大艦巨砲主義!ツイーター
スポンサーリンク

2016年01月05日 21:05

軍艦・軍用艦艇の話をするスレ

軍艦・軍用艦艇の話をするスレ

タグ:
Kongo

引用元:軍艦・軍用艦艇の話をするスレ

http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1451793930/
1: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)13:05:30 ID:d8S
何か語ろうぜ

2: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)13:06:25 ID:eu3
長門最強説

3: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)13:07:06 ID:d8S
「むつ」最凶説

5: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)13:10:38 ID:uFR
アイオワ級の量産する気満々感

6: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)13:14:28 ID:d8S
モンタナ級とかいう幻の大和のライバル

でもいくらでかくて砲門数多くても所詮16インチだけど
あれで大和と互角に戦えてたのか?

7: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)13:15:58 ID:Krq
>>6 十分戦えるんじゃない?

8: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)13:16:39 ID:uFR
>>6
アイオワクラス以降の16インチは大和の18インチより射程長いからな

9: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)13:17:17 ID:ObZ
>>8
射程が長い(当たるとは言っていない

10: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)13:18:02 ID:uFR
>>9
レーダー射撃管制装置含めて一番当たるんだよなぁ…

15: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)13:25:15 ID:ObZ
>>10
散布界はSHSの場合大和より広いと言われるくらいなのにか?
知らんかったわ

22: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)13:50:53 ID:6wl
>>8
SHSで38000くらいじゃなかったか?

12: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)13:20:37 ID:d8S
でもいくらアウトレンジできても18インチ防御に16インチじゃ致命傷与えるの厳しくないか?
対して18インチ砲弾当たったらひとたまりもないだろ
それに現実的に射程距離ギリギリで砲戦なんてあんま無さそうだし

14: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)13:24:00 ID:uFR
>>12
ぶっちゃけ砲弾重量や弾速、装甲厚みてもそこまで差なんてないからな
むしろFCSの差がヤバい

13: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)13:22:18 ID:d8S
で、「いかに有利な形での砲戦に持ち込むか」を考えてくと
「制空権取ったほうが砲戦で有利になる」
さらに突き詰めれば「制空権取ったほうが勝ち」「戦艦時代遅れ空母最強」になっちまうんだよな

16: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)13:25:39 ID:dvN
昔ながらのミリオタは艦これについてどう思ってるの?

34: 大義私◆aWfrM7UWWY 2016/01/03(日)14:08:01 ID:AFh
>>16
比較的新しい世代のミリオタだとおもっているけど、
あれはあれでいいんじゃないの、昔だってのらくろやロボット三等兵とかがあったじゃないか
あれからケモノやメカを切り離して、戦うヒロインの要素を入れつつ、
桃太郎や八犬伝のように仲間を増やして難関を潜り抜けて大逆転を狙うという日本人好みの古典的な形式

一応、史実とか気にしているし、キャラの言動の元ネタを探ることで歴史や過去の戦訓を知るってのは日本人好みのやり方なんじゃないかな
一つ一つのキーを拾って解釈していくってのは俳句や和歌に近いし、日本の艦名は和歌から取り入れたものが多いからね

40: 大義私◆aWfrM7UWWY 2016/01/03(日)14:12:03 ID:AFh
>>34
続き
まずはこういうものがあるってわかるものが一つでも増えるのはいいことだと思う
ただしそればっかりにはまって、ほかに目がいかなくなるのは良くないし
各コミュニティで確認を取らずに艦これの話をするのもよくない、嫌な人は一定数いるわけで

鉄道文化とプラレールの様なものといってもいいんじゃないかな、ただし対象が青年以上だけど

38: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)14:10:11 ID:ObZ
>>34
なお史実と性能が全然違ったり
用語を普通に間違える模様

43: 大義私◆aWfrM7UWWY 2016/01/03(日)14:13:50 ID:AFh
>>38
ゲーム性も重視しないといけないから仕方ないよ
プラレールだって、機関車もリニアも速度が同じ仕様でしょ
軽巡に重巡の砲がつめるのに、潜水艦に砲・機関銃の類いが載らないのはなぜなんだというツッコミはおいといて

44: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)14:14:51 ID:ObZ
>>43
そっか
艦載機と艦上機も間違えたりしてるけどそんなことはどうでもいいんだ…

48: 大義私◆aWfrM7UWWY 2016/01/03(日)14:21:38 ID:AFh
>>44
どうでもいいってわけじゃない
ただ、ゲームにマジになるな これはファンもアンチもどっちも悪い癖
リアリティ重視したら世の中から漫画やアニメは消える 架空戦記も消える

17: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)13:27:50 ID:d8S
砲弾重くするとか弾速早くするとか、色々小細工しても散布界とか別のところでボロが出るわけだし
素直に砲口径拡大するのが一番スマートな強化策なんだよな

18: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)13:36:31 ID:d8S
ところで、もし日本海軍が独自性とある程度の規模を維持したまま現代まで残ってたら
現代の空母の運用ってどうなってたんだろうな

大戦末期には日米で結構運用思想に差が出てたし
もし日本海軍という強力なライバルが健在なままだと戦後の米海軍の運用思想も、史実とは異なってただろうし

19: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)13:41:15 ID:uFR
>>18
日米開戦がなかったって設定なら戦艦の寿命は少し伸びたかもな
ただ艦載機のジェット化、高性能化は必ず起こっただろうしそれに伴う空母の主力化は起こったから結局史実に近い形に収束しただろ

20: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)13:46:29 ID:d8S
>>19
いや、史実みたいなガチな海戦繰り広げて史実に近い戦訓ノウハウを得たうえでの仮定な
その仮定が現実的にあり得ないのは分かるが
末期の日本の独特の空母運用思想見てると、これがこのまま発展したらどうなってたんだろうって気になってしまうんだよな

21: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)13:49:19 ID:uFR
>>20
史実通りの戦訓得たうえで海軍力が維持発展できるならむしろ日本海軍がアメリカ化しただろうな

23: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)13:51:56 ID:d8S
>>21
まぁそうだよな・・・
アウトレンジしか取り柄がなかったし・・・

24: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)13:52:04 ID:ObZ
>>21
国力の問題で多分ならない
そっから独自発展していきそう

25: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)13:54:19 ID:uFR
>>24
それ言うと戦争やったら海軍が戦後維持できないんですが…

26: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)13:55:48 ID:ObZ
>>25
そもそもどう考えても日本軍勝てませんし…

71: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)14:43:06 ID:JX2
>>18>>20の仮定は中々面白そう

戦後は航空機のジェット化が進み
それに伴って米海軍の空母が大型化したけど

戦後まで日本海軍が生きていたら
ミッドウェー・フォレスタル級空母を日本が持っていたかもしらん

75: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)14:47:54 ID:d8S
>>71
やっぱ日本は文字通りの母艦と中継基地になる装甲空母の二本立てで発展していくんかな?
それともこの思想は早々に廃れるかな?

77: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)14:50:35 ID:JX2
>>75
西太平洋を手中に収めて安全保障を行うなら
多分装甲空母と普通の航空母艦でいくんじゃないだろうか

ニミッツ級も甲板に装甲を施しているみたいだし
思想は受け継がれるかと

78: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)14:53:41 ID:uFR
>>75
航空機の発達が空母建造ペースを上回っていわゆる正規空母は早々に保有を放棄すると思う

81: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)14:58:05 ID:G1C
>>75
空母用カタパルト実用化できない状態でジェット機運用できるのかすごい気になる
発艦速度を稼ぐために40ノット以上の超高速空母が誕生しそう

83: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)14:59:29 ID:JX2
>>81
スキージャンプ台が史実より早く実装されそう
あるいはアメリカから蒸気or油圧式カタパルトを貰って
独自のカタパルトを製作するか

30: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)14:00:18 ID:8UL
大和建造を中止して紺碧艦隊をだね

39: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)14:11:40 ID:d8S
しかし近代の海戦史のターニングポイントって殆ど日本海軍が関わってるよな
日清戦争で衝角攻撃を前提とした横陣より砲戦メインの縦陣が有利と照明
日露戦争で大艦巨砲時代の幕開け
太平洋戦争で航空機の時代へ移行

日本が関わってないのってWW1での潜水艦無双と高価すぎる艦隊は敵味方とも出し渋って決着がつかないってことぐらいか

41: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)14:12:32 ID:ObZ
>>39
ww1は日本海軍結構活躍したぞ
地中海で

45: 大義私◆aWfrM7UWWY 2016/01/03(日)14:20:15 ID:AFh
>>41
日本海軍がフランスに輸出した駆逐艦たちもいるしね

樺型駆逐艦
http://livedoor.blogimg.jp/irootoko_jr/imgs/5/b/5b8c5e62.jpg
no title

画像 駆逐艦樺型『桂』 第二特務艦隊第十駆逐隊 WW1において地中海へ派遣(大正6年7月4日 アドリア海ブリンディシ港)
アラブ級駆逐艦
http://k-senior.sakura.ne.jp/2012/120422-kaiyuu-okamoto-gunkan/okamoto-03.jpg
no title


