大艦巨砲主義!ツイーター
スポンサーリンク

2016年02月12日 12:05

「特攻は確かに残酷だろう・・・・だが彼らのおかげで今の俺達があるんだ!!!」

「特攻は確かに残酷だろう・・・・だが彼らのおかげで今の俺達があるんだ!!!」

タグ:
zero

引用元:「特攻は確かに残酷だろう・・・・だが彼らのおかげで今の俺達があるんだ!!!」

http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1450264053/
1: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:07:33 ID:xbx
・・・そうか?(´・ω・`)

2: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:07:49 ID:24Q
せやで

3: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:07:57 ID:xbx
>>2
そうか??(´・ω・`)

6: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:09:06 ID:aYW
ぶっちゃけ広島長崎の犠牲の上にある
あれでビビって降伏が早くなったおかげ

75: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:43:18 ID:v93
>>6
違うな
広島長崎に原爆を落とすまでもなく既に詰んでいた日本に対して
人体実験目的でアメリカは原爆を落としてオーバキルをやった
原爆投下はナチスのホロコーストと同じような行為
だから「ビビッて降伏が早くなった」おかげというのは違う

そして特攻は「統率の外道」だけど
特攻で散っていった英霊達の犠牲の上に、
そして戦地で散った兵、原爆や空襲で亡くなった人達の犠牲の上に
今の我々がある

9: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:10:11 ID:QIZ
特攻のお陰だな

11: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:10:37 ID:xbx
>>9
違うと思う(´・ω・`)

23: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:15:18 ID:n3j
>>11
あれで日本人何してくるかわからないって
ビビらせたのもあるちゃうん
神ではないよ人間が10代20代の若い人達が現実にそういう身を賭して
戦ったといいえ事実がある それだけ

13: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:10:44 ID:QIZ
否定するのは簡単だからな

14: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:10:58 ID:xbx
>>13
肯定するのはもっと難しい(´・ω・`)

19: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:12:38 ID:QIZ
>>14
それを言うなら肯定するのはもっと簡単だろ

20: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:13:03 ID:xbx
>>19
死んで来いって命令を肯定できるわけないやろ(´・ω・`)

15: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:11:08 ID:GNc
今は関係あるか知らんし
特攻という行為を馬鹿にするのはいい
だけど特攻隊員を侮辱するのはおかしい

17: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:11:54 ID:QIZ
特攻そのものというよりも
東南アジアや沖縄や硫黄島で戦って本土決戦しないで済んだのが大きい

21: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:14:04 ID:QIZ
戦艦や空母が押し寄せる中で通常攻撃じゃ戦果ゼロだったから仕方ない

22: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:14:30 ID:xbx
>>21
超えてはならん一線があるさね(´・ω・`)

27: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:19:38 ID:WMo
戦争煽ったマスメディア朝日が一番悪い

28: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:20:05 ID:xbx
>>27
手のひらクルーもすごい

30: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:22:21 ID:kNN
個人にとっての最終手段を
戦術に組み込むのが間違い
それと降伏はソ連の対日戦争踏み切ったから

31: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:22:52 ID:xbx
>>30
んだんだ

32: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:23:50 ID:S2P
まあ、思っていても心の中に閉まっておいた方が
よいこともある

そんな話ですな

33: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:24:08 ID:oDG
特攻しないで降伏したほうがよかったんじゃね

34: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:24:26 ID:yDA
悪いのは特攻の判断を下した上
何であろうと命をかけて日本を守ろうとした特攻隊の皆さんが責められる筋合いなんて全くない

37: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:26:01 ID:xbx
>>34
当たり前やろ何言ってんねん
胸糞悪いのは判断下した奴がつい最近まで生きてたちゅうことや(´・ω・`)

38: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:26:27 ID:fSO
特攻してった人達の記録とか映画見ると心臓バクバクになる
あと1ヶ月戦争続いてたら俺はこの世にいなかったわ…

39: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:26:38 ID:7va
水上戦闘機による夜間水雷攻撃はダメだったの?

41: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:27:25 ID:Xta
>>39
レーダーに見えないわけないやろそんなもん
それに水上機とか速度で死ねるわ

44: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:28:43 ID:7va
>>41
レーダーだけでは当たらないやろ
近づいて魚雷を発射するだけ

50: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:30:28 ID:Xta
>>44
レーダーで探知されて迎撃機が待ち構えてて
凄まじく濃密な弾幕張る艦隊に1㎞ほどまで近づくとかできるわけねえだろ

55: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:32:48 ID:7va
>>50
夜でも迎撃機飛んでくるん?

59: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:35:20 ID:Xta
>>55
何年の米軍を想像してるのかは知らないが43から44年あたりの米軍
はレーダーで探知した情報をもとに対空射撃を行えるほどの精度をもった
レーダーをもってたし、まして「水上機」でなんて自殺行為もいいところ
最大速度が3~400㎞/hくらいとかただの的

47: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:29:14 ID:kNN
芙蓉部隊みたいに出来れば
それが1番なんだけどね

56: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:33:07 ID:gDt
ビビらせるって威嚇という意味では効果的だったと思う。
死を受け入れてなお攻撃してくる姿は凄まじい恐怖を与えたとされている。
敵の士気に著しい影響を与えたのは間違いない。
「いなくてもよかった」なんて暴論。


しかし、戦術として決してとるべきではなかったのも事実。
人道上の大きな問題があること、
犠牲の大きさに比して戦果が大きくなく、
特攻自体の成功率は大きくなかったしね。

63: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:38:50 ID:kNN
美濃部正少佐みたいな人を
量産出来る教育しないと無理や

66: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:39:53 ID:Xta
そもそも特攻だろうが通常攻撃だろうが
生きて帰れる確率は特攻するころならほぼ同じだぞ

70: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:40:26 ID:xbx
>>66
嘘つけ(´・ω・`)

77: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:44:10 ID:Xta
>>70
例として雷撃機(魚雷攻撃)の未帰還率は80%
3回出撃して生き残ったら神扱いされるくらい
まして末期ならアメリカの迎撃機と濃密な対空砲火でほぼ帰還率は0%
特攻は統率の外道ではあるがもう特攻だろうが特攻でなかろうが関係ない
くらいには帰ってこれなかった

73: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:41:59 ID:kNN
>>70
芙蓉部隊の様に生き残れる部隊も居る

76: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:43:43 ID:xbx
>>73
特攻隊員と地上でドンパチするのじゃ生きて会えれる率なんて全然違うやろ

80: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:45:27 ID:kNN
>>76
芙蓉部隊知らんな
彗星を上手く使ってる部隊やぞ
モロに航空隊や

81: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:45:57 ID:xbx
>>80
しらんなぁ
特攻隊なのか?

84: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:46:49 ID:kNN
>>81
美濃部正少佐調べてみ
戦術的に特攻する必要性無いことを
証明されたお方や

86: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:47:17 ID:xbx
>>84
なんやそれ
めっちゃええ人やんけ(´・ω・`)

89: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:50:07 ID:kNN
>>86
当時ゼロ戦の稼働率90%彗星80%と
機械に理解あるお方でもある

91: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:51:44 ID:xbx
>>89
客観的で冷静に判断できるええ人やん
つか戦後は空自にもおったんかいな

69: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:40:18 ID:2GC
特攻隊の人たちと
特攻隊というプロジェクトは別々に考えるべきだし
前者は決して批判されるべきではない
後者は断罪されるべき

「特攻隊のおかげで~」は、この2つを一緒くたにしてるからタチが悪い

96: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:54:23 ID:OmP
原爆はなぁ。アメリカもソ連に焦ってたし、早期に決着つけたかっただろうしな
正直本土決戦してたら日本はソ連と二分になってただろうし
まあ軍部がさっさと降伏してりゃよかったんや
特攻はたしかに戦果的にはあんま意味なかったから、~のおかげっていうより純粋に気の毒で可哀想って感想だわ

97: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:54:56 ID:xbx
今日知った言葉→美濃部正氏

99: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:55:52 ID:kNN
>>97
コールサインFUYOがある位
空自では有名なお方やで

104: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)20:56:48 ID:xbx
>>99
へええ

111: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)21:07:15 ID:CsR
今の日本が成り立ってるのは少なくとも戦没者の方々がいるからであって、
亡くなられた理由の委細は関係ない。

112: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)21:07:17 ID:kNN
それでも個人の最終手段で有るべきだよ
特攻なんて戦術にするもんじゃない
まだ夜襲を練に練って考える方が良い
それを放棄した上層部はホントに死ねば良い

113: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)21:09:06 ID:2kY
そもそもあの戦争は外交失策の結果だから起こるべくして起きた戦争じゃないよ

115: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)21:13:43 ID:Xta
>>112
なんども書いてるが特攻が一番効果的だったんだから
残念だがしょうがない(アメリカ軍ですら有用性を認めてる)
練度もボロボロだったし、マリアナ沖海戦なんか悲しくなるくらいの戦果しかだせてないし

>>113
外交の下手が300万の死者を招くのは恐ろしいことよ

126: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)21:18:55 ID:kNN
>>115
一番では無いね
芙蓉部隊が特攻が主の時に
戦果を上げている
そのような部隊が幾つか有れば
特攻よりもより被害を
出させることが出来たのが
容易に想像できる
少なくとも稼働率を上げる為に
勉強しに行った整備士達の様には
するべきである
それだけで性能が多少上がる
日本軍の航空機の性能は
ばらつきがあったのは事実なのだし

116: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)21:14:10 ID:OmP
そもそも軍部の戦争継続派も勝つつもりはなかったし、いろんな自爆作戦も、ソ連の仲介で少しでも無条件降伏からとおざけるためのただの時間稼ぎだったしな
んでスターリンがそれを蹴って南下してきたもんで
慌てて継続派も軟化した
軍部保身に走らずさっさと折れてれば無駄な犠牲も増えんかったのに

117: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)21:15:14 ID:14h
予科練で特攻予定だった7月に死んだ俺のじいちゃんが言ってたけど基地で洗脳されて自殺攻撃を疑問にも思わなかったって言ってた

125: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)21:18:25 ID:xbx
>>117
このスレ見たらじいちゃんやりきれんやろうなぁ

129: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)21:20:59 ID:xbx
遠い親戚も飛行機乗りだったけど脱出して上官にボコボコにされたのは覚えてるそうな

133: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)21:22:08 ID:TY2
残された家族のことを思うと涙が出る
自殺するくらいなら捕虜になった方がいい

139: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)21:28:17 ID:v93
アメリカ様に逆らったのがマズかった
当時の日本の軍の上層部が無能だった

まあこういう流れによくなるよね

当時の日本の政治家が無能だった
これもまあ一理あると言えばあるけれども
政治家が無能だったからこそ軍部が力を得て暴走したというのもあるし

しかし戦後いろいろと情報が詳らかになったからこそ
後から「あの時ああしておけば」と、たられば論を語ることも出来る
当時の状況で考えてみて出来たかどうかという視点が大事

140: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)21:29:08 ID:xbx
>>139
話に加わりたいのはわかるけどそんなの当たり前のことだぞ(´・ω・`)

142: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)21:30:39 ID:v93
>>140
当たり前のことだろうけど、多くの人は無意識に呪縛に縛られているから
流れがいつも同じような流れになっていく

143: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)21:32:06 ID:xbx
>>142
ねーよ(´・ω・`)
今だろうが当時だろうが特攻は異常だ

152: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)21:47:12 ID:v93
>>143
そりゃ当時でも特攻は異常だと認識されていたろうさ
自分も特攻をひたすら美化するつもりなどない
それでも特攻隊員の遺書とか読んでみろよ
作戦としては愚かな作戦だったかもしれなくても
そのために殉じた人たちの無数の亡骸の上に今の我々の平和がある

それは特攻だけでなく、戦地で散った兵、原爆や空襲で亡くなった人たち、
占守島や沖縄の激戦で亡くなった人たち、
全ての人たちの思いの上にあるということだ

168: 名無しさん@おーぷん 2015/12/17(木)00:04:17 ID:mVI
>>152
祖父は特攻の生き残りでテレビにも何度か出てるが、遺書とかの話を美談にされてるのを見るたび怒ってたな
「志願しなきゃ行けない雰囲気でどうしようもなかった」「馬鹿らしい死に方だと解っていても親や家族にせめて『自分の死に意味はあった』と思ってもらう為に書いた遺書をこういう取り上げ方をするなんて卑怯だ 」ってな

171: 名無しさん@おーぷん 2015/12/17(木)00:09:39 ID:INf
>>168
うちの遠い親戚は飛行機乗りだったけど生きて帰ってきただけでぶん殴られたぞ
全てを物語ってるわ

153: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)21:52:48 ID:V9n
特攻資料館の人が言ってたけど検閲が入ってるから下手なことは書けなかった
だから家族のことしか書いてない
生きたいは禁句

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

★★ 最 新 お す す め 記 事 ★★
★★ 特 設:海 外 の 反 応 ★★

コメント

1.名無しさん:2016年02月12日 12:09 ID:fYhfDSOz0▼このコメントに返信
< 神風特別攻撃隊 祖国の危機の前に敢然と立ち向かった若い特攻隊員たちの悠久の偉功 >
ttps://www.youtube.com/watch?v=PXU3rDYbpns&list=WL&index=19
2.名無しさん:2016年02月12日 12:10 ID:fYhfDSOz0▼このコメントに返信
< 大東亜戦争 学徒出陣 「出陣学徒壮行会」昭和18年10月2日 >
ttps://www.youtube.com/watch?v=E_lpGTOElgo&list=WL&index=14
3.名無しさん:2016年02月12日 12:11 ID:gJex37MH0▼このコメントに返信
ぶっちゃけ無意味だと認識してるが、あからさまに言うと、国民がキレて革命起きて軍上層部や政府全員路上で首つられるから、必死になってあれは意味があったと言ってるだけ。
それ以上でもそれ以下でもない。
4.名無しさん:2016年02月12日 12:11 ID:3X5jBZ2O0▼このコメントに返信
あんな理不尽な死に方を強いられた御霊が荒ぶらないわけはないので
ちゃんと敬い奉って慰霊しないと祟られるで
5.名無しさん:2016年02月12日 12:14 ID:2f4.K7qZ0▼このコメントに返信
ほらほら「 アカ 」が貶めに来たw

特高ネタは「 アカ 」が大っ嫌いですw
6.名無しさん:2016年02月12日 12:15 ID:67iX2uOI0▼このコメントに返信
死んだ連中なんか、永久に返ってきませんよ~~~Ψ( ̄∇ ̄)Ψ
7.名無しさん:2016年02月12日 12:15 ID:gJex37MH0▼このコメントに返信
※5
軍事に精通してる人や軍オタからも評判悪いぞ特攻は。
8.名無しさん:2016年02月12日 12:16 ID:Guq2vfon0▼このコメントに返信
末期だったのは間違いない、軍としての体を成していなかった。
9.名無しさん:2016年02月12日 12:17 ID:6zCWXO12O▼このコメントに返信
沖縄戦で追い詰められたと思い込み崖から飛び降りて死んだお姉ちゃんのおかげやで。
10.名無しさん:2016年02月12日 12:18 ID:aoYYKbqOO▼このコメントに返信
ホタルに成ってふるさとに舞うと懐かしんでるしかない
11.名無しさん:2016年02月12日 12:18 ID:VhTvaK9.0▼このコメントに返信
聞け海神の声
 遺書は読むべきと思う
12.名無しさん:2016年02月12日 12:20 ID:gJex37MH0▼このコメントに返信
※9
なお、軍人は、住民を盾にしたりまともな避難計画も作らなかった挙句、難民に化けて逃げようとして、米兵にバレてとっ捕まった奴がいる模様。
13.名無しさん:2016年02月12日 12:20 ID:tECe3uFx0▼このコメントに返信
サヨク = 反日

この異常な状況を先ずはなんとかせねばな
14.名無しさん:2016年02月12日 12:21 ID:.4.8r5mt0▼このコメントに返信
< 世界が語る神風特別攻撃隊―カミカゼはなぜ世界で尊敬されるのか >
ttps://www.youtube.com/watch?v=buELxe1Wwa4
15.名無しさん:2016年02月12日 12:22 ID:gzHxDFBh0▼このコメントに返信
まぁ歴史のない国の民には判らない話さ

でも生き残ってる俺は礼賛することは出来ない
生きてる俺は彼等の死で利益を甘受してる身だから
だから頭を垂れるのみ
あなた方の死で私たちは生かされています・・・と
16.名無しさん:2016年02月12日 12:22 ID:mrZYg0c50▼このコメントに返信
※7

それ、エセミリオタでしょw
17.名無しさん:2016年02月12日 12:22 ID:cOeraJ0P0▼このコメントに返信
※12
アホか、避難させようとしたのにしなかったのは市長が知事が拒否ったらからだろうが。
住民を盾にしたってなんのソースだよ。もう一回沖縄戦調べてこいよ。
18.名無しさん:2016年02月12日 12:22 ID:zWS9oYC10▼このコメントに返信
まあ、当時の軍部はクソで腐り切ってたのは事実

馬鹿どもの犠牲になった兵隊は気の毒

で終了だな
19.名無しさん:2016年02月12日 12:24 ID:AScs.GZp0▼このコメントに返信
< 元特攻隊員が見た沖縄戦 『沖縄が捨て石』というのは戦後の嘘 >
ttps://www.youtube.com/watch?v=SmRvHiB-yCs
20.名無しさん:2016年02月12日 12:24 ID:BKnJkyAj0▼このコメントに返信
アホみたいに領土拡張して人手薄々にしたあげく、ポツダム宣言受け入れを断ったから落とされたんやで?

特攻も原爆も実際にあった事実そのものであり、それ以上にはならない。
美化だの、〜は〜のおかげだの、当事者でもないやつが胸張っていう台詞じゃない。
21.名無しさん:2016年02月12日 12:25 ID:jh.cJMVo0▼このコメントに返信
特攻も含めアメリカに日本人&日本軍の恐ろしさを骨身に知らしめた
アメリカは占領後に日本軍の復活を怖れ、武力放棄させアメリカ軍が守る事とした
その後は周辺国のヤバさにも軍事強化することもなく、すべてを経済発展に注ぎ込み、
高度成長しアメリカから叩かれるまでに成長した
すべては日本帝国軍のおかげ
22.名無しさん:2016年02月12日 12:25 ID:7kQGIGu.0▼このコメントに返信
戦術的に最悪だし、直接的に特攻隊員のお陰でって事は無いと思う。

戦争の犠牲者として彼らのお陰で今の日本があるとは言えるだろうけど。
特攻隊員だけじゃなく全ての戦争犠牲者に対しても同じことは言える。
23.名無しさん:2016年02月12日 12:25 ID:uWAFsU.70▼このコメントに返信
さっさと降伏しちまえばよかったって言うけど
当時のアメリカなんかバリバリの人種差別白人国家なわけで
無条件降伏なんかしたらそれこそ何されるか分かったもんじゃないし、そう簡単に降伏できんだろう
今中国と戦争になって、本土決戦寸前まで追い込まれて、サクッと降伏できるか?と言われりゃ
出来ないと思うんだがなぁ…
昔なんか情報少ないから、さらにどうなるか分からん状況だし
死にものぐるいで反撃する以外しょうがないじゃんよと思うけどね
24.名無しさん:2016年02月12日 12:25 ID:8.m5fxq50▼このコメントに返信
継戦するには必然だった。終戦は伸びた。だが講和までは持って行けず結果として特攻そのものには意味は無かった。
でも心意気は示せた。特攻するかの如く極限まで働ける日本人の底力は経済の形で戦後に証明することになる。意味のなかった特攻も日本の地位が高まると共に結果として報われることになる。日本が復興せず戦後のままなら特攻はただの犬死にである。
俺が指揮官なら特攻は絶対にやらん。だが実際その場にいたら仲間を救うのに自分の命を頭数に入れないで動いてしまうんだろうなあと思える自分も居る。
25.名無しさん:2016年02月12日 12:25 ID:qGaSppra0▼このコメントに返信
美濃部正少佐も特攻自体は否定していない
その前に出来ることはまだある、と言っていただけ
26.名無しさん:2016年02月12日 12:26 ID:p.71.ILK0▼このコメントに返信
※7
作戦としては外道だが、強いて擁護するなら、
当初の構想通り、レイテ沖海戦限定なら未だ解る。
(ただ、「レイテで勝ったらどうするか?」の見通しがなかったトコでレイテそのものが愚策とも言える)。
一番の問題はレイテ一発勝負だった特攻が常態化し、反復攻撃のメリットと比較して??なのに
gdgd特攻を続けたトコ。

ちなみに美濃部少佐も特攻は否定してないし、芙蓉部隊でも一発勝負の場面では特攻の指示を出してる。
(ただし、敵艦船が見つからなかったので、無事帰投)。
27.名無しさん:2016年02月12日 12:27 ID:6A5o7FlN0▼このコメントに返信
中国方面の兵士は何で敗戦なのか
理解できなかったらしい
海軍が全部悪いんや
28.名無しさん:2016年02月12日 12:28 ID:gJex37MH0▼このコメントに返信
※17
ちなみにこの軍人は八原 博通のことな。
まぁ、案の定他の生き残った軍人連中からぶっ叩かれて、本人も責任感じて一度も沖縄を訪れなかったらしいが。
29.名無しさん:2016年02月12日 12:29 ID:wYWskrQ00▼このコメントに返信
軍国主義バリバリでやる気満々だった国民が、自称被害者として戦後に軍部に全責任を押し付ける際のいいお題目にはなったから確かに無駄ではなかったと思う
30.名無しさん:2016年02月12日 12:29 ID:eVZHJBgA0▼このコメントに返信
< 大日本帝国が世界で初めて提案した『人種差別撤廃案』 >
ttps://www.youtube.com/watch?v=Ton7GrMTYYY
31.名無しさん:2016年02月12日 12:30 ID:BKnJkyAj0▼このコメントに返信
※23
そうならないように事を運ぶのが政府の仕事だろう。甘えんなって話。
戦後の隷属が嫌なら喧嘩ふっかけるのはお門違いだし、喧嘩せざるを得ない状況を作り上げたのもまた国の決断故だろ。
先見を見失って挙句隷属拒否のために玉砕なんてアホの極みだよ
32.名無しさん:2016年02月12日 12:30 ID:l578rXxa0▼このコメントに返信
特攻作戦か隊員どっちの話やねん
特攻作戦を称賛する奴はいねーやろ
33.名無しさん:2016年02月12日 12:30 ID:p.71.ILK0▼このコメントに返信
1945年3月に銀河の急降下爆撃で空母ランドルフ大破。
8月12日に天山の夜間雷撃で、戦艦ペンシルバニア大破。

こういうの知っちゃうと、キツいよね。
34.名無しさん:2016年02月12日 12:30 ID:Xdfr2dDK0▼このコメントに返信
GHQの統治方針に影響したと思うよ。
「本当に追い詰めすぎると、文字通り死に物狂いで抵抗してくる」
「しかも天皇がただの人間だということをわかっており、
 カルト的な妄信的なファナティックでもない奴が素面で自爆攻撃をしてくる」
 ↓
「牙を抜いて飼い慣らした方が低リスクでお得だわ」
35.名無しさん:2016年02月12日 12:30 ID:Pbk9LBl70▼このコメントに返信
遊就館に行けばわかる。
家族宛の手紙の定型文、その行間に英霊の想いが詰まっている。

あれこれ論ずる前に、靖国に行ってこい。
36.名無しさん:2016年02月12日 12:31 ID:3Jd8VTw10▼このコメントに返信
シベリア抑留や現在のシリア周辺状況からして特攻は妥当な選択肢のひとつだっただろ
親がくれた物や家に常備されてる物が大人になって自分で買うようになって高価な物だって知る事はよくある
平和の代償が高いって事がわからん奴が増えればいずれまた戦争になる
37.名無しさん:2016年02月12日 12:31 ID:2F5d.mP.O▼このコメントに返信
特攻だけを取り上げるのは如何なもんかな
今の日本があるのは、戦争で散っていった英霊や犠牲者だけではないんじゃないかな?
その後のお前らのじいさんや婆さん、親父さん、お袋さん達もそうなんじゃねえかな
38.名無しさん:2016年02月12日 12:32 ID:fUF6H7sy0▼このコメントに返信
芙蓉部隊の美濃部少佐は特攻戦術を用いなかったけど
その一方で戦後の安易な特攻批判を批判してもいるんだよな
錬度の低い搭乗員によって戦果を挙げる手段としてはむしろ特攻を肯定しているくらい

それと確かに責任を取らないどころか逃げ回ったような上層部もいるけど
その一方で切腹し、苦しませない為に行う介錯すら拒んで
責任を取った指導者もいることにはなんで触れないんだ?
ひっそりと自殺した人達はそもそも記録に残りすらしないだろうし
戦後長く続いた旧軍批判の影響で相当偏った見方をされている
39.名無しさん:2016年02月12日 12:33 ID:eVZHJBgA0▼このコメントに返信
<< 赤いプロパガンダ >>

・お前らはもう直ぐ落ちぶれる
・お前らは皆から嫌われている
・前らは昔からお野蛮だ
・昔からお前らは俺に仕えてきたのだ
・誰もお前らを助けない
・だからお前らは俺らに勝てない

※狙いは自信を打ち砕くことです。
※スターウォーズ 暗黒面への誘いと理解しましょう。
40.名無しさん:2016年02月12日 12:33 ID:gJex37MH0▼このコメントに返信
※37
負けは負けだし、愚策は愚策。
それ以上でもそれ以下でもない。ただそれだけ。
41.名無しさん:2016年02月12日 12:34 ID:eVZHJBgA0▼このコメントに返信
< 特攻作戦に反対した少佐 美濃部正氏の2つの事実 >
ttps://www.youtube.com/watch?v=vr8z1O4cxRQ
42.名無しさん:2016年02月12日 12:34 ID:gJex37MH0▼このコメントに返信
※40
続き
だからこそ、客観的に判断し、どこが悪かったのかどうすればよかったのかを分析する必要がある。
美談にするのはただの思考停止。
43.名無しさん:2016年02月12日 12:35 ID:QyXjvRbe0▼このコメントに返信
特攻は誰のせいかなんて考えたって答えは出ないだろ。自分の先祖を遡るのに限界があるようなもんで。
44.名無しさん:2016年02月12日 12:37 ID:sa4amOS00▼このコメントに返信
「 アカ 」 大集結ww
45.名無しさん:2016年02月12日 12:37 ID:UZJ9hrkj0▼このコメントに返信
特攻隊員を悪く言うなは分かるけど、特攻のおかげで今の平和があるは絶対違うわ
実際、ほんの初期に戦果をあげただけで後は無駄死にだから。
これを言うと怒り出す奴がいるが、強いて無駄死にだということは言っとかなければいけない
軍事をリアリスティックに捉えられない姿勢は亡国にしか繋がらないから
46.名無しさん:2016年02月12日 12:37 ID:p.71.ILK0▼このコメントに返信
※38
美濃部少佐は特攻の指示をほとんど出してないけど、
それは芙蓉部隊が結果的に対陸上作戦だったからで、
対機動部隊戦には特攻をガッツリ出す構想だったんだよね。

ちなみに、対陸上戦で特攻を使うのは海軍全体で否定的だった。
桜花を沖縄基地に突入させる作戦案がボツになったくらい。
47.名無しさん:2016年02月12日 12:38 ID:fUF6H7sy0▼このコメントに返信
※33
急降下爆撃で大破したのはランドルフじゃなくてフランクリンだよ
ランドルフは特攻で損傷している
48.名無しさん:2016年02月12日 12:38 ID:cOeraJ0P0▼このコメントに返信
※31
結果だけ見れば誰だってそんなこと言えるんだよ。戦争しなくてもそれによって生じたにどうせお前みたいな奴は同じようなこと言ってるよ。
結果だけ見て自分ならこうしたとかどんな馬鹿でも言えるんだよ。
49.名無しさん:2016年02月12日 12:39 ID:gJex37MH0▼このコメントに返信
※45
今の新撰組の扱い見てもわかるように、日本には負けたものを尊び勝ったものを侮蔑する悪習があるからな。
50.名無しさん:2016年02月12日 12:39 ID:dxKAw7Na0▼このコメントに返信
< 神風特攻隊が残した戦果 連合国側の軍人の証言 今を生きるすべての日本人へ >
ttps://www.youtube.com/watch?v=JSrYGBTF1pk
51.名無しさん:2016年02月12日 12:40 ID:Rb5sfVuBO▼このコメントに返信
特攻せざるを得ないまで追い詰めたアメリカが鬼畜なだけ。
そもそも勝ってる側のアメリカが「止めませんか?」と言えば終戦したに決まってるだろ?
どうせ原爆落としたくて継戦してたに決まってるわ!
52.名無しさん:2016年02月12日 12:40 ID:Xdfr2dDK0▼このコメントに返信
※45
例えば※34みたいな影響も無かったと思うか?
53.名無しさん:2016年02月12日 12:40 ID:VPnrt7ZB0▼このコメントに返信
特攻隊のほとんどが韓国人だった。日本人は逃げた。鎖で繋がれたと、生き残ったじいちゃんから聞いた!
54.名無しさん:2016年02月12日 12:40 ID:94mxDkJZ0▼このコメントに返信
単なる歴史の一部。
そしてこの大昔の出来事をいつまでも引っ張りだしてきて現在の防衛力を弱体化させたいのが反日勢力。
55.名無しさん:2016年02月12日 12:41 ID:BPg8hBPn0▼このコメントに返信
錬度低いパイロットじゃ急降下爆撃も雷撃も当てられないし(当時の照準機なんて拡大鏡に毛が生えたレベルである)
戦闘機からも対空砲火からも生き残れないもの
ならばせめて僅かでも命中を望める戦術を
それが特攻
56.名無しさん:2016年02月12日 12:41 ID:WivV6ST30▼このコメントに返信
俺も死 ぬのは嫌だけども

じゃあ何のために生きてるのかって話だよ
生命として次の種を撒きそれを育てて繋いでいく
それが人間って括りをはずした生命の宿命みたいなもんだ
そのためには生命はなんだってやってるだろ
蟷螂なんざ命を賭してエッ チするくらいだし
キ セイして相手の脳を コン トロールして種を繋ぐものもいるじゃんな(韓国が狙ってるのコレだよなww)
種を繋ぐことが出来れば何でも有りだと極論しちゃう

逆にだよ
命が繋がらなければ
幾ら高尚でキレイな事を言っていてもそれは意味がない事だと思うよ
生きている意味が無くなる

追い込まれた者が辿り着く結論としては別に驚くようなもんじゃないと思うけど

NGワードわかんねえなこれw
57.名無しさん:2016年02月12日 12:42 ID:p.71.ILK0▼このコメントに返信
ただ、アメリカがイージス艦を作った間接的な原因は(直接ではない)
特攻隊に対する防空が戦訓となってる。
特攻隊のORデータが現代のミサイル戦にも生きているとは思う。

※47
うっかりしてた。ありがとう。
58.名無しさん:2016年02月12日 12:42 ID:cOeraJ0P0▼このコメントに返信
褒められることじゃないけど、特攻は戦術的に見れば意味はあったよ。かなりの戦果をあげてるしね。
ただ戦略的には無駄死になるかもね。
まぁ、それを言ったら負けた国の戦死した兵士はほとんど無駄死になるけどね。
59.名無しさん:2016年02月12日 12:43 ID:vu5KxKqB0▼このコメントに返信
生物として生まれる前の事は全てが生まれる事には必要な事と思うべし。
そして現在は過去の積み重ねで変更不可です。
60.名無しさん:2016年02月12日 12:43 ID:gpOK.TF50▼このコメントに返信
当時、誘導ミサイルがあれば特攻なんてしなくてよかった。
61.名無しさん:2016年02月12日 12:43 ID:2Lg4pNPL0▼このコメントに返信
なんで日本のサヨクって反日なの?

スパイなの?

バカなの?
62.名無しさん:2016年02月12日 12:44 ID:fUF6H7sy0▼このコメントに返信
正直特攻について知りたいならニコニコ大百科が一番分かり易いと思う
Wikipediaと違って主観的な記述が皆無という訳ではないけど読み易くて分かり易い
挙げた戦果という点においては正確にまとめられているし
否定的な意見も肯定的な意見も両方載せているから一度は目を通す価値があるよ

神風特攻隊とは (シンプウトッコウタイとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
ttp://dic.nicovideo.jp/a/%E7%A5%9E%E9%A2%A8%E7%89%B9%E6%94%BB%E9%9A%8A
63.名無しさん:2016年02月12日 12:45 ID:rn5Yz4630▼このコメントに返信
ただ飛ばすだけじゃないんだけどな。
主は簡単に操縦出来ると思ってるみたい。
64.名無しさん:2016年02月12日 12:45 ID:Uti1z8pt0▼このコメントに返信
特攻作戦と特攻部隊のことをボロクソに言ってる割には、反証が芙蓉部隊だけしか出せてねーじゃん
65.名無しさん:2016年02月12日 12:45 ID:2y6nn3ER0▼このコメントに返信
※53みたいのを冗談でも書けるのは凄いと思うよ
66.名無しさん:2016年02月12日 12:46 ID:BKnJkyAj0▼このコメントに返信
※48
国の営みを司る仕事はそうでないといけないんだよ。
ミスってゴメンで済んだ例の方が少ない。失敗が許されないからこそ絶大な権限があるんだから。

馬鹿でも政治家になれるけど、馬鹿じゃ政治はできねえのと同じだろ。
67.名無しさん:2016年02月12日 12:46 ID:kwZc.ZLW0▼このコメントに返信
< 反日勢力が日本国民に知られたくない【大東亜戦争】世界の声 >
ttps://www.youtube.com/watch?v=pJ9AH6zgd-o
68.名無しさん:2016年02月12日 12:46 ID:gJex37MH0▼このコメントに返信
※60
ナチスドイツ「艦載機用のミサイル作ってましたw」
69.名無しさん:2016年02月12日 12:46 ID:p.71.ILK0▼このコメントに返信
レイテの時の関行男大尉と回天と桜花と伏龍を一緒くたにするのも、どうかと思う。
出自の経緯もそうだし、
回天や桜花が計画的に生産されたってことは、
特攻の志願者数に見込みが付いていたに他ならない。
70.名無しさん:2016年02月12日 12:47 ID:FVvFNM7G0▼このコメントに返信
■ダグラス・マッカーサー陸軍元帥
「沖縄では、大部分が特攻機から成る日本軍の攻撃で、
 米側は、艦船の沈没36隻、破壊368隻、飛行機の喪失800機の損害をだした。 これらの数字は、
南太平洋艦隊がメルボルンから東京までの間にだした
米側の損害の総計を超えているものである。」
■アーネスト・J・キング海軍元帥 
「四月六日からはじまった日本機の攻撃は、いままで嘗てなかった激烈なものだった。この特攻戦は凄惨を極めた。
略)海上では戦死行方不明4907名、戦傷4824名であった。
 艦船は沈没36隻、損傷368隻であり、飛行機の喪失は763機であった。」
■チェスター・W・ニミッツ海軍元帥
「我が海軍がこうむった損害は、戦争中のどの海域よりも、はるかに大きかった。
沈没30隻、損傷300隻以上、9000人以上が死亡、行方不明または負傷した。
この大損害は、主として日本の航空攻撃、とくに特攻攻撃によるものであった」

これがすべて。
71.名無しさん:2016年02月12日 12:48 ID:nHJoe0i.0▼このコメントに返信
アメリカと戦争になったのはアメリカが日本の満州所持を認めなかったからで、日本が満州から撤退する判断が出来なかったのはソ連の南進東伐を防ぐ為だろ?
大日本帝国の歴史はずーっと帝ロソ連の脅威からの護国だったから、あの時点で日本がアメリカと開戦しない道はアメリカが日本の満州保持を認める路線以外になかったんじゃね?
アメリカの計画にそっち路線のものあったんだっけ、米政は疎くて……
72.名無しさん:2016年02月12日 12:49 ID:gJex37MH0▼このコメントに返信
※70
元帥たち「だから予算ちょーだいw」
73.名無しさん:2016年02月12日 12:51 ID:fnvNkydu0▼このコメントに返信
特攻が悲しいのは、中央はそれやっても勝てないんだろうなって思ってることと、命令された方はやれば勝つってう大義で行くこと。
74.名無しさん:2016年02月12日 12:51 ID:HmHAHgHm0▼このコメントに返信
特攻も、どこかの戦地で普通に出でも、彼らががんばったおかげで今があるという事で、
今の我々が頑張りゃいーんじゃないの。個々の人、事象、作戦に絞って云々する意味はあんまないんでない。この場合。
非道な作戦だなーとかそういう観点なら別だが。
75.名無しさん:2016年02月12日 12:52 ID:p.71.ILK0▼このコメントに返信
※69続き
レイテの関大尉→ここ一番の戦いなんで申し訳ない体当たりしてくれるか。
回天→甲標的の末帰還率と成功率に苛立った甲標的搭乗員(黒木大尉&仁科中尉)が発案。
桜花→自らは操縦できない太田特務少尉が発案。
伏龍→何かの悪ノリとしか思えない。

ただ、いずれにしても幹部が裁可しているのは事実だが。
76.名無しさん:2016年02月12日 12:52 ID:Xdfr2dDK0▼このコメントに返信
※62
むしろ主観的な記述はあったほうが好印象だわ。

下手に中立ぶってる奴でも、特攻隊に関しては絶対に心の中でなんらかの私見を持ってるだろう。
それはどう足掻いても消せないんだから
中立ぶるよりも
「私は無駄死にだったと思う人です、根拠は~です」と言われた方がよほど読む気になる
77.名無しさん:2016年02月12日 12:53 ID:fUF6H7sy0▼このコメントに返信
※72
仮に予算の為なのだとしても一番の「脅威」に特攻を挙げてるってことになるだけだと思うんだけど
ずーっと煽るようなことばかり書いてるけどもうちょっと書き込む前に考えた方が良いと思うよ
78.名無しさん:2016年02月12日 12:53 ID:5m04qtQb0▼このコメントに返信
※68
フリッツX「俺は実戦使用もされたぜ!」
工口爆弾「日本でだって開発されたんだい!」

まあ誘導はどちらも母機依存なんで、敵に近接せにゃならんから損害も結構出たであろうが。
79.名無しさん:2016年02月12日 12:53 ID:kwZc.ZLW0▼このコメントに返信
< 沖縄戦「住民自決命令」の嘘 沖縄タイムスを糾弾する1 >
ttps://www.youtube.com/watch?v=2II9sZOMnq4

