大艦巨砲主義!ツイーター
スポンサーリンク

2016年01月12日 14:05

戦争って科学技術が優れてる国が勝つよな

戦争って科学技術が優れてる国が勝つよな

タグ:
01

引用元:戦争って科学技術が優れてる国が勝つよな

http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1450649377/
1: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)07:09:37 ID:TdB
ミサイル
ジェット機

2: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)07:15:07 ID:j4S
資源

はい、論破

3: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)07:23:20 ID:TIv
ベトナム「せやろか?」

4: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)07:25:44 ID:RoM

5: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)07:28:31 ID:0gc
9条「そもそも戦争しなきゃいいんじゃないかな」

7: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)07:29:41 ID:9HT
>>5
オマエがおると不戦敗確定なんだが…

8: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)07:31:39 ID:06I
なら北朝鮮恐れるに足らず

9: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)09:10:51 ID:8Pm
技術を速やかに実戦投入できる環境がないと宝の持ち腐れ

10: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)09:33:07 ID:8sT
イタリア「外交力があれば最後には勝てる」

11: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)09:35:10 ID:pVu
核「あ、あのわたしを使わないのですか?」

12: 相反するインキュベーター◆d1bIho9adc 2015/12/21(月)09:36:48 ID:qhO
ガンダム

13: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)09:39:19 ID:iqW
民主主義は雑魚

14: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)10:10:31 ID:3lq
ドイツ「解せぬ」

15: へんくつ者 2015/12/21(月)21:35:17 ID:NPN
資源、教育、民度、技術力だろう

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2016年01月12日 14:11 ID:05v0SIqB0▼このコメントに返信
割と純粋に犠牲的愛国心
焦土になっても追い出せること度々
2.名無しさん:2016年01月12日 14:12 ID:DA8T6YVB0▼このコメントに返信
数だって弟が言ってた
3.名無しさん:2016年01月12日 14:12 ID:58MXsUdB0▼このコメントに返信
戦闘に使える科学技術じゃないとな
インカ帝国とか
4.名無しさん:2016年01月12日 14:13 ID:CxPHwt.a0▼このコメントに返信
人・金・物 
5.名無しさん:2016年01月12日 14:17 ID:dQ.4yaTS0▼このコメントに返信
諜報能力だろ
情報が全て
6.名無しさん:2016年01月12日 14:17 ID:ttit.Nei0▼このコメントに返信
敵国の技術を使って勝っちゃう場合もある
国がまとまっている場合にしかあてはまらない
7.名無しさん:2016年01月12日 14:19 ID:.jRiOE850▼このコメントに返信
国民みなレジスタンス!アカのみテロリスト
8.名無しさん:2016年01月12日 14:21 ID:mzteYKmZ0▼このコメントに返信
科学技術力だけでは勝てない。ドイツが良い例。
曖昧な表現になるが、『国力』だろう。
9.名無しさん:2016年01月12日 14:23 ID:iD8Znypc0▼このコメントに返信
どれも間違ってる
多対多でやる以上
いろんな状況が絡んでくるんだから
どれかひとつに原因を限定するのは無理がある

仮に最強に高性能な爆弾を持っていたとしても
それを使える状況が整わないと意味がないし
10.名無しさん:2016年01月12日 14:23 ID:Ht4X7i.e0▼このコメントに返信
もっと包括的に言うと国力だな
人・モノ・カネ
これらの量と質が優れてれば勝てる
科学技術の発展もこれらがあってこそだからな
まあアメリカ大帝国のことなんだけどね
11.名無しさん:2016年01月12日 14:26 ID:0DErXPUF0▼このコメントに返信
外交力が高いと援助・支援兵力がたくさん貰えます。
12.名無しさん:2016年01月12日 14:28 ID:6mPN.zd90▼このコメントに返信
広い国土で穀物、家畜バンバン育てて食料豊富で
プラス巨大な工業力、 あとアメリカ人の陽気さと良い意味での楽天さ。
13.名無しさん:2016年01月12日 14:28 ID:ZdL6NeOB0▼このコメントに返信
イタリアは全く勝ってなく敗戦国扱い
14.名無しさん:2016年01月12日 14:29 ID:HVsAdKvf0▼このコメントに返信
技術・資源・地理・外交・気合いのトータルバランスだよ。
15.名無しさん:2016年01月12日 14:34 ID:8wLuiAX60▼このコメントに返信
バリアを作れる科学技術と人以外の兵士と無人兵器と核兵器以上の攻撃兵器等があれば必ず戦争に勝てる。
16.名無しさん:2016年01月12日 14:35 ID:Wl4xPYV.O▼このコメントに返信
金資源技術全部ないとダメだ

全部あるのはアメリカくらいやな
17.名無しさん:2016年01月12日 14:35 ID:mKDqvrhY0▼このコメントに返信
人材=知恵>政治(指導力、交渉能力、組織力)>資源>技術。
アレクサンドロスも、始皇帝も、劉邦も、スピキオも、ルーズベルトも、ホーチミンも科学技術で勝った訳じゃない。
18.名無しさん:2016年01月12日 14:37 ID:F.iyjnGt0▼このコメントに返信
ソ連や中国のような大国は遅れていようが泥沼に引きずり混んで、挙句は勝ち組に入ったりする。
こういう国は裏工作で政権の転覆に持っていかないと収拾がつかないよ。政治状況がでかい。
政治次第でアメリカもベトナムを諦めたし。
先進国の市民国家は市民の生活自体が人質になって負けの線引きがあるけど、後進的な構造の国はどれだけ市民が死のうが頓着しない傾向がある。
19.名無しさん:2016年01月12日 14:37 ID:uWnfIQYd0▼このコメントに返信
どれだけ多く味方を集められるか、じゃないか?
技術や資源も必要不可欠だが、それだけじゃないと思う
20.名無しさん:2016年01月12日 14:40 ID:pi39FBdk0▼このコメントに返信
トータルバランスとしての国力がものを言う。
日露戦争の時のバルチック艦隊の体たらくが、それを教えてくれる。

