大艦巨砲主義!ツイーター
スポンサーリンク

2016年02月25日 12:05

太平洋戦争において日本は勝つはずの無い戦いをした訳だが

太平洋戦争において日本は勝つはずの無い戦いをした訳だが

タグ:
686fe41b-s

引用元:太平洋戦争において日本は勝つはずの無い戦いをした訳だが

http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1456229985/
1: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)21:19:45 ID:vHr
今の日本も基本的に戦前と変わって無いんだからまた大変な事になるだろう
だからなんかあっても良いように準備しないとな

2: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)21:20:41 ID:jev
あの戦争を反省するならフリな戦争をしないといけない状況に追い込まれないことだよな
単独自衛は愚の骨頂

3: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)21:21:38 ID:vHr
>>2
まあだからドイツと同盟結んだんだけどね
あの戦争はある意味仕方なかった

4: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)21:24:00 ID:jev
日欧米vsv中国だったのが中国に甘い顔してたら舐められて欧米中vs日本になって日中戦争、日米戦争になってしまった
そしてキーマンはソ連、ソ連を制するために朝鮮や満州を発展させて防波堤にしようとした
だからロシアと平和条約を締結するのは非常に大事なのだ

5: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)21:26:23 ID:vHr
えーっと
あそこらへんは日露日清で日本が進出して本土防衛しようとして
それでそれが終わった後満蒙は生命線論で進出して
そいで対米戦やることになったんだったよね確か

6: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)21:26:37 ID:jev
国民党と戦争するはめになったのは共産党のせいなのだ
国民党と日本軍が戦争して得をするロシア共産党と中国共産党が仕組んだこと
コミンテルンは聞いたことあるだろうが日本政府にも入り込んで戦争を煽っていたはず

7: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)21:28:04 ID:vHr
陰謀論的なアレか
植民地奪取の為に中国進出したんでしょ確か

11: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)21:30:21 ID:jev
>>7
陰謀論っていうと妄想とかデマみたいになっちゃうね
中国進出は必然的だったから別に
日清、日露から始まって

15: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)21:32:03 ID:cDR
戦前とは変わったでしょ
少なくとも今の東京のビル群は戦前からは考えられない

16: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)21:32:55 ID:vHr
>>15
基本的には同じだよ
なんせ国民も政治家も戦前から受け継がれてんだから

17: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)21:35:20 ID:cDR
>>16
ちがうそういう事でなくて、空襲で焼けなかったら今までのが残てるわけだから

18: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)21:36:47 ID:vHr
>>17
ああそう言った話か
国民性とか政府とか世論とかのイメージ的には戦前と大して変わり無いと思うわ
相手や主義は違うけれど

19: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)21:37:25 ID:zoz
当初の計画通り、1年半で講和に持っていけたら勝ってたろうな
なんでハワイを占領せずに帰ったのか。これが分からない

20: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)21:38:27 ID:vHr
ハワイ占領出来るだけの戦力も無い敵基地にどれだけの兵員が居るかもわからない制海権は取れてない
後は補給網が出来てないとか
そんな感じじゃね

21: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)21:39:45 ID:zoz
>>20
東南アジアはどんどん拡大させてたのに?

22: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)21:41:07 ID:vHr
>>21
そっちに戦力回してたし当初に奇襲で撃滅してやるつもりだったんだろ
マレー沖海戦とかで制海権取れたし陸と海じゃ違うんじゃね

23: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)21:41:13 ID:COF
>>21
ハワイは石油湧かない

24: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)21:42:52 ID:vHr
あー資源があったらなー
つうかあの戦争で勝てたらもっと良い世の中になってたろうに

25: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)21:43:09 ID:zoz
石油は持っていけばいい
それはアメリカ側も同じことでしょ

26: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)21:44:02 ID:mZL
ソ連に取られたらやばいから朝鮮をなんとかしようと頑張っていたら、なぜか南満州まで付いてきた。
正当に譲って貰ったのに、不穏分子が笑って済ませられない抵抗をするので、根本から解決する為に満州全土を制圧する事になった。
その結果、元々日清でドンパチやったせいもあってギクシャクしていた中国とさらに険悪になり、洒落にならない暴動の数々が起きて、終いにはまだドンパチやる事になった。
中国ボコってたら、中国が米国を味方にして引っ張り出してきて、ついには米国とその紐付きである連合国とも戦争になった。

一方的な見方なのは自覚しているけど、風が吹けば桶屋が儲かるってレベルじゃない。
備えるって難しい。

27: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)21:45:21 ID:vHr
>>26
あー俺の認識は満州は植民地奪取の為に行ったってイメージだわ
アメリカは中国の利権確保しようとしてこっちに関わってきたって印象

28: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)21:45:30 ID:EMv
なぜかアメリカが宣戦布告も無しに英に味方して兵糧攻めを始めた。
そしてやり返そうと真珠湾いったら、兵糧攻めで先制攻撃して宣戦布告したのはアメリカやん。

29: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)21:46:49 ID:vHr
あー経済制裁開戦論だっけな
そこらへんはどうなのかね
国際法的には侵略の定義に当てはまるか気になる

30: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)21:49:14 ID:xm3
>>29
入らんし太平洋戦争を大東亜なんて言っちゃう層御得意の日本悪くない論だから
ハルノートは最後通牒でもなんでもなく、満鉄貰える段階で対ソに備え、南進なんてしなけりゃ良かっただけ
完全な暴走なのに、何故か日本は悪くないになる
意味わからん

31: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)21:50:29 ID:vHr
>>30
あーうんつまり中国問題で日本が譲歩すれば良かったと
うんまあそうだな
でもそれを世論が許しただろうかね
歴史にもしもはないとはよく言うけど

32: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)21:51:12 ID:xm3
>>31
世論じゃないよ、カス軍部
負けるしかない相手に喧嘩売った時点でどうしようもないですわ

36: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)21:54:47 ID:mZL
>>30
日本が悪くないとまでは言わないが、
経済制裁は実は米の人為的錯誤で結果として完全禁輸になっちゃってだけだったり、
当時の米の状況判断は暗号解読班の誤読で完全に日本の状況を誤解して、結果まだいけると出されたのがハルノートだったり、
華氏911ばりにお粗末な内実があったりするんだが……。

41: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)21:57:22 ID:xm3
>>36
そもそもハルノートの時点で日常生活を一年送るのに十分な石油があり、第一あれには回答期限も明記されてない
あれを最後通牒とするのは日本被害者論の立場の人間だけ
南進を止めて満州の利益を確保、同盟ドイツの対ソ戦に備えてりゃよかっあ

46: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:00:09 ID:zoz
>>41
非武装なら戦争なんて起こりませんて話かw
当時も今もキチガイ以外は十分な国防力を求めるよ

51: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:01:54 ID:xm3
>>46
何言ってんの?軍部の明らかな暴走が引き起こした失策だって言ってんだよ、対米戦は

58: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:04:48 ID:zoz
>>51
そもそもなんで南進したんだ?
アメリカに禁油されて、仕方なく、だろう

60: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:05:32 ID:xm3
>>58
違うわアホ
満州利確してやるから中国から手を引けってのが発端だわ

68: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:10:36 ID:zoz
>>60
そんなもん日本の世論が納得するわけがないだろ
その時点でどんだけ兵士の血を流した結果の利権だと思ってるんだよ
アメリカ側は日本が飲めないのを分かった上で要求してる
要するに最初からやる気だったんだよ

59: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:05:25 ID:mZL
>>41
 当時の日本は石油の輸入が完全に途絶えた事に尋常でない危機感を持っている。
 米国と話を纏めるには石油を少量でも融通する確約が必要。
 日本からのその要望を米はそれを一切盛り込んでいない。
 なぜなら、米国はその危機感を全く理解していなかったから。暗号解読班が外交訓電のニュアンスを完全に誤解したせいでね。
 さらに言えば、中国とは満州を含むのかの確約が亡い。米国は満州国を国家承認していないから、この危惧も当然でしょ。
 そういった事を一切考慮しない案を、日本にとっての交渉できるギリギリのタイミングで出されたら、そりゃ絶望するでしょ。

63: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:08:40 ID:xm3
>>59
満鉄一緒にやりましょう、日本の既得権は保護します、中国戦線を下げてくれればいいです
大まかにこうだよ
大体1年分の生活できる石油があるのに南進して確保、なんて考えがまずバカ
島国だぞ?行ったらキレるぞって何遍も言われてるのにやらかして、要求としてはこうだから、いっぺん考えてって渡されたもんに対して発狂して真珠湾だぞ
頭が悪すぎる

66: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:09:56 ID:mZL
>>63
 満州については別途検討。(日本の既得権益を認めるとは言ってない。)

33: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)21:52:28 ID:vHr
ん?当時の世論は対米戦に肯定的だったそうだが
つうか喧嘩売ったのかね
あそこらへんはなんでああなったのか未だによく分からない
どこから間違えたのやら

35: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)21:54:38 ID:xm3
>>33
封鎖するぞ、って言われてから煽りまくったからな
満州の利確も確約された状態で
完全にアホ
これ以上のタイミングは無かったよ

40: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)21:57:04 ID:vHr
>>35
対日封鎖?
そこらへんは知らんな

34: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)21:53:50 ID:yJr
北進してソ連を挟撃した方がいくらかマシだったか?

37: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)21:55:47 ID:vHr
>>34
そっちの方がはるかにましだったろうなあ
独ソ戦で日本側から引き揚げられたT34が活躍したりしてるし
まあスパイも板から上手くできるかは置いといて

38: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)21:55:49 ID:EB5
陰謀論云々じゃなくハルノートの草案書いた奴ってソ連のスパイの共産主義者なんだけどね
歴史は陰謀も含めて広い視点で議論しないと大事な所を見落とすよ

42: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)21:58:46 ID:vHr
南進を止められたかね
そこらへんは軍部が暴走してて止めるのは無理じゃねえかね

44: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)21:59:17 ID:xm3
>>42
そう、だから無能
北方四島も台湾も日本だった、今頃

43: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)21:59:02 ID:yJr
ただドイツと組んでソ連を攻撃してもし負けてたら
戦後70年以上残る汚名を一緒に背負う羽目になってたかもな
負けた今としては適度に距離置いといて正解だったとは思う。

47: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:00:28 ID:vHr
>>43
勝てるんじゃねえかね?
アメリカからの物資が止められれば負けるし二正面作戦でやれば勝てるだろ

48: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:00:52 ID:xm3
>>43
ドイツがソ連に負けそう(連合軍の干渉で)になったら手のひらクルーでいいんだよ
少なくともスターリンみたいなゴミはのさばらなかった

45: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)21:59:59 ID:jom
映画化するんだっけ?
枢軸国勝利のイフストーリー


ウルフェンシュタインはまったし楽しみ

49: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:01:17 ID:vHr
>>45
PKDの高い城の男?
あれはドラマだった気もするけど良い本だったよ
まあオカルトSFって感じでもあったけどそれらしかった

55: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:03:43 ID:vHr
シベリアは資源があるから取れたら良いな程度の話じゃねえのかね
傀儡政権作ってやれば上手くできたかもしれないし

57: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:04:37 ID:xm3
>>55
と言うか禁輸を解かれた日本がすぐ下にあるって時点でソ連には相当な負担だからな

56: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:04:34 ID:QrC
中国との対立は避けられなかったんか...

61: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:06:14 ID:fPV
ドイツがソ連のみと戦っていれば良かった。

62: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:07:03 ID:vHr
本当にどうしてこうなったんだろうなあ
>>61
取り敢えずチェコポーランド辺り取らねえと攻める事すらままならないだろ

64: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:08:52 ID:QrC
盧溝橋事件でお互いに溜まりに溜まった鬱憤が爆発
噂じゃあ共産党が手引きしたなんて話があるが本当なら頭良いわ

69: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:10:50 ID:vHr
対米戦で勝ってたらなあ
ミッドウェー海戦で勝利してガダルカナル辺りの制海権取ればアメリカも講和するだろうし

73: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:13:15 ID:xm3
>>69
絶対に勝てない
もちろん勝利条件をどうするかにはよるが、ミッドウェー取れた所でアメ公がビビってくれる保障がまずない

76: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:14:36 ID:vHr
>>73
勝利条件?
有利な条件で講和出来たらそれは勝利だろ
アメリカの継戦意欲を無くさせれば良いよ

79: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:15:53 ID:xm3
>>76
日本に干渉しないでね、だけなら何とかな
でもイギリスが絶対うるさいからな

82: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:17:19 ID:vHr
>>79
アメリカ国民は開戦前は戦争を望んで無かったんだから上手くやれば出来たかもしれない
無能外務省が開戦通知を遅れさせなければ…

112: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:29:33 ID:vHr
日独が快勝すれば太平洋の制海権とロシアは取れるんじゃないかね
中国問題も上手くやれるし…

116: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:31:56 ID:xm3
>>112
うむ
ドイツと欧の喧嘩にどこまで首突っ込むかって問題は残るけどな
少なくともソ連にはかなり打撃を与えられた

119: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:33:45 ID:vHr
>>116
欧州大戦はドイツだけで十分じゃね
対ロシアと植民地で十分

131: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:37:22 ID:xm3
>>119
ソ連ボコッたあたりでアメちゃんとかイギリスがこっちくんなよ、絶対だぞ?
って言うわけやん?
放置してたらドイツは絶対に負けるわけで、そうなるとせっかくボコったスターリンが息を吹き返すかも知れない
どうする?w

137: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:39:32 ID:vHr
>>131
ソ連に傀儡政権でも打ち立てて後はイギリスアメリカと講和を進めるとか…?
イギリスは首脳部やれば単独講和出来るだろ

147: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:42:33 ID:xm3
>>137
上陸戦やっちゃう??
負担でかいよなー、ナチスに任せちゃだめ?

149: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:44:05 ID:vHr
>>147
ソ連の脅威無くせばアシカ実現できるし戦略爆撃機開発すればなんとか出来るんじゃね
日本からも艦隊少しは出せるだろうし

155: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:46:31 ID:bLO
>>149
国を制圧する=軍事的無力化ではなくて
制圧した国を自国の支配下として経営せなならんのやで
ソ連人民とその国土を維持する労力考えな

157: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:47:22 ID:vHr
>>155
傀儡政権打ち立てれば良いんじゃないか?
ドイツに任せても良いし

159: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:48:19 ID:bLO
>>157
そんな余裕ドイツにあるわけないやろ
そもそも資源的価値に乏しいシベリアいわしても
なんのメリットもないんや(´・ω・`)

164: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:50:46 ID:xm3
>>157
海上封鎖でアウトレンジから牽制ってのが一番理想だと思うわ
陸軍あげちゃうと終わる未来しか見えない
ドイツにも成果主張できるしね、ある程度

167: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:52:42 ID:vHr
>>164
確かにチハチヌじゃやれる気がしないな
牽制程度でやれるか?

172: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:55:06 ID:xm3
>>167
集中出来たでしょ!?ねっ!?ねっ!?
で同盟堅持にはもってけるやん?

176: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:56:48 ID:vHr
>>172
結局海軍による通商破壊と陸軍による牽制で十分だったと
アメリカはまだ交渉の余地があったし?

180: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:59:30 ID:xm3
>>176
そう
蒋介石とも講話できるし、そしたら満州も放置できるしな
樺太に防衛戦置いてちょいちょいちょっかい出すだけで十分だと思うわ、ナチスの強さ考えたら

183: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)23:00:35 ID:vHr
>>180
それでソ連軍の兵力を引き付けられるしなあ
T34/85やISが無けりゃソ連は勝てなかったろうし

187: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)23:03:45 ID:xm3
>>183
つーか対米戦してなかったら多分普通に勝ってたよねwwww

190: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)23:05:07 ID:vHr
>>187
うんまあ正直レンドリースが無ければドイツが勝ってたよね
まあ日本と組むのは必然だったし…

191: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)23:06:45 ID:xm3
>>190
ヒトラー頭かかえただろうなww
想像するだけでウケるわww
ソ連挟めて列強だし島国だしって事で手組んだらまさかなんだもんwwww

192: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)23:07:54 ID:vHr
>>191
まあヒトラーも勝手にソ連と不可侵締結したりしてるし人の事は言えんわな
3国同盟って何だったんだ…

196: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)23:11:09 ID:xm3
>>192
一応対ソ開戦してるわけだから同盟としての義務は果たしてはいるとも言える

194: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)23:08:22 ID:XnB
>>190
無理無理レンドリース無くても
ソ連は勝つよ
レンドリース本格化する前にドイツは
攻勢限界迎えてるよ
ソ連が助かった所はレンドリースにより
トラックに割くリソースが少ない事かな
月に300もの戦車作る国だしソ連

195: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)23:10:21 ID:vHr
>>194
スターリングラード辺りからレンドリース本格化だったはずだから案外役に立ったんじゃないかね
クルスクで限界って考えるとそうかもしれんが

198: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)23:11:47 ID:XnB
>>195
役にはたってるさ間違いなくね
ただ無くても時期が伸びるだけで結局は勝つよ
ただ史実以上にソ連が人口問題抱えるけども

70: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:11:40 ID:vHr
世論が戦争を望んだのは恐らく事実だろうな
日比谷焼き打ちみたく

72: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:13:10 ID:QrC
陛下は満州事変で暴走した関東軍を処罰しようとしたんだよな

77: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:14:53 ID:xm3
>>72
ずっと戦争回避の努力を、と言ってる
結局日露戦争のマグレを引きずって海軍と陸軍が国益でなく手柄勝負始めたのがもう終わりの始まり

74: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:13:55 ID:p9i
イフは無いけど
ほぼ起こりかけた物も有るからねぇ
ドイツと開戦したすぐの
フランスとイギリスによる
バクー油田爆撃計画とか……

80: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:16:34 ID:EB5
広田が軍部大臣現役武官制を復活させたのはどうして?
あれは軍国主義者じゃあなかったんでしょ?

93: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:23:50 ID:xm3
>>80
ただの腰抜け
元祖鳩山
本気で在任中に陸軍押さえつけたったらよかったねん

107: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:28:23 ID:EB5
>>93
まあその何故軍部が台頭してくる制度を復活させたのかが疑問なんやが....
広田自身は不拡大方針だったくせに結局しょうもないところで総辞職しちゃったからなあ....
その後の近衛公爵ですよwww

113: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:30:13 ID:xm3
>>107
腰抜けなんよ、本当に
逆説的な言い方すれば蒋介石を上げて落とした訳だからね
近衛ってとんでもない無能が後押しするにしろ、中国との可塑性を失った総理とも言える

123: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:35:28 ID:EB5
>>113
本当、戦前の文官は無能と言うか気の毒だわwww
軍部の成すがままだったし軍部の良心派の宇垣一茂も結局石原のせいで
首相に成れずじまい。広田がなんか悲劇のヒロインみたいな扱いだったけど
大臣現役武官制度の復活は十分極刑に値すると思うわ

139: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:39:59 ID:xm3
>>123
日露戦争なんだろうな、遡ってしまえば

156: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:46:37 ID:EB5
>>139
ロシアに勝った勝ったでこの国はおかしくなったんだよな....
日比谷の焼き討ちなんて狂気だわ
誰が扇動したんだろう....

160: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:48:55 ID:xm3
>>156
まぁ事実アメリカってかユダヤのクソうまい策略にノセられてた感はあるよな
んでちょづいてて梯子外された時に気付くべきだった
敵の実像が見えてなかったってのはあるよ

83: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:17:57 ID:p9i
アメリカに勝つとしたら

・ナチスと組まずオランダ及びイギリスと友好
・陸軍の中国領撤兵
・大慶油田の発見及びイギリス資本の呼び込み

最低でもこのぐらいは必要だな

85: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:18:53 ID:vHr
>>83
それ戦争回避の努力の話じゃねえの
つうか他国と仲良くなんて無理だろ…

88: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:21:12 ID:p9i
>>85
友好と言っても敵対しない程度だよ
オランダとそれなりならバレンパンから
石油買えるし
何よりイギリス資本入ってると
アメリカってなかなか口だし辛いと思うし

92: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:23:50 ID:QrC
朝日だっけか?
世論煽り巻くったの

95: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:25:18 ID:vHr
>>92
あー満州事変以降朝日が転向したおかげで対米戦やんなきゃならなくなったってのはあるだろうな
マスコミは…

101: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:26:51 ID:p9i
永田鉄山が殺されなければ多少変わったかもね
あくまでも多少だけれども

109: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:29:18 ID:fPV
軍部を独立させていた時点で問題。軍部も内閣の指揮下に
最初から入れておけば良かった。
とはいえその時代の人にわかることじゃ無いんですけどね。

111: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:29:29 ID:QrC
日本も日本で宣伝へったくそだわ
虐殺の件といいもっと立ち回れなかったんかね
蒋介石は日本人を良く理解していたのかもしれん

115: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:31:40 ID:p9i
そもそも高炉が日本に幾つ合ったよ?
良質な鉄を作るための高炉そのものが少ない
アレが少ない癖に色々やり過ぎなんだよ

122: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:35:21 ID:wy9
最近の日本の経済を見て
「あーあの頃はこうやって迷走して戦争に持っていったんだなあ」と実感
迷走感ハンパない

129: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:37:04 ID:MD5
>>122
いまの中国みればそんなかんじだな

148: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:43:00 ID:MD5
二二六が分岐点だな

166: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:52:35 ID:p9i
一つ思うのはさ
当時アメリカの共和党にどうにか
政権取らせるのが1番戦争回避出来るんじゃね?