ドイツへの宣戦布告から5日後の1914年(大正3年)8月28日に帝国議会で建造を承認、
翌年4月までに全艦10隻を竣工させるというスピード建造であった
フランス海軍も日本に本型を発注し、12隻が引き渡されアラブ級駆逐艦として各地で奮戦した
日本海軍に船団護衛や工期の縮小や日本の外洋と諸外国の海洋の差を学ばせる上で役立ったと思う

47: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)14:21:38 ID:6wl
>>41
そこで対潜戦やってるのに、戦訓に出来なかった。

51: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)14:23:48 ID:d8S
ビスマルクとか艦上レイアウト見ると明らかにWW1時代の古臭い設計なんだよな
敗戦での設計技術停滞がよく分かる

52: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)14:24:34 ID:ObZ
>>51
まあ新しい旧式艦と言われたくらいですし…

53: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)14:27:00 ID:6wl
ぷ ぷりえ~ぜ

54: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)14:28:30 ID:jJR
ガングート「...」

55: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)14:31:03 ID:d8S
>>53
(カタログスペック上は)欧州最強戦艦ヴェネト
米最強戦艦アイオワ或いはダコタ
そして言わずと知れた日本最強戦艦大和

みんな艦上レイアウトそっくりなのが面白いよね

>>54
なんかパッと見日本海軍ぽく見える

63: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)14:38:05 ID:JX2
>>55
似たような目的なら似たような外観になるからじゃない?

97: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)15:13:07 ID:hJg
>>63
戦略原潜の大元とも言われる伊401は本当に戦略原潜の元になってない可能性もあるぞ
UボートからV2ロケットを発射する計画があったから

101: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)15:18:18 ID:JX2
>>97
>UボートからV2ロケットを発射する

これマジか

102: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)15:24:25 ID:hJg
>>101
そういう話がある
V2ミサイルを防水キャニスターに収めてUボートで曳航して北米沿岸から発射してアメリカを攻撃する計画があった
これは必要に応じてUボートと潜航出来たとのこと

この話がマジなら伊401は本当に戦略原潜の大元だったのかに疑問符がついてしまう、ただレギュラス巡航ミサイル潜水艦の大元だった可能性はある。グレイバック級と形が似てるから

65: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)14:39:04 ID:d8S
>>63
そうだなイージス艦の元になった思想とか日本海軍が育てたようなもんだしなw

68: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)14:40:29 ID:JX2
>>65
特攻兵器や強大な航空戦力に対抗する為に
3T(テリア・タロス・ターター)ミサイルとその管制システムが誕生し
これでも限界が見えたんで紆余曲折を経てイージスシステムが出来たからなあ

一見関係ないように見えて遡れば日本海軍にたどり着く

69: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)14:41:58 ID:jJR
海防戦艦ヴァイナモイネン

フィンランドが誇る最大の25cm砲を搭載、継続戦争ではソ連の航空基地等を砲撃し屈強のイタリア海軍と共に活躍
冬戦争では港の水面が氷ってしまったため出撃できず。
観艦式では武装が重すぎるため最大16ノットなので自走ではなくスェーデン艦に引っ張られながらというドジッ子

二番艦のイルマリネンは継続戦争で触雷により轟沈、

73: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)14:44:35 ID:JX2
>>69
ものすごい小さいな…これがフィンランドの戦艦か…

76: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)14:50:10 ID:jJR
>>73
まぁバルト海奥部限定やしそんなもかなーと思ったり

72: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)14:43:45 ID:4xr
現代の音響魚雷って回避可能なのかな?
それとも対潜防御は近寄らせない事が肝要?

74: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)14:46:14 ID:JX2
>>72
近寄らせないし撃たれる前に叩く
まず回避するのは難しいんじゃないだろうか

127: 大義私◆aWfrM7UWWY 2016/01/03(日)15:58:27 ID:AFh
(現代艦艇話はしないほうがいいって言葉なしで願います)
>>72
絶対に回避可能というわけではないが、デコイという偽のスクリュー音を放つ物を放って、それを囮にする方法がある
マスカー(気泡発生装置)を使って、船の周りを気泡で覆ってスクリュー音や艦の機械音(放射雑音)を漏れないようにする
水上艦になると、スクリューから気泡を溜め放ち、すぐさま高速航行し、気泡に誘爆を狙う トカゲのしっぽのような感じとか

哨戒機やヘリを駆使して、潜水艦に見つかる前に発見して、対潜攻撃および高速回避を行う

新しい護衛艦(DXやDEXとよばれるもの)が高速化を目指すのは、魚雷やSSMの索敵されないで、海域を移動するためだと思われます
(ミサイル艇のように追いかけるためではなく、逃げるためにある)

129: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)15:59:29 ID:JX2
>>127
確か沿海域戦闘艦は時速45~47kntもあって
それは主に魚雷を交わす為だっけか

79: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)14:55:49 ID:JX2
あーでもミッドウェー級がジェット機に
対応できたのは「大きいから」ってのが主な理由だし
正規空母の内何隻かはジェット機に対応できず廃棄されるか
対潜空母or強襲揚陸艦になりそうやね

80: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)14:58:02 ID:uFR
>>79
そもそも史実通りの戦訓経て軍が維持できるなら早々に外征型の海軍は諦めると思うけどなぁ…

85: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)15:00:12 ID:JX2
>>80
史実をたどって軍を維持するなら
確かに外洋海軍ではなく今の海上自衛隊と
同じようになってしまうかな?

87: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)15:02:46 ID:uFR
>>85
敗戦がなくても戦前の海軍戦略のままで装備を近代化したら国庫が持たないよね…

88: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)15:06:14 ID:JX2
>>87
だよなあ…遅かれ早かれいずれ財政も社会も破綻するって

こう言っちゃ戦争の犠牲者に失礼かもしれんが
負けて米軍にぶん投げたおかげで
軍事費で財政が圧迫される事が無いのはラッキーだ

89: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)15:06:47 ID:d8S
>>87
>>88
結局その結論に行き着いてしまうんだよね・・・

92: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)15:09:18 ID:JX2
>>89
ただ現状を省みるに軽空母の一隻や
もう一艦隊は持っても良いかな?とは思う
主にシーレーン防衛で

93: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)15:10:10 ID:d8S
>>92
世界の警察官の下位互換、アジアの警察官になるなら必要かもってところだね

95: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)15:12:21 ID:JX2
>>93
そうそうそんな感じ
ニミッツ級はおろかミッドウェー級ですら
持つのは厳しいからイラストリアス級ぐらいの規模のを一つとかね

98: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)15:14:13 ID:d8S
>>95
しかし大日本帝国の体制のままでアジアの警察官って言ったら
完全に大東亜共栄圏の世界だな

100: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)15:18:03 ID:JX2
>>98
そうだね
占領地域を親日である事を条件に
軍事同盟を結んで反共の砦とするのも(金が許せば)
ありかも

106: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)15:34:24 ID:Ttm
>>98
アメリカと延々対峙する羽目になっただろうし
良くて旧ソ連、下手すると北朝鮮みたいな国になってたんじゃなかろうか?

延々経済制裁されただろうし

108: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)15:38:01 ID:d8S
>>106
そのif世界での対米関係はとにかくソ連さんに頑張ってもらうしかないな
ソ連強すぎ!対抗するには日米が協力するしかない!って状況作ってもらわなきゃいけない

110: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)15:40:05 ID:JX2
>>108
史実でも「ソ連が強いんで日米で協力しましょう」ってのが
冷戦時代の日米安全保障体制だったからその強化版となると
更にソ連の国力が増大している訳か…

史実よりかソ連の経済的財政的基盤がしっかりしてないとあかんね

112: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)15:40:38 ID:ObZ
>>108
史実ソ連も陸軍の強さは実に驚異的だったけどね…

113: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)15:42:33 ID:JX2
>>112
だが主に人口が多い欧州方面で
極東には大して配備されていなかったようで

陸軍の強さを維持する為に原子力空母の建造計画がポシャッたぐらいだ

115: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)15:43:34 ID:ObZ
>>113
まあソ連自体もともと工業力はそこまで高くないし
ソ連陸軍の全盛期は1945年だからなぁ

116: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)15:44:12 ID:JX2
>>115
1945年?1970~80年代じゃないのか…

117: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)15:45:42 ID:ObZ
>>116
ww2の時なら陸はアメリカより強かったからなぁ…

てか、そもそも日本が宣戦した理由にドイツが勝ちそうだから
ってのもあるからドイツが負けたら
それは日本も負けるってことなんだよなぁ

103: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)15:27:20 ID:4xr
双胴で格納筒を積むのは401がコンセプトじゃないのかな?