< 沖縄戦「住民自決命令」の嘘 沖縄タイムスを糾弾する2「赤松大尉の真実」 >
ttps://www.youtube.com/watch?v=qRgqA2gf_uE
80.名無しさん:2016年02月12日 12:54 ID:gJex37MH0▼このコメントに返信
※76
よく読め、『百科事典』だぞ…
81.名無しさん:2016年02月12日 12:54 ID:FVvFNM7G0▼このコメントに返信
※72
被害にあったら予算はほしいわなぁ
それ以上でも以下でもないね。
82.名無しさん:2016年02月12日 12:55 ID:.RF.aZsQO▼このコメントに返信
特攻隊は右翼の理想の青年像だからな
国陛下大儀のために不平不満を言わず自己犠牲で応える
右翼が政権取るとヤバい
特攻隊員は出撃になると晴れ晴れとした表情で出撃してったそうだ
安倍晋三は大本営発表に疑いもせず必死に尽くすこういう奴隷よりも奴隷な若者が欲しいわけよ
83.名無しさん:2016年02月12日 12:56 ID:fUF6H7sy0▼このコメントに返信
※76
>>むしろ主観的な記述はあったほうが好印象だわ。
※62だけど正直なところ同意だわ
中立っっぽい振る舞いしている人って全く信用出来ない
反論や否定の為に対立相手の意見を取り上げる形で言及している人の方が良い
84.名無しさん:2016年02月12日 12:57 ID:Z8EYytSWO▼このコメントに返信
陸軍「ワシら生身やで?」
85.名無しさん:2016年02月12日 12:59 ID:kwZc.ZLW0▼このコメントに返信
< 歴史の真実はここに書いてあります 大東亜戦争開戦の詔書 >
ttps://www.youtube.com/watch?v=MtRIYtucTRU

< 大東亜戦争終結に関する勅書(玉音放送)昭和20年8月15日正午 >
ttps://www.youtube.com/watch?v=wCSUj4QVs8c&list=WL&index=19
86.名無しさん:2016年02月12日 13:00 ID:Xdfr2dDK0▼このコメントに返信
※80
一般人が匿名で編集できるサイトだぞ
名前が「百科事典」だったらなんだというのだ
重箱の隅だぞ、それは。
87.名無しさん:2016年02月12日 13:00 ID:gJex37MH0▼このコメントに返信
※77
予算とるために、敵を過大に評価して煽るのは常套手段だよ。
88.名無しさん:2016年02月12日 13:00 ID:kwZc.ZLW0▼このコメントに返信
< 帝国政府声明 大東亜戦争の目的 >
ttps://www.youtube.com/watch?v=u2DmFQqFRlQ
89.名無しさん:2016年02月12日 13:01 ID:QFw8ktQT0▼このコメントに返信
辛うじて真直ぐ飛ばせる程度の操縦士、
   +
木造簡素にして急造型の航空機&時代遅れのロートル戦闘機
 +
一隻でも沈めないと、愛するモノへの被害がでる可能性

生存率皆無の現状

確実に当てる(仕留める)には、爆装の上自らが照準、誘導せねばならない。

って事だ。
零戦の後継機を造れなかった時点で国力の限界だったんだ。
米製プラグ&ハイオクで高性能を叩きだした所で、実戦で役に立たなければ、失敗兵器なんだよな。
90.名無しさん:2016年02月12日 13:01 ID:cOeraJ0P0▼このコメントに返信
※66
絶大な権限て、戦争を煽ってたのは政治家だけじゃないだろ。それに完璧に国家を動かしていくなんてこと神でもなけりゃできねーよ。
あと勘違いしてる人が多いけど、日本は無条件降伏してないから。
91.名無しさん:2016年02月12日 13:02 ID:FVvFNM7G0▼このコメントに返信
※87
じゃあ批判するならその戦果が過大だったっていう証明が必要だな。
ソースよろ
92.名無しさん:2016年02月12日 13:03 ID:2KMWQHV.0▼このコメントに返信
赤に語ってほしくない!お前ら俺の叔父を馬鹿にしている様なもんだからな!何も語らず遠くを見つめる眼をお前らは分からない!
93.名無しさん:2016年02月12日 13:04 ID:sDPR.IrV0▼このコメントに返信
*82
別に右翼に限らん。
政権取ったら、左翼に取っても理想の青年像だろよw
94.名無しさん:2016年02月12日 13:04 ID:JBdD676c0▼このコメントに返信
へーそう
95.名無しさん:2016年02月12日 13:04 ID:p.71.ILK0▼このコメントに返信
※89
言いたいことは解るが少し意見させてくれ。
特攻で主体となった予学13期は通常作戦もこなせる技量あったし、
銀河や彗星と言った高性能機が大量に特攻で使われてる。
彗星43型の仕様なんか、特攻専用としか思えん。
96.名無しさん:2016年02月12日 13:05 ID:EesWaps60▼このコメントに返信
アメリカは比では占領後に島民皆殺しとかしてたけど、日本ではしなかったのは
特攻を見てあまり追い詰めたらいけないと思ったからかも知れんな、、
英霊に感謝だな、、
97.名無しさん:2016年02月12日 13:05 ID:fUF6H7sy0▼このコメントに返信
※87
だから書き込む前にもう少し考えなよ、過大評価かどうかなんて関係ないんだよ
予算の為だとしても日本軍の攻撃の中で相対的に
「一番」危険で評価するべきものが特攻だったという事実は全く変わらない
98.名無しさん:2016年02月12日 13:05 ID:LC.TkddHO▼このコメントに返信
非人道的

非効率的

二度と御免

やらされる方はたまんねえよ。

だけど、当時のアメリカ軍に対抗するのに他のやり方なんかなかったよな。
99.名無しさん:2016年02月12日 13:05 ID:jNgv7Kux0▼このコメントに返信
結局サヨクって印象操作だよね

何の証拠も証言も出せてない!
100.名無しさん:2016年02月12日 13:06 ID:nPNEuVGF0▼このコメントに返信
幕末攘夷→軍隊上陸させとくのマズい

特攻→天皇潰したら被害増える
101.名無しさん:2016年02月12日 13:07 ID:cOeraJ0P0▼このコメントに返信
※87
過大評価って…
まじの損害数述べたら過大評価になるんですかね?
なんか平時の予算取りと勘違いしてない?
102.名無しさん:2016年02月12日 13:07 ID:mfCrjsi5O▼このコメントに返信
間引きが予定された数に達するまでひたすら棄民された
鉄の棺桶をあてがわれて
意味がなかったかと言えばあっただろう
間引きだよ
間引きされて広くなった畑で間引きされなかった者は伸び伸びとのさばった


満州方面に追い出したヤツ等は意外と生き残ったので
ソ連に頼んで引き取って貰った
103.名無しさん:2016年02月12日 13:07 ID:XF3skfIQ0▼このコメントに返信
< 日本がなかったら、富める国はますます富み貧しい南側はますます貧しくなっていた マレーシア第4代首相 マハティール氏 >
ttps://www.youtube.com/watch?v=j0BfFRoBIJQ
104.名無しさん:2016年02月12日 13:08 ID:XF3skfIQ0▼このコメントに返信
< 日本はアジア民族を解放し、救い出すと言う人類最高の良い事をしたのです。元アムステルダム市長 >
ttps://www.youtube.com/watch?v=Eas0BHG3ifc&list=WL&index=8
105.名無しさん:2016年02月12日 13:08 ID:MkVOR.M.0▼このコメントに返信
原爆落としたのは、ソ連の日本への干渉を嫌ったアメリカがさっさと戦争終わらせる為に打ったんだぞ。
もたついてたらガチで日本分断もあった。
106.名無しさん:2016年02月12日 13:08 ID:qVbf.AJ20▼このコメントに返信
起こったことにタラレバをいってもなぁ
もしかしたら特攻で死んだ米兵が俺らの祖先を殺すかも知れんし、偉い奴が皇居や国会議事堂辺りを攻撃しろって言って許可されたかも知れない。
107.名無しさん:2016年02月12日 13:08 ID:Xdfr2dDK0▼このコメントに返信
神風特攻を貶める現代人は、戦術を決めて命令を出した人の話をする。
神風特攻を讃える現代人は、実際に特攻した人の話をする。

そして本スレのお題は「後世に与えた影響」だ。
108.名無しさん:2016年02月12日 13:08 ID:VHF4nTve0▼このコメントに返信
効果はちゃんとあったやろう。戦果的なものではなかったとしても。
70年経っても、日本もアメリカもそのことがあったことを覚えてるんだから。
先達には感謝して、

「特攻ダメ!特攻反対!」ではなくて
選択肢に特攻が入らないように、軍事、外交両面で頑張らんとアカンのやろが。
109.名無しさん:2016年02月12日 13:09 ID:hpVoJVBP0▼このコメントに返信
赤は証拠を出せ!!
110.名無しさん:2016年02月12日 13:09 ID:qdOKsY8P0▼このコメントに返信
「出口のない海」だったかな?
主人公が「後世の日本人がこんなことをしないようにするために、特攻する」みたいなこと言ってたな。
111.名無しさん:2016年02月12日 13:10 ID:hpVoJVBP0▼このコメントに返信
赤は印象操作をやめろ!!
112.名無しさん:2016年02月12日 13:10 ID:wmT4YRk00▼このコメントに返信
※3
私も無意味だと思う。むしろ、あんな死に方させやがってって怒りを覚える。
もちろん、悲痛な覚悟で飛び立って行った人達の思いには敬意を表するし、涙を禁じ得ない。
が、やはり戦術的にも戦略的にもアホらしすぎて話にならん。こんなことに右だの左だの愛国だの関係ねーよ。
こういうヒステリックな特攻行為は愚策だわ。
113.名無しさん:2016年02月12日 13:11 ID:cvkTmghr0▼このコメントに返信
< 日本人が知らないインド・パル判事の「大亜細亜悲願之碑」「日本はアジア解放のために戦った」>
ttps://www.youtube.com/watch?v=h1GV8vcvz5I&index=11&list=WL
114.名無しさん:2016年02月12日 13:11 ID:n4nQwYgV0▼このコメントに返信
是非なんぞ個人の主観だろうが少なくとも祖父が特攻隊員に選ばれてたら自分は存在してないだろうな
自分の先祖以外が選ばれたという意味では彼らのおかげなのだろう
115.名無しさん:2016年02月12日 13:11 ID:fUF6H7sy0▼このコメントに返信
※95
大編隊を組んで攻撃出来るだけの力が日本軍に既に無くなっていたってのも理由じゃないか?
それと特攻なら攻撃力や貫通力は低下しても、命中率は確実に上がる
日本は戦前から現代に至るまで撃沈以外は評価しないような傾向が強いけど
損傷によって一時的に戦闘力を喪失させるだけでも戦略に大きく寄与するよ
フィリピンや沖縄戦などでは地上戦支援をする空母や大型艦艇を損傷させる事には大きな意味があったはずだ
116.名無しさん:2016年02月12日 13:12 ID:p.71.ILK0▼このコメントに返信
※107
ハードウェアで後世に与えた影響は大きい。
アメリカは艦船開発時の防空コンセプト設計に
特攻喰らった経験を流用してるからね。
確かにデータ上からは「特攻=誘導ミサイル攻撃」とみなして間違いない。
それが行き着いてイージス艦になる。
117.名無しさん:2016年02月12日 13:13 ID:FVvFNM7G0▼このコメントに返信
※105
日本側が終戦準備しているのを察知していたのにもかかわらず?
118.名無しさん:2016年02月12日 13:14 ID:cvkTmghr0▼このコメントに返信
< 大東亜戦争に対して 日本の評価 インド ラグ・クリシュナン元大統領の言葉 >
ttps://www.youtube.com/watch?v=l_bCUbgk_j8&index=14&list=WL
119.名無しさん:2016年02月12日 13:14 ID:wmT4YRk00▼このコメントに返信
※102
間引き?にしては特攻隊は高学歴の人が多かったような…満州チームは棄民するつもり満々だったろうけど。
120.名無しさん:2016年02月12日 13:15 ID:sDPR.IrV0▼このコメントに返信
*95
命令ではないけど、確か世傑の彗星の元搭乗員の方の話で、通常出撃しても相手が空母だったら突入しようってペアの人と決めてたってのがあった。
121.名無しさん:2016年02月12日 13:15 ID:p.71.ILK0▼このコメントに返信
※115
言いたいことは解る。それがレイテの時の特攻コンセプトだね。
一口に「特攻」と言っても、作戦と兵器で理由を切り分ける必要があると思う。
回天は別の理由が出自だし。
122.名無しさん:2016年02月12日 13:15 ID:omodghRj0▼このコメントに返信
「 アカ 」 必死に印象操作w
123.名無しさん:2016年02月12日 13:17 ID:wmT4YRk00▼このコメントに返信
※117
実験したかったんだよねぇ。イエ、ローマンキーなら良心も痛まないしねぇ。
124.名無しさん:2016年02月12日 13:18 ID:Xdfr2dDK0▼このコメントに返信
※96
神風特攻が歴史に与えた影響は、まさしくそれだろう。

否定派にとって、神風特攻の効果・影響といえば「軍事的な敵の損害」だと思う。
でも当時、日本軍が手駒を有効活用して
コストパフォーマンスの良い戦果を挙げ続けたところで、
どうせ「日本が壊す米艦」よりも「その間で増援される米艦」の方が多い。
普通に戦って負けて終わりだろう。

それよりも、日本は手詰まりになっても隷属より自爆攻撃を選ぶんだという事実を
歴史に刻んだ方が、日本の戦後史に対して影響が大きい。
イタリア軍はヘタレで弱い。
ロシア軍は人海戦術+督戦隊で突撃。
日本軍は神風。欧米の、特に教養の低い層はそれぐらいのアバウトな認識だ。
125.名無しさん:2016年02月12日 13:18 ID:p.71.ILK0▼このコメントに返信
※120
僕も世傑の彗星は持ってる。通常部隊でも
「相手が空母なら体当たり」が不文律だったと記述あるね。

美濃部少佐の芙蓉部隊も相手が空母なら第一陣は体当たりする構想だったし。
126.名無しさん:2016年02月12日 13:18 ID:8p4Lq8HE0▼このコメントに返信
航空機による特攻はまだ分からんでもない。
練度もろくにない飛行士で、少しでも有効な戦術をあげようとひたすらに切り詰めて行ったら、誘導兵器を作るだけの技術もなく、パイロットの訓練をするだけの油もない状態では特攻は一つの選択肢たりうる。
実際に沖縄戦とかではかなりの戦果を上げているしな。
でも上層部はとにかく特攻や!練度も機体も知るか!とにかく特攻さえすればええんや!みたいなところがあったのは否定出来ない。
「現場の兵士は誰も死を恐れていません。ただ、指揮官には死に場所に相応しい戦果を与える義務があります。練習機で特攻しても十重二十重と待ち受けるグラマンに撃墜され、戦果をあげることが出来ないのは明白です。白菊や練習機による特攻を推進なさるなら、ここにいらっしゃる方々が、それに乗って攻撃してみるといいでしょう。私が零戦一機で全部、撃ち落として見せます」
って言い放った芙蓉部隊の美濃部正さんみたいなのはあくまで少数派なんだよなあ。(これはあくまで練習機による特攻に対する反対意見やけど)
ついでに言えば震洋や伏龍や桜花とか剣とかは流石にふざけてるやろ。
あんなんに載せられた人は気の毒でかなわんわ。
127.名無しさん:2016年02月12日 13:19 ID:qrae.h5.0▼このコメントに返信
< ①元特攻隊員が語る 「大東亜戦争は侵略戦争ではなかった」>
ttps://www.youtube.com/watch?v=q_YBn6olNuo

< ②元特攻隊員にインタビュー リアル『永遠の0』>
ttps://www.youtube.com/watch?v=d2VjSBYujBM
128.名無しさん:2016年02月12日 13:20 ID:p.71.ILK0▼このコメントに返信
ちなみに通常部隊でも全機未帰還なら、後付けで特攻隊になります。
特攻での戦死だと遺族の恩給が違ったから。
129.名無しさん:2016年02月12日 13:20 ID:hBg54Dvs0▼このコメントに返信
色々な方の尊い犠牲の上に今の日本があることは間違いない!
130.名無しさん:2016年02月12日 13:20 ID:fUF6H7sy0▼このコメントに返信
※107
後世に与えた影響も良い意味で大きいと思うよ
最後の最後まで命をかけて戦う国だと示したことは大きいし
日本に対してポツダム宣言のような一応の条件付降伏をアメリカに提示させた影響は大きい
戦術的な粘りが米ソの冷戦構造構築の中で日本の重要度を結果的に挙げているしね
特攻のような自らの命を省みない戦術を取れる国ってことは、アメリカが冷戦中に危険視した
片道特攻の核攻撃のようなものに対する脅威判定を上げた訳だし
そういった面でも日本が再び敵に回る事をより危険視することに繋がったと思う
勿論北方領土の喪失のように粘った結果のマイナスもあった訳だけど

それと戦後多くの武装勢力が特攻同様の自爆攻撃を採用していることも
特攻の有用性を有る意味では証明しているよ
131.名無しさん:2016年02月12日 13:21 ID:FVvFNM7G0▼このコメントに返信
※112
特攻がよい作戦とは言い難いが、あの環境と状況でもっといい策、どんなのがあるのよ?
現在の国際価値観上での降伏とかは無しでな。
132.名無しさん:2016年02月12日 13:21 ID:0qNQqqL60▼このコメントに返信
パヨクは証拠でも証言でも出せよ。
133.名無しさん:2016年02月12日 13:22 ID:9Ze0tovn0▼このコメントに返信
特攻と戦後日本の復興の間には、科学的な因果関係はない。
復興の要因が、朝鮮戦争の特需か特攻隊の功績かと問われたら圧倒的に前者。
「英霊たちの御霊に誓って、日本国は二度と戦争はしない」なら支持できるが、
「特攻隊のお陰で今の日本がある。だからまた軍拡しよう」に持っていこうとするから賛成できない。
134.名無しさん:2016年02月12日 13:23 ID:FVvFNM7G0▼このコメントに返信
※123
そうそうソ連の参戦避けたかったんだったら、なんでヤルタ会談したっていう。
135.名無しさん:2016年02月12日 13:23 ID:5ciwuBNg0▼このコメントに返信
< 終結から29年目にしてルバング島から帰還 小野田寛郎少尉 >
ttps://www.youtube.com/watch?v=t6H_0Nap1js

< たけしが語る小野田寛郎氏 靖国で会おうっつて死んでいった >
ttps://www.youtube.com/watch?v=81CqyFBVy9E
136.名無しさん:2016年02月12日 13:23 ID:r5NG6Jx90▼このコメントに返信

 大東亜共栄圏を築き上げるというお題目を実行したのは、お題目を信じて散って行った
 幾万の兵卒であって、日本国内で大上段に思想を振りかざしていた政治家や軍人達ではないよね。
137.名無しさん:2016年02月12日 13:23 ID:37pnazr10▼このコメントに返信
爺さまの奥さんや子供に当たる人達はほぼ何も知らないんだよな。
むしろ、本人は気づかないのか悲しくなるくらい貶めてくる。戦後教育ってやつかね。
かく言う自分も、義務教育ではでもでもだって日本のほうが悪い悪いだった。
ネット社会に生まれたお陰で色々と調べることができるわけだが、まだ足りない。
138.名無しさん:2016年02月12日 13:25 ID:FVvFNM7G0▼このコメントに返信
※133
誰も言ってないことを印象操作するのはやめろよ。
139.名無しさん:2016年02月12日 13:26 ID:A7DOJbfY0▼このコメントに返信
特別攻撃隊をあげつらうのは

「戦争で戦った日本人たちがいたお陰で今の自分たちがいる」と言われたら

何も言い返せなくなるからだと思う

だから特別攻撃隊に限定すれば、戦死者たちをどう言おうが構わないと考えたのだろう
140.名無しさん:2016年02月12日 13:26 ID:eVZHJBgA0▼このコメントに返信
< 日本を分割占領案から守ってくれたセイロン(現スリランカ)代表ジャヤワルダナ氏の名演説 >
ttps://www.youtube.com/watch?v=DxvjVg2nALc
141.名無しさん:2016年02月12日 13:27 ID:G7S0Un2z0▼このコメントに返信
※133
>「特攻隊のお陰で今の日本がある。だからまた軍拡しよう」に持っていこうとするから賛成できない。
そんな奴いねーよ。
これがアカか。妄想で敵を作り出して革命ごっこ。
142.名無しさん:2016年02月12日 13:27 ID:EYbegoq30▼このコメントに返信
現在の価値観で彼らを判断し、冒涜するのは遺憾
当時の連合国でさえ、命を惜しまない兵士に敬意を払っていた
今は残酷や非人道的、可哀想とか彼らの心情を考えずに人道的、平和とかのみで都合の良い様に解釈している
143.名無しさん:2016年02月12日 13:28 ID:fy9IzxK.0▼このコメントに返信
特攻が非難されているのは残酷だからじゃなくて
ベテラン搭乗員とか若手のインテリ層とか、他にも有効な使い道が沢山あった人員を
特攻でアッサリと使い捨てにしたからだよな。
144.名無しさん:2016年02月12日 13:28 ID:.AKlRI6O0▼このコメントに返信
※42
貴方愚策で思考停止してるよ。戦果という数字、米軍の結論でも有効、そう結果出てるのに、でも効率的ではあったよね、こういう風に話したら思考停止とこ言うんだろ? じゃあ戦果や米軍の結論ってソース出せ、これなら話し続くんだが、でもそうじゃなくて外道とかそういう結論以外は始皇帝で済ますんだろ? 認めないんだろ? どっちが思考停止なんかね。
145.名無しさん:2016年02月12日 13:28 ID:XF3skfIQ0▼このコメントに返信
< フィリピン少年が見たカミカゼ  カミカゼの記念碑 >
ttps://www.youtube.com/watch?v=Jd8xa-nQJEc
146.名無しさん:2016年02月12日 13:29 ID:fUF6H7sy0▼このコメントに返信
※126
>>震洋や伏龍や桜花とか剣とかは流石にふざけてるやろ
欠陥品の伏龍は流石に擁護出来ないけど他は違うよ

震洋はモーターボートに爆弾積んだだけだから、コストが安くて操縦法も簡単
戦後のテロ「駆逐艦コール撃沈事件」などでその有用性は有る意味証明されている

桜花は通常の飛行機では機体がクッションになってしまって
爆発が表面的なものになることを防ぐことと爆弾威力の増大を狙ったもの
大重量による母機の負担も後に爆弾の軽量化や地上発進型の開発で対処している
貴重な命を消費する特攻の効果を最大限挙げるための桜花なんだよ

剣は戦況的に特攻機になっただろうけど元々は急造航空機で
省資源の為に残念な出来になっているだけ
147.名無しさん:2016年02月12日 13:30 ID:jozZfq.W0▼このコメントに返信
特攻を考えだした政治や行政が無能
ただそれだけ
148.名無しさん:2016年02月12日 13:30 ID:EWa.MSLY0▼このコメントに返信
米兵は生皮を剥いだり、頭を煮詰めて髑髏にしたりしていたし
捕虜の虐待も日常的にする鬼畜だったのが、特攻を決意させた原因だよ
149.名無しさん:2016年02月12日 13:31 ID:mfCrjsi5O▼このコメントに返信
※119
そう言ういわゆる優秀な人間もダブついてたんだよ
敗戦後に経済中心で発展するにはカンの良い愛国心に燃える脳筋は邪魔だったんだよ
戦後重用される必要とされる人材は平凡で従順で無抵抗なヤツ
150.名無しさん:2016年02月12日 13:31 ID:XF3skfIQ0▼このコメントに返信
< 大東亜戦争の名言 >
ttps://www.youtube.com/watch?v=U7moiU47KFI
151.名無しさん:2016年02月12日 13:32 ID:p.71.ILK0▼このコメントに返信
※143
回天搭乗員の練度(回天の操縦は無茶苦茶難しい)とか切ないよね。
152.名無しさん:2016年02月12日 13:32 ID:SKMnGSqV0▼このコメントに返信
サヨク = 反日

鉄板です!
153.名無しさん:2016年02月12日 13:33 ID:mqvRXlV40▼このコメントに返信
< 神風特攻隊員たちの遺書 >
ttps://www.youtube.com/watch?v=_QOXodCXpTs
154.名無しさん:2016年02月12日 13:33 ID:rq..tEso0▼このコメントに返信
当時の行為を憐憫することはあっても
同じことをもう一回やるかって言われたらまっぴらごめんだからなー
155.名無しさん:2016年02月12日 13:34 ID:aWQFwLGs0▼このコメントに返信
※133
>「特攻隊のお陰で今の日本がある。だからまた軍拡しよう」

そういう論調はなかなか見たことないっすね。
156.名無しさん:2016年02月12日 13:34 ID:7Q3D1aVs0▼このコメントに返信
サヨクは証拠出せ!!
157.名無しさん:2016年02月12日 13:35 ID:mh.pU2QW0▼このコメントに返信
自称平和団体は
沖縄で「沖縄は本土防衛のために捨て石にされた」と声をあげ、
他の地域では「未来ある若者が特攻に行かされた」と主張する

その特攻が沖縄の米艦船におこなわれた事実を考えるとなんか矛盾しているよなー
158.名無しさん:2016年02月12日 13:36 ID:p.71.ILK0▼このコメントに返信
※146
そこで何とも言い難いのは、当初は敵艦の目前に機雷をバラ撒く構想だった
陸軍の「マルレ」が海軍の震洋への対抗意識から体当たりになるんだよなあ。
震洋は頭に爆弾内蔵してるけど、
マルレの爆弾が後ろに外付けなのは、マルレは元々機雷を投下する構想だったから。
159.名無しさん:2016年02月12日 13:37 ID:mqvRXlV40▼このコメントに返信
「 アカ 」がどれだけ日本を貶めてきたことか、、
160.名無しさん:2016年02月12日 13:37 ID:2Lg4pNPL0▼このコメントに返信
これが「 アカ 」の実態です 

  ↓ ↓

高木健一弁護士 インドネシアにおける慰安婦問題の発端
ttps://www.youtube.com/watch?v=MFqiZyYycrg
161.90代の名無しさん:2016年02月12日 13:38 ID:tbFZytC10▼このコメントに返信
昔いつ死ぬかわからない状況で1年半すごしてたけど絶望的で何回もそこから逃げ出してたときがあった
特攻のいけないところは最初は戦果が目的だったけど最後のあたりは死ぬのが目的になってしまったこと
162.名無しさん:2016年02月12日 13:38 ID:OqbxKSWq0▼このコメントに返信
これ書いた奴は何考えてる?特攻は教訓としても今後も風化させていけないけど、美化したらその時点であの無茶苦茶なことがまかり通った戦時中のような状態に逆戻りだよ! 特攻の状況もう一回調べなおせ!※126の書いてるようにあんな状況がより悲惨な結果につながったんやぞ!
※133の言うとおりだよ 防衛のため以外の軍備なんていったら核兵器もOK!になる。
163.名無しさん:2016年02月12日 13:40 ID:FVvFNM7G0▼このコメントに返信
日本が行った特攻というかつてどこの国もやらなかった苛烈な攻撃方法を見せつけられたこと、
勝利のためといいつつ、戦争犯罪である一般人を狙った空襲と原爆投下の後ろめたさから
報復を恐れてドイツとは違った戦後政策がとられたってこと。(再軍備を極端に嫌がったり、航空機製造をストップさせたり)
そういう意味では影響はあったと思われる。
164.名無しさん:2016年02月12日 13:41 ID:c51lh.970▼このコメントに返信
ほんと、否定的な意見って印象操作ばっかり
165.名無しさん:2016年02月12日 13:42 ID:HearZUhy0▼このコメントに返信
特攻隊だけじゃなくて、命をかけて日本、家族を守った日本人が大勢いたこと自体が日本の誇り。
その誇りがあるから今がある。それから、これからの日本がある。
166.名無しさん:2016年02月12日 13:42 ID:AkMLNdZK0▼このコメントに返信
< 神風特別攻撃隊 実際の映像 >
ttps://www.youtube.com/watch?v=0eXsQo-CpOg
167.名無しさん:2016年02月12日 13:43 ID:fUF6H7sy0▼このコメントに返信
※162
核兵器は是非持つべきだと思ってる
そのほうが中国等で危険な挑発で平和を脅かしてる連中も黙るから
日本にとっても中国等の周辺国に取っても平和協調路線を取りやすくなる
168.名無しさん:2016年02月12日 13:44 ID:aWQFwLGs0▼このコメントに返信
※162
言いたい事はわかるけど核兵器もどちらかというと防衛用の兵器だよ、あれは使うのが前提じゃない。
お前が使ったら俺も使うっていう核兵器を持っている敵に対して使わせないための物。
それと防衛っていうのは攻勢も必要、相手の基地に手を出せないのではサンドバックになるだけ。
防御だけで相手を疲弊させ倒すっていうのは相当な実力差がないと難しい。
169.名無しさん:2016年02月12日 13:44 ID:8p4Lq8HE0▼このコメントに返信
※146
停泊中の船へのテロと作戦行動中への船へのテロは大分ハードルが違うと思うんだけど如何に
桜花は命中すれば威力は大きかったけど、肝心の母艦が一式陸攻じゃなあ
改良型については詳しくなかったからそれについては認めるわw
170.名無しさん:2016年02月12日 13:45 ID:rY202QgD0▼このコメントに返信
外交下手で中国とアメリカの2正面作戦した挙句前途ある若者を特攻で無駄に消費とかほんま上層部無能
政府も軍も無能過ぎない
171.名無しさん:2016年02月12日 13:45 ID:p.71.ILK0▼このコメントに返信
脱線だけど、珍走団の連中が、赤信号突破する先駆け部隊を「特攻隊」って命名したり、
連中の勝負服を「特攻服」と呼ぶのは勘弁して欲しい。

これ、当時の特攻隊の方に対する物凄い冒涜だと思う。
172.名無しさん:2016年02月12日 13:48 ID:tECe3uFx0▼このコメントに返信
<< 赤いプロパガンダ >>

・お前らはもう直ぐ落ちぶれる
・お前らは皆から嫌われている
・前らは昔からお野蛮だ
・昔からお前らは俺に仕えてきたのだ
・誰もお前らを助けない
・だからお前らは俺らに勝てない

※狙いは自信を打ち砕くことです。
※スターウォーズ 暗黒面への誘いと理解しよう。
173.名無しさん:2016年02月12日 13:48 ID:ozLAvl2K0▼このコメントに返信
特攻隊を否定してる人こそが特攻隊が国の礎になった何よりの証拠なんだよ
だって特攻が愚かで悲惨で、繰り返してはいけないと教訓にできているんだから
174.名無しさん:2016年02月12日 13:50 ID:y4Q4Bz2xO▼このコメントに返信
そもそも「ヤンキー」とか言う連中に何をかいわんやだがw
175.名無しさん:2016年02月12日 13:50 ID:FVvFNM7G0▼このコメントに返信
※171
珍走団ってもともと航空隊にあこがれた朝鮮進駐軍(航空隊の服を奪って着てた。)と呼ばれたやつらの息子世代がやり始めたって話だろ。
いずれにせよ、一緒にされたくないな。
176.名無しさん:2016年02月12日 13:51 ID:p.71.ILK0▼このコメントに返信
※169
相手の射程外から突っ込める航続距離と敵戦闘機を振り切れる高速を出せる技術があれば
通常攻撃でも使える高性能兵器が出来てしまうのが桜花の悲しいとこ。
桜花43型はジェットエンジン搭載で航続距離が300kmあるけど
最大速度570km/h。
177.名無しさん:2016年02月12日 13:54 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
★ 「特攻は残酷だ~」厨は、

 「特攻以外の攻撃方法は戦死者が出ない」みたいに、言葉遊びで錯覚してるよな。

 いや、「特攻以外の攻撃方法」は、「攻撃成功率が低い」から、
 つまりそっちの方が「無駄死に率が高い」んだよバ~カ。

★ 「日本以外の国」が、『命がけで戦う覚悟がない』クズばかり、と言うだけ。
  日本は国を守る為に戦ってた。 誰から守る為?国土を侵略に来た白人とだ。

 白人側は侵略の為に地球の裏まで来てた訳だが、「自国を守る為」ではないので、
 命がけで戦うとか、玉砕など選択できなくて当然だろ。

★ 日本軍だけが特攻や玉砕を選べたのは、それは日本が「侵略された側」であり、
  かたや玉砕を選べない白人は、「鼻歌交じりで有色人種を侵略しに来た側」だから
  わざわざ命がけで戦わない、と言うだけの事。
 (そもそも白人は植民地先住民を前線に置いて、弾除けにしてたろ)
178.名無しさん:2016年02月12日 13:54 ID:p21oKk8r0▼このコメントに返信
※173

意味が分かんないんだけど
179.名無しさん:2016年02月12日 13:56 ID:9XoKA03n0▼このコメントに返信
※177

でたw

偽装保守ww
180.名無しさん:2016年02月12日 13:56 ID:8p4Lq8HE0▼このコメントに返信
もう勝ち目がないことはとっくに分かっていても、終戦のご聖断が下るまでポツダム宣言を受諾できなかった当時の上層部の責任が一番大きいと思うの。
特攻は終戦の決断が出るまでの時間を稼ぐための捨て石に過ぎなかったから、戦術的には意味があったとしても、戦略的意味はあまり大きくない。
181.名無しさん:2016年02月12日 13:56 ID:A60Dc3iO0▼このコメントに返信
芙蓉部隊も知らんやつがなに言うてんだか…
182.名無しさん:2016年02月12日 13:57 ID:jNgv7Kux0▼このコメントに返信
※177
便衣兵 乙
183.名無しさん:2016年02月12日 13:58 ID:Q9CMups00▼このコメントに返信
国会議員を、ハニトラするネーちゃんも「特攻隊」って言うぞ!
184.名無しさん:2016年02月12日 13:58 ID:jexxhjFz0▼このコメントに返信
>>1がアホ過ぎて話にならないようで
185.名無しさん:2016年02月12日 13:58 ID:fUF6H7sy0▼このコメントに返信
※180
その戦術的な粘りが無ければ戦略的な結果も変わってると考えるのが自然なんだけどな
何度も書かれているけど戦後の冷戦構造の形が変わってれば
日本は史実より悪い立場になった可能性は十分にあるから
186.名無しさん:2016年02月12日 14:00 ID:fUF6H7sy0▼このコメントに返信
※180
というよりも無条件降伏なんてキ○ガイ要求をしていたアメリカから
「ポツダム宣言」を出させたこと自体が特攻による粘りの成果だと思うよ
187.名無しさん:2016年02月12日 14:01 ID:3kBxbsZN0▼このコメントに返信
原爆はソ連経由で日本が戦争やめようとしてたのを米はしっててやってるのに何言ってんだ?

そもそも特攻は外道だが、それ以外の手がなかった
特攻しなくても戦果あげるとか、そりゃ開戦当事の日本はパイロットの錬度が半端内から出来てた
特攻が必要なかったというのはそういった人的資源が豊富にあったからで終戦に向けて次々にすりつぶされるので同じ事は出来なくなる
芙蓉隊が優れていても何れその戦力は次々に失われ、補充パイロットでは同じだけの活躍は出来ず壊滅する
資源だけでなくマンパワーと人の数自体負けていたのを理解してないから特効しなくても戦果あげれると勘違いする馬鹿がでてくる
軍艦のりが一人前になるのにどの位の時間と資材が必要か
パイロット一人育成するのにどれほど時間と資材が必要か
兵士一人ひとりに特性や能力が求められる事理解しないで、徴兵で何とかなると考える馬鹿と同じ事言ってる連中が多くてちょっと理解に苦しむわ
188.名無しさん:2016年02月12日 14:01 ID:0vtIE..c0▼このコメントに返信
結局サヨクの言ってることって何の論拠も出せてないじゃん
189.名無しさん:2016年02月12日 14:01 ID:p.71.ILK0▼このコメントに返信
ただ、作戦が杜撰な特攻戦があるのは否めない。
出撃時間が遅延して夜間攻撃となって充分な戦果を与えられなかった丹作戦や、
大和に敵機を集中させて、その間に特攻機の飽和攻撃を行うはずがgdgdになった天一号作戦。

ひたすら悲しい。

190.名無しさん:2016年02月12日 14:01 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※126
>震洋や伏龍や桜花とか剣とかは流石にふざけてるやろ。
>あんなんに載せられた人は気の毒でかなわんわ。

 すでに、本国では「民間人を狙った空襲」が、人口の多い順に100都市攻撃されてる異常な状況で
 敵の進軍を止める為なら、俺だって爆弾抱えて、【敵の陣地に突っ込むわ!】

 そこまで想像して物を言え!
191.名無しさん:2016年02月12日 14:02 ID:fYhfDSOz0▼このコメントに返信
< 無条件降伏という国際的な詐欺とそれに騙され続ける日本 ポツダム宣言全文 >
ttps://www.youtube.com/watch?v=xHfNIySrYzM&list=PLSabLLttDeQUTOO0zCDi8bpBdbhujN9n4&index=72&spfreload=1
192.名無しさん:2016年02月12日 14:02 ID:fYhfDSOz0▼このコメントに返信
< ポツダム宣言は「無条件降伏」ではない >
ttps://www.youtube.com/watch?v=gpHP-Rw_INA
193.名無しさん:2016年02月12日 14:05 ID:Y0tLTlpu0▼このコメントに返信
※189

特攻を理解すれば、決して悲しいなんて言葉は出ないはず
194.名無しさん:2016年02月12日 14:05 ID:3kBxbsZN0▼このコメントに返信
※187
追記
負ける戦をけしかけられたのは仕方ないが
うまい負け方ができなかったというかさせてもらえなかった
当事の白人の差別とかみればわかる

外道な事を命じた上層部は死ぬべきだが、それ以外の手がなくそれを実行したからこそ
アメリカに動揺を与えたし、神風をBAKAといいつつ、戦果があがっているのは記録に残っている

現実を人権や理想論で語ろうとすれば理解できない分野だよ
基本、二度と行わせてはならない作戦というのは皆理解しているをわからないで批判する馬鹿もいるから困るが
195.名無しさん:2016年02月12日 14:06 ID:5teMYFM80▼このコメントに返信
意味があるかないかではなく日本の為に死んでいった死人に対しての尊敬やぞ意味があるかないかで決めたら君らの大体の人生も意味のないものやぞ
196.名無しさん:2016年02月12日 14:06 ID:rY202QgD0▼このコメントに返信
※190
なお命令した人間は戦後も生きて天寿を全うした模様
197.名無しさん:2016年02月12日 14:06 ID:oysVhmnV0▼このコメントに返信
そう、特攻隊員として戦っていただいた英霊に対しては「感謝」に一言に尽きる!
198.名無しさん:2016年02月12日 14:07 ID:JKzYC5Nm0▼このコメントに返信
またこれか。
まあ荒れた方が盛り上がり、商売になるんだろうね。
199.名無しさん:2016年02月12日 14:07 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※189
>ただ、作戦が杜撰な特攻戦があるのは否めない。
>出撃時間が遅延して夜間攻撃となって充分な戦果を与えられなかった丹作戦や、
>大和に敵機を集中させて、その間に特攻機の飽和攻撃を行うはずがgdgdになった天一号作戦。

 結果論を持ち出して「あれは杜撰だった」論は、頭の悪い例。

 時系列で物事を判断する機能がない。
 戦史を、漫画を読む感覚で楽しんでるクズ。時に感傷的でお節介(知った風な口)
200.名無しさん:2016年02月12日 14:07 ID:eUhm6HXW0▼このコメントに返信
『・・・その結果が仮に、いかなる形の講和になろうとも、日本民族がまさに亡びんとする時に、身をもってこれを防いだ若者たちがいたという事実がある限り、五百年後、千年後の世に、必ずや日本民族は再興するだろう・・・』
神風特別攻撃隊の言
201.名無しさん:2016年02月12日 14:07 ID:p.71.ILK0▼このコメントに返信
※190
言いたいことは解るけどさ・・・。
桜花の開発開始時期は1944年5月なんだよ。
マリアナ沖海戦(1944年6月)の直前で、
まだ何とか日本にも通常戦力があった頃。

何回か言ってるけど、特攻は作戦と兵器とで切り分けて考える必要があると思う。
202.名無しさん:2016年02月12日 14:08 ID:A7DOJbfY0▼このコメントに返信
特攻が「無駄」とか「愚か」とか言ってる人たちがいるけど

だったら、どうして戦時に自らの命を懸けてでも特攻を止めなかったの?