169: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:53:04 ID:vHr
>>166
外交音痴の日本に出来る気がしない

173: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:55:20 ID:bLO
軍の暴走というけど一枚岩ではないからな
もろもろ意見はあっても最終的にいまでいうところの同調圧力で
政策決定していた一面は否定できない

177: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)22:57:08 ID:xm3
>>173
つーか陸海で手柄争いしまくって、それを政府が止められなかったのがダメなんよ
陛下がやめようぜっつってもいや!陛下の為ですから!ってな
舐めとるわマジで

203: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)23:14:57 ID:vHr
まあ問題はWW3なんですけどね

204: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)23:16:45 ID:xm3
>>203
もう終わったしアインシュタイン先生が第四次は石投げあってるって予言してるから、平和に目覚めた人類がソフトにやってると思います

205: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)23:17:54 ID:vHr
>>204
まだ始まってすらいないだろ
冷戦をWW3と言うなら別だけど

208: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)23:18:37 ID:xm3
>>205
冷戦が三時対戦でした(白目)

214: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)23:22:15 ID:EB5
東条英機は戦争を止める為に首相になったのに結局止められなかった無能

216: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)23:23:16 ID:XnB
>>214
あの状態からは最早止めれない

217: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)23:23:54 ID:xm3
>>214
役人としては鬼のように優秀だったんだけどな
いかんせん決定事項をどう扱うかに全振りされてて、自分で戦略を立てるって考えがなかった
世が世ならほんと名宰相だったと思うわ

220: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)23:25:07 ID:XnB
>>217
官僚としては優秀ただトップ
ソレも緊急時のトップに置くべきではない
平時なら良かったと思うけどね

221: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)23:26:00 ID:xm3
>>220
だな
なにをするにも「僭越」って考えがある人間を戦時にすえちゃいかんわな

226: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)23:27:27 ID:EB5
>>217
結局永田の懐刀止まりだったのだと
東条より石原の首相が見たかったと思ふ

231: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)23:29:22 ID:xm3
>>226
石原はガチの天才だからな
でもあいつのカリスマだけで文官の長が務められるのかってのは疑問あるかな
普通に暗殺されそう

237: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)23:32:01 ID:EB5
>>231
そういえば石原って中国問題の解決策って持ってたのかな?
日中戦争拡大させた海軍と近衛にめちゃくちゃにされたけど

241: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)23:34:31 ID:xm3
>>237
どうなんだろうなぁ
満州ってあの段階で発想して実現しちゃった事で軍部が色気出したともとれるわけで
満州の目的が真逆になった時点でなぁ…

245: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)23:41:23 ID:EB5
>>241
南京政府と上手く講和できてたらなあ...
満州にも蒋介石は宥和的だったそうだし
トラウマン工作も反故にしたのは政府だったし...
誰かが中国問題を解決しべきだったんだよ
アメリカの脅威は認識してたくせに
誰も中国は解決できなかった....石原ならなんとかしてくれるんじゃないのかと....

247: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)23:43:07 ID:mZL
>>245
 石原がなんとかしようとしても、「おまゆう」で終わるような気が……。

249: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)23:44:08 ID:EB5
>>247
まあ派閥抗争で負けて左遷された時点でお察しだけど....

250: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)23:44:15 ID:xm3
>>245
しかし、満州が非常に理に適ったものであるのは確かなんだけど建て方がな…
その点で石原には説得力がないとも言えるし、首班になったら蒋も強硬にならざるを得ないと思う

222: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)23:26:06 ID:vHr
WW3の準備だけはしとかないとな
戦前の愚は繰り返してはならない

223: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)23:26:19 ID:xm3
>>222
どっから始まるのかねー

224: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)23:26:39 ID:xm3
まぁ中東とヨーロッパの境目か

229: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)23:28:02 ID:vHr
WW3はやっぱり極東で始まるんじゃないかと予測
最近きな臭いからな

235: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)23:31:05 ID:xm3
>>229
俺割と楽観視してる
中共って結局自分たちが逃げ切る為の策めぐらしてる様にしか見えないんだよね
民主化、分断(または連邦)は避け得ないわけで、そうなった時に毛沢東を神格化して圧してきた連中に粛清されない為にもがいてるように見える

239: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)23:32:50 ID:vHr
どこの国も国際法違反してるしなあ
>>235
日露みたく中国が最後にやってそれでWW1みたく全面戦争になると予測
そうなったら1番困るのは日本だけどな

243: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)23:38:38 ID:xm3
>>239
流石に捨て鉢特攻するほど頭悪くないでしょ、あの国のトップは
どちらかというと北の方が読めなさ、不気味さと言う意味では危険度高いと思う

244: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)23:39:38 ID:vHr
>>243
軍部が暴走するかもって可能性はあるけどな
どっちにしろあそこらへんで何か起こるだろうしWW3は確実に起きるだろうな

246: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)23:42:36 ID:xm3
>>244
ああそうか、それがあるな
実際南沙もその色合い強いしな
油断はすべきじゃないね

248: 名無しさん@おーぷん 2016/02/23(火)23:44:05 ID:vHr
>>246
平和を求めたければ戦争に備えよって言うしな
嫌な話だけど

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2016年02月25日 12:14 ID:gs.ejWeXO▼このコメントに返信
全ての責任は近衛文麿。しかも全部東条達に押し付けてトンズラしやがった卑怯者だからな。
まあ、日本の地位を貶めたって考えれば大隈重信とかが元凶だが。
2.名無しさん:2016年02月25日 12:17 ID:4B06LfMi0▼このコメントに返信
陸軍省と海軍省が統制できなくなって、別々の敵と戦いだしてる時点で詰んでたんだよなぁ
3.真実史観:2016年02月25日 12:18 ID:cn.YBqeS0▼このコメントに返信
有色人世界の常識!大東亜戦争は有色人団結独立戦争!
 ・・・日本の存在しない世界を想像してみたらよい。もし日本なかりせば(もし日本戦わざれば)、ヨーロッパとアメリカが世界の工業国を支配していただろう。欧米が基準と価格を決め、欧米だけにしか作れない製品を買うために、世界中の国はその価格を押しつけられていただろう。
  ・・・ 南側のいくつかの国の経済開発も、東アジアの強力な工業国家の誕生もありえなかっただろう。多国籍企業が安い労働力を求めて南側の国々に投資したのは、日本と競争せざるをえなかったからにほかならない。日本との競争がなければ、開発途上国への投資はなかった。
 ・・・ また日本と日本のサクセス・ストーリーがなければ、東アジア諸国は模範にすべきものがなかっただろう。ヨーロ ッパが開発・完成させた産業分野では、自分たちは太刀打ちできないと信じ続けていただろう。
 ・・・東アジア諸国でも立派にやっていけることを証明したのは日本である。そして他の東アジア諸国はあえて挑戦し、自分たちも他の世界各国も驚くような成功をとげた。東アジア人は、もはや劣等感にさいなまれることはなくなった。いまや日本の、そして自分たちの力を信じているし、実際にそれを証明してみせた。
 ・・・ もし日本なかりせば(もし日本戦わざれば)、世界は全く違う様相を呈していただろう。富める北側はますます富み、貧しい南側はますます貧しくなっていたと言っても過言ではない。北側のヨー ロッパは、永遠に世界を支配したことだろう。マレーシアのような国は、ゴムを育て、スズを掘り、それを富める工業国の顧客の言い値で売り続けていただろう。

詳細は下記を選択し検索
『もし日本なかりせば』暗に大東亜戦争の本意を喝破したマハティール首相

真実史観
4.名無しさん:2016年02月25日 12:19 ID:Bvu.tWZg0▼このコメントに返信
反省大いに結構だが、勝てもしない戦とか愚かなことをしたとかいう批判自体は意味が無い
現代人も民主党政権なんてものを誕生させてしまったわけなんだからね
防ぐためにはどうしければならかなったか、どうしていくべきかが大事だろう
5.名無しさん:2016年02月25日 12:19 ID:1ySCrUwP0▼このコメントに返信
あぁ朝日新聞な
確かに戦前と変わってないわw
6.名無しさん:2016年02月25日 12:22 ID:jROCMw3C0▼このコメントに返信
湯でガエルて奴だな。
徐々に温度が上がって行くと、カエルは逃げずにそのまま茹で上がってしまう。

軍隊も同じで、徐々に危機レベルが上げられて行くと、
冷静な判断が出来ずに敗戦濃厚に関わらず好戦的な決断をして行く。
7.名無しさん:2016年02月25日 12:23 ID:4B06LfMi0▼このコメントに返信
朝鮮、台湾の併合や満州の侵攻が自衛の為だとして正当化できるのなら
いま中国が南沙や西沙諸島、尖閣を自衛のために実効支配してることも正当化できちゃうんだよなぁ…
8.真実史観:2016年02月25日 12:23 ID:cn.YBqeS0▼このコメントに返信
日本精神の自浄回路がやっと作動し、戦後70年の捏造史観から覚醒して、真実史観へ!
①人間脳欠落欠陥ヒトモドキの、人間化包囲網!
戦後70年の今年も、日本極悪軍人ご先祖極悪とお考えの方へ!
 世界が、食民治宗主国や後の凶産カルトの白人に侵略され尽くし、タイ(英仏の緩衝国)と日本の有色人国家が、最後に残った。そして人類が完全征服される直前の、最後の最後に、前門の虎(凶産ソ中)後門の狼(食民治宗主国)に挑んだのが、日本と仲間の同胞(有色人や、弱小国白人)です!
日本は、戦いには敗れはしましたが、同胞が引き継ぎ、戦争目的(互恵・平等・ブロック経済破壊しての自由貿易)は完遂しました(1960年の植民地独立付与宣言)。もし日本、戦わざれば、支配者と奴隷の二極世界のままで、国名も失せ、大和民族は日本族と呼称されていたでしょう。
 日本開国当時、独立国は日本とタイ(英仏の緩衝独立国)のみ!これで一般常識人は完全氷解し、職責者文系凶授の「善悪史観」など、論外となる。

太平洋(白色対有色)戦争
 前門の敵(ソ中凶産主義傀儡毛沢東と欧米列強食民治主義傀儡蒋介石)と交戦(反共戦争)中に、後門の敵(食民治主義の欧米列強)が宣戦布告(ABCD通牒)し、日本(最後の有色人独立国)壊滅を謀った、白人による有色人国家殲滅戦争!

大東亜(有色人自存自衛蜂起)戦争
日本の自存自衛戦争!

 知識操作(整合)回路(思索回路)があれば、「資源無き小国日本は無法の戦国時代に、自存自衛の適者生存戦を展開」は、子供でも解ることだ!

白人残滓の黄禍(有色人のリベンジ)論払拭して「真実が基」の真の同盟へ!
「黄禍(有色人リベンジ)」が白人の恐怖
 日露戦争日本勝利以後の白人(食民治主義・凶産主義)の恐怖は、「有色人連合の黄禍」で、水と油の白人両者は、西安事件以後、この「黄禍論」一点のみで連合した。
9.名無しさん:2016年02月25日 12:24 ID:aRmIkz440▼このコメントに返信
朝鮮半島は日本に向けられた匕首。
日本の繁栄と「安全保障の為」には半島の安定が必然
半島に「確りとした近代国家」が在れば問題は無かった、
処が、半島にあったのは「千年属国」だけ、まずは独立させねば成らぬ為、清国との交渉を行ったが否決
結果、戦争による独立承認を認めさせる事になった(下関条約)
しかし、半島のいと恐ろしき事、今度はロシアの手先となり、軍港を割譲する等云いだした。
ロシアの軍港などが半島に有れば、日本の「安全保障」に重大な損失となる為、半島からロシアを排除するために
日露戦争を起こし、半島から撤退させた(ポーツマス条約)これで安泰かと思われたが、半島の腑抜けっぷりはまだ続く
「千年属国」の為、真面な統治能力などなく、日本の保護国となり、総督として「伊藤博文」が派遣される
10.名無しさん:2016年02月25日 12:24 ID:aRmIkz440▼このコメントに返信
保護国だけに飽き足らず、併合を願う声が出始め、剰え「併合反対派の伊藤博文」を「第三国の都市で暗殺するテロ」を起し、強制的に併合させる。(日本にとっての緩衝地帯としての価値を失い、護るべき地となる)
朝鮮半島が日本領になると、共産党から日本(朝鮮半島)を護る為の緩衝地帯が必要となり(通州事件)、倒された大清帝国の「溥儀帝」を擁立し、満州事変を起す破目になった、当時の国際連盟の過半数とバチカンの認可を受けたが、アメリカの介入を許す結果となり、禁油措置から南方の油田を攻略する羽目になり、途中になるフィリッピンを落しつつ、太平洋のアメリカ軍を封鎖する目的で真珠湾を攻撃するに至ったのである。

因って、半島にキチンとした新日近代国家が在れば、日清日露大東亜の戦争は「起こす必要が無かった」のであり
一連の戦争が、日本の安全保障の戦いであり、反共の戦いであることに留意せねばならない。
11.名無しさん:2016年02月25日 12:24 ID:siq3cTM70▼このコメントに返信
資源は占領した外地にいくらでもあった
でもそれらの大半を本国に輸送できなかった
12.名無しさん:2016年02月25日 12:28 ID:fN690gih0▼このコメントに返信
大東亜戦争については欧米列強に植民地支配され収奪を受けている東アジアの開放という戦争目的を達成した日本の勝利だな。
もし日本という国も日本人も存在していなければ、アジアは未だアフリカレベルだろう。
13.名無しさん:2016年02月25日 12:29 ID:4qEmZLGJ0▼このコメントに返信
1.役立たずでエリート意識にこり固まった旧海軍が統帥権干犯事件で日本乗っ取り
2.東條英機も役立たずで海戦の火蓋をきった
3.新聞による煽動で臣民に勘違い誘発で天子の軍隊に大喝采
4.徹底した情報統制で国民が夢から醒めないように誘導
5.原爆投下

おしまい
14.名無しさん:2016年02月25日 12:30 ID:vMpeQSWI0▼このコメントに返信
情報戦でまけてるんだから
15.ゲハロエおやじ27号っス:2016年02月25日 12:31 ID:J.TFYvP50▼このコメントに返信
日本は日清、日露戦争の勝利で事実上植民地化の危機を脱した訳だが、あらゆる努力を払って強化した陸海軍の後始末は簡単ではない。
国家予算の大半を使ってしまう軍の整理が至難の技であることは現在の行政改革を見れば判るニダ。
ある意味この失敗が太平洋戦争であるといえる。
16.真実史観:2016年02月25日 12:31 ID:cn.YBqeS0▼このコメントに返信
②結果、蒋介石汪兆銘中国と共同の日本の反共戦は、西安事件以後、蒋介石軍が裏切って分裂(蒋介石と毛沢東の国共合作)したため、汪兆銘南京政府と日本連合軍との、反共戦に変化。
 そして、隠れていたもう一方の白人、食民治主義国が正体を現し、白色連合の有色人潰し、「黄禍殲滅戦争」が、開始されたのである。「水と油」は、戦後すぐの朝鮮戦争、米国の赤狩り、そして冷戦が、証拠!もし日本戦わざれば、ソ中凶産か米英、いずれかの属国と成り下がり、国名も失せ、日本族呼称となっていた。
 日中戦争ではなく!日中連合反共戦争が、正当呼称!
 日中合作は即座に、有色人対白人の「黄禍」と成り得る。戦後の台湾韓国、そして、日中条約以後の中国の大躍進(世界第二の大国)は、日本抜きでは語れないのが証拠。
 有色人対白人のキーは日本の手中に有るのであって、中国や韓半島ではないことを、このことは実証した。
 食民治主義と凶産主義の白人連合に追い詰められた大東亜戦争は、八紘一宇の「互恵・平等・ブロック経済の破壊」で、対峙が目的なので、「白色対有色戦争」は、先人の意志ではない!目的完遂(凶産国や捏造国のみが残滓)の現在は、もちろん、先人の遺志でもない!
 これ等を踏まえ、「白人の黄禍の恐怖」を払拭すれば、「白人と有色人連合」による、中国と韓半島のドーナツ包囲網が構築可能となり、亜人間(人モドキの支那人や朝鮮人)を、人間へ導くことが出来る。
 田中角栄や中曽根が米国や戦勝国等と同調しておれば、遅くともソ連崩壊時に、中国凶産解体しての軟着陸は、可能であった。角栄や中曽根等職責者(教授・NHK・報道各社)の無知が、消えかかった火(中国凶産)に油を注ぎ、大火となった!

ソースは下記(選択し検索)
米国が7年と30億かけた慰安婦最終報告書が炙り出す真実
真実史観目次子孫へ遺す血と汗と涙の表意文字で書かれた日本適者生存史

真実史観
17.名無しさん:2016年02月25日 12:31 ID:4B06LfMi0▼このコメントに返信
まあ、中国にまで侵攻して紛争始めてる時点で遅かれ早かれ全世界を敵に回すことになってた
ww1で何千万もの犠牲者だしてやっと築き上げたワシントン体制とパリ不戦条約という国際秩序を
日本が破壊しだしたと思われて孤立してたからね
それを読みきれなかった軍部と国連脱退して自分から孤立した松岡洋右がアホ過ぎたね
18.名無しさん:2016年02月25日 12:32 ID:oTUQKhPY0▼このコメントに返信
イスラム国って旧日本軍にそっくり
19.名無しさん:2016年02月25日 12:35 ID:nwEVI6RD0▼このコメントに返信
日本人はアメリカに原爆を投下したことに感謝しろよ。日本はアメリカが大好きだからな。
それと、中国がシャープを買い取ったらしいな。日本の崩壊の始まりだ。
20.名無しさん:2016年02月25日 12:37 ID:StAm91QE0▼このコメントに返信
※19
さっさと朝鮮に帰れよ。いつまで日本にいるつもりだ?
21.名無しさん:2016年02月25日 12:37 ID:nwEVI6RD0▼このコメントに返信
※18
イスラム国の上位互換が大日本帝国だからな。
22.名無しさん:2016年02月25日 12:38 ID:vTMjK2GN0▼このコメントに返信
シナ朝鮮人のクソは早く祖国に帰れカス
23.名無しさん:2016年02月25日 12:39 ID:vTMjK2GN0▼このコメントに返信
※21
多神教が一神教の上位とはw  君は基地外の上位互カスゴミだなw 
24.名無しさん:2016年02月25日 12:39 ID:R7A5BIDk0▼このコメントに返信
現代の観念で知ったかぶりしてわかったようなつもりになっているスレ
25.名無しさん:2016年02月25日 12:40 ID:cn.YBqeS0▼このコメントに返信
海洋民宗主国国家オランダの真実史観
①オランダ ヴァン・ティン・Eduard van Thijn(サン・ティン?)アムステルダム市長(1983-1994)・後(1994年)の内務大臣1991年の挨拶。  
 「憲兵少尉のシベリア抑留経験者、溝口平二郎(平成9年3月14日逝去)が挨拶を聴き、後に財団法人日本国防協会の理事の浅井啓之が1994年3月24日に文章に起こした」
 サン・ティンの名前が実在しないので捏造論があるが、ヴァン・ティンの聞き違いだろう(サン・ティンと筆者は現地で聞いた)。発音してみれば分かるが、・ティンが強く発音されるため、聞き違えやすい(ヴァン・ティン発音は、現地発音ではない。オランダ語の発音はファンタイン。活字からではなく、確実に現場で耳から聞いた発音を、サン・ティンと文字にした。つまり、サン・ティン記述は現地で聞いた証し)。要は名前よりも、年代と、アムステルダム市長の後に国務大臣を勤めたという経歴が大事なのだ。捏造であれば、決してこんな初歩的なミスはしない。ましてや公開された挨拶文などはすぐばれるので、決して捏造などしない。常識で考えればすぐ分かることだ。
 「1991年の訪蘭時」平成3年、日本傷病軍人会代表団が、大東亜戦争の敵国であったオランダを訪問した折、同国の傷病軍人代表と共に、首都アムステルダム市長主催の親善パーティに招待された。その時の市長の挨拶です。
 「あなた方の日本国は先の大戦で負けて、私共のオランダは勝ったのに大敗をしました。今日の日本国は世界で一、二位を争う経済大国になりました。私達オランダは、その間、屈辱の連続。即ち、勝った筈なのに、貧乏国になってしまいました。
26.名無しさん:2016年02月25日 12:40 ID:dG0mDjV.0▼このコメントに返信
※7
戦前と現在では国際法も国際状況もまったく違う
だから中国は100年前の帝国主義を今頃やってると言われてるんだけどな

状況が変わったのに同じ主張を通そうとしたら、そりゃ気が触れてるとしか言いようが無い
27.名無しさん:2016年02月25日 12:40 ID:vTMjK2GN0▼このコメントに返信
※23
多神教の上位がイスカス狂とは   間違えたのでこれに交換するw 