105: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)15:33:12 ID:hJg
>>103
双銅機かわからんが潜水艦に航空機搭載してそれで偵察する考えは日本海軍の潜水艦のコンセプトだった
伊401以前にも水偵搭載してる潜水艦はかなりいるし甲型改は伊401と形が似てるし

114: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)15:42:55 ID:4xr
>>105
伊400型の船体の話だよ
航空格納筒を積むのに最適な形状だからミサイル格納筒にも応用されてるのでは?ってこと

118: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)15:49:22 ID:hJg
>>114
資料がないからなんとも言えんが伊401が戦略原潜の大元になったという説は長い航続力でいろんな場所へ行き潜水艦から発艦した攻撃機で対地攻撃をするというのが戦略原潜のモデルになったというのがある
航空機格納庫からミサイル格納庫へ変貌したという話ではないっぽいが可能性としてはありえるかも
真相はアメリカ軍が何も言わないから不明だが

123: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)15:53:20 ID:JX2
日本が負ける→史実ルート(ものっそ財政的に楽)
日本が勝つ→ドイツも勝つだろうから冷戦状態

こうかな?

125: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)15:55:10 ID:ObZ
>>123
そうだね
日本が英・米に勝つにはまずドイツが勝たないとどうしようもない

130: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)15:59:54 ID:JX2
>>125
かなり戦後の世界地図が変わってくるぞこりゃ

128: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)15:59:24 ID:Ttm
ドイツが勝ったとするとEU自体成立しないのか
それとも米国+ドイツ含めたEU vs 日本 vs ソ連 になってたのか

世界秩序無茶苦茶だな・・

131: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)16:00:42 ID:ObZ
>>128
すくなともソ連もドイツに飲み込まれるから本当に
日本主導のアジアVSドイツ主導のヨーロッパの構図が確実かと

132: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)16:01:09 ID:JX2
>>128
独仏が再びにらみ合わないのと経済復興の為に
EC(EUの前身)の前身である共同体が出来上がったから
それすら無い事に

147: 大義私◆aWfrM7UWWY 2016/01/03(日)16:29:34 ID:ovt
>>128
アフリカとアメリカに欧州各国が亡命政権をおき安全保障と経済をからめたうえで、AAEUとかAEUとか
個人的にはバクー油田空襲を早期実現し独ソの結び付きを強くし
ドイツが日本に協力を呼び掛けるor防共協定を結ぶことができない状態に

スレタイにあわせるなら、戦中日本はアフリカ亡命政権に艦艇を輸出するとか、独ソ同盟と欧州各国の間にたってアメリカを牽制するとか

148: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)16:31:52 ID:uFR
>>147
当時の独ソが手結ぶレベルのトンデモifがありなら、そもそも大戦が避けられそう

149: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)16:32:19 ID:ObZ
>>148
なおそんなことは少なくともヒトラーが許さない模様

151: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)16:33:38 ID:JX2
>>149
人種差別を公然と口にして
スラブ人の国であるソ連を敵視していた
ヒトラーが容認するとは俺も思えん

134: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)16:03:44 ID:d8S
一応当時の日本の想定してた戦後の世界新秩序じゃ日米ソ独がそれぞれアジア太平洋、米大陸、欧州アフリカ、ロシアを支配するって感じの妄想だったんじゃないの?

135: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)16:05:54 ID:ObZ
>>134
だったんだけど独ソ戦が始まってせっかくの日ソ中立条約もご破算…
しかもドイツがかなり強かったから、
場合によってソ連に宣戦しようかと悩んでいた

137: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)16:07:14 ID:JX2
>>134
アメリカも新秩序の中に入っているのか…

>>135
とは言え無茶な進軍が祟って逆襲される羽目になった

139: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)16:08:55 ID:d8S
>>137
実際問題日米戦で日本勝ったとしても日本に有利な講和ってのが限界だろ
日本にはニューヨークやワシントンに日の丸を立てる能力はないし
それは戦前戦中の連中でも当たり前に認識してただろ

142: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)16:10:46 ID:JX2
>>139
認識していたと思いたい

136: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)16:06:54 ID:uFR
>>134
そんな中途半端な現実主義者はいなかったはずだから、もっと誇大妄想的か現実よりかのどっちかかな

138: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)16:08:42 ID:JX2
>>136
多分もっと誇大妄想働かせていて
まともに戦略立てて無かったんじゃなかろうか

もし陸軍と海軍の連携が上手く行ってて
ここまでやると言う達成可能な戦略を立てていたら
あんなに悲惨な負け戦は起こらなかったと思う

140: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)16:09:34 ID:5hE
艦艇からif世界史にシフトしてて笑えるw

141: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)16:10:24 ID:JX2
>>140
まあ兵器について考えるとその時々の世界情勢にも
目を向けないとあかんからね?

145: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)16:27:23 ID:JX2
ただ早々に憲法9条を廃していたら
今とは違った自衛隊が居たんだろうなあ

そっちの方が安全保障を考える上では良かったんだろう

146: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)16:29:01 ID:ObZ
>>145
少なくとも吉田ドクトリンを継承できなくなるから
経済復興が遅れる可能性がある

150: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)16:32:45 ID:JX2
>>146
それは否めないわな
復興せねばならない時に軍事費に
圧迫されたら復興出来なくなる

…よくよく考えれば初期の自衛隊の軍備は
アメリカからの支援で賄われていたんだよな

少なくとも経済が完全に復興した1970~80年代まで待たなければならんかもな

153: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)16:36:13 ID:d8S
こうして戦後の歩み見てみると、日本人は頭が固く柔軟な発想ができないなんて言われてるのが大嘘だってよく分かるよな
よくもまぁ敗戦軍解体憲法九条なんて縛りを全力で有効利用できたもんだわ
明治維新クラスの有能ぶりじゃん

156: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)16:37:07 ID:uFR
>>153
ていうか明治維新みりゃ変わり身早いってのは納得できるわな

158: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)16:37:55 ID:JX2
>>153
そらそうだ
どこの国だって柔軟な発想をする人は
職業関係無くおるでしょう

吉田茂以降の自民党が上手くやってくれたのがでかい

159: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)16:37:58 ID:d8S
やべぇよ・・・この発想の転換ぶりやばすぎだろ・・・
やべぇウリナラマンセーしてしまいそうだ・・・

160: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)16:39:42 ID:JX2
>>159
まあ今の日本を作り上げたのは当時の吉田茂率いる政府と
マッカーサーに拠る所が大きいわな

なんだかんだで戦後復興と高度成長に関しては
自民党は良くやったと思うよ?

162: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)16:42:48 ID:ObZ
米英派が勝つってことは少なくとも
満州事変を抑えて、犬養毅が掲げた産業立国の道を目指すんだろうか

164: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)16:46:00 ID:JX2
>>162
そうなんじゃないか?
軍事負担を抑えて国民生活を充実させる事だろうし

165: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)16:46:44 ID:uFR
>>162
野放図な拡張政策はとらないにしても帝国主義自体は無くならないしどこかで欧米の利権とバッティングしたと思うな

168: 大義私◆aWfrM7UWWY 2016/01/03(日)17:03:11 ID:ovt
>>165
中国の深入りさえ避けられれば、インドシナへの進出は貿易を制限させられたことが大きいのだから

163: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)16:45:01 ID:JX2
一番のポイントは米軍に国防を丸投げして
負担を負わせ浮いた金を全額復興と経済に使い込んだ事だろうなあ
真珠湾奇襲世代が残る冷戦時代までなら有効な戦略だわ

なお同盟国なのに大して協力してくれない日本に
アメリカ国民はイライラし始めた模様

169: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:04:40 ID:JX2
…もしかしてWW2があろうがなかろうが
何れ英仏の植民地は独立していたのだろうか

171: 大義私◆aWfrM7UWWY 2016/01/03(日)17:05:42 ID:ovt
>>169
正解でもあるし不正解でもある
植民地のままだったところも多いだろう

173: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:10:23 ID:JX2
>>171
どっちとも言えるのかあ…
戦後植民地経営が赤字になったから
放棄する形で独立していったと記憶しているが

176: 大義私◆aWfrM7UWWY 2016/01/03(日)17:57:37 ID:eRb
>>173
戦略上重要なら犠牲を払ってでも維持するだろう、ただ制度は変えるだろう

180: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)18:30:57 ID:JX2
>>176
そうなるか

174: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:17:15 ID:4xr
対米戦争に勝つなんてのは不可能だろうから
WW2不参加かつ中国戦線撤退で朝鮮と台湾の統治を維持みたいな結果かな?
相当上手く立ち回らないと無理だし経済でアメに土下座は必須だろうな

海軍は縮小でフランス海軍より規模大きめ
兵装はEUみたくアメリカに遅れを取る形になるかな?