まさか、全て終わって平和になって日本が高度経済成長して先進国になってから

勝手に特攻を評価したり裁いたりしているんじゃないよね?
203.名無しさん:2016年02月12日 14:08 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※196
>なお命令した人間は戦後も生きて天寿を全うした模様

 見てみろ。「1か100か」の極論(二極論)でしか言い返せない、弱者を。

 その命令した人間って、具体的に誰だよ?言ってみろ。
 その「人数」と、「生きた上司と死んだ上司の人数と比率」も言って見せろ。

 言えないよな? お前の中では、「命令した上司は全員生きていた」じゃないと困るもんな?
 卑怯者のク~ズ。
204.名無しさん:2016年02月12日 14:09 ID:NKWppteB0▼このコメントに返信
※162
お前も、もうちょっと調べなおせ
完全に戦後の自虐史観に毒されてる。もう一度くもりなき眼で歴史を調べなおせ。
特攻は確かに作戦として組み込むには唾棄すべき戦術だが、それで死んでくれた(死んだじゃないぞ「死んでくれた」だ)すべての英霊たちは現在の俺たちに未来をつないでくれた。
特攻が無ければ、カルタゴの二の舞ってのも現実にあったかもしれないし、降伏条件に国体護持が入ることも無かったかもしれない。日本の今はもっと変わったものになったかもしれない。
現代の価値観とくもった眼では、当時の何も知ることはできない。
言い古された言葉だが、物事を一面から捉えるのではなく違った角度からも見てみろ。今まで見えなかったものが見えてくるぞ。
205.名無しさん:2016年02月12日 14:09 ID:60MzKqUY0▼このコメントに返信
手段をいくら叩いたって意味が無い。
同じ状況に陥って他に手が無ければいくらでも同じカードを切るよ。
206.名無しさん:2016年02月12日 14:10 ID:JKzYC5Nm0▼このコメントに返信
特攻って飛行機が有名だが、
船もあり、潜水艦あり、戦車へのものもあり、敵陣地破壊もあり、万歳突撃もある意味そうだし、そういう方々も同列に尊敬して欲しい。
207.名無しさん:2016年02月12日 14:10 ID:8s8YwPx50▼このコメントに返信
>ぶっちゃけ広島長崎の犠牲の上にある
あれでビビって降伏が早くなったおかげ

降伏を決定づけたのは、さんざ言われてることだがソ連の対日参戦
原爆あってもなっくても大して期日はずれてないよ
影響があったとしたら戦後の日本占領統治に対してだろうな
下手すりゃ南北で分割統治もあったかもしれんし
208.名無しさん:2016年02月12日 14:10 ID:fUF6H7sy0▼このコメントに返信
※201
むしろ先見性があったって評価することも出来るんじゃない?
開発提案者の人間性はアレだけど
209.名無しさん:2016年02月12日 14:11 ID:g0aertZe0▼このコメントに返信
サヨク 印象操作に必死 杉
210.名無しさん:2016年02月12日 14:11 ID:p.71.ILK0▼このコメントに返信
>>199
丹作戦は銀河の整備もままならない状況だし、
(しかも銀河の誘導を二式大艇が行う時点で無理がある。
実際に二式大艇は銀河の巡航速度に合わせる為に無理してエンジン壊れた機体もある)

天一号作戦は正直、神重徳の暴走でしょう。

この2つは中止すべきだったし、中止できる判断材料も当時あった。
211.名無しさん:2016年02月12日 14:13 ID:GvMQsi1M0▼このコメントに返信
※190
出口のない海を読むなり見るなりしてみな

>俺だって爆弾抱えて、【敵の陣地に突っ込むわ!】

そういう志をもった若者が兵器としても著しく完成度が低く、戦術的にもこなれてない兵器に
「お前ら今日からこれに乗れ」と言われて苦悩する姿が描かれてるから

なにしろ訓練の段階でバンバン人が死ぬ
上層部は飛行機がないからってパイロット候補生を無駄に殺していったようなもの

ちなみにその兵器を回天という

それでも回天なんかまだいいほうで、伏龍なんかはもっとひどい
同じく志のあるパイロット候補生が思いつきレベルの兵器を使ってムチャな訓練をしてバンバン死んでいった
212.名無しさん:2016年02月12日 14:14 ID:uvHD0Y9Q0▼このコメントに返信
問題のある戦法だけど、犬死扱いするのも違う。
両極端の意見は全部意味が無い。
213.名無しさん:2016年02月12日 14:14 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
★「日本人は特攻・玉砕を選択できる!」を見せ付けたのは最大の収穫だ。
 誰に見せ付けた、って? 白人にだ。
 戦前まで全知全能ツラして、「有色人種の土地は全て白人の土地~!」と嘯いてた、
 神様気取りの白人に、100年続くトラウマを刻み付けてやった。

いまだに、「玉砕テロ=カミカゼ」を口にするのは、
サムライ、ニンジャに次いで「アジアの日本人の特殊性」が、白人に強烈だからだ。
(もちろん白人側も、テロと旧日本軍を結び付けて、ナチスとも結びつけて、ユダヤ美化したい下心もあるが)

鼻歌交じりで地球の裏まで来て、植民地にしようとした白人にはいい薬だ。
結果、アジアもアフリカも独立を蜂起し、白人を追い出せた。

アジアを再び征服する為に、空襲と原爆まで使ったのに、すべての植民地を失った白人の「負け」だよ。
有色人種の勝利だ。日本の参戦で地球上から有色人種奴隷制度は滅びた。
日本が敗戦国とか言うのは、負け惜しみに過ぎない。
214.名無しさん:2016年02月12日 14:14 ID:p.71.ILK0▼このコメントに返信
※201
桜花の矛盾は※176で指摘した通り。
巡航ミサイルの元祖とも言えるが、
「まともな桜花」作れる技術あれば通常兵器で賄えてしまう。
215.名無しさん:2016年02月12日 14:15 ID:JKzYC5Nm0▼このコメントに返信
反日馬鹿と遊ぶのは面白い。
世界のおもちゃだし。
216.名無しさん:2016年02月12日 14:15 ID:8p4Lq8HE0▼このコメントに返信
※190
特攻を否定してるんじゃなくて欠陥の多い特攻兵器に載せられたせいでその敵の陣地に突っ込むことすら出来ずに死んだり、そもそも訓練中に事故死したりしてしまった人もいるんやで
それでも良いっていうんやったら、おとなしく総重量68kgの潜水服を着て海底から2mの長さしかない爆雷を使って敵艦の艦底にダメージを与えようとしてくれんか?
ちなみに潜水缶に欠陥があるから炭酸ガス中毒は頻発するし、少しでも酸素供給機に破損が出ると水酸化ナトリウム溶液が肺に逆流するけど、それでもええんやな?
特攻しようとした人の心意気を否定してるんじゃなくて、そんな純粋に国を想っていた人がたくさんそんな欠陥兵器のせいで無駄死してしまったことを気の毒にって言ってるんやけど、その程度の読解力もないんか?
217.名無しさん:2016年02月12日 14:15 ID:9.VFW4B.0▼このコメントに返信
※209

サヨクじゃないよ「 アカ 」だよ。

「 アカ 」い工作員。
218.名無しさん:2016年02月12日 14:15 ID:FVvFNM7G0▼このコメントに返信
※203
特攻の生みの親、大西瀧治郎氏は終戦後、「死ぬときはできるだけ苦しんで死ぬ」の言葉通り、
介錯無しで割腹自殺を図り15時間以上苦しんで亡くなった。
219.名無しさん:2016年02月12日 14:16 ID:IvhFVXLL0▼このコメントに返信
< 中国共産党に牛耳られた戦前日本の政界・言論界 江崎道朗 >
ttps://www.youtube.com/watch?v=abkpQRNElYQ

< コミンテルンのアジア共産化計画と朝鮮戦争 江崎道朗 >
ttps://www.youtube.com/watch?v=lN7KL20pYso

< 中国共産党の日本国内における工作活動 江崎道朗 >
ttps://www.youtube.com/watch?v=wObaCvVPJpA

< 日米共闘を決断できなかった日本の行く先とは? 江崎道朗 >
ttps://www.youtube.com/watch?v=1KYvan4Yx58
220.名無しさん:2016年02月12日 14:18 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※211
>そういう志をもった若者が兵器としても著しく完成度が低く、戦術的にもこなれてない兵器に
>「お前ら今日からこれに乗れ」と言われて苦悩する姿が描かれてるから

 アホーか?そいつは「軍人」だろ。
 かたや民間人が殺されてる状況なんだよ。そっちのが何倍も苦悩するわ。

お前はアホか? なんで民間人が殺されてる状況で、パイロットが「死にたくない~」
と苦悩する事に、説得力あるとでも思ってんのか?

>なにしろ訓練の段階で【バンバン】人が死ぬ
>上層部は飛行機がないからってパイロット候補生を無駄に殺していったようなもの

 この「バンバン」が大嘘な? 一瞬でバレてるぞ?具体的に言え。
 実際に特攻に参加した人数と、訓練中死亡事故数を具体的に言え。
 そのバンバン(笑)死んだ人数が、特攻参加者より多いなら、その珍説を信じよう。
221.名無しさん:2016年02月12日 14:18 ID:fYhfDSOz0▼このコメントに返信
※212

火消し 乙
222.名無しさん:2016年02月12日 14:18 ID:JKzYC5Nm0▼このコメントに返信
ここに世界のおもちゃが何人へばりついてバイトしているのだろうか。
223.名無しさん:2016年02月12日 14:20 ID:goi1fktl0▼このコメントに返信
戦争そのものが越えてはならん一線。それを平気で仕掛ける特亜のようなクズに囲まれてるのが今の日本。アメリカは外敵に対しては容赦しない。戦争になれば真偽も信義も関係なくなる。それが戦争。自国内の戦争反対で相手国からの攻撃的戦争が無くなるはずも無い。戦後支配国、占領政策による洗脳、日本の平和ボケもたいがいのもの。議論を重ねるのは悪い事じゃない。特亜のクズどもによる日本の内部かく乱、工作の現実もあぶりだされ、多くの日本国民に見えてくる。
224.名無しさん:2016年02月12日 14:20 ID:kNxMJ2kq0▼このコメントに返信
※222

その、おもちゃ言うの止めような

プロだぞ
225.名無しさん:2016年02月12日 14:21 ID:l88O0LZ80▼このコメントに返信
特攻だけのおかげやないが、先人たちの犠牲の上で今があるのは変わらん。
226.名無しさん:2016年02月12日 14:21 ID:FVvFNM7G0▼このコメントに返信
※216
無意味って言いたいのはわかったんだけど、当時あの状況で他にどのようにすることができたの?
欠陥兵器だっていいたいのはわかったんだけど、他にいい手段とか兵器が用意できる状況だったの?
やれることは何でもやろうっていう切羽詰まった状況だと思うんだけど。
227.名無しさん:2016年02月12日 14:21 ID:0.254i.o0▼このコメントに返信
特攻は原爆が無かったら優秀な手段だったと思う
日本は負け確定で降伏の交渉に入っていたが、当たり前だがなるべく良い条件で降伏できるように努めていた
本土決戦は交渉のカードだ。あまりに不利な条件を飲ませるつもりならアメリカの犠牲も大きくなるぞっていうね
特攻の存在がそうなった場合のアメリカの犠牲増大を証明している
しかしアメリカには原爆というカードがあったので、それを使い、日本の交渉カードを無力化した。これ以上続けたら被害が大きくなるのはお前の方だって言ってね

と、推察してみた
228.名無しさん:2016年02月12日 14:21 ID:eL90wzXb0▼このコメントに返信
悪いけど無駄死に。侮辱するつもりはないが、特攻のおかげで今の自分があるなんて思ってない。
229.名無しさん:2016年02月12日 14:22 ID:ge7Fobur0▼このコメントに返信
※140
その動画削除されたけどサンフランシスコ講和会議での演説が日本の分割統治を食い止めたとか大東亜共栄権は間違っていなかったと言っていると誤解しているいろいろおかしい動画じゃん
230.名無しさん:2016年02月12日 14:22 ID:M3gmk3S50▼このコメントに返信
「出撃したら必ず死ぬ」というのは、自殺か一種の宗教行為であって戦争じゃない。
こんな戦法を考え実行させた連中が全員地獄に居ますように。
231.名無しさん:2016年02月12日 14:22 ID:gEbcz.Gp0▼このコメントに返信
< 中国共産党による対日工作 前半 江崎道朗 >
ttps://www.youtube.com/watch?v=RLG8vUu9lVg

< 中国共産党による対日工作」後半  江崎道朗 >
ttps://www.youtube.com/watch?v=B7XOC5Dp-EE
232.名無しさん:2016年02月12日 14:22 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※216
>特攻を否定してるんじゃなくて欠陥の多い特攻兵器に載せられたせいで
>その敵の陣地に突っ込むことすら出来ずに死んだり、>そもそも訓練中に事故死したりしてしまった人もいるんやで

 横槍入れてまで、後手後手ですり替えるなよ。
 その訓練中の事故死って何人だよ? 当然、作戦実行者より多いんだよな?
 兵器の実験中の死亡事故なんて世界中で日常茶飯事だし、なんの説得力もない。

>そんな欠陥兵器のせいで無駄死してしまったことを気の毒にって言ってるんやけど、その程度の読解力もないんか?

 そんなの戦闘機も同じだろ。
 「撃たれてないのに落ちた戦闘機」なんてどこに国にも大昔からある。
233.名無しさん:2016年02月12日 14:23 ID:jyQYZJtS0▼このコメントに返信
いや他人に特攻させて自分は終戦後そ知らぬ顔で生きてきた奴等の末裔だろ俺たちは・・・。特攻した人が子供残せてるとも思えないし、生まれ変わりってこともないだろうしなぁ。
234.名無しさん:2016年02月12日 14:23 ID:JKzYC5Nm0▼このコメントに返信
一見人道的な立場を装い、特攻は参加した兵士がかわいそうだった。
などと書いているやつがいる。
お前がそう言って何かが変わるんだったらそれもいい。
そんなにかわいそうならお前が支 那に行って戦争反対を叫び自爆攻撃でもすればいい。

私はそれより感謝の意を捧げたい。
235.名無しさん:2016年02月12日 14:23 ID:fUF6H7sy0▼このコメントに返信
※176 ※214
いや無理だと思うよ?
桜花の利点は省資源という点も大きい
まともな航空機にするならジェットエンジンが2機必要になるし
金属資源も比べ物にならないくらい多く必要

作れたとしてもそれを生かせるだけの錬度をもった搭乗員も生産力も足りない
圧倒的な防空力を持った米軍に少数の低錬度の航空攻撃が通用する可能性は極めて低いよ
236.名無しさん:2016年02月12日 14:25 ID:JKzYC5Nm0▼このコメントに返信
世界のおもちゃ工作員。
打撃に涙
237.名無しさん:2016年02月12日 14:25 ID:WFkddWNP0▼このコメントに返信
多くの英霊のお陰、先祖の方々のお陰。これは紛れもない事実。
「靖国で会おう」と友人と別れ飛び立った神風から、靖国を奪う事はまかりならん。

その上で、戦後復興を必死で取り組んだ爺婆のお陰。
ありがとうございますorz
238.名無しさん:2016年02月12日 14:25 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※215 >反日馬鹿と遊ぶのは面白い。世界のおもちゃだし。

① まずレス自体できない。日本人様に徹底的に論破され尽くした結果、お話しする事すら怖がるようになった典型

② 「世界」を味方に付けたがる、お馴染みの傀儡思考。

③ まだ会話してすらいないのに、負けた時の常套句「また遊んでやるよwww」を持ち出す負け犬根性。

 「親不孝レベルの無能」だが、まぁ親も売春婦だろう。
239.名無しさん:2016年02月12日 14:26 ID:jyQYZJtS0▼このコメントに返信
※203
そんな政府すら把握してなさそうな数字を出せとか言って反論したつもりなのかよ笑っちゃうなw
240.名無しさん:2016年02月12日 14:27 ID:FVvFNM7G0▼このコメントに返信
※228
あなたの主観でしかない根拠も何もない感想なんて聞かされても。
侮辱してないって言いつつもその前の言葉で「悪いけど」と前置きしつつ思いっきり侮辱してますねえ。
241.名無しさん:2016年02月12日 14:27 ID:fUF6H7sy0▼このコメントに返信
※216
※146で述べたように欠陥品の伏龍については確かに批判するべきだと思うよ
特攻以外では効果が期待できないから特攻を選択しているということを忘れて
「何が何でも特攻!」みたいな考えになった人は戦中も「戦後も」多かったと思うし
そういう人達は批判されるべきだし、反省するべき
ただそれを持ってして特攻全体の否定って結論には自分はならないね
242.名無しさん:2016年02月12日 14:28 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※233
>他人に特攻させて自分は終戦後そ知らぬ顔で生きてきた【奴等】の末裔だろ俺たちは

 奴らって具体的に誰? 知ってるんでしょ? 自分の3代前の祖先だもんね?
 それとも漫画の世界のキャラクターかな?
243.名無しさん:2016年02月12日 14:28 ID:p.71.ILK0▼このコメントに返信
※235
難しいなぁ。
そもそも桜花は「練習がほとんど出来ない」って弱点あるからなぁ。
軍部もあまり評価してないし。
ttp://www.warbirds.jp/truth/seinou2.html
244.名無しさん:2016年02月12日 14:29 ID:GvMQsi1M0▼このコメントに返信
※220

wikiより

>訓練中の死者は特攻兵器の中で最も多い

志があるからこそ欠陥だらけの兵器で訓練中に死ぬことがどれほど無念だったことか
245.名無しさん:2016年02月12日 14:29 ID:JKzYC5Nm0▼このコメントに返信
反日サヨク工作員

世界のおもちゃ認定に
涙で止めてと懇願

効いてるんだね。

246.名無しさん:2016年02月12日 14:30 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※239
>そんな政府すら把握してなさそうな数字を出せとか言って反論したつもりなのかよ笑っちゃうなw

 じゃ、「仮説」「試算」でいいから言ってみ? 1の桁まで出さなくていいから。
 四捨五入して、なん1000人なのか、なん100人なのかくらい言って見せろよ。

 お前みたいな、机上の空論相手に、ここまでハードル下げてやったんだから言えるよな?
247.名無しさん:2016年02月12日 14:31 ID:JKzYC5Nm0▼このコメントに返信
サヨクとまともに議論してはなりません。
どうせ聞く耳が無く、マニュアルに従ったコメントを書き込んでいるだけだから。
金だけは潤沢なので、いいバイトになるんでしょう。

なので、
世界のおもちゃ
と認定してあげればいいのです。

どうせこれから実際にそうなっていくのだから。
248.名無しさん:2016年02月12日 14:31 ID:fUF6H7sy0▼このコメントに返信
※232
伏龍については10人ほど訓練中に事故で死亡している
潜水服自体に重大な欠陥があったし、予想される戦果も低かった
(攻撃可能範囲が著しく狭いし上陸前の準備砲撃の段階で死傷する危険性大)
そのため中止が考えられていた程だった
伏龍については本当に欠陥品だし命の浪費にしかならないことを十分に予想出来た
249.名無しさん:2016年02月12日 14:32 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※244
>wikiより
>訓練中の死者は特攻兵器の中で最も多い
>志があるからこそ欠陥だらけの兵器で訓練中に死ぬことがどれほど無念だったことか

 足りない説得力を補おうとして、↑この「3行目の美辞麗句」で洗脳したいらしいけど、
 なんにも通用しないので宜しく。
 (WIKIの引用に、自分の主観を加える、猿知恵よ)
250.名無しさん:2016年02月12日 14:32 ID:fr7B36AZ0▼このコメントに返信
平成のゼロ戦とやらも特攻機として華々しく活躍する事を期待するアル
加油、小日本!!
251.名無しさん:2016年02月12日 14:32 ID:6jkYXix50▼このコメントに返信
※238
※245

朝鮮人に罪を擦り付ける工作 乙
252.名無しさん:2016年02月12日 14:32 ID:0IuMWceL0▼このコメントに返信
特攻は確かに愚策だ。しかし、感情論であるが、それでも犠牲は無駄ではなかったと言いたい。
冷静な判断では私は話せないから失格かな(*_*)
253.名無しさん:2016年02月12日 14:32 ID:wwiBoDUM0▼このコメントに返信
大本営が戦う相手を間違わなかったら 日本帝国はいまだ安泰。 米国を攻めたのが大失敗。 ドイツとの交戦中ソ連を攻めていたら米国から石油どころか もっと援助が来たはず。ドイツと同盟して ソ連と不可侵条約って支離滅裂。  当然の結果だ。だから最後は多くの尊い若いパイロットの命を無駄に失ったのだ。日本人は はっきりどちらかにつくと云う判断ができない傾向がある。それが太平洋戦争だ。当時でもはっきり米国につく態度だったら無事だった。もちろんドイツはだめだ。 それだけ外交の知識がなかったのだろう。
254.名無しさん:2016年02月12日 14:32 ID:jyQYZJtS0▼このコメントに返信
※242
え、祖先の名前をここで出せってこと?

人に聞く前におまえがまず名前出せよ。
255.名無しさん:2016年02月12日 14:33 ID:FVvFNM7G0▼このコメントに返信
※239
>そんな政府すら把握してなさそうな数字
なんだ、印象(妄想)で語ってたのか。
256.名無しさん:2016年02月12日 14:33 ID:0eiQw6Qs0▼このコメントに返信
特攻した人をバカにしてるやつなんか左右にほぼいない
問題はいまだに特攻そのものを価値あるものかのように喧伝したり
特攻における理不尽な死を日本軍、当時の日本の肯定に使うこと
全部わかった上で見殺しにした国家はクソだってちゃんと靖国の展示に書け
被害者を利用して加害者まで被害者ぶるなよ
257.名無しさん:2016年02月12日 14:34 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※248
だから、伏龍実行者は神風より減らされてるだろ?
で、そろそろそれぞれの特攻兵器の数と、兵器別の訓練中事故死を、
四捨五入でいいから具体的な数字で出して比較して見せろ(仮説でいい)
258.名無しさん:2016年02月12日 14:34 ID:fUF6H7sy0▼このコメントに返信
※243
※176 ※214で言ってるような通常航空機を作れるような状態なら
動力付きの専用練習機も出来たかも知れないと思うよ
逆に言えばそんなものも作れなかった以上※176 ※214で言ってるような機体の作成は不可能だった
259.名無しさん:2016年02月12日 14:34 ID:fr7B36AZ0▼このコメントに返信
헤세이 제로 전도 특공 로 화려하게 활약 하기를 기대 한다.
힘내라 일본
260.名無しさん:2016年02月12日 14:35 ID:ge7Fobur0▼このコメントに返信
陸軍の戦車への爆雷特攻は意味があったんじゃね。他にシャーマンに対抗する手段がなかったわけだし
261.名無しさん:2016年02月12日 14:35 ID:JKzYC5Nm0▼このコメントに返信
書き込みが減ったら商売のじゃまになる。
反日サヨクの世界のおもちゃさんたち
どんどん元気に書き込もう。
さあ、涙を拭いて。
熱く語れ。
262.名無しさん:2016年02月12日 14:35 ID:o2U0pz7F0▼このコメントに返信
※251
うわっ
鉄板だね
263.名無しさん:2016年02月12日 14:36 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※254
>え、祖先の名前をここで出せってこと?人に聞く前におまえがまず名前出せよ。

 出ました! 痛い所を突かれて、「お前が先に言え~!」論法。
 いいよ。うちの祖先は五稜郭の戦いで新選組を討った側の「山崎」だよ。
 新撰組側じゃないからネット上には出ないけど。
264.名無しさん:2016年02月12日 14:36 ID:GvMQsi1M0▼このコメントに返信
>終戦までに訓練を受けた回天搭乗員は、海軍兵学校、海軍機関学校、予科練、予備学生など、1,375人であったが、実際に出撃戦死した者は87名(うち発進戦死49名)、訓練中に殉職した者は15名

訓練の段階でこれだけ死んでる
これを多いと見るか少ないと見るかは個人の感覚によるだろうが、おれは残念なことにバンバンしんだと見るね
実際、うえでも書いたように特攻兵器の訓練中の殉職者としては最多なわけだし

>そのバンバン(笑)死んだ人数が、特攻参加者より多いなら、その珍説を信じよう

そんなお前の勝手な判断基準なんて俺どうでもいいもんねw
265.名無しさん:2016年02月12日 14:36 ID:C2YM4a3S0▼このコメントに返信
安倍道歉又死
266.名無しさん:2016年02月12日 14:36 ID:8p4Lq8HE0▼このコメントに返信
※226
敢えて言うなら、硫黄島の戦いや沖縄戦に範をとった、洞窟を使って地下に坑道を巡らせた持久戦術なんだけど、あれはあくまで島嶼戦であり、尚且つ硫黄島と沖縄は地質が洞窟を掘るのに適していたからどこまで本土で出来るかは疑問符
制空権と制海権の確保は最早望めない状態だから、地下陣地を使って艦砲射撃と航空爆撃に耐えて、上陸してきた陸軍戦力に対して徹底的な持久戦・出血戦に持ち込むしかない

でも物資の不足と食料の不足だけはどうにもならないからキツいな。

※232
兵器の実験中の事故はそりゃあるけど、欠陥があると分かった兵器は普通採用しないでしょ。
兵器の実験中の事故によって、その兵器を採用した場合に生まれる死傷者を減らすことが出来るんだよなあ。
基本的に、欠陥のある兵器による人死なんていくらでもあるけど、その人死が出たことを無視して使い続けるか?
267.名無しさん:2016年02月12日 14:36 ID:JKzYC5Nm0▼このコメントに返信
※259
マテ貝ってのは塩を穴に振りかけると出てくる。
辛くなってね。
パヨパヨチーン

正体を現し、世界のおもちゃ登場。
268.名無しさん:2016年02月12日 14:36 ID:C2YM4a3S0▼このコメントに返信
中国人別忘抗日戦争
269.名無しさん:2016年02月12日 14:37 ID:p.71.ILK0▼このコメントに返信
※258
うん。だから桜花は絶対に欠陥を抱える兵器になってしまう。
あくまでハードウェアとしてね。

欠陥を抱えつつ強行せざるを得なかった、って主旨はよく解る。
270.名無しさん:2016年02月12日 14:38 ID:0eiQw6Qs0▼このコメントに返信
米263
たぶんお前ら両方とも先祖も日本人だよ
しかもそんなものは書き込みじゃ証明できないだろ
馬鹿らしいな
271.名無しさん:2016年02月12日 14:38 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
ID:JKzYC5Nm0 反日馬鹿と遊ぶのは面白い。
ID:6jkYXix50 朝鮮人に罪を擦り付ける工作 乙
ID:o2U0pz7F0 うわっ鉄板だね

 ↑ 尻軽みたいにIDを変えての一人二役自作自演。バレバレだからな在日エラ。
272.名無しさん:2016年02月12日 14:39 ID:VRgHsZhe0▼このコメントに返信
※267

臭っ
273.名無しさん:2016年02月12日 14:39 ID:8vuzhPH10▼このコメントに返信
初めから負けるシナリオやからな
国民に「負けた」と納得させる犠牲が必要なんよ
ここまで頑張ったけどダメだったって諦めてもらう

国内に元気のあるヤツ増えすぎてどうしようも無いから
アメリカのいらん子と対消滅させて勢力を削ぐ
実に古事記的だ

原爆もな
被爆後のデータをアメリカに渡して特許にいっちょ噛みで一石二鳥やし

そして進駐してきた米軍に逆らう者はいなくなり
国内は安泰
鬱陶しかった軍部は海軍も陸軍も壊滅解体状態
国債で積み上げた借金も踏み倒し

だいたい予定通りなんよ
274.名無しさん:2016年02月12日 14:40 ID:W5vhybiU0▼このコメントに返信
※271
ププッ
275.名無しさん:2016年02月12日 14:40 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※270
>たぶんお前ら両方とも先祖も日本人だよ >しかもそんなものは書き込みじゃ証明できないだろ >馬鹿らしいな

 証明できなくても、文体から「仮に信じる」のが社会人なんだが?1円でも稼いだ事ある?
 あとこれどういう意味? ↓

 >問題はいまだに特攻そのものを価値あるものかのように喧伝したり
 >特攻における理不尽な死を日本軍、当時の日本の肯定に使うこと
 >全部わかった上で見殺しにした国家はクソだってちゃんと靖国の展示に書け
276.名無しさん:2016年02月12日 14:40 ID:GvMQsi1M0▼このコメントに返信
aAycandM0
>敵の進軍を止める為なら、俺だって爆弾抱えて、【敵の陣地に突っ込むわ!】

お前のこれは美辞麗句じゃないのかよw
しかもお前の場合実際に命を落とした人とは違って口だけだもんなw
たんに臭いセリフ吐いて自分に酔ってるだけ
あークサッw
277.名無しさん:2016年02月12日 14:41 ID:RXnouGUJ0▼このコメントに返信
わかっただろ?

どうやって工作員が朝鮮人に罪を擦り付けるか?
278.名無しさん:2016年02月12日 14:43 ID:fUF6H7sy0▼このコメントに返信
※269
まあ、苦しい戦況で作られた兵器だからそうなるのは当たり前なんだよね
というか「搭乗員が死ぬ」という最大の欠陥を抱えていることは変わらないし
銀河搭載型や地上発射型がどれだけ有効性を上げたか確認出来ない結果に終わって良かったとは思うよ
279.名無しさん:2016年02月12日 14:43 ID:p.71.ILK0▼このコメントに返信
※260
海軍で硫黄島にて整備やってて、陸戦隊に動員された大曲中尉によると
米軍が知恵つけた後の爆雷特攻は難しいらしいぞ。
火炎放射器持った歩兵が随伴してるから、前夜から爆雷抱えて戦死者の死体に紛れて
死んだフリしとく。で、至近距離を戦車が通るとズドンだけど、
無茶苦茶に至近距離を戦車が通過しなきゃ成功しなかったと。
280.名無しさん:2016年02月12日 14:44 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※274
ID:JKzYC5Nm0 反日馬鹿と遊ぶのは面白い。
ID:6jkYXix50 朝鮮人に罪を擦り付ける工作 乙
ID:o2U0pz7F0 うわっ鉄板だね
ID:W5vhybiU0 ※271ププッ

 ↑ な? 一瞬で正体と手口を見破られて、今度は自分から「そうですよwそれが何かw?」
  と開き直る、「底の知れた頭の悪さ」だ。

 こいつ、正体を看破された途端、わざわざ4個目のIDに切り替えてレスしてきた。
 いかに日本人様に対してコンプレックスが強いかよく分かるわ。

実はアンカーの付け方と改行の仕方が同じだから、2個目のIDでバレてたんだけどなw

 IDを切り替える知恵はあるが、筆跡を変えておく知恵はない…。まさに猿知恵
281.名無しさん:2016年02月12日 14:46 ID:kNxMJ2kq0▼このコメントに返信
※277
すげー

コメ215から仕込みは始まってたのね
282.名無しさん:2016年02月12日 14:46 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※277
>ID:RXnouGUJ0▼このコメントに返信
>わかっただろ?
>どうやって工作員が朝鮮人に罪を擦り付けるか?

↑そのレスは、※251と同じID「ID:6jkYXix50」で書き込まないと、機能しないだろ…。
 わざわざ、「別のID」で、『同じ事』を書いたら辻褄合わね~よ、在日エラ。
283.名無しさん:2016年02月12日 14:46 ID:HoMct0gt0▼このコメントに返信
特攻の犠牲になった人は、気の毒だとは思うが、
こんな事を考えた連中は、ただのアホだな。
大田正一でググッて見、余りのクズっぷりに萎えるぜ。
お国の為なんて言ってる奴の本性は、こんなもん。
いざと成ればケツ捲るクズばっか。
口ばっかのネウヲも一緒だな。

284.名無しさん:2016年02月12日 14:47 ID:JKzYC5Nm0▼このコメントに返信
※266
チャンネル桜の動画で防衛研究所のシミュレーションの予告動画を見た。
会員じゃないので本編は見ていない。
その中で、硫黄島やパラオ、沖縄の砲撃散布率などを調べた結果、硫黄島と沖縄では差が大きく、艦砲射撃の脅威等は比較にならない差があったという結論に達したらしい。
そこで、本土決戦においては当初松本要塞に立てこもり行うつもりであったのが、方針転換、九十九里方面と伊豆方面の二正面作戦に切り替えた。
この見立ては米軍の上陸作戦を的確に予測し
その結論として、敵上陸軍は殲滅したであろうと見積もっている。

天皇陛下ご自身が帝都を離れる意志がなかったことも大きい。

返す返すも原爆が無ければとは思う。
なお、特攻により、脅威に感じた米軍が上陸を行う意志を喪失したのは事実だが、結果、ソビエトに参戦させたことが北方領土を占拠させることにはつながったと考えている。
285.名無しさん:2016年02月12日 14:47 ID:ge7Fobur0▼このコメントに返信
忘れがちだけどB29に対する特攻もあった。屠龍や鍾馗で特攻する。ある程度生還できる可能性があったらしいが。震天制空隊のように特攻専門の部隊もあった
286.名無しさん:2016年02月12日 14:48 ID:8p4Lq8HE0▼このコメントに返信
※241
俺も特攻全体の否定はしてないよ?
けど何が何でも特攻ってかんじで、最早戦果が目的なのか特攻すること自体が目的なのか分からん状態になって、明らかな欠陥のある兵器を使ったり、どう考えても成算のない練習機による特攻とかを否定しているだけ
287.名無しさん:2016年02月12日 14:48 ID:5m04qtQb0▼このコメントに返信
※260
嘉数戦車戦「・・・」 
速射砲でも零距離&側面、後面狙いにはなるが相手できるぞ。
288.名無しさん:2016年02月12日 14:48 ID:8p4Lq8HE0▼このコメントに返信
※241
俺も特攻全体の否定はしてないよ?
けど何が何でも特攻ってかんじで、最早戦果が目的なのか特攻すること自体が目的なのか分からん状態になって、明らかな欠陥のある兵器を使ったり、どう考えても成算のない練習機による特攻とかを否定しているだけ
289.名無しさん:2016年02月12日 14:48 ID:fUF6H7sy0▼このコメントに返信
aAycandM0は※179が言ってるように偽装保守だな
自分は特攻攻撃を肯定している立場けどこういう人は本当に困る
もしそうじゃないなら猛省して欲しいレベル
290.名無しさん:2016年02月12日 14:48 ID:eldaDnEw0▼このコメントに返信
※281
プロだ。いつも警告してあるもんね。
朝鮮人を当て馬・かませ犬に使うって。
291.名無しさん:2016年02月12日 14:49 ID:DbyiGpHd0▼このコメントに返信
戦争末期に特攻ばっかやってて通常攻撃は全然なかったみたいな謎の風潮
292.名無しさん:2016年02月12日 14:49 ID:WivV6ST30▼このコメントに返信
考えてみろよ
戦争って痛いじゃん苦しいじゃん
でもなんでコレまで無くならなかった?
カロリー消費に見あわない意味のない収支なら生物ってやらなくなるのに何故だ?

