4.4p0▼このコメントに返信
専守防衛とは、あなたの家庭、学校、道路、公園、会社が戦場となり、身内がズタズタになり殺されるということ。
2.名無しさん:2016年02月28日 09:15 ID:SPGQSJQ00▼このコメントに返信
極端な話、都市部に核を5、6発打ち込まれて宣戦布告されても政府がグダグダして意見がまとまらず痺れを切らした自衛官1人が反撃してなし崩しで。。。って感じになりそうで不安。
3.名無しさん:2016年02月28日 09:22 ID:Uc9ahQY7O▼このコメントに返信
正当防衛の範囲でしか攻撃できなかったら民間人と変わらないわな。
米軍なしで、敵国の基地を攻撃できなかったら、相手はずっと攻めてくるよなあ。補給を断てないわけだし。
4.名無しさん:2016年02月28日 09:24 ID:cfo9lYHQO▼このコメントに返信
日本は最悪の場合、アメリカ・同盟国・友好国・隣国等からの支援なし、自衛隊だけの戦力で『防衛』しなくてはならなくなる
敵国に、攻め込むこと攻撃することは『憲法違反』になる
5.名無しさん:2016年02月28日 09:25 ID:Isxat8ON0▼このコメントに返信
撃たれたら打ち返しておあいこになるとか主張してる自衛官氏ねよ
実際やられたら反撃すら出来ないよ
6.名無しさん:2016年02月28日 09:28 ID:GkD4dCO00▼このコメントに返信
>例えば基地駐屯地が相手首都のど真ん中にあってこれを殲滅出来るんけ?

核爆弾ならともかく、通常弾頭の巡航ミサイルじゃ「殲滅」なんて不可能だし、巡航ミサイル以外の航空機からの爆撃となると正規空母を運用するかステルス爆撃機を開発するしかない
専守防衛以前に予算的に不可能

>やったら基地から延々と長距離弾道ミサイル打たれたらどうすんの?死ぬの?

核弾頭ならともかく、通常弾頭の弾道ミサイルを延々と撃ち続ける事が出来る国なんて無い
弾道ミサイルは1発数億円~数十億円
しかもピンポイント爆撃と移動目標への攻撃は不可能
7.名無しさん:2016年02月28日 09:28 ID:rEK69tBE0▼このコメントに返信
シュミレーションって間違う奴ほんと多い
この手の間違いでナンバー1ちゃう?
8.名無しさん:2016年02月28日 09:30 ID:GkD4dCO00▼このコメントに返信
※4>敵国に、攻め込むこと攻撃することは『憲法違反』になる

自衛するために他に手段が無い場合、敵地攻撃は可能ととっくの昔に憲法解釈されている
9.名無しさん:2016年02月28日 09:32 ID:FyfMRq7k0▼このコメントに返信
本土決戦を専守防衛って言いかえただけだっけ?
10.名無しさん:2016年02月28日 09:33 ID:f.gLShoD0▼このコメントに返信
専守防衛とはいいながら竹島も北方4島も奪還しないんだよなw
11.名無しさん:2016年02月28日 09:33 ID:w5PfON170▼このコメントに返信
もともと竹島が南朝鮮に侵略され日本人が虐殺されたことから武装防衛の必要性を思い知らされたからな。
取られる前まではがんばれても取り返すのは米国兄貴に依存せざるおえないよね。
沖縄の米軍基地の必要性もその点が大きい。
12.名無しさん:2016年02月28日 09:34 ID:b6ribOdP0▼このコメントに返信
専守防衛?無理無理
巡航ミサイル五月雨うちでアッという間に壊滅するよ
13.名無しさん:2016年02月28日 09:44 ID:rvTGWC6d0▼このコメントに返信
※6
そこは法律上のたとえ話じゃないのか?
たとえば技術革新が行われて、クソ安い長距離攻撃兵器が北朝鮮レベルの技術力で大量配備できるようになるとか
ISIS日本支部が自爆テロ起こしまくるとか
ミサイルにこだわらず、現状の法律上どうなるのかって話が聞きたいんだと思う
14.名無しさん:2016年02月28日 09:44 ID:lCZvqhrJ0▼このコメントに返信
昨日だったかな。
「チャンネルくらら」の公開動画で、倉山氏と勝谷氏の対談があった。
その中で、自衛隊幹部が専守防衛は無理だと話していたというのがあったが、
結局、究極の防衛とは、「抑止力」に他ならず、そのための相手基地への対地攻撃能力
弾道ミサイル、対地ミサイル(航空機、艦船、地上配備)
これら無くしては語れないということであった。
もちろん、現状核兵器(搭載原潜)があるに越したことはない。

日本は非常に脆弱という認識が必要なのは言うまでもない。

あれっと思ったのは
勝谷が、
「日本が戦車を持つ意味が分からない、橋も渡れないし、売りでもせんりかぎり日本では不要」
と言っていたことである。
これはよく支那朝鮮人が言うセリフなので注意。
彼の出自や人間関係、これまでの発言から私は警戒はしている。

上陸が無ければ戦車はいらない。上陸されたらそもそもおしまい。という理屈にはプロパガンダがあるので注意。
戦車は攻勢にも防御にも圧倒的な効果を持つ。
なおかつ10式は市街戦にも対応できる。
これを否定したい連中とは、どんなものなのか。
日本に入り込んでいるゲリラ予備軍。こいつらが恐れ、抑止の対象となるものは何か。
こわければ命令されても出てこない。
簡単な理屈である。
15.名無しさん:2016年02月28日 09:48 ID:GkD4dCO00▼このコメントに返信
※13

敵領土に攻撃をしなければ自衛ができない場合、敵地攻撃は可能というのが歴代政権の憲法解釈
16.名無しさん:2016年02月28日 09:50 ID:bMQSAz7q0▼このコメントに返信
専守防衛に自信とか大口を叩く気はないな。先手必勝あるのみよ。なんで相手に先手を打たれにゃならんねん。
17.名無しさん:2016年02月28日 09:51 ID:J9KZ4quNO▼このコメントに返信
だから安倍さんが他国に原油輸入を止められた時点で攻撃を受けたことになるっで言ってなかった?
日本にアメリカの基地と情報報告が有るのにミサイルをどうして射たせると思うのか解らない。
18.名無しさん:2016年02月28日 09:52 ID:rvTGWC6d0▼このコメントに返信
専守防衛を擁護する気はさらさらないが、しかし防衛のためにどこまでの進軍が許されるべきなのかってのは悩ましいよ。

例えば明治~昭和期の日本は、本土を防衛するために必要だと考えて半島へ進出し、半島が日本の国土となると今度はソコを守るための緩衝地帯を求めて満州、そして蒙古へと手を伸ばさざるを得なかった一面がある。
むろん当時の国際状況は今と全然違うとか、ほかにもいろんな要素や視点があるのは分かるが、じゃあ実際問題としてアメリカほどの軍事力を持たない日本にとって、想定される敵の攻撃を未然に防いだ上での最善の「引き際」はどこなのか、ここを見誤れば国力に見合わない拡大路線を突っ走って誰も止められなくなってしまう。