175: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)17:22:24 ID:JX2
>>174
戦争回避だとこう言うルートだろうな
そもそもアメリカに中国大陸での
利権を掴ませず強調的な姿勢を
見せなかったのがアカンような

177: 大義私◆aWfrM7UWWY 2016/01/03(日)17:58:13 ID:eRb
>>174
戦後のイタリア海軍とかが参考になるかも、あれの規模拡大

182: 大義私◆aWfrM7UWWY 2016/01/03(日)20:10:52 ID:caW
LCSのもともとのコンセプトは、昔の水雷艇や魚雷艇に近い思想で
少数で比較的長射程の対艦・対地ミサイルを敵陣に放って、すぐさま撤退するという
まさにヤクザの鉄砲弾みたいな運用思想 
あの少ない人員は単なるコスト削減じゃなくて万が一の場合の軍隊レベルでの人的被害を最小限に抑えるため

183: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)20:38:41 ID:JX2
>>182
LCSって本来はイージス艦のような高価値目標を
護衛する為の軽武装の護衛艦じゃなかったのか…

主砲は一門のみで後は自衛用の短SAMと機銃しか無く
高度に発達した電子機器で艦隊を護衛するものかと

184: 大義私◆aWfrM7UWWY 2016/01/03(日)21:19:57 ID:caW
>>183
LCSが汎用護衛艦みたいな代物だと思ったら、大間違いだ
OHPの後継艦とうたわれてきたからそう思ったのかもしれないけど

史実の日本海軍艦艇でいえば第19号型掃海艇のようなものだ
ちなみに旧海軍の掃海艇は掃海艇とは名ばかりで事実上の和製ブラックスワン 航洋哨戒艦というべきか?
軍縮条約で駆逐艦の性能向上が制限されたから、掃海艇を二等駆逐艦代わりにも使えるように仕立ててる

700tぐらいの船体に12cm単装砲 3基を搭載と、睦月型駆逐艦に匹敵する火力を持っている、ただし雷装はなし
速力20ktと駆逐艦として比べると遅いが、哨戒艦としては充分な航行能力 これでラバウルやインドネシアまでいった
掃海艇として掃海具をもちいた掃海活動が可能だが、同時に爆雷を放って対潜攻撃も可能で船団護衛として活躍だ

LCSも機雷掃討艇の後継を狙っていたが、肝心の無人機を活用した掃海システムの開発に失敗
基本的に、ミサイル攻撃を重視していたので砲戦力は自衛程度の57㎜砲一基(しかし汎用性で30mm機関砲に劣る)
肝心のミサイルの開発にも失敗しているので、LCSはデカい「はやぶさ」型としかいいようがない(しかし、はやぶさと比較しても火力で劣るという)

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

★★ 最 新 お す す め 記 事 ★★
★★ 特 設:海 外 の 反 応 ★★

コメント

1.名無しさん:2016年01月05日 21:09 ID:SdZPuuvx0▼このコメントに返信
潜水艦こそロマン
2.名無しさん:2016年01月05日 21:10 ID:SdZPuuvx0▼このコメントに返信
F/A-18E/FのF16とf15の足して2で割った感が好き
3.名無しさん:2016年01月05日 21:14 ID:cmv8r49I0▼このコメントに返信
大和はアメリカの16インチ砲搭載艦には敵わないからな

どの距離であろうと材質に劣る大和の装甲では食い止めることは不可能

しかも正確無比なレーダー射撃で、初弾で決着がついてしまう
4.black_tail:2016年01月05日 21:20 ID:fwj4lcPH0▼このコメントに返信
伊吹は巡洋艦と空母のどちらも好き。

あと、漢字とひらがな、どちらの「加賀」も好き。

巡洋艦で一番好きなのはピョートル・ヴェリキー(キーロフ級)と麻耶。

武装については、28連装(30連装?)噴進砲は絶対的正義!!
5.名無しさん:2016年01月05日 21:27 ID:iUbwUyakO▼このコメントに返信
キアサージの二段砲塔b
6.名無しさん:2016年01月05日 21:29 ID:RIWmfZ8U0▼このコメントに返信
意外と情報が出てこないのが、現在の輸送艦。
いや強襲揚陸艦じゃなく、普通に服や燃料を運ぶ船。

重要だろうしたくさんあると思うんだが、なんで情報が出ないんだろう。
それとも今の米軍は、中東に服だの弾薬だの運ぶのは巨大輸送機任せで、船なんて使ってないんだろうか?
7.名無しさん:2016年01月05日 21:39 ID:Lp63C35q0▼このコメントに返信
※6
補給艦でググればとりあえずwikiに出てくるで?

あ、私は金剛型戦艦と吹雪型以降の駆逐艦が大好きです。汎用護衛艦とか。
8.名無しさん:2016年01月05日 21:41 ID:ueE.59m5O▼このコメントに返信
※3
↑大和の装甲が材質悪いって初耳だ!デマだろう?
日本の工業製品が戦争中祖製濫造で材質悪化したのは有名だが、戦前に造られた、それも国家の威信をかけて造られた戦艦の装甲が果たして劣悪だったのだろうか?
零戦も戦時中は新しい機より古い機の方がよく働くと言われるほど(もちろん中古機が良いはずもなく、それ程新機が悪いと言う意味)日本軍の工業製品を全て劣悪だったとするのはどうかと思う。
9.名無しさん:2016年01月05日 21:44 ID:BIvUNmdO0▼このコメントに返信
戦艦ネルソンが好き・・・

あの艦上レイアウトの異常な個性が良いと思うんだ。
まあ、実用性は無視なんだけどさ。

最近、紅茶の銘柄に凝りだしたせいで英国人に呪われたんだと思う。


10.名無しさん:2016年01月05日 21:46 ID:EthAcwgU0▼このコメントに返信
夕立と綾波。
日本の駆逐艦強すぎ。
あそこまで活躍した駆逐艦って日本しかなくね?
11.名無しさん:2016年01月05日 21:49 ID:GUiLV6OJ0▼このコメントに返信
>>元スレ97

イ400型を参考にしたと言われてるのはレギュラス巡航ミサイル潜水艦だろ。
いまじゃ潜水艦からの巡航ミサイル攻撃が実戦経験を一番経験してるんだし
巡航ミサイル潜水艦の元ネタ考えとけばいいんじゃね。
12.名無しさん:2016年01月05日 21:50 ID:O4dHDEMJ0▼このコメントに返信
戦艦の飯はうまいとはよく聞くけど、駆逐艦の飯ってあんまり話題にあがらなくて不思議
大きな船よりずっと限られた環境でどうやって料理をしていたかとか、調べるとワクワクする(軍艦限定ではなく、南極料理人とかの類だけど)
狭い駆逐艦の中で家族同然に親しい船員達と、片寄せあって食う飯は美味そう

なお味は期待してはいけない
13.名無しさん:2016年01月05日 21:50 ID:Lp63C35q0▼このコメントに返信
※8

コピペだけど

装甲
大和型戦艦の船体は、舷側上部は410mmのVH(ヴィッカース非滲炭)甲鉄、舷側下部は50 - 200mmのNVNC(新ヴィッカース非滲炭)甲鉄、甲板は200 - 230mmのMNC(モリブデン含有)甲鉄で覆われていた。また砲塔前楯及びバーベット部は650mmのVH甲鉄(ただし大和型砲塔用の装甲に関与した、佐佐川清元技術大佐は560mmと証言。設計図では、露出バーベット部は560mmVH、艦内部分は490㎜VH[119])、天蓋は270mmである。これは全ての軍艦の中で、最も強固な直接防御である。VH甲鉄は長門型まで用いられてきたクルップ式浸炭(炭和)甲鉄 (KC) にかわって採用されたもので、炭素ではなく窒素を使って甲鉄の表面を硬化させている。浸炭甲鉄より撃力に対して優れているとされ、ヴィッカース式硬化甲鉄の頭文字をとってVHと呼ばれる。なお、VH甲鉄の意味はKCに対して生産性が向上していることにある。

主要防御区画の水平装甲は次のような防御要領となっている。

2トン爆弾:投下高度2,200m以下で耐えること
1.5トン爆弾:投下高度2,600m以下で耐えること
1トン爆弾:投下高度3,400m以下で耐えること
800キロ爆弾:投下高度3,900m以下で耐えること


材質が悪いようでは無いみたいだね。
14.(たま):2016年01月05日 21:52 ID:94PAPi6eO▼このコメントに返信
艦艇の動力は、最初は蒸気レシプロ、次に蒸気タービン。
で、戦後はディーゼル(レシプロ)近年はガスタービンと、レシプロとタービンが交互に艦艇エンジンに採用されている。

…はて、今後はどっちの方式が採用されるんだろうね?