争う事を最初から生命は想定してつくられている
リソースの予想が出来ても人は増えるしとまんない
足らなくなれば取り合いになるのは必至なんだけど
止まらないのは数による遺伝子の上書きを狙ってるから
それは本能に根ざしてるから止まるわけがない
それゆえ争いがなくなるなんてのは空論だろ
ならば勝つしかないじゃんな
だから止まらない
左翼が色々と言うのはそうだなあと思うが
でも実際は無理なんだよな
293.名無しさん:2016年02月12日 14:51 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※244の猿知恵美辞麗句が通用しなくて、お怒りか? お前の無能さが招いた事だ。

>敵の進軍を止める為なら、俺だって爆弾抱えて、【敵の陣地に突っ込むわ!】
>お前のこれは美辞麗句じゃないのかよw
>しかもお前の場合実際に命を落とした人とは違って口だけだもんなw
>たんに臭いセリフ吐いて自分に酔ってるだけ

 いや、普通に「俺は出来る!」と宣言したまでだが?
 例えば、コリアと開戦したら、国内で在日がテロ活動するから(関東大震災と同じで)、
 それに対し自警団作って在日狩りするし、場合に寄れば爆弾抱えて突っ込むわ。

 お前は出来ないんだろう?それでいいじゃん。非国民、根性なし。女々しい
294.名無しさん:2016年02月12日 14:51 ID:JKzYC5Nm0▼このコメントに返信
※280
ID:JKzYC5Nm0 反日馬鹿と遊ぶのは面白い。

これは自分のようだが・・・。
それ以外は逆に朝鮮工作員だろう。

まあ、さすがに世界のおもちゃ。
涙ながらに面白いこと書くもんだね。
おもちゃは遊ばれてなんぼ。
さあ、頑張って
熱くなって
粘着しなさい。
295.名無しさん:2016年02月12日 14:51 ID:UUCgY97i0▼このコメントに返信
むしろ神風特攻だけが特攻していたわけでは無い事こそ日本人は忘れちゃいけないだろ。
神風だけが自爆攻撃してたみたいなのは、戦後の隠蔽教育だと思う。
296.名無しさん:2016年02月12日 14:52 ID:GvMQsi1M0▼このコメントに返信
aAycandM0の人気に嫉妬

コイツ言うことだけは勇ましいけど謎のエンジン不調を理由に終戦迄生き残るタイプだろうなw
297.名無しさん:2016年02月12日 14:52 ID:kTqbRLmX0▼このコメントに返信
※281
※290

韓国の悪口を言うなら、中国の悪口を三倍は言え、それが出来ないなら、お前はバカだ!!
298.名無しさん:2016年02月12日 14:53 ID:p.71.ILK0▼このコメントに返信
※283
桜花の大田正一はクズだけど、
回天の黒木博司って人が居てだな。

ただ「現場からの声」と言うことにしとけば、
幹部は何かと都合が良いのもまた事実ではある。
299.名無しさん:2016年02月12日 14:53 ID:WivV6ST30▼このコメントに返信
※297
なんだよ良くわかんないが面白そうな話だな
根拠を教えてくれww
なぜなんだぜ
300.名無しさん:2016年02月12日 14:54 ID:goi1fktl0▼このコメントに返信
大戦末期に本土防衛で活躍した紫電改の本拠地、松山343空は昭和19年12月25日編成。同日付第3航空艦隊に編入。この航空隊には252空から戦闘301飛行隊、 203空から戦闘407飛行隊、341空から戦闘701飛行隊が編入された。翌年2月1日、341空から戦闘401及び402飛行隊、更に141空から偵察4飛行隊が編入された。
301.名無しさん:2016年02月12日 14:54 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※289
>aAycandM0は※179が言ってるように偽装保守だな

 ※179は、IDコロコロ変えてる、文字通り工作員だ。乗せられんなバ~カ。

>自分は特攻攻撃を肯定している立場けどこういう人は本当に困る

 「困る」ってなんだよ。お前の何が困るの?
 お前の、「感傷的な女々しい価値観」が崩されるから? 現実と向き合え。
 お前の書き込みは全て、漫画を読む感覚、ミリオタ的な「戦史ゴッコ」だ。
 時系列で物事を見れず、頭でっかちな知識を披露したい「欲」に過ぎない。
302.名無しさん:2016年02月12日 14:55 ID:Xdfr2dDK0▼このコメントに返信
※269
※258
負けが込んでいる状態の国家なんて、そんなもんだ。
何をやっても、万全に程遠い有様で実現してしまう。

戦術面でも戦略面でも、俺らが指摘できるような欠点は当時の人だって見抜けただろう。
なんで見抜けなかったのか?
あるいは見抜いた上で対策できなかったのか?
損耗し、強いストレスもかかっていたので、組織が合理性を失っていたんだろう。

そのボロをひとつひとつ検証するのも大事だが、
当時それぞれの時点で他にどうしようもなかったことも、わかっておかなきゃな。
それもできて、はじめてちゃんと検証できてるって言えるんだ。
303.名無しさん:2016年02月12日 14:56 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※296
>コイツ言うことだけは勇ましいけど謎のエンジン不調を理由に終戦迄生き残るタイプだろうなw

 相手に言い勝てなくなると、「相手のキャラ付け」し始める、「弱者の典型」。

 また、「第三者を味方に付けたい」と考えるのも同じみの手段。要するに、恥じろ。
304.名無しさん:2016年02月12日 14:56 ID:839lLmSD0▼このコメントに返信
すぐに降伏すべきだと言うやつは
ベトナム戦争時のベトコン、チベット人、ウイグル人、パレスチナで戦車に投石をしている子供達にも同じ事が言えんのか?
305.名無しさん:2016年02月12日 14:56 ID:Ct6kAmBn0▼このコメントに返信
※292
>左翼が色々と言うのはそうだなあと思うが

そうか?全く「そうだなあ」とは思えないんだが。
まあ、大意は判るが民主党のマニフェストの類に共感は覚えないなあ。
306.名無しさん:2016年02月12日 14:57 ID:elHaZ2xP0▼このコメントに返信
原爆投下は実験的な意味もあるけどロシアへの威嚇行為でもあるから一概には言えないなぁ。
307.名無しさん:2016年02月12日 14:57 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※294
>ID:JKzYC5Nm0 反日馬鹿と遊ぶのは面白い。 >これは自分のようだが・・・。

 あ、IDのコピペ間違えたな
308.名無しさん:2016年02月12日 14:57 ID:aBkrnLfS0▼このコメントに返信
また赤い工作員か~

日本の癌だね。
309.名無しさん:2016年02月12日 14:58 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
ID:JKzYC5Nm0 反日馬鹿と遊ぶのは面白い。 「←IDを修正」
ID:6jkYXix50 朝鮮人に罪を擦り付ける工作 乙
ID:o2U0pz7F0 うわっ鉄板だね
ID:W5vhybiU0 ※271ププッ

 ↑ な? 一瞬で正体と手口を見破られて、今度は自分から「そうですよwそれが何かw?」
  と開き直る、「底の知れた頭の悪さ」だ。
  こいつ、正体を看破された途端、わざわざ4個目のIDに切り替えてレスしてきた。
  いかに日本人様に対してコンプレックスが強いかよく分かるわ。
  実はアンカーの付け方と改行の仕方が同じだから、2個目のIDでバレてたんだけどなw
  IDを切り替える知恵はあるが、筆跡を変えておく知恵はない…。まさに猿知恵
310.名無しさん:2016年02月12日 14:58 ID:goi1fktl0▼このコメントに返信
紫電改
発動機  誉21型 馬力 1,990HP
武装   20mm×2
最大速度 321Kt (594Km/Hr) 高度 5,600m
航続距離 926浬 (1,715Km)
311.名無しさん:2016年02月12日 14:58 ID:MNrzVc6sO▼このコメントに返信
特攻隊の遺書って検閲されているのだから、美談以外の本音の記述が残っているわけない
312.名無しさん:2016年02月12日 14:58 ID:NU9k6aoU0▼このコメントに返信
パヨクが湧くネタ

政治思想(共産主義、社会主義)・大東亜戦争・支那事変・特攻・慰安婦・移民・9条・大日本帝国・自衛隊・ヘイトスピーチ・グローバリズム・アセアンや米国、日本disり。支那上げ。

つまり奴らは共産主義者です。
313.名無しさん:2016年02月12日 14:59 ID:Ew9fdVV20▼このコメントに返信
たった数日でもいいから家族は長く生きてほしいと思って特攻していったんでしょ?
あれが無ければ日本への空爆は早まった。
とは言っても、多くのパイロットが亡くなってしまった特攻は悲劇しかないけど。
314.名無しさん:2016年02月12日 15:00 ID:usc4814B0▼このコメントに返信
特攻隊は神となり今も日本を守ってくれています。
特攻隊がいたから世界の見る眼差しは日本に一目を置きます。
この遺産を絶やしてはいけません。戦術としては外道ですがね。効果があったのには驚き。
しかし、アメリカ軍も自意識的に自己犠牲の特攻戦術のようなものはしている。ミドウェーとかでね。
勇敢なアメリカ兵もいた。特攻はそれらと同列に語られるべきだが、作戦立案者はまた別でしょう。。
315.名無しさん:2016年02月12日 15:01 ID:WivV6ST30▼このコメントに返信
※305
あーあいつらって左翼っぽいナニカだからww
316.名無しさん:2016年02月12日 15:01 ID:QgGBACzl0▼このコメントに返信
新米パイロットをコンピューターに見立てた対艦ミサイルと考えればまぁ戦術的に理解できない事はない。
でも統率の外道ってのもまた事実。
嫌々だったにしろ自ら進んで志願したにしても国の為に散っていったのは尊敬に値する。

ただ倉澤清忠と黒島亀人、貴様らはマジで悲惨な死に方してほしかった。
317.名無しさん:2016年02月12日 15:04 ID:cOeraJ0P0▼このコメントに返信
航空機や特殊潜航艇での特攻はまだ分かるけど、伏龍なんかの考案者は頭悪いと思うわ。あれはマジで兵員の無駄。
ただ欠陥兵器を実戦で使い続けることはあるよ。弾も撃てる鈍器や常に爆発する可能性があるロケット戦闘機や自艦を攻撃する魚雷とかね。
318.名無しさん:2016年02月12日 15:05 ID:GvMQsi1M0▼このコメントに返信
aAycandM0は引用符の正しい付け方すら知らない


wikiより

>訓練中の死者は特攻兵器の中で最も多い

志があるからこそ欠陥だらけの兵器で訓練中に死ぬことがどれほど無念だったことか


↑これが元の文。これを引用するなら↓こうするのが正しいやり方


>wikiより

>>訓練中の死者は特攻兵器の中で最も多い

>志があるからこそ欠陥だらけの兵器で訓練中に死ぬことがどれほど無念だったことか


そうじゃないと俺の地の文と引用の部分との区別がつかなくなってしまう
すべて一重の引用符で引用するaAycandM0は基本的なことも知らない低能か、印象操作
のためにわざとやってる卑怯者のいずれか
319.名無しさん:2016年02月12日 15:05 ID:.4.8r5mt0▼このコメントに返信
赤が韓国、北朝鮮を出汁に使うってのは良くわかった。
320.名無しさん:2016年02月12日 15:05 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
ID:6jkYXix50 朝鮮人に罪を擦り付ける工作 乙
ID:o2U0pz7F0 うわっ鉄板だね
ID:W5vhybiU0 ※271ププッ

 ↑ あれ?また間違えたぞ。1行目のIDを削除。
  この3つのIDは、一人の自作自演
321.名無しさん:2016年02月12日 15:07 ID:GvMQsi1M0▼このコメントに返信
むしろaAycandM0=JKzYC5Nm0
バレてないと思ってるのはおめでたい脳を持つ本人だけ
322.名無しさん:2016年02月12日 15:07 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※318
>そうじゃないと俺の地の文と引用の部分との区別がつかなくなってしまう
>すべて一重の引用符で引用するaAycandM0は基本的なことも知らない低能か、印象操作
>のためにわざとやってる卑怯者のいずれか

 無能が、無能なりに、「一矢報いたくて」必死だよこのアホーはw
 その引用符の付け方を修正しても、俺のレスには何の変化も影響もないし、
 「お前が馬鹿にされた事」を誤魔化せる事にはならね~よw

 つまり「お前は無力」
323.名無しさん:2016年02月12日 15:08 ID:W5vhybiU0▼このコメントに返信
「 アカ 」がウザイ
324.名無しさん:2016年02月12日 15:09 ID:8vuzhPH10▼このコメントに返信
※292
>争う事を最初から生命は想定してつくられている

まあ確かにそう言う本能の強いヤツも一定数生まれて来るのは自然だろうね
だから定期的にその手の分子を間引いてやらないと為政者の身がもたないんよね
攻撃対象が常に自分に向いたらたまらないから

時々隣のサル山のボスと相談してお互いのいらん子を対消滅させるんよ
個々人の生き方の問題も有るだろうけど
乗せられて対消滅させられる様な死に様は悲しいね
325.名無しさん:2016年02月12日 15:09 ID:4BRCn2xG0▼このコメントに返信
※323
あの偏執具合は「シャブ」食ってるよ。
326.名無しさん:2016年02月12日 15:10 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※321 >バレてないと思ってるのはおめでたい脳を持つ本人だけ

 おい!悔しいか弱者!

 aAycandM0とJKzYC5Nm0 では、アンカーの付け方も、引用の仕方も、改行の仕方も違うし
 意見も着眼点も違う上に、会話もしてね~よw つまり(IDを使い分ける意義がない)。

 悔しいからってどんどん現実逃避かよww ハズカチ~///><////
327.名無しさん:2016年02月12日 15:10 ID:GvMQsi1M0▼このコメントに返信
>あれ?また間違えたぞ。1行目のIDを削除。

必死にID切り替えで自演してるからそうなるんだよw
お前の能力的に無理なことやるとボロが出るのが丸わかりだな

>筆跡を変えておく知恵はない

ネットの書き込みで筆跡w
バーカバーカw
なぜバカにされてるかわからないほどの低能らしいが、一度筆跡の意味を調べてこいw
328.名無しさん:2016年02月12日 15:10 ID:vU6FFeAM0▼このコメントに返信
「人としてこれは絶対やってはだめだろ」と言う事を
命令するなら潔く負けを認めるべきだったのに
軍のお偉方は面子に拘ったのだろうな。
329.名無しさん:2016年02月12日 15:11 ID:8p4Lq8HE0▼このコメントに返信
※293
どれだけ勇ましいことを言うかと思ったらよりによって国内の在日狩りで草生える
特攻の1%も悲壮感も追い詰められた感もしないw
テロを阻止するためなら場合によっては爆弾抱えて突っ込むって、それ最初から死ぬこと前提の特攻と全く違うじゃん

この文章からお前のチキンっぷりが透けて見えるわ

質と量で圧倒的に勝る米軍相手に、死人が出るような訓練を潜り抜けて、ひたすら出撃する日までを耐えるという過程の後にあるのが特攻で、お前のその糞みたいな決意とは全く違うの。
330.名無しさん:2016年02月12日 15:12 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※318
>そうじゃないと俺の地の文と引用の部分との区別がつかなくなってしまう

区別が付いてるから、「3行目」の「美辞麗句で補うなw」と指摘したんだろうw
誰の目にも、「お前の女々しい美辞麗句印象操作」は一目瞭然だから安心しろw
お前は自意識過剰だw 自惚れ!
331.名無しさん:2016年02月12日 15:13 ID:goi1fktl0▼このコメントに返信
重機関銃
資源的、人的にビンボーな日本が陸海バラバラに銃器を装備し、 資力もある米国が単純明快。
航空機、戦車、歩兵の重機関銃はたった一つに統一されていたとは、いささか考えさせられる。
332.名無しさん:2016年02月12日 15:15 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※329
>どれだけ勇ましいことを言うかと思ったらよりによって国内の在日狩りで草生える
>特攻の1%も悲壮感も追い詰められた感もしないw

 「特攻には悲壮感だぁ!」と言ってるなら神経を疑うわww

 あと東日本震災の時に米軍が空母を出したのは、「中国が火事場泥棒する構えを見せたから」だが、
 場合によっては本当に中国軍が乗り込む可能性だってあったんだからな?

 戦時中の特攻作戦は「本土じゃない場所」だったが、震災などの「有事」は
 現実として本土の話しだ。だから米軍が空母を出した。

 その時に、在日工作員狩りするのは当然だろ。 お前は頭悪いからもう引っ込めよ。親不孝者。
333.名無しさん:2016年02月12日 15:15 ID:G7S0Un2z0▼このコメントに返信
他にも玉砕だの死守だのやってたのに、特攻だけ批判するのは、印象操作された物知らずか工作員本人。

批判の種、無能な軍部を作り上げたのは共産勢力じゃないか。
今で言うゆとり老害のような分断工作で、日中戦争時代にテロやクーデターなんども煽動してる。(2.26、5.15他)
首相や天皇の側近ですら殺される、そんな状況で国民を若者を恐れていたんだろう。
反乱を恐れて有能な者を殺していく、共産煽動された国で頻発した事だ。

戦争自体も、日本の立場に成り代わろうとした中国が、朝鮮族(中国にも沢山いる)を使って煽動工作成功させたって事だろう。

国内では、朝鮮台湾を日本人として迎え入れ、活躍した者も居たが、日本人としての統率が緩んだ所を情報工作で突かれた。
国外では欧米で日本下げ(日本の歴史は中国のパクリ展等)、特にアメリカではキリスト教徒煽動して日本を敵視させた。(孫文周辺)
そういう工作が中共、共産党になっても引き継がれ、100年以上続いてるんだよね。
戦前戦中の考察をさせないのも、いまだに同じやり方で日本に寄 生しているから。

先ずは特ア共産(主に朝鮮族)を真っ先に駆除。他は国際情勢に合わせて平和を軸に考えればいいんじゃないかな。

『・・・その結果が仮に、いかなる形の講和になろうとも、日本民族がまさに亡びんとする時に、身をもってこれを防いだ若者たちがいたという事実がある限り、五百年後、千年後の世に、必ずや日本民族は再興するだろう・・・』
日本の先人に、ご先祖様に感謝。
334.名無しさん:2016年02月12日 15:15 ID:JKzYC5Nm0▼このコメントに返信
まあとにかく
反日工作員は
世界のおもちゃなんですよ。

書かれたら涙で書くなと懇願する程度のおもしろい人たちです。

おもちゃですから遊んであげればいいんです。

なお、論理も説得も聞きません。マニュアルで動いているだけのロボットおもちゃなんです。

アンダースタンド?
335.名無しさん:2016年02月12日 15:17 ID:GvMQsi1M0▼このコメントに返信
※330
「美辞麗句で補うなw」という印象操作をしたいがために、俺がwikiで引用した部分と俺の地の文をわざと区別がつかなくなるようにしたんだろ?
どっちにしろ引用は正しい形でやれや低能
336.名無しさん:2016年02月12日 15:17 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※329
>質と量で圧倒的に勝る米軍相手に、死人が出るような訓練を潜り抜けて、
>ひたすら出撃する日までを耐えるという過程の後にあるのが特攻で、お前のその糞みたいな決意とは全く違うの。

 お前みたいなザコキャラが、恥ずかしくも厚顔無恥に言い返す道具になる為に
 日本兵は死んでいったわけちゃうぞ? 恥じろ。

 「訓練を潜り抜け」←ここ笑える。美辞麗句しか能がないよなお前。言葉遊び大好きかよ。
 「ひたすら出撃する日までを耐える」←これも笑える。「知った風な口を利く」って奴だな。
337.名無しさん:2016年02月12日 15:17 ID:lq.AJJRG0▼このコメントに返信
「 アカ 」 偏執狂
338.名無しさん:2016年02月12日 15:17 ID:4.gXuiA30▼このコメントに返信
※33
逆に言うとそれだけなんだけどな。特攻機の戦果を表にしてみろよ、かなりの戦果で驚くぜ。
339.名無しさん:2016年02月12日 15:18 ID:5m04qtQb0▼このコメントに返信
※331
M1917、M1919「いつの間にかいない子扱いされてる・・・」
340.名無しさん:2016年02月12日 15:18 ID:lq.AJJRG0▼このコメントに返信
< 大東亜戦争の真実をマレー人が語る >
ttps://www.youtube.com/watch?v=XW5NlyovI74
341.名無しさん:2016年02月12日 15:18 ID:1WDGek3O0▼このコメントに返信
特攻とか玉砕て日本独自の概念かと思ってたら違うみたいね まだ日本が太平洋戦争で優勢だったころ
フィリピンのアメリカ軍を追いつめてたらアメリカ軍機が爆弾を積んだまま日本の戦艦に突撃する例が多々あったとか

映画の話だけど若きスティーブマックイーンがドイツ軍と戦うアメリカ兵を演じた「突撃隊」て映画でマックイーンの兵士が
爆弾をもったまんまドイツ軍のトーチカに突っ込んで大爆発、という場面があったわ
342.名無しさん:2016年02月12日 15:19 ID:JKzYC5Nm0▼このコメントに返信
再掲載 ごめんなさい

チャンネル桜の動画で防衛研究所のシミュレーションの予告動画を見た。
会員じゃないので本編は見ていない。
その中で、硫黄島やパラオ、沖縄の砲撃散布率などを調べた結果、硫黄島と沖縄では差が大きく、艦砲射撃の脅威等は比較にならない差があったという結論に達したらしい。
そこで、本土決戦においては当初松本要塞に立てこもり行うつもりであったのが、方針転換、九十九里方面と伊豆方面の二正面作戦に切り替えた。
この見立ては米軍の上陸作戦を的確に予測し
その結論として、敵上陸軍は殲滅したであろうと見積もっている。

天皇陛下ご自身が帝都を離れる意志がなかったことも大きい。

返す返すも原爆が無ければとは思う。
なお、特攻により、脅威に感じた米軍が上陸を行う意志を喪失したのは事実だが、結果、ソビエトに参戦させたことが北方領土を占拠させることにはつながったと考えている。

それでは
ぱよぱよちーん。
343.名無しさん:2016年02月12日 15:19 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※335
>「美辞麗句で補うなw」という印象操作をしたいがために、
>俺がwikiで引用した部分と俺の地の文をわざと区別がつかなくなるようにしたんだろ?
>どっちにしろ引用は正しい形でやれや低能

 逆だろ。
 印象操作したい場合は、むしろ初めから引用符は正しく使ってるわw 単に指がかじかんでるだけだ。

 あと、「どっちにしろ」という言葉選びから、お前自身もそのレスに
 「無理がある事」を自覚してる証拠だ。
 自分のレスに半信半疑になってどうするw(お前そろそろ消えた方がいいよ。全敗中)
344.名無しさん:2016年02月12日 15:22 ID:GvMQsi1M0▼このコメントに返信
「どっちにしろ」、はお前が無能orお前が意図的にやった

のどちらかだと思ったから
「どっちにしろ」お前がクソであることに代わりはないw
345.名無しさん:2016年02月12日 15:23 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※327
>筆跡を変えておく知恵はない >ネットの書き込みで筆跡w >バーカバーカw
>なぜバカにされてるかわからないほどの低能らしいが、一度筆跡の意味を調べてこいw

 おー。悔しくて必死か。お前はいっぺん、【比喩】って語句を検索して来い。
 お前には100年早い言葉だ。

 お前のレス「比喩」がないから、無駄に「長文」になるのだ。
 (ゆえに知性を感じさせず、人から相手にされないのだ。言い訳がましく見えるから)
346.名無しさん:2016年02月12日 15:24 ID:GvMQsi1M0▼このコメントに返信
>単に指がかじかんでるだけだ

暖房器具もないのかよw
底辺は無理すんなw
347.名無しさん:2016年02月12日 15:24 ID:BlsUqHud0▼このコメントに返信
< 大日本帝国憲法口語訳してみた >
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm19860304
348.名無しさん:2016年02月12日 15:24 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※344
>「どっちにしろ」、はお前が無能orお前が意図的にやった
>のどちらかだと思ったから
>「どっちにしろ」お前がクソであることに代わりはないw

 「>」の数が多い少ないに関係なく、お前の「美辞麗句で補おうとした猿知恵」
 は少しも変わらない。

 つまりお前は最初からマヌケなのだ^^
 あの手この手で言い訳するしか能のない、ザコキャラ。弱者。
349.名無しさん:2016年02月12日 15:24 ID:2bcvSa.K0▼このコメントに返信
※21
※29
※34
※38
※58
※62
※70
※89

後半まで目を通せなかったが興味深いコメ

それとは別で当時戦った人が居たから今の日本があるというのに同意。
今はたとえ他人のために何か言おうとしても、自分が損になるから言わないという情けない風潮。
これじゃ世の中腐ってくる。大企業病が日本病になる日も遠くない。


しかし教育って怖いね。戦果がなかったと思わされている。
戦後すぐなら政治的判断でその嘘は平和のためになったかもしれないが、今は別にそんなことはない。
その間違った前提の上に、結果論で話しているんだから話にならないわな。

結果論を言っている奴は、だいたい自覚がなくそれを説明しても理解できる脳みそがない。
350.名無しさん:2016年02月12日 15:26 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※346
>暖房器具もないのかよw 底辺は無理すんなw

 ほらな? あの手この手で「言葉尻」を捉えるしか能のないザコだ。
 それに相変わらず「比喩」や慣用句に言い替える能がない。

 1レス1レス、すべて俺に論破されて恥ずかしいのう??
351.名無しさん:2016年02月12日 15:27 ID:8p4Lq8HE0▼このコメントに返信
というかこのアホみたいな題名どっかで見たことあると想ったら、去年既にこのサイトでまとめられてたやん
ttp://military38.com/archives/46311286.html
アクセス数稼ぎか知らんがよく燃えそうなネタはリサイクルするあたりマジでこのサイトクソやな
もう見るの辞めるわ
352.名無しさん:2016年02月12日 15:28 ID:GvMQsi1M0▼このコメントに返信
暖房のない部屋で周りからフルボッコにされ自演してボロを出し、悔しくて他人を自演認定
同情に値するが、いくらフルボッコにされてようが泣き叫ぼうが手加減しないから
353.名無しさん:2016年02月12日 15:29 ID:BlsUqHud0▼このコメントに返信
< 陽光桜 知られざる偉人 高岡正明の功績 >
ttps://www.youtube.com/watch?v=QRFjQcNpB_4
354.名無しさん:2016年02月12日 15:29 ID:Xdfr2dDK0▼このコメントに返信
※341
映画『インディペンデンス・デイ』でも最後アメリカ人が特攻してるしな。対エイリアン母艦。
「このままぶつけてやる!」という気概の軍人は、どの国にもそこそこ居るんだろう。

ただし、自爆前提の作戦を命令されて、相当数の軍人が画一にその気概を実行したというのは、
現場組の独断特攻とは
また重さが違う。

アメリカ人にとって、独断ではない「自爆作戦」を不特定多数が受諾するというのは……
「カルト宗教的な狂信(ファナティック)で洗脳しているに違いない」
「『天皇は実は人間だ』と教えれば洗脳が解けるはずだ」
って思っちゃうぐらいには衝撃的だった。
355.名無しさん:2016年02月12日 15:29 ID:qStBQeeo0▼このコメントに返信
どの道戦争後半には通常の航空攻撃自体が米軍の迎撃能力の飛躍的向上でほとんど自殺的だった事にはあまり触れられないよね
仮に爆弾投下出来ても帰り道に撃墜されるし
一部の一線級部隊を除いて訓練すら出来ないレベルの燃料不足で養成中の搭乗員は軍事的に存在意義が無かった訳だし特攻と言う戦略自体は実は悪くなかった
ただし特攻作戦を立案した奴等が責任取らずにのうのうと生きてるのには腸が煮えくり返る位許せないけど
356.名無しさん:2016年02月12日 15:29 ID:5m04qtQb0▼このコメントに返信
※341
そもそも欧州でも被弾して未帰還になるだろう損害を受けた機が体当たりして道連れなんてのはあるし、
組織的に体当たり攻撃やそれを辞さない肉薄攻撃を敢行した独エルベ攻撃隊や、ソ連のタラン戦法もある。
伊のMTM艇も一応脱出装置はあるものも、実際爆薬ボートだしな。
357.名無しさん:2016年02月12日 15:29 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
>ネットの書き込みで筆跡w
>バーカバーカw
>なぜバカにされてるかわからないほどの低能らしいが、一度筆跡の意味を調べてこいw

 ま、コイツの頭の悪さはこのレス1個でお察しよ。↑

 いや、「引用符の付け方ガ~!!」とか、「暖房器具ガー!」とか、あるいは
 「こいつは〇〇タイプだな!」と言い触らしてみたり、「バーカバーカw」とか、
 元を正すと「ソースはWIKI」の時点で【アレ】だが、ID:GvMQsi1M0は

 『日頃からネット上で負け慣れてる典型』ですわ。(「また遊んでやるよw」レスは17時頃ですか?)
358.名無しさん:2016年02月12日 15:31 ID:BlsUqHud0▼このコメントに返信
「 アカ 」 キ〇ガイ揃い
359.名無しさん:2016年02月12日 15:32 ID:GvMQsi1M0▼このコメントに返信
※348
>敵の進軍を止める為なら、俺だって爆弾抱えて、【敵の陣地に突っ込むわ!】

お前のこの口だけの美辞麗句をまずどうにかしろやw
360.名無しさん:2016年02月12日 15:32 ID:NLuTqwYz0▼このコメントに返信
無駄死に必至と思われた複葉練習機「赤とんぼ」特攻部隊がガチステルス性能発揮して目視されるまで発見されず
米軍のVT信管も木製ボディに反応せず弾幕を抜け駆逐艦1隻撃沈2隻大破という大戦果を挙げたんだよね・・・
361.名無しさん:2016年02月12日 15:32 ID:BlsUqHud0▼このコメントに返信
※355
特攻の生みの親、大西瀧治郎氏は終戦後、「死ぬときはできるだけ苦しんで死ぬ」の言葉通り、
介錯無しで割腹自殺を図り15時間以上苦しんで亡くなった。
362.名無しさん:2016年02月12日 15:32 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※352
>【周りから】フルボッコにされ自演してボロを出し、

 見てみw どこのも実在しない「味方」を手に入れましたよ!このID:GvMQsi1M0!
 日頃から日常的にネット上で負けてる人間のテンプレだわな

>悔しくて他人を自演認定

 いや、ちゃんと証明したろ。
 「ID:6jkYXix50 ID:o2U0pz7F0 ID:W5vhybiU0」これ検索して自演に見えないのはお前だけだろ?無能だし。

>同情に値するが、いくらフルボッコにされてようが泣き叫ぼうが手加減しないから

 お前、全戦全敗してるよ? あの手この手で、レスの度に違う論法ブツけて来るくせに
 俺に指摘されたら、ソッコーで引っ込めてるじゃん。(暖房器具だけは今後も連呼するんだろ?クスクス^^)
363.名無しさん:2016年02月12日 15:33 ID:ge7Fobur0▼このコメントに返信
※338
特攻も護衛空母と駆逐艦だけだぞ。それにアメリカ軍は最後の方は囮も使っていたし
364.名無しさん:2016年02月12日 15:33 ID:GvMQsi1M0▼このコメントに返信
aAycandM0は今時半角アンカーすら打てないんだからな
隠し切れない低能さがナチュラルににじみ出ている
365.名無しさん:2016年02月12日 15:34 ID:5ciwuBNg0▼このコメントに返信
< 日本人が知らない「蛍の光」三番と四番の歌詞 消されたものには意味がある >
ttps://www.youtube.com/watch?v=zjD4GBAfpQs
366.名無しさん:2016年02月12日 15:37 ID:GvMQsi1M0▼このコメントに返信
>暖房器具だけは今後も連呼するんだろ

お望みならそうしてやるよ^^

aAycandM0は相当カッカしてるようだが、暖房がない文字通りお寒い環境ではそのほうが体温が上がっていいのだろう
だから落ち着けお前、なんて言わない
顔真っ赤にし続けてたほうが手もかじかまなくていいぞw
367.名無しさん:2016年02月12日 15:38 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
↓お前の名言集だぞ?お前の言う【周り】に見てもらおうな?自分の「ザコキャラっぷり」と向き合おうぜ?

ID:GvMQsi1M0
※244>欠陥だらけの兵器で訓練中に死ぬことがどれほど無念 ←WIKI引用。足りない説得力を美辞麗句で補完
※264>そんなお前の勝手な判断基準なんて俺どうでもいいもんねw
※276>お前のこれは美辞麗句じゃないのかよw
※296>言うことだけは勇ましいけど謎のエンジン不調を理由に終戦迄生き残るタイプ ←言い勝てなくて相手のキャラ付け言い触らし
※318>aAycandM0は引用符の正しい付け方すら知らない ←引用符に関係なく、指摘された美辞麗句行為は変わらない
※321>むしろaAycandM0=JKzYC5Nm0 ←双方の書き込みを「わざと」見比べない白々しさ
※327>ネットの書き込みで筆跡w バーカバーカw  ←お察し
※346>暖房器具もないのかよw 底辺は無理すんなw ←【一矢報いたい】らしい
※352>暖房のない部屋で周りからフルボッコにされ ←第三者を味方に付けたがる器の小ささ

(「また遊んでやるよw」レスは17時までに頼むわ)
368.名無しさん:2016年02月12日 15:39 ID:2bcvSa.K0▼このコメントに返信

そうそう、わからない人に言いたいが、物事を想像するのに必要なのは、相手の立場に立った時の状況だけじゃなくて、相手の判断指標まで考えなきゃいけない。
そんなのわかるか?そう、大抵の場合は想像しきれない。だから慎重にあらゆる検討をしなくてはいけない。

一人の人間の中でも色々に捉えることができる。
当時の軍部が酷かったからと言って、本当に馬鹿げていただけなのか、以下の動画を見れば少しはわかると思う。
マイケル・サンデルのハーバード白熱教室
www.youtube.com/watch?v=hyHsz5Z5ZCQ

369.名無しさん:2016年02月12日 15:39 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※364
>aAycandM0は今時半角アンカーすら打てないんだからな

 半角で打ったら、「アンカーにしたくない時」にも意図せずアンカー化するのを避ける為、だよ^^
370.名無しさん:2016年02月12日 15:40 ID:QoWU5p5V0▼このコメントに返信
シャブ中 赤か、、、
371.名無しさん:2016年02月12日 15:40 ID:goi1fktl0▼このコメントに返信
カミカゼ特攻だけが戦争の悲劇じゃないだろう。
局地戦、限定戦と違い、全面戦争は総力戦になる。
国家、民族が滅びるかどうかの瀬戸際に立たされる。
後世の人間が綺麗事だけで論じられるほど軽いもんじゃない。
欧米列強国は世界各地に植民地を持ち、軍事政治経済の拠点化。
アメリカ発世界恐慌は植民地を持つ欧米列強国のブロック経済化による国益の囲い込み。
それを不満とする持たざる列強国の軍国主義、全体主義の台頭。
当時の日本を取り巻く世界情勢がまるで違うのに、今の常識で人権を語ろうとするお花畑の面々。
見てるとほほえましいを通り越して、バカにしか見えん。


372.名無しさん:2016年02月12日 15:41 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※366
>悔しくて他人を自演認定

いや、ちゃんと証明したろ。
「ID:6jkYXix50 ID:o2U0pz7F0 ID:W5vhybiU0」これ検索して自演に見えないのはお前だけだろ?無能だし。

ほら反論しろよ。それとも「また」逃げるのかな? 逃げるだろうね?
そして「暖房器具」とレスして、「言い返してやった!w」みたいに錯覚するんだろ?ザコだから
373.名無しさん:2016年02月12日 15:41 ID:GvMQsi1M0▼このコメントに返信
それくらい打ち分けられないのかよ低能だな
あ、手がかじかんで難しいのか失礼した
374.名無しさん:2016年02月12日 15:42 ID:94WtrXA.0▼このコメントに返信
※370
ヤクザと構成要素もほぼ同じだからね~
375.名無しさん:2016年02月12日 15:43 ID:6N5UwvB60▼このコメントに返信
特攻隊無かったら米軍艦の本土攻撃で俺はこの世にいないかもな
俺にとっては恩人だ
米国人から見れば仇だ
他人から見れば他人だ
376.名無しさん:2016年02月12日 15:43 ID:G7S0Un2z0▼このコメントに返信
※349
WGIPなんて呼ばれてるものが影響してるだろうね。
属国日本と名乗らされたほど、戦後の日本では自虐が強制されていた。
アメリカ相手に大活躍、なんて話は当然抹消だよ。

考えるだけでなく情報収集も大事だよ。有用な情報一つで思考が変わる。
377.名無しさん:2016年02月12日 15:43 ID:D0hRuXlw0▼このコメントに返信
※370
勤務時間、5時までだってさw
378.名無しさん:2016年02月12日 15:45 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※359 >お前のこの口だけの美辞麗句をまずどうにかしろやw

 どうにか、ってどうやって?
 随分前のレスまで遡ったようだけど、「1度くらい勝ちたくて必死」なんだよね?お前は。

>〇〇をまずどうにかしろやw

↑この論法を、俺も使っていいなら何度でも使うんだが、お前と同じ論法使うなど恥ずかしくてとても…
 俺はお前と同じ論法は使わない、なぜか分かるか? お前レベルに落ちぶれたくないからねぇ。
379.名無しさん:2016年02月12日 15:45 ID:JKzYC5Nm0▼このコメントに返信
※342追記

大戦終末期、常識的には一方的な殲滅線になりがちな戦線で、日本軍は敵に対して重大な損害を与えている。
戦死者数で比較すれば日本軍が圧倒的な損失だが、逃げ場のない敗北の戦場で、手当もならず捕虜にも取られない結果。
しかし、死傷者数で比較してみると米軍も相当数損害を受けている。
この数値には小指を怪我したぐらいではカウントはされないだろう。
戦傷者は戦場から離れるわけであり、戦力がなくなるという点では戦死者と同じ。しかも、それへの対処が必要ともなり負担は大きくなる。
因みに米軍の沖縄戦での死者数は2万弱
しかし戦傷者は10万ぐらいいたような記憶がある。間違っていたら申し訳ない。
日本軍関係者の戦死者が10万強だったことを考えれば、状況・条件の差を考慮しても敢闘したことは伺える。

違った。言いたかったことがある。
実はフィリピン戦のことだが、
まあ米軍の損害は沖縄戦と同程度なんだが、
日本軍の戦力は数倍規模あった。しかも戦域の広さは沖縄の比ではない。
もう少し戦いようがあったのではないかと思っている。残念。
戦法がこのころに変えられていたらと思うんだよね。
たとえ敗北したとしても・・・。

そうすれば、特攻があったかどうかも分からないし、講和すらあったかも知れない。
どんなときでも天王山に負けない準備は必要だと思うけどね。

380.名無しさん:2016年02月12日 15:46 ID:GvMQsi1M0▼このコメントに返信
俺が言ったことを美辞麗句だと言って否定するなら、お前のほうが先に美辞麗句言い出したのはどうなるんだ
そっちを引っ込めるのが先だろ順番的に

>敵の進軍を止める為なら、俺だって爆弾抱えて、【敵の陣地に突っ込むわ!】

口だけならなんとでも言えるわな

381.名無しさん:2016年02月12日 15:46 ID:y6ydXCha0▼このコメントに返信
※370
完全に逝っちゃってるw
382.名無しさん:2016年02月12日 15:47 ID:k.PK3da30▼このコメントに返信
最近ニュースソースも何もないVIPでたった糞スレをソースとするまとめが多いのはなんなん?
383.名無しさん:2016年02月12日 15:47 ID:p21oKk8r0▼このコメントに返信
※370
世の中 敵だらけww
384.名無しさん:2016年02月12日 15:48 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※366 >お望みならそうしてやるよ^^

 あと、なんで急に、俺の使ってる「^^」を真似したんだ?
 相手が先に使った手法を、「そのまま使えば皮肉になる!」みたいに錯覚してるタイプか?