特亜のクソと在日イスカスと同時にこいやカスw
28.名無しさん:2016年02月25日 12:41 ID:qCxOdsRe0▼このコメントに返信
※18
白痴ってオマエにソックリ
29.名無しさん:2016年02月25日 12:41 ID:cn.YBqeS0▼このコメントに返信
②戦前は『アジア』に大きな植民地(オランダ領東インド(蘭印)=ほぼ現在のインドネシア)が有り、石油等の資源・産物で、本国は栄耀栄華を極めておりました。しかし今では、日本の九州と同じ広さの本国だけになってしまいました。あなた方の日本国は、『アジア各地で侵略戦争を起こして申し訳ない。アジアの諸民族に大変迷惑をかけた』と、自らを蔑(さげす)み、ぺこぺこと謝罪していますが、これは間違いです。あなた方こそ、自らの血を流して、アジア民族を解放し、救い出すと言う人類最高の良い事をしたのです。
 何故ならあなたの国の人々は、過去の歴史の真実を目隠しされて、先の大戦の目先の事のみ取り上げ、或いは洗脳されて、悪いことをしたと、自分で悪者になっているが、ここで歴史を振り返って、真相を見つめる必要があります。本当は私共白色人種が悪いのです。100年も200年も前から競って、武力で東亜民族を征服し、自分の領土として勢力下にしました。
 植民地や属領にされて永い間奴隷的に酷使されていた東亜諸民族を解放し、共に繁栄しようと、遠大崇高な理想を掲げて、大東亜共栄圏と言う旗印で立ち上がったのが、貴国日本だったはずでしょう。本当に悪いのは侵略して権力を振っていた西欧人の方です。日本は戦いに敗れましたが、その東亜の解放は実現しました。即ち日本軍は戦勝国の全てを東亜から追放して終わりました。その結果アジア諸民族は独立を達成しました。日本の功績は偉大です。血を流して戦ったあなた方こそ最高の功労者です。自分を蔑(さげす)むのを止めて、堂々と胸を張って、その誇りを取り戻すべきです」。1994年3月24日浅井啓之氏記聞

 護国の英霊に、これ以上の頌詞(しょうし)はない。アメリカがこの見解に達した時が日本の真の終戦だ。

ソースは下記(選択して検索)
オランダアムステルダム市長サン・ティンの真実史観

真実史観
30.名無しさん:2016年02月25日 12:41 ID:nwEVI6RD0▼このコメントに返信
※22
その中国や朝鮮に日本は近い将来、敗戦するけど、どんな気分だ?
日本の会社を買い取るなんざ朝飯前だ。
次はどの企業を買収しようかな?
31.名無しさん:2016年02月25日 12:43 ID:WxZPF5Mj0▼このコメントに返信
勝つか負けるかは紙一重。仮に強くても覚悟がなければあっさり降伏する。
日本は結果として負けた。それだけ。
32.名無しさん:2016年02月25日 12:43 ID:jROCMw3C0▼このコメントに返信
※26
それて日本軍が領土拡大の野心を抱く帝国主義だと間接的に言ってるんじゃないのか?
33.名無しさん:2016年02月25日 12:43 ID:5Ql7VWOR0▼このコメントに返信
※13
軍が暴走できたのは、国民の熱狂的な支持があったから。
新聞も、軍に協力的な記事を書けば新聞が売れるので、積極的に軍を支持した。
結果、国民もマスコミも軍も全部暴走して、政府も抑えが利かなくなった。
国民の熱狂は玉音放送を聞くまで続いた。
敗戦して、やっと自分たちの愚かさに気づいた。

……かと思いきや、たぶん気づいていない。
結局誰が悪かったんですか? という質問に、
「国民が悪かったんだと思います」って答えは未だかつて聞いたことがないからな。
34.名無しさん:2016年02月25日 12:43 ID:QojzvnN10▼このコメントに返信
原爆が落とされてなかったら本土決戦になってより多くの犠牲者が出てたな
さらに日本全国が史実以上の瓦礫と焦土の国なっていたというおまけ付き
ソ連参戦で日本の対米プランが根底から根底から覆ったのも痛かった
アメリカは自国兵の犠牲を抑えたかっただけだから日本としては別に感謝する必要はないが、
運は良かったと言える
35.名無しさん:2016年02月25日 12:43 ID:qCxOdsRe0▼このコメントに返信
※19
勝手に補足するね

中共マフィア(人民解放軍系)と地下でつながりのある台湾のホンハイがシャープを買取った
36.名無しさん:2016年02月25日 12:44 ID:FewULIVJ0▼このコメントに返信
近衛文麿やなぁ。左右からも無能扱いされて話題にすらならない。アイツが戦争長引かせたっていっても過言じゃないし。逃げたから東條のせいになってるけど。
37.名無しさん:2016年02月25日 12:44 ID:dG0mDjV.0▼このコメントに返信
※32
あってるじゃん
当時は帝国主義の時代だろ
欧米列強だって帝国主義の名のもとに自衛のために植民地を増やした

それを今やっちゃいかんってこと
38.名無しさん:2016年02月25日 12:44 ID:c9rDiaCh0▼このコメントに返信
最近じゃ割と惜しかったと思うようになった。日本があとちょっと粘ってたらどうなっただろう。真珠湾が日本の陣地になっていたらどうだっただろう。月刊空母?国力の違い?ものすごい浪費な訳だったのだがあんな無茶をいつまで続けられただろう。
中国の利権欲しさにハルノート寄越してまで戦争起させたのに結局共産陣営に中国取られてやんの。日本が赤化を食い止めてたのにな。利権?さて何処に行ったものやら。朝鮮半島までまるごと取られ掛けた半分失った。ベトナムも負けた。日本と戦争してからのアメリカはダシガラも良いところ。とんだポンコツだろ。
39.名無しさん:2016年02月25日 12:44 ID:azC0e3UW0▼このコメントに返信
外交と謀略と防諜がいかに大事であるかという話。
謀略に国家予算の何割かを費やす隣国が存在する以上、
防諜組織だけは何としてでも守らないといけない。
けれど、そういった組織を謀略で成り上がった国のトップが解体。
その結果、国中がスパイ天国になってしまう。

これ、第二次大戦の日本じゃなくて今現在の韓国の話だかんな。
40.名無しさん:2016年02月25日 12:45 ID:jROCMw3C0▼このコメントに返信
シャープが正式に鴻海の軍門に降ったで。
41.名無しさん:2016年02月25日 12:45 ID:.Vm7xfsU0▼このコメントに返信
多くの書き込みは、戦術論や国力論に集中しているが、あの戦争は既得権勢力と新興経済軍事勢力の覇権争い。第1次大戦は新興ドイツに対するイギリスの権益保全の戦争。勿論、イギリスは紛争を誘発する側には立たないが、大戦になれば既得権益を維持する側(協商側)についた。同様に、第2次大戦も勃興するアジアの経済軍事勢力・日本に対するアメリカを中心とする既得権益国家群の争い。協調する既得権益勢力に対抗するのは不可能なのが歴史の常。有体にいえば、負けたのは必然。むしろこれからの紛争でまた日本が敗戦国の憂き目を見るかということだが、それは無い。日本は成熟した先進国の仲間であり、今の国際秩序を変えようとする側ではないから。それはまさに中国であり、紛争が起きれば必ず先進諸国によって潰される。
42.名無しさん:2016年02月25日 12:46 ID:4QeCIHul0▼このコメントに返信
日清も日露も勝つはずの無い戦いだったが。

また、数週間で必ず勝つと思って攻め込んだら、ボコボコにやられて大惨敗した中越戦争。ボロ負けたしたのは勿論中国。
43.名無しさん:2016年02月25日 12:46 ID:jROCMw3C0▼このコメントに返信
※37
自衛の為に植民地を増やしたのでは無く、純粋な物欲。領土拡大欲だと思うよ。

欧米も、日本も、中国も。
44.名無しさん:2016年02月25日 12:47 ID:QojzvnN10▼このコメントに返信
太平洋戦争は石油目的に始めたのに妙に美化してる奴が居るな
「アジア独立のためだった」と言ってる奴
石油抜きで日本があの戦争をはじめたか否か自問してみな
45.名無しさん:2016年02月25日 12:48 ID:qCxOdsRe0▼このコメントに返信
※30
それってあなたの想像ですよね
具体的な戦勝に至るシナリオも提示できないのに
物笑いになってますよ
哀れな生ゴミですこと オホホのホー
46.名無しさん:2016年02月25日 12:48 ID:qIGyEY.v0▼このコメントに返信
ドイツ助けようとして南進論採用したらしいが?
南進論は民間人が唱えたらしい。


47.名無しさん:2016年02月25日 12:48 ID:6J5WZQ.I0▼このコメントに返信
確かに意味ないことやった
48.名無しさん:2016年02月25日 12:48 ID:P1ZqoWJG0▼このコメントに返信
IS=日本軍  へー日本軍って軍服脱いで民間人を攻撃したりしてたんだ  へー

人質とって身代金とったりもしてたの?  スレも雑だがコメ欄も輪をかけて雑だな
49.名無しさん:2016年02月25日 12:48 ID:vTMjK2GN0▼このコメントに返信
※24
キリストがクソというならその東リだよw  

不毛の地で生きるために出来たキリスト狂  理解してみろよw 

イスラムも似ているが、ちょっと違うらしいw 

日本人が理解できないアホウ野郎だというなら、仏教で考えたらいい

オウム狂も仏教も仏教ですよw    理解できるだろ? 
50.名無しさん:2016年02月25日 12:49 ID:dG0mDjV.0▼このコメントに返信
※33
軍に協力的な新聞を書けば売れるって、そりゃ威勢の良いことが書いてあれば誰だって嬉しいだろう
現実にはどうなってようと一般市民には知りようが無いし
そういう威勢の良い捏造に騙された事は罪かどうか

まぁそれだけじゃないってのは分かってるけど
51.名無しさん:2016年02月25日 12:50 ID:nwEVI6RD0▼このコメントに返信
※40
そのうち、日本も中国の軍門に下ることになる。
あ、もうすでに下っているかw
52.名無しさん:2016年02月25日 12:50 ID:vTMjK2GN0▼このコメントに返信
※49
ああああ、もっと理解できないくそったれを考えるなら

朝鮮人仏教党というのがあるらしいw  理解できたか?  
53.名無しさん:2016年02月25日 12:50 ID:StAm91QE0▼このコメントに返信
技術を発展させることもできないから泥棒するしか能がない低能シナ朝鮮w
買収したくらいでホルホルかwその程度でいい気になれるんだから幸せだよなw
劣等種のくせにして態度だけはでかいよなw
54.名無しさん:2016年02月25日 12:52 ID:dG0mDjV.0▼このコメントに返信
※43
それならそれで良いんじゃない?
どっちにしても今の時代じゃダメなのは違いないし

もし日本軍が満州や台湾を取ったのが自衛のためだと言い張る人がいたとして、当時は自衛のために領土を拡大することが認められていて、今はダメ
それだけ
55.名無しさん:2016年02月25日 12:53 ID:QojzvnN10▼このコメントに返信
好戦的世論をたしなめる論調の新聞も有ったけど、さっぱり売れなかったそうだよ
よく「新聞が戦争を煽った!朝日新聞もだ。新聞が悪い!」という論調を目にするけど、新聞だけを悪人に仕立てても
無意味
新聞と国民が両輪となって「戦うべし」という世論の推進させたという方がより実態に近い
56.名無しさん:2016年02月25日 12:54 ID:azC0e3UW0▼このコメントに返信
あのまま日米が戦争を続けていたら、
ソ連が北海道や朝鮮半島まで進軍。
太平洋戦線及び中国国内に欧州からの兵士が逐次投入。
日本本土が阿鼻叫喚の地獄絵図と化す。
なお、侵略にかかる莫大な費用は、
ペンペングサも生えないまでに焼き尽くされた日本が負担することになる。
ついでに、ソ連と中国への賠償金も加わり、
当然のことながら天皇制は廃止。

もちろん、日本軍がいきなり各戦線で勝利、
世界を相手に勝ち続ける可能性もある。
ただ、1:1000000レベルの薄い賭けに乗らず、
最悪の事態に陥る前にポツダム宣言を受諾した昭和天皇の決断を、
軍部の首魁が批判できないのも当然といえば当然。
57.名無しさん:2016年02月25日 12:54 ID:vTMjK2GN0▼このコメントに返信
※51
同しようもないな  宇宙のクズとしてバルカン星にカス地球を破壊してもらうしかなさそうだな
58.名無しさん:2016年02月25日 12:54 ID:nwEVI6RD0▼このコメントに返信
※48
やってたよ。南京大虐殺とか従軍慰安婦のことだよ。
あと、他国に侵略をしてたね。
59.名無しさん:2016年02月25日 12:55 ID:jROCMw3C0▼このコメントに返信
侵略戦争が当たり前の時代に日本も侵略戦争をした。
これで良いと思うけどね。変に自衛の為の戦争だったとか言いい出すと論理的に矛盾してくる。
60.名無しさん:2016年02月25日 12:55 ID:qCxOdsRe0▼このコメントに返信
※51
その中共が経済崩壊しそうなんだって

ねぇねぇどんな気持ち?
61.名無しさん:2016年02月25日 12:56 ID:vTMjK2GN0▼このコメントに返信
※53
いつかボーグ星に地球がなって宇宙のカスとなるのだろうw  アメリカの求めた

USSエンタープライズは宇宙のどこかの地球でない別の星の産物だということでいいのかなw 
62.名無しさん:2016年02月25日 12:56 ID:qCxOdsRe0▼このコメントに返信
※58
まったくの嘘捏造だね
何なら皆さんから集中砲火で論破されてみる?
63.名無しさん:2016年02月25日 12:58 ID:R7A5BIDk0▼このコメントに返信
※33
最終的には世論を形成した臣民になるのかもしれんけども、今ほど情報化社会が進んでない当時コミンテルンの意向のもとに世論をあおった新聞も問題ありかと。
64.名無しさん:2016年02月25日 12:58 ID:StAm91QE0▼このコメントに返信
シナはいつになったら日本に攻めてくるの?いつでも口ばっかの軍部。まさに大朝鮮。
人数や兵器揃えているくせにいまだに攻め込めないでいる。国連でせこせこ日本は敵国アルーとかやっているが効果なしw
本当にシナ人っていうのは低能劣等種だなーw
65.名無しさん:2016年02月25日 12:59 ID:dG0mDjV.0▼このコメントに返信
※55
民主党政権に交代したときみたいな感じかね
確かに、国民にも責任はあるし、結局繰り返しちゃってるのかもね
これからの課題として覚えておくよ
66.名無しさん:2016年02月25日 12:59 ID:rXj.NDZC0▼このコメントに返信
単なるシロンボびいきの理不尽な日本いじめに正面からピキり唯一軍事的に勝てない国に喧嘩を売ってしまったのが運の尽き
しかし今は違う、トランプの日米同盟見直しから日本が独立志向に転換し
核武装からの第三次世界大戦勃発・・・どさくさ紛れのアメリカ殲滅が実現するやも知れぬ
67.名無しさん:2016年02月25日 13:02 ID:nwEVI6RD0▼このコメントに返信
※60
そうなったら、日本に難民として中国や朝鮮人が押し寄せて来るぞww
どちらにしても日本にとってBADENDだな。
中国が崩壊することはない。崩壊すると思っているのはお前が無教養か希望的観測で思っているだけ。
だから、日本は敗戦国なんだよ。国連でも従軍慰安婦が問題になってるからな。
逃げる事が出来ると思うなよ。正義は必ず、日本を裁くからな。

68.名無しさん:2016年02月25日 13:03 ID:XCfctuLO0▼このコメントに返信
色々ああすればこうすればって言ってるけど、日本からの植民地解放の条件をどう通すかの話がないな。

ww1の後、国連の常任になった日本が何で脱退しなければ行けなかったのかも考慮して話してほしいところ。
国益もあっただろうけど、アジア諸国が独立した国になって欲しいって願っていた事実は少なからずある
69.名無しさん:2016年02月25日 13:03 ID:vTMjK2GN0▼このコメントに返信
※54
当時は売り春も合法だ  今でも合法な先進国が有るくらいだ  個人の自由ということでw 

言論の自由にも似ている
70.名無しさん:2016年02月25日 13:05 ID:nwEVI6RD0▼このコメントに返信
※62
論破してもいいよ。ただし、お前の頭の中だけでやっとけ。
国連や世界の世論は違うからな。
71.名無しさん:2016年02月25日 13:05 ID:Iju6VIBc0▼このコメントに返信
つーてもあれあっての今やろ
やらずに今よりよかったってことはないわな
72.名無しさん:2016年02月25日 13:06 ID:teDYYFgD0▼このコメントに返信
飯を安定して食うのが目的で権益を獲得した訳だし、棄民政策とも取れる海外移民が存在した状況で権益を安易に手放す事は出来ないのも当然
アメリカの恐ろしさも清とロシアに快勝した事で理解しうる風土では無くなっていた
この状況では身動きのしようが無いぞ
中国進出時にアメリカを巻き込む努力をして、アメリカや列強と一緒に中国を切り刻んで食い物にし相互に補完し合う関係を構築する他に道は無かっただろう
一番強いのは欲だよ
73.名無しさん:2016年02月25日 13:07 ID:Iju6VIBc0▼このコメントに返信
※70
核撃った奴が主導してる国連の論が正論というならやっぱり日本も無理でも戦争して勝つしかなかったんやん
74.名無しさん:2016年02月25日 13:07 ID:nwEVI6RD0▼このコメントに返信
※69
従軍慰安婦は違うぞ。強制的に性の相手にしてたからな。
屈強な軍人に脅されて、慰安婦は無理やりさせられていた。
75.名無しさん:2016年02月25日 13:08 ID:vTMjK2GN0▼このコメントに返信
※61
もちろん  日本の求めた宇宙戦艦ヤマトは、シナのクソッタレが地球を破壊した後でもいい

どうやらガミラスよりクズらしいw 
76.名無しさん:2016年02月25日 13:08 ID:b.zI4yf70▼このコメントに返信
※59
当時の大衆は「自衛」のためと声高に叫んでいた
これは忘れてはならない
だから日本国民が経験を重んじるのなら
「侵略」の他に「自衛」に対しても気をつけなければならない
77.名無しさん:2016年02月25日 13:10 ID:WCsX91T4O▼このコメントに返信
世界の大国とことごとく日本は戦争してるとはよく言うが
結局それだけ大国どもがこんな東の端の小さな島に攻めて来たってことだしなあ
現在の形で日本が存在してるのが戦争と歴史の事実であり結果だわな
78.名無しさん:2016年02月25日 13:10 ID:vTMjK2GN0▼このコメントに返信
※74
川を渡る笑顔の朝鮮人馬ィ春不はどうなんだGburiyarou  

カスのてめえが朝鮮人を世界最低のゴミに追いやる  まあ、どうでもいいけどw 
79.名無しさん:2016年02月25日 13:12 ID:E.8.CA1C0▼このコメントに返信
日本にとっての戦犯が誰なのか
誰のせいで何のせいで負けたのか
そういう議論って必要だと思う
次負けない為に
80.名無しさん:2016年02月25日 13:13 ID:cGPRA7qW0▼このコメントに返信
なんで本スレでは日本がソ連をボコれる前提で話が進んでるんだ……。
ソ連と戦うとして、1941年末に日本軍をお出迎えするのはT-34なんだが。
81.名無しさん:2016年02月25日 13:13 ID:nwEVI6RD0▼このコメントに返信
※73
どちらにしても、日本には無理だけどね。
第二次世界大戦で経験した事だろ。
国際連盟で日本が孤立したことを忘れたか?
82.名無しさん:2016年02月25日 13:13 ID:vTMjK2GN0▼このコメントに返信
※79
まあ、朝鮮人fが世界最低の屑と喚くのにえげつなく付き合う日本も相当だと思うけどな

外務省って相当な屑だよw 
83.名無しさん:2016年02月25日 13:13 ID:IpFqFaM60▼このコメントに返信
※46 ドイツを助けるなら対ソ攻撃 
対ソ攻撃の矛先をシナや南方に逸らせるようにしたのが海軍
84.名無しさん:2016年02月25日 13:14 ID:WCsX91T4O▼このコメントに返信
日本としての戦犯を求めるなら外務省や新聞社は免れんだろうな
85.名無しさん:2016年02月25日 13:14 ID:vTMjK2GN0▼このコメントに返信
※82
もう世界最低のクズが南朝鮮人の勢いじゃないかw 

まあ、それに乗る南朝鮮人も相当なMの変態野郎なんだろうけど
86.名無しさん:2016年02月25日 13:15 ID:24OqYPG40▼このコメントに返信
日清日露で味しめて列強気取りになったのが悪い
87.名無しさん:2016年02月25日 13:16 ID:teDYYFgD0▼このコメントに返信
外務省が無能なのは伝統
良いところのお坊ちゃんが多いんだろう?
国民に忠実でいくらでも泥を被る覚悟の悪人じゃなければ務まる筈がない
88.名無しさん:2016年02月25日 13:17 ID:AXrslmwc0▼このコメントに返信
ゾルゲ事件みればコミンテルンと新聞社の関係は明らかなのに陰謀論とか言ってるやつはなんなの
89.名無しさん:2016年02月25日 13:17 ID:vTMjK2GN0▼このコメントに返信
冷静に考えてみろよw  南朝鮮人カス男w 

20万人も少女を連れ去られて、70年間何も言わなかったクズが

お前たち南朝鮮男で確定するんだよ国連でw  それも  パン助国連でw  よく黙っていられるなw 
90.名無しさん:2016年02月25日 13:17 ID:nwEVI6RD0▼このコメントに返信
※78
はっはっは。
ならば、国連で論破して見ろ。できないくせに
従軍慰安婦は事実だ。特に日本の女性は謝罪するべきだ。
レープをされた気持ち、女性になら分かるはずだ。
91.名無しさん:2016年02月25日 13:17 ID:WJljCGzz0▼このコメントに返信
比較的まともに話をしようとするやつ、
やや日本を過大評価してるやつ、
そして、ただ韓国を罵倒したいだけのバカ。
いつものパターンだなw
92.名無しさん:2016年02月25日 13:18 ID:L1.A5cjO0▼このコメントに返信
日露でたがが外れた感はあるな
あそこで、ギリギリ感をもっと国内に演出しとけば良かったと
後世からは見えるのです。
93.名無しさん:2016年02月25日 13:18 ID:IpFqFaM60▼このコメントに返信
日米緒戦で日本が勝ったのは、シナ事変4年間の実戦経験と戦訓があったからだ
ゼロ戦の性能、パイロットの練度も
シナ事変4年間での軍事予算の拡大があったからだ
94.名無しさん:2016年02月25日 13:18 ID:ewBzKMtf0▼このコメントに返信
戦犯? そんなものは居ないよ。強いて言えば朝日新聞の尾崎秀実だのだろう。こんなのが政権の中枢に入れたのがどうかしている。