15.名無しさん:2016年01月05日 21:54 ID:X.aun2Vz0▼このコメントに返信
最初の方しか軍艦の話してねぇじゃねーか
16.名無しさん:2016年01月05日 21:55 ID:Lp63C35q0▼このコメントに返信
※12
味も悪くはないみたいで
ときどき汁粉が出たり生鮮食料品も駆逐艦で菜園作ったり色々工夫してたらしい
17.名無しさん:2016年01月05日 21:59 ID:Lp63C35q0▼このコメントに返信
※14
核動力が新しい方だろうけど今最新の通常動力だとターボエレクトリック(ガスタービン&電気)らしい
18.名無しさん:2016年01月05日 22:05 ID:eYdtdV2G0▼このコメントに返信
以前、横須賀で護衛艦「いずも」を見学させてもらったけど、
甲板の長さがちょうど「加賀(改装後)」と同じだと聞いて、
昭和初期の技術でこれとほぼ同じ全長の艦を運用してたのかと思うと
当時の海軍ってすげえと改めて実感したわ。
19.名無しさん:2016年01月05日 22:07 ID:WDfHsPDb0▼このコメントに返信
戦艦武蔵が発見されたんだから次は大和型3番艦の空母信濃探してほしいな
信濃は断片的な資料しか残っていないから、もし見つかったら新発見の宝庫だぞ!
20.名無しさん:2016年01月05日 22:07 ID:vxAPSPJ60▼このコメントに返信
未だにレーダー射撃が必中と思ってる馬鹿がいるのか
21.名無しさん:2016年01月05日 22:07 ID:ueE.59m5O▼このコメントに返信
>アイオワクラス以降の16インチは大和の18インチより射程長いからな

↑実は大和型を完成した日本海軍は当然アメリカ軍も同様な戦艦を造るだろうと考え、さらなる戦艦【超大和型】を予定していた。
その艦は大和型の艦体に18インチのまま長砲身長射程の化け物砲を6問に減らして(2連装の砲塔×3、大和型は3連装×3の9問)搭載した戦艦だったと言う、名前はおそらく【紀伊】。
アイオワ以降のアメリカ戦艦は本来幻の日本戦艦紀伊が相手をすると想定していた。
ようするに世代が違う。
22.名無しさん:2016年01月05日 22:16 ID:0e6hSCkA0▼このコメントに返信
実物が現存しないので仕方ないとはいえ都合のいい解釈によるカタログスペックで強い弱い語ってて草
あと米軍の射撃管制レーダー最強説を自信たっぷりに吹く奴までいて大草原
23.名無しさん:2016年01月05日 22:17 ID:Q8B3FG.C0▼このコメントに返信
※8
日米の戦艦に使用された鋼材は具体的に言うと、米はNVNC鋼、日はMNC鋼とCNC鋼だな。まず言っとかないといかんのは、MNCとCNCはニッケルを確保するのが難しい場合のNVNC鋼に対する代用品であるということ。日本はニッケルを確保できんかったからね。MNCは装甲が厚くなればなるほど、具体的に言えば舷側装甲なんかだとNVNCと一応「遜色ない」性能を示すと言われてる。大和の舷側装甲はこれ。CNCは装甲がやや薄い部分、およびそういう艦艇で使うもので、これはまあNVNCおよびそれに浸炭を行ったVH鋼にどうしてもやや劣るところはある。大和はCNCとVHの混用。
言ってしまえば米の装甲の質に劣らざるを得んけど、そんな大差ない、ってことなんだけど、問題は造艦技術。
装甲の破断ってのはどうしても溶接箇所からになりがちなんだけど、溶接技術には日米でどうしても大きな差があるな。ハルの構造強度となるとまだ鋲接も多用してた日本艦艇はだいぶ米と差がある。装甲は貫徹されなくても鋲接がはじけ跳ぶ、溶接箇所から破断するってことがむしろ多いからね。

まあ、さらに問題があるのはスレでも述べられてるが、レーダー管制射撃の差。ローブスイッチング方式であるアイオワなんかの射撃管制レーダーは有視界外(レーダー波ってのは水平線の距離の1.15倍まで届く。つまり視界外)でも着弾の水柱を観測できる解度をもってたから、極端な話、射程を生かして視界外から撃ってはとんずらという「負けない戦い方」もできる。悪天候、夜間戦闘となるとそうとうなイニシアチブとなるね。
24.名無しさん:2016年01月05日 22:23 ID:EGAQ7pGa0▼このコメントに返信
色々艦船見て結局最初に印象の強かった航空戦艦や航空巡洋艦、水上機母艦に行き着く
何か異質なものの組み合わせに興味が意識が刺激されるんだろうか
ただ、一番大きい伊勢、日向型に偵察機以外の航空機が搭載された写真を見た事が無いのだけど
あるんだろうか
25.名無しさん:2016年01月05日 22:23 ID:eSC84lqH0▼このコメントに返信
※8 ※13
大和の装甲を16インチ砲で撃ち抜けるって話は戦後接収された信濃用だった砲塔部前盾の装甲を「接射」で撃ちぬいたって話がネタ元じゃないだろうか

潜特型伊400→レギュラス搭載潜水艦→レギュラス搭載潜水艦+UボートV2計画=ポラリス搭載潜水艦→戦略原潜って系譜でしょう
潜特型は船体内部に爆撃機を搭載し潜航しながら地球を半周し敵地への戦略爆撃を行うという画期的なコンセプト
一方でUボートV2計画は半没式のコンテナに収められたV2ミサイルを曳航し洋上から戦略爆撃を行うというコンセプト、あくまでコンテナを曳航するだけ
航空機格納できるなら潜水艦本体にV2格納できるやんけという流れで超大型船体を持つ戦略原潜のルーツになったんだろう

26.名無しさん:2016年01月05日 22:25 ID:ueE.59m5O▼このコメントに返信
※13

↑サンクス
クルップ鋼と言えば三笠(英国ヴィッカース社製)もクルップ鋼だったな。大和はさらに良い材質だったんだね。
27.名無しさん:2016年01月05日 22:27 ID:jxRnLy.R0▼このコメントに返信
武蔵の、一番砲塔天蓋なんか1000ポンド徹甲爆弾のダイレクトヒットで深さ5センチ直径25センチ程のダメージで済んでいる。
質的には十分なんだよね。でもな、量の暴力数の暴力は反則過ぎる、つうか、正攻法なんだよなぁ〜。片舷集中で、転覆ってのはコレまたかなり手酷い。
28.名無しさん:2016年01月05日 22:29 ID:.iZRctyZ0▼このコメントに返信
オットーメララだったけ?今の艦載砲(?)で127㍉が限界なのかそれともそれ以上の口径は必要無いのか、155㍉とか203㍉とか乗っけれ無いのだろうか?
29.名無しさん:2016年01月05日 22:29 ID:KB9cB.4C0▼このコメントに返信
>ぶっちゃけ砲弾重量や弾速、装甲厚みてもそこまで差なんてないからな
>むしろFCSの差がヤバい

本スレのこいつがアホ過ぎる。直径2インチ、重量2百kgの差がどれだけ破壊力の差に繋がるか知らんのか。
それにモンタナ級って対18インチ砲弾の防御を持ってたか?

このコメ欄にもそれを上回る※3みたいなトンチキがいるし。
30.名無しさん:2016年01月05日 22:34 ID:vxAPSPJ60▼このコメントに返信
射程とかレーダー射撃言ってる人いるけど当時の戦艦で有視界外の敵をアウトレンジから叩くっていうコンセプトの戦艦ってあったの?
31.名無しさん:2016年01月05日 22:34 ID:aU9JfeCc0▼このコメントに返信
※3
キチに構うのもあれだが

当時のレーダー射撃ってアメリカのでも光学標準機が使えない状況でも砲撃できる程度の性能で、視線が通っているなら普通に光学式で諸元をだして射撃した方が命中精度が高い
おまけにデリケートで砲撃のショックで故障してしまうことも多々あった

何か現代のFCSみたいにムチャクチャ命中率を上げる魔法のアイテムみたいに誤解している人が多いけど
32.名無しさん:2016年01月05日 22:39 ID:rramgpXk0▼このコメントに返信
※3
無意味な大和さげ
そもそもアメちゃんのレーダ射撃だって正確無比な初弾命中なんて無理
33.名無しさん:2016年01月05日 22:41 ID:up39xa620▼このコメントに返信
大和て芸術作品だと思う
34.名無しさん:2016年01月05日 22:42 ID:eSC84lqH0▼このコメントに返信
※28
155mmなら今度就役した米海軍のズムウォルト級があるぞ!駆逐艦のくせに基準排水量15,000tというデカさだぞ!
現代の水上艦艇にはミサイルの搭載によって超長距離砲戦能力や装甲を持つ同級以上の艦艇との砲撃戦能力より、非装甲艦艇や小型水上艦艇、経空脅威との戦闘や対地支援が求められているので射程、弾道特性、速射性が必要になってくきたので57mm機関砲や76mm、100mm砲や5インチ砲が主流になった
OTO127mmコンパット砲はOTO76mmコンパット砲のスケールアップ版なので艦艇防御力やステルス性能が向上したり敵経空脅威が重防御になったり対地支援の要求が高まれば多分もっとでかくなる
35.名無しさん:2016年01月05日 22:42 ID:ueE.59m5O▼このコメントに返信
※当時の戦艦で有視界外の敵をアウトレンジから叩くっていうコンセプトの戦艦ってあったの?