 逆効果だからもう辞めとけよ? 「俺はさっきお前に〇〇と言われて悔しかったんだ~!」
 と認めるのと同じだから。しかも「後手後手」だし。
 それに「自分の頭で考えた言葉」で言い返そうな? お前はテンプレが多過ぎる。
385.名無しさん:2016年02月12日 15:48 ID:p21oKk8r0▼このコメントに返信
< よみがえる100年前の世界 東洋 >
ttps://www.youtube.com/watch?v=E1IJGuT63Oo
386.名無しさん:2016年02月12日 15:49 ID:GvMQsi1M0▼このコメントに返信
※378

いくら箇条書きしようが上げ足とってどうでもいい一言を付け加えることを勝ちとは言わないぞ
それにこちらは当然なことに暖房くらいある環境でこれを書いてる
人生でも敗け、豊かさでも敗け、議論でも負けるのはお前にとって辛いことだろうが、おれはお前みたいな阿呆でもようしゃはしないから
387.名無しさん:2016年02月12日 15:49 ID:aFoWfFI80▼このコメントに返信
最近の研究だと「特攻は大して効果無かった」ってのは真実ではないって説が浮かんでるな。
本当はかなりの戦果を上げたけど、米軍が士気の低下を抑えるために
被害を過小に宣伝したとか。
388.名無しさん:2016年02月12日 15:50 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※380
>俺が言ったことを美辞麗句だと言って否定するなら、お前のほうが先に美辞麗句言い出したのはどうなるんだ

 お前がやった行為は、「WIKI」をソースにして、「でも説得力が足りなかった」から、
 主観の感想を書き添えた事、だろ。

 「WIKIからの引用に主観を書き添えた行為」を、馬鹿にされてる事を、そろそろ分かれ! 
389.名無しさん:2016年02月12日 15:51 ID:38poAEUF0▼このコメントに返信
※384

病院行ったほうがいいよ~

薬 抜かなきゃ
390.名無しさん:2016年02月12日 15:51 ID:GvMQsi1M0▼このコメントに返信
>あと、なんで急に、俺の使ってる「^^」を真似したんだ?

そんな顔文字はテンプレだからお前も使ったし俺も使ったってだけだろ
お前のオリジナルとでもいうのかよ低能
自惚れるなアホw
391.名無しさん:2016年02月12日 15:51 ID:ge7Fobur0▼このコメントに返信
※375
室蘭、釜石、日立、浜松は艦砲射撃されているんですが
392.名無しさん:2016年02月12日 15:52 ID:4.gXuiA30▼このコメントに返信
※360
なんだかなと思うよな。因みにこの日沈んだ駆逐艦の乗組員がミズーリの艦長の親戚だった?とか。
戦争は最後まで人の命を奪うんだなと改めて思う次第。
393.名無しさん:2016年02月12日 15:52 ID:goi1fktl0▼このコメントに返信
戦後日本の今の世の中、偏差値バカにとって社会科の歴史は比重の軽い科目の一つだろう。
そんなヤツらが日本の国家中枢に増えてきて要職に就き始めている。
対比列伝なんて読んだ事もない、詰め込んだ知識や目先の処世術を頼りに生きてるだけの無能集団。
銭ゲバ、拝金主義の特亜にとっては都合の良い日本の社会でいて欲しいのだろうが、そう都合よく時代は進むかな?。
この日本にだって、まだまだ国を憂える未来の偉人や英雄候補はゴマンとおるわい。
394.名無しさん:2016年02月12日 15:52 ID:Lhk7vztY0▼このコメントに返信
※389
止めろバカ、噛みつかれるぞ
395.名無しさん:2016年02月12日 15:53 ID:GvMQsi1M0▼このコメントに返信
>「でも説得力が足りなかった」から、主観の感想を書き添えた事、だろ。

そんなのお前の勝手な決め付けだろうがよ
お前ごときが俺の心情を察することが出来るわけがない

引用に個人の感想を付け加える
こんなの文章の基本だし、俺以外にやってるの見たことないの?
たんに揚げ足を取ってるだけじゃん
396.名無しさん:2016年02月12日 15:53 ID:FVvFNM7G0▼このコメントに返信
※387
あとは戦力差があったとしても、他の敵対する国に模倣されたら、脅威になるからね。
397.名無しさん:2016年02月12日 15:53 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※386
>いくら箇条書きしようが上げ足とってどうでもいい一言を付け加えることを勝ちとは言わないぞ

 「箇条書き」「揚げ足取り」の使い方違う。

 「どうでもいい一言を付け加える」は「蛇足」とかに言い替えろ。比喩や形容や慣用句を勉強して来い。

>人生でも敗け、豊かさでも敗け、議論でも負けるのはお前にとって辛いことだろうが、

 長い長い。恥じろ。長い分からは「言い返したくて必死」感しか演出できない。↑
 (議論?お前のレスの「自演だ~!」とか「暖房器具が~!」が議論? 議論から逃げ回ってる癖に?)
398.名無しさん:2016年02月12日 15:54 ID:U.d1vuuQ0▼このコメントに返信
< 元旦に天皇陛下がなさっていることをご存知ですか?日本に生まれて幸せです >
ttps://www.youtube.com/watch?v=GOC-9ouJ7KU
399.名無しさん:2016年02月12日 15:55 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※395
>そんなのお前の勝手な決め付けだろうがよ >お前ごときが俺の心情を察することが出来るわけがない

 「誰が」見ても、あのレスは「厚顔無恥な行為」だから安心しろ。お前の言う「周り」にも聞け。
 (WIKIを引用したのはいいが、説得力が足りないから、主観の美辞麗句で補った行為)

>引用に個人の感想を付け加える
>こんなの文章の基本だし、俺以外にやってるの見たことないの?

 そんな「基本」はどこにも実在しない。実在しない「ルール」を捏造してまで言い返したいか…。
 (お前以外は、『WIKIソースを捏造で補った』疑惑かけられるのを避ける。お前だけ)
400.名無しさん:2016年02月12日 15:57 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※389
こいつ、そんなに「尻軽みたいにID切り替えで自作自演してる事」を、
俺に看破されたのは悔しかったのか・・・。在日エラはワンパターンだな。
401.名無しさん:2016年02月12日 15:57 ID:4.gXuiA30▼このコメントに返信
※363
おいおい。正規空母も沈む寸前までいっているんだが・・・・
サラトガやバンカーヒル、エンタープライズ等々の戦果を知らないのか?
そもそも時間稼ぎが目的なのだから相手を傷つければ作戦は大成功なのよ。そこ行くと特攻はかなりの船舶に損傷を与えているし、向こうもそれを認めてる。
乗組員がパニックになってやばいという報告書まで残ってるぐらいにね。
402.名無しさん:2016年02月12日 15:57 ID:NQWmok1w0▼このコメントに返信
特攻の是非や評価自体が無駄。
「チェックメイト掛けられました、諦めて死にます」みたいな反応は人間には出来ないんで、無駄でもなんでも暴れる。
しかし暴れても何も変わらない。
太平洋戦争自体が特攻だったしな。

試験前日になって徹夜で勉強したけど、落ちた、あれは無駄だったのかとか考えても意味ないだろ。
「次は準備する」が正しい結論。
403.名無しさん:2016年02月12日 15:57 ID:GvMQsi1M0▼このコメントに返信
※397

ネットで筆跡とか言い出すのはどうなんですかねえ?日本語マスターさんw
比喩って言えば勘違いやバカな言葉のミスをごまかせるなんて思うなよw
404.名無しさん:2016年02月12日 15:58 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※390
>そんな顔文字はテンプレだからお前も使ったし俺も使ったってだけだろ
>お前のオリジナルとでもいうのかよ低能 >自惚れるなアホw

 それを「後出しで使う事」自体が恥ずかしいんだよw バッカで~w
 (これには1番笑ったかもしれんwゲラゲラw負け惜しみも大概だ)
405.名無しさん:2016年02月12日 15:59 ID:yRiYYcpP0▼このコメントに返信
特攻による具体的戦果というものは、ほとんど確認されていない。
経済面からの収支決算では、日本側の損失額が、米軍の損失額をはるかに上回っている。

冷静に考えれば、弾幕の中に飛び込んでいけば弾を避ける事なんぞ出来ないのだから撃墜されないわけがない。
暗闇の中で、視野角の狭い潜望鏡をのぞきながらの航行では、敵艦をロストした上帰還すら出来なくなるのは当たり前。

精神面については「今俺たちがあるのはそのおかげ」と考えている人の頭の中ではまさにその通りなのだから、
否定の仕様がない。
406.名無しさん:2016年02月12日 16:00 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※403
>ネットで筆跡とか言い出すのはどうなんですかねえ?日本語マスターさんw
>比喩って言えば勘違いやバカな言葉のミスをごまかせるなんて思うなよw

 日本語マスターじゃなくても出来る範囲。「非学者論に負けず」って奴だな?
 さっき言ったように、お前は比喩・形容・慣用句から勉強し直して来い。
 「長文で書く性癖」を治療して来いよ。お前の為なんだから、やらない理由がない。
 それに釣られずに済むぞ?
407.名無しさん:2016年02月12日 16:00 ID:goi1fktl0▼このコメントに返信
社会に出てからの人間として、日本人としての生き様を決定づけるのが学業成績だけとは、いささか情けない世の中に日本はなったもんだと思う。
明治開国期、戦前、戦中の世界が激しく動く中を必死に生き抜いてきた日本のお年寄り達にはどう映っているのだろうか?。
ふとそんな思いが脳裏をよぎる。
408.名無しさん:2016年02月12日 16:00 ID:GvMQsi1M0▼このコメントに返信
>『WIKIソースを捏造で補った』疑惑かけられるのを避ける。お前だけ)

そうならないようにwikiソースからの引用には引用符をつけ、地の文とは区別したわけだろ
その事実は無視ですか
都合のいいことしか見えない持病が有るようで
409.名無しさん:2016年02月12日 16:01 ID:4.gXuiA30▼このコメントに返信
人道性、正当性を無視した特攻の驚くべき戦果って中々議論の俎上に乗らないよね。
調べてみるとかなりの戦果が上がっていて、やはり一応の合理性はあったんだなと思うのだけどどうだろう?
因みに芙蓉部隊の戦果は米側記録だとほとんどなくて、眉唾だなんて指摘もあることをお忘れなく。
410.名無しさん:2016年02月12日 16:02 ID:GvMQsi1M0▼このコメントに返信
そしてわざわざ区別がつかなくなる形で俺の発言を引用したのはaAycandM0のほう
手がかじかんで正しい引用ができなかったというなら揉み手でもして手を温めてからにしろ
暖房がないからって間違った引用をされたら迷惑なんだよ
411.名無しさん:2016年02月12日 16:04 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※408
>そうならないようにwikiソースからの引用には引用符をつけ、地の文とは区別したわけだろ
>その事実は無視ですか >都合のいいことしか見えない持病が有るようで

 引用符の形式に関係なく、俺はちゃんと「3行目はお前の捏造だ」
 と指摘した事実はむしですかー?
412.名無しさん:2016年02月12日 16:05 ID:2bcvSa.K0▼このコメントに返信
※376 そういう思惑もきっとあっただろうと思っているし、ネットでもよく見かけるね。
いろいろな人が嘘も方便、暴力や強制も犠牲者が減るのならと考えて複雑な歴史が作られてきている訳で、歴史には嘘や嘘と言わなくとも真実じゃないことがたくさんある事が十分考えられるよね。
413.名無しさん:2016年02月12日 16:06 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※410
>そして【わざわざ区別がつかなくなる形】で俺の発言を引用したのはaAycandM0のほう

 事実誤認も甚だしいぞw

 ちゃんと、「この「3行目の美辞麗句」で洗脳したいらしいけど」と明言してるよねー?
 3行目は、1~2行目と違い、お前の勝手な主観だと区別してますよね? 馬鹿なの?
414.名無しさん:2016年02月12日 16:06 ID:GvMQsi1M0▼このコメントに返信
個人の感想に捏造も何もないわw
あれを捏造というなら

>敵の進軍を止める為なら、俺だって爆弾抱えて、【敵の陣地に突っ込むわ!】

こっちのほうがよっぽど捏造だわw
415.名無しさん:2016年02月12日 16:07 ID:goi1fktl0▼このコメントに返信
日本にとって、勝てば官軍、負ければ賊軍の言葉の意味は大きい。
次の戦争では負けない、というその備えは必要。
平和は次の戦争の準備期間に過ぎない。
また平和とは敵の侵略を跳ねのける力を維持しているだけの期間に過ぎない。
そう考えている諸外国は多いと思う。
日本のお花畑の中に潜り込んでる特亜工作員、日本国民の多くがそれを知っている。
いずれ一匹残らず駆逐してやるから、首を洗って待ってなさい。

416.名無しさん:2016年02月12日 16:09 ID:GvMQsi1M0▼このコメントに返信
>洗脳したいらしいけど

俺の単なる感想で洗脳なんかできるわけないだろ
そんなのわかりきってるわw

もし本当に洗脳できる可能性があるというなら、むしろお前のほうが俺を買い被ってることになるぞw
417.名無しさん:2016年02月12日 16:10 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※414
>個人の感想に捏造も何もないわw >あれを捏造というなら

 ソースにした「WIKI」に、「それだけじゃ説得力が足りね~!!」と焦って
 どこにも実在しない妄想で補うのは、歴とした捏造ですw。

>敵の進軍を止める為なら、俺だって爆弾抱えて、【敵の陣地に突っ込むわ!】
>こっちのほうがよっぽど捏造だわw

 今に始まった事じゃないが、苦し紛れに「言葉遊び」するのも辞めとけ。
 あと、そうやって「オドけたフリ」して誤魔化せると思うな。
418.名無しさん:2016年02月12日 16:13 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※416
>俺の単なる感想で洗脳なんかできるわけないだろ >そんなのわかりきってるわw
>もし本当に洗脳できる可能性があるというなら、むしろお前のほうが俺を買い被ってることになるぞw

 その通りに決まってるだろww お前にそんな能がないのは、言葉選びからもお察しだよw
 お前は今日1番の、この記事における底辺だから安心しろw

 (あと、「洗脳」って語句を、仰々しいイメージ持ってるなら、やっぱお前は「お察し」だ)
419.名無しさん:2016年02月12日 16:15 ID:GvMQsi1M0▼このコメントに返信
>「言葉遊び」するのも辞めとけ。

言葉遊びがダメなら、比喩としてネットで筆跡という言葉を使うこともアウトになるぞ
自分で最後の逃げ道を断ってしまったなw
もっとも比喩じゃなくて誤用なのははじめからわかってるけどなw
もしくは、自分の言葉遊びはいいけど他人はダメとか言い出すのかよw
420.名無しさん:2016年02月12日 16:16 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
>もし本当に洗脳できる可能性があるというなら、むしろお前のほうが俺を買い被ってることになるぞw

 自分のやからした「WIKIに主観を添えて捏造」行為を正当化する為、
 「俺を過大評価するな~!」と自分を下げて、「辻褄合わせ」するとは…。
 恐れ入ったわ。厚顔無恥っぷりに。背に腹変えられないか、一矢報いたくて。
421.名無しさん:2016年02月12日 16:16 ID:5rvSwBHx0▼このコメントに返信
批判はすればいいけど
なぜ特別攻撃を実行しようとするに至ったのか
思想的な背景に触れようとしないのが不思議だ
単なる人を道具のように扱う精神の現われだと思っているのか?
そういう側面があることは否定しないが、もうちょっと調べてみたほうがよい
以前は、人に死を強制して作戦につかうとは何事か、そこまで命令する権限が他人にあるのかと思っていたが
(今でも思っているけど)
自分は特別攻撃を考案したといわれる人の考えを読んだら
少なくとも特別攻撃を馬鹿げているとは否定できなくなった
特別攻撃の戦果の話や軍事的有用性の話もでているが
作戦の力点はどう講和を引き出すか、それは敵に対する働きかけと、味方、日本に対しての働きかけ
という軍事的ではない効果を導くための立案だったようだ
純粋な軍事作戦にはみえない
今ではあれは当時の人が必死になって考えた選択だったのだと思っている(それが後世につながったかどうかは別として)
422.名無しさん:2016年02月12日 16:17 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※419
>言葉遊びがダメなら、比喩としてネットで筆跡という言葉を使うこともアウトになるぞ

 そんなルールはしらない。
 お前は低学歴なので、「言葉遊びと比喩は一緒だ~~!」らしいが、強弁は通じない。
 そういう「性癖」も治療してこい
423.名無しさん:2016年02月12日 16:17 ID:GvMQsi1M0▼このコメントに返信
>お前は今日1番の、この記事における底辺だから安心しろ

俺以外からもフルボッコのお前には負けるよ
あと、生活環境的にも底辺なんだろ?
可哀想にw
424.名無しさん:2016年02月12日 16:19 ID:GvMQsi1M0▼このコメントに返信
※422

>お前は低学歴

記号の全角・半角の使い分けもできない
筆跡を誤用しておいて比喩だと開き直る
そんなお前には負けるよw
425.名無しさん:2016年02月12日 16:21 ID:Xdfr2dDK0▼このコメントに返信
※415
次の戦争っていうか、「国際世論を奪い合う」という情報戦が
現在も常に進行中だろう。

戦後、日本はこの外交戦線に参入してこなかったから、これからだな。
今の老害世代が面倒くさがるので、ちまちまネットで燻ってる日本人が多いけど。
世代交代が起こればまた変わるだろう。
426.名無しさん:2016年02月12日 16:22 ID:GvMQsi1M0▼このコメントに返信
ついでに正しい引用もできない
それを指摘すると、「意味が通じるんだからいいだろ」と開き直る
低能だから第三者が誤解する可能性を考えてない
むしろ印象操作的には俺の真意が誤解されて伝わることを望んでるのか
427.名無しさん:2016年02月12日 16:23 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※423
>俺以外からもフルボッコのお前には負けるよ

 また懲りずに捏造か? 誰が俺のレスに、どんなレスしたのか言ってご覧?
 だ~れも、お前なんかの「味方」してないんだから、いい加減現実を分かれ!

>あと、生活環境的にも底辺なんだろ? >可哀想にw

 一矢報いたくて必死。これもお前の性癖か? 治療して来いw

>記号の全角・半角の使い分けもできない

 何でも半角にしたら「意図しない時にアンカー化するのを避ける為」と言った。
428.名無しさん:2016年02月12日 16:24 ID:GvMQsi1M0▼このコメントに返信
>意図しない時にアンカー化するのを避ける為

だからそれが低能だって言うのよ
そんなポカミスをする可能性を排除できないなんてどんだけそそっかしいのか
429.名無しさん:2016年02月12日 16:25 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※426
>低能だから第三者が誤解する可能性を考えてない

 第三者はみ~んな、お前のマヌケで厚顔無恥な負けっぷり何度も見せ付けられて食傷だよ。
 そろそろ真新しいネタでもやって見せろよ。

>むしろ印象操作的には俺の真意が誤解されて伝わることを望んでるのか

 お前の「真意」って、
 「WIKIをソースにしたら説得力足りなかったから、捏造文を描き加えて補おうっと!」だろw
430.名無しさん:2016年02月12日 16:25 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※428
>そんなポカミスをする可能性を排除できないなんてどんだけそそっかしいのか

 お前ほどの大ポカはしてないから安心しろ。
431.名無しさん:2016年02月12日 16:25 ID:NLuTqwYz0▼このコメントに返信
特攻に限定するからアレだけど
日本が戦ってなければ日本人含めた有色人種の地位は今よりずっと低いままだったろうな
432.名無しさん:2016年02月12日 16:26 ID:G4Bjn7zC0▼このコメントに返信
急降下爆撃機の彗星と雷撃機の生還率比べても意味ないやろ。ベテランになればなるほど生還率下がるんや雷撃機は。
433.名無しさん:2016年02月12日 16:26 ID:GvMQsi1M0▼このコメントに返信
>一矢報いたくて必死。これもお前の性癖か? 治療して来いw

これって、俺の放った矢がささったと自分で認めてるようなもんだよな
実際は無数に刺さった矢の一本にすぎないけどなw
434.名無しさん:2016年02月12日 16:29 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※433
>これって、俺の放った矢がささったと自分で認めてるようなもんだよな
>実際は無数に刺さった矢の一本にすぎないけどなw

 慣用句を使う時は、「ちゃんと」調べてから使え。
 一矢報いるとは、「大敗してる者が1発だけ矢を放つ事」を言うんだ。

 「これってー!?これってー!?」じゃねーよ。お前の謎解釈はただの「妄想」なんだから。
435.名無しさん:2016年02月12日 16:29 ID:GvMQsi1M0▼このコメントに返信
引用ミス
言葉の誤用
全角半角のミス排除できないほどの低能

※430
これほどのまぬけなポカなのしてませんが?

つーか半角全角に注意を払った結果の引用ミスなのかな?
つまり能力以上のことをしてしまったと
低能低能w
436.名無しさん:2016年02月12日 16:32 ID:GvMQsi1M0▼このコメントに返信
筆跡という熟語に続いて俺に対して一矢を報いるという慣用句を使うことも誤用なのだから、おまえこそ意味を調べてから言えよなw
437.名無しさん:2016年02月12日 16:32 ID:mROf.7400▼このコメントに返信
端翼「徴兵が復活するぞ!特攻も復活するぞ!」
~日本占領~
中国軍「これから東南アジアに進撃するので日本人を徴兵しまーす。反乱起こされたら元も子もないので、銃は持たせません。素手で敵軍に突撃して我が軍の盾になってくださーい。従わない者は射殺しまーす」

端翼「そうだそうだ!中国の為に戦え!」
438.名無しさん:2016年02月12日 16:35 ID:GvMQsi1M0▼このコメントに返信
>第三者はみ~んな、お前のマヌケで厚顔無恥な負けっぷり何度も見せ付けられて食傷だよ。

こっちはオマエみたいにフルボッコや火達磨になんてなってませんが何か?
439.名無しさん:2016年02月12日 16:37 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※435
>①引用ミス >②言葉の誤用 >③全角半角のミス排除できないほどの低能
>これほどのまぬけなポカなのしてませんが?

 じゃ「お前がやったもポカ」を、俺も「全部」ここで箇条書きにしていいの?
 物凄い盛大なブーメランになるんだけど、本当にいいんだな?

 その「数」が、①②③より多かったら、お前が低脳って事になるんだけど、構わないよな?

>筆跡という熟語に続いて俺に対して一矢を報いるという慣用句を使うことも誤用なのだから

 「会話A」と「会話B」からそれぞれ抜き出して、「1個に合成(捏造)」するなんて、珍しいなw!
 それもお前の「性癖」か?
440.名無しさん:2016年02月12日 16:38 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※438>こっちはオマエみたいにフルボッコや火達磨になんてなってませんが何か?

 おいおい。2時間前から「第三者の書き込みが減って、過疎ってる」のを
 白々しく自分に解釈しなくてよい。猿知恵。そういう論法も飽きるほど見てきた。バレバレ。
 (またお前の猿知恵が看破された。またお前の負けだ。)
441.名無しさん:2016年02月12日 16:40 ID:G7S0Un2z0▼このコメントに返信
※425
経済戦争も進行中だね。こっちで成果が出せたから、立場がずいぶんましになった。
情報戦はまず何より、日本毀損勢力=太平洋に出たい共産勢力?、を押しのけたいね。
※412
過去に捕らわれず、過去を理解した上で、これからどうすべきか考えるために活かす。
未来志向とか般若心とか言われる考え方で生きていきたいね。
442.名無しさん:2016年02月12日 16:41 ID:GvMQsi1M0▼このコメントに返信
>「会話A」と「会話B」からそれぞれ抜き出して、「1個に合成(捏造)」するなんて、珍しいなw!


2つの会話から共通点を見出すことの何が珍しいのかまったくわからんな

wikiからの引用に感想を書いたらそれは捏造(キリッ

というオマエの珍説同様、オマエの文章論は頓珍漢だわw
443.名無しさん:2016年02月12日 16:42 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※440 >こっちはオマエみたいにフルボッコや火達磨になんてなってませんが何か?

 お前の言うフルボッコって、「WIKIソースの説得力のなさを捏造で補う」
 を見抜かれて、『恥ずかしいから言い返したくて必死』のあまりに出た

「引用ガー」「暖房ガー」「半角ガー」「筆跡ガー」の『ループ』の事?
ひとつ指摘されると、1周前の語句持ち出してループに陥ってるだけの、「恥」じゃん。
444.名無しさん:2016年02月12日 16:44 ID:GvMQsi1M0▼このコメントに返信
aAycandM0の珍奇なる日本語論

ネットでも筆跡が見える
誤用しても比喩であると言えば誤魔化せる
他人の言葉遊びは許さない
wikiからの引用に感想を書いたらそれは捏造であり洗脳である


2つの会話から共通点を見出すことは珍しい←New
445.名無しさん:2016年02月12日 16:45 ID:iALjlW2Z0▼このコメントに返信
なんで戦ってもいない後世の者が特攻に指図できるのだw
446.名無しさん:2016年02月12日 16:45 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
※442 >2つの会話から共通点を見出すことの何が珍しいのかまったくわからんな

 「共通点」じゃないだろww これは三段論法まがいの「捏造」と言うのだw↓

>筆跡という熟語に続いて俺に対して一矢を報いるという慣用句を使うことも誤用なのだから
447.名無しさん:2016年02月12日 16:45 ID:Ct6kAmBn0▼このコメントに返信
コンビ打ちかな?

邪魔なスレで個人的な論争を始めて論議と閲覧数を減らそうってヤツ
448.名無しさん:2016年02月12日 16:48 ID:goi1fktl0▼このコメントに返信
最後の特攻機、で知られる海軍航空隊司令・宇垣纏中将。
①敗戦の報を知りながら最高指揮官としての責任を取る意味で最後の特攻出撃、後顧の憂いを避けるため米軍艦をあえて避けて海上に自爆。
②終戦の詔勅を誤報と判断、彗星艦爆など僚機11機と共に沖縄方面に出撃、7~8機が米軍艦に突入して戦果1の記録。1機は艦船未確認から地上の敵陣地に爆弾投下で沖縄本土に不時着。残りの2機は故障で鹿児島県内に不時着。と色々な話が伝わっている。いずれもそれなりの検証がなされた上での話。戦後の混乱期に失われた記録データも多い。戦争とはそういうもの。現場を知る当時の証言者はもうほとんどこの世にいない。私の祖父も鹿屋(かのや)勤務の元帝国軍人。乗るべき空母も既に無く、兵器員として毎日、ゼロ戦や彗星艦爆の爆装、機関砲陣地の要撃任務に明け暮れていたそうな。仲の良い特攻隊員が出撃する前夜には整備班と一緒に朝まで飲み明かした事もあったそうな。彼らに悲壮感は無かったと言う。心の内は秘めて出撃した特攻隊員を誇りにしていた。

449.名無しさん:2016年02月12日 16:48 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
三段論法レベルにも満たない、「謎論法」を編み出して、
言い返そうと頑張っちゃうこの恥知らずな行動原理…「野党」そっくり!

>ネットでも筆跡が見える ←【比喩】
>誤用しても比喩であると言えば誤魔化せる ←【相手が文学的能力に劣ってる為】
>他人の言葉遊びは許さない ←【自分の言葉遊びと、相手様の比喩形容を同一視しちゃダメ】
>wikiからの引用に感想を書いたらそれは捏造であり洗脳である

↑「会話Aと会話Bの『時系列』をわざと無視し結び付ける行為」を
『共通点があった~!』なんて言っちゃダメ。野党みたい。
450.名無しさん:2016年02月12日 16:49 ID:aAycandM0▼このコメントに返信
↓ID:GvMQsi1M0お前の名言集。お前の言う【周り】に見てもらおう?自分の「ザコキャラっぷり」と向き合おうぜ


※244>欠陥だらけの兵器で訓練中に死ぬことがどれほど無念 ←WIKI引用。足りない説得力を美辞麗句で補完
※264>そんなお前の勝手な判断基準なんて俺どうでもいいもんねw
※276>お前のこれは美辞麗句じゃないのかよw
※296>謎のエンジン不調を理由に終戦迄生き残るタイプ ←言い勝てなくて相手のキャラ付け言い触らし
※318>aAycandM0は引用符の正しい付け方すら知らない ←引用符に関係なく、指摘された美辞麗句行為は変わらない
※321>むしろaAycandM0=JKzYC5Nm0 ←双方の書き込みを「わざと」見比べない白々しさ
※327>ネットの書き込みで筆跡w バーカバーカw  ←お察し
※346>暖房器具もないのかよw 底辺は無理すんなw ←【一矢報いたい】らしい
※352>暖房のない部屋で周りからフルボッコにされ ←第三者を味方に付けたがる器の小ささ
451.名無しさん:2016年02月12日 16:50 ID:GvMQsi1M0▼このコメントに返信
>「会話Aと会話Bの『時系列』をわざと無視し結び付ける行為」を

こんな短時間の間なのだから、並列の発言と捉えるべき
452.名無しさん:2016年02月12日 16:51 ID:QKKyethX0▼このコメントに返信
※431
第一次大戦が終わった時点での国際的な地位は米英仏露と同格だったんだけどな日本
人種差別云々は被害妄想でしかないという現実を認めなさいw
453.名無しさん:2016年02月12日 16:51 ID:rY202QgD0▼このコメントに返信
特攻した人は尊敬されるべきだけど特攻を立案した奴、特攻をさせた奴と特攻自体は非難されるべきだろ
って思ってるが在日扱いされるんこれ?
454.名無しさん:2016年02月12日 16:51 ID:gORUTVCZ0▼このコメントに返信
自軍の戦力の割に最大の戦果効果を上げたのは敷島隊だろ。だがどうしても特攻を貶めたいやつは例外扱いするんだよな。
特攻だろうと水上機による夜間攻撃だろうと敵が思いもしない奇策なら最初は奇襲効果で戦果効果は高くなる。
取り敢えず、敷島隊を超える事例をあげてから「特攻より効果があった。」と言うべきだ。
455.名無しさん:2016年02月12日 16:57 ID:.qSYzqu80▼このコメントに返信
特攻が残酷と思ってる奴は情けない。
福島原発で逃げた作業員などいないだろ?
むしろ志願した人さえいた。
日本人なら当たり前だろ。
456.名無しさん:2016年02月12日 16:58 ID:gORUTVCZ0▼このコメントに返信
※22
おい、一行目と三行目が矛盾してるぞw
特攻をどうしても貶めたい気持ちが先立つからそうなるのさ。
気持ちを整理してからカキコしなさい。
457.名無しさん:2016年02月12日 17:00 ID:GvMQsi1M0▼このコメントに返信
※450
※第三者を味方に付けたがる器の小ささ

味方がいないからって僻むなよw
そういえば俺が自演を指摘したらJKzYC5Nm0はいなくなったよな
分かり安いw
でも俺に言われたからって急に復活したら笑えるw
458.名無しさん:2016年02月12日 17:01 ID:cOeraJ0P0▼このコメントに返信
※452
だったらなんで国連に日本が人種差別に関する条文かなんかを提案したら拒否ったんだよ?なんで日本人だけ収容所に打ち込んだの?南アフリカやオーストラリアの有色人種差別は?黒人なんか白人と同じように生きることすらひていされてたんですが?
459.名無しさん:2016年02月12日 17:02 ID:goi1fktl0▼このコメントに返信
※259
日本のスレなら、日本語で書け。在日のボケナス。反論されるのが怖いのか?。便所の落書き野郎。卑怯・卑劣・卑屈な朝鮮人のクズども。
460.名無しさん:2016年02月12日 17:02 ID:Ct6kAmBn0▼このコメントに返信
※452
今で言えばG7グループには入っていたが、爪弾きと迄は行かなくても異端視はされていただろう。
アメリカでの日本人移民排斥運動は知っているだろ?
「民主主義国家」アメリカで国民感情が政策に反映されないって事は有り得ないんじゃネ?
461.名無しさん:2016年02月12日 17:03 ID:cOeraJ0P0▼このコメントに返信
※405
こいつ完全に頭おかしいわ。
ネットでそれぐらい調べられるけど、やり方わかんないの?
462.名無しさん:2016年02月12日 17:06 ID:G7S0Un2z0▼このコメントに返信
※447
情報操作して、戦争なんて厭だ、国の言う事聞いてたら酷い事になる、中国さまに降参しよう!って持って行きたいのに、
ちゃんと現実受け止めた議論になってて逆効果だから、慌てて消し去ろうとしてるんだろうね。
※452
黄禍論、排日、完全に差別ですけど、妄想現実で何言ってんだ。
463.名無しさん:2016年02月12日 17:08 ID:GvMQsi1M0▼このコメントに返信
※450
>※244>>欠陥だらけの兵器で訓練中に死ぬことがどれほど無念 ←WIKI引用。足りない説得力を美辞麗句で補完

↑お前が数を出せコラってしつこく言ってきたから引用した。引用に感想を付けることなどまったく普通の行為。
そもそも美辞麗句を先に言ってたのはお前。しかも臆面もなく自分を美辞麗句で飾ってみせたw
464.名無しさん:2016年02月12日 17:12 ID:5rvSwBHx0▼このコメントに返信
※453
どういう意図で作戦を立案したか知っているか?
※421でも書いたんだけど、そこらへんよくしらなければ調べて欲しい
465.名無しさん:2016年02月12日 17:15 ID:GvMQsi1M0▼このコメントに返信
そもそもの流れは回天関連の殉職者の話で数を出せほらだせってお前が言ったから探してきたんだろ
出したら出したでそれに関してはスルーで、付け足したな?美辞麗句だ!洗脳だ!と大騒ぎ
これが揚げ足取りじゃなくて何なんだ
466.名無しさん:2016年02月12日 17:19 ID:57576.WLO▼このコメントに返信
特攻のおかげで今の日本があるって?w

めちゃくちゃな理屈だなw


特攻なんて"無駄死"させなくても今の日本はあっただろ!