結局、厄介ごとはぜんぶアメリカに押し付けて拙者どもは専守防衛でござい、なんてやってられるのがいちばん楽ではあるんだよね。国家の選択として正しくはないけれど。
19.名無しさん:2016年02月28日 09:57 ID:b6ribOdP0▼このコメントに返信
いやいやどの段階からもなにも
シリア見てたら分るやん
ロシアとか2000km離れたところから一方的に数百発の巡航ミサイルうちこんでるやんけ
今の日本はもうぶっちゃけ詰んでるんだよ
迎撃?数百発、数千発を全部防げるの?
20.名無しさん:2016年02月28日 09:58 ID:.lRgdQhc0▼このコメントに返信
初手が致命傷になるんですが
21.名無しさん:2016年02月28日 09:58 ID:kjQJ19xD0▼このコメントに返信
憲法前文はプログラムで言うところの条件文ですよ。もし仮に諸国民が公正で信義にもとづいて行動するなら、それに応えて武装すらしませんよということ。

実際には、公正でもないし信義のかけらもない隣国に恵まれている以上、条件外なので9条は発動しません。専守防衛は建前だし、こっちから攻めないって意味でしかないですよ。


嘘をついて襲ってくる侵略者に我慢を重ねた結果、太平洋戦争に突き進んでしまった。最初から大東亜戦争と言って支那の侵略を許さないって言っておけばよかった。相手の立場を慮って真犯人がいるはずだと思ったまでは良かったけどね。それはアメリカではなくコミンテルンだったし。

我慢しすぎてるから、ただの傍観者でしかなかったアメリカをおもいっきりぶん殴っちゃうし。もう少し冷静に情報を検討するべきだったんだけど、当時は鬼畜米英とか朝日がプロパガンダうってたしね。日本もアメリカも赤にやられまくっていた。それがわかったからこそのレッドパージからの冷戦。それ以前は米ソ中共はマブダチだった。

中共の変わり身はうまいよね。なんでやってることがこれだけおかしいのに、支持されてきたんだろうか?偉い人を取り込む力が実にすごい。接待にやられるひとが多いんだろうな。金や女に負けなくても理想や夢に騙される人が多かった模様。「お力を貸してください」って頭を下げられるとヘロヘロになっちゃう日米であった。
22.名無しさん:2016年02月28日 09:58 ID:GkD4dCO00▼このコメントに返信
※12

巡航ミサイルにそんな力があるのなら、逆に日本が巡航ミサイルを運用すれば中国をアッという間に殲滅できるとなる
現実には中国相手でも日本相手でも、巡航ミサイルのみで殲滅など不可能
23.名無しさん:2016年02月28日 10:00 ID:b6ribOdP0▼このコメントに返信
※22
そうですか
各自衛隊の基地が壊滅状態になってそっから残った戦力で迎え撃つ状態をなんとも思えないのならあなたの言う通りなのでしょうよ
24.名無しさん:2016年02月28日 10:03 ID:mrfqWgs60▼このコメントに返信
本気で専守防衛やろうとすれば、今の防衛費じゃ全然足りないだろ。
25.名無しさん:2016年02月28日 10:07 ID:GkD4dCO00▼このコメントに返信
※19>ロシアとか2000km離れたところから一方的に数百発の巡航ミサイルうちこんでるやんけ

ロシアが1回の攻撃で使用した巡航ミサイルは最大で26発
カスピ小艦隊からの攻撃だが、この艦隊からの飽和攻撃能力は最大でも32発

数百発なんて撃ってない
26.名無しさん:2016年02月28日 10:09 ID:xEEqFhfH0▼このコメントに返信
※15
と言っても、敵地攻撃のための装備やノウハウがなかったから、事実上不可能だった。
今はF-35導入が決定したので、後は日本からグアムまで飛んで行って爆撃して帰る訓練やって、ノウハウを蓄積すれば、敵地攻撃能力を持てる。
27.名無しさん:2016年02月28日 10:11 ID:GkD4dCO00▼このコメントに返信
※23>各自衛隊の基地が壊滅状態になってそっから残った戦力で迎え撃つ状態をなんとも思えないのなら

ソ連時代から自衛隊が延々と続けている巡航ミサイル迎撃能力は無視ですか
自衛隊は破壊された基地を復旧もせずぼーっと眺めるという前提なのですか
28.名無しさん:2016年02月28日 10:11 ID:hiVXtehE0▼このコメントに返信
最初の第一撃撃たれればその時点で宣戦布告だから防衛行動は出来るんじゃ?
最初の一撃ってのは今の時代弾道ミサイルや巡航ミサイルやね
MDで何とかしのげれば敵基地攻撃は米さんにお任せかのう

よく米は守ってくれないとかいうけど安保や思いやり予算や在日米軍基地が何のために日本にあると思ってるねん・・・
この前北がミサイル撃った時だって米軍の最新BMDイージス艦や空母や原潜まで動いてたんやで
29.名無しさん:2016年02月28日 10:14 ID:1noX.1it0▼このコメントに返信
※9
そうだよ
専守防衛は基本的に防衛する側が戦場になるからね
30.名無しさん:2016年02月28日 10:14 ID:GkD4dCO00▼このコメントに返信
※23

というか、どの道敵の巡航ミサイル攻撃には「迎え撃つ」以外に軍事的選択肢は無いんだが
敵の巡航ミサイル攻撃を発射前に破壊なんて米軍だって不可能です
31.名無しさん:2016年02月28日 10:15 ID:1.b5awb.0▼このコメントに返信
つか、軍事知らん人は良く「敵地からミサイル延々うち続けられたら」って話をするけどね。
例えば先日の北朝鮮のミサイル打上想動に対して、
PAC3設置したら1兆ウン億円掛かったとか話見ても判るとおり、ミサイルってのはくっそ高いわけですよ。
相手の国を焼け野原にしようとしたら、それこそ国家予算数年分が消し飛ぶレベル。
で。
日本の最大の価値って「商業の要地であること」や、「存在する企業の技術」にあるわけで
日本に戦争に勝って利益を得るには、これらを可能な限り無傷にしないと話にならない。
つまり、日本に対してのミサイル飽和攻撃で勝利したとしても、
「自国の屋台骨が揺らぐレベルで金使った挙句、まったく儲けが出ない」
という、実に「勝っても意味がない」という笑えない状況がまっている。

