スポンサーリンク

2016年01月01日 16:05

イラク戦争って

イラク戦争って

タグ:
2

引用元:イラク戦争って

http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1450696646/
1: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:17:26 ID:Wd3
9.11がありました
アメリカ怒りました、戦争します
アメリカ勝ちました、イラク軍とか全部解体します
テロリストが湧いてきました←いまここ

でいいの?

2: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:18:04 ID:Jhx
911より前が重要なんじゃないの?

3: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:18:20 ID:fE1
その前も重要

ホメイニ氏との戦いあたりから

7: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:19:15 ID:Wd3
>>3
なにそれ詳しくお願いします

10: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:20:34 ID:fE1
>>7
イランイラク戦争でイラクは貧乏になった、、、、

そこからいろいろ回り始める

4: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:18:52 ID:xKl
流れとしては間違ってないですが

5: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:19:03 ID:Wd3
でもイラクに戦争仕掛けた理由って大量破壊兵器がありそうだから全部潰しますだよね?

で、実際にはなかったと

何でそこまで戦争したかったの?金?

13: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:22:20 ID:xKl
>>5
フセイン政権が気に入らないから因縁つけて潰したと思って構わない
その前にクウェート侵攻したけどもあれはアメリカの挑発に乗ったというか
原油価格下落で財政が持たなくなるからフセインとしては侵攻せざる得ない事情があった
日本と似てるかもしれない

15: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:23:50 ID:Wd3
>>13
おい民主主義しねぇならぐちゃぐちゃにすっぞ?
って意味?

16: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:23:57 ID:Ya2
>>13
侵攻せざる得ないって政治的にも軍事的にも肯定されざる事由だろう
アメリカの性に出来んぞ

9: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:20:25 ID:Wd3
実際いまヨーロッパとか中東とかはテロの脅威に毎日晒されてるわけだけど、これって予測できなかったのか?アメリカ政府、CIA

11: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:21:31 ID:bQa
いやいや
全てはアメリカが作り上げたものだから
タリバンもビンラディンも
マッチポンプでしかない

14: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:22:29 ID:Wd3
てかいまグリーンゾーンって映画見てたんだけどこれって実話?

18: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:27:13 ID:Wd3
>>14
これについてのレス頼む

20: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:29:15 ID:Ya2
>>18
CIA秘録って本の下巻読んでみな
その辺描かれてるから

22: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:30:06 ID:Wd3
>>20
じゃあある程度は事実?

29: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:36:37 ID:Ya2
>>22
あの映画は正確じゃない
というかアクション映画だから真に受けるな

30: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:37:15 ID:Wd3
>>29
将軍?とかもあれフィクションなのか?

17: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:27:07 ID:yPs
やっぱ鬼畜米といわれる所以

19: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:29:08 ID:fE1
しかも、クウェートの存在がイラクには我慢ならない。

イラク地域の中のクウェート範囲の有力者に欧米がつけ込んで独立国化。
海に面してるし、油田のいいとこ取りだし。


世界からはイラクによるクウェート「侵攻」だが、イラクからは「奪還」。

この、戦いの中でビンラディンの思想が生まれる。

27: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:33:15 ID:Wd3
>>19
イラクって確かクルド人とかとも争ってる?んだっけ?

24: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:31:29 ID:Wd3
てかアメリカ政府その他もろもろは目先の利益にとらわれて、戦争を始めたの?
しかも戦争って損害よりも利益の方が上なのか?

26: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:33:07 ID:fE1
>>24正確にはアメリカが矢面に立つ
   利益は日本とかヨーロッパとか

31: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:39:31 ID:fE1
世界地図のこのペルシャ湾の配置を観るとよくわかる

そもそものクウェート紛争にアメリカが介入しなければ、アラブ各国によるクウェートの奪い合い戦争になる。

ペルシャ湾に面する産油国の油が値上がりする(輸送のコスト爆上げ)

油田を持たず消費の激しい日本は大変。
あのあとの8月3日の東証1部は黒い三角マークで真っ黒になった。

33: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:41:42 ID:Wd3
>>31
なるほど一概にアメリカが悪いとは言えんな
サンキュー

32: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:41:12 ID:x7r
ルマイラ油田を横からチューチューして原油価格を下げ、
イラクを追い詰めたクウェートマジ鬼畜

34: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:42:16 ID:fE1
>>32クウェートはイラクに
「7代祟って許すまじ」
と、憎まれてる

35: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:43:25 ID:x7r
>>34
イラクが石油売って何したかったて、
クウェートに借金返したかったんやしな

36: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:44:50 ID:fE1
>>35
そう。
クウェートに生かさず殺さずって、ヤられてた

38: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:46:22 ID:x7r
>>36
武器と弾薬と兵隊と戦闘経験くらいしか持ってない連中相手にようやるわホンマ

37: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:45:36 ID:Wd3
イラクってなんかかわいそうやな

39: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:47:02 ID:fE1
>>37
フセインの親とかの代の
 イランイラク戦争が長過ぎて超貧乏になるわ、クウェートにいいとこどりされて商売できないわ、、、

40: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:48:28 ID:Wd3
でもイラクが犠牲になってくれたおかげで俺たちは石油が使えるんやな
感謝

41: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:49:16 ID:fE1
一番ありがたかったのは日本

42: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:49:46 ID:x7r
アメリカ「あ、シェール革命のお陰で中東の油いらんくなったから」

48: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:57:53 ID:Wd3
>>42
アメリカキチクやな

43: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:50:22 ID:Wd3
中国とかに金配るよりもイラクの復興支援にもっと力入れたらいいのにな
そしたら少しは治安が良くなると思うんだけども

44: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:52:21 ID:peb
>>43
大差ないと思われ…

47: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:57:40 ID:peb
>>44
理由は、同じ国民が宗派の違いで殺し合いしているので

49: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:58:22 ID:Wd3
>>47
宗教ってそこまで大事なんやろか...

50: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:59:10 ID:x7r
>>49
俺らだってキリストを崇めよって強制されたらムカつくべ?

51: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)20:59:18 ID:fE1
>>49
怖いよな

71: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)21:09:24 ID:peb
>>49
生まれた時から、イスラムの風習なので、価値観はイスラム教の価値観でしか考えられないようだ…

代表例が「目には目を」(語弊があるが、解りやすく言うと)
法律もイスラム教が主体、例「鞭打ち」

55: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)21:02:13 ID:Ya2
宗教違いで殺しあってるというか宗派違いで政治的主導権を争ってるのが今の状況だな

57: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)21:03:21 ID:Wd3
>>55
ああなるほど...
無宗教の人をトップに立たせて副に双方のトップを立たせるとかできないんやろか?やっぱ不正とか起きるんやろうか...

63: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)21:05:28 ID:Ya2
>>57
無宗教だと双方から支持が得られない
どっちからも支持が得られないと民主主義的な手続きではトップになれないだろう

66: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)21:06:22 ID:twm
>>63
何?自分たちの派閥がトップにならないとあの人たちは満足しないの?

68: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)21:06:49 ID:fE1
>>66それ、どこの国でも一緒よ

70: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)21:09:05 ID:Ya2
>>66
そりゃそうだ
そもそも宗教的価値観を共有することで共同体を作ってるのに無宗教じゃ両方の共同体から敵対することになりかねんぞ

56: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)21:03:09 ID:fE1
あの人達は

ホントにホントにホントに神を信じてるのかな?

58: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)21:03:51 ID:Wd3
>>56
銃持って戦争してるやつは上辺だけだと俺は思ってる

73: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)21:09:57 ID:xKl
旧イラクのフセイン政権は2割のスンニ派中心、現政権は7割のシーア派中心
現政権はスンニ派や旧政権関係者を冷遇&排除した為にISISに旧イラク軍や官僚が参加してテロ組織が国モドキになってしまった
フセインはシーア派を冷遇することなく利益を配分して強力なバース党の統率力で部族対立や宗派対立を抑えこんでいた
原理主義を抑えこむと文化的経済的に自由になって教育や科学が発展するイラクが中東ナンバーワンだったのはそれ

74: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)21:12:28 ID:Ya2
>>73
政教分離で成功した例はケマル主義掲げたトルコの例もあるな
エルドアンが大統領になって怪しくなってきたが

76: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)21:12:39 ID:x7r
>>73
戦争で疲弊したことをフセインは理解してたんやろな
使える奴の出自を問う余裕が無かった
だからイラクは中東で一番女性の社会進出が進んでた

80: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)21:15:40 ID:peb
イスラム教徒は問題解決の方法に裁判を利用する
という観念は無いのか?

81: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)21:16:10 ID:fE1
裁判長は長老だし、、、たしか

82: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)21:17:32 ID:twm
はぁ...なんかムッチャクチャ複雑やん....これって解決するんやろうか....