↑おいおい。日本海軍にはこんな飛行機もあったぞ。
【零式観測機】
視界外の砲撃戦の時に上空から弾着観測する目的の水上機w
36.名無しさん:2016年01月05日 22:44 ID:up39xa620▼このコメントに返信
今の軍艦も好きだけど、昔の軍艦の方がなんかかっこいいと思う、今のは精錬されててなんかなぁ、ステルス仕様の軍艦をアメリカかどっかが作ってたけどすごくダサかった
37.名無しさん:2016年01月05日 22:45 ID:eSC84lqH0▼このコメントに返信
※34
射程→機関銃以上の射程だ
38.名無しさん:2016年01月05日 22:46 ID:aU9JfeCc0▼このコメントに返信
※29
アイオワの50口径砲は初速が早くて威力が高いキリッ
って人も相変わらず多いからねぇ

戦車みたいに直接照準で戦うならそうだけど
曲射弾道で打ち合う海戦じゃ砲弾の落下角度が浅すぎて装甲の厚い舷側や砲塔前盾に当たりやすく致命傷が与えにくい等々長砲身がいいとは限らないのにね
39.名無しさん:2016年01月05日 22:48 ID:aU9JfeCc0▼このコメントに返信
※5
キアサージは戦艦としての御役ご免後の姿の砲が強烈だけどね
40.名無しさん:2016年01月05日 22:49 ID:up39xa620▼このコメントに返信
空母って凄いよな、軍事基地が丸々海に浮かんでるようなもんだし
41.名無しさん:2016年01月05日 22:49 ID:aU9JfeCc0▼このコメントに返信
※34
>駆逐艦のくせに基準排水量15,000tというデカさだぞ!

いずも「小せえなぁ」
42.名無しさん:2016年01月05日 22:50 ID:Q8B3FG.C0▼このコメントに返信
※30
コンセプトがあってというわけでなく、ローブスイッチング方式の射撃管制レーダーの副産物ではあるが「いちおうやってやれなくはない」ってものは出来上がった。とんでもない操艦が必要だけどね!視界とレーダーが届く差、つまり600mほどの範囲がレーダーでは観測できるが目視では観測できないって範囲になる。まあ、一斉射して逃げる、ぐらいはできるかな。

なんかコメ欄、射撃管制を命中率の確保だけで語ってる人ちらほらいるけど、問題はそこでは無いね。悪天候と夜間戦闘での圧倒的な優劣が問題点。夜間戦闘ってのは水柱を目視観測するのがすごく難しいから有効射かどうかの判断(挟叉してるかどうかの判断)がすごく難しい。サーチライトか照明弾が必要だな。それでも難しいんだけどね。最終期アイオワなんかのローブスイッチング方式のレーダーだったらこれが観測できる。悪天候での遠距離砲戦ともなると発砲炎、ボイラーの煙も目視で観測できないとなると、どっから撃たれてるかも判らん、ってなる。
43.名無しさん:2016年01月05日 22:54 ID:eBCd6CVX0▼このコメントに返信
※21
そのとおりだよな。
大和の同期はせいぜい対14インチ用の装甲しかないノースカロライナ級なんだが・・
しかもいくら米軍でも当時のレーダーは今の我々が思うような射撃精度じゃないのにな。
当時の大和の射撃精度は主砲弾が30km先の艦艇に狭差するほどの精度で米軍も賞賛したほどなんだぞ。
そもそも大和は相手より遠いところから撃つことを目的に建造されたわけじゃないし、長距離射程よりも重要なのは有効射程距離の長さ。
つまり大和が十分交戦できる間合いに入った時に砲撃戦で攻守ともに負けなければいいだけのこと。
あとたまにアイオワ級は速さで勝つとか力説する人も居るがあれも大嘘。よく33ノットを引き合いに出すが現実こんな速度で砲撃は不可能。
因みにカタログスペックでの判断でしかないけど大和が注意すべき相手はアイオワではなくヴェネトという真実。

余談だが霧島の代わりに航空機・潜水艦なしの条件の下、陸奥&長門vsワシントン&サウスダコタの戦いを見てみたい。(年代が近いからといって流石に大和&武蔵じゃ相手に勝ち目ないだろうな)
44.名無しさん:2016年01月05日 22:55 ID:KB9cB.4C0▼このコメントに返信
※27
艦砲同士の殴り合い重視、魚雷も水上艦か潜水艦からのせいぜい2〜3本の直撃で済む想定が当たり前の時代の設計だからねえ。
のべ1千機の航空攻撃に丸腰同然で曝されるなんて考えもしてなかっただろう。
45.名無しさん:2016年01月05日 22:55 ID:XwtGGh1y0▼このコメントに返信
ソ連がT-34を順調に開発完了して1940年には大量生産に乗り出して1941年に一方的に対独開戦、日米開戦前にドイツ軍が蹴散らされてソ連がイタリア、フランスをも飲み込んで1941年末にはヨーロッパはソ連に占領される、という状況をでっち上げれば日米は防共協定結んで紆余曲折の末に英国防衛のために日米から艦隊が派遣されるとか、日米が共闘する世界が出来るかもしれない
でもこれだと肝心な敵の海軍がいないというね
ソ連戦艦と没収した独仏伊軍艦の混成艦隊と空母含む日米艦隊が戦うのかあ
・・・日米の圧勝じゃね?
でもこの世界線ならヨーロッパ壊滅で大東亜共栄圏+米というブロック経済圏成立で日本海軍の運転資金も確保、日本海軍は大和級3隻以上、米海軍はモンタナ級を建造という、戦艦好きにはたまらない世界が出来あがるんじゃね?
まあ主攻勢面は中ソ国境線で陸軍管轄になるんだけどさ
ん?黒竜江?河川砲艦?うっ、あたry
46.名無しさん:2016年01月05日 22:57 ID:bztH4V8K0▼このコメントに返信
仮に大鳳、信濃、翔鶴型のどれかが残っていたとしてジェット機に対応できたのかね…、ヴィクトリアスみたいな改造を受けていけばあるいは…ってところか?

※12
うまい艦はうまいぞ(なおまずい艦…)まぁこればっかりは主計の好みとか艦長の好みとかあるからしゃーないね
47.古古米:2016年01月05日 23:06 ID:3pzmV2gN0▼このコメントに返信
ではスレタイに立ち戻って。
世界最初の誘導爆弾であるフリッツXに始めて撃沈された船はイタリア海軍の戦艦ローマ。
イタリア降伏後に連合国側に投降しようとしたら、直撃弾を3発食らって爆沈したそうな。
48.名無しさん:2016年01月05日 23:06 ID:NwPcJJi20▼このコメントに返信
フィンランド海軍装甲海防艦「ヴァイナモイネン」は、冬戦争で活動してるよ。
フィンラド湾を航行中に対空戦闘をやっていて、ソ連軍爆撃機SB-2を何機か撃墜してます。


49.名無しさん:2016年01月05日 23:17 ID:9bvz6S1P0▼このコメントに返信
※46
日本はカタパルト技術の不足をRATOで代用しようとしてたから、
1960年代の零距離発進みたいなことになってたかもね。
下手すりゃ、伊勢、日向、最上にもジェット機が搭載されてたかも。
50.名無しさん:2016年01月05日 23:17 ID:aU9JfeCc0▼このコメントに返信
※47
イタリア海軍はそれなりに強力な海軍だったけど燃料不足でロクに出撃できなかったのがね
で、本土に連合国が上陸し始めてきたんで祖国を守るため残った燃料をかき集めて決死覚悟の出撃をしようとしたら
上から「今停戦交渉しているから止めてくれ」とストップがかかり
停戦が相成って降伏しに出航しようとしたら昨日の同盟国に攻撃されてローマが撃沈され
生き残った艦も長いこと拘束状態

チェザーレがソ連に持って行かれ
返還されたヴィットリオベネト級はあっちゃこっちゃ壊されて再起不能・・・

涙が出てくる
51.名無しさん:2016年01月05日 23:17 ID:bztH4V8K0▼このコメントに返信
※45
それじゃあむしろ「対地攻撃のための拠点」として空母が発達するんじゃないかな?一足先にパックスアメリカーナの海軍みたいな対地攻撃支援のための海軍が出来上がりそうだ、ミッドウェイ級(この場合ドーバー級とでもなってるんだろうか…)、ジブラルタル級、G14型計画空母、もしくは改大鳳型のそろい踏みってのも見てみたい、確かに日本の主戦場は中国東北部だろうけど、戦車?アメさんヘルプ!!チリとホル、ホニがあっても自信ない
52.名無しさん:2016年01月05日 23:19 ID:eSC84lqH0▼このコメントに返信
※46
ヴィクトリアスで対応できたんだから翔鶴型、大鳳、信濃なら対応はできたかもしれんが、甲板から上とエレベーター全とっかえとかむちゃくちゃ改修しまくることになって艦影は変わっただろうなぁ
タイコンデロガ級空母の原型空母みたいに対潜空母化や強襲揚陸艦化の方がありえるかも
53.名無しさん:2016年01月05日 23:22 ID:eSC84lqH0▼このコメントに返信
※45
その状況なら独仏の造船力を手にしたソビエト海軍夢のソビエツキー・ソユーズ級戦艦量産が
54.名無しさん:2016年01月05日 23:23 ID:9bvz6S1P0▼このコメントに返信
まぁ、戦後に接収されたフネの中で、一番使い勝手が良かったのは軽巡「酒匂」だとは思う。
酒匂が自衛隊に継承されていたら、1980年頃まで現役だった可能性は否定できないと思うよ。
後ろ半分がヘリ甲板で、前が76ミリ連装砲塔×2。横(高角砲の位置)にミサイルランチャーの酒匂はすぐに想像できる。
55.名無しさん:2016年01月05日 23:24 ID:5PR1DLbx0▼このコメントに返信
ふーん😒そうですか
56.名無しさん:2016年01月05日 23:26 ID:ueE.59m5O▼このコメントに返信
※46仮に大鳳、信濃、翔鶴型のどれかが残っていたとしてジェット機に対応できたのかね