猶、「兵器が金掛かる」ってのはミサイルに限った話ではない。艦船、航空機でも同じ。
最初の攻撃部隊が壊滅したら、もうその段階で継続はありえなくなるよ。海戦の場合は特に。
・・・第二波、第三波が用意できるアメリカがチートすぎるだけだは。
32.名無しさん:2016年02月28日 10:15 ID:mlbPGKL.0▼このコメントに返信
ぶっちゃけ、その時の総理次第だろうな。
一応、総理大臣が自衛隊最高司令官の立場だから応戦や反撃の命令は総理が出す。
国会で議会の承認を得てからしか命令しないとかの無能アホ総理だと後手後手で自衛隊壊滅や幾つかの都市消滅はあり得る。
憲法違反だろうが緊急事態法が未整備だろうが、有能総理が後で責任問われても個人的自己責任ででもすぐさま反撃GOサイン出して敵基地攻撃命令出せば、日本が生き残る可能性はある。
攻撃命令が早ければ早いほど、総理への批判が大きくなり過失が問われるが、逆に日本の損害は少なくなるわけだからな。
法律がクソレベルの現在の日本では、日本の運命は時の総理が自己犠牲してでも日本を守る気がある総理なのか次第。
33.名無しさん:2016年02月28日 10:16 ID:xEEqFhfH0▼このコメントに返信
※28
>安保や思いやり予算や在日米軍基地が何のために日本にあると思ってるねん・・・

『日本の軍国化阻止』のためです。99年のアメリカ人への日米安保に関するアンケートで半数近くのアメリカ人がこの理由を挙げました。また、先日ルビオ氏が、トランプの対日政策を批判した際に、「見捨てられた日本が核兵器を持ったらどうするんだ!」と日本の軍国化を懸念する発言をしてます。
34.名無しさん:2016年02月28日 10:17 ID:lCZvqhrJ0▼このコメントに返信
憲法について考えてみたい。
憲法、憲兵の
「憲」という言葉の意味、
これは
規範、とか指示、命令を示す言葉と言う。
憲法は法律の法だったかな。そういわれている。

しかし、英語で言えばコンスティテューション
すなわち「国体」と訳すのが適切と、西部邁?(すすむ)氏などは言っている。

つまり、日本とはどういう国なのか、歴史や伝統に基づいたこの国の形を定義したものであるべきという説明である。

マスコミなどがつかう法の監視などは余計なお世話である。
演繹的に
この国の形はこうであるから、この件についてはこういう形で取り決める。
と言う形の法解釈ができる存在であればいいわけだ。

まっさらにしての改憲を支持するものである。

なお、私は改憲するより、現憲法を放棄。
大日本国憲法を再登場させ、それを現状に合わせ改憲することをお勧めする。
35.名無しさん:2016年02月28日 10:24 ID:xEEqFhfH0▼このコメントに返信
※34
>なお、私は改憲するより、現憲法を放棄。
大日本国憲法を再登場させ、それを現状に合わせ改憲することをお勧めする。

この手の主張する人はある程度いるけど、実際やると、現憲法に合わせて作ってる法律や行政・民間・教育など様々な分野を、一から作り直す必要があるので、日本国民全員がその作業を何年も徹夜で作業して全員過労死しても、全然その作業が終わらない気がする。
36.名無しさん:2016年02月28日 10:28 ID:lCZvqhrJ0▼このコメントに返信
※31
どれだけ軍事を知っているか分からないが、まあチートなんていう言葉は中学生ぐらいしか使わない言葉だろうと私は思っているので、あんた子供でしょう。

ミサイル攻撃については、朝鮮人がネットで書き込んだ内容を読んだことがある。
向こうに200発の対地攻撃用のミサイルがあり、実は北ではなく、日本を照準目標としている。
仮に90%が撃墜され、10%しか届かなかったとしても、
20発残る。

これが日本の重要基地(都市ではない)に着弾することを考える。
このミサイルは子爆弾を抱えたクラスター爆弾の一種であり、一発でも飛行場であれば使用不能となるほどの破壊力を持つそうである。
私は専門家ではないのでこのあたりは分からないが、
こういう使い方をする可能性はあるのではないだろうか。

ミサイル持ってても意味が無いという主張には、上陸されたら意味が無いから戦車はいらないという意見と重なるものが見え、私は警戒するものである。
37.名無しさん:2016年02月28日 10:29 ID:b6ribOdP0▼このコメントに返信
※30
そう…だから現代戦はとにかく巡航ミサイルの打ち合いになる
侵攻はそっからの話だな
リビアのカストロとかアメリカの巡航ミサイルで主力がぼろぼろになったところに民兵にやられてたからな

悪いけど日本はもう詰んでるどうにもならんよ
単独じゃもはやどうにもならんからアメリカ頼り
38.名無しさん:2016年02月28日 10:29 ID:jVqC6KeQ0▼このコメントに返信
専守防衛ってのは良く話を聞くが、これはこちらに犠牲がまず出ると言う事になる
この事は日本国民も日本政府もその覚悟が出来ているんだろうか
野党は前線で誰かが「あおったから」と言うんだろうが、それでも犠牲が出るのは問題でしょう
前線の指揮官はぎりぎりのところで専守防衛についてはいろいろな覚悟はしていると思うぞ





39.名無しさん:2016年02月28日 10:30 ID:mrfqWgs60▼このコメントに返信
※35
現状に合わせるなら、現憲法を手直しても同じ事じゃね?って気がするな。
大日本帝国憲法ってのに拘りがある、懐古趣味でも有るんだろうさ。
40.名無しさん:2016年02月28日 10:31 ID:hiVXtehE0▼このコメントに返信
※33
そんなの只の妄想でしょ
現実的に日本が核兵器作るとなると相当ハードル高いよIAEA脱退からプルトニウム濃縮とソフトもハードもともにな