いや…
逆に無駄に有為な若者を死に追いやっただけ罪深い!
467.名無しさん:2016年02月12日 17:27 ID:6O5L2Wlx0▼このコメントに返信
まーーーた!「特攻は無駄死に!戦果は低かった!」ってアホホザイテいる奴がいる悪寒。

特攻の戦果は凄まじく高かったというのが米軍の調査で明らかになっている。
また、米軍でさえも対応を誤っていたら戦争を継続出来なかったかもしれないとまで言われている。
468.名無しさん:2016年02月12日 17:28 ID:rY202QgD0▼このコメントに返信
※464
作戦立案者の立場があるのもわかるが結局特攻しに行った人たちは無為な作戦で殺され
行かせた奴らは戦後ものうのうと生きてたんだろう?生みの親は割腹自殺したからまだ許せるけどこいつら(行かせた奴らだけじゃなく生還した特攻隊員芝いた奴らも)は許せんわ
時間稼ぎ、一応自分働いてますアピールのために若者の命を犠牲にしたようにしか見えんわ
ブラック会社での過労死と同じで人の善意を利用してる面があるから許せないのかもしれん
469.名無しさん:2016年02月12日 17:31 ID:gJex37MH0▼このコメントに返信
※354
あの映画は元々、Mr.ケイスは最初から特攻する気満々で、自家用の複葉機にミサイルを積んでUFOにぶつかる予定だったんだけど、キリスト教は自殺を禁じてるのにこれはおかしいと言う意見が続出し、ミサイルが壊れて止むを得ず特攻したというシーンに変えられたというのが実際の話で、そういう気概のあることを表したわけではないらしいよ。
470.名無しさん:2016年02月12日 17:34 ID:FVvFNM7G0▼このコメントに返信
※466
キミが当時の国家指導者ならどうした?
特攻が本来よい作戦とは言い難いが、あの環境と状況でもっといい策、どんなのがあるのよ?
放っておいても空襲で国民がバンバン死んでいるんだよ。
マジで教えてほしい。
現在の国際感覚での降伏とかは無しでな。
471.名無しさん:2016年02月12日 17:39 ID:6O5L2Wlx0▼このコメントに返信
特攻を行え、しかも凄まじい大戦果をあげられたほどの士気の高さをもっていた当時の日本人だったから
有色人種の中でただ一国欧米列強に戦い挑んで今の時代につなげる偉業を成し遂げられたと考えられんのんか?
472.名無しさん:2016年02月12日 17:41 ID:gJex37MH0▼このコメントに返信
※470
横だが、当時の降伏をどう考えてるんだよ?
473.名無しさん:2016年02月12日 17:46 ID:c0NDgfnMO▼このコメントに返信
海から引き上げられた零戦の座席とか見たら小さいのな(>_<)

体格は今より小さいが勇気は敵いません
474.名無しさん:2016年02月12日 17:47 ID:5rvSwBHx0▼このコメントに返信
※468
無為な作戦というが、何をもってそう判断した?
再び言うけど、どういう意図で作戦を立案したかを調べて欲しい
作戦の趣旨を知らなければ無為かどうかは判断できないよ
割腹自殺したというところまで追ってくれたなら
もうちょっと調べて欲しい、作戦の趣旨について
米軍を倒すためか?時間稼ぎのための作戦か?働いてますアピールのための作戦だったのか?
それとも別の目的があったのか
475.名無しさん:2016年02月12日 17:48 ID:6O5L2Wlx0▼このコメントに返信
特攻を命じた連中が許せん!!って感情的になる人ってのは共産主義者ブサテョン系によくいる性質を持っている人という印象
被害者意識が強くて、「ずるい!不公平だ!」とかそういう事に過敏な人間

なんでもそうだが、誰かがやらにゃーならん!っつーことがあるわけだな。
で、
476.名無しさん:2016年02月12日 17:48 ID:BeTnzh1S0▼このコメントに返信
「特攻に行ってくださった方々」と「行かせた奴ら」を別に考えないと反省もできない
現場で戦ってくださった方々は絶対的に尊いが負ける戦争指導を行い悪戯に被害を増やした奴らは日本人の手で裁かれるべきだろう
477.名無しさん:2016年02月12日 17:51 ID:GNbOgXn10▼このコメントに返信
当時の状況じゃ特攻は有効な作戦だったよ。「搭乗員を使い捨てにすることを是とするなら」って但し書きが付くけど
478.名無しさん:2016年02月12日 17:52 ID:gJex37MH0▼このコメントに返信
※476
ただ日本人だけで裁こうとしたら、うやむやにされて全員無罪になってただろうな。即刻銃殺ものの南雲のクソバカをだれも軍法会議にかけなかったんだから。
そういう意味では、東京裁判はそういう馴れ合いを排除して正当に裁こうとしたんだから、皮肉ではある。
479.名無しさん:2016年02月12日 17:53 ID:FVvFNM7G0▼このコメントに返信
※472
戦って敗北した例、戦わずに敗北して例はアジアにもヨーロッパにもたくさんあるよね。
480.名無しさん:2016年02月12日 17:53 ID:yYlcdOd40▼このコメントに返信
立案者自ら統率の外道と言ってるんだよな。それほど追い詰められてたんだろうさ。
これは当時の人間にしか分からんよ。
481.名無しさん:2016年02月12日 17:54 ID:2iHxN5d90▼このコメントに返信
いっぺん知覧とか鹿屋航空基地いってみてごらん?
まともに空戦できるようになるには5年くらいの訓練、経験が必要ってことを念頭に入れて名簿見るとだいたい謎が解けるよ。
殆どが20歳前後。要するにまともに空戦できないから特攻するしかなかったてのが真相。
確かに戦果はあげたかもしれんが犠牲に対してあまりにもつり合いが取れてなさすぎるってのが俺の見解。

482.名無しさん:2016年02月12日 17:56 ID:rY202QgD0▼このコメントに返信
※474
お前はその目的をどう考えてるのか教えてくれ
岩本徹三が「上層部のやぶれかぶれの最後の悪あがき」と言ってるようだが
働きアリは黙ってしねっていう思想なら勘弁してくれよ?
483.名無しさん:2016年02月12日 17:56 ID:FVvFNM7G0▼このコメントに返信
※478
南雲さんはどんな犯罪を犯したことで有罪になるのかな?
484.名無しさん:2016年02月12日 17:57 ID:6O5L2Wlx0▼このコメントに返信
「沖縄のアメリカ軍に対して、日本軍は神風特攻機を二千回、従来の攻撃を五千回、出撃させた。
これらの空襲で米艦三百四十六隻に体当たりし~略~。空からの猛攻撃によって四千九百人が戦死し、
四千八百人が負傷した。それは、第二次世界大戦中のアメリカ海軍の戦闘のなかで最も多い戦死傷者数であり、
アメリカ海軍史上、最も凄惨な戦いだった。

「沖縄戦の間に、日本軍航空兵力は米軍兵士に対して
敵に与えた合計戦死傷者数比五対一を達成した。~略~。
特攻隊攻撃は与えられた状況下では有効で、このうえなく実効的であったとする
「アメリカ合衆国戦略爆撃概説」の結論は、明らかに正しい事が証明された」 

「太平洋戦争」は無謀な戦争だったのか」ジェームズ・B・ウッド


485.名無しさん:2016年02月12日 17:57 ID:6O5L2Wlx0▼このコメントに返信
特攻隊により「また別の分類の死傷者を生むことになった。極限状態で発狂してノイローゼになり、戦闘疲労などで死亡するなどして、精神病患者数は戦慄すべき50%もの増加を示した。状況があまりにも酷く、肉体的、精神的犠牲者があまりにも多かったので、アメリカ当局は一般への影響を恐れて、何カ月もこれらの事実を伏せていた」

「太平洋戦争」は無謀な戦争だったのか」ジェームズ・B・ウッド
486.名無しさん:2016年02月12日 17:58 ID:6O5L2Wlx0▼このコメントに返信
米軍高官の特攻への評価
ダグラス・マッカーサー陸軍元帥
「沖縄では、大部分が特攻機から成る日本軍の攻撃で、米側は、艦船の沈没36隻、破壊368隻、飛行機の喪失800機の損害をだした。
これらの数字は、南太平洋艦隊がメルボルンから東京までの間にだした米側の損害の総計を超えているものである。」

アーネスト・J・キング海軍元帥 
「四月六日からはじまった日本機の攻撃は、いままで嘗てなかった激烈なものだった。この特攻戦は凄惨を極めた。
(略)海上では戦死行方不明4907名、戦傷4824名であった。艦船は沈没36隻、損傷368隻であり、飛行機の喪失は763機であった。」
487.名無しさん:2016年02月12日 17:58 ID:ifdQRw7q0▼このコメントに返信
まぁ硫黄島とかも含め、結構いろんなとこで日本軍は
降伏しない死亡前提としか思えん頭おかしい決死戦や自殺攻撃やってたから
何処でも敵があんなんやってくるってなると誰だって戦後テロやパルチザン活動が激しいと思うし
その辺は天皇周りの沙汰、(一応の)国体維持に多少なりとも影響したろうとは思うわ

とはいえ、天皇制を保持できた事が今の俺たちの生活水準向上に
繋がったのかというと不確定要素が多いんでこれもなんとも言えんな

国家国民の求心点がなくなって民心と共にバラバラに分割されたかもしれんし、
天皇がきえた部分を共産主義が埋めて今の中国みたいな政治体制の国家になったかもだから
個人的にはあんま良い未来が描けた想像ができなかったんで結果的にカミカゼは今の日本の形成に必要だったんじゃねえかとは思う
488.名無しさん:2016年02月12日 17:59 ID:6O5L2Wlx0▼このコメントに返信
チェスター・W・ニミッツ海軍元帥
「我が海軍がこうむった損害は、戦争中のどの海域よりも、はるかに大きかった。沈没30隻、損傷300隻以上、9000人以上が死亡、行方不明または負傷した。 この大損害は、主として日本の航空攻撃、とくに特攻攻撃によるものであった」
489.名無しさん:2016年02月12日 18:01 ID:BKPH.K6Q0▼このコメントに返信
よくなぜ特攻なんてやったんだって言うけど
日本という国が滅ぶことは絶対避けたかったってことだろ
まあ運良く国体を維持できたからいいものを
実際は天皇の処刑とか分断統治されたりする可能性はいくらでもあった
490.名無しさん:2016年02月12日 18:05 ID:goi1fktl0▼このコメントに返信
GHQによる戦後の日本国民への民主主義の啓蒙、お花畑教育、嫌戦ムードへの徹底的な誘導。
その尻馬に乗って平和平和と壊れたスピーカーやってる在日・反日団体のゴミクズ民族。
過去の歴史を丁寧に見てゆくと、いろいろ見えてくるよね、これからの日本の国のありようが。
491.名無しさん:2016年02月12日 18:06 ID:57576.WLO▼このコメントに返信
当たり前の話なんだが…

特攻で作戦(局面打開)が開かれた訳でなく逆にずるずると致命傷をいたずらに長引かせただけだからな

まぁ、軍や政府上層部の狙いの1つがそれだったのだから人身御供の目的達成には役立ったわけだがw
492.名無しさん:2016年02月12日 18:08 ID:6O5L2Wlx0▼このコメントに返信
議論して白黒つけるには定義することが必要だ。

が、歴史上の何かの出来事が後世の何にどのような影響しているかを判断するのはとても難しい。

軍事作戦として見た場合、どれぐらいの犠牲でどれだけの戦果をあげたかを客観的に分析すれば
やられた米軍自身が判定しているように「特攻隊攻撃は与えられた状況下では有効で、このうえなく実効的であった」ということが
明らかな事実。

493.名無しさん:2016年02月12日 18:09 ID:gJex37MH0▼このコメントに返信
※483
山本長官から、真珠湾の補給基地も全部叩けと命令受けてたのに、「戦力維持するお!」とガン無視して、部下たちの攻撃継続の要請を退けて帰る。

補給基地が無傷なため、ブチ切れた米軍が太平洋渡ってドゥーリットルで都市が空爆される。そして、またハワイ叩くために艦隊を派遣する羽目になり、ミッドウェー海戦を招く。
さらに、爆装で攻撃すべきとする山口多聞の意見を無視し、時間がかかるのを承知で雷装に換装することにこだわり、あの大敗北を招く。

山本長官の命令を無視した背景には、山本長官は南雲の後輩だから、後輩の命令を聞く気がゼロだった可能性有り。
アメリカなら銃殺か最低でも僻地に飛ばされる失態。
494.名無しさん:2016年02月12日 18:13 ID:y4Q4Bz2xO▼このコメントに返信
まあ硫黄島や特別攻撃隊がなければ本土決戦に雪崩れ込まない理由がないしな
籠城に対して楽勝ムードの兵糧攻めと焼き討ちだったから
495.名無しさん:2016年02月12日 18:14 ID:5rvSwBHx0▼このコメントに返信
※482
はじめに断っておくけど、自分が考えたものではないよ
大西滝治郎がいったといわれる作戦の趣旨の概要ならかける
・まずこの戦争は負ける、よってなんとか日本が生き残れる条件の講和をはからなければならない
・そのためには米軍に一撃を加えなければならないが、これは無理だろう、しかし本土戦となるまえに特別攻撃をおこなってでも最後の戦場にして講和の席に引きずりださねば
・国内においても講和などとても言いだせる状況ではない(国賊として始末される)、よって陛下がご決断してくださるしかない
・特別攻撃という悲惨な手段をとるしかない戦況を陛下がお知りになれば必ず講和を決断してくださるはずだ
・「いかなる形の講和となろうとも、日本民族が将に亡びんとする時に当たって、身をもってこれを防いだ若者たちがいた、という事実と、これをお聞きになって陛下御自らの御仁心によって戦さを止めさせられたという歴史の残る限り、五百年後、千年後の世に、必ずや日本民族は再興するであろう、ということである。」

もちろん趣旨を全員理解してやったわけじゃないし、なんだかわからいまま同調圧力で特攻するしかない人がいたことを否定はしないよ
それは悲惨だ、でも自分にはこの考え知っても無為な作戦であったとかは断罪はできない
496.名無しさん:2016年02月12日 18:15 ID:i2eFPyAX0▼このコメントに返信
しかし特攻をやれたんなら本土決戦だってやろうとすれば出来たんだがな・・・天皇の度胸がないばっかりに
497.名無しさん:2016年02月12日 18:17 ID:6O5L2Wlx0▼このコメントに返信
最近どんどん明らかになっていっているが、結局共産主義者による謀略が世界を争いに巻き込み人々を不幸に追いやりまくっているという事実。

アメリカ大統領のルーズベルトも共産主義者に囲まれ自身も人種的偏見とソビエトや中国に間違った幻想を抱き、嘘をつきまくって日本を追い込み世界を戦争の惨禍に巻き込んでいった。心ある米国人自身から狂人と評されるそのような人物が世界に多大な影響を与えていた当時、まさに命をかけて戦った日本人。
498.名無しさん:2016年02月12日 18:18 ID:Gr7G30Wg0▼このコメントに返信
まだ追い付いて無いが横レス

筆跡と言う語句の問題だが、読んでて言わんとする事は理解できたし、アレが比喩だと言う反論も概オオムね納得出来るので、
軍配は比喩だと言う論者に挙げざるを得ん。
もう言い掛かりになるから、つまらん難癖は止めて中身で比喩君に議論し、両者の議論を楽しませてくれ。
499.名無しさん:2016年02月12日 18:20 ID:rY202QgD0▼このコメントに返信
※495
なるほど、戦果は出てるし無為といったのは間違いだった
ただ大西自身が自決したの見るとやっぱり唾棄すべき作戦であったろう
許せないのは上でも書いた通り命令したくせにのうのうと生きた奴らだ
こいつらは大西みたいに反省したわけでもなく他人の命を犠牲に生き残った卑怯者だ
500.名無しさん:2016年02月12日 18:22 ID:gJex37MH0▼このコメントに返信
※499
大西の誤算は、講話の時間稼ぎで始めたのに、上のバカどもが、戦果を上げる目的で使い始めたこと。
501.名無しさん:2016年02月12日 18:22 ID:GiAGEzbq0▼このコメントに返信
SAN値をガリガリ削る攻撃だったんだろなと
502.名無しさん:2016年02月12日 18:23 ID:y4Q4Bz2xO▼このコメントに返信
本土決戦でベトナムより酷い状態で勝利したとしてそれがより良いかとも言えないし
戦後教育の主旨に沿っても反対は無いだろう
まったく見れば見るほど針に糸を通すような事をやっているよ
503.名無しさん:2016年02月12日 18:24 ID:6O5L2Wlx0▼このコメントに返信
適当なことホザキまくってんなオマイらw
504.名無しさん:2016年02月12日 18:25 ID:FVvFNM7G0▼このコメントに返信
※493
山本長官の作戦目的が達成できていないってことで有罪だっていいたいんですね。
確か真珠湾攻撃は、第一次攻撃(第一波+第二波)が所定の作戦だったかと記憶しているんだけど、第三波の計画はありませんでした。
第三波攻撃に関しては、結果論、自分もやった方がよかったと思うけど、結局は歴史を知っているからそう思うってだけで…
燃料や爆弾に残っていたけど、これは帰りのコース上でウェーク島を攻略するための残弾。
これらを使ってしまう三波目を発進させていいか?敵の空母の所在も判明しない状態で残りの弾薬を使い切った状態で空母に狙われる可能性だってあるわけです。このリスクをかんがみての南雲提督の判断でしょう。
作戦目的を完遂できなかったことが有罪となるのであれば有罪でしょうけど、これってすべての作戦は成功するまで全員死ぬまで戦えっていう理論にならないかい?
505.名無しさん:2016年02月12日 18:27 ID:6O5L2Wlx0▼このコメントに返信
結局、現在の日本とは、特攻を含めた戦争した結果の未来なわけだ。

何がどのように現代に影響しているか判定するのはとても困難だが、過去の事実を生かすも殺すも
後世に生きる人間次第
506.名無しさん:2016年02月12日 18:31 ID:gJex37MH0▼このコメントに返信
※504
頑張ってダメでしたならともかく、十分やれる余力あった上で、作戦ガン無視したんだから、軍法会議ものだよ。
こんなのがまかり通ったら、組織として成り立たない。
507.名無しさん:2016年02月12日 18:35 ID:5m04qtQb0▼このコメントに返信
※493
本来二次攻撃予定だったのに、いる筈の第八任務部隊の動性が判らんのに
虎の子の機動艦隊にリスク負わせるには酷でね? 敵主力の戦艦群には大打撃与えてる訳だし。
あと山本五十六は海兵三十二期、南雲忠一は海兵三十六期なんだけどどっちが後輩だって?ww
508.名無しさん:2016年02月12日 18:35 ID:Gr7G30Wg0▼このコメントに返信
※452
日本が五大国の一員に為れたからと言って日本に対する人種差別感情が大半消えたと言う訳じゃネーぞ。
事実をネジ曲げてネーか? 只慎重に警戒されるようになっただけだろ。
509.名無しさん:2016年02月12日 18:39 ID:gJex37MH0▼このコメントに返信
※508
そもそも戦争目的それじゃねーだろという話だわ。
中国との戦争シミュレーションで戦争目的ガー勝利条件ガーとしつこくこだわるくせに、こういう時だけ持論放棄するよなあいつら。
510.名無しさん:2016年02月12日 18:41 ID:gJex37MH0▼このコメントに返信
※507
先輩後輩のところは俺のミスだわごめん。
511.名無しさん:2016年02月12日 18:43 ID:FVvFNM7G0▼このコメントに返信
※506
頑張った頑張らないは、主観なだけ。計画されてなかった攻撃をやるかやらないかは南雲提督の裁量。
もっと具体的に、燃料タンクが残ってたら第三波を繰り出す事と計画しておけばよかっただけでしょう。
定められた作戦を無視したってならわかるんだが、どうみても裁量に任せてただけでしょう。
そもそも最初からあらゆるパターンを想定しどの様な場合にはこう行動しろと定めて出撃させればよろしいのであって、
肝心の部分は「現場で判断」にしていた作戦参謀たちが責められるべきなんじゃないかな?
512.名無しさん:2016年02月12日 18:47 ID:gJex37MH0▼このコメントに返信
※511
あの補給基地さえ叩いていれば、米軍は太平洋を渡ることは不可能だったのに、それが作戦に含まれてないのは幾ら何でもおかしい。
山本長官は短期決戦狙ってたので、確実に狙ってたはず。
513.名無しさん:2016年02月12日 18:47 ID:UB06lSv70▼このコメントに返信
特攻隊員、彼らの献身は素晴らしいとは思うけど
WW2に無理して関わったことで、日本国自体が無くなりかけた訳で

どっちか言うと、現代日本が酷い敗戦にも関わらず独立を保ってること自体が奇跡
実質、米国の属国だったとしてもね
514.名無しさん:2016年02月12日 18:48 ID:FVvFNM7G0▼このコメントに返信
※512
だから、そう思ってたらそう命令しておけばよかったってだけの話
515.名無しさん:2016年02月12日 18:53 ID:Ct6kAmBn0▼このコメントに返信
※509
オマエは452か?ID:QKKyethX0か?
他人の書き込みの意味を勝手に都合よく換えるなよ

誰も大東亜戦争の目的は人種差別撤廃だ等と言っていないぞ
目的は「帝國ハ今ヤ自存自衞ノ爲」であり、人種差別は開戦に至る原因の一つと言うことだ。
516.名無しさん:2016年02月12日 18:53 ID:Gr7G30Wg0▼このコメントに返信
※455
福島の作業員の例は納得出来る。確かに今もKAMIKZEの精神は残ってる。大半が当てはまるかは知らんが、誇らしく思えてきた。

辛くても切羽詰まれば他者の為に我が身を犠牲にするなんて、悲しい話だが確かに立派な愛だし、美化はケシカランと難癖つけようが、
「美しいものは、やはり美しい」と言うのがマトモかどうかの境目。

所詮、醜ブ左翼千ョンコーwwwwwの感性には解らんさ、、、

517.名無しさん:2016年02月12日 19:03 ID:y4Q4Bz2xO▼このコメントに返信
戦後教育が特攻は日本特有で軍だけが悪いような教えかたをするので今でも無くならないのは確かだな
危機に瀕してはどこでも起こる当たり前のことでありそういう状況になってしまった時点で手遅れなのだが
今でも鬼や悪魔のように枝葉末節を批判しながら政治を停滞させ同じ状態に陥っていく
追い詰められて左翼が同じ事をやらかすのだから滑稽の極みだ
518.名無しさん:2016年02月12日 19:08 ID:792fXx7yO▼このコメントに返信
特攻、特高、徳行、どっこい。
519.名無しさん:2016年02月12日 19:13 ID:SaXC0XIK0▼このコメントに返信
敗北の観点からは、天皇陛下と併せて究極的な成果だったと思う。
自爆特攻から、玉音放送での終戦の流れは、自分が攻撃側で利益必須なら本気で怖い。
520.名無しさん:2016年02月12日 19:18 ID:Gr7G30Wg0▼このコメントに返信
※466
史実ネジ曲げの反日売国醜左翼千ョンコーwwwww

米軍に出血をしいたペリリュー以降の島嶼戦と合わせて大きな効果を発揮し、以下の条件での降伏を勧告する」と言うポツダム宣言を引き出して国体を維持出来たぞ。
GHQで憲法1条を作った人物が、天皇をソブリン国家元首だと意識してイギリスの様な立憲君主制を想定したと言っている。
521.名無しさん:2016年02月12日 19:26 ID:y4Q4Bz2xO▼このコメントに返信
結局現場や超越的な指導者がアクロバットをして収めるというのは戦術的勝利が好きな日本人が好むところだが
それには大きな危機と悲惨な犠牲が伴うもので
本来政治外交の段階で責任を問われる戦略的な問題なのだが
あまり表面に見えないし同時にはっきりした責任も見えにくい
だから何度も繰り返してしまう
522.名無しさん:2016年02月12日 19:35 ID:Geo7rmxm0▼このコメントに返信
外交的利益とまでは言わずとも、せめて軍事的利益を特攻が上げているならともかく、実態は文字通りバカボムだったからな……
何一つ良いことはないし、後世に資したなんて口が裂けても言えない
ただ、特攻隊の覚悟に畏れ入るというだけの悲劇だよ
523.名無しさん:2016年02月12日 19:39 ID:LYF7mR9v0▼このコメントに返信
特攻だけじゃなくて色々な犠牲の上で成り立ってると思う
524.名無しさん:2016年02月12日 19:41 ID:ifdQRw7q0▼このコメントに返信
命じられれば『生還を考えず戦える兵士がいる』『死戦ができる兵士がいる』事は戦後を考えた時に厄介だったろうね
硫黄島や特攻作戦が残したこれらは少なからず講和に作用し、現代日本を作ってるよ
525.名無しさん:2016年02月12日 19:43 ID:6O5L2Wlx0▼このコメントに返信
フランス人モーリス・パンゲ氏の 大東亜戦争で戦った特攻隊員へ 「共感と賞賛のメッセージ」

殺戮のために選ばれた犠牲者たちさ、と読者諸賢は言うだろうか。 だがそれは違う。

彼らが自分たちの運命を受け入れる その受け入れ方を見ないのは 彼らを不当に貶める(おとしめる)ことになるだろう。 彼らは強制され、誘惑され、洗脳されたのでもなかった。 彼らの自由は少しも損なわれてはいない。 彼らは国が死に瀕しているのを見、そして心を決めたのだ。 この死は なるほど国家の手で組織されたものではあったが、 しかし それを選んだのは彼らであり、 選んだ以上、彼らは日一日と その死を意志し、それを誇りとし、 そこに結局は自分の生のすべての意味を見出し続けるのだ。

彼らにとっては単純明快で自発的な行為であったものが、 われわれには不可解な行為に見えたのだ。 強制、誘導、報酬、妄想、麻薬、洗脳、というような理由づけを われわれは行なった。 しかし実際には、無と同じほどに透明であるがゆえに人の眼には見えない、 水晶のごとき自己放棄の精神を そこに見るべきであったのだ。 心をひき裂くばかりに悲しいのは この透明さだ。

生きていることが美しかるべき年頃に、 立派に死ぬことに これらの若者たちは皆、心を用いた、 そのために彼らは人に誤解された。

彼らにふさわしい賞賛と共感を彼らに与えようではないか。 彼らは確かに日本のために死んだ。 だが彼らを理解するのに日本人である必要はない。


死を背負った人間であるだけでよい。
526.名無しさん:2016年02月12日 19:45 ID:792fXx7yO▼このコメントに返信
今は故人だが生還した隊員を、2名ほど直接に知ってる。
英語科の教員と、もう一方は鉄工関連だ。
偶然ふたりともK.H.さんだ。古い名簿が残っていれば、載っている筈だ。

もう少し若い高校の時の教頭は戦後、特攻隊OBを畏れて、道をあけてたそうだ。

気の毒なのは昭和3~5年生まれだろうか?

527.名無しさん:2016年02月12日 19:54 ID:9.ffu2W10▼このコメントに返信
特攻隊員はある意味、今の日本を作ったと思うよ。特攻隊を民族の歴史としてもっている日本人ともっていない日本人ではきっと大きく違っていたろうと思う。
それくらいの悲劇だし、日本人にとって大きな経験だったのではないかな。
528.名無しさん:2016年02月12日 20:04 ID:Gr7G30Wg0▼このコメントに返信
※522
罵鹿か!!! ※520 を読め、否、それ以前のコメントを読め。
特攻は確かに統帥の外道で悲し過ぎるが、戦術面で意外な成果を上げて戦略面でも本土決戦を忌避的にさせた。
仮にこれらの効果や影響が無くとも、戦術戦略より優先される政略面で「以下の条件での降伏を勧告する」と言うポツダム宣言を引き出して国体の護持を図れたんだぞ。
豚珍勘助は出てくんな。
と言っても出てくるのが、反日売国醜ブ左翼千ョンコーwwwww
さて飯食って風呂入って夜勤だ。あばよ
529.名無しさん:2016年02月12日 20:16 ID:ee1LfESZ0▼このコメントに返信
※431
日露戦争で上げた日本の評価を
ものの見事に下げたのが太平洋戦争やで
第一次大戦のドイツ捕虜が日本の待遇に感動してバウムクーヘンが広まった
第二次大戦はバターン死の行進やな


530.名無しさん:2016年02月12日 20:23 ID:uw8hUmoo0▼このコメントに返信
特攻隊が今の日本を作ったとか、感謝するとか、安易な持ち上げ方には非常に違和感を覚える。
当時の彼らの生き様、物の考え方、判断は非常に尊敬するけど、同時に、彼らは最大の犠牲者だ。
彼らの祖国への愛、家族への愛、敢闘精神、そういったものが戦争遂行に利用され、乱用された事実は覆しようがない。
あまりに大きな犠牲を払った彼らに哀悼の意を表したい、悼みたい、尊敬したい。
でも、彼らが敗戦後の日本を形作ってるとか、感謝すべしってのは受け入れがたい。犠牲にしておいて感謝って。
531.名無しさん:2016年02月12日 20:28 ID:Ct6kAmBn0▼このコメントに返信
※529
バターン死の行進www
軍装せずに、つまり重い銃も持たせず無装備の軽装で1日20km歩かせるのが死の行進とは笑わせる。
デング熱とか赤痢などに冒されたのは米軍の責任。降伏した兵隊の移送に使えるトラックを壊したのも米軍。
雇われたフィリピン人に鍋や釜、1週間分の食料を持たせたらテメエが持て!有色人種を舐めんなよ!!とキレたのが日本兵。

ま、現代のアメリカ陸軍でも1日20km歩かせるのは基本的訓練だろうな。
532.名無しさん:2016年02月12日 20:36 ID:MJvKjMAv0▼このコメントに返信
特攻隊のおかげで今の俺達が有るって具体的に何がるの?
米の占領政策は特攻が始まる以前に決まっていて、その後ソ連の伸張を受けて修正されたもの
つまり特攻隊はここに何の影響も与えてない
パイロット育成もままならず、資源も不足していた状態でとれる戦術として有効なものであったのは認める
だがそれ以上でも以下でもない
533.名無しさん:2016年02月12日 20:47 ID:lSGzWicE0▼このコメントに返信
今日のレスの応酬は相当面白い
根気良く言いがかりに反論してくれている人が居るからだと思う
昼の部に比べて夜の部の敵は落ち着いて見えるけど
ちょっと突かれたら同じなのかな

歴史戦士のみなさん、どうか日本をよろしく
534.名無しさん:2016年02月12日 20:49 ID:ifdQRw7q0▼このコメントに返信
※530
犠牲になってくれたからその困難や有難さに感謝するんじゃないのか
可哀想、という哀れみだけでなく尊さや敬意を感じてるんでしょ
そうした決断の重さを感じ入りそうした強いた事を謝る、貴方は文字通りの『感謝』をしてるじゃない
535.名無しさん:2016年02月12日 20:49 ID:792fXx7yO▼このコメントに返信
親父の親爺がセイシとランシだった頃だ。

知らんことに※するより、足元かためろ!
536.名無しさん:2016年02月12日 20:51 ID:lSGzWicE0▼このコメントに返信
※535
こらクズ
537.名無しさん:2016年02月12日 20:57 ID:e1ntUDYq0▼このコメントに返信
終戦前の米軍の無差別攻撃は酷いものだった。通学していただけの年端もいかない子供たちが
米軍艦載機の機銃掃射でズタズタにされた。オレの母親もそうなったかもしれない一人だ。
そういう“鉄の暴風”を少しでも遮るために、ほとんど操縦過程も終えてないような若者たちが
空に舞い上がり、海を埋め尽くす米軍艦艇に突っ込んでくれたんだよ。
彼らの犠牲で、どれだけの人たちが悲劇から救われたか。鹿屋の特攻記念館に来て見てみろ。
これほどの崇高な英雄たちは、世界戦史上にも類を見ない。
538.名無しさん:2016年02月12日 21:03 ID:p.71.ILK0▼このコメントに返信
※495
これに尽きる。
敷島隊と桜花、回天、伏龍は出自が違うし各論で語るべきなのだが
特攻として一緒くたに議論するのは雑だと思う。
539.名無しさん:2016年02月12日 21:06 ID:2iHxN5d90▼このコメントに返信
特攻隊員は当時を懸命に生きた人たちだ。
うちらみたいな薄っぺらい価値観で安易にかわいそうなんて言ったら浮かばれんよ。
540.名無しさん:2016年02月12日 21:11 ID:p.71.ILK0▼このコメントに返信
※539
ここらが参考になると思われる。
ttp://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/45201_22667.html

ttp://www.sankei.com/premium/news/150731/prm1507310010-n1.html

緻密な特攻作戦も、杜撰な特攻作戦もあったが。
特に最初の坂口安吾「特攻隊員に捧ぐ」は僕も同意してる。
541.名無しさん:2016年02月12日 21:29 ID:WTdOBkQ30▼このコメントに返信
>>2
昭和天皇の玉音放送では、アメリカの新型爆弾で日本が全滅する前に戦争を止めようと言ってるよ。

542.名無しさん:2016年02月12日 21:38 ID:792fXx7yO▼このコメントに返信
玉音」、の原稿、誰が書いたか知ってるか?
あんなもの、昭和天皇の本心でも何でもない!
543.名無しさん:2016年02月12日 21:47 ID:i2eFPyAX0▼このコメントに返信
※542
あれなかったら降伏は不可能だったぞ
544.名無しさん:2016年02月12日 21:53 ID:792fXx7yO▼このコメントに返信
麻布の反乱を、)単騎)、俺が鎮圧す!」。と、立ち上がったお方だぜ!
545.名無しさん:2016年02月12日 22:17 ID:J8ZuvLCd0▼このコメントに返信
前にも書いたけど、特攻の戦果と被害を漁ってみると、大和の特攻を除けば、重量比や死傷者数比が実は日本が勝ってるか、戦力比の割には互角だったりするんだよな~。数字だけ見れば確かに有効ではあったりするから、トータルの評価に困るんだ。
546.名無しさん:2016年02月12日 22:17 ID:gJex37MH0▼このコメントに返信
※544
2.26事件のこと?
そりゃ自分が選んだ閣僚を軒並み殺されたら、誰だってキレる。
547.名無しさん:2016年02月12日 22:33 ID:H3Nd5cfJ0▼このコメントに返信
※529
>バターン死の行進やな

アメリカが原爆や無差別爆撃といった非人道行為をごまかすための話にまんまと騙されて哀れだな

本当の死の行進はスターリングラードの方


※542
ボクちゃんは知らないかもしれないけど
ああいう公的なスピーチは本人の意向に沿って
シナリオライターが意図が適切に聴衆に伝わるよう言葉や言い回しを考えて書くんだよ
548.名無しさん:2016年02月12日 22:36 ID:k2FHwQtD0▼このコメントに返信
※216.ID:8p4Lq8HE0を筆頭に、特攻隊の死を「無駄死に」と言ってる奴は
自分達が死ぬ時は、さぞや日本国の為になる有意義な死に方をしてくれるんだろうね?

特攻と言う戦法の良し悪しは別として、人の死に「無駄」って、お前等一体何様だよ
普通に「亡くなった」とか、「戦死した」とか、そういう言い方すれば済む話だろうが

どんなに偉そうな事を書いていても、お前等が日本・日本人を侮辱したい集団の仲間達だとしか思えない



549.名無しさん:2016年02月12日 22:46 ID:792fXx7yO▼このコメントに返信
誰でも?

パックネでもか?

550.名無しさん:2016年02月12日 23:04 ID:UNeU83690▼このコメントに返信
※548
無駄死にだったと言われるのが、特攻で死んだ方や遺族にとっては最も嫌なことだろうね。
理不尽この上ない命令を、それでも家族や故郷を守るためと思い定めて遂行した挙げ句「無駄」と断じられたらたまらんだろうよ。
あの戦争で日本国や日本人が地球上から消滅していればともかく。
551.名無しさん:2016年02月12日 23:06 ID:hKVodUPn0▼このコメントに返信
アメリカの、無条件降伏にそそぐ執念が誰の想像も上回っていた。
そしてソ連の力も。
さらにアメリカは特攻に対する恐怖で、日本人の魂を完全に叩き潰すと断固決意し、実行しちまった。

絶対に戦ってはならない絶対王者にケンカを売ってしまった。

それだけのことだ。
552.名無しさん:2016年02月12日 23:21 ID:VeUFP2uK0▼このコメントに返信
国や家族を守ろうと好きで突っ込んでいったんだから俺に言えることは何も無いよ。
553.名無しさん:2016年02月12日 23:22 ID:792fXx7yO▼このコメントに返信
違う!
売られ喧嘩を愚かにも買ったんだ!
554.名無しさん:2016年02月12日 23:23 ID:p.71.ILK0▼このコメントに返信
※545
それはそれで大事な意見だが。
結局、特攻のキルレシオが判明したのは戦後。
回天が思ったより役に立ってないと解ったのも戦後。

決してあなたの意見を否定できないが、当時の戦果判定は難しかったようだね。
555.名無しさん:2016年02月12日 23:35 ID:3gKworqE0▼このコメントに返信
通常の攻撃なら必ず死ぬとは限らないが、特攻は必ず死ぬと最初から決まっている。
どんな理屈を付けようと、「少しくらい死んでも代わりは居る」という、
当時の日本人の価値観の、最悪の部分を具現化した戦法だわ。
556.名無しさん:2016年02月12日 23:53 ID:qwY.BJkzO▼このコメントに返信
涙しながら特攻機に乗りこんだ塔乗員もいた。
特攻隊となった予科練始まって以来の秀才と言われた室町上飛曹は、特攻で死ぬのは怖くないが、目を閉じると母親の顔がうかんで、涙がでてしまうと、、。
特攻隊員で、出撃前夜、目を閉じると死ぬことより、いかに敵艦に当てられるかを考えて眠れないんだ。
特攻隊となり出撃したが、何度も帰ってきてしまう塔乗員がいた。上層部が理由を訊くと、私は今、一飛曹で特攻隊で戦死して2階級特進しても、准士官の飛曹長です、しかし11月の進級を待って上飛曹になり、特攻戦死すると、士官である少尉になります。准士官と士官では、軍人恩給の額が違います。私にはこれしか親孝行ができませんし、親孝行しようとしてもできないからであります。(上層部もかるの母親思いをこうりょしたようで)、11月の進級を待って、特攻隊で飛び立っていった。
557.名無しさん:2016年02月13日 00:11 ID:jHcXT3uKO▼このコメントに返信
戦艦大和が沖縄に特攻にいったのも、大和の艦内には沖縄の人々への、食糧、医薬品、衣服、女性用品、歯ブラシ等が積み込まれていた。
大和の乗員は、沖縄の人々を救うべく、命をかけて突入するという信念があった。
558.名無しさん:2016年02月13日 00:12 ID:lzA.R2Jx0▼このコメントに返信
再掲載 ごめんなさい

チャンネル桜の動画で防衛研究所のシミュレーションの予告動画を見た。
会員じゃないので本編は見ていない。
その中で、硫黄島やパラオ、沖縄の砲撃散布率などを調べた結果、硫黄島と沖縄では差が大きく、艦砲射撃の脅威等は比較にならない差があったという結論に達したらしい。
そこで、本土決戦においては当初松本要塞に立てこもり行うつもりであったのが、方針転換、九十九里方面と伊豆方面の二正面作戦に切り替えた。
この見立ては米軍の上陸作戦を的確に予測し
その結論として、敵上陸軍は殲滅したであろうと見積もっている。

天皇陛下ご自身が帝都を離れる意志がなかったことも大きい。

返す返すも原爆が無ければとは思う。
なお、特攻により、脅威に感じた米軍が上陸を行う意志を喪失したのは事実だが、結果、ソビエトに参戦させたことが北方領土を占拠させることにはつながったと考えている。

それでは
ぱよぱよちーん。
559.名無しさん:2016年02月13日 00:14 ID:lzA.R2Jx0▼このコメントに返信
※558追記

大戦終末期、常識的には一方的な殲滅線になりがちな戦線で、日本軍は敵に対して重大な損害を与えている。
戦死者数で比較すれば日本軍が圧倒的な損失だが、逃げ場のない敗北の戦場で、手当もならず捕虜にも取られない結果。
しかし、死傷者数で比較してみると米軍も相当数損害を受けている。
この数値には小指を怪我したぐらいではカウントはされないだろう。
戦傷者は戦場から離れるわけであり、戦力がなくなるという点では戦死者と同じ。しかも、それへの対処が必要ともなり負担は大きくなる。
因みに米軍の沖縄戦での死者数は2万弱
しかし戦傷者は10万ぐらいいたような記憶がある。間違っていたら申し訳ない。
日本軍関係者の戦死者が10万強だったことを考えれば、状況・条件の差を考慮しても敢闘したことは伺える。

違った。言いたかったことがある。
実はフィリピン戦のことだが、
まあ米軍の損害は沖縄戦と同程度なんだが、
日本軍の戦力は数倍規模あった。しかも戦域の広さは沖縄の比ではない。
もう少し戦いようがあったのではないかと思っている。残念。
戦法がこのころに変えられていたらと思うんだよね。
たとえ敗北したとしても・・・。

そうすれば、特攻があったかどうかも分からないし、講和すらあったかも知れない。
どんなときでも天王山に負けない準備は必要だと思うけどね。
560.名無しさん:2016年02月13日 00:16 ID:OjegPU4q0▼このコメントに返信
※553
反日売国醜ブ左翼千ョンコーwwwww

ABCD包囲網で石油などの近代国家存続に不可欠な物資の対日禁輸措置は、少なくとも30年以上も前の古い言い方を借りれば、真綿で首を包まれて断固たる圧倒的な力でジリジリと締め付けられているも同然なんだよ、糞っ滓カスめ!!!

マトモな独立心のある国なら、例え小国と云えども敵カナわぬと解っていても闘わずに無条件降伏はしない。
オメーは同様に首を絞められても抵抗せずにタヒねよ(笑)(笑)(笑)

そういや、自らロシアの半属国に成り下がり、その大親分が負けて日本に引き渡され、その境遇が不満で明治大帝についで敬愛されていた元老伊藤博文公を暗殺してケンカを売っときながら、ヘタレて闘いもせすに降伏して消滅した国家が有ったなぁ
オメーそっくりじゃんpgr
561.名無しさん:2016年02月13日 00:18 ID:S3z.wuk90▼このコメントに返信
>>557
そんな事実は確認されてないよ。
例のネズミが一方的に広めたデマでしょう。
矢矧が5日分の食料を残して、後は本土に積み下ろした。って記録はある。
562.名無しさん:2016年02月13日 00:19 ID:S3z.wuk90▼このコメントに返信
※557
そんな事実は確認されてないよ。
例のネズミ(HNもネズミ、職業もネズミ)が一方的に広めたデマでしょう。
矢矧が5日分の食料を残して、後は本土に積み下ろした。って記録はある。
563.名無しさん:2016年02月13日 00:21 ID:7TS8K3zK0▼このコメントに返信
はっきり分かることは、特効が常習化してた当時の軍上層部は狂ってたということ。
564.名無しさん:2016年02月13日 00:22 ID:7TS8K3zK0▼このコメントに返信
※563
訂正すまん
特効→特攻
565.名無しさん:2016年02月13日 00:28 ID:TMU.cL5Q0▼このコメントに返信
※555
それだけ偉そうに断言出来るって事は、
貴方は「当時の日本の価値観」を知る90歳以上の爺か婆なんだよね?

じゃないんなら、お前の独断と偏見によるクソ認識をさも事実の様に断言するな
まるで某お隣の国の人間だな、お前は

敗戦間近の日本の状況下で「少しくらい死んでも代わりは居る」等と誰が思える?
そこに行きつくまでにどれ位の国民が亡くなったか、国の上層部が知らないとでも?
バカか!