いかに最新装備を揃えようと、船員の識字率が低いような有様では
ろくに運用も維持も出来ない。
イギリスの漁船を誤殺してしまい、寄港できる場所を激減させてしまった。
最新技術と工業力だけ達成しても駄目なんだ。
21.名無しさん:2016年01月12日 14:41 ID:Btgcp7Vk0▼このコメントに返信
天才一人で世界は変わる!
22.名無しさん:2016年01月12日 14:46 ID:k5PO3HTOO▼このコメントに返信
どんなに優れた科学技術を有していても、行使する者達がパーなら負ける
23.名無しさん:2016年01月12日 14:48 ID:4hFQxwPY0▼このコメントに返信
※17
流石に技術を軽視し過ぎ
日本海海戦だって日本側の命中率が高かったのは訓練よりも技術のおかげだし
太平洋戦争だって零戦が性能で負け始めてからじり貧だったじゃないか
24.名無しさん:2016年01月12日 14:49 ID:mtrCcHhE0▼このコメントに返信
civの話かと思った
25.名無しさん:2016年01月12日 14:51 ID:BHZiTLl70▼このコメントに返信

何事もバランス
どれが欠けてもダメだよね
26.名無しさん:2016年01月12日 14:56 ID:QTGnI.lO0▼このコメントに返信
政治と外交と首脳部次第じゃね?
人的資源や科学技術、兵站、対戦国や開戦の判断も
結局土台が無いとどうにもならんし。
これには資源確保や国力増強の国策次第。
小手先ではどうにもならん。
27.名無しさん:2016年01月12日 14:56 ID:g6psuFoG0▼このコメントに返信
※24
Civだと金だよな
28.名無しさん:2016年01月12日 14:57 ID:C7PvrpOg0▼このコメントに返信
※5
相手の足を引っ張るだけで、自分では何も出来ないって自白ですか?
29.名無しさん:2016年01月12日 14:58 ID:Iop3tq9H0▼このコメントに返信
でも資源国家は科学技術が発展しないジレンマ
30.名無しさん:2016年01月12日 15:00 ID:9GejvQPp0▼このコメントに返信
ここの管理人って馬鹿なの?
31.名無しさん:2016年01月12日 15:01 ID:ael8lVVV0▼このコメントに返信

技術がいちばん重要なのは確かだよな。

32.名無しさん:2016年01月12日 15:02 ID:ael8lVVV0▼このコメントに返信
質 vs 量

・第三次中東戦争

イスラエル空軍はフォーカス作戦でエジプト空軍機の大部分を破壊し、
その日のうちにシリア・ヨルダン空軍にも同様に大打撃を与え、さらにイラクまで攻撃した。

この戦いの終わりまでにイスラエル空軍は46機の戦闘機を失い、
452機のアラブ諸国の航空機を撃墜・破壊した。

・第四次中東戦争

1970年8月の終わりまでに、イスラエル空軍機は4機を撃墜された代わりに111機のアラブ軍機を撃墜した。



これが現実
33.名無しさん:2016年01月12日 15:03 ID:leWTxLyS0▼このコメントに返信
総合力
34.名無しさん:2016年01月12日 15:04 ID:l3PnOwEfO▼このコメントに返信
その技術の開き具合にもよる。
タネさえ解れば同等以上の物を再現できてしまう程度じゃ意味無い。
解っても絶望するぐらいの差がないとね
35.名無しさん:2016年01月12日 15:06 ID:TLLv7l7g0▼このコメントに返信
どんなに技術が優れていても、戦争を継続するための兵器・兵站・資源・物資が無ければね。
俺は、物量だと思う。
36.名無しさん:2016年01月12日 15:07 ID:riv0w8ZV0▼このコメントに返信
本スレでベトナムの事例を反例にしてる人いるけど、十分条件と必要条件を取り違えてるよね。

科学技術が優れていれば 戦争に勝つ    → 十分条件を
科学技術が優れてなければ 戦争に勝てない → 必要条件にまちがって変換して

科学技術が優れてないのに、戦争に勝ってる・・・・って反論してる。
37.名無しさん:2016年01月12日 15:08 ID:rZhU56FK0▼このコメントに返信
ゲルマン民族「せやろか?」
38.名無しさん:2016年01月12日 15:09 ID:ael8lVVV0▼このコメントに返信
※34
>タネさえ解れば同等以上の物を再現できてしまう程度


現代の兵器でその程度の格差の物ってあるか?

WW2までなら、アイデア勝負でコピーされたら終わりみたいな兵器もあったけど・・・
39.名無しさん:2016年01月12日 15:10 ID:K1ZRnAYF0▼このコメントに返信
自分達が正しいと証明して世界を味方に付ける政治力だと思う
仮に直接戦闘で勝利しても、世界を敵に回したらその後の結果は目に見えてるからね

逆にその後のことを考えずにとにかく勝つだけなら、核が開発された時点で技術的には頭打ちになってるでしょ
40.名無しさん:2016年01月12日 15:11 ID:ael8lVVV0▼このコメントに返信
※35
技術水準の低い物量が無力なのは既に証明されてる。
41.名無しさん:2016年01月12日 15:12 ID:eNbQm9ON0▼このコメントに返信
ドイツは勝てましたか……?
42.名無しさん:2016年01月12日 15:14 ID:COAfQJYg0▼このコメントに返信
善悪に関係なく味方を多く集めた方が勝つんだよ
43.名無しさん:2016年01月12日 15:15 ID:ael8lVVV0▼このコメントに返信
※41
一部の兵器は突出していたけど、英米ほどすみずみまで科学技術の水準が高かったわけじゃないだろ。

44.名無しさん:2016年01月12日 15:16 ID:riv0w8ZV0▼このコメントに返信
アメリカがベトナムに負けた原因の一つは、国内のマスコミが反戦を煽ったこともあるよね。
国のために戦った帰還兵に「ベビーキラー !」とか言って罵ったり。

国民が団結しないと、戦争は勝てないよね。
45.名無しさん:2016年01月12日 15:16 ID:ael8lVVV0▼このコメントに返信
※42

つ イスラエル vs アラブ連合軍
46.検閲の厳しい保守速報で11度目の投稿禁止の一角千金:2016年01月12日 15:17 ID:Hao0fzDR0▼このコメントに返信
勝つとは限らないけど、ある程度比例
するとは思うな!
47.名無しさん:2016年01月12日 15:18 ID:ael8lVVV0▼このコメントに返信
※44
あれも今から見れば、
ソ連の支援を受けたアメリカの鳩山やアメリカの朝日みたいなマスゴミのせいだよな・・・

48.名無しさん:2016年01月12日 15:26 ID:.VoNMHvn0▼このコメントに返信
国民が馬鹿で、勢いだけが良い状態だと勝てる。
第二次大戦前期までのドイツ イタリア 日本、第二次大戦後半のアメリカ ソ連。
国民が悩み始めると負ける。
ベトナム戦争後期のアメリカや、アフガン戦争後期のソ連がその典型、基本馬鹿が強い。
現在、中国が馬鹿で屑だからやばい。
49.名無しさん:2016年01月12日 15:29 ID:uACOVqeS0▼このコメントに返信
秀でた性能差がないと無理だろ
物量もまた然り
50.名無しさん:2016年01月12日 15:29 ID:ael8lVVV0▼このコメントに返信
※48
現在の支那猿はやる前からビビって悩みまくってる状態でしょw