在日米軍基地があるってことは米軍は基地防衛しないと死ぬんよ
つまり米軍が在日米軍基地を防衛するということはイコール日本の防衛に繋がる訳なんだけど
それに日本の壊滅はアメリカ経済や世界経済にとっても相当な打撃(東日本大震災でかなり影響出たよな)なので日本を見殺しにするのは米の国益にも反するから有り得ないなあ
41.名無しさん:2016年02月28日 10:33 ID:lCZvqhrJ0▼このコメントに返信
※35
専門ではないので言い切りはできないが、
現民法・商法は基本昔の儘と聞いている。
それぐらいの苦労は関係者はやってくれ。今まで楽してるんだから勉強しろというレベル。
42.名無しさん:2016年02月28日 10:37 ID:pEZrAjW40▼このコメントに返信
解釈上、敵基地攻撃可能と言っても、攻撃手段がないのが現状
国会答弁でトマホークは過剰装備なんていってる時点で米軍に頼るしか術が無い
だから日米安保堅守のアメポチになるしか道しかなかった。
43.名無しさん:2016年02月28日 10:38 ID:xEEqFhfH0▼このコメントに返信
専守防衛に関しては、映画版『図書館戦争』を見ればよく分かるよ。
あれは日本の防衛とその問題点を、図書館の構想という形で分かりやすく説明してるから。
図書隊=自衛隊、ルールを遵守し専守防衛に徹してるため最初に攻撃を食らう、犠牲が出ても報道されないので国民は無関心
良化隊=侵略者、ルールを守る気がなく先制攻撃を行う、報道側を事実上支配下に置いてるので図書隊に不利な報道をさせる
本・図書館=国民・領域を表してる
44.名無しさん:2016年02月28日 10:40 ID:xEEqFhfH0▼このコメントに返信
※43
訂正すまん
図書館の構想→図書館と行政の抗争
45.名無しさん:2016年02月28日 10:43 ID:A4E793uo0▼このコメントに返信
小林源文さんの「TOKYO WARS」みたいになってしまうのだろうか?
46.名無しさん:2016年02月28日 10:44 ID:hPwGw9kM0▼このコメントに返信
戦後70年、日本は平和国家として云々…って言っている奴等は絶対に信用できないな。
北方領土でソ連に財産を奪われ、竹島で韓国に4000人以上が刹傷拉致監禁拷問され領土を奪われ、北朝鮮に何人もの人が誘拐されて未だ行方知れず、尖閣諸島で中国に日々侵略行為をされている現状で、
被害にあった人たちを無視・見頃しにして「日本は平和です」とか、どの口が言うのかって事よ。
専守防衛w、本土決戦で無防備に蹂躙されろって言うんだろ。まず共産党や社民党や民主党の奴らが盾になって日本人を守ってタヒねよって言いたいわ。
次の選挙で投票する相手を間違えると、日本は中国に蹂躙されるぞ。ちゃんと考えて投票しろよ。
47.名無しさん:2016年02月28日 10:45 ID:xEEqFhfH0▼このコメントに返信
※42
トマホークとかの精密誘導兵器は、イラクでの誤爆(という扱いにしてる)でイメージがクソ悪いからな。
アメリカは、その方が都合がいいからって、何でもかんでも誤爆で片付けようとするなと思うわ。
48.名無しさん:2016年02月28日 10:47 ID:G21Hiqw40▼このコメントに返信
国際外交に殴られたら殴り返すは命取り
殴られる前にコテンパンが鉄則
49.名無しさん:2016年02月28日 10:50 ID:xEEqFhfH0▼このコメントに返信
※48
そして、相手も同じことを考えてるので、お互い殴ろうにも殴れない緊迫した状態に。
これを『相互確証破壊』と言います。
50.名無しさん:2016年02月28日 10:54 ID:VEa5y28M0▼このコメントに返信
イッチの言う反撃の範囲が分からん
国外へ敵を排除することならできるし、ミサイル基地を爆撃することも一応いける
ただ相手国に兵力を送り込んで…ってのは無理
51.名無しさん:2016年02月28日 10:55 ID:A4E793uo0▼このコメントに返信
最初の一発は受けなければならないんだろ?
その最初の一発が「いずも」や那覇、大阪だったらどうするの?
尚、東京だと交渉チャンネルが無くなるので除害する、
イスラエルのように專攻防衛にならないと駄目なのでは無いだろうか?
52.名無しさん:2016年02月28日 10:58 ID:JodcriGh0▼このコメントに返信
※35
帝国憲法にしちゃうとそうなるね。
でも、いまの米製憲法から不都合な条項だけ削除した暫定憲法に挿げ替えれば、既存法との競合は発生しない。

あまりに改正条件が非現実的すぎる現在の憲法、馬鹿正直に改正手続きするより破棄差し替えの方が現実的だと思う。
53.名無しさん:2016年02月28日 11:01 ID:4DWkjFJS0▼このコメントに返信
攻撃するくらいなら、領土をとられた方がマシ。
これが野党の考える平和。
54.名無しさん:2016年02月28日 11:02 ID:DCRMXxax0▼このコメントに返信
愚民共が争ってないとお金持ちはお金を儲けられないんだってさ
55.名無しさん:2016年02月28日 11:03 ID:A0hzWnIpO▼このコメントに返信
日本は敵から攻撃を受けて被害が出たあとじゃないと反撃できないと勘違いしてる人がいるけど
内閣法政局は自衛権発動の要件となる「武力攻撃の発生」の定義について武力攻撃のおそれがあるとき
でもなく武力攻撃による被害が出たあとでもなく、相手が武力攻撃に着手したときとしている。
つまり、相手が武力攻撃の動作に入った段階でこちらに被害が出る前に叩くことは
先制的自衛権として認められている。

ちなみに武力攻撃のおそれがある段階で相手を叩くと、国際法違反の予防攻撃になるからな。
56.名無しさん:2016年02月28日 11:07 ID:JodcriGh0▼このコメントに返信
※51
着弾しなければ対応が取れないってことはないよ。
当たんなくても攻撃してくれば、それで防衛対応発動の根拠になる。
つい先日の北ミサイル発射対応なんかがその現れだね。
57.名無しさん:2016年02月28日 11:10 ID:OK4vcIyJ0▼このコメントに返信
次の大統領でアメリカの支援は期待出来ない、自衛隊は限定的な反撃しか出来ない
58.名無しさん:2016年02月28日 11:10 ID:JodcriGh0▼このコメントに返信
日本に野党なんてあったっけ。
ズルして日本国籍取った外国人が徒党組んで国会の一角を占拠しているのは、日本の立法府として適切な状態と言えるのかね。
59.名無しさん:2016年02月28日 11:16 ID:uB2N5rfyO▼このコメントに返信
海上警備行動や治安出動の武器使用基準が警察法基準
→正当防衛、被害拡大・逃走阻止の為に発砲以外の適正な手段が無い時
っていうのは、なんとかしてほしいと思う。
60.名無しさん:2016年02月28日 11:24 ID:A4E793uo0▼このコメントに返信
もし、そのような事態に陥った場合、当事者達は栗栖正臣前統合幕僚議長の言葉に習わなければならないのだろうか?
61.名無しさん:2016年02月28日 11:27 ID:.LmGC7UA0▼このコメントに返信
反撃に反対する連中はスパイとして国民が処分しないといけないんやで
62.名無しさん:2016年02月28日 11:30 ID:1.b5awb.0▼このコメントに返信
※36
こちらの言ってる事、判ってます?
こっちの主張は
第一に
「兵器が損耗したら補充に金が掛かる。ミサイルは特に高く、何十発、何百発も使ったら国が傾く」
「無制限と思えるほど次から次に戦力繰り出せる程の軍事力を抱えてる国はアメリカくらいしかない。
 中国であってもまだまだ不十分(この圧倒的すぎる差を揶揄して、『チート』と表現しただけ)」
「なので、アメリカ以外を敵にしても最初の攻撃さえ凌げば続きの攻撃はそこまで怖くない」

第二に、
「日本と戦争するとして、利益を得るには日本の国土を可能な限り無傷なままにしなくてはならない」
「ミサイル攻撃では利益を大幅に減じさせるだけでしかない」
「ましてやミサイル攻撃だけで勝利しようとしたら膨大な費用が掛かり、致命的な赤字になるだけ」

猶、中国にしろ北朝鮮にしろ、技術的には西側先進国(一応日本も含む)にはまだまだ劣ります。
そのため、ミサイルの精度はそこまで高くありません。ピンポイント爆撃は難しいでしょう。
だからこそ数による飽和攻撃か、核で・・・という話になるのです。前述の通り、やったら逆に自滅するので出来ませんが
63.名無しさん:2016年02月28日 11:31 ID:tktc8EW40▼このコメントに返信
今の時代、専守防衛ってのは核武装のことだろw
核を持って初めて専守防衛の土台一段階に上がれる訳だ。それ以外の武装はもう価値無いよ
64.名無しさん:2016年02月28日 11:37 ID:7LPT3NGN0▼このコメントに返信
竹島と拉致被害者の存在がある時点で専守防衛も9条も日本国民を守るものじゃないのは明白
65.名無しさん:2016年02月28日 11:45 ID:lCZvqhrJ0▼このコメントに返信
※62
私の意見は単純
とりあえず日本もミサイル(上述)を持てということです。
相手が撃っても先制攻撃を凌げばなんとかなる?
抑止力を持つ必要はないと言ってどうするんだろう。