日本は、アメリカに追い込まれた立場だし、アメリカを操ったのはソ連と中国だからな。
日英同盟がなくなったのはアメリカの圧力だしね。
戦争以前の外交工作で、より巧みな中国とソ連とアメリカに負けたんだよ。
決定的に負けたのは軍隊ではない。その前に外交と謀略に負けたからだ。
95.名無しさん:2016年02月25日 13:18 ID:GmY2Wchd0▼このコメントに返信
>今の日本も基本的に戦前と変わって無いんだから

この場合、「英米中露も戦前と変わってない」でいいんだよな。これを認めない限り、単なるドメスティックな暴論で聞く価値は皆無だよ
そして>1は日本の行動のみで変化が可能と考えている時点で唯のお花畑
96.名無しさん:2016年02月25日 13:18 ID:vTMjK2GN0▼このコメントに返信
※90
させてやるさクズ外務省をクビにしてw 
97.名無しさん:2016年02月25日 13:19 ID:vTMjK2GN0▼このコメントに返信
※90
でもね   韓国って世界最低の屑になったよw  論破してみろよw  カス 
98.名無しさん:2016年02月25日 13:19 ID:uz8KIruX0▼このコメントに返信
っても当時の参謀本部や軍令部のトップは勝てるつもりだったんやろ
99.名無しさん:2016年02月25日 13:20 ID:nwEVI6RD0▼このコメントに返信
※89
言い訳するな。見苦しいだけだぞ。
国連がお前の主張など、聞くわけがない
100.名無しさん:2016年02月25日 13:21 ID:vTMjK2GN0▼このコメントに返信
※96
日本もえげつない  もっとやらせてどうdしようもないともろまで持って行って  外務省のクビを自分で吊るさせる気だと思うけどなw 

日本は相当えげつないw 
101.名無しさん:2016年02月25日 13:22 ID:vTMjK2GN0▼このコメントに返信
※99
国連てすでに世界のカスやんw  日本だけだぞまともに見ているのはw 
102.名無しさん:2016年02月25日 13:22 ID:9LSmB8DA0▼このコメントに返信
※92
せめてノモンハンで懲りててくれたらな~と思うな。

敵を知らず身の程もわきまえず、ただ大将が己の功名の為だけに無謀な突撃を繰り返させて将兵を無駄死にさせる。
戦術としては下下下の下やね。
103.名無しさん:2016年02月25日 13:22 ID:ASZtxgQYO▼このコメントに返信
今も勝つ筈の無い為替変動と戦っている安倍隊長…
経済の好循環は生まれているらしいから
消費税爆上げで消えた年金の穴埋めするのだな。
104.名無しさん:2016年02月25日 13:23 ID:nwEVI6RD0▼このコメントに返信
※97
世界最低は日本だろ。アメリカは日本に原爆を投下したが、
韓国にはしてないぞ。
105.名無しさん:2016年02月25日 13:24 ID:vTMjK2GN0▼このコメントに返信
※103
戦う気なら、もっと刷って年金にぶち込むだろw  いいのじゃないか? 
106.赤鬼:2016年02月25日 13:24 ID:jDagUsr1O▼このコメントに返信
13:02

国連だの正義は日本を裁くだの言うが慰安婦は朝日新聞のねつ造記事を韓国が鵜呑みにしただけであってね。性の強制は一切無いんだわ。

むしろ日本軍が移動したら売春婦は後から付きまとい探し回った事実もあるんだわ。

国連は時期にトップが替わるからな。今までの様に中国を擁護しなくなるわ。性の強制、性奴隷は黒幕は中国である。

中国は2000年の間に韓国を960回も侵略し韓国女性を性奴隷にしたのだよ。残念だね!君
107.名無しさん:2016年02月25日 13:24 ID:wGmTYuk00▼このコメントに返信
すべて思い込みと憶測だけで書かれているゴミ記事
108.名無しさん:2016年02月25日 13:25 ID:LQiZYyqv0▼このコメントに返信
内輪の理論に固執して結局世界の世論を敵に回しまくったら不味いという反省はありそうやね
(欧米のエゴも良いとこだが)帝国主義は良くないという潮流で堂々と武力行使して国連の勧告を受け入れず脱退、世論と財閥の後押しを受けて終わりなき戦線拡大とすれば味方する国はいなくなると分かって実行、陸軍と海軍の派閥争いに基づく作戦立案とか失敗に対して甘すぎる人事に至っては勝つ気あんのかというレベルだわ
109.名無しさん:2016年02月25日 13:25 ID:pA2zCgH80▼このコメントに返信
三国干渉飲んだ度量があればなんとかなったかも
110.名無しさん:2016年02月25日 13:25 ID:vTMjK2GN0▼このコメントに返信
※104
えげつない米国なら北にやらせるよw 
111.名無しさん:2016年02月25日 13:25 ID:hlbpY1030▼このコメントに返信
先制攻撃だまし討ち日本に戦争したのは実はアメリカ合衆国です。

現在もアメリカに戦争で勝てる国はない。
日本は先に戦争をしてない。
歴史に隠されてる先制攻撃したのは
アメリカでフライングタイガーは真珠湾攻撃よりも先に日本を攻撃していた。
ルーズベルトが攻撃を許可をしてフライングタイガーの軍人さんは軍人恩給をもらっていますが
112.名無しさん:2016年02月25日 13:25 ID:IpFqFaM60▼このコメントに返信
国際機関は見栄っ張りの乞食等のよりあつまり
113.名無しさん:2016年02月25日 13:26 ID:vTMjK2GN0▼このコメントに返信
※67
消したらええやmん  皆兵国なんだろ、戦って消えろやカス
114.名無しさん:2016年02月25日 13:26 ID:nwEVI6RD0▼このコメントに返信
※101
国連から脱退してもいいよ。 国連はカスなんだろ?
そういえば、国際連盟で大日本帝国が脱退してどうなったか分かるか?
115.名無しさん:2016年02月25日 13:27 ID:NHDL8lV60▼このコメントに返信
てかハル・ノートの内容だけで1941の対米開戦を考えたら片手落ちだよ。

軍縮条約明け海軍大建造による、1943年以降の米海軍最新鋭戦艦や大型空母の
大規模連続竣工を考えたら、米海軍の戦力に旧式が多い1941年前後に開戦しないと
ズルズル交渉を長引かせて気がついたら「戦争すら出来ないほどの戦力差」になって
その時になって「本当の最後通牒」つきつけられたらまともに戦争すら出来ないで降伏だよ。

そういうタイムリミットがあったから、今までの交渉をひっくり返したハル・ノートの段階で
「アメリカは時間稼ぎをしている」「これ以上の交渉は無意味=開戦」になった。

山本五十六はそれが分かってたらか、「半年か1年以内に戦争を終わらせないと」となって
1941年末の真珠湾攻撃と拙速と言えるミッドウェーを強行した。
116.名無しさん:2016年02月25日 13:28 ID:vTMjK2GN0▼このコメントに返信
※111
え、ウエストファリア条約すら守らないカスだアメリカはってか 

アメリカ<そんな昔のこと言わないでくれよw 
117.名無しさん:2016年02月25日 13:28 ID:WgJ7fwGr0▼このコメントに返信
※111 フライングタイガーが初めて日本と交戦したのは真珠湾の後なんですがそれは..,
118.名無しさん:2016年02月25日 13:30 ID:nwEVI6RD0▼このコメントに返信
※110
まだ、原爆を投下してないからセーフ。
むしろ、日本が危ないと思うよ。
二度ある事は三度あるって言うからな。
それと、原爆を投下された国が言うなよ。自虐ギャグでもやってるのか?
119.名無しさん:2016年02月25日 13:30 ID:vTMjK2GN0▼このコメントに返信
慰安婦というかす韓国は、てめえの国のウリハル女を職業訓練でもなんでもいいから

廃止しろよカスパコクネ 
120.名無しさん:2016年02月25日 13:32 ID:vTMjK2GN0▼このコメントに返信
※118
二度あることは三度あるが仏の顔は三度はないw 

朝鮮人のクズは早く日本から消えたほうがいいぞ  消される方がヘブンだろうがw 
121.名無しさん:2016年02月25日 13:33 ID:Nh1ihMQb0▼このコメントに返信
真珠湾攻撃の直後、その足でアメリカ本土特攻上陸して黒人解放内乱勃発なら結果は違っていたかも?
当時なら可能だったかもしれないが、今となっては無理だな。アメリカ最強だろ!
122.名無しさん:2016年02月25日 13:35 ID:nwEVI6RD0▼このコメントに返信
※113
そんなことしたら、日本は世界から非難の嵐がさらされるだろうね。
国連も黙ってないよ。それに、ロシアなら兎も角、
日本にそんな行動力ないから。
123.名無しさん:2016年02月25日 13:37 ID:vTMjK2GN0▼このコメントに返信
※122
ならない  残念だな  遅れてきたドイツが日本を追い越していったw  キリスト教国らしいw 
124.名無しさん:2016年02月25日 13:41 ID:FJv62p.g0▼このコメントに返信
※70
お前も特アの中だけで生きてろよな。外でそんなこと言ってたら大恥かくぞ
125.名無しさん:2016年02月25日 13:41 ID:9hD3MOWt0▼このコメントに返信
早期講話に持ち込めなかった外交部と陸海軍の情報共有、海外工作、全てが悪いよ。
はじめから勝てるとは一部の狂信者を除いていなかっただろ。
126.名無しさん:2016年02月25日 13:41 ID:NHDL8lV60▼このコメントに返信
よく「政治家や軍の上層部がアメリカの工業力や物量が分かっていないから開戦した」とか言われるけど
それは逆で「アメリカの工業力や物量がわかっていたからこそ1941年にしか開戦のタイムリミットがなかった」と。

問題なのは「それが分かっていながら、戦略的攻勢終末点(どこで戦争を終わらせるか)を
どこにするのか明確な意思決定が出来ないまま開戦した」こと。
127.名無しさん:2016年02月25日 13:45 ID:HXAtjDb30▼このコメントに返信
朝鮮までにしとけばよかったのに
欲出して満州や中国にまで手出したのが間違いだった
128.名無しさん:2016年02月25日 13:45 ID:AXrslmwc0▼このコメントに返信
一応考えてはいたけど見通しが甘すぎた

真珠湾を叩けばビビッて交渉に応じるかもしれない→怒らせただけ
ミッドウェーで機動部隊を壊滅させれば→返討
近海に引き付けて艦隊決戦で一気に叩くぜ!→通商破壊、飛び石作戦、

129.名無しさん:2016年02月25日 13:46 ID:nwEVI6RD0▼このコメントに返信
まあいい。日本はこれからどんどん衰退していくだろう。
日本の技術もこれからどんどん流出していく。
借金大国で少子高齢化の日本に未来なんてない。
あばよ。
130.名無しさん:2016年02月25日 13:47 ID:qCxOdsRe0▼このコメントに返信
※99
国連 国連って ウケル~

頼みの旧宗主国はクネ ガン無視したから
国連に事大ってか

自分達で解決できる事はないのか? 

少なくとも南鮮は早く北を片付けろよ
内戦なんだろ?
131.名無しさん:2016年02月25日 13:49 ID:HXAtjDb30▼このコメントに返信
奇襲&先制攻撃までしたのに負けるなんて
132.名無しさん:2016年02月25日 13:50 ID:qCxOdsRe0▼このコメントに返信
※70
その世界とやらが うすうす気付き始めてんだよ
嘘ツキはどっちだ?ってね

ああ、ゴメンな
シールズ君のように偏差値28じゃ海外の論調はわからんだろう
偏向マスゴミの情報を頼りにせいぜいこれからも頑張れよ
133.名無しさん:2016年02月25日 13:52 ID:QS5NFZ390▼このコメントに返信
蘭印をはじめとする東南アジアの資源地帯を日本が占拠することに対して、『米国は正直に恐怖を感じていた』からなぁ・・・。

もっとも費用対効果の高い回答が『無制限潜水艦作戦』であって、20世紀初頭には航路帯封鎖を対日戦の戦略として研究していた米海軍は『日本を絞め殺す気マンマン』

端から待ちの姿勢で構える米国に対して、日本が夢見る短期決戦早期講和など画餅であったと思う。
134.名無しさん:2016年02月25日 13:57 ID:FyU8A3QW0▼このコメントに返信
桂ハリマン条約を反故にすっからだよ
約束したことは守らんとね、信義に悖る行為はアカンわ
135.名無しさん:2016年02月25日 13:58 ID:jGEJ8F9x0▼このコメントに返信
あの戦争で学んだことは、国のために忠誠尽くしても、国は何もしてくれない。赤紙来たら無視するのが正しい。
136.名無しさん:2016年02月25日 13:59 ID:09PfeeJdO▼このコメントに返信
「戦前」の文化人は新聞の意識調査で英米討つべしが多数を占め、北原白秋作詞の万歳ヒトラーユーゲントが朝日新聞社の肝いりでレコードになってた。
137.名無しさん:2016年02月25日 14:00 ID:PSZBFHf80▼このコメントに返信
とにかく今は、支那がイヤがる日露の協調をすすめることだよな
138.赤鬼:2016年02月25日 14:01 ID:jDagUsr1O▼このコメントに返信
帝さま、朝鮮からまた奴隷の女が献上されました。
フフッ、余の前に連れてこい!今夜はタップリと調教してやろう。

帝(よだれを垂らしながら)
ヒェ~ハッハッハ~

それと帝さま。あの帝さまに逆らった朝鮮の奴隷の男、百人はどの様な裁きを下しましょうか?

フム!みな首を跳ねて棚に並べて見せしめにいたせ!

ウェ~ハッハッハ!!
139.名無しさん:2016年02月25日 14:03 ID:gTDKywms0▼このコメントに返信
戦争はスポーツの試合ではない。勝つだけの為に戦うわけではない。侵略されれば勝てなくでも戦う。敗戦よりも戦わずして受ける惨めさの方がはるかにに大きい。
140.名無しさん:2016年02月25日 14:04 ID:t9exwIbr0▼このコメントに返信
※135
ちゃんと選挙に行けって話だよ。
戦前の二大政党制のgdgdが軍の暴走も含めて
戦争の基本的な原因。
党利党略を優先して国会議員が自らシビリアンコントロールを崩壊させたんだぜ。
141.名無しさん:2016年02月25日 14:04 ID:6g.4g11y0▼このコメントに返信
まあ難しいだろ
清とか英国にたかられてボロボロにされてるの見てるしな
色々話聞いてると白人さんは一筋縄でいかないし
特亜の頭のわるそうなトラップじゃなくて白人さんのトラップは潜り抜けるのきつそうだしな
あそこで怒らしたらどの程度の痛手を被るかってのは理解させるには仕方のないステップじゃなかったのかとも思う
嫌だ馬鹿らしいっていうやつは
アヘン付けで嫁や娘を差し出すのを当然だと思える人でなしだよ
142.名無しさん:2016年02月25日 14:06 ID:BreYUZ4l0▼このコメントに返信
あれだけ富国強兵して列強に並べGOGOってやってたのに、シロンボどもに
「お前最近生意気だよ。東南アジアの後進国と同列に列強の配下になって植民地になれ。」
って言われて、ハイそうですかって従うとかアホじゃねーの。

結果的に惨敗だった歴史を知ってるお前らが、現在の安全地帯から過去の選択にイチャモンつけるのはものすごく簡単だけどな。
で、骨抜きの家畜になった現代日本人の総意が※135みたいな考え方。

じゃあシロンボになすすべ無く虐殺されて土地を奪われたアメリカネイティブインディアンの連中も、一切戦わずに何もかも差し出すのが正解だったのかね・・・・
戦わずに全面降伏して植民地になっていた場合、今の日本とは違う状況になっていたと思うが、その可能性については考えたりしないのかな。
143.名無しさん:2016年02月25日 14:08 ID:gTDKywms0▼このコメントに返信
優勝者と戦って敗れれば準優勝である。戦わず棄権すればチキンである。
144.名無しさん:2016年02月25日 14:09 ID:haXQKcXZ0▼このコメントに返信
一応大筋は事前に考えた通りなんだけどな太平洋戦争は
とりあえず石油の取れるところを確保して制海権を広げつつ石油を守る
ちまちまやりながら相手を削って敵が主力を出して来たら艦隊決戦仕掛けて勝てば講和にもっていく
負けたら切りのいいところで講和。最後までは粘らない
あとハワイは自分も考えたことあるけどどうあがいても占領は無理
というか上陸すらほぼ不可能と言わざるを得ない
ハワイ列島にいくつ軍用空港があるのかと
マレー半島とフィリピンとハワイで3面展開してる中でハワイ占拠して維持なんて言ったら
国内にほとんど残さず全戦力でハワイに行ってやっと上陸できるかどうかだと思うぞ
145.名無しさん:2016年02月25日 14:10 ID:t9exwIbr0▼このコメントに返信
あと、太平洋戦争を勝つはずがないと言ってるのも無知すぎる
それを言いだすと、昭和天皇も呆れられた日本海軍上層部の無能ぶりを
言及することになるけど。
146.名無しさん:2016年02月25日 14:13 ID:IzSOhN0y0▼このコメントに返信
フライングタイガースまで遡れ。
義勇兵なんてもの言いだけど、アメリカ人パイロットばかりでアメリカ製の戦闘機使って
いらんちょっかいを仕掛けてきて『アメリカの意思ではない』なんて言う国だ。
同じこと仕返しててやればいい。
147.名無しさん:2016年02月25日 14:14 ID:gLxEliJG0▼このコメントに返信
どこだって負けるために戦争するわけないんだから勝ち馬に乗ろうというのが甘いんだよなあ
そんなの誰だってそうに決まってる。そんなに馬鹿な国はねえよ中国にせよ韓国にせよだ
痛い目見たくないから勝ち馬とか考える奴は都合よく利用されやすいと、教科書に載ってるからw
まあこれはやっぱり我慢比べというかチキンレースだと思う

148.名無しさん:2016年02月25日 14:14 ID:QojzvnN10▼このコメントに返信
※145
総力戦研究所でぐぐってみ?
対米戦を前に、軍隊のみならず各界のエリートが何度もシミュレーションして導きだした結果が
「日本必敗」な
その報告を受けていながら「やってみないとわからないのであります」という理由にもなってない理由で
開戦にゴーサインを出したのが東条英機な
149.名無しさん:2016年02月25日 14:17 ID:09PfeeJdO▼このコメントに返信
ニ・ニ六事件では皇道派と統制派に別れた陸軍、憲兵が動けない一方で、海軍は陸戦隊用意して戦艦の主砲も撃つ気だったらしいね。
米内内閣に陸軍大臣出さずに倒閣させたのは、ひょっとして意趣返しだったのかなあ。
150.名無しさん:2016年02月25日 14:17 ID:GmY2Wchd0▼このコメントに返信
※135
>あの戦争で学んだこと

・モノは売っても投資はするな、損切りできなくなるどころか接収されるのがオチだぞ(対支)
・居留民は人質になると思え、ころされてからでは遅いぞ(対支)
・教化なんて幻想だ、外国は外国と思え(対朝)
・仕入先の一本化は不安定要因だ、リスクヘッジしろ(対米)

こんなところかねえ
151.名無しさん:2016年02月25日 14:18 ID:BdOTFyKTO▼このコメントに返信
まずハワイを占領出来る事前提話をする奴w
居ない事にされてるオアフ要塞が泣いてるぞwww
152.名無しさん:2016年02月25日 14:19 ID:55NoIDAV0▼このコメントに返信
戦争になった理由。

ソ連が世界同時革命を目論んで世界中に間者を放ち、他の国をすべて滅ぼそうとしていたから。

冗談のような話だが、それを真剣にやっていた。その目的は平等で公平な世界を作ることだったが、手段がおかしかった。おかしな手段でやってるから、おかしな結果になった。実際、共産主義は実践したすべての国において破綻した。ダメだった理由は、資本主義が成熟してないうちから共産主義になるのは無理があったことが大きい。原始共産制といえば聞こえはいいが、天然自然の恵みを奪い合うだけの土人国家とも言えない惨めな地域が出来ただけだった。ソ連はその中ではとっても頑張ってた。でも、自国の経済をコントロールできずに空中分解した。中共は、それより前に共産主義を捨てて強盗の本性を表していた。だが、資本主義を取り入れると嘘をついて西側を騙し、今に至る。

共産主義は今のところ幻想でしかない。ソースはソ連崩壊後にでた文書やアメリカなどの公開した文書。公的記録でわかることだから陰謀論でも何でもない。陰謀論は殆どが共産主義者の攪乱戦術でしかないよ。捕まってる人間がいないし、証拠もない。今はやってるのはほぼ中共の離間策。発信源が中共だろうと思って、まず精査してみる。次はロシアや北朝鮮を疑って白だったら、その他の謀略が好きそうな国や組織を疑ってみる。どこも白なら、発信者自体の裏を取ってから、誰が得をするかを考える。それで犯人がいればわかるだろうし、いなければ妄想だってわかるだろ?