なに、都合よく無理矢理な前提でアホな支那アゲしてるの?w

51.名無しさん:2016年01月12日 15:33 ID:mKDqvrhY0▼このコメントに返信
※23
日本海海戦
それ唯の一会戦にすぎないから。
日露"戦争"の事を言いたいのなら、まずはアメリカ資金を引っ張ってこれた、日英同盟などの政治力。
諜報・間諜・情報力。数十年前からあった無線を利用した発想力や、ロシア革命への工作。

太平洋戦争
零戦だけで戦ってたとでも?
そもそも、日本にまともな戦略が無い。
宣戦布告のミスの段階で、当初の目論見が終わっとる。
さらに短期決戦で有利なうちに対米交渉で講和する予定を投げた。
ソ連との交渉も糞。
補給や護送の計画もクソ。
技術力なぞより政治的判断のミスが致命的。
52.名無しさん:2016年01月12日 15:37 ID:ael8lVVV0▼このコメントに返信
※51
当時のハイテクである無線利用や零戦無しにあれほどの戦いはできなかったけど?

そもそも零戦がなければ真珠湾攻撃すらしていない。
53.名無しさん:2016年01月12日 15:38 ID:riv0w8ZV0▼このコメントに返信
戦争の勝率は、「科学技術の優位」だけの単回帰だけじゃだめで
「量」「金」「資源」「地の利」「国民の士気」みたいな多重回帰じゃないと予測できないかも。
54.名無しさん:2016年01月12日 15:50 ID:hYqCNgle0▼このコメントに返信
21世紀の戦争は科学技術で決まる。
今の軍隊は高度な技術屋集団だ。
特に海軍と空軍は資本集約型の軍隊で、物量をそろえたとしても技術力で劣れば負ける。
電気、通信、機械、材料工学、生物、化学、ネットワーク技術、核技術、経営学、ロジスティックス、宇宙工学、心理学、、、
もう軍人が勉強しなきゃならないことは山のようにある。
55.名無しさん:2016年01月12日 15:58 ID:JPFYqLC00▼このコメントに返信
そりゃ兵器の格差が一世代違うと殆ど勝負にならんからな。
56.名無しさん:2016年01月12日 15:58 ID:mKDqvrhY0▼このコメントに返信
※32
それ、イスラエルが強かったのは、科学技術やハード面での質じゃない。
戦闘機の性能自体たいした差は無い。
運用計画、整備練度の向上による再発進時間の短縮で、敵側の3倍もの出撃効率を叩き出してる。
情報活動による効率的な攻撃目標選定で、重要航空基地に奇襲成功。敵航空機の多くは地上撃破されてる。
結局、政治的組織運用能力と人材。

あと、第四次中東戦争はイスラエル勝ってない。米ソ介入で停戦。
イスラエルは政治判断ミスで奇襲を受け、建国以来の大損害被ってる。
57.名無しさん:2016年01月12日 16:02 ID:JPFYqLC00▼このコメントに返信
※43
ドイツの兵器技術は全般的に優れてたけど、突出して優れてたわけじゃない。
58.名無しさん:2016年01月12日 16:03 ID:ibO4xSU70▼このコメントに返信
まぁ全体的な技術力が格下な国が格上に勝った事例って大体は数で押し潰すか新戦術編み出すか奇襲するかだな
なお新戦術を編み出すパターンも無線機やらレーダーやら新技術を投入した結果出来たものが多いけど
59.名無しさん:2016年01月12日 16:14 ID:4BJXXvpF0▼このコメントに返信
パナマ運河を爆破したら大日帝は勝てたかもしれない
60.名無しさん:2016年01月12日 16:22 ID:d71xJI680▼このコメントに返信
いいや、軍事力に優れているほうが勝つ。
61.名無しさん:2016年01月12日 16:24 ID:mKDqvrhY0▼このコメントに返信
※52
>無線利用や零戦無しにあれほどの戦いはできなかったけど?

バルチック艦隊も無線装備しとるがな。
つらい航海に耐えれず無線技師がマダガスカル島で脱走しとる。
兵器の差じゃなく運用の差。

>そもそも零戦がなければ真珠湾攻撃すらしていない。

兵器性能に頼って開戦した時点で政治判断ミス。
そもそも負けとるがな。
62.名無しさん:2016年01月12日 16:27 ID:ael8lVVV0▼このコメントに返信
※57
全般的に?アホかw

英米とは技術の裾野からして違う。
ロケット兵器みたいな一部が突出していたが、
汎用兵器はスペック重視したものの素材や部品の出来が悪くてトラブル続出だったのが現実。

それに当時のドイツの技術でどうがんばってもB-29や原爆は作れない。
63.名無しさん:2016年01月12日 16:30 ID:ael8lVVV0▼このコメントに返信
※56
>戦闘機の性能自体たいした差は無い。


自分で認めてるじゃん。

当時のイスラエル(西側戦闘機)とたいした差はない、
つまりちょっと劣る程度でもあれだけの差が出るということw

64.名無しさん:2016年01月12日 16:34 ID:nNOFqSWG0▼このコメントに返信
数が全て
一人で戦車600両撃破したり、300機以上撃墜の大エース2人を輩出しながら東方戦線はソ連の数が勝った
「ドイツ空軍が負けたのではない。ソ連の数に潰されたのだ」
65.名無しさん:2016年01月12日 16:36 ID:RtcLfGVm0▼このコメントに返信
「今回は科学技術の遅れで負けた。科学・技術の発展を期し次こそ奴らを見返すべし」
とは旧軍将校の弁、さすがの慧眼と言わざるを得ない。
66.名無しさん:2016年01月12日 16:38 ID:ibO4xSU70▼このコメントに返信
※61
戦闘機と軍艦を一緒にしないの
兵器の性能に頼ってと言うけど、今も昔も兵器が出来ることと取れる戦術は密接に関係してるんだよ
※52が言っているのはゼロ戦が無ければ真珠湾を攻めると言う選択肢すら生まれなかったっていうこと
それを選択するかどうかは別としてね
67.名無しさん:2016年01月12日 16:49 ID:TLLv7l7g0▼このコメントに返信
強いて言えば、保有する兵器の性能=科学技術とその性能を活かしきる運用技術・戦術でしょう。
相手を圧倒できる物量もその物量を活かした消耗戦という戦いに相手を引きずり込めればいいわけだよ。
WW2におけるドイツ戦車vsシャーマン、T-34とか、大西洋上の輸送船団vsUボートとか。