83: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)21:29:18 ID:i66
中東は水問題もあるらしい
水を巡って村が襲撃されるとか
あと油田が枯渇して、その油田の支配者の権力が衰えるとか

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


スポンサーリンク

★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2016年01月01日 16:11 ID:FbMgo4PtO▼このコメントに返信
欧米諸国が引き起こした捏造戦争!
2.名無しさん:2016年01月01日 16:12 ID:GlbZRERC0▼このコメントに返信
アメリカは悪の帝国
ソビエト-ロシアのほうが正義



アメリカに洗脳されたアメポチの発狂がこちら↓
3.名無しさん:2016年01月01日 16:19 ID:kNC58Z6e0▼このコメントに返信
そりゃ、あそこら辺に欧米に物申せる安定した勢力出来たら困るからな
イギリスもアメリカも自衛の為に混沌に突き落としてるのさ
だから、隙を見せる真似をしても安心して居られる

国家の繁栄を安定させ、国民の幸福を守るという責務を考えれば当たり前の所業だな
4.名無しさん:2016年01月01日 16:20 ID:tqUsLC49O▼このコメントに返信
日韓合意共産社民が評価
(産経記事)
5.名無しさん:2016年01月01日 16:22 ID:kNC58Z6e0▼このコメントに返信
正義は建前で国家運営の障害を排除しただけ
つまり国民の為
6.名無しさん:2016年01月01日 16:30 ID:DK1G32HoO▼このコメントに返信
中東はEUとソ連のサンドバッグもとい緩衝地帯として安定してたのに、平和ボケしたソ連がアフガンに侵攻してから全ておかしくなった。ってシナポチのNHKが言ってた
7.名無しさん:2016年01月01日 16:32 ID:DN9ec4GGO▼このコメントに返信

アメリカに武器売りたかっただけ
軍なんとかって呼ばれてる商社が

ブッシュ政権は国債発行しまくりで
日本とシナが買い支えた
引き継いだオバマはデフォルト危機で身動きとれず
8.古古米:2016年01月01日 16:33 ID:Q87mMOL.0▼このコメントに返信
湾岸戦争前はイラクのフセイン一族とアメリカのブッシュ一族は友好関係だったんだけどね。
イラン革命の影響でイラク国内のシーア派が権利を主張し始めたのを、フセインが黙らせたらイランとの関係が悪化して元々争いのあった国境線画定の為にイランイラク戦争が起きた。
イランのホメイニ師と対立するアメリカはイラクを応援するも長期間(6年だったっけ?)に亘る戦争はイラクの経済を疲弊させる。
しかも国境線問題は解決しない。
その間にイラクは対外債務を積み重ねる訳だが、債務先の石油産油国のみ原油の高値で儲けてイラクには何の恩恵もなし。
特にクウェートはイラクの油田と繋がっている井戸からドンドン原油を採掘し売り捲くっていた。
フセインはイラクの油田と繋がっている井戸からの採掘停止を求めるが、クウェートはこれを無視。
経済的に二進も三進も行かなくなったフセインはクウェートに電撃侵攻する。
各国がクウェート解放を求めるもイラクとしては、元々クウェートはイラクの一部と言う考え方があるためにこれを拒否。
湾岸戦争に至る。
アメリカを始めとする有志連合軍はクウェートの解放は出来たが、イラク最強の大領領親衛隊を取り逃がすという失態をやらかす。
その後、アメリカはイラクを経済的に締め上げるがフセインの権力基盤は揺るがなかった。
そして9.11でのテロ攻撃を受けたアメリカはイラクに「大量破壊兵器を隠している」とイチャモンをつけてイラク戦争になる。
フセイン政権をぶち壊して、民主国家を作ろうとしたら今までフセインに抑えられてきた勢力がてんでに権利を主張しだして大混乱。
その混乱の中からISILが生まれてテロを開始する。
こんな感じかな。
9.名無しさん:2016年01月01日 16:33 ID:.ApWqRWo0▼このコメントに返信
チャンネル桜いわく、イラクに大量殺戮兵器は本当に合ったとか
ただし、その大量殺戮兵器はアメリカが売った物で、使い道が無くなった兵器は既に地中に埋められていた
アメリカが売った物だからそりゃ、ブッシュは有ると断言出来る
掘り起こす段階でアメリカ軍人が何人か被害に遭って秘密裏にされたとか何とか

本当かは知らん
10.名無しさん:2016年01月01日 16:35 ID:OGy.OwTH0▼このコメントに返信
中東問題は、第一次大戦からさかのぼらないとダメだろ
11.名無しさん:2016年01月01日 16:40 ID:6MO3O0kg0▼このコメントに返信
しゃれ、「イラク戦争は兵器産業にとってはアルカイ、いや、アカルイ戦争だが、地元の人にとってはとてもクライ戦争。」
12.名無しさん:2016年01月01日 16:41 ID:.tbE30nH0▼このコメントに返信
フセインはイランイラク戦争の前は、閉鎖的で旧文明的なイスラム社会に風穴を開ける偉大な政治家として世界中から賞賛された。
でもイランイラク戦争の際に国内の宗教指導者の支持が得られず、国をうまく纏められなくなった。
彼らに媚びる為にそれまでやっていた改革に逆行していった。
まあ、その裏で一党独裁のための様々な工作をしたり反対派の粛清はイランイラク戦争前からやってたし、フセイン自身を讃えるように仕向けたりとか、人柄はかなり問題があった人物でもあった。
停滞した社会をなんとか変えようとした、悪人だな。
それを殺したアメリカが正義だなんて言うつもりは毛頭無いけど。
13.名無しさん:2016年01月01日 16:44 ID:RCXMFGbo0▼このコメントに返信
証拠を捏造して、戦争したダメリカ。
国際的常識でISSが、米国・英国・イスラエル等 有志連合(日本も周辺国トルコ等に資金援助)により
作られた捏造部隊。戦争はいつもつくられている。
14.名無しさん:2016年01月01日 16:45 ID:X8bc1Rzf0▼このコメントに返信
正直イラク戦争まわりのアメリカには全く良いイメージが無いわ
他でも悪いイメージあるけど特に
15.名無しさん:2016年01月01日 16:47 ID:L0gvb5LR0▼このコメントに返信
油田は副次的なもんだろ。もらえるなら欲しいレベル
本命は経済と軍事的基盤を現地に作りたい
そのためには軍事力を破砕して指導者追い出してからハンバーガーやら猥本でアメリカの文化を広めて同化政策
70年前にどこぞの島国でやった方法やな
16.名無しさん:2016年01月01日 16:48 ID:LlAaICZz0▼このコメントに返信
中東を混乱させた欧州人どもはせいぜい難民で苦しめばいい
17.名無しさん:2016年01月01日 16:48 ID:chq8qHuLO▼このコメントに返信
イラク戦争はずっとアメリカが悪いと思ってたが…色んな背景があったんや、全く知らんかった。
戦争が終わっても宗教や、経済、油田、水色んな問題が山積みなんやな…勉強になったわ。
18.名無しさん:2016年01月01日 16:49 ID:N3lh17PKO▼このコメントに返信
視点が違うな。あるはずの大量破壊兵器がなかったのは、初めから承知の上だった。
要するに、でっち上げた証拠を提示することで、戦争反対派を黙らせた。ここに注目しないといけないよ。欧米議会では、日本のような強行採決で乱闘はまずありませんよね。議論の過程で証拠を提示して、決着がついてるから武勇伝がないのですよ。欧米のいう民主主義とはそういうことです。
真珠湾攻撃なんか最たるもんです。ホワイトハウスは日本軍の暗号を解読していながら、ハワイには知らせていなかった。しかし、一方で信じられないくらいに、詳細な撮影だけはやっていた。臨時ニュースとして全米に放送された瞬間、対日戦争に反対する者は消えたわけです。つまり、戦争するための一手間を、米国は惜しまなかったわけです。
ですから、中国と戦争するときも、米国は同じようにやるでしょうね。最初は反撃はそこそこにして、ボコボコにやられることを演じます。そして、戦争反対派を一掃するわけです。ひょっとして日本も、同じやり方をするかもしれません。専守防衛の憲法を改めるには、このやり方は手っ取り早いですからね。
19.名無しさん:2016年01月01日 16:51 ID:66iGvNpb0▼このコメントに返信
民族自決と第一次世界大戦後の経済問題とか絡んでんじゃないの?
20.名無しさん:2016年01月01日 16:53 ID:E.AIbFkoO▼このコメントに返信
アホな2ちゃん住人の影響真に受けてるスレ1は、
どんな認識してんだよ。
[外務省]
イラクにおける大量破壊兵器問題
ttp://www.mofa.go.jp/mofaj/area/iraq/th_heiki.html
21.名無しさん:2016年01月01日 16:54 ID:TUH5qOXl0▼このコメントに返信
イラク戦争は最低でもクリントン政権からやらないと訳わからなくなる
22.名無しさん:2016年01月01日 16:56 ID:TQ3yagaw0▼このコメントに返信
中東に定期的に介入して、石油を安く仕入れられる情勢を維持しようとしてる。
反欧米の強力な国ができそうになると全て潰される。
日本もこれで欧米以上に利益得てるのに、欧米批判してるやつはw
23.名無しさん:2016年01月01日 16:57 ID:RCXMFGbo0▼このコメントに返信
マイクロチップ埋め込み、新生児に来年5月から欧州の全公立病院で開始
24.名無しさん:2016年01月01日 16:59 ID:ZgqH7vCJ0▼このコメントに返信
石油の取引をドルじゃなくてユーロでやろうとして潰された説もある。アメリカは基軸通貨ドルの地位を守りたかったんだって。ドルが還流しなくなるとアメリカは赤字で死ぬらしい。

インテリジェンスの面から見ると、ヒューミント軽視が仇になったとか。カーブボールなるスパイの言をちゃんと分析しなかったとか。戦争に参加する口実を作れれば何でも良かったんだろうな。
25.名無しさん:2016年01月01日 17:00 ID:UykUj1Bd0▼このコメントに返信
純粋にエネルギー問題、WW2もそうだったがドサクサで油田放火はマズかった(世界レベルの自然環境破壊に発展)
当時の米国と国連に挑戦状を叩き付ける際各国の外交官の子供(赤ん坊も含む)を集めて銃で脅したシーンをVTRに記録、それを送り付けたからさぁ大変!
呆気なく負けましたとさ。

日本人旅行者(仕事で来ている者も含む)も国外へ逃げる事が出来なかったが、勇敢なトルコ航空機により無事国境越えに成功(この当時の日本政府はへタレ過ぎた)
26.名無しさん:2016年01月01日 17:01 ID:dgMfCsfR0▼このコメントに返信
米18
>ホワイトハウスは日本軍の暗号を解読していながら

真珠湾奇襲は日本の外務省か大使館が
米政府に宣戦布告するのを忘れてしまい結果的に布告が遅れたからでは?
27.名無しさん:2016年01月01日 17:01 ID:UykUj1Bd0▼このコメントに返信
※25 の続き?
・・・・・は、イ・イ戦争だった
28.名無しさん:2016年01月01日 17:01 ID:dgMfCsfR0▼このコメントに返信
米25
へたれたのもあるけど日航が非協力的だったのもあるでしょ
29.名無しさん:2016年01月01日 17:02 ID:43eFDJv.0▼このコメントに返信
あのへんが安定して発展してくれても困るだろ。アフリカが発展しないのも同じこと。
アメリカに軍事的に守られている立場で平和だの平等だの、ありもしない正義振りかざして国内身内で自慰してる偽善の本場日本よりはずっと現実主義的で正しいと思うね。地球のためにもなる。

中国をあそこまで発展させてしまった根本を作ったアホも日本。中国もあのまま混沌の渦にぶち込んでおけばよかったものを救ってしまった。
30.名無しさん:2016年01月01日 17:03 ID:UykUj1Bd0▼このコメントに返信
※2 乞食の戯言は誰も訊かんよ、一生火病ってろw
31.名無しさん:2016年01月01日 17:05 ID:rNCbaab10▼このコメントに返信
このサイトの一番悪いところはすぐ陰謀論が出るところやな。
本スレにもいっぱいおるけど。

クウェートの独立にしても国際法の手続きにのっとった行為であり、イラク攻撃にしても安保理決議を強引に解釈して正当化できたのを忘れたらあかん。後に見つからなかったのは結果論や。
旧イラクを過剰評価する連中がおるけど、サダム・フセインが本当で支持されていたら、その残党で構成されているDaesh(IS)がスンニ派地域以外に支配地域が拡大できていない理由をどう説明するんだ。シーア派も平等に扱っていたなんてでたらめだぞ、湾岸戦争直後にシーア派やクルド人が大規模に武装蜂起して大弾圧されていたのを忘れたか。
32.名無しさん:2016年01月01日 17:06 ID:VUZr7Cek0▼このコメントに返信
きっと部族とか家族とかの最小単位でしか信用できるものがないんだろうな。だから同じ価値観の宗教が必要なんだろう。じゃないと交渉の基準すら持てないんじゃなかろうか。
33.ゲハロエおやじ27号っス:2016年01月01日 17:10 ID:ePsRtiZz0▼このコメントに返信
明らかにフセインは嵌められたんだって、フセインとくぇーとが石油採掘でもめていたとき、米議会での公聴会で国務省か国防省の中東の担当者がくぇーとの安全保障には関知しないと証言し、フセインを誘ったニダ。
アメさんの常套手段アル。
34.名無しさん:2016年01月01日 17:12 ID:0yF2iWDj0▼このコメントに返信
アメリカの引き金?
35.名無しさん:2016年01月01日 17:13 ID:RCXMFGbo0▼このコメントに返信
G20でロシアプーチンが、有志連合他世界40か国がISに加担していると証拠をもって公表した。
その後NHKの報道にもあったように、トルコがISに資金や武器を提供したニュアンスは既に報道されている。
他欧州・米国でも大手マスコミもそれらの事実は否定していない。
36.名無しさん:2016年01月01日 17:14 ID:i9PM723I0▼このコメントに返信
※20
お前こそよく読めよwそれ湾岸戦争ってかいてあるじゃん
イラク戦争と湾岸ごっちゃに認識しんのか?
湾岸戦争以降は国連の査察で全部廃棄させられて最初からなかったし
つい最近、参戦を決めたイギリスのブレア元首相が情報が間違っていたと謝罪してたじゃん
ブッシュ政権時の国務長官だったパウエルはもともと反対派だったしな
37.名無しさん:2016年01月01日 17:15 ID:f6iUeeg1O▼このコメントに返信
アメリカ様の言いなりの自民党シンパのゴミウヨ共
イラクを滅茶苦茶にしといて集団的自衛権か馬鹿らしい
38.名無しさん:2016年01月01日 17:15 ID:UvoPnJHP0▼このコメントに返信
少なくとも軍産複合体の陰謀は無いわー
アフガン、イラク両戦争の戦費でどれだけ正面装備の調達、開発費が削られたか解らん
装甲輸送車の需要は爆発的に増えたがそれを見越してロビー活動できる奴が居たとしたら超能力者やね
39.名無しさん:2016年01月01日 17:16 ID:E.AIbFkoO▼このコメントに返信
アラブ統一を目指せば嫌でもイランとは戦争になるんだよ。

アラブ人とはアラビア語を母語にするイスラム文化の人達って定義である以上、

シーア派・スンニ派によるイスラムの正当な後継者や統一の争い以前に、
ペルシャ語のイランとは争いの元となる。

欧米がとか、そんな単純な話ならカオスな戦いになるかよ。

民主主義だ?
元々、アフガニスタンは共産主義と民主化の戦いだし、クルドPKKとかはマスクス・レーニン主義な。
色々と入り乱れてるからアメリカだけの話ではない。
ロシアも関係あんだよ
40.名無しさん:2016年01月01日 17:19 ID:Ae3iwOk30▼このコメントに返信
>>9
CIAが先々の事考える組織ならアフガン戦争で
無計画にソ連に対抗する手段として現地民を戦闘集団に教育なんてせんよ
41.名無しさん:2016年01月01日 17:21 ID:RCXMFGbo0▼このコメントに返信
戦争推進の広告代理店が、一度もイラクに行ったこともない女の子を被害者として
テレビに出演させていてあとからその捏造はばれたな。
42.名無しさん:2016年01月01日 17:25 ID:E.AIbFkoO▼このコメントに返信
※36
どちらも繋がった話なのに、何をアホなこと言ってんだ?

頭大丈夫か?
43.名無しさん:2016年01月01日 17:26 ID:E.AIbFkoO▼このコメントに返信
※36
ちゃんと中身を見ろな
44.名無しさん:2016年01月01日 17:29 ID:66iGvNpb0▼このコメントに返信
欧州の植民地の奪い合い、東西思想の対立により民族、宗教が分断されて、米に反抗することで組織不満を解消してるんだろ?
45.名無しさん:2016年01月01日 17:33 ID:iz6rWUqM0▼このコメントに返信
放送大の例の教授さんは根本は水と石油、土地の奪い合いがあって
その上に宗派や宗教を持ち出して味方を増やしていくスタイルがあるとか言ってたな
時代によってキリストとイスラムは仲良かった時代もあるし、宗派同士もそういうのがあった
46.名無しさん:2016年01月01日 17:33 ID:.NFomySr0▼このコメントに返信
イギリスのメーカー、フランスのメーカーの条約違反の兵器が発見されたと聞いたが…
47.名無しさん:2016年01月01日 17:36 ID:oQEWekHd0▼このコメントに返信
実は911とはあまり関係ないんだよね。
その証拠に911の後に真っ先に米軍が投入されたのはアフガニスタン。
しかし主だった成果(ビンラーディンの殺害)を上げられなかったアメリカの矛先が向かったのは湾岸戦争以後も関係が険悪だったイラク。
しかも誰もが認めてるけどアメリカのイラク戦争の目的は資源。
人道問題や粛清はあったけど今よりフセイン政権時代のほうが治安が良かったのは言うまでもない。
48.名無しさん:2016年01月01日 17:37 ID:E.AIbFkoO▼このコメントに返信
※46
それ条約結ぶ以前に入手した物の話だろ。

それを破棄してなかったんだよな?
49.名無しさん:2016年01月01日 17:38 ID:erT25BDq0▼このコメントに返信
CIAは911を止められなかったこととイラクの大量破壊兵器をでっち上げたことで予算を削られてNSAに負けつつある
CIA自演説は無理がある
50.名無しさん:2016年01月01日 17:45 ID:E.AIbFkoO▼このコメントに返信
米国がでっちあげたのではなく、
フセイン側が持ってるようにでっちあげたんだよ。
51.名無しさん:2016年01月01日 17:48 ID:uihmRxPy0▼このコメントに返信
正直善悪二元でアメリカ悪いだの言ってる奴はイスイスと変わらんけどな
52.名無しさん:2016年01月01日 17:52 ID:VQtMu1io0▼このコメントに返信
石油利権の確保とドル基軸通貨の地位防衛が目的。

後者の方が比重が大きかったかもしれん。

ユーロをドルに代わる基軸通貨にしたかったユーロ圏(特にフランス)が、フセインに原油取引のユーロ決済を持ちかけた。
それを知ったアメリカが大量破壊兵器を理由にフセイン政権をぶっ潰した。

湾岸戦争の時とは異なり、フランス・ドイツがイラク戦争に反対し、ユーロ圏じゃないイギリスは賛成していたことも有力な傍証となるだろう。
既にこの頃からユーロ圏とアメリカは対立関係にあったと言っていい。
EU諸国がAIIBに参加したのは少しも不思議なことではない。

ユーロの構造的な欠陥と難民問題等でEU・ユーロは解体に向う可能性が大きいが、NATOもどうなるか分からない。
対中国でアメリカはロシアと和解を図るだろうし(ウクライナは話題にもならなくなった)、そうなればNATOは共通の仮想敵がなくなる。
そんな軍事同盟は存在価値がない。
仮想敵が一致する日米同盟が深化したのと対照的だ。
53.名無しさん:2016年01月01日 17:53 ID:RCXMFGbo0▼このコメントに返信
おとさなくてもよい原爆を落としたアメリカ ロシア外務省が公式発表
54.名無しさん:2016年01月01日 17:54 ID:vBgIwidL0▼このコメントに返信
イクラ戦争に見えた
飲み過ぎかな
55.名無しさん:2016年01月01日 18:00 ID:eYCeFWrP0▼このコメントに返信
イラクは地政学的に可哀そうな地域なんだけど、
同じような緩衝地であるお隣の半島と民族的に共通点があるって宮家邦彦が言ってたな
「激情的で、狭量で、自尊心ばかり強く、協調性に欠ける」
56.名無しさん:2016年01月01日 18:02 ID:KYEGs.8i0▼このコメントに返信
イラク戦争の大量破壊兵器が云々なんて世論の背中を押すためのようなものだったしな
理由だけなら湾岸戦争の停戦条約違反で十分だったけど、アメリカ国内も世界もそれだけでは納得しなかった

フセインはさも持っているかのように振る舞っていたわけだし、製造に関わる機器を仕入れたりして否定もしなかった
そこを漬け込まれたんだな
その話を信じたホワイトハウスがアホだったのは言うまでもないけど、仮に大量破壊兵器が最初から無いってわかっていても
何かしら理由を見つけていただろうさ
57.名無しさん:2016年01月01日 18:05 ID:66iGvNpb0▼このコメントに返信
あの地域、教育も成り立たないんだろ?
資源が出て教育なんて労働関係だけで金は入ってくるんだろうし、
行政判断は小規模な知識階層だけ掌握してて国としての体裁はアフリカ諸国並みなんじゃないの?
58.名無しさん:2016年01月01日 18:11 ID:RCXMFGbo0▼このコメントに返信
ロシアプーチンにしても米国大統領候補のトランプ氏も
すでに911が自作自演と公表している。
59.名無しさん:2016年01月01日 18:15 ID:VYrt3dCk0▼このコメントに返信
※41
湾岸戦争開始前の”ナイラ証言”のこと?
証言させたのが駐米クウェート大使の娘だからね。
まぁ、広告代理店が工作を面倒くさがって少し調べたらわかるような杜撰な工作だったけど、あれで反戦の機運が強かった米国民の世論が一気に開戦の機運に持ち込めたしその点では成功しているよ。



60.名無しさん:2016年01月01日 18:15 ID:LE1h1uRs0▼このコメントに返信
あの辺の地域だと
人類史振り返らないといかなくなるんじゃね
61.名無しさん:2016年01月01日 18:15 ID:5gxOXtKV0▼このコメントに返信
※52
ユーロを潰したいなら当時のイラクみたいな小規模取引(国連の制裁によりイラク国内の食料分のみ石油取引が認められていた)ではあまり成果はでないと思うがね。
石油利権は論外。当時は産油国が次々に油田の権益を国有化していたご時世だから、欧米諸国は途上国には技術を売るだけに留めるというのがトレンドだった(権益を買ったとたんに国有化されるリスク回避のため)。

やはりCIAが馬鹿すぎて頭のおかしいイラクからの亡命者が「俺は科学者。イラクで大量破壊兵器作ってた!」というたわごとを信じたのが間違いのもとという説が一番信じられるんじゃない?
CIAは英国から情報機関のノウハウを教えてもらったからシステムだけはまともだけど、米国人は外国の文化や思想に対する素養が低すぎるから誤解や勘違いが多発して結局間違った結論に達することが多いらしい(米国の中国専門家はほとんど片言の中国語しか話せないらしい)。
62.名無しさん:2016年01月01日 18:20 ID:eYCeFWrP0▼このコメントに返信
イラクは大量破壊兵器hは当然持ってただろ
イライラ戦争で実際に使ったんだから無いと考える方が不自然だわ
63.名無しさん:2016年01月01日 18:21 ID:UykUj1Bd0▼このコメントに返信
※58 あれだけ被害を出して自作自演?無茶振りだろ。
64.名無しさん:2016年01月01日 18:21 ID:RCXMFGbo0▼このコメントに返信
※59
わかりやすいよね、世論誘導
65.名無しさん:2016年01月01日 18:24 ID:RCXMFGbo0▼このコメントに返信
※63
プーチンやトランプ他米国議員でも結構いるぞ自作自演説

ISSでもロシアが公表したトルコ武器や資金提供(NHK一部報道あり)

全員陰謀論者になるのだが・・
66.名無しさん:2016年01月01日 18:24 ID:yXIrlcrT0▼このコメントに返信
イランクェート戦争からのつながりだよね
67.名無しさん:2016年01月01日 18:27 ID:nDalRQoh0▼このコメントに返信
フランスなんかもフセインにべったりで随分イラクは金むしられたんじゃないか?
68.名無しさん:2016年01月01日 18:30 ID:5gxOXtKV0▼このコメントに返信
アラブ人の「嘘つき、プライドの高さ」を証明する事例を一つ紹介。
アルジェリア(アルジェリアがアラブかどうかは議論の余地があるかもしれないが、考え方は似ているらしいからご勘弁を)の内戦が終結し、軍政が議会選挙を再開したのが1997年だが、このとき軍政はRNDという党を作ったのだが、選挙後RND以外の党が「うちの党は政府とRNDの不正がなければOO議席は取れた!」と主張しはじめ、馬鹿なフランス系のマスメディアはそれを真実と思い込みRNDを批判した。
しかし、RND以外の党が「うちは不正がなければOO議席取れた!」という主張を全部合計すると、アルジェリア議会の定数の3倍になったらしい。なお次の大統領選でFLNという党が立候補させた候補が圧勝しそうな状況になると、他の候補は「不正選挙ガー」と言って一斉にボイコットし始めた。
要するに「自分が負けた」ということを絶対に認めることができず、その事実を隠すためにあり得ないような嘘までつくのがアラブ流。
69.名無しさん:2016年01月01日 18:39 ID:RCXMFGbo0▼このコメントに返信
まあこの件は、米国大統領候補のトランプ氏の発言を追ってみれば
よくわかるだろう。

こんな茶番やってるのは、多分日本だけじゃね~か
70.名無しさん:2016年01月01日 18:44 ID:dgMfCsfR0▼このコメントに返信
トランプの発言だけで全てを理解したと思うのは危険だろ
71.名無しさん:2016年01月01日 18:45 ID:E.AIbFkoO▼このコメントに返信
※68
おいwwww

アラブ人なんてものは、近代に定義されたものだし、母語がアラビア語ってだけで
宗教もイスラム教徒に限った話ではない。

アバウトで広大な範囲に分布するから、ピンキリになる話だぞ。
72.名無しさん:2016年01月01日 18:45 ID:3qdxaRMg0▼このコメントに返信
占領して民主化すればいい国家になるという幻想を
日本がアメリカに与えていたのが悪かった
日本やドイツはもともと民主主義国家だったから
敗戦後ちゃんと運営できたのにすぎないのにね
フセインをつぶしたらまずいのは明らかだった
73.名無しさん:2016年01月01日 18:46 ID:43eFDJv.0▼このコメントに返信
※69
おまえはトランプが一連の真実を知っているとでも考えてんのかwwwwwwwwwwクソワロタww
74.名無しさん:2016年01月01日 18:53 ID:RCXMFGbo0▼このコメントに返信
※70
そりゃそうだな。
ただ911の件はプーチン他米国議員他欧州議員でもかなり自作自演説があることも
忘れてはいけない。

またISSについても陰謀論と一喝するのは危険で、これについても世界中でそれを全否定してるのは
日本政府くらいだとおもうぞ。

イスラエルと武器輸出を進め、IS周辺国に資金提供を実際に行っている日本も
間接的にトルコ等経由でISに資金提供をしているんだぞ。

※トルコIS支援はもうどこの国もかくしていない。
75.名無しさん:2016年01月01日 18:54 ID:.tbE30nH0▼このコメントに返信
※69
あの口を開けば寝言ばかりが飛び出るトランプ氏の発言の、何を信じれば良いんだ?
というか、ISSって国際宇宙ステーションだろ。
アレが捏造部隊って、あんたは何を言ってるんだ。
76.名無しさん:2016年01月01日 19:00 ID:dgMfCsfR0▼このコメントに返信
※75
IS(イスラム国)の事を言ってんだろう
77.名無しさん:2016年01月01日 19:02 ID:.tbE30nH0▼このコメントに返信
※76
いや、そりゃ当然わかるんだが、上の方から同じIDのレス見てみ。何度もISSって書いてるのよ。
わざととしか思えないくらい何度もさ。
78.名無しさん:2016年01月01日 19:04 ID:RCXMFGbo0▼このコメントに返信
※76
ごめんその通り。
79.名無しさん:2016年01月01日 19:06 ID:knN.V6tg0▼このコメントに返信
佐渡ヶ島が巨大金鉱が見つかったら独立して欧米に安定的に金を売る見返りに守って貰ってたらどうする?
クウェートはそんな感じやろ

80.名無しさん:2016年01月01日 19:10 ID:E.AIbFkoO▼このコメントに返信
※74
>トルコIS支援はもうどこの国もかくしていない。

そんな主張してるのはロシアぐらいだろ。

何かしらソースでもあるのか?

トルコがISを支援する合理的理由でもあるのか?
81.名無しさん:2016年01月01日 19:11 ID:JU6j81i.O▼このコメントに返信
陰毛論渦巻いてますな
情報公開されたとしても信じる人いなそう
82.名無しさん:2016年01月01日 19:15 ID:FbMgo4PtO▼このコメントに返信
まぁ…
あれをここ東アジアにもってきてだな

中国が台湾に武力侵攻を開始した時日本は台湾の味方をするのかそれとも静観(第三者)するのかの選択を迫られるわけだ。
83.名無しさん:2016年01月01日 19:16 ID:5gxOXtKV0▼このコメントに返信
※71
そこまで一般化するんじゃないよ。
旧イスラム帝国の領土は間違いなくほかのイスラム諸国とは別格で文化のうえで同一性があるし、北アフリカのイスラムはムワッヒド朝の建国理由などに代表されるように、常にイスラム世界の中心になったバグダッドやカイロなどイスラムの思想を輸入し続けている、「地理的にはイスラムの辺境だけれども意識の高い地域」だった。
 そもそも北アフリカはイスラム化したころには農業に不適な土地だったので商人や海賊を営む者も多く、イスラム世界を自由に行き来していたから思想的、思考法的には中東のアラブと同じようなもの。
84.名無しさん:2016年01月01日 19:22 ID:E.AIbFkoO▼このコメントに返信
※83
イスラム文化であることは確かだが、
なぜアラブ統一が現在でも不可能かって話で分かるだろ。

イスラム統一とアラブ統一は、似て非なるものだからだ。
85.名無しさん:2016年01月01日 19:25 ID:RCXMFGbo0▼このコメントに返信
※81
すると、トランプ大統領候補とプーチンや欧州議員や米国議員の発言した人間がすべて陰謀論者となるな。

86.名無しさん:2016年01月01日 19:27 ID:5gxOXtKV0▼このコメントに返信
※71
もう一つ補足。
お前さんが「アラブ」という単語を西洋的な定義で考えているのか知らんが、
北アフリカの人間は「アラブ」とは「アラビア半島から来た者」「遊牧民」の意味で使用している。
あの地域では遊牧民=勇猛で偉い、農耕民=弱くて卑しい というステレオタイプがあり、偉い人間は「アラブ」であり、「アラブ」たるもの良きムスリム、良きアラビア文化の担い手でなきゃならんという部分がある。
旧英国植民地の知識人が非常に流暢な英語を話すように、巨大な帝国では辺境ほど中央の文化にあこがれ、できればその文化を体現したいと思うもの。中東と北アフリカは、まさにそのような関係。
87.名無しさん:2016年01月01日 19:32 ID:E.AIbFkoO▼このコメントに返信
※86
元々アラブ人なんて定義したのは、イスラエルと同じように、国家設立の為に定義付けが必要だったからだろ。

最初から決まってた話ではない。
88.名無しさん:2016年01月01日 19:34 ID:OT.UWjKt0▼このコメントに返信
戦争したがってる奴らの中でも下っ端と指導者層は違うだろうしローンウルフもまた事情違うだろうから、神様信じてる信じてないはなんともなあ
89.名無しさん:2016年01月01日 19:38 ID:IrIkWvzD0▼このコメントに返信
日本こそ半島をこういう風にすべきなんだがな
90.名無しさん:2016年01月01日 19:40 ID:5gxOXtKV0▼このコメントに返信
※84
他の地域のことは専門外だが、北アフリカならちょっと一言。
北アフリカの部族には合議で物事を決める習慣があるが、欧米流の民主主義とちがその合議は「全会一致」でなければならない。
そのためほんの少しでも利害の対立のある議題は絶対に成立しない。
このことはスーダンのダルフール紛争の停戦調停の交渉過程を見ると分かりやすい。かの地では主要な「反政府勢力」に対し国際機関等が停戦を調停するのだが、その条件に反対の者はリーダーの決定に「従わず、分派して反政府活動を継続する」のである。分派した反政府勢力に別の条件で停戦調停を持ち掛けても、またその条件に反対の者がまた分派して、を繰り返し、何時までたっても交渉は終わらない。
この地域に統一や秩序をもたらしたのは、いつも「力」と「恐怖」なんだよ。
西洋流の「諸国民の権利」「相互の尊重」では永遠に再統一できないのがこの地域だよ。
91.名無しさん:2016年01月01日 19:42 ID:E.StATjd0▼このコメントに返信
1度はイラクも再建できたと思ったが…米軍がいなくなったらマリキの奴が民族浄化始めやがった
92.名無しさん:2016年01月01日 19:49 ID:E.AIbFkoO▼このコメントに返信
※90
そりゃそうだよ。
各部族長が決める習慣だからな。

だから、そもそもアラブ人なんてものは、国家設立の為に結束する理由として産み出されたものだから、
宗教・人種が異なっても結束できる幅広い定義を必要とした結果の産物。

だから統一なんて無理なんだよ。
93.名無しさん:2016年01月01日 20:04 ID:5gxOXtKV0▼このコメントに返信
※92
分かってねえな。
文化が同じ連中でも、奴らは協調することができない言ってんだよ。
たとえばソマリアはアフリカでは珍しい一国一民族の国なのに、四分五裂しているのはそのため。

それに部族長が決定する?84のどこを読めばそんな結論になるんだ。

94.名無しさん:2016年01月01日 20:11 ID:E.AIbFkoO▼このコメントに返信
※93
アラブ人の定義の認識が、君とは違うみたいだから、話が噛み合わないみたいだね。

ただアラブ人って言っても人種も宗教も決まってる訳ではない事は、理解できないかな?
95.名無しさん:2016年01月01日 20:28 ID:ozgNyow00▼このコメントに返信
※60
さすがにそこまで遡るのはヒゲを生やす習慣くらいでは(バビロニアだかの粘土板、父親が息子に宛てた便りに「ああ情けない、それでもお前は大の男か、お前の頬には髭は生えていないのか」というくだりがあるそうで)

メソポタミア文明はシュメールに始まりバビロニア、アッシリア、ちょっと離れてヒッタイトにペルシャ、交易のあったエジプトやインダス、現在に至るまで面倒なユダ王国やら古代ローマ帝国まで色々だが、現在、しかも日本語で語る政治に関わる程度はせいぜい第一次大戦期あたりから語り始めで、それ以前はイスラム史とかそんな感じかな。
96.名無しさん:2016年01月01日 20:51 ID:WWJAOaK30▼このコメントに返信
だれもイラクがイスラエルの安全保障上の脅威だったことにふれないな
97.名無しさん:2016年01月01日 21:04 ID:TiPBwDi.0▼このコメントに返信
イラクは当時世界四位の機甲師団をもつような超陸軍大国で中東に押しとどめられる国は無し。
自国領だと強弁し、クェートに侵攻。少数派クルド人勢力等周囲に対し圧政、虐殺等を繰り返し
色々あったとはいえイスラエルを潰すと公式に宣言してはばからない異様な国家。

こんな暴挙を止められない世界のほうが異常で、アメちゃんは地球の裏側まで出張って
世界の警察としてそれを止めたのだから評価されてもいいのだがね。
98.名無しさん:2016年01月01日 21:34 ID:obAOLPMq0▼このコメントに返信
アラブの定義なんて元々「アラビア語を話す連中」という程度しかないからな。
初めからたいした民族意識などありゃしない。
元々は20世紀初頭、トスマントルコを潰す為に英国がオスマン帝国内のアラビア語住民を扇動してデッチあげたようなものだ。
99.名無しさん:2016年01月01日 21:59 ID:obAOLPMq0▼このコメントに返信
>>97
イラク戦争を論じるには最低限、湾岸戦争まで遡って論じなければならないし、湾岸戦争を論じるにはイラン革命からイラン・イラク戦争まで遡って論じなければならないんだが、そこまで覚えてる奴が少ないし、若い奴らはそもそも体感知識としてそれを持っていないだろう。

少なくとも湾岸戦争におけるサダム・フセインのイラクの行動には一片の正当性も無い。
犠牲を払ってでもあの時潰しておかなければ、世界史上に取り返しのつかない災厄の種を蒔くところだった。

ただ結果論になるが、今思えば湾岸戦争の時点でバグダッドまで侵攻してサダム・フセインの首を取っておくべきだったな。
あくまで国連決議と国際世論の枠内で行動し、徹底さを欠いた甘さがパパ・ブッシュの誤算だった。
100.名無しさん:2016年01月01日 22:14 ID:RCXMFGbo0▼このコメントに返信

すでに米国大統領候補のトランプ氏やロシアのプチーン氏ほか欧州でも
この戦争にしても、イスラム国のことも911のこともすべて自作自演であったと暴露してるんだが。
ちなみにトランプ氏は今選挙戦で単独首位の支持率だ。

若い人がもしこれをよんだ場合、陰謀論などと一喝せず、ぜひ自分の嗅覚でしらべてみてほしい。

戦争をしたい人達はだれなのか、どうして戦争をしたがるのか? 

それとG20プーチン演説の後の米国や欧州の対応が大きくかわった理由もそこにある。
調べれば点と点が線でつながるから だれが本当の陰謀論者か理解できると思うよ。

                                            好戦派の人達と疑心を抱いてる人へ
101.名無しさん:2016年01月01日 22:22 ID:mLIhakZt0▼このコメントに返信
※99
文民統制と指揮統制に従って行動した第七軍団のフランクス将軍を無能と言ってるバカもいますからね。
エルアラメインの戦いの悪魔の花園みたいな陣地を機甲軍団で突破しようとしたら渋滞や補給が滞るのが当然ですしイラク軍の共和国親衛隊以外の士気が劣悪で降伏が相次いだら捕虜の取扱いにも困ります。
おまけにクウェートを解放する役割のアラブ軍団が進撃が遅いために米英仏のNATO軍団の側面や後方をイラク軍に脅かされるということを理解してないように思われます。機甲部隊の側面や後方を脅かされたら機甲部隊に必要な補給線が脅かされますし。
102.名無しさん:2016年01月01日 22:46 ID:.DNVJIVY0▼このコメントに返信
フセインが併合するのはクウェートだけ、今後は領土の要求はしないって約束するんなら
あげても良かったんちゃうか?(鼻ホジー
103.名無しさん:2016年01月01日 23:00 ID:obAOLPMq0▼このコメントに返信
>>101
陣地など既に壊滅しているし、クウェートのイラク軍は完全に崩壊・壊走してNATO軍団の側面や後方を脅かすようなイラク軍などどこにも存在しちゃいなかったのだが ?
どこかパラレルワールドの湾岸戦争でも見てきたのですか ?

パパ・ブッシュが戦争をクウェート解放に限定し、壊走するイラク軍への攻撃を途中で切り上げたのはあくまで国連決議の枠内で行動したからに過ぎない。
実際、もし攻撃を中止せずバグダッドまで攻め込んでいたら国際世論の激しい非難を浴びていただろう。

>>100
陰謀論でないなら妄想論だな。
心療内科でも受診することをお勧めする。
104.名無しさん:2016年01月01日 23:13 ID:eR5O3OF10▼このコメントに返信
結果的にタリバンもISISもアメリカが育てたんだから皮肉なもんだ
105.名無しさん:2016年01月01日 23:14 ID:d9suTZ260▼このコメントに返信
TPPがわが国の海洋安全保障に与える影響
ttp://www.think-tpp.jp/lecture/index.html

TPPまとめ  報道されないTPPの21分野 域内ビザ大幅緩和等
ttp://www.logsoku.com/r/2ch.sc/male/1451199596/
106.名無しさん:2016年01月01日 23:15 ID:RCXMFGbo0▼このコメントに返信
※103
お前らわざとだとな。
ここではそれを常識としたいのでしょう。
すると世界の首相クラスのほとんどは診療内科行だな。

イラクのことはすでに公式にホワイトハウスもほぼその事実を認めている。
少し開示された公文書でもみてみなよ。
107.名無しさん:2016年01月01日 23:21 ID:K9ID.AXL0▼このコメントに返信
イスラム過激派の流れを見た方が良い。
108.名無しさん:2016年01月01日 23:21 ID:rNCbaab10▼このコメントに返信
※102
そのまま血が出るまで鼻ほじればええで。
お前が言うてるのはズデーテン割譲以下や。あの時は住民に賛同者がいたけど、クウェート国民にイラクといっしょになりたい言っていたのはおらん。
それに、お前の理論やと韓国の竹島占領もこれ以上侵略するいう可能性は日韓基本条約で否定されているから認めなあかんのやな。
109.名無しさん:2016年01月01日 23:37 ID:obAOLPMq0▼このコメントに返信
>>102
他国を平然と侵略・併合する独裁者の約束など信用出来る保証が無いし、そもそもクウェート侵略・併合を追認してやる理由がどこにもない。
ただイラン革命による米・イラン関係の悪化から、イラン・イラク戦争ではアメリカは一貫してイラクを支援したという経緯を考えればイラクの侵略が油田地帯の占領・割譲程度に止まるなら、表向きの非難だけで結果的に侵略行為を追認するような事は有り得ただろう。
だが一国の侵略・併合となるとそれとは次元が違う。
例えるなら単純強盗と強盗殺人くらい違う。
これを認めたら戦後国際社会をまとめていた秩序が根本から崩壊する。
サダム・フセインは「絶対に越えてはならない一線」を超えたのだ。

俺は最初の時点で、これはイラクが引かない限り100%戦争になると理解した。
ところが日頃、平和平和と声高に唱える左翼系の学者や文化人程この自明の理が理解できず、イラク側の「正当性」を唱える連中が多かった。
まあ初めからあの連中は一切信用してはいなかったが、これで奴らに対する不信感は決定的なものとなった。
110.名無しさん:2016年01月01日 23:42 ID:obAOLPMq0▼このコメントに返信
>>106
お前の脳内にしかない「公文書」など、どうだっていいんだよ。
111.名無しさん:2016年01月01日 23:53 ID:RCXMFGbo0▼このコメントに返信
※110
俺がいっている公文書は太平洋戦争だぞ。
それとホワイトハウスがかなり認めている事実はもうかくしようがない
それは911も同じだが

アメリカも陰謀論者(911は自作自演)のトランプが大統領になったら大変だ。
そんなトランプを支持する多くのアメリカ国民も多分こいつらにいわせると陰謀論者に変身だ。
112.名無しさん:2016年01月02日 00:00 ID:f1M7wr6S0▼このコメントに返信
※103
その陣地に残された地雷の処理に手間取って進撃路が細いんだが。
右翼のアラブ合同軍のエジプト・シリア軍は海兵隊が交戦をしているのに関ヶ原の小早川みたいに動かなかったんだが。これは米英仏のNATO軍の側面を危険にさらす行為ではないかい?最終的には小早川みたいに動いてくれたが。
おまけに、中央軍が予備兵力の第一騎兵師団を第7軍団に渡すのが遅かった。
これは歴群の湾岸戦争や熱砂の進軍読んで地図と睨めっこすればわかる話だと思うが。
国連決議のもとで動いてるのだから米英仏やエジプト・シリアがイラクが撤退し停戦を受け入れたのだから現場は停戦するのが当然。この点を理解してない奴もいるし。
113.名無しさん:2016年01月02日 00:01 ID:Y1WKJVDb0▼このコメントに返信
>>111
太平洋戦争の話なんか誰もしてないんだよ。

立ち去りなさい。
114.名無しさん:2016年01月02日 00:05 ID:7HVeW4cP0▼このコメントに返信
※113
はいはい
米国大統領支持率首位のトランプや、それを支持する20%以上の米国民
ロシアのプーチンや欧州や米国内の多くの意見を無視して展開するくだらない議論は
こちらも願いさげ。君たちはなにが目的なの?
みっともねーな~ 

115.名無しさん:2016年01月02日 00:27 ID:Y1WKJVDb0▼このコメントに返信
>>112
>その陣地に残された地雷の処理に手間取って進撃路が細いんだが。
別に細くたってそのまま進撃すればいいだろ、部隊の移動に多少時間がかかるだけだ。
どうしても必要なら地雷処理して進撃路を広げればいい。

>右翼のアラブ合同軍のエジプト・シリア軍は海兵隊が交戦をしているのに関ヶ原の小早川みたいに動かなかったんだが。
元々あんな連中など戦力として当てになどしていない。
アラブ軍の戦意が低いのは初めからわかってたことだし、多国籍軍の体裁を整えるために必要だっただけで邪魔をしなけりゃそれでいい。
あの状況下でアラブ合同軍が突如としてイラク側に寝返り米軍を攻撃する可能性などほぼゼロだ。

>中央軍が予備兵力の第一騎兵師団を第7軍団に渡すのが遅かった。
だから何なのだ ?
これもバグダッド攻略が少し遅れる可能性が有るという程度の話だな。

>国連決議のもとで動いてるのだから米英仏やエジプト・シリアがイラクが撤退し停戦を受け入れたのだから現場は停戦するのが当然。
これはその通りで誰も否定などしていない。
だからあくまで今現在の目で見た後知恵の結果論だと言っている。
116.名無しさん:2016年01月02日 00:44 ID:4FmP8Udx0▼このコメントに返信
しっかし防衛産業が儲かるからって誤解はどうにかならんかね。
儲かるのは「国営」の場合、つまり支那とかソ連とかで国営だったとこだけな。

湾岸の時、ボーイングは民間機のほうが儲かるから戦争しないでくれ。っていってたし
欧州の軍産は分割合併統合の憂き目にあっていたわけで、全然儲かってないよ
117.名無しさん:2016年01月02日 01:17 ID:GZJcooQq0▼このコメントに返信
スレ主はどう勘違いしてるのかよく分からんが911とイラク戦争は別に関係ないぞ
911と関連づけられるのはアフガンの戦争のほう
そもそも911はイラクも批判してるくらいだし、あのテロリストたちはフセインと対立してる側の奴らやわ
この辺はオバマが、アフガンの戦いとイラクの戦いを良い戦争、悪い戦争と評しているところの所以でもあるわけだけど
118.名無しさん:2016年01月02日 01:48 ID:f1M7wr6S0▼このコメントに返信
※115
その地雷処理には時間がかかるのだよ。偉大なる赤軍みたいに皆で地雷原渡るか?
アラブ合同軍が動かないと海兵隊や米英仏の第7軍団や第18空挺軍団の側面や後方はどうなる?士気旺盛な共和国親衛隊がその割れ目に流れ込んだらどうなる?イラク軍に包囲されるぞ。
第1騎兵師団の戦力を共和国親衛隊に早期にぶつけられたり残党狩りで将軍や政治家達が考えてたイラク軍の無力化が出来るぞ。バクダッドに突っ込ませたらロンメルよろしく補給線が伸びきるだけ。
航空優勢があっても地上軍にはCASが足りて無かった。CASが足りないというコトは地雷原を爆撃で耕したりする能力が足りて無いということではないかい?
勉強し直して来い。
119.名無しさん:2016年01月02日 01:50 ID:7HVeW4cP0▼このコメントに返信
※117
また問題をすり替える、
たしかに一見直接関係はないが、
もし、米国大統領候補支持率トップのトランプやロシアのプーチンが
言っていたことが事実なら、

イラク戦争でのことも、ナイラ証言(自作自演)や大量破壊兵器が存在していなかったことも
あかるみにでるだろう(もうすでにある程度ホワイトハウスも認めているがな)
120.名無しさん:2016年01月02日 02:04 ID:f1M7wr6S0▼このコメントに返信
事実なんてちゃんとした物的証拠が無いと証明出来ない。
プーチンがトランプを応援するのはバカのほうが御しやすいやからだよ。諜報畑出身者のことを考えればわかりそうなもんだ。
121.名無しさん:2016年01月02日 07:52 ID:4QdtgSVlO▼このコメントに返信
プーチンがトランプを応援するのは、トランプが大統領になったら困るからだろ。
122.名無しさん:2016年01月02日 10:01 ID:0iuS9QIM0▼このコメントに返信
※2
中露より米の方がマシ
戦争は勝てればいいんだよ
戦後70年間それを思い知らされた
自国民を数千万単位で粛清する国の何がいいの?
123.名無しさん:2016年01月02日 10:28 ID:GDXVH2UR0▼このコメントに返信
※3
70年前アジアのどこかの国も同じ理由で嵌められたね。
124.名無しさん:2016年01月02日 10:31 ID:7m7qFai80▼このコメントに返信
>イラク戦争でのことも、ナイラ証言(自作自演)や大量破壊兵器が存在していなかったことも
あかるみにでるだろう(もうすでにある程度ホワイトハウスも認めているがな)

大量破壊兵器が無かったことは既に分かっている事なのに、何を今更「明るみに出るだろう」なんて偉そうに

とっくの昔に明るみに出てるわ
125.名無しさん:2016年01月02日 10:34 ID:HaVBIVQR0▼このコメントに返信
>>13
お前がアメリカ陰謀論にしたいのは分かった。
イラクでフセインが大統領になると、イラン革命で弱体化しているイランの油田を狙い、
イランの油田は元々イラクの物であるとして戦争を仕掛けた。
西側諸国を廃したばかりのイランはまともな兵器運用も出来ず、イラクの圧勝と思われたが、
そこに敵の敵は味方とばかりにイスラエルが軍事支援を行い、泥沼の長期戦となった(イラン・イラク戦争)。
ようやくイラン・イラク戦争が終結、大統領としての初仕事で何の目標も達成できずに完敗を喫したフセインは、
代わりに隣の弱小国クウェートの油田に着目、クウェートはイラクの油田を盗掘している、つまりクウェートの油田はイラクの物であるとして
イスラム諸国の圧力に屈することなくクウェートを奇襲占領した。
ちなみにクウェートは元々トルコ領だったがイギリスの植民地にされ、戦後に独立した。
イラクの支配下だった歴史は存在しない。
126.名無しさん:2016年01月02日 10:39 ID:7m7qFai80▼このコメントに返信
※123

戦前の日本は対米戦の前に、すでに10年近く中国大陸で泥沼の戦争をしている
ドイツと同盟を「自らの意思」で結び米国との対立の道を選び、米国の植民地だったフィリピンの目の前のフランス領インドシナに進駐し、米国から見れば「次はフィリピン」と言わんばかり
実際フィリピンは日本軍により占領されてるし

自ら死地に飛び込んでいくような選択肢を、当時の日本は選んでいた
127.名無しさん:2016年01月02日 11:01 ID:Y1WKJVDb0▼このコメントに返信
>>118
>その地雷処理には時間がかかるのだよ。
だから細い進撃路を行けばいいんだし、米軍の処理能力を甘く見るんじゃない。

>アラブ合同軍が動かないと海兵隊や米英仏の第7軍団や第18空挺軍団の側面や後方はどうなる?
繰り返すがアラブ合同軍など戦力としては全くあてになどされていない。
あれの存在意義は、ただ「多国籍軍の一員としてそこに存在する事」それだけだ。
あの戦争を「アラブ・イスラムvs欧米キリスト教国家」という図式にすり替えようとするサダム・フセインに対してその存在は政治的に大きな意味がある。
で、クウェートを放棄し壊走するイラク軍のどの部隊がどうやって多国籍軍の側面や後方を突くというのかね ?
128.名無しさん:2016年01月02日 11:04 ID:Y1WKJVDb0▼このコメントに返信
>士気旺盛な共和国親衛隊がその割れ目に流れ込んだらどうなる?イラク軍に包囲されるぞ。
あんなものを士気旺盛とか笑わせる。
他のイラクの一般師団に比べりゃ相対的に士気が高いという程度で、米欧軍に比べりゃ赤子に等しい。
事実として湾岸戦争ってのはイラク軍が殆どなすすべなく米軍を中心とした多国籍軍に一方的に殲滅されるだけの戦いだった。
補給線の事を米軍が考えないわけないから、バグダッドを落とすならバグダッド攻略用に部隊を再編成して落とすだろう。
あの時点でサダム・フセインの首を取るにはそれしかないからな。
もちろん、あの時点でサダムの首を取っておくべきだったというのは今から考えた後知恵だ。

>航空優勢があっても地上軍にはCASが足りて無かった。
CASは十分に足りていただろ。
そりゃ上を要求すれはキリはないし、あれで足りないというのならそもそも地上軍の要請に合わせて常にリアルタイムで航空支援を行うなど原理的に不可能だ。
どうやろうとCASが足りる事はない。
地雷処理は空爆以外にも方法は有るし、イラク軍が敗走した後の無人の地雷原を爆撃で耕すのはCASとは関係ない。
CASという言葉の意味を理解して書き込んでいるのかね ?
129.名無しさん:2016年01月02日 16:33 ID:f1M7wr6S0▼このコメントに返信
※128 ※127
なんか貴公はシュターゼン提督や辻~ん、無茶口みたいな輩だな。
細い道を大型車が行ったらどうなる?渋滞するだろ?一般常識を考えてからモノを言おう。正月だから安酒でも飲んで飛んでるのかな?(笑)
アラブ合同軍がクウェートを早期に解放しないと海兵隊が美味しいトコを持って行って政治的には宣伝出来ないんだな。敗残兵だろうと補給線を脅かすだろ。現に敗残兵を空爆で充分に叩けず取り逃してるじゃないか。(笑)
で、その共和国親衛隊のタワルカナ、メディナ師団は第7軍団に対し殲滅されるが時間稼ぎを行っただろ。ハンブラビ師団はほとんど戦わなかったが第七軍団のアパッチの攻撃を受けても潰走せずに戦場に留まり続け多国籍軍の補給線を脅かした。機甲部隊や機械化部隊にはハンブラビ師団は楽だが補給部隊にとっては無理な相手だ。
空軍や攻撃ヘリのCASが足りなかったからハンブラビ師団を撃滅出来なかったじゃないか?工兵も砲兵、鍬を付けた戦車でも地雷処理できるがその数が足りて無かった。それが原因で細い補給線と進撃路しか出来ずに渋滞した。それとも、エルアラメインの戦いの英国の歩兵にナイフで穿らせて地雷処理したり、偉大なる赤軍のように皆で地雷原歩いて無力化するのかね?
正月だからって安酒ガバガバ飲んで脳味噌と肝臓、胃を痛めつけるのには感心しないぞ。にーと君なら別に構わないが。
130.名無しさん:2016年01月02日 17:24 ID:4QdtgSVlO▼このコメントに返信
米指揮下の連合軍が万単位の虐殺をしないで占領統治が出来たのは沖縄を含めた日本内地だけだよ。台湾じゃ中学校在学生以上の高学歴者を対象に三万人、朝鮮じゃ済州島事件や保導連盟事件等で南半だけの儡政権の百六十万の虐殺を黙認している。ドイツの占領も似たような数。
米のやり方はある程度虐殺しないと収まらないやり方で、それをイラクで虐殺無しに繰り返そうとすれば収まらないよ。
もう講和した同盟国の間柄なんだから、勝った側も七十年前の戦争propagandaに捕らわれなくてもいいだろ。無政府状態から始めるなら台湾、現地政府の存在を前提にするなら朝鮮の初期総督府政治を参考にすればいいよ。どちらも反省の余地はあるんだから、手法を改善して犠牲者をさらに少なく出来れば米の功績だろ。
131.名無しさん:2016年01月02日 17:33 ID:Y1WKJVDb0▼このコメントに返信
>>129
>細い道を大型車が行ったらどうなる?渋滞するだろ?
だから何 ?
渋滞して困るのは多少時間が余計にかかるってだけだよな。
それに米軍の能力をもってすれば無人の地雷原の処理など物の数ではない。

>アラブ合同軍がクウェートを早期に解放しないと海兵隊が美味しいトコを持って行って政治的には宣伝出来ないんだな。
何を言ってんだこいつ ?
>>112じゃアラブ合同軍が米軍の背後を突く可能性云々の話をしてたんじゃなかったのか ?
アメリカにとってはアラブ合同軍がアラブの同胞であるクウェートを解放したって図式の方が政治的に都合がいいから、何ら異存はないだろうね。

>敗残兵だろうと補給線を脅かすだろ。
イラク軍が第7軍団や第18空挺軍団の側面や後方を突くという話が、いつの間にか敗残兵が補給線を脅かすという話にすり替わってるな。
で、部隊も崩壊し補給も無く砂漠に置き去りにされた個々の敗残兵がどうやって大機甲部隊の補給線を脅かすのかね ?

>共和国親衛隊のタワルカナ、メディナ師団は第7軍団に対し殲滅されるが時間稼ぎを行っただろ。
どの程度時間稼ぎが出来たのかは知らん。
結果的には成すすべなく殲滅されたというだけの話。

停戦したのはクウェート解放で国連決議の目的が達成され、それ以上の戦闘継続は決議の逸脱になるという政治的理由。
ハンブラビ師団は運よく停戦まで壊滅せずに生き延びたに過ぎず、撃滅出来なかったのではなくしなかっただけ。
もし戦闘継続が必要だったなら機甲部隊を回して殲滅しただけの事。
132.名無しさん:2016年01月02日 19:34 ID:ugMGTHX.0▼このコメントに返信
潰す相手を間違えたフリして紛争が終わってしまわんようにするんがアメの戦略やろ。
133.名無しさん:2016年01月02日 23:10 ID:f1M7wr6S0▼このコメントに返信
※131
米英仏がやってものあのザマで大渋滞起こしたんですがね。そのせいでイラク軍を殲滅出来なかった。機甲部隊にとっては燃料は大事なモノ。産油国で燃料切れ起こす気ですか?
陸軍が崩れても共和国親衛隊がいるんだが。多数の捕虜の方が補給を脅かすということ知らんのかね?こいつらを収監するためには工兵や憲兵、歩兵を割かなければならない。捕虜の食い物と水、医療も与えないといけない。米英仏ソがSSにやったコトやナチがレンジャーにやったコトをやるのかね?そうすれば邪魔な捕虜なぞ存在しなくなるけどね。
共和国親衛隊が時間稼ぎを行ったので一部の機甲戦力が生き延びるコトが出来た。イラクの戦力を温存させるコトが出来たのだから充分な戦果だろ。損害が大きかったが遅滞戦術としてはフセインは成功しただろ。
ハンブラビ師団を殲滅するにはタワルカナ・メディナが邪魔して機甲戦力を投入出来なかった。ということは第7軍団がタワルカナ、メディナ師団と戦ってる最中に攻撃ヘリや航空機、ミサイルで大なる損害を与えないといけない。停戦命令が遅れたら第7軍団でハンブラビ師団を撃滅せきるけどね。停戦命令が迫っていてタワルカナ・メディナと交戦中なら航空機やミサイルで致命的な一撃を与えるしかない。ハンブラビ師団は時間切れだから殲滅出来なかった。シュワルツコフも将軍に対して共和国親衛隊を殲滅しろと命令を出し、米英仏の将軍や指揮官はそれに従った。ゆえに時間切れで生き延びたのは殲滅しなかったのではなく、殲滅出来なかっただけ。
安酒美味しいですか?
134.名無しさん:2016年01月03日 01:34 ID:iwFh2VeG0▼このコメントに返信
>>133
書いてることが完全に支離滅裂になってきたね。
お前はいったい何が言いたいんだ ?

ようやく判ったんだが、こいつの言ってる地雷原で大渋滞ってのは停戦間際の追撃戦で地雷原が多少の障害になったって話をしてるらしい。
こっちはイラク軍が敗走してクウェートが解放された後、そこで停戦せずにバグダッドまで進軍したと仮定した場合にイラク軍が消えた後の無人の地雷原が進軍の支障になるか否かって話をしてんだよ。

>停戦命令が遅れたら第7軍団でハンブラビ師団を撃滅せきるけどね。
そうだよ。
一部部隊が生き延びられたのは停戦命令が出たからなんだよ。
こっちはもしあそこで停戦命令が出ず、バグダッド攻略まで戦争が続けられたらどうなっていたかという話をしているんだよ。
あそこで停戦していなければさらに追撃・殲滅戦は続けられただろう。
果たして生きてバグダッドにたどり着ける部隊がどれだけいただろうね ?
まあ、こいつの言うように多国籍軍が地雷原突破に手間取れば多少は生きてたどり着けるのもあったかもね。

だが軍の大半がクウェートで壊滅し、僅かな共和国親衛隊の残党だけで殆ど無傷の多国籍軍の大部隊からバグダッドを防衛できるなどと本気で考えてるのかこいつは ?

捕虜は確かに大きな問題だった。
戦闘においては殆ど何も出来なかったイラク軍が多国籍軍を一番苦しめたのが戦わない捕虜の処遇だった。
だが捕虜など結局のところ武装解除して後送すればそれで終わりだ。
まさか捕虜を抱えたまま進軍するなどと思っているのではあるまいな ?
後送した捕虜の処遇など、それこそアラブ合同軍にでも任せておけばいい。
いくら役立たずの連中でも武装解除された捕虜の対処くらい出来るだろう。

>産油国で燃料切れ起こす気ですか?
何で燃料切れを起こすのかさっぱりわからない。
多国籍軍には兵站部隊が無いとでも思っているのだろうか ?
頭、大丈夫か ?
135.名無しさん:2016年01月03日 11:47 ID:jSgbY6IN0▼このコメントに返信
※134
無茶口閣下こそ支離滅裂ですな。
どこに地雷があるのかわからないのに進軍するなんて機雷まかれた後の海域で掃海しないで進軍すようなものですが。
地雷等の意味を理解していなとは、私、無茶口閣下に心から感服しましたぞ。
あそこで停戦が出てなければバスラだろうがバクダッドだろうがフセインは戦わざるを得ない。鬱積する国民の不満を戦争に向けることで生き延びようとしたんだから。
無茶口閣下は ※131で、撃滅出来なかったのではなくしなかっただけ。と仰っておりますね。流石無茶口閣下逃げるのが上手いですね。
その捕虜ですが主に大発生したのが第7軍団や第18空挺軍団のほうですが、閣下。明後日の方向にいるアラブ軍団をどのように機動展開させるのですか?このバカな頭の私にわかるように教えて下さいな。
閣下、熱砂の進軍でフランクス将軍が、ただでさえ、燃料切れでの停止は致命的な不手際なのに、世界最大の供給の真ん中で燃料切れを起こしたとなれば、耐えがたい事態なのだ。と述べてますが。閣下のその自説を裏付ける根拠をこのバカに教えて下さいな。まさか閣下とあろうものが根拠を無しに述べておられるのですかな?
136.名無しさん:2016年01月03日 16:27 ID:N8wydbSp0▼このコメントに返信
※8
9.11は反旗だと言われてるよな
動画見ててもあんなに綺麗な崩れ方するのは異常w
137.名無しさん:2016年01月03日 17:14 ID:N8wydbSp0▼このコメントに返信
※20
外務省はただのアメポチだろwww
日本に独自情報調査機関なんてないからw
米国の都合のいい情報そのままたれ流しだろwww
138.名無しさん:2016年01月03日 21:40 ID:.WXpjH0R0▼このコメントに返信
ユーロ決済が気に食わないアメリカがマッチポンプで起こした戦争
でマッチマッチになっちゃった
アルカイダも実体はなかった。
原理主義の人間は自分たちがアルカイダなんて呼ばれてようが知った事ないちゅうスタンス
イスラム国もそう
近づいた人間はどう思ってるのか知らんが武器のブラックマーケットの見本市状態は当面変わらない
武器が売れないと困るのが元締めねEUとアメリカの軍産複合体がテロとの戦いを自作自演で演出
ちなみにスウェーデンもボルボが絶賛参加中
139.名無しさん:2016年01月04日 00:53 ID:Z9rJQjVP0▼このコメントに返信
>>135
地雷を処理しないで進軍するなどと俺が何時、どこに書いたのか 言ってみろ。
人の発言を勝手に捏造するんじゃないぞ。

>あそこで停戦が出てなければバスラだろうがバクダッドだろうがフセインは戦わざるを得ない。鬱積する国民の不満を戦争に向けることで
>生き延びようとしたんだから。
当たり前だ。
戦った場合、フセインに勝つ方法が有ったのかって話をしてんだよ。

>このバカな頭の私にわかるように教えて下さいな。
本当に馬鹿なのか ?
「捕虜の後送」の意味も理解できないのか ?

>閣下のその自説を裏付ける根拠をこのバカに教えて下さいな。
戦車は大量の燃料を消費しながら動いてる。 燃料が足りなくなれば補給するしかない。 補給が入ればその分進撃速度は遅くなる。 当たり前だ。
誰もバグダッドまで補給部隊も伴わす無給油・無補給で行くなんて話はしとらんわ。
何言ってんだこいつ。
で、メディナ師団はお前の言う「燃料切れをおこした」部隊に完敗したんだよな。

支離滅裂な事書いて話をそらしてるんじゃねえぞ。 こっちの質問に答えろ。
アラブ合同軍が米軍の背後を突く可能性云々の話はどうなった ?
イラク軍が第7軍団や第18空挺軍団の側面や後方を突くという話が敗残兵が補給線を脅かすという話にすり替わったのは何故だ ?
部隊も崩壊し補給も無く砂漠に置き去りにされた個々の敗残兵がどうやって大機甲部隊の補給線を脅かすんだ ?
いってみろ。
140.名無しさん:2016年01月04日 12:18 ID:vRB3nmJtO▼このコメントに返信
日本人からお金が送金去れてる。旧口座番号から暗証番号03.福島県南相馬郵便局開設ゆうちょ銀行名古屋上更郵便局218普通8509085加藤じゅん子預金通帳。
141.名無しさん:2016年01月04日 20:45 ID:06Zkb4Ma0▼このコメントに返信
※139
無茶口閣下、答えになってませんよ。(笑)
だって、進撃路が細ければ渋滞するのは当然、ゆえに地雷を処理しないといけない。それなのに、空爆、重砲、鍬付き戦車、工兵が足りないのですよ。どこから持ってくるのですか?中東なのでランプの精霊なりソロモン王が封じた72柱の魔神でも召喚してやらせるのですかね?
フセインは討死するかある程度戦い逃走するしかありませんね。ソ連がホワイトナイトになってくれたからこうなりませんでしたが。
閣下はアラブ軍団に捕虜を扱わせると言ってますがアラブ軍団は明後日の方向にいます。まさか、交戦し始めたに政治的大義も捨ててやらせようとするのですか?政治的大義名分はどうなるのでしょうか?このバカにわかるように教えて下さいな。はて、アラブ合同軍が米英仏の背後を突くとはいっておりませんな。
で、バカな私はソースを示しましたが閣下はソースを示してませんな。何か不都合なコトがあるのですか?メディナ師団は完敗しましたが、遅延戦術は成功しましたよ。生き残ったハンブラビ師団が海兵隊と第七軍団の側面に展開出来るようになっていましたよ。メディナ師団や他の師団が海兵隊や第7軍団にあっさりやられたので最終的には側面を突かれませんでしたが。
閣下は捕虜に糧食や水の配給、医療支援を行われませんのですかな?その捕虜を監視する憲兵や歩兵は?まさか捕虜を取らずにする算段なのですかな?そうすれば捕虜を監視する憲兵や歩兵、物資を補給部隊に使えますが?
142.名無しさん:2016年01月05日 00:36 ID:s0WDg5k60▼このコメントに返信
>>141
>進撃路が細ければ渋滞するのは当然
仮に渋滞したとして、困るのは多少時間がかかる事だけって何度も言ってるよな ? まだ理解できないか ?
渋滞と言えば停戦間近の例の"死のハイウェイ"で壊走するイラク軍がバグダッドへ向かう幹線道路上で大渋滞を起こしたところを攻撃され、殲滅されたことがあったよなあ。
で、渋滞している米軍をイラク軍のどの部隊がどうやって攻撃するんだよ?  答えてみろ。

>それなのに、空爆、重砲、鍬付き戦車、工兵が足りないのですよ。
嘘八百並べるな。 足りないというソースを示してみろよ。
あるいは「部隊の進撃路確保の為の地雷処理」という話を「イラク軍の敷設した全地雷の処理」という話にすり替えてやがるのかな ?
論点を絞れないというのは馬鹿の特徴だからねえ。

>このバカにわかるように教えて下さいな。
本当に馬鹿だったようだね。
時系列変化を理解できないのも馬鹿の特徴だ。 捕虜が後送されてくる頃にはアラブ合同軍の戦いなんか終わっとるわい。

>はて、アラブ合同軍が米英仏の背後を突くとはいっておりませんな。
じゃあ、これはどういう意味で言ったんだ ? 答えてみろよ。 あ、背後ではなく側面を突くと言ったんだ、とか言いたいのか ?
>右翼のアラブ合同軍のエジプト・シリア軍は海兵隊が交戦をしているのに関ヶ原の小早川みたいに動かなかったんだが。
>これは米英仏のNATO軍の側面を危険にさらす行為ではないかい?
143.名無しさん:2016年01月05日 00:38 ID:s0WDg5k60▼このコメントに返信
>生き残ったハンブラビ師団が海兵隊と第七軍団の側面に展開出来るようになっていましたよ。
単に全滅しないで生き延びた部隊があったってだけの話が、その部隊が米軍に対して攻勢に出られたって話になるのかよ、お前の脳内では ?
一方で自分でこう書いてるくせによ。
>停戦命令が遅れたら第7軍団でハンブラビ師団を撃滅せきるけどね。
自分で相矛盾することを言ってるのに、それを認識できないのも馬鹿の特徴だ。

>閣下は捕虜に糧食や水の配給、医療支援を行われませんのですかな?その捕虜を監視する憲兵や歩兵は?
>まさか捕虜を取らずにする算段なのですかな?そうすれば捕虜を監視する憲兵や歩兵、物資を補給部隊に使えますが?
全体を俯瞰的にとらえて状況を把握し、物事を類推することが出来ないのも馬鹿の特徴だ。
大戦末期の日本軍じゃあるまいし、あの時クウェートには欧米先進国や中東の産油国はじめ、世界中の人員、資材、資金が投入されていたんだぞ。
捕虜の管理すら出来なかったなどと本気で考えてるのか、この馬鹿は。

お前が自覚している通り、俺の話が理解できないのはお前が馬鹿だからなんだよ。
まあ物事を理解する能力のない人間の事を馬鹿というんだから仕方ないけどね。
馬鹿に付ける薬はない。 あきらめなさい。

お名前