153.名無しさん:2016年02月25日 14:21 ID:t9exwIbr0▼このコメントに返信
※148
それは海軍の言い訳の一つだよ。
ほんと、戦後海軍は言い訳を垂れ流し続けたからな。
154.名無しさん:2016年02月25日 14:23 ID:55NoIDAV0▼このコメントに返信
※150
そのとおりだと思うんだけど、今も同じことしてるよね。
155.名無しさん:2016年02月25日 14:23 ID:QojzvnN10▼このコメントに返信
※153
おまえが知りもないどころかググってもないということはわかった
wikiレベルの情報で概要はわかるというのに
156.名無しさん:2016年02月25日 14:25 ID:55NoIDAV0▼このコメントに返信
※153
サッチャーさんだったら大丈夫だった。

「勝てますか?」しかきかなくてよかった。曖昧な返事をしてる段階で責任能力無し。
157.名無しさん:2016年02月25日 14:25 ID:0YH8kFcY0▼このコメントに返信
今度は巻き込まれないように、早くメタンハイドレートなんかを採掘できるようにしないと。
まぁ、今は韓国や中国がどうなっても助けようなんて世論にはならないだろうから大丈夫だろうけど。

エネルギー問題が解決すれば、外資確保も今ほど頑張らなくて良いから、
自国民の生活を優先出来るようになるだろうし。
158.名無しさん:2016年02月25日 14:30 ID:GuXsYXLr0▼このコメントに返信
アニメを見るやつなら、亜人を三鷹? 

日本人ではない亜人である永井にしてもブラチラ亜人女のアレにしても 

日本国の敵の味方は絶対にしないw  お前たちの家で飼っている犬でも  南朝鮮慰安婦像にショウベンを引っ掛けるさw 

売国奴は剥げバンクの白犬白戸次郎かって言うことだよw  ハゲの糞野郎よ
159.名無しさん:2016年02月25日 14:30 ID:gTDKywms0▼このコメントに返信
日清戦争も日露戦争も勝つはずのない戦争であった。この2つの戦争で日本は半島を独立させた。しかし敗れた戦争で東南アジア全域とアフリカ諸国を独立させた。勝敗は歴史的意義には関係しない。
160.名無しさん:2016年02月25日 14:31 ID:ZxqGzShU0▼このコメントに返信
>太平洋戦争を勝つはずがないと言ってるのも無知すぎる

当時陸軍も海軍も、上層部で米国に勝てるなんて思っていた人はほとんどいなかったけど
日本の対米戦の理由なんて、結局「このままじゃジリ貧だ」の窮鼠猫を噛むだったよ

そもそも対米戦の前に、もう大陸で泥沼の地上戦を戦い続けていた訳だし

>それは海軍の言い訳の一つだよ。

戦局は山本五十六の「半年や一年は暴れて御覧に入れます。その後は無理」の通りになってるよ

言い訳・無責任体質は、陸軍・海軍に限らず当時の軍部全体の体質だ
政治家もマスコミもだが
161.名無しさん:2016年02月25日 14:31 ID:GuXsYXLr0▼このコメントに返信
※159
そんなことはない、支那の対米戦争はこれからだw  早くやれw  付き合うぞw 
162.名無しさん:2016年02月25日 14:34 ID:GuXsYXLr0▼このコメントに返信
※160
トータルコーデネーター害ない日本ということだ  ケケなかでは役不足だが  いや、どういう意味の役不足7日はみんなで思え

全部正解だw 
163.名無しさん:2016年02月25日 14:37 ID:L6cXiWgx0▼このコメントに返信

北進したところで、米国とはどのみち戦争になった。
戦いたかったのはむしろ米国、イラク戦争がその例。
それをいつまでも国内で犯人探ししても見つかるわけない。

164.名無しさん:2016年02月25日 14:38 ID:GuXsYXLr0▼このコメントに返信
※160
困ったな  アベシ、消費税8%は1年だけだと言っていたなんて亡国になってから言うなよw 

今すぐ言って制作を変えろ

負ける戦争を4年もするなw  今すぐ下野しろ  政権を取れる日本は居ないので配線するけど

今ならグローバsるカス安倍の思い道理、アメリカにオキュパイド日本で幸せだw 

シナ国日本で民族浄化よりはましw  

ここまで来たら、俺が総理なら、李承晩ですよw  カスの党の連中を全部ぶち頃してやるw 
165.名無しさん:2016年02月25日 14:39 ID:ZxqGzShU0▼このコメントに返信
※126

そもそも米国相手に「戦略的攻勢終末点(どこで戦争を終わらせるか)」なんて想定できないしね

日露戦争の頃ならバルチック艦隊を壊滅させて講和とかできたけど、第一次世界大戦後の国家総力戦という時代じゃ、1艦隊を壊滅させたとしても、米国の国力の続く限り艦隊を建造して何度でも決戦を仕掛けてくるんだから
166.名無しさん:2016年02月25日 14:40 ID:GuXsYXLr0▼このコメントに返信
※164
切羽詰まったカス日本は李承晩波のことをやってみろ  

日本にいるスパイを補導連盟して200万人ころせよ  俺ならやるよw 
167.名無しさん:2016年02月25日 14:41 ID:1RdJSBAs0▼このコメントに返信
 子供の頃「トラトラトラ」という映画を観て、当時は自虐史観に洗脳されてたから、こんな史実に忠実な映画を作るなんて、アメリカは、なんて公平で度量の深い国なんだろう、と感心したものだが・・・。こんな国相手なら戦争負けるのも仕方ないとも思った。
 最近、またあの映画観る機会あったんだが・・・。映画の中の日米交渉の場面で、アメリカ人に、日本は時間を稼いでいるようだ、って言わせているのね・・・。あの一言だけなんだが、あの一言でもう完璧に歴史捏造してるよね。
 ハルノートって重くみられてたみたいだけど、ハルノートが突出してひどかったわけじゃないよね、ハルノート読んでも確かに何が決定的だったのかはっきりしない。でもハルノートの重要性がそれほどじゃなかったからって、アメリカに戦争する気なかったってことにはならないと思うけど・・・。あまつさえ、結局のところ自虐史観の、陸軍の暴走、政府の無能、遠因は日本の大陸侵略なんてところに落ち着くなんてはたで見ていて恥ずかしいよ。
168.名無しさん:2016年02月25日 14:41 ID:1RdJSBAs0▼このコメントに返信
 日米開戦前の、日米交渉の過程の中で、大陸からの撤兵という論議があって、日本側が即時撤兵は無理だから、三ヶ月の猶予をくれと懇願したのに、即時じゃないと駄目だと突っぱねたって、そうなればアメリカは交渉まとめる気が無いって絶望するよなー。
 そもそもハルノートの一番の問題点は、要求だけして、それ飲んだらアメリカはどうするというのが一切無かったところ。誠意を見せろといいながら、その結果に対して何の保証もしないという。日本の方が「アメリカは時間を稼いでいるだけだ」と思ってただろうね。一年分も(も?)石油の備蓄あったとかいってる人いるけど、たったの一年分だよ、それも戦争しない状態で、いったい何ヶ月交渉したと思ってるんだ? 日本はもう追い詰められて後が無かったんだよ。
 そういや「トラトラトラ」でも日米交渉の内容にはいっさい触れてないよな。それになんだろ、その後の「ミッドウェー」ってクソ映画・・・。あれでアメリカっていう国わからなくなった。さらにその後の「パールハーバー」・・・。史実どころか、物理法則どころか、寸法さえ無視っていうね・・・(日本空母の横幅どんだけあんだよ?)。正直ちゃんと見たこと無いんだが、予告見ただけで見る気無くしたわい・・・。
169.名無しさん:2016年02月25日 14:44 ID:GuXsYXLr0▼このコメントに返信
※166
それができる韓国よりカスに見られる日本ということなら仕方がない

韓国はやる  アメリカが司令を出せばw 

日本にいる200万人をリショウバンしろw  

パククネはやるよw  だから日本は永遠にカスなんだよw 
170.名無しさん:2016年02月25日 14:46 ID:QojzvnN10▼このコメントに返信
※168
日本側が出したいわゆる甲案ってこんなのだぞ?

支那駐兵は防共政策から概ね25年程度駐屯を続けるが、平和成立と同時に撤兵を開始し、2年以内に撤兵を完了する。

これじゃ時間稼ぎと思われて当然だと思うが
171.名無しさん:2016年02月25日 14:48 ID:6Uf8gnvm0▼このコメントに返信
日露以降なんとかアメリカに擦り寄ることが出来ていれば…
172.名無しさん:2016年02月25日 14:49 ID:GuXsYXLr0▼このコメントに返信
※169
あのハゲの永遠のカスと言う映画を見ろよw  永遠の粕だから仕方がない
173.名無しさん:2016年02月25日 14:49 ID:4iwDjyI70▼このコメントに返信
満州利権をアメリカに分けなかったのが悪い
174.名無しさん:2016年02月25日 14:50 ID:GuXsYXLr0▼このコメントに返信
※171
国防に引っ込めば防衛できた、しなはきりきざまれてきえるが doudemioiijyanaika w
175.名無しさん:2016年02月25日 14:51 ID:GuXsYXLr0▼このコメントに返信
※173
支那が欲しかったアメリカを妨害した日本は敵国だなw  未だに支那を侵略できていないアメリカを見ればw 
176.名無しさん:2016年02月25日 14:52 ID:4iwDjyI70▼このコメントに返信
>>41
ホーンベックは完全にやる気だったろうが
177.一言主:2016年02月25日 14:53 ID:Fn6D.85W0▼このコメントに返信
平成生まれが昭和の戦争を非難しても現実味が無い!
178.名無しさん:2016年02月25日 14:53 ID:GuXsYXLr0▼このコメントに返信
※175
さらに、アメリカ国民に至っては、ニッポンよりマヅ居侵略ブリ  日本のマスゴミどころではない

日本は停波するけど、アメリカはできないだろうw 

日本はスパイ放送局を停波して補導連盟して世界に威厳を示すべき  マスゴミを頃せw  いいんじゃないかw
179.名無しさん:2016年02月25日 14:56 ID:6Uf8gnvm0▼このコメントに返信
※175
まあ実際そういう意図はあったやろ、遅れてきた帝国主義としては中国で甘い汁すいたかったわけで

日本は日本で軍閥や守旧派ではなく孫文率いる国民党を支持していれば歴史がどう変化できたのか興味ある
180.名無しさん:2016年02月25日 15:00 ID:GuXsYXLr0▼このコメントに返信
※179
まあ、それで支那に侵略されてWASPが民族浄化されても、ローマ協会として何かが残っていればいいわけでw 

どこなのか俺にだけこっそり教えてほしい、投資して大儲けするからw 
181.赤鬼:2016年02月25日 15:02 ID:jDagUsr1O▼このコメントに返信
フフッ♪今夜もワシの牙城で朝鮮女達の阿鼻叫喚の嵐じゃ~

更に朝鮮女を20人ほど追加させよ!

ハッ!帝さま。

帝さま、一大事であります、奴隷の朝鮮の男達が城壁をよじ登り帝の寝室に近付こうと押し寄せて来ます。

フン!ウジ、虫どもが小賢しき真似を。

兵を三千人くりだし城壁によじ登ぼる虫を弓矢で蜂の巣にせよ!

落ちてきた虫どもはそのまま串刺しにして見せしめにいたせ!

ウェ~ハッハッハ♪
182.名無しさん:2016年02月25日 15:05 ID:GuXsYXLr0▼このコメントに返信
※181
そのような低俗な帝では先がないと思うなw 
183.名無しさん:2016年02月25日 15:11 ID:yoqUdXL60▼このコメントに返信
漢族相手にそれをする訳で無く、賤賊相手なら無問題!!!
184.名無しさん:2016年02月25日 15:14 ID:QXWKyQGL0▼このコメントに返信
アメリカの本土の当時の映像みたけど女も総動員で日本顔負けの国民総動員で大戦やってた雰囲気が
まじまじと伝わってきたわ
沖縄の竹やりとまではいかないけど女も本土戦に備えて武器訓練してたようだな
アメさんがあそこまで物量戦にもちこめた背景は日本と同じように国民が全員やる気満々だったのが
見て取れた
資源の差が大きいのもひとつだがやっぱり近代技術のノウハの蓄積が日本よりも確実に潜在的に上だったのが
長期戦になればなるほど資源と合わせて差が出てきたように思う
185.名無しさん:2016年02月25日 15:19 ID:8di616z.0▼このコメントに返信
二次大戦前で一番かじ取り間違えたのはどう考えても満州権益でしょうよ。
桂・ハリマン覚書をちゃんと履行して陸軍が関東軍を押さえ込めてれば
日露でめっちゃ金貸して儲け狙ってたジェイコブシフもハリマンもおこにならなかっただろ。
少なくとも米ユダに金流してるうちはホワイトハウスを抑え込みに動けただろうし
そのパイプも太く確保できたのは道理。
あれ一つで対米戦を回避できたかは兎も角、少なくともハルノート前に史実より折衝の機会は多く持てた筈
186.名無しさん:2016年02月25日 15:19 ID:Zfi.3mZ60▼このコメントに返信
※173
日露戦争仲裁の見返りに満州利権を分けるべきだったな
そしたら米国との戦争回避もできたかもしれないし
中共も列強での分断当地でまともな人種に教育できただろうし
あそこで大陸利権を欲しがってた米国に見返りを与えず欲張ったのが失敗だったな
187.名無しさん:2016年02月25日 15:20 ID:QcnMiZ.J0▼このコメントに返信
※143
面白い事言う人いるな

昔の話上手な爺さんが言いそうで
何か痛快な感じもする
188.名無しさん:2016年02月25日 15:21 ID:QojzvnN10▼このコメントに返信
※184

>国民が全員やる気満々だったのが見て取れた

なぜあそこまで国民がやる気だったかというと、国民の意志もあるが国家総動員体制を米政府が敷いたから
本来は普段の生活に支障が出るからアメリカ人としても乗り気にはなれないが、パールハーバーによって全ての意思が統一された
「卑怯なジャ○プを許すな」という世論に一晩にしてなったわけ
その意味じゃ米の交戦意欲をくじいて早期講和に持ちこむという山本さんの目論見は完全に裏目に出た
189.名無しさん:2016年02月25日 15:21 ID:G6eg9d2u0▼このコメントに返信
先の大戦で日本が反省しないといけない事は唯一つ

戦争に負けたこと

それ以外反省するところなんて何も無い


じゃあ負けないようにどうすればいいかというと
戦争前にどれだけ勝てる陣営と協調できるか
いわゆる国家間のコミニュケーションという外交力

戦前はまぁ……コミュ障だったけど戦後はポチといわれようが笑われようが
徹底的に実利を求める方向へ舵を切っているからそこまで心配していないけどね

あ、もちろん軍備は必須な
戦力なくして外交だけで平和が保てるわけが無い
190.名無しさん:2016年02月25日 15:28 ID:SMxlH8ng0▼このコメントに返信
あの戦争から本当に学ぼうと思ったら、
「フランクリン・ルーズベルトのような男が大統領にならぬよう、
 戦前から積極的に暗躍外交をすべき」
という論者がもっと多数居てもいいはずだ。

今、クリントン・クルーズ・トランプと
日本に難癖をつけまくる大統領候補が並び立っている。
こいつらにルビオを加えて約4人。

このうち誰を大統領にすべきか? そのために誰にどう金を使えばいいか?
そんな戦略があってもいいはずだ。

日本のアレが悪かったとか、日本が何をしたせいでアメリカがどうなったとか、
日本の落ち度ばかり研究しているから
この結論に日本人が辿り着かない。
191.名無しさん:2016年02月25日 15:28 ID:4iwDjyI70▼このコメントに返信
中国が全力で攻めてきた場合アメリカが救援しなかったら確定敗北、救援あっても焦土になってるんだよなあ・・・
多分日本に来るやろうしオワタわ。しっかり計画策定してるか知らんが
192.真実史観:2016年02月25日 15:31 ID:cn.YBqeS0▼このコメントに返信
「日本を憎め」が党是の凶産中国の捏造証拠が「南京大虐殺」!

 現実世界の常識で考えよう!大虐殺が真実なら、汪兆銘南京政府との同盟など、断じて無い!
 1937年12月13日 日本南京占領。
 1940年3月30日  汪兆銘南京政府成立。「親日和平反共救国」を唱える汪兆銘を首班とした「中華民国国民政府」。反共で孫文の正当な後継者汪兆銘の南京政府は、終戦まで、日本軍と共に、反共戦争を戦った!日中戦争、真実は、日本と中国汪兆銘(南京)政府同盟軍と、ソ連傀儡毛沢東と欧米傀儡蒋介石の国共合作軍との、反共戦争である。
 戦勝国が、太平洋戦争を聖戦と捏造したため、なんと!日本の東大京大等々の教授や歴史家までもが、この真実を、69年間も隠蔽している!

詳細は下記を選択し検索
南京大虐殺嘘と捏造は中国の伝統芸性癖継続し増幅捏造党是の中国凶産
頭山満孫文汪兆銘大東亜共栄圏大アジア主義に殉じた人々犯日隠蔽の歴史

真実史観
193.真実史観:2016年02月25日 15:32 ID:cn.YBqeS0▼このコメントに返信
①南京大虐殺は凶産中国の捏造!孫文後継筆頭汪兆銘南京政府が、証拠!
 終戦の昭和20(1945)年8月18日陳群(ちんぐん)自決、55歳。福建出身で明治大学東洋大学で学んだ。汪兆銘より一足早く日華和平運動、「中国は日本と手を結ぶべきだ」と展開した。長文の遺書の要旨「私は国父孫文の大アジア主義を遵奉して日華合作に挺身したが、東亜の共栄はついに実らず、終生の恨事とする。しかしこれは、主義の誤りに非ず、ただ天の時を得ず、方法に欠陥があったために過ぎない。従ってたとえ敗戦となっても、政敵蒋介石の裁きを受けるに忍びず、自ら地下に赴(おもむ)き、国父孫文の批判を仰ぐこととする。共産主義は、絶対、東亜の天地に容れ難い」政敵蒋介石統治下でも、南京の各新聞は、「陳群は"鉄の漢奸”であった」と暗に称賛し、遺書を全文掲載した。漢奸裁判史(1946~1948)
194.名無しさん:2016年02月25日 15:32 ID:..zoc0290▼このコメントに返信
何度書けばいいのか分からないが、
勝つ見込みがなかったとは言い切れない。

ハワイの占領を最初から計画実行。

史実通りの戦いでも、相手の機動部隊をその都度撃退(空母を撃沈または使用不能)にし、蓄積を阻止できれば勝てずとも負けない戦争にはなった。これ当たり前。負けなければ降伏無し。
時間が経てば、守勢であっても基地航空隊も拡充が可能。複数基地からの攻撃。

ミッドウエー敗北後であっても
フィリピンで上陸軍を殲滅できる戦いができれば講和の可能性は十分にあった。
シナ大陸は攻勢をかけるほど(大陸打通は行っている)ではないが、負けてもいない。

史実
沖縄戦後以降米軍は上陸を躊躇。原爆とソ連参戦を要請している。
この時点では条件を主張できる状況にはないが、実際にはぼろぼろの敗戦という訳でもなかった。
豊臣の大阪冬の陣後の外堀埋め立てのような戦後処理、戦後体制、WGIPが行われた。

195.真実史観:2016年02月25日 15:33 ID:cn.YBqeS0▼このコメントに返信
②台湾国民党蒋介石の息子蒋経国は赤心の孫文に帰り、孫文後継者筆頭汪兆銘の訂正した指針に従い、反共、民主、孫文の主張する仁義、道徳、王道の文化を身につけ、蒋経国李登輝は、「静かな孫文革命」を成し遂げた。凶産に囚われし中国人、華僑(中国国籍)、華人(現地国籍)よ、赤心の孫文、挺身し、師孫文の誤謬を正した汪兆銘や周仏海や蒋経国や李登輝に帰れ、孫文の本意は、覇道凶産捏造ではない。孫文後継筆頭汪兆銘中国と日本と台湾は、凶産党や宗主国と戦い、植民地独立付与宣言を導き出し、植民地は皆独立した。孫文の遺志大アジア主義を成し遂げたのだ。台湾人李登輝、誇りの起因は、正にここにある。この誇りが台湾の孫文主義を遂げさせた。汪兆銘、周仏海、蒋経国、李登輝皆、赤化経験有りで失敗もしたが、皆「私」を捨て「公」に殉じている。中国革命の父、孫文の願った真の中国革命は鷹犬にあらず、東洋王道に基づいた革命なり。凶産は私、捏造。孫文汪兆銘は公、真実である。
 「革命尚未成功 同士仍須努力」。中国人、華人、華僑は孫文汪兆銘に帰れ。