面倒くさいので、これは私は打ち止め。
66.名無しさん:2016年02月28日 11:47 ID:1.b5awb.0▼このコメントに返信
※36
猶、日本の重要基地は、大体街近くにありますよ。街中にあるところも少なくありません。
更に言うと、ピンポイントで基地攻撃が可能だったとして、
基地攻撃した「だけ」では意味がなく、同時に海域侵攻も合わせて行う必要があります。
と、なれば侵攻してくる国はミサイル着弾に合わせて軍事力を展開しておく必要があり、詰まる所、「行動がバレバレ」であるわけです。

コメントされてる諸氏それぞれの意見もありますからこちらから討って出ることは難しくとも、
領海手前に待機する侵攻国艦隊に対して、防衛準備をする事は出来ます。勿論ミサイルも「打って来るであろう」として備える事は出来ます。

被害は出るでしょうが、果たして一方的な展開になるのでしょうかね??

先の北朝鮮ミサイル騒動の時もそうですが、被害あると判断されれば着弾を待つまでも無く現行法でも打ち落とせるわけで、
着弾無くとも「撃った」「射撃準備をはっきりと確認した」で十分防衛行動開始しても問題ないのでは?とも考えますが。
67.名無しさん:2016年02月28日 11:50 ID:QDMre6Gz0▼このコメントに返信
日本国内で大規模なテロが発生し、その混乱に乗じて周辺国がいっせいに動く。これが昭和時代から、最も警戒され想定されてきたパターン。で、今はミサイルで攻め込まれるケースより、尖閣の実効支配、対馬の実効支配の方が現実的だよね。民主、共産がなぜあそこまで安保法制の成立に反対しているのか。沖縄の基地移転を反対しているのか。離島防衛が重要で、沖縄の基地、米軍の海兵隊が重要だからだよ。
68.名無しさん:2016年02月28日 12:00 ID:GkD4dCO00▼このコメントに返信
※51

別に大阪に撃ち込まれても東京に撃ち込まれても、自衛隊には直接被害は出ないから軍事的には意味がない
というか、むしろ軍事拠点への飽和攻撃の数が減る分自衛隊と在日米軍的には有利

沖縄には自衛隊と米軍のPAC-3や中SAMなど地対空ミサイルが充実している
いずもへの攻撃は対地巡航ミサイルでは不可能で、射程が短い対艦ミサイルでの攻撃となるから「最初の一撃」を食らうことは無いだろう
69.名無しさん:2016年02月28日 12:04 ID:pbJJDvxt0▼このコメントに返信
※43
図書館シリーズは専守防衛を曲解し、戦闘と戦争を混同してると思う。政府答弁であるように、座して死を待つ・・・という発想はない。専守防衛というのは侵略戦争をしないという意味。つまり必要とあらば先に撃つし、敵地も攻撃する。策源地攻撃能力が大幅に不足しているという議論は正しい。でも別に自衛隊は被害を受けるまで待つわけじゃない。なお、国際法で戦争を始めることも建前上は禁止されてるため、日本の憲法とそれほど内容が異なるわけじゃない。9条2項が混乱をつくっているだけ。
70.名無しさん:2016年02月28日 12:09 ID:tktc8EW40▼このコメントに返信
米軍が居なくなれば核武装するだけだから、米国に忠実な情けない犬の様に振る舞って、高い金払ってまで居座り続けられたくない。
不利な命令でもなんでも聞いて、高い金払ってまで植民地継続を望んで、最近では慰安婦やらなんやらでも責められる。日本ってどMの鏡だよな笑
71.名無しさん:2016年02月28日 12:11 ID:GkD4dCO00▼このコメントに返信
※37>リビアのカストロとかアメリカの巡航ミサイルで主力がぼろぼろになったところに民兵にやられてたからな

リビアの場合、米英介入前には既に反政府組織によりカダフィ政権は弱体化しており、首都トリポリ以外が反政府組織の手に落ちていた
米英の空爆はいわば「ダメ押し」の役割

自衛隊の対空ミサイル網はリビアとは比較にならないくらい充実している
そして四方を海に囲まれた日本の場合、巡航ミサイルで基地を一時的に無力化しても、そう簡単に地上部隊を上陸して占領とはならない
巡航ミサイルでは自衛隊の地対空ミサイルや地対艦ミサイル、潜水艦や海上戦力・地上戦力は無力化できない

>単独じゃもはやどうにもならんからアメリカ頼り

「もはや」ではなく「元々」です
72.名無しさん:2016年02月28日 12:12 ID:up72.rRb0▼このコメントに返信
今の日本では打たれたら直ぐに打ち返すのは特に困難。
最初に東京(特に国会付近)にミサイルが落ちれば国会を開催できないので、その状態にした後で沖縄辺りから侵略開始すれば少なくとも自衛隊は出動に「国会の承認」が必要だから法律上は動けない。仮にあっても直ぐに代替場所でやるんだろうけど。
今の野党だと「攻撃する位なら日本ぐらい相手に差し出せばいい」ぐらいは平気で言いそう。

自衛隊の人達はこういう事態になれば処罰覚悟で無許可でも応戦すると覚悟を持って言ってくれてるからありがたいんだけど
73.名無しさん:2016年02月28日 12:24 ID:GkD4dCO00▼このコメントに返信
※36>20発残る。これが日本の重要基地(都市ではない)に着弾することを考える

核弾頭ならともかく、20発程度の通常弾頭じゃほんの一時的に基地が無力化されるだけ
滑走路は破壊されても最短4時間もあれば復旧する

航空基地を長期間無力化するためには巡航ミサイルのみでは不可能で、その後の航空機による継続的な空爆が必要であり、最も最善なのは地上部隊による制圧
74.名無しさん:2016年02月28日 12:25 ID:pbJJDvxt0▼このコメントに返信
※67
安保法制への反対陣営に共通するのは「巻き込まれ論」であり「一国平和主義」。自民党政権歴代のアメポチの歴史に対する不満や不安もある。ドイツのようにイラク戦争の大義に疑問を感じ、公に反対して出兵しない事が日本には出来ない国防上の現実がある。他の同盟国も多かれ少なかれ同様の問題を抱えてるいるので、アフガンやイラクに仕方なく出兵した。豪軍のアフガン派遣部隊の元司令官らが、アフガン派遣に疑問を感じてることをメディアで発言してたが、全ては米国との同盟維持のため。なお、苦しい米軍統治・軍政を経験してる沖縄の話はまったく別問題。
75.名無しさん:2016年02月28日 12:26 ID:xEEqFhfH0▼このコメントに返信
※72
国会承認は、緊急性がある場合は事後承認でも可能らしいよ。
あと、防衛出動待機命令では、総理大臣承認の下防衛大臣が命令できるので、事前準備することは可能。
76.名無しさん:2016年02月28日 12:27 ID:GkD4dCO00▼このコメントに返信
※72>自衛隊は出動に「国会の承認」が必要だから法律上は動けない。