↑ジェット機とか関係なく、そもそも戦争中期から日本海軍の通常攻撃はアメリカ軍にすでに通用しなくなっていたんじゃないか?
珊瑚海海戦の時すでに通常攻撃で大損害を出しているし、通用しないからこその特攻隊だったと思う。
それはよく言われるVT信管の効果では無く、ハリネズミの如く強化された対空砲の数とレーダー誘導された直衛戦闘機群が通常攻撃を無力化したのだと思う。
ちなみに終戦時にだって日本海軍には正規空母はあった。雲龍型3番艦【葛城】だ。復員船として外地に赴いた葛城を見た現地の人は
「まだ空母が残っていたのか、さすがは日本海軍だ…」とその底力に感嘆したと言う。
57.名無しさん:2016年01月05日 23:27 ID:l6vK4DR80▼このコメントに返信
モスクワ型は世界初の対潜ヘリ専用艦という点で評価されてもいい
自前の対潜武装と搭載ヘリで単体で潜水艦狩り、と案はよかったが
対空武装が貧弱で活躍できなかった

配備は黒海艦隊で大西洋やインド洋まで出たことがあったらしい
58.名無しさん:2016年01月05日 23:37 ID:fg.VFBg.O▼このコメントに返信
※29
モンタナ級の舷側装甲厚は40㎝とゆう記事を見た。
59.名無しさん:2016年01月05日 23:41 ID:KElNpuv30▼このコメントに返信
ド派手なWWⅡ の軍艦も好きだけど自分は現在の護衛艦とかのほうが好きだな 機能美に満ちたスマートな姿がたまらんwww
戦後の初代あきづき型やちくご型みたいなボフォースやヘッジホッグがん積みでOPS レーダーが付いててデシタルとアナログの狭間って感じがしてて格好いいんだよな。この辺りの時代の護衛艦は本当に調べてて面白い!たかつき型くま型から はつゆき型あさぎり型むらさめ型たかなみ型あたりの技術の進化を世艦の増刊を読んで知ったけど先人達は本当に苦労したんだな・・・
60.名無しさん:2016年01月05日 23:46 ID:9bvz6S1P0▼このコメントに返信
※59
やっぱり
雪風→丹陽

梨→わかば
の改装はゾクゾクするよね!
61.名無しさん:2016年01月06日 00:17 ID:uPOkz7Mc0▼このコメントに返信
駆逐艦は軍艦じゃないって言ってる奴がいい加減うぜぇ
今どきのイージス駆逐艦とかはどの新聞も「軍艦」って言ってるし
そのへん突っ込んでも説明しねぇで逃げやがる
めんどくせぇから全部軍艦でいいじゃねえか
菊?そんなのしらん
62.名無しさん:2016年01月06日 00:18 ID:L40qHyF8O▼このコメントに返信
艦コレってやったこと無いけどそんなに酷いの?もえもえ大戦争とならどっちがまし?
63.名無しさん:2016年01月06日 00:22 ID:uPOkz7Mc0▼このコメントに返信
航空戦艦の扶桑型が強いぞ!烈風が紫電改をおしのけて最強の艦戦だぞ!
翔鶴型が装甲空母に改装されるぞ!大和型に51㎝砲とか装備出来るぞ!
ほら怒れよおこれよww
64.名無しさん:2016年01月06日 00:24 ID:W.popmkz0▼このコメントに返信
日本のミリオタはミート範囲が中世レベルかWW2レベルかって感じで極端過ぎていかんわ
日本の軍事史的に近代レベルだった期間が極めて短いから仕方ないっちゃ仕方ないんだけど、日本の軍隊が欧米に追いつくために一番成長した時期について興味が無いのは嘆かわしい
65.名無しさん:2016年01月06日 00:30 ID:4zwgqNpn0▼このコメントに返信
※61
「日本海軍の駆逐艦」は軍艦ではないと言うのを曲解してるのかな?
66.名無しさん:2016年01月06日 00:35 ID:BWKFr3SO0▼このコメントに返信
>>169
フランス、オランダ辺りはギリギリまで粘るだろうなぁ
イギリスは上手い事、半属国化させそう
67.名無しさん:2016年01月06日 00:37 ID:j1EGJHzZ0▼このコメントに返信
誰か最上型の良さを分かち合える人いないかなー
あの煙突の形や(本当はともかく)カタログスペックの高さ、航空巡洋艦という今のヘリ搭載型護衛艦に通ずるコンセプトとか
航空巡洋艦の最上の水偵の搭載機数は11機
仮に11機満載で全て発艦するとなるとかかった時間は約30分だそうだ。(なお最後まで11機搭載されることは無かった)
68.名無しさん:2016年01月06日 01:01 ID:2Zzgekxw0▼このコメントに返信
※62
もえもえ大戦ってのをやったことないが
かつてあった軍艦を擬人化したキャラの育成ゲームもしくはミリタリー要素の濃い育成型キャラゲーみたいな物だと思う

後攻略wikiの"小ネタ覧"の史実ネタの充実ぶりはかなり濃い

キャラを前面に押し出してる以上ある種アクが強いから好き嫌いはっきり分かれるタイプだし今始めるにしてもサーバーにログインしづらい情況だけど2月にps vita版が出るようです
69.名無しさん:2016年01月06日 01:04 ID:ditc6QBl0▼このコメントに返信
※67
ここにいるぞ!

軽巡時、重巡時、航巡時どれも魅力的だし
スタイルが非常にバランスが良く美しい
70.名無しさん:2016年01月06日 01:06 ID:ditc6QBl0▼このコメントに返信
※61
軍艦=菊紋章付き
ってのは旧帝国海軍のローカルな括り

でおしまいだろ
71.名無しさん:2016年01月06日 01:07 ID:ePmCfNW00▼このコメントに返信
牧野茂さんが書いていた「40センチの50口径砲が作れないから46センチ砲になった」と
72.名無しさん:2016年01月06日 01:10 ID:ePmCfNW00▼このコメントに返信
山路一善さんが書いていたワシントン海軍軍縮条約が成立して「ああ、これで俺も助かった、国も助かった」と加藤友三郎さんはホットしたのではないかと
73.名無しさん:2016年01月06日 01:11 ID:2Zzgekxw0▼このコメントに返信
※61
国際法だと

海洋法に関する国際連合条約
第二十九条 軍艦の定義
この条約の適用上、「軍艦」とは、一の国の軍隊に属する船舶であって、当該国の国籍を有するそのような船舶であることを示す外部標識を掲げ、当該国の政府によって正式に任命されてその氏名が軍務に従事する者の適当な名簿又はこれに相当するものに記載されている士官の指揮の下にあり、かつ、正規の軍隊の規律に服する乗組員が配置されているものをいう。

この規定は、従来の慣習国際法上の解釈を明文化して、1958年に締結された公海に関する条約8条2項の定めを踏襲したもの

となっているから当然駆逐艦も軍艦に類別されるし帝国海軍でも大正8年と昭和19年にそれぞれ作られた"艦船令"にも駆逐艦は含まれているけど
昭和19年の艦船令の"狭義の軍艦"の定義において戦闘艦の内駆逐艦・潜水艦が
74.※73:2016年01月06日 01:13 ID:2Zzgekxw0▼このコメントに返信
続き

省かれているからそれを曲解したものではないかと
75.名無しさん:2016年01月06日 01:17 ID:lvaoWug30▼このコメントに返信
WoWsの戦艦に乗っていると、時々人生と共通したものを感じる時があるw
エンジン全開にしてもゆっくりと中々動き始めないし、止まる時も急ブレーキなんて出来ないし(船全般そうだと思うが戦艦は特にその傾向が顕著)
何も考えずに適当に航路を決めているといつの間にか敵艦隊の砲火のど真ん中に孤立して火だるまになったり、
一発勝負でバイタルパートを抜いてやるぜ!と全弾発射したらゴミダメで終わって装填時間30秒でヤベエw&逆にこっちのバイタルが抜かれたり 等々・・・
76.名無しさん:2016年01月06日 01:52 ID:6h5q1nS00▼このコメントに返信
TPPがわが国の海洋安全保障に与える影響
ttp://www.think-tpp.jp/lecture/index.html