ただ「負ける訳にはいかない」の一心だったんだろうよ
負ければ国が無くなる、そう思ってな

この21世紀の、それなりに平和で豊かで自由な日本という国でそれらを享受し暮らしていながら
偉そうに日本という国に文句を言うお前に、当時必死に戦った人達に対して文句を言う権利はない!
566.名無しさん:2016年02月13日 00:37 ID:S3z.wuk90▼このコメントに返信
※557
しつこくごめんね。
大和は冷蔵庫あって、通常装備だとまぁ最低2週間はメシ食える食料がある。
後は陸戦隊になったことも含めて、現金を持って行った事実
(ただ、これも当時の沖縄戦を考えると気休めだが)。ここまでは本当。

大和沖縄作戦の主眼は
(1)大和に敵機を集中させて、その間に特攻機が米艦船に飽和攻撃を行う
 (ただしこれは神参謀の暴走により調整不足で実現できず)。

(2)万一、大和が沖縄にたどり着いたら、着底座礁し、浮き砲台になる。
(これは、レイテの頃から中沢佑に「水平に着底できて、電路・水路・射撃管制が活きてないとできない。空論。と論破されてる)。

一応、大和がダメになったら、建前上、乗員は陸戦隊になる予定だったけど、出撃時の大和は陸戦装備を一切搭載していない。

ここらからも、ネズミの嘘が解るでしょ。


567.名無しさん:2016年02月13日 00:39 ID:lzA.R2Jx0▼このコメントに返信
再掲載 ごめんなさい

チャンネル桜の動画で防衛研究所のシミュレーションの予告動画を見た。
会員じゃないので本編は見ていない。
その中で、硫黄島やパラオ、沖縄の砲撃散布率などを調べた結果、硫黄島と沖縄では差が大きく、艦砲射撃の脅威等は比較にならない差があったという結論に達したらしい。
そこで、本土決戦においては当初松本要塞に立てこもり行うつもりであったのが、方針転換、九十九里方面と伊豆方面の二正面作戦に切り替えた。
この見立ては米軍の上陸作戦を的確に予測し
その結論として、敵上陸軍は殲滅したであろうと見積もっている。

天皇陛下ご自身が帝都を離れる意志がなかったことも大きい。

返す返すも原爆が無ければとは思う。
なお、特攻により、脅威に感じた米軍が上陸を行う意志を喪失したのは事実だが、結果、ソビエトに参戦させたことが北方領土を占拠させることにはつながったと考えている。

それでは
ぱよぱよちーん。
568.名無しさん:2016年02月13日 00:40 ID:lzA.R2Jx0▼このコメントに返信
※567追記

大戦終末期、常識的には一方的な殲滅戦になりがちな戦線で、日本軍は敵に対して重大な損害を与えている。
戦死者数で比較すれば日本軍が圧倒的な損失だが、逃げ場のない敗北の戦場で、手当もならず捕虜にも取られない結果。
しかし、死傷者数で比較してみると米軍も相当数損害を受けている。
この数値には小指を怪我したぐらいではカウントはされないだろう。
戦傷者は戦場から離れるわけであり、戦力がなくなるという点では戦死者と同じ。しかも、それへの対処が必要ともなり負担は大きくなる。
因みに米軍の沖縄戦での死者数は2万弱
しかし戦傷者は10万ぐらいいたような記憶がある。間違っていたら申し訳ない。
日本軍関係者の戦死者が10万強だったことを考えれば、状況・条件の差を考慮しても敢闘したことは伺える。

違った。言いたかったことがある。
実はフィリピン戦のことだが、
まあ米軍の損害は沖縄戦と同程度なんだが、
日本軍の戦力は数倍規模あった。しかも戦域の広さは沖縄の比ではない。
もう少し戦いようがあったのではないかと思っている。残念。
戦法がこのころに変えられていたらと思うんだよね。
たとえ敗北したとしても・・・。

そうすれば、特攻があったかどうかも分からないし、講和すらあったかも知れない。
どんなときでも天王山に負けない準備は必要だと思うけどね。
569.名無しさん:2016年02月13日 01:01 ID:OjegPU4q0▼このコメントに返信
※563
前コメ読んでれば、コイツは頭のイカレた薬中のポン助。
視野狭窄の自己中www
570.名無しさん:2016年02月13日 01:12 ID:vunMWADS0▼このコメントに返信
戦争が始まれば、兵隊というのはコマでしかなく、可哀想などということは一切ない。
命令を下したのも遂行したのも仮にも同じ軍人。民間人がつべこべ言えるものではない。

正常か異常か、良いか悪いか、可哀想とか、残酷とか、そんなのは問題ではない。
国のために戦った全ての兵士のおかげで現在がある。これは世界共通。特攻隊も例外ではない。

このスレタイで作戦性や感情論によって特攻を否定するのは、反日主義者の論点ズラしでしかない。
571.名無しさん:2016年02月13日 01:19 ID:7W4FwSlM0▼このコメントに返信
靖国に眠る英霊に敬礼
572.名無しさん:2016年02月13日 01:53 ID:Rt1uWHp40▼このコメントに返信
※570
感情論で論点をズラして日本人を貶めてるのは、正真正銘、君だよ。
特別攻撃作戦はれっきとした軍事作戦だ。
よって全ての作戦は、軍事的成立性にのみ基づいて計画・立案されねばならなかった。
573.名無しさん:2016年02月13日 02:56 ID:ETJrFL4h0▼このコメントに返信
だからさ、戦死した特攻隊員への最高の恩返しは、
おまえら自身が、特攻隊員から見ても「自慢の息子たち」になることなんだよ。

特攻隊員から見ても「自慢の息子たち」になっているのか?
なるべく努力してるのか?

たいした努力もしてないくせに、
自慢げに特攻を語る恥知らずには、ヘドが出る。
574.名無しさん:2016年02月13日 04:11 ID:OjegPU4q0▼このコメントに返信
※572
横からだがズラしてるのはお前。結局、反日売国醜ブ左翼千ョンコーwwwwwとやってる事は同じ。

戦争は外政問題を軍事力を使って最終解決を図る政治行為だぜ。
戦術より大事な戦略より優先されるのが政略なんだよ。
特攻とペリリュー以降の持久戦が相まって、「以下の条件での降伏を勧告する」と言うポツダム宣言を引き出して政略面で大きな成果を上げたのは事実だ。
戦法としては外道だし過酷だし悲し過ぎるが、戦術面で意外な成果を上げて戦略面でも米国に本土決戦を忌避させた。
追い詰められたとはいえ、愛する家族同胞郷土国家の為に大切な我が身を犠牲にした行為には只々頭が下がるだけだ。
美化せずとも美しい事は間違いない。悲しすぎる。

もっとも、戦争を仕掛けたのはABCD包囲網をしいた連合国であり、日本の外交暗号を解読済みで日本の最終譲歩案を知っていながら、敢えて無視して宣戦布告に代わる「ハルノート」と言う最後通告を先に突きつけたのも米国だ。
575.名無しさん:2016年02月13日 06:41 ID:.nq1wnor0▼このコメントに返信
171 >
もともと暴走族の連中には在日の小せがれが多いんだよ。
こいつらは日本人相手なら何をやっても許されると思ってる。
戦後日本各地で暴れたクズ朝鮮人どもの血筋、こいつらの中にはそれを武勇伝として自慢してるヤツらも多いと聞く。
もうすぐこの連中への駆逐戦が始まると思うから、その時には目一杯お返しをしてやろうぜ。
一刻も早く在日というゴミクズ集団の息の根を止めてやりたいわ。WWW
576.名無しさん:2016年02月13日 06:52 ID:.nq1wnor0▼このコメントに返信
ここにも何匹かの在日のクソ野郎どもが、したり顔でいけしゃあしゃあと、日本の特攻について脳ガキ垂れてるが。
そろそろ日本国民としてこいつらに倍返しの反撃を食らわせてやってもいい頃じゃないか?。
日本人をナメ切ったこいつら朝鮮人にふさわしい対応をしてやりたいよね。
577.名無しさん:2016年02月13日 07:29 ID:vhNiweiL0▼このコメントに返信
特攻隊や戦争継続・本土決戦を主張したのは日本民族を破滅させようとしていた共産主義者・反日諜報工作員の活動
このスレで特攻隊を肯定している奴はそういう連中の子孫

尾崎秀美みたいな外国のスパイが大本営に居て
「戦争に勝つには特攻しかありません(未来の礎となる若者をすりつぶしてしまえwww)」と扇動していた
このスレで自分は愛国者(を評価している)と勘違いしている馬鹿は反日外国人の思惑通りに特攻隊を肯定してしまっている。
578.名無しさん:2016年02月13日 08:05 ID:kmggfYNM0▼このコメントに返信
※577はそのコミンテルン一派

再掲載 ごめんなさい

チャンネル桜の動画で防衛研究所のシミュレーションの予告動画を見た。
会員じゃないので本編は見ていない。
その中で、硫黄島やパラオ、沖縄の砲撃散布率などを調べた結果、硫黄島と沖縄では差が大きく、艦砲射撃の脅威等は比較にならない差があったという結論に達したらしい。
そこで、本土決戦においては当初松本要塞に立てこもり行うつもりであったのが、方針転換、九十九里方面と伊豆方面の二正面作戦に切り替えた。
この見立ては米軍の上陸作戦を的確に予測し
その結論として、敵上陸軍は殲滅したであろうと見積もっている。

天皇陛下ご自身が帝都を離れる意志がなかったことも大きい。

返す返すも原爆が無ければとは思う。
なお、特攻により、脅威に感じた米軍が上陸を行う意志を喪失したのは事実だが、結果、ソビエトに参戦させたことが北方領土を占拠させることにはつながったと考えている。

それでは
ぱよぱよちーん。
579.名無しさん:2016年02月13日 08:07 ID:kmggfYNM0▼このコメントに返信
※578追記

大戦終末期、常識的には一方的な殲滅戦になりがちな戦線で、日本軍は敵に対して重大な損害を与えている。
戦死者数で比較すれば日本軍が圧倒的な損失だが、逃げ場のない敗北の戦場で、手当もならず捕虜にも取られない結果。
しかし、死傷者数で比較してみると米軍も相当数損害を受けている。
この数値には小指を怪我したぐらいではカウントはされないだろう。
戦傷者は戦場から離れるわけであり、戦力がなくなるという点では戦死者と同じ。しかも、それへの対処が必要ともなり負担は大きくなる。
因みに米軍の沖縄戦での死者数は2万弱
しかし戦傷者は10万ぐらいいたような記憶がある。間違っていたら申し訳ない。
日本軍関係者の戦死者が10万強だったことを考えれば、状況・条件の差を考慮しても敢闘したことは伺える。

違った。言いたかったことがある。
実はフィリピン戦のことだが、
まあ米軍の損害は沖縄戦と同程度なんだが、
日本軍の戦力は数倍規模あった。しかも戦域の広さは沖縄の比ではない。
もう少し戦いようがあったのではないかと思っている。残念。
戦法がこのころに変えられていたらと思うんだよね。
たとえ敗北したとしても・・・。

そうすれば、特攻があったかどうかも分からないし、講和すらあったかも知れない。
どんなときでも天王山に負けない準備は必要だと思うけどね。

※工作員はコメントの最後に 必ず書き込み、日本下げを行う習性がある。
580.名無しさん:2016年02月13日 08:10 ID:kmggfYNM0▼このコメントに返信
※575さん

名前が違うよ

「珍走団」でしょう。

周辺では一時期減ったが、最近また復活しており、時々ぱよぱよちーんと這いずり回っているようです。
世界のおもちゃだけに馬鹿にされているのが分からないのでしょうね。
581.名無しさん:2016年02月13日 08:27 ID:rM99CwKn0▼このコメントに返信
※578
何をもって上陸部隊を撃退できると判断したのか分からんが、アメリカ軍は機雷を撒いて制海権を完全に支配していて鉄道網も攻撃している以上、あとは上陸せずとも兵糧攻めすれば干上がることは明らかなんだが。
582.名無しさん:2016年02月13日 08:55 ID:Z5n7qsck0▼このコメントに返信
※565
「負ける訳にはいかない」じゃなくて「負ける位なら日本国民みんなで死のう」という考えでしょ。
熱狂が醒めるとおめおめ生きて、大勢死なせてなんか居心地が悪い気分を、英霊と祭り上げる事で辻褄を合わせる。

無理心中で子供を殺して自分は死に損ねながら、子供の遺体に取り縋って泣き叫ぶだけで、
その後は子供の後を追う事も無く生きる。特攻だの一億玉砕だのはそういう、自他の区別が付かない幼児性の発露でしょ。

今は「憲法9条の為にみんなで死のう」という、左翼の理念として生きている。
583.名無しさん:2016年02月13日 09:10 ID:kmggfYNM0▼このコメントに返信
※581

ほら出た。ネット珍走団。

朝鮮人工作員パヨ

世界のおもちゃ
おもちゃは遊ぶ道具
みんな一緒にもてあそんであげましょう。

連中を相手にしても無駄。ロボットおもちゃなので、自分で考えることもできないし、聞く耳がありません。
つんつるてんの頭なんです。
マニュアルに従い、嘘を書くだけのおもちゃです。

さあ怒れ
熱くなれ
鼻水を垂らし、涙をあふれさせ
震えながら粘着して書き続けろ

おもしろおかしく眺めさせてもらうよ。

多分わんさか沸いてきているだろうが
底辺層(生まれがね)の副収入

ぱよぱよちーん

反日工作員の特徴、最後のコメントを占有したがる。
584.名無しさん:2016年02月13日 09:11 ID:kmggfYNM0▼このコメントに返信
※581はコミンテルン一派

再掲載 ごめんなさい

チャンネル桜の動画で防衛研究所のシミュレーションの予告動画を見た。
会員じゃないので本編は見ていない。
その中で、硫黄島やパラオ、沖縄の砲撃散布率などを調べた結果、硫黄島と沖縄では差が大きく、艦砲射撃の脅威等は比較にならない差があったという結論に達したらしい。
そこで、本土決戦においては当初松本要塞に立てこもり行うつもりであったのが、方針転換、九十九里方面と伊豆方面の二正面作戦に切り替えた。
この見立ては米軍の上陸作戦を的確に予測し
その結論として、敵上陸軍は殲滅したであろうと見積もっている。

天皇陛下ご自身が帝都を離れる意志がなかったことも大きい。

返す返すも原爆が無ければとは思う。
なお、特攻により、脅威に感じた米軍が上陸を行う意志を喪失したのは事実だが、結果、ソビエトに参戦させたことが北方領土を占拠させることにはつながったと考えている。

それでは
ぱよぱよちーん。
585.名無しさん:2016年02月13日 09:12 ID:kmggfYNM0▼このコメントに返信
※584追記

大戦終末期、常識的には一方的な殲滅戦になりがちな戦線で、日本軍は敵に対して重大な損害を与えている。
戦死者数で比較すれば日本軍が圧倒的な損失だが、逃げ場のない敗北の戦場で、手当もならず捕虜にも取られない結果。
しかし、死傷者数で比較してみると米軍も相当数損害を受けている。
この数値には小指を怪我したぐらいではカウントはされないだろう。
戦傷者は戦場から離れるわけであり、戦力がなくなるという点では戦死者と同じ。しかも、それへの対処が必要ともなり負担は大きくなる。
因みに米軍の沖縄戦での死者数は2万弱
しかし戦傷者は10万ぐらいいたような記憶がある。間違っていたら申し訳ない。
日本軍関係者の戦死者が10万強だったことを考えれば、状況・条件の差を考慮しても敢闘したことは伺える。

違った。言いたかったことがある。
実はフィリピン戦のことだが、
まあ米軍の損害は沖縄戦と同程度なんだが、
日本軍の戦力は数倍規模あった。しかも戦域の広さは沖縄の比ではない。
もう少し戦いようがあったのではないかと思っている。残念。
戦法がこのころに変えられていたらと思うんだよね。
たとえ敗北したとしても・・・。

そうすれば、特攻があったかどうかも分からないし、講和すらあったかも知れない。
どんなときでも天王山に負けない準備は必要だと思うけどね。
586.名無しさん:2016年02月13日 09:36 ID:1q4SkBvK0▼このコメントに返信
ルーズベルトはソビエトなど共産主義者に利益与えるために戦争していたようなものだから
ルーズベルトが生きている限りソビエトが利益得るまで戦争は止めなかったでしょう。

ルーズベルトが死んでくれたおかげで、世界人類は救われた。ともいえるかもw
587.名無しさん:2016年02月13日 09:41 ID:1q4SkBvK0▼このコメントに返信
共産主義という危地害カルトが出現して以来、史上最悪の悲劇に人類は見舞われ続けている。

人類を地獄へ突き落す、共産主義という既知害カルト。

嘘捏造しまくり人を騙し人々に憎悪の心を植えつけ互いに争わせ世界を地獄へと突き落す共産主義という危地害カルト
588.名無しさん:2016年02月13日 09:43 ID:qGWFhQkt0▼このコメントに返信
兵糧攻めについては何の回答もなしか
589.名無しさん:2016年02月13日 09:44 ID:1q4SkBvK0▼このコメントに返信
そんな危地害共産主義カルトの謀略に嵌って殺し合いをせねばならなくなった人類。
590.名無しさん:2016年02月13日 09:50 ID:1q4SkBvK0▼このコメントに返信
二度と悲劇を繰り返さないためにも、今度は敵を間違えずに善良で勇敢な人類同志でがっちり手を取り合い

人類を不幸の地獄へと陥れる共産主義など既知害カルトに対して徹底的に厳しく臨もう
591.名無しさん:2016年02月13日 09:58 ID:x2byXCOT0▼このコメントに返信
※54

天皇が最重点地区の九十九里浜の防備体制を侍従武官を派遣して調べさせたところ、陣地構築は予定の10分の1、小銃は兵士2~3人に対し1丁しかないとわかり、もはやこれ以上戦争は続けられないと決意するきっかけになった
592.名無しさん:2016年02月13日 10:41 ID:9VG8qkcy0▼このコメントに返信
そりゃイザとなったら一般国民も戦えといってたくらいだからな
武器はカマでもなんでも使えだとよw
593.名無しさん:2016年02月13日 10:57 ID:01d50DMd0▼このコメントに返信
水上目標を夜間爆撃とか。

目標にたどりつく確率どんだけ見積もれるんだ?
594.名無しさん:2016年02月13日 11:02 ID:cV7W..tw0▼このコメントに返信
そらおめぇ戦後の価値観しか知らない自分らからしたら特攻なんて狂気の沙汰、生きてこそだと思うさ。
だけど勝ち目が無いとおなったら特攻、玉砕なんて歴史上いくらでもあった。

別に日本軍の専売特許じゃない。

胸糞悪いのは特攻を実行させて多くの若者を死地に追いやった連中が戦後に
「自分のような人間こそ日本の復興には必要」とGHQに取り入って組織の重鎮に納まって
のうのうと生きながらえた事だ。これは日本人にとっての恥。ナチ狩りのように吊るすべきだった。

靖国に行って英霊に頭は垂れるけど、こういう汚い人間には反面教師以外の価値は認めない。
595.名無しさん:2016年02月13日 11:53 ID:qmLlNbyk0▼このコメントに返信
 市民の犠牲の上にとか、綺麗事を言っているお気楽脳味噌が、相も変わらずいるのが信じられない。
無抵抗の人間の上に築かれた歴史等、醜悪なだけで振り向く価値も無い。(朝鮮半島やカンボジアがいい見本だ)
インドのガンジーの無抵抗主義などは列強のプロパガンダだ、あれを信じ込まされているうちはインドの民度は絶対に変化しない
自分達のために死に物狂いで盾になった人がいるから、戦後の日本人は苦しいときでも前を睨む事が出来た。
 少なくても私個人はそう思っている。
596.名無しさん:2016年02月13日 12:14 ID:.z.6Ln5P0▼このコメントに返信
特攻はあの段階では戦術的にはベターじゃないの、軍としては目標を達成するために最も効率的な作戦を選んだだけだし、何も間違ってないんじゃ
597.名無しさん:2016年02月13日 13:35 ID:7TS8K3zK0▼このコメントに返信
※583が※581の意見に対して、何一つ反論できてないというかしてないことに吹いたw
598.名無しさん:2016年02月13日 13:41 ID:7TS8K3zK0▼このコメントに返信
※596
元々は、レイテでの絶望的な戦況を覆すためにこの場限りという前提で行った緊急的措置で、軍部も非常識な戦法という意識はあった。
だが、その際、予想以上の戦果を出してしまい、味を占めた軍上層部が、特攻を常習化させてしまった。
599.名無しさん:2016年02月13日 16:21 ID:pkA99Jgp0▼このコメントに返信
特攻は敗戦濃厚になったけど散々戦意高揚してたから白旗揚げる気にもなれない
軍上層部が暴走した結果でしかないよ。これまったく戦果のない無駄死に
過去を美化するのはあまり好きじゃない
600.名無しさん:2016年02月13日 16:58 ID:o8vr.QaT0▼このコメントに返信
スクロールバー見てビビった
コメント熱くなり過ぎィ!
601.名無しさん:2016年02月13日 19:40 ID:OjegPU4q0▼このコメントに返信
※599
散々論破されても何度も繰り返し出てくる、嘘っぱち反日売国醜ブ左翼千ョンコーやんけpgr
前コメぐらいキチンと読めんのか、この糞っ滓カスめ!!!
602.名無しさん:2016年02月13日 19:43 ID:7TS8K3zK0▼このコメントに返信
※601
横だが、負け戦を、まともに分析して問題点を洗い出そうとせず、無条件に賛美してそれを押し付けようとする姿勢を批判してるんだろ。
603.名無しさん:2016年02月13日 20:20 ID:v14wcO040▼このコメントに返信
アカい人 仕事して何か成果あったのかな
604.名無しさん:2016年02月13日 20:44 ID:mf3Oim0z0▼このコメントに返信
特攻という「戦法」は賛美されるようなものでは決してないが、特攻で散っていた「人間」を馬鹿にしたり無駄死に呼ばわりするのは間違ってる。
605.名無しさん:2016年02月13日 20:49 ID:7TS8K3zK0▼このコメントに返信
※604
そこは同意。
戦死者ごとバカにしたり、戦法を批判してるのに言いがかりつけて工作員呼ばわりする連中はマジで迷惑。
606.名無しさん:2016年02月13日 22:20 ID:9VG8qkcy0▼このコメントに返信
特攻はあの状況下では有効な戦術だった←わかる
特攻のおかげで今の俺達がある←は?
607.名無しさん:2016年02月13日 22:36 ID:OjegPU4q0▼このコメントに返信
前コメぐらいキチンと読めんのか? 全部読んでても良いくらいだぜ。
戦法としては外道だし悲し過ぎるが、何より其処まで追い詰められていたと言う環境のなせるわざだ。そして戦術面で意外な成果を上げてそれより大切な戦略面では米国に本土決戦を忌避させた。更に一番優先される政略面では「以下の条件での降伏を勧告する」と言うポツダム宣言を引き出して国体の護持に成功してる。感情を抜きにすれば高く評価出来るほどだ。
感情面なら、大いなる未来のある若者が、我が身を犠牲にして家族同胞郷土国家の為に行動するなんて、美化せずとも最高の愛を示して美しい事は否定出来無い。只々頭が下がるだけだ。
608.名無しさん:2016年02月13日 22:43 ID:bX6QwYOj0▼このコメントに返信
>米国に本土決戦を忌避させた

ダウンフォール作戦のタイムスケジュールは何も変わってないぞ?
「日本手強し」を印象づけだのは事実だろうが、アメリカも艦隊にカミカゼ用のフォーメーションを組んだりして
対策を整えてる
最終的日本のほうが音を上げたんだから忌避も何もない
609.名無しさん:2016年02月13日 22:44 ID:bX6QwYOj0▼このコメントに返信
>「以下の条件での降伏を勧告する」と言うポツダム宣言を引き出して国体の護持に成功してる

特攻の影響でそうなったという事実はない
あるというならソースよろ
610.名無しさん:2016年02月13日 22:48 ID:bX6QwYOj0▼このコメントに返信
>感情を抜きにすれば高く評価出来るほどだ。

そう言いつつ随分と感情論に流されてるな

特攻の効果は戦術的には成功だが、戦略的には米の意思を変えるほどではなかった
それは※608と※609に書いたとおり

感情論
戦術的効果
戦略に与えた影響

これらを区別して考えないと

俺は前者2つまでは認めるが、

>ポツダム宣言を引き出して国体の護持に成功してる

↑ここまでいくと間違った認識による過大評価
611.名無しさん:2016年02月13日 22:51 ID:BpX.hoXN0▼このコメントに返信
日本の特攻は愚。いかなる戦略目標も達成せず本土防衛になんら資することなく敵主力艦対の外縁のごく一部を削いだだけ。

日本のおいて成立しうる特攻とは、敵の主力の破壊しかない。敵空母の飛行甲板を破壊すればよいなどという発想こそ亡国。やるなら戦争に勝利する算段が(全くの机上の空論であろうと)なくてはいけない。敵に追い詰められ、まったく効果のない、しかも日本に残された最後のなけなしの戦力を本土決戦(本土焦土作戦)という馬鹿げた(当時の士官クラスでも米を寝技に持ち込んで倒すとか妄言)まったく算のたたない計画での一億玉砕作戦の魁という道化に使われたのが特攻。

証拠に特攻煽って、立案した張本人は戦後たらふくメシをくって長寿をまっとう。つまり、特攻にしろなんにしろ日本の社会に巣くうなんら保身以外結果をだせず、組織を専横する無能エリートの排除が必要。戦争前は低能を上に乗っけて飾っておくのはよいが戦争が始まったら有能な指揮官、勝てる指導者に全ての裁量を任せるべき。

全く絶望的な戦い、300人対20万の戦闘においてもレオニダスは敵の侵攻を遅滞させ、結果を出している(彼らは当然死を決意して戦闘に望んだ、つまり特攻。そして結果を出した。)。これからも仮に特攻があるとしても、敵主力の破壊もしくは、敵本土の全滅が交換条件である。低能が編み出した苦し紛れのなんら結果がだせないような無為無謀無策作戦で特攻を強要するようなことがあってはならない。
612.名無しさん:2016年02月13日 22:54 ID:mf3Oim0z0▼このコメントに返信
特攻の発案者は終戦直後に特攻して死んだよ。
613.名無しさん:2016年02月13日 22:56 ID:OjegPU4q0▼このコメントに返信
罵鹿は解らんだけだ。

別件で、政略>戦略>戦術>戦法
              ↑
             外道だが卑劣では無い。未熟な飛行士の場合は通常の航空攻撃よりは戦果が出やすい

まあ、前コメ全部読んだ方が良いな。否、同じスレは週に一度か10日に一度くらいの割合で腐るほどあるから、それも全部読んでこい。
あばよ
614.名無しさん:2016年02月13日 23:01 ID:bX6QwYOj0▼このコメントに返信
※613
だから戦術的効果は認めるって言ったじゃん
それなのにお前自身がそれりわざわざ1ランクしただといっちゃうわけ?
しかもそれだとポツダム宣言に影響を与えたという話とが合致しなくなるな

そもそもポツダム宣言の条文見たことあるのか?
なにかポツダム宣言のおかげで国体護持が出来たと思ってるようだが、条文見ればそんな生易しい物じゃない
あんなもの受け入れれば国体護持ができないとびびったからこその特攻であり、死にものぐるいの反撃だったのが
事実なんだけど
実際は米の胸先三寸、国体つまり天皇を生かしておいたほうが統治上有利だと米が考えたので皇室も温存されたわけであり、
ポツダム宣言を受諾したこととは関係ない
615.名無しさん:2016年02月13日 23:04 ID:bX6QwYOj0▼このコメントに返信
ポツダム宣言の最後の条項にこんなものがある

13.我々は日本政府が全日本軍の即時無条件降伏を宣言し、またその行動について日本政府が十分に保障することを求める。これ以外の選択肢は迅速且つ完全なる壊滅があるのみである。

これ見れば分かる通り、こんなもの受け入れるわけいかないから敗戦のその日まで特攻を繰り返したたのが事実なのだよ
お前さんの認識とは間逆なのがわかるだろう
616.名無しさん:2016年02月13日 23:42 ID:IC6wqqeL0▼このコメントに返信
朝鮮人工作員パヨ
やってるね

世界のおもちゃ
おもちゃは遊ぶ道具
みんな一緒にもてあそんであげましょう。

連中を相手にしても無駄。ロボットおもちゃなので、自分で考えることもできないし、聞く耳がありません。
つんつるてんの頭なんです。
マニュアルに従い、嘘を書くだけのおもちゃです。

さあ怒れ
熱くなれ
鼻水を垂らし、涙をあふれさせ
震えながら粘着して書き続けろ

おもしろおかしく眺めさせてもらうよ。

多分わんさか沸いてきているだろうが
底辺層(生まれがね)の副収入

ぱよぱよちーん
617.名無しさん:2016年02月13日 23:43 ID:IC6wqqeL0▼このコメントに返信
再掲載 ごめんなさい

チャンネル桜の動画で防衛研究所のシミュレーションの予告動画を見た。
会員じゃないので本編は見ていない。
その中で、硫黄島やパラオ、沖縄の砲撃散布率などを調べた結果、硫黄島と沖縄では差が大きく、艦砲射撃の脅威等は比較にならない差があったという結論に達したらしい。
そこで、本土決戦においては当初松本要塞に立てこもり行うつもりであったのが、方針転換、九十九里方面と伊豆方面の二正面作戦に切り替えた。
この見立ては米軍の上陸作戦を的確に予測し
その結論として、敵上陸軍は殲滅したであろうと見積もっている。

天皇陛下ご自身が帝都を離れる意志がなかったことも大きい。

返す返すも原爆が無ければとは思う。
なお、特攻により、脅威に感じた米軍が上陸を行う意志を喪失したのは事実だが、結果、ソビエトに参戦させたことが北方領土を占拠させることにはつながったと考えている。

それでは
ぱよぱよちーん。
618.名無しさん:2016年02月13日 23:44 ID:IC6wqqeL0▼このコメントに返信
※617追記

大戦終末期、常識的には一方的な殲滅線になりがちな戦線で、日本軍は敵に対して重大な損害を与えている。
戦死者数で比較すれば日本軍が圧倒的な損失だが、逃げ場のない敗北の戦場で、手当もならず捕虜にも取られない結果。
しかし、死傷者数で比較してみると米軍も相当数損害を受けている。
この数値には小指を怪我したぐらいではカウントはされないだろう。
戦傷者は戦場から離れるわけであり、戦力がなくなるという点では戦死者と同じ。しかも、それへの対処が必要ともなり負担は大きくなる。
因みに米軍の沖縄戦での死者数は2万弱
しかし戦傷者は10万ぐらいいたような記憶がある。間違っていたら申し訳ない。
日本軍関係者の戦死者が10万強だったことを考えれば、状況・条件の差を考慮しても敢闘したことは伺える。

違った。言いたかったことがある。
実はフィリピン戦のことだが、
まあ米軍の損害は沖縄戦と同程度なんだが、
日本軍の戦力は数倍規模あった。しかも戦域の広さは沖縄の比ではない。
もう少し戦いようがあったのではないかと思っている。残念。
戦法がこのころに変えられていたらと思うんだよね。
たとえ敗北したとしても・・・。

そうすれば、特攻があったかどうかも分からないし、講和すらあったかも知れない。
どんなときでも天王山に負けない準備は必要だと思うけどね。
619.名無しさん:2016年02月13日 23:49 ID:IC6wqqeL0▼このコメントに返信
※611

世界のおもちゃ、工作員の馬鹿の一つ覚えのパターン
これは日本の優れた点を非常に意識し、コンプレックスに耐えかねて書く、精神病理上の補償行為と判じられる。

対比を使った表現に表れる。
つまり
順序は逆パターンもあるが

日本貶め
他国上げ

他国上げ
日本貶めである


零戦はクソ
グラマンは最高
みたいな感じ
同じでしょう?
620.名無しさん:2016年02月14日 00:13 ID:h6tp7zDG0▼このコメントに返信
※617.618
兵糧攻めについては何の説明がない以上、机上の空論に過ぎない。そもそも海軍が壊滅していて、北からはソ連、援軍はない。外との連絡が取れず兵糧が欠乏している上での籠城は座して死を待つのみ
621.名無しさん:2016年02月14日 00:35 ID:.EqpGU9n0▼このコメントに返信
チャンネル桜の動画で防衛研究所のシミュレーションの予告動画を見た。
会員じゃないので本編は見ていない。
その中で、硫黄島やパラオ、沖縄の砲撃散布率などを調べた結果、硫黄島と沖縄では差が大きく、艦砲射撃の脅威等は比較にならない差があったという結論に達したらしい。
そこで、本土決戦においては当初松本要塞に立てこもり行うつもりであったのが、方針転換、九十九里方面と伊豆方面の二正面作戦に切り替えた。
この見立ては米軍の上陸作戦を的確に予測し
その結論として、敵上陸軍は殲滅したであろうと見積もっている。

天皇陛下ご自身が帝都を離れる意志がなかったことも大きい。

返す返すも原爆が無ければとは思う。
なお、特攻により、脅威に感じた米軍が上陸を行う意志を喪失したのは事実だが、結果、ソビエトに参戦させたことが北方領土を占拠させることにはつながったと考えている。

それでは
ぱよぱよちーん。
622.名無しさん:2016年02月14日 00:36 ID:.EqpGU9n0▼このコメントに返信
※621追記

大戦終末期、常識的には一方的な殲滅線になりがちな戦線で、日本軍は敵に対して重大な損害を与えている。
戦死者数で比較すれば日本軍が圧倒的な損失だが、逃げ場のない敗北の戦場で、手当もならず捕虜にも取られない結果。
しかし、死傷者数で比較してみると米軍も相当数損害を受けている。
この数値には小指を怪我したぐらいではカウントはされないだろう。
戦傷者は戦場から離れるわけであり、戦力がなくなるという点では戦死者と同じ。しかも、それへの対処が必要ともなり負担は大きくなる。
因みに米軍の沖縄戦での死者数は2万弱
しかし戦傷者は10万ぐらいいたような記憶がある。間違っていたら申し訳ない。
日本軍関係者の戦死者が10万強だったことを考えれば、状況・条件の差を考慮しても敢闘したことは伺える。

違った。言いたかったことがある。
実はフィリピン戦のことだが、
まあ米軍の損害は沖縄戦と同程度なんだが、
日本軍の戦力は数倍規模あった。しかも戦域の広さは沖縄の比ではない。
もう少し戦いようがあったのではないかと思っている。残念。
戦法がこのころに変えられていたらと思うんだよね。
たとえ敗北したとしても・・・。

そうすれば、特攻があったかどうかも分からないし、講和すらあったかも知れない。
どんなときでも天王山に負けない準備は必要だと思うけどね。
623.名無しさん:2016年02月14日 00:36 ID:.EqpGU9n0▼このコメントに返信
※611

世界のおもちゃ、工作員の馬鹿の一つ覚えのパターン
これは日本の優れた点を非常に意識し、コンプレックスに耐えかねて書く、精神病理上の補償行為と判じられる。

対比を使った表現に表れる。
つまり
順序は逆パターンもあるが

日本貶め
他国上げ

他国上げ
日本貶めである


零戦はクソ
グラマンは最高
みたいな感じ
同じでしょう?
624.名無しさん:2016年02月14日 00:38 ID:.EqpGU9n0▼このコメントに返信
物資は相当に蓄積してあった。
艦隊で回りを囲む自体どれぐらいコストがかかっていると思っているのか理解できない世界のおもちゃがいるようだ。
625.名無しさん:2016年02月14日 00:45 ID:9.E41e8C0▼このコメントに返信
※624
大戦末期の段階で既に日本の周り連合国(米中露中心)で囲まれてたんですが?
626.名無しさん:2016年02月14日 00:45 ID:.EqpGU9n0▼このコメントに返信
今の私たちがあるというのは

こういう歴史があるおかげで、誇りを持てるということ。
これはアイデンティティ喪失のリスクに対するカウンターとして決定的な効果となる。

それがないミンジョクはみじめである。

フロイトの精神分析は、心の欠けを埋めようとする動きに目を向けた。
酸っぱい葡萄とかは知っているだろうが、コンプレックスを埋めるために客観的に人間は滑稽な行為を行う。
まさに反日勢力が行っている行為がこれにあたる。
自信が無いんですよ。

また、ゴールマンだったかな。「EQ」の中で、自分を客観視できる能力を知的指数とみなし、後の成長として重要なファクターと仮定した。
これがないのが反日工作員である。
ここまで言ってあげても変わることができないことが馬鹿である証拠である。
あー、これに当てはまるとよくわかるんだよ。
627.名無しさん:2016年02月14日 00:46 ID:.EqpGU9n0▼このコメントに返信
※625

朝鮮人工作員パヨ
やってるね

世界のおもちゃ
おもちゃは遊ぶ道具
みんな一緒にもてあそんであげましょう。

連中を相手にしても無駄。ロボットおもちゃなので、自分で考えることもできないし、聞く耳がありません。
つんつるてんの頭なんです。
マニュアルに従い、嘘を書くだけのおもちゃです。

さあ怒れ
熱くなれ
鼻水を垂らし、涙をあふれさせ
震えながら粘着して書き続けろ

おもしろおかしく眺めさせてもらうよ。

多分わんさか沸いてきているだろうが
底辺層(生まれがね)の副収入

ぱよぱよちーん
628.名無しさん:2016年02月14日 00:49 ID:.EqpGU9n0▼このコメントに返信
※625
あんたガキだろ。
偏差値はどれぐらいだ。
少なくとも70ぐらいはあるのか。

ぱよぱよちーん。
629.名無しさん:2016年02月14日 01:09 ID:h6tp7zDG0▼このコメントに返信
※624
相当(米や石油の貯蔵量は開戦時の10分の1程度だった模様)。それにわざわざ日本の沖合に艦隊を派遣しなくても潜水艦や機雷で既に海上封鎖を受けているから。しかも残念なことに物資が不足して物価が高騰し、貧困層の割合が半世紀前に戻ってしまっていた。ソ連に触発されて赤の革命が起きる可能性もあったわけだ。
630.名無しさん:2016年02月14日 01:11 ID:mFQetQpM0▼このコメントに返信
なんでバカってコピペばかりするんだろうな
バカだから考えるのが面倒臭いのか
631.名無しさん:2016年02月14日 01:14 ID:.EqpGU9n0▼このコメントに返信
※622追記
フィリピン戦(天王山)
日本に勝機があった戦い。日本自体そう考えていた。
今更無駄な思考だが、私であればどうしたかったか。
負けても状況によっては巻き返しも可能であったが、それができない形での敗北になったと思う。私はね。