防衛出動
ただし、特に緊急の必要がある場合には、国会の承認を得ないで出動を命ずることができる。
ttp://www.mod.go.jp/j/presiding/law/yujihousei/qa/76-1.html
77.名無しさん:2016年02月28日 12:36 ID:u3O2dNq.0▼このコメントに返信
※10確かに(笑)(笑)
78.名無しさん:2016年02月28日 12:38 ID:QCxY3jOM0▼このコメントに返信
専守防衛 という名前が悪い
まるで守備専門で防衛のみしかしない、という印象を与える可能性がある。
79.名無しさん:2016年02月28日 12:39 ID:.Gy7AaFP0▼このコメントに返信
アメリカに軍事力の統帥権を
全権白紙委任するわけにもいかないって話なんだがね
日本の金で兵器を何時もの様に打ちまくるぞヤッコさん達=3

防衛大臣の・・・・だれだっけ間抜けだって事しか知らんが
そいつは栄光のアメリカ軍の一員になったウレシーって勢いだったが
80.名無しさん:2016年02月28日 12:47 ID:.Gy7AaFP0▼このコメントに返信
アメリカ自身が何度も言っていることだが
米国の価値観の一つとして米軍は「西部の騎兵隊」だぞ、
頭の中がエターナルゴールドラッシュフィーバーな山師の子分の愚連隊で
周辺の敵性要因となる国家は「ならずもの」って事らしい・・・・・
自衛隊の皆さんを愚連隊の一員に組み込んで あぁ嬉しい じゃあねぇよ

友好的な集団からのボーイスカウトだったら大歓迎するが
山師の子分の西部の騎兵隊なら低調にお断りしたくもなるわ
81.名無しさん:2016年02月28日 12:56 ID:LAru5eFe0▼このコメントに返信
旧帝国軍ですら諦めた本土決戦を自衛隊ができんの?
82.名無しさん:2016年02月28日 12:57 ID:LAru5eFe0▼このコメントに返信
ミサイルで勝負がつく時代に反撃許可なんか待ってたら全滅しちまうぞ
83.名無しさん:2016年02月28日 13:03 ID:Ix7wxtTM0▼このコメントに返信
専守防衛なんて無理無理、北朝鮮の弾道ミサイルを全て迎撃するなんて不可能です、

ムスダンリ、トンチャンリ沖合にイージス艦を常時浮かべて、常時イージスシステムを稼働し続けろと?
あるいは日本海側に30km間隔でPAC3を配備、能登半島に超水平線レーダーを設置しろと?

弾道ミサイル防衛システムの成功率が100%ではない以上、現状では机上の空論です、
敵基地を大規模空爆し、ミサイル基地を無力化するしかありません、

専守防衛なんて不可能なんですよ。
84.名無しさん:2016年02月28日 13:07 ID:bFOdCNww0▼このコメントに返信
この手の話題でスイスを云々って言うやつ居るけど
あいつらの認識のスイスってどういう認識なんだろうな。下手したら某アニメの認識になってそ
85.名無しさん:2016年02月28日 13:07 ID:bK5rrhbh0▼このコメントに返信
だから日本国憲法は、米国や中国が、日本人が海外に出られない様に規定したもんなんでしょ?
86.名無しさん:2016年02月28日 13:08 ID:.Gy7AaFP0▼このコメントに返信
問題はね”北朝鮮とアメリカの蜜月”っぷりだよ
なんでアメリカが必死に北朝鮮を使おうとしてると思ってんだ
「尖閣危機の際のオバマの北朝鮮から絶対に日本は守るPV」
でどれだけ大笑いさせてもらったと思ってんのかね・・・間抜けが
87.名無しさん:2016年02月28日 13:20 ID:760kePGR0▼このコメントに返信
専守防衛を有り難がってる連中の考えが理解出来ない
専守防衛って要は泥沼の本土決戦じゃん
敵国を攻撃出来ないから日本人の生命財産を犠牲にしながらアメリカが救援に駆け付け敵国を叩き潰してくれるのを祈るしか無い
それなのに専守防衛を有り難がる連中は反米思考が多い
88.名無しさん:2016年02月28日 13:41 ID:pbJJDvxt0▼このコメントに返信
防衛研究所紀要第8巻第1号(2005年10月)
『専守防衛下の敵地攻撃能力をめぐって――弾道ミサイル脅威への1つの対応――』
高橋杉雄
89.名無しさん:2016年02月28日 14:50 ID:R1BvqJY90▼このコメントに返信
専守防衛に自信ってなんだよwww
90.名無しさん:2016年02月28日 15:00 ID:TryIjPdF0▼このコメントに返信
せめて最前線は大陸の沿岸部からお願いします。マジで。
91.名無しさん:2016年02月28日 16:16 ID:Sq5RGT.00▼このコメントに返信
そもそもアメリカの来援を前提にした自衛隊だからね、仕方ないね
嫌なら選挙に行こうね
92.名無しさん:2016年02月28日 16:27 ID:e.AV4.4p0▼このコメントに返信
どちらにしろ、異常なシナの軍備増強はいずれどこかで使用されるということ。そして日本はシナの恫喝におびえ(マスコミのシナ浸透)、シナの懐柔にしっぽをふり(自民党親中派)、売国奴(民主党)、敵国スパイ企業(伊藤忠)の成立、強化を許してきた。

反日も偽装親日もシナチョウセン、及びその手先であるなら全て関係を絶ち切り日本から叩きだして、日本は同盟国、友好国との関係を強化し、あといくらも猶予のないシナの日本侵略に対し備えるため、経済を全て兵器開発、製造につっこんで、全面的にシナと対決し、対峙すべき。

戦え。
93.名無しさん:2016年02月28日 16:35 ID:FfxPxcJ.0▼このコメントに返信
上陸されても相手が撃ってくるまで手は出せない、段々エスカレートして基地を作り出しても攻撃不可
日本の現状はそんなもん
94.名無しさん:2016年02月28日 16:40 ID:iLztAbR40▼このコメントに返信
本当に撃たれるまで反撃できないとか思ってる?
95.名無しさん:2016年02月28日 17:06 ID:C8U.8V3A0▼このコメントに返信
※73
それは分かった。
私が言いたいのは、抑止力としての対地攻撃能力を持てということだ。

F15も対地攻撃能力は持たせないというようなことではダメだということだ。
96.名無しさん:2016年02月28日 17:51 ID:pbJJDvxt0▼このコメントに返信
※93
>>上陸されても相手が撃ってくるまで手は出せない・・・