TPPまとめ  報道されないTPPの21分野 医療・労働関係他
1月に批准手続き2月上旬に署名式の予定
ttp://desktop2ch.net/male/1451199596/
77.名無しさん:2016年01月06日 02:06 ID:APJh8.mN0▼このコメントに返信
完全にソ連を敵国認定してた日本とドイツが勝ってたら、ソ連はえらい弱体化してたろうなあ
78.名無しさん:2016年01月06日 02:13 ID:0Rxnbyal0▼このコメントに返信
FCSを盲目的に信奉する人は、是非一度実際の射撃を見てもらいたい。
79.名無しさん:2016年01月06日 02:18 ID:9wBs1d8t0▼このコメントに返信
※25
日独特殊潜水艦~特異な発展をみせた異色の潜水艦 大内建二 光人社NF文庫
第9章 幻のドイツ潜水艦作戦 第34図 V2ロケット弾の海上発射装置概念図(p222)

これを見てしまうと現代の戦略原潜の元祖はこの発射筒であることが理解できる。
44年12月ブローム&フォス社へ発注→設計・製作。
フルカン・ヴェルフト造船所で、製造中に空襲で造船所ごと灰燼に帰し計画は頓挫。
伊400型は巨大化するプラットフォームの原型として、あくまで傍流なんだと思った。
80.名無しさん:2016年01月06日 02:25 ID:2Zzgekxw0▼このコメントに返信
※79
あるUボートには潜対地ロケットWG42があるからな
ドイツはすげえや
81.名無しさん:2016年01月06日 02:25 ID:w31OSOjo0▼このコメントに返信
ワイもVLS沢山積んだメガフロートを牽引して他の艦の管制で攻撃したらいいんじゃね?と考えた事はあるけど、全うな軍人がこれに近い事を考えてたのかよ
アーセナル湿布とかアホだろ(褒め言葉
82.名無しさん:2016年01月06日 02:32 ID:2Zzgekxw0▼このコメントに返信
※59
イカロス出版の"海上自衛隊護衛艦建艦史"
おすすめ
83.名無しさん:2016年01月06日 02:34 ID:lxmoB7aL0▼このコメントに返信
艦これは賛否両論様々あるとは思うが、ワイは少なくとも軍艦、さらにはWW2についても色々知ることができた。そこからさらに広がって、陸軍や自衛隊等も知れた。

まさか横須賀、呉、舞鶴、大湊に赴いて軍港巡りしたりするようになるとは。横須賀で「きりしま」に乗艦までしたゾイ。

様々な視点で見る必要性が養えたぜ…。
84.名無しさん:2016年01月06日 06:13 ID:JXTda7Mf0▼このコメントに返信
※59
戦前の人間が今のあたご型を見たらどう感じるのかね。艦橋の形状に高雄型の面影を見るかも知れんが、満載1万tの重巡並みの船体に5インチ単装砲一基という見た目の貧弱さに驚くのだろうか。
ファランクスが毎分三千発の弾丸を発射する高性能対空機銃とは思いもしないだろうし、前後の垂直発射機から発射される誘導噴進弾の詳細を知ったら腰抜かすだろうな。
85.名無しさん:2016年01月06日 07:16 ID:sXwCLqRa0▼このコメントに返信
※40

ふねはあくまでどんがらで、搭載する艦載機を変えることで情勢や時代の変化に対応できるからね。
無人機時代が来ても空母は海軍の主要艦艇の座を維持し続けるだろうね。

86.名無しさん:2016年01月06日 08:58 ID:Qh.sN0GF0▼このコメントに返信
※54
リットリオ・ヴェネトの日本版が生まれるのか…

※84
主砲一門と対空機銃ぐらいしか無い様に見えて貧弱だと思うんじゃない?
87.名無しさん:2016年01月06日 09:42 ID:4vnJlvM20▼このコメントに返信
いまだにビスマルクの設計を旧式扱いする奴が湧くのか、たまげたなあ……

あれはあれで、英仏新戦艦の装甲配置を知っていて採用しなかった結果だっての
88.名無しさん:2016年01月06日 09:53 ID:.PXYnGO70▼このコメントに返信
※84
当時の砲塔ましましな軍艦を見慣れてる人たちからすれば
のっぺりした変な船だなーとか言われそうw
あと何より腰抜かすのは駆逐艦の分際で飛行甲板と格納庫なんてあって回転翼機が飛んでくるところじゃね?
89.名無しさん:2016年01月06日 10:01 ID:4vnJlvM20▼このコメントに返信
※88

対艦ミサイルについて詳しく聞かされるまでは、
「装甲も薄いじゃないか。なんで戦艦を造らないんだ?」とか言いそう。
90.当時に航空機増産しても粗製乱造(特に発動機)で終わるぞ:2016年01月06日 10:55 ID:WrnS6eaQO▼このコメントに返信
砲撃諸元出せないレーダー射撃で初弾命中とか聞いた事無いな。帝國海軍は観測用の初弾が当たったとか聞いたことあるけど眉唾モンだしなぁ…。まぁ16インチ50口径程度の自艦の主砲にも耐えれん33ノット出る巡洋戦艦、それ以外は鈍足?とか言われてる日本戦艦と同等以下の速力の米戦艦アゲに尽力してるA4共はお疲れさまです。
91.名無しさん:2016年01月06日 13:16 ID:aGadjc5y0▼このコメントに返信
SHSを使おうが16インチと18インチには大きい差があるわ。
それが同等とか馬鹿すぎるだろ。
92.名無しさん:2016年01月06日 14:39 ID:w31OSOjo0▼このコメントに返信
※84
たった一門の砲に何が出来る!?
93.名無しさん:2016年01月06日 14:42 ID:2NUTlksm0▼このコメントに返信
勘違いしてるやつ多いけどレーダー射撃は命中率の向上に影響はほとんどないからな。
彼我の距離、針路、速度、気温、湿度、風向、地球の自転の影響、装薬の性能、砲身の摩耗具合なんかの砲撃諸元から撃つべき角度を割り出すわけだが、ここでレーダーが役にたってるのは距離の計測でしかない。
夜間や悪天候時の索敵にはそこそこ役立つだろうが、弾が当たるかどうかは別。

しかもアメリカ戦艦は方位盤とレーダーが連動してないから、諸元算出の手間は光学照準による目視射撃のときと同じ弾道計算機に頼る。
この計算機の性能は大和型の98式射撃盤とアイオワのMk.38方位盤とでは大差ない。どちらも歯車で動くアナログ機械式計算機。
94.名無しさん:2016年01月06日 15:54 ID:jgrudzC90▼このコメントに返信
※38
弾を重くしてわざわざ初速を落したんだよね
95.名無しさん:2016年01月06日 15:55 ID:jgrudzC90▼このコメントに返信
※2
F16のE/Fの魔改ぶりのが好き
96.名無しさん:2016年01月06日 16:17 ID:ioijXwSH0▼このコメントに返信
艦これは枢軸艦艇ばっかで飽きが来る
戦艦少女やろうぜ!!

あとWoWSは旗の件謝れよ
97.名無しさん:2016年01月06日 17:10 ID:XyU9RDNL0▼このコメントに返信
※3
いくらアメリカのレーダーが優秀でも当時戦艦での初弾命中はありえないから
98.名無しさん:2016年01月06日 18:40 ID:6meHg6Oc0▼このコメントに返信
97さんも書いてるけど、※3は何か悪いものでも喰ったのか悪いものでも読んだのか悪いゲームでもやったのか、まあマグレはありえるがそれ以外幾らレーダーあっても初弾必中の距離ならお互いに当るやろ。
99.名無しさん:2016年01月06日 19:49 ID:27j.NLPvO▼このコメントに返信
でもそろそろ重砲つんだ仮装巡洋艦造っても良いかも。離島奪還には役に立つと思うの。安いし
100.名無しさん:2016年01月07日 07:05 ID:3wt9k.Or0▼このコメントに返信
>ただ、ゲームにマジになるな これはファンもアンチもどっちも悪い癖
>リアリティ重視したら世の中から漫画やアニメは消える 架空戦記も消える

これは艦これに留まらずよく思う。そんなにリアルが良いなら記録映像でも見てろと
ゲームなりアニメなりに落とし込んでる時点で「完璧なリアル」なんてのはあり得ない
101.榛名:2016年01月07日 17:06 ID:mf2hDioX0▼このコメントに返信
本文※14
40cm通常 1t
40cmSHS 1.2t
46cm通常 1.5t
全く違うんだげとなぁ。


本文※16
ミリタリー/軍事趣味と艦これのような美少女ゲームは全く別物だからなんとも思わないなぁ。
むしろシミュレーションゲームで戦艦が巡洋艦の「砲撃」で沈んだり、零戦がP-39にカモられたり実際と判定や性能が違い過ぎると卒倒することなら…
102.名無しさん:2016年01月08日 00:19 ID:JSbP.7b00▼このコメントに返信
※96
>あとWoWSは旗の件謝れよ
同感。あれのせいで手を付ける気にならないのが勿体ないと自分でも思うのだけど……運営への不信は如何ともし難い


元スレ >>18 について、起こり得るとしたら早期講和をすることが出来た場合だろうなぁ
東南アジアを確保した上で講和が一番だけど、あまりにも道が険しすぎて……

お名前