○防衛主眼をルソン島に集中マニラ影響圏に幅広く数段構えの要塞構築。防衛ラインを縮めつつ漸減が目的。
○台湾ールソン 補給路の確保
○その他の島は監視機関を潜入・持久体制、分散しないか、非常に小規模部隊を幅広く配置ゲリラ戦法でかく乱
○艦隊派遣は行わない。
○航空機に注力。迎撃戦闘機を多数生産配置(台湾、ルソン)
○敵攻勢を当初避け、爆撃部隊は後方配置
○空港の回復力に注力
○対空母攻撃(特攻も辞さず)
○空母撃滅後の艦隊の攻撃力は大幅減。
○艦隊撃退
○空爆で上陸部隊爆撃
○空港を造らせず、破壊
○陸軍の損耗を避け、敵消耗後、陸上決戦

上手くいけば勝利は十分にあり得た。
そういう条件下では抗日テロも生じにくく、治安の安定→フィリピンの台湾的発展
632.名無しさん:2016年02月14日 01:15 ID:.EqpGU9n0▼このコメントに返信
※630
ばかぱよ
にまともに相手する必要はないって書いているのが読めない低能。
ぱよぱよちーん
633.名無しさん:2016年02月14日 01:23 ID:mFQetQpM0▼このコメントに返信
だったらシカトしてろよ
ゲーム脳のくせにw
ああ、アイツだなってすぐ分かったわw

すぐ見抜かれるほど薄っぺらいやつめ
634.名無しさん:2016年02月14日 01:25 ID:.EqpGU9n0▼このコメントに返信
物価は終戦時まで保たれていた。
物価が上がったのは戦後の話。
戦時国債等の支払いのため、いわゆるハイパーインフレによって打撃の緩和を図った結果である。

このおもちゃが理解していないのは、
日本は対米戦における本土決戦には勝利できたはずだが、原爆で人命が抵抗なしに奪われることを望まなかったために終戦(有条件)を決めたということ。
なお、ソ連の侵攻は止められなかったはず(それでも装甲車数百両を破壊とか知られていない)だが、本土以外は捨てても構わないという見積もりはあっただろう。
それでも原爆が無ければそれなりに有利に条件は進められはずである。
原爆が無ければ、密約はあってもソ連は様子見をしていたはずである。
私は原爆がソ連へのけん制であったとはこの時点では思わない。
日本を恐れ、虐殺したい思いと、実験の意味合いが大きかったと思っている。
その原因のひとつがが特攻ということである。
635.名無しさん:2016年02月14日 01:27 ID:.EqpGU9n0▼このコメントに返信
※633
お前が出てこなければいいんだよ
おもちゃ
頭ではかなわないし、知識もないだろう。
からむな。
低能。
泣いて鼻水垂らすぐらいしかできない悲しき根無し草。
636.名無しさん:2016年02月14日 01:28 ID:9.E41e8C0▼このコメントに返信
※631
>今更無駄な思考だが、私であればどうしたかったか。

どんだけ『軍事』や『戦略』を舐めてるのかがよくわかる文章だわ。
637.名無しさん:2016年02月14日 01:29 ID:mFQetQpM0▼このコメントに返信
※635
ゲーム脳のアイツだってことは図星だったようだな
すぐ見抜かれるのは薄っぺらいからなw
638.名無しさん:2016年02月14日 01:37 ID:9.E41e8C0▼このコメントに返信
※635
>知識もないだろう。

知識=艦これ
ですね分かります。
639.名無しさん:2016年02月14日 01:40 ID:.EqpGU9n0▼このコメントに返信
※625

※638
朝鮮人だろ。正直に言えよ
そうでなければ、日本に愛国心を持っているか宣言しな。
別に命をかけるなんて言う必要はない。逆にそういう人間はホントかなと思うのでね

世界のおもちゃ
おもちゃは遊ぶ道具
みんな一緒にもてあそんであげましょう。

連中を相手にしても無駄。ロボットおもちゃなので、自分で考えることもできないし、聞く耳がありません。
つんつるてんの頭なんです。
マニュアルに従い、嘘を書くだけのおもちゃです。

さあ怒れ
熱くなれ
鼻水を垂らし、涙をあふれさせ
震えながら粘着して書き続けろ

おもしろおかしく眺めさせてもらうよ。

多分わんさか沸いてきているだろうが
底辺層(生まれがね)の副収入

ぱよぱよちーん
640.名無しさん:2016年02月14日 01:46 ID:9.E41e8C0▼このコメントに返信
※639
>さあ怒れ
熱くなれ
鼻水を垂らし、涙をあふれさせ
震えながら粘着して書き続けろ

鏡見て言ってんの?
641.名無しさん:2016年02月14日 01:55 ID:.EqpGU9n0▼このコメントに返信
※640
朝鮮人だろ。正直に言えよ
そうでなければ、日本に愛国心を持っているか宣言しな。
別に命をかけるなんて言う必要はない。逆にそういう人間はホントかなと思うのでね

世界のおもちゃ
おもちゃは遊ぶ道具
みんな一緒にもてあそんであげましょう。

連中を相手にしても無駄。ロボットおもちゃなので、自分で考えることもできないし、聞く耳がありません。
つんつるてんの頭なんです。
マニュアルに従い、嘘を書くだけのおもちゃです。

さあ怒れ
熱くなれ
鼻水を垂らし、涙をあふれさせ
震えながら粘着して書き続けろ

おもしろおかしく眺めさせてもらうよ。

多分わんさか沸いてきているだろうが
底辺層(生まれがね)の副収入

ぱよぱよちーん
642.名無しさん:2016年02月14日 01:56 ID:.EqpGU9n0▼このコメントに返信
世界のおもちゃ、工作員の馬鹿の一つ覚えのパターン
これは日本の優れた点を非常に意識し、コンプレックスに耐えかねて書く、精神病理上の補償行為と判じられる。

対比を使った表現に表れる。
つまり
順序は逆パターンもあるが

日本貶め
他国上げ

他国上げ
日本貶めである


零戦はクソ
グラマンは最高
みたいな感じ
同じでしょう?
643.名無しさん:2016年02月14日 01:57 ID:.EqpGU9n0▼このコメントに返信
チャンネル桜の動画で防衛研究所のシミュレーションの予告動画を見た。
会員じゃないので本編は見ていない。
その中で、硫黄島やパラオ、沖縄の砲撃散布率などを調べた結果、硫黄島と沖縄では差が大きく、艦砲射撃の脅威等は比較にならない差があったという結論に達したらしい。
そこで、本土決戦においては当初松本要塞に立てこもり行うつもりであったのが、方針転換、九十九里方面と伊豆方面の二正面作戦に切り替えた。
この見立ては米軍の上陸作戦を的確に予測し
その結論として、敵上陸軍は殲滅したであろうと見積もっている。

天皇陛下ご自身が帝都を離れる意志がなかったことも大きい。

返す返すも原爆が無ければとは思う。
なお、特攻により、脅威に感じた米軍が上陸を行う意志を喪失したのは事実だが、結果、ソビエトに参戦させたことが北方領土を占拠させることにはつながったと考えている。

それでは
ぱよぱよちーん。
644.名無しさん:2016年02月14日 01:57 ID:.EqpGU9n0▼このコメントに返信
※643追記

大戦終末期、常識的には一方的な殲滅線になりがちな戦線で、日本軍は敵に対して重大な損害を与えている。
戦死者数で比較すれば日本軍が圧倒的な損失だが、逃げ場のない敗北の戦場で、手当もならず捕虜にも取られない結果。
しかし、死傷者数で比較してみると米軍も相当数損害を受けている。
この数値には小指を怪我したぐらいではカウントはされないだろう。
戦傷者は戦場から離れるわけであり、戦力がなくなるという点では戦死者と同じ。しかも、それへの対処が必要ともなり負担は大きくなる。
因みに米軍の沖縄戦での死者数は2万弱
しかし戦傷者は10万ぐらいいたような記憶がある。間違っていたら申し訳ない。
日本軍関係者の戦死者が10万強だったことを考えれば、状況・条件の差を考慮しても敢闘したことは伺える。

違った。言いたかったことがある。
実はフィリピン戦のことだが、
まあ米軍の損害は沖縄戦と同程度なんだが、
日本軍の戦力は数倍規模あった。しかも戦域の広さは沖縄の比ではない。
もう少し戦いようがあったのではないかと思っている。残念。
戦法がこのころに変えられていたらと思うんだよね。
たとえ敗北したとしても・・・。

そうすれば、特攻があったかどうかも分からないし、講和すらあったかも知れない。
どんなときでも天王山に負けない準備は必要だと思うけどね。
645.名無しさん:2016年02月14日 01:58 ID:.EqpGU9n0▼このコメントに返信
※644追記
フィリピン戦(天王山)
日本に勝機があった戦い。日本自体そう考えていた。
今更無駄な思考だが、私であればどうしたかったか。
負けても状況によっては巻き返しも可能であったが、それができない形での敗北になったと思う。私はね。

○防衛主眼をルソン島に集中マニラ影響圏に幅広く数段構えの要塞構築。防衛ラインを縮めつつ漸減が目的。
○台湾ールソン 補給路の確保
○その他の島は監視機関を潜入・持久体制、分散しないか、非常に小規模部隊を幅広く配置ゲリラ戦法でかく乱
○艦隊派遣は行わない。
○航空機に注力。迎撃戦闘機を多数生産配置(台湾、ルソン)
○敵攻勢を当初避け、爆撃部隊は後方配置
○空港の回復力に注力
○対空母攻撃(特攻も辞さず)
○空母撃滅後の艦隊の攻撃力は大幅減。
○艦隊撃退
○空爆で上陸部隊爆撃
○空港を造らせず、破壊
○陸軍の損耗を避け、敵消耗後、陸上決戦

上手くいけば勝利は十分にあり得た。
そういう条件下では抗日テロも生じにくく、治安の安定→フィリピンの台湾的発展
646.名無しさん:2016年02月14日 02:05 ID:.EqpGU9n0▼このコメントに返信
※645
史実では、比島戦の前に台湾沖海戦が行われている。
米軍の優れたところはこういう作戦戦術思考に表れる。
この結果、戦果を誤認した不幸もあったが、大本営が判断をかく乱されたという事実があったようだ。

なお、歴史に学べば
織田・徳川連合軍と武田軍のれんご川、長篠の戦いの戦訓に行き着く。
連合軍は分遣隊を派遣し、武田の背後の砦を強襲退路を断った。
この精神的打撃と近いものがあっただろう。
647.名無しさん:2016年02月14日 02:52 ID:GTbqGklR0▼このコメントに返信
※53
ここまで無知な奴初めてだな!在日だろ!
648.名無しさん:2016年02月14日 03:41 ID:.EqpGU9n0▼このコメントに返信
工作員のひとつの手として不都合な意見が書かれると、その意見を目立たないように後ろへずらすということ。
つまり自分らがどんどん書き込めば、不都合な意見は真ん中あたりへ押しやられ、目につきにくくなる。
普通上から下へ読むが、書き込みが多いと真ん中あたりをすっとばすからね。
だから対策は簡単。
不都合な意見をどんどんコピペしておけばいいということじゃないかな。

反対に考えれば、反日的書き込みがどんどん書き込んでくるということは、相手にとっては書いてほしくない内容ということだろう。
649.名無しさん:2016年02月14日 04:04 ID:q1qaYITJ0▼このコメントに返信
あんまりコピペしてるとアク禁になるぞw
650.名無しさん:2016年02月14日 04:33 ID:.EqpGU9n0▼このコメントに返信
アク禁?
651.名無しさん:2016年02月14日 04:34 ID:.EqpGU9n0▼このコメントに返信
※649
アク禁「アクセス禁止処分」の略。

一般には、嫌がらせ・愉快犯・営業目的(主にアダ ルト系・アン グラ系が多い)などの目的で掲示板などに繰り返し無意味な文章・罵詈雑言など、掲示板の設立趣旨に反する書き込みを行なったユーザーに対して、サーバ管理者がプロバイダ単位・あるいはユーザのIPアドレス単位で当該掲示板へのアクセス・または書き込みを禁止する措置を取ること。また、さまざまな事情により特定の国(国別ドメイン)のユーザーからのアクセスを制限する事例に関しても、この言葉が使われることがある。

「(ホストから)アク禁を食らう」「アク禁が解除される」などのような表現をされることが多い。

これをやると言論弾 圧になるね。その場合は訴える。
法的解釈は意外に単純だ。(いろんな分野を知ってるもんだ全く)
善意ー悪意(この意味ぐらいは検索しなさい)
過失ー故意
このマトリックスで判断はきまる。

私の書き込みは日本貶めという書き込みに対するカウンターであり悪意あるヘイトとされるものとは違う。
なら、悪意ある日本貶めはやめよということ。あえて言うなら正当防衛である。
もしこのような書き込みが消去され、工作員が書き込む内容が残るというならそれは法の下の平等、表現の自由の本意に反するね。

652.名無しさん:2016年02月14日 04:35 ID:fgXAbjL60▼このコメントに返信
軍事作戦としての特攻は遺憾ながら無謀だっただろうが、特攻作戦で
敵の戦力漸減&接近阻止できないと本土沿岸に航空母艦がわんさか来て
浜辺も飛行場も市街地も地方も全部航空攻撃に晒されたと思うんだが?
地方都市の空襲状況調べてみ?戦闘爆撃機とかもバンバン来てるぞ?

「人為的な死の強制」という本質は拭えないが犠牲そのものを無駄、と
後世の人間が言えるもんではないだろう。無謀なのは作戦で散華した命は
今の日本の礎の一つとなった(なってしまった)のが事実。歴史否定してどうする?
653.名無しさん:2016年02月14日 04:43 ID:.EqpGU9n0▼このコメントに返信

むしろ怖いのは、ぱよちんのように、在日などが結構IT系の企業を握っていること。
私なぞには分からないが、個人情報を盗み、嫌がらせや放火などはされる可能性があるからね。
そういう可能性があることは、第三者に知らせておくけど。

宗教団体などは全国展開しており、実は自分の居住地近辺2㎞以内に朝鮮カルト系キリスト教会はある。
日蓮宗系もでっかい建造物があるよ。
検索すると
こういう宗教団体の犯罪行為が多数告発されているよな。
恐ろしいことだ。
だからこそ私はささやかながらもこういう運動を続けるべきと思っている。
654.名無しさん:2016年02月14日 04:44 ID:.EqpGU9n0▼このコメントに返信
世界のおもちゃ
おもちゃは遊ぶ道具
みんな一緒にもてあそんであげましょう。

連中を相手にしても無駄。ロボットおもちゃなので、自分で考えることもできないし、聞く耳がありません。
つんつるてんの頭なんです。
マニュアルに従い、嘘を書くだけのおもちゃです。

さあ怒れ
熱くなれ
鼻水を垂らし、涙をあふれさせ
震えながら粘着して書き続けろ

おもしろおかしく眺めさせてもらうよ。

多分わんさか沸いてきているだろうが
底辺層(生まれがね)の副収入

ぱよぱよちーん
655.名無しさん:2016年02月14日 04:50 ID:.EqpGU9n0▼このコメントに返信
※652
特攻やってもやらなくても来るものは来るでしょ。
その対処として少しでも反撃するため(本来的にはそれより、講和の道を探るため)特攻を行ったわけで、全く本末転倒した見解である。

言い返す必要はない。
どうせ聞く耳が無いマニュアルロボットって理解している。

零戦はクソ
他国機は素晴らしい

こういうことしか言えないのだから。
656.名無しさん:2016年02月14日 04:52 ID:.EqpGU9n0▼このコメントに返信
目を通してください。
※643※644※645
657.名無しさん:2016年02月14日 07:08 ID:O4kqKLbH0▼このコメントに返信
政治の先に戦争があるとして、戦場に若者を逝かせる今までの戦争は権力者達の保身行為でしかない。
国の未来のためだからと若者に死んでこいと言ってはダメだろう?行かせてはいけないだろう?
少子高齢化最先端の日本が次の戦争を想定するなら政治に一番責任のある世代を中心とした軍隊作り上げるるべきだ。
そうすりゃ右も左も無茶言わなくなる。出来ることが少なくなればそれを補填する技術の発展に繋げる事が出来る。



658.名無しさん:2016年02月14日 07:13 ID:9.E41e8C0▼このコメントに返信
※657
皮肉なことに、士の数より曹・幹部クラスの数が多い今の逆ピラミッド状態の自衛隊は、まさにその理想像に近いな。
659.名無しさん:2016年02月14日 08:28 ID:WO9DXtdw0▼このコメントに返信
とりあえずルーズベルトが死ぬまでの時間稼ぎにはなったし
それに、当たり前だけど戦闘なんて自国の兵士がいくらか死ぬのを分かっててやるんやで
指揮官の立場からすれば戦闘自体が特攻と大差無い。どうせ自分の命令で兵士が死ぬのに変わりは無いからね
660.名無しさん:2016年02月14日 08:35 ID:9.E41e8C0▼このコメントに返信
※659
こいつ馬鹿だろ。
兵士1人作るのに、産まれてから20年の時間とアホみたいな金(今の空自パイロットで三億円と言われる)がかかるんだぞ。
当時、兵士を馬鹿みたいに消耗品にした国は、日本とソ連ぐらいしかないわ。
661.名無しさん:2016年02月14日 09:12 ID:h6tp7zDG0▼このコメントに返信
※634
戦後に物価が急上昇したのは事実だが、終戦前の6月の時点で米は定価の50倍、小麦粉は25倍、豚肉は16倍。生活必需品はマッチは150倍、鍋は30倍。1943年の段階でも米は6倍のように物価が高かった。民間に物資が行き届いてないわけだから当然といえばそれで終わりだが。
662.名無しさん:2016年02月14日 09:36 ID:kAk4Lqnh0▼このコメントに返信
特攻を南京嘘教やセイドレイでたらめ宣伝カルトのように神格化することは日本にとって百害あって一利なし。確実に死ぬような攻撃など戦争においては普通にあること。重要なことは兵の死を覚悟した特攻ではなく(死を覚悟しないものは兵ではない)、被害を最小限に戦果を最大にする戦闘指揮、軍事戦略。そして防衛戦にしろなんにしろ日本の取るべき戦略は、敵の侵略意図を破壊し、最終的に日本に邪心を抱く連中をミナゴロシにしなければならない。ここで弱卒に無為な死を強要するものであってはならない(素人が特攻しても国家としても、国民としても損。無意味。特攻とは最高の兵士の専権)。

戦争の規模が巨大になればなるほどその比重(兵士の技量<国家戦略)は国家戦略に移行する。

663.名無しさん:2016年02月14日 09:41 ID:9.E41e8C0▼このコメントに返信
※662
最高の兵士を率先して死なせるとか、売国・利敵行為以外何ものでもないわ。
664.名無しさん:2016年02月14日 09:57 ID:kAk4Lqnh0▼このコメントに返信
最高の兵士は自分の頭で戦略的に機動し、少数で敵の大軍を遅滞し(フランスの国境守備隊の一人の指揮官が(部下が逃亡)ドイツの侵略に対し遅滞行動しよってフランス軍の反撃の糸口をつかんだこともある。)、敵の弱点を強襲殲滅(歴史上多数)、劣勢を逆転すること歴史に例を待たない。

仮にその代価が自分の命であろうと、そこで死ぬことにより戦争終結に至り祖国が勝利するものであるなら、特攻にかけることに非はない。しかし無能はそこから排除しなければならない。無能指揮官同様、作戦を失敗に導く。
665.名無しさん:2016年02月14日 12:00 ID:vZM3RQDV0▼このコメントに返信
※631
レイテを占領されて飛行場と艦隊の根拠地を確保された時点でフィリピン戦は日本軍の敗北

対日侵攻の足がかりを得るとともに南方と日本本土を結ぶ海上子通路に最後の止めがさせる

666.名無しさん:2016年02月14日 13:40 ID:mFQetQpM0▼このコメントに返信
>そこで死ぬことにより戦争終結に至り祖国が勝利するものであるなら、特攻にかけることに非はない

ダウト
これだと負けてしまった以上、非があることになるぞw
667.名無しさん:2016年02月14日 14:37 ID:9.E41e8C0▼このコメントに返信
だいたい、特攻によって有利な講話を勝ち取ったとか、実際は、戦後に起きた朝鮮戦争やそれに伴う鈴仙で対日政策変えざるおえなかっただけで、特攻はひとかけらも関係ないからな。
668.名無しさん:2016年02月14日 14:54 ID:9.E41e8C0▼このコメントに返信
※667
訂正出てすまん
鈴仙→冷戦
669.名無しさん:2016年02月14日 17:20 ID:IpV0S1PR0▼このコメントに返信

嘘っぱちの反日売国醜ブ左翼千ョンコーwwwの感性そのもの 糞っ滓カスめ!!!
670.名無しさん:2016年02月14日 17:30 ID:mFQetQpM0▼このコメントに返信
EqpGU9n0

よってたかったフルボッコにされてるコイツのほうがよっぽどオモチャな件
671.名無しさん:2016年02月14日 23:18 ID:GTbqGklR0▼このコメントに返信
ここに来て特攻隊を批判する奴は、ほぼ成りすまし在日だね。日本人の為に貼ります。

日本と東亜と比べて見ると、日本人は武士として勇敢ですが、
注国の場合、督戦隊が自軍の逃げる兵士を撃たなきゃ戦争が出来なかったのが事実なんです。
超賎人は戦わないから千年以上も、注国の奴例国家で毎年2万人の処所を貢いでたんです。
奴例国家だから国民が幸せになるはずもなく一部だけが両パンでほとんどはパク丁で古事記だった。

また戦いというのは勇敢な人だけが後世まで尊敬されるんです。
・ミッドウエー海戦でヘンダーソン少佐が空母『蒼龍』に特攻して米国で尊敬され、
 後にガタルカナル空港の名前にもなりました。

・石野節雄・二等飛行兵曹(当時十九歳・岡山県出身)が戦艦ミズーリーに特攻をした時、
 勇敢な攻撃に心を打たれたウィリアム・キャラハン艦長は、「敵兵でも死んだら敵ではない。
 国のために命を捧げた勇士である。これは艦長の意志である。丁重に葬ってやりたい」と 艦内に放送し、
 星条旗に日の丸を描かせて遺体を包み、翌十二日、礼砲五発、 全員敬礼をして水葬にしたという。
 今でも、ミズーリの右舷艦尾には「カミカゼ・アタック・サイト」(特攻機の攻撃場所)と称する
 「凹み」が残り、訪れる観光客の関心を集めているのである。 
672.名無しさん:2016年02月14日 23:32 ID:GTbqGklR0▼このコメントに返信
■RLウェアマイスター海軍中尉
「神風は米艦隊の撃滅には成功しなかったが、多大の損害を与えた。在来の戦法では
とてもこんな成果を上げられなかったであろう。日本の飛行機に関する数字が正しいものならば、
日本が失った飛行機の12%で、米損傷艦艇の約77%、米海軍人員の死傷者中約80%をやっつけたことになる。
すばらしい戦果といえよう。また神風の特攻があったため、多数の米高速空母がハリツケになったことも、
大きな成果のひとつである。もしも神風攻撃がなかったら、
これらの空母は、自由に日本本土の基地や工場を破壊することができたはずである。」

■ハンソン W・ボールドウィン(米国の従軍記者)
「4月末になっても、菊水特攻隊の作戦は衰えをみせなかった。この恐るべき死闘は、なお2ヶ月間も続くのである。
・・・4月以降になると、これほどの艦船の沈没、損傷の危険は二度と無かった。
5,6月両月を通じて、沖縄の戦いは徐々に爆弾対艦艇の戦闘から人間対人間の意志と耐久力の試練に変わっていた。
毎日が絶え間ない警報の連続だった。ぶっつづけに40日間も毎日毎日、空襲があった。
そのあとやっと、悪天候のおかげで、短期間ながらほっと一息入れたのである。ぐっすり眠る。
これがだれもの憧れになり、夢となった。頭は照準器の上にいつしか垂れ、神経はすりきれ、
だれもが怒りっぽくなっていた。艦長たちの眼は真っ赤となり、恐ろしいほど面やつれした。」


 
673.名無しさん:2016年02月14日 23:38 ID:GTbqGklR0▼このコメントに返信
■第3艦隊司令長官ハルゼー大将
「神風攻撃は、日本海軍の敗戦にもかかわらず、大変面倒なものになった」

■第38任務部隊司令官ミッチャー中将
「神風特攻阻止には空母機動部隊群の増強が必要で、海兵隊の戦闘機隊を空母に搭載すべき」

■マルカム・ハーバート・マックガン大尉(護衛空母「サンガモン」乗組パイロット)
「炎上中の特攻機を海中に投棄するのを手伝ったマックガンは、ずっとのちになって、日本軍パイロットを賞賛して、
『わが艦の飛行甲板を突き抜けたあの男は、私より立派だ。私には、あんなことはやれなかっただろう』と語った。」

■アルバート・カフ(UP通信社)
「カミカゼ特攻隊は、確かに大きな損害を米軍に与えた。そしてカミカゼのパイロットたちが、
勇敢な人たちであったことは疑いがない。そしてアメリカ兵が“カミカゼ”を恐れ、怖がったことは否定できない。
実際、パニックが起こりかけていた」
674.名無しさん:2016年02月14日 23:45 ID:GTbqGklR0▼このコメントに返信
【朴 鉄柱・韓国・韓日文化研究所】
ソウルから日本を眺めていると、日本が”心”という字に見える。
北海道、本州、四国、九州と、心という字に並んでいるではないか。日本は万世一系の御皇室を頂き、歴史に断絶がない。
それに対して韓国は、断絶につぐ断絶の歴史で涙なくしてみることはできない。日露戦争と大東亜戦争ー
この二つの捨て身の戦争が歴史を転換し、アジア諸国民の独立をもたらした。
この意義はいくら強調しても強調しすぎることはない、現在の日本の自信喪失は敗戦に起因しているが、
そもそも大東亜戦争は決して日本から仕掛けたものではなかった事態ここに至る。
『座して死を待つよりは、戦って死すべし』というのが、開戦時の心境であったそれは日本の武士道の発露であった。
日本の武士道は、西欧の植民地勢力に捨て身の一撃を与えた。それは大東亜戦争だけでなく、日露戦争もそうであった。
675.名無しさん:2016年02月14日 23:53 ID:GTbqGklR0▼このコメントに返信
日本軍の評価
【毛沢東】
 何も申し訳なく思うことはありませんよ、
 日本軍国主義は中国に大きな利益を中国国民に権利を奪取させてくれたではないですか、
 皆さん皇軍の力なしには我々が権利を奪うことは不可能だったでしょう
 (昭和39年に社会党の佐々木更三委員長の謝罪に対し)

【劉少奇・中華人民共和国主席・序列は毛沢東に次ぐ第2位】
 盧溝橋事件は中国共産党の陰謀だった

【周恩来】
 盧溝橋で中国共産軍が日本軍と中国国民軍の両方に鉄砲を打ち込み相戦わせようとした」
 日本の武士道は、西欧の植民地勢力に捨て身の一撃を与えた。それは大東亜戦争だけでなく、
 日露戦争もそうであった。
676.名無しさん:2016年02月14日 23:57 ID:GTbqGklR0▼このコメントに返信
【初代インド首相 ネール】
 彼ら(日本)は謝罪を必要とすることなど我々にはしていない。
 それ故、インドはサンフランシスコ講和会議には参加しない。講和条約にも調印しない

【インド法曹界の長老 パラバイ・デサイ博士】
 インドはまもなく独立する。この独立の機会を与えてくれたのは日本である。インドの独立は日本のおかげで、
 30年も早まった、インドだけではない。ビルマも、インドネシアも、ベトナムも、東亜民族はみな同じである。
 インド国民はこれを深く心に刻み、日本の復興には惜しみない協力をしよう

【ラグ・クリシュナン(インド、元大統領)】
 インドは当時、イギリスの不沈戦艦を沈めるなどということは想像もできなかった。
 それを我々と同じ東洋人である日本が見事に撃沈もした。驚きもしたが、
 この快挙によって東洋人でもやれるという気持ちが起きた。

 
677.名無しさん:2016年02月15日 00:02 ID:W6R7OCxl0▼このコメントに返信
【ラダ・ビノード・パール(インド・法学博士)】
 日本の子弟がゆがめられた罪悪感を背負って、卑屈、頽廃に流されていくのを
 私は平然として見過ごすわけにはゆかない。要するに彼ら(欧米諸国)は
 日本が侵略戦争を行ったということを歴史にとどめることによって、
 自分らのアジア侵略の正当性を誇示すると同時に、日本の一七年間(昭和3~20年、東京裁判の審理期間)
 の一切を罪悪と烙印する事が目的であったにちがいない。・・・・・ 
 私は1928年から1945年までの一七年間の歴史を二年七ヶ月かかって調べた。
 この中には、おそらく日本人の知らなかった問題もある。それを私は判決文の中に綴った。
 その私の歴史を読めば、欧米こそ憎むべきアジア侵略の張本人であるということがわかるはずだ。
 
678.名無しさん:2016年02月15日 00:07 ID:W6R7OCxl0▼このコメントに返信
【ビルマ(現ミャンマー)首相 バ・モウ】
ビルマ人はアジアを結合せしめアジアを救う指導者を待望しつつありしが遂にこれを大日本帝国に発見せり。
ビルマ人はこのビルマに対する最大の貢献に対する日本への感謝を永久に記録せんことを希望するものなり。
真のビルマ解放者はアトリー率いる労働党政府ではなく、東条大将と大日本帝国政府であった

【マレーシア外相 G.シャフエー】
なぜ日本が謝るのでしょうか?あの大戦でマレーシア人と同じ小さな体の日本人が
大きな体のイギリス人を追い払ってくれたではないですか?日本なくしては東南アジアの独立はありませんでした
この日本の払った尊い犠牲を否定する事はバックミラーばかり見ているようなものです

【タイ プラモード首相】
日本というお母さんは難産して母体をそこなったが、産まれた子供はすくすくと育っている。
日本のおかげでアジアの諸国はすべて独立した。日本というお母さんは難産して母体をそこなったが、
産まれた子供はすくすくと育っている。今日、東南アジアの諸国民が米英と対等に話ができるのは、
いったい誰のおかげであるのか。それは身を殺して仁をなした日本というお母さんがあったためである。
十二月八日は、我々にこの重大な思想を示してくれたお母さんが一身を賭して重大決意をされた日である。
我々はこの日を忘れてはならない。

 
679.名無しさん:2016年02月15日 00:14 ID:W6R7OCxl0▼このコメントに返信
【マレーシア マハティール首相】
 東アジア諸国でも立派にやっていけることを証明したのは日本である。そして他の東アジア諸国はあえて挑戦し
 自分たちも他の世界各国も驚くような成功を遂げた。東アジア人は、
 もはや、劣等感にさいなまれることはなくなった。いまや日本の、そして自分達の力を信じているし、
 実際にそれを証明してみせた。“もし日本なかりせば”世界は全く違う様相を呈していただろう。
 富める北側は益々富み、貧しい南側は益々貧しくなっていたと言っても過言ではない。
 北側のヨーロッパは、永遠に世界を支配したことだろう

【マレーシア ガザリー・シャフェー元外相】
 大東亜戦争なくしては、マレーシア人もシンガポールも、その他の東南アジア諸国の独立も考えられないんですよ
 どうしてそういう挨拶をなさるのですか。あの大戦で日本はよくやったではないですか。
 マレー人と同じ小さな躰の日本人が、大きなイギリス人を追い払ったではありませんか。
 その結果、マレーシアは独立できたのです。大東亜戦争なくしては、マレーシア人もシンガポールも、
 その他の東南アジア諸国の独立も考えられないんですよ
  
【マレーシア上院議員 ラジャ・ダド・ノンチック】(日本のある政治家が日本の過去を謝罪した後の言葉)
 我々は日本軍を歓呼で迎えた。日本は将来の我々の独立のために多くのモノをもたらしてくれた。
 我々が日本から学んだ最大のものは「国を守る術」だった、かつて日本人は清らかで美しかった。
 かつて日本人は親切で心豊かだった。アジアの国の誰にでも、自分のことのように一生懸命尽くしてくれた
【歴史家 Z.アビディーン】
 日本軍政はマレー人に独立の種を撒き、成長させた
680.名無しさん:2016年02月15日 00:18 ID:W6R7OCxl0▼このコメントに返信
【シンガポール首相 ゴー・チョクトン】
 日本の統治は過酷なものだった。しかし日本軍により欧米のアジア支配は粉砕された。
 これはアジアに自信を与えた。大戦後15年以内にアジアの植民地はすべて解放された

【ビルマ独立の父 オン・サン】
 日本の軍事訓練は厳しすぎた、何度か自殺を考えるほどだった。しかしラングーンが落ちた時、
 我々は間違っていない事を確信した

【スカルノに並ぶインドネシアの独立の父 M.ハッタ】
 日本の戦いは8月15日に終わった。我々の戦いは8月17日に始まった。

【モハマッド・ナチール (インドネシア元首相)】
 大東亜戦争というものは、本来ならば私たちインドネシア人が独立のために戦うべき戦争だったと思います
 もしあの時、私たちに軍事力があったなら、私たちが植民地主義者と戦ったでしょう。
 大東亜戦争とはそういう戦いだったんです。

【インドネシア サンパス元復員軍人省長官】
 特にインドネシアが感謝することは、戦争が終わってから日本軍人約1000人が帰国せず、
 インドネシア国軍と共にオランダと戦い、独立に貢献してくれたことである。
 日本の戦し者は国軍墓地に祀り、功績を讃えて殊勲章を贈っているが、それだけで済むものではない。
681.名無しさん:2016年02月15日 00:24 ID:W6R7OCxl0▼このコメントに返信
【インドネシア元情報相 ブン・トモ】
 我々アジア・アフリカの有色民族は、ヨーロッパ人に対して何度となく独立戦争を試みたが、全部失敗した
 インドネシアの場合は、三百五十年間も失敗が続いた。それなのに、
 日本軍が米・英・蘭・仏を我々の面前で徹底的に打ちのめしてくれた。我々は白人の弱体と醜態ぶりをみて
 アジア人全部が自信をもち、独立は近いと知った。一度持った自信は決して崩壊しない。日本が敗北したとき
 これからの独立は自力で遂行しなければならない。独力でやれば五十年はかかる、と思っていたが
、独立は意外にも早く勝ち取ることができた。あの戦争は我々の戦争であり、我々がやらなければならなかった
 それなのにすべて日本に背負わせ、日本を滅亡寸前まで追い込んでしまった。申し訳ない

【GHQ総司令官 D.マッカーサー元帥】
 (日本には)石油がない、錫がない、綿がない、ゴムもない。その供給を全て絶たれたら、
 どんな小国でも戦争を決断する。日本人は、もし原材料供給が断たれたら(経済封鎖されたら)
 一千万から一千二百万が失業するのではないかと恐れていた。
  それ故に、日本が第二次世界大戦に赴いた目的は、そのほとんどが、安全保障のためであった
682.名無しさん:2016年02月15日 00:27 ID:W6R7OCxl0▼このコメントに返信
【GHQ参謀部長 C.ウィロビー】
 東京裁判は史上最悪の偽善だ。もし米国が同じ立場だったら日本と同じように戦っただろう

【米国戦略爆撃調査団】
 日本の指導部が、国家の存亡に関わる利益の為にと固く信じて、
 (今次の)戦争を始めた事は明らかである。これに対して、アメリカ合衆国は、
 単に自分達の経済的優位と主義主張を押し付けようとしたのであって、
 国家の存亡に関わる安全保障の為に戦ったのでは無いと、アメリカ合衆国人は信じていた。

【歴史家 A.トインビー】
 第二次世界大戦において、日本人は日本のためよりも、むしろ戦争によって利益を得た国々のために
 偉大な歴史を残した。それらの国々とは日本の掲げた短命な理想、大東亜共栄圏に含まれた国々である
 日本人が歴史上残した最大の業績は、世界を支配していた西洋人が「不敗の神」ではない事を示した点である
683.名無しさん:2016年02月15日 00:30 ID:W6R7OCxl0▼このコメントに返信
【SF作家 H・G・ウェルズ】
 この大戦は植民地主義に終止符を打ち、白人と有色人種との平等をもたらし、世界連邦の礎石をおいた。

【中華民国顧問 O.ラティモア】
 日本が立派にやり遂げた事は欧米の植民地帝国を完全に破壊した事である

【社会学者 H.ミアーズ女史】
 東京裁判は正義ではなく、明らかなリンチだ。
 私たちアメリカがどうして日本を罰する事が出来るのか?私は理解出来ない

【フランス第五共和政初代大統領 シャルル・ド・ゴール】
 シンガポール陥落は白人植民地主義の歴史に終焉をもたらした

【インドネシア大統領特使 アラムシャ】
 日本にはあと5年頑張ってほしかった、そうすれば中東とアフリカはもっと早く独立出来たはずだ
 中東もアフリカもこんなに苦しまずに済んだはずだ

【第二代エジプト大統領 ナーセル】
 アジアには日本がいた、アラブには日本がいない
684.名無しさん:2016年02月15日 00:52 ID:W6R7OCxl0▼このコメントに返信
いかがでしたか?当時の各国の反応が真実です。
これらの事実の基に、特攻隊の方々は崇高な目的を持って散って行かれました
また同じように散って行かれた兵隊の方々も大勢おられます。
日本人であるなら、特攻隊の方々を無駄だったとか言って
決して貶めてはいけません。
それは日本人ではないという証明でも有ります。
685.名無しさん:2016年02月15日 00:54 ID:ukFnUYr.0▼このコメントに返信
例えば、アメリカではベトナム戦争で戦死されたアメリカ兵だって英雄だ。
国を信じて戦ったんだから当たり前だ。
彼らの死によってアメリカ人は、何をすべきで何をすべきではないのかを悟り、
アメリカの世論が動き、現在のアメリカがある。現在のアメリカがあるのは彼らのおかげ。
「味方を誤爆したニダ」、「枯葉剤ニダ」、などと問題をすりかえるのは、だいたい反米外国人だ。

一般的に日本人が「特攻」と言えば、その行為のことを指すのであって、立案や戦果のことではない。
彼らは「献身」というものを教えてくれている。これは大きな遺産だ。
軍人は国家に命をささげたが、一般人は家族や地域社会で十分だ。そして、それを実践してきた。
だから日本人は戦後の復興もできたし、災害時にも互いに支え合って困難を克服する努力をしてきた。

自衛隊も福島50も特攻精神だ。 ー 彼らのおかげで今の俺たちがある。
686.名無しさん:2016年02月15日 11:38 ID:frkIFGa20▼このコメントに返信

いやぁ、どれも為に成るレスで良かった。もっとアチコチに貼ってください。宜しく!
687.名無しさん:2016年02月15日 17:18 ID:j8I.H41G0▼このコメントに返信
敵方があげるときは舐めている証拠。

お名前