局地戦であれば、物量の差が出にくいので、兵器の性能と戦術が優位になるかと。
全面戦争となれば、継戦能力(総合的な物量)が重要になってくる。
68.名無しさん:2016年01月12日 16:50 ID:JpZKrVIQ0▼このコメントに返信
悪の枢軸国認定を受けたほうが負ける。
69.名無しさん:2016年01月12日 16:50 ID:mKDqvrhY0▼このコメントに返信
※63
君ね・・・

当事者のイスラエルが指揮と練度って認めてる訳だが?
70.名無しさん:2016年01月12日 16:52 ID:OfDA8mmk0▼このコメントに返信
対独戦では米=物量、独=技術力だった気がする。
71.名無しさん:2016年01月12日 17:00 ID:nvjtNduk0▼このコメントに返信
ドイツと日本が負けた
アメリカやイギリスも確かに技術力はあったが少なくともドイツほどではなかった
ちなみに清も当時にしては高い技術力があったが列強に時間を掛けて租界などで腐敗させられて負けた
対抗できる技術力は必要だがやはり外交力と資源と人材さえあれば即白旗あげたフランスでさえ戦勝国になれるという事実が現実を示してる
72.名無しさん:2016年01月12日 17:03 ID:RtcLfGVm0▼このコメントに返信
いやいや今回の我が国の勝ち方を研究せんでどうする。
今度こそ短期決戦、スパッとやって短時間でサクッと終わらせる、これでベターだろう。
敵地へ短い時間で火力を投入し、有利なままとっとと勝利条件を呑ませる。
というか我が国は昔からそうだけどね。継戦は短く迅速、苛烈に終わりは美しくスマートに。
73.名無しさん:2016年01月12日 17:10 ID:fy9uH4qU0▼このコメントに返信
第三勢力として金儲けか美味しいとこだけ掻っ攫うのが一番だろ
まあ、誰もかれも似たようなことようとしてるからそうそう上手くいかないけど
74.名無しさん:2016年01月12日 17:10 ID:QkR1NszQ0▼このコメントに返信
技術力とそれを生かせる政治力だな。
政治力ないと、せっかくの技術力も使い物にならないし悪くすれば他国にとられる。
75.名無しさん:2016年01月12日 17:25 ID:mKDqvrhY0▼このコメントに返信
※66
戦闘機と軍艦(無線)を一緒に書いてるのは※52なわけだが?

兵器性能と戦術は密接?そうだけどそれが?
戦争において政治>戦略>戦術なんだけど?
戦争の一局面の一会戦での兵器と戦術がどうしたって?

>ゼロ戦が無ければ真珠湾を攻めると言う選択肢すら生まれなかったっていうこと

零戦が有る→最初だけ有利。結局敗戦。
零戦が無い→ael8lVVV0の言葉では「零戦無しにあれほどの戦いはできなかった」さらに負けますね。

結局、兵器の性能よりも、政治戦略的判断が重要って事でしょ。
76.名無しさん:2016年01月12日 17:28 ID:F5z.YEAL0▼このコメントに返信
最新兵器の技術力だけで勝てるなら、イスラム国に勝てる要素は
全くないはずだが.....

77.名無しさん:2016年01月12日 17:47 ID:smW3x4vu0▼このコメントに返信
日本国内に朝鮮学校で科学の授業で核融合の勉強を強化してる同じ数式を
日本の高校生に問題出したら全滅 朝鮮学校の生徒はほとんど正解
核だけが科学では無いが少なくとも日本国内で他国籍学校が核の勉強をしてるのを見たら
本国でやれと心底思うよ!日本の文部省は在日気化人が多いのか?教師も裏で変なビデオを子供に見せて
お前の親は人殺しとか日本の子供に教える!いい加減教育の場はもっと未来の日本の為に本気で
教育をする事を考えた方がいい!
78.名無しさん:2016年01月12日 17:55 ID:dbaMQqK.0▼このコメントに返信
>>75
日本でいえば日露戦争か
対馬沖海戦だけで勝ったように言うけども、それだけで勝てたわけじゃない
協力者がいたから国力以上の結果を出せた
79.金権亡者が戦争を起こす!!:2016年01月12日 18:02 ID:fleWQX170▼このコメントに返信
    人類を救え!!      
沖縄の米軍基地に水爆を搭載した数百発の大陸間弾道弾が
配備され支那を標的にしています。

もし米支間で事があると
沖縄に支那の核ミサイルが飛んで来ます。

だから政府は沖縄県知事に米軍基地の検査権を与えなさい!!
世界を守るためにアメリカ軍を日本から追い出しなさい!!

天才政治で検索
楽園主義で検索
80.名無しさん:2016年01月12日 18:06 ID:kZkwBP..0▼このコメントに返信
※64
フィンランドの冬戦争はソ連が侵攻に失敗したがな。

81.名無しさん:2016年01月12日 18:09 ID:BWTSn8mP0▼このコメントに返信
ギリシャやローマ、それ以前には
文明の高い相手に野蛮さで勝ったなんて例があるんじゃない
82.名無しさん:2016年01月12日 18:16 ID:5.73PYC70▼このコメントに返信
これはどうも、2番じゃダメなのは確かだな
83.名無しさん:2016年01月12日 18:22 ID:o2sXPeyKO▼このコメントに返信
結果二番は仕方ないが、はなから二番なんてヘタレの極み。
84.名無しさん:2016年01月12日 18:31 ID:PCU6g1aB0▼このコメントに返信
外交と諜報
これが高いレベルで備わっていれば、負けない。
85.名無しさん:2016年01月12日 18:37 ID:OntCbg220▼このコメントに返信
反例としてベトナム戦争はないわ


アメリカは戦いには勝ったけど、政治で負けただけでしょ
小牧・長久手の戦いの家康と同じ
86.名無しさん:2016年01月12日 18:39 ID:ttit.Nei0▼このコメントに返信
WW2のアメリカは質と量の両方で押してきたんだよ
数だけと勘違いしてはいけない
だいたいB-29をまともに迎撃できる機体を開発済みだったのはアメリカだけ
87.名無しさん:2016年01月12日 19:18 ID:lV4e425.0▼このコメントに返信
無知なやつほどドイツを過大評価している。