空自と海自は敵の航空機・艦艇が日本に近づく前に撃破する想定。仮に空自が破壊され航空優勢を失っても、海自の潜水艦部隊が敵の水上艦艇・揚陸部隊をチョークポイントで潰す。もし海自の潜水艦も全滅し、敵の揚陸部隊が日本に接近したら次は陸自の地対艦ミサイル部隊が叩く。それでも敵が上陸してくる場合は、陸自が上陸地点にMLRS、自走砲、もしくは戦車などの火力を集中的に投入して敵の揚陸部隊を撃破。(日米同盟が続いている限りは、空自が負けそうになる前に米空軍・海軍も参戦するとは思うが・・・)
97.名無しさん:2016年02月28日 18:36 ID:x.VJu8daO▼このコメントに返信
日本がフィンランド並みにやる気になったらばそれは帝国誕生だろ?
98.名無しさん:2016年02月28日 18:43 ID:pa3eXaiC0▼このコメントに返信
※19
日本に一発でも打てば、その国が政治、経済的に詰むわw
99.名無しさん:2016年02月28日 18:50 ID:pa3eXaiC0▼このコメントに返信
日本の周囲のならず者国家
中・露・南北朝.鮮には、日本と継戦するような国力はないってこともお忘れなくw
100.名無しさん:2016年02月28日 18:53 ID:e4gcgpM20▼このコメントに返信
(戦争状態で)自衛権を行使すれば大量の人殺すことには変わらんのに基地は直接攻撃できないという謎
寧ろ本土を直接攻撃した方が幹部を殺したり敵国内で反戦運動を起こしたりして早めに戦争を終わらせられるのに
101.名無しさん:2016年02月28日 18:57 ID:pa3eXaiC0▼このコメントに返信
※24
> 本気で専守防衛やろうとすれば、今の防衛費じゃ全然足りないだろ。

君、ケーブルセンサーとかノンケーブルセンサーとか、敵味方を自動判別する深深度機雷とか知ってる?
日本だけが持つ強力兵器だけど
102.名無しさん:2016年02月28日 19:07 ID:Xl8UHMbv0▼このコメントに返信
※36
なんか巡航ミサイルを魔法の兵器かなんかと勘違いしてる奴が多くて草だなw
実際には旅客機程度の速度で飛んでくる巡航ミサイルなんて、先進国相手には通用しない兵器なんだけど・・・
アメリカやロシアが巡航ミサイルを乱れ撃ちして敵の軍事施設を無力化できるのは、相手に碌な防空能力が無い
後進国相手だから

そんな後進国相手でさえ、最初に特殊部隊の潜入と対レーダーミサイルによる防空網の破壊を実行して防空能力を完全になくす

防空レーダーを張り巡らして常に領域監視をして、防空ミサイルや航空部隊を直ちに出せる体制を維持してる日本相手に巡航ミサイル
なんて役に立たんよ、まして海に囲まれてるおかげで巡航ミサイルの唯一の利点である地形利用の隠蔽飛行がほぼ不可能な国なのに

むしろ恐れるべきは弾道弾、ただしこちらは巡航ミサイル以上にコストが高い、それを無効化できそうな弾道弾迎撃技術に中国が一々
いちゃもん付けてくるのはそう言う事
103.名無しさん:2016年02月28日 19:12 ID:Xl8UHMbv0▼このコメントに返信
※93
上陸前に海自に囲まれるだろ、果たして敵が日本の防衛法制に熟知してて撃たなきゃ撃たれないとかって言うチキンゲームを
やる度胸があるかね・・・
しかも非情に徹すれば海保が領海に入った瞬間に臨検するわけで、それを攻撃されたら専守防衛が成り立つんだよねぇ
104.名無しさん:2016年02月28日 19:14 ID:jRE4x0k60▼このコメントに返信
自衛隊:30万名体制
陸自:18万名体制、うち1~2万名を水陸両用機動化部隊に(船舶科創設)
   普通科部隊の機動輸送化を進める、ヘリ輸送・ヘリ空挺部隊の強化。
   THAAD、イージスアショアの導入(空自との分担も視野に)
海自:6万名体制、多機能護衛艦・多機能輸送艦、潜水艦、支援艦の整備を進める
  (輸送艦の軽空母化も視野に)哨戒機要員、潜水艦要員の教育訓練体制を強化。
空自:6万名体制、整備要員、東條要員の増員、基地警備能力の向上、作戦機の定数増を図る

予備役:10万名体制(予備自の定数増&訓練技量の向上、海上予備自(航海)の創設など)

ざっとこれだけあれば「必要最小限度の実力」は十分だろうな、と。(核・弾道ミサイル除く)
105.名無しさん:2016年02月28日 19:20 ID:jRE4x0k60▼このコメントに返信
※104

東條閣下はお呼びでない →搭乗要員のミス
106.名無しさん:2016年02月28日 19:50 ID:C8U.8V3A0▼このコメントに返信
※36だけど
こういうところには必ずしつっこく絡んで足を引っ張ろうとするやつがいる。
アスペルガーというやつなんだろうと思う。
私なぞは
※104などを読むと自分の考えにちかいなあと思ったりするのだが、とにかくこだわる。
本当に気持ち悪い。
107.名無しさん:2016年02月28日 20:17 ID:jRE4x0k60▼このコメントに返信
※106
自分自身の狭量さを勝手に言い始めるKYな106は本当に気持ち悪い。

>私が言いたいのは、抑止力としての対地攻撃能力を持てということだ。

それが出来る法律と政治家の政治的覚悟は要らんのかね?
アメリカの国家戦略と日本の防衛意志のコミットはどうすんのよ?
アメリカはアメリカの都合で動いてるぞ?日本はどう「説得」するんだ?
その方法まで含めて対地攻撃能力が初めて効力を持つ。違うか?
108.名無しさん:2016年02月28日 20:34 ID:26X6aIQn0▼このコメントに返信
※107
まあ、そういうことです。持っていても運用できないから(させてもらえないから)もっていません。空対空の中距離ミサイルの配備に、どんだけ苦労したか。
109.名無しさん:2016年02月28日 20:49 ID:e.AV4.4p0▼このコメントに返信
なにかと評判の悪い民間防衛(無駄、やくたたず、戦力としてゼロ、マイナス)だが、国家の戦略防衛最高指揮者が必要と認めるならいつでも祖国防衛のためシヌ所存。
110.名無しさん:2016年02月28日 20:56 ID:pbJJDvxt0▼このコメントに返信
※104
海と空は4万人台から1万人程度増やすと継戦能力が高まるし、さらに除隊者の予備役制度を確立させるべきだと思う。陸自に関しては、すでに陸自予算の7割前後が人件・糧食費・・・。現状でも個人装備にもっと投資すべきだと思うが、隊員数を増やせば増やすほど装備調達・更新が難しくなりそう。常備軍を増やすより、短期間の訓練で戦闘に投入できる予備兵士を増やす方が予算的には助かると思う。
111.名無しさん:2016年02月28日 21:15 ID:jRE4x0k60▼このコメントに返信
※110