詳細は下記を選択し検索
真実史観中国人華人華僑は孫文・汪兆銘に朝鮮人は高麗に回帰し学べ

真実史観
196.名無しさん:2016年02月25日 15:33 ID:g.iTrHzu0▼このコメントに返信
今みたいに植民地や差別はやっちゃいけないことって認識で過去の事例を考えるからおかしくなるんだよ
197.名無しさん:2016年02月25日 15:33 ID:4iwDjyI70▼このコメントに返信
※190
ウィルキーにすべきだったな。それは正論だけど日本にはそんな政治力ないし国民にもやる気は全くない
そもそも民主党に大多数が投票しちゃうほどのおつむなんだからそんなまともな議論できるわけないわ
まー滅びを避けるためにはできることをこつこつやっていくべきだけど話にならん奴が多くてやる気にならんな
自民党は偉いわ。俺なら野党のあまりにもアホ過ぎる質疑とそれを支持する国民のこと見てたらやる気0になる
あんなアホらしい儀式何年も続けられるなんて真剣に尊敬する
198.名無しさん:2016年02月25日 15:35 ID:PYjqXhm70▼このコメントに返信
ここのコメ欄日本語下手な人多いな。
199.名無しさん:2016年02月25日 15:36 ID:cn.YBqeS0▼このコメントに返信
盧武鉉大統領 (03年6月の訪日時、TBSあの筑紫哲也のテレビ番組での発言として、ネット上にある言葉)
「異国で国籍を死守することがいいとは思わない、同胞にはその社会で貢献して欲しい」
「韓国戦争から逃げた連中が、祖国統一を口にするのはおかしな話だ。
 日本には弾は飛んでこないだろう。僑胞にそんなことを言う資格などない」
「私は僑胞の連中を信用などしていない。徴兵の義務を負わないくせに韓国人を名乗り、
 日本の選挙権を求める。馬鹿げていないか。つまりは、いいとこどりではないか。
 私たちが苦しい思いをしていた頃、僑胞の連中は私たちよりいい暮らしを日本でしていたのだ。
 僑胞は僑胞だ。韓国人ではない」
 南北の嘘の上塗り教育をされた人々は、在日朝鮮人は皆、韓国人ではなく僑胞で、建国の一大事に国を捨て逃げた人々だと思っているのだ。僑胞=在日韓国人=韓国人ではなく国を捨て逃げた人々、の汚名は、南北の嘘の上塗り教育が続く限り、残留捏造犯日在日である限り消えない。
 二世三世の在日の皆さんは、被害者を装うことをやめ(インターネット学習を侮ってはいけない)、事実を認め、嘘の上塗り教育をやめ、反日(嘘)を即座にやめ、自分の五感で、つらいかもしれないが逃げずに真実を学習することだ。「朝鮮紀行」を読み真実を知ることだ。反日(嘘)は嘘から始まっている。嘘を認めることが。出発になる。まずは嘘の原点に帰り、嘘を認め、真実から出発することだ。「日本人に成済まし」や嘘から、誇りは生まれない。そこが在日の新しい原点で、ここから誇りが生まれる。

詳細は下記を選択し検索
韓国人は何故襲撃された?「韓国人は下劣・貪欲・傲慢・差別主義」

真実史観
200.名無しさん:2016年02月25日 15:37 ID:GuXsYXLr0▼このコメントに返信
※189
クズ外務省がそのままだがいいのかw
201.名無しさん:2016年02月25日 15:39 ID:zfsSIjWj0▼このコメントに返信
まぁ資源さえあればなぁ・・・・軍事力増強した時点で鎖国して平和を享受できただろうに。

朝鮮人も中国人も東南アジア各国もその他アジアも救済しなくてよかったし、後進国をいじめる白人と戦わなくてもよかったのかもしれん。
あれだけ日本人の命を使って助けてやった国々は、恩を忘れるか仇で返そうとしてくる。年寄りは涙を流して感謝してくれるが、後進に何も伝えていないことが多い。それは日本も同じだが。

とりあえず日本人はしばらく自分の為だけに動いたほうがいいと思う。一度立て直してから正義を行うなり、人助けを行うなりしよう。今のグダグダと嘘にまみれた状態では何やっても上手くいかん。一度大掃除するべき。とりあえず特亜は追い出せ。
202.名無しさん:2016年02月25日 15:44 ID:SMxlH8ng0▼このコメントに返信
※197
俺が政権末期の麻生太郎だったら、
日本有権者へ失望するあまり、悪堕ちして日本人の敵になったかもしれん。

民主主義の政治家が、国民を馬鹿にするのは
ある意味しょうがないわ。
多少モラルの有る政治家でも、有権者の行き当たりばったりに振り回されれば
誠心誠意尽くそうなんて気分は消し飛ぶ。
203.真実史観:2016年02月25日 15:47 ID:cn.YBqeS0▼このコメントに返信
戦う以外、選択肢は皆無!
「無茶な戦争とか不戦は平和」は、お花畑超満開脳!丸暗記脳(テストのみ優秀者)は、欠陥人! 異常者には、検証回路皆無!
 思索脳皆無、丸暗記脳のみの欠陥人ペーパードライバー運転は、自殺!民主党が証拠!
 餓死者が出てから行動では、資源なき小国、島国日本、完全消滅!

 南下ロシア、東進英仏蘭、西進米国の戦国時代、資源なき小国日本の、後手や内地戦は、必滅!幕府も討幕派も、日本国の一大事に私欲を捨て、一丸と化し、明治維新を成し、打って出た(自己犠牲の公)。国の一大事に共食い内乱の、砂の人心中朝韓(自己保身我欲の私)とは、完全真逆!

1941年9月6日の御前会議での奉答・永野修身軍令部総長
 「大阪冬の陣の如き平和を得て、翌年の夏には手も足も出ぬ様な不利なる情勢の下に、再び戦はなければならぬ事態に、立至らしめることは、皇国百年の大計の為、執るべきに非ずと存ぜられる次第で御座います」

永野修身もう一つの核心発言
 「戦わざれば亡国、戦うもまた亡国であれば、戦わずしての亡国は身も心も民族永遠の亡国である。戦って死中に活を見いだし護国の精神に徹するならば、たとい戦い勝たずとも、護国(祖父母、父母妻子、ふるさとを守る)に徹した日本精神さえ残せば、我らの子孫はかならずや再起、三起するであろう」

詳細は下記を選択し検索
脱亜論福沢諭吉現代語訳国難に団結の日本と国難に我欲の砂中朝韓罪日看破
7東條英機と汪兆銘と蒋介石と孫文誤謬訂正蒋経国と李登輝
204.名無しさん:2016年02月25日 15:48 ID:PyPeFucN0▼このコメントに返信
鈴木内閣の『黙殺』発言は一切擁護しようがないな。
広島と長崎の市民は日本語で殺されたようなもん。
205.名無しさん:2016年02月25日 15:49 ID:J01Jkp6E0▼このコメントに返信
満鉄の邪魔してのは米中だろうがまだ言ってんのかよ
206.名無しさん:2016年02月25日 15:51 ID:J01Jkp6E0▼このコメントに返信
※185
典型的な自虐史観
207.名無しさん:2016年02月25日 15:51 ID:J01Jkp6E0▼このコメントに返信
※1
馬鹿か近衛は有能だよ
208.名無しさん:2016年02月25日 15:53 ID:LMKVmIMf0▼このコメントに返信
※22
209.名無しさん:2016年02月25日 15:59 ID:AXrslmwc0▼このコメントに返信
※204
黙殺とは言ってない
それは勝手に共同通信社が意訳しただけで
正確には「重大な価値はない」
210.名無しさん:2016年02月25日 16:01 ID:o8cieq0Z0▼このコメントに返信
好戦的な奴は頭が悪い
211.名無しさん:2016年02月25日 16:08 ID:PyPeFucN0▼このコメントに返信
※209
黙殺じゃなかった?鈴木は黙殺と答えて、それを国内外のマスコミがreject(否定)と報道して、ポツダム受託を全面拒否すると連合国に認識されて、原爆投下につながったと聞いたぞ。
ちなみに黙殺の意味は、否定も肯定もしない曖昧な態度という意味で、ポツダム受託するのに難色を示した鈴木が苦し紛れに言った。要は「先延ばしします」という意味。
だが、前述したマスコミ・連合国側の解釈の違いと、軍部に配慮して戦争を継続する内容を声明文に組み込んだせいで、受託拒否の上、徹底抗戦するとしか読めない内容になってしまった。
212.名無しさん:2016年02月25日 16:15 ID:vH7509G30▼このコメントに返信
ハワイとってもアッツキスカの二の舞だろう
213.名無しさん:2016年02月25日 16:16 ID:jwgr3t.N0▼このコメントに返信
もしたらだけど、そもそもルーズベルトじゃなかったら妥協点見つけてひとまず回避されてたかもしれないしなぁ
214.名無しさん:2016年02月25日 16:16 ID:AXrslmwc0▼このコメントに返信
※211
さすがにそこまではっきりは発言してないよ
ポツダム宣言発表後の記者会見で鈴木首相は「あの宣言はカイロ宣言の焼き直しであり、政府として重大な価値はない」
との趣旨の発言をしたんだけど、それを同盟通信が「無視」と翻訳してしまった

政府としてはソ連ルートの和平を模索している時だったので時間稼ぎでのらりくらりやろうとしてたのだが
事態は決定的になってしまった
215.名無しさん:2016年02月25日 16:17 ID:PyPeFucN0▼このコメントに返信
※212
ハワイ占領しなくても、ハワイにある燃料基地を壊滅させとけば、米艦隊は太平洋を渡ってこれなかった。
216.名無しさん:2016年02月25日 16:20 ID:QojzvnN10▼このコメントに返信
宣戦布告の時の不手際といい、参戦する気満々だったソ連相手に講和の窓口になってくれるよう要請したり、
日本の外交力は酷いな
217.名無しさん:2016年02月25日 16:23 ID:PyPeFucN0▼このコメントに返信
※216
日本の外交力の下手さは、チャーチルが苦言を弄したほどだからな。
日本人の本音と建前文化と黙っているのが美徳とする礼儀が完全に裏目に出た。
218.名無しさん:2016年02月25日 16:25 ID:V.conmtHO▼このコメントに返信
いろいろ記録がでてきてるけど…
政府、陸軍、海軍、責任とりたくなくて迷走したあげ完全にやめどき見失ってソ連に仲介してもらおうなんて終戦工作する完全な読み間違いしたからなぁ
219.名無しさん:2016年02月25日 16:26 ID:QojzvnN10▼このコメントに返信
ハワイの燃料基地の破壊にかんしてはプランは有ったそうだが、
「我が国の燃料基地はベトンで厳重に覆われている。当然米もそうしてるだろうからやっても効果が薄いだろう」
という判断のもとに結局行われなかった

これはこれで合理的判断だから、あの時ああしてれば・・・は後出しジャンケンにしかならんな

実際はパールハーバーの燃料庫はそこまで厳重じゃなかったから米は何故攻撃しなかったのかと不思議に思ったそうだが、
こういうお互いの錯誤は戦争につきもの
220.名無しさん:2016年02月25日 16:29 ID:vH7509G30▼このコメントに返信
ハワイの燃料焼くのはいいとしてそのあとどうすんの?サンフランシスコでも空襲すんの?マリアナパラオあたりを要塞化して決戦でもするの?
221.名無しさん:2016年02月25日 16:31 ID:PyPeFucN0▼このコメントに返信
※220
東南アジア制圧するまでの時間は稼げたし、ミッドウェーの悲劇生んだ作戦を行う必要がなくなる。
222.名無しさん:2016年02月25日 16:33 ID:.s0MrS9W0▼このコメントに返信
開戦に至った経緯についてはとやかく言わん。
当時の人間が当時の常識で且つ何人ものアタマで考えたすえのことだ。

幸いと言っては何だが226で岡田と鈴木貫太郎が生き延びた事は良かった。
この手の人間があと何人かいればより早く終戦の決意が出来たかもしれん。
原爆が落ちる前に。
223.名無しさん:2016年02月25日 16:39 ID:JS.eDpj30▼このコメントに返信
>>200
すぐに戦争すれば良いとのたまう軍人がいないだけまだマシだと思う(アホのマスゴミはより悪く残っているけどなー)

>>213
どうだろうなぁ

ルーズベルトは人種差別主義者の糞野郎だけど当時の一般的白人との常識の乖離は無いぞ
黒人の公民権運動は戦後だという事を知らない日本人が多すぎる気がする
有色人種も自分達と同じ人間だという事を理解している白人なんて一部の変わり者しかいなかった時代やで

あと当時のアメリカ不況だしな、戦争すれば世界一の地位が高確率で手に入る状況なら
どれだけ人道的な人物でも国家の指導者なら自国の利益になるならルーズベルトのような道筋をたどるだろうし自国民には非難されないだろう
224.名無しさん:2016年02月25日 16:42 ID:HhrRcT5r0▼このコメントに返信
※221
どうやって勝つよ。持久戦になったらまず負けるし
自分の考えとしてはインド洋を攻めまくってイギリスをいっぱいっぱいにして連合国と講話しか思いつかん
225.名無しさん:2016年02月25日 16:47 ID:XOnkFVw70▼このコメントに返信
そもそも、リットン報告で満州の権益は確保できてたんだし、する必要のない戦争だったんだよな。
226.名無しさん:2016年02月25日 16:50 ID:HctqovZH0▼このコメントに返信
いや、日本に資源あったらそれ元手にして勝手に陸軍が満洲北方で対ソ戦やるから・・・
海軍も石油が確保できるなら行動範囲が広がるから後はどこを分捕るかしか考えんよ

どっちみち大国意識が芽生えてた以上戦は避けられん
227.名無しさん:2016年02月25日 16:50 ID:bgaATu.o0▼このコメントに返信
たった一度の負けでゴチャゴチャほざいてんじゃねぇよカス

次、勝ちゃぁいいだろボケwwww
228.名無しさん:2016年02月25日 16:50 ID:jwgr3t.N0▼このコメントに返信
※223
そういうことじゃないんだな
どっちかというとソ連シンパだったんじゃないかということよ
宗教にも距離おいてたみたいだしね
229.名無しさん:2016年02月25日 16:52 ID:V.conmtHO▼このコメントに返信
>日本の外交力は酷いな

まあなんだ…そのせいでそれを掴んだ国民党政府からアメリカに「日本は共産主義者に降伏しようとしている」と電報うたれたからな

米や国民党は日本軍内にコミュニストが多数いるのつかんでたから、対日参戦準備するタイミングでのソ連を通じた降伏終戦工作は完全にやっちまった
230.名無しさん:2016年02月25日 16:53 ID:SMxlH8ng0▼このコメントに返信
※223
負け戦を回避したいなら、「ルーズベルト大統領を阻止する」のと
「他の外交立ち回りを改善する」のと
両方やらなきゃ無理だと思う。

日本は両方できなかった訳だが、たとえ片方だけ達成できたとしても
始まり方が変わるだけで結局、負け戦だったと思う。

まあルーズベルト阻止なんて不可能だったと思うので、
要するに「日本はどう足掻いても負け確定だった」が俺の意見だが。
231.名無しさん:2016年02月25日 16:56 ID:yoqUdXL60▼このコメントに返信
当時の日本にはハワイ上陸戦を行なえる輸送力が無い。
オアフ砲台には大和でも砲戦で敵カナわない。
数多アマタの航空基地がある。

無理っぺよ(笑)
232.名無しさん:2016年02月25日 17:00 ID:yh2gUIPo0▼このコメントに返信
そもそも日比谷焼き討ち事件が起きた時点で国民の押せ押せムードに歯止めが掛からないことは明らかだった。それこそブレーキの壊れた車のようなもので、何かに衝突して止まる(大破する)までどうにも制御できないというのが現実だった
233.名無しさん:2016年02月25日 17:11 ID:rLPk4VV.0▼このコメントに返信
勝算ない戦いを仕掛けるのはいかなる理由があれ愚かであり後付の言い訳は見苦しい。
234.名無しさん:2016年02月25日 17:20 ID:xYkcFEd5O▼このコメントに返信
戦争を煽った新聞が悪い
その新聞に扇動されて簡単に動く知能指数の低い馬鹿な日本人が大勢いたのも悪いが
226が成功していたら広大な領土を持つ超大国として君臨していたのに
235.名無しさん:2016年02月25日 17:20 ID:9SIF1Xmy0▼このコメントに返信
だいたいジャングル戦なんて練習してないじゃん。
236.名無しさん:2016年02月25日 17:21 ID:z2VrY74k0▼このコメントに返信
ナチも冬将軍にやられた。大体、冬を舐めすぎ。ロシアは時間稼ぎで、引き付けた。後は、自然が
ナチ軍を傷めつけてくれる。予想道理の展開。ナチ惨め。凍傷、飢え、戦意喪失。ナチは戦線を拡大しすぎたね。
日本は山本の采配ミス。ミッドウエイで決まり。アメリカ本土の工場、軍事施設攻撃、石油施設確保すればアジア諸国
に展開しなくてよかったのに。原爆投下するのがわかれば、アメリカ本土攻撃したのにだよね。早期に交渉持ち込み
狙いだから、アメリカ本土に行かなかったのでしょう。
237.名無しさん:2016年02月25日 17:24 ID:APYxnbV70▼このコメントに返信
※204
あれはポツダム宣言に対して「天皇の地位に関する事柄が書いてないから黙殺するしかない(答えようがない)」といったのだ。AがないからBができないというのは、外交用語でAがあればBをする、つまり天皇の地位が保証されれば降伏するという意味。鈴木内閣の政府談話が出たときには米国務省の職員や情報機関員などは日本側の位置を正確に理解していた。ポツダム宣言の草案を書いたのは国務長官代行のジョゼフ・グルーなどでスティムソン陸軍長官やフォレスタル海軍長官も賛同していたが、天皇の地位を保証する文言が入っていた。そうすれば日本はすぐに降伏し、戦争が終わると考え体から。しかし、ポツダムで公表された宣言文ではその文章はなくなっていた。
238.名無しさん:2016年02月25日 17:27 ID:xYkcFEd5O▼このコメントに返信
GDPとかGNPとかちっとは考えて戦争しろよ
工作機械から自動車までアメリカ製に頼って良いものはアメリカ製の時代に開戦とか馬鹿だよ
社会科を習ったばかりの小学生でさえ勝ち目はないと判断するよ
239.名無しさん:2016年02月25日 17:36 ID:SMxlH8ng0▼このコメントに返信
※237
天皇保証の文言を、わざわざ削ったのかー
それは知らなかった。横レス失礼。
240.名無しさん:2016年02月25日 17:41 ID:CM.aaOTw0▼このコメントに返信
※237
>>ポツダムで公表された宣言文ではその文章はなくなっていた。

なんで?
241.名無しさん:2016年02月25日 17:41 ID:rVuiMd2s0▼このコメントに返信
※220
・パナマ攻撃してから西海岸沿いに北上
・アリューシャン伝ってシアトルから南下

結構、米国もビビって居たようだ
242.名無しさん:2016年02月25日 17:51 ID:CM.aaOTw0▼このコメントに返信
※225
皇帝溥儀の為に熱河進出。馬鹿ですか。そりゃ負けますわ。今の日本は70年前となんら変わっておらん。
243.名無しさん:2016年02月25日 18:05 ID:PyPeFucN0▼このコメントに返信
太平洋戦争自体、敵が優秀で負けたんなら諦めつくが、敗因の大半が身内のバカ行為のせいだから、すごいやりきれない。
244.名無しさん:2016年02月25日 18:09 ID:3.R2kv7h0▼このコメントに返信
中国問題や対米開戦に関して臥薪嘗胆・戦わずして一時屈服すべきだった という意見に対して
「当時の世論ガー」と何故か戦前軍部&民衆の肩を持つ?ヤツらが沸くけど こういう連中が何考えてるかわからん

・あれは自衛戦争 相手から吹っ掛けてきた仕方がない戦争だった 
・近代秩序を破りアジア解放の大義を積極的に果たした戦争だった 誇るべき偉業
・したくなかったのに共産主義のスパイがいて戦争させられた 本当はしたくなかった
ウヨの太平洋戦争正当化論は大体この3パターンに収まる。
245.名無しさん:2016年02月25日 18:10 ID:miBXDe2D0▼このコメントに返信
次勝てるんだったら泥を啜っても良い
勝てば官軍負ければ賊軍
多少のプライドやモラルは捨てなきゃね
だから米国の犬でも構わない
246.名無しさん:2016年02月25日 18:18 ID:SMxlH8ng0▼このコメントに返信
※244
一時屈服した場合の事態の流れが、不透明すぎるんだよ。
画餅ですらない。
247.名無しさん:2016年02月25日 18:23 ID:3.R2kv7h0▼このコメントに返信
ソ連を挟み撃ちにしておけばよかった 論が頻出するけど
1941/6/22の独ソ戦開始後には ドイツ vsイギリス+ソ連(アメリカは公的に援助)という図式が出来上がっているわけで
日本が挟み撃ちなんてしようものなら史実で使えていた極東からのソ連援助ルートが使用できなくなることを受けて
ほぼ確実にイギリスやアメリカから「喧嘩売ってんのかテメー」 という態度を取られることは確実

関特演で70万前後の満州の日本軍vs常備100万のソ連軍という負担が中国戦線にも影響を及ぼす 
なんで日本がドイツの捨て駒みたいなことを独ソ不可侵条約で一旦裏切られてたのにせにゃならないのか
248.名無しさん:2016年02月25日 18:24 ID:..zoc0290▼このコメントに返信
※244
馬鹿には理解できないだろうが、大体そんなとこだろうな。
249.名無しさん:2016年02月25日 18:32 ID:BMVetLraO▼このコメントに返信
日本は負けて正解だったと思うよ。
でないど、チョーセンヒトモドキが日本人面して悪事を働いて、悪の国日本にされてたろうから。
250.名無しさん:2016年02月25日 18:36 ID:..zoc0290▼このコメントに返信
※231
なんで無理っペだ。
馬鹿にはデータに基づいた計算すらできない。

確率としては0ではない。

要塞攻略戦は青島(チンタオ)攻略で転換点を迎えている。
飛行機で偵察。重砲で砲台潰し。日露戦争時とは状況が違っている。
輸送船は最初からの計画があるならかき集めるだろうさ。
兵力も重数万単位で本土に予備兵力あり。乾坤一擲の戦をやればよかった。
ハワイは防備は強い。
攻めにくいのは相手も同じだ。

航空機輸送は島づたいにも可能。途中中継空母を置いても良し。
これを読んで理解できないやつは、論じあう資格がないので書く必要もない。
251.名無しさん:2016年02月25日 18:57 ID:jNzs2vTK0▼このコメントに返信
※250
島づたいにというが、一番近いミッドウェイからでさえ2000キロ以上(ラバウルとポートモレスビー間の距離の2倍以上)離れていてお察し。真珠湾奇襲の時のように大機動部隊を率いていも奇襲じゃない以上かなりの損害が見込まれる。そして機動部隊を率いるなら奇襲のときのように戦艦や駆逐艦を含む連合艦隊も出撃させなければいけない。どれだけ燃料を食うことになるのやら。石油を手に入れるために戦争を始めたのに数回の空襲で燃料を使い果たしたら本末転倒だ。
252.名無しさん:2016年02月25日 19:13 ID:..zoc0290▼このコメントに返信
※251
読解力も地図のイメージもない知ったか、しかも低レベルのコメントにまともに応えてあげるこの親切さ。

ハワイを占領したとして、陸攻や、艦上機を地上配備し、防御力を高める必要がある。
陸攻の場合ウエークからなら直接配備可能(ジョンストン経由)

艦上機は空母で直接空輸もできるが、一航艦はその他作戦への転用もありなので
地上基地経由
名古屋→硫黄島→マーカス→(中継空母)→ジョンストン→ハワイ
こういう手段で逐次強化補充は可能。
253.名無しさん:2016年02月25日 19:22 ID:jNzs2vTK0▼このコメントに返信
251の続き
そもそもノルマンディーのように敵の激しい抵抗の中での大規模な上陸作戦を経験したことのない日本にハワイに上陸して占領しろというのは無理がある。青島のときはドイツ軍も数が少なく、上陸するときも船のカッターを使って上陸したように第二次世界対戦のときにはだいぶやり方も変わっていたわけだ。
254.名無しさん:2016年02月25日 19:22 ID:..zoc0290▼このコメントに返信
※252追記
なお、このルートでは、局地戦闘機紫電改や、雷電も空輸可能。
クソ零戦だけではないのだけどね。
255.名無しさん:2016年02月25日 19:24 ID:..zoc0290▼このコメントに返信
ハワイにカッターで上陸しようとはさすがのクソ日本軍も考えてはいなかったでしょうな。
256.名無しさん:2016年02月25日 19:30 ID:jNzs2vTK0▼このコメントに返信
※252
ハワイを占領した気分に浸っているみたいだが、その前にハワイを攻略出来る作戦を考えてくだいさいよwこう言うのを捕らぬ狸の皮算用と言うw
257.名無しさん:2016年02月25日 19:31 ID:NZJcmedu0▼このコメントに返信
将来的にやばいなって状態で何をどうやれば生き残れるかわからない迷走しているって部分では確かに今も昔も変わらないかもね、違うのは戦前の日本人は方向性あってる自信ないけど猪突猛進で全力前進するぞって感じで戦後の日本人は俺達は昔の人とは違うんだぜってニヒルを気取ってる感じかな
258.名無しさん:2016年02月25日 19:32 ID:..zoc0290▼このコメントに返信
※254訂正
雷電の空輸は無理だな。
259.名無しさん:2016年02月25日 19:32 ID:IMrpcEUh0▼このコメントに返信
※253
別に無理に上陸せんでも、燃料基地破壊すれば十分。
260.名無しさん:2016年02月25日 19:34 ID:UMnOiurm0▼このコメントに返信
※240
 ググレば出てくるんだけど、
 元々米国内では昭和天皇に対して処刑を含めての厳しい対応を望まれているという背景があり、天皇制存続の保障は日本に配慮しすぎとの批判があった。
 それを押して途中まで天皇制保障の文言が入っていたけど、寸前でまた蒸し返されて、取り敢えず削除し、聞かれたら口頭で保障を与える方針に変更された。

 ハルノートもそうだけど、寸前で日本に対する配慮を行った文章を削除した結果、日本が素直に受け入れられない状態になっている。
 とりあえず強硬に出て後で譲歩する欧米流の交渉術。
 個人的には時と場合を考えろと言いたい。
261.名無しさん:2016年02月25日 19:40 ID:UMnOiurm0▼このコメントに返信
※244
 歴史を学ぶ上で大事なのは当時の価値観と知識量とそれに基づく考え方。
 それを無視して今の価値観で語っちゃいけないってだけでしょ。
262.名無しさん:2016年02月25日 19:42 ID:IMrpcEUh0▼このコメントに返信
※260
だいたいの外交自体、最初無茶な要求吹っ掛けてちょっとずつ譲歩して、狙いのボーダーラインまで引き下げて、合意を取り付けるのが基本だからね。
日本は、ハルノート含めて、最初の要求時点で即決しすぎ。
263.名無しさん:2016年02月25日 19:53 ID:llBKxLyK0▼このコメントに返信
石油備蓄一年って事は、要するにもうすぐ戦えなくなるぞって事
その後は植民地になって奴隷化しかない
フライングタイガースが日本を攻撃したのは真珠湾後だが、そもそもフライングタイガースの組織化が真珠湾前
共和党は日本との開戦反対で、日本との交渉内容知らされてなくて議会政治機能してない
それ以前に日本の資産凍結とか宣戦布告級の事やってるのが当時のアメリカ政府
コミンテルンや蒋介石の嫁一族の暗躍も無視できない
なぜか中国びいきのアメリカ(ラルフ・タウンゼント参照)と黄禍論、人種差別と
ハルノートによる開戦は回避できても結局日米開戦不可避、日本詰みですどうもお疲れさまでした
264.名無しさん:2016年02月25日 20:06 ID:pjViUVCV0▼このコメントに返信
>>263
>それ以前に日本の資産凍結とか宣戦布告級の事やってるのが当時のアメリカ政府
満州事変の頃から10年近く「中国侵略止めろ!」と(互いに利権が欲しかっただけにしろ)言い続けて
日本が米国を無視して進出しまくったからアメリカも段階的に制裁科しただけ
まして完全禁油に至っちゃ「ドイツと同盟して枢軸側の理屈で東南アジアにまで侵略する」
という、アメリカが宣戦布告級ならとっくの昔に先制攻撃級の事をしていたのが日本政府

>フライングタイガースの組織化が真珠湾前
で?
日中事変は「戦争ではない(by日本政府)」だから、戦争法規に基づく中立条項は一切発動しない
アメリカが中国で軍事活動してようが、"戦争当事国でない"日本には関係のない話なんだけど?
フライングタイガースが悪いというなら、日本はシナ派遣軍をとっとと引っ込めろという話になる
当時の大概無茶な日本政府がフライングタイガースを叩けなかったのは、完全にブーメランになるだけだからだぞアフォが

基本的にテメーがやった事のしっぺ返しなのに、臆面も無しに被害者ヅラ
これだからバ.カ.ウ.ヨは…チョーセン人と同レベルだわな
265.名無しさん:2016年02月25日 20:25 ID:gBn.EJlN0▼このコメントに返信
勝てないから戦わない、は短絡。
勝ち負けという差異、損得という差異、そうした差異のうち何を重視するかは、
置かれてる局面の性質に合わせて決める事。

(真の公平やあるべき秩序にはその徹底が必要。
教条的にせよ恣意的にせよ、何の差異に着目するか無視するかを局面の性質と無関係に決める、
それが本当の意味での差別や不当格差だから。
人類は真の公平(場の固有性に即してる)をベースに理念や社会を再構成するべき。)

別の言い方すると、根拠があるなら選択すべきだが、
場の固有性に即しているいないという内実でなく、
勝敗、損得、幸不幸、競争協調などの表層を根拠にする人ばかり。
これは、内実と表層の関係を、抽象と具体のあるべき関係構造に落とし込む能力が機能してない為に、
林檎は数えられるけど蜜柑はできない的次元から抜け出せてないせい。

同じ事は、組織における全体と部分の関係、方針や全体像における仮説と実証の関係にも言える。
具体化や抽象化(フィードバック)の精度が低いなど、
抽象と具体のあるべき関係構造に落とし込む能力が不全化してるから縦割りやむ修正が生じるわけで、
要は知性が原因。

もちろん、ある程度学力があれば理系的局面でそんな不全は起きないけれど、
日本に限らず、どれだけ学力があろうと文系的局面では不全が普通。
これは、具体化条件割り出しや抽象化に際する、代替不可能な核的要素の抽出には、
文系的アプローチ(それがそれである限り代替が利かない固有性と言えるか検証した上で引き受ける)と、
理系的アプローチ(美味しい林檎と不味い林檎を区別しない)の二つがあるのに、
真っ当な文系的アプローチの不在と洗練された理系的アプローチ、
という近代のパラダイムに我々が今なお縛られてるせい。
日本の場合その上、現実的な国なら期待できる程度の部分的機能すら見られなかったというのが、
先の大戦の教訓。
266.名無しさん:2016年02月25日 20:33 ID:YnO2uAQY0▼このコメントに返信
戦前の最悪手は、連盟脱退やろなあ…。常任理事国を抜けて良い事があったとは思えない、単にスッキリしただけ。

連盟脱退といいハルノートといい、のらりくらり噛み合わない空気読めない状態で持久した方が良かったとは思う。
思うに日本には真面目すぎて、こういう「戦略的ないい加減さ」が足りない気がするw
267.名無しさん:2016年02月25日 20:39 ID:PyPeFucN0▼このコメントに返信
満州の油田見つけられなかったのが痛いな。
戦後に油田見つかったニュース出た時、満州担当してた元軍人が泣いたのは有名な話。
268.名無しさん:2016年02月25日 20:41 ID:rVuiMd2s0▼このコメントに返信
※262
日本のTPP合意とヒラリー、トランプのTPP廃棄論、どっちがマトモかな?
269.名無しさん:2016年02月25日 20:48 ID:PyPeFucN0▼このコメントに返信
※268
そりゃ、日本のがマトモ。何年も話し合って決定したことなんだから。
ヒラリーとトランプの件は、実行する気なら、日本はキレてもいいレベル。
270.名無しさん:2016年02月25日 20:48 ID:UMnOiurm0▼このコメントに返信
※264
九カ国条約による列強の歩調を崩していたのはむしろ米国だけど?
経済制裁始めたのは中国が「先生、お願いします」って米国引っ張り出してきてからだし。
石油の完全禁輸も、輸出の許可制で、大統領が外遊中にその許可が下りなかったから結果として禁輸になったってお粗末な経緯であって、
狙って完全禁輸したんじゃないよ。
271.名無しさん:2016年02月25日 20:57 ID:o1sdfi3S0▼このコメントに返信
ハワイよりはるかに小さいウェーク島の攻略にすら失敗して(帰還中の南雲艦隊を引っ張り出してやっと制圧)いる帝国海軍がなにをどうやったらハワイを占領できるんだか。
あと、オアフ島とパールハーバーを占領しても、オアフ島よりでっかいハワイ島にはパールハーバーよりでっかい港湾(軍港でこそないけど)があるんやで。
272.ばとめんばー:2016年02月25日 20:57 ID:iCAZivES0▼このコメントに返信
※265 参考になりそうなことを意見していそうなんだが、余りにも具体性に欠けているせいで俺には理解できんかった、残念だが。

アメリカと戦ったから負けた。ぶっちゃけ、日本の第二次世界大戦はそれに尽きる。
歴史にifは無いといい、それは仕方が無かったで片付けることは、歴史に学ぶという点では思考停止でしかないと思う。
どうすればヤル気満々だったルーズベルトを向こうに回して戦争を回避できたのか、
どうすれば国辱に等しい要求にも忍耐が出来たのか、
防衛に成功したに過ぎなかった日露戦争を、国内世論に勝利と喧伝することなく事実を納得させるだけの情報を
明らかにしなかった姿勢にすら、敗北の芽は潜んでいるようにも思える。
陸軍にしろ、官僚機構にしろ、組織の構造的欠陥が導いた要素の検証とて研究が万全とは思えない。
国家として、世界情勢についての情報分析能力が腐っていたのは確かだが、どう腐っていたからどうあるべきだったのか、それすらいま一つはっきりしない。
リアリズムを忘れ、理想に溺れて溺死した戦争でもあった。靖国の英霊を貶めないためにも、
100%の戦訓を、獲得せねばなるまいて。
273.名無しさん:2016年02月25日 21:03 ID:o1sdfi3S0▼このコメントに返信
※244
甲案乙案だか何だかを読んでみても、日本はほっとんど譲歩しないで米国はアジアに軍事介入するなって言いたいだけなんだよなあ。
中共とおんなじ。

274.名無しさん:2016年02月25日 21:03 ID:3.R2kv7h0▼このコメントに返信
※270
>>九カ国条約による列強の歩調を崩していたのはむしろ米国だけど?
ここが気になったんで良かったら教えて
275.名無しさん:2016年02月25日 21:20 ID:UMnOiurm0▼このコメントに返信
※274
 色々あるけど要約すると、利権の完全撤廃とまではいかないが、各国は協調外交の方針の下、歩調を合わせて中国との各種不平等条約を少しずつ改訂する用意をし、スケジュールまで組んでいた。
 が、元々ほとんど利権を持っていなかった米国が門戸開放後の優遇を狙ってその改訂で抜け駆けを行い、各種優遇まで行い、中国は他の列強にもそれと同等の待遇の即時実施を求めた上、「前提となる現状の変更」という理屈を持ち出して各種条約を無視しだしたってこと。
 これに覚えたての中国のナショナリズムが結びついて、当時の大騒ぎになった。
 協調外交通りにやれていれば、日中戦争も起らなかった可能性もあったと思うんだ、個人的には。
276.名無しさん:2016年02月25日 21:48 ID:OldOwzql0▼このコメントに返信
※7
あの時のソ連がどれだけ脅威だったのか知らんのか?
277.名無しさん:2016年02月25日 21:50 ID:h4KgFZ.x0▼このコメントに返信
ID:xm3
こいつは、ハルノートが公開された後「米国に」仲介を申し出た国がいくつもあった事を知らんのか?
米国は断ったがな。
現代もあの当時も、米国が戦争をしたがっていると言うのは普通に知れ渡っていた事だぞ。

ちなみに日本はハルノート提示後も講和の道を探っていろんな事を試してる。
無論第三国に仲介の依頼もしてる。開戦直後の日本が優勢だった時期ですらソ連他に
仲介の依頼をしまくってるからな。
278.名無しさん:2016年02月25日 22:02 ID:u8lg3Q3D0▼このコメントに返信
いやまあ、戦争ってのも外交だし。
ハルノート呑んでたらアメリカだけじゃなくて他国にも食い散らかされてたわ。
負けはしたけど、アメリカ以外を除外したってのも大きい。
279.名無しさん:2016年02月25日 23:31 ID:UAVLHPvK0▼このコメントに返信
自衛の要件云々言うならイラク戦争とかはアメリカの侵略扱いでもおかしくないんだぜ?
証拠もなにも無しに核開発「疑惑」が自国の安全を脅かしてる
って一方的な「思い込み」だけで戦争しかけてるんだから

それと比べたら資源封鎖と資産凍結で日本の国防力を喪失させようとし
経済に攻撃を加えてきた太平洋戦争のアメリカによる侵略の方が
よっぽど自衛の要件を満たしてるんだよ
280.名無しさん:2016年02月25日 23:45 ID:WJljCGzz0▼このコメントに返信
※276
??
そんなの中国からしたらアメリカがどれだけ脅威だかしらんのか?って言われるぞ。
281.名無しさん:2016年02月25日 23:58 ID:6XXY10II0▼このコメントに返信
勝っても勝たなくてもよいから、60歳以上の年寄りだけを一掃するような戦争をやれば、国の未来が明るくなる
282.名無しさん:2016年02月26日 00:01 ID:x7jnLpcx0▼このコメントに返信
※280
 と言うか、そこにいたるまでの経緯が全然違うよね。
 日本の場合は賠償による取得とか、さんざん交渉し、条約を結んだけどもその都度反古にされてからの行動。
 今の中国は禄に切っ掛けの無い状態で自分から動いていて、国連憲章の平和的解決義務的にもほとんど黒だもの。
283.名無しさん:2016年02月26日 00:06 ID:uUNWPMIw0▼このコメントに返信
※282
台湾はただの賠償だし、朝鮮の併合なんて現代から見れば罰ゲームレベルだよな
満州は独立国だったし、権益的には日本の勢力圏だった
防共って言い分も当時としても後世の視点としても成り立つ
どっちにして現代の中国の対外侵略と比べるのはナンセンスなレベルだわ
284.名無しさん:2016年02月26日 00:10 ID:HjFyhDpQ0▼このコメントに返信
※281
現実では犠牲になるのは10代20代の若者。
第一次大戦に参戦したイギリスでは、当時のイギリス軍の戦争の下手さも相まって、ガチで若者が消滅した。
285.名無しさん:2016年02月26日 00:14 ID:HjFyhDpQ0▼このコメントに返信
※283
防共自体、当時の世界からしたら「なに陰謀論でっち上げて侵略正当化してんだよバカジャッ○www」ってレベルだったのがなぁ…
太平洋戦争後または末期あたりに、ようやくアメリカが、日本の言い分は本当だったって気づいたからな。
286.名無しさん:2016年02月26日 00:20 ID:j..zXPSr0▼このコメントに返信
※275
・・・何をメチャクチャ言っておるんや

当時、中国に最も利権をもっていたのはイギリスやん

君の論法やと、イギリスはアメリカと戦争せなならんで
287.名無しさん:2016年02月26日 00:21 ID:4Z.Ep..e0▼このコメントに返信
反共産主義者にとってみれば「防共」が正当性を持つけど(実際には持たなかったから日米戦争になったんだが)、共産主義者にとってみれば何の言い分にもならないだろ。こんな単純な話もわからんか。
288.名無しさん:2016年02月26日 00:26 ID:HcMOZlXF0▼このコメントに返信
まだハワイに拘るキ千害。
当時の日本にはあんな遠方のハワイ迄10万超の複数軍団を運ぶ輸送力がないんだ呆け!
まさか2個師団もあれば足りると思っているのか? ミッドウェーと勘違いしてネーか(笑)

大体、ミッドウェーですら攻略出来ても維持は難しいと言われてた。その何倍もの物資を安定的に輸送し続けられるなら、あの日米戦の戦タヒの半分以上が餓タヒ病タヒになってない。と言うか、ハワイ維持のシーレーン防衛の泥沼戦で詰みだ! 

ハワイの砲台には大和でも砲戦で敵わないといってるんだが?
何十とある航空基地を制圧するには戦爆合わせて1000機でも足りんぞ。
289.名無しさん:2016年02月26日 00:40 ID:HjFyhDpQ0▼このコメントに返信
※288
なんで『占領』に拘ってるんだよ?
別に占領せずに、ハワイの燃料基地を破壊すれば良いだけ。
そうすれば、米艦隊は太平洋を渡ってこれず、東南アジア制圧and講和の時間稼ぎができた。
290.名無しさん:2016年02月26日 00:44 ID:qbI8yFpO0▼このコメントに返信
地図見ればわかるが、ハワイなんて日本から見てまさに絶海の孤島
しかもここを攻略するとなると陸海軍の全力を傾ける必要があるから南方の連合国にもフィリピンの米基地にもオーストラリア方面にも戦力を
傾けられない
これじゃ石油を確保できないと同時にハワイへの輸送ルートも常に脅かされることになる
291.名無しさん:2016年02月26日 00:44 ID:HcMOZlXF0▼このコメントに返信
※264
日滓シ戦争の口火の盧構橋事件も、全面対決になった第二次上海事変も滓シ那側の仕掛けで日本の侵略じゃネーぞ。
それ以前の幾度も繰り返された日本人殺害虐殺はレッキとした滓シ那側軍兵の行為だ。
292.名無しさん:2016年02月26日 00:44 ID:uUNWPMIw0▼このコメントに返信
※285
293.名無しさん:2016年02月26日 00:48 ID:uUNWPMIw0▼このコメントに返信
※285
まあ、どっちにしても満州国は日本に対して厳し目に見ても
日中戦争の国民党の正当化くらいにしかならないからな
けれども第二次上海事変の時点では満州国を理由に国民党の肯定とかどこの国もしていないし
その後の流れを見れば太平洋戦争のアメリカの傲慢かつ暴力的な行動を正当化は出来ないだろう
294.名無しさん:2016年02月26日 00:53 ID:x7jnLpcx0▼このコメントに返信
※286
 調べて貰えば分かるけど、あの当時はイギリスももちろん他の列強も暴動の対象にされてエライ迷惑被ってますがな。
 そういった中、次第に暴動の対象が日本へと集中して、日中戦争へと繋がってるんだけど。
295.名無しさん:2016年02月26日 00:58 ID:HcMOZlXF0▼このコメントに返信
※289
第3次攻撃隊をだして、石油備蓄施設に限らずにドッグその他の港湾施設を叩いた方が良いのは解るが、当時の状況では仕方ない。

第二次攻撃で損害が一気に増え、敵空母の所在が全く解らん上に、艦隊を無事連れ帰る方が優先命令だったとさ。

俺も残念至極だ。
296.名無しさん:2016年02月26日 01:07 ID:HjFyhDpQ0▼このコメントに返信
※295
第一次攻撃の時に、燃料基地も一緒に攻撃or燃料基地を先に攻撃出来なかったのかね?
正直、燃料基地さえ壊滅できていれば、真珠湾の艦船は燃料補給が出来ず太平洋を渡ってこれなかったから、無理して攻撃する必要はなかった。
297.名無しさん:2016年02月26日 01:10 ID:j..zXPSr0▼このコメントに返信
※294
・・・アメリカがずるをしたんで、列強はアメリカを憎んで当然、って話はどうなったんや

ちなみに日本は中国利権を拡大しようと、ライバルのイギリスをめっちゃ憎んでおる
アメリカは眼中にあんまなかったやで

有名どころでは、1939年6月の『特高月報』(泣く子も黙る特高も月報を出しておった)に、
こんな風に、反英を煽りまくっていた人々の様子がレポートされとる

「国家主義団体にありては支那事変勃発以来援蒋英国排撃の運動を続けつつありたるが、
 偶々最近天津英租界当局の抗日テロ犯人引渡拒絶問題に端を発し、
 皇軍が英租界封鎖を断交するに至るや、俄然英国打倒の猛運動を展開するに至れり。
 即ち孰れも右軍部の措置を全幅的に支持するは勿論、
 『妄動策源地たる全支租界問題の抜本塞源的解決を図り、姑息なる妥協に絶対反対』
 を強調し、政府、軍部当局其他関係方面に対し、
 要請書、声明書、決議文を提出して激励鞭撻に努むると共に、
 国民大会、市民大会、時局批判演説会の開催、
 其他ポスター、檄文等を各方面に提出頒布する等一般輿論の喚起に努めつつあり。
 斯くて本運動は国家主義団体を初めとし郷軍、各地方自治体等を中心とする一大国民運動に転化し、
 恰も燎原の火の如く全国的に展開せらるべき情勢にあり」

しかし、こうした日本国内でもりもりに盛り上がる反英運動や、軍による英国への直接間接の圧力は、
アメリカによって水を差されることになったやで
いわゆる、英米可分論という幻想が、現実の英米の仲の良さによって叩きつぶされることになるんや

アメリカは、イギリスに圧力をかけまくる日本に対し、
まずは航空用ガソリン(日本は民間航空ラインが未成熟だったのでぶっちゃけ日本軍がターゲット)の禁輸措置をとったやで・・・
298.名無しさん:2016年02月26日 01:12 ID:BfuTmHIY0▼このコメントに返信
だから「短期決戦」なんだろ?何回言わせる気だ?(初期の内に終戦協定を結ぶ予定が狂っただけ)
299.名無しさん:2016年02月26日 01:15 ID:qbI8yFpO0▼このコメントに返信
その短期決戦で講和に持ち込めるという見通しが甘かったわけで
甘いどころか大きな錯誤である
300.名無しさん:2016年02月26日 01:15 ID:BfuTmHIY0▼このコメントに返信
※19 中国以上に借金抱えて気がおかしくなったんだろ?(最初からおかしいがw)こっち見る暇は無いだろ、早く完済しないとドンドン増えるぞ。
301.名無しさん:2016年02月26日 01:15 ID:uUNWPMIw0▼このコメントに返信
※286
>>君の論法やと、イギリスはアメリカと戦争せなならんで
こういうところ論理飛躍があると思うんだよなぁ
苦々しく思う相手は即戦争とかなんでそういう突飛な発想に繋げるのかね?
302.名無しさん:2016年02月26日 01:16 ID:4Z.Ep..e0▼このコメントに返信
北朝鮮も短期決戦とか考えてたら怖いな。
303.名無しさん:2016年02月26日 01:18 ID:BfuTmHIY0▼このコメントに返信
※30 金も無いのに又借金を増やすか?ご苦労なこった、人民が巨額の借金をみたら内戦突入だな

304.名無しさん:2016年02月26日 01:20 ID:4mvHhkKn0▼このコメントに返信
※302
北は色々と考えてるだろ
南は何にも考えていない烏合の衆だろうが(歴史的にも

305.名無しさん:2016年02月26日 01:22 ID:uUNWPMIw0▼このコメントに返信
※304
余裕がない分多少は頭使ってるよね
306.名無しさん:2016年02月26日 01:22 ID:4Z.Ep..e0▼このコメントに返信
※304
でも優秀な日本人が考えて出した答えが、ハワイを叩いてすぐ講和なんだぜ。
307.名無しさん:2016年02月26日 01:30 ID:uUNWPMIw0▼このコメントに返信
※306
ぶっちゃけ他の手段も成功の可能性は極めて低い
消去法で比較的マシだったのが短期決戦だったってだけ
暇なら他の選択肢ならどうだったか考えてみるといい

フィリピン海決戦とかアメリカが誘いに乗る理由が無いし
北進もアメリカが参戦して来ない保証が無い
インド攻略は比較的マシだけど日本軍の兵站能力だと博打にならざるを得ないし
イギリスが弱ってもアメリカが戦争中断する理由にならない可能性も高かった
308.名無しさん:2016年02月26日 01:35 ID:qbI8yFpO0▼このコメントに返信
パールハーバーへの奇襲がマシな選択肢であったかどうかは疑問
これによって米世論が全力で日本を叩くべしという方向に一気に傾いた
つまり初手から

講和のための条件=米の戦意をくじく

という目論見とは真逆の展開になってしまったのだからな
309.名無しさん:2016年02月26日 01:42 ID:qbI8yFpO0▼このコメントに返信
米への宣戦布告無しでオランダとイギリスにだけ宣戦布告する案を提案する
もともと蘭印の油目的で始めた戦争だし
その場合は米が参戦するかどうかは不確定だからそこに活路を見出す

チャートにすると

A案(史実通り) 米英欄に宣戦布告する→米と戦わねばならない時点で必敗

B案 英蘭にだけ宣戦布告する→米が参戦→必敗
              →米が参戦しない→まだ勝ちの目がある

そんなわけでB案の方がまだマシなんじゃないかと
310.名無しさん:2016年02月26日 01:49 ID:7FWUNKqv0▼このコメントに返信
※298
その予定が狂ったっての、大東亜戦争開戦までに既に何回やってたのよって話。
満州事変での国際的反発から、延々とブチ上げては予定が狂っての繰り返しじゃん。
311.名無しさん:2016年02月26日 01:50 ID:uUNWPMIw0▼このコメントに返信
※309
B案の2つの展開それぞれの道を辿る可能性はそれぞれ50%って訳じゃないから下策だと思うよ
たしかに「米が参戦しない」ことになれば良いんだけど
実際は米が参戦する可能性の方が明らかに高いんだよね・・・・・・

あれだけ敵対行為働いて、戦争準備をもりもり進めてたアメリカが
日本の欧州植民地攻撃を理由に参戦しないって考えるのは無理がある
そして参戦した場合は真珠湾奇襲での戦果が無い分負け初めが早まるし
より過酷な敗戦になっただろうことは想像に難しくない
312.名無しさん:2016年02月26日 01:53 ID:uUNWPMIw0▼このコメントに返信
※310
基本的に決定権はアメリカにあるからしょうがないよ
力のある側であるアメリカが平和的解決を望まないなら全て無駄
そもそも日本側にはアメリカとの敵対すらする気は無かったんだから
313.名無しさん:2016年02月26日 01:55 ID:qbI8yFpO0▼このコメントに返信
まあB案の分岐の可能性がそれぞれ50/50じゃないのはわかってるし、アメリカが参戦するかどうかは日本からすれば運次第ってのも認める
でも太平洋戦争なんてもともと分の悪いギャンブじゃんw
真珠湾攻撃なんてあんな遠路を大艦隊で渡洋して感づかれなかったのが奇跡みたいなもんだ
気づかれてたら奇襲効果が薄れてあんな大成功は収められなかったわけだからな

そんなわけで俺が参謀かなんかだったらB案を提案するであります(`・ω・´)ゞ
314.名無しさん:2016年02月26日 02:02 ID:T1hsZbqR0▼このコメントに返信
アジアを独立させたし、アメリカを巻き込むことによりナチス打倒も果たせたし、民主化したし
実際のところ勝ったんじゃね

もちろん日本軍は負けたと思うよ
315.名無しさん:2016年02月26日 02:03 ID:uUNWPMIw0▼このコメントに返信
※313
自分ならばやっぱり史実通りかなぁ・・・・・・
緒戦の東南アジア攻略時に米太平洋艦隊に出張られたら戦争計画全体が無理になるから

後世の視点での改善点が多々含まれてしまうけど
戦術的にはミッドウェー前に航空攻撃を受ける危険性の理解の改善や
対空電探の機動部隊配備の前倒しとかかな?
戦略的には正規空母壊滅ですっぱり対米戦は持久戦に切り替えることとか
対米南進作戦諦めてインド攻略にワンチャンかけることとかかな
316.名無しさん:2016年02月26日 03:19 ID:QHwYG.pa0▼このコメントに返信
現代でも中間路の挑発にはイライラして
一発かましてやれ、という心境になる
現代の中間の悪辣下劣なやり方をみていると、戦前のシナ人もおなじような感じで
日本人がすべて÷悪だったとはいえないと思えてくる
中ソや共産主義に憧れているスパイがうようよしているのもっ同様で
317.名無しさん:2016年02月26日 06:31 ID:gwiYwXtq0▼このコメントに返信
>>ハルノートは最後通牒でもなんでもなく、満鉄貰える段階で対ソに備え、南進なんてしなけりゃ良かっただけ

こいつが何一つ歴史を理解してない間抜けなのが分かる
東京裁判でハルノートの内容を見たパール判事が、あんなものを突きつけられたらモナコやルクセンブルクのような小国でもアメリカに対して立ち上がっただろうと述べている
それくらい無茶苦茶な内容、アメリカは戦争したくてしょうがなかった。
何より、ハル長官自身がスチムソンに、ハル・ノートで問題は終わった、私は手を洗った、問題は軍の手中にあると語っている
メチャクチャな内容で日本がのむはずもなく、明確に最後通牒の認識があったわけだ。
それにしても、ここ最近、現在の感覚で当時の情勢を語る幼児が多くて困る
現在と当時では、国際情勢や思想、人種間の対立など(要するに価値観が)比べるべくもないんだがね、本当に飽きれる。
318.名無しさん:2016年02月26日 07:35 ID:x7jnLpcx0▼このコメントに返信
※297
 まず当時の中国情勢調べて欲しいんだけど、そもそもが1920年代の、幣原外交時代の話なんですが……。
 あの頃は日本の外交は各国と協調路線取って、中国に対しては基本的に融和政策取ってたでしょ?
 なお、米国の抜け駆けに対して、当時イギリスは激しく抗議しています。
319.名無しさん:2016年02月26日 08:02 ID:x7jnLpcx0▼このコメントに返信
※297 >・・・アメリカがずるをしたんで、列強はアメリカを憎んで当然、って話はどうなったんや
根本の話として、この問題に対しては米国の抜け駆けを足掛かりにして「中国が条約無視しだしたり、暴動起こしたりした」って話なんで、
専ら非難の矛先は中国に向いています。
320.名無しさん:2016年02月26日 08:15 ID:DoLn0OVm0▼このコメントに返信
Xm3はクソガキすぎて、読む気なくすw
321.名無しさん:2016年02月26日 08:26 ID:6D9wgKwr0▼このコメントに返信
※288
は戦略も戦術も論理的思考も、精神的ゆとりのない、多分頭はゆとり世代の馬鹿なのだろう。
馬鹿の馬鹿たる所以は、自分が馬鹿と理解できるメタ認知
すなわち、客観性のなさにある。

こいつが日本人なら馬鹿

特亜工作員ならお仕事なのでそうだろうというレベル。



322.名無しさん:2016年02月26日 08:49 ID:6D9wgKwr0▼このコメントに返信
対米戦については主に政治・外交上の駆け引きが問題であり、そのことは他のスレで適切な説明をしている人がいるので(私ではない)探してみるといい。

さて、私は※321だが

ハワイの燃料タンク攻撃の効用は非常に大きかったと思われる。
何故目標の一つに挙げられなかったのかは今の私から見ても不思議だが、艦隊攻撃において輸送船を狙わなかった戦術姿勢と関係があるのだろうかと思う。
潜水艦でさえも通商破壊に使わず索敵哨戒任務に張り付け、待ち伏せでやられるという生真面目な軍隊なので、考えの中に最初から無かったとしか言いようがない。

ただ、ハワイは戦略的に見れば、攻略すべきであった。
基地外は私がこだわっていると書いているが、私はこだわってはいない。戦略的にハワイ占領は相手にとっての手を封じる最善の要地だといっているわけだ。
タンクを破壊しても基地があれば、修理はするだろうし、アメリカのこと。タンカー並べてでも基地機能は補てんはするだろう。
あまり意味はないんじゃないかな。
海洋汚染などの損失を考えると後世日本の悪名を高める原因にはなったであろう。
日本の攻撃手法自体は責められていないし、ハワイ記念館でも、正々堂々とした攻撃と今は高く評価されている。
まあ、それがどうしたとは思うが、タンク破壊していたら、評判は今でも悪かろうよ。

それとは別に、占領していたら、所謂太平洋半分が内海化。
輸送もできる。
はい論破。
323.名無しさん:2016年02月26日 10:46 ID:BfuTmHIY0▼このコメントに返信
スレ主が無知なのは理解した。
324.名無しさん:2016年02月26日 12:57 ID:HjFyhDpQ0▼このコメントに返信
※322
>タンクを破壊しても基地があれば、修理はするだろうし、アメリカのこと。タンカー並べてでも基地機能は補てんはするだろう。
基地は修理できても、流出した油は使えないぞ。タンカー並べるにしても時間がかかる。その間、日本軍は時間稼ぎできる。

>海洋汚染などの損失を考えると後世日本の悪名を高める原因にはなったであろう。
戦争そのものが大規模な環境汚染(艦船沈めれば油流出するし、アメリカは原爆投下し、ベトナムでも枯れ葉剤をばら撒いた。)

>日本の攻撃手法自体は責められていないし、ハワイ記念館でも、正々堂々とした攻撃と今は高く評価されている。
正々堂々と戦争した結果、ぼろ負けしたんだが?というか、責められてないということは相手からしたらくっそ余裕だったってこと。

>占領していたら、所謂太平洋半分が内海化。
あんなバカでかい海洋どうやって維持するんだよ?金も艦船も全然足りねぇよ。

バカ晒してるだけじゃん。
325.名無しさん:2016年02月26日 13:07 ID:HjFyhDpQ0▼このコメントに返信
※324
訂正
正々堂々と戦争した結果、ぼろ負けしたんだが?というか、責められてないということは相手からしたらくっそ余裕だったってこと。

正々堂々と戦争した結果、ぼろ負けしたんだが?というか、リメンバーパールハーバーと今でもクッソ責められてるぞ。
326.名無しさん:2016年02月26日 18:54 ID:hoterWT20▼このコメントに返信
※324
朝鮮高校性ていどの最下層民だろう。

対米戦については主に政治・外交上の駆け引きが問題であり、そのことは他のスレで適切な説明をしている人がいるので(私ではない)探してみるといい。

さて、私は※321だが

ハワイの燃料タンク攻撃の効用は非常に大きかったと思われる。
何故目標の一つに挙げられなかったのかは今の私から見ても不思議だが、艦隊攻撃において輸送船を狙わなかった戦術姿勢と関係があるのだろうかと思う。
潜水艦でさえも通商破壊に使わず索敵哨戒任務に張り付け、待ち伏せでやられるという生真面目な軍隊なので、考えの中に最初から無かったとしか言いようがない。

ただ、ハワイは戦略的に見れば、攻略すべきであった。
基地外は私がこだわっていると書いているが、私はこだわってはいない。戦略的にハワイ占領は相手にとっての手を封じる最善の要地だといっているわけだ。
タンクを破壊しても基地があれば、修理はするだろうし、アメリカのこと。タンカー並べてでも基地機能は補てんはするだろう。
あまり意味はないんじゃないかな。
海洋汚染などの損失を考えると後世日本の悪名を高める原因にはなったであろう。
日本の攻撃手法自体は責められていないし、ハワイ記念館でも、正々堂々とした攻撃と今は高く評価されている。
まあ、それがどうしたとは思うが、タンク破壊していたら、評判は今でも悪かろうよ。

それとは別に、占領していたら、所謂太平洋半分が内海化。
輸送もできる。
はい論破。
327.名無しさん:2016年02月26日 19:07 ID:hoterWT20▼このコメントに返信
対米戦講和の可能性はゼロではない

☆ハワイ攻略、要塞化。兵員の集中配備(西太平洋の内海化)
馬鹿は十数万の兵員を同時に上陸させるとでも思っているらしい。相手しても仕方ない。
大和を沈める砲台?島全周の数万門配備するらしい(笑)

※特攻でもかけて空母撃沈できれば防御可能。
ハワイ無しで北・中部太平洋方面から日本本土侵攻ができるか考えてくれ。分かったら教えれ。

☆敵機動部隊とその都度交戦。撃滅を繰り返す。
これとハワイ攻略後の勝利の難易度。分かるだろう。
第一、どこから来てどこを攻撃するか見極めにくい。(北?中部?南方?)

☆天王山フィリピンで上陸阻止、上陸軍の壊滅。
↑よりは見込みはあったはずだが・・・。
戦力と戦法の変化に対応できず。

意外に終盤まで講和の可能性がなかった訳ではないと思う。

※私は絶対とは言っていないのでよろしく。
馬鹿と工作員はからむな。
ここは自由に見解を発表する場であって、相手をけなす場ではない。
それはお前たちの国に帰ってやれ。
328.名無しさん:2016年02月26日 19:13 ID:hoterWT20▼このコメントに返信
朝鮮高校性は痴 漢でもやってな。
家でエ ロ動画でも見てればいいだろう。
それを作っているのがあんたらの家族であり、父ちゃん母ちゃん、兄ちゃん姉ちゃん(今日も元気に出演中)
失礼でごめんな。
帰ればこういうことを言わなくても済むので(私は上品だから)とっとと出て行け。
GET OUT
329.名無しさん:2016年02月26日 22:33 ID:HcMOZlXF0▼このコメントに返信
※296  用事で早朝から出かけて少し前に帰って来た。疲れた、ハァ~。  結果論に過ぎないけど、その案は同意します。  第一次攻撃で滑走路と石油備蓄施設の破壊。  第二次攻撃で航空基地の攻撃と迎撃を撃退しつつ、ドッグその他の港湾施設の破壊。
これだけで済ませても良かった。
後はハワイと米国西岸・パナマ間+南米南端からの全ての海上交通路への潜水艦攻撃(不足するが、南雲機動艦隊攻撃でパナマ運河破壊は可能か?)で復旧を重点的に妨害すれば、一年近くはハワイは使え無いかも。
もし、これだけの期間ハワイが使えなければ、南雲機動艦隊のインド洋作戦も可能だったし、ミッドウェーも占領不能でも使用不能には出来、ガダルカナルの要塞化も出来れば米豪間の海上交通路も相当脅かせたな。
とはいえ、米国太平洋艦隊も近海への出撃は可能で、大西洋艦隊の一部が輸送船団を連れて進出して来るので、両艦隊が連携して南雲機動艦隊を釣りだし、起死回生の艦隊決戦を強いられれば、帰雛スウは不明だ。
只、当時は石油備蓄施設は日本同様にベトンで固められるとおも思い、爆撃機ならぬ攻撃機では効果が無いと考えてと聞いた。  
330.名無しさん:2016年02月26日 23:29 ID:HcMOZlXF0▼このコメントに返信
※321
全て自分の事行ってるぜw 世代に関係なくユトリならぬ弛み脳っているぜ。
半世紀以上生きてれば、ハワイ占領は可能だったか?の議論は繰り返し見聞きして来たし、高校時代はハワイ占領出来てればなんて胸踊らせたが、それはとても無理な話としみじみ理解させられたし、不可能な理由も知ったわい。文句あんなら具体的に占領可能な論拠を出せよw 本当に可能なら嬉しいくらいだ!  但し、後知恵だが半年以上のハワイのほぼ無力化は可能だったという立場だ。

俺は先の日奸売.春.婦合意どころか、70年談話にも不満を持つほど右寄りor保守だぜ。痔民党の中ではマシな方だから一応安倍を支持してるが、立ち上がれ日本の結成以来、中道左派の痔民に投票したのは、反日売国醜左翼千ョンコーの滓埖カスゴミが煽って糞っ滓カス仲間のゴミんスが政権取りが決定的になったのを少しでも阻止しようとした時の一回だけだぞ。
ポスト安倍の顔ぶれはバリバリのリベラルばっかしだから、「日本の心を大切にする党」を育てんと大変になるぞ。
331.名無しさん:2016年02月26日 23:53 ID:HcMOZlXF0▼このコメントに返信
ハワイのオアフ砲台も知らんバカ!
何よりも当時の軍部ですらミッドウェーを占領出来ても維持し続けるのは難しいと危ぶんでた。
ハワイは何十倍もの住民がいて彼らを即座に皆刹し出来ないならその生活物資は日本から大量に送る必要がある。また、引き揚げ船を認めても何ケ月もかかる。
第一、占領の為の上陸作戦に戦力の逐次投入なんて論外だ、この糞っ滓カスめ!!!

先に書いた通り、一定期間のハワイ無力化しか出来ん。一年以上のifは不確定要素が多すぎきて解らん。

お名前