アメリカ、イギリスは高性能で質の高い兵器を安定して作れた。
周りを固める電子系もすごい。

ドイツは遅れているぶん、特定のスペックに全フリしたような兵器が多すぎ。
88.名無しさん:2016年01月12日 19:34 ID:KKqU.Ox30▼このコメントに返信
在日さえ追い出せば勝てる。これ真理。
89.名無しさん:2016年01月12日 19:42 ID:8E7Gk6qh0▼このコメントに返信
※87
遅れてたってほどでもないだろ
イギリス、アメリカあたりとはどんぐりの背比べって感じ
Fw190とか、捕まえたのを解析したイギリスでもかなり高評価されとるし
確かに末期になるとヤケクソになって頭のおかしいもんにも手当たり次第に手を出すようになるけど
太陽砲とか初めて知った時わろたわ
90.名無しさん:2016年01月12日 19:44 ID:cAooFJN.0▼このコメントに返信
戦略が上手くなけりゃ勝てないな。

戦略って人・モノ・金を上手く配置して上手いタイミングで動かして、
その間に情報集めて外交(表とウラ)を展開し、
国内の異論には政治的・マスコミ的に対策して政府への求心力を高め、
かつ資源を確保し科学技術を軸に新兵器を開発しなければならない。

ようするに総合的なパラメータを使うゲームが上手く無いとダメだな。
そんな事が今の日本に可能だろうか。
91.名無しさん:2016年01月12日 19:48 ID:eDMb8.ls0▼このコメントに返信
ターミネーター開発した国。アシモの末裔 じゃ日本じゃんか😳💦
92.名無しさん:2016年01月12日 19:58 ID:n1uy80a4O▼このコメントに返信
まあ、一定の科学水準は必要だが、そうでもない。一つは人口。典型的なのは中国で、おそらく、日本の十倍の戦死者を出しながらギブアップせず、とうとう日本がギブアップしてしまった。これは、人口の多さで、戦闘に負けながら、戦争に勝ってしまった実例である。

もう一つは、兵器の単純さわかりやすさである。この典型がロシア。

ロシア人は、教育水準が低かったので、簡単に扱え、しかもメンテナンスもさして必要のない兵器をかんがえた。それこそが、カラシニコフ突撃銃であり、ティー型戦車だ。これらは、戦争のプロから、未だに絶賛されている。
93.名無しさん:2016年01月12日 19:58 ID:rBJLNdga0▼このコメントに返信
戦争は科学技術が優れている方が有利だよなw
ならそうだと言える。

勝つのには運も含めて総合力でしょ。

ベトナムでは北側には爆撃しちゃいけないとか、反戦運動とか科学技術とは別の要因でアメリカは負ける事になった。

ISILも、ゲリラ戦で民間人を盾にして戦ってる。アメリカは空爆では、なかなか効果を上げられなかったが、人権とか知らないロシアは効果を上げている。
民間人も反政府軍もISILも無差別に爆撃してるからな。プーチンはいい人ぶろうとしない。残虐だと強いという訳では無いが、いい人ぶろうとすると、弱くなるのは確実。


ってなると、科学技術は一側面的な要因でしかない。
戦闘機も、パイロットの技術で一世代分の戦闘機の性能差は消せるって言われてるしな。

一番大事なのは強い奴とはケンカしないって事。
そうすれば、勝てないまでも負けない。
94.名無しさん:2016年01月12日 19:58 ID:QMi8eRId0▼このコメントに返信
技術×物量
95.名無しさん:2016年01月12日 19:59 ID:F.iyjnGt0▼このコメントに返信
まあ技術が無いことには心許ないなんてもんじゃ無いね
あとは有象無象の戦争継続能力
96.名無しさん:2016年01月12日 20:00 ID:cAooFJN.0▼このコメントに返信
戦争であっても人間相手なんだから、社会心理学や集団行動学・宗教と歴史的経緯にも明るく無いと
戦術で勝っても戦略で負けるって事になる。

一点豪華主義じゃ戦略で勝てないし、かといってゼネラリストだけじゃ戦術局面で勝つ事は出来ないだろう。
97.名無しさん:2016年01月12日 20:07 ID:cAooFJN.0▼このコメントに返信
※92
国によって「命のコスト」が違うから、GNPと合わせて
  戦死者数×命のコスト/GNP

で正規化できるんじゃないか?
中国人は日本人に比べ命のコストが1/100らしいから、GNPが拮抗している現在、まともにぶつかるなら日本人の100倍は殺さないと勝てない計算になる。
98.名無しさん:2016年01月12日 20:15 ID:lV4e425.0▼このコメントに返信
※89
Fw190でもターボチャージャつけた連合軍機に圧倒されたし、
そもそも主力のBf109はもっと酷い。

計器の故障率や信頼性など英米機とは比較にならないし、
初期には多少食らいついてた通常兵器でも後期には引き離されてる。
オールラウンドにすごかった英米に対して軍事特化で集中しても
短期間張り合える程度の物しか作れなかった。



99.名無しさん:2016年01月12日 20:17 ID:rBJLNdga0▼このコメントに返信
※97

対中国で負けないようにするのは簡単。
攻めずに、飛行機や船をひたすら潰せばいい。
日本の防衛インフラによって飛行機や船の位置は丸見え。

中国側はレーダーが届かないので何も見えない。中国軍は自衛隊と目をつぶって戦わなければならない。
しかもアメリカ軍付き。

日本は地政学的な要因だけでも非常に有利に展開できる。
100.名無しさん:2016年01月12日 20:19 ID:lV4e425.0▼このコメントに返信
※92
それ、単に日本がアメリカに負けただけ。
支那大陸にいた日本軍はほとんど無傷で残ってたじゃんw

支那が継戦できたのは、アメリカなどの連合国から
ほとんど無尽蔵の支援を受けられたからだよ。
それが無きゃ半年も戦わずに降伏していただろう。
101.名無しさん:2016年01月12日 20:20 ID:WCV.XIYb0▼このコメントに返信
「超人的英雄の存在」と「謀略」が勝敗を決める。

豊臣侵略戦争のとき韓国には李舜臣という「英雄的超人」がいたから日本人は広い東海でおもしろいように沈められ海を越えられず、軍団崩壊、撤退を余儀なくされた訳だ。
そこで300年後、正面から闘えば軟弱日本人が勝てないことは明らかになったので今度は「謀略」を使って大韓皇后を拉致・監禁・陵辱して韓国人にいう事を聞かせ、戦わず韓国を併合することに成功した訳だな。
日本人は近代史を勉強しないからこういう基本的な知識すらなくて驚くね。
102.名無しさん:2016年01月12日 20:20 ID:cAooFJN.0▼このコメントに返信
※99
その闘い方で日本に有利なのは、兵器のコストで比較した場合、日本と中国にあまり差が無い点にある。
コストが同等なら多く潰した方が勝ち→多く潰すには技術的に優位であればよい→科学技術が高い方が制する

同じ闘うなら勝てる土俵で戦いたいよねw
103.名無しさん:2016年01月12日 20:22 ID:lV4e425.0▼このコメントに返信
※97
むしろ、「一人っ子」「国外へ逃げる」「死んだら損」と考える中国人では
最初から勝負にならないと思う。


自衛隊なら部隊が半減しても士気は保たれるが、
中国軍なら1パーセント死んでもパニック状態だろう。
104.名無しさん:2016年01月12日 20:24 ID:lV4e425.0▼このコメントに返信
※101
李舜臣が活躍したって、劣等民族・韓国猿の妄想以外には記録も根拠も無いんですけど・・・w
105.名無しさん:2016年01月12日 20:25 ID:3PDvXIM00▼このコメントに返信
国力と国民のやる気かな
ベトナム戦争見てると
国力100のアメリカの戦闘効率が世論のやる気のなさで1%しか発揮出来ない
国力1の北ベトナムでも戦闘効率ボーナス込みで200%で勝てるみたいな(HOI2脳)
106.名無しさん:2016年01月12日 20:32 ID:lV4e425.0▼このコメントに返信
※105
ベトナムって戦後プロパガンダのせいで右にも左にも過大評価されてるけど、
あれはアメリカの支援を受けた南ベトナム人がソ連・中国の支援を受けた北ベトナムに
赤化統一された民族としての「失敗例」だからなw

朝鮮半島で言えば、アメリカの支援受けた韓国が弱すぎて、
北朝鮮に負けて半島全域が赤化されて、
「ウェーハハハ、ウリナラは資本主義とアメリカに勝った二ダ」
と叫んでるのと一緒。

逆に言えば「アメリカの支援受けても勝てなかった」ほどだらしなかったんだよw
107.名無しさん:2016年01月12日 20:34 ID:ttit.Nei0▼このコメントに返信
※101
東海なんてありません
母国へお帰り下さい
108.名無しさん:2016年01月12日 20:38 ID:TIcpaDMt0▼このコメントに返信
資源と人的な質とそれらの円滑な供給(物流)が全て
109.名無しさん:2016年01月12日 20:56 ID:npwaFE3UO▼このコメントに返信
冷静沈着かつ無慈悲な指揮官

戦略的に広い視野を持った首脳

裏切りや撤退などのタイミングを逃さない、キレのある組織
110.名無しさん:2016年01月12日 21:02 ID:.tC.5AX00▼このコメントに返信
※8
過大評価されてるが、当時のドイツの科学技術力は英米以下。
奇抜な発想や新機軸をいち早く取り入れた兵器はあったが技術力が追い付いていない。
111.名無しさん:2016年01月12日 21:06 ID:81lRFiEo0▼このコメントに返信
日本もドイツも(イタリアはよう知らん)技術力では負けてなかったのに圧倒的な物量(資源や金等)の差でアメリカに負けた様な気がするんだけど…。
日清、日露もユダヤからの資金援助が有ったから勝てた様に思う。
どうだろうか?。
112.名無しさん:2016年01月12日 21:11 ID:.tC.5AX00▼このコメントに返信
※87
完全に同意。
整備性や生産性無視のティーガーやパンター。技術的に未熟なのに実戦投入してトラブル多発のジェット機。
一方で、堅実で高性能な兵器を安定投入してきた英米に敗れ、エンジンやレーダーや過給機などの開発競争で完全に後れを取っている。
113.名無しさん:2016年01月12日 21:13 ID:.tC.5AX00▼このコメントに返信
※111
日本は完全に技術力で負けてる。
当時の英米と日本の技術力は今の日本と東南アジアくらいの差がある。
114.名無しさん:2016年01月12日 21:17 ID:g3bX3q790▼このコメントに返信
アフガニスタン紛争では、最貧国に対してソ連が負けてるやん
115.名無しさん:2016年01月12日 21:17 ID:lV4e425.0▼このコメントに返信
※111
車で言えば、日本とドイツは最高速度と加速性能だけアメリカに近い物を作れた状態。

でもブレーキ性能やステアリング、電装、車体の設計、タイヤの質、空調・・・
いろんな部分で適わなかった。

よーいどん、で直線レースだけは勝てても、長期間の使用では
だんだんと差が出て苦しくなってくる。

116.名無しさん:2016年01月12日 21:19 ID:g3bX3q790▼このコメントに返信
日中戦争で、戦車も飛行機も作れない中国に、日本は勝てなかった
117.名無しさん:2016年01月12日 21:23 ID:lV4e425.0▼このコメントに返信
※113
当時って日清・日露の頃?


WW2の頃は、すでに英米と張り合える兵器を作れたから
その比喩は間違い。今の東南アジアがいくらがんばっても
アメリカ海軍より優れた空母艦隊や戦闘機なんか作れるわけない。

そもそも当時は、自国民に優秀な技術者、設計者がいて、
自国の素材と部品で優秀な兵器を作れた国など、

アメリカ、イギリス、ドイツ、日本くらい。

だいぶ落ちてイタリア、ロシア、だな。

118.名無しさん:2016年01月12日 21:24 ID:lV4e425.0▼このコメントに返信
※116
それ、単に日本がアメリカに負けただけ。
支那大陸にいた日本軍はほとんど無傷で残ってたじゃんw

支那が継戦できたのは、アメリカなどの連合国から
ほとんど無尽蔵の支援を受けられたからだよ。
それが無きゃ半年も戦わずに降伏していただろう。
119.名無しさん:2016年01月12日 21:28 ID:g3bX3q790▼このコメントに返信
※118
結果的に日本は勝てませんでした
兵隊が残ってても、戦争に勝てなければ意味がない

「科学技術に劣っていても、他国の支援を引き出せば勝てる」実例なのだから
「科学技術が優れてれば勝てる」という命題は偽
120.名無しさん:2016年01月12日 21:34 ID:lV4e425.0▼このコメントに返信
※119
いや、それ支那は勝ってないじゃん。
英米からさんざん優秀な兵器と支援をもらいながら
日本軍に袋叩きにされて小便漏らしながら逃げてただけ。

つまり、「劣等な民族は他国の支援を得ても優秀な民族に勝てない」

こういうこと。
121.名無しさん:2016年01月12日 21:44 ID:g3bX3q790▼このコメントに返信
おいおい、
日本の戦争目標(中国の支配)は達成されず
中国の戦争目標(日本の排除)は達成された
戦争目標を達成した方が勝ちなのだから、あれは中国の勝ちだ

日本軍は戦闘では連戦連勝だったが、ついに戦争目標を達し得なかった
122.名無しさん:2016年01月12日 21:50 ID:lV4e425.0▼このコメントに返信
※121
支配?w あれは懲罰戦争だったけど支那を支配するのが目的だったっけ?w

どのみち、支那は勝ってないじゃん。
英米からさんざん優秀な兵器と支援をもらいながら
日本軍に袋叩きにされて小便漏らしながら逃げてただけ。

つまり、「劣等な民族は他国の支援を得ても優秀な民族に勝てない」

こういうこと。
123.キサマ!ニッポン人かあーッ!(笑):2016年01月12日 21:51 ID:7h9.oyje0▼このコメントに返信

鬼軍曹「 ぬあーにが科学だあーッ!エラソーに言うなあーッ!腐った根性をたたきのめしてやるッ!」
124.名無しさん:2016年01月12日 21:54 ID:g3bX3q790▼このコメントに返信
懲罰戦争とは初耳だな
中国は日本の正規軍との戦闘を避けまくるのを戦法としてやってたわけで
その結果、最終的に日本は中国大陸から排除されたのだから大したものだよ

持たざるものの戦い方して後々参照になるだけのことはある
125.名無しさん:2016年01月12日 21:57 ID:lV4e425.0▼このコメントに返信
※124
で、その結果が戦いに負けて大陸から追い出されて、
後釜の支那猿も大阪の経済規模にも勝てないままアフリカ最貧国レベルで
何十年もすごしたわけかw

さっさと日本様に土下座しておけばよかったねw
126.名無しさん:2016年01月12日 22:01 ID:g3bX3q790▼このコメントに返信
※125
日中戦争後はグデグデやね
確かに日本に負けてた方が良かったかもしれないな
もっとも軍事国家日本もどこかで方針転換しないとならんが
127.名無しさん:2016年01月12日 22:53 ID:Luq7AJ3D0▼このコメントに返信
どんな超性能の機械も「まず燃料ありき」で
日本はその構図の体現者なんだよなぁ、残念ながら・・・。
128.名無しさん:2016年01月12日 23:01 ID:tBuWd.u30▼このコメントに返信
技術力×資源×工業力 + 士気とかその他
129.名無しさん:2016年01月12日 23:06 ID:lV4e425.0▼このコメントに返信
※127
燃料はいくらでもあったイラクは・・・w

日本は~って理屈づけのほとんどが「相手がアメリカだった」に尽きる。

イギリス海軍レベルじゃ日本海軍押しのけて日本のシーレーンなんて寸断できないからな。
130.名無しさん:2016年01月13日 00:28 ID:hqZ5Zto60▼このコメントに返信
日本「そう思ってた時期がぼくにもありますた」

実際のところ技術も必要だけどそれ以上にモノを言うのが「基礎工業力」とそれを支える「国力」の二つ。国力は資源やそれらを集めるための資金、国家間のパイプ等。
帝国軍が後半でぼこぼこにされたのは基礎工業力がなかったから。製鉄所もかなり少なくてスクラップの屑鉄を再利用してたらしい。技術はあっても材料の質が悪くて想定どおりのスペックが出なくて量産化すればさらにスペックは落ちる。これがひどくて制空権を持ってかれた。
131.名無しさん:2016年01月13日 00:28 ID:JDkj9KMy0▼このコメントに返信
経済力、工業生産力、情報力(発信力も)、マンパワー。などいろいろな要素が必要。
科学技術だけじゃダメ。
132.名無しさん:2016年01月13日 01:04 ID:gklND4QE0▼このコメントに返信
スレ主は孫子の兵法でも読め
133.名無しさん:2016年01月13日 01:05 ID:lpHlJLm60▼このコメントに返信
※102
コストは比較的安いんじゃ無いかな?

海底インフラをはもう引いちゃったしレーダーもある。
見える部分についてはもう掛かった費用。

後はミサイルで沈めるだけ。
対艦とか対航空機ならミサイルの方が安い。

134.名無しさん:2016年01月13日 01:20 ID:22vvWwSH0▼このコメントに返信
戦争の形にもよるわな第二次大戦のような正規戦
ベトナムのような代理戦争+ゲリラ戦
ISISみたいな混沌テロ作戦
総合力なのか軍事力なのか政治力なのか情報力なのか
第二次大戦は完全な総合国力の戦い
ベトナムなんかは政治力無いと意味なし
でも国際的政治力ってのは戦争の強さや資金力無いとこれまた備わらないし
ニワトリが先か卵がって話だ
圧倒的武力で相手を抹殺できる独裁者の時代なら
悩まなかったんだろうけどね
135.名無しさん:2016年01月13日 01:39 ID:YTnSG7Zn0▼このコメントに返信
※130
それも結局は、相手がアメリカだったという一点で済まされる話なんだよな。

相手がイギリス程度ならとうてい日本相手に攻め勝てないし、本土空爆なんか絶対に無理だし。
136.名無しさん:2016年01月13日 03:21 ID:mprE7mzT0▼このコメントに返信
高い技術力にはそれ相応の投資、つまり金が必要になるし、そもそも大本となる産業基盤も必要になってくるからなぁ・・・
高い科学技術力を持つ国が勝つ、というより高い技術力を持てるような高い国力を持てる国が勝てるってことだろ
137.名無しさん:2016年01月13日 04:31 ID:lba3xHWk0▼このコメントに返信
※117
張りあえてないしw
緒戦で活躍した兵器、例えば零戦も欧米からのライセンス生産とパクリで塗り固めたもので、独自技術は素材くらいしかない。
加工精度等の基盤技術も低い。
それもたんに初見殺しだったし、開戦して欧米から技術輸入が無くなったら兵器の性能競争で突き放された。
138.名無しさん:2016年01月13日 07:34 ID:fxd1lDb20▼このコメントに返信
アフリカ部族に負けたイギリス軍
ネイティブアメリカに全滅させられた騎兵隊

個々の戦闘に限れば、技術や思想の優位はあるが逆転できる要素は幾らでもある
ベトナムは戦争事態にかってるし
139.名無しさん:2016年01月13日 07:55 ID:fxd1lDb20▼このコメントに返信
※137
一応、米の生成した油で航空機飛ばした時にはカタログスペックは出してたとか記録があったはずだが?
海軍に限らず陸軍の航空機の能力は相当高いのだがね?
開戦後後期の航空機だぞ、念のためw

基幹工業力が低いのであのまま続けてても技術格差は開いていたし、陸軍の装備(航空兵器除く)は圧倒的に負けたのは否定しない
日本の戦車で一番優れてたのは鹵獲した海外戦車と言われる位だし、ドイツから戦車設計図貰っても実戦投入できなかったし

ただ海軍国らしく海軍のスペックは高かったし、航空機は十分に強かったのは事実は認めないとあかんだろう
電探はじめ軽視して差を開かれたがあれは明らかにアメリカと比較するのが厳しいし、技術開発の方向性を誤ったのがでかい
酸素魚雷の性能もアメリカが究明しきれないという段階だったはずだし
後半になれば一方的に潜水艦にやられてたのは認めるし、カタパルトの問題もあるし、航空機運用、VT信管やらで圧倒的に負けてたな
アメリカに

アメリカだけと絶対比較しないといけない、という絶対条件があるなら張り合うのは不可能だったな
140.名無しさん:2016年01月13日 09:28 ID:sipFx5HU0▼このコメントに返信
ドイツ軍の損害の80%以上は独ソ戦によるものです
第二次世界大戦で最も連合国の勝利に貢献したのはソビエトです
ソビエトこそが第二次世界大戦の主役でありソビエト赤軍が第二次世界大戦最強の陸軍であることは否定のしようがありません
ソビエト赤軍の全縦深同時打撃に対抗できる軍が存在しないことは独ソ戦が証明しました

レンドリース過大評価厨のアメポチに一言
ソビエトが受け取ったアメリカからのレンドリースはイギリスが受け取ったそれの約三分の一(逆レンドリースもあるから実質二分の一)
ソビエトはあのドイツに奇襲されたにもかかわらずレンドリース抜きで首都の防衛に成功している
レンドリースが本格的に機能するようになったのはスターリングラード攻防戦が終わってから
ソビエトの主力兵器は割合的にはほとんどが自国製
141.名無しさん:2016年01月13日 11:04 ID:7HYvwv9.0▼このコメントに返信
※87
※112
俺は※89に同意する。
だいたいドイツ兵器の不調というのは、末期の省力化による
材質の劣化に負う所が大きい。技術水準までが英米に遅れていた
とは言えないと思う。

英米の開発陣に恵まれていた環境は、米の資本力。特にレーダーに
関してはドイツに追いつき、追い越すべく5年間で20億ドルもの巨費を
投じている。
142.名無しさん:2016年01月13日 11:10 ID:5F1vi1aU0▼このコメントに返信
極端な話をすると 技術=人×金×時間であるから
どんな国でもリソースと時間をつぎ込めば発展する。

技術的優位だと奢っているといつの間にか足元掬われる事があるので
常に研鑽し、金と人をつぎ込み向上しないとならんシロモノなんだよね。
143.名無しさん:2016年01月13日 12:58 ID:GpM7nX1c0▼このコメントに返信
人の命の重さは平等ではないので科学技術云々は先進国同士・発展途上国同士に限定される
ベトナム戦争で米国が負けたのは米兵(徴兵の三下兵士)1人殺されるとベトナム人100人殺さないと釣り合わないから
当初動員したグリーンベレーなんて一人殺されるとベトナム人一万人相当だよ
表面的にどれだけ連戦連勝に見えても米国は命の重さの違いで核の無差別投下以外勝てるわけない戦いをやってたのよ
144.名無しさん:2016年01月13日 13:05 ID:84gUc3RD0▼このコメントに返信
人と金と資源と技術のあるとこが勝つんでねーの?
145.通りすがりのキチ:2016年01月13日 13:34 ID:NIoZiHTQ0▼このコメントに返信
戦争は何処までいっても大消費行為 & ロジスティクスの展開。

─────「勝利は兵站を維持できる国に尽きる」─────
146.名無しさん:2016年01月13日 14:33 ID:.89Xi.i.0▼このコメントに返信
※113
当時って日清・日露の頃?


WW2の頃は、すでに英米と張り合える兵器を作れたから
その比喩は間違い。今の東南アジアがいくらがんばっても
アメリカ海軍より優れた空母艦隊や戦闘機なんか作れるわけない。

そもそも当時は、自国民に優秀な技術者、設計者がいて、
自国の素材と部品で優秀な兵器を作れた国など、

アメリカ、イギリス、ドイツ、日本くらい。

だいぶ落ちてイタリア、ロシア、だな。
147.名無しさん:2016年01月13日 15:25 ID:.89Xi.i.0▼このコメントに返信
※141
>末期の省力化による材質の劣化に負う所が大きい。


そもそも開戦前から英米よりいろんな分野で劣ってたから、
設計にも運用にも余裕がなかった。
軍事に割りふったから速度や火力ぐらいは食いついたが、
周辺部品や装備となるとやはり民間から軍用まで幅広く高い技術水準だった
英米は余裕があった。

戦闘機の主脚や操縦席周りなんか比べるとよく分かる。
148.名無しさん:2016年01月13日 16:05 ID:aVJDikJ30▼このコメントに返信
※146
ロシアを舐めすぎ
149.名無しさん:2016年01月14日 13:32 ID:elOFN0ME0▼このコメントに返信
※147
>そもそも開戦前から英米よりいろんな分野で劣ってたから

具体的にどの部分が?電探や冶金技術とか、開戦前から英米に勝ってた部分もあるぞ。

各種兵器の設計だって国情に合わせたもの(例えば戦車に鋳造された部品を連合国ほど
使用しなかった理由は、注湯の品質安定に必要な希少金属が連合国ほど採れなかったため)
だし、航空エンジンだって使用燃料のオクタン価に左右されにくい設計を選んでたりした。
(その燃料も例えばC-3は英空軍の判定では100/140グレード、米海軍の判定では100/150グレード
と同等とされており、特に見劣りしない)

貴方は「英米と同じことが出来ない・同じことをしないこと」=「英米より劣ること」とでも思って
いるのかい?
150.名無しさん:2016年01月14日 16:59 ID:K3gdhA.Y0▼このコメントに返信
>電探や冶金技術とか、開戦前から英米に勝ってた部分もあるぞ。

電探って技術者が八木アンテナを開発したってだけだろ
だが軍部は相手にしなかったのは有名な話
仮にアンテナだけ米英並になれたとしても、真空管すらまともなのを作れなかった戦前・戦中の日本で
レーダーシステムとして凌駕できたとは思えん
151.名無しさん:2016年01月14日 17:13 ID:elOFN0ME0▼このコメントに返信
※150
分かりにくくてごめん、※149はドイツ軍について言ってるんだ。

お名前