104だが、確かに「今の予算規模」では正規軍の増員はほぼ不可能。
対GDP比2%台にあることを前提とした(今後も前年比2~3%増の水準で増額してくと思う)
中国の侵略行為に対しては将来的に日本の海空戦力の増強と継戦能力の確保は欠かせない。
また水陸機動団も将来の日本版海兵(大)隊を目指して順次、増強されることだろうと思う。

陸・海・空全てにおいて言えるのは「予備役(リバーシビリティ)の確保」。
戦争では物資も人員も著しく消耗する。その補充は必須。特に士官・将校の育成には時間がかかる。
予備役下士官・兵ならず、民間大学に日本版ROTC制度を導入し予備役士官の確保も図っていいと思う。
112.名無しさん:2016年02月28日 22:23 ID:C8U.8V3A0▼このコメントに返信
※107
おいアスペルガー
「お手」
お前は下。
分かったか。
「待て」
113.名無しさん:2016年02月28日 22:27 ID:C8U.8V3A0▼このコメントに返信
※109
>なにかと評判の悪い民間防衛(無駄、やくたたず、戦力としてゼロ、マイナス)
そんなことはない。
棍棒を持った集団のおっさんが在日居住区あたりを大挙して見回っていたら、相手は心底ビビるでしょうよ。
上の言葉はそうさせたくない、そうなったら困るというときに使う情報かく乱のためのプロパガンダ。
114.名無しさん:2016年02月28日 23:23 ID:RIeFuu0g0▼このコメントに返信
やっぱり、憲法改正は必要だよね
115.名無しさん:2016年02月29日 00:38 ID:C1ecV3LY0▼このコメントに返信
素朴な疑問なのですが、撃たれた後でないと攻撃できないのなら、敵国が警告無視して領空領海侵犯しまくって数百機で揚陸&航空優勢確保し、日本国内で十分な攻撃体勢を整えてから発砲するとしたら、自衛隊側は、その相手の準備を手をこまねいて見ているだけなのでしょうか?

この場合、延々と揚陸してくる、発砲しない宣戦布告しない相手に対して、自衛隊側からはやっぱり発砲出来ないのでしょうか??
116.名無しさん:2016年02月29日 00:57 ID:3uX.KD9q0▼このコメントに返信
兵器も兵の人命も安く、軍備建て直しが容易であった第二次世界大戦以前ならイザ知らず、
兵器も兵の命も高く付く現代においては一度失った軍備、使用したミサイルの補充は易くない。
詰まる所戦争なんざあ、相手の心を折れば終わる。
敵地を攻撃できるなら、確かに確実に心を折ることが出来るだろうが、
「虎の子の軍備」が初戦で返り討ちに合えば、それだけでも一気に戦意を折る事は可能であろう。

単純な話、中国が初戦で空母・遼寧を沈められた場合、戦意を存続させられるであろうか?
ご自慢のJ20がまるで役立たずであったと判明したら、戦争継続するだろうか?
巡航ミサイルで攻撃して、それがロクに効果上がらなかったとして、続けてどんどんミサイルを撃つだろうか?
正直、速攻で心が折れ、和平・停戦工作に動きだすと思うんだけどね。

初戦で出鼻を挫かれて、それでも心が折れない国なんて、アメリカ以外思いつかないですよ。大真面目に。
117.名無しさん:2016年02月29日 01:07 ID:3uX.KD9q0▼このコメントに返信
※115
北朝鮮がミサイル発射予告をした際の行動でもわかるとおり、
日本に着弾する「可能性があるミサイル」なら、普通に打ち落とせる。
ミサイルが打ち落とせて領空侵犯した武装した戦闘機や、領海侵犯した軍艦を何故攻撃できないと思うのか。

詰まる所、内閣、総理に就いてる人次第ではあるが。
少なくとも安倍さんや安倍さんに近い考えのある人が総理大臣であるなら、
「警告後、撃墜指示」を普通に出すと思うよ。既にミサイルには出したのだから。
逆に考えたくないけど、民主党などが政権与党であったら、「計器の故障で領海がわからないのかも?」などと
トンチンカンな事を言いだして自衛隊の出動を抑える総理も居るかもしれないね。
118.名無しさん:2016年02月29日 01:31 ID:C1ecV3LY0▼このコメントに返信
※117
おっしゃるケースは、よくわかるつもりです。その通りだと思います。
僕が妄想するのは、そうゆう明確な敵対行動ではなくて、例えば視察なり観光なり?展示?なりの名目でヌルヌルと押し寄せて来る場合です。適当な理由をつけて攻撃する意思はサラサラない(体勢が整うまでは)と名言しながらも、徐々に(時間をかけて)居座ってくる場合です。

繰り返しますが、相手は名目上、日本に危害を加える気配を全く見せてはいません。


119.名無しさん:2016年02月29日 01:58 ID:DHIxTXNS0▼このコメントに返信
専守防衛の意味は デイフェンスだけのサッカーで 実際に戦争になると勝てない。 つまり敵を上陸させて陸上でできるだけ敵を傷つけず
攻撃がやむまで頑張る戦い。 けっして相手の陣地 司令部を攻撃してはならない。敵は一方的にがんがん攻撃してくるが こちらはよけるだけ。
ゴールの前で全員が壁を作って動かない。ロングキックはしてはならない。
120.名無しさん:2016年02月29日 05:18 ID:XssQGFRI0▼このコメントに返信
専守防衛=本土決戦

戦前ですらやらなかった狂気の戦略が専守防衛
121.名無しさん:2016年02月29日 16:20 ID:9Pzi4BHo0▼このコメントに返信
※112
自分から上下定分の理を振りかざしてあたかも朝鮮人のように振舞うとか凄い羞恥プレイだな?w  
俺にはお前が羞恥プレイ大好きなドMの変態にしか見えんわw よう朝鮮人w ようドMwww

あと玄武ミサイルを戦術核かなんかと勘違いしてないか?無知晒して恥ずかしくないのか?
よっぽどドMの変態なんだな・・・(ドン引き

米軍が運用してるトマホークの信頼性でさえ90%前後。ましてや重量ペイロードで長距離を飛翔し
目標へ精密誘導するには最先端軍事技術が要る。玄武シリーズは米軍スタンダードのそれに比して
機械的信頼性も低い、飛翔速度も遅い。遅ければそれだけ迎撃措置を許す弱点となる。
SIG-INT・防空管制レーダで情報は収集され予備措置が取られる。自衛隊はお前のようにバカではない。

SM-2(SM-3)・PAC-2(PAC-3)、(巡航モデルならサイドワインダー・03式中SAM)等で
防空迎撃網の構築も可能、分散退避措置も講じれる(事前に実稼動作戦機を訓練名目で分散化)
タングステン成形自己鍛造弾や貫徹スマート子弾で滑走路に穴を開けても2~4時間で復旧可能。

ハンガーや大深度地下の管制司令部、兵站施設を全壊させるには数十発ぶちこまないと無理。
そこまでしないと空軍基地は破壊できん。20発なら1つの基地は潰せても20個の基地は潰せない。

もっと勉強しろ?w

お名前