大艦巨砲主義!ツイーター
スポンサーリンク

2016年02月03日 02:05

恒興「信長様!光秀に謀反の企み有りとの事!」

恒興「信長様!光秀に謀反の企み有りとの事!」

タグ:
e66c13ce-s

引用元:恒興「信長様!光秀に謀反の企み有りとの事!」

http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1454309917/
1: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)15:58:37 ID:ljh
天正10年5月 安土城

恒興「信長様!光秀に謀反の企み有りとの事!」
信長「・・で、あるか・・」
恒興「何を悠長なことを申しておられる!早急に手を打たねば!」
信長「恒興、そちも相変わらずよのうwww」

2: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)15:59:58 ID:ljh
恒興「笑ってる場合ではござりませぬぞ!」
信長「のう、恒興。もしも余が光秀に討たれるとあれば、それも戦国の定め。騒いでどうとなる事でもあるまいて」
恒興「しかし・・」
信長「まあよい、それよりも高松城攻めはどうなっておる?」
恒興「その件ですが、秀吉の軍攻めあぐねておりまして、援軍の要請が届いております」

3: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)16:00:37 ID:ljh
信長「うむ・・しからば、光秀に援軍に向かわせよ」
恒興「し・・しかしながら光秀は今、家康殿の接待のため・・」
信長「構わぬwww  あやつには接待は向いておらんwww」
恒興「・・・はっ!ならば早急に手配を整えまする!」

4: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)16:01:33 ID:ljh
信長「恒興!」
恒興「はっ!」
信長「余が目指しておるのは何だと心得る?」
恒興「・・はっ?」
信長「申してみよ。余が目指しておるのはどのような世じゃ?」
恒興「そ・・それはもちろん、親方様が天下を統一し、泰平の世を作る事でございまする!」
信長「して、余にはそれが出来るとおぬしは考えるか?」
恒興「も・・もちろんにござりまする!
親方様以外に、この乱世の世を統一し、泰平の世を作ることが出来る方はおりませぬ!」

6: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)16:02:37 ID:ljh
信長「で、あるかwww」
恒興「当たり前でござります!我々家臣一同、その事を固く信じ、親方様にお仕えいたしておりまする!・・ただ、光秀がそう思っておるかどうかは疑わしい限りでございまするが・・」
信長「うむ。恒興、この文を早急に秀吉に届けよ」
恒興「はっ!」
信長「して、この文は、光秀に届けよ」
恒興「・・はっ!」
信長「わしはこれより、中国遠征準備の為に上洛いたす。」
恒興「っ!!い・・いよいよでござりまするな!!」
信長「のう、恒興。忘れるでない。天下を治めるには、時と、器が大切なのじゃ」
恒興「・・はっ!しかと!」

7: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)16:03:34 ID:ljh
高松城

秀吉「この文を信長様が・・?」
黒田「はい。ならびに、安土にて家康様の接待をしておられた光秀殿が援軍に来るとの知らせも届いておりまする」
秀吉「そうか・・光秀殿がのう・・信長さまも思い切ったことをなさる・・」
黒田「しかし、この堤防工事もほぼ完了に近く、高松城が水で囲まれるのも時間の問題。後は放っておいても清水宗治は降伏いたしましょうに・・」

8: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)16:04:31 ID:ljh
秀吉「黒田、工事をさらに早急に進めよ!そして、ここに信長様をお呼びする件じゃが・・」
黒田「はっ!手はずは整っておりまする!」
秀吉「あれは・・中止じゃ」
黒田「はっ?」
秀吉「ここに直接お呼びするまでもない。信長様には高松城攻略も時間の問題ゆえ、今しばらくは京都の本能寺にお留まりになり、ゆるりと吉報をお待ちくだされと伝えよ」
黒田「・・はっ!」
秀吉「して、この文を・・こちらへ向かっておる光秀殿に届けよ」
黒田「はっ!」

11: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)16:05:48 ID:ljh
亀山城

光秀「・・この文が、秀吉から?」
藤田「はい」
光秀「そうか・・とうとう、時が来たか・・」
藤田「・・と、申しますと?」
光秀「いや、よいのじゃ。藤田、早急に出立の準備を整えよ!」
藤田「は!いよいよ、毛利討伐でございまするな!」

12: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)16:06:25 ID:ljh
光秀「いや・・藤田よ。そちには教えておくが、こたびの敵は、毛利にあらず!」
藤田「・・と、もうしますと?」
光秀「敵は・・・敵は本能寺にあり!」
藤田「っ!?な!・・なんと申される!?」
光秀「敵は、本能寺にあるのじゃ」

13: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)16:06:59 ID:ljh
藤田「な・・!なりませぬぞ光秀殿!こ・・これは謀反にござりまする!」
光秀「謀反・・か・・」
藤田「い・・いかにも!何をしようとしておられるのか、わかっておられまするか!?今一度!・・今一度お考え直し下され!・・それとも・・もしや光秀様は、親方様に代わって・・天下を・・!そうお考えか!?」
光秀「www藤田よ。天下を治めるには、時と、器が大切なのじゃ。それを忘れるでない」

14: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)16:07:46 ID:ljh
天正10年 6月2日(深夜) 本能寺

信長「騒がしいのう・・」
矢代「また、小兵どもが小競り合いを起こしているのでございましょうか」
信長「元気よのうwww」
矢代「親方様に皆、似ておりまするwww」

17: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)16:08:16 ID:ljh
蘭丸「親方様!!!」
信長「どうした、蘭丸?」
蘭丸「む・・謀反・・!謀反にござりまするっ!!!!!」
信長「・・・で、あるか・・」
蘭丸「し・・四方八方を囲まれておりまする!!」
信長「ふむ・・して、誰の謀反じゃ?」
蘭丸「み・・光秀殿の軍にございまする!!!!」
信長「・・光秀!?・・」

18: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)16:08:45 ID:ljh
矢代「や・・やはり光秀かっ!!殿!いかがいたしましょう!?」
信長「そうか・・光秀が・・来たか・・是非に及ばず・・」
矢代「かくなる上は、一矢を報いてやりましょうぞ!!」
信長「うむ・・それも良いかもしれぬなwww。蘭丸!堂に火を放て!豪快に燃やすのじゃ!!」
矢代「はっ!!」

20: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)16:10:01 ID:ljh
天正10年 6月2日(辰の刻) 本能寺

藤田「明智殿!信長の躰、今もって見つかりませぬ!」
光秀「そうか・・」
藤田「探せ!!何としてでも探すのじゃ!!」
光秀「いや・・構わぬ!・・構わぬのじゃ・・これより儂は、天下を整える!」
藤田「はっ!!」

21: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)16:11:03 ID:ljh
天正10年 6月4日(未明)

長谷川「秀吉殿!!!!!!!大事に・・・大事にござりまするっ!!」
秀吉「何事じゃ?」
長谷川「み・・光秀殿謀反にて・・の・・信長さま・・討死にとの事っ!!!!」
秀吉「・・・・・」
黒田「ひ・・秀吉殿!!!!」
秀吉「うむ・・そうであったか・・」

22: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)16:11:44 ID:ljh
黒田「何を落ち着いておられます!!いかがいたしましょうぞ!!!???」
秀吉「清水宗治殿に使者を送れ。宗治殿お一人のお命と引き換えに、高松を後にする!」
黒田「して!?」
秀吉「信長様の弔いじゃ!!!早急に姫路に戻り兵を整え、明智を討つ!!」
黒田「お見事!!お見事な英断でござりまするぞ!!」

23: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)16:12:30 ID:ljh
時は流れ18年 慶長5年の秋 山梨県のとある山郷の一軒家

男「そうか・・家康が、天下を取ったか・・」
恒興「はい」
男「そうか・・」
恒興「これで、よろしかったのでしょうか?」
男「ん?」

24: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)16:13:14 ID:ljh
恒興「殿は本当に、これで良かったと思っておられまするか?」
男「wwwうむ。これでよいのだ」
恒興「殿・・そろそろ話してくれませぬか?」
男「ん?」
恒興「あの日、光秀殿と秀吉にそれぞれ送った文に、どのようなことを書いておられたのです」
男「www気になるか?  もう、話しても良いころかもしれぬな」
恒興「はい!冥途の土産に、是非教えて下され!!」

25: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)16:14:05 ID:ljh
男「恒興は、わしが光秀に一時期つらく当たっておったことを覚えておるか?」
恒興「お・・恐れながら・・あれはちとやり過ぎではないかと思っておりました・・」
男「はっはっはっ!そうであろうなwww。わしも、やり過ぎたと思っておる!」
恒興「いかにもでございまする!それ故に光秀殿は謀反を・・」

26: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)16:14:41 ID:ljh
男「うむ、そう思うであろうな。あのころわしは、光秀に言われたのじゃ。『殿は本当に泰平の世をもたらす事をお望みか?』とな。
もちろんわしはそのつもりじゃと答えた。しかし、あやつはわしにはっきりと言いおった」
恒興「何とでございまするか?」
男「殿には無理でございまするとなwww」
恒興「な!?・・なんと!!」

27: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)16:15:32 ID:ljh
男「天下とは、時と、器に恵まれたものが取るモノであると。わしはその器ではないと、はっきりと言いおったwww。
わしは、血を流し過ぎた。
天下という餅を搗くため、ありとあらゆる・・時には僧侶どもや兄弟の血まで流してきた。
泰平の世には、それは仇となって帰ってくるとな」

28: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)16:16:18 ID:ljh
恒興「し・・しかし・・」
男「わしは憤った・・あやつにつらく当たったのもそのせいじゃ」
恒興「そ、そうでありましたか・・」

29: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)16:16:37 ID:ljh
男「だが、あやつの言っておることが正しいという事にわしは気づいた。
そして、本当にこの国に泰平の世、安泰の天下をもたらすために、わしは死ぬべきだと思った」
恒興「・・・」

30: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)16:17:17 ID:ljh
男「あの日秀吉にあてた手紙には、わしを討ち、天下を取るようにと書いておいたのじゃ」
恒興「な!なんと!」
男「そして光秀には、わし亡き後秀吉を支え、泰平の世をもたらすようにと文を書いたのじゃ」

31: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)16:18:14 ID:ljh
恒興「し・・しかし・・」。
男「ふむwwwしかし、秀吉はやはり、ずる賢い猿であった
自分がわしを討ったところで、他の家臣どもが奴に従わないという事に気づいたのじゃ。
わしはそれを見越して、まずは光秀が秀吉を支えるようにと命じたのじゃが、秀吉は光秀に別の文を送りおった・・

32: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)16:19:08 ID:ljh
恒興「それは、どんな文で?」
男「本能寺にわしがいる事を告げたうえで、光秀にわしを討つようにとけしかける文じゃ。
そして、その後自分も光秀の配下に加わり、光秀が天下を統一する手助けをする・・とな」
恒興「な・・なんと・・」

33: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)16:20:14 ID:ljh
男「じゃが、光秀はさらに賢い男よ。
すぐに秀吉の猿知恵に気づいた。
それであの日、本能寺にて襲撃のさなか、あえてわしを逃がしたのじゃ」

34: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)16:20:50 ID:ljh
男「光秀には、分かっておった。秀吉が取って返して自分と戦をし、信長の仇を討った者としての信用を家臣から得、その上で天下を自分のものにしようとしている事をな」
恒興「光秀殿・・」

35: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)16:21:11 ID:ljh
男「あやつは、あえて秀吉の策略に乗った。
自分の首と引き換えに、天下の餅を捏ねる事にしたのじゃ」
恒興「い・・いかにしてでしょうか?」
男「丹波亀山城主、小早川秀秋に
全ての事の流れをしたためた文を最期に送ったのじゃ」
恒興「こ・・小早川殿に!」

36: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)16:22:01 ID:ljh
男「そうじゃwww
いずれ天下を分ける戦いが来るゆえ、その時には何があっても徳川家康のために助力すべしとの文をな」
恒興「そ・・それでは!!」
男「うむwwwこたびの関ケ原の戦いでの小早川の一件
全て光秀が天下のために整えたものよwww」
恒興「そ・・そうでありましたか・・」

37: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)16:22:35 ID:ljh
男「天下には、時と器が大切・・わしがあの時言った言葉を覚えておるか?」
恒興「はい、もちろん!」
男「あれこそ、光秀の言葉よ。そして光秀は、その器が家康にあると思っておった」
恒興「な・・何という男・・」

38: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)16:22:54 ID:ljh
男「今や天下は、家康のもの。
光秀の見立てが正しければ、家康の天下は世に泰平をもたらそうてwww
そして、この先100年、200年と続く徳川の世を作り上げるじゃろうなwww」
恒興「光秀殿・・・」

39: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)16:23:08 ID:ljh
男「まことに、賢い男であった・・賢くて、腹の立つ男であったわwww
結局あやつの思惑どり、わしが搗き、秀吉が捏ねた天下餅を、家康がゆっくりと食うのじゃからなwwwww」


おわり

40: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)16:25:29 ID:j8M
おつ

42: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)16:26:29 ID:RSZ

47: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)16:41:37 ID:2ek
信長が生きてる流れは予想できたけど小早川の裏切りに光秀が絡んでいたのは面白かった

49: 名無しさん@おーぷん 2016/02/02(火)08:12:46 ID:KEb
これが本当だったらロマンチックだなぁ

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2016年02月03日 02:28 ID:AUN.0Qq.0▼このコメントに返信
小早川秀秋が生まれたのは本能寺の年だぞおい…
秀吉の義理の甥として産まれたばかりの金吾にそんな文書託す事に整合性がまるでないからやり直し
2.名無しさん:2016年02月03日 02:32 ID:S48LfMbh0▼このコメントに返信
んな?
光秀存命中に、小早川秀秋はねえだろ常識的に考えて。
3.名無しさん:2016年02月03日 02:36 ID:skPDFad80▼このコメントに返信
毛利攻めの最中に小早川に手紙送りつけるのか・・・・
4.名無しさん:2016年02月03日 02:36 ID:dmKSkdyE0▼このコメントに返信
ノブ・レクイエム
5.名無しさん:2016年02月03日 02:39 ID:HEGlZgRs0▼このコメントに返信
最近はどうも秀吉だけ悪玉に偏りすぎてないだろうか
たしかに天下を獲った後の秀吉は暴君だったが
光秀や信長、家康だって相当あくどい事をやってる人間なんだがな
6.名無しさん:2016年02月03日 02:42 ID:JMmQkWGUO▼このコメントに返信
同じ創作なら光秀が南光坊天海説のほうが盛り上がるw
7.名無しさん:2016年02月03日 02:49 ID:BaduAct70▼このコメントに返信
整合性はともかく面白かった
いいなぁ
8.名無しさん:2016年02月03日 02:51 ID:mR9XAqxQ0▼このコメントに返信
つか 池田恒興 長久手で敗死してね?
9.名無しさん:2016年02月03日 03:00 ID:VSD7.Yjp0▼このコメントに返信
面白いです。
信長が世間の空気を読み?信頼していた明智に次を託そうとしたみたいなつくり(仮説)になっていたのが、大河の「江」だったような気がするが、最終的に家康の天下を予見しての工作だったとする流れ。
よくまとめてあると思う。

ただ、天下の時と運、器を有する者は無謬でなければならないとする考えに従えば、ここに登場するすべての武将がその資格を有しているとは言えない。
それぞれがそれぞれの業を背負って生きている。
信長だけが悪ではなかったと私は考えている。

ただ、あの時節に、家中と言わず天下に信長の天下統一は恐ろしきものという空気が満ちていたのではないかとは思う。
抵抗勢力も組織的な戦闘はできなくなりつつあり、そこそこに手を打って頭を下げ、家が守られればいいという感じだろうか。
しかし、信長は厳しい処置をとり、敵のお家断絶、領土の大幅な削減。
家臣ですら同様の処遇を取ろうとした節がある。
信長は欧州の状況も知っていたはずであり、政治体制もあるべき何かをイメージしていたのではないか。
昔言われていたのが「郡県制」のようなもの。
封建制ではなく、中央集権の中央派遣による行政官的な支配体制である。
となると、もともとそういう政治制度であった律令制ともかぶることになり、信長が朝廷をどう考えていたのか興味が深いところである。
ある意味信長は先進的で、先鋭的でもあったのではないだろうか。

その後の秀吉の統治も統一までは妥協的で、兎に角統一を主眼に置き、急いだように思われる。(後に後悔したのではないだろうか)
信長をみて、こうすればいいだろうにという思いは日本中にあったのではないかとは思いますがね。
10.名無しさん:2016年02月03日 03:03 ID:ngU4zeMT0▼このコメントに返信
ヒデキチの時代には西欧に先駆けること300年壮大な塹壕戦を繰り広げ対物ライフルまでも実用化していたオーバーテクノロジーの塊だった日本がこんなに落ちぶれてしまったのが残念です

マラッカ海峡で西欧連合軍と大海戦やって南方の覇権を確立しておけば・・・・ なんで支那とか攻めたんやヒデキチはん・・・・
11.名無しさん:2016年02月03日 03:10 ID:.2sGAJuC0▼このコメントに返信
どうやら異世界の話らしい、、、(焦らしやがって)

※10 落ちぶれるも何も太平が続いて活躍の場が無いだろ?
12.名無しさん:2016年02月03日 03:16 ID:7wKMFbib0▼このコメントに返信
やっぱ秀秋は産まれたばっかだよな
しかも養子に行った先が小早川で元々は秀吉の嫁の甥だし
13.名無しさん:2016年02月03日 03:24 ID:5hCnYE3q0▼このコメントに返信
ノブ・プロブレム
このシナリオで整合性が取れてれば、好みのパターンかも。
各武将が賢く書かれてる点も評価出来る。
14.名無しさん:2016年02月03日 03:45 ID:oA3hrEym0▼このコメントに返信
※8
これ
つねちゃん死ぬで
15.名無しさん:2016年02月03日 04:28 ID:zkDjVOmN0▼このコメントに返信
面白い話だけど
親方様で台無しだよ...
16.名無しさん:2016年02月03日 04:35 ID:BltIbkKv0▼このコメントに返信
本能寺の変はへうげもののが一番好きだな
17.名無しさん:2016年02月03日 04:46 ID:wnbTWwbiO▼このコメントに返信
面白かった(*^^*)
18.名無しさん:2016年02月03日 06:08 ID:Btd5dRju0▼このコメントに返信
木下秀俊→羽柴(豊臣)秀俊→小早川秀俊(のち秀秋に改名)→小早川秀詮
19.名無しさん:2016年02月03日 06:36 ID:Btd5dRju0▼このコメントに返信
※6
光秀の年齢で天海になるには寿命が足りないらしい
天海はどう考えても100歳以上(約110歳)で死んだっていうなんか当時として
おかしい年齢になるという
現代ですら93歳で死んだ真田信之よりも生きられない人も多いのに
そこからさらに20年も生き延びるとか化け物の類になってしまう
20.名無しさん:2016年02月03日 06:42 ID:ZeFKkiSv0▼このコメントに返信
細かいことだけど、親方様→御屋形様 にしてくれないかなせめて。
21.名無しさん:2016年02月03日 06:57 ID:bgyED30.0▼このコメントに返信
これ信長も史実通り自ら望んで本能寺で死んでた方が格好いいじゃん
22.名無しさん:2016年02月03日 07:16 ID:DAPHJDxz0▼このコメントに返信
全ては秀さんが仕組んだ事
23.名無しさん:2016年02月03日 07:18 ID:6aKMnvF.0▼このコメントに返信
光秀って信長より年上らしいけど、名前と地位を若い有能なやつに売った説もあるから
天海=光秀(別人)は年齢だけでは否定できない
24.名無しさん:2016年02月03日 07:18 ID:JQMJVLjzO▼このコメントに返信
『時は流れ18年 慶長5年の秋 山梨県のとある山郷の一軒家』→『甲斐のとある庵』とかにしてもらいたかった
25.名無しさん:2016年02月03日 07:25 ID:e9QpIrLQ0▼このコメントに返信
歴史マニアではなく、なんとなく戦国時代が好きで武将の名前も有名どころなら少しは知ってます…ってレベルの私からしたら、最高に素敵なストーリーでした。
特に最後は泣けました。
乱世の騒動から離れ、のんびりと日本の未来を想う信長さんの後ろ姿が思い浮かびました。
26.名無しさん:2016年02月03日 07:46 ID:6Ebg9Fh20▼このコメントに返信
冥土の土産につーても恒興ちゃんは慶長5年ではすでに亡くなってるんやないのか?w
27.名無しさん:2016年02月03日 07:51 ID:WDM.V7mL0▼このコメントに返信
なんだこの臭い芝居はwww
28.名無しさん:2016年02月03日 08:02 ID:LCx3EQ.T0▼このコメントに返信
最近のノブ甘ちゃん説なら毛利は幾分かの所領没収で済むみたいだよな
つまり秀吉本能寺主犯説は成り立たない
29.名無しさん:2016年02月03日 08:21 ID:Ro.F6z5MO▼このコメントに返信
何でアケチのミッチーが、あんなにも脇と積めが甘い模範を起こしたのか、ずっと考えてたんだけど……。

ミッチーは天下統一なんて眼中になくて、『信長の野望』を討つ事が目的だったんかな?


討たずにいられない壮大な野望っていうと、信長は、天下統一どころか『天皇家を打倒し、天下征服』を目指していた!!とか。
30.名無しさん:2016年02月03日 08:31 ID:RPMyWPoD0▼このコメントに返信
これ宮下あきらの漫画でやってたろ
31.名無しさん:2016年02月03日 09:25 ID:ivFQmJsO0▼このコメントに返信
親方様って・・・相撲部屋かよ
32.名無しさん:2016年02月03日 10:13 ID:fM7xi7GgO▼このコメントに返信
面白かったけど、親方様連呼で草不可避w
33.名無しさん:2016年02月03日 10:16 ID:.1jQE2d.0▼このコメントに返信
親方様にツッコみたいけど面白かった
34.名無しさん:2016年02月03日 10:18 ID:oXE7lmFq0▼このコメントに返信
小早川秀秋はおね(高台院)の一族じゃなかったっけ?
本能寺の裏話ぶっちゃけられてもそこまでするかな?
35.名無しさん:2016年02月03日 10:44 ID:HGIcOnHZ0▼このコメントに返信
この話の始めのシーンを織田信長・明智光秀・本多正信にして
そして最後のシーンは謎の男・天海・正信ならドラマ性が増したんじゃないかなw
36.名無しさん:2016年02月03日 11:03 ID:PBI0HtP.0▼このコメントに返信
途中まで楽しく読んでたのに秀秋の名前が出て呆れた
時代考証くらい徹底しとけよ
37.名無しさん:2016年02月03日 11:09 ID:PBI0HtP.0▼このコメントに返信
恒興が生きてるのは100歩譲ってifだったとしても、当時敵だった小早川(しかも秀秋本人は母ちゃんの腹の中w)に「いつか徳川に付け」って文を出すのはいささかアホすぎやしませんか光秀殿w
38.名無しさん:2016年02月03日 11:14 ID:emk.HrlZ0▼このコメントに返信
家康は秀吉が確立した泰平を潰して後から乗っ取っただけじゃん
39.名無しさん:2016年02月03日 12:20 ID:bHoAYRc00▼このコメントに返信
取り敢えずお館様を親方様って言うのやめて
あとお館様は武田信玄の事だから信長をお館様って言うのもやめて
40.名無しさん:2016年02月03日 12:24 ID:BgvqaBNc0▼このコメントに返信
いけるやん
41.名無しさん:2016年02月03日 12:32 ID:YGYyNmVp0▼このコメントに返信
恒興っていうと的場浩司を思い出しちゃう。
42.名無しさん:2016年02月03日 12:44 ID:39hm6wOi0▼このコメントに返信
甘いっても信長は北畠六角みたいに邪魔な時は容赦なく蹴散らすから
九州の事考えると毛利も蹴散らすんじゃねぇかなぁ、長曾我部も許さなかったし
まぁ、息子に継がせるからか或いは荒木の時みたいに中継地点的な所で裏切られるのもう嫌だって思惑もありそうだけど
43.名無しさん:2016年02月03日 13:07 ID:ZGWvlRmR0▼このコメントに返信
小早川にまで流れを及ぼす発想は面白いのでそこに引き継ぐ流れを作り直せば歴史の妄想としては更にいい感じになりそう
44.名無しさん:2016年02月03日 13:39 ID:rN3hxbZt0▼このコメントに返信
池田ァ!何故てめえが生きているんだ!
45.名無しさん:2016年02月03日 14:09 ID:.i784Qv9O▼このコメントに返信
信長の寿命長すぎ~本能寺時点で50歳だぞ!関ヶ原までだといくつなんだって話だよ。流石に無理あるわ。
46.名無しさん:2016年02月03日 14:19 ID:uKUgpClk0▼このコメントに返信
ふーん
47.名無しさん:2016年02月03日 14:47 ID:sRkSr4Lp0▼このコメントに返信
なかなか面白かった。
小早川秀秋のくだりは、”黒田官兵衛に送っておいた”にすればいいのではないだろうか。実際関ヶ原の裏切り工作で暗躍していた一人が息子の長政だったわけだし。
48.名無しさん:2016年02月03日 15:29 ID:GlL1nYagO▼このコメントに返信
※43
信長は1534年生まれだから、関ケ原の年は数えで67歳。
恒興は1536年生まれだから、関ケ原の年は数えで65歳。

二人とも生きていても不思議はないと思う。
平均寿命よりは、大分長寿にはなるけどね。
49.名無しさん:2016年02月03日 15:31 ID:ThW.opG10▼このコメントに返信
悪くはないが、草生やしてるせいで台無し
50.※46:2016年02月03日 15:33 ID:GlL1nYagO▼このコメントに返信
※46の書き忘れ
小牧・長久手の戦いがない場合、が抜けた。
ごめんなさい(-人-)
51.名無しさん:2016年02月03日 16:29 ID:lgDWSly40▼このコメントに返信
似たような話の舞台見たな
52.名無しさん:2016年02月03日 17:03 ID:oXE7lmFq0▼このコメントに返信
※47
なお、長政は親父(官兵衛)の思惑全てぶっ潰した
張本人であった模様
(関ヶ原が長引けば九州平らげるつもりだったらしい)
53.名無しさん:2016年02月03日 17:10 ID:sI8da2mb0▼このコメントに返信
秀秋は生まれたばっかりだし、一時期は次期太閤殿豊臣秀秋だぞ?
54.名無しさん:2016年02月03日 20:13 ID:IzBeeBi00▼このコメントに返信
※52島津義久「こいよ如水。謀略なんか捨ててかかってこい」
55.名無しさん:2016年02月03日 22:01 ID:xBD.j9Mo0▼このコメントに返信
※6 >同じ創作なら光秀が南光坊天海説のほうが盛り上がるw

そして天海はそれから数百年後生まれ変わって、昭和時代北朝鮮工作員として活躍した金天海となった

こうするとさらに盛り上がるw 今日知った鮮人にこんな人いること、天海光秀も鮮人っぽい
56.名無しさん:2016年02月03日 22:37 ID:W5y7uzMZ0▼このコメントに返信
※54
①この忙しい時に伊集院と遊んどる場合かッ!
②たいへんです。義弘様がなぜか西軍に味方した挙句、豊久様やら重臣やらほとんどの兵やら失って帰ってまいられました!

どっちのツッコミがほしい?
57.名無しさん:2016年02月03日 22:48 ID:wlEtCsdCO▼このコメントに返信
親方様で爆笑した
58.名無しさん:2016年02月04日 01:06 ID:NjQJ7WQJ0▼このコメントに返信
つまんない
59.名無しさん:2016年02月04日 14:28 ID:pwBwNIpx0▼このコメントに返信
徳川家黒衣の宰相、南光坊天海…いったい何明智誰光秀なんだ…
60.名無しさん:2016年02月04日 18:37 ID:Gq.N9Z6M0▼このコメントに返信
59は日本語勉強中のシナ人?
61.名無しさん:2016年02月04日 19:21 ID:GBoO8k9z0▼このコメントに返信
親方様て
62.名無しさん:2016年02月04日 23:36 ID:7..PnJtk0▼このコメントに返信
創作のssとしてはとても面白かったです
もちろん実際の歴史とは相いれない所も多々あるのでしょうけれど、信長が生きていたというフィクションありきの創作ですから、いちいち恒興が死んでるとか小早川が生まれてないとか突っ込むのはナンセンスかと私は思いました
まあ、それを突っ込むのも楽しみ方の一つでしょうけれどね(笑)
話としては面白かったし、ロマンもありましたよ
でも、親方様だけは頂けませんね(笑)
ストーリー自体は真面目に書き上げておられるのでそこでボケてるわけでは無いでしょうから、単純に勉強不足だと思います
63.名無しさん:2016年02月05日 18:48 ID:sgCIMEuI0▼このコメントに返信
創作だから野暮なことはいいっこなしだが小早川秀秋の誕生年は天正10年(1582年)なんだな